5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

幕末の国家戦略 橋本左内

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/24(月) 23:08:13 ID:hi4HjXBL0
橋本 左内(はしもと さない)は幕末の越前国福井藩士。

著書に『啓発録』。嘉永2年(1849年)、大坂に出て適塾で医者の緒方洪庵・杉田成卿に師事し
蘭方医学を学んだ後、水戸藩の藤田東湖・薩摩藩の西郷隆盛(吉之助)と交遊。他に梅田雲浜
や横井小楠らと交流する。越前・福井藩主の松平春嶽(慶永)に側近として登用され、藩医や
藩校・明道館学監心得となる。
一橋慶喜(徳川慶喜)擁立運動を展開。幕政改革、幕藩体制は維持した上での西欧の先進技術
の導入、日本とロシアの提携の必要性を説くなど開国派。安政6年(1859年)、井伊直弼が発令
した安政の大獄で小塚原刑場にて斬首。享年26。
墓は吉田松陰などのものとともに南千住回向院。

僅か26年の生涯。
藤田東湖の推挙によって福井藩中根雪江が取り立て、藩主松平春嶽に用いられたのが22歳。
僅か数年間の活動期間に偉大な足跡を残した侍。
西郷隆盛をして、最も影響を受けた人物として、先輩では藤田東湖、そして同輩(実は年下)で
は橋本左内を挙げていることはその傍証。

その資料の一部を見るだけでも、幕末に全地球規模の気宇壮大な戦略家がいたことが分かる。

橋本左内
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5110938
http://jp.youtube.com/watch?v=nx-ieAOSLjA

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)