5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

岩倉使節団

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/28(木) 13:51:13 ID:rQvsr+L00
岩倉使節団は1871年から1873年まで、
日本からアメリカ合衆国、ヨーロッパ諸国に派遣された使節団である。
岩倉具視を正使とし、政府のトップや留学生を含む総勢107名で構成された。

概要は>>2

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/28(木) 13:54:33 ID:rQvsr+L00
概要

明治4年(1871年)に横浜港を船で出発し、サンフランシスコに上陸。
アメリカ大陸を横断し、ワシントンD.C.を訪問した後、
ヨーロッパへ渡り、各国を訪問した。
ヨーロッパでの訪問国は、イギリス・フランス・ベルギー・オランダ・
ドイツ・ロシア・デンマーク・スウェーデン・オーストリア・イタリア・スイスの12カ国に上る。
帰途はアジア各国への訪問も行われたが
これはヨーロッパでの滞在に比べれば短いものであった。
日本に帰国したのは出発から2年後の明治6年(1873年)である。
留守政府では朝鮮出兵を巡る征韓論が争われ、使節の帰国後に明治6年の政変に至る。

元々大隈重信の発案による小規模な使節団を派遣する予定であったが、
政治的思惑などから大規模なものとなる。
政府のトップが長期間政府を離れ外遊するというのは異例であるが、
直に西洋文明や思想に触れたという経験が彼らに与えた影響は評価される。
留学生も帰国後に政治、経済、教育、文化など様々な分野で活躍し、
日本の文明開化に大きく貢献した。
しかし一方では、権限を越えて条約改正交渉を行おうとしたことによる留守政府との摩擦、
外遊期間の大幅な延期、木戸と大久保の不仲などの政治的な問題を引き起こし、
「条約は結び損い金は捨て 世間へ大使何と岩倉」と狂歌の題材にされた。

岩倉使節団の岩倉具視は、欧米に訪問中に欧米人に馬鹿にされたため、それまでちょんまげだったが断髪した。

>>3
派遣された使節団の名前一覧

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/28(木) 13:55:37 ID:rQvsr+L00
使節46名、随員18名、留学生43名。使節は薩長中心、書記官などは旧幕臣から選ばれた。

岩倉具視:特命全権大使
木戸孝允(桂小五郎):副使
大久保利通:副使
伊藤博文:副使
山口尚芳:副使
福地源一郎:一等書記官
安藤太郎:四等書記官
池田政懋:四等書記官
久米邦武:大使随行
中山信彬:大使随行
内海忠勝:大使随行
野村靖:大使随行
五辻安仲:大使随行
田中光顕:理事官
東久世通禧:理事官
山田顕義:理事官
佐佐木高行;理事官
田中不二麿:理事官
肥田為良:理事官
村田新八:随行
原田一道:随行
中江兆民:イギリス留学
鍋島直大:イギリス留学
前田利嗣:イギリス留学
毛利元敏:イギリス留学
前田利同:イギリス・フランス留学
金子堅太郎:アメリカ留学
団琢磨:アメリカ留学
牧野伸顕:アメリカ留学
黒田長知:アメリカ留学
鳥居忠文:アメリカ留学
津田梅子:アメリカ留学
山川捨松:アメリカ留学
永井繁子:アメリカ留学
吉川重吉:アメリカ留学
木戸孝正:アメリカ留学
平田東助:ドイツ留学
長與專齋:ドイツ・オランダ留学
大村純熈:留学
朝永甚次郎:留学
長岡治三郎:留学
新島襄:通訳
ほか。

>>4は文献

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/28(木) 14:03:14 ID:rQvsr+L00
岩倉使節団 文献
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%B2%A9%E5%80%89%E4%BD%BF%E7%AF%80%E5%9B%A3%E3%80%80%E3%80%80%E6%96%87%E7%8C%AE&lr=






久米邦武『米欧回覧実記』、明治11年(1878年)、全100巻
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E7%B1%B3%E6%AC%A7%E5%9B%9E%E8%A6%A7%E5%AE%9F%E8%A8%98&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=


泉三郎『堂々たる日本人―この国のかたちを創った岩倉使節団「米欧回覧」の旅』 平成13年(2001年)、祥伝社
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30908972
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E7%B1%B3%E6%AC%A7%E5%9B%9E%E8%A6%A7&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=


久米邦武編著、水澤周訳注『現代語訳 特命全権大使 米欧回覧実記』全5巻、慶應義塾大学出版会株式会社
http://www.keio-up.co.jp/iwakura/index.html
http://www.bunkasoken.com/contents/article/article/a04tenji39_p52.htm
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail/-/accd/31532440

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 05:58:24 ID:pI/vBnFs0






日本って土人国だったの?







5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)