5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大東亜戦争はだいたいこんな感じでいいの?5

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 10:09:32 ID:VqSEw24xO

日本政府はサンフランシスコ講和条約を批准し、東京裁判を受諾しました。
しかし、これはあくまで政治的な妥協に過ぎず、大東亜戦争の実相を示しているとは言えません。
大東亜戦争とは何だったのか、歴史的な観点から語り合い、その実相を探して下さい。

よろしくお願いします。


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 10:54:02 ID:idgwtgL00
ドイツは誠実に戦争責任を反省、なのになぜ日本は?
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1279182403/

1944年におけるバグラチオン作戦・一号打通作戦は
"偉大なるアーリア人種""偉大なる中華民族"に対する
"東方の蛮族"による情け容赦無き一撃であり、
"偉大なるアーリア人種・中華民族"は"東方の蛮族"と馬鹿にしていた相手に
どつきまわされ、その自惚れた民族的自尊心を自省せざるを得ない状況に追い込まれた。

第二次世界大戦後、アメリカ軍はチューリンゲン州をソ連軍に受け渡し、BMW・アイゼナハ工場
はソ連の設立した企業・SMADが所持することとなり、 Sowjetische AG Maschinenbau Awtowelo,
Werk BMW Eisenach(ソビエトAwtowelo会社アイゼナハBMW工場)となる。工場は6割が破壊されていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/VEB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%8A%E3%83%8F%E7%A4%BE

1. 第二次世界大戦終了60周年記念式典
 冒頭、小泉総理より式典参加は意義深かったとして、式典の成功に祝意を述べたのに対し、
プーチン大統領より「隣国であり重要なパートナーである日本の総理が参加されたことは
極めて重要である。」と述べて、小泉総理の参加に対して謝意の表明があった。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_koi/j_gmn_05/j_r_gai.html

小泉総理は日本代表として、モスクワの第二次世界大戦終了60周年記念式典に出席し、
式典の成功に祝意を述べた。赤軍がナチスドイツを撃破してベルリン入りを果たしたのは、
自由主義共産主義の理念対立を越えた偉業であり、日本人の一人として自分も祝意を表明する。

http://www.pcf.city.hiroshima.jp/Peace/J/pNuclear1_1.html
核兵器開発の歩み_核兵器の開発
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa198401/hpaa198401_2_045.html
2.  米国における基礎的研究の動向 (2)  スプートニク・ショック

世界で二番目に核実験を成功させ、世界初の宇宙衛星を打ち上げたソ連の工業技術。
イギリスは同じ戦勝国でありながら核開発はソ連よりもはっきり遅れていたと確認される。

イギリスはソ連の三倍もの援助を受け取っておきながら、しかも北アフリカでは
僅か3個師団のドイツ軍を相手にしていたに過ぎないのに、日中戦争も日米戦争も抱えて
四苦八苦してた大日本帝国に惨敗した理由を、ネタでもいいから述べてみてくれ。

           1941    1942   1943   1944    1945    Total
        (Mar. to Dec.)                (Jan. to Aug.)
Total aid to British
Commonwealth  1,082  4,757   9,376  10,766   4,437    30,073
Aid to Russia    20   1,376   2,436?  4,074   2,764    10,670
Aid to other countries                              2,872
Total lend-lease aid                               43,615
http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/BigL/BigL-5.html

Location Of German Divisions In June Of Each Year
Country      1941   1942   1943  1944
USSR        34     171   179   157
France, Belgium
& Holland      38     27    42    56
Norway & Finland 13     16    16    16
Balkans       7       8     17    20
Italy          0       0     0     22
Denmark       1       1     2     3
North Africa     2       3     0     0
http://www.angelfire.com/ct/ww2europe/stats.html

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 11:41:18 ID:mVdjCwR80
太平洋戦争を起こした日本政府の振る舞いは間違っていたと考える。なぜか?
300万人の自国国民と1300万人のアジアならびに対戦諸国人民の犠牲を
生み出し、さらに関連諸国の国力、財力の夥しい出費を考えるに、無駄であっ
たと断定しない根拠は存在しない。
戦争をして自分の過ちに気が付いたから良かったとでも考えるのか?科学技術
が発達したから良かったのか?
冷静に考えてみろ。
勝てない戦争して莫大な犠牲を相手にも自分にも与えてそのうえボロ負けした
んだぞ。「避けられなかった」じゃねえだろ。
ハッキリ言って不平等条約結んで中国から撤退して失業者と餓死者が出たとし
てもお釣りが来るよ。革命は起きてたかもしれないけどね(天皇主義革命(苦笑))。
分かる?つまり戦争は無駄だったの。大きなね。
戦争は避けられなかったっていう主張の問題点は二つある。
一つはそれが結果するところへの責任。つまり戦後民主主義のためには戦争が避けられ
なかったということへの責任である。自分たちじゃ民主主義を確立するのが無理だった
から戦争に負けてよかったというのもこれに含まれる。
侵略される側から言わせれば「とっとと死ね!」ってもんだろ。二つ目は「侵略されて
た」という話。先にも触れてたけど、その時点で勝てなきゃ悔し涙を流すしかないだろ。
正々堂々と負ければいいだろ。負けを認めたくないガキの言い分だろ。要はくだらない
プライドだろ?だから左翼に「帝国主義」とかいわれて突っ込まれるんだよ!ちなみに
明治政府が締結した不平等条約だって挽回しただろ。だったらあのとき、つまり開国し
たら即戦争したか?そのときは勝てないからしなかったんだろ?じゃあ1941年時点
で勝てると踏んだのか?もし勝てると踏んだのならその判断は間違いというのは証明済
みだよな?それとも当時は分からなかったのか?本当に?まあ国民の多くは最初は勝て
ると思ったらしいし、戦争を支持していたらしいけどな。今の国民から言わせてもらえ
ば本当に迷惑な話だよ。だってそのせいで他の国に迷惑かけてんだからな。だいたい戦
争しなきゃ、あのときの日本の戦争は正しいとか主張する連中が目の敵にしている国々
だって今とは違っていたかもしれんだろ。ってたぶん全然違うぞ。そのへん考えろよなー。
戦争を肯定する奴らの主張は無茶苦茶だな。


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 11:46:21 ID:mVdjCwR80
枢密院の深井英五顧問官は「枢密院重要議事覚書」の中で東條英機の答弁と
それに対する自らの感想を、次のように記している。

「既成観念の外交は対立せる国家を対象とするものにして、左様の事実
(外交の二元化)は大東亜地域内には成立せず、我国を指導者とするところの外交あるのみ」
(深井評、これ竹越顧問官の所謂大東亜圏諸国をデペンデンシー(従属国)として
取扱はんとする意図を頗る露骨に表示したるものなり。)
「外交の相手は必ず対等者として処遇せざるべからずとするが如きは古き観念なり」とし、
「此の如き観念は排斥す」とて、卓を叩きて叱咤す。
御前会議としては珍しき光景ならん。東條総理大臣は大東亜地域の諸国を従属的に取扱ふの
底意を此に暴露したり。東條総理大臣の興奮は益々激化し
「大東亜圏内には外交なし」と極言す。

アジア・太平洋戦争は
クーデターとテロにより日本の実権を握った軍部が
おのが力におごり高ぶり
東アジアを我がものにしようとして始めた戦争である
東條英機は首相になる前、ことある事に好戦論を口にしていた軍部の首魁である

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 11:49:16 ID:mVdjCwR80
アフマッド・スバルジョ(独立インドネシア初代外相)
 「毎年八月十七日には、共和国記念日を祝して式典が催されてきた。しかし、新聞は、いつもグレ
 ゴリー暦の年月日を用い、紀元二六〇五年の略称である〇五年という、独立宣言の手書きの原文
 に使われていた年号を再現してはいない。原文の写真が新聞に転載される場合ですら、日本の年号
 についてふれてはいず、〇五年は四五年を意味するのだと、当然のことのように考えられている。
 革命的な性格をもつ新たな独立政府にとって、日本の年号をうけいれられないということは、議論
 の余地のないところである。また、従来の植民地政権が使っていた年号に対して、異議を唱えるも
 のもいないのである。
  八月十七日の共和国記念日の式典では、例年、建国以来の式典年数があげられる。たとえば、一
 九七二年の八月十七日には、インドネシア人民は、共和国の二七回めの記念日、あるいは建国二八
 年めを祝ったことになる。その日は、まさに、偉大な“ナショナル・デー”である。一九七二年十
 二月二七日は、オランダ王国がインドネシア共和国を法的に承認してから二三年になるのだが、イ
 ンドネシア人民は、この一九四九年十二月二七日に行われたオランダのインドネシアに対する主権
 委譲の日を、祝ったりはしない。彼らは、八月十七日を、独力で宣言した自分たち自身の独立つま
 り、日本帝国のおかげをこうむらない、まさに、自分たち自身の闘争が成功したが故の、さらには
 一貫した努力のたまものとして勝ちとった独立の日として、その日を祝うのである。日本人がその
 際果たした役割は、単に偶然にすぎなかったわけである」
  (スバルジョ『インドネシアの独立と革命』(龍渓書房 1973)より)

太平洋戦争は植民地解放戦争だと放言する馬鹿がいるが、当のインドネシア人は本音では
そんなことは考えてもいないのである。馬鹿ゴキブリの自意識過剰に過ぎない

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 11:50:35 ID:mVdjCwR80
名越二荒之助の捏造
「地中海での作戦中、ドイツ潜水艦から魚雷が発射された。その魚雷の発見が
一瞬遅れたときに、日本駆逐艦は連合国船舶の前に全速で突入して盾になり、
撃沈されて責務を果たした。犠牲になった日本海軍将校の霊は、今もマルタ島
の墓地に眠っている」

この部分にも多くのウソがねつ造されています。まず、「作戦中」ではなかったのです。
1917年駆逐艦「榊」「松」はマルタ島に帰還途中ドイツ潜水艦と遭遇し、
艦首に被雷して、大破し59名死亡したというのが事実です。
連合国船舶の護衛任務などではありませんでした。したがって連合国船舶の護衛
のために「盾」となったという、今はやりの国際貢献の美談として書いているが、
全く根拠のないフィクションです。
また地中海で日本駆逐艦が撃沈されたことになっていますが、司令官の報告を
見ても、「撃沈」ではなく艦首の「大破」であり、沈没した事実はどこにもありません。
高嶋伸欣さんが「こっそり訂正していた歴史教科書」というタイトルで、
「ねつ造だった日本海軍手がら話」について書かれています。
扶桑社は採択後の供給本で、この部分も含めて約50カ所もの訂正を内密裏に行っていたのでした。
供給本では次のように書き換えられています。「日本の駆逐艦が、ドイツ潜水艦
によって撃沈された連合国船舶の救助活動で、大きな功績を挙げたが別の任務
の帰路、潜水艦の魚雷攻撃を受け、60名近い戦死者がでた。」
では魚雷攻撃を受けた日本の駆逐艦「榊」はだれが助けたのだろう?
近くにいた「松」は二次攻撃を恐れて手をこまねいていたのだが、急を聞いて
駆けつけた英国艦が迷うことなく接舷して港まで曳航したのだそうです。
称賛されるべきは英国艦であり、日本艦は怯えていたというのが事実。

重要登場人物の名前さえまともに書けない名越の著作に
歴史的学問的価値など微塵もありません
そこにあるのは捏造与太話でしかないのです

7 ::2010/07/22(木) 12:37:33 ID:VqSEw24xO
長文のコピペは禁止です。
コピペの連投は、悪意に満ちたスレ荒らしと見なします。
冷静で実りある議論を期待しています。

人格を疑われるような荒らし行為は慎んで下さい。
皆さんのマナーに期待します。


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 18:15:01 ID:H25ikIQT0
「中国にて」
アメリカ・・・満州事変は条約違反だ、元に戻せ。
日本・・・これからは自主路線だ、さらに介入してやる。
中国・・・内戦を止めて日本と戦うぞ。
日本・・・不都合な中国を潰し、都合良い政権に置き換えてやる。
アメリカ等・・・日本の勝手は許さん。中国を支援だ。

「対米戦へ」
日本・・・アメリカ等の中国支援が邪魔。仏印からの援助ルートとか止めたい。
ドイツ・・・念願のフランス占領。
日本・・・フランス領インドシナ(仏印)に進駐するチャンス。さらに南進できるかも。
アメリカ・・・日本は調子に乗るなよ。これ以上南下したらタダじゃ済まんぞ。
日本・・・南下は会議で決定済み。基地作るぞ。邪魔するなら米英とも戦うぞ。
アメリカ等・・・もう石油を売ってやらねえ。
日本・・・ここまで強気で来たが、冷静になるとヤバい。交渉も上手くいかないよ。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 20:11:35 ID:dHODeI6oP
>>7
>長文のコピペは禁止です。
>コピペの連投は、悪意に満ちたスレ荒らしと見なします。
で、お前は名越コピペゴキブリには何も言わないんだろ
じゃあ荒らされても文句は言えねえな

偉そうなこと言うなら、せめて中立の立場に立て
ウヨコピペオナニーに場所を提供するだけのスレなど
単なる糞スレ
荒らされても「転んでも泣かない」ということだ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 14:43:31 ID:rvsntvmz0
過去スレぐらい張ったほうがいい>>1
ほとんどが同じコピペやループだから立てる意味さえあったかどうか。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 20:39:09 ID:d+gRaN3VP
ここは名越コピペゴキブリのオナニーショーを観察するスレになりました
今度はゴキブリのレスで埋め尽くされるんだろうが
>>1はそれで本望なんだろうよ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 21:17:30 ID:K/e8K29hO
資源獲得のための自衛戦争


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 21:43:16 ID:eb0DyWNy0
この問題について考える上で、波多野澄雄『太平洋戦争とアジア外交』は必読でしょ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 22:30:06 ID:BhcFXdmP0
ID:dHODeI6oP=ID:d+gRaN3VP

馬鹿な低能豚が怒られてやがんの、バーカ
少しは反省しろ、カスw

それにしても、この豚はブーブーと下品だねぇ。彼女も友達もいない訳だよ。
この最低のクズを生んだ馬鹿親の顔を見てみたいw



15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 22:37:11 ID:cRnB4z61O
コピペゴキブリさん,他スレでやり込められて捨てゼリフ吐くだけのためにまた来たんすかWWW 惨めスッネWWW

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 22:45:45 ID:BhcFXdmP0
>>15
俺をやりこめた奴など全くいない。
俺をやりこめたと思い込んでる、おめでたい低能豚はお前を含めてたくさんいるが。
分かったか、禿


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 23:13:22 ID:UjUjqrA80
そりゃあ無理さ。
論破されてひたすらコピペに走ることそのものが
やりこめられたことに気づかないお前のようなおめでたい低能豚に理解することは。

>分かったか、禿
こういうのは言っている人間がコンプレックスに思っていることを罵るのであって、
当然相手の容姿が見えないネット上ではそもそも悪口にすらならない。
なにせ相手がふさふさだったら何もダメージを受けないから。
君はそんなに髪の毛に自信がないのか?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 23:14:57 ID:K/e8K29hO

東條英機は、大東亜戦争は自衛戦争であり、断じて侵略戦争ではないと主張した。

マッカーサーは議会証言の中で、日本は安全保障上の理由から戦争を起こした、と述べた。

従って、大東亜戦争は侵略戦争ではないと考えるのが妥当である。



19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 23:18:11 ID:UjUjqrA80
>>18
マッカーサーがいったのは日本は予防戦争を行ったといっているんだが?
そして現在においても予防戦争が自衛と呼ばれることはない。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 23:24:15 ID:UjUjqrA80
もっとも予防戦争すら誤訳の可能性があるんだけどな。
前後の文脈からみて完全に資源遮断が実行される
フィリピンでのWAR(交戦)を意味する可能性が極めて高い。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 00:48:39 ID:5M7pFPsCO
名越の捏造ソ−スの次は英語学者(笑)で統一協会のお犬様渡部昇一がソ−スでつか? 何年同じコピペ繰り返してるんだよ 自称年収1000万の研究者の中卒携帯親父はW

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 02:48:00 ID:bX3HMZBT0
侵略戦争をするのに、これから侵略戦争をするという馬鹿為政者はいない。
一般向けにもっともらしい大義名分を掲げるのは当たり前。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 04:49:06 ID:5I75QQh70
共産主義者の大東亜戦争責任
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6396722

共産主義者の大東亜戦争責任(1,2,3)
http://www.youtube.com/watch?v=GqJSU4v4VHA
http://www.youtube.com/watch?v=F8-suGPP4sA
http://www.youtube.com/watch?v=uFMtTokCuXs

1930年代初頭から1945年にかけての「軍国主義」、それは陸軍主導による日本の
社会主義(共産主義)化を「上からの革命」 によって成し遂げようとしてきた日本型
「革命」の、表象の事実に過ぎない。これと並行してマルキストの近衛文麿(日中戦争
拡大) 、左翼官僚(「企画院事件」など)、ゾルゲ・尾崎秀実らコミンテルンの策謀が
進行し、大東亜戦争へ至った。もし、大東亜戦争を非 難するのであれば、その母胎
となった社会主義(共産主義)をこそ先ず非難すべきである。大東亜戦争=日本と
東アジアの社会主義化 が真実であり、その敗戦革命、砕氷船理論の副産物として
ではあるが、アジアを白人帝国主義の植民地支配からの解放も生じたのである。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 07:44:43 ID:6JOCDWAg0

御前会議 「重要地帯は帝国領編入の方針」
東條英機 「大東亜諸国は対等じゃない。我が国が指導するのみ」
佐藤賢了 「現地政府は、軍の下部機関と大差ない」

コピペウヨ 「日本の目的は正義の解放。ソースは名越氏による発言集だ」


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 07:46:50 ID:6JOCDWAg0

(コピペウヨ)
戦前日本の目標を「アジア諸民族の独立」として粘着。
議論から逃げ&罵倒、都合良い賛辞や宣言だけコピペして自慰。

(現実の状況)
朝鮮台湾は併合。満州国は自主性も平等性も蔑ろな傀儡。
大東亜戦も、利用できる現地勢力へは良い顔しても、属国扱いか帝国領方針。


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 11:17:43 ID:GgZAxjL9O
見飽きたコピペだ。
全て論破済み


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 11:22:44 ID:GgZAxjL9O
マッカーサーは議会証言の中でsecurityという単語を用いている。
これは、単語の意味と前後の文脈から、安全保障と訳すのが正しい。
予防戦争などという意味不明の訳をする奴は無知な馬鹿である。


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 11:44:59 ID:148aRPFj0
>>27
君は予防戦争の意味を理解してから出直してきた方がいいと思う。
つっかなんでそんなことも知らないのに他人を無知呼ばわりできるのか・・・
って無知だからかw

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 14:30:16 ID:Un6pu7ZvP
ID:BhcFXdmP0
得意のコピペ爆撃を「荒らし」と認定されてできなくなった気分はどう?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 14:41:20 ID:Un6pu7ZvP
>>26
お前の言い分は、ぜんぜん論破になってないんだけどな
悔しかったらもう一度やってみな。ゴキブリ

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 22:05:20 ID:oIRm9L+70

大東亜共栄圏がいかなるものか、当時のイギリス連邦に近いものを想像すれば近い。
日本を指導者として、それぞれの元植民地や、列強と呼ばれない独立国が独自に
発展し、一つの共栄圏を目指すというものである。

それは、八紘一宇の名の下、一つ屋根のしたの家族のごとく睦みあう共栄圏であって、
対立軸は存在しない。全ての国の国民が、天皇の子供であるといっても過言ではない。

東條は、「対立軸に基づいた従来の外交は存在しない」と言った。当たり前である。
みな家族なのだ。

また、佐藤は「軍政も現地政府も似たようなもの」と述べた。当たり前である。日本の
指導の下で国家の発展を目指すなら、どちらが統治しても実態に大きな違いはない。
しかし、大東亜宣言は佐藤の私見を否定し、全ての植民地諸国の独立と主権の尊重を
高らかに宣言した。やはり、植民地解放を戦争目的とする以上、当然と言える。



32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 22:18:47 ID:148aRPFj0
>>31
要するに日本を支配者とする新たな植民地主義だったというわけですねw
独立も主権も子ども扱いなんですから。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 22:27:29 ID:oIRm9L+70
>>32
違う。大東亜宣言にも明らかなとおり「相互に独立を尊重する」とある。
植民地主義でもなんでもない。

大東亜共栄圏は独立国の集合体である。

しかし、日本以外の国々の国力があまりに低すぎるので、日本が指導者となって、
これらの国々の国力を強化・指導すると言うものだ。

馬鹿は何もわかっていない。



34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 22:49:59 ID:148aRPFj0
>>33
だから独立を尊重したら、
「対立軸に基づいた従来の外交は存在しない」なんてのは成り立たないっていうだけだ。
大東亜共栄圏に入ろうが出ようが独立国の当然の権利なんだから。

>しかし、日本以外の国々の国力があまりに低すぎるので、
その指導のしかたひとつとっても、とうぜん現地の国の考え方があるわけで
子ども扱いしている時点で独立国としては見てないことがわかりますね。

60年も前に滅び去ったプロパにいまごろ騙されてるのはバカどころじゃねえよw

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 23:21:42 ID:148aRPFj0
ああ、こういうことですね
違う。ワルシャワ条約にも明らかなとおり「相互に独立を尊重する」とある。
ソ連の衛星国でもなんでもない。

ワルシャワ条約機構は独立国の集合体である。

しかし、ソ連以外の国々の国力があまりに低すぎるので、ソ連が指導者となって、
これらの国々の国力を強化・指導すると言うものだ。

資本主義者どもは何もわかっていない。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 01:01:54 ID:3KmGAmZ+0
>>33
>大東亜共栄圏は独立国の集合体である

大東亜諸国内で、前から独立させてた満州国が、
関東軍の指導下に置かれた、自主性ないがしろの傀儡体制で、
主要ポストや税制等でも、日本人優遇の不平等体制で、
現地の土地を無理に安く取り上げ日本人移民へ、とかで恨み買ったり、
帝族の定義や後継問題まで、日本に左右されたり、
などに関して説明してみろよ。


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 01:23:39 ID:fiW3m5b20
ところで朝鮮半島って日本の植民地じゃなかったけ?
いつから独立国になったんだ?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 02:18:56 ID:dBBMOO+a0
おまえら>>31に厳しすぎw

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 10:03:43 ID:Ibmv5X6PP
>>31が馬鹿だからだ
事実を認めず、ねじ曲げた解釈で我田引水しすぎているからだ

東條英機は「大東亜地域内に外交なし」とまで放言した
大東亜会議会場に掲げられた地図には、日本の占領地帯を
塗りつぶしたうえに日章旗だけが刺さっていて、各国の旗は掲げられていなかった
佐藤賢了の言った「軍政にしても、お飾りの独立国にしても、その実態は変わらない」
という答弁は、真の独立などさせていなかったことを表す

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 10:24:19 ID:Ibmv5X6PP
1943年2月1日の衆議院秘密会において南方の軍政状況を説明した佐藤賢了陸軍少将は
「行政府ヲ軍政監部ノ下部機関トシテ置イテ居ラウガ、コレヲ奉ツテ独立政府ト致シマセウガ、実際ニ於テ大シタ変リハナイ―――ト云フト具合ガ悪イノデアリマスルガ、
率直ニ申シマストサウデアリマス」と述べている。要するに「独立」しても軍政下にあるのと変わらないということであり、
このような条件下ではとうてい「独立国」といえるようなものではなかった。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 16:12:28 ID:gIxCLuEVO

大東亜共栄圏の存立は、大東亜共同宣言によって担保されている。
大東亜共栄圏は独立国の集合体なのである。

これと、東條首相、佐藤少将の発言とは矛盾するものではない。

いったい、どこが矛盾しているんだ?

東條は、大東亜共栄圏に対立軸は無いと言ったに過ぎない。
共栄圏は家族共同体なのだから当然と言える。

佐藤は、独立国政府と軍政とは、似たようなもの、と言ったに過ぎない。
目指すものが同じなのだから当然と言える。

何をそんなに目くじらをたてる必要があるんだ?
馬鹿じゃないか?



42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 16:42:35 ID:fiW3m5b20
>佐藤は、独立国政府と軍政とは、似たようなもの、と言ったに過ぎない。
>目指すものが同じなのだから当然と言える。
どこの独立国家が他国の軍政をうけて似たようなものという状態になるんだよ・・・
軍政が敷かれている時点で独立してないじゃないか。
バカじゃないのか?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 18:12:53 ID:gIxCLuEVO

馬鹿は大東亜戦争肯定論を感情的に認めない。

中でも最低レベルの奴はコピペ以外、全く能がないクソ豚。

こんな奴、もはや人間の皮を被った凶悪な豚である。

止めない奴も同罪。



44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 18:18:21 ID:fiW3m5b20
>>43
そうだな、お前にはコピペ以外にくだらない罵りができるもんなw

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 18:29:52 ID:gIxCLuEVO
>>44
日本軍政も、独立政府も、目指すものは同じではないか。

民族語教育、民族主義教育、民族精神鍛錬、政治家鍛錬、官僚鍛錬、民族軍鍛錬、etc

全ては独立国形成に向いている。だが、独立国形成は日本軍政がうまい。

従って、日本軍政は独立国形成と、民族による独立宣言に向けて地ならしをしたに過ぎない。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 18:51:39 ID:fiW3m5b20
>>45
君は真剣にバカなのか?
民族語教育、民族主義教育、民族精神鍛錬、政治家鍛錬、官僚鍛錬、民族軍鍛錬なんてものを
建前上は駐屯しているだけの外国軍軍隊がやってるならその国は独立国家じゃない。

つか、独立させた国でそんなめんどくさいこと自分でしてるわけねえだろ。
ビルマ軍政をみりゃわかるじゃん。
なんでそうでたらめなことをおもいこんじゃったの、ぼく?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 18:55:05 ID:fiW3m5b20
ちなみにインドネシアでは戦争末期でどもならんくなるまで
これらは明確に禁止されていました。
>民族語教育、民族主義教育、民族精神鍛錬、政治家鍛錬

>だが、独立国形成は日本軍政がうまい。
あと、これ明確な戦時国際法違反だから。
なんで停戦も講和もしてない相手国領土を独立なんてことできるとおもったんだか。
まあ、シンガポールを併合しちゃったくらいだから気にしてなかっただけかもしれんが。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 19:14:50 ID:hLngyDFz0
南太平洋海戦
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1279983313/l50

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 21:00:23 ID:Ibmv5X6PP
判定:
本日の論戦は、糞ゴキブリの負けです

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 21:34:48 ID:NLMjnm7bP
コピペ害虫ウヨは、議論に毎回負けるからな。
中傷と名越コピペに徹して逃げるだけ。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 22:20:22 ID:pu2o3Fms0
>>50
お前ら馬鹿豚には、議論をする能力もないし、知識もない。
お前らは何の値打ちもないんだよ、カスw

>>47
モハメッド・ナチールによれば、日本軍政は、インドネシア語の教育を
普及させ、ご丁寧にも地域のマイナー言語の教育まで行ったそうだ。無論、
占領直後から、今村司令官の下で、全てが進められたのだ。はい、馬鹿が
一匹死んだ。ビルマでもマレーシアでも現地語教育が行われた。

独立国形成は日本軍政がうまいからといって、それのどこが戦時国際法違反なんだ?
インドネシアでは、独立宣言で「権力の委譲」を記載しているが、これを国際法違反
といって、因縁をつけた馬鹿など見たことがない。



52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 22:24:49 ID:pu2o3Fms0
>>47
要するに、>>45が言っているのは、日本軍政でも、独立国でも、
初めにやることは、事実上まったく同じであって区別のしようがない
ということだ。佐藤少将の言う内容もそういうことだ。

日本軍政が主導的立場になって独立への地ならしをするのは、戦争目的
からいって当たり前。これも全くおかしくない。

そして、大東亜戦争後、植民地諸国は全て独立した。
大東亜戦争は植民地解放戦争に他ならなかった。
これが歴史の真実である。



53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 22:41:43 ID:3KmGAmZ+0

朝鮮も台湾も、独立させる気配すら無かったし、
満州国も、日本人に主要ポストが移行するばかりで、満州人の自主性は蔑ろのままだし、
インドネシアは直轄領指定で、代表者を大東亜会議にも出さなかったし。

今の状況は、単に日本が負けたから。
それを「正義日本の解放物語」とか粘着してるのが、自慰コピペウヨ。


この馬鹿に何を言っても無駄だが、
「大東亜内で対立軸を認めない(東條)」は「真の独立を認めない」のと同じ。
日米の様に強い同盟関係でも、当然いくらかの軋轢は抱えてるのに。


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 23:22:43 ID:K5EuqcHaO
なんで今日はいつものコピペゴキブリは三回もID変えてるの?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 00:08:18 ID:x8LliWug0
>>51
>モハメッド・ナチールによれば、
バカが自慢げに言うが、「日本語を大東亜共栄圏の共通語とする」方針なんだがw
インドネシア語は短期間で日本語の普及が不可能なので
代替措置としてとられたにすぎない。
そもそも領土の大半を日本に併合するつもりのインドネシアで

>独立国形成は日本軍政がうまいからといって、それのどこが戦時国際法違反なんだ?
はあ、日本は国際法違反がうまいんですね。
第四三條 國ノ權力カ事實上占領者ノ手ニ移リタル上ハ、
占領者ハ、絶對的ノ支障ナキ限、”占領地ノ現行法律ヲ尊重シテ”、
成ルヘク公共ノ秩序及生活ヲ囘復確保スル爲施シ得ヘキ一切ノ手段ヲ盡スヘシ。
独立国なんていう占領地の現行法律を根底から変えるのは立派な国際法違反だな。

>インドネシアでは、独立宣言で「権力の委譲」を記載しているが、これを国際法違反
>といって、因縁をつけた馬鹿など見たことがない。
そりゃ、彼らのそれはオランダからの権力の委譲なんだものw
インドネシアは独立したのにオランダ領蘭印を占領統治する権力でも委譲されたとでもw

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 00:13:36 ID:x8LliWug0
つか、これが国際法違反なことに説明が必要なことか?
戦争して勝利し、相手国に講和条約で統治権を放棄させないと
独立国形成もなにもない。
占領地を奪還されたらどうするつもりだったんだ?
ただの占領軍への協力ならまだしも
オランダの法律で反乱罪にあたる行為までやらせておいて
恩着せがましく独立国形成とか日本人なら恥を知れとしかいいようがない。
本気で形成させたいならオランダを屈服せしめて
講和条約に独立の条件を付け加えるだけでいい。
それをせず戦争中に独立をえさに(オランダ法違反の)協力を求めたことはまぎれもない国際法違反です。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 13:09:41 ID:KtrTs3c40
判定:糞ゴキブリID:pu2o3Fms0の敗北
理由:佐藤発言について確信犯的に「日本軍政でも、独立国でも、
初めにやることは、事実上まったく同じであって区別のしようがない」という
論旨のすり替えを行っているため
正しくは>>42の言うとおり、独立させても名目上のことであって実際は軍政である
と読むのが正しいため
理由その2:国際法に無知なため、致命的なミスを>>51-52で犯している
理由その3:太平洋戦争は東條英機が「大東亜地域内に外交なし」と発言しているとおり
資源を産出する属国&植民地欲しさを動機のひとつとする戦争であり、これを
「植民地解放戦争」などと無理やり捻じ曲げていること

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 15:05:07 ID:KtrTs3c40
ゴキブリはここでオナニーできなくなったので
「なぜ左翼は捏造するのか」というスレでコピペオナニーしていることが判明しました
ゴキブリの精神衛生上よくないので、オナニーはとめてあげたほうがいいと思います

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 11:58:37 ID:gp83c5hl0
「対立軸」がないということは
「俺様の言うことを聞いていろ、文句は許さん」ってことだよな
それのどこが独立なんだよ
家族にたとえていたが「家長に従属していろ、自主的な意思を持って独立することは許さん」
って封建的な家族だね、これって。
それのどこが独立?笑わせるなよコピペゴキブリの自称吉田
(「吉田」というのは、自分が荒らしであることを棚に上げて
削除依頼をかけたときのハンドルネーム)

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/31(土) 22:14:58 ID:ZtHxtQTp0

「対立軸」がないということは、利害の衝突がなく、皆が仲良く決め事をできるということ。
これが「従来の外交」との大きな違いである。対立軸がないから、利害の衝突がなく、従って、
決め事は大東亜共栄圏の全ての国の利益になるのである。

大東亜共栄圏が家族である、とはこういうことなのである。
>>59のような馬鹿には死んでもわからないようだが。



61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/31(土) 22:44:01 ID:063gRINv0
>>60
んで、実際に利害が衝突したらどうするんだ?
家族ですら小はチャンネル争いから大は遺産相続まで
利害は確実に衝突するものなんだが?
日本を指導者とするってあたりで完全に利害が衝突するよなw
利害調整を行う大国ですらなく、指導者だっていうんだから。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/31(土) 22:54:16 ID:ZtHxtQTp0
>>61
日本が指導者であっても、それ自体が利害衝突になることはありえない。
大東亜共栄圏とは、イギリスの経済ブロック圏のようなものだ。馬鹿にはわからないだろうが。



63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/31(土) 23:07:56 ID:063gRINv0
>>62
指導者がこうだといえば、当然それに関する利害はそれぞれの国で異なる。
地理的・歴史的などの各種要因で国情というものが違うのだから当然だ。
だから利害調整を行うのだが、対立がないなどといってしまえばそれすら行えなくなるだろ。

>大東亜共栄圏とは、イギリスの経済ブロック圏のようなものだ。馬鹿にはわからないだろうが。
バカにしか分からないこと言われても困ります。
経済ブロックなら利害が対立しないということはありえない。
ちなみに確実に失敗する経済ブロックですが気づいてます?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/01(日) 09:44:35 ID:MmcS7ogaP
判定:ID:ZtHxtQTp0=コピペゴキブリ吉田の惨敗
理由:ID:063gRINv0氏は、東條、佐藤の発言を正しく踏まえ
「大東亜共栄圏」なるものが、日本の一極的支配に過ぎないことを看破し
それに基づき論を展開しているのに対し
コピペゴキブリ吉田のほうは「利害の衝突がない」など現実の人間関係にはありえない
いいわけにもならない苦しい逃亡を図るしかなくなっている
また欧米列強の植民地支配を批判しているはずなのに
「大東亜共栄圏とは、イギリスの経済ブロック圏のようなものだ。」などど
イギリスの植民地支配を肯定するような自語相違を犯している
またID:063gRINv0氏は、軍票の乱発、収奪の激化による東南アジアの危機的状況もよく踏まえており
「大東亜共栄圏」の夢想家にすぎないコピペゴキブリ吉田よりよほど歴史に対する理解が深い

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/01(日) 12:35:07 ID:1lOnmTm+0
まあ、大東亜共栄圏どころか日本の国内だけに限定したところで、
各県ごとに利害が対立するのは恒常的におこっている事態なんだがなあ。
独立すらしてない各県で東京都が指導者として導くっていったら
あからさまに利害が衝突するだろうに。
家族に例えるだけでも烏滸がましいっつうか・・・

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/01(日) 21:56:23 ID:TIUbfxZt0

ブーブーうるせぇ豚共だな

>>63東條発言は、大東亜共栄圏内の話だよ。お前ら馬鹿だな。人の話を聞け、低能。
ブロック経済圏同士で利害が対立するのは当たり前だ。でも東條はそれについては
「対立軸に基づいた外交」と断じている。

対立軸ある外交は、駆け引きや謀略と表裏一体だ。大東亜共栄圏内には対立軸が無い
から、卑怯な手段は一切必要ない。必要なのは意見交換と調整だけだ。仲睦まじい家族
のようではないか。東條が言いたかったのはそういうことだ。

馬鹿にはどうしても理解できないようだな。




67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/01(日) 22:09:56 ID:1lOnmTm+0
>>66
ああ、なるほど東条は頭がおかしかったといいたいわけですね。
まあ、あなたのねつ造に過ぎませんが。
まず対立軸はブロック経済同士じゃなくて、国家単位だと言ってます。
「既成観念の外交は対立せる国家を対象とするものにして、
外交の二元化は大東亜地域内には成立せず。我国を指導者とする所の外交あるのみ」

仲睦まじい家族のようではないか。どころの騒ぎじゃありませんw
そりゃ駆け引きも謀略もないでしょうよ。
日本の言うことを聞いていりゃいいっていうもんなんだから。
意見交換も調製も必要ありません。
大東亜会議でアジア諸国の意見を一切聞かなかったことからも明らかでしょ。

馬鹿にはどうしても理解できないようだが

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/01(日) 22:19:12 ID:TIUbfxZt0
>>67
「1917年」がどういう年だか調べたのかよ、低能!!

ちなみに、大東亜会議では皆、自由に意見を述べ合ったのだが。
お前は本当に何も知らないんだな。

大東亜共栄圏内では日本だけが突出した工業国であり、他国の教育
や経済成長にも貢献する義務があるから、外交面でも指導力を発揮する
必要があるのは当然。他国は日本の指導の下で近代化するが下僕でも
植民地でもない。

馬鹿は日本の「指導」の下の外交が気に入らないようだな




69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/01(日) 22:32:16 ID:1lOnmTm+0
>>68
>「1917年」がどういう年だか調べたのかよ、低能!!
地中海派遣艦隊がどういうものだったのか調べたのかよ、低脳!

>ちなみに、大東亜会議では皆、自由に意見を述べ合ったのだが。
>お前は本当に何も知らないんだな。
ワンマン社長の会議でも自由に意見を述べ合うことができますよ。
むしろそっちのほうが自由だったりします。
なにせ結論は決定済みで単なるさえずりなんですから。

>大東亜共栄圏内では
余計なお世話ですね。そんな理屈が通るなら
宗主国の指導の下で近代化すべきだとか言うレベルの話です。
また、日本の能力では他国の経済成長にも貢献することは不可能ですよw
当時の日本自身が欧米の技術なしでは発展不可能な国なんですから。
一例をあげれば日本に単独での石油開発技術はありませんから、
欧米から器具を輸入しないと産油施設を維持することさえ出来ません。
インドネシアの油田も戦前に輸入した機材で補修していましたが、
数年後には稼働不可能となるのはみえています。
さて、石油を輸出して経済発展したいインドネシアと
石油を売ってもらわなければ困る日本の利害がここで衝突しましたね。
なにせ日本にいくら石油を売ろうと機材を買うためのドルやポンドは一切入ってきません。
これを意見交換と調整で解決できるなら教えてもらいたいものだw

>馬鹿は日本の「指導」の下の外交が気に入らないようだな
独立とは無関係な話ですからねえ

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/02(月) 12:50:29 ID:3HJAqkpb0
判定:ID:TIUbfxZt0=コピペゴキブリ吉田の完敗
「大東亜会議では皆、自由に意見を述べ合ったのだが。」とありもしないことを捏造
現実は「会議は東條首相による操り人形たちの集まり」
大東亜宣言への修正議案も門前払いされ、言っただけの意見があっただけ
「仲睦まじい家族のようではないか。」これにいたっては笑うしかない
ビルマのアウンサン、マレーの青年同盟、フィリピンのフク団
ベトナムのホー・チ・ミン、インドネシアのブリタルの反乱
反逆者だらけで実に仲睦まじい。何の冗談だww

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)