5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本近代史IFを考える

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 17:02:32 ID:WPxTRTeE0 ?#
旧幕府軍が戊辰戦争で新政府軍に勝っていたらどうなるか、
水戸天狗党や土佐勤皇党、天誅組などの乱が成功していたらどうなったか、
開国しなかったらどうなっていたかなど。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 19:16:44 ID:WtboL/CAO
厨房臭くなるからIFスレは立てるな。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 01:27:47 ID:mHCoxjv5O
10年の役で、万々が一に政府軍が木っ端微塵にやられちゃたりしてたら、今の平成の日本のかたちもかわってたんだろうな。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 02:59:00 ID:/UWkiYuO0


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 04:40:27 ID:FXzA9V+N0 ?#
まだ夏ちゃうて

>>3
西南戦争で反乱軍が勝ってたらか。熊本城が落ちてたらなあ。
まあ、大久保が殺されることはないと思うけど。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 11:46:20 ID:6nITngVz0
関ヶ原の合戦の後、島津家が取り潰されていたら維新後の日本史は?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 19:26:41 ID:zEVkuNR30
大規模な九州遠征で少なからぬ損害を受けた徳川勢力に対し伊達・佐竹などの東北勢力が関東を制圧し、
加賀百万石前田も京を制圧。手負いの軍勢を率いた家康、老躯を引っ提げ志し半場で不帰の人に・・・


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 18:52:34 ID:e2Xp4m8L0
>>2だから単発IFスレ防止のためのIF総合スレだろ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 23:21:26 ID:Lm/uK0Tj0 ?#
そのとおり!

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 00:59:55 ID:yz+D4ObOO
やば…
もし、バルチック艦隊が太平洋側に進路とってたら…。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 22:50:05 ID:GSvW1TRd0 ?#
あさま山荘でもし赤軍が勝利していたらどうなっていたのか?!

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 01:28:59 ID:IRjW9Jm/O
徳川家康がもし350歳まで生きていたら明治維新はなかった!?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 21:57:31 ID:bgFLFwGP0 ?#
ちょwそれはいくらなんでもありえんてw
ありえなさ過ぎるトンデモ理論はやめて

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 00:15:15 ID:J4Isad3K0
>>12
生きてたとしてもヨボヨボで何も出来んよ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 00:12:21 ID:mC94h06z0 ?#
さて、スレの再開ですよ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 03:29:08 ID:Ij2n8FF30
高校生のための論理思考トレーニング (新書)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480063056/250-7261799-4649066?v=glance&n=465392


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 13:10:48 ID:v5b6nCPi0
ヒトラーがミュンヘン一揆の時に流れ弾に当たって戦死。
ナチスは徹底的に弾圧され、ミュンヘンの弱小政党に転落。
ワイマール共和国は、軍部と左派社民党の綱引きでなんとか継続。
ヨーロッパは不況ながら戦争は起こらない。

アメリカのルーズベルト民主党政権のニューディール政策は失敗。
共和党大統領が当選。モンロー政策を取る。

日本では、石原莞爾の乗った飛行機が墜落。
計画者を失った関東軍の満州事変は幻と消える。

日本は、大きな戦争もないが、巨大な軍事費に圧迫されて不況に陥る。
台湾総督府廃止。台湾県となり内務省管轄へ。
朝鮮総督府廃止。半島は8つの道に分割されて内務省管轄へ。
満鉄は、徐々に浸透してきた中国民族資本や欧米資本との競争に疲弊して
赤字が増大。日本では満州撤退論も起こる。



18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 13:53:21 ID:1i8X1+mP0
満鉄に平行する形で実際に中国民族資本の鉄道あったんだっけ…?
確か、政治的に押さえてしまったんだよね。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 00:17:40 ID:t+Kquy350
張作霖を殺してなかったら張学良が西安事件を起こすこともなく
第2次国共合作もなかったはず。
中岡艮一もだけど、つまらん人間に日本の歴史を狂わされたと思うと腹立たしい。

20 :日出ずる処の愛国者:2006/07/04(火) 17:20:38 ID:8zc74vZD0

ごく最近分かったことなんだけど
張作霖を殺したのはソ連のスパイで最初っから日本軍に罪をなすりつける
計画だったそうだ
たしか月刊誌『正論』の6月号だか7月号だかに載ってた。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 18:23:28 ID:Bc83Yjc/0
↑お前記憶が曖昧すぎるぞw

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 20:17:31 ID:I0Tj9ZmL0
広島・長崎に原爆が投下されなかったら…?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 20:50:02 ID:LMHOeykW0 ?#
多分戦争は終わらなかったと思う、もうちょっと長引いたと思う。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 21:00:22 ID:7KT4v8wv0
第二次大戦に開発が間に合わなかったとしたら
朝鮮戦争で実験されてたんじゃねえの

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 00:21:15 ID:1NDyXibN0
日本がアメリカより先に原爆の開発に成功していたらどうなった?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 02:37:46 ID:lTgX3BWz0
>>25
そんな事が可能な人材と金があったら、戦争の必要もない。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 05:14:26 ID:SOtxiMG90
>>22
日本本土決戦になり日本が分割占領された。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 04:53:20 ID:j6AbEkK00
プロパガンダ鵜呑みするなよw

29 :やすし:2006/08/15(火) 21:12:53 ID:esEuV/qz0
伊藤博文が明治憲法によって日本をどうしていこうかというテーマで夏季のレポート課題をやろうと思います。
私は歴史専攻でないのでどの本を読めばよいかわかりません。
なぜ伊藤は後に天皇機関説のような考え方ととれる発言をしたのでしょうか。
そこらへんが知りたいです。
アドバイスお願いします。



--------------------------------------------------------------------------------


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 01:33:38 ID:3OGa8iTA0 ?BRZ(1313)
伊藤博文(俊輔)が幕末に孝明天皇を暗殺あそばされたから

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 01:09:55 ID:/D8r0+L3O
日本の隣がブラジルだったら?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 20:02:40 ID:APp7aF/M0
軍部の反対を押しのけ広田弘毅が外相に吉田茂を登用していたら

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 18:38:25 ID:K3I+sEOU0
>>28
アメリカのプロガンダだけでなく当時の日本の軍部(大本営の継戦派)は
日本本土決戦をやるきまんまんだったんだが、それとも原爆なしでも
ソ連が攻めてきたらすぐ降伏したとあんたは言いたいのか?
いっとくがソ連も攻めてきた時点で当時の日本は世界の国々で中立国
を除くほとんどの国が、敵になってるんだがその状態で勝てる可能性はないぞ。
その場合当時の連合国の計画どおり日本の分割占領になる。


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 20:36:07 ID:jYzKH7330
>>32
東京裁判の戦犯が一人増え、戦後の総理大臣の顔ぶれがかなり代わっただろう。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 12:22:45 ID:p1YR726N0


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 03:14:04 ID:40eHJOjN0


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 02:34:06 ID:60SQ+KXM0
ソ連の満州侵攻時に、関東軍の兵力が100%維持されてたらどういう戦局になってたか?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 02:46:34 ID:SOG9Yy1I0
関連スレ
【もしも】歴史IF専用スレ【だったら】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1139321910/


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/21(日) 07:51:15 ID:ylRkviyR0
歴史のif検討委員会
ttp://wiki.chakuriki.net/index.php/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AEif%E6%A4%9C%E8%A8%8E%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/23(日) 21:05:27 ID:BjIH9a290
>>37
関東軍の兵力100%温存で南方への投入が一切なされなかったのなら、
ソ連参戦の前に米軍が日本本土上陸してると思われ。

41 :大和中納言秀保:2008/11/24(月) 16:02:03 ID:uIvdUpy3O
もし近衛文麿が存在していなかったら
その後の歴史は
どうなったんでしょうかね?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/24(月) 16:04:02 ID:WqbQvSbP0
糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ
糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ
死死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
その老いたすがた気持ち悪すぎ白髪しわ気持ち悪すぎ
その老いたすがた気持ち悪すぎ白髪しわ気持ち悪すぎ
その老いたすがた気持ち悪すぎ白髪しわ気持ち悪すぎ
その老いたすがた気持ち悪すぎ白髪しわ気持ち悪すぎ
そのみにくい姿で世の中に出てくんなよ
死ぬとき このレスの事思い出してくれよ
しわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわ
ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・)
ちょっとは落ち込めよ そのみにくい姿で世の中に出てくんなよ
何回も言わすな死ねよ ボケ


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/10(火) 17:42:16 ID:+gLm9tRS0




●  もしも日本が米英に負けていたら    ●

1 :のび太の大東亜戦争:2009/01/05(月) 23:09:46 ID:0kmeaiwu0
もしも、あの大東亜戦争において、金甌無欠の我が大日本帝国が
万が一にも、鬼畜米英に負けるような事になっていたら……。

今頃、大日本帝國はどうなっていたんだふか……を考えてみるスレです。


http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1231164586/








44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/22(火) 12:33:56 ID:gtyrPnbs0
田沼意次の改革を頓挫させず、日本に百年早い近代化をもたらすためにはどうすればよいだろうか。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/22(火) 23:47:02 ID:RRn2tFvLO
信長が長生きして織田幕府だろ。アメリカ大陸もわが領土に



46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 11:56:26 ID:Yf2PjdTv0
>>45
それは無いって・・・
・キリスト教勢力に渡海技術の提供を打診
キリスト教勢力は役に立たない沿岸航海船で武力威嚇して信長との関係が破綻。
・有り余る余剰戦力を消化する為に朝鮮経由で明と戦争
秀吉同様、元から焦土の朝鮮で補給の問題からgdgdの戦いになる。
戦争が長引き女真が台頭、不毛の地で戦いを続ける諸侯の不満から適当な所で手打ちにする。

朝鮮南部の一部か済州島辺りが日本領に組み込まれる位で大した変化は無いのじゃないか。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 16:07:18 ID:Fw5QXSxk0
ウヨもバカサヨも知らんことだが、

日本育ちの日中ハーフ鄭成功は、
清朝初期の漢民族の英雄。
数百年後清朝滅亡時は全ての漢族革命家の源流になる。
蒋介石も毛沢東も孫文も全てこの日本人鄭成功が源流。中国秘密結社の祖。
その鄭成功の後継達が日本に亡命し反清復明活動の末に打ち立てたのが中華明国あるいは中華人民共和国。

民主主義・・・日本の和製漢語から使用
人民・・・日本の和製漢語から使用
共和・・・日本の和製漢語から使用

中国の建国は完全に日中の二人三脚でありその連係度は朝鮮の比じゃない。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 19:44:58 ID:FpYKihZC0
>>44
>田沼意次の改革を頓挫させず

とりあえず浅間山には大噴火をできればもう100年くらい我慢してもらって
……っていきなりハードル高いなw

ともかく、天災にも祟られず、松平定信などの対抗勢力封じ込めにも成功し、
田沼意次の重商主義政策が以降の幕政に完全に定着していたら、
その後の日本はどうなっていたか。
欧州諸国にほとんど遅れをとらないペースでの産業革命は可能だったか。
天保年間くらいには各地に製鉄所や紡績工場や造船所が建設され、
江戸から上方まで鉄道が開通してたりしていたか。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 19:54:54 ID:Yf2PjdTv0
>>48
紡績工場、製鉄所で生産した物の市場はどうするのだ?
日本は工場を作ったとしても成金の欧州ほどの国内需要は望めないぞ。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 00:09:50 ID:J+1+6vLg0
>>49
>生産した物の市場はどうするのだ?

そこで「神君以来の御定法」たる鎖国政策に手を出せるのか、
手を出したとして国内政治的に無事ですむのか、
というあたりが田沼意次の正念場か。

ま、早めに開国したらそれはそれで、
クリミア戦争に巻き込まれて英国の代理でロシアとの矢面に立たされて
結果大反撃を食らってあぼん、なんて日本バッドエンドルートもあるかもしれんが。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 00:21:31 ID:KDrutLAm0
キリスト教の禁止令、日本人の渡航禁止令は有るけど、家康も家光も鎖国令は出していない。
海外輸出なら
海上貿易(海の上は外国ではない)で、原材料の国内生産+国内加工→清国へ大量輸出するか。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 12:22:18 ID:bSQlaIKA0
英国に最高裁誕生へ 実は600年間、議会が兼務
ttp://www.asahi.com/international/update/0930/TKY200909300148.html

英国に最高裁判所が誕生 600年の上院兼務に幕
ttp://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100101000653.html

こういうニュースを見ると、もしも慶喜の公武合体策が成功して
徳川幕府の機構が温存されたまま近代化が遂行されたら、
その後の国家機構はどうなってただろうって思うね。
まぁ、各奉行がそれぞれの管轄分野で分担して三権を占有するような体制は、
西洋に倣った近代化を目指すからには長くは続かなかったとは思うけど。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 19:13:58 ID:Vs+7TnMX0
>>52
英国の裁判官が今でもカーリーヘアのカツラ着用なことから類推すれば、
公武合体日本の裁判官も21世紀になっても法服じゃなくて裃に丁髷スタイルだったかもw

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/30(月) 18:38:49 ID:jmSMqo950
もしも関東大震災が大正12年9月1日に発生せず、昭和期の決定的なターニングポイント
(たとえば柳条湖事件の前日とかニイタカヤマノボレ発信の直前とか)
に発生していたら歴史はどう変わっていたか。
それ以前に関東大震災が起こらなかった場合にも
日本は史実同様の対外政策を取っていたのか、という問題もあるけど。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/17(水) 23:13:46 ID:zA+qoOrt0
>>1
>開国しなかったらどうなっていたかなど。

当時の日本に「開国しない」という選択肢はあったのでしょうか。
その道を選ぶ事は可能だったのでしょうか。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/27(土) 10:43:00 ID:12AazCoh0
開国を拒否すれば、ペリーが率いていた黒船の砲撃を食らうことになったのでしょうか。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/14(水) 13:50:20 ID:vpQXV3yC0
もしも、朝廷に対する江戸幕府の態度が史実よりもさらに苛烈で、
江戸時代のかなり早い段階で御所が幕府支配に屈する形で江戸に移転し、
(芝か赤坂あたりが適当か)
朝廷の権威が完全に幕府の権力装置の一部に組み込まれる形が定着したまま
開国・幕末を迎えたとしたらどうなったか。
いわば既に百年だか二百年だか公武合体が存続しているような体制下で、
史実のような討幕運動は起こりえたか。
朝廷と幕府が一体である以上、討幕運動は必然的に天皇制打倒も包含した
市民革命的色彩を帯びる事になったのではないか。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/27(火) 01:24:29 ID:s9CCldOU0
もしも大正天皇が心身ともに健康を保って老齢まで在位を全うしたら?
1879年生まれだから、70歳になるのが1949年。
となると「大正時代」は軍国主義のイメージで語られることとなり
「昭和」は戦後の経済成長のみの象徴となったか?

まぁ、大正天皇は実際には知的薄弱だったわけではなく、
むしろその開明的な性格を元老たちに嫌われ事実上の「主君押し込め」を
強いられて不遇のうちに死んだのではないか、という説もあるけどね。
であれば、大正天皇が健在だったら1920年代以降の歴史自体が
大きく変わっていた可能性もあるか?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 17:13:58 ID:6DOzFy/W0
秀吉にまともな跡継ぎが出来てたとか、
関ヶ原で東軍が決定的な勝利を得られなかったとか、
とにかく17世紀前半に豊臣と徳川による東西分裂が固定化してしまい、
そのまま近代に至って日本列島に2つの国民国家が成立していたら?

東国の国号はとりあえず「東照」とでもしておこうか。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 17:33:35 ID:AJsy88k80
東条英機のあとに小磯ではなく、鈴貫がなっていたら

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 09:25:18 ID:c8a35GGL0
なっていたら、どうなった?近衛の終戦工作が実を結んで昭和20年初頭に講和とか?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 10:23:25 ID:zMprjIIFP
16世紀の時点で、琉球が日本より早く近代化と海洋大国化を遂げていたら

台湾を武力制圧して台湾から奄美までの大琉球国を建国
薩摩の侵略をはねのけて、アヘン戦争で清を見限ってアメリカか
イギリスかオランダかフランスと同盟。まあイギリスがベストの選択だが

琉球、薩摩を併合していなければ薩摩には資本備蓄がなくなるから
明治維新は10年は遅れる。日本の植民地化か、フランス-徳川体制での
緩やかな近代化になっていただろうな

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 10:25:05 ID:zMprjIIFP
琉球、薩摩じゃねえ。琉球、奄美なw

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 11:09:33 ID:Xx7EjBh+0
test

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★