5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

辻政信大佐

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/03(金) 00:01:19 ID:d5HyQ5WHO
前すれ
辻政信大佐
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1148824438/

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 00:14:50 ID:n/gEVBWX0
>>202
607 日本@名無史さん 2007/04/10(火) 23:20:25
『週刊東洋経済』 2007年4月14日特大(2007年4月9日発売)
The Compass 原田 泰
満州の歴史に見る統制経済の失敗−大慶油田なぜ発見できなかったのか
http://www.toyokeizai.co.jp/mag/toyo/2007/0414/index.html
http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG12/20070409/199/

大慶油田は1959年に発見され、1960年代には年平均5000万トン以上生産したが、
その年間生産量は、日中戦争時の日本の年間石油需要の10倍以上だった。
それをなぜ発見できなかったのか?
満州国が試掘許可を求めたのに、商工省が却下したという説、
その深度まで掘削する技術がなかったという説、逆にそれを超える技術があったとする説、
外国の民間企業に探査を依頼しなかったのはなぜか?外国に情報を握られないようにする
ためだった、などの説を紹介。
そして、石油さえあれば対米開戦につながらなかったのは明白なのに、なぜ戦後の日本で
左右を問わず、この問題が議論されなかったのか、と問題提起。
戦線を石油のある南方に伸ばすために、発見させなかった可能性もある、と
原田氏は指摘している。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 09:10:15 ID:yqJTIy8N0
またコミンテルン陰謀説かよ。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 17:49:50 ID:BJoHt0S00
>>203
地表にまで油膜が出てるトコなら十分日本の技術で採掘できたんじゃないのかな?

日本内地にだって、新潟や秋田に多数の油田があったんだし。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 00:48:30 ID:VnD4xEj50
>>205
軍の調査と併行して満鉄や日本石油の手で,北は興安北省のハイラルから、南は熱河省
まで、石油探査は進められた。両者のボーリング技術は陸軍より進んでおり1500mから
1800mまでの掘削が可能だった。(大慶油田はハルピン・チチハル間の松遼盆地800m地下。
勝利油田は黄河出口の南側でチンタオの傍800m地下である。
片方だけで戦次最高必要量に充分以上で、米国の石油禁輸に対抗できた)
http://plaza.rakuten.co.jp/zaigougunjinkai/diary/200805230000/
しかし、昨日申し上げましたように、仮に日本が大慶油田を見つけたとしても、常温で固まって
しまう特殊なオイルのため当時の日本の技術では大規模な開発は難しかったと思われます。
(大慶から日本までの、パイプライン、タンカー、貯蔵タンク、製油所施設を、全て24時間加熱
しておかねばならない
http://blog.goo.ne.jp/kowmurak/e/d4351916a992f1efe1d5d2809ba26581
そもそも遼河石油の高流動点原油の貯留層深度が6000メートルである事を考えると当時の
石油開発技術では遼河石油の真上地点を探索したとしても検知できなかった可能性もあるだろう。
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/saito/warandoil10.html
戦争と石油 (1) 〜太平洋戦争編〜
http://oilgas-info.jogmec.go.jp/report_txt.pl?id=652&freeword=%E5%A4%A7%E6%85%B6

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 08:46:57 ID:oUwS078U0
辻の軍隊における最終的な階級は大佐でFA? カダフィとかナセルみたいだな。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 10:23:51 ID:8zzBYWcU0
【ノモンハン 70年後の教訓】(下)スターリンの呪縛
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/091011/acd0910110853003-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/091011/acd0910110853003-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/091011/acd0910110853003-n3.htm

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 22:42:34 ID:es1MtWXY0
『石油技術者の戦い』だったかな。
戦前では「石油はかつて海であったところにしか存在しない」というのが通説であり、
満州で石油が産出されるとはそもそも考えられなかったという話。
戦後になってかつて湖沼であったところからも産出されるというのが発見されたそうだ。


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 20:48:35 ID:GfNRxAer0
世界の火薬庫をのぞく

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 01:05:28 ID:KvNcvLPB0
「これでいいのか」

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 21:40:37 ID:1QMbQFZp0
ねんどろいど辻政信とか石原莞爾とかが欲しい

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/27(火) 16:27:05 ID:opxet+ZY0
>>209
池沼であったところからも発見されれば今の日本は一大産出国だったのにw

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/28(水) 21:06:08 ID:2aYo3kI80
過去ログしっかりよめよ>>213

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/29(木) 08:48:35 ID:7BdTwNoz0
>>214
当時よりも今の方が池沼の頭数が多いから資源としては増えてるわなw

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/29(木) 17:23:54 ID:/iCZh7L50
ガタルガナル、ノモンハン、シンガポール
風のように去っていった
まさに 風の男 辻政信

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 03:13:25 ID:fQSVS9rY0
風邪=新型インフル菌のような男

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 00:49:23 ID:fZ/KDhaMO
ウイルスと菌の違いも分からぬ池沼は去ね

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 17:14:58 ID:AkQBq51e0
ガダルカナルで山を越えての側面攻撃を提唱したのは間違っていたよね。
海岸線から普通に攻撃すれば、日本の艦隊が近くにいて、ルンガ飛行場に
艦砲射撃した後だから、機関銃陣地もある程度破壊されているだろうから
突撃は成功したかもしれない。


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 20:06:27 ID:y9IcqjAG0
分進合撃はメッケル以来、帝国陸軍の金科玉条だもんね

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 20:44:17 ID:zQ7YMDZt0
>>219
無理。

奇襲戦法はダメだから、正面で戦えと言われて皆ガダルカナルに行ったわけだ。
ところが、制空権は完全にアメリカ側にあった。輸送船は次々に沈められ、駆逐艦さえ月がない夜間にガダルカナル近くに
行き夜間に制空権から離脱するのが精一杯。

必要な大砲も陸揚げできず、何度も言われた横綱同士のがっぷり四つの戦いはそもそも不可能にだった。だから、
ジャングルを踏破しての攻撃になったわけだが、辻タンは「勝利間違いなし」という電報を送っているからなーw
ワキが甘いとしか。

ちなみに、艦砲射撃も月がでていない夜間という制限から、特定の日に限定されるのだが、そもそもその日まで大砲を分解
して運ぶことは不可能だった。現地に行っているのに、現地の様子を確認しているのか辻は?

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 23:35:20 ID:fwnWNtXl0
>>221
「たとえそれが目に入ってたとしても、見たくないものは見えない」という便利な目を持ってらっしゃったんだと思う。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/10(火) 01:47:14 ID:j4kwmzuN0
辻は本当に貧乏人の息子なの?
幼年学校は高い学費をとったから、本当の貧乏人なら入れない筈。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/10(火) 19:29:07 ID:DiY+fwvy0
探検家になってればよかったのにね。
絶対本買うわ

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/14(土) 22:38:01 ID:jB0hYvxl0
辻政信
カス中のカス
人非人

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/14(土) 22:39:54 ID:Royds9Au0
兵隊には人気あったって言うけど
自分に死をもたらす死神って意識は兵になかったのかな

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 01:18:04 ID:JvWsu3q50
赤貧家庭からの出て、貧乏人の気持ちが分かり、清廉潔白で不正なコトは大嫌い。
上官が悪いことをしていても、見て見ぬふりはしなく、現場主義でどんな激戦地にも赴き、
安全な場所で現場の人間の気持ちが分からない指揮はしない。
同期の人間や部下を基本的に大切にして思いやりの気持ちがある。

ように見えたし実際そういう行動を取ったわけだ。人気が出るのは分かる。少しくらい欠点が
あってもこの人に賭けようって気持ちにまあなるかな。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/22(日) 00:00:18 ID:TB0aF09n0
現場に出て作戦指導するのはいいが、自分を過信しすぎてて尊大な態度で臨み、現場指揮官
の意見を入れず自分の我を通す、逆らえば自分より上級者でも切る、またあの餓島と云われた
飢餓の島ガダルカナルで飢えに苦しんでいる将兵を横目に自分は三度の食事に白米の飯を摂っ
てたとも聞く(何でも着任する時自分専用の食料等を舟艇に積み込んでたらしい)、こんな
男が貧乏人の気持ちが分かるだろうか。


229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/22(日) 00:44:22 ID:LRoy+ABP0
幼年学校は高い学費を取った。辻が本当に極貧の出かどうか疑問。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/22(日) 16:34:28 ID:JfxUpXivO
服部のタクさんといい関係〜

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/26(木) 02:38:24 ID:YRNOD99y0
>>226
それを言ったら国民の多くが政府よりも軍に期待していたわけで。
自分に死をもたらす死神って意識は国民になかったのかな。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/26(木) 15:10:35 ID:It81/BDL0
直接度が違うしね
ガダルカナルで目の前に現れてもまだなんかこいつに期待するのかよってことだろ

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/28(土) 02:45:04 ID:ln/xT5URO
上が下を気遣う。下と言っても「星の数よりメンコの数」だから現場は将校よりも古兵の方が権力があったり中将の師団長より大佐の参謀が権力を持ったりする。これは組織じゃない

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/28(土) 02:49:43 ID:ln/xT5URO
海軍も飛行隊に対する上層の気遣いはハンパないし。これが作戦立案に影響して敗戦の遠因になったりしてるし。昭和日本陸海軍の情実人事と学次成績人事は官僚腐敗が亡国になった好例だ

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/29(日) 13:39:17 ID:MqnJ87a40
まあ、下の人間が上を無視して行動起こすのは満州事変のころからの日本軍の伝統ですからw
結局日本人のナアナアなもたれ合い気質がモロに出た感じだね
誰もがおかしいと思っていても摩擦を恐れて口に出そうとしない
手に負えなくなってから始めてどうしようか?とか言い出す
今の不良債権処理とか見ててもおんなじだよ

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/06(日) 23:44:44 ID:7Kz0mBe+0
口先だけで、神様なんて祭り上げれた、失策しかない参謀。

戦後も、うまいことやって戦犯にならずに、政治家にまで
なった人物。最後まで責任もらずに・・。
こいつが参謀だったおかげでどれだけの人間が迷惑したか。

最後は、行方不明になったが・・。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/19(土) 16:59:23 ID:L9g3zfBW0
今週号の週間新潮に、辻の記事が載ってたね。

週間新潮はご子息から辻の手記を預かっていたから、そりゃ悪くは書けない罠。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/27(日) 19:29:53 ID:h0j4hNJ/0
辻は国賊。いや人類の失敗作。その家族もその血一滴でもこの世に残すことは
世界の不幸。その遺伝子の一片たりとも永久にこの世から消えてなくなること
が最も世のためだ。


239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/31(木) 18:11:31 ID:EafDeixI0
マンセー!ハイル>>238!全ては>>238の御心のままに!


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 16:57:12 ID:cT2wtUmY0
辻政信の死因を明らかにし、平和活動の際の戦闘で死んだことを明確にしたら、靖国に合祀できる可能性あるんじゃないのか?

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 22:09:37 ID:jtqC0EI40
>>240
議員身分で靖国入れるなら
PKOで死んだ警察官も入れるはずだろ
糞馬鹿め

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/25(月) 17:06:42 ID:VN82LRS+0
どうよ?
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v135047825

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/04(木) 00:26:53 ID:z5b4Qdan0
>>242
達筆すぎて、ビビった
人格と筆跡は関係がないという証明にはなりそうだな

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/23(火) 03:12:50 ID:MEp37QEn0
この人おもしろいな

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/27(土) 00:44:57 ID:SW6QLHOR0
関連スレ

【政略的】ノモンハン事件の評価【惨敗?】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1269527156/

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 00:10:44 ID:+IdbOFiD0
『正論』 2010年5月号
ふたたび戦跡を歩く ガダルカナルからインパールへ
第10回 バターンからコレヒドールへ
戦史作家 牧野弘道
http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/1004/mokji.html

児島襄『参謀(上)』(文春文庫)を参照して書いているのだが、辻政信・大本営参謀は、
米比軍が降伏後、杉山参謀総長の前線視察に同行して現地に赴いた後、現地に残り、
旅団司令部の指令の電話という形で、投降米兵7万人の射殺を命じた。それを不審に
思った現地の参謀が問い合わせると、「大本営の指令」だと回答があった。その後、真相は
辻が大本営指令を装って独断で指令を出させていた事実が発覚。
師団長や参謀長らと激論になったが、すると、辻は、各地に直接出向き、隊長たちに勝手に
処刑命令を出していった。それで参謀長が辻に副官を付け、「その参謀の言っていることは
師団長の命令ではない」と言って回ったそうだ。
辻は、関東軍参謀時代にも、張鼓峰事件勃発早々に朝鮮軍の最前線に現れ、司令官の
小磯國昭大将を「関東軍のスパイどもを叩きだせ!」と激怒させたそうだ。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/14(水) 17:09:42 ID:MfAuQZy/0
書名 自衛隊秘密諜報機関−青桐の戦士と呼ばれて−
著者名 阿尾博政著
出版社 東京 講談社
出版年月 2009.6

これによると、ラオスでCIAに殺されたらしい。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/20(日) 10:37:02 ID:f8FgMm4s0
辻の銅像を建てた石川県民は
救いようのないアホ

80 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)