5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大日本帝国は滅亡したのか?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/16(月) 06:41:34 ID:oyCYvOVX0
戦争によって他国に滅ぼされた国家は、歴史上、星の数ほどある。
それらの国と同じように、大日本帝国もアメリカに攻め滅ぼされたのか?
大日本帝国は滅亡してしまったのだろうか?

確かに大日本帝国という国名は消滅した。しかし、それは滅亡と言えるのだろうか?

現在の総理大臣は初代の伊藤博文から数えられる。
この点において政治的な継続性は存在する。

しかし、大日本帝国憲法は破棄され、国家主権も天皇から国民に移った。
これはただの国名の変更ではなく、まぎれもない国家体制の根本的変化である。

また、大日本帝国は国土を焦土化され、アメリカへの無条件降伏も飲んだ。
もしこれで滅ぼされていない、滅亡していないと言うのなら、歴史上他国に攻め滅ぼされた
国など存在しないのではないだろうか?

はたして、大日本帝国は滅亡したのだろうか?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/16(月) 09:11:18 ID:wRdN+xpXO
敗戦で連合軍に主権剥奪されたろ

サンフランシスコ講和会議によって独立したのがいまの日本(沖縄以外)

その後、沖縄も日本に譲渡された

昔、甲子園の土を沖縄代表が持ち帰ったが
日本からの土は検疫法によって持ち込めず海上に投棄した

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/16(月) 09:52:58 ID:2pFWfsbx0
参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/八月革命説

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/16(月) 14:39:33 ID:6JpY/OOYO
>>2譲渡じゃなくて返還だろ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/16(月) 15:10:40 ID:TTJX3PaX0
>>2
敗戦処理の為の暫定的な占領だな・・・

攻め滅ぼされただの滅亡しただのは
勘違いw


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/17(火) 07:53:19 ID:XddH+ugJ0
国名の変更か、滅亡か、議論が分かれるのは、中途半端に天皇制を残したからだよな。
天皇制を廃していれば、完全に「大日本帝国の滅亡」という表現でよかった。

もっと完璧にするのなら、アメリカの州にされ、総理大臣という役職もなくして、日本州知事に
なれば問題なかった。

しかし、天皇制は存続しているし、アメリカに併合されたわけでもない。
現在の日本は主権国家として復活している。

植民地支配が終わって、歴史的過渡期だったから、妙な2重性を持つことになった。
ローマ帝国の「滅亡」と大日本帝国の「滅亡」は意味合いが違うんだよな。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/17(火) 10:28:11 ID:9BxwPzYM0
昨今の「日本の堕落」は、「ローマの滅亡」そのもの
なにが楽しいかと言ったら、自分の優越感を満たす見世物だろう〜
暴行し辱め、その力に酔い痴れる


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/17(火) 16:43:02 ID:3/dddCG90
>>1

大日本帝国は滅亡しました。

でも、入れ替わり立ち替わり、
ASEANという形で大東亜帝国が
建設されつつあります。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/17(火) 23:58:29 ID:y7hSz/P30
滅亡かな? 大と帝国を削除しただけではないかな?

まぁ、アングロサクソンに騙されて(今もだが)
チーチーパッパばかりがうじゃうじゃしてるが

当時、欧米の植民地支配社会をグチャグチャに壊したんだから
大和帝国人民も立派だ(300万柱の犠牲の結果)

少なくとも、今の利己主義モンスター馬鹿よりはずっとマシだと思う

国家として、明治という幼少期から、激動の昭和という時代を経て
成長し、平成という老害を抱えた訳だ

だが、こんな国は世界中を見渡しても稀有だ
どうだろう?




10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/18(水) 07:34:54 ID:9OrCjkpM0
樺太奪還

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 14:10:46 ID:z94lk2AI0
オマエラ、何言ってんだ?
日本以外の世界から見たら大日本帝国は滅亡して無い。
正確に言えば縮小された大日本帝国が正解だ。
日本風に言えば小日本帝国。

外国から見たら今でもエンペラーの居る国=日本帝国と呼ばれていることを認識しろ!
外国のニュースなんかでエンパイヤージャパン!とか普通に呼ばれている。
ただ外人個人はジャパンとしか呼ばないが、外人に日本の正式国家名は?と聞くと日本帝国と言う!

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 18:28:18 ID:EAcll3wv0
>>11 そうだな。日本人もイギリスをいまでも大英帝国と呼びつづけているしな。植民地が独立しようと大英帝国、大日本帝国は不滅だ。


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 18:46:13 ID:ldjIGZBl0
>12 

待てw いや、夢があるからそのほうが楽しいや。おれもそう呼ぼう。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 21:50:15 ID:vqPis2NbO
大とか帝国とかは当時の単なる流行りだからな。
まぁ文明としての一体性あるし国家元首天皇だし
日本帝国でいいか

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 22:55:55 ID:aJlfQOXC0

悲しいかな、日本。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 23:06:00 ID:c9enSPxP0
ほう
何が悲しいのかな

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 23:08:03 ID:c9enSPxP0
昔、おしゃれな王様がいて役立たずや、心のきたない人には見えない服を詐欺師に作らせた

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/25(水) 22:40:04 ID:gL8mEtQR0

J パクッ ^^

今、目立ちたがり屋の馬鹿がいて(ry

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/25(水) 22:46:22 ID:ag8aPxg70
ぱーんぱぱーんぱぱんぱんぱーん
 
 ぱーんぱぱーんぱぱんぱんぱーん

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/26(木) 09:40:00 ID:blSK3vfJ0
世界通例で滅亡すると言うのは現国家体制が崩壊して国民の言語・風習・生活が180度変化した時。
つまり日本で言えば日本人全てが日本語を使わず、日本の風習などを棄て完全に異文化を取り入れた状態。

結果、GHQに占領されても日本は滅亡しなかった。
日本が滅亡しなかったから大日本帝国は滅亡して無い。
たんなる国家体制が少し変化したのが正解だろうよ。

一般的に最近の欧州などでは帝国とは皇帝が治めている国・国家体制に、
一つの文化圏がプラスされた。
つまり皇帝が治めて+一つの文化圏なら帝国と称される。
これに当てはめると日本は天皇の治めてる国で有り、日本語・日本文化圏なので、
十分、帝国の条件を満たしています。

21 :伊葉陸将:2009/03/05(木) 19:05:58 ID:PaPYn+eG0
天皇は治めてないよ 息子夫婦と揉めて精神に異常をきたしている
自衛隊も先制攻撃が出来ないので軍とは言えず

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 19:11:44 ID:hoS+0uvn0
KIKO_KAKO_MAKO

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 17:13:03 ID:qtqUdvKVO
今の憲法草案時に、日本帝国とか臣民の文章入れるとかって当初は想定してたような…!

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 17:31:40 ID:my9facYR0
「大日本帝国」グループか
駄菓子屋に置いてあるぱちもんみたいだな

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 17:32:44 ID:my9facYR0
 臣 民W

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 18:01:32 ID:my9facYR0
家 臣 団WWWWWWWWW


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 19:35:43 ID:my9facYR0
あははははWWW

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 22:36:32 ID:hYlVYgpYO
【野球/WBC】WBC東京ラウンド[3/7]KOR2-14JPN 日本7回コールド勝ち圧勝。2次ラウンド進出!イチロー復活3安打!村田2号・城島1発!韓国投手陣大炎上★4
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1236432524/

ttp://anchorage.2ch.net/mnewsplus/




29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 02:27:01 ID:jAioWc930
外国の軍隊が国のいたるところにあるんだから、そりゃ滅亡したんでしょうな
米軍基地がこんなにある国って、負け組みコンビのドイツと日本だけじゃん

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 07:51:23 ID:Fo3arNYD0
>>29
日本とドイツは冷戦構造の最前線に立たされたから仕方ない罠。
ある意味、戦前から日本とドイツは赤化を防ぐ盾にさせられてたんだよ。
ドイツは東欧の民主化で状況が変わってきたけど、日本は今だに軍事的には冷戦下と全く変わらないし。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 11:16:28 ID:WdC95hUK0
>>29
滅亡の意味知ってんのか?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 18:46:56 ID:IVRvv2Cq0
>>20
そりゃそうだ・・・
ポツダム宣言を履行するための暫定的な占領だからね・・・



33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 02:06:52 ID:KzTom9ZF0
>>30
>ある意味、戦前から日本とドイツは赤化を防ぐ盾にさせられてたんだよ。
戦前から日独が盾だったのは事実だけど、
アメリカが「しまった」と気付いたのは朝鮮戦争からだったらしいぞw

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 13:41:44 ID:DuJeWRoO0
>>33
そりゃ、米民主党とルーズベルトが赤化音痴・バカだったから。
とくにルーズベルトは共和党が猛反対してたソ連承認まで呑気にした盲目だったし。
米民主党は戦争後半から気づき始めたがルーズベルトは死ぬまで、
まったく気づかないバカだったから。
ヤルタでもチャーチルにソ連の危険性を何度も忠告されていたのにも関わらず、
呑気にソ連を仲間・同士だと信じ込んでしまい廻りの米将校達も溜息付く位のバカだった。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 13:58:20 ID:kbjf5bOZ0
日本が、南北に分割されなかったのは
経済の基盤が脆弱で、そのままの状態でも意のままにすることが出来たから
かなり惨めな境遇なのに、「赤化を防ぐ盾」とする所が凄い


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 14:07:53 ID:dBvURwJn0
単にロスケが樺太以外の日本本土を蹂躙できなかっただけの話

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 14:17:32 ID:kbjf5bOZ0
アメリカの武力を背景に、調子込んでいるのが日本だからなあ

見っともなくて嫌w


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 14:21:29 ID:kbjf5bOZ0
ちょせんちょうせんちょうせーん

ぐんかんぐんかんぐんかーん

と子供の頃「じゃんけん」をしたが、日本には軍艦です
そう言う国民性。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/14(土) 09:46:55 ID:NV/6ESHoP
共産主義者の大東亜戦争責任
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6396722


共産主義者の大東亜戦争責任(1/3)
http://www.youtube.com/watch?v=GqJSU4v4VHA

共産主義者の大東亜戦争責任(2/3)
http://www.youtube.com/watch?v=F8-suGPP4sA

共産主義者の大東亜戦争責任(3/3)
http://www.youtube.com/watch?v=uFMtTokCuXs

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/20(金) 18:25:53 ID:WQDLIcfy0
第二次世界大戦の真実
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1805192
第二次世界大戦の真実
http://www.youtube.com/watch?v=iKbuy7bPYlo

「反日の実態」 ←検索

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/31(火) 01:28:59 ID:U561sHcV0
現行憲法は無効!!!!!!!!!!!



42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 16:58:03 ID:86mCkQOJ0
小日本。。。狗日的。。。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 17:22:25 ID:2TqKjR57O
>>33
日本ではなく、
支那、露が真の敵と気付いたためBC戦犯は釈放されたんだよな。
アメ公はバカでクズでウスノロでほんとどうしょもないな。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 18:32:59 ID:tMvWEc8kO
>バカでクズでウスノロでほんとどうしょもないな

むしろ日本がな。

「対米英戦を辞せず」と主張し、妥協案や警告を蹴り、欧米領視野の南部仏印進駐。
いざ石油止められ強硬姿勢に出られると、慌て出す無策ぶり。

自衛というなら、せめて満州に徹してろって。
満州事変でも行き過ぎなのに。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 18:55:18 ID:2TqKjR57O
>>44
よっぽど日本が嫌いみたいだなお前は。
日本が赤の脅威と戦っていたのにそれに気づかぬ(戦後真の敵はチャンコロと露助と気づいてBC戦犯を釈放してる)無能さ。
それも、支那の工作で日本が世界征服を目論んでるというデマをルーズベルトが信じたため。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 19:31:54 ID:7XLK+DFW0
>>44
日中戦争は自衛だろ・・・
間違ったのは三国同盟して南進したこと。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 19:41:59 ID:tMvWEc8kO
>>45
嫌いとか、アカとか、陰謀とか、
それ以前の話だろ。

日本はロクにブレーキも効かなかったバスであり、
アメリカは敵対行動とる国への軍需物資を止めただけ。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 19:45:56 ID:tMvWEc8kO
停戦にすぎない満州事変を、一応完全な区切りとしても、

日本・その後の分離工作で、相手の領土や関税権等に対する主権侵害を行う。
中国・停戦中に事件を起こす。
日本・開戦通告を出し、華北で占領行動。
中国・上海租界駐留の日本軍攻撃。
日本・首都追撃戦。

一般人「相手地に介入計ったのは日本側だが、双方に拡大要因がある」
一部ウヨ「中国に全責任、日本は単なる自衛」

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 19:51:52 ID:Wy0F4F9aO
愛郷塾

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/09(木) 10:07:12 ID:ZrLdfI310
>>33 アメリカが気づいたというのは日独に代わって自分が赤化の最前線で奮闘しなければならなくなったということか。

 それは自業自得だな。


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/09(木) 19:06:51 ID:3foFgq+I0
盧溝橋事件で中国共産軍の罠にはまったんじゃないの
蒋介石軍と日本軍を戦わせて、漁夫の利を狙う奴らに

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 21:35:16 ID:u9waYcbB0
田原総一郎が日中戦争、太平洋戦争を統括する(朝まで生テレビ)
平たく見れば日本は中国大陸に押し出したんじゃなくておびき出された
広い大陸の点だけ抑えても線を抑えなかった、、、結果的に日本は米中の連合国に負けたんだとーーー

ふむふむ、、、 日中戦争と(大東亜)太平洋戦争は切り離して考えていましたよ

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 22:27:44 ID:T5VvOwbGO
滅亡した

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/02(日) 05:15:42 ID:ikORrMYNO
軍部を解体し、貴族制度を廃し、政教分離し、県知事を公選にした位で、実質は戦前と大して変わってないと思うが、どうでしょうか。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/02(日) 05:33:55 ID:ikORrMYNO
一党体制で疑似の政党政治。中央官僚は地方自治体や他省庁に出向し、実質は中央集権の官僚国家。高級官僚は今でも天皇の親任。司法は市民による陪審制でない。天皇は実質元首で引き続き皇居に在住し、法律公布に戦前の大日本国璽を引き続き使用している。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/02(日) 09:23:18 ID:yN6Nje8g0
>>54
軍部解体 〜 GHQが目指したのは官僚機構の解体じゃなかったっけなぁ?
       官僚さまお得意の論旨のすり替えで骨抜きになれた一つだね。
貴族制度 〜 なくなったのは名前だけ。旧華族さまは今でも残ってる。
政教分離 〜 政治から宗教や迷信を締め出すことなのに、なぜか政治が教育に口を出さない意味に変わってる。
       おかげで文科省の暴走で「ゆとり教育」なんて愚行で何千万人という若者世代が……。
知事公選 〜 戦前よりも中央集権が強くなってりゃ、公選に変えてもできることは限られてる。

ホント、日本人の好きな言い換えや言葉遊びで済ませてるだけで、戦前と何も変わってないよね。
というより、我々が戦前でイメージするのは戦後マスゴミによって作られた間違った悪いイメージなのだから、
むしろ本当の戦前社会よりも悪くなってるんじゃないのかなぁ?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/19(土) 00:07:42 ID:G+k2m7kJ0
天皇がいるから滅びてない

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/20(日) 11:35:04 ID:QR5VWHl50
>知事公選 〜 戦前よりも中央集権が強くなってりゃ、公選に変えてもできることは限られてる。
だねぇ〜。
特に地方の県議なんて、霞が関への陳情団以外の仕事がないらしいし。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/18(金) 19:44:38 ID:Uvs3RO+J0
大日本帝国時代って学校では悪いイメージを習った記憶があるけど、実際は凄かったんだな
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1261132981/l50


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/27(日) 06:40:04 ID:Tted3ROY0
>>59
大日本帝国がイメージ悪いのは、第2次大戦で負けたからだろ。
そりゃ、史上最大の戦争で負けブック飲まされたらイメージ悪いし、ついてないし、カッコ悪いよ。
そこでムリに誇りを持ってっていっても、空元気出してるみたいでみっともないし。

今はまだ時期が悪いんだよ。
すべては時間が解決するよ。

あと50年もたてば、昔の話になる。
戦中の人間もみんな死んで、謝罪だ賠償だ言う奴も居なくなるだろ。

誇りを取り戻すのはそのときでいいじゃんか。
何のしがらみもなく、再評価できるときが来るだろ。

ナポレオンは当時大悪人扱いされたけど、今は再評価されてる。
ヒトラーもスターリンも、歴史上の人物として再評価されるときが来ると思うよ。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/12(火) 15:00:16 ID:Q6AdurL10
>>60
同感。大きな事件があっても、その国の平均寿命に近い時間が極端なイメージはなくなる。
あれだけ貴族政治を否定してフランス革命を起こしたフランスだって、ナポレオンを皇帝にしようとした。
今は平均寿命が伸びすぎてるから、変な時代がちょいとばかし長引いてるだけだ。
あ、でも日本の平均寿命は83歳だから、あと15年ぐらいは今のままか。

62 :日本が戦争で負けててよかった?:2010/01/14(木) 11:10:14 ID:ZbyxnuR60
戦争に負けていいなんて事は絶対有り得ません!
負けてよかったなどとは、バカにもほどがあります。
戦争に負けることがどれだけ惨めなことか、何もわかっていないのです。
日本は敗戦で、財産を奪われ、殺害され、苦しみを味わいました。
領土を失い、軍人が戦争犯罪人で、処刑されました。
中国は、欧米諸国で反日デモ先導して教科書の「どこそこを直せ」。
「尖閣諸島は中国領だ」といい、「ガス田も中国のものだ」と言い出す。
軍事力がないために外交で極めて不利な立場に立たされているのです。

63 :大日本帝國 復活を!:2010/01/14(木) 11:12:13 ID:ZbyxnuR60

文明開化を果たしたアジア唯一の独立国、大日本帝國。
アジアで唯一、欧米列強に渡り合えた、大日本帝國。
欧米植民地にされたアジアを解放した、大日本帝國。
あのすばらしい。偉大なる大日本帝国を復活せねばならぬなのであるのである。



64 :地政学:2010/01/14(木) 11:14:31 ID:ZbyxnuR60

世界国家はランドパワーとシーパワーに大別される、
世界の紛争はランドパワーとシーパワーの相克である。
日本は、アメリカ英国と同様、シーパワーを構成し、
中国、ロシアやドイツは伝統的にランドパワーに属している。
ベトナム戦争、朝鮮戦争はランドパワーをアメリカシーパワーが迎え討ったのである。


65 :地政学:2010/01/14(木) 11:16:29 ID:ZbyxnuR60
価値が全くない朝鮮半島に、日本が進出したのは国防の為だけである。
秀吉の遠征をはじめ朝鮮半島への進出は蹉跌の連続であった。
日本は、ランドパワーである中国大陸と
その衛星国朝鮮半島に深入りした時国が危うくなり、
大陸から自立していたときには繁栄していたのである。

66 :地政学:2010/01/14(木) 11:18:49 ID:ZbyxnuR60

中韓と価値観を共有できるものがあるかと問われれば、無いと答えざるを得ない。
福沢諭吉は脱亜論で中・韓と付き合えば身の破滅だと悟ったのである。
日本は、満州事変と大東亜戦争で泥沼にはまり込んだのである。
ランドパワーとの緩衝地帯に存在する朝鮮半島に反日勢力が制することは妨がなくてはならない。
特に日本の生命線である台湾が中国の手に落ちれば、死活的問題なのである。
日本は、シーパワーに属する英米アングロサクソとの連携を戦略の基本に据えて、
中国・ロシアというランドパワーに対抗する必要があったのである。


67 :南カラフトは日本領:2010/01/14(木) 11:56:57 ID:ZbyxnuR60

アメリカは南樺太及び千島列島の権益をソビエト連邦に引き渡すことを
サンフランシスコ講和条約は含んでいないとした。
ソビエト連邦はサンフランシスコ講和条約に調印していない。

68 ::2010/01/14(木) 16:03:23 ID:8wy8Kwwd0
>1
まわりクドイこと言ってないで
なにが言いたいのかはっきりしろ…

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/14(木) 16:55:22 ID:6wTz5uip0
 

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/14(木) 20:38:35 ID:blpa0A160
質問
下記の写真は731部隊の写真だとある。
本当のところ、通州事件の被害者を検死する日本人医師
だと何かで読んだこともある。
どちらが正しいのか?

http://www.ww2incolor.com/japan/Unit731S.html

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/28(木) 00:47:35 ID:HfC0YjMGO
>>1の考えは間違い
歴史上、天皇は
・親政をする
・臣下に統治を委託する

のどちらかで現在も例外ではない
藤原北条などの摂関、
平氏、源氏、足利、徳川の武家政権、
明治のプロイセン政府
などに統治を委託してきたわけだ

明治憲法では主権は天皇
現行憲法では主権は国民

民に委託した結果、「主権」という西洋の概念が行ったり来たりしてるが、
これは今、英国とかベルギーとか世界で流行してる、
「立憲君主制」て形がナウいから合わせてるだけ

天皇が統治を任せた結果、
臣民が「主権」やら「法治国家」やら異文化の概念を導入してるが
ひとたび天皇が「そろそろまつりごとの委託やめる」と言えば政権返すのが筋

建武の新政や大政奉還が好例

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/29(金) 10:07:27 ID:HDrrItP60
>>71
所有と経営の分離のようなもんかねぇ
経営学や会社法はよく知らないが

会社(日本という国家)は出資者(天皇)のものだが
経営(政治)は、出資者(天皇)が従業員(国民)に任せてる=国民主権
天皇は経営ノータッチのオーナー会長って感じかな
経営にノータッチだから責任問題起きにくいし
歴史上は1700年ぐらい、神話上は2700年続いてきたのも納得
経営はしないけど、会社の発展と従業員の幸せを祈ってるみたいな
大日本帝国は、会長が経営の表に担ぎ出されてたような感じかねぇ
決定権があるように見えるけど、実は取締役会の決定事項を承認してただけみたいな


支那の皇帝や仏国王、独・露の皇帝等はオーナー兼CEOだったから
責任問われて従業員の反乱・革命や有力な取締役のクーデターであぼんしたって感じかな
権威と権力を分けたシステムって本当に凄いと思う





73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/02(火) 20:02:51 ID:MPLJYDDc0
大日本帝国万歳!!!
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1265108459/l50


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/07(日) 13:24:25 ID:+AspA5n40
>>71
>のどちらかで現在も例外ではない

いや、さすがにそれは違うってw
日本はもう国権の最高機関が国会になってるの。憲法にそう明示されてるの。

天皇が返せといっても、返したりはしないし、できないの。

昔は確かに天皇はオーナー的な位置だったかもしれないが、今は違うんだよ。
戦後で、過去にない位置に天皇がなった。日本国の「象徴」。
それ以上の権限はないし、これからその権限を回復することもない。

天皇の決定的なポジションの変化を指して「大日本帝国の滅亡」って言ってるんでしょ。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/07(日) 14:19:37 ID:EjnhMFj+0
ところで戦後も大日本帝国が続いていたら、
ハルヒやらきすたやけいおん!はやはり製作されてたんだろうか?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/08(月) 11:39:28 ID:1fBiNPoQ0
日本塵は犯罪者

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/09(火) 21:01:23 ID:vJBWKsDx0
>>74
国王なら「王国」、皇帝(天皇)なら「帝国」ですよ。
モナコとかジオンは大公だから「公国」。


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/10(水) 06:12:52 ID:yRFgJppY0
戦後は、国民主権となっとるが、三権の長は
国会の指名に基づいて、天皇が任命している

日本古来の天皇の権威を持って権力を正当化し国民を統治する
というシステムは変わってないんだよなぁ


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/10(水) 22:32:41 ID:PFbLV1IR0
天皇(皇帝)は天皇。

今上陛下は125代目です。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/11(木) 01:01:48 ID:qUJcx9bv0
テス

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/11(木) 01:05:24 ID:qUJcx9bv0
おお、書けた。
なんつー長い規制だ。

日本政府が国号を公式に帝国としても
帝がいる訳だし中韓以外の諸国は普通に
受け入れるんじゃねえかな。

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)