5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

田母神航空幕僚長の論文を歴史学会は推考せよ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 04:12:00 ID:4sV0a7YV0
救国の論文!! 自虐史観から脱せよ!!

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 04:12:39 ID:4sV0a7YV0
前スレ
田母神航空幕僚長の論文を歴史学会は論考せよ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1240733261/

田母神航空幕僚長の論文を歴史学会は判断せよ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1238313003/

田母神航空幕僚長の論文を歴史学会は理解せよ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1236512216/

田母神航空幕僚長の論文を歴史学会は認識せよ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1231456269/

田母神論文を論じるスレ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1227283045/

航空幕僚長の論文を歴史学会は理解せよ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1227003998/l50

航空幕僚長の論文を歴史学会は直視せよ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1226079262/l50

航空幕僚長の論文を歴史学会は無視するな
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1225538182/l50

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 04:24:58 ID:i6wijDqY0
こら〜〜
まだ寝ないぞ☆☆

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 05:48:26 ID:xtkUIg0JO
前スレ>>966
つインドネシア独立戦争
嘘つきだな君w

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 06:04:33 ID:xtkUIg0JO
田母神の朝生あったw
http://m.youtube.com/watch?v=KhIvRq_th6g&client=mv-google&gl=JP&guid=ON&hl=ja

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 06:18:55 ID:i3JwAJx40
おい、別スレ再利用するってことになったのに何資源の無駄遣いしとるんじゃw

田母神航空幕僚長の論文を歴史学会は粉砕せよ
ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1241868765/

>>4
ああ、日本は日本軍に旧宗主国に従って独立派を弾圧するように命じ、
独立派に味方した日本兵を脱走兵とした、
インドネシアVS旧宗主国+日本の独立戦争ですね。
で、日本がついた側敗北と。
それが何か?w


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 09:32:39 ID:x4cuqFh4O
田母神本人に推敲させるのが先

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 10:02:41 ID:N8jPSJSo0
前スレから

> 902 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/05/14(木) 16:21:02 ID:jqBs8Vfh0
> ABCD包囲網どころか、オランダなんかは敵対しているドイツに資源流れるかもしれない
> 危険冒してまで、日本の要求量の七割は売ってやる、といったのにね。 それを蹴ったのは日本。

そんなデマを誰から教わったのか知らないがオランダからは石油を輸入していたよ。日本は要求を
引き下げてまでして石油の輸入を契約している。
石油の輸入を止められたのはABCD包囲陣からだが、歴史板でそんな事も知らない様では恥ずかしすぎw

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 10:08:10 ID:N8jPSJSo0
前スレ
> > 883 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/05/14(木) 13:08:24 ID:29uwQGnx0
> > 
> > 田母神論文「政治的行為に該当せず」 政府が答弁書
> > 2008.11.14 20:25
> > 
> >  政府は14日の閣議で、田母神(たもがみ)俊雄前航空幕僚長の論文投稿について
> > 「空幕長の職務として行ったものではなく、私人として行ったもの」とする答弁書を決定した。
> > また、今回の投稿が
> > 「政治の方向に影響を与える意図で特定の政策を主張する」などの政治的目的には当たらず、
> > 自衛隊法で制限されている政治的行為にも該当しないとした。
> > http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081114/plc0811142027011-n1.htm
> > 
> > 勝負あったね

> 903 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/05/14(木) 20:51:49 ID:T2c8V0mi0
> えっと、、、、どこが?
> もしよければ産経のとばし記事じゃなくて868を読むとイイよ。
> たぶん元ネタの軍事板FAQでもっと詳しく書いてある。

前者は誰かの愚痴を語っただけだし、後者は単なる上げ足取りだろう。違法でなければ合法としか言えない

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 10:21:20 ID:N8jPSJSo0
前スレ
> 911
> もっといえば、当時の国連決議で違反国日本が脱退したので制裁できないかわりに、各国は中国支援してと
> 世界に呼びかけているから法的正当性も支援側にある。

これもデマ。満洲事変の話だろうが条約無視の国際法違反は中国の方。最初に中国の「革命外交」の被害を受けた
ベルギーを始めとして日本も中国の無法を国際社会に訴えてるのに、意図的に中国だけの言い分をトリミングしてる。

満洲事変に関する「国連決議」なんてのも紛争解決のための穏当な調停案レベルのもの。どちらかが侵略戦争仕掛け
たと認定し制裁を始める・・・などと言うような話ではない。

> 回答者:donbay312
> 決議したのは「リットン報告書の採択」であって、厳密には日本の満州国放棄を迫ったというのはやや語弊があります。
> また、リットン報告書は日本の主張を退けただけでなく、中華民国側の事変以前への状態復帰要望も退けています。
> 
> ttp://qa.mapion.co.jp/qa4415637.html

いずれにしても紛争調停を目指した、この「決議」は、タンクー協定により日中間の紛争が終了した時点で効力を失い立ち消えとなっている。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 10:28:40 ID:N8jPSJSo0
前スレ
> 916
> そもそも日本がアメリカとともに調印した九ヶ国条約潰しまくった結果。
> 日本の自業自得。

これも歴史的事実とは異なるな。満州国建国前の様子については・・・・・

「米国公使マクマリーによれば、日本はワシントン会議の条文と、その精神を最も忠実に守った国」

「しかし、排日侮日という形で、日本の権益が損なわれるのは、幣原の平和外交をもってしてもどうしようもありません。 」

「東京裁判では、日本が自衛のために戦ったと主張したのも、この歴史的背景があったからです。」
元外交官 岡崎久彦

ではアメリカ合衆国公使のマクマリーはどう考えていたのか

> (極東の中国による)脅威が顕著となっても国際協調の枠組みは無力だった。(中国の)脅威に対抗したり、備えたりするような
> 国際協調行動は、ほとんど行われなかった。その結果、日本は自力で安全を確保しようとしたのであった。
> 
> (中国は)行き過ぎた行動(条約無視、外国人迫害)によって、周辺諸国を安心させるのではなく、周辺国の利益と安全を
> 保障していた国際システムを掘り崩していった。
> それは中国自身の安全と利益を掘り崩すことでもあった。(横暴な中国人自身の招いた当然の結果。自業自得)
> 
>ジョン・ヴァン・アントワープ マクマリー (「満州事変から日中戦争へ」 加藤陽子著)

無法な中国人によって生じた東アジアの危険な状況。日本が幾ら訴えても、見て無ぬ振りをする無為無策なアメリカ他国際社会。
日本は自力で何とかするしかなかった。自業自得は中国の方と言うのが正しい歴史認識。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 10:37:24 ID:N8jPSJSo0
前スレ

> 892 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/05/14(木) 14:15:16 ID:29uwQGnx0
> 日本の満洲での行動に文句を言っているアメリカの特にスティムソン国務長官とかは
> 実情を知らない愚か者として相当な笑い者にされていた。

> 898 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/05/14(木) 14:51:45 ID:2jJj4xkR0
> >892
> 誰に? 史実として世界の支持を受けたのはスティムソンの方だが。

これは単なる笑い話なんだが、どうも今で言う辻○清○議員見たいな扱いだったらしい。
非現実的な意見を堂々と開陳して、敵対国とか政敵とかに笑われるだけならまだしも、自分の
部下にまで馬鹿にされて嘲笑われていた。(一応、ご立派な意見だが、アホかバカかw と)

部下達は長官の面前では必死に堪えてトイレに駆け込んで大笑いw (当時のアメリカ合衆国の新聞記者)

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 10:50:56 ID:N8jPSJSo0
前スレ末は、これの他は歴史とは関係ない話ばっかりだったな〜 ここでオチます

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 11:53:10 ID:l1LyKmqx0
ここは次スレじゃありませんので、移動をお願いします。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:33:51 ID:xtkUIg0JO
>>6
何捏造して宗主国+日本にしてんだよチョンw

ムルデカって映画でも見て来いよw
インドネシア+残日本兵VSオランダ軍なのだが。

お前がチョンで日本人に嫉妬してることは分かった。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:36:39 ID:l1LyKmqx0
                    ,_,..,ィヽ,、       |
                   /;;::r‐〜-ミ、     |   ウ ェ ル カ ム
                 4~/へi::::::;/,ヘミ7     |  W E L C O M E !
                 '-l|<>|:::::|<フ1|i'    ノ  ( よ う こ そ )
                    l! '" |::::l、~`リ    へ
              /`ー、  ハー;";::i:::ヾイl! ,r'~`ヽ、 \
           ,.ィ" ri l i ト、 1:|`丶:;;;:イ' ill!7、 、 y;  ヽ、_` ー―――――
      ,. -‐''" 、 くゝソノリ~i | - 、 , -‐'7ハ ヾニト-    ~` ー- 、_
   , ィ ´      ,ゝ、_ `r'   l |  、レ // `テ三..ノく _ `       ヽ、
  /       , -' ,、  `、_)   l,i,  i //  (/  ...,,;;;;:` 、        ヽ
 ;'       '" ノ ;;;;::::      i !  : //    .....:::::;;イ、_、_\ _    _ノ
 l ..,, __,ィ"-‐´ ̄`i::::: ゙゙゙= ...,,,,,. l | ,//  - = ""::;; :/       ` '''' '"
            ヾ :;;;,,     ,i l,//     ,,..," /         _,,.....,_
   ,. -- .,_        \ :;,.   ;'  V ;!   `;  /;: ノ      ,.ィ'"XXXXヽ
  /XXX;iXXミ;:-,、     ヾ  '" ''' /./!  ヾ   /    ,. - '"XXXXXXXX;i!
 ,!XXXXi!XXXXX;`iー;,、  i   、. / ;:::゙i   ;: , |  ,. r'"XXXXXXi!XXXXXX:l!
 |XXXXX;|XXXXX;|::::::::|`ヽ、    ,! ,': : :|    ,.レ"::::|XXXXXXX|XXXXXXX;l!
 !XXXXX;|XXXXX:|:::::::::i  `   ;! : :  i!  / !:::::::::|XXXXXXX|!XXXXXXX|
 XXXXXx|XXXXX;!:::::::::::!   `. /::    | '"   l:::::::::::|XXXXXXX|XXXXXXX |
 XXXXXx!XXXXxリ:::::::::::!    |::     |    i:::::::::::ゞXXXXXツ1XXXXXXX|
 XXXXX/ \XXソ::::::::::/     i!::    ノ     i!::::::::::::ゞXX:/  lXXXXXXX|
 XXXX:/   `ヾ::;;;;;:ツ      ヾ;::: ; ノ      ヾ:;;:::::::ゝ'"     ヾXXXXX |
  XXX/       `ヽ 、     _ゝく      _,,. -`''"        i!XXXXX:|
 XXX7           `'''''''''''"    `'''''''''''´              |XXXXX !
 XXX|                                      |XXXXX|


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:37:18 ID:l1LyKmqx0
       |1/ |1/
      / ̄ ̄ ̄`ヽ、
      /   ,,     ヽ
      /  丿  \    |
     | (●) (●)   |
     /          |  さすがのムーミンも
    /        ^   |
   {         /|   |  >>1には
    ヽ、.    /丿ノ   |
      ``ー――‐''"    |  呆れ果てているようです
      ./         . | |
 (⌒―|          | ゛―^⌒)
 . ̄ ̄|          ̄ ̄| ̄
    .|             |
     !、          /
      ヽ、        / 、
       ヽ、 、    /ヽ.ヽ、
        |  |   |   ヽ.ヽ、
       (__(__|     ヽ、ニ三

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:39:26 ID:l1LyKmqx0
   ┌───┐    l   ...ノ┬┬┬┬   __ __
   │─┬─│――|―― ┼┼┼┼     ノ   ノ
   │  ┼、 │    |     ┴┴┴┴ .   ×   ×
   │─┴─│  _|_   ノ \\\  / ヽ/ ヽ
   └───┘
                                 ̄ノ ̄   .ノ   土
                     │    __.   | ̄| ̄ | ̄|   イ  ―┼  ―┼―
.                  ‐─┼─‐        |  |二 |  |   | . ヽ  |     レ'ヽ
                     |.   ____ ..|_|__|_|   |.    |     _ノ


                                  /\___/ヽ
    (.`ヽ(`> 、                      /''''''   ''''''::::::\
     `'<`ゝr'フ\                  +  |(●),   、(●)、.:| +
  ⊂コ二Lフ^´  ノ, /⌒)                   |  ,,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  ⊂l二L7_ / -ゝ-')´                 + |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
       \_  、__,.イ\           +     \   `ニニ´  .:::/    +
        (T__ノ   Tヽ        , -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、   ./|
         ヽ¬.   / ノ`ー-、ヘ<ー1´|  ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ
          \l__,./       i l.ヽ! |   .| ::::::::::::::l ヽ   `7ー.、‐'´ |\-、
.   ______________________   __
  |一|九│一│九│一│九│  │  │  │  │  │ │  │
  |萬|萬│索│索│筒│筒│東│南│西│發│中| │  │
  └─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘ └―┘


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:41:07 ID:l1LyKmqx0
   _____________________________
 /
 | 諸君 私は >>1 サンが好きだ
 | 諸君 私は >>1 サンが好きだ
 | 諸君 私は >>1 サンが大好きだ
 \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         /ヽ l⌒l                l⌒l /ヽ
      ∧ /:::::/ |::::::|                |:::::| ヽ::ヽ ∧
     / / |  |  |   |     /ヽ      /ヽ     |   |  |  | ヽ ヽ
     | |  |  |  |  |    / /      ヽ ヽ    |  |  |   |  |  |   __
  ´、`ヽ \ \ヽ:::ヽ |:::::| / /       \ \ |::::::| /:::::://::/,-'' ~ ,-'
   ヽ `ヽ:::::::::::::::y::::::::v /           \ v::::::::y::::::::::::::::/´   ,'''
    ヽ_        /             ヽ         _/
       ヽ::::::::::::::::  /   .∧         ∧.   ヽ::::::::::   /
        ヽ::::::::   |  /::::ヽ      / .ヽ   |:::::::::  /
         |::::::::   | /::::  `、     /   ヽ  |:::::::::  |
          |::::::::  γ:::::::::::   ̄ ̄ ̄     ∨::::::   |
          |::::::::  |:::::::::::::::::::::::::        |:::::::   |
       ,,-'' ̄ |:::::::  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::|:::::::  |  ̄\
      /  ::::::: |:::::::   |::::-=・=-::::::::::::::-=・=- ::|:::::::  |::::::::  ヽ
      | ::::::::::::::|:::::::   |:::::::::::\___/   ::::|:::::::  |:::::::::::  |
      | ::::::::::::::::|:::::::  |ヽ:::::::::::\/...........:/|:::::::  |:::::::::::::  |
      ヽ :::::::::::::::|:::::::  |lll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lll|:::::::  |:::::::::::   /
       ヽ :::::::::::::|:::::::  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::   |::::::::   /
        ヽ ::::::::::|::::::::  |;;;;;;;;;;;::::::::::::::;;;;;;;;|:::::::  |:::::::  ,-'´
         `ヽ、::::ヽ::::::: ノ;;;;;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;ヽ:::::: ヽ::::: ,-'´
           `ヽ、_,,ノ;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::;;;;;丶、_,,-''´


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:41:57 ID:l1LyKmqx0
                  ,!  \
           ,!\          !    \      こういうスレ、マジでもういいから・・・
         i  \         l      \,,..__
          ,i′  ,\___,,--―l       \::゙'冖ーi、、
        i     :;\::::::::::..l              `'‐、、
       /__,..;:r---―-、,..__.     ,;'il:;}          .;:::`L__
   ,.:f''""゙゙゙´          、 ̄ヽ,//           ...::::::l;;;:;;::::
  _/       ......  、   \//、            ::::::::リ;;:::::::::....
//       ......:;::::::::::::. ヽ、\ ゙ヽ  ヘ    ●      ....:::::::::i';;;;::::::::::::
;;/    ::::::::::::;;;;;ノ ̄\:: 〉 〉゙'、 `ヽ_ノ       ......:::::::.;;;:ノ:;;;:::::::::::::
/    ..::::、__;;ノ;;;`ヽ_/: / /⌒)メ、_ノ/         .....:::::;;;/;;;:::::;;:::::::::
     ..:::イ;;.ヽ::;;;;;;;;;(__ノ /'"..:::::::::::::/  ...............:::::::::::;;;,;ノ;;::::::::::::::::
     :::::::l;;;;;;;;;\;;;;;;;,.(__ノ;.;:.\:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::;;;;;/;:::::::::::::::::
    ::::::::,!::;;;;;;;;;;:.`゙'-、、  ::: \_/::::::::::;;;___,.;-―''"::::::::::::::::::::::::
   ..::::::::::,!;;;;;:;;;;;:::;;;;;:::;;;;;;`゙ ̄'''冖''―--―'";;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:46:07 ID:l1LyKmqx0
 \\  ///===================================================
   \   オ  /===================================================
    \  ニ  /====================================================
   \\ ギ /// =================================================
   \  リ   / =============== /■■■■■ ====================
   \  ワ  /   ==========./  ■■■■■   =================
   \  ッ  / ============/    ■■■■■     ===============
   \  シ  /  =======/      ■■■■■      ==============
   \  ョ       =====/              ⌒       ============
       イ  \    ===.|   <◎\       /◎ >      ============
  /    l  \    ==== |    ⌒  l____ l  ⌒       ===========
  // !! \    ===|       lV    V|          ===========
     /   \   =======λ      \ ⌒⌒/ 丿丿      .============
      |    .____入       \/               =======
    +   /⌒_             __   ______      ====
        ( >■■ヽ           /■■ /⌒丶             ===
        (_>.■:ヽ         /∴■<                  ===
        (_> ∵:.)___    ( ∵∴ <                 ====
             ̄ ̄=========\   ̄ ̄ ̄< __ノ______  =====
          =================\                      ====
                 =========.\                     ===
                     ======\                    ==


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:48:06 ID:l1LyKmqx0
       ヽヽ /
   \       /
                            ―
 --         --     −     -        −  −‐− ―――
   自作自演デシタ    ―    ‐        −             −−
   /        \      − -            -   −   ―       -  ―
     /  |   \            ―       −−   −        − ― ―
                ..,,,,,,.............................................,,..,    ―   -  ―   (⌒;:)
‐             /'"                  "'ヽ.                 −  ―
   ―         /"     |       /         "ヽ,('';:⌒⌒ヽ丶,..
            i   ○   | ̄ ̄ ̄/  ○        へ        ;;:: 〕   (⌒::;
  ‐ ‐   -      |        i   ..::/     。   ;:::/  :: :: : ::⌒ ̄""⌒ヾ
             !.       | :::::/| _ _。  ::::::::: /::: ; ": ̄  :::  :::::::::::)
  -     ―   ヽ       lヽ__ノ丿   ,,..:;::::::::::/:'(: : : ;;:;:      ⌒:;;⌒)
              \     し_/ .......::::::;;:;::::::/;:/:::: : :ノ;;::  :; :  ....:::::   .....  ::::ノ
-                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄"" ̄" "  ̄ ̄ ̄"'""  ̄ ̄ ̄" '''' ̄'' ̄

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:49:12 ID:l1LyKmqx0
囗口口口□□□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口
口□□□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□
□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□□囗口
口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□□囗口口口□
囗口口口□□□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口
口□□□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□
□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□□囗口
口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□□囗口口口□
囗口口口□□□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口
口□□□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□
□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□□囗口
口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□□囗口口口□
囗口口口□□□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口
口□□□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□
□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□□囗口
口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□□囗口口口□
囗口口口□□□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口
口□□□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□
□囗口口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□□囗口
口口□□□囗口口口□囗口口口□□□囗口口口□□□囗口口口□

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:50:15 ID:l1LyKmqx0
国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニユ
ユ国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニ

ユニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国
ニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国ユ

国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニユ
ユ国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニ

ユニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国
ニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国ユ


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:51:42 ID:l1LyKmqx0
今日の運勢
  大凶                吉             大吉
  |llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|
 ○                          
 ●                      
 □      
 ■            
 ☆         
 ★   
 `                  
 d     
 b               
 j                             

好きな記号をダブルクリックしてみよう

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:54:05 ID:xtkUIg0JO
チョン公が荒らしておりますな

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:54:29 ID:l1LyKmqx0
       ε ⌒ヘ⌒ヽフ
       (   (  ・ω・)
      ε ⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヽフ
     (   (  ・ω・) ω・)
   ε ⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヽフ
  (   (  ・ω・) (  ・ω・)ω・)
  ε ⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヘ⌒ヽフヘ⌒ヽフ⌒ヽフ
 (   (  ・ω・) (  ・ω・) ・ω・)ω・)
  しー し─Jしー し─J し─J ─J

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:55:37 ID:l1LyKmqx0
                                   \      \
           /|             /|  ()                              /
           / |            / |     。 / ̄ ̄\   ̄ ̄ ̄/             /
          /  |           / : ;| 。 ゜        |    /     ───── / _
          /   |          /  :;:;|  ()       /   / ̄ヽ、          // ヽ、
         /    |______/   ;:;:|        /    /    ヽ_       /     ヽ/
       /     ____         :;:::;:;\二二
      /   /  |    |    \    :;:;:;:;:;:ヽ_ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
    ___|_      |     |   :;       :;:;:;:;:;|
  /     \  :; ノ     ヽ、  ;:      :;:;;:;:|_ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
 /          | :;: /       |    ::;      :;:;|
 |    ___/   |        ヽ、         ::;|_ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
 |    :;:;|     ノ         ゝ        ;::|
 |    :;:|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ      :;:;:;/  _ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
 |     ::ヽ、      :;::;::;:;:;:; ;:       :;:;:;:;:/
 |       ヽ、   :;:;;::      :;:;:;:;:;;:;;:;:;:;;;:;;:;;:/     _ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
 \                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
   ヽ、                                  :;|_ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
     \                       :;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
       )                   :;:;:;:;/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _ ̄


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:56:03 ID:xtkUIg0JO
反日チョンが困って荒らしております

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:57:49 ID:xtkUIg0JO
チョンは9>10>11>12>13>14>15を消したいから荒らしてます

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 14:59:30 ID:xtkUIg0JO
チョンは>8>9>10>11>12>13>14>15の事実を受け入れられないからファビョッてます

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 15:16:29 ID:l1LyKmqx0
                                   \      \
           /|             /|  ()                              /
           / |            / |     。 / ̄ ̄\   ̄ ̄ ̄/             /
          /  |           / : ;| 。 ゜        |    /     ───── / _
          /   |          /  :;:;|  ()       /   / ̄ヽ、          // ヽ、
         /    |______/   ;:;:|        /    /    ヽ_       /     ヽ/
       /     ____         :;:::;:;\二二
      /   /  |    |    \    :;:;:;:;:;:ヽ_ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
    ___|_      |     |   :;       :;:;:;:;:;|
  /     \  :; ノ     ヽ、  ;:      :;:;;:;:|_ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
 /          | :;: /       |    ::;      :;:;|
 |    ___/   |        ヽ、         ::;|_ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
 |    :;:;|     ノ         ゝ        ;::|
 |    :;:|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ      :;:;:;/  _ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
 |     ::ヽ、      :;::;::;:;:;:; ;:       :;:;:;:;:/
 |       ヽ、   :;:;;::      :;:;:;:;:;;:;;:;:;:;;;:;;:;;:/     _ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
 \                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
   ヽ、                                  :;|_ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
     \                       :;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
       )                   :;:;:;:;/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _ ̄


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 15:17:24 ID:l1LyKmqx0
 \\  ///===================================================
   \   オ  /===================================================
    \  ニ  /====================================================
   \\ ギ /// =================================================
   \  リ   / =============== /■■■■■ ====================
   \  ワ  /   ==========./  ■■■■■   =================
   \  ッ  / ============/    ■■■■■     ===============
   \  シ  /  =======/      ■■■■■      ==============
   \  ョ       =====/              ⌒       ============
       イ  \    ===.|   <◎\       /◎ >      ============
  /    l  \    ==== |    ⌒  l____ l  ⌒       ===========
  // !! \    ===|       lV    V|          ===========
     /   \   =======λ      \ ⌒⌒/ 丿丿      .============
      |    .____入       \/               =======
    +   /⌒_             __   ______      ====
        ( >■■ヽ           /■■ /⌒丶             ===
        (_>.■:ヽ         /∴■<                  ===
        (_> ∵:.)___    ( ∵∴ <                 ====
             ̄ ̄=========\   ̄ ̄ ̄< __ノ______  =====
          =================\                      ====
                 =========.\                     ===
                     ======\                    ==

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 15:18:34 ID:l1LyKmqx0
    ∧_∧     うんこついてないよね?
   (  ´Д`)
    ( ̄ ̄ ̄ ̄┴-
     |  (    *  \
    /  /   ∧   \
    / /   / U\   \
   / / ( ̄)  | |\  ( ̄)
  / ( ノ  (   | |  \ ノ (
⊂- ┘(    ) └--┘ (    )
     UUUU      UUUU

 _____
 |____  \□ □
       / /   _____
      / /   |_____|
     / /
    / /
     ̄
                         (⌒ ⌒ヽ
    ∧_∧             (´⌒  ⌒  ⌒ヾ
   (     )           ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
    ( ̄ ̄ ̄ ̄┴-      (´     )     ::: )
     |  (    *≡≡≡≡≡三(´⌒;:    ::⌒`) :;  )
    /  /   ∧   \    (⌒::   ::     ::⌒ )
    / /   /  \   \   (    ゝ  ヾ 丶  ソ
   / / ( ̄)  | |\  ( ̄)   ヽ  ヾ  ノノ  ノ
  / ( ノ  (   | |  \ ノ (
⊂- ┘(    ) └--┘ (    )
     UUUU      UUUU


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 15:20:03 ID:l1LyKmqx0
  .‐'' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  |    ________                       |
  |    |   ∧__∧     |                    |
  |    |  <`∀´ >     |                    |
  |    |_/   二\  |                     |
  |    |_/\  \\) |                    |
  |    |     \  \ |                      |
  |    |    / /\ ̄ ̄ )                |
  |    |   / /    ̄| ̄     非 常 識      |
  |    \ \ \     \                 |
  ゝ、     \ \ \     \              ノ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 15:21:41 ID:l1LyKmqx0
                           ___
..⌒ヽ           ' ⌒ヽ           /.|:::::::::::|
乂乂||          |乂乂||         |  |:::::::::::|
乂乂||          |乂乂||         |  |:::::::::::|
乂乂||          |乂乂||   ___|_|:::::::::::|____
乂乂||          |乂乂||  /|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄            ̄ ̄  i  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      _____         .|/ ̄ ̄ ̄../|:::::::::::| ̄ ̄ ̄/
     ||L L | L L ||        ̄ ̄ ̄ ̄|  |:::::::::::| ̄ ̄ ̄
     ||L L | L L ||               |  |:::::::::::|
     ||L L | L L ||_________ .|  |:::::::::::|
===========l| L L l================= i  |:::::::::::|
二二二二二二ヽ   iヽ二二二二二二二二i  |:::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::i   ヽ|     _____.i  |:::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ((( )))_______|  |:::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|......( ´Д`)_______|  |:::::::::::|__
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  /  (S)::::::i\  ....|  |:::::::::::|  \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .\ ....\|:::::::::::|    \
      ____/|____  .|   .\    ̄ ̄
     /
     | キモいヤツらがもう追いかけて来ませんように…。
     \_______________


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 15:22:46 ID:xtkUIg0JO
反日工作員が荒らしてます

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 15:24:52 ID:l1LyKmqx0
実況中継ありがとね☆☆
愛してる☆☆
投げキッスあげるよ♪
ちゅっ♪

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 17:29:33 ID:sGvD8nTB0
>ID:N8jPSJSo0

再反論されたりトリミングがばれたゴミレスばかりなぜコピペするのやら。
全部自分のレスって落ちじゃないだろうなぁ?w
例えばオランダの輸入契約は、肝心の批准時に日本が蹴った(戦史叢書にも載ってる基礎知識w)だと速攻出されて逃げたのにwww
恥の上塗り乙。まぁ過去スレ見れない人なら騙せるかもね。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 17:45:11 ID:l1LyKmqx0
移動しなさい。
    ∧_∧     うんこついてないよね?
   (  ´Д`)
    ( ̄ ̄ ̄ ̄┴-
     |  (    *  \
    /  /   ∧   \
    / /   / U\   \
   / / ( ̄)  | |\  ( ̄)
  / ( ノ  (   | |  \ ノ (
⊂- ┘(    ) └--┘ (    )
     UUUU      UUUU

 _____
 |____  \□ □
       / /   _____
      / /   |_____|
     / /
    / /
     ̄
                         (⌒ ⌒ヽ
    ∧_∧             (´⌒  ⌒  ⌒ヾ
   (     )           ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
    ( ̄ ̄ ̄ ̄┴-      (´     )     ::: )
     |  (    *≡≡≡≡≡三(´⌒;:    ::⌒`) :;  )
    /  /   ∧   \    (⌒::   ::     ::⌒ )
    / /   /  \   \   (    ゝ  ヾ 丶  ソ
   / / ( ̄)  | |\  ( ̄)   ヽ  ヾ  ノノ  ノ
  / ( ノ  (   | |  \ ノ (
⊂- ┘(    ) └--┘ (    )
     UUUU      UUUU


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 17:57:21 ID:l1LyKmqx0
    ∧_∧     うんこついてないよね?
   (  ´Д`)
    ( ̄ ̄ ̄ ̄┴-
     |  (    *  \
    /  /   ∧   \
    / /   / U\   \
   / / ( ̄)  | |\  ( ̄)
  / ( ノ  (   | |  \ ノ (
⊂- ┘(    ) └--┘ (    )
     UUUU      UUUU

 _____
 |____  \□ □
       / /   _____
      / /   |_____|
     / /
    / /
     ̄
                         (⌒ ⌒ヽ
    ∧_∧             (´⌒  ⌒  ⌒ヾ
   (     )           ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
    ( ̄ ̄ ̄ ̄┴-      (´     )     ::: )
     |  (    *≡≡≡≡≡三(´⌒;:    ::⌒`) :;  )
    /  /   ∧   \    (⌒::   ::     ::⌒ )
    / /   /  \   \   (    ゝ  ヾ 丶  ソ
   / / ( ̄)  | |\  ( ̄)   ヽ  ヾ  ノノ  ノ
  / ( ノ  (   | |  \ ノ (
⊂- ┘(    ) └--┘ (    )
     UUUU      UUUU


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 17:59:33 ID:l1LyKmqx0
    ∧_∧     うんこついてないよね?
   (  ´Д`)
    ( ̄ ̄ ̄ ̄┴-
     |  (    *  \
    /  /   ∧   \
    / /   / U\   \
   / / ( ̄)  | |\  ( ̄)
  / ( ノ  (   | |  \ ノ (
⊂- ┘(    ) └--┘ (    )
     UUUU      UUUU

 _____
 |____  \□ □
       / /   _____
      / /   |_____|
     / /
    / /
     ̄
                         (⌒ ⌒ヽ
    ∧_∧             (´⌒  ⌒  ⌒ヾ
   (     )           ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
    ( ̄ ̄ ̄ ̄┴-      (´     )     ::: )
     |  (    *≡≡≡≡≡三(´⌒;:    ::⌒`) :;  )
    /  /   ∧   \    (⌒::   ::     ::⌒ )
    / /   /  \   \   (    ゝ  ヾ 丶  ソ
   / / ( ̄)  | |\  ( ̄)   ヽ  ヾ  ノノ  ノ
  / ( ノ  (   | |  \ ノ (
⊂- ┘(    ) └--┘ (    )
     UUUU      UUUU


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 05:09:32 ID:Y5dMzxyI0
荒らしが多いな。左翼が論破されたからかな?

>>39
>例えばオランダの輸入契約は、肝心の批准時に日本が蹴った(戦史叢書にも載ってる基礎知識w)

バカだな どっかの嘘レスを鵜呑みにするんじゃないw 石油の輸入を蹴るわけないだろ
100%の要求を求める交渉を打ち切ってオランダの言うとおりの量を輸入したんだよ。


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 05:29:24 ID:Y5dMzxyI0
>>39
>トリミング

書籍から特定の一部を切り抜いて事実と正反対の話にする変える左翼のトリミングは酷かったな。
前々スレの中村大尉殺害事件から始めたらしいが

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 14:44:44 ID:Q1/Lbqjo0
>>43>>44
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1241868765/
この時代遅れさん♪

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/27(水) 11:04:50 ID:S2z4vOnk0
北チョンへの徹底した制裁、中途半端ならしても、しなくても一緒。
たとへ、日本一国でもやれ。朝鮮総連を締め上げるだけでも、金豚にとっては
大きな痛手。断固とした、態度でやれ。少しでも、甘さが残れば対した効果はない。
在日は、敵国人と見なし対応しろ。 コピー可


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 18:19:10 ID:wuhh/+LfO
団塊クズ世代が死ぬと団塊後継者はマジで孤立する

だから奴らは
孤立する前に支那人朝鮮人を日本に大量移住させ、自分らの賛同者を増やそうとしている

そして済し崩し的に支那人朝鮮人の参政権を成立させ、本当に日本を日本でなくしてしまう

支那人朝鮮人たちは日本国内の特権階級となり、新貴族階級として勝手気ままに振る舞う

もちろん、そうなったら団塊後継者たちも我々一般日本人といっしょに二等国民として扱われるが、奴らはそれに気づかない

いや、それどころか証拠を消すために処分されるだろう

ちょうど盧武鉉が殺されたように

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 15:31:23 ID:fzNRou1k0
俺は優秀民族の日本人だかんな!!

      |ミ/  ー◎-◎-)  / ̄ ̄外国人参政権、人権擁護法、国籍法、児ポ法、著作権法反対
    (6     (_ _) )< 特亜三国は滅びろ、愛国心なき非国民・売国奴は氏ね、凌辱エロゲを守れ!
      |/ ∴ ノ  3 ノ  \_______________________
      \_____ノ,,    ∩_
     /,|┌-[]─┐| \  (  ノ  
      / ヽ| |無 職 | '、/\ / /アニメは日本が世界に誇る文化だ〜、パクリ中韓は市ね!

@ 無職で税金も納めない(除消費税)→ 愛国を語るのに、働いて国に税金を納めない矛盾
A 一日中、中韓のことばかりを考える → 現実の己の姿をみるのを避けるため、中韓のあらさがしの日々
B 「在日」や「部落民」を見下す → そうすることで実際は自分が社会の最下層民であることを忘却
C 趣味は萌えアニメ、エロゲ、匿名でのヘイトスピーチ → カスラック氏ね、児ポ法反対、自由に差別発言させろ
D 某新聞の「変態」報道には怒るが凌辱エロゲは擁護→好きなものにだけ、表現の自由を主張する
E 欧米に一方的親近感 → 嫌韓・嫌中の反面として、しかし欧米ではレイシストは嫌悪され軽蔑の対象となっている
F 「改革」で切り捨てられる弱者の立場 → 頭が悪いので経済政策を理解できず、弱者切捨ての新自由主義を支持
G 「国防」「自主防衛」の重要性を説く → 一日中暇なのに、自治会や町内会の防犯パトロールなどまっぴら御免
H 「教師」が嫌い →己の学業成績の不振を「日教組」の陰謀のせいだと思い込んでいる
I 「公務員」が嫌い。削減を主張 →試験に受かる頭脳がないので嫉妬、ニート対策用公務員の業務量を増やしている

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/30(火) 02:03:31 ID:Wr5fE7oT0
【広島】田母神氏が8月6日原爆の日に「ヒロシマの平和を疑う」と題した講演を予定→広島市長が日程変更を要請
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1246283608/

要請書は「表現の自由の視点で考えれば、いつどこで何を発言するかは自由で当然の権利」と断った上で、
市民への影響が大きい田母神氏の講演は「夜明け前から心静かに死没者を慰霊する被爆者らの悲しみが
いやが上にも増す」と懸念。「広島における8月6日の意味は表現の自由と同様に重要」として、
日程をずらすよう配慮を求めた。


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/01(水) 23:40:58 ID:WiLUJ6As0
別スレが消費終わったのでage
ループウヨが反論封じの為に連続爆撃でスレ潰ししやがったが、本当の無駄なあがきが好きだなw

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/02(木) 00:37:47 ID:ecIv2Sqr0
<沖縄人が抱く根深い対日不信感>

日本政府(明治政府)は1879年のいわゆる「琉球処分」で、それまで日本ではなかった沖縄に侵入し、勝手に沖縄を日本に組み入れておきながら、日本が太平洋戦争に敗れた後の1951年に吉田茂首相が「サンフランシスコ講和条約」に調印。
翌年の1952年4月28日に吉田茂内閣の下で「サンフランシスコ講和条約」を発効した。
明治の琉球処分以降、「沖縄は日本」だと言い続けてきた日本政府は、今度は手のひらを返すかごとく「サンフランシスコ講和条約」に調印し、沖縄をアメリカに売り飛ばすという裏切り行為を犯したことは沖縄人の対日不信感につながった。
戦後、米国の管理下に置かれた日本は、アメリカからの独立を勝ち取るためには沖縄を日本から切り離し、自分たちの利益のために沖縄を犠牲にせざるを得なかったというわけである。
沖縄戦における日本軍による沖縄住民虐殺、日本軍による沖縄住民への集団自決の強要・命令だけでなく、戦後もこれだけ沖縄に対して酷いことをしているのが日本政府と日本人で、この歴史的事実について日本政府と日本人は一切弁解できない。
これは沖縄問題を長年研究している多くの学者、知識人が指摘している沖縄近現代史の真実である。
共同通信社の記者として沖縄に赴任していた人が書いた著書に「沖縄アイデンティティー」という本があるが、この中に、沖縄人の持つ、日本(日本人)への拭い難い対日不信感が詳細に書かれている。
琉球処分から沖縄戦、そしてサンフランシスコ講和条約の発効に至るまで、沖縄はまさに日本の為政者に翻弄され続けてきた。
このような歴史的背景を鑑みれば、日本人は沖縄人から嫌悪感や不快感を持たれるのは当然のことであり、実際、日本人は沖縄人から嫌われているというのが実情である。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/02(木) 08:16:00 ID:TeNKwzlyO
ループウヨはアレだが、
沖縄厨もアレ気だな。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/02(木) 22:29:03 ID:7nO5CEfS0
満州事変が侵略ではないと認定されたのは結構だけど、沖縄=国内問題はスレ違いだろう

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/02(木) 22:39:28 ID:93kpsufN0
もう負け犬ループウヨのトリミングとコピペの繰り返しは秋田から沖縄話でもいいよ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/02(木) 23:13:32 ID:xGqat7sQ0
まあ、制裁を受けなかったから侵略じゃないとか、
無知を証明しただけのお笑いぐさはげっぷがでるな。
英外相サイモンの演説をもってきたのも大笑いだったが。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/02(木) 23:16:35 ID:Ea1gTIfX0
ループウヨ、二種類いるねえ
一人はコピペ爆撃して怪しい落ちます宣言して逃げる奴 と
もう一人は他スレで馬鹿の一つ覚えで渡部昇一礼賛してる反論ガン無視のバカウヨ 

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/03(金) 09:43:28 ID:Nu7vGp100
>>53
まだ言うか。そんな認定されてない。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 14:56:58 ID:bT5qthAy0
>>56
なんで彼等は英語の教授だったかをそんなに崇拝してるんだろう?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/06(月) 12:19:10 ID:2OVU1j7z0
>>54
>ループ

冷静に国連に於ける事実を指摘する側と、一方、リットン報告書に書いてないのに「日本が侵略した」の
記述が脳内で見える小夜くんには負けますよw ループするのも止むなし

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/06(月) 15:36:37 ID:aRT3wjrM0
「直接侵略という文言を使ってない」という言い回しの一点だけの詭弁デタラメをよく繰り返す気になるなぁ。
「(侵略を禁止した)国連規約に違反」とか「(違反国に対する)監視条項適用」とか
「(侵略行為で得た)不法な利益は認めない」とか、どうみても日本侵略とされてますありがとうございました、なのは山ほどあるから無駄なのに。
ま、やっぱりカルト宗教団体手下ウヨのアルバイトかレス乞食なんだろうがねw

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/06(月) 19:47:16 ID:52n3kY/e0
冷静に国連に於ける事実を指摘する側が
なぜか国連規約すらまともに読んでないように思われるのはなぜかねw
このあたりとか。
>リットン報告書に書いてないのに「日本が侵略した」

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/06(月) 20:00:32 ID:52n3kY/e0
さて、それだけでは59やナベショーのごとき修正主義者は理解できないだろうから、
国連規約の侵略に該当する点を探してみると、
第10条
連盟のメンバーは全ての連盟メンバーの既にある政治的独立と領土保全について尊重しかつ維持することを約束する。
そのような侵略が発生した場合及び侵略の危険または脅威が発生した場合理事会はこの防止義務を実現させるための手段を勧告する。
とあるが、「侵略」について述べてあるのはここだけである。

ではリットン報告書および勧告案は10条に基づいて作られたかというと、
中国が15条に基づいて提訴し、19カ国委員会で審議し、総会で採択の可否を問うたわけであるから、
理事会はほぼ無関係であり、そもそも「侵略」などと仲裁勧告を成立しにくくするようなものを書く性質のものでないことがわかる。
侵略だからあるいはそうでないからというなら理事会に諮るべき事柄であり、
リットン報告書とはまったく関係がないことなのである。

なぜか、驚くべきことに国連における事実を冷静にみている側とやらはこの程度の事実も把握してないのである。
いったい何を見ているのかと首をひねらざるを得ない。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/06(月) 20:25:30 ID:52n3kY/e0
さて、ここで制裁の有無について説明してみよう。
10条関連では事変直後中国側が提訴して
理事会で可決された日中紛争解決勧告案、及び期限付き満州撤兵勧告案がある。
これを日本側が受け入れ拒否したため、いったんはつぶれている。
そこで中国側は15条に則って審査することを提訴し、
それを受け入れた日本側の要請で派遣されたのがリットン調査団。
15条は長いので引用に止めるので読んでもらいたい。
ttp://ww1.m78.com/topix-2/versailles%20league%20of%20nations.html
制裁を定めたのは16条。
第16条
もし12、13、または15条の条文に違反し、連盟のメンバーが戦争に訴えた場合それは事実上、他の全ての連盟のメンバーに対する戦争行為を犯したものとみなす。
それゆえに直ちに通商及び金融関係を切断し(以下制裁のことが並ぶ)

リットンの勧告案は15条に則って採決されたものだが、
立作太郎はこれについて、第16条が問題となるのは紛争当事国の一方が理事会の全員一致による勧告を受諾し、
他方がこれを不服として戦争を始める場含においてだからであると述べている。
要するに勧告は法的拘束力を持つものではなく、
それに反して新しい戦争でも起こさない限り12、13、または15条の条文に違反した事にならないので
拒否しても制裁されないということである。
日本は勧告が採択された瞬間、国連から脱退してしまい、新たな戦争である熱河作戦を行っても条文違反とならなかった、
というよりは脱退したので違反もクソもねえっつう状態になったのである。

イタリアがなぜ制裁をくらったかといえばアビシニア危機における勧告を無視して
連盟に所属したままさらに新たな戦争を起こしたからであり、別に侵略国家とされたからでないというのが
このシステムを理解していればわかるし、日本と比べるのも愚かしいと言うべきであろう。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/06(月) 20:33:10 ID:52n3kY/e0
とゆ〜かだね、当時の幣原外交は一定の信用を得ていたので、
侵略されたはずの中国が、これは単なる間違いによる軍事紛争に過ぎないから、
きちんと調べてもらえば自分たちが攻撃を仕掛けてないことがわかるし、
日本も国際連盟の撤兵案に従って付属地に兵隊を引き上げるだろうって当初思ってた訳。
まあ、攻撃命令どころか刺激するなと配下に命令していた張学良からすれば、
そんな状況なのに侵略だとか酷い子としてこないだろうと日本を信頼していたと言える。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/06(月) 23:12:15 ID:iDbV8PdU0
>>60
>「(侵略を禁止した)国連規約に違反」

まあ日本が侵略を禁止した「国連規約10条に違反」という国連の文言を探してから言ってくれ。デマも程々にな。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/06(月) 23:47:36 ID:dvR2+e830
>>65
で、また都合悪いレス無視してループさせてアルバイトノルマを果たそうとするわけですねw

1 連盟加盟国は、国際連盟規約もしくは不戦条約に反する手段によって成立をみる一切の状態、条約または協定を承認しない。
2 今後は19人委員会を設置し、この委員会が総会に代わり連盟規約15条に沿って手続を進める。
(国連 昭和7年3月11日 日本の軍事行動に対する総会決議)

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 00:08:08 ID:DQCwRmgW0
>>65
あの〜、国際連盟規約の侵略と
いわゆる東京裁判の侵略とでは
意味も定義も違うんですがw

まあ、いいけどリットンから当該部分を書き出すなら
宣戦を布告することなくして疑いもなく支那の領土たる広大なる地域が日本軍隊に依り強力を以て押収、占領せられ
且右行動の結果として該地域が支那の他の部分より分離せられ独立を宣言するに至れるは事実なり。

どこをみても全ての連盟メンバーの既にある政治的独立と領土保全について尊重しかつ維持していないと逝っておりますな。
ああ、もちろん人を殺したといっているだけで、殺人とは言われていないという特殊な思考で考えれば侵略じゃないかもしれませんが、
侵略を禁じた10条違反であることには間違いないでしょう。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 00:43:21 ID:45JVbK0o0
>>67
>侵略を禁じた10条違反であることには間違いない

キミがそう主張するのは勝手かも知れないが、国連は規約10条に違反しているとは認定していないんだが。
国連規約15条に基づく紛争解決のための勧告・調停案はなされたが、侵略と認定するからには全会一致が
原則である上に現に認定されていません。

>ああ、もちろん人を殺したといっているだけで、殺人とは言われていないという特殊な思考で

それは誤魔化しw 誰かが人を倒したとしても、それが強盗殺人なのか、正当防衛によるものなのかで
全然別の話になる

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 01:49:47 ID:3GyfbYmx0
>>68
正当防衛だと認められたのなら、日本がそもそも脱退逃げとかする必要がないだろう。
どうして本末転倒な主張ばかりをしつこく続けるわけ?
マジバイトなの?w

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 10:32:27 ID:pdPWJcV90
>>66
実は、これもインチキなレス。この国連決議は紛争解決に於ける一般論を挙げているだけ。
国際法に違反しているのが日中どちらなのか明言していない。

そして日本側は中国が国際法を蹂躙していると繰り返し説明している。無論、前スレ以前の一連の
レスの流れを見れば、国際法違反の常習犯が中国であることは誰の目にも明らかだろう。

大陸での実態を知るために結成されたリットン調査団が神戸から上海に出航したのが、この昭和7年3月11日。
つまりこれから調査を始める前段階の、平凡な一般的決議を、「日本の侵略決議なんだ!!」 と事実関係を
意図的にか無知により、すり替えて事実上捏造している

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 10:32:58 ID:pdPWJcV90
> あなた方が中国に行ったら、中国を歴史、地理その他あらゆる異なった角度から充分に視察調査してもらいたいことである。
> (中略)
> 中国には真の政府が存在しているかどうか疑問である。中国を統一された文明国と見なすことはできないと私には思われる。
> 
> もし(実態から目を逸らし)中国を統一された文明国として取り扱うならば、現在のトラブルに現実的な解決をもたらすことは
> 不可能である。そのうえ満洲にはロシアからの共産化の脅威がある。
> 日本はこれら困難な環境にあり、いまや日本国民は一体となってあらゆる犠牲を払っても、真の平和を得るため問題の解決を
> 図ろうと決心している。

昭和7年3月5日 調査開始前のリットンと荒木陸相の会談。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 10:34:04 ID:pdPWJcV90
>>69
リットン報告書の結論は判断保留だったのだが。侵略とも自衛とも結論出さず。ループも大概にな

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 10:46:57 ID:DQCwRmgW0
>>68
>それは誤魔化しw 誰かが人を倒したとしても、それが強盗殺人なのか、正当防衛によるものなのかで
>全然別の話になる
はあ、そうですか。ほれ、リットン報告書だ。
9月18日午後10時より10時半の間に鉄道線路上若しくは其付近において爆発ありしは疑いなきも鉄道に対する損傷は若しありとするも事実長春よりの南行き列車の定刻到着を妨げざりしものにて
其れのみにては軍事行動を正当とするものに非ず。同夜における叙上日本軍の軍事行動は正当なる自衛手段と認むることを得ず尤も之により調査団は現地に在りたる日本将校が自衛の為め行動しつつありと信じつつありたるなるべしとの仮説を排除せんとするものには非ず。

いうまでもなく迫害とやらは67のような軍隊行動の正当化には役に立たんぞ。
でなきゃそもそも自作自演の攻撃なんかやらかしちゃおらん。
いい加減くだらないごまかしは止めてもらいたいもんだ。

>>70
>そして日本側は中国が国際法を蹂躙していると繰り返し説明している。無論、前スレ以前の一連の
>レスの流れを見れば、国際法違反の常習犯が中国であることは誰の目にも明らかだろう。
それの解決を満州事変のようなやり方でやることを侵略と呼び、国際法違反というんですがw
つか、日本の説明はかなりの部分に言いがかりが多いんですけどご存じないですか?
満鉄並行線だの課税問題だのなんかそれ以外の表現が思いつかん。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 11:05:57 ID:pdPWJcV90
>>73
またループか。前スレのコピペでも

> 947 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/06/30(火) 18:56:54 ID:ncFI5MG40
> 上に幾つか、例えば特定の1日の出来事に限定すれば「リットンは自衛にあらずとしてる」
> 「だから侵略だ。」というのは報告書の記事ではなく単に自分の勝手な意見を言ってるだけのこと。
> 
> 「単純な侵略じゃない、複雑な侵略だよ」と言う意見も冗談としては面白いがw その人の勝手な意見。
> 満洲は非常に複雑な情勢で侵略とは認定できなかったというのが報告書に書いてある事実。

> 日本側も一件の鉄道爆破「だけ」を事変の理由にはしていない。事変勃発の原因は数多くの邦人迫害・弾圧事件
> 鉄道運行妨害や襲撃事件等々。これらが事変の理由であると日本側が当時から説明していたことは上にも有るとおり。

>侵略

解説は以下の文章で良いかな?

> 重要な条約は1929年批准のケロッグ=ブリアン条約である。(中略)
> そして、侵略とは普通”Unprovoked Aggression”とされる。これは「挑発によら
> ざる侵略」などと訳されるが、ある国が耐えられないほどの挑発行為を行い、それ
> にたいし戦争に訴える(「計画にもとづき第一撃をうつこと」)は許されるというこ
> とで、ケロッグ=ブリアン条約の例外とされる。
> ただ、この挑発とは、テロを代表とする軍事行動・破壊活動を指す。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 11:06:44 ID:pdPWJcV90
>>73
>つか、日本の説明は

資料が要る? どうぞ。

満州地域における我が国の被害事件一覧

> 昭和6(1931)年まで  25件  中村大尉虐殺事件(昭和6年)では大尉ほか3名が虐殺され、これが満州事変の大きな要因となった。
>  その他の事件では、兵士2名死亡、警官3名死亡、負傷者数名がでている。
> 鉄道運行妨害 171件 信号所を襲撃して列車の運行を妨害する事件が多発した。
>  また満鉄の貨物3千両が破壊されるなどの甚大な被害が発生した。
> 鉄道貨物盗難被害 189件
> 鉄道用品盗難被害 22件
> 鉄道電線被害 28件
> 昭和4年と5年の合計 410件
> 関東庁警察で扱った事故数  1294件  昭和5(1930)年に起こった満鉄の各駅ごとの事件事故数の集計。(別地図参照)
> 営業権の否認・制限  炭鉱・石炭山等の採掘権の否認、炭鉱輸送制限、満鉄の枕木購入制限、不属地土地買収禁止、
> 日本人農場への鉄道敷設、林業妨害、電気営業の妨害、借款(しゃっかん)の踏み倒し、買収土地の返還命令、日貨排斥、
> 沿岸貿易の禁止、日本漁船の一掃、
> 公入札の否定(例えば、鉄道車両建造請負について、満鉄と三菱が公入札で1・2位を占めていたが、これをチェコのスコダ工場より購入した。))
> 日本企業への不当課税  400件  
> (1)大連港の二重課税(一度支那の港に入港された商品が他の港に入港するときは再び課税されない措置がとられていたが、日本商品が大量に入る大連港だけは二重課税されるようになった)、
> (2)それまで課税対象でなかった日本人経営の炭鉱への課税、
> (3)日本商品に限定して地方税の課税、が行われた結果、日本商品の価格が高騰し、日本企業は経営困難に陥った。
> 
> 日本人居留民への圧迫  日本人殺害、日本人凌辱、日本人農場放火、デマ宣伝、その他旅券の不発行などの圧迫を受けた。
ttp://www.history.gr.jp/~showa/214.html

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 11:10:23 ID:pdPWJcV90
あと日本側の公式見解も出しましょう。反論は御自由に。

> 714 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/06/13(土) 01:28:08 ID:FkmLnbtq0
> 英・仏・伊・独・米の代表五名のリットン調査団。まずは日中双方の言い分を聞くことから始める
> 
> リットンが日本の松岡洋右と会談したのは上海。要約すると
> 
> 1.中国は明らかに分裂・崩壊に向かっている。統一のとれない混乱した状況である。
> 2.ソビエトに支援された中国共産党が中国の心臓部に食い込みつつある。(増大する共産勢力の脅威)
> 3.以上を考慮し、さらに満蒙に於ける中国の無謀かつ横暴な「日本駆逐」の行動を考えれば、日本としては
>    昨秋以来の行動を取る以外に仕方がなかった。
> 
> 上海でのリットンと松岡洋右の会談 1932年3月22日

前スレ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1241868765/

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 12:57:18 ID:DQCwRmgW0
>>75
はい、それを理由に軍事行動を起こす事は紛れもなく
不戦条約違反、国連規約違反及び9カ国条約違反でFA。

ああ、ちなみにいっとくけどそのHP水増しが酷すぎて話にならないから。
前の年間30万件じゃないけど貨車三千両破壊されたら満鉄には一台の貨車もないってあたりだし、
不当課税とやらは日本側が不当だといっているだけで、
全ての外国に対して平等に科せられたものだから。
例えば大連の二重課税というが香港にも同じことがされているんで。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 13:11:44 ID:DQCwRmgW0
つかね、その水増しを見ても分かるとおり、
どっちもどっちの言いがかりをつけてやり合っている訳にすぎない。
日本が条約上の権利を守るために中国の主権を軍事力で侵しても自衛なら、
中国が主権を守るために日本の条約上の権利を侵しても自衛ってことになるわけだ。
(むしろ後者の方が理屈は通っていたりする罠w)
日中両国とも外交で解決すべき問題としてとらえその交渉は行われていたし、
関東軍以外の公的機関は別にそれで問題有りなどと思ってなかったわけだ。
おれはどっちも侵略(不戦条約違反)でしょという立場からアレは侵略だといっているにすぎない。
日本は行儀よく大陸で暮らしていた訳でないのは大陸浪人らの存在や関東軍が見せているとおり。

ちなみにその水増しHPの件数さ〜、
明らかな誇張を除くと10万人の外国人が居住している都市で
存在するちょっと治安の怪しげな都市ならむしろ治安のいいほうだとしかいいようがないんだけど。
現在でいえば例えばアメリカなんぞよりよっぽどマシですけどね。

>>76
どうみてもただのギャグでしょ。
とくに日本の行動が第2次国共合作に走らせた点からすれば・・・日本人としてはとても笑えないが。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 13:20:58 ID:DQCwRmgW0
>>75
あ〜、あとさ、これについて何件か当時の新聞とかないの?
>日本人殺害、日本人凌辱、日本人農場放火、デマ宣伝、その他旅券の不発行などの圧迫を受けた。
後半はともかく
実際にはけが人すら無かった万宝山事件でさえ大殺戮ニュースの誤報がでっち上げられるくらいなのに
日本人殺害だの凌辱だのがあって今日痕跡がまったくないって
ちょっと考えづらいんだよね。デマ宣伝の首謀者である満州青年同盟あたりの発言から
でっちあげられた可能性は非常に高いと思うんだが、なにかソースをお持ちかな。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 13:21:11 ID:3GyfbYmx0
日本側被害、の主張は満州事変等で世界から日本が文句いわれてから、慌てて出したものにすぎないからなw
それこそ満州事変自体のように、もろ日本自身の自作自演の件もあるし。
だから日本は不法行為(侵略禁止に違反)している、原状回復しろといわれ続けたわけで。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 13:55:55 ID:Y45QmFw10
>>72
>リットン報告書の結論は判断保留だったのだが
判断を保留したのは、日本側の条約解釈による正当性の主張の正否。
条約解釈は調査団の任務ではないと言うもの。
しかもそのあたりの文脈は、日本が屁理屈をこねるから問題がややこしくなっている、とも取れる内容で、
日本の屁理屈は無視するよ、と言う意味とも解釈できる。

>侵略とも自衛とも結論出さず。
自衛にあらずと判定している。

>ループも大概にな
こちらのセリフだ。ループさせてるのはお前だ。

>>76
>中国は明らかに分裂・崩壊に向かっている。統一のとれない混乱した状況である。
明らかな間違い。大半の軍閥は国民党政府に服属し、残るは共産党のみ。

>ソビエトに支援された中国共産党が中国の心臓部に食い込みつつある。
ええと、満州事変勃発当時、蒋介石は中国共産党を追い詰めていたんだが。
長征と言う大逃亡に追い込む寸前だったんだよ。
満州事変がなければ、もっと早く戦力を集中できて、脱出する余裕を与えることなく
完全に撃ち滅ぼせたかも知れないくらいだ。



82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 14:08:51 ID:4d11Ip2x0
日本自身の国内法上でも本来違法である満州事変他の軍の勝手な軍事行動なんだぜ?
その上国際法上だけは正当だ、なんてありえない
本来なら日本自身が、軍幹部を処罰して自主的にごめんなさい、と引き上げるのが筋
どうみても不法行為、侵略ですありがとうございました

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/08(水) 02:43:55 ID:aK/NI1zo0
張作霖殺したことは無視なの?


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/08(水) 09:34:19 ID:aIwnDCLm0
>>75
>日本人殺害、日本人凌辱、日本人農場放火
これを断言できるなら、南京に反論なんぞ出来んと思うが・・・
・・・してるんだよなあ、あのHP。
水増し、ダブスタ・・・ 恥知らずもいいところだよ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/08(水) 12:02:33 ID:nlllio3u0
>>75
一次資料というものがあってだな。。 

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/08(水) 23:40:48 ID:V1vV2CU90
>>85
その人に言っても無駄。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/08(水) 23:42:35 ID:G1yYUmB40
「関係判決問う! ポツダム脱法特権は違憲か!?」 ← あれ、右から読んでも同じだおw
(かんけいはんけつとうぽつだむだつぽうとつけんはいけんか)

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 13:46:06 ID:Qz0ltYi/0
■■バカウヨニート(統一教会プロ自民) 黄金の逆法則 ■■

1.中国は崩壊する→2009年末には日本のGDP超えちゃいますけど?
2.韓国は国連事務総長をとれない→とれましたけど?
3.慰安婦決議は通らない→米国どころか、オランダ・カナダ・欧州議会でも通りましたが?
4.バンコデルタアジア銀行の資金は凍結で北には渡らない→渡りましたが?
5.参議院選挙で新風が躍進→1議席もとれませんでしたが?
6.安・倍政権で憲法改正だ→下痢で退陣したけど?
7.朝鮮総連は差し押さえて競売だ→普通に機能してますが?
8.北京五輪はボイコットされる→ボイコット無くもう終わりましたが?
9.韓国半導体全盛時代は終わる→終わってるのはエルピーダのほうでは?
10.韓国はグローバルホークを買えない→アメリカが売り込みにきましたが?
11.今ごろF15K?日本はF22で圧勝だ→アメリカに断られましたが?
12.F15Kマンホールに落下バカだな→F2丸焼け全損のほうが被害甚大では?
13.台湾総統選は民進党が勝つ→国民党が勝ちましたけど?
14.日本は中華文明圏ではない→じゃあ、なんで漢字使っているの?
15.日本の海上自衛隊の錬度は世界トップクラス→自国の漁船を撃沈しちゃいましたが?
16.日本は治安が良い→刃物振り回すバカが絶えませんが?
17.アメリカが竹島を韓国領から未確定にした→すぐ韓国領に戻しましたが?
18.韓国経済は2008年9月崩壊だ→もうすぐ一年ですが?(New!
19.北朝鮮は米軍により空爆される→あっさり、テロ指定解除されましたが?(New!
20.韓国はウォン安で企業が次々に潰れて崩壊する →逆に日本企業がピンチですが?(New!
21.従軍慰安婦なんて居ない!売春婦だ!→国連で謝罪と賠償をするように勧告されましたが?(New!
22.日本軍による沖縄の強制集団自決なんて無かった!→高裁で事実認定判決がでましたが?(New!
23.航空自衛隊の幕僚が中国侵略を否定したのは正しい!→即効でクビになりましたが?(New!
24.アメリカ大統領選は共和党マケインが勝つ!→民主党オバマの圧倒的大勝利でしたが?(New!
25.麻生・自民党で総選挙大勝利!→自民ボロ負けで、鳩山・民主党政権誕生ですが?(近日追加予定。)

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 13:54:23 ID:AeO9FEN2O
釣られて悪いけど、17ってソースあるの?

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 18:49:14 ID:CuLiGrl90
>>75
明日で一週間経つけど、本当にこれについての史料はでてこないの?
>日本人殺害、日本人凌辱、日本人農場放火、デマ宣伝、その他旅券の不発行などの圧迫を受けた。
例えばその文章の直下に奉天の居留民が激減したってのがある。
>そのような排日活動によって、例えば、奉天市内にあった百数十戸の日本人街は、満州事変直前にはその6分の1にあたる23戸にまで減少した。

あれとか思わなかった? 二十戸足らずでどうやって満鉄奉天駅を運営できるんだって。
んで、調べてみたので付属地を含めた人口については下記HPの表1を参考にしてもらいたい。
ttp://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Periodicals/Ajia/pdf/2004_10/03.pdf
奉天付属地の日本人人口は28年の4600戸2万人から32年には7200戸3.2万人と
世界大恐慌で満鉄が経営不振に陥ったのにも関わらず激増しているのである。

 奉天”市内”(中国領)の人口は百戸減ったが奉天の満鉄付属地では2600戸増えたわけで、
単純に付属地の繁栄を見て市内から付属地に引っ越したと見るのが自然だし、
仮に治安の不安があったとしても付属地は安定してたと言えるだろう。
いやもちろん付属地の日本人も脅かされていたんだ、
それはこれこれこういう報道とかがあるだろっていう根拠があるなら
そういえないんで”満州は日本人居住者にとってはきわめて厳しい環境”であったと結論づける事も可能だと思う。

なんで、それを聞いたんだがもちろん俺は見つけられなかったし
”満州は日本人居住者にとってはきわめて厳しい環境”に奉天に限っても4年で1万人以上が引っ越してくるなんてありえねえだろと結論を出す訳だ。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/13(月) 09:49:12 ID:VHwMOf4i0
>>90
>”満州は日本人居住者にとってはきわめて厳しい環境”に奉天に限っても4年で1万人以上が
>引っ越してくるなんてありえねえだろと結論を出す訳だ。
南京肯定論者はそれには同意しないかも知れんなw
一方であのHPは南京安全区の人口増加を南京虐殺否定の根拠にあげてる。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/14(火) 17:28:43 ID:xU7zWOoQ0
俗に他国への武力攻撃を「侵攻」という。
侵攻し、占領した地域を略奪する一連の流れを「侵略」という。

日本は満洲から略奪をしていない。
よって日本は侵略国家ではなかった。

左翼は何故か、武力攻撃侵攻があったあったと叫ぶが、
侵略かどうかの争点は占領地域を略奪したのかしてないのか、
ただその一点である 日本が侵略国家ならば、満洲で全面的に略奪した証拠を示さねば、
訴えることはできない。 ささ、証拠をだせ証拠を。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/14(火) 17:47:08 ID:/1DdqGWx0
>>92
『地域「を」略奪する』と、『地域「で」略奪する』、『地域「から」略奪する』はニュアンスが異なる。

『地域「を」略奪する』は、以前の所有者から支配権を奪うと言う事。
『地域「で」略奪する』『地域「から」略奪する』は、その地域の住民から略奪を行うという事。

満州事変以後、満州の支配権は日本にあったのだから、日本は中華民国から満州を略奪したのは
明白な事実。

>日本は満洲から略奪をしていない。
>満洲で全面的に略奪した証拠を示さねば
「を」を「で」「から」にすり替えた詭弁だな。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/14(火) 23:23:42 ID:JFbVOx/j0
>>92

言葉の意味を手前勝手に再定義した上で、
これまた手前勝手な屁理屈をでっち上げようという、
よくある手口ですね。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/14(火) 23:44:11 ID:UVP+uC8pO
なんつーかもう

「こんなもんでどうですか、お客さん」
「駄目だよーもっと力入れて理屈こねないとー」

みたいな感じですな

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/15(水) 09:07:00 ID:EQwumZto0
そんな頭があるなら満州事変正当化なんてやらない・・・と言いたいが、この板に出没している
満州事変正当論者って、何が何でも正当だった事にしたいと言う、何か怨念じみたものすら
感じるんだよね。
そのためには在日の日本国内での分離独立まで肯定するほどだし。
一体何が彼らをそうさせるのか・・・

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 21:22:32 ID:DA9FrncRO
満州事変は、リットン報告書の第九章にあるとおり、
「単純に侵略と呼べるもんじゃねー」
報告書のどこを読んでも
「満州事変は侵略で〜す」
「日本は侵略国家で〜す」
とは全く書いてない。そして国連は報告書を採択するんだが、


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 21:30:19 ID:DA9FrncRO
満州事変は、リットン報告書の第九章にあるとおり、
「単純に侵略と呼べるもんじゃねー」

報告書のどこを読んでも
「満州事変は侵略で〜す」
「日本は侵略国家で〜す」
とは全く書いてない。
そして国連は報告書を採択するんだが、
日本を侵略国家と非難することもなかった。

当時の国際常識として満州事変は侵略じゃ無かった訳よ。

報告書を自己流に歪曲して、満州事変は侵略だったと言い張る馬鹿がごく少数いるんだな。
カルト馬鹿につける薬はない。


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 21:35:17 ID:LECOigOg0
基本、米国が日本を追い込んで戦争突入シナリオなウヨが
その敵国の人間のリットンが戦前言った事を独善に解釈して
長々主張してるのとか見ると嫌気差すなw

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 21:51:59 ID:9yzkVHjy0
またループが始まったよ。

>「単純に侵略と呼べるもんじゃねー」
「もんじゃねえ〜」は文脈からすれば「単純に」にかかるのであって、「侵略」にかかるものではない。
しかもそれは考察に当たっての問題の難しさを示す文章であり、結論部分ではない。明らかな歪曲、
断章取義。

>報告書のどこを読んでも
日本の行動とその結果を肯定していない。

満州は中華民国領
日本の行動は自衛とは言えない
満州建国は住民の意思によるものではない。

と日本の正当性の主張の根幹のほとんどを否定し、日本の満州支配を認めず、
占領地から撤収しろと勧告されている。
文脈からは明らかに日本の正当性を認めず、侵略と判断している。

侵略の文字がないからってのは、和解で慰謝料を払った実質敗訴でも、判決が出てないから
敗訴じゃないと言ってるようなものだで、見苦しい言い訳に過ぎない。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 21:57:42 ID:DA9FrncRO
>>99
俺は右翼じゃないぜ。リットン報告書くらい読め、低能!


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 22:06:57 ID:DA9FrncRO
>>100
>文脈から明らかに日本の正当性を認めず、侵略と判断してるよ〜ん

それはお前が馬鹿だから、勝手にそう判断して喜んでいるだけだ。

前スレにもあったとおり、イギリスは報告書第九章をもとに満州事変の侵略性を否定してる。

カルトは都合の悪い事実を無視するんだな。氏ね、バーカ!



103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 22:15:07 ID:DA9FrncRO
国連は満州事変に関して、日本を侵略国家と認定しなかった。

一方、エチオピア侵攻に関して、イタリアを侵略国家と非難した。
また、フィンランド侵攻に関して、ソ連を侵略国家と非難し除名した。

日本が侵略国家でなかったのは当時の国際常識だぜ。
頑迷な馬鹿は、死んでも認めないだろうがねー(^∀^)



104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 22:16:06 ID:LECOigOg0
リットン信者さん、こんばんわw

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 22:30:53 ID:DA9FrncRO
憲法第九条信者の中井多賀宏は交通トラブルで殺人未遂だぜ。
サヨがワガママ身勝手で暴力的だって、嫌と言うほどわかった。しかも嘘つき。
俺なんて人畜無害そのものw



106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 22:59:53 ID:dZ//7L5h0
リットンネタは、もう厭きたよ。
新ネタ無いの?

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 23:14:35 ID:MIYQy5+r0
>当時の国際常識として満州事変は侵略じゃ無かった訳よ。
リットンはこういっている。
>宣戦を布告することなくして疑いもなく支那の領土たる広大なる地域が日本軍隊に依り強力を以て
>押収、占領せられ且右行動の結果として該地域が支那の他の部分より分離せられ独立を宣言するに至れるは事実なり。
>日本は右事実完了に至らしめたる手段はこの種行動の防止を目的とする国際聯盟規約、不戦条約及華府九国条約の義務に合致するものなりと主張す。

要するに日本はそう主張しているけど、日本の好意は明らかに国際聯盟規約、不戦条約及華府九国条約の義務に合致しないよってな。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 23:55:14 ID:lEpU7bXf0
>>105
当時世界最大の植民地国家であった大英帝国の人間が、他国の植民地主義を批判できる
わけがなかろう。
しかも標的となったのは英国の利権が少ない満州だ。
日本の侵略が満州に止まり、英国利権の存在する華中に及ばずに済むなら万々歳だ。

そんな事情を抱えた英国の調査団ですら、日本の行為を肯定することができなかったという
ことなんだよ。


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 23:56:39 ID:9yzkVHjy0
>>103
両方とも、侵略国家なんて言葉は使ってないがw

日本での悪い先例があったから、表現をよりストレートにしただけだろ。


>>107
その下りにはこういう続きがあるんだよね。
「本紛争を特に複雑化且重大化するものは叙上の如き合法性に関する主張なり。」
日本が屁理屈こねて問題を複雑にしている、とね。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 05:26:39 ID:Bp1vmfQQ0
YouTube版
抗議を拒む栄光ゼミナールを廃業に追い込もう!(1/3)
http://www.youtube.com/watch?v=F4E_Ga7cIIQ
抗議を拒む栄光ゼミナールを廃業に追い込もう!(2/3)
http://www.youtube.com/watch?v=40yHdOBi2Qk
抗議を拒む栄光ゼミナールを廃業に追い込もう!(3/3)
http://www.youtube.com/watch?v=gdXDmsw-evs
再生リスト
http://www.youtube.com/view_play_list?p=7592BFAEC8D8867C


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 14:04:24 ID:oTX1lJ+D0
>>107
「合致しないよってな」なんてどこにも書いてない。
リットンはそれが日中の主張の対立点になっていると明らかにしただけ。
リットンは日中のどちらにも偏らずに双方の主張を公平に
紹介しているだけだし、どちらが正しいとも間違いともいってないのです。
そもそもリットンは一連の紛争の政治的な調停を目指したものです。
決して裁判をしているのではないのです。
日中のどちらも原告でもなければ被告でもないのです。
あなたはリットン報告書の性格・目的を歪曲しているか、はなはだ理解に
欠けています。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 14:10:49 ID:oTX1lJ+D0
>>108
リットン報告書は決して批判や肯定を目的としたものではない。
リットン報告書は日中紛争の解決の為に政治的に調停しようとしたものです。
そしてリットンはイギリス人だけれども決してイギリスの立場を代表しているのではない。
リットン報告書は戦争以外の手段で日中紛争を解決しようとしてその解決策を
提案したものなのです。初めから肯定も否定もない。
つまり貴方の論はまったくの無意味であり、ナンセンスそのものです。


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 14:15:52 ID:oTX1lJ+D0
>>109
>日本が屁理屈こねて問題を複雑にしている、とね。

そんなことはどこにも書いてありません。
リットン報告書では日本が合法性に頑なにこだわり、
現実的な妥協を飲まないのであれば、日中紛争の解決は困難であると
指摘しているまでのことなのです。
リットン報告書は日本のそうした主張の妥当性を審議したものではないし、
肯定も否定もしていません。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 15:10:08 ID:6+94NNqB0
>>111
>どちらが正しいとも間違いともいってないのです。
しかし、結論としては日本の行動とその成果は全否定されているが。

>>113
>日本が合法性に頑なにこだわり、
>現実的な妥協を飲まないのであれば、日中紛争の解決は困難である
それこそ、どこにもそんな事は書いてないが。

>リットン報告書は日本のそうした主張の妥当性を審議したものではないし、
>肯定も否定もしていません。
例のごとく明文化は避けてるが、実際問題として日本の主張の根幹は否定されているが。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 15:11:50 ID:N5W4cObD0
2006年までリットン報告書の訳が出てない時点で
戦後歴史学会の怠慢と言論封殺の空気を感じるよねw

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 15:38:39 ID:6+94NNqB0
>>115
>2006年までリットン報告書の訳が出てない
1932年の報告書発表直後に外務省が訳し、出版もされているが。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 15:52:54 ID:N5W4cObD0
>>116
戦後って書いただろボケ

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 16:14:59 ID:RHc/Q45tO
自作自演がバレてんのにそれ以前の資料をわざわざ出す意味がない
一部の馬鹿がトリミングして喜んでるようだが

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 16:15:57 ID:6+94NNqB0
はあ? 既に日本語訳が出ている以上、出しなおさなきゃならん理由はないが。
なんでそれが怠慢になるのか説明してごらん。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 16:50:16 ID:d0yoNd5w0
>>114
>しかし、結論としては日本の行動とその成果は全否定されているが。

いいえ。そのような事実はありません。

>それこそ、どこにもそんな事は書いてないが。

いいえ。それがリットン報告書の要旨なのですよ。

>例のごとく明文化は避けてるが、実際問題として日本の主張の根幹は否定されているが。

いいえ。そのような事実はありません。
リットン報告書は日本の主張を肯定も否定もしていません。
リットン報告書は日中紛争の解決の為の調停を目的としたものです。
日本の主張も中国の主張もどちらも、日中紛争の解決にならないとして排しただけで、
それは否定なのではありません。
ID:6+94NNqB0は根本的にリットン報告書を理解していないし、歪曲しています。
日本の主張の根幹を否定しているのはID:6+94NNqB0だけです。
「明文化は避けてる」ではないのです。リットン報告書は日本の主張も中国の主張も
どちらも肯定も否定もしていません。日本の主張も中国の主張も日中紛争を構成する
要素として取り上げているだけなのです。リットン報告書は日中紛争の解決を
目指したものです。リットン報告書では満州事変を一連の日中紛争が国連に提訴される
きっかけとなった事件と位置づけているのです。リットン報告書は中国の主張を肯定も
していませんし日本の主張も否定もしていません。そもそもそのような目的はありません。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 18:18:58 ID:6+94NNqB0
>>120
>いいえ。そのような事実はありません。

「満州に於ける現政権の維持及承認も均しく不満足なるべし。斯かる解決は現行国際義務の根本的原則若しくは極東平和の基礎たるべき両国間の良好なる諒解と両立するものと認められず。」
満州国は否定されてるね。

「(8)内部的秩序及外部的侵略に対する保障。
 満州の内部的秩序は有効なる地方的憲兵隊に依り確保せらるべく、外部的侵略に対する安全は憲兵隊以外の一切の武装隊の撤退及関係国間に於ける不侵略条約の締結に依り與えらるべし。」
日本軍の占領と支配も認めず、撤退しろと言ってるね。

満州の占領と満州国建国のいずれも否定されている。さて、日本の行動とその成果で残ったものはあるのかな?

>いいえ。それがリットン報告書の要旨なのですよ。
明らかに違うね。日本の正当性の主張が問題を複雑にしているとし、一方で「正義と平和とに合致する方法に依り」日本の行動と成果を否定する勧告を行っている以上、「日本が合法性にこだわり」と言う
解釈はあきらかに調査団はしていない。個々の主張は別項で否定され、「紛争を解決せしむるが為
十分なる材料」として提示されている。明らかに合法性の主張は口実に過ぎないと見なされている。

>いいえ。そのような事実はありません。
>リットン報告書は日本の主張を肯定も否定もしていません。
君の目は節穴か、あるいは日本語か読めないのか。日本の主要な主張である、
満州は中国領ではない。
関東軍の行動は自衛である。
満州国は住民の意思により建国された
全て否定されているが。

>そもそもそのような目的はありません。
リットン調査団の目的は、「正義と平和とに合致する方法に依り満州に於ける日支の永遠の利益を
確保する為吾人の定義を聯盟に提出せむとす」る事にある。そのために、「満州に於ける過去の
事件に関し真相を捕捉するため苦心し来れる」わけだ。そして彼らが補足した真相は日本の主張を
否定するものだった。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 19:49:56 ID:mzwitVsr0
リットン厨って、妄想でリットンが日本の主張を認めてくれたから
資料として繰り返し主張してる訳だねw

やっと意味解かったけど所詮、
「リットンなら日本を助けてくれる!」レベルの内容で嫌気差すなw


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 19:50:29 ID:d0yoNd5w0
>>121
>満州国は否定されてるね。

いいえ。否定などされてない。満州国建国と日中紛争の解決は両立しないと
いっているだけです。つまり、どういうことかというと満州国建国を認めると
日中紛争は継続するであろうといっているだけです。

>満州の占領と満州国建国のいずれも否定されている。

いいえ。否定などされてない。リットン報告書は満州国に替わる安全保障上の
提案を行っただけです。しかし結果的には何も実現されなかった。
つまり机上の空論に終わったのです。
それではリットン調査団の行動とその成果で残ったものはあるのかな?

>「正義と平和とに合致する方法に依り」

というのは戦争以外の方法で紛争で解決しようという意味です。

>明らかに合法性の主張は口実に過ぎないと見なされている。

そんなことはどこにも書いてない。勝手に捏造しないように。
リットン報告書は合法/違法の議論は紛争解決につながらないと指摘しているだけです。

>満州は中国領ではない。
>関東軍の行動は自衛である。
>満州国は住民の意思により建国された
>全て否定されているが。

何も否定などされてない。それでは日中紛争は解決しないと指摘しているだけです。

>そして彼らが補足した真相は日本の主張を否定するものだった。

つまみ食いをつなぎあわせて作文しないように。
リットン報告書は日本の主張は紛争解決につながらないと指摘しているだけです。



124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 20:36:05 ID:2VRbIr5wO
>>123
>>121は引用文を用いているんだから、単に違いますと言っても仕方あるまい。
その引用は恣意的で、その前後にこういう文がある、てな感じで反論してくれないと、
君が勝手に自分に都合の良いことを言ってるだけにしか見えん。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 21:20:57 ID:K7dDiXa/0
>>124
やめて、そんなことを要求してもID:d0yoNd5w0 のIQはゼロよ!

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 21:35:11 ID:Tp8lyJ610
>>124

>>123のどこが「単に違います」なのだろうか?
>>123が「単に違います」と見える人間とは会話のしようがないけど、
それでも一応レスしとく。読みたくないものは読まなくてもよい。
それは俺にはどうすることもできない問題だから。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 21:47:38 ID:K7dDiXa/0
>>124
だからいっただろ。
方法を教えてあげてもそんなことはできないし、
そもそも理解できないから126みたいなレスしか帰ってこない。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 22:00:40 ID:K7dDiXa/0
まあ、一応具体的に検討してみよう

>いいえ。否定などされてない。
単なる違います。まあここはいいが

>満州国建国と日中紛争の解決は両立しないといっているだけです。
ありゃ、やっぱり単なる違いますですね。
リットンのどの部分を読んでこのように主張しているのでしょう。
他人に曲解するなというわりには該当部分を出す事も出来ません。

>つまり、どういうことかというと満州国建国を認めると
>日中紛争は継続するであろうといっているだけです。
後半に入ってやっと理由説明らしきものが出てきました。
が、これってなんの価値があるの?
リットンのどの部分をさしてそのようにいうのか、
レスだけではとうてい判断できるものではありません。
121が判断材料を引用した上で自説を述べるのに対して、
これでは根拠無く単なる違いますと逝ってるだけに過ぎません。

せいぜい評価できるのはこの程度でしょうか。
>「正義と平和とに合致する方法に依り」
というのは戦争以外の方法で紛争で解決しようという意味です。
ところが唯一の場所でも致命的な曲解をおかしています。
なぜか正義が抜けてしまっているんですなw
123の主張は明らかに正義のほうに重きをおいているのに
この曲解によってやっぱり単なる違いますに成り下がっている。

まあはっきりいって
>>123が「単に違います」にみえない人間とは会話のしようがないってことでしょうね。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 23:24:21 ID:Go3jGYB00
連盟よさらば 米倉俊英
http://www.youtube.com/watch?v=ZCNf-xtotH8&feature=channel_page

アメリカはハワイ、フィリピンから撤兵しろ。
イギリスはインド、香港、シンガポールから撤兵しろ。
オランダはインドネシアから撤兵しろ。

アジアの資源と権益を欲しいままにする欧米勢力は日本が手に入れた
資源と権益を否認した。

欧米勢力はアジアの資源と権益をどのように入手したのか?
リットン報告書は公正だと言えるだろうか?



130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/18(土) 00:04:32 ID:PEKO9bTC0
>>129

何が言いたいのかよく分からんけど、
<世界の諸国は侵略をした。日本も侵略をした>
という主張なら、それはそれで事実さな。
ただし日本の侵略は、侵略が違法とされた後という違いはあるけどね。


そしてリットン報告書は、というより当時の国際連盟の行動は、
もちろん公正ではない。
もし公正だったなら、日本の行動を侵略と断定し、
日本と全面対決していなければ、ならなかった。
ところが世界各国は、正義よりも自国の国益の方を優先させたため、
そうはしなかった。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/18(土) 01:16:32 ID:mbASXLDz0
大日本帝国万歳。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/18(土) 10:06:38 ID:mixaey+t0
重要→Goo gle検索→告白2【誰?】【創価】【在日特権】【緒方県】

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/18(土) 16:12:19 ID:pG2RJzU/0
>>123
>満州国建国と日中紛争の解決は両立しないと いっているだけ
それを否定と言うんじゃないの?

>リットン報告書は満州国に替わる安全保障上の提案を行っただけです。
その安全保障上の提案に、日本軍による満州の占領と統治は含まれなかったわけだ。
普通の日本語ではこういうのは否定されたと言うのだが。

>つまり机上の空論に終わったのです。
それは日本が拒否したからであり、報告書の内容の妥当性とは全く関係が無いが。

>それではリットン調査団の行動とその成果で残ったものはあるのかな?
報告書がそれだが。リットン調査団の仕事は報告書を出す事だから。

>というのは戦争以外の方法で紛争で解決しようという意味です。
うん、それが当時の国際合意。つまりは間接的に、武力行使した日本を非難しているんだよ。
婉曲表現と言うものさ。

>何も否定などされてない。それでは日中紛争は解決しないと指摘しているだけです。
いずれも、解決策の提言ではなく、事実関係の確認の部分で指摘されていることだが。
報告書は、まず事実関係を述べ、それらを踏まえた上での提言をしているのだが。
君、本当は報告書読んでないだろ。読んでいてこれなら、論説文の読解力が無い。
小学校高学年からやり直せ。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/18(土) 17:11:39 ID:6PAy1gdE0
>>133
まあまあ。123はいま一生懸命全訳リットン報告書をめくって、
自説がどの部分から主張していたのか、きちんと引用付きで解説する準備中なのさ。
なにせ、相手が曲解していると主張するくらいだから、
それが出来もしないで主張なんか出来ないだろう。

まあ、単なる違いますならリットン報告書読まなくても
渡部の解説文をどっかのHPで拾い読みしてもできるがw

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/18(土) 23:37:22 ID:8cAHdksf0
まあ、日本が中国側から圧迫され迫害されてたのは事実なんだし

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/18(土) 23:46:44 ID:8cAHdksf0
>>78
>中国が主権を守るために日本の条約上の権利を侵しても自衛ってことになるわけだ。
>(むしろ後者の方が理屈は通っていたりする罠w)

って、コイツバカじゃない?  また、このパターン。

>中国側は「頻繁にテロ行為を繰り返す。 邦人に対する大規模な暴行、惨殺事件も繰り返し発生する。 」

>「これは現在日本に存在する米軍の横田基地や横須賀基地などに自衛隊が攻撃を仕掛け、
> 米国軍人及びその家族などを暴行、惨殺するようものであり、とても許容できるものではない。 」
>(田母神氏の論文より)

こうした中国側の侵略行為に対し日本が自衛のために相応の行動を取るのは当然

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/18(土) 23:55:43 ID:8cAHdksf0
>>79
ソースなら

主要参考文献
http://www.history.gr.jp/~showa/245.html

>>81
>明らかな間違い。大半の軍閥は国民党政府に服属し、残るは共産党のみ。

いや完全に正解。そもそも蒋介石らがタンクー協定を締結して満州事変を終結させた理由の
一つが軍閥が蒋介石の言うことを聞かず日本軍に対しなんら行動を起こさなかったから。
前スレで概出だが。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 00:17:00 ID:DZwE2+x10
>>136
>中国側は以下略
あのさあ、そんだけのことしててなんで当時の新聞記事の一つもでてこないわけ?
たかがスパイの殺害すら大騒ぎになっているのにさ。
田母神については論外。いつ、関東軍が攻撃されたんだよw

つか、その侵略行為は中国が主権を守るために日本の条約上の権利を侵しても自衛という指摘だが、
ほんとにあんた馬鹿じゃないのか?

>>137
>ソースなら
んで、あんたが見たのはどの本ですか?
どうみても関係なさそうなのが大半なんですがw

>前スレで概出だが。
前スレのどのあたり?

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 00:27:11 ID:DZwE2+x10
てか前スレ読めないから再掲をお願いしたい。
中原大戦直後でもあり、閻錫山・馮玉祥は敗北、下野。
李宗仁は敗北こそしたが新広西派の指導者として健在、
だが満州事変を見て蒋介石への協力を約束する。
そしてそもそも張学良は非常に協力的。
まさか遙か彼方の雲南の竜雲が非協力的だった??
彼は国民党内では蒋介石支持派であり、それが覆るのは遙か後年の事だが。
ぶっちゃけ、満州事変前後ならこれで間違いないと思うよ。
>大半の軍閥は国民党政府に服属し、残るは共産党のみ。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 00:38:13 ID:DZwE2+x10
イヤマテ。まさか熱河作戦で一千も交える事もなしに
熱河省を明け渡した湯玉麟のことをいっているのか?
彼は軍閥なんて代物じゃなくて熱河省の主席で、
張学良麾下の一将軍にすぎないぞ。
張学良はこの敗北の責任をとって職を辞しているしな。
また湯玉麟は察哈爾民衆抗日同盟軍を作って抵抗しているんだが・・・

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 00:40:54 ID:LxiZ/y680
>>139
では前スレから。関連レスを2コ

> 953 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/06/30(火) 21:03:13 ID:ncFI5MG40
> いずれにしても国連は日本を侵略と認定することはできなかった。仮に日本を侵略国家と認定するような国連決議案が
> 出たら1931年10月24日の時のように日本は反対し、つまり今で言う国連常任理事国の拒否権が発動され否決されるのだから。
> 
> さて日本は1933年03月に国連を脱退したのだが、その頃の満洲情勢および国連の対応について。
> 
> > 満州国内の治安状態はなお混沌として、軍の粛正討伐の努力を大いに必要とした。関東軍は同年末、ホロンバイルを
> > 相当して満州里に進出し、翌昭和八年三月には熱河省を勘定して張学良政権の満州国内に対する治安攪乱の根源を絶った。
> > 
> > 戦史叢書 北支の治安戦1
> 
> 1933年3月 日本軍は匪賊の根拠地とも言える熱河を攻撃。熱河主席の湯玉麟は貯め込んだ多額の私財を多数のトラックに
> 積み込んで安全な租界に運び込み自分も逃亡した。張学良は逃亡した湯玉麟を捕まえようとしたが湯はチャハルに逃げる。
> 
> 「日本軍が迅速に(熱河)承徳を占領できたのは(中略)湯に敵意を持つ民衆が日本軍の熱河進攻をむしろ歓迎したことに原因がある」
> アメリカ・ジョンソン公使
> 
> 中国の腐敗した政権による圧制と搾取に苦しめられていた民衆は規律正しい日本軍を大歓迎した。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 00:41:35 ID:LxiZ/y680
> 954 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/06/30(火) 21:04:34 ID:ncFI5MG40
> その後の経緯
> 
> 4月末、日本軍は万里の長城の線を休戦ラインにしようとして、万里の長城の線に撤退したところ中国軍は逆に戦力を
> 増強して攻勢に転じようとしてきた。やむなく日本軍は万里の長城を越えて反撃し5月には北京付近まで進撃する。
> 
> 5月22日 日本側から停戦条件が提示される。
> 5月23日 中国国民党政府は国防会議を開き情勢を検討する。
>      軍事情勢について
>       1.共産軍との戦闘中の軍を対日戦に使うことはできない。
>       2.その他の軍(軍閥)は移動を拒否している。(蒋介石の命令に従わず、日本との戦闘を拒否)
>       3.広東、広西などの軍は口では抗戦を主張するが実際には動かない。
> 5月31日 塘沾(タンクー)協定が結ばれる。
> 
> こうして戦闘は終結し、日本軍は万里の長城の線まで後退するという大幅な譲歩を行う。併せて万里の長城の線から内側の
> 一定の地域を非武装地帯として平和を確保する。
> 
> 塘沾協定成立以後は国連の満洲に関する感心は急速に薄れていった。紛争が終結した以上、国連による紛争の和解決議も無意味となる。
> しかも当の中国が国連決議を無視して日本と協定を結んだのだから白けるのも無理はない。

田母神航空幕僚長の論文を歴史学会は粉砕せよ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1241868765/

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 00:48:06 ID:LxiZ/y680
>>138
> いつ、関東軍が攻撃されたんだよw

中国が日本の権利を侵害しても構わないと主張する誰かに、分かり易い例を挙げて説明しただけだよw 
中国が条約を破って日本の権利を侵害したらダメって理解できますね?

> 当時の新聞記事の一つもでてこないわけ?

当時の排日問題はなんら報道されてなかったと? 今でも中国人の反日暴動とか起きるのに。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 01:44:42 ID:LxiZ/y680
前スレが読めない人用

955 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/06/30(火) 21:09:23 ID:ncFI5MG40
余談

> 日本こそ無政府的広大なアジアに於ける近代文明を代表するものである。満洲の平和は日本のお陰である。
> 日本兵は土匪馬賊等と戦う憲兵である。然るに各国がこの土賊等に味方しているのは何事であるか。
> この無知蒙昧な夢想的な怪しからぬ政策は最も無知な人道主義を装っているが、こはフランスに対し世界大戦の
> 忠実な同盟国に悪感を懐かせ、国際連盟の面目を損じ、ロシアと支那をつけ上がらせるに過ぎない。
> 
> ’31年11月8日 エコ・ド・パリ紙

戦後アメリカが世界の警察官と自称して笑いものになっていたが、当時の日本は混沌としたアジアの治安を守る
憲兵・警官と西欧諸国の民間人から見なされていたことが分かる。
フランスも民主主義国である以上、こうした民間からの意見を無視するわけには行かなかったのだろう。
板挟みになったフランス代表も苦労している > 715

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 01:46:24 ID:LxiZ/y680
前スレが読めない人用

715 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/06/13(土) 01:30:07 ID:FkmLnbtq0
中国での調査の結果リットン調査団は報告書を作成する。しかし委員間の見解の相違及び各国政府の思惑も影響を与え
報告書のとりまとめに苦慮する。

イギリス代表のリットンは満州国について認めないつもりだったが、フランス代表クローデル委員の
見解は異なり、満州国を国連が承認できるよう修正・改定するならば認めて良いと言うものだった。

「満洲を主権の細糸にて支那と結び置き適当なる時期にこれを切らば好都合」
1932年6月27日クローデル 
つまり名目上、中国の主権は一応認めるが、実権は日本が持つ。日本主導で満州を取り仕切り頃合いを
見計らって独立させる満州国の二段階独立案。
フランス政府は日本政府や国民を無用に刺激しない方針で、クローデル委員もそう指示されていた。

またリットン委員もイギリス外務省から示唆を受けていた。
「(満洲は法的には中国が主権を持つが、)法的な主権から離れて現実を尊重しなければ永続的な解決にはならない」
「中国がその完全な領土は言えない満洲で、日本のような活動的で企業心の旺盛な隣国が、経済的に発展するのを妨害するのが正しいのか疑問である」
 2月6日 イギリス外務省ウェレズレイ外務次官補

ドイツ代表のシュネー委員は、ドイツ外務省から「報告書の作成に当たりイニシアティブを取ったり
目立つような役割をしない」よう注意を受けていた。

紆余曲折あってリットン報告書は作成された。委員間の意見の分裂を避けるために、曖昧でどちらとも取れる結論を出さない報告となっている。
満洲の国連管理案を「提案」しているだけの報告書です。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 09:02:45 ID:ZAhKYJCJ0
>>145
「満洲の国連管理案を『提案』しているだけの報告書」であるならば、「日本の侵略であると書いてない」
という主張は、日本の侵略を否定する根拠にはなり得ないのですが。


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 09:05:35 ID:DZwE2+x10
>>142-143
まずはトンクス。
んで、疑問なんだけどその他の軍(軍閥)ってなに?
広東、広西および共産党と戦闘中の軍を除いちゃったら
雲南か聞いた事もないような弱小軍閥程度しか思いつかないが。
もうちょっと具体的に何々軍閥が動かなかったからとかはないの?
それに雲南の竜雲が移動を拒否したならそれはむしろ当然ですがw

>>143
>中国が日本の権利を侵害しても構わないと主張する誰かに、分かり易い例を挙げて説明しただけだよw 
>中国が条約を破って日本の権利を侵害したらダメって理解できますね?
え〜と、すまんが起こってもいないわかりやすい例とやらをあげてもらっても困るんだが・・・つかわかりにくいわw

>当時の排日問題はなんら報道されてなかったと? 今でも中国人の反日暴動とか起きるのに。
当然報道されてるはずだろ。
頻繁にテロ行為を繰り返す。 邦人に対する大規模な暴行、惨殺事件も繰り返し発生するって状況なら、
いつどこで誰がどれくらいの被害を被ったか、それこそ詳細にな。
んで、逆に聞きたいんだが
それが報道されていたら中村大尉事件とか万宝山事件みたいに記事が残っていて当然だが、
当時の排日問題はなんら報道されてなかったと? 今でも中国人の反日暴動とか起きるのに。

つかさ、そういう状況だったっていうなら、マジで詳細を頼むよ。
自衛を主張するにしても張学良軍が裏でそれらを操っていたのか、
治安能力が低いだけで取り締まる意思はあるのかで全然状況は違ってくるんだぜ?
後者だったら張学良軍を攻撃して自衛とは到底いえないんだけど。
現在で言えばソマリアの海賊の被害がすごいから
自衛のためにソマリア暫定自治政府に護衛艦が艦砲を撃ち込むようなもんなんだがw

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 10:31:04 ID:DZwE2+x10
おっと訂正
>中国が日本の権利を侵害しても構わないと主張する誰かに、
え〜と、すまんが起こってもいないわかりやすい例とやらをあげてもらっても困るんだが・・・つかわかりにくいわw
それは日本が中国の主権を侵害しても構わないと主張する誰かに、
張学良軍への攻撃という分かりやすい実際に起こった例をあげて説明したのは分かりますか?

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 10:36:35 ID:DZwE2+x10
ちなみに万宝山事件では
朝鮮人が中国人の所有する土地に
勝手に水路を掘るという犯罪行為を犯しており、
日本の領事館警察がその完成まで護衛するという
とんでもない主権侵害をやらかしているんだが、
それを理由に関東軍を攻撃するのは自衛というのかねって話。
もっともこの場合、領事館警察は日本の正式な組織であるから、
日本への攻撃はまだ理屈が通る。
んで、”頻繁にテロ行為を繰り返す。 邦人に対する大規模な暴行、惨殺事件”は、
張学良の正式な命令、あるいは張学良軍の方針として行われていたかどうかで、
自衛かどうかは違ってくるってことね。
中国の方がまだ理屈が通るっていったのはそういうこと。
だから当時の詳細を求めているんだが理解が難しい?

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 11:10:30 ID:WL89Dn0R0
>>146
>、「日本の侵略であると書いてない」
>という主張は、日本の侵略を否定する根拠にはなり得ないのですが。

あたりまえだ。誰もそんなこといってない。

「日本の侵略を肯定する根拠にはなり得ない」と書いたのだ。


151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 11:24:46 ID:WL89Dn0R0
>>149
>勝手に水路を掘るという犯罪行為を犯しており、

馬鹿をいってはいけない。万宝山事件の発端は農村によくある、つまらないいさかいに過ぎない。
普通は行政が調停を斡旋して解決する問題なのだ。名主でも長老でもなんでもよい。
こじれたとしても民事訴訟案件として裁判所が解決するのだ。
その頃、日本の農村だってなんだのかんだのと小作争議が頻発していた。
そして当然ながらそうした問題を解決しようと日本は努力している。

ところが満州は違う。行政も裁判所も何も無い。あるのは無茶苦茶な税金の取立てだけだ。
つまり中国は満州でとんでもない主権放棄をやらかしているのだ。
そんな満州だから、つまらないいさかいがこじれにこじれて農民の集団的抗争に発展してしまうのだ。
日本はそうした惨状を見るに見かねて治安回復の為に介入せざるを得なかった。

中国にいったいどんな理屈があるというのか?笑わせるのもいい加減にしてほしい。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 11:26:17 ID:KvNUTlVF0
>147-148
>・・・つかわかりにくいわw

分かりにくい喩えなら止めよう。中国人と朝鮮人の抗争も今どきの2チャンの感覚から
見ると、どうでもイイ、になりそうだし。
種々の邦人迫害の挙げ句、最終的に中村大尉殺害事件が駄目押しになって満州事変勃発へ・・・

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 11:39:38 ID:DZwE2+x10
>>151
>馬鹿をいってはいけない。万宝山事件の発端は農村によくある、つまらないいさかいに過ぎない。
>普通は行政が調停を斡旋して解決する問題なのだ。名主でも長老でもなんでもよい。
をいをい、農民に訴えられた行政はそもそも土地を斡旋した中国人に許可を与えていないから、
工事の中止命令を出したんだがw
そこへ領事館警察が出てきて工事を援護、
通常ならそんな権限もない領事館警察を中国側は排除せざるを得ないが、
日中の公権力同士直接の衝突を恐れた張学良側は外交交渉を待っている状態で竣工。
そこでようやく中国農民が実力行使にでようとしたが、
領事館警察が機関銃まで持ち込んでいたため何も出来なかったというのが事実なんだが・・・

>中国にいったいどんな理屈があるというのか?笑わせるのもいい加減にしてほしい。
中国国内法違反=主権侵害の日本人の排除。
つか、県の許可を得てもいない、それどころか他人の土地に勝手に水路を掘る日本人に
いったいどんな理屈があったというんだ? 
当時の日本の主張は、日本人は斡旋した中国人に騙された善意の第三者だから
工事をする権利があるというとんでもないものだったんだが。
それこそ笑わせるのもいい加減にして欲しい理屈だと思わないか。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 11:42:13 ID:DZwE2+x10
>>151
>普通は行政が調停を斡旋して解決する問題なのだ。
ところでさあ、
その場合、他人の土地に勝手に水路を作っちゃいけません以外の結論は出ないし、
名主でも長老でも同じ結論を出すだけの話でしかないと思うのだがw
満州の主権放棄が悪い、要するに中国人が悪いんだといいたげなんだが、
要するにそれにつけ込んで他人の土地に勝手に水路作った奴が一番悪いと違うか?

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 11:48:12 ID:WL89Dn0R0
>>152
>駄目押しになって

というか、そうした積み重ねで、それまで在満邦人の苦境に無関心だった
内地の国民が満州に目を向けたのです。
それが関東軍の暴走を後押しする世論形成につながった。
政府は、何が起ころうともことなかれ主義で、一応中国当局に抗議しといたよ
というだけで全く問題を解決しなかった。
何もしない政府に呆れ果てた在満邦人が政府を見放して関東軍をけしかけたのです。
お前らいったい何のために満州にいるんだ?と、たきつけるのです。
たとえて言えば、拉致被害者家族会が関東軍に北朝鮮から被害者を
取り返してくれと訴えるようなものです。これはあくまでたとえ話だけど。
関東軍だって理由もなく暴走などしない。したくてした暴走ではない。
そうしたいろんな背景を知らないと歴史など語るべきでない。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 11:49:49 ID:DZwE2+x10
>>152
はあ、まあどっちでもいいですけど。

>種々の邦人迫害
の実例はまだですか?
別にいつどのくらいの規模で誰が命令してやったのかが分かればいいですから。

つか、逆に聞きたいんだがそれもなしで
どうして張学良軍攻撃が自衛になるんだ??
治安が悪いっていうのが原因なら、
日本人だけがターゲットになるんじゃなくて
住人全員がターゲットになるわけなんだがね。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 12:00:44 ID:WL89Dn0R0
>>154
馬鹿いっちゃいかん。中国の農民も朝鮮の農民もそれぞれの生存権があるのです。
「作っちゃいけません」では何の解決にもならない。
それぞれの利害を調整するのが政治であり調停というもの。
他人の土地だというなら当局が買い上げて公有地にするとかいくらでも手立てはあった筈。
まあ当時の日本のやり方が正しかったなどとはいわない。
しかし、そうした問題が起きたのは中国当局にすべての責任がある。
中国当局がきちんと統治していれば、日本だって余計な介入で中国農民から恨まれることも無かった。
他人がわが子のおしめを代えるのが気に食わないというなら、自分できちんと赤ん坊の面倒を見ろってことだ。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 12:11:26 ID:WL89Dn0R0
>>156
馬鹿かお前は!日本人だけがターゲットになってるのだ。
当時の朝鮮系日本人も含むがな。
となれば誰が命令して引き起こしたかお前には分からないのか!
「治安が悪い」というのは、中国当局に精一杯配慮して、わざとそういう表現で
ぼかしているだけのことなのだ。
もちろん全部が全部蒋介石の命令だ、なんてことはない。
ソ連の支援を受けた匪賊というケースもあれば、中国共産党が命令というか
仕組んだというかそういうケースもあれば、純粋に自発的な行動もあっただろう。
しかし日本に捜査権があるわけではない。日本にできるのは公式に抗議するのが精一杯。
個々の事件は結局誰も調べてない。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 14:03:53 ID:KvNUTlVF0
>>156
> の実例はまだですか?

邦人迫害の? >>75 


160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 17:40:00 ID:DZwE2+x10
>>157-158
>中国の農民も朝鮮の農民もそれぞれの生存権があるのです。
だとしたら後から押しかけた方が先住者の生存権を侵したでFAなんですが?
つか、お前万宝山事件の経緯をほとんど知らないで適当な事逝っているだろ?

>>158
>となれば誰が命令して引き起こしたかお前には分からないのか!
さあ、分かりませんね。
いくつかの事件でもいいですがきちんとした証拠があれば日中交渉の議題に載ったはずですし、
馬鹿にはみえない証拠があるなら、どうぞ提示してみてください。
個々の事件は結局誰も調べてないというのに中国側が悪いというのは
どうも、あんたの思いこみ以外にあるようには思えないのですが。

>>159
んで、75のどこに、いつどこで誰が犠牲になったか書いてあるの?
あれだけみるならば、張学良の関与はまったく判明していないので
張学良攻撃は明らかに自衛の範囲を超えたものであったという結論しか出ないですよ。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 17:44:01 ID:DZwE2+x10
>>157
>それぞれの利害を調整するのが政治であり調停というもの。
>他人の土地だというなら当局が買い上げて公有地にするとかいくらでも手立てはあった筈。
つかお前、馬鹿だろ?
お前の知らないところでお前の家の隣の土地が朝鮮総連に借り上げられて、
その活動に邪魔なので朝鮮人がいきなりお前のうちの壁と離れを壊して
道路を造り始めたら、お前から家の土地を買い上げなかった日本政府の責任だとでもいうのか?


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 18:34:44 ID:IYP8uiah0
>>141
実に一方的な見方のレスだね。事実の流れ自体は嘘じゃないが、一方的な主観を混ぜて都合の
いいように誘導している。

> いずれにしても国連は日本を侵略と認定することはできなかった。仮に日本を侵略国家と認定するような国連決議案が
> 出たら1931年10月24日の時のように日本は反対し、つまり今で言う国連常任理事国の拒否権が発動され否決されるのだから。
で、あるなら、誰かが言ってるような、侵略と言う言葉は使われて無いと言う議論は無意味。
議論や決議の内容や文脈から、本当に言いたい事を読み取るしかない。
そして、リットン報告書は「侵略」と言う言葉を避けつつ、事実認定において日本の主張を否定し、
勧告においては、原状回復ではないとしながらも、満州国の存続も日本の満州占領継続も認めない
と言う、日本の行動の全否定となる勧告を出したわけだ。
事実上の侵略認定に他ならない。

> 満州国内の治安状態はなお混沌として、
満州建国は満州住民の意思によるものでは無いと言うリットン報告書の補強証拠だな。

>関東軍は
本来は満州国軍の仕事であり、内部統制すらも外国軍に頼ると言う、満州国の傀儡性の証明だね。

>熱河省を勘定して
熱河省は本来満州の一部ではない。満州国の立場としても明らかな越境攻撃であり、さらには
満州国に編入するのは明確な侵略行為。

> 中国の腐敗した政権による圧制と搾取に苦しめられていた民衆は規律正しい日本軍を大歓迎した。
日本でも進駐軍が熱烈歓迎されたわけだが・・・
民衆の新支配者への迎合には、正当性を語る上であまり意味は無いよ。

>>142
>中国軍は逆に戦力を増強して攻勢に転じようとしてきた。
領土に侵攻占領されている立場としては当然の事だが。

>やむなく日本軍は万里の長城を越えて反撃し5月には北京付近まで進撃する。
正当性のある相手の行動に対し、さらに不当な行為に出る。いわゆる逆ギレだな。

> こうして戦闘は終結し、日本軍は万里の長城の線まで後退するという大幅な譲歩を行う。
ええと・・・ 関東州から万里の長城まで占領を維持しておいて何が「譲歩」だ?
10万円むしりとっておいて1万円だけ返すのが大幅な譲歩ねえ。
やはりこういう人達は日本語が出来ないらしい。

> 塘沾協定成立以後は国連の満洲に関する感心は急速に薄れていった。紛争が終結した以上、国連による紛争の和解決議も無意味となる。
> しかも当の中国が国連決議を無視して日本と協定を結んだのだから白けるのも無理はない。
コピペ自身にも書いてある通り、先に決議の履行を拒否し、戦闘を継続拡大したのは日本の方だが。
それと、くどいようだが、戦闘が停止しただけ。紛争、係争は継続中。公的にはリットン勧告はまだ生きてた。
日本こそが、国際連盟のアジアにおける強制執行役と見なされており、それが離反してしまったので、
連盟としては身動きが取れなくなってしまった。正直、日本討伐をやる余力は不況下の各国には無かったから。
それ以上のリアクションを取る覚悟が中国も含め無かっただけ。(なにせ相手はアジア最強、世界でも
4-5位にはなろうと言う国家だ。実際、中国は4年後に覚悟を決めて行動を起こしたわけだが、日本の
更なる逆ギレで散々な目に会っている。)

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 18:49:09 ID:UGLsqe210
自衛官でありながら、論文書く時に戦史叢書も読まないところからして、ダメだろww

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 18:55:39 ID:IYP8uiah0
>>144
> ’31年11月8日 エコ・ド・パリ紙
事変初期で、リットン調査団も派遣されてないし、満州建国など日本の満州永続支配の意図が判明する前の論説に意味は無いよ。

>当時の日本は混沌としたアジアの治安を守る憲兵・警官と西欧諸国の民間人から見なされていたことが分かる。
うん、そう見なされ、期待されていたんだ。だから、満州事変も最初はそう言う憲兵警察活動的な意図だろうと思われてたんだよ。
それを見事に日本は裏切ったわけだなんだよ。

>>150
政治的な思惑に左右される締めの部分より、むしろ個々の事実認定こそがより真実を示すものだと思うがね。
そして事実認定では、日本の主張の大部分は否定されている。
侵略を肯定する根拠はこれらだと、以前から主張されてるのに、君らはそれをスルーして、政治的横槍のために曖昧化した勧告部分で侵略と表現されて無いから、侵略ではないと主張しているんだが。
そして、自分自身で、その部分の証拠能力を否定してるんだものなあ。
やはり、論理的思考力に問題があるのでは・・・


165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 19:11:45 ID:KvNUTlVF0
>>160
>あれだけみるならば、張学良の関与はまったく判明していないので

分かりきっているんだよ。最近の、オリンピック前の長野県中国人集団騒動が
中国政府指導のモノだと分かりきっているのと同じように。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 19:11:57 ID:DZwE2+x10
>>164
そそ、その時点では張学良による満鉄爆破に対して関東軍が反撃して追い出したため、
治安の不安があり仮に占領状態にあるにすぎず占領する意図はまったくない、
治安が回復次第、満鉄付属地に引き上げるっていうのが日本の説明だったんだよね。
自作自演もばれていないしまあ説明としてはありかなってあたりなんだが、
どんどん占領地を拡大させて、ついには日本利権なぞまったくない地域まで攻撃し始めたから
まあ、あとはいうまでもないけどさ。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 19:26:03 ID:BvSMKVNp0
>>162
>日本でも進駐軍が熱烈歓迎されたわけだが・・・

当局は以下のように進駐軍に対する警戒を呼びかけた。

1、各人はなるべく外国兵士と接触しないこと。
2、彼等は「記念品漁り」をやるかも知れない。
貴重品など持ち歩かぬように、また隠しておくように。
3、若し身のまわりの品物が奪はれそうだったら敢然として断ること。
外人のように日本人は個人の権利を主張しないので彼等になめられるのだ。
拳銃などは「おどかし」に過ぎないから恐れず頑張ること。
4、彼等を見ると自転車を投げ出して逃げたり、かくれたり、
徒におそれるのは彼等を増長させるもとだ。堂々と行動しよう。
5、彼等が理不尽な行為をしたら先ず拒否し、大声で騒ぐこと。
以下、15項目もあるが長すぎるので省略。

熱烈歓迎なんてのは進駐軍が当局に命令したやらせに過ぎない。
実際のところは共産党だけだ、熱烈歓迎なんてのは。

>議論や決議の内容や文脈から、本当に言いたい事を読み取るしかない。

結局、お前はそういう超論理でご都合主義的に捏造しているだけの話。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 19:45:06 ID:IYP8uiah0
>>167
>熱烈歓迎なんてのは進駐軍が当局に命令したやらせに過ぎない。
やらせに過ぎなくても、表面的にそう言う行為はあったわけだ。
で、熱河の歓迎とやらがそれと違うと言う証明はどこに?

>結局、お前はそういう超論理でご都合主義的に捏造しているだけの話。
文脈で読むのは政治的文書では当然の読み方だが。
そてに、こちらはちゃんとそう解釈する根拠は示しているぞ。
根拠も示さず、あるいは根拠になっていない根拠で、超解釈をループして唱え続けているのは君の方だが。


169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 20:05:52 ID:DZwE2+x10
>>165
張学良はこの時期、日本との直接衝突を避けたいので
行き過ぎた排日を抑えるように司令していたわけで、
これは史料として残っており、リットンにも提出されました。
また、事件当日日本を刺激しないよう兵営の歩哨には実弾すら持たされていませんでした。

これらからみて、”分かりきっているんだよ。”というには
相当の関与の証拠が必要だと思いますが、どうもあなたの思いこみ以外に物証は何一つないように見えます。
つか、現在の中国みたいにガチガチに固められているならともかく、
治安すら放置して排日だけは統制できる矛盾に気づいてもらいたいものだ。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 20:21:49 ID:KvNUTlVF0
>>168
別に日本軍は歓迎を指示してなかったんだから良いんじゃない?

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 20:23:55 ID:KvNUTlVF0
>>169
>行き過ぎた排日を抑えるよう

手綱を締めてコントロールしてるだけだな。今の反日暴動と同じ事だろう

煽って煽って、諸外国の様子を見て都合が悪くなると引き締めて

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 20:24:49 ID:BvSMKVNp0
>>168
>で、熱河の歓迎とやらがそれと違うと言う証明はどこに?

あほかいな。日本が中国の主権を停止したり報道規制したり
検閲をしていたとでもいうのか?当時の中国には自分で政府と
言い張っている暴力団が縄張り抗争しているようなもので、
主権もへったくれもなかったけどな。国民党軍なんていっても
チンピラの寄せ集めに過ぎない。国民党軍に馳せ参じれば、
それまでの犯罪はちゃらにしてやんよとビラまいて即席に
集めただけだから、無銭飲食・強姦・略奪当たり前。
京都市民が新撰組を恐れてたのはまだかわいい部類。
中国人民は馬鹿ではない。誰が自分たちの味方かすぐ見分けられるのだ。


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 20:48:55 ID:DZwE2+x10
>>171
んで、張学良の排日指令書でもみつかりました?
いい加減、お前の思いこみいがい影も形もないものに対して
自衛wしたってのは勘弁して欲しいんですけど。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 20:59:02 ID:IYP8uiah0
>>172
>日本が中国の主権を停止したり
・・・相手国の主権を停止せずどうやって侵攻占領できるんだ?

>報道規制したり検閲をしていたとでもいうのか?
・・・軍事占領地でそれをやってないはずは無いと思うが。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 21:03:19 ID:KvNUTlVF0
住民が日本軍を歓迎したから、迅速に占領できたとアメリカ公使が説明してるんだからそうなんだろうな

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 21:04:21 ID:KvNUTlVF0
>>173
長野の中国人騒動問題についても中国政府の指令書が見つかったわけじゃないけど
明白な事実ってのも有るんだよ

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 21:17:27 ID:DZwE2+x10
>>176
だからさ、その程度のことで軍隊動かして先制攻撃しかけたら
自衛なんてとてもいえないってことなんですが?

そもそもテロや殺害ってのは民国の国内法においても犯罪で、
これらを取り締まらないような行為があったかってことなんだがね。
それくらい明白な事実があったの?
つか、いつどこでどのくらいの日本人が殺されたりしてるのさ・・・
せめて長野の中国人騒動くらいはっきりした事件はまだ出てこないのか?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 21:23:08 ID:KvNUTlVF0
>>162
> 実に一方的な見方のレスだね。事実の流れ自体は嘘じゃないが、一方的な主観を混ぜて都合の いいように誘導している。

そのセリフはそのままアナタに返しますよw

> と言う、日本の行動の全否定となる勧告を出したわけだ。 事実上の侵略認定に他ならない。

いやいや全否定などではないし、中国側の主張も否定している。だからと言って「事実上の侵略認定に」などと
一方的な主観を混ぜて都合の いいように誘導することは許されない。

> 熱河省は本来満州の一部ではない。満州国の立場としても明らかな越境攻撃であり、さらには
> 領土に侵攻占領されている立場としては当然の事だが。
反政府テロリストの巣窟を叩くのは当然のこと。中国政府が関与しているなら侵略戦争行為。叩くことは自衛そのもの

> 本来は満州国軍の仕事であり、内部統制すらも外国軍に頼ると言う、満州国の傀儡性の証明だね。
これもウソで戦力不足を補うために外国軍の力を借りることは日本を始め諸外国に良くあること。

> ええと・・・ 関東州から万里の長城まで占領を維持しておいて何が「譲歩」だ?
譲歩は譲歩。反日・排日に堪え忍んだ日本の自衛行動だったのだが、中国側の顔を立てて万里の長城の線で引き下がっている。

> 先に決議の履行を拒否し、戦闘を継続拡大したのは日本の方だが。
これもウソ。日本が行動を起こしたのは戦史叢書 北支の治安戦1 の記事に有るとおり張学良政権の満州国内に対するテロ行為への自衛措置。
先に決議の履行を拒否し、戦闘を継続拡大したのは張学良の方

> それと、くどいようだが、戦闘が停止しただけ。紛争、係争は継続中
じゃないぞ、戦闘・紛争が停止したら、つまり紛争は停止したのだよ。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 21:28:12 ID:KvNUTlVF0
>>162
> 実際、中国は4年後に覚悟を決めて行動(支那事変)を起こしたわけだが、日本の

うん。中国が1937年に対日侵略戦争を起こしたのは知っている、日本の自衛のための反撃で散々叩かれたことも。

>>164
> >当時の日本は混沌としたアジアの治安を守る憲兵・警官と西欧諸国の民間人から見なされていたことが分かる。
> うん、そう見なされ、期待されていたんだ。だから、満州事変も最初はそう言う憲兵警察活動的な意図だろうと思われてたんだよ。

もちろん期待を裏切らず、他の混沌としたアジア諸国を後目に、満州国は豊かに発展していった。

> 侵略を肯定する根拠はこれらだと、以前から主張されてるのに、君らはそれをスルーして、政治的横槍のために曖昧化した勧告部分で

当然。そもそも侵略と言う言葉自体が政治用語なんだが、それすら理解してないのは、やはり、サヨクって論理的思考力に問題があるのでは・・・

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 21:30:12 ID:KvNUTlVF0
>>177
もちろん長野の騒動程度ですんだら、当時の満洲の邦人も苦労してないが。
実際は大変だったことは >>75 で既出。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 21:32:28 ID:KvNUTlVF0
もっと詳しく知りたいのなら、 >>137 のソースを読むのも良いし、この本を読むのもいいかも。

> 「満州事変と重光駐華公使報告書」―外務省記録「支那ノ対外政策関係雑纂『革命外交』」に寄せて (学術叢書) (単行本)
> 重光 葵 (著), 服部 龍二 (著)
> 
> ――――【1】目次――――
> 緒 言
> 第一章 支那ノ革命的外交政策
>    第一節 条約ノ一方的廃棄
>    第二節 外国及外国人ノ正当権益否認
>    第三節 排外運動
> 第二章 華府会議ト其ノ後

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 21:37:44 ID:DZwE2+x10
>>178
>反政府テロリストの巣窟を叩くのは当然のこと。中国政府が関与しているなら侵略戦争行為。叩くことは自衛そのもの
無茶苦茶いってるなw
日本が熱河攻撃を開始した時、張学良軍は連盟での裁定を待って、
軍事行動を控えている時期なんだが・・・

>これもウソで
外国軍の力を借りる事はよくある事ですが、
その力なしに内部統制すら出来ないのは傀儡の証拠ですよw

>じゃないぞ、戦闘・紛争が停止したら、つまり紛争は停止したのだよ。
じゃあ、竹島は係争中じゃなくて韓国領で決定ですか、まさに売国奴の言い分ですね。
講和条約ってのは必要ないですね。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 21:45:13 ID:DZwE2+x10
>>180-181
んで、それを読んだあなたが実際大変だったと仰るんですから、
いつどこでどれくらいの日本人が殺害されたか簡単でいいから紹介していただけませんか?
当時満州には10万以上の日本人がいましたからその0.001%くらいは殺害されたんでしょうか?

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 22:07:39 ID:KvNUTlVF0
>>182-183
> 日本が熱河攻撃を開始した時、張学良軍は連盟での裁定を待って、 軍事行動を控えている時期なんだが・・・

反政府テロ活動は盛んだったけどな

> じゃあ、竹島は

戦闘・紛争は起きてないな。係争中だが。

> いつどこでどれくらいの日本人が殺害されたか簡単でいいから紹介していただけませんか?

紹介なら >>75 だが、詳しくは本を読むといい

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 22:46:39 ID:DZwE2+x10
>>184
>反政府テロ活動
実例をどうぞ?

>紹介なら >>75 だが、詳しくは本を読むといい
75にはまったく載ってませんが?
何度も繰り返すようだがいつどこでどれくらいの日本人が殺害されたかくらいはっきりしないで、
殺害事件が多数あったとか本気でいっているの?
不思議な事にリットン報告書にはそういうことは全く書かれていないのだが、
君があげた書物には載っているのか?
確かあれはリットン報告書が作成される際に、日本側主張として提出された資料だったと思うのだが、
本当にそんなことが載っているのかね。
なんでそんな事件がスルーされるのかまったくわからないんだけど。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 22:49:59 ID:DZwE2+x10
っていうかさ、そもそも疑問なんだが自衛だと言うには
75みたいな事件をいくつも並べ立てるよりは、
いつどこでどれくらいの日本人が殺害されたかってのを
いくつか紹介するだけで、まさに満州で日本人が危機に晒されていたことを証明するのに適していると思うんだけど、
なんで多数の事件があったでスルーしちゃうの?
どうも君が知っているようには到底思えないんだけど、
詳しくなくていいから昭和5年と6年あたりの犠牲者数だけでも出して貰えない?

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 22:53:12 ID:DZwE2+x10
ああ、悪い75に一応載ってたな。
昭和5年に2人だっけかw

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 23:17:47 ID:ln+Mkgmd0
>>186
中国の方は盲信して至れり尽くせりのフォローするが、
日本の方は勝手にハードルを吊り上げるのはどういうわけ?
殺害されないと自衛じゃないとでも?
日本の被害を死んでも認めたくないの?
それならそれでかまわんよ。認めたくないものを無理に認めろなんて
無理強いしないから。正直にいいなよ。実は中国人に脅迫されているとか、
組織から消されるとか。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 23:26:37 ID:DZwE2+x10
ん〜難しい事逝っているかな?
あなたが認識している実際は大変ってことを教えてくださいってことで、
何を理由にそれが張学良軍の仕業と判断したのかってことなんですがね。
何年何月に奉天で日本人何名が殺され、その犯人は誰々と推測され、
その誰々は張学良系の人間であり、犯行後張学良にかくまわれて
日本の追求にもまったく応じない、再犯の可能性もあるというなら
自衛のために犯人を捕まえるべく張学良軍を攻撃するってのはアリだと思うんですけど、
満州事変でそういう動きってありましたっけ?
なんで具体的な事件をあげてくださいっていってるんだけどね。

つか、中村大尉事件ですら実行犯を牢屋にぶちこんでた張学良が、
そんなことやらかしているとは到底思えないんだけど
実例があるなら別だからあなたがそう判断した実例を教えてくださいってのは
学問板でおかしなことですかねえ?

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 23:37:54 ID:DZwE2+x10
>>188
>殺害されないと自衛じゃないとでも?
殺害されていたから自衛だって言うから聞いているんですが
答えられない理由でもあるんでしょうか?

>日本の被害を死んでも認めたくないの?
ですから被害を教えてくださいと申し上げています。
私が認めたくないのは日本が曖昧な理由で自衛を行ったのかってことなんですがね。

>中国の方は盲信して至れり尽くせりのフォローするが、
ええ、多数の迫害があったということで
それは自衛戦闘を起こすに足ると盲信する人よりはマシですよ。
私は万宝山事件や中村大尉事件の内容を見て、
こんなもん自衛と称して張学良軍を攻撃する理由にはならんだろと思ってますから。
ぶっちゃけ両方とも日本の違法行為が原因のいいがかりだったことにびっくりしています。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 23:52:21 ID:DZwE2+x10
>日本の方は勝手にハードルを吊り上げるのはどういうわけ?
いやそれ以前に多数の迫害が行われていたのにも関わらず、
いつどこでどれくらいという基本情報すら具体的な一件すら提出できないのが
ハードルをつり上げる、だと・・・?
その理屈なら南京虐殺30万人説だって肯定できてしまいますよ。

いや、そっちの方がマシかな。
いつどこでどれくらいだけは明言できるんだからw

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 03:04:56 ID:O14b/vkP0

その否定された中国側の主張って、「ボイコットは自発的な民衆によるもので中国政府は無関係」だけだが。
>いやいや全否定などではないし
満州国も日本の満州占領も認められていないのだが、それで一体日本の行動として何が認められたと言うのかね?
日本の行動でリットン調査団に容認されたものがあるなら

>中国側の主張も否定している。
中国側の否定された主張って、「ボイコットは自発的な民衆によるもので中国政府は無関係」ぐらいなものだがだが。
その上で、ボイコットが不法であるか否かについては、

>反政府テロリストの巣窟を叩くのは当然のこと。
中国も国際連盟も、満州国を認めていない。満州国こそが反政府テロリストであり、日本はテロ支援国家なんだ。

>。中国政府が関与しているなら侵略戦争行為。
侵略者の排除は自衛ですが。

>これもウソで戦力不足を補うために外国軍の力を借りることは日本を始め諸外国に良くあること。
借りるどころか丸投げだろ。戦力不足どころか皆無に等しいんだが。
満州国には自立した軍など存在しなかった。

>譲歩は譲歩。
だから、10万円分捕って置きながら1万円だけ返して何の譲歩かと。

>反日・排日に堪え忍んだ日本の自衛行動だったのだが、
その具体的な事例は全くといいほど示されていないが。

>じゃないぞ、戦闘・紛争が停止したら、つまり紛争は停止したのだよ。
そう、停止であって、終結でも解決でもない。問題は継続中でいつ再開されてもおかしくない。
停戦協定とはそう言う性質のもの。

>>179
>うん。中国が1937年に対日侵略戦争を起こしたのは知っている、日本の自衛のための反撃で散々叩かれたことも。
既に日本は中国領を侵略していたんだから、中国の行為は侵略への反撃で自衛。
正当な自衛行為に逆ギレしたのが日本。

>もちろん期待を裏切らず、他の混沌としたアジア諸国を後目に、満州国は豊かに発展していった。
自分の支配地域だけ発展させたんじゃ、警察や憲兵的役割を果たしたことにはならんのだが。

>当然。そもそも侵略と言う言葉自体が政治用語なんだが、それすら理解してないのは、やはり、サヨクって論理的思考力に問題があるのでは・・・
いや、君のレスこそこちらの論への反論としては意味不明なのだが。論理的思考力の欠如と言うなtら、それこそそこを論理的に説明してくれないと・・・



193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 05:06:05 ID:O14b/vkP0
>>192修正
その上で、ボイコットが不法であるか否かについては、

消しお忘れに付き削除


194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 18:36:50 ID:dqY0VyE50
>>192
>停戦協定 >中国の行為は侵略への反撃で自衛。

停戦協定であるタンクー協定で終了した話しなんだが、停戦で終結した朝鮮戦争と同じこと。
ところが突然逆切れした中国軍が侵略戦争を仕掛けてきたのが支那事変


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 19:21:27 ID:MFYdkcJI0
ああ、忘れてた。
>>> じゃあ、竹島は
>戦闘・紛争は起きてないな。係争中だが。
満州も係争中でしょw 武力紛争・戦争が起きてないだけで。

>>194
お前は戦争と停戦の関連を理解してから出直してこい。
朝鮮戦争は南北基本合意書の締結まで終わっていなかったのだがな。
第5条 南と北は 現在の停戦状態を南北間の鞏固な平和状態へと転換する為に共同で努力し,
こうした平和状態が成し遂げられるまで現在の軍事停戦協定を遵守する.

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 19:27:34 ID:MFYdkcJI0
ところで満州での迫害とやらの張学良軍の仕業であったという証拠はまだなの?
それどころか、テロや日本人殺害の実例すら一件も出てきてないんですがw

ここ田母神スレだから、いくつか事件をきちんとみてみないと、
ロコウ橋みたいに実は共産主義者の陰謀でした(w)っていう可能性は気にせず、
証拠はないけど明らかだなんてのは学問板的にどうなのよ。

田母神国家元帥のように思いこみだけで稚拙なことをいってもいいんだよっていう人なら
それも気にならないのかもしれないが。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 19:52:15 ID:O14b/vkP0
>>194
だから、停戦協定は戦闘を一時停止するという協定でしかない。
タンクー協定の条文には満州国の承認も、満州の中国主権の放棄も書かれていない。
朝鮮戦争でも、北も南も臨戦態勢でにらみ合っていたし、北は南の、南は北の統治権を主張し続けていた。


また、君の理屈では、北方4島の主権を主張する日本の立場も不当と言う事になってしまうんだが。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 20:13:24 ID:dqY0VyE50
>>195 >>197
>竹島

別に関係ない。日本は竹島問題で韓国と協定とか結んでないから

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 20:15:40 ID:dqY0VyE50
論破完了

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 20:19:10 ID:O14b/vkP0
>>198
私は、竹島ではなく北方領土を言ってるんだが?

>>199
また根拠の無い一方的な宣言が始まった。こうやって何度蒸し返されループされてきた事やら。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 20:25:52 ID:bxdGmJGM0
>>196
>ところで満州での迫害とやらの張学良軍の仕業であったという証拠はまだなの?

そんな証拠など必要ないし存在するわけがないのですよ。
そういう要件自体が成立しない。
北九州連続監禁殺人事件を殺人事件でないと考えるものは誰もいないし、
松永太を殺人者でないと考えるものもいない。
死体が発見されてないし松永が殺したという証拠もない。
それでも松永は死刑が求刑されました。
それでは法学ではこの事件を殺人事件とみてないのでしょうか?
まあ北九州連続監禁殺人事件についても貴方みたいに証拠を出せと
わめき続けている人がいるかも知れませんが。
警察権のある日本でもこうです。
まして日本に警察権のない満州においては日本にはどうすることもできません。
現行犯はともかく奥地に逃げられたらおしまいです。
このスレに必要なのは、そうした事件の数々について日本政府が
張軍閥に抗議し対処を要求していたという事実だけで十分です。
「いくつか事件をきちんとみてみないと」などと口先でごまかすだけで
張軍閥は何の対処もしなかった。
貴方も「いくつか事件をきちんとみてみないと」と口先だけで、
その実何もみる気などないのでしょう。
当時の日本政府が思い込みだけで張軍閥に抗議したとでもいうのですか?
張学良は日本政府の捏造だと思い込んでいたのかも知れませんが。
貴方は張学良の生まれ変わりですか?それとも子供?孫?なんですか?

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 20:27:10 ID:dqY0VyE50
>>200
ああ忘れたが、北方領土も同じだよ。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 20:58:09 ID:MFYdkcJI0
>>198
>日本は竹島問題で韓国と協定とか結んでないから
だから日中で結ばれたのは停戦協定ですよ?
そして満州の地位についての協定を日本は中国と結んでません。
ちなみにいえば最初の数発の銃声を除けば、
ロコウ橋で最初に戦闘行動をとって襲いかかったのは日本側なんですが。

>>201
あの〜、ですから北九州連続監禁殺人事件のような例はないのかと聞いているんですよ。
そもそも証拠がどうこう以前の問題なんです。
なにやら無数の日本人殺人事件やらテロがあったというので、
じゃあ、それはどういうのだったんだよ、
松永みたいに犯人としての蓋然性があるのかってことの検討はどうなったんだってことなんです。

>当時の日本政府が思い込みだけで張軍閥に抗議したとでもいうのですか?
殺人事件に抗議したんでしょうか?
それすらよくわかってませんが。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 21:07:05 ID:MFYdkcJI0
例えば支那事変直前のテロ、日本人殺害事件は何件かありきちんと報道もされてます

ttp://ww1.m78.com/topix-2/sino%20japanese%20diplomacy.html
萱生事件 (1936.7.10)
成都事件 (1936.8.24)領事館の設置を聞きつけ事前報道を狙った大阪毎日新聞記者2名と雇員2名が集団暴行をうけ、うち2名が死亡。2名が重傷を負った。
北海事件 (1936.9.3) 広東省北海・珠海中路の日本人商店の店主が殺害された。海軍は北海に艦隊を派遣し、武力行使を視野に入れた調査を開始した。
                実力で抵抗するとした第19路軍(上海事変のさい登場した抗日意識の強い軍閥)は抗しえずとして撤退した。
漢口事件 (1936.9.19) 漢口の日本領事館付き巡査(吉岡庭二郎)が、日本租界の日信埠頭で中国人に後頭部を撃たれ即死した。海軍は陸戦隊を上陸させた。
出雲事件 (1936.9.23) 上海の路上で「出雲」乗り組みの水兵が襲撃され、一名死亡、二名重傷を負った。海軍は「対支時局処理方針」を決定し、武力行使・居留民の引き上げなどを考慮した。

というようにいつどこでだれがまではっきりしているわけで、
なぜか満州事変直前のテロとやらはこれが欠けているんです。
ですからそれはどのようなものであったかを教えて欲しいといっているのであって、
それさえ出てこないのでは本当にあったのかと疑うほかないでしょ。
北九州連続監禁殺人事件というのはなにやら松永が無数の殺人事件を犯した、
誰が被害者でいつ殺されたのかもはっきりしないけど犯人だってものなんですかねw

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 21:11:08 ID:O14b/vkP0
>>202
日ソの戦争状態は日ソ共同宣言で終結しているが、君らの主張に従えば、返還が盛り込まれている
歯舞色丹はともかく、日本は国後と択捉を放棄した事になるが?
そして、択捉、国後は日本領であり、ロシアは不法占拠していると言う現在の主張は、ロシアの主権への
侵害行為であり、これもまた侵略と言う事になるのだが?

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 21:24:19 ID:MFYdkcJI0
さて次に荒木大将が満州事変をやってこんなにいいことがあったんだよと
鼻高々に天皇陛下にご進講申し上げたものを紹介します。
ttp://www.asyura2.com/0601/hasan47/msg/480.html
ここにもテロだの殺害事件だのはありません(中村大尉事件は除く)。
今、事変前における支那官憲の在満邦人圧迫の事例の若干を回想せば左の通りである
(イ)昭和三年四月十日長春東方の邦人宅に支那兵三十余名現われ同家使用の支那人五名を非国民として捕縛監禁し同家の営業をほとんど不能に陥いらしめた
(ロ)昭和四年三月十七日吉林省敦化在住の邦人が経営する旅館に対し、敦化警察署は突然営業を禁止し立退を命じ館主たる邦人を不法拘禁した
(ハ)昭和四年四月十日●南在住の邦商某及び邦人経営某旅館は営業停止を命ぜられたる上不法拘禁を受けた
(ニ)昭和四年四月末より五月にわたり奉天在住の邦商たる西尾洋行(ゴム靴商)九鬼洋行及び久保洋行(雑貨商)等は何れも支那官憲より不法妨害を加えられた
(ホ)在満鮮人の事変前において支那官憲より受けたる圧迫は枚挙にいとまなくその中にてもつとも有名なりしは満洲事変勃発の一誘因とさえ目せられたる万寳山事件である
右の外、事変前における懸案二百数十件は満洲国成立と共に自然的に解決せられ

まあ、他にもいろいろありますが、はっきりいって武力行使の口実に使えそうなものなんぞ一つもありません。
鉄道でも爆破しなけりゃならなかった理由も分かると思いますがね。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 21:26:56 ID:MFYdkcJI0
思ったんだが、無数のテロ・日本人殺害事件って
単にシナ事変直前の状況と誤認しただけと違うか??
いや、実際にあったんだっていうなら204程度の記述が出てきてもおかしくないと思うが。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 23:07:00 ID:bxdGmJGM0
>>206
松永太もお前も死ぬまで「認めない」「認めない」と叫び続けていればよい。
さっさと死んでくれ。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 23:10:51 ID:YygPAqr10
証拠は出せない、俺様の神聖な日本を
汚す奴は死ね(キリッ ですか

極東板あたりで一生街宣活動してればいいのに


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 23:21:12 ID:MFYdkcJI0
>>208
なんかもううんざりなんだが「認めない」もなにも
殺人事件を犯した事を認めないのが松永なのに、
そもそも殺人事件があった証拠すらだせない君は馬鹿なの? 死ぬの?

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 00:20:08 ID:GfzEJZa/0
>>201
>北九州連続監禁殺人事件についても貴方みたいに証拠を出せと
>わめき続けている人
北九州連続監禁殺人事件では、被害者とされた行方不明者は特定され、証言の一致する複数の証人、
金の流れなどの証拠があるのだが。
日本の裁判所は風評だけで有罪にするほどいい加減な組織ではありません。日本の司法機関を
貶めないでいただきたい。

北九州連続監禁殺人事件も証拠があって殺人事件と認められている。
一方で、邦人迫害については殺人や放火が頻繁に起こっていたと言う証拠すらない。

>日本政府が 張軍閥に抗議し対処を要求していた
日本政府の抗議は日本政府が経済活動に対する妨害行為についてであり、在満法人の生命が
脅かされていると言うものではないのだが?

>>207
満州事変の不当さを示す証拠は揃ってるのに、反論の証拠もだせずに、ただ「認めない」認めない」と
喚いているのは君だろ。君らこそが松永太の同類なんだ。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 00:30:27 ID:ogh09llp0
つか、松永は殺人事件があったことは認めているんだが、
それは自分が指示したものであることを認めないと喚いているんだな。
(目の前で緒方が殺したことは認めている)
今のこのスレでは、どうのような殺人事件があったのかさえ出てきてないので、
北九州連続監禁殺人事件とすら比べようがないんだがねえ。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 07:21:18 ID:iuvaAP7iO
田母神さんは国防に関して、当然のことしか言ってない

領空侵犯されたらスクランブル発進で撃墜する、当たり前のこと

ただ、拉致被害者救出作戦はかなりの困難を極める
防衛省でシュミレーションしているか、楽しみだ

アメリカ、ロシア、中国、韓国、日本の本音は「難民が出たらお互いに困るなあ」ではないか?

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 08:27:24 ID:ogh09llp0
>領空侵犯されたらスクランブル発進で撃墜する、当たり前のこと
これが異常な事だと理解も出来ない人が多いのは困った事だ。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 09:39:49 ID:iuvaAP7iO
ついでに潜水艦が領海侵犯したら、イージス艦を派遣し攻撃する
当たり前のことだ

なんの為に私たちは納税しとるのだ
イージス艦を眺めるためか?

そこんとこよろしく

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 09:44:24 ID:iuvaAP7iO
>>214
この人はプラモデルでも作って遊んでる方がよいのではないか

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 09:54:21 ID:iuvaAP7iO
さらに言わせてもらえば

領空も領海も守れない自衛隊なら、その分税金返してくれ

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 09:56:22 ID:ogh09llp0
>>215
>なんの為に私たちは納税しとるのだ
国防のためだ。
攻撃の意思もない程度の侵犯行為でいちいち撃墜撃沈してたら、
何回戦争してもおわらんぞw
しかも、相手が戦争を仕掛けたければ自分の準備が整った時点で、
適当な侵犯行為を犯せばいつでも自分の有利な時点で自衛の大義名分が手に入る。
米ソの侵犯状況を知らなかったんだろうか、この人

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 09:58:01 ID:ogh09llp0
>領空も領海も守れない自衛隊
撃墜撃沈しなければ守れないって、そんな異常なことが理解も出来ない人が多いのは困った事だ。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 10:22:49 ID:GfzEJZa/0
>>215
>>217
何を今さら。
自衛隊が本気で戦争なんかできると思ってたのか?
あれは兵器調達に関するリベートなど、防衛利権と、そこからの献金を受ける自民党と政治家のために存在している組織だが。
だから、田母神なんかが空自のトップに登りつめる事が出来たんだよ。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 14:07:14 ID:iuvaAP7iO
自宅の庭に無許可で入って来て、いきなり調査始めてwelcomeの人が存在する

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 15:11:11 ID:GfzEJZa/0
>>221
ああ、太平洋戦争を、真珠湾攻撃前に甲標的が沈められたからアメリカから仕掛けた戦争だと主張している人達ですか。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 15:49:40 ID:ogh09llp0
>>221
WELCOMEなんていったレスがどこに?
だいたいWELCOME国家と
見かけ上合法的な学術調査船を沈めないと気が済まない基地外国家じゃ
どっちもどっちだっつうのw

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 15:56:25 ID:ogh09llp0
ああ、失礼、一応許可はとらないと海洋法上まずいわな。
日本はきちんと抗議を行っているんだが、
いちいち沈めないと護った事にならんのかね。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 17:13:15 ID:iuvaAP7iO
本音は核保有国の中国が怖くて手も足も出せません

口は出せます

海上保安庁のが根性あるw

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 17:51:10 ID:qZVkQhzd0
>203
>だから日中で結ばれたのは停戦協定ですよ?

そうですな。その停戦協定を破って戦争を仕掛けてきたのが中国軍と言うだけのこと

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 17:52:49 ID:qZVkQhzd0
>>196
>それどころか、テロや日本人殺害の実例すら一件も出てきてないんですがw

よく分からないんだが >>75 とか >>137 とか見えないフリ?

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 18:03:19 ID:qZVkQhzd0
>>146
>侵略を否定する根拠には

仮に満州事変を国連が侵略と認定したいのなら日本が脱退した後で幾らでも認定できる。
しかし国連は満州事変を侵略とは認定しなかった。
これは当然のことで、中国の無法に苦しめられていたのは西欧諸国自身でも有ったのだから。
(極東情勢に無知で国連にも加盟していなかったアメリカなどは除く)

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 19:24:01 ID:ogh09llp0
>>226
いや、だからさ竹島と同じく同島の地位に関する協定が結ばれた訳じゃないと言っているんですが。

>>227
それこそわからないのだが、それのどこにいつどこでだれが殺されたかが載っているんですか?

>>228
>仮に満州事変を国連が侵略と認定したいのなら日本が脱退した後で幾らでも認定できる。
連盟規約を嫁ってなんど言われた?
連盟では脱退した相手に侵略認定したってほぼ無意味なんだよ。
現在の国連憲章と誤解してないか。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 19:29:15 ID:ogh09llp0
それに前にも言ったけど75だと張学良に攻撃を仕掛けるのは
完全に不戦条約で許された自衛じゃなくなるよ。
せいぜい、兵士と警官の犠牲くらいなんだが、
これが張学良軍の示唆によって行われたある程度の証拠がなきゃ。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 21:35:59 ID:g9OL+drt0
>>213
「シュミレーション」ってのは、笑うところか?

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 16:49:29 ID:vOmh3n3x0
>>227
生命が脅かされるようなテロや不当な日本人殺害の実例は>>75にも>>137にも無いんだけど?
見えないものが見えるらしい。


233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 16:51:58 ID:vOmh3n3x0
>>228
日本が脱退しても、完全に欧州列強に敵対したわけじゃないから。
日本のヴェルサイユ体制への復帰の道を残しておくために、まだ政治的配慮が生きていただけさ。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 17:03:13 ID:dKZNoDUs0
まだやってんのかよ
さっさと歴史学会に直接言えよ
2chで何がやりたいだよ酷使様は

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 20:42:55 ID:sWIx37Rj0
>>229
>いや、だからさ竹島と同じく同島の地位に関する協定が結ばれた訳じゃないと言っているんですが。

そうタンクーでは非武装地帯の協定とかが結ばれただけで

>脱退した相手に

だから国連で「侵略」に対処すれば?

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 20:44:46 ID:sWIx37Rj0
>>232
そうかな。鉄道に対する破壊工作・テロ行為の記事が見えるんだが、君は都合の悪いモノは見えない心の病でも持ってる?

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 20:53:33 ID:HYrhbnkl0
>>235
>そうタンクーでは非武装地帯の協定とかが結ばれただけで
だから停戦協定破るのは戦闘の再開であって、侵略じゃないでしょ。

>だから国連で「侵略」に対処すれば?
だから何度連盟規約を嫁と言われたら気が済むんだ?

>>236
> 鉄道運行妨害 171件 信号所を襲撃して列車の運行を妨害する事件が多発した。
これのこと? なにやらこれだけ読むと信号所襲撃事件が171件もあったように見えるけど、
死傷者皆無ってどういうことだろう。 ちなみに運行妨害って置き石でもこれにカウントされちゃうんだよねw

>また満鉄の貨物3千両が破壊されるなどの甚大な被害が発生した。
あと、これは全くの嘘だから。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 21:00:11 ID:HYrhbnkl0
というか、あんな水増しの見本みたいなのじゃなくて、
本当にいくつかでいいから個々の事件を出してみてくださいよ。
また、それらが張学良の手引きによるものだったという判断材料はなんですか?

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 21:05:27 ID:sWIx37Rj0
>>237
>だから停戦協定破るのは戦闘の再開であって、侵略じゃないでしょ。

国家間で交わした正式な停戦協定を中国が一方的に破って戦争仕掛けたんだから、無法な協定破りの侵略戦争ですな。

>あと、これは全くの嘘だから。

それはそれはw 満洲は親日的な漢族の住む平和な土地だったと歴史を捏造したい訳ね

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 21:06:43 ID:sWIx37Rj0
>水増しの

水増しって何が? 例えば破壊された車両は3千両ではなく2999両とか?

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 21:11:59 ID:HYrhbnkl0
>>239
>無法な協定破りの侵略戦争ですな。
え? 停戦協定を破ると侵略なの? 不思議な事言うね。
その土地の帰属を定めた協定を破ればそういえるでしょうが、
停戦協定を破れば単なる戦争の再開しかありませんが、ほんとうにおかしなこというね。

>>240
満鉄には貨車3000両もありませんからw
というかその時代の日本の貨車の数の何割もが破壊されたってレベルなんですけどw
前の年間30万件の破壊工作とかそういうレベルのデタラメだよ。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 21:17:45 ID:sWIx37Rj0
>>241
> え? 停戦協定を破ると

国家間の協定破りを国際法上合法だと思ってる? ずいぶん中国人に洗脳されてるね。
実際には違法な侵略戦争ですな。

あと修理した貨車も繰り返し攻撃されたりしたのかな? 

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 21:33:02 ID:HYrhbnkl0
>>242
>国家間の協定破りを国際法上合法だと思ってる?
えっと、何を言っているんでしょう?
侵略か否かを聞いていたんじゃないんでしょうか?
中国に洗脳とかいうが停戦協定を破る事と侵略との間にどういう関連性を見いだしたんでしょうか。
わけがわかりません。
暫定協定を破った時に与えられるペナルティと恒久条約を破った時に与えられるそれが一緒だとでも思っているのか?
つっかさあ、中国が戦争仕掛けてきて沖縄あたりを占領して停戦協定が成立、
日本が停戦協定を破棄して戦争再開したらそれは侵略にでもなるのかね。


>あと修理した貨車も繰り返し攻撃されたりしたのかな? 
満州事変の半年でのべ1.2万両の貨車が稼働してますから、
どんだけ繰り返されたら3千両も破壊されるんだよw

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 21:37:34 ID:sWIx37Rj0
>>243
> >国家間の協定破りを国際法上合法だと思ってる?
>えっと、何を言っているんでしょう?
>侵略か否かを聞いていたんじゃないんでしょうか?

そう。日本と中国が正式な協定を結び平和を確保したのに、中国が戦争仕掛け侵略してきたんだから明らかに侵略戦争。明白でしょ?

>どんだけ繰り返されたら3千両も破壊されるんだよw

そっか、のべ3千両の被害と説明する方が良いな。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 21:40:32 ID:sWIx37Rj0
>連盟規約を

侵略については第10条だな。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 21:45:19 ID:jnPfCns60
侵略戦争の定義を知らない連中が騒いでるな。馬鹿な奴らだ。


247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 21:45:52 ID:HYrhbnkl0
>>244
>そう。日本と中国が正式な協定を結び平和を確保したのに
してないよ。約束したのは戦闘の停止。立派に紛争中だ。
それとも暫定協定でしかない休戦協定で恒久的な平和を約束したのか?

>そっか、のべ3千両の被害と説明する方が良いな。
のべ三千両でもあり得ない数字ですが何か?

>>245
読んで理解できたならいいや。
なぜ脱退したら侵略といわれなくなるかすごく簡単にわかるだろ。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 22:30:46 ID:gV14Q8/oO

満州事変は侵略ではなかった。
これはガチ。
リットン報告書第九章に全て書いてある。



249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 22:34:07 ID:aciCMUaO0

論理的に整理

侵略定義・・・当時は不明確。(1974年に国連定義)
条約or協定蔑ろ・・・日中双方。
相手主権の地に介入・・・日中間で日本だけ。
満州事変〜・・・厳密には停戦にすぎず、終戦が成立してない。


250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 22:36:18 ID:gV14Q8/oO

日本が侵略国家でなかったのは紛れもない歴史的事実。


251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 22:42:33 ID:jnPfCns60
満州事変は、日本の権益を守るための防衛戦争であって侵略戦争ではないだろう。

シナが日本の権益をきちんと守れば満州事変は起こり得なかった。
シナが日支協定をきちんと守れば満州事変は起こり得なかった。
シナが近代国家であれば満州事変は起こり得なかった。

満州事変は侵略ではない。正当防衛だ。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 22:46:07 ID:aciCMUaO0
>日本が侵略国家でなかった

どこも自称侵略国じゃないだけ。

国益(資源・経済圏・軍事拠点)を求め、
武力を背景に縄張り争い。条約も二の次。
日本を含め、大抵の勢力が経験してる事。


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 22:48:20 ID:aciCMUaO0

1・正当防衛
刺されそうになり、とっさに身を守るため刺し返す。

2・不当行為
アパートの大家に嫌がらせを受け、暴力で大家を追い出しアパートごと乗っ取る。

満州事変は2に近い。
正当性を認めてくれる他国が無いのも仕方ない。


254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 22:53:27 ID:jnPfCns60
1・正当防衛
刺されそうになり、とっさに身を守るため刺し返す。

2・不当行為
アパートの大家に嫌がらせを受け、暴力で大家を追い出しアパートごと乗っ取る。

満州事変は1に近い。
だが目撃者がいなかったため信じてもらえなかった。それだけのこと。


255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 22:56:48 ID:99CYbGwe0
>>253
> アパートの大家に嫌がらせを受け、暴力で大家を追い出しアパートごと乗っ取る。
明白な正当防衛じゃないか。
部屋を貸すことを承諾しておきながら嫌がらせをする大家が悪いだろ。


256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 22:59:00 ID:gV14Q8/oO
>>253
馬鹿サヨは的はずれで下らない喩え話が大好きだなw

事実の積み重ねでは絶対に勝てないもんな。

これだから馬鹿サヨは低能だって言われるんだw


257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 22:59:47 ID:aciCMUaO0
>>255
>嫌がらせをする大家が悪い

日本も返す期限が近づいてたのに、
増兵や最後通牒などの圧力で、ずっと借りる約束を呑ませた。

ウヨは欧米列強の事を、侵略者呼ばわりする事が多いが、
日本も中国に対しては、欧米列強と同じ立場だったって事。


258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 23:01:05 ID:aciCMUaO0
>>256
>事実の積み重ねでは絶対に勝てないもんな。

田母神支持者は、初期に敗退したなw
事実の前には勝てない。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 23:03:56 ID:jnPfCns60
>>255
確かに、満州事変とアパート云々とは全く無関係
リットン報告書を読んだことない奴が、こういう中学生レベルのたとえ話で誤魔化すんだろう。
リットン報告書に、こんなたとえ話は全く書いていないといういことを明確にしておこうかね。
実にくだらん。
満州事変はそんなに単純なものではない、リットン卿の言うとおりに・・・・


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 23:07:25 ID:aciCMUaO0
>>259
事実は複雑でも、大まかにはアパートの例えでOK

中国軍が、日本人大虐殺計画を立ててた訳でもないし、
嫌がらせを受けた日本側が、自作事件に基づいて起こしただけ。


261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 23:11:38 ID:HYrhbnkl0
ん〜、ちなみに塘沽協定をどっちが先に破ったかと言えば、
華北分離政策を行った日本のほうが先なんだがなw

>>251
>シナが日本の権益をきちんと守れば満州事変は起こり得なかった。
満州事変は青年将校達のクーデター計画の一環にすぎないので、
ぶっちゃけ言いがかりがつけられれば日本の権益なんぞどうでもよかった。
石原の思想をみれば日本の権益だけで不満だから興されたものだし、
実際の満州国建国をみればそれもわかる。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 23:12:01 ID:jnPfCns60
>>260
そんな下らぬたとえ話を「OK」と言えるお前は最低のアホだね。

ママのおっぱい吸って寝チャイナ、低能児君。


263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 23:14:35 ID:aciCMUaO0
>>262
>低能児君

低能児君に対し、まともな反論もできない君たちは、知的障害児?w

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 23:16:39 ID:gV14Q8/oO

満州事変を侵略と決め付けたり、クーデターと呼んでみたり。

馬鹿サヨも必死だなw



265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 23:19:33 ID:aciCMUaO0
>>264
>満州事変を侵略と決め付け

下らない侵略解釈論争はしたくないが、問題が多すぎるって事。

手段・・・デタラメ
現地軍の勝手な自作自演事件で勃発。政府も当初はあわてて不拡大声明。
建前(現地の独立支援)自体が条約違反。

占領範囲・・・不当
従来権益をはるかに超える領土を占領し、国まで建てる。

国際審議・・・正当性否定
日本が受けてた鉄道付随地の権益侵害や事件等を考慮しても、正当性認める他国無し。
満州国の承認は政治情勢上の別問題。


日本にも権益侵害への対抗を主張する立場はあるけどな。


266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 23:24:46 ID:HYrhbnkl0
単純な侵略ではないとはいっているだけなんだがなあw

 本紛争は双方とも聯盟の一員たる2国間に於いてフランスとドイツを合したる面積ある地域に関し発生せるものにして右地域に関しては
日支双方に於いて各々諸種の権益を有することを主張し而も此等権益は其の一部のみ国際法に依り明瞭に定義せられ居れり。
右地域は法律的には完全に支那の一部なるも其の地方政権は本紛争の根底をなす事項に関し日本と直接交渉をなす程度の広汎なる自治的性質のものなりき。
 日本は海岸より満州の中心に達する鉄道及一地帯を支配し且該財産保護の為約一万の兵力を維持し且必要の場合には条約上之を一万五千に増加する権利ありと主張す。
又日本は総ての在満日本人に対し法権を行使し且満州全土に亙り領事館警察を維持す。

こういった事情があるから単純じゃないといっているわけで、
宣戦を布告することなくして疑いもなく支那の領土たる広大なる地域が日本軍隊に依り強力を以て押収、占領せられ且右行動の結果として該地域が支那の他の部分より分離せられ独立を宣言するに至れるは事実なり
とばっさり侵略であることを明白にしている。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 23:26:07 ID:HYrhbnkl0
>>264
え? 
三月事件とか10月事件をご存じないんですか?
満州事変前後を語る上で欠かせない出来事なんですけど。
マジでなにしに歴史板にきてるの??

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 00:35:44 ID:4YkgwOoBO
>>253
不当行為ってなんだろう。
不法行為の間違いかなぁ?
もしくは違法性阻却事由の正当行為でないといいたいのか。

よくわからんが馬鹿が難しい言葉を使おうとして自爆しとるのがおもろいw

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 00:49:57 ID:YL6wiwa00
ここのウヨ達にとって、
よっぽど>>253の例えが痛かったみたいだなw

見苦しく揚げ足取りであがいてるのが面白いw

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 05:49:06 ID:e+CRtyBjO
オタクら身内で戦争行った人いるの?
本に書いてあることを盲目的に信じているのでないかい?

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 06:16:45 ID:lzike9FU0
西田幾多郎は、明確に、この戦争は「世界史的使命」を帯びている「世界新秩序の形成」を目指す
積極的な意味での戦争であると捉えている。おそらくそれは、西田幾多郎だけではない。大川周明も、
蓑田胸喜も、そしてその他多くの日本人が、多少の違いはあれ、そう考えていたに違いないのだ。
渡部昇一氏や田母神俊雄氏等の考える「自存自衛戦争論」の政治学が「弱者の政治学」なのに対して、
西田幾多郎等のそれは、明らかに「世界新秩序」の形成を目指す「強者の政治学」、言い換えれば、
江藤淳の言う「治者の政治学」だと言っていい。だから米英帝国主義主導の「東京裁判」で、
パールやマッカーサーを持ち出して、無罪を主張することは間違いであり、むしろ堂々と
「有罪」をこそ主張すべきだったのである。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 09:21:34 ID:/A0WW4kL0
>>242
>国家間の協定破りを国際法上合法だと思ってる?
侵略者や不当な占領の排除は合法と見なされるてますが?
英の支配権を確立した条約に反して武力蜂起したアウンサンやボースを支援した大日本帝国も、
そう言う見解でしたが何か?

>ずいぶん中国人に洗脳されてるね。
君こそたっぷりとロシアに洗脳されているようで。
日本が択捉国後を実力で取り返したら、ロシアに対する侵略になると言ってるんだから。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 09:26:15 ID:/A0WW4kL0
>>244
>平和を確保
だから、停戦協定の意味が解っていない。
平和を確保するのは和平条約や講和条約。停戦協定は一時的な戦闘停止を確保したものでしかない。
和平条約(下関条約)を破って侵攻したのは日本の方。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 09:32:39 ID:/A0WW4kL0
>>254
>刺されそうになり
それすらも日本側のでっち上げなんだが。

>目撃者がいなかったため信じてもらえなかった
目撃者がいなかったのを良い事にでっち上げを主張し続けたのは日本ですが。

>>255
部屋を確保するまでなら正当防衛と言えなくもないが、アパート全体はやりすぎ。

>部屋を貸すことを承諾しておきながら嫌がらせをする大家が悪いだろ。
本来の賃貸契約は切れている。脅されて延長されたもの。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 10:17:29 ID:zuRvwJcH0
まだやってんのかよ
さっさと歴史学会に直接言えよ
2chで何がやりたいだよ酷使様は


276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 13:00:29 ID:HhhkSUJ8O
馬鹿サヨ必死だなw

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 14:30:50 ID:HhhkSUJ8O
リットン報告書のどこにも「満州事変は侵略で〜す」とは書かれていないし、
「日本は侵略国家で〜す」とも書かれていない。

国連はリットン報告書を採択したが、日本を侵略者とは認定しなかった。
即ち、満州事変は侵略ではなく、日本は侵略国家でなかったというのが国際常識。
頑迷な馬鹿は死んでも認めないがね。悔しくて認められないらしいぜ〜(^∀^)

ざまあみろ、バーカ!


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 15:37:06 ID:NqhV/WlA0
>>277
あんまり無知を晒さない方がいいと思うよ
純粋に君のために

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 15:49:57 ID:NqhV/WlA0
リットン報告書にもとづく国際連盟総会報告 1933/2/24採択
第2節 (1) (甲)南満州鉄道付属地外に於ける日本軍隊の駐屯及付属地外に於ける右軍隊の行動は
紛争の解決を規律すべき法的諸原則と両立せざること並に右諸原則と両立する事態を能う限り速に確立するの要あることを思い
総会は右軍隊の撤収を勧告す


280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 16:28:01 ID:hPQ+ZdSy0
>>247
>してないよ。約束したのは戦闘の停止。立派に紛争中だ。

戦闘の停止を約束したのに、破って戦争を始めたら文句ナシに協定違反だな。話し合いを
進めているのに、無法にも中国が始めた立派な侵略戦争。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 16:54:53 ID:hPQ+ZdSy0
>>254
> アパートの大家に嫌がらせを受け、暴力で大家を追い出しアパートごと乗っ取る。
> 
> 満州事変は1に近い。
> だが目撃者がいなかったため信じてもらえなかった。それだけのこと。

だが目撃者は多そう。日本の穏当な篠原外交に甘え、つけ上がった支那の無法な行動に対して、日本の行動には全く非難の余地が無いと言うほど。

> 自分としては既往数年間における支那側の抗日的態度、殊に中村大尉事件のごときに対し、日本の軍人たちが癇癪を起こし、支那側に一撃を加えたるは真に無理からぬことと
> 信じ、ことのあまりに当然なる、いささかも非難の余地なきものとの見解を有す。
> 幣原外交の実績に徴するも支那側は日本側の行為に甘え、不当に付け上がりたり。この一事に対しては委員会内の意見は一致し、他人も異議を挿みえず。
> 
> オランダの中国問題専門家でリットン委員会の専門委員を務めたアンジェリノ氏) 
http://www7b.biglobe.ne.jp/~senden97/mansyu_jihen_1.html

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 17:05:11 ID:hPQ+ZdSy0
>>260
うん、まあ、日本人の資産の略奪の計画を立てて行動に移したんだろうけどね

>>261
あと華北自治支援活動を実施したのは事実だし、今ならチベットやウイグルの自治支援をすべきなんだが。
ちなみに自治支援活動は侵略戦争では無いので協定違反ではありません。悪しからず。

>>257
>圧力で

論文を読んで世の中の現実を知ろうな

> 実は日本軍のこれらの国に対する駐留も条約に基づいたものであることは意外に知られていない。

> 国際法上合法的に中国大陸に権益を得て、これを守るために条約等に基づいて軍を配置したのである。
> これに対し、圧力をかけて条約を無理矢理締結させたのだから条約そのものが無効だという人もいるが、
> 昔も今も多少の圧力を伴わない条約など存在したことがない。
> 
> 田母神航空幕僚長の論文より

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 17:17:37 ID:hPQ+ZdSy0
>>279
まあ中国の満州の主権も事実上認めずの勧告だが、勧告は勧告として承っておきましょうと。(別に従う義務もありませんので)

>>273
>平和を確保するのは和平条約や講和条約。停戦協定は一時的な戦闘停止を確保したものでしかない。

戦争が停止すれば平和が確保できますな。あと「一時的」? 戦闘を停止したあと何年何月から戦闘を再開するとタンクー協定
に明記されていると言うのかな? 戦争行為が無ければ事実として「平和」なんですよ。

>>266
>事実なり と

事実は事実ですな。その「事実」が侵略行為であるか無いかに関して特に認定してないだけのこと

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 17:29:35 ID:wrC+CpzD0
>>277
「満州事変は侵略ではなかった」「リットン報告書には・・・」とか
「慰安婦強制連行はなかった」「大東亜戦争でアジア諸国は独立した」とか、
同じことばかりあちこちで何度も繰り返し書いてるな。脳神経に欠陥がある偏執狂か?


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 17:56:54 ID:HhhkSUJ8O
馬鹿サヨ涙目w

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 18:04:31 ID:zuRvwJcH0
>>283
だから早く歴史学会に言え
お前の言説支持してる歴史学者なんて殆どいない
論文を読んで世の中の現実を知ろうな()笑


287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 18:09:50 ID:/A0WW4kL0
>>280
>戦闘の停止を約束したのに、破って戦争を始めたら文句ナシに協定違反だな。
何度教えてもらえば理解できるのかね? 停戦協定は永続的な戦闘停止を意味しない。
いつでも戦闘再開できる性質のものだ。

>話し合いを進めているのに
いつどこで?
では、日米交渉中なのに開戦した日本の立場は? 停戦どころか日米間には和親条約があって、
「永世不朽の和親を取り結」んでいたのだが?

>>281
柳城湖の自作自演がばれる前だからね。
それでも、本来の権益を越えて占領した部分からは手を引くべきと言うのが調査団の結論だが。

>>282
>日本人の資産の略奪の計画を立てて行動に移したんだろうけどね
植民地独立闘争の過程で宗主国民資産の回収はよくある話。ある意味植民地支配した側のリスク。
リスクのある行為に出て悪い目が出たからと言って、全て相手の責任するのは筋が違う。

>ちなみに自治支援活動は侵略戦争では無いので協定違反ではありません。悪しからず。
立派な内政干渉で、主権の侵害=侵略行為と見なされますが何か。

>圧力をかけて条約を無理矢理締結させたのだから条約そのものが無効だという人もいるが、
>昔も今も多少の圧力を伴わない条約など存在したことがない。
多少の圧力の域を超えているのだよ。不当な圧力に基づく協定を武力で打破する事は大日本帝国も
認めていた事だが。

>>283
>まあ中国の満州の主権も事実上認めず
リットン勧告の自治政府は中国主権下と明記しているが。また、委任統治などの形にあるように、
将来的な植民地の主権回復は国際連盟の基本理念だ。中国の主権否定の意味は無いよ。

>戦争が停止すれば平和が確保できますな。
冷戦と言う言葉もあるように、戦闘が無いだけでは平和ではない。
休戦協定しか結ばれなかった朝鮮戦争では、休戦ラインを挟んで南北両軍は臨戦態勢でにらみ合っていたし、
カシミールでも中東でも平和とは程遠い状況だが。

>戦争行為が無ければ事実として「平和」なんですよ。
日本軍による中国領の占領という戦争行為は継続中だが?
相手国領土の占領が戦争行為で無いとでも?

>戦闘を停止したあと何年何月から戦闘を再開するとタンクー協定 に明記されていると言うのかな?
期限が明記されて無いからこそいつでも戦闘を再開できるのだが。

>その「事実」が侵略行為であるか無いかに関して特に認定してないだけのこと
日本軍の行動を自衛にあらずと認定している。当時の観念では自衛でなければ侵略なんだよ。
不戦条約違反の不法行為。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 18:16:27 ID:HhhkSUJ8O
「徳川幕府の初代将軍は徳川家康である」これは歴史的事実。反論しても説得力ゼロ。
「満州事変が侵略でなかったのは当時の国際常識」これも事実で反論の余地はない。

当時、満州事変を侵略と決め付けたのは世界でも国民党だけである。
この主張は当然のごとく国際社会では全く受け入れられなかった。

満州事変を侵略呼ばわりするのは、歴史の歪曲であり、世界常識に疎い低能児の妄想に過ぎない。


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 18:19:50 ID:NqhV/WlA0
>>280
>戦闘の停止を約束したのに、破って戦争を始めたら文句ナシに協定違反だな。
協定違反もなにも暫定的な協定の破棄なんでw

>話し合いを 進めているのに、無法にも中国が始めた立派な侵略戦争。
日支懸案で話し合いを進めているのに、無法にも始めた立派な侵略戦争がありましたな。

>>281
>日本の行動には全く非難の余地が無いと言うほど。
>>279
非難の余地がないどころか、当のリットンを検討した総会で違法だとされとりますがなw

>>282
>ちなみに自治支援活動は侵略戦争では無いので
はい? 西欧の侵略でかなりの割合でそれを名目に行われてますが?
例えばインド、インドネシア、インドシナ、マレー等々。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 18:22:46 ID:NqhV/WlA0
>>279
>まあ中国の満州の主権も事実上認めずの勧告だが、勧告は勧告として承っておきましょうと。(別に従う義務もありませんので)
リットン報告書とかこの勧告について調べてかいたのか?
第2節 (1) (乙)
満州に特有の地方的状況、同地に於いて日本の有する特殊の権利及利益(中略)を考慮し
総会は支那の主権の下に置かれ且支那の行政的保全と両立する一の機関を相当の期間内に満州に於いて設立せんことを勧告す
右機関は広汎なる範囲の自治を有すべく(以下略)

もしかして地方自治を行っている日本の県とかは日本の主権下にないとでも思っているのか?
マジでおかしいよあんた。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 18:25:33 ID:NqhV/WlA0
>>288
リットン報告書にもとづく国際連盟総会報告 1933/2/24採択
第2節 (1) (甲)南満州鉄道付属地外に於ける日本軍隊の駐屯及付属地外に於ける右軍隊の行動は
紛争の解決を規律すべき法的諸原則と両立せざること並に右諸原則と両立する事態を能う限り速に確立するの要あることを思い
総会は右軍隊の撤収を勧告す

これは日本以外のほぼ全ての国が支持した勧告案なんだがねえw
なにが歴史的事実なんだか・・・

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 18:26:43 ID:/A0WW4kL0
>>288
>「徳川幕府の初代将軍は徳川家康である」これは歴史的事実。反論しても説得力ゼロ。
裏付ける史料が大量にあるし、否定する史料は皆無だからな。

>「満州事変が侵略でなかったのは当時の国際常識」
これを裏付ける史料は無い。満州国の否定や、自衛にあらずという認定、さらには撤兵要求など、
否定する史料はたくさんあるが。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 18:35:25 ID:HhhkSUJ8O
当時、満州事変を侵略呼ばわりしたのはシナだけだ。
当時シナ以外で満州事変を侵略呼ばわりした国があったなら挙げてみな。
頑張って探せよ。


294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 18:44:39 ID:zuRvwJcH0
>>287
>>289
>>290
お前等もなんでこんなキチガイに係わってるの?
無視しろよ
永遠に意味わからん事言ってくるぞこいつ

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 18:46:19 ID:NqhV/WlA0
>>293
えっと、何を仰っているんでしょう?
少なくともリットン報告書が出てくるまではシナですら侵略呼ばわりしてません。
(攻撃命令も出していない中国側がこれは単なる誤解だ、
 日本も速やかに付属地に撤退するって逝ってるし、簡単に解決するだろくらいにしか思ってません)
中国も連盟規約16条に則って提議したので、侵略に関する10条とは関係ありません。

それの結果が出た途端、脱退しちゃった国がいるわけでしてw

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 18:51:32 ID:NqhV/WlA0
>>293
ちなみに東京裁判的な侵略という提議なら、
紛れもなく日本以外の全ての連盟加盟国が侵略呼ばわりしてくれましたが?
連盟規約における侵略と平和に対する罪における侵略はまたちと違うものでな。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 22:41:05 ID:ElTL7vPM0
満州侵略を非難する、とか日本の侵略行為を非難する、とかいった非難声明の
文言そのものによるの侵略認定はなさそうだな。

目立つのはアメリカにより声明された九カ国条約違反とパリ不戦条約違反という
非難だな。でも侵略という言い方はしてないし、最終的には満州事変に不介入と
言い放って完全に手を引いた。イギリスとフランスは特に非難はしていないし。

国連の採択も、紛争解決の為に撤兵しろと言ってるだけで、明白な侵略だから
撤兵しろと言ってるわけでもないし。

イギリス外相もリットン報告を元に日本を擁護し(侵略性を否定した)、シナを
強烈に非難した訳で。最終的に紛争解決のために撤兵を促したが日本は拒否。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 22:46:09 ID:ElTL7vPM0
だが、日本がリットン報告に反発したのは、満州国を認めなかったから。
満州国を早々に承認した日本としては、到底賛成できんわな。


299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 22:55:18 ID:NqhV/WlA0
>>297
>国連の採択も、紛争解決の為に撤兵しろと言ってるだけで、明白な侵略だから
>撤兵しろと言ってるわけでもないし。
うんにゃ。そりゃ微妙。
第1節 (甲)紛争の解決には国際連盟規約、「パリ」条約及「ワシントン」九国条約の規定を遵守すべし
の後に
第2節 (1) (甲)南満州鉄道付属地外に於ける日本軍隊の駐屯及付属地外に於ける右軍隊の行動は
紛争の解決を規律すべき法的諸原則と両立せざること並に右諸原則と両立する事態を能う限り速に確立するの要あることを思い
総会は右軍隊の撤収を勧告す
がくるので、九カ国条約違反とパリ不戦条約違反と非難して撤兵を要求している。
日本の主張がこれはそれらの条約に違反してませんというものだから明らかに非難。

んで、現在言われている侵略国家とは東京裁判に基づくものであり、
連盟における侵略とは10条だけなんで、16条に基づいて提訴したこの状況では
侵略といわれなかったとかあんまし意味がない。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 07:37:30 ID:QrfEsNIaO
大化の改新は暗殺と軍事クーデターで国権を掌握したもので、現代の定義からすると、非難されるべきもの、てな話?

意味ないこと言ってるのは、あなたじゃないの?

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 07:49:06 ID:F5Q3hqnEO
>>299
イタリアはエチオピア侵攻により国連から侵略者と非難され、
ソ連はフィンランド侵攻により国連から侵略国家と非難された。
これらは国連憲章10状に基く非難である。

日本は侵略者呼ばわりされなかったのだから、
満州事変が侵略でなかったのは当時の国際常識だ。


302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 08:07:41 ID:F5Q3hqnEO
シナ政府は国連の場で「満州事変は侵略だ」と非難したが同調する国は無かった。これは事実。
シナも最終的にはリットン報告書の解決案の採択に賛成し、
国連の名で日本を侵略国家として非難する工作は失敗した。

なお満州事変当時も東京裁判当時も侵略の定義が定まっていなかった点では同じ。
東京裁判自体、事後法で裁いた違法裁判だから裁判自体意味がない。


303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 09:04:29 ID:T9fKTA9h0
>>300
その例えを借りるとすると
満州事変当時は10条で暗殺、16条でクーデターが禁止されていた、
んで、東京裁判における平和に対する罪では暗殺とクーデターの双方が禁止されているってところかな。
なお、ほとんどのクーデターには暗殺(流血)がつきものであると仮定する。

これで、現代の定義からすると、非難されるべきもの、てな話? ではなく、
どっちも非難されるべきもので当時はカテゴリが違ったということが分かって貰えるかな。

>>301-302
国連憲章?? 当時国際連合はありませんが、連盟規約のことでしょうか?
あと両者に表現の差異があるんですが非難を踏まえてのことですか?

>満州事変が侵略でなかったのは当時の国際常識だ。
現在日本が侵略国家だというのは平和に対する罪を犯したとされるが故というのは理解しにくいですかね。

>なお満州事変当時も東京裁判当時も侵略の定義が定まっていなかった点では同じ。
侵略でなかった当時の国際常識とか言うのが意味がないのを分かってくれたようで幸いです。
んで、やったことは自分も認めた相手の主権地帯に傀儡国家を立てた事ですから、
当時も今日でも十分侵略の要件をみたしておりますな。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 09:26:51 ID:jHzB02ga0
>>301
日本とイタリアやソ連とでは世界秩序に対する役割と重みが違ったからね。
文言として侵略認定して完全に敵対する事は政治上避けたかっただけのこと。
そのイタリアに対してすら実力行使はしなかった。それが国際連盟の限界。

で、そういう大人の事情をさておいて、事実や勧告の内容を客観的に見てみると、
日本の行為が不当な侵略と見なされていた事は明らか。
これが理解できないのは、心理的要因か、純然たる日本語能力の問題。

>>302
>同調する国は無かった。
自衛にあらずとしたリットン勧告の採択が同調を意味している。

>侵略の定義が定まっていなかった
無法者国家が定義に合うよう状況をでっち上げるだろうから、あえて定めず、国際会議や国際世論で
判定する事になっていた。
そして、不戦条約に基づけば、自衛でなければ侵略。

>事後法
為政者の戦争責任を問う事も、平和に対する罪も、概念として既に存在していた。
国際法は成文化されている必要は無いし、厳密である必要も無い。
後から罪の概念をでっち上げたわけではない。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2009/07/24(金) 10:14:00 ID:QZeLNXvB0
田母神ちゃんってすんごい男前よねー。
フェラチオしたいわ。


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 12:35:05 ID:F5Q3hqnEO
>>304
ここまで情緒的感情論を羅列する低能君は実に珍しい。
君はあまりにも勉強不足だ。
君の妄想は事実と乖離した嘘っぱちではないか。
馬鹿サヨの低レベルぶりには呆れてものが言えない。


307 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2009/07/24(金) 12:39:02 ID:QZeLNXvB0
タモちゃん、負けないで頑張ってね。
愛してるわ。


308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 13:00:01 ID:F5Q3hqnEO

イギリス外相が述べたとおり、満州事変は侵略ではない。国連は侵略と認定しなかった。
大東亜戦争は東條英機とマッカーサーの供述に示される通り自衛戦争・植民地解放戦争である。

日本は侵略国家ではなかったというのは明白な歴史的事実であって、東京裁判の判決は濡れ衣である。
東京裁判という茶番劇が国際法無視の違法裁判であったのは現代の国際法学では常識である。

東京裁判に準拠して歴史を語る馬鹿もいるが、こういう低能君は放置して良い。
東京裁判なるものは宗教であり、東京裁判教のカルト信者には何を言っても無駄である。


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 13:28:29 ID:Kh1oX/h8O
>>306
横槍でスマンが、
どの辺が情緒的感情論なのかな?

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 14:07:25 ID:F5Q3hqnEO

当時の国際社会が満州事変を侵略と見なさなかった、という事実は極めて重要である。
現代に蔓延する「満州事変は侵略」という誤った歴史観を覆すからである。

当時、侵略の定義は明確でなかったが「領土的野心を伴った軍事侵攻」が近い。
満州事変の目的は満州国建国と懸案事項の解決であるから日本の領土は増えない。

当時のイギリスは現代の馬鹿サヨより遥かにその点を理解していたから、
満州事変の侵略性を明確に否定した。覚えておくべき基礎知識である。



311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 18:26:51 ID:F5Q3hqnEO
馬鹿サヨ涙目w

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 18:34:53 ID:FFnbataa0

今日も統一半島カルトの犬
渡部昇一の宣伝ノルマをこなしてろよ


313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 20:11:58 ID:T9fKTA9h0
>当時、侵略の定義は明確でなかったが「領土的野心を伴った軍事侵攻」が近い。
なるほど情緒的感情論ですね。
否定したいというならまともなソースをどうぞ。

では連盟規約をみてみましょうか。
第10条
連盟のメンバーは全ての連盟メンバーの既にある政治的独立と領土保全について尊重しかつ維持することを約束する。
そのような侵略が発生した場合(以下略)

なぜ、あなたがこの程度の基礎知識すら知らずに
そんな思いこみをしたのかちとわかりません。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 20:33:11 ID:T9fKTA9h0
ちなみにこの時にサイモン外相に面会した日本人はこういっているな。

 連盟脱退とリットン卿の役割(元毎日新聞特派員 楠山義太郎)

   調査団の国際的背景
サイモンやイーデンには、私も屡々面接したが、英国側の対策は一言にして言えば日本流の『自衛権発動説』をそのまま認めると、
剥ぎ取り強盗勝手次第ということになって、世界の秩序が保てない。
さりとて小国の理論外交では日本を連盟から失うことになる。
その場合には厖大なる英国の在支権益もどうなるか判らない。
何とかして、一方では連盟の顔を立て、同時にその反面また日本も連盟内にとどまれるような巧妙なる妥協案をと考えあぐんでいた。
この点では英国と日本では一脈通ずる共通点がないではなかった。

侵略性の否定なんぞしてませんがなw
というか脱退されたら国際秩序が保てないので日本の耳障りのいいように発言しただけですね。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 22:05:20 ID:F5Q3hqnEO
サイモンがそう言ったとしても、国連で満州事変の侵略性を
否定する演説を行った事実に変わりはないな。


316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 22:10:44 ID:F5Q3hqnEO

で、当時、満州事変を侵略と決め付けた国は見つかったか?
いくら探しても見つからないぜ。



317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 22:12:00 ID:T9fKTA9h0
>>316
>>297

会場に遅れたタイ以外は連盟参加国全部が決めつけてくれたね。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 22:14:03 ID:T9fKTA9h0
失礼297→>>296でした。

>>315
否定してませんが何か?

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 22:19:33 ID:T9fKTA9h0
つか16条による勧告がでた直後に脱退しちゃったので
10条の侵略だと言われなかった事がそんなに自慢なのか、お前は?

ま、参考までに同じく当時の人の現場の人の意見を見てみましょ。

一方、サイモンは七日に申国側から「極
度二失望セリ」と評された演説を行ないながら、「小国」
によって構成されている一九国委員会に日中両当事国を
入れ、また連盟外の米ソ両国をも招講して日中紛争を調
停する和協委員会の設置を提案する。これに対し日本代
表団は直ちに賛成し、一一日には本国政府に「政治的二
見テ日本ハ既二事実上裸ニテ立チ居ル事故…−・御採用相
成様」承認を求めている。
ttp://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/12863/1/ronso0940300470.pdf

と、サイモンの演説がありながら、
とっくに孤立しちゃってる、誰も日本が正しい事をしているなんておもっちゃくれないという認識。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 22:21:43 ID:T9fKTA9h0
って、すまん、再度訂正。
16条→15条
以前の間違いも同じだと思ってくれ。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 22:23:43 ID:F5Q3hqnEO
>>317
国連採択案の中には「満州事変は侵略である」とは一言も書いていない。
見苦しいぞ。
歪曲や捏造はやめて素直に謝罪したらどうだ?


322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 22:39:25 ID:MJZ5FcMn0
いろいろな政治的思惑があったみたいだけど、国連が明確に満州事変を侵略認定しなかったんだから、
現代に生きる(満州事変と全く無関係な)我々が、満州事変を侵略と認定するのには、いささか無理
が大き過ぎると思う。

石原莞爾の当初の計画通りに、満州を占領して日本領土に編入すれば、それこそ侵略だ、って大騒ぎ
になっただろうけど。満州国を建国して溥儀を迎え入れたのだから舌を巻くよ。

灰色かもしれないが黒とは決め付けられないな。
灰色だからこんな不毛な議論が延々続いてるのかもしれないがねぇ。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 22:41:45 ID:T9fKTA9h0
>>321
はっきりと書いてあるが??

第1節 (甲)紛争の解決には国際連盟規約、「パリ」条約(注:不戦条約)及「ワシントン」九国条約の規定を遵守すべし
第2節 (1)(甲)南満州鉄道付属地外に於ける日本軍隊の駐屯及付属地外に於ける右軍隊の行動は紛争の解決を規律すべき法的諸原則と両立せざること
並に右諸原則と両立する事態を能う限り速に確立するの要あることを思い総会は右軍隊の撤収を勧告す

勧告の時点で反する事の出来そうな連盟規約は侵略について書かれた10条くらいだが、
お前は別の解釈をしたのか?

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 22:49:02 ID:T9fKTA9h0
んで逆に聞きたいんだが
日本が満州事変で10条において連盟メンバーに科せられた
連盟各国の領土保全及び現在の政治的独立を尊重していたとする国が一つでもあるのかね?
それともお前の目にはそう見えたのか?

歪曲や捏造は辞めて素直に謝罪したらどうだ?

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 22:51:08 ID:T9fKTA9h0
>>322
満州事変のどこをみても
連盟各国(=シナ)の領土保全及び現在の政治的独立を尊重してないんで
灰色どころじゃないと思うがなあ。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 22:54:28 ID:MJZ5FcMn0
満州事変は忘れられた存在だったんだよ。大東亜戦争の終戦までは。塘沽協定で停戦したし、
一応双方の納得ずくで対話での決着を見た以上、満州事変はそこでおしまい。そのまま平和
が続けば、講和条約で完全終結したかもしれないが、史実はとんでもない方向へ。

それが、大東亜戦争が勃発して日本が敗戦したことにより、満州事変まで遡って掘り起こされ、
何もかもが侵略と決め付けられちゃった。東京裁判は裁判と呼べる代物ではなかった訳で、
戦勝国が全部判決を決めた。日本側の主張はことごとく退けられた。

そんなこんなで、満州事変は侵略だと思い込む人が多いのは事実だろう。でも実際は、当時の
国連では侵略戦争とは見なされなかった訳で、東京裁判は明らかにおかしい。東京裁判の欺瞞性
については別スレに譲るけど、満州事変は明確な侵略と呼べるものではなく、塘沽協定で
双方合意の上おしまいというのが常識だと思う。

塘沽協定締結の日は、中国人にとっては屈辱記念日らしいねぇ。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 22:59:15 ID:F5Q3hqnEO
>>323
何度読んでも「侵略」とは書いていない。

お前は最低の嘘つきだ。氏ね、低能!


328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 23:00:37 ID:T9fKTA9h0
>>326
東京裁判において満州事変が問題とされたのは平和に対する罪なんで、
別におかしくもなんともないんですけど。
連盟決議で国際連盟規約、「パリ」条約(注:不戦条約)及「ワシントン」九国条約といった
紛争の解決を規律すべき法的諸原則と両立しないとされたのと矛盾しない、
というよりは平和に対する罪がこの連盟決議の文言から作られたようなものなんで当たり前なんだけどさ。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 23:12:33 ID:rMRbIiUn0
>>327
何度ループさせるつもりよw
直接に「侵略」という言葉を使わなかったからといって
撤兵という形で日本の行動を否定してることに変わらんだろうが。
君の主張だけでは、
>当時の国際社会が満州事変を侵略と見なさなかった、という事実は極めて重要である。
>現代に蔓延する「満州事変は侵略」という誤った歴史観を覆すからである。
という結論にはつながらんよ。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 23:45:37 ID:T9fKTA9h0
>>327
>何度読んでも「侵略」とは書いていない。
書いてあるじゃないか。
明確に平和に対する罪だろw

東京裁判でも平和に対する罪で裁かれたが、
侵略の罪で裁かれた訳ではないレベルの寝言を繰り返して何が楽しいんだ?

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 12:47:11 ID:qRkRSg+t0
>>327
それは、「終戦の詔勅のどこにも『敗戦』とは書いてないから、日本は戦争に負けていない」
というのと同程度の詭弁だよ。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 13:03:09 ID:fMcS0spDO
>>331
そういや「降伏する」とも言ってないですなw

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 20:16:13 ID:o3UFQk3aO
馬鹿サヨ涙目w

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 21:22:33 ID:5pLeIY8G0
ところで連盟がイタリアとソ連の行為を侵略として除名したって言う人がいるんだけど、
その時の連盟の声明なり決議なりをご存じの方いない?

ttp://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a164321.htm
三 国際連盟から他国に対する侵略を理由に除名された国家が存在するか。
三について
お尋ねについては、詳細な調査を要することもあり、外務省としてお答えすることは困難である。

調べてたら当の声明が見つからないうちにこんなのが出てきちゃってさw
自信満々に侵略で除名って言う人はこのあたりの”詳細な調査”並の知識を持ってると思うんで教えてくれないかな。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 21:43:54 ID:o3UFQk3aO

大東亜戦争当時の戦争法規には、平和に対する罪とか人道に対する罪というものは存在しなかった。

そういう歴史の常識を知らない無知が>>330だ。馬鹿につける薬はない。

こういう馬鹿は、極東国際軍事裁判所条例の2つが事後法であって、法の原理である罪刑法定主義に
違反する明白な違法裁判だ、と教えてあげても理解できないだろう。



336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 21:54:30 ID:o3UFQk3aO
>>328
お前の情緒的感情論は聞き飽きた。当時の国際法には平和に対する罪などという概念はなかった。
だから、そんな遡及法を後から作って裁くのは法の原理原則に違反する愚行だ。

現代の国際法学では東京裁判は罪刑法定主義に違反する不当裁判である、というのが常識だ。
低能は常識も知らないし、書かれていない文字が書かれてると言い張るし、本当にカスだな。


337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 22:11:55 ID:o3UFQk3aO
>>329
ループするのは、国連が満州事変を侵略認定しなかった、という事実を認めたくない馬鹿が、
歪曲や捏造を繰り返して頑迷に抵抗しているからだ。実に見苦しい恥知らずだ。

国連採択を何度よんでも侵略という文字は無い。
九ヶ国条約と不戦条約に両立しないから紛争解決のために撤兵を勧告しているにすぎない。

侵略ではない軍事紛争などいくらでもある。満州事変もその一つだ。



338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 22:16:10 ID:5pLeIY8G0
>>335-336
何を言っておるんだお前は?
当時なかったからなんだというんだ?
罪刑法定主義とは関係ないところで平和に対する罪に包摂される
国際法上の違法行為だったといっているんだが?

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 22:20:29 ID:o3UFQk3aO

全体の結論は、当時の国際社会では満州事変は侵略と見なされなかったということだ。

現代で横行している満州事変侵略説は当時の国際常識を無視さたデタラメである。



340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 22:27:00 ID:Z1/JO2WpO
ベルサイユ条約には、国際道義と条約の神聖を傷つけた犯罪という概念が盛り込まれている

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 22:27:46 ID:o3UFQk3aO
>>338
お前は中学生だろ?
お前の論法は詭弁であって、現代の国際法学の常識すら平気で否定している。

もう一度小学校からやり直したら?低能君〜(^∀^)


342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 22:41:07 ID:5pLeIY8G0
>>337
>九ヶ国条約と不戦条約に両立しないから紛争解決のために撤兵を勧告しているにすぎない。
中国の主権を保証した9カ国条約や自衛以外の戦闘を禁じた不戦条約違反の
主権侵害の侵略戦争だというのだがw

つか罪刑法定主義持ち出して何がしたいんだよ。
おまえ、罪刑法定主義がなんだか理解できてないからそういう感情論に走るんだろうw

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 22:42:13 ID:5pLeIY8G0
>>341
ほら、やっぱり罪刑法定主義について理解してなかった・・・
マジでその程度くらいぐぐってからレスしてくれ。

本気で何をしに学問板に来ているのか理解不能だぞ。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/26(日) 01:48:11 ID:4d1xiMwO0
罪刑法定主義は国内法のしかも一原則に過ぎない。
慣習による罰則を認めている国は存在していたし、
国際法上は関係ない。
日本自身、後付けでドイツ人を裁くことに賛成したり(ヴェルサイユ条約)、やはり事後法でアメリカ人捕虜を処刑しているじゃないか。
平時の国内法と戦時法をごっちゃにしている初歩区別もつかないからおかしなことを……。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/26(日) 17:39:19 ID:ufiyTpPB0
>>336
>当時の国際法には平和に対する罪などという概念はなかった。
戦争が禁止された条約が結ばれてるのに、何を寝言言ってるんだか。


346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/26(日) 17:51:16 ID:UMEy5kdg0
>>345
彼は平和に対する罪についてほとんど知らないだけじゃないかな。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/26(日) 17:59:13 ID:xa9YckGq0
>>308>>310
「日本の満州事変は侵略ではなかった」
「現にイギリスは侵略と認定していない」

てな主張の論拠でこのスレで挙がってくるのはこのサイモン演説の話くらいなのだけれど、
ちゃんとイギリスの外交政策や対日外交についての史料や論文を読んだ上での主張なの?
この演説の原文すら挙がってないし、この演説一つでイギリスの満州事変に対する認識と見るのはどうかと思うが

せめて原史料と原典挙げて議論してもらいたいところだね

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/26(日) 19:02:53 ID:edG9DKzd0
罪刑法定主義については、国内法のような迅速な対応が条約ではできず、
また国際慣習法も慣習となるための明確な基準がないことから、国際法では原則とまでは言えない。
また罪刑法定「主義」から、その主義を破る国もある(西ドイツ当時の戦犯に対しての時効廃止)ので、
国際法的にその「主義」を普遍的価値とは見なせない。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/26(日) 19:34:08 ID:UMEy5kdg0
>>344、348
おれがいった罪刑法定主義が関係ないってのはそれとはちょっと違うんだけどね。
まず罪刑法定主義の定義から(WIKIより)
>ある行為を犯罪として処罰するためには、立法府が制定する法令(議会制定法を中心とする法体系)において、
>犯罪とされる行為の内容、及びそれに対して科される刑罰を予め、明確に規定しておかなければならないとする原則
んで次に平和に対する罪は(同じくWIKI)
>宣戦を布告せるまたは布告せざる「侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争の計画・準備・開始および遂行、
>もしくはこれらの行為を達成するための共同の計画や謀議に参画した行為」

んで、東京裁判における罪刑法定主義原則の瑕疵とは
侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争の計画といった行為を違反とする法がなかったことではなく、
それらを犯した個人(指導者)に科せられる刑罰が制定されてなかったことに由来する。
よって罪刑法定主義を満たした東京裁判を仮定するならば、
日本が侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争をおかした、
しかし指導者を罰する規定がないので指導者は無罪ということになる。
なにせもとの侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争は法として存在するのだから、
罪刑法定主義を満たしてしまっている訳だ。
つまりその意味で罪刑法定主義の有効無効に関係なく、
日本が侵略国家であるかどうかは変わりがないのである。
>>341はその程度の常識すら理解できず東京裁判は不当だと言いがかりをつけているだけってことだね。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/26(日) 19:39:32 ID:UMEy5kdg0
もう少し簡単に書くと江戸時代以前の法律で
一つ:人殺しはすべからず
という法律があったとすると
罪刑法定主義では罰則の規定がないので
殺人者には処罰を与えてはならないということになる。
もっとも別に殺人が合法という事にはならない。

でも、それって殺人をおかしたかどうかとは完全に無関係なんだよ。
もちろん、その人殺しはすべからずという法律がなければ、
罪刑法定主義によって当時は人殺しは違法ではなかったということになるけどね。

参考までに英米法ならすべからずで十分、
犯した罪によって処罰が決められ、それが慣習となって明文法条の規定が無くても
罰が与えられる。それが罪刑法定主義ってものなんだ。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/26(日) 20:00:33 ID:ufiyTpPB0
>>349
>それらを犯した個人(指導者)に科せられる刑罰が制定されてなかったことに由来する。
それもむちゃくちゃな理屈だな。法の支配が確立していない国際社会で罰則規定を求めるのが無理と言うもの。
ちなみに、指導者の罪を問うと言う先例は、裁判の実施に至らないない不完全なものだが一次大戦で既にある。
あの時も刑罰の規定は無かったが、日本もその訴追に同意していた。
つまり、国際法において罪刑法定主義を適用する必要は無いと、日本自身が認めていたんだよ。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/26(日) 20:03:18 ID:4d1xiMwO0
戦時法は、勝利したほうが司法権含む支配権を確保する、という構造の上に成り立っているから、
事後法を排除するのは無理なんだよな。
だから後から法律だして処罰、とかは当の日本含めて珍しくない。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/26(日) 22:21:14 ID:57vf3vTe0
>>351 つ「マスオさん」
↑こういう人間の屑が増えたせいで介護保険は破綻するし挙げ句には介護殺人まで起こるんだよな
介護問題の原因は元を辿ればすべて子供の我が侭
子供といっても30代40代に限らず中身によっちゃ60代でも子供だと僕は思ってますけども
今の40代なんか子ども以下ですよほんと我々の少年時代と比べたら
果たすべき人間が果たすべき義務を怠ってるんだから
明治以降になって一般市民にまで移動の自由を与えた事がそもそもの間違い
三世代といわず本来生きている限りは四世代でも五世代でも同居させるべきだし
結婚したらどちらかの家を引っ越しさせて一箇所で共同生活させるべき
自由経済の世の中はもう行き詰まったの分かり切ってんだから
いちど共産党にでも政権取らせて人間が人間らしく生活できる世の中を作って貰いたいよ

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 07:46:21 ID:XCzAtbMnO

バカサヨ涙目w



355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 10:12:00 ID:TaxQe2Mn0
田母神さんに歴史雑誌に載せれるだけの緻密な論考があれば
歴史学会も見てはくれるよ。

載せられるだけの学力があればの話だけど。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 15:09:29 ID:5EY/v3wo0
田母神に限らず、歴史修正主義者の類はたいてい学会では相手にされていない。
(まともな歴史学者がそもそもいない。)
だもんで、通俗誌や一般紙で一方的なプロパガンダを垂れ流して信者を増やそうとしている。。
近年は2chや漫画を利用する事を覚え、某漫画家を広告塔に使ったときはかなりの成功を収めた。
(今では、コントロールしづらくなったその漫画家は使い捨てられて醜態を晒しているが。)

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 21:33:07 ID:VvgsT/fP0
>>349
平和に対する罪 WIKIPEDIA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E7%BD%AA
このページは荒らしを理由として方針に基づき、新規ユーザーおよび未登録 (IP) ユーザーによる編集が
禁止されています。半保護を解除しても問題ない状態になった場合、半保護解除を依頼してください。

内容は編集合戦で荒廃していて、あまりあてにならない状態みたいだねぇ。
こんないい加減なソースを根拠に論じても意味が無いな。↓こんなことも書いてあるし。

「第二次世界大戦後のニュルンベルク裁判や極東国際軍事裁判のために制定した「事後法」
であるとして、国家ではなく個人の責任を追求し処罰することは法の不遡及原則に反して
いたとする国際法学者の意見もある(「戦争犯罪と法」 多谷千賀子著 岩波書店)。」

で、同じWIKIPEDIAにはこんな項目もある。

ラダ・ビノード・パール
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB




358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 21:47:00 ID:VvgsT/fP0
ラダ・ビノード・パール
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB
( このページは半保護の方針に基づき、一部ユーザーによる編集から保護されています。)

一部ユーザーがバカサヨであろうことは容易に分かる。
で、その中から日本無罪論の理由の一部を抜粋すると、東京裁判唯一の国際法学者の見解が明らかとなる。

「パールは「裁判の方向性が予め決定づけられており、判決ありきの茶番劇である」との主旨で
この裁判そのものを批判し、被告の全員無罪を主張した。“裁判憲章の平和に対する罪、
人道に対する罪は事後法であり、国際法上、日本を有罪であるとする根拠自体が成立しない”
という判断によるものである」

>>349は本当に最低のバカだな。パールの言葉を読んでよく勉強しろ。
貴様が長々と語っていることは全て貴様の妄想ではないか。

国際法学者だったパールは「平和に対する罪も人道に対する罪も事後法」とはっきり言っている。
貴様のような無知なニートとは全然違うんだよ。
貴様を信じる奴など一人もいない。パールが正しい。



359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 22:00:01 ID:XCzAtbMnO
東京裁判当時に存在しなかった概念「平和に対する罪」が満州事変当時に存在しなかったのは明白。

>>345みたいな寝言言ってる馬鹿は、学問板を汚す恥さらしw



360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 22:03:45 ID:vWKhs3t20
>>358
そのページにはパル判事の意見書として、

南京事件について:「宣伝と誇張をできるかぎり斟酌しても、なお残虐行為は日本軍が
その占領したある地域の一般民衆、はたまた戦時俘虜に対し犯したものであるという証拠は、
圧倒的である」(パル判決書下566頁)

と記述されているが、当然この意見にも同意するんだよね?

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 22:11:49 ID:XCzAtbMnO

「満州事変は平和に対する罪」という珍説を披露して悦に入っている馬鹿がいるが恥ずべき無知である。

平和に対する罪なる概念はなかった。これは常識である。

馬鹿サヨが事実に疎く、歴史を捏造したり情緒的感情論を垂れ流すだけの醜い生き物であることは良く分かった。

馬鹿サヨは醜悪な歴史修正主義者である。



362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 22:16:54 ID:39j98+690
>>357
だからお前は何度きちんと調べてからレスをしろといわれれば気が済むんだ?

おれがWIKIから引用したのはこんないい加減なソースだろうが、
解釈の余地のない部分なんだがw
つまりこれの元ソースは極東国際軍事裁判所条例で編集合戦が起ころうが
恣意的な解釈の入らない部分なんだよ。

君はまだ中学生くらいかな。
文句をつけたい年頃なのはよくわかったけど、
せめてつける所くらいは注意して調べてからレスしてくれたまえよ。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 22:21:57 ID:39j98+690
>>361
無知は君の方だね。
平和に対する罪という個人に責任を及ぼす概念がなかったことと、
平和に対する罪を構成する国家行為が国際法違反である概念が存在した事は
まったく矛盾無く両立するんだよ。

こっちのレスをよく読んでない証拠だよなあ。
>>349にもあるじゃない。
>よって罪刑法定主義を満たした東京裁判を仮定するならば、
>日本が侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争をおかした、
>しかし指導者を罰する規定がないので指導者は無罪ということになる。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 22:28:42 ID:XCzAtbMnO

何度でも繰り返すが、国連は満州事変を侵略と認定しなかった。
紛争解決のために兵の撤収を勧告し、満州国不承認を提起しただけである。

国連が満州事変を侵略認定しようと思えばできた。
しかし、リットン報告書第九章が、単純な侵略と呼べるものではない、と侵略性を否定したから尊重したのだろう。

国連演説でも満州事変を侵略と呼んだ国は無い。当時の国際常識では満州事変は侵略ではなかったのだ。

国連規約10章と九ヶ国条約を組み合わせれば満州事変は侵略だ、と喜ぶのも無知の証拠。
こんな簡単なことは馬鹿でも思いつくが、当時の国連そのような阿呆なことは言わなかった。

満州事変が侵略でなかったからに他ならない。



365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 22:32:06 ID:vWKhs3t20
>>364
ところで、国際聯盟で満州事変を「正当防衛」と呼んだ国はあるの?

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 22:37:30 ID:39j98+690
つかさ、前々からこの中学生には疑問を抱かざるを得ないのだが、
どうしてそうも稚拙きわまりない思いこみを振りかざして学問板にくるんだ?
なんていうかあまりに稚拙すぎるんで
彼の言うところの馬鹿サヨの工作にすら思えるんだが。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 22:38:32 ID:XCzAtbMnO
>>363
お前の脳内では両立するのだろうが一般的には両立しない。
満州事変当時、国際法に平和に対する罪という概念はなかった。
馬鹿には何を言っても無駄だろうが。

お前の歴史観は事実と歪曲と希望的観測が入り混じって滅茶苦茶だ。
中学生並みの見識をさらけ出して威張るのは、見苦しいからやめろ。



368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 22:44:58 ID:XCzAtbMnO
>>366
事実を述べているだけで、目くじらを立てていきり立ち、
しかも全く論破できないお前ら中学生のほうが遥かに幼稚だ。

氏ね、低能!


369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 22:45:36 ID:vWKhs3t20
>>368
もう一度訊くが、国際聯盟で満州事変を「正当防衛」と呼んだ国はあったの?

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 22:52:54 ID:uMWFF+g30
事後法で裁くのがダメなら、順序からいって日本が第一次大戦でドイツを裁いたり、
また戦時中に捕虜を事後法で処罰したりしたことをまず自己反省してからだなw

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 22:57:56 ID:uMWFF+g30
>>367
あったから、日本は「あれは自衛です」と自演工作で誤魔化したんだろ。
侵略戦争を禁じた不戦条約、国連規約にも調印済み。
正当合法な行為なら、そんな真似する必要なし。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 23:08:54 ID:39j98+690
>>364
その理由は国連規約や不戦条約、9カ国条約違反ですがなにか?

>国連が満州事変を侵略認定しようと思えばできた。
どうやって?? 15条に基づいて審査中、結果が出た途端脱退しちゃったのに?
つか、いつもの口から出任せだろう・・・

>>367
はあ? 不戦条約や侵略を禁じた国連規約は満州事変当時存在しており、
それは後の平和に対する罪に包摂されたといっているのに、
なにをいっているんだ??

>>368
>しかも全く論破できないお前ら中学生のほうが遥かに幼稚だ。
馬鹿は論破されている事も気づかない事が多いので困りますよね。

>氏ね、低能!
幼稚とはこういうことをいうんですがw

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 23:12:43 ID:39j98+690
>>367
>お前の脳内では両立するのだろうが一般的には両立しない。
>満州事変当時、国際法に平和に対する罪という概念はなかった。
いやさ、論破も何もあなたに論がないし、
その結論の間違いを指摘しても反”論”がなくて
単に結論だけを繰り返すんで
そもそも議論にならないんですがw

それに気づかないで結論だけをわめき立て、
議中学生並みの見識をさらけ出して論をしているつもりなので、
あなたは中学生くらいですかと聞いたんですか本当に気づいてなかったんですか?

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 23:16:49 ID:39j98+690
笑えるんだが367は詭弁の見本のようなレスだなあ。

4.主観で決め付ける
「犬自身が哺乳類であることを望むわけがない」
5.資料を示さず持論が支持されていると思わせる
「世界では、犬は哺乳類ではないという見方が一般的だ」
8.知能障害を起こす
「何、犬ごときにマジになってやんの、バーカバーカ」
9.自分の見解を述べずに人格批判をする
「犬が哺乳類なんて言う奴は、社会に出てない証拠。現実をみてみろよ」
11.レッテル貼りをする
「犬が哺乳類だなんて過去の概念にしがみつく右翼はイタイね」

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 23:37:16 ID:SgquAttS0
>>358
>国際法学者だったパールは「平和に対する罪も人道に対する罪も事後法」とはっきり言っている。
>>359
>東京裁判当時に存在しなかった概念「平和に対する罪」

それはパルの個人的な主張に過ぎない。
例えどんな立場であろうと、言ってることの内容の是非は別問題。それこそが学問板であるべき考え方だ。

パルの主張に拠れば、慣習法として成立するには実際にそれが行われた先例を必要としている。
つまりパルは不戦条約はその違反の適用、施行例が無いから慣習法が成立して無いと言うのだが、
あまりにも教条主義的な解釈である。その先例の最初が合法的に成立しなくなるのだから、
違法に成立した
先例を合法的な慣習法の根拠とする不整合が発生する。

また、ルクセンブルクやモナコがハルノートを突きつけられたら銃を持って立ち上がるだろうと言う
主張にしてもあきれるしかない。ハルノートは奪ったものを返せと言われているだけのものであり、
そもそもモナコやルクセンブルクの様な国がその様な要求を突きつけられるわけが無いのだから。
明らかにパルはハルノートの内容と、それが提出されるに至った経緯を理解していない。

日本に都合のいい事を主張しているので、一部の信者を獲得しているが、彼の論は冷静に客観的に見ると
非常におかしい。
彼自身は否定するものの、植民地宗主国への反感から、最初から東京裁判を不当と決め付け、
その偏見に基づいて否定する論を恣意的に立てたとしか思えない。

実際、パルには、オッペンハイムの様な代表的な国際法の著作をものにするなどの、国際法学者としての著名な業績は無かったりする。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 23:46:25 ID:uMWFF+g30
つうかうよくある右の誤解。
パル判事はヒンドゥー法の専門家であって、国際法専門家ではない。
実際に事後法についても激しく誤解している。
もしこれがダメなら、日本自身も裁く側に回ったヴェルサイユ条約等からまず否定しないとダメになる。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 00:57:32 ID:OhfFVSE+O
またいつもの渡部なんとか信者の脱糞ですか

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 07:52:52 ID:gAWtev4FO
>>372
不戦条約や国連規約のどこに「平和に対する罪」に関する規定があるんだ?

不戦条約は紛争解決手段としての戦争を禁じているだけで罰則規定すらない。
国連規約10条は侵略があった場合に被侵略国を擁護し解決手段を与えると言っているだけ。
戦争の脅威とか紛争の平和的解決にかんする規定もあるが、国連の立場を明確にしているだけ。

要するに、不戦条約も国連規約も、平和に対する罪などという概念は全く包摂していないのは明白である。

馬鹿には平和に対する罪という幻想が見えるのかもしれないが、下らない妄想に過ぎない。
国際法学の常識すらねじ曲げるカスの情緒的感情論とご都合主義には反吐が出る。

氏ね、低能!


379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 09:02:39 ID:EI/U6/I20
>>378
なあ、本当にお前は馬鹿なのか?
>はあ? 不戦条約や侵略を禁じた国連規約は満州事変当時存在しており、
>それは後の平和に対する罪に包摂されたといっているのに、
>なにをいっているんだ??
「平和に対する罪」に不戦条約や国連規約に関する規定がある(=包摂された)って書いてあるだろ。

なんでこんな論理の順逆すら捉えられない小学生レベルの人間が他人を低脳呼ばわりしているんだろ・・・

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 09:07:34 ID:EI/U6/I20
また付け加えておくがお前の逆理論についてもとっくに回答済みだぞ。
>よって罪刑法定主義を満たした東京裁判を仮定するならば、
>日本が侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争をおかした、
>しかし指導者を罰する規定がないので指導者は無罪ということになる。

・・・つか、こいつもしかして平和に対する罪ってのが
日本国を対象にしたものでない事を理解できてない??

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 12:31:35 ID:gAWtev4FO
>>379
馬鹿はお前だろ。

極東国際軍事裁判所条例にある平和に対する罪は、完全なる事後法だ。
不戦条約や国連規約が平和に対する罪に包摂された、というのは根拠の無い嘘である。

お前の大好きなウィキペディアにも、そんなことは1行も書いていない。
お前は妄想と思い込みで歴史を語る最低のクズだ。氏ね。


382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 12:43:45 ID:EI/U6/I20
>>381
やっぱりお前、馬鹿サヨとやらの工作員じゃねえの?
なんでそんなすぐにわかる根拠のない嘘をつくんだか理解不能だ。

前にも引用したが再度掲載。
宣戦を布告せるまたは布告せざる”侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する”戦争の計画・準備・開始および遂行、
もしくはこれらの行為を達成するための共同の計画や謀議に参画した行為
”侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する”における国際条約に不戦条約が含まれない理由はどこに??

あん? もしかして不戦条約や国連規約が平和に対する罪に包摂されたと書いてないから、
根拠のない嘘になるのか?
それはあれか、心臓に刃物を突き刺して停止させたが、人を殺したと書いてないので殺人ではない、
根拠のない嘘をつくなとかいっているのに気づいていないと自慢しているのか。
いくらなんでもそんな事はないと思うが
そうだとしたらどこまで馬鹿なんだお前は・・・

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 12:44:08 ID:gAWtev4FO
>>380
馬鹿はお前だ。
何度も繰り返すが、歴史を妄想で語るな、クズ。

罪刑法定主義を満たしていれば、事後法で裁くことは有り得ない。
お前は馬鹿だから大好きなウィキペディアすら理解できないようだな。

恥ずかしい奴。


384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 12:51:14 ID:gAWtev4FO
>>380
東京裁判の被告は、日本国ではなく、東條英機以下、起訴された人間達だ。

そんなことも知らないのか?
お前最低だな。氏ね、低能!


385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 13:15:19 ID:gAWtev4FO
>>382
何度も言うが、お前が大好きなお題目は事後法であって何の意味もない。

東京裁判で、パール判事は事後法で裁くのは違法なので全員無罪とした。
オランダのレーリンク判事は、後に自著の中で、後から作った法律で裁く悪しき前例を作ったと述べている。

お前が何を主張したいのかよく分からないが、満州事変が侵略でなかったのは紛れもない事実だ。

東京裁判という復讐劇の判決は全く当てにならない。
そう言うと、東京裁判カルト信者が怒り狂うがな。



386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 13:28:25 ID:RreFPqVa0
>>385
>満州事変が侵略でなかったのは紛れもない事実だ。

侵略解釈なんて、立場でそれぞれの類だが、
満州事変が、どの他国からも正当性を否定された、のは変わりない。

なんか空しい事に必死だな。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 14:13:41 ID:Ot8jx5tNO
ベルサイユ条約では「国際道義と条約の神聖を傷つけた最高の犯罪」という概念が作られた
よって事後法の禁止は国際法の原則ではなかった

終了

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 15:35:01 ID:gAWtev4FO
馬鹿サヨ涙目w

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 15:42:56 ID:mtiQgg9M0
東京裁判からの責任逃れしたい一心で否定するのなら、
それまで日本が事後法で裁く側やってきたわけだから、その日本をまず否定することになるんだが。
わかってるのかウヨは?
初歩的な理論の整合性すらないからわかってねぇんだろうなw

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 16:01:58 ID:DOr4rIkJ0
この人もはやネタとしてしか消費されてないな

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 16:08:40 ID:Ot8jx5tNO
日本の事後法は良い事後法

BY パール判事

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 16:08:41 ID:Tr4CA22s0
発端の論文からしてトンデモ=ネタレベルのしろものなんだから、当然だろ。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 19:08:31 ID:EI/U6/I20
>>383
>何度も繰り返すが、歴史を妄想で語るな、クズ。
法理上成立するか否かという反論なら分かるんだが
何を言っているんだお前は?

>罪刑法定主義を満たしていれば、事後法で裁くことは有り得ない。
満たしているぜ? そのレスをよく読んでみろ。
んで、反論したければどこがどのように満たしていないかきちんと反論してくれ。
君にはそれが”常に決定的に”欠けているんだから。

>>384
俺がそういっているんだが、それと日本国が侵略をしたかどうかの是非は関係ないだろ。

>>385
>お前が何を主張したいのかよく分からないが、満州事変が侵略でなかったのは紛れもない事実だ。
380が事後法禁止の法理を満たした東京裁判だということがわからないのに、
なぜ事実を語れるのだね。
それに俺は東京裁判が正しいとは一言もいってないが、
なぜ日本が侵略をしたとされるかの原因が平和に対する罪を犯した人間を輩出した事にあり、
それは事後法禁止の法理によっても覆されないといっているんだが理解できるかあ?

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 19:47:26 ID:EI/U6/I20
アホをいつまでも相手にしていても仕方がないので簡単にまとめてみる。
(といってもアホがついてこれるほど簡単にはならないのは始めに謝っておこう)
まずは日本は侵略国家であったとするのは
まあ、東京裁判の平和に対する罪を犯した指導者がいるからというのが
今日的な意味での直裁的な理由である事は間違いないだろう。
平和に対する罪とは
>宣戦を布告せるまたは布告せざる
>「侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争の計画・準備・開始および遂行、
>もしくはこれらの行為を達成するための共同の計画や謀議に参画した行為である。
そこで、この観点から満州事変における国際連盟の決議やリットン報告書を眺めてみる。
リットン報告書より
>宣戦を布告することなくして疑いもなく支那の領土たる広大なる地域が日本軍隊に依り強力を以て押収、占領せられ
>且右行動の結果として該地域が支那の他の部分より分離せられ独立を宣言するに至れるは事実なり。
>日本は右事実完了に至らしめたる手段はこの種行動の防止を目的とする
>国際聯盟規約、不戦条約及華府九国条約の義務に合致するものなりと主張す
ここで注目すべきは「侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争」と
「この種行動の防止を目的とする国際聯盟規約、不戦条約及華府九国条約の義務に合致するもの」
の二点であろう。
要するに前者の規則に対して後者である日本はそういう規則を犯してはいないと主張しているわけだ。
んで、リットンを審議した結果であるリットン報告書にもとづく国際連盟総会報告によれば、
>第1節 (甲)紛争の解決には国際連盟規約、「パリ」条約(注:不戦条約)及「ワシントン」九国条約の規定を遵守すべし
>第2節 (1)(甲)南満州鉄道付属地外に於ける日本軍隊の駐屯及付属地外に於ける右軍隊の行動は紛争の解決を規律すべき法的諸原則と両立せざること
>並に右諸原則と両立する事態を能う限り速に確立するの要あることを思い総会は右軍隊の撤収を勧告す
とあるように、規則違反であると日本以外の全ての国が認めた訳だ。
よって、満州事変は「侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争の計画・準備・開始および遂行」といっていい。
これはその当時に違法とされた行為であるのはいうを待たない。
個人の行為としては違法とされてないがね。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 19:48:41 ID:EI/U6/I20
次に国際連盟における満州事変の取扱を見てみよう。
満州事変は中国からの第15条に基づく提訴により調査が行われた。
それがリットン調査団でありそれに従って出された総会決議が前出のものである。
この勧告の性質を見るとまずは連盟規約16条
>もし12、13、または15条の条文に違反し、連盟のメンバーが戦争に訴えた場合
>それは事実上、他の全ての連盟のメンバーに対する戦争行為を犯したものとみなす。
>それゆえに直ちに通商及び金融関係を切断し(以下略)
とあるように15条に則って出された勧告を無視し、新たに戦争を起こすと経済制裁をくらうのであり、
脱退してしまった日本は15条に違反する事が出来ない、というかもとより縛られないために日本は脱退を選んだのである。
ただし勧告を無視しただけで新たな戦争を起こさず、なおかつ脱退しない場合はどうなるか。
国際連盟規約にも第10条に侵略の規定がある。
>連盟のメンバーは全ての連盟メンバーの既にある政治的独立と領土保全について尊重しかつ維持することを約束する。
>そのような侵略が発生した場合及び侵略の危険または脅威が発生した場合理事会はこの防止義務を実現させるための手段を勧告する。
つまり、この時点で勧告を無視して占領を続けているんだから、
連盟のメンバーなのに政治的独立と領土保全について尊重してないよね、
それは侵略じゃね?って理事会から勧告される可能性があるわけだ。
ところが日本はその段階に進む前に連盟を脱退してしまい、第10条における政治的独立と領土保全尊重の義務に縛られなくなった。
つまり連盟から侵略認定されなかったのではなく、認定段階に移る前に認定対象から外れただけの話なのである。
システム上そうなっているだけで、なにか自慢するようなことでも何でもない。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 19:50:31 ID:EI/U6/I20
さて、罪刑法定主義の観点から異論が差し挟まれたのだが、
極東国際軍事裁判所条例によると
>第5条(人並ニ犯罪ニ関スル管轄)
> 本裁判所ハ、平和ニ対スル罪ヲ包含セル犯罪ニ付個人トシテ
>又ハ団体員トシテ訴追セラレタル極東戦争犯罪人ヲ審理シ処罰スルノ権限ヲ有ス
> 左ニ掲グル一又ハ数個ノ行為ハ個人責任アルモノトシ本裁判所ノ管轄ニ属スル犯罪トス
> (イ) 平和ニ対スル罪 
とあるように、平和に対する罪とは満州事変のような
「侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争の計画・準備・開始および遂行」をやらかした個人を罰する法律である。
その戦争自体は満州事変の時点でとっくに国際法的に違法とされているものであるが、
個人の責任を問う罰則などは定められていなかった。
(というより後から作られた平和に対する罪がそれらの国際法違反をまとめただけのものなんだけどね)
よって罪刑法定主義によれば罰則の定められていない違法行為に罰を科する事ができないので、
石原莞爾などは無罪という事になるだろうが日本の行動が平和に対する罪における
「国際条約・協定・保障に違反する戦争」を犯したことは否定できる性質のものではないのである。
(注:侵略国家であるといわれることは罰でもなんでもないw)
以上、ものすごく簡単にまとめてみたが、異論があるなら喜んで受け付けます。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 20:30:52 ID:OhfFVSE+O
いつものバカウヨ涙目 学問板に来ないでプラスに引きこもって聖戦士として見えない敵と戦ってるのがお似合いだよ

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 23:20:25 ID:6TaqQhln0
つーかタモさんの論文って東京裁判触れてたっけ?
触れてたらゴメン

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 23:22:14 ID:6TaqQhln0
>>397
てゆうか学問的な意味で異議があるなら歴史学者になるとか
このスレタイ通り歴史学会に言えばいいのにずいぶんと非効率だな酷使様は


400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 23:34:17 ID:gAWtev4FO

極東国際軍事裁判所条例にある平和に対する罪が事後法であることは、パール判事が指摘し、レーリンク判事も後に指摘した。

このような法理概念を新たに持ち込み過去と現在を裁くのは明確な罪刑法定主義違反である。

これはウィキペディアに書いてあるのだが、ウィキペディア大好き君は自分に都合良い解釈しかできないようだ。

馬鹿につける薬がないっていうのは本当だ。どうやらお前は本当に中学生らしいな。クズめ!



401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 23:54:40 ID:QSVqhI3/0
>>400
>極東国際軍事裁判所条例にある平和に対する罪が事後法であることは、パール判事が指摘し、レーリンク判事も後に指摘した。
単に彼らの個人的な意見でしかない。
パール氏の識見のおかしさはガイシュツ。



402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 23:59:00 ID:gAWtev4FO

何度でも言うが、当時の国連は満州事変を侵略と認定しなかったし、日本を侵略国家と非難しなかった。

これは厳然たる事実であって、どんなに詭弁を弄しても覆せない事実である。

その最大の根拠はリットン報告書第九章であって、イギリス外相もそれに基づいて満州事変の侵略性を否定した。これも事実である。

各国の国連演説でも、シナ以外に満州事変を侵略と非難するものはなかった。
日本の国連脱退後に新たに満州事変を侵略と非難する国も現れなかった。すべて事実である。

満州事変はタンクー協定により平和的解決を見、日本シナ双方合意の上で停戦が成立した。国民党は満州を事実上放棄したのである。

これらの事実の積み重ねから、満州事変が侵略でなかったのは当時の国際常識と言って過言ではない。



403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 00:12:20 ID:3xOzBZL5O
>>400
お前のようなど素人のカスの個人的妄想に比べれば、2人の法律学者の見解には千金の重みがある。

お前のような低能児の個人的見解には何の値打ちも無いし説得力もゼロである。

罪刑法定主義すらもまともに解釈出来ない馬鹿がパール判事やレーリンク判事を否定するなどおこがましい。

氏ね、クズ野郎!


404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 00:43:46 ID:hIW8JEPxO
何,昨日の自分のIDにレスしてるの? このゴミウヨは クズウヨは早く半島右翼の犬様渡部なんとかの ケツナメする仕事にもどれよ,クズWW

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 00:51:24 ID:p+GNKPQdO
レーリンクが正しいなら9人死刑だな

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 00:54:44 ID:+BEudGP70
だからパル判事らは国際法専門じゃないって。
現に第一次大戦や戦争中で日本が事後法を認めたこととの矛盾はまったく説明してないじゃん。
いや、気づいてもいなかったかもな。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 01:07:32 ID:p+GNKPQdO
>>406
> 現に第一次大戦や戦争中で日本が事後法を認めたこととの矛盾はまったく説明してないじゃん。


日本の事後法は良い事後法と言っている

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 01:08:23 ID:O+YAhdAV0
>>ID:gAWtev4FO

自説をとうとうと述べてばかりしてるから、ループ野郎と言われるんだよ。
>>394-396に異論があるなら、どの部分が間違ってるかを書き出しし、
それがどうして間違っているかを論述し、
それを裏付ける資料があるなら、闇雲なコピペでなく、自分の考えの故の引用をして論じろよ。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 03:30:58 ID:+BEudGP70
>>407
いってないだろw
もしいってたらよほどの馬鹿ってことだ。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 04:27:25 ID:FSRZERp50
>>403
>お前のようなど素人のカスの個人的妄想に比べれば、2人の法律学者の見解には千金の重みがある。
それは単なる権威主義。虎の威を借る狐だな。
こちらはパル氏の見解のどこがどうおかしいか指摘している(>>375)んだから、具体的に反論してくれ。

>罪刑法定主義すらもまともに解釈出来ない馬鹿
ブーメラン乙。罪刑法定主義の何たるかを理解できてないのは君だよ。
あれは基本的に法の支配が確立し、法整備がある程度進んでいる社会で無いと意味が無い。
法整備が不完全な社会に適用すると、法が法として機能しなくなる。
罪刑法定主義を適用させたいなら、立法機関と司法機関を整備して、量刑を制定できるシステムを作られてなきゃ無理と言うもの。
要は世界政府と言う事だが、国際連盟に(現在の国際連合にも)とてもそこまでの機能は無い。
と言うか、パル自身の論理に基づけば、国際社会で罪刑法定主義が無条件に適用された前例が無いんだから、罪刑法定主義の適用こそが誤りと言う事になる。


>>402
>何度でも言うが、当時の国連は満州事変を侵略と認定しなかったし、日本を侵略国家と非難しなかった。
>これは厳然たる事実であって、どんなに詭弁を弄しても覆せない事実である。
婉曲表現とか間接表現と言うものを知らないらしい。表面的にそう言う言葉を使って無くても、
勧告内容が日本の行動を是としてないのは明白。

>最大の根拠はリットン報告書第九章であって
否定がどこにかかるか、文脈を無視した歪曲、断章取義でしかない。

>イギリス外相もそれに基づいて満州事変の侵略性を否定した。
政治家や外交官の表向きの発言を鵜呑みにするのは馬鹿のすること。

>満州事変はタンクー協定により平和的解決を見、日本シナ双方合意の上で停戦が成立した。国民党は満州を事実上放棄したのである。
ならば、日本もも日ソ共同宣言で国後、択捉を放棄した事になる。ロシアからいくら貰って日本の国後択捉の領有権を否定してるんだ? この売国奴w

また、その理屈ではアヘン戦争もイギリス・ビルマ戦争も侵略戦争ではなかった事になる。
国際社会から侵略認定はされてないし、戦勝国と敗戦国の間で条約が結ばれて解決してるんだから。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 08:18:11 ID:10NyQV9H0
>ID:gAWtev4FO
408氏が指摘しているように>>394-396のどこが間違っているか
具体的な反論はできない、すなわち君は論破されたと理解できた訳ね。
まあ、悔しさの余り口から意味のないものが漏れたくらいは許してあげるよ。
なにせアホには口出しすら出来ないレベルの難しさで書いてしまったんだからね。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 08:28:35 ID:10NyQV9H0
>>400
一応アホにもわかるように努力してみるか。
平和に対する罪とは不戦条約などに違反する行為を犯した国家の指導者の責任を問うのもので、
満州事変当時には成立していなかったので事後法となり、個人の責任は問えない。
しかし、不戦条約他は満州事変当時に成立しているので、
平和に対する罪に該当する国家行為は国際法違反であり、侵略となる。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 10:39:50 ID:6MGisNex0
>>412
>満州事変当時には成立していなかった
追記させてもらうと、これもパルらの解釈に過ぎない。
一次大戦において、戦争を起こした責任をドイツ統治者ウィルヘルム二世に問おうとした先例はあり、
日本もそれに賛同していた。亡命先のオランダが引渡しを拒否したために裁判には至らなかったが、
二次大戦時、為政者の罪が問われれるものであると言う概念は既に成立していた。
その点でも、事後法とは言えない。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 12:44:20 ID:VqJIqx5I0
田母神は誰と戦ってるの?

日本は侵略国家であったのか

作文の2P

”もし日本が侵略国家であったというならば、当時の列強といわれる国で侵略国家でなかった国はどこかと問いたい。
よその国がやったから日本もやっていいということにはならないが、日本だけが侵略国家だといわれる筋合いもない。



415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 13:20:34 ID:p+GNKPQdO
>>409
> いってないだろw 言ってる
言ってる
下巻P696〜
・空襲軍律は特定の捕虜のためではなく一般的な目的である
・空戦法規は良いものだ

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 19:49:54 ID:nWqUUrK40
>>1
日本の学術レベルを馬鹿にしてんのか?

こんな小学生の作文を学会が審査できるか!

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 21:18:06 ID:3xOzBZL5O
>>410
法律のことは法律家が詳しい。お前は馬鹿だから思い上がっている。
パール判事の見解は正しい。コピペを貼って「指摘」したつもりか?教条主義とは穿った見方だ。

あとは細かい揚げ足取りで、お前らしい頭の悪そうな詭弁と駄文とすり替えの羅列だ。

リットン報告書第九章では、通常の国語力を持っていれば、
満州事変単純な侵略と呼べるものではないと解釈する。
馬鹿は、屁理屈をつけて文脈を無視した歪曲とか騒ぐが無駄だ。

現にイギリス外相は、第九章を引き合いに出して満州事変の侵略性を否定した。
これは公の場での演説だからイギリス政府の公式見解である。
馬鹿は表向きの演説だ、とか意味不明の負け惜しみを言うが、無知丸出しである。恥知らずめ。



418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 21:32:19 ID:TMPcJ1JB0
で、満州事変の正当性は、全他国が認めてないがw

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 21:36:22 ID:3xOzBZL5O
>>412
お前みたいな頑迷な馬鹿には何を言っても無駄だろうが、
平和に対する罪とは、大東亜戦争当時にもなかった新しい概念である。

不戦条約には侵略戦争などという言葉は使われていないし、
「国際条約・協定・保障に違反する戦争の計画・準備・開始及び遂行」するのが犯罪だ、とは、
不戦条約とは性質を異にした新しい概念である。

平和に対する罪は明確な事後法であり、東京裁判は罪刑法定主義違反である。

得意げに平和に対する罪を振り回す馬鹿に限って、常識を知らない低能児なのだ。氏ね、クズ野郎!


420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 21:43:57 ID:TMPcJ1JB0
>>419
>平和に対する罪は明確な事後法であり、東京裁判は罪刑法定主義違反

日本も第一次大戦で、ドイツを事後法で裁いたベルサイユ条約に調印したのは棚上げ?

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 21:46:03 ID:3xOzBZL5O
>>413
馬鹿がまた1人現れたか。
ウィルヘルムの罪を問うのは構わないが、事後法で裁くのは明白な罪刑法定主義違反である。

裁判が行われなかった、というのは不名誉な復讐劇が未然に防がれたに過ぎない。
このスレには、次々と詭弁を弄する馬鹿な中学生が湧いて出てくる。



422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 21:52:35 ID:TMPcJ1JB0
>>421
>事後法で裁くのは明白な罪刑法定主義違反

日本も明白な罪刑法定主義違反に賛同してたって訳か。
肯定が亡命したから裁判実現しなかっただけだしな。



423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 21:53:19 ID:3xOzBZL5O
>>420
お前ほどの無知な馬鹿もいるのか。
第一次欧州大戦ではドイツは裁かれなかった。単に巨額の賠償金を課せられただけだ。

お前、中学生だろ?今までで最低レベルのカスだ。

氏ね、低能!


424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 21:54:58 ID:10NyQV9H0
>>419
なんか難しい事逝ってるかなあ?

>平和に対する罪とは、大東亜戦争当時にもなかった新しい概念である。
国際条約・協定・保障に違反するとあるように、それらが存在しなかった事にでもなるんですか?
なかったのは違反に対して個人の責任を問う事なんですが何度言えばわかりますかね。

>不戦条約には侵略戦争などという言葉は使われていないし、
アホですか? 小学生レベルのこといってんじゃないよ。

>「国際条約・協定・保障に違反する戦争の計画・準備・開始及び遂行」するのが
犯罪じゃなくて不戦条約を含む国際法違反だといっているんですがw
それは平和に対する罪を構成する要件を満たしていませんかね。

425 :422:2009/07/29(水) 21:56:53 ID:TMPcJ1JB0
一応 ×肯定が亡命 ○皇帝が亡命

ID:3xOzBZL5Oが空しいのは、
定義曖昧な侵略単語解釈に必死になってても、
満州事変が、条約などに基づき正当性否定された事に、なんら変わりない事。

あと事後法非難でも必死だが、WWTでは日本も賛同してた側。

いろんな面で痛いから、罵倒にも必死なんだな。


426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 21:58:51 ID:3xOzBZL5O
>>422
お前は揚げ足取りが下手くそだな。

裁くのは構わない。しかし事後法で有罪にするのは罪刑法定主義違反である。

要するに、ウィルヘルムが無罪判決を受ければ、何の問題もない。



427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:00:41 ID:TMPcJ1JB0
>>426
>裁くのは構わない。しかし事後法で有罪にするのは罪刑法定主義違反

裁くのはよいが、有罪にしたら違反?
頭が混乱しきってるのかね?w
皇帝が亡命したから裁判が実現しなかっただけ。


428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:02:51 ID:3xOzBZL5O
>>425
無知なお前に一言言っておこうか。

リットン報告書くらい読め、低能め。


429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:04:08 ID:TMPcJ1JB0
>>428
無知で低能な君w
満州事変の正当性を認めた他国は、一つもない。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:04:33 ID:3xOzBZL5O
>>425
満州事変が侵略でなかったことは認めるんだな?


431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:04:53 ID:10NyQV9H0
>>426
ドイツが国際的道義および諸条約の崇高なる義務に最高度の侵害を犯したことと、
ドイツの指導者であるヴィルヘルム2世が無罪になるのは完全に両立するんだぜ?
それが罪刑法定主義って奴だ。

そのくらいは理解できるんだろ?

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:08:24 ID:10NyQV9H0
423 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2009/07/29(水) 21:53:19 ID:3xOzBZL5O
>>420
お前ほどの無知な馬鹿もいるのか。
第一次欧州大戦ではドイツは裁かれなかった。単に巨額の賠償金を課せられただけだ。

お前、中学生だろ?今までで最低レベルのカスだ。

氏ね、低能!


うわ〜、笑えるなあ、自分が何いってるのかわかんねえんだろうなあ〜

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:08:56 ID:TMPcJ1JB0
>>430
侵略解放自衛なんて、立場で変わる政治用語。

満州事変は、条約上も、国内問題でもまずい件であり、
どの他国も正当性を認めてない件。


434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:09:34 ID:3xOzBZL5O
>>427
お前本当に中学生だな。

「事後法で裁くのは罪刑法定主義違反だからウィルヘルムは無罪である」

こういう判決なら可だ。馬鹿には難し過ぎたようだな。



435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:11:49 ID:10NyQV9H0
>>430
明々白々な侵略だろ。
満州権益を守ると称して元々の利権より大きなものを
相手側主権より奪い取ったんだから。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:12:49 ID:3xOzBZL5O
>>433
であるにしても、満州事変が侵略でなかったことは認めるんだな?


437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:14:52 ID:3xOzBZL5O
>>435
無学な低能君の意見は聞いてないよ。


438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:15:11 ID:TMPcJ1JB0
>>434
お前は底なしの馬鹿だなw

>事後法で裁くのは罪刑法定主義違反だから

だから日本を含めた戦勝国はそれに賛同し、裁判官も派遣する予定だった。
皇帝が亡命したから実現しなかったがな。

不都合を棚上げにしすぎ。頭も迷走しすぎ。>ID:3xOzBZL5O


439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:16:26 ID:10NyQV9H0
>>437
それは420で無学を晒した君の台詞ですか?
すてきですね。
反論ができない低脳らしくてよろしいですが、
それならば論破終了乙ということで。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:17:29 ID:TMPcJ1JB0
>>436
>満州事変が侵略でなかったことは認めるんだな?

立場によっては侵略と見る人も当然いる。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:18:41 ID:fZKkoHoc0
>>420
お前ほどの無知な馬鹿もいるのか。
第一次欧州大戦ではドイツは裁かれなかった。単に巨額の賠償金を課せられただけだ。

お前、中学生だろ?今までで最低レベルのカスだ。

氏ね、低能!

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:14:52 ID:3xOzBZL5O
>>435
無学な低能君の意見は聞いてないよ。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 21:46:03 ID:3xOzBZL5O
>>413
馬鹿がまた1人現れたか。
ウィルヘルムの罪を問うのは構わないが、事後法で裁くのは明白な罪刑法定主義違反である。

裁判が行われなかった、というのは不名誉な復讐劇が未然に防がれたに過ぎない。
このスレには、次々と詭弁を弄する馬鹿な中学生が湧いて出てくる。


なんかこいつもう終わってんなw



442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:20:38 ID:3xOzBZL5O
>>438
日本の裁判官だけが、事後法でさばくのは罪刑法定主義違反だからとウィルヘルム無罪を唱えたかもよ。
もちろん空想だが。お前みたいな余裕のない馬鹿には理解できないだろうが。

で、満州事変が侵略でなかったことは認めるんだな?


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:22:11 ID:TMPcJ1JB0
>>442
>唱えたかもよ。もちろん空想だが。

ただでさえ、逃げまくり迷走しすぎの馬鹿君なのに、
空想まで書かないでくれw


444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:23:36 ID:fZKkoHoc0
>>417
歴史のことは歴史家が詳しい。お前は馬鹿だから思い上がっている。
秦の見解は正しい。コピペを貼って「指摘」したつもりか?教条主義とは穿った見方だ。

あとは細かい揚げ足取りで、お前らしい頭の悪そうな詭弁と駄文とすり替えの羅列だ。

リットン報告書第九章では、通常の国語力を持っていれば、
満州事変は侵略と呼べるものと解釈する。
馬鹿は、屁理屈をつけて文脈を無視した歪曲とか騒ぐが無駄だ。

これはいろいろと応用が効くコピペだなww
そして権威主義の見本だw 



445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:24:05 ID:3xOzBZL5O
>>440
で、お前はどうなんだよ?

満州事変が侵略でなかったことは認めるんだな?


446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:26:49 ID:fZKkoHoc0
>>445
>>394-396の具体的な反論はなしと
で、歴史のことは歴史家が詳しいのだから思い上がっては駄目だよ?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:26:51 ID:10NyQV9H0
つかさあ、事後法云々ならパールはまぎれもなく満州事変は侵略戦争だといっているんだがな。
相手主権地域に膨張をはかったもので誰にも正当化できないって。
だから当時は侵略戦争は不法行為とされてなかったので事後法で裁くなといっているわけで。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:28:47 ID:jsqJ/lbS0
友愛の民主党政権なら北朝鮮とも仲良くできる。

敵視政策や圧力では物事は解決しない。 友愛の心があれば
他の国々も友愛で接してくれるだろう。


http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1246371756/l50




449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:29:39 ID:3xOzBZL5O
>>444
お前が最後か。
今日も低レベルなカスばかりで、骨のある奴は来なかったな。

ママのおっぱい吸って早く寝なさい。


450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:31:02 ID:TMPcJ1JB0
>ID:3xOzBZL5O

その迷走しきった低レベルな頭で、どの件が侵略になるんだ?
つまり国連で認定されたのだけが侵略と言いたいのかね。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:32:38 ID:fZKkoHoc0
>>449
わかったから具体的な反論しろよww
で、歴史のことは歴史家が詳しいのだから思い上がっては駄目だよ?


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:33:34 ID:TMPcJ1JB0
だいたい「侵略」なる単語の言葉遊び解釈に必死になっても、
満州事変がいろいろまずい事に、なんら変わりないのに。
条約上も、国内問題も、国際審議でも。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:35:13 ID:10NyQV9H0
>>449
なにひとつ具体的な反論も出来ずに勝利宣言ですかw
詭弁の見本市の後に、荒らしの手本をやらかすとは
君の脳内の戦前日本はよほどやばい国のようですね。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:44:32 ID:H6HinLq50
>>447
嘘は困るな。
パールは、満州事変は侵略戦争ではないとの旨を東京裁判の判決文に書いた。

彼なりにリットン調査報告書を吟味した結論がそれだ。
満州事変は侵略戦争にあらず。

彼は、自衛とは認められない・単純な侵略とは言えない、とかいった文章も
読んだ上で、満州事変の原因を精査し、どちらに原因があって事変が起きたか
詳しく調べた。

その結果「満州事変当時、侵略戦争は国際法上、犯罪となったとの見解を、仮に本官が
受入れることができたとしても、本官は断じて満州事変を、このような侵略戦争であると
考えなかったであろう」と述べ、満州事変の侵略性を完全に否定した。

左翼がリットン調査報告書を恐れる理由がよく分かる。

http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=36






455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:48:53 ID:H6HinLq50
ID:fZKkoHoc0
ID:TMPcJ1JB0
ID:10NyQV9H0

内容ある書き込みをしないまま勝利宣言かね?
俺には君達が勝ったとは到底思えないが。
君らはどこかの左翼セクトの手先かね?
騒ぐばかりでどう見ても歴史に疎い。




456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:55:04 ID:TMPcJ1JB0
>>455
>内容ある書き込みをしないまま勝利宣言かね?

それ以前に、向こうのレベルが低すぎw >ID:3xOzBZL5O

事後法非難に必死だけど、かつて日本もWWTで賛同してた件。

侵略解釈の言葉遊びに必死でも、
満州事変は、条約上も、国内法も、国際審議でも、いろいろ問題な件。

だから空しいねと指摘してやった。


457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 23:00:00 ID:fZKkoHoc0
>>455
だから反論しろよ
パールがこう言ってるじゃなくてな
あとIDが違うけど同じ人なの違う人なの?どっち?

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 23:04:58 ID:fZKkoHoc0
あと引用する時は一次史料をしっかり提示しましょう

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 23:18:50 ID:+BEudGP70
>>415
うわw
パル判事ってそんなダブスタ馬鹿だったんだ。
やっぱり欧米が大嫌いだっただけか。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 23:37:29 ID:10NyQV9H0
>>454
パル判決書より
「1931年9月18日以降の満州における軍事的な発展は、
たしかに非難すべきものであった。
軍事行動はただちに中止せよという内閣の一致した意見が
あったにもかかわらず、拡大が続いた。」上793

「簡単に侵略的膨張の名を与えても差し支えないであろう。
その場合でも、起訴状に主張されているような
共同謀議という結論には到達しない。」上804

「日本がこの手の込んだ政治的狂言をあえて演じようという気にな
ったのはどういうわけであったかという問題にたいしては、明白な
答えはないのである。」上804

「日本人はその不当に獲得した利得を保持するために、世界の輿論
に抵抗し、かつ世界の不承認から生ずる結果の危険を冒す準備を明
らかに整えていた。」上805

んで、君のそれは何ページにかいてあるのかなあ?

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 00:17:12 ID:7K2nZOyf0
つうかさ、
「単純な侵略とは言えない」
「このような侵略戦争であると
考えなかったであろう」
のどのあたりが侵略戦争を否定した事になるんだ??
むろん前後の文脈をみればそうなる可能性もあるんだが、
複雑な侵略であり、様態の違った侵略戦争あることも同じくらい否定できないのだがw
んで、前後の文脈をみれば、
460にあるように共同謀議によってなされた侵略戦争ではなく、
侵略的膨張といえるとパルはいっとるわけですな。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 00:21:04 ID:7K2nZOyf0
ついでにリットンもやっておくか
>又一国の国境が隣接国の武装軍隊に依り侵略せらるるが如き簡単なる事件にもあらず。
さてこれが何を指すかと言えば数行後にきちんと書いてありますな。
> 日本は海岸より満州の中心に達する鉄道及一地帯を支配し且該財産保護の為
約一万の兵力を維持し且必要の場合には条約上之を一万五千に増加する権利ありと主張す
要するに隣接国が国境を越えて侵略してきたんじゃなくて、
もともとその国の領土に軍隊があったんだからそういう簡単な事件じゃないよねって話。


463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 15:46:38 ID:RKy6NYF6O

何度でも言うが、当時の国連は満州事変を侵略と認定しなかった。これは厳然たる事実。

イギリス外相は、リットン報告書第九章に従って満州事変の侵略性を否定した。
これはイギリス政府の公式見解である。

各国の国連演説でも満州事変を侵略と非難するものはなかった。
日本の国連脱退後に満州事変を侵略と非難する国も現れなかった。すべて事実。
満州事変は、日本・シナ合意のもと、タンクー協定で停戦となり満州国は事実上黙認された。

これらの事実を総合すれば、満州事変が侵略でなかったのは当時の国際常識である。

また、パール判事は、リットン報告書や当時の状況から、
本官は断じて満州事変をこのような侵略戦争と考えなかったであろう、と判決に記載した。

歴史を紐解けば、満州事変が侵略でなかったのは常識である。
満州事変侵略説は、東京裁判カルトの決めつけに過ぎない。


464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 16:18:49 ID:RKy6NYF6O

これは単なる言葉遊びではない。

事実に基づいて、満州事変は侵略でなかったと、正しく認識することが大事なのである。

東京裁判と言う違法な復讐劇を喜んで信奉する馬鹿は、日本人の魂を失ったクズである。

このような東京裁判カルト信者に騙されてはいけない。



465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 16:21:02 ID:ta0qwU1L0
>>463
「国連認定が無ければ侵略じゃない」
「停戦合意があれば侵略じゃない」

それでは、歴史上の多くの戦争も侵略じゃないな。

当時の侵略定義自体が曖昧だが、
満州事変が条約等に基づき、正当性を否定された事は何も変わらない。

単語解釈の言葉遊びをしても、国際的に正しい行為には成らない。


466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 16:35:05 ID:RKy6NYF6O
侵略か侵略でないかが重視され始めたのは、国際連盟発足後である。
満州事変が九カ国条約・不戦条約違反であったとしても、侵略でなかったのは厳然たる事実だ。


467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 16:39:57 ID:ta0qwU1L0
>>466

侵略なる単語解釈の言葉遊びは、そんなに重要じゃないの。
当時も定義が曖昧だから。
侵略と見る人は、そう見るだけ。

重要なのは、満州事変が条約等に基づき、正当性を否定された事。
そして国連に居続けても、立場悪くなるだけだから、脱退した事。

単語解釈の言葉遊びをしても、国際的に正しい行為には成らない。


468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 17:21:29 ID:+O2dBP6p0
国際的には承認されなかったが、満州事変は結果的に成功だったな。
満州事変までで止めておけば、何の問題もない完璧な終わり方だ。
国益にかなったということだ。
新しい経済ブロックを作ったんだからそれでよし。


469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 17:25:48 ID:RKy6NYF6O
>>467
では聞くが、満州事変は侵略でなかったと認めるんだな?

重要な問題でないなら、歴史的事実に基づいて、侵略でなかった、と気軽に認められるよな?


470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 17:40:28 ID:ta0qwU1L0
>>469
侵略と見るかは人それぞれ。
最近のイラク戦でもな。

満州事変は、国際的に正当性を否定された行動。
”侵略”なる単語をどう解釈しても同じ。正しくならない。



471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 17:46:44 ID:+O2dBP6p0
>>470 
逃げないでまともに答えてやれよ。侵略か侵略でないか。イエスかノーか。答えはそれだけだろ。
君は追い込まれると急に卑怯な政治家みたいなことを言い出すんだねw 論理のすり替えじゃん。    

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 17:56:41 ID:eXqmWWE00
攻められてる側からみれば、侵略。
攻めてる側からみれば、侵略のつもりではない。
第三者から見ると、意見は二手にわかれるね。

自分は、日本が侵略国家かといわれれば
違うと答えるな。
もし、日本を侵略国家とするなら
戦争している国は全部侵略国家になってしまうがな。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 18:01:38 ID:ta0qwU1L0
>>469 >>471
人並みの知性がない輩が2人いると思いきや、片方携帯w
まともな人なら>>467で一発理解できる。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 18:38:53 ID:sogXw92n0
チベット族からみりゃ漢民族は侵略者
ウイグル族からみれば漢民族は侵略者
アボリジニーからみれば白人は侵略者
パレスチナ人からみればユダヤ人は侵略者

日本は侵略してたよ。ふつーに。江戸時代の日本地図と
昭和元年の日本地図みりゃわかるだろ。



475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 18:56:40 ID:7K2nZOyf0
>>463
>これは厳然たる事実。
厳然たる事実は>>396に書きましたが、いまだに反論できない人が何を言っているんでしょうか?
オウムの村井は裁判を受けられなかったのは厳然たる事実で、
サリン事件を指揮してなかったとかいう寝言を言っているようなものだが。
言葉遊びの極地に安住してたのしい?

>イギリス外相は、リットン報告書第九章に従って満州事変の侵略性を否定した。
>これはイギリス政府の公式見解である。
その後満州事変そのものを否定する勧告に賛成したのもイギリスなんですがw
正当な行為ならなんで関東軍の撤退、将来的には解散まで勧告されるんですかねえ。

>また、パール判事は、リットン報告書や当時の状況から、
>本官は断じて満州事変をこのような侵略戦争と考えなかったであろう、と判決に記載した
具体的にどうぞ。前後の文脈も出さずに結論だけ書くのは君の悪い癖ですよ。
少なくとも私はパルの判決文の中からその解釈が間違っている部分を引用して指摘しておりますが、
あなたが結論を繰り返す事しかできないのなら論破終了ということで終わりです。

>歴史を紐解けば、満州事変が侵略でなかったのは常識である。
>満州事変侵略説は、東京裁判カルトの決めつけに過ぎない。
詭弁の見本を繰り返すあたり、自分が正しくない事を証明なさっているわけですが気づいてますか?
他人を低脳とかいうわりには自分自身が何をしているかも理解できてない証拠ですね。


476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 19:09:39 ID:7K2nZOyf0
つかね、ID:RKy6NYF6Oはなにも気にせずに
侵略ではない、侵略とは認定されなかったといっているんだが、
満州事変では連盟規約10条、パルは平和に対する罪と侵略の定義が微妙に違っているんだがな。

例えば平和に対する罪における不戦条約違反を犯したとしても連盟規約10条に反しない場合は侵略認定されないし、
逆に主権尊重・領土保全義務に反したとしても、平和に対する罪を負わない場合もあり得る。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 19:13:20 ID:Kr5QQzer0
>>468
>満州事変までで止めておけば、何の問題もない完璧な終わり方だ。
いやいや、中国側が納得しないからね。共産党掃滅後は満州奪回に動いたろうさ。
国際連盟も脱退して、味方になってくれる国も無い。
理事国の立場で勧告を拒否して脱退なんて、国際的な威信は大幅に低下。
日本を攻撃する口実を全世界に与えてしまっている。
一体どこが「何の問題も無い」だよ。

>新しい経済ブロックを作ったんだからそれでよし。
石油、天然ゴム、ボーキサイトなどは全部ブロック外に依存してるのに・・・
近代工業国として自給できない経済ブロックに何の意味があるのやら。
対中、対応米市場で巨大な損失を受けたし、総合的には損失の方が大きい。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 19:20:50 ID:Kr5QQzer0
>>467
>当時も定義が曖昧だから。
>侵略と見る人は、そう見るだけ
そんなに単純な話でもないぞ。
侵略の定義は明確だ。自衛にあらざる戦争行為。
そしてその自衛の定義が意図的に曖昧にされていた。
下手に定義すると、どこかの国のように、他国領の軍事占領、恒久的支配を企む際に、
正当性を偽装できるから。ケースバイケースで国際社会の判定を受ける事になっていた。
そしてリットン報告書は、日本の行動を自衛にあらずと認定している。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 20:44:00 ID:JkM8JWF1O
田母神
「白人の侵略に対して初めて戦ったのが日本。
 日本が戦ったことでフィリピンやインドネシアなどが独立できた」

この侵略の定義は何だろう

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 21:25:52 ID:RKy6NYF6O
馬鹿サヨ涙目w

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 21:30:18 ID:7K2nZOyf0
>>479
薄汚い白人の侵略にきまってるだろ。
日本のそれはキレイな侵略、もとい聖戦。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 21:40:11 ID:kdordrif0
論文も書けないやつに頼らなきゃいけないとこに
今の右翼の劣化があらわれてるな

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 21:52:29 ID:pauXvKCM0
散々言われているが、「よく自体が飲み込めない時には日本贔屓の発言をしたが、最終的に日本を批判し違反国として監視する議決にも賛成した」イギリスとかの意見を、途中つまみ食いして否定論にミスリードしても無駄でしょ。
何で同じ破綻ばかりを繰り返すんだウヨは?

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 21:55:47 ID:RKy6NYF6O

満州事変は侵略ではなかった


485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 22:39:06 ID:q9uHIksk0
もちろん、1945年のソ連の満州進入も侵略ではない。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 23:35:41 ID:pauXvKCM0
>>484
日本からみたらそりゃ侵略じゃないよな。


独断暴走の自作自演の切り取り強盗だから、それ以下。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 01:48:03 ID:QNl9AoKT0
>>479
実際、植民地化の際には、インドもビルマも(負けたけど)戦ってるわけだから、日本の
抵抗が最初じゃないので、白人による植民地化は「侵略」じゃ無い事になるしなあ。

あれが空幕長だったなんて、ゾッとする。FXの選定なんぞより、幹部の選定、
育成法の見直しこそ急務で無いか? 田母神と同レベルの連中が選んだ機体なんか、
金食うだけの役立たずなんじゃなかろうか。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 21:54:05 ID:A9+3ACx6O
詭弁を駆使すれば、満州事変ですら侵略になる。
東京裁判信者の荒唐無稽ぶりは笑える。


489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 22:16:25 ID:bJXAH/0+O
>>488
はいはい、どの辺が詭弁か、ちゃんと該当箇所を抜き出して批判してね。
自説を垂れ流して反論したつもりになってちゃダメだよ。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 22:23:06 ID:A9+3ACx6O
馬鹿サヨ必死だなw

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 22:26:37 ID:A9+3ACx6O

満州事変が侵略だった、という証拠がどこにあるんだい?


492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 22:32:31 ID:aIfJF+8C0
ウヨお得意の都合の悪いことはみないようにしてループかw

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 22:39:34 ID:bJXAH/0+O
>>491
質問でごまかす前に、
例えば>>394-396あたりの間違いを指摘して
具体的に反論せえよw詭弁なんだろw

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 22:51:08 ID:UdgKugU90
まあ、具体的反論もできない人間に詭弁呼ばわりされる理由もないのだが

侵略かどうかで言えば
国連総会決議3314
(e) 受入国との合意にもとづきその国の領域内にある軍隊の当該合意において定められている条件に反する使用、
又は、当該合意の終了後のかかる領域内における当該軍隊の駐留の継続
にまるっと該当するので侵略であり、
当時の国際法からしても不戦条約&9カ国条約違反なので侵略行為。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 22:54:37 ID:A9+3ACx6O
満州事変は侵略だった、という証拠はどこにもないんだろ?

さあ、馬鹿サヨの諸君!詭弁を使う時間だ。

詭弁を弄して満州事変が侵略だと証明せよ。


496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 22:54:57 ID:UdgKugU90
ああ、国連総会決議3314が事後法だとか
自分自身の質問すら忘れたくだらないことはいわないでくれよ。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:01:11 ID:UdgKugU90
>>495
>>494
はい、証明終了。

つか、連盟についてすら侵略否定に反する証明しており、
反論はいっさいないのですが?

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:05:46 ID:A9+3ACx6O
九カ国条約違反、不戦条約違反であったとしても、国際連盟は侵略認定しなかった。

馬鹿サヨの自慰的脳内認定は無意味。


499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:08:30 ID:UdgKugU90
>>498
君は馬鹿ですか?
侵略かどうかを聞いてきたんじゃないんですか?

君がいっているのは連盟規約10条の侵略であって、
現在日本が侵略国家と呼ばれているのはそのせいなんですかね。
しかもどうして10条での審議に移らなかったかも>>395に書いてあげたのに、
理解できなかったんですか。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:10:35 ID:A9+3ACx6O
詭弁を弄して満州事変が侵略だったと決め付けたら、
誰かが誉めてくれるのか?お金が貰えるのか?


501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:13:18 ID:UdgKugU90
詭弁のガイドライン
 7:陰謀であると力説する
     「それは、犬を哺乳類と認めると都合の良いアメリカが画策した陰謀だ」

なんで詭弁だと逝ってる側が詭弁の見本のようなことをやらかすんだよw
昨日の自作自演失敗といい見苦しすぐる

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:15:14 ID:A9+3ACx6O
また始まったな。

で満州事変が侵略だったと言う証拠を出してくれよ。

お前の妄想抜きで満州事変が侵略だという動かぬ証拠を見せてくれよ。


503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:17:03 ID:UdgKugU90
一応説明してやると
現在侵略の定義とされる国連総会決議3314を元に侵略であるかどうかを判断した。
ただし、それが当時合法とされた行為であるならば事後法の原則によって問題ないのだが、
かどうかを九カ国条約違反、不戦条約違反であることをもとに違法行為であることにも言及した訳だ。

なのに>>498が返ってくるのは致命的に学問板に向かないよ、君。
これは心から君のために思って言うのだが
そういう愛国オナニーをしたいなら極東板とか君に向いた板がいくつかあるから、
そういうところへいって心おきなくぶっぱなしてくるといい。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:17:52 ID:UdgKugU90
>>502
>>494
ほい、証明終了。

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:18:06 ID:A9+3ACx6O
事後法を使わずに満州事変が侵略だと証明してくれよ


506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:20:43 ID:UdgKugU90
>>505
使ってませんよ?
法律じゃなくて定義ですし。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:22:58 ID:A9+3ACx6O
東京裁判は違法裁判だから判決は学問的に無意味なんだよ。
事後法でさばくのは国際法違法なんだよ。

あくまで当時の状況に照らして満州事変が侵略だと証明してくれよ


508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:27:23 ID:A9+3ACx6O
現代の定義を過去に当てはめるのは歴史学じゃないだろ?



509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:28:56 ID:UdgKugU90
>>507
事後法なのは個人に不戦条約違反、国際法違反の罪を背負わせる事なんですがなにか?
あなたが聞いたのは侵略であるかどうかであって、
個人が平和の罪をおかしたかどうかではありません。

んで、当時の状況に照らして侵略を規定した平和に対する罪に該当します。
それで石原を裁くのは事後法原則に反しますな。
事後法原則を定めた国際法がないのでそれには反しませんが。
よって、満州事変が侵略か否かにはなんら関係ありません。
前に説明しており両立しないと言うだけでなんら具体的な反論は無かったはずですが。
つかいい加減、なぜ両立しないのか具体的な反論を出してもらいたいんですが、
反論できないという結論でよろしいんでしょうかねえ

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:32:43 ID:A9+3ACx6O

逃げるのか?

当時の状況に照らして満州事変が侵略だと証明してくれよ。
頑張ってくれよ


511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:34:50 ID:UdgKugU90
>>508
頭おかしいのか?
現在の定義だけじゃなくて、当時の国際法でも違反とされていたときちんと証明しただろ。
それを現在の用語で説明するのまで禁じられたら歴史学はぜんぶ古文でかくしかねえぞ。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:38:41 ID:UdgKugU90
>>510
>>494
ほい、証明終了。

というか反論も出来ずに逃げ回っているのは君。
ってか509にきちんと書いてあるじゃねえか、日本語も読めないなら学問板くるんじゃねえよ・・・

あと、聞きたいんだがお前がいっているのは
満州事変が侵略を禁じた当時の国連規約10条違反に該当するかどうかなのか?
だとしたら審議がそこまでいかなかったが、国連に居座り続けそのままの状況なら間違いなく10条でやられてたってことだ。

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:39:14 ID:A9+3ACx6O
満州事変当時、平和に対する罪なんてなかったぞ。

東京裁判の条例も侵略の定義も後から作ったものじゃんかよ
当時の状況に照らして満州事変が侵略だと証明出来ないの?


514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:43:00 ID:A9+3ACx6O
当時の国際法じゃ、不戦条約違反、九カ国条約違反に過ぎないね。

どこから侵略が出てくるの?


515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:45:58 ID:UdgKugU90
>>513
お前は何度同じことを説明させれば気が済むんだ??
平和に対する罪とは
宣戦を布告せるまたは布告せざる「侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争の計画・準備・開始および遂行、もしくはこれらの行為を達成するための共同の計画や謀議に参画した行為」であり、
侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争の計画・準備・開始は国際法違反だったわけだ。

お前がいっているのは日本は侵略なんかしてない、平和に対する罪をおかしただけ(個人がやるものでおかせないがなw)、
当時は侵略を定義した国連決議なんてなかったぞといっているのに気づいているか?

>当時の状況に照らして満州事変が侵略だと証明出来ないの?
>>494
ほい、証明終了。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:48:35 ID:A9+3ACx6O
1974年に作った定義を1931年の出来事に当てはめるのは学問じゃないだろ?


517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:52:52 ID:UdgKugU90
>>516
学問ですがなにか?
当てはめて刑罰を科することは事後法禁止原則違反ですがw

とゆ〜か逆に聞いてみたいんだがなんでそう思ったんだ?

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:53:01 ID:aIfJF+8C0
ループしかできないウヨ顔真っ赤w

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:56:40 ID:A9+3ACx6O
東京裁判の事後法を1931年の出来事当てはめるのは学問じゃないよ

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:58:10 ID:At4Jmo6wO
ル−プバカウヨはいつもの通り,隔離スレで馬鹿部昇一礼賛でもしてろ

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 23:59:28 ID:UdgKugU90
>>519
んで、そろそろなんでそう思ったのか聞きたいんですが、
やっぱり具体的な反論はできませんか?

ちなみに罪刑法定主義で禁止されているのは事後法で処罰する事で、
事後法を当てはめる事自体は何一つ禁止されてません。
法律学的には平和に対する罪に該当するが、
事後法により石原に刑罰を科す事は妥当でないということです。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 00:04:10 ID:ndd+ZCmw0
日本が優勢の側にいるときは散々事後法で他者を裁いてきたのに。
日本が裁かれる側になると事後法禁止だ〜と泣き喚くウヨって……

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 00:14:24 ID:ts0KHCFqO
満州事変当時、満州事変を侵略とする根拠はなかったねぇ

遅くまで頑張ったのに残念だったね、馬鹿サヨ諸君。

お前らには歴史板より政治板の方が似合ってるよ。

今夜もマッカーサーに祈りを捧げて眠るんだな、低能!


524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 00:27:27 ID:JOc32FSbO
ああ一人だけ日本語が理解できなくて昨日も一人ネット街宣してたアホの 事ですね わかります
プラスで永遠と見えない敵と戦ってればいいのに

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 00:28:25 ID:YHVPn6q60
>>523
んじゃ、具体的な反論はできないということでよろしいですね。
連盟規約10条で非難されなかったのは脱退のせいだし、
不戦条約や9カ国条約違反で平和に対する罪に該当するので満州事変は侵略と証明され、
それにたいして誰も具体的な反論ができませんでした、と。

きっとこの馬鹿、江戸時代には殺人はなかったとかいう屁理屈を唱えていることにも気づいてないんだろうなあw

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 00:41:56 ID:y97b4kv10
>>516
> 学問じゃないだろ?
学問ですがなにか?

出来事の発生当時に存在しなかった「定義」を用いるのが学問ではないとするなら、
「ネアンデルタール人」とか「恐竜」とか「ビッグバン」などはすべて学問ではなくなってしまうのだが、
それは理解できますか?

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 00:42:28 ID:ndd+ZCmw0
>>523
反論不能乙。
お前がなかったことにしたい、と思い込んでも現実は動かないよ。
素直にウヨ板に逃げ帰りなさい。

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 00:47:15 ID:llM1nJFR0
日本は軍国化したとか言われてるけど
日本は太古の昔から1945年までずっと軍事大国だったわけでね
明治から終戦までを特別扱いする馬鹿が沢山いるから困る

要するに、国内で戦争してたのが、地球規模での国取り合戦に参戦しただけだし

当時の世界情勢、倫理観、道徳観を完全無視して日本は悪かったと言ってるけど

どこが悪かったの?



529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 00:52:01 ID:y97b4kv10
>>528
> どこが悪かったの?
列強による世界規模の領土分割が終わり(侵略可能な土地が地球上からなくなり)、
これからは新規獲得以外の方法で勢力を伸張するしかなくなった時代に、相変わらず
旧来の手法で領土拡張を強行したこと。

要するに、トレンドが読めなかったこと。

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 01:12:03 ID:ndd+ZCmw0
>>528
軍国化ってそういう意味じゃないんだが。
例えば明治時代の日露戦争開戦の御前会議なんか、軍人は出席できなかったんだぞ?
軍人の資格ある元老が参加はしたがな。
軍が勝手に戦争吹っかけてそれを政府が追認せざるを得ないなんていう現象も昭和一桁ぐらいから。
ついでにその時期には既に戦争違法化条約や国連規約に調印済み。
事後法でドイツを裁いてまで戦争違法化に賛成していた。
もしかして初歩知識すら曖昧でいってる?

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 02:52:37 ID:IaPaiQ740
>>495 >>505 >>510
自衛に有らずと認定された。
証拠としてはそれだけで十分。

>>513
不戦条約違反=平和に対する罪だが何か?

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 02:54:10 ID:IaPaiQ740
>>528
>当時の世界情勢、倫理観、道徳観を完全無視して日本は悪かったと言ってるけど
>
>どこが悪かったの?
当時の世界情勢、倫理観、道徳観を完全無視したから日本は悪かったと言われてるんだが。


533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 10:42:29 ID:llM1nJFR0
>>529

>要するに、トレンドが読めなかったこと。

つまり国取り合戦に参戦したことは特に問題では無いわけだよ
そうせざるを得なかったのは開国前夜まで遡り、列強どもにビビッたことが日本全体に危機意識をもたらしたわけだ
そして世界の状況を知り、その国取り合戦に参入しただけ
日本は悪の枢軸国でもなんでもないわな

>>530
ならプロパガンダありインチキ条約ありの世界で日本だけが悪かったとは言えないわな
問題は日本を悪の枢軸と決定したアメリカの戦略に負けたこと

>例えば明治時代の日露戦争開戦の御前会議なんか、軍人は出席できなかったんだぞ?

軍人が政治(政りごと)に参加したから軍国化?
それなら以前から軍人(武将)が常に政治に参加してきてるじゃん日本は
なんで、明治から1945年までを特別に見るんだ?
要するに、今までは国内で戦争(内乱)をしてたのが、列強をまのあたりし世界情勢を知り、このままでは日本は白人どもに
いずれ支配されるとの危機意識から富国強兵に勤しみ、世界規模で展開されてた”国取り合戦”に参加しただけ
何も日本は悪くないわな
日本の占領だけが悪くて、欧米の占領はキレイだったなんて理屈は通らないぜ

>>532

>当時の世界情勢、倫理観、道徳観を完全無視したから日本は悪かったと言われてるんだが。

どう無視したんだ?
当時の世界情勢と言ったのは、世界規模で欧米どもが国取り合戦してたことを言ってるんだが?
それに参入しただけでしょ日本は
なぜ参入しなければいけなかったのは言わずもがな
別に悪くない
当時の倫理観、道徳観と言ったのは、現代の物差しで安易に当時の日本は酷いことをしたと非難する小学生レベルの馬鹿がいるから
当時の倫理観、道徳観を、現代の若者が理解出来るわけがない 
何が正当で何が悪かったかなんて、当時と現代とじゃ大きく違う
これを逆手に取って、韓国、北朝鮮、中国は歴史を一部捏造し、対日本に対する外交カードとして自国民を反日教育し続けてるわけ
でも、同盟国であるアメリカも大手を振って日本の味方が出来ない
なぜなら、当時の戦争は日本が悪枢軸国であって日本が悪かったから原爆を落としたとの論理をアメリカ自身が展開してるからだ
だから、アメリカは素直に日本の味方が出来ない

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 11:00:49 ID:ndd+ZCmw0
>>533
人のレスをまとめて読めないのか?w
もうその国取り合戦が悪い、と日本自身が条約や規約で賛同した後、自分からそれを破って暴れてしかも大敗したわけだぜ。
そして、当然近代国家において軍人が法を曲げて国家を戦争に引きずり込むことが許されるわけがない。
それとも日本はまともな国家ではなく、それ以前の存在だったと強弁するわけか?
じゃあ日本自身が作った法律や締結した条約ってナンなんだろうね?w
当時の日本「だけ」を擁護したいあまり、維新後の日本全体、はては歴史そのものをそんなに貶めたいのか?

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 11:17:19 ID:llM1nJFR0
>>534

>自分からそれを破って暴れてしかも大敗したわけだぜ。

なぜ破ったんだ?理由があるよな?そこが一番の論点だわな

>そして、当然近代国家において軍人が法を曲げて国家を戦争に引きずり込むことが許されるわけがない。

それがそもそも現代の物差しだわなw
当時から不戦条約なんてあったが、そんなもん単なる戦略の一つに過ぎんし、現代人の世界平和の希求から出た条約でも何でもないわなw
そして、当時は許す許されるの問題なんか関係なく欧米どもは国取り合戦してたんだが?
それが当時の世界情勢であり、倫理観であり、道徳観なわけ
現代の物差しで過去の正義や悪を事後で語るなんてアホでも出来るし、ましてや可哀想、酷かったなんて論外だわ

>それとも日本はまともな国家ではなく、それ以前の存在だったと強弁するわけか?

意味不明

>じゃあ日本自身が作った法律や締結した条約ってナンなんだろうね?w

戦略の一つでしょ
当時の欧米列強が国取り合戦してる最中にどこの国が本心から世界平和を望んでたと言えるんですかねw
今まさに国取り合戦してる国が世界平和なんて望むわけがないわな

>当時の日本「だけ」を擁護したいあまり、維新後の日本全体、はては歴史そのものをそんなに貶めたいのか?

当時の日本だけを誰が擁護した?
当時の世界情勢が国取り合戦してたわけで、それに参加した日本だけが悪いとはこれいかにと言いたいだけでしょ
なぜ国取り合戦に参加しなくちゃいけないか?馬鹿でも分かるわな
日本の占領だけが悪くて、欧米の占領だけがキレイなんて論理は通らないしな
つまりは、日本の敗因はアメリカに喧嘩をこっちから売ってまう状況に追い込まれたのが唯一の原因だわ
それだけ

国取り合戦のうち、どの国がどれだけ卑怯なことをしたかを酷評したり、敗因は何かを議論するなら分かるが、

国取り合戦をやってた欧米のうち、勝者には一切酷評せず、敗者の植民地支配や残虐行為だけをクローズアップする今の歴史認識が
一番の悪だと思うがね

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 11:19:06 ID:YHVPn6q60
>>533
>いずれ支配されるとの危機意識から富国強兵に勤しみ、世界規模で展開されてた”国取り合戦”に参加しただけ
4カ国条約、9カ国条約などのいわゆるワシントン体制が形成されていた当時の状況で、
いずれ支配されるとの危機意識とか幕末レベルの意識でやらかしたことがそんなに自慢か?
そんならくるっとるとしか評価のしようがないが。

>当時の世界情勢と言ったのは、世界規模で欧米どもが国取り合戦してたことを言ってるんだが?
>それに参入しただけでしょ日本は
この人の脳内ではWW1は無かった事になっているらしいw
というより欧米どものアジアにおける国盗り合戦が終わってしまい、
日本だけが地の利から大規模軍隊を送れるようになったので侵略を始めただけなんだがな。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 11:21:02 ID:YHVPn6q60
>当時の世界情勢が国取り合戦してたわけで
あとこれ致命的な間違いだから。
ほとんどの国がこういう規約を持つ連盟に加盟しちゃってるんで。

>連盟のメンバーは全ての連盟メンバーの既にある政治的独立と領土保全について尊重しかつ維持することを約束する。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 11:33:14 ID:llM1nJFR0
>>536

>いずれ支配されるとの危機意識とか幕末レベルの意識でやらかしたことがそんなに自慢か?
>そんならくるっとるとしか評価のしようがないが。

評価のしようがないも何も、それが全ての発端なんだからしょうがない

>この人の脳内ではWW1は無かった事になっているらしいw
>というより欧米どものアジアにおける国盗り合戦が終わってしまい、
>日本だけが地の利から大規模軍隊を送れるようになったので侵略を始めただけなんだがな。

無かったことなんかなってないでしょ別に
欧米の国取り合戦が終わってた?アホすぎ
日本だけが後追いで侵略したから悪とは、なんという馬鹿理論

>>537

>ほとんどの国がこういう規約を持つ連盟に加盟しちゃってるんで。

だから何?
加盟してたから戦争侵略してないとでも?アホか

>連盟のメンバーは全ての連盟メンバーの既にある政治的独立と領土保全について尊重しかつ維持することを約束する。

そんな勝者の事後規約なんてどこに正当性があんだよw
先に国を取るだけ取って、これから先はしてはいけませんよなんて誰が納得すんだよw
しかもその勝者たちが植民地にした経緯については非難しないのな

欧米は良くて日本は駄目なんて論理のどこに正当性があんだろな


ま、今から用事で出るからまた後で

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 11:35:25 ID:ndd+ZCmw0
>>535
>理由
関東軍の自作自演の独走。日本政府の意思ですらない行為が火元なんだからな。

>当時は許す許されるの問題なんか関係なく欧米どもは国取り合戦してたんだが?
国取り合戦どころか、もうあわんということで止めて、植民地さえ独立や自治をみとめはじめていたんだが?
現在どころか当時のものさし。
日本自身が国家の責任と尊厳で約束したことを、都合悪くなったからって貶めるとかマジアホ?w

>意味不明
お前のほうが意味不明だ。実は日本を史実以上に馬鹿にしたいから、わざとろくでもないことばかり書いてるんじゃないだろうなw

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 11:50:22 ID:YHVPn6q60
>>538
>評価のしようがないも何も、それが全ての発端なんだからしょうがない
しょうがないなら、当時の日本の評価が基地外でもしょうがないってことでしょw

>無かったことなんかなってないでしょ別に
4カ国条約:アメリカ合衆国・イギリス・フランス・日本が、太平洋における領土と権益の相互尊重と、諸島における非軍事基地化を取り決めた。
9カ国条約:[1]中国の主権、独立、領土的・行政的保全を尊重すること[2]中国が自ら有力かつ堅固な政府を確立するため、完全にして障害のなき機会を供与すること
     [3]中国の領土をとおして、いっさいの国民の商工業に対する機会均等主義を有効に樹立維持するため、各国が尽力すること
     [4]友好国の国民の権利を減殺すべき特別の権利または特権を求めるため中国における情勢を利用すること、および、友好国の安寧に害ある行動を是認することをさしひかえること
ほい、これを護っている限り完全に終わってますな。

>>537
>加盟してたから戦争侵略してないとでも?アホか
うん、だから侵略したい連中はことごとく追い出されたり抜けてるでしょ。
当時の状況をきちんとみようぜ。アホな事逝ってないで。

>そんな勝者の事後規約なんてどこに正当性があんだよw
いずれ支配されるとの危機意識を正当化するような状況ではありませんな。
だいたい日本もその勝者の一人だったりするんだが?

>先に国を取るだけ取って、これから先はしてはいけませんよなんて誰が納得すんだよw
連盟に加盟した当時の日本。納得しないなら侵略呼ばわりされて当然だろ。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 11:54:48 ID:YHVPn6q60
つか正当性って馬鹿か?
既得権者がつくったルールなんだから有利に出来ているのが当然で、
日本もその国力の割にめちゃくちゃ優遇されているのがワシントン体制だ。
後から列強倶楽部に入った新参者が古参の連中と同じ扱いを受けていない、
どころか同じ資産をもてないのは正当性がないってどこの世界の正当性だよw
世界は共産主義でできていて全ての国を平等なプロレタリアートにでもするつもりか?

現在でもG7とか君の言うような正当性のない勝者の事後規約いくらでもあり、
先進国足る日本はずっぷしつかってるんですがねえ。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 14:04:41 ID:llM1nJFR0
>>539

>関東軍の自作自演の独走。日本政府の意思ですらない行為が火元なんだからな。

気持ちは分からんでもないがね
日清戦争のときには朝鮮は中国の保護国だった
侵略され、今で言う自治区状態だった
日露戦争のときにはロシアがすでに朝鮮に進出していた
日本は初戦でこれらの国の軍隊を朝鮮から駆逐しているからね
もし、日本がこれらの国と戦わなかったら、当然朝鮮はこれらの国の植民地のままか、新たに侵略されていたはずだ
つまり、日本の目と鼻の先にある朝鮮や中国を抑えておく必要があったわけだ
関東軍が暴走したのは認めるが、しかし外交だけじゃとてもじゃないが目の前の朝鮮がロシアなどに侵略される恐れがあったからな
つか満州国も朝鮮併合もなんら違法性が無いからな

>お前のほうが意味不明だ。実は日本を史実以上に馬鹿にしたいから、わざとろくでもないことばかり書いてるんじゃないだろうなw

マジで意味不明

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 14:10:36 ID:Wkhf3FGK0
>>542
>つまり、日本の目と鼻の先にある朝鮮や中国を抑えておく必要があった

日本を守るため半島確保(日清・日露)
日露戦で得た鉄道権益を守るため満州全土制圧(満州事変)
満州国を守るため華北介入(分離工作)

では際限もない。

>満州国も朝鮮併合もなんら違法性が無い

満州事変は、国内法でも国際条約でも問題有り。


544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 14:17:17 ID:Wkhf3FGK0
つーか ID:llM1nJFR0は、
日本が自ら調印した条約すら知らない無知馬鹿だな。
上の流れを見てると。


545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 14:28:23 ID:5tOwz7xk0
>>538
横レスだが・・・あきれるしかないな、この馬鹿は

>評価のしようがないも何も、それが全ての発端なんだからしょうがない
オウム真理教の暴挙は、麻原の絶対者妄想が発端なんだが、君はそれをしょうがないで片付けるのかね?

>日本だけが後追いで侵略したから悪とは、なんという馬鹿理論
禁止合意後の後追いだから悪なんだが。禁止合意前の侵略を事後の禁止合意をもって悪とするのは、
それこそ事後法だ。

>加盟してたから戦争侵略してないとでも?
連盟結成後はしてないよ。日独伊ソ以外は。

>そんな勝者の事後規約なんてどこに正当性があんだよw
では、戦勝によって得た、日本の台湾、朝鮮、満州における権利に正当性はないとおっしゃる?

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 14:35:35 ID:llM1nJFR0
>>540

>しょうがないなら、当時の日本の評価が基地外でもしょうがないってことでしょw

短絡過ぎ
危機意識を持って富国強兵をし、日露戦争に辛うじて勝利し第一世界大戦では戦勝国となり常任理事国にもなった
そしてその危機意識から中国の一部を手に入れる
これのどこが狂ってのかね?
つまり、当時アメリカはずっと中国の権益(満州鉄道の共同経営(配分はおいおいアメリカに有利に運ぶつもりだった))を狙っていたわけで、
それを日本が拒否したところから、アメリカの怒りを買い戦争に突入したわけだ
これのどこが狂ってのかね?

要するにそれまではアメリカは自分たちの利益と、日本の行動(植民地政策や南下するロシアへの対応)が合致していたにもかかわらず
中国の権益で意見が拮抗し、そこからアメリカの怒涛のロビー活動やプロパガンダにて日本を世界から締め出すことになるわけだ
そして日本はまあ心のどっかに「白人に舐められてたまるか」との精神論も加味されて意地になってた部分もあるわな
それが敗因でもある
だから君の良いたいことも分からんわけでもない

>うん、だから侵略したい連中はことごとく追い出されたり抜けてるでしょ。
>当時の状況をきちんとみようぜ。アホな事逝ってないで。

なぜ抜け出したか、考えてないのが笑えるんだが
ていうか、そもそもは第一次大戦で負けてたドイツが自国を戦勝国並みに巨大にしたいが為にポーランドに侵攻したのが始まりで
日本は別に最初からドイツと同盟を結ぶつもりは無かったからね
まあそれ以前に第一次大戦時でドイツ兵を捕虜にした時の日本のドイツ兵に対する配慮はいたって丁寧だったと記録されてるが
それは多分、明治初期に憲法や民法、刑法などの国家の根幹に関わる法整備をまずフランスに草案してもらってドイツの法体系を享受したり
医学の分野や工学の分野でかなり学ばせてもらった事があるからだろうな
要するに、ドイツと日本は根本的に参戦や植民地政策のコンセプトが違うわけで、同列に語ってもらっちゃ困る

>いずれ支配されるとの危機意識を正当化するような状況ではありませんな。

正当化なんてどーでもいい
その危機意識こそ、富国強兵や植民地政策はては帝国主義へ変身した根本だから正当性もへったくれもない

>連盟に加盟した当時の日本。納得しないなら侵略呼ばわりされて当然だろ。

誰も侵略と呼ぶななんて一言も言ってないが?
欧米の侵略も日本の侵略も同じだと思ってるだけだわ
ただその侵略行為に、どれだけ違法性があってどれだけ卑怯な戦略の上の侵略行為だったかは、欧米の今までの無数にある侵略行為も
検証した上で、日本の侵略についても厳密に議論するべきだとは思うね


547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 14:37:24 ID:llM1nJFR0
>>541
その強いものが作った卑怯な政策に唾を吐いた素晴らしい国じゃないか日本はw

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 14:42:10 ID:llM1nJFR0
>>543

>では際限もない。

でも事実

>満州事変は、国内法でも国際条約でも問題有り。

開国のずっと前から中国の権益を狙っていたアメリカが鉄道の共同経営を拒否されたから認めない声明を出しただけ
リットン調査団もそんなアメリカのロビー活動で国連が動いただけ(つまりアメリカ有利の調査結果を発表しただけ)

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 14:43:29 ID:llM1nJFR0
>>544

自分のふがい無さはまるで見えてない輩って本当にいるんだな
つか関係ないことをレスしだしたら終わりだわな

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 14:47:01 ID:Wkhf3FGK0
>>548
>>半島確保〜満州事変〜華北分離〜際限もない
>でも事実

つまり君も、日本の行動に際限が無く危なっかしかったと、認めた訳だ。

>>549
>自分のふがい無さはまるで見えてない輩

お前がな。WWT以降の条約後の世界も見えない無知が。

無知まる出しで、対して意味のない書き込みで粘着してる君は、
殆ど荒らしと同じ。


551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 14:50:02 ID:llM1nJFR0
>>545

>オウム真理教の暴挙は、麻原の絶対者妄想が発端なんだが、君はそれをしょうがないで片付けるのかね?

アホすぎて笑ってしまったわ
日本が列強に畏怖し危機意識を持ったのは事実であり、なぜオウムの馬鹿の話が出てくるのか意味不明だが
浅原の妄想などと一緒にする馬鹿が出てくるとはw

>連盟結成後はしてないよ。日独伊ソ以外は。

つかフィンランド侵略

>では、戦勝によって得た、日本の台湾、朝鮮、満州における権利に正当性はないとおっしゃる?

それがあまりに卑劣で卑怯でインチキな場合は正当性は無いだろうね

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 14:53:55 ID:llM1nJFR0
>>550

>つまり君も、日本の行動に際限が無く危なっかしかったと、認めた訳だ。

認めるも何もギリギリのところでやってたのは当然でしょう

>お前がな。WWT以降の条約後の世界も見えない無知が。

だから君のレスには全て反論してきてるでしょ

>無知まる出しで、対して意味のない書き込みで粘着してる君は、
>殆ど荒らしと同じ。

まるで自分だけが正義と言わんばかりの文章だな
粘着してるのは君も一緒でしょう

553 :偏執的で低レベルな日本過剰擁護者:2009/08/01(土) 15:00:09 ID:Wkhf3FGK0

「満州事変は国連で侵略認定されてない。停戦も成立。だから絶対侵略じゃない」
「でも相手の行動は、ささいな事でも絶対悪の侵略さ」

「日本は幕末からの西欧の圧力から、やむを得ず勢力範囲を広げたんだよ」
「ん?WWT後の不戦条約の世界?日本も調印?そんな指摘するなボケ」

「東京裁判は事後法のリンチだ。日本は被害者だ」
「ん?日本もWWT後に、事後法によるドイツ裁きに賛同?そんな指摘するなボケ」

「反論完了。バカサヨ涙目www」


554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 15:03:45 ID:YHVPn6q60
>>546
>これのどこが狂ってのかね?
勝ち組倶楽部に入ってなお、
負け組のときと同じことやってりゃ狂ってるとしか思えないが。
それとも不平等条約が改正されたこの平成の御代に外人をみかけたら攘夷するのは狂ってるとはいわないのかね?

>なぜ抜け出したか、考えてないのが笑えるんだが
えっと、それは日本が国際関係をまともに捉える事も出来ない幼児みたいなもので、
単にドイツに引きずられただけなんだとでもいいたいのか?

>その危機意識こそ、富国強兵や植民地政策はては帝国主義へ変身した根本だから正当性もへったくれもない
時代遅れの危機意識だから正当化できないといっているんですがなにか?

>ただその侵略行為に、どれだけ違法性があってどれだけ卑怯な戦略の上の侵略行為だったかは、欧米の今までの無数にある侵略行為も
>検証した上で、日本の侵略についても厳密に議論するべきだとは思うね
国際政治って卑怯大歓迎なんですがなにか?

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 15:08:15 ID:YHVPn6q60
>>547
実力もわきまえない単なる馬鹿だろ?
そんでWW1の原因でもある植民地再分配競争引き起こして何が素晴らしいんだ?

>>551
>アホすぎて笑ってしまったわ
>日本が列強に畏怖し危機意識を持ったのは事実であり、なぜオウムの馬鹿の話が出てくるのか意味不明だが
>浅原の妄想などと一緒にする馬鹿が出てくるとはw
横レスだがまったく同質の被害妄想だよ。
特に列強の端っこに上っても同じ妄想を維持するあたり・・・

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 15:12:53 ID:YHVPn6q60
>開国のずっと前から中国の権益を狙っていたアメリカが鉄道の共同経営を拒否されたから認めない声明を出しただけ
>リットン調査団もそんなアメリカのロビー活動で国連が動いただけ(つまりアメリカ有利の調査結果を発表しただけ)
被害妄想乙


557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 15:20:59 ID:llM1nJFR0
>>553
今度はひとりごとか

>「満州事変は国連で侵略認定されてない。停戦も成立。だから絶対侵略じゃない」

満州事変は今だ真相がはっきりしてないものだからな
スティムソンもリットン調査団も全ては、中国の権益を欲しがっていたアメリカの駒
満州鉄道の共同経営を拒否され怒り狂っていたアメリカの駒が、いくら正義を主張したところで全く平等のジャッジでは無いわな

>「でも相手の行動は、ささいな事でも絶対悪の侵略さ」

被害妄想が強いな
誰も日本の侵略は正義で欧米の侵略は悪だなんて、一言も言って無いわけだが?
欧米の侵略も日本の侵略も同列だということ
日本の侵略だけ悪だという根拠が無い以上、話にならない

>「日本は幕末からの西欧の圧力から、やむを得ず勢力範囲を広げたんだよ」

当然でしょう
他にどんな理由があんの?
強いて言えば、「やむを得ず」じゃないわな、当然の行為だよ当然の行為

>「ん?WWT後の不戦条約の世界?日本も調印?そんな指摘するなボケ」

パリ協定の事をさっきから言ってんだろうけど、
満州事変でのアメリカの態度に我慢ならないから、アメリカを主とする国際連盟を脱退したわけだ
さらに、満州鉄道を破壊したと日本は訴えていたわけでね
そのパリ協定の加盟国の大半が自衛権を保持したままだったわけだから、日本もその破壊工作に対して自衛権を発動したまででしょ
まあアメリカの「俺にもその権益をよこせ」的な主張に反対する意味もおおいにあったわけだが

>「東京裁判は事後法のリンチだ。日本は被害者だ」

事後法って解釈がそもそも間違い
日本を侵略行為や虐殺行為で裁くというコンセプトに沿うと、今まで侵略してきた欧米の数々の残虐行為も平等に裁きを受けるべきだと思うがね
別に第二次世界大戦を日本が引き金を引いたわけじゃないし戦犯というのもどうかと思うわけ

>「ん?日本もWWT後に、事後法によるドイツ裁きに賛同?そんな指摘するなボケ」

またまた被害妄想か
賛同したからどうした?要するに言いたいのは日本だけの侵略行為を悪だとする論調に反対してるだけなんだが?
やるかやられるか、それだけでしょ
だから終戦して日本は全ての裁判も条約も賠償も受け入れたじゃん
それを批判してるわけじゃないし

>「反論完了。バカサヨ涙目www」
凄いな被害妄想
誰も左翼なんて言ってないのにねw

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 15:30:49 ID:llM1nJFR0
>>554

>勝ち組倶楽部に入ってなお、負け組のときと同じことやってりゃ狂ってるとしか思えないが。

え?日本が第一次大戦後、本当に勝ち組だと思ってたの?
日本が参戦したのはアメリカの傍若無人な振る舞いに堪忍袋の緒が切れたからなんだが?

>それとも不平等条約が改正されたこの平成の御代に外人をみかけたら攘夷するのは狂ってるとはいわないのかね?

当時の世界情勢を語ってるだけだが?
その当時を現代の物差しで日本は悪だったなんて短絡的に発言してる馬鹿がいるから困ってるんだぜ?

>えっと、それは日本が国際関係をまともに捉える事も出来ない幼児みたいなもので、
単にドイツに引きずられただけなんだとでもいいたいのか?

俺の疑問(なぜ抜け出したか、考えてないのが笑えるんだが)に全く答えてないじゃんw
なぜ日本がパリ協定を無視して国際連盟を脱退したか
全ては満州事変での傍若無人なアメリカの対応でしょ

>時代遅れの危機意識だから正当化できないといっているんですがなにか?

時代遅れでも何でも、何もせずにいたら日本終了の恐れが懸念されたからでしょう
備えあれば憂い無しであって帝国を築き上げた欧米が小国日本を侵略しようと思えばね
それに対抗する為の富国強兵であり帝国主義であり植民地政策なんだが?
げんに中国も朝鮮もロシアやアメリカが虎視眈々と狙ってたわけで
危機意識を持たないほうが狂ってるでしょ

>国際政治って卑怯大歓迎なんですがなにか?

だからその卑怯者の巨大な国に唾を吐いた日本はスゲー国じゃん?w


559 :偏執的で低レベルな日本過剰擁護者:2009/08/01(土) 15:31:35 ID:Wkhf3FGK0
>>557
>今度はひとりごとか

日本を偏執的に過剰擁護してる輩(一人か数人か知らんが)をまとめると、
>>553みたいな内容になるんだよw

「バカサヨ涙目www」も、その手の輩の得意台詞。


560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 15:34:41 ID:llM1nJFR0
>>555

>実力もわきまえない単なる馬鹿だろ?

日露戦争に辛うじて価値、第一次大戦でも辛うじて戦勝国になったからその勢いもあったんだろうね
つか当時の政策を短絡的に馬鹿だと言うけどさ、
君が当時の日本に生まれて政府を指揮出来たとして、その当時の軍部の政策に反対してただろうかね
今の知識なんて無しで考えてくれよw

>そんでWW1の原因でもある植民地再分配競争引き起こして何が素晴らしいんだ?

日本がやった植民地政策は欧米も認証してたんだが?



561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 15:35:50 ID:llM1nJFR0
>>556

>被害妄想乙
え?まさか鉄道爆破は日本の工作だったと思ってる人?
そして調査結果も正当だったと素直に思ってるの?

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 15:35:51 ID:Wkhf3FGK0
>>557
>満州鉄道を破壊したと日本は訴えていたわけでね
>日本もその破壊工作に対して自衛権を発動

おいおい(汗)
当然、鉄道の破壊工作は日本側の自作自演だったのだが。
それも含めて擁護とか?


563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 15:37:46 ID:llM1nJFR0
>>559

>日本を偏執的に過剰擁護してる輩(一人か数人か知らんが)をまとめると、
>>553みたいな内容になるんだよw

>「バカサヨ涙目www」も、その手の輩の得意台詞。


あっそうなの?
俺は別に日本だけを特別擁護してないから、君のひとりごとが被害妄想に見えたんだな
ごめんごめん

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 15:39:55 ID:llM1nJFR0
>>562

>当然、鉄道の破壊工作は日本側の自作自演だったのだが。

今まさに意見が対立してる出来事だからね
俺は満州鉄道の共同経営を拒否されたアメリカの腹いせだと思うけどさ

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 15:41:34 ID:5tOwz7xk0
>>551
>日本が列強に畏怖し危機意識を持ったのは事実であり、なぜオウムの馬鹿の話が出てくるのか意味不明だが
日本の持った危機意識の根拠が薄弱だったからだよ。
麻原の妄想同様にな。
実際は、その危機意識を、国内の各派閥が自派閥の権勢拡大に利用していって、止められなくなったのが「事実」さ。
国民にはさんざん煽っていたが、それが口実に過ぎなかった。しかし、利用した口実が一人歩きしてしまったんだよ。

>つかフィンランド侵略
ちゃんと「日独伊ソ以外は」と断ってるんだが。
ああ、もしかして、継続戦争をフィンランドのソ連に対する侵略と主張したいわけ?
確かにあれは講和条約を破ってフィンランド側から攻撃しているからなあw

>卑劣で卑怯でインチキな場合
では、それを、国際連盟規約10条や、不戦条約など、一次大戦後の侵略禁止合意にどこにどう
該当するのか、きっちり論証してくれ。
まあ、一方的に侵攻した側が相手国の領土を大幅に奪ったような、冬戦争のモスクワ条約なんかは
それに該当するだろうな。(異議があるならどうぞ)
同様な例なら認めるから、具体的に示してくれよ。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 15:41:53 ID:Wkhf3FGK0
はぁ?

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 15:49:51 ID:5tOwz7xk0
>>564
>俺は満州鉄道の共同経営を拒否されたアメリカの腹いせだと思うけどさ
コミンテルンにつづいて今度はアメリカの陰謀か?
日本側は柳条湖事件が起きるのに合わせて準備を整え、事件発生とともに全く動ずることなく
速やかに軍を展開し、満州要地を占領している。
これが、第3者の引き起こした事件に乗じただけであるわけが無い。

ちなみに、日本が協定を破ってハリマンの満鉄経営参画を拒否したのは1905年の話だぞ。
25年以上、ハリマンの没後22年にもなってなにをいまさらな事を言ってるんだか。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 16:04:09 ID:llM1nJFR0
>>565

>実際は、その危機意識を、国内の各派閥が自派閥の権勢拡大に利用していって、止められなくなったのが「事実」さ。
>国民にはさんざん煽っていたが、それが口実に過ぎなかった。しかし、利用した口実が一人歩きしてしまったんだよ。

それは同意だな
ただね、国内での権力闘争が絡んだからといって、結局外交だけでは日本は不利のまんまだからね
富国強兵は当然やるべきだと思うし、帝国主義すなわち植民地政策も
資源も国力も無い小国日本が、列強と対等に話が出来るようにするには必然のような気もするしね
今、日本が中国や韓国に舐められてるのと同じだわ
「こいつと喧嘩したら適わないわ」と思わせられてるから有利な外交が出来る
これ昔から変わらない

>確かにあれは講和条約を破ってフィンランド側から攻撃しているからなあw

例え、卑劣なソビエトの侵略及び賠償金まで求める講和条約だとしても笑うとこじゃないんだけどね
そのせいでフィンランドはナチスと同盟結んだしね

>では、それを、国際連盟規約10条や、不戦条約など、一次大戦後の侵略禁止合意にどこにどう
>該当するのか、きっちり論証してくれ。

それら全て卑劣で卑怯でインチキだと思わないが?

>冬戦争のモスクワ条約なんかは
>それに該当するだろうな。(異議があるならどうぞ)

まさにこんな講和条約のことを言ってるんだが


569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 16:11:02 ID:llM1nJFR0
>>567

>コミンテルンにつづいて今度はアメリカの陰謀か?

いやいや満州鉄道の腹いせもあるってことだよ

>ちなみに、日本が協定を破ってハリマンの満鉄経営参画を拒否したのは1905年の話だぞ。

25年以上経ったからって権益をみすみすもういいやなんてなるわけないでしょう


570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 16:14:10 ID:llM1nJFR0
疲れたから、落ちるわ

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 16:28:42 ID:YHVPn6q60
>>558
>日本が参戦したのはアメリカの傍若無人な振る舞いに堪忍袋の緒が切れたからなんだが?
はい?? WW1への日本の参戦とアメリカに何の関係が??

>当時の世界情勢を語ってるだけだが?
それが当時の世界情勢でも何でもない致命的な誤りだと申し上げております。

>全ては満州事変での傍若無人なアメリカの対応でしょ
はい? 日本が脱退したのは熱河作戦を実行するためですよ?
勧告を受けた後、新たな戦争を起こせば経済制裁喰らうし、10条の侵略適用されるのわかりきってますし。

>時代遅れでも何でも、何もせずにいたら日本終了の恐れが懸念されたからでしょう
>備えあれば憂い無しであって帝国を築き上げた欧米が小国日本を侵略しようと思えばね
>それに対抗する為の富国強兵であり帝国主義であり植民地政策なんだが?
はいい?? 9カ国条約なりワシントン体制なりで日本の地位は保証されていたわけで、
相手側がそれを破った訳でもないのになんでその保証を破り捨てるような真似をして
日本の地位を守ろうとするんです??

>げんに中国も朝鮮もロシアやアメリカが虎視眈々と狙ってたわけで
>危機意識を持たないほうが狂ってるでしょ
えっと、どういう妄想を抱いているんですか?

>だからその卑怯者の巨大な国に唾を吐いた日本はスゲー国じゃん?w
他人事なら別にいいんだけどね。君の家族が巨大な卑怯者のヤクザにカチコミかけたら自慢かね?

>>560
>君が当時の日本に生まれて政府を指揮出来たとして、その当時の軍部の政策に反対してただろうかね
>今の知識なんて無しで考えてくれよw
いやその当時の日本の政府の指導者達が軍部の政策(!)に反対していたんですが。
つか軍部が政策どうこうするなんて異常な事態のほうこそ支持されるようなものではないのだが。

>日本がやった植民地政策は欧米も認証してたんだが?
満州国建国を支持した欧米ってどこだよw

>え?まさか鉄道爆破は日本の工作だったと思ってる人?
?? アメリカのロビー活動が国連を動かしたとかいう被害妄想についていったんだが??
それに柳条溝事件はまぎれもなく日本の工作だぞ。

なんか高校レベルの歴史授業すら受けてなさそうな人が出てきたが、
議論の出来ない人とかそのレベルでないと当時の日本を弁護できないってどうなのよ。

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 16:36:21 ID:YHVPn6q60
つか柳条湖事件について意見が対立しているなんて始めて聞いたんだがw
あれは当事者、命令者、それらを取り調べた人たちの証言がきっちりそろっているから、
ほとんど意見の対立する余地なんてない代物だぞ。
聞いた事がないがアメリカの腹いせ説ってどのあたりに成立したものなんだ??

そして事件が起こるやいなやあらかじめ持ち込んだ大砲などで奉天を攻撃し、
満州全土を電撃的に攻略したのは関東軍なんだが、
(関東軍は付属地警備が任務だから基本的にそういう装備をもってなかった)
仮にアメリカの腹いせwだとしたら石原はアメリカのエージェントか?

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 16:54:34 ID:ndd+ZCmw0
>>542
気持ちじゃなくて事実な。
当時の日本の軍法でも、命令なく勝手に戦闘しかけた奴は死刑、と決まっていた。
実際に日本が侵略しておいて、別の国が侵略する危険があった?w
そんな理屈、自演がバレてなかった当時ですら通じなかったわけだが。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 17:08:19 ID:jtquXZZ/O
>>573
彼に言わせりゃ、鉄道爆破はアメリカの陰謀だそうだから、
軍令違反ではないんだろうよw

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 20:59:29 ID:IaPaiQ740
>なんか高校レベルの歴史授業すら受けてなさそうな人
どこかで変な陰謀論とか歴史修正主義者の本を読みかじって来た夏厨と言う奴じゃないか?

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 21:33:14 ID:JOc32FSbO
新説:石原はフリ−メイソン!

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 22:08:19 ID:YHVPn6q60
腹いせに国家予算を割いて、はるか満州まで陰謀を巡らせるなんて
アメリカはとても気前のいい国家ですねえ。
知能は低そうですが。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/02(日) 03:08:53 ID:eNZTV4Av0
溥儀の家庭教師が満洲人(満洲人とはツングース系モンゴル系漢系がある)
が故地に国を作り直そうと画策して、日本軍を利用した。日本も権益を守るために
満洲人を利用した、っていってるが そこらへんが順当な歴史解釈だろうな。

一つの事件だけに固執して全体の流れをみようとししない、神経症歴史学者ばっかで
日本の歴史はほんとつまらんw というか歴史は面白いんだが、日本の学者がつまらんのだよw
世界史は大好きよw

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/02(日) 03:15:46 ID:zfneCy7E0
全然妥当じゃない。
溥儀が望んだのは、日本軍の一司令官の同意がなければ何も出来ない傀儡国家だった、なんて紫禁城の黄昏にはどこにもかいてないが。
そんな使い古しのミスリードに今更縋るとは(失笑

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/02(日) 08:52:30 ID:1mQ4QY9r0
全体の流れって言うと
なぜか張学良の暴政に苦しめられてそれから解放された満州の民が
日本軍に対しては抵抗運動をしたのに、
ソ連の侵略にはほとんど抵抗もせず満州国崩壊を受け入れた、
どころか当の満州国軍でさえあっさり日本軍を裏切ったのに、
満洲人(満洲人とはツングース系モンゴル系漢系がある) が故地に国を作り直そうと画策したと思える
超オモロ歴史解釈なのか?

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/02(日) 17:37:19 ID:1mQ4QY9r0
よろこべおまいら。
田母神空軍元帥閣下がとうとう学会に取り上げられたぞ!

今朝(8月2日)の産経新聞に
田母神氏と幸福実現党の大川総裁夫人の対談
2p見開き全面広告が掲載
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/72/d8/ee191a23a359f556caeaa5e1f01de671.jpg

た だ し 幸 福 の 科 学 だ が な

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/02(日) 20:03:54 ID:OhTt2JAJO
幸福実現党から出馬する気かしら?
たしか平沼さん応援してたと思うけど

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 10:03:52 ID:dqsxerqY0
>>578
満洲人と言っても、清王朝の皇族旧臣の一部だけ。独自の戦力も形成できないほどの少数派。
また、彼らが望んでいたのは清朝の復活であり、五族協和の新国家などではない。
日本を利用しようとしたのは事実だろうが、力と立場の差がありすぎて一方的に日本に利用されるだけに終わった。

>一つの事件だけに固執して全体の流れをみようとししない、
全くだ。侵略と言う言葉を使ってないから侵略認定されてないなんて、一点に固執して全体の流れからの
評価を拒否する馬鹿にいってやってくれ。

>神経症歴史学者ばっかで
安心しろ。そう言うのは、まっとうな歴史学者にはほとんど存在しない。歴史修正主義に染まった
学者もどきでしかない。(史料改竄の田中正明とか)

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 12:00:44 ID:WzvP5V5T0
つうか満州国って、日本が降伏して初めて自由意志で国政できるようになってやったことは、
国家解散と溥儀退位なんですが。
ボスが倒れたら存続の努力さえしなかった、文字通りの傀儡。
これこそが首脳部さえ満州国望んでいなかった何よりの証明じゃん。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 12:51:34 ID:7HoXxXuNO

何にせよ、満州事変が侵略でなかったことは事実である。

歴史に現代の善悪論を当てはめて裁くのは、無学な馬鹿のやることである。
当時において侵略=悪というイメージと規約10条はあったが厳密な定義はなかった。
それだけの話である。

後から作った定義を、当時の状況を無視して過去の出来事に当てはめるのは歴史学ではない。

なぜなら、後から定義を作り直すことで当時の善を悪に貶めたり、その逆も可能になるからである。
これを歴史修正主義といい、唾棄すべき歴史の政治利用に他ならない。

馬鹿サヨは恥ずべき歴史修正主義者である。



586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 13:01:06 ID:VwmuVRvvO
じゃアヘン戦争は侵略じゃないな

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 13:02:30 ID:WzvP5V5T0
反論できなくなって同じコピペでループか。
ウヨは敗北宣言すらまったく進歩ないなw

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 13:02:32 ID:O3Z0CBU6O
田母神も歴史修正主義者の馬鹿サヨ
「白人の侵略に対して初めて戦ったのが日本。
 日本が戦ったことでフィリピンやインドネシアなどが独立できた」

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 14:38:43 ID:FhlcWO9d0
>なぜなら、後から定義を作り直すことで当時の善を悪に貶めたり、その逆も可能になるからである。
>これを歴史修正主義といい、唾棄すべき歴史の政治利用に他ならない。
じゃ、満州事変は関係ないね。
9カ国条約や不戦条約違反で当時から悪とされていたわけだし。

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 14:49:29 ID:O3Z0CBU6O
つまり無主地先占を侵略呼ばわりする田母神こそが歴史修正主義者の馬鹿サヨ

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 15:01:58 ID:u1L2ufbz0
> 9ヶ国条約

これも確か中国が最初に違反したんだったな〜

> 中華民国こそ九ヶ国条約違反を継続していた。この条約には主要条項の他に十三から成る
> 付属決議を有し、第十号決議はワシントン会議の軍縮精神を反映し、支那に兵力軍事費の削減を義務づけたのである。
> 然るに中華民国軍閥群はこれを全く遵守せず、
> 彼等の狂気の如き大軍拡、これを維持するための吸血鬼の如き大虐政、数千万単位の民衆大虐殺が、
> 在満民衆の中に保境安民運動、民族協和運動という満洲独立運動を発生させたのである。

http://touarenmeilv.ld.infoseek.co.jp/tomorrow.htm

他にも鉄道運賃等で日本を差別した。これも九ヶ国条約違反

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 15:02:16 ID:u1L2ufbz0
参考資料

昭和7年1月までの、支那(中国)による対日・主要条約違反

通商航海条約違反
(日清)下関条約違反
満洲に関する条約違反
間島に関する協約違反
満洲五案件に関する協約違反
山東省に関する条約違反
南満洲及び東部内蒙古に関する条約違反
山東懸案解決に関する条約違反
満蒙鉄道 借款・修築に関する交換公文及び、満蒙四鉄道に関する交換公文違反
支那改訂輸入税率承認に関する交換公文違反
日支両国の加入せる国際条約、協定等に関する違反
支那に関する九国条約違反
ワシントン会議における諸決議違反
支那中央及び地方政府と、日本の銀行、会社及び個人との契約違反
その他・・・

(「重要ナル支那国ノ條約違反ト右ニ関スル日支間ノ交渉」國際聯盟支那調査外務省準備委員會)

こんな過去を、今、明るみに出されて、歴史を検証されたらたまらない。中国が、あくまでも東京裁判史観の遵守を、日本に叫び続ける、その本音の一端が、これなのだ。
http://blog.goo.ne.jp/hayakaze2049/m/200509

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 15:12:54 ID:meZOOxGSO
強盗した奴が「あの家の住人も強盗だ」と言っても
強盗したことに変わりはなかろうがw

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 15:18:12 ID:FhlcWO9d0
>>592
そうかい? 検証されて困るのはだれか、当時の日本が9カ国条約会議にも訴えず、
連盟に提訴することなくひたすら2カ国間協議にこだわったことからも明らかだがね。

現にリットンではこういっている。
>右地域に関しては日支双方に於いて各々諸種の権益を有することを主張し
>而も此等権益は其の一部のみ国際法に依り明瞭に定義せられ居れり。

一部分しか明確に定義されていない権益のうち、どれに違反したんだねw

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 15:25:58 ID:WzvP5V5T0
ループコピペしかないのか、ウヨは?
だったら無駄レスせずに泣き寝入りしとけよw

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 15:32:39 ID:dqsxerqY0
>>591
その10号決議は努力目標であり、具体的な数値は示されていないし、内戦終結のための軍事行動を否定するものでもない。
むしろ、効果を発揮するのは、内戦終結後の話だ。

九カ国条約会議なり国際連盟に提訴もせず、自分の条約違反が咎められるようになってから後出しで、
中国も違反しているなんて主張に説得力は無い。
だから連盟も、リットン調査団も問題にしなかった。

>>592
その手の条約違反は植民地独立闘争には付き物で、植民地独立闘争が正当化されるなら問題にはならないんだが。
日本も、アウンサンやボースの条約違反は非難どころか、積極的に支援していたし。
これで、中国非難はダブスタだろ。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 15:40:08 ID:FhlcWO9d0
あと、鉄道運賃についてだが、日本に対してではなくて
自国国民以外の全てに対してだったと思うが気のせいか?

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 20:39:42 ID:7HoXxXuNO
>>596
国際連盟もリットン調査団も満州事変を侵略と認定しなかったから、今更侵略だと騒ぐのは只の馬鹿。

国際連合の1974年の定義を当てはめて喜ぶ馬鹿もいるが馬鹿の詭弁は既に破綻している。


599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 20:42:18 ID:FhlcWO9d0
>>598
やれやれ、君は何度説明されても理解できないようだねえ。
田母神がいっている侵略国家とは連盟規約10条の侵略に違反した国家だということなのかね?
だとしたら、話は簡単だ。
日本はそんなことをいわれていないし、
田母神は頭がおかしいという結論しか出てこない。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 20:47:38 ID:WzvP5V5T0
侵略国家以前に自国の暴走した軍隊の統制一つできん劣等国家だよなw

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 20:53:13 ID:ouHB8jph0
満州事変に関して、侵略という単語を、どう解釈しても、
国内法的には現地軍の独走。本来なら重罪。
国際的には、条約違反などで正当性否定。

めでたい話には、全くならないのだが。


602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 20:56:23 ID:7HoXxXuNO
中国共産党は自国民を大虐殺した間抜けな野合集団として有名だが、
こいつらはチベットやウイグルを軍事占領して主権を奪い自国領土とした。

当時の国連はこの行為を侵略と認定しなかった。
国連決議3314を信奉する馬鹿サヨは、当然中国共産党の
チベット・ウイグル併呑を侵略として非難しなければならない。


603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:02:45 ID:7HoXxXuNO
>>599
お前らみたいな馬鹿が騒ぐから田母神がガツンと言ってきたんだよ。

現代では、当時の侵略と現代の侵略とが混同されている。

それはともかく、満州事変が当時の国連で侵略と認定されなかったのは事実である。


604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:06:58 ID:7HoXxXuNO

中国共産党は侵略者である、と非難してみたらどうだ?

世界中の人権団体が支援してくれるかもしれないぞ。


605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:07:52 ID:WzvP5V5T0
散々ガイシュツだが、事後法を否定するのなら
日本が事後法を利用する側に立った話をまず否定しろよ時系列からいっても
まぁ、涙目で同じコピペのループを繰り返すしかないアホウヨに整合性なんて求めても無駄かもしれんがなw

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:09:20 ID:FhlcWO9d0
>>603
いや、ガツンとかいっても、
そもそも言われてもない連盟規約違反の侵略だという濡れ衣を着せられたとか
どういうガツンなんだよ。
誰も連盟規約違反だからといって侵略国家呼ばわりしている人間がいない以上、
シャドーボクシングにすぎないので、少なくとも人類に対しては言ってないわけなんだが、
あんた頭がおかしいのか?

>現代では、当時の侵略と現代の侵略とが混同されている。
現代の侵略って当時の侵略を包摂した概念だから、
それを混同とかいうお前のほうが間違っているな。

>それはともかく、満州事変が当時の国連で侵略と認定されなかったのは事実である。
そりゃ10条の討議に移る前に脱退しちゃったからな。
んで、10条とは連盟メンバーのみに科せられた義務なんだよ。

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:10:17 ID:FhlcWO9d0
当時の日本と同じように中国共産党は侵略者だな。
それがどうかしたか?

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:11:11 ID:7HoXxXuNO
事後法でさばくのが正しくなら、中国共産党を侵略者と非難しろや。



609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:11:39 ID:WzvP5V5T0
日本は満州事変の時点で、他国の領土や政治的自立を犯す行為は侵略、とする国連規約に同意済み。
それを破ったんだから侵略呼ばわりされるのは日本自身が同意したことが根拠だから事後でもなんでもないわけだが。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:12:31 ID:WzvP5V5T0
>>608
ああ、侵略だよ。
ウイグルという独立国の領土と政治的自主性を犯したわけだからな。
当然日本も同じ理由で侵略国とされた。
以上w

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:15:10 ID:7HoXxXuNO
ID:WzvP5V5TOは屁理屈をこねて逃げ回っているが、中国共産党非難はできないのか?


612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:19:33 ID:4URqteSd0
笠原十九司は1970年代の国連決議を引き合いに出して日本の行為を侵略
と呼んでいたが、これはおかしくないか?あと、「小学校からやり直したほうが
いいのでは」と、人格攻撃もしていた。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:20:14 ID:7HoXxXuNO
満州事変もチベット 占領も、当時の国連は侵略認定していない。

それに対して無関係な我々が、何の権利があって侵略認定できるのだ?



614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:25:45 ID:WzvP5V5T0
>>611
おい、都合の悪いレスは無視か?
スレタイに関係ない話しそらしにすら答えてやったのに、お前は日本の事後法は批判しないのか、というこっちの質問からは逃走し続けているな。
顔真っ赤の涙目ウヨループコピペしかできず乙、でもういいな。

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:28:52 ID:FhlcWO9d0
>>613
我々には親からもらった脳みそがあり、
それまで学んできた学問により培われた判断能力があります。
あなたにはないんですか?
それを使えば連盟規約10条に合致した行動であるかどうか程度のことは判断つきますよ。

>満州事変もチベット 占領も、当時の国連は侵略認定していない。
非侵略認定もしてないので単に審査してないだけなのは
何度繰り返せば理解してもらえるんだ?

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:51:14 ID:VHt7cmnQ0
満州事変では、国連でイギリスが日本を強く擁護し、フランス・ドイツも同調的だった。
チベット問題では、国連でインド・イギリスがチベットの侵略主張に同調せず。

国連では足並みが揃わないことが結構あるんだよねw

誰が侵略だ、って決めれば侵略になるんだ?
皆の脳内認定をひたすらシグマすればいつか侵略になるのかい?
それって「皆で都合の良い歴史を作ろう」っていうことと何等変わらないと思うがw

反対意見はどうするの?弾圧するの?多数決?


617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:53:23 ID:WzvP5V5T0
>>616
散々ガイシュツ。
擁護したりしたのは最初だけ。
事態がわかると、日本に違法な利益は認めないという警告を連名で出したり、違反国として監視する決議が総会で決議されている。
都合のいい途中経過だけつまみ食いするミスリードは既に何度も破綻済み。
これもループコピペもしかして?w

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 21:59:00 ID:FhlcWO9d0
>>616
>誰が侵略だ、って決めれば侵略になるんだ?
>皆の脳内認定をひたすらシグマすればいつか侵略になるのかい?
日本及び中国に加えて連合国だな。
ドイツを加えてもいいが意味があるともおもえんな。

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 23:01:09 ID:szfXDTaQ0
>>602
あれは他国を併呑したのではなく、分離独立を図る地方政権を再統合したに過ぎない。
チベット、ウイグルは清帝国の版図であり、清帝国を継承するとした中華民国、さらにそれを継承している中華人民共和国の版図でもある。
要は内政問題であり、侵略とは言えないのだから、非難しなくて当たり前。

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 23:05:06 ID:szfXDTaQ0
>>598
>国際連盟もリットン調査団も満州事変を侵略と認定しなかったから、
何度もループさせるな。
自衛にあらずと認定し、占領地域からの撤兵を勧告してるんだから、
直接その言葉は使わずとも、侵略認定しているよ。
当時の認識では、自衛にあらざる戦争=侵略なんだから。

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 23:07:14 ID:FhlcWO9d0
撤兵どころか関東軍の解散まで決議されてるがなw

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 23:07:39 ID:O3Z0CBU6O
田母神が侵略認定するのはいいのか?

「白人の侵略に対して初めて戦ったのが日本。
 日本が戦ったことでフィリピンやインドネシアなどが独立できた」

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 23:14:14 ID:FYkgUVa20
田母神氏が言う「白人の侵略」って、具体的に何のことで、いつ誰が侵略認定したんだろうね?

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 23:28:15 ID:FhlcWO9d0
つかこれ明らかにミスリードを誘うための巧言。
>満州事変もチベット 占領も、当時の国連は侵略認定していない。
満州事変について言えば10条による審査を経ていないんだから、
確かに侵略認定も非侵略認定もしていないといえる。
つまり、侵略であるか否かと侵略認定していないことはまったく無関係。

625 :群青:2009/08/03(月) 23:29:12 ID:KYj6n4C/0
サヨクが何を言うw

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 23:34:57 ID:szfXDTaQ0
>>622
インドもビルマも中国もインドネシアも、負けたけど戦ってはいるんだから、田母神の認識は大間違いなんだけどさ。
無知なのではなく、本気でそう言う事にしたいのなら、デタラメな「白人の侵略」の定義を作り出さないとならんな。

つまり、白人国家による日本への攻撃、敵対のみが「白人の侵略」であるとw

具体的には日露のロシアの南下、ノモンハン、太平洋戦争前の経済制裁と、太平洋戦争そのもの。
これだけが「白人の侵略」と言う事になるw

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 23:36:36 ID:szfXDTaQ0
>>624
いや、日本の行動を自衛にあらずとしたリットン報告書の採択は、実質的な侵略認定。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 23:56:05 ID:fNOrJAlU0
民主党鳩山友愛外交で東アジア共同体を推進すべし

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1249310957/l50


民主党鳩山友愛外交で東アジア共同体を推進すべし

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1249310957/l50

民主党鳩山友愛外交で東アジア共同体を推進すべし

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1249310957/l50

民主党鳩山友愛外交で東アジア共同体を推進すべし

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1249310957/l50

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 23:57:03 ID:FhlcWO9d0
>>627
ま、自衛にあらざる戦争で、侵略を禁じた不戦条約違反=侵略なのは、
当時の定義ですら当然なんだけどね。
侵略の言葉が連盟規約10条においてノミ使われているっつうだけで。

だいたい後世の基準で判断するのが学問でないという非常識な学問観を持ち出して、
ひたすら侵略でないと繰り返すのはどうかと思う。
一例をあげるならマハンはカルタゴ・イギリスなどを海洋国家の具体例としてあげたが、
これは学問じゃないのかとむしろ彼の無知に同情したくなる。
彼はなにゆえ日本が侵略国家と呼ばれているのかという論理について、
たぶんなにも知らないからそういうことをいうんだろうなあ。

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 00:04:53 ID:HzSIJDvw0
そして日本が事後法を行使する側だった件ついては、ウヨからは一言もないのでありましたw

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 23:16:58 ID:3V53CHAO0
そもそも戦争を個別に取り上げ侵略か否かを詮議すること自体「国際政治の因果関連」
を知らぬものである。こういう「独善的態度」ではとても「世界平和の基礎は築き得ない」
「否、むしろ、それは一層大規模な世界動乱への禍因となるまでである」
 蝋山政道 1941年10月号 雑誌「改造」

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 23:23:04 ID:3V53CHAO0
戦勝国アメリカ、ソ連は戦争責任を敗戦国に預けた結果、
自己反省の道を自ら閉ざしてしまったのである。
1945年から1995年まで実に300回を超える戦争を行い1700万人の犠牲者
出した。

1945年4月12日 アメリカ大統領ルーズベルト病死の際、日本国首相鈴木貫太郎は
哀悼の意を表した。それは日本への無差別爆撃の最中のことであった。

トルーマン「あの東方の国には騎士道精神と人間の品位に対する感覚が
死と偉大性に対する畏敬が、まだ存在するのです」

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 23:25:33 ID:QZhX931F0
>>631
と、自分達が調印した規約に反して侵略かました国の人間がいってもうやむやにする目的であるととられて終わりじゃないかね。
だいたい世界平和がどうのとか、そういう目的で認定されたわけじゃなくて、行為を日本も同意した基準で判定した結果だし。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 23:32:05 ID:3V53CHAO0
孟子「之を取りて燕の民悦ばば即ち之を取れ・・・燕の民悦ばざれば即ち取るなかれ」
戦前は他国を取る取らないは一義ではなく「民心を得る」ことが一義であった。
そして、西欧の侵略に対するアジアの危機意識、支那朝鮮の民を救いアジアを復興し、
西欧列強に抗するという使命感があった。

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 23:36:56 ID:3V53CHAO0
>>633
蝋山氏は社会党に政策を提言してた人だぞ。文句は社会党に言ってくれ。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 23:39:23 ID:QZhX931F0
>>634
それとまったく逆のことをやったのが日本じゃん。
西洋と一緒になって侵略して、ついにはその西洋らと取り決めた条約規約すら無視して侵略。
そしてほかならぬアジアの人々からも総スカンくったうえ完全敗北。

>>635
いやなんで社会党にいわないといけないんだw
おかしなことばっかりいってるな。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 23:43:13 ID:3V53CHAO0
1905年の日露戦争の勝利でアメリカは親日ではなくなり、
1911年辛亥革命で共和国姉妹として親中国になる。
排外的で国際法を守らない中国を助けたアメリカ
中国からの日清条約廃棄宣言を無視するアメリカ。
その政策により中国は高飛車になり反抗的になった、そして日本は
国際協調に絶望する

これが満州事変へと繋がったのである。
 「平和はいかにして失われたか」アメリカ外交官 マクマリー

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 23:47:00 ID:QZhX931F0
>>637
対華11ヶ条とか度重なる出兵で中国に対して高飛車どころじゃない振る舞いをした挙句の結果ジャン。
しかも満州事変は別に条約破りにたいする反動じゃないし。
(後付でそう主張したが、実際に自演やらかした軍人達は領土分捕って日本を富強にする、という観点だった)

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 23:49:40 ID:3V53CHAO0
リットン調査報告書「満洲で独立運動はなかった」はウソ

川島浪速による満蒙独立国家建設運動
1911年辛亥革命直後、満洲皇族 粛親王を北京から脱出させる
帝国陸軍がカラチン王、巴林王を脱出させた。
1915年内モンゴルバプチャプに呼応し川島の運動に内田良平が合流
しかし、欧米列強が独立に反対
独立軍は一都市であるホロンバイルの独立を宣言するがロシア中国軍により
崩壊。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 23:52:33 ID:QZhX931F0
>>639
あのう、その満蒙独立運動を武力背景に鎮圧したのが日本軍なんですが……。
つまり独立運動自体が正当じゃないというのが日本の立場。
軍人の暴走を抑えられず、都合悪くなってやはりこれも後付で独立運動です、といっても通じないのは当然。
某ウヨサイトからのコピペばかりじゃなくて、少しは頭使えってw

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 23:52:50 ID:3V53CHAO0
宿命の選択 合理か不合理かは誰にも決められない一瞬があり、
勝敗よりも戦うことが必要であった20世紀前半の世界の現実を
踏まえた決断の必然性。

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 23:57:40 ID:QZhX931F0
>>641
勝敗度外視で戦う奴はただの馬鹿。
国家の命運、国民の命をナンだと思っているんだ?
そうやって目算なく暴走した挙句敗北したことを今頃正当化しようとしてもねぇ……w

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 00:01:29 ID:QcERq0zdO
またいつものアホの
コピペ街宣か

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 00:10:36 ID:v61AGzcH0
時が熱狂と偏見をやわらげた暁には、また理性が虚偽からその仮面を剥ぎとった
暁には、そのときこそ、正義の女神はその秤を平衡に保ちながら過去の賞罰の多くに、
その所を変えることを要求するであろう。

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 00:13:40 ID:v61AGzcH0
日本人はこの裁判の正体を正しく批判し彼らの戦時謀略にごまかされてはならぬ。
日本人が過去の戦争において、国際法上の罪を犯したという錯覚におちいることは、
民族自尊の精神を失うものである。自尊心を失った民族は強大国に迎合する
卑屈なる植民地民族に転落する、日本は連合国によって与えられた「戦犯」の
観念を頭から一掃せよ

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 00:16:03 ID:hXJBO6za0
コピペ爆撃=いつものウヨの反論不能の涙目

かw まぁ何かの強迫観念にとりつかれているんだろうがねぇ。

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 00:16:23 ID:v61AGzcH0
日本が戦争をはじめざるを得なかったのはインドや支那へとなだれこんだ
西半球の侵略が日本八千万の生存をあやうくするまでにのしかかってきて、
日本が生きるためにはそうせざるを得なかった。
それは日本人のこらずの意志であった。軍人や政治家はこの国民意志を
行動にうつしたまでであった。
日本に、日本人に罪はない。
 平凡社 下中

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 00:21:16 ID:a+zUqT4/0
http://www.youtube.com/watch?v=ORHvxuT1XLg

http://www.youtube.com/watch?v=Gz8s23-SQG4
慰安婦問題、大戦の真実が語られてるぜ。
歴史は勝者によってねつ造されるからな。
敗者には口なしなんだよ。




649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 00:23:00 ID:v61AGzcH0
戦争の凶悪性はいうに及ばぬ、だがしかし平和が世界の不均衡を是正する力
のないこともまた、戦争と同様に凶悪である。
戦争が正義でもなければ、平和が正義でもない。ただ不自然はいかなる場合にも
不正義であり、無理は必然的に矯められるべき運命を持つと思えば間違いないのである。
  英国を撃つ 武藤貞一 新潮社

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 00:28:21 ID:64VC2h1S0
戦争を含め国家の行為に善悪など無くただ国益のみで語られるという
当たり前のことを受け入れられずに
侵略と言われると仕事をやる気にならないという
とても現役軍人とは思えない事を言い出したアホウが一時期日本の空自のトップにおりましてな。

俺なんか、満州事変は侵略ですね、でそれがどうかしました?ぐらいにしか思ってないんで
到底理解できませんが。だいたい近代国家にして侵略をまったくともなわない国があったら教えてもらいたいもんだ。
もちろん、満州事変は国益になりましたかという質問なら話は全く別だがね。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 00:49:34 ID:LSXMDqbu0
>>632
>トルーマン「あの東方の国には騎士道精神と人間の品位に対する感覚が
>死と偉大性に対する畏敬が、まだ存在するのです」

トルーマンじゃなくて、トーマス・マンだろwww
えらい違いやがなwww

コピペばかりして、自分の頭でちゃんと考えてないから、
こういう間違いに気づかないんだよw

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 02:39:13 ID:lH0jO/7BO
>>650
田母神論文は現場の兵卒に向けた話だっつーの。
兵卒の士気を高めるため嘘話でもして侵略じゃないというのは当たり前。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 02:52:36 ID:OWCVwQBZ0
>>652
つーのって……
あれは現場の兵士に当てた論文どころか、
妙なウヨクが集まったところに賞金目当てで書いたもんですぜwwwwwwwwwwwwwww

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 04:57:56 ID:RicxUX3I0
>>632
>あの東方の国には騎士道精神〜トルーマン

爆笑w
ろくな知識もないクセに、都合良い部分だけかじろうとするからだ。

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 08:21:01 ID:64VC2h1S0
>>652
現場の兵卒??
とすると田母神は自分が率いている兵卒が何者であるか
全く理解せず40年近く仕事してきた度し難いアホウとしかいいようがないのだが。
自衛隊の現場の兵卒とは志願制により日本国の防衛のために志願してきた人々であり、
いうまでもなく大日本帝国を護るために志願してきたわけではない。
また、兵卒の士気をそういう適当な嘘話で盛り上げようなどと適当な事をすると、
あとで痛い目にあうのはまさに田母神のような高級職にある人間なんだがな。

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 08:23:16 ID:64VC2h1S0
具体的に言うと>>647みたいな嘘を振りまいてしまったがために、
結局具体的な講和への道のりを全部潰されてしまった東条みたいに。

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 10:20:14 ID:p46cA2zw0
>>639
これも、満洲人で自前の戦力とかを組織したわけじゃなく、日本人主体の組織。
粛親王らは看板に過ぎない。しかも粛親王の目的は満洲の自治独立ではなく、清朝の復興。
こういうのは、他国の干渉による反政府活動にすぎず、独立運動と呼べるものではない。

そして、1931年にはそれらの活動すら完全に消え去っていた。

リットン調査報告書「満洲で独立運動はなかった」は妥当な結論。

>>649
>ただ不自然はいかなる場合にも不正義であり、
半植民地状態と言う不自然な状態から脱却しようとした中国を散々に叩いて不自然な状態を
強いるどころか、拡大までさせたのが大日本帝国ですが何か。

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 00:25:00 ID:jxk3bLOh0
「満州事変は侵略じゃない」という書き込みを見つけると、よってたかって
潰そうとするバカサヨクと中国人の必死ぶりが笑えるね。

中国人に至ってはチベット問題もウイグル問題も内政問題にすり替えようと
工作してるし。満州事変が侵略ならチベット・ウイグル侵攻も侵略じゃんか。

チベットは当時独立国として国連に加盟してたんだぜ。地方政権を再統合した
とか、訳のわかんない証拠もない妄想並べ立ててチベット・ウイグル侵略を
正当化してるし。

その一方じゃ、リットン報告書をつまみ食いして自衛じゃないと書いてあるから
侵略だ、とか幼稚なこと言ってるし。ここに巣食ってる中国人工作員のパターン
が読めてきたな。実に幼稚なダブルスタンダードだ。

満州事変が侵略ならチベット・ウイグル侵攻も侵略だ。間違い無い。

そういえば、ウイグルのお偉いさんが日本に来て以来、中国政府の
プロパガンダ垂れ流しが酷いね。誰が見ても中国政府がウィグル族を弾圧し
虐殺したのだ。今すぐウイグルを独立させるべきだ。

中国は現代で最悪の侵略国家だな。

中国は今、世界中で嫌われている。アフリカで中国人が激しく嫌われているのも
オーストラリアが反中国に舵を切ったのも、すべて身から出たさび。






659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 00:28:14 ID:sZK+DtIF0
>>658
いやだからとっくにチベットウイグルも侵略だね、といってるわけだが。
反論不能になっての恒例の涙目レッテル張りコピペ失敗乙でしたwwwwwwww

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 00:37:02 ID:jxk3bLOh0
>>659
シャドウボクシングが死ぬほど楽しいようだなw
勝利の雄たけびが空しくこだましてるぜw
バーカ



661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 00:40:38 ID:c+9v+vrB0
てす

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 00:41:25 ID:WhMsfsMM0
>>660
具体的な反論を待っているのだが、
まだなのかね?

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 00:42:14 ID:sZK+DtIF0
>>660
ついにコピペネタすらつきてただの罵倒か。
まぁまともな返答は期待してなかったがねw

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 00:43:54 ID:c+9v+vrB0
「義和団事件後のロシアの満洲占領を見れば、日露戦争で日本が勝たなければ、
満蒙はロシア領になっていたのに、中国は何一つ貢献しなかった。それにもかかわらず、
いまになって国権回復といって日本の政党な権益を攻撃し、日本人が
長年開拓したものを無償で返せというのは許せない」

これが当時の日本の輿論。

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 00:45:46 ID:jxk3bLOh0
何に対する反論だ?
喧嘩をふっかける暇があったら、貴様も一人でシャドウボクシングしてろ。
絶対勝てるぜ。へっへっへ、バーカ


666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 00:47:45 ID:c+9v+vrB0
「支那人がはたして近代国家をつくりうるやすこぶる疑問にして、
むしろわが国の治安維持のもとに漢民族の自発的発展を期するを、
かれらのため幸福なるを確信する。」
「満蒙は満洲人および蒙古人のものにして、満洲蒙古人は漢民族より
むしろ大和民族に近い。日本の努力が減退すれば、満蒙も中国と同じ
混沌状態におちいる」 石原莞爾

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 00:49:12 ID:i2oD5oT90
>>664
アホか。
だからって日本領にしていい理屈はない。
最初から、ロシアが租借した権利を日本が受け取った、というだけ。
納得して条約結んで後から(関東軍暴発を正当化するために)持ち出しても通じるわけない。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 00:50:35 ID:HggmlY7D0
コピペと煽りしかできない屑ウヨばかりだな。
そしてそのコピペすらまともにできない低能ぶりだからもう笑われるしかない。
トルーマン(笑)

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 00:51:31 ID:jxk3bLOh0
ID:WhMsfsMM0とID:sZK+DtIF0

頭から湯気出してんじゃねーの?あんまり怒るなよ、バーカ
バカサヨクは短気で執念深いからな。




670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 01:03:46 ID:c+9v+vrB0
中国は今日でも言論統制の国、日本の中国侵略史観を強調することは共産党が規定したもの。
有史以来満洲と中国は万里の長上を酒井に相容れない二つの世界であった。
植生圏をみても環境が全く異なっており、文化的政治的に対立対峙し続けてきた異なる文化圏であった。

1928年 モルガン財団ラモント代表からオールズ国務次官への手紙
「満洲は、満洲に赴いた日本人開拓者の利益のためではない。
日本の満洲開発は中国人の利益となっている。
満洲は支那全土でほとんど唯一の安定した地域。
匪賊行為や略奪から逃げるため何千という単位で南満洲へ人が流れ込みつつある。」

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 01:09:51 ID:c+9v+vrB0
満洲はツングース系民族、モンゴル系民族のものだった。
清朝は満洲を「封禁の地」とした。1850年頃から列強の脅威があり、
移民を解禁していく。1911年に辛亥革命により清帝国が征服していた土地が、
中華民国に継承されるか、満蒙回蔵が分割統治すべきかという
「遺産相続問題」が生じた。そこに列強が介入する。
日本とロシアの勢力下に置かれ、流民の新天地になった。

「満州国は支那の父国、中国、満洲、両者共に主権国家」1936年『満州国の合理性』ジョージブロンソンレー


672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 03:41:14 ID:DbDFdG3NO
>>653金目当て?
おまえマジもんの馬鹿だな。
>>655
ん?
大日本帝国過去と日本国が関係ないと本気で思ってるの?
人間の感情を無視してるなぁ

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 03:49:17 ID:lTq/Pb1a0
金目当て論文だから孫引きばかりで質が悪い。
引用元から、間違った使い方するなと怒られる程度だからなw

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 04:49:43 ID:pNdMO8qBO
いつもの統一ゴミウヨ 今日もコピペに必死

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 07:22:44 ID:1rqABzaY0
>>672
関係ないなんていっちゃいないんだが・・・逆に深い関係だなあ。
過去の行為を正当化するのに一生懸命で当の日本国を守れなくなる、
日本国を守るために志願した兵という矛盾した存在は
民主主義国家にはいらんというだけですよ。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 09:29:16 ID:JDCR3Ydp0
>>658
>チベットは当時独立国として国連に加盟してたんだぜ。
それはどこの地球の話だ? 君の脳内か?
少なくともこの時空の地球にはそんな事実は無いぞ。

>訳のわかんない証拠もない妄想並べ立てて
見事なブーメラン乙

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 13:02:59 ID:jgwqs0UhO
満州事変当時、国連は満州事変を侵略と認定しなかった。
国連決議は日本軍の撤退勧告と満州国不承認のみ。

九カ国条約違反や不戦条約違反は侵略認定の根拠にはならない。
国連は馬鹿ではないから諸条約と並立しないと述べただけで、侵略認定などしなかった。
イタリアやソ連が侵略者と認定されたのとは大違いである。
当時の国際社会では満州事変は侵略ではなかったのである。

満州事変を侵略認定しなかった根拠がリットン報告書である。
イギリス外相は報告書第九章を根拠として満州事変の侵略性を否定した。

後にパール判事はリットン報告書を吟味して、満州における日本の特殊地位・国民党の違法な排日運動を重視して、
断じて満州事変を侵略戦争と考えない、と判決に記載した。


678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 17:08:15 ID:ugZ8hlTe0
敗北した侵略者が、今更自己正当化。
ボスがまともな引用すらできない無能なら、
その信者は破綻済みコピペを繰り返すしかない荒らし。
それじゃ世間は説得できないわw

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 17:19:33 ID:nRoO5F3+0
>>677
同じことばかり書いてるな、おまえw
「満州事変は侵略ではない」「リットン報告書にはそう書いてある」
いまさらそれがだからどうだってのw

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 20:24:25 ID:c+9v+vrB0
満洲は残念ながら1901年義和団の反乱(清vs露英米仏蘭日独戦争)
の賠償により満洲をロシアに献上していたので、日本は満洲をロシアから、
戦争で奪い取ったのである。清(いわゆる中国)から奪ったのではない。
満州事変で満洲を奪ったわけではない。日露戦争で満洲は既に日本の領土になっていたのである。
日本領満洲にテロを仕掛ける中国への反撃が 満州事変なのである。

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 20:43:03 ID:YFSPd9EDO
何を今更と言われる恥を忍んで言うが…

実はウヨでもなんでもない、
単なるレス乞食の釣りではないかという気がしてきた。

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 21:01:00 ID:e9zLSiU40
>>681
同感w

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 23:02:44 ID:y3+fUDxL0
>>681
レス乞食じゃなくて、渡部昇一かぶれの低学歴者の“かまって君”の釣り。

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 23:42:28 ID:c+9v+vrB0
三国干渉後の満洲について・・・
英国商人曰く、ロシアの実質的な満洲併合
宣教師曰く、満洲とは名前だけで、ことごとくロシアのものだ。
チャールズベレズフォード「支那の崩壊」

支那人はロシアを駆逐するいかなる行動もとろうとしなかった。
日本が日露戦争で勝たなければ、遼東半島、満洲全土はロシアの一部となっていたことは
疑う余地のない事実である。 アレクシヌクラウス「衰退する支那」

もし日本が戦火を交えてそれを阻止しなかったならば、満洲と蒙古は
とっくの昔にロシアに吸収されていたことだろう。C・ウォルターヤング「満洲の国際関係」

紫禁城の黄昏を読めと何度いっても読まないから、抜粋して教えてあげた。
まずは読んでから反論しろ。はずかしい日本語ばっかり使うなよ・・・・

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 23:59:20 ID:c+9v+vrB0
支那の各地の有力者の中には復辟運動に同情的な者が大勢いたようだ。
彼等の希望は満洲へ向いていた。満洲からは純粋な満州族は徐々に姿を消していたが、
漢人蒙古人満洲人、混血民族等、清王朝に忠誠を尽くす人が大勢いた。
だから満洲は革命に積極的ではなかったのだ。
清帝室が革命主義者と妥協せず、満洲へにげても、満洲軍閥や地方政府は反対するとは
絶対考えられない。むしろ満蒙帝国が支那から独立するのを助けただろう。
熱河チチハル外蒙古ウイグルチベットもこれに合流したかもしれない。
革命直後に皇室が満洲へ逃げていれば、満州国は1912年に生まれていただろう。
その国を支那が脅す態度をとれば、ますます日本と密接になり、
1932年の満洲帝国成立のようになっていただろう。
 清朝最後の皇帝、溥儀の家庭教師 レジナルド・ジョンストン 「紫禁城の黄昏」

686 :世界@名無史さん:2009/08/07(金) 00:04:47 ID:WUQ6NMHw0
タモ吉の小学生作文でギンギンに熱くなっているそこのお・ば・か・ちゃん
実態は、チャンネル桜=日本会議=偽装右翼=統一教会

アパ軍団に飼われているアホのタモ吉に釣られる無知な馬鹿が増えて
うれしいのは北朝鮮だけwww

児玉、笹川、勝共連合、統一教会
とか
アパ、統一教会
でぐぐればおまいの前世の深ーい業が消えて
チン毛ボウボウのズルムケカリ高チンに生まれ変わってブイブイ人生だぞw


687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 00:09:35 ID:bOQY+v8VO
>>675
別に矛盾はしないだろう。
兵卒とすりゃ過去が悪とされるよりは正当化されたほうが士気があがる。

単純な話だよ。



688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 00:15:45 ID:+MdZV5Sr0
「紫禁城の黄昏」曰く「満州事変は侵略戦争にあらず」ですか。
満州事変が侵略だったことを示す当時の証拠は全くなし。
満州事変が侵略でなかったことを示す当時の証拠はたくさんある。

満州事変侵略説は、東京裁判という復讐劇での根拠のない決めつけ。
事後法で裁くのは国際法違反、というのが国際法の公理。
後から証拠が作られ、今に至る。

満州事変が侵略だって言い張る奴ってなんなの?
事後法も罪刑法定主義も理解してないし、平和への罪も人道への罪も
そんな概念が停戦後新たに作られたものであることも知らない。

平和への罪なる概念は昔からあったと、情緒的感情論で訴えてくる。
パリ不戦条約にも九カ国条約にもハーグ陸戦規定にも平和への罪など全く書いてない。
パリ不戦条約違反が平和への罪になるなんて、東京裁判に毒された人間の詭弁であり、
パリ不戦条約違反はパリ不戦条約違反に過ぎない。

情緒的な拡大解釈は風吹き桶屋の理論と同じで単なる詭弁に過ぎない。
国際法学者は馬鹿ではないからそんなたわけたことは言わない。
分かるか?



689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 00:21:44 ID:3MqgvApE0
>>687
自分好みに粉飾した歴史持つような国じゃないと守れない、そんな我侭なガキは兵士として失格だろw
アホくさ。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 00:47:19 ID:nLs+Csd0O
いつものコピペバカウヨは名無しチロリアンの成り果てだったりしてWW

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 01:03:43 ID:9sXhJ34e0
馬鹿につける薬 :田母神は統一教会から金をもらっている。つまり売国奴。

シオニストユダヤと統一教会、中国共産党の考える南北統一の案のひとつ

 1)米軍日本占領の混乱期に日本人から駅前の一等地を朝鮮人が奪う
 (=朝鮮支配の際に日本人が半島でやったこと)
 2)パチンコと覚せい剤、風俗、ゴミ肉焼肉で日本人から金を巻き上げる
 3)在日新興宗教宗教(創価学会、統一教会)でも金を巻き上げる
 4)議員、マスコミ、TV局、芸能界、警察、司法、ヤクザ、教育界に在日をどんどん送り込み占領する
  ハリウッドの基地外映画やクソバラエティで日本人を白痴化する
 5)北朝鮮、韓国にせっせと送金する、日本から製造業技術を奪う、日本人馬鹿になる
 6)韓国経済発展+対外債務膨張
 7)韓国経済崩壊、対外債務のおかげでめでたくユダヤの完全支配下になる
☆今ここ→8)北朝鮮核武装、日本右傾化軍備増強、極東の軍事緊張をあおって欧米武器商人大もうけ
 このフェーズの工作員のひとりがタモ吉
 9)中国の工作員で日本政治を支配して日本に法改正を強いてさらに中国出稼ぎ朝鮮出稼ぎをあふれさせる 
 10)アメリカがドル崩壊に耐えられずついに東アジアから撤兵
 11)ドル崩壊後の解決策として晴れて北米連合結成
 12)アメリカがなくなった隙を見て、北朝鮮+中国軍が再南進、台湾武力併合、ロシアも呼応して南進
  日本国内の中国出稼ぎ朝鮮出稼ぎが同時蜂起、日本大混乱で半島に派兵できず
 13)中国の総攻撃で韓国消滅、日本は核武装していることを口実とされ中国の先制核攻撃を受けて被害甚大、中国海兵隊が日本列島を占領
 14)中国主体のアジア連合に属国として日本が併合される
 15)天皇公開処刑
 16)日本語が廃止され中国語が公用語となり神社仏閣の徹底破壊と焚書が行われ日本史がわからなくなる
 
北朝鮮+中国+ロシアに同時に襲われる事態を想定できない奴は売国奴


692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 01:10:58 ID:+MdZV5Sr0
大東亜戦争が侵略戦争であった、というのも誤りである。

侵略戦争と言うものは、絶対に勝てるという圧倒的な兵力差と装備の差
を武器に、綿密な計画の下に仕掛けるものであって、ソ連のフィンランド
侵略やイタリアのエチオピア侵略などが良い例だろう。

どう考えても負ける気がしないから侵略戦争を仕掛けるのである。

しかし、大東亜戦争の当時のシュミレーションでは日本敗北という結論しか出ていない。
対米戦争を仕掛けても勝てる見込みは全く無かったのだ。

こういう意味では、大東亜戦争が侵略戦争だというのはどう考えてもおかしい。
大東亜戦争は追い込まれた挙句の自衛戦争だった、というのが正解である。


693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 01:11:53 ID:3MqgvApE0
>>692
それは当時日本自身が調印していた国連規約で定義された侵略ではないな。
日本無罪の結論ありきの妄想乙w

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 01:29:10 ID:+MdZV5Sr0
>>693 反論になってないな

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 01:31:34 ID:3MqgvApE0
>>694
再反論不能乙w
そもそもお前の妄想定義でしかないからな。
史実に勝てるわけがない。

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 05:12:16 ID:0d9vmgtM0

”脳内で勝手な悪定義を作り、自分らは定義に当たらないから正当”

なんたる馬鹿w


697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 09:26:36 ID:0oje5bi70
>>685
ジョンストン:溥儀の元家庭教師で個人的親交あり。

>だから満洲は革命に積極的ではなかったのだ。
単に鎮圧に成功しただけ。(張作霖はこの革命派討伐で勢力を拡大している)

>清帝室が革命主義者と妥協せず、満洲へにげても、満洲軍閥や地方政府は反対するとは
>絶対考えられない。むしろ満蒙帝国が支那から独立するのを助けただろう。
満洲軍閥の張作霖が北京を制した時、紫禁城から追放状態にあった溥儀は全く無視されていた。
ジョンストンの言うような満洲皇室に対する支持が満洲軍閥にあったなら、溥儀はその時に
紫禁城へ帰還できていたはずだが。

>革命直後に皇室が満洲へ逃げていれば、満州国は1912年に生まれていただろう。
>その国を支那が脅す態度をとれば、ますます日本と密接になり、
>1932年の満洲帝国成立のようになっていただろう。
出来ていたかもしれないが、それは1932年の日本の傀儡国家とは全くの別物だったろう。

溥儀擁護のために相当事実を歪めている。本気で書いてるとしたら、情報源が偏っていたと言う事だろう。

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 15:48:38 ID:VVKeZcrv0
>>691
おまえ、誰からも相手にされてないって、そろそろ気づけよw

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 16:07:13 ID:kep6hy/q0
『どう考えても負ける気がしないから侵略戦争を仕掛けるのである。
しかし、大東亜戦争の当時のシュミレーションでは日本敗北という結論しか出ていない。
対米戦争を仕掛けても勝てる見込みは全く無かったのだ。

こういう意味では、大東亜戦争が侵略戦争だというのはどう考えてもおかしい。
大東亜戦争は追い込まれた挙句の自衛戦争だった、というのが正解である。』

じゃあもし今北朝鮮軍が日本にミサイル攻撃を仕掛けてきて、
3日後には米軍の反撃によって北朝鮮軍が全滅してもそれは北朝鮮の「侵略戦争」ではない訳かい?
それは北朝鮮の「自衛戦争」だと君は認めるんだね?

700 :699:2009/08/07(金) 16:08:35 ID:kep6hy/q0
追記 >>699>>692に対する反論

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 16:58:23 ID:sMMgS+O3O
田母神が「白人の侵略」とか言い出すから勝ち目があれば侵略という定義にしたわけか

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 21:18:55 ID:bOQY+v8VO
侵略戦争が何が悪いのやら。
失敗した事が悪いんだがなぁ

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 22:38:29 ID:+MdZV5Sr0
誰も北朝鮮を追い込んでいない。
北朝鮮を本気で追い込めるのは中国・ロシアのみ。

それに、北朝鮮の方で「シュミレーションでは日本・韓国・米国連合に楽勝」
と言う結果が出てるのか?

シュミレーションで惨敗なら戦争などしかけるまい。
3日で全滅するほど弱いならシュミレーションでも惨敗だろう。
ならば余程追い込まれても何もしないかもしれない。
体制崩壊あるのみか?

しかし、中国に追い込まれて日本を攻めるというのもおかしな話だ。
貴様の仮定の話は、前提からして現実味が無さ過ぎてなんとも回答しようが無い。


704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 22:43:31 ID:+MdZV5Sr0
パールの主張とは?

国際条約ですでに決着がついていることは裁判の対象にしてはならないのだが、
満州事変の停戦協定である「塘沽協定」(1933年)で中国は事実上、
満洲国の独立を承認しているのだ。これらの事実を無視して、満州事変が
日本の侵略戦争だったと決め付けた裁判の判決に疑問を投げかけている。

一方で、ソ連が昭和20(1945)年8月9日、日ソ中立条約を破って、
侵攻してきたことは、「いかなる理由をつけても自衛のための行為とはいえない」
と批判した。また、張鼓峰事件(1938年)やノモンハン事件(1939年)
についても、日本の侵略ではない。しかもその後、日ソは中立条約を結んでおり、
これも決着が着いた問題である。


705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 22:51:11 ID:+MdZV5Sr0

満州事変を侵略戦争と決め付けたのは東京裁判のみ。
東京裁判は悪名高い復讐劇で国際法的には違法である。

一方、満州事変が侵略では無いという当時の証拠は
山のようにある。パール判事の指摘は正しい。

つまり、歴史が物語る結論は「満州事変は侵略ではなかった」。
歴史を素直に見ればそういう結論しか出ない。

東京裁判が全てを歪めたのである。騙されてはいけない。
東京裁判を信奉するカルト信者は歴史修正主義者に他ならない。




706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 03:09:44 ID:PajXbojsO
はいはい今日も日本語読解力がない右手酷使の コピペ

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 03:26:03 ID:FvCV3wvZ0
結局日本は侵略国家じゃなかったでFA?

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 03:53:32 ID:FvCV3wvZ0
>>287
>  >戦闘の停止を約束したのに、破って戦争を始めたら文句ナシに協定違反だな。
>停戦協定は永続的な戦闘停止を意味しない。 いつでも戦闘再開できる性質のものだ。

>>289
>協定違反もなにも暫定的な協定の破棄なんでw

それにしても左翼って国家間の協定なんか守る気ゼロ。 条約・協定破りなんて全然平気w

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 04:57:30 ID:j4WX3HrR0
>>707
>結局日本は侵略国家じゃなかったでFA?

ここの粘着厨の様に、

「国連認定が無ければ侵略じゃない」
「停戦成立すれば侵略じゃない」
「資源経済規制されてたら侵略じゃない」

なら、殆どの戦争も侵略じゃない。
アヘン戦争も、条約で決着付いたから、侵略じゃない。

もしかして、上記の激甘基準は日本にだけ?w


710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 05:07:24 ID:j4WX3HrR0
>>707
>結局日本は侵略国家じゃなかったでFA?

ウヨには「西欧は侵略者・だから日本は正当」と言いたがる輩が多いが、
日本も中国に対しては、西欧と同じ側。

武力で脅して、権益を返す期限を反故にしたり、
満州事変に続き、条約や相手主権を蔑ろに介入はかって軋轢起こしたり。


711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 11:10:03 ID:B/s4JdGi0
>>708
破棄と違反の区別が付かない幼児乙

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 11:47:08 ID:Opj7ZLmE0
>>711
正式に国際停戦協定を結んでも、その翌日に一方的に不法攻撃しても
問題ないと思ってるサヨクって非道い罠www

やっぱりサイテーの無法者の論理だよ。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 11:54:27 ID:j4WX3HrR0

協定or条約蔑ろはお互い様。

でも中国は、半植民地からの主権回収という、独立闘争の側面があるが、
日本は西欧側に立って、権益の保持延長拡大を図った側。


714 :世界@名無史さん:2009/08/08(土) 12:37:26 ID:JbTt8FxI0
シオニスト・ユダヤは敵対する勢力の両陣営を育成して戦争を誘発する。

*ヘンリー・フォードは個人的にナチスに献金した最初の外国人であった。その後ドイツでの生産を拡大し1942年時点ではドイツ軍のトラックの3分の2がフォード製であった。
*ロックフェラーのスタンダード石油は、IGファルベンと全面的な提携関係にあった。IGファルベンは、合成ゴム、プラスチック、火薬、爆薬、毒ガス、航空用ガソリンの最大の供給会社に成長したが、シュローダー財閥と並びナチスの最大のスポンサーであった。
*アルコアとIGファルベンは協定を結び、マグネシウム製造に関する国際特許を独占した。
*米系カナダ企業のインターナショナル・ニッケルとフランスのカレドニッケルのニッケル市場国際独占協定に、IGファルベンもアメリカの勧誘で参加し、3社で世界市場を分割した。 + *ゼネラル・モータは海外生産の50%以上をドイツで行っていた。
*チェース・マンハッタンとJPモルガンはアメリカ企業の対ドイツ投資の窓口であり、フランス占領後もフランス支店で、ユダヤ人資産没収を含むナチスのための業務を秘密裏に継続した。(1998年にユダヤ人遺族から訴えられた)
*ゼネラル・エレクトリックとクッルップ・スチールは、炭化タングステンの価格カルテルを結び国際価格を9倍以上に吊り上げた。
*ドイツの4大製鉄会社が合併して結成した会社、合同製鋼の設立時の7千万ドルの社債はディロン・リードが引き受けした。
*ハリマン商会のユニオン銀行(43代ブッシュ大統領の祖父が経営)はナチスの活動資金を、オランダの貿易海運銀行を通じて1942年まで提供し続けた。(1942年アメリカ政府により資産差し押さえ)
*IBMはナチスに、収容所のユダヤ人のIDパンチカードとその識別装置を提供した。
*イギリスのシェル石油は、1941年の独ソ開戦までロシアとルーマニアの石油をドイツに提供

ずぶずぶだったナチスとアメリカ・イギリスによる戦争(爆w

三井はHSBC(香港上海銀行)、三菱はシティ銀行と結託

自虐史観からの脱却など餓鬼の戯言
弱肉強食の覇権争い陰謀合戦に負けたから日本帝国は消滅したに過ぎない
田母神のような芸者の動きに一喜一憂するよりも
中国とアメリカの間で生き残る未来を考えるほうが先だ

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 13:03:37 ID:j4WX3HrR0
>>714
なんでユダヤ嫌いのフォードの行動まで、ユダヤの陰謀に含めたがるんだよ。

陰謀論者は、いつもレベル低い。


716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 13:07:34 ID:Opj7ZLmE0
>>713
最初に条約を破棄したのが中国なんだから、被害者側が自衛のための行動に出るのも仕方有るまい。

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 13:12:32 ID:j4WX3HrR0
>>716
満州事変みたいなやり方は問題ありすぎて、
正当性を認めてくれる他国は一つも無し。

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 13:20:32 ID:auP7GyYO0
>>716
アパートの大家に嫌がらせをされたからと言って、アパートを丸ごと占拠すれば「侵略」と
言われても仕方ないけどな。

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 13:26:09 ID:Opj7ZLmE0
>>717
いや、それはウソ。現実には数多くの国々が満州国を承認しているし、当の中国政府すら
認めている歴史的事実。

もちろん現在の中共政府は前政権に対して文句を言い罵っているが。

> 第二次国内革命戦争
> 第一章 中国の共産主義政権の建設(略)

> 蒋介石は日本と売国的「塘沽(タンクー)協定」を結び、日本の東北3省と熱河省の占領を認め、また河北東部を”非武装地帯”にして、中国軍隊のそこでの駐留を禁じた。
> ttp://www.ipc.hokusei.ac.jp/~z00323/classes/history/topics/war/textbooks/war_china1.html

>>718
土地所有者による資産略奪や暴行に対処しようとするなら反撃するしか有るまい。

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 13:30:49 ID:j4WX3HrR0
>>719
なにが嘘だよw
お前はタダの馬鹿。

満州事変の正当性否認と、
後の政治情勢による満州国承認は別問題。


721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 13:40:41 ID:auP7GyYO0
>>719
> 数多くの国々が満州国を承認しているし

こんな国々だけどね。世界の主要国は、ほとんど承認していない。

大日本帝国(枢) - 日満議定書によって承認
エルサルバドル - 日本に続いて二番目の承認国。
当時の独裁者マルティネス将軍個人の意向によるところが大きい
中華民国南京国民政府(枢)
タイ(枢)
ビルマ(枢)
フィリピン(枢)
蒙古聯合自治政府(枢)
自由インド仮政府(枢)
ドイツ(枢) - 独満修好条約によって承認
イタリア(枢) - 後に日満伊貿易協定を締結
スペイン
バチカン
ポーランド
クロアチア(枢)
ハンガリー(枢)
スロバキア(枢)
ルーマニア(枢)
ブルガリア(枢)
フィンランド(枢)
デンマーク

(枢)のついている国は枢軸国(その後離脱した国を含む)。

ソース:Wiki

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 13:41:16 ID:Opj7ZLmE0
なんだ単なるダブスタか。満州国不承認はきれいな不承認。満州国承認はキタナイ承認ってヤツねw

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 13:43:59 ID:auP7GyYO0
>>722
意味不明。

きれいとかキタナイって、何のこと?

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 13:55:11 ID:Opj7ZLmE0
さて数多くの国々が満州国を承認したことは歴史的事実で反論無し。それは良いとして
問題なのは国家間の国際条約・協定を破棄してイイと思い込んでいる無法な中国および
中国信奉者達の横暴・無法ぶりかな。

こうした未開の蛮族に、近代国際社会に参加する資格ナシ。

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:01:37 ID:j4WX3HrR0
>>724
満州事変が、条約等に基づき、
どの他国も正当性を認めてくれなかった事に反論できずか。

後の満州国承認は、政治情勢上の別問題だからな。

>国家間の国際条約・協定を破棄してイイと思い込んでいる無法な中国

日本の条約蔑ろは、低劣な書き込みで必死に擁護するID:Opj7ZLmE0


726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:05:01 ID:j4WX3HrR0
あと中国との”停戦”も
喧嘩中だが、とりあえず殴り合い止めよう、
程度の話にすぎない。

大馬鹿ID:Opj7ZLmE0「停戦成立したから、中国も満州国を認めた」


727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:05:50 ID:Opj7ZLmE0
>>725
「正当性」なんて宗教論争に意味はない。重要なのは現実なのだよ。
満州国建国も当初は政治情勢上の摩擦があったものの後に多くの
国々が承認している。問題なし

>条約蔑ろ

ループ先は >>716 の方へ

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:07:15 ID:Opj7ZLmE0
>>726
>停戦

そっちのループ先は >>712 の方へ

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:10:01 ID:j4WX3HrR0

大馬鹿ID:Opj7ZLmE0「満州事変は、後に満州国を認めた国が出たから問題なし」

後に枢軸陣営になったら、満州国を承認せざるを得ないだろ。
満州事変が正当という問題とは、全く違うがな。

満州事変は、国内法でも国際条約でも問題ありすぎ。
当時も、正当性を認めた他国は一つも無し。


730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:12:11 ID:Opj7ZLmE0
「正当性」なんて宗教論争に意味はない。重要なのは現実なのだよ。

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:14:20 ID:j4WX3HrR0
>>728
盧溝橋の後は、中国側の事件が散発的に続いたが、
日本もその前に、条約や相手主権を蔑ろに介入工作してる。

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:15:59 ID:j4WX3HrR0

大馬鹿ID:Opj7ZLmE0「満州事変は、後に満州国を認めた国が出たから問題なし」
大馬鹿ID:Opj7ZLmE0「停戦成立したから、中国も満州国を認めた」
大馬鹿ID:Opj7ZLmE0「国連決議なんて宗教論争」

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:16:55 ID:37Ti88ivO
どっちが悪いとかって本当にどうでもいい話だな。
正当性あっても負けたらしまいやし

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:17:58 ID:j4WX3HrR0

大馬鹿ID:Opj7ZLmE0「でも相手の行動は、ささいな事でも絶対悪の侵略さ」

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:18:04 ID:Opj7ZLmE0
>>731
>工作介入

日本は北支で話し合いを行い(悪意を持つものは工作介入と称するが)、戦闘をせず
停戦協定をきちんと守っていると説明しているのは判るが。

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:20:10 ID:j4WX3HrR0

華北分離工作

華北介入が非武装地帯の匪賊排除名目でも、
勝手に現地を切り離し、軍事経済教育等で干渉する傀儡政権を建て、
そこを舞台に関税破りの密貿易まがい(アヘン含む)とかする正当性はない。

工作には関東軍も関与し、武力恫喝も含まれてた。


737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:20:32 ID:Opj7ZLmE0
>>733
いや〜未開の前近代国に勝てず負けると悲惨だぞ。今のチベットやウイグルを見れば判ると思うが。
無法な中国に支配されたら非道い目にあう。勝ち負けは本当に大事なんだ。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:33:21 ID:Opj7ZLmE0
>594
> そうかい? 検証されて困るのはだれか、当時の日本が9カ国条約会議にも訴えず、

>596
> 九カ国条約会議なり > 自分の条約違反が咎められるようになってから後出しで、

これもダメダメ。当時の状況を丸で理解してない。ベルギーの事例でも挙げとこうか?

> 諸外国の条約を踏みにじる中国のお馴染み「革命外交」だが、最初の標的になったのは
> 一番弱そうなベルギー。中国は、まずベルギーとの通商条約を破棄した。
> 
> それに対してベルギーは当然ながら関係各国に訴えている。九ヶ国条約締結国の中で最も有力な国はアメリカ。
> 
> しかしアメリカ国務省の回答は・・・
> 「中国によるベルギー条約廃棄通告に抗議しているベルギー政府を、米国政府がなぜ支持しなければならないのか」
> って、やっかいごとはスルー。
> 
> 「アメリカ政府がいかなる国際協調的行動の提案も歓迎しないので、諦めるほかない」
> ワシントン在住のベルギー大使(マクマリーより)
> 
> お人好しの善人は国際社会がなんかしてくれると思い込みたがるんだろうけど。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 14:55:45 ID:Opj7ZLmE0
>>738

この後、ベルギー政府は国連のハーグ国際法廷に提訴したのだが、しかし中国は提訴手続きに応じなかった。
結局ベルギー政府は提訴を断念せざるを得なかった。

日本が中国政府による『革命外交』の被害を蒙ったのは日清条約。ここでもアメリカはベルギー条約の場合と
同じく手を引きいっさい関与しなかった。

日本はベルギーの前例から国連にアピールしても無駄だと判っているので、内田外務大臣を使い
アメリカに打診している。
しかしアメリカ政府の反応は冷淡で無法な中国に対して抗議も何もせず、日本に対し全く支援してくれなかった。
(これもベルギーの場合と同じ)

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 15:32:40 ID:WTY8hhB4O
またループかよ 過去ログ読め

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 15:52:48 ID:8os8AR4YO
このベルギー云々もとうの昔に論破されてることやん。
まーた性懲りもなくループかよ。たまには新しいネタ出せよw

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 21:24:00 ID:B/s4JdGi0
>>738 >>739
九カ国条約は中国の通商条約を破棄する国家としての権利を制限するものではない。


743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 00:28:02 ID:ZBk25NBl0
>>730
> 重要なのは現実なのだよ。
その通り。
重要なのは、満洲国が「枢軸国にしか承認されなかった」という現実だ。

これをどう解釈する?

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 08:14:45 ID:nEr/lwb90
8/15までに鶴のAAを1000までコピペして千羽鶴
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/aasaloon/1249772896/

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 12:02:43 ID:WqV9kci30
>>740-741
論破されて反論できないのは分かるがw ベルギーの話しは >>10 に出てきているが
その後のレスを見ても反論なし 

>>742
「革命外交」とやらで諸外国の条約を破りまくりの中国が何を言っても
説得力有りませんな

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 12:12:45 ID:WqV9kci30
>提訴もせず、自分の条約違反が咎められるようになってから後出しで、

>国連のハーグ国際法廷に提訴したのだが

それにしても今でも日本は竹島問題などで国際司法裁判所に訴えようとしているのだが
相手国が提訴に同意しないのに解決するわけもない・・・・・

こうした現実すら知らないで変な夢想しているからな〜サヨクってとにかく無能。
おそらく事実を見ないように必死だから まともな判断力が無くなるんだろう。

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 12:16:25 ID:/+KdvN2I0
涼宮ハルヒで学ぶ南京大虐殺

http://beauty.geocities.jp/nankingharuhi/


第一話・序
http://beauty.geocities.jp/nankingharuhi/1.html

第二話・兵士の日記は虐殺を意味しているのか?
http://beauty.geocities.jp/nankingharuhi/2.html
第三話・中国人の証言は真実?
http://beauty.geocities.jp/nankingharuhi/3.html
第四話・南京大虐殺に証拠写真なんてあるの?
http://beauty.geocities.jp/nankingharuhi/4.html

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 13:16:43 ID:VF/VF5q20
ループばかりするウヨは何がしたいのかわからん。
過去スレ検索すればいくら必死になっても反論不能乙で終わったのを蒸し返しているのまるわかり。
おまけに、当時日本が提訴すらせず実力行使に訴えた(しかも理由自体後付)を、現在の相手が提訴に乗ってこなかったからって別に日本は実力行使してない話とごっちゃにしようとして失敗しているし。

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 13:38:48 ID:WqV9kci30
と言うかベルギーの話しでは中国の「革命外交」が悪いとして既に論破されているのに
ウソついて誤魔化そうとしてるだけだな。>サヨ

やれやれ

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 13:42:46 ID:WqV9kci30
ま、親切心から過去スレでも

前スレ ↓ の 96 で中国のベルギー条約無視は中国が悪かったと論破済み 

前スレ
田母神航空幕僚長の論文を歴史学会は論考せよ
ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1240733261/

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 13:46:28 ID:VF/VF5q20
>>749
嘘つけ。
日本は(他の国と同じように)中国の要求について個別的交渉に乗ってるじゃないか。
それも過去スレでガイシュツ。
つまり一度交渉当事者となると認めた(むろん相手の言い分丸ごと容認ではない)件を、また後付で持ち出して口実にしても通じるわけないじゃん。
ミスリード何度目かの失敗乙。

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 13:50:11 ID:r5s9lN+Y0
こいつって、南京事件(大虐殺じゃなくて外国人が襲われたほう)が理由になるとほざいて、
しかし日本が外交での決着を公式に認めていた、それが口実になるわけないだろと言われて逃走した奴と同じ匂いがするな
だいたい条約を破棄する権利は各国がもっており(例えば日本もワシントン軍縮条約を破棄)、別に破棄しようがそれは中国の主権なんだが
当然、その責任やペナルティは負うことになるがな

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 13:57:47 ID:WqV9kci30
>740-741
大口叩いて結局ベルギー条約問題で論破されたって判ったなら黙れば?

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 14:01:44 ID:WqV9kci30
>例えば日本もワシントン軍縮条約を破棄

無論、コレは嘘。ワシントン条約の更新を止めたに過ぎない。

>別に破棄しようがそれは中国の主権なんだが

これもウソ。と言うか、たわ言も程々に。近代国際社会で「条約・協定・契約を破棄するのはボクの自由」
なんて語ったらフルボッコだぞw

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 14:06:02 ID:lkxv/bGX0
>>753>>754
はいはい。再反論不能+基礎知識なしさらし乙。
日本は中国の革命外交に、一部物品に関する関税維持猶予を条件に日華関税協定結んで関税自主権返還で妥結。
ってか基本的な外交年表すらみてないでわめいてないか?

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 14:12:57 ID:lkxv/bGX0
余談だが、条約自体の各行為要件について、国際的取り決めができたのは条約法条約(条約法に関するウィーン条約)。
1969年採択だから、当然以前にはこれの元になる慣習の存在は考えられても、遡ってどうこうは無理だな。

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 14:21:39 ID:lkxv/bGX0
余談の余談。ドイツがヴェルサイユ条約一方的破棄した時は、日本は同年に防共協定に同意。破棄した国を全然責めてませんな。

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 15:42:00 ID:k7l3xblNO

当時、満州事変は侵略とみなされなかった。
これが歴史的事実である。
満州事変はタンクー協定で停戦合意した。
満州事変は侵略ではなかったのだ。
東京裁判で取り上げたこと自体おかしい。

馬鹿は国連決議3314を根拠に侵略と言い張る。
だが、これが根拠になるのは決議3314以降の出来事。
満州事変は当時侵略ではなかった。
後から善悪の価値観を当てはめるのは歴史修正主義にすぎない。

東京裁判も歴史修正主義であった。
パール判事も満州事変を侵略戦争ではないと判決に書いた。
満州事変が侵略だったという教科書の記載は嘘である。
侵略ではなかったのに、後から侵略と決め付けられたのだ。


759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 15:43:26 ID:NsxBAjwr0
>>758
中卒携帯おじさん、まだ頑張ってるのw

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 15:44:32 ID:PsZGiZ9t0
ウヨクは反論不能に追い込まれると、すぐループコピペ爆撃で流そうとするから困る。
悔し紛れなら悔し紛れで、もう少し迷惑にならん方法とれんのか?

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 15:57:06 ID:NsxBAjwr0
中卒携帯おじさんは、引き出しの数が少なすぎて、他に書くことないんだよ。
よくいるじゃん。友達のいない人間。たまに人と会話しても話題の数が少なくて
話すことがなくて、同じことばかり言う奴。
このスレだけでなく、慰安婦スレとかでも、この最終学歴中卒の携帯おじさんは
短文でage荒らしするぐらいしか書くことが他にない。
要するに、寂しいから構って欲しいんだよ。

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 15:59:16 ID:NsxBAjwr0
しかも、構ってもらう相手が2ちゃんの日本近代史板のいくつかのスレぐらいしかない。
携帯電話をいじりながら一所懸命レスしている。寂しすぎ〜w

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 16:10:21 ID:NsxBAjwr0
中卒携帯おじさんのレス集

77 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/09(日) 14:49:27 ID:k7l3xblNO

日本軍がひどいことをした、というのは中国・朝鮮・反日馬鹿左翼のプロパガンダにすぎない

日本軍は荒廃した土地に秩序と安定をもたらした白馬の騎士だった。

日本統治下での朝鮮半島、そして満州国の繁栄ぶりを見れば明らかだ。

韓国軍は強姦魔。


421 名無しさん@お腹いっぱい。 New! 2009/08/09(日) 14:41:39 ID:k7l3xblNO
馬鹿サヨが主張する良心の自由などという概念は憲法にはない。

国歌が嫌いだから業務命令に背いて良い、と言うワガママは通用しない。
馬鹿サヨは敗訴して当然である。許したら生徒達に示しがつかない。

思想の自由は認められているから、国歌を憎んでも構わない。
だが、教員である以上、法令・命令に従う義務がある。
違反したら処罰されて当然。

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 16:12:06 ID:NsxBAjwr0
>>763
191 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/25(土) 20:17:36 ID:o3UFQk3aO
嘘つきクソばばあ
211 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/28(火) 23:16:50 ID:gAWtev4FO
従軍売春婦ばばあ
219 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/30(木) 21:29:46 ID:RKy6NYF6O
朝日新聞がでっち上げた従軍売春婦ばばあ
237 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/06(木) 12:38:47 ID:jgwqs0UhO
嘘つき従軍売春婦ばばあ
258 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/09(日) 14:51:09 ID:k7l3xblNO
朝日新聞がでっち上げた南京大虐殺

17 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/22(水) 21:59:44 ID:gV14Q8/oO
渡部昇一が嫌いな馬鹿は氏んでいいよ
23 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/23(木) 14:17:03 ID:HhhkSUJ8O
低能君は渡部昇一が大嫌い。
レベルの低い人間ほど渡部昇一を憎んでいる。
哀れだなw
73 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/28(火) 16:28:47 ID:gAWtev4FO
渡部昇一が嫌いな奴は学者として役に立たない
74 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/28(火) 16:47:45 ID:gAWtev4FO
人間として伸びない奴は渡部昇一を嫌っている。
86 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/30(木) 21:28:20 ID:RKy6NYF6O
渡部昇一が嫌いなカスは行き詰まる
89 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/31(金) 22:20:28 ID:A9+3ACx6O
渡部昇一を嫌う奴らは人間のスケールが小さい

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 16:47:29 ID:SO7wWEDa0
ID:NsxBAjwr0

アホ杉

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 17:39:31 ID:PsZGiZ9t0
IDかえて必死ですねループコピペさんはw

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 18:46:01 ID:oWLfOVmU0
>>754
>近代国際社会で「条約・協定・契約を破棄するのはボクの自由」 なんて語ったらフルボッコだぞw
なるわけがない。
不戦条約以前には戦争は国家の権利と見なされていた。
そして、宣戦布告や開戦は、それ以前の友好(和親)条約、講和条約、国境協定などの破棄宣告と見なされている。
主権国家には、自分の都合で条約を破棄する権利は存在したんだよ。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 20:26:21 ID:4OtxiVOk0
>>766
中卒携帯おじさんはIDを変えてないよ。>>765は別人だろう。
中卒携帯おじさんはPCを持ってなくて携帯からしか書き込めない。
ネットカフェから書き込む手もあるけど、金がないからそうもいかない。

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 20:26:52 ID:NbrIzrffO
>「条約・協定・契約を破棄するのはボクの自由」


連盟脱退通告文での日本の主張だな

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 20:56:10 ID:k7l3xblNO

馬鹿左翼も中国人も、>>758の歴史的事実を論破できないから、
悔し紛れに揶揄・嘲笑して内容には全く触れない。

歴史的事実を論破するのは不可能だからである。
馬鹿左翼と中国人の歯ぎしりが聞こえるようで実に愉快だ。

歴史修正主義者は叩き潰さねばならない。


771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 21:08:35 ID:4OtxiVOk0
>>770
「論破」だってw
そんな恥ずかしい言葉、よく使えるなw
論争を趣味にしているぐらいだから、中卒携帯おじさんには友達がいないんだろw


772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 21:09:37 ID:NbrIzrffO
> 歴史修正主義者は叩き潰さねばならない。

白人を侵略者よばわりする田母神も叩き潰さねばならんな

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 21:10:00 ID:ikJgw+290
>>771

>>770の術中にはまってることに気付けよ
バッカジャネーノ



774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 21:44:23 ID:xKCkzXWxO
よくわからんが電話です

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 21:45:33 ID:ChGZ5oabO
》770

お前には立花隆がゴミ部 昇一に言った「論破されてる事さえ理解できない程,愚かだ」って台詞が ぴったりだよ

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 22:15:13 ID:xKCkzXWxO
立花は信用できん

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 22:22:05 ID:ikJgw+290
>>775
又一人術中にはまった。
もうやめとけよ。

そんなに障るなら、何度でもループさせて
何度でも論破すりゃいいじゃん。

どっちの勝ちか、読んでる奴が勝手に判断するよ。



778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 23:08:08 ID:ikJgw+290
俺、無意識に777をゲットしてた。なんか良い事あるかもねw


779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 03:54:29 ID:rEtBF5pS0
>>767
>不戦条約以前には戦争は国家の権利と見なされていた。
>そして、宣戦布告や開戦は、それ以前の友好(和親)条約、講和条約、国境協定などの破棄宣告と見なされている。

はあ、なるほど。中国が日本に侵略戦争を仕掛けたと認めた訳ね。サヨクも一歩前進したな

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 04:03:06 ID:LSkNbm380
>>779
はぁ、何わけのわからないこといってるんですか。
日本は破棄なんか受けちゃいない。交渉して、妥結している(関税協定)って何度もガイシュツ。
基礎知識もない、反論不能になった話をループ、コピペ、そして今みたいな知能障害。
ほかに何もないの?w

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 04:17:22 ID:rEtBF5pS0
>>780
>はぁ、何わけのわからないこといってるんですか。

その言葉、そのまま返すぞw まあ、いずれにしても中国サマの「革命外交」なんて
国際社会に通用しないって理解したんだろ?

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 04:25:06 ID:rEtBF5pS0
> 重光葵著「昭和の動乱」によれば 
>  王外交部長は重光公使に対し
>    「外国の利権回収はもちろん、満洲も包含するものであって、旅大の租借権も満鉄の運営も、いずれも
>     皆公表の順序によって、支那側に回収するつもりである」と言明した。
>  重光
>     「王外交部長の革命外交強行の腹案発表は内外の世論をにぎわし、日本の軍部を甚だしく刺激し、
>      幣原外交の遂行に致命的の打撃を与えうることとなった」 

中国側は「革命外交」によって日本人の資産の略奪を明言しているな。日本が激怒するのも当然。

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 04:40:52 ID:rEtBF5pS0
>>780
意味不明なことばを羅列してる人もいるので解説もしておこう

> 日華関税協定(1930年5月6日)(調印書)
>   交渉は、重光と宋子文財政部長との間で進められ、同年5月6日に重光臨時代理公使と王正廷外交部長の署名により「日華関税協定」が調印されました

続いて王正廷外交部長が1931年5月に突然発表した「革命外交」

> 中国政府は急進的な「革命外交」(不平等条約の破棄、利権回収の実現)を推し進めており、小幡公使へのアグレマン拒否など諸々の対日強硬策をとったほか
> 日本が満州に有していた旅順・大連の租借権や満鉄なども利権回収の対象とされていました。
> 他方、日本側では関東軍を中心として、満州における日本の各種権益は武力をもっても死守すべきとする議論が高まっていました。
>  こうした状況において、1931年9月18日に満州事変が勃発しました。

外務省
http://www.mofa.go.jp/Mofaj/annai/honsho/shiryo/shidehara/03_2.html

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 05:33:57 ID:LSkNbm380
>>781
だから日本には通じてますが。
散々言われているように、交渉して妥結という流れでな。
中国悪玉論を主張したいのはかってだが、なぜ破綻して反論不能で消えた話を、しかも再反論ではなく一方的まくしたてで押そうとするんだ?
無理だとわかるだろ、コピペ馬鹿と同レベルでもない限りw

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 05:37:10 ID:rEtBF5pS0
>>784
どうでもいいが、すぐ上のHPも読めないのか? 

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 05:38:43 ID:LSkNbm380
>>785
読めているが?
明らかにお前さんのいうことと違うわけだが。

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 05:43:11 ID:LSkNbm380
だいたいこれは、他の必死に後付した理由を持ち出したときもいわれたことだが。
そんなに中国の行為が重大なら、それこそ後に日本が条約破り繰り返した時されたように、
九ヶ国会議なり国連なりに提訴するのが筋。
話し合いに応じておいて、いきなり自力救済しましたなんて理屈通る分けない。
実際、当時から現在に至るまで一度も通らなかったしな。

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 05:44:19 ID:rEtBF5pS0
>>786
はあ、要するに日本が大幅な譲歩をする形で関税協定が調印されてめでたし・・・のはずが
軟弱幣原外交に甘えてつけ上がった支那側が「革命外交」プログラムを発表したと。

無論日本側は「革命外交」など全く認めず満州事変へと。何か異論でも?

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 05:46:03 ID:rEtBF5pS0
>>787
しかし何回ループする気だ? ループ先 >>738-739

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 05:49:31 ID:LSkNbm380
>>788>>789
だから自分がループさせておいて何をいってるんだ?
日本は話し合いに応じており、相手がどうこう以前にそれこそ提訴しなかった。
そして日本政府自身も実力行使する気はさらさらなかったのに。
軍隊が勝手に暴発。おまえさんらウヨの言うことは、所詮そこからの後付でしかないじゃないか。
根本的におかしいわけだが。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 05:51:32 ID:rEtBF5pS0
>>790
ループさせているのはお前だよ。国連やアメリカに提訴して解決するくらいならベルギー条約問題はとっくに解決している。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 05:52:07 ID:LSkNbm380
どれだけループさせようが、日本とは状況違う話持ち出そうが、
所詮は日本軍の勝手な自作自演の暴発を抑えられなかった日本が、それを糊塗するために苦し紛れに出した後だしのごまかし。
お前らのいってることもただそれだけじゃん。
だから当時から現在にいたるまで、まったく通じたためしがない。
そろそろ史実と現実をみろよ。
根本がおかしいから、いくら喚いても無駄。

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 05:53:52 ID:rEtBF5pS0
言うまでもなく根本からおかしいのは中国の条約無視を合法と言い張るお前の方。
何回ループさせる気か知らないが国際法を無視する無法が通じるわけがない

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 05:57:48 ID:rEtBF5pS0
>>792
>だから当時から現在にいたるまで、まったく通じたためしがない。

とんでもない。当時のアメリカ合衆国公使のマクマリーはどう考えていたのか

> (極東の中国による)脅威が顕著となっても国際協調の枠組みは無力だった。(中国の)脅威に対抗したり、備えたりするような
> 国際協調行動は、ほとんど行われなかった。その結果、日本は自力で安全を確保しようとしたのであった。
> 
> (中国は)行き過ぎた行動(条約無視、外国人迫害)によって、周辺諸国を安心させるのではなく、周辺国の利益と安全を
> 保障していた国際システムを掘り崩していった。
> それは中国自身の安全と利益を掘り崩すことでもあった。(横暴な中国人自身の招いた当然の結果。自業自得)
> 
>ジョン・ヴァン・アントワープ マクマリー (「満州事変から日中戦争へ」 加藤陽子著)

問題なく、中国が悪いと認めている。

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 06:08:31 ID:LSkNbm380
>>793
誰もそんなことはいってないが。
中国のその態度に対して、当時日本は話し合いをとっていた。
にもかかわらず、軍が勝手に国内・国際法双方で違法である暴発かました。
お前が言を左右にしたり(といっても相変わらずループだったり、状況がよくわからないうちに日本に同情的態度をとった時点でのつまみ食いトリミングばかりだが)しようが、
根本的に後付の文句でしかない。
時系列はいくらゴネてもかえられない。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 06:38:16 ID:WdFlIr340

論理的に整理

侵略定義・・・当時は不明確。(1974年に国連定義)
条約or協定蔑ろ・・・日中双方。
相手主権の地に介入・・・日中間で日本だけ。
満州事変〜・・・条約等に基づき、国連決議で正当性否定。厳密には停戦にすぎず、終戦が成立してない。


797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 06:42:04 ID:WdFlIr340

だいたい、半植民地だった中国の主権回収が侵略なら、
植民地独立闘争も、法律二の次だと侵略になる。
それに建前で手を貸した日本も侵略者。

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 07:30:13 ID:LSkNbm380
>>796
一つだけ訂正したいな。
当時の国連規約十条で、他国の領土と政治的自主性を侵す行為は侵略、としているよ。
少なくとも日本含む国連加盟国は同意済み。

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 09:01:22 ID:VqBAo3cc0
>>779
意味不明だな。
主権国家に条約を破棄する自由や権利がある事が、なんで中国の侵略の証明になるのか。

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 12:06:53 ID:UE69lNB9O
関特演は中立条約違反だからソ連参戦は正当

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 14:21:15 ID:OS1t4sc50

『中国はなぜ反日か?』

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/62.html

「中国はなぜ反日か」 を 「日本に自虐史観を植えつけるのは誰か」「日中歴史の真相とは」
という観点から説明します。
少し長いが丁寧に読めば、 自虐贖罪史観の嘘 に気づき、 正しい歴史認識を持てるはずです。

◆目次
■1.張作霖爆殺はソ連の謀略、満州事変は防共戦
■2.支那事変(日中戦争)も中共の陰謀工作で勃発(侵略戦争ではない)
■3.「歴史が隠蔽されたまま」では「過ち」は繰り返される
■4.補足説明:チベット問題から学ぶ歴史の教訓
■5.さらに理解を深めたい方へ(孫文の失敗:辛亥革命〜中国近代化の実際)




802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 14:52:15 ID:Xwt+l0GyO

日本が国連を脱退した後も、軍事作戦は継続され小競り合いが続いた。
しかし1933年5月31日、シナ側の要請によりタンクー協定が締結され停戦合意となった。

タンクー協定第3項では「シナ軍の撤退後、日本軍は万里の長城の線まで帰還する」と明記されている。
これの意味するところは、関東軍の守備範囲は万里の長城以北だ、ということである。

つまり、シナは満州国を事実上黙認したのである。かくして満州事変は終結した。


803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 14:55:33 ID:iNRSYaWX0
>>795
話し合いで、中国が「革命外交」を取り下げるなら良いけどね。無理だった

>>799
極めて明白な話しじゃないか? >>779 の様に某国が侵略戦争を仕掛けるなら侵略国家と認定されるのは

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 15:13:44 ID:WdFlIr340
>>803
日本の満州事変が、極めて明白な侵略だから、
極めて明白に、どの国も正当性を否定したと言いたい?

確かに、自衛認めずの決議が、
賛成42カ国、反対1カ国(日本)、棄権1カ国
は、かなり明白な結果だが。


805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 15:16:13 ID:lDwt3xvy0
話し合いに応じておいて、武力行使どころか提訴する話でもない、としておいて。
身内の不始末を処理できず追認した結果、後から持ち出して相手が悪いんだと泣き喚く。
そりゃ当時から現代まで通じるわけない。
根本的に●●だから実力行使した、じゃなくて。
身内の暴走抑えられなかったから、話し合いの類で処理していた(しようとしつつあった)話をイチャモンで蒸し返した、だから。
ウヨ唯一の手段であるループを繰り返して無駄無駄。

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 15:24:18 ID:Xwt+l0GyO

アメリカ国務長官は、満州事変を侵略であると非難しなかった。
九カ国条約違反・不戦条約違反と警告しただけである。
この警告に対してもイギリス・フランス・イタリアなどは冷淡であった。
彼らは未成熟で野蛮なシナに対する軍事行動に同情的だった。

リットン報告書も日本の立場を充分理解しており、日本を侵略国と認定していない。
イギリス外相は、リットン報告書第九章をもとに、満州事変の侵略性を否定する演説を行った。
アメリカは満州事変に不介入と宣言し結局侵略とは一言も言わなかった。

後にタンクー協定で停戦するが、関東軍は万里の長城まで撤退とされた。
シナは満州国を事実上承認したと言っても過言ではない。
シナは満州を自主的に放棄したのである。

満州事変が侵略ではなかったと言うのは明白な歴史的事実である。




807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 15:33:42 ID:Xwt+l0GyO
国連決議においては日本軍の撤退及び満州国不承認が求められたが、
日満議定書を取り交わして満州国を承認した日本は決議を不服として脱退した。

決議では日本軍の進攻と九カ国条約・不戦条約が両立しないとされたが、
満州事変は侵略とは認定されなかった。

満州事変が侵略ではなかったのは当時の国際常識である。




808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 15:42:12 ID:Xwt+l0GyO

当時、国際連盟によって侵略国家と認定されたのは、イタリアとソ連だけである。

日本は侵略国家と認定されなかった。これに尽きる。




809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 15:58:43 ID:xorJTZDBO
またいつものル−プが始まるよお

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 16:00:31 ID:WdFlIr340

かなり痛すぎな粘着厨の見解

日本の満州事変
「後に満州国の承認国が出たから問題なし」
「停戦成立したから中国も認めた」

中国が停戦後に小事件
「絶対悪だ、アグレッションだ、侵略だ」


811 :810:2009/08/10(月) 16:06:30 ID:WdFlIr340

こんな論法使えば、
どんな紛争でも好きな方を悪者に出来るだけ。

世界どころか、国内でも一般論には成らんがな。


812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 16:30:32 ID:VqBAo3cc0
>>802
>これの意味するところは、関東軍の守備範囲は万里の長城以北だ、ということである。
違う。停戦ラインが万里の長城だと言う事である。停戦ライン以北が、占領軍に占領、支配権があると
認めたわけではない。守備範囲として認めてなどいない。
日本が北方4島の領有権を捨ててないのと同じ。

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 16:46:49 ID:VqBAo3cc0
>>806
>彼らは未成熟で野蛮なシナに対する軍事行動に同情的だった。
それは当初の行動まで。理事会の撤兵勧告決議を拒否し、熱河など侵攻を続ける日本に対し、
態度を変えている。それが42対1の表決だ。

>リットン報告書も日本の立場を充分理解しており、日本を侵略国と認定していない。
自衛にあらずと認定している。当時の定義では、自衛でなければ侵略。

>イギリス外相は、リットン報告書第九章をもとに、満州事変の侵略性を否定する演説を行った。
9章も英外相も、単純には言えないと言っているだけ。日本の満洲侵攻を自衛にあらずと認定し、
満州国を否定し、占領地からの日本の撤退を要求している。

>シナは満州国を事実上承認したと言っても過言ではない。
日本は北方4島を放棄したと言いたいのか?

>シナは満州を自主的に放棄したのである。
侵攻され、撃退する事が出来ずに停戦、講和する事が自主的な放棄になると言うのなら、
すべての植民地は自主的に主権を放棄し、列強の支配下に入った事になる。

>>807
>満州事変が侵略ではなかったのは当時の国際常識である。
すくなくともこの地球上にそんな「常識」は無い。君の脳内地球ではどうか知らんが。

>>808
>当時、国際連盟によって侵略国家と認定されたのは、イタリアとソ連だけである。
侵略行為をしたと非難されたが、侵略国家とは呼ばれて無いぞ。

>日本は侵略国家と認定されなかった。
リットン報告書では自衛にあらざる行動で、他国領を占領し、傀儡政権を立てたと認定されている。
政治的都合で侵略と言う言葉の使用を避けただけの話。

日本は侵略と言う言葉を使わず、撤兵を勧告。イタリアは侵略行為と名言、経済制裁を勧告。ソ連は除名。
マイルドに納めようとするやり方が通用しなくてより強い態度を取るようになって行っただけの事。
一番手の日本には政治的な遠慮があって、明確な言葉を使わなかっただけさ。

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 16:50:29 ID:Xwt+l0GyO

パール判事は、リットン報告書を吟味した結果、満州事変は断じて侵略ではないと断定した。

パール判事が重視したのは、満州における日本の特殊地位・シナの排日運動の違法性・共産主義の脅威である。

パール判事はこれらに関して報告書を詳しく研究した。その結論は以下の通り。

「満州事変当時、侵略戦争は国際法上犯罪となったとの見解を、仮に本官が受け入れることができたとしても、
本官は断じて満州事変を侵略戦争であるとは考えなかったであろう」





815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 16:59:55 ID:OS1t4sc50
>>813
リットン報告書より抜粋

「本紛争に包含せらるる諸問題は往々称せられるがごとく簡単なるものに非ざること明白なるべし。
…これらの諸問題はむしろ極度に複雑なり。

一切の事実およびその史的背景に関する徹底せる知識ある者のみ右問題に関する確定意見を表示しうる
資格ありというべきなり。

本紛争は…一国の国境が隣接国の軍隊により侵略せられたるがごとき簡単なる事件にもあらず。
なんとなれば、満州においては世界の他の部分において、正確なる類例を見ざる幾多の特殊事態存するを
もってなり」


少なくとも、貴様は「一切の事実およびその史的背景に関する徹底せる知識ある者」ではないだろう。
偉そうに大口叩くのはやめろ。みっともない。

「リットン報告書が、満州事変は自衛のための正当な行動でないと報告した」などと、一面のみを
強調するのはリットン報告書の「つまみ食い」に過ぎない。






816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 17:07:59 ID:lDwt3xvy0
だいたい、当時の日本人の学者(横田喜三郎)でさえ疑問に思ったように、
日本の権益と関係ない広範な地域を占領して、しかも兵を引くどころかさらに満州地方さえ越えて軍事行動続けて侵略続行の時点で、日本政府自身の主張とすら矛盾しとりますな。

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 17:23:09 ID:OS1t4sc50
>>813 横レス
>すべての植民地は自主的に主権を放棄し、列強の支配下に入った事になる。
満州国は植民地ではない。変なたとえ話を出しているがとんでもない誤解だ。

>9章も英外相も、単純には言えないと言っているだけ。日本の満洲侵攻を自衛にあらずと認定し、
>満州国を否定し、占領地からの日本の撤退を要求している。
因みに、イギリスの外相が日本を擁護したのは事実だ。第九章を元に満州事変は侵略ではない
と擁護したのだ。そして、第一章を元にシナの未開性・野蛮性を痛烈に非難した。イギリスの
日本擁護・シナ非難は態度としてはっきりしていた。

>>シナは満州国を事実上承認したと言っても過言ではない。
>日本は北方4島を放棄したと言いたいのか?
残念ながら日ソ共同宣言がある以上4島一括返還は放棄されたと
見られても反論は難しい。2島返還が限界だろう。

>>当時、国際連盟によって侵略国家と認定されたのは、イタリアとソ連だけである。
>侵略行為をしたと非難されたが、侵略国家とは呼ばれて無いぞ。
イタリアは侵略者、ソ連は侵略国家と呼ばれたようだ。

>>日本は侵略国家と認定されなかった。
>リットン報告書では自衛にあらざる行動で、他国領を占領し、傀儡政権を立てたと認定されている。
国連規約10条に自衛でなければ侵略という定義は無い。これは貴様だけの脳内定義だ。
リットンは自衛でないが単純な侵略ともいえないといって判断を避けている。
それだけ複雑怪奇で多に類を見ない問題だったのだろう。

リットンは満州国は傀儡国家であると断じていはいない。ただ、「満州族の独立運動の存在」
と「満州国を建国したのはやりすぎ」という判断に基づいて満州に自治政府を作る
という案を提案した。主権はシナだが、高度な自治を認める案である。








818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 17:32:31 ID:UyxphMAc0
またループ……。
それしかないのか。
特に事態がよくわからないうちは日本寄りの発言をしたが、把握後結論は強烈な日本批判に回った国々の発言を途中つまみ食いするのはなんとかならんか?

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 17:47:43 ID:VqBAo3cc0
>>815
>貴様は「一切の事実およびその史的背景に関する徹底せる知識ある者」ではないだろう。
リットン報告書には、必要な知識が提供されている。出なければ勧告を出せないし、
勧告の是非を報告相手の連盟各国に求める事もできないからな。

>リットン報告書の「つまみ食い」に過ぎない。
自衛にあらず、満州国は住民の意思によるものではない、などと認定し、満州国の存続も、
日本による満洲の占領支配も否定している勧告内容などの、報告書の結論部分を見ず、
結論部分でもない問題の複雑さを延べた序論的な中間部分の一節を「つまみ食い」して
いるのは君の方だ。


820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 18:14:29 ID:VqBAo3cc0
>>817
>満州国は植民地ではない。変なたとえ話を出しているがとんでもない誤解だ。
論点は自主的か否かだ。植民地であろうが傀儡政権であろうが関係ない。
論点を全く把握できてないな。

>イギリスの日本擁護・シナ非難は態度としてはっきりしていた。
しかし、イギリスは、日本の行動を自衛にあらずとし、中国領を占領中とし、
満州国を否定し、日本の撤退を勧告しているリットン報告書の採択に賛成している。
政治家の発言をそのまま信じるのは馬鹿のする事。総会の結論に日本を従わせるための
ポーズとリップサービスさ。

>2島返還が限界だろう
あなたがそこであきらめるのは勝手だが、日本政府はあきらめてないぞ。
停戦協定や休戦協定が主権の変更を決定付けるものでは無いと言うことだ。

>イタリアは侵略者、ソ連は侵略国家と呼ばれたようだ。
この点については調べ直す。間違っていたら謝るよ。

>国連規約10条に自衛でなければ侵略という定義は無い。これは貴様だけの脳内定義だ。
不戦条約は、一般に侵略戦争の禁止と取られていた。
しかし、不戦条約は本来全ての戦争を禁止しており、自衛戦争は例外と言う留保がついている。
つまり、自衛ならざる戦争を禁止しており、それが侵略戦争の禁止と取られていたと言う事は、
自衛ならざる戦争=侵略戦争。
言葉の定義は全てが条約に盛り込まれているわけではない。常識や一般的通念から判断されるものでもある。

>リットンは自衛でないが単純な侵略ともいえないといって判断を避けている。
違う。単純ではないと、考察の序論で問題の複雑さを延べただけ。結論に該当する、
各部の事実認定、勧告の内容は、日本の主張と行動の大半を否定しており、侵略と言う言葉
こそ避けてはいるものの、日本の違法性、侵略性を示している。

>満州国は傀儡国家であると断じていはいない。
どうも、あなたたちは自分に都合の悪い婉曲表現、間接表現は理解できないらしい。
「「満州国政府」においては日本人官吏は枢要の地位を占め且日本人顧問は総ての重要なる部局に付属す国務総理及其の大臣は総て支那人と雖も新国家の組織に於いて最大の実権を行使する各総務部の長は日本人なり。」
「吾人は「満州国政府」なるものは地方の支那人により日本の手先と見られ支那人一般に之に何らかの支援を与え居るものに非ずとの結論に達したり。 」
これで、傀儡政権だと言ってないとでも?

>主権はシナ
ここ重要。

>高度な自治を認める案である。
これで、日本が表向き主張していた問題は解決されるはずであった。しかし、これを蹴って満洲全域の
支配を望んだ事で、日本はその侵略性を自分で証明している。

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 18:29:19 ID:Xwt+l0GyO
馬鹿サヨ涙目w

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 18:29:34 ID:TQPSDg2i0
>>814
ID:Xwt+l0GyO

は〜い、いつも同じことばかり書く最終学歴中卒の携帯おじさんの今日のレス
           ↓
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1177499785/431
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1210843562/269
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1215218542/84
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1247740407/198
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1235420864/958

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1240999113/273
       ↑
このレスなんて、お笑いだぜ。「朝日新聞が慰安婦をでっち上げた」というスレにやって来て、
わざわざ「従軍慰安婦問題は朝日新聞のでっち上げである」とだけ書き込んでいるんだから。
要するに、中卒携帯おじさんは、頭の中が空っぽなんだよ。他に書くことがない。
だから、「リットン報告書には・・・」とか、同じことばかり何度も繰り返し書くんだ。

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 18:50:49 ID:mx+uf3Sf0
>>822
大江裁判に興味のある人間にとって、曽野綾子も「鉄の暴風」も常識だろ。
低学歴のくせに、「教えてあげている」とでも思っているのか、こいつは?

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 19:15:14 ID:WdFlIr340

日本は「自衛以外はダメ」という条約の中で、
自衛の主張を否定された。
つまり、ダメ認定。侵略なる単語をどう解釈してもダメ。

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 21:39:45 ID:ovai4Z700
>>814
> 満州事変は断じて侵略ではないと断定した

史料を提示してください。

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 21:44:15 ID:hY9YCI3Q0
>>825
何人もこの政策を正当化するものはいない、と判決書ではいってるのにね。
田中正明あたりのウヨの捏造本に騙されたんじゃない?w

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 03:17:37 ID:y0Af/esQ0
>>804
それは満州国独立を承認するかどうかの決議だったと思うが、まあ気にすることはない。
後の多くの国々が満州国の独立を承認したのだから

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 03:23:48 ID:y0Af/esQ0
>>820
>侵略と言う言葉 こそ避けてはいる

まあ政治的解決ってヤツだね。>>74 いずれにしても国連が満州事変を侵略と認定していないのは概出

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 03:28:10 ID:y0Af/esQ0
>>767
>自分の都合で条約を破棄する権利は存在したんだよ。

最近のサヨクはソ連や日ソ不可侵条約を破棄して1945年に対日侵略を始めたソ連や、日本との条約を革命外交とやらで
破棄した中国の対日侵略を肯定するレスが目立つな・

まあサヨクが中国やロシアの手先である以上当然か・・・・

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 08:42:13 ID:Z3QnSA2JO
左翼じゃなくて歴史学者及び歴史オタだろ

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 10:16:29 ID:Cu3wiroW0
>>827
>後の多くの国々が満州国の独立を承認したのだから
その大半は、日独伊の侵略国と、満州国同様に侵略国に建てられた傀儡政権や、侵略国の影響下にある属国。侵略を是とする立場の国家にしか承認されてないわけで、逆に満州国の傀儡性、満州事変の侵略性の傍証だ。
共産圏にしか承認されてなかった北朝鮮が共産国であるようなもの。

>>829
論点を混同している。
国家に条約を破棄する権利と自由が存在する事と、その行為が侵略に当たるか否かは別問題。

中国の場合は半植民地状態からの脱却と言う大義名分があった。
ソ連の場合も、連合国に味方して侵略国家と戦うと言う大義名分があった。
それらは国際的に受け入れられている。

しかし、日本の主張した大義名分、中国側の鉄道爆破に対する自衛である、満州国は住民の意思により独立した、満洲は中国領ではないなどは、リットン報告書で否定され、その否定は連盟においても支持承認されている。

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 10:52:54 ID:DakSPdpWO
>>831
ゆとりが横からだが。

大義があるからなんて何の根拠にもならんだろ。
ソ連の行為が認められるなら戦争に勝てば国際的に認められる大義になる、となる。
議論の根幹を破壊する理屈じゃない?

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 11:32:09 ID:Cu3wiroW0
>>832
>大義があるからなんて何の根拠にもならんだろ。
その大義が国際的に認められると言うなら根拠になる。

>ソ連の行為が認められるなら戦争に勝てば国際的に認められる大義になる、となる。
そんな事は言ってないが。勝敗に関係なく、「侵略者への抵抗」は正当な理由になりうると言う話。
例えば、フィンランドは冬戦争の講和条約を破ってソ連に継続戦争をしかけ、そのためにドイツと組んで
2次大戦では負け組みに入っているが、冬戦争自体が侵略だったので、継続戦争の正当性は認められ、
ソ連を侵略したなどとは言われてない。
まあ、そう言う面も確かに存在するが、むしろ、そう主張しているのは満州事変正当化論者だが。
勝利した状態で停戦協定結んだから、満州国は国際的に認められる大義を得たと言うのが彼の論法。
(ついでに彼らの論法では、フィンランドはソ連を侵略した事になる)

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 12:24:50 ID:MB5v4QMO0
>>829
>サヨクが中国やロシアの手先である以上当然

ウヨサヨ以前の問題で、ここの粘着厨がレベル低すぎるだけ。

キチガイレベルのダブスタ>>810で、執拗に粘着続けるキチガイ。
レッテル貼りも、議論で勝てないからなんだな。


835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 13:25:29 ID:kzWXmUw5O
>>829
> 最近のサヨクはソ連や日ソ不可侵条約を破棄して1945年に対日侵略を始めたソ連や、日本との条約を革命外交とやらで
> 破棄した中国の対日侵略を肯定するレスが目立つな・


最近のネトウヨは事情変更の原則を主張した東京裁判弁護人を非難するわけだな

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 13:30:24 ID:NRpijlLg0
>>831
>その大半は、日独伊の侵略国と、満州国同様に侵略国に建>てられた傀儡政権や、侵略国の影響下にある属国。侵略を是とする立場の国家にしか承認されてないわけで

エルサルバドルやバチカン、ポーランド、デンマークがいつ侵略国になったんだ?
ソ連しか承認してなかった当時のモンゴルなんかどうなるんだよ

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 14:14:44 ID:Cu3wiroW0
>>836
エルサルバドルとバチカンは貴重な例外。(大半と書いてるだろ)
デンマークとポーランドはドイツ支配下影響下の国だよ。

モンゴル:当時は完全な独立国ではなく、係争地域だが何か。キャフタ条約で自治は認められた経緯があるし、
ソ連影響下ではあるが、満州国ほど露骨な傀儡状態でもない。また1946年には中華民国が独立を承認。
中華人民共和国も1949年に承認済み。

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 14:27:46 ID:JZzD+/TM0
バチカンとかっていずれもイタリアとかの影響下にあった国じゃん。
ポーランドだってドイツとソ連の顔色伺ってた時代(もっとも失敗して双方から攻撃されたのは有名な第二次大戦の火蓋)
まともな自由意志で満州国承認するメリットなんて当時はないからな。

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 14:37:57 ID:vXMsdZ6A0
>>837
>当時は完全な独立国ではなく、係争地域だが何か。キャフタ条約で自治は認められた経緯があるし、
>ソ連影響下ではあるが、満州国ほど露骨な傀儡状態でもない。
へえwww
公用文字をモンゴル文字からロシアのキリル文字に変えた上にコミンテルンの指示で仏教を弾圧して寺院破壊しまくった
挙げ句スターリンの指示で大量粛清までしたのに
傀儡じゃねえってかwww
>また1946年には中華民国が独立を承認。
国共内戦後直ぐに撤回して現在に至るまで承認してませんな

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 14:47:07 ID:+MH1zdNO0
>>837-838
つポーランドの満州国承認 1938年
君達の脳内世界史では1938年の時点で既にポーランドはナチスの支配下にあったようだねwww 

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 14:50:38 ID:JZzD+/TM0
>>840
あーやっぱり基礎知識ないプラス文盲か。
誰もドイツ占領下ポーランドが承認したとはいってないぞ?
ドイツとポーランドの顔色伺う外交していた時期に承認したりと、その後占領され、ね。
ウヨ板からの出張さん乙でした。

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 14:56:35 ID:2V2VG4Hm0
ドイツがポーランドにダンツィヒの返還要求を出したのは1939年の3月だが何か?
1938年当時はわざわざドイツの顔色を伺うような時期ではないな

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 14:56:50 ID:JZzD+/TM0
だいたいポーランドは国連総会での満州国不承認・日本軍撤退決議に賛同した国だぜ?
(この決議には46ヶ国賛成。反対は日本のみw)
そういう事情がなければ、掌返す必要性ないじゃん。

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 14:58:52 ID:JZzD+/TM0
>>842
やっぱり基礎知識ないw
1932年の時点で外務大臣ユゼフ・ベックら主導で独ソ間の均衡外交に転じてるんだよ。

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 15:11:59 ID:JZzD+/TM0
確かに傀儡政権からスタートして独立国家になった国はいくつもあるが。
満州国の場合、日本が倒れたら存続の努力すら試みずすぐ国家解散を決定。
恐らくこれが唯一満州国が自由意志で行った行為。
これじゃどうしようもない。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 15:22:11 ID:DKbBi6EvO

シナ側の要請により満州事変に関して停戦協定が結ばれることとなった。
満州事変はこのタンクー協定により停戦となり事実上終結した。

協定第3項にある通り日本軍は万里の長城まで撤退した。
つまり、日本軍は万里の長城以北での行動には制限がなくなり、満州国全域が守備範囲となった。

これは、シナが満州国を事実上承認したに等しい。

朝鮮戦争では、停戦ラインの38度線を境に南北朝鮮に分断され、2つの国になった。
これと殆ど同じである。

万里の長城を挟んで北は満州国、南はシナと事実上合意の上分断されたのである。
これがタンクー協定の意味するところである。

日本の馬鹿左翼は認めようとしないが、シナはこの歴史的事実を認識しており、
タンクー協定締結の日を国辱記念日と定めている。




847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 16:10:15 ID:MB5v4QMO0
>>846
>シナが満州国を事実上承認

承認してねーよw

日本軍が北京近くまで攻めてきたから、
慌ててとりあえず停戦に持ち込んだんだろ。
まあ当分はどうしようもないという態度。


848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 16:40:55 ID:L1uiAbsh0
>>846
ID:DKbBi6EvO

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1210843562/274
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1247740407/211-212
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1240999113/314
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1177499785/434
 
   ↑
は〜い、中卒携帯おじさんの今日の糞レス。
軍命令があったか否かが争われている大江スレでは、「なかった。これが事実。」だと。
まさに要点のみを簡潔に示した水戸黄門のご印籠のごときありがたいお言葉です。
ところで、このおじさんは、南京大虐殺は朝日新聞がでっち上げたと思っているようだなw
まさに中卒。もの凄いレベルの理解力!

「おじさん、寂しいから君たちに構ってもらいたいの。かまって、かまって〜」

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 16:56:03 ID:Cu3wiroW0
>>839
傀儡ではあるが、満州国ほど酷くない。
派遣されたソ連軍が人事権を握って、ソ連の省庁から派遣されてきた役人が、
ソ連国籍のまま次官級の正規官僚となって、国政を掌握するなんて真似はしてないから。

そもそも、モンゴル独立自体はモンゴル人が独立軍を組織して遂行している。
ソ連軍が入ってきたのはその後。
何から何まで日本がお膳立てをして先に日本軍が軍事占領していた満州とは全く状況が異なる。

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 17:05:01 ID:Cu3wiroW0
>>846
>日本軍は万里の長城以北での行動には制限がなくなり、
はあ? 事変開始後、日本軍が一体どのような制限を受けていたというのかな?

>守備範囲
国際法上、また国際政治上、全く意味の無い言葉だが。
領有権を得たわけでも、統治権を得たわけでも、租借権を得たわけでもない。
単に他国領を軍事占領しているだけなんだが。

>2つの国になった。
南北両政府ともそんな事は認めてないが。

>万里の長城を挟んで北は満州国
中国は満州国を認めてない。
君の理屈では、日本は択捉国後を日ソ共同宣言で放棄しており、現在の返還要求は不当であり、
ロシアの主権の侵害と言う事になるが、それでいいのか?

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 17:47:35 ID:7QxO88DN0
田母神の言うとおりだとすると、アジアを救った日本に原爆落として日本人を虐殺した
アメリカって地上最低の国家ってことになるよね
それなのにそのアメリカが創設した自衛隊に入隊して米軍の犬になってるってことは
この人のなかでは矛盾しないの?
しかも航空自衛隊って日本空襲を指揮したカーチス・ルメイによって創られた軍隊じゃんw

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 22:43:39 ID:JQy7M0yh0
>>836
バチカンがムッソリーニのおかげで独立できたのは知ってるかな?

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 23:42:21 ID:2PAolCD/0
このベルギーとの通商条約破棄が中国の9カ国条約違反だとか言っている人は
当時の状況をまったくわかってないだけじゃないのか?

と、思ったが渡部のトリミングを真に受けているだけか。
まともな学者が非難してないことからして
あれには中国側の非はほとんどないのだが。

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 23:47:33 ID:sy/LBT2k0
サヨが「当時の状況」に思いを馳せるようになったか。感心感心

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 00:10:45 ID:/SZabkkN0
いや、ベルギー問題を出してきて
当時の状況を全く知らないとか滑稽にもほどがあるというお話なんだが
お前にとっては理解が難しいようなものなのか?
アレで日本が中国に危惧を抱いたとするならば、
満州事変はまぎれもなく欧米がアジアの諸国にやらかした侵略と同じことを野郎としていた証拠に他ならない。

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 01:02:02 ID:k7vcMaRy0
そりゃ既に何度も指摘済みだが、満州事変にまつわる中国批判は陸軍の暴発を抑えられなくて追認したゆえの後付批判だからな。
当時の日本自身の態度と矛盾して当たり前。
ベルギー相手の交渉を見ても、日本は中国と交渉しており別に提訴も何もせず妥結。
後になって持ち出して通じるわけがない。

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 01:25:29 ID:yPaGU1pb0
今の日本の「まともな学者」は中国に不利になるようなことは口に出来ないんだよ。
中国を批判して大日本帝国を擁護すると、学会から破門同然にされて、学者としての地位を失うからね。

だから、歴史を直視して中国批判を公然と出来る先生方は在野の門外漢が殆ど。
歴史専門家の先生方は中国のポチだから、その論文も客観的に見ると眉唾だよ。
中国批判につながる史料は曲解するか、軽く触れて流すか、意図的に触れていない。

北京五輪前にチベット問題が噴出したが、このときも専門家先生方は完全に沈黙した。

長い時間をおいて出てきた中国批判が
「チベット支配は、満州事変のような侵略と誤解されるからやめた方がよい」
という間抜けなつぶやきだけだった。

いまの歴史学界では中国批判はタブーなのさ。
このスレを見てみろよ。
「中国様は可哀相な被害者・日本は侵略者」の書き込みが溢れているではないか。

左翼学者といわれる連中の目が完全に曇っているのが嫌と言うほどわかるよ。
中国から報酬もらって、宣伝部隊として働いているんじないかと本気で疑いたくなる。




858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 01:44:08 ID:yPaGU1pb0
歴史問題を煽って日本から多額の金をせびり取った江沢民にしても、

「中国は昔日本に酷い目に会わされたと苦情を言ったら、意外にもにも
あっさり認めて多額のODAを献上してきた」

ということを言ってる位だ。これから江沢民の歴史タカリ研究が始まるのだが、
中国の外交的恫喝にあっさり屈した日本の政治家と外務省は万死に値するね。

ここで、「過去の事にとらわれず未来志向で進むのが両国の共通の利益に繋がる」
と強く反論していれば、日中間の歴史問題が政治問題にする変わることは無かったのだ。
誠に嘆かわしい。
「日中平和友好条約の精神で未来志向で進みたい」でもよかった。
すぐに謝るのが日本外交の欠点だ。いつからこんなに軟弱になったのか?

その中国からして、ベトナムに過去の侵略戦争について謝罪を求められた時
「過去の事にとらわれず未来志向で進むのが両国の共通の利益に繋がる」
と言って謝罪を拒否したのだ。日本外交は本当にお嬢様外交だ。

下らぬ贖罪意識を持っていると外交の場では完全に足をすくわれる。

鳩山は村山談話を上回る売国談話を発表するつもりらしい。
ここで戦後補償を行えば、過去に結んだ条約が無意味になる、ということが
しっかり理解できているのか、実に不安だ。

示談で解決済みの話に関して、後から更に金を払ってやる馬鹿がどこの世界にいる?



859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 02:38:28 ID:4SVZjq3M0
>>852
バチカンが満州国を承認したのは1934年なのでイタリアとはまだ同盟関係にはありませんよ

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 03:00:53 ID:k7vcMaRy0
>>859
その年は日本がイタリアのエチオピア侵攻を共同声明出してまで認めた年だけどな。

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 05:32:19 ID:O5Q46xvv0
イタリアが満州国を承認したのは1936年なんですが?
バチカンの方が2年も先に承認してるのでイタリアに強制された訳ではありませんな。

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 08:34:50 ID:/SZabkkN0
>>857
えっと、なにか特殊な陰謀論にとらわれているようでw
なんで中華人民共和国の批判を行うのに、
彼らが国家をなす前の研究をしている人がポチにならねばならないのか理解不能ですが。

>このスレを見てみろよ。
ええ、自国権益のない中国領土まで切り取って、傀儡国家を作れば普通は侵略と見なされるだけですね。

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 11:53:07 ID:k7vcMaRy0
>>861
日本が国連でさえ侵略ともろ認定されたエチオピア侵攻を支持するかわりにバチカンに承認させた。
で、その後ソ連と同じように互いの傀儡政権(満州とエチオピア)を承認。
史実はこうだが。

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 14:58:49 ID:TG4lPh9D0
>>856
いずれにしても日本や欧州諸国の条約を無視する中国の革命外交が諸悪の根元だったんだな

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 15:02:13 ID:k7vcMaRy0
>>864
少なくとも日本相手には無視してないじゃん。
交渉しておいて、後付でこじつけたって通じるわけない。
諸悪の根源は、日本軍の暴走とそれを追認した政府。

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 15:02:53 ID:UWCZYyMa0
>>864
>中国の革命外交が諸悪の根元

権益を返す期限を、武力による脅しで伸ばしたりしたら、反発されて当然だろ。

中国混乱における諸悪の根源は、アヘン戦争をきっかけとした列強の介入だが。


867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 15:08:50 ID:0lUw5xUV0
敗北した侵略者(しかも身内の関東軍の不始末を抑えられなかったせいで成り下がった)が、今更自己正当化しても惨めだし。
第一通じるわけないじゃん。

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 15:33:36 ID:/SZabkkN0
>>864
条約を無視するとかいう訳でもないんだが・・・

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 18:04:26 ID:EoGxdxl60



●  もしも日本が米英に負けていたら   ●

もしも、あの大東亜戦争において、金甌無欠の我が大日本帝国が
万が一にも、鬼畜米英に負けるような事になっていたら、今頃、大日本帝國はどうなっていたんだふか……を考えてみるスレの第2段。


http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1250039797/






870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 22:08:42 ID:yPaGU1pb0
>>862
満州事変は本当に侵略か?

パール判事は満州事変をどう見たか
「満州事変は侵略戦争ではない」――詳細な事実検証に基づいてパール判事はこう断定した

http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=36

「共同研究 パル判決書」という本を元に豊富な引用をしながら分かりやすく
説明しています。

『「結論から示せば、パール判事は綿密な検証に基づき、「満州事変は断じて侵略戦争ではない」
と断じている。こうした結論に最も重大な影響を与えたのが「リットン報告書」であった事実を
まず指摘したい。』

つまり、英邁な人が、当時の一級史料を吟味したうえで慎重に判断すれば、
満州事変は断じて侵略ではなかった、という結論になるのです。

逆に、愚鈍な人が、当時の一級史料をつまみ食いして軽率に判断すれば、
満州事変はシナの領土を切り取って傀儡国家を作った侵略ニダという結論になるのでしょう。


どちらが信用できる結論か、余程の馬鹿でも分かることでしょう。



871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 22:38:04 ID:/SZabkkN0
うん、パルが自作自演だと知らずに結論づけた決議案の不当性を
自作自演だと知っている英邁なはずの人が支持するなんて
どちらが信用できる結論か、余程の馬鹿でも分かることでしょう。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 22:39:39 ID:/SZabkkN0
といか論理すら一貫していない駄文を書いて何が英邁なんだか、
愚鈍な俺に教えてくれないか?

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 22:43:29 ID:6F9M/RI20
>>870
単なるネームバリューに頼った権威主義だな。
パルが本当に英邁な人物かな?
ハルノートの内容と出された経緯を理解していれば、「こんなものを突きつけられたら
モナコでも武器を持って立ち上がる」なんて馬鹿な見解に同意しないよ。モナコは
立ち上がらないだろうし、そもそも突きつけられる立場になりえない。

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 22:51:47 ID:8VfPix+LO
>>870
パール判事もネトウヨみたいなトリミングしてるな

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 22:55:01 ID:0lUw5xUV0
違法行為を繰り返す前の状態になるべく回復せよ、そうすればまた貿易とかしてあげる、がハルノートだからな。
どこも理不尽じゃない。

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 23:36:21 ID:NhftBK9y0
おまえら落ち着け
友愛を忘れちゃいかん

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 06:52:11 ID:3dVWpctb0
>>871
日本軍の自演だと暴いた人物を満洲国の役員に就任させたのは日本だぞ。
つまり自演だろうがなんだろうが、日本軍の行動を評価していたのが、満州国の人々。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 06:56:18 ID:TBXkGYOf0
>>877
一行目と二行目が繋がってない件。
評価してないから、日本が倒れたら即自主解散したんだろ。

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 07:12:31 ID:zdtCmKy90
>>857
> いまの歴史学界では中国批判はタブーなのさ。
そんな事実はまったくありませんな。

> 左翼学者といわれる連中の目が完全に曇っているのが嫌と言うほどわかるよ。
> 中国から報酬もらって、宣伝部隊として働いているんじないかと本気で疑いたくなる。
あなたの言う『左翼学者といわれる連中』とは、具体的に誰を指すのか教えて頂けませんか?

具体的な人名が出せないなら、単なる妄想とうことで。




880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 08:04:05 ID:mSvMK41b0
>>879
いやだなあ。
当時の日本のやらかしたことを普通に研究すれば、
圧倒的に日本が侵略であり、それに対する中国側の抵抗を非難する余地などほとんどない。
つまり、永遠の聖処女大日本帝国を心のよりどころにする連中にとって見れば、
そいつら普通の学者は全部目が曇っているというわけさ。
なにせ、大日本帝国はトイレにも行かなければ汗もかかないので、
侵略やら国際法違反なんてことはいっさい行わないし、
自らの身を顧みる事もなく鬼畜米英の侵略から東亜の平和を守るため
聖なる戦いを実行する御国なんだからw
それ以外の見方をする奴らは目が完全に曇っているのが嫌と言うほどわかるというのだが、
問題は目から鱗が落ちるのと目に鱗が飛び込むことの区別は自分ではつかない事だろう。

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 09:39:36 ID:mjNdcUioO
つーかタモさん自身が引用したバリバリ保守の秦ですら侵略だって言ってる件

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 11:28:28 ID:z8SZ5PEv0
>>880
いやいや侵略なんかじゃありませんよ。田母神氏の論文に有るとおり日本軍が駐留していたのは
条約に沿っての合法的なもの。

平和に駐留している部隊に対する不正な攻撃は侵略行為以外の何ものでもない。

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 11:32:59 ID:z8SZ5PEv0
>>865
いや連中は交渉しているふりしてるだけで実態は時間稼ぎ。日本人の土地や資産を奪い取ろうとする
計画を中国人が捨てたわけじゃないから。
弱腰の日本政府が当てにならず、邦人の生命財産を守るために、やむを得ず関東軍が行動を起こしただけのこと。

>>866
それは条約を蔑ろにする中国人の言い訳

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 11:54:51 ID:mSvMK41b0
>>883
>日本人の土地や資産を奪い取ろうとする
>計画を中国人が捨てたわけじゃないから。
はい? それなら関東軍の行動は言いがかりも甚だしい、
侵略呼ばわりどころか単なる犯罪行為としかいいようがありませんが。
なぜなら当時日本が手に入れていた権益とは土地取得の自由ではなく、
あくまで商祖権であり土地を借りる権利でしかありませんから
日本人の土地を奪い取る事はできません。

もうちっとマシなこといったらどうですか?

>>882
その攻撃は自作自演でしたがw
そして満州事変というのは駐留を許可されていた範囲を
著しく逸脱して攻撃を仕掛けたものなんですがね。



885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 11:59:17 ID:mSvMK41b0
つか、おまえら革命外交についてなんもしらんのじゃないのか?
ぶっちゃけ口だけで実力行使に及んだ事なんぞ一度もないのに
軍事力行使で対応して権益を拡大させたら
自衛の要素はまったくないし侵略呼ばわりも当然だ。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 12:28:34 ID:z8SZ5PEv0
>>884-885
> 商祖権であり > 日本人の土地を奪い取る事はできません。 > ぶっちゃけ口だけで実力行使に及んだ事なんぞ一度もないのに

当時の大陸の無法な排日および苦しんでいた邦人については↓の解説が簡潔で良いかな?

> 当時条約で認められていた日本人に対する商工業、農業に必要な土地の商祖権も政府により「日本人に土地を商祖した者は売国奴として死刑に処する」との法律まで制定されました。
> さらにこうした法令が過去に遡ってまで適用されたため日本人の南満州における商祖権はまったく不可能になってしまいました。
> 
> また、中国は清朝の後継なのに「清朝がこれまで外国と結んでいた条約は無効である」と一方的に宣言し、外国に貸している土地や利権を回収する運動を始めました。これらは
> 外交交渉ではなく一方的なものです。まさに現代中国に通ずる行動ですね。日本が不平等条約を幕府の後を継いだ明治政府が50年以上もの外交交渉や自国の成長により解消したやりかたと対象的です。
> 
> それら中国の身勝手な行動と、「満州鉄道に平行に走る鉄道は作らない」との日中間の条約に違反する平行線を敷設したこと、日本人に対する殺害事件など問題が多数発生するに及んだ
> 結果、条例、法令を蹂躙し、日本人の生命財産を迫害し、満州住民を搾取してやまない中国側のやりたい放題に、そして現地の状況をわきまえない本国外務省の対支不干渉主義に自重を
> 重ねてきた関東軍が在満日本人を守り抜くために起こしたものというのがごく自然な歴史観だと思います。

第2次世界大戦前後の日中関係
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1431566.html

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 12:49:43 ID:TBXkGYOf0
中国人の条約破りを口実に、もっと甚大な(はっきり国連や九ヶ国条約会議でダメ出しされたほどの)日本の条約破りを正当化。
こういうダブスタをまず是正しないことにはねぇ。最低限の整合性すらねぇ。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 13:05:53 ID:z8SZ5PEv0
相手が条約を無視する無法国家なのに、日本国民にだけ守って一方的に損を蒙れと言われても・・・・
日本国民の生命財産を守るのが国家の義務。

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 13:47:08 ID:0hmq/ara0
きちがいダブスタ粘着厨の見解

日本の満州事変
「後に満州国の承認国が出たから問題なし」
「停戦成立したから中国も認めた」

中国が停戦後に小事件
「絶対悪だ、アグレッションだ、侵略だ」


890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 14:24:44 ID:cqVLAepk0
>>886
>日本人の南満州における商祖権はまったく不可能になってしまいました。
その商祖権は、一次大戦のドサマギに、山東半島を不法占拠しつつ、軍事恫喝をかけて飲ませた21か条要求によるもの。
だから、中国側はそれを非軍事的な手法で無効化しようとしたわけ。

>「清朝がこれまで外国と結んでいた条約は無効である」と一方的に宣言し、外国に貸している土地や利権を回収する運動を始めました。これらは
> 外交交渉ではなく一方的なものです。
植民地独立闘争の一種であり、ボースやアウンサンもやってる事で、日本はそれを支援している。

>日本人に対する殺害事件
中国政府の責任と言えるのは、スパイ処刑事件くらいなものだが。

>日本が不平等条約を幕府の後を継いだ明治政府が50年以上もの外交交渉や自国の成長により解消したやりかた
関税自主権や領事裁判権のみの日本と、統治権や徴税権まで奪われている中国や他の植民地国のそれを同列に扱うのはおかしいよ。

>平行線を敷設
100kmも離れた「併行線」が併行線と呼べるかは疑問。

>>888
そもそも、日本がそれまでの条約や協定を無視して21か条要求を突きつけたのが、中国の抗日激化の原因。
何の正当性も無く軍事恫喝してくる相手に対し、中国の主権を守り回復するのが国家の義務。

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 14:56:58 ID:z8SZ5PEv0
>890
> 飲ませた21か条要求によるもの。

まず日華条約(俗称 対華21カ条)は袁世凱政権が日本と正式に締結した条約、袁世凱の腕をとって無理矢理
調印させたわけじゃない。
日中の幾つかの懸案事項が協議され、必要な箇所は修正し、承認されて正式に日華条約として締結されただけのこと。
それが気に食わないからと言って何の関係もない無力な一般人を迫害するなど許される話ではない。
国家間で正式に締結された条約が気に入らないなら外交交渉で解決しようとするのが理性ある人の考えること

参考
> (日本は)国際法上合法的に中国大陸に権益を得て、これを守るために条約等に基づいて軍を配置したのである。
> これに対し、圧力をかけて条約を無理矢理締結させたのだから条約そのものが無効だという人もいるが、
> 昔も今も多少の圧力を伴わない条約など存在したことがない。
> ( 田母神論文より)


> 21か条要求を突きつけたのが、中国の抗日激化の原因。

ついでに言うと、よく中国人や中国の信奉者達は”武力で脅迫されて結んだ日華条約は無効だ!!”と主張するが
それだと三国干渉で脅された事による遼東半島返還も無効となると理解してるのだろうか?
無効なら日清戦争で遼東半島の日本領有が確定したわけで21ヶ条要求なんて必要なくなる。

(「大東亜戦争への道」 中村粲 転展社より)

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 14:58:26 ID:z8SZ5PEv0
>890
> 植民地独立闘争の

これも意外と知られていないが中国の植民地独立闘争を日本は支援している。日本が支援して独立に導いた満州国は
有名だが、他にモンゴルの独立支援などがある。

またいま現在、中国に支配され迫害と弾圧・虐殺に苦しめられているウイグルの独立も戦前の日本は支援していた。

本来、これらの国々は日本が支援した東南アジア諸国と同じように独立して平和な生活を享受してるはずだったんだが・・・・

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 15:19:10 ID:0hmq/ara0
>日本が支援して独立に導いた満州国

関東軍の下部に置かれた国家で、
満州人の地位は朝鮮人以下だったが。

894 :田母神信者に多いダブスタ:2009/08/13(木) 15:25:58 ID:0hmq/ara0

中国に対しては、西欧と同じ側に立ち、半植民地にしようとする。
(条約だから守れ。排斥するな野蛮な中国土人。利権は返さん、もっとよこせ)

欧米に対しては、対立後に植民地を奪い、勢力下に置こうとする。
(条約なんか知らん。白人排斥してやるぜ。俺らは解放者だ。)


大東亜戦争の建前(アジア独立)なら、中国の主権回収行動も応援すべきなのだが、
実際は、目先の都合で動いてるだけなので、正反対w


895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 15:31:41 ID:TBXkGYOf0
>>888
無法国家は日本じゃん。
条約どころか自分達の国内法すら守ってない。
誰も一方的に蒙れなんていってない、もし違法行為あるなら合法的に対処すべきだろ。
相手以上の違法行為(しかも相手の違法行為とやらは、すべて軍の暴走押さえ損なってからこじつけた口実ばかり)が正当化されるわけがない。
だからそんなダブスタじゃ永遠にダメだ。

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 15:42:02 ID:mSvMK41b0
>>886
はあ、それ日本側主張を丸呑みした嘘ばっかりですし。

リットン報告書より
 南満州内地に於ける居住並びに営業の権利と商租権とは密接なる関係を有す。
右商租権は1915年日支条約に基づき日本人に許与せられたるものにして関係条文左の如し。
 「日本国臣民は南満州において各種商工業の建物を建設する為又は農業を経営する為必要なる土地を商租することを得」 (中略)
 支那官憲が日本人の土地買収、其の完全なる所有権に依る保有、又は抵当に依る之が留置権の獲得に対し、峻厳なる規則を制定せるは
元来前記条約が単に商租権を許与せるに過ぎざりしことに鑑み、其の正当なる権利に基づきたるものと見るを得べし。
然れども日本人側は土地に対する抵当権の設定を禁止するは条約の精神に悖る旨苦情を述べたり。 (中略)
 之等土地に対する抵当権は日本の金融業者、殊に大規模なる金融会社にして其の中の或るものの如きは
特に土地の取得を目的として組織せられたるものの手に落ちたり。今日本の官庁よりの資料によれば、
全満州並びに熱河に於ける日本人租借地の全面積は1922−25年に於ける約80,000エーカーより
1931年における500,000エーカー以上に増加せり。―右の内日本人が支那法又は国際条約の何れによるも商租権を有せざる北満州に於いて僅少なり。

よって「まったく不可能になってしまいました。」どころか、
東京都にも匹敵するほどの土地を取得できていたことになる。

他のもほとんどいいがかりの範疇をでていない。




897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 15:45:14 ID:mSvMK41b0
>>891
>まず日華条約(俗称 対華21カ条)は袁世凱政権が日本と正式に締結した条約、袁世凱の腕をとって無理矢理
>調印させたわけじゃない。
>日中の幾つかの懸案事項が協議され、必要な箇所は修正し、承認されて正式に日華条約として締結されただけのこと。
ああ、これも嘘ですね。
この条約に関して交渉があり、条件変更があったのは事実ですが、
日本側は途中で交渉を打ち切り最後通牒を出して飲ませてますので。

>それが気に食わないからと言って何の関係もない無力な一般人を迫害するなど許される話ではない。
石やつばを吐きかけられるのが迫害??
それは軍隊出すようなことなんですか?

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 15:46:57 ID:TBXkGYOf0
だいたい満州事変の自作自演って、
日本軍が日本の財物である鉄道傷つけて、
不用意に居留民らを危険な目に合わせている行為じゃん。
中には日本の外交官刀で脅した馬鹿軍人もいたし。
それでどのクチが……。

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 15:53:38 ID:cqVLAepk0
>>891
>袁世凱の腕をとって無理矢理調印させたわけじゃない。
山東の中国への返還をドイツに要求し、要求に応じないからと宣戦布告。
中国は中立を表明するも、山東の一部を交戦区域として認める。
(これが無ければ日本軍は青島に直接上陸攻撃をかけねばならないところだった)
青島を攻略するも、交戦区域を越えて中国領内に進出。
中国側はそれを抗議し、中国領及び交戦区域からドイツ租借への撤兵を求める。
それに対し、開戦前の主張と矛盾した、山東租借権の日本移管と言う内容を含む、21か条要求を出す。
既に、日本軍は不当に中国領に侵入していたんだ。
その状態で最後通告をするのは、世凱の腕をとって無理矢理調印させたに等しい。

>日中の幾つかの懸案事項が協議され
懸案事項って、全部日本の一方的な要求だが。それまで懸案として日中間の議案になった事すら
ない内容ばかりだが。

>無効なら日清戦争で遼東半島の日本領有が確定したわけ
残念ながら、三国干渉は独仏露によるもの。中国(清)が脅したわけじゃない。清が三国に依頼していた事実もない。
無効だとしても、日清間で行われた返還とは無関係。日本に可能なのは、独仏露に中国に遼東を引き渡すよう
取り計らうように要求する事まで。

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 21:26:38 ID:jiY1GutY0
>>899
当時は砲艦外交が当たり前だったわけで。

現代の感情論や善悪論で歴史を裁いちゃいけない。

当時の世界常識をしっかり理解してくださいね。





901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 21:41:59 ID:TBXkGYOf0
>>900
当時の世界常識からしても日本の要求は酷かったから、同じ第一次大戦連合国内からすら日本に過酷な対中要求取り下げるよう言われたわけですがw

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 22:30:11 ID:mSvMK41b0
>>900
この当時はもう砲艦外交の時代は終わってますよw
当時の世界常識をしっかり理解してくださいね。

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 22:33:45 ID:mSvMK41b0
あ、あと一応いっておくけど
砲艦外交は最後通牒までいかないから。
戦争になったら砲艦外交の飽くまでも合法的に外交を進めるって目的が達成できないんでw

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 22:45:30 ID:zdtCmKy90
毎日毎日、亡霊の如く甦り同じ主張を繰り返した挙げ句、同じように論破されて敗退。

「サヨク」のみなさん、ゾンビ狩りは楽しいですか?

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 23:08:55 ID:w3JYPO1lO
ここはウヨの様式美を堪能するスレですよw

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 08:28:52 ID:jGgJBuHz0
>>904
私事ながら、身内に某漫画による感染者が出たときは大変だったんですよ。
同じ様な思いをしている身内が、きっとこの板のゾンビにもいるんじゃないかと思うと、
他人事とは思えなくて、つい、ね。

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 09:14:41 ID:DApZHFPq0
>>899
> 無理矢理調印させたに等しい。  > 全部日本の一方的な

それは全部中国側の一方的なプロパガンダでしょう。仮に無理矢理とすれば
日中間の協議で日本の方から懸案事項の一部を取り下げたりしない。

>三国干渉は独仏露によるもの。中国(清)が脅したわけじゃない

そうですね。○○国は良いが、××国はダメなんてダブスタ禁止

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 09:16:30 ID:DApZHFPq0
>>897
>迫害??

様々なテロ活動の資料は既出だと思うが再コピペしようか?

>>898
行動のきっかけ作り。少々乱暴だが気にする事はない。

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 09:24:21 ID:ljqhu9uhO
気にする事はないって舐めてんのか
後資料出す時は一次資料を提示な

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 09:30:14 ID:DApZHFPq0
>>896
それは肝心な箇所を(中略)で誤魔化してるウソですし。

(中略)の箇所の再掲

>  然るに支那官吏は条約の効力を認めず、日本人が土地を租借せむとするに当りては省令又は地方庁の命令を以て極力之を妨害し、日本人に
> 土地を租借せしむる時は之を刑法を以て罰すべしとなし、或は其の租借にあたり事前に特別手数料及税を課し、或は地方官吏に訓令し
> 日本人への土地譲渡の許可を禁止せんか為刑罰の脅威を以てせり。
> 前記の如き各種の障害ありしにも拘らず、事実日本人は広大なる地域に亘る土地を端に租借せるのみならず、売買又は一層普通に行われ居る
> 抵当流の方法に依り実際其の所有権を取得せり。但し之等地権が支那の法廷に於いて其の効力を認められしや否やは別なり。

条約無視の様々な妨害行動が法を守るべき支那官憲によって行われている。しかも一応契約が成立したものでさえ、支那法廷で合法・有効と
認められるかどうか別問題なのだから話しにならない。

>>895
>もし違法行為あるなら合法的に対処すべきだろ。

それどころの騒ぎじゃないよ。合法的も何も、無法状態を醸し出しているのは中国側の官憲と法廷・・・・・・

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 09:44:27 ID:DApZHFPq0
商租権の問題は日支直接交渉で解決が試みられたが結局協議は不成立。支那側の無法は解決されず。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 09:55:25 ID:DApZHFPq0
資料

>>75-76

主要参考文献
http://www.history.gr.jp/~showa/245.html

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 09:58:27 ID:LpuMHn8jO
>>908
>行動のきっかけ作り。少々乱暴だが気にする事はない。

いやあ、相変わらずの見事なダブスタでw

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 10:11:45 ID:DApZHFPq0
>>901-906
>過酷な対日要求

いやw 中国側が一方的にプロパを流しただけで本当は穏当な要望だったのだよ。

>>899
>最後通告

これなんだが少々複雑で、日華条約締結のさいに「最後通牒」を要望したのは実は袁世凱自身つまり中国政府の要請だった。
中国国民の了解を得やすくするためと袁世凱の面子を守るために、日本の圧力でやむなく調印した、と言う体裁にしただけのこと。

「大東亜戦争への道」 中村粲 転展社 より

ちなみにリットン調査団も中国は日華条約を守れと言っているので悪しからず。

> a.日本が抗議している「国際条約を尊守しない中国」に関連して、日清条約や日華条約(21ヶ条要求)の有効性を中国側はどう考えるのか?
>   中国代表は前条約は無効であると主張し袁世凱を非難した。
> 
>   リットンは「一国の新しい政権が、前政権の負っている法的義務を否認するようになれば、国際間の全ての手続きは崩壊する」と警告。
> 
> 南京でのリットンと汪兆銘の会談 1932年3月29日〜4月1日

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 10:16:11 ID:mX/FDoh40
>>912
お前が直接参考にしたわけじゃないだろうが。
お前が参考にしているのは、そのサイト自体だろ。
それらの文献はそのサイトが参考にしたと自称しているだけ。
そこは事実を歪め、日本有利に偏向している事で有名なサイトだ。
なんでニコライエフスク・ナ・アムーレが満州になるのやら。

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 10:21:25 ID:DApZHFPq0
>>913
現実的に対処しただけのこと。鉄道に対するテロ事件は数多くあるが、僅か一万数千名程度の関東軍では鉄道も邦人も全部は守りきれない。
相手の張学良軍は数十万の規模、しかも莫大な軍事費を注ぎ込み軍拡を続けている。

ところで満州だけでなく、北支の住民達にも腐敗と圧制の国民政府の統治下から離脱しようとする気運が高まりつつあった。 そのため
北支で反蒋独立運動が起きている。それを鎮圧するために張学良軍の主力が満州を離れ北支に出向いていった。

そのチャンスを逃さなかっただけ。

満州事変直後の様子

「行く駅、駅で地方農商民の黒山のような歓迎だった。敵軍(敗残兵)らしい姿も見えたが列車に何の危害を加える様子もなかった。」
石原完爾中佐談

張学良らの圧制と搾取に苦しんでいた漢族・満洲・蒙古族らが、いかに日本軍の善政に期待していたか伺われるエピソード。
その後の満州国の発展と繁栄は言うまでもない

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 10:21:42 ID:mX/FDoh40
>>914
>本当は穏当な要望だったのだよ。
借りてるものを、もう74年、無料で貸し続けろと言う要求が穏当なのか。
じゃあ、私に1000万円ほど無利子で貸してくれないか? 99年後に返すから。
穏当な要求なんだから当然受け入れてくれるよな?

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 10:28:21 ID:DApZHFPq0
>>915
>なんでニコライエフスク・ナ・アムーレが満州になるのやら。

ニコラエフスク・ナ・アムーレ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

> 清のアロー戦争敗北後、外満州一帯は1858年のアイグン条約と1860年の北京条約でロシア帝国に割譲され、この地もロシアの一部となった。
> (中略)
> ロシア革命後の1920年には赤軍パルチザンによって日本陸軍軍人のみならず民間人も殺される尼港事件が発生、日本人犠牲者700人のうち民間人が半数を占めたため日本国内の世論は激昂した。

満州だな。上げ足取りばかりしてても始まらない

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 10:30:56 ID:DApZHFPq0
>>917
はあ、そんなら断れば? もちろん満州の日本権利の要望は非常に穏当。
普通なら外満州のように文句ナシに奪い取られている。

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 10:57:46 ID:ljqhu9uhO
一次資料の意味が分かっていない様で


921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 10:59:23 ID:mX/FDoh40
>>914
>「最後通牒」を要望したのは実は袁世凱自身
それ、ソースが怪しい話だろ。
袁世凱は秘密条項(第5号)を暴露するなどして可能な限りの抵抗をしていた。
飲むに当たって、袁世凱の立場を守るために最後通牒を要求したとしても、
その袁世凱個人の都合とは別に、最後通牒と言う形を取らねば、中国側が
受け入れられないような内容であった事に変わりはない。

>>918
ここで問題になっている満州とは明らかに別だろ。どちらが上げ足取りなんだか。

>>919
断ろうとしたから、最後通牒突きつけられたんだろうが。
で、貸してくれるの? くれないの? 穏当=穏やかで当然の要求なら受け入れてくれるよね。

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 11:11:51 ID:LpuMHn8jO
>>916
その内容をいくら言っても、
ダブスタの反論にはならんことに気づけよw

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 11:25:18 ID:ljqhu9uhO
ソースにWikipedia出すとか。。。

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 11:27:19 ID:DApZHFPq0
>>921
>その袁世凱個人の都合

いずれにしても泣き言。条約を締結したのが歴史的事実。

>>920
公文書館に行くかい?

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 11:27:52 ID:DApZHFPq0
>>923
別に他の資料でも良いのだが、常識レベルの話しはかまわんだろう

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 11:33:21 ID:DApZHFPq0
>>922
まあ、非常事態における緊急的自衛措置だろうな。平和ボケはそろそろ卒業しよう

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 11:36:52 ID:DApZHFPq0
ここで落ちます

【投票】終戦までの日本は侵略国家だったと思いますか?
http://www.vote-web.jp/cgi-bin/read.cgi?guid=ON&dir=history&num=2

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 12:05:33 ID:ljqhu9uhO
やっぱり一次資料の意味が分かっていない様で

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 12:20:54 ID:ljqhu9uhO
平和ボケを脱すると自分の鉄道を自作自演で爆破する事が自衛措置になるのか

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 12:34:39 ID:LpuMHn8jO
>>926
それだってダブスタだってw

結局、最後までダブスタでしか言わなかったね。

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 12:37:18 ID:mX/FDoh40
>>924
で、私の「穏当な」お願いは聞いてくれるの、くれないの?
穏やかで当然なものなんだから、聞いてくれるよね?

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 13:53:01 ID:ylz4DkIH0
日本軍の行為が正当なら、そもそも本国騙した上で暴発する必要性ないだろ。
その重大事が、きっかけつくりの一言でごまかし?
アホか? 馬鹿なのか?
そして相変わらず、中国に責任なする詭弁は軍の暴発を抑えられなかった後からとってつけて言い訳ばかり……。

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 14:37:59 ID:AWNKPEZkO
このバカは都合悪くなるとすぐ落ちるね

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 15:34:55 ID:hb77kX1L0
>>910
えっと、別にそれがあっても嘘になりませんがなにか?
 支那官憲が日本人の土地買収、其の完全なる所有権に依る保有、又は抵当に依る之が留置権の獲得に対し、峻厳なる規則を制定せるは
元来前記条約が単に商租権を許与せるに過ぎざりしことに鑑み、其の正当なる権利に基づきたるものと見るを得べし。
と明言しちゃっているんだし。

というわけで
>条約無視の様々な妨害行動が法を守るべき支那官憲によって行われている。
ではなくて条約の範囲内で妨害行動とやらは行われているんで悪しからず。

>しかも一応契約が成立したものでさえ
ああ、日本の土地取得の普通のやり方を知らないんですね。
まず幾ばくかの金を朝鮮人に貸して満州に帰化させて中国人として土地を取得させ、
その借金の抵当として土地を日本のものとして朝鮮人は小作として使われるんです。
そんなやり方が中国法廷で認められるかどうかは別だという事ですよ。

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 15:38:24 ID:hb77kX1L0
>>916
>現実的に対処しただけのこと。鉄道に対するテロ事件は数多くあるが、僅か一万数千名程度の関東軍では鉄道も邦人も全部は守りきれない。
んで、そろそろどこでどのくらいの犠牲者が出ている非常事態だったのか教えてくれないものかねえ。
そうでないと相手が張学良軍かどうかすら判断のしようもないのだが。

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 15:39:35 ID:hb77kX1L0
>>931
断ったらぶん殴ってでも取り上げると要求してもいいようですよ。
それも穏当な手段だそうですから。

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 17:17:28 ID:gtThMhrj0
三重県人必見!
田母神前幕僚長が講演するらしい。
http://www.isenp.co.jp/kouenkai/index.htm

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 12:55:00 ID:EElPM7130

<料金>
講演会・・・2000円
祝賀会・・・8500円(当日お支払い下さい)




……………高い。

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 15:09:16 ID:aQtdj1ho0
ID:NsxBAjwr0

アホ杉

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 15:31:36 ID:Au2NXMg60
>>919
>はあ、そんなら断れば?
断ったら日本が戦争を仕掛けてくるだけですね。 
ひたすら交渉で引き延ばして最終的に断ろうとしてたら、
これ以上交渉なんかしねえよ、黙ってうなずく以外は戦争なって最後通牒出したんですから。

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 16:21:16 ID:xEcsAtJO0
脅しておいて穏当w
ヤクザが泣いて喜びそうですな。

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 22:03:52 ID:KdElWmGQO

パール判事も断言した通り、満州事変は侵略ではない。

リットン報告書を精査すれば、余程の馬鹿でもない限り誰でもそういう結論になる。

満州事変は侵略ではなかった。



943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 22:06:29 ID:h7XuPUV90
>>942
携帯おじ△

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 22:07:32 ID:Au2NXMg60
精査すれば侵略になるよ。
侵略という言葉を使わなかったのは
リットン調査団が侵略であるかどうかを判断する規約10条に基づいたものではなく
15条に基づいたものであるからだから。

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 22:10:27 ID:Au2NXMg60
というかこう明言しているんだがなあ。

宣戦を布告することなくして疑いもなく支那の領土たる広大なる地域が日本軍隊に依り強力を以て押収、占領せられ
且右行動の結果として該地域が支那の他の部分より分離せられ独立を宣言するに至れるは事実なり。

これ、まぎれもなく連盟規約10条に違反する行為ですから。

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 22:21:53 ID:KdElWmGQO

日本が国連を脱退した後も戦闘は継続したが、満州事変を侵略と非難する国は現れなかった。

つまり満州事変が侵略でなかったのは、当時の国際常識だったのである。

アメリカなどは、散々九カ国条約違反・不戦条約違反と騒いだにもかかわらず、
深い事情を知った途端に、満州事変不介入を宣言して、一切の非難を行わなくなった。

リットン報告書を読めば、満州事変には当然の動機があり、
日本には深い同情の余地があると馬鹿でも気付くからである。

だからパール判事がリットン報告書を基に、満州事変が侵略戦争であるとは断じて考えない、と述べたのは当然といえる。

満州事変が侵略だったと言い張るのは、当時の状況に疎い中国人と馬鹿左翼のみ。




947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 22:29:45 ID:Au2NXMg60
ほい、連盟規約10条
連盟のメンバーは全ての連盟メンバーの既にある政治的独立と領土保全について尊重しかつ維持することを約束する。
そのような侵略が発生した場合(以下略)

んで脱退した日本がどういう義務を履行しなかったので
侵略と非難されなかったって?
あんたが精査どころか連盟規約すら読んでないのはよくわかる。

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 22:51:39 ID:h7XuPUV90
>>946
ループおじ△

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 23:02:32 ID:KdElWmGQO
馬鹿サヨ涙目w

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 23:24:03 ID:xTt3sK8HO
満州は侵略だろーが、あれは成功したから評価できる。


951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 23:30:39 ID:xEcsAtJO0
>>950
現実には大失敗だけどな。
軍が暴発しても処罰されないどころか手柄になる、という例を作って、
軍統制が敵の手を待たず崩壊。

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 23:53:41 ID:opOKNBbV0
>>946
> 日本が国連を脱退した後も戦闘は継続したが、満州事変を侵略と非難する国は現れなかった。

この本でも読んでみたらどうかね。国際情勢というのは、当時も今も単純ではない。

『満州事変とは何だったのか〈上巻〉―国際連盟と外交政策の限界』 クリストファー ソーン

> 満州事変といえば、国際的な非難を浴び、日本が国際連盟脱退を脱退するきっかけとなった
> 事件である。しかし、同時代の新聞の論調と列強の動向を追っていくと、当時から日本非難で
> 一致していたわけではない。特に、ソ連の脅威を念頭に置いた列強の意見は錯綜しており、
> 手をこまねいているうちに日本が既成事実を作ってしまったのが実情であることが、丹念に
> 解明されている。

カスタマーレビューより




953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 06:57:45 ID:tlHVhAYCO
>>951
それはあまり意味がない評価。
軍の暴走の前例作ったとかいうが満州自体暴走
つまり満州がなくても暴走した。

この論理なら軍の暴走をうんだシステムをつくった明治維新が悪。さらにそれをうんだ武家政権がわるく武家政権をうんだ源頼朝が悪であり…となる。

やはり基本的に成功とみるべき。


954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 09:39:43 ID:CxWEzRye0
>>953
横レス失礼。

暴走を可能にするシステムがあっても、それまで暴走は起きていない。
実際に暴走を起こし容認追認してしまったと言う事実が問題なんだよ。

暴走を容認追認しなければ満州事変は成立しない。

その後の国際関係の悪化も考えると、やはり失敗だよ。

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 10:26:37 ID:cREP4ei30
【8.6田母神講演会】ヒロシマの平和を疑う!完全版[桜 H21/8/12

http://www.youtube.com/watch?v=l9rdS0x8kRU
http://www.youtube.com/watch?v=qRxALHW-MgI
http://www.youtube.com/watch?v=2RypSKocZAQ



956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 10:50:42 ID:TTuKoDQgO

満州事変は侵略ではなかった。
これが当時の国際常識である。



957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 12:11:02 ID:z/tcSZvZO
>>953
詭弁の見本ですなあw

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 12:45:04 ID:TnLKGlDT0
>>955
これ面白かったな〜

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 13:57:53 ID:HXQ7Po5/0
>>956
まず最初に、「当時の国際常識」における『侵略』の定義を明らかにしてください。

侵略であったかどうかを考えるのは、その次の段階ですね。

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 14:00:31 ID:5Y2do/14O
そいつは演説馬鹿だから意味ないよ

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 14:23:41 ID:YMv2qAtZ0
一方で、それこそ日本が問われたような不戦条約や国連規約に基づく侵略の定義がなかった時期の欧米の行為は、
遠慮なく侵略と断言する不思議ダブスタウヨw

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 15:02:32 ID:YJ65s6wm0
>>961
日本は法治国家だからな。
日本が欧米諸国を「侵略」の罪で裁き、責任者を処刑したことは無いはずだが?

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 15:14:00 ID:YMv2qAtZ0
>>962
誰もそんなことはいってないわけだがw

……と、思ったが第一次大戦でドイツらを裁いているじゃん。欧米と一緒になって。

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 15:42:12 ID:WQw2pVIo0
>>962
あの〜、日本が法治国家である事と
国際政治で法治主義で行動する事にはなんの関係もありませんがw
国際憲法もなければ刑法もないのに・・・・

その割には不戦条約違反、9カ国条約違反を指摘されたら
連盟から脱退するってどんな法治国家なんだよw

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 15:48:28 ID:2f2cP8NzO
さすがに東京裁判でも平和に対する罪で処刑されたやつはいないしな
アホウヨのアホウヨたる所以
無知

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 19:26:36 ID:qWUt/03D0

「ネットサヨク」は30後半〜団塊のオッサンです


          /ゝ~"ニr'  ̄三二ゞv
         / "/ ソ人ヾ〃、ヾ ヽ " 、
        r' iノ 彡/ノノ∫∫ンヽ))/ ン人
        |i ノノヾ人 ノ∫∬ヾ)ム) ノノ ム
        '|ノノ"''ノゝ-,,'ーr"^" \ /lンノ|
        )ゝ)          ヽ'ノノilソ
        ゞrノ ―==、 ,;==-、 ヽヾ)
         |ノ|  _,ェァ-)  rェュ.,_  |,/
        (入  /  | l "―  ソュ
         \)、  y'" ヽ、  ノi_/
           | / ~^-^~ヽ  /
            l   _ __,   l
            i  ´'-=-'` ,,イ
             ;;ヽ,_ __ / l
           _ノ;;;;;;      人__


・ 口癖は「ネトウヨ」。とにかく寝ても覚めても「ネトウヨ」としか書き込めない。
・ 反権力の塊。階級闘争しか頭に無い負け組み。
・ 年功序列だけで伸し上がった市場価値がフリーター並みの存在。
会社クビになったら即人生終了の社畜。
・ 今の若者の価値観と相容れないのに必死で自分の意見を押し付けてくる。
・ 論理的思考が出来ないので言葉につまったら「ネトウヨwww」としか煽れない。
・ 2chでの活動拠点は政治板 http://namidame.2ch.net/seiji/ 
   ガチでネトサヨ多すぎワロタ


967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 19:36:28 ID:4KzWafpL0
恒例のコピペ煽り逃げで、具体的反論がないということはまたネトウヨ涙目ということでよろしいかw

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 19:37:22 ID:1pXZhEDIO
反論に詰まり結局煽りしかできないバカウヨ涙目

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 19:39:09 ID:TnLKGlDT0
>>966
バカ筑紫に似てるなw

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 19:39:59 ID:TnLKGlDT0
とにかく核武装したいよね〜

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 20:21:14 ID:ieUj6dDI0
>「ネットサヨク」は30後半〜団塊のオッサンです
これって事実上、この日本を支えている全員だなあ。要するに日本=ネットサヨク
ってことだ。もっと年配の方々がこのような事態に異を唱えなかったところ見ると、
なんだね、これに異を唱える連中は定義により反日ってことだなあ。

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 20:32:22 ID:2f2cP8NzO
田母神も団塊のオッサンだしな

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 22:13:47 ID:GbfUoNeQ0
満州事変を「国連規約第十条」に基づいて「侵略戦争」と非難した国は確かに皆無だ。
日本の脱退前も脱退後も。

国連も日本を国連規約第十条に基づいて「侵略者」と認定することはなかった。
これは、ソ連やイタリアとは大違いだな。当時の国連が日本を侵略国家と
認定しなかった以上、満州事変を侵略戦争と認定する根拠は無いな。

そして、何だか完全にスルーされているパールの意見。
パールはリットン報告書を隅々まで読んで、日本には事変を起こす当然の動機が
あると認定した訳だ。これはリットンの意見ではなく、パールの意見だから、
混同してはいけない。

パールが東京裁判で「停戦協定で終結したはずの事案を裁くのはおかしい」と述べて
満州事変を裁くことに強い疑義を呈していたのは有名だが、これは国際法の常識だから
パールが正しい。そもそも満州事変を裁くこと自体間違い。

そして、リットン報告書を精読した上でパールが下した判決が「満州事変は断じて侵略戦争ではない」
というものであったわけだ。パールが国連規約云々をどう解釈したか知らないが、リットン報告書は
「満州事変が侵略戦争ではない」ことを証明する史料となっていることは間違い無い。

愚昧な人間がリットン報告書をつまみ食いして「満州事変は侵略アルヨ」と涙目で訴えるさまは滑稽だな。




974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 22:57:20 ID:TmH2VGxF0
>>973
>国連も日本を国連規約第十条に基づいて「侵略者」と認定することはなかった。
>これは、ソ連やイタリアとは大違いだな。当時の国連が日本を侵略国家と
>認定しなかった以上、満州事変を侵略戦争と認定する根拠は無いな。
アヘン戦争は侵略戦争ではないですね わかります

つーかパールが精読したから正しい、常識だから正しいってのは単なる権威主義だから悪しからず
まぁループおじ△



975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 23:45:48 ID:gAi4t6KyO
次スレは?w

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 23:51:17 ID:CxWEzRye0
>パールが東京裁判で「停戦協定で終結したはずの事案を裁くのはおかしい」と述べて
>満州事変を裁くことに強い疑義を呈していたのは有名だが、
また一つ、パール無能説の根拠が・・・

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 00:01:11 ID:oDQ3S7gr0
否定論者を反日呼ばわりするような満州事変正当化論者の理屈に従うと、

在日が日本国内に北朝鮮軍を呼び込んで独立国を創っても良い。

日本は国後択捉を放棄しており、返還要求はロシアの主権を脅かすものであり侵略である。
故にロシアは反撃して北海道を丸ごと占拠しても良い。

とかになってしまうのだが・・・
一体どっちが反日なのやら。


978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 02:26:38 ID:NRghfR520
>>977
あなたの祖先も侵略者、日本人でしょ

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 03:21:06 ID:Ssm691IC0
>>932
仕方ないよ。当時の幣原外交は今の日本政府に劣らないくらい弱腰だったから。

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 03:33:06 ID:Ssm691IC0
>>934
> 支那官憲が

ああ、それは中国人の単なるウソ。「然るに支那官吏は条約の効力を認めず」と言ってるとおり条約を無視。
具体的には条約に矛盾する法令をでっち上げて、日本人の権利を侵害する手段を採っている。

> 抵当として土地を

仕方ないよ。中国人が条約を無視して日本人が土地を購入することを禁止しているんだから。日本人が生きる手段。

>>935 
テロ事件の資料は既出だが

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 03:46:57 ID:Ssm691IC0
>>940
最後通牒を出してくれるように要望したのは中国側なんだから仕方ないな。向こう側の内部事情による

>>945
自衛のための反撃さ。国連も侵略と認定するなら「連盟規約10条に違反」と明言する必要があるが実際には行われなかった。
紛争調停のための国連規約15条にもとづき開催された国連総会でも、結局、侵略と認定されたわけではないのだから規約10条は関係なし

国連は紛争仲裁案は提示したけれど、結局、日中ともに国連の提案には従わず塘沽協定を締結し紛争は終結している。

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 04:17:17 ID:Ssm691IC0
そろそろ次スレの用意

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 04:23:35 ID:Ssm691IC0
>>947
> 侵略が発生した場合

国連メンバーが共同で対処するのは分かるが、結局、中国の条約無視と邦人迫害および日本の反撃によって
起きた紛争には対処したが、侵略とは認定しなかった。それが歴史的事実

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 09:11:23 ID:w4jOvZeEO
こいつはネタで言ってんのかマジで言ってんのか誰か教えてくれ

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 09:43:06 ID:e1QpmeLi0
存在はネタレベルだが、当人たちは大マジなんじゃなうかな。
マジで何が何でも満州事変を正当化したいんだと見ている。

事変の首謀者たちの縁者か関係者じゃないかとも疑っているよ。
満州事変さえ正当化できるなら後はどうでも良いみたいな感じだし。

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 09:57:27 ID:Ssm691IC0
後はリットン報告書が否定した満州住民の独立運動について

> 東京裁判却下未提出弁護側資料抜粋(講談社学術文庫P44)

> 却下された証拠文書の一つに、近年映画の原作として有名になった、溥儀の家庭教師であったイギリス人R・F・ジョンストンの回想録『紫禁城の黄昏』の抄録がある。
> この書の中で著者ジョンストンは、満洲事変勃発以前に満洲独立運動は存在しなかった、とするリットン調査団に対し、それはリットン調査団が知らなかっただけだ、との反駁を加えて
> おり、又、蒋介石麾下の国民党革命軍が北京東陵を爆破して西太后の遺骸を冒涜した蛮行に対する溥儀の怒りの如何に激しく、これが復辟への決意に如何に大きく影響したかを述べている。
> しかしこの著述も法廷証としての採用を拒否され、溥儀傀儡皇帝の即位は専ら軍の脅迫によるもの、という東京裁判独特の神話が法廷に於いて形成されて行った。
ttp://web.kyoto-inet.or.jp/people/yatsu8hd/forum/220.html

「リットン調査団が知らなかっただけだ」・・・

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 10:30:40 ID:e1QpmeLi0
>>986
それは旧皇族による「復辟」運動であって、満州住民による「独立」運動ではない。
復辟とは帝位に復活する事。すなわち清朝再興。
しかし、日本は、満州国は清朝の再興にあらず、住民により独立した新国家であると主張。
そのような、「満州住民による独立運動」は存在しなかった、と言うリットン報告書の結論は正しい。

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 10:39:32 ID:Ssm691IC0
もちろん溥儀も満州人なんだから満州人による独立運動で正しい。ただし清帝国の復活は無理。
日本もそこまで面倒見切れるわけじゃないのでやむなし

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 12:32:37 ID:VY6etY+P0
だいたい日本側自体、リットン調査団に不利な証言しそうな人間憲兵使って押さえ込んだりアンフェアだったじゃないかまず。

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 12:46:04 ID:mefs81rpO

パール判事の判決によれば、満州事変は侵略戦争ではない。
同時に、ソ連の進攻は侵略戦争であると断言している。

>>977は典型的な無知であり、救いようの無い低能である。
歴史を紐解けば、満州事変が侵略でなかったのは明白である。

馬鹿左翼と中国人は死んでも認めようとしないが、満州事変は侵略ではなかったのだ。
これが改竄できない歴史的事実なのである。



991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 12:46:52 ID:e1QpmeLi0
>>988
>満州人による独立運動で正しい。
正しくない。
溥儀が望んでいたのは、清帝国の復活であって、満州国の独立ではない。
復辟も望んでいただけで、具体的な行動は何もしていなかった。
溥儀による独立運動など存在しなかった。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 12:56:44 ID:VY6etY+P0
今日も携帯からコピペ爆撃ワンパターン。
敗退仕方もワンパターンw

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 13:24:19 ID:AT6hNU4Z0
>もちろん溥儀も満州人なんだから
あのね、溥儀って満州人じゃないですよ?
彼の家系はもう200年近く満州に足を踏み入れた事もないもんで。

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 13:27:50 ID:AT6hNU4Z0
>>980
無知がひどすぎる。

>ああ、それは中国人の単なるウソ
んで、その手段は否定されないと書いてあるんだが?

>中国人が条約を無視して日本人が土地を購入することを禁止しているんだから。
んで、いつから商祖権が土地購入権にすり替わったんだ?

>最後通牒を出してくれるように要望したのは中国側なんだから仕方ないな。
また、疑わしい事を平気で事実のように出してきますね。

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 14:08:35 ID:Ssm691IC0
次スレ

田母神航空幕僚長の論文を歴史学会は解明せよ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1250485575/

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 14:12:01 ID:d0WjnWwL0
>>993
なに言ってんだwww
清王朝では、満洲人と漢人の結婚は認められてないんだぞww
糞ワロタwwwwwww

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 14:14:18 ID:Ssm691IC0
>>991 >>993
もちろん溥儀は満州人であるし清帝国復活を望んでいたことも事実。リットン調査団が知らなかっただけなのだよ
ただし支那だけでなく、チベット、台湾、モンゴル、ウイグルなどを領有する大帝国の復帰を望んでも無理。

清帝国の前身で元々満州にあった後金国に戻ればいい。後金国はひいては満州国の前身と言っても良い

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 14:18:08 ID:Ssm691IC0
>>994
>んで、その手段は

もちろんデタラメ、日中間の条約で認められた土地の売買を日本人に限って法律で禁止していて
それで合法などと論外な詭弁を使うなど、辻褄の合わないデタラメな主張をしている。

あと当時の条約締結の際の色んな事情に関しては、当然ながら当事者の証言以外にソース無し

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 14:26:51 ID:e1QpmeLi0
>>997
>もちろん溥儀は満州人であるし清帝国復活を望んでいたことも事実。
清帝国復活は、民族自立や住民の意志に基づく独立ではない。
住民の意思により独立したとする満州国の元となる独立運動ではない。

>後金国はひいては満州国の前身と言っても良い
満州国自身が否定しているのだが。住民の意思により独立した新国家であって、
清帝国の復興でも後継でもないと。もちろん、後金国の後継だとも言ってない。

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 14:32:30 ID:Ssm691IC0
> 発言: 東京裁判却下未提出弁護側資料抜粋(講談社学術文庫P44)

> 弁護側の反論は、満洲国独立、その直接的手続として清王朝復辟運動は満洲の地の住民に生じた自発的な運動であり、日本の謀略に発するものではないとの事実を数々の証拠文書を以て立証しようとした。
> 辛亥革命後の中国の内情は殆ど無政府状態に近い混乱を呈し、素質の劣悪な傭兵を抱えて各地に割拠する軍閥相互の内戦状態、住民に対する悪政の弊甚だしく、大正十五年(註、1926)には既に清朝最後
> の皇帝であった宣統帝溥儀を推戴して中国に君主制を復活せしめようとする動きが生じていた。
> 
> もしこの事実が法廷で立証された場合には、東京裁判の全公判中でも最も得意な存在として注目を浴びていた検察側証人廃帝溥儀の証言を一支点とした、満洲国皇帝政府は関東軍の侵略拠点として作られた
> 傀儡政権にすぎなかった、という裁判起訴状の筋書が大きく崩れてしまう。
> そこで満洲国独立運動は満洲人自らが夙に計画していた民族主義的運動であったことを示す書証は、悉くが証拠能力なし、重要性なしとの口実の下に却下されている。

歴史の真実が述べられています

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

498 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)