5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

西南戦争

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 00:20:44 ID:3HYvojca0
相当激しい内戦だったようですね。
アメリカの civil war にも匹敵するくらいの。
西南戦争がもたらしたものは何だったのか、みんなで考えていきましょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%8D%97%E6%88%A6%E4%BA%89

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 02:29:26 ID:F1u1IWDeO
武士階級の崩壊
三菱等の企業群勃興
武力によらず言論で政府改革を遂げようとする機運
など…

西郷は日本近代化の端緒となったともいえるな

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 10:24:23 ID:f8JmLCdy0
鹿児島県民は未だに大久保利通の事を恨んでる

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 23:00:11 ID:PFtGnS0r0
俺の知り合いの、じいさんの祖父が西南戦争に従軍した。
田舎中の田舎で、唯一その村から一人だった。
政府軍か西郷軍かは知らんが(政府軍と思う)手柄でも立てたのか、
「恩賞に地元の海域をやろう」と言われたが、何故か断った。

時は進み、そのじいさん(孫の方)漁師を続けて60年。
「ここら一帯は俺の物だった。」と愚痴をもらした。
最高の漁場で働かずに金持ちだったはず。


村の誇りの孫が今ではスロッター。
勝てるわけ無いのに開店から打っている。当然金が続かない..。
挙句借金し年金は右から左。どうしようもない、じじいだ。
あの世で、じいさんのじいさんはどう思う?


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 11:30:43 ID:faFjLNfG0
うわー、勿体無い。爺さん、網元になれるとこだったのに・・・


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:10:54 ID:Yjs6qpuv0
平民軍が氏族軍を破った

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:55:16 ID:l5IOgx6GO
当時の警官の士族の割合はどのくらいなんだろ。

8 :新開宗市 ◆G3201gQloU :2007/01/24(水) 02:24:04 ID:QLhDZ1or0
この西南戦争は単純に言ってしまえば
征韓論派と反対派の戦いと考えていいのだろうか?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 03:48:16 ID:jbSp4rz00
どうしても分からんから教えてくれ
西郷は俗に言う征韓論争で敗れて下野したよな
しかし政府は明治9年だかに江華島事件起こして韓国を開国させたよな
一体どういうこと?
3年間で政府の考え方が変わったってこと?
それとも西郷は韓国との通商じゃなくて
本気で戦争おっぱじめる気だったのかい?
おせーてエロイ人

10 :9:2007/01/24(水) 03:53:22 ID:jbSp4rz00
それと政府は台湾で一悶着起こしてるよね
あれって凄く危ないことだと感じるんだけど、
なんで征韓は駄目で征台はオーケーなわけ?
西郷と大久保が考えていたことってのはよく分からん
司馬も結局飛ぶが如くで(ry

11 :新開宗市 ◆G3201gQloU :2007/01/24(水) 04:20:08 ID:QLhDZ1or0
>>9
武力による対韓政策か弁論による(或いは極力小規模な武力による)
対韓政策かってことじゃないかな
征韓論自体は戦争による韓国を半ば日本の植民地支配にしようという
気風が感じられるけど大久保たち帰朝組はそれが危ないという
ことを諸外国を見てきて知ってたから
主戦的に韓国と交渉してはいけないってことで、韓国にも日本のように
開国させるというのは実は当然のような風潮だったのではと思う
ではなぜ武力による交渉が危険かというと
日本と韓国が戦争で疲弊しきった隙をついて欧米諸国が
攻めてくるからということだと思う

12 :9:2007/01/24(水) 22:23:00 ID:jbSp4rz00
>>11
貴重な意見をどうもありがとうございます
しかしそれでは征韓と江華島事件の本質的な違いについては理解できるのですが、
征台についてはどう考えられますか?
当時日本にとって大国である清と領土問題に発展することは
大久保たちにはよく分かっていたはずだと思うのですが・・・


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 23:41:04 ID:Tvxr7/JMO
>>8
外交なんか関係ないんじゃね。士族利権の温存派と解体派の戦い。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 23:54:22 ID:4uAiE2+t0
>>11
いや、大久保はチョンとは未来永劫関わるべきでないと
そのときだけは理解していたんだよ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 18:27:05 ID:hUYdjNt60
会津薩摩VS長州→長州薩摩VS会津→長州VS薩摩。

16 :新開宗市 ◆G3201gQloU :2007/01/27(土) 01:46:36 ID:cMbCYhSk0
>>15
西南戦争は薩対長の戦じゃないよ
征韓論派と反対派の対立要素が極めて高い
その証拠に一連の不平士族の乱の一つ
萩の乱がある

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 14:01:30 ID:XHlzN2HS0
大久保さぁは慎重すぎでごわっそ!!
先生!!!おいは命賭けて先生に従いもうそー!!

こんな感じで西郷が薩摩のヘコどもに祭り上げられたんだよな。。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 00:41:36 ID:GpEKt0DO0
んじゃよ、薩摩単独でチョンを皆殺しにすれば良かったんだよ。
そうなっていれば…本当に素晴らしいことだな。

19 :新開宗市 ◆G3201gQloU :2007/01/28(日) 01:17:02 ID:jcWjdYUE0
当時の薩摩人が全員征韓論派だったわけじゃない
大久保は反対派、そして薩摩に兵を送った
また警視庁を作った薩摩人川路利良は自ら出撃して
鎮圧の指揮を執ってる

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 06:23:50 ID:47g8vObG0
翌年の台湾征伐、明治8年の江華島事件という結果から考えて
征韓論政変は大久保派のクーデターだと決めつけるのは筋が通っているかな?
それとも大久保は西郷が下野したあとに急に気が変わったんだろうか
どちらにしても政府が単に西郷を追い出した形になったわけで、
薩摩の西郷を崇拝する人たちが政府に怒るのは無理もない

21 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/04/01(日) 16:37:09 ID:NZ/t8pOi0
今日、車で薩軍の敗走路をトレースしてみました。
高千穂を6時半頃スタート。スタートから10分、いきなり徳別府付近で道に迷い後戻りして再スタート。
あとは、工事に出くわして迂回路したり、山道でさんざん迷ったり、偶然見つけた温泉に入ったり、記念写真を撮ったり、
なんだかんだで、天包山から西米良に出たのが午後2時頃でした。
西米良から小林は通行止めだったのでその後は人吉に出ました。
最近は道も良くなりかなり通りやすくはなってました。しかし、自動車を使って温泉以外はほぼ休憩無しで高千穂から西米良まで7時間半でした。
平均速度は20キロ程度。今回使ったムーブは後半ではエンジンから少し異音が出るくらいだったのでけっこう無理させたと思います。
ときどき見上げる山々は傾斜もきつく地形も複雑でした。
今のような道路も車もない時代、荷物や武器を運びながら数百名の人間がこの山間を移動したと思うと、ちょっと信じられない気がしました。
とても苦しい行動だったとは思いますが、なにゆえ彼らは耐えたのでしょうか?
西郷さんの統率力はやはりたいへんなものだったんでしょうか。


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 20:54:29 ID:0428ddxq0
命がけだった事もあるでしょうが、昔の人は今の人に比べ屈強だったでしょうし
何よりも武士の精神の強さというものは、相当なものだったのでないでしょうか?

西郷さんの統率力も、きっと大変なものだったと思います。
何よりも、人徳の人だったと思います。

私の曽祖父は、竹田報国隊として戦ったようなのですが
ただの下っ端隊員だったと思われる曽祖父に
西郷さんは、直筆の掛け軸を贈ってくれたりしてくれたそうで
下々の人達に対しても、気遣いを忘れなかった人のように思われます。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 20:58:34 ID:i/v4q4HLO
別名【士族戦争】

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 21:32:02 ID:aK84zxm30
火山灰の土だから塹壕が掘りやすかったそうですね

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 14:23:37 ID:3feyVu+CO
うちのばあちゃんのばあちゃんが西南戦争の時の西郷さんを見たことあると聞いたらしい。うらやましい!

26 :22:2007/04/04(水) 16:34:11 ID:Jly2yTlQ0
>>25
へぇ〜 どんな人だったんでしょうねぇ?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 19:24:06 ID:a/Hv1jYL0
穴はヌルヌル、ケツマン濡れる
挿すに挿されぬアナル坂
右手にチンポ、左手にラッシュ
尻毛豊かな美少年


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 14:57:13 ID:iWu2Wcyc0
ちょwwwwwww

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/06(金) 20:51:54 ID:2E2yIkkHO
本質は維新政府の路線対立。征韓とは即ち日本が中国に変わり東アジアに天皇中心の維新革命を起こし、欧米秩序も破壊しようとした。まさに革命。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/06(金) 20:55:12 ID:2E2yIkkHO
遣欧派は欧米の実力を肌で実感し、その革命路線は自滅の道であるから、完全な欧米ルールに従い、国際法に則り、懐に入る骨がらみの近代化を推進した。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/06(金) 20:58:43 ID:2E2yIkkHO
完全な欧米化路線が世界恐慌でツマズクと、ロシア革命、シナ革命に刺激されて、本来の維持革命に回帰。逆流が始まる。
だから西郷軍の最期と日本帝国の最期はソックリ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/06(金) 21:02:45 ID:2E2yIkkHO
維持革命のイデオロギーとは江戸の山鹿素行の「中朝事実」日本こそ世界に稀なナカツクニ(中国)であり、東アジア、世界をリードする資格を備えてるというモノ、これが原動力

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/06(金) 23:04:42 ID:fNrx30l50
西郷どんは巨大な金玉の持ち主だったんだろw

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 00:49:11 ID:DMkciY7c0
でも西南戦争は貴重な近代戦を経験させてくれたよな。
後の日清日露の指導者はほとんどが西南戦争従軍者。
西郷さんはできあがったばかりの近代軍に貴重な経験をさせ、
そして士族の不満を完結させるために自らを犠牲にしてくれたんだと思う。

と思うことにしている。まさか足利尊氏になれるとは思ってなかっただろうし。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 00:54:27 ID:DMkciY7c0
ところで西南戦争って日本の西南地方の戦争って意味だと思うんだが、
西(郷)南(洲)戦争ともかけてる?それともそっちの意味が強かったりするのだろうか。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 23:53:11 ID:4Ey/ke0b0
乃木希助は、西南戦争で軍旗を奪われている。
後年、明治天皇の死と共に自決したことにこのことをあげている。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 14:47:11 ID:SZX8cDVE0
沖倉ゴミ治論
西南戦争は全て長州人のせい
本当沖倉ってただのアンチ長州なだけの阿呆なんだなって思う

38 :奇兵本営:2007/04/10(火) 08:03:45 ID:T8C+zLhx0
>>22
いいですねぇー

39 :奇兵本営:2007/04/10(火) 08:06:02 ID:T8C+zLhx0
掛け軸ではなく報国隊員として従軍した事がです。
何か他にお話はないのですか?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/11(水) 16:53:25 ID:e/9LhXav0
>>37そいつに死ねって言っちゃえよ

41 :22:2007/04/15(日) 20:21:00 ID:xInNuJHP0
>>39
西南戦争での話は、これといって他には聞いてないですねぇ。
すいません。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/15(日) 23:23:36 ID:E5meCJk70
西南戦争がなければ、もう少し明治政府の薩摩閥が幅を利かせていたでしょう。


43 :奇兵本営:2007/04/16(月) 18:39:04 ID:bd0Mu15Z0
>>41
いえいえ、竹田には10回前後訪れたことがあります。
去年は古城の方に出かけたのですが、豪雨の為途中で引き返しました。
報国2番隊の隊旗が西郷記念館に (東臼杵郡北川町 大字長井6727)展示
されていました。


44 :41:2007/04/16(月) 19:30:30 ID:GeKe/Oey0
>>43
その西郷記念館とは興味深いですね。
報国隊員の名簿などがあれば、ぜひ閲覧してみたいものです。
機会があれば、行ってみようと思います。

45 :奇兵本営:2007/04/19(木) 15:44:15 ID:0J1yDwyn0
報国隊編成
(約600名を4個小隊に編成)

一番小隊
小隊長 田島 武馬
半隊長 茨木  勲
分隊長 南方  實

二番小隊
小隊長 井上  恰  
半隊長 原田 壽衛
分隊長 福永 膺夫

三番小隊
小隊長 堀田 政一
半隊長 吉田 弓弘 
分隊長 井上  貢

四番小隊
小隊長 中川濤太郎
半隊長 寺井 正己 
分隊長 志水 元善

輜重部
    中嶋新九郎
    上田 安周
給養部 
    高崎善右衛門
    谷川 忠悦
    佐藤 輝夫
    新保甚太郎

 


46 :奇兵本営:2007/04/19(木) 16:12:16 ID:0J1yDwyn0
中立的立場だった竹田士族を親薩派の田島武馬(懲役10年)、堀田政一(斬首)等が
薩軍奇兵隊の竹田侵攻に乗じて編成された部隊(5月17日前後)で、竹田陥落後(5月
29日)は半数が降伏し最後まで残ったのは43名、7月下旬には救応隊と改称する。

編成経緯、短期間の従軍等の理由から報国隊に関する資料は少なく
現存する報国隊員の日記も大変少ない、詳細な隊員名簿も現存は不明。
報国隊の総指揮者は堀田政一で旧岡藩士(200石)、維新の際の藩兵隊隊長
8月17日日向長井で部下43名と降伏10月6日大分にて斬首、享年34。

他に当方でわかる事は報国隊の竹田戦に於ける配置ぐらいです。


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 20:03:30 ID:IW3EN8NV0
>>奇兵本営さん
情報、わざわざ恐縮です。しかし詳しいですねぇ。

余談ですが
うちの父が小さい頃、家の裏山を官軍だか薩軍がウロウロしていたと近所の爺様が言っていたそうです。
また他の爺様は、赤ん坊の頃に「自分にも、これくらいの子がおる!」と言われて抱きかかえられたとか。
・・・という話を聞きました。

ちなみに兵隊が、ウロウロしていたという所は竹田市会々にある【西休寺】の付近だそうです。



48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 23:03:48 ID:aOYFSNAA0
あげ

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 07:12:29 ID:KorC+zqw0
西南戦争での山県有朋について語ってください


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 23:42:52 ID:TToeo+3n0
太政大臣三条実美と右大臣岩倉具視の間に左大臣島津久光がいたぐらいだから。
初期の明治政府は薩摩閥の独擅場。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 23:59:54 ID:er4LatEt0
俺の想像だけど、最初はデモ行進のつもりだったのではないだろうか?
不平士族たちによる、武装デモ行進だ。
東京まで行き、気勢をあげ、政府に要求したいことが色々とあったような気がする。
思いがけず熊本城から攻撃されたので、しかたなく応戦したのでは?
政府転覆まで狙っていたとは、どうも思えないのだ。
政府転覆を狙っていたのなら、こんな目立つやり方ではなく、武器を隠して東京に潜入し、要人たちを一斉襲撃するだろう。
西郷隆盛ほどの人物が、こんな愚かなやり方で政府転覆を企てるとは、どうも考えられない。


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/16(水) 15:29:24 ID:cIbEABDc0
時代劇とかでよく見られる政府軍兵士の学ランのような軍服カッコイイな。
あれを着て背嚢と背負ってライフル持って行進してみたいな。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/21(木) 20:04:30 ID:MRPcY7yz0
武装デモ行進

54 :会津厨房:2008/02/21(木) 21:32:16 ID:4DILICRDO
結局西郷さんは人道的な義理深い人間だったから新政府の外国問題等も意見が割れ次に早々士族問題…見捨てず責任ある行動かと。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 19:28:26 ID:zC1cga8D0
ぶっちゃけ西南戦争で薩軍は、海路帝都を急襲するべきだったよね 何で陸から大迂回したの?(´・ω・`)
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1266821509/l50


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/03(木) 02:14:53 ID:Vj5qAZyS0


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/03(木) 02:16:59 ID:Vj5qAZyS0


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/03(木) 02:18:18 ID:Vj5qAZyS0
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/22(火) 01:53:38 ID:reKxILwzP
西郷へのとどめは会津藩出身兵にささせてやりたかったな

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/22(火) 16:21:44 ID:HOB5/8B6O
大久保卿に尻尾を振ってコソコソと薩摩人を
切って悦に入ってる奴らにそんなことはしてほしくないね

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/22(火) 22:14:35 ID:reKxILwzP
大久保卿に尻尾を振ってコソコソと薩摩人を
切って悦に入ってる奴らにでも
薩摩の女は犯さなかったし、幼女を犯して拉致しなかったし、薩摩藩兵の死肉を食ったりはしなかった。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/22(火) 22:58:24 ID:HOB5/8B6O
そりゃ会津で自分達の領民にそんなことしたから
政府も好き勝手しないよう監視させるだろ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/28(月) 08:05:34 ID:cJ39VwaX0
抜刀隊の名簿て残ってるんですか?

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)