5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  法  学  終  わ  っ  た  な  

1 :フェンリル ◆be/xFEN/R. :2007/09/01(土) 20:33:25 ID:9vkt5Dcz ?S★(567235)
なんだよこの勢いのなさ・・・

2 :九十九里浜:2007/09/02(日) 00:12:53 ID:+5zGTSzO
法学科に入ったのに、一般教養課程の取得単位が不足している というだけの理由で、

「制度の研究をいたしております。」と称している教授会の皆様から、

            法律学の講義を履修する事すら禁止される

という 信じられない人権侵害を受けていた時、卒業の当ても無くただ梅先生の

 民法要義 を一人で読んでいた事が思い出されます。

人を人とも思わない 立派な御先生方は 学生はすでに大人 の一言を錦の御旗にして

教育者としての健全な良識は完全に放棄して、やりたい放題でした。

当時教授会を構成していた方々は、その後も要領よく立ち回って、立派な役得を得ているようです。

 もう遠い昔の話となりました。私に法律の基礎を教えてくれたのは明治の人です。
 
 明治人が残してくれた光です。



3 :法の下の名無し:2007/09/02(日) 00:16:23 ID:EibVx45e
何でも他人のせいにする前に、一般教養の単位取らない己を恥じれよ。
文は人なり この行数でも、少しおかしい人であることは分かる。
何歳か知らないが、気づけ。せっかく教養あるんだから。

4 :九十九里浜:2007/09/02(日) 00:32:50 ID:+5zGTSzO
本能寺襲撃直前の 光秀の句 知るべし。


5 :法の下の名無し:2007/09/02(日) 12:57:23 ID:xoIgcoIp
しね、クソスレ立てるな

6 :法の下の名無し:2007/09/04(火) 01:27:13 ID:p6+S7/Kv
こ の ス レ 終 わ っ た な(6)

7 :法の下の名無し:2007/09/04(火) 03:31:07 ID:WXzlwlgs
そもそも法律なんてただの価値判断であって、がっしりした体系的な学問でも
何でも無い。
法律学には特殊な思考法があります、だの、あらゆる学問の中で最も難しい思考が
要求されます、だのと言っていた教師たちがいたが、卑しくもインテリを
自称するには物を知らないにも程がある。
例えば、物理学の広大な領域の中の古典電磁気学ひとつマスターするエネルギー
に比べたら、憲、民、商、民訴、刑訴、5分野マスターするのなんて、
酒飲んで遊んでるようなもの。ハッタリだと思うなら、試しにやってみてごらん。
法学なんて学問じゃないよ。はじめから終わるもヘッタクレもない。


8 :法の下の名無し:2007/09/04(火) 13:09:23 ID:9GmxeV4x
酒飲んで遊んでるようなものといいながら結局やらないよな

9 :法の下の名無し:2007/09/04(火) 16:35:51 ID:agJNDRM8
>>1
こいつはvipでも嫌われている
所謂かまってちゃん

10 :法の下の名無し:2007/09/04(火) 21:53:44 ID:plvqG27W
2chに迷惑かけるのは本意ではないんだよ。
もうしばらくはこのサイトにも来ないよ。さよなら。
でも、書き込んだ事には 絶対に訂正の意思はないよ。

  心しらぬ人は 何とも言はばいへ

  身をも惜しまじ 名をも惜しまじ    光秀
                  
         

11 :法の下の名無し:2007/09/05(水) 00:28:36 ID:n+p51IIL
>>7
異議あり!
確かに法学は物理学と比較するならば、その内容の貧困さが際立つだろう。
比較の土俵にすら上がれないことも承知しているつもりである。
しかしながら、法学は学問ですらないという主張に対しては同意することはできない。
物理学の一分野である電磁気学すらにも到底及ばないことは事実としても、だからといって
法学が学問でないということにはならないはず。
マックスウェル方程式のような電磁気学において基礎的な方程式に匹敵するものも法学にはない。
だが、法学はローマ時代から積み上げられてきた解釈学に属する列記とした学問である。
物理学の体系を理想とする近代自然科学のモデルを学問全体のモデルとして当てはめるのは極めて
暴論というべきである。むしろ学問としての歴史は、解釈学の方があり、近代自然科学が如何に豊かな
内容を持つものとはいえ、その歴史は数百年である。
法学だけではなく、文学研究も物理学と同じく論じることはできない。ましてや物理学を基準として
文学研究は学問ではないなどとどうしていえようか?法学の場合についても然り!

12 :法の下の名無し:2007/09/05(水) 00:36:24 ID:n+p51IIL
それから
>法律学には特殊な思考法があります
という主張は正しいものと思われる。
他分野にはかくて法学にあるもの、それを法学固有の思考法というならば、
上記主張は正しいということになろう。
具体的には、法解釈における三段論法を駆使して法的推論を行うわけだが、
この法的推論だけでは実際には導出できない結論があって、しかしその結論が
法的な正当性を持った主張であると言うためには、法的三段論法の帰結であるかのように
振舞わなければならない時がある。実質的な判断は比較衡量によるものであっても、
大前提、小前提、結論のつながりの上で記述されるべきもの。
こういうところが法学固有の思考法であると言えなくもない。

>あらゆる学問の中で最も難しい思考が要求されます
この発言の真意はわからない。「最も難しい」とどうして言えるのか私にも不思議で
仕方がない。もし法学こそ最も高度な論理的思考力を要するとの主張であるならば、
その主張には明らかに同意できない、ということだけを付言しておきたい。

13 :法の下の名無し:2007/09/05(水) 22:23:42 ID:FzyxlFd0
論理的じゃない法律の運用を論理的に説明しようとするのが悪い
神学者が疑似科学を持ってきて、自分達の宗教は一般的ですと
主張しているようで痛々しい

建前の学問なら妙に自然科学に媚びずに、啓示により法的な結論はこうであり、
それは人類にとって幸いである、ぐらい言えばいいのに

14 :法の下の名無し:2007/09/06(木) 00:04:52 ID:bChQ6e2c
>>13
誰も自然科学に媚びていないのだが?
法学者の誰が自然科学に媚びているというのだろうか?
法学は、自然科学もそれに含まれるところの経験の対象を扱う学問ではない。
法を適用する前段階の事実認定のレベルで経験諸科学の知見を参酌することは
あっても、法適用のための解釈技法そのものが経験諸科学と同レベルで議論されるものでは
ない以上、科学足りえない。
むしろ法学は解釈学という性格上、神学に類似した学問であると言える。
事実、法学は聖書解釈学とともに精緻化の歩みを辿ったのである。

15 :法の下の名無し:2007/09/06(木) 00:48:20 ID:XgzDi+/P
よく分からんが、法律学はマージャンや車の運転よりはより高度な遊びだ。
神の遊びに少しは近いといえる。


16 :法の下の名無し:2007/09/06(木) 01:25:22 ID:5EPTa3LW
法学始まったな

17 :法の下の名無し:2007/09/06(木) 07:14:55 ID:yQsyGQoz
>>1のフェンリル氏が言っているのは学としての法学ではなくて、法学板のことだと思うよ。
勢いがないって言ってるからさ。

18 :法の下の名無し:2007/09/06(木) 14:44:21 ID:AqQBFJ62
フェンリルこんなとこにまで出没してんのかよ・・・
巣にお帰り

19 :法の下の名無し:2007/09/06(木) 19:06:35 ID:NObB1phn


>>188 通例の報道で、暴行とは強姦のことです。


無罪もなにも、そもそも、起訴されないですよ。
現段階でも少女は保護対象ですし。

男の前歴と少女の証言が合致し、少女の証言に整合性があるならば
逆送されないと思います。
実際には、少女の縛られた腕の痣、火傷を負わされた痣、腹部の傷、
暴行(強姦)の痕跡を医療、鑑識して、少女が退院したら、
児童相談所に通告保護し、検面調書を作り、逆に男性を被疑者死
亡で逮捕監禁、致傷、未成年略取で書類送検するのでは。

このケースの被害保護対象の弱者である少女を審判、あるいは逆送して
起訴する検事はいないと思うし、逆に法の均衡を鑑みて15歳を女子を逆送
し裁判よって逮捕監禁・強姦(有期懲役刑)と致傷と過剰防衛の要件を
弁護側と争うようなことにはないと思われ。それこそ国家賠償請求事案
になるし、担当検事の汚点になるのでは。

日本で正当防衛の立証が難しいのは、起訴され裁判になってからの話で、こ
の件の場合、警察自ら正当防衛をアナウスした時点で状況把握は困難もの
ではなかったのだろうね。

20 :法の下の名無し:2007/09/07(金) 23:11:22 ID:/LJJTin9
名前が出ない匿名掲示板じゃ
誰が言ったかが重要な法学は無理

21 :法の下の名無し:2007/09/10(月) 14:23:23 ID:wKSuPsY9
>>20
それは言えるね。この掲示板では文章のスクリーニングをすることはできない
からね。勉強の時間が限られている以上「論者」を選ばなければならないのは
当然だ。だから私は「法学教室」をベースに話したら面白いんじゃないかと
思ってスレ立てしたのだが、なかなか盛り上がらないんだよね。
私にも責任はあるが。


22 :法の下の名無し:2007/12/25(火) 09:16:32 ID:iG/w+cr9
http://www2j.biglobe.ne.jp/~tatuta/cgi-bin/anq.cgi?name=Q&qes=%93%FA%96%7B%8D%91%96%AF%82%CD%81C%8DP%8Bv%82%CC%95%BD%98a%82%F0%94O%8A%E8%8E%80

23 :法の下の名無し:2008/01/03(木) 00:24:19 ID:8K6JSPBf
a

24 :法の下の名無し:2008/01/03(木) 00:25:06 ID:8K6JSPBf
a

25 :法の下の名無し:2008/01/03(木) 00:25:30 ID:8K6JSPBf
a

26 :法の下の名無し:2008/01/03(木) 00:43:51 ID:8K6JSPBf
            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    ウホッ! いい男・・・
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

27 :法の下の名無し:2008/01/07(月) 09:52:56 ID:tlAQyROw
日本の伝統的な法学研究という意味では確かに終わりつつある感もある。
まだわからんけど、そもそも「法学」の研究者になろうという者が少なくなってきている。

28 :法の下の名無し:2008/01/12(土) 23:21:02 ID:ckjTmoID
法と経済学・経済分析

29 :法の下の名無し:2008/01/13(日) 12:58:50 ID:4uumhfpr
てす

30 :法の下の名無し:2008/01/14(月) 01:52:58 ID:i2ylqix3
『法と経済学』又は、『法の経済分析』、米国では『Low&Economics』。経済学が基礎ですから安心出来ます。数学を用いた分析ですから従来の文字による論理など「火縄銃」です。現在なら種子島でも無用です。尚、経済学のBackには、

31 :法の下の名無し:2008/01/14(月) 01:58:30 ID:i2ylqix3
(続き)統計学・数学・物理学・計算機科学・…、言ってみれば鬼に金棒、『怖い兄ちゃんの友達には浜連の知り合いが沢山いる』みたいな感じです。…哲学とか社会学とか、終りです。

32 :法の下の名無し:2008/01/18(金) 02:03:32 ID:va4pudEN
終了。

33 :法の下の名無し:2008/01/18(金) 02:21:05 ID:zke/0NCy
再開。

34 :法の下の名無し:2008/01/20(日) 01:31:59 ID:WE2mGjKW
終了

35 :あめぞう:2008/01/20(日) 22:30:21 ID:PhTlac+C
は じ ま り で す

36 :法の下の名無し:2008/01/21(月) 00:23:16 ID:NXPiOy4x
終了。

37 :法の下の名無し:2008/02/08(金) 22:21:20 ID:77Be/PYy
医療崩壊
終わりの始まり。

説明義務違反や注意義務違反の判例の数々で
医療関係者に恐怖を動機とする過重労働を強制し、また一方で
結果責任で司法が医者をたたき続けている結果です。
これからどんどん増えそうですね。

【医療/静岡】産婦人科、休止の危機 藤枝市立総合病院[08/01/18]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1200637578/l50x
【医療崩壊】”過労で倒れる医師も出て体制維持不能も”大阪府の6病院、救急部門から撤退
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1202344101/
【大分】 「軽症患者が時間内外を問わず殺到」→「過重労働で医師が倒れる」 済生会日田病院小児科、3月から時間外救急を制限
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1202281822/


38 :法の下の名無し:2008/02/08(金) 22:49:06 ID:iSYzPAFN
やった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!
英検準一級一次試験合格ゲット!!!!!
やりました!!!

マンモスうれP〜〜〜〜〜〜です。

39 :法の下の名無し:2008/02/11(月) 19:46:59 ID:UeMeQzyX
うわー

C型肝炎の原因となったフィブリノゲン製剤が大量に使用された理由。

>1975年 周産期出血による妊婦死亡についての民事訴訟で,東京地裁はFbg製剤を投与しなかったことを過失とする判決を出す。
>http://skyteam.iza.ne.jp/blog/entry/451405/allcmt/
>
>これでびびった現場の医師が、多量に使い始めたわけだ。
>目の前で大量出血→血液製剤使わなければ有罪。
>こう刷り込まれたら、誰でも使うよ。
>C型肝炎が同定されていなかった時代のお話。

今の医療崩壊の一因は、とんでも裁判も原因だな。


40 :法の下の名無し:2008/02/11(月) 22:18:19 ID:j6eI8DOA
>>39
フェブリノゲンの危険性が日本で認識され始めたのって確か77,78年頃からでしょ?
なんで75年の裁判がとんでも裁判になるのか理解できない。

41 :法の下の名無し:2008/02/14(木) 01:49:37 ID:Rv4qikYN
>37
これも追加しときます

産科医絶滅史53巻〜産科、日本無過失はなし〜
 http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1201746706/

【福島】不当逮捕された産婦人科医師を救え34
 http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1199420622/

産科医やめます(産科医絶滅史スピンオフ)
 http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1162567520/


42 :法の下の名無し:2008/02/16(土) 15:41:23 ID:Dz4AOQ7g
終了

43 :法の下の名無し:2008/03/02(日) 00:48:46 ID:R4L4FC9V
東京ド真ん中、中核病院でも産婦人科が消える
http://www.news.janjan.jp/living/0802/0802261569/1.php

都留市立病院がお産を中止/山梨
http://www.nhk.or.jp/kofu/lnews/04.html

県立南会津病院 お産の受付を休止
http://www.fct.co.jp/news/#200802295182032 

社会問題化している産科医不足
http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00128206.html

【札幌】重症救急撤退を通告 札幌市産婦人科医会.救急体制崩壊
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1204082698/

44 :法の下の名無し:2008/03/06(木) 10:06:12 ID:pks3lmhQ
今 2CHの危機とかで 人権擁護法案の事騒がれているけども
   国民に隠してる法案って通るんですか?
   3/15 可決って本当ですか??
   令状を取らなくても逮捕できる法律ってよくあることなんですか?

45 :法の下の名無し:2008/03/07(金) 13:17:42 ID:hEr/BX1g
終了

46 :法の下の名無し:2008/03/08(土) 13:05:28 ID:TGDYHtyz
>その上で、本多勝一の著述が「一見して明白に虚偽であるとまで認めるに足りない」(116頁)と判断、
>60年余り前の記事を毎日新聞が訂正しなかったことについて先行する違法行為がなく、また、民法724条の除斥期間が経過している(117頁)として原告の請求を棄却した

朝日新聞、毎日新聞の体質を考えれば、明らかに「虚偽」だね・・・。実験もしないで判決をだした裁判官はイモだね。(苦笑)


☆参考資料
■居合道と裁判
ttp://www.j-j-n.com/coffee/past2003/030801.html

■切れ味の耐久性を高める2次刃の加工技術研究
ttp://www.com.rd.pref.gifu.jp/metal/kenkyuu/2003/2003-09.pdf

■百人切り競争
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E4%BA%BA%E6%96%AC%E3%82%8A%E7%AB%B6%E4%BA%89


47 :法の下の名無し:2008/03/26(水) 00:36:45 ID:Yk1CN7TB
終了

48 :法の下の名無し:2008/04/04(金) 00:57:22 ID:KzBn4ji4
人権保護法案など造ろうとしながら

これを メクラつぶしに
次の2つの人権侵害法案を
施行しているのは
極めて異常

1 長寿医療制度(後期高齢者医療制度) 年齢による実質的医療制限
2 特定健診 (メタボ健診) 国家の個人健康管理への介入

とくに長寿医療制度は
75歳以上の老人単独で月6500円くらいの天引きを年金からされる。
それに対して、後期高齢者保険から医療機関に支払われる医療費が月6000円を
超えることは無い。
つまり、もう保険ではないのだ。
略取金とでも呼ぶべきか?
自分で払った金額以下の治療しか受けられないのである。
急性期の病変が有った場合のみ、特別に検査や治療費が支払われるが、その後の
治療費は月6000円に丸められる。
これは老人と医者に市ねと言っているのだ。厚生労働省の社会保険庁がだ!
あの屑の社会保険庁がだよ!
許せるか? どうだ? ゆるせるか?


49 :法の下の名無し:2008/05/10(土) 16:42:21 ID:BbuYhH9r
もし許せないというなら具体的な対策案を出せよ

50 :これを隠れ蓑に:2008/05/10(土) 19:43:06 ID:jvh+/o6J
これを メクラつぶしに


51 :法の下の名無し:2008/06/13(金) 16:42:41 ID:XUGPXiFb
IQ   分野    (学んでる分野と平均IQの関係)
130.0  物理学
129.0  数学
128.5  コンピュータ科学
128.0  経済学
127.5  化学工学
127.0  物質科学
126.0  電気工学
125.5  機械工学
125.0  哲学
124.0  化学
123.0  地学
122.0  生産工学
122.0  土木工学
121.5  生物学
120.1  英語文学
120.0  宗教学/神学
119.8  政治学    <−−−−−−−−−
119.7  歴史学
118.0  美術史
117.7  人間学/考古学
116.5  建築学
116.0  商学
115.0  社会学
114.0  心理学
114.0  医学
112.0  対人コミュニケーション
109.0  教育学
106.0  法学      <−−−−−−−−−


52 :法の下の名無し:2008/07/05(土) 23:15:53 ID:qUL/s1sw
>>2
常識のないやつに、法律だけ分かってる気になられては困るからだろ。
教授会が正しい。

53 :法の下の名無し:2008/08/10(日) 15:43:05 ID:gFpNecoF
えーと、少年法なんかで、殺人に対して十分な制裁が行われていないと被害者が思って仇討ちし、
それを裁かれるのが嫌なら、内乱を成功させて、実力で憲法を停止すればいいわけですか?

54 :法の下の名無し:2008/08/11(月) 04:07:49 ID:l8lkKkMt
法学ってこんなくだらないこと勉強してるの?

55 :法の下の名無し:2008/08/26(火) 14:32:09 ID:59hWEDmu
ウンコ臭いオッサンどもは無人島か北朝鮮に強制送還して強制労働させればいい。
あるいは斧でミンチにしてトイレに流す。

56 :法の下の名無し:2008/09/16(火) 00:01:48 ID:zHH8d1aY
>>55
うわあ

本当にひどいインターネッツだな

57 :法の下の名無し:2008/09/16(火) 03:09:53 ID:rlz4AqHz

 ∧∧
(  ・ω)  ヽフェンリル/
(⊃旦0    __iュュ_ュ
と_)_)   |◎l:::l◎|

   ∧∧
  (  ・ω・)
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/


58 :法の下の名無し:2008/09/16(火) 16:07:03 ID:l9HS2nNX
個人情報保護法と情報公開法。

これは何の為の法律なのだろうか。    

私が思うに、本来なら個人情報は私的情報なので、個人情報を提供した本人である私人に公開すべきである。
しかし、現状は百八十度間違っていると思われる。

本日、私は病院にカルテの写しを要求したのだが、全く意味の分からない言い訳を言われ、写しを取ることが出来なかった。

この事から、カルテの保存及び管理、つまり、個人情報の取り扱い責任は病院にあると言わざるをえない。
もし、カルテの情報が流出したなら、その病院の情報管理者の責任である。


次に、官公庁及び、企業の責任に対して述べる。

情報公開法は上記の公的機関及び法人に対して適用されるべきと考える。

しかし、どうにも公開する気が無いらしい。

このままでは、矛盾で自らの首を絞めることになるであろう。

結果として彼らは自らのの首を絞めるの自虐的嗜好があると推測される。

まるで、いつかの首相の様だと私は考えている。

以上、私的見解を述べ終わりとする。

59 :法の下の名無し:2008/09/16(火) 17:35:31 ID:KzbAt+E6
何かっこつけてんの?自己陶酔すんなよ。

60 :法の下の名無し:2008/10/13(月) 15:14:15 ID:bBmPA01y
勢いのなさもまたよし・・・・

61 :法の下の名無し:2008/10/20(月) 22:13:20 ID:it2eHEZT
http://www2j.biglobe.ne.jp/~tatuta/cgi-bin/anq.cgi?name=Q&qes=%93%FA%96%7B%8D%91%96%AF%82%CD%81C%8DP%8Bv%82%CC%95%BD%98a%82%F0%94O%8A%E8%8E%80

62 :神風@hack ◆F37THNJ0UI :2008/11/27(木) 20:27:20 ID:d7WBNo4D ?2BP(1030)
筆頭さんのスレだー。ふっww

63 :法の下の名無し:2008/12/13(土) 21:07:23 ID:CX33i/5f
放火致死罪なんて無駄じゃ。
現住建造物放火には、殺意無くても死刑がある。

64 :京大卒でもバカはバカ:2009/03/02(月) 02:39:12 ID:z2kKQMqW
ゲスダニ師岡康子が登録弁護士会を騙し、更に地裁と高裁を騙した訴訟詐欺を抱えたまま新事務所に寄生しているが、そのホームページでも醜面を故意に隠しているのはこれまでに犯した罪悪感だけではなく、ゲスダニ師岡康子の生来の胡散臭さを証明していると嗤わせている。
前事務所のゲスダニ下光軍二が東電OL殺人事件発生した当時、ゲスダニ師岡康子はどこまでも卑しい街娼婦であると吐き捨てている。
このゲスダニ下光軍二がゲスダニ師岡康子を拾ってやったと吐き捨てているのはゲスダニ師岡康子が訴訟詐欺を犯しただけではない。
ゲスダニ師岡康子が証拠隠滅や証拠品窃盗を犯しているからである。
このゲスダニ師岡康子の盗癖と虚言は常習性があり、ゲスダニ師岡康子が「嘘つき康子」と呼ばれた当時からである。
そのゲスダニ師岡康子の性根は変わっておらず、このゲスダニ師岡康子に矯正の可能性はない。


21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)