5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本兵の死体(骨)が未だ野晒しになっている。。。

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/11(火) 10:29:35 ID:mX3n7R2n0
第2次世界大戦から60年
しかし日本の戦争は終わってはいなかった

TBSの特集を見ただろうか?
東南アジアの各地で日本兵の亡骸が野晒しのまま白骨化して
遺品を纏ったまま放置されている
未だ帰らぬ兵士を、墓も作らず戦地に置き去りにしておいていいのか
国のために戦った兵士に対するこれが国のやる仕打ちか
国家による陵辱だ 日本はこんな暴挙を放置する下劣国家だったのか

靖国を参拝してしたり顔をしている馬鹿国民よ
靖国に祀って終わりになどしてはいけない
きちっと祖国へ帰して弔ってやらなければ、犠牲になった兵士は浮かばれない
偽者の骨や石を渡されるだけでは、遺族の心も国家によって陵辱されたままだ
今すぐ調査をして、犠牲になった兵士の遺骨と遺品を回収しろ

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/11(火) 11:18:36 ID:Xd61egbv0
>>1
(・∀・)ニヤニヤ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/11(火) 12:02:48 ID:0NhLEzZa0
政府としては靖国に祭ってやってんだから、我慢しろということでしょう。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/11(火) 12:10:12 ID:mX3n7R2n0
結局戦没者への慰霊の気持ちなど持っていないのだろう
持っていたら看過できないはずだ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/11(火) 15:35:01 ID:aAYX+9VeO
アメリカはDNA検査を取り入れ遺体の近親者のDNAから遺体をできるだけ
特定しようとする。日本では遺体が見つかると焼いて特定を不可能にしてしまう。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/12(水) 18:16:42 ID:oxUN6EMf0
http://www.egawashoko.com/c006/000227.html

>全国津々浦々で地道に生活をし、家族にとってはかけがえのない人を紙一枚で
>引っ張っておいて、戦争が終わってしまえば、いったい何人集めたのか、何人を
>死なせてしまったのかも確認しようとしない。それでいながら、亡くなった人々は
>「心ならずも命を失った」のではなく、「国家のために自ら命をささげた」と美しい
>物語にして賛美する政治家がいる。しかも、そういう中の一人が、内閣総理大臣
>として国を代表し、行政のトップの座にいるのだ。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 00:55:23 ID:oToxWQFh0
日本の右翼は愛国心がないな

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 12:53:27 ID:BUfLE3qb0
直接政府へ苦情出して
署名運動とかいいと思うよ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 19:05:00 ID:vUXpQ3530
野晒しのまま白骨化した兵士の最後はどんな最後だったのだろうか。
餓死もあるだろうし、マラリア死もあっただろう。
我々には想像も付かない世界だったろう。
すました顔をして参拝する政治家は信用できない。
遺骨収集を終えて、御霊を故郷の鎮守の杜にお送りした後に、
靖国に分祀してお参りすべきだろう。
その時は実戦経験が皆無なくせに、戦陣訓なぞと講釈をたれた
東条なにがしの合祀は取止めよ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 19:52:48 ID:Q6FPRYVI0
みんなで骨拾いにいかう

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/03(水) 13:27:16 ID:XNMWINVY0
いかう

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 18:21:59 ID:w6XBXQDu0
美智子様がお声を取り戻された島に無数のお骨が残っているという亊を知りショックをうけた。遠い外地でもないのに何故、ひろいに行かないのか・・・いらない橋やダム作る前に何とかしろと思った。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/05(金) 17:03:56 ID:GfkGXpXL0
天皇陛下  日本と韓国との人々の間には,古くから深い交流があったことは,日本書紀などに詳しく記されています。
韓国から移住した人々や,招へいされた人々によって,様々な文化や技術が伝えられました。
宮内庁楽部の楽師の中には,当時の移住者の子孫で,代々楽師を務め,今も折々に雅楽を演奏している人があります。
こうした文化や技術が,日本の人々の熱意と韓国の人々の友好的態度によって日本にもたらされたことは,幸いなことだったと思います。
日本のその後の発展に,大きく寄与したことと思っています。
私自身としては,桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると,続日本紀に記されていることに,韓国とのゆかりを感じています。
武寧王は日本との関係が深く,この時以来,日本に五経博士が代々招へいされるようになりました。
また,武寧王の子,聖明王は,日本に仏教を伝えたことで知られております。
 しかし,残念なことに,韓国との交流は,このような交流ばかりではありませんでした。このことを,私どもは忘れてはならないと思います。

 ワールドカップを控え,両国民の交流が盛んになってきていますが,それが良い方向に向かうためには,両国の人々が,
それぞれの国が歩んできた道を,個々の出来事において正確に知ることに努め,個人個人として,互いの立場を理解していくことが大切と考えます。
ワールドカップが両国民の協力により滞りなく行われ,このことを通して,両国民の間に理解と信頼感が深まることを願っております。

http://www.kunaicho.go.jp/kisyakaiken/kisyakaiken-h13.html
宮内庁ホームページ

【ウヨ】 天皇家は韓国系 3 【発狂】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1189824171/


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 17:00:39 ID:N1yH6wL80
遺体や遺骨は現地の土か海に還すもの.

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 20:42:58 ID:CjXMP2j/0
>>14
アメリカはDNA検査をして、遺族に遺体を返すという。第二次大戦の遺体も技術が確立して以降
積極的に検査し返還している。

日本のは要するに「金がない」ってのの言い訳だな。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 23:41:56 ID:FX5RJooh0
遺骨収集団が持って帰ってきた遺骨は、基本的には千鳥ヶ淵に納骨されているんだけど、
右の連中の千鳥ヶ淵への扱いはあれだからね…。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 16:39:48 ID:Bl3mGw9n0
>>1
自分以外を断罪して悦に入る前に
てめえが先頭に立って行動しろよ口だけ野郎が

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 22:58:14 ID:nPrqT5950
島は悲しき
http://ilovenippon.jugem.jp/?eid=91

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 16:43:47 ID:fllhNCfL0
右翼も左翼も偽善だらけ。

とくに左翼の偽善は酷い。
平和を愛すると言うなら何故?自費を出してでも遺骨収集に行かないのか?
市民団体だって行けるだろ。
平和を愛するなら中国ODAを廃止して遺骨収集に回すべきだと何故、訴えないのか?

所詮、左翼の言う平和とは自分勝手な都合での平和。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 23:48:22 ID:eKPIsGYI0
右翼も左翼も偽善だらけ。

とくに右翼の偽善は酷い。
平和を愛すると言うなら何故?自費を出してでも遺骨収集に行かないのか?
中卒だって行けるだろ。
平和を愛するならアメリカ様の軍事費負担を廃止して遺骨収集に回すべきだと何故、訴えないのか?

所詮、右翼の言う平和とは自分勝手な都合での平和。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/08(木) 14:28:41 ID:8/AlVDwf0
>>20
在日君の虚しい遠吠えがw

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 21:16:31 ID:IvY+NChD0
でもウヨクが遺骨収集に出かけたという話を聞いたことがないよね・・・

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 22:57:48 ID:GY+sVZe/0
ウヨクは街宣車で走り回って金集めに忙しいからね。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 10:35:21 ID:9luZk0su0
日王の手先に下された当然の天罰
朽ちて汚れて永劫に詫びよ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 17:06:39 ID:BifXXC2h0
遺骨を持ち帰るのはアメリカとアジアのような野蛮国のすること。
海に流すか、現地の土に還るようにするのが文明国。
横浜や神戸の外人墓地を見ろ、遺骨を持ち帰ったりせずに埋めて
土に還してるだろう?それが文明国。アメリカでもライシャワーのような
文明的な人物は水葬(火葬後だが)になっている。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 04:09:23 ID:F0jfQ4rA0
>>25
遺骨じゃなくて遺体が放置されてるんだが

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 05:29:07 ID:Wkn925+b0
>>16
千鳥ヶ淵は不明兵士のの墓で
靖国とは趣旨がまったく違うだろ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 17:05:56 ID:LpmxAyrx0
>>27
遺族会は千鳥淵の整備や充実には反対している
「靖国がメインでなくなると困る」という理由で


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 17:55:55 ID:AsA0oK520
遺骨なんてただの無機物のかたまりだからな
金かけて拾いに行く必要なし

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 00:58:05 ID:W/+FOMYm0
なにその仏教徒的な考え

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 12:01:13 ID:I+LEJB6K0
ttp://redcell.militaryblog.jp/e14887.html

鉄道模型にザーメンかけてみようと思い、
シコシコして逝く瞬間にティッシュを取ろうと
思ったのですが1枚もありません。
チンコの皮を思いっきり引っ張り皮の中に精子を
貯めトイレにダッシュしたのですが段差でつまづき
精子を廊下にブチ撒けた瞬間に母に見つかりました。
慌ててカルピスを溢したと言い訳したのですが
どう見ても精子です。
本当にありがとうございました。



32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 01:42:34 ID:o6E9CqFK0
あげ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 01:56:47 ID:l8D1Jsvz0
兵士と労働者は使い捨てである。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 14:18:51 ID:0TA5ruU/0
遺骨は海洋投棄か埋め立て処分。
(英国軍方式)
遺骨収集なんんて不要。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 19:22:11 ID:OmKoxpRRO
東南アジア?どこだ?台湾とか?

36 :あたご:2008/06/09(月) 19:04:45 ID:EnoMVDzb0

2万人の連合軍兵士を虐殺した冷血日本兵

http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p003.html#page119


37 :牟田口:2008/06/13(金) 10:39:59 ID:iLiQMMwi0
ODAで白骨ハイウェイにしようよ。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/13(金) 11:25:05 ID:2o4RCFdP0
海外の場所によって遺骨でも持ち出し禁止があったはず。
パプアニューギニアとかは戦争関連は遺骨でも国の物とされて、
政府間交渉しても駄目じゃなかったっけ?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/13(金) 11:36:18 ID:2o4RCFdP0
一番の問題は現私有地にある遺骨。

土地の持ち主が遺骨を金目的して、引取を言うと多額の金を要求すること。
日本円で300万〜中には遺骨管理で生計を立てているから一生分として億円クラスを
要求した土地主もいたはず。
何処も現地価値からしたら一生分位の金額をふっかけられると。

これらの土地主は普段、遺骨をまったく管理して無く野晒し状態にしてる。
もちろん、何かで破壊されても知らぬふり。
普段、まったく管理などしてないのに管理してるとか遺骨を見に来る人は誰も居無いのに、
見に来る人から拝見料を取って生計を立てていると嘘を言って金を要求する。


日本だと外交でも金を払うことを知っているので土地主が多額の金額を要求するので
遺族で個人交渉しても払えないし、遺骨は持ち帰れない状態だと。

40 :牟田口:2008/06/14(土) 14:02:44 ID:LLW/YlFJ0
出汁くらい取れるのではないか?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/14(土) 15:07:33 ID:iJPgBfCz0
侵略者達の遺体なんて野晒にされて当然ですが

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/14(土) 19:06:01 ID:VrtWNuku0
戦死者の遺骨を母国に持ち帰るのは欧米ではアメリカくらいでない?
海軍なら水葬が普通(やろうと思えば持ち帰りできても、フォークランドの英軍は
そうした)陸軍や空軍も現地で埋葬が一般的。
それを返してというのなら相当の条件(お金か援助)が必要だろう。
現地に墓地作って毎年供養料(管理費用)を永久に払いつづけるかのどちらかが
国際的常識でないの?


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 16:05:05 ID:Im0t2pfe0
ひどいひどすぎる。愛国心がなくなるわけだ。」

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 16:55:40 ID:AHlAtifv0
日本兵の遺骨が野ざらしになってるのは気になるが
中には一般人が立ち入れない所もあるんだよね…
せめて慰霊碑だけでも建築してあげて欲しい

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 18:03:25 ID:K6GzMMZA0
>>44
日本政府か有志が供養料払い続けるしかないが。
シベリヤ抑留のように強制連行されたわけではなく、勝手に攻めて行って
そこで死んだわけだから、すべてこちらの責任負担になるのが常識。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 17:21:21 ID:PiNpoJ3O0
勝手に攻めてってと言うけど、国家の命令に、誰一人逆らえなかった…。
大将だって、いざ、戦争になれば、家族と離れ、玉砕させられる…。
栗林忠道中将の、家族への思いと、葛藤を思うと、泣けてくる…。
特攻隊員の悲しみを思うと、泣けてくる…。
食料も、水もなく、極限状態に追い詰められた兵隊さんたちが、
最後に、「おかーさーん」と叫びながら、手りゅう弾で自決していったことを
想像し、わが身に置き換えて考えると、いてもたってもいられなくなる…。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 18:20:49 ID:ji7yr4HQ0
>>46
 そういう考えが通用するのは日本国内だけ。
そういう論法が国外にも通用するのなら北朝鮮の
拉致実行の実行犯も「国家の命令に従った」だけで
罪は問えないということになる。
 その点日本はソ連以下。ソ連は敵にも残虐なことしたが
ソ連兵が残虐に殺されてもそれほど強く抗議したりしない。
満州へ攻めてきた時に孤立したソ連兵が日本人に殺されても
それへの報復とかはしなかった。他に国なら、報復に何倍もの
日本人殺すだろうが(英仏独、日なら)
 

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 18:37:36 ID:PiNpoJ3O0
レス、有難うございます。
おっしゃることは分かります。被害者(アジアの方々)からしたら、日本兵は
許せない存在でしょう。
私見ですが、個々の兵士の犯罪は、その個人が反省すればよいと思います。
ただ、日本人として、アジアの国への、戦時中の行為については、
知っておく必要があると思っております。
それと、もう一つ付記させてください。
兵士の中でも、一切、犯罪行為を行わなかったかたもおられます。
こういう方々のご冥福を、祈りたいのです…。
もし、これを読んで、気分を害された方がいらっしゃったのなら、謝ります。
私の個人的な意見ということで、許して下さい。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 18:53:19 ID:EJZUAz9sO
アジアが被害者で日本が悪ってのも安易過ぎ
既にアジアは西欧列強から侵略されてましたから


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:28:09 ID:ji7yr4HQ0
>>48
通常の戦死者への礼遇以上のことを日本では当然のことのごとく要求してるんだが。
現地埋葬で墓地のようなもの作るというのが通常の扱い。
>>49
アジアに関しては短期間に日本軍ほど残虐な行為を大々的にやった国はまずない。
「アジア解放」というのなら中国の香港マカオ併合もベトナム戦争の北ベトナムも
解放。中国のチベット併合もね。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:52:15 ID:sJyPuZD90
>>50
>アジアに関しては短期間に日本軍ほど残虐な行為を大々的にやった国はまずない。

正確に言えば近代になって・・・だな。
まあ、戦後になって共産主義の内ゲバで日本軍が可愛く見えるほどの虐殺などが起きているが、それはまた別の話。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 20:04:42 ID:PiNpoJ3O0
アジアではないが、イギリスは、奴隷船貿易アフリカ人成人男性の4人に1人を拉致してる。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 20:22:01 ID:ji7yr4HQ0
>>51
国内や実質国内(日本のアイヌから琉球程度の民族差はあるが)による
での残虐行為ならあるが、隣接もしない国からの残虐行為はない(
国の大部分に対しての、局地的なものならあるが)
>>52
アジアでは南米におけるスペイン,ポルトガル、あるいはアフリカにおける
英仏蘭ほどの残虐行為は日本以外はやっていない。
本国人を移住させる植民地ではなくて、搾取するための植民地に性質
ガ変わってるから。それに対して日本は大陸にも南方にも移住させる植民
をやっていた。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 20:27:28 ID:PiNpoJ3O0
ソ連の、満州での行為は大虐殺だと思うのですが…。
南京大虐殺に並ぶぐらいの…。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 20:39:00 ID:ji7yr4HQ0
>>54
ともに性質が違う。植民地支配,植民地的扱いによる加害行為ではない。
南方における日本軍の行為は植民地的行為といえる。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 21:42:55 ID:PiNpoJ3O0
性質が違っても、被害にあった国の方々の恨みの思いは変わらない。
慰安婦も、北朝鮮の拉致も、どっちもひどい行為と思います。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 23:02:51 ID:kpTRaRwd0
おまえら、今犬HKBS見てるか?
ビアク島に野ざらしにされた皇軍兵士のむくろ

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 23:05:16 ID:kpTRaRwd0
玉砕すべきなのに、おめおめと生きて虜囚の辱めを受けてきた破廉恥な国賊が妄言はいてら

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 23:20:51 ID:kpTRaRwd0
「M4中戦車は重装甲で」
犬HKさん、冗談は顔だけにしてくれ。たった80ミリぽっちの装甲厚だぞ!

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 23:47:11 ID:kpTRaRwd0
来月はいよいよ「ムッチー・イン・インパール」。


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 19:19:22 ID:dnQiUj2E0
>>53
列強は、アジアの都市・沿岸地方における貿易で利潤を得るのが目的であったが、18世紀後半の産業革命を迎えると、原料の供給地と製品の市場として広範囲な
植民地を直接支配するようになった。
土地の集約的耕作と輸出用換金作物の大規模栽培は、白人の資本投下によるプランティションで行われたが、それは無料に近い土地で低廉な労働力を使い、莫
大な収益をあげるものがほとんど。
そして、マレーのゴム、インドの綿花というように、特定の一次商品を宗主国に輸出し、完成消費財を輸入するという経済構造に変質したため、従来の自給型農業が
決定的な変化を被った。
その結果、水田の減少や失業者の増加により、飢饉に際して多くの犠牲者を出す地域が現れた。
ジャワでは人口33万の町が12万に減少したり、インドではイギリスの支配ののち飢饉が増加し、1877年の南インドの飢饉では5百万人が死亡し、1943年での犠牲者
はベンガル地方だけで340万にも達した。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 19:26:12 ID:dnQiUj2E0
2000万人以上の間違いだったわ。
織物の町として知られた街ダッカは、人口15万人が3万人にまで激減した。


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 19:28:19 ID:0quZErq+O
海ゆかば 水漬く屍
山ゆかば 草蒸す屍

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 10:01:40 ID:/gKY2KEt0
無職童貞ロリコンのネトウヨ諸君は今こそ遺骨収集に立ち上がるべき
ではないのか、ネットで育んだいびつな愛国心を今こそ発揮するべきだ(w

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 19:27:14 ID:hFLzkAWY0
>>1
そもそも日本兵の遺族でも、
そっとして欲しいという考えで遺品や遺骨の収集に
熱心じゃない人達もいるがその人達の願いは無視するのか?
>>47
英仏独、日だけで米が書いてないのはなぜ?
アメリカ同時多発テロ事件(9.11事件)などを見ると
米も何倍もの報復に動く傾向にあるね。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/12(土) 23:35:38 ID:KR5tSguB0
そうだね

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/25(水) 14:09:26 ID:QDluvQEO0
遺体や遺骨など魂が着る衣服に過ぎない。
そのようなものは土に返すか海か川に流せばよい。


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/25(水) 17:50:45 ID:STnS28Rs0
その白骨化した人がまだその場所で戦っているなら、戦わせてあげようぜ。
彼らは上官の命令を守っているんだ。帰還させるわけにはいかないよ。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/28(土) 16:48:25 ID:XyRdk17r0
ひでーw

アメリカは遺伝子検査が実用化されると、早速遺体調査に応用して、第二次大戦の遺体を遺族に返す
行動をしているというのに、日本のネトウヨってこの程度の認識なのか?

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/29(日) 01:19:24 ID:04ErclEb0
アメリカのは土葬の遺体やベトナムや現在進行中のアフガンやイラクでやってるだけだろw

野ざらしでとっくの昔に破片化した日本兵の遺骨で遺伝子検査する意義があるのか?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/01(火) 10:44:49 ID:wfce2k3W0
>>69
兵士の遺体は現地で埋葬するのが
世界の常識だよ。


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/01(火) 22:43:52 ID:VWJpHJb90
沈没船や艦艇などは遺骨を収集するよりダイバーなどの立ち入りを禁止して
不可侵領域にすべきではないかと思う。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/02(水) 18:50:48 ID:s/nIIJGVO
>>71
最近は輸送力があるから持ち帰るけどね。

昔はそのまま埋めてた

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/02(水) 19:30:28 ID:irTLWnx4O
アメリカは今、太平洋戦争の放置死体を遺族に返す事業を
やってるんだよ。技術があがったからね。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/02(水) 22:04:33 ID:Yx+lTw/x0
>>74
日本でもやれと?
どんだけ予算がかかると思ってるんだ?


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/03(木) 10:19:54 ID:FQjWOCf6O
ふうん。

情けない

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/03(木) 10:33:20 ID:r5qR8+uM0
沖縄県 那覇市
県道の整備で激戦地となった区画が開削されて消失するため
沖縄県と那覇市と生活困窮者の雇用支援をしている団体とが提携して遺骨収集事業を行っている。
場所は、沖縄県那覇市真嘉比(まかび)地区、米国作戦名でハーフムーンと呼ばれた丘。
沖縄銭において米国の記録でも激戦地シュガーローフの戦い(安里52高地)として記録が残る丘陵群のひとつ。
http://www.youtube.com/watch?v=GfdNC2Z5VFk
http://www.okinawa-senshi.com/sugarloaf-n.htm
2009年12月1日
現場での遺骨収集作業において、埋葬されたとおもわれる遺骨の腰のあたりから日本軍の認識票がみつかった。
検証した結果、東京都出身の 
陸軍少将 田寺光紹 氏
のものと判明した。
現地では、関係者を通じて遺族と連絡をとる予定。
できるなら現場に来ていただいて『 迎えにきたよ とを告げて取り上げて欲しい 』との希望を述べている。
現場では、遺品や遺骨の一部など、身元を確認できるもの全てを選別して丁寧に保管作業を実施している。
工事の日程上、2010年春頃には、作業を終える予定。
激戦地であった景観は様変わりする。
遺骨が収集されることなく放置された場所は、沖縄に限らず未だ多く存在している。合掌 哀悼

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/03(木) 10:45:05 ID:r5qR8+uM0
2009年11月27日
沖縄県 那覇市 真嘉比(まかび)小学校 5年生30人が
同校の横の丘陵で行われてる遺骨収集の現場を見学した。
太平洋戦争当時の激戦地であるハーフムーンと呼ばれた丘で
日本軍が南部防衛戦の要衝として陣地壕をはりめぐらし応戦した場所。
米軍の記録にも数多く残る激戦地のひとつ。
現場から収集される遺骨や遺品を目の当たりする児童らは、
「学校の丘で戦争があったなんて知らなかった」
「本当に人が死んだんだ」
「戦争に行きたくなかったかも かわいそう」
と児童なりの感想を述べていた。


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/07(月) 18:01:43 ID:cAmpJM5q0
沖縄の海底には、4000機ほどの特攻機と
そのパイロットたちの遺骨が放置されている…。
何とかならないものか…。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/07(月) 20:28:44 ID:3vnsOE7f0
沖縄戦の遺骨ってそもそも、ほとんど野ざらし状態から開放されてんの?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/23(水) 23:30:15 ID:5o4LHMv70
兵隊については牛馬より価値が下、どこの馬の骨あらためどこの兵隊の骨、がお国の言いたいところ

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/23(水) 23:33:22 ID:PVQkGQdbO
ここの反応見るとネトウヨもそうみたいだな。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 02:21:53 ID:K5KrANUtO
散々煽って送り出して死んだら知らんぷり。
貧乏国ならまだしも経済大国になっても放置。

英霊って言葉に呆れるわwwwwwwwwwwwwwww

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/30(水) 21:47:12 ID:iMDYCQKW0
勝ち戦の日清や日露だって遺骨拾いに行けないのに
ましてや負け戦の太平洋戦争じゃ・・・
一々拾いに行けないから靖国神社があるのに
英霊だって奉っとけば済むのにw

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/01(金) 17:29:16 ID:dfXWAVF60
祖国に帰りたい骨たちは、犬たちのエサになりはててしまってないか。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/10(日) 21:48:45 ID:80LDFRSX0
戦士の最後は水漬く屍、草生す屍である。

英霊は爪と髪を残して出征している。
100%己が骸が故国に戻ると信じた兵士などいないと思うが。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/11(月) 12:21:08 ID:SiWI12lP0
送り出す時は英雄で死んだら放置だもんな
戦後の日本で軍隊アレルギーが強くなったのも無理ないと思うよ

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 11:57:46 ID:oSC/KvK90
>>1
んなくだらんことに税金使うな。
死人に金かけたって何も返してくれやしねえぞ。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 20:03:41 ID:++Pakpke0
二人の日本軍兵士が陣地で自決している。(閲覧注意)

http://www.ww2incolor.com/japan/japanese+marines.html

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 20:17:12 ID:HnoNAALQ0
出征の日、駅で。

http://www.ww2incolor.com/japan/A+_54_.html

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/19(火) 12:20:37 ID:GGZxT6rV0
昭和20年6月13日、糸満の国吉台で米軍に射殺された沖縄の女子学徒隊員。
米兵が手にしているのが、日本陸軍が昭和13年に製造した「九八式柄付手榴弾・甲」。
彼女は〈医療班員らとともに国吉台地方面を駆け抜けていたところを射殺された。
カバンには自決用の手投げ弾、小銃弾、包帯などの衛生材料が入っていた〉
(写真:沖縄県平和祈念資料館「沖縄戦米軍記録写真-554」)

http://www.studio-mira.com/Douguology/Rykyushinpo/Photo/Ryushin15-2.jpg


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/21(木) 01:16:14 ID:D9tm3jVI0
>戦後の日本で軍隊アレルギーが強くなったのも無理ないと思うよ
それは日露戦争の後もそうだよね。
大正期には軍人は侮蔑の対象ですらあったって、『月給百円』って新書に書いてた。
大正末から昭和のはじめに、今度はそれに対する反動として軍人称揚とか
国民の体力増進の観点から軍と徴兵制の有効性が、保守派政治家・官僚、右翼なんかから
言われだしたみたい。

93 :92:2010/01/21(木) 01:18:30 ID:D9tm3jVI0
花と兵隊(監督;松林要樹)

http://www.hanatoheitai.jp/


94 :記録写真(閲覧注意):2010/01/22(金) 11:27:47 ID:FNNX10g20
Dead Japanese Army soldiers lie near the mouth of the Matanikau after
a failed attack on U.S. Marine positions on Guadalcanal on October
23-24, 1942. Scanned from: Hammel, Eric, ''Guadalcanal, The U.S.
Marines in World War II'', Zenith Press, St. Paul, )

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9e/GuadNakagumaMatanikauDeadJapanese.jpg

Head of dead Japanese soldier hanging from tree

http://www.ww2incolor.com/dramatic/NA004621.html

Public Domain: Dead Japanese Soldiers on Guam, July 1944 by Paul Dorsey (NARA)

http://www.flickr.com/photos/pingnews/441531453/sizes/o/

Public Domain: Dead Japanese Soldier in Pillbox, WWII (NARA)

http://www.flickr.com/photos/pingnews/441531514/in/photostream/

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/24(日) 07:47:13 ID:6KfUT7b50
ヤンキーどもがお土産として大量に持って行った日本人のしゃれこうべとかもなんとかしたいよな。
灰皿とかにしてるやつもいるんだろ。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/24(日) 22:20:01 ID:7F/U09DE0
それは左翼の捏造
そこまで猟奇的なことをするやつはごくわずか

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/24(日) 22:52:34 ID:CoHzoj3p0
>そこまで猟奇的なことをするやつはごくわずか
いるんじゃねえか、「ごくわずか」なら(笑)
「捏造」じゃねえだろ、じゃあ。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/25(月) 19:33:02 ID:UlJPoy5T0
空援隊

http://www.kuuentai.jp/seturitu.html

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/01(月) 00:55:31 ID:fyM6Tam60
>>96
ルーズベルトのペーパーナイフは?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/03(水) 07:31:30 ID:DXOhkYmW0
>>96
サヨクじゃなくて、反ユダヤのレッテル貼られたリンドバーグが言ったりしてたんで、無かったことになったんだろ

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/04(木) 22:07:25 ID:oQnPseNR0
>>100
しゃれこうべを持ってくことなんか、現実的に無理だけどね。
人間が完全白骨化するには最低でも2〜3ヶ月はかかるし、第一重くてかさばって持ち歩けないよ。
身体の一部、例えば指なんかは可能だろうけど。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/05(金) 01:49:18 ID:mPBQuddk0
ナタリーが貰った頭蓋骨の話は…毎日新聞の捏造?

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/06(土) 02:36:17 ID:/NxfqDWW0
何でそんな方向に行くわけ?(苦笑)
頭骨の一部を持ってくことは可能だよ、掌大くらいなら鞄にも入るだろし。
でも「しゃれこうべ」(完全な頭蓋骨)は無理でしょって話。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/26(金) 23:07:40 ID:i9uGqiWC0
野蛮な国 アメリカ (再掲)  http://miko.iza.ne.jp/blog/entry/127886/
「ライフ」1944年5月号の写真 (ナタリーと日本兵頭蓋骨)
ライフ・マガジン、1944年5月22日、34f頁。
「今週の写真、背に高いハンサムな海軍中尉がアリゾナ州フェニックスの軍需工場労働者ナタリー・ニッカーソン(20歳)に2年前にお別れを言ったとき、彼はジャップを約束した。先週、ナタリーは頭骸骨を受け取った。
そこには彼女の中尉とその友人13名の署名があり、『これは良いジャップです。ニューギニアの海岸で拾い上げた死んだジャップのものです』との書付があった。
ナタリーはこのプレゼントに驚いて、それをTojoと名づけた。軍当局は、この種のことに強く反対している。」 
反対ですか。戦争犯罪でアメリカ人を処罰することはもっと適切なのではないだろうか
アメリカ軍兵士が、殺された日本兵の骨からみやげ物を作っていたことはよく記録されており、広く認められている
写真はナチスのユダヤ人絶滅を証明しているか?
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.htm

日本が 戦った 相手は どうだったか
知らない方多いので 何回でも 出します
2000人ほど捕虜にしたが本部に引きたてられたのはたった100か200・・・
ある日本軍の野戦病院をある部隊が通過したら生存者は一人もいなかった・・・
捕虜は殺せないと嫌がるくだんの兵の面前で軍曹がナイフで首を切り裂く手本を示した・・・
まだ生新しい日本兵の頭蓋骨が飾り付けられている・・・

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/26(金) 23:10:09 ID:i9uGqiWC0
米軍の残虐行為:リンドバーグの衝撃証言
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~ttakayam/beigunzangyaku.htm

これが 涙なくして よめますか
さらに
リンドバーグ氏が従軍した時の日記(記録)
http://miko.iza.ne.jp/blog/entry/137530/
・・・
1944年8月6日(日) 「オーストラリア軍の連中はもっとひどい。日本軍の捕虜を輸送機で南の方に 送らねばならなくなった時のことを知っているかね?
あるパイロットなど 僕にこう言ったものだ・・・。捕虜を機上から山中に突き落とし ジャップは途中でハラキリをやっちまったと報告しただけの話さ」 

<日本人の証言>
悪逆きわまれりと いえるのは ルーズベルト大統領 である、
彼は 一本のペーパ ーナイフを愛用していたが、
それはガダルカナル付近で戦死した日本兵の遺骨から作ったものだった。
当時は ペーパーナイフを使っている大統領 の写真を
反日キャンペーンに大々的に利用していたが、いまでは
そんなことでは なかったかのように、どこかに かくしてしまっている
悪の戦争学(p170) 倉前盛道 (s59 太陽企画 )

<証言 ライフより>
戦時中アメリカの雑誌ライフに載った写真
髑髏と少女 http://home.a07.itscom.net/tachi/beikoku/beikoku1.html
私には 少女には みえませんが・・・
<食人時代の昔に還ったアメリカ人の冷血の暴露
慌てたルーズベルト  寄贈の紙切小刀を送り返す>

106 :103:2010/02/27(土) 14:34:14 ID:Pu5LBJBX0
>>104-105
指や身体の一部を持ち帰ったり、敵兵や自軍兵の肉を食に供したりする事は、戦時下では結構普通にあることなんだよね。
もちろん犯罪だから放置すべきじゃないと思うけど、そこにナショナリズムを持ち込むべきじゃないと思う。
近代戦ってのは情報戦、プロパガンダ戦でもあるわけで、映像や画像、文章など、いろんなものを駆使して戦意高揚や
敵側の撹乱を図ってる(実際プロなら編集も簡単にできちゃうし)。
特に写真や映像ってのは第2次大戦中どの国でもよく使われたわけで、証明できない(しようのない)ストーリーを
キャプションやナレーションとしてつけることで情報に信用性を持たせて流通させて、戦意高揚や敵側の撹乱を
図るわけだから、そういう資料だけいくら出して来られたって、わからないよね。
とすれば、当時の軍令なり何なりから推定せざるを得ないわけだけど、そういう次元でなら日本側にだって、
松井石根が中国戦線で「百人斬り」や放火や婦女暴行を禁止する命令を出してたり、軍部が主に南方戦線に対して食人を
禁止する命令出してたり、遺骨や遺体の一部を持ち帰ることを禁止してたり…おんなじだよね。
ただ、重さとかスペースとか、現実的な問題から考えて、「しゃれこうべ(完全状態の頭骨)を持ち帰る」なんてのはありえない、
と言ってるだけ。ペーパーナイフなら可能かもしれないけど。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/28(日) 22:13:12 ID:KiEU81M10
来年になると思いますが、空 援 隊の支部長と一緒に遺骨収集に行く話をしています。
自分はただ粛々と自分に出来る事をします。
遺骨収集に行くべきと考える人間は少なくない、それが昔からの日本人の感覚だと思う。
国費で行う事には賛否両論あるでしょうが、自分で働いて得た金で遺骨収集に行く事に迷いは無い。
勿論、金銭面・仕事・体力などクリアしなくてはならない問題はあるので、その意思があるからと
言って誰でも実行出来るとは思いません。
それぞれの事情はあるでしょう。
しかし僅かでも信ずる所を行動に移す方が、掲示板で文句を言うだけよりも価値があると信じます。
ただ遺骨収集は数が膨大過ぎて、このままでは時間的/物理的に間に合わない。
もう五年から十年も経てば、当時を知る現地の人達が全て世を去ってもおかしくない年齢です。
遺骨を収集すべきと考えられるのなら、それぞれが出来る事を行動に移して下さい。
http://www.kuuentai.jp/

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/07(日) 18:09:56 ID:kmIf/Cce0
>>107
立派な志と思います。
過去の大戦の被害者(自国民にとって、先輩方に当たる)を忘れずに
行動に移すあなたは、立派な方だと思います。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/08(月) 21:05:00 ID:1/EQ/Ojh0
日本と支那の闘争は、まず思想の闘争です。支那は「日本は侵略や虐殺の犯罪」で日本人に洗脳して
日本を奴隷化しています。支那は一党制の全体主義の国ですので、特に宣伝と教育を重視します。
だから支那人は子供の時から「日本は私たちの同胞を虐殺した」などの思想を受けています。
「日本=犯罪者」などの思想は支那人の頭の中で消えられません。それに、日本人自分も、子供の時
からそんな思想を受けていて、自虐の意識が強いです。だから、日本人と支那人の交流は、いつでも
腰が弱いです。支那人は、例えば日本から地震の援助を受けても、「日中友好」と言っても、「侵略
の歴史は忘れられない」と言っています。つまり、支那人の「日中友好」の前提は日本を犯人にして
支那に支配されます。
だから日本は支那の属国になりたくなかったら、まず自虐の歴史教育を捨てて、愛国主義の歴史教育
を実行するのは絶対に必要です。もし全体の日本国民が愛国主義の正しい歴史観を持ったら、支那から
の洗脳も無用、日本人も支那人に跪かないようになります。その時、もし支那人は「日本は犯罪者」
と言ったら、普通な日本人でも「いいえ、日本はアジアの解放者、欧米こそ犯罪者、日支戦争の責任者
は支那、南京大虐殺や慰安婦は嘘」と反駁できます。
http://blogs.yahoo.co.jp/saigo_masayoshi/15031231.html


110 :107:2010/03/10(水) 00:08:50 ID:DuAg/9Ho0
>>108
洞窟の奥で力一杯足を壁に押し付けて突っ張った姿勢で亡くなり六十年間その状態だった兵隊さんが御遺骨
を収めようとした瞬間にフッと力が抜けた様に崩れ落ちた等、実際に収集に行かれた方のお話を聞いて、
このままで良い物だろうかと考えさせられました。
私自身あまり裕福ではなく身体にも交通事故の後遺症を持っているのですが、なんとか都合を付けようと
画策している所です。
今やらないと間に合わないという事は勿論ですが、それに奔走する仲間達に影響を受けた面もあります。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/10(水) 17:08:24 ID:fQin/YVR0
>>110
本来ならば国家の責任として、もっと早く取り組むべきだったと思います。
特に、国が豊かだった高度成長期などに…。
体に交通事故の後遺症を持っておられるのに
英霊のために頑張っておられる貴方に敬服いたしました。
ありがとうございます。


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/11(木) 13:27:43 ID:/4iCmtb00
結局、「英霊」とか言って持ち上げるだけで、具体的には何もしないのがこの国だからね。
満蒙開拓団やひめゆり部隊とかでもそうだけど、国民の命を守るのが国家の役目なのに、
現実にはその先鋭たる軍隊が国民を置いてさっさと逃亡しちゃったり解散しちゃったりで、
「国民を守る」気なんてさらさらなかったってのが、組織としての日本軍=政府だから。
個々の兵士がどんな気概を持ってたって、巨大な組織の前に出来る事なんて高が知れてる。
そういう組織的な問題は、戦後も今に至るまで、ず〜っと続いてるよ。
そんな国家にどんな期待をしろと?

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/12(金) 19:39:54 ID:UKR1iiOU0
姉妹スレ
日本兵遺骨が見世物に トラック環礁
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news2/1190382860/


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/14(日) 08:12:51 ID:GNNglMqV0
戦争犯罪人ってなんだ?
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1155605478/より
64 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/11/10(火) 18:49:55 ID:4GgkTeMu0
>>62
どうせなら全員殺せばよかったのに。
そいつらが生き残って戦後になって会社や学校で部下や生徒を軍隊式にこき使ったり
、殴ったりしたんだから。

112 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/11/20(金) 12:59:55 ID:qlN54C/70
>>109
それこそ日本左翼のデマ。
日本ほど兵士に厚遇な国はまずない。
死んだり傷痍軍人になった場合だけどね。
北朝鮮も同じ。戦死や傷痍軍人への厚遇は(一般国民の生活水準と比較すれば)
アメリカなんか足元にも及ばない。フセイン時代のイラクもそうだった。
日本は戦後しばらくは世界一平和的な国だった。遺族や傷痍軍人への恩給や援護
がほとんどなかったんんだから。戦争未亡人が子供といっしょに心中という
きわめて平和的なことが良く起こっていた。


114 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/11/25(水) 10:58:46 ID:GJhOoqY00
ドイツ兵と日本兵は20世紀のゴミ。
シベリアで埋め立て処分されてるみたいだが。

な[書き込みがされているくらいだから、日本兵の遺骨収集に
熱心じゃないのが良く分かるね。
だいたい日本遺族会が、外国で野晒しになっている日本兵の遺骨を
収集して日本に収拾もち買えるように、
政府に強力な圧力を加えているということにもなってないしね。



115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/20(土) 01:18:13 ID:w+aNv4vx0
日本の遺骨収集なんて、欧米から”絶望的な努力”と皮肉交じり
で言われてるからなあ orz

冗談抜きで南の島のジャングルよりもケンタッキーの農家の納屋でも調べた
方が効率がいいかもしれん。
アメリカの家庭から時々出てくる正体不明の東洋人の頭蓋骨は
大抵が日本兵のものと、アメリカ法医学の本に書いてあったぐらいだし。


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/31(水) 07:47:19 ID:GgAd+aBk0
死んだ兵隊が敵にわたるとどういう扱い受けるか、アメ公は自分たちがやってきたことがわが身に起こるのを怖れるがあまり、今では絶対遺棄死体を残さない、必ず回収を旨とするようになったんだろうな。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/29(土) 18:47:39 ID:nOYtvvJV0
見世物にして金を取れるのか
日本兵の遺骨は・・

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/04(金) 20:53:10 ID:lWOlY8FW0
>>30
日本は仏教徒ばかりですよ。
仏教では霊魂の存在も否定されてるし。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/06(日) 09:23:24 ID:dqX1yZT10
人間の行為のなかで、何がもっとも卑劣で恥知らずか。
それは、権力を持った人間、権力に媚をうる人間が、安全な場所に隠れて戦争を賛美し、
他人には愛国心や犠牲精神を強制して戦争へ送り出すことです。
(「銀河英雄伝説」ヤン・ウェンリー)

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/06(日) 09:51:11 ID:ch862svs0
一方帝国は、家督相続権のない貴族の二男、三男坊をどんどん
戦線に投入した。



40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.06 2022/04/29 Walang Kapalit ★
FOX ★