5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

みんなが自虐史観から解放されたきっかけは?2

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 20:57:47 ID:HJ13fdEN0
※戦後、日本人の精神を縛り続け卑屈にしてきた見えない鎖、自虐史観

※「大日本帝国は極悪非道、今の日本人は極悪人の子孫」という、自虐史観

※自分の国に愛国心を持つ事をためらわせ、言いたい事も言えない、自虐史観

※学校、マスコミ、知識人、左翼政治家によって刷り込まれる、自虐史観

そんな自虐史観から解放されて
晴れて自由の身になったきっかけを教えて欲しいのだ!!

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 20:59:08 ID:HJ13fdEN0
前スレは、ファビョったホロン部が、必死で荒らしたあげく
次スレを誤誘導して乗っ取ろうとまでしておりました。

このスレは彼らにとって相当都合が悪いようです。
その見苦しい様に合掌www

【前スレ】
みんなが自虐史観から解放されたきっかけは?
ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1139789242/

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 21:01:32 ID:HJ13fdEN0
てなわけで、次スレを建てますた。
さあ、思う存分語ってくれ!

ただし、ホロン部はレス禁止w

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 22:37:34 ID:8hWvLHc30
いろいろ読んでて分かった事
日本には右翼も左翼もいないと言うこと
ネットウヨクなんてものも当然いなかった

いるのは日本を乗っ取ろうとしている在日と
お人よしの日本人だけ

在日特権の剥奪を掲げる政党が
極右政党と呼ばれる謎

維新政党・新風
http://shinpuren.jugem.jp/


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 22:51:55 ID:QHJlN6a70
第一段階

当時の世界情勢を知れば、
日本だけ悪なんてアホな世界観から抜けられる。
当時は列強国も中国勢力も、弱肉強食の世界にいただけ。

第二段階

ここで大きく分かれる。
当時の日本の戦略や体制の欠陥等にも気づき、自省すべき点は自省する人達。
日本の行動は全て正しく、相手は絶対悪という、逆の方向に極端な人達。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 22:56:50 ID:8hWvLHc30
中国だろうが韓国だろうが
欧米だろうが
過去のことを持ち出すと決まって
「現代のために建設的じゃない」と言う

まして戦後に賠償したのは日本ぐらいなもの
そのお人よしが食い物にされ
政治利用され、挙句嘘の歴史で洗脳されてしまった


7 :従軍慰安所に列をなす臣民兵士のチンPOKO:2007/03/16(金) 22:57:04 ID:0ylXto2I0
日本皇軍兵士も子供の頃は他の国の子供たちと同様、天真爛漫であった。
しかしいったん小学校に入って『教育勅語』による教科書を習いはじめてから、
彼らの中に軍国主義思想がはびこるようになった。
支那派遣軍の情報係下士官のひとりは、次のように証言している。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm
「当時の私達には、根強い日本民族の優越感があり、他民族蔑視感がありました。
そして、殺人を英雄的行為とみなす残忍な武士道精神があり、
又、天皇崇拝の絶対主義によって強者、権力者には絶対服従であり、
弱者、非権力者を絶対服従させる非人道的な思想があったからこそ、
侵略戦争を正義と考え、平気で鬼畜の行為をやってのけたのです。」
洞富雄:決定版『南京大虐殺』(現代史出版会、1982)上P188

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 23:20:31 ID:nWLTFV950
>>7
多分、中帰連。洗脳された兵士か?
っていうか、南京大虐殺自体無かったんだが。
あったのは、捕虜の処分と敗残兵・便衣隊狩り。

捕虜を処分したのは、収容設備も与える食料も無かったから。
逃がすわけにも行かないから殺した。仕方ないね。



9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 23:24:17 ID:nWLTFV950
私の場合、ゴーマニズム宣言の「戦争論」を読んで、おや?と思い、
東京裁判のパール判事のことやら、GHQの洗脳政策のことなどを調べ、

朝日新聞を始めとした反日糞左翼連中のいってることが、ことごとくインチキ
だと事実関係調査から分かったとき、日教組を廃止するべきだと思いました。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 23:26:01 ID:8hWvLHc30
>>9
そんなあなたに

維新政党・新風
http://shinpuren.jugem.jp/


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 23:30:05 ID:nWLTFV950
■ 「日経定例電話世論調査 2007年2月実施調査」
政党別支持率
自民党 35%
民主党 11%
公明党  3%
共産党  2%
社民党  1%
なし  46%
不明   3%

安倍内閣支持  49%
安倍内閣不支持 41%

まあ、所詮糞左翼や糞朝日・捏造TBSがどんなに反安倍を煽っても、糞左翼の
支持率は横ばいのまま。共産+社民でたったの3% ゴミクズレベルです。安心しますた。
ttp://www.nikkei-r.co.jp/nikkeipoll/qandres/y200702a.html

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 23:37:48 ID:nWLTFV950
>>11
自民党支持率が低下しても、他の政党の支持率が全然伸びないのが面白い。
「なし」がひたすら増えてる。

民主党がいかに期待されていないか、良く分かって面白い。

共謀罪審議で、民主党案採決に反対した民主党の自爆行為。政策集団にあらずの露呈。
ガセメールの永田もいたし、国会で週刊誌の内容を安倍総理に問いただしたアホもいた。

民主党はもともと寄せ集めだし、菅とか鳩山といった中国・韓国にゴマをするしか
外交能力の無いクズが幹部をやってるんだから、日本の国政など絶対に任せられない。

国民は良く分かってる。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 03:36:07 ID:BFViKYFU0
実際に極悪非道だと思うがな。
今現在の日本なら未だしも他国を侵略して他国民を殺し続けていたのに
善良だと納得させるのは難しいだろ。

日本人はパールハーバーを攻撃して多くのアメリカ人を殺害しましたが、
あれは善良だからあんな事をするんですかね?
善良な人間が平気で人を殺せるとは思えませんな。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 03:40:04 ID:LdlK22ZJ0
>他国を侵略して他国民を殺し続けていたのに





>日本人はパールハーバーを攻撃して多くのアメリカ人を殺害しましたが


??

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 03:45:52 ID:BFViKYFU0
>>14
日本語が理解できんのかね?
バカだろおまえ

中国・欧米諸国を侵略した挙句、
中国人・欧米人を殺していたんだからな。
善良な連中がそんな残忍な事を平気でできる訳がないな。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 03:49:50 ID:BFViKYFU0
自虐史観でもなんでもないと思うぞ普通に。
日本人が医療の分野で物凄い発明をしたとか、
日本人が科学の分野で凄い発明をしたとか、
そう言う事は誇ってもいいと思う。
でも他国を侵略して多くの他国民を殺した挙句、
誇る事なんて一つもないと思うがな。
誇るような事か、そのような事は?

少なくとも殺人鬼など自信をもって誇れる事でもないし、
自信たっぷりに主張できるその姿勢は意味不明だ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 03:53:05 ID:7oaRFgCn0
>>13

日本を戦争に仕向けたのはアメリカですが? 

戦後アメリカ自身が認めてますけど?

アホは出直してきてくださいね

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 03:58:44 ID:LdlK22ZJ0
>>16
おたく何も食べないで暮らせる人?
車とか電車を一切使わないで暮らしてる人?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 04:08:01 ID:w/iA80Ru0
>>17
>日本を戦争に仕向けたのはアメリカですが?

アメリカだって石油を売りたくないだろうよ。
中国で権益保全条約を無視して勢力拡大したり、
欧州混乱に乗じてナチと組み南進の動きを見せる相手に。

南進による禁輸措置の可能性は松岡外相も警告してたし
軍令部の調査でも判ってた。


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 04:11:16 ID:LdlK22ZJ0
日中間の事にメリケンが顔突っ込む自体
大きなお世話

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 04:11:44 ID:7oaRFgCn0
>>13
てかマッカーサーの方のスレ510kが超えたとかどうかで書き込めないんですけど。
>そんな事を言うのであれば日本の首相が
>先の戦争を侵略だとか、日本は悪いことをしたと口にしているが、
>そのまま信じる気か?
戦後何年も後の首相ガナー
日本人の民族性を決定づける教育の中で特徴的なものに「謝罪の美学」がある。
たとえば、兄弟であれば兄が先に謝るようにしつけられることも多く、
感情的な喧嘩は全て両成敗として先に謝罪するほうが徳が高く潔いように教える。
そして下手な言い訳は醜いものだとする文化がある。
「間違っているか、いないか」ではなく、「問題を丸く治めたいか、否か」で
謝罪するかどうかを決めるという社交術は日本限定で用いられるものである。
実はこれは中国人や韓国人にとって非常に有利な教育である。
なぜなら日本人が「謝った相手を許す」のに対して、
中国人や韓国人は「日本人が謝っても絶対に許さないから」である。
それどころか謝罪した意味を一律に「自ら悪いと認めさせた=勝った」と解釈する。
「お互い言い合っても平行線だから、丸く治めるために先に折れた」という
日本風の解釈は絶対にしない。
彼らは、悪いと認めさせたからには「賠償を請求する正当な権利がある」と
認識するのである。日本人のような「謝罪に謝罪で返す」という文化はない。
“だからこそ”中国人も韓国人も絶対に自分が悪いとは認めないし、
追い詰められても必ず何らかの言い訳をする。
すこし例を挙げてみる。
たとえば「我が国は自衛以外の戦争をしたことがない」と、韓国と似たようなことを
誇らしげに教科書に載せている中国は、第二次世界大戦が終わった後も侵略を続け、
チベットを自国の領土にするための侵略では、120万人以上虐殺したうえで
『チベット男性の去勢』と『チベット女性と中国人男性の強制交種(強姦)』で
チベット民族そのものの“血統”を絶ち、『僧侶を政治犯と称して拷問・虐殺』し、
『寺院の90%を破壊』し、中学以上の学校教育では『チベット語を禁止』して
中国語を強制し、最終的には“アジア三大文明の一つであるチベット文明”を
文化・人種・言語・政治を含めて全て“中国”として作り変えるという侵略行為を
(中国では)『民族浄化』と呼んだ。
現在チベットの文化は、インド北部に逃れたダライ・ラマ14世の亡命政府に
よって細々と守られているのだが、このような酷い侵略を受けたチベットに対し、
後年、中国はなんと言ったか。
 「過去は水に流そう」
である。……これを“加害者”が言うのである。
さすが韓国の親分・中国である。謝罪など絶対にしない。
これは最近の在中日本大使館に投石する反日デモに、中国政府が謝罪せずに
「全て日本の歴史認識のせいだ。日本は認識を直すべきだ」と言ったのと同じ
中国流の対応なのである。
ほんの二十数年前にもベトナムに中国が侵攻して、数万人の死傷者と
レイプによる夥しい人数の混血児が残される中越戦争があった後に、
ベトナム外相が中国に謝罪を要請したことがあった。
だが江沢民は涼しい顔で、
 「(ベトナムは)もっと未来志向にならなくてはならない」
と逆に説教を垂れて謝罪を拒否したのである。



22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 04:18:45 ID:LdlK22ZJ0
現代の価値観にスライドさせてコケ落とす手法は相変わらずだなあ
おまけに極悪非道って・・

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 04:21:04 ID:7oaRFgCn0
>東南アジアの人間の中でも一部の人間がそのような見解を口にしていたからと言って
首相等が本で記したり公で発言をしてますが?
>そもそも東南アジアの主要な国々は日本の力で独立したのではなくて、
結果的にそうなってますけど? 東南アジアの首相等が自分でそう言ってるんですが?
強制じゃないんだけど?
>もし日本が勝っていたら東南アジアのおいしい土地は全て日本の領土にされていたのだから、
独立起用力なんてあり得ない。
日本は白人がアジアの植民地から厳しい収奪をしたりしてませんが? 厳しいが礼儀正しい心を学ばせているが?
パラオは1994年にアメリカから独立した時、日本の国旗である日章旗を
モデルにした月章旗を作り、自国の国旗にしたりしてかなりの尊敬をしてますけど?
フランスの教科書にも日本がアジアを開放したと書いてありますが?
インドネシアでは首都ジャカルタ郊外のカリバタ国立英雄墓地に
彼らの国の英雄たちと一緒に11名の日本人が手厚く葬られていますが?
カリバタ以外にも各地区の英雄墓地に32名の日本人が祀られている
インドネシアの独立宣言文を起草したスカルノ大統領、ハッタ副大統領は
“独立を宣言をしたその日付”を1945年という西暦ではなく、
「日本の協力なしには独立できなかった」という感謝の念を込めて“17805”
(=17日/8月/05年)つまり2605年という皇紀で記してますが?
インドでは激戦地・コヒマでは日本兵が撃破したイギリス軍の戦車を
今も『勇気のシンボル』として大事に保存している。
そしてその地に咲く可憐な花にも
「ジャパニーズ・ソルジャーズ・フラワー(日本兵の花)」と
日本の名が刻まれ、親しまれていますが?
まだまだあるから自分で海外旅行して調べてきたはどうなんですか?
反日反日とほざいてるのは韓国と南北朝鮮のみですが?
台湾とかバラオとかマレーシアとか海外に行ってみれば? 日本にこもってるからそんな事言えるんだよ?

アンタ日協組とか創価学会とかの自虐史観工作にあっさりとはまっちゃってるよね
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/ このサイトすべて読んでこいよ
自分がどれだけ思う壺になってたかよーく分かるからw

>>19
石油売る売らないじゃなくてハルノートのせいだと戦後アメリカ以外にも戦勝国側も認めてる
中国で権益保全条約を無視っていうけど最初に無視したのは中国でベルサイユ条約を拒否したり
五四運動とかで反日デモやったり日本人に違法なテロをしたりしてたんだよ
政府も国民もそのしせいであってもう埒が明かないから制圧したんだ









24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 04:32:13 ID:LdlK22ZJ0
それにしても在日だか左翼だかはたまた右翼だか知らないけれど
過去の戦死者をコケ落とすゲスな人間はほんと嫌だな
見てて悲しくなる
おまけに靖国を軍国主義と強引に結びつけるゲスっぷり
そんなに日本が嫌いなら住んだり、近づいたりしなけりゃいいのに

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 04:40:01 ID:w/iA80Ru0
>>23
>中国でベルサイユ条約を拒否したり五四運動とかで反日デモやったり
>日本人に違法なテロをしたりしてたんだよ
>政府も国民もそのしせいであってもう埒が明かないから制圧したんだ

中国で二十一箇条要求とかに抗議してデモやったり、ベルサイユ条約を拒否したから満州事変?
繋がりの理屈がよく分からん。主因は現地張軍閥とのゴタゴタだろ。
それと満州事変は政府の意向を無視した行動だろ。


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 04:45:22 ID:w/iA80Ru0
>>24
>過去の戦死者をコケ落とすゲスな人間はほんと嫌だな

南方で苦しんで死んだ兵士や、神風特攻隊とかの人達を叩く書き込みは、滅多にないぞ。
インパール等の作戦を立てた上層部や、無謀と知りつつ認可した首相への叩きはあっても。

>おまけに靖国を軍国主義と強引に結びつけるゲスっぷり

当時の価値観では間違ってないだろ?
現実に、銃弾に倒れた者と病死者との間に、同じ軍属でありながら扱いが違う、等がある。
天皇の為に銃弾に倒れた者を神として祀る神社だよ。


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 05:01:55 ID:BFViKYFU0
>>21

謝っても許さないのは当然だと思うけど?
日本人だって謝って許すようなお人よしではないからな。
それに日本人が何をしたきたのか解って答えているの?

日清戦争の後、日本が清国に対して何を求めたか知っている?
賠償金を支払わせて領土の割譲まで求めたんだぜ。
大勢の清国人を殺した挙句、金と土地まで求めたんだからな。
日本人なんて甘ちゃんでもなんでもない。

それこそ侮辱程度なら、
万引き程度なら、向こうも謝罪した程度で許してくれると思うさ。

でもね、日本人なんて土下座もした事もないんだよ。
中国人が謝罪しても許さないのは不当とは思わないがな。
日本の天皇・首相が中国民衆の前で
何度も土下座を繰り返して、
なお中国人が許さないと言うのなら、
アンタの主張も理解できるよ。

でもね、日本は自発的に謝罪すら行わなかったんだよ。
嘘だと思うのなら日中共同声明を読んでみるがいい。
反省しか口にしてないから。

自発的にすら謝罪を行えず、
土下座した事もないのにお前は文句つけているんだぞ?

侮辱程度なら向こうも謝罪すれば許すと思う。
罪が軽いから。
でも日本人のしてきた事は侮辱や万引きといった行為ではないからな。
長文ヨロシク。長々とご苦労だが。
今一度、日本人のしてきた事が何なのかを
考えることをお勧めする。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 05:07:10 ID:BFViKYFU0
つーか>>21ってものの考えが甘いんじゃないの?
日本人ですら謝れば許すような甘ちゃんではないのに、
なんで日本人は謝ったから中国人は許さなくてはならないと言う思考なのか意味不明だ。

日本人なんて自発的に謝る事はなかったはおろか、
土下座すらした事ないのにそれで許せと言うのも意味不明だな。

万引きですらさ、謝罪すれば済むもんでもないのに、
万引きでなければどうなるか位、理解できるだろ?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 05:08:48 ID:BFViKYFU0
>>17
死ね

日本人は何の罪もない人々を殺してきた
両手が赤い血でまみれた殺人鬼です。
とてもじゃないが殺人鬼など誇りにすら思えません。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 05:25:43 ID:BFViKYFU0
>>23

>首相等が本で記したり公で発言をしてますが?
お前のようなタイプは日本の首相が
過去の戦争を侵略だと主張しても、
認めないんだろ。
外務省は肯定するような発言などしてないがな。

>結果的にそうなってますけど?
東南アジア諸国は日本の支援によって独立したと言うより、
自力で独立しただけだろ?
マレーシアにしてもベトナムにしても
シンガポールにしてもブルネイにしても
フィリピンにしてもそうだ。
独立した年から容易に推測することができる。

日本が欧米諸国を結果的に弱体化させて、
東南アジア人に漁夫の利を与えたと言うのであれば事実だろう。

だが日本が独立に協力したと言うのなら誤りだ。
日本の戦争が結果的に漁夫の利を与えたと言うのならば正しいが、
独立に協力したと言うのなら誤りだ。
そもそも日本にアジアを独立させると言う壮大なプランはないし、
大儀もない。
だから中国を侵略していた訳で、
台湾・琉球・朝鮮は日本の領土にされていた訳だ。

>自国の国旗にしたりしてかなりの尊敬をしてますけど?
だからなに。
この世にトリコロール系の国旗は多いが、
欧米諸国を尊敬した結果だからか?
極一部の例を取り上げられてもね。

>日本がアジアを開放したと書いてありますが?
ソースも提出せずにそのような事を言われても困る。
原文と訳した文章を掲載してもらわねば困るな。

>彼らの国の英雄たちと一緒に11名の日本人が手厚く葬られていますが?
お前は都合のよい歴史しか学んでないんじゃないか?
独立に協力的だった日本人が一部にいたのは事実だが、
独立を弾圧した日本人がいたのも事実なんだがな。


それと最後に述べておくよ。
普通に考えればアジアの解放ではない事は、普通にわかると思うが?
台湾・琉球・朝鮮は領有したままで、
満州国なんて日本の植民地みたいなもの。
中国を侵略しているのにアジアの解放だなんてお前はふざけているんじゃないの?
東南アジアの解放ですらないのに
何でそんな風に自信をもって言えるのか。
お前の引き合いにだしたパラオも、
日本が敗北したから独立国になれた事をお忘れ?
オセアニアに存在した日本の統治領と言うのは、
日本は独立させる気なんてさらさらなくて領有したままだったんだぜ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 05:28:59 ID:w/iA80Ru0
>>29
>両手が赤い血でまみれた殺人鬼です。

列強国も中国勢力も、人類の歴史そのものが殺人鬼の歴史だがな。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 05:30:53 ID:BFViKYFU0
ウヨ共というのはいまさらになって威勢良く台湾の独立を訴えるが、
50年近くも台湾を支配していた事を忘れているからな。
そんなに台湾の独立が大切なら日清戦争の跡に独立させておけよ。
大体、総督府の総督が全て日本人だった時点で、
当時の日本人は対等に扱ってやろうと言う気すら存在しなかったんだ。
総督の地位すら譲らないのだから、中国を侵略しているのだから、
アジアの解放でもなんでもない事がよく解るだろ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 05:33:15 ID:BFViKYFU0
>>31

ウヨが苦手なのはいつも他社を引き合いにだして日本は無罪であるかのように強調する所。
日本人のせいで一体、何人の中国人が命を落としたと思っているんですか?
何人ではないんですよ。何万ですよ。何十万ですよ。

土下座すらできない。謝罪すらしなかった。
賠償すら免除してやったのに、すさまじい傲慢ふり。

死ねよ。ウヨは死ね

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 05:39:34 ID:BFViKYFU0
日本兵に殺された清国人ロシア人ドイツ人中国人欧米人の命を返せ。
殺人鬼共。多くの清国人、ロシア人、ドイツ人、中国人、欧米人が
殺人鬼共の手によって殺されてしまったわ。

パールハーバーで多くのアメリカ人青年が虐殺された。
日本人は絶対に許すまじ。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 05:43:17 ID:BFViKYFU0
2ちゃんねるに救うウヨ=韓国人

日本人は多くの他国民を虐殺した殺人鬼です。
私は殺人鬼など誇りにすら思えません。
パールハーバーで虐殺されたアメリカ人を思うと、涙で枕をぬらしてしまいます。
凶暴な日本人は中国人を虐殺して、殺戮そのものを楽しむクズでした。

ウヨは韓国人と同じです。
最低で最悪でダメな奴

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 05:57:45 ID:w/iA80Ru0
右も左も極端な奴は、相手側の工作員なんだろうな。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 06:03:30 ID:BFViKYFU0
日本人のしてきた事と言えば最低だよ。
清国人を殺したかと思えばロシア人を殺すのを嬉々として楽しんで
ロシア人を殺すのを嬉々として楽しんだかと思えばドイツ人を殺すことを楽しみ、
ドイツ人を殺したかと思えば台湾島在住民を殺すことを楽しんで
中国人の殺害を嬉々として楽しみイギリス人オランダ人ソ連人アメリカ人の虐殺を心から楽しむ
本物の鬼だ。

誇る点なんて何一つない。
パールハーバーでアメリカ人を虐殺しながら一切謝罪しない。
中国本土で中国人を殺し続けながら土下座もなし。

僕はもう近現代の日本が恥ずかしくて恥ずかしくて仕方ありません。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 06:04:05 ID:xgZf9urTO
さも人を殺していないがごとく、ウヨをけなすサヨって何者なんでしょうか?
何か正義の味方とでも思ってるのでしょうかね?聖人君子が生きられるほど
この世は甘くないわけですが。例えば拉致問題なんて普通の国ならとっくに特殊部隊を送り込んで戦争
ものだと思いますがね。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 06:10:34 ID:BFViKYFU0
実際に人を殺してないからウヨを批判できるんだろ?
二度と殺人鬼に戻らせない為にも、
自衛隊には戦争などさせる訳にはいかないね。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 12:48:11 ID:XWA3BKBp0
>>ID:BFViKYFU0
釣りはもっと優雅にするものだとおもうの

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 14:12:11 ID:BFViKYFU0
>>40

揚げ足をとれなくなったらつりとでも言えば全て丸く治めることができるとでも思っているんですかね?
そのような批判は間違いだと思うけどな。
不満があるのなら俺の問題点を指摘しろ。
つりの二文字で相手が理解すると思うな


恥辱的なまでの土下座を天皇・首相が何回も何十回も繰り返して、
それでもなお中国側が許さないと言うのであれば、
それは中国人の傲慢だと考えて誤りはないだろう。
だがな、自発的に謝罪すら行わず口を逃がした言葉で謝罪をするのを拒み続け、
最近になってようやく謝罪と思えるような発言をして中国側が許さないからと言って、
怒るような事では到底、ない。
日本人ですら謝っただけでは許すような甘ちゃんではないのに、
日本人がしてきた事を何だと思っているんでしょうか。
そう言うのは誠心誠意を込めた土下座でもしてから批判をして貰いたいものだ。

日本人は万引きや番組捏造という行為ですら、
謝罪だけでは絶対に許さない。謝っても許さない。
頭を下げても許さない。
なら中国を侵略して多くの中国人を殺しまくった過去をもつ日本が
謝っても許されなかった時点で自業自得だし、
土下座もしてないのに許せというのは傲慢以外の何ものでもない。
日本人は頭を下げた事すらない。ならなおさらだ。
7oaRFgCn0系統の思考の人間がいるのなら、
中国人が日本人を許すのも遠い先の事になると思う。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 14:14:48 ID:BFViKYFU0
昭和天皇に対して土下座をさせたことはないからな。日本は。
昭和天皇や東条といった人間に謝罪すらさせなかったのに普通に甘いだろ。

ヤバイ。

ウヨは2ちゃんねるでステレオタイプ化されている韓国人と大差ないよ。
野蛮でキモくてクズでアホで吐き気がするようなものの考え方。
オェェェェェェェェェェェェェェェェェエエエ。
吐き気が!吐き気が!吐き気が!

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 14:24:52 ID:QhnX0xfi0
スレの流れを読まずに>>1にマジレスするとだな、俺の場合は中学の頃読んだ文春が出してる
「日本の論点」の黛敏郎の君が代擁護論が一番最初のきっかけだったな。

「君が代ほど美しいメロディーはない」「他の国の残酷な歌詞にくらべて実に平和的な歌詞だ」と
いった主張が述べられていたけど、普通に自虐教育を受けている中で、「はたして日の丸・君が代は
正しいのか否か?」と自分で判断をくださないといけないときに、黛氏の叙述は俺の指針になった。
君が代は美しいと俺は思った。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 15:42:42 ID:7oaRFgCn0
>>30
>首相等が本で記したり公で発言をしてますが?
お前のようなタイプは日本の首相が〜
戦後何年も後の首相ガナーって21に書いてあるのになぁー
>原文と訳した文章を掲載してもらわねば困るな。
フランスに行って古い教科書でも買ってこいよw
だからさぁー台湾とかに行って民間人の婆さん爺さんに話してみればいいじゃん
私は日本人って言ったら、兄弟よって言われるよ、今でも昔の人たちは
日本人と一緒に戦ったって言わず、日本人として戦ったっていうんだからねー?
>それと最後に述べておくよ。
>普通に考えればアジアの解放ではない事は、普通にわかると思うが?
お前がどう思うが、バラオは日本に多大なる感謝をしてますがぁ? 
アジア解放でないと理解できるのは左翼のような君の頭だけねw
別に日本がアジアを開放してやったなんて言ってないし強制したのではなーい
インドネシアとかマレーシアとかの首相等が自分の意思で本に書いたり公で発言したって三回目くらいですかねこれ言うの?
>>32
はいはい、台湾は日本を憎んでいますか? 反日ですかぁー?
>>33
>死ねよ。ウヨは死ね
殺人鬼だとかどうとか言ってるくせに平気で死ねとか言ってるコイツは爆笑w





45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 15:43:14 ID:7oaRFgCn0
>>34
>パールハーバーで多くのアメリカ人青年が虐殺された。
最後通牒だしたのはあっちですー日本だけじゃなくて
韓国韓日文化研究所朴鉄柱もインドもインドネシアもビルマもタイもマレーシアもイギリスも
マッカーサーも副大統領のニクソンもハミルトンフィッシュも認めてますが何かー?
強制じゃないぞーーーー???w
マレーシア ラジャー・ダト・ノンチック 元上院議員
 この国に来られた日本のある学校の先生は
 「日本軍はマレー人を虐殺したに違いない。その事実を調べに来たのだ」
 と言っていました。私は驚きました。
  「日本軍はマレー人を一人も殺していません。」
 と私は答えてやりました。日本軍が殺したのは、戦闘で闘った英軍や、
 その英軍に協力した中国系の抗日ゲリラだけでした。
そもそもアメリカが原爆を試しうちに落としたこととかは言わないんだねwww
>>35
民間人殺してませんがー?第一次世界大戦である戦勝国日本の合法的な要求を拒否して
不当テロや政府や民間人が反日して、先に条約破ったのは中国ですが何かぁ?w
>>37
>本物の鬼だ。
中国は自衛の理由らしいものもなくチベットで120万人殺して強姦して民族浄化と呼んでますが?
ベトナム外相からも謝罪求められたのに対してもっと未来志向でなくてはならないと逆に説教してますが?w
本物の鬼はどっからどう見ても中国です 本当にありがとうございましたww
>>41
で、http://3.csx.jp/peachy/data/korea/ これ全部見たの?
お前みたいな低脳が日協組とか創価学会とかの思うツボになってオウム信者みたいに
真実が〜って言っても信じないようなお人形ちゃんになっちゃうんだよ?w
>>42
>吐き気が!吐き気が!吐き気が!
休日の朝から昼からPCにはりついて何回もレスしてる引きこもりのほうが俺はよっぽど恐いですwww







 







46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 15:46:42 ID:7oaRFgCn0
そもそも今の価値観から見ることがいけなくて
当時戦勝国が負けた国に何らかの要求をすることは合法ですからー
法律で認められてましたからー
アメリカなんてインディアン殺しちゃってるしー
エジプトなんか何十世紀にも渡って領土拡大とかしてますがー?
戦後何十年もたった今グタグタ言うあんたの頭がおかしいんですよー

まぁ休日に一日中家に引きこもってパソコン見てるようなキモイ奴には
もう手遅れかもナーw

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 16:23:08 ID:BFViKYFU0
>>44

>フランスに行って古い教科書でも買ってこいよw
お前が言い出したんだろ?
お前に回答する必要があるんだよ。

別に回答を強制するつもりはないが、
俺は信じる気はないね。

>日本人として戦ったっていうんだからねー?
戦争に参加するのはごく一部の人間のみ。
特に台湾となれば、
日本もあまり台湾出身者の兵士は使わなかったから、
参加した兵士はごく限られているはず。

>最後通牒だしたのはあっちです
日本人の勘違いだろ。

>民間人殺してませんがー?
旅順虐殺事件とか重慶爆撃とか南京大虐殺とかがあるが?

>チベットで120万人殺して強姦して民族浄化と呼んでますが?
証言だけで証拠がない。
120万人分の死体が提示されたことは一度もないのに
信じることは不可能だ。

あったとしても120万だと決め付けるのは
不可能だと思うがね

>引きこもりのほうが俺はよっぽど
解ったよお前の物の考え方が。

お前は自分の思い込みだけで全てを決め付けるタイプの人間だ。
だから"フランスの教科書にも日本がアジアを開放したと書いてありますが?"
とか言いながら、絶対に俺に対してソースを見せる事もないし
どこの出版社から発行された図書なのかも俺に対して教えない。
フランスの教科書と言う曖昧な言い方をされても解るものではないし、
どこの出版社からだされた本か教えてくれてもいいはずだ
なのにしないと言うことは、
君のものの考え方が常に曖昧で思い込みだけで決めているからだよ

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 16:25:47 ID:XWA3BKBp0
>>47
お前、マッカーサースレで人権がどうの言いながら真珠湾で死んだ米兵は可哀想で
原爆や無差別都市爆撃で死んだ日本人非戦闘員は自業自得とか言ってた池沼だろw
文体で一発で分かるぞww
しまいには散々皆に論破されて罵倒して逃げ出してたっけな、オイw

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 16:30:14 ID:BFViKYFU0
>>45

お前は東南アジアに何億といる人間のうちの一人の人間の意見を聞いただけで、
全てを決め付ける気なのか?
お前のようなタイプは東南アジアに何億といる内の極一部、
たった一人の議員の意見でなかったと決め付けているから、
お前の意見は危ういんだよ。

日本の外務省や日本の首相は過去の戦争を断罪する発言をしているが、
お前のようなのは日本にとって都合のよい意見は極一部の意見をもって簡単に事実だと決め込むが、
日本人の内の極一部に過ぎない連中が過去の戦争を断罪した時、
簡単に信じようとしないという矛盾した態度を示す。

少なくともお前はご都合主義的なものの考え方しかできてないし、
そんな奴のいうことなど信じられん

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 16:37:36 ID:BFViKYFU0
アフリカにはそれこそトリコロール系の国旗が多い。
でもそれって親欧の結果として、色違いを使用しているんですかね?

知ってのとおりアフリカは、
長い間独立を保ったエチオピアですらヨーロッパ諸国に領有されると言う、
ヨーロッパ諸国の支配に甘んじてきた地域だ。
アフリカ人は何億といる訳で、
それこそ反欧感情があるかどうかは知らないが親欧とは考えにくい地域である。
そのような地域の国が、ヨーロッパ諸国でよく見られるトリコロール系の国旗を使用しているのだ。

世界には何百と言う国があるが、
日章旗の色違いを採用している国と言うのは実に少ない。
俺の知る限りではバングラディッシュとパラオしかないな。
だがパラオなんて極一部の例に過ぎない。

パラオを根拠に日本は正しいことをしたとして
正当化するような奴の言い分など信じられんよ

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 16:41:24 ID:BFViKYFU0
>>48

池沼はテメーだよ。
日本は裁かねばならない巨悪だ。
世界万民に対して迷惑をかけ続け両手を真っ赤な血でそめた
殺人鬼民族共は、絶対に許してはならないのだ

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 16:44:30 ID:BFViKYFU0
ウヨ=韓国人

キショイ
死ね

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 16:49:45 ID:BFViKYFU0
>韓国韓日文化研究所朴鉄柱
韓国人の主張なんてあてにならないのに、
こう言う時だけ信じる気なのか?
ウヨのダフルスタンダードが現れた。

韓国人の言う事など信用なりません。
なぜなら連中の全ての発言は妄言によって成り立っているからです。
韓国人の言い分など信じるのも危険なのに、
なぜ日本にとって都合のよい意見だけ簡単に信じるのかなぞだ。

韓国人の脳みそはスポンジでできている猿なんだよ。
猿の言うことなんて信じていいの?

やっぱりウヨは韓国人だ。韓国人は死ね

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 17:34:40 ID:XWA3BKBp0
だめだこりゃ、この池沼wwID:BFViKYFU0

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 17:34:48 ID:QhnX0xfi0
俺は滅多にこの板来ないんだが、ID:BFViKYFU0みたいなのがデフォでいる板なの?

ID:BFViKYFU0さ、コテハンつけて東アジアnews+板においでよ。すごい人気者になれるよ。
ネタや養殖じゃない真性のものを感じる。マジでID:BFViKYFU0は逸材だよ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 19:22:45 ID:7oaRFgCn0
>>47
>最後通牒だしたのはあっちです
日本人の勘違いだろ。
アメリカとか戦勝国側が自ら認めてるって何百回言えばわかるんだよ?w
お前、学習能力ないだろ?

>>民間人殺してませんがー?
旅順虐殺事件とか重慶爆撃とか南京大虐殺とかがあるが?
オランダのレーリング判事
 裁判終了後に「東京裁判には法的手続きの不備と南京大虐殺のような
 事実誤認があったが、裁判中は箝口令がひかれていて言えなかった」
 と発言。また、「私たちは国際法を擁護するために裁判をしていたはずなのに、
 連合国が国際法を徹底的に踏み躙ったことを、毎日見せ付けられていたから
 それは酷いものだった。もちろん、勝者と敗者を一緒に裁くことは不可能だった。
 まさに復讐劇だった」と述べた。
と、東京裁判の後に述べてますが?
そもそも南京大虐殺というのは朝日新聞が『中国政府の意向に沿った記事を書くこと』を公言し
1971年。 『南京大虐殺』という嘘を浸透させるキャンペーン開始
朝日新聞の記者である本多勝一により『中国への旅』が連載された
新聞で「百人斬り」「慰安婦」「大虐殺」など中国の注文通りの無茶な作り話を
検証を一切せずに報道し、日本国民に『罪悪感』を植え付けることに成功。

ちなみに日本刀は構造上1本の刀で斬れるのは2〜3人が限界でそれ以上は
刃を鍛えなおさなければ不可能であることは刀を知る者の常識である。
後に中国の嘘や捏造が次々と証明されるのだが、朝日新聞は報道しなかった。
そして後に、記事を書いた「本多勝一」の本名が「崔 泰英」であると発覚した。
つまり日本人ではない。
これがどんな意味か、言うまでもないだろう。
そもそも今いわゆる“大虐殺”と呼ばれる南京攻略戦(1937年)は、不思議なことに
例の東京裁判まで『9年もの間』、中国を含め誰一人問題にしてない。
実はその時点(1978年)では、
『中国の教科書にさえ』南京大虐殺の記載などなかったのである。

中国の教科書にも日本の後追いで1979年から掲載したが、
『大虐殺』などという仰々しい名称をつけ、今になって大騒ぎしてるのに、
事件から『42年もの間、中国自身の教科書にも載ってなかった』
のだから、つくづく不思議なものである。
教科書だけではない。
中国の主張する『30万人の大虐殺』など
外国の記者を含め、兵士も民間人も誰一人記憶に留めていなかったし、
30万もの人を埋めたり河に流したりという不可能な証拠隠滅論など
世界中の誰も想像もしなかったのである。










57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 19:23:18 ID:7oaRFgCn0
・原爆被害者ですら数十万人なのに『一軍隊が30万も殺害』するのは不可能。
・そもそも『20万人しか居なかった街で30万人』が殺されるわけがない。
・仮に南京市に30万人がいたとして、それだけの人数が順番待ちでもしてたかのように
 『30万人全員が逃げずに殺される』などという話は現実的にはありえない。
・避難中の民が急に『戦闘地区に戻って来て』死者数が30万に増加など論外。
・30万人虐殺の一ヵ月後に『30万人が街に帰ってきたから人口が元に戻った』
 という中国の主張は不自然で整合性に欠ける。
・死んだはずの南京市で、元の人口相応数の子孫が生まれている。
・中国政府が『30万人は政治的数字だから変更できない』と公言したことが
 ある。中国国内の政治的数字など日本には知ったことではない。
・『大虐殺』の定義が不明。南京戦という局地戦における戦死者でまともに
 確認されたのはせいぜい2000人と一般戦闘並み。それを『大』とするなら
 妥当な規模ではないし、『虐殺』とする証拠も一切ない。つまり解決済みの
 一戦闘をことさら取り上げて日本を攻撃する『事件性がない』。
・日本軍に虐殺動機が全くない。
・物資不足で敗戦を余儀なくされた日本が、敵軍に急襲されかねない緊迫した
 状況下で弾薬を無駄にしてまで一般人を『遊興で30万殺害する説』など異常。
・虐殺後に減るならわかるが『逆に南京の人口が急増してることが不自然』。
・なぜか被害者数が年々『水増し』されている。
・「南京全市民は約20万人が全員無事だった」と、現地の安全区国際委員長から
 日本軍に感謝状が出されている。
・市民が避難した安全区に逃げ込んで一般市民の衣服を奪って武器を隠し
 持って日本を騙し撃ちする卑怯な兵隊を「便衣兵」というが、これらを
 捕まえて処刑するのは戦時国際法において合法な“戦闘行為”であり
 虐殺ではない。これを虐殺というのは逆恨みでしかない。
・「中国政府の意向に沿った記事を書くこと」を宣言した朝日新聞の自虐的な
 贖罪キャンペーンを受けて、戦後33年も経ってから日本の中学校教科書に
 突然『中国の教科書にさえ載ってなかった大虐殺』が登場することが不自然。
・日本の『敵国である外国人カメラマン』もたくさん南京市に取材に行って
 いたのに『虐殺写真が一枚も撮られていない』。存在しないものは撮れない。
・河に流しても燃やしても痕跡が残るはずの『30万人もの死体が完全に
 行方不明』。何の痕跡もなく人が消えるなどありえない。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 19:24:09 ID:7oaRFgCn0
・中国共産党軍の戦記(日中戦争を批判的にまとめたもの)の中にすら
 「南京虐殺」の記述など一行もない。
・中国国民党軍の「南京陥落の様子、将校・下士官・兵の戦傷者数」まで詳細に
 記録した軍事報告書にも「市民の虐殺」など一行も書かれてない。
・東京裁判で中国に「南京の人口が大虐殺で30万人も減」と報告書を提出した
 金陵大学社会学教授スマイスは、『東京裁判より前』の南京市の人口統計
 調査では「人口に大きな増減はない(日本の占領前も後も20〜25万人で
 変化なし)」と報告していて、南京の安全区国際委員長もその数字を確証
 している。(皮肉にもこれらは全て中国側の資料から証明された)つまり
 『東京裁判前は現地で調査した学者すら大虐殺など認めてない』のに、
 『東京裁判では同じ学者が全く別の数字を提出した』というのは不整合。
・現在入手可能な南京の証拠写真は検証の結果『全て証拠能力がない』と
 証明された。中には日本の雑誌の表紙から無関係な兵士写真を引用し
 南京での略奪の図として証拠にあげる例もあり、捏造の存在は否定不能。
 他の写真も『明らかな合成の痕跡』だけでなく『南京には存在しなかった
 戦車や崖が写っている』『冬だったはずなのに夏服』など捏造が判明。
 結局証拠能力があるものは3万枚の写真から『1枚も』残らなかった。
・南京大虐殺記念館にある人骨が『文革の時に殺された人々の骨』だった。
 つまり「別の場所、別の時代に、中国人が殺した中国人の骨」だった。
 同様に南京大虐殺記念館で人体実験の証拠として展示している写真は
 実は『被験者は中国人ではなく日本人である』と判明している。
・日本が詳細な調査を提案すると『中国は真実の露呈を恐れ調査から逃げ
 続けてる』。真実であれば逃げる理由などない。
・全ての捏造証明を差し置いても、日中共同声明で友好を確認する前に
 全ての問題事項は両国で綿密に討議され、その結果として国交が回復した
 経緯があるのに、何年も経て南京問題が突然噴出すること自体が異常。
東京裁判では証拠の検証すらロクにされてないことは世界各国(戦勝国含む)が
認めてることなのだから、“今このご時世に”まだガタガタ言う気であれば
『戦後のどさくさで誤魔化したもの』を誤魔化さずに全て用意し、公平に
調査して、南京大虐殺とやらを証明しなければ納得できるはずがない。
それらの証明を無視して南京大虐殺記念館を世界各国に建設したり世界遺産に
申請して公認させることを異常に急いでいることも、捏造を疑わざるを得ない。



59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 19:35:24 ID:7oaRFgCn0
これらの書いた通り南京大虐殺と言われているものは
理屈的にも物理的にも証拠がないもので東京裁判のために作られた捏造話だと
東京裁判のレーニング判事も認めている

>お前は自分の思い込みだけで全てを決め付けるタイプの人間だ。
ほう、お前が引きこもりでないと? 今日の3時くらいにかなりの連投をして昼にも数回レスして
今さっき俺がレスしたものに30分あまりで返信してるのにずっとパソコンに張り付いてないと?w
頭がおかしい奴って自分が頭がおかしいと思ってないからホントこえーな、マジでいるもんだなw
フランスの教科書が見たいんなら自分で見ろよ、俺は教科書は見てもわざわざ買ったりしねーよ

>お前は東南アジアに何億といる人間のうちの一人の人間の意見を聞いただけで、
全てを決め付ける気なのか?
各国の首相が何億といるうちの人間の一人、まぁそうそうだ、首相は一人だもんなー たった一人とはいえなーけどなw
あと日本に独立させてもらったってのはバラオだけじゃなくてインドネシアとかもだけどなー
マッカーサーのほうのスレでちゃーんっと俺はお前に示してやったぜ?

>韓国人の主張なんてあてにならないのに、
>こう言う時だけ信じる気なのか?
>ウヨのダフルスタンダードが現れた。
言論の封殺がなかった時代だとマッカーサーのほうのスレで書いたけどもう一回言わないとわかんない?

>>55
こいつはヤヴァイよ、本当に洗脳されてる http://3.csx.jp/peachy/data/korea/
このサイト見ろって二回言ってもスルーだもん、都合の悪いことはスルーらしい
オウム信者と同類なのは確定してる、同じ事を何回言っても聞いてくる
news+板行ってこいよ、ID:BFViKYFU0 
こいつは俺は手に負えねーっすwこの洗脳馬鹿を連れていってくださいw













60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 19:42:16 ID:7oaRFgCn0
追記 

言論の封殺がなかった時代だと書いたレス番号 866

ちなみにチベット大虐殺について中国は否定してませんが?
それに別件のベトナム外相から謝罪求められて逆に江沢民が説教したのは
ネットでも調べればすぐでるよw

とりあえずもうこの板来るなwnews+板の方がお前にはきっと合ってるwww

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 20:05:18 ID:9htfTRl40
Japanese insist that Comfort women were just prostitutes doing legally permitted business,
employed by commercial brothels. Do you agree with Japanese's notion for the comfort women
as prostitutes than sex slaves?
(慰安婦は商業的売春宿に雇われ公的な許可を得て営業していた、ただの売春婦だと日本は主張し
ています。あなたは慰安婦は性奴隷というより売春婦だったという日本の考えに賛成しますか?)

http://koreascope.com/gnuboard/bbs_en/board.php?bo_table=bbs_event&wr_id=6

性奴隷ではなく 売春婦だった という主張に同意するか という質問だからYES に投票してね 。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 22:26:40 ID:nKxCJ46A0
なんかアレだね。
痴漢の冤罪で捕まったサラリーマンみたいだね、今の日本。

女子高生に騒がれて、逮捕は嫌だし裁判で争うのも面倒だから、示談で済ませたら、
後から「電車に乗れなくなった」「男性恐怖症になった」「不眠症になった」とか言ってきて、
何度も金をせびられて謝罪を要求される。

反論すれば「あの時認めたのは嘘だったのか!」「全然反省が無い!」と相手は激怒。
もちろん周囲も相手に同情的。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 22:56:44 ID:5ZN6soSB0
>>62
う・・上手すぎる例えだ・・・


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 00:23:26 ID:PrsTQWw20
>>62
上手い。なるほどね。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 00:23:54 ID:IQnaPjwY0
ばっちいホロン部がまた必死にファビョってたみたいだねwww
荒らそうとすればするほど、逆効果だって事は、解らないんだろうなw

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 01:32:19 ID:H+3Kzx3H0
ID:BFViKYFU0の言ってるような歴史認識は
中国や韓国ではどのくらいスタンダードなんだろうか

ネットで韓国人達の議論を読んでみると
どうやら子供の頃から日本=悪って言いつづけられているようだが
反日教育がどれほどの規模で行われてるか怖くなってきた


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 01:54:55 ID:H+3Kzx3H0
中国、韓国、北朝鮮の反日教育は自国の不満を“反日”のスローガンで
はけ口にしているだけなんだよなあ
なんか国民が気の毒になってきた
いい人もいるんだろうけど絶対悪を刷り込まれてもう後戻りできない

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 02:00:56 ID:6+QtnGDt0
〔新聞誤報特集〕

■林彪失脚後も健在(朝日新聞、昭和47年2/10)
中国のナンバー2林彪が文化大革命の最中、毛沢東に謀反を起こし、ソ連への亡命の途中に搭乗機ごと
墜落して死亡した事は、前年の11月にサンケイ新聞が報道したのを皮切りに国内各紙が報道、しかし、
唯一、中国国内の特派員駐留を認められていた朝日新聞のみは失脚否定報道を続け、ようやく失脚を
認めた紙面でも「林彪は健在」と報道した。中国からの特派員追放を恐れ、
中国当局の言うなりに記事を送り続けたために、事実報道を特派員追放のサンケイに8ヶ月遅れる
という新聞史に残る汚点を記したのである。

■「侵略」を「進出」と教科書書き換え(朝日新聞、昭和57年6/26)
高校教科書の検定結果の報道の中で、朝日新聞は一部歴史教科書に日本軍の中国侵略を検定で進出と
書き換えさせた事実があると大々的に報道。これは後日、渡部昇一の調査で完全な誤報であった事が
判明したが、この朝日新聞の報道によって、中国、韓国の内政干渉を招く事態に追い込まれ、日本は
窮地に立った。後追いした他紙の中で、サンケイ新聞は謝罪記事を掲載している。

■従軍慰安婦を強制連行(朝日新聞、平成4年1/11)
韓国が植民地時代に挺身隊員として婦女子が駆り出され、日本軍の従軍慰安婦に強制的にさせられたと
する記事を朝日新聞は大々的に報道。しかし実際は日本政府による強制連行の事実は存在せず、
完全な誤報であった。同報道によって日本政府は韓国などから執拗な抗議を受け、危地に追いやられた。
日本政府による強制連行は完全な誤報であるのだが、いまだにそれを真実であると信じている日本人は
多い。

■機長写真をハイジャック犯と紹介(朝日新聞、昭和51年1/6)
マニラから東京に向かう日航機がフィリピン人2人にハイジャックされた事件で、
朝日新聞は操縦席の機長の写真を「ハイジャック犯か」などと紹介、同じ紙面でハイジャック犯は
操縦席に入っていないと報道しているため、完全に矛盾した紙面構成となった。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 02:07:53 ID:Gvkz4dFK0
俺の中学では、毎年夏になると「平和合唱会」なるものをやらされていた。
全校生徒が夏休みに集まって平和に関する歌を歌わされるんだ。

2年の時、夏休みにクラスみんなで整列して練習させられていると、後ろの列の子が、
練習に飽きたのか俺の耳元で替え歌を歌い始めた。
今、練習している歌を卑猥に改造したものだった。
あまりに面白かったので、肩をふるわせてククッと忍び笑いをもらしたら、突然担任が
合唱をやめさせた。

そして俺の前につかつかとやってきて凄みながらこう言った。
「平和の歌がそんなに面白いのか?」

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 02:09:23 ID:Gvkz4dFK0
「いえ、そんなことはないです」と言おうとしたがビビッてすぐに声が出なかった。
今度は怒鳴り声をあげて、「平和の祈りがこもった歌がそんなに面白いのか聞いてるんだよ!」
と叫ぶなりビンタが飛んできた。
教室はシーンと静まりかえる。俺は、頬の痛みを感じるよりもあまりの剣幕に呆然としてしまった。
ここですみませんでしたと謝れば収まったかもしれないが、本当に気が動転してただ教師が怖くて、
何も言えなかった。
「おい、あの戦争で死んだ人に失礼だと思わないのか! 今も苦しんでいる人に失礼だと思わないのか!」
糾弾する言葉とともに、今度は頬を骨ばった指で思い切りつねり上げられた。
こっちのほうがビンタより痛かったし、なにより喋れない。
「お前みたいなやつが大勢いたから、戦争が起こったんだろうが!」
今度は反対の頬を抓られる。痛さと恥かしさで涙が出てくる。
そのあと散々罵倒され、罰として正座して練習させられた後(まあ練習は30分もなかったが)、
反省文まで書かされた。

あれからしばらく「平和」って付く言葉に懐疑的になって、色々な戦争に関する本も読むようになった。
はじめは西部や小林や石原なんて、平和の敵でキチガイ右翼だとばかり思っていたんだけど。

それから何年か経って、かの有名な「フルメタルジャケット」を見る機会があったのだが、
劇中の「ハートマン軍曹」の言動があまりにも当時の担任そっくりで笑ってしまった。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 02:20:48 ID:H+3Kzx3H0
平和と正義と言う言葉ほど相対的な言葉は無い

そして多くの場合がそれらの言葉を政治利用する

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 07:08:44 ID:5UPzHdm10
ここに書き込んでいる人間ってクソチョンのように念仏を唱えれば既成事実化するとでも思っているのかね?

欧米のアジア支配からの解放を訴えるくせに
日本のアジア支配からの解放をスルーだなんて矛盾でしかない。

1.欧米のアジア支配からの解放は実行しようとしたのに
 日本の東アジア支配(一部地域だが)の解放は実行しようとしなかった
2.中国を侵略していた。中国人を殺害していた。
3.大東亜会議に今現在に存在している東南アジアの主要国を招こうとはしなかった

特に1,2が存在している時点で、
アジアの解放なんてハッタリ以外の何ものでもないんだが。
東南アジアの解放ですらないのが過去の戦役なのに、
クソチョンのように歴史を捏造するのはいい加減にやめろよ。

そして極悪非道と言う事についても誤りはないと思うが。
多くの他国民を殺害していたのに、
日本人は善良だと位置づける根拠が解らない。
少なくとも善良な人間が極悪非道=>人の道にそれていること=>殺人なんて犯すはずがないし。

極悪非道ではない、と言うのはクソチョンがわれわれは嘘をつかないニダ
とか言うものであって、無理がある主張だと思うんだが。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 07:14:17 ID:5UPzHdm10
中国は東アジアに属している国家な訳で、
中国人はアジア人に属している訳だな。
アジア人を何万と殺害している時点でアジアの解放には普通にならんよ。

アジア・アフリカを支配していた大英帝国と20年間も同盟関係を
維持していた国がアジアの解放だなんてたいそれたことをすると思ってんのかね?
ウヨはいまさらになって台湾の独立を訴えるが、
そんなに台湾の独立が大切ならなんで50年近くも台湾を支配して
総督の地位すら与えなかったんだ?

最近はクソチョンみたいなキチガイが増えてきたじゃないか。

74 :愛のVIP戦士 :2007/03/18(日) 10:23:45 ID:YRjSARpP0
嘘つき自称従軍慰安婦、李容洙が自爆してくれました!
米下院での偽証の可能性もある、非常に重大な問題です。
英語ソースなので、欧米へ説明に利用して下さい。

矛盾点:年齢/家を出た状況
CNN: 14歳/兵隊に家から連れ出された。
米下院: 16歳/自分でこっそり家を出た。

CNN:
http://edition.cnn.com/2007/WORLD/asiapcf/03/03/japan.sexslaves.ap/
Lee Yong-soo, 78, a South Korean who was interviewed during a recent trip to Tokyo,
said she was 14 when Japanese soldiers took her from her home in 1944 to work
as a sex slave in Taiwan.
Lee Yong-soo(78歳韓国)は東京でのインタビューで、
彼女は1944年、14才のとき日本の兵隊に家から連れ出され、台湾で性奴隷として働かされた、
と述べました。

U.S. House of Representatives: Statement of Lee Yong-soo
http://www.internationalrelations.house.gov/110/lee021507.htm
In the autumn of 1944, when I was 16 years old, my friend, Kim Punsun, and I were
collecting shellfish at the riverside when we noticed an elderly man and a Japanese man
looking down at us form the hillside......
A few days later, Punsun knocked on my window early in the morning,
and whispered to me to follow her quietly. I tip-toed out of the house after her.
1944年の秋、私は16歳で、友達のキムプンスンと私が川のそばでエビを捕っていたとき、
年老いた男と日本人が丘の方から私たちを見てるのに気づきました。…(中略)…
数日後の早朝、プンスンは私の部屋の窓をノックして、静かに私の後についてくるようにとささやきました。
私はこっそりと家を出て、彼女について行きました。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 11:59:53 ID:tpzH7Pw40
>>72
1.欧米のアジア支配からの解放は実行しようとしたのに
 日本の東アジア支配(一部地域だが)の解放は実行しようとしなかった

よくわからないのだが
欧米のアジア支配=東南アジア諸国
日本の東アジア支配=台湾と朝鮮の事なのかな?

日本は植民地解放を掲げたにもかかわらず台湾と朝鮮を支配下に置いた。
だから日本は植民地解放など目指していなかったと言いたい模様。

だがちょっと待って欲しい。

日本の植民地支配と欧米の植民地支配を同列に扱わないで頂きたい。
日本が日本の国家予算を使い台湾と朝鮮を発展させた事は事実である。
結果台湾と朝鮮は治安や識字率が高くなり生活水準が向上した。
その点に関しては欧米ほど暴虐を働いていなかったどころか功績さえ残った。
日本の掲げた植民地解放は植民地化に置かれた国の豊かな生活を取り戻すという趣旨の考えだったのではないか。
いずれにせよ日本が進出した殆どの地域では多くの好影響が見られる。

2.中国を侵略していた。中国人を殺害していた。

支那事変の事ですか?
もしそうであるなら日本の支那進出は支那人による日本人虐殺事件に端を発した事はご存知ですか。
支那人を殺害したというのは南京大虐殺などが有名ですがあれは捏造ですよ。
もっとも自分は日本人は支那人を一人も殺していないとは証明できないが。

3.大東亜会議に今現在に存在している東南アジアの主要国を招こうとはしなかった

フィリピンやビルマなどは招かれたようですがインドネシアなどは招かれなかったようです。

だがちょっと待って欲しい。

それだけで日本が植民地解放を目指していなかったと言い切るのはいかがなものか。
大東亜会議に招かれなかった国の一つであるインドネシアではオランダ統治時代にはとても考えられない措置がとられた。
インドネシア公用語の推進などの政策が施されインドネシア独立の為の政治活動を許可するなど。
また終戦直前とはいえ日本はインドネシアの独立を認めた。
終戦後は2000人の日本軍兵士がインドネシアの為に戦った。
これでも日本が東南アジア諸国の独立を目指していなかったと言い切れるはずがない。
ただ100%目指していたとも言い切れないが。




76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 13:54:31 ID:u29UevE90
>>72
>クソチョンのように歴史を捏造するのはいい加減にやめろよ。
歴史を捏造してるのは今の日本
創価学会、民主党、公明党、朝鮮総連、統一会、日協組などの圧力を何にも知らないんだろ?
いい例を挙げてやる
日本は法律で民営の賭博場を禁止しているのになぜ駅前の一等地がパチンコ屋なのか
そのパチンコ屋の経営者のほとんどが在日朝鮮人であり売上の何%かが北朝鮮のミサイルの資金になってること
創価学会の代表は『池田大作』、本名『成太作(ソン・テチャク)』という
朝鮮籍の在日朝鮮人二世で、創価学会の『言論部』という組織が日本国民の
情報元であるテレビと新聞に対して、母国朝鮮のための激しい干渉をしている。
そのため皇室と並んで創価学会がタブーとされているのだ。
具体的な支配構造を説明する前に、まず、創価学会というものを説明すると、
一義的には単なる宗教団体だが、宗教だけでなく幅広い分野に干渉し、
公明党と密接な関係がある極めて政治色の強い朝鮮組織である。
一時期、創価学会の強引な宗教勧誘が話題になったが、それらの勧誘で
「池田大作と北朝鮮の金正日が親しげに対談する布教用ビデオ」などが
使われていたことからも政治的に強い力を持つことはわかるだろう。
その政治色を、単に「公明党の支持母体が創価学会」とだけ
認識する人も多いが、実は少し違う。
簡単な話、「創価学会の政治部門が公明党」なのである。
ちなみに池田大作はじめ創価学会の幹部はことごとく在日朝鮮人である。
彼らは庶民階級を騙してお布施を集金し、在日朝鮮人の特権拡大のために
政治力をふるう。もちろん韓国の侮日(日本を見下す)運動を組織をあげて
支援している。また、芸能界に多くの在日タレントを送り込んで上手く育てば
広告塔として利用していることも比較的知られていることである。
彼らの目標を簡単に説明すれば、
「日本という国の中に、独立した朝鮮国を作ること」であり、
最終的には「その朝鮮国を拡大して、日本の体制を変えること」である。
具体的にいえば、
政治面では、公明党が政権を樹立することを目標にし、
精神面では、日本中を学会員(池田の弟子)にすることを目標にし、
経済面では、学会系企業が財界を支配することを目標にし、
その他、行政、司法、マスコミ、教育、芸能等々の要所要所に学会員を
送り込んで日本国の機構を掌握することである。
そのために在日朝鮮人等の『外国人参政権』を日本に
認めさせる工作が現在も彼らの手によって着実に進められている。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 13:56:42 ID:u29UevE90
この創価学会、先ほど述べたように、(全国紙では)記事を発信することが
一般にタブーとされているという不思議な位置づけが特徴的である。
例えば、平成16年『ヤフーBB個人情報流出事件』の主犯格2名が
創価学会員だったことは結局大手メディアからは報道されなかったし、
平成11年『東京都立川市学会施設内殺人未遂事件』では当該施設を
「団体施設」、当事者たちを「団体職員」とだけ報道し、創価学会の名前は
最後まで隠し通された。(※雑誌等の中小メディアでは報道された)
このメディア支配の影響力は公明党と創価学会の発行する
それぞれの新聞を合わせることで生まれている。
これは2紙の新聞の“記事”が持つ影響力だけの話ではない。
“印刷”を通じて、大手新聞全紙に関係している。
あまり知られていないことだが、全国第3位という甚大な発行部数を持つ
創価学会の『聖教新聞』と、政党新聞にも関わらず聖教新聞の約半分に
匹敵するほどの膨大な発行部数を持つ公明党の『公明新聞』の2紙は、
“自前の印刷工場”を持っていない。
それをどのように印刷しているかというと、実は全国紙を発行する新聞社の
印刷工場の空き時間を“買って”全国大手各社の工場で印刷している。
それがどのような意味を持つかといえば、
この『聖教新聞と公明新聞をあわせた2紙の賃刷り』というもので
『産経、朝日、読売、毎日』など全国数十社の大手新聞社にとって
朝鮮が数億円規模の大スポンサーになっているということである。
また、そのグループ企業である『フジテレビ、テレビ朝日、日本テレビ、TBS』にも
同様の影響力が及び、さらにテレビには一社提供番組等の莫大な広告利権を
与えることにより民間メディアをほぼ全て囲ってしまった。
加えてNHKも、予算や決算に国会の決議が必要であり、与党の一角に
公明党があることで日本のメディアは完全包囲されているのである。
このような「日本侵略の要」になっている最大の組織が
現在自民党と連立して与党になってしまっている。
【参考】NHK内部の左翼が制作した摸擬法廷番組
 海外から反日学者らを判事や検事役として動員し、弁護役を置かず、
 会場で傍聴する人には裁判趣旨に賛同する誓約書まで書かせ、北朝鮮の
 大物工作員の二人を検事役に据え(政府はその後、2人を工作員として入国拒否)、
 昭和天皇を「強姦と性奴隷制」の罪で有罪判決を下すという異様な「法廷」だった。
 (放送前に手直しされた)
 ttp://www.ifvoc.org/NewFiles/nhkpress_2.html



78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 14:01:28 ID:u29UevE90
公明党や創価学会と同等に危険なのが民主党と朝日新聞である。
民主党は、完全に中国の犬であり、日本を切り売りしようとしている。
朝日新聞は、中国共産党の機関紙・人民日報とほぼ同内容の
社説を書いて日本を批判し続けている。
民主党の副代表である岡崎トミ子議員(社会党出身)などは大胆にも
韓国の反日デモに「本人自ら」参加している。
成13年、政治資金規正法(外国人からの寄付を禁止)に違反して
北朝鮮籍で朝鮮学校の理事長と韓国籍のパチンコ店経営者から寄付を受け取り、
現職の国会議員でありながら、国会会期中に、国費を使って、韓国内で行われた
日本国旗を燃やす反日デモに参加したのである。
そして後で問い詰められた岡崎トミ子は「反日デモとは知らなかった」などと
信じられないような嘘をついた。そして民主党からは何もお咎めなしである。
こんな奴が党の『副代表』をしているのが民主党である。
民主党の前々代表である菅直人も完全な朝鮮寄りなので、
拉致実行犯の辛光洙(シン・ガンス)を支援しただけでは飽き足らず、
拉致実行犯の釈放活動に熱心に取り組んでいる。
こんな日本人とは思えない人間が代表をしていたのが民主党である。
民主党の前代表である岡田克也は完全に中国寄りで、
掲げた狂気の憲法案は『日本の国家主権委譲』である。
あまりに酷い提案に「信じられない」と感じる人もいるかもしれないが、
民主党はこれを“本気で”新しい憲法として提案している。
彼らがそれらの売国的な提案を通すためにてっとり早い方法がある。
それは民主と公明が提案を続けている『人権擁護法』を通すことである。
この法案については後述するのでここでは詳しく述べないが、あえて比喩的な表現をするなら、
「日本という国の中に、日本より強い別の国を作って、日本を乗っ取るような法案」である。
これがもし通ってしまえば連鎖的に『政教分離』がなくなり、『外国人参政権』が成立する。
それにより創価や統一教会などの宗教や、在日朝鮮人などが政治に侵入することが可能になる。
そうなれば戦争をするまでもなく日本は「日本人のものではなくなる」のである。
民主党の新代表・前原誠司はどうだろう。
前原は、平成3年4月京都府議会議員選挙(左京区選挙区)において初当選。
厚生労働、環境対策、同和推進副委員長、文教委員を歴任。
民主党はこの「同和推進副委員長」という経歴を代表就任と同時に削除した。
同和問題というのは要素が多く説明が難しいのだが、思い切り簡単に説明すると、
「被差別者の境遇改善のための同和対策事業特別措置法(2002年に終了)などで
 莫大な公金が投入された同和対策事業などの行政は問題解決に効があった反面、
 計り知れない利権を生み、横領などの不正、腐敗の温床になった」というもの。
もっと大胆に簡略化するならば、
「差別の解決にかこつけた不正」があったということ。前原のスタンスは以下の通り。
外国人労働者の受け入れ   →→賛成
 定住外国人に参政権を与える →→賛成
 首相の靖国神社参拝      →→反対
 中国へのODA供与終了    →→反対
 北朝鮮への経済支援打ち切り →→反対

 








79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 14:07:10 ID:u29UevE90
民主党の性質を最も簡単に表現すれば、「中国の犬」である。
実はこの朝日新聞も戦前は愛国心(※当時の価値観で)溢れる新聞社だったのだが、
中国と朝鮮の影響で徐々に内容がおかしくなっていった。
1970年。
朝日新聞の広岡知男社長は中国の『文化大革命』を礼賛する記事を掲載した。
※文化大革命とは、中国政府にとって都合の悪い“自国民”を
 なんと「2000万人以上」政府が虐殺するという世界に類を見ない政策。
 (ちなみに原爆2発分の被害者ですら“数十万人”である。規模が桁2つ違う)
 世界中から非難されている中国の愚行を“肯定”する記事を載せたのである。
そしてその年の10月21日、
朝日新聞は『中国政府の意向に沿った記事を書くこと』を公言した。
1971年。
『南京大虐殺』という嘘を浸透させるキャンペーン開始。
朝日新聞の記者である本多勝一により『中国への旅』が連載された。
新聞で「百人斬り」「慰安婦」「大虐殺」など中国の注文通りの無茶な作り話を
検証を一切せずに報道し、日本国民に『罪悪感』を植え付けることに成功。
ちなみに日本刀は構造上1本の刀で斬れるのは2〜3人が限界でそれ以上は
刃を鍛えなおさなければ不可能であることは刀を知る者の常識である。
後に中国の嘘や捏造が次々と証明されるのだが、朝日新聞は報道しなかった。
そして後に、記事を書いた「本多勝一」の本名が「崔 泰英」であると発覚した。
つまり日本人ではない。 これがどんな意味か、言うまでもないだろう。
この洗脳工作が成功してしまった背景として、当時はまだ新聞やテレビが
「ある種の権威だったこと」が挙げられる。当時の国民は、新聞を疑えるほど
メディアに対して成熟していなかったため、「まさか新聞がいい加減なことを
掲載しないだろう」と完全に鵜呑みにしてしまったのだ。
さらに朝日新聞は自ら中国に1000万円の『謝罪的寄付』をするなどの
誘導的パフォーマンスまで行って「日本が悪いことをした」という嘘を
まるで真実であるかのように世間に浸透させ、『その状態で』同年9月に
日中国交樹立に至ったのである。これでは当時の政府が中国の出す
不利な条件を飲まざるを得なかったのは止むを得ないだろう。
そもそも今いわゆる“大虐殺”と呼ばれる南京攻略戦(1937年)は、不思議なことに
例の東京裁判まで『9年もの間』、中国を含め誰一人問題にしてない。
要するに南京戦というのは「戦時中、無数にあった局地戦のひとつ」でしか
なかったのである。
そんなものが東京裁判に際して突如出現するのは明らかに不自然である。(後は57・58参照)
ここにも面白い事実がある。
実はその時点(1978年)では、
『中国の教科書にさえ』南京大虐殺の記載などなかったのである。
中国の教科書にも日本の後追いで1979年から掲載したが、
『大虐殺』などという仰々しい名称をつけ、今になって大騒ぎしてるのに、
事件から『42年もの間、中国自身の教科書にも載ってなかった』
のだから、つくづく不思議なものである。
『靖国参拝反対』というキャンぺ―ンを展開したのも朝日新聞。
朝日新聞と人民日報が“互いの記事を引用”しながら反対運動を増幅した。
『従軍慰安婦』という戦争中に存在しなかった言葉を作って
あたかもそんな事実があったかのようにキャンペーンを展開したのも朝日新聞。
『北朝鮮は全員平等で地上の楽園』という嘘を宣伝したのも朝日新聞である。
(後に独裁政治・餓死者続出の現実が知れわたり宣伝を中止したが。)












80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 14:11:47 ID:u29UevE90
そろそろ連続投稿がどうのこうのとかが恐いのだが続く
韓国は、教育によって国民の向かう方向(反日)をコントロールした。
このような情報操作は、韓国ほどではないにせよ、実は日本にもある。
日教組(にっきょうそ)というのは、日本教職員組合の略で、
日本最大の教職員労働組合である。極端に簡単に言えば『中国寄り』という意味である
これは民主党の支持団体で、合法的に多額の『献金』を行っている。
まず、日教組の『教師の倫理要綱』に「我々は科学的真理(マルクス主義)に
従って行動する」とあるように、組合思想の根本には旧ソ連を理想とする
マルクス主義(階級闘争イデオロギー)がある。
しかも、そのマルクス主義とは国際共産党組織から出された指令に沿い、
資本主義に対立する概念としての社会主義思想ではなく「資本主義社会を
打倒して社会主義国家を樹立するための革命理念」という側面が強い。
事象例を挙げると、日教組による「過去の日本を卑しめる偏向教育」は
戦後生れの人々を「反日日本人」に仕立て上げている。
国家に反逆するのが当たり前で、悪である国は何が何でも潰すべし、という
誤った価値観で1960年代、全学連による学生運動が盛り上がった。
そしてそれを理念も知らぬまま「古き良き時代」として肯定している。
・資本主義に対する革命思想である。
・日本(資本主義)が中国やソ連の国家体制を脅かさぬよう教育、誘導する。
・日本国内において日本を弱体化させ、可能なら社会主義国家にする。
・国家権力と敵対することを是とする。
・自虐史観、東京裁判史観を是とする。
・教育現場で間接的に特定の政党を支持する(※教育基本法8条2項で禁じられている)
『自虐史観教育、東京裁判史観教育、亡国教育、反日教育』を推進し、
中国の都合がいいように教育し、戦争というものの二面性を正しく教えない。
ただ、「歴史が歪められている」という意味において日本と韓国は同じだとしても、
韓国が私利私欲のために自国の歴史を「恥から栄光に」捏造したのに対して、
日本の場合は他国からの捏造工作を受けて「栄光から恥」に歴史認識を
誤誘導させられたという経緯と内容に違いがあることは認識しておくべきである。
日本への反日(自虐)教育は、戦後「日本の逆襲」を恐れた戦勝国が
日本の牙を完全に抜くために行った統治政策がルーツで、東京裁判とGHQが
戦後の日本を「憲法レベル」から都合よく作り変えた。
そして同じ目的で日本分断のための共産主義革命を起こそうと計画したのは
ソ連のスターリンだった。そのために当時の松本参議院副議長をモスクワに
呼んで直々に日本に共産主義革命を起こせと命令した。これが今、朝鮮や
中国がやっている手口の元祖である。
その計画によると社会党左派と朝日新聞と日教組に工作員を送り込んで
共産主義運動を行おうとした。現在、社会党は消滅したがスターリンが
仕掛けた思想戦の名残は中国や韓国によって受け継がれ、民主党の
岡田代表が代わって旧社会党的になり、朝日新聞や日教組は、ソ連が
崩壊した後も共産主義運動を続けている。
そして現在も民主を始めとする某国寄りの政党と、某国寄りのメディア、
某国寄りの教育が連携して日本の常識を歪んだものにしているのである。
諸外国の首相や専門家たちがあれだけ日本の歴史や戦争を評価しているのに、
今、日本人自身が「日本を愛する」と大声で言うのを躊躇するのが現実だ。
それが「アイ・ラブ・アメリカ!」とはっきり言えるアメリカ人との違いである。







81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 14:16:35 ID:u29UevE90
この現代日本と同じ過ちを60年前のイギリスが犯していた。
「世界の大国のなかで、インテリが自分の国籍を恥じるのはイギリスくらいの
 ものであろう。左翼方面ではいつも、イギリス人であることは何かちょっと
 恥ずかしいことのように感じられ、イギリス的な憤習は競馬からスエット・
 プディングに至るまで、ことごとく冷笑するのが義務のように感じられている。
 イギリス人のほとんどのインテリが、慈善箱から金を盗むことよりも国歌の
 演奏中起立していることの方を恥と思っていることは、奇怪であるが、疑いを
 入れない事実である。開戦までの危機の間中、多くの左翼は国民の士気を
 削り取り、時にはへなへなの平和主義、時には熱烈な親ソという具合では
 あったが、とにかく反英という点では一貫した考え方を広めようとした。それが
 どれだけ効果があったかは疑わしいが、とにかくある程度の効果があった
 ことだけは確かである。
 イギリス国民が数年間事実士気沮喪に苦しみ、そのためファシスト諸国が
 イギリス人は『堕落』している、戦争に突入しても大丈夫だと判断した
 のだとすれば、左翼からの知的サボタージュにも一半の責任はある。」
 (ジョージ・オーウェル『ライオンと一角獣』平凡社ライブラリー)
「イギリスを日本」「親ソを親中」「反英を反日」に置き換えると
ちょうど今の日本とよく似た状況になる。
この状態を脱して、現在のイギリスは健全な愛国心に目覚めている。
「“愛国心を恥じる”という不自然な風潮」のカラクリに気付いたのだ。
左翼的な思想の蔓延が国家の堕落に至る一因になることがある。
少なくとも靖国参拝や日本の歴史認識を中国に教わるようでは
日本は独立国家とはいえないのである。
これは戦後の日本がやりのこした『最後の戦後処理』といえる。
日本から3000km離れた南国・パラオでは議員や大統領までもが
日本の教科書問題に非常に協力的で、国会の議題にまでしてくれている。
パラオのスティーブ・ウメタロウを始めとする議員たちが中心となって
「日本に真の歴史を」と働きかけ、また、パラオ共和国を独立へと導いた
クニオ・ナカムラ前大統領も「新しい歴史教科書をつくる会」に賛同する
署名もしていて、署名文書に以下のコメントが添えられていた。
★パラオ クニオ・ナカムラ前大統領
「日本国民と日本人が『どの民族も例外なく持っている自国の正史を
 回復すべく』努力している活動を支持する。
 この活動が実を結ぶことは日本の未来の世代をして、偉大なる自国の歴史、
 伝統、文化に目を見開かせることに積極的な貢献をなすだろう。」
要約すれば「日本人よ、日本の正しい歴史を回復すべし」といったところか。
パラオには中国や朝鮮の影響や反日教育はない。
だからパラオは「昔の日本」を曲げることなく覚えている。
パラオだけではない。
マレーシア独立の父・ラジャーノンティックも
「自分たちの歴史・伝統を正しく語り継がない日本人」に対して、
一編の詩を残している。
★マレーシア ラジャーノンティック
「かつて 日本人は 清らかで美しかった
 かつて 日本人は 親切で心豊かだった
 アジアの国の誰にでも、自分のことのように、一生懸命つくしてくれた」
いつまでも日本人が自虐史観や東京裁判史観に囚われているのは
信じてくれている外国の友にも申し訳が無いことではないだろうか。


 


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 14:16:40 ID:nXYgNZnN0
自分の祖父母や地域のお年寄りを見てだな
こういった優しい人達が本当に悪魔とは思えなくなった
子供の頃はサヨクの作ったプロパガンダが普通だったし
男なもんでドンパチやってるのを見ると興奮したに過ぎなかったんだなと思う


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 14:26:18 ID:u29UevE90
ここまで見てきたように新聞やテレビなどのメディア、教育、某政党など
様々な角度から日本の思想や歴史認識を歪める情報工作が行われている。
それらの影響力を日本国内に浸透させる等の朝鮮系工作の後押しをしている
組織の一つが『朝鮮総連(ちょうせんそうれん)』である。
「在日朝鮮人の人権擁護を目的とする」などといえば人道的で聞こえはいいが、
実際は北朝鮮のスパイ組織……というより日本で活動する朝鮮マフィアである。
そもそも北朝鮮政府の工作機関である朝鮮総連の目的は、在日朝鮮人の人権を
擁護すること=「母国朝鮮のために在日朝鮮人の参政権や政治的影響力を
日本国内で確保すること」である。
これは日本にとっては『侵略』と言っても過言ではない。
ただ、朝鮮総連は極端な言い方をすれば日本と北朝鮮の間にある細いパイプ、
唯一の外交機関ともいえるため、腫れ物に触るような扱いになっている。
拉致問題に関しては朝鮮総連は工作員の拠点であり、拉致対象者を選別する
役目も担っており、在日朝鮮人を使って拉致に関する工作を実行させたが、いまだに
拉致問題への関与を認めず謝罪もしていない。
日本の議員たちはそれをまともに追及できない。
社民党議員や自民党大物議員に巨額の賄賂を贈り、言動を拘束しているからである。
(つまり、社民党などもってのほかだが、自民党も妄信しては危険である)
そして日本人の巨額の血税が朝鮮銀行に投入させられたりしているのが現状。
その金は北朝鮮でミサイルや核兵器に化け、空を飛んで日本に返ってくるかもしれない。
総連とは発祥は別だが、似た目的を持って活動する工作組織では
『民潭(みんだん。民団と表記することも)』というのもある。 民団(在日本大韓民国民団)は、在日韓国民で構成された民族団体で、
簡単にいえば、日本国内で(外国人であるはずの)在日韓国人が
「日本人よりも偉そうに、楽に生活するため」の活動を基本としている。
民潭のホームページには『在日韓国国民として大韓民国の憲法と法律を
遵守します。』とある。要するに「日本に住んでいるのに」日本国憲法よりも
大韓民国憲法を優先しようとする無茶苦茶な思想を持っているということだ。
アホらしい具体例を挙げると、民団は「福沢諭吉、夏目漱石、新渡戸稲造らは
朝鮮蔑視をしたから韓国人は日本の紙幣をみたくないので、日本の紙幣から
彼らを排除しろ」と訴えたりしている。(まるで冗談のようだが実話である)
彼らの思想を簡単にまとめれば、「在日が“もっといい暮らし”ができないのは
日本のせい。だが日本から今給付されてる金は受け取り続け、都合の悪い
ことは韓国法を基準に抗議し続けるから日本政府は早く権利をよこせ」である。
ちなみに彼らの主な武器は「人権」という言葉である。
朝鮮人は「差別されている、という被害者面」を世論誘導工作と
権利要求(金の要求・参政権の要求など)に利用する。
これは朝鮮総連の得意技であり、日本人の良心的な弱点を正確に
攻撃する卑怯なものである。
多くの日本人は「差別は悪である」としつこく教えられ、「区別」と「差別」を判別する能力を
弱められてきた。これにより日本という国は外国人が取り入り易い国になった。
日本人は、朝鮮人に「俺が朝鮮人だから差別するのか?!」と怒鳴られると
黙って許してしまうことが多い。事実日本政府も在日朝鮮人に多額の免税措置や
生活保護をしている。しかも今度は韓国人を日本にビザ無しで入国させようとしている。
韓国人などという危険な者をビザ無しで入国させるのは無知を晒しているようなものだ。



 






84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 14:32:31 ID:u29UevE90
一方、日本側にも拉致事件を捏造と決め付け、解決を妨害して間接的に拉致に
加担したものがいる。『社民党』と『共産党』である。
社民党の初代党首は、売国で歴史に名を残す村山富市で、前党首は拉致被害者や
その家族を24年間苦しませ続け、拉致の事実を否定するどころか拉致の手助けまでして、
被害者に『この政治家は許せない。こんな冷たい政治家はいない』とまで言わしめた、
あの“土井たか子”である。
金正日が拉致を自白するまでは、
「横田めぐみさんの両親が孤独な戦いを強いられている時に在日は夜でも
 集団で自宅におしかけ、石を投げ窓を割り大声で脅迫まがいのことをする。
 無言、脅迫電話も日常的である。脅迫を恐れ公共施設に利用を断られたり
 しながら細々続けている集会にも在日は木刀で武装して集団で襲撃する。」
という状況だったという。それを土井たか子は高笑いして見ていたことになる。
横田めぐみだけではない。
デンマークで拉致された元神戸市外大生の有本恵子らの事件などはもっと酷い。
有本らの拉致から数年が経過したある日、
有本と一緒に拉致された友人・石岡から札幌市内の家族に手紙が届いた。
その手紙により、有本ら拉致被害者3人が『北朝鮮にいること』が判明した。
札幌の家族から連絡を受けた有本の母は自宅の神戸市に近い兵庫県西宮市の
土井事務所へ相談したが、その後、土井事務所からは何の連絡もなかった。
そして手紙が届いてから、わずか2ヶ月後、 突然有本ら3人の『同時処刑』が報じられたのである。
日朝関係筋によれば、「石岡らが内密に日本の家族へ手紙を送ったこと」が、
土井事務所から朝鮮総連を通じて北朝鮮本国に報告され、処刑に至ったということだ。
北朝鮮の内情をよく知る土井は、有本らが勝手に手紙を出したことが
北朝鮮にバレれば処刑されることは当然知っていたはずである。
つまり、有本ら3人が殺されると知っていて密告したのである。
ところで、この土井たか子は朝鮮人の味方というか、帰化朝鮮人。
(本名を「李高順(イ・コジュン)」というらしい)
これには諸説あるのだが、非公式ながら社会党の党員が社会党本部で認めているとのことだ。
土井は、昭和3年兵庫県神戸市の長田区の朝鮮人街で生まれ、
実姉も北朝鮮人と結婚し、その姉は現在は北朝鮮の平壌で親族たち多数と共に暮らし、
姉の夫は朝鮮労働党の幹部(要するに金正日の部下)である。
そして今、“拉致が事実であること”を金正日が認めたというのに、いまだに土井は
釈明会見すらしていない。北朝鮮のために日本を侵略する目的を持った土井の奇行は
留まる所を知らず、日本国内で「北朝鮮政府の現体制を保証するべきです!」であるとか、
「北朝鮮が朝鮮半島の正統な政府です!」などと意味不明なことを語気荒く叫んでいるのである。
日本を侵略を企てている組織はまだまだある。
その中で最大の脅威の一つともいえるのが『統一教会』である。
もちろんこの統一教会というのも朝鮮の組織である。
統一教会の信者らは、「日本は悪魔の国で、メシア(救世主)の国である
韓国を苦しめた罪を償わなければならない」という統一教会の教義を信じて
あらゆる反日行動や、日本人を対象とした犯罪行為を現実に実行している。
統一教会の信者らは、「日本は悪魔の国で、メシア(救世主)の国である
韓国を苦しめた罪を償わなければならない」という統一教会の教義を信じて
あらゆる反日行動や、日本人を対象とした犯罪行為を現実に実行している。
古今東西、世界中にある宗教闘争は「1つの宗教と、別の宗教」の間での
思想の違いからくることが多いが、統一教会の場合、「悪魔=日本」である。
信者にとって教義は絶対である。
生半可な覚悟では日本は彼らの強い信念に勝つことはできない。
これがどれだけ恐ろしいことか。
彼らは教義を忠実に、そして強烈に信じ、「日本は邪悪な存在だから
何をしても許されるし、日本の罪はむしろ朝鮮人が迫害してやることで
清算されるから、遠慮なく奪い、遠慮なく犯せ」と考え、実行している。
いかに日本人に対して罪悪感を吹き込み、財産を奪い朝鮮人に隷属させ、
日本女性を性奴隷として辱め、どれだけ多くの日本人に「朝鮮人は
日本人よりも優れている」という思想を植えつけることができるか、
そんな極端に侵略的な思想が彼らの「信仰」の根幹にあるのである。


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 14:36:26 ID:u29UevE90
ひとつ例を挙げれば「従軍慰安婦問題」も統一教会の関わった工作である。
文鮮明と金日成が和解した92年以降、従軍慰安婦問題に朝鮮総連系の在日も
運動に関わるようになり、北朝鮮の“ニセ慰安婦”も続々と現れ、“悪逆非道の
日本兵というイメージ”を作り、それを「国際社会に」宣伝してまわった。
そもそも統一教会が“なぜ”この「従軍慰安婦=性奴隷」という嘘を
でっち上げたのかといえば、理由は複合的だが、以下のようなものである。
・日本と日本人の国際的信用を貶める。 ・韓国に賠償金を払わせる。
・在日韓国朝鮮人の政治的立場を優位にする。 ・日本人女性を洗脳して「人身売買の商品」に仕立て上げる。
余談だが、このような様々な朝鮮人組織と戦って命を落とした日本人もいる。
たとえば伊丹十三や石井紘基、坂本堤、朝木明代などである。
※伊丹十三監督
 民事介入暴力を題材に映画を作ったら創価と繋がりのある暴力団員に刺されて負傷。
 創価学会をモデルとした宗教団体をテーマとした映画を作ろうとした矢先に謎の投身自殺。
※石井紘基議員
 オウム・統一教会の朝鮮人勢力と背後のユダヤ勢力に触れる発言をしたら
 自宅前で在日朝鮮人のチンピラに刺されて死亡。
※坂本堤弁護士。
 オウム被害者の相談にのり、被害者の会結成に協力し、ラジオ等でオウムを
 批判していたら突然行方不明に。数年後に山中で一家全員が死体で発見される。
※朝木明代東村山市会議員。
 創価学会を批判する活動を行っていたが、ある日、ビルから謎の転落死。
 事件後、遺族は検事にいろいろと相談するが、後日その担当検事までもが
 創価学会員だったことが判明。事件の詳細は謎に包まれたまま。
ところで、「統一教会」や「創価学会」などの朝鮮系の工作組織が
共通して『日本の宗教法人』を経営しているのは“なぜ”だろうか。
これは日本の制度の問題と関係して明確な理由がある。
まず「宗教法人は税金を一切払う必要が無い」からである。
ゆえに莫大な収益を日本に還元することなく全て朝鮮のために使えるのである。
(言い換えれば、彼らは“日本という国のために”など金を使いたくないのである)
そして日本には政教分離の原則により、
政党が「特定の宗教を支持できない」決まりがある。
だから公明党などから間接的に日本に内政干渉しているのである。
ここまでで見てきたように、日本には様々な工作が既に実行されている。
民主党は“全て中国の言う通り”がモットー。
公明党は創価学会とともに日本を朝鮮のものにしようとしてる。
創価学会は日本の大手メディアを間接支配していて、
社民党は朝鮮総連とともに拉致の存在を否定し、被害者の活動を妨害した。
共産党は北朝鮮に関して社民党と同じ。それに加えて反自衛隊・反米である。
朝鮮総連と民潭は日本を解体して朝鮮にしようと参政権を狙っているし、
統一教会は売国政党の社民党を支援している。
朝日新聞などは中国と朝鮮の代弁者、つまり日本最大手の売国新聞だし、
日教組は基本理念のレベルから反資本主義・反体制であり、
残る自民党にも中国の顔色ばかり窺っている者が潜んでいるのである。
今後は『人権擁護法案』成立を契機に公明党は民主党に鞍替えして連立し、
実質外国人与党が誕生して第二期工作の完結となるのが彼らの筋書きである。
(今、実際にそのように動きつつある)

 




86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 14:41:33 ID:u29UevE90
話は変わり、国税庁と朝鮮総連系・在日朝鮮人商工連合会との間で
税金の取り扱いに関する「五箇条の御誓文(※後述)」が交わされていて、
現在も『在日が税金逃れを行う為の特権』が認められている。
例を挙げると、パチンコ産業だけでも在日が8割を牛耳り、
年間30兆円(実質は40兆円)も日本国内で利益を得ていながら
まともに税金を払っていない。国税庁もパチンコ脱税を見て見ぬふり。
ちなみに日本で最もパチンコ業界から金を貰ってるのは土井たか子である。
しかも「仮名口座の特権」もある為、日本中で在日“だけ”は
高いことで有名な日本の相続税すら免除されている。
この一銭も税金を払わない連中が日本の福祉を受け、
朝鮮学校の運営費まで日本政府から巻き上げているのである。
 1.朝鮮商工人のすべての税金問題は、朝鮮商工会と協議して解決する。
 2.定期、定額の商工団体の会費は損金(=必要経費)として認める。
 3.学校運営の負担金に対しては前向きに解決する。
 4.経済活動のための第三国旅行の費用は損金として認める。
 5.裁判中の諸案件は協議して解決する。
簡単にいえば、
「商工連の印鑑さえあれば日本政府は触れられない=脱税OK」 ということである。
在日は税金を払わないだけではない。
払わないどころか逆に国から金を貰っているのである。
給付金額も『日本の主権者である日本人より多い』のである。
在日の40%の生活保護者所帯への援助は年間一所帯600万円。
年計2兆3千億円が「日本人ですらない在日朝鮮人の生活保護費」になっている。
これだけ与えられればおとなしく納得するだろうか。
いや、黙らない。なぜなら彼らは朝鮮人なのだから。
しかも、医療費は保険診療内なら全額タダ。
病院の通院費も必要と認められれば全額支給の対象になる。
上下水道も基本料金免除。NHKは全額免除。国民年金も全額免除。
都営交通も無料乗車券が与えられるし、なんとJRの定期券まで割引になる。
年金は支払い免除どころか“掛け金無しで”年金『受給』が可能である。
他にも名目を変えて様々な給付や免除が彼らを養っている。
税金を払わずこれだけ貰えば可処分所得(自由に使える金)は相当な水準になるだろう。






87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 14:45:40 ID:u29UevE90
少々余談になるが、日本人が在日朝鮮人に騙された事例の中でも
今から10年ほど前の『オウム真理教』の事件は特に印象が深い。
おそらく「麻原と信者が暴走した事件。宗教は恐ろしい」といった
マスコミの誘導する印象で記憶してる人が多いかと思う。
だがこの事件は、いわゆる宗教思想や信者の“暴走”ではない。
周到な準備と数十億円という資金を必要とする大規模なテロであり
目的意識を抜きに語ることのできない政治的意図を持った大量殺人計画である。
まず、既に知られているように、オウム真理教というのは統一教会と同様の
朝鮮系宗教のひとつである。
では、朝鮮人宗教家たちは“なぜ”日本でテロなどを実行したのだろうか?
その目的は信仰などとは関係ない。 単に朝鮮戦争の教訓に基づいた「戦略と地理の都合」である。
朝鮮戦争は『北朝鮮+ソ連+中国 vs 韓国+アメリカ+日本』という構図だった。
そしてその戦争において日本は「米軍の反攻拠点」になり、
日本から繰り出された米軍兵力が北朝鮮軍と中国軍を蹴散らしたせいで
北朝鮮やソ連などの共産勢力は38度線の北に押し返されたのである。
ソ連軍の朝鮮人部隊の将校だった金日成がこの教訓を忘れるはずがない。
持久力に欠ける北朝鮮軍が仮に今南進したところで朝鮮戦争の時と同じように
日本から朝鮮半島にアメリカの救援が出れば、また押し返されてしまう。
今も半島統一の野望を抱き続ける北朝鮮にとっては、まず最初に『在日
米軍兵力を無力化』しなければ半島の恒久的占領は不可能なのである。
だから、在日米軍の行動を妨害して軍事反攻の準備をさせないようにすることが
財力・軍事力に劣る北朝鮮がとりうる最も効果的な選択肢の一つなのである。
つまり「横須賀の空母」「沖縄の海兵隊」「嘉手納のB52爆撃機」などを
出動させないことが北朝鮮にとって『同じ失敗を繰り返さないため』の
重要なポイントであり、なんとかしてアメリカが動けない隙を作り、その間に
北朝鮮が半島全土の支配を確立することが目的なのである。それさえ叶えば
あとは日本に向けた核で恫喝すればアメリカの半島軍事介入を牽制できる。
このような朝鮮有事を考えたときに、その後方基地に位置づけられる日本で
種々の機能を麻痺させることは軍事的にも北朝鮮を非常に有利にする。
北朝鮮という国は日本を混乱に陥れて、はじめて軍事的に自由になる。
つまり、オウムの日本テロは北朝鮮の半島での軍事行動の陽動作戦であり、
その大儀ゆえ朝鮮系の巨大組織から莫大な支援を受けることができたのである。
ちなみにオウムが東京上空からサリンを散布するために購入した大型ヘリは
「ロシア製」だったという。朝鮮戦争以前から続く日米と共産圏との戦いは
ソ連が崩壊した今もなお静かに続いているのである。



88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 14:50:58 ID:u29UevE90
『朝鮮系宗教法人』が日本に税金も払わずにボロ儲けしているのと同様に
『パチンコ屋』や『サラ金』(消費者金融)がボロ儲けしていることにも
不透明な印象を受けないだろうか。
「日本の法律では国営以外の全てのギャンブルが禁止されている」
これはみなさんもご存知のことだろう。
ここでこんな疑問を持ったことのある人も多いのではないだろうか。
 「パチンコ屋はいいの??」 と。
日本は法律で賭博を禁じているのに「全国の駅前の一等地が賭博場」なのである。 これは確かにおかしい。
そもそも駅前の土地は戦後混乱期に朝鮮人に『不法占拠』されたものである。
しかも朝鮮に帰国する者は全財産を朝鮮総連が没収したため、権利はいまだに
朝鮮人のものである。彼らはそれを利用して土地転がしで荒稼ぎした。
これらの在日パチンコ業界から賭博税を徴収できないなら、石原都知事案のような
『公営カジノ』を作ることでパチンコ業界そのものを弱らせていく案も
長期的な国防の面でみれば非常に有効な方策だろう。
いや、「黙認状態のパチンコを、課税することによって“国家公認”」にしてしまうよりも
むしろ「公営カジノを認めることで、パチンコ業界を潰す」という方が
“より”良い案なのかもしれない。
朝鮮組織の巨大収入源はパチンコ以外にもう一つある。
それが消費者金融、いわゆる“金貸し業”である。
日本のビリオネア(億万長者)は、在日ばかりです。
武富士の武井さん一人で我等平均的日本人の100万人分の資産があります。
★在日
・武井保雄一族 資産総額 9660億円 肩書き「武富士会長」
・木下恭輔一族 資産総額 6720億円 肩書き「アコム社長」
・福田良孝 資産総額 6240億円 肩書き「アイフル社長」
・神内良一 資産総額 3960億円 肩書き「プロミス会長」
          (小学館『世界のタブーが解る本』P83より)
在日朝鮮人は脱税が可能なだけでなく、違法ビジネスを堂々とやれる特権が
あるため金持ちになりやすい。そして金持ちになった朝鮮人が次に欲しがるものは、
「安定と、貴族的な特権」である。
それを実現するために有り余る資金で政治家を買収し、更なる特権を得るための法律を
次々に制定させている。これが在日資本家による支配構造である。
“世界の経済大国となった日本の番付上位”に多数ランクインしている在日は
間違いなく「世界一リッチな少数民族」なのである。
彼らは日本国内で年間約40兆円という莫大な金を手に入れながら
「在日は差別されてる可哀想な少数民族だ!」などと被害者面で
“更なる権利”を要求している。
韓国政府の代わりに金も生活も特権も与えている日本政府に向けて
そんなことを言えるのは朝鮮人ならではの図々しさの為せる技だ。
本当の被害者は誰か。いうまでもなく納税している日本国民である。
彼らは金を稼ぐだけではない。その使い方が何よりの問題である。
フジテレビのニュース番組「スーパータイム」は
北朝鮮の金正日総書記との会談議事録の取材で、
 「在日朝鮮人の70%が、30兆円市場である日本のパチンコ産業に関わっており、
  その送金が我が国(北朝鮮)を支えている」
という旨の発言を報じたことがある。
金正日が、日本のパチンコ産業からの送金が
「日本人を拉致した北朝鮮」を支えている、と言っているのだ。
30兆円という『日本最大規模の市場』を持つパチンコ業界から日本にほとんど
税金を徴収することもできず、その金がテロ実施国家・北朝鮮に送られるのを
見過ごすことは、日本という国を「テロ支援国家」にされているのと同義である。




89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 14:55:31 ID:u29UevE90
このような状況で現在“法案審議中”の 『外国人参政権』などが認められたらどうなるだろう?
もしそんなことになったらほとんど税金も払わない在日朝鮮人・韓国人に
現在以上の強力な特権が与えられ、行政も教育も彼らに乗っ取られることに
なるだろう。現在ですら教科書採択で韓国から圧力が掛けられて日本の
歴史教育が歪められているのだから。
彼らは日本社会で安全に豊かに暮らしているというのに、権利を与えても
国籍までは日本国民になる気もなく、日本や日本人に対する愛着が無いどころか、
逆に悪意や害意すら持っている。……だが日本国内のことなど世界の人々は知らないのである。
よく考えて欲しい。
『日本を嫌っていて、日本を解体・吸収しようとしている外国人』に
なぜ日本という国の参政権を与えねばならないのだ。
そんなものは「人権保護」でも「平等」でもない。ただの馬鹿だ。
公明党に投票する日本人はそれだけで“文字通りの売国奴”である。
そして同時に中国人・韓国人・在日朝鮮人などがよく口にする
「日本はアジアの隣人と共存せよ」という“もっともらしい言葉”を
素直に額面どおりに受け取ってはならない。
彼らの言う「共存」や「友好」は、「彼らが快適であること」の意であり、
それは「日本人が自分たちの言いなりになること」を意味しているのだ。
日本の国政に多くの在日が紛れ込み、政治の主導権を彼らが握ればどうなるか?
韓国・北朝鮮が、戦争をせずして日本を乗っ取る事が可能になるだけである。
イタリアの政治学者マキャベリは「隣国を援助する国は滅びる」と言ったが、
もしかするとその通りかもしれない。
【参考】2chで有名なコピペ
-------------------------------------------------------------------------------
あのさ、おれも君たちの大嫌いな在日だが。在日3世。
別に嫌われようが何されようがこっちはどうでもいいよw
日本という国における「楽して稼げる職業」は在日・帰化人が握ってるし(笑)
金あるから在日でも日本人女とやりまくり。さらにはレイプしても全然バレないw
あと数年で日本の参政権も取得できるし(爆)
俺達はもうお前達みたいに毎日毎日職業とか将来とか金の心配なんかしなくていいんだよw
バックに総連や創価学会がついてるし、働かなくても行政から月20万の金入ってくるしねw
今俺達が考えてるのはもっと大きいこと。
いかにしてこの日本という国をボコボコにいじめ抜いてやるか、ってこと。
つまり、日本の中に、俺たち朝鮮人、韓国人の血を増やして在日を増やす。
んで日本人を少数派にしてその日本人をいじめたおす。んでこの国を乗っ取る。
今はもうその最終段階に入ってるわけ。
平和ボケした危機感ゼロのお間抜け日本人は気づいてないがw
例えば韓国ブーム。あれは在日が作ったって知ってる?
あれだけ大規模なブームを作れるくらい、もう日本の中で在日の力は最強なんだよ。
自分達を地獄に導いてるとも知らずに毎日毎日テレビで韓国をヨイショしてくれる日本人w
韓国ブームのお陰で在日や韓国人へのマイナスイメージがプラスイメージになった。
そして日本人が韓国人や在日と結婚する数も圧倒的に多くなった。
つまりもうあと30年で日本は完全に在日主体の社会になるよ。
たった100万人に満たない在日に使われる1億人の日本人w
お前ら糞日本人に一生地獄の生活を見せてやるよw
どう?ムカムカする?(爆)
でもせいぜい今みたいに2ちゃんで数十人ぐらいがチョン死ねって言うぐらいだろうね(爆)

単なるコピペだが、それも今なら危機感を煽るくらいの役にはたつのかもしれない。






90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 15:01:45 ID:u29UevE90
人権擁護法案 これが成立した場合特定の人に都合のいいように言論統制が可能になる。
称被差別者を中心に組織される2万人の人権擁護委員と
人権委員会による強権行使(令状なしで立ち入り捜査など)が可能になり、
「疑われた人」は、証拠がなくても“疑わしい”というだけで出頭を求められたり、
証拠品の提出を強要される。
しかも人権擁護委員には外国人でもなれることになっているのである。
また、委員会は非協力的な者に対して罰を与える権限を持つ。
それにより「氏名等を含む個人名の公表」などの脅迫的な実力行使が
可能になるのである。ちなみにこの委員会が権力を乱用して暴走したとしても、
それを抑止する機関や法律は存在しない。
つまり三権から独立した新しい権力が誕生することになるのである。
法案のイメージとしては「電車で肩が触れたたけの男性を女性側の主観だけで
一方的に痴漢呼ばわりすることが可能になる」というのと似ている。
もしこの法案が通ったらどうなるだろう。
少なくとも政教分離はなくなり、外国人に参政権が与えられるのは間違いない。
『韓国人が嘘の歴史を学んでいるのと同時に、日本人にはメディア支配と
 自虐史観教育と東京裁判史観教育が徹底されている』
それが可能になっているのは、
『宗教法人・パチンコ・サラ金などで成功した在日と工作組織が、脱税で得た
 莫大な金と、政教分離に反した違法な選挙の組織票を利用して、朝鮮人が
 日本を食い物にして暮らせるように日本の政治・法律・メディア・教育などを
 自由に操作して、日本国民に工作のカラクリを隠しているから』
だが、幸いなことに、現代日本においてメディアは多様化してきている。
メディアの進歩によって少しずつ日本国民が真実に気付きはじめているのだ。
それに対抗して、彼らは既に2ちゃんねる等のインターネットや、テレビ等の
言論を自由に規制するルール作り(=人権擁護法案)も始めている。
それでも多チャンネル化したデジタル放送や、インターネットなどの
メディアの進歩が「日本の正しい歴史」を取り戻してくれる可能性に期待したい。
今我々みんなにできることは、知ることと、伝えること、考えること。
そして小さな行動や投票で意思表示することである。
日本人はそろそろ認識を改めねばならない。
以上かなりの長文になったが日本の現状を理解していただけたらうれしく思います。

 






91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 18:22:10 ID:5UPzHdm10
>>75

>同列に扱わないで頂きたい。

てめえは俺が何を言いたいのか解っている?
話題はずらさないでくれないかね?
支配の是非は別にしても東アジアの
一部地域を支配している時点で
アジアの解放は成立しない上に、
欧米のアジア支配は否定しても
日本のアジア支配は黙認するだなんて
矛盾でしかない

それに欧米の支配といっても
香港やシンガポールのようなケースも存在するが?
香港は発展度合いから考えて、
欧米の支配だから極悪と言うのは単純化しすぎだろ

>日本が進出した殆どの地域では多くの好影響が見られる。
何のいい影響があるんだ?
特に中国の場合は戦乱と殺戮を招いただけだから、
好影響なんて何もないと思うが



92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 18:22:53 ID:5UPzHdm10
>>75

>日本人虐殺事件に端を発した事はご存知ですか。
どうあれ結果的に中国に侵攻して
多くの中国人を殺戮したくせに
解放だという論旨は理解できない
と言うか解放にはならない。
少なくとも日本軍がアジアの解放者なら、
なぜ中国人の抵抗を受けることになったのかね?
全ては他国人のせいであって
日本人の行動に責任を持たないというのは、
卑怯すぎると思うんだが

>日本が植民地解放を目指していなかった
てめえは言い訳ばかりでウザイ奴だな
日本が東アジアの一部地域を支配して
欧米からの独立は訴えるくせに
日本からの独立は訴えなかった時点でご都合主義になるんだよ
それに中国に侵攻して多くの中国人を殺害した時点で
アジアの解放もクソッタレもない

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 18:30:17 ID:5UPzHdm10
最後に気づいた点があるが、
お前の歴史観は無茶苦茶な所があるな。
もしかしてお前は日本にとって都合のよい情報しか飲み込まず、
日本にとって都合の悪い情報は盲目的に否定しているんじゃないか?
だからアジアの解放だの都合のよい事が言えるのだろうが。
南京大虐殺は存在しなかった訳ではないよ。
いくつかの誇張はあると思うがね。

日本軍はタイ軍とも交戦した事があって、
アジアの解放軍がなんでタイ軍と交戦していりするんだ?
お前のようなのは華僑の陰謀だ、アメリカが悪い、
イギリスがとか言い始めそうだがな。

お前はまずナショナリズムを捨てて、
第三者の立場から歴史を顧みることをお勧めする。
日本兵がインドネシアの独立に協力していたかのように、
都合のいい点だけ強調しているが、
日本兵が連合軍側に参加して独立弾圧側に回っていた事実を知らないようだ

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 18:33:49 ID:5UPzHdm10
日本軍がもたらした好影響ってなにかね?
結論から言うと日本軍は平和を乱して殺戮をもたらしただけで、
好影響なんて殆どないよ。
そもそもフィリピンでは今の日本は別にしても
戦中の日本の事は否定的に見られていたりもするようだ。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 18:45:18 ID:p/upEuWi0
とりあえず、>>94がキチガイだということは良く分かった。
まあ、本気でレスしてるなら、と仮定しての話だけどね。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 18:47:44 ID:5UPzHdm10
>>95

不満があるのであれば罵倒ではなくてちゃんとどこが問題なのか説明してほしいものだ。
ガキみたいに泣き叫べば相手が理解すると思うな。クズ

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 18:54:07 ID:5UPzHdm10
東アジアの一部地域は支配して中国に侵攻して多くの中国人を殺害していた癖に
そして太平洋戦争はアジアの解放が全てであるかのように強調する。

太平洋戦争はその開戦経緯や目的からして
アジアの解放が全てであるかのように強調することはできないし、
石油資源を獲得するためにはじめた戦争でもあるから
帝国主義的な側面のある戦争でもあったのだ。
都合のよい考えしかできない人間は歴史の極一面にしか過ぎない点を
全てであるかのように強調するが、
アジア解放という言葉自体が歴史の極一面にしか光をあててないとしかいえないのだが、
矛盾とかに少なくとも気づけないらしいな。

日本だってアジアを支配していたじゃないかと言うと、
いやいや支配することは悪いことではないんだ。支配の是非が問題なのであって・・・
と言い訳を開始してアジア支配を肯定し始める。
アジアの解放を訴える国や国民が、アジア支配を肯定しては矛盾だよな?
日本の中国侵略を非難すると、中越戦争を引き合いにだす奴がいるがそれと同じだ。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 18:58:21 ID:IpxYmPle0
ID:5UPzHdm10
また無知を晒しに来てんのか、この池沼ww

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 19:04:44 ID:p/upEuWi0
>>96
とりあえず自分の書いたレスをよ〜く反芻してみろよ。
そのまま自分に返ってくるからさ。

ま、それが分からないからキチガイなんだろうけど。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 19:23:31 ID:5UPzHdm10
>>98-99
クズはウザイよ
死ね


日本はアジアを解放したと言われて気づく矛盾点が二つある。
日本がアジアの解放を志したのが史実だとして、
なぜ欧米のアジア支配からの解放は志しても
日本のアジア支配からの解放は志さなかったのか?
なぜ中国に侵攻したのか?なぜアジア人同士で殺しあっていたのか?
太平洋戦争より満州事変が先に起こったのはなぜか。
中国人を殺し続けだけの日中戦争の存在がありながら、
なぜ日本軍はアジア人を支配する欧米人からの解放者になりえるのか。

アジアの解放というからには、
日本軍は欧米人の支配からアジア人を解放したのだろう。
だがとてもじゃないが第二次大戦の前半戦である日中戦争は、
日本軍が欧米人の支配からアジア人を解放する正義の軍隊には見えない。
それ所か欧米人の如くアジア人を虐げている位にしか見えん。
それ所ではない。中国に侵攻している時点でやっている事は
イタリアのエチオピア侵攻と大差はない。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 19:31:23 ID:5UPzHdm10
それにアジアといっても広大な地域をさしているからな。
日本がアジアの全てを解放したとでも言う訳ではあるまいな?
不正確でいい加減な言葉を使うのではなくて、
もっとよりよい言葉を使うべきだと思うが。

日本軍は西アジア・南アジアを解放した訳ではないから、
論理的に考えてアジアの解放は成立しない。
東アジアの一部地域を支配して中国に侵攻しているのだから、
東アジアの解放はとてもじゃないが成立しない。
特に東アジアは香港を除けば欧米人の支配は受けてないのだから、
アジアの解放にはならない。
アジアの解放が成立するのなら東南アジアの解放と言う事になるのだろう。

だが日本が本当に東南アジアの解放を志していたのなら、
なぜ大東亜会議によばれた東南アジアの国がすくないのか?
それに東南アジアの主だった国の独立年も疑問がある。
戦中に独立した国は少なく、
日本軍の影響下で独立したのならば独立年が1945年より下を下回らなくはならない。
だが東南アジアの主だった国の独立した年なんて、
1945年を超えているものが多いからな。
マレーシアなんて日本軍の影響下で独立したとはとてもじゃないが思えないぜ。
独立した年が1945年を上回っているのだから。

日本軍のおかげで独立したと言うのならば、
少なくとも1945年以前でなくてはならないのに、
なぜ数字を超えている国が多いのか?
マレーシアなんて日本軍の影響下で独立した訳ではない。
少なくとも影響下に入ることは不可能だ。独立した年から考えても。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 19:33:13 ID:rkPcODEq0
日本の戦後処理問題については、大枠ではもう解決済みの問題だと僕は思っている。

だから日本政府や天皇が謝罪をしたり、補償をしたことについて文句を言おうとは思わない。

だがそのことに文句を言っているのがつくる会などに代表される右翼だ。

右翼は解決済みの問題に文句を言うのはやめようよ。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 20:43:33 ID:iHn16hXI0
何が本当か分からない。
歴史なんて嘘だらけだしな。

ただ、左右色んな考え方で書かれた歴史を見ていると、
昔の歴史の授業で教わったように「日本は絶対悪」、ということもないし、
かといって>>101が(逆説的に)言ってるように「アジアの英雄」ということもないわけだ。

ちなみに中学の時の歴史の教師は、まだ「従軍慰安婦」が教科書に載っていない頃から
従軍慰安婦に関する教材を藁半紙で自主制作し、テストにも出すほど熱心な人でした。

ただ、その教師が涙ながらに「南京大虐殺」について特別授業をやったときには、犠牲者数は
20万人と言ってたんだけどね。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 21:06:44 ID:0HddUoDb0
長文厨の相手はこれだから面倒臭い
まず、歴史を考える上で考慮に入れて欲しいのは「完全な善も悪も存在せず、どの国もえげつないこと、いいことをやっている」
ということ、それと「国の評価の違いは、そのえげつなさとよさの程度の差である」
ということ、そして「国民は、祖国の歴史を美化してとらえ、誇りを持つ権利がある(虚偽であってはならない)」
ということである
さぁ・・・逝こうか
>>91
>支配の是非は別にしても東アジアの 一部地域を支配している時点でアジアの解放は成立しない上に、
>欧米のアジア支配は否定しても 日本のアジア支配は黙認するだなんて矛盾でしかない

東アジアの一部地域支配についてはその当時の国際情勢についてから考えてもらわなければならない
1853年に開国したときから、すでに南にはイギリス・北には露西亜という脅威が迫っていた
当時、白人国家が有色人種国家の主権を奪い、占有すること(植民地化)は合法で、
日本も例外ではなかった
つまり、日本は富国強兵につとめ、白人国家の侵略行為を跳ね除ける必要があった
これまで防波堤だと思っていた清も、朱子学によってぼろぼろになり、使い物にならなくなっていた
ということで、日本が最初に考えたのは清以外に防波堤になりそうな国に、開国と強化を促し
対外脅威を減らすことであった
それに選ばれたのが朝鮮と台湾である
台湾に関しては、各部族が一部地域を支配している状態で、とても国家運営を任せられる状態ではなかったため
日本はまず、あるていどの国家体制はできていた朝鮮に近代化を促した
しかし、朝鮮は朱子学におぼれ、西洋文化を毛嫌いしており、中華思想によって日本を蔑視していた
さらに、朝鮮自身は清の属国であることを望んでいた
それでは防波堤にならない・・・あせっていた日本は甲午農民戦争の勃発に「在朝邦人保護」を口実として出兵し
清の影響を排除、朝鮮を独立させようとした、日清戦争である
これは成功し、日本は見事朝鮮を独立させ、「大韓帝国」とすることに成功した
だが、朝鮮はまだ近代化を求めず、さらに朝鮮王室・両班は露西亜に接近する動きをみせ、ついには朝鮮国王が露西亜大使館に引きこもってしまう
朝鮮半島が落ちると日本の国防が危うくなる・・・今とは違って、当時の露西亜は海軍も強く
日本の脅威に十分なり得る国であった、ついにこれを排除するために始まったのが日露戦争である
この戦争にも勝利した日本は、大韓帝国に国家主権を持たせていても意味が無いことを痛感し、伊藤博文のもと、大韓帝国をのこしたまま
その国の国家運営を行う方法をとろうとしたが、伊藤博文は暗殺され、さらに当時朝鮮最大の政治組織であった一進会から併合要請がなされたため
日韓併合が行われる運びとなった(しかし、運営においては朝鮮総督府と一進会が対立してしまったため、一進会は解体された
まず、朝鮮が日本の領土と化した理由は以上である
俺が一言で評価するとすると「日韓併合はベストであったかはわからないが、国防上はベターな選択であった」
となる
台湾に関しては、清が実効支配していなかったのを目に付けて、日清戦争のときに日本の領土とすることを清に呑ませ
台湾総督府のもと、統治を行った
南方からの脅威に備える要地のつもりだったようだが、私的には意味があったのかどうかはよくわからない
しかし、御前は東アジアの一部地域といってるので台湾は関係ないかなw
まず、欧米の植民地支配と日本の植民地統治の違いは
欧米が珍品や資源、香辛料などをもとめて各地を自国領土化していったのに対し
日本は欧米諸国による被植民地化の脅威にさらされてはじめて領土を増やしたことだ
それまではちゃんと徳川の鎖国を守ってきたのだからね
もちろん、それだからいいとか悪いとかは関係ない
だが、区別すべきことであることは一応いっておく








105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 21:07:49 ID:0HddUoDb0
(続き)
>何のいい影響があるんだ?
>特に中国の場合は戦乱と殺戮を招いただけだから、
>好影響なんて何もないと思うが

何も無いって・・・それ無知だって公言してるようなもんだぞ
朝鮮半島・台湾・満州のインフラ整備と市場活性化(これぐらいは欧米もやってるし、これが欧米の元植民地地域の繁栄を呼んでいることは言うまでもない
教育の推進(これは欧米の国によってはやってないところがあったようだ
ダム建設(特に八田與一は有名、八田の建設したダムのおかげで台湾の米の収穫量は跳ね上がった
中国の場合は戦争中だから、好影響ばかりは望めないねぇ
でも、(少なくとも)日本軍は中国軍よりかは素行がよかったため、好かれていた様子
東南アジアでは・・・物資不足が酷すぎてこき使われた人もいたらしい
しかし、技術提供も行ったし、PETAなどを訓練したので間接的には独立に手を貸した形になっている
いいところばかりでもないし、悪いところばかりでもない
あちらの国でも、いいところに感謝する人もいれば、悪いところに憤慨する人が居る
東南アジアでは前者が圧倒的に多いだけ
>>92
>どうあれ
すでに議論を投げ出してるね
>多くの中国人を殺戮したくせに
日本人も死んでるって、何度も言っただろうが、「戦争だ」って
それじゃまるで丸腰の中国人を一方的に虐殺してたみたいじゃないか
あっちだって抗戦は一応してたんだよ
>なぜ中国人の抵抗を受けることになったのかね?
共産党が共産主義革命を成功させるため
国民党と日本は利用されていた
>日本軍はタイ軍とも交戦した事があって、
アジアの解放軍がなんでタイ軍と交戦していりするんだ?

タイも枢軸国側だったが、日本が苦戦しはじめるにつれ
信義を重んじ、日本と最後まで戦って散るよりも、連合国に迎合して戦ったほうが独立する最善の道である
と考えたから態度を変えて歯向かった、これはビルマでも同じだ
だが、彼らは戦後は「日本のおかげで大幅に独立が早まった」と感謝の意をあらわにしている
素直に受け取りたい

あとは同じような内容を繰り返しているな
それに東南アジアの解放に関しては、日本そのものが独立へと導いたのではなく
日本が欧米勢力を一度でも駆逐したことによって、独立への足がかりを作ったのであると理解してほしい
いいか悪いかは判断しかねるところだ

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 21:34:28 ID:yQYUon7p0
欧米勢力を駆逐したといっても、欧米の主力軍がナチスに苦労している間に
数日で追い出せるようなレベルの駐留軍を追い出しただけなんでしょう?

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 22:14:30 ID:0HddUoDb0
>>106
そうだな
準備の整わない連合軍をここぞとばかりにぼっこぼこにしただけだ
いわゆる電撃戦
仕方ないじゃん・・・物量が違うからそうするしかなかったんだって
まて、俺に大東亜戦争まで語らせる気か?
たのむからぐぐってくれ

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:01:43 ID:5UPzHdm10
長文厨ってお前も同類じゃないか。
率直に言おう。
どんな言い訳を使おうが、アジアの解放は成立しないし、
日本軍がもたらした肯定的影響は小さい。
特に中国人の立場からすれば日本軍のせいで
多くの中国人が軍民問わず殺害されたのに、
感謝する事など何もないだろ。

そして善悪で語るなと言うが、
日本を悪に位置付けたくないからわざと全ての評価を灰色にしているんだろ?
評価を灰色にすれば日本は善にこそならないが悪でもなくなる。
日本が悪者にするのを怖いから灰色にしているとしか思えん。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:11:07 ID:FazVgV2d0
>>108
>特に中国人の立場からすれば日本軍のせいで多くの中国人が軍民問わず殺害されたのに、
>感謝する事など何もないだろ。

国民党に徴発された娘を強姦され、怒った住民達が反国民党の暴動を起こしたこともあるそうだし
日本軍の水先案内人になった中国人が、武装勢力の武装解除に貢献したこともあるそうだ。

秩序を好む日本軍は、実は意外にもに歓迎されていた部分もあるんだな。
現代中国史からは抹消されているがねぇ。。。。
あんた、思い込み強すぎでない?



110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:18:39 ID:FazVgV2d0
>そして善悪で語るなと言うが、日本を悪に位置付けたくないからわざと全ての評価を灰色にしているんだろ?
>評価を灰色にすれば日本は善にこそならないが悪でもなくなる。日本が悪者にするのを怖いから灰色にしているとしか思えん。

例えば、チンギスハーンを現代の価値観で語れば、単なる侵略者で大悪人になるんだろうが、
しかし、当時の世界情勢や世界常識を調べ、それに照らし合わせてみれば、ユーラシア大陸全体を制覇した英雄ということになる。

現代の価値観で歴史を評価することが、学問として実に愚かだと言うことが分からないかなぁ?

もっとも、個人的な感情論で悪だの善だのと決め付けるのは勝手だよ。
でも、それはあくまで個人の感情のレベル。
俺っちはあんたを説得する気は無いね。

感情的になった人間には何を言っても無駄だ。




111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:21:37 ID:0HddUoDb0
>>109-110
俺が答えようかなーと思ってたのに代弁されちゃったよ

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:22:47 ID:5UPzHdm10
>>109

事件を語ってもらうのはありがたいが、
当事者の中国人の名前を教えてくれると信憑性が高まってありがたいんだけどな。
エノラゲイの搭乗員の名前すら判明しているのに、
そのような事件があるのならば当事者の中国人の名前位、判明するよな?

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:31:38 ID:IpxYmPle0
ID:5UPzHdm10
良かったな、池沼w こんなに盛大に構ってもらえてw

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:35:51 ID:5UPzHdm10
殺人と言う行為は窃盗より実に酷い行為なのに、
日本兵は軍民合わせて何万と言う中国人を殺害していたのです。
反日デモや窃盗行為など、実に可愛いもの。
信長のような男が好かれている時点で、世の中は狂っていますが。

>>113
死ね

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:38:59 ID:iHn16hXI0
英雄視されてるエノラゲイの乗組員の名前と戦争時に強姦をやった国民党兵士の名前、
これらを同列に見なすとは・・・

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:41:02 ID:5UPzHdm10
>>115

>強姦をやった国民党兵士の名前
お前はいろいろな事に詳しそうだな。
そのような事を知っているのなら事件の当事者の名前位、解るだろ?
当事者の名前すらも解らないのに
国民党兵士は強姦をしていただなんて、曖昧すぎる意見はやめてほしいね。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:41:10 ID:FazVgV2d0
>>112
最近の正論に寄稿した何とか言う中国人学者の文章を立ち読みして、結局買わなかったんだが、
この部分は結構印象に残った。中国人の名前は書いてなかったよ。

国民党って、ひどいじゃん、って思った。実は、中国の一般市民をたくさん殺しているのは
国民党と共産党だったりする。隠蔽された恐るべき現代中国史の真実www



118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:41:29 ID:Qf2cTLIO0
>>114
つかさ、そんなに申し訳ないと思ってるんだったら、今すぐ中国にでも行って
一生をボランティアに捧げたらどう?

こんな掲示板でクダまいてるよりよほど建設的だと思うがな。
しかもスレ違いだし。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:43:38 ID:5UPzHdm10
>>117

南京大虐殺とか日本人にとって不利な事象に関しては
中国人の主張など簡単には信じないのに、
日本人にとって有利な意見は簡単に信じるんだな。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:52:03 ID:5UPzHdm10
日本兵は単なる殺人鬼なのに、アジアの解放を強調するから更に笑えるんだよ。
軍民問わず多くの中国人を殺害したのにアジアの解放。
東アジアの支配者として君臨しながらアジアの解放。
中国で乱暴狼藉を繰り返しながらアジアの解放。

琉球人は邪悪な日本人共によって何の罪もないのに国を奪われ、
日本人の被害者になりました。
日米両軍のせいで虐殺を受け、異物まで破壊されたのです。

アジア人だけではなくて欧米人も日本兵に虐殺されました。
パールハーバーでは前途有望なアメリカ人が若くして死ぬ事になりました。
日本人は恥ずかしくないんでしょうか?
アメリカは日本人の移民を受け入れ、
資源も何もない日本に対して資源を売っていたのに、かみついたんですよ。酷いですね。
英国となれば日露戦争の時に恩があるのでは?
恩人に対して酷い仕打ちですよ。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:53:53 ID:IpxYmPle0
ID:5UPzHdm10
おい、池沼w もうコレまでに無いほど苦しくなってるぞw

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:56:30 ID:FazVgV2d0
>>119
いや、主張なんて意味が無くて、裏づけとなる信憑性のある証拠が必要なんだよな。
信憑性のある証拠を集めてみると、南京事件で民間人虐殺なんてなかったね、という
結論。ちゃんちゃん。

主張だけなら馬鹿でも出来る。



123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:58:15 ID:Qf2cTLIO0
何となく今日の流れを見て思ったこと。

日韓歴史共同研究とやらも、きっとこんな感じでどこまでいっても平行線だったんだろうね・・・

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:00:41 ID:BYSHzltn0
ID:5UPzHdm10って、何者?
左翼日本人でも、ここまでアホな妄想にはとらわれないような気がするが。。。

殺人鬼と言えば、やっぱり中国人の右に出るものはいないよなぁ。
通州事件での中国兵の鬼畜の振る舞いには、明らかに文化の違いを感じる。



125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:03:24 ID:WKnnnd+P0
中国で暴れ続けて中国を侵略した日本兵の方が何千倍と鬼畜だよ。
中国人は殺人鬼共に殺されてしまった。
しかもその殺人鬼共は未だに中国人を血祭りに上げる事を求めている。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:05:01 ID:BYSHzltn0
>>120
日本の昔話はど−でもいいから、 
文化大革命と天安門事件について抗議してみろよ。ググッてみろよ。



127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:06:53 ID:BYSHzltn0
>>125
天安門事件では、人民解放軍が無辜の人民を虐殺していたな。

これは、紛れもない現代の出来事。
人民解放軍は鬼畜だな。


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:08:29 ID:WKnnnd+P0
日本人って恥ずかしくないの?
日本兵は殺人鬼なのにさ。
欧米人の支配からアジア人を解放していた訳でもないのに
殺人鬼を擁護。
中国人を殺戮してもアジアの解放。
中国で暴れてもアジアの解放。
台湾は日本人が支配してもアジアの解放。
琉球国を滅亡に追いやる弱い者イジメを見せ付けてもアジア解放。
資源目的でもアジア解放。
欧米人を血祭りにあげてもアジア解放。

笑っちゃうね。
近現代日本を象徴する戦争の一つに日清戦争があるが、
近現代の最初の戦争が清国との戦争。
しかも清国人を殺しまくった殺人鬼共が賠償金まで要求する厚顔無恥さを炸裂させる。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:08:41 ID:CPDOb8Xz0
>>125
その「何千倍」って数値はどっから出てきたんだか・・・

まあ、大量に釣れてよかったですね、と。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:09:06 ID:BYSHzltn0
人民解放軍は殺人鬼集団

そして、台湾侵略・日本侵略を企てているかもね。


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:13:21 ID:WKnnnd+P0
>>130

お前は東アジアの歴史を勉強したことがあるかな?
日本を侵略したのは蒙古人帝国の元国だ。
中国が侵略したと言われればそうだが、
基本的に漢族帝国が日本を侵略する事はない。逆は存在するがな。
元寇も、秀吉の朝鮮出兵も、日清戦争も、日中戦争も、
日本が中国を一方的に侵略しただけだ。

それに台湾を領有したのも漢族帝国ではないよ。
基本的に漢族帝国が台湾を領有することはない。
中国を危険視する奴は、東アジアの歴史を知らないのだろう。
唯一、日本を侵略したことがあるのは元国だが、
元国は蒙古人帝国だからな。

それに台湾は中国人が主体の国。
国号からして中国だからね。その証拠に台湾は晴天白日旗を使用している。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:15:06 ID:BYSHzltn0
>>131
あんた、東アジアの歴史を全然勉強したこと無いんだね(笑)



133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:16:07 ID:WKnnnd+P0
だから中国が台湾を領有しようとするのは、
祖国を統一しようとしたいるだけだ。
台湾は独立国と言う奴が要るけど、
台湾自体は独立国でもなんでもない。
"台湾"という名称を国号にしている国なんてこの世にはないからな。
あるとすれば中華民国だが、
台湾が独立しているのではなくて中華民国が独立しているだけだ。
二つのドイツや二つのアメリカが統一したように、
祖国を統一させようとしているだけだよ。
祖国統一の妨害はしないでほしいね

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:19:07 ID:BYSHzltn0
台湾は立派な独立国だよ。国連加盟を早く認めるべきだね



135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:23:31 ID:WKnnnd+P0
>>134

お前は何も知らない奴だな。
台湾は独立も何もしてない。
なぜなら中華民国が台湾を統治しているだけに過ぎないからだ。
それにこの世に"台湾"という名称の国家は存在しないからな。
地域としての台湾は存在するが、国家としての台湾は存在しないのだ。
台湾の国旗として扱われている奴って中華民国の国旗でしょ?
その時点で台湾は独立も何もしてない、
台湾はあくまで中華民国の統治を受けることによって
独立した地域として存続しているだけに過ぎないのが解るから。

それに台湾島民の国籍は中国だからな。
台湾省であっても台湾国ではない。

日本人は台湾を50年近くも支配しておきながら
このようなときだけ独立を訴える。卑怯だ。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:26:10 ID:BYSHzltn0
>>135
小林よしのりの「台湾論」読めよ。目からウロコが落ちるぜ。


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:27:20 ID:WKnnnd+P0
>>136
小林は漫画家だが歴史家ではない。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:37:18 ID:BYSHzltn0
>>136
細かいところで誤謬があるが、ほぼ真実が書かれている と蔡氏や金美齢女史が証言してる。
国民党支配の残虐性については生き証人がいっぱいいるからね。

結局「慰安婦に関して嘘が書いてあるとか」どーでもいいところにケチつけてる。
肝心のところに全く反論できないんだよね。全部本当だから。




139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:42:25 ID:WKnnnd+P0
どうあれ

1.台湾は独立した国家ではない
2.台湾を領有しているのはあくまで中国
3.台湾の主体は漢族
4.分裂した国家が統一するのはドイツやアメリカのケースがあるように、
 別に不自然さはない。
5.そもそも50年近く支配して自治権も与えなかった日本人が言うのはおかしい

結論から言うと日本人は図にのるな

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:44:10 ID:WKnnnd+P0
日本人の中にたまにいるんだよな。
漢族=中国人と考えている奴。
なら台湾の民族構成は漢族が主体なのだから、
台湾を回収しても別に問題はないっしょ。
モンゴルや日本を併合しようとしている訳ではない。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:49:31 ID:BYSHzltn0
>>139
文面から察するに、あんたは、民工から搾取する成金中国人の馬鹿息子か?



142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:53:36 ID:YExKSh3s0
つーか、中国は戦後、周辺国を侵略しまくっているんだが。
ベトナムやインドに難癖つけて、喧嘩をふっかけているし。
チベットとか東トルキスタンだけじゃないんだよね。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:55:37 ID:BYSHzltn0
>>140
ならば、満州国は漢族の国ではないから、独立国として存在したと認めるか?



144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 00:57:49 ID:WKnnnd+P0
>>141は韓国人

チョンはうそつきで常にクズ。チョンしね

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 01:00:53 ID:WKnnnd+P0
>>143

そもそも中国は満州国の独立など承認してない。
日中間に満州国の独立を認める条約など締結したっけ?
日本人が一方的に満州国の独立を宣言しただけだろ。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 01:05:33 ID:BYSHzltn0
>>145
分かった。あんたは日本人なんだな。


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 01:20:35 ID:WKnnnd+P0
日本人って本当にムッカつく奴らだな。
アジアアフリカを支配していた大英帝国と20年間も同盟関係を維持していたのに、
そのような国が本気でアジアの解放を志すと思うか?
清国に対しては賠償金を求め、
ロシアに対しては怖くて賠償金を求めなかった白人贔屓の国が
欧米人以外のために立ち上がると思うか?
第二次大戦の前半戦なんて欧米人の支配からアジア人を解放する所か
同じアジア人を血祭りに上げてアジアを支配しようとしていただけだからな。
中国を侵略して中国人を血祭りにあげて殺戮を嬉々として楽しんでいた時点で、
アジアの解放者所かアジアの殺人鬼集団じゃねーか。
しかもも多大な迷惑を中国人に対して与えたことを忘れて
シナシナ暴言を使用しまくり。
中国人ですら倭人と言う言葉は使わない。
小倭国ではなくて小日本というのはその証拠だ。
倭国鬼子とは言わずに日本鬼子とか言うしな。

少なくとも東アジアの文化と文明を作り上げた中国人はプライドがあるから、
日本の国名ではない倭国と言う呼び名は絶対に使用しないのに、
恥ずかしいことに日本人は東アジアの文化と文明を形成した
中国の恩を忘れて近現代では殺戮と支配をもたらして恩を仇で返したようです。

日本人は最低、下劣、悪魔。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 02:25:37 ID:KS2kXg4F0
>>147
どあほがお前はマジで死んでおけカス人間、お前みたいな低脳は息絶えろ世のために。
日本人って本当にムッカつく奴らだなってお前それは中国人だろw
ベルサイユ条約を蹴って不当に反日デモしたりして条約違反したのは誰だよ?あ?中国だろ?
不当なテロなどをしたりもし、政府も民間も反日で手のつけようがない さぁどうする日本
外交交渉で埒が明かないんなら、しょうがない北満州まで制圧してして治安をよくしましょう
中国→第一次世界大戦戦勝国日本からの要求を不当に拒否・政府も民間も反日・不当テロ どうしようもねぇ国だな
台湾が独立がどうのこうのとか言ってるけど厳しい収奪とかしてないし教育もちゃんとしてましたが?
台湾人は日本人を怨んでますかね? 自国はチベットで120万殺して強姦してベトナムでも謝罪要求されたのに対して逆に説教したりしてるのにね(笑)
アジア解放がないってお前言うけどさ、日本が言ってるんじゃねーもんw
マレーシアとかインドネシアとかが自分で言ってるんだもんw
本人達が言ってるんだからお前が何と言おうが撤回しようがあるまいw

中国人=法律守らない・テロする・虐殺する・強姦する・自国民すら殺す

どうしようもねー国だなこれwアジアの恥だよw
死ね死ねって連呼してるけどそんなに死ね連呼するのって小学生くらいだぜ?w
中学生だって今時死ね死ね連呼する奴見たことねーよw
てかお前何回同じような事いってんの?w学習能力ないんじゃねー?w
お前がアジア解放を認めなくても本人等の首相などが認めてるんだからお前の頭がイカレテルって事に気づけよ?
日本は自衛の戦争から始まって戦争に負けたが、結果白人らの植民地支配から抜け出せた国がたくさんあるわな
それに比べて中国はどーよ?w 戦勝国からの要求断ってテロしたりして戦後は虐殺しまくってるしよw
誰がどう見たってアジアの恥ですw 現実を直視できないお坊ちゃんはとっととnews+板にでも行ってくださいw邪魔だから消えてくれw












149 :どっちもズレてるな:2007/03/19(月) 05:57:34 ID:UWzIBQFX0
>>147
>欧米人以外のために立ち上がると思うか?

どこも国益に基づいて行動してるだけ。
ただ日本の支配下で現地人を教育したり、重要ポストに就けたりして、
日本敗退後に独立の糧となったのは事実。

>清国に対しては賠償金を求め、
>ロシアに対しては怖くて賠償金を求めなかった白人贔屓の国が

白人びいきとか関係ない。
日露戦争は実質的には痛み分けだから、多くの賠償を取れる状況じゃない。
継続してたら日本の方が危ない状況。

>>148
>ベルサイユ条約を蹴って不当に反日デモしたりして条約違反したのは誰だよ?

条約違反じゃなく、初めから中国を無視した条約に調印してないんだろ。
日本みたいに自ら調印した条約に背くのが条約違反。
中国で対華二十一箇条とかに反対するデモ→満州事変、て理屈もよく分からないが。

>日本は自衛の戦争から始まって戦争に負けたが

自衛というなら、せめて石原完爾の言うように満州に徹してろって。
満州事変の肯定ではないが。
日中戦で暴支膺懲とか言ってる時点で自衛の範疇を越えてる。


150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 06:58:42 ID:WKnnnd+P0
>>148は自殺しろ。と言うか確実に死ね。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 07:04:28 ID:WKnnnd+P0
>>148

お前はアジアの解放を主張しながら、
台湾の事についてまるで説明できてないのが解っている?
かたやアジアの解放を訴えながら、言い訳じみた事でしか正当化できない。

まあお前の妄言に付き合う気などないが、
早く自殺してこの世から消えておくれ。
俺もそこまで残酷ではない。
線香程度ならたいてやるから、いいから早く自殺しなさい。
そしてこの世から消えること

死ね

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 08:55:38 ID:WKnnnd+P0
>>149

>どこも国益に基づいて行動してるだけ。
そう思うのであればアジアの解放とか言わないことだ。
アジアの解放と言う語自体が誤解を与える表現だから、
使うべき言葉ではないんだがね。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 09:05:12 ID:WKnnnd+P0
言い訳じみた言葉ばかりを使われるのは実に見苦しい。
頼むから言い訳ばかり繰り返す無反省野郎は死んでください。
欧米のアジア支配は断固許さないが日本のアジア支配は全面的に肯定、
中国に侵略して中国人を虐殺しながら欧米人のアジア支配から
アジア人を解放するアジアの解放者を自称するとは侠気の沙汰である。
アジアの解放者ではなくてアジアの殺人鬼の方が名称としてふさわしい。
開き直り、無反省、言い訳、自己正当化。クズによく見られる特徴だ

うぜええええええええええええええええええええええ

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 10:29:08 ID:10atmygq0
みなさんそれぞれ考えがあるとは思うが、自虐史観はすでに過去のものと
して未来を見つめた議論が必要。

とりあえずは大東亜戦争が日本の国益にとってどうだったのかを考えれば良いと思う。
結果だけを見たら、列強の植民地政策は消滅したし、日本も戦後世界でアメリカに
次ぐ経済大国になれた。今は台頭してきている中共をどうすれば弱体化できるか
だけを考えれば良いのじゃないか。


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 13:43:47 ID:KS2kXg4F0
>>149
>条約違反じゃなく、初めから中国を無視した条約に調印してないんだろ。
相手の事を考えるんなら元々戦後要求なんかしません
中国を無視したも何も負けたのだから文句言う権利はない、これは当時の世界の常識
>自衛というなら、せめて石原完爾の言うように満州に徹してろって
アメリカや戦勝国側が自衛だと認めているのだから今更それを撤回するような事を言うのは愚かというものですぞ
>>150
こいつまだ死ね連呼してるよw お前ぶっちゃけ小学生だろ?w
>>152
だからさー、台湾でもちゃんと教育とかしてたんですけどー
お前の頭は百回くらい言わないと覚えられないの?w
>>153
お前何回同じ事いってんの?w
中国人虐殺?w どこだよ虐殺された資料と証拠はw
アジア開放とか日本自称してねーしwwインドネシアとかが自分で言ってるって
これまた百回くらい言わないとお前の脳みそは覚えられないわけ?
ここまで頭がコンニャクでできてそうな奴は初めて見たわw
欧米のアジア支配は激しい収奪とかしていて民間は苦しんでましたが?
日本はちゃんと教育してたって言うのこれ何回目ですかww
>言い訳じみた言葉ばかりを使われるのは実に見苦しい。
面倒だ、お前アメリカ自身が日本は自衛の戦争をしたのではないというソースでも持ってきたら?
あと、戦後インドネシアやバラオやタイなどが日本が独立に結果的に貢献してくれていないって言うソース持ってくれば?
更に、上記の国々が日本人を嫌いだと言ってる人がいるのかいないのか調べてみてはー?
あと更に中国がチベットで120万虐殺して強姦して民族浄化って呼んだりさー
ベトナムに侵攻して数万人殺しておいてベトナム外相から謝罪求められたのに対して江沢民が逆に説教たれたのはとかさー
天安門事件とかどう思うんですかねー?w ちなみに最初に言っておくけどこれらの事について中国は一切一言も嘘だとかは言ってないからね〜?
お前の何十回も同じ事繰り返されるの飽きたからさー、ホントお前学習能力1ぐらいしかないもんなー
何回も同じ事聞いては中国人虐殺!殺人鬼!とか言ってまた1から同じ主張して話題逸らしw
お前の場合頭に入った情報が耳から入って一時間後にはもうどっかその情報が消えちゃってるんじゃねー?ww
身体障害者でもない限りこんな何回も同じ事言う奴ありえねーよww
ちなみに05年の世界フォーラムでも中国は世界各界から非難されてますがー?(国定教科書などは別として)
『週刊新潮』 '05年9月29日号日本ルネッサンス 拡大版 第183回 http://blog.yoshiko-sakurai.jp/archives/cat40/index.html

ガキはガキでも言っても聞かねーし何回も同じ事聞くししまいにゃ死ねー!だもんな(笑)
もうこれは、ガキの性質と年寄りの性質を併せ持った馬鹿としか言いようが無いw
てかお前なんてここにいるんだよwNews+板に行けよスレ違いだしうっとーしいんですけどw
俺の予想 こいつはきっとまた死ねというにちg(ry




156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 14:09:16 ID:10atmygq0
>>155
あまり関わらない方がいいかと。
日本視点で見れないってだけで、どこのお人か想像できますから。
世界視点などというものはありえないわけですしね。
先の大戦を正当化できる根拠はすでに目の前にありますよ。
その後の日本の発展が総てを言い尽くしているわけですから。
各論をほじくりかえすと、相手の思う壺で迷路に引き込まれます。

157 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/03/19(月) 18:24:08 ID:dBKr+sNM0
歴史:おおかた悪い支配者とバカな兵士とによって惹起された、
主に取るに足りない出来事に関する、おおよそ間違っている記述。


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 19:31:32 ID:WKnnnd+P0
>台湾でもちゃんと教育とかしてたんですけどー
お前たちがアジアの解放を自称するから、
矛盾点を指摘しただけにすぎないのに言い訳じみた事を語りだす。
少なくともアジアの解放者を自称する資格はないな。

>インドネシアとかが自分で言ってるって
インドネシア人の極一部にすぎない人間の言葉を引用しただけだろ?
何なら日本占領下において行われたアンケート調査表や、
あるいは現在において行われた意識調査表でも見せてほしいね。
極一握りの意見を聞くより、大多数の意見を聞いたほうが判明しやすいからな。

>欧米のアジア支配は
香港やシンガポールのケースを考える限りでは、
欧米のアジア支配は極悪とは思えんがね。
特に香港なんて独立したことはないからな。

>中国がチベットで120万虐殺して強姦して民族浄化
120万殺したというのなら、
120万人分の被害者情報を提供してください。
120万人殺したと言う事が判明するのなら、
殺された被害者の名前位、解るでしょ?
もしかして被害者の名前も知らずに120万殺されたと連呼しているだけにすぎないんじゃないのですか?

被害者の名前も知らないのに120万殺されたと連呼されてもね。
知らないと言うより正確には知れないと言った方が正確だと思いますがな。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 19:51:10 ID:WKnnnd+P0
>これは当時の世界の常識

お前は自分の言っている事が解っているの?
かたやアジアの解放を自称して
かたや解放者らしからぬ事をしている事を指摘されると
当時の常識とか言い始める。
アジアの解放者を自称するのは自由だがな、
矛盾した行為を正当化する奴に
アジアの解放者を自称する資格はないぜ。

>お前アメリカ自身が
アメリカ人の極一部だろ?
アメリカ合衆国自体が日本の戦争を
正当化したことはない。
インドネシアやバラオやタイなどがとか言うが、
国家自体ではなくて国民の極一部に
そう言うのがいるだけだろ?

お前って日本語を理解してないんじゃないの?

>日本人を嫌いだと
お前は歴史を語りたいのか?
それとも人気度を調査したいだけなのか?

少なくともお前のような奴に歴史を語る資格はないだろう。
このような場では歴史がどうだったかを語るべきで、
好感度など関係ないからだ

>中国人虐殺!殺人鬼!とか言って

Casualties ;
3,200,000 military,
17,530,000 civilians

Second Sino-Japanese War
http://en.wikipedia.org/wiki/Second_Sino-Japanese_War

軍民併せて合計で2000万人以上もの
死傷者をだしながら日本軍は殺人鬼ではない?!
日本人は虐殺してない?!

因みに、これはみんながよく知るwikipediaの
地球上で最も多くの人間が閲覧している英語版からの引用だ。
先手をとって弁明しておくが、
多くの人間が閲覧している以上、
ウヨク様の得意なシナは捏造しているぜ!
なんて思い込みは通じないぜ。
この記事は中国語版ではなくて英語版なのだからな。
日本語版でもない以上、中立的な視点から書かれている。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 19:55:59 ID:WKnnnd+P0
>>156

お前は歴史を学びたいのか?
それとも日本人が望みたい歴史観を学びたいだけなのか?

歴史においてだな、どこか特定の視点から歴史をみなす事ほどおろかな事はないぜ。
日本視点のみに限定したら正確な歴史を知ることは不可能だし、
そうでないと歴史を学びたいと言う心意気すらないようなものだ。

お前たちは自慰史観的歴史を学びたいだけで、
歴史そのものを学ぶ気なんてさらさらないだろ。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 20:03:12 ID:WKnnnd+P0
日本語版でもなく、中国版でもない英語版なら中立的な視点にあるからな。
特にwikipedia英語版の閲覧者はほかの言語より最も多い。
ウヨク様の得意なシナは捏造しているぜ!なんて思い込みは通じないよ。
中国語版なら未だしも、米英人が中国人に肩入れして
中国に好意的に書く必要性もないからな。

軍民併せて2000万人以上もの人間を虐殺、死傷させておきながら
アジアの解放者を自称されるのには、片腹痛いのを通り越して怒りを覚える。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 20:26:17 ID:KzqGicn20
ひとりでがんばってるバカが湧いてるが所詮負け惜しみでしかないからな。
wikipediaでどう書かれようと日本が中狂よりも好意的に思われているのは、
事実なんだからそれで十分でしょ。


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 20:35:06 ID:WKnnnd+P0
>>162
バカはお前だよ。
てめえのようなクズがいい加減な事を言い続けるから、
こつちは正論をぶつけているだけだ。

開き直らないでほしいね。
うるさく言われたくなければ、
殺人鬼肯定、侵略者肯定、アジアの解放を言ったりしないことだ。

それとwikipediaを甘く見ないほうがよい。
wikipediaは歴史教科書と異なり、
あらゆる人間が記述してくる。
読み事しかできない教科書とは違い、
wikipediaは読むのと同時に書くこともできるからだ。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 20:38:51 ID:WKnnnd+P0
教科書はそれこそ読み手より書き手の判断が優先される。
だがwikipediaは読み手が書き手になるのだから、
教科書のように方一方的な情報は流せない。

お前のようなのはまたシナが捏造しているとでも思いたいんだろう。
だけどな、中国語板なら未だしも米英人が書き込んでいる英語版なら別だ。
米英人が中国を贔屓する必要性はどこにもない。
中国有利な情報を書き込む必要性なんてない。
英語版は米英人に限らず日本人も閲覧している可能性は否定できない。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 20:39:29 ID:8ieWCLrr0
>>163
おう池沼、今日も元気に乙w

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 20:43:02 ID:WKnnnd+P0
>>165

やあクズ、今日もあったね

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 20:43:39 ID:KzqGicn20
屑でバカでキチガイが暴れているようだがw
なになに?、、、中狂が好きなんでちゅかw
ほーそれはよかったでちゅね〜w

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 20:45:44 ID:WKnnnd+P0
>>167

俺は戦中の日本が嫌いなだけだ。
特に近現代の日本を肯定する奴には怒りを覚える。
殺人鬼集団のせいで多くの人間が殺されたのに正当化するとは絶対に許せないからだ。

殺人鬼を肯定するような連中はうせろ

特に貴様のような人間のクズは自殺して死んだ方がよい

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 20:49:55 ID:WKnnnd+P0
2000万人以上もの人間を死傷させた日本軍が
アジアの解放者とはこれほど片腹痛い事もない。
アジアの解放者所かアジアの殺人鬼でしかないのが笑える。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 20:51:19 ID:91D52pDO0
なんで日本だけ嫌いなの?
殺人集団の日本で暮らさないで移住すればよろしいかと
ま、どの国も殺人の歴史なわけだが

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 20:57:57 ID:WKnnnd+P0
また開き直りと言い訳が開始された。
てめえ、日本人のしてきた事がわかっているのか?
他国がどうあれど、日本の侵した罪は消えない

殺人なんだぞ殺人。侮辱や窃盗とは違うんだぜ。

多くの人間を救う所か殺し、多くの民族・多くの人種の生命を奪ったのだ。
どこに誇りにする価値があるのか。恥ずかしい。
多くの民族・人種を殺害してきたくせにアジアの解放を自称したり
極悪非道ではないと訴えるからさらに救いようすらもない。

近現代の日本は両腕が血まみれになることを嬉々として喜んでいただけなのだ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:01:54 ID:WKnnnd+P0
教科書で嘘を書くより、殺人の方が実際は酷いものだ。
嘘をつくのが取り戻せる行為なら、殺人は取り戻せない行為だからだ。
嘘をつくことは嘘をついていたことを正直に白状して
名誉を回復させれば、幾分かは取り戻せる。
だが殺人は死んだ人間を生き返らせることは不可能なのだから、
取り戻せないのだ。
信長や正成の銅像など立てられているが、
殺人鬼の銅像などいらねーぜ。誇りにもならない。
日本兵は何万、何十万と言う人間を殺してきたよ。
連中は人間を救う所か人間を殺していただけだ。最低だよ。
幸い、自衛隊はめったな事で人を殺さないからいいけど。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:03:41 ID:91D52pDO0
他国はどうあれって前提がおかしい
日本を悪としたいのならば
どこの国と比べて悪だと言っているかがポイントになる

そもそもが歴史を知らないし学ぼうとしないものが感情論を語りたいだけならば
この板は板違い
一日中喚き散らしたところで根本の部分で間違えてるね


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:05:37 ID:KzqGicn20
戦中がどうたらこうたら、んなこたどーでもいーんだよw
よーは結果オーライ、殺人鬼?
他人に自殺を薦めたり死を願ったり、素晴らしくオヤサシイ野郎だな。


175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:08:02 ID:WKnnnd+P0
しかも日本人って生意気なんじゃないの?
天皇・首相なんて一度も土下座すらした事はないのに、
ちょっとした事で怒るからな。

殺人と言う行為の罪の重さを理解してないんじゃないの?
ただ謝れば許される行為ですらないのにな。

多くの中国人を殺害していたのに
アジアの解放を訴えるからイタイんだよな。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:09:37 ID:WKnnnd+P0
>>174
互いに暴言をぶつけているのだから、お互い様だろーが。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:11:24 ID:91D52pDO0
中国人だって殺し殺されの歴史なんだが
なぜ日本だけをとりあげて喚き散らす?
君の中では歴史とは日本だけなのだろうか?
そうだとしたら歴史を知らなさ過ぎるし
この板はふさわしくない


178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:16:34 ID:WKnnnd+P0
>なぜ日本だけをとりあげて喚き散らす?

いかれた一部の日本人が自己正当化を繰り返すからだろ?
多くの人間を殺害して終いにはアジアの解放を訴える。

俺だって他国の歴史を知らない訳ではないさ。
だがアジアの解放を自称されると、聞き捨てならないからね。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:18:14 ID:91D52pDO0
私個人の考えでは
日本軍がアジア開放を行ったことを肯定はしない
なぜならばそれは結果に過ぎず、もともとの目的が
アジア開放であったのか、資源の確保であったのかを判断した際
おそらく資源の確保だったのだろうと考えるからだ

しかし当時の歴史的背景と国際法を考えるならば
当時の行動が悪とは考えない
中国人を殺したと言うがマクロな視点でみれば
これはお互い様、当時の中国がまとまっており
強い力を持っていたらまた歴史は変わっただろう

そういった大きな流れを、一部分だけを取り上げて
現代の価値観や国際法に基づいて
悪と言い切るのはあまりにも歴史を知らなさ過ぎる
そんなことではこの板だろうが、他の板だろうが
到底相手を納得させられないだろう

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:22:55 ID:KzqGicn20
思惑がどうでも、アジアが開放されたのは事実だわな。
そしてアジア諸国は(あそこ以外は)おしなべて親日。
なんでだろね。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:25:45 ID:91D52pDO0
>>180
脱亜論を読むと良い
結局は中国や南北朝鮮と日本は正反対の価値観であると言う事だろう


182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:28:58 ID:WKnnnd+P0
少なくとも日本人は多くの人間を殺害して迷惑をかけてきた訳です。
悪口の二つや一つ位言われても仕方ないのではないでしょうか。
暴言を吐くことと殺人は違いますよ。同列には語れない悪事です。
悪ではないという思考形態は解りません。

少なくとも悪く言われるのは我慢すべきでは?
垢の他人が叩かれているだけなのに、
その自分自身が攻撃されたかのように反応する点は理解できませんね。
過去の日本人が悪く謗られようが、垢の他人ではないですか。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:34:04 ID:KzqGicn20
>>181
そうだね、あそこには約束と言う概念が無いからね。

中狂は非難の際に「人民を大量に殺した」といった、常套句を使うが
そういうプロパガンダは情報統制下の国内ではともかく
国際社会ではもはや通用しないということだね。
東南アジアの国々にとっては、目の前にある中国の覇権主義の脅威の方が切実なのでしょう。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:34:07 ID:91D52pDO0
「少なくとも」とかそういった限定がおかしいと言ってるのだがなあ
これだけ簡単に書いても分かってもらえないのか

歴史に関して善や悪を語るならば
当然全体や当事者同士、そしてよりマクロな流れの上での議論でなければ
誰も納得しないよ
一部分だけを取り出してきて「ホラ見ろ、こいつは悪い奴だ」と言ったところで
理解を得られるのは考える力の無いものか
または反射的な思考パターンを形成している者だけだろう
つまりはこの板においてはその主張すら無意味で場違い

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:34:22 ID:WKnnnd+P0
パールハーバー襲撃が正当化できるのも、
自分が被害者ではないから悪ではないと言い切れるだけ。
少なくとも殺された方はたまったものではない。
それなのに悪ではないといわれたらね。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:37:35 ID:91D52pDO0
パールハーバーは通信の問題であって
善悪の問題ではない、ただ当時のアメリカ政府が世論の支持を得るために
善悪で語っただけである


187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:38:50 ID:91D52pDO0
×通信
○手続き


188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:39:37 ID:WKnnnd+P0
日本人はもっと自分たちの犯してきた事に責任を持つべきだな。
先祖の功績を自分の功績であるかのように誇るくせに、
先祖の残した負債は受け取ろうとはしない。

アジアの解放を自称して俺たち日本人は偉いんだとでも言って
好きに正義のヒーローを自称すればいいさ。
だがな、忘れちゃいけないが仮に事実だとしても
それは他人の功績でしかないと言うこと。
他人の残した功績は自分の功績のように誇るくせに、
他人の残した負債は他人事のように切り捨てる。
これは実に無責任な姿勢だね。

今日の世界各地に存在する反日意識と言うのはね、
日本人が作り上げたものなんだよ。
中国の反日は自業自得としか言えないのにさも中国が悪いように語るのは間違いだな。
多くの中国人が日本人の手によって苦しめられていたら、
それこそ反日意識も台頭するわ

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:41:16 ID:91D52pDO0
中国の反日意識は政治利用に過ぎない
バカな事を言わないでもらいたい

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:41:47 ID:WKnnnd+P0
>>183

wikipedia英語版の記述はどう解釈するきかい?
ドイツ語版やフランス語版も英語版と同じ死傷者数になつているが?

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:43:02 ID:KzqGicn20
いや、日本は嫌われてないから。
好かれてるんだよ。これは 事 実!
妄想じゃないよ。特に東南アジアの国々からね

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:45:44 ID:91D52pDO0
日中共同声明
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/nc_seimei.html

両国が解決を決めたが未だに反日教育を続けているのが
なによりの証拠


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:47:26 ID:KzqGicn20
なぜに東南アジアから好かれているんだろう。
アジアが開放されたからかなw

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:52:23 ID:91D52pDO0
> 日本側は、過去において日本国が戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する。
>また、日本側は、中華人民共和国政府が提起した「復交三原則」を十分理解する立場に立って国交正常化の実現をはかるという見解を再確認する。
>中国側は、これを歓迎するものである。


完全解決したものを蒸し返しては「謝罪していない」と言う
この程度の知識すら読んでおらず、プロパガンダに踊らされ
利用されつづける中国国民、気の毒である
しかしそこは社会主義国なので何も言えまい

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:56:41 ID:WKnnnd+P0
実際に謝罪してないだろ。
ただ反省するとあるだけ。日本語理解できるの?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 21:59:47 ID:WKnnnd+P0
言い訳と自己正当化がウザイな。

>「謝罪していない」と言う
当然だろ。
どこをどう解釈すれば謝罪になるの?
反省していることは認められるにしても、謝罪とは解釈できない。
それに忘れるなよ。日本軍が2000万人近くもの中国人を殺傷したことを。
本来なら反省すれば許されるものですらないのに、
反省程度で許して賠償まで請求しなかった。
日本が清国に対して賠償金を支払わせたのとは対照的にな。

日本人ってクズとしか思えんな

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:00:18 ID:91D52pDO0
相手側もこれを認めているのにこれが謝罪ではないと?
いくらなんでも哀れすぎるよその遠吠え

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:01:51 ID:WKnnnd+P0
>>197

>相手側もこれを認めているのにこれが謝罪ではないと?
いつ認めたんだ?
そしていつ日本の謝罪と認めたんだ?
日本人の思い込みだろ?

そしてお前は日本語を理解できるのかな?
「深く反省する。」とあるだけだ。
とてもじゃないが謝罪ではないよ。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:04:07 ID:WKnnnd+P0
中国側がいつ日本の謝罪だと認めたのか。
認めた?謝罪だといつ認めたのかね?
中国政府が日本は謝罪を行ったと中国は認識するとでも声明を行ったか?
日本人が謝罪だと思い込んでいるだけだろ。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:05:30 ID:91D52pDO0
少し突っ込むと逃げ出し、再びバカな感情論を語りだす
それじゃ誰も納得してくれないよ残念だけど
このかわいそうな人の主張を代弁する人はいないのか?

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:06:01 ID:m7IAo6D10
とりあえずペタリ、と。

ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/933737.html

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:07:07 ID:91D52pDO0
日中共同声明ってどこで行われたか調べてみな

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:07:37 ID:WKnnnd+P0
>>200

感情論などふりかざしてはいない。どこが謝罪なのかと質問している。

反省していることは認識できても、
とてもじゃないが謝罪しているようには見えない。
日中共同声明を読んだ上で解釈しているのかな貴様は?
お前はもしかして日本語が理解できないのか?
日本人ですらあのような言葉を受け取っただけでは、
謝罪とは受け取らないだろう。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:08:04 ID:KzqGicn20
大戦を味方として戦ったアメリカが、戦後、中狂とソ連を大敵として冷戦を戦った事実。

戦前日本はソ連を脅威とし支那と戦ったが、それをこともあろうに戦勝国アメリカが
引き継いだんだよな。不思議だなぁ、、、実に不思議だ

ちょっと考えれば、、わかるだろw

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:10:34 ID:WKnnnd+P0
反省するとはあるが、謝罪するとは一切かかれてはいない。
謝罪すると書いているのなら未だしも、反省するとあるだけだからな。

どこが謝罪なんだ?
ふざけているのか?

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:11:50 ID:91D52pDO0
はん‐せい【反省】

1 自分のしてきた言動をかえりみて、その可否を改めて考えること。「常に―を怠らない」「一日の行動を―してみる」
2 自分のよくなかった点を認めて、改めようと考えること。「―の色が見られない」「誤ちを素直に―する」


かん‐げい〔クワン‐〕【歓迎】
[名](スル)喜んでむかえること。喜んで受け入れること。「ご来場を―する」「建設的な批判は―する」「―会」



207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:13:04 ID:KzqGicn20
>>200
ヒント=中国マンセー

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:13:05 ID:Ak2dWFTA0
「ごめんなさい、ごめんなさい、私が全部いけないの」
「そんなことない。私が全部悪いのよ」
「私が馬鹿だったのよ、あなたは悪くない。私が全部悪いの」
「そんなこといわないで。私よ、私がいけなかったのよ」

自虐は日本人の美徳です。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:13:56 ID:WKnnnd+P0
日中共同声明をよむ以上、日本は謝罪も賠償もしませんでしたね。
日本が清国に対して賠償金を支払わせたのとは対照的にな。
謝罪と賠償を勘弁してやったのに恩を仇で返すのが日本人の特徴です。
日本人にシナシナいう資格はありません。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:15:24 ID:cMRkbS0C0
>>201
なるほどね〜

これを見ると>>ID:WKnnnd+P0 がいかにズレた考え方してるのかよく分かるなww
つか、半島の方ですか? それとも大陸の方?

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:16:18 ID:WKnnnd+P0
>>208

日中共同声明を読む限りでは、謝罪も賠償もなし。
対照的に日本は清国に賠償金を支払わせた。
日中戦争中には2000万人近くの中国人を殺傷
それ所かこの掲示板を読む限りでは、
日本の戦争をアジアの解放だと訴えて全面的に肯定する奴が多い。
自虐所ではない。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:16:26 ID:91D52pDO0
>>209
本気で言ってるの?


213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:17:49 ID:KzqGicn20
>>210
相手は中狂作成の理論武装をしてますから、無視もまた効果がありますよ。
日本が敗戦国なのを傘に着てヤクザと同じ言いがかりをしてるだけだからね。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:18:35 ID:91D52pDO0
中国では日本が払った賠償は払われてない事になってるの?
正直、ネット上の神話だと思っていたが
マジなんだな・・なんかゾッとした


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:19:21 ID:WKnnnd+P0
この掲示板のレスを読む限りでは自虐意識なんてまるでないだろ。
自画自賛と自己正当化の連呼。
とてもじゃないが日本人は極悪だった、
日本人は中国人を苦しめたと言うレスなど一つとしてない。
共同声明なんかは自虐発言所か反省するとしかない。
謝罪すらしてないのになにが自虐は日本人の美徳です。だよ。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:20:54 ID:91D52pDO0
社会主義国って想像を絶するものがある
本当に国民に伝わっていないとは・・
日本のように結構自由に発言したり情報を得られるのが
当たり前だと思ってしまっていたが
いかに勘違いしていたか思い知らされた

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:21:19 ID:WKnnnd+P0
>>214

払っていないことにされていると言うより、
日本は賠償なんてしてないだろ。
日中共同声明をよんだ?
賠償を放棄するとあるが?

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:22:05 ID:cMRkbS0C0
>>215
その前にさ、>>201見てどう思う?
これでも日本は世界の嫌われ者かな?

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:22:33 ID:WKnnnd+P0
日本は賠償なんてしてないだろ


5中華人民共和国政府は、日中両国民の友好のために、日本国に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言する。

日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明
http://list.room.ne.jp/~lawtext/1972Japan-China.html

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:27:07 ID:91D52pDO0
韓国の小学生の絵などを張っているサイトもあったが
どうせ一部を誇張して写しているに過ぎないだろうと思っていたが
現実にあのような絵も一般的なものであるかもしれないってことか・・

まさか国民に伝わってないと言うのが現実とは思わなかった
ありがとうID:WKnnnd+P0よ、勉強になったわ
自分の常識では計り知れんな社会主義の国は

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:27:17 ID:cMRkbS0C0
O・D・A!!
O・D・A!!

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:28:01 ID:KzqGicn20
中国には戦後3兆円の資産を残してきたんだがな。プラスODAでググッてみな。
面白くないならもらわなきゃいいだろ乞食が。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:28:30 ID:WKnnnd+P0
>中国では日本が払った賠償は払われてない事になってるの?
日本が払った賠償は、ではなくて、
日本は賠償なんて払ってないんでしょ?
---------------------------------------------
5中華人民共和国政府は、日中両国民の友好のために、日本国に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言する。

日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明
http://list.room.ne.jp/~lawtext/1972Japan-China.html
---------------------------------------------


対照的にクソ日本の場合

下関条約

清國ハ軍費賠償金トシテ庫平銀貳億兩ヲ日本國ニ支拂フヘキコトヲ約ス

http://ja.wikisource.org/wiki/%E4%B8%8B%E9%96%A2%E6%9D%A1%E7%B4%84

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:32:00 ID:WKnnnd+P0
>>221-222

日本人に2000万人近くもの中国人が殺傷された上で、
しかも賠償でもなんでもないんでしょ?

なんか感謝したり評価が必要なのかね?

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:32:23 ID:cMRkbS0C0
>>223
つかさ、質問には答えてもらえないの?
>>201のアンケートを見る限り、日本人は何ら世界に対して恥じ入ることはないと俺は考えるんだが。
まして「クソ日本」なんて呼ばれる筋合いはないぞ。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:34:30 ID:WKnnnd+P0
>>225

>日本人は何ら世界に対して恥じ入ることはないと俺は考えるんだが。
つまり日本人は正しいことのみをしてきたと。
2000万人ちかくもの中国人を殺傷しながら
謝罪も賠償もしなかった所か、対照的にクソ日本の方が賠償要求をしていた癖に、
恥じ入ることは何一つないと言うのか。

恥ずかしいな。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:36:48 ID:KzqGicn20
>>225
応援しまーす。
日本は好かれているんだなぁ、世 界 中 に。

あれ?
嫌っているのはどこでしょーね。どうして戦後味方だったアメリカと
冷戦をしたのかちら。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:37:54 ID:WKnnnd+P0
日本軍の被害によって死傷した
中国人戦争被害者は、
合計で2000万人以上である。

Casualties
3,200,000 military,
17,530,000 civilians

セカンド・シノ・ジャパニーズ・ウォー
http://en.wikipedia.org/wiki/Second_Sino-Japanese_War

しかも賠償などせず

>中国では日本が払った賠償は払われてない事になってるの?
日本が払った賠償は、ではなくて、
日本は賠償なんて払ってないんでしょ?
---------------------------------------------
5中華人民共和国政府は、日中両国民の友好のために、日本国に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言する。

日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明
http://list.room.ne.jp/~lawtext/1972Japan-China.html
---------------------------------------------

対照的に賠償を要求していた日本

下関条約

清國ハ軍費賠償金トシテ庫平銀貳億兩ヲ日本國ニ支拂フヘキコトヲ約ス
http://ja.wikisource.org/wiki/%E4%B8%8B%E9%96%A2%E6%9D%A1%E7%B4%84

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:38:03 ID:91D52pDO0
日清戦争を引き合いに出すけど
日清戦争に至る一連の流れを把握して言ってるの?


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:41:12 ID:KzqGicn20
>>229
相手は中狂のプロパで武装してますからドつぼにはまりますよ。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:42:57 ID:WKnnnd+P0
>>229

強欲な日本は領土と金がほしかった。
だから英仏に虐げられて苦しむ清国を救うのではなく、
英仏と同じ立場にたって清国をいじめることにした。
そして日本は台湾に独立も与えず、
台湾民主国成立運動を弾圧した

台湾民主国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%9B%BD

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:44:14 ID:cMRkbS0C0
>>227
ありがとうございます。

>>228
だがちょっと待って欲しい。白髪三千条という言葉をご存知だろうか?

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:47:21 ID:91D52pDO0
>>231
なにそれ?

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:48:10 ID:KzqGicn20
>>232
イイヨーw

歴史の断片を切り取って善悪で語ろうとするヤカラは、そこだけの理屈を
ちゃんとそろえていると思ったほうがよい。

全体を見回せば矛盾に満ちているんだからね。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:48:56 ID:WKnnnd+P0
>>232

つまり何が言いたいわけ?

中共は対日賠償請求を放棄した、
日本は清国に対して賠償を要求した、
日本は反省しかしてない、
日本軍は中国人を2000万人近く死傷させていた。
日本は台湾に独立を与えてない、
それ所か独立運動を弾圧した

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:49:44 ID:91D52pDO0
ちょっと231は何?


237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:53:14 ID:cMRkbS0C0
戦争で勝ったのなら賠償請求するのは当然である
善悪の問題ではない

中国が賠償請求を放棄したのも国家戦略の一環である
別に中国が思いやりに溢れた素晴らしい国家だからではない
てゆーか中国がそんなお人好し国家だと思ってるなら中国に対する侮辱だな

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:54:35 ID:cMRkbS0C0
毛沢東いわく、

「外交は血を流さない戦争である。戦争は血を流す外交である」

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:54:39 ID:91D52pDO0
他国の事だからどうでもいいけど
文化大革命で数千万人殺したんだけどな
しかも同じ国の人間を
ま、どうでもいいけど

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:56:31 ID:WKnnnd+P0
もういいよ。解ったよ。そうやって永遠に日本が悪くないとでも思っておけばいい。

2000万人近く死傷させながら、反省程度で許すんだからな。
それが国家戦略だとしても、お人好し的な面は否定できないだろう。
中狂,中狂とうるさい奴がいるが、
対日賠償請求を放棄させたのは中狂だぜ?
日本が清国に対して賠償を要求したのとは対照的にな。

日本人が自虐を好む?
悪者になるのを恐れている時点で、自虐なんて嫌がっているじゃん

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:59:39 ID:IDwE3jFjO
戦争に勝って賠償請求なんて当たり前。
反省するわけがない。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 22:59:55 ID:91D52pDO0
ちょっとまってって日清戦争についての>>231はどういうこと?
詳しく聞かせてくれよ
上三行は君の小説かなんか?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:01:24 ID:91D52pDO0
同属を数千万人も殺して今があるのに
中国こそ殺人と侵略の歴史なんだがなあ
別にいいですけど

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:03:06 ID:KzqGicn20
>>240
中狂は失礼でしたな。んじゃ支那な。

1、どうして残してきた3兆円の資産を返してくれないの?
2、味方であったはずのアメリカと冷戦をしたのはどうして?
3、日本に侵略?された東南アジアが親日なのはどうして?
4、嫌いな日本からODAをどうして受け取るの?

ここを支那らしい反論で答えてみてね。

今日も反中が増えたんだろーな。さてそろそろ寝ますか。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:05:31 ID:WKnnnd+P0
>>242

Yahoo!辞書検索の回答

1895 年(明治 28)下関条約による台湾の日本割譲に反対した台湾官民が、
清朝の高官唐景を擁して独立を宣言し建てた国家。
日本軍により鎮圧された。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%9F%E3%81%84%E3%82%8F%E3%82%93%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%97%E3%82%85%E3%81%93%E3%81%8F&dtype=0&dname=0ss&stype=0&pagenum=1&index=111908900000


wikipedia日本語版の回答

台湾民主国は1895年に締結された下関条約によって日本へ割譲された台湾において、
知識人層や官僚が日本への支配に対し反発し、
清国官僚であった唐景ッを首班に建国した国家である。

〜略〜

当時の一部の反割譲派の官僚と一部住民が協力し1895年5月23日に台湾民主国独立宣言を発表、
24日には各国語に翻訳し駐台湾の各国領事館に通知している。
そして25日独立式典を実施し台湾民主国の成立を宣言した。

〜略〜

劉永福が総統に就任して3ヵ月後、
民主国と日本軍の間で戦闘が繰り返されたが、
10月下旬には劉永福は中国に逃亡し、
台南も日本軍によって占拠され、
ここに184日の短命政権は完全に崩壊したのである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%9B%BD

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:10:04 ID:WKnnnd+P0
>>244

1、どうして残してきた3兆円の資産を返してくれないの?
2000万人近くもの中国人を死傷させて
謝罪も賠償もしなかったのにそれがどうした?

2、味方であったはずのアメリカと冷戦をしたのはどうして?
争った時の政党は共産党だし。当然だろ。

3、日本に侵略?された東南アジアが親日なのはどうして?
東南アジア人が親切だからだろ。

4、嫌いな日本からODAをどうして受け取るの?
慰謝料みたいなものだろ。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:13:22 ID:WKnnnd+P0
それとここでシナといっている奴。
一つ指摘しておくが、中国人は小倭国とか倭国鬼子とは言わないぜ。
あくまで小日本・日本鬼子と言っているだけだ。

中国人ですら倭国と言う呼称は使用せずに、
日本の自称を尊重して使用しているんだ。
日本人も中国の自称である中華を使用すべきではないの?

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:23:20 ID:91D52pDO0
日清戦争について訊いてるんだが?
なに逃げてるの?

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:24:51 ID:cMRkbS0C0
>>244

1.迷惑料としてもらっとくよ。ただし賠償金にはカウントしないからなwww
2.蒋介石を追放したから
3.日本人の方がまだ扱いがマシだったから。親切だったとまでは言わないが
4.貰えるものはなんでも貰うぜ。もちろん自国民には秘密さ。まだ日本には悪役やっててもらうぜ

つかさ、世紀の映像だったかで、オランダ人がインドネシア人に絡んでる映像があったけど、
ひどいもんだったよ。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:29:22 ID:WKnnnd+P0
>>248
既に日清戦争のことについては説明しているだろ。

>>249

1.迷惑料としてもらっとくよ。ただし賠償金にはカウントしないからなwww
実際には賠償ですらないし

2.蒋介石を追放したから
日本軍が原因だがな

3.日本人の方がまだ扱いがマシだったから。親切だったとまでは言わないが
東南アジア人は親切すぎるから、
哀れな日本人を持ち上げているだけ

4.貰えるものはなんでも貰うぜ。もちろん自国民には秘密さ。まだ日本には悪役やっててもらうぜ
日本人は清国から領土と金をもらったが、感謝することはないよな。
2000万人近くの人間が死傷されたのに、
賠償でもなんでもないODAをなぜ感謝する必要性がある?

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:36:50 ID:91D52pDO0
>>250
>強欲な日本は領土と金がほしかった。
>だから英仏に虐げられて苦しむ清国を救うのではなく、
>英仏と同じ立場にたって清国をいじめることにした。


これが日清戦争の全体図だってー?
はあ?????
無知や馬鹿もいい加減にしてくれよ

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:38:41 ID:cMRkbS0C0
つかさ、俺は学生の頃、教師に> WKnnnd+P0 と全く同じような日本史を教わったんだ。
しかも歴史の教師だけじゃない。国語、社会、理科の教師までね。

俺たちのじいちゃんは犯罪者で人殺し、日本人は世界の嫌われ者、今も余計な金をばらまいて世界を
困らせてるんだってね。
反対に中国は4千年の歴史を誇る心の広い人たちばかりの徳の国で、国民は老子や荘子みたいな人
ばっかりだって教わった。
中国残留孤児の話とかね、もう教師が涙ながしながら語るんだよ。
「赤ん坊とはいえ自分達を虐殺した憎い相手の子供を立派に育て上げるなんて・・・!」てね。
(まあ、北朝鮮も同じくらい賛美してたけどね)

読んでる漫画にもそんなこと書いてあったし(「おいしんぼ」とか「サザンアイズ」とか「コータロー」とか)
卒業式じゃ起立しなかったし君が代も歌わなかった。
そのことを担任に言ったら褒めてくれたよ。

けどさ、大学入って年号の暗記だけじゃなくて世界史の深い部分を学んだり、色んな本を読むように
なってからは少しずつ考えが変わっていったんだ。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:40:47 ID:91D52pDO0

>強欲な日本は領土と金がほしかった。
>だから英仏に虐げられて苦しむ清国を救うのではなく、
>英仏と同じ立場にたって清国をいじめることにした。

これが日清戦争だってよ
なんの話なんだよ一体?
お前が書いた妄想小説語られてもしらねーよ
基本的な歴史の流れすら知らないで
日本は悪いとか言ってたのかよ
お前のがよっぽど極悪だわ


254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:41:07 ID:cMRkbS0C0
もし中学時代の俺がこのスレを覗いていたら、おそらく> WKnnnd+P0のような感想を
持っただろうし、そういうレスもしたかもしれない。

他の連中は日本の罪を認めようともしない、とんでもない右翼の軍国主義者だって思ったろうな。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:47:54 ID:91D52pDO0
俺だって大学入る以前までは公立高校だったせいもあって
やたら日本の自虐史を語り、散々迷惑をかけた
日本の過去は情けないとその教師個人の感情論で
教育されたが、ある程度知識が増えていくにつれて
それら自虐史に対する矛盾を感じるようになり
自分で調べて言って現在に至る
図書館の日本史のコーナー行ってみろと
まあ日本は悪いって主張が7割、8割を占めている
それらを読んで行く度に、悪い事したんだなあとか思っていたが
インターネットの普及により、蓋を開けて見れば
インチキだらけの現実に愕然としたよ

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:50:35 ID:IDwE3jFjO
つまりWKnnnD+P0は厨房

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:51:25 ID:91D52pDO0
>強欲な日本は領土と金がほしかった。
>だから英仏に虐げられて苦しむ清国を救うのではなく、
>英仏と同じ立場にたって清国をいじめることにした。


何度見ても酷すぎるだろこれ
いくらなんでも酷い

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 00:07:31 ID:0KAwJg+w0
>>255
同じような境遇の人は多いでしょうね。
ところで出身はH県ですか? それともN県?

結局、どこの国だって汚いこと、残虐な事をやってるんですよ。
欧米諸国は言うに及ばす、日本を非難する中国韓国だって全く例外じゃない。
チベットやベトナムでは彼らの言うところの「鬼畜日本軍の蛮行」と全く同じ事をやっていながら、
「あれは仕方がなかった」「正当な行為だった」と開き直るわけです。

むしろ、行為を非難するものを「非国民」のような扱いで弾劾する。

フランスでは植民地支配は正しかったと授業で教えているし(そういう法律もあります)、
トルコではアルメニア人虐殺について議論するだけで国外追放ですし。

つか、植民地を支配することで原住民の疫病を阻止、文明度を高め、インフラを整備して発展を
助けることになった・・・だから植民地支配はとても「いいこと」らしいですよ。

日本以外の国ではね

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 00:12:25 ID:ok21yDAL0
>>159
>かたやアジアの解放を自称して
細かい日本語はダメなんだな、俺は、【マレーシアなどの首相】がアジアを解放したと言ってんだぞ
>アメリカ人の極一部だろ?
マッカーサーや戦勝国側もインドネシアらの国も認めてますが? てか俺マッカーサーの方のスレでお前に示したはずだぜこれも?w
お前のそのアメリカ版ウィキの太平洋戦争開いても【最後通牒交付】とかって書いてあるじゃんww戦勝国の当事者等が認めてるんだがお前がグタグタ言うな
>軍民併せて合計で2000万人以上もの〜
お前のそのウィキの日中戦争年表ってとこを見ても通州事変などによる日本人の虐殺については書いてあるが
日本人による虐殺については書いてないな、南京事件って呼ばれてるものも真実とは認めてないじゃんw
十五年戦争ってとこの年表見たって
1927年(昭和2)
5月 北伐が山東省の日本利権に迫り、日本軍第一次山東出兵 って中国が先に手を出したってここにも書いてあんじゃんww
それと多くの人間が閲覧している以上本物なんていう根拠はどこにもない、多くの人から見てれば本当なんていう理屈は意味がわからない
あとチベット虐殺、お前マジで知らないんだ?w中国は言い訳もしないで報道してないってことですかねw
参考書籍:囚われのチベットの少女 ・ ダライ・ラマ その知られざる真実
ちなみにスペインマドリードにある全国高裁は10日、中国によるチベット支配で多数が殺害されたとして、中国の江沢民前国家主席や李鵬元首相ら7人を
人道に対する罪などで告発した非政府組織の訴えについて審理入りを決めた。
告発したのはマドリードにあるNGO「チベット支援委員会」など。中国がチベットを統治下に組み入れた1951年以降、
100万人以上のチベット人が殺害されたり、
行方不明になったりしたと指摘。7人はチベットでの大量虐殺や拷問を認めたと主張している。
全国高裁の予審判事は昨年9月、いったん訴えを退けたが、同委員会などが上訴。同高裁は10日「訴えは大量虐殺があった可能性を示しており、
取り調べの必要がある」と判断した。
もう一回言っておくが、中国政府はこの問題に対して一切否定はしていない。
あと05年11月9日訪米中のチベット仏教の指導者ダライ・ラマ14世(70)がホワイトハウスでブッシュ大統領と会談している。
なんか、自分でアメリカ版のウィキ資料出して大東亜戦争が自衛の戦争だったことや中国が先に手を出した事を自分で証明しちゃいましたよw
あと日中共同声明 お前の出したウィキペディアで検索してみれば 【要旨】で
[編集] 要旨
日中国交正常化の実現。
中華人民共和国を中国の唯一の合法的政府であると承認。
台湾は中華人民共和国の領土の不可分の一部であることを日本は十分理解し、尊重する。
中華人民共和国は、日中両国国民の友好のために、日本国に対する戦争賠償の請求を放棄する。
日本と中華人民共和国は、主権、領土保全の相互尊重、相互不可侵、内政相互不干渉、恒久的な平和友好関係を確立する。
日中間のすべての紛争については、平和的に解決し、武力又は武力による威嚇に訴えない。
日中両国は、アジア・太平洋地域において覇権を求めない。覇権を確立しようとする他のいかなる国や集団に反対する。
日中平和友好条約の締結を目指す。
って書いてありますが、友好的にしましょうと条約締結したにも関わらず中国では未だ反日だもんなw
今の時代でも中国は法律無視か、お前よ、中国を必死に擁護してるが中国ってのはこれらを見てわかると思うがろくでもない国だぜ
中国四大憲法の少林拳八卦掌形意拳大極拳と中華料理、これらの憲法と料理の中国の文化については俺も認めるが
中国政府がしてきたことは、上記の通り山東省に侵入したり、チベットで虐殺して強姦したりだな、ろくでもねーよ
母国が悪く言われて隣の日本がこれじゃ嫉妬を覚えるのはわかるがな、そんな事してる暇があるんなら中国で歴史学者や政府関係者になって
ちゃんとした方向に中国を定めていけよ、これじゃおめーずっと何もかわねーぞ? とりあえず真実を認めろや。













260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 00:17:59 ID:APIk04TA0
>>258
東京です
私は頭の良い人間ではないので
インターネットが無ければきっと気がつかなったでしょう
書籍にしても反日の書籍がほとんどですからねぇ
それが日本人の美徳なんでしょうが
隣国によって良いように利用されてしまっている
マスコミは本当に悪だと思ってます

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 00:26:01 ID:0KAwJg+w0
>>260
そうでしたか。
私の地元は広島だったんですが、就職で地元を離れた後、
長崎県の方と親しくなり、その方の学校と全く同じ教育内容だったので
驚いた経験があるもので。


歴史のテストの第一問目まで同じでしたよw

問一 「我々は、なぜ歴史を学ぶのでしょうか?」(配点10点)

答え「過去の我々が犯した過ちを学んでよく反省し、二度とこのようなことを起こさないため」

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 00:35:00 ID:APIk04TA0
公立は日教組だらけですから
酷いものです

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 05:26:52 ID:Rou/MLke0
清国人を殺しまくった挙句、日本は清国から領土と金を貰えた訳だ。
獲得した台湾に関しては台湾の独立を支援する訳でもなく、
台湾在民を殺しまくって台湾の支配者として君臨しただけ。

どう考えても日本人は欧米人のアジア支配を許さず、
弱者や他者のために立ち上がったとはどう考えても見えない。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 05:36:26 ID:Rou/MLke0
>>259

>通州事変
2000万人近く殺傷しておきながら、
このような事件を引き合いにだすわけ?

相殺する事もできんし、
圧倒的に日本軍の方が酷いと思うんだが

>中国ってのはこれらを見てわかると思うがろくでもない国だぜ

清国から金と領土をもらって
中国は謝罪と賠償なしで日本を許したのに、
日本人がそんな事をいう資格があるの?

近現代において日本人は清国人・中国人を殺しまくったからな。
日中戦争なんて2000万人以上、死傷させたとある。

しかしな、中国は謝罪と賠償なしで
実質的に日本を許した事を忘れるなよ。
てめえはひでえひでえと叫ぶが、
清国から金と領土を受けたことを忘れ、
中国が謝罪と賠償なしで実質的に許した事を忘れ、
多くの清国人・中国人が殺害されながらも
日本に報復をしない事を考えると、
日本人が声高に非難できるほどひでえ国でもないよ。
と言うかそこまで至れりつくせりの
態度を受けているのにひでえと言うのは理解できない

日本軍が中国軍の攻撃に対する報復に
中国全土で暴れまくり日本軍を上回る死傷者をださせ、
謝罪も賠償もしなかったのに、
中国が日清戦争・日中戦争の報復に
日本全土で暴れまくって日本人に対して
多大な出血を強要させたかな?

貴様はひでえと言うが、
どこが酷いのか教えてほしいものだ。
日本人は賠償ではないODAをやたらと恩着せがましく
誇示するが、
日本人が領土と賠償を清国から受けたことで
感謝することはないしな

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 05:41:38 ID:Rou/MLke0
実際の日本人は酷いものだよ。
欧米人を悪く言う奴が多いけど、
日露戦争って大英帝国の支援のおかげだろ?
大英帝国が味方につかなければ、ボロボロだったのは容易に予想できるんだがな。
第一次大戦中に権益がありつけたのも英国のおかげだしな。
米国なんて日本人移民を受け入れていたのに、
米英人に対する反逆戦争を引き起こすんだもんね。
日本人なんて移民すら受け入れないのに。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 05:44:21 ID:Rou/MLke0
俺の理解できない点は欧米人を悪くそしる所。
米英人からうけた恩は忘れて非難している所が面白い。
米国なんて日本人移民を受け入れるのだから、
台湾とは比較にならない位の親日国家だと思うんだがなぁ。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 08:25:35 ID:ok21yDAL0
>>264
あーまず日清戦争の経緯から
日本は、清国を欧米列強の前に放置された前近代国家と位置付け、阿片戦争以来自国の独立すら危うい半植民地国家が隣国朝鮮の保護をまっとうできるとは思えず、
もしこれが破綻すれば朝鮮もまた西欧列強の草刈場となり、日本の存立も脅かされることは必定であった。(ソ連の脅威)
当の李氏朝鮮側からすれば、どちらか一方につけば必ず他方の反発を招き、大国清国と新興国日本の間で後進国として混迷を続けていた。
日本は朝鮮に対し自由な独立国となることを期待したが、自力救済能力がなく他国に依存を続ける他力本願的政策をとる国は往々にして失敗し、
国家を危険な立場に立たせることは史上に例が少なくない。この場合の朝鮮はまさにこれであった。
このように旧体制国家の干渉を排除し、欧米の侵出から我が国ひいては東洋全体の平和を確保しうる近代国家の建設を目指していたのが日本である。
新旧の異なる世界観と秩序をめぐって推進された日清両国の軍備強化は、その考えを変更しない限り衝突は不可避であった。
あと戦勝国が負けた国に対して要求を求めることなんざ別に何ら珍しいことではない、どこの国だってやってただろ、知らないとは言わせないぞ?
というよりも、当時の世界の法律では戦争は合法であり何ら問題性はない
あんたね、まず今の価値観で見てることから間違ってるから、当時には当時の常識があったんだから当時の常識で見ろ
>日本軍が中国軍の攻撃に対する報復に〜
お前が書いた通り日中戦争は中国が権益侵害したことや、条約拒否したり、不当なテロしたりし、
政府も民間も反日であり埒が明かないので制圧したまでである
>2000万人近く殺傷しておきながら〜 ←元々の戦争原因を作ったのは中国だということすっぽり忘れてるな
【お前のそのウィキの日中戦争年表ってとこを見ても通州事変などによる日本人の虐殺については書いてあるが
日本人による虐殺については書いてないな、南京事件って呼ばれてるものも真実とは認めてないじゃんw
十五年戦争ってとこの年表見たって
1927年(昭和2)
5月 北伐が山東省の日本利権に迫り、日本軍第一次山東出兵 って中国が先に手を出したってここにも書いてあんじゃんww 〜 】
このように通州事変とかによる中国人による日本人虐殺は書いてあるが、日本人による虐殺など書いてないって言ってある
通州事変で相殺しましょうなんて一言も言ってねー
>貴様はひでえと言うが、 どこが酷いのか教えてほしいものだ。
まず日中戦争 1、そもそも権益を侵したのが許せぬ行為 2、政府も民間も反日で不当テロなどによりこちらの民間人が危険
もう一回言うが戦争の原因を作ったのは中国、そして戦後はチベットで120万虐殺して強姦するはベトナムでも数万人殺すはとんでもねー国だ
>米英人に対する反逆戦争を引き起こすんだもんね。
だからお前の出したアメリカ版でも自衛の戦争だと書いてありますねー、最後通牒交付とか書いてありますねーって259に書いてあんだろ
>俺の理解できない点は欧米人を悪くそしる所。
>米英人からうけた恩は忘れて非難している所が面白い。
欧米人というより、アメリカ=政府 が悪いのであり欧米の民間はそれに従ったまであり民間を悪くは言っていない
恩を忘れてとか言ってるが↑に書いてある通り最後通牒交付したのはアメリカである
まぁイギリスとかは反対してたみたいだけどっていうかお前自分が出した資料なのにちゃんと読んでないだろ?
俺もな、中国人が悪いなんて事は言わない、中国政府がしてきたことが醜いと言ってる
中国だって昔は大活躍してたが、今は酷いもんだ、過去の栄光ってやつだ
日本には権益侵害されたり不当テロなど政府も民間も反日で外交交渉では埒が明かないから制圧したり
とちゃんとした理由をもってるが、中国は権益侵害、戦後はチベットで120万大虐殺ベトナムでも数万殺して逆に説教
今の中国は、とんでもねー国なのは明白、259でもお前のだしたアメリカ版ウィキの日中共同声明で
友好的にしましょうとか言っているのに未だに国定教科書で捏造ばかり教え(孫文の三民主義などいい例)
南京事件がどうのこうのだの声明を出した後につっかかってくるはもうこの国は今はオカシイんだよ
もう一回言うがお前がどう中国を擁護しようが、事実現在の中国はとんでもねー国だ

もういいかげん真実を認めたらどうなんだ? 







268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 08:41:15 ID:Rou/MLke0
日本人がこの程度の歴史観しか持たないのであれば原爆も落とされても仕方あるまい。
原爆が日本の大都市にストレートヒットしたのが唯一の救いだ。
清国,ロシア,ドイツ,中国,欧米人が邪悪な日本人のせいで大切な前途を閉ざされたのに、
日本人は罪悪感すら持たない。中国は軍民併せて2000万人近くもの中国人が日本軍の殺傷を受けたのに
アジアの解放だとか未だに言ってる。
しかも日本軍は台湾の独立など与えず殺戮まで引き起こしている。
50年近くも支配してさ、最近の日本人ときたら何が台湾は独立すべきだ?
バカたれが。てめえら日本人が原因だろうが。

日本の独立が維持されたのも、
清国が欧米のハゲタカ共の前に生贄になったからだろーが。
もし日本の近隣に清国がなければ、
日本が欧米のハゲタカ共の餌食にされる所だつたんだぜ。
よかったな。清国がいじめられ役を引き受けてくれて。

琉球人の国を奪い、清国人の国を破滅に向かわせ、
中国人を殺戮し、日本人移民を受け入れてくれたアメリカに刃を向け、
日露戦争の時の恩を忘れてイギリス人を殺害するクズ共が日本人

中狂、中狂うるさい奴がいるが、
共産党が政権をとれたのも、日本人が国民党を追い詰めたからだしな。

日本人の美徳が自虐?
多くの他国民を抹殺しておきながら、
これまた多くのジョークを聞かせてくれるじゃねーか

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 08:45:59 ID:Rou/MLke0
お前たちは韓国人と同じだよ。歴史を直視する事を恐れ、
無反省で、誇大妄想的で、危険な連中ばかりだ。
罪悪感なし、自己正当化ばかり、言い訳の連続、見ていて腹が立つぜ。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 08:48:49 ID:Rou/MLke0
パールハーバーで虐殺されたアメリカ人の命を返せ!!!
日露戦争で虐殺されたロシア人の命を返せ!!!
日清戦争時に虐殺された清国人の命を返せ!!!

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:01:08 ID:Rou/MLke0
>日本の存立も脅かされることは必定であった。(ソ連の脅威)

清国が存在していた時代にソ連なんて存在しないぜ。
貴様の言うことがあてにならないことはよく解った。

ロシアの脅威があるものだと妄想を強め、
悪の連合艦隊はロシア人を虐殺した。
東郷平八郎は何の罪もないロシア人を殺戮したのだ。
親切なロシアは領土も何もない日本に対して領土を割譲する寛容さを見せたが、
日本人は恩を仇で返してシベリア出兵を引き起こした。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:17:44 ID:zspjX2oo0

中国人を 2000万人 殺した証拠を見たことがないのだが。


273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:25:42 ID:Rou/MLke0
>>272

在日韓国人は書き込んでくるな!!!
てめえらの下劣な書き込みを見ると吐き気がするぜ。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:28:00 ID:zspjX2oo0
>>273
なにかまずい事言ったのかな。

「中国人を 2000万人 殺した証拠を見たことがないのだが。 」

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:28:05 ID:Rou/MLke0
クソチョンは何千年と属国にされた事をうらんでいるから、
日本人の肩入れをしているな?俺にはわかる。

だがな、日本軍が中国人を2000万人殺傷したのは英語版に記されている通りだ。
てめえらクソチョンが得意の捏造を繰り返しても、俺には騙されない。

二度と書き込んでくるな。クソチョン。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:30:21 ID:zspjX2oo0
>>275
英語版ってなに?

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:30:46 ID:Rou/MLke0
少しは黙れ!!!クソチョン!!!!
言い訳と自己正当化ばかりがウザすぎるんだよ!!!!
たまには自らの非を認めて詫びたらどうだ!!!!

俺たちが悪かった、全ては俺たちに責任があると。

死ねよ在日チョン。
もういい加減にてめえらの捏造妄言と歴史歪曲にはうんざりだ。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:32:31 ID:Rou/MLke0
在日チョンがまた捏造を始めやがった・・・。
そんなに中国が憎いのか?
そうだよなぁ・・・。何千年と属国にされたんだよなぁ・・・
恨むよなぁ・・・。

だがな、それはチョンが不甲斐ないからだ。
チョンが最低だからだ。
チョンはクズだからだ。

死ねチョン

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:41:11 ID:zspjX2oo0
「クソチョンは何千年と属国にされた事をうらんでいるから、
日本人の肩入れをしているな?俺にはわかる。 」

これを解釈すると。。。
朝鮮人は中国に何千年も属国にされ中国を恨んでいる。
だから日本人に肩入れする。朝鮮人を引き合いにだして
嫌韓な人の同調を誘う作戦ですね。

はい決定。君は日本人ではないか、中国共産党の配下の者だね。
それとも高度な釣師なのかな。在日の疑いもありますね。

ところでこれ
「中国人を 2000万人 殺した証拠を見たことがないのだが。 」

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:43:15 ID:Rou/MLke0
>>279

文化大革命で多くの中国人を
殺した証拠を見たことがないのだが。

チベットで多くのチベット人を
殺した証拠を見たことがないのだが。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:50:29 ID:Rou/MLke0
しかし日本人はムカつく連中だな。
土下座すらした事ないのに、未だに文句をつけてやがる。

あれだな。日本人のしてきた事の法が圧倒的に酷い事なのに、
天皇や首相なんて土下座すらできないもん。

謝罪?死ねよ。ふざけてないか。
日本人が謝罪というものは、謝罪ですらないからな。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:50:50 ID:zspjX2oo0
>>280
なんだ2000万人は嘘だったのか。
そういうことですよね。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:52:11 ID:Rou/MLke0
>>292

嘘といった覚えはないが?

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:54:43 ID:zspjX2oo0
2000万人は嘘らしいので今まで書いてきたことは言いがかりですね。
日本国民に土下座はしなくても良いですから謝罪しなさい。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:55:54 ID:Rou/MLke0
とにかく日本人は黙ることを覚えろ。
てめえらの罪は深すぎるから、口答えをするなど一千年は早すぎる。
開き直りと言い訳ばかり。殺人鬼の癖に、謝罪すらできない。
クズに等しい。
よくも中国本土で暴れまくって中国人を殺しまくってくれたな。
絶対に許さないからな。
てめえらは清国人を殺しまくった挙句、賠償すらさせやがつた。

JAP死ね

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:57:06 ID:Rou/MLke0
>>284

死ね。きさまらに謝罪を求める資格はない。
ただ俺はwikipediaにかかれたことを引用しただけだ。
文句ならwikipediaに言え

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:58:17 ID:zspjX2oo0
早く謝罪しなさい。
謝罪しても、もう絶対に許しませんけどね。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 10:00:29 ID:Rou/MLke0
>>287

自殺しろ。
お前は二度とそのような口を聞くな。

許してもらわなくて結構。
てめえら日本人は言い訳と開き直りを筒ゲル最低の連中だ。

別に許して貰いたいとも思わないし、自業自得だよ。
貴様らは中国で暴れまくって謝罪すらできないんだからな。
日本人相手に謝罪など、死んでもできない。

>>287は死ね!!!!!!!!!!!!!

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 10:02:18 ID:Rou/MLke0
むしろこっちが謝罪をして貰いたい位だぜ。
貴様の発言のせいで、こっちは胸糞が悪い。

てめえは今すぐにその傲慢な態度を早く謝罪しろ。
謝罪しても、もう絶対に許しませんけどね。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 10:06:30 ID:Rou/MLke0
そもそも日本人って人を殺しておきながら、謝罪しないよな?
殺人鬼の日本人が謝罪しないのなら、
この程度の事で謝罪する必要性はない。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 10:06:52 ID:zspjX2oo0
これを見ている人に判断をまかせましょう。
人を罵倒して脅すような人物の言うことを信じる人がいるでしょうか。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 10:08:55 ID:Rou/MLke0
それに日本人ってたまにいるよな。
西洋人も謝罪しないから、日本人も謝罪する義務がないとか言う奴。
西洋人は植民地や侵略したことを詫びないから、
日本人も同じく詫びる必要性がないと。

ここで暴言を吐いたり間違いを犯した奴で謝罪する奴などいない。
こんな所で謝罪を要求する奴の方が間違いだ。
ここで謝罪をするのは義務ではないから。

解ったかな>>287

ウゼェから死ね

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 10:13:02 ID:Rou/MLke0
>>291

>人を罵倒して脅すような人物の言うことを信じる人がいるでしょうか。
そもそも2000万人近くもの人間を殺傷させたと言うのは、俺の自説ではない。
wikipediaから引用しただけだ。

俺の主張ではない以上、そのような言い分は無意味だよ。


それと忘れては困るが、
このようなスレッドで謝罪を要求するお前は本物のバカだよ。
このスレッドで謝罪する義務などないからな。
みんな暴言を吐くが、謝罪した奴は独りもいない。

日本人の中にいるよな。
欧米人は侵略したことや植民地支配をしたことを絶対に詫びないから、
日本人も詫びる必要性はないという奴が。

それと同じで謝罪など義務ではないし。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 10:20:13 ID:Rou/MLke0
つーか謝罪を求めた奴。貴様はチョンだろ?
謝罪と賠償にうるさいクズはチョンだけだからな。

チョンは死ねよ。
下劣で野蛮で汚くて不道徳的で人類の恥であるチョンは。

死ねチョン

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 12:45:28 ID:BwFAyJyT0
Rou/MLke0

最近ずっと張り付いてるみたいだけど、お仕事は?
いい年してネットで煽るしか楽しいがないのか・・・

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 13:18:43 ID:MYik5i1IO
黙れよウソつき

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 15:25:08 ID:ok21yDAL0
>>268
>ロシアの脅威があるものだと妄想を強め 南下政策も知らない馬鹿がいるとは、ここまでくると可哀想に思えてくるw
日露戦争は、極東における南下政策を押し進めるロシア帝国と、朝鮮半島を国土防衛上の生命線と位置づける新生明治日本が戦った。
明治三十七八年戦役(めいじさんじゅうしちはちねん せんえき)ともいう。 お前の出したアメリカ版ウィキの日本語訳より抜粋
>アジアの解放だとか未だに言ってる。 中国はアジアの解放と関係ありませんがww
インドネシアとかマレーシアとかバラオの首相が認めてるって何回も資料出したのにもう記憶にないのかお前は、すげーなオイw
台湾台湾ってうるさいのでここでも中国がどういう行為を行っていたかお前の出したアメリカ版ウィキから抜粋してやる
1970年の台湾独立建国連盟設立後を境に前期・後期と分けられる。
[編集] 前期
初期の独立運動は、日本へ留学した留学生が活動の中心となった。これは日本統治時代の影響で日本語を習得していた人間が多く、
台湾から日本の大学への留学が比較的容易だった事が背景にある。
中華民国国外における本格的な独立運動の先駆けとしては、廖文毅による日本での台湾共和国臨時政府樹立が挙げられる。しかしながら、
臨時政府は財政問題や国民政府の圧力などによっていきづまり、廖文毅の「投降」後に瓦解した。
[編集] 後期
他にも、日本では許世楷や黄昭堂、金美齢および夫の周英明らが中心に活動し、
台湾独立を主張した雑誌『台湾青年』をはじめとする諸著作の出版や中華民国政府による人権抑圧や、中華民国政府に好意的な日本政府に対する抗議デモ、
また当時台湾で軟禁状態だった彭明敏亡命の支援など積極的に台湾独立運動が行われた。この時期に出版された諸著作は台湾独立運動の法学・歴史学上の基礎となっている。
こうした日本の活動参加者やアメリカへの留学生などにより、台湾独立建国連盟が設立された。その後、アメリカが台湾独立運動の中心となった。これは日本語を常用していた学生が年月の経過により減少したことや、
中華民国政府の対米影響力が減少した事が背景にある。彭明敏や黄文雄など、日本語能力を持つ者も、アメリカに滞在している。
ここでもデモでてきてますね、中国ってほーんとすごい国ですねwww
>日露戦争の時の恩を忘れてイギリス人を殺害するクズ共が日本人
恩も何もイギリスが最後通牒交付したんじゃない、アメリカが交付したのだからそういう状況を作ったアメリカに文句言えよw
>日露戦争で虐殺されたロシア人の命を返せ!!!
>日清戦争時に虐殺された清国人の命を返せ!!!
>罪悪感なし、自己正当化ばかり、言い訳の連続、見ていて腹が立つぜ
お前論破されるといつもこのセリフ言うよな?w このセリフ好きなの?w 
>日本軍が中国人を2000万人殺傷したのは英語版に記されている通りだ
どっこにも書いてないんですけど? 通州事変とか中国人が日本人を虐殺した記載はあるけど
日本が中国人を虐殺した記載など一行もありませんが? 南京事件は米でも事実曖昧と書いてあるが? 
日清戦争も中国が北伐を派遣して山東省における日本の利益侵害から始まったりテロなどがあったってアメリカ版ウィキにも書いてあるんですけどw











298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 15:27:34 ID:ok21yDAL0
>文化大革命で多くの中国人を 殺した証拠を見たことがないのだが。
>チベットで多くのチベット人を 殺した証拠を見たことがないのだが。
文化大革命(ぶんかだいかくめい)は、中華人民共和国で1960年代後半から1970年代前半まで続いた、毛沢東らが引き起こした権力闘争。
大躍進政策の大失敗により国家主席を辞任し共産党指導部内での権力が後退した毛沢東が、失った権力を再び取り戻すために仕掛けた大規模な権力奪還闘争である。
無産階級文化大革命、プロレタリア文化大革命ともいう。 政治・社会・思想・文化の全般にわたる改革運動のはずだったが、
実際には殆どの中国国民を巻き込んだ粛清運動として展開され、結果的に約1000万人といわれる大量虐殺へと発展、
国内は長期間に渡る混乱に陥った。 とアメリカ版ウィキにも書いてあるけど? 見苦しいなお前・・・マジでw
 参考書籍:囚われのチベットの少女 ・ ダライ・ラマ その知られざる真実
ちなみにスペインマドリードにある全国高裁は10日、中国によるチベット支配で多数が殺害されたとして、中国の江沢民前国家主席や李鵬元首相ら7人を
人道に対する罪などで告発した非政府組織の訴えについて審理入りを決めた。
告発したのはマドリードにあるNGO「チベット支援委員会」など。中国がチベットを統治下に組み入れた1951年以降、
100万人以上のチベット人が殺害されたり、
行方不明になったりしたと指摘。7人はチベットでの大量虐殺や拷問を認めたと主張している。
全国高裁の予審判事は昨年9月、いったん訴えを退けたが、同委員会などが上訴。同高裁は10日「訴えは大量虐殺があった可能性を示しており、
取り調べの必要がある」と判断した。 中国は一切否定してまっせーんって言うのたぶん四回目www
>少しは黙れ!!!クソチョン!!!! チョンは反日だって事も知らないとはどれほど情報知らないんだお前はw
なぁ、お前自分の投稿したレス見てみ? 自分で推定してこのレスをしたのは何歳だろうかと考えてみ?w
死ね!論破されると黙れ!言い訳すんな! 呆れてものも言えないわ
挙句の果てには自分の出した資料で中国の非を認めるような事を自分で証明しちゃってるし
アホ って言われてもこれは仕方ないねw 
あーあと、これ以降同じ事について聞くようならこのスレの中からお前の前のレス探し出してここに張るからな?
二度以上聞くのは馬鹿だってのは中国人でも分かるよな?w 更にあともう一個
お前のレスは中国の印象を著しく悪くしてるよ、死ね連呼に黙れ!に言い訳するななんて大人はいわねーよガキだけだw
もっと簡単に分かりやすい日本語で説明すると、【中国の品位を落としている】(まぁもともと狂ってる国だが)
中国の先人達が今のお前等見たら泣くだろうな〜子孫がこんなだらしのないガキなんて知ったらきっと殴るぜw

お前、レスする前によぉーく自分のレス見つめなおしたほうがいいよ?
















299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 15:30:49 ID:ok21yDAL0
追記

スペインマドリードにある全国高裁は10日

これは2006年の10日

以上
 


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 15:31:44 ID:ok21yDAL0
更に追記 一月の十日 w失礼w

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 20:32:12 ID:Rou/MLke0
>>296

黙れよカス。

嘘をついた?
目の前にある事実を示しただけだろ。
英語版にそのように表されているから、引用しただけだよ。
俺は嘘も何もついてない。ただ目の前に存在する事実を引用しただけだから。

ドイツ語版もフランス語版も
大体、似たような内容だ。
俺はフランス語もドイツ語も理解できないが、
数字が一致していると言う事は、
英語版と同じで死傷者は軍民併せて
2000万人以上と言う事なのだろう。

フランス語版
Pertes
3 200 000 militaires,
17 530 000 civils
http://fr.wikipedia.org/wiki/Guerre_sino-japonaise_%281937-1945%29

ドイツ語版
3.200.000 Soldaten,
17.530.000 Zivilisten
http://de.wikipedia.org/wiki/Zweiter_Japanisch-Chinesischer_Krieg

ドイツ語とフランス語が解らない人のために

フランス語翻訳
http://translation.infoseek.co.jp/?ac=Text&lng=fr

ドイツ語翻訳
http://translation.infoseek.co.jp/?ac=Text&lng=de

死ね

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 20:42:13 ID:Rou/MLke0
>>297

>日本の利益侵害から始まったりテロなどがあったってアメリカ版ウィキにも書いてあるんですけどw

引用も何もしない奴が偉そうに語るな。
そのように言うのならば、
原文と訳文を掲載しろ。

>とアメリカ版ウィキにも書いてあるけど?

引用も何もしない奴が偉そうに語るな。
そのように言うのならば、
原文と訳文を掲載しろ。

303 ::2007/03/20(火) 20:46:43 ID:ehF8xlvR0
激しく史実を誤認してるというか、宣伝にもならないねwww
たとえ、それを信じるカスが何人いようが、真実は変えられない
ご苦労様でした

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 20:47:21 ID:Ww+SSu800
今日も池沼キテルーwwwwwwwwwwwwwwwwwww

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 20:50:11 ID:Rou/MLke0
俺は別に中国語版から引用した訳ではない。
ドイツ語、フランス語、英語版から引用しただけだからな。
俺がそのように書き記した訳でもないし。
英仏独三国圏で数字が同じ事を考えると?

>>303-304
死ねカス

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 20:54:48 ID:Rou/MLke0
>>298

>お前のレスは中国の印象を著しく悪くしてるよ、死ね連呼に黙れ!に言い訳するななんて大人はいわねーよガキだけだw
バカじゃないかお前?
暴言を吐きあっているのはお互い様だろ?

まさか、自分たちが俺に対して暴言を吐いたことを忘れたか?
俺に対する不遜な態度を忘れたのか?

俺は大抵の場合、反撃する場合でしか死ねとは言わない。
大概、相手に罵倒された時に報復として死ねといっているだけ。

それに俺は罵倒されても一人いたアホたれとは違い、
謝罪を要求するマネなんてしないし。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 20:58:13 ID:Rou/MLke0
>>298

>100万人以上のチベット人が殺害されたり
100万人以上の死者がいるというのなら、
100万人分の被害者情報を提示しろ。
まさか被害者すら解らずに
100万人殺されたと言っているのではあるまいな?
それだけ大規模な殺戮があるのなら、
被害者の名前など容易に判明する訳だ。

ということで100万人分の被害者情報ヨロ
文化大革命の一件でもその辺、ヨロシク

でなければ事実の如く語るな

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 21:03:17 ID:Rou/MLke0
態度が悪い?俺を非難する側に立っている連中も、
言葉遣いは考えないし、俺と大差ないと思うがね。

お前も俺の事をガキと侮辱しているし。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 21:50:44 ID:MYik5i1IO
2000万人分の被害者情報だせや。Wiki厨が

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 22:14:41 ID:Ww+SSu800
>>308
>お前も俺の事をガキと侮辱しているし
だってガキだろこの池沼wwwww


311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 22:21:54 ID:ok21yDAL0
>302 中国文化大革命 英語 行の変え方は適当
お前よ・・・引用するも何も自分で調べたら?お前が出した資料だろ?
そもそも原文で出さなくたってIn other languagesのとこで日本語の枠があるじゃんw
The Great Proletarian Cultural Revolution (Simplified Chinese: 无???文化大革命; Traditional Chinese: 無?階級文化大革命; pinyin: Wúch?n Ji?
jí Wénhuà Dà Gémìng; literally "Proletarian Cultural Great Revolution";
often abbreviated to 文化大革命 wénhuà dà gémìng, literally "Great Cultural Revolution", or even simpler, to 文革 wéngé,
"Cultural Revolution") in the People's Republic of China was a struggle for power within the Communist Party of China,
which grew to include large sections of Chinese society and eventually brought the entire country to the brink of civil war.
It was launched by Communist Party of China Chairman Mao Zedong on May 16, 1966 to regain control of the party after the Great Leap Forward led to a significant loss of his power to
rivals, including Liu Shaoqi and Deng Xiaoping, the latter of which Mao characterized as a capitalist roader, making the Cultural Revolution a continuation of the revolutionary class struggle.
Though Mao himself officially declared the Cultural Revolution to have ended in 1969,
the term is today widely used to also include the period between 1969 and the arrest of the Gang of Four in 1976.

Between 1966 and 1968, Mao's principal lieutenants, Vice-Chairman Lin Biao and Mao's wife Jiang Qing, acting
on his instructions, organized a mass youth militia called the Red Guards to overthrow Mao's perceived enemies and seize control
of the state apparatus, replacing the Central Committee with the Cultural Revolution Committee, and local governments with revolutionary committees.
In the chaos and violence that ensued, many revolutionary elders, authors, artists, and religious
figures were purged and killed, and millions were persecuted and possibly as many as half a million people died.[1]

The official historical view of the Communist Party of China on the Cultural Revolution and Mao's role within it is incorporated in the Resolution on Certain Questions
in the History of Our Party Since the Founding of the People's Republic of China' adopted on June 27,
1981. In this document, it is stated that "Chief responsibility for the grave 'Left' error of the 'Cultural Revolution,' an error comprehensive in magnitude
and protracted in duration, does indeed lie with Comrade Mao Zedong" and that the Cultural Revolution was carried out "under the mistaken leadership of Mao Zedong,
which was used by the counterrevolutionaries
Lin Biao and Jiang Qing and brought serious disaster and turmoil to the Party and the Chinese
people." This official view, which has since become the dominant framework for the Chinese historiography of the Cultural Revolution,
separates the personal actions of Mao during the Cultural Revolution from his earlier
heroism as well as separates Mao's personal mistakes from the correctness of the theory that he created.

The Cultural Revolution remains a sensitive issue within the People's Republic of China.
While there is little censorship of descriptions of events of the Cultural Revolution, historical views which run counter
to the version outlined in the 1981 Resolution, either by suggesting that the Cultural Revolution was a good thing or that Mao was more or less culpable
than the official history indicates are routinely censored.


312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 22:36:09 ID:GXdqgHel0
やぁ、また荒らしが来てたのか。
楽しそうだのう、一人も賛同してくれなくて。
上のほうで散々論破されてたようですな。

なになに?wikでは3000万人も餓死させたそうじゃない。
文化大革命の首謀者は今でも崇められているのですか?

そういえば戦中あそこに戸籍があったんだろうか。
2000万人はどうやって数えたんだ?なんとなく2000万人なのかな。
まぁ、共産主義者の言う事を信じるのですか、で終わりなんだがな。

しかし一日パソコンの前でなにを好き好んで不毛な事してるんだか。
そっか春休みですか、でなきゃこれがお仕事ですか。





313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 22:55:24 ID:ok21yDAL0
The Hull note, delivered on November 26, 1941, was the final proposal delivered to Japan by the United States before
the start of war between the two nations. It is formally called "Outline of proposed Basis for Agreement Between The United States and Japan".
The United States had been pursuing an Open Door Policy in China - that is, they wanted to make sure the Chinese market was open to American products.
The United States did not want China or portions of China to be controlled by other countries such as Japan, the United Kingdom or other European countries.
Thus they objected to the Second Sino-Japanese War and the occupation of part of China by Japanese troops. In protest, the United States sent support to the Chinese Nationalist
Government of Chiang Kai-shek, froze Japanese assets in the United States, and imposed an oil embargo on Japan.
In November of 1941 the Japanese government approved the plan for the attack on Pearl Harbor. At the same time, they made a last
effort to arrive at a diplomatic solution of their differences with the United States. Ambassador Nomura Kichisaburo presented two proposals to the American government.
The first, proposal A, he presented on 1941-11-06. It proposed making a final settlement of the Sino-Japanese war with a partial withdrawal of Japanese troops.
United States spies had deciphered some of Japan's diplomatic codes, so they knew that there was a second, follow-up proposal in case proposal A failed.
The United States government stalled and then rejected proposal A on 1941-11-14.
On 1941-11-20, Nomura presented proposal B, which proposed that Japan stop further military
action in return for 1 million gallons (3,800 m³) of aviation fuel from the United States.
The United States was about to make a counter offer to this plan which included a monthly supply of fuel for civilian use.
However, President Roosevelt received a leak of Japan's war plan and news that Japanese troop ships were on their way to Indochina. He decided the Japanese
were not being sincere in their negotiations and instructed Secretary of State Cordell Hull to drop the counter-proposal.
On 1941-11-26 Secretary Hull presented the Japanese ambassador with the 'Hull note',
which as one of its conditions demanded the complete withdrawal of all Japanese troops from China.
After a costly war to establish its interests there, Japan could not accept this.
Japanese prime minister Hideki Tojo said to his cabinet, "this is an ultimatum."
The strike force which attacked Pearl Harbor had set sail the day before, on the morning of 1941-11-26, Japan time.
It could have been recalled along the way, but no further
diplomatic progress was made. ハルノート 英語


314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 22:56:20 ID:ok21yDAL0
>>306
>暴言を吐きあっているのはお互い様だろ?
あのねぇ、暴言吐きあうにしても普通の大人ならそんな死ね死ね連呼するような小学生のような言い争うはしないぜ?w
お前は大人が死ね死ね連呼して言い合ってる場面を見たことがあるか?w どれだけの低脳だよw
>>307
>100万人以上の死者がいるというのなら、 100万人分の被害者情報を提示しろ。
あほかお前は、じゃぁ日中戦争で死んだ中国国民の名前全部あげてみろ、できねーに決まってんだろ? 墓でも行ってこいよアホかお前は
>>308
>お前も俺の事をガキと侮辱しているし。 普通の大人は死ねなんて連呼しませんwww
チベット虐殺 参考書籍:囚われのチベットの少女 フィリップ・ブルサール/ダニエル・ラン 
ダライ・ラマ その知られざる真実 ジル・ヴァン・グラスドルフ
チベット虐殺なんざ日本で検索してもいくらでもでてくるぜ?
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットを知るために・人権問題 http://www.tibethouse.jp/human_rights/index.html

原文出せとかお前馬鹿だろ、日本語訳で見ろよ、まぁお前のお望み通り原文出してやったけど?

もう一回言うけど、論破されたら原文出せとかお前自分の出した資料のくせに相当見苦しいぞ?
死ね死ねとか言ってる暇あるんなら自分でアメリカとかイギリスでも行って中国政府の行い調べてくれば?
馬鹿馬鹿しくてお前の相手するのさすがに疲れてきたよ俺はw




315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 23:40:57 ID:Rou/MLke0
侮辱はお互い様だ。
互いに侮辱しあってこそ対等の立場は生まれ、
対等の議論も生まれるというもの。

自分たちの暴言を棚にあげて他者の暴言を非難するとはいい度胸だな。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 23:45:02 ID:Rou/MLke0
侮辱なんてそれこそ当たり前のように繰り返されているのに、
俺の言葉遣いを非難する資格があるのか?
お互い様、対等と言うものだ。

>>312

>wikでは3000万人も餓死させたそうじゃない。
3000万人分の被害者情報すら開示されないのに、
信じろというのは基本的に無理がある。
それに3000万人もの人間が餓死によって死んだと証明する事はできてない。
日本ですらどんな小さな事件でも、被害者の名前位は判明するもの。
それだけ巨大な規模の事件なら、被害者の名前位、容易に解るはず。
だが誰一人として解る人間はいない。

結論からいうとここのアホ共の主張は信憑性と
裏づけも低く、信じるに値しない主張ばかりだ。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 23:51:57 ID:Rou/MLke0
一つ指摘しておくよ。
徒党を組んで個人を袋叩きにする方が最低と言うものだ。
暴言なんてそれこそ当たり前のように吐かれているのに、
俺の言葉遣いのみを指摘するのはきわめて卑怯だと言える。

少しは対等にものを考えろ。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 00:03:11 ID:tqkK69JY0
ID:Rou/MLke0は日本人。共産板の住人。中国人のふりをしているだけ。

あんまり熱くなると損するよ。


319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 00:12:55 ID:YoixPUWH0
>>317
一つ指摘しておくよ。
3000万人ってのはお前が好きなwikに書いてあったんだよ。

resulted in widespread famine,
while Mao continued to export grain to save face
with the outside world. According to various sources,
the death toll due to famine may have been as high as 20 to 30 million

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 00:14:34 ID:n27ZAkAG0
共産板の人間ってみんなこんなのか・・・
マジ宗教だな。キモ!

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 00:16:13 ID:CN2Prl7h0
つーか、あの旧日本陸軍に2000万も殺されるって、支那軍はどれだけ弱かったんだ?
しかも、支那軍の装備は確か独米ソからのもので、旧日本陸軍よりも優秀だったはず。
仮に民間人殺戮が2000万だったとしても、支那兵はそれを指加えて見ているようなヘタレだったのか?
これが本当なら、あのヘタリアなど問題にならないくらい、腐った連中だと言える。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 00:21:41 ID:YoixPUWH0
>>321
自分も2000万人てのは眉唾だと疑ってます。
当時の支那は分裂状態でちゃんとした戸籍があったかどうかも
疑わしいわけで、その後冷戦に入ってからは西側諸国にプロパガンダ
を必死に仕掛けていた時期ですからね。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 01:06:54 ID:1AR5GOXJ0
>>315
頭がおかしい奴って自分が頭がおかしいのに気づかないっていうけどコイツがいい例だな
>侮辱はお互い様だ。 お前は自分が馬鹿にされてる理由に気がついてないのか?
1、何回も同じ事聞く 2、自分の出した資料のくせにちゃんと把握してない 
3、死ね死ね連呼する(子供でもない限り死ねなんざ連呼しない、大人が死ね死ね言いながら言い争ってる場面見たことあるかのかお前は)
4、自分で出した資料について後から否定( >wikでは3000万人も餓死させたそうじゃない。 3000万人分の被害者情報すら開示されないのに〜)
5、自分が頭がおかしいという事に気づいていない(徒党を組んで個人を袋叩きにする方が最低と言うものだ。)
例:日本の自衛戦争・マレーシアらの首相が日本が独立に結果的に協力したと認めている・ハルノートが最後通牒であること
・日中戦争で先に手を出したのは中国・現在日中共同声明出した後に未だに南京事件がどうのこうのいう呆れる中国政府の行為)
・中国が文化大革命で何千万という人を殺したこと・チベットで百万を超える人々を虐殺し強姦したこと
・ベトナムに侵攻した事についてベトナム外相から謝罪を求められたのに対して江沢民が逆に説教をたれたこと
・アメリカ版ウィキで書いてあると言ったのに把握しておらず、ついには認めず原文出せと言う
・論破されると自殺しろ!死ね!言い訳はやめろ!と何回も繰り返す頭・世界フォーラムで中国が避難されたこと
・これだけの事を論破されておいて未だに中国の非を認めないオウム信者並の洗脳された頭
お前の言ってる事全部論破されちゃったわな、お前信憑性0じゃん
>少しは対等にものを考えろ。 だったらいいかげん改心して来い
お前がこれだけの行為と論破されたら死ね!など言っていちゃー誰も味方につかないのは当たり前
そもそも味方につけるような資料をお前は何一つ持っておらず上記5の例のごとくすべて論破された
要するに、上記の1・2・3・4・5すべて合わせてみたら、誰がどう見たって馬鹿だと思うのは当たり前
自分が信じたものを固く信じるのはいいがそれが虚実だったら何らお前の行為は意味を成さない
+行動がガキ と言われても仕方がないような行動をお前はとってるのだから
お前は反論できない こういう状況を作ってきたのはお前の行動自身、文句言うなら自分に言え





324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 01:51:59 ID:eRKqW4/xO
??
ソースください。根拠のない妄想は頭の悪さを露呈しますよ?まず虐殺の定義からいただきましょうか?

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 01:56:48 ID:YoixPUWH0
>>323
ごくろうさまです。

冷戦の頃の日本は、地政学的に、防共の盾としての役割をはたしてきました。
その為に共産主義国のプロパガンダの餌食になり、されるがままでもありました。
それが敗戦国が負う、盾としての役割でもありました。

冷戦が崩壊して共産主義国が敗北し、netが普及しはじめてから膨大な情報を一般人が
精査できるようになり、少しずつ、近代の歴史の事実が知られ始めています。
もう後戻りはできないと思います。

自虐史観に侵された人達は少しずつ減ってきています。
その危機感の現れがあのような荒しが発生する一因になっているのでしょう。

さて、スレの本題に戻りましょうよ。


326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 05:15:25 ID:cIkvrl1K0
>>323-325

ウゼエよバカ共。
貴様らこそ荒らし以外のなにものでもない

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 10:19:45 ID:q2LRGPtK0
スレの流れは見ていない。
海外で出会った在日韓国人。
2chなんて信じてなかったのに・・・

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 10:38:19 ID:YUS0/h4gO
>>533 工作員乙

>>540 いい時代になったもんだよな
尼で扱ってるオナホールでなんかお勧めのある?
普通のショップだと情報漏洩が怖いけど
尼だとなんとなく安心な気がするんだよ 


329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 13:46:46 ID:1AR5GOXJ0
>>325
俺はつい何年か前までは教科書で書かれてるような日本は極悪だったとかいうのを
本当の歴史だと信じて日本は嫌いだったんですけど、というかあれ見たら好きになれませんなw
とある掲示板で【韓国はなぜ反日か?】っていうサイトのアドレスがコピペされてて興味があっていざすべて見てみたら
日本の過去の本当の歴史は違い、現在日本が在日達によりあらゆる面の圧力は相当受けていると知りました。

あなたの言うように326は本物の狂ってる奴か工作員ですかね、でなきゃここまで論破されて未だにレスできるはずがないですな
本当の歴史を説明してなおも今反日だとか言っているのならもうこの人は完全洗脳されておりもはや自我はありませんね
中国・南北朝鮮の自虐史観工作の思うつぼにはまり操り人形だと言う事を自覚してないみたいですし。

>>326
お前まだいたのか、そろそろスレ変えて他のスレで中国マンセーでもしてくればいいんじゃないの?
まぁどうせまた論破されるんだろうけどw 
とりあえずまた言っておくけど、すべて論破された上に反論がウゼぇお前等こそ荒らしだとか
すごい見苦しい、お前も客観的に見てみろ? 相当恥ずかしいぞお前w
とりあえずお前はもうこのスレ来なくていいよ、そもそもスレ違いだから、さようなら〜。



330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 14:29:54 ID:YoixPUWH0
>>329
少し前までは一般大衆(自分も含めて)は過去の戦争の事を、教科書とわずかばかりの書籍と、
巷に流れている軽薄なマスコミのニュースを鵜呑みにして、それを自分の歴史観としてきた人達
が多かったのではないでしょうか。

歴史が好きな人ならば与えられる情報だけでは満足できないはずですから、矛盾に気付いている人達も
いたでしょうが、毎日の生活や、外の世界を知らずとも暮らしていける豊かさ(所謂、平和ボケ)
に満足していた大衆がほとんどだったのだと思います。

しかし今では、共産主義者にとって都合の悪い事に、膨大な情報量を何時でも何処でも、
享受できる世界になってしまいました。
その少し前に冷戦が崩壊して、共産主義国の嘘がばれてしまい、売国の為の思想的な
後ろ盾をなくして、隠されていた売国だけが前面に出てこざるを得なくなり、必死に
糊口をぬぐおうとしています。

日本人は自虐史観から脱却しつつあり、正しい歴史をもう一度学びなおしているように感じますね。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 23:29:55 ID:1AR5GOXJ0
>>330
本当の歴史を知るきっかけというものがネットで色々検索などしない限りわからないのが痛いですね
現実の方はもう私達がどうこうしようというのは色々大変ですがネット上で本当の歴史を示したりするのは
簡単にできることですから、一人でも二人でも本当の歴史を知ってもらいたいですね。


332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 23:57:25 ID:tqkK69JY0
今、満蒙問題について調べてるんだけど、当時の国内情勢やシナの大陸情勢、
日本の権益の侵害状況なんかがいまひとつよく分からない。

ネットにも限界があるのかな?って正直感じてる。政治思想・宣伝に汚されていない
歴史研究家が書いた、偏りや歪曲の無い本を探す必要性も痛感しています。

例えばWikiなんかを参照しても、政治宣伝で汚されてたり、根拠の無いもっとも
らしい嘘を書く奴がいる。アメリカのある大学で出した日本に関する問題で、誤答
がみんな全く同じ間違いを書いていたので、その受験生たちに聞いたら、全員の出典
がWikiだったという笑えない話もある。



333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 00:25:30 ID:QkYgoZ4g0
>>325
日本は今、相変わらず防共の盾じゃないの?
アメリカにとって、対中国の盾って言う感じ?

イギリスは過去二回の欧州大戦で、同盟国アメリカの腰が重かったことから
「ワシントンは国益にかなわなければ決してロンドンを守らない」と悟った
そうです。それがイギリスの核保有につながった。

日本も、真剣に核保有を論議しなければならないと思うんですが。論議すること
自体が抑止力になるという説があります。しかし、本当に核をもったら、NPT脱退、
ウラン鉱石輸出停止、原発停止となって、日本経済は打撃を被るという予測です。

でも、経済より安全保障です。中国の軍事的圧迫は深刻に受け止め、防衛力強化に
予算をもっとつぎ込むべきです。台湾有事、日本侵略は決してありえないとはいえない
のです。




334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 01:54:20 ID:qPUlWS+g0
>>331
netで知った情報をより詳しく知るために、関連の書籍を図書館で求めたり
できるので、昔のような場当たり的で非効率な情報収集じゃなくて、
目的を絞れるようになれたのですごく便利になったものだと思ってますよ。

>>333
日本は今でも防共の盾ですね。戦前もそうでしたし。
その重要性をアメリカが理解したのは戦後でしょうか。

敗戦国になった日本が朝鮮戦争やベトナム戦争に巻き込まれなかった
のは西側が代理にしてくれたという認識を持っています。

グーグルアースで日本領土を確認すると、見事に支那と半島を
太平洋から隔離してるのがわかりますよね。台湾もそうですね。
特に沖縄は重要な場所にあります。

素人でも推測できるのですからアメリカと日本が安保を重要視
しているのは理解できます。そのための憲法改正でもあると思いますので
今の内閣の方向は間違ってはいないと思います。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 09:44:22 ID:Ks7qptAU0
>>334
防共の盾って、旧日本軍は中国共産党の救い主の一人ですよ。
中共首脳から皮肉交じりでお礼を言われてんですから。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 10:48:06 ID:N97GRwqY0
>>335
物事はどの側面から見るかによって違って見えるものなので
日本も一枚岩ではなかったわけで、日米開戦に至った諸々の
理由なども>>335さんの言われているのに当てはまるかと。
日本国内に共産主義者を入れてはならないという結論になりますね。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 12:08:44 ID:nVEPVv8Y0
2005年7月3日、支那のTV局北京電視台の午後4時からの番組「社会透視」内で、
支那事変の発端となった1937(昭和12)年7月7日の盧溝橋事件は、 北京守備隊
支那国民党軍第29軍に潜入していた共産党地下党員 『吉星文』『張克侠』
『何基?』らが引き起こし、 まんまと抗日戦争へと発展させる事に成功したと報道した。

 ちなみに人民解放軍総政治部発行ポケット版『戦士政治課本』には、
「七七事変は劉少奇同志の指揮する抗日救国学生の一隊が決死的行動を以って
党中央の指令を実行したもの」との記述があったとされるが、 この
『戦士政治課本』の存在は確認されたものの上記の内容は確認されていない。
 また、極東国際軍事裁判(東京裁判)において、 当時共産党副主席だった
劉少奇が「七・七事件の仕掛人は中国共産党で、 現地責任者はこの俺だった」
と連合国側の記者団に語ったとされるが、 その証拠やそれに関する報道は未だ
発見されていない。
 しかしながら自慢したくてしょうがない気質の支那人の事。
『政治課本』や劉少奇が自信満々に語ったとしてもちっとも不思議はない。
この盧溝橋事件共産党陰謀説をまたも支那自身である北京電視台が自慢げに語り
裏付けた形だ。

 盧溝橋事件は、国際法や慣習に則ってちっとも侵略しようとしない日本に対し、
痺れを切らした支那共産党による謀略だったとはっきりした。
 またその後(同年7月29日)に起こった人類史上稀に見る日本人居留民
(朝鮮人含む)への未曾有の大虐殺通州事件も、廬溝橋事件で引っ掛けても尚、
支那不拡大方針を表明し、国民党軍と停戦協定を結んでしまった日本に対し、
先の盧溝橋事件謀略をまんまと成功させた国民党軍に潜入していた
共産党地下党員によるものだと容易に想像できよう。

338 :もともと日本の条約無視が発端:2007/03/22(木) 12:17:00 ID:KF0UY3k40
●日本側要因● 1満州事変 2華北分離工作 5廬溝橋停戦日に大軍派兵発表 7北京占領 10追撃戦(南京〜重慶)

*パリ不戦条約、九カ国条約軽視*

●中国側要因● 3西安事件 6廬溝橋停戦後の散発的攻撃 9上海租界攻撃

*廬溝橋停戦協定、上海停戦協定軽視*

●偶発か謀略か真相不明● 4廬溝橋事件

●日本の傀儡所属による寝返り事件● 8通州事件


339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 17:30:35 ID:7io4vIux0
>>338
もともと中国の条約無視が発端 山東省の利益侵害

てかこいつまさかID:cIkvrl1K0じゃないよな・・・?

全て論破されたのにも関わらずまだいるわけないか・・・w


340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 09:51:05 ID:D2ujYim10
>>1
こんなとこにもコヴァがいるのかw



まあ知的な人間は朝日新聞と週間金曜日を読み夜はニュース23を視聴して
日本に対する恥辱と嫌悪の感情を涵養するのが常識。
コヴァとか2ちゃんねるに影響されてにわかアイコク心に目覚める奴って
知能が低くて無職ないしはドカタみたいな社会的地位の低い職業に就いてそうw

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 09:57:22 ID:f159BiZL0
>>339
植民地独立運動、独立戦争を否定するのかって反論されてたと思うが・・・

それに山東の権益は1922年に放棄してるぞ。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 10:37:54 ID:lm+AXXfi0
なんか左翼がいるよ
くるとこ間違えて迷子になっちゃったんだね
かわいそうに


343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 11:08:26 ID:+2QG9bM50
マスコミは今回のBDAの顛末をどう説明するつもりなんだろう。
北朝鮮は逃げ帰ったじゃないw

隠蔽歪曲でミスリード、結局2ch、ブログなどのネット情報が予言
していた通りになったんだけど。
海外のニュースとの乖離があまりにも激しすぎたよ。

こんなTVや新聞だけから情報を得てたら自虐史観にもなるわな。


344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 12:04:47 ID:cBIgUbqf0
>>340
>日本に対する恥辱と嫌悪の感情を涵養するのが常識。

それ、ドイツにぼこぼこにされた英国と同じ方針だよ


345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 00:01:53 ID:jeD/LRQg0
>>340
馬鹿な奴。もう一回小学校に入りなおせよwww



346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 00:08:51 ID:LmIN4dyb0
小学校でもこんな池沼はお断りだぜw

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 00:29:38 ID:dDQHioK50
>>340
>まあ知的な人間は朝日新聞と週間金曜日を読み夜はニュース23を視聴して
『北朝鮮は全員平等で地上の楽園』という嘘を宣伝したり1970年10月21日『中国政府の意向に沿った記事を書くこと』を公言し
「本多勝一」本名「崔 泰英」が検証一切なしで日本に自虐史観を植えつけさせるため南京事件など報道したり
従軍慰安婦を初めに史実だと言い出し、問題を“作った”張本人の吉田清治、秦郁彦ら複数の学者や記者から捏造を
暴かれ、言い出した本人が『全てフィクションです』と認めたり、朝日新聞は中国の意向に沿うと公言した後とんでもないことばっかやってんですよ
一般の人は普通知らないだろうね、今は情報化社会だから色々調べてみることをお勧めするよ

>>341
第一次世界大戦戦勝国日本の山東省譲渡及び日本の二十一か条要求に反対する北京の大学生約3000人が5月4日行った激しいデモ行進(五・四運動)
日本に対するゲリラ活動・反日侮日活動・日本商品ボイコット・国産品推奨を盛んに行う
大統領の徐世昌は親日派要人を罷免し、ベルサイユ条約の調印を拒否
>植民地独立運動、独立戦争を否定するのかって反論されてたと思うが・・・
323参照、反日洗脳された輩がすべて論破されてたの間違いですぞ
それと1927年(昭和2 5月北伐が山東省の日本利権に迫り、日本軍第一次山東出兵 先に条約無視したのは中国
>それに山東の権益は1922年に放棄してるぞ。  
放棄してませんよ。


348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 00:32:18 ID:aFaHpGVf0
中国は日本に謝れ!
チベットに謝れ

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 00:38:04 ID:jeD/LRQg0
>>347
>>341は、なんで簡単に論破されるような嘘を平気で書き込んだのかね?
調べりゃ馬鹿でも分かることなのに。。

二十一か条の要求が反日の原因だ、っていう人もいるけど、そんな単純じゃ
無いよね。根っこは日清戦争以前まで遡らないと分からない・・・

二十一か条の要求なんて、当時としては当たり前の要求なんじゃない?
むしろ、穏やか過ぎるくらいかも。


350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 00:41:47 ID:eV50xBRG0
>>347
>>それに山東の権益は1922年に放棄してるぞ。  
>放棄してませんよ。

日本は山東省権益などを放棄することを決定
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%86%A0%E5%B7%9E%E6%B9%BE

脳内物語を語らないでくれ。


351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 00:49:54 ID:jeD/LRQg0
wikiを頭から信じるなよ。

で、決定は閣議決定なの?閣議決定でなければ白紙撤回されることもあるんだよ。


352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 00:53:27 ID:aFaHpGVf0
日清戦争を英仏と一緒に清国いじめたこととか言ってた
捏造歴史を語る人はまだいたのか

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 00:57:51 ID:jeD/LRQg0
>>352
>日清戦争を英仏と一緒に清国いじめたこととか言ってた

そんなことを言う馬鹿がまだいたのか。。。。
下関条約の第一条を朗読してみろよって、言いたくなるね。






354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 01:00:57 ID:jeD/LRQg0
左翼は非常に少数派。日経の政党支持率調査を見ると、

自民党 35%
民主党 11%
公明党  3%
共産党  2%
社民党  1%
http://www.nikkei-r.co.jp/nikkeipoll/qandres/y200702a.html

馬鹿はたったの3%。
日本はまだまだ大丈夫です。安倍さんの業績は素晴らしいぞ。
「主張する外交」は確実に日本の国際的地位を高めている。

マスコミの嘘・隠蔽に騙されるな!日本のリーダーは安倍さんだ!


355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 01:06:45 ID:jeD/LRQg0
安倍総理を正しく評価しているサイト

日本政策研究センター
ttp://www.seisaku-center.net/

安倍首相の保守は本物だ
安倍新政権の素晴らしい理念と業績
ttp://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?cat=26


356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 01:56:55 ID:dDQHioK50
>>350
1926年(大正十五・昭和元年)、中国の蒋介石は国内の勢力統一、主に軍閥・張作霖の北京政府撲滅を目指して北伐を開始
日本政府は、中国内の日本権益が北京政府の支配地に多いことから、これらが北伐軍に侵されることを恐れていたが、翌1927年(昭和二年)、
漢口の民衆が日本の海軍陸戦隊と衝突する事件が発生、これを機に中国人の反日感情が再度爆発し、日貨排斥運動となった。
その上、北伐軍は山東省に接近、同時期に新たな軍縮会議をジュネーブで行っていたが、社会情勢の変化によって決裂、
日本は山東省の日本権益と2万人の日本人居留民の保護及び治安維持のため、山東省へ陸海軍を派遣することを決定。

言い方が悪かったかもしれないな、あと351さんの言う通りウィキはすべて正しいわけじゃない
アメリカのある大学で出した日本に関する問題で全員全く同じ間違いを書き、
全員に聞いてみたら出典がWikiだったという話聞いたことあるよね

結論から言うと北伐が山東省に迫ったのは事実、そこで日本が動き第一次山東出兵となった。
これは歴史的事実だから撤回しようがないよ。



357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 02:42:39 ID:iGNeOsRx0
>>356
wikiだけをソースにしたんじゃねーよw
ドイツからの山東省権益を返還したソースは他にもあるだろ。

ベルサイユ条約でドイツの山東省権益引き継ぎ。中国は条約調印拒否、反日運動。
日本は九カ国条約でドイツから受け継いだ山東省権益を放棄。
蒋介石の北伐。残された権益と日本人居留民を守るため山東に軍派遣。
衝突もあったが、解決後は双方撤退。

という感じか?
満州事変のように、さらにシナに介入する足掛かりになった事件ではないが。
日中戦を、ここまで戻って語るのか?


358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 02:46:03 ID:aFaHpGVf0
満州事変でも日中戦争でもいいけど
日本は列強国が抜けた後にわざわざ不幸の元凶に入っていって
内戦に巻き込まれた 本当に骨格だけを抜き出せば
結局それだけの話
しかも明治からコツコツ貯めた国富を全部満州に向けて
貯金ゼロにして負けてなぜか中国に没収されたというお人よしっぷり

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 09:20:35 ID:KQit4kGm0
>>356
>結論から言うと北伐が山東省に迫ったのは事実、そこで日本が動き第一次山東出兵となった。
北伐時の山東出兵は居留民は残っていたので、その保護のために出兵。
特に租借地などの権益は持ってなかった。

権益に迫ったというなら、具体的にどのような権益か説明してくれないか。
満州権益のように。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 09:35:01 ID:KQit4kGm0
>>347
いやさ、一方的な武力恫喝で結ばされた主権を制限される条約を、無効だと
主張し、ゲリラ活動やボイコットなどで、相手国を引き下がらせようとするのは、
植民地独立運動や独立戦争では当たり前の事だが、それをやっちゃいけない
事だと言うのかな?

あ、341は私です。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 12:54:05 ID:KlPsW1Qz0
なんだ各論か。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 19:26:36 ID:dDQHioK50
>>359
権益というか利権というか、1922年に山東は還付してるから
在留邦人保護のために出兵した、権益はないね

>>360
>いやさ、一方的な武力恫喝で結ばされた主権を制限される条約
ここから間違ってる
満州やドイツが合法的に持っていた山東の権益を日本が日露戦争に勝利して
合法的に継承した権益。
これを拒否した中国は不当といわざるおえません。





363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 20:08:27 ID:KQit4kGm0
>>362
んじゃ。>>347の「放棄してませんよ。」はあなたの間違いと言う事で。

>満州やドイツが合法的に持っていた山東の権益を日本が日露戦争に勝利して
支離滅裂だなあ。
日露戦争ではなく一次大戦だが。それと満州の権益継承も清朝の承認の下で
行われた。貸主の承認が要るんだよ。

>合法的に継承した権益。
借家人が借家権を勝手に譲渡できるわけがなかろう。継承は中国の承認無し
には成立しない。だから、承認を要求したんだろうが。
日独の間だけで「合法的に継承」が成立するなら、中国に権益の移譲を要求する
必要など無い。

>これを拒否した中国は不当といわざるおえません。
そもそも最初の日本の要求時には、ドイツはまだ健在だぞ。ドイツの承認も
無しにそんな真似できるわけが無かろう。拒否しても当たり前だ。
ベルサイユ条約で日独間の合意が出来たとしても、貸主の中国がそれに
従わねばならない道理も無い。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 20:31:31 ID:upnfXMcW0
これを読むと9カ国条約の前に色々な画策があり日本は嵌められた
とも言えるな。

http://www8.ocn.ne.jp/~senden97/washinton1.html

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 23:47:56 ID:vYtxsV/S0
日清戦争・・・朝鮮を防波堤にしよう作戦Part1を実行するための足がかり、そして成功

日露戦争・・・朝鮮がロシアに媚びたため勃発、朝鮮が防波堤になりそうにないので作戦きりかえ、朝鮮半島を支配して防波堤にしよう作戦実行

韓国併合・・・朝鮮半島(ry)成功

満州事変・・・世界恐慌により失業者増加をどうにかしよう作戦実行→成功





366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 00:25:59 ID:q/O9W4+k0
サヨが議論を吹っかけても、ネットで大枠を調べる、
図書館などで文献をあさり詳細を知る、しかも面識の無い
複数人が好奇心で勝手にネット上で検証して確認し合う。
それがネット内と不特定多数の人に蓄積されていく。
この流れが早くなってきてるような。

しかもサヨ系の妄言は出典や著者を探ってその背景を暴かれ
信憑性を失っていく。
もう事実しか存在できない世界になったのかもネ。


367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 01:06:16 ID:jnqxdndf0
>>366
そうそう。左翼系統の著書を探るとたいてい、共産主義者の論文が出典で、そのまた出典を
探ると、東京裁判の検察側資料に突き当たったりする。

日本共産党のQ&A集を見ると、歴史的事実を連ねているように見えて、実はその背景となる
重要な事実や、知られると主張が崩れてしまうような不都合な事実を隠蔽している場合が殆どなので、
突っ込みどころが多すぎて困る。

結局、分かったのは左翼の捏造・隠蔽体質。結論ありきで始まってるからこいつらの手口はもう
完全に分かってるんだよね。左翼は信用できない。


368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 01:17:02 ID:GLU0VI4n0
ウヨもサヨも極端な奴は論理破綻。
ダブスタ・レッテル張り・思考停止・善悪論・事柄選択で物語構築・ヒステリック
など共通点多数。

普通に見れば満州も日中も大東亜も双方に問題があり、単純な善悪論で語れない問題。


369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 01:37:18 ID:0n5Uqtj80
>>363
権益の件については356の通り俺の言い方が悪かった

満州=日露戦争 山東省権益=第一次世界大戦 

>そもそも最初の日本の要求時には、ドイツはまだ健在だぞ。ドイツの承認も
無しにそんな真似できるわけが無かろう
ドイツは承認していなかったと? そんな話は聞いたことが無い
>貸主の中国がそれに従わねばならない道理も無い。
貸主とかそんなものは関係ない、戦争に負けた国にそんな拒否する権利などない
拒否するなら戦争をしろと、戦争して勝利せずに負けた国がグタグタいえる権利はない
これは現在の価値観から見るとおかしいことだが、当時では弱肉強食が普通であった
それに世界からも批判などなかった。





370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 01:49:06 ID:jnqxdndf0
歴史を善悪論で語るのには反対だな。善悪を持ち込むと当事者間で俺が善、お前が悪という
不毛で感情的な論戦になってしまう。例えば、日韓共同歴史研究など全く無意味だ。

なぜなら、自分を悪と認めれば当然「謝罪しろ」という要求が来る。
歴史の話をしていて謝罪云々とは、こんな馬鹿らしいことはない。

歴史学は教訓を得るのが目的のひとつだから、事実関係の究明の中から教訓を得ればよい。



371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 02:03:19 ID:q/O9W4+k0
>>368
確かにウヨの中にも論理破綻なのはあるが、サヨほどではない、
なぜってサヨはそこに善悪を持ち込むから、議論が進まない。
敗者は頭を下げて黙ってなさい、いつもこうです。

今の常識で当時を論じたり、時系列に沿ってなかったり、
断片を取り出して大きな流れを無視したり、とっても見苦しい。

> 満州も日中も大東亜も双方に問題があり、単純な善悪論で語れない問題。

↑こう思っているとしても特亜などの日本悪の論調に乗っかって日本を非難するサヨに
辟易してるのが現状だと思う。売り言葉に買い言葉みたいな。


372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 02:05:17 ID:tKV6JARW0
つーかそもそもウヨっているのか?
反マスコミ=ウヨ(ネウヨ?)ってだけでは?

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 02:13:27 ID:q/O9W4+k0
>>372
日本人が日本人を意識するのをウヨと言うのならそうなんだろうけど、
そもそも国士様を除いてウヨと呼ばれる人達は極めて中道な考え方をしている
ように思えますね。
いつネットウヨとかの言葉が出たのか知らないが、似非ウヨはいるようだね。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 06:08:53 ID:cFQuT5TL0
>>369
>ドイツは承認していなかったと? そんな話は聞いたことが無い
まだ、戦争継続中の1915年に、なんでドイツが交戦国の日本に自分の
租借地を譲るんだね?

>戦争に負けた国
一次大戦で日本は中国とは戦争して無いが? 負けたのはドイツ。
それも1915年ではまだ負けてない。

「言い方」とか誤魔化しているが、君は基本的な事実関係も知らずに
語ってるんだよ。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 11:12:27 ID:5CS1Z2PW0
歴史を善悪で語るなという奴は、
核攻撃まで善悪で語るなと考えている気なの?
核攻撃なんかは普通に悪事だと思うんだが。
善悪基準を無くしてしまうと、核攻撃は悪事にならなくなっちゃうよ。
でもそれって変じゃないか?

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 11:57:52 ID:tHlLebXD0
>>375
>歴史を善悪で語るなという奴は

ここで叩かれるのは、善の陣営vs悪の陣営みたいな見方だろ。
戦国時代、善の大名と悪と大名が闘った、みたいなアホ史観。
「善の陣営」の行為は棚に上げ、「悪の陣営」の行為だけあげつらう。

戦争への原因も条約違反等も双方にあったってのが普通の見方。

核攻撃は条約で禁じられた一般市民攻撃だから、個別に非難できる行為。
悪と断定しても差し支え無いだろう。

ただ善陣営vs悪陣営にすると変な史観になり、日本も核研究してた事などを見落とす。
日本だって落とす能力があれば落としてただろうし、実際に風船爆弾で一般米市民を殺害してる。


377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 19:23:11 ID:MEJMz7in0
>>375
まさにそのとおり。
歴史上、世界憲法というのができていないので
原爆投下という国家の行為を禁じた法律にアメリカは縛られていなかった。
ハーグなんかで禁じられた民間人の無差別殺人じゃないかと思ってるでしょ?
でも重慶爆撃じゃないけど無防備都市宣言でもしない限り合法なんだよね、これが。
それをされたくなきゃ軍事力から無縁でいなさいってことになる。

そりゃ俺も道義的には悪だと思うさ。
でも道義なんつうものは宗教ごとどころか個人間ですら定義の違うもので、
歴史を見るうえでは役に立たないんだよね。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 21:08:14 ID:0n5Uqtj80
>>374
>まだ、戦争継続中の1915年に、なんでドイツが交戦国の日本に自分の
>租借地を譲るんだね?
満州における日本の権益はロシアが合法的に持っていた権益を日露戦争の結果日本が合法的に得たもの
まさかポーツマス条約を知らないなどと言わないよな?

山東半島の旧ドイツ権益を奪取したがドイツは何も言ってないというか何も言わないのが当時では普通、
奪取された方が悪いという当時はそういう世界常識
ドイツが嫌だーと言って日本がはい、返すますとでも言うはずがないのは目に見えてるからそんな馬鹿な事はしないのは当たり前

>一次大戦で日本は中国とは戦争して無いが?
 中国vsドイツ 中国 負け ドイツ勝ち
 日本vsドイツ(第一次世界大戦山東半島)  日本勝ち ドイツ負け 
要するに中国が負け側にいることは確かなので、ドイツが持っていた権益を日本が奪取しただけで
中国が負け側という立場は変わらないわけですな

別に俺は誤魔化してるつもりはない
馬鹿にして言うのではないが、わざわざこんな事説明するまでもないであろう・・・





379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 21:39:36 ID:/YMrIbXC0
>>376
禿同
悪と善が水と油みたいに分かれることはありえない
どちらの陣営にも、悪と善が密接している
問題は、自分の悪を棚上げにして、相手の悪を追及するダブスタと
もはや生存者も少ない昔のことに関して謝罪と賠償を要求する阿呆が存在することだ

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 22:01:02 ID:MEJMz7in0
>>378
また珍知識を開陳してくるなあ。

>奪取された方が悪いという当時はそういう世界常識
世界常識ではこの時点で山東はドイツの租借地で日本の占領状態にあるにすぎない。
ま、当たり前だが日本の権益などとは到底いえない状態だ。
この租借地の権利を手放させるために当たり前だが現在の権利者であるドイツの同意が必要で、
実際にヴェルサイユ条約を経て権益の譲渡を認めてもらっている。
もしかしてあなた占領したら即自国領土に編入できるとでも思っていたの?
それこそ説明の必要すらない状態だが。

君、もしかしてしきりと満州事変が自衛だって言ってる人かな?
あまりに無知がひどすぎるんだが。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 22:06:47 ID:MEJMz7in0
>奪取された方が悪いという当時はそういう世界常識
ああ、君のために一応言っておくけどWW2でも日本の常識は世界の非常識よろしく、
軍部は東南アジアの占領地を日本領に編入しようとして外務省に
そんなのはいくらなんでも世界の非常識とたしなめられているからあしからず。
もっとも陸軍なんかは軍政とかについてまともに教えてないから
そういう世界の非常識を平気で言い出すんだけどねw

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 22:42:42 ID:MEJMz7in0
なお、立場論からいうと
WW1では中国は中立を保っており
当然日独の山東半島における戦いには無関係、
いかに自国領とはいえその租借権に口出しする立場にない。
そこで日本がドイツを通さず中国に直接租借権譲渡を要求することは、
中国がドイツを結んだ条約を破棄してドイツの敵国に権益を譲渡する、
要するに中立の立場の放棄を求めているようなもので、
これがいかに主権の侵害であるか説明する必要があるかね?

つかあんた21か条要求みたことあんの?
アヘン戦争すら超えるひどい要求だって理解できてないでしょ?

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 23:36:03 ID:cFQuT5TL0
>>378
>満州における日本の権益はロシアが合法的に持っていた権益を日露戦争の結果日本が合法的に得たもの
>まさかポーツマス条約を知らないなどと言わないよな?
・・・ポーツマス条約の後に日清間で条約を結んでいるんだよ。
その事は>>363にも書いてるんだが・・・
ちっとは人の主張に対し、裏を取ってみようとか考えないのかねえ。
知識も無ければ、論争と言うものの基礎も出来てない。
「満州に関する日清条約」でググってごらん。

租借権の移譲には貸主の承認が必要。常識的に考えろよ。大家に
無断で又貸しなんて出来るわけがなかろうに。

>日本勝ち ドイツ負け 
まず、何度も言うが、21ヶ条要求の1915年の段階ではまだドイツの負けは確定して無い。

>中国が負け側という立場は変わらないわけですな
中独間の問題と、日独間の問題は別物だし、日中間の問題も別物だ。
ひょっとして割譲と租借の違いが解かってないんじゃないか? 租借地の主権はあくまで、
貸主のものなんだよ。

>返すますとでも言うはずがないのは目に見えてるからそんな馬鹿な事はしないのは当たり前
戦争中だからな。交戦国に支配地域を占領されるのはありうる話。一々抗議なんか
しないのは、確かに当たり前。だからと言ってまだ戦争に負けたわけでもないのに、
後に奪回できるかも知れないのに、所有権(租借権)を放棄するわけがなかろう。
硫黄島や沖縄はアメリカに占領された瞬間に、日本は所有権を放棄したのか?
北方領土はロシアに占領された以上、日本の所有権は消滅したのか?

>別に俺は誤魔化してるつもりはない
>馬鹿にして言うのではないが、わざわざこんな事説明するまでもないであろう・・・
自分の無知を認めないと先には進めんよ。
私だって誰かに反論されたら、一応裏を取って再反論している。
今回の満州に関する日清条約も記憶にあったが、念のためググって確かめてから
反論しているよ。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 00:08:04 ID:C2QFL5++0
>>382
>そこで日本がドイツを通さず中国に直接租借権譲渡を要求することは、
>中国がドイツを結んだ条約を破棄してドイツの敵国に権益を譲渡する、
>要するに中立の立場の放棄を求めているようなもので

シナが中立なら、ドイツの権益が日本に譲り渡されても何の問題もないはずだが。
中独の条約が妨げになるなら、既にシナは中立ではない。ドイツ寄りと言える。


385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 00:14:00 ID:C2QFL5++0
>>382
あなたの主張は、現代の日本の歴史教科書と全く同じだね。
歴史教科書の記述に対する反論は以下のサイトに書いてあった。

ttp://homepage2.nifty.com/www_main/kyokasyo/81-1.htm

中国は19世紀末頃からヨーロッパ列強に領土を分割されていた。列強に分割されていた領地を
日本が引き継いだら日本が悪いのか。「対華二十一か条の要求は中国の主権をおかすもの」と
書かれているが、元の状態が既に主権を侵害された状態であり、この記述はおかしい。

また、国家の統治が行き届かない土地は占領してもよいのが当時の常識である。主権を侵す云々は
現在の常識であるから、日本が悪いという理由にはならない。

教科書にはわざわざ中国が印刷したと思われる反日ポスターを載せ、
「鎖でしばられているのは何だろうか」と書いている。



386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 00:25:21 ID:C2QFL5++0
対華二十一か条の要求(大きく5つ)
1.ドイツが山東省に持っていた権益を日本が継承すること
2.関東州の租借期限を延長すること
3.満鉄の権益期限を延長すること
4.沿岸部を外国に割譲しないこと
5.中国政府に政治経済軍事顧問として日本人を雇用すること等(秘密協定)

1〜4は特にひどいとも思えない。5はかなりひどいね。袁世凱は断固として飲まず、国際社会に
暴露した。米英の反対で日本政府が撤回したようだ。結局1〜4で決着。

5が日英同盟見直しの発端になったとも言われる。明らかにやりすぎ。



387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 01:12:02 ID:/ail6VLJ0
>>384
>中独の条約が妨げになるなら、既にシナは中立ではない。ドイツ寄りと言える。
へ理屈にもなってない。
日本の要求に応じない事は、別に日本との条約や協定に違反したり破棄
したりするものではない。しかし、日本の要求に応じる事はドイツとの
条約だけを一方的に破棄し、日本に有利な条約を結ぶ事だ。
どちらが中立に反すると言うのか。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 02:18:29 ID:WfDCoEvw0
>>380
>この租借地の権利を手放させるために当たり前だが現在の権利者であるドイツの同意が必要で〜
だからぁーーーーーーーそれについてドイツが日本に何か認めないとか言いましたか?
>満州
柳条湖事件謀略の中心となった石原莞爾らには1923年の関東大震災、1929年の世界大恐慌以来の不景気で日本全体で失業者が巷に溢れ、
彼等の出身地である農村もどん底の生活を強いられる状況を満州の新天地をより拡大して打開しようという目論みもあったのは事実だろう。尤も不景気は満州にも影響を与えていたようだが。
リットン調査団報告も柳条湖事件は正当化できないが日本の権益は守られるべきと報告している。
石原らの謀略も背景に過激な排日活動があったからこそ成立したのだ。
従って満州事変は正当に得た日本の権益をナショナリズムに目覚めた中国側に侵害されたことに対する自衛行為から起きたものである。
関東軍の独走という非もあるのは事実だが日本の一方的侵略と非難される謂れは無い。
>要するに中立の立場の放棄を求めているようなもので、
>これがいかに主権の侵害であるか説明する必要があるかね?
ドイツが認めたんだから何ら問題ないだろ、中立中立って当時の世界の常識を分かってていってるのか?
今みたい(少なくとも日本は表で)に平和で平等とか戦争は絶対ダメ!とかいうような平和な世界でもなかったんだよ
>>383
>・・・ポーツマス条約の後に日清間で条約を結んでいるんだよ。 結論認められている事は同じでしょう
>まず、何度も言うが、21ヶ条要求の1915年の段階ではまだドイツの負けは確定して無い。 一体それがどうしたと・・・

何を伝えたいのかさっぱりわからんよ





389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 02:22:21 ID:WfDCoEvw0
ところでこの種の議論をする際のあるべき態度は「歴史の評価は現在の知見と価値観ですべきで無い。反省と教訓は現在の知見・価値観で行うが、
当時の責任者の判断、国家政策の是非・評価は当時の知見と価値観、世界情勢、世界の常識で判断すべきである」ということである。
地震や火山噴火あるいは疫病の流行などの原因がわからない時代の人々が生贄を神に差し出したのは愚か且つ残酷非道と非難するのか。
ハンセン氏病が恐ろしい伝染病と信じられた時代の隔離施策を非道・人権無視と断ずるか。
知識・知見は時代と共に増加・進化するのが普通だし、価値観も時代と共に変わります。
過去において現在の知識が常識で無いのはその時代の人間の罪では無い筈。価値観も今の価値観と違うことが罪とは言えない。
「今から見ればあそこであんなことをすべきで無かった、許せない」というのは将に後知恵であることが多く、当時の状況ではそうせざるを得なかったとすれば、
そのような評価は公平でなく、徒に先人を冒涜することになり、厳に戒めなければならない。
第二次世界大前後における価値観の激変は帝国主義・植民地主義でしょう。
19世紀後半から20世紀前半は帝国主義列強のアジアにおける切り取り放題の侵略・搾取が横行しました。
自らを守れず自立できない国は強国の植民地になるのが当然であったし、その強国の行為は正当と認められ、
非難する声は全くなかった。勿論今から言えばそれは強者の論理であるが。
アジアで最初に目覚め近代化に成功した日本は、このままでは日本も植民地にされると、
侵略から自らを守る為に富国強兵を国策の重要方針としたのは当然です。
日本はそれ以前も以後も侵略の方針など全くなくひたすら身を守ることのみを考えていたのです。
それが日清戦争、日露戦争、韓国併合に至ったのです。全てロシアの脅威に対する予防的自衛です。

現在の価値観から見て延々と言われてたら話し合う気すらなくなる
先人達がどういう思いで死んでいったか・・・
もう日協組や朝日新聞や創価学会がこんなん見てニヤニヤしてんのかなって思うと悲しくなるわ


390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 03:31:40 ID:yZrVV3P70

日本も欧米も、世界平和とか人道とか表向きの甘い言葉で
外交をしているわけではないですよね。国益があっての世界平和であり人道
である事は今でもそうです。そしてそれを実行するためには国それぞれに
正当性があるわけです。負けた国の正当性は剥ぎ取られてしまいますが、
戦後復興した日本の正当性は植民地と帝国主義の消滅で、
汚名を晴らしたんじゃないでしょうか。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 07:27:39 ID:qWnB21YG0
>>388
>だからぁーーーーーーーそれについてドイツが日本に何か認めないとか言いましたか?
だからぁーーーーーーーそれについてドイツが日本に何か認めると言いましたか?
ってちょっと待て、お前さん、本当に1915の時点で山東は占領地に過ぎないから、
日本の権益なんぞ存在しないって意味が理解できてるか?

>過激な排日活動
それがなぜ張学良軍閥の打倒につながるのか、合理的な説明を。
もしかして日本の民間人がアメリカで殺人を犯したら、
日本政府が特にこれを援助したわけでもなくかばったわけでもないのに
アメリカは自衛のために日本を占領できるという珍説に思えますね。
ああ、ちなみに教科書に書かれたからって軍事行動の理由にはなりませんよw
せめて満鉄平行線でも持ち出すならまだわかるんだが、
まああれもかなりいいがかりくさいからなあw

>ドイツが認めたんだから何ら問題ないだろ
認めてないんですが? なにせ占領中&戦争中です。

>平和で平等とか戦争は絶対ダメ!
?? 局外中立はそれこそ有史以来存在するある戦争への国家の関与の態度のひとつですが、
なぜそこへ過敏に結びつくのでしょう。正直君が嫌うサヨのようで私も気味が悪くて仕方がありません。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 07:31:23 ID:/ail6VLJ0
>>388
>ドイツが日本に何か認めないとか言いましたか?
戦争中で国交断絶状態で一々言ってくるはず無いでしょうが。この場合沈黙は不同意なんだよ。
アメリカの硫黄島占領に日本は一々抗議をしなかったが、これで日本がアメリカの硫黄島
領有を認めたと言う事なのかな?

>リットン調査団報告も柳条湖事件は正当化できないが日本の権益は守られるべきと報告している。
正当化できないのは満州国建国。柳条湖事件の自演は疑われていたが完全にばれてはいない。
むしろ、柳条湖事件をきっかけに権益保護の行動を起こす事までは認めている。

>正当に得た日本の権益をナショナリズムに目覚めた中国側に侵害されたことに対する自衛行為
列強の植民地は皆、当時としては正当に得ているんだ。それに対する植民地や半植民地
側の奪還行動、つまり独立運動や独立戦争は、宗主国への侵略だと言うのかな? 
当時としては正当に得たものであっても、それはやはり侵略なんだよ。侵略に対する反抗
は自衛。

>関東軍の独走という非もあるのは事実だが日本の一方的侵略と非難される謂れは無い。
正当な権益以上のものを確保して、正当な権益は100%保障され、権益保護のための
処置をも講じてあるリットン勧告を拒絶している以上、権益保護ではなく、拡大を求めた
侵略であった事は明白。

>結論認められている事は同じでしょう
ポーツマス条約で移譲が成立したんじゃないって事。
貸主の清朝が認めて、初めて権益の移譲が成立するの。貸主が認めなければ、
借り手の間でどうの様な話が着こうが無効なの。貸主が拒絶すれば無理強いする
権利は本来無いの。(まあ、権利が無くても軍事力で無理強いする事はまだ禁止
されて無い時代だが。非難材料にはなるし、相手側の反撃の口実にもなる。
正当に成立した植民地が独立戦争できるのもそれが理由)

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 07:38:36 ID:qWnB21YG0
>現在の価値観から見て延々と言われてたら話し合う気すらなくなる
ちなみに日本が満州でやらかしたやり方はオランダが蘭印を手に入れたやり方を
かなりの割合でなぞっております。
もっとも柳条湖事件のような自作自演はやってませんが。
当時の価値観どころかアヘン戦争あたりまでの価値観での行動が20世紀にどう評価されるか考えたことはないかな?
また、国際連盟で批判を受けなかったから当時の価値観では正当だったといいたいようですが、
30年代は宥和政策が幅を利かせていた時代であることもお忘れなく。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 07:41:44 ID:/ail6VLJ0
>>389
>第二次世界大前後における価値観の激変は帝国主義・植民地主義でしょう。
その価値観の変換は一次大戦後から始まっていたよ。
それに逆行しまくりだったのが枢軸側。言うならば改革の抵抗勢力が戦争を
しかけ、潰れたために、建前上改革に賛同していたような連中の思惑や制御を
超えてまで、改革が一気に進んだ。

>それが日清戦争、日露戦争、韓国併合に至ったのです。全てロシアの脅威に対する予防的自衛です。
それは認めても良いが、その後はなあ。
予防的自衛が認められるのは弱小国に限るべき。
予防的自衛を全面的に認めると、全世界を征服するまで止まらなくなる。
世界3位の海軍(陸軍も10位以内にはいるだろう)を備え、植民地も保有する
列強の立派な一員が、このままでは侵略される、経済的に破滅だ何だと
いっても説得力が無い。
(軍備に金かけながら、飢え死にする、人道的援助をとか言ってるどこかの国
みたいにね。)

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 07:45:37 ID:/ail6VLJ0
時々思うんだけどさ、ここの日本擁護派って、実は北朝鮮を擁護しようと
してるんじゃないだろうかw 北朝鮮が事を起こしても同じ論理で正当化
出来るようにw
日本語もなんかおかしいし。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 09:07:26 ID:0PbqiTVl0
>>395
戦前否定派の論理が、今になっても謝罪と賠償を繰り返す、
特亜の構造と同じだから反論されるのです。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 15:43:11 ID:HneqdNdh0
>>394
>その価値観の変換は一次大戦後から始まっていたよ。

その割には、人種差別撤廃法案が否決されたりしてたけどね

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 17:10:54 ID:dXRmL1qM0
>>397
あれは国内に人種問題を抱える国にとっては爆弾だ。
アメリカ公民権運動でのゴタゴタを見れば解るだろう。
何の下準備も無しに採択できるものじゃない。
ある意味ハルノート以上に飲めるわけが無い提案。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 17:18:16 ID:0PbqiTVl0
>>398
なんで?

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 21:47:14 ID:qWnB21YG0
>>399
日本ですら1965年に国連で採択された人種差別撤廃条約に
1995年にいたってようやく加入できたのだがw

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 21:50:04 ID:gwJjAYbt0
>>394
>それに逆行しまくりだったのが枢軸側。

ソ連の火事場泥棒やイギリスの中東政策を見れば、そうは思えないんだが・・・・。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 23:29:12 ID:WfDCoEvw0
>>391
>ってちょっと待て、お前さん、本当に1915の時点で山東は占領地に過ぎないから〜
何で1915年にこだわる? 数年後に権益が認められるようになったんだから同じでしょ
>それがなぜ張学良軍閥の打倒につながるのか、合理的な説明を。
中国共産党は、大会直後の8月1日に「八・一救国宣言」を発表し、中国全国民に対して、国共合作して「抗日救国国民戦線」を結成し、対日戦争を遂行しようと呼びかけた。
この宣言以来、日本人に対するテロ事件が再発し、一旦改善された日中間の信頼関係が崩れて、日中関係が再び緊迫した。これを決定的にしたのが、「西安事件」である。
昭和11年中国共産党軍は、蒋介石軍に敗れて、大西遷のすえ延安へたどり着いた。中国共産党撃滅の好機と判断した蒋介石は延安攻撃を計画し、11月に張学良等を督戦するため自ら西安に飛んだが、
逆に12月12日張学良等に逮捕換金され掃共戦の中止と国共提携を強要された。蒋介石が殺されなかったのは駆けつけた周恩来や葉剣英らの天下に号令できる実力者は彼をおいて居ないという判断による。
スターリンも「蒋を殺すな」と共産党に打電している。米国とソ連がこの「第二次国共合作」を後援した。そして、翌12年になると一層対日テロが頻発し、日中関係は極度に緊迫した。
蒋介石も対日方針を変えざるを得なくなった。一触即発の情勢の中で、起きたのが昭和12年の「盧溝橋事件」です。
昭和12年7月7日夜10時40分頃北京郊外の盧溝橋で演習中の日本軍(約130名)が何者かの不法発砲を受けたが3回射撃されても応射せず翌朝5時30分4回目の一斉射撃で始めて反撃した。
この時の日本軍は演習用の空砲のほかに万一に備えて各自30発しか実包は携帯していなかった。
この北京に駐屯していた日本軍(この時約4000人,6000人説もあり)は北清事変・義和団事件(1900年)後に
他の列強諸国と同様中国と結んだ北京条約による在留邦人保護の為の軍隊で合法的駐留であった。
このとき北京方面の支那河北軍(蒋介石軍)は約75000人、つまり日本軍の10倍以上である。    
最初の発砲は日本軍の空砲に驚いた支那兵の発砲という説もあるが大戦終了後になって、コミンテルンの指示により戦線全面拡大により
国民政府軍を疲弊させるという方針に基づく謀略であったことを示す証拠が続出した。今では国民政府軍に紛れこんだ共産軍兵士の第一発であった、
あるいは日本軍・国民政府軍両軍に発砲したという説が有力になっている。その中でも劉少奇説が尤もらしい。
いずれにせよ圧倒的な彼我の兵力差、実包は各自30発しか持っていなかった事実からして日本軍の謀略説は全くあり得ないのは明らかだ。 
日本国政府や陸軍中央も当初から現地解決・不拡大方針だった。現地情勢の緊迫で2度内地3個師団の派兵を命じたがその必要が無いと判明すると2度とも即時中止させた。
その後約2週間小競り合いはあったもののこのまま収束するやに見えたが7月25日郎坊事件、26日広安門事件、29日通州事件(幼児12人を含む在留邦人385人の内223人が虐殺される)が発生、
不拡大方針が困難になって行った。
現地軍同士では停戦協定調印寸前であったが蒋介石が強硬方針のラジオ演説を行い現地軍を
刺激し北京を撤退しようとした支那軍に蒋介石から協定は実施せず北京を死守せよとの命令を受けた。
統一の名を借りて蒋介石軍が華北まで勢力をのばすことを望まず、且つ蒋介石に追い詰められ風前の灯だった
共産軍や軍閥が日本軍との停戦を止めさせるべく停戦協定違反を画策したのです。
ここまでは華北での紛争だったが第2次上海事変で事態は急変した。 続く









403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 23:33:06 ID:WfDCoEvw0
当然参謀本部では出兵は北支にとどめ、上海・青島には拡大しないよう極力努力していたが、昭和12年8月9日陸戦隊西部派遣隊長大山勇夫海軍中尉と
斎藤与蔵一等水兵が上海で支那保安隊によって射殺される事件が発生した。
第3艦隊司令長官・谷川清中将は、南京政府に対し停戦協定区域内におけ支那軍・同軍事施設の撤去を要求した。
8月10日 閣議で海軍大臣・米内光政大将は、上海方面の状況を説明したのち、真相判明を待って対処したいが、さしあたり陸軍部隊の動員準備を願いたいと発言した。 
石原部長は反対したが杉山陸相はこれを諒承、閣議では現地居留民保護を再確認し陸兵派遣の準備を容認した。
この時期支那軍は第一次上海事変停戦協定(昭和7年)に違反して、既に昭和11年末ころから非武装地帯の要塞化と軍隊配置を行っていたが、盧溝橋事件後、
上海方面の支那軍の集中はますます顕著になった。8月に入ると閘北(ざほく)方では保安隊に儀装した中央軍が連夜演習を行い不安は増大していた。 
8月6日 岡本季正上海総領事は在留居留民に対し租界へ退避するように指示した。
更にこの日上海警備司令 張治中は「徹底的長期抗戦をもって日本軍を殲滅すべく、今や最良の好機である。日本の作戦持久は6ヶ月を越えない」と管区将兵に訓示した。 
当時の上海は共産党の活動拠点地の一つでもあり、集結しつつあった支那軍の動きから考えても、まさに火薬庫の観があった。
8月11日以降 事態は急速に悪化した。支那側は大山事件に対する第3艦隊長官の要求を拒否するどころか、公然と軍隊を上海に増強させ、
租界地周辺に陣地を構築するなど挑発的態度を強化、兵力は計5万にも及んだ。
対する日本海軍陸戦隊は4千に過ぎず、この夜応急警備についた。 
第1次上海事変(昭和7年3月)でも日本軍と激戦を交わした張治中指揮の支那軍は、8月13日 総攻撃を開始。
日本軍陸戦隊は断固応戦するも14日には優勢な支那軍の包囲攻撃を受けるに至った。 
日本政府は居留民保護のため、海軍の要請をいれて陸軍部隊の上海派遣を決定、陸軍は8月14日上海派遣軍を編成した。
8月15日 帝国政府は声明を発表、支那軍の暴挙を膺懲して南京政府の反省を促すのが、今次出兵の目的とされた。
政府は依然不拡大方針で、事変の早期解決に努力すべきであるとした。
同日、蒋介石総統は全国総動員令を下し大本営を設置、自ら陸海軍総司令に就任し全国を4つの戦区に分けて純然たる全面戦争体制をとった。
毛沢東の紅軍も国民革命軍第八路軍(八路軍と呼称)と改称、公表された。
中共はこの日呼応して抗日救国十大綱領を掲げ、いよいよ国共合作の実をあげ中国人民総決起の態勢を整えたのである。
8月23日 第3、第11師団を主力とする第1軍が上海北方に強行上陸、戦闘に加入した。
当時の支那軍は中央軍の精鋭で頑強に抵抗し、かつ兵力を増大し、第3、第11師団は戦闘1ヶ月にもならない段階で非常な損害を被った。
止むを得ず第9、13、101師団などを増加したが、9月中旬には計60万もの支那軍があって日本軍苦戦の状況は変わらなかった。
さらに各部隊にコレラ患者が多発し、砲兵弾薬の不足もあり、死傷者続出して攻撃は停滞した。
しかし日本軍の奮闘により、支那軍は10月23日ころから退却を始め、また10月20日新たに編成された
第10軍(司令官 柳川平助中将 第6、第18、第114師団、野戦重砲兵第6旅団基幹)が、
第4艦隊(豊田副武中将)の護衛の下に11月4日杭州湾に上陸、上海付近の支那軍の防御は全面的に崩壊した。
11月11日夜、当面の支那軍は退却を開始、上海周辺の残敵掃討の段階に移行するに従って「南京攻略」という意見があがった。
当初中央は南京攻略など考えに入っていなかったが、これを契機に南京攻略派と慎重・不拡大派との主導権争いが始まり結局攻略派が主導権を握った。
ここに至って政府の不拡大方針は有名無実となり全面戦争に突入したと言わざるを得ない。
西安事件以来約1年経過して国共合作も現実になり中国側の反撃も本格化した。
しかしながら毛沢東軍は実に狡猾で色々の仕掛けは実施するが日本軍との直接戦闘はほとんど国民政府軍に任せ将に蒋介石軍を弱体化する目的を果たした。


404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 23:35:54 ID:WfDCoEvw0
11月7日中支那方面軍(司令官 松井石根中将)が編成された時点では、その任務は「海軍と協力して敵の戦争意志を挫折せしめ
戦局終結の動機を獲得する目的をもって上海付近の敵を掃滅」とされていた。
11月20日軍令によって設置された大本営は、11月24日前進統制線を解除し、無錫−湖州の線を新たな攻勢限界線と指示した。
参謀次長多田中将は、戦面の拡大、南京攻略を強く反対したが、参謀本部内の強い実行論と、現地の第10軍の強い具申により遂に12月1日「海軍と協力し敵国首都南京を攻略すべし」と命令するに至った。
なお直前の11月16日に国民政府は重慶に遷都を宣言していた。
現地第10軍はこの大本営命令に先だって独断にて制限線を突破、南京攻略を準備しており、上海派遣軍と第10軍との進撃競争となった。12月4日 支那軍約10万による南京防衛外郭陣地を突破、
8日から最後の防衛線での支那軍の抵抗を排除しつつ南京城に迫った。12月13日 支那軍は退却を始め、日本軍は1個聯隊を入城させ、南京の完全占領を発表した。当初の作戦計画では、
昭和13年1月中旬から攻略戦が開始される予定であり、予期した4週間も前に南京は陥落したのであった。
首都南京を攻略するにあたっては並行して講和工作を進めるべきであったが、作戦が予想外に進展したため間に合わなかった。戦略と政略との強調を最も必要とした時機であったのに
ここで停戦に持ち込めなかった事は、後のトラウトマン工作不成立と併せて一大痛恨事であった
以降は将に泥沼への径を一瀉千里と驀進せざるを得なかった。
また共産軍はソ連、国民政府軍は当初ドイツ、三国同盟後はアメリカからの援助を受け、更に言うなら同じ国民政府軍から分裂した汪兆銘軍は日本軍の支援を受け言わば「王・蒋・毛」内戦に夫々荷担する
「日・米・ソ」の代理戦争になって行ったとも言える。
従って支那事変(日中戦争)は明らかに中国の内戦に絡んだテロからの自衛に始まり、共産軍の謀略が功を奏し日本が意に反して深みにはまり抜けられなくなってしまったのだ。
このことを証明する当事者の明快な発言があります。
昭和39年社会党の佐々木更三委員長が毛沢東主席に「中国国民に多大の損害をもたらして申し訳ない」と挨拶したところ毛沢東は「何も申し訳なく思うことはありませんよ、
日本軍国主義はは中国に大きな利益をもたらしました。中国国民に権利を奪取させてくれたではないですか。皆さん皇軍の力なしには我々が権利を奪うことは不可能だったでしょう」と発言。
『毛沢東思想万歳(下)』、田中正明著「パール判事の日本無罪論」より。 
中国や自虐史観の左翼学者たちは満州事変、支那事変を一貫した侵略行為と断じ通称15年戦争と称しているが上述の如く両者は塘沽協定で分断された別な戦争である。

訂正 402最初の方の行 中国共産党は、大会直後の8月1日 ←昭和10年7月の第7回コミンテルン大会



405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 23:50:37 ID:UFSQeVTh0
日台印同盟を早急に

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 23:51:40 ID:WfDCoEvw0
>>391
>認めてないんですが? なにせ占領中&戦争中です。
後に認めてるだろうが。
>?? 局外中立はそれこそ有史以来存在するある戦争への国家の関与の態度のひとつですが〜
何を言いたいのかさっぱり、明確に言ってもらわないとわからない
>>392
>戦争中で国交断絶状態で一々言ってくるはず無いでしょうが。この場合沈黙は不同意なんだよ。
実質的には同じようなもんでしょう。
>つまり独立運動や独立戦争は、宗主国への侵略だと言うのかな? 〜
言いたい事はわかるがそれなら最初から戦争をしてちゃんと力ずくで奪還しろと、そういうことなんじゃないんですかね当時では。
あなたの言いたい事はわかるけどね。
>侵略であった事は明白。 402+403参照
>>394
>予防的自衛が認められるのは弱小国に限るべき。〜世界3位の海軍(陸軍も10位以内にはいるだろう)を備え〜
そんなん言うても当時は戦争の嵐、ソ連の脅威とか色々あったし戦争せざるおえないですよ
それに飢え死にとか1923年の関東大震災1929年の世界大恐慌以来の不景気で失業者があふれてた理由もある
戦わないと死んじゃう状況ってあると思いますよ。








407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 23:55:56 ID:UFSQeVTh0
憲法を改正し日台印同盟を組むのだ
それしか日本は中国の侵略から逃れられない

現実問題として中国が沖縄に襲ってきた場合
日本だけではどうしようもできないのが現状だ
で、米国頼みとなるが
その時の大統領がヒラリークリントンならば
おそらく米国は日本を支援しない
最近の日本非難決議などを見ればわかるだろう


408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 00:01:22 ID:na/9o1l60
>>407
インドとの同盟は少し考えろ
悪くすれば、パキスタンを敵に回してしまう
イギリスみたいな二枚舌外交ができれば、問題ないのだが・・・

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 00:03:24 ID:UFSQeVTh0
>>408
もはやそれどころでもないのだがなあ



アメリカ国防総省の元高官2人が、リアルに予想して描いた小説では、日本はアメリカに見捨てられるそうです。
いかにもありそうなシナリオで、現実味がありそうです。

前スレの116で引用されていたページがこちら↓。

国家安全保障を考える(第25回)[古森 義久氏]/SAFETY JAPAN [コラム]/日経BP社
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/column/i/25/
>第25回
>「日中戦争」は北京オリンピックの1年後
>―― 米専門家が描く悪夢のシナリオ
> 「中国が日本にミサイルを撃ち込み、尖閣諸島への攻撃を開始した。米国の新大統領は
>日米安保条約の発動を拒み、日本を支援しないと言明した。2009年7月のことだ――」。

(後略)


410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 00:48:01 ID:Y69UKgU40
>>406
>後に認めてるだろうが
時系列をごちゃまぜにするんじゃない。1915年の21ヶ条要求時点では、認めてない。

>実質的には同じようなもんでしょう。
同意と不同意が同じ様なものだって? 日本語をどこまでゆがめれば気が済む?

>それなら最初から戦争をして
義和団の乱ではちゃんと宣戦布告したのに、清朝の侵略だとか言ってなかった?
独立闘争の形は様々。堂々たる戦争に打って出るのもありなら、ガンジーのような
非暴力主義もあり。ゲリラ戦も、嫌がらせで追い出そうとするのもあり。

>
グダグダ書いてるけど、中国側に敵対する形で軍隊が駐留している時点で、それは侵略。
中国はアヘン戦争以来、列強に侵略された状態にある。日本もその一員。
毛沢東発言? 皮肉も理解できないのかね君は。日本語能力に問題があるな。

>ソ連の脅威
幻想と言うより、陸軍が予算を得るための誇大広告だろ。
ソ連とは1925年に日ソ基本条約を結んだ際に、互いの権利領域を認め合った
日露協約を継承する事で同意してる。
むしろ、満州事変で満州北部のソ連利権を奪ったりするから日ソ関係が緊張し、
本来なら日本は無関係な満州(中国)モンゴル国境問題に関わる羽目になって、
ノモンハン事件が起きる。それも日ソ中立条約でソ連は北満州の利権を事実上
放棄する。
ソ連は弱い相手で無いと口先以上の事はやらんよ。2次大戦だって、日本が
ボロボロになってから参戦している。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 02:21:13 ID:eLBhsQyL0
>>402-405
長文コピペだが、偏りすぎて突っ込み所が多いな。

・「抗日一致」が成立したのが、日本の華北分離工作による反日気運が基になった部分が省略。

・廬溝橋の共産党謀略説の根拠は曖昧。

・通州事件の前に、日本側が華北で占領行為を行っている。事件を起こしたのは日本の傀儡の保安隊。

・漁夫の利を得た毛沢東が日本を褒めたのは、×日本の行動が正しい、○蒋介石と潰しあった事への皮肉。

・満州〜日中は別の戦争と言ってもいいが、厳密には終戦じゃなくて停戦。停戦中の事件なら中東や朝鮮でも多々ある。


412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 03:23:42 ID:owBVEmvB0
自慰史観

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 07:44:02 ID:NmyQrNRo0
>>402
>数年後に権益が認められるようになったんだから同じでしょ
どこの店でもいい、数年後に払うんだから買ったのと同じでしょ
といって物を持ち出すことに成功したら認めてあげてもいいよ。

>中国共産党は(以下略)
非合理的な説明ありがとう。
つまり満州事変は合理的理由をもつものではなかったって仰っているのですね。

>何を言いたいのかさっぱり、明確に言ってもらわないとわからない
いやほんとにわからんのだが。
中国が古来よりある国家の態度のうち局外中立を選択するのは主権のうちで、
それを自己都合で侵そうとするのは主権侵害=侵略とすらいっていいといってるのに、
戦争ダメとか脳内サヨクに直結するのは結局あなたの思考方法が彼らと同じだということだね。
だいたい当時の奴らが戦争絶対反対という理由で中立を保っていたなどとどこに書いてある?

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 14:45:48 ID:dUvHDVfY0
何この反日連携・・

民主・共産・社民、従軍慰安婦問題の解決を促す決起集会開催 02/05/31
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1022946553/
【国連】北朝鮮「日本は慰安婦を20万人拉致」→日本「裏付けない数使うな」 国連で応酬 03/10/19
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1066517725/
【国連】北朝鮮「日本が常任理事国目指すとは人類に対する挑戦」 慰安婦問題に絡めて主張 05/10/14
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1129218858/
【日朝】朝鮮労働党幹部、「強制労働840万人、虐殺100万人、従軍慰安婦20万人」 日本は別途補償を 06/04/04
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1144161932/
「慰安婦に日本の謝罪と金銭を」 民主・共産・社民、法案提出へ 06/03/20
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142783196/
米下院、従軍慰安婦決議案上程へ−日本政府は13歳の幼い少女も拉致 06/05/24
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1148612988/
米下院、「日本、若い女性を誘拐し性的苦役に」 慰安婦問題で日本に責任認知など要求決議 06/09/14
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1158232856/
【日韓独】「日本軍が慰安婦20万人を強制連行」とする本がドイツで出版される。西野瑠美子さんらも執筆 06/11/30
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164944055/
【慰安婦問題】米下院で証言した李容洙さん、国会議員(民主・共産・社民)らと一緒に外務省を訪問 07/02/26
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1172485213/
国会議員(民主・共産・社民)と市民団体ら、「慰安婦」解決促進法早期制定を 07/03/03
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1172905917/
民主党議員が、首相に謝罪させようとしている映像がネットで話題に 07/03/06
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1173122297/
「戦争責任ある日本の首相が…」「河野談話見直すな」…市民団体・国会議員(民主・共産・社民)ら抗議 07/03/07
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1173321912/
北朝鮮「日朝協議が不調に終わったのは、安倍が従軍慰安婦を認めず日本軍の過去犯罪を清算しないから」 07/03/09
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1173441096/

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 15:55:54 ID:owBVEmvB0
靖国糞史観

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 16:23:59 ID:+ENYRZ+j0
>>410
>同意と不同意が同じ様なものだって? 日本語をどこまでゆがめれば気が済む?
同意も不同意も、実質的には同じだろー? 日本軍が占領してるんだからさ? 形ばっか拘るなぁ
>ゲリラ戦も、嫌がらせで追い出そうとするのもあり。
合理的に得た権益を、そういう風にして追い出そうとするのは一種の手段だけど不当
イラクで米軍がテロされるのと一緒、あれはまだテロ集団だからいいが、
それなら軍にだけ反日すればいい、日本の民間人までにテロしたりするのは不当
>毛沢東発言? 皮肉も理解できないのかね君は。日本語能力に問題があるな。
だから404に書いてあるだろうが、【共産軍はソ連、国民政府軍は当初ドイツ、三国同盟後はアメリカからの援助を受け、更に言うなら同じ国民政府軍から分裂した汪兆銘軍は日本軍の支援を受け言わば「王・蒋・毛」内戦に夫々荷担する
「日・米・ソ」の代理戦争になって行ったとも言える。
従って支那事変(日中戦争)は明らかに中国の内戦に絡んだテロからの自衛に始まり、共産軍の謀略が功を奏し日本が意に反して深みにはまり抜けられなくなってしまったのだ。
このこと〜 】と、長いけどね、ちゃんと全部読まないといけないよ。
>満州事変で満州北部のソ連利権
内閣(第2次若槻内閣)の不拡大方針を無視して日本の権益のない北満州まで侵攻し全満州を占領した。背景は中国の民族運動が高まり紛争が頻発し
外交交渉では埒が明かなかったからであるが関東軍の独走は法治国家として全く許せない行為であるのは事実。
だから共産軍の謀略とか書いてあるじゃーないか、文を理解できていないのは君だ。
>>411
同じような内容なので↑参照。
>>413
>どこの店でもいい、数年後に払うんだから買ったのと同じでしょ
俺は明確な年をさしてここで認められたなんて一言も言っていない
君達が勝手にぐたぐたと細かい事を言い始めただけ、何から何まで細かく年号も記さないと理解ができないのか
>つまり満州事変は合理的理由をもつものではなかったって仰っているのですね。
はっきし言う、お前は、馬鹿だ。 共産軍の謀略だとか上に書いてあるだろうが。
>それを自己都合で侵そうとするのは主権侵害=侵略とすらいっていいといってるのに、
>戦争ダメとか脳内サヨクに直結するのは〜
誰がいつ戦争ダメって言った? 君の質問はね、全く文章を理解してない輩が言いそうなセリフというか、そのものだ。

410〜413含めて質問内容というか反論内容というか馬鹿すぎる、文章ちゃんと読んでからレスしろよ
毎回毎回くだらない質問ばっかり飽き飽きしてくるわ、そして毎回毎回それにレスしなくちゃいけない人のみにもなってくれや
日本語を理解できてないのは君達、事細かに何から何まで年号まで記して言わないと理解できないのか
日本人なら会話でも省略をしてよく喋るんだが(主語とかな)、もしや朝鮮人か?中国人か?
こうも何度もくだらない内容ばっかりで反論レスきたらアホらしくてこっちとしてはやってられんのよ、工作員とかだったらどっか消えてくれや。


417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 16:30:27 ID:owBVEmvB0
本来、日本の糞中国侵略は自体が諸悪の根源

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 16:36:50 ID:2iZGQmbZ0
>>416
長文には長文の反論もたまには大切ですから、読みながら
知識を吸収しているROM専もいますので非常に為になっています。
徹底的に論破して下さい。

共産主義者は結論ありきで、人間の本性を結論に合わせるのが
正しいと考えていますから、いつまでたっても議論がかみ合わない
のでしょうね。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 21:18:55 ID:NmyQrNRo0
>>416
>はっきし言う、お前は、馬鹿だ。 共産軍の謀略だとか上に書いてあるだろうが。
はっきし言う、お前は、馬鹿だ。 共産軍の謀略だとか上に書いてあるからだろうが。
一番最初の八・一救国宣言ですら1932年の満州事変が起こった”後”の1935年の話で、
張学良への攻撃=満州事変を起こす理由にならん。

ID:+ENYRZ+j0よ、質問内容というか反論内容というか馬鹿すぎる、文章ちゃんと読んでからレスしろよ
毎回毎回くだらない質問ばっかり飽き飽きしてくるわ、そして毎回毎回それにレスしなくちゃいけない人のみにもなってくれや
日本語を理解できてないのは君達、事細かに何から何まで年号まで記して言わないと理解できないのか
日本人なら会話でも省略をしてよく喋るんだが(主語とかな)、もしや朝鮮人か?中国人か?

Q:誰がいつ戦争ダメって言った?
A:お前
>>388
>ドイツが認めたんだから何ら問題ないだろ、中立中立って当時の世界の常識を分かってていってるのか?
>今みたい(少なくとも日本は表で)に平和で平等とか戦争は絶対ダメ!とかいうような平和な世界でもなかったんだよ
誰が中国の中立の理由が戦争がダメっていいだしたかっていえばお前でしかない。
というかお前以外の誰もそんなことはいってねえ。
君の質問はね、全く文章を理解してない輩が言いそうなセリフというか、そのものだ。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 21:21:29 ID:NmyQrNRo0
>>416
>同意も不同意も、実質的には同じだろー? 日本軍が占領してるんだからさ? 形ばっか拘るなぁ
君は占領と領有の区別をつけてから出直してきなさい。
まずもって両者は性格からして実質的に違うんだよ。
占領しただけじゃ権益とは認めてもらえないのは国際常識だっつうの。
当たり前だがドイツが盛り返して占領地を手放さざるをえない事態だってないわけじゃないのに。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 21:59:27 ID:eLBhsQyL0
>>418
>質問内容というか反論内容というか馬鹿すぎる、文章ちゃんと読んでからレスしろよ

君がな。あまりに馬鹿すぎる。 ↓西安事件は満州事変の後だろw >>402

>>それがなぜ張学良軍閥の打倒につながるのか、合理的な説明を。
>中国共産党は、大会直後の8月1日に「八・一救国宣言」を発表し、中国全国民に対して、国共合作して「抗日救国国民戦線」を結成し、対日戦争を遂行しようと呼びかけた。
>この宣言以来、日本人に対するテロ事件が再発し、一旦改善された日中間の信頼関係が崩れて、日中関係が再び緊迫した。これを決定的にしたのが、「西安事件」である。

それと西安事件前の華北分離工作も、条約違反だぞ。
苦しんでいる現地人の独立を支援した、という理由でもな。

相手側の行動だけを憶測ぐるみであげつらうなよ。
長文コピペもいいが、内容を公平・まともにしてこい。


422 :421:2007/03/27(火) 22:14:18 ID:eLBhsQyL0
×>>418
>>416

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 23:24:07 ID:NmyQrNRo0
ま、いうまでもなく過去の日本はすべて悪かったというサヨと
過去の日本はすべて正しかったというウヨは方角が違うだけの同種の生き物で
こいつらのコピペ長文はなんら勉強にならないのは実証済みの事項だと思われ

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 23:48:28 ID:+ENYRZ+j0
>>419
>張学良への攻撃=満州事変を起こす理由にならん。
【内閣(第2次若槻内閣)の不拡大方針を無視して日本の権益のない北満州まで侵攻し全満州を占領した。
背景は中国の民族運動が高まり紛争が頻発し外交交渉では埒が明かなかったからであるが関東軍の独走は法治国家として全く許せない行為であるのは事実。】 と416に書いてあるじゃないかw
それ以外にも反日ゲリラ活動・反日侮日活動などなど、この内容は先週どっかでレスしたはずだな
>>今みたい(少なくとも日本は表で)に平和で平等とか戦争は絶対ダメ!とかいうような平和な世界でもなかったんだよ
・・・おいおい・・マジでお前日本人じゃないよな? 【平和で平等で、戦争は絶対ダメというような平和な世界じゃなかった】と書いてあるよな
【戦争しちゃダメなんて一言も、どこに〜も、書いてないし】、普通の日本人ならこんな誤った解釈はしないはずだが? マジで工作員か? それとも在日?
>>420
>占領しただけじゃ権益とは認めてもらえないのは国際常識だっつうの
だから形にばっかり拘るなって言ってる側からこれか、認められているも認められてないも実際は同じようなもんだろう(後に認められたが)
占領してんだから変わらないんだよ、アホか、いや、日本語をちゃんと勉強しろ
>>421
>君がな。あまりに馬鹿すぎる。 ↓西安事件は満州事変の後だろw
いきなり満州事変に話が飛びやがったよ・・・410〜413の内容がくだらなすぎるって書いてあるのに読めないのかお前さんはw
>苦しんでいる現地人の独立を支援した、という理由でもな。
419の方で書いてあるじゃん自分で、何同じ事を何回も言ってるんだアンタはw

反論したいのは分かるけどね、まず日本語100%マスターしてからおいで、そうじゃないと話にならないから
戦争しちゃダメとかあんなすごい解釈してるんじゃまともに日本人と議論することはできんよ、出直して来い、
いちいちアホみたいな質問にレスする俺は疲れるからさ、反論以前に日本語覚えろと、ということだ、出直して来い。


425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 23:57:02 ID:ky0ORf+m0
まあ、在日米軍がムカツクからといって、日本に住んでいる民間アメリカ人を襲うのはどう考えてもテロだよな。
普通の人間の感覚からすれば。
左の人たちにしてみれば、それは正しい行為なのかも知れないが。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 23:57:09 ID:42vp2zag0
>>424
あなたの苛立ちは良く分かる。内容も良く見ない奴に、意味不明な日本語で反論されたら
苛立つ罠wwww

みんな、当時を「平和な現代日本」の価値観で見すぎなんだよね。今の日本に匪賊や軍閥
がいて一般市民から略奪したり重税を取り立てたりしているわけではないからね。
今の日本は昭和恐慌の大不況の中で失業者があふれかえっているわけでもないし、経済
ブロック化で貿易が縮小しているわけでもないし。

トヨタ自動車の快進撃を見ながらキーボード打ってる奴には緊張感などないわな。
俺もだけどwww


427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 00:05:24 ID:FOk7qCgQ0
>>423
達観だよ


428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 00:12:18 ID:rW8iLSBZ0
>>411
通州事件についてどの程度知っているのか分からないから非常に気になったのだが、

「・通州事件の前に、日本側が華北で占領行為を行っている。事件を起こしたのは日本の傀儡の保安隊。」

保安隊は防共自治政府の保安隊であって、日本軍の傀儡ではない。日本軍と連携を取っていたが、日本軍
は保安隊に対して指揮権は持っていなかった。そして決め事は交渉によって決められた。

には第一総隊と第二総隊があって、どちらの隊長も29軍の宋哲元と通じていた。つまり、国民党と
ひそかに連絡を取っていたのだね(2人とも通州事件後、便衣に着替えて逃げ出し、結局終戦後まで生き延び
天寿を全うしやがった)。誤爆が引き金だったのだろうが、もともとこいつらは日本に牙を剥く機会を窺って
いたのさ。






429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 00:13:34 ID:rW8iLSBZ0
>>423
そう決め付けるあんたは、一生無知蒙昧なままだろう。



430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 00:34:46 ID:rW8iLSBZ0
398 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03/28(水) 00:29:51 ID:rW8iLSBZ0
>>396
我々日本人は、もう一度東條英機の遺書を読み返す必要があるね。

よくよく読んでみると、小林よしのりが糞左翼や親米ポチに噛み付く理由も分かってくる。
小林は、戦前の日本人の魂を受け継ぐ正しい民族主義者なんだな。

実は、安倍さんも小林に合い通じるものがあるのでは?と密かに思っている。
マスコミでも政界でも反安倍の動きがキナ臭く、実に不愉快だ。

我々は、安倍総理の実力と実績をしっかり評価し、腐れ民主党に主導権を渡さないよう
しっかりせねば。民主党=社民党=朝鮮寄りなんだぜ。日本を売る気か!!



431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 00:45:48 ID:Ampr4CRj0
>>424
>410〜413の内容がくだらなすぎるって書いてあるのに読めないのかお前さんはw

その前の長文コピペの受け答えが変な事を指摘したんだろ
早く気付けよw
気付かないふりか?


432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 00:59:39 ID:bnb3Q+hS0
>>428
>もともとこいつらは日本に牙を剥く機会を窺っていたのさ。

そうかね?
通州事件で、以前から反日計画で動いてたというのは、説得力に乏しい。

「張慶餘は、回想記のなかで久しく以前から抗日を決意し、冀察幹部と通謀して反乱の
機会を狙っていたと主張するが、二十七日早朝の戦闘で傳営と共に戦う機会を見送っ
ている点からみても、説得力は乏しい。むしろ保身に徹するか、勝ち馬に乗ろうとして
形勢を観望していたと思われる」 

秦郁彦氏「盧溝橋事件の研究」


433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 01:09:29 ID:FtyESGGY0
>>416
>日本軍が占領してるんだからさ? 形ばっか拘るなぁ
おいおい、占領さえすれば領有権確定か?
韓国(竹島)やロシア(北方4島)は大喜びだな。

>合理的に得た権益を、そういう風にして追い出そうとするのは一種の手段だけど不当
大抵の植民地独立運動はそこから始まっているが、それを否定するのかな?

>それなら軍にだけ反日すればいい、日本の民間人までにテロしたりするのは不当
自国に敵対的な軍の後押しで自国に入り込んでいる民間人は軍と無関係な
民間人とは言えないよ。

>「日・米・ソ」の代理戦争になって行ったとも言える。
それは結果論。加えて、汪兆銘軍は軍と呼べるレベルの戦力も独自の指揮系統も
備えていない。戦ったのは日本軍(これは満州国軍も同じ)。代理にもなってない。

>従って〜
全然論旨がつながってないぞ。

>法治国家として全く許せない行為であるのは事実。
それを追認するのも、法治国家としてはどうかという行動だよね。

>共産軍の謀略
全く的外れだぞ。共産軍はそこまで万能か? 確かに状況を利用し、それが
当たったのは事実だが、その状況を作り出し、自分から泥沼に突き進んで
行ったのは日本の選択であり、その責任は日本にある。

434 :訂正:2007/03/28(水) 01:11:56 ID:FVO8ZGku0
●日本側要因● 1満州事変 2華北分離工作 5廬溝橋停戦日に大軍派兵発表 7北京占領 10追撃戦(南京〜重慶)

*パリ不戦条約、九カ国条約軽視*

●中国側要因● 3西安事件 6廬溝橋停戦後の散発的攻撃 9上海租界攻撃

*廬溝橋停戦協定、上海停戦協定軽視*

●偶発か謀略か真相不明● 4廬溝橋事件

●日本の傀儡所属による寝返り事件● 8通州事件

●前段階 0張軍閥→日本権益侵害・日本→張作霖殺害等のトラブル 中国→ベルサイユ条約調印拒否・反日デモ等


435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 01:12:57 ID:FVO8ZGku0
日本絶対悪・日本が満州から中国全土への侵略を開始したというサヨも
相手絶対悪・西安、上海とか相手の行動ばかり取り上げ全責任を押しつけるウヨも
論者ではなくアジテーター

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 07:47:42 ID:AV5w7hHv0
>>424
>と416に書いてあるじゃないかw
と416になってようやく出てきた理由じゃないか。
つかそれすらまともにかかってるのは”それ以外にも〜”の部分だけ。
しかも張学良への攻撃を合理的に説明してくださいといったなら
それこそがメインの理由でむしろ君が出してきた共産がらみはまったく無関係。
先週やったというならまずそれが出てきて、その後ならまああの無関係なコピペを出せば
俺も君が合理的な説明が出来ないなどと判断しないさ。

つか張学良が

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 07:53:56 ID:AV5w7hHv0
>>424
>・・・おいおい・・マジでお前日本人じゃないよな? 【平和で平等で、戦争は絶対ダメというような平和な世界じゃなかった】と書いてあるよな
やれやれ。俺はもともとそんな平和だの平等だのをどうこういってないのに、
否定の形であれ持ち出したのはお前だよといってるのがわからないかな?
ところで当時がそういう世界だと理解しているお前が、
満州の民衆の希望に答えただのアジアの解放だのといってる国が
盲人の国の目明きと同じ道をたどるのは必然だと気づかないのかね?
日本が不当だとしたらその点だな。

つまり君は現在の価値観で当時の日本を正当だといってるだけの話で、
現在の価値観で不当だと言っている連中とやってることはなんもかわらん。
つーか当時ですら否定的な意見があったのは斉藤議員の反軍演説みてもわかるんだが。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 12:40:58 ID:0AofOkEm0
思うのだがどっちが手を出したから悪いとか、それって延々と続くから不毛なんじゃない?
解釈次第でどっちにも転ぶものでしょ。だったら日本は正しかったでいいじゃん。
それによって国益があったかどうかを論じたほうが前向きだね。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 13:08:42 ID:MPW/PCKo0
>>438
まともな人はどちらにも原因があるって気付いてるだろ。
善悪論で不毛な水掛け論をやってるのがアホなウヨサヨなだけ。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 13:23:02 ID:w390n03G0
ウヨって日本を悪者にしたくないから、わざと灰色の評価にしているんじゃねーの?
ウヨの主張っていじめられる側も悪いとか言っているようなものだよ。
日本が悪に決まっているじゃん。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 13:26:16 ID:w390n03G0
ウヨって日本を悪者にしたくないものだから、
善悪の区別がつけない灰色にしているとしか思えない。
評価を灰色にすれば日本が正義になる事はないが、悪になる事は避けられるからな。

普通に戦中日本は悪だろ。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 13:47:00 ID:MPW/PCKo0
>>441
正義の国ってどこ?
中国勢力も含め、ならず者の抗争と大差ないが。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 14:25:17 ID:gH5gsG6k0
>>431
はぁ、俺は質問されているものについては全て、答えたはずだけど?
いきなり話が満州事変に飛んでること自体がおかしいわけでw
>>433
お前はね、、だから日本語を覚えて来いと言ってるのがわからないのか?
>おいおい、占領さえすれば領有権確定か?
確定とか言ってねーーーーーーーーーーー、実際占領してるんだから同じだろって言ってるんだろうがお前の脳みそは豆腐か?
>大抵の植民地独立運動はそこから始まっているが、それを否定するのかな?
ほう、大抵がそうなのか、そうなら是非俺に色々な例を出してほしいねぃ
>民間人は軍と無関係な民間人とは言えないよ。
気持ちの面ではな、でも民間人はあくまでも民間人、それにテロするのは不当だ、お前はものの考えた方までおかしい
>それは結果論。〜戦ったのは日本軍 
【「王・蒋・毛」内戦に夫々荷担する「日・米・ソ」の代理戦争になって行ったとも言える。 】と書いてあるんだが。
戦ったのは日本軍? だから汪兆銘軍は日本軍の支援を受け〜って416に書いてあるじゃねーかよーーーーーーーーー
>その状況を作り出し、自分から泥沼に突き進んで行ったのは日本の選択であり〜
だから中国のテロからの自衛に始まりって書いてあるだろうが、どこまでお前は盲目なんだ?
民間人がテロされたり死人でるかもしれないんだっていうか死人でるわな、
そこで本国の日本が黙って自国民が殺されるのを呆然と眺めていろと? とんだ冷酷な奴だなお前は
>>436
>共産がらみはまったく無関係 日本軍が何でそういう経緯に至ったか色々書いてきたはずだが? 馬鹿はもういい、疲れるんだってば

続く



444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 14:39:15 ID:MPW/PCKo0
>>443
君の日本語能力の方がかなりおかしいが。

>>>石原らの謀略も背景に過激な排日活動があったからこそ成立したのだ。 ←君
>>それがなぜ張学良軍閥の打倒につながるのか、合理的な説明を。
>中国共産党は、大会直後の8月1日に「八・一救国宣言」を発表 ←君

自分で満州事変の話をしておいて、疑問を呈されると勝手に西安事件に飛ばすしw

>>毛沢東発言? 皮肉も理解できないのかね君は。
>〜「日・米・ソ」の代理戦争になって行ったとも言える。  ←君

全然反論になってないし。要するに皮肉そのものだろ。蒋とつぶし合った。

>馬鹿はもういい、疲れるんだってば

君みたいに日本語能力低いと疲れるだろw




445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 14:44:51 ID:gH5gsG6k0
426サン、俺こいつの相手するの疲れちゃったよ・・・・w
日本語がまともに理解できてないのに反論してくるんだもん、すんげー困るんだけどw

>>437
>やれやれ。俺はもともとそんな平和だの平等だのをどうこういってないのに、
>否定の形であれ持ち出したのはお前だよといってるのがわからないかな?
388から抜粋 【今みたい(少なくとも日本は表で)に平和で平等とか戦争は絶対ダメ!とかいうような平和な世界でもなかったんだよ】
平和な世界じゃなった、平等な世界でもなかった、戦争してはいけないという世界ではなかった と書いてあるわな
>ところで当時がそういう世界だと理解しているお前が
そういう世界ではなかったと書いてあるよな? お前ね、馬鹿も休み休み言ってくれ
いや、馬鹿というか日本語が理解できてないくせにまともに日本人と議論できると思ってるんのかお前は?
疲れるんだよ、まともに日本語理解できてねー奴に何回俺は説明しなくちゃいけないわけ?
>満州の民衆の希望に答えただのアジアの解放だのといってる国が
満州の民衆の希望に答えたなんていつ誰が言ったの? レス数示してくれねーかい?
アジアの解放? それはインドネシアなどの首相等が自ら戦後に言ったわけで、
日本が無理やり言わせたのではない、自らが著書や公の場で声明などをして当事者等が認めているのだから、
これは覆しようが無い事実である。もう一度言うが日本がアジアを解放したのだと言ったのではない。

わかったら、さっさと日本語の勉強でもしてこいドアホが
まともに日本語が分からない奴がグダグダ言ってないで余計な時間使わせるんじゃねーよ
日本語できないなら、日本人と議論するな、当たり前だろ? 
こっちは意味不明な解釈されて毎回疲れるだけなんだよ、まともに議論じゃねーよこれw日本語勉強講座ですかw
俺の言ってることが分かるよな? 日本語マスターしてから来い、以上だ。







446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 14:50:09 ID:gH5gsG6k0
もういい、面倒だ、全部また書くわ
満州における日本の権益はロシアが合法的に持っていた権益を日露戦争の結果日本が合法的に得たものです。
合法的と言っても実は強者の論理であることは事実ですが少なくとも当時の世界の常識・国際法はそれを許したのです。
日本が手を拱いていればいずれは自分がやられる。やられる前にやろうということで闘った日露戦争に知力と体力の限りを尽くして勝って得られた権益です。
一方ナショナリズムに目覚めた中国では第1次世界大戦が終結し、1919年パリ講和会議(ベルサイユ条約)での戦勝国日本への山東省譲渡及び日本の二十一か条要求に反対する北京の大学生約3000人が5月4日行った
激しいデモ行進(五・四運動)をきっかけに反日運動が高まり、日本に対するゲリラ活動・反日侮日活動・日本商品ボイコット・国産品推奨を盛んに行うようになった。運動は拡大の一途をたどり、反日運動に留まらず、
反軍閥政府・旧中国の文化伝統の批判等と内容はより広範囲になっていった。6月には、大統領の徐世昌は親日派要人を罷免し、ベルサイユ条約の調印を拒否する事になった。
抵抗は約一年にわたって続き、民衆の力を見た孫文は、中華革命党の再編の必要性を感じ、10月、中華革命党を中国国民党に改称した。五・四運動はまた後の労働運動、1921年の中国共産党結成などに大きな影響を与えた。
蒋介石軍、共産軍、張学良などに代表される諸軍閥入り乱れての主導権争いの最中にも反日ゲリラ活動は激しくなった。主として共産党の謀略だった。
孫文の後継者蒋介石は勿論西欧・日本などの列強からの独立を目指すが一方に共産軍・軍閥との争いも抱えることになり、まずは日本との早急講和を行い、中国統一の方に力を入れたかった。
もともと蒋介石は親日的であり中国の近代化には日本の協力が必要との認識を持っていた。
他方日本から見れば反日活動に伴う日本人虐殺事件が跡を絶たなかった。
昭和2年「(第1次)南京事件」、3年「済南事件」、6年「中村大尉殺害事件」、「万宝山事件」などが次々と頻発し「暴支膺懲」の世論が沸騰した。
ロシアとの間も絶えず紛争があった。そういう経緯の中、所謂 柳条湖事件で昭和6年9月18日奉天郊外の柳条湖で満鉄の線路が爆破され、関東軍はこれを中国軍の仕業として直ちに満鉄沿線都市を占領したが、
実際は関東軍が自ら爆破したものだった。そして内閣(第2次若槻内閣)の不拡大方針を無視して日本の権益のない北満州まで侵攻し全満州を占領した。
背景は中国の民族運動が高まり紛争が頻発し外交交渉では埒が明かなかったからであるが関東軍の独走は法治国家として全く許せない行為であるのは事実。
柳条湖事件謀略の中心となった石原莞爾らには1923年の関東大震災、1929年の世界大恐慌以来の不景気で日本全体で失業者が巷に溢れ、
彼等の出身地である農村もどん底の生活を強いられる状況を満州の新天地をより拡大して打開しようという目論みもあったのは事実だろう。
尤も不景気は満州にも影響を与えていたようだが。
またもともと親中派であった石原は辛亥革命には諸手を上げて喜んだが、その後の中国内の軍閥内戦抗争には全く失望し、支那人の政治能力に疑問を持ち、彼らには近代的国家建設は不可能と考えた。
それならば、日本の満蒙占領により、日本の存続と支那の安定をはかり、支那人もそれによって幸福になるはずだと、領有論を主張した。しかし満州事変の推移とともに、石原は満蒙独立論に転じてゆく。
これがやがて昭和7年3月満州国建国、昭和8年3月国際連盟脱退などに繋がった。
昭和8年5月中国 国民政府との間で塘沽停戦協定を結び,満州事変を終わらせた。
蒋介石は中国共産党の掃討を優先させて日本との対決を避け,満州国を黙認した。
そもそも孫文は満州を領土にするつもりは全く無かったし、歴史上満州が漢民族に支配されたことはそれまで一度もなく、
日露戦争以前は清朝の役人が満州に入るにはロシアからヴィザを発給して貰ったぐらいなので国民政府側の満州に対するこだわりも少なかったのであろう。


447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 14:50:37 ID:MPW/PCKo0
>>>石原らの謀略も背景に過激な排日活動があったからこそ成立したのだ。 ←日本語マスター、満州事変持ち出す
>>それがなぜ張学良軍閥の打倒につながるのか、合理的な説明を。 ←マスターへの疑問
>中国共産党は、大会直後の8月1日に「八・一救国宣言」を発表 ←日本語マスター、西安事件方面に話題変更

自分で振った話題ぐらい、まともに答えろよマスターwwwwww
長文コピペは偏ってるし、反論も変だし。


448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 14:53:27 ID:gH5gsG6k0
リットン調査団報告も柳条湖事件は正当化できないが日本の権益は守られるべきと報告。満州国の独立は認めがたいが中国の中の自治領として日本人を中心とする外国人顧問団を置けと言ってるくらい。
石原らの謀略も背景に過激な排日活動があったからこそ成立したのだ。
従って満州事変は正当に得た日本の権益をナショナリズムに目覚めた中国側に侵害されたことに対する自衛行為から起きたものである。関東軍の独走という非もあるのは事実だが日本の一方的侵略と非難される謂れは無い。
これから数年間は曲がりなりにもある程度の平和は保たれた。
国際連盟脱退2ヵ月後の8年5月に塘活協定が締結されると、日中関係は逐次改善され、中国から駐日大使が着任し、翌9年12月になると北支と満州間の交通、通信、郵便も復活した程である。
ところが再び日中関係が悪化したのは、昭和11年頃からである。
背景には、昭和8年12月の米ソ国交回復と、世界中の共産党の当面の敵をドイツと日本とし、それ以外の勢力と提携して、
日独打倒に専念する方針を確立した昭和10年7月の第7回コミンテルン大会がある。この方針により毛沢東軍は国共合作と日本軍との全面戦争を画策するよう指示をされた。
狙いは日本軍の力を借りて国民政府軍を弱体化し、共産党による中国統一を行うことである。
中国共産党は、大会直後の8月1日に「八・一救国宣言」を発表し、中国全国民に対して、国共合作して「抗日救国国民戦線」を結成し、対日戦争を遂行しようと呼びかけた。
この宣言以来、日本人に対するテロ事件が再発し、一旦改善された日中間の信頼関係が崩れて、日中関係が再び緊迫した。これを決定的にしたのが、「西安事件」である。
昭和11年中国共産党軍は、蒋介石軍に敗れて、大西遷のすえ延安へたどり着いた。中国共産党撃滅の好機と判断した蒋介石は延安攻撃を計画し、11月に張学良等を督戦するため自ら西安に飛んだが、
逆に12月12日張学良等に逮捕換金され掃共戦の中止と国共提携を強要された。蒋介石が殺されなかったのは駆けつけた周恩来や葉剣英らの天下に号令できる実力者は彼をおいて居ないという判断による。
スターリンも「蒋を殺すな」と共産党に打電している。
米国とソ連がこの「第二次国共合作」を後援した。そして、翌12年になると一層対日テロが頻発し、日中関係は極度に緊迫した。蒋介石も対日方針を変えざるを得なくなった。
一触即発の情勢の中で、起きたのが昭和12年の「盧溝橋事件」です。
昭和12年7月7日夜10時40分頃北京郊外の盧溝橋で演習中の日本軍(約130名)が何者かの不法発砲を受けたが3回射撃されても応射せず翌朝5時30分4回目の一斉射撃で始めて反撃した。
この時の日本軍は演習用の空砲のほかに万一に備えて各自30発しか実包は携帯していなかった。
この北京に駐屯していた日本軍(この時約4000人,6000人説もあり)は北清事変・義和団事件(1900年)後に他の列強諸国と同様中国と結んだ北京条約による在留邦人保護の為の軍隊で合法的駐留であった。
このとき北京方面の支那河北軍(蒋介石軍)は約75000人、つまり日本軍の10倍以上である。    
最初の発砲は日本軍の空砲に驚いた支那兵の発砲という説もあるが大戦終了後になって、コミンテルンの指示により戦線全面拡大により国民政府軍を疲弊させるという方針に
基づく謀略であったことを示す証拠が続出した。今では国民政府軍に紛れこんだ共産軍兵士の第一発であった、あるいは日本軍・国民政府軍両軍に発砲したという説が有力になっている。
その中でも劉少奇説が尤もらしい。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 14:56:07 ID:gH5gsG6k0
いずれにせよ圧倒的な彼我の兵力差、実包は各自30発しか持っていなかった事実からして日本軍の謀略説は全くあり得ないのは明らかだ。
日本国政府や陸軍中央も当初から現地解決・不拡大方針だった。現地情勢の緊迫で2度内地3個師団の派兵を命じたがその必要が無いと判明すると2度とも即時中止させた。
その後約2週間小競り合いはあったもののこのまま収束するやに見えたが7月25日郎坊事件、26日広安門事件、29日通州事件(幼児12人を含む在留邦人385人の内223人が虐殺される)が発生、
不拡大方針が困難になって行った。現地軍同士では停戦協定調印寸前であったが蒋介石が強硬方針のラジオ演説を行い現地軍を刺激し北京を撤退しようとした支那軍に蒋介石から協定は実施せず北京を死守せよとの命令を受けた。
統一の名を借りて蒋介石軍が華北まで勢力をのばすことを望まず、且つ蒋介石に追い詰められ風前の灯だった共産軍や軍閥が日本軍との停戦を止めさせるべく停戦協定違反を画策したのです。
ここまでは華北での紛争だったが第2次上海事変で事態は急変した。
当然参謀本部では出兵は北支にとどめ、上海・青島には拡大しないよう極力努力していたが、昭和12年8月9日陸戦隊西部派遣隊長大山勇夫海軍中尉と斎藤与蔵一等水兵が上海で
支那保安隊によって射殺される事件が発生した。
第3艦隊司令長官・谷川清中将は、南京政府に対し停戦協定区域内におけ支那軍・同軍事施設の撤去を要求した。
8月10日 閣議で海軍大臣・米内光政大将は、上海方面の状況を説明したのち、真相判明を待って対処したいが、
さしあたり陸軍部隊の動員準備を願いたいと発言した。 
石原部長は反対したが杉山陸相はこれを諒承、閣議では現地居留民保護を再確認し陸兵派遣の準備を容認した。
この時期支那軍は第一次上海事変停戦協定(昭和7年)に違反して、既に昭和11年末ころから非武装地帯の要塞化と軍隊配置を行っていたが、
盧溝橋事件後、上海方面の支那軍の集中はますます顕著になった。8月に入ると閘北(ざほく)方では保安隊に儀装した中央軍が連夜演習を行い不安は増大していた。 
8月6日 岡本季正上海総領事は在留居留民に対し租界へ退避するように指示した。
更にこの日上海警備司令 張治中は「徹底的長期抗戦をもって日本軍を殲滅すべく、今や最良の好機である。日本の作戦持久は6ヶ月を越えない」と管区将兵に訓示した。 
当時の上海は共産党の活動拠点地の一つでもあり、集結しつつあった支那軍の動きから考えても、まさに火薬庫の観があった。
8月11日以降 事態は急速に悪化した。支那側は大山事件に対する第3艦隊長官の要求を拒否するどころか、公然と軍隊を上海に増強させ、
租界地周辺に陣地を構築するなど挑発的態度を強化、兵力は計5万にも及んだ。
対する日本海軍陸戦隊は4千に過ぎず、この夜応急警備についた。 
第1次上海事変(昭和7年3月)でも日本軍と激戦を交わした張治中指揮の支那軍は、8月13日 総攻撃を開始。
日本軍陸戦隊は断固応戦するも14日には優勢な支那軍の包囲攻撃を受けるに至った。 
日本政府は居留民保護のため、海軍の要請をいれて陸軍部隊の上海派遣を決定、陸軍は8月14日上海派遣軍を編成した。
8月15日 帝国政府は声明を発表、支那軍の暴挙を膺懲して南京政府の反省を促すのが、今次出兵の目的とされた。
政府は依然不拡大方針で、事変の早期解決に努力すべきであるとした。
同日、蒋介石総統は全国総動員令を下し大本営を設置、自ら陸海軍総司令に就任し全国を4つの戦区に分けて純然たる全面戦争体制をとった。
毛沢東の紅軍も国民革命軍第八路軍(八路軍と呼称)と改称、公表された。
中共はこの日呼応して抗日救国十大綱領を掲げ、いよいよ国共合作の実をあげ中国人民総決起の態勢を整えたのである。
8月23日 第3、第11師団を主力とする第1軍が上海北方に強行上陸、戦闘に加入した。
当時の支那軍は中央軍の精鋭で頑強に抵抗し、かつ兵力を増大し、第3、第11師団は戦闘1ヶ月にもならない段階で非常な損害を被った。
止むを得ず第9、13、101師団などを増加したが、9月中旬には計60万もの支那軍があって日本軍苦戦の状況は変わらなかった。
さらに各部隊にコレラ患者が多発し、砲兵弾薬の不足もあり、死傷者続出して攻撃は停滞した。


450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 14:56:19 ID:0AofOkEm0
>>440
だからね、善悪で語りたいなら日本は善でいいじゃん。
見方によってどっちにも転ぶんなら日本善のほうが良いと思わないですか?

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 14:57:54 ID:gH5gsG6k0
しかし日本軍の奮闘により、支那軍は10月23日ころから退却を始め、また10月20日新たに編成された
第10軍(司令官 柳川平助中将 第6、第18、第114師団、野戦重砲兵第6旅団基幹)が、第4艦隊(豊田副武中将)の護衛の下に
11月4日杭州湾に上陸、上海付近の支那軍の防御は全面的に崩壊した。
11月11日夜、当面の支那軍は退却を開始、上海周辺の残敵掃討の段階に移行するに従って「南京攻略」という意見があがった。
当初中央は南京攻略など考えに入っていなかったが、これを契機に南京攻略派と慎重・不拡大派との主導権争いが始まり結局攻略派が主導権を握った。
ここに至って政府の不拡大方針は有名無実となり全面戦争に突入したと言わざるを得ない。
西安事件以来約1年経過して国共合作も現実になり中国側の反撃も本格化した。
しかしながら毛沢東軍は実に狡猾で色々の仕掛けは実施するが日本軍との直接戦闘はほとんど国民政府軍に任せ将に蒋介石軍を弱体化する目的を果たした。
11月7日中支那方面軍(司令官 松井石根中将)が編成された時点では、その任務は「海軍と協力して敵の戦争意志を挫折せしめ戦局終結の動機を獲得する目的をもって上海付近の敵を掃滅」とされていた。
11月20日軍令によって設置された大本営は、11月24日前進統制線を解除し、無錫−湖州の線を新たな攻勢限界線と指示した。参謀次長多田中将は、戦面の拡大、南京攻略を強く反対したが、
参謀本部内の強い実行論と、現地の第10軍の強い具申により遂に12月1日「海軍と協力し敵国首都南京を攻略すべし」と命令するに至った。
なお直前の11月16日に国民政府は重慶に遷都を宣言していた。
現地第10軍はこの大本営命令に先だって独断にて制限線を突破、南京攻略を準備しており、上海派遣軍と第10軍との進撃競争となった。12月4日 支那軍約10万による南京防衛外郭陣地を突破、
8日から最後の防衛線での支那軍の抵抗を排除しつつ南京城に迫った。12月13日 支那軍は退却を始め、日本軍は1個聯隊を入城させ、南京の完全占領を発表した。当初の作戦計画では、
昭和13年1月中旬から攻略戦が開始される予定であり、予期した4週間も前に南京は陥落したのであった。
首都南京を攻略するにあたっては並行して講和工作を進めるべきであったが、作戦が予想外に進展したため間に合わなかった。
戦略と政略との強調を最も必要とした時機であったのにここで停戦に持ち込めなかった事は、後のトラウトマン工作不成立と併せて一大痛恨事であった
以降は将に泥沼への径を一瀉千里と驀進せざるを得なかった。
また共産軍はソ連、国民政府軍は当初ドイツ、三国同盟後はアメリカからの援助を受け、更に言うなら同じ国民政府軍から分裂した
汪兆銘軍は日本軍の支援を受け言わば「王・蒋・毛」内戦に夫々荷担する「日・米・ソ」の代理戦争になって行ったとも言える。
従って支那事変(日中戦争)は明らかに中国の内戦に絡んだテロからの自衛に始まり、共産軍の謀略が功を奏し日本が意に反して深みにはまり抜けられなくなってしまったのだ。
このことを証明する当事者の明快な発言があります。
昭和39年社会党の佐々木更三委員長が毛沢東主席に「中国国民に多大の損害をもたらして申し訳ない」と挨拶したところ毛沢東は「何も申し訳なく思うことはありませんよ、
日本軍国主義はは中国に大きな利益をもたらしました。中国国民に権利を奪取させてくれたではないですか。皆さん皇軍の力なしには我々が権利を奪うことは不可能だったでしょう」と発言。
『毛沢東思想万歳(下)』、田中正明著「パール判事の日本無罪論」より。 
中国や自虐史観の左翼学者たちは満州事変、支那事変を一貫した侵略行為と断じ通称15年戦争と称しているが上述の如く両者は塘沽協定で分断された別な戦争である。





452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 15:03:21 ID:gH5gsG6k0
>>444
>自分で満州事変の話をしておいて、疑問を呈されると勝手に西安事件に飛ばすしw
おし、お前のために全部1から書いてやった、よーく446-448-489-451を見ろ
>全然反論になってないし。要するに皮肉そのものだろ。蒋とつぶし合った。
だから共産軍の謀略だったて書いただろーが、お前は馬鹿なんだ、自覚しろよ?

てかすげー即レスだな、ずっと張り付いてたんだこの平日にw
ニートかお前は、まぁお前みたいなのがまともに働けるとは俺も思ってないけどなw

日本語が読めないくせにグダグダ言ってるんじゃねーよカスが。



453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 15:08:04 ID:MPW/PCKo0
>>452
自由時間の多い学生なだけだw

共産党謀略説の根拠は未だ曖昧だし
日本側要因(華北分離工作や開戦通告を出して占領行為)は省いてるし

お前こそ日本語に習熟して書き直してこいよw


454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 15:12:53 ID:MPW/PCKo0
ああ、つまり日本の行動が正しかったと言ってるのではなく、
皮肉を皮肉と理解してるって事ね。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 15:25:52 ID:gH5gsG6k0
>>453
>日本側要因(華北分離工作や開戦通告を出して占領行為)は省いてるし
はあー? だから446に内閣(第2次若槻内閣)の不拡大方針を無視して日本の権益のない北満州まで侵攻し全満州を占領した。
背景は中国の民族運動が高まり紛争が頻発し外交交渉では埒が明かなかったからであるが関東軍の独走は法治国家として全く許せない行為であるのは事実。
って書いてあるじゃねーか、お前はホントーーーーーーーーーーーーーーに日本語読めないんだな
開戦通告ー? 1927年昭和2年5月北伐が山東省に迫り、日本軍第一次山東出兵したことー?
開戦通告が一体どうしたんだよw

>>454
>ああ、つまり日本の行動が正しかったと言ってるのではなく、
>皮肉を皮肉と理解してるって事ね。
だから共産軍の謀略だったと何回も書いただろうが。

なぁ、俺が1から全部書いてやったんだからちゃんと読めよ?
毎回同じような質問されると疲れるっていうこと、理解できるよな?
理解できてんなら、ちゃんと文を読んで、日本語を理解して、それから反論しろ、以上だ。





456 :長文コピペ日本語マスター無知決定:2007/03/28(水) 15:29:43 ID:MPW/PCKo0
日本が北京・天津地域を占領する際に、現地の香月司令官が開戦通告を出してるよ。
通州事件の前にな。もちろん第二次上海事変の前。
どちらが先かと言えば、真相不明の廬溝橋に行き着くがな。共産党謀略説も未だ曖昧。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 15:33:06 ID:MPW/PCKo0
長文コピペ日本語マスターは無知ではないな
「相手側の行為」に関してはやけに詳細(憶測も含めて)

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 15:57:03 ID:j9ehjG5Q0
>gH5gsG6k0
君さあ、基本的事実の検証すらしてないだろ。
山東権益の返還も知らなかったし。

>>446からののコピペにしても、自分で検証したか?
事実関係、論理性など問題だらけだぞ。

>法治国家として全く許せない行為であるのは事実。
それを追認した以上、日本としての責任になるんだよ。日本は法治国家として
全く許せない行為をしてしまったんだ。

>歴史上満州が漢民族に支配されたことはそれまで一度もなく、
前漢の楽浪郡があるが。遼東半島はじめ日本の権益地域の多くは
楽浪郡にかかっている。

>塘沽停戦協定を結び,満州事変を終わらせた。
戦闘としての満州事変はそこで終わったが、国家承認もしておらず、満州領有問題は
未解決。停戦は停戦でしかない。

>日本の一方的侵略と非難される謂れは無い。
本来の権益を10倍以上に拡大し、日本権益は守られるべきとしてそれを前提とした
リットン勧告を蹴った以上、権益拡大が目的、すなわち侵略と言われても当然。
しかも武力行使の口実の柳条湖事件は日本の自演だったともなればなおさら。
前段までに述べてる事と結論までの論理的整合性が無い。

中略(もう面倒)

>上述の如く両者は塘沽協定で分断された別な戦争である。
江戸開城協定で戊辰戦争は終わり、会津戦、函館戦は別の戦争だと言ってるようなもの。

自分の言葉で語って無知や穴だらけの論理を晒したんで、コピペを持ってきたんだろうが、
君が頼るだけあって、たいしてレベルは変わらん。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 21:07:57 ID:AV5w7hHv0
>>443
こっちのほうが疲れるわ。
>日本軍が何でそういう経緯に至ったか色々書いてきたはずだが?
テロがどうこう以外はまったく無関係な話はいろいろあったが?
んで君が出してきた満州事変の原因とかいう資料は水増し資料だし。
共産が云々も石原が満州に手をだす判断要因のひとつとして
ソ連は五カ年計画中でその余裕がないと判断したことを知っているとお笑い種だしなあ。

>>445
そういうというのは平和だのが通じない世界とお前が書いたとおりのことなんだが、
それはわざと曲解しているのか?
誤解の余地はほとんどないと思うんだが。
なんでこんな奴が他人の日本語能力にケチをつけるんだか。
まあ大抵他人にケチをつける奴は自分の日本語能力が不足しているのが相場だってことかね?

>一方ナショナリズムに〜
つまり日本の21か条要求が原因だったと明確に理解できたわけだな?
それもなく一方的に中国が条約を違反したとか言ってるのも理解してもらいたいものだ。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 21:09:31 ID:AV5w7hHv0
つかね、21か条要求が出るまでの中国の排外運動の矛先は
ほとんど英国に向いていて日本は華麗にスルーしていたわけだ。
じゃあ誰が中国の排日をあおったかっていえば、他でもない日本自身だったりするんだな。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 21:43:50 ID:FtyESGGY0
>>460
華麗にスルーってのは言いすぎにしろ、最大の権益を有する英が権益回収の
第一目標だった。ところが、日本が余計な事をするから、最大の侵略者から
最新の侵略者にターゲットが切り替わっちゃったんだよね。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 21:49:12 ID:EwVr8eHI0
本当に日本人が自虐史から開放されるのは
もう一度核が落とされてからだろう
少しずつマシになってきているとはいえやっぱり平和ボケは抜けてない

いざ核が落とされたときに反日の人たちも目覚めるだろうか
そんな時でも「やっぱり土下座しとけば良かった」と言うのだろうか


463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 22:02:24 ID:AV5w7hHv0
>>461
いや孫文の例を引くまでもなく中国の立場に同情的で支援を与える人間は
10〜30年代あたりにはことかかなかったし、
日本政府のやることは嫌われていても日本人そのものへの反感は小さかったんだよ。

まあ、ろくでもない朝鮮人が”日本人として”大陸で悪行三昧つくしはじめるとあれだがw
済南事件でも通州でも大抵朝鮮人がらみの事件

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 22:26:22 ID:AV5w7hHv0
>>483
戦艦大和のある士官の言葉
元大和乗組員の著書「戦艦大和の最期」にある言葉
「進歩のない者は決して勝たない。負けて目覚めることが最上の道だ。
日本は進歩ということを軽んじすぎた。私的な潔癖や徳義にこだわって、真の進歩を忘れていた。
敗れて目覚める。それ以外に、どうして日本は救われるか。
今、目覚めずしていつ救われるか。俺たちは、その先導になるのだ。
日本の新生に先駆けて散る。まさに本望じゃないか。」

なるほど君とかコピペ厨を見ると彼らを犬死に追い込んでる人間というのが誰かわかりますな。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 23:59:38 ID:rW8iLSBZ0
>>464
誰なんだよ?だいたい、彼らが「犬死」したと決め付ける恥知らずは誰なんだよ?


466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 00:09:38 ID:OhEZzCjl0
>>458
>リットン勧告を蹴った以上、権益拡大が目的、すなわち侵略と言われても当然。
448下のほう【昭和12年7月7日夜10時40分頃北京郊外の盧溝橋で演習中の日本軍(約130名)が〜】
に書いてある通り権益拡大が目的ではない。
リットンの勧告を蹴ったのは満州国の国際的承認が得られないから。
>>459
>誤解の余地はほとんどないと思うんだが。
【今みたい(少なくとも日本は表で)に平和で平等とか戦争は絶対ダメ!とかいうような平和な世界でもなかったんだよ】
【今みたい(少なくとも日本は表で)に平和で平等とか戦争は絶対ダメ!とかいうような平和な世界でもなかったんだよ】
ようするに、要約すれば【平和な世界じゃなかった】ということになる
これをお前は【戦争してはいけない】という風に解釈した、明らかに日本語に不自由している。
>つまり日本の21か条要求が原因だったと明確に理解できたわけだな?
ドイツが山東省に持っていた権益を日本が継承すること  関東州の租借期限を延長すること 満鉄の権益期限を延長すること 沿岸部を外国に割譲しないこと

これがそんなに中国にとって無理な内容だったか? 
戦勝国が負けた国に要求する、なんら珍しいことはない当時では。
二十一か条要求については外国は何ら非難などしていない。

お前等そんなに中国が好きなら中国に行って来いw








467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 00:22:47 ID:LBjQc71l0
>>466
>リットンの勧告を蹴ったのは満州国の国際的承認が得られないから
その通り!
そもそも、権益拡大=侵略という捕らえ方からして既におかしい。
もしそうならばシナで権益を持っていた国は全て侵略国になってしまう。

>>466
対華二十一か条の要求には

第5号 中国政府は日本人の政治・経済・軍事の顧問をおく。警察は日中共同とし,兵器はすべて日本より輸入。
日本人の学校・病院・寺院に土地所有権をあたえる。日本人の布教権の容認。長江(揚子江)地域の日本の
鉄道敷設権の容認。

という秘密条項もあって、袁世凱はこれだけは頑として認めず、国際社会に訴えた。
日本はやむなく第5号を撤回したという経緯があるようです。1〜4号はあなたの言うとおり
全く不当な要求ではない。




468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 00:31:50 ID:gP/wJXCh0
>>467
じゃあ何にも問題じゃないじゃん

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 00:37:29 ID:87M4VJUT0
>>466
>権益拡大が目的ではない
目的じゃないのになんで拡大してるの?

>リットンの勧告を蹴ったのは満州国の国際的承認が得られないから。
何のために満州国の承認が必要なわけ? 本来の権益保護のための
方策はリットン勧告が示してくれている。それを蹴って、満州全域の
支配を確立させる事を求めたわけで、やってる事は権益拡大でしか
ないでしょうが。

>戦勝国が負けた国に要求する、なんら珍しいことはない当時では。
当時、日本は中国と戦争なんかしてないと何度言われれば理解するのかね?


470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 00:40:06 ID:LBjQc71l0
>>468
いやいや、対華二十一か条の要求の第五号が米英に与えたインパクトは大きかったようです。
日本はシナに対して大いなる野心を持っているのではないかと、疑いを持たれてしまった。
日英同盟解消の一つの要因になったとも言われています。

日英同盟の解消は日本にとっては大きな痛手であったのは間違いのないところ。
日英同盟が強固であれば、満蒙問題にも違った解決方法があったかもしれない。


471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 00:51:50 ID:87M4VJUT0
>>467
>そもそも、権益拡大=侵略という捕らえ方からして既におかしい。
他国の領土や主権を奪う事、それを目的とした行動が、侵略でなくて何なの?
権益を拡大するとはそう言うことだが。

>もしそうならばシナで権益を持っていた国は全て侵略国になってしまう。
その通りだが? アヘン戦争に始まり、その尻馬に乗って列強(日本含む)は
中国を食い荒らして半植民地状態に置いた。これは明らかに侵略だが何か?

>全く不当な要求ではない。
あなたは他人に期限付きで無償で家を貸していました。それ自体嫌々だった
のですが、契約は契約ですので、期限切れを待っていました。ところが相手は
別の同類の店子を貸していた家から追い出し、自分に無料で貸せと言います。
また自分の借貸契約の期限を延長してずっと(無料で)貸し続けろと要求してきました。
追い出された店子はその時点ではまだ、借貸契約を放棄していませんし、
期限が来たら返してもらいたかったので、嫌だといったら、刀をちらつかせ
られました。
あなたはこれを不当な要求ではないと言うのだね?

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 01:03:37 ID:LBjQc71l0
>>469
>何のために満州国の承認が必要なわけ? 本来の権益保護のための
>方策はリットン勧告が示してくれている。それを蹴って、満州全域の
>支配を確立させる事を求めたわけで、やってる事は権益拡大でしか
>ないでしょうが。

満州国が独立国として承認されれば、日本の権益は保障され将来的に拡大が見込める。
リットンの報告書を飲めば、日本の権益は保障されるが、満州と何の関連もない連中
が一滴の血も流さず、一円の金も投資せずに満州に土足で入ってくる。正義漢づらした
火事場泥棒の侵入は日本として絶対に容認できなかったであろう。

当然、日本の権益拡大もありえないし、それまでのシナの違反行為をみていると、リットン
の報告書どおりにシナが日本の権益を保証するとは到底思えないだろう。

リットンの報告書を喜んで受け入れるのは、お前さんみたいな、お馬鹿なお人よしくらいだろうよ。





473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 01:13:04 ID:bKwgNS3q0
>>471
上のレスにあったのが答えなんでは?

【今みたい(少なくとも日本は表で)に平和で平等とか戦争は絶対ダメ!とかいうような平和な世界でもなかったんだよ】
ようするに、要約すれば【平和な世界じゃなかった】ということになる



474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 01:18:53 ID:LBjQc71l0
>>471
権益拡大は権益拡大に過ぎない。シナの領土を日本の領土に併合したわけではない。
租界は借り物であって、各国の領土になったわけではない。シナの一部を切り取って
併合したわけではないから、権益拡大は侵略ではない。

最後のたとえ話は、歴史と無関係なただのたとえ話に過ぎないからコメントしない。



475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 01:28:19 ID:87M4VJUT0
>>472
>日本の権益は保障され将来的に拡大が見込める。
はい、拡大目的と認めたね。

>満州と何の関連もない連中
日本だって元来満州とは何の関係もないが。源義経=ジンギス・カンなどと言う
ヨタ話が真実で無い限りな。
日露戦争の勝利の結果、ロシアから奪い取っただけで、中国からすれば泥棒から
泥棒の手に渡ったようなもの。

>満州に土足で入ってくる。
そもそもアヘン戦争以来、日本を始め列強は軍事力で中国から権益を
むしりとってきた。今さら土足でも何もないもんだ。

>日本の権益拡大もありえないし
現状以上の権益の拡大は9ヵ国条約で禁じられている。

>リットンの報告書どおりにシナが日本の権益を保証するとは到底思えないだろう。
リットン勧告ではシナが保障などしないよ。内容ぐらい把握してからものを言えよ。
中国が権益奪回を諦めないのは見えていたから、日本権益以外の満州を国際管理下
において、日本の権益を保護しようとしたんだろうが。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 01:36:00 ID:87M4VJUT0
>>474
言ってる事が無茶苦茶だな。君が言ってるのはこういう事だ。
ようし、君の銀行口座を寄こせ。中身は私が好きに使ってやる。
でも口座名義は君のままだから、盗んだ事にも奪った事にもならないよな。

>最後のたとえ話は、歴史と無関係なただのたとえ話に過ぎないからコメントしない。
敗北宣言 乙。
普通に話しても知識も理解力も無いんだもの。例えにして噛み砕いてやるしかない。
で、解かりやすく説明されると反論できなくて逃げ出したと。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 07:20:07 ID:dkFReVxr0
>>466
>これをお前は【戦争してはいけない】という風に解釈した、明らかに日本語に不自由している。
頼むよ、本当に。
山東半島の租借権譲渡が中国の中立を危うくする主権侵害だと俺は指摘したわけだ。

お前:中立について【戦争してはいけない〜世界じゃなかった】と言い出した。

俺:中立ってのは外交姿勢の普通の一形態で、それを戦争ダメとかに結ぶほうがおかしい
  だいたい中国がそんなことを思って中立を選択したわけじゃねえ
あとはぐだぐだ。つまり俺の解釈には一貫してお前の言っているようなことは入っていない。

>これがそんなに中国にとって無理な内容だったか? 
>戦勝国が負けた国に要求する、なんら珍しいことはない当時では。
>二十一か条要求については外国は何ら非難などしていない。
ああ戦勝国が負けた国に要求するならな。
んでいつ日中が戦争になったんだ?
だいたいお前らは海外権益を放棄するハルノートすら到底呑めない要求とか言って
これ出したから自衛とかいってなかったか?
これにくらべりゃハルノートなんて無理な要求どころか当然の要求としかいいようがないが。
そもそも第5条にあたるようなものすら入ってないし。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 07:30:34 ID:dkFReVxr0
>>465
>誰なんだよ?だいたい、彼らが「犬死」したと決め付ける恥知らずは誰なんだよ?
お前さんはじめとして自衛だったとか解放だったとか
国益を考えず戦前戦中のプロパを繰り返す無能な人間スピーカーのこと。
こういう連中が負けて目覚めるはずだ、だから自分たちはそのために死ぬのだといっているのに、
何十年もたって先祖がえりを起こしたら彼らの死はなんだったのかと。

>これがそんなに中国にとって無理な内容だったか? について追加
各国の権益が入り混じっていてどっちかに味方したらややこしいことになるのがわかりきっている中国で
中立を保つのはむしろ当たり前だとさえいえるが、
片方に完全に肩入れするような姿勢をとらせるのが無理でないのかね。
たまたまあまり権益を持ってないドイツが負けたからよかったようなものの、
1915年からさらに4年戦い続ける戦力を保ってその時相手領内に踏み込んでいた国を敵にまわせと。
そりゃ無理無体というもんだろ。


479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 20:55:39 ID:dkFReVxr0
しかしあと7,8年で主権が帰ってくる土地を
もう99年主権をよこせというのが戦争したわけでもないのに
一方的に押し付けることが侵略でないならそれこそびっくりだな。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 00:16:27 ID:6T1DFJtu0
>>469
>目的じゃないのになんで拡大してるの?
テロなど反日などが最早外交交渉では埒が明かなかったからだと書いてあるではないか
経緯もちゃんと書いてあるじゃないか446に書いてあるじゃないか、頼みますよマジで。
>本来の権益保護のための方策はリットン勧告が示してくれている
二十一か条要求などに政府も民間も反日な国に100%期待できるか? 
>他国の領土や主権を奪う事、それを目的とした行動が、侵略でなくて何なの?
確かに君の言うとおりそういうとすべてが侵略と自衛戦争になりますな
でもね、当時は戦争は合法、中国に宣戦布告して民間人問わずぶっ殺しまわって虐殺して
この国は俺のものだという風なものじゃなかったからね決して日本は。あくまで合法的な要求だった。(二十一か条要求)
>むしりとってきた。今さら土足でも何もないもんだ。 ←これも当時では全くの合法。
>国際管理下において、日本の権益を保護しようとしたんだろうが。
普通だったら勧告を受け入れただろうな、でも受け入れなかったっていうのはそれほどシナ人を
信用できる状況というか様子ではなかった、国際管理下でもシナ人が信用できる様子じゃなかったから断ったんだろ。
じゃなきゃ拒否する理由などどこにもない。日本にとってマイナスはねーじゃんよ。
>>476
君の言うとおり、それはおかしなことだ、だがもう一回言う、【当時は戦争は合法だと認められている】

現在の価値観から見ていては全くの議論にならないよ、当時の世界の常識・法律から考えないとそんなの意見がまとまるわけない。

>>447
もう戦争がどーのこうの解釈のほうはもうおいといていいや。
>これにくらべりゃハルノートなんて無理な要求どころか当然の要求としかいいようがないが。
ドイツが山東省に持っていた権益を日本が継承すること 関東州の租借期限を延長すること
満鉄の権益期限を延長すること  沿岸部を外国に割譲しないこと
これで中国が滅亡するか? しないだろ、二十一か条要求についても米国ら国際も何ら反対などしていなかったのがいい証拠ではないか
ハルノートについては戦勝国側含めてこれによって日本は降伏するか戦うかしかないと言っているのだから
これは認めるべきだ、突きつけた当事者ら含めて言っているものを今更受け入れられたなど言うのはおかしいことだ。
>自衛だったとか解放だったとか 自衛だの解放だの両方含めて日本が言った言葉じゃない
インドネシアやタイやバラオなど含めて戦後に首相等が著書や公の発言などで日本にかなりの感謝を示しているんだから、
結果論からしても日本がアジアの植民地を解放したのは紛れも無い事実、これも認めるべきだ。
>片方に完全に肩入れするような姿勢をとらせるのが無理でないのかね。
新しく領土を手に入れたんじゃない、ドイツが持っていた権益を継承するってことだったんだから何ら問題はない

ところで聞きたい事があるんだが、当時の日本を批判的に見ている人たちは今現在日本が韓国などから
内部的に圧力を受けていることを知っていて当時の日本を批判しているのか?

以上。


481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 01:30:43 ID:7XZ9LkQ60
>>480
>テロなど反日などが最早外交交渉では埒が明かなかったからだと書いてあるではないか
そんな矛盾だらけの表向きの口実を真に受けてるのか?
権益の存在が反日の原因だと言うのに、それでもなお権益を拡大すれば火に油
なのは自明だろうに。

>シナ人が信用できる様子じゃなかったから断ったんだろ。
そのくせほとんど漢化している満州人は信じて、満州国なんかつくってるな。
満州国にも漢人は大勢いるが、満州国管理下の中国人は信用できるのかね?
全く矛盾している。
それに、日本の権益保護を実行し責任を負うのは、国際連盟の委託を受けた
列強の管理者達で中国人ではない。拒絶の理由にはならない。

>拒否する理由などどこにもない。日本にとってマイナスはねーじゃんよ。
あるよ。満州を自分の支配下に置けない。領土欲が満たされないから
拒否したとしか取れんだろ。

君の言ってる事は矛盾だらけで支離滅裂。表向きの口実で正当化しようとするから
そうなる。日本の動機や目的は、口先の口実より、実際の行動から判断すべきだ。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 01:52:29 ID:7XZ9LkQ60
一次大戦前までは、侵略戦争も、やっちゃってそして勝っちゃえば既成事実として
認められた。その意味では合法だが、合法と言っても、当然の権利から、問題は
あるがギリギリ違法とは言えないまで、幅がある。侵略戦争は後者であり、それ
ゆえに当時から正当化の口実が必要とされた。口実も無しに無闇に侵略するような
国は、危険視されたのも当時の価値観。
さらに、一次大戦後は、戦争は原則禁止。
リットン勧告は当時の価値観や常識の元、日中が妥協しうる具体案として提案
されたものだ。非常識なものでない事は44カ国が賛成したことからも明らか。

戦争に関しては現代も近代もパラダイムシフトするほどの価値観の変動は
起きていない。違法の基準をすこし厳しくなっただけだ。

すぐに「現代の価値観で〜」と言う人がいるが、当時の価値観としても日本の
行動は問題だらけ。

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 07:58:41 ID:1dUgb+/x0
横レスすまん
>480
>テロなど反日などが最早外交交渉では埒が明かなかったからだと書いてあるではないか
>経緯もちゃんと書いてあるじゃないか446に書いてあるじゃないか、頼みますよマジで。
それ適当なコピペですしw だいたい自国でもない外国での治安が悪いなら
そこの政権に戦闘を仕掛けることが自衛だなんてどこの法律にある?
あと民間人にテロというが・・・日本人あんまり死んだりしてないよ?
密入国した半島方面の人たちはしらんけどさw

>最早外交交渉では埒が明かなかったからだと書いてあるではないか
それ当時のプロパにすぎませんから。
幣原外交の結果国民党が排日運動の禁止令はかなりの効果があったことを当の日本が認めています
ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/bunsho/h17_2.html#2_4
それぶち壊したのは他でもない関東軍ですよ。よほど排日が収まると困るんでしょうねえ。
欧米の植民地侵略もそんなもんでしたが。


484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 08:12:09 ID:1dUgb+/x0
>>480
>ドイツが〜これで中国が滅亡するか? しないだろ
なぜ日本の領土でもない海外権益を放棄すると滅亡するのか教えてくれないかね?

>二十一か条要求についても米国ら国際も何ら反対などしていなかったのがいい証拠ではないか
アメリカのハル4原則にドイツも何ら反対などしていませんがなにか?
後でのことなら差異はもっとはげしくなりますね。
現在の国際社会でも通用しているようなハルの要求と、
WW1のどさくさで終戦後数年で撤回させられるような要求を比べてどうよw

>ハルノートについては戦勝国側含めてこれによって日本は降伏するか戦うかしかないと言っているのだから
>これは認めるべきだ
中国は国際情勢を見てWW1で各国の援助が得られないと勝てないことを悟って降伏した、
日本は国際情勢を見て孤立して勝ち目がないのを悟ったのに戦った。それぞれ自己責任だな。
自存自衛だとかは寝言に過ぎない。なにせ【平和な世界じゃなかった】んだからな。

>公の発言
これいつのどこでってのを前聞いたけどわかっているものだけでいいから教えてくれないかね?

>結果論からしても日本がアジアの植民地を解放したのは紛れも無い事実、これも認めるべきだ。
ただの結果論にすぎない、これも認めるべきだといってるだけだよw
日本の意図どおりに進んだ場合、最大限出来たのは旧ソ連と衛星国の関係以下なんだから。

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 08:20:56 ID:1dUgb+/x0
>ところで聞きたい事があるんだが、当時の日本を批判的に見ている人たちは今現在日本が韓国などから
>内部的に圧力を受けていることを知っていて当時の日本を批判しているのか?
もちろん知っている。あいつらが「不当な侵略だ」とかいってることだろ?
そいつらと同じレベルで「正当な自衛だ」と言ってるヤシが日本の国益を損なうこともな。
んで俺ははい侵略でしたね、それがなにか?と結論づける人間だ。
なにせ正当だからやっていいんじゃなくて、不当だろうが正当だろうが国益ベースで物を考えるのが、
当時だろうが現在だろうが国際社会の共通ルールだからね。
例えばイラク戦争は不当だ、正当な面はあんましないとは思っているが、
日本の同盟国が中東にパワープロジェクションせざるをえないため、
石油の安定供給につながりOPECの相対的地位低下を招いているこの状況なら
やってもいいとおもってるしな。

つまるところ正当不当にたいした価値を見出してないから、
ま、歴史的な観点からすると侵略といっていいよねでおしまいな話だ。
それともあんたは不当だったから何をするというんだ?
謝罪でもするつもりか? 日本政府をみてみれば?
口先だけで済む謝罪はわりと簡単にするが実際の行動に関しては
大抵の場合賠償済みで済ましてるぞ。
まあ河野洋平みたいな例外が存在するのは確かだがね。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 08:25:49 ID:1dUgb+/x0
さらに追加
特亜が過去の侵略を外交カードに使ってくることに対して
どうすべきかという問いかけだと思うが違うかな?
なら結論はすでに欧米が出してる。
自分が正しかった悪かったなどという点についてはどっちでもいい。
侵略と認めてもぜんぜんかまわない。
それは国益追求という国家の行為ですが何法に違反しましたかね?でおしまいだ。
カードにすらならん。
それとも過去の歴史の評価なんていうあいまいなものに正当不当論争をエンドレスでやるのが好みだから
日本はそうすべきだとでもいうなら国家としてはあほらしいのでつきあってられませんってことになるなw

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 09:01:17 ID:cDEgqoty0
>>485
河野談話だって口先だけの謝罪の部類だがな。
とりあえず、あれでケリはつくはずだった。国内に蒸し返す馬鹿がいなければ。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 09:50:30 ID:1dUgb+/x0
>>487
俺がいいたいのは他国の領土内で他国の主権を制限して
自国の権益を伸ばすのは侵略に分類されるでFAだってこと。
それを促進することも妨害することも自己責任でね。
自国の権益を伸ばすことが不当だとか正当だとか寝言にすぎない。
んでその観点から日本が当時大陸でやってたのは権益拡大で
従来の権益を守る自衛行為にはあたりませんよといってるわけだ。
不当正当の判断が入る余地がない。

なぜってそういう外交ゲームをプレイしているわけで、
ボクシングというゲームで相手を殴るのは暴力だから不当だとか
相手から殴ってきたから正当だとか言い出す奴をまともに相手にするのがどうかってことだな。
もっとも捕虜の虐殺だのといったのはたしかにルール違反なんでこれは
謝罪してもいいとは思う。が、国益にそぐわないなら不要だな。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 10:26:27 ID:cDEgqoty0
>>488
>俺がいいたいのは他国の領土内で他国の主権を制限して
>自国の権益を伸ばすのは侵略に分類されるでFAだってこと。
同意

>自国の権益を伸ばすことが不当だとか正当だとか寝言にすぎない。
1928年以降は不戦条約があるから。その前に九ヵ国条約もあるし。
それ以前はまだしも、満州事変以降では侵略、自衛の正当不当議論は
意味あるよ。
条約違反は正当化できるようにしておかないと、必要以上に国際的に
敵視され国益を損なう。
そこら辺は損得勘定になるが、満州を取っても完全自給は不可能で
貿易が頼りの日本にとって、国際的孤立は致命的だ。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 11:00:11 ID:1dUgb+/x0
>>489
>条約違反は正当化できるようにしておかないと、必要以上に国際的に
>敵視され国益を損なう。
国際社会というリングで国同士がバトルロイヤルやってるわけだからねえ。
審判もおらずルールは選手同士の話し合いできまるってのに、
正当だの不当だの言い出すことに意味はほとんどない。
侵略だろうがきちんと利益調整やって他の選手からの集中攻撃を避ければなんとかなるし
(あるいはアメリカのように集中攻撃なにするものぞなら別だが)
そのあたりの調整すら放棄して自衛だから正当行為とか言ってるあたりが痛すぎる。
これ侵略だから不当とか言ってる連中と同じで
自称自虐史観から解放されたといっているが反対側の檻に好んで入ったにすぎない。
檻の名前を自慰史観とでも呼ぶべきだろうかね。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 11:05:39 ID:1dUgb+/x0
自称解放された人が南京否定派のアイリスチャンこと
捏造しまくりで南京論争に一時期止めを刺した田中あたりを持ち出すことには
失笑を禁じえないがな。

騙されたがってるのはなんもかわっちゃいねえw

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 23:46:37 ID:WUQHnuZ70
>>488
>俺がいいたいのは他国の領土内で他国の主権を制限して
>自国の権益を伸ばすのは侵略に分類されるでFAだってこと

個人的にそう思うのは自由。FAでもFEでもなんでもいい。
しかし、当時も今も、約束をしたら履行すると言うのが国際常識である。守れない約束はしてはならないし、
約束した以上は守るのが筋(約束を守ったら国が滅びるとでも言う状況なら破らざるを得ないかな?)

だから、当時の清も中華民国も対外的に政党政府であるなら、約束は継続して守らなければならないわけであり、
約束を破ったら制裁されてしかるべしである。これも当時も今も国際常識である。

清も中華民国も、諸外国への権益を認めると文書で約束したのだから、守るのが当然であり、約束自体は侵略でも
なんでもない。文書が権益を認める旨書いてあっても、それ自体は双方合意の上の約束である。侵略ではない。
これは当時も今もなんら変わらない。

当時は、強い国が弱い国とが約束をする時は、強い国に有利な約束をするのが当たり前であった。極端に弱ければ
植民地化された。江戸幕府も黒船が来た時、ペリーと不平等条約を結ばざるを得なかった。幕府が倒れ明治新政府
が誕生しても、国家の継続性を示す必要からこの不平等条約は明治政府においても継続された。




493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 23:53:26 ID:1dUgb+/x0
>>492
その約束を交渉によって変更させるのは別に不法でもなんでもないですが?
それとも日本の不平等条約改正交渉は約束を守ろうとしない侵略行為だとでもいうのか?
ちなみに二重課税がどうこういってるがそれは日本政府も了承した関税自主権の復活によるものだ。

んで、そろそろ張学良がテロを支援していた事実は出てきたのかね?

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 23:56:30 ID:1dUgb+/x0
>約束を破ったら制裁されてしかるべしである。
そうだね。
んで中国は日本と満州全土を傀儡国家にしていいという約束でもしたかね?
そういう約束(=主権に基づく同意)もなく条約以上の権益を求めるのを侵略といっているんだが?

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 23:58:41 ID:1dUgb+/x0
>個人的にそう思うのは自由。FAでもFEでもなんでもいい。
>しかし、当時も今も、約束をしたら履行すると言うのが国際常識である。守れない約束はしてはならないし、
>約束した以上は守るのが筋

つ九カ国条約
例の植民地解放といいどうしてそんなに日本を侮辱するのがすきなの?

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 00:02:22 ID:m0K3oxVm0
>>492の続き

明治政府は、この不平等条約の屈辱をそそぐ為、列強諸国と「対等の実力である」と認めてもらう必要がある
と痛感し、憲法を制定し、内閣と議会をつくり、富国強兵により国力を充実させ、日清戦争で朝鮮の独立を
認めさせ、粘り強い外交努力を続けて、ようやく不平等条約を平等な条約に改定させることに成功した。

日本が真に世界の列強に仲間入りした瞬間である。

しかし、清も中華民国も、いたずらに排外主義をとなえ、諸外国をまねて国力を増強するどころか約束
を一方的に破る暴挙を繰り返した。日本とは正反対の不誠実極まりない対応である。これは中国人
の国民性かもしれない。当然約束を破られた方は、履行を訴える。そうして一時的に改善しても、また
約束を破るという中国人の不道徳行為が日本に与えた人的・経済的損失は大きく、それに対する制裁と

損失の回復が満州事変と言う政府の想像もしない形になって現れた。満州事変は権益の保護のためとも
居留民保護のためとも捉えられるが、中心にあったのは、中華民国政府に対する制裁措置だったのでは
ないか。これにより、約束を破られ続けて甚大な損害を被り続けた日本は、損害の連鎖を断ち切る
ことに成功し、のみならず、満州国という近代国家を作り上げた。

これは結果として素晴らしいことであったといえる。




497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 00:36:47 ID:m0K3oxVm0
>>494>>495 当時の日本政府の立場

満蒙問題処理方針要綱 昭和7年3月12日 閣議決定より抜粋

満州国に対する見解
二、満蒙ハ支那本部政権ヨリ分離独立セル一政権ノ統治支配地域トナレル現状ニ鑑ミ
逐次一国家タルノ実質ヲ具有スル様之ヲ誘導ス

日本が被った損害の回復
五、満蒙ニ於ケル我権益ノ回復拡充ハ新国家ヲ相手トシテ之ヲ行フ

国際法および諸条約との関係
六、以上各般ノ施措実行ニ当リテハ努メテ国際法乃至国際条約抵触ヲ避ケ
就中満蒙政権問題ニ関スル施措ハ九国条約等ノ関係上出来得ル限リ新国家側ノ
自主的発意ニ基クカ如キ形式ニ依ルヲ可トス


関東軍の石原莞爾が勝手に作ってしまった満州国を政府として不承認にすることは今更出来ないし、結局、
満州国を自発的独立国として承認することとなった訳だな。なるようになれ、っていう感じだろうか?
満州事変は政府の国策ではなかったということはお忘れなく。


498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 00:58:13 ID:Kk/4yFHW0
朝まで生テレビ  テレビ朝日25:20〜

今月のテーマ:徹底討論!日中真の隣国への道
       〜ドーする日中新時代(日中同時生中継)

司会: 田原 総一朗
進行: 渡辺宜嗣、長野智子、黄海波(フェニックスTVキャスター)
パネリスト: <日本側>
石井明(東京大学大学院教授<中国現代史>)
森本敏(拓殖大学海外事情研究所所長)
宮崎哲弥(評論家)
下村満子(ジャーナリスト、経済同友会副代表幹事)

<中国側>
劉江永(清華大学国際問題研究所教授)
湯重南(中国社会科学院教授・日中歴史共同研究メンバー)
邱震海(フェニックスTV解説委員)
石齊平(香港中文大学研究員)

※テレビ朝日 スタジオ
大学生約50名(留学生10名)

※北京
大学生約30名(予定)

実況はこちらで(テレ朝実況板)↓
http://live23.2ch.net/liveanb/

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 01:46:36 ID:bIdYG4+A0
日本人はとても素敵だった        楊素秋        桜の花出版


帰らざる日本人             蔡敏三        桜の花出版


台湾人と日本精神            蔡混燦        小学館





中学生、高校生、大学生、社会人、すべての日本人に読んでもらいたい。



涙、涙また涙!!!!!!!!!

嫌韓流1.2と一緒に買いましょう。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 01:51:29 ID:ybzJVwln0
>>481
>権益の存在が反日の原因だと言うのに、それでもなお権益を拡大すれば火に油
>なのは自明だろうに。
山東省権益などは合法的なのになぜそれで反日になる、権益拡大に至ってしまったのは共産軍の謀略。
独立運動?だったら最初から山東省の権益を外国に渡したりするなよ、ずっと鎖国でもしてればいい
>満州国管理下の中国人は信用できるのかね?
その国の主権が日本にあれば、解雇しようがどうにでもできるだろうよ。
>領土欲が満たされないから拒否したとしか取れんだろ。
馬鹿かあんたは、領土欲が満たされないから拒否? こんな事言う馬鹿初めて見たよ
どんな首相でも利益不利益で判断する、欲が満たされないって・・・呆れて何を言っていいのかすらわからん。
当時の日本にそんな余裕があったとでも思ってるのか君は。
>>484
>なぜ日本の領土でもない海外権益を放棄すると滅亡するのか教えてくれないかね?
当時日本は関東大震災や世界恐慌などの影響により貧乏だった、満州建国にはそれらを打開する目論見もあった。
というかこれはハルノートをさしていっているのか? 当事者等が戦後日本は自衛戦争だったと認めているんだから議論する必要など微塵もない。
>公の発言 ← これはかなり長くなるので後でレスする。
>>494
>んで中国は日本と満州全土を傀儡国家にしていいという約束でもしたかね?
>そういう約束(=主権に基づく同意)もなく条約以上の権益を求めるのを侵略といっているんだが?
満州自体は日露戦争の結果合法的に得たもの。北満州まで侵攻したのは民族運動が高まり紛争が頻発し
外交交渉では埒が明かなかったからだ。

続く






501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 01:55:03 ID:ybzJVwln0
★インドネシア モハメッド・ナチール元首相
「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。
 大東亜戦争は私たちアジア人の戦争を日本が代表して敢行したものです。」
「大東亜戦争というものは本来なら私達インドネシア人が、
 独立のために戦うべき戦争だったと思います。もしあの時、
 私たちに軍事力があったなら、私たちが植民地主義者と戦ったでしょう。
 大東亜戦争はそういう戦いだったんです。」
★インドネシア アラムシャ 元第3副首相
「我々インドネシア人はオランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、
 350年間に亘り幾度か屍山血河の闘争を試みたがオランダの狡知な
 スパイ網と強靱な武力と苛酷な法律によって圧倒され壊滅されてしまった。
 それを日本軍が到来するや、たちまちにしてオランダの鉄鎖を
 断ち切ってくれた。
 インドネシア人が歓喜雀躍し感謝感激したのは当然である。」
★インドネシア ブン・トモ 元情報相
「我々アジア・アフリカの有色民族はヨーロッパ人に対して何度となく
 独立戦争を試みたが全部失敗した。インドネシアの場合は、
 350年間も失敗が続いた。それなのに、日本軍が米・英・蘭・仏を
 我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。
 我々は白人の弱体と醜態ぶりをみてアジア人全部が自信をもち、
 独立は近いと知った。一度持った自信は決して崩壊しない。
 そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、
 我々がやらねばならなかった。そして実は我々の力でやりたかった。」
★インドネシア アリ・ムルトポ准将
「日本はアジアの光である。
 大東亜戦争は欧米人にアジア人の勇敢さを示したもので
 アジア人の誇りである。
 今、忽然として日本民族がこの地球上から消えたら韓国が一番困ると思う。
 もし、日本がシンガポールの地点にあったら、インドネシア人の成功は
 容易である。つまり、日本の近いところに位置していることは、幸運なのだ。
 経済的支援を連続的に受けていると言ってもよいくらいだ。
 インドネシアが日本に近ければ、今のような貧弱なインドネシアではない。
 つまり、我々インドネシア人は『日本はなにもしてくれなくてもよい』と
 考えている。日本は欧米と肩を並べて進歩しているだけで十分、
 アジア・アフリカにつくしていると考えている。
 だから、我々アジア人は外交面に弱い日本を支援したいと思っている」
★インドネシア サンパス元復員軍人省長官
「特にインドネシアが感謝することは戦争が終わってから日本軍人
 約1000人が帰国せず、インドネシア国軍と共にオランダと戦い、
 独立に貢献してくれたことである。日本の戦死者は国軍墓地に祀り、
 功績を讃えて殊勲章を贈っているが、それだけですむものではない。」

また、独立50周年となった平成7年、残留日本兵69名に対し、
インドネシア大使から感謝状が贈られ、スハルト大統領は彼らを
官邸に招いて礼を述べた。
そしてインドネシアの独立宣言文を起草したスカルノ大統領、ハッタ副大統領は
“独立を宣言をしたその日付”を1945年という西暦ではなく、
「日本の協力なしには独立できなかった」という感謝の念を込めて“17805”
(=17日/8月/05年)つまり2605年という皇紀で記した。


502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 01:56:52 ID:ybzJVwln0
★マレーシア  ラジャー・ダト・ノンチック 元上院議員
「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。
 敗れて逃げてゆく英軍を見た時に今まで感じたことのない興奮を覚えました。
 しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで
 将来のそれぞれの国の独立と発展の為に、それぞれの民族の
 国語を普及させ青少年の教育をおこなってくれたのです。」
「日本はインドネシア語の公用語を徹底して推進し、インドネシア国民
 としての連帯感を人々に植え付け、広域の大衆をインドネシアという
 国家の国民として組織した。とくに若者に民族意識を植え付け、革命の
 戦闘的情緒と雰囲気を盛り上げた。またPETA(ペタ)の革命における
 意義は大きく、これなくしてインドネシア革命はあり得なかった。」
            (ジョージ・カナヘレ『日本軍とインドネシア独立』)
★マレーシア マハティール首相
「日本は、軍国主義が非生産的であることを理解し、その高い技術と
 エネルギーを、貧者も金持ちも同じように快適に暮らせる社会の
 建設に注いできた。質を落とすことなくコストを削減することに成功し、
 かつては贅沢品だったものを誰でも利用できるようにしたのは日本人である。
 まさに魔法も使わずに、奇跡とも言える成果を創り出したのだ。(中略)
 東アジア諸国でも立派にやっていけることを証明したのは日本である。
 そして他の東アジア諸国はあえて挑戦し、自分たちも他の世界各国も驚く
 ような成功をとげた。東アジア人は、もはや劣等感にさいなまれることは
 なくなった。いまや日本の、そして自分たちの力を信じているし、実際に
 それを証明してみせた。もし日本なかりせば、世界は全く違う様相を呈して
 いただろう。富める北側はますます富み、貧しい南側はますます貧しく
 なっていたと言っても過言ではない。北側のヨーロッパは、永遠に世界を
 支配したことだろう。」 (欧州・東アジア経済フォーラム 1992年10月14日)
★マレーシア ガザリー・シャフェー 元外相
「どうしてそういう挨拶をなさるのですか。あの大戦で日本はよくやった
 ではないですか。マレー人と同じ小さな躰の日本人が、大きなイギリス人を
 追い払ったではありませんか。その結果、マレーシアは独立できたのです。
 大東亜戦争なくしては、マレーシア人もシンガポールも、その他の東南
 アジア諸国の独立も考えられないんですよ?」
★マレーシア ラジャー・ダト・ノンチック 元上院議員
 この国に来られた日本のある学校の先生は
 「日本軍はマレー人を虐殺したに違いない。その事実を調べに来たのだ」
 と言っていました。私は驚きました。
  「日本軍はマレー人を一人も殺していません。」
 と私は答えてやりました。日本軍が殺したのは、戦闘で闘った英軍や、
 その英軍に協力した中国系の抗日ゲリラだけでした。
★タイ ククリット・プラモード 元首相
「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは
 難産して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。
 今日、東南アジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは
 一体誰のお陰であるのか。それは『身を殺して仁をなした』日本という
 お母さんがあった為である。
 12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を
 賭して重大決意された日である。更に8月15日は我々の大切なお母さんが
 病の床に伏した日である。我々この2つの日を忘れてはならない。」
 (12月8日 「サイアム・ラット新聞」)
 



 


503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 01:58:53 ID:ybzJVwln0
★ビルマ(ミャンマー) バーモウ初代首相
「歴史的に見るならば、日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに
 貢献した国はない。真実のビルマの独立宣言は1948年の1月4日
 ではなく、1943年8月1日に行われたのであって、
 真のビルマ解放者はアトリー率いる労働党政府ではなく、
 東条大将と大日本帝国政府であった」
            (バー・モウ博士著『ビルマの夜明け』より)
 ★同ビルマ バーモウ首相
「約五十年前ビルマは三回にわたる対英戦争の結果その独立を失えり、
 英国側はアジアに対する掠奪的野望を以って此等の戦争を遂行せり。
 愛国者は挺身的精神をもって鎮圧、入獄、流謫、拷問及びしばしば
 死そのものを甘受して突進して来たれり、これらの英雄はビルマの
 生存のため苦難を受け遂には斃れたり。
 ビルマ人はアジアを統合せしめアジアを救う指導者を
 待望しつつありしが、ついにこれを大日本帝国に発見せり。
 ビルマ人はこのビルマに対する最大の貢献に対する日本への感謝を
 永久に記録せんことを希望するものなり。(独立宣言より)」
■インドネシア『祖国防衛義勇軍(PETA=ペタ)マーチ』
“アジア、すでに敵に向かい、蜂起せり 己を捨てて全力を尽くす
 連合国を粉砕せんと 玉散ることもいとわず
 進め 進め 義勇軍 アジアとインドネシアの英雄 清き東洋に幸あれ
 古きアジア 不幸に苦しむ 烈しき圧制に 幾世紀も忍ぶ
 大日本 雄々しく立てり アジアを救い 我らを守る
 進め 進め 義勇軍 アジアとインドネシアの英雄 清き東洋に幸あれ”
★インド ラダ・ビノード・パール判事(東京裁判判事、法学者)
「日本が戦争にふみきったのは侵略のためではなく、
 独断的な現状維持政策をとる西洋諸国によって挑発された為であり
 東京裁判は『正義の実現ではなく勝利者による復讐』である。」
★インド ラグ・クリシュナン元大統領
「インドは当時、イギリスの不沈戦艦を沈めるなどということは想像も
 できなかった。それを我々と同じ東洋人である日本人が見事に撃沈した。
 驚きもしたが、この快挙によって東洋人でもやれるという気持ちが起きた。」
 (昭和44年「日本経済新聞」より)

 

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 02:00:32 ID:ybzJVwln0
“言論の封殺がなかった時代”
★韓国 韓日文化研究所 朴鉄柱
「現在の日本の自信喪失は敗戦に起因しているが、そもそも大東亜戦争は
 決して日本から仕掛けたものではなかった。平和的外交交渉によって事態を
 打開しようと最後まで取り組んだ。それまで日本はアジアのホープであり、
 誇り高き民族であった。最後はハル・ノートをつきつけられ、それを呑む
 ことは屈辱を意味した。“事態ここに至る。座して死を待つよりは、戦って
 死すべし”というのが、開戦時の心境であった。それは日本の武士道の発露
 であった。日本の武士道は、西欧の植民地勢力に捨て身の一撃を与えた。
 それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。日露戦争と大東亜
 戦争──この二つの捨て身の戦争が歴史を転換し、アジア諸国民の
 独立をもたらした。この意義はいくら強調しても強調しすぎることはない。」
「大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗けたのはむしろイギリスを
 はじめとする植民地を持った欧米諸国であった。彼らはこの戦争によって
 植民地をすべて失ったではないか。戦争に勝った敗けたかは、戦争目的を
 達成したかどうかによって決まる、というのはクラウゼヴィッツの戦争論である。
 日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。日本こそ勝ったのであり
 日本の戦争こそ「聖なる戦争」であった。二百数十万人の戦死者は
 確かに帰ってこないが、しかし彼らは英霊として靖国神社や護国神社に
 永遠に生きて国民尊崇対象となるのである。」
★中国 孫文(中国革命の指導者)
「ベルサイユ講和会議で、日本は五大国の一員として席に着いた。
 日本はアジア問題代弁者だった。他のアジア諸国は、日本をアジアの
 『先頭馬』として認め、その提案に耳を傾けた。白人人種にできることは
 日本人にもできる。人間は肌の色で異なるが知能に違いはない。
 アジアには強い日本があるから、白人人種はアジアのいかなる人種も
 見下すことはできない。日本の台頭は大和民族に権威をもたらした
 だけではなく、アジア全民族の地位を高めた。」(孫文『三民主義』より)
★フランス アンドレ・マルロー元文化相
「日本は太平洋戦争に敗れはしたが、そのかわりに何ものにも
 替え難いものを得た。それは、世界のどんな国も真似のできない
 特別攻撃隊である。スターリン主義者たちにせよ、ナチ党員にせよ、
 結局は権力を手に入れるための行動だった。日本の特別攻撃隊たちは、
 ファナチックだっただろうか。断じて違う。彼らには、権勢欲とか
 名誉欲など、かけらもなかった。祖国を憂える尊い情熱があるだけだった。
 代償を求めない純粋な行為、そこには真の偉大さがあり、逆上と紙一重の
 ファナチズムとは根本的に異質である。人間は、いつでも、偉大さへの
 志向を失ってはならないのだ」
★オランダ サンティン・アムステルダム市長(現内務大臣)
「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。
 日本は敗戦したが、その東亜の解放は実現した。即ち日本軍は戦勝国の
 全てを東亜から追放して終わった。その結果、アジア諸民族は各々
 独立を達成した。日本の功績は偉大であり、血を流して闘った
 あなた方こそ最高の功労者です。
 自分を蔑むことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。」





505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 02:01:40 ID:ybzJVwln0
★イギリス 歴史学者 アーノルド・J・トインビー
「1941年、日本は全ての非西洋国民に対し、西洋は無敵ではないことを
 決定的に示した。この啓示がアジア人の志気に及ぼした恒久的な影響は、
 1967年のベトナムに明らかである。」(昭和43年3月22日「毎日新聞」)
「第2次大戦において日本人は日本の為というよりも、むしろ戦争によって
 利益を得た国々の為に偉大なる歴史を残したといわねばならない。その国々とは
 日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。
 日本人が歴史上に残した業績の意義は西洋人以外の人類の面前において
 アジアとアフリカを支配してきた西洋人が過去200年の間に考えられていたような
 不敗の半神でないことを明らかに示した点にある」
                  (1956年10月28日/英紙「オブザーバー」)
★イギリス 歴史学者 H・G・ウェルズ
「この大戦は植民地主義に終止符を打ち、
 白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。」
★イギリス マウントバッテン大将(イギリス軍・東南アジア総司令部司令官)
「かつて不敗を誇った日本軍も半年の死闘に衣服や靴もボロボロとなり、
 ささえるものは不屈の精神力だけであった。日本軍はインパールにおいて、
 ついに敗れたが、そこには何かが残った。それは歴史学の権威トインビーが
 いみじくも喝破したとおりである。すなわち『もし、日本について、
 神が使命を与えたものだったら、それは強権をわがもの顔の西欧人を、
 アジアのその地位から追い落とすことにあったのだ』」
             (ルイス・マウントバッテン『ビルマ戦線の大逆襲』)
当然これらのことは東京裁判の関係諸国もちゃんと認識している。
1.マッカーサー元帥
 昭和25年10月トルーマン大統領に対して「東京裁判は誤りであった」と
 告白。さらに昭和26年に米国上院において「日本がおこなった戦争は
 正当防衛であり侵略戦争ではなかった」と公式に証言。
2.インドのパール判事
 日本が戦争にふみきったのは「侵略のためではなく」独断的な政策をとった
 西洋諸国によって挑発された為であり、「東京裁判は正義の実現ではなく
 勝利者による復讐」であるとし、「日本は国際法に照らして無罪である」と
 主張したが、その主張を法廷で述べることを許されなかった。
3.米国のブレークニー弁護士
 「日本は原爆に対して報復する権利を持つ」とウエッブ裁判長に抗議。
4.豪州のウエップ裁判長
 帰国後「東京裁判は誤りであった」と繰り返し表明。
5.オランダのレーリング判事
 裁判終了後に「東京裁判には法的手続きの不備と南京大虐殺のような
 事実誤認があったが、裁判中は箝口令がひかれていて言えなかった」
 と発言。また、「私たちは国際法を擁護するために裁判をしていたはずなのに、
 連合国が国際法を徹底的に踏み躙ったことを、毎日見せ付けられていたから
 それは酷いものだった。もちろん、勝者と敗者を一緒に裁くことは不可能だった。
 まさに復讐劇だった」と述べた。
6.フランスのベルナール判事
 レーリング判事と同様な発言を裁判終了後に公にした。
7.アメリカのキーナン首席検事
 日本糾弾の旗頭キーナンですら裁判が終わった後に
 「東京裁判は公正なものではなかった」と発言。
8.イギリスの国際法の権威ハンキー卿
 『戦犯裁判の錯誤』という本の中で「日本無罪論のパール判事の主張は
 絶対に正しい」と明言。
9.イギリス法曹界の権威ビール氏
 『野蛮への接近』という著書のなかで「東京裁判は勝者が敗者に加えた
 野蛮きわまりない復讐行為である」と断言。



506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 02:04:06 ID:ybzJVwln0
ちなみに戦後のアメリカの議事録によれば、アイゼンハワー共和党政権下の
副大統領だったニクソンは占領時に憲法制定し日本に押しつけたことを
日本の国会で公式に謝罪している。
また、アメリカ共和党の大物下院議員だったハミルトン・フィッシュは
著書の中で当時の共和党下院議員の90%が日本との戦争に反対していた事実を
明らかにしており、ハルノートを指して「これによって日本には、自殺するか、
降服するか、さもなくば戦うかの選択しか残されて無く日本を戦争へと追い込んだ」と
強く批判している。
そして中国と韓国だけがそれを忘れたフリをして因縁をつけているのである。
マッカーサー、聖書に誓って「日本の戦争は自衛のためだった」
ttp://toron.pepper.jp/jp/epi/tokyo/jiei.html
アメリカ議会証言録の原文
ttp://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2004/maca/01/MacArthur41.html
★インド ラダ・ビノード・パール 法学者、極東国際軍事裁判判事
 欧米諸国は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、
 自分らのアジア侵略の正当性を誇示する目的であったにちがいない。
 日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、退廃に流れていくのを、
 私は平然と見過ごす訳にはゆかない。誤られた彼らの宣伝を払拭せよ。

 誤られた歴史は書き換えられなければならない。

内部圧力について君は知っているとのことなので省略。

更に続く


 


507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 02:12:19 ID:ybzJVwln0
この現代日本と同じ過ちを60年前のイギリスが犯していた。
「世界の大国のなかで、インテリが自分の国籍を恥じるのはイギリスくらいの
 ものであろう。左翼方面ではいつも、イギリス人であることは何かちょっと
 恥ずかしいことのように感じられ、イギリス的な憤習は競馬からスエット・
 プディングに至るまで、ことごとく冷笑するのが義務のように感じられている。
 イギリス人のほとんどのインテリが、慈善箱から金を盗むことよりも国歌の
 演奏中起立していることの方を恥と思っていることは、奇怪であるが、疑いを
 入れない事実である。開戦までの危機の間中、多くの左翼は国民の士気を
 削り取り、時にはへなへなの平和主義、時には熱烈な親ソという具合では
 あったが、とにかく反英という点では一貫した考え方を広めようとした。それが
 どれだけ効果があったかは疑わしいが、とにかくある程度の効果があった
 ことだけは確かである。
 イギリス国民が数年間事実士気沮喪に苦しみ、そのためファシスト諸国が
 イギリス人は『堕落』している、戦争に突入しても大丈夫だと判断した
 のだとすれば、左翼からの知的サボタージュにも一半の責任はある。」
 (ジョージ・オーウェル『ライオンと一角獣』平凡社ライブラリー)
「イギリスを日本」「親ソを親中」「反英を反日」に置き換えると
ちょうど今の日本とよく似た状況になる。
この状態を脱して、現在のイギリスは健全な愛国心に目覚めている。
「“愛国心を恥じる”という不自然な風潮」のカラクリに気付いたのだ。
左翼的な思想の蔓延が国家の堕落に至る一因になることがある。
少なくとも靖国参拝や日本の歴史認識を中国に教わるようでは
日本は独立国家とはいえないのである。
これは戦後の日本がやりのこした『最後の戦後処理』といえる。
★パラオ クニオ・ナカムラ前大統領
「日本国民と日本人が『どの民族も例外なく持っている自国の正史を
 回復すべく』努力している活動を支持する。
 この活動が実を結ぶことは日本の未来の世代をして、偉大なる自国の歴史、
 伝統、文化に目を見開かせることに積極的な貢献をなすだろう。」
★マレーシア ラジャーノンティック
「かつて 日本人は 清らかで美しかった
 かつて 日本人は 親切で心豊かだった
 アジアの国の誰にでも、自分のことのように、一生懸命つくしてくれた」

 WFDAは非政府組織(NGO) 同会議には、東南アジア諸国
連合(ASEAN)の代表をはじめインド、中国、韓国、米国、カナダ、
ドイツ、フランスなど、計39カ国の代表が集った。
各国の代表が一様に指摘した
、“アジアの民主化を潰し”、幾千万の人々を
“不幸に陥れている”元凶は中国政府だということ。
(新潮社『週刊新潮』'05年9月29日号 日本ルネッサンス拡大版 第183回)
ttp://blog.yoshiko-sakurai.jp/archives/cat40/index.html
 インドネシアでは日本軍降伏後もイギリスやオランダとの
独立戦争が4年5ヶ月も続き、甚大な戦死者を出した。
その戦争において、特別な功労を立てた戦死者は
首都ジャカルタ郊外のカリバタ国立英雄墓地に祀られた。
実はそこに彼らの国の英雄たちと一緒に11名の日本人が
手厚く葬られているのである。
(カリバタ以外にも各地区の英雄墓地に32名の日本人が祀られている)
 そろそろお気づきかもしれないが、アジアの英雄であるはずの日本人自身が持つ
『自虐史観(悪いことをしたという思い込み)』は、
国際的にも不自然なのである。 次ラスト。








508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 02:17:01 ID:nhSuWNj90
ネットの普及        サイト*韓国はなぜ反日か?の驚異的なアクセス数




嫌韓流1.2  戦争論  台湾論  靖国論  嫌中論  マオ(上、下)


中国はいかにチベットを侵略したか(マイケル・ダナム)


大東亜戦争肯定論(黄文雄)

この国をなぜ愛せないのか(桜井よしこ)が馬鹿売れ!!


日本の若者の右傾化が止まらない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 02:20:30 ID:ybzJVwln0
南国・パラオ共和国も台湾などと同様に親日傾向が強く、
今も「日本人と一緒に戦った」ではなく「日本人として戦った」と言う。
日本は第一次世界大戦後、国際連盟からパラオの委任統治を求められたため
たくさんの移民を送り、産業、教育、文化の発展に大きな功績を残した。だが、
第二次世界大戦後にこの地域を占領したアメリカが日本文化の影響を徹底的に
破壊した。学校の校庭にあった二宮金次郎像も引きずり降ろされ、毎朝村人が
集まって日本海軍岡田中将から「この美しいパラオを一日も早く自分たちの
手で治めるようにせよと」と訓示を受けた思い出の場所『南洋神社』も壊された。
パラオ人は大いに悲しみ、子供に日本神道にちなんだイシドウロウ(石灯籠)
という名前をつける人もいたほどである。そしてアメリカ統治下でも勤勉の
精神を教えてくれた日本人を心の中で敬い、日本統治時代が最もよかったと
懐かしみ、後に南洋神社を再建させている。
そのような国であるため、パラオは自ら「日本に併合して欲しい」と申し出た
という話も聞く。これは余談になるが、ハワイも独立した王国だった時代に、
日本の皇室にハワイの王女を嫁がせようとしたことがある。
1881年、ハワイのカラカウア王は当時から正式に国交のあった日本に自ら訪れ、
日本はアジアの盟主となって欧米の侵略からハワイを含む弱い立場の国を
守ってくれるよう明治天皇に申し入れた。しかし天皇陛下は当時のアメリカとの
国力差を考え、摩擦を慮ってそれを丁重にお断りした経緯がある。
パラオは1994年にアメリカから独立した時、日本の国旗である日章旗を
モデルにした月章旗を作り、自国の国旗にした。日本の日の丸が太陽を
模しているのに対し、パラオはほぼ同じデザインの色違い(青地に黄丸)で
太平洋に浮かぶ月を象った。ただ、パラオの国旗の月は日本の太陽と違い、
中心から微妙にズレている。これは謙虚にも「同じでは日本に失礼だから」と、
わざと中心をはずしたのだという。
※「旗がなびいた際に満月が中央に見えるようにデザインした」との説もある。
パラオは日本の国旗を元に自国の国旗を作り、しかも日本の心も忘れない。
現地民に愛された日本統治と、受け継がれる礼儀正しい民族性が現われている。
ちなみにパラオの国定教科書では全462ページのうち36ページが
日本統治時代にあてられ、章には「日の丸の旗のもとに」というタイトルが
つけられている。どの統治国にも日本は教育に厳しかったが、それらの教えも
ルールも単純な賛美や糾弾ではなく客観的に事実が教えられている。
また、今でもパラオでは日常的にたくさんの日本語(たとえば「扇風機」
「大丈夫」「浴衣」「どうぞ」「大統領」など多数。日常的すぎて現地の
若者はそれが日本語であることを意識してないほど)が残っていたり、
「桜」の樹がない国にも関わらず、桜の花に抱く美しいイメージだけで歌を作り、
今も愛唱されていたりと、台湾よりもさらに日本を愛する傾向が強い。
日本の統治が終わった時にはパラオでも米国による反日教育が行われたが、
年長者に「そんな話はない」とあっさり否定され、浸透しなかった。
ちなみに一部の州では英語と日本語が併記されており、特にアンガウル州では
アウンガル語、英語に並び、日本語が公用語として使われている。
(これは日本以外で日本語を公用語として使っている唯一の例である)
また、パラオ人の『8割』はその姓名のどちらかに『日本式の名前』を
付けているといわれている。

ラストといいながらすまんが、まだ続く





510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 02:24:03 ID:ybzJVwln0
また、毎日新聞のコラムにこんなパラオの話が載ったことがある。
 遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいた。
 「あそこでみんな死んでいったんだ……」
 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人はつぶやいた。
 太平洋戦争のとき、その島には日本軍が進駐し陣地が作られた。
 老人は村の若者達と共にその作業に参加した。
 日本兵とは仲良くなって、日本の歌を一緒に歌ったりしたという。
 やがて戦況は日本に不利となり、
 いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。
 仲間達と話し合った彼は代表数人と共に
 日本の守備隊長のもとを訪れた。自分達も一緒に戦わせて欲しい、と。
 それを聞くなり隊長は激高し叫んだという
 「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」
 日本人は仲間だと思っていたのに……みせかけだったのか。
 裏切られた想いで、みな悔し涙を流した。
 船に乗って島を去る日 日本兵は誰一人見送りに来ない。
 村の若者達は、悄然と船に乗り込んだ。
 しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきた。
 そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼らを見送った。
 先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。
 その瞬間、彼は悟ったという。
 あの言葉は、自分達を救うためのものだったのだと……。

「パラオの統治者である日本軍」としては、パラオ諸島の小さな島・ペリリュー島の
民間人を“圧倒的不利な戦局”に巻き込んではならないと配慮したのだ。
そして船舶も乏しい中、空襲を避けて夜間に船を出し、住民の全員をパラオ本島に
避難させたのである。
そして日本軍はパラオを死守するために文字通り死を覚悟して戦った。
日本は圧倒的に不利だった。アメリカに制海権・制空権を掌握されている上に、
兵力14倍、航空機200倍以上、戦車100倍、重火砲1000倍という
歴然たる戦力差。しかしそれでもアメリカの上陸作戦史上最高の損害比率を
出させるほどに抵抗し、全く補給もなく73日間も守り通し、玉砕したのだ。
最期に『サクラ・サクラ』という電文だけを残して。
その戦いの甲斐あって最大激戦地・ペリリュー島での民間人死傷者はゼロだった。
戦争後に島に戻った島民たちは、放置されていた夥しい数の日本兵の
亡骸を泣きながら埋葬した。後にペリリュー島のオキヤマ・トヨミと
ショージ・シゲオが“ペリリュー島の玉砕戦”を、日本の国花・桜に託して
作った『ペ島の桜を讃える歌』は、今でも彼らに愛唱されているという。
後にペリリュー神社は青年神職南洋群島慰霊巡拝団やイサオ・シゲオ尊長ら
島民の手により「すべて日本から運搬した材料を使って」再建された。

続く
 


511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 02:29:44 ID:ybzJVwln0
この神社の前には戦中は敵だったアメリカ太平洋艦隊司令官
チェスター・W・ミニッツの言葉でこんなことが書かれている。
 「この島を訪れる、もろもろの国の旅人たちよ。
 あなたが日本の国を通過することあらば伝えてほしい。
 此の島を死んで守った日本軍守備隊の勇気と祖国を憶う、その心根を。」
ちなみにパラオに存在するこの神社は、
天照大神と戦死者一万余名の「護国の英霊」を御祭神とする神社である。
パラオ共和国大統領トミー・E・レメンゲサウ・ジュニアは、敗戦から復興し
様々な分野において世界を牽引する力になっている今日の日本を称え、また、
戦時中のパラオ統治に今でも感謝し、パラオは世界で最も親日感情が高い国と言った。
そして当時を知るパラオの長老たちは今でも日本をこう呼ぶという。
 
          「内地」

と。

このように日本はハルノートにより自衛戦争をしたわけであり、結果アジアの多くの国を
白人の植民地支配から解放した事実が紛れもなくある。
自虐史観など持っているのは日本のみである、何でこんな状態になっているのか君は知っているということなので
ここでは記さないがもし知らない人、日本がメディアや政党などから多くの面から圧力を受けていることを。
508さんの 韓国はなぜ反日か? http://3.csx.jp/peachy/data/korea/
長いのだが是非読んでもらいたいこのサイトは、そして日本の現状を知ってもらいたい。

長文失礼しました。


512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 02:33:33 ID:dHDJLbur0
韓国併合への道             呉善花        文春新書

歴史を偽造する韓国           中川八洋       徳間書店

韓国は日本人がつくった         黄文雄        徳間書店 ワック出版





日本の中学生、高校生、大学生、社会人の皆さん、日狂組の反日教育に騙されないでください。

これが本当の歴史です。



サイト*韓国はなぜ反日か?と一緒に読んでください。





513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 02:48:17 ID:1aXtv8Lo0
日本がアジアを侵略した? ハアー

アジアは欧米列強に侵略されてたんだよ、ほとんどが欧米の植民地だったんだよ。

日本が戦わなかったら、アジアはいまでも欧米の植民地だよ。


中国なんて、内戦、軍閥内戦、国民党内戦、国共内戦、大躍進、文化大革命で

自滅!!WW

中国なんて発言する資格すらない。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 07:19:05 ID:KtEiys+V0
>>497
>関東軍の石原莞爾が勝手に作ってしまった満州国を政府として不承認にすることは今更出来ないし、
できるよ。というか国策でもなんでもないただの暴走であり、
ようは226事件と同じ扱いでかまわない。

>満州事変は政府の国策ではなかったということはお忘れなく。
上とも関係あることだが石原を裁判にもかけず追認してしまったんだから他人面してどうする?

>満州国の目論見
それによって英米との関係をまずくしているんだから滅亡に近いのはどっちだよw
また租借地の返還については南京攻略前の講和条件にも乗ってる。
要は君の言ってることは日本の思い通りにならないからだだをこねる幼児と同じ

>満州自体は日露戦争の結果合法的に得たもの。
>北満州まで侵攻したのは
日本が得たのは遼東半島と鉄道だけですよ。
それに北満州に日本人なんかほとんどいませんが?

>これはかなり長くなるので後でレスする。
コピペの内容は無視してもいいものばかりですね。
だから簡単にいつの首脳会談でとか書いてくれといったのに、
出典が明らかなのは全部個人的な発言じゃないか。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 07:26:05 ID:KtEiys+V0
>ybzJVwln0
あとはっきりいっておきますがきちんと当方のいっていることを理解してから
長文コピペしてください。
はっきりいってネット資源の無駄遣いです。
公の発言の定義がわからなかったのでしょうか?
元公人とか公人のいつでも撤回できる個人的発言は結構です。
そんなもんで水増ししなきゃいけないこと自体が公に認められていないことを指しているわけで、
狂って長文コピペ嵐をしているようにすら見えます。
公の発言の重さを知らないわけじゃないでしょ?

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 07:38:07 ID:KtEiys+V0
んで張学良がテロに関与していたという事実は提示できないの?
それがなけりゃ自衛の根拠が根底から崩れるんだが理解できない?
いつまでもぐだぐだ共産がどうこう無関係なことを言い続けるのは
自衛でもなんでもなかったのを自衛と強弁しているだけって理解でいいのかねぇ。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 12:12:24 ID:EZ8/AdP10
>>516
いやさ、これだけ多くの国の権力者の言っている事を
無視はできないじゃない。細かい出来事ではなくて大きな
流れで見たら、日本がした事は侵略ではなくて解放だよな。

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 17:46:38 ID:pRwE0/av0
アジア解放という場合、どこをさしているわけ?
西アジアと南アジアも含めて?
それとも東アジアは除外して述べているの?

アジア解放という言葉が蔓延しているが、
実に中途半端すぎてどこのアジアをさしていて
どこのアジアとどこを含むのかがよく解らない。
アジアではなくて国を示して欲しいな。
アジアという言葉は、実に大雑把なんだな。

解放した国を順に挙げてもらえると助かるんだけど。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 18:42:13 ID:EZ8/AdP10
>>518
またまた細かい事を言う〜w
植民地が無くなって良かった良かった、
ネ、そう思うでしょ?

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 20:53:10 ID:KtEiys+V0
>細かい出来事ではなくて大きな
>流れで見たら、日本がした事は侵略ではなくて解放だよな。 .
国家の公式見解が大きな出来事で個人の私的見解は細かいことだと思うよ。

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 21:38:30 ID:EZ8/AdP10
>>520
いえいえ、結果が総てです。
結果、植民地支配は終わった。これは事実でしょ?

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 21:44:49 ID:KtEiys+V0
>>520
そうだね。
つまり当時の日本の指導者は他国のために国を滅ぼすまで貢いだ売国奴の集団だったってことだね。
結果としてアニータが幸せになろうが青森県住宅供給公社にとっては
汚職役人の起こした横領事件の結果にすぎないよ。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 22:08:24 ID:EZ8/AdP10
>>522
意味不明、

植民地支配は終わったんでしょ?
終わらなかったのかな?
はっきりと答えてくださいよw

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 22:20:34 ID:KtEiys+V0
>>523
脱植民地化はべつに日本のおかげだけとはいえないよ。

ほれWIKIだがガルブレイスの主張はアフリカ植民地の独立を見事に説明している。
経済効果
ジョン・ケネス・ガルブレイスは、第二次世界大戦後の脱植民地化は経済的理由のために行われたとしている。
著作A Journey Through Economic Timeの中でガルブレイスは、列強にとって植民地貿易よりも先進国間の経済活動の方が経済的に大きな意味を持つようになり、
植民地への関心が薄れていったことを指摘している。
宗主国が植民地を手放すことに大きな経済的打撃を感じなかった理由の一つは、費用と利益がなくなったのではなく、
変質したからであった。宗主国はもはや植民地に対して経済その他の義務を負うという負担を持たなくなったが、
引き続き安価な製品や労働力を旧植民地から獲得することができた。
また宗主国の求める結果を得るために経済的、政治的、軍事的圧力をかけることも依然可能であった。
そして最も大きな違いは、宗主国は植民地に対する責任を否定することができるようになったのである。


525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 22:24:40 ID:KtEiys+V0
>植民地支配は終わったんでしょ?
日本の意図しなかった形で終わったな。
しかも自滅のおまけつきだ。
まったく国益に益さない植民地支配解放なんぞ売国奴の言い訳にすぎない。
それこそ国家の行為としては意味不明だ。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 22:26:19 ID:EZ8/AdP10
>>524
植民地政策が消滅した事は認めるんですね。

日本の願った通りに植民地は消滅しましたね。
結果オーライでしょ?

これに文句を言う人はいないですよね。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 22:28:21 ID:EZ8/AdP10
>>525
つまり日本の植民地は死守するべきだったと言う考えですね。
そういう考えでよろしいですか?

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 22:39:02 ID:EZ8/AdP10
>>525
もう一度聞きます。

そういう考えでよろしいですか?

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 22:40:27 ID:KtEiys+V0
>>525
>日本の願った通りに
日本はアジアの植民地解放なんか願っておりません。
資源地帯を手に入れることだけを願っておりました。

>そういう考えでよろしいですか?
それが国益にかなうならよろしいですよ。
俺は侵略だろうが虐殺だろうが国家が国益にかなうと思ったらOKだと思ってますから。
LICに有効なのは相手の人権に配慮せず大量の兵力を投入して
虐殺ともいうべき強大な軍事力を振るうことだと認識していますし。

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 22:44:48 ID:KtEiys+V0
国民が成立した相手に対する植民地化は費用対効果の面から大抵失敗する。
>日本の植民地は死守する
ことで国益が生み出せるならべつによろしいもくそもないわな。
ガルブレイスを引くまでもない。
それが正当だの不当だの、国際社会が理想主義で運営されている状態だけで
通用するような愚にもつかない特亜の愚論につきあって
正当だと寝言をいってるかぎり国益にはならんな。
韓国はなぜ反日か?なんてサイトはその典型だ。
韓国レベルの馬鹿になろうぜと誘ってるわけだからな。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 22:50:40 ID:EZ8/AdP10
>>529
本音はそうでしょうが建前はしっかりと実現させましたね。
それでも結果オーライだと思いますよ。

> 俺は侵略だろうが虐殺だろうが国家が国益にかなうと思ったらOKだと思ってますから。

ここは自分と同じ考えですね。
負けたけれども戦後日本が経済大国になれたのは結果オーライだとは思いませんか?
植民地政策が残っていたならとてもこうはならなかったでしょ?

>>530
あれ?前のレスと矛盾してますけど。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 22:55:50 ID:KtEiys+V0
>>531
矛盾してないよ。
韓国みたいに国民が成立しつつあった地域では費用対効果が悪いし、
国民が成立してない台湾だったら費用対効果がある。

>植民地政策が残っていたならとてもこうはならなかったでしょ?
日本が経済大国になったのは旧植民地との貿易が原因ではなく、
明らかに先進国との貿易が原因ですが何か?
逆に言えば植民地政策が残っていようがいまいが関係ないな。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 22:57:45 ID:KtEiys+V0
つか国益にかなうならよろしいと限定つきでよろしいといってるのであって
植民地死守が国益にかなうならよろしいというのはなんら矛盾してませんね。

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 22:59:27 ID:EZ8/AdP10
>>532
経済大国になったのは認めるのですね。
先進国と貿易できるようになったのはどうしてですか?

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:01:44 ID:KtEiys+V0
あ、もしかして日本自身が植民地政策という不採算事業を残さなかったから
戦後の経済発展ができたので結果オーライということですか?
それなら大陸利権を手放してよかったってことですな。
だとしたら戦争の被害が起こらないハルノートどころか
それ以前のハル4原則受諾のほうがよっぽどましだとおもうけどね。

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:03:26 ID:KtEiys+V0
>>534
無茶な大陸進出をやめて利害が衝突しなくなったから。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:06:36 ID:EZ8/AdP10
>>535
細かい事はどうでもよろしいのですよ。
色々紆余曲折があったが今の経済大国に至った道筋は
先の大戦を通して得られたものだという事です。

結果としては間違ってはいなかったのでしょう。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:09:25 ID:KtEiys+V0
どうしても経済大国になったことが結果オーライだというなら次の資料を数字だけでも見るべし
ttp://www.e.u-tokyo.ac.jp/~takeda/kyouzai/2004LEC/2004MJEH13.pdf
日本の目論見がまったく経済復興には役に立たなかったことが理解できます。
特に日中戦争開始まで順調に輸出が回復していた事実からするともうアホかと。
ま、負けて無茶な大陸進出がなくなっただけでも大きいですが。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:11:56 ID:EZ8/AdP10
>>538
IFの話しは止めましょうよ。
ありえない仮定の話しですから。
今まで通ってきた道筋が総てですよ。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:12:49 ID:KtEiys+V0
>>537
>細かい事はどうでもよろしいのですよ。
国軍が壊滅状態になり国土は焼け野原、餓死者が大量発生寸前に追い詰められ、
10年近い占領状態に置かれることが細かいことなら同意してもいいよ。
そういう結果を引き起こしたことは明らかに間違ってますね。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:14:36 ID:KtEiys+V0
>>539
これIFの話じゃない現実の数字だしw
大陸利権が日本の生命線ではなく欧米との貿易が生命線だった現実。
ま、彼らと対立してまで求めるような利権ではなかったてことだな。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:15:41 ID:EZ8/AdP10
>>540
実に細かい事ですよ。
間違っているとは言っても現在経済大国になっている事実は消えませんね。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:16:10 ID:KtEiys+V0
>今まで通ってきた道筋が総てですよ。
敗戦がなければ経済発展がなかったというのは明らかに合理性にかけていますね。
それは戦後の日本人の努力が戦前の間違った政策の結果にすぎないと否定するようなもんですが。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:16:43 ID:EZ8/AdP10
>>541
だーかーらー
それら総てをひっくるめて、今があるんでしょ?

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:19:18 ID:EZ8/AdP10
>>543
↓ここのところがいまいちよくわからないのですが説明お願いします。

> それは戦後の日本人の努力が戦前の間違った政策の結果にすぎないと否定するようなもんですが。


546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:22:01 ID:KtEiys+V0
>>544
>それら総てをひっくるめて、今があるんでしょ?
無駄な寄り道を肯定するつもりは皆無です。

>>545
うまくいったのは戦後必死に針路修正した努力の結果であって、
あさっての方向に走っていた以前のおかげではないですよってこと。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:23:56 ID:EZ8/AdP10
>>546
了解しました。
結果経済大国になれたと。
良かったじゃないw

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:26:48 ID:KtEiys+V0
>>547
了解しました。
宅間が子供を殺したおかげで子供の安全が真剣に考えられるようになれたと。
良かったじゃないw

ほんとに馬鹿らしいですね。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:30:02 ID:EZ8/AdP10
>>548
つまり、今までの歴史の流れは結果的に日本には良いほうに
はたらいたと言う結論ですね。

なるほどここでやっと意見の一致が見られました。

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:35:02 ID:1N7dPcDh0
この世で子供殺しを狙ってる凶悪犯もしくは予備軍は何も宅間だけじゃないからな。
事件の結果キチンと子供の安全を真剣に考えられるようになったのは意義深い事だな!

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:45:36 ID:KtEiys+V0
>>549
人間の行為が歴史に与える影響をものの見事に無視したご意見なんでまったく一致しておりません。
失敗から学んだ人間とその失敗を肯定する人間が結果オーライの一言で同一視できるあたり
あなたの考え方と一致するはずもありませんね。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:46:05 ID:EZ8/AdP10
>>550
ID変えました?

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:46:57 ID:EZ8/AdP10
>>551
どこに行ってたかと思いましたよ。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:47:17 ID:KtEiys+V0
>事件の結果キチンと子供の安全を真剣に考えられるようになったのは意義深い事だな!
551を簡単に言えば事件の結果で安全配慮がなされることを肯定することと
事件そのものを肯定することには大きな溝があることは理解できてますか?


555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:49:45 ID:EZ8/AdP10
>>554
歴史にIFはないってことです。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:51:40 ID:KtEiys+V0
>>555
IFの話をしているんじゃないけどな。
現実に太平洋戦争を引き起こすような行為が国益にかなっていたかってのは
数字が証明しているという歴史の事実だよ。

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:54:14 ID:KtEiys+V0
つか君が過去の失敗に学べない人間だというのはよく理解した。
不採算部門にこだわって本社が倒産の危機に面したというのに、
外圧で不採算部門を強引に切り離されて経営が良くなったのを
こだわってたことがなければ経営が良くならなかったという寝言をいつまで繰り返すんですか?
まったく原理の違う行動をとってよくなったのに、
元の原理があったから良くなったというのは
それこそIFの世界じゃないのかねえw

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:56:42 ID:EZ8/AdP10
>>556
意見の一致を見たと思ったのに、
また話しが元にもどっているようですね。

先の大戦で学んだ事は、中国とは距離を置いて
警戒して付き合えと言う事です。これに異論はありませんか?


559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:56:44 ID:KtEiys+V0
いやよく考えたら本社は明らかに倒産して再生機構に身を委ねた状態。
元の経営陣は追放され新たな経営陣が必死に立て直した。
そんなダメな経営陣がいたからそれをひっくるめて経営がよくなったとかいう寝言を言った覚えはありませんな。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 00:00:20 ID:OAL52uQK0
>意見の一致を見たと思ったのに、
>>559

>また話しが元にもどっているようですね。
最初っからそれしかいってないしw

>先の大戦で学んだ事は、中国とは距離を置いて
>警戒して付き合えと言う事です。これに異論はありませんか?
島嶼国家として大陸国家との付き合い方は地政学の要請によるものです。
大陸からの文物の流入を自分の都合のいいようにコントロールすることかね。
島国が大陸に兵力を送り込んでわざわざ自分の利点を帳消しにするような真似は好ましくない。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 00:04:14 ID:OAL52uQK0
その観点からいえば満州事変なんかは最悪の大陸政策だな。
せめて当初の予定どおり山がちな朝鮮半島で半島国家を支援しての防戦なら
まだいくらか勝ち目が残っていたものの
(実際ソ連侵攻において関東軍はその作戦をとった。補給も海上を利用できる分島嶼国家向き)、
わざわざ満州の広野にでて正面から殴り合いを挑もうってんだから。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 00:05:01 ID:pRTYGktx0
>>560
比喩は正確な事象をあらわしてはいないので、今後使わないでください。

質問はこうです↓
先の大戦で学んだ事は、中国とは距離を置いて
警戒して付き合えと言う事です。これに異論はありませんか?

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 00:23:03 ID:TcJ4Xq9D0
>>561
満州事変は、結果としては良かったでしょう。

もちろん、日本政府は全く関与していなかったし、政府首脳は頭を抱えたことでしょうが、
不況の波にもまれ、満蒙問題の解決を望んでいた日本国民は、満州国に希望の光を見出した
わけであります。

その後の満州国の発展を見れば、五族協和・王道楽土の建設は非常に順調に進んだと言えましょう。
多分、皇帝の溥儀にとっては人生の絶頂期だったのではないかな?


564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 00:56:14 ID:+E4A1w+J0
満州事変ねぇ・・
石原の独断で行った事だろ
挙句に日本の国富を貢ぎまくって
戦後、没収されて、その国富を中国は食いつぶした、と
日本にとっては良いこと無かったなあ
石原のオナニー事変だったってことだ

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 01:23:28 ID:TcJ4Xq9D0
シナ事変は日本政府にとって最大の誤算だった。
だが、当時は、シナ事変が帝国の存亡を握る重要事件に発展するとは誰も思っていなかった。

満州事変は塘沽協定でとりあえず終結したわけですから、成功でしょう。


566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 03:03:42 ID:nO1iHgI00
>>514
>それによって英米との関係をまずくしているんだから滅亡に近いのはどっちだよw
これは関係ないだろ?
>コピペの内容は無視してもいいものばかりですね。
>だから簡単にいつの首脳会談でとか書いてくれといったのに、
>出典が明らかなのは全部個人的な発言じゃないか。
これは解放の方ではなく大東亜戦争のことか? どっちかちゃんと示してくれよ
大東亜戦争の事を言っているのなら首脳会談で日本は自衛の戦争だったと公式な会談をすれば謝罪せざるおえなくなる
これはお分かりか? そして世界中で謝罪をしたのは日本のみである、この展開が分からないというのかね?
>元公人とか公人のいつでも撤回できる個人的発言は結構です。
【撤回していない】、しかも一国の最高権力者が著書などで示しているのだから。
君がどういおうが彼らの国はそう思っているんだよ、インドネシアなどで反日を見たことがあるか?
日本によって植民地から解放された国に旅行に今まで行って見て、反日を見たことあるか? ないだろ。

俺が思うに、日中戦争はともかくアジアの解放まで認めてないとなると、お前日協組か統一会とかの信者か?
いずれにせよ、アジアが解放されたのも結果的事実・大東亜戦争もマッカーサーや戦勝国側含めて日本は自衛の戦争をしたと認めている
てかあんたスレ違いだよ、自虐史観から抜けてないじゃん、典型的な自虐工作に陥ってる一人だな。



567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 04:11:16 ID:pRTYGktx0
なかなか返事が無いのでこんなの拾ってきたよ。
暇つぶしにどーぞ

日本がインドの独立を助ける
http://www.youtube.com/watch?v=ZQo50RFRemE
http://www.youtube.com/watch?v=f7UNqmCdaOQ

日本がビルマの独立を助ける
http://www.youtube.com/watch?v=31ShB04FWi0

日本がインドネシアの独立を助ける
http://www.youtube.com/watch?v=dHRyiPjc5E8
http://www.youtube.com/watch?v=jpzNVPRmzAs

大東亜会議
http://www.youtube.com/watch?v=rQbxaVF2_lU

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 08:41:43 ID:OAL52uQK0
>>562
比ゆ表現はまったく含まれてないけど??

>>566
>これは関係ないだろ?
中国に英米の利権がなければね。世界でもいいけどさw

>この展開が分からないというのかね?
わかっている君が自衛だと認めている”国”がたくさんあると仰っていることに疑問をつけているのですが?
それがわかっているならそんな国はひとつもないと理解できますよね。

>てかあんたスレ違いだよ、自虐史観から抜けてないじゃん、典型的な自虐工作に陥ってる一人だな。
自虐は抜けても自慰に入るんじゃ同じことだという指摘が理解できない?
国家の行為だからアジアの解放なんざどうでもいいんだよ。
チリ人アニータの幸福が日本にとってどうでもいいようにな。
それは日本人の税金によって実現されるもんじゃねえってことさね。

>お前日協組か統一会とかの信者か?
レッテル張りとは議論をするつもりはないのかね?

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 08:48:14 ID:OAL52uQK0
>>565
>満州事変は塘沽協定でとりあえず終結したわけですから、成功でしょう。
満州の主権を放棄させることすら成功していないただの停戦協定ですから、
ただの占領状態でしかない。軍事的にはともかく、政治的には完全に失敗ですね。
そんな不安定なところに大量の国費をぶちこむギャンブルが成功?
9カ国条約体制なら日本の利権維持のためと大義名分をもって
ソ連が手を出そうとしたときなんかに各国共同であたることさえできる。
例えばシベリア出兵

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 09:17:43 ID:OAL52uQK0
ってかさあID:nO1iHgI00さん。
あんたのように自虐史観から抜け出したと称して
当時の日本はすべて正しかったニダという弱肉強食の国際社会からすれば
なんら無意味な主張をするとなにか生産的なものが生まれるの?
(これはすべて悪かったでも同じことだというのは再三指摘している)
せいぜい自虐史観と自慰史観の間で結論の出るはずもない
不毛な正当不当論争が始まるだけ、そういうオナニーがしたいなら半島いってやってくれ。
そのうち自分のほうが正しいんだという思い込みだけが信念化して、
レッテル張りだの自虐の連中がたどった道を正確にトレースし始める。
あなたすでにその症状にかかりつつあるよ?

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 09:25:28 ID:+E4A1w+J0
結果的にアジアの国々を解放する一因を担ったのは確かだが
それは結果であって当初の目的ではない罠
結局のところ日米戦争は資源確保のための防衛戦争に過ぎないわけで
それ以上でもそれ以下でもない
戦勝国である米英や、まあ中国もそれは絶対に認めることは無いだろうが

まあ今みたいに日本がゆすりたかりされているのは
その戦争云々は関係なくて
すべてが中国や韓国の国民を抑えるために政治利用されてるだけなんだけどさ
つまるところ、朝日新聞じゃないけど程度なんてどうでもよくて
日本の外交力が弱いの一言に尽きるわけだ

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 09:39:26 ID:+E4A1w+J0
石原莞爾の何がまずいって中国人と言うものを理解していないところ
その根本の部分で間違ってる以上
日中軍で米国と戦うと言う考えがうまくいくはずがない
中国・南北朝鮮とは必要以上に付き合ってはいけないのだ、いつの時代も

現在みたいに中国経済が日本を追い抜こうとしていても
韓国が世界11位の経済大国になろうと、本質の部分は変わらない
外交や経済で必要最低限以上は深入りしてはいけんのだよ
その真理を逆行した結果が今の日本バッシングであり
学習しないってことは不必要な不利益を生むのだ

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 11:57:16 ID:0+fy+JMI0
>アジアの国々を解放する一因を担ったのは確か

アジアといってもどこのアジアのことを言ってるの?
アジアといっても東アジア、南アジア、西アジア、いろいろあるよね?
もしかして全てのアジアのことを言っているの?
サウジアラビアやスリランカも日本軍のおかげだと?

アジアとかいう荒い指定を使うのではなくて、
国を順に指定して貰えると助かるんだが。

たとえばどことどこを助けたと。
いい加減で曖昧な語を使うのではなくて、もっと解りやすい言葉を使って欲しい。
もしかして解放されたアジアの国というのは中国ですか?
台湾ですか?琉球ですか?タイ王国ですか?

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 12:13:48 ID:z4hAErpG0
>アジアの国々を解放する一因を担ったのは確か

ドイツに占領された国の多くが、戦後共産主義化しますた
ってことは
ヒトラーは共産主義の手先だった事になりまつよW



575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 12:25:22 ID:0+fy+JMI0
アジアの解放といっても東アジアの場合は解放したと言うより、全く、逆なのではないの?
ウヨは欧米人のアジア支配を間接的に批判しながら、
台湾・朝鮮・琉球が日本の支配を受けていた事を無視しているし。
香港なんかは英国の支配から解放される事を望んでいたようにも思えない。
香港市民からすれば日本軍なんて単なる迷惑者でしかなかったようにも思える。

中国なんかは日本軍の侵略と虐殺被害まで遭遇する事になったしな。
ウヨはアジアの国々を解放したと誇らしげに言うが、
俺にはアメリカの方がアジアの解放者にも見えなくもないな。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 13:16:13 ID:9I+/KvV90
ID:0+fy+JMI0

おい池沼、おまえはもう来なくて良い。

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 14:44:54 ID:0+fy+JMI0
侮辱かよ。

お前のようなのが一番、来なくて良いよ。
お前のようなのは討論ではなくて侮辱をしたいだけだからな。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 14:46:09 ID:0+fy+JMI0
不満があるのなら、どこが問題か指摘してくれ。
ガキのように喚かれても迷惑なだけだ。そしてお前のようなのが一番、邪魔だ。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 14:48:14 ID:0+fy+JMI0
中国人を殺して中国に侵攻して
台湾・朝鮮・琉球を領有しながら、
アジアの解放を主張されてもジョークとしか思えないんだが。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 14:54:21 ID:pRTYGktx0
>>579
個人が主張しているわけではないのに。
特亜のぞきのアジアは支持してるでしょ。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 14:56:34 ID:0+fy+JMI0
>>580

俺はアジアが支持か不支持など解らんが、
ウヨの提示する奴はウヨにとって都合のよい発言を集めたようにしか見えない。
お前がそういっているからと、それはあくまでお前の意見に過ぎない。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 14:58:13 ID:0+fy+JMI0
それに特アを除くアジアというが、
サウジアラビアやイラクまであの戦争は解放だったとでも述べているのか?
特アを除くアジアというのはね、モンゴルやサウジアラビア、ロシアの一部を
含めていることを忘れるよな。

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 15:05:57 ID:0+fy+JMI0
アジアと言っても、実に広大な地域をさしているんだよ。
特アと言うのは中国・韓国・朝鮮の事なのだろうが、
ロシアの一部、イラクやトルコまであの戦争は解放だつたと述べているのか?
よくウヨはウヨにとって有利な発言を集めるが、
日本の首相自身はアジアの解放である事を否定しているが?
外務省のホームページとか見ればいい。
ウヨは元首の発言をやたらと尊重するが、
日本の首相は否定しているがな。

アジアの区域
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/22/LocationAsia.png

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 15:07:01 ID:pRTYGktx0
>>582
そこまで話しを拡大する必要もないのに。
直接戦場になった地域に限って言えばそうでしょ。
それが一番身近な意見でもあるし、賛成も反対もあるでしょうが、
政府筋が賛成を表明していればそれを信じたほうが日本の国益にとっては
よい事だとは思うがね。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 15:11:17 ID:0+fy+JMI0
>>584

戦場となった地域と言うのは中国も含まれるがね。
中国共産党は肯定所か否定しているようにも思えるが。

>日本の国益にとっては
日本の事ばかり考えて暴走した結果、
存在したのは破滅への道だった。
自衛の為の戦争を始めて滅亡の道へと歩んだ日本と似ているな。
国益は大切だが、自分勝手に振舞うとかつてのようになるのは否定できない。

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 15:11:50 ID:pRTYGktx0
>>583
敗戦国が表立って日本は悪くないなどと政府のHPで言えると思いますか?
建前はそうだが、事実はそれだけではなかったのだと国民がわかっていれば
良いのです。そう言うことです。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 18:12:52 ID:OAL52uQK0
>>586
おや、特亜以外は全部日本が悪くないと思っているというご主張では?

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 19:10:34 ID:OAL52uQK0
>>584
>政府筋が賛成を表明していればそれを信じたほうが日本の国益にとっては
>よい事だとは思うがね。
政府が常に正しいことをいうとは限りませんよ。
つかよく間違うから選挙権という政治に関する自己判断が求められるのですがw

>>585
国益という言葉にはバランス感覚が求められる。
利害調整も行わずに一方的な国益追求をやらかせば、
よほどの大国でもない限り袋叩きにあってかえって国益を失う。
列強の尻尾に位置していた当時の日本がやらかしたのは、
現在の米国でも根をあげそうな利益独占。
正当だとか不当だとか以前の問題でしかありません。
というか日本は正しかったとか悪かったとかいう連中は、
世界が国際正義実現の場だとでも思ってるんでしょうか。
外交プレイヤー同士の話し合い以外ルールが一切ないのは現在でもいっしょなのだが。
なぜか現在の価値判断で当時の世界を云々という連中に限ってこの単純な事実がわからないんだな。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 20:53:46 ID:lfuixhzk0
               __,r-―....ー‐-、
             /:::::〈ヽ::::::::::::::l7:::::ヽ
            _/:::::::::::::::ヽ〉:::::::::/〉::rァ:ヘ
           ./<二>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:   もうはっきり言って廃業してもらい。、
           {::::-:::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  こんなバカなことをやってる不二家がね
          /:::三::/   ¨ ̄ ̄¨ Z:::::::::::::}  そのまま社長が交代したからといってね、
          }::::彡::7   __    /::::::::::::::ノ  メーカーとして存続できること自体がおかしい。
          {::::::::<  〃ー-、::ー'::r'ニ7::::::::{   消費者をナメるんじゃない!
          ヾ:::::::::{  r=rfテレ'^{:´^…彡::}
             ¨レV        l:\" /:::j   こういうメーカーがのうのうとしていること自体が
            ヽ  _    ,_;;r^::∨:::::{    おかしいんですよ。みなさん!!!
         ,-"⌒`Y´  `}  /  ,、):::::::::::/
.      /⌒¨       〉ー :'|::::: {,ィー≠_::::::::/
     〈:::   l.  l   |:::::::::::l>'ー'´ ̄ ノ_:ノ
      }::.. |::::::l   |:::::::::::::::::::::::::::::/
      |:::::: ヽ::::\  l:::::::::::_. -― '´
    ┌' ̄' ┬─‐┐┐ r┬く._j__ /  ┼  r┬、
    l=  =| ロ |(フメ∨ ,ノ 七 /、_ノ / こ ∨ ,ノ
   │ = │   :| ̄ ̄ ̄[]] ̄|| ̄[]]_ ____| ̄|
    l=  =| ロ | ̄フ  / l   ||  | |_|_| |_|
    └t___r┤_冂__!/__∧_.∨___,八____\ ∠_/l二
http://www.youtube.com/watch?v=lOuN0CbzPsU&mode=related&search=



590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 23:42:13 ID:nO1iHgI00
>>588
>それがわかっているならそんな国はひとつもないと理解できますよね。
もう一度言う、米国などが正式に日本と首脳会談をしたとして、
日本は自衛戦争であった、私達が手を出させましたと公式に認めると、
アメリカ側などは当然謝罪せざるおえなくなるってことがわかってるのか?
お前が言っているのは東京裁判の当事者等に公式に違法裁判をしたと認めさせて、罰を与えることになる(クビなど)
公式には謝罪できない、米国英国それらすべての国が古今東西一度も公式に謝罪していないのがいい例じゃないか
マッカーサーに戦勝国側も認めているものを自衛戦争ではなかったなどと言うのもおかしいんだよ
当事者等が認めているんだから。

西欧はもちろん世界全国すべての国で戦争について謝罪した国は【日本のみ】(これは謝罪の美学のせいでもある)

君が言ってる事はね、どうも世界の常識からずれてる、だからずっと自虐史観。
現在の価値観からしか見てないだろ? 







591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 00:27:15 ID:aFWB3fd90
>>590
サンフランシスコ講和条約のなかで、日本代表は文書で謝罪など一切していない。
吉田茂首相も、謝罪など一切しなかった。

近隣諸国という、特殊な反日国家との付き合いの手前、最近になって謝罪外交が
行われるようになった。それでも、大東亜戦争を「侵略戦争」と抜かす馬鹿はひとりもいなかった。

しかし、自民党政権が崩壊して誕生した野合政権の主である細川護煕は、公式の場で
大東亜戦争を「侵略戦争である」と明言してしまった。露骨に先祖に唾を吐きかけた
国賊である。

どれほどの信念があって言ったのか知らないが、細川護煕の歴史観はあやふや且つ超自虐
である。売国奴のくせに、暗殺されなかっただけよかったね、と言ってやりたい。



592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 00:33:35 ID:aFWB3fd90
菅直人や鳩山由紀夫の発言を見れば分かるとおり、こいつらは自虐史観のとりこである。
過去の歴史に関しては、史実を省みず、謝罪と賠償を積極的に行おうとするクズ野郎である。

民主党に政権を渡すことがいかに危険なことであるか、火を見るより明らかである。
民主党が政権を握れば、日本は精神面で二度目の敗戦を味わうことになるであろう。



593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 02:59:47 ID:+wIOHB2o0
自衛戦争だから、だからどうした?
日本人の一部に中国軍が先に手をだした根拠に中国を悪く言う奴がいるが、
日本が開戦して日本人が先に手をだした以上、
自衛云々は単なる言い訳だと思うが。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 03:29:08 ID:UmNp1You0
自分がどういう世界に生きているか調べ、勉強したほうがいいぞ。
60年前も今もこの世は弱肉強食の基本原理で動いている。
 
道徳的な解釈で自分を恥じて貶めているおまぬけは日本くらい。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 07:25:02 ID:XuV1IXed0
>>590
>アメリカ側などは当然謝罪せざるおえなくなるってことがわかってるのか?
だからそんな国はひとつも存在していないってこっちが言っているのがわかりますか?
なのに君はしきりにアジアの国が侵略ではないといっている、
時にはアメリカでさえいっていると明言していますが。
なので当方はそういうことを言っている個人も何人かいますがね、
そんなことを認めた国はほとんどないよと指摘したわけだ。
言葉はきちんと使いましょうね。

>西欧はもちろん世界全国すべての国で戦争について謝罪した国は【日本のみ】(これは謝罪の美学のせいでもある)
>君が言ってる事はね、どうも世界の常識からずれてる、だからずっと自虐史観。
>現在の価値観からしか見てないだろ? 
やれやれ、侵略行為だと認めることと謝罪することはまったく別物ですよ。
私は国家とは国益追求のための機関であり国際正義実現のためになんか動いていないという
単なる世界の常識を指摘しているだけの話です。

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 07:33:48 ID:XuV1IXed0
>西欧はもちろん世界全国すべての国で戦争について謝罪した国は【日本のみ】(これは謝罪の美学のせいでもある)
つイギリス→ボーア戦争
つオランダ→蘭印侵略
つフランス→アルジェ独立戦争
公式に道義的な謝罪したっていうのはこのあたりかね。

それ以外の謝罪に関しては講和条約でわりと出てくるからお好きなのをどうぞ。
もちろん道義的に謝罪というわけだけではないがねw

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 08:55:17 ID:WuAU2W8g0
>>596
質問が三つあります。イギリスの謝罪とは
エリザベス女王とエディンバラ公が南アフリカで

「私たちは、ボーアや英国の兵士たちだけでなく、この戦争に巻き込まれた、
黒人も白人も、男も女も子供達も、全ての人々を含めて人命の損失や傷害
を負ったことを悲しみをもって想起せねばなりません」

と発言したことを指すのでしょうか?これって謝罪なんでしょうか?

フランスの謝罪とはどういう謝罪をしたのでしょうか。
検索してもパリ市長の発言しか見つけることができませんでした。

オランダの350年間の植民地支配に対する謝罪については否定的な内容
しか見つからなかったのですがどのような謝罪をしたのかを教えてください。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 21:54:01 ID:+PJb2ae+0
>>597
答える気がないよーだし、謝ったってのも嘘っぱちなんだよ。



   などと煽ってみるw

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 22:24:10 ID:XuV1IXed0
>>597
イギリスはそれだ。

オランダはこれ
というか350年間の植民地支配に対する謝罪とはいってないんだがw
>>西欧はもちろん世界全国すべての国で戦争について謝罪した国は【日本のみ】(これは謝罪の美学のせいでもある)
へのレスだからこれで問題ないでしょう。
ttp://www.nishinippon.co.jp/news/wordbox/display/3091/
原文はもっとながいがオランダ外務省のHPを探してほしい。

フランスはすまん、確かに市長だった。
エビアン協定にそれらしき条文があるんだが、謝罪とまではいかないだろう。
双方の不幸ないきちがいあたりの表現だから。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 23:17:39 ID:Wpr0XbYg0
イギリスのは、これは謝罪でもなんでもなく、死者への追悼なだけの気がするが

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 23:54:11 ID:FftLsDpn0
>>595
>そんなことを認めた国はほとんどないよと指摘したわけだ。
君の認めるっていうのは、一体どういう認めるなんだ?
国家で、例えばアメリカ政府が正式に日本は自衛戦争をした、我々が手をださせたと
言わせれば、アメリカは日本が自衛の戦争をしたと認めるということになるのか?

もしこういうことを君の【認める】という認識なら、米国がそう認めた場合、いや米国だけじゃないな、英国等も含めて
賠償をもちろんしなくてはならなくなる。
国家が正式に認めるということはそういうことなんだが、君の認めるというのはこういうことじゃないのか。
よく意味がわからないんだよな。

>>599
オランダの謝罪は【去年】、今でもそれ以外謝罪した国はない。
なお、オランダはこれまで、独立戦争で殺害したインドネシアの民間人80万人に対して
一切の補償も謝罪もしていません。350年にわたる搾取に対する補償も一切していません。
これは偶然という言葉に当てはまる。

西欧の主張はシンプルで明快である。
1.武力により未開国を征服し、植民地とする行為は当時の国際法により
  合法であった。合法的行為に対して謝罪や補償金の支払いは必要ない。
2.植民地支配は当時の未開国に文明をもたらし、地域住民に現代文明の
  恩恵を与え生活が向上し、人口が増加し住民の寿命も伸びた。
3.植民地支配がけしからんと言うのなら、彼等は以前の様な未開の生活、
  無知蒙昧の状態に戻るべきである。
4.植民地政策により生活を進歩向上をさせてもらったことを宗主国に
  感謝すべきであり、それに対する謝罪要求などもってのほかである。
  もし要求されてもそれには絶対に応じないことが、西欧社会の常識である。
5.我々は過去の植民地支配について罪悪感など抱くことは決してない。

アメリカ………ベトナム戦争でベトナムに謝罪したことは一度もない。
イギリス……香港を植民地にしていたのに謝罪したことは一度もない。
フランス……ベトナム・アルジェリアを植民地にしてたが謝罪したことは一度もない。
ポルトガル……マカオを何世紀にも渡り植民地にしてたが謝罪したことは一度もない。
ドイツ………ナチの虐殺行為は認めたが、侵略を謝罪したことは一度もない。
ロシア………東欧諸国を戦後弾圧し続けてたが、民主化後謝罪したことは一度もない。
スペイン……フィリピンを何世紀にも渡り植民地にしてたが謝罪したことは一度もない。
中国………世界各地で昔も今も侵略と虐殺を続けてるが謝罪したことは一度もない。
北朝鮮………朝鮮戦争で韓国を侵略したことを謝罪したことは一度もない。
韓国…………朝鮮戦争で北朝鮮を侵略したことを謝罪したことは一度もない。
日本…………全ての戦禍国に何度も謝罪している。ついでに賠償までしている。

イギリスのそれは戦死者達に対する追悼であり、【全く謝罪ではない】。
しかも君は思いっーーーきり矛盾してる
女王のその話だけで謝罪だと認めるなら、戦後の当時首相等の発言+著書
+マッカーサーが聖書に誓って日本は自衛戦争だったと認めたことをなぜ君は認めない? 明らかに矛盾している


キリスト信者が聖書に誓うということがどういう意味か分からないはずないよな? 






602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 00:13:35 ID:lySHAF880
>>601
それがわかっていながら公式に認めたと言い張る君のいっていることがわからないのだが?
>国家が正式に認めるということはそういうこと
なのに個人的発言ばかりあげて特亜以外は当事者が全部認めていると表現するのはおかしいってことさね。

>女王のその話だけで謝罪だと認めるなら
あの〜これと
>戦後の当時首相等の発言+著書
とでは行われた場所が公式であるかないかでとんでもない差があるんですが。

>マッカーサーが聖書に誓って日本は自衛戦争だったと認めたこと
だってBY SECURITYですし。
BY SELF-DEFENNCEなら自衛ですが。
SECURITY= 安全 ((from)); 安心。古語なら防衛の意味もあるけどね。
この場合心理的に安心したかったから戦争に訴えたと捕らえるのが適当。

603 :チャンネル桜が今日から無料放送に!!:2007/04/03(火) 00:29:51 ID:9PmBu2Yz0

日本文化チャンネル桜は、平成十九年三月三十一日をもってスカイパーフェクTV!Ch.767における
24時間放送を休止し、同Ch.241「ハッピー241」の夜の時間帯で放送を続けることになりました。

※「ハッピー241」での放送時間(4月1日?)は、以下のとおりです。スカイパーフェクTV!
の受信環境があれば、どなたでも無料でご覧になれます。
       【月?金】18:30?21:30/23:00?24:00
       【土・日】21:00?24:00

http://www.ch-sakura.jp/index.html



604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 01:25:16 ID:TGcJ5rtN0
>>602
なんか、屁理屈としか読めないな。
とにかく世界は戦争の勝敗に関わらず、どこも謝っては
いないというのが、ここではっきりしたので、日本も中韓に
いつまでも頭を下げるのは、止めてほしいな。なんか言ってきたら
無視するのが、一番国益に叶うというのがはっきりしたわけだし。
オランダは負けたくせに、2005年まで政治的にも道義的にも、
独立を認めてなかったようだし。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 02:32:39 ID:TGcJ5rtN0
あっ間違ってたよ。オランダは、謝罪してないようだな。
Dutch withhold apology in Indonesia」=International Herald Tribune
でも、インドネシアでは、謝罪と受け取ったようだな。
どこぞと違って優しい国だぜ。
http://www.deccanherald.com/deccanherald/aug192005/update918252005819.asp

オランダにはこの問題をめぐる複雑な議論があり、
外相のスピーチにもそれなりの「配慮」が感じられる。
より正確にいえば、彼が表明したのは、
インドネシア独立戦争時の行為についての「profound(深い)
regret(悲嘆・遺憾・後悔・追悼の意) 」である。 
また、スピーチ後の記者会見で同外相は、
これが明確な謝罪であることを認めず、
補償の意思がないことも明らかにしているという。
http://ameblo.jp/htaguchi/entry-10003712570.html

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 02:35:15 ID:TGcJ5rtN0
>>605
自己レス
×  Dutch withhold apology in Indonesia」=International Herald Tribune
○  http://www.iht.com/articles/2005/08/16/news/Indo.php
貼り間違えたな。

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 02:57:24 ID:vbwXCDEV0
>>602

>とでは行われた場所が公式であるかないかでとんでもない差があるんですが。
謝罪するために女王は話に行ったんだ? 俺初耳だわーーw
大統領官邸でのパーティでたまたまそういう話がでただけで謝罪が目的じゃないんだけど?
しかもどこからどう見てもそれは謝罪の文章に見えないわけで。
>公式に認めたと 俺がいつ公式に認めたと言った? 君は日本語を理解できてないな
米国らは公式に認めたら謝罪せざるおえなくなるんだよ、理解できるのかな? お金とか払わなくちゃいけなくなるの、おk?
英紙オブザーバー、ルイス・マウントバッテン『ビルマ戦線の大逆襲』、バー・モウ博士著『ビルマの夜明け』とか色々
お前が言っていることは【東京裁判が正当なものだった】と言っているのと同義なんだよこの愚か者め
公式に政府が謝罪しないと認めていない? 馬鹿かお前は表ばかり見て
【当事者等が戦後に日本は自衛の戦争をしたと認めていて撤回もしてないんだよ】
お前みたいなのに本にいらねーよ、中国にでもずっと永住してこいよカス

>だってBY SECURITYですし。
ていうかマッカーサーが戦後に日本が自衛戦争だと主張したことを全く知らないと?
今度は題名の訳ですかw面倒だからマッカーサーが言った訳をのせる。 
1951年(昭和26)5月3日、アメリカ合衆国上院議会・軍事外交合同委員会の聴聞会において、聖書に誓い、日本は自衛のための戦争をしたと証言した。
「日本は八千万人近い厖大な人口を抱え、それが四つの島の中にひしめいているのだということを理解して頂かなければなりません。
その半数近くが農業人口で、後の半分が工業生産に従事していました。
潜在的に、日本の擁する労働力は量的にも質的にも、私がこれまでに接したいずれにも劣らぬ優秀なものです。
歴史上の、どの時点においてか、日本の労働者は、人間が怠けている時よりも、働き、生産している時の方が幸福なのだということ、つまり、労働の尊厳と呼んでも良いようなものを発見していたのです。」
と日本の特質を分析し、
「これほど巨大な労働能力を持っているということは、彼らには何か働くための材料が必要だったということを意味します。
彼らは、工場を建設し、労働力を有していました。
しかし、彼らは手を加えるべき原料を得ることができませんでした。
日本は、絹産業以外には、国有の産物は殆ど何も無いのです。
彼らは綿が無い、羊毛が無い。石油の産出が無い、錫が無い、ゴムが無い。その他実に多くの原料が欠如している。
そして、それら一切のものがアジアの海域に存在していたのです。
もしこれら原料の供給が断ちきられたら、一千万から一千二百万の失業者が発生するであろう事を彼らは恐れていました。したがって、彼らが戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られての事だったのです。」
日本は安全保障の必要性により戦争を始めた。
これはマッカーサーが大東亜戦争は自存自衛ための戦争だと認めたことに他なりません。
東京裁判の判決は間違いだったと証言したのと同じです。
当のマッカーサーが認めたのだから、侵略国のいわれはない。

お前の頭は何でも疑わずに呑みいれるチョンと同レベルだ






608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 03:04:41 ID:vbwXCDEV0
>>602

あぁ先に言っておく

くだらない言い訳は聞きたくないから、反論するなら【まともな説得力のある内容で頼むわ】

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 07:23:01 ID:lySHAF880
>>608
>くだらない言い訳は聞きたくないから、反論するなら【まともな説得力のある内容で頼むわ】
まともな説得力ねえ。これでいいのかい?
なんか、屁理屈としか読めないな。
どうして屁理屈なのか反論するなら【まともな説得力のある内容で頼むわ】。
だってこれ以外論も存在していないから反論しろっていわれても困るわ。
むしろ、お前さんが当方の主張にまともな説得力のある反論を一切出来ない状態だって理解してくれ。

>>605
>あっ間違ってたよ。オランダは、謝罪してないようだな。
>より正確にいえば、彼が表明したのは、
>インドネシア独立戦争時の行為についての「profound(深い)
>regret(悲嘆・遺憾・後悔・追悼の意) 」である。 
日本人が謝罪してないニダって韓国人みたいなこといってんなよ・・・
ttp://tenpura_c.at.infoseek.co.jp/sub2.htm

>>607
>謝罪するために女王は話に行ったんだ? 俺初耳だわーーw
公式のスピーチでな。世間話としてやったわけじゃないぞ。
反論するならもう少し【まともな説得力のある内容で頼むわ】


610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 07:39:55 ID:lySHAF880
>>607
>>480
>インドネシアやタイやバラオなど含めて戦後に首相等が著書や公の発言などで日本にかなりの感謝を示しているんだから、
んでお前さんが出してきたのは個人的な著書だったり
ただのインタビューなのか時間もはっきりしない代物ばかり。

>面倒だからマッカーサーが言った訳をのせる。 
その前後の訳まできちんと読めよw
まずもとの質問はこう
「共産中国を海と空から封鎖しようという貴方の提案は、
太平洋においてアメリカが対日戦勝利を成し遂げた戦略と同じではありませんか?」
そしてこの発言の後は延々と日本の海上交通路を遮断して、日本軍を日干しにしたことが
いかに効果的に自軍の損害を少なくしていったかを述べている。
基本的に開戦後の一将軍がどういう行動をとったかというお話で、
突然戦争前の政府の行動がどういう行動をとったかというお話が出てくる余地はあまりない。
そう解釈することも不可能とはいわないが、
共産中国を海と空から封鎖しようという貴方の提案の貴方とは一将軍マッカーサーに向けられている。
ま、戦争の原因である国家行為に解釈するのは無理やりだといえるね。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 07:40:53 ID:lySHAF880
>東京裁判の判決は間違いだったと証言したのと同じです。
ついでにいっておくがマッカーサーの議会での発言を持って
そんなこといってるヴァカはいねえぞ?

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 08:45:41 ID:KgE/vurk0
>>599
ありがとうございます。その後のレスを読んだりして、さっそく自分でも調べてみました。

他の国々もどうやら謝罪しているところは無いようです。

まず先にあげたイギリスは謝罪ではないですよね。

オランダは>>605さんが書いているのを読むとあれは謝罪というよりも侮辱ですね。

どうやら世界の常識とはむやみに謝罪してはいけないようです。
ヤクザに一度謝るといつまでも脅されるのと同じですね。
謝罪すれば罪を認めたことになり、相手をつけあがらせるだけなのかなと感じます。

でもインドネシア政府は謝罪と受け取って未来に向けてお付き合いしましょうと、
大人の対応をしました。みごとです。

罪を認めていないと言うことは国内でもおそらく反省もしてはいないのでしょう。
それを考えると日本は反省しすぎです。
イギリスのを謝罪と見なすならば天皇の謝罪は土下座しているようなものですね。

後進国はともかくイギリス、フランス、オランダと先進国と言われる国の
対応はこうなのだと見習うべきかと思います。
謝罪するという行為がいかに国家の威信を傷つけるものなのか、なんとなくわかりました。

私は以前まで謝罪する日本をしかたがないものだと考えていました。
今後日本は謝罪と賠償を求められても絶対にしてはいけないものなのだと確信しました。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 09:12:15 ID:ap01slHw0
>>1の言うような自虐史観など存在しない。
自分の自我や虚栄心を満足させたいがために、戦前の日本全てを無理やりにでも
肯定しようとする自慰史観論者の脳内仮想敵でしかない。

自慰のために、現在の日本の立場を危うくする、これこそが本当の自虐と言うものだろう。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 09:17:41 ID:1OayEk680
>>613
自分の先祖が生きた戦前をボロクソ言う奴らもどうかと思うけどな〜


615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 10:02:33 ID:zcGrzu0cO
自慰史観など存在しない。
自分の自我や虚栄心を満足させたいがために、戦前の日本全てを無理やりにでも
否定しようとする自虐史観論者の脳内仮想敵でしかない。

自虐のために、現在の日本の立場を危うくする、これこそが本当の自慰と言うものだろう。


616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 10:05:37 ID:ap01slHw0
末端の一般民衆まで非難している者など居はしない。
それが自慰派の脳内妄想だと言うんだよ。
我らの先祖の大半は、上層部の引き起こした大変な事態の中
必死に生き延び、戦後には驚異的な経済成長を成し遂げた。
これは尊敬されてしかるべきだ。

しかし、それと上層部の責任問題は全くの別物。いや、先祖の
苦難を思えばこそ、追求されねばならない。

戦前の上層部には肯定できる要素はほとんど無い。
国益より派利派略を優先した結果があのざまだ。
それは現在の自慰派も似ているな。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 10:17:43 ID:zcGrzu0cO
施政者上層部の政治責任まで否定している人はいない。そこが自虐派の脳内妄想だというんだよ。
多くの生命財産を喪失した損益。国民に対する政治責任はあってしかるべきだ。
しかしそれと先祖の苦難に対する感謝と慰労の念は別物だ。
国民はもとより。
為政者の立場にあった責任ある人に対しても、彼らに慰労の念を持つことに何の問題があるだろうか。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 11:12:32 ID:KgE/vurk0
いろいろ考えて見ました。

日本が外国に対して、謝罪やら賠償をすることと、
国内で先の戦争の検証をすることとは別の問題と考えるべきですね。

上で書いたように、国家として正式に謝罪するのは国益に反します。

戦後60年以上を経過した今はまず、謝罪と賠償は今後一切行いません
と決めなければならないと考えます。

謝罪と賠償を断った上で検証をしなければ、国内の検証も各々の主張を通そうとするが為に、
善悪の有無だけで論じられてしまう恐れがあるからです。

他国からはそのような国内の議論を逆手に取られて、やはり悪いことをしたのだから
謝罪だ賠償だとつけこまれますし、すでにつけこまれて大きく国益を損なっています。

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 12:23:38 ID:KgE/vurk0
お昼なのでまた書き込みます。

戦後の経済復興を担った年代はまさに戦争を戦った世代と
一致することに気づきました。

(例えば敗戦の1945年に20〜40代だった人達が
 1970年代までの経済成長の主要中枢部の労働者とかぶります。)

彼らが一時の例外を除き戦後に政権を社会党とか共産党に
渡さなかったのは慧眼に値すると思います。

戦中を戦い戦後の復興にも力を尽くした先人には感謝し、
これからを生きる者たちの励みになると思います。

戦後のアメリカが共産主義を毛嫌いして自民を後押ししたとしても
その共産化とも戦った日本をかんがみれば共産主義国と手を結んだ
アメリカの矛盾をも際立たせます。

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 13:04:30 ID:ap01slHw0
>>617
>施政者上層部の政治責任まで否定している人はいない。
「日本の行為は全て正当」
「結果的に世界2位の経済大国になれたのだから、日本の方策は間違ってなかった」
この板にはこういう主張を繰り返すヤシがいるが・・・

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 13:09:40 ID:ap01slHw0
>>619
敗戦後の日本の立場では、謝罪と賠償こそが国益にかなっていた。
占領から解放されるため、貿易を行うため。

>戦後60年以上を経過した今はまず、謝罪と賠償は今後一切行いません
決める必要などない。どちらも本来解決済みの問題だ。
外交カードにされるのは、かつて行った謝罪を取り下げるような事を
国内要人が口にするから。


622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 13:37:39 ID:zcGrzu0cO
>>620
そんなこと言ったら、
「日本はとにかく悪かった」
「負けたのだから正当性は一切ない」
と嘯く輩もいますよ。
我々は砂上の土俵で争っていると言う事を認識すべきです。
依って立つ歴史観は、「自慰」「自虐」という型ではなく自己と他者、すなわち私とあなたの歴史観のみです。


623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 14:27:35 ID:KgE/vurk0
>>621 少し暇が出来たので、
確かに戦後の国策を復興と経済政策に絞り、謝罪するのが国益にかなう
との政治判断は悪くは無かったと思います。

不注意にマスコミの挑発や他国の内部干渉に乗ることなく、
粛々と応対すればいいわけですから、政府の対応しだいだと思いますね。

最近のマスコミの堕落ぶりには政府も困り果てているのではないでしょうか。
まずは国内から過去をぶり返して日本の尊厳を貶めるような勢力の衰退を望みます。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 15:03:17 ID:ap01slHw0
>>622
その「悪かった」「正当性」は上層部にかかるのであって、
末端の兵士まで責めている例がありますか?

>砂上の土俵
私の論点は事実に基づいてますよ。
上層部の責任を免責しようとする日本正当論者はいるが、
末端の兵士、民間人まで責める日本不当論者はいない。
前者は自慰と言う形容に値するが、後者は自虐と言う形容には値しない。
よって自慰史観は存在するが、自虐史観は存在しない。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 15:43:54 ID:zcGrzu0cO
>>624
末端の兵士を責める声ありますよ。国民を責めるひとも居ますよ。この板は初めてですか?
近代史板が出来た当初から居ますが、ほんとうに色んなレスがありますよ。
今現在このスレには、さほど極端な人は居ないようですが…。
今そこに無い仮想敵を相手にシャドーボクシングをしにきたんじゃありません。
今しているレスは「私の想像する自虐史観論者へのアンチテーゼ」ではなく
「あなたが[自分の想像する今そこに居ない自慰史観論者へのアンチテーゼ]を展開していることに対してのアンチテーゼ」
です。
せめて>>613の自慰史観論者に該当するレスにアンカーを付けて「それは自慰的では無いか」だとか敵を指定しながら登場してくださいよ。


626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 16:24:42 ID:vbwXCDEV0
>>609
>公式のスピーチでな。
だからぁー? お前はあれが謝罪の文面に見えるんだ? すげー日本語理解力ですねw
>んでお前さんが出してきたのは個人的な著書だったり
>ただのインタビューなのか時間もはっきりしない代物ばかり。
個人的と言っても【最高権力者の首相等のな】、それに発言なんざネットでも調べればいくらでもでてくるんだけど?
ネットでハンキー卿って検索すれば前にのせた東京裁判の後に公正な裁判ではなかったとかの言葉もでてくるしねぇ
そんな何時何分何十秒とか知って何がどうなるの? 虚実ではなくて事実なんだから全くどうでもいい話だわな
>突然戦争前の政府の行動がどういう行動をとったかというお話が出てくる余地はあまりない
あまりでてこなくてもでてきてもマッカーサーはそういう発言をしたんだよ、分かってるのかな?
そういう日本は自衛の戦争をしたと話をしたの、日本語分かるよな? 説得力のある内容で頼むわって言ったんだけどどうも屁理屈しか言ってこねーなw
>>611
>ついでにいっておくがマッカーサーの議会での発言を持って
マッカーサーだけじゃないよねー? 前に俺お前にちゃーんと示してあげたはずだけどもう記憶から消えちゃったのかぁ?
1.マッカーサー元帥
 昭和25年10月トルーマン大統領に対して「東京裁判は誤りであった」と
 告白。さらに昭和26年に米国上院において「日本がおこなった戦争は
 正当防衛であり侵略戦争ではなかった」と公式に証言。
2.インドのパール判事
 日本が戦争にふみきったのは「侵略のためではなく」独断的な政策をとった
 西洋諸国によって挑発された為であり、「東京裁判は正義の実現ではなく
 勝利者による復讐」であるとし、「日本は国際法に照らして無罪である」と
 主張したが、その主張を法廷で述べることを許されなかった。
3.米国のブレークニー弁護士
 米国ベンブルース・ブレイクニー弁護士
 のちに明らかになった法廷での証言
 キッド提督の死が真珠湾攻撃による
 殺人罪になるのならば
 我々は広島に原爆を投下した者の名前を
 挙げることができる
 彼らは殺人罪を意識していたか?
 してはいまい
 原爆を投下した者がいる
 その者たちが裁いているのだ
「日本は原爆に対して報復する権利を持つ」とウエッブ裁判長に抗議。
4.豪州のウエップ裁判長
 帰国後「東京裁判は誤りであった」と繰り返し表明。
5.オランダのレーリング判事
 裁判終了後に「東京裁判には法的手続きの不備と南京大虐殺のような
 事実誤認があったが、裁判中は箝口令がひかれていて言えなかった」
 と発言。また、「私たちは国際法を擁護するために裁判をしていたはずなのに、
 連合国が国際法を徹底的に踏み躙ったことを、毎日見せ付けられていたから
 それは酷いものだった。もちろん、勝者と敗者を一緒に裁くことは不可能だった。
 まさに復讐劇だった」と述べた。
6.仏国ベルナール判事
  裁判所が欠陥ある手続きを経て到達した判定は
  正当なものでありえない
  ”平和に対する罪”の記追については
  認めるわけにはゆかない
7.アメリカのキーナン首席検事
 日本糾弾の旗頭キーナンですら裁判が終わった後に
 「東京裁判は公正なものではなかった」と発言。
8.イギリスの国際法の権威ハンキー卿
 『戦犯裁判の錯誤』という本の中で「日本無罪論のパール判事の主張は
 絶対に正しい」と明言。
9.イギリス法曹界の権威ビール氏
 『野蛮への接近』という著書のなかで「東京裁判は勝者が敗者に加えた
 野蛮きわまりない復讐行為である」と断言。

続く

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 16:30:28 ID:vbwXCDEV0
 東京裁判で、全員無罪の判決を少数意見として下した国際法学者、
インドのパール博士は、次のように語っている。
この度の極東国際軍事裁判(東京裁判)の最大の犠牲は『法の
真理』である。・・・勝ったがゆえに正義で、負けたがゆえに
罪悪であるというなら、もはやそこには正義も法律も真理もな
い。力による暴力の優劣だけがすべてを決定する社会に、信頼
も平和もあろうはずはない。
 今後も世界は戦争は絶えることはないであろう。しかして、
そのたびに国際法は弊履のごとく破られるだろう。だが、爾今、
国際軍事裁判所は開かれることなく、世界は国際的無法社会に
突入する。その責任はニュルンベルグと東京で開いた連合国の
国際法を無視した復讐裁判の結果であることをわれわれは忘れ
てはならない。
 パール博士の予言した「国際的無法社会」は、現在の「暴力教
室」として現実のものになっている。東京裁判によって、いかに国
際法と国際正義の概念、権威が大きく後退し、そのことによって戦
後の国際社会がどのような災厄を被っている。
 東京裁判では、「平和に対する罪」という新しい概念が持ち出さ
れ、東条英機以下が、侵略戦争(正確には「侵攻戦争」)を行った
罪で処刑された。判決では、この「平和に対する罪」の根拠として
パリ不戦条約を持ち出した。
 この条約は、戦争を自衛戦争と侵略戦争に二分し、後者を違法と
したものである。しかしこの条約では、侵略戦争の定義は出来てお
らず、アメリカなどはその判断は各国に任せられていると主張して
いた。このように侵略戦争の定義もないままに、日本が侵略戦争を
行ったとして東条らを処刑したのが、東京裁判であった。
 一方、日本に対して経済封鎖を行い、戦争状態に追い込んだアメ
リカの行為は咎められる事がなかった。この点について、占領軍総
司令官のマッカーサー自身が、607に書いてあることを言った。
 このように一国の「生存権」を脅かすような経済封鎖を行った上
で、次のような挑発を行ったとしたら、どちらが先に「侵略戦争」
を仕掛けたと言えるのだろうか?
 今次戦争についていえば、真珠湾攻撃の直前に米国国務省が
日本政府に送ったものとおなじような通牒を受取った場合、モ
ナコ王国やルクセンブルグ大公国でさえも合衆国にたいして戈
(ほこ)をとって起ちあがったであろう。
 さらに日ソ中立条約を破って満州から(8月15日の降伏後も)
北方領土まで侵略したソ連の行為は不問にされている。
 東京裁判において、「侵略戦争」の定義もないまま、片手落ちの
判決を下したために、それを禁ずる国際法の発展は阻害された。
 侵略戦争を違法とする国際法の案は、'51年と'54年に国連総会に
提出されたが、いづれも「侵略戦争」の定義が未完成であるとして、
審議が見送られた。そして国連総会において「侵略」の定義が決議
されたのは、ようやく'74年であった。この定義が今後、正式に国
際条約として立法化された時に、ようやく国際社会は侵攻戦争を
「違法」として追求しうる段階に達する。
 湾岸戦争の時に、イラクのフセイン大統領のしたことは、世界中
から侵略戦争だと見られていた。しかしフセインの進攻に対しては、
「多国籍軍」が力で撃退しただけで、その「侵略行為」の不正を問
うことは現在の国際法の段階ではできないのである。
 逆に言えば、フセインが湾岸戦争に勝っていたら、国際社会はイ
ラクがクウェートを併合するのを、黙って見ている事しかできなか
ったであろう。現代の国際社会は、まさにパール判事が予言したよ
うに「力による暴力の優劣だけがすべてを決定する社会」なのであ
る。 続く






628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 16:39:34 ID:vbwXCDEV0
 フランスのベルナール判事は、「この裁判は法の適用および手続においても誤りがある」と裁判の不当性を指摘し、
 「十一人の判事が一堂に集まって協議したことは一度もない」と内部告発の声さえあげた。
 そして、終始一貫して全員無罪、いや「東京裁判は裁判にあらず、復讐の儀式にすぎない」と強く抗議し、裁判自体を違法として、根底から否定した判事がインドのパール博士。
 「この裁判は、国際法に違反しているのみか、法治社会の鉄則である法の不遡及まで犯し、罪刑法定主義を踏みにじった復警裁判にすぎない。したがって全員無罪である」と傅士は主張した。
 法の不遡及とは、後でできた法律で過去の出来事をさかのぼって裁いてはいけないという法治社会の根本原則。
 多数派の判事が同意した検察側の起訴状の内容は、「東條英機元首相以下二十八人の戦犯は共同謀議を行っていた。目的は侵略による世界支配である。
 その目的を果たすために通常の戦争犯罪のほかに、〃平和に対する罪〃、〃人道に対する罪〃を犯した」とするものだ。
 日本は世界征服をたくらみ、アジア各国を侵略していったというのです。通常の戦争犯罪とは、捕虜の虐待、民間人の殺戮、放火、略奪などをさします。
 博士はそれらの戦争犯罪を認めた上で、なお日本を無罪とした。
 「平和に対する罪」「人道に対する罪」など、国際法上は存在していなかったから。いやそれどころか、戦時中は、
 連合国側にしても敗戦国の指導者を裁こうという発想自体が存在していない。
 東東裁判やニュルンベルグ裁判の実施は、戦後になってからあわただしく決定されたのです。ドイツが降伏したのが一九四五年五月七日。
 この時から戦後処理に向かって、連合国は動きはじめますが、具体的な内容が決まったのは、日本が降伏するわずか一週間前の八月八日でした。
 この日、ロンドンで英米仏ソの四力国外相会談が催され、四力国はヨーロッパ枢軸国の
 「重大戦争犯罪人の審理と処罰のための裁判所を設置するために国際軍事裁判条例を定めること」にはじめて合意。
 これに基づき、ドイツの首脳を裁いたニュルンベルグ国際軍事裁判起訴状が十月に発布された。
 この時、ナチス・ドイツを裁くにあたって、連合国側が持ち出してきたのが、「人道に対する罪」「平和に対する罪」。すなわち、日本とA級戦犯とされた被告たちは事後法によって裁かれたわけである。
 事後法で裁くことは文明社会では許されていない。
 ナチス・ドイツのユダヤ人虐殺(ホロコースト)を罰するためにニユルンベルグ裁判条例で新しく設けられた「人道に対する罪」を、
 ナチスのような民族大虐殺を行っていない日本に適用したのはあまりにも強引。
 そもそもこの裁判は、最初から違法。オーストラリアのウエッブ裁判長とフィリピンのジャラニ判事は法廷に持ち出された事件に、
 前もって関与していたので判事としては不適格、協定用語(法廷での公用語)である英語と日本語がともに理解できないソ連のザリヤノフ判事とフランスのベルナール判事らも適切な判事ではありません。
 ましてや中国の梅汝敖判事は、本来裁判官ではなく、論外です。国際法の学位を持つ判事はパール博士ただひとりというでたらめぶり。
 裁判中の判事たちのふるまいも対照的でした。ほかの判事が観光旅行や宴会にうつつを抜かしている間も、博士は、ホテルに閉じこもり、調査と執筆に専念していた。裁判の間に博士が読破した資料は四万五干部、参考図書は三千部におよんだ。
 しかも驚くべきことに、裁判を開く前に判決は決まっていたという事実が後に判明した。
 博士が、後にご子息、プロサント氏に「裁判所が判事団に指令して、あらかじめ決めている多数意見と称する判決内容への同意を迫った。
 さらにそのような事実があったことを極秘にするために、誓約書への署名を強要された」と語り残して。博士はこのようなプレッシヤーの中、
 断固として同調を拒否し続けた。博士の毅然とした態度は、占領軍、ひいてはアメリカ本国の誤算。
 昭和二十一年の春、マッカーサー司今部は、すでに発布していたチャーター(極東国際軍事裁判条例)を改訂して、すでに任命している連合国九カ国の判事団に加え、
 当時は欧米列強の統治下にあったフィリピンとインドから判事を招聘することを決め、英国政府を通じて、インド人の判事の選考を求めました。
 選考の結果、選ばれたのがすでに世界の国際法学会で議長団のひとりとして活躍していた国際法の学者、パール博士です。
 続く

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 17:01:11 ID:vbwXCDEV0
 しかし、この選考には大きな裏があった。それは博士がそれまで職務と学間に精励してはいたが、インドの独立運動に参加していなかったからという選考理由。
 インドは長い間、西洋列強の支配に苦しんでいた。この列強の支配から脱するための独立運動を支援したのが日本軍だった。
 なぜ、すでに決定していた判事団にフィリピンとインドの判事をあらたに加えようとしたのか。この駆け込みの変更も、東京裁判の性格を雄弁に物語っています。当初選ばれた判事団には、アジアからは中国一力国だけしか入っていなかったから。
 あらたにアジア二カ国(それも当時は完全な独立国ではありません)の判事を参加させることによって、アジアの多くの国が日本を罪悪視しているという印象を演出しようとした。
 ところが、マッカーサー司令部の意に反して、高潔な法律家であった博士は、「法の真理」に準じ、最後まで公正な判決をつらぬき通した。
 博士は「戦勝国が敗戦国の指導者たちを捕らえて、自分たちに対して戦争をしたことは犯罪であると称し、彼らを処刑しようとするのは、歴史の針を数世紀逆戻りさせる非文明的行為である」と論じ、
 「この裁判は文明国の法律に含まれる貴い諸原則を完全に無視した不法行為」であると宣言した。
 
続く

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 17:04:59 ID:vbwXCDEV0
仮に、東京裁判が名目どおり「平和に対する罪」を裁く裁判だとしたら、世界のいかなる国に対しても公正に国際法が適用されてしかるべき。
 裁く者は戦勝国民で、裁かれる者は戦敗国民などということがあづてはならないはずです。戦争に勝った者が正しく、戦争に負けた者が正しくないなどという理屈は天地がひっくり返っても通らないから。
 英文にして千二百七十五ページ、日本語にして百万語にもおよぶ博士の意見書の末尾には、こう書かれている。「ただ勝者であるという理由だけで、敗者を裁くことはできない」
 パール判決書は、今もって公式には発表されることなく、闇の中に葬り去られています。しかし、東京裁判が国際法上では、正当性のかけらもない無効な裁判であるという評価は、すでに世界の常識となっている。
 なぜなら、裁判に関わった当事者たちが後に次々と非を認めたから。
まず、裁判が行われた当初から、パール博士と同じく、意見書を出し「ドイツのナチスに比して刑が重すぎる。滅刑せよ」と判決に疑義を投げかけていたオランダのレーリング判事。彼は帰国して後、
 オランダのユトレヒト大学で教鞭をとり、
 国際法学者として名を知られるようになる。レーリングが七十八歳で亡くなる八年前に彼が東京裁判の真相を書き残した本が刊行されている。
 『ザートウキョウ・トライアル、アンド・ビョンド』(「東京裁判とその後」)。この著書の中で、戦災の爪痕も生々しい首都圏を目の当たりにしたレーリングは、
 次のように述懐。
「われわれは日本にいる間中、東京や横浜をはじめとする都市に対する爆撃によって市民を大量に焼殺したことが、念頭から離れなかった。われわれは戦争法規を擁護するために裁判をしているはずだったのに、
 連合国が戦争法規を徹底的に踏みにじったことを、毎日見せつけられていたのだから、それはひどいものだった。もちろん、勝者と敗者を一緒に裁くことは不可能だった。東條(元首相)が東京裁判は勝者による復警劇だといったのは、まさに正しかった」
 そして、「侵略」の定義さえなかった時代に、日本の侵略戦争と断じた愚挙にふれ、博士が危惧したのと同じく、「次の戦争では、勝者が戦争を終結した時に新しい法律をつくって、敗者がそれを破ったといって、いくらでも罰することができる、悪しき前例をつくった」と、
 この違法裁判が後世に残した禍根にふれている。
 また、レーリングは「連合国側の犯罪行為については、一切取り上げることは許されなかった」と振り返り、東京裁判が最初から有罪を前提としたいかにひどい裁判だったかを暴露している。
 レーリングの告発は続きます。連合国の犯罪行為には、指一本ふれさせなかったウエップ裁判長はしばしば泥酔して法廷にやってきました。そのことを明かした上で、レーリングは、「二流の人物」「とうてい役不足だった」とウエップ裁判長を酷評し、
 みずからをも含め、パール博士を除く判事が、国際法に関しては素人同然だった事実を認めたのです。レーリング自身、当時、ユトレヒト大学で蘭領東インド(現インドネシア)の刑法について教えていたので、
 アジアのことを少しは知っているだろうというだけの理由で選ばれた。
 東京裁判の過ちを認めたのは、レーリング判事だけではない。レーリングから「とうてい役不足」と酷評されたウエップ裁判長も、東京裁判の主席検事で米国の代表者、キーナン検事も、
 後に東京裁判は国際法に準拠しない違法裁判であることを認める発言を行っており、現在、東京裁判の正当性を信じている法律家は皆無といっていいほど。

 続く
 

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 17:06:12 ID:vbwXCDEV0
東京裁判を画策した張本人のマッカーサー元師でさえ、昭和二十五年十月十五日、ウエーキー島でトルーマン大続領と会見した際、東京裁判は誤りだったとの趣旨の告白を行ったばかりか、翌年五月三日に開かれたアメリカ上院の軍事外交合同委員会の聴聞会においても、
 「日本が第二次世界大戦に突入していった理由の大半は、安全保障だった」と明言。GHQでマッカーサーの側近であったホイットニー少将の回想録にも、マッカーサーの次のような発言が出てきている。「敗戦国の政治指導者を犯罪人としたことは忌わしい出来事だった」と。
 マッカーサーは当初、「真珠湾に対する〃騙し討ち〃だけを裁く裁判を望んでいたのだが、ドイツでニユルンベルグ裁判がはじまってしまったので、日本に対してもやむなく同様の裁判を行わなければならなくなった」と苦しい心の内を語っていたようです。
 裁判終了後、ホイットニーがオランダにレーリングを訪ねています。このとき交わされた会話も当時のGHQ幹部たちの複雑な心境を伝えています。
 ホイットニー 「東京裁判は人類の歴史の中で、もっとも偽善的なものだった。あのような裁判が行われた限り、息子が軍人になるのを禁じざるをえなかった」
 レーリング  「なぜか」
 ホイットニー 「アメリカも日本と同じような状況に追い込まれたら、日本がそうしたように戦うに違いない」
 国際法の常識では、占領軍は占領地の国内法を尊重しなければないとなっています。この基本的な決めごとすら無視して、東京裁判は行われたのですから、東京裁判に関わった当事者たちが非を認めても当然。
 なのに、ひとり日本人のみが、東京裁判から五十年以上たった今でも、その正当性を疑おうともせず、東京裁判史観に呪縛され続けている。これはお前も知っている通り在日らの政治マスコミその他多くの相当な圧力がかかっているからだ。
 お前は日協組や在日集団などの自虐工作を知っているにも関わらず過去の日本を非としようとしているのだから呆れてものがいえぬ、頭のネジがすべて抜けてるんだろうな。
 最後にもう一回付け加えておく、【これらの発言は以後誰一人として撤回しておらず不当という声は一切ない】
 表、テレビや教科書ではもちろんこんなことは圧力がかかっていて知ることはまず100%できないがな。
 東京裁判が正当? 日本近代史板を見てるくせにまともな情報を知らないとはお前の頭は豆腐でできてんだろうな。
 
 
 

 


632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 17:20:04 ID:ap01slHw0
>>625
>端の兵士を責める声ありますよ。国民を責めるひとも居ますよ。
煽りや一行レス以下のものでしょ。大真面目に主張し論じているのは居ませんよ。
いまこの板で伸びているのはこのスレとマッカーサースレですが、両スレともに
「日本は全く悪くない」論者が妄論を展開してますね。

>今そこに居ない自慰史観論者
現実に存在してるじゃないですか。近場ではこのスレ>>537のID:EZ8/AdP10とか、
大真面目(?)に論じてるのが。どこに目をつけてるんです? レス番なんて
きりが無いので・・・

>>617あたりは、逆さまにして突きつければ相殺できると思ったんだろうけど・・・
脊髄反射的にレスする前に少しはスレ読もうね、頭使おうね。

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 20:41:08 ID:zcGrzu0cO
>>632
マッカーサースレの日本はまったく悪くない論者って、そもそも人間は争うものだから悪くないという論者ですか?
それは悪くないというより、善悪両方あってこその人間ということなんだと思います。(つうかそれ自分かもw)
善は秩序(理性)で悪は感情ですね。戦争は、善悪の二面性があると思います。
利益追及(善)と情念(悪)です。善悪は人間性の両翼です。
政治的責任ってのとは次元が違うと思うんですが。マッカーサースレは前前スレあたりは結構常駐してましたが、
話題があまりにも哲学的で、具体的な社会システム上の責任の話はしてなかったなあ。
わたしは、いまの社会では施政者にはもちろん政治的責任が発生すると思います。ちなみに「社会システム=善」です。
このスレの経済大国論者は結果オーライしか言ってませんが、社会システムにおいての
責任の有無をどう思っているのか、とかめんどうがらずに細かく聞くことですよ。結果オーライしか主張してないように見えます。
多過ぎて一括りにした…。これではコミュニケーションの破綻、「対手にせず」状態です。考え方は全員違うはずです。
あと、真面目に末端の民衆の責任を論じてる人、まじでいますよ。中身によっては、それを変とも思いません。


634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 21:00:26 ID:lySHAF880
>>626
>だからぁー? お前はあれが謝罪の文面に見えるんだ?
ttp://tenpura_c.at.infoseek.co.jp/sub2.htm
そういや細川発言に至る前まで日本は謝罪してないニダとか
謝罪が足りないアルとかいってた人がいたな。
まあ、俺は君と違ってああいう人たちと同レベルの日本語理解力しかもってないわけじゃないんで
謝罪の文面だとみえるなあ。
っていうかそんなら細川以外は日本は謝罪なんかしてないってことですか。
自爆もほどほどにしておいたほうがいいよ。

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 21:07:45 ID:lySHAF880
>個人的と言っても
あんたは公の発言といったんでそれらが全部個人的な感想だと指摘したんだが、
>そんな何時何分何十秒とか知って何がどうなるの? 虚実ではなくて事実なんだから全くどうでもいい話だわな
なんで事実はただの個人がそう思っただけってことだよ。
公に日本が正しかったといっている証拠をだせないからって見苦しくない?

>あまりでてこなくてもでてきてもマッカーサーはそういう発言をしたんだよ、分かってるのかな?
発言の一部だけをとりあげてそういう解釈の余地がある程度のことに
どれだけ理論がそんざいするんだ?

>マッカーサーだけじゃないよねー? 前に俺お前にちゃーんと示してあげたはずだけどもう記憶から消えちゃったのかぁ?
日本語を理解しろ。というか自分のいったことも理解してなかったのか?

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 21:11:13 ID:lySHAF880
レーリンクによれば
> 裁判中の判事たちのふるまいも対照的でした。ほかの判事が観光旅行や宴会にうつつを抜かしている間も、博士は、ホテルに閉じこもり、調査と執筆に専念していた。裁判の間に博士が読破した資料は四万五干部、参考図書は三千部におよんだ。
> しかも驚くべきことに、裁判を開く前に判決は決まっていたという事実が後に判明した。
どころではなく、パル博士は裁判を開く前にあらかじめ予断をもってホテルにひきこもり、
しょっちゅう裁判に欠席したらしいですが。

っていうかパルもそうだけど発言の一部分だけを抜き出して印象操作をはかるやり方はなんとかならないの?
パル判決文を読めば日本の行為は侵略を伴ったとはっきり認めているし、
それが無罪であるというのは侵略を罪とする法律がないからだという理論からなんだが。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 21:14:06 ID:lySHAF880
>>628
> 事後法で裁くことは文明社会では許されていない。
一応不戦条約と9カ国条約をはじめとする国際条約が法源。
大陸法なら刑罰の規定が決められていなければ事後法になるが、
コモンローなら別に問題がない。
んで、日本は裁判の結果を受け入れているわけだ。


638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 21:17:22 ID:lySHAF880
>だからぁー? お前はあれが謝罪の文面に見えるんだ? すげー日本語理解力ですねw
平成天皇は即位間もない一九八九年四月一二日,
李鵬首相と会見して「遺憾の意」を表明されたが、これについての中国政府外交部の理解は、こうだ。
「平成天皇は会見において中日間の不幸な歴史に話が及んだ際に、初めて『遺憾の意を表明する』やり方で中国に謝罪した」。
つまり、平成天皇のことばを「謝罪」と理解しているわけだ。
その後、平成天皇は九二年九月の訪中に際して「私の深く悲しみとするところ」「このような戦争を再び繰り返してはならないとの深い反省にたち」と述べられた。
なるほど八九年四月の「天皇談話」および九二年一〇月の「お言葉」は、文字に書かれたものではない。
んで、朱鎔基首相が「日本は中国に謝罪をしていない」と発言わけだが、ま、君の日本語能力がこいつレベルなのは事実だな。



639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 22:19:53 ID:gycyA+uj0
なんかさ、色んな国の歴史を勉強すればするほど日本のやったことは大したことないな〜って
思えてくるよ。

どの国も、自分のやったことは正当化してるのな。
侵略、民族浄化、奴隷化、それこそどんなに酷いことでも。

じゃあなんで日本ばっかり(まあドイツもだけど)なんでこんなに言われるのか。
そりゃあ「戦争に負けたから」のただ一点に尽きる。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 22:30:46 ID:ElU6ewv30
>>639
禿同
だから次は勝とうよ

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 22:37:10 ID:fzHUXGO20
>>633
・・・まずは>>537のID:EZ8/AdP10あたりを読んでから出直してきてくださいな。
あれがそう読めるのであれば、日本語を勉強し直してきてください。

二面性? 上層部まで含めて日本は絶対に正しい、悪いのは全部他国だって
だけですよ。極めて一面的です。そう言うのを自慰論者と評しているのですがね。

>話題があまりにも哲学的
どこが? 単なる事実誤認と、言葉あそびの言い逃れに対し、それらを一生懸命
指摘するもループの繰り返しで、それが現スレまで続いているのですがね。
空虚な議論のための議論と言うニュアンスならわからんでも無いですが。

>責任の有無をどう思っているのか、とかめんどうがらずに細かく聞くことですよ。
>>540で聞かれても、

>結果オーライしか主張してないように見えます。
見えますじゃ無くて、答えづらい質問はスルーして、そういう主張しかしてないんですよ。
「実に細かい事ですよ。 」>>542

で、人に要求しつつ、ご自分は「末端の兵士を責める声ありますよ。国民を責める
ひとも居ますよ。」の根拠を示してくれないんですね。

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 22:46:07 ID:gycyA+uj0
>>640
勝たなくてもいいから、せめて負ける陣営に居なければいいんだと思う。
そうすれば勝手に新しい悪役が誕生するから。

とはいえ、次に世界大戦が起きたら人類滅亡な気もするけど・・・

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 22:58:22 ID:lySHAF880
>>639
そのとおり。
侵略だろうが虐殺だろうが国益になるなら別に気にする必要はまったくない。
なのに特亜といっしょになって不当だの正当だの、
まさに特亜の望むがままに踊っている連中の自慰史観は自虐史観を鏡で映しただけのもの。
俺に言わせれば侵略だったよ、んでそれがどうしたんだ?
国家の行為として間違っていたのは国益計算ができなかったことだけだよねと言い放つだけだ。
正当だろうが国益にならねばやるべきではないし、
不当だろうが国益になればやるだけのはなし。

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 23:15:19 ID:fzHUXGO20
>>639
単に負けただけじゃなく、戦争を始めた時代背景がまずかった。
やった戦争の規模がでかすぎた。その上で、完膚なきまでに敗北した。

>>640
あの時もイタリア抜きでなら・・・ いや、やっぱり2次大戦じゃどう
あがこうと勝てんよ。

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 23:19:01 ID:ucBUgM4W0
世界史を紐解くと、カルタゴと日本はよく似てるな〜と思ったら、すでに何年も前に
指摘している人が大勢いたみたいだな。

大カトーの『とはいえ、私はカルタゴを滅ぼすべきだと思う。』は
朝日新聞の『そういえば、自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が〜』
に通じるものがあると思う。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 23:30:40 ID:fzHUXGO20
>>643
言いたい事は解かるが、国益を狭くかんがえすぎじゃないかな。
これからの行動の正当不当は国益に直結するぞ。不当と言う事になると
外交カードとなって、諸外国に介入の口実を与え、国益に反する。
不当と言う事をあえてやれば、その評判も長期間ついて回り、国益を
損なう事もある。
要は損得計算なのだが、不当と言うことによるマイナス分はかなり大きいと
おもうぞ。特に日本のような貿易が必須で、過去に悪い評判を持っている
国にとっては。

>俺に言わせれば侵略だったよ、んでそれがどうしたんだ?
これじゃあ通じんのが、現代の日本の立場だ。英仏とは立場が違うんだよ。

不当と言う結論のついた過去の評判を取り返すために、あれは正当だった
と主張してひっくり返す事は国益になるが、失敗すればますます国益を損なう。
そして、今の日本擁護論ではとうてい過去の結論をひっくり返す事は出来ない。
そう言う連中を黙らせる事もまた国益なんだよ。

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 23:33:26 ID:ucBUgM4W0
>>俺に言わせれば侵略だったよ、んでそれがどうしたんだ?
>これじゃあ通じんのが、現代の日本の立場だ。英仏とは立場が違うんだよ。

ここが味噌なんだよなぁ・・・
なんとももどかしい。

「日本は反省してます。もう十分謝ったからいいじゃないですか路線」でかわすしかないのか・・・

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 23:59:02 ID:zcGrzu0cO
>>641
あなたが「細かい事」の中身の主張を引き出せばいーんですよ。それが出来なければ「計り知れない事は計らない」ほうがいいかと。
相手が回答を拒否してはぐらかしてるからってわるい妄想で補ってはダメですよ。
良い妄想もできますよ。「彼は責任があると思ってはいるが、あなたが喧嘩ごしなので言わないだけ」とか。
根拠はな〜。いちいちコピペなんかしないしなあ。まあこれは信じて貰わなくてもいいや。
あー、二面性というのは、社会秩序というのと情念というのは、某宮台の言うところの横の力と縦の力と言うところですかね。
大事なのはそこにあるレスの中身…。つうか、わたしは楽しんでるんですが、なんか怒ってますか?
意見の違う人とのコミュニケーションは楽しかったですよ。いつかまたマックアーサースレで会いましょう!w


649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 00:19:27 ID:79ZcGjbW0
現代の価値観と当時の価値観がごっちゃになってるんだよな。

当時の出来事は当時の世界常識・当時の世界情勢を元に当時の価値観で見ないと解釈がデタラメになりますよ。
日本が正しいとか悪いとか、いまだに現代価値観に基づいた善悪論で決め付ける奴がいるのが信じられない。

現代の価値観で見るのは、学問とは程遠い、単なる個人的感想に過ぎないよ。
こういう連中がどう思おうと勝手だし、説得する気もないね。
そして、こういう連中に限って、妙に感情的なんだよね。
日本語勉強しろ、とか無意味な罵倒を繰り返してる。

理性を失い、感情むき出しの哀れな奴。ただ、哀れむのみ。




650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 00:32:55 ID:79ZcGjbW0
日本政府の立場は首尾一貫している。
前の政府の立場を踏襲する、というのが基本。国際社会の信頼を得るには絶対に必要。

しかし、前の政府が言っていないことを新たに付け加えることはある。
これも含めて次の政府が踏襲していく。
だから、細川発言以降、歴代総理は大東亜戦争を「過去の侵略戦争」と位置づけている。
安倍総理も持論を曲げて「河野談話」を踏襲した。

しかし、前の政府の公式表明を覆さない範囲なら、新しいことを言うのは自由だ。
安倍総理も「軍が慰安婦を強制連行したという証拠がなかった」と閣議決定したのはいい例。

このこの閣議決定との合体技で、「河野談話」の意味内容は具体性のあるはっきりした内容に変わったと言える。
安倍総理は実に賢い。
ちゃんと日本の国益を考えているよ。

すでに終わったことについて、謝罪だの賠償だのをするのが国益に反するのは当たり前だろ?
もう、終わったんだよ。講和条約その他の諸条約で。。。




651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 00:49:57 ID:Tqu7jUr8O
歴史を語る上で、時代によって価値観が違う以上、違う時代の者が違う時代の者を批判することはできない。だから、当時の日本を現代の日本人が批判するのはおかしいというか、しちゃいけないというか、むしろできないだろ!歴史を語る定義を理解してるんなら!


652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 01:58:20 ID:xIl3qVxf0
>>634
遺憾の意を表明してるだけで、反省する言葉は愚か謝罪した言葉なんて一行ものってないが?
どこまでとぼけてんだお前は?w 
>>635
>公に日本が正しかったといっている証拠
お前が言ってる証拠ってのはどういう証拠だ? 物理的証拠か?w 
戦後に首相等やマッカーサーが自衛の戦争だと言って当事者等が認めたのだから【それが事実】なんだよ
お前のくだらない言い訳が見苦しいわ、自分の非を認めたらどうなんだいいかげんいよ? 
>>635
>発言の一部だけをとりあげてそういう解釈
一部でも何でもマッカーサーはそういう風に日本は自衛戦争をしたと明言したんだけど、【それは嘘なんですか?w】
一言すらっと言ったわけじゃない、それなりの日本の状況も説明した上でちゃんと発言したんだ、
仮にたった一言だろうが二言だろうがマッカーサーがそういった事実は消えないし、マッカーサー自身も撤回していない
マッカーサーははっきりと日本は自衛の戦争をしたと戦後に認めた、違うか?
>>636
>パル判決文を読めば日本の行為は侵略を伴ったとはっきり認めているし
お前は日本語が本当に読めないらしい、それは東京裁判検察側の起訴状の内容だと628にちゃんと書いてあるんだが何勝手に歪曲して理解してんだお前?
>>637
>んで、日本は裁判の結果を受け入れているわけだ。
東京裁判拒否できたんだ? マジで? 俺聞いたことねーーーーーーーw
>>638
>つまり、平成天皇のことばを「謝罪」と理解しているわけだ。
それは日本の場合だが? イギリスは謝罪したなんて一言も言ってませんが? 誰がイギリスは謝罪したなんて言ったんだ?w
勝手に話変えてんじゃねーよアホ、文章も出さずに何をほざいてんだこいつは。

お前は611で東京裁判を不当だとそんな事言ってる奴はいねーとか言いながら何か認めたみたいだし(反論してない)。
ここを見ている皆さんコイツどう思いますか? 
エリザベス女王のあれが謝罪だとか、東京裁判が正当だとか言っておいて後から不当だと認めてるし、
いきなりイギリス女王の遺憾の意を表明しただけだと言ったら日本に摩り替えるし(しかも文章も何も出さずに立場も違うのに)
言ってる事めちゃくちゃっすよ、他の人もこいつにもっと突っ込んでやってくださいw







653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 04:46:59 ID:fddB8gbxO
歴史とか知らなかったから 真面目に昭和に入ってすぐ戦争が始まったと思ってた そりゃあ勝手に攻めて 人殺して 挙げ句の果てに自国民も沢山死んだなんて日本は駄目な国だと思うよ
それが明治ごろからの歴史の流れを勉強すると当時の情勢として殖民地が合法であったり航空機主体の戦争が斬新で予測しづらい時代だった事を知ると
自国の行為を軽蔑するような考え方をしなくなった。

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 06:36:59 ID:Tqu7jUr8O
は?だから、お前らは、理解力がなさすぎる。価値観が違うんだから良い、悪いはないって意味がわからないのか?だから、正しい、軽蔑するの問題じゃない。知らないやつほど偽善者ぶるんだよな!
しかもあの戦争の日本が正しかった証拠をあえて、あげるとするならばまずは大東亜共栄圏だろ!これは、たてまえじゃなく目的だからな!勘違いするなよ!


655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 06:49:50 ID:Tqu7jUr8O
だいたいにして日本は謝る必要なんて、ないんだから謝らなくていいんだよ!むしろ通州事件について謝ってもらうべき!
謝ったら中国や韓国、それにアメリカの思うつぼたぞ!!むしろ絶対、謝っちゃいけない!



656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 07:41:53 ID:I9LmQ64x0
>>652
>遺憾の意を表明してるだけで、反省する言葉は愚か謝罪した言葉なんて一行ものってないが?
馬鹿はほどほどにしてくれ。お前のその因縁のつけ方は中韓のそれとまったくいっしょだぞ・・・

>お前が言ってる証拠ってのはどういう証拠だ?
天皇が謝罪した証拠を出しましたね。
きちんと日時と場所をあげて公式に謝罪したというのを。
貴方のあげてきたものにはそれらのことが決定的に欠けております

>それは東京裁判検察側の起訴状の内容だと628にちゃんと書いてあるんだが何勝手に歪曲して理解してんだお前?
判決文はちゃんと本になってるから読んで確認したら?
パールは侵略そのものが犯罪でないから日本の侵略は無罪という法理論構成してるよ。

>東京裁判拒否できたんだ? マジで? 俺聞いたことねーーーーーーーw
講和条約締結を拒否すれば? それ以前に戦争に訴えなきゃいいわけでして。
もしかして日本がSF講和条約をまったく無交渉無条件で受け入れたとでも思ってた?

>それは日本の場合だが? 
同じ遺憾の意の表明をしても日本だけは謝罪でイギリスは違う・・・??
イギリス? オランダの話をしていたんじゃないの?
もっともイギリスの謝罪内容も遺憾の意の表明と表現しても間違いではないが。

>お前は611で東京裁判を不当だとそんな事言ってる奴はいねーとか言いながら何か認めたみたいだし(反論してない)。
そんなこといってないしw
俺が言ったのは日本が自衛の戦争をしたと認めた国はひとつもないといった。
あとはマッカーサーの議会での発言をもってして東京裁判不当論に結びつける奴は一人もいない。
東京裁判を不当だと認めた国ってあったっけかな?

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 07:50:23 ID:Tqu7jUr8O
国としては不当性を認めてなくても、東京裁判時にフランスの判事は不当性主張してるし、フランス自体が東京裁判にたいしては否定的な態度をとっていたぞ!

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 09:57:04 ID:eWxPl6xD0
>>655
>むしろ通州事件について謝ってもらうべき!
事件当時に既に謝罪は受けてる。
通州事件については、事件を起こした(保安隊の属していた)キ東防共自治政府が
謝罪し、大日本帝国もそれを受け入れ解決済み。

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 10:30:58 ID:hD4SjhgK0
サンフランシスコ平和条約が結ばれるまでは
歴史とは勝った方が好き勝手塗り替えるものであったが
日本のように永遠とゆすりたかりを継続されるのは珍しい
原因は明らかに政治利用であるのだけど
いい加減このゆすられたかられ体制から脱却したいものだ


660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 11:12:54 ID:z2qICmjC0
★“捏造マスゴミ”春の大感謝祭!絶賛開催中!!★ T豚S\(^o^)/超オワタ


【TBS逆ギレ?】 TBSの態度に、「捏造疑惑に向き合え!」「コンプライアンスは最低最悪」と不二家側・郷原議長★5
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175646286/l50
【TBS】 「ケガ、起こりうる程度のもの」 TBS、また事故隠し…タレント脱臼も警察届けず
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175476295/l50
【TBS】 “偶然?イメージ映像?” TBSの街頭インタビュー、いつも同一人物出演の怪(画像あり)★5
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175584643/l50
TBS、総務省から調査を受けている最中にまた捏造報道 part 2
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1175396907/l50
【マスコミ】 朝ズバッ問題でTBSに公開質問状を送付 不二家・信頼回復対策会議議長 ★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175532748/l50
【TBS】 総務相 「(TBS捏造疑惑について)調査している」★3
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175416766/l50

※関連スレ
【BPO】 「あるある問題に権力が介入するのハンタ〜イ!」−放送倫理・番組向上機構
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175596262/l50
【政治】菅総務相、番組捏造再発防止は「放送界の自浄作用を尊重」「テレビ局自ら虚偽報道認めるのが前提」 [04/01]
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175401469/l50
【社説】 「テレビで捏造だなんて、とんでもない!…それにしても気になるのは、菅総務相の強権ぶりだ。目に余る」…朝日新聞★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175286950/l50
【政治】 放送法改正案から「捏造処分」除外、日弁連が求める
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175095879/l50
【マスコミ】 「捏造問題」繰り返すなら電波停止も…総務省、関西テレビにTBSの時より重い「警告」
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175225646/l50
【マスコミ】 「次やったら、電波停止も」 TBSに、最も重い警告…総務省★3
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1150881051/

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 18:10:03 ID:xIl3qVxf0
>>656
>馬鹿はほどほどにしてくれ。お前のその因縁のつけ方は中韓のそれとまったくいっしょだぞ・・・
反論できなくなったようですよ、皆さん。
>パールは侵略そのものが犯罪でないから日本の侵略は無罪という法理論構成してるよ
パールはそういう日本が侵略をしたという検察側の意見を受け入れて尚日本は無罪だと言ったと
628に明確に書いてあるんだが、どうやらもう逃げの言い訳しかしないらしいですよ。
>もっともイギリスの謝罪内容も遺憾の意の表明と表現しても間違いではないが。
遺憾の意を表したら謝罪になるようですよ皆さん、イギリス自体謝罪したなど一言も言ってないのにw
>東京裁判を不当だと認めた国ってあったっけかな?
東京裁判が正当だと思ってるのお前は?
平和の罪?人道に反する罪? ドイツは愚かアメリカ・イギリスすべての戦争した国が裁かれるわなw
そもそも侵略の定義すらなく、あとから平和の罪だの制定したり国際法違反ばかり。
これら+東京裁判の後判事等9名全員が東京裁判は不当だと自ら認めているのは示したはずなんだが。
東京裁判が正当なんて言ってる馬鹿初めて見たんですけどwww
当事者等が後に明確に証言したり著書などを出してるのに何を言ってるんでしょうねこの中国人は。
東京裁判が不当だったと政府が認めれば全世界が裁かれる事になるのにそれすら理解できに厨房がいたとは俺かなり驚きw

お前そろそろ他スレ行った方がいいんじゃないの?w


662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 18:33:04 ID:xIl3qVxf0
追記

>>656
>講和条約締結を拒否すれば? それ以前に戦争に訴えなきゃいいわけでして。
>もしかして日本がSF講和条約をまったく無交渉無条件で受け入れたとでも思ってた?
SF講和条約が一体どうしたって? 賠償拒否? 
東京裁判が1946年 SF講和条約が1951年 
全く年号が違うんですが?

これがどうしたって?w
話逸らすのもいい加減にしてほしいもんだなぁ、いくらなんでも東京裁判が正当とか言っちゃうのは痛すぎるw



663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 19:00:10 ID:1SFo3xRr0
>>659

お前は何を言っているんだ?
歴史を好き勝手作るなど、誰にもできないと思うが。

事実、日本において過去の戦争を正当化したり
南京大虐殺を批判するのは勝者が歴史を作る事はできないからだろ。

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 19:02:39 ID:LO0sChFl0
>>661
パールが日本の行為を侵略だと断じたのは同じことなのでそれでいいですよw
つかあんたはパールは無罪にしたから侵略ではないとかいってませんでしたか?
気のせいならいいですけど。

>東京裁判が不当だったと政府が認めれば全世界が裁かれる事になるのにそれすら理解できに厨房がいたとは俺かなり驚きw
命題:東京裁判を不当だとする国は存在しない。
証明:東京裁判が不当だったと政府が認めれば全世界が裁かれる事になる(あなたの提示条件による)
無論不当だと認めた政府はどこにも存在しないので世界は裁かれて下りません。
ゆえに世界のどこにも東京裁判を不当だとしている国は存在しません。
証明終わり。
理論的な欠陥があるならご指摘どうぞ。
”それすら理解できに厨房”とはまさに君のことなんだが自虐が趣味かね。

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 19:05:47 ID:LO0sChFl0
>>662
馬鹿なこといってるんじゃないよ、本当に。
もしかして太平洋戦争と東京裁判とSF講和条約が
年号が違うから無関係だとか言い出さないだろうな。
現在の日本が東京裁判を受け入れた条約はこれなんだがなあ。
大日本帝国ならポツダム宣言といってもいいのかもしれないが

>いくらなんでも東京裁判が正当とか言っちゃうのは痛すぎるw
いやそんなこといってないんだがw

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 19:09:14 ID:LO0sChFl0
>反論できなくなったようですよ、皆さん。
中韓並に論のないことに反論できないのは当然ですよ、皆さんw
国家間の謝罪が遺憾の意で表されるのはわりと普通のことなのに、
遺憾は謝罪じゃないニダなんていわれても反論なんかあるはずもない、
ただアフォかというだけだろ。

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 19:43:55 ID:LO0sChFl0
ああ、そういえばひとつ言っておこう。
東京裁判はいろいろと不当な点があると俺は思っているが、
これを受諾して責任を一部の人間に押し付けることに成功したのは
国益および国際的な公益の観点からまったく正当だ。
ほとんど文句をつけるべき点が存在しない。

不当だとかいっているやつはWW1のドイツの皇帝みたいに海外に逃亡されて、
とんでもない巨額の賠償金でも払わされればやあ正当な人が助かったと喜ぶのか?

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 21:28:37 ID:xIl3qVxf0
>>664
>無論不当だと認めた政府はどこにも存在しないので世界は裁かれて下りません。
>ゆえに世界のどこにも東京裁判を不当だとしている国は存在しません。
自分で自分の首をしめるばかがどこにいるんだ?
米国や英国が自分から好き好んで自分達は違法裁判をしました、裁いてくださいなんて言うと思ってんのか?
ドイツがホロコーストなどしたのに何で日本だけ平和を乱した罪?で
こんな重い刑罰なのかだけでも考えれば容易におかしいと気づくんだがお前の思考回路はおかしいらしい 
>証明終わり。
お前の頭がとても単純なものでできていると証明できたな。
>いやそんなこといってないんだがw
611でおもいっきし言ってるよなぁ
>現在の日本が東京裁判を受け入れた条約はこれなんだがなあ。
日本は東京裁判を拒否できたのか、何も裁かれずにすんだのか
日本は主権がなくなったまんまで生きていけと、呆れてものが言えないとはこのことですなぁ
>>667
一部の人間に押し付けたって・・・日本が選考して罪人を選んだと言ってるのか、すげーなお前の頭はw


>東京裁判はいろいろと不当な点があると俺は思っているが

>不当だとかいっているやつは

矛盾キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

言ってる事がめちゃくちゃだーーーもはやどこを突っ込めばいいか分からねぇwww




669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 22:20:12 ID:I9LmQ64x0
>>668
コピペ厨へ

私が考える健全なナショナリズム,その健全さの目印(メルクマール),分岐点は何かと言うと,まず事実に立脚していることだと思う.
事実を突きつけられたときにグラグラしてしまうのは健全でない.そこにはどこか欺瞞があると思うんです.
 また,事実を突きつけられると,そういう事実はなかったことにせざるをえないという場合もあります.これもかなりまずい.
 だから,事実が何であるかについて周到に自分で調査をする.初めに言ったジャーナリズムと同じですけれど,人間は,自分に都合のいい事実ばかり集めてくるものです.
 だからこそ,都合の悪い事実をどれだけ集めたかということが,一つの試金石になるのではないかと思うんです.
(橋爪大三郎 from 「正義・戦争・国家論」,
径書房,1997/9/10,p.183)

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 22:25:37 ID:I9LmQ64x0
>>668
>米国や英国が自分から好き好んで自分達は違法裁判をしました、裁いてくださいなんて言うと思ってんのか?
はい、だから東京裁判は不当だったという国は地球上に存在しませんね。
あなたがお認め下さった事実にすぎません。

>611でおもいっきし言ってるよなぁ
いってないよ? っていうか日本語わかる?

>日本は東京裁判を拒否できたのか、何も裁かれずにすんだのか
>日本は主権がなくなったまんまで生きていけと、呆れてものが言えないとはこのことですなぁ
それをいい始めると負けるような戦争を始めたのがダウト。
拒否できたかで言えば満州事変で国連の要請を受け入れていれば拒否できた。
日本の主権どころか海外権益が保障されていたぞ。

>一部の人間に押し付けたって・・・日本が選考して罪人を選んだと言ってるのか、すげーなお前の頭はw
なんで選考する必要があるんだ?
少なくとも東京裁判は日本の同意で始められているぞ?

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 22:27:48 ID:I9LmQ64x0
>お前の頭がとても単純なものでできていると証明できたな。
その単純なものになんら理論的反論ができないお前の脳はどうなってんですか?

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 00:21:45 ID:Gq+OW9iT0
>>670
>はい、だから東京裁判は不当だったという国は地球上に存在しませんね。
正式に認めた国は存在しねーよ、当たり前だろ
表では正式ということになっているが、実のところは違法裁判だった
ってことを説明してんのに・・・日本語の解釈がおかしいんだよお前は。

>それをいい始めると負けるような戦争を始めたのがダウト。
ハルノートをまた穿り返すのかこの低脳は・・・

>少なくとも東京裁判は日本の同意で始められているぞ?
バカ極まれり
ポツダム宣言を受諾しなかったら日本は原爆を長崎と広島以外にも落とされていた可能性が
あるのに・・・・お前さー・・・もうマジで呆れて言葉がでてこねーなこりゃ・・・

お前マジで他スレ行け、最初の日中戦争のことではまともな事多少は言ってたが
大東亜戦争の話題になってからまともな意見すらレスせずくだらない逃げ反論しかしてこねー
いい加減うぜーよ、自分でわかんねーかな?w


673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 00:23:21 ID:JqN5p3qo0
>>670
>拒否できたかで言えば満州事変で国連の要請を受け入れていれば拒否できた。
>日本の主権どころか海外権益が保障されていたぞ。

自国の権益を他国に管理させるなどという危ない真似が、当時の国際情勢でできたか?
当時の日本はそんな甘っちょろい考えは全く持っていなかったと思うぞ。

シナに権益を侵害されまくって、日本は大損したのだ。
他国に権益を委ねることなど危険極まりないだろう?

お人よしの日本人は騙されるかもしれないが、どいつもこいつもシナで利権を欲しがっていたときに、
「我々の利権をこんなにたくさんの国で管理してくれる、バンザーイ」、なんていうおめでたい奴な普通
いないよ。


674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 00:27:33 ID:L7cqR6WW0
>>673
>自国の権益を他国に管理させるなどという危ない真似が、当時の国際情勢でできたか?
なぜそうすぐばれる嘘をつくんですか?
日本の持っていた満州の権益を他国に管理させるのではなく
それ以外の満州を共同管理にしようという提案ですよ。
もうちょっと健全なナショナリズムをもとうぜ。

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 00:29:43 ID:L7cqR6WW0
>シナに権益を侵害されまくって、日本は大損したのだ。
満州事変以前に日本の特殊権益に害を及ぼしそうなのは
満鉄平行線くらいなものでそれも言いがかりに近いこといってるだけなんですが。
実際の平行線の位置をご存知ですか?
山手線と中央線以上に離れた線路を平行線だといってるんだがな。
長野新幹線は東海道新幹線の平行線だくらいのことをなw

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 00:29:44 ID:Gq+OW9iT0
追記

>>670

>611でおもいっきし言ってるよなぁ
>いってないよ? っていうか日本語わかる?

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 07:40:53 ID:lySHAF880
>東京裁判の判決は間違いだったと証言したのと同じです。
ついでにいっておくがマッカーサーの議会での発言を持って
そんなこといってるヴァカはいねえぞ?

ついでにいっておくがマッカーサーの議会での発言を持って
そんなこといってるヴァカはいねえぞ?

ついでにいっておくがマッカーサーの議会での発言を持って
そんなこといってるヴァカはいねえぞ?

ついでにいっておくがマッカーサーの議会での発言を持って
そんなこといってるヴァカはいねえぞ?




・・・・・・・・・・・・もう頭が賞味期限切れのようですなw




677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 00:31:32 ID:L7cqR6WW0
>>676
頭がおかしいの?

ついでにいっておくがマッカーサーの議会での発言を持って
といってるでしょ?
マッカーサーが東京裁判を不当とした発言が別にあるのをご存じない?
だからこれをもって不当だといっているヴァカはいねえぞといったわけだ。
あんたはこれをもって東京裁判が不当だったといってるのが理解できている?

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 00:33:16 ID:JqN5p3qo0
>>670
>それをいい始めると負けるような戦争を始めたのがダウト。

日本は対米自衛戦争に追い込まれた、という史実を良くご存知ないようですな。

日本はハルノートを受諾すればよかったのだ、という説もちらほらあるようですが、当時の
状況に身をおかず高みの見物をしている連中に何が分かるのだ?

先祖に唾吐く無礼者め!

得るべき教訓は、ハルノート提出以前の段階にごろごろ転がっている。ハルノートが出て以降、得るべき
教訓は無い。



679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 00:33:24 ID:Gq+OW9iT0
>>677
>マッカーサーが東京裁判を不当とした発言が別にあるのをご存じない?

どーぞどーぞ、ここにその内容コピペでも何でもしてくだせー

どっちにせよマッカーサーが日本は自衛戦争だったと言ってるのに違いないのだから何ら変わりない

くだらない言い訳がまたきたw

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 00:35:54 ID:JqN5p3qo0
>>674
君は、「お前の財産を俺達と共同管理させろ」と言われて、「分かりました」

とあっさり言いそうだね(笑)。バッカジャネーノ


681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 00:36:04 ID:L7cqR6WW0
なおマッカーサーの東京裁判否定の言葉はこれ。
「ニュールンベルグ裁判と東京裁判が行われた後、朝鮮戦争が開始された。だから、これらには警告として戦争を防止する効果はなかった」
おや不当だなんていってませんね。
単に戦争を防ぐ能力がなかったと。
またこうも言ってます。
「裁判自体の進行には、下された判決に干渉するに足るだけの手落ちは何一つ見あたらない。
 人間の下す判決は完全ではあり得ないが、判決を生み出すまでにこれほど周到にあやまちを避ける措置を講じた法的な手続きは、他に考えられない」
はっきり東京裁判は正しかったとね。

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 00:37:07 ID:L7cqR6WW0
>>680
>君は、「お前の財産を俺達と共同管理させろ」と言われて、「分かりました」
だって満鉄と遼東半島以外は日本の財産じゃないし当たり前だろ。
なぜそんなばればれの嘘をつくんだ?

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 00:41:11 ID:L7cqR6WW0
>日本は対米自衛戦争に追い込まれた、という史実を良くご存知ないようですな。
追い込まれたねえ。
南部仏印進駐まで米国は石油禁輸なんかしてませんしw

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)