5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

南京戦前後を語るスレ【4戦目】

1 :1:2010/08/01(日) 00:04:48 ID:wRRS7ojX0
どーぞ
前スレ
1戦目
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1190967831/

2戦目
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1244635502/

※2戦目は512k落ちでした。。

3戦目
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1247375148/l50

2 :1:2010/08/01(日) 00:05:50 ID:wRRS7ojX0
前すれ埋めてからね

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/01(日) 01:21:33 ID:BwBEvtaQ0
まず南京の憲兵が17名だったソースを出してくれよ

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/01(日) 22:34:19 ID:UlBGUo3B0
肯定派によると、17名の憲兵は周囲で兵隊が犯罪を犯しまくっているのに取り締まらず、6週間の間全く仕事をしなかったそうですw

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 08:29:38 ID:vXSKXYvj0
南京戦に従軍した憲兵の日記によれば、余りに不法行為が多すぎて
取り締まりきれないという状況だった様ですね。
士官クラス自らが略奪などを行っていたので苦慮したと書き残しています。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 10:04:58 ID:x3kL2Z/+0
極東国際軍事際裁判 小川関治郎の宣誓口供書、弁護側文書二七〇八号、法廷証三四〇〇号

三、自分は南京へ着く迄の聞に約二十件位の軍紀犯及風紀犯を処罰した。風紀犯の処罪(罰)に付て困難を感じたことは和姦なりや強姦なりや不分明なることであった。
その理由は支那婦人のある者は日本兵に対して自ら進んで挑発的態度を取ることが珍らしくなく、和合した結果を良人又は他人に発見せられると婦人の態度は一変して大袈裟に強姦を主張したからである。
然し自分は強姦と和姦とを問はず起訴せられたものは夫々事実の軽重により法に照して処罰した。
苟くも脅迫の手段を用ひたものは厳罰に処した。

四、自分は十二月十四日正午頃、南京に入り、午後、第十軍の警備地区(南京の南部)の一部を巡視した。
其の時、中国兵の戦屍体を六、七人見た丈で、他に屍体は見なかつた。
第十軍は十二月十九日、南京を撤退し、杭州作戦に転進した。

其の南京駐留期間内に自分は日本兵の不法行為の噂を聞いた事なく、又、不法事件を起訴せられた事もなかった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本軍は作戦態勢の儘で軍紀は頗る厳粛であった。
松井軍司令官は元より、上官から、不法行為すべしとの命令を受けたことは勿論ないし、不法行為を容認せよと命ぜられたこともない。(P256)

五、憲兵も松井司令官の命令を厳守し、取締警戒を厳にして居た。
上砂中佐(憲兵)の如きは、自分が審理の上、徴罪不起訴を言渡した事件に対し、手緩るいと抗議を申出た程で、日本兵の不法行為は厳に取締られて居た。(P256-P257)

六、一九三八年一月四日、自分が上海の司令部で松井大将に会ったとき、大将は、「犯罪の処断は的確厳正にせよ」と特に語を強めて言はれ、自分は此の旨を帯し自分の任務を厳行した。
昭和二十二年 ( 一九四七年 ) 十月六日
於東京
供述書 小川関治郎
(『南京大残虐事件資料集 第1巻』)

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 10:25:45 ID:R2cDisdX0
弁護側として証言してるだけではあまり意味が無い
裏づけが無いと

その意味で、小川法務官自身の日記には逆の事が書いてあり
他の兵士や上官、外国人たちの残した記録も逆の事実を指し示している事から
小川法務官の東京裁判での証言は、日本側を擁護する為の虚偽であったと言わざるをえない

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 10:31:55 ID:x3kL2Z/+0
「続・現代史資料6軍事警察」(みすず書房)
法務部陣中日誌 昭和12年10月12日―――昭和13年2月23日
被告事件既決・未決一覧表(P-112〜118)
「既決五十五件百二名、未決七件十六名」

南京に着くまでに20件ほど処理されているので残りは40件程度。
既決、未決含めた件数は62件、人数は118名。
1件あたりの人数は2名弱。
つまり、昭和12年12月13日から昭和13年2月23日までの犯罪件数は42件、人数は80名程度w

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 10:34:55 ID:R2cDisdX0
まだ碌に取り締まらなかった件を続けるのかよ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 10:37:51 ID:x3kL2Z/+0
記録では犯罪件数は42件、人数は80名程度なんだから、日記に書かれた日本兵の犯罪が合計42件、人数80名以上なければ意味がないなw

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 10:42:06 ID:R2cDisdX0
おいここにアホがいるぞ
人も少なくて碌に取り締まれないと言ってるのに
それならたくさん取り締まった記録を出せとは意味不明

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 10:54:54 ID:vXSKXYvj0
南京侵攻に関して、第十軍の憲兵だった上砂勝七氏(陸軍少将。終戦時、台湾憲兵隊司令官)の証言。

上砂勝七氏「憲兵三十一年」より
 南京攻略のため、柳川軍が編成され、二十有余隻の船団を組んで、堂々杭州湾李宅の浜に
敵前上陸を敢行し、「日軍百万杭州北岸に上陸す」のアドバルーンを揚げたのは、昭和十二年十二月五日の
払暁であった。そして息をもつかず、金山、嘉興、湖州の敵の前進部隊を撃破しつつ、南京へ、南京へと
前進を続けたのである。

中略

第一線部隊の携行糧秣は瞬く間に無くなり、補給は続かず、全く「糧食を敵による」戦法に出なけれはならない
有様であって、勢い徴発によったのである。

然しこの徴発たるや、徴発令に基く正当な徴発は、現地官民共に四散しているため実行不可能で、
自然無断徴用の形となり、色々の弊害を伴った。この情勢を見ていた軍経理部長は、「こんな無茶な作戦計画が
あるものか、こんな計画では到底経理部長としては補給担当の責任は持てないから、離任して内地へ帰えらして
貰う」といきりたった程で、参謀長田辺盛武少将の口添えでその場はおさまったが、この作戦とこれに伴う
補給とは、なかく調和の困難なものであった。

右の如く軍の前進に伴い、いろいろの事件も増えて来るので、この取締りには容易ならない苦心をしたが、
何分数個師団二十万の大軍に配属された憲兵の数僅かに百名足らずでは、如何とも方法が無い。補助憲兵の配属を
申し出ても、駐留中ならば聞いてもくれようが、敵を前にしての攻撃前進中では、各部隊とも一兵でも多くを
望んでいるのであるから、こちらの希望は容れられず、僅かに現行犯で目に余る者を取押える程度で、
然も前進又前進の最中のこととて、軍法会議の開設はなく、一部の者は所属の部隊に引渡して監視させ、
一部は憲兵隊で連れて歩き、南京さして進んだのである。

この状態が東京の中央部に伝わったので、時の参謀総長閑院宮閣下から「軍紀粛正に関する訓示」が出された。

戦域が逐次拡大し、作戦兵力の増大に伴って、その要員の多数が教育不十分な新募又は召集の将兵を以って
充たされるようになると、思いがけぬ非行が益々無雑作に行われるようになる。これには、指揮統率者の責任は
固よりのことだが、わが国民の一般的教養の如何に低いかを痛感させられた。

或る部隊長が憲兵に向い、「今度附いて来た憲兵は日本軍の憲兵か支那軍の憲兵か。取締りがやかまし過ぎるぞ」と
詰問するのに、憲兵が答えて「皇軍らしさに欠けるところがなけれは、日本の憲兵となり、さもなくば 支那の憲兵と
思われるでしょう」といったことがある。

(P175〜P178)


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 11:09:35 ID:x3kL2Z/+0
>>11
はあ?
バカには理解できないのかもしれないが、最低でも42件、人数は80名程度の記録が存在するのだから、
《小川法務官自身の日記には逆の事が書いてあり 他の兵士や上官、外国人たちの残した記録も逆の事実を指し示している》
のであれば、合計すれば42件、80名以上にならなければおかしい。
資料としては
@正式に記録されたもの(42件、人数80名程度)
A正式に記録されなかったもの(小川法務官自身の日記、他の兵士や上官、外国人たちの残した記録)
が存在するのだからA>@。
Aの合計は@以上でなければならない。
従って、A《小川法務官自身の日記、他の兵士や上官、外国人たちの残した記録》の合計は@《42件、人数80名》以上になるw

いくら《小川法務官自身の日記、他の兵士や上官、外国人たちの残した記録》を持ち出してきても、合計が正式な記録の《42件、人数80名》以下であれば無意味w

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 12:23:54 ID:27W3+N7M0
>>12
資料を参照するときは全文を出せよw たいした量じゃないんだから
http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/kenpei.html

その資料は間違えが多すぎるぞ。
>昭和十二年十二月五日
第十軍が上陸したのは11/5

>二十万の大軍に
南京戦の日本軍兵力は12万前後

>然も前進又前進の最中のこととて、軍法会議の開設はなく
>二十八日杭州に無血入城し、ここに初めて軍法会議を開き、拘禁所を設けた。
現代史資料 軍事警察 第十軍法務部陣中日誌を読むと12月28日以前に軍法会議を
開いている。

文章は全体として戦犯として一時拘束されていた上砂勝七氏が自己弁護のために
事実を曲げているように読めるぞ。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 12:32:12 ID:R2cDisdX0
>>13
無意味なのはお前の理屈だろ
なんで小川法務官が日記に件数を逐一記録せにゃならんのだw

あとどうでもいいが、前スレで国際委員会が記録したURLちゃんと載せただろ
それには”把握してある程度絞っただけでも”200件近くの暴行を記録して抗議してんだろ
お前はスレが変わったら記憶障害にでもなるのかw
何度同じ説明させるんだよw

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 12:44:56 ID:vXSKXYvj0
>>14
どうでもいいことですが、揚げ足取りしかできないのならレスしなくていいですよ。
兵力については決定的な推計資料が無く諸説ありますし、日付は記憶違いでしょう。
オーラルヒストリーの場合、この手の間違いはつきものです。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 13:03:59 ID:27W3+N7M0
>>16
自著が口述記録なのか? 藁
頭悪すぎ

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 13:17:06 ID:27W3+N7M0
上砂勝七
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E7%A0%82%E5%8B%9D%E4%B8%83

憲兵三十一年 (1955年) (東京選書) [古書]
http://www.amazon.co.jp/dp/B000JB544W

出版の時点で南京戦から17年、御年65歳
執筆の時点で元陸軍少将はボケていたと(藁

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 13:17:30 ID:vXSKXYvj0
>>17
言い掛かりも極まれりですね(笑
オーラルヒストリーの意味をよく調べてからレスしてください。
それから、こちらがレスした本来の目的は、>>4
「憲兵は周囲で兵隊が犯罪を犯しまくっているのに取り締まらず、6週間の間全く仕事をしなかった」
という、事実を無視した嘘に対するものですから、それ以外の些末な揚げ足取りはどうでもいいんですよ。


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 13:36:24 ID:x3kL2Z/+0
>>15
>それには”把握してある程度絞っただけでも”200件近くの暴行を記録して抗議してんだろ

犯人が日本兵とは断言できませんがw
支那兵が日本兵を騙っていた実例もありましたがw

南京救済委員会文書一覧
文書No. 日時 宛先 概要 作成者
1 1937/12/14 南京日本軍司令官 一般市民の保護について ラーベ
2 1937/12/15 南京日本帝国大使館員/福田篤秦 武器を捨てた中国兵について ラーベ
3 1937/12/15 南京日本帝国大使館員/福田篤秦 南京国際赤十字社結成について フォースター
4 1937/12/15 特務機関長 特務機関長との会見の覚え書 スミス
5 1937/12/16 南京日本帝国大使館員/福田篤秦 暴行、治安対策、食料要求など ラーベ
6 1937/12/17 南京日本帝国大使館 強盗、強姦、殺人の蔓延 ラーベ
7 1937/12/18 南京日本帝国大使館 暴行、強姦、兵士の取り締まりについて ラーベ
8 1937/12/19 南京日本帝国大使館 暴行事件報告 スミス
9 1937/12/21 南京日本帝国大使館 放火、暴行、略奪への抗議 南京在住外国人一同
10 1937/12/21 南京日本帝国大使館 南京市の放火事件にかんする判定
11 1937/12/21 南京日本帝国大使館 暴行事件抗議 スミス
12 1937/12/22 憲兵司令布告
13 1937/12/26 南京日本帝国大使館 暴行事件抗議 スミス
14 1937/12/27 南京日本帝国大使館 食料、石炭要求 ラーベ
15 1937/12/27 南京日本帝国大使館 石炭要求 スミス
16 1938/01/04 南京日本帝国大使館 暴行事件報告 ラーべ
17 1938/01/07 南京日本帝国大使館員/福田篤秦 市内の秩序について ラーべ
18 1938/01/13 南京日本総領事代理/福井 小麦と米の無料配布について フィッチ
19 1938/01/14 南京日本帝国大使館員/福田篤秦 食料石炭の供給について ラーベ
20 1938/01/15 南京日本帝国大使館 食料品の輸送について ラーベ
21 1938/01/17 アメリカ大使館/アリソン 石炭食料の輸送関連 スミス
22 1938/01/17 南京日本帝国大使館 石炭食糧配給について ラーベ
23 1938/01/18 上海キリスト教総会/ボイントン 食糧問題 フィッチ
24 1938/01/19 アメリカ大使館/アリソン、イギリス大使館、ドイツ大使館 食糧問題 ラーベ
25 1938/01/26 アメリカ大使館/アリソン、イギリス大使館、ドイツ大使館 配給問題 ラーベ
26 1938/01/28 イギリス大使館/ブリュン 寄付依頼 ラーベ
27 1938/02/06 アメリカ大使館/アリソン 義捐金関連 ラーベ
28 1938/01/27 南京日本帝国大使館 食糧事情 ラーベ
29 1938/01/28 南京自治委員会 食糧配給 ラーベ
30 1938/01/30 ドイツ大使館/ローゼン博士 国際委員会の地位について ラーベ
31 1938/12/03 日本大使館/日高 難民収容所閉鎖問題 ラーベ
32 1938/01/10 アメリカ大使館/アリソン 国際委員会の地位について スミス
33 1938/01/10 アメリカ大使館/アリソン リッグズ氏が巻き込まれた事件 スミス
34 1938/02/19 アメリカ大使館/アリソン 委員会名称変更について スミス

1月4日を最後に暴行事件の抗議はなくなった。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 13:42:45 ID:x3kL2Z/+0
強姦事件が多発していた金陵大学w

1938.1.4 NYタイムス
元支那軍将校が避難民の中に 大佐一味が白状、南京の犯罪を日本軍のせいに
南京の金陵女子大学に、避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、逃亡中の大佐一味とその部下の将校を匿っていたことを発見し、心底から当惑した。
実のところ教授たちは、この大佐を避難民キャンプで2番目に権力ある地位につけていたのである。
 この将校たちは、支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中に、ライフル6丁とピストル5丁、砲台からはずした機関銃一丁に、弾薬をも隠していたが、それを日本軍の捜索隊に発見されて、自分たちのもであると自白した。
 この元将校たちは、南京で掠奪した事と、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、その翌日には日本兵が襲ったふうにしたことを、アメリカ人や外の外国人たちのいる前で自白した。
この元将校たちは戒厳令に照らして罰せられるだろう。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 13:45:12 ID:R2cDisdX0
>>20
はいはい、ここに何て書いてあるかちゃんと読もうね
http://nanjingforever.web.infoseek.co.jp/victimreportlatter.html

それから、前スレでも確か言ったはずだよね
お前が知らないだけでラーベやボートリンの日記などにも1月4日以降
きちんと暴行の記録が書かれてる
一部は日本兵による現行犯を目撃していると

すぐ忘れて振り出しに戻す記憶障害相手なんて面倒くさいだけだし
そんな奴の妄言など誰も信じやしないだろうから
以降はほっとくよw

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 13:56:45 ID:R2cDisdX0
>>21
犯罪は何十件しかないだの何だの言ってたわりに、
なりすましをたかだか1件提示して喜ぶ記憶障害は
さっさと病院に頭を診てもらえよw
お前の理屈で言ったら、「なりすましなどほとんど無かった」になるだろうがwバーカw

あとその記事、永井大佐による発表をそのまま記事にしただけ
NYタイムズも別に無邪気にそれを信じてないのは
その後の記事でも日本軍の暴虐について伝えてることからも伺える

そんじゃなw
さっさと病院行けよw

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 14:01:12 ID:x3kL2Z/+0
>>23
>なりすましをたかだか1件提示して喜ぶ記憶障害は
>さっさと病院に頭を診てもらえよw

1938.2.17 大阪朝日
皇軍の名を騙り 南京で掠奪暴行 不逞支那人一味捕る
【同盟南京二月十六日発】
皇軍の南京入城以来わが将兵が種々の暴行を行つてゐるとの事実無根の誣説(ぶせつ)が一部外国に伝わつてゐるので在南京憲兵隊ではその出所を究明すべく苦心探査中のところこのほど漸くその根源を突き止めることが出来た。
右は皇軍の名を騙って掠奪暴行至らざるなき悪事を南京の避難地域で働いてゐた憎むべき支那人一味であるが憲兵隊の活躍で一網打尽に逮捕された。
この不逞極まる支那人はかつて京城において洋服仕立を営業、日本語に巧みな呉堯邦(二十八才)以下十一名で皇軍入城後日本人を装ひわが通訳の腕章を偽造してこれをつけ、(略)の三ヶ所を根城に皇軍の目を眩ましては南京区内に跳梁し強盗の被害は総額五万元、
暴行にいたつては無数で襲はれた無辜の支那人らはいづれも一味を日本人と信じきつてゐたため発覚が遅れたものであるが憲兵隊の山本政雄軍曹、村辺繁一通訳の活躍で検挙を見たものである。
一味は主魁呉堯邦のほか……の十名でいづれも皇軍の入城まで巡警を務めてゐた。

まだまだあるがw
根拠もなく日本兵の仕業と断言できるような論理破綻して視野狭窄に陥ったやつに言われてもねえw

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 14:10:31 ID:x3kL2Z/+0
>>22
ウィルソンの日記w
12月15日(陥落後3日目)
患者の数に関していえば、通常の人数に達している。きょうは30人の入院があり、退院は一人もいない。私たちが患者を退院させられないのは、彼らは行く所がないからだ。
150 人のうち10人ほどが内科と産科の患者で、残りは外科だ。中国人の医者は二人とも、しっかり監督していないと患者の世話ができないので、私が奮闘することになる。

12月18日
現在私が担当している150人の患者を回診

12月19日
午後は、最近では三度目の眼球摘出手術と小さな手術五件を行い、破片二つが私の博物館に加えられた。切断手術のない日が続く。

12月26日
クリスマスに手紙を書いて以来、私はおもに産科専門だ。手紙を書き終えてから、ベッドに入ったが、11時と3時半に起こされて、小さな中国人誕生の儀式に立ち会った。
まるで医学校時代の産科実習に戻ったようだったが、ほんの少し違うのは、なにが起こっても私が医学の最高権威者であるということだ(中略)
きょう午後はまた切断手術で始まり、二、三のさほど重傷でない患者を診た。切断したのはこの二週間ほどの間、救おうとしていた脚だった。

12月28日
トリムが病気の間、赤ちゃんを入れて175人の患者を診てきた。彼の復帰でそのうちの20人ほどから開放されることになる。

1月6日
進展もいくらかあるなかで、さらに忙しく三日間が過ぎたが、軍隊が次第に静かになってきているので、報告することがあまりない。(中略)
病院では外来部門が再開しつつあるので、中国人医師は一日中ほとんど忙しくしている。
私たちは来週月曜日から、外科と内科診療という通常スケジュールに戻るつもりだ。
きのうは午後をまるまる血行を圧止しているヘルニアの手術にかかりきりだった。

・小さな手術5件?切断手術のない日が続く?
・医学の最高権威者が産科専門?午後二、三のさほど重傷でない患者を診た?
・外来部門が再開?午後はまるまるヘルニアの手術?
重傷者の治療はどうした?医療能力が不足してるんじゃなかったのかw
南京は1月以降急激に治安が悪化したとでも言いたいのかw

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 14:29:53 ID:x3kL2Z/+0
3月なので南京事件とは関係ないが参考までにw

第四六三件 
 三月一〇日午後八時ころ、【青色と黄色の制服を着た日本兵五名】が門西の蔡の家にやってきた。
兵士二名が外で見張っている間に、他の三名は家に入り、金を要求した。家族全員がひざまずいて、
慈悲を請うた。三人の兵士は、部屋の戸口に木製のはしごを据えつけた。かれらは、縄で夫の両手を
はしごに縛りつけ、そこにぶらさげた。兵士は家中を物色し、五ドル紙幣一枚、日本の十銭硬貨一枚、
中国の二〇銀貨十三枚、紙幣一枚と銅貨を奪った。箪笥と物入れをひっくり返して調べた後、
毛皮の衣服一着、女物の冬服一着、それに蓄音機一台を奪った。かれらは立ち去りぎわに、
蔡の腿を六回、両肩を二回刺し、最後に頭を撃って殺した。さらに、ひざまずいていた蔡立森にも
頭に数回銃剣を見舞い、王の腿を二回突き刺した。こうして、かれらは立ち去った。(ミルズ)
(「ドイツ外交官の見た南京事件」 P234)

日本軍は青色と黄色という、チンドン屋のような目立つ軍装をしていたようです(藁
日本陸軍の支給品は、カーキ色、海軍なら青(紺)の軍服はあるが、黄色はあり得ない。

ttp://100.yahoo.co.jp/detail/%E8%97%8D%E8%A1%A3%E7%A4%BE/
Yahoo!百科事典
藍衣社(らんいしゃ)
中国、中華民国時代の特務的性格をもった政治結社。正式名称は中華民族復興社、略して復興社ともいう。
【藍(あい)色の上着と黄色のズボンを制服とした】ので藍衣社と称された。満州事変後の1932年、反蒋介石
(しょうかいせき)民主運動を弾圧するため、民族復興を掲げて国民党内に結成された国家主義的結社で、
中核組織を力行社といい、その下に戴笠(たいりゅう)が主宰した特務処を置いて、中国共産党員や民主派、
反蒋派に白色テロを行って恐れられた。蒋介石の独裁の一つの支柱であった。38年1月に解散し、社員の
多くは三民主義青年団に加入、特務組織は軍統局に改編された。日本軍占領地、とくに大都市での抗日テ
ロにも従事した。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 14:45:12 ID:27W3+N7M0
>>19
19がいう オーラルヒストリーの意味は?

オーラル・ヒストリー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC
オーラル・ヒストリー(oral history)とは、歴史研究のために関係者から直接話を聞き取り、記録としてまとめること。

バカの19が言うところでは、内容に疑問がある資料は記憶違い以外はすべて正しいということになるぞw
普通は、複数の資料をつき合わせて検討しないか?

それから 19によると南京戦日本軍兵力には諸説あると言うことだからその諸説を開陳してくれよ。
支那軍兵力は諸説あることは知っていたが日本軍側に付いては初耳だw

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 14:59:23 ID:x3kL2Z/+0
>>22
委員会が記録した『被害届』に記された強姦事件(未遂を含む)を集計すると合計で361件。
しかも誰が事件の目撃者であったのか、誰が誰に聞いて記録したのか、記録者のある事例は僅かに61件。
この内、日本兵がやったという確証があり、真相究明ないしは逮捕のために日本軍に通報された件数は僅かに7件。
日本軍に通報があった7件については、『シカゴ・デイリーニューズ』(1938年2月9日)に報道されているとおり、日本軍は犯人を厳しく罰しているんだが。

他国の大使館宛の資料も「ドイツ外交官の見た南京事件」とは『ローゼン報告』が主だがローゼンとはこういう人物。
ローゼンの反日エピソード
ttp://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/Rosen.html
ローゼンに対する同僚の評価。
「反日思考の持ち主」
「本人が認めるほど神経が完全に参っている」
「精神病者に苦しめられているとでも思わないと、はらわたが煮えくり返る」
「安全区国際委員会の仕事にもまったく役に立たない」

資料84
通達
ローゼン(南京)宛、発信者――ラウテンシュラーガー(漢ロ)
一九三八年三月二八日付
文書番号五七ニ○/ニ七九八/三八
 先日届いた〔南京〕分館の報告によると、ドイツ国民が借用中の南京の家屋がふたたび略奪を受けたが、今回の略奪が中国側に
よるものか日本側によるものかは、目撃者報告〔だけ〕では確認できない。それにもかかわらず、通例にしたがい、推定にもとづいて
今回の略奪は日本兵によって引き起こされたとの主張がなされている。
 南京分館は、南京に残るドイツ資産の保護を日本当局に要請するため、あらゆる手段を講じているものと考える。成果を期待する。

そもそも略奪も強姦も全て『兵士個人の犯罪』であって『日本軍の組織的犯行』ではない。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 15:20:02 ID:x3kL2Z/+0
【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】112次資料
ttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1279548194/l50
>226名前: 日出づる処の名無し 投稿日: 2010/08/02(月) 12:52:06 ID:xvDdGSaw
>ほれほれウヨども日本近代史板の南京スレでは虐殺は確定したぞ
>くやしいのうくやしいのう

極東板までわざわざ勝利宣言をしに来たバカサヨによると
『南京大虐殺とは日本軍の組織的犯行ではなく兵士個人の犯罪』
だそうだw
肯定派が日本軍の組織的犯行を否定しました(大爆笑www)

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 15:43:11 ID:0YIFb9Rs0
20万30万の大虐殺があったといわれている事件を、
1件の虐殺があったかなかったかにすり替える手法か

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 15:55:40 ID:R2cDisdX0
記憶障害者が結構頑張ってるな
しょうがないから頑張りに免じて少し相手してやる

こいつはまさか同じ憲兵組織が憲兵足りないながらも
日本兵の犯罪として処理した40件だかと
2件のなりすまし(大本営発表)の処理を比べて
もしかして、中国人や中国兵の犯罪の方が多かったと主張する気なんだろうか
益々頭イカレてんなw

一応、ボートリンなども、一部中国人による犯罪もあると記録してるわけで
なりすましや中国人による犯罪が全く無かったなどとは主張しないが
ま、割合としては同じ憲兵が取り締まった40:2だったのだろう
としか言えんわな、その数字じゃ

まあ、まだまだなりすましがあるってんなら、さっさと出して欲しいもんだがね
できれば大本営発表だけじゃない奴で、立件された奴をね

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 16:04:40 ID:R2cDisdX0
つまり取り締まりが不十分だった憲兵の記録上も
現地外国人の記録上も
一部の中国人による犯罪と、多くの日本軍による犯罪があった
という事実を示しているという結論にしかならないわけだわ

この割合から考えれば>>26のような日本兵の仕業かどうか
怪しいものがあっても不思議ではない
確かにこの証言からだと日本兵とは思えない

ただ、3月はかなり治安も回復していたようなんで
日本の統治も軌道に乗り始めてるんだろう
その時期に青と黄色というド派手な服装で乱暴狼藉するってのも
本当に藍衣社の仕業としたら、随分と堂々としているなあとは思う
全員殺さずに、わざわざその服装を生き残って証言させるかね普通

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 16:08:58 ID:y1YKW/dr0
>>32
それほど日本兵の犯罪が横行していたのなら
中国人の犯罪をすり替えるなんて手法取る訳無いよなw

ねえ、彼は何で日本人の犯罪を日記に書けなかったの?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 16:16:25 ID:y1YKW/dr0
後、その事件が本当に3月に起こったと思っているの?
普通に考えれば日本軍が南京城に入る前に奴等がやらかした事件だろ
それを日本軍が来てからの3月に改変しただけだよ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 16:24:04 ID:R2cDisdX0
>>33
なんだね、君は横から突然w
あと言ってる意味がさっぱりわからないw

>>34
> それを日本軍が来てからの3月に改変しただけだよ

ほう、何を根拠に

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 16:24:14 ID:x3kL2Z/+0
>>32
所詮バカは、日本軍の組織的犯行が証明できないから兵士個人の犯罪をほんのちょっと積み重ねて、さも大量の事件があったように見せかけることしかできないw
10件だろうと100件だろうと1000件だろうと兵士個人の犯罪があったとしても「南京大虐殺」とは何の関係もないんだが?
で?
「日本兵の個人的犯罪」があったからそれがどうしたと?
そもそも犯罪だったかどうかさえ怪しいがw

ラーベの日記
12月13日
「日本兵たちは、市内をめぐり、10〜20人程度のグループに分かれて店々や家々を手当たり次第、略奪してまわった。これは私の両目が目撃したものである」

「入城した日本軍は、まず宿舎の確保に苦労し、宿舎に充てた建物の設備補充のため、将校の指示のもとに無人となつた建物から家具やフトン等を持ち出した。
それらを『徴発』した際には、代償を支払う旨の証明書を添付したが、そうした事情を遠巻きに見ていた外国人や中国人は理解せず、日本軍が組織的に掠奪をしていると誤認した可能性がある」
(再審「南京大虐殺」世界に訴える日本の冤罪)竹本忠雄教授(筑波大学)著、大原康男教授(国学院大学)著

ドイツ大使館のシャルフェンベルク事務長
 「ラーベは最近、日本兵による血なまぐさい事件をまたぶり返し、それを阻止すべく、あいかわらず奔走している。だが私の意見では、ドイツ人はそんなことを気にとめるべきではない。
なぜなら南京の中国人らが日本人に頼り、仲良くなっていることは、見れば明らかなことだ。第一、暴行事件といっても、すべて中国人から一方的に話を開いているだけではないか」

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 16:27:54 ID:R2cDisdX0
>>36
> 10件だろうと100件だろうと1000件だろうと兵士個人の犯罪があったとしても「南京大虐殺」とは何の関係もないんだが?
> で?
> 「日本兵の個人的犯罪」があったからそれがどうしたと?

それが南京大虐殺を構成する要素ではあるんだよ
おぼえときな記憶障害w
ていうか「個人的犯罪がいくらあろうが南京大虐殺とは関係ない」なんて
小学生でも騙されねーだろw

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 16:29:38 ID:y1YKW/dr0
>>35
青と黄色の服を着た兵隊が居たのは日本軍が来る前の話
当たり前すぎるんですがw

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 16:34:10 ID:R2cDisdX0
>>38
だから日時をでっちあげたと言いたいのか
さすがにそれじゃ弱すぎるね

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 16:38:19 ID:y1YKW/dr0
>>39
居ない人間がどうやったら事件を起こせるの?
中国兵が便衣兵化してその服装で居る物も居ない事は
南京市民も十分承知しているから日本軍が変装しても意味無いだろ
3月に事件があったとする方が弱すぎるだろw

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 16:39:12 ID:0YIFb9Rs0
「南京小略奪」を「南京大虐殺」と言い貼るからおかしくなる


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 16:43:57 ID:R2cDisdX0
>>40
さっき記憶障害者が提示した藍衣社の説明みると
日本軍の占領地でゲリラ活動したとか書いてあるから
別にいても不思議じゃないと思うんだが
藍衣社が居るわけないって言いたいんなら
yahooの辞書に言ってくれよw

まあ、占領地でも青と黄色の軍服着て活動してたのかもしれないし
俺も別に>>26が藍衣社じゃないとは断言しないよ


30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)