5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

太平洋戦争での餓死者

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/29(月) 21:42:37 ID:a2hrw8Cc0
何でこんなに多いの?
物資が足りないのに戦線拡大って
基地外?
何で指揮官がバカしかいなかったの?



25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/01(水) 22:05:50 ID:sp4Mnoff0
日本男児は大和魂があるから飲まず食わずでも大丈夫と本気で思ってたんだろうな、
上層部からしたら餓死者が出るなんて青天の霹靂。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/02(木) 18:03:10 ID:SsUEGbU90
興奮もなにも歴史を語る上で結果の原因なんてものは一つではなくて、部分的連続の中での
事象であって原因が一つとか小学生並みの知能かよ。といってるんだ。
風が吹いてなぜ桶屋が儲かるのか、指はなぜ動くのかというのと同じで、

全て一つのことがらを敗因なんて考えるのはもうね。なんだか・・・・。
言葉遊びのようだが、因子がふさわしいだろと・・・。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/02(木) 21:24:02 ID:O1l+EA0f0
インパールで補給が最初からダメだったのはどんな部分的連続の事象?
その貧弱な補給能力への警告を無視してしかも雨季直前に作戦発動を決断した原因は何個あるのか

言葉遊びのようだがぜひ伺いたい

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/02(木) 21:35:42 ID:icq4YnOM0
>>27
牟田口に聞くしかない

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/02(木) 22:54:23 ID:+JypS+o30
牟田口は上司の寺内の意向を汲んでインパールをぶちあげただけ。
要するに単なる提灯持ち。
寺内が大本営にプッシュしたから無謀なインパールが実行された。
つまりインパールでの悲惨な敗北の原因は寺内。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/02(木) 23:57:19 ID:SsUEGbU90
寺内寺内というけれど、その前の事象を呼び出した内閣ろ外務大臣はだれだよ?
いってみろよ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/03(金) 00:06:04 ID:Sm6A1xjH0
インパール自体は無謀じゃない。それをラングーンにいる空軍で支援できなかっただけで
あって、インドはドイツ支援の為にも攻略するべきだったんだよ。インド北部まで日本軍が
進軍すればエジプトのドイツ軍やイギリス軍の戦略にも無論響く。問題はガダルカナルだよ。

どうしてオーストラリアと米を分断しようとおもったか。という無謀な作戦のほうがあきらかに
矛盾だ。例えガダルカナルとフィジーを押さえても、ニュージーランドからチリルートへの
輸送ルートは現存であって、ガダルカナルよりもMO作戦に陸上部隊も空軍も裂くべきだった。

ラングーンからインパールへの道のりも空軍と第2艦隊の支援があれば可能だった。
イギリスの東洋艦隊は壊滅していたのだから、それを理解せつにガダルカナルへの
逐次の戦力投入したことのほうが軍事的な失敗はランチェスターや孫子に当てはめると
大きい。提督の決断2で実験してみてもあきらかだ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/03(金) 00:40:54 ID:d5HyQ5WHO
辻政信大佐
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1222959679/

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/03(金) 22:30:34 ID:fNNmCS0x0
>>31
日米とも太平洋戦争の時は空軍はないよ。
陸軍や海軍にそれぞれ所属する航空隊はあったがね。
米軍は戦後に空軍ができたし、日本は戦後航空自衛隊ができたしね。
それと提督の決断2で実験したと書いてあるが、
ゲームでは兵士が補給で苦しんで餓死はないし、
それを史実にあてはめるのはナンセンスでお話にならないよ。


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/03(金) 22:35:34 ID:Sm6A1xjH0
ネタで書いてところに真剣に突っ込んでくれるほうがナンセンスだけどな

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/03(金) 22:52:07 ID:Sm6A1xjH0
空軍っていってもラバウル航空隊の事と、ウェワク航空隊のことね。
いちいち書くのめんどいから空軍ってかいてるだけで、そんなこともわからない
っておもってんのかよ。詳しい人間なら地理的にみてMOをどの航空隊で支援するかなんて
すぐに分かるはず。それに補給ラインについても言明してるだろ。
トラックの制空権からウェワクに輸送するって・・・。その輸送についてガダルカナル
よりも陸路運搬の活用できるMOにガダルカナルの使う兵員を使うともかいとるだろうが
あと最近の戦争ゲームは補給で苦しんで兵が死ぬ戦略ゲームもあるだろ。
話にならんのはおまいだよ。文章の本質を把握できない典型のようなモデルだな。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/05(日) 10:35:58 ID:rPPyj8rg0
「太平洋艦隊」「WITP」で計算するとどうやっても補給が届かない。
最低限泰緬鉄道ができないと進軍すらできない。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/05(日) 11:16:10 ID:rCtDXqEt0
史実にはトラックにドックなんかねえんだよなT_T
工作艦明石が進出したおかげでかなりの工事は行えるようになったけど、
艦上設備の補修はともかく船体の傷となると内地に持って行かざるを得ない。

ゲーム的にはあのあたりにドックがないと
まともな戦争にならん・・・史実でも一緒かw

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/06(月) 23:54:04 ID:a/JEkvsV0
>>35
軍事板行って航空隊のことを空軍なんて書いたら無知扱いされるね。
まあこの板では軍事知識のことがくわしくない人が多いから突っ込まれて
文句を言われないんだろうな。
あと提督の決断2のことしか書いてなかったくせに、
最近の戦争ゲームはとごまかして逆切れしてるのは相当なガキが
書いてるんだろうな。


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/07(火) 23:17:03 ID:Yc6gAhc10
45年初頭には太平洋艦隊の艦艇・航空燃料消費量が1日約70万キロリットルらしいけど
弾薬・食料・維持整備品など入れたら艦隊だけでもとんでもない物量になるが
その他全戦線へも補給となると役務艦隊だけでどれだけタンカーや輸送船持ってたんだか興味ある。


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/10(金) 21:34:54 ID:FapCNNuT0
連合艦隊が総力で出撃したときに必要な燃料が50万トンだったかそれくらい、
これを支えられるだけのタンカー数は海軍は持っていたらしい。
おおむねMI作戦を見れば参考になるかと。
逆にいうとあれをやってしまったために燃料が無くなり、大和のソロモン諸島出撃なんて
燃料上不可能だったとか。

ちなみに一段階のシンガポール、ジャワ、フィリピン攻略時に
国力行きに絶対必要とされる船舶を無理矢理かり出して実施したという話。
ところが一度が二度になり、ガ島ですってんてんになって・・・。


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/20(月) 20:57:16 ID:cmPrhc3D0
本当かどうかしらないけれど、フィリピン原産の重油は国産の航空機にほとんど
使用ができなかったとか、それも南西諸島の植民地化を遅らせた原因なのでは?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/27(月) 23:34:08 ID:BLUkFLuE0
補給軽視は乃木以来の陸軍の伝統

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/06(土) 23:23:05 ID:HUDs2DyO0
で、結局餓死者数は何人なの?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/07(日) 02:26:43 ID:tdQEAFlo0
そんなものはぞんざいしない。
「いるいる」と言っているのはコミンテルンの工作員だけ。
餓死者がいたというなら証拠を出せ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/07(日) 11:35:14 ID:kueatw3/0
>>43
餓死した英霊たち/藤原 彰
http://uchyax.exblog.jp/2605467

 本書は三章構成になっていて、第一章では餓死の実態として、太平洋戦争でどのように
兵士達が飢えていったかが書かれてある。この部分、ある程度予備知識はあったとはいえ、
その実態はかなり悲惨だ。
(中略)
 筆者は、結局太平洋戦争全体の戦没者のうち、餓死者(栄養失調からの病死も含まれ
る)の割合は全体の六割強と結論付けている。言葉を変えれば、日本兵を一番多く殺した
軍隊は、日本軍だということになる。
 お国のために命を落とした英霊、という言葉の実態はこういうものだったのだ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/07(日) 13:29:00 ID:dpPsy/x+0
戦闘のなかった南洋の島々に大勢が足止めされている間に
本土が米軍の空襲を受けているという情報が度々入ってくる
戦地(?)にいる兵隊が戦地ではない本土の家族の安否を気遣う
洒落にもならないお粗末さだね

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/07(日) 14:09:11 ID:CxdjuGLA0
>>39
亀レスだけど、

海軍で使用中のタンカー(月初めにおける総トン数)

昭和17年1月   160,000総トン
昭和18年1月   172,000総トン
昭和19年1月   162,000総トン
昭和19年7月   100,000総トン
昭和20年1月    60,000総トン

海軍で使用中の商船(同)

昭和17年1月   1,610,194総トン
昭和18年1月   1,462,243総トン
昭和19年1月   1,151,233総トン
昭和19年7月    743,086総トン
昭和20年1月    386,455総トン

昭和20年なんて桁を一つ間違ってるんじゃなかろうか



48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/07(日) 14:12:11 ID:tIUwMaa70
彼(寺内寿一)は南方軍(南方総軍)の総司令官であった。当時、日本には総軍は三つあった。
関東軍、支那派遣軍、南東軍。戦争末期、総司令官はそれぞれ、山田乙三大将、
岡村寧次大将、寺内寿一元帥。三総軍のなかでも、南方軍の任務は対米英決戦。
大東亜戦争の主力部隊で、100万の大軍を擁していた。
1944年十月。おりしも、マッカーサーはフィリピンに攻めかかっていた。I
Shall return”の公約を果たしたと大張り切り。
これを迎え撃つ日本軍。日本はフィリピン決戦を呼称していた。今度こそは、
何がなんでもニミッツ、マッカーサーを地獄へ逆落としにするぞ。
日本軍の総司令官・寺内寿一は、マニラでみずから指揮を執るのか。
それが当然であろう。
しかし、そうではなかった。マニラを去って、「東洋のパリ」と言われたサイゴン
の旧フランス大邸宅で優雅に生活することにした。それでいて、マニラの
フィリピン方面軍司令官・山下奉文大将の作戦に容喙(口出し)はする。
山下大将の作戦では、「島の一つや二つどうでもよい。フィリピン全体で勝てばよい」
という方針であった。山下大将は、ルソン島で着々と決戦の準備を進めていた。
米軍はレイテ島へ上陸してきた。罠である。山下大将は無視する肚であったが、
罠とは見抜けなかった南方総軍は、レイテ島で決戦を行うべしと指示してきた。
腐蝕の果てに、戦争が少しも見えなくなってきたのであった。フィリピン方面軍の兵力は
分散され、レイテ島で各個撃破された。
兵力分散は戦争の禁忌(タブー)である。そのために、米軍がいよいよルソン島に上陸した
ときには、山下大将は決戦兵力を保有していなかった。フィリピン方面軍はマニラ近郊
での決戦を断念し、山中の複郭陣地で、空腹でフラフラになりながら米軍と戦うほかなかった。
フィリピン方面の戦闘(「戦闘」と言えるものか?)で日本軍は、37万人という大戦中最大の
犠牲を出した。それほどまで、フィリピン決戦は激戦であったのか?いや、そうとばかりも
いえない。死亡者の87パーセントまでが戦死者ではなく餓死者であった!戦史を読んで、この件
に至るたびに書をなげうって悲憤発狂せざるをえない。南方総軍の戦争無知、指揮のナンセンス、
かくのごとし。

小室直樹「これでも国家と呼べるのか」より

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/07(日) 17:15:27 ID:Xhy8+JXu0
>>48
小室直樹は天才だと思うけど、太平洋戦争に関してはなあ…

レイテは罠っていうより、
・一番東側で上陸しやすい。
・飛行場適地がある。
・防備が手薄。
だったから、ルソン攻略のための橋頭堡として選ばれただけだろ。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/07(日) 20:41:50 ID:CxdjuGLA0
そういえばちょっと前の軍事史学に秦氏が「第二次世界大戦の日本人戦没者像─餓死・海没死をめぐって」という論文を掲載していたな
米の輸送とは何と大変なことか

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/08(月) 07:41:31 ID:nANyGoBcO
秦も立派なコミンテルン工作員になったな。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/08(月) 21:44:06 ID:Hk0pmIy10
無意味な肉弾突撃で数万人の兵士を無駄死にさせた乃木もすごいけど、
日本史上最大規模の部隊(約100万人)を指揮してその半数を餓死させた寺内はもっとすごい。
将兵がバタバタと餓死してる最中に自分だけは安全地帯に逃げて芸者遊びに呆けてたところなんて、
いかにも長州人らしい。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/08(月) 21:48:32 ID:I37Rnsm10
永井荷風をぶん殴った罰が当たったな、こいつは

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/10(水) 16:24:12 ID:VVWgxBRD0
天誅

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 11:04:18 ID:jy3maFRF0
>>47
いやそれくらい潜水艦に沈められていたんだよ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/20(土) 20:00:57 ID:25qY1pqM0
山縣…軍を私物化&軍部大臣現役武官制制定
  ↓
寺内…一度廃止された軍部大臣現役武官制を復活させる
  ↓
松岡…軍部大臣現役武官制のおかげで外務大臣となり
   日本をナチスに売り渡す
  ↓
木戸…仏領インドシナ占領を手始めとする南進を強硬に主張
   非戦派の東久邇宮内閣成立に反対し東条内閣をつくる
  ↓
アメリカと戦争
  ↓
寺内…日本軍主力部隊100万人の約半分を餓死させる

∴長州のせいで日本はアメリカと戦いボロ負けした

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/23(火) 13:19:16 ID:OUI4aJxe0
こういうやつって今から制裁加えられんもんなのかね。
ローマじゃ記録抹殺刑というのがあったんだが。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/04(日) 16:23:10 ID:kMbpD43q0
関連スレ
兵站・補給について語るスレ3
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1224160462/


59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 11:53:54 ID:8e74dMMV0
太平洋戦争中の本土の民間人には餓死者いたの?

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 18:47:02 ID:TDsUq5N90
太平洋戦争における日米両軍の死傷者

日本
    戦死     戦傷
陸軍 1,289,605名 53,028名
海軍 298,209名   7,844名
総計 1,587,814名 60,872名

アメリカ
    戦死     戦傷
陸軍   41,686名 109,425名
海軍   31,485名 31,701名
海兵隊 19,733名 67,207名
総計   92,904名 208,333名
http://www36.atwiki.jp/senshishasukenkyujo/pages/21.html

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 21:02:19 ID:gJq6zhho0
歩兵なんか5日か10日食わなくたっていいんだ、って補給担当者に
放言した参謀もいるらしいですよ。
こいつなんかは結局兵隊なんか餓死しても代わりがいるって思ってた
んじゃないのw
酷い話だわ。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 22:45:59 ID:Y/N9pgND0
参謀は芸者が一晩でもいないと死んでしまう・・・
恐るべし皇軍

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 02:29:28 ID:ZD4bsFkzO
親父の同僚がインパールに小佐として参加

1日米一口が小佐の分だと

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 04:04:34 ID:Ap7vjzsv0
なんでも長州のせいにしないと気が済まない56ちゃんめっけw

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 05:59:48 ID:kwOktTVC0
戦争もしていないのに餓死者300万/総人口2300万の北朝鮮を崇拝している
在日が暴れていると聞いてスッ飛んできますた(´∀`)

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/25(水) 21:14:06 ID:sQxfF/PB0
>>64
いや下士官の暴走体制の根元は長州だからな。
桂や吉田にせよ所詮は下級武士、それが勝手なことをやり始めて
トップが追認するという体質はそのまま旧軍にも引き継がれた。


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 06:06:28 ID:dyt/Bm8mP
理由は、わざと。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 06:10:44 ID:dyt/Bm8mP
>>66
やっと長州山口毛利家の悪事が暴かれてきた
しかし数ヶ月前か

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 01:01:50 ID:3DzwyZWg0
寺内寿一はひでーよな。
南方戦線で50万人近くの日本兵を殺してる。そのほとんどが餓死。
フィリピン決戦の際には最高指揮官なのに自分だけベトナムに逃げ、
芸者を呼び寄せ豪遊してた。
さすが長州人だ。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 03:31:20 ID:+2gAtjP8O
比島の餓死者と寺内は本質じゃない。大本営も輸送はしてた。結局は海軍。マリアナ沖、台湾沖航空戦で殆どの航空機、空母、艦船を使い果たし、丸裸の輸送船は潜水艦にやられて殆ど撃沈。あの海底に何百隻の船と人骨と兵器、物質が沈んでるやら、、

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/18(金) 07:08:23 ID:XK5XsYXb0
牛缶ウマー(゚д゚)

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/18(金) 10:47:03 ID:Bw2ZkizL0
だから
軍部は全員アンフェタミン中毒だったんだから
まともな判断力なんてなかったんだよ。

ドイツでは1941年に禁止。

一時的に活動能力や前進性が刺激されるが、
その後混濁・判断力低下・暴走を開始する。

アメリカはまだ軍では使っているらしい。
かなり激しくアップダウンを繰り返しているが、
まだなんとか持っているようだ。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 06:05:07 ID:YnCtSt0f0
アンフェタミンって覚醒剤のことね

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/28(日) 08:38:52 ID:K9mPY6pK0
>>58
兵站・補給について語るスレ4
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1257861167/
スレが移行したよ。

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)