5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

どう考えても日本の開国からの近代化速度は異常

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 21:31:01 ID:RjQ2gcnZ0
明治憲法発布して5年後に中国、15年後にロシアを破り主要工業国として浮上したのは

世界の歴史から見ても異常すぎるほどの速さだと思う。

わずか30数年で江戸時代から工業国家って・・・・


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 21:37:55 ID:zdbXcH8I0
2ゲット


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 22:02:36 ID:tFzIHQh60
>>1
認識がまったくの間違い。
日本が先進国になったのはせいぜい1960年代以降。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 01:17:38 ID:pVDFvidM0
>>1
オマエの認識が異常だよ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 14:50:03 ID:7UY/LPfqO
その一方で元寇から鎮西探題を設置するまでに10年以上かかってるw


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 15:32:00 ID:5FF9431+0
>>1の言う通り。
世界中の国が自国の近代化を標榜して色々やったが
日本ほど短期間で成功した国は存在しない。

オスマントルコもタイ王国も清も失敗した。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 15:39:06 ID:c9wz9KY30
まあ、日本も1930-1945年あたりをみれば近代化には失敗したといえるのだがな。
戦争がなければオスマントルコもタイ王国も清みたいな停頓があってもおかしくなかったわ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 16:23:41 ID:eJpfyty60
>>7
満州国の近代化の速度は異常

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 19:20:36 ID:87RYWSg+0
>>3
小姑みたいな書き方だが別に先進国になったとは書いてないぞ。それに>>1がかいた
ことは非常に適格だと思うよ。
ほぼ1968年に明治維新後、約35年後には当時の欧州の列強のひとつであるロシアを
破ったのだからな。もちろん彼らが全力だったとは言えないけど有色人種に
光をもたらしたのは事実。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 20:34:27 ID:pthWiPCO0
とても江戸時代が極東の最貧国だったとは思えない発展ぷりだ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 22:59:53 ID:jp9tVd5eP
>>7
アホか
あの時代は国家社会主義が、最先端の体制だと思われてたんだぞ
実際ソ連もナチスも急成長を遂げてたし
だから日本も大慌てで国家社会主義を取り入れた
満州国の急成長と戦後の高度経済成長は、国家社会主義体制の産物だからね

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 01:17:57 ID:1Jw2XpCM0
しかし>>1が言ってる主要工業国ってどんくらいの生産力・量を指すのだ?
日本は軍事強国で常任理事国にもなったが工業後進国だったんだろ?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 01:44:29 ID:6K8vTqzqO
江戸の人口は100万人
当時世界に人口100万人超える都市がいくつあるだろうな



14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 04:41:22 ID:MJ8n59Wr0
幕末の時点で日本の識字率って高いからじゃないの?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 05:06:09 ID:ce0L7L0q0
日本近代化は世界史上の奇跡だからな。
既得権を放棄して(させて)、新体制への急激な移行の失敗例は数多あれど、
成功例はほんと明治維新くらいしかないんじゃないか?



16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 14:05:20 ID:CEigmJtj0
これは江戸時代の日本をマニュファクチュア経済や鉄鋼業の基盤や交通網などの基礎条件から
正しく評価出来てるかどうかで決まるなw

さぞかし驚異だろうよw



17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 22:24:37 ID:0PGZVx8B0
もともと日本、中国、インドは欧州より豊かで人々の知的水準も劣っていなかったのでは?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 23:26:31 ID:0GdWszYQ0
>>11
日本が国家社会主義を取り入れたとはこれまた珍説ですね。
ちなみに日本で言う国家社会主義とナチスは別モンだよ。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 02:16:16 ID:KrvZoaEn0
>>17
豊かはともかく、知的水準が劣ってないのは日本だけ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 10:28:06 ID:JdadhodJO
速やかに日本全国を掌握した新政府とは違って、
内戦状態が長引いた中国では発展が阻害されたのでは。
洋務運動ってやつも清王朝とともに頓挫したか。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 12:44:12 ID:akTLpHgQ0
>>19
日本は識字率がダントツに高かったそうだが、フランスは官僚の育成システムを作るのに
中国の科挙制度を参考にしたし、インドでは高度な数学が研究されていたじゃない。
中国とインドも決して知的水準は低いわけじゃないよ。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 13:06:33 ID:KrvZoaEn0
>>21
高いのが一部だけじゃしょうがない。
フランスがどう取り入れたのかはわからんけど、科挙は中国の立ち遅れた遠因になってる。
国の高官が四書五経信者で中華思想に凝り固まってるってことだから。

一番の理由は原理主義的な思想が日本にはなかった、武士道精神にノブレス・オブリジェと同様のものが
組み込まれていたってことだろう。
損して得取れってことは当時の中国人には不可能。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 13:09:25 ID:Ev4HOeYX0
ビゴーはその異常さを風刺したわけだな。
今の日本人が彼の絵を見ても何かぐさっと来るものがあるよ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 13:44:34 ID:Y0NtbCJt0
昔読んだものだから、正確には覚えていないが、
鉄道網の整備のスピードは、異常とも言えるほど速かった。

たしか、東海道線(東京〜京都)なんて、計画立案から完成まで、
10年かかっていなかったような記憶が。

東京〜鹿児島までも,30年ぐらいで鉄道が通じたんじゃなかったっけ。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 13:54:55 ID:Wv+gAVn50
欧米に視察に行って、
欧米の文明もここ30年で急速に発展したと聞き、
じゃあおれたちにもできるじゃん、って思ったらしいよ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 14:10:41 ID:akTLpHgQ0
>>22
日本の知識人は四書五経を勉強していて、その基礎があったからこそ
文明開化後も日本人は自分たちの社会に西洋の文物や科学技術を円滑に
取り入れることができたのだと思う。
四書五経などの東洋の古典それ自体には問題はないよね。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 16:33:30 ID:3dE7AxVYO
先物や手形・複利なんてモノもあった
経済は発達してたんじゃないか?
景気の善し悪しは別にして



28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 18:12:31 ID:KrvZoaEn0
>>25
それで本当にやっちゃうのが日本。
日本は20年で近代化してロシアに勝った。
中国人は中国なら10年、いや5年で達成できる、と思い込んで未だできないのが中国。

>>26
中華思想をわかってない。
日本人も学んでいたけど、儒学者や兵法家であって、四書五経で読み書きを教わるわけでも
試験で出すわけでもない。
思想的なものもいいところは取るけど絶対視はしない。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 18:18:37 ID:akTLpHgQ0
>>28
そういう意味で危険なのは、四書五経ではなくて朱子学ではないの?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 18:23:09 ID:ox6PsI9D0
日韓併合のおかげで朝鮮の近代化速度も異常だがな

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 18:31:54 ID:KrvZoaEn0
>>29
四書五経に世の真理は書いてあり、他のものなど学ぶ必要はないってのが当時の認識。
大英帝国に大砲でコテンパンにされるけど、妖術だと思って妖術破りのまじないで対抗してたとか。

朝鮮と同じく儒教も亡国に一役買ってたけどね。
礼儀は大事、大中華は世界の中心、よって夷荻は礼節をつくせと、大英帝国の提督だとか大使に
三跪九叩させようとした。強い方が弱い方に従うわけがない。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 20:03:20 ID:akTLpHgQ0
>>31
日本は中原国家に冊封されていたわけではないし、江戸時代には国学が
勃興しているので、無批判に四書五経を受け入れていたわけではないよ。
蘭学だって興っている。中国や朝鮮とは一線を画しているよ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 22:34:57 ID:KLzSd3Wm0
江戸時代の日本を知っているものは驚かない。
江戸時代の日本を知らないものは驚く。

まああと西欧の近代文明が数十年で発達したことを知るものは驚かない。
ザビエルの時代から欧州が近代文明だと思ってるやつは驚く。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 01:32:35 ID:kqoQiK2O0
日本はわざわざ侵略しに来る国もなかったし、最強の英国と同盟が叶って
早々にロシアを打ち負かしたっていう幸運があったから。
しかし、中国朝鮮にしてみれば隣国にヨーロッパ的侵略国家が誕生で災難。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 02:33:04 ID:G6IHQgUs0
>>32
中国のこと言ってるんだろう。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 11:41:07 ID:+J4tQAJP0
アジアで先進国の隊列に入ることができた国は韓国、日本、台湾などだ。
だが、日本の多くの国民は人権や民主主義などの言葉にはあまり関心がないようにも見受けられる。

経済的に豊かだからだと理解することもできるが、それよりも、民主主義が日本に定着した歴史と
関連があると考えることがより妥当だろう。日本では、民主主義は自国市民社会から内在的に発展したわけではなく、
第2次世界大戦の敗北以後、アメリカから移植されたものだった。そのため、日本の人権、民主化に関する市民団体はあまり力を持てない方だった。
http://www.dailynk.com/japanese/read.php?cataId=nk01600&num=1197


日本の明治維新とか戦前に既に参政権や議会制度があったのを知らないんでしょうか?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 11:45:56 ID:Q2OrHexs0
権利の上に眠るもの=日本人の7割方

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 13:20:12 ID:jUDdmYPF0
帝政ロシア末期のロシアは「先進国」だったか?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1188344428/

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 22:16:45 ID:qWrWapS80
日本の凄さをしっかり学んでいないと
日英同盟で
「えっ・・何故世界最強の大英帝国が日本と同盟を」とか
日露戦争で
「ロシアに勝てるなんて信じられない」とか

頓珍漢な戸惑いを覚える事になる。
明治新政府が度量衡から法整備、インフラ、思想に至るまで
他国が出来なかった近代化政策をどれほど推し進めたか。

あの時代ほど傑出した人材が出る事は後にも先にもないと断言出来る。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 22:22:46 ID:EuXxOez40
>>39
しかし過大評価は禁物だぞ。我々は韓国人ではない。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 01:48:52 ID:tPuycYry0
朝鮮通信使が江戸の町並み見て仰天。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 12:06:16 ID:3pO425CR0
江戸時代の日本が近代に限りなく近いレベルまで発展していたからではないの。
特に行政、経済制度が

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 16:01:24 ID:D2XoNuDv0
それが悲劇につながった。

日本企業の中国進出が反日のターゲットになったし
英仏企業も日本を悪という勢力を支援すれば
中国人の排外主義の標的にならずに済む。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 21:06:40 ID:oAetfeAi0
近代化にはまず識字率が問題になる。
前近代的な支配体制を脱するには支配層だけではなく庶民が政治を理解していることが必要になる。
江戸時代の識字率は70%を超えていて当時の英国より高い。

識字率が50%を超えると宗教や支配体制がゆらぎはじめ(欧州では宗教改革)
75%を超えるまでは暴動や内戦が起きるほど社会は動揺して混乱する。(欧州では市民革命)

江戸時代の日本はちょうど暴動が起きない程度の識字率で近代的な経済システムもあり、
遅れていたのは産業や科学技術や交通機関や兵器の分野だが、
これは導入すれば良いだけだから混乱無くスムーズに移行したということだろう。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 21:37:17 ID:0TBWRd6s0
朝鮮人に典型的な妄想として
「江戸日本は未開の野蛮な国で朝鮮より遥かに劣っていた。
それが明治以降、西洋の猿真似で肥大化し我が国を蹂躙した。」
というのがある。

どうして彼らは江戸日本についてここまで無知なのか?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 21:41:09 ID:74XW/bHt0
↑反日教育が原因だろうね
「武士道が日本を悪くしてる」と(韓国語で)いった牧師サン
俺はあんたみたいなのがお説教たれにくる教会いかねえよ
いまではちゃんと神棚まつってるぜ

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 22:01:07 ID:Pd2Fc3FM0
>>44
階級闘争史観で、搾取する武士、困窮する農民、それを誤魔化すための身分制度と教わったけど
実際は農民はそれほど虐げられていたわけじゃないらしいね。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 22:32:30 ID:1XvzKtvC0
ちなみに日本で識字率50%近くなるのはだいたい鎌倉時代で、
50%から70%に達するのが室町から戦国にかけてなので、
ちょうど新仏教から一揆の大混乱の時代にあたる。
村の自治など庶民が政治を理解しはじめた時代とぴったり当てはまって面白い。

イスラム圏で原理主義が爆発してるのも識字率70%くらいの地域だったりする。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 23:36:29 ID:0TBWRd6s0
明治維新の歴史的意義は
英国の産業革命に匹敵する。
世界中の歴史教科書で取り上げるべき。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 00:45:44 ID:ZxPwbrbS0
既に取り上げられている。
特に日露戦争あたりのサクセスストーリーは
世界史では必須項目だ。
ありもしない歴史をでっちあげて一人自尊心を満足させる
みっともない朝鮮人が知ったら泣いて悔しがるね。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 01:09:26 ID:TO/6imTI0
>>48
無茶苦茶。信頼できるソースでは江戸末期で男性の識字率が
40%,女性が5%くらい。
ちなみに自分の名前が書けるとかひらがなを読み上げられる
というのは識字率のうちに入らない。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 01:21:06 ID:ZxPwbrbS0
なら大英帝国は1%くらいか?
信頼できるソースとやらでは。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 01:27:05 ID:X1DF8+kQ0
識字率といえば、古文書って現代人にはなかなか読めないよね。
字が流れるように書いてあって、どこからひとつの文字として判別すれば良いのかわからない。
昔のホワイトカラーの嗜みとして「読み・書き・そろばん」とはいうけれど、
このうちの読み・書きの部分が、活字化された現代の出版物を読むより難しかったのではないだろうか。

海外の事情はどうだろうか。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 01:36:11 ID:TO/6imTI0
>>52
これが実態だからな。

http://blogs.dion.ne.jp/bunsuke/archives/1455412.html
江戸時代の識字率は40〜60%まで諸説があるが、昔の日本人の識字率は、
どうだったのだろうか。(茨城大助教授・磯田道史)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212788752
江戸は武家が多かったので自動的に識字率が高かったカラクリがあります。
一般的には50%もなかったと思います、それでもロンドンやパリよりは高かったと思います。

http://pcc.karpan.net/diary/200603062351.html
その根據は徴兵のときの學力檢査の結果(「京都府徴兵學力試驗成績表」
『大日本教育會雜誌』92號)なのだが、そのころはすでに学制にもとづく近代
教育を受けることができた世代であり、それも京都府という先進地の、しかも
男性という好条件が三拍子揃っているにもかかわらず、受験者7205名中、
自分の姓名の書ける者は51.3%しかおらず、文字をまったく知らないものが
まだ13.6%もいたといふ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 01:51:13 ID:VUshpv3/0
江戸時代に過大な妄想抱いてる奴っているよね

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 02:18:21 ID:ZZdM9xmr0
ウムウム

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 02:21:46 ID:ZZdM9xmr0
I LOVE お江戸


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 02:22:06 ID:CXe/H8v50
>>47
ロシアの農奴と比べたらかなり幸せな待遇。
その農奴出身者が兵として自分の人生と無縁な極東で
日本という聞いたこともない国と戦争してこいって言われても
士気は限りなくゼロだろな。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 02:24:48 ID:ZZdM9xmr0
コサックだからな 開拓は

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 06:27:43 ID:kAo9hITF0
武士、商人、庄屋が目をかけるような利発な農民の子くらいだろう。
でも近代教育制以前にこれほど教育水準が高かったところはなかったわけで。

あと実用主義とでも言うのか、生活で使うための文字だったのが大きい。
西洋やシナだと、宗教だとか古典の研究解釈みたいな生活とは縁遠いところがあったから。
本を読む、日記を書くのが好きな民族。残念ながら今は昔だが・・・

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 09:31:28 ID:TO/6imTI0
>>58

ロシアの農奴解放は1861年だ。
日露戦争(1904年)には農奴解放の際に1歳だった人でも44歳になってる。
こんな老兵が日露戦争の兵士にいるわけないだろ。士官は農奴ではないし。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 09:56:31 ID:TO/6imTI0
俺も江戸時代の良い点については素直に評価したいと思うが、
最近は誤解に基づく過大評価が目に余る。

最大の原因は日清・日露戦争の日本人の評価が歪んでいる点だろう。
「江戸時代から数十年しか経っていないのに清・ロシアに勝てたのは
江戸時代がすでに進んでいたからに違いない」という間違った発想がある。

ちょっと調べればわかることだが、日清戦争は日本と「清」が戦ったのでは
なく、日本と李鴻章が支配する「北洋軍閥」が戦った戦争だ。
しかも「清」の最高権力者である「西太后」は戦争嫌いで、また李鴻章の北洋
軍閥を弱体化したいといった思惑も以前からあって、清は全力を出さずに講和
してしまった。

日露戦争もロシアは全然本気で戦っていない。ロシアが全力で戦ったら
日本はまったく勝てなかった。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 10:16:31 ID:kAo9hITF0
オレはおまえの頭がおかしいか、朝鮮人かの二択に賭けるな。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 11:27:37 ID:TO/6imTI0
>>63
江戸時代を過大評価することこと、半島的だな。

>日清戦争後、独から技術、英から資本を輸入し、重工業化を推進するが、資本財
>の低位性は払拭できず、1913年になっても粗鋼生産量は25.5万トンで同年の伊の
>生産量の4分の1、露の生産量 14分の1にすぎず、国内消費量の53%を中心工業国
>から輸入した

だそうだ。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 11:34:01 ID:EI4eM4sBP
江戸時代を過小評価するヤツは、日本が先進国になった理由が永遠に分からないだろう

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 11:36:54 ID:TO/6imTI0
日本が「先進国」になったのはせいぜい1960年代以降。
戦前の日本人の生活レベルは学者の調査ではベトナム・タイ並みだそうだ。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 11:56:26 ID:EI4eM4sBP
駄目だ、こいつ

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 12:17:21 ID:TO/6imTI0
>>67
半島人のようになりたくなかったらこれでも読め。

http://www.ier.hit-u.ac.jp/~fukao/japanese/publication/other/2005/2005-x1.pdf
1930年代の東アジアはどれほど豊かだったか:長期国際比較の再検討
一橋大学経済研究所 深尾京司

4. 我々の推計結果の含意
? Maddisonの推計は日本と朝鮮について1930年代の
一人当たりGDPを過大に推計している可能性が強い。
? 第二次大戦前の東アジアはずっと貧しかった。東
アジアの奇跡は戦後に起きた。
? 日本の豊かさはタイやベトナムとそれほど違わな
かった可能性あり。
? 日露戦争や太平洋戦争時の相手国との国力格差は
非常に大きかった。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 12:55:42 ID:0yDRp31E0
>>1
> 世界の歴史から見ても異常すぎるほどの速さだと思う。

江戸時代の蓄積があったから。
江戸時代の日本は、前近代国家としては非常に高度な社会。

現代の途上国でも、先進国の援助や技術を除けば、
治安、貨幣、流通、金融システムなど、江戸時代以下の国はいくらでもあるだろ。

> わずか30数年で江戸時代から工業国家って・・・・

日露戦争時には、まだまだ農業国。
せいぜい綿織物とかの軽工業レベルだろ。

日本の重化学工業は、第一次大戦の軍需景気(船舶、三八歩兵銃輸出)と、
満州事変以降の軍拡でやっと列強最弱レベルに到達する。

まあ、欧米主要国には、20-30年遅れてたのでは?
(それでも驚異的だが)


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 16:52:15 ID:9hvboJqt0
>現代の途上国でも、先進国の援助や技術を除けば、
>治安、貨幣、流通、金融システムなど、江戸時代以下の国はいくらでもあるだろ。

ホントその通り。
我々が当たり前と思って昔からしている事が
出来ない国が多すぎる。
世界は日本人の認識を遥かに超えて堕落している。

途上国に幻想抱く馬鹿には一生理解出来ない。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 17:02:07 ID:9hvboJqt0
日本人の強さはその精神力にある。
勤勉、という国民性は他のどんな民族にも稀だ。
驚くほど怠惰なのが普通なのだ。

日本がトンブリ級戦艦をタイに売ってやったが
彼らはその戦艦をフランス植民地軍如きに
スクラップにされている。それも全く歯が立たずに。

土人に何与えてやっても所詮土人。使いこなせない。
西洋に真摯に学び、その教えを行動をもって体現出来たのは
有色人種では日本だけ。日本人だけがその素養を持っている。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 18:00:52 ID:X1DF8+kQ0
一般的に温暖な気候の国よりも寒冷な気候の国の方が、その必要からか
文明が進歩する傾向にあるようだが、比較的寒冷な国でも、ある程度以上
文明が進歩しない国があったのは、何故だぜ?(あの国とか)


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 18:19:40 ID:hgJtsXbN0
タイに売ってやった”戦艦”
トンブリ級 2250トン 20センチ×4門 5200馬力15.5ノット 乗員155名

フランス植民地軍如き
ラモット・ピケ 7200トン 15センチ×8門 102000馬力33ノット 乗員578名(デュゲイ・トルーアン級のデータより)

その戦艦は”海防艦”といわれる種類のもので
一流国の軽巡相手では日本海軍でも使いこなせません。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 18:28:51 ID:9hvboJqt0
ほほう・・・口径はトンブリ級の方がでかいな。
こいつを食らわせてやれば、フランス人の汚い花火が見られただろうな。

日本人が乗り込んでいれば。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 18:36:30 ID:X1DF8+kQ0
歴史を「たら・れば」で語るのは止めよう。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 18:38:46 ID:9hvboJqt0
重厚長大、と非難されている日本の大和や長門だが
他の国は「作りたくても作れなかった」という事実こそ重要。

別に必要を感じないから作らなかったわけではない。
そこまでの技術力も金も無かっただけである。

第一次大戦後の軍縮条約における各国の制限度合いこそ
列強の位相を測るに相応しい。

米英・・・5
日・・・・3
仏伊・・・1,67

勿論瓦解したオーストリア帝国なぞ問題外。
日本は列強の中でも相当な強者だった。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 20:34:39 ID:hgJtsXbN0
>そこまでの技術力も金も無かっただけである。
技術力と金を戦艦で計るならどれだけ爆発事故を起こしたかが一番ふさわしいだろうね。
制限度合いなんてのは技術力と金とは全く関係ないし、
当時の最先端軍事技術である戦艦にどれだけ多くの金と安定した技術を投入できたか、
その運用の度合いで計れる。
後進国で軍艦の爆発事故なんてのは当たり前のようにあるし(中国なんか今でもやらかした)、
アメリカでさえ海軍が弱小だった頃はメイン号を例に出すまでもなく割と頻繁にやらかしている。

日本は・・・陸奥だけじゃないぞ、WW2に投入した戦艦の半数は爆破事故を起こしている。


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 20:48:47 ID:SvNBp4Eh0
しかも建艦費は公務員から強制徴収するという凄さだからな。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 21:13:06 ID:+r8DZuRq0
日本が既に80年前に作っていた空母を
今更国威発揚の為に作ろうとする中国。どんだけー。

80 :天の声:2007/09/29(土) 21:51:15 ID:hb0DvSC20
>>1

福沢諭吉はそれを実現させようとヨーロッパ諸国を巡り、
散々苦労して考え付いたのがが天皇を神格化させることだった。
ヨーロッパ諸国では、「神の前では全て平等」であり、
それが民主主義と自由競争の精神を浸透させた。
当時の日本は徳川将軍家を中心とした完全な武家中心主義。
その不平等な社会を壊して平等で公平なな社会を作るには、
「神」を造るのが一番速い方法と考えたのである。
福沢諭吉は天才であった。
明治は「神」である天皇を中心とした「平等」な競争社会となり、
たったそれだけの時間で工業先進国となったのである。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 21:55:46 ID:+r8DZuRq0
やっぱり国家の支柱になる存在があると違うね。
それがポッと出の成金やら軍のクーデターでは話にならない。
誰もそんな奴の為にまとまったりはしないからな。
日本の場合には千年の昔より国家の守護者として君臨し続けた
天皇の威光が大きかった。

歴代の武家政権が天皇家を潰さなかった事は本当に凄い事だ。
これが諸外国なら間違いなく断絶させられている。
利己的で野蛮だからな、他国の連中は。

82 :天の声:2007/09/29(土) 21:58:49 ID:hb0DvSC20
日本人の「神」とは、本来「森羅万象の神」である。
『千と千尋の神隠し』の世界が本来の日本人の観念である。
諭吉は天才であったが、所詮「人」であった。
「人」はせいぜい自分の子供や孫など自分の目にみえる
「人」まで責任を時間を及ぼそうとは思っていない。
諭吉が見えていなかった子孫のことまでは思いようがなかった。


83 :天の声:2007/09/29(土) 22:05:30 ID:hb0DvSC20
戦後、天皇は「神」ではなくなった。
諭吉の思惑はここで頓挫してしまった。
諭吉はそれ以降のことなど夢にも思わなかったはずである。
「神」を失った日本人はどうしたらよいのか最初分からなかった。
日本人はもともと「森羅万象の神」の民族であるので、
いろいろなところに神を見出した。
それはやがて2つの大きな「神格化」される対象物に集約された。



84 :天の声:2007/09/29(土) 22:11:25 ID:hb0DvSC20
1つは「資本」即ち「カネ」である。
金持ちこそ「神」であること。カネこそ全て。
それを悪用したものたちが現存する。
ソウカ学会を中心とした親朝鮮団体である。
かれらは戦後、散々に太平洋戦争を起こした「日本」
民族をこき下ろすことで資金を集めることで、やがて、
強力な政治団体を築き上げることができたのである。
池田大作自体が在日挑戦人であることは余談としよう。


85 :天の声:2007/09/29(土) 22:14:04 ID:hb0DvSC20
彼らは、組織拡大のために行うことを徹底的に行った。
そのうちの最大のものが、
「太平洋戦争は日本の侵略戦争であって、アジア諸国は
 大きな被害を受けた」
ということ。


86 :天の声:2007/09/29(土) 22:17:09 ID:hb0DvSC20
そうすれば、多大な資金が政府や国家を中心として
膨大な資金が集まるはずである。
そして、すでに膨大な資金が集まったのでだ。
東京の大田はすでに朝鮮植民地である。



87 :天の声:2007/09/29(土) 22:20:34 ID:hb0DvSC20
あるホームページを見てほしい。
弾圧されるかもしれないので、あえてリンクしない。
太平洋戦争は当時の白人支配からアジア諸国を守る戦いだった
のである。
中国と朝鮮以外の国家は「日本」という国を感謝こそすれ
蔑視することなど毛頭ないのが現状である。


88 :天の声:2007/09/29(土) 22:26:55 ID:hb0DvSC20
中国と朝鮮がなぜ日本を蔑視するのか。
全ては古代史にある。

中国は南蛮、東夷などと思っている自己中心主義の中華思想。
朝鮮はその中国に忠実に従う中国属国。
日本は古代その中国の律令制度を手本としてしまったこと。
当時として最新思想であったから仕方がないが、
いまだに、中国はそのことをもって日本は中国の属国だと
考えている。

89 :天の声:2007/09/29(土) 22:31:58 ID:hb0DvSC20
靖国参拝問題は、まさにその象徴。
アジア諸国を当時の白人社会から守ったのは日本軍部である。
中国と朝鮮意外の大多数のアジア諸国は「当時の日本」に
賛辞を今も送り続けていてくれているのでるが、
残念ながら、ソウカ学会を中心とした親朝鮮団体がカネで
マスコミの口を封じているのが現状である。


90 :天の声:2007/09/29(土) 22:42:54 ID:hb0DvSC20
カネを中心とした社会は結果、何を産むのであろうか。
殺人、虐待、詐欺、イジメ、等々。
これらの文字がテレビ新聞に出てこない日は一日とてない
のが、今の日本である。

要は、
アジアにとって正当な戦いを挑んだかつての日本をゆすり、
ソウカ学会を中心とした中国・朝鮮親派が、「カネ」
を神格化する一部のとなった一部の日本人を利用し、
中華思想で凝り固まった中国・朝鮮を潤すために造り
あげられた社会が、今の日本である。


91 :天の声:2007/09/29(土) 22:49:37 ID:hb0DvSC20
一方、「森羅万象」を神格化する日本人は「科学」を神格化した。
唯一絶対神を持たぬ日本人はキリスト教やイスラム教などを理解
する思想は全くない。
その証拠に、911での壮絶な事件が発生した際にまず考えたことは、
「身内は大丈夫か」ということ。
次に、世界貿易センタービルはなぜああいうふうに崩れ落ちたか、
ということを考えたはず。

92 :天の声:2007/09/29(土) 22:55:31 ID:hb0DvSC20
さまざまな科学的検証が行われてきて、その科学的な考証に
興味を覚えた人は、まさに「科学」信奉者であろう。
自分や身内に痛みがなければ、次に考えるのは、「科学」
の思想である。
キリスト教やイスラム教の社会では考えられないこと。
彼らの社会では自分や身内の痛みなど2の次である。
最初に考えることは、
唯一絶対神である神がどうであるかということ。
絶対神である神が傷つけば、我等全てが傷つくという思想。

93 :天の声:2007/09/29(土) 22:57:39 ID:hb0DvSC20
このように日本人は全く彼らの思想とはかけ離れている。
テロ問題を解決するには、まずはこれらのことを理解する
ことから始めねばなるまい。


94 :天の声:2007/09/29(土) 23:06:37 ID:hb0DvSC20
日本人は「森羅万象」の神々を信奉している民族である。
唯一絶対神を信奉している民族よりよほど高等である。
誤解をしてもらっては困るが、白人はクジラを高等な
生物と称して捕鯨禁止を主張していることをお忘れなく。
一つのものを絶対としてあがめる行為は大変な危険思想である。
単純といってよい。
なぜなら、日本人の大多数は言われなくても知っているだろう。
この世に「絶対」というものはないこと。
『この株は絶対に値上がりするから今買っておけ』
『俺は口が堅いから絶対に誰にも喋らないよ』
『絶対ホントだってば!』
『絶対ヤクソクだよ。嘘ついたら針千本だよ」


95 :天の声:2007/09/29(土) 23:13:13 ID:hb0DvSC20
日本人は森羅万象の神々の思想を生まれ育った社会の中で
知らず知らずのうちに身に着けている。
世界の民族の中でも、複雑な思想を受け入れられる唯一の
民族かもしれない。

シツケと虐待の違いを説明せよ。

「身美」と書いて「シツケ」と読ませる。
これが日本民族だ。
身体を傷つけ醜くさせることは、「虐待」であって「シツケ」ではない。
日本民族はこのことを古くから知っているから、この字を考えたのだ。
日本民族はこのことすら忘れているということから考えれば、
退化しているのかもしれない。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 23:33:02 ID:hgJtsXbN0
>別に必要を感じないから作らなかったわけではない。
>そこまでの技術力も金も無かっただけである。
なんとなく気になったのでフランスのマジノラインの費用を調べてみた。
建造費と維持補強費で300億フラン(1941年まで)だそうな。
大和が1億5千万(長門は5千万*建造した時代が違うが)
当時のレートが1フラン25円だそうなので27億フランですか。
マジノライン止めたら連合艦隊ひと揃いは調達できますね。
なにを理由にこんなこと言ってるの?

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 23:54:23 ID:dfYZonRT0
日本の造船技術ってフランスに留学して習得したんじゃなかったかw

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 01:12:47 ID:fNgZRJVi0
歴史区分としての近代を明治維新から始まると見ることは誰も異論なかろう。
近代の萌芽は田沼時代に求める論も多々あるが おれも安永・天明〜天保期の
社会変化は大きいと思うね。明治を準備した時代だな。シナや半島が近代化に失敗したなぞは
この準備期間がなかったことだと思う。簡単に言うと ペリー来航痔の日本の発展段階が
元禄あたりであればちと苦しかった。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 02:25:11 ID:FxYkuuc4O
日本近代史ってどゆ意味?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 04:26:19 ID:Y2aEpB9s0
>>80
福沢諭吉は啓蒙家であって、政府の運営に携わってたわけじゃないぞ。
伊藤博文か誰かと間違えてないか?

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 08:22:03 ID:Xs/FcWEJ0
大戦勃発時、既に日本の技術力はフランスを凌駕していた。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 09:10:57 ID:4PxAmf2M0
大戦勃発時というと大和とジャンバールあたりか。
何もかもスペックが違うので一概に比較しにくいが
だいたい同じなのが馬力。
大和がロ号艦本缶12基+艦本式タービン4基4軸で15万馬力
リシュリューがインドル・スラ式重油専焼缶6基+パーソンズ式タービン4基4軸で15万馬力

あれ、同じ馬力を出すのに缶数が日本の技術力ではフランスの倍も必要ですよ?

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 09:34:59 ID:4PxAmf2M0
ま、大和の心臓は初春型(古っ!)の缶を4隻分デチューンして使ってるから当然なんですけど、
久しぶりの新造戦艦にそんな古い技術を使わなければならなかったこと自体・・・
満州事変以降軍事費増大が当面の戦争費用に使われて開発費にまで十分に回らなかった証拠みたいなもんですね。
インドル・スラ式に匹敵するのは島風の高圧缶が3基7,5万馬力ですが、
これが41年の起工ですから35年起工のリシュリュー級と比べると
開戦時にはフランスの技術力は日本を凌駕してますね、明らかに。

これは「科学者の楽園」をつくった男などを読めばわかるんですが、
当時の日本の科学は基礎研究がおろそかになって、
つまりそのあたりの目先では役に立たなさそうなものには金が回らずコピーですましておき、
それをこえるものが必要になったとき、コピーはできても応用ができないから
基礎から始めなければならなくなるので大変に困るんです。

その点、幕末でもさしてかわりがありません。
コピーはわりとすぐに作れる技術段階にまできていましたから。
あとは経験を積んでいけばいいだけなのですが、
実際に日本の技術力が世界最高水準に達するのは70年代後半あたりじゃないですかね。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 20:30:08 ID:OHET/CLu0
のわりには滅茶苦茶弱いけどな、フランス。
同じ武器持たせたら朝鮮より弱そうだ。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 21:32:19 ID:wtBtQ5/Z0
工業化って、一朝一夕にはできないんですなあ。
現代だって、中国は空母に搭載するスチームカタパルトが造れなくて諦めてるんでしょ?
そんな難しいものでもないんじゃないかと、俺みたいな素人は考えてしまうけど。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 22:25:47 ID:4PxAmf2M0
>>104
まあフランスの場合は想定していた戦争と全く異なる電撃戦と遭遇しちゃったからな。
そうなると脆いもんだよ、どこの国でも。
艦隊決戦を想定していて空母による真珠湾奇襲を喰らった米国とか
同じく艦隊決戦を想定していて総力戦をくらった日本とか。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 22:31:17 ID:4PxAmf2M0
106追加
ちなみにこれまで書いてきたことは
>別に必要を感じないから作らなかったわけではない。
>そこまでの技術力も金も無かっただけである。
への反論であって各国の強弱を語っているわけではないです。

1970年代まで基礎研究の経験が足らず、
コピーはできてもそれ以上はミリっていう状況が日本にあったのではと考察しているんです。
もっともそれ以下という他国の状況から見れば十分すぎると思いますが、
このあたりの優劣ってあんまり意味がないので。

>>105
現代に通用するカタパルトはフランスですら失敗している。
英米だけが持つ技術なんだけどコスト面で英国は採用をあきらめて、
コスト無視できる米国だけが運用している状況にある。

108 :ZOIDS SAGA ◆///a//YNkE :2007/10/01(月) 01:08:24 ID:HGe6Hnj40
=^..^=
=^..^=
=^..^=

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 02:27:54 ID:G7SQzThL0
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
′′′′′′′■■′′■■′′■■′′■■■■■■′′′′′■■■
■■■■■■′■■′′■■′′■■′′■■■■■■■■′′■■■■
■■■■■′′■′′′′′′′′■′′■■′′′■■′′■■■■■
■■′′■′■■■′′■■′′■■′′′′′■■■′′′′′′■■
■■′′′■■■■′′■■′′■■′′■■■■■′′■■■■′′■
■■′′■■■■■′′■■′′■■′′■■■■■′■■■■■■′′
■′′■■■■■■■■■■′′■■′′■■■■■■■′′′■■′′
■′′■■■■■■■■■′′■■■′′■■■■■■′′■′′′′■
′′■■■■■■■■′′′■■■■■′′′′′′■■′′′′′■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アサヒ・る【朝日る】
(動ラ五[四])
(1)事実を捏造して悪く言ったり笑ったりする。嘘をつくこと。
「堂々と―・る」「一国の首相を―・る」
(2)自分の利益のために、なりふり構わないこと。
「君は少しー・り過ぎる」
(3)売国をする。国を売る。
「今度の首相はー・るつもりか?」

□まれに親韓派、親中派の行動を指して使われることもある。
「あの人、最近ー・ってるよね」
□朝日(朝鮮在日)が動詞化したもの。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 04:44:33 ID:nDUSmnSw0
>>3-4
じゃあ国際連盟の五大常任理事国に後進国が入ってたんだな

馬鹿だなお前

世界の学者が驚いているのは明治時代
欧米化だけに留まらず工業化他欧米の資本主義社会の悪弊を解決しているとさえ述べてる
文句あるなら「NHKスペシャル 映像の世紀 第11集 JAPAN 世界が見た明治・大正・昭和」を見ろ

外国メディアや要人を始めとする多くの証言や記録映像を元にソースを添えて詳しく説明している

自虐教育でそう教わってるのはオヤジくらいなもんだろ
消えろよ日本のゴミ

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 04:47:16 ID:nDUSmnSw0
その中でイギリスを始めとする欧米諸国が「日本は名実共に先進国の仲間入りをした」と明言している
明確なソースをテロップに流してるからしっかり見とけタコ

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 09:30:23 ID:eSYWSfck0
>>111
もちろん、当時のイギリスはアルゼンチンも先進国と考えていたんだよw

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 09:34:41 ID:XBIL3whK0
アルゼンチンはフォークランド紛争まで先進国並だったのを知らんのか?

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 11:13:17 ID:PyB3X6q70
>じゃあ国際連盟の五大常任理事国に後進国が入ってたんだな
つ中国w

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 11:24:41 ID:4oIBkmvV0
どう贔屓目にみても当時の日本は工業後進国だよ。
>>111はなんで必死なんだ?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 11:42:59 ID:XBIL3whK0
他国は模倣さえできないのに、日本は短期間で模倣できるようになり、さらによりよくするくらいだからな。
まあでも明治期は生糸織物が主戦だわな。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 11:53:07 ID:+DVfnbOD0
大国の国力(1938年)
         国内総生産       鉄鋼生産    エネルギー消費量    防衛費
アメリカ      8003億j       2880万d      697       1131万j
イギリス      2841億j       1050万d      197       1863万j
ソビエト      4052億j       1800万d      177       5429万j
フランス      1856億j       610万d       84       919万j
ドイツ       2303億j       2310万d      228       7415万j
イタリア      1408億j       230万d      27.8       746万j
日本        1693億j       700万d      96.5       1740万j

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 12:31:33 ID:NiUAA58+0
>>117
で、同じ時期に自称「世界の中心=中華」を自認する中国はどの程度の国力があったのかね?

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 13:22:47 ID:lTOk2DrO0
日本のランクは下の上とか上の下ってところ

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 13:33:49 ID:XBIL3whK0
ずいぶん幅があるな。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 19:47:05 ID:PyB3X6q70
>>118
国力はしらんが世界の工業生産の1割程度に墜ちてるはず。
もっとも、この時期が基本的に異常で1850年代あたりまで
世界のGNPを3割位を占めるのが普通の状態。
宋代にいたっては過半が中国だと言われる。

ま、世界の人口の25%は中国人なんだから
普通に生産したらそうなるんだけどさw

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 23:24:26 ID:VD4kY/Pw0
イタリア王国のような列強の末席こそオイシイ。
妄想がひろがりんぐ。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 23:56:32 ID:+jrP5NSU0
>>24
肥田為良(工部大丞・元幕府軍艦頭)と
小野友五郎(鉄道寮十等出仕・元幕府勘定奉行並)のおかげ。
旧幕のオランダ伝習が技術の進歩に与えた影響は大きいと思う。


124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 01:40:25 ID:At1X5eJ10
アメリカには広大な土地での農業や油田があるが、狭い日本には労働力とノウハウ
しかない。大国といっても全然質が違う。アメリカと同じことをやっていては
いけない。


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 01:42:59 ID:At1X5eJ10
そこでで思うのだが、今のように中国にノウハウ移転を積極的に行っていると

「どう考えても日本の大国からの転落速度は異常」というスレが
20年後くらいに立つような気がしてならないのだが。金を生む鳥
(生産技術・製作機械)を安売りしているようなものだからな。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 01:52:18 ID:T3GIxQDd0
中国だって将来、アジアアフリカ諸国に持っていかれるよきっと。
しかし中国の農産物や工業製品ってヤバいのばっかだな。
いかに外資に頼りきりの経済発展だな。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 01:52:41 ID:6qzICtba0
>>125
なんだかんだ言って、技術の分野で守破離をできたのは日本だけと言っても過言はないから侮ってるんでしょ。
未だ韓国だって日本から技術を盗んでいるのが現状だし、台湾も技術を買って安さで勝負的なところがある。

傲慢で即物的なシナ人には守だけでもできるかどうか。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 01:53:28 ID:6qzICtba0
あんまり安売りはするべきじゃないと思うけどね。
著作権とか特許とか理解できる脳みそがない生き物だから。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 08:34:34 ID:At1X5eJ10
表向きはともかく、本音では中国は国家ぐるみで日本から過去に
大きな損害を受けているから裏では日本の資産を使っても構わないと
思ってるんじゃないかと思う。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 22:03:18 ID:0957LDrI0
大きな損害?
どこが。

国を一個丸ごと整備してプレゼントしてやったんだぞ。
「日本のため」というが、結果が全てだ。

中国は日本に甚大な恩がある。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 22:14:52 ID:At1X5eJ10
>>130
じゃぜひ恩返しをしてもらってくれ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 22:34:16 ID:0957LDrI0
恩知らずで民度最低な土人の中国猿が
恩返しなんてするはずない。
あいつ等は底なしのクズなんだからな。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 22:36:47 ID:6qzICtba0
古代から漢字をはじめいろいろと恩恵を与えてやったのに、侵略しやがったんだから何でも差し出すべき。

とシナ猿は本気で思ってるよ。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 11:51:16 ID:wHJ3rtxi0
中国人はマジで劣等。
日本が中国に憧憬を感じていると本気で信じている。

そりゃ2000年前の話だよwって感じ。
今の中国人なんて糞にタカる蠅以下のゴミクズ連中ばっかじゃんwww

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 16:34:18 ID:vRNLK6KZ0
実は漢人の中国史は南宋で終わっているんだが。
あとはモンゴルや満州人の歴史なんだよね。

だから日本人、満州人、モンゴル人で中世以降のアジア史は完結するんだよ

漢人とか朝鮮人などはそれ以降、歴史の表舞台には立ってないのが現状じゃないかなあ。




136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 16:36:17 ID:vRNLK6KZ0
あ、でも明があったか。でもモンゴルの継承者の意味合い以上のものはないな。
その時代はとても政治腐敗が激しかったとは聞く。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 18:01:16 ID:wLz+Z6Cc0
秦漢晋唐は確かに凄かった。
当時としては先進的で文明的と言えたからな。
でも中華民国と中華人民共和国はクソみたいなもんだろ。
ハリボテ国家というか。見栄えはいいが中身はない。

>>133
今の時代に漢字を誇る意味が解らない。
漢字といっても周秦漢の人間が作ったものなのであって
現在の中国人が漢字を生み出した訳ではない。
少なくとも現在の中国人が誇るような事ではないな。

紀元前や西暦5世紀までなら未だしも現在の世界における漢字って
ただ使い難いだけの遅れた文字でしかない。
現在の世界ではラテン文字の方が浸透しているし
ベトナムすら似も見捨てられている文字が漢字。
ラテン文字は非ラテン圏にも受け入れられたが、
漢字は漢字圏にすら見捨てられたもはや化石文字でしかない。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 09:23:59 ID:DJX1QBCC0
日本の国力は室町時代には大陸を凌駕している。
半島などは問題外。

なのに根拠の無い優越感を持ち、「島国=劣等」とレッテル貼りし
勝手に兄を自称する馬鹿連中には呆れるね。

連中の教科書を読むとそれがよ〜く分かる。
日本の事なんて何も知らないくせに侮辱のオンパレード。

こんな原理主義の糞共と共闘は無理だった。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 14:09:58 ID:X61u/1C10
そのうちアジア連合が出来て、中国・日本・韓国(北朝鮮)は無関税で
自由に行き来できるようになるんだろうなあ。


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 15:15:05 ID:sSVgD8P10
>>139
想像するだに恐ろしい事態だな。日本中がスラム化するんだね。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 16:05:34 ID:7foqU7bR0
>>138

日本が大陸を凌駕するのは戦国時代位だよ。
信長や秀吉が現われた時期。

現在の日本人からすると信じられない事だが、
元明がまだ健在の頃の時代、
元銭・明銭と呼ばれる元明の貨幣を日本は使用していた。
人民共和国は別にしても元明は影響力を与えられるような
経済力を保持していた訳だ。

また紫禁城が1420年位に作られた事を考えると、
当時の日本の国力はたいしたこと無いよ。
1600年以降になるまでは現在でよく知られる天守閣は作られてないけど、
14,15世紀となると日本は金閣寺位しか作れてないからね。

安土城ですら1576年に着工が開始されたもの。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 17:53:06 ID:X61u/1C10
>>141
マジレスしなくても・・

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 18:04:53 ID:awr32HU10
>>141
君のやったことはこれの日本マンセー版につっこんだような物です。
ttp://koreawatcher.at.infoseek.co.jp/docs/jushin.htm

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 20:41:15 ID:DJX1QBCC0
俺は正倉院こそ世界に誇る奇跡の遺産だと思っている。
国宝を詰め込んだ倉庫が千年以上残っている事の異常さを
もっと誇るべき。
これが中韓だったら50年も持たないね。国情が不安定になれば
直ぐに放火されたり盗まれたりで終わり。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 20:54:30 ID:X61u/1C10
>>144
庶民にとって役に立つものがなかっただけでは?
中国は裕福すぎて王朝が変わるたびに都市や建物を作り直した
から古い建築物はあまり残っていない。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 23:35:52 ID:awr32HU10
ま、全国各地の神社の親玉を敵に回していいほど魅力がなかったのは事実だな。
中国における孔子の子孫みたいなもんだ。
2500年の間でこれに害をなしたのは歴史上曹操だけ。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 21:34:29 ID:f7/OuuuH0
普通は徐々に近代化するもんだ。
だから日本によって一気に奈良時代レベルから近代に引き上げられた
朝鮮人の驚きといったら想像を絶する。

例えるなら今の俺が
アンドロイドが跋扈し宇宙旅行が当たり前の世に
放り出されるようなものか。

チョンは本当にラッキーだなぁ。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 22:15:37 ID:e/A8WmXf0
江戸時代の発展が寄与した。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 22:36:11 ID:f7/OuuuH0
庶民が芸能を楽しんだり
数学書がベストセラーになったり
為替商取引とか全国展開のチェーン店とか
江戸は本当に凄いよ。でも何故か封建の暗いイメージを植え付けられる、子供時代に。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 22:37:17 ID:f7/OuuuH0
農民の抵抗史観とでも言うのか・・・左派はマジで糞。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 22:56:27 ID:3+wWz0+y0
やっぱりちょんまげが未開国のイメージを植えつけるんだろうな。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 23:45:31 ID:CRrTN71E0
江戸時代の日本の町は、世界でももっとも清潔で整備された町といっていい。
幕末に来日した欧米人を驚愕させている

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 11:18:29 ID:NmTrDbvf0
>全国展開のチェーン店

さすがにそれはないだろ

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 13:39:54 ID:/1SjFq8hO
速度(加速)についてだけなら理由はわかる
科学的に物事を進めることが出来るようになったから

これはここ30年くらいの間のコンピューターの進化と比例していると思う

30年前から20年くらい前
20年前から10年くらい前
10年前から現在までを比べたら

同じ10年でも性能は格段に向上していると思う

この先10年ならもっと加速するはず
まあ日本は5年くらい前から台湾に負けているけど

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 14:00:15 ID:/1SjFq8hO

関連スレッドとして
前大戦は共産主義者の陰謀ってのがあったから言うけれど

この30年だけ見たら
逆に共産主義なんてのが日本の工業に及ぼした力は反比例しているかと思う

30年以上前なら影響してたと思うけれど

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 20:09:58 ID:wu54LMyr0
三越の呉服屋はあっちこっちに暖簾分けしてるぞ。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/10(水) 05:01:55 ID:AL/9mIlc0
そもそも浦賀奉行所で、ペリーが帰って半年ぐらいで西洋式軍艦が造られてる時点で、
なんかおかしいだろ。早すぎ。侍凄すぎる。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/10(水) 07:15:44 ID:KhXe5FRw0
歴史から何も学ばないどっかの国とはえらい違いだな。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/10(水) 09:09:54 ID:ONLXTg4QO
はぁ??
おまいらわかってないなぁ。
日本は16世紀末には世界の頂点にいたんだよ!
その力は明が滅びる主因となるほど。
1600年に黒船がきたら軽く返り討ちにしてやんよ。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/10(水) 11:03:16 ID:O+R7THyBO
んなわけがない

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/10(水) 12:11:57 ID:5N2+FGb+0
【政治】政府、"お金をつくる"造幣局や印刷局など独立法人20以上を民営化へ−機密性の保持も絡み様々な意見も★


http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1191932873/

【民営化】造幣局・印刷局など、独立行政法人20以上を民営化へ:政府方針 [07/10/07]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1191727281/


政府は6日、現在進めている独立行政法人(独法)の整理合理化に関連し、
101ある独法のうち、予算に占める国からの財政支出の割合(財政依存度)が低い
20法人以上の民営化を目指す方針を固めた。

2007年末に整理合理化計画を策定し、閣議決定する予定だ。
民営化の対象には、造幣局や国立印刷局、日本万国博覧会記念機構などがあがっている。
今後、独法の民営化推進を目指す渡辺行政改革相らの方針に対し、
事業の公共性の高さなどを主張する関係省庁の巻き返しが本格化しそうだ。

貨幣や紙幣を造る造幣局や国立印刷局については、機密性の保持なども絡み、
是非をめぐって様々な意見が出そうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071007-00000002-yom-pol

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/10(水) 22:27:12 ID:KhXe5FRw0
サムライってさ
どっかの馬鹿が勝手に「野蛮な支配階級」ってレッテル貼りして
ホルホルしてるけど
実際には文官の側面が強いんだよね、太平の世では。

文を尊ぶといいながら実際には箸を持つのも面倒くさがる
「何もしない」両班とかいう穀潰しとはえらい違いだわ。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 08:02:54 ID:KFUYkMFI0
そりゃ帝国陸海軍の職業軍人だってそうだわさ。


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 11:10:36 ID:v0Bz78Js0
実は日本は戦前はかなり貧しく
国民水準はロシア以下
今で例えるとベトナムくらいの水準で


戦後の躍進も著しかったけど
冷戦という特殊な状況下でとんでもないほどアメリカに金をつかってもらったからというのが今の学会の見識

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/hanashi/story/1_2.html

ガリオア・エロア資金なかりせば
 第二次世界大戦直後の日本は、まさに灰燼の中にあった。
その混乱と疲弊から立ち直り、経済大国への道を歩む上で、
アメリカからの資金援助である「ガリオア・エロア資金」(注)の果たした役割は計り知れないものがあった。
 1946年から51年にかけて、約6年間にわたり日本が受けたガリオア・エロア援助の総額は、約18億ドルであり、
そのうちの13億ドルは無償援助(贈与)であった。
現在の価値に換算すれば、約12兆円(無償は9.5兆円)となる膨大な 援助であった。
この援助がなければ日本の復興は考えられなかったのである。
 日本が現在、1年間に1兆5000億円のODAで世界の約160カ国を支援していることと比較すると、アメリカが日本1国に対し援助した今の価値で12兆円(1年では2兆円)がいかに多額な援助であったかが理解できよう。


165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 11:13:59 ID:v0Bz78Js0
世界銀行への恩返し

 わずか数年前の1990年7月、日本はついに開発途上国を“卒業”した、と言ったら驚く人が多いに違いない。
 戦後間もない1953年から導入されはじめた世界銀行(国際復興開発銀行)からの低金利の融資は合計8億6,000万ドル(当時の日本円では3,200億円、
現在の額に換算すれば約6兆円)に達し、インドに次ぎ2番目の大きな金額であった。
つまり日本は世界でもっともお世話になった被援助大国の一つであったのである。


冷戦がおわったらアメリカに速攻潰されてバブル崩壊で二流国の仲間入り
 当時の日本の経済力はアメリカのわずか数%に過ぎず、正に、開発途上国そのものであった。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 11:34:08 ID:fTY8rFQ/0
ガリアオ・エアロ資金はたしかに重要だな
歴史の教科書もこういう大事な部分をあげてくれればいいのにね

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/12(金) 00:09:16 ID:z/oLkIGo0
日韓基本条約でコリアが受けた莫大な金と
中国のODAもな。全く取り上げてないが。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 15:53:50 ID:EZ/AvVz30
日本に感謝
世界に感謝
地球に感謝

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 17:58:07 ID:+z0lsQKu0
この世全ての皆にありがとう

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 18:16:23 ID:wbvt7BDo0
変な宗教か?

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 10:22:34 ID:6jFgzGJ60
日本は世界二位の被援助国だから世界に対して感謝の気持ちは大事だよ
それがなければ韓国と同レベルになっちゃう

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 10:25:17 ID:RWFZr2v/0
そして90年代は世界最大の援助国だったな。
もっと感謝されないとな。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 16:41:05 ID:6jFgzGJ60
外務省の言うとおりでいいんじゃないか
他国にいろいろお世話になって
そして今は他国を援助する側になった
立場は感謝して感謝されるどちらの立場でもある。

一番言うこと聞かない劣等生が先生にとって一番可愛かったりするものだしな

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 21:12:26 ID:RWFZr2v/0
韓国ってさ
経済規模に比べて極端に援助額が少ない事で有名だけど
それを諸外国に非難されたりはしない。
結局ODAは自己満足。やんなくてもまるで問題はない。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 21:14:24 ID:RWFZr2v/0
外務省の連中がよく主張する
「ODA削減で国際社会における日本の発言力が低下云々」というのは
全くの大嘘。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 21:44:31 ID:6jFgzGJ60
戦前の日本はド貧乏農業国家
規模的にはベトナムくらい

戦後の復興は、どんなあほでも経済発展出来るほどのありえない援助金のお陰

つーこったね

参考として
http://www.warspite.jp/

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 22:23:49 ID:RWFZr2v/0
なら戦前のベトナムはもっと悲惨だな。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 21:17:48 ID:W7bFxe770
>>164  >>166
>ガリオア・エロア資金

これは 知りませんでした
ご教授 ありがとうございまス

でも 語感としては 覚えにくく
なかなか正しく覚えられませン

人に 「これ知っている?」 と聞こうとするも 口から出るのは
「ガ、ガリレオ……?ガリレロ?」 
「エ?ア?…アロエ…?」 てな感じです はい 

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 23:12:34 ID:jJ3p/mXI0
ヱロア資金なんて
アメリカが欧米に施した基金(名前忘れた)に比べれば
鼻糞のようなみみっちいもの。

湯水の如く援助されて停滞した西欧(西ドイツ除く)の体たらくが
浮き彫りに。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 23:18:33 ID:+aOw4VmA0

日本国のODAはゼロにするべし


181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 23:18:54 ID:aR8RZeoJ0
>アメリカが欧「米」
にはワロタけど

とりあえずソースよこさないと厳しくない?

外務省のデータはインド>日本>>>>>その他なんだから
外務省の言うことを捏造と言うなら
まずは名前きっちり思い出してソースと数字示さないと

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 23:24:25 ID:3lbap6iq0
>>164

悔しいがいい話だと思った。
エロア資金のことは教科書とかで教えてもいいかもしれないね。知名度低いし

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 23:35:42 ID:jJ3p/mXI0
>対西独援助額は、1946年度以降の累計で1兆6200億ドルに達した。
一方の対日援助額は、1946年度から1951年度までの累計で16億ドル弱であり
占領地域経済復興資金 (EROA, Economic Rehabilitation in Occupied Area) と合わせても
18億ドル強にとどまる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%82%A2

アメ公せこすぎだな。日本は全然もらってないよ。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 23:38:23 ID:jJ3p/mXI0
ガリオア資金に加え
マーシャルプランで更に金貰ってるからな。ドイツは。
おまけにどことも平和条約を結ばず、金払わず。
国交正常化の度に莫大な金を払った日本とは大違いだ。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 00:00:48 ID:USNXfaHU0
日本は、いっぱいお金払ってますね。
ODAや、昨今の排出権買い取りや。
お人好しなのですか、日本人は?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 00:08:30 ID:NyFxaJd60
日本が金を払っているのは
日本が偉いというより
上層部がハニートラップにひっかかっているだけなので
どちらかいうと日本の自己責任じゃね

それにそれを選挙で選んだお前等も

ここでぐたぐた言ってもずっと日本はODAをとられつづけるし
それは一方で向こうの実力とも言えるし

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 00:51:31 ID:NzRbtNUW0
排出権買取ほど馬鹿らしいものはない。
これは形を変えた援助だよな。

日本ほど環境で努力してる国なんてないのに
90年比という最も厳しい条件で、しかも乾いた雑巾を絞るが如く
大きい負担を課せられた。

もっと頑張らないといけない国は山ほどあるのに
本当に馬鹿らしい話だ。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 20:11:58 ID:BQkMcAkI0
米国はドイツなどには無償のマーシャルプランを実施したが、
対日援助ガリオア・エロアでは後から請求書を送りつけ、
日本政府は当時で数億ドルを払った。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 21:01:12 ID:NyFxaJd60
世界にあれほど迷惑かけて
エアロ基金のことにふれたら逆切れか
盗人猛々しいと言うか
プライドだけは高い乞食みたいなものだね

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 21:28:03 ID:NzRbtNUW0
>世界にあれほど迷惑かけて

何それ?
イギリスとフランスの事言ってんの?
「戦勝国の植民地支配は綺麗な支配」を地で行く妄言をありがとう。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 21:29:45 ID:NzRbtNUW0
350年支配しようが
奴隷貿易しようが
戦後全く金を払わず謝らず開き直ろうが
全く非難を受けず
そんでもって援助だけ食いつぶした惨めな西欧諸国には呆れますね。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 21:53:14 ID:haHmr83L0
>>190
スペインからはじまって、いまのアメリカまでのことじゃないの?
いや十字軍からか…

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 22:26:21 ID:Hvs+i5jQ0
>米国はドイツなどには無償のマーシャルプランを実施したが、
日本を持ち上げるために他国をおとしめるのは良くないよ。
事実は全く逆だ。
ガリオア資金はドイツにも適用され当然有利子の分は返還されてるはず。
というか、日本こそドイツにならって返還することにしたんだが。
ちなみにドイツではこの資金の運用は米国の承認を必要としたが、
日本は自分の裁量で運用できた。
ちなみに、マーシャルプランもやはり返還せねばならない部分があるんだがな。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 22:35:55 ID:Hvs+i5jQ0
ついでに調べてみると
マーシャルプランで一番多くの提供を受けた英国は26億ドル(うち無償23億ドル)。
日本への提供はこれについて18億ドル(うち無償13億ドル)。
ま、大きいって言えば大きいかもしれないが、無償13億ドルの”割合”が少なかったから不公平だというのもどうかとw
ドイツは大半が無償だがベルリン空輸の影響がでかいからなぁ。

反米は理解の範疇だが嫌米となると低脳でしかないのできをつけようね。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 22:44:54 ID:NyFxaJd60
英仏の植民地支配は妥当だろ
白人が劣等なモンゴロイドを支配するのは正当な権利だ

しかし、日本の戦争は
白人に牙を剥き世界に迷惑をかけて、原爆でお仕置きされたのが実態
世界に対する貢献度は皆無どころか
逆に世界の進歩を遅らせた

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 23:00:44 ID:Hvs+i5jQ0
>アメリカが欧米に施した基金(名前忘れた)に比べれば
>鼻糞のようなみみっちいもの。
ガリオア資金のWIKIの数字を見たならたぶん間違いだよ。
あそこ1兆6000億”ドル”とか書いてあるけど
当時どころか”現在の”国家予算ですら200年分くらいになるから。
マーシャルプランですら総額100億ドルでしかない。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 23:07:32 ID:NzRbtNUW0
東アジアの反共国家は日本だけで充分だった。
余計なオマケが付いてなければもっと多くの援助を得られた筈だ。

半島なんて戦争で赤化されちまえば良かったんだ。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 23:07:48 ID:Hvs+i5jQ0
失礼。
現在のではなく1943年のでした。
なお、マーシャルプランど真ん中および日本援助中の
1949年の国家予算は400億ドルですから
みみっちいといったら現在まで日本がやってるODAは鼻くその数分の一でしかありませんね。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 23:13:36 ID:NzRbtNUW0
韓国は経済規模の割には全く援助をしないケチ国家で有名だが
(OECD加盟国中、DAC比率ぶっちぎり最低)
それで各国から非難を受けた事はない。
所詮援助なんて自己満足。しなくても何の問題も生じない。

ODA予算なんて1億円程度で充分だろ。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 23:21:37 ID:NzRbtNUW0
もしあの馬鹿げた戦争が無ければ
日本がどれ程の経済大国になったか、想像もつかない。

1940年の経済力をようやく回復したのが1955年ごろだ。
15年間も停滞していた事になる。しかも莫大な人材と資本を失って。

日本は多少の援助を受けたが
そんなのは本来の実力を取り戻す為のささやかな一助にしかなってない。

本当はもっと凄かったんだ。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 23:21:53 ID:NyFxaJd60
それでも政治家や大企業の役員が接待を受けている以上
支払わなければならんだろう

日本の問題じゃなくて
トップの問題だよ

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 23:27:27 ID:NyFxaJd60
日本のODAはどうでもいいよ。
ハニートラップに掛かっている政治家どもがODAやめるわけないんだし
国民がどんなに反対しても


それより重要なのは
アメリカに喧嘩売って世界中から宣戦布告されて皆の迷惑をかけたオオカミ少年が

エアロ基金で復興してもらったのにも関わらず

援助金が少ないだの、逆切れしているとこだな

エアロ基金に比べたら日本のODAこそ鼻糞同然

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 23:28:35 ID:NzRbtNUW0
いや、実際に少ないから。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 23:33:29 ID:NzRbtNUW0
アメ公は
原爆と大空襲における天文学的被害の賠償をすべきだが
全くしていない。これは大問題だ。

サンフランシスコ講和条約で解決済み、と言う奴もいるが
これは大嘘だ。
条約によっても金を貰う権利は消えない。
例え「一切の請求権を放棄する」と書いてあっても。

俺はこの事実を日韓基本条約とその後の対日訴訟から学んだ。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 23:44:02 ID:88mW1gYc0
冷戦の時代ヨーロッパは強力なWTO軍と対峙していたから金を出すのは判る
しかし、アジアの戦略性なんてあったか?

日本はもらいすぎているくらい
でもってアメリカの援助からはしごをはずされてあっけなくバブル崩壊
国力は1/3までがた落ち
今や中国に抜かれ、次はインドに抜かれるのも時間の問題

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 23:51:28 ID:BQkMcAkI0
>>193 >>194 >>196 >>198

Hvs+i5jQ0さん、ありがとうございます。
日本と他国の援助や協力関係について、
自分でも、もう少し調べてみます。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 07:34:11 ID:7zySkxEG0
>>204
>俺はこの事実を日韓基本条約とその後の対日訴訟から学んだ。
学習能力が皆無な人でつね。
交戦権の行使による損害補償とそうではない損害補償がごっちゃにしていることに
気づいていない限り、あなたの学んだ結果は無意味になりますな。
道ばたで殴りかかられた人が加害者に金をもらう権利を得たことから、
試合で殴られたボクサーが対戦相手から金をもらう権利があると学んだら、
切腹しなければ直らない頭の病気だと学ぶ必要があると思うけど
なあNzRbtNUW0さん。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 07:44:41 ID:7zySkxEG0
>いや、実際に少ないから。
そう仰るからにはドイツへの援助総額の数字をお持ちなんですよね?
できればそれを出していただけませんでしょうか。
メインのマーシャルプランですら11億ドルにすぎませんから、
他に巨大な資金が投入されたということらしいんですが
私が調べても1000億ドルくらいの資金援助がされたという形跡がないんですよ。
西ドイツ軍編制の援助とかあったんですかね?

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 15:42:22 ID:0E50l5KX0
>>195
あんた何人? 日本人だとしたら上向いて唾吐いてるようなもんだが。

>>202
エアロ基金って何? 浅田真央の愛犬の餌代を出すための基金かい?w

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 20:55:26 ID:S2c1fri90
>>207

多分「交戦権の行使による損害賠償」ってアメリカの事を指してるんだろうけど
住民に対する無差別爆撃は当時でも禁止されていたよ。
それで何十万の無辜の民を殺戮したわけだ。これで金払わなきゃ嘘でしょ。
でも払ってないね。全く。

対して日本の韓国統治は日韓基本条約に基づいて行われた。
一部に反対の人間がいたとしても、その合法性に全くの問題はない。
でも韓国人に配慮して日本は資産を放棄し、金を払い、謝ったわけだ。

分かるかな?

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 21:00:33 ID:S2c1fri90
日韓基本条約→韓国併合条約

李王室と朝鮮政府と
当時最大の民間団体の一進会が望んで併合したんだからな。
民衆の一部が反発していたから違法、なんて言ってるのは韓国人だけ。

2000年にこれを学術的に違法と認定してもらおうと
韓国人が訴えたが、結局却下されている。第三国の人間にね。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 21:02:18 ID:S2c1fri90
>>208

いいか。
ここで「少ない」というのは、どっかと比べて少ないという意味ではなく
金額が絶対的に少ないという意味だ。
ドイツが幾ら貰おうが知った事ではない。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 22:35:13 ID:VGz/wQaQ0
世界に迷惑かけてアメリカにたてついたおろかな国が
援助をもらうだけでふてぶてしいのに
額が少ないってどういうことよ?

今の日本の発展はアメリカの援助があってこそなのにまだたりないの?

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 22:55:43 ID:S2c1fri90
アメリカの援助って万能なんだね。
イラクもあっという間に先進国だ。

大体脛に傷があるのは他の先進国も同じ。
寧ろ帝国主義の先輩である西欧列強の方が酷い。

白人の植民地支配が被支配地に文明を与え
日本の場合は搾取だった、などという二重基準は許されない。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 00:29:24 ID:Exw1D4o+0

俺は白人がアジアを支配していた時代の方が科学技術が進展していたことを踏まえて
白人は有色人種を支配するのは当然だと思っている
日本の韓国支配はどうでもいい。イエローがイエローを支配するのは欧米史感でいえば大した事無い事情だ

しかし、日本がかりにも正当な白人の植民地を奪うのは
世の中の条理に反していると思う

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 00:47:56 ID:pFYpgW2j0
>>214

知的障害者や精神障害者に健全車と同じ権利をあたえたらとんでもないことになる。

日本のアジア解放という奴はヒューマニズムというか障害者も健全車も平等であるという
美しい価値観から始まっているが、あきらかにそれは愚である。

日本のアジア解放とやらは知的障害者の施設を占拠し
知的障害者も施設の外に出すような行為で
そもそも健全者にとって迷惑な話だ

日本のアジア解放を非難し
合う米のアジア支配を肯定するのはWスタンダードじゃない


欧米が世界を支配していた時代に
飛行機、車、基礎科学、コンピュータ、衛星などが発明された
日本のアジア解放とやらで知的障害者と健全者が対等な権利をという腐った価値観が蔓延したため
世界の科学技術は進歩しなくなった
いわば猿と人間を「区別」するようなもの

お前だって、自分が知的障害者と同じ扱い受けたら腹を立てるんじゃないか?
一緒の扱いでいいのか?


217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 00:57:28 ID:zHUtzn2b0
>お前だって、自分が知的障害者と同じ扱い受けたら腹を立てるんじゃないか?
一緒の扱いでいいのか?

問題ないだろ。
そもそも障害者差別だってやっちゃいけない行為だ

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 07:20:11 ID:PHLMtEFD0
>>210
>住民に対する無差別爆撃は当時でも禁止されていたよ。
そこに軍事施設がいっさいなければな。

>でも韓国人に配慮して日本は資産を放棄し、金を払い、謝ったわけだ。
なにをみて何を学んだんだあんたはw
WIKIだが簡潔にまとまってるからよんでみれ。
>対日戦勝国として戦争賠償金を求める韓国に対して日本は、韓国を合法的に領有、統治しており、韓国と交戦状態にはなかったため、韓国に対して国家賠償をする立場にないと主張した。
>逆に、日本側は韓国独立に伴って遺棄せざるを得なかった在韓日本財産の返還を請求する権利が有ると主張した。
>日本の対韓請求権に関しては、韓国が米国に照会して日本の対韓請求権は存在しない事を確認し、日本政府も日韓会談の過程でそれを受け入れた。
>結局両国は、題名を「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」とし、
>日本は韓国に対する供与及び貸付けは「独立祝賀金と途上国支援」だと日本国会で説明し、韓国は日本による供与及び貸付けを「財産と対日請求権問題解決における賠償及び補償と経済協力」だと韓国国会で説明した。
>また、韓国は対日請求権を放棄した。
>この協定により、日韓間の請求権に関する問題が完全かつ最終的に解決したとされる。

んで、その後の裁判とやらだが日本政府は金をもらう権利とやらを認めたことはただの一度もないな。
まあ裁判なんて何でもおこせますからな。
政府がエイリアンと密約を結んだ事に対する損害請求裁判だって起こせるんだよな。
その権利が認められることはないけどさw

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 07:28:13 ID:PHLMtEFD0
>>212
ええと・・・元のレスはというと・・・
>>アメリカが欧米に施した基金(名前忘れた)に比べれば
>鼻糞のようなみみっちいもの。
んでこれが少ないというのはおかしくないってのに答えてなんだって?
>いいか。
>ここで「少ない」というのは、どっかと比べて少ないという意味ではなく
>金額が絶対的に少ないという意味だ。
>ドイツが幾ら貰おうが知った事ではない。
そういうのを逆ギレといいません?
三国人がいいそうな台詞なんですが・・・

つか絶対的に少ないの意味を説明しないと
多い少ないが比較する言葉である以上意味不明の宗教用語なんですがw

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 19:50:27 ID:mKNWBGo70
今現在、日本は毎年1兆円をODAとして計上している。
当時日本が受けた援助、今の価値に換算したとしても
果たして1兆円に届くかな?

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 19:59:37 ID:smj/FLfq0
電波人発生中。

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1192362880/

戦争を善悪の感情論で語る電波馬鹿が発生中。
見学の方は係りの指示に従って落ち着いて見学しましょう。


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 21:41:03 ID:rP/To04A0
164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 11:10:36 ID:v0Bz78Js0
実は日本は戦前はかなり貧しく
国民水準はロシア以下
今で例えるとベトナムくらいの水準で


戦後の躍進も著しかったけど
冷戦という特殊な状況下でとんでもないほどアメリカに金をつかってもらったからというのが今の学会の見識

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/hanashi/story/1_2.html

ガリオア・エロア資金なかりせば
 第二次世界大戦直後の日本は、まさに灰燼の中にあった。
その混乱と疲弊から立ち直り、経済大国への道を歩む上で、
アメリカからの資金援助である「ガリオア・エロア資金」(注)の果たした役割は計り知れないものがあった。
 1946年から51年にかけて、約6年間にわたり日本が受けたガリオア・エロア援助の総額は、約18億ドルであり、
そのうちの13億ドルは無償援助(贈与)であった。
現在の価値に換算すれば、約12兆円(無償は9.5兆円)となる膨大な 援助であった。
この援助がなければ日本の復興は考えられなかったのである。
 日本が現在、1年間に1兆5000億円のODAで世界の約160カ国を支援していることと比較すると、アメリカが日本1国に対し援助した今の価値で12兆円(1年では2兆円)がいかに多額な援助であったかが理解できよう。


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 21:45:52 ID:rKEsbbzo0
165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 11:13:59 ID:v0Bz78Js0
世界銀行への恩返し

 わずか数年前の1990年7月、日本はついに開発途上国を“卒業”した、と言ったら驚く人が多いに違いない。
 戦後間もない1953年から導入されはじめた世界銀行(国際復興開発銀行)からの低金利の融資は合計8億6,000万ドル(当時の日本円では3,200億円、 165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 11:13:59 ID:v0Bz78Js0
世界銀行への恩返し

 わずか数年前の1990年7月、日本はついに開発途上国を“卒業”した、と言ったら驚く人が多いに違いない。
 戦後間もない1953年から導入されはじめた世界銀行(国際復興開発銀行)からの低金利の融資は合計8億6,000万ドル(当時の日本円では3,200億円、
現在の額に換算すれば約6兆円)に達し、インドに次ぎ2番目の大きな金額であった。
つまり日本は世界でもっともお世話になった被援助大国の一つであったのである。


冷戦がおわったらアメリカに速攻潰されてバブル崩壊で二流国の仲間入り
 当時の日本の経済力はアメリカのわずか数%に過ぎず、正に、開発途上国そのものであった。
つまり日本は世界でもっともお世話になった被援助大国の一つであったのである。


冷戦がおわったらアメリカに速攻潰されてバブル崩壊で二流国の仲間入り
 当時の日本の経済力はアメリカのわずか数%に過ぎず、正に、開発途上国そのものであった。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 22:08:51 ID:rmnHHJQ00
>>221
死ね

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 02:32:22 ID:AxHcCuKF0
保護国として操りに人形にしておいて李王室と朝鮮政府が望んだってw
日本が言わせたことじゃん

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 06:37:41 ID:2WPU4fFb0
>>218
> >結局両国は、題名を「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」とし、
> >日本は韓国に対する供与及び貸付けは「独立祝賀金と途上国支援」だと日本国会で説明し、韓国は日本による供与及び貸付けを「財産と対日請求権問題解決における賠償及び補償と経済協力」だと韓国国会で説明した。

お互いに自国民にいい格好し過ぎ。どっちの責任者も売国だな。

> >また、韓国は対日請求権を放棄した。
> >この協定により、日韓間の請求権に関する問題が完全かつ最終的に解決したとされる。

韓国って国ごと健忘症なのか?ってことだな。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 07:27:00 ID:Xn1mcf9z0
>>225

本気で言ってるのか?
そんな論法が通るなら後から条約の踏み倒しなんて
幾らでも出来るな。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 10:31:48 ID:d4TjaN7E0
条約の踏み倒し、不履行なんて
歴史の中ではそれほど珍しくない

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 11:53:05 ID:d4TjaN7E0
くやしいが>>216が真理だな
だから日本のアジア支配は否定されるんだ

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 15:39:16 ID:d4TjaN7E0
日本のアジア解放=知的障害者の隔離施設の占拠と破壊

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 17:13:15 ID:/gNFJWyo0
>>220
自虐ギャグなんか、それ?
20年あたりと比べると円の価値は3-400倍になってるし、
それに当時の一ドル360円が加わるから洒落にならん額になるんだが。

>韓国って国ごと健忘症なのか?ってことだな。
国ごとって意味がようわからんなあ。
韓国って国が条約締結後賠償請求をした事実はどこにもないんだが。
例えば安保闘争を見て日本って国ごと安保破棄を主張しているってことだな、
といったらヴァカ扱いされるのがオチだと思うが。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 17:16:03 ID:/gNFJWyo0
調べてみると慰安婦問題に関して韓国政府は日本の法律責任があったことを問いたいと言っているが、
賠償責任は問わないという、なんか意味があるのかといいたくなるような働きしかしてないな。
これ、いわゆる国内向けのポーズだろ。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 18:06:55 ID:d4TjaN7E0
日本のアジア解放という人類史史上かつて無い暴挙のせいで
世界の科学技術は確実におくれることになりました

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 19:52:49 ID:PAHvo1p70
>>176
しましま

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 23:14:10 ID:ztZ6QOUc0
韓国政府は自国民に請求権が無い事を知りつつ
日本相手の訴訟を扇動する卑怯者。



236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 23:17:45 ID:ztZ6QOUc0
もし、今日本人が
原爆投下やシベリア抑留で米露を訴えたらどうなるか?

鼻で笑われて相手にされないだろう。

日本政府も韓国人が幾ら喚こうが泣こうが叫ぼうが
一切関知するな。
「条約で解決済みですから。訴えるなら貴方の国の政府へどーぞ」
この一言でいい。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 00:38:30 ID:MP6946jf0
>>214
 > 白人の植民地支配が被支配地に文明を与え
 > 日本の場合は搾取だった、などという二重基準は許されない。
>>216
 > 知的障害者や精神障害者に健全車と同じ権利をあたえたら
 > とんでもないことになる。
 > 日本のアジア解放を非難し合う
 > 米のアジア支配を肯定するのはWスタンダードじゃない

うーん、若葉マークのぼくには214さんの意見が正しく思いますが、
216さんのいう「知的障害者や精神障害者」という表現は、
「国家国民が成熟していない国」という意味で良いのでしょうか?



238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 05:48:21 ID:Yql8/z5Z0
日本の統治下で義務教育が普及し
各種のインフラが整備され、法の支配が確立した。

植民地支配・併合=無条件で悪、と考える人には
受入れがたいだろうが、これが現実。

李氏朝鮮や清支配時の台湾
仏領インドシナや蘭領インドネシア、西領フィリピン
英領マラッカ等々をあり得ない程美化する連中には気を付けましょう。

彼らは単に返す刀で日本を貶めたいだけです。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 07:03:49 ID:/nD3R1G20
うわ。汚い・・。こんな人たちといたら死にそう。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 07:58:20 ID:nhvVBTjA0
>>236
だから条約締結以来何十年とたぶん君が生まれる前から
ありとあらゆるそのたぐいの裁判は
>「条約で解決済みですから。訴えるなら貴方の国の政府へどーぞ」
で終わっているんだってば。
いまさらあらためていうようなことでもないじゃん。

>>238
そうだね。事実だけをみればいいんじゃないの。
1900年代、ことに世界恐慌以降は収奪的な植民地はやっていけなくなったので
どこも植民地整備をやっていた。
ま、本国の経済の整い方の違いや植民地の規模や距離の違いから、
一概に比較できるようなもんでもないが。
例えば朝鮮では義務教育をやってませんから、
日本の植民地支配をあり得ないほど美化する連中にも気をつけましょう。
害悪の度合いから比べれば英領マラッカ等々をあり得ない程美化する連中と
同じ穴のむじなでしかありません。


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 08:19:18 ID:Yql8/z5Z0
対日同義的債務基金(蘭)とか
アジア女性基金(中朝)とか知ってる?

何時まで経っても賠償のお代わりを要求する乞食共と
そいつ等を甘やかす日本。

怒らなければ何時まで経ってもタかられるよ。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 08:24:49 ID:Yql8/z5Z0
同義的→道義的

どうして被支配国の連中は
解決済みの問題を蒸し返すのか?

卑劣だよ。全く。
例え訴えが通らなくても不快だ。

日本人なんてただの一人として
朝鮮残留資産の返還を求める訴訟を起こしたり
イスンマンの漁民大量拉致殺害事件の賠償を求めたりしてないのに。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 08:56:59 ID:nhvVBTjA0
>>241
>怒らなければ何時まで経ってもタかられるよ。
たぶん彼らの目的はそれだろうね。
粛々と解決済みですと門前払いしていれば済むことを怒ってもらうことで
開き直りだと新しく発生した”怒る”ことを非難したいんだろう。

というかそもそも日本はそういう名目で賠償を新たに支払ったことはないと思うのだが。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 10:30:16 ID:nhvVBTjA0
>アジア女性基金(中朝)とか知ってる?
あれ解散されてなかったっけ?
調べてみると一番最後まで残ったインドネシアですら今年3月、
他のは出来てから5年程度でおわっとる。
見舞金は民間からの募金だし、韓国ではほとんど受け取り拒否だ。
韓国挺身隊問題対策協議会ってのはようわからん団体だな。
中核派だのと同じくらい意味不明な感じを受ける。
政府の医療福祉支援は内容が公開されてないからなんともいえん。
病院でもたてたんかいな?

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 10:53:43 ID:Yql8/z5Z0
問題を長引かせたい韓国政府は
自称慰安婦の女に「金を受け取らないよう」強く圧力をかけた。

そもそも日韓基本条約で「両国に存在する全ての問題は解決済」なのだ。
この基金だって棚から牡丹餅みたいな物だろう。

しかしそのような日本の度を越した好意さえ、反日の材料にするのが
韓国人の凄いところ。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 11:44:03 ID:nhvVBTjA0
>>245
>問題を長引かせたい韓国政府は
>自称慰安婦の女に「金を受け取らないよう」強く圧力をかけた。
韓国政府が「両国に存在する全ての問題は解決済」とするなら、
そんなもらういわれのない金を受け取らないようにとするのはおかしくないと思うのだが?
(見舞金自体は民間からの拠出金なのだからもらうこと自体は政府間ではないので止められない)
何時まで経っても賠償のお代わりを要求する乞食として活動するなら
こいつを足がかりにもっと要求せにゃならんだろうに。
つか政府がどういう圧力をかけたんだよw

感情的な嫌韓は韓国人の反日の鏡写しでしかないことを自覚したらいかが?
あんなみっともないことの真似がよくできるね。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 11:54:30 ID:nhvVBTjA0
もっと簡単に言えば韓国政府が受け取るように進めれば非難し、
何もしなければそれも非難するでしょ、あなたって話。
この韓国政府を日本に入れ替えれば半島人どもがやってることと同じ事になる。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 11:59:12 ID:Yql8/z5Z0
韓国政府は
「日韓基本条約締結当時、我々は慰安婦の存在を知らなかった。
だからこの問題に関してはまだ謝罪と賠償を受ける権利がある」と主張している。
全く無茶苦茶な主張だが彼らは本気でそう思っているらしい。

だから韓国の売春婦が金を貰うと
タかるネタがなるなると危機感を抱いたんだよ。
本当に汚い民族だ。絶対に許せない。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 12:18:47 ID:Yql8/z5Z0
原爆症の被害者、シベリア抑留の被害者に
恩給やら援護年金やらが支払われている。

ただし払っているのは米露両国政府ではない。
日本政府、もっと言えば我々国民が払っている。
被害者の方々も外国政府を相手取って「金寄越せー」なんて訴えたりしない。

対して韓国はどうか?
未だに日本をスケープゴートに仕立て、「道義的見地からの経済援助」を求めている。
日韓基本条約を持ち出されるとぐうの音も出ないから「道義的見地」と言うわけだ。

卑怯なんだよ。韓国人は。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 12:22:51 ID:Yql8/z5Z0
韓国政府を訴えず、日本政府を訴えるのが
韓国人なりの「愛国」のようだ。

流石、世界最悪のマンセー民族は考える事が違う。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 13:20:31 ID:pPyIxgvl0
ID:Yql8/z5Z0

必死すぎてきもいよ

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 13:24:29 ID:UbWO4CGl0
近代化した割には、言いたいことがいえないわけだが。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 14:07:00 ID:nhvVBTjA0
>韓国政府は
>「日韓基本条約締結当時、我々は慰安婦の存在を知らなかった。
>だからこの問題に関してはまだ謝罪と賠償を受ける権利がある」と主張している。
ソースを頼むよ。

ちなみにその賠償とやらだが
http://www.awf.or.jp/ianfu/country_ka.html 同年3月、金大中大統領が就任しました。
>新政府は、同年5月、韓国政府として日本政府に国家補償を要求することはしない、
>その代わりに<アジア女性基金の事業を受けとらないと誓約する>元「慰安婦」には
>生活支援金3150万ウォン(当時日本円で約310万円)と挺対協の集めた資金より
>418万ウォンを支給すると決定しました。韓国政府は、142人に生活支援金の支給を実施し、
>基金から受けとった当初の7名と基金から受けとったとして誓約書に署名しなかった
>4 名、計11名には支給しませんでした。
10年以上も前に韓国政府自身が出しているんだが?
ただ単に賠償金関連は解決済みで韓国政府自身が負担せねばならない物だから
自分で出した以上の文脈を読み取ることは不可能じゃあるまいか。
賠償請求そのものはしないと明言していることだし。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 14:18:16 ID:nhvVBTjA0
>>248-250
恨の文化は半島にいってやってください。

とっとと半島へカエレ

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 15:33:39 ID:Yql8/z5Z0
ソースを出せと言ったり半島へカエレと言ってみたり
忙しい奴だな。

>ソース
お前は韓国大統領が昨年3月1日に言った馬鹿げた主張すらしらんのか・・・orz

まさか一国のトップの、それも公的な席での発言を「一個人の考え方だから」と
擁護するわけじゃないよな?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 18:26:02 ID:SbMg0c9BO
もし日本がドイツくみに国力があったら?

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 18:57:07 ID:MQ8qh/9/0
>>240
同意
インドネシアのオランダ統治もそこまで酷くないどころか
人口は二倍以上増えているしな

今のインドネシアの低迷ぶりを見ると
下手すりゃ独立するより蘭印時代の方が栄えていたかもしれん

つーかインドネシアが発展しないのは植民地云々より
イスラム教が原因だろうな


258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 19:04:44 ID:nhvVBTjA0
>>255
>お前は韓国大統領が昨年3月1日に言った馬鹿げた主張すらしらんのか・・・orz
しらんから聞いておるのだが・・・
全文だとこれのことか?
どのあたりがそうなるんだろう?

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 19:07:55 ID:xXD2c4Jv0
>>257
16世紀のオランダマラッカ支配と比べれば
インドネシアの人口は200倍近く増えていますわな

ついでに言えば戦前の蘭印は戦前の日本と同じ位の経済力で
栄えていた部類といっていい。
それに目を付けて勝手に収奪してオランダ人を追い出した国はどこかわかるよな?

日本の朝鮮統治は別に酷いというほどでもなかったが
概ね欧米と同レベル水準でいいと思う。
ただイスラムの土人よりよほど文化水準が高い朝鮮は比較的日本にとっても統治しやすい国であったことは確かで
その辺考慮するとオランダ人の統治の方がはっきり言ってよかったかも

朝鮮が栄えていたのは日本人のみならず半分は朝鮮人の功績でもあるだろうしな

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 19:10:01 ID:nhvVBTjA0
いやこっちか。一昨年の2005年なんだが・・・
(前略)
 尊敬する国民の皆さん
 韓日協定(韓日基本条約)と被害補償問題については、(韓国)政府も不足があったと思います。
 国交正常化自体は止むを得ないことだったと思います。いつまでも国交を断絶したままでいるわけにもいかず、
我々の要求をすべて貫徹させられなかった事情もあったでしょう。
しかし、被害者の人々にとっては、国家が国民個々人の請求権を一方的に処分したことは納得しがたいことです。
 遅きに失しましたが、今からでも政府はこの問題を解決するために積極的に努力します。国民の皆さんの意見を集め、国会と協議して適切な解決策を模索していくつもりです。
首相室では既に官民共同の委員会を設置して様々な方策を検討していますし、より包括的な解決のために国民諮問委員会の設置を準備しています。(後略)

そりゃ無理に請求権の再解釈に日本への再請求を見ることができないことはないだろうが、
はて、それに則っていつ日本に賠償請求してきたんだ?
むしろ、”国家が国民個々人の請求権を一方的に処分したことは納得しがたいことです”っていうんだから、
韓国の請求権のやり方が不味かったのではないかといってるだけ。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 19:16:54 ID:alg/cPQg0
>>259
日本のネトウヨは
オランダのインドネシア統治が過酷だったと言うけど大嘘なんだよな。
日本の朝鮮統治を美化する為の。

イスラムの土人を日本に次ぐ経済大国として栄えさせたオランダと
そこそこ水準の高かった朝鮮を栄えさせた日本じゃ

どうみてもオランダの統治の優れていたといえる。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 20:00:20 ID:Yd9KzMw10
日本人は朝鮮人にハングルを教えてやったが
オランダ人はどうかな?
まぁ〜「役に立たないインドネシア語よりオランダ語使ってた方が良かった」
と言うんだろうけど。

オランダはインドネシア独立時に資産の返還を求め
国交正常化時においても金を払わなかったクズ。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 20:02:17 ID:Yd9KzMw10
日本以外で被支配国に金を払った白人列強国なんてあるのかなー?
ないよね。とんだ「善良統治」だ。笑わせる。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 20:04:46 ID:nhvVBTjA0
いやさ、263が分かっているなら
オランダがクズじゃなくて
払った日本が馬鹿ってオチでおわりじゃない。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 20:20:46 ID:alg/cPQg0
>>262
俺は、インドネシアの部族言語より統一されたオランダ語の方がマシですわ
アラビア文字だって難解で識字率下げるのに貢献しているし

やっぱり東南アジアは白人が統一して占領してた方が良かったんだよ
日本は朝鮮というそこそこ文明のあった地域をそこそこ発展させたに過ぎない
欧米は土人の密林地帯を発展させたんだよ

どっちが偉いかいうまでもなし


266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 20:23:08 ID:nhvVBTjA0
ちなみに
>日本人は朝鮮人にハングルを教えてやったが
>オランダ人はどうかな?
これについてはどっちもどっち。
ハングル教育については義務教育をやっていない日本が主体というわけでもないし、
高等教育については倫理政策をとっていたオランダの方が勝るだろう。

つか、どっちも植民地統治ということで不完全さは変わらん。
まあ、それ以前に当時の日本が貧乏国で
植民地なんかに金がまわらん=統治がやばい状態なことさえ理解できず
変に日本だけが素晴らしいとかいうのはそれこそ笑わせる。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 20:28:11 ID:0IFsA8Bq0
1936年の各国の実質GDP
国名 GDP(1990年ゲアリー
ケイミス$)
アメリカ合衆国 7,992.59億
中国 4,200.90億
ソヴィエト連邦 3,613.06億
イギリス 2,712.97億
インド 1,975.99億
ドイツ 1,929.41億
フランス 1,761.87億
日本 1,515.14億
イタリア 1,308.66億
インドネシア 711.95億

戦前は日本イタリアに続いてベス10に入っているな>インドネシア

今のインドネシアにしたって、資源や人口はあるのだからもっと栄えていていいはずなんだが
東南アジア有数の最貧国におちているのは、日本の収奪とイスラム教統治、あとは内乱かね




268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 20:30:50 ID:nhvVBTjA0
日本の収奪はそれほど関係ないと思うよ。
戦後の政権が悪いだけ。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 20:33:54 ID:0IFsA8Bq0
すまん
日本軍の収奪は釣りw

でも、見りゃわかるが
インドネシアが今ガタガタなのはオランダの収奪が原因じゃないよ
>>268の言うように戦後内乱続きでめちゃくちゃになったのが大きい。
これじゃ、アジアの解放とかよりは、白人が支配した方がよっぽどマシと言いたくなる

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 21:43:11 ID:pPyIxgvl0
植民地で国家自体が儲かったのはインドだけらしいね。(民間は別)

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 22:29:59 ID:nhvVBTjA0
まあ、一部の人間だけが利益を得て国家全体が損をした政策なんか珍しくもないけどね。
そういう損を押しつけるのに愛国心だとか大義名分を振りかざして踊らせるんだが、
こりゃ悪質な汚職だと思うがね。
50年も経ってその踊り文句にあわせて踊るのは毛が三本くらい足りないと思う。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 01:08:35 ID:m5ynvk+C0
日本の明治維新の成功を見たアジア諸国は、日本を真似て維新を行なおうとしたが
その悉くが失敗している。
これは日本がほぼ一つの民族から形成されて、価値観を共有していた事が大きいだろう
それが無ければ、これだけすんなりとはいかなかったはずだ。
ま、それでも動乱は避けられなかったがね

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 01:31:50 ID:NRWuHidN0
>>266
いや、戦前日本は
本島は糞貧しかったが、朝鮮と満州は結構金が回ってたw
地政学上、島と大陸に領地を持つ国は
富が貧しい島よりも豊かな大陸に流れやすい。

ゆえに本島の戦前日本が貧しくても
朝鮮は栄えていたというのはありえる話
つーか、朝鮮北部と満州は一人当たりのGNPは日本本島より高かったよ。

まあ、あくまで日本本島と比べての話だがなw

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 09:39:41 ID:Tna4gyrd0
東北を犠牲にして半島に金を注ぎ込んだからな。

李朝が対外的にもっていた莫大な負債も
全て本土が肩代わりして払った。
「同じ国になったんだから当然だろう」と言われるかもしれないが
他の列強には真似の出来ない善行だよ。

大体、そこそこ発展していた朝鮮半島の統治は
東南アジアの土人を治めるよりずっと楽だったという主張から違和感を覚える。

李氏朝鮮末期の酷さと言ったら世界最悪と言っても差し支えない。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 09:54:43 ID:MTdBcVLf0
↑戊辰戦争で負けた会津人の主張はスルーw

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 09:56:07 ID:VoC3nX730
>>273
どうなんだろ?
朝鮮総督府が一番予算を使っていた時でも国家予算の1割。
人口比があるので日本より金が回っていたというほどでも・・・
と書いていくうちに気がついたが
>朝鮮北部と満州は一人当たりのGNPは日本本島より高かったよ。
要するに都市部のGNPを農村部を含めた日本全体と比べりゃ高くなるってだけの話。
そりゃあ当たり前だ。
ちなみにその豊かなはずの満州ですが建国から日が経つにつれて
労働生産性はどんどん悪化していき、一例を出すと主力産業の石炭は日本の半分になってしまいます。
つまり単純に言えばコストが倍かかるってことですね。

>>274
>「同じ国になったんだから当然だろう」と言われるかもしれないが
>他の列強には真似の出来ない善行だよ。
善行でも何でもなく統治権を主張したければ当たり前の行為に過ぎませんよ。
というか、ただでさえ介入を招きやすい併合において
対外債務のデフォルトなんか宣言する国が列強になれるとはとうてい思えないな。
でなきゃ外国の借金取りが横行するろくでもない土地が自国に加わる羽目になるんだから。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 10:47:35 ID:SwBVxHLp0
朝鮮は独立した時に
日本に立て替えてもらった借金を返すべきだった。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 12:21:22 ID:SwBVxHLp0
もし大韓帝国が併合されず存続していたら
チャックリー王朝より遥かに貧しい土人の群れのままであった事は
疑いようがない。
自浄能力の全くない酷い国だった。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 12:43:23 ID:tpLngWbo0
併合したのが間違い。すべての元凶。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 12:52:18 ID:SwBVxHLp0
史上最も偉大な政権である明治政府痛恨の過ちだな。
乞食の身元引受人になるなんて正気の沙汰ではない。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 13:11:43 ID:tpLngWbo0
>>280
もし歴史を変えることが出来るなら、朝鮮併合の事実を無かったことにしたい。
ロシアが朝鮮を占領しても、海で守れるよ。
だって英国だってドーバー海峡あんなに狭いのに、16世紀の最強国スペインも、
ナポレオンもドイツ軍も上陸させなかったじゃない。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 13:14:13 ID:VoC3nX730
併合じゃなくて駐留で十分だったんだがな。
駐留用の借地料払ったとしても未開国のインフラ整備よりは桁違いに安い。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 13:14:47 ID:DAlRFZti0
粘着嫌韓w

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 13:22:06 ID:tpLngWbo0
日本は朝鮮を自国領土としてしまったために、朝鮮を防衛するためさらに満州に進まねばならなくなった。
島国の日本は海洋国家として振舞うべきなのに、ランドパワーになってしまった。
全ては朝鮮併合が元凶だ。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 13:47:52 ID:gFe1u9IU0
釜山周辺を割譲させ、軍港を整備するだけでよかった。
ちょうど、ジブラルタルをイギリスが現在も抑えているように。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 16:34:04 ID:gcxuxQAh0
勝手にロシアの軍港を作らせるような朝鮮の馬鹿役人が悪い。
連中は日本以外なら何処に併合されても構わなかったんだろーな。
日本に対してだけ異常にプライドが高く
白人と中国に対しては喜んで土下座する国だからな。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 17:29:12 ID:VoC3nX730
>勝手にロシアの軍港を作らせるような朝鮮の馬鹿役人が悪い。
朝鮮のロシア軍港ってどこ?

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 17:32:09 ID:gcxuxQAh0
国書に含まれる「皇」の字が気に食わなくて
新政府の外交団を7年も追い返すあたり・・・
どんだけ野蛮人だよ。

倭館の門前に維新を中傷するビラを撒いた件もそうだが
幼稚すぎる。
脳みそ腐ってんじゃねーのか。李朝の政治家は。

清には李鴻章という西洋にも知られる人物がいたが
李氏朝鮮は・・・

米と国交結んだのだって、自国には通訳が一人も居なくて
中国人に仲介して結んでもらってるしね。
オマケに朝鮮と米国とで条約の内容が食い違ってるしw
こんなん国じゃねーよ。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 17:34:39 ID:gcxuxQAh0
>>287

龍岩浦

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 17:37:22 ID:NRWuHidN0
多くの人が思うであろうな

ネトウヨは知識が無いから
ないから、論破されそうになると決まって朝鮮の話題を出すと
多くの一般人はそれに辟易しているためいちいち反論してくることがないわけだが
日本と欧米の統治どちらがすぐれていたかといえば資料を見る限りではなんともいえない
韓国は世界史レベルで見れば東欧やアフリカよりもよほど先進的な地域だったからこそ
それなりに植民地の中ではソ代えていた部類で
むしろ朝鮮は植民地の優等生ともいえなくもない地域であったことを
今の韓国の位置だってむしろ定位置。李朝末期の時期を除けば世界の中では中の上くらいの位置
だからこそ明治政府は併合したんだよ

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 17:42:36 ID:gcxuxQAh0
>韓国は世界史レベルで見れば東欧やアフリカよりもよほど先進的な地域だった

ダウト。
人からもたらされる物だけに依存し、自らは一切昇華しない。
しかも吸収力もない。ただ劣化させ喪失する。
朝鮮が常軌の地域よりまともそうに見えるのはお隣さんの力。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 17:45:03 ID:gcxuxQAh0
朝鮮が中国の奴隷だった時・・・李朝
清の庇護を離れ独り立ち・・・大韓帝国

酷いな、こりゃ。
どちらも糞のツートップ。悲惨すぎる。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 17:51:52 ID:mfeOGArU0
>>290

まあ、朝鮮は確かに植民地の中では治めやすかった地域だな。
治安も安定してたし。なにより曲がりも何も一つの国家、一つの王で纏まっていたことは、そこらの部族社会の地域より幾分やりやすかったことは事実であろう。
あれが治めにくい地域だといったら多くのり欧米人は怒り狂うことであろう

オーストリアの東欧や、イスラム原住民が住む地域に比べれば
人口も国力も教育水準も高かった。
インドの次に人口が多かった植民地としてむしろ再評価してもいいくらい
朝鮮は2chで過小評価されがちだが、データだけでみると
実はインドに次ぐ優等賞の植民地であったともいえる。

朝鮮は最低の植民地と言う奴に限って大抵は知識が足りない。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 17:58:38 ID:gcxuxQAh0
朝鮮には
「日本人を殺した」だの「独立運動した」だの
日本に関わる人物しか偉人がいない。

何かを発明したり文化を生み出した人間なんて皆無。
日本には星の数ほどいるのにね。

そこに何の矛盾も感じないんだもんなぁ〜。
もう対日コンプレックスの塊。

新紙幣の候補者の顔ぶれを見てもそれは一目瞭然。

金九(日本の民間人を殺して金を奪った鬼畜)
柳寛順(騒乱罪で裁判中、法廷侮辱で加刑され
最後には勝手にハンガーストライキしてくたばった婆ぁ)
明成皇后(国を傾けた最悪の売女。最後は同胞に殺されるも
何故か日本人に殺された事になってて悲劇の国母に)
イスンシン(講和後の島津軍を追いかけ返り討ちにあった馬鹿)

ほんと、恥ずかしい歴史だね。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:01:32 ID:gCftVExs0
>>291
いい加減ソースもなしにダウトとかいうのはやめようぜ



中華民国 五億
(英領インド) 三億
ロシア 一億六千万
アメリカ 9200万
ドイツ   6500万
日本   5300万
オーストリ 5100万
イギリス 4500万
フランス 4000万
イタリア 3500万
(日領朝鮮) 1700万
トルコ  1500万+属領としてシリア・アラビア・メソポタミアがあるが全てあわせて総人口700万人程度
(仏領インドシナ) 1500万
(白領コンゴ)1500万
(英領エジプト) 1300万
仏領西アフリカ) 1300万
ルーマニア 800万
ベルギー  700万
ブルガリア 600万
ポルトガル 600万
ギリシャ  500万
セルビア  500万
モンテネグロ 100万

1914当時の人口データ
みりゃわかるが朝鮮は植民地の中ではインドに次ぐ
人口を誇っていた植民地の「優等生」だぜ?

ついでに言えば東欧の貧乏農業国なんて朝鮮のそれよりもっと酷い
山賊、強奪あたりまえ。治安も最悪。民族入りみだりテロは日常差万事
実際それが原因で滅びているオーストリアすらみれば
それをより最悪な東欧を統治していたオーストリアからみれば、朝鮮なんてまさしく「豊かで安定した楽園」だろうよ。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:07:34 ID:oxvLt8o20
まあ確かに
ww1前の東欧は筆舌に尽くし難い泥沼の状況だったらしいし
オスマン属領ももアラビアのロレンスがトルコ人虐殺しながら
暴れ回っていたくらいだしな。
それにくらべれば朝鮮は結構マシだな。めぼしい反乱(?)は3.1運動くらいか

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:09:27 ID:gcxuxQAh0
人口が多いっつっても乞食の群れ・・・orz
特に経済が酷い。全く貨幣経済が浸透していない。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:12:34 ID:oxvLt8o20
人口はそれを支える生産力があったことの証左だけどな。
朝鮮だけ悪く言うのはどうかと思うぜ?

アフリカの部族や、イスラムの武装勢力、東欧の農民どもに貨幣流通があったと思うか?

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:16:04 ID:gcxuxQAh0
一部に貧しい地域があったとしても
オスマントルコやオーストリア帝国は列強だよ。

朝鮮のような国全体が荒廃したこの世の地獄とは違う。

彼らには経済力も軍事力も文化も何も無かった。
ただ迷信が理を支配し、儒教の教えが絶対だった。

異常なまでに名分に拘り先端の思想や技術を拒否し
あろう事が弾圧し続けた。

その生活水準は日本で言えば奈良時代以前のレベルではなかろうか。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:16:56 ID:oxvLt8o20
朝鮮が
イスラムの部族社会ではなく、一つの国王の元で統治された
国家社会だったというのも大きい。
部族社会の場合懐柔が限定的で困難な場合が多いが
朝鮮は国王を懐柔すればそれだけで統治が非常にやりやすいからだ。

例えば、義和団の乱後
清政府は生かされた訳だが
清政府がいないとばらばらな清の民族を纏めることが
他に居なくなってしまうからだ

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:18:06 ID:gcxuxQAh0
>>298

国技だろ、チョーセン人の。
死ぬ以上に産んでるだけ。

地べた這い蹲って糞を食ってるような野蛮人が1000万人以上・・・
怖気がする。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:23:40 ID:UhzS2zfP0
>>299
文章理解力が無いのか
可哀想だな。もう一度文章を読んでほしい

なにも朝鮮がオーストリア以上とかオスマン以上とか言っていない
ただ、オスマンの治める「アラブの属領」、オーストリアの治める「東欧」
より朝鮮はましだったということ。それは人口のデータを見てわかるとおりだ

為政者の立場で考えてみれ

1 東欧
2 メソポタミア
3 朝鮮

この三つのうちどれを治めてみたいですかと聞かれたら
100人中90人は朝鮮を取るよ。
前者二つは朝鮮の治安の悪さの比じゃないから
実際オーストリアもトルコも東欧、メソポタミア統治で失敗して滅亡しているでいるんだよ

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:25:26 ID:gcxuxQAh0
>>300
その国王は
自分では箸を持ち上げるのすら嫌がる
救いがたい怠け者だった。兎に角、暗君ばかり。

この低脳を神の如く崇める土人は酷いマゾで
虐げられる事を快感に思っていた。

日本人は彼らを甘やかすべきでは無かった。
李朝の生活水準を維持してやるべきだった。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:26:02 ID:Gg4iXF4E0
ネトウヨさんが必死で叩く朝鮮が
インドに次ぐまともな植民地であったことが暴露されてきましたねw


305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:26:07 ID:L2n31RM90
朝鮮はどちらにしても 日本が統治する国にむいていない
そもそも朝鮮民族は奴隷にむいていないんだ。精神的な主柱が日本と
おなじ儒教の文化圏だからね。日本が植民地にむいていないように
資源もない 食料も無い さらに精神的に独立を好むのでは統治価値
は0に等しい。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:27:56 ID:gcxuxQAh0
>>302

糞尿だらけで竪穴式住居に住んでる乞食の群れ。
李朝末期と比べればコンゴ自由国の方がまだマシ。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:30:44 ID:gcxuxQAh0
李朝の治安の悪さは
山賊の群れを政府が取り締まり出来ず
隣国に助けを求めるほど。

人殺しなんて日常茶飯事の異常空間だろ。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:32:01 ID:L2n31RM90
ただいえるのは日露戦争まえの時点では戦略的な価値は高かったといえる
だろう。坂本竜馬や伊藤博文 西郷隆盛が生きていれば、韓国併合なんて
愚はおかさずに独立国てして擁護しただろう。ただあの時点では朝鮮にロ
シアに対抗できる軍事力も兵の数も民の団結もなかった。もし日本が併合
しなければ間違いなく朝鮮はロシアの植民地になっていただろう。
日本人とロシア人どちらの植民地になることを選んだか?
朝鮮人は日本人の友を選んだんだ。おれが朝鮮人でも日本人をえらんだ
だろう。ロシア人のおそろしさは日本人を上回る部分がある

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:33:34 ID:oF99dGc10
>>303
暗君の方がぶっちゃけ操りやすいけど
部族社会の族長数百人が治める国と暗愚な国王一人によって統治される国
懐柔しやすい国はどちら?

まあ、見てのとおり
1914年の時点で1700万の人口を誇りインドに次ぐ人口を誇っていた植民地なんだけど
とりあえず資源とか抜きにすれば、日本はいい部類の植民地を統治をしていたってことね

俺は必ずしも朝鮮マンセーじゃないけど
あんまりにも朝鮮が過小評価されがちなので気になるだけ
李朝末期が例外的で、アフリカや東欧よりよっぽど栄えていたんじゃない?
貴方の言うとおり少なからず中国の隣国だった立地条件の良さもあるんだし
あの国は、概ね中の上くらいの位置づけだよ。今の韓国の位置だって定位置とすらいえる

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:36:59 ID:gcxuxQAh0
その「例外的に」ってのが重要。
李朝末期の酷さは筆舌に尽くしがたい。
当時のどんな酷い地域をとっても及ばない。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:37:27 ID:L2n31RM90
俺は日本も朝鮮も中国ももっと世界をしらなければいけない
日本は世界で優れた先進国だといわれているが本当にそうか?
アジアもアフリカも中東も変わらない。いちばん世界で甘い汁を
すっている民族は他にいる

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:38:23 ID:VoC3nX730
>>289
それ韓国の承認を受けてない行為なんだけど?

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:38:31 ID:oF99dGc10
>>306
>>307

コンゴなんて朝鮮の比じゃない程
未発達だぞ。当時のコンゴは探検隊すら近寄らないよ。未知の疫病もあるだろうし
素で感情抜きで語ろうぜ。

人口の多さが国の豊かさとはいわないけど
アフリカの未開の奥地とまがりもなに国家である朝鮮となんて比べるまでもないよ


314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:38:46 ID:gcxuxQAh0
今、朝鮮の定位置は北朝鮮だろうな。
あの民族は有史以来、全く最盛期・中興というモノがない。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:40:57 ID:+L7ZcU3k0
>>310
李朝末期なんかより当時の東欧やアフリカの方がもっと酷いぞ
国ですらない、部族の土人が相手だし、疫病も治安の悪さも
朝鮮より酷い。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:41:13 ID:L2n31RM90
日本がたたかっていたのは朝鮮でも中国でもないアメリカや西洋だ
中国も朝鮮も本来てきではない。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:43:08 ID:L2n31RM90
中国人も 朝鮮人も日本人として零戦にのり特攻して死んだ若者がいる
あんたらよりも若い人だっている。なぜ中国人や朝鮮人が特攻したのか


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:43:52 ID:gcxuxQAh0
>>312

日本は対馬に来たロシア人を退去させましたね。
朝鮮政府は何をしたのですか?

>>313
国家とは何だろう?
朝鮮の場合、単に人口が多いだけの朝鮮部族の群れでしかない。
こいつらはIQが著しく低い低脳で、糞を啜って生きていた。

コンゴ自由国はベルギーが徹底的に搾取してやった。
穀物の栽培高が基準に届かなければ、そいつの手足は問答無用で切断。

朝鮮の民は本当に恵まれている。泣いて感謝すべき。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:48:30 ID:gcxuxQAh0
>>315

部族の長でも人語は解すだろ。
朝鮮人はケダモノ。
こっちが通訳を用意してやっても、まるで意思の疎通が取れない。
自分の信じる宗教が全ての・・・例えるならテロリストの群れ。
しかもプライドだけが肥大化した乞食。手に負えない。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:48:53 ID:VoC3nX730
>>313
いくらなんでも彼の冗談だろ?
コンゴ自由国といえば過酷な植民地支配の代名詞みたいなところなんだから。
赤いゴムといって特産品のゴムはコンゴ人の血まみれという・・・
黒人奴隷制度で手足の切断とか残虐なことを平気でやってたコンゴより
李氏朝鮮がひどかったとかジョークでないとしたらどこを笑えばいいんだろうな。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:49:18 ID:L2n31RM90
318↑君はレイシストか?民族間においての優劣はない。個人主義的な
意見をもって物事を見ない限り、国家というものを認識することは
難しい

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:49:55 ID:gcxuxQAh0
李氏朝鮮の中でも末期な。末期。

李朝末期はコンゴ以下。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:53:07 ID:L2n31RM90
朝鮮人はどうしてあんなに熱血なのだろう?キムチを食べすぎると
ああなるのだろうか・・・中国人や日本人は理知的なのに

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:54:01 ID:VoC3nX730
>>318
>日本は対馬に来たロシア人を退去させましたね。
>朝鮮政府は何をしたのですか?
といわれても、
>勝手にロシアの軍港を作らせるような朝鮮の馬鹿役人が悪い。
>連中は日本以外なら何処に併合されても構わなかったんだろーな。
へのレスだからなあ。
少なくとも日本以外の国なんだから勝手に作ってくれて構わないとした形跡はありませんよ。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:54:45 ID:gcxuxQAh0
高宗も民衆の前で八つ裂きにして殺すべきだった。

朝鮮民族は残虐なのが大好きだから
(開化派の金玉均も肢体をバラバラにされ、晒された)
彼等の常識に合わせ、出来るだけ残虐に李王家一族郎党皆殺しにすべきだった。

そうしないと頭の悪い朝鮮人は
どっちが上か理解しない。

御先祖様のお人よしぶりには頭が下がる。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:56:24 ID:gcxuxQAh0
>>324

無力ですね。悲しいほどに無力だ。
口先だけで反対、でも何も実効的な行動は取れなかった。
それで日本が危機に晒された。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 18:57:26 ID:L2n31RM90
どちらにしても現状をみても残念ながら朝鮮半島は独立国とは言いがたい
それは朝鮮の資源のなさ、地理的要因 歴史的背景をみてもあきらかだが
あまりにも過去から朝鮮半島を分析しても、酷いとしかいいようがない
あらゆる側面からみてけっして優れた国家とはいえないだろう。
それは朝鮮人自信が悪いわけではない

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 19:03:34 ID:gcxuxQAh0
南鮮のようなクソニダ民族が
トルコやタイ辺りよりも高い経済力を持っている現状は許せないな。

せいぜいベトナム程度だろ。歴史的な国力は。
奴等が誇るのは建国の早さだけ。それすら民族的な繋がりは絶えた幻の虚像。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 19:06:02 ID:L2n31RM90
328↑なにか朝鮮人にうらみでもあるのか?

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 19:09:35 ID:gcxuxQAh0
韓国人は悉く殺し尽くし
一部だけホルマリン漬けの標本にしたり
動物園の檻の中で生かしてやってもいい。

そのくらい憎い。

俺の祖先は元寇の被害者だからな。
イスンマンの大量漁民殺戮事件の被害者でもある。

被害者面する一重の小僧を見てると吐き気がしてくる。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 19:09:50 ID:L2n31RM90
ID:gcxuxQAh0 君のような人は論じる前にもう少し世間を知るべきだ
例え2ちゃんねるといえども極端な批判は法律によって裁かれる。
無責任な書き込みさえも普段の行動へ知らず知らず影響している。
人への思いやりをもったうえでここで冗談をいってもらいたい
君の冗談は全然面白くない。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 19:11:27 ID:BwRR3Cnz0
何はともあれ
ネトウヨは朝鮮を最下位におかなければ気がすまないのだろうか
朝鮮より下なんていくらでもあるだろう。
高麗の時期はまあおそらくヨーロッパの下手な国より豊かだったろうし
李朝末期にしたって、砂漠地帯やジャングルより未開発ってことはさすがにないだろう

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 19:28:58 ID:gcxuxQAh0
>>331

素晴らしい。
是非その主張を身勝手な日本人差別を続けるコリアンに
ぶつけて欲しいものだ。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 19:33:31 ID:L2n31RM90
俺は在日の友達にいろいろと助けてもらってるんでね 批判する必要
がない。朝鮮人が全て悪だとか、そういう考えは古すぎてスケールが
小さい、

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 19:36:40 ID:L2n31RM90
そもそも君が朝鮮人を否定するから君は朝鮮人に批判されるのではない
のか?もし彼等が先に君を罵ったり差別したりしても君が友達として
接しれば向こうも友として接してくれる人もいる。もちろんそれでも
我々を敵とみつづるひともいるだろう。だがそれは日本人同士でも同じ


336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 19:45:21 ID:VoC3nX730
>俺の祖先は元寇の被害者だからな。
>イスンマンの大量漁民殺戮事件の被害者でもある。
ということは対馬あたりの人ですから
人種的には日本人よりは朝鮮人に近いと思いますな。
あんたも南鮮のようなクソニダ民族だね。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 19:51:22 ID:L2n31RM90
あと関西圏はほとんど朝鮮人と混血してるらしいよ
耳くそがウェットなやつらが親戚にいる奴らは可能性高いらしいよ
関東6000万 近畿3000万だから もうすでに日本の半分以上に
朝鮮人の血が知らず知らず混ざっている。それでもなんにもしらな
いやつらは朝鮮人をばかにする。天に唾するみたいなもんだね
自分の祖先かもしれないものに唾を吐くのは。武家や天皇家だって
いいはってもおなじ、古来渡来人は国の要職についたから、アイヌ
系や沖縄系以外の日本人は朝鮮と混血を繰り返した可能性は高い。
板違いになるのでここらで失敬

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 19:58:25 ID:gcxuxQAh0
日本人は親韓反民族特別措置法を作って
過去、韓国寄りの立場をとった日本人を罰したりしない。

市庁舎の玄関に韓国の国旗を敷いて
市民をそれを踏ませるような真似もしない。

小さい子供に韓国を侮辱させる絵を描かせて
それを駅に掲示したりしない。

韓国国旗を燃やしシュピレヒコールを上げるような真似はしない。

L2n31RM90は「お互い嫌い合うのは相互作用だ」と思っているようだが
冗談ではない。韓国人の常軌を逸した愛国無罪は絶対に許せない。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 20:02:18 ID:/i8M7sGX0
とにかく日本人の朝鮮支配は特別優れていた訳でもなく
むしろ、それなりに安定していた朝鮮という植民地をゲットした日本は幸運だったってことだねー

朝鮮にはロレンスみたいなあからさまなテロリストはいなかったし
考えてみれば治安も言われる程酷くなかってことだねー
人口はさりげなくオスマンより上だったんだねー
昭和時代は貧しい列島より豊かだったんだねー


340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 20:02:28 ID:gcxuxQAh0
病的なまでに愛国と日本人への中傷を繰り返す
韓国のテレビや新聞に対しては
憤りを通り越して呆れている。

たとえ一部に「まとも」な連中がいたとしても
それで社会全体が病んでいる韓国の評価は変わらない。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 20:04:16 ID:L2n31RM90
俺は国家を問わずに友がいるそれだけだ 朝鮮にともなわず
アジア各国に友がいた。彼らを悪だとはおもっていないそれだけだ


342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 20:07:05 ID:gcxuxQAh0
韓国人の得意技。

「日本は歴史歪曲ー」と叫びながら
非常に偏った国定教科書を使う。
「日本は右傾化ー」と叫びながら
日本国旗を燃やす、日本人を差別する。
「日本は軍国主義ー」と叫びながら
自らは武器を他国に売って商売してる。軍拡している。

あいつ等どんだけ自分に甘いんだ・・・

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 20:08:19 ID:60LSVc6j0
朝鮮については
過大評価も過小評価も控えればいい
ここでは感情が入り交じって両極端だから困る

朝鮮は低でも泣けなければましてや最高でもない
どこにでもありそうな真ん中の国。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 20:08:28 ID:gcxuxQAh0
>>341

朝鮮人は頭のイかれた屑ばっかだから
気を付けた方がいいよ。
決して彼らを気持ちよくさせるのが「友好」じゃないからね。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 20:09:58 ID:gcxuxQAh0
馬鹿チョンは自分に都合の良い主張をする日本人を直ぐに
「良心的日本人だ」と認定して持ち上げるからな。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 20:21:23 ID:L2n31RM90
過疎ってきたな
だれか燃料もってこい

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 20:27:07 ID:60LSVc6j0
俺の感想

L2n31RM90はわりと朝鮮に着いて叩いたりするし弁護もするしで比較的客観的だが
gcxuxQAh0はただ感情に任せて喚いているだけ

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 20:31:06 ID:FXHXwlZX0
L2n31RM90は最初朝鮮を叩いていたが
gcxuxQAh0のアホさ加減に愛想を尽かして…
って感じだな

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 21:04:40 ID:tpLngWbo0
日本は結局、朝鮮から収益を得ることは出来なかった。
朝鮮は地政学上の要地で、日本は国防のために朝鮮を得るしかなかったという人がいるが、
日本を防衛するという理由で朝鮮を日本そのものに組み込んでしまったことが間違いだと思う。

日本政府は朝鮮国民を自国民とし、教育を施したり朝鮮のインフラを整えたりした。
そういう意味では日本は朝鮮を植民地化したのではなく、まったく同化して
日本に組み入れようとしたのだ。

しかし朝鮮を国土とすることで日本の防衛線は満州まで延びてしまった。
海洋国家である日本が大陸に勢力を伸ばランドパワーとして振舞うことは
間違った選択だったのだ。

国防上の要請から日本が朝鮮半島に勢力を伸ばすとしても、朝鮮を保護国とするに
留めるべきだったのではないか。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 21:10:41 ID:FXHXwlZX0
それは結果論だよ
伊藤博文のような朝鮮保護国案の人は極わずかにいたけど
政府と国民の大多数は併合してって考えなんだから

おまいが為政者でも結局併合せざる得なかっただろう
ただでさえ、実りの無しの日露戦争の後なんだし
結果として併合しなかった方が良かったとはいっても
出来ないことなんだからぐたぐた言っても仕方が無い

どっちかーつと朝鮮よりも満州国の方が滅亡の原因になっているだろしな

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 21:11:16 ID:L2n31RM90
↑同感 孫子にもあるな 自国を戦地にするなと。朝鮮を自国にしたのは
間違いだった。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 21:22:04 ID:bYazccU/0
朝鮮は統治時代はまあまあいいラインに乗せてた植民地だったしな。
悪いのは統治した後よりむしろ独立のさせ方だろうか。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 21:23:16 ID:tpLngWbo0
>>350
いや、当時に於いても同じ結論は出せただろう。
朝鮮を日本の国土にしてしまったら、日本としては半島を絶対に守らなくてはいけなくなる。
ロシアや中国に半島の日本領土を奪われることにでもなろうものなら、日本の国家としての
あり方が問われてしまうからだ。

しかし朝鮮が保護国のままならどうか。
朝鮮の一部が露中に削られようが、ある状況で日本が彼等に対抗する国力足りずとなった場合に
米国を引き入れて米軍基地を置かせるとか、最悪、朝鮮半島の権益を全く失うことになっても、
日本の面子が傷つくだけで「自国領土を取られた!」という衝撃には至らない。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 21:58:17 ID:bYazccU/0
>>353
無理無理

つーか、初代総督の寺内がなんて唄ったかか知っている?
朝鮮征服は秀吉公以来の日本の宿願であったとしている
国民も概ね同じ考え方をしていたといっていい。
朝鮮に反対していたのは、ごく一部の知識人(しかも左翼系の)くらい

だがこれはしょうがない
この当時は領土の拡張=国防がセットになっていた時代
領土の拡張無しに国防を維持出来るなんつー理屈は正直大衆には理解出来なかったであろう。

それに朝鮮統治自体は、それなりにまともな朝鮮民族が相手なだけあって
極めて平穏にしかも平和裏に統治出来ていたというのが実態じゃないかね
国民も国防と国境の拡張が一致していた時代においては

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 22:06:25 ID:glDrso5o0

>>353

お前と同じ考えをもっていた伊藤公も最後には韓国併合を認めたんだよ。
伊藤は無論それなりの実力者だったし頑張っていたが
朝鮮問題に関しては孤立無縁な状態だった。

伊藤がどんなに反対したところで、政府の大多数は併合派なんだからどうしようもない。
よしんば、政府の多数を封じ込めても、国民が納得しない。日露戦争で血を流した世論が納得しない。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 22:10:17 ID:tpLngWbo0
>>354
>当時は領土の拡張=国防がセットになっていた時代

そこはどうだろうな。
英国はインドを支配するのにインドそのものをイングランドの領土にしたわけじゃないでしょ。
英国女王がインド皇帝を兼ねたわけだ。
朝鮮もせめて、そんな英国領インド帝国みたいにしてたらなー。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 22:15:26 ID:tpLngWbo0
>>355
日比谷焼き討ち事件とか起こってるからなあ。
ただ、政府の大多数が伊藤公の考えに賛成であったなら、国民を説得することも可能だったかもしれない。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 22:16:39 ID:glDrso5o0
英領インドってイギリス領じゃないの?
知識不足ですまんがね

藩量がいくつか残っていたのは知っているが

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 22:22:46 ID:glDrso5o0
英領インドというより
ベルギー、オランダ化というのなら納得いくがね

もっとも当時の日本にそういう高度な理解は
はっきりいって無理だよ。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 22:28:35 ID:tpLngWbo0
>>368
歴史家は16〜19世紀の英国を「ブリテン帝国」と称して、そこに英領インド帝国を含める。
しかし名目上であれ英領インド帝国は本国の連合王国とは別の国で、皇帝を英国王が、
インド総督が副王を務めた。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 22:44:52 ID:glDrso5o0
まあ、どっちにしてもだな
外交は国内、国外両面のサイドから捉えないとね
ま、外敵はすべて追い払ったから朝鮮を永世中立国化しようとも保護国化しようとも
オランダ、ベルギー化しようともそれはそれほど難しくないと思うが

問題は国内だろうね。
まー、無理だろうね

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 23:41:59 ID:tpLngWbo0
そうねえ。
大陸勢力から日本を攻めさせないためには、朝鮮半島を少なくとも欧州低地地帯のように
中立化させていないといけないわけだ。

でも日本は外国を自国領土に組み込んだ経験はないので、はたして日本の大衆がそれを
どこまで欲していたのかは意見が別れるところだと思うよ。
沖縄と北海道は古代から実質的に日本なのでその範疇には入らない。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 23:49:13 ID:glDrso5o0
>>319
同意。朝鮮人はテロリストの集団。
安重根のようなテロリストがのさばっている国が
比較的まともな植民地だったとは笑止

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 00:01:24 ID:jJF6Fym60
>>363
アラビアのロレンスって知っている?
当時オスマントルコ領だったアラブ人なんだけど
英国から武器もら貰いまくって、アラブ人をそそのかして
トルコ人虐殺しまくるのよ。まあ一人要人殺したくらいの安重根とは違って
筋金入りテロリスト。
ちなみにこいつは今はアラブの英雄です。

黒手組って知っている?
オーストリアの皇太子を暗殺して
例のサラエボ事件を引き起こし世界大戦の引き金を作ったテロリスト集団
ちなみにこの組織、単独犯で李王から非難された安重根と違って
バリバリにセルビアの支援受けてます。ほぼ半ば国家公認組織だった。

安重根なんて単独犯だし、伊藤博文しかやってないし可愛いもんだ
そういう意味じゃ、ロレンスや黒手組のような奴よりは正々堂々としているとも
いえなくもない。こんな奴が英雄になるってことは
裏を返せば、朝鮮人はアラブ人やスラブ人より統治に素直にしたがっていたってことで
治安は良かったか悪かったかといえば、まあ植民地の中では良かった方だと思う。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 19:13:13 ID:O1bJ+tFu0
ロレンスはイギリス人です。
所詮大英帝国の為に工作していたに過ぎません。
明石と同じです。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 20:25:59 ID:Dw4QL5dE0
でもアラブの英雄なんだよね
同調したアラブ人がいなかったとは言わせない

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 21:13:47 ID:6Kt86N0b0
過疎ってきたな
だれか燃料もってこい

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 22:27:30 ID:nDrNG00S0
プハァー …−y(  ̄д ̄).

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 23:25:15 ID:ISpCDmZa0
客観的でなかなかの良スレ

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 01:27:03 ID:UTKcbA+u0
アラブでは、映画「トラ・トラ・トラ」が人気だそうです。

「パールハーバー」も、日本機による真珠湾攻撃シーンは拍手喝采だそうです。
しかし、彼の国では拍手喝采の場面は日本初空襲シーンで逆。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 02:53:58 ID:0bEnd6iI0
また朝鮮の話題かよ
いい加減スレ違いだろ

アラブのテロリスト集団に拍手喝采貰って喜ぶのあんたくらい

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 12:50:37 ID:J8bNV/zq0
>>261
> そこそこ水準の高かった朝鮮
>>265
> 朝鮮というそこそこ文明のあった地域
>>274
そこそこ発展していた朝鮮半島

ここ笑うところですか? つーかこれ書いてるの同じ人だろw

>>312
当時の韓国が、ロシアに承認するだのしないだのとそんな発言できる実力があるのかよ。
何か抗議しようと口を開いた瞬間にロシア軍が進駐して一瞬で属領化だなw

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 13:39:26 ID:bAPQA9ul0
また感情論だけの人出現

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 16:40:50 ID:lo8ZdrGx0
じゃあみなさんそろそろ
「なぜ日本の近代化は異常な速度で進行できたのか」
について考えましょうよ。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 16:55:48 ID:PE1EdClT0
公務員狩り@二人目
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/eco/1192951022/

低賃金の糞奴隷ども!自民と財界のじゃますんな
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1193122279/

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 公務員は消毒だ〜っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 21:49:56 ID:UL2lXMlx0
トルコの近代化改革や
トルコのチャックリー改革など
ある程度成功した改革もある。

比べて韓国人が誇る光武改革だが・・・なんか成果あるの?
清の変法運動の方がまだ頑張ってるよ。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 21:51:50 ID:UL2lXMlx0
トルコ→タイ

韓国人は9条の大韓帝国国制や
エジソンの会社が電灯灯したくらいで
近代化したと勘違いするから困る。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 22:19:50 ID:jVoMUfwp0

タイは自力改革で独立を守ったと考えている人がいるようだが、それは大嘘であり
あの国は英仏の属国だったよ。かろうじて独立を守ったのは本当に運が良かっただけ
タイの改革ははっきり言って成功したと言えるのは世界大戦後の後であり
タイが優れていたというよりは外圧が無くなったことにより助けられた感がある。

第一あの国はイギリスにあっさり滅ぼされたビルマの属国だった。
はっきりいえばイギリスはその気になれば一瞬で滅ぼせてる。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 23:14:11 ID:UL2lXMlx0
タイは独力で立憲革命を成し遂げた。
日本からトンブリ級戦艦を買う金もあった(大韓は払い下げの漁船がやっと)。

更に鎖国で文明を一切拒否していた半島の連中と違い
西欧との接点があった。政府高官がフランスに早くから留学したりしてる。

宮殿の素晴らしさも李朝の比ではない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%A0%E5%AE%AE%E6%AE%BF

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 23:16:13 ID:UL2lXMlx0
病院も裁判所も鉄道も
警察も郵便局も・・全て日本から与えられた韓国人は惨め。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 23:20:08 ID:UL2lXMlx0
コリア最初の銀行は
日本の第一銀行韓国支店なわけ。
物々交換が基本の韓国人には
銀行が理解出来なくて苦労したらしい。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 23:22:37 ID:hR1e5Zoe0
トンブリ級戦艦 すぐ沈められて 可哀想…

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 23:46:33 ID:UL2lXMlx0
フランスの船に砲撃加えて
キルレシオ1対300、挙句に政府の書庫を略奪された
無残な国もあったけどな。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 23:48:10 ID:UL2lXMlx0
トンブリにびびったヴィシーフランスは
結局タイに領土を割譲している。ざまぁw

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 23:50:45 ID:bhpcqFoX0
また感情論の単発IDか

データ示されて論破されたと思ったが
結局、同じことを繰り返しているな。
物々交換とか郵便局とか、朝鮮より貧しいところなんて
アフリカや東欧、中央アジアもどこも一緒だろ

郵便局とかもまずは知らなきゃ作れないよ。
アフリカの土人が欧米人の渡来無くして自力で郵便局や銀行を作れたと思うか?
イスラムなんて今でも銀行業は未発達だぞ


386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 23:59:16 ID:UL2lXMlx0
知る努力を一切李朝は放棄してるね。
江戸日本の事を「鎖国下の閉鎖的空間で発展は無かった」と
思い込んでいる朝鮮人は、蘭学の存在を知って驚く。
何故なら自分達こそ西欧との接触を完全に絶って世界の潮流から孤立していたのだから。

アフリカはまだマシ。自力でないにせよ近代文明の恩恵を
李朝よりは早く受けているからな。李朝は本当に屑。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:00:19 ID:AFqrwYDu0
韓国最初の新聞も日本人が作った。
コリアンは自力では何もできないゴミ野朗。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:03:34 ID:ngcI99UN0
アフリカが近代文明とは鼻で笑うよ
少しは感情抜きにして考えたら

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:04:22 ID:AFqrwYDu0
日本人外科医が朝鮮で治療を行おうとしたら
「呪いで治る!お前はウリを殺す気か!」と朝鮮人が大騒ぎして
それが大問題になった。
驚く事に役人までもが「日本人が我々を殺そうとしている!」と煽った。

李朝は科学技術の欠片も存在しない停滞した社会だった。
江戸のような解剖学も和算もない。反射炉もエレキテルもカラクリ人形もない。
庶民の文化もまるで存在しない。まさに土人。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:05:42 ID:AFqrwYDu0
アフリカは19世紀末のベルリン会議によって
文明の恩恵を受けた。
当時の李朝の酷さといったらアフリカの奥地レベルだろ。
文明から隔離されたこの世の地獄と言っていい。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:07:38 ID:Wh/42qC60
ベルリン会議でアフリカが近代化だってw
少しは勉強した方がよろしいかと

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:07:47 ID:AFqrwYDu0
どう贔屓目に見ても
エチオピア帝国>大韓帝国、な事実。

列強の末席とは言えイタリアを退けたアフリカの雄。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:10:49 ID:AFqrwYDu0
なんせ総兵力が7千足らず。
しかもその殆どが鳥銃か徒手空拳で
最新鋭武器が帝国払い下げの漁船モドキだもんなw

李朝より酷い国なんて当時存在してねーよ。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:10:59 ID:Wh/42qC60
>>392
最盛期のエチオピアは悪くない勢力だから
朝鮮より上でも異論は無いが
他のアフリカ諸国はお世辞にもきんだいかされているしはいえないぞ

今のエチオピアはこの時の無理な拡大でアフリカ有数の貧酷になっちゃっているし


395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:13:18 ID:AFqrwYDu0
鮮人は馬鹿だから
1882年に出来た郵便局を誰が作ったか勉強しない。

そのくせ「今年は○○創設何周年」とかいう記念はしやがる。
全く恥さらしな民族だ。連中が独力で手に入れたものなど何も無い。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:15:01 ID:AJoXZwyW0
エチオピアは近代の一時期に衰退期の朝鮮を抜いただけ
今は定位置の最底辺ランクに落ち着いている

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:16:03 ID:AFqrwYDu0
>>394

リベリア、エジプト、チュニジア、モロッコ、南アフリカ・・・
このあたりは高宗の朝鮮より上だろう。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:18:04 ID:AJoXZwyW0
>>385

イスラムは未だに銀行ないよねー
イスラムの教義で利子を取るなというのがあるからな
あれじゃ、未来永劫金融の発展は無理な気がするな


399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:18:19 ID:AFqrwYDu0
ハイレセラシエは積極的に西欧の文物に学び
近代化を推進した。韓国人には絶対に無理な行いだ。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:21:15 ID:AFqrwYDu0
韓国の早稲田といわれる
高麗大・・・(創立自称1905年)
韓国の慶応といわれる
延世大・・・(創立自称1885年)

連中が誇る大学なのだが
何故か創設者が分からない。
分かるな?この意味が。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:22:34 ID:AFqrwYDu0
>>395

銀行がないわけないだろ。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:24:00 ID:AJoXZwyW0
>>397
それらの国だけ?
エジプト以外は、東欧レベルの水準も無かった国(?)ばかりだし
チェニジアは人口少なすぎでしょ

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:25:13 ID:pJuus3xa0
>>401
かなーり遅れているよ。あちらの金融は
今も昔も

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:28:30 ID:pJuus3xa0
>>401

リークアンユも言っていたが

キリスト教か儒教の資質がない国は発展しないとか言ってた。
で、実際世界のGNPみているとそんな感じ
アジアの小四龍も儒教圏ばかりで。
イスラムはなし。
インドネシアなんか資源や人口、国土だけなら大国なんだけどなあ

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:33:21 ID:unEiCLvv0
マレーシアはまあまあイスラムが頑張っている国だが
あの国を華僑の国と見るかイスラムの国と見るかで別れるな。

あの国は華僑(働き蟻)とマレー人(キリギリス)が対立している状態では
今後の発展はギビシイかもしれない

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:39:29 ID:UKulEwUW0
儒教も悪いことだけじゃないよ
よこすれば奴隷根性だが、勤勉性や従順さがあるし

少なくとも日領朝鮮は比較的豊かで統治しやすいところだっただろうね
イスラムやアフリカ部族にはそういう共通した道徳が無いから今でも未発達
経済も未だに物々交換がメインだったりする

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:47:09 ID:UKulEwUW0
マレーシアは宗教警察とか
漫画みたいなアホと家をやっている国だぞ
経済が華僑のものでなければ最貧国候補だろう

言論の自由の保障も韓国も確かにほめられたものじゃないが
イスラム教圏に比べればとんでもなく解放されている
ファトワーみたいなこともしないし。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:48:25 ID:AFqrwYDu0
韓国は間違いなくベトナムに抜かれるだろう。ざまぁ。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:51:18 ID:8m4AOWn20
ベトナムはどうかねえ。
儒教圏だが共産主義を引きずっている国だし
なにより今は東南アジアのでも最低ランクの国
これから少しずつのびていくと思うがスタートが悪過ぎる
韓国を抜くといっても50年先か100年先か
まあ、韓国もそれ相応に伸びる訳だからはっきり言って追い抜くことは無いと思うが

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:55:59 ID:YgHdI6220
>>406
儒教勤勉論で、両斑をどう説明する。

http://blog.goo.ne.jp/suzu-nari/m/200609

「韓国人が勤労のエトスらしきものを得たのは、おそらく1989年あたり
だと思う。この頃からタイムカードが定着し始め、韓国人社員が徹夜で
酒を飲まなくなった。当時私は、酒の相手が激減し、大層寂しい思いを
したので良く覚えている。「明日会社が早いからもう帰る」という言葉
が、彼らの口をついて出たときには一瞬我が耳を疑った。宵越しの銭を
もたなかった韓国人が持つようになったのである。少なくとも「儒教精
神」は、韓国人の勤労のエトス発生とは何ら関係がない。」

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 01:02:38 ID:i0vOTwYo0
そう、江戸時代の日本人も勤勉ではなかった

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 01:04:20 ID:8m4AOWn20
>>410
なんだはじめてソースらしいものを出したと思ったら
ブログか


まあ、はっきり言ってそんなの出されても反論に困る
韓国人が働き過ぎなくらい働いているのは
「儒教精神」か「そうでないのか」なんぞ
人それぞれの解釈でどうにでもなる。

そうでないというのなら、そう思えばいいが
それは人それぞれの感想にすぎんから「はいそうかもしれませんね」
以外の反論は不要だよ

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 01:07:14 ID:8m4AOWn20
滅私奉公、愛社(国)精神とか
日本の戦前に良く唄われていたが
あれは儒教なのか?

一般的には
儒教圏の国は過労死が多いね
今で言う滅私奉公というやつか

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 01:16:11 ID:8m4AOWn20
>>411
江戸時代の日本は成る程儒教で怠け者だったが

これは儒教の精神が、組織のシステムに適用されていなかっただけだと思う
つまり、当然儒教社会では農民は支配階級の武士を敬わなければならなかったけど
武士は直接農民を管理していた訳じゃないから、
年貢未納とかをしなければ農民が仕事のあれこれについて文句を言うことは無かった

しかし、その儒教精神が、会社や官僚制と結びつくと、
いわゆる、「国や会社の為に尽くせ」「死ぬまで働け」という結論になる。

つまり儒教圏が前近代に怠け者であっても、今勤勉なのは儒教と関係すると思う


415 :370:2007/10/24(水) 01:21:46 ID:cyhH2taq0
>>371
俺がいつ朝鮮の話しなんぞした?馬鹿ですか?

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 01:23:41 ID:8m4AOWn20
儒教は勤勉性そのものを唄っている訳ではないが
「上に尽くせ「、「公に尽くせ」という道徳は
今の官僚制社会と結びつくことで

間接的に、「お上に尽くす為にも勤勉になれ」「お上が働けと言っているのだから働け」
といっているに等しくなった。
ゆえに儒教は勤勉性を肯定している。少なくとも近代に置いては

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 01:27:06 ID:a/7qgFBX0
イスラム全ての国の中の一つの国が先進国になるよりも
韓国が先進国入りする方が100倍速そうだね

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 01:32:58 ID:lQPgLXqv0
トルコはイスラムと袂を断ったから先進国いけるかもーだけど
残りは殆ど石油という反則技だよ
テロ、私刑、石打ちなんてリアル侵攻でやっている国が
くさっても儒教圏の端くれであるかんこくにかてるとはおもえん 


アフリカのとこなんて、韓国どころかか北朝鮮以下だろ?
国民の生活レベルも

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 01:37:38 ID:i0vOTwYo0
日本が近代化できたのは儒教のおかげ?

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 01:42:46 ID:lQPgLXqv0
儒教のお陰という程過信するのもあれだが
足をひっぱらずよく頑張ってくれたね>儒教

例えば日本に伝わっていたのが儒教でなく
イスラムだったら……?


もういわなくてもわかるだろう。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 01:46:03 ID:lQPgLXqv0
>>418
北チョン以下の国は確かにアフリカに多いよ。
治安の悪さも北チョン以下だと思う。

資源あるのにアフリカはなぜ栄えないのか
あの北朝鮮以下の国が半分以上締めている
さすが暗黒大陸。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 01:58:35 ID:LAWvQxuI0
北朝鮮のGNP世界ランキングは
86位だった。
位置的にはアフリカの中では上クラス
東欧のセルビアとどっこいというとこ。


423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 02:48:29 ID:YgHdI6220
>>412
両斑の勤勉さを示す事例ぐら付けて反論したらどうだ。

学問としての儒学と習俗としての儒教は、別物。

儒教が、清朝や李氏朝鮮の近代化の妨げだったと考えた方が自然。
華僑が、頑張るのは、儒教じゃ無く拝金主義。

>>414
江戸時代の学問は、儒教だけじゃ無い。実学も盛んだった。
細井平州や石田梅岩を調べてみな。
米沢藩主上杉鷹山公と町民学者細井平州の関係は、儒教じゃ説明出来ない。



424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 02:51:45 ID:yAl1hRgI0
>江戸時代の学問は、儒教だけじゃ無い。実学も盛んだった。

江戸時代に、自らを「実学」と名乗っていた学派・学徒はいたのか?

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 03:15:10 ID:YgHdI6220
>>424
実学と称したかは、解らないが、当時としては、儒教に拘らない街中の
経世済民の学問。多くの人材を輩出している。
朱子学は、侍の学問だが、町人には、細井平州や、石田梅岩の学問を
重用している。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 04:12:20 ID:YgHdI6220
>>412
儒学は、金銭を卑しい物として卑下する考えが有る。
だから儒学は、殖産興業を論じていない。
実学を取り入れた米沢藩は、家臣の庭に藍玉を植え、家臣の妻女や娘が、
機織をして家計そして藩の財政再建に努力した。足軽以下の家臣が、農地
の開墾もしている。
中華の儒教社会では、支配層の大人が、働く事は無い。
偉くなれば、働かなく成るのが、儒教社会。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 07:06:46 ID:w8+6Usid0
朝鮮がどんなに進歩のない未開な土地だったとしても、ならば日本人はそんな国を
自国に組み入れてしまった当時の日本を批判的な目で分析し、現代に同じ過ちを
繰り返さないようにすべきであって、朝鮮をいくらくさしたって無益なことだ。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 07:24:24 ID:rkDjFFRv0
自分では箸を持ち上げるのえ忌避した
世界史上最低最悪の支配者階級、それが両班。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 07:26:40 ID:w8+6Usid0
そんな朝鮮を日本が近代化さえしなければ、いまでもそういって朝鮮を馬鹿にして藁っていられたのに。
嗚呼、朝鮮を日本が近代化さえしなければ。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 07:47:09 ID:i6t5IpSe0
江戸時代の日本人は怠け者ではないです。
まぁ、戦後の高度成長期と比べれば怠け者といえるかもしれませんが…。
江戸時代のころ、欧州の国々は動乱に明け暮れた時代。
文明的にも切磋琢磨する必要があり、怠けてはいられなかったでしょう。
対して日本は、ある意味太平の世の中。
それでも、いろいろな分野を発展させ成長していきました。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 11:15:14 ID:fDoCyQII0
>>430
江戸時代の老中
午前11時の登庁 午後二時に帰宅
これが江戸のスタンダード
一部に例外がいたっていうのはどこの話でも通じる

江戸時代が働きすぎなんていったらちょっと君は知識が足りない

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 11:19:45 ID:fDoCyQII0
>>430
江戸時代の老中
>>426

君の言っていることは矛盾だらけに感じてしまうな
儒教は金銭を嫌う。今儒教圏が頑張っているのは拝金主義だからって

その文をみただけですでに理論破綻しているのに気付かないのだろうか。
俺も最初は朝鮮を叩いていたが、君と同一視されるのが嫌だからやめた。

少なくともこのスレにおいては朝鮮擁護派が多いのは
悲しいかな。君の主張に矛盾点が多いからだ

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 11:24:33 ID:xqrv753C0
どっちかっつーと
金銭を嫌うのはイスラムだな

ここのスレで粘着しながら朝鮮を叩くニートより
アジアナンバー2の経済大国の独裁者であるリークアンユの発言の方が
100倍重みがある。

キリスト、儒教以外の国は発展しないという氏の発言は
イスラム教国から当時反発をもらいまくったが
今のGNPの順位を見れば真実であったとわかるから

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 11:50:26 ID:i0vOTwYo0
>>428
ソース

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 11:50:54 ID:5rfB0Pb/0
イスラムって商売を推奨してなかったかな

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 12:07:05 ID:ttCeIx2SO
>>431
働きすぎとは言いませんが、
開国後、それほど時間を経ず、
欧米諸国となんとかギリギリ渡りあえるぐらいの国力を持てたのは
江戸時代にそれなりの下地を作れたからではないでしょうか。
そういう意味では、怠け者ではなかったかと。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 12:12:08 ID:RL1CZS1v0
江戸時代は、貨幣経済が発達し、江戸は、世界有数の消費都市と成った。
参勤交代で、一年おきに、この消費都市江戸に滞在すれば、藩財政を圧迫する。
年貢米だけでは、藩を運営出来なかった。だから儒学だけで藩政を司る事は、
出来なかった。年貢米にしても、収穫量以外、米相場が、毎年変動するから
定収に出来ない。其の為各藩は、換金性の高い特産品を消費都市江戸や大坂で
売りさばく必要性に迫られた。
町人の中で広まった、(特に商人)実学で、殖産興業をする日本の武家政権は、
中華の科挙の役人の政権とは、異質な存在。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 12:17:10 ID:LICxe8qf0
>>436
岩倉使節団の日記や他の留学生の日記を見てみればわかるが
欧州の労働者は勤勉でよく働く。それに比べて我が国の国民は…」

みたいな記録はいくらでもある。

日本が勤勉な大国になったのは、儒教精神が組織の理論と一致して
過労死もいとわないアジア的勤勉性を獲得出来たからだと思う。
しかし、これは他のどの儒教圏も一緒なので日本だけに限ったことではないと思う。

儒教圏でも廃れているところはある、北朝鮮やベトナムだ
しかし、これは共産主義と儒教の噛み合わせが悪かっただけのこと

儒教はそれ自体勤勉性を持つ訳ではないが
資本主義と絡むことによってその勤勉性を発露するというのが俺の推論


439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 12:35:06 ID:LICxe8qf0
>>435むしろ抑制だろうね
利息を取ることを禁止しているために今のイスラムは金融業が完全に未発達
喜捨なんて制度もあるから乞食も沢山


440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 12:42:18 ID:LICxe8qf0
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1184577551/l50

アラブはなぜ発展しないのか


ここの人は、朝鮮に対する知識は多分俺と同じ位だけど
外国を知らな過ぎる気がする
例えば、アラブなんて口が裂けても朝鮮以上なんて言えないよ

まずはアラブを朝鮮より上に置きたいのなら
貴方のすることは「イスラムをよくしること」ではないか

少し勉強すればイスラムの教えに比べれば、儒教はまだマシ
こういう結論になるのは簡単だ

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 14:17:23 ID:w8+6Usid0
いったい皆どの時点のイスラム世界と朝鮮を比べてるの?

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 14:24:09 ID:i0vOTwYo0
20世紀初頭じゃない?

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 14:41:02 ID:Zqli25TC0
ちょうせんはんとうのはなしではなく、にほんきんだいかのはなしがききたいです。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 17:10:29 ID:0nEbzfho0
今、晩ご飯を作っているので、もう少し待ってください。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 17:22:44 ID:JTV01Dt40
とにかく朝鮮の話はやめてほしいぜ

朝鮮はどこにでもあるありきたりな中堅国家
でいいじゃん。マンセーも貶す方もいい加減にしろよ

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 17:40:25 ID:CTcV0U0u0
>>440
そのスレ見て見たが酷いな
なんでそのスレの連中はイスラムが嫌いなんだ?
イスラムの中傷のためのスレだな

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 17:53:07 ID:O8Gwi2gk0
世界史板自体が外国を叩いて喜ぶような低能板だからでしょ
だから、朝鮮より悪い国を見つけてくるのは容易な環境にあるので
それで外国を貶しながら嫌韓中を煽って遊ぶんでしょ
外国の悪口いわせて世界史板の連中に勝てる人はいないよ。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 18:09:20 ID:w8+6Usid0
ところで日本は西洋列強を排斥しようとしたが、彼我の技術力・軍事力の差を認めて開国し、
西洋文明を受け入れることにしたわけだが、それほど西洋列強の圧力に曝された東アジアで
日本が手をつけるまでの間、朝鮮が列強から本格的な侵攻を受けなかったのは何故だろう?

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 18:19:12 ID:R3BKv+TU0
結局朝鮮の話か

朝鮮は日本より重要拠点でなかったから圧力が少なかった
あと時の大院君が超強硬派の攘夷論者だったから

でいいよね
日本の話に戻そう

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 18:38:11 ID:Ix3G8T8T0
これは日本にも言えることだが
当時、東アジアに兵を出せる国なんて無かったのでは?

唯一の例外はアメリカだが
これも南北戦争で潰れるし

日本にしたって砲艦外交で脅してきた国はアメリカくらいだよなあ

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 20:57:30 ID:w8+6Usid0
>>450
日本に最初にアプローチしてきた列強は米国だが、米国が南北戦争で日本どころではなくなっているときに英国が出張ってきている。
英国は幕府に対して「我が国は貴国に対して香港にいる大艦隊をいつでも差し向けることができる」と威圧してきたらしいぞ。
じっさい薩英戦争も起きている。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:10:10 ID:LNqkcKZq0
ゼネラルシャーマン号事件や丙寅洋擾・辛未洋擾・・・
朝鮮も遅ればせながら外圧には晒されていた。

フランス軍に上陸を許し、外奎章閣が略奪を受けている。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:11:17 ID:LNqkcKZq0
ただ、不思議な事に
朝鮮への外圧は日本より遅い。
鉄砲の伝来もキリスト教の伝来も大幅に遅い。

おそらく国として認識されていなかったと思われ。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:16:18 ID:Ix3G8T8T0
一応さらっと見て見たが
李朝はそこまでいわれる程酷くないって論者の方が納得するな。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:28:40 ID:urpDKOvm0
図書館でマクアミランの統計見たら李氏朝鮮のGNPは真ん中より大分上くらいの位置にあったよ
今度また調べてくるよ

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:29:40 ID:LNqkcKZq0
末期李朝はこの世の地獄。
恐らく、当時「国」の体裁を取っていた中で
最も貧しく未開。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:30:37 ID:LNqkcKZq0
時間と共に退化する国も珍しい。
普通は進歩するだろ。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:33:57 ID:uvFRKB8h0
また話題そらしの朝鮮野郎がきたw

このスレ潰すのが目的なのかね。
同じことの繰り返し。
アフリカや東欧、アラブの方が李朝より繁栄していたというのならソースをよこさないと

>>455
人口が1500万超える国自体、当時は一握りだから
朝鮮が上に来ることは当たり前の気がします。一人当たりのGNPを調べてきて下さい。


459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:35:17 ID:2vFdT4QY0
>>457
さんざん論破されてうざがられているのに
なぜ貴方は進歩しないのか。普通は進歩するだろw
あんたはイスラム以下じゃないのか

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:39:47 ID:LNqkcKZq0
ああ、貴方もチャングムで
李朝を知った気になってる人ですか・・・

そうやってファンタジーの中で気持ちよくなって下さい。

韓国人も「李朝は実は凄かったんだー」と喚きますw

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:43:06 ID:6Ww8MrCR0
あらら
実際数字示して統計も十分出したつもりだけど?

失礼ですが文盲ですか

それともアラビア文字しかよめないっておちはやめてね

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:43:44 ID:LNqkcKZq0
江戸>室町>鎌倉=高麗>平安=李朝最盛期>奈良=李朝末期

こんなもんだろ。恥知らずな朝鮮人は日本に統治される前
己の国がどんだけ惨めだったか全く勉強しないから困る。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:44:20 ID:6Ww8MrCR0
ID:LNqkcKZq0

今日のコンゴ人のIDはこれか


相手をしてやるから回線切らないで反論してくるんだぞ

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:48:12 ID:c5rwt8zk0
コンゴ人(w

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:50:05 ID:LNqkcKZq0
向こうのスレでも愚痴言ってるな、オマイ。
もう必死すぎてワロタですよ。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:51:25 ID:zdu8ERvw0
台湾 朝鮮は日本の治世教育もあっていまのような進んだ国になった
て見方もある。フィリピン人なんてこういってる
日本人は水道を引き線路をひき、病院をつくったがアメリカ人は我々
から搾取のみをした。いまフィリピンと韓国 台湾の差は日本統治
時代に開いたともいえる。いまの韓国人はアメリカ人に洗脳されて
いる、無論日本人も、なぜ日本が西洋やアメリカと戦い、神風まぜ
つかいアメリカと戦ったのか?朝鮮人の若者も神風に9人が志願し、
アメリカ艦隊につっこんで自ら死んだのか?もう一度我々は考えね
ばならない。白人至上主義とは過去のものか?
いま世界で白人いがいの人種が本当にめぐまれているのか?

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:52:57 ID:c5rwt8zk0
>>440のスレで案の定コンゴ人が
「イスラムでも朝鮮よりマシだろ」といって
暴れていたが
住人から「はあ?」みたいな感じあっさり一蹴されててワロタw

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:54:51 ID:c5rwt8zk0
>>465
オマエモナーww

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 21:59:44 ID:LNqkcKZq0
http://koreaphoto.hp.infoseek.co.jp/OldKorea.html

これがたった100年そこら前の姿と言うから驚愕だ。
未開の極致。朝鮮はこの世の地獄w

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 22:11:43 ID:LNqkcKZq0
東欧が馬鹿にされるのはおかしい。
オーストリアハンガリー二重帝国は間違いなく列強の一角だし
ポーランドはヴィスワ河の畔で迫り来る赤軍を撃退し
ソ連に領土を割譲させている。

末期の李朝・・・だれかれ構わず尻尾をふり
何もせず併合された弱虫民族w
強者に養ってもらうのが骨の髄まで染み付いている。
スタンリーあたりが探検していたら真っ先に白人のケツの穴を舐めていただろう。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 22:22:55 ID:zdu8ERvw0
東欧と西欧じゃ宗教がちがうからなあ 東欧って呼ばれる
ポーランド ウクライナ ロシア カザフはやっぱり少し遅れている
ただ朝鮮ってのは考え方を変えれば中国の辺境の一部って考えるべきで
は?ロシアでいえばウクライナ カザフ ってはっきりいって独立国
としてみるには地理的にも、宗教的にも文化的にも中国と大差がない。
沖縄と日本くらいしか違わないよ。ただ中国もあんなメリットのない
土地を自分の国にしたくないんじゃないの?取り込んでもメリットが
ない。ウクライナやカザフなんて穀倉地だし、資源も豊富だが、朝鮮
半島なんてウラン以外取れるものがない。

アフリカは紛争が絶えないのは地下資源が莫大なためだし、朝鮮とは
また異なってくる。日本とイギリスを比べるようなはなしだね。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 22:39:50 ID:c5rwt8zk0
>>470
最初は東欧を批判していた人も
「東欧の貧乏農業国」と言っていたぞ
つまり、ポーランドやロシアとかじゃなくて
ギリシア、セルビア、モンテネグロ、ブルガリア、ルーマニア、マケドニア、スロバキア
みたいな所謂バルカン諸国のことを指していると思った。

確かに、セルビアやモンテネグロは山岳地帯の内陸部の農業国家なので
李朝より当然下なんだが

長い議論のうちに
東欧の貧乏農業国→東欧に説明が抜けていったのだと思う

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 22:40:15 ID:WJ+ubw2U0
ここ なんのスレ ですか ?

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 22:41:43 ID:zdu8ERvw0
渋沢栄一がいかに明治に日本に貢献したかってスレです。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 22:44:12 ID:c5rwt8zk0
1914年の人口

朝鮮 1700万

ルーマニア 800万
ベルギー  700万
ブルガリア 600万
ポルトガル 600万
ギリシャ  500万
セルビア  500万
モンテネグロ 100万



476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 22:50:37 ID:ZEMmEXed0
とりあえず
李氏朝鮮と東欧を比べて東欧の方が優秀と言うなら
その辺のデータを持ってくるべきじゃないか

少なくとも李朝があった時代にポーランドは存在してないから
比較にならない。
当時独立していた東欧の国は
ギリシア、モンテネグロ、セルビア、ルーマニア、ブルガリア
いずれの国も人口とGNPは李朝に惨敗しているらしいから
反論側はそれを覆すだけのデータをみせるべきでしょう

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 22:59:21 ID:zdu8ERvw0
このスレを論ずる上で渋沢栄一をもう少し評価してもいいのでは?
明治期において彼ほど私心をもたずに会社を作った人間はいない。

第一国立銀行のほか、東京ガス、東京海上火災保険、王子製紙、
秩父セメント(現太平洋セメント)、帝国ホテル、秩父鉄道、
京阪電気鉄道、東京証券取引所、キリンビール、サッポロビール
時事通信社と共同通信社 早稲田大学 二松学舎大学 で学校法
人国士舘 同志社大学 聖路加国際病院 、東京慈恵会、日本赤
十字社、日本の400の会社を立ち上げ 総理大臣以外では
めずらしい勲一等瑞宝章 を民間にいながら受賞され、国際貢献
人道的な貢献ありとあらゆる分野で彼の明治期においての貢献
は凄まじい。伊藤博文や勝海舟 大久保利道とも交友があり、
大蔵大臣になれた道をすて野に下り、民の為に直接はたらいた


478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 23:10:46 ID:JSGwzGXj0
誰がなんと言おうと朝鮮は史上最悪の国

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 23:21:58 ID:zdu8ERvw0
ギリシア、セルビア、モンテネグロ、ブルガリア、ルーマニア、マケドニア、スロバキア
は18cまでトルコだったんだよ つまりオスマン トルコの領土


480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 23:24:35 ID:zdu8ERvw0
なぜギリシア、セルビア、モンテネグロ、ブルガリア、ルーマニア、マケドニア
、スロバキア は貧乏なのか それは朝鮮半島と理由が似ている。
緩衝地帯だからだ。吸血鬼のはなしもここいらでうまれた。
因果関係はそのへんともある ハンガリーはともかくオーストリアは
その当時大国だったトルコもね

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 23:44:37 ID:5u0Nno6z0
http://chiba.tm.land.to/upload/src/up1985.jpg

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 23:48:48 ID:9jRqEfRR0
http://blog.livedoor.jp/takkan2005/

↑アンチ日本のブログだ炎上させろ!

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 23:53:40 ID:zdu8ERvw0
無意味な・・・。フッ。。。↑

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 00:05:24 ID:+HMJzHQo0
明治天皇、ケマル・パシャ、ラーマ5世・・・
厳しい時期に国の舵取りを任され、改革を断行した名君。

対し、ミン妃や高宗の馬鹿っぷりには呆れるな。
矢張りトップが糞だと国全体が腐るようだ。
大韓帝国で比較的まともだった李完用は今じゃ最悪の売国奴扱い。

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 00:06:59 ID:0Wu64eh90
人を非難するものは必ず自分もそれに当てはまる。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 00:19:38 ID:+HMJzHQo0
朝鮮人の非難のほとんどが「投影」なのと同じだな。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 00:40:42 ID:Qpc92Xh50
>>484
ケマルは大量虐殺者だしほめられたみのじゃないぞ
つい最近アメリカがアルメニア人虐殺の非難勧告を出すくらいだし
はっきり言って糞じゃね?


明治天皇は尊敬するが、ラーマ五世はどうかな。
タイは運だけで生き残ったというのが実情だしな。
最終的には日本に併合して近代化を達成し
戦後タイを追い抜いた。高宗はマトモ

ちなみに李完用は最近再評価され始めている
これは凄いと思う


なぜならもしイスラム教国とかならまずそういう進歩はありえないから

つまり、韓国はイスラムより十分マシであることの証左だと思う

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 03:36:34 ID:ETMYZN0n0
民族批判は、そろそろ止めて本題に戻そう。

識字率以外に日本の近代化が、早かった理由の一つに算額の奉納が有ると思う。学者以外の一般人
が、数学を愛好する文化が有ったのは、重要だね。江戸時代の日本人の中にもオタクいたって事。
数学は、工業技術の基礎だから、数学的知識が、一般に広まっていたのは、ただ教わる以外に日本
人的視点を持っていた事に成ると思わないか。

算額 Wikipedia
算額(さんがく)とは、江戸時代の日本で、額や絵馬に数学の問題や解法を記して、神社や仏閣に
奉納したものである。平面幾何に関する算額が多い。数学者のみならず、一般の数学愛好家も数多
く奉納している。
算額奉納の習慣は世界じゅうをみても他に類例がなく、日本独特の文化といわれる。数学をも「芸」
ととらえる日本人の思考法がよくあらわれており、その一部は重要文化財や民俗文化財に指定され
ている。明治時代になると、日本には西洋式数学が導入されることとなったが、算額奉納の風習
は、この導入を容易にしたとも評価されている。


489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 04:08:16 ID:ETMYZN0n0
坑道堀などの土木技術に、測量技術として、数学は、必修。江戸時代この数学の基礎的部分は、一般化
されている。

http://www.nakaco.com/k_txt5.htm

寛永11年(1634)に伏越の理によって、兼六園から金沢城内の二の丸まで水を導いているが、木樋
の技術を使ったものである。10m弱低い石川門前の土手(現在は石川橋)を通過して二の丸に水を
供給され、二の丸の泉水、家事用水に使用された(石引水門から伏越とする意見もあるが、少なく
とも兼六園付近で維持管理用の枡が設置されて圧力が開放されることになるので、伏越は兼六園か
らと考えてよいだろう)。伏越の理は、高いところにある水が低地の隙間を見つけて湧き出したり、
噴出したりする現象を注意深く、観察しておれば、わかることであろう。神田上水では川を横断す
るときなどに伏越管が使われていたようである。低部で水圧を抑えることができる耐圧管が必要と
なるが、材料などが進歩していない時代にかなり、難しい技術であったに違いない。

佐渡金山の坑道の中では垂直方向の傾斜を測る傾斜器(四方矩といった)が使われた。これらの
器具を使用して測量する場合、少なくとも三角関数、ルートの解法などの計算ができないと
困るが、和算と呼ばれた数学を用いて計算された。


490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 07:05:58 ID:dJslG4G/0
イルボンは極東の山猿国家

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 09:16:29 ID:5UeRtCpp0
>>489
江戸末期の江戸とパリを比較して何か言うことは?

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 09:49:37 ID:ETMYZN0n0
蒸汽船を見て驚いても、同じ物を作ろうと考え作ったのは、アジアで、日本だけ。黒船来航の
わずか6年後、薩摩藩や佐賀藩そして宇和島藩において日本最初の蒸気船が建造されます。

特に、伊予(愛媛県)の宇和島藩というわずか十万石たらずの小藩、 ここの藩主・伊達宗城が鶴の一声
「黒船を我が藩でも作れ」という指令を出し、 城下に住む貧乏で気の小さい提灯職人・嘉蔵(かぞう)
がこの藩命を負わされてしまい、 艱難辛苦の末についに本物の蒸気船を作り上げてしまう。

司馬遼太郎さんの『酔って候』という短編集の中に収められている『伊達の黒船』という小説
実話を基に書いてある。同氏の花神の中にも村田蔵六の宇和島藩時代のエピソードとして書かれている。


493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 09:58:39 ID:ZCW1BIpI0



これ読んでみてよ!!
明治以降というけど 明治だって世界有数の劣等国でしょ日本は。

ここに書いてあることが いわば答えでしょ??
一通り目を通してみて

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1193250689/l50

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 10:07:10 ID:vOvPnOV+0
なんといおうと、あの頃アジアで西洋化に成功したのは日本だけだからなあ。
しかし過大評価も良くない。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 10:27:36 ID:jrkdBp/D0
西洋化に成功はなぜだかわかってますか?

日本に自国の文化に誇れるものも何もなかったから。
国自体も貧弱そのもの。だから即座に脱亜入欧。。。自国の文化を否定しまくった。

しかし中国は違った。アジアの王だし 文化もすごい。誇りまくってあげくは中華思想。
だから  昔すごすぎたから 西洋を受入れるのに時間がかかりすぎた、

これだけ。いわゆる劣等日本だったからこそ  即座に西洋受入れ。自国を否定。になれた

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 12:07:04 ID:ChH2XM880

   ∩___∩         |
   | ノ\     ヽ        |
  /  ●゛  ● |        |
  | ∪  ( _●_) ミ       j
 彡、   |∪|   |       >>495
/     ∩ノ ⊃  ヽ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 12:45:36 ID:SlCa1wbd0
>>495
なるほど

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 13:26:43 ID:ixF7B7Fp0
>>695ですけど
異論あるなら余裕で論破しますよ?

そもそも明治政府はあらゆる日本文化を、否定し欧米こそ神といった政策を
明治維新直後から打ち出してる。例えばお城。大半時代遅れと取り壊す。

いわゆる以下に自国が野蛮かということをいい意味で自覚したんだろうな。
別に誇れるほど中国にもでかい顔できないし。

しかし中国を見てみよう。中華秩序は東洋アジア全域にまで影響力を及ぼす。
中国はあくまで対等に西洋と戦っても中華の誇りを守ろうとした。
守ろうとする権益も文化も でかく、巨大で誇りであるから。


499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 13:30:48 ID:vOvPnOV+0
>日本に自国の文化に誇れるものも何もなかったから。

これには異論があるが、偉大な文明を誇った地域が後進地域よりも時代の進歩に
取り残されてしまうということは、確かにあること。

『アラブが見た十字軍』を著したシリアのジャーナリスト、アミン・マアルーフも
西欧と比較して先進地域だったイスラム世界が何故その後、西欧文明に追い抜かされたのか
ということについて、
「西欧はイスラム世界との接触によって東の栄養をふんだんに蓄え、その後発展するが、
イスラム世界ではプライドのため西欧文明を頑なに否定するだけだったので立ち遅れてしまった」
と看破している。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 13:57:29 ID:J6J7sTIB0
日本がそんなに劣等だったなんて・・・・
ショック・・・

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 14:04:55 ID:QptBc0hV0
>>500
白人は1400年代には騎士はいなくなる 
1600年代には 経済 工業 啓蒙  宗教革命もおこり 主権国家も成立

法律 憲法 医学 建築学  天文学 b政治  議会 条約 人権 権利  社会契約 民主主義 科学

言えばきりないほど  日本はは全部まねさせていただいてるんだよ白人の?
そんで日本は1900年近くまで腹きりちょんまげ自殺マニア国家だとよw

ぺりー来航時の日米比較

アメリカ・・・・・・今と変わらぬ髪形 ブーツ スーツ ペン 調印式 条約 蒸気機関車 黒船蒸気船 機関砲 ビル 車 自転車 


土人・・・・ちょんまげ  はかま ふで ぞうり 口約束  火縄銃 鎧兜 漁船 掘っ立て小屋 馬 徒歩


その後は脱亜入欧で白人万歳 が不平等条約がんじがらめの東洋人差別全開・・・
そこに漬け込まれ 白人の代理戦争に使われ 白人から武器弾薬渡され使われた 日清日露一次云々

それでも東洋人差別はなくならず
国際連盟に東洋人差別撤廃法直訴しても 白人国家から即刻拒否・・・東洋人の分際は生意気だとさwwww
そしてアメリカロシアとタイマン張れば なぶり殺しの二次大戦

日本の歴史なんてこんなもん 日本史ってはずかしいねw  


502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 14:27:26 ID:vOvPnOV+0
西洋化して先進国になれたのだから、それで問題ないではないか。
それより良い選択肢が無かっただけの話。
それで日本より大国だった清やロシアに勝って国威を高めたのだ。
けっして恥ずかしくなどない。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 14:29:04 ID:27OyAokX0
>>495
>しかし中国は違った。アジアの王だし 文化もすごい。誇りまくってあげくは中華思想。
>だから  昔すごすぎたから 西洋を受入れるのに時間がかかりすぎた、

彼我の力の差を、冷静に分析もできず闇雲に戦って国を滅ぼすより冷静に
国力を蓄えてから戦争を始る事の出来た、明治政府の要人は、清国政府の
要人より賢い。
それに、清国は、女真族の征服王朝。肝心の漢民族は、満州人所謂、北荻
の支配下。

ただの西欧のコピーなら、欧米人は、日本文明に興味示さない。


504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 14:39:34 ID:TwbRRviX0
>>503
ワロス
それは違うな。
新王朝より賢いというのは違う。
何度も言うが中国には中華思想がある。
それだけ誇れる歴史と文化、そして何よりもアジアの覇権国家としてアジアを守るという使命感。
別に俺は中国人やロウとはまったく違う先祖代々日本人ですけどね、。

日本が冷静に判断できてたわけではないのは歴史が証明している。
それに日本文化に興味を示したわけではなく、日本人の体質が、白人国家にとって都合がよかったから。
現に中華は アヘン後もアロー戦争もしてるし、さらにはそれでもくっせず
ロシアオランダアメリカどいつ・・・・とヒタスラ戦争。
これは一見馬鹿に思えるが、プライドが違うということ。
そして守るべきものが多すぎたこと。威厳が大きすぎたこと。過去の歴史が偉大すぎたこと。
それらが完全に邪魔した。その結果中華思想になってるのだから。

そもそも日本は維新後即 白人万歳国家になっている。
これらは賢いというより、いかに自分たちがおろかだったかと自覚の裏返し。

例えば中国。アジアで西洋化した国見てください。自国の文化否定してる国も 日本ほど白人コンプな国もないでしょ。
白人のアジア戦略のため、白人の仲間入りした気分で、アジア人のくせに同胞アジアを苦しめた歴史。

日本はとても白人に都合がよかったからなんですよ。

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 14:45:48 ID:vOvPnOV+0
>>504
韓国人装って釣りをするのは止めなさいって。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 14:58:21 ID:E8jYNuy70
>>505
必ずそう来ると思ったが、チョんも糞食らえ。
俺の先祖は旗本です。石高はそんなでもないが。それに実家の先祖はそのまちの初代町長を選挙がない時代に国から任命されてやってます。
チョんノ様なやつらと違います。

ですが  右翼なんて思想は糞です。馬鹿の集まり。身の程知らず。
右翼思想で発展できるのは白人様だけです。

東洋が右翼になれば 土人国家に逆戻りですから。

福沢ゆ吉も野口も 樋口も みんなちょんですか?
ちがうでしょ

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 15:06:20 ID:5UeRtCpp0
http://www.ier.hit-u.ac.jp/~fukao/japanese/publication/other/2005/2005-x1.pdf

日露戦争時および太平洋戦争時の国力比較

1900年
日本  一人当たりGDP(単位 1990年米国ドル)770(深尾・馬・袁による)
ロシア 一人当たりGDP(単位 1990年米国ドル)1218

4.我々の推計結果の含意
Maddisonの推計は日本と朝鮮について1930年代の一人当たりGDPを過大に推計している可能性が強い。
第二次大戦前の東アジアはずっと貧しかった。東アジアの奇跡は戦後に起きた。
日本の豊かさはタイやベトナムとそれほど違わなかった可能性あり。
日露戦争や太平洋戦争時の相手国との国力格差は非常に大きかった。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 15:10:47 ID:7bUU0X1u0
>>507
そういうことです。
日本が誇る戦艦三笠  あんなのイギリス製ですよ?ww
そもそもロシア革命がなかったら 皆殺しでしょw日本陸軍なんてw
そもそもばるチック艦隊が極東にいたら、あんな奇跡のまぐれ戦法T時作戦なんて通用しませんよw

そもそも日清日露も イギリスアメりかのバックがなけりゃ 県下さえ売れない状況でしょww

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 15:19:55 ID:vOvPnOV+0
>>506
なら日本が西洋文明を受け入れたことも何も問題もないじゃない。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 15:28:41 ID:dJ7QDpkW0
>>509
誰も問題と入っていないです。
ただなぜ日本があんなにもすんなりダツアニュウオウ、白人万歳 欧米命
似なれたのかという話です。
それは一概にまともな文明も文化も築くことが日本にはできなかったことが 自らのおろかさを肯定でき、
またすんなり西洋を受入れられたわけです。

中国は偉大すぎたアジアの覇権が逆に作用したということですよね。

明治維新もそうですよね。 結局既得権益守ろうとした上級公家や上級旗本が徹底抗戦解いたりなど・・
それだけ彼らには守るべきものや 家柄の伝統があったのでしょう。

いわば最上級武士が中国  最下級武士の維新の獅子のような家柄も身分も最下級が逆に捨て身にさせた=日本
ということでしょう。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 15:33:50 ID:vOvPnOV+0
要は日本以外のアジアの国々には、目的を達成するために敢えて自己否定する勇気が無かったということだね。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 15:48:20 ID:F7JJWICB0
ですから 日本以外のアジア国家は中国の覇権の及ぶ朝貢体制の属国です。
現実に中国の意向で動く国家がほとんどです。

当初欧米はアジアでまず日本に 立地条件や補給の関係で訪れ 日本はあまりの西洋文明の進み方を目のあたりにしました。
しかし 他国のアジア諸国は 白人国家はおとずれていません。
いわゆる アジア最強の中国が まさか欧米に劣っているとは思わなかったのでしょう。

さらに運がよかったのが イギリスは当時アフリカのファショダ事件などアフリカ戦争に手を回し、その上で中国と打ちを抱えていたため、
日本を利用しようとしたのがそもそも運がよかった。

東南アジアは 大半フランスオランダ領 これらの国は当初から中国より南方資源地帯を狙ってたゆえ、まずそのまま帝国主義を貫かれ占領されました。
勇気がないというより  運が悪かったと言うのかもしれません。
そのひとつに、日本を駒に使ったアメリカ以上にフランスやオランダ等の東洋人への人種差別がひどかったという面もあるといわれています。
フランスやオランダドイツでは 東洋人は黒人と同じ奴隷という意味合いで見ていたので
それらの国に占領された国は悲劇の運命をたどったということですね。


513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 16:05:40 ID:TMo85vG10
あとひとついえることは、アジアじんなのに 日本ほどアジアを敵視というか 
同胞に敵意をむき出し、へいきできずつけることができる国は日本以外ではなかったということでしょうね。
結局どうでしょう
日米戦以前に イギリスに騙され戦争させられた日露以外 全て同胞アジアに対しての戦争行為です。
他の国はいわゆる鬼畜欧米だったのに。
これはいい意味でいい選択でしたが、もし 白人様が数年後中国経済に押され没落する日が来たとき、
日本は中国を筆頭としたアジア諸国に皆殺しにされるでしょうね。w
冗談抜きに。wまー僕も日本人なんで日本にいるかぎりやられるでしょうけどw

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 16:08:12 ID:0Wu64eh90
当初欧米はアジアでまず日本に 立地条件や補給の関係で訪れ 日本はあま
りの西洋文明の進み方を目のあたりにしました。
↑間違い。西洋文明は先に日本よりも中国、東南アジアの島々と遭遇してい
る。日本がいちばん西洋 欧米から遠い位置にあったというほうが正しい。
よってそれによって清やほかの国が植民地化されている実情をみて日本は
対策をねる時間があった。あなたは本当に歴史を勉強しているのID:F7JJWI
CB0




515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 16:11:57 ID:0Wu64eh90
513
歴史の裏読みもできんのか?ゆとり世代か・・・。事実日本がアジア
全体からにくまれているということは戦後の教育で韓国 日本人はそ
う教育された。あなた達の世代はね。でもそれはなぜか?韓国 中国
日本が 仲が悪ければだれが得をするのか? それさえわからんとは
日本もおわりだな

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 16:22:03 ID:A0IBON0o0
>>514
私は日本が一番最初にアジアにきたなどといっていない。
勿論中国に日本から使節団派遣されて 中国のありようを幕府に報告してますからね。当たり前ですよ。
少し言葉が適切でなかったのは謝ります。

それから>>515
そんなのはいうまでもなく 明治維新後の連鎖の中にあるんですよ。裏もよまずに。
そもそも日本が中国のような大国に戦争しかけたのは白人の援護によるもの。
白人国家のアジア戦略の渦に言いように駒にされたもの。
しかし 中国にとって たとえ策略だろうがナンだろうが 侵略して荒らしたのは日本 裏読みも糞もないんですよ

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 16:25:38 ID:0Wu64eh90
まちがいだな 日清戦争は白人が日本を擁護したのではなく、
日本を脅迫したからおこった。日露戦争もそうだ。
中国人はみながみな日本を恨んだいない。あんたほんとうに勉強し
てんの?

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 16:32:38 ID:DQOTNIXM0
あんたこそ勉強してるの?
そもそも事の発端は日本の不平等条約問題。欧米に対等に扱ってもらうためには植民地獲得。
そのために当初ロシアは南下政策で朝鮮ヘノ進出ということを日本は知らせれる。

あんたは教科書じゃ 中国の属国扱いとそれらから開国要求する日本ということしか頭にないんだろうが
そのロしあ南下政策にもっとも懸念があるのはイギリスアメリカ。そのため日本が朝鮮出兵することを容認してるし
また武器弾薬も全部イギリス製。

さらに日露戦争を言うと

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 16:38:06 ID:DQOTNIXM0
日露戦争も義和団事件に乗じて満州に南下政策で軍を駐留させてきたロシア。
あげくは西洋ではドイツがロシアの極東進出に支持
それらにもっとも懸念を示したのがイギリス
勿論朝鮮にも影響を及ぼされる日本もだが、あれだけ不平等条約に縛り付けたイギリスは
直後に日英同盟を結ばせ日本を支持して武器弾薬千巻まで供与

要はヨーロッパ情勢のロシアの動向を中心とした白人の代理戦争に日本が使われてるんだよ馬鹿

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 16:44:45 ID:/UtBoePU0
さらにいえば 日露戦争後1907に英ロ協商が結ばれさらに
日露戦争時のロ仏同盟も破り  英 仏 ロの三石協商が結ばれ
ドイツ包囲網を完成させたのもイギリス。その後一次大戦でアジアのドイツ権利地に
イギリスから攻撃しろといわれ 実行したのも日本

筋書きがイギリスの意のままな

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 17:46:50 ID:0Wu64eh90
おまえほんと教科書読むことも 裏をはかることもできねんだな
議論にならんわw

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 17:51:46 ID:bldyNCBa0
お前だろこら
なにひとついいかえせねーで ぎろんもくそもねーよ 裏も何もおまえが日清日露を
そのまま日本にけんか売ったからと鵜呑みじゃねーかwwww雑魚が。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 17:53:06 ID:0Wu64eh90
その程度の悪態しかつけんとは情けない

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 17:54:05 ID:SlCa1wbd0
けんかをやめて

二人をとめて

ワタシのために争わないで

もうこれ以上

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 17:56:20 ID:0Wu64eh90
ララアか? ララアなのか!?

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 18:03:13 ID:bldyNCBa0
>>523


ぷげら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜wwwwwwwwwwwwwwww

おまえさっきの人種は肌の色で決めるといってた

アラブ人は黄色人種とほざいてた   おまえかよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜wwwwwwwwwwwwwwww


どうもおかしいとおもったらよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



ここのやつらにもいってやれよ   マイケルジャクソンは白人だとwwwwwなぜなら肌が白いからwwwww

アラブ人インド人は日本人と同じ黄色人種だとwwwwwwwwwww

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 18:07:27 ID:bldyNCBa0
おいかす
はやく>>518>>519>>520の俺が書いたえ論述に

言い返してみなさい。  人種区分は見た目の肌の色の区別とほざいた低脳君wwwwwww



528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 18:09:57 ID:0Wu64eh90
おまえなんか勘違いしてない?アラブ人てなに?
てかおまえの文章まちがいありすぎて 訂正するのを無料でするつもり
も暇もない 小学校からやりなおしてこい

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 18:12:12 ID:LmAsT05y0
でたよ  じゃあ中東は黄色人種とほざいたかす
間違いも糞もお前は根本が何もかも間違いだろw
コーカソイドの意味も知らないでよwwww
西洋だけがコーカソイドと思ってる低脳のくせにw

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 18:26:31 ID:0Wu64eh90
おまえほんっとに暇そうだな?NEET?

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 18:57:52 ID:ChH2XM880
そろそろ反論しますか。

>>504
>それは違うな。
>新王朝より賢いというのは違う。
>何度も言うが中国には中華思想がある。
>それだけ誇れる歴史と文化、そして何よりもアジアの覇権国家としてアジアを守るという使命感。
はい間違い。
中華思想は自分が一番で他の文化は下等だと見下す思想のことだ。
アジアを守るという使命感?
西洋の半植民地状態になっていた中国が?
イギリスが脅してきたら林則徐をあっさりと解雇した中国が?
皇帝がヘコヘコしていた中国が?


>日本が冷静に判断できてたわけではないのは歴史が証明している。
例えば?


>それに日本文化に興味を示したわけではなく、日本人の体質が、白人国家にとって都合がよかったから。
ジャポニズムって知っているか?


>現に中華は アヘン後もアロー戦争もしてるし、さらにはそれでもくっせず
>ロシアオランダアメリカどいつ・・・・とヒタスラ戦争。
全て負けていますな。
逆に日本だったら、勝ち目のない戦争に挑んだ馬鹿と罵られるのにね。


>これは一見馬鹿に思えるが、プライドが違うということ。
ただの馬鹿です。


>そして守るべきものが多すぎたこと。威厳が大きすぎたこと。過去の歴史が偉大すぎたこと。
>それらが完全に邪魔した。その結果中華思想になってるのだから。
はいはい言い訳言い訳。
民衆は喘いでいるが、トップは喘いでいない今の状況を継続させたかっただけ。


>そもそも日本は維新後即 白人万歳国家になっている。
>これらは賢いというより、いかに自分たちがおろかだったかと自覚の裏返し。
敵から学び、自分のものにする。そして、白人国家に追いつく。
これはなんら変なことではありません。
上の言い訳と何が違うのですかね。


>例えば中国。アジアで西洋化した国見てください。自国の文化否定してる国も 日本ほど白人コンプな国もないでしょ。
文化否定というものがどういうものか意味不明なのですが。
今の日本は箸を捨てて、米食を捨てて、代々続く祭りなども捨ててetc
そんな風になっているのですかね? 眼科に行くことをお薦めします。


>白人のアジア戦略のため、白人の仲間入りした気分で、アジア人のくせに同胞アジアを苦しめた歴史。
とりあえず、今現在、最も多くのアジア人を苦しめている国は中国ですな。
貴方の論理では、中国がやっている行為は良い行為だと・・・
ちなみに、日中戦争時、中国は何処から援助を受けていましたっけ?


>日本はとても白人に都合がよかったからなんですよ。
日本にとっても白人の技術は都合が良かったですから。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 19:00:47 ID:ChH2XM880
>>508
>日本が誇る戦艦三笠  あんなのイギリス製ですよ?ww
だからどうした?


>そもそもロシア革命がなかったら 皆殺しでしょw日本陸軍なんてw
日露戦争の終結はロシア革命前ですが。


>そもそもばるチック艦隊が極東にいたら、あんな奇跡のまぐれ戦法T時作戦なんて通用しませんよw
ifで歴史を語ることは馬鹿だと思いませんか?

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 19:06:39 ID:ChH2XM880
>>510
>それは一概にまともな文明も文化も築くことが日本にはできなかったことが 自らのおろかさを肯定でき、
>またすんなり西洋を受入れられたわけです。
別に自分達が愚かだから西洋文明を受け入れたわけではないですよ。
西洋文明の中で自分達に都合のいい部分を学んでいっただけです。
これは昔から日本のやり方ですので、日本の文化ともいえますね。<例。朱子学


>中国は偉大すぎたアジアの覇権が逆に作用したということですよね。
・・・本当に偉大なら、普通は反省して学習するものですがね。
眠れる獅子から豚呼ばわりされるのも頷けます。


>明治維新もそうですよね。 結局既得権益守ろうとした上級公家や上級旗本が徹底抗戦解いたりなど・・
>それだけ彼らには守るべきものや 家柄の伝統があったのでしょう。
何を言いたいのか意味不明。


>いわば最上級武士が中国  最下級武士の維新の獅子のような家柄も身分も最下級が逆に捨て身にさせた=日本
>ということでしょう。
・・・何を言いたいのか・・・




534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 19:06:54 ID:0Wu64eh90
ながすぎて読めん。3行いないにまとめて再提出を願う

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 19:08:21 ID:ChH2XM880
>ですから 日本以外のアジア国家は中国の覇権の及ぶ朝貢体制の属国です。
>現実に中国の意向で動く国家がほとんどです。
アジアの癌だということを暴露してどうするんですか?


他はまあ、特に。

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 19:11:55 ID:ChH2XM880
>あとひとついえることは、アジアじんなのに 日本ほどアジアを敵視というか 
>同胞に敵意をむき出し、へいきできずつけることができる国は日本以外ではなかったということでしょうね。
アジア人同士の戦争なんて昔からよくありますがね。
単に、その頃はほぼ全て西洋の植民地になっていたから、何も出来なかっただけで。


>日米戦以前に イギリスに騙され戦争させられた日露以外 全て同胞アジアに対しての戦争行為です。
日中戦争以外何かありましたっけ?


>他の国はいわゆる鬼畜欧米だったのに。
それ以前に反抗する気力すらありませんでしたがね。


>これはいい意味でいい選択でしたが、もし 白人様が数年後中国経済に押され没落する日が来たとき、
>日本は中国を筆頭としたアジア諸国に皆殺しにされるでしょうね。w
アジアでの好感度アンケートで日本が断トツの一位だったのは何だったのでしょう?

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 19:13:54 ID:ChH2XM880
後、少しなら分かりますが、あまりにも誤字脱字が多すぎますよ。
もう少し落ち着いて書きましょう。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 19:14:21 ID:0Wu64eh90
ID:ChH2XM880 あんたに激同だ!!!!!!

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 19:24:00 ID:+HMJzHQo0
アジア諸国の中でも
中華の秩序に染まらず(土人だったし)
真っ先に西欧に支配されたフィリピンは
どうして駄目駄目なの?

明治日本の成功は先人の努力によるものだよ。
頭の悪いレイシストにはウンザリ。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 19:27:05 ID:0Wu64eh90
レイシストって来世でホモになるんだってオーラの江原がいってたよ
江原は信じないがアレだけは信じる。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 19:49:02 ID:Tlh1vlVd0
日本もヨーロッパ諸国も30年程度で工業化したわけなら
日本だけ異常ってわけでもないんじゃない?

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 20:02:37 ID:ChH2XM880
>>541
その前の数百年にわたる戦争を忘れています。
日本の近代化速度が異常だと言われているのは、戦争も含めて僅か2、30年ほどで成し遂げてしまったから。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 20:10:04 ID:0Wu64eh90
渋沢公が裏で日本を作ったおかげだなw

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 20:19:13 ID:Tlh1vlVd0
>>542
戦争が近代化の必要条件とはしらなんだ。
というか意味がわからん。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 20:24:39 ID:0Wu64eh90
おまえはほんっとうにあたまわりーな そんなこともわかんねーのか?

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 20:25:39 ID:Tlh1vlVd0
うん。おしえて。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 20:26:47 ID:0Wu64eh90
俺がしっているとでも?

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 20:29:51 ID:Tlh1vlVd0
まさか。
ChH2XM880さん、おしえて。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 20:33:43 ID:+HMJzHQo0
コンゴ人に聞いた方がはえーよ。

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 20:35:07 ID:0Wu64eh90
今後人?ってだれだっけ?途中参加だからしらんやつおおい

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 20:41:52 ID:+HMJzHQo0
コンゴ>李朝、という
歴史の真実を解き明かしたスレの偉人。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 20:44:04 ID:0Wu64eh90
なるー
エチオピアなんて国も評価できるね。アフリカで唯一独立国家だったん
じゃなかったけ?今後はしらんけど

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 20:46:47 ID:+HMJzHQo0
エチオピアも最終的にはイタリア王国の軍門に下ったけどな。
大戦後まで独立を保ったのはリベリアのみ。

でもあんな暗黒大陸で
曲がりなりにも一つの国を維持した
ハイレセラシエ帝は凄いと思う。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 20:54:03 ID:N5Xs6F420
ChH2XM880さん、おしえてくれないのかなぁ。

555 :ChH2XM880:2007/10/25(木) 20:55:18 ID:0Wu64eh90
おれが答えよう。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 20:59:37 ID:N5Xs6F420
けっこうです。

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 21:21:08 ID:17Kslnru0
>>553
南アフリカも独立国だな。

558 :ChH2XM880:2007/10/25(木) 21:37:31 ID:0Wu64eh90
そうなのか しらん てか誰か悪役やってくれなくちゃ この板が
沈んでしまうじゃないか


559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 22:49:13 ID:CyytUb280
参考までに
1910年

大韓帝国
人口 1600万人
エチオピア
人口 650万人
南ア
人口 550万人

農業従事人口率
朝鮮 68%
エチオピア 78%
南ア 22%

農業従事率


560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 22:49:59 ID:CyytUb280
ごめん
間違えた

1910年のデータじゃなくて
1900年のデータでふ



561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 22:53:41 ID:psurOnt20
コンゴ人は完全論破されていた。
しかも孤立無援。

彼が負けた敗因は
論点を纏めず、資料を提示せず己の推論と根拠によっていたのが原因だったと思う。
また、提示したソースも嘘つきwikiであったり、英文を読む能力がなかったりと見てて可哀想な位知識が無かったことが
露呈され可哀想であった。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 22:58:18 ID:psurOnt20
むこうでは大韓帝国がタイを遥かに凌駕していた国力であったことが
暴露され、コンゴ人は尻尾を巻いて逃げたようであるが
もっとも、朝鮮中堅国論者から見れば
仮にタイが朝鮮を上回っていたとしても
通信表でいえば、五段階の「3」同士の争いではっきりいって譲ってやっても良かったと考えていた節がある

もし俺が逆の立場にたち、朝鮮を最下層とするなら
多分、モンテネグロを徹底的に調べて確実な資料で朝鮮派をぶっ叩く
そちらの方が確実な手段だと思う。

俺がコンゴ人だったらそうするな。采配ミスによるところが大きい

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 23:04:26 ID:S0cP5YHw0
ゴンゴ人はディスカッションの訓練をしろ。
英文をよめるようにしろってことだね

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 23:15:47 ID:kRPbwPX80
ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1191928437/169-269

うーん。
まあ確かに朝鮮中堅派の方が筋道は通っていたかねえ。
朝鮮中堅派のやり口は単純だが明快だ

朝鮮に対するネガティブ意見はそれより下の国を実証し防御して、
防御に徹した後で一気に資料出してカウンターという攻撃

こういう相手がディスカッションの対戦相手になる場合
資料を逐一整理して出していかないと先ず勝てないだろうねえ。
特に防御方法が完璧なので、朝鮮を最下位に見立てるなら
絶対に下の国を作らせないような例を資料と一緒に提示して論破していくしかないと思う
そうすると結構資料集めだけでなく色んな国の知識も試されるよね。強敵だわ



565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 23:41:26 ID:p7MQOVeS0
東欧や中央アジアも悲惨だぞ
あのあたりは中世と変わらん

まあ、中央アジアは今でも遊牧民だけどな

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 23:43:17 ID:tjJyGf7t0
朝鮮が裕福だったのはわかったけどさすがにスレ違いだろ
世界史板に帰れよ。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 00:07:22 ID:vOvPnOV+0
「どう考えても日本の開国からの近代化速度は異常」

じゃあ、それはどの国と比較してそう言うのよ?
ということで、日本と同様に中華文明の影響下にあった東洋人の国として朝鮮を比較対象に
持ってくるのだろうが、日本と朝鮮とでは共通点もあるものの、あまりに様々な条件が
違い過ぎるので、比較対象としてはいまいちなんだな。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 00:41:05 ID:7ZKMRoJb0
ドイツと比べてみたら?

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 00:44:16 ID:Iw5O4xu40
明治から数えるから異常に見えるが、江戸時代の教育や経済制度の蓄積から通算するならば、納得できる。
しばしば外国人も日本人も明治からのみ日本の近代を語り始めるが。

近代国家に移行できない国は『約束を守る』ということのみをとっても、容易に実行されない。
約束を守らない以上、人との契約も履行されず、また法も理解されない。
近代国家の国民をつくるのは本来とてつもなく大変な作業だ。

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 04:50:35 ID:dchcoi/x0
>>569
近代国家に必要な、契約履行の重要性は、江戸時代既に一般的な行いとして、定着してる様だね。

大坂商人は信用一番。口約束だけで取引が成立したが、契約書代わりに欠かせないのは「手打ち酒」
だった。北新地などの花街に繰り出し、大坂締めで手を打つと、めでたく取引成立。半面、手打ち酒
を酌み交わした後に契約不履行のトラブルを起こそうものなら、信用はもろくも失墜した。

歌舞伎、人形浄瑠璃の演目の一つ『仮名手本忠臣蔵』の中に大阪商人の口約束に対する考えが、台詞
に現れている。

天野屋利兵衛は大坂西町奉行の松野河内守に問われ

「手前ども商人にも義がございます。商人はたとえ口約束なりともいったん取り決めましたることは、
いかなることが生じましょうとも命がけで守り、決して反古には致しまへん。これ、商人道の義でお
ます」

作者の理想とする商人の“義”──ひいては人間の“義”が、鮮やかに表現されている。

目を、江戸に転じて、「指きりげんまん」に約束を守る事の大切さが現れている。
越川禮子の「江戸しぐさ」(講談社)より
「指きりげんまん、死んだらごめん」。人間の約束は必ず守るとされた。たとえ文章化されていない
口約束でも絶対に守った。「死んだらごめん」とは命にかけて約束を守るということなのだ。



571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 07:25:13 ID:4lcaqGM50


俺に反論してるID:ChH2XM880

おめーーレベル低すぎ ただ挙げ足をひたすらってるだけ。

要は中国や他のアジア諸国は大陸からの文化等につねにさらされているため、
ようは日本のように島国で閉鎖的にもかかわらず さらに鎖国。
もちろん外国とも交流はあるものの それは本の一部に過ぎなく

いわゆる何百年井の中に閉じこもっていた土人が いきなりファーストインパクトが
西洋文明   という状況に近いということ
こういうと  そんなことないと揚げ足しか取らないんだろうが、一般人や一般階級は大半がこうなのは事実

それが逆に アメリカの文化洗脳主義のように日本が一気に欧米万歳になった原因。

それと  自国に誇れる文化も守るべき文化も何もなかったからだよ国粋野郎が。

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 07:27:33 ID:4lcaqGM50
それから 欧米を受入れて 日本だけが伸びたとかいってるかす

おめーーだよ中東は黄色人種とほざいたかす

・1930年→2000年の平均所得
日本:1,850→21,051 朝鮮:1,049→13,985 (韓国)
比国:1,382→2,421


これみろばかが

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 08:13:46 ID:L2HOU2je0
>>571
反論にすらなっていないな。
ただの罵倒と煽り。
レベル低いなあ。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 08:26:15 ID:n2aNoHVR0
>>573
お前本当に偏差値低いな。
あおりと揚げ足はお前なんだよ

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 08:33:16 ID:n2aNoHVR0
おいかす
はやく>>518>>519>>520の俺が書いたえ論述に

言い返してみなさい。  人種区分は見た目の肌の色の区別とほざいた低脳君wwwwwww

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 09:35:36 ID:lwbRcsUF0
江戸時代中期から明治に渡り、日本人は、膨大な洋書を翻訳し、理学,工学,思想,哲学等の
学術用語の造語を行った。日本人の作った学術用語を日清戦争後、清国留学生が、持ち帰り
現在でも使われている。此の先人の努力の成果の恩恵を、今の日本人は、受けてる。
あらゆる分野の問題を日本語で、論じる事が、出来る。母国語で理学工学を考察できる国民
は、欧米を除けば、日本を入れて極少数の国しか無い。

蘭学
新井白石が『西洋紀聞』で開明的な海外理解を示し、徳川吉宗が漢訳蘭書の輸入禁止を緩和し、
青木昆陽、野呂元丈に蘭語学習を命じ、実学を奨励したのちに盛んになった。 江戸時代も後
半にさしかかると島津重豪をはじめ、財力ある西国大名の中にも蘭癖大名と呼ばれるほど蘭学
に傾倒した者が現れ、その支援によって蘭学がいっそう振興した。
田沼時代の1774年には、杉田玄白・前野良沢らがオランダの医学書の『ターヘル・アナトミア』
を訳して『解体新書』として刊行、 志筑忠雄はニュートン力学を研究し、『暦象新書』として
訳した。平賀源内は蘭学全般を学び、エレキテルの修理や寒暖計などを発明した。幕府天文方
では世界地図の翻訳事業がなされ、1810年『新訂万国全図』を刊行した。
伊勢国の商人である大黒屋光太夫は1782年に漂流してアリューシャン列島からロシアへ渡り、
10数年を経て帰国を果たした。彼の豊富な海外知識は桂川甫周が『北槎聞略』としてまとめ、
蘭学発展のための刺激にもなった。
蘭学興隆に伴い、幕府は高橋景保の建議を容れ、1811年に天文方に蛮書和解御用を設けて洋書
翻訳をさせたが、これは未完に終わった。文政年間にはシーボルトが日本を訪れ、長崎の郊外
に鳴滝塾を開いて高野長英や小関三英などの門下生を教えた.

伊能忠敬の日本地図は、地球の直径を用いて補正して有る。シーボルト事件で、国外に流出
したこの地図は、ぺりー提督も写しを持ってきて艦隊が、測量したものと比較してその精度
の高さに驚愕したと言われている。


577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 09:38:45 ID:L0sgVs++0
やっとヒールが かえってきたか この板もさびれてしまうかと
心配したよ。なんどもいう俺にはお前の愚問に答える時間はない。
ID:ChH2XM880も大変だな。いやきみこそ大変だな。俺にはデフォ
でそこまで馬鹿を演じることは出来ん。いや大した演技力だ

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 09:46:36 ID:L0sgVs++0
576に禿同!

というかなぜそこまでヒールをしたがるのかわからんな
意図的に我々を誘導しているのか?逆の答えへ
そうともおもえん文章能力だが。。。
とはいってもID:n2aNoHVR0の文章は1行目で読む気がなくなったので
1行しか読んでいないが・・・・にしてもおまえら朝早くから暇そう
だな


579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 10:25:49 ID:7ZKMRoJb0
n2aNoHVR0はどうみても釣りだが
俺たちには必要な存在。
生暖かい愛をもって叩いてあげようね

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 10:28:15 ID:cEor1dTc0
日本が西洋文明を受け入れることができたのは、漢籍等による知的資産があったからでもある。
素地が何もない状態で、高度な文化や科学技術を導入することはできない。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 10:36:10 ID:7ZKMRoJb0
そりゃそうだ。
あとイスラムに毒されていなかったというのも大きい

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 11:01:18 ID:f01WCfcT0
http://pcc.karpan.net/diary/200603062351.html
その根據は徴兵のときの學力檢査の結果(「京都府徴兵學力試驗成績表」
『大日本教育會雜誌』92號)なのだが、そのころはすでに学制にもとづく近代
教育を受けることができた世代であり、それも京都府という先進地の、しかも
男性という好条件が三拍子揃っているにもかかわらず、受験者7205名中、
自分の姓名の書ける者は51.3%しかおらず、文字をまったく知らないものが
まだ13.6%もいたといふ


583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 11:15:41 ID:crsRlfA/0
御託ならべてないで 反論してみろよ?

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 12:23:34 ID:L2HOU2je0
文化と文明をはき違えた奴も多かったけどね
でも、和魂洋才という言葉があるように誇りは失っていない
反対に自らの殻に閉じこもり変化を拒否した中国がアヘン戦争を経て
欧米の半植民地とされていることを知った日本人が、自らの誇りと
国体を守るために、あえて西洋の文明を取り入れたのだ

胡服して胡を制すというのは、もともと中国の言葉だったのだが
当の清国人はこの言葉を忘れ去っていたようですがね
そのために清国は西欧列強に国内を蹂躙され、内乱相次ぎ
あげくには、清朝の崩壊を招いたわけだ

ともかく、貴殿の論理は「和魂洋才」と言う言葉が有った限り成り立たない

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 13:13:14 ID:Kb4yBgr70
漢籍の素養は中国こそあってしかるべきなのに
日本に後れを取ってしまったわけだから
皮肉なもんだね。

>584の「胡服して胡を制す」といえば
公的な服装を洋服に改める理由として
副島種臣の放った決定的な一言だった。
これに西郷が賛同して守旧派は黙ってしまったらしい。

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 14:49:30 ID:0OEOeGIHO
母国を擁護しようとしない思想は俺には理解できない。 謙遜の美徳だとでも思っているのかな? マゾなのかな?

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 14:52:32 ID:0OEOeGIHO
自虐史観のあるやつは国外に去ればよいと思うのだが。史実を述べているだけ、というなら自国寄りの発言があって然るべきだと思うのだが。まあそれではこのスレが面白くなくなってしまうが。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 14:53:28 ID:0OEOeGIHO
アカ汚染された教育を受けてそれが全てと信じるゴミは先人達の恩などつゆほども感じないうえに他国にバカにされようとへらへら笑っていられる鬼無神経なやつなんだろうなあ…

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 16:00:52 ID:81GmaYC40
>>586
こういう系がもっとも無能な件
なんで自分の国だからって擁護しなきゃなんないの?感情論じゃん。

福沢諭吉はそんならまぞか?ちょんか?

結局行き着く先は西洋文明だろがかす
自国を発展させるためには左翼にならざるをえないんだよアジアは。馬鹿か?

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 16:21:57 ID:nLesszxH0
>>586-588
概ね賛成です

>史実を述べているだけ、というなら自国寄りの発言があって然るべきだと思うのだが。

ですよね。
ニュートラルであれば どちらかというと
多少なりとも 自国よりになるかと思いますが  
そうでない人は ニュートラルと言いながら 批判したい気持ちが先にあって
そのために 格好のネタを探しているのでしょうね
その人たちは 自国を どうしたいのでしょうか ?
不思議です          あ 国家転覆 ですか?w

逆の人 自国を称えたい気持ちが先にある人
これは ぼくも理解できます     無理に称える気持ちは ありませんが
まぁ この気持ちが行き過ぎてしまった人や 利用する人は
世の害虫のような人種に なっていますが

国家とは たまたま ここにあるものではなく
先人たちが 築き上げてきたもの
一つの国家を 成り立たせることが どれだけ大変なことか…

>先人達の恩などつゆほども感じないうえに

この国で暮らせていること
それだけで とても ありがたく思います

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 16:46:18 ID:cEor1dTc0
>>590
そのとおりだが、そこを敢えて自国の歴史について批判的な目で見直す勇気もまた必要なのではないか。
これは愛国心とは別のレベルの話。2chはどうも極端だ。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 17:51:36 ID:L2HOU2je0
>>591
批判的な目は、学生時代に散々見ているのではないでしょうか?
最近の教科書はどうかは知りませんが

593 :590:2007/10/26(金) 17:57:22 ID:nLesszxH0
>>590
同感しますよ。
ぼくの発言は 極端に思われたかもしれませんが・・・
ただ 批判だけが目的の人に 疑問を感じたまでです

>自国の歴史について批判的な目で見直す勇気もまた必要なのではないか。

正に 仰るとおりだと 思います
先ほどの 自分の発言と 矛盾するものでもないと思いますし

自国を良くしたいのであれば 批判的な視点を持つことは 不可欠でしょう
マンセーしてるだけでは 滅びます
ぼくとしては この国の土地や人々に ありがたいという気持ちを忘れずに
思考していきたいと 思っています 

594 :590:2007/10/26(金) 18:19:26 ID:nLesszxH0
あ >>591さんへの レスでした スマソ

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 19:30:50 ID:cEor1dTc0
>>593
極端だといったのは別に貴方のレスではなくて、2ch全体での日本の評価についてです。
2chでは日本が凄い国と最低な国の間を行ったり来たりする。
言葉が足りなかったようで、すみません。

>国家とは たまたま ここにあるものではなく
>先人たちが 築き上げてきたもの
>一つの国家を 成り立たせることが どれだけ大変なことか…

ここは激しく同意せざるをえません。
我々が当たり前だと思って日頃使用しているこの国のインフラが、他の国では
とても貴重だったりします。
普段何気なく使っているもの、当たり前のように我々が恩恵を受けているものの
多くは、多くの日本人の手と歴史を積み重ねて造られたものです。
これは何もインフラや箱モノといったハードだけではなく、文化や法律にしても
当て嵌まると思います。

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 19:48:52 ID:azf1GNLG0
戦後教育の悪弊。
兎に角否定するのが偉い。肯定する奴は奴隷、という
妙な刷り込み。
どんなディベートでも否定側は楽だよ。凄く楽。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 19:51:29 ID:bCS17oJv0
江戸時代は日本にとって幸福な時代のほうだろ
経済成長してるし資本主義の根本が出来た

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 19:59:08 ID:Kb4yBgr70
そうだね。
でも今の繁栄ぶりも恐ろしくなるほどだよ。

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 22:02:53 ID:L0sgVs++0
そうだね
でもお前らの馬鹿っぷりも面白くなるほどだよ

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 01:03:35 ID:Ny8BqI6EO
真実を究めたと勘違いしてるバカサヨはある意味最強だなw 夏でもないのに日本農円か? チョソかチュソに農倍独伝染されたか?

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 01:21:15 ID:UMuK+XF60
左翼 とか 右翼とか だっせー 俺は無政府主義 博愛主義 だぜ

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 01:57:23 ID:Ww4q7Na30
国籍を蔑ろにする地球市民を気取るのは良いが
他国にも同じスタンスで接する事は出来ない。
アナーキストと言うよりレイシストだな。

隣国の連中が愛国無罪を掲げて日本人差別を繰り返しても
「綺麗なナショナリズム」とか平気で言うし。酷い差別だよ。

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 02:35:02 ID:zKxP1yek0
★今週の2ちゃんねるトップニュース★



検索 → 右翼の正体 在日


検索 → 右翼の正体 在日


検索 → 右翼の正体 在日




604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 02:40:35 ID:7QhrE70o0
日本が併合する以前に朝鮮に滞在した外国人による朝鮮人の記述

@感情的
■フランス人宣教師シャルル・ダレ「朝鮮事情」より抜粋
韓国人は怯えながら生きる生活を続けていたので、感情の安定を失った民族になった。
おそらく韓国人は世界一怒る事を好む民族だろう。
怒る事が不安や焦燥感を解決するのだ。
代償行為になるし、自尊心を守る手段にもなる。
その自尊心も、虚飾によって作られた自尊心である。
だから、ちょっと触れただけで傷つき、怒りの感情が爆発する。


A精神異常
■1886〜91年に朝鮮で布教したアメリカ人宣教師ホーマー・ハルバート「朝鮮亡滅」より抜粋
韓国人は本当に怒ると、正気を失う。
自分の生命すら見えないような状態になり、牙のある動物になってしまう。

口の周りに泡が溜まり、更に動物のような表情になる。
悲しい事だが、この怒りの衝動で理性を忘れる悪弊は、男だけではない。
女は立ち上がって酷い大声で喚くので、最後には喉から声が出なくなり、次には強烈に嘔吐する。

精神錯乱になった女を見る度に私は思う。
「どうして脳卒中で倒れなかったのか?」と。
韓国人は子供の時から、自分の気持ちを制御する術を学ぶ事がないらしい。
子供も親を見習って、自分の気に入らない事があると、狂人のように大暴れする。
結局、欲望を達成するか、あるいは長時間の後、鎮静に戻るか、そのどちらかに落ち着く。
後に 火 病 という朝鮮にしか存在しない精神病が同じ症状だといわれている。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 02:41:53 ID:7QhrE70o0
B依存心
■スウェーデン人の記者アーソン・グレブスト「悲劇の朝鮮」より抜粋
将来性がなく、中国人以上に酷い民族である。
1000年前に眠った場所に留まり続けている。
更に良くないのは、その眠りから覚めようとしない事だ。
韓国人は独立が嫌なのだ。できれば他者に依存して責任回避をしたいのだ。
彼らの望むことは、何の心配もなく平和に暮らす事だけだ。
「独立」と言う言葉は、彼らにとって恐怖を意味し、不信や無法と同じである。


C不潔
■イギリス人女性イザベラ・バード「朝鮮紀行」より抜粋
ソウルを描写するのは非常に憂鬱だ。
北京を見るまで私はソウルこそ、この世で一番不潔な町と思っていたし、
shoukouへ行くまではソウルの悪臭こそ、この世で一番酷い匂いだと考えていた。
都会であり首都であるが、その粗末な様子は表現が難しい。
礼節から二階建ての家は建てられず、したがって推定二十五万人の住民は
迷路のような細い道の「地面」で暮らしている。
道の多くは荷物を積んだ、牛が通りにくい程の狭い道で、
家々から出た小便と大便を受ける穴か溝で更に狭くなる。
悪臭が酷い。 
その穴や溝の横に好んで集まるのが、土の埃で汚れた半裸の子供たち、
皮膚病と眼病を患った大きな犬で、犬は汚物の中で転げまわり、日光の中で瞬きしている。
ソウル名物は水路である。
蓋の無い広い水路を黒く汚れた水が、川の底に堆積した排泄物やゴミの間を悪臭を漂わせながら、
ゆっくりと流れていく。
もはや水とは呼べない混合物を桶に汲んだり、小川とは呼べない水溜りで洗濯している女達の姿・・・

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 02:42:28 ID:7QhrE70o0
D文化が無い
■イギリス人女性イザベラ・バード「朝鮮紀行」より抜粋
ソウルには芸術品は全く無い。
公園も無い。
見るべき催し物(イベント)も無い。
劇場も無い。
日本や中国の都会にある魅力がソウルには全て無い。
古い都ではある。
しかし、旧跡も無い。
文献も無い。
宗教に無関心だった為、寺院も無い。(日本・中国と対比している)

E怠惰
■アメリカ人のジャーナリストのジョージ・ケナンの報告より抜粋
日本から朝鮮に行った旅人がまず驚くことは、
日本の清潔、秩序、勤勉、繁栄に対して、
朝鮮の不潔、混乱、怠惰、荒廃との間の著しい差異である。


607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 02:43:01 ID:7QhrE70o0
F嘘つき
■アメリカ人のジャーナリストのジョージ・ケナンの報告より抜粋
韓国人の大部分は2つに分類される。
大袈裟な事を言う人間。
恥を知らずに、平気で嘘を言う人間。
この2つである。
これは遺伝と教育が原因だ。
だから韓国人が話す「日本人の悪行」を信じるな。


G残酷
■1886〜91年に朝鮮で布教したアメリカ人宣教師ホーマー・ハルバート「朝鮮亡滅」より抜粋
動物がとても苦しがっていても、一般の韓国人は完全に無関心である。
道路に病気になった猫や犬、怪我をした鳥などがいると、子供も大人も老人も石や棒で、
この哀れな動物をいじめ殺してしまう。
路上で不運な犬が首に縄をつけられ、犬肉店に牽引されていく時、子供の群れが騒ぎながら、追跡する。
子供達は可哀相な犬が首を絞められ、 最後の抵抗をするのが見たいと期待している。
そして興奮している。


608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 02:46:36 ID:7QhrE70o0
こんな乞食同然の国を頼まれたからって併合してやった
日本人はいい人すぎる。
まあその当時ロシアが北から攻めてきてたから、不凍港を与えてやるわけには
いかなかったというのもあるが、
日本の財力を当時の金額から換算して16兆円も投資してやり近代化してやったのは
本当に間違いだったと思う。
それさえなければ、あんな悪しき民族をこの世界に野放しにすることもなかったろうに

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 04:43:25 ID:ZFoxd12N0
http://chiba.tm.land.to/upload/src/up8473.jpg

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 04:50:00 ID:l3EV1Uun0
俺の先祖は旗本だけど、マー石高はたいしたことねーけど 俺の実家の町の初代町長にも選挙がない時代国ナから任命されて町長になってる生粋の日本民族だよ俺は。
 だからって右翼の国粋じゃなきゃチョん扱いとかばかじゃね?

糞クラえだよこんな国

批判するほうが楽?あたりめーだろ日本は。誇れる文化も歴史も念だから。ちゃんの属国みてーなもんじゃねーかたこ

シラネー世こんな国 明治以降も 日本マンセーすればするほど 行き着く先は欧米万歳だろたこ

馬鹿か?  この島国根性の国粋主義軍団

たかが黄色人種の分際でよ  誇りなんか持ってんじゃねー

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 08:13:37 ID:mnIEwTXR0
>>610
同意

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 08:20:08 ID:gr6F6mJu0
>>608
例えばもしロシア軍が釜山を要塞化してロシア太平洋艦隊の基地にしたら、
日本はどうなったか?
それでも日本はロシア軍の上陸を阻止できたと思う。

ドーバー海峡はあんなに狭いのに、英国はスペインもナポレオンも
ヒトラーの軍隊も上陸させなかった。

それより朝鮮を日本の国土にしたのが問題だ。
楯は楯として使わないと。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 10:55:15 ID:eVVk4ZYf0
歌舞伎も能も狂言も
和算も蘭学も源氏物語も
江戸の両替商も寺子屋も
非常に先進的で素晴らしい日本の文化だ。

先人達の歩みは本当に誇らしい。
日本をくさして溜飲を下げる変態は
少しは客観的な日本の評価についてお勉強しようね。

何が「白人の奴隷」だよ。
そんな国が全世界を敵に回して戦争するメリットが何処にある?
矜持もなく白人のケツ穴舐めてたどこぞの国と一緒にするな!ヴォケが。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 10:57:03 ID:UMuK+XF60
とは言いつついまは白人のケツなめてるわけだが・・・。この国も

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 10:59:53 ID:eVVk4ZYf0
帝政ロシア
ドイツ帝国、オーストリアハンガリー二重帝国
オランダ、大英帝国、フランス共和国、アメリカ合衆国・・・

日本は世界で最も多くの白人列強と戦火を交えた非白人国家。

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 11:04:05 ID:eVVk4ZYf0
あ〜ソ連も加わるな。これに。

どこぞの馬鹿が義和団事件を例に
清を持ち上げる可能性は排除できないが
あれは匪賊が外国公使館を襲撃し、それに対する懲罰だから
何の名分もない。おまけに一方的にやられただけだし。

アジアの殆どを支配し、未曾有の搾取を続けていた馬鹿な白人は
日本の一撃で雲散霧消w
その事実をアジア人が非難する事は許されても
加害者の白人が責める事は絶対に出来ない。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 11:13:33 ID:Ny8BqI6EO
だから世の摂理をしらない反抗期のお子ちゃまカスニートはそのくそくらえの国から出て北チョソに住んでみれっつーのw

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 11:59:04 ID:P5GmcCSg0
常々思ってることなんだが、
戦後の歴史教育に批判的なのに、
先進的とか、遅れてるとか
進歩史観的な単語の中で
やりとりが成立してるのはどういうこっちゃ。

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 12:20:58 ID:UMuK+XF60
荒れてきたな・・・

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 12:33:52 ID:3gtTFvh10
>>619
その張本人が何を言っているのやら

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 15:54:11 ID:VvbpIujk0
あのな  白人と多く戦争したって だからあたりまえだろっつーの
白人の使い捨て駒なんだから。武器弾薬もほとんどイギリス製の分際で。

>>616
それからあんた その白人国に使われ 舎弟になってアジアあらした国はどこだ?ジャップだろ。
自分たちさえ差別されなきゃいいという そのためにアジアなんか同属なんか皆殺しにしても構わないという。
こういうこというとまたちょんといわれるだろうが
あんたたちは歴史版の知識自慢の教養人だから そんなくだらないこというと信じてるが。

ようはちょんもちゃんもどうでもいいのよ  くそくらえ
アジアをかばってるのではなく
こんなくそジャップ国  ただたんに白人様の 法律 議会 社会体制あげくは 白人は1400年代には騎士はいなくなる 
1600年代には 経済 工業 啓蒙  宗教革命もおこり 主権国家も成立

法律 憲法 医学 建築学  天文学 b政治  議会 条約 人権 権利  社会契約 民主主義 科学

言えばきりないほど  モンゴロイドは全部まねさせていただいてるんだろ白人の?
そんで日本は1900年近くまで腹きりちょんまげ自殺マニア国家だとよw

偉大なる哲学者、思想家、科学者はすべて白人種。
世界に大きな経済革命工業、宗教、啓蒙革命等変革をもたらしたのも白人種。
権利や自由といった普遍的価値の革命をもたらした白人種
同時期に必死で武士とか言う野蛮ちんぴら劣等時代遅れ生活をしていたアジアンwww
世界3大宗教の釈迦もイエスもムハンマドもみんなコーカソイド(白人)
世界3大科学者のニュートンもアインシュタインもノイマンも
世界3大哲学者のソクラテスもニーチェもヴィトゲンシュタインも
世界3大美人(小野小町は日本人の捏造)のクレオパトラもヘレネ(ギリシャ)も楊貴妃(アラブ系のコーカソイド(白人))も
みんなみんなコーカソイド(白人)だ。 何で白人ってこんなに優秀で美麗なんだろうか???
昔から今までずーっと世界一優秀で美麗なんだな白人は 。
それに比べるとモンゴロイド(黄色人)やネグロイド(黒人)の存在価値って一体??? 地球を汚すため??? 神様のいたずら??? 必要悪?

蘭学が日本の文化?ふざけるなよ?源氏物語?漢字が難しくてひらがななんてくだらねーもじつくってしか読み書きできない分際のジャップが?
カブキが?あれがオリジナルというなら捏造そのもの。何が日本文化だ チャイナの属国じゃねーかこんなくに 島国根性丸出しの国粋ども!!!!!

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 16:01:42 ID:VvbpIujk0
こうやって書くとちょんといわれそうだからいうが、なんどもいうが 俺はちょんでもちゃんでもねー  ジャップだよ

先祖は旗本のよ。
俺は先祖は誇りに思うが、徳川なんか糞食らえ

俺があの時代にいたら 白人様にこんな国 ただでkyれてやら〜〜〜
こんな世界最下級民族のジャップちょんの 糞土人モンゴロイド国なんかさ

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 16:02:53 ID:eVVk4ZYf0
白人の使い捨てが白人と戦うかよ。馬鹿が。
奴隷根性の染み付いたどこぞの植民地と一緒にするな。

大体、武器弾薬がイギリス製?
何時の話だよw
第一次大戦の時、連合国がどれだけ日本の武器のお世話になったか知ってるのか?
その後の日本の装備はどうだ?
今度は軍国主義批判でもしてみるか?

蘭学の凄さは西欧に学ぶ日本の謙虚さだ。
中華思想に染まった野蛮人には理解出来ないだろうがな。

歌舞伎の素晴らしさは世界無形文化財への指定からも分かる。
そもそもこのような高尚は文化は他国を探しても中々存在しない。
これを中国の属国文化、と論じるお前の程度の低さには呆れるよ。

和算の凄さも特筆に価する。
数学書が庶民のベストセラーになったりな。
西欧と違い、一部の学者だけのものでは無かったんだよ。学問は。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 16:08:40 ID:eVVk4ZYf0
寺子屋のような庶民の学校すら普及させられず
識字率が最低だった惨めな白人w

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 16:26:56 ID:MS9mXOiR0
>>623
無知乙

駒じゃないというならはやく>>518>>519>>520の俺が書いたえ論述に 反論してみろ
いつの時代も糞も 日露だけだと思ってるの?
二次大戦時 連合艦隊の戦艦の四分の一イギリスで作ってもらったものだけどな?w

次に蘭学が謙虚さ?オランダに土下座付けや
カブキの原型はまったく中華じゃないとでもおもってるのか?

機知外がよく先物取引や 算数と言い張るが、じゃあお前らパソコンも会計学も使うなよ?そろばんはじきで永遠に暮らすか?
FXも 運用の末端取引だろ  あげくは市場ですら白人様の国だし。w

寺子屋みたいな糞が西欧に普及市内だ?ふざけんな

おまえらパリ大学の創立いつ? あげくは どこぞの 江戸時代の超がつく識学者
が 地球が丸いということも理解できなかったよナ?wwww
何が寺子屋だよwwww
名前いってみろよwwwあんたら右翼思想の言葉でさww
あんたら知識自慢の歴史オたならわかるよね?俺は歴史マスターだけど。



626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 16:35:38 ID:WcNwxHGi0
戦後のひ弱な日本人には、義和団事件当時の日本人の胆力と逞しさは、無くなってしまった。

柴中佐と日本軍人、義勇兵たちをすぐ側で見ていたイギリス人青年ウィールの手記を引用する。

「・・・日本人の勇敢さは、このころになると伝説以上のものとなっていた。しかも彼らは深傷(ふかで)
を負っても、呻き声ひとつ立てない。あるイギリスの義勇兵は、隣りの銃眼に立っている日本兵の頭部を、
銃弾が掠めたのを見た。真っ赤な血が飛び散った。しかし彼は、後ろに下がるでもなく、軍医を呼ぶでもな
かった。”くそっ!”と叫んだ彼は、手拭いを腰から取り出すとやおら鉢巻の包帯をして、そのまま何でも
なかったように、あいかわらず敵の監視を続けていた。ヨーロッパ人の眼には、それは異様な出来事に映っ
た。人間業とは、とうていおもえなかった。また、戦線で負傷し、麻酔もなく手術を受ける日本の兵士は、
ヨーロッパの兵士のように泣き叫んだり、大きなうめき声を出したりはしなかった。彼は、口の中に帽子を
突っ込んで、それを噛みしめ、少々唸りはしたが、そうして手術のメスの痛みに耐えた。病院に運ばれた
日本兵士たちも、物静かな点ではまったく変わらなかった。しかも、彼らは沈鬱な表情ひとつ見せず、むし
ろ陽気におどけて他人を笑わせようとした。イギリス公使館の、すっかり汚れた野戦病院に運び込まれた負
傷兵たちは、おおむね同国人たちが近くのベッドに並んで横たわっている。日本兵の負傷者たちのところに
は、日本の婦人たちがついて、この上なくまめまめしく看護にあたっていた。その一角は、いつも和やかで、
ときに笑い声さえ聞こえた。ながい篭城の危険と辛苦は、文明に馴れた欧米人、とくに婦人たちの心を狭窄
衣のように締めつけ、雰囲気はとかく陰惨になりがちだった。なかには明らかに発狂の症状を示す者もいた。
だから彼女たちは、日本の負傷兵たちのまるで日常と変わることのない明るい所作に接すると、心からほっ
とした。看護にあたる欧米の婦人たちは、男らしい日本将兵のファンになった。・・・」


627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 16:42:27 ID:WcVxisjY0

その江戸時代のカス学者の名前いえないなら 俺が言ってやるよ

   江戸時代の優秀な儒学者(朱子学)の林羅山は、ヨーロッパ人がもたらした地球図を見て
「万物はみな上下があり、地下に天のあるはずがない」
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww地球が丸い事すら理解できなかった
林羅山って幕府にも仕えた超がつく優秀な学者ですよ?www
学問といえば仏学か儒学だった糞の土人列島を文明化してくださったヨーロッパ人さまありがたや



628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 16:45:31 ID:WcVxisjY0
みてみろw こんなどじkん国家に 誇れるものなにがある?w

全部コーカソイド様がきずいた歴史や社会じゃないか!!!
こんな国に誇り持つ意味なし
白人様どころか中華秩序の属国文化のくせに。何一つ論破できないだろお前ら

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 16:52:18 ID:WcNwxHGi0
優れた人物は、人種の壁を越えて尊敬される。
 
 北京の公使館地域は東西約9百メートル、南北約8百メートルの方形であり、ここに欧米10カ国と日本
の公使館があった。6月7日、各国の公使館付き武官と陸戦隊の指揮官がイギリス公使館に集まって、具体
的な防衛計画が話し合われた。
日本の代表は、この4月に赴任したばかりの柴五郎中佐であった。柴は英仏語に堪能で、また地域の詳細な
防御計画も持参していたが、始めのうちは各国代表の議論を黙って聴いていた。日本の兵力が少ないことも
あったが、まずは各国の人物、能力を見極めようという腹だった。さらに東洋人がいきなり議論をリードし
ては欧米人の反発を招くということも十分に心得ていた。

 柴は会議の流れを掴むと、目立たない形で、自分の計画に合う意見については「セ・シ・ボン(結構ですな)」
と賛意を示し、また防御計画の要については、ちょっとヒントを与えると、別の列席者がさも自分の発案であるか
のように提案する、という形で、巧みに議論を誘導して、自分の案に近い結論に持っていった。

 王府防衛の有様を柴中佐の指揮下に留まっていたイギリス人義勇兵の一人B・シンプソンは次のように日記に記
した。

 数十人の義勇兵を補佐として持っただけの小勢の日本軍は、王府の高い壁の守備にあたっていた。その壁はどこ
までも延々とつづき、それを守るには少なくとも5百名の兵を必要とした。しかし、日本軍は素晴らしい指揮官に
恵まれていた。公使館付き武官のリュウトナン・コロネル・シバ(柴中佐)である。・・・
 この小男は、いつの間にか混乱を秩序へとまとめていた。彼は部下たちを組織し、さらに大勢の教民たちを召集
して、前線を強化していた。実のところ、彼はなすべきことをすべてやっていた。ぼくは、自分がすでにこの小男
に傾倒していることを感じる。


630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 16:55:26 ID:uqBzL8T80
>>625
だからさ、優秀で美麗で早いほうが偉いとか言う主張はわかったよ

俺らは別にモンゴロイドのほうが優秀でえらいなぞ一言も言ってないし

君にもその低俗劣悪なモンゴロイドの血がながれているんだったら

白人様マンセーとかいって氏んでくれよ率先して。

白人様よろこぶぜぇきっと。

なんで俺が死ななきゃいけないんだとかは無しだぜー

白人様のよりどころである宗教の究極の教えは自分ら以外はどうなってもいい、

ていうか氏んだほうがいい、っていうことだからな

白人様の喜ぶことしたいんだろ君は。




631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:00:01 ID:3gtTFvh10
ID:WcVxisjY0よ、その前に>>584に反論してみろ。
これはお前が最初書き出した>>495に対する反論だ。

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:02:34 ID:WcVxisjY0
>>630

ろんぱできなくなると そういう議論か。いいでしょう
ならキリスト教と東洋思想の 劣悪の差についても議論しますか?w

そもそもキリスト教は諸悪の根源という人が多いですが違います。
そもそも西洋は神の名の元に侵略と虐殺の歴史。それは認めまそう。

だが いわばその究極の右翼思想が 文化交流 ルネサンス 教育 社会体制  ・・・・・
いわば現代の基盤の基礎を キリストの教えが作り上げたといっても過言じゃないでしょ
いわば数百年前に もはや白人様はグローバル化をなさってくださった。

東洋は? もしありえるならそれは中華秩序の中の基盤造りでしょ。
中華はアジアの土台と基礎を作ったのはいうまでもないよね?



      そんで日本は?wwwwwwwww誇り高き日本は?   中華のケツ舐めかい?

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:04:19 ID:3gtTFvh10
>>531-536でもいいぞ。
反論しないで書き殴って逃走するのがお前のスタイルだという事は承知しているが。
まーた、揚げ足取りだのなんだのと逃げないでやってみろよ。
出来るものならな。


634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:11:15 ID:pfR75jOM0
だからさ その和魂=大和魂  という
究極に醜悪な  西洋物質文明の科学に太刀打ちできないと分かれば

精神論ぶちかまして 東亜共栄などとほざいて 欧米文明国と戦ってなぶりころしに去れたのわすれたか?

ようはナショナリズム  しかも自国の劣等性をイズムでカバーしようとした確信犯的土人
それに『当時 軍事的に利用された以外  え和魂がどこにあるの?

民族主義に二次大戦前後に目覚めたところかい?機関説弾圧したところ? 鬼畜米英うたxtうたところ?wwなにがあるの?

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:14:34 ID:WcNwxHGi0
窮地危地に立った時の人の行動は、其の人間の本質を現す。其の素晴しい本質を見せつけられた人々は、記憶の中
に深く焼き付けられる事になる。

 イギリス公使館の正面の壁に穴があけられ、数百の清国兵が乱入した時は、柴中佐は安藤大尉以下8名を救援に
向かわせた。最も広壮なイギリス公使館には各国の婦女子や負傷者が収容されていたのである。
 安藤大尉は、サーベルを振りかざして清国兵に斬りかかり、たちまち数名を切り伏せた。つづく日本兵も次々に
敵兵を突き刺すと、清国兵は浮き足立ち、われさきにと壁の外に逃げ出した。館内の敵を一掃すると、今度はイギ
リス兵が出撃して、30余名の敵を倒した。安藤大尉らの奮戦は、イギリス公使館に避難していた人々の目の前で
行われたため、日本兵の勇敢さは讃歎の的となり、のちのちまで一同の語りぐさとなった。
 後に体験者の日記を発掘して「北京籠城」という本をまとめ上げたピーター・フレミングは本の中でこう記述し
ている。
 戦略上の最重要地点である王府では、日本兵が守備のバックボーンであり、頭脳であった。・・・ 日本軍を指揮
した柴中佐は、籠城中のどの士官よりも勇敢で経験もあったばかりか、誰からも好かれ、尊敬された。
 当時、日本人とつきあう欧米人はほとんどいなかったが、この籠城をつうじてそれが変わった。日本人の姿が模範
生として、みなの目に映るようになった。
 日本人の勇気、信頼性、そして明朗さは、籠城者一同の賞賛の的となった。籠城に関する数多い記録の中で、直接
的にも間接的にも、一言の非難も浴びていないのは、日本人だけである。


636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:16:37 ID:3gtTFvh10
>>634
いきなり話の前後に繋がりの無いわけ分からない話をされても困るのだが。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:16:40 ID:RwVqPbAC0
>>633
それは論破したよ  嫁

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:17:45 ID:RwVqPbAC0
>>636
それは>>631への返答です

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:23:37 ID:3gtTFvh10
>>637
どこで?

>>638
>>495には、日本は大した文化もなく、脆弱だったので自国文化を否定しまくった。
だけど、中国は違う云々。

それに対する反論が>>584

で、>>634だけど、どこが反論になっている?

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:25:12 ID:uqBzL8T80
わかんないやつだな

だれも劣悪の差なんて論じてないよ

劣っていたら何、子々孫々までケツの穴を舐めなければ

いけねっつうの?自分を貶めて反省して、どういう過程をとって

西洋様においつくの?それはいつ頃だ?誰がやるのか?それ以前に

反省したら誰か認めてくれるのか?

君の主張だとマゾマゾな観がプンプンしてて

いつまでたっても追いつけるとは思えないんだがね

前向きなレスもつけてくれないとただの国家転覆主義者にしか

おもえないんだよね

ただ体制を壊すことだけが目的なのであれば話にならないが

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:27:59 ID:3gtTFvh10
ちと買い物に出るので、抜けます。
また後で。

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:33:20 ID:B8ooMmKT0
>>639
そもそも中華思想は あまりのアジアの権益を独り占めしてきた中国だからで来たものといっても過言じゃない。
日本がすんなり欧米化、いわゆる戦争で古典パンにやられてもいない日本が 西洋万歳 即ダツアニュウオウ 即日てさきになり同胞侵略

という図式は劣等感の裏返しといってるんだよ 実際当時の明治偉人で白人コンプ腐るほどいるし。
信長とカワランだろ明治政府も、。いや、もっと醜悪だった。
自国の文化否定しなくなったのは 民族主義に目覚めた昭和期だぞ?W


>>640
国家転覆なんて・・・Wこんなモンゴロイド国の極東サル国家なんかどうでもいいよ。
そんなことするなら 白人国家に移住するさ。

そもそも西洋様に永遠においつけてないじゃん?今ですら。もはやアジアでの白人戦略の中の日本の役目はおわったとまでいわれちゃってるのに

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:33:23 ID:WcNwxHGi0
危地を共にした者同士は、互いを知り相互に認め合う関係と成る。そして日本人とイギリス人の信頼関係は、深く結
ばれ国同士のつながりへと広がる。

 救援の連合軍が、清国軍や義和団と戦いながら、ついに北京にたどりついたのは、8月13日のことだった。総勢
1万6千の半ばを日本から駆けつけた第5師団が占めていた。その他、ロシア3千、英米が各2千、フランス8百な
どである。籠城していた柴中佐以下は、ほとんど弾薬も尽きた状態だった。

14日、西太后の一行は西安に向けて脱出した。その午後、北京入城後最初の列国指揮官会議が開かれた。冒頭マグ
ドナルド公使が、籠城の経過について報告した。武器、食糧の窮迫、守兵の不足、将兵の勇敢さと不屈の意志、不眠
不休の戦い、そして公使は最後にこう付け加えた。

 北京籠城の功績の半ばは、とくに勇敢な日本将兵に帰すべきものである。

 柴中佐が日本軍将兵と日本人義勇兵にこの言葉を伝えると、嗚咽の声が漏れた。誰もが祖国の名誉を守り、欧米の
人々からも認められた誇らしい感情を味わっていた。
 柴中佐はその後も日本軍占領地域では連合軍兵士による略奪を一切許さず、その治安の良さは市民の間のみならず、
連合軍の間でも評判となった。
 柴中佐には欧米各国からも勲章授与が相継ぎ、またタイムズの記者モリソンの報道もあいまってコロネル・シバは
欧米で広く知られる最初の日本人となった。その後、総指揮官を務めたマグドナルドは駐日大使に転じ、日英同盟の
締結を強力に押し進めていくことになる。柴中佐と日本将兵の見せた奮戦ぶりから、日本こそは大英帝国が頼みにす
るに足る国と確信したのであろう。


644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:35:56 ID:B8ooMmKT0
>>641
逃げないでね ぼくにかてないからぅてW

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 18:13:47 ID:UMuK+XF60
ばかばかしくって相手にする時間がもったいなくなったんだよ。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 18:16:30 ID:UMuK+XF60
はっきりいおうここは便所の落書きだ。あんたらなにそんなにあつくなって
んの?

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 18:28:47 ID:WcNwxHGi0
日露戦争は、世界史史上の大転換点と成った。絶対不敗と信じられていた白色人種のキリスト教徒に、黄色人種の
異教徒の日本が勝利した戦争で有り、白人の世界支配の終焉の始まりでも有った。

デニス・ペギー、ウォナーの『日露戦争全史』によれば、「日露戦争の結果、苦力(クリー)も主人となりうるし、
主人たる西洋人も苦力に落ちぶれかねないことになった」のであった。
インドのネール首相は「アジアの一国である日本の勝利は、アジアの総ての国々に大きな影響を与えた。ヨーロッパ
の一大強国が破れたとすれば、アジアは昔たびたびそうであったように、今でもヨーロッパを打ち破ることができる
はずだ。ナショナリズムは急速に東方諸国に広がり『アジア人のアジア』の叫びが起きた。日本の勝利は、アジアに
とって偉大な救いであった」と回顧している。
また、ビルマ独立後に最初の首相となったバ・モーも、「この勝利がアジア人の意識の底流に与えた影響は決して消
えることはなかった。それはすべての虐げられた民衆に新しい夢を与える歴史的な夜明けだったのである。ビルマ人
は英国の統治下に入って初めてアジアの一国民の偉大さについて聞いたのである。それはわれわれに新しい誇りを与
えてくれた。
歴史的にみれば、日本の勝利は、アジアの目覚めの発端、またはその発端の出発点とも呼べるものであった」と書い
ているとおり、アジアやアラブの指導者を覚醒させた。
近代中国の建国者といわれる孫文は「日本の勝利が有色人種や、大国の圧政に苦しむ諸民族に民族独立の覚醒を与え、
ナショナリズムを急速に高めた」と書いているが、中国では日露戦争後に日本への留学熱が高まり、1905年には留学
生は12000名に達し、孫文は留学を通じて啓蒙された青年たちを率いて、辛亥革命を実現して中国に最初に近代的国
家を誕生させたのである。
ベトナムも有望な青年を日本に留学させる「東遊運動」を開始し、200余名の若者を送り、ハノイには慶応義塾に倣
って「トンキン義塾」も開校され、王子のコォン・デ候までもが独立を夢見て亡命してきた。


648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 18:30:29 ID:WcNwxHGi0
エジプトでは「私は日本の乙女、銃を持って戦う能わずも、砲火飛び散る戦いの最中に、身を挺して傷病兵に尽くす
はわが務め」という「日本の乙女」という詩が作られたが、この詩はエジプトだけでなく、レバノンの教科書にも掲
載され、現在でもネットの「新アラビアンナイト(第一夜)」に掲載されている。 さらに、エジプトでは日本を賛美
する『昇る太陽』が刊行され、イランでは「東方からまた何という太陽が昇ってくるのだろう。文明の夜明けが日本
から拡がったとき、この昇る太陽で全世界が明るく照らし出された」と、天皇を中心に団結し、大国ロシアを敗った
日本を讃える『ミカド・ナーメ(天皇の書)』が出版された。
また、エジプトの将校アフマド・ファドリーが桜井忠温の『肉弾』を翻訳したが、これはアラビア語に翻訳された最
初の日本の本であった。 イラクでは詩人のアルーフ・アツ=ルサーフイーが『対馬沖海戦』を、レバノンでは詩人
アミール・ナースィル・アッ=ディーンが、「日本人とその恋人」を発表した。トルコでは観戦武官ペルテヴ・パシ
ャは、戦記『日露戦争』と、講演録『日露戦争の物質的・精神的教訓と日本勝利の原因』を刊行し、「日本軍の勇敢
さや国民の一致団結を讃え、国家の命運は国民の自覚と愛国心で決するものであり、トルコの未来も日本を見習い近
代化を進めるならば、決して悲観すべきものではない。国家の命運は国民にあり」と訴え、それが近代化を推進する
青年党の運動、ケマル・アタチュルクのトルコ革命へと連なっていった。
さらにイスラム圏では、日本にイスラム教を広げ、天皇をカリフ(イスラム最高指導者)とすることによって、イス
ラム世界の強力な求心力を回復し、西欧勢力に対抗しようとの動きが生まれた。1905年にアブドゥッラー・ジェウデ
トは「ロシアと日本」という論文で、日本がもしイスラム国家となれば、明治天皇をカリフとするのが適当である。
そうすればイスラム諸国の団結はますます強固になるであろうと主張した。イランからはタバタバーイーなど立憲派
学者が、天皇に電報を打ちイスラム社会への支援と保護を求めた。また、1906年八月に天皇が宗教会議を開催し、
日本に最もふさわしい国教を決定する予定であるとの情報がアラブの新聞に報じられると、「奉天平原の勇者よ、
われらの言を信ぜよ。もし新たに宗教を採用せんと欲すれば、ただ回教あるのみ」との電報を発したという。
また、1921年三月にはヘヂアスの王族アルカデリーが、イスラム民族連盟大会の極東駐在代表として来日し、アラビ
ア、インド、エジプト、トルコのイスラム教徒がメッカで開かれたイスラム教徒代表者会議で、日本を盟主と仰ぐこ
とが決議されたと伝えた。


649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 18:31:25 ID:UMuK+XF60
ながくて読めん 3行にまとめてくれ

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 18:56:39 ID:3gtTFvh10
ただいま。

>>642
・・・反論の意味が分かっている?
そのレスに対する反論は、>>584と同じになりますよ。
後、民族主義に目覚めた云々といって馬鹿にしていますが、日本が目覚めたら悪いのですか?
中華思想を誉めていながら何と言う矛盾。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 19:00:14 ID:WcNwxHGi0
最初の二行以外は、世界各国の反応。気が向いた所を読めば良い。

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 19:04:50 ID:UMuK+XF60
いまひまなんでもう少し書き込みのスピードをあげてくれないか?

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 19:23:54 ID:3gtTFvh10
例の奴、今このスレで暴れてボコボコにされているよ。
暇なら会いに行けば?

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1193358689/

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 19:35:03 ID:UMuK+XF60
だれ?今後人?

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 19:36:05 ID:UMuK+XF60
ああかれね・・・。しょうがないっしょ

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 20:13:47 ID:2RTmFcQV0
<ある主婦のブログより>
楽しみにしていた東京行きですが
いざ、フタを開けてみれば、とんでもない1日でした。
ざっと流れだけ。
※本当はもう思い出したくないくらいです。
白金高輪駅付近で、k−1選手の秋山成勲氏と遭遇。
目が合って、「あっ!」って言っただけなのに
「なんだ、てめぇ、こらっ!?」と因縁つけられる。
あれは、ファイターなどではなくただの・・・
チンピラです。
ttp://watashinoaoitori.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/index.html
※現在、このブログは「秋山ファン」の心無い書き込みにより更新停止中・・・。

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 21:20:27 ID:QawmEpEJ0
>>642
何度も言うけど白人様がそんなに好きなら白人様の元で暮らせばいいじゃん
白人様が「くせえぞジャップ!」とかやさしくお出迎えしてくれるからさ
自国に逆らうくらいなら国外で暮らしたいんでしょ?

「今暮らしてる場所はとんでもないところなんです!」
そう思うのは勝手だが
悪いから良くしようと思って前向きに進むべき所で
けなすだけで終りなのをカスとかダニっていうんだよ

国外に出るのか出ないのかそれだけはっきりして欲しいなあ。
論点というか、イエスかノーだよw

イエスなら成田空港までお見送りに出てあげるよ

ノーならモンゴロイドの猿軍団に養われ続ける猿にたかる蚤だね

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 21:57:37 ID:QawmEpEJ0
>>653

スレ見ました

今後人とこのスレの白人マンセーは同一人物ですか?

だったらマジレスした分損した気が・・・

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 22:50:30 ID:eVVk4ZYf0
俺はコンゴ人だが
今問題の白人至上主義者(実際は愛国無罪のクソニダ野朗の可能性アリ)
とは違うぞ。酷い濡れ衣だ。

俺の主張はただ一つ。
「末期李氏朝鮮はコンゴ以下のこの世の地獄」これだけだ。

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 00:23:51 ID:K/SvzWF70
本当にコンゴ人なの?

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 00:29:47 ID:+5BhtKaQ0
コンゴ人、というのは
俺に論破された厨が悔し紛れに付けたあだ名だ。

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 04:04:29 ID:bzbY/CMx0
54 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:04/05/01 01:23 ID:4aQMCZpp
ローマであったデモと、日本人が人質になった時、日本の妄想左翼が東京でやったデモを比較すると、
ローマのデモの方が理性的で説得力があって、日本の方が無様に見えるのは何でだろう。

55 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:04/05/01 10:24 ID:fQYL0lx8
>54
国益を考える革新派っていうのが、本来の左翼だよね?
少なくとも、世界の常識で見ればそうだよね?
なのに、なんで日本の左翼は国益を考えず、国家そのものを否定するの?
そこがサッパリ分からない。それが無様に見えた理由じゃないかな。
国益を考える左翼が日本にあるなら、俺は左翼になるかも知れないなぁ、、。
でも、今、日本で国益を考えるのは右翼だけだ、、。
そこが辛いところ。

56 名前:まるくす 投稿日:04/05/01 11:19 ID:oafS/TFu
右翼って国益考えてるの?

59 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:04/05/01 13:05 ID:NTp/r5NE
どっかのスレにも書いてあったけど、日本には左翼も右翼もいません。
いるのは、反日が生き甲斐の馬鹿と在日朝鮮人の圧力団体です。

63 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:04/07/10 22:14 ID:inxqYH7a
>>56
>右翼って国益考えてるの?

国益云々よりも愛国心があるかないかだろ。
大体自国の国旗にケチをつける左翼は日本だけ。
国家を否定するのも左翼だけ、愛国心があるなら
日本人を褒め称えろ、誹謗中傷などもってのほか。
誹謗中傷がしたいなら、中国・韓国・北朝鮮に対して
やれ。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 06:13:50 ID:+5BhtKaQ0
また街宣右翼並みの釣りだな(失笑)。
次はチマチョゴリでも切り裂いて新聞社に告発してみるか?

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 06:34:48 ID:bcdH4oFy0
キリストもマリアも有色人種。出生地を考えれば、当然。

1945年エジプトのナグ・ハマディで50冊以上の初期キリスト教の文書が発見された。これは1600年程前に
ローマ・カトリック教会バチカンが異端、禁書とし封印した文書だった。
バチカンは度重なる宗教会議で「キリスト教の発祥、出生を示す」重要文書を封印し、人目に触れないようにしてきた。
明るみに出ては困る「秘密」がキリスト教にはあった。
ナグ・ハマディ文書の中には、バチカンが長年「存在しない」と主張してきた聖母「マリアによる福音書」が入っていた。
バチカンはキリストではないマリアを特別に信仰する事は異端であると弾圧してきたが、余りに信者が多かったため431年
に公認せざるを得なかった。しかし「マリアによる福音書」は封印され「存在しない」とされてきた。実際には欧州180ヶ
所以上に「黒い」マリア像を信仰する教会があり、なぜ聖母マリアが「黒い」のかが問題とされ、長年バチカンは何一つ
まともに返答出来ないできた。バチカンにとってマリアが黒人でありキリストが有色人種の出自である事が露見する事は、
白人中心の人種差別による社会秩序を「破壊」する恐れがあったためだった。
マリア信仰の中心地、南フランスのマグダラにはマリア信仰のためのカトリック聖堂があるが、その聖堂は元々古代ローマ
から続く女神ディアーナ・ルシフェラ信仰の聖堂であった。


665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 06:44:51 ID:bcdH4oFy0
1980年代後半に登場した M. バーナルの「黒いアテネ」論が有る。彼は、ギリシア文明におけるエジプトの影響を実証的に
明らかにし、ギリシア文明が純粋に「白人」の文明ではなく「黒い」要素が「混入した」ものであると指摘したのであった。
ところが、そのギリシア文明は、ヨーロッパにおける近代化の過程の中で自らのルーツとして「再発見」され、「白人」文明
の「源流」として読み替えられたのだという。様々な文化が融合して形成された古代のギリシア文明が純粋に「白い」もの
ではあり得ない、という点は、ある意味では当然のことのように思われる。だが、「黒いアテネ」という挑発的なタイトルを
掲げた彼の議論は、西洋史の前提を根底から覆しかねない危険なものとして大規模な論争を引き起こしたのであった。


666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 08:20:32 ID:VguCTaHV0
>>650>>650

俺は中華思想をほめてるわけじゃないよ???

ただ現実にアジアは中華思想の中華秩序に彩られてきたといってるの

民俗思想の何が悪いだって?
悪いじゃないか。

当時のジャップは ダツアニュウオウから一変、今度は五属協和?王道楽土?東亜共栄?

これらのスローガン抱えて民族主義だってさ。そもそもこれは清王朝スローガンだったけどな?www

あげくは独立解放うたってやったことは 毛っきゃく 同胞アジアを痛めつけただけだろ。

いよいよ白人国家との戦争を避けきれなくなった近衛は退陣し タイマン決め込めば なぶり殺しの二次大戦

あげくはたいした力もないのに たの国の動乱期や混乱きばかりつけこんでせめるから

結局は痛々しい傷跡しかのこらなかっただろ!!!

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 08:40:30 ID:VguCTaHV0
657
ほんと無能な典型スレだな

この国は 白人万歳と言うだけで  すぐどいつも出て毛と言われる もしくは在日と。

、これもいわば 大和思想といったところか?

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 10:51:30 ID:7qEKsbMpO
開化と言っても前時代に蓄えられた力があっての事である。17世紀の始め、15万の兵力を海を越えて展開する財力があった。これは世界的に見ても希有な事。加わうるに江戸時代に鎖国と言う状況中で発達した大衆文化/経済/識字律の向上、西欧文明を受け入れる下地は出来ていた。

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 11:24:21 ID:K/SvzWF70
江戸時代について日本人ですら勘違いをするのは、やはり丁髷と大小二本を腰に差すという
特異な習慣のためであろうか。

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 11:54:00 ID:hlsh72vE0
人口も必要だろうな
多少遅れていても数で補える部分はあった
あの時人口が3000万を超えていたのは列強以外ではインド、日本、清だけであった

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 11:56:05 ID:7qEKsbMpO
明治政府が自らの正当性を説明する為、江戸時代を故意に貶める傾向があり文化も道連れになった。徳川がが貶められ、農民から身を立てた秀吉が新時代の象徴として再評価された等、大きなパラダイムの転換時には有りがちな事。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 11:57:17 ID:s7+8Z5Zr0
670
いわゆる土人国ほど 内にひきこもる

欧米はそのナのとおり大航海の民族移動  昔からグローバル

それに比べアジアときたらwwwwインドは未だ許そう

東アジアだよ東アジアwwwww何が人口だw  ただ外に向ける知識も能力もなかっただけだろ

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:00:27 ID:+5BhtKaQ0
>>666

アジアを100年以上に渡り、徹底的に痛めつけたのは
白人列強だよ。
彼等のナショナリズムも酷いなんてもんじゃない。
言語を奪い、土地を奪い、富を奪い・・・最後には
たった数年の統治に終わった帝国に己の罪をなすりつけて
被支配国になんの謝罪も賠償も行わずに逃げた。

理解しがたいのは日本を腐す君が
不思議と西欧の病的な帝国主義の発露に何の嫌悪感も示さないという事だ。

これは「日本は右傾化」と叫びつつ
韓国の病的な(それこそ常軌を逸していると断定していい)
民族主義と日本人差別に何一つ文句を言わない卑怯な
サヨクの姿とダブってしまう。

お前は単に「自国を貶め他国は一切非難しない」という
日本において最も非難を受けにくい楽な姿勢に流されてるだけだろ。

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:01:48 ID:s7+8Z5Zr0
パラダイムの転換も糞も 西洋文明が単にあまりに優れていたから。自国の劣等文化と比べて。

西洋もイスラムの驚異的進歩を 自国を否定して受入れたの?

日本人が意図的にパラダイム起こしたわけじゃなく  必要に迫られたのと あまりの自国の劣等ぶりに反省したまで。

パラダイムなんてかっこいいものじゃない。  そもそも馬鹿日本人は調和に入ったらまた くだらない右翼思想の民族主義パラダイムで自滅してるんだから。

どうだ?結局右翼に傾けば  機知がいの 神風 特攻 大和魂精神主義・・・

というパラダイムどころか  土人の腐りきった島国ナショナリズムにはやがわりじゃないか

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:11:23 ID:+5BhtKaQ0
>>674
自国を否定して西欧文明を受け入れって・・・(失笑)

お前は鹿鳴館あたりの風刺画を見て
それが全てだと錯覚したゆとりか?

日本の文化や技術がどんだけ温存され、逆に輸出されたか知らないのか?
相互作用だよ。大体、西欧の進んだ文化を拒否して自国優越思想に凝り固まり
進歩を拒否した多くのアジア諸国についての言及がない。
その方が良かったってのか?

それとな、お前は神風や特攻、大和魂を「キチガイ」と言ったが
国を思い、自分の家族や地域・国の頭に爆弾を投擲する連中を
たとえ自らの命と刺し違えても倒そうとした先人は立派だよ。

それこそ同胞がどんなに虐げられようと犬のように媚びへつらっていた
どこぞの白人植民地より遥かにな。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:13:51 ID:+5BhtKaQ0
白人マンセー野朗は
コンゴ自由国で四肢をバラバラに切断されてこいよ。

それでも「これが文明の洗礼か」って
大喜びで殺されてくれたら、白人って奴の凄さを認識してやるよ。

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:14:20 ID:qy5h0hyy0
673

いいでしょう  反論しましょう

確かに白人の侵略は伊達じゃない。 でも彼らは圧倒的文明および力があった。

結果アジア諸国は白人の西洋文明受入れてどれだけ社会と世界と経済が飛躍した?

この間ソース出したろ?

その白人の手先になってアジア荒らしたろ日本も。

それに日本は 民族主義うたって 鬼畜米英唄いながら やったことは同胞に牙をむく

よほど白人より卑劣だよ

しかも日本はたいした力もないくせに 白人の前ねして大日本帝国とか 田舎やんキーなネーミングぶらさげて

同属嫌悪むき出し。結果 他の国の混乱期にしかやらないから 更なる悲劇を生む

しかも何ももたらさなかった。白人のようには!

白人がやることは確かに卑劣でも 結果その国は文明や 体制をもたらされるんだよ イズム的なものも

残せる力あるから白人は。結果オーらい

ちょん? あんなの眼中内からから 話さないだけ。ましてや日本海市か隔てない隣国同属嫌悪なんていっても みすぼらしいし。

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:14:48 ID:7qEKsbMpO
>>672
その引き込もり土人のモンゴロイドは有史以前に南米大陸南端まで達していたり、太平洋に展開したりしていた分けだが。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:19:26 ID:qy5h0hyy0
675

明治政府は多くの日本文化を破壊しましたよ?


それから特攻隊殷は  文句言ってない。 被害者だもの

ようはそんなくだらない神風など 神や精神主義に凝り固まって煽動しなければ国体維持もできない国が 白人のまねして図に乗るなってことですよ

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:26:50 ID:+5BhtKaQ0
>それに日本は 民族主義うたって 鬼畜米英唄いながら やったことは同胞に牙をむく

日本が進出した地域(主に東南アジア)に存在していた国。
英領マラヤ・マラッカ
仏領インドシナ
米領フィリピン
蘭領インドネシア
葡領ティモール

全部白人サマの植民地じゃん。

白人の支配を良しとせず、大戦の勃発を
「独立の好機」と考えた現地人だって沢山いたんだよ。
そこを帝国軍が利用したとしても、利害の一致だ。

大切な植民地を手放さざるを得なかった卑劣な白人野朗は良く言います。
「我々は日帝支配からアジアを開放した」。

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:33:46 ID:+5BhtKaQ0
>>679

「破壊された日本文化」とは何かな?

廃仏毀釈かな?→今も残る多くの寺社仏閣は?
和服かな?→着ますよね、今も。
伝統芸能かな?→普通に上演されてますね。寄席なんて面白い。

具体的に「○○と××と□□が白人サマの影響で無くなった」
と言ってくださいまし。まぁ無理だろうけど。

それとさ・・特攻隊員について「被害者」と断定するのも気になる。
まさか彼らは嫌々死地に送られたと思ってる?
当時の彼らの気持ちなんて今じゃ想像も付かないだろうよ。
そんな自分を気持ちよくするための同情は止めてください。

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:35:43 ID:7qEKsbMpO
まぁ、日本は適度に辺境だったからね。あたらし物好きだし。だが明治期に流出した芸術品、工芸品がまた日本の評価を高める事になるのも時代の皮肉だが・ ・ ・

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:36:30 ID:dRxhhz/90
680
そういうのを  そういうのを  そいうのお  国粋主義というんですよ!!!!!

独立解放をうたったですか?フィリピン見てくださいよ中国見てください

ゲリラの抗日に対し 現地の住民使って討伐させ他日本軍 戦後彼らはどのような運命をたどったか。

同じ村の住民同士殺し合い 家族もみんな村人同士で殺しあった。

経済も勝手に 日本軍属紙幣なんてばらまいて 日本くずれの現地人は大半が財産が無とかした

白人支配をよしとせずというのは  日本の大義名分ね

南方資源地帯を獲得するためのプロパガンダ

そのくらいきずこうね。

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:42:08 ID:oCRD/UY80
日本は一国だけでは小さすぎるため、文明圏というものを築けない国です。
しかし他の文明圏に属するには、海があり微妙な距離感や孤立感がある。
そのために日本はどこか他の進んだ巨大な文明圏に属し、そこから常に良質な文化や技術を
吸収し、さらに日本化し高度化するという手順を踏んできた。
かつては中華文明圏から、近代は西洋文明圏、現在はアメリカである。
それぞれから多様な文化、技術を選り分けて合理的な優れたものだけを吸収する。
例えば中国からは科挙や宦官制度などは取り入れなかったし西洋からはキリスト教、アメリカからは
極端な自由主義などは取り入れなかった。
そして日本は例え他の文化を取り入れたとしても島国という境界線があるため決して他国に吸収されないし
簡単に染まらない。
そのため何でもかんでも利用できる制度、技術、文化を吸収しても日本国のアイデンティティが保たれるのである。
そして日本人は他国の文化、めずらしいものをコピーしても全然恥ずかしくも思わない。なぜなら孤立した
島国であるため自国の中だけで多様な競争原理があり島国の中だけの価値観ですべてを判断するため
である。
よく日本は西洋文物をパクリしたと韓国は言うけど、日本にとっては西洋文物はめずらしいもので優れたものだったので何の迷いも恥もなく取り入れた、古代に中国から文物を取り入れたのと同じようにしただけ
である。


685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:43:33 ID:dRxhhz/90
単純に 服装 髪型  例えばお城もそう

時代遅れといいはなち 大半取り壊す。

文化否定じゃん。西洋は自国のお城や町並み どうですか?日本と同じですか?

違うでしょ だから何でもかんでも国宝として保存しなければ もはや存続すら風化するほどの 国の欧米化政策。

それから 彼らは被害者です。 マインドコントロールされたんですから。

勿論彼らはそんなことも知らず  国のために死んだ精神はすばらしい、

でも国体管理者の そういうずさんないきずマリ政策というより 国力も 民族的にも要諦及ばない白人なんかと競い、図に乗るから

特攻隊委員さまのような 悲劇が起きるんだろ 西洋をみてみろ

二次大戦時も ゴキブリ殺すかのごとき西洋力学 文明物質文化。

それに対抗もできないからと 精神論なんかに傾くことしかできない日本

だから特攻のような被害者が出るんでしょ。勿論散っていった方は髪ですが。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:44:18 ID:+5BhtKaQ0
占有屋のヤクザが強盗にボコられ追い出された。
住民にとっては迷惑な話だろうな。

別に俺は帝国が偉いなんて思ってないよ。
「アジア開放」云々なんて方便だし。

単純な話だ。
100年〜350年も現地で酷い搾取を続け、それこそ狂ったように
奪った白人が「現地にイズムを残した」などという言い逃れをし
たった5年に満たない統治で彼らを追い出した日本が
しかも国交正常化過程で謝罪も賠償も済ませた日本が
どーして今も非難される謂れがある。冗談じゃない。

貴方の態度は未だにインドネシアに謝罪できない
卑劣なオランダ王室の妄言を連想させるよ。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:51:37 ID:+5BhtKaQ0
>>685

城は残ってるね・・・服だってそう。
まさか「城を市役所にして、和服を仕事着にしろ」とでも言う気か?
見も心も欧米に捧げ、自身を否定したとのたまうから
何が出てくるかと思えばその程度か。
どういうつもりなんだ?

一切の変革をせず、且つ学べという事か?
中体西洋の顛末知ってるか?

>マインドコントロール
出た。サヨクお得意の陰謀論。
「自分から死のうとするなんて正気じゃない。きっと洗脳されていたに違いない」
と言う奴。お前はどれだけ特攻隊員を馬鹿にすれば気が済むんだ?

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:53:48 ID:dRxhhz/90
686
あなたのおっしゃりたいことも分かる

ですがアジアというのは特に土人まがいの国しかない。なかった。

正直近代や社会体制  もしくは 平等 権利 自由 社会契約。。。

という普遍的価値や民主主義という土台を築くためには どうしても白人様からの手厚い手荒い処置が必要。

日本でも分かるように。

結果フィリピンも日本も韓国云々 そのたもろもろ どれほどになりました?

犠牲は痛いですが それと引き換えの文明は計り知れない。

例えばフィリピン 元々スペイン統治でアメリカが入り そこへ確かに一時期開放したことにしましょう。

ですがフィリピン国民自体 日本のような傀儡でしか政治主義をうたえない国より アメリカを結果歓迎しました。

確かに白人は卑劣極まりない。

ですがそれをまねし さらに醜悪な独立開放を唄ったのも日本ですよ

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 12:57:55 ID:oCRD/UY80
西洋とか東洋という人種の違いがあるからそう思うんでしょ?
でも日本人にとって中国人も西洋人も同じ大陸の人。
中国から西洋文明に文化吸収先が変わっただけで、過去の東洋文明と
近代以降の西洋文明が混ざり合ってるのは仕方ないです

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:01:10 ID:+5BhtKaQ0
>>688

あ〜なんだっけ、それ。
「マニュフェストデェスティニー」ってヤツ?
アメリカ人がインディアンを絶滅寸前まで追い詰めておいて
のたまった言い訳。

未開の土人だったフィリピンは兎も角
13世紀から国が存在していた他の諸国を蹂躙し
支配下に置いた列強の所業は許されるものではありません。

彼らは独立運動に身を投じようものなら
容赦なく拷問にあい収容所に送られ殺されました。

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:02:06 ID:dRxhhz/90
陰謀?馬鹿にしてる? ふざけるな  俺の先祖も陸軍の中佐で南方戦線で死んでるんですよ

いいか?そもそもゼロ戦  機知外のように軽量化し 緊急上昇すれば加工すれば機体大破。

あげくは人命の尊重もなしに一切バるじ機能  人間を守るという観点を一切無視した軍事技術

裏を言えば それだけの技術開発力がない・。

アメリカは?F6fみても分かるとおり 人名第一 よほどじゃない限り 濃くピットの防弾ゴムは貫通されない。

実際墜落しても アメリカ日本じゃ劇的死亡率の差

言いたいことは 日本は必死すぎて 命なんてくそ食らえ ぎじゅつもなにもかも 取りあえず 白人の真似命(てい国主義 ファシズム)

わかる?結果その延長上に 切羽詰って追い詰められれば 特攻の信念を確立させた日本上層部。

いい?日本上層部は末端の人間兵団は駒としか思ってない。海軍の作戦見ても一目瞭然だろ?

技術も力もないのに ちょうしこもうとするから  精神論で人格操作して駒のように使って 一億層玉砕などとうたうんだろ?

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:03:55 ID:+5BhtKaQ0
フィリピンだって
米西戦争でスペインが統治権を放棄した際
「やっと開放される、独立できる」と喜んだのも束の間。

アメリカが占領にやって来た。
そこで多くの現地人が抵抗し殺戮されている。

酷い話ですね。

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:08:50 ID:+5BhtKaQ0
>>691
戦中の一時期だけだろ。指導部の命軽視。

今じゃ世界でも有数の慎重な国ですな。
紛争地帯でドンパチやって武器輸出に何の躊躇もない国が大勢の中で
自衛隊員は例え一人が命を落としても国を揺るがす大事件になるだろう。

成る程。こう考えると今の西欧諸国は野蛮な恥知らず国家ばかりだな。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:10:42 ID:5TeTrsTf0
あんたね もうすこし対極的にみたほうがいいよ歴史

インパール作戦  ラバウル ガダルカナル マリアナ沖 南方戦線 れー手沖 沖縄特攻

武器弾薬も 補給も 医薬も 食料も送らないのに

最前線から転進許可送られてくる トップの大本営は 玉砕してでも死守せよ

これはどういうこと?  なんの策略も泣く 意図も泣く ひたすらいきあたりばったりの作戦  

それらは東亜共栄などという幻想抱いたあいまいさ

またそれらを脱却させるだけの国力も技術も軍事もなかったから  そういう結果になっていく

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:12:32 ID:5TeTrsTf0
693
そう  今はね

その今をもたらしたのは  どこの国?wwww

同属モンゴロイドですか?wwwコーカソイドでしょ何もかも  なにもかも なにもかも  なにもかも なにもかも

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:14:58 ID:+5BhtKaQ0
>>695

それをもたらしたと貴方が主張する国が
自国の兵隊さんの命を軽視している現状を
どうお思いですかw

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:17:30 ID:+uuB++oA0
>>688
>正直近代や社会体制  もしくは 平等 権利 自由 社会契約。。。

という普遍的価値や民主主義という土台を築くためには どうしても白人様からの手厚い手荒い処置が必要。

へ〜最長350年も支配してそれでその土台が築けましたか?
それ以前に西欧でさえ民主主義が普及したのはWW2以後ですが?
西欧の植民地経営は純粋に搾取、略奪です。
日本の南方政策/思想も現在の価値観でいえば褒められたものでは
無いが終戦後も現地に残り独立に尽力した将兵も多くいました。
事実として日本が無ければ東南アジア諸国は今だ西欧の植民地の
ままだったでしょう。
白人マンセーの貴方の考えだと”その方が良かった”のかな?

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:18:21 ID:+5BhtKaQ0
>>694
督戦隊が自国の軍人を殺しまわり
裸で特攻させたソ連には負けるよ。

まさか「ソ連は白人じゃない」とでもいうのかな?

戦争という異常事態では多かれ少なかれあった事を
さも「日本が特異」かのように吹聴するのは実に卑怯ですね。

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:23:04 ID:5TeTrsTf0
696
アメリカ軍の軍事技術見ればそんなこといえませんよ?
いまや偵察も無人化機能や ありとあらゆる最新兵器を 人名に変わるものの開発おこなわれてる
その上での間接犠牲。

日本はそれsらで着ないのに いちゃ門つける筋合いはないでしょ。産業大国なんていってて 人工衛星ひとつ打ち上げられないのに。
中国は自前どころか アメリカ衛星も 大気圏越えて打ち落とすミサイルももってますよ?

697
民主主義が普及はw2移行というのは極端すぎでしょ。

じゃあ何で戦前経済恐慌起きるの?相反したロシア革命が飽きるの?

とっくの昔に民主主義は確立されてますよ

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:26:32 ID:+5BhtKaQ0
>>699

もし自衛隊が紛争地帯で1000人以上殺されたら
間違いなく国が崩壊します。
たった1人でも大問題になるでしょう。

人の命に対する価値が日本とアメリカでは違うのでしょうね。

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:27:24 ID:5TeTrsTf0
申し訳ないが に本は特異ですよ?かなり。ロシアよりもさらに醜悪。


702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:29:22 ID:5TeTrsTf0
700
いいですか?自衛隊ごとき アメリカ軍の戦後処理部隊と アメリカ軍の展開する意味や意図

まったく違うでしょ???

混同することも規模も 使命もまったく違うんだから 犠牲者の数で 同列に裁くことはおかしいですよ

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:30:41 ID:+5BhtKaQ0
>人工衛星一つ〜

嘘は止めましょう。
失敗が続いた事を言っているのなら
コロンビアの失敗を「米帝の未熟さ」と嘲笑している北朝鮮と変わらない。

大体防衛ミサイルの研究するだけで「軍国主義の発露」と
大騒ぎするようなサヨクが、その口で中国のミサイルを誇るってどうよ?
本当に恥知らずだな。

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:33:10 ID:+5BhtKaQ0
>>701
貴方がソ連を知らない事は分かった。

>>702
人命を軽視しているのはどちらか、という単純な問題ですよ。
屁理屈こねてないで「アメリカがベトナムやイラクで何千何万死のうと
活動を続けていられる理由」を答えてください。
国益は人命に優先する、っ奴ですか?
あなたの嫌いな「ナショナリズム」というヤツですね、これは。

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:33:33 ID:T32kzVyO0
もうしあけないが そのアメリカ軍の意味は そんな地域安定や警護 紛争処理なんかじゃまったくないですよ?日本。

日本が戦後経済発展遂げたのは 軍事開発も防衛も全部アメリカまかせ。外交も拉致ひとつ チョんへはアメリカ頼み
技術もアメリカから全部おしえてもらい

そんで自国はヒタスラ 産業や経済のみにかねも人材も費やすだけでインだから誰でもこのくらいになれますよw

中国とか 軍事も防衛も外交も 自分たちで全部やってるじゃない

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:39:43 ID:56XCpMe00
国益というけどばあによるじゃない。

そんじゃ新たな時代を切り開くのに 人一人の命は地球より重いなどという福祉的考えが正論なの?w

じゃあ明治の文明開化も野蛮の国益重視の糞土人のていたらく日本ですな

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:42:35 ID:+uuB++oA0
>>699
697
>民主主義が普及はw2移行というのは極端すぎでしょ。

じゃあ何で戦前経済恐慌起きるの?相反したロシア革命が飽きるの?

とっくの昔に民主主義は確立されてますよ

WW2以前にドイツ、イタリア スペイン、ソビエト 他が民主主義???
アメリカで黒人が選挙権を得たのは何時だ???
ふざけるのも良い加減にしろ!!!

日本の事なら人工衛星は随分前に打ち上げてますよ?
実用的にも携帯や天気予報でお世話になってるでしょ?


708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:44:00 ID:+5BhtKaQ0
>中国とか 軍事も防衛も外交も 自分たちで全部やってるじゃない

とんだお笑い種だ。
人の国の開発援助に何時までも頼り、他国の商品を何時までも何時までも
コピーし続ける泥棒国家の分際で。

その軍事力とやらでどんだけ多くのチベット人を殺したんだ?
外交?ふざけるな。自分の利益になるのならどんな独裁国家への援助も惜しまない。
国際社会の足並みを乱して只管拝金に走る自分勝手ぶり。

こんなのが「自主」なのですか?呆れますね。

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:46:56 ID:+5BhtKaQ0
>>706

戦中の日本指導層の人命軽視を非難しつつ
今度は「人命は地球より重い」ですか。最高ですね、貴方。
私は一言もそんな事をいってませんからお間違えのないよう。

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:51:53 ID:56XCpMe00
708
それも自主ですよ 


コピーはいいじゃない?日本の場合とは違うよ?中国のコピーのあり方は。

強引でもインじゃない?叩かれるのは中国と知っててやってるんだから。

チベットだめなの?り秋のためなら自分の国で決断するならいんじゃない?

それはあってる間違えてるの問題でしょ?俺が言ってるのは 自分の国で 自分の意思で決めたことでしょ

あとは攻められても中国が返り討ちに犠牲払ってするんだから。これは国のあり方じゃない?

日本は? 自衛隊の軍隊もどきは アメリカ軍のあくまで後方支援用にしかできてない。 外交もアメリカ頼み

自立なんでできてないじゃん。 何かあればアメリカ万歳 アメリカにむしりとるだけ金取られ 右向け右強要

にもかかわらず 京都議定書すらサインしない 広島原爆ドームはゴミという

自立どころか属国だろ

中国が卑劣でもいいじゃん  てメーのケツは手メーで拭く覚悟で荒れてるんだろうから。

その前に日本は自立もできないじゃん

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:51:57 ID:Gnrxk4Kd0
ーーーーーーーーここまで読んだーーーーーーーーーーーーーーーー

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:53:01 ID:+5BhtKaQ0
戦後日本の経済発展
GHQ占領時には全く進みませんでしたね。
寧ろドッジラインによるインフレに庶民は苦しみました。

サンフランシスコ講和条約が結ばれた2、3年あとからようやく
日本の成長は始まります。

アメリカの援助を散々受けながら
建国後、65年まで世界最貧国だった韓国は一体何なんでしょうね。

日本人が頑張った結果を卑下する意図が何なのか量りかねます。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:53:40 ID:56XCpMe00
709
だから混同しないでほしい

戦前日本にどこになんの意味や意義があるの?

かりに中国や東亜共栄かなえて そこで経済や政治体制社会を日本主導であの日本がかなえられたの?


714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:56:36 ID:56XCpMe00
ですから713

日本人ががんばれる土壌や主義 思想 啓蒙 価値という

近代社会の土壌と基盤を与えてくださったのは どこですかということなんですよ?

白人様がいなけりゃ いまだに江戸土人国でしょアジアは

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 13:59:42 ID:+uuB++oA0
クルセーダー
掛け持ちで電波ゆんゆんの書き込みお疲れさん。
涙目で変換も確認出来ず狂気のキーボード乱打か?
それとも余裕でコーカソイドキャラに成り切り
マジレスする皆さんを笑っているのか?



716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:00:13 ID:+5BhtKaQ0
>>710

居直り強盗ですね。
馬鹿みたく海賊版を横行させておいて「非難を受けるのだからいいじゃない」とは。
情けなくなります。
自分のケツも自分でふけないくせに虚勢を張るのだけは一人前、それが中国。

チベットの民草に機関銃担いだ人民兵が突撃するのは無問題ですか。
これは一方的な殺戮であってチベット人の意思でも何でもありません。
このような状況で中国兵はさぞ人殺しを楽しんだのでしょうね。まさに変態民族。

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:02:38 ID:Gnrxk4Kd0
狂所為打亜 ってだれ?

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:04:53 ID:b79+FDhv0
715

またくだらない個人攻撃か?

意味がない  まともな議論しろよ?おまえ

716
モーマンタイかどうかということいってるんじゃないですよ

彼らはやられるなら自分たちがやられるんですから。今の日本とは違うでしょ?

チベットも中華秩序の策定ナい

日本も沖縄にしたこといえば いえたものじゃないでしょ?

そもそもその朝鮮や中国にそういった混乱与えたのも 同属日本だろ

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:06:50 ID:+5BhtKaQ0
最近のロシアもそうだが
自分勝手で思うがままに振舞うのが
自主の国としての正しい姿、と勘違いしてないか。

日本は戦後、他国の意見を尊重して来た。
多くの非難にも耳を傾け経済建設に勤しんだ。
その結果貧しい国々にも多くの援助が出来るようになり
日本という国のイメージは飛躍的に高まった。

それを属国とあざ笑い、中国のような低劣な人権後進国を
「自分で行動してる」と持ち上げる姿勢には疑問を感じる。

もし日本が中国のような態度をとれば
たちどころに「軍国主義の復活!」とか「軍靴の足音」とか言うくせに。

そーいうの「マッチポンプ」って言うんだよ。

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:11:57 ID:+5BhtKaQ0
>>718

リスクなしの一方的な殺戮が
「彼らはやられるなら自分たちがやられるんですから」ですか?
もう言葉もありません。

例え危険を冒した上での行動でも許されないというのに。

沖縄を引き合いに出していますが
戦後、どの時点で自衛隊が沖縄市民を虐殺したのでしょうね?

済州島の島民を虐殺した韓国軍と勘違いしてませんか。

戦後の彼等の混乱は彼ら自身の行いによるものです。
大躍進政策や文化大革命の大虐殺を日本のせいにするような
卑怯な人間にはなりたくないですね。

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:12:22 ID:b79+FDhv0
719
だから 日本がそれできるのは アメリカ様のおかげでしょ?

じゃあ日本独自で 軍事開発宇宙開発 軍事防衛 人件費開発費超拡大 人間育成 維持費 外交 ・・・・

全部自分でやれるか? やったら即崩壊だよ そのうえ福祉的援助?できるわけないだろ?

ちゅうごくがどうのこうのというよりまず 日本はアメリカのひとつの州が 国気取ってるからこれだけ繁栄してるんだぞ?

ただヒタスラ設けて利益にしてるだけだから。

だから消費税も5ですむんだよ?わかるか?

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:15:39 ID:b79+FDhv0
もし日本がアメリカのバックもなく 北方返せといってみたら?

ロシアからどうされるか?

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:18:33 ID:+5BhtKaQ0
そのアメリカ様が支持した南ベトナムは打ち倒されましたね。
イラクは今でも泥沼ですね。

これはどういう事でしょう?
また、日本の甚大な努力により繁栄に向かっている国もありますね。
でもそれを私は「日本のお陰だ」とは言いません。
あくまでも「一助」に過ぎませんから。

アメリカの支援をそれこそ神の恩寵のように崇めるなら
マーシャルプランにお世話になった欧州は
それこそ酷い乞食ですね。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:19:36 ID:+5BhtKaQ0
>>722

NATOが無かったら欧州はロシアの足でも舐めていたでしょうね。

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:22:16 ID:b79+FDhv0
どうして欧州までかくだいさせるかな?

じゃあアフリカもEUのような共同体になりつつ、形成されつつありますよ?

アジアは?日本がアメリカに依存し いまだに憎まれる日本 まーそれを中国とかは利用してるのでしょうが

かくにも アジアがひとつの共同体や 枠組み形成を日本が独自にできるんだったら EUばかにしていいんじゃない?

それすら隣国にアメリカン頼みの外交展開してて 文句言えた筋合いじゃないでしょ?

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:28:53 ID:+5BhtKaQ0
>日本がアメリカに依存し いまだに憎まれる日本

ロイター通信の世界国家選好度調査知らないの?
日本は実に好意的に見られているよ。
根拠もなく「日本は嫌われてるに違いない」と主張するあたり
どこぞの馬鹿民族を彷彿とさせます。

まさか「俺の肌感覚では」とか言わないでしょうね?
朝日新聞じゃないんだからw

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:29:04 ID:2ulcqVCH0
また今日も論破してしまったかな?www

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:29:58 ID:7qEKsbMpO
>>722
で、君は日本がどうであったら君の気に入るのか?日本人がどうゆう考えを持っていたら気に入るのか?それを言ってごらん。

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:30:59 ID:2ulcqVCH0
世界とかまで今度は拡大するんだ?

そりゃ金援助してりゃそうなるよ?

その前に足元の同属からはどうした?

そういうのを灯台下暗しというんだろ?

中国や朝鮮の同属はどうしたの?

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:34:30 ID:2ulcqVCH0
728
728
それはいえない

いうと賛否両論あるし 結論先言ってオつまらない

それに感情論と非難されるのが落ちだし。

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:34:57 ID:+5BhtKaQ0
>>729

勝手に話を大きくしてるのは貴方。
「白人が優秀、日本人が劣等」という主張から
とうとうアフリカまで持って来た。

金の援助も大変な努力だよ。
金を出さずに声ばかり大きい国が跋扈してるけどな。

足元の同属?
ふざけるな。大昔から根拠の無い日本人差別を繰り返して来ておいて
自分達が日本人から嫌われるのは許せないか?
隣国同士中の良い国があったら言ってみろ。

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:39:26 ID:+5BhtKaQ0
>>730

非難するのは大得意だが
自らの考えは明かさない。

典型的戦後教育の賜物だな。

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:42:08 ID:2ulcqVCH0
根拠がないというか 悪いが日本が中国の属国扱い受けなければ 何一つ文化も文字も作れなかったんだから仕方ないでしょ?

じゃあ言って語論なさい 三国志の時代日本は弥生原始人でしょ?

奈良の文明開化してくれたのは 人間としての営み与えてくれたのは  中華でしょまず

そんで明治以降は白人様でしょ?

これじゃ見下されても仕方ないですよ?

まともに誇ってる文化が 漢字も読めなかった馬鹿のかな文字とか カブキとかそんなモンしか挙げられないんだから。

それから金の援助が大変?それこそふざけるな!! 金で偉い人気取ってるから 白人気取ってるから 東欧諸国からも東洋の猿の分際と馬鹿にされるんでしょ?

その金はアメリカが与えてくれてるのと一緒だろ?経済封鎖されてみろ?即日滅亡だろ

いまや食料の農業すら自前できないくせに

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:45:58 ID:+5BhtKaQ0
凄いな。
アフリカが人類文明の祖だから感謝しろ、並みの珍説。
清末中国の文化人がどれだけ日本にお世話になったか勉強しろ。
お前が考えるような一方的なものじゃないんだよ、技術や文化の流れは。

金の援助の大切さを知らない馬鹿は
ファンタジーの世界で生きてろよ。

農業の自前?
対価を払って買ってますが何か問題でも?

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:52:56 ID:fRM5UYCFO
国から出ていくのか否かにまだこたえてないが。 感情論はそんなに悪いのかな?感情に建て前の屁理屈を被せたのが白人の主張だが。

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:57:55 ID:ASGBuUnf0
734
無知乙
勿論一方的じゃないですよ。でも戦後の日中の技術云々は 相互関係でしょ。

日本もそれが有利と感じて技術も盗まれかたなしは自業自得だし。

金の話だが 金の大切差は分かるさ。でも犠牲を金で買う馬鹿日本人丸出しの考えだな。

イラク戦そうなどなんていわれてたかわすれたか?

そのくせ先進国などとのた打ち回る 白人気取りのイエローモンキー
G8に入りたいとコンがん  

情けない・・・・国連でもアメリカのイエスマン気取りに行くのか?

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:06:10 ID:7qEKsbMpO
世界の何処にも、歴史上のどの時点でも、完全無欠、非難を受けない国、文化、民族等存在しない。勝手に白人を気取り見下すのは自由だが、日本は充分に評価されている。俺は誇りを持って良いと思う。根無し草程寂しい人間はいない。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:06:47 ID:fRM5UYCFO
自分の主張が正しいと思うならすべての反論に再反論して欲しいな。都合の良いところだけレス付けるなよ

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:10:32 ID:+5BhtKaQ0
>>736
20世紀初頭の話だったのだが・・・どうやら本当に知らないようだな。

技術を盗んだ?
ああ、それも不満だね。
でもそれ以上に許せないのは海賊版の横行だ。
まさか「人口が多いんだからしょうがない」とか言わないよな?
世界最悪の泥棒国家が「盗まれる方が悪い」と開き直る。全く残念です。

中国人は愛国無罪で党に忠実な単細胞なんだから
政府が本気で取り締まれば効果はあるはず。なのにそれをしない。
なんと野蛮な国だろうね。

犠牲を金で買う?
何時買ったのだ?
自衛隊が銃弾飛び交う紛争地にしゃしゃり出て、人を殺せというのか。
俺はいいと思うが、そんなのは隣国の連中が許さないんじゃないのか。

言ってる事と望んでる事が矛盾してるぞ。

>G8に入りたいと懇願
ああいたな。小泉首相にサミット参加の仲介を頼み、断られた惨めな大統領が。

アメリカのイエスマンだと?
それは世界中の親米国家に言いなさい。
日本はミャンマーへの経済制裁を求めるアメリカに反対したりもしている。
国連の議決において何時も共同歩調をとっているわけではない。

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:18:40 ID:7qEKsbMpO
>>730
どんな意見にも賛否両論あるのは当たり前だよ。感情論では無い実現可能な建設的な意見を言えば良いだけです。

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:19:34 ID:UQQMycB80
737

勿論そのおとりだが 日本に誇れるのはGDPのみだろ?
馬鹿はすぐこれが先進国の条件とジャップは言う

ちがうだろっつーわけ! 先進国というのは すエー電だってデンマークだって 社会システムや福祉最先端
また 文化もフランスやイギリスは最先端

日本は?GDPだけ?それで白人気取ってるから 痛いんだよ。先進国とかさ。何が先進国だよ 醜悪イエロー国家

まともな文化もきずけない 機知外ロリコン漫画国家だとさ はずかしい

739
矛盾してる?どこが? もし紛争地帯を国連決議されてるとこ収めるなら 銃を持つことは誇りでしょ?

昔のジャップは正統性なんかない いわば自分たちだけ黄色差別受けたくない一身で 同属嫌悪の成れの果てだろ!!

矛盾なんかしてないだろ?



742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:22:28 ID:+5BhtKaQ0
正当性云々を抜かすなら
西欧の凶悪な植民地支配は何なんだろうね。

白人サマにだけ通じる国連決議でもあったのかw

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:27:34 ID:+5BhtKaQ0
社会システムや福祉最先端、文化において
スウェーデン・デンマーク・イギリス・フランスが先進国?

じゃあ具体的にどういう面が優れているのか指摘してごらん。
抽象的な話じゃなくて、どこどこのこういう政策が日本に比べて
どういう点で優れている・・・という風に。

イメージだけでもモノ語ってるんじゃないよな?
日本を腐して優位に立った気になるのはいいけど
そんなのじゃ何の説得力もないから。

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:30:34 ID:+5BhtKaQ0
大体、その「まともでない日本文化」に熱を上げて
漫画やアニメを視聴する白人は何なのだろうね。

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:32:03 ID:TCYST6qg0
742
言っておくがまえにも言ったが

その直ミンチ支配は もとを言えばグローバル化というんだよ

わかるか?大航海時代を。その結果どれだけ世界は発展した?どれだけ世界を開拓した?白人様は?

なにも糞モンゴロイド東アジアンのように 鎖国して迷惑かけなきゃ土人でも偉い人というわけじゃないだろ?

違いますか?土人の醜悪歴史見てみなよ まぐなカルタの時代 日本は源平合戦だろ?  話にならないよ?

権利章典? 啓蒙革命? 思想のグローバル化や 物質文明 文化の多様化流動化多目的かを成してきたのはどなた様?

そんでヒタスラ島国にこもって アマのテラスちょんの神なんて崇拝してばか民族はだえですか?

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:37:23 ID:oCRD/UY80
なんで、そんなに白人マンセーなの?
日本は好きな国、世界1位だよ〜
日本の文化輸出量は世界2位
経済規模世界2位
生活の質が世界2位
一人あたりの個人資産は世界1位
技術革新力は世界1位
IT競争力は世界2位


   これでなんで先進国じゃないの?おせーてW

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:38:37 ID:+5BhtKaQ0
これが噂の火病か・・・怖すぎる。

マグナカルタがどうした。
貴族が己の権利を王に認めさせただけだろうが。

権利章典・啓蒙革命が何だというのだ。
彼らはその先進的な思想を持って被支配国を統治したのか?
人を人とも思わぬ奴隷貿易、人頭税で徹底的に痛めつけたくせに。

何故アマテラスを崇拝してはいけないんだ?

キリストは頭の悪い変態オヤジでそれを崇めるやつはカスですか?

鎖国が悪い事のように言うが、江戸初期は英仏蘭西葡と交易していた。
してなくても文句を言われる筋合いはないけどな。

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:38:42 ID:oCRD/UY80
生活の質は世界7位

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:38:57 ID:TCYST6qg0
740
そもそも福祉のノーマライゼーションや ユニバーサルデザイン等デンマーク 福祉的リハビリテーションも全部アメリカね!

また介護保険誠意度もドイツをモデル 日本の社会福祉法は巣エーでんモデル

社会保険体制もどいつもでる

そして立地モンドなど福祉技術の確立したのもアメリカ人

障害者や先天性などの人権法案作ったのもアメリカ

また児童や虐待DV ADA  あげくはナショナルミニマムの公的扶助確立もでん部アメリカヨーロッパ


ぜ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んぶまねジャップ

そんで社会保障制度が破綻気味  乙

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:40:29 ID:oCRD/UY80
それに現在ヨーロッパから日本に入ってきてる文化って何かあるの?
あいもかわらず過去の産物、伝統?きしょいんだよW
現在新しい文化を生み出してるのはアメリカと日本しかないと思う


751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:45:28 ID:d9TQpfnM0
747
いいか?西欧は例えばリハビリテーション医学

一次対戦で戦傷者の体のケアから欧州で確立

糞日本はそういうことが何一つできないだろ?

わかるよね?議会もそうだろ? 裁判もそうだろ?ジャンヌダルクも裁判で裁かれてるんだよあの時代に?

ジャップは?ww江戸になっても喧嘩両成敗  土人wwwwwこんきょねーーよww



752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:47:20 ID:d9TQpfnM0
750
日本が文化生んでるとか 島国から出たことない日本メディア洗脳脳ですか?

欧米ではみんなマンが読んでると思ってるの?あげくは欧米で日本低浮くに有名だと思ってるの?www

どこにあるかすら知らない奴がほとんどなのに  妄想してんなよ 黄色が

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:52:25 ID:oCRD/UY80
でも日本の文化輸出量はアメリカの次だよ
世界中に日本文化ばらまいてる
その現実は変わらない
西洋が日本より文化的に他国に影響与えてるのかな?
あいもかわらず気色悪い伝統マンセーでしょ

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:55:09 ID:d9TQpfnM0
輸出量=文化  とか  もうしわけないが 頭が悪い

勉強しようよ  文化の意味を

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:58:24 ID:7qEKsbMpO
>>740
各国の制度を研究し自国の事情に合わせて採り入れるのは君の感覚だと悪くて恥ずかしいのか?何処の国でもやってるぞ。参考にされた国でも誇りこそすれ非難等しない当たり前の事です。勿論日本の優れている方面も参考にされています。運行ダイヤ然り、看板方式然り。

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 16:00:53 ID:d9TQpfnM0
755

勿論 あなたがいってることはまちがいではない

ですが  この世のせべてを 生み出してるのは 何もかもなにもかもなにもかもなにもかも

白人 コーカソイドでしょ?

コーカソイドしか地球にいなくてもさほど今と変わらない社会でしょう。

しかしモンゴロイドしかいなかったら  いまでも よくて 江土人でしょ?

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 16:02:03 ID:oCRD/UY80
世界2位の額になるまで輸出できるということは、それだけの需要があるということ
でしょ。
需要があるということは、それだけ受け入れられてるということだし
現に日本は好感度が世界1位だよ〜
西洋=植民地主義の気色悪い伝統保持、また社会福祉とか植民地主義と
ギャップがありすぎて気持ち悪いよな不気味すぎる。


758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 16:04:21 ID:d9TQpfnM0
757

君の感情など委員ですよ  議論の場なんだから

そもそもその世界にいの輸出の相手国調べなさい

ほとんど何カ国か。  アメリカ一国に 輸出入の経済封鎖されただけで即日滅ぶ国なんだよ

759 :755:2007/10/28(日) 16:09:30 ID:7qEKsbMpO
すまん、アンカーみす
>>740 ×
>>749

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 16:18:27 ID:oCRD/UY80
結局、朝鮮土人と同じ原理で話してるよね
昔、日本に文化を伝播してやったとW朝鮮人が文化を伝えなかったら
倭国は土人の国のままだったというW


761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 16:24:40 ID:+uuB++oA0
>>756
>ですが  この世のせべてを 生み出して

白人 コーカソイドでしょ?

違うが
もしそうだったら何なの? それを言えよ。

>コーカソイドしか地球にいなくてもさほど今と変わらない社会でしょう。

しかしモンゴロイドしかいなかったら  いまでも よくて 江土人でしょ?

有り得ない仮定の話をしても意味が無い。



762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 16:29:20 ID:oCRD/UY80
でも火薬生み出したのは中国じゃなかった?火薬なかったら
かなり社会変わってたよな。スペインのアメリカ征服もないし
アメリカなかったら白人様も終わりだったよな
白人様に火薬を伝えた中国モンゴロイドに感謝W

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 16:29:40 ID:m5U2K9Jc0
760
なんでもちょんだな・よほどチョんがライバルなんだなジャップは?

いつ太古の話したよ・?

そんなら法律 憲法 医学 建築学  天文学 b政治  議会 条約 人権 権利  社会契約 民主主義 科学

言えばきりないほど  モンゴロイドは全部まねさせていただいてるんだろ白人の?
そんで日本は1900年近くまで腹きりちょんまげ自殺マニア国家だとよw

偉大なる哲学者、思想家、科学者はすべて白人種。
世界に大きな経済革命工業、宗教、啓蒙革命等変革をもたらしたのも白人種。
権利や自由といった普遍的価値の革命をもたらした白人種
同時期に必死で武士とか言う野蛮ちんぴら劣等時代遅れ生活をしていたアジアンwww
世界3大宗教の釈迦もイエスもムハンマドもみんなコーカソイド(白人)
世界3大科学者のニュートンもアインシュタインもノイマンも
世界3大哲学者のソクラテスもニーチェもヴィトゲンシュタインも
世界3大美人(小野小町は日本人の捏造)のクレオパトラもヘレネ(ギリシャ)も楊貴妃(アラブ系のコーカソイド(白人))も
みんなみんなコーカソイド(白人)だ。 何で白人ってこんなに優秀で美麗なんだろうか???

論破しろよ?

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 16:32:11 ID:m5U2K9Jc0
ちょっとめしくってないから牛丼やいってくら〜〜〜〜


765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 16:37:09 ID:oCRD/UY80
そもそも3大なんて誰が考えたんでしょうねW
哲学者は中国にもいるお、諸子百家とか孔子W

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 16:48:09 ID:fRM5UYCFO
おかげを被ったらなんで卑下されるのかその単細胞な二元論が判らない。建設的な意見が一つもないから君は叩かれるんだよ。感情論だから書かない?元々無いんだろ?

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 16:49:20 ID:+uuB++oA0
>>764
あれ〜留学中じゃなかったけ〜???

論破?簡単 お前が選んだから

隣の煙草屋の婆さんに選ばせればまた答えは違うだろ。

釈迦に楊貴妃は無理有り過ぎだろ?

あんまり使い回しするなよ。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 16:56:33 ID:m5U2K9Jc0
笑えますね相変わらずwでも例えば彼のようにおそらく、極端に左翼思想に意図的にしてるんでしょうかね!
議論というか注目浴びるやり方は、彼は確かにすごいですよ。本心なのかが分からないが。多少強引さが魅力なんですよ彼の!w

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 16:57:24 ID:m5U2K9Jc0
と自演してみるw

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 17:09:57 ID:+uuB++oA0
まぁ昨日から http://academy6.2ch.net/history/#4 で遊んだ
私としては天然で〜この日本語で〜白人マンセーなら
それはそれで凄い。

2ちゃん遊びと心得てキャラ演出したり変な日本語使って
煙に巻いたり知識披露してるなら
その方が凄い。ある意味天才。

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 17:13:27 ID:fRM5UYCFO
昔ホスト板にジキトという電波がいたけどそれに似てるかなあ

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 17:16:49 ID:eea+V6hG0
あのさ  はなしかわっけどさ

昨日しってる?山手線の出来事
http://www.youtube.com/watch?v=JeG8r76dnYY
http://www.youtube.com/watch?v=h99S44TRAXY
http://www.youtube.com/watch?v=rA5ynu6v0Io
http://www.youtube.com/watch?v=41P0sHj88j4

【クソ外人】外国人たちが、27日に山手線車内でハロウィンパーティー計画中

白人国で黄色がちょうしこめば、向こうは白人黒人のいかつい奴おおいから そくぶっころされるのに

白人は日本じゃやりたい放題だぜ   黄色をなめ腐ってる

黄色は白人黒人に一切なにもいえないからwwwww

見てみてこれらの画像全部

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 17:58:12 ID:Ndt1V4010
白人国で黄色が調子ブッこいてる写真など珍しくも無い。
互いに外人が何かやってる程度にしか見られんよ。

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 20:54:37 ID:Gnrxk4Kd0
YOU tUBEはみたよ だけどこっちの論戦のがおもろい
そろそろ再開してくれ クルセイダー

775 :770:2007/10/28(日) 21:09:20 ID:7qEKsbMpO
>>774
768みたいな設定変更別人モードになると終りみたいだよ。昨日の祭もそうでした。

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 21:23:22 ID:Gnrxk4Kd0
ならはっきりいおう たとえ2ちゃんのようなあそびの場合でも
クルセイダーが
暴れることで少なからず人に害を及ぼしている。もう少し控える
控えるべきだ。と俺は思う。楽しければいいでも構わないが、
論戦者ひいては2ちゃんの品位 もしくは この国の品位を問われる
べきことでもある。

777 :775:2007/10/28(日) 21:28:09 ID:+uuB++oA0
やられた!
今日は二重変身モードかよ!


778 :775:2007/10/28(日) 21:33:26 ID:+uuB++oA0
でも777ゲットだ!
それと
クルセーダーかクルセイダーなのかどっちかにしろ!

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 21:34:10 ID:Gnrxk4Kd0
IDをみろ俺はまえにも発言してクルセイダーよりもまえにも発言し
ている。
いいか このままではこの国は滅ぶ可能性がある。
クルセイダーがいっていることも事実だ。
俺たち若い人間が己の認識を変えることが必要だ
クルセイダーはほかの人間と違う視点で物事をみているから
勉強になることもある。若い人にこれからのこの国はかかっている。
間違えがあるならばこの国を正そう。出来ることは小さなことでも
いい。あるはずだ。

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 21:47:52 ID:5vgU2u+D0
「このまま」続ければどこのどんな安定した国だって滅びるだろうよw

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 21:53:16 ID:Gnrxk4Kd0
俺は論戦を好まないのでこれでおさらばする。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 21:54:57 ID:HAaYXd8+0
どう考えてもこのクソスレのレス速度は異常

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 22:17:12 ID:eE/rimwX0
世界史板だけじゃなくこっちにまで迷惑かけてんのか

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 22:37:56 ID:f24G86ik0
実際

日本研究のアメリカ学者が

2chは日本人の本音であるとコメントしたしな


実際2chで暴れているのはごく少数なのに

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 22:58:24 ID:eE/rimwX0
日本語不自由だな

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 23:58:07 ID:fRM5UYCFO
pcと携帯で二重モードなのか?

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 11:00:32 ID:eer0ZxKb0
おれは 二十モードなんかつかってね^^^−−−−−

なんでそんなこちしなきゃならね^−−?

正々堂々論破うけてたつぜ!!!!!!日本史おたの知識自慢の自意識か浄ども

俺は逃げも隠れもしね〜〜〜〜〜〜

こいや   いつでもかかってきなさい  かたっぱしから論破してやっぜ????

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 11:05:29 ID:eer0ZxKb0
776

ひとついわしてもらうが 俺は 煽りや個人攻撃などといったDQN会話などしてないだろ?

事実しか言ってないし。ようは  あんたらと視点が違うということ

それで痛い日本史つかれたら 嵐とか・・・・それはちがうよね?

それは日本史隙にとって 都合が悪いからでしょ?

なんどもいうが  視点変えれば俺が言ってるのもまた 日本の歴史。

いつでも論破するんで  かかってこいやwwwwよほど日本史に自信あるんだろうから

それから2チャンほど低俗DQNの集まりはいない。

だが  学問版だけはまともだと思う。 だから俺も学問版だけ着てる。

他は最下級の奴らの集まりだよ。ぶっちゃ毛。

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 11:08:43 ID:eer0ZxKb0
775

それから俺が書いたんじゃない。俺友達のパソコン使ってやって 俺の友達が書いた。

まじで  そこまでみすぼらしいことはしない。  俺は自演しなくても論破できるし。

わざわざばれるようなこと市内から。  俺は自演はしない。これだけは信じてほしい。

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 11:41:40 ID:WDPZv65k0


ま〜〜〜俺  日本史の!〜〜〜〜10まで 全て論破してぶっ潰せますので

俺に勝てるという  日本史おたの知識自慢やロウ  いつでも挑戦状うけるんで   

4649!!!  それじゃあ!

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 14:52:27 ID:WAoUmLxqO
もう、お前はイイ
飽きた。じゃネ。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 15:52:07 ID:vg1lZD3O0
近代化が出来る土壌
つまり
社会的分業が出来ること
他者の文化を受け入れるだけの経済、文化的基盤があること
上記2点を履行できるなるべく多くの人口があること
この3点があるのが当時日本だっただけ 
よってこのスレ終了

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 17:15:09 ID:bf0aiJz70
あぁ〜ん まだ終わっちゃダメぇ〜

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 17:26:35 ID:wjdkASxD0
エロ↑

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 17:36:37 ID:bf0aiJz70
ジュポ ジュポ   ジュポ ジュポ

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 17:49:56 ID:wjdkASxD0
やっぱろここも低俗な人間の集まりらしいねw

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 18:25:09 ID:7LfmWA/qO
http://bbs2.worldn.media.daum.net/griffin/do/koreawave/read?bbsId=K005&articleId=3544
中国人、韓国人、日本人の中でどの人種の顔が一番か

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 18:42:10 ID:3pOKBPTA0
>>797
くだらね〜〜
どこも一緒だば〜〜〜〜〜か 
せめて東アジアと東南アジアで比べろwそれでも勝てないけどなw世界最強に不細工だから東アジアンはw

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 20:31:02 ID:wjdkASxD0
おい クルセーダー板がとまってるぞ?どうなってるんだ!
ちゃんと仕事をしろ!みんなお前の発言が楽しみなんだから

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 20:43:28 ID:9VN28yub0
クルセーダーの活きが悪くなって来たな・・・
口をパクパクさせてる瀕死の鮮魚のようだ。

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 20:44:37 ID:wjdkASxD0
だいぶジャブが効きだしたな。

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 20:46:31 ID:wjdkASxD0
それとも いま吉野屋にいるかだな

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 21:39:59 ID:wjdkASxD0
age

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 22:55:05 ID:CEnkjHQPO
東アジア人が不細工というのは 彫りが浅いのと目が細いのと頬骨やエラがでてるから?

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 23:01:18 ID:vtkmVQrd0
暴れてるキチガイが不細工なだけ。

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 00:44:57 ID:vky6Rjeq0
池沼 ププ

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 02:32:36 ID:B3H33g940
きちがい祭り終了か

808 :クルセーダー:2007/10/30(火) 11:48:48 ID:0yVrlvSw0
飽きたとかいわれてんだもん    なんかもうテンションさがつた・・・・・

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 20:36:48 ID:2g5fU5t+O
>>808
ほょ!コテ付き?
本人か分からんが
言って置こう

そんなんで止める
なら
最初から
わけわかめの
主張すな!

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 23:13:31 ID:U/K5HSl00
過疎ったな

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 23:14:18 ID:U/K5HSl00
何かあるかもしれんからageておこう

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 23:29:38 ID:thFGmFKAO
さっきまで日本史板の「日本は中国の何たら」スレにいたけどね。

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/01(木) 20:23:25 ID:FO/5XM4gO
シベリア抑留や被爆者に日本国が国で支援し、慰安婦等の問題を他国である日本国に求めるのは、

日本が非核国で自衛権しか持たないから。

と、核保有反対の俺が言う。

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 14:47:43 ID:iVdfS6B10
西洋化の大義名分のもとに、
明治に入ってから、銭湯の混浴、夜這いが禁止されて、
男性の性欲の発散場所が失われたから、
みんな軍に入って外国にレイプをしに出かけただけ。

大宗教が勢力を拡大したのは、
レイプ目的の未開領域開拓ののち宗教導入で平定、
をマッチポンプ的に繰り返したからだから、
それと同じことが明治以降に日本で起こっただけだね。

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 14:59:04 ID:rWTPzAjQ0
>>814
いろんな意味で www

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 15:14:51 ID:clt+G6Z80
ネットを普及させたのもエロだけど、エロは発展の原動力。
エロい事に日常的に不自由しなかった江戸時代の人が、
明治政府のエロ抑制操作で有り余ったパワーをどこかに
向けるために奔走したのは確かだろう。

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 15:22:37 ID:rHQ6wkCP0
旧日本軍がかつて遠征した地域と、
売春目的で今の馬鹿日本人が旅行する地域とが
ほぼ一致するのははたして偶然だろうか?

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 17:07:10 ID:rWTPzAjQ0
明治維新を文明化と言うなら、維新から太平洋戦争敗戦まで
たった77年なんだよな。
前工業化社会がそれだけの間に、自力資本で工業化し
中国とロシアを破り、アメリカと数年に渡る殴り合いを
全て自国製の機動艦隊と航空兵力で行ったんだよな。
で、国が焦土になり、莫大な資本投下を行った全ての植民地を
失い、刃を交わしてもいない世界中の国から戦時賠償を求められても
全て律儀に支払い、かつ、気がつけば日本製品がなければ
文明が立ち行かないくらいの、下手な資源国以上の
影響力と富を蓄え、建国してから2667年男系継承で一つの王朝を
維持している独自民族文明圏。

欧州の千年王国渇望がイマイチピンと来ないのは、千年を超えた
旧家がざらと言う旧き歴史と文化は、一神教文明圏以外に
ここにしか残っていない。

現在の欧州の旧家や歴史のある王家・貴族はローマ帝国からの流れを
自慢にしているが、天皇家を超える王朝を誇る「列強」はどこにも無いことを
無知な輩に、たまに教えると黙るか火病をおこすかのどちらかなんだな。

冷厳たる事実はあらゆる反論を打ち砕く

819 :クルセーダー:2007/11/03(土) 17:29:36 ID:OmS+cne20
>>818
でたらめ歴史を妄想してオナニーしてんじゃないよ

>全て自国製の機動艦隊と航空兵力で行ったんだよな

嘘こいてんじゃないよwwwwwwwww日清も日露も全部イギリス製の軍艦武器だ馬鹿wwwwww

あげくは二次大戦の連合艦隊も、戦艦の何席がイギリス製か言ってみろよ?wwwwww

それに国産だから何?ww性能見てみろよ?アメリカの旧式エセックス級より最新鋭の昇格で84機
超おんぼろ赤城で94機しか搭載できない。あげくは、消火設備や エレベーター機能 速度 対空砲火システム

さらに言わせてもらえば お前らの信じてやまない戦艦大和武蔵 wあんなの二十分で撃沈されたな?あげくは駆逐艦一席撃沈したのみってか?www
あめりかはハードにこだわっていない レーダー 統制制御統合能力 VT信管 合理的修理システム 機動化

なにをとっても圧倒的  あげくはゼロ戦  急降下すればすぐ大破する人身を無視した造り。途中のF6Fには完敗 マリアナ沖会戦では242機ゼロ戦撃墜されたのにアメリカは24期しか撃墜できなかった。

しかも基地外ちょんの近親相姦天皇族をいまだに神と思ってる低脳ぶりwww

欧米は 早くから立憲君主制やまぐなカルタ、三部会や 責任内閣制、あげくはフランス革命と、民衆の権利を認めさせ、現代の価値の革命をおこしつずけてるのに

日本は天皇=神とか  くっだらねー神風精神論で 西洋の文明に立ち向かおうとした土人ナショナリズムwwwwwww
天皇に代わる価値を見出すことすらできなかった 時代遅れの最下級国家

しかし日本人は信じて疑わない。  天皇の神の国と。。。こいつのようにwwwwwww

永遠に行ってロば〜〜〜〜〜〜〜か


820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 18:13:06 ID:TJz3Q3Rn0
>>818
維新から太平洋戦争敗戦まで77年しか経ってないと言われれば、たしかに意外な感じだ。
まあ日本の戦後の繁栄は大陸領土を失った故であるという説もあるから、そこはかえって良かったかもしれない。
朝鮮の防衛は米国が担ったが、はじめから大陸経営に米国資本を招き入れていれば米国と争うこともなかったのではないか。
そこが残念だ。

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 18:43:43 ID:kvcCXLWJ0
>それに国産だから何?ww性能見てみろよ?アメリカの旧式エセックス級より最新鋭の昇格で84機

ゼロ戦を知らないようです。

>なにをとっても圧倒的

太平洋戦争の戦局を理解していないようです。

>急降下すればすぐ大破する人身を無視した造り。

妄想を書き込んでいるようです。

>マリアナ沖会戦では242機ゼロ戦撃墜されたのにアメリカは24期しか撃墜できなかった

マリアナ沖海戦の状況を理解していないようです。

>基地外ちょんの近親相姦天皇族

自国の民族の妄想を信じているようです。

>民衆の権利を認めさせ、現代の価値の革命

ローマ法がどこの起源か知らないようです。


822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 18:45:25 ID:kvcCXLWJ0
>日本は天皇=神とか  

王権神授説を知らないようです。

>天皇に代わる価値を見出すことすらできなかった 時代遅れの最下級国家

ローマ法王を知らないようです。

>永遠に行ってロば〜〜〜〜〜〜〜か

悔しくて悔しくて捨て台詞を残して逃げたようです。

823 :クルセーダー:2007/11/03(土) 18:58:40 ID:f7xgrBWq0
>>821
>>822

お前歴史板の奴だろ?根拠示せよ  否定は馬鹿でもできるんだよ

何が違うからひていしてるのかいえよ?それすらできないくせに毎回毎回

いいぜ?二次大戦  ミクロの部分まで論破してやっか?
にげんなよ?

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 19:18:19 ID:kvcCXLWJ0
>>823

プww
日本史版では完璧論破されたからって・・・・
負け犬の遠吠えでつねw

825 :クルセーダー:2007/11/03(土) 19:59:52 ID:Lyuex3W20
>>822
お前さ  あくまでこの根拠を示さないかいわつずけるならレスするな。

一個だけいぅてやる。

この王権神授説  俺は1900年代も天皇=神だと  しかも思想も確立された状態で継続され利用されてるといってるわけ。

そんで王権神授札はいつの話してる?な?そのごどう変わったんだよ?いえよ?な?はなしのつじつまあってねーよな?

お前はこういう会話しかできないんだよ

826 :クルセーダー:2007/11/03(土) 20:28:13 ID:MDvuXAmj0

あれれれ????????逃げかな?wwwwww

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 21:56:10 ID:rM/rMrpO0
すごいキチガイだな・・・

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 22:30:03 ID:giW609/s0
TBS「ここが変だよ日本人」にも出演していた在日韓国人(キム・ムギ)氏の衝撃講演動画です。
本国韓国人に日本国内での日本人に対する「世論操作」「世論工作」の実践方法と成果をレクチャーしている衝撃動画です。
2つ目の動画で教科書・慰安婦問題でも世界中に工作活動をしたことを誇らしげに語っています。

http://vision.ameba.jp/watch.do;jsessionid=92FD7135CBF5F0A85CDD74C0437D1ED0?movie=239857
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=626115

韓国の一方的な捏造歪曲歴史観を日本と世界中に流布させるための実践方法を本国韓国人に伝授しています。
心ある日本人は日本中に知らせてください。
本当にやばいです。

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 22:42:21 ID:sOBLFE0M0
>>825

>そんで王権神授札はいつの話してる?

いーや、王権神授説は形を変えて生き続けたよ。
偉大なヒトラー様個人崇拝としてなwwww
>しかも思想も確立された状態で継続され利用されてるといってるわけ。
↑まんまナチスじゃねえかww

>あれれれ????????逃げかな?wwwwww

そんなにビビらなくても・・・w

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 02:46:22 ID:n+mPMsvy0
久しぶりに 賑わっている と思ったら

      Kittyちゃん  だった・・・

831 :渋沢 善ざえもん:2007/11/04(日) 11:45:15 ID:xS+aOU2u0
age


832 :クルセーダー:2007/11/04(日) 11:56:01 ID:PjjNYY7s0
>>829
お前に言うのは何百回目だよ?なあ?おまえは歴史以前にも ゼミとかうけてないだろ?な??

>いーや、王権神授説は形を変えて生き続けたよ。

全部お前の感情論なんだよ  根拠も示さず 思ったことを垂れ流すだけ。

お前の感情論なんかどーーーーーーーーでもいんんだよ

どういう理由で どういう根拠で どういう史実で僧感じてるのか。

普通きちんとした教育受けてれば それくらいのことわかんだろ?

お前は本当につまらない。  はなしがいがまったくない  いつもこっちがお前に指導しなきゃならないんだもん

もう学問版から去れよ

833 :渋沢 善ざえもん:2007/11/04(日) 19:49:09 ID:xS+aOU2u0

クルセーダーへ 
問うこの国がアメリカ西欧の植民地 属国だとしたならば
この国 ひいては世界の人々の為にもっともよい手段はなんだとおもう?
このまま犬のように白人に仕えるべきか、犬を装いつつ、かみ殺すチャンス
を狙うか、対等の立場を目指しつつ僅かづつ前進するか?
はたまた おまえの答えはまたべつのものか?

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 21:57:32 ID:h+zUOTZF0
>>833
だからね 白人をかみ殺すか 属国のままかという極論に必ずなるが、

実際自立どころか、アメリカから経済封鎖されれば  人工衛星でも貸してもらえなきゃ

一週間で自滅する国なんですよ。ましてやどうやって対等の立場になれるわけ?

そもそも白人は俺たちが黄色人種と言う時点で もはや見下してるのに。

無理。  日本に生まれた時点で無理。  軍事的に優位に立つことも不可能で

あげくは外交も 経済も工業も 技術も  なにもかもアメリカ依存

依存してないのはソフトの面 これでどうやってアメリカ倒す?

マイクロチップでも投げつけて 白人張り倒すか?wwもやしチビしかいない日本人が?

幻想いだいてんじゃねーーー

イチロー  毛利飛行士 まつい 芸術家 映画スター

みんな自分に能力確信したものは  白人社会にいってしまうだろ?

いつまで日本国籍だからと こんな極東の猿の島国なんかに粘着してる発想なんだよ?

発想を切り替えろ!!こんなジャップごとき国籍など捨てて欧米に移住しろ

今後5億年たっても 日本には未来なんかねーーよ

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 22:10:50 ID:83OUf2310
>>832

>全部お前の感情論なんだよ  根拠も示さず 思ったことを垂れ流すだけ。




根 拠 も 証 拠 も 出 せ な い お 前 が 言 え た こ と か w w






836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 22:16:22 ID:83OUf2310
>アメリカから経済封鎖されれば  人工衛星でも貸してもらえなきゃ

アメリカが日本に経済封鎖すれば、日本の資本が無くなって経済が崩壊するわけだが。
アメリカの衛星には日本の技術が多々使われているんだが。

>一週間で自滅する国なんですよ。ましてやどうやって対等の立場になれるわけ?

世界の経済の15%を占める日本経済が崩壊したら、世界大恐慌が起こるわけだが。

>軍事的に優位に立つことも不可能で

日本の自衛隊は、英独仏三国を合計した兵力よりも多いわけだが。
イージスを4隻持ってるわけだが。

>あげくは外交も 経済も工業も 技術も  なにもかもアメリカ依存

外交は別として、経済も工業も技術も、日米は依存し合ってるわけだが。
しかも日中貿易が日米貿易より規模が大きいわけだが。

>依存してないのはソフトの面 これでどうやってアメリカ倒す?

現代の高度情報化社会で最も重要な産業はソフト面なのだが。


837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 22:18:24 ID:83OUf2310
>みんな自分に能力確信したものは  白人社会にいってしまうだろ?

ビート武を知らんのか?

>発想を切り替えろ!!こんなジャップごとき国籍など捨てて欧米に移住しろ




お 前 が 真 っ 先 に 行 動 で 示 す べ き な の だ が






838 :渋沢 善ざえもん:2007/11/04(日) 22:58:05 ID:xS+aOU2u0
農家は畑と家屋があるので飯にはこまらんのでアメリカにいかなくて
も大丈夫だよw
たとえ戦後のようなねずみやかえるをくわねばならん
状況にあっても農家は大丈夫。

839 :渋沢 善ざえもん:2007/11/04(日) 23:01:38 ID:xS+aOU2u0
そもそもいくら見下されようと、属国にされようと、日本の国のした
に、つかず、完全な農家として、国民が自給自足すれば、アメリカに
なにもかも頼らずとも、江戸時代にハイテクを足した暮らし方を
すれば可能かもしれん。
問題は防衛だな。

840 :渋沢 善ざえもん:2007/11/04(日) 23:05:47 ID:xS+aOU2u0
これからの世界はモノの価値が標準化するらしいから
食い物、貴金属の価値があがる、農業立国すれば完全独立も可能だ
と俺は思う。(防衛は課題)
バイオガソリンや他の燃料が石油になりかわるとするなら
ば白人から離れて暮らすのも一つの手だとおもわんか?

841 :渋沢 善ざえもん:2007/11/04(日) 23:17:00 ID:xS+aOU2u0
鎖国ではなくて よい意味での農業国として生き残る方法もある。
これから50年で地球の人口は倍になる。温暖化が進み、大陸では
砂漠化が進む。
食料の需要はあきらかに高くなる。
技術革新によって、問題はかいけつされるのだろうか?
人に必要なのは金でも 鉄でも 石油でもない
まず 食料と 水だ これなくして人は石油も金も鉄も欲しない。


842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 02:01:02 ID:fMJoYMqI0
日本の気候や風土に適した遺伝子組み替え作物をジャンジャン作って
これまで日本では栽培不可だったものまで栽培可能にし、できた試作品を
>>841に無料提供10年位続けて観察し、健康上問題なければOKじゃん?
日本はあえて食料自給率100%も夢でない。

843 :渋沢 善ざえもん:2007/11/05(月) 20:58:00 ID:moyTsBs40
そんなあぶねーものくえんw


844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 21:30:17 ID:tiAqxe2X0
>>836

もう これがお前にれすする最後になるかも試練


>アメリカが日本に経済封鎖すれば、日本の資本が無くなって経済が崩壊するわけだが。
>アメリカの衛星には日本の技術が多々使われているんだが。

こんなレスしか返せないんだかラな   技術使われてるから度した?そんな話してるのか?そんなら日本全てなにからなにまで白人の作り出したものだな?きったねー日本家屋以外は
使われてるからなんだよ?自前あんのか?


>日本の自衛隊は、英独仏三国を合計した兵力よりも多いわけだが。
>イージスを4隻持ってるわけだが。

まったくお前軍事力知らないな?wwwww 自衛隊はF15は中国にまでも飛んでいけない航続能力
しかも新型YF22ラプターは 6機でF15263機1時間で撃墜できる能力を今現在で100機保有
しかもイージス間  アメリカは46席  しかもフリゲート艦63席 しかも 航空機100期以上の空母10隻以上 原子力潜水艦23隻北極海に展開してるが そこからでも日本に原爆OK
戦略爆撃機b52 100機以上  現在これを打ち落とせる迎撃機すら日本には皆無。
ミサイル戦艦4席 これら船にはほぼ半数にトマホーク有 これを打ち落とすPAC3は日本には沿岸部に10期程度だが 命中率は30発に一発でいいほう

90式戦車 ほとんど旧式で マニュアル手動 防御機能も アメリカのM!戦車の劣化ウラン断すら回避できない防御できない代物
イスラエルの装甲戦車のほうが圧倒的 あげくはドイツのレオポルド2型 イギリスとチャレンジャーのほうが先進的技術満載

さらにM1は 統制制御中央管理システムによる作戦行動一元化  
日本は 個別の師団ごとの判断に任せる旧式

さらに決定的は偵察能力 全て日本はアメリカ頼み。 人工衛星網も 通信網もアメリカいなけりゃ 大半機能遮断 

 なにがイージス間4席だばかがwwwwなんにもしんねーーで


おまえは 是^〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んぶ いち面のみの反論  あげあしにしかなっていない
もうお前にレスはしないよ  なにひとつ生産性の論議もできない脳





845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 21:42:46 ID:k+MkHq3S0
いいわすれたが アメリカの艦船の大半は 原子力艦船ナwwww

日本近海で一席撃沈したところで、日本もその格場有髪の犠牲となりさようならwwww

なにが  イージス間4席あるからwwwwwwだよwwwwwwwww
にほんにあるージスはそのなのとおり ミサイル防衛機能
しかし対艦ミサイルは ハープーん型で  依然に旧式

永遠にミサイル防衛を4席で限り有る玉数で どう防ぐの?wwww

アメリカは F18型は  銭湯爆撃機なため  空から  またアメリカの100隻近いミサイル攻撃型巡洋艦隊

あげくは日本のディーゼルおんぼろ潜水艦はよくて1っ週間程度の泉水能力 あめりかの原子力型は余裕で3ヶ月以上潜行  あげくは日本のより3倍以上の深度をもぐれる。
そこからも攻撃される

たいしたもんだよ  検索脳と  テレビ脳は  現実知らないのに  日本の情報鵜呑みにするんだからwwwww

そもそも  二次大戦時も  戦艦大和は 一席のアウトレンジ作戦で 全滅できる能力なんて  ほざいてたよな?wwwwwww
大半の日本の馬鹿は信じてやまなかったけど。

     乙

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:15:23 ID:q5/Sqgoc0
>そんなら日本全てなにからなにまで白人の作り出したものだな

日本が作ったものだよ。
軍事の知識もぼろぼろだな。
日本は独自ステルス戦闘機の開発進めてるし、イージスシステムは
本家よか日本で作ったほうが高性能になっちまった。
爆撃機?トマホーク?弾道ミサイルに対してならともかく、
亜音速の飛行物体を撃ち落とせねえわけねえだろ。
90式戦車も自動装填だし、装甲も複合装甲の
高張力鋼&セラミックは日本がトップ技術握ってるし。
メルカバはRPG対策に特化した戦車で現代のタングステン貫徹弾は防げねえ。

>アメリカの艦船の大半は 原子力艦船ナwwww

ないないw
ガスタービンと蒸気タービン。

必死で検索したんだろうなあw
参考サイトがトンデモばかりだったんだな。

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:21:57 ID:q5/Sqgoc0
航空機動艦隊の起源は日本だよね
アメリカパクリすぎ。

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:25:40 ID:q5/Sqgoc0
次はどこへ行くのかな〜♪

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:46:06 ID:QHTDKbZH0
ななしのクルセイダーは、歴史のことならそこそこの考察はあるようだが、軍事知識は素人以下だな。


850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:11:14 ID:OVvtfoHI0
>>844-845
なにやらアメリカとだけ必死で比較してるが、他の白人様国家は
どうなんだ?ん?日本に勝てんのか?w

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:41:16 ID:qOluX5mQ0
>技術使われてるから度した?
>そんなら日本全てなにからなにまで白人の作り出したものだな?

その論理から行くと、ヨーロッパの全家屋は日本が作り出したものになるんだが。

>まったくお前軍事力知らないな?wwwww 

ここは>>846氏に任せよう。


852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:46:49 ID:at2sNBVK0

ふざけんなこるあ?検索脳はてめーだろ?

>>846
>日本は独自ステルス戦闘機の開発進めてるし
おせーーーんだよwwYF22は全天候型 全領域ステルスだばかwww F2はどうしたこら?おんぼろがww

>90式戦車も自動装填だし、
あたりめーだよぼけwwww

>ないないw
>ガスタービンと蒸気タービン。
てめーうそこいてんじゃねーよ  

原子力空母 原水 原子力巡洋艦 原子力イージス 原子力フリゲート

何席あるかいえよ?ああ?検索脳やろうwwww

>>847
ねごとこいてんじゃねーよ 航空艦隊の陣容も 効果的防空網も 二次大戦時 何一つ確立できなかったくせによ。
結局アメリカのスタンスがスタンダードになってんだよww




853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:50:44 ID:WUrkJzwJ0
あげくは マリアナ沖会戦で VT新館の前に 糞見てーに  ゼロ戦ふるぼっ子にされた作戦は
アウトレンジ作戦だってさwwwww

おんぼろwwwwwwww

あげくはミッドウェーで 基地外南雲空母四席起動艦隊は
アメ工の一席の空母に壊滅

これで起動艦隊の発祥なんてほざいてんじゃねーよ雑魚  ジャップはなにやっても ろくな結果じゃない

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:55:55 ID:WUrkJzwJ0
さらに言えば 戦艦の技術

日本は基地外のごとく崇拝されてる 排水量45センチ法 中排水システム 

何か使い物になったの?wwwwww

アメリカは アイオワ型  全て33ノットの日本の空母よりはやい起動  統制制御勝者照射システム  統合管理システム レーダ0  VT信管 輪形陣  高角法の両用システム

なにをとっても圧倒的のアメリカ軍



855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:59:55 ID:WUrkJzwJ0
さらに空母  あめりかの合理的建艦技術は猛烈で

短期起工を可能にし、竣工も猛烈の速さ

しかもあたりまえのごとく タイコンでろが級どころか 旧式エセックスや 巡洋戦艦改造型も 全部搭載奇数100期以上

日本は?赤城以外90機以上詰める空母も持たず。

あげくは  戦中に起工した空母など3席程度
アメりhかは40席を超える。

なにもかもの格の違い。

しかも  信濃や大鵬等の  おんぼろ空母も  内地で潜水艦にやられる始末・・・・

なっさけねーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

856 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:03:31 ID:WUrkJzwJ0
あげくは  日本が誇った高速戦艦の金剛級四席の大半  

どこぞの 巡洋艦クラスに撃滅去れたよな?wwwwwwwwwわすれたか?あ?wwwww

あげくは重巡洋かんの鳥海等は 見方にごチンされる始末。。。。

雷撃船隊ひとつ  まともな戦跡もあげられないジャップwwwwwwww

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:07:45 ID:dbE2GWHj0
アメリカが圧倒的なのは当たり前だろ('-`)
あの当時から既にスーパーパワーだったからな
どの国と比較しても「圧倒的なアメリカ軍wwwww」なんてこた
言えるだろーよ。

ほかの大白人様々の大帝国は当時日本に勝てるか微妙だけどな

や、勝てんか。

858 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:10:41 ID:WUrkJzwJ0
俺が軍事に弱いと思ったらおおまちがえだぞ

くそゼロ戦と F6Fの  あまりの先進的違いでも語ってやろうか?駄目押しでw


859 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:13:14 ID:WUrkJzwJ0
>>857

はっはっはっはっ


また僕ちゃん  論破完了wwwwwwww

日本史って  超===========はずかすぃ〜〜〜〜ねwwwwww

860 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:20:04 ID:WUrkJzwJ0
仮に日英戦争 日独戦争  タイマン勝負でも

間違いなく  日本は単独じゃ勝てないよ白人様相手では。

なんかプリンスおぶうエールズの奇跡的撃沈や シンガポール占領の幻想抱いてるんだろ行けど

本国艦隊や 本国舞台は甘くないよ?

ましてや海軍持たないドイツにも  ぼこぼkだろうな

861 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:26:00 ID:61SET6XJ0
>>857
それに  当時日本はロシアともタイマンしてる。

ノモンハン事件はどうだ?一日で関東軍の精鋭は壊滅・・・・・

だっさーーーーーーーーーーー

白人様相手に勝てる国はないよwwwwwイエローモンキーじゃwwww

ここが  大コーカソイド様と  糞イエローモン機ー様の違い

絶対越えられない壁wwww

日本史って  はーーーずかすぃーーーねーーーーーーーー

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:27:14 ID:qOluX5mQ0
>おせーーーんだよwwYF22は全天候型 全領域ステルスだばかwww F2はどうしたこら?おんぼろがww

ラプターの電子機器には東芝の、尾翼に使われるカーボン繊維にはトヨタの技術が使われているんだが。

>航空艦隊の陣容も 効果的防空網も 二次大戦時 何一つ確立できなかったくせによ

米海軍が空母を量産し出したのは何時だった?

>マリアナ沖会戦で VT新館の前に 糞見てーに  ゼロ戦ふるぼっ子にされた作戦は

ああ、ゼロ戦一機相手に何機も繰り出して対抗したアレね。

>なにをとっても圧倒的のアメリカ軍

そのアメリカ軍が日本に負け続けてたのは何故かね?

>あめりかの合理的建艦技術は猛烈で

アメリカの人口は日本と比べて何倍だった?

>信濃や大鵬等の  おんぼろ空母も  内地で潜水艦にやられる始末・・・・

そうそう、真珠湾で壊滅寸前まで追い込まれた艦隊があったよね。

>日本が誇った高速戦艦の金剛級四席の大半  

旧式がどうかした?



863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:27:35 ID:2w72UiWj0
>>860
お前どこの国から来たんだい?

864 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:28:39 ID:61SET6XJ0


また  完全論破・・・・・だな    日本史はなにをとっても 醜悪ていたらく  なさけない



人類最下級の歴史   →  一位ちょん  1・5位ジャップ  でFA

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:29:07 ID:dbE2GWHj0
イタリア・フランス相手くらいなら楽勝だろ('゜∀゜`)
偉大なる大白人様様の大帝国にもかかわらずw

ま、どっちが攻めて行くかにはよるけど、
同じ国力で隣同士にあったとして、勝負すればな。

>>861
ノモンハンて痛み分けじゃねーか

ロシア側も死にまくってるが何か。

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:29:43 ID:dbE2GWHj0
自己レス訂正失礼

>>865
>同じ国力で

ここ削除

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:30:21 ID:qOluX5mQ0
>プリンスおぶうエールズの奇跡的撃沈や シンガポール占領の幻想抱いてるんだろ行けど
>本国艦隊や 本国舞台は甘くないよ?

おかしいなあ・・・
プリンス・オブ・ウェールズはイギリスの誇る大戦艦だったような・・・
で、具体的にどこが違うのか教えてもらおうか?

>ノモンハン事件はどうだ?一日で関東軍の精鋭は壊滅・・・・・

バンドン要塞って知ってる?

868 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:31:17 ID:61SET6XJ0
>>862

また揚げ足か   つまらない

>アメリカの人口は日本と比べて何倍だった?

人口のせいにするなら経済も語るなよ?

しかも経済の制だと思ってるのか?wwwwwww工業力はなんばいちがーーんだよ?wwww

869 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:33:13 ID:61SET6XJ0
>プリンス・オブ・ウェールズはイギリスの誇る大戦艦だったような・・・
>で、具体的にどこが違うのか教えてもらおうか?


おまえ  揚げ足なんだよ   根拠示せよ

武蔵は  神の船大和型は  シブやん海で ろくでもねーくそ自沈しやがったろ

使い物にも  最後までお荷物千間が世

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:33:16 ID:qOluX5mQ0
>工業力はなんばいちがーーんだよ?wwww

そこしか答えられないか。
ま、良い。
そう、アメリカは工業力も経済力も大きかった。
そりゃもう日本の何十倍もな。
だけど、物量作戦で押していくしかできなかった。
つまり、
ハ ン デ を 背 負 っ た 日 本 に 負 け 続 け て い た
んだよ。

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:33:34 ID:dbE2GWHj0
アメリカと比べて弱いことがなんなのって話。

ナンバーワンに及ばないのは当たり前の話なんだが

じゃ、イギリスの歴史もドイツの歴史もフランスの歴史も
恥ずかしいのかね。アメリカより弱いから。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:34:10 ID:2w72UiWj0
すげー白人崇拝野郎だな。
だからいつまでたってもチェリーボーヤなんだよ。

873 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:35:04 ID:61SET6XJ0
>>870

物量作戦だ?????wwwwwwwwwww無知乙

>>866に聞けよ  日本の科学技術  軍事技術のどれほどアメリカが上かよwwwww

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:36:14 ID:qOluX5mQ0
>>869

>おまえ  揚げ足なんだよ   根拠示せよ

http://en.wikipedia.org/wiki/HMS_Prince_of_Wales_%2853%29

>At the time of the declaration of war the Prince of Wales was fitting out in Birkenhead.

おやおや、こんなことも知らないとは・・・

>武蔵は  神の船大和型は  シブやん海で ろくでもねーくそ自沈しやがったろ

その航空戦術も全て日本あってこそだな。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:36:51 ID:qOluX5mQ0
>物量作戦だ?????wwwwwwwwwww無知乙

米軍が投入した艦船数言ってみ?

876 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:37:10 ID:61SET6XJ0
>>872

おい  個人攻撃にかわったら お前の負け

ここで  2ちゃん特有の  自称男前のたうちまわってもしょーがねーだろ

それやりてんなら  学問版以外でやれよ

いくらでもインだろよそのスレはそういうやつ

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:37:46 ID:dbE2GWHj0
一時空母撃沈されまくってゼロになって、風船爆弾で
本土を爆撃されてたな。アメリカ。

大々白人様々のなかでも最強無敵のはずの神国・アメリカの軍隊が
なんで日本ごときの軍隊に当初負けてたのかなァ

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:38:01 ID:qOluX5mQ0
>>876

まずは論点をそらさず、逃げないことを覚えよう。

879 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:40:03 ID:61SET6XJ0
当初の劣性というのは  珊瑚開会戦かな?wwwwwwwwww

それとも真珠湾えも言ってるの?wwwwww

もしくは最強ドイツ相手に躍起のフランスイギリスの南方地帯でも言ってるの?wwwwww

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:40:52 ID:qOluX5mQ0
以下「まぐれに決まってんだろww」や「卑怯な手を使ったんだろww」
もしくは「本気じゃなかったんだよww」
と言った良いわけレスを予想↓

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:40:59 ID:2w72UiWj0
>>876
白人崇拝ヘタレ野郎の分際で おい とはなんだクソハゲ

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:42:13 ID:qOluX5mQ0
>>879

客観的事実として、日本軍が東南アジアの大半を占領した事実をどう
言訳するのか聞きたいな。

883 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:42:52 ID:61SET6XJ0
>>876うわーーーーーーー

空気嫁よ   少なくとも>>880は  この流れ分かってる。

しらけたわーーーーー個人攻撃しかできない奴   しかも学問版でwwww

オわた。。。。今日は終了



884 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:43:40 ID:61SET6XJ0
間違えた>>881

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:44:15 ID:qOluX5mQ0
どうやら答えられないので逃げたようです。


886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:45:30 ID:dbE2GWHj0
>オわた。。。。今日は終了

旗色悪いので逃げます、と

良い時なんてないけどな…( ´ー`)

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:48:05 ID:qOluX5mQ0
みなさん、わかりましたか?
このように妄想を妄想の根拠とする輩は、大体において逃げ際が見苦しいものです。
思いっきり笑ってあげましょう。

888 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:48:55 ID:yHRsNEXV0
逃げるも何も  はく熱してきてるのに

ヒタスラ  個人攻撃  しかも学問版で・・・・・みわかんねー

個人攻撃は よそのレスでくさるほどできんだろ

逃げるも糞もねーよ  逃げるならはじめから  日本史大好きのバカドも相手にこんなこといわねーーよ

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:51:06 ID:2w72UiWj0
>>887
どうやら藻前さんに悪いことしちまったようだな。
俺はこのバカハゲみてえな自虐野郎って大嫌いなんだよ。

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:53:30 ID:qOluX5mQ0
>>889

まあ、逃げる口実を与えてやったんだから良いんじゃない?
このまま続けるとROMっちゃったかも知れないし。

自虐って言うかコレの場合は反日じゃないかな?

891 :クルセーダー:2007/11/06(火) 01:54:17 ID:61SET6XJ0
俺もお前らのような  日本しだい好き  大日本人史観の 全ての歴史日本目線の

右翼国粋脳はでーーきれーーーー

だから  議論が成り立つんだろ

おまえらも  日本史好き同士  日本人の同じ目線で歴史を絶え間なく見てて  なにか生産性あったか?

ちょうどいいんだよ

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:56:21 ID:/gFNgzl10
冷戦時代じゃあるまいし今時になって原子力フリゲートなんかないよ。
金かかりまくりんぐでみんな退役。空母と潜水艦ぐらい。
ノモンハンは最近のロシアの情報開示でソ連側の損害が
物凄かったことがわかってるよね。

>プリンス・オブ・ウェールズ&レパルス撃沈

ああ、チャーチルが第二次大戦でこれほど
衝撃を受けたことはなかったって自伝で告白してたやつか。

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 02:12:09 ID:2w72UiWj0
>>891
なんかコイツ言ってる事おかしいわ。


894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 02:33:10 ID:/gFNgzl10
原子力艦を沈めると核爆発が起こるなんてぬかすくらいだから。

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 02:42:17 ID:/gFNgzl10
>>888のクルちゃんはIDが違うんだな。
複数のパソコンで書き込んでるのか?

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 08:41:25 ID:wmpUtXiVO
>>891
まぁ、クーちゃんの主張は自分の批判する日本人目線て奴を反転させただけ。イワユル白人個人にコーカソイド全体の業績をホルホルして喜ぶヤツはいない。ベタの反転日本人(もしくは・・・・)

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 13:01:18 ID:BAaVEOgJ0
クーちゃんはちょっと突っ込み入ると「個人攻撃だ!」「個人攻撃だ!」
と喚くが散々
日本語が下手なのは日独ハーフで欧米(どっちだよ?)留学中→
留学経験有に訂正で先祖が旗本で南方戦線で戦士した身内がいて
埼玉の名門、県立浦和高校卒業で・・・他に何かあったかな?
自分でネタ振り過ぎだろ?
議論が目的ならこんなネタいらないだろ?
個人攻撃なんぞお門違い!!!


898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 13:06:45 ID:vd/+dQde0
へぇ 浦和高校卒業なんて すごいじゃないですか
と 埼玉県民として 思いました

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 18:09:56 ID:wmpUtXiVO
で、大学生な。

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 18:43:14 ID:fciwB4ULO
おぉ、早稲田か

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 19:20:54 ID:wmpUtXiVO
正直いって彼のワケワカメの理屈より、人となりの方が余程面白いんだよね。

902 :クルセーダー:2007/11/06(火) 19:42:40 ID:XxK9oRUt0
>>897
全部事実  嘘などついてないよ。さらに早稲田なんてDQんではない  国公立だ!!!超一流のナ
>>870
なにが物量作戦で行くしかないだよ  寝言いってんなよここの性能や 技術力 電探技術 消化や空母のエレベーター技術 
なにをとっても 圧倒的だけどな?その上で物量  なんか勘違いしてない? 日本の旧式っぷりは痛すぎるだろましてやドイツはV2ロケットやめっサーシュミット  あげくはキングタイガー2号は  日本の軽戦車しか作れない竹やり特攻玉砕集団とは違うけどな?wwwww
>>874
航空戦術だ?qqwwwwwwwほざくなよ雑魚  実際真珠湾以外 糞ジャップがまともに起動艦隊活躍できた作戦は?wwwかすめ 珊瑚界雄いつの撃沈が痛み訳か?wwwwなさけねーーーー 元祖気取ってんじゃねーよ  海軍自体イギリスの属国海軍のくせによwwwww



903 :クルセーダー:2007/11/06(火) 19:44:39 ID:XxK9oRUt0
>>882
なにが南方占領だよ 東洋艦隊事態 
またフランスもイギリスも阿蘭陀も たかが統治領に治安維持程度の舞台しか置いてない、あげくはシンガポールも そうだが  最強ドイツ相手に躍起の状態に奇襲同然の殴りこみ  だれでもかてるんだよぼけ 戦車も持たない特攻竹やり兵めwwww

いつも日本は僧  日清日露日中 も全部〜〜〜〜〜相手の混乱期にじょうじて侵略しかできない  ひっきょ〜〜〜〜〜〜くせ〜〜〜〜〜〜
そんで一チョ前に 白人様の真似して 大日本帝国だとよwwwwwwいなかっぺかよwww
あげくは国内に小日本主義なんて歌われて 弾圧躍起wwwwwwだっせ〜〜〜〜〜〜〜〜


904 :クルセーダー:2007/11/06(火) 19:47:19 ID:XxK9oRUt0
>>892
その意味は違うよ  まさかプリンスが  ジャップの東洋の猿にやられるとは。という意味なんだけど?
戦感じたいの撃沈ではなく、東洋艦隊の布陣みれば分かるが  あの程度で押さえ込めると思っていたのが 
まさか東洋の猿に 誤報がきっかけでやられるとは思わなかったという意味。

実際 バトルオブブリテンや ドイツの通商破壊作戦のほうがよほど脅威的
あげくはダンケルク作戦や アシカ作戦は イギリスにとって 実行されれば究極の脅威。

しかしジャップごときの猿真似艦隊に 当時のポンポン砲の対空兵器の前にやられるとは思っていなかったというのが  一番の衝撃。 
 そんなのわかるだろ?イエローモンキーが。裏を返せよ ぼけ

イギリスに 日清も日露も 一次も  すべて駒に使われた  イギリスの犬海軍だった分際が世www


>>896  それは違う。なんどもいうが  白人の業績ではなく  日本の歴史を語ってもいる。 要は視点変えれば俺の言ってることもまた日本史ということ
反転してるわけじゃない。反転してると感じるのは  ここの日本史好き国粋脳たちが  いかに日本史目線の  日本人史観で日本を語っているかということ。  少し視点変えれば全部崩れ去るくらいの捏造日本史と  ていたらくな日本史ということ  いいかげんきずけよ



905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 21:00:56 ID:iEW6Y1Ng0
>>902
まあ、同意する部分は多々ある。
確かに戦前、戦中の日本の技術力は劣っていた。
資本も劣り、当時のことを調べればよくここまで戦えたなと逆に感心するぐらいだ。
まあ、ドイツはイタリア(戦地では足を引っ張るが)という仲間がすぐ近くにいて、技術などを交換し合えたり
できたけど、日本は日本一国だからね。朝鮮や台湾は日本が手助けしないと駄目だし・・・

うんうん、ところで、南太平洋海戦って何でしたっけ?
ちなみに、そちらの理論だとイギリス以外の全ての国が属国海軍になりますな。
何所まで話を広げるつもりですか?

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 21:06:32 ID:G9xT6Apy0
>>904
全知全能の「神」目線で言えば
「愚かな人間共よ、何故教えを守らず争いを繰り返すのか?」

超高度な文明を持つ「宇宙人」目線で言えば
「k#jmdrpou〜bzkgalko*>trvqoi?」

ネイティブアメリカン目線で言えば
「白人みな悪い なぜ俺たちの土地盗むのか?」

文明を知らず密林で自然と共に生きる部族目線で言えば
「文明?そんなの関係〜ネ〜 ハイ オッパッピ〜」

以下省略 視点を変えれ悲劇は喜劇であり 始まりは
終わりであり 勝利は敗北であり 死は生である
だが敢て言う

立脚点の無い視点ほど空しいものは無い
母国語を満足に使えず母国を語るほど悲しいものは無い

根無し草は実を結ばぬと覚えよ



907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 21:15:28 ID:iEW6Y1Ng0
>>903
日本の主戦場も中国のため、ある意味片手までやったということになるな、そちらの言い分だと。
ちなみに、インド師団の歩兵大隊の3分の1はイギリス本国の部隊、さらにグルカ兵も含んでいる。
これを簡単に打ち破ける軍があったら教えて欲しいものです。

え? 日清日露が相手国の混乱に乗じて?
いくらなんでもバカすぎるぞ。

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 21:27:03 ID:iEW6Y1Ng0
>>904
「第二次世界大戦回顧録」を読めば? 留学していたんだから英語ぐらい読めるよね?w
お宅が書いたようなことなんて一切書いてないから。

そして、聞いてもいない話に逃げる。

プリンス・オブ・ウェールズ撃沈は、チャーチルが第二次大戦で一番ショックを受けた話
    ↓
くるせいだー「まさかプリンスが  ジャップの東洋の猿にやられるとは。という意味なんだけど?」←願望
    ↓
くるせいだー「実際 バトルオブブリテンや ドイツの通商破壊作戦のほうがよほど脅威的」←誰も脅威云々話なんてしていない


さらに馬鹿話に入って痛すぎる・・・
プリンス・オブ・ウェールズは対空兵器で撃沈したらしい。
新説だなw

そして、お約束、壊れたスピーカー。相変わらずです。ワンパターン。


次の全く論理的でな言い訳に関しては言う言葉はないですな。
語るだけ無駄です。

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 21:29:18 ID:iEW6Y1Ng0
この言葉がぴったり当てはまりますので送ります

”自分で作った設定に自分で取り憑かれ、まるでそれが世の常識のようだと思いこんでしまっているから、論破は不可能.
 なぜなら論破とは、されるほうにも「それなりの頭が必要」だから”

910 :クルセーダー:2007/11/06(火) 21:56:46 ID:/WShYpfD0
>>907
そもそも日中戦争やってる部隊と関東軍と 南方進出軍を一緒にはできないよ

関東軍は 極端に言えば独立部隊。 大本営の枠外にあるといっても過言でないよね?

実際装備や軍事力が優越していたからシンガポール落とせたわけじゃないくらい分かるでしょ?

それから日清日露  これはまえにもいったはずですよ?

>>908
勿論書いてないですよ  いいたいことは  もっともショック=手ごわい  という意味ではないということ
チャーチルは  ショック=なんで?どして? うそ〜〜?ありえない まさか〜〜! ということ。
わかりますよね?  そういう意味で  ドイツとの対義語のショックという意味で言ったまでいったまで 

それからプリンスは  書いたとおり  当時では最新鋭というのは  対空兵器の充実振りです。
ポンポン砲はその代表。

なんどもいうが  持論じゃなく  視点変えれば またこれも事実   



911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 22:12:01 ID:E8bCTiPM0
>>902

>その上で物量

結局物量じゃないかww

>実際真珠湾以外 糞ジャップがまともに起動艦隊活躍できた作戦は?

はい、これでお前は日本が始めて航空戦術を有効に使用したと認めたわけだ。
論破完了。

>当時のポンポン砲の対空兵器の前にやられるとは思っていなかったというのが

色々言訳連ねてるが

結 局 イ ギ リ ス が 誇 る 戦 艦 が 撃 沈 さ れ た の は 事 実 だ ろ ?

912 :クルセーダー:2007/11/06(火) 22:31:42 ID:9pCF/Eyp0
>>911
いいだろう  私も君の熱い日本史へのダサク醜い国粋の思い  感じ入った  受けてたとう。
君を徹底的に論破して威光じゃないか。

>結局物量じゃないかww
結局技術も物量も負けてる日本は言えた義理か?

、>これでお前は日本が始めて航空戦術を有効に使用したと認めたわけだ。
この立役者の五十六を言えば
五十六は外国武官時代  アメリカの工業力 経済力ともに 日本の100倍以上
あげくは  戦争すれば東京は三度くらい簡単に丸焼きにされるといってる。
しかも  やつは会戦反対論者。 そのため命も狙われてる。
優いつ、奴は  日本海軍という最下級の海軍国の中で 常識人であったのは間違いないよ。
やつのおかげで 起動歓待や 体感巨砲主義というものに しゅうしふをうったが
それは逆に 更なる試練となったのは現実。
さらに  日独同盟にも消極的だったのも事実。 何度も講義してる。それに奴の功績は 真珠湾の際の 宣戦布告後の攻撃を徹底してたこと。
しかし  糞ジャップ艦隊は ろくな通信技術もないから 常に意思相違・・・結果あのざま
まーーーーやつは日本人にしてはかなりの人物だよ   よかったな?墓穴戦術 物量作戦の幕開けできて。乙

>結 局 イ ギ リ ス が 誇 る 戦 艦 が 撃 沈 さ れ た の は 事 実 だ ろ ?
そのプリンスの同系型もプリンスも  即本国艦隊に編入されてた当時、アイスランド沖会戦で ビスマルクと プリンつオイゲンを大破させてますが何か?

そんなら大和と武蔵は  世界最強  アウトレンジで 全滅上等などとのた打ち回って  見事に  恥さらした行動体系と  最後でしたねwww
大和は悲劇で 恥を美徳に変えましたが、武蔵の醜態は美徳どころか  隠されrくらいの なさけない戦艦でしたが何か?
駆逐艦のどーしょもない船一席以外 なにか打撃あるの?wwwwww

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 22:43:27 ID:E8bCTiPM0
>結局技術も物量も負けてる日本は言えた義理か?

そ の 日 本 に 初 戦 で 負 け た の は 事 実 だ ろ ?
生産力で圧倒的に勝ってたのに、何で負けてたの?

>アイスランド沖会戦で ビスマルクと プリンつオイゲンを大破させてますが何か?

それがどうした?
そ の 偉 大 な 戦 艦 が 日 本 軍 に 撃 沈 さ れ た の は 事 実 だ ろ ?

>そんなら大和と武蔵は  世界最強  アウトレンジで 全滅上等などとのた打ち回って  見事に  恥さらした行動体系と

日本の航空戦術をマネした米軍のおかげだな。
そもそも、アウトレンジ攻撃はイギリスのドレッドノート級戦艦の構想だが。



914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 22:46:17 ID:E8bCTiPM0
>体感巨砲主義というものに しゅうしふをうったが


海 戦 の 新 し い 幕 を 開 け た の は 下 劣 な 日 本 人 だ っ た と w
航空戦術を編み出したのは日本人だったと。
それが現代まで白色人種に用いられていると。
墓穴掘ってどうした?

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 22:46:50 ID:/gFNgzl10
>プリンス・オブ・ウェールズ撃沈の報告を聞いたチャーチルは、「あの艦が!」と絶句し、
>「戦争全体で(その報告以外、)私に直接的な衝撃を与えたことはなかった」と著書の
>第二次世界大戦回顧録で語っている。

だそうでつ。

>そのプリンスの同系型もプリンスも  即本国艦隊に編入されてた当時、
>アイスランド沖会戦で ビスマルクと プリンつオイゲンを大破させてますが何か?

だから何?
そんな歴戦艦をあっさり沈められちゃったからチャーチルも衝撃を受けたんでせう。
てゆうかその海戦ではプリンス・オブ・ウェールズは早々に損傷して退避してる。

916 :クルセーダー:2007/11/06(火) 22:48:49 ID:RY2ouONq0
>>913
>そ の 日 本 に 初 戦 で 負 け た の は 事 実 だ ろ ?
>生産力で圧倒的に勝ってたのに、何で負けてたの?
その言い訳は議論じゃないだろ?
初期ではアメリカは物量では圧倒してないよ?アメリカが戦時体制に入ったのは 真珠湾攻撃後のことwww間違えてるよ君?www世論操作後に 一気に物量と科学技術に猛烈さを・・・言うまでもないよね?

>そもそも、アウトレンジ攻撃はイギリスのドレッドノート級戦艦の構想だが。
そうだよ  度レットノート級の どーしょうもなく古い時代の 作戦を
いまだに信じて具現化したのが大和   

墓穴掘るなよwwwww

ちょっと マクドナルドにめしかってくるが  逃げるなよ?w


917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 22:57:06 ID:E8bCTiPM0
>その言い訳は議論じゃないだろ?

事実を「手加減してたんだー!」「科学技術で勝ってたんだー!」と
言訳するのも議論じゃないぞ?

>初期ではアメリカは物量では圧倒してないよ?

生産力で圧倒的だったのになー。
そうそう、艦船数は同等だったのに、量産開始するまで負け続けたってことは・・・
白人の資質ってたいしたこと無いんだねw
まあチョンには勝るが。

>そうだよ  度レットノート級の どーしょうもなく古い時代の 作戦を

それを具現化していたプリンス・オブ・ウェールズも日本の航空戦術に
敗れ去りましたとさ。

結局さ、白人が日本人の戦術真似しただけなんだよね。


918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:08:33 ID:/gFNgzl10
ところで、無視してくれていいけど、クルセーダーって、ネットカフェ難民ってやつなのか?

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:13:00 ID:iZULBnia0
クーちゃんは 大学生でわ?

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:17:14 ID:/gFNgzl10
自己申告ではそういってるけど。

921 :クルセーダー:2007/11/06(火) 23:24:05 ID:ey9No8L20
>>918
無視してねーよ  お前なんかまともな議論言ったか?
>そんな歴戦艦をあっさり沈められちゃったからチャーチルも衝撃を受けたんでせう
勘違いだよね? そもそもイギリスにとって東洋艦隊は あくまでサブ  メインは本国艦隊
そんなサブが一席やられて 死ぬほどショック?  意味履き違えるなよ  東洋の猿にやられたのがよほど悔しかったんだろうよ

>>917
>実を「手加減してたんだー!」「科学技術で勝ってたんだー!」と
>言訳するのも議論じゃないぞ?
いつ手加減してた なんていったよ? しかも下が機技術に勝ってたうえ  圧倒的な勝利じゃん
いいわけなんかしてないだろ?捏造すんじゃないよ


>生産力で圧倒的だったのになー。
>そうそう、艦船数は同等だったのに、量産開始するまで負け続けたってことは・
いやいや   wwwwwお前はワシントン条約の意味しらないの?
そもそも生産力が高いも糞もない。ワシントン条約ベルサイユ条約によって トン数から艦隊数まで全部決まってる。  生産力がどこに関係してくるの?
あげくは日独同盟結ぶことで また国際連盟ダッたいすることで
これらの条約が白紙にされ  建艦競争になることをもっとも恐れたのも  お前の大好きな五十六だよ
でも五十六以外は 体感巨砲主義を基地外のごとくとなえ 大和型を作り  規約外艦隊の検察を夢見た馬鹿ジャップ
墓穴とはこのことを言ってるんだよwwww
源田実るも 航空不要論といてるシナw生産力も糞も アメリカは条約なんか自ら日本のように破ってませんからwww
生産力言ってる時点で無能乙
条約破って幻想抱いだいた 糞ジャップはのほうが どうなんだよ?みずからやぶっといて 墓穴掘ってなぶり殺しってか?  なにが緒戦の勝利だよwww


>>918
友達んちのパソコンでやってる  





922 :クルセーダー:2007/11/06(火) 23:27:46 ID:ey9No8L20
さらには  当時の日本はというのとちがうよね?五十六は先駆者だよ

でも大半  当時の大本営も軍部も 前線司令官も 大半 空母はサブ  補助  女の域とまで馬鹿にしてるし。

実際 山口多門くらいでしょ 航空戦術に熟知してる奴なんて。

実際雷撃の神の後藤有朋も  貴重な高速戦艦  タイマン勝負で失ってるし始末だしなwwww
なさけない・・・・・w

それじゃマック言ってくる  にげるなよ?

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:29:32 ID:E8bCTiPM0
>>921

>そんなサブが一席やられて 死ぬほどショック?

なあお前、>>874のウィキ英語板読んでこいよ。

>しかも下が機技術に勝ってたうえ  圧倒的な勝利じゃん

日本も初戦は圧倒的な勝利でしたが何か?

>生産力がどこに関係してくるの?

生産力が高いってことは戦力の供給に直結するだろ?

>お前の大好きな五十六だよ

こんなこと言ってないがな。
捏造すんなよ。
で、結局

同 等  の 戦 力 だ と 日 本 軍 に 負 け 続 け た ア メ リ カ 
ってのは、認めるな?

924 :クルセーダー:2007/11/06(火) 23:32:05 ID:ey9No8L20
>>917
最後に行く前に   プリンス  これは体感巨砲を具現化したものじゃないから。

実際大鵬は38センチ砲  プリンスは排水量の三分の一が防御装甲というものボウギョリョクデハトウジセカイサイコウ
レーダーも装備  もともとこの船は ドイツの 航空機による 商戦護衛という意味合いが強く作られた戦艦

勘違いするな  大和ごときとwwww

ではいってくる

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:33:55 ID:E8bCTiPM0
>ドイツの 航空機による 商戦護衛という意味合いが強く作られた戦艦

偉 大 な 白 人 の 対 空 装 備 を 充 実 さ せ た 戦 艦 が
日 本 人 の 航 空 機 に 敗 れ た わ け か w w

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:35:05 ID:iZULBnia0
もう なにが なんだか …

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:56:47 ID:/gFNgzl10
>>921
>メインは本国艦隊

まぁドイツ相手にそこそこ戦えた戦艦が簡単に沈んじゃったからね。
だから死ぬほどショック受けたんだろうね。

>友達んちのパソコンでやってる  

そのうち友達無くすぞw
こんな書き込みつづけててどう思われてるやら。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:58:48 ID:E8bCTiPM0
マック行くとか言って逃げたみたいだな。


929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:02:09 ID:/gFNgzl10
こんな夜中に、友達の家で、マックで買った夜食をかじりつつ、2ちゃんに熱中。

友達の家で書いてるってのがもし本当なら、もうやめとけ。

930 :クルセーダー:2007/11/07(水) 00:46:21 ID:WzlPUK8H0
逃げてねー世ボケ

俺の家ではネットつなげないから  友達の家でしかネットできない  

>>929  いいかえせないから  俺の存在がうといんだろ?日本私大好きには  目を覆いたくなる現実だからなww

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:49:16 ID:aV1Cacfs0
>>930
観察対象として面白いからいてもいいよ。
現実生活ぶち壊してまで2ちゃんねるに執着した人間の末路を見てみたい。

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:50:52 ID:aV1Cacfs0
てゆーか、俺が心配してるのはクルセーダーよりも
クルセーダーに居座られてるっていう友達のほうだよ。

933 :クルセーダー:2007/11/07(水) 00:54:18 ID:1c1FH0LP0
だから  俺の生活は 心配してくれなくて決行   議論しろボケ
俺は歴史以外知識内と思ってるんだろうが  法律m 医学  福祉 心理学 社会学 軽罪 経営 ・・・と幅広く知識持ってる  お前らいじょうにな

心配無用

それから友達は  夜間場いつもバイトしている  心配後無用  心配する暇あるなら  まともな論かえせ

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:59:20 ID:aV1Cacfs0
自慢の戦艦がボコボコされて死ぬほどショック受けました、と。

>それから友達は  夜間場いつもバイトしている  心配後無用 

だからね、そういうことやってると疎まれるんだよ。
おもいやりの心をもて。

935 :クルセーダー:2007/11/07(水) 00:59:55 ID:1c1FH0LP0
まーきょうも論破だよね 客観的に見てどう見ても

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 01:05:08 ID:aV1Cacfs0
勝利宣言&遁走、と。

937 :クルセーダー:2007/11/07(水) 01:06:35 ID:1c1FH0LP0
>>934
だから自慢の戦艦でも  わるいが トウにイギリスはライオン級千巻の建造計画も出てるわけ。H級に対抗すべく。

それに  ドイツによっての被害は当初から有る程度予想できてること。  勿論ベルサイユによる体制化であそこまでとはおもってないにしても バトルオブブリテンは とうにはじまってるわけ プリンス撃沈時には。

ようは  まさか日本ごとき  東洋の猿に 撃沈されるというのが究極の 誤算と ショックなわけ。悪いが もう本国は無差別爆撃受けてるんだよ

その中でしょxt区というのは  どういう意味かいい加減さっせよ?当時の英帝が日本なんかを  注視してるとおもうあ?みくだしまくってるだろ?いわなくてもさ?

それから友達の件だが  俺と同じ留年組  俺がアイツのレポート  他学部にもかかわらず  全部書いてやってる  問題なし。
あいつは6年たっても3年に進級できないのを今年俺がレポート全開書いて  3年に進級させてやった。6年目にしてな

俺には逆らえない。今後も俺がレポート全部書いてやってるんだから。

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 01:30:45 ID:aV1Cacfs0
>トウにイギリスはライオン級千巻の建造計画も出てるわけ。H級に対抗すべく。

存在しない戦艦に自慢も糞もない。
バトル・オブ・ブリテンなんか持ち出したって意味ないぞ。
まぁ本国の爆撃よりショックだったんだなあ。

こんな酷い日本語でレポート書けてるの?

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 01:50:40 ID:6KMvetK90
どうでもいいが、このクルセーダーとやらが馬鹿丸出し野郎ってことは確か。

940 :クルセーダー:2007/11/07(水) 01:52:41 ID:qN12pUTd0
>>938
お前ナ  プリンスが 東洋歓待が頓挫したことで どのような  どのくらいの経済そんシュツ程度か言えよ?

ましてや シンガポールごとき。東洋艦隊は  コロンボにも巨大軍港も有る

プリンスが これによって守られていた権益も 領域も  別にたかがしれてる なぜなら死守しなくとも 補給戦切断すれば藻屑と分かっているから。

そもそも南方の資源など  大半内地に輸送成功できてないけどな?wwwwwなさけない

甘いんだよ  そういうのを  国粋脳というんだよ なにもかも  だい日本人史観で見れば  そういう解釈になるよな?

そもそもインパールみてみろよ  ソロモン諸島のラバウル近辺どうした?www
まったく。  日本は まともにウェーキーや ガダルカナル トラック周辺すら  さほど離れてない島もまもれなかったんだろ?

それをイギrすは  西の端っこから 東の端っこで にほんあい手にしてるんだよ
あめりかもそうだけどなwwww   それですら大東亜共栄圏などとほざいた日本近海すら守り抜けない 糞土人国がいえたことですか?

それから  僕が書いたレポートはマジすごいですよ?  超1流大学なのに  全部優もらってますから。他人の他学部なのに。
悪いが  僕の知識は  半端ないんですよ  他領域でも。 まじすげーー  俺は自慢じゃないが  世界有数の脳を持ってると思う。

まじびびるよ?俺の論文




941 :クルセーダー:2007/11/07(水) 02:02:09 ID:cqVp0oe80
もっと言えば  真珠湾どころか  ミッドウェー 基地外ジャップが 隠ぺい工作打電丸分かりwwwwwww

ジャップは どーリットル攻撃隊が 日本近海まで迫ってきて  あげくは  陸軍攻撃機ボーイングが空母から発信されても  何一つ有効な情報得られないどころか

立った一揆も撃墜できず  なすすべもない有様   なっさけねーーーーー雑魚  どこが大日本人なんだよ?wwww

何が起動艦隊ですか?   ミドウぇーなんか言わなくても  基地外ジャップは 島の基地も空母艦隊に任命し  トラックに航空機集結

しかしあめりかの凍傷作戦に   あえなくスルーーーーーーーーーー

なにやっても  ていたらく   おまえら連合艦隊は  神の艦隊とほざいて信じてたんだろ?なんだあの有様は?

お前らは日本を当時の日本人のように信じてるだけ  いい加減目を覚ませよ

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 02:05:38 ID:za3p7ciU0
>>940
こいつやっぱり妄想馬鹿だ。

>まじびびるよ?俺の論文

あまりのアフォさ加減にな。



943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 02:19:37 ID:TNWKBBTt0
まあ、なんだ。鮮人は半島に帰れ。

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 02:27:02 ID:aV1Cacfs0
>>940
東南アジアの最重要貿易拠点シンガポール陥落で経済損失がなかったって?驚きだねえ。
インド洋でもイギリス艦隊はボコボコだったっけ。
補給線?Uボートにやられてアメリカが助けてくれなかったら完全に滅んでたねイギリス。
日本の航空機動艦隊をパクったアメリカの力はすごかった。これは認める。

>レポート

優秀なんだー。それで留年組だなんてすごいよ。信じられない。

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 03:48:19 ID:Zo604KVs0
まあ主力はナチと戦ってるイギリスを責めるのは酷だろう。w

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 04:12:28 ID:aV1Cacfs0
まぁ日本が強かっただけだからね。

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 09:15:10 ID:qQboFlhC0
>ようは  まさか日本ごとき  東洋の猿に 撃沈されるというのが究極の 誤算と ショックなわけ。悪いが もう本国は無差別爆撃受けてるんだよ


で、対空兵器充実させた対独戦艦が
日 本 人 の 航 空 機 に 撃 沈 さ れ た と 言 う の は 事 実 だ な 

>日本近海まで迫ってきて  
>立った一揆も撃墜できず  

そりゃ物量作戦で日本軍は壊滅状態にあったからな。
兵器も無くなるわな。
で、会戦当初の日本軍快進撃から

 白 人 は 物 量 で 攻 め な い と 日 本 に 勝 て な か っ た
 
事は認めるな?

>超1流大学なのに  

俺も早稲田だが、超一流は東大や京大のことを言う。
お前何学部?


948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 11:05:54 ID:J1+9omBf0
クーちゃんの脳内履歴書ですか

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 11:48:42 ID:PCjR6UUn0
>クルセーダー 

一通りコイツのレス読んでみたが、コイツは現役中学生だよ。
文章レベル低すぎ。

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 12:17:09 ID:h9nA6xsr0
クルセイダー

中学生というより白人ににてるな。俺はネットゲームで日々白人と
チャットし やつらと戦略ゲームで勝負してるが、こういうやから
は多い。英語的な思考、及び会話方法だな。彼の文章は日本語を
つかっているが日本的ではない。と西洋ネトゲオタクの俺はいって
みる。

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 12:37:06 ID:h9nA6xsr0
俺の単純な考察によると 白人の英語だけで考えると、白人が覚え
る基本的なアルファベットの文字数は23 大文字小文字に分けても
56文字、つまり 日本人が 新聞を読むために必要な2000から
3000の漢字及びカタカナなどをわずか56種の文字の組み合わせ
で表現している。これは日本人が漢字を覚えるのに義務教育期間9年
をかけるのに対し、56文字を覚える期間は1年もいらないだろう。
ましてや、そのくみあわせ次第で英語圏に近い国の言葉も表現できる
数字 言語 基礎学術だけをみても、白人と日本人の合理性または
利便性、幼児期における、学習効率をみてもあきらかだ、日本で西欧
のようなゆとり教育がおこなえないのも、言語教育に時間がかかりす
ぎるという側面もある。英語は直線的で、合理的だ。
そもそも優れた言語を生み出した時点で勝敗はついている。
私は戦略ゲームで外人とかけひきするとき、
必要最低限しか話さない。英語力がないのもあるが、
彼らの英語は挑戦的で侮蔑的な表現が多く含まれるためもある。
これは相手を興奮させ、思考を偏らせる作用をする。クルセイダー氏
の日本語も挑戦的だが白人の若者、オタクたちが話す言葉さらに強い


952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 14:28:43 ID:3eT1h+ouO
また日本語の「不自由」な応援団がきましたね!
クーちゃん、前科あるからね。

953 :クルセーダー:2007/11/07(水) 16:33:58 ID:PgW5iX2x0
>>952
おれじゃねーーーよ  発信源突き止めろ屋  それに前は俺の友達だといってんだろ? ナンで俺が自演なんだよ
くだらねーーーーー  なめんなよ_?  友達のパソコン使ってんだよ  ぼけ


>>947
早稲田ごときだから  そんな認識しかないんだな?wwはずかしい大学は  はずかしい見識しかもたないわけだww

>>949
ああ・?くだらねーあおりがどうした?  俺と渡り合える知識もねーーくせによwww雑魚が  一生いっテロや

>>951
俺は白人じゃねーーーよ  それあら  東洋人が差別されてるのは  今に始まったことじゃねーーだろ?
アパルトヘイト見てみろよ?wwww旧国連見てみろよ?
東洋人差別全開だろ?仲良し最下級国家のちょんと一緒によwwww

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:23:38 ID:h9nA6xsr0
あれ?白人と日本人とのハーフだって設定じゃなかったけ?

955 :クルセーダー:2007/11/07(水) 17:26:20 ID:y2mniSBp0
ハーフを白人というのかよ?まーおまえら純血糞ジャップからしたら 白人様になるかもだがな

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:29:31 ID:h9nA6xsr0
日本語が不自由とは失礼な こんなところにわざわざ メモ書きで
文章下書きしてチェックして書き込むほどのこともない。
一発書きだから、。もぬけてるし、文章おかしくてあたりまえ。

俺はIDかわってねーべ。よくみろ それに2ちゃんよくしってる
やつならべつものだってすぐしらべられるだろ?

前も間違われたが俺はクルセイだーではないよ。

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:29:46 ID:TyOZPHu30
マクドナルドみたいな犬のえさ喰ってると
精神的に荒廃するというが、本当のようだな。

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:30:34 ID:h9nA6xsr0
まったくだ

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:32:23 ID:J1+9omBf0
>954
>あれ?白人と日本人とのハーフだって設定じゃなかったけ?

設定・・・ www


960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:34:22 ID:h9nA6xsr0
ハーフって頭や体がよくなるらしいな。てかジャーマンだっけ?
だからちょっとあたまよくてもひねくれちゃったんだな。
ドイツ人はヨーロッパでもちょっとかわってるもんね

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:36:01 ID:bgWv0iuw0
ドイツ人は若はげが多いよ。

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:37:35 ID:h9nA6xsr0
ドイツ人って英語しゃべれない人が多いんだっけ?

963 :クルセーダー:2007/11/07(水) 17:38:45 ID:YcRi9+HU0
おまえらチョん馬鹿にしてるけど  ちょんと日本の違いは少しだけ中国の属国期間が短いだけ。ww

あのさ  何度も言ってるけど  朝貢柵放体制下=属国みなし。。。というの  みなし。。。という法律的用語分かる?労働関係法でも社会保険法でも みなし用語多用されてるよね?意味分かる?

当時の日本も中国の貿易体制化に下れば属国とみなされると分かってるんだよ?だから足利の義則も 反対して一時期柵放を拒否した

しかしまた再開したけどな。

中国どころか  日本も  そんなの分かってるんだよ  中華秩序の属国扱いという秩序的封建枠組み体制に組み込まれるということを。

わかるか?  盲目低脳  無茶なこじつけ
言い訳かましてんじゃねー




そもそもな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

義光に 法号と 暦  中国から送られてる時点で  そんなの知りませんで下だ?

これらを送られるということは  属国みなし  ということは当時の社会通念でも 分かりませんでしたとでもいうつもりか?こら?

いってみろや?

なにが意識の問題だよ  意識的にも完全に属国扱いじゃねーかよ

形式的にも建前的にも 属国みなしだろーが

2000年の歴史のうち  数年以外は  大半中国と白人sまの属国だったジャップ    こんなはずかしい日本の歴史なんか  語る価値もない   はずかしい・・・・




964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:39:35 ID:h9nA6xsr0
ドイツX日本って、すごい組み合わせだな。
ベッキーだっけ?ウェンツだったかもその配合だったな。
みんな成功してるのに・・・。

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:42:57 ID:h9nA6xsr0
しかし、おまえにとってはこの国もドイツもどーでもいいかもしれん
が、この国に先祖代々暮らすものにとっては、ここは絶対に守らなけれ
ばいけない土地なんだよ。おまえがもしほんとうにドイツX日本の
ハーフならアイデンテティーが一部分くっきり開いてるのかもな


966 :クルセーダー:2007/11/07(水) 17:55:39 ID:5Zx7kBSH0
こらこらこらこら 

ジャップと偉大なるゲルマン人いっしょにするな!!

そもそもベルサイユ体制下、あれだけの軍事と  技術革新遂げられる国  どこにある?

あげくは元をただせば ビスマルクの鉄ケツ制裁  すばらしいよね
仏王戦争で勝利し  プロイセン盟主からなる 皇帝ウィルヘルム1世のドイツ帝国が発足すると
社会保障制度の拡充 法律憲法  いわゆる国内基盤の整備も行ってる。

極東の猿は 大日本帝国なんて白人の猿まねしたところで 憲法もドイツの真似し 社会保障制度なんて皆無に近い。
座敷牢で障害者を隔離しかできない野蛮人
この差だよ

もっといえば神聖ローマ皇帝  オットー カール大帝

このカールに板っては教会組織整備だけでなくアルクインなどの学者読んで カロリングるネアンす演出したよな?古代ローマと、
キリスト文化の融合させた人物  

しかもハインリヒ4世はカノッサの屈辱されては見たものの そのごアナーに事件やアビニオン移転など教皇権のバイロン補修にもつながる
近代的啓蒙思想の生まれる土壌も作った。

ドイツはすばらしいよ
もっといえばフランク王国だし。  日本は?  語るるに及ばず

なぜなら  ドイツと比較すると 痛すぎる  はずかしすぎる。。。。

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:57:14 ID:h9nA6xsr0
ヒトラーを産んだ 狂気の民族でもあるがな

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:59:59 ID:h9nA6xsr0
それにドイツの啓蒙思想だっけ?
あれフランスの思想のぱくりだろ?
フリードリヒ2世がだれだったかフランスから思想家をまねいた
うけおり、日本が啓蒙思想 産業革命も全部西欧から学んだのは
たしかだが、ドイツだっておなじだろ?文明科学技術 資源
ありとあらゆるものは流動している。単一的な価値観で割り切ること
はできない

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:01:33 ID:h9nA6xsr0
さらにいえば
啓蒙思想ってそもそも中国の儒学をとりいれて 官僚の採用制度まね
たり 結構 もとにしてるんじゃんかったけ?


970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:02:58 ID:f4UDjYz90
>>963
朝貢冊封体制っていうのがアレだな。
唐代において日本からは遣唐使で朝貢はしているが、冊封関係はない。
でも大陸国の渤海や新羅とは冊封関係があるから、この時点で大分差がある。
朝貢してても冊封関係がなければ内政干渉は起こらないから属国とはいえないな。
とりあえずこれで「少しだけ」はなくなったがそもそもの始まりが遣隋使だから
「日本」は最初から支那の属国なんかじゃないわけだ。奴国は小国林立の時代だし

ソース?第一学習社の改訂版世界史A教科書P.16図2wwwというわけであと6年ROMっとく
でも教科書片手の高校生にこんな事いわれて恥ずかしくないのか?

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:04:47 ID:h9nA6xsr0
まあさらにいえば ドイツ民族は第二次大戦でも ぶっつぶされ
挙句の果てにはまっぷたつにわられて真ん中にコンクリートで
壁までつくられたんだっけ?wwwwww

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:12:15 ID:h9nA6xsr0
聖徳太子の時点で日本は独立してんだよ。当時の皇帝も外交情勢は
どうあれ独立国として認めたんだ。
日出る国の天子より、日沈む国の天子より、
で返答はおとがめなしで 外交上も政治上もOKだったろ?
そんなこといってたら、西欧の極小国家なんてどうなる?皆どっかの
属国だって?ギリシアさえ 西暦0以降 独立してた以上に属国化
してた時間は長い、しかし、いまではだれも曾遊認識はないだろ?

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:16:03 ID:3eT1h+ouO
>>966
本当 クーちゃん 面白杉 鉄ケツ制裁?→ 鉄血宰相+鉄拳制裁 家内居ません。

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:16:12 ID:h9nA6xsr0
968に付随さらにいえば フランス人ってノルマンだろ?
おまえらゲルマンとはちがうだろ?

972付随 ギリシアが属国化されていた期間は日本よりながいと
訂正。

975 :クルセーダー:2007/11/07(水) 18:17:16 ID:XbfW40s80
>>970
お前はレベルが低すぎるから。  めんどくさい 教科書脳は。もうれすしなくていいからこれ最後に。

そもそも朝貢制度自体  内政干渉が主目的とどこに飼いいてあるの?www朝貢国で内政干渉を半端じゃなくされた国どこ?wwwあるの?ちょんとでもいいたいの?www
そもそもの朝貢柵放体制のイギと意味と目的理解してねーからそういうはなししかできねーしな

みなされるという意味もわかってねーようだし
  きょうかしょまいにい読んで炉読まず
>>968
君は知識がありそうだ。  それでは君には誠意を持って話そう

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:22:53 ID:h9nA6xsr0
さらに言えば、日本人がちょんを馬鹿にするやからがいるように、
ノルマンの中にもゲルマン差別主義者はいる。
イギリスはゲルマンだって言いたいだろうが。TOPはノルマンと
混血しまくっててどっちか分からないくらいだろ?
ようするにフランスとドイツはちょっとちがうだろ?
マリーアントワネットもドイツからおこしいれしてきたけど
ころされちゃったし、

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:24:32 ID:3eT1h+ouO
はぁ〜1000も近いね
クーちゃんの迷言録は次にするかな。

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:26:18 ID:h9nA6xsr0
白人の中にもランクがあるとすれば、ドイツは難しい格付けになると
おもわないか?ナポレオンをはじめ、カエサル、第二次大戦でもフラ
ンスやアメリカにおもちゃにされ、さらに言えば、植民地さえ他の国
に比べれば、少ない。ドイツ人と日本人ってね、おれが思うにどっか
にてるんだよ。

979 :クルセーダー:2007/11/07(水) 18:27:28 ID:IpVL7quW0
>。976
イギリスはジョージ五世はドイツ王族だけどな?
さらにはナポレオンもまたはプすぶる具と結婚し 子供が生まれてますがなにか?

フランスは純血のルマンでもない。ラテンとの混血が大多数
そもそも  神聖ローマ帝国内で ドイツ人にゲルマン人に ひれ伏していた国がドイツ馬鹿にできるたちばじゃない

そもそもフランス人もすばらしいけどな  じゃっぷちょんにくらぶれば

980 :クルセーダー:2007/11/07(水) 18:31:03 ID:Re+UTKLB0
そもそも君の考えのドイツ=ぷろいせんん というのが間違え

そもそもヒトラーの第サン帝国思想もドイツのキリスト教的領土の懇願のも
神聖ローマ帝国自体が 国きょうなどあってないようなものなのに  それをドイツの面積云々で語るのは  あかしいだろ?

どいつとオーストリア  どうやって完全分離して考えるわけ?もっと言えばぽーらン度も出し

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:32:40 ID:h9nA6xsr0
WIKIによればフランスはノルマン人の直系の国という割合が
高いとあるがな
現代においてはイタリア・フランス・スペイン・ポルトガル
・ルーマニアに住む人々がラテン人の系譜を引く末裔と呼べる
とある

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:33:51 ID:J1+9omBf0
あぁ このスレも もうすぐ終わりですね
序盤〜中盤までは 良い流れでした
お疲れ様でした!

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:35:56 ID:h9nA6xsr0
ポーランドはハプスブルクではないだろ?
年代にもよるが独立国家が
いくつかあったはず

984 :クルセーダー:2007/11/07(水) 18:37:17 ID:Re+UTKLB0
>>981
そうだよ?ノルマンの直径だよ?それが?中世期にはそんなのかわってしまうよ

そもそも 6世紀にはスラブ民族の大移動で フランスにも多数のスラブも移住してきてるシナ。
大陸を純血なんていってる時点で痛いだろ

北欧ならまだしも。

985 :クルセーダー:2007/11/07(水) 18:38:52 ID:Re+UTKLB0
独立子xt化があったからナンなの?関係ないだろそんなの。
それならっ東欧のルーマニアも スラブも チェコも独立国家だったシナ

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:39:30 ID:h9nA6xsr0
しかし 日本とチョンが 民族差別があるように

ヨーロッパでもゲルマンとノルマンのさべつがあるだろってことだ

おまえが日本がチョンを馬鹿にしてるだのいってるがどこもおなじな
んだよ


987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:39:44 ID:5cZ2hYYaO
はい 終了

988 :クルセーダー:2007/11/07(水) 18:40:23 ID:Re+UTKLB0
それから〜〜〜〜〜〜〜

ウィ機より  俺のほうがただしんだよ

ウィ機脳は  だめ  何でも正しいと思うな  俺が本当の歴史
まどわされるな

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:41:47 ID:J1+9omBf0
埋めますか

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:41:58 ID:5cZ2hYYaO
はい 終了

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:42:38 ID:h9nA6xsr0
・・・。
一般性を問うた議論の場合、一般常識になっている
確実性を求めた上では 個人の意見より、現時点で評価を得ている
モノが資料になるんだよ。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:43:31 ID:bgWv0iuw0
フランスなんてガリア人の子孫だろ

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:44:08 ID:h9nA6xsr0
まあここは基地外のあつまりだからお前の意見も通るがな。
それにおまえの言うとおりWIKIの信用性も確実ではないが。
それはなにをとってもおなじ、

994 :クルセーダー:2007/11/07(水) 18:45:18 ID:/DlBv6a10
ジャア 日本の教科書も朝鮮の教科書も 書いてあること違うけどな?

>>991  お前はだから見識が成長しないのだよ  同属と同じ価値観の奴が書いた歴史観なんかいくら読んでも  先進性がまったくない生産性も

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:47:31 ID:h9nA6xsr0
それはフランスの教科書と隣国の教科書もおなじだろ?

996 :クルセーダー:2007/11/07(水) 18:49:36 ID:/DlBv6a10
わかってないな〜
ヨーロッパは民族の歴史なんだよ
日本のように  ちょんと同属のくせに  根こそぎ遺伝子から違うみたいな捏造唄って民族主義うたう島国根性の  国家として崇拝されてるものとはちがうんだよ

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:49:55 ID:h9nA6xsr0
ようは現存する両方の材料をてらしあわし、確実な歴史ってのは得る
ことは現状においては研究かでも不可能に近い。ただある材料をここ
で資料にするのはあたりまえだろ?

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:50:23 ID:f4UDjYz90
>>975
とりあえず俺はさっきの一回しかレスしてない。心当たりがあるなら人違いだからそいつに謝ってくれ
話の中身についてはROMると言った以上もう何も言わんが

999 :クルセーダー:2007/11/07(水) 18:51:28 ID:/DlBv6a10
大和魂やろうが  いくら公式でかいたとて  結局思想が同じなんだから  資料も糞も  捏造教科書と一緒だろ

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:51:30 ID:h9nA6xsr0
その意見はある意味大半だな。
しかし、関西人なんてのは割合チョンにたいして同属
意識をもってるやからが多い。陶工や神主なんてのはちょんがおおい
し 関西では

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

383 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)