5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本は大日本帝国時代から平和主義国家

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 18:28:29 ID:LCi8HXSd0
そもそも戦前を一括りにして軍国主義という考えが間違い。
日本は歴史的に見ても戦争の少ない国であることは間違いない。
軍国主義の結果とも言われる大東亜戦争も東條内閣が甲案・乙案
で極限まで回避したにもかかわらすハルノートによって戦争に
引きずりこまれたに過ぎない。

つまり、日本には憲法9条などなくても元から平和主義は浸透
していると言える。

兄弟スレ
日本は大日本帝国憲法発布から民主国家
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1151787691/



2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 20:20:36 ID:stNPPL/G0
>>1
同意

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 20:23:56 ID:euJMQ1bjO
戦争なんて手段簡単に使うもんじゃないもんな

4 :×平和主義 ○無鉄砲な拡張路線へ:2007/09/26(水) 20:28:56 ID:yU8OWVcR0
満州事変に続く北支介入
南京占領で調子に乗って「国民政府を相手とせず」
援蒋ルート遮断の北部仏印進駐に続く、蘭印狙いの南部仏印進駐

適当なところで止められずドツボ(ABCD)に



大東亜戦争はやむを得ないと言う人は二通りいる

A・ABCD〜ハルノート後の開戦はやむを得ない
B・満州事変〜大東亜戦争までの過程はやむを得ない

Aはまだ理解できる
Bは無反省に失敗を繰り返させる国賊

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 20:35:06 ID:yU8OWVcR0
>>1
>東條内閣が甲案・乙案で極限まで回避

中国戦線では、司令官ではなく参謀長でありながら、
「東條兵団」なんか作って戦線拡大。
蒋介石が申し出た講和にも強硬反対。

東條はもともと対米強硬派。
首相任命時は、天皇指示でやむなく対米戦回避に動いただけ。

>兄弟スレ

戦前の日本は国民主権でもないし、平和主義でもない。
馬鹿兄弟か?
他国と比較して悪かったとは思わないが。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 00:21:15 ID:enll3Iwe0
重要な事は日本の対外戦争は、有史以来、

1倭・高句麗戦争(朝鮮半島で両国が交戦したと高句麗好太王碑に刻まれている)

2白村江海戦(日本・百済軍と唐・新羅軍が朝鮮西海岸の白村江で交戦)

3元寇(蒙古襲来 二度にわたる蒙古・高麗連合軍による北九州への軍事侵攻)

4朝鮮出兵(太閤秀吉による二度にわたる日本の李氏朝鮮への軍事侵攻)

5日清戦争(朝鮮半島の権益を巡って日清両国が衝突)

6日露戦争(満州の権益を巡って日露両国が衝突)

7大東亜戦争(アジア・太平洋の権益を巡って日米が衝突した史上最大の戦争)

の7回だけです(厳密には、幕末の「薩英戦争」等もあるが、含めない)。
しかも、戦争によって領土を得たのは、日清(朝鮮半島・台湾)・日露(満州・南樺太)
の両戦役だけです。その他は一時的な占領であって、併合も総督府(植民地行政府)の
設置もなされてはいません。

ttp://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/mn_china.html

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 01:10:40 ID:vL4hVkQz0
でかい戦争が少ないことを理由に
平和主義国家ですって言われてもなあ

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 01:13:02 ID:tOV1RWGM0
1920、30年代、日本人は好戦的だと思われていたらしい。
まあ、戊辰戦争、西南戦争、台湾出兵、日清戦争、北清事変、日露戦争、一次大戦、
シベリア出兵、満州事変と、平均すれば7年に一度は内戦、対外出兵をやってるからなあ。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 19:49:03 ID:O8Du4kWo0
 米国の名家の出で又優れた閨秀人類学者であるルス・ベネディクト夫人は、
近著「人種」の中で、「日本は西欧世界に対比を見ない様な平和と非侵略の歴史を
有つて居る。其の記録的歴史の始まつてからの最初の十一世紀の間に、日本は
唯一回対外戦争に携わつたのみである。実に此の唯一の戦争は西暦一五九八年に終り、
それ以来一八五三年外部世界に対して交通の門戸を開く迄は、其の独立政策の確保を
目的とする幕府の命令に依て、外洋航海向の船舶の建造が禁止されて居たのである。
日本人の儀礼の正しいこと、明朗快活なこと、美的鑑識の高いこと等は、其の民族素質の
真髄として久しく認められた処である。日本は一八五三年以来五回の対外戦争に携わり、
そして世界中における最も侵略的、好戦民族の一に立派になりつつある。云々」
と謂つて居る。
 ルス・ベネディクトは冷静な学者として、第三者の眼に映じた客観的事実を有の儘に
記述して居るのであつて、少しも感情的なものを交えては居ない。外国の学者の眼から
見れば寔に其の通りであろう。私はむきになつて之を否定しようとは思わない。
又彼の支那贔屓の女流作家パール・バックは支那事変の最初に当つて
「私は自分の知つている曾つての日本、私の夢に描いた美しい日本をこよなく愛するものである」
と謂ふことを告白した。米国人に愛される日本とは如何なる日本であるか。
ルス・ベネディクト夫人の記述した鎖国時代の日本である。フジヤマとサクラと、
ゲイシヤ・ガールと、藁の家、紙の障子と、茶の湯、活花との日本である。鑑賞に適する
日本であり、愛玩に値する日本人である。それは外から眺める者の眼にこそ、
何時迄も斯くてあらま欲しきロマンスであろうが、我々日本人は自らを矮小優雅、
賞美すべき鉢植の花卉たらしめる訳には行かぬ。我々はアングロサクソンの為に
あるのではない。曾つての日本は彼らの後塵を拝し糟粕を嘗め、彼らに追隨し
精神的には彼等に隷属していたでもあろう。満洲事変後の日本は全く其の面目を改めた
日本である。満洲事変後の日本は彼自身を自覚し、彼自身の本質を取戻した日本である。
満洲事変後の日本はアングロサクソンの従属者どころか、彼等を以て其の代表とし、
支配者とする堕落せる西欧文化の慘毒から、世界人類を救済し得る者は
我が皇道文化の他にはないことを確信し、其の手始めとしての東亜新秩序建設の
指導者たることを以て自任するものである。
 大和民族は独自の信念と、独自の使命感と、独自の理想と、独自の世界観とを以て進む。
大和民族はアングロサクソンの下風に立つて、快楽と幸福との分配に与らんとことを欲するものではない。
それは大和民族が自らの理想を捨て、誇りを空しくし、使命を蹂躙することだからである。
我々は安逸の故に理想を捨て、快適の為に誇りを空しくし、易きを選んで使命を抛擲することは出来ない。
大和民族の血がそれを許さないからである。大和民族は、柳條溝の爆発に、既に
ルビコンを越えたのである。退却の途は最早やない。前進、唯前進あるのみだ。(松岡洋右1940)

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 01:02:53 ID:eBmrOgNp0
>>6
小学校の歴史ならそうだな。
刀伊の入寇とか貞観の韓寇とか長徳の入寇とかいろいろあるけどな。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 02:26:27 ID:ZZdM9xmr0
日本国もええくにではないだがやwもっとええ国にするべさ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 23:30:20 ID:lKac6+7L0
少なくとも他の国よりは戦争少ないだろう。
日本より戦争の少ない国はほとんどないぞ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/05(金) 18:58:58 ID:/NzlAiHR0


7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)