5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

第二次長州征伐を議論するスレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 20:57:00 ID:yzFrfeez0
幕府が大軍を投入して惨敗した第二次長州征伐
なぜ長州は圧勝したのか?なぜ幕府はこうも大敗したのか?

薩摩の暗躍や他の参戦しなかった諸侯の話も交えつつ議論しよう

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 21:05:40 ID:UsqdjXIQ0
>あと大村は輸入した書物で独学しただけであって、
>英米から直接学んだわけじゃない、
たしかに大村はオランダ語の書籍からも学んでる。
中でも重要なのはアメリカ独立戦争の散兵戦術を解説したクノープの戦術書。
大村はこれを第一次長州征伐前後の時期に翻訳してる。
しかしそれだけではない。
その直後にアメリカ人武器商人とともに上海に武器の買い付けに赴く。
数ヶ月の滞在の後、大村は南北戦争で使用された大量の最新銃器とともに、
フィーパン号(武器商人の船)で長州に帰港。
帰港するとすぐさま軍制改革の責任者となり「西洋陣法」を担う部隊を創設。
こうして幕軍に勝てる軍が突然できてしまう。
大村が絶妙のタイミングで「西洋陣法」にたどりつき、
さらに絶妙のタイミングで大量の最新兵器(条銃)を得ることができたのはなぜか?
英米武器商人の関与がこの「奇跡」を起こしたんだよ。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 21:13:50 ID:UsqdjXIQ0
>英国が長州に指示するわけがないし、そんなものを聞き入れる長州ではない。
イギリスは幕府が外国人を居留地に閉じ込めていることにいらだっていた。
オールコックは下関攻撃の前に伊藤・井上を介して長州藩主宛の書簡を送っており、
その中で、イギリスは幕府の貿易独占を認めない旨の主張を行ってる。
ここには幕府という共通の敵を持つ事によって長州を懐柔しようとする意図がある。
そして四国艦隊にボロ負けした後、長州は下関開港と割拠に方針転換する。
さらに高杉と伊藤は長崎のイギリス領事のもとに赴き、「幕府の貿易独占は間違ってる。
長州は開港するが、そうすれば下関は幕府に占領される。その場合、英国による援護がほしい」
という趣旨の直訴を行ってる。まさに自分から「植民地奴隷になります」と志願したような行為だ。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 21:21:04 ID:yzFrfeez0
幕府だってフランスに援護されてるし、今の日本はアメリカに援護されてるし、植民地奴隷とは違うだろう


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 23:52:13 ID:LkB8zdE20
これは、どっかのスレから続いてるんでしょうか。。。
いきなり本題に入っていて、どう入って行っていいのかわからんが。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/19(火) 15:25:57 ID:qVlvCiHs0
どことも続いてないよ



3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)