5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

近代日本の植民地について語るスレ12

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 00:33:40 ID:TViitcyj0
植民地の獲得方法やそこで敷かれる植民地政策には様々な種類があれど、
その整理分析を行ってきた植民地政策学の成果からも、日本の外地は
植民地であることは疑いもない。

【公式植民地】
台湾・朝鮮・樺太(直轄植民地)、関東州・満鉄附属地(租借地)、
南洋群島(委任統治領)
【非公式植民地】
満州国、蒙疆自治政府
【占領地】
中国関内、東南アジア各国

以上日本が領有した各「植民地」について学問的に語るスレ。
公式に限定するかどうかはお任せ。

チロリアン出入り禁止。奴にレスをしないこと。

【過去スレ】
近代日本の植民地について語るスレ11
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1142645424/
近代日本の植民地について語るスレ【第10代総督】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1136275448/l50
近代日本の植民地について語るスレin近代日本史板
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1132414548/
近代日本の植民地について語るスレ【第8代総督】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1130389528/
近代日本の植民地について語るスレ7
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1128501385/
近代日本の植民地について語るスレ6
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1127731586/
近代日本の植民地について語るスレ5
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1123458042/
近代日本の植民地について語るスレ4
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1121631959/
近代日本の植民地について語るスレ3
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1112214049/
近代日本の植民地について語るスレ2
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1105793306/
近代日本の植民地について語るスレ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1084761386/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 00:43:34 ID:PCm+Xzjm0
【帝国主義】
ホブソン『帝国主義論』岩波文庫
レーニン『帝国主義』岩波文庫
ネグリ/ハート『〈帝国〉』以文社
アンドリュー・ポーター『帝国主義』岩波書店

【日本の植民地全般】
『岩波講座近代日本と植民地』岩波書店
『岩波講座「帝国」日本の学知』岩波書店
マーク・ピーティー『植民地』読売新聞社(絶版)
水野直樹ほか編『日本の植民地支配−肯定・賛美論を検証する』岩波ブックレット
小林英夫『日本のアジア侵略』山川出版(世界史リブレット)
橋谷弘『帝国日本と植民地都市』吉川弘文館(歴史文化ライブラリー)

【台湾】
矢内原忠雄『帝国主義下の台湾』岩波書店
(※現在入手可能なのは、若林正丈編『矢内原忠雄「帝国主義下の台湾」精読』岩波現代文庫)
伊藤潔『台湾』中公新書

【朝鮮】
海野福寿『韓国併合』岩波新書
山辺健太郎『日韓併合小史』岩波新書(絶版)
山辺健太郎『日本統治下の朝鮮』岩波新書(絶版)
F.A.マッケンジー『朝鮮の悲劇』東洋文庫(現在OD版で入手可能)
朴殷植『朝鮮独立運動の血史』東洋文庫(現在OD版で入手可能)

【満州・満州国】
原田勝正『満鉄』岩波新書(絶版)
山室信一『増補版キメラ』中公新書
宮脇淳子『世界史の中の満洲帝国』PHP新書
波多野勝『満蒙独立運動』PHP新書
越沢明『満州国の首都計画』ちくま学芸文庫
越沢明『哈爾浜の都市計画』ちくま学芸文庫

【樺太】

【南洋群島】
野村進『日本領サイパン島の一万日』岩波書店

【大東亜共栄圏】
小林英夫『日本軍政下のアジア』岩波新書
杉原達『中国人強制連行』岩波新書(絶版)

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 00:48:13 ID:INCOvxv40
植民地の地域ごとのスレにしたほうがいいんじゃないか

具体性がないと茫漠とし過ぎ


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 02:50:45 ID:nS5U86AtO
ん? 何で新スレ?

と思ったら、前スレ512K規制にかかったのね。
前スレも誰とは言わないが、無駄な長文とコピペ多かったからなぁ…

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 15:53:14 ID:EafgwNAB0
台湾を語ろう

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 09:11:01 ID:WsuztsrX0
台湾総督府文書の整備などのおかげで、台湾史やっている人が急増している気がする

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 11:13:32 ID:2yMoFnvm0
>>3
前スレでの議論によると、このスレでは地域別の歴史や統治史よりも、
日本の植民地統治史全般について、地域ごとの比較を交えながら
検証していこうということになりました。

>>5
朝鮮は個別スレが立ってますので、台湾についても
個別に語りたいというのであれば別スレを建てるべきかと。
まぁ別スレを建てるまでもないような事柄でしたら、
このスレで総論的に語るのもいいかと思いますが。

>>4
あれはコピペ荒らしそのものですね。
反応してログを無駄に流した私も責任を感じてはいますが。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 14:07:48 ID:qT1kNTFM0
チロリアン=フンワカが元凶だな・・・

9 :funわか ◆bbZx8P7qp2 :2006/05/14(日) 01:40:39 ID:SR8fM/WW0
朝鮮の日本統治が始まる前の興味深い統計が有る。朝鮮の人口は日本統治が開始された1910年
には1300万人でしたが終戦時には3000万人になっていた。 当時の朝鮮は農業の生産性
は少なく、幹線道路も整備されておらず、流通は滞り、病院も少なく、生活全般に不衛生だったからだ。
そのような理由から朝鮮では長らく人口の増減は無かった。貧しい国故に1300万人以上に人口が増えようが無かった。

ところが日本が統治しはじめてわずか35年で人口は倍以上の3000万にも膨れ上がった。
日本は統治時に多額の資金を朝鮮につぎ込んだ。道路を整備し、流通の流れを作り、病院を作り
衛生的な生活を教え、学校を作り富の想像の知識を教え、灌漑用水を作り、近代農業を教え、農作物の
生産性を飛躍的に高めた。おかげで朝鮮では貧しいが故に増えなかった人口が日本統治のおかげ
で爆発的に増えた。

日本統治を求めたのは当時の朝鮮の最大政党である。 あまりにも貧しい自国の将来を憂い、当時の欧
米列強と互角に渡り合う唯一の黄色人種でありアジアの盟主であり、最先進国の、金持ち日本に統治し
てもらい、朝鮮を豊かにしたかったのだ。その朝鮮の最大政党に日本への統治を願い請われて、日
本は朝鮮政府と日本統治の条約を結んだのだ。 これらの事は当時のイギリスやアメリカなど先進国
にも認知され、承認された史実であり、歴史上の事実である。

その政党の思いは見事に的中した。日本統治からわずか20年で1700万もの人口増という証拠
となって表れた。 日本は朝鮮を侵略したのでは決して無く、援助したのである。 感謝されるこ
とは有っても、恨まれる事など絶対に無い。 中国においても全く同じ事が言える。莫大な資金を中国
につぎ込んで道路や鉄道を造り、日本統治時代、日本は中国をそれ以前よりも遙かに豊かな国に変化させた。

当時の欧米列強の植民地政策としての侵略は凄まじいまでの富の収奪であった。ところが日本には富の収
奪どころか、道路を造り病院を作り、文字を教え、、、、日本語も教えたが、当時の朝鮮は諸外国
と一緒で日本と違い一般庶民は文盲だったので、ハングルも日本人の教師が朝鮮国民に日本の建てた学
校で国民に教えた。 建てた学校は日本と富の生産の仕方を教えたのだ。日本には、かの国達を
指導し、導き、富める国にしようとしたことは数あれど、富の収奪の植民地政策など、どこを探しても
あり得なかったのである。 穀物にしても石油にしても当時の平均的な金額で購買をしていた。 
これらの事実をもってすれば日本はアジアを力づくで侵略したなどとの、間違った歴史認識を正すに十分だと思える。

http://hw001.gate01.com/funわか/his.htm

私はチロリアンとやらではありませんよ?


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 10:47:32 ID:ewHGHGhF0
では気分を変えて、植民地統治に携わった日本人官吏や植民地で活動した日本企業についてから話を進めてみましょう

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 14:52:13 ID:aYSXwkKt0
パル判事の真の姿

・南京虐殺を認定
・フィリピンでの日本軍の蛮行を厳しく非難
・戦後は憲法9条を守ることを訴える

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 14:54:28 ID:3vmIAII80
今は日本が植民地

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 22:53:43 ID:0A68+PGY0
このサイトすごい反日ぶりですが
ttp://www.kannosekyo.com/dam/dam_history.html



14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 12:49:30 ID:xiBRqq2X0
見てみたいがカウンター回したくないから我慢我慢・・・・

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 23:19:10 ID:JjwJHOLz0
植民地時代の台湾の生活用品の物価を知りたいのですが、
なにかいい本or資料はありませんか?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 23:26:48 ID:Og+g+z9T0
>>15
「台湾商工統計」が一番いいと思うけど、所蔵図書館が近いといいね

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 00:29:16 ID:0gnp5f410
>>16 助かりました(´∀`)
   ありがとうございました。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 11:36:37 ID:2TCnlri50
>>9
いやどんな国(欧米でもね)でも、莫大な金額を植民地に投資してるよ?
日本なんて全然大した事ない。各国は桁違いに支援している。
http://www.luzinde.com/database/colony.html
植民地支配にはメリットもあったのよ、いけないことだけどね。
まぁ同じ植民地支配なら欧米にされてたほうが経済は発展したってことだね

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 16:56:52 ID:kPKeTZM40
植民地の大学なのに京城帝大には日本人の方が多かったという不思議

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 19:12:20 ID:+/XV/5QF0
>>18
経済はよくても生活がよいとは限らず
しかも統治終了とともにインフラ代を請求される諸刃の剣
日本に統治されていれば逆に補償金を貰えるのに

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 13:08:15 ID:YuPIbmlh0
>>20
>日本に統治されていれば逆に補償金を貰えるのに
それは単に日本が戦争で大負けしたから。いわば自滅。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 18:10:36 ID:v84XJwsl0
つ【ドイツ】

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 22:22:15 ID:CdhV89Kl0
何卒教えて下さい。
台湾植民地統治末期、外地(台湾)に居た日本人の徴兵は、
いつからはじまりましたか?
台湾人ではなく、
当時の台湾在住や台湾生まれの日本人の若者です。

24 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/05/21(日) 00:20:45 ID:5AAol+d/0
おいおい
スレ11が消えてるよ 
ブハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ
ハゲワラスマッシュ!

時間が出来るまでまっちょれ!

25 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/05/21(日) 00:29:56 ID:5AAol+d/0
>>9
>私はチロリアンとやらではありませんよ?

とやら かよ!

http://hw001.gate01.com/funわか/his.htm

指定されたページが見つかりませんって出てるけど
何でいつもそれ貼っているの?

取りあえず>>18へレスして話進めていてくれ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 00:31:02 ID:RxiB4jIx0
チロリアンに反応したひとも彼と同罪です。 

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 14:43:56 ID:IPArrE9I0
パル判事って、9条支持派なのか・・・
知らんかった

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 01:42:31 ID:5jJHeWVM0
>>27
べつにおかしなことじゃなくね?
・南京虐殺を認定
50万人殺したとか言ったワケじゃないだろ。
松井石根大将が仰ったような、軍紀違反があったと言うことを認定しただけ。
・フィリピンでの日本軍の蛮行を厳しく非難
これも↑と同じ。アメリカのプロパガンダとは無縁。
・戦後は憲法9条を守ることを訴える
別に中国やソ連の脅威にならないように非武装化しろと言ったワケじゃないぞ。
軍部が民主化の抵抗勢力になることや、アメリカも含めた周辺国との関係修復のためには侵略しないことを制度的保障としてしめす必要があることを考えれば、9条を守れといっても別におかしいことではない。
理想論かもしれんが、少なくとも理想の上では9条を守ることは悪いことでは無いからな。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 13:22:45 ID:BJi0TRGI0
靖国にパル判事の石碑が立つというが、
パル判事の思想と靖国の思想とは、
ちょっと違う気がするがな

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 16:21:11 ID:unN1pipT0


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 16:23:38 ID:unN1pipT0
結局、パル判事は日本に同情したとかそういうんじゃなく、
植民地インドからイギリスを見ていただけなんだよな。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 16:33:07 ID:Cq/p8Rgv0
>>23
外地在住内地人は最初から徴兵対象だったはず。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 09:31:25 ID:OhY4koM50
>>23>>32
近藤正巳『総力戦と台湾』にそんな1章があったように記憶

34 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/05/26(金) 21:00:41 ID:W/uBoP0m0
まだやんないよ

ただパール博士の事が出ていたのでカキコしたい。
もちろん前回来た時に>>11のレスは見たよ
でも、何を言わんとしているのかが分からなかったので無視した。

>>11に聞こう
パール博士と言えば東京裁判での「日本無罪論」だが、
『パール判事の真の姿』と断って

>・南京虐殺を認定
>・フィリピンでの日本軍の蛮行を厳しく非難
>・戦後は憲法9条を守ることを訴える

こう書いているわけだが、これをもってして「日本無罪論」を否定したいのか?
それともパール博士の「日本無罪論」を支持するなら
これらも受け入れろという事なのか?

パール判事の「日本無罪論」はその後多くの国際法の権威から支持されたんだが
それは

>・南京虐殺を認定
>・フィリピンでの日本軍の蛮行を厳しく非難
>・戦後は憲法9条を守ることを訴える

とは無関係によって為された事だと思うんだが、どうだい?


35 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/05/26(金) 21:01:56 ID:W/uBoP0m0
国際法学界に光を増すパール判決

国際法の権威であるハンキー卿
著書「戦犯裁判の錯誤」にて「裁判官パール氏の主張が、絶対に正しいことを、私は全然疑わない。」と言明
英法曹界の重鎮であるF・J・P・ビール氏
著書「野蛮への接近」
ロンドンの世界事情研究所による「世界情勢年鑑」(1950年度)には、54ページから104ページにかけて、
東京裁判を解説し、パール判定が正論であることを裏付けた。
アメリカのチャールズ・ベアート博士
著書「ルーズベルト大統領と1941年戦争の形態と実際の研究」
アメリカの最高裁のウイリアム・O・ダグラス判事
証言「国際軍事裁判所は政治的権力の道具以外のなにものでもなかった」
モントゴメリー・ベルジョン
著書「勝利の正義」
フレダ・アトレイ
著書「報復の高い代価」
哲学者ヤスパース
著書「戦争の責罪」

博士はその後、東京裁判における立論の正当性と、国際法論理にたいする見識が高く評価され、
選ばれて国連の司法委員会の委員および議長に就任しその要職を全うした。
http://shupla.w-jp.net/datas/pal.html

それともし「日本無罪論を受け入れるなら、これらも・・・・」
と言うのならこう言う

「俺はどんな人間であっても神格化することはない」とね
もし本当に九条、と言ったのならパール博士に対し
「自然権である自衛権を無視しています。神ですら否定出来ない事ですので
この条文は誤りです」と堂々と言うよ

11は何が言いたいのかはっきり書く事    以上


36 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/05/26(金) 21:03:18 ID:W/uBoP0m0
追伸

週末になったら少しは時間があるんだがここに来たくない理由は、
新渡戸について、クエーカー教の関わりについてググッていろいろ見てたら
いろいろ考えさせられてね
まぁそのうち気を取り直してやるさ
コピペでも貼っておくか


クエーカー憲法

米国がその次に滅ぼしにかかったのが日本だ。
罪状は白人国家の財産だった第三世界を目覚めさせたことで、ルーズベルトは
英公使キャンベルに憎しみを込めて「日本を四つの島に閉じ込め滅ぼす」と語っている。
実際、米国は終戦時までにフィリピンを超えるほどに日本全土を徹底的に破壊し殺しまくった。
(中略)
スーチー方式も使った。
神道の祭司である天皇家にクエーカー教徒の家庭教師を送り込んだ。
この宗派は非暴力を旨とするキリスト教の一派で天皇家を内側から崩壊させる狙いだった。
後に同じ宗派のライシャワーを大使として送り込んだが、目論見は失敗に終わっている。
日本弱体化ではハワイ方式も併用された。
つまり米国製憲法の押し付けだ。
この憲法の第九条はバイニング夫人条項とも言われ、クエーカー教の教えを文章化している。
すなわち暴力は一切だめ。だから「軍隊はいらない」 
殴られても「神の思し召し、戦ってはなりません」という内容だ。

週刊新潮(12月8日号)コラム 変見自在 帝京大教授 高山正之


37 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/05/26(金) 23:58:30 ID:W/uBoP0m0
再開する時に必ず問う事を書いておく
たっぷり時間があるから考えておいてくれ

もし想像力があるなら、自分がクエーカー教徒になったと仮定し、
この様な事実↓に対し、どのような見解に至るのか考えてくれ

前スレ665より

アボリジニに対しても

5)白人入植者とアボリジニ絶滅政策
  牧羊産業が盛んになり始めた1830年代から、白人とアボリジニとの対立は大きくなってきた。
  牧草地拡大に躍起となった白人は、武力、暴力、アボリジニ女性の略奪などによりアボリジニ社会の解体を推し進め、次々に土地を取り上げて行った。
  その時の根拠とされたのは

ア.アボリジニは政治制度がなく、成文法も規律ある社会生活もなく、土地の所有関係をはっきりさせるものがないので、
土地は未開.未所有のものであるので、だれでも、自由に開拓してよい。

イ.神から与えられた土地を耕作せず、無為に放っておくことはキリスト教精神に反する。
  と言うものであった。

  このように、19世紀から20世紀初頭にかけて、アボリジニは虐殺、毒殺、病気、社会解体により人口が急激に減少(1930年代 6万人台)していった。
  オーストラリアの東南部では、1840年代に純粋アボリジニは消滅し、1876年にはタスマニアでアボリジニは絶滅した。
  しかし、大陸北部、中央部のアボリジニは白人と接触するのが遅く、その頃には白人側の対応も変わっていたので絶滅をさけることができた。

http://www.interq.or.jp/tiger/abcabc/aust10.htm



38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 08:05:56 ID:wajNIj830
大体、パル判決書を「日本無罪論」という題名で刊行するところで既にバイアスがかかっている

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 02:10:07 ID:n+5ywKyM0
>>38
詳しく

40 :28:2006/05/31(水) 23:40:02 ID:3ka6e/XF0
>>38
ナチとか共産党のような国家犯罪集団が無い以上、日本は武力行使をして取り除かなければならないような国際的脅威では無い。
つまり日米戦争を国際法上正当化することはできないということだ。
先に宣戦布告したら罪というなら、英仏は先にドイツに対して宣戦布告している。
ドイツがポーランドを攻めたから報復的に宣戦したのだと弁解するなら、
日本だってアメリカの経済制裁に対しての報復といえるしな。
まぁ、こんなことは常識なわけで、パール判事が日本聖戦論を唱えているなんて思い違いをする奴の方がおかしい。

上の方でまたファビョリアンが湧いてるが、奴にはオリエンタリズムとか文化多元主義なんて理解できないんだろうな。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 00:54:50 ID:hiTwYV3P0
海南島って、日本の植民地史研究(占領地研究含む)で研究対象になってる?

42 :funわか ◆bbZx8P7qp2 :2006/06/02(金) 01:21:54 ID:LOzdHLPx0
アヘン戦争が顕著に示しているとおり、これが鬼畜白人国家の植民地主義である。
それに比べ、日本が統治した朝鮮、台湾では統治期間の30年に人口が、三倍に膨
れあがったのは何故か?日本人はこれらの国を欧米の行う植民地化(現地の富や資
源の略奪)はせず、(する必要もなかったし、する資源も富もない貧乏国だった、
これらの国よりも遙かに日本が豊かだった)日本国と同じ意識で国造りに邁進した
からである。

朝鮮、台湾に(中国にも)日本人が日本国内で働いて貯めた膨大な国家備蓄の富
(税金)をつぎ込み、これら世界の最貧国に日本と同じ数の学校を建て、教師を育
成し、病院を建て、灌漑用水を作った、そのおかげで疫病に悩まされる事無く、文
字が読めることで機械を扱え、用水が確保出来た事で作物は10倍以上作られるよ
うになり飢饉に飢える貧民が激減し人口が増えたのだ。まさに鬼畜白人国家とは正
反対のその国の国民を自国民と対等に扱い身銭を切って近代国家にさせるという人
道統治を日本はアジアでやってのけたのである。)

http://hw001.gate01.com/funわか/his.htm
恋愛manual→f u n w a k a論より。








43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 02:05:25 ID:KNtdqS190
■A級戦犯は廣田弘毅を除いて、捕虜虐待に関連して裁かれているね。

東条英機(真珠湾不法攻撃と米国市民殺害の罪)
板垣征四郎(シンガポール華僑虐殺)
土肥原賢二(中国での残虐行為)
松井石根(南京虐殺)
木村兵太郎(ビルマでの捕虜虐待)
武藤章(フィリピンでの捕虜虐待)


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 02:26:29 ID:eLfFcVFU0
BC級だってそうだろ
つまり日本は自己監督能力のないのが上から下まで揃っていて、
戦争の国際ルールさえも守れん野蛮人として裁かれただけにすぎない

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 05:38:03 ID:zjRjvwAQ0
>>44
連合国側は勝利者として敗者の枢軸に復讐したのだから、
連合国側による枢軸捕虜の虐待は全く不問にされたわけだが。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 14:07:41 ID:IjHOUns+0
それがなんだ?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 20:11:56 ID:YewpgxlZ0
世界中国際ルールも守れん野蛮人ばっかということです

日本軍の場合、朝鮮半島出身者がどうやっても暴れる
上司(´・ω・)カワイソス

48 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/03(土) 06:43:46 ID:cYhQoXje0
>>40
>上の方でまたファビョリアンが湧いてるが、奴にはオリエンタリズムとか文化多元主義なんて理解できないんだろうな。

だからそんなのどうでもいいんだよ
どうでもよくないって言うなら、ちきんと説明してみなよ

>まぁ、こんなことは常識なわけで、パール判事が日本聖戦論を唱えているなんて思い違いをする奴の方がおかしい。

俺は自分の頭で考えているって何度も言ったけど
正とか善とかについて考えた事が無いのがモロばれのレスしてくれたな
この聖戦ってのは何に対しての聖だか答えてみな

善だとか聖だとかは正が内包しているので、しばしば勘違いして用いられる。
たとえば「君はこれらを正当化するのか」というのを「君はこれらが善だというのか」の意で使ったり・・・
正当化とは一般化の事であり、「常識」「普通」「当たり前」とかと同義だよ

暴漢に襲われて反撃し、逆に相手を殺してしまった。
人を殺すのは悪、自己防衛の為に殺すのは善・・・・ではない。
その様な状況(暴漢に襲われる)でその様な行為(殺人)は、「常識」「普通」「当たり前」
で【正当】防衛が認められる。

「自己防衛の為に殺すのは善」としたならば、
善行をしたい者はわざわざ危険な地に出向き、殺しまくって徳を積むなんて事をしかねない。

パール判事の言葉

「ハル・ノートのようなものをつきつけられれば、モナコ公国やルクセンブルク大公国でさえ戦争に訴えただろう。」


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 12:52:07 ID:NBUJgpPV0
日本兵捕虜が寛大な扱いを受けた例も数々あります.

沖縄戦の日本兵捕虜の手記(なんと阪神の松木選手だ)では食い物たっぷりくれるし、
シャワーやらトイレやらの設備もちゃんとしてるし、退屈で暇をもあましてるようだと
用具や景品を支給して野球大会やなんかのレクリエーションもしてくれるし、
労働力として使役する時はちゃんと代価を払ってくれるし、脱走を試みて捕まっても殴ったり蹴ったりされるわけじゃなし。
みんな暇をもてあまして支給された煙草(収容所内ではこれが通貨代わり)を賭け,カブや麻雀したり。

印象に残ってるのが,彼が使役された時にアメリカ将校から直接言われた言葉で,
「自分はドイツ兵捕虜の収容所にも勤務した経験があるが、ドイツ兵は文句ばかり言ってちっとも働かないのには閉口した。
日本兵は文句も言わずによく働いてくれるが,コソ泥を働くのには困ったものだ」
なにせ日本軍では,他の自軍部隊から盗んで
「員数を合わせる(装備の定数を確保すること.足りていないと班長にブン殴られる)」ことには慣れてるし、
コソ泥やっても米軍は追求甘いから滅多に捕まらないし、捕まっても大して厳しい処分されるわけじゃなし。
ことに,釈放されて日本へ帰国する日が近づくと土産品調達のため,泥棒は一層盛大になったそうで。
米兵の腕時計なんかは格好の標的で、それをチェックを潜り抜けて持ち出す手口なんかも紹介されています。

逆に日本が優勢だった頃の米兵捕虜の扱いも,ウヨが引用している例に負けず劣らずです,
いわゆる「バタアン死の行進」では,移送中の捕虜が些細なことで監視の日本兵に斬られたり,
殺害されたりしており,倒れた重病の兵はそのまま路傍に放置されています.

また,日本本土では,捕虜収容所へと移送されている米兵捕虜を見た一人の婦人が
「おかわいそうに」
と言ったのを、運悪く憲兵に聞きつけられて、拷問こそされなかったものの,
婦人はこっぴどく怒られた上に、翌日の大新聞には
「鬼畜米兵におかわいさうにとは何事か!」
「大和撫子の風上にも置けぬ」
等などの大袈裟な見出しが踊り、婦人の家族は街にもいづらくなって引越ししたとかしなかったとか・・・・・
ちなみに、その婦人をそこまで追い詰めた大新聞とやらは某朝日.
ソースは、当時新兵として徴兵されて内地にいたお人の手記です。
(著者はのちに台湾に派兵されている。思想的にはノンポリ)

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 13:58:55 ID:UVkh/res0
    >>48
    >この聖戦ってのは何に対しての聖だか答えてみな

    だからそんなのどうでもいいんだよ
    どうでもよくないって言うなら、ちきんと説明してみなよ

    >その様な状況(暴漢に襲われる)でその様な行為(殺人)は、「常識」「普通」「当たり前」
で【正当】防衛が認められる。

    俺は自分の頭で考えているって何度も言ったけど
    正義とか法とかについて考えた事が無いのがモロばれのレスしてくれたな
    この正義ってのは何に対しての正だか答えてみな

    善だとか聖だとかは正が内包しているので、しばしば勘違いして用いられる。
    たとえば「君はこれらを正当化するのか」というのを「君はこれらが善だというのか」の意で使ったり・・・
    正当化とは一般化の事であり、「常識」「普通」「当たり前」とかと同義だよ

    チロに荒らされて反応し、逆にログを流してしまった。
    ログを流すのは悪、自己防衛の為に流すのは善・・・・ではない。
    その様な状況(チロに荒らされる)でその様な行為(反応)は、「常識」「普通」「当たり前」
    で【正当】防衛が認められる。

    「自己防衛の為に流すのは善」としたならば、
    善行をしたい者はわざわざこのスレに出向き、荒らしまくって徳を積むなんて事をしかねない。

    (´・ω・) カワイソスの言葉

    「正論をつきつけられれば、チロリアンやFunわかでさえコピペに訴えただろう。」

51 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/04(日) 20:06:50 ID:f2KSMRlJ0
>>50
だから東京裁判が正義かよ

勝者による一方的な裁判だとか復讐裁判だとか言われているが
それが、「常識」「普通」「当たり前」 でいいんだな?

法についてはいつも憲法の話をする時に言うんだよ
こんなのただの取り決め、「掟」にリボン付けたような物だって、
不都合や誤りを見つけたらさっさと直せってね

東京裁判について(国際)法を論じたいなら是非とも聞きたいよ
俺は単に罪刑法定主義だとか法の不遡及だとかネット知識だけだからな、
パール判事はもとよりその判決を支持した>>35の国際法学者に説教するつもりで
カキコしてくれ

専門家で東京裁判を評価したのはいるんだろうが知らないんだよ
唯一見たのはお笑いタレントが言った
「問題点もあるのだろうが、我々が彼らを裁けただろうか?(だから良いんだ)」ってだけだよ

面白くないお笑いタレントというのは得てして、
真面目な意見を言うと爆笑を誘うものなんだよな・・・


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 21:25:33 ID:HwOcP1PH0
>>50
氏ね

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 08:39:40 ID:UyYR+76i0
>>51
だからお前の脳内が正義かよ

チロリアンによる一方的な妄想だとか屁理屈だとか言われているが
それが、「常識」「普通」「当たり前」 でいいんだな?

法についてはいつも辞書の話をする時に言うんだよ
こんなのただの取り決め、自分の都合のいい時だけ引用する物だって、
自分の考えと違うものを見つけたらさっさと直せってね

東京裁判について(国際)法を論じたいなら是非とも聞きたいよ
→これにはマジレス。東京裁判は軍事裁判ですので、法学ではなく政治学で語るべき事柄。裁判の形式をとって、政治的利害関係を清算しているだけ。

専門家でチロリアンを評価したのはいるんだろうが知らないんだよ
唯一見たのはお笑いタレントが言った
「問題点もあるのだろうが、我々がFunわかを裁けただろうか?(だから良いんだ)」ってだけだよ

面白くないチロリアンというのは得てして、
デンパな意見を言うと失笑を誘うものなんだよな・・・

54 :funわか ◆bbZx8P7qp2 :2006/06/06(火) 09:56:16 ID:crhtdltf0
アヘン戦争が顕著に示しているとおり、これが鬼畜白人国家の植民地主義である。
それに比べ、日本が統治した朝鮮、台湾では統治期間の30年に人口が、三倍に膨
れあがったのは何故か?日本人はこれらの国を欧米の行う植民地化(現地の富や資
源の略奪)はせず、(する必要もなかったし、する資源も富もない貧乏国だった、
これらの国よりも遙かに日本が豊かだった)日本国と同じ意識で国造りに邁進した
からである。

朝鮮、台湾に(中国にも)日本人が日本国内で働いて貯めた膨大な国家備蓄の富
(税金)をつぎ込み、これら世界の最貧国に日本と同じ数の学校を建て、教師を育
成し、病院を建て、灌漑用水を作った、そのおかげで疫病に悩まされる事無く、文
字が読めることで機械を扱え、用水が確保出来た事で作物は10倍以上作られるよ
うになり飢饉に飢える貧民が激減し人口が増えたのだ。まさに鬼畜白人国家とは正
反対のその国の国民を自国民と対等に扱い身銭を切って近代国家にさせるという人
道統治を日本はアジアでやってのけたのである。)

http://hw001.gate01.com/funwaka/his.htm
恋愛manual→f u n w a k a論より。


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 11:17:28 ID:s5BooJrx0
チロリアンが来る→スレが荒れる
チロリアンが来ない→スレが過疎る

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 14:26:38 ID:/G+om1Y20
>>55
結局のところ、スレが過疎るから荒らしが来るわけで、悪循環なんだよな。
真面目に文献読んだり研究した入りしてる奴がこのスレには少なすぎる。
もうこうなったらこのスレはチロリアンとfunわかに明け渡してはどうか。
学術議論もできないこんなスレッドじゃ…poison

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 17:37:58 ID:tRqRTdIS0
『岩波講座 「帝国」日本の学知』はどうだい?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 19:49:41 ID:x/mg/N9s0
>>48
>パール判事の言葉
>「ハル・ノートのようなものをつきつけられれば、モナコ公国やルクセンブルク大公国でさえ戦争に訴えただろう。」
よく日本擁護派が頼るセリフだが・・・ 一国際法学者の考えが
正しいと言う根拠も無しに。
モナコやルクセンブルクが戦争に訴える事は無いと思うし、そもそも
ハルノートみたいなものを突きつけられるような真似をモナコや
ルクセンブルクはしないだろうさ。
あれは満州事変以降の日本の国際合意に反する拡張と言う理由が
あってはじめて突きつけられるものだからね。

59 :funわか ◆bbZx8P7qp2 :2006/06/06(火) 22:39:30 ID:crhtdltf0
>>56

私を侮辱するのか?

60 :56:2006/06/07(水) 02:00:29 ID:+ldVezoq0
>>59
funわか殿は立派なホームページをお持ちですから、情報の発信には不自由なさらないでしょう。
ところが貴殿はこのスレに来るたび、誰にレスするともなく自身のサイトからコピペを張ってお帰りになる。
これが貴殿のサイトの宣伝行為でないのならただの自己陶酔ではないのかしら?
このスレは貴殿の雑記帳ではございません。
きちんとスレの流れに合わせた形でコメントを寄せて頂けぬのなら、
貴殿はチロリアンのコピペ荒らしと同一視されても仕方ありませんよ。
これを侮辱と受け取られるのでしたら、私はもう何も申しません。
所詮この板は便所の落書きであったのだと諦めますわ。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 11:56:49 ID:pEMgT0H40
>>59
本物が迷惑してるからあちこちにコピペ貼るの止めたらどうだ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 11:58:21 ID:pEMgT0H40
>>60
それfunwakaの騙りだよ。
本物がHPで、他の掲示板に一切書き込みはしていないので
コピペは無視してくれと書いてる。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 12:00:50 ID:pEMgT0H40
本物のHPの最下段に注意事項として書いてある。

注!
2チャンネル等他のホームページに、funwakaは一度も投稿をしておりません!
最近2チャンネルや他の掲示板に【 funwaka 】を名乗る投稿が(参考文として書き
込むのならどなたでも結構ですが、)載っているとのこと。
他のホームページで、funwakaとしての投稿を見かけても、それは【 偽funwaka 】
ですのでご承知おきください。
http://hw001.gate01.com/funwaka/

64 :60:2006/06/07(水) 13:31:30 ID:5yiyyCV20
>>62
>>63
そうであるならますます意味がわからん。
他人の文章他人の名で剽窃するなどとは全く持って理解不能だ。
このスレには鮮人が多すぎる。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 22:49:44 ID:dkHS4X/50
韓国はホントに反日か?

韓国は日本がつくった  

嫌韓流  漫画だが、しっかりと一次資料を基に歴史を検証しています。

嫌韓流2 

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 23:09:31 ID:B5hJaRop0
足手まといな馬鹿ウヨは朝鮮人認定するに限るね。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 00:31:07 ID:yREMkzQY0
        ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <こいつ最高にアホ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /



68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 17:51:04 ID:pOvwU6bn0
京城帝大や台北帝大には外地人の教官っていたの?

69 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/10(土) 19:51:35 ID:KnH70U1h0
>>53
>→これにはマジレス。東京裁判は軍事裁判ですので、法学ではなく政治学で語るべき事柄。
>裁判の形式をとって、政治的利害関係を清算しているだけ。

何言っているんだよ?
その事をパール博士が主張したんじゃないか

パル判事は「平和に対する罪」が1945年以前には存在しなかったと述べ、連合国が国際法を書き改め、
それを遡及的に適用する権限はないと結論しました。パルの意見書によれば
「勝者によって今日与えられた犯罪の定義に従っていわゆる裁判を行う事は、
戦敗者を即刻殺戮した者とわれわれの時代との間に横たわるところの数世紀にわたる文明を抹殺するものである。
かようにして定められた法に照らして行われる裁判は、復讐の欲望を満たすために、
法律的な手続きを踏んでいるいるようなふりをするものにほかならない。
http://wwwi.netwave.or.jp/~mot-take/jhistd/jhist4_1.htm

で、政治学で語ってくれよ・・・
おそらく連合国側の立場でパール判決に異議を唱えるんだろ?
まさかお笑いタレントの様に
「パールさん、我々日本人では裁けないんで(責任追及できないんで)これでいいんです」って言うんじゃないよね?


70 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/10(土) 19:52:59 ID:KnH70U1h0
>>58
>モナコやルクセンブルクが戦争に訴える事は無いと思うし、そもそも
>ハルノートみたいなものを突きつけられるような真似をモナコや
>ルクセンブルクはしないだろうさ。

悪いけど、これ小学生の返しだよ

「理不尽な要求を突きつけられたら、力の弱い者でも戦う(戦わざるを得ない)」

この力の弱いと言うのをモナコやルクセンブルクに置き換えているわけ
つまり・・・ ってかここまで書けば分かるよね? 「する」ではなく「されたら」ね

で?ハルノートは妥当な要求だったとでも言うのか?

かくして、日本は、自らの「生存権」(生きる権利)を賭けて、「対米開戦」と言う「カード」を選んだのです。
つまり、アメリカは、日本に好むと好まざるとに関わらず、「対米開戦」と言う選択を取らせたと言う事です。
それを物語っているのが、『ハル・ノート』が日本側に突き付けられた翌日、11月27日の朝、ハル・国務長官が、スチムソン・陸軍長官に言った言葉、
「私は日米交渉から足を洗った。今や、この問題は貴方とノックス(海軍長官)、すなわち陸海軍の手中に落ちた」(ベアード『ローズヴェルト大統領と戦争の到来』)
だったのです。つまり、ハル・国務長官は、日本が、『ハル・ノート』を到底受け入れない事、
そして、否応なく「対米開戦」に踏み切るであろう事をはからずも「吐露」しているのです。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/hull_note.html


71 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/10(土) 19:54:20 ID:KnH70U1h0
で、「正義」とか「正しい」とか出たけど
新渡戸と繋がっているのは分かるよね?

明日書ければいいけど・・・

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 20:58:00 ID:jZdukUDw0
>>68
変なヤシは華麗にスルーw

気になったので、手元にあった泉靖一「旧植民地帝国大学考」をみてみた。

台北帝大は、学部に台湾人教授・助教授は皆無。
        講師1、助手30。うち医学部が講師1、助手25。
        元資料は『台北帝国大学一覧・昭和18年』 
「台湾人が参与する余地はまったく残されていなかった」(泉)

京城帝大は、学部の朝鮮人教授0。助教授2(医学部と予科)。
        退職助教授2(医学部)、助手20人超。
        元資料は『京城帝国大学一覧・昭和17年』
「日本人によって、重要なポストのすべてが占められていた」(泉)

泉の論文は30年以上も前のものだから、最近の研究だともっと子細が
あきらかにされているかも。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 23:59:12 ID:ln0Lx2NT0
>>72
トンクス!

74 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 05:44:21 ID:76zRlcTl0
age

なんて言うか
当時の日本は「植民地」なんて呼んでなかったんだよ
何度いえば分かるんだよ?

もし新渡戸や矢内原と実際に会って話し合えるなら
100%「植民地」を引っ込めさせられるよ
「よし分かった、植民地とは言わないようにしよう」ってね

で、今相手にしているのが
その人たちの本を読んで「植民地」と信じている人たちだろ?
何だかなぁ・・・
ちょっとやる気も無くしているわけさ

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 11:15:28 ID:/VfiE2ee0
>>74
で、植民省の管轄からも外れ、帝国の呼称まで付けられていたイギリス支配下の
インド帝国は、植民地なわけないんだよなw

おまいは、まだこの文章の意味がわかっていないらしいな

利益範囲についていへば、その有する統治的利益が実現せられて始めてその地域は植民地となり、
而して実現せらるれば既に勢力又は利益範囲たるものではない。そは植民地的法律関係成立の前提
であつて、・・・・・・勢力範囲

一国の特殊統治地域としての植民地は狭義の属領、保護地、租借地及び委任統治地を包含
し、而して勢力範囲を含まず。我国に於ては拓務省の所管に属する朝鮮台湾樺太(狭義の
属領)関東州(租借地)及び南洋群島(委任統治地)がこの意味に於ての植民地である。
矢内原忠雄『植民及植民政策』全集版31ページ

英国の植民地は政治的状態に応じて・・・・・・など、法律上公の称呼を以て冠される。
・・・・・・カナダ等の自治領土はColonyと呼ばるゝことに侮辱を感じ、英帝国の植
民地会議(Colonial Conference)をば帝国会議(Imperial Conference)と改称せしめ、
又植民省(Colonial Office)によりアフリカの黒人地方等と同列に所管せらるゝを喜ば
なかつた。印度が特に帝国と称せらるゝも亦政治的理由に基くものであつて、その学術的
性質は属領(dependency)たること他の直轄植民地に異ならない。我国にては斯の如き公
の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺太等地名を呼ぶ。但し学術的又は通俗的に之等
を植民地と称するを妨げない。我国の学者政治家等が朝鮮を指して植民地と称することに
対し、「千万年歴史の権威」と「二千万民衆の誠忠」を有する朝鮮民族は大なる侮辱を感
じ、大正八年三月一日の独立宣言書にもその憤慨が披瀝せられた。併乍ら研究者は事実関
係を以ってその研究対象とするより外はない。
矢内原忠雄『植民及植民政策』全集版39ページ


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 12:37:53 ID:4u/bvQui0
日本がハルノートを飲んでいればなぁ。
満州や朝鮮樺太南太平洋を失わずにすんだのになぁ。
当時の価値判断では、
ハルノートをのむことが最大の国益だった。
東郷も、もう一度しっかり読み直せばよかったのに。

ハルノートを見て、これで戦争になると喜んだ、
軍の上層部がいたなぁ、誰だっけw

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 12:42:25 ID:ttYYOzNd0
チロリアンにレスするなってのがまだ分かんないのか

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 14:09:47 ID:4u/bvQui0
パール判事は憲法9条絶対賛成論者。
東京裁判では南京虐殺を認定し、
フィピンでの日本軍の蛮行を激しく批判した。
ただのバカウヨではない。

79 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 14:46:15 ID:76zRlcTl0
>>75
>おまいは、まだこの文章の意味がわかっていないらしいな

また出てたよ

お前に質問するが
言葉は誰が作るのだね?
そしてまたそれが広まるのはどうしてだ?
「植民地」の場合、畜生道が広く知れ渡ってきて
日本の統治とは違うという事で使わなくなった。

何度も言うがここで重要な事は
新渡戸や゜矢内原が植民地=畜生道に対してどういう見解を持っていたかという事だ

さっさと書けよ



80 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 14:48:51 ID:76zRlcTl0
>満州や朝鮮樺太南太平洋を失わずにすんだのになぁ。

ああ満州は含まれないというやつか

かくして、日本は、自らの「生存権」(生きる権利)を賭けて、「対米開戦」と言う「カード」を選んだのです。
つまり、アメリカは、日本に好むと好まざるとに関わらず、「対米開戦」と言う選択を取らせたと言う事です。
それを物語っているのが、『ハル・ノート』が日本側に突き付けられた翌日、11月27日の朝、ハル・国務長官が、スチムソン・陸軍長官に言った言葉、
「私は日米交渉から足を洗った。今や、この問題は貴方とノックス(海軍長官)、すなわち陸海軍の手中に落ちた」(ベアード『ローズヴェルト大統領と戦争の到来』)
だったのです。つまり、ハル・国務長官は、日本が、『ハル・ノート』を到底受け入れない事、
そして、否応なく「対米開戦」に踏み切るであろう事をはからずも「吐露」しているのです。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/hull_note.html

何でハル国務長官は提出翌日、陸海軍長官にバトンタッチしたんだろうね?


81 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 14:51:25 ID:76zRlcTl0
>>78
お前>>11だろ?

お前にレス付いているから
さっさと過去レス読みな

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 10:20:33 ID:2I75UEKp0
>>78
パル判決書を読んでいないので知ってたら教えて
大戦以前の日本や欧米の植民地支配自体については、彼は何と言っているの?


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 08:11:43 ID:TJcbAeEq0
オランダの統治の特徴は分割統治とし、互いの反目する小王国同士の内紛に乗じて
、分裂離間を策し、民族統一の気運醸成を徹底的に妨げた。そして、民族共同体意
識を欠き、結果として有力なインドネシア内の王国は十八世紀半ばには瓦解し、オ
ランダの支配下にはいった。しかし、その瓦解のスピードは間接統治によるために
、緩慢であった。東チモールは、ポルトガルの植民地で住民がキリスト教徒となっ
たため、イスラム教のインドネシアとの対立が生まれた。

 オランダは十九世紀(一八三〇年前後)より東インド会社の財政悪化に伴い、「
強制栽培制度」が導入された。ヨーロッパ市場で儲かるコーヒー、茶、砂糖、藍など
を強制的に栽培させた。それは、耕地面積の5分の1はコーヒー・茶などオランダ本国
向けの生産物を強制的に栽培させた。このために、多くの村が崩壊し、食料白給体
制は解体、餓死者が続出し平均寿命は35歳にまで低下した。この時インドネシアよ
り得た利益は、オランダの国家予算の三分の一を占めた。

たとえば、ジャワ・マドゥラ地方の人口の半分にあたる400万人が強制栽培に従事さ
せられる。稲作の減少による米価の高騰を招き、1850年にはに凶作が重なり飢饉が
おこり、ドゥマックの村は人□が33万6000人から12万人に。ゴロポガン付では人口
8万9500人が9000人に減少。平均寿命も三十五歳まで低下した。

 オランダは天然資源開発のため、インド人、支那人を大量に苦人としてインドネ
シアに移住させ、後に、この移民民族を経韓・流通機構に利用するという間接統治の
かたちをとり、彼らがインドネシア人の上にたち、インドネシア人を支配する階層
が形成され、後の対立の原因を作った。つまり、オランダ・(華僑・インド)・イ
ンドネシアの三極構造からなる複合民族民族国家を形成し、インドネシア人の不満は
、強制栽培の取り引き運送に携わる支那人・インド人に向けられ、オランダ人には
向けられない巧妙な手口であった。さらに、オランダはそれだけでなく、ハーフカ
ーストともいえる大がかりにインドネシア人との混血児を作り、それを特別待遇し
て下級官史につけて、間接統治させた。行政官は混血児と華僑などにまかせ、イン
ドネシア人の政治・参加、行政参加はほとんど禁止した。

 オランダ政府は重税を課した上、華僑が高利貸となり二〇〇%の金利にインドネ
シア人は苦るしみぬいた。


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 08:14:00 ID:TJcbAeEq0
オランダは愚民政策をとり、三〇〇年間にわたり教育は基本的に禁止。二十世紀に
なって、世界の批判を受けて初等教育(三年問)だけは実施したが、学校に通えたの
は僅か数%。(下記の資料では大東亜戦争直前の昭和十四年の時点でオランダはイ
ンドネシアの人々に対して、千人中二、三人しか、初等教育を施さず、中等・高等
教育に至ってはほぼ皆無であったことが判る)さらに上級学校へ進学する者に対し
ては、オランダ語を強制した。大学卒業のインドネシア人は年に10人程度。そして、
この教育の特徴としては、支配者であるオランダの文明は非情に高い、価値のある
ものであり、非支配者であるインドネシアの文明は下等な、雑な、価値のないもの
であるという宣傅的な教育であった。この教育の目的は、教養、知性のみを高め、
無自覚に機械のように支配者であるオランダ人の手足となるように教育をすすめた。
そのためにオランダ人は住まいも立地条件が好く、高燥で風景のよい地域に、堂々
たる別荘街を設け、現地人の住居を寄せつけず、オランダ人をインドネシア人の及
びもつかない高等な人種と思わせるように仕向けた。

オランダの徹底した文盲政策を証明するものとして、大東亜戦争直前(昭和十四年)
のデーターを戦後になって分析したものが、発表時に占領軍の検閲にあって削除さ
れている。削除理由は「連合国批判」である。

以下引用
 蘭印に至りては七千三百萬の人口の九割七分が土人(注 原住民)で、シナ人が
二分にオランダ人が一分に充たないが、ここは教育に人種別の制が厳しかつた為に、
その普及率にも開きが目立つ。(原文では初等教育は千人比、中等教育は万人比と
なっていたが、どちらも千人比に統一。また土人という表現は原文のママ)

スマトラで終戦となつて武装解除まで、身辺の隊部を纏めて来た司令官が、戦争中
に親しくなつて互いに遠慮なく話の出来るやうになつた土人に、占領中日本軍がおこ
なつたことの善悪ともザックバランに聴きたいといつたのに、四ケ年の強制教育が
何より有難かつたと、直ぐ答へたとのことを、この普及率の開きから想出して、蘭
印政府の教育政策の弱点を今更に明らかにするのである。
 (八田三喜「人口問題と各國の教育」、『丁西倫理』第五三二号、昭和二十二年
八月)引用終わり
 「抹殺された大東亜戦争」P85〜86



85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 11:16:37 ID:n8l4Zcbg0
>>83
この制度の暗黒面を強調し過ぎるのは正しくありません。
商品作物の大規模導入が開発を促進し、米作の効率化をもたらした面もあり、
ジャワ島の人口は同制度が行われた期間(1830〜1870)に700万から1600万へと倍増しました。
ttp://www.tcat.ne.jp/~eden/Hst/indonesia/orandaryou_higasiindo_no_kansei.html

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 22:33:03 ID:TJcbAeEq0
オランダ愚民政策について日本が大東亜戦争時に統治していたインドネシアに昭和
17年7月より昭和19年12月に至る二年半、民政部文教課長の職にあった鈴木
政平氏が、内地の学兄宛の報告として書き綴ったものを、後年、そのままの形で本
にした「日本占領下 バリ島からの報告」には下記のように書かれている。
アンポンより
(三)町中どこを探しても本屋というものが一軒もない(支那人の歯医者の細君が
内職でやっているらしい三、四百冊ばかり並べた店はありますが、これはもちろん
本屋といわれない)
学校に視察にいって
「時間割りを見ても歴史というものが見当たらなかった」
「そこですよ、そこにオランダの植民地教育の最大の秘密がひそんでいる」
「つまり処らしむべし、知らしむべからずですか」
p53

 子供を導いてどこへつれていくのか、その方向というものがここの教育には全然
たっていなかったのです。為政者のオランダにはもちろんはっきりとしていたにち
がいない。人間としての自主性、民族としての自覚をもたぬものをつくりあげる、
これがオランダが腹中ふかくかくしていた教育の意図であったにちがいありませ
ん。前述の説明を通しても、学兄にはそれが御理解になられたことと思われます
が、こちらの教科書にはそれが実にはっきりと出ているのです。
略)
 人間としての高貴な情操や意志を涵養するようなものはもとより、民族の神話、
伝説、童話、英雄譚など一つだってありはしません。それどころか童謡童詩さえほ
とんど載せていないのですから、ひどい限りといわねばなりません。つまり、ここで
は「教育とは読み書き算盤なり」を少しもでていなかったのです。
p65〜66
 この本には、鈴木氏がいかに小さなことまで気を配りながら教育者としてインド
ネシアの人々と接したかが書かれていると同時に、インドネシアにおいて三百五十
年間文盲政策をとったオランダによる愚民政策統治のひどさと巧妙さなどを確かな
その目でみた経験と具体的な数字で書き表しています。

 <教育とは、知識を授けたり技術をみがいたりするだけのものじゃあない。読み
書き算盤などは教育のほんの一部分でしかない。教育は人間をつくるものである(
ここでは国民をつくるものだとはいえません)。人間生活が精神の統制かにあるこ
とは、つまり知識、行為、身体が精神の統制下に全一体として成り立っていること
は、諸君にもわかるだろう。
 君たちのやってきたのは、この人間のほんの一部分の教育でしかなかった。極端
にいえば人間的な不具者をつくる教育にすぎなかったものだ。日本はこれから諸君に
人間の教育、本当の教育がどんなものであるかをお教えする。>

 

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 22:34:57 ID:TJcbAeEq0
 これは先にあげた引用文の後に書かれているインドネシア人の教員の人たちへの
鈴木氏の言葉です。
鈴木氏がどのような姿勢でインドネシアの人々に接しようとしていたかがよくわか
る言葉です。今でも我が国の教育に携わっている多くの皆様に聞いていただきたい
言葉でもあります。

 三百五十年間にわたってオランダがインドネシアにおいてとってきた愚民政策と
全く同じことが現在の我が国においておこなわれているということです。

 そして、インドネシア国民の統一を阻止すべく、全国各地域で用いられていた三
百二十の種族語をそのままにして、一つの標準語にまとめようとする企ては絶対に
許さなかった。バリ、ジャワその他、個々の種族が纏まらないようにしたバリ島で
のオランダの政策について視学官の「教育状況報告書」として下記のような記述が
あります。
 「(皇紀)二五九五年(西暦一九三五年)に(二十世紀になってやっと作られた)
各学校に『バリ化』が実施された。その目的は、すべての教科がバリの風習を土台
とせねばならぬというところにあった。すなわち唱歌も図画も手工も校舎の様式
も、すべてがバリの様式でなければならぬというのであって、すべての他の様式は
斥けられた。
 唱歌教授に、ドレミファソラシドの音階を用うることが禁止され、その代わりバ
リの音階ディン、ドウン、ドン、ダン、デンが用いられなければならなかった。唯
一の例外として、オランダの国歌が許されたのみである。図画も手工もまたバリ様
式の絵画彫刻に限られ、別種の絵画、標本、書册類はすべて焼却されねばならなか
った。図案文字、風景絵画、透視図法が禁止された。だから椅子や家を描いても、
正面からのみしか描けなかった。そしてこのことが、非常に大袈裟に要求された。

「インドネシア語(マライ語)が次第に減少されて、その代わりバリ語が増加し
た。オランダ人はバリ人が上手にインドネシア語を話すのをみると冷や冷やして心
配した。彼らはバリ人がジャワ人やその他のインドネシアの他種族と交際すること
を極度に恐れた。インドネシアにおける諸種族が一つになることを心配したからで
ある。そこで彼らは分割政策を採った。すなわちバリ人はバリ語のみを用い、ジャ
ワ人はジャワ語といったように、すべての種族に対して臨んだ。かくしてインドネ
シアの諸種族は、他と相たずさえて一つの目的に進むことを知らず、また一つにな
ることが出来なかった」
「人間にとって最も重要なるべき高貴なる精神の教育すなわち、
 (イ)教師や父母長上に対する尊敬、
 (ロ)貧しきものをいたわり助けること、
 (ハ)傲慢でないこと、
 (ニ)下層のものを軽蔑しないこと、
 (ホ)社会生活において人間は常に礼儀正しくなければならぬことなどの精神教
育はなされなかった」


 職員会、研修会、講習会の一切の会合、祝祭日、入学式、卒業式、朝会、遠足、
運動会、学芸会の一切の行事と、一切の礼法を封じてしまっている教育。

ttp://www.tamanegiya.com/oranndatoinndonesia18.6.17.html


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 23:15:56 ID:9851MGBm0
インドネシアは善政。

http://www.tamanegiya.com/oranndatoinndonesia18.6.17.html

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 09:02:33 ID:pGxnDcwr0
国家併合と植民地支配の違いを教えてください


国家併合:2つの国が1つになること。例えばハワイがアメリカ合衆国になること。

植民地支配:強い国が弱い国を支配し、虐殺、略奪を繰り返すこと。例えば白人が黒人+黄色人種にやってきたこと。


私は、このように考えていました。しかし、そうすると矛盾が生じます。
日本が韓国にやってきたことは、植民地支配じゃなく国家併合になってしまうからです。


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 09:35:29 ID:qsiK4Arc0
ユーラシアン
ヨーロッパ人とアジア系の混血。
男は徴税官などの下層官吏に就く。女は性の慰み者となる。

白人=人間、有色人種=動物、混血=亜人

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 10:52:56 ID:/E9zLXkg0
>>89
「強い国が弱い国を支配」するという事実と「併合」か「植民地」かという形式・言葉遊びをごっちゃにしてはいけない。
企業の合併にも、経営合理化のために対等合併するものと、一方の経営が悪化して吸収合併されるものとある。
でも、どちらも形式的には対等合併であって、社名なども両方を併記する場合が多い。
よって形式的・言葉的な分け方にこだわると事の真相が見えない。
事実において、強い国が弱い国を支配したのであれば、併合形式であろうと、植民地形式であろうと、どちらも変わらない。
故に併合であるから、欧米植民地と違うなどというのが如何に滑稽であるかが解る。

問題なのは、事実において、日本が韓国を搾取しておらず、末期にではあるが、日本国民と対等の権利を与えようとしたことだ。
この点では確かに欧米の愚民化政策とは異なる。しかし、日本は同時に韓国人であることを認めなかった。
日本人が韓国人に「俺はお前を朝鮮人だと思った事は一度もない」といって、好待遇したからと言って、
韓国人が心から喜ぶであろうかということを考えてもらいたい。

では、だからといって半島を放置し、ロシアに搾取されるがままにしたり、最貧国状態においておくのが「人道的」に良いかというとそうではない。
この問題は「人道的介入」の正当性を巡る議論でも一番難しい点だ。
今のところハッキリ言えるのは、日本の支配には良い面(経済面)と悪い面(民族文化面)があると言うことだ。
この点を踏まえて以下のレスを読んで欲しい。議論の確信がここにある。

>>オリエンタリズムとか文化多元主義なんて理解できないんだろうな。
>だからそんなのどうでもいいんだよ

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 11:54:01 ID:KSHRfQ3j0
……私はいわゆる「責任内閣制」とはどんなものなのか、総長と次長とがどんな関係なの
か、をはっきり知った。
 それは官吏の棒給基準の問題について討論した国務会議だった。…(中略)…「給与令
草案」には、「日本人官吏」の棒給は「満州人」と区別され、前者は後者にくらべてほぼ
四十パーセント高く定められていたのである。とりわけ財政総長の熙洽は憤懣を押さえら
れず、まっさきに意見を述べた。「この議案はまったく話にならん。われわれは複合民族
国家なのだから、各民族は一律平等のはずだ。なぜ日本人が特別待遇を受けねばならんの
だ。親善国の国民だというなら、親善を示させばならん。どうして特別高い棒給をとるの
だ」…(中略)…その他の総長も、口々に、一視同仁とし、待遇に差をつけないようにと
いう希望を表明した。
 総務庁長官の駒井徳三は雲行きが思わしくないと見ると、総長たちの発言をとめ、諸案
の起草者である古海忠之に草案について答弁させた。…(中略)…大意は、平等を問題に
しようと思えば、まず能力が平等かどうかを見なければならない。日本人は能力が高いの
だから、当然棒給も高くなければならない。それに日本人は生活水準が高く、生来米を食
べている。「満」人のように高粱を食べていれば、暮らせるというわけにはいかない、と
いうのだった。彼はまた「親善を言うなら、日本人に少し棒給をよけいにとってください
ということこそが親善です」と言った。総長たちは、それを聞くと、口々に不満を表明し
た。
 …(中略)…熙洽は…また言葉を返した。「私は少しばかりの金をほしがるわけじゃな
いが、日本人はどこに王道楽土を建設するのかうかがいたいですな。満州人がいなくて建
設ができますか」
 駒井はこれを聞くと顔色を変えて怒り、テーブルをたたいてどなった。「きみは満州の
歴史を知っとるのか。満州は日本人が血と引き換えにとったものだ。ロシア人の手から奪
い返したものなんだ。きみはそれがわかっとるのか」

愛新覚羅・溥儀『わが半生』下、22〜25ページ

93 :91:2006/07/06(木) 21:41:55 ID:/E9zLXkg0
>>92
「そんなのどうでもいいんだよ」のひとにとっては、満人と一等国民日本人は能力が違って当然、
満人が日本人になれば一視同仁しましょ、ということになる。満人を鮮人に代えてもらってもかまわない。
実態経済上の生活水準でなく、異文化であることが「遅れ」であると言う認識に立っているんだ。

また、「満州は日本人が血と引き換えにとったものだ。ロシア人の手から奪い返したものなんだ。きみはそれがわかっとるのか」
という風に、恩着せがましくなるのはなぜか。
そもそも日本の勢力圏拡大は、常に安全保障上の理由により行われている。
よく言われるような、支配からの解放独立を目指したものではない。
故に、被支配民の生活が改善したとしても、それは日本の統治政策の反射的利益にすぎないのであって、
日本の国益がそうしたことよりも優先されるのは必定である。
ところがそれを恰も日本が「献身的」に奉仕したかのような言説を鼓吹する連中がいるから困る。
これはイタすぎると言わねばなるまい。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 20:05:53 ID:2MY0doU+0
中国の属国として何百年と続いた乞食国家!乞食生活朝鮮!を、日本人の金を30
数年もらい続け!助けられ続け!豊かな生活が出来るようになった恩義も忘れ!
日本悪邪論を教育の基本とする、泥棒!強盗国家朝鮮!中国!に、何故に朝日は味
方ばかりか、スパイ同然にすり寄るのか!?

乞食国家朝鮮の首都、と、それより遡る事、32年、前、の日本の首都江戸の風景
を比べて欲しい!縄文時代から文明文化と清潔さ世界一の豊かな国、ニッポン!

上記日本の首都、江戸の写真より32年後でも、以下のように、文字も書けず読め
ず学校などの文明文化何一つ無い!朝鮮は乞食の国民ばかりの有様であった!!

日本統治前 1895年 朝鮮首都ソウル 南大門

1888朝鮮の首都、ソウルの街並み (これが首都の街と言えるのか!?乞食村
ではないか!)泥棒ばかりの乞食貧乏国家朝鮮!!これほどの落差が有ったのだ!!

わずか30数年の統治で、日本人の!人!モノ!金!血税を!惜しみなく注ぎ込み、
ここまで朝鮮をまともな国に日本はしてやったのだ!!その資金は政府が200兆
円民間は400兆円を超すと言われている!! その金を日本は統治が終わった後
も引き上げること無しに!全て朝鮮にプレゼントしてやったのだ!従軍慰安婦も!
強制連行も!有りもしない言葉まで作って大嘘をつく!!いったいどこをどう取っ
たら、「朝鮮人は日本人に酷い目に遭わされた!」と言えるのだ!?!?!\(`o'")\(`o'") !\(`o'")

莫大な日本国民の血税を投入し、乞食国家!朝鮮!を普通の国にしてやった朝鮮日本統治時代。
http://www.geocities.jp/furen1002/KoreaHistory.html
http://hw001.gate01.com/funwaか/ronkan.htm


95 :たまねぎや:2006/07/08(土) 18:06:47 ID:PbuW0UxP0
土地調査をきっちりとやることにより近代的土地台帳を製作するということは、近
代国家としての根幹に関わってくる問題です。朝鮮は小作農より自作農への「農地
解放」の事ばかり騒ぎ立てますが、我が国においての農地解放は大東亜戦争終了後
の1946年です。朝鮮併合時1910年において我が国の全農家戸数541万6
937戸のうち、自作農家177万6873戸と自作農兼小作農家213万911
1戸を除く、小作農家は150万953戸もありました。1927年でも148万
8061戸もあり全農家の3割弱を占めていて、朝鮮より少しいいだけでした。同
じく小作耕地は277万3236町で自作農地324万3170町の46%を占めて
いますので、同時期の朝鮮の小作農土地58%より少しだけ少ないだけです。

下記の表は1930年の朝鮮における朝鮮人地主と日本人地主との比較です。


朝鮮人地主
日本人地主

1000町以上の水田を所有する者  500町以上の水田を所有する者
33名                10名
47名               17名


100町以上の水田を所有する者  50町以上の水田を所有する者
756名              1454名
246名              269名


96 :たまねぎや:2006/07/08(土) 18:08:31 ID:PbuW0UxP0
ちなみに朝鮮人の反論の根拠によくなる日本人地主数についてはであるが、
これらの日本人地主の多くは朝鮮併合以前に朝鮮に進出した者であって、朝
鮮総督府の土地政策事業はもちろん東洋拓殖株式会社とは何も関係のない純
粋な事業として李朝末期に進出したものです。朝鮮における日本人の農家の
総人口は4万人(約1万戸1922年)で同年の朝鮮人農民総人口1434
万人のわずか0・3%であり、東洋拓殖株式会社の斡旋で移住した6000
戸(1911〜27年)のうち2000戸以上が帰国し、定着は38883
戸に過ぎなかった。そのために東洋拓殖株式会社は1927年に移住斡旋事
業を廃止した。日本人に不人気の最大の理由は、東洋拓殖株式会社(東拓)
が日本人むけの土地価格は、1911年で水田反あたり15円、1927年
で120円と、日本人に安く売らなかったからです。朝鮮人がよくいう安く
斡旋したなどということがいつものとおり嘘だというまたまた一つの例です。
 そして、朝鮮総督府は所轄していた「国有地」の田畑11万7000町(
1918年末)を、1920年から東拓には売却せずに、朝鮮人の従来から
そこで耕作している「縁故小作人」に安く売却した。朝鮮総督府の「国有地
」とは大韓帝国の国有地を引き継いだものであり、私有地を新たに「国有地
」にしたものではない。これらのことからだけでも、英国のアイルランド、
オランダのインドネシア、フランスのアルジェリアなど他国の植民地政策と
我が国の朝鮮半島における政策との違いがわかる。

(以上の主な引用先は「歴史を捏造する韓国」 中川八洋著 徳間書店P7
2〜3、P78〜80よりですが、中川氏は数値などは「現代日本農地政策
史研究」細身大次郎著 御茶ノ水書房より引用)

http://www.tamanegiya.com/tyousenntokosakunouka.html


97 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/08(土) 18:57:10 ID:U1O2Zmy40
>>89
17 名前: 日本@名無史さん 投稿日: 2005/05/04(水) 01:48:17
国家併合と植民地支配の違いを教えてください

(以下略)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

パート3のこれ↑書いた人?
そうだとしたら一年以上居るわけだけど
何か分かった?

「違い」を認識したのは当時の日本人
それに異議を唱えたのが新渡戸・矢内原などの植民地学者
そして彼らは偶然?にもキリスト教徒だった。

キリスト教布教の名の下に行われた、或いはキリスト教精神※>>37に則った植民地支配

欧米の植民地支配を【畜生道】とした者との認識のズレがこの様な混乱を招いた。
(こっちにも貼らねばならないだろう・・・)
目の前に新渡戸・矢内原がいたとしたら「日本の植民地」なんて言うのを100%止めさせる事が出来る。


98 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/08(土) 18:58:28 ID:U1O2Zmy40
>>91
>上の方でまたファビョリアンが湧いてるが、奴にはオリエンタリズムとか文化多元主義なんて理解できないんだろうな。

>だからそんなのどうでもいいんだよ
>どうでもよくないって言うなら、ちきんと説明してみなよ

勝手にオリエンタリズムや文化多元主義に基づいてレスがしたいのならしろって事だよ

>「強い国が弱い国を支配」するという事実と「併合」か「植民地」かという形式・言葉遊びをごっちゃにしてはいけない。

この「弱い国を支配」ってのが間違い。何故なら併合してこの「弱い国」が無くなったから


>「そんなのどうでもいいんだよ」のひとにとっては、満人と一等国民日本人は能力が違って当然、

能力?待遇の間違いか?

>「きみは満州の歴史を知っとるのか。満州は日本人が血と引き換えにとったものだ。
>ロシア人の手から奪 い返したものなんだ。きみはそれがわかっとるのか」

満州に於ける「日本人優遇税制」の根拠となった考えでもあるのだろう。
満州スレでも言ったが「五族平等」ではないから別に問題はない。
しかし「五族協和」でやっていく場合に大きなリスク要因となる事だけは覚悟しておけ
(覚悟してやっていたんだろうな?)って事だけだよ

99 :(こっちにも貼らねばならないだろう・・・) :2006/07/08(土) 19:08:36 ID:U1O2Zmy40
【19世紀】 北海道などの入植地を【殖民地】と呼称す

【1895年】 台湾割譲 
      大日本帝国初の新領土獲得 統治形式議論される
      ※1 ※2

【1905年】
      帝国議会にて台湾植民地論争
      「植民地」と言わなくなる
      ※3 

【1910】 日韓併合
      当然「植民地」としなかった。
        
【大正期】新渡戸、欧米「植民地」と入植地「殖民地」の使い分けにもの申す
      ※4

【1919年】
       三・一事件
       独立宣言書にて、一部不心得者の「植民地」発言への憤慨が披露させられる  
       
【1926年】
       三、一事件後、不心得政治家の改心、新渡戸(の弟子)の出した植民地の定義への
       受け入れ拒否が歴然となる。 
       そこで矢内原は【植民及植民政策】にて研究者への励ましと
       一般人の使用による定着を試みる
        
       >但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。
       ※5 

この後、欧米の「植民地」に「殖民地」の字を当てているのが発覚した。
(新渡戸の弟子らによる)意図的なものかそうでないかは別として
明確に区別する為に「外地」にした。   以上


100 :(こっちにも貼らねばならないだろう・・・) :2006/07/08(土) 19:09:28 ID:U1O2Zmy40
※1
そこで司法省のイギリス人顧問モンテーダ・カークウッドは、英領の香港とインドにおける非同化政策をモデルとして提示した。
またフランス人顧問ミッシッエル・ルボンは、仏領アルジェリアを例に挙げ、内地延長の州県とみる同化政策を主張した。
当時内閣に置かれた台湾事務所の原敬委員(外務次官)は「植民地経営」に反対し、
台湾を九州や四国同様内地の延長と見るべきだと主張した。原が参考にしたのは、
普仏戦争後にフランスからプロイセンに割譲されたアルザス・ローレーヌ地方の統治形式である。
実際のところ、当時台湾経営に関しては「朝野ともひとつの定見がない」(竹腰与三郎帝国議会)状態だったが、
台湾は植民地ではなく「新領土」とする見方が多かった。かって第二代台湾総督を務めた桂太郎首相が1905年、
帝国議会で台湾を植民地とみなす発言をしたことをきっかけに、第21回、22回の帝国議会では台湾植民地論争が起きている。
http://www2.starcat.ne.jp/~asakurak/f-hidesato02.htm

※2
たとえば台湾総督府に提出された統治意見書の一つである「台湾経営策」は、
欧米列強による植民地支配と人種差別を「畜生道」と非難するとともに、 英仏の
問接統治路線を参考にすべきだという意見を「英仏は我国体に似ず」と一蹴し、
台湾人を「皇道」によって「我国体に同化」して、アジア連合による「極東独立」
「東洋の平和」を目指すことを主張している。
        小熊英二 「日本人の境界」 p92


101 :(こっちにも貼らねばならないだろう・・・) :2006/07/08(土) 19:10:08 ID:U1O2Zmy40
※3 
チロリアンが説明しよう

台湾は日本領であり、住んでいるのは日本国民である。
そこに植民地統治するというのは一体どういう事なのか?
いやそもそも植民地統治とは何なのか?
彼らは調べた、アフリカ・アジア南米中米の植民地支配を・・・
その結果ガクガクブルブル&思いっきりのドン引き
そして「植民地=搾取=悪=畜生道」と定義し(意味を定め)
「植民地」とは言わなくなった。

※4
>「植民」と「殖民」の字句を混在させて使っているが、植民地の原意は
>「人を植える」ことだから、「植民」に統一しろと、大正期に新渡戸が言って
>いたことが、



※5
我国にては斯の如き公の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺
太等地名を呼ぶ。
但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。
我国の学者政治家等が朝鮮を指して植民地と称することに対し、
「千万年歴史の権威」と「二千万民衆の誠忠」を有する朝鮮民族は
大なる侮辱を感じ、大正八年三月一日の独立宣言書にもその憤慨が披瀝せられた。
併乍ら研究者は事実関係を以ってその研究対象とするより外はない。
『植民及植民政策』矢内原忠雄

★★★★★注意★★★★★
専門家の矢内原が、いかに少ない例だとはいえ、特に拓殖局が使う「殖民地」を見ていなかったというのはあり得ない。
彼はそれを「植民地」と捉えなかったからこその上記発言である。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 00:41:42 ID:V6FOV+If0
戦後日本こそ世界史上最も成功した植民地支配

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 10:02:03 ID:V6FOV+If0
>東洋拓殖株式会社は1927年に移住斡旋事業を廃止した

東拓の移民事業が早期の段階で自作移住をやめ、地主移民、つまり
朝鮮で地主になる日本人の斡旋事業に一本化したことを、知っているのだろうか?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 11:27:15 ID:O+EemtfL0
>国が無くなった
nationとstateの区別ついてない低脳ロリワロスww

>目の前に新渡戸・矢内原がいたとしたら「日本の植民地」なんて言うのを100%止めさせる事が出来る。
嫌がらせをしてやめさせるんだろw
コピペ荒らし・イタ電・すし50人前の出前送りつけるとかww
言論で打ち負かすんなら、論文書いて学会なり雑誌なりに発表すればいいのに
それをせずに、ビックマウスとはw負け犬の遠吠えさねw

支配民を土人化しておくことが欧米の植民地統治「鬼畜道」であるなら、
日本の場合は、支配民を一視同仁で日本国民とする非植民地だという。
ならばなぜ、彼らには、本国への選挙権が無かったのか。フランスはアフリカの土人にさえ選挙権を与えたというのに。
ロリ曰く、鮮人は文化程度が低い故日本人にはできないとのこと。
日本の統治で豊かになった鮮人とフランスの鬼畜支配で土人と化したアフリカ人ととっちが文化程度が上だというのだろう。
それとも日本の統治は「鬼畜道」以下だったというのか。

私は単に彼らが鮮人だったから、日本人にできなかったのではないかと思う。
鮮人やめますか?それとも日本国民やめますか?
これが日本の統治の実態である。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 12:05:59 ID:PbzmFiFc0
ふんわかを騙るスレ
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1141621997/l50

106 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/09(日) 16:55:24 ID:htVwG5cA0
>>104
>nationとstateの区別ついてない低脳ロリワロスww

はぁー?一行レスじゃ分からないのでちゃんと書いて

>「強い国が弱い国を支配」するという事実と「併合」か「植民地」かという形式・言葉遊びをごっちゃにしてはいけない。

日韓併合条約によって強い国(大日本帝国)が弱い国(大韓帝国)を支配していたという認識なの?

なんでまた選挙権が出てくるんだよ、過去スレで何度出た?
属地主義でやってきたが、徴兵制との兼ね合いから1945年4月に選挙法が外地にも施行されたんだろ

>ロリ曰く、鮮人は文化程度が低い故日本人にはできないとのこと。

そんな事言ってないよ
併合時は民度も低いから憲法も直接施行出来なかった、とかは言った覚えがあるが・・・
皇民化教育・政策ってのは何?

>私は単に彼らが鮮人だったから、日本人にできなかったのではないかと思う。

>戦前から東京にいた私は、年に1〜2回はソウルとか当時の平壌に行きました。その当時の韓国人は
>日本人以上の日本人です。劇場に行くと映画の前にニュースがありましたが、例えばニューギニアで
>日本が戦闘で勝利をおさめたという映像が流れると、拍手とか万歳が一斉に出ます。
>私は劇場が好きで、日本でも浅草などに行って見ていましたが、韓国で見るような姿はごくわずかです。
>韓国ではほとんど全員が気違いのように喜びます。
http://www2.odn.ne.jp/~aab28300/backnumber/04_12/tokusyu.htm


107 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/09(日) 16:57:39 ID:htVwG5cA0
>>103
>東拓の移民事業が早期の段階で自作移住をやめ、地主移民、つまり
>朝鮮で地主になる日本人の斡旋事業に一本化したことを、知っているのだろうか?

でなんなの?

>東洋拓殖株式会社は1927年に移住斡旋事業を廃止した

これが↑間違いだとでも言うの?


日本人の間で、韓国の農地は、「高い、質が悪い、住むにインフラが劣悪」と評判がすこぶる悪かった。
だから、東洋拓殖株式会社が日本の小作農家に朝鮮移住を宣伝してもついに応募者はいなくなった。
東拓の斡旋で移住した日本人農家のうち4割近くが、「騙された!」と帰国して定着しなかった。
東拓が仲介した移住日本人農家約六千戸(1911年〜27)のうち、二千戸以上が帰国したのである。
定着は三八八三戸にすぎなかった。
このため、1927年、東拓は早々とこの移住斡旋業を廃止した。
不人気の最大の理由は、東拓が日本人に農地を安く売らなかったからである。
東拓の日本人用の土地価格は、1911年が水田反当たり15円、1927年は反当たり120円であった。
日本人の誰も買う気がおこらないほど高かった。
また、朝鮮総督府は所管していた「国有地」の田畑11万7千町(1918年末)を、
1920年から「東拓」には売却せず、朝鮮人の(従来からそこで耕作している)「縁故小作人」に
安く直接に売却した。
朝鮮人自作農の育成に取り組んだのである。
なお、この「国有地」の田畑約12万町とは、全朝鮮の田畑437万町(1920年)の3%未満である。
総督府は朝鮮人の土地(私有地)を一坪たりとも没収しなかった。
旧韓国の国有地のみ引き継いだけれども、私有地を新たに「国有地」にするようなことを決してしなかった。
ちなみに、東拓のもっていた土地も7万3千町(1921年)で、これまた全農地の2%に満たなかった。
すなわち、総督府の「国有地」と「東拓」の耕作地全部あわせても20万町弱で、全農地の4%強であった。
一方、日本統治下で開墾された新しい水田は22万町でこれより多かった。

歴史を偽造する韓国 徳間書店 中川八洋著


108 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/09(日) 16:58:27 ID:htVwG5cA0
東拓とは、朝鮮の社会では、「朝鮮人にやさしい」というより、「朝鮮人に弱い」会社にすぎなかった。
このことは、1925年の小作争議の事件(宮三面事件)が端的に示している。
なぜなら、朝鮮人の道知事(県知事)の鶴の一声で、いっさいの法を無視して、
1770町の東拓の田畑が没収された。
その上、その小作人たちにこの東拓の土地がほとんど無償で分譲(譲渡)させられた。
つまり、朝鮮人が、上と下からのサンドイッチ攻撃で、日本の企業の土地を「没収」したのである。
全羅南道のこの1770町の田畑は、旧韓国政府から東拓設立時に現物出資された1万1千町の一部であり、
その時は「国有地」であった。東拓は、これらの現物出資の農地に小作人がいる場合、
すべてに耕作権を認めて小作人として雇用した。
だから「宮三面」でも小作人はすべて昔からの村民かその子供たちであった。
東拓は、東拓の資本で、ここに貯水池をつくり揚水機を設置して優良な農地に改造したとき、
この小作人のほぼ全員が「かつて1890年頃までは自分たちの民有地であった」事実をもち出し、
無償譲渡を要求し小作料不払い運動をおこしたのである。
しかし、この1890年頃、租税が払えない村民がこぞって「宮三面」を慶善宮に寄進して自ら小作人となり、
代償として「租税なし」を選択したのである。
1890年の土地所有権の移動は、1908年創立の東拓に責任はない。
しかし張憲植という県知事は「諭告」をもって、問答無用とばかりに、墓田は無償、その他は「破格の条件」で
譲渡せよと東拓に命じたのである。
東拓は朝鮮人の県知事と朝鮮人の小作人からの理不尽な強要に敗北しそれに従った。
朝鮮総督府は見て見ぬふりをして東拓を助けなかった。
日本企業の土地を「収奪」するように、朝鮮には植民地の性格は全くなかった。

歴史を偽造する韓国 徳間書店 中川八洋著


109 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/09(日) 17:01:39 ID:htVwG5cA0
1919年、測量されて所有者が確定した面積は、487万町。
うち、水田/畑が433万町。土地所有者は350万人と確定された。
この所有者のほぼすべてが朝鮮人である。
日本は農地の没収は全くしていない。
所有が明確でない限り、課税はむろん売買等の取引も可能でなく、
この土地調査は長期的にみれば韓国の近代化を決定づけた偉大な大事欺'#6であった。
一部の朝鮮人農家の不満は、面積と地価の決定とともに近代的な土地所有権を法律的に
確定した結果、自作農の農地と思っていたのが小作地であることが判明し、国有地や両班階級の
所有へと変更されてこの自作農が小作農に転落するケースがかなり多かったことである。
が、それは、客観的にいえば、朝鮮人間の問題であって、日本人には全く無関係であった。
そのことによって得をした日本人はゼロであるからだ。また国有地となり朝鮮総督府等が管理することとなった
農地の、小作人の耕作権は百パーセント保証された。
そのために農地を追われた朝鮮人は一人もいない。

歴史を偽造する韓国 徳間書店 中川八洋著


朝鮮人小作農の耕作権が100%認められたわけだから
入植した日本人は当然誰も耕作していなかったような僻地で耕作せざるを得なかったんだね

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 17:18:30 ID:WpGWilH40
チロリアンもそのありあまるエネルギーを何か有効なことに利用すればいいのに

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 18:59:59 ID:O+EemtfL0
分からないなら調べろよ…ネイションとステートの違いぐらい勉強汁。
日本ネイションが作った国家が日本ステート。朝鮮ネイションが作った国家が朝鮮ステート。ok?
朝鮮ステートが経営難になったから日本ネイションと相談して作ったのが併合国家日朝ステート。ok?
ところが実際は朝鮮ステートのかわりに日本ステートがきただけで、朝鮮ネイションにとっては支配以外の何物でもなかった。
日本ステートは日本ネイションによる日本ネイションのための国家であって、朝鮮ネイションのための国家ではない。ok?

君の言う属地主義ならこれでも問題ない。朝鮮ネイションが進歩したら独立させて朝鮮ステートを作ればいいだけの話なんだからな。
これが欧米の信託統治論だ。実際は鬼畜道であって、原住民の進歩を認めない方策だったワケだが。
話を戻して、日本の場合は併合であって、日本ステートから朝鮮ステートを分離独立させることは絶対に認められない。ひとつになったんだからな。ok?
ということは、鮮人が遅れてるからという理由で選挙権を付与しないという論理は当てはまらない。
遅れていようが、進歩していようが日本人として認めるという事なんだからな。
ところが日本は、いつまでたっても選挙権を認めない。
>併合時は民度も低いから憲法も直接施行出来なかった
30年も統治すれば相当民度はあがっているはずだが。
君はコメントしていないが、フランスが選挙権を与えたアフリカの土人に比べて鮮人が遅れていたといえるような証拠がありますか?
皇民化教育・政策で日本人化を急激におしすすめた結果、彼らにも選挙権が与えられた。
これが私のいう「鮮人やめますか?それとも日本国民やめますか? 」という同化政策の事だ。
>その当時の韓国人は日本人以上の日本人です。
良い悪いの問題ではなく、朝鮮ネイションがこの世界から抹殺されようとしていたことは事実だ。
君が韓国ナショナリズムを全く認めず、日本文化こそが世界一であり、これに同化することが諸国民の幸せだと考えているのなら、日本の行いは全く正しいという認識になるであろう。
私はオリエンタリズムに批判的だし、文化多元主義者を自認しているから、鮮人は嫌いだが、その国家と文化は認めている。

私のレスに納得いかない点(特にok?の部分)があればその都度コメントしてくれ。但しレスは一回まで。コピペは張らないように。
特にコメントが無い場合は、私の認識と同じと見なします。矛盾点のないようにお願いしますよ。
それから、警告にも関わらずコピペ荒らしをする場合には、私のレスが自分にとって都合が悪いのでもみ消してしまおうとログ流しをしていると見なします。
それは君の無知と狂乱を衆目に曝す事になりますから、厳に謹んでくださいね。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 19:06:24 ID:V6FOV+If0
いつも同じ電波HPをコピペするだけなんだからエネルギー消費なんかゼロだろ

113 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/09(日) 19:37:19 ID:htVwG5cA0
>>111
下手に小難しく言う人間は子供に聞くようにするのが吉

ネイションとステート
だから

>「強い国が弱い国を支配」するという事実と「併合」か「植民地」かという形式・言葉遊びをごっちゃにしてはいけない。

日韓併合条約によって強い国(大日本帝国)が弱い国(大韓帝国)を支配していたという認識なの?

>君の言う属地主義ならこれでも問題ない。朝鮮ネイションが進歩したら独立させて朝鮮ステートを作ればいいだけの話なんだからな。

日本語で書いてみな
そうすればボロが出るから


114 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/09(日) 19:42:18 ID:htVwG5cA0
>ところが日本は、いつまでたっても選挙権を認めない。

なんでまた選挙権が出てくるんだよ、過去スレで何度出た?
属地主義でやってきたが、徴兵制との兼ね合いから1945年4月に選挙法が外地にも施行されたんだろ

>30年も統治すれば相当民度はあがっているはずだが。

だから皇民化政策・教育が取られたの 分かる?

>君はコメントしていないが、フランスが選挙権を与えたアフリカの土人に比べて鮮人が遅れていたといえるような証拠がありますか?

当時の為政者が判断する事でありお前の判断で動かなかったからと言って
不満をぶつけるなよ



115 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/09(日) 19:44:40 ID:htVwG5cA0
ああ分かったよ

>良い悪いの問題ではなく、朝鮮ネイションがこの世界から抹殺されようとしていたことは事実だ。

朝鮮ネーションの実態と言うべきものを説明して
そうすればきっと分かるだろう

>その国家と文化は認めている。

李氏朝鮮の国家と文化ね

どうぞ説明してね



116 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/09(日) 19:54:42 ID:htVwG5cA0
朝鮮ネイション

もしかして
朝鮮民族って事?

>日本ネイションが作った国家が日本ステート。朝鮮ネイションが作った国家が朝鮮ステート

ってのは・・・
日本民族が作った国家が日本国家、朝鮮民族が作った国家が朝鮮国家って事?

そんなわけ無いよな?
何も英語にする意味無いからな

一体なんだろね

これだけ先に答えて


117 :たまねぎや:2006/07/09(日) 19:59:24 ID:PbzmFiFc0
103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 10:02:03 ID:V6FOV+If0
>東洋拓殖株式会社は1927年に移住斡旋事業を廃止した

東拓の移民事業が早期の段階で自作移住をやめ、地主移民、つまり
朝鮮で地主になる日本人の斡旋事業に一本化したことを、知っているのだろうか?


 ソースをご提示ください>>103

118 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/09(日) 20:02:45 ID:htVwG5cA0
えっ?まさか
単純に「併合だが、朝鮮人からすれば支配されていたという事に変わりはない」って事を言いたいが為に
ネーションとステートを出した?
まさか・・・な
それじゃあこのコピペってかサイトだろう

>戦前から東京にいた私は、年に1〜2回はソウルとか当時の平壌に行きました。その当時の韓国人は
>日本人以上の日本人です。劇場に行くと映画の前にニュースがありましたが、例えばニューギニアで
>日本が戦闘で勝利をおさめたという映像が流れると、拍手とか万歳が一斉に出ます。
>私は劇場が好きで、日本でも浅草などに行って見ていましたが、韓国で見るような姿はごくわずかです。
>韓国ではほとんど全員が気違いのように喜びます。
http://www2.odn.ne.jp/~aab28300/backnumber/04_12/tokusyu.htm



119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 20:25:06 ID:395gvfYZ0
http://www8.ocn.ne.jp/~senden97/

有名なサイト!


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 20:39:19 ID:V6FOV+If0
>>117
ソースもくそも、東拓研究上の常識なんだが・・・・・・

最近この2冊が出されたから、自分で読んでくれ

河合和男ほか『国策会社・東拓の研究』不二出版、2000年
黒瀬郁二『東洋拓殖会社』日本経済評論社、2003年

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 23:06:12 ID:O+EemtfL0
コピペしないかわりに分割レスですか…
少しは有用な議論ができるかと思いましたが、全く話になりませんね。
私は別に朝鮮文化を認めさせようなんざ思ってやしません。
ただ、あなたが韓国ナショナリズムを全く認めず、日本文化こそが世界一であり、
これに同化することが鮮人の幸せだと考えているのならば、ハッキリそうだと言って欲しかっただけなのですが。
日本語で書くと訳語の問題があるんですよ。民族と書けば、君はわざとエスニシティと国民をごっちゃにするでしょ?
だからネイションと書いたの。nationと書かなかっただけありがたく思え。
三十年統治して実態生活上は日本国民たるに十分なレベルに達しても、日本人は一視同仁しなかった。
なぜなら、彼らは未だ鮮人であるから。皇民にならないと日本国民としては扱わないということだ。
これは文化の違いの問題で民度の話ではない。フランスは土人にも選挙権を与えているのに、日本は文明化した鮮人に選挙権を与えなかった。
これを君はどう説明するのか?君は見当はずれなコメントばかりでなんら返答をしていない。

君の話を総合すると、アメリカが日本を併合して、お前は英語がしゃべれないとか、神社に参拝したりする日本文化は野蛮だとかいって市民権を与えないという
日本ナショナリズム無視の事態に対しても、「私チロリアンはアメリカンになリました」とかいってへらへらしている姿が容易に想像できる。
そしてアメリカ人に、「君はもう立派なアメリカ市民だ。私は君を日本人だと思った事は一度もないよ。」なんていわれて喜んではしゃぐんだろうな。
滑稽だよ。君には大和魂の欠片もない。

そんな奴にネイションの話をしても分かるまい。
きみがネイションを否定する一元帝国主義者でないのなら、
君は固有のネイションを持つことのできない在日朝鮮人だ。

122 :たまねぎや:2006/07/09(日) 23:07:03 ID:PbzmFiFc0
>>120
ありがとうございます。

では、そこから貴方の言わんとすることは何でしょうか?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 23:39:37 ID:pXQ4F+Hk0
ソースが中川八洋ってwwww

124 :たまねぎや:2006/07/09(日) 23:59:44 ID:PbzmFiFc0
>>123
著者ではなく著書の内容について述べるべきでは?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 00:03:16 ID:V6FOV+If0
>中川八洋


>チャールズ・ダーウィンの進化論(ダーウィニズム) に批判的な意見の持ち主で、
>著書『正統の哲学異端の思想―「人権」「平等」「民主」の禍毒』のなかで、
>「文明の政治社会の人間の祖先として『神の創造した人間』という非科学的
>な神話は人間をより高貴なものへと発展させる自覚と責任をわれわれに与える
>が、『サルの子孫』という非科学的な神話(神学)は、人間の人間としての自己
>否定を促しその退行や動物化を正当化する」と論じている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E5%85%AB%E6%B4%8B

中川八洋(筑波大教授)の差別的暴言
http://www.bekkoame.ne.jp/~pyonpyon/hotnews/1999/ht990915.htm

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 00:09:15 ID:4jc0587E0
安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!! 安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!!

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50

安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!!

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50 安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!!

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50

安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!!

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50



http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50

安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!!

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50 安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!!

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50

安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!!

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 00:12:50 ID:YPNC61M60
朝鮮は併合してたので実際植民地じゃないでしょ・・・

チェコスロバキアみたいな感じなんだけど
チェコ+スロバキア=チェコスロバキア
大日本帝国+李氏朝鮮=大日本帝国になっただけでしょ?
って思うんだけどどうなの?

そして朝鮮が植民地だったら朝鮮人も日本に殖民してたのだから
大日本帝国は植民地ってことになっちゃうよ?

【植民地】
ある国からの移住者によって経済的に開発され、
その国の新領土となって本国に従属する地域。
武力によって獲得された領土についてもいう。

朝鮮は大日本帝国からの移住者によって開発されたけど
本国に従属ってことはあんまり無いと思う。
あと武力によって獲得されたわけでもないしね。

そう考えると朝鮮は昔中国の植民地だったは微妙に正しいかもしれないけど
大日本帝国の植民地ではないだろうねって話「むしろ帝国そのもの」。

そこの国民が今自分たちは戦勝国民とか日本に賠償を要求とか言っても
「なに言ってるんだか」って話でしょ・・・


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 00:29:35 ID:m7cgxKz10
石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に電波の 種は尽きまじ

ちなみに論評なしで紹介しておく
イタリアに対し、リビアも賠償請求を突きつけており、ベルルスコーニ時代に
基本合意。先日もイタリアの内相がこの件で、リニアに謝罪し、賠償請求は
正当だと発言した

なぜか日本では報道されませんけど

129 :たまねぎや:2006/07/10(月) 00:38:52 ID:yf9mtdQq0
>>125

大丈夫ですか? 逃亡ですか?

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 01:45:46 ID:yTaIpY+y0
>>127
チェコ人もスロバキア人もチェコスロバキア国民。
しかし、朝鮮人は大日本帝国臣民では無かった。

合併では無く、日本人が朝鮮人を併呑した。
朝鮮人は日本人になって初めて日本国民になれる。

本国に従属していないのなら、自治が認められていたというのだろうか。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0
ここを一読してみることを強くおすすめする。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 17:30:03 ID:d+cWsm1c0
>>127
朝鮮台湾等の外地行政を統括した官庁は拓務省、
英語呼称はMinistry of Colonial Department
直訳すると植民地省。

132 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/10(月) 20:56:08 ID:M4FxVAoL0
>>121
>ただ、あなたが韓国ナショナリズムを全く認めず、日本文化こそが世界一であり、

当時の朝鮮文化を紹介してください。

>これに同化することが鮮人の幸せだと考えているのならば、ハッキリそうだと言って欲しかっただけなのですが。

幸せは自分たちで掴むものです。
飢餓社会だった李氏朝鮮から、日本統治時代になり、近代化された社会に住むようなった。

>戦前から東京にいた私は、年に1〜2回はソウルとか当時の平壌に行きました。その当時の韓国人は
>日本人以上の日本人です。劇場に行くと映画の前にニュースがありましたが、例えばニューギニアで
>日本が戦闘で勝利をおさめたという映像が流れると、拍手とか万歳が一斉に出ます。
>私は劇場が好きで、日本でも浅草などに行って見ていましたが、韓国で見るような姿はごくわずかです。
>韓国ではほとんど全員が気違いのように喜びます。
http://www2.odn.ne.jp/~aab28300/backnumber/04_12/tokusyu.htm

このような喜んでいたとしたら「幸せなのかも?」と思っても不思議ではないでしょう?
幸せは自分たちで掴むものです。
嫌ならば戦うしかないでしょう。



>三十年統治して実態生活上は日本国民たるに十分なレベルに達しても、日本人は一視同仁しなかった。
>なぜなら、彼らは未だ鮮人であるから。皇民にならないと日本国民としては扱わないということだ。
>これは文化の違いの問題で民度の話ではない。フランスは土人にも選挙権を与えているのに、日本は文明化した鮮人に選挙権を与えなかった。

三十年経って皇民化政策が行われた。
属地主義でやってきたが、徴兵制との兼ね合いから1945年4月に選挙法が外地にも施行された。
併合後すぐに「今日から皇民化やりまーす」って言えば満足なんだろうが
それは無理


133 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/10(月) 20:57:23 ID:M4FxVAoL0
>>130
>ここを一読してみることを強くおすすめする。

>植民地(しょくみんち)とは、国外に移住者が移り住み、本国政府の支配下にある領土のこと。殖民地とも表記する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0

このスレの方がレベルが高い。明らかにね(b^∀‘)v


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 21:03:10 ID:d+cWsm1c0
確実にループしてるな…

109 名前: 日本@名無史さん 2005/08/17(水) 21:22:01
>開拓地や入植地=植民地なら
>香港やシンガポール、ジブラルタルは
>イギリスの植民地じゃなかったんですかい?w

135 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/10(月) 21:04:06 ID:M4FxVAoL0
>>131
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%93%E5%8B%99%E7%9C%81
拓務省

関連過去レス↓

>この後、欧米の「植民地」に「殖民地」の字を当てているのが発覚した。
>(新渡戸の弟子らによる)意図的なものかそうでないかは別として
>明確に区別する為に「外地」にした。   以上
―――――――――――――――――――――――――――
今日は政治家になってみよう

拓務省役人 「チロリアン先生、今日はお話があります」

チロリアン代議士 「フム 何だね君」

拓務省役人 「植民地(=畜生道)という言葉に忌み嫌うお気持ちは分かります。
         しかし我が省の英語表記Ministry of Colonial Departmentでは拓務省ではなく植民地省と
         訳されてしまいます」

チロリアン代議士 「ちょっとこい!」

拓務省役人 「いたたたたた」 耳を引っ張る

チロリアン代議士 「さっさと直せ!」


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 21:04:31 ID:d+cWsm1c0
104 名前: 日本@名無史さん 2005/08/17(水) 08:28:27
>チロリアンって入植地=植民地だと思ってるのか?
>馬鹿さかげんの核心に核心に近づいてきたねw
>
>じゃあ、千葉県の成田一帯も明治時代には植民地だな。
>千葉県庁のHPに「入植地」って書いてあるから。
>
>http://www.agri.pref.chiba.jp/ringyo/hokubu/profile4.html
>>明治に入り,旧武士階級の職探しに新政府は対応を迫られます。そこで,徳川幕府が管理して
>>いた広大な牧を開放し,東京に住んでいた窮民や旧武士達に開墾させ,畑に変えて農作物を生
>>産させる事業を計画したのです。
>> この開墾事業により,明治2年から5年にかけて,約8千人の人々が13の 入植地に移り
>>住んだと伝えられています。
>> 13の入植地のうち,現在,内陸防風保安林があるのは3つです。今の八街市(やちまたし),
>>富里市,成田市の3地区で,当時の字名はそれぞれ八街,十倉,十余三(とよみ)と命名され,
>>字(あざ)名が後に村名となりました。

137 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/10(月) 21:11:18 ID:M4FxVAoL0
>>134
懐かしいな・・・

でも全然ループしてないよ
一年前から久しぶりにこのスレ覗いた奴か?

俺も学ぶんだよ

>>99-101見てからレスしてね


138 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/10(月) 21:17:56 ID:M4FxVAoL0
>>136
今年の初めにこういうレスしているよ


260 名前: チロリアン ◆nu1V1rGlC2 投稿日: 2006/01/06(金) 19:58:32 ID:7n0i21Oo0
>>233
>日本からの入植を斡旋していた東拓の存在は一体なんなのでしょうか?

何?入植地だったから植民地? 懐かしいな・・・
前にこういうレスされたよ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
104 名前: 日本@名無史さん 投稿日: 2005/08/17(水) 08:28:27
>チロリアンって入植地=植民地だと思ってるのか?
>馬鹿さかげんの核心に核心に近づいてきたねw

>じゃあ、千葉県の成田一帯も明治時代には植民地だな。
>千葉県庁のHPに「入植地」って書いてあるから。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

戦前「植民地」という言葉ほんの少しだが使われた事もあった。
誰が使っていたかというのがこの時は見えていなかったんだな・・・


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 21:58:18 ID:Zm66KV/F0
>>132
前にも言いましたよね。私のレスの中に納得のいかない点があれば、その都度コメントして頂きたいと。
コメントが無ければ了承したものと見なすと。

君の話を総合すると、アメリカが日本を併合して、お前は英語がしゃべれないとか、
神社に参拝したりする日本文化は野蛮だとかいって市民権を与えないという日本ナショナリズム無視の事態に対しても、
「私チロリアンはアメリカンになリました」とかいってへらへらしている姿が容易に想像できる。
そしてアメリカ人に、「君はもう立派なアメリカ市民だ。私は君を日本人だと思った事は一度もないよ。」
なんていわれて喜んではしゃぐんだろうな。滑稽だよ。君には大和魂の欠片もない。
そんな奴にネイションの話をしても分かるまい。
君がネイションを否定する一元帝国主義者でないのなら、固有のネイションを持つことのできない在日朝鮮人だということだ。

あなたはこういう人間だと言うことですね。

朝鮮には文化がない。ヒント:白磁
嫌ならば戦うしかないでしょう。 ヒント:抗日義兵

>このような喜んでいたとしたら「幸せなのかも?」と思っても不思議ではないでしょう?
幸せは自分たちで掴む?
その割にはいろいろとお節介を焼いたようですね。鬼畜道に反対すると言うことは、王道楽土を作るということではないのですか?
儒教的精神を語りながら、下の者に対する優しさがない。
これは酷い鬼畜ですねw

チロリアンは在日朝鮮人特有の精神病に冒されている。
>>135では自らを政治家になぞらえて役人に粗暴な振る舞いをするなどという誇大妄想を展開。
さらにwikipediaの議論に根拠もなく自分のレスが上だなどと偏執狂ぶりを示している。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 00:05:14 ID:opNzQB0F0
だからチロとかふんわかとかタマネギとかNGワードにいれておけって
まともに相手するだけ時間の無駄

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 00:06:06 ID:Wv91J5eq0
朝鮮がアルジェリアやアイルランドと比較されるのは
地理的条件が似てるってだけだろ。海を隔てているが本土と近いというただそれだけ。

支配の内実は似ても似つかない。

サヨやチョンがどのような屁理屈を捏ねようが日本の外地支配が
古今東西に比類なき善政であったという事実は揺らがない。


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 00:39:28 ID:opNzQB0F0
>地理的条件が似てるってだけだろ。海を隔てているが本土と近いというただそれだけ。

相変わらず無知ぶりを曝して、いい気なもんだ
地理的近接性は日本の植民地支配の特徴
またそれゆえに本国人・植民地人の人流も活発だった

こういった基本的な点で、まず比較の要件を満たしているんだがね

西洋の植民地支配も知らず、想像の西洋植民地支配をでっち上げて
勝手に勝利宣言するの、そろそろ止めてほしいんですがね

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 01:17:31 ID:2K/5Bk+O0
レッテル貼り厨なんか相手にすんなよ

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 09:38:48 ID:xPfCo/vV0
>>140
ロリにレスする気はないんだが、すぐ横やりを入れてくるんで困っていたが、
NGワードに入れておけばいいのか。
ところでタマネギとはどんな方なんだ?荒らしレスはしていないと思うが。
私はかつて(´・ω・)という名で呼ばれたこともある者だが、
単にコテというだけでNGにするのもどうかと思う。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 09:54:53 ID:2K/5Bk+O0
たまねぎやってマルチでしょ?
世界史板でもまったく同じレス貼り付けてたし

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 11:12:12 ID:pYLlxpTI0
同胞韓国人は嘘つきばかりである。私はそのことが恥かしく、情けない。

「韓国は独力で近代化を成し遂げた」って。馬鹿を云うな。韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材の投与によって成し遂げられたものである。

「韓国は日本の統治に抵抗をもって対抗した」だって。
馬鹿馬鹿しい。同胞韓国人はロバのように日本の統治を甘受したのが実態だ。ごくごく一部の抵抗はあったが上から下までみんな日本にあこがれ、日本人になろうとしたのだ。

「韓国が独立したのは韓国の手によるものだ」にいたっては呆れてものも言えない。誰も日本からの独立など望んでいなかったのにアメリカに強制的に独立させられたというのが真実だ。

「漢河の奇蹟」だって!笑わせる。日本から賠償金という名目で莫大な経済援助と技術援助で成し遂げられたものだ。これだけお膳立てしてもらえばどんな未開民族でも経済成長するだろうよ。

「日本文化の祖が韓国」とは恐れ入る。一体、併合前の朝鮮半島のどこに「文化」なるものがあったのか。

併合前、我々先祖は乞食同然の生活をしていたではないか。現在の韓国の姿、まさに他人により作られた砂の楼閣だ。虚飾と偽善と歪曲とおごりに満ち満ちている、真似と依存と歪曲が全てである。

このような韓国の本質を知らず「韓国こそ世界一」などとほらを吹いて自己満足している本国、在日の韓国人は正気の沙汰ではない。これが恥でなくてなんであろうか。

金満哲(韓国済州島出身の韓国評論家)



147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 16:11:02 ID:IPDx99S60
私の恋愛体験に基づいての異性への愛情表現や性の本質、知識を多くの男女に参考
にしてもらう目的でHPを開設しました。 ところが、HPの運営を始め数々の相
談を受け続けているうちに、私に会って色々と教えてほしいという女性からメール
が届くようになりました。そしていつしかHPを作った当初には考えてもいなかっ
た事ですが、読者の女性と会って直接愛と性の指導をする事となりました、、、。

男性に対しての心のあり方、持ち方、表現の仕方、愛情表現が女性の幸せにとって
最も大事な事で、その事を色々な角度から何度も指導し続けます。多くの男が本質
的に好む女性の言葉遣い、気の使い方、身のこなし、、化粧、服装、髪型etc&
c.、、独り言22にも書いているように、異性に好かれ、男性にモテル女性に変
身させる。それがユートピアでの指導の基本です。

愛と性に傷ついたり、異性とのコミュニケーションの取り方が解らない女性、性的
に幼い女性、オーガズムを知らない女性、そのような女性に愛と性を理解させ、オ
ーガズムを教える、 そして恋愛や人生を刺激的に楽しく生きてゆけるように心と
身体の指導をしています。

もう17〜8年は前になるでしょうか。 大勢の若い女性がいい歳をしたオヤジの元で共同生活を送っ
ていて、心配した女性の親が「子供が拉致誘拐されている!」と警察に訴え出、中年男性が任意同行を
求められ、警察の取り調べを受けるという事件が有りました。この事件のあらましは、中年男性の元に
何故多くの若い女性ばかりが集まってしまったのか? なおかつ、集まった女性達全員と中年男性とが
性的関係を持っていたという事で、当時の新聞テレビや週刊誌に大きく取り上げられ世間の注目を浴び
ました。この事件で明るみになったのは、この団体は、『 千石イエス 』という中年男性を教祖とす
る、キリスト系らしきカタチを取った、『 イエスの方舟 』という宗教団体でした。



148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 16:12:53 ID:IPDx99S60
古今東西、新興
宗教の起こりは必ず一般世間からは奇異な有様が見受けられます。 往々にしてその行動様式教義には
一般社会とは相容れないモノが随所に見られるし顕れるからです。【 鰯の頭も信心から 】 昔から
言われる、宗教に深入りする人達の理解不能な心理状態を表す言葉です。このイエスの方舟でも、信者
は若い女性のみ、しかも一人の中年男と全員が性関係を持ちながら宗教で言う出家状態で、あまりにも
普通の宗教の形態とは違っていたのでです。しかし、若い女性とはいえ未成年者ではなく、皆が成人し
た女性で男に強制されていたわけでも無く自らの意思で性的関係を結び集団生活を送っていたのですか
ら違法性は何もなく、程なく千石イエス氏は釈放されました。過剰な報道が続いたこともあり、その特
異性ゆえか、結局イエスの方舟は女性信者7人だけが残り千石イエス氏を教祖としての宗教団体として
固まったようで、九州のどこかでスナック形態をとっての生活を維持してたようですが、2〜3年前に
千石氏が亡くなり、その後残された女性達と団体はどうなったのか。

またも似たような事例が注目を浴びています。一人の中年男の元に若い女性ばかりが集まりハーレムの
ような共同生活をしていた様子。今回の場合は宗教団体の様子は無いようですが一人の中年男の元に若
い女性が多く集まりしかもその全員と性的関係を結んでいるというカタチは、イエスの方舟、と同じで
す。但し、今回の場合、千石氏と少し違うのは怪しげな催眠法(おそらく完成されたものではないでし
ょう)を使ったりした事と、(まあ、宗教も有る意味では最も効果的な催眠法なのですが)脅迫も有っ
たようで、そのへんでの逮捕拘留となったようですが、同じなのは、殆どの女性は自らの意思でこの団
体生活を送っているという事実です。女性自ら独りの男を集団で付き合っているという事実、何故こう
した事が起こり得るのか。世のお母さん方、お父さん方に深く考えて欲しいと思います。




149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 16:13:56 ID:IPDx99S60
世間一般の殆どの男達は彼女や奥方の執拗な嫉妬に悩まされ閉口し続けているというのに、何故にこん
な正体不明のツルッパゲオヤジが10人以上の若き女とのハーレム生活が出来うるのか不思議に思われ
るでしょう。おそらく、「あんなトコに集まる女なんだから余程変わったキ印に近い女達だろう」とい
う事で結論づけるのがオチ、、人は自分の理解の範疇を越えた現象には、自分達とは違う世界、違う人
種だと結論づける事で、自らの、世間や人への狭い理解力を認めなくて済むからです。私には、千石氏
や今回の男が魔術や宗教を駆使したわけではなく、一般的な女性の心理を深く理解出来ているからこの
ようなカタチになってしまったのだと解ります。何故多くの普通の若い女達が世間とは違ったカタチを
承知しながら一人の男を愛し共有しあえるのか。

その因子は【 父性 】です。 父の愛、です。 お
そらく千石氏も今回の男も、大きな父性を持つか、その力を駆使していると思えます。 温かく、広く
、どのようなわがままも許してくれる父性。但し、時には手をあげる強さ厳しさを持つ強い愛の父性。
その絶対的な信頼を得られる強い父性を持つ男からの強い性愛を受ける。。。今の人生にとまどいと苦
しさと圧迫を感じている女性にとっては、それは他には考えられないほどの安息の場所、それを失う事
に比べれば嫉妬を我慢する方がたやすいほど、、、。一人二人なら嫉妬も先鋭的な対象となるが、五人
、六人、それ以上となると、嫉妬も分散霧のごとくなってしまう女の不思議な心理。

いずれにしても、宗教で有れ催眠法であれ、どのようなカタチであろうとも、例え女性が自ら望んだ結
果であろうとも、女性をコントロールできるほどの父性を備えた男が己の欲望追求のみで女性の人生の
一部を停滞させたり欠落させるのは、法律に犯せず罪と罰の対象とならなくとも犯罪行為に等しいと私
は認識している。年輩者が若き芽を育て、花開かせ、熟させ、若い者の未来を輝かすための捨て石とな
っても、決して芽を摘む事は許されない!女性が強くなったしまった現代においても心身共に心優しく
か弱く傷つきもがいている女性が少なからず存在する。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 16:16:14 ID:IPDx99S60
そうした女性にとっては何もかも受け止め包ん
でもらえる存在の(本来は親がこの位置で娘を包んでいなければならない)男が現れれば例え他にも大
勢の女の存在が有ろうとも、その温もりの中でこそ自分の価値と存在が実感できる温かい場所となる。
それが今の辛い生活、辛い生き方から解放され、救われる場所となり、他では得られない安らぎの場所
となる。そうして集まってくる女性達の将来のための指導、そのためにこそ普通の者とは違った生き方
で築き上げた人間理解術を駆使し、明日の明るさ幸の為の指導をしてほしいのだが、、、報道される限
り今回の男にはそれは望み薄のように思える。。。。様々な人生で色々な傷を負っている女性もあろう
、致し方ない場合も有るとは思うが、集う全ての女性の十年後、二十年後が幸多くなるための父性の愛
、指導であって欲しいと願う。また、その意思無くして、【 己が欲望のための人心掌握術 】 を使
い、若い女性の青春を食いつぶすなら、犯罪性が証明できなくとも一生塀の中から出してはいけないク
ズ男だという事だ。
最後に、私funwakaも、千石イエス氏や今回の中年男と同じく、『 若い女を弄ぶアヤシキオヤジ
 』に見られる面もあるようです。その辺の事については、独り言、のページ、 下部からのリンクで
、【独り言6】、の最下段の文章 【 更新 82 04.5.20.ユートピアやホームページでの
アドバイスで私がしている事はカルト宗教やマインドコントロールとは正反対、その解説 】で、詳し
く述べていますので読んで頂きたいと思います。

HP:恋愛マニュアル

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 16:48:37 ID:Nq0znymQ0
>HP:恋愛マニュアル

なんだこりゃ

152 :戦争反対:2006/07/13(木) 18:57:22 ID:HEp+O/8e0
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1152784407/l50

日米安保反対!! 平和憲法死守!!


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 20:14:19 ID:EWotn7O10
PP

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 20:15:20 ID:EWotn7O10


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 20:16:07 ID:EWotn7O10
PP

156 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/13(木) 20:20:46 ID:xPbWq9Hc0
>>139
>さらにwikipediaの議論に根拠もなく自分のレスが上だなどと偏執狂ぶりを示している。

取り敢えずこれだけレスする
っっっっうか当たり前だろっ!
じゃあ何かいっ!wikipediaの「植民地」を編集した人間がここにきたら
俺はトンズラするってのか?

ふざけるなよ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0

これぐらいの人間だったら過去スレで何度も現れたよ

>植民地(しょくみんち)とは、国外に移住者が移り住み、本国政府の支配下にある領土のこと。殖民地とも表記する。

初めのこれで脱力だ

もし新渡戸の弟子ネットワークでこれを書いた人を知っているなら
ここに誘導してくれないか?

よろしくおながいします(; ・`д・´) 

157 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/14(金) 21:14:54 ID:wcAm3wER0
>君の話を総合すると、アメリカが日本を併合して、お前は英語がしゃべれないとか、
>神社に参拝したりする日本文化は野蛮だとかいって市民権を与えないという日本ナショナリズム無視の事態に対しても、
>「私チロリアンはアメリカンになリました」とかいってへらへらしている姿が容易に想像できる。

悪いけど↑イマイチ想像しづらい
そのような状況が嫌だったら戦うしかないだろう
ってか、まず超極貧ありきだよ?分かっているの?
たとえば俺が日本で食えなくなって、南米のどこかの国に移民するとしよう。
(飢餓で死ぬぐらいなら世界中のどこでも行くよ)
俺はどういう態度でその国で暮らせばいい?
守りたい日本文化があったらそれを保持しつつ、その国の文化を受け入れると言う事だろ?
だから守りたかった朝鮮文化って何だよ?

ヒント:白磁
ヒント:抗日義兵

日韓併合時に白磁をつくる陶工を虐殺したのか?白磁文化を抹殺?
この場合は「抗日義兵」から入るのが吉だろう
つまりは両班文化
http://mirror.jijisama.org/kankoku_heigou2.htm#binhi
ここに抗日義兵の事が書いてあるからまとめてください

まとめないというなら長いコピペするぞ


158 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/14(金) 21:18:42 ID:wcAm3wER0
>>139
http://kuyou.exblog.jp/1071826/
両班猫車

猫車を運転する奴婢になったと想像出来るか?
よし!日韓併合時に彼らが何と言うか答えてみてくれ


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 13:16:16 ID:Nr/BldZB0
何も申しません! 日本人であるなら是非このホームページをごらんになってくだ
さい。 中国、そしてその中国の卑劣な国策を常にマネをしている韓国の真の姿が
解るでしょう。そして、私達の日本がイカニ自分達、ニッポン人のエセマスコミや
朝鮮半島の国にどれほど騙され金をむしり取られ!愚弄されているかを! 
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/index.html
http://www.geocities.jp/furen1002/KoreaHistory.html
韓国はホントに反日か?
世界の最貧国!乞食国家!であった朝鮮を、莫大な日本の資金と物資を投入し近代
国家にしたか!?一次資料を元に韓国の近代史をしっかりと実証しています。

韓国は日本がつくった  WAC株式会社  黄文雄  980円
これ以上の本は無い!朝鮮の真実!!

是非日本人全ての国民に読んで欲しい!反日韓国の真実!

嫌韓流    晋遊舎  山野車輪    1000円  発売以来一年足らず
で、堂々60万部!の販売実績!!漫画だが、しっかりと一次資料を基に歴史を検証しています。

それにしても、日本の政官と左翼マスコミは、つくづく!売国奴!の腐りきったク
ソ野郎!ばかりだ!と、解ります。

ますます、充実! 反日韓国の実態!真実を証明する!!
嫌韓流2   晋遊舎  山野車輪    1000円    売れ行き爆発!!

産経新聞を読んで、朝日や毎日がまず書かない韓国や北朝鮮、中国の真の情報を知
ろう!まともな情報が欲しいなら、産経新聞を読むべし! 間違っても朝日毎日を
読むべからず!私が信用する週刊誌、週刊文春と週刊新潮、この二誌は日本でもっ
とも信頼出来る真実と正義の週刊誌である 恋愛マニュアル→f u n w a k a 論

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 13:52:49 ID:Nr/BldZB0
f u n w a k a 様
はじめてメールいたします。私は、OO県在住・2?歳の女性です。
f u n w a k a さんの、愛のある的確なアドバイスには、本当に感動しています。
偶然にもHPを見つけることが出来て、神様に感謝しているところです。いつも
は、「時事放談は後で…」と思って読んでいなかったのですが、今日は「是非」の
言葉に惹かれ、マスコミの項だけですが、全て読みました。結果、私のf u n w a
k a さんファン度は、またも上昇してしまいました(*^^*)。

私も、国の質を高めるためには、マスメディアの質を高めることが必須と考えてい
たので(教育も必須、と個人的には思っていますが)、同じ考えの方がいらして、し
かも、それが大好きなf u n w a k a さんで、とても嬉しくなってしまい、今メールを書
いています。まだ、マスコミの項と歴史の項をちょっとだけしか拝見していません
が、どちらからもf u n w a k a さんの大きな愛を感じました。f u n w a k a
さんは、この国のことを愛していらっしゃるんですね。f u n w a k a さんの愛
は、「恋愛」の枠を超えて、「博愛」にまで達しているのかなと、勝手ながら(^^;感じました。

だからこそ、色々とご無理をされてまでHPを運営なさっているのかな、とも思う
のです。たとえ見ず知らずの人でも助けてあげたい・幸せになって欲しい。そうい
う思いがHPから感じられます。とても暖かな気持ちになります。ありがとうござ
います。なんだかまとまらなくなってしまいましたが、今日、時事放談を拝見し
て、それまでの「なぜ恋愛とセックスのページに時事…?」という謎が、自分なり
に解けました。f u n w a k a さんがこの国を愛しているが故、時事についても
考えるのかな…と。すべては愛なのかな…なんて(^^ゞ。

愛にあふれたf u n w a k a さんから、私も元気をいただいています。これから
も、お元気で、公私に渡ってご活躍ください。(本当にお忙しそうなので、つい心
配してしまいます。特に今は季節の変わり目ですし…。)それでは、失礼いたします。どうぞお元気で。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 14:03:16 ID:Nr/BldZB0
こんにちはf u n w a k aです。
応援メールありがとうございます。

>今日、時事放談を 拝見して、それまでの「なぜ恋愛とセックスのページに時事…?
> という謎が、自分なりに解けました。

私は読書も好きなのですが、色々な本を読むほどに今の日本の姿がとてもおかしな
状態になっているのが良く見えて来てしまいます。

>f u n w a k aさんがこの国を愛しているが故、時事についても考え
> のかな…と。すべては愛なのかな…なんて(^^ゞ。

ありがとうございます。
新聞には出ない世の中の真実を知るにつけ、また世界の不条理を知るにつけ、正義
漢とお節介の性格がムクムクと出てしまいます。
全く困ったものです(^^;) 出来るだけ頑張ってみようと思っています。
応援ありがとうございます。力が湧き出て来ます!!(^g^)


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 14:24:39 ID:JLHIOuJd0
マルチ氏ね

163 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/08/04(金) 20:22:36 ID:lFoeoYzS0
いい加減sageすぎ

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/04(金) 23:41:14 ID:GROWPm6XO
>158

猫車って沢山の猫に引かせる車じゃなかったのか!!

165 :funわか:2006/08/09(水) 22:28:50 ID:YnfEawrI0
何も申しません! 日本人であるなら是非このホームページをごらんになってくだ
さい。 中国、そしてその中国の卑劣な国策を常にマネをしている韓国の真の姿が
解るでしょう。そして、私達の日本がイカニ自分達、ニッポン人のエセマスコミや
朝鮮半島の国にどれほど騙され金をむしり取られ!愚弄されているかを! 
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/index.html
http://www.geocities.jp/furen1002/KoreaHistory.html
韓国はホントに反日か?
世界の最貧国!乞食国家!であった朝鮮を、莫大な日本の資金と物資を投入し近代
国家にしたか!?一次資料を元に韓国の近代史をしっかりと実証しています。

韓国は日本がつくった  WAC株式会社  黄文雄  980円
これ以上の本は無い!朝鮮の真実!!

是非日本人全ての国民に読んで欲しい!反日韓国の真実!

嫌韓流    晋遊舎  山野車輪    1000円  発売以来一年足らず
で、堂々60万部!の販売実績!!漫画だが、しっかりと一次資料を基に歴史を検証しています。

それにしても、日本の政官と左翼マスコミは、つくづく!売国奴!の腐りきったク
ソ野郎!ばかりだ!と、解ります。

ますます、充実! 反日韓国の実態!真実を証明する!!
嫌韓流2   晋遊舎  山野車輪    1000円    売れ行き爆発!!

産経新聞を読んで、朝日や毎日がまず書かない韓国や北朝鮮、中国の真の情報を知
ろう!まともな情報が欲しいなら、産経新聞を読むべし! 間違っても朝日毎日を
読むべからず!私が信用する週刊誌、週刊文春と週刊新潮、この二誌は日本でもっ
とも信頼出来る真実と正義の週刊誌である 恋愛マニュアル→f u n w a k a 論


166 :funわか:2006/08/09(水) 22:30:59 ID:YnfEawrI0
何も申しません! 日本人であるなら是非このホームページをごらんになってくだ
さい。 中国、そしてその中国の卑劣な国策を常にマネをしている韓国の真の姿が
解るでしょう。そして、私達の日本がイカニ自分達、ニッポン人のエセマスコミや
朝鮮半島の国にどれほど騙され金をむしり取られ!愚弄されているかを! 
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/index.html
http://www.geocities.jp/furen1002/KoreaHistory.html
韓国はホントに反日か?
世界の最貧国!乞食国家!であった朝鮮を、莫大な日本の資金と物資を投入し近代
国家にしたか!?一次資料を元に韓国の近代史をしっかりと実証しています。

韓国は日本がつくった  WAC株式会社  黄文雄  980円
これ以上の本は無い!朝鮮の真実!!

是非日本人全ての国民に読んで欲しい!反日韓国の真実!

嫌韓流    晋遊舎  山野車輪    1000円  発売以来一年足らず
で、堂々60万部!の販売実績!!漫画だが、しっかりと一次資料を基に歴史を検証しています。

それにしても、日本の政官と左翼マスコミは、つくづく!売国奴!の腐りきったク
ソ野郎!ばかりだ!と、解ります。

ますます、充実! 反日韓国の実態!真実を証明する!!
嫌韓流2   晋遊舎  山野車輪    1000円    売れ行き爆発!!

産経新聞を読んで、朝日や毎日がまず書かない韓国や北朝鮮、中国の真の情報を知
ろう!まともな情報が欲しいなら、産経新聞を読むべし! 間違っても朝日毎日を
読むべからず!私が信用する週刊誌、週刊文春と週刊新潮、この二誌は日本でもっ
とも信頼出来る真実と正義の週刊誌である 恋愛マニュアル→f u n w a k a 論


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 00:37:23 ID:Odgwo8Rm0
もうコピペ大会だな

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 22:25:41 ID:jZp4qxMT0
さあ皆さん書き込みを!!!!!!!!!!!
http://www.tamanegiya.com/urabbs/index.cgi

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 21:20:09 ID:hS4CgcxC0
我が国は、併合したあの朝鮮半島においてさえも教育普及にちからを入れました。
それはわずか三年ほどしか統治しなかったインドネシアにおいてもそうです。

それに対して、
日本は6年問の初等教育を実施し、授業料を全て廃止、学校を新設、学年を延長、就
学奨励、平等に初等教育を受けれるようにしました。校庭も作り体育を重視。
あわせてインドネシア人の教帥養成のため帥範字校も設置した。
農業、漁業、造船、工業、医学など専門、訓練学校を設置し、僅か3年で当時600
人しかいなかった知識人(国家エリート〕を最終的にlO万人育成した。
日本の軍政により飛躍的にインドネシアの教育状況はよくなりました。下記資料はバ
リに限定したものですが、その状況がよくわかる貴重な一次資料といえると思います。
http://www.tamanegiya.com/oranndatoinndonesia18.6.17.html




170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 21:25:37 ID:hS4CgcxC0
インドネシア小スンダ民政部官下新旧学校状況における比較(「日本占領下
 バリ島からの報告」より引用)

公学校における比較
学校数 バリ ロンボック スンバワ 計
戦前 244 93 82 419
昭和18年 244 113 93 450
昭和19年 256* 136 107 499
戦前に対する
昭和19年の増加数 12 43 25 80
備考 戦前=昭和16年9月現在。他はいずれも4月1日現在
   * 戦前に比して増加数の比較的少ないのは学校の合併ありたるによる
教員数 バリ ロンボック スンバワ 計
戦前 519 230 181 962
昭和18年 545 293 217 1,057
昭和19年 636 411 264 1,808
戦前に対する
昭和19年の増加数 117 181 83 382
学童数 バリ ロンボック スンバワ 計
戦前 23,859 11,713 11,378 47,150
昭和18年 35,186 18,386 13,740 67,309
昭和19年 50,987 25,063 17,483 93,533
戦前に対する
昭和19年の増加数 27,128 13,350 6,105 46,383
同上割合 214% 214% 154% 198%

http://www.tamanegiya.com/oranndatoinndonesia18.6.17.html

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 21:28:21 ID:hS4CgcxC0
中等学校における比較
学校数 バリ ロンボック スンバワ 計
戦前 5 4 3 12
昭和18年 7 7 4 18
昭和19年 10 6 4 20
戦前に対する
昭和19年の増加数 5 2 1 8
教員数 バリ ロンボック スンバワ 計
戦前 6 4 3 13
昭和18年 18 12 6 36
昭和19年 27 13 10 50
戦前に対する
昭和19年の増加数 21 9 7 37
学童数 バリ ロンボック スンバワ 計
戦前 170 120 90 380
昭和18年 411 216 106 733
昭和19年 708 325 244 1,277
戦前に対する
昭和19年の増加数 538 205 154 879
同上割合 416% 271% 271% 336%



バリ県学童学年別表(昭和19年4月1日現在)
普通公学校 第1学年 男15,249 女6,401 合計21,650 比率42.5%
第2学年 男 9,717 女3,165 合計12,882 比率25.3%
第3学年 男 6,908 女1,748 合計 8,656 比率16.9%
上級公学校 第4学年 男 2,973 女 795 合計 3,768 比率 7.4%
第5学年 男 2,053 女 507 合計 2,560 比率 5.0%
第6学年 男 1,195 女 276 合計 1,471 比率 2.9%

 p207
 これは、日本が統治してからいかに児童数、そして女子児童の就学率が改
善されたかを示す明確なそして貴重なデーターである。

http://www.tamanegiya.com/oranndatoinndonesia18.6.17.html



172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 21:29:35 ID:hS4CgcxC0
下記はバリにおいての中等学校進学状況についての資料です。

中等学校進学状況表(バリ県) 師範学校教員養成所 志願 入学
昭和18年 132 60
昭和19年 229 85
普通中学
昭和18年 129 129
昭和19年 240 85
農業実務学校
昭和18年
昭和19年 151 68
工業実務学校
昭和18年 42 15
昭和19年 68 15
合計
昭和18年 304 204
昭和19年 688 253
増加(19年度) 384 49
割合 226% 124%
        
 ちなみに、インドネシア独立後、教育の大切さを知っているハッタ副大統
領は、日本よりの戦時賠償金四億ドルを用いて、十万人の留学生を日本に送
り込むことを考えていたが、スカルノ大統領は、賠償金で派手な独立記念塔
や色慾に散財し、日本へは四百人しか送らなかった。ソ連には三千人もの留
学生を送っている。http://www.tamanegiya.com/oranndatoinndonesia18.6.17.html






173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 23:37:05 ID:D/E8cfYl0
あげ

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 17:37:05 ID:7GyNYZW90
http://www.tamanegiya.com/oranndatoinndonesia18.6.17.html

オランダの植民地統治の残虐性

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 09:07:54 ID:3LWJY7E50
仏団体、国語辞典の回収要求 植民地を「肯定的」表現
2006年09月06日06時59分
http://www.asahi.com/international/update/0906/003.html

 フランスの民間2団体がこのほど、同国の代表的国語辞典「プチ・ロベール」
の植民地に関する記述が問題であるとして、辞典の回収を要求した。
 この団体は、黒人評議会「CLAN」と反人種差別団体「MRAP」。「プチ・
ロベール」は、「植民地主義」について、「植民した国を開発する」などと定義。
これらの団体は、声明の中で、この定義を「植民地主義の正当化」(CLAN)
「植民地主義の復権と賛美の新たな試み」(MRAP)などと糾弾。新たな記
述を検討するためのチーム設置するよう求めた。(時事)

176 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/09/06(水) 16:27:41 ID:mzZS7uYA0
 フランスの民間2団体がこのほど、同国の代表的国語辞典「プチ・ロベール」の
植民地に関する記述が問題であるとして、辞典の回収を要求した。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    こんな所でも対米政策、つまり国民の右傾化や
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 侵略主義の肯定を演出しようとする出版社の意図が見える。
  |ヽ   | | ミ#・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| マスコミ、TV、ラジオ、出版社は不特定多数の国民に影響を
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 与えられるため、昔から国の情報機関のような事をしますね。(・A・#)

06.9.6 朝日「仏団体、国語辞典の回収要求 植民地を『肯定的』表現」
http://www.asahi.com/international/update/0906/003.html

177 :グリーン中山:2006/09/10(日) 17:23:59 ID:BciRT+Ym0
『最近の台湾の教科書について』

慰安婦の記述

近隣諸国(主に韓国・中国など)と日本で、歴史認識の違いで議論になる事柄のひとつに、
慰安婦などに関する事柄があると思われますが、
 日本では、慰安婦について、職業婦人だとか業者が行なったことだとか
いろいろに論じられていますが、 最近の、台湾の教科書でも、
2社3種類の教科書に慰安婦についての 記載がされています。

   「いわゆるA級戦犯」小林よしのり 2006年6月30日 幻冬舎 
   のp70〜71にも NHK番組改変問題で同じみになった、
   女性国際戦犯法廷に関連して、慰安婦についての記述があるようですが
   ( 各国検事団は、中国、台湾、韓国、北朝鮮など9カ国から参加、
     主催者には、台湾から 台北市婦女救援社会福利事業基金会
     http://www.twrf.org.tw/chinese/directors.asp  
     なども参加 )

以下に國中(9年一貫の7,8,9學年)の検定教科書の 内容を紹介しています。
 翻訳は大体ですので、原文の画像もご参考ください。
 (  http://bbs.com.nifty.com/mes/cf_wrent/FREKISHI_B031
     Bar HISTORIA(フリートーク)   2005年10月26日           )

以下もご参考に
 http://www2.ezbbs.net/36/underbranch/
  歴史問題掲示板 4月9日 17時56分 「百人斬り」
             4月9日 18時16分  清代勢力図
             2月18日        南京の記述

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 20:04:47 ID:LgVENMu10
バカウヨチロリアンは死亡?

179 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/10/03(火) 19:13:04 ID:JeoZl5rq0
>>178
今他板出張中だよ



180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 21:23:49 ID:th3+RRJX0
チロリアンって人、言葉遣いがムカツクね。
この手の人は面と向かうと、とたんにおとなしくなるんだろうなあ

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 21:53:26 ID:I38MnRyu0
つうか、中国がもっとまとまってたら日本の統治は上手くいったよ。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 11:33:20 ID:WiF4zr2E0
チロキシンは他板出張してまで
己の馬鹿さを広めてるのかww

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 11:51:34 ID:ygKuYEIY0
パラオなど南洋群島の統治について教えてください

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 12:45:29 ID:7HTwLuNu0
廃れたな
チロリアンのせいか

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 19:36:52 ID:dMLgq3bJ0
いつの間にか
チロが来る→スレが荒れる(コピベまみれに…) 
チロが来ない→スレが過疎る… 
の法則が…

186 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/08(水) 19:34:27 ID:FV8syCNF0
消えたか?

187 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/08(水) 19:43:03 ID:FV8syCNF0
>>180
>チロリアンって人、言葉遣いがムカツクね。

掲示板で馴れ合いは止めようよ
実生活に於いて必要上馴れ合うこともあるだろう
せめて掲示板でぐらい本音をぶつけ合おうよ
ほら、上半身裸になってぶつかってこいよ

>己の馬鹿さを広めてるのかww

他板で「植民地じゃねぇ!」なんてやっていたわけじゃないよ
全然関係ないことでやりあってたYO!

>>184-185

ふざけんな!

そろそろ始めるぞ

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 20:04:17 ID:+IFLNPkr0
コピペしかできないスクリプトは帰ってくんな

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 20:55:33 ID:myr524Zs0
朝鮮の事は色々な理由から語られる事は多いけど、
南洋群島の統治は一体、どう言うものだったの?
パラオは親日を理由に語られる事は多いが、
南洋群島に属していたのはパラオだけではないでしょう?

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 20:58:18 ID:myr524Zs0
南洋群島の中でもパラオは日章旗の色違いを国旗に使用する位だから
パラオの事は語られるけど、他の群島はどうなのかね。
親日の度合いや日本に対する評価ってどう言うものがあるの?

191 :funわか ◆GUFt6BlPw2 :2006/11/09(木) 01:46:50 ID:hZTShXtS0
自称平和主義者の戯言を久しぶりに拝見いたしました。突っ込みどころ満載のメール内容ですので、
下記のメールを返しておきましたが、私のメールに対してこの方よりの返信
はまだいただいておりません。

返信メール

<あなたは戦争の傷跡といっていますが、戦争とは一方的に傷つけるもので
はありません。あなたがおっしゃっているアジアの国々とはどこでしょう。
支那と南北朝鮮の事でしょうか。少なくともその他の国々での我が国に対し
ての印象は悪くありません。

支那とは戦争をしました。しかし、朝鮮とは戦争をしておりません。朝鮮は
我が国と連合国と戦っています。朝鮮がいろいろいうのであれば、ドイツと
ポーランドと比べるべきでしょう。ポーランドはドイツと同じく賠償金を支
払っています。朝鮮は戦後賠償をしておりません。我が国の統治が、他国と
比べてあなたがいうほど醜かったのでしょうか。

インドネシアとオランダの事をくらべていただきたい。インドネシアに対し
て、オランダはどのような政策をとってきたか。インドネシアが独立時にオ
ランダがとった事は何か。我が国が大東亜戦争時にインドネシアに対してと
った政策はオランダと比べて、醜いものであったか?

アメリカ、イギリス、フランス、スペイン、オランダが他国に対してとった
植民地政策はどうであったか。支那はどうであったか。御存じでしょうか。
朝鮮を我が国が併合したが、その政策は、他国からそれほどいわれるほど醜
いものであったか。あなたは我が国が、朝鮮半島においてどのような醜い政
策をとったといっているのでしょうか。具体的にお教え頂きたい。

ドイツと同じ事とはなんでしょう。我が国はドイツと同じ事はやっ
ていません。日本が犯した罪とはなんでしょう。我が国の教科書は
国定ではありませんが、支那、南北朝鮮の教科書は国定です。
あなたは、支那、朝鮮の人々がどのような教育を受けているか御存
じでしょうか。あなたは、南京事件、通州事件を御存じと思いますが、
支那の教科書には我が国との戦争の事、現在係争中のいわゆる「百人
切り」などの捏造といわれている事は書かれていても、「南京事件」
「通州事件」などの事、我が国の戦後の事は書かれていません。
(南京事件とは南京虐殺といわれている南京制圧の事ではありません。)

192 :funわか ◆GUFt6BlPw2 :2006/11/09(木) 01:48:25 ID:hZTShXtS0
慰安婦については他国の軍隊の慰安婦はどうであったか。お調べになりま
したでしょうか。南朝鮮(韓国)がベトナム派兵時に慰安婦を自国から連
れていっただけでなく、ベトナムに対してどのような事をおこなったのか
御存じでしょね。宗主国である支那が朝鮮に対して、毎年多くの処女の女
性を貢がせていた事はごぞんじですよね。連合国が我が国に進駐してきた時に、
連合国から我が国に対しての要望のひとつに「慰安所」があった事は御存じですよね。

そして、大東亜戦争時にいわゆる慰安婦で一番多かったのは、日本の女性
だということは御存じですよね。

戦後賠償について、我が国がとったのは他国と比べてそれほど酷い戦後賠
償なのでしょうか。南朝鮮と我が国が結んだ日韓基本条約について御存じ
でしょうか。その条約をどれだけ現在の朝鮮人が知っているか御存じですか。
その条約を我が国では無く、南朝鮮(韓国)政府が自国において公開してい
ないのを、御存じでしょうね。支那の人々が、我が国からのODAの事をどれ
だけ知っているか御存じですか。支那、南北朝鮮の教科書に比べて、我が
国の教科書はどうでしょうか。

他の国々も歴史上多くの戦争をしていますが、
自国民にこのような自虐的に歴史を教えている国はありません。
もちろん、支那、南北朝鮮もです。

我が国に比べて、
支那が戦後何度他国との戦争を起こしましたでしょうか。
南北朝鮮はどうでしょうか。

http://www.tamanegiya.com/ahosoukagatkai.html

これらに反駁できる歴史学者は果たしているでしょうか?
もしできるのなら是非していただきたいものです。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 04:52:33 ID:/CETkQJk0
funわか ◆GUFt6BlPw2さん

日本統治時代の朝鮮の役人や警察官の過半数以上が朝鮮人であったことや
多数の朝鮮人警察署長がいたことや駐留していた旧日本軍兵士の多くが
元大韓民帝国軍兵士であった朝鮮人だったことなども教えてあげたほうがいいでしょう。
韓国が親日リストを作り公表していますが、あのリストに載っているのは要職に就いていた朝鮮人だけで
係長クラスや兵士長クラスの朝鮮人まで含めると数十万人の朝鮮人が大日本帝国の官憲として働いていたのですからね。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 22:03:50 ID:IOSQLJyT0
57 :funわか ◆GUFt6BlPw2 :2006/10/27(金) 23:43:30 ID:jHvMWYpb0
>>55

アホとは何だ!!!!!!!!!!!!!!?!?!?!?!?アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア青大オオオオ



195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:19:11 ID:VXUfaGRX0
>>187
正直にいえよ
どこ行っても相手にされなかったからもどって来たんだろw プッw


196 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/13(月) 20:03:49 ID:sE1enVxp0
>>195
ふざけんなよ
冗談抜きにしてうっとりするレスをしまくっていたよ
いつもの様にレスした後、目を閉じてお茶やコーヒーをずずっとー・・・な
いやこれマジで
ってか単なる常識を言ってるだけなんだけどな
ここでもあったな

前スレより
__________________
>>667
俺は「常識」を基にレスしているんだよ
まぁこれでも読んで

>>685
「植民地」 「新領土」の合言葉でドアが開く秘密クラブか?

常識とは陽の光だ
マンションの一室でこそこそやっていないで
外に出て陽の光を浴びろ!

新渡戸・矢内原の朝鮮統治に対しての見解
新渡戸・矢内原の欧米畜生道に対しての見解

朝鮮統治に対してトンチンカン
畜生道に対してもトンチンカンってか無知だとしたら
植民地の定義をするどころではないだろう?

非常識この上ないよな?
早く書いて



197 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/13(月) 20:10:52 ID:sE1enVxp0
過去レスの思い出を書いている場合ではないよ

再開に当たっての文章で躓いていてな・・・
とにかくまず始めに結論から書く

「もう反日ブラザースはいいよ、保守だとか中道を称している者で
『日本の植民地』と言っている者をここに連れて来い」

これが言いたいが為に長文になりそうなんだが
まとまらない

とにかくちょぼちょぼ書いていくことにする
とにかく何日か前に書いたやつを
まぁ俺を知っているものだったら何を言いたいか分かるだろうがね

198 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/13(月) 20:14:06 ID:sE1enVxp0
で何日か前に書いたんだけど・・・
これっす
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
そこで周辺諸国は、混乱を外へ波及させないためにも。
北朝鮮の国民を国内にとどめたうえで治安を保とうとするだろう。
そのために周辺各国が軍を送り込む可能性が高い。
といっても、それは米中露韓の4か国であり、
日本はその中に入れないだろうし、入らないだろう。
入れない理由のひとつが、36年間に及ぶ朝鮮半島への植民地支配である。
だが、朝鮮半島で日本よりもっと苛酷な侵略を繰り返したのが中国だ。
以下【中国のもっと苛酷な侵略】省略

週刊新潮10月26日号 連載コラム 日本ルネッサンス 櫻井よしこ



どうよ?チロの溜め息が聞こえるかい?
ってか、これを読んだ時点では溜め息は出なかった。
この時はブチ切れただけであって、翌号の同コラム
「日本は韓国保守派と連帯せよ」を読んでの溜め息だ。

今回パソコンが壊れてバックアップし忘れたコピペを見つける旅に出ていたのだが
そこでいろいろレスに出会った。
村山談話を受け入れた安倍についての話していた時

これ以降 後でね













199 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/13(月) 20:28:49 ID:sE1enVxp0
このレスはライブです。

続きは後でって事だけど
櫻井のコラム、ちょっと確認するよ

>36年間に及ぶ朝鮮半島への植民地支配である。

これはまぁいいや
おそらく新渡戸の学説を研究したんだろう。
新渡戸の弟子って事だね
これは於いて置いて

>だが、朝鮮半島で日本よりもっと苛酷な侵略を繰り返したのが中国だ。

いいかい?
中国の支配は【もっと】苛酷な侵略
日本の支配は【ただの】苛酷な侵略

ここまでいいですか?
彼女が何と対比させて「苛酷」と言っているのかが全く分からない。
欧米の植民地支配か?それとも両班の李氏朝鮮か?






200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 11:28:17 ID:5zNGBU180
また始まったよ
いい加減自分が必要とされてないことに気づけw

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 11:31:27 ID:3f2xnS730
まあ櫻井のだめさ加減は事実だがな。
韓国の保守と組めと言い出してるところからして本性が現れたというべきか。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 21:26:29 ID:pp9AMq2Q0
○『教育的欲望に通じた順応』

ソウル大学国史学科のイ・ギフン講師は、『植民地の学校空間の形成と変化』という発表文で、日帝強制占領
期間の普通学校(初等学校の旧称)制度の定着過程を通じ、朝鮮民衆の殖民支配への順応現象を分析した。

1912年、朝鮮人の普通学校の就学率は2.1%に過ぎなかったが、1940年には41.6%と極端に増えた。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1163471464/

203 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/16(木) 20:25:42 ID:42My1dwu0
>>200
何でもいいから新渡戸の弟子をここに呼んで来いよ
って・・・まさかお前かっ!

今回のコピペ探しの旅でも居たんだよ
反日ブラザーズじゃなくて「日本の植民地」って言ってたのが

でもよ ここに誘導しても彼らには無理だ
レスを見れば分かる
このスレで耐えられるようなものではなかった。
黙ってスルーだよ

いいか、お前が連れてくるんだ
黄金に輝く新渡戸の弟子を
お前も見たいだろ?
「ちくしょー! おぼえてろ!あばよっ!」ってトンズラする俺を


204 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/16(木) 20:26:14 ID:42My1dwu0
>>201
>韓国の保守と組めと言い出してるところからして本性が現れたというべきか。

偽りの歴史をもって日本の先祖を貶めている者達との友好は有り得ない。
韓国の保守だろうがなんだろうが・・・な
村山談話を受け入れた安倍、このコラムの櫻井
共に歴史に無知なのだろうか? 俺はそうは思わない。
北朝鮮問題に絡んでの戦略の一環
つまり戦略的に自国の先祖を貶める、貶められる事に対して同意する、
貶められる事を許可する、といったものだろう。
死んだ者達の名誉だなんだよりも
生きている我々の問題のほうが大事だ、という事なんだろう

ここに異議がある。
だからといって何も北朝鮮の核問題を無視して、韓国、中国と歴史論争しろといっているわけではない。
「偽りの歴史をもって日本の先祖を貶めている者達との友好は有り得ない」
北朝鮮問題に一緒に取り組むといっても、敵には変わりないんだよ
ここが分かっていない

続く・・・


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 12:13:18 ID:jVFFCl+Z0
「朝鮮人の一般生活程度はわが国の奈良朝時代のそれに相当すると唱へた学者すらあるやうに、彼等の生活は一般的標準から見て頗る低く、
殊に下層階級の生活は悲惨を極めている。いふまでもなく現時の経済的不況は朝鮮に於いても深刻なる影響を及ぼし、
朝鮮下層民の生活は極度に逼迫してその行き暮れた生活の姿は随所に見出される」
(大阪市社会部労働課 社会部報告177号「朝鮮人労働者の近況」1933年――朴慶植/編「在日朝鮮人関係資料集成第五巻」(三一書房)P-780〜784)

206 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/17(金) 19:18:56 ID:0XC+0HHm0
>>205
いや・・あのさ
確かにコピペといったらチロリアンなんだけどさ
俺ってばコピペだけではないんだわさ
それによって何が言いたいんだか分からないよ
推察してレスするよ

1933年か・・世界的な大不況の真っ只中だな

>いふまでもなく現時の経済的不況は「朝鮮に於いても」

ではここでコピペを見てくれ

207 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/17(金) 19:19:30 ID:0XC+0HHm0
李朝時代の朝鮮では、三月から六月までは食糧が不足する春窮期であった。
当時の人口は、農民が約八割を占める。
飢餓の春窮期を迎えると、朝鮮総人口の約六割が山野で草根樹皮を採集して
生命をつなぐという状態だった。
朝鮮の農書、農史を読むと、朝鮮農民は中国農民と酷似しているのがわかる。
旱害、水害、風害、雹害、病虫害が、間断なく年中行事のように各地を襲い、
農民は乞食、農奴同然である。
中略

戦前、日本農民を除いた中国、インド、東南アジアなどのアジア農民は、
きわめて貧しく飢餓状態にあり、
干ばつのたびに餓死者が大量に出るのが常であった。
なかでも、朝鮮半島の農民は、李朝時代の両班からの搾取、地理、天候などの
条件からもっとも貧しかった。
ただ両班の人為的なものを除いても、もともと自然条件と社会条件はかなり悪かったのである。
可耕地の広さに比べ農業人口があまりにも多く、
地質、土壌、治山治水の荒廃、気候寒冷などの自然状況も悪い。
さらに山林荒廃による燃料不足、堆肥不足、旧来農法の墨守などの面からも
農業立国となるのは難しかった。

「韓国は日本人がつくった」黄文雄 徳間書店


208 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/17(金) 19:21:58 ID:0XC+0HHm0
咸鏡南北、江原道(朝鮮北部)以外にも飢餓に瀕する者少なからずして僅か
に草根木皮によりて露命を繋ぎあるものを聞き、痛心に堪へずして当路者に糺
せば、彼氏曰く、『朝鮮にては左様の事は珍しくもなく今頃になれば毎年各地
に現はるる事象である。今ひと月もすれば木の葉も出て草も生ずるから夫れに
よりて収穫期まで何とかしていく』とて深く配慮するの様子もなかりし。(昭和7
年3月31日付)

「宇垣一成日記 2」 みすず書房

長年の習慣だけれども
草木に頼る生活に慣れてはいけない
そのような生活をしたくなかったものは
満州へ樺太へ日本へ渡った

209 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/18(土) 20:19:46 ID:TonY2JvU0
ごめんな
途切れ途切れのレスで・・・
このレス群の本質は溜め息で出来上がっているもんでね

今日はこの話だけ書いて消える

NHKスペシャルだっけかな
人類だかその祖先だか忘れちゃったけど発掘調査
昔々のはなし、まだ集団で生活する以前のね

ある年代から発掘した骨の周りに花の種だかの炭化したものが大量に見つかった
これは死者の埋めた時に花も一緒に埋めたということなんだな
それよりももっと以前は
たとえ一緒に行動していたとしても、相手が動かなくなったら(死)
そのまま放置して立ち去っていたんだろう
「ウフォウオォ?(何で動かない?)ウフォッフォウフォ(先に行くよ)」

一体どういう気持ちで花を一緒に埋めたのか俺にはわからない
感謝の念か?哀悼の念か?

>ここに異議がある。

つまり「偽りの歴史をもって日本の先祖を貶めている者達との友好は有り得ない」
もっと簡潔に言うと

偽りをもって死者を貶める行為をどの様に捉えるか?という事なんだ

「とんでもない事である」と思う人もいるし「まぁいいんじゃねえの」と思う人もいるだろう

続く・・・


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 20:27:33 ID:OWvi3PB60
糞りアン氏ね

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 20:35:59 ID:YLd54DfI0
続けなくていいよ
皆お前の過去のコピペ荒しからNGに指定してるからw

212 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/19(日) 18:35:16 ID:n7WCyjFJ0
>>211
お前もしかしてコピペを貼ったら
「コピペ荒らし」だと思っているの?

>>207-208はコピペ荒らしだと思うかい?
どうしてそう思うのか書いて

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1150845121/154
それとこのレス見てくれよ
どこがおかしいか
このスレの住人だったら分かるよな?

213 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/19(日) 18:41:04 ID:n7WCyjFJ0
>「とんでもない事である」

偽りをもって死者を貶めるという行為を
「とんでもない事である」と考える人間だったら
現在の状況(北朝鮮核問題解決の為に中国韓国と揉めない)にどう対処するか?

続く・・・


214 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/24(金) 21:58:25 ID:fRDd04xK0
>どう対処するか?

自分が書いたものだが・・・
どう対処と言われてもな
とりあえず曖昧にしておくしかないだろう
村山談話を受け入れたら曖昧もへったくれもないけどね

しかしまぁ北朝鮮核問題があるっうのに
野党ときたら歴史問題で突っ込みまくっていたよな
「村山談話」を受け入れるのか否かって・・・
もう呆れてしまって・・・

チロリアン首相

「己のした行為についての謝罪・反省は容易な事でありましょう。
しかしこれは先祖のした行為であります。
もしそれらについて謝罪や反省ができる者がいるとするならば、
その人間は近代史に精通し、また当時の日本人の心情をよく理解した者であると考えます。
恥ずかしながら私は未だその資格はありません。
あなたは有るのでしょうか?えっ?ある?
それならばコピペ付きツッコミをさせていただきます」

素人の俺がネットで「歴史を知らない」なんて簡単に言えるけれども
一国の首相が言うのは恥ずかしいというのは分かる
しかし先祖を貶めるくらいなら阿呆になれよって安倍さんにはいいたいね

まぁ阿呆じゃないか>「近代史に精通し、また当時の日本人の心情をよく理解した者」では無い人だね

しかし恐るべき存在は、歴史に無知であり、当時の日本人の心情を理解していないにもかかわらず
勝手に悪だと決めつけ、勝手に謝罪反省をする輩だよな
こんなのが罷り通るなら、たとえば検察が事件について何も知らないのに
勝手に悪人だと決めつけ起訴してもいいって事になるよ
このような愚の正体は?
続く・・・


215 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/24(金) 22:39:07 ID:fRDd04xK0
>勝手に悪だと決めつけ、勝手に謝罪反省をする輩だよな

勝手に悪だと決めつけ、といっても
世間一般では当時の日本は「悪の帝国」というのは定着しているからね

ここで問題にするのは
明らかに無知なのに、勝手に謝罪反省するという行為だよ

日本では謝罪する事は善い事だとされている。(無知なのはこの際問わず)
これは人間関係を良好に保つ秘訣であり、美徳だ。

「江戸しぐさ」というのがある

雨の日、傘を差しながら道を歩いていたら相手がぶつかってきた。
この時、ぶつかられた方が「おっとごめんよ」と謝る事だ。
自分は悪くないのに先に謝ってしまう
こう出られると相手は「いや、うっかりして申し訳ない」と謝るしかない。
双方謝りながら別れる、争いごとに発展はしない。

この話を聞いた時、「ああ、そういえば俺もやった事があるな」って思ったのだが、
何でそんな事をするんだろうって考えた時、
ある人の話を思い出した。

確かメジャーリーグで大活躍しているイチローだと記憶しているのだが、
彼はデットボールを喰らったとき、淡々と一塁に行くというんだな
決してピッチャーを睨んだり、罵ったりせずに、淡々とね
ピッチャーとすればぶつけた後ろめたさがある。しかしそこで何かしたら
開き直ってしまうつっう事だ。

ああそれで「江戸しぐさ」は逆切れ防止かって納得した。

たとえ自分が悪くとも相手から非難されればとっさに自己防衛本能が働き
逆切れを招く

どすん
「どこ見て歩いてんだてめぇ」

「てやんでぇ!お前も傘で前が見えなかったんじゃないか」
「何で避け様としないんだしねえんだ!当たり屋か!」

以下バトル







216 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/24(金) 22:41:14 ID:fRDd04xK0
続く・・・

217 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/25(土) 07:17:50 ID:sESwqXYx0
>「己のした行為についての謝罪・反省は容易な事でありましょう。
>しかしこれは先祖のした行為であります。

自分の事ではないのに勝手に「江戸しぐさ」をやっている。
誰かがある日突然尋ねてきて
「生前、あなたの祖父によって多大なる損害を受けたので
償って欲しい」と言われたら
「申し訳ございませんでした、いくらほど賠償すればいいんでしょうか?」って言うかよ

償う意思があったとしても、普通事実関係を詳しく調べるだろう?
普通の人間なら絶対そんなことはしない
では何故するのかといえば、それによって自らに利が生ずるからだよ
反日ブラザーズは言うに及ばず、財界人とかでもいるでしょ?
っていうか一言ここで言わしてもらえば、
首相がやった「村山談話受け入れ」なんかは北朝鮮の核問題解決という日本の利の追求による先祖を貶める行為だが、
一部財界人のやっている行為は銭の為に先祖を貶める行為だ。
俺が最初に溜め息云々言ったのは、何も先祖を貶めなくたって核問題に十分対処できるだろって事での溜め息なわけなんだが、
一部財界人のやっている行為は、俺を思考停止状態にするほどの行為なんだよ
ソロバンで墓を叩き割って回っているとしか俺の目には映らないんだもの、
ソロバン型のブルドーザーで墓を荒らしまわっている。本当に唖然として怒る気にもなれない、
ってか怖いんだよ、常識外の行動をされると・・・いやマジで


218 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/25(土) 07:19:05 ID:sESwqXYx0
それと>>208のコピペに続けて

「痛心に堪へずして」宇垣総督は何をしたか?

この人口増加の原因としては、いくつかの要因がある。一つは第
6代宇垣一成総督による「農産漁村振興運動」などの民生向上活動
である。30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、
農村植林、水田開拓などの積極的な国土開発による食料の増産が図
られた。併合当初米の生産量が約1千万石であったのが、20年後
の昭和に入ると、2千万石へと倍増した。[1,p80]
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog056.html

「今までの開発スピードでは駄目だ。30年で内地に追いつこう」って事だね


219 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/26(日) 07:22:00 ID:sJrYLQav0
やっぱ纏まってないな
「江戸しぐさ」の話を出した時に言いたかったのは
トラブルになりそうな事を察知した時に
反射的に謝ってしまうことの是非について論じたかったんだよ・・・
日本人同士ならいいよ、
でも中韓、特に中国人に対してはそんなことは絶対にやっちゃいけないんだよ

中国人は謝らない。下手に非を認めて謝りでもしたら殺されるっう歴史が長かったからね
逆に言えば相手の非は最大限に利用する。
そんな中で謝りまくっている日本人は鴨ネギ状態なんだ
「おい!チロ!相手が誰であろうと自らの行いを反省し、謝罪するというのは
大切なことなんだ!」
って言う者もいるだろう。で、これ↓

「己のした行為についての謝罪・反省は容易な事でありましょう。
しかしこれは先祖のした行為であります。
もしそれらについて謝罪や反省ができる者がいるとするならば、
その人間は近代史に精通し、また当時の日本人の心情をよく理解した者であると考えます」


220 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/26(日) 07:23:30 ID:sJrYLQav0
最初に書いたけど(結論じゃないや・・・)

>「もう反日ブラザースはいいよ、保守だとか中道を称している者で
>『日本の植民地』と言っている者をここに連れて来い」

己が利の為に、偽りにもって先祖を貶めている者にはそんなに怒りは湧かないんだよ、
そういう人間なんだからね
「暴力団がどこそこで事件を起こしました」ってニュースに
毎回「許しまじっ!」って思う?「ああーまたか」でしょ?
ところがもし暴力団と結託している警察官がいたらどう?
それに対して「ああーまたか」なんて言葉が出るような国はやばいっうの

今、反日ブラザーズに対している者達の志、態度、思想、知識などが試されているのでは
ないでしょうか?

・・・よし纏まった!

という事でよろしくお願いします。


221 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/26(日) 07:30:40 ID:sJrYLQav0
ああそれから
>>209を書いたのは
「偽りをもって死者を貶めるのは大罪である」ってのを論証しようとしたんだよ
でもいくらなんでも常識だと思って止めた


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 10:13:03 ID:Hy2JQ2uR0
教科書に載っていたんですが、「ベトナム、フィリピン、ビルマなど各地で
日本軍に抵抗し、独立を目指す運動が高まっていった」ということは、
今まで欧米の植民地支配下に置かれていたころに比べると格段に
東南アジアの人の独立への意識は高まっていた
ということでいいんですよね?


223 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/11/26(日) 17:25:32 ID:sJrYLQav0
>>222
>教科書に載っていたんですが

>ということは、

この時点で教科書に載っていた事が100%正しいという前提で
最後の確認へと結びついているんだけど

>ということでいいんですよね?

独立を目指す運動が高まっていったと言うけど
フィリピンについては1934年にアメリカが10年後に独立を認めたわけなんだよ
他についてもネットで調べてから聞いても遅くは無いよ

新渡戸の弟子にも贈ったコピペを見てくれよ


>「予は諸君が予の講義を以て金科玉条的に一字一句鵜呑みにせらるることを最も厭ふものにして、
>成るべく疑問をより多く喚起し、由て以て更に高尚なる研究をなさんとするの念をだに諸君の脳裏に喚起することをえば予が願は即ち足れり」
http://www.hit-press.jp/kunitachist/university_ft.html




224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 18:25:03 ID:ioCP7gau0
17 :日出づる処の名無し [sage] :2006/11/14(火) 10:54:52 ID:MxNO0ckC
平成16年の参議院議員選挙(比例代表)の開票内訳(一部のみ)

政党名        得票数    当選者数
社会民主党   2,990,665.949    2
女性党       989,882.343    0
みどりの会議    903,775.791    0
維新政党・新風  128,478.000    0


平成13年参議院議員選挙(比例代表)の開票内訳(一部のみ)

政党名        得票数    当選者数
保守党      1,275,002.284    1
自由連合      780,389.005    0
無所属の会    157,204.000    0
維新政党・新風   59,385.000    0


得票が倍になった所で上の政党(当選者0)に追いつく事すら叶わないね。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 01:39:39 ID:6tk9v7a+0
委任統治領って何だ?実効支配はともかく、聯盟のものだったのか、帝國のものだったのか?

226 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/02(土) 00:12:48 ID:ox6YqIWG0

>>225
>委任統治領って何だ?

「って何だ」って何だよ?
自分で調べろよ

ああそれから、委任統治に関しては前スレで出てたなって思って
久しぶりに見に行ったら
見落としていたレス発見!
=============================================================
411 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/04/08(土) 18:28:49 ID:G4uDxpbt0
>我国の学者政治家等が朝鮮を指して植民地と称することに対し、
>「千万年歴史の権威」と「二千万民衆の誠忠」を有する朝鮮民族は
>大なる侮辱を感じ、大正八年三月一日の独立宣言書にもその憤慨が披瀝せられた。

新渡戸のこの認識は微妙に間違っていると思う。
独立宣言書を実際に確認すると分かるが、不逞鮮人らが憤慨している対象は、
「植民地と称すること」
ではなくて、
「植民地視」すること
なのよね。
植民地という呼称の問題ではないのよね。
===============================================================


ゆとり教育用の教材訂正
このスレの>>99だが
今度貼るときに訂正・・・・って言うか削除かな

「植民地視」とは何かって事だけど、
単に文化程度が低いって事で尊大な態度、横柄な態度を取られたってことだろう。


227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 02:52:18 ID:ja3aVdSS0
【韓国】 「日帝、米収奪なかった」〜ニューライト系教科書「親日性向」論難

実際に「植民地的近代の展開」という題名の章では日帝強占期に社会間接資本の拡充、
市場機構の発達、貿易の成長、農業の開発、鉱工業の発達、産業構造の高度化、
都市化の進展などの発展があったと紹介している。

「20年代韓国は文化民族運動のルネッサンス期に相当するようになった」と書いている
部分も論難になっている。

この教科書はまた「日帝の力強い執行力で保健衛生を画期的に改善し、人口が急激に
増加することによって1920〜1930年代に日本と満州へ多数の移民が発生した」と
書いている。

「米の収奪」に対しては「米を収奪されて貧乏になったという俗説もあるが、これは間違
ている」「戦時下の供出を除き、日帝政府が強制で米を収奪したことではなかった」と書
いた。日帝強制占領期間の近代化過程を40ページにわたって詳細に敍述したニューライト
側教科書は、抗日武装闘争に対してはただ七列の一段落で説明する偏向を見せた。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164983361/l50


日韓併合の過ちを反省するスレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1144219419/l50

228 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/02(土) 21:34:38 ID:ox6YqIWG0
我国にては斯の如き公の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺
太等地名を呼ぶ。
但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。
我国の学者政治家等が朝鮮を指して植民地と称することに対し、
「千万年歴史の権威」と「二千万民衆の誠忠」を有する朝鮮民族は
大なる侮辱を感じ、大正八年三月一日の独立宣言書にもその憤慨が披瀝せられた。
併乍ら研究者は事実関係を以ってその研究対象とするより外はない。
『植民及植民政策』矢内原忠雄

=========================================================================

これを貼った新渡戸の弟子が自爆した、という訳ではないよ
彼ら新渡戸の弟子達は、戦前「植民地」と呼ばれていなかったのは知っているんだよ。

で、新渡戸や矢内原の学説を論拠に「呼ばれていなかったが【植民地】である」
と主張しているんだよ


229 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/02(土) 21:36:02 ID:ox6YqIWG0
143 名前: チロリアン ◆nu1V1rGlC2 投稿日: 2006/03/31(金) 20:19:50 ID:/4crAUT/0
>>141
――言葉も風習も違うなど、明らかに外国であった台湾や朝鮮を日本の為政
者はあくまで国内の延長と捉え、植民地と呼ばなかったと著書で指摘されてい
ます。いまからすれば奇異な考えです。

小熊 英二 さん  ナショナルアイデンティティにかかわる問題だったからでしょう。
日本はヨーロッパによる植民地化に抗して近代国家になりました。けれど、その
国が明治末までに台湾、朝鮮を植民地にした。これは日本のナショナルアイデ
ンティティにとって傷になります。だから一貫して植民地とは言わなかったわけで
す。
http://www.mammo.tv/interview/079_OgumaE/
=========================================================================
前スレでピータードウスの論文を出した者も・・・ね

>第一次大戦後、植民地支配の正当性は失われ、植民地支配として海外への権力行使を正当化することはできなくなるが、
>権力を保持したい国はこのジレンマをどのように解いていったか
>日本の場合は、自国の植民地を、植民地ではないといいはるレトリック操作で対応

※第一次大戦後としているが、日本に於いて正当性が失われたのは1904-1905年の第21回22回帝国議会
「台湾植民地論争」から

=================================================================================-

これについて新渡戸の弟子に聞きたいが、「台湾植民地論争」について新渡戸は何と言っていたのか?
1901年 台湾総督府民政部殖産局長就任。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%B8%A1%E6%88%B8%E7%A8%B2%E9%80%A0

彼がこの論争について言及しなかったというのは有り得ない。
また矢内原については、当時(1904年)11歳とはいえ、その後専門家になる過程で
この「台湾植民地論争」について知り、何らかの言葉を残しているはずだ
それも頼む

「殖民地」という言葉を見つけ「わーいわーい植民地と言っていたよ」なんていうのは
前スレで絶滅した。
ゆっくりと、なるべく略すことなく彼らの言葉を引用して欲しい。


230 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/15(金) 22:08:14 ID:n3dt0TlS0
さて新渡戸の弟子のレスを待っている間に
「北朝鮮問題の本質は何か?」と云う事を書きたいのだが、
それを書く前に「問題解決のために物事の本質に迫る重要性」
というものを書いてみたい

コピペ探しの旅に出ていたと書いたが
そこである議論をした。

彼らは俺のレスに対して「哲学がしたいんだったら余所へ行け!」っうんだよ
俺が何百回も「本質を考えろ」と言っていたから、
「哲学」という言葉を出したんだろうが
それを何故か「実際には役に立たないもの」と変換して使っていた。

でも今は俺の言った事の重要性を確認しているだろう
ちょうどイジメ問題が騒がれているからね

231 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/15(金) 22:14:02 ID:n3dt0TlS0
テレビでイジメ問題解決の為の議論を見たが
溜め息でソースの瓶が倒れたよ
そのままテーブルからコロコロと落ちそうになったんで、
それをまた溜め息で防いだ

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 22:20:13 ID:rrK9bpMJ0
ここに「うんこぉ!」と書き込んでください
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/cat/1165701605/l50
幸せになれますよ。


233 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/15(金) 22:20:59 ID:n3dt0TlS0
問題の本質に迫れば
原因や解決法が見えてくるのに
彼ら、彼女らはそれを怠っている。

※スレ違いじゃないよ!
ちゃんと最後にはまとめるからね

234 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/15(金) 22:24:08 ID:n3dt0TlS0
ではイジメ問題の本質に迫ろう

「イジメ」なんて言っているが
これは「差別」以外の何ものでもない
つまり「差別」の本質に迫れば
イジメ問題も「完全」とは言えないがある程度解決するよ

235 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/15(金) 22:31:02 ID:n3dt0TlS0
「差別」とは全くの例外なく、自分を守る又は自分の属している集団を守る行為です。

【全くの例外なく】だよ!
「差別行為は自衛行為」だと云う事によって、差別とは善悪の問題ではなく、正当性の有無の問題だという事が言える。
前に言った「正当化とは一般化」・・・だね

「例外は無いだって?じゃあこれはどうだ?」ってのがあったらいつでもどうぞ
新渡戸の弟子が出てきて、この話が中断したとしても
いつでも答えるよ

236 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/15(金) 23:00:16 ID:n3dt0TlS0
で、いじめっ子達は「何から自分を守っているんだ」って事だよな?

彼らに「何でイジメたんだ?」って聞いたアンケートで
「何となく」だとか「(何となく)むかつくから」っのが多いってのを見た。

イジメの対象がただ不快なだけなんだよ
これは大脳新皮質ではなく旧脳(大脳辺縁系)の部分が反応していると言うこと
つまり本能であり自己防衛本能が働いて
不快な者に対して攻撃を仕掛けたり、避けたり(みんなでシカト)する

これは闘牛がマタドールの赤い布の動きに対して攻撃するのと一緒




237 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/15(金) 23:14:21 ID:n3dt0TlS0
大脳新皮質・・・
理性だとか思いやりだとかは
ここの働きだが
この部分が完全に発達するのは18歳〜20歳ぐらいだってさ

だから小・中学生がイジメのような事をするのは仕方がないっう事なんだが・・・
これを止めさせるにはどうすればいいのかってのはもう分かるよね?


大人のイジメは本能の部分ではなく
きちんと「自分を守る又は自分の属している集団を守る行為です」で動いている場合がほとんどだよ

たとえば会社にとって必要のない人物を窓際に追いやって
ろくな仕事を与えないとかね

ちなみに大人になって本能の部分でイジメをしている人ってのは
ほとんどDQNレベルだよ



238 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/15(金) 23:17:15 ID:n3dt0TlS0
あのー
絶対にスレ違いではないっすから

最後はきちんとまとめますから
よろしくっ!

239 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/17(日) 08:05:11 ID:15AwGduA0
政府が集めた人たちが
いじめた側の子供を出席停止処分にする、しないなんて話し合ってるんだってね
で結局、やる事になったんだっけ?

あのさ・・・それはそれでいいんだけどさ、
その前にやる事があるだろうっての!
あの人達は分かっているのかな?

>だから小・中学生がイジメのような事をするのは仕方がないっう事なんだが・・・
>これを止めさせるにはどうすればいいのかってのはもう分かるよね?

大脳新皮質が未発達だからといって、布のヒラヒラで攻撃する牛やキラキラと光る物に
反応して逃げたり攻撃したりする動物とは違う。
彼らも人間であって十分とは言えないまでもちゃんと機能する
もしかしたらちゃんと機能するように刺激すれば、より早く発達するようになるのかも?

とにかくまず全国の小中学校で子供達にイジメの本質を教えるべき!・・・!!!

チロリアン先生(チロル小学校)

「・・・という事で、みんな脳の働きは分かった?何となく気に入らないから苛めるっていうのは
古い脳の部分が反応しているんだ。闘牛なんかと同じだね。
闘牛が学校にいたらまずいよね?だからもうちょっと脳が発達するので
自宅待機ってことになったんだ。
誰かを苛めている自分に気づいたら、目を閉じて、闘牛から人間に変身するところをイメージしよう!」

240 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/17(日) 08:36:39 ID:15AwGduA0
さて、イジメの本質を子供達に教えたら
彼らは一体どの様な事を考えるだろうか?

古い脳の部分で反応して(防衛本能)でイジメをやるという行為が
実際は自分を害する事に気がつくはずだ。(自衛意識が本能を抑える)※だから出席停止は否定しないよ

また思いやりだとかは大脳新皮質の働き(大人になるっつう事だね)と知ったならば、
あたかも煙草を吸って大人びる子供のように
本心からのものでなくとも相手を思いやるという子供も出てくる
しかしこれが重要なんだ!
俺の話をしよう


241 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/17(日) 10:17:53 ID:15AwGduA0
小学生の時の俺は、何て言うか・・・ちょっとした人気者だった
(書いててちょっぴり恥ずかしいや・・・)

でさ、みんなに話しかけていたわけ
クラスであまりしゃべらない、存在感のあまり無い子っていたでしょ?
そういう人にも積極的に話しかけ、思いやりや気遣いを見せていたんだけど
これは実は本心からの行動ではなかった。
クラスにいた好きな女の子、陽子ちゃん(仮名)に気に入られたかったからなんだ。
「チロ君って誰とでも仲良くできるのね。まぁなんて素敵な人なんでしょう!」
って思ってもらいたくてね・・・えへっ

ある写生大会の日、気の合う者同士で一緒に絵を描くことになった。
さて誰と一緒に書こうかな?と思って辺りを見まわした時、一人でポツンと
佇んでいた者がいた。
まぁ『クラスであまりしゃべらない〜』って人だよ
彼に向かって「一緒に書こう」って言った。

静かな子ってのは自分の世界をもっている人が多くて
たとえば「一緒に帰ろう」って言っても断られる事があるわけよ
一人でいるのが好きなんだな・・・
で、半ば断られるだろうと思いながら、いつもの癖で言ったら、
まるで花が咲いたような笑顔になって
「うん、一緒に書こう」って言われたわけさ
そしてその日の終わりに「今日はありがとう」って言われた

そういう経験があったからこそ(人の心が分かる)
このスレでも、ある時は首相、またある時は先生になって
常識を語る者、道理を説く者になっているんだよ

だから俺は右翼でも左翼でも無いっつうの・・・っうの!
分かった?


242 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/17(日) 10:23:16 ID:15AwGduA0
最後違うな・・・

だから好きな女の子に気に入られたいからでも、
大人びる事をしたいからでも何でもいいから
(本心からでなくていいから)
相手に対しての思いやり、気遣いは大事だって事!

時間が開くと何言いたいんだったか忘れてしまうな

ちなみに陽子ちゃん(仮名)には
「チロ君は三番目に好き」って言われたよ

他の女の子とも仲良く話していたから浮気者だと思われたみたいだ

人生って難しいよな・・・



243 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/17(日) 10:44:16 ID:15AwGduA0
ああーまだ書くことあったよ

>あのさ・・・それはそれでいいんだけどさ、
>その前にやる事があるだろうっての!

何故イジメの本質を子供達に語ることが先かというと、
自分を守る(自衛)には二つの方法があって
攻撃するか逃げるかのどちらかしかない
出席停止という罰を目の当たりにしたら
あからさまな攻撃は控えられるだろう
その代わりにシカト(避ける)という方法によって
本能を満たそうとする。

これはある意味仕方がない
大人になっても嫌いな者、自分とうまの合わない者とは付き合わないだろう?
相性ってのはあるからな

だからこそ大脳新皮質の働きの重要性を子供達に教え
孤立した者に手を差し伸べるよう持っていく

イジメに関しては以上で終わり


244 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/17(日) 11:16:07 ID:15AwGduA0
シカトされるのもクラス中のみんなにやられるから
堪えるんであって
実際にイジメの対象になった子と相性が悪いというのは、
一人か多くとも二人だよ
クラスのリーダー格っぽいみたいなやつだな

それらに付き従わなければ、自分がやられるってんで
他の者も一緒になってやるわけ

イジメの本質を子供達に教えれば
この固まろうとする力が絶対に弱まるよ
確実にね


さて北朝鮮問題の本質は何だろう?

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 12:39:48 ID:SEXbkAVK0
こういうスレ見ると
結果から見てタラレバの連続でうんざりするが
日本の植民地支配に関して言えば
近衛が言ったとおりの時代だったとしか言いようが無いじゃない

結局小泉内閣の異常な支持率の時と同じで
あとになってやっぱり悪いというような奴が多くてうんざり
世の中ってほんと馬鹿が多いんですね
もっと賢いものだと思ってた

246 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/19(火) 19:26:00 ID:/dlJARBh0
>>245
その独り言風、まとめ風のレスは一体何?

>世の中ってほんと馬鹿が多いんですね
>もっと賢いものだと思ってた

うんうん、自分は賢いって言いたいんだろうけど
はっきり言ってどこが賢いレスなんだか全く分からないよ

>こういうスレ見ると
>結果から見てタラレバの連続でうんざりするが

タラレバの箇所を引っ張ってきてくれ

>日本の植民地支配に関して言えば
>近衛が言ったとおりの時代だったとしか言いようが無いじゃない

近衛が言ったとおりの時代・・・だから植民地だったと言っているのか?
それともはじめから「植民地」と決めつけてのレスか?

>こういうスレ見ると

おまえは何も見ていないよ
このスレ読んで「植民地」と呼ぶ?
逃げるつもりが無いんだったら、ひとまず「逃げません」ってレスくれ
そこから始めよう



247 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/19(火) 19:30:12 ID:/dlJARBh0
>>245
>結局小泉内閣の異常な支持率の時と同じで
>あとになってやっぱり悪いというような奴が多くてうんざり

あとになって「やっぱり悪い」と言っていた奴は誰だ?
そいつは歴史を知ってる奴か?

例えば先日、日韓条約の公文書が解禁され、実は日本は戦争被害者や
統治時代の給料未払いなど個人補償もしていた、ただそれを韓国政府が
流用していたことが明らかにされた。
日本は補償もしていないと韓国人が言い立て、韓国系でもある朝日新聞も
そうだそうだと言ってきた。
ところがそうじゃなかったと分かって朝日は解説面(1月24日)で言い訳を書いていた。
この交渉で韓国側は「日本の植民地支配時代の未払い給与や預金、戦争被害の補償を求めた」
とあるがこれが大嘘。

アーカイブに行って交渉の当初から当たれば、韓国側はまず「起訴状を朗読するようなトーンで」(シーボルトGHQ外交局長)
戦時賠償と植民地統治の謝罪を求めてきた。
それは「日本を破産させてしまうほどの巨額な要求だった」(同)
これに対して日本側は朝鮮と戦争もしていないのに何故賠償なのかと抗議する。
さらに日韓併合は国際法に則ったもので何ら不都合はなく謝罪の必要もないと突っぱね、
だいたい植民地支配と言うが、実際は搾取どころか、逆に日本政府がカネを持ち出す開発型ではないかと反論する。
それが「禿山が緑に変わり、鉄道、電気が敷かれ、港湾が築かれた。治水で水田も増えたではないか」
という久保田寛一郎代表(外務省参与)の発言だ。
これに韓国側が腹を立てて交渉が中断すると、当時の岡崎勝夫外相は「当たり前のことを述べただけ」
と韓国側を非難する。今の福島瑞穂の大先輩に当たる鈴木茂三郎、勝間田清一ら社会党左派の連中まで
「李承晩になめられている」と怒る。
そして朝日新聞も「朝鮮統治では日本はいいことをした。マイナス面ばかり言い立てるな」という久保田発言を支持し、
韓国側の言う「植民地」という表現も遣っていない。
結局、日韓会談はしばしの中断のあと、日本側の主張通り韓国側が「賠償」と「謝罪」という表現を引っ込め、
個人補償を含めた戦後補償の形で決着し、調印している。
この嘘の解説記事を書いた記者は一度、自社アーカイブに行って切りぬきを読んでみるといい。
朝日の記事がまともだった時代があったことに気付くはずだ。

週刊新潮(2月24日号)コラム 変幻自在 帝京大教授 高山正之

248 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/19(火) 19:38:03 ID:/dlJARBh0
日韓併合の、まさに当事者同士が話し合って
謝罪無し、賠償無しで決着を付けた

この交渉の場に、タイムスリップした村山が
村山談話とやらを読み上げている場を想像してくれ



249 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/19(火) 19:42:27 ID:/dlJARBh0
>だいたい植民地支配と言うが、実際は搾取どころか、

この発言によって当時の久保田寛一郎代表もまた
植民地=搾取=畜生道との認識だった

そのように考えなかったのが、新渡戸とその弟子
ここまで分かっているのか?>>245 

250 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/19(火) 19:44:20 ID:/dlJARBh0
>この発言によって当時の久保田寛一郎代表もまた

久保田代表ってか日本側だな

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 20:49:32 ID:OlbCSiUE0
このコテ何が言いたいんだかわからない
2行程度にまとめて書いて欲しい


252 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/19(火) 20:54:50 ID:/dlJARBh0
>>251
>このコテ何が言いたいんだかわからない
>2行程度にまとめて書いて欲しい

このスレを覗いて
何が言いたいんだい?
それは一行で書けるだろ?



253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 21:08:31 ID:OlbCSiUE0
質問を質問で返すって恥ずかしくないのかな この人
このスレッドのほとんどを一人で長々と書いているけど
さっぱり主張が読み取れない

スレッドのローカルルール違反を承知でもう一度訊かせてもらうけど
一体何が言いたいの?

254 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/19(火) 21:19:22 ID:/dlJARBh0
>>253
>質問を質問で返すって恥ずかしくないのかな この人

馬鹿か?お前
Part2からずっと議論してきてんだが
このスレだけでも最初から読んだか?




255 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/19(火) 21:27:03 ID:/dlJARBh0
>>253
このスレすら読んでいない馬鹿の質問に何故答えなければならない?
しかもその質問が

>2行程度にまとめて書いて欲しい

だってよ
本物の馬鹿だろ?

日本に植民地など無かったって事だが
何か言いたいことでもあるのか?

何でスレを読んでいないお前だけの為に書かなきゃならない?
お前絶対甘やかされて育てられただろ?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 21:34:59 ID:OlbCSiUE0
なるほどね、どうもありがとう

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 22:41:24 ID:UduSqocJ0
クソスレあげんな

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:09:10 ID:RzcHXb8V0
あぼーんばかりでうけるw
相も変わらずコピペ貼りしてるんだろうね

にしても、どうして植民地の話題になると外野から変なのが殺到してきて荒れちゃうのかね?

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 10:09:43 ID:fMYoVhZT0
チロリアンがいる→スレがコピペだらけ
いない→過疎化する
ですからw

260 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/12/20(水) 20:59:23 ID:jkV1PbXS0
>>258
>あぼーんばかりでうけるw
>相も変わらずコピペ貼りしてるんだろうね

そうかNG指定しているのか・・・
残念だな
新渡戸の弟子群がいなくなった理由を説明したんだがな・・・

「差別」とは全くの例外なく、自分を守る又は自分の属している集団を守る行為です。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 17:07:19 ID:e2stCLrd0
トンデモ屋さんって、自分の意見が聞き入れられないと
すぐ排斥されてるとかトンチンカンな事言い出すねw
12スレまで行く間にお前の賛同者が一人でもいたかw



262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 23:42:49 ID:BSBB91bS0
ニュー速にこんなスレが
で、ここでのカキコの繰り返しとw

【歴史】「リットン報告書」…日本人の「自虐史観」病に効く特効薬
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1168233813/

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 09:59:27 ID:EF4kIvjW0
また渡部昇一かw

264 :荒らすなボケ:2007/01/13(土) 03:51:02 ID:eLm62NSe0
日本の善政

インドネシア関係で同じ「帰らなかった日本兵」で「インドネシア独
立戦争に参加した『帰らなかった日本兵』、一千名の声」(福祉友の会・2
00号「月報」抜粋集」)および鈴木政平氏の著書「日本占領下 バリ島か
らの報告」などを読まれる事をお勧めする。「日本占領下 バリ島からの報
告」というこの本は、この手の本が後年になって書かれたものが多い中、こ
れは当時の日本が大東亜戦争時に統治していたインドネシアに昭和17年7
月より昭和19年12月に至る二年半、民政部文教課長の職にあった時の状
況を、鈴木氏が内地の学兄宛の報告として書き綴ったものを、後年、そのままの形で本にしたものです。

鈴木氏がいかに小さなことまで気を配り、教育者としてインドネシアの人々と
接したかが書かれていると同時に、卒業証書、教員の昇給辞令にまで税金をか
けてたり、歴史という授業がなく、運動場もなく、消しゴムから白墨にいたる
まで学用品使用量を異常に低く押さえていたり、女子の就学率が異常に低く、
学校の新設も少ないという文盲政策をとったオランダによる愚民政策統治のひ
どさを学校数など具体的な数字で表しています。それに比べて、我が国はどこ
の統治下でもやった事ですが、官民あげて就学を奨励し、初等教育の授業料は
無料とし、多言語.多民族のインドネシアにおいて当時の共通語になりつつあ
ったムラユ語(マレー語)今はインドネシア語とよばれる言葉を教育用語とし
て教えて、そのうえで日本語教育をしたという事が、オランダの統治時代とよく比較できます。



http://www.tamanegiや.com/ahosoukagatkai.html

これらに反駁できる歴史学者は果たしているでしょうか?
もしできるのなら是非していただきたいものです。


265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 10:33:52 ID:oajws0fW0
ここでもゴミクズ屋糞バカのコピペかよw

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 12:01:24 ID:eLm62NSe0
>>265
反論できないアホ発見www

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 12:03:04 ID:5Yen3YtI0
>>266
そうやって煽る奴を「民度が低い」ていうんだよ・・・
で、何に反論してほしいの?

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 19:13:17 ID:QjHm/ycl0
朝鮮人は他人の文章を読めないし、読む気なんかないし
議論は無理

269 :fuんwaか ◆X4bJkcf622 :2007/01/15(月) 15:04:00 ID:ogNnPcnG0
馬鹿陽区様の名言を聞け!!!!!!!!11


「全く、資本主義経済と民主主義統治が気に食わないんだったら、他の国へ移
住すればいいのにそれもしない。結局資本主義経済と民主主義統治より今の
ところ優れた統治方法がないのに反対するから、馬鹿にされるんですよね。

マジで説得力あるような、事言って欲しいね。」


どうだ!!!!!!!!1>>267

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 18:57:48 ID:ByvbClkB0
「泥棒国家(クレプトクラシー)の完成」(米経済誌「フォーブス」元記者B・フルフォード著)より抜粋
(1)現在の日本は、人類史上類をみない「泥棒国家」(クレプトクラシー)である。
民主主義国家ではありえないとされる一部の特権階級によるオリガーキー(寡頭政治)が行われている国であり、
本当の意味での国民の代表者が政治を行っていない。
彼ら、すなわち、政治屋、官僚、ゾンビ企業、ヤクザらが、
あなたが毎日一生懸命働いてつくりだした富を、手を替え品を替えて奪っているのである。
これは、まさに国家による収奪である。(中略)
そればかりか、2003年11月の総選挙で小泉“インチキ改革”政権の続投が決まったことによって、
このシステムはさらに強化されているのだ。(後略)
(2)なぜ、多くの日本国民が、いまだに自民党政治が、国民の財布からお金を巻き上げるだけの
「泥棒政治」(クレプトクラシー)であることに気がつかないのだろうか?(中略)
この国では、国民一般の勤勉さ、真面目さに比べ、政治家や官僚など支配層の人々の卑しさは、あまりにも異常だ。
彼らが一部の業界やヤクザと組んでこれまでやってきたのは、国民の税金を勝手に使って、
「車が通らない高速道路」「ただ水を貯めるだけに存在するダム」
「野菜を運ぶためだけの地方空港」「誰も利用しない市町村ホール」
「ただ官僚が天下るためだけに存在する豪華保養施設」などをつくることだけではなかったか?(中略)
そして、これらの公共工事と称する利権ビジネスで票とリベートをもらい、
それで私腹を肥やし、この国を民主主義国家から特権階級が支配する国家に変えてしまったのである。
その結果は途方もない借金の山である。
公的債務は約800兆円と言われるが、これに年金や公団・公社などの準政府部門の隠れ債務を加えれば、
その額はじつは2000兆円という説もある。(中略)
その結果、日本の国債の格付けは、アフリカの小国ボツワナ以下になってしまった。(中略)
それなのに、泥棒たちは、いまだに借金をやめようとしない。
国債を発行しまくり、道路もダムもまだつくるといって、年金カットや増税策を推し進めている。(中略)
それなのになぜ、あなたは怒らないのか?
なぜ、このような犯罪集団を選挙のたびに選んでしまうのか?(後略)

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 20:05:27 ID:AohR1W7b0
>>270
なぜ選んでしまうのか
答えは野党にまともなのがないからだ
民主と社民と共産と公明と新党日本と国民新党以外に
アカくない政党が現れたらそこの党員に投票する

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 20:22:53 ID:mAgSATl00
>>270
小泉以上のただの清算シバキ上げ主義&破綻厨だな、ベンジャミン何とかはw
月面着陸陰謀論副島と同レベルw

273 :(´・ω・) :2007/01/16(火) 10:36:02 ID:rfrrAaok0
久々に来たらあぼーん多すぎでワロタw
インドネシアは植民地支配じゃないからスレ違いじゃないの?
もう朝鮮はいいから台湾や南洋について語らないか?
お題は、霧社事件・冒険ダン吉あたりで。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 10:47:18 ID:iJ5Ri6Yp0
チロリアン、fuんbakaがいる→スレがコピペだらけ
いない→過疎化する


275 :fuんwaか ◆X4bJkcf622 :2007/01/18(木) 01:11:04 ID:LE94KEzb0
>>274

チロリアン、fuんwaかがいる→スレが引用だらけ
反駁できるものが居ない→住人逃亡→過疎化する

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 17:51:09 ID:k/lyg8Ay0
カーター・J・エッカート(ハーバード大学教授)著
「日本帝国の申し子」 --- 日本の植民地史の知られざる一面

私の意図は、今なお多くの韓国人学者のあいだに充満している植民地神話の一つを払拭
することにある。植民地支配がなければ、朝鮮人が自力で資本家階級を生み出したという
可能性もないとは言いきれない。しかし、実際にはそうならなかった。朝鮮の資本主義は、
植民地支配という環境のなかで最初の真の成長を遂げたのである。確かにこれは不幸な
ことであり、多くの朝鮮人には認めがたい不快な指摘かもしれない。しかし、それはまぎれも
ない事実なのである。
http://www.asyura2.com/0401/dispute16/msg/541.html

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 20:18:32 ID:XyY1D9U80
>>275
早くfuんbakaに改名しろww

278 :fuんwaか ◆X4bJkcf622 :2007/01/18(木) 21:50:46 ID:LE94KEzb0
チロリアン、fuんwaかがいる→スレが引用だらけ
反駁できるものが居ない→住人逃亡→過疎化する


>>277
早く逃亡しなwwwww

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 22:04:19 ID:ARFwFmek0
>反駁できるものが居ない

ってw
論駁されていることすら理解できずに同じコピペ貼り付けてるだけだろwww
朝鮮人と同じだよ、お前は

280 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/19(金) 21:26:12 ID:1fs34p8c0

>>261
>12スレまで行く間にお前の賛同者が一人でもいたかw

賛同者?常識に一々賛同していたらどうなる?
賛同しない者が俺にレスを付けた
その人達は今何処?


281 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/19(金) 21:30:10 ID:1fs34p8c0
>>273
>もう朝鮮はいいから

「北朝鮮問題の本質」を書いていないから
こんな事言うんだね
よし書こう!
ってか・・・何て書くか読まれているときって書きづらい

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 23:51:07 ID:9qdnlJN00
>>261
おいおい、ちゃんと賛同者いただろ
つ【糞倭蚊】

283 :fuんwaか ◆X4bJkcf622 :2007/01/20(土) 01:02:34 ID:nX3HSnLl0
>>279
レイシスト乙。 

誰も御方の文章に反駁できていないわ!!!!!!!!!!!!

284 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/21(日) 08:54:34 ID:aw7tATQt0
「北朝鮮問題の本質」を知るには
まず正しい現状認識から

-----------------------------------------

日本に対して憎悪の念をもっている朝鮮人が、
核兵器を保有している。

【日本に対して憎悪の念をもっている】※1
【朝鮮人が】※2
【核兵器を保有している】※3


285 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/21(日) 08:56:25 ID:aw7tATQt0
※1
七奪

「日本に侵略され全てを奪われた」と教育している。
前に他の掲示板で教えてもらった北朝鮮の教科書の内容

【日帝は毎日1000人の朝鮮人を殺した。どうしたらもっと残酷に殺せるか
日々研究していた】


※2
復讐心

【朝鮮事情】東洋文庫より引用
彼らは、怒りっぽいが、それと同程度に、復讐心に満ちている。
たとえば、五十の陰謀のうち四十九までが何人かの陰謀加担者によって事前に暴露される。
これらはほとんどいつも、個人的な恨みを満足させるものであったり、
かつての少しの辛辣な言葉に対する仕返しのためであったりする。
敵対する者たちの頭上に懲罰を加えることができるならば、
自分が罰せられることなど、彼らにとって何でもないのである。
http://sarah.iza.ne.jp/blog/entry/42678/

※3

>ソ連崩壊後、後ろ盾を失った北朝鮮がなぜ核開発やミサイル開発を続けてこられたか。
>日本からの資金と技術によってである。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog137.html


286 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/21(日) 08:58:00 ID:aw7tATQt0
北朝鮮問題についてテレビでコメントしている専門家達がこう言っていた
「北朝鮮が核を使用すれば完全に自滅します。だから核は使わないし、使えない」

ではその人達に聞きたいんだが、
「北朝鮮の体制が崩壊する時、彼らは最後まで核兵器を使用しないだろうか?
おとなしく、体制が崩壊するのを見守ってくれるだろうか?
『どうせ崩壊するならこの際復讐心を満たしてしまおう』などと考えないでいてくれるだろうか?」

この様な問題が起こる以前に北朝鮮と歴史論争をしていたら・・・
国交がなかったと言っても
韓国や日本在住の在日韓国・朝鮮人と論争すれば彼らは出てくるよ
たとえ相手がブチ切れて歴史的事実を共有できなくても、
偽りの歴史で日本人の先祖を貶めている者達への視線は厳しくなり、
その結果として
>日本からの資金と技術
が行く事もない

もう何が言いたいか分かったね

「偽りの歴史で日本人の先祖を貶めている者達」を放置してきた。
それは我々日本人が「偽りの歴史」を認めたという事だよ

第三者になったとして、この様な人間達を思い浮かべてくれ

「外国人と一緒になって、偽りの歴史で自国の先祖を貶めている者達が
核や生物兵器などの驚異に晒されている」

「オオ カワイソウデス」なんて思うか?

北朝鮮核問題は日本人の無知と、先祖を貶めようとする力が招いた

これが北朝鮮(核)問題の本質である

「俺は違う」などといっても始まらない
無知な人間や偽りをもって死者を貶めるような人間と一緒に暮らしていて、
自分の身に災いが及ばないと考える方が間違いだ。


287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 08:58:23 ID:G3dVeCBR0
で、今の日本の植民地研究はどこまで進んでいるのかな?
レッテル貼りじゃなくってさ

288 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/21(日) 09:00:53 ID:aw7tATQt0
>驚異に晒されている

いつも思うが
ここは誤字脱字のツッコミがないのがいいね

他板だとウザくてね・・・

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 09:05:59 ID:G3dVeCBR0
例えば、鈴木経勳の明治初期の南洋進出ってのは、植民地獲得運動に入れていいのだろうか?

290 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/21(日) 09:07:02 ID:aw7tATQt0
>>287
小、中、高校生もこの板を見てるかもしれないからなぁー

「先生!先生!この前授業で「朝鮮は植民地だった」って言ったでしょ?
掲示板で違うって人が居るからレスして」

って連れてきてくれるとありがたいんだけどな

291 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/21(日) 09:08:19 ID:aw7tATQt0
>>289
大韓帝国は日本の植民地でしたか?

292 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/21(日) 19:40:49 ID:aw7tATQt0
>>273
(´・ω・)よ

おまえはどこの国の人か知らないが

>もう朝鮮はいいから

まさかこれが核問題と繋がっていたとは分からなかっただろう?

核問題だけじゃなく拉致問題も・・・

【核兵器を保有している】を拉致に代えればいいだけ

偽りの歴史をもって日本人の先祖を貶めている者達に厳しい目を向けていれば
日本海にも巡視艇が多くいただろうし、
簡単に日本国内で多くの日本人を攫うなんて事は出来なかっただろう

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 23:52:22 ID:bar04Lr+0
カーター・J・エッカート(ハーバード大学教授)著
「日本帝国の申し子」 --- 日本の植民地史の知られざる一面

私の意図は、今なお多くの韓国人学者のあいだに充満している植民地神話の一つを払拭
することにある。植民地支配がなければ、朝鮮人が自力で資本家階級を生み出したという
可能性もないとは言いきれない。しかし、実際にはそうならなかった。朝鮮の資本主義は、
植民地支配という環境のなかで最初の真の成長を遂げたのである。確かにこれは不幸な
ことであり、多くの朝鮮人には認めがたい不快な指摘かもしれない。しかし、それはまぎれも
ない事実なのである。
http://www.asyura2.com/0401/dispute16/msg/541.html

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 07:16:00 ID:Y5Yh++tJ0
エッカート教授は改めて言うまでもなく、日本の植民地支配を「非」と断じている。日本が日
本のために朝鮮を支配し搾取したのである。植民地政策が、搾取の体系であることは古今東
西の不変原理である。つまり植民地にされる側にとって、支配と搾取は、自分たちの運命を
他民族にコントロールされ富を掠めされることである。そのうえ日本は、「一視同仁」、「内鮮一
体化」という文化融合・同化(アシミレーション)政策が朝鮮人の幸せであるとした。誇り高い朝
鮮人のアイデンティティーと相容れる筈はなかった。
しかしその中で、朝鮮の資本主義は、朝鮮人の手によっても成長と発展を続けていたので
ある。この部分をエッカート教授は「是」と評価する。
http://homepage2.nifty.com/Hiroshige_Hayashi/bookreviewJun04.pdf

295 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/22(月) 22:33:16 ID:dUhPXN3w0
188 名前: 日本@名無史さん 投稿日: 2005/06/15(水) 10:21:46
植民地の定義に無自覚な学者は本当に多いよ。
ハーバードのエッカートも何の定義もせずに朝鮮を植民地としている。
社会科学者ならまず用語を厳密に定義しろと子一時間。

988 名前: 日本@名無史さん 投稿日: 2005/07/16(土) 12:09:27
ハーバードのエッカートは日本は朝鮮を近代化したがそれは植民地支配の本質的加害性を何ら免罪するものではない
みたいなこと言ってる。

3 名前: チロリアン 投稿日: 2005/07/18(月) 05:36:11
>ハーバードのエッカートは日本は朝鮮を近代化したがそれは植民地支配の本質的加害性を何ら免罪するものではない
>みたいなこと言ってる。

本質的加害性だと?
免罪と言うが、罪とは何よ?罪状読み上げてみな
で、日本は誰から罪を免れないと言っているんだ?
当時の両班からか?それとも捏造歴史詰め込まれた、現在の韓国人達からか?


296 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/22(月) 22:39:00 ID:dUhPXN3w0
↑はスレ4から引っ張ってきました

しかしエッカートってのは何も分かっちゃいないな
このスレに来たらトンズラするだろう
チロリアンからではない、
常識からトンズラせざるを得ないんだ

ってかこの人はハワイについては何て言っているの?
当然植民地ってんだろうが
でどうすればいいって?


297 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/23(火) 20:20:56 ID:wDQoaeOc0
「本質的加害性」を知るには
まず中世から続いた欧米の植民地(畜生道)を学ぶべきである

って英語で書ける人いる?




298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 16:49:34 ID:kIyZ2tkX0
史実を世界に発信する会
http://hassin.sejp.net/
史実を世界に発信する会のニュースブログ
http://news-hassin.sejp.net/

当会の目的は、欧米諸国で流布されている反日プロパガンダに英文で反駁するため、
その土台となる「英文Web資料館」を構築することにあります。
活動の中心は、近現代史に関する有用な日本語文献を英訳し、これをWeb上で無料で公開することです。


299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 18:24:53 ID:yxyg1SSg0
日本の植民地は台湾以外にあったか?

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 19:12:10 ID:Qy1iluvH0
>>299
台湾もビモーだお

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 19:53:56 ID:Tzs9wqp80
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/edu/1161867630/301-400
教育板・韓国は「なぜ」反日か?論3

302 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/24(水) 21:09:43 ID:LfqTZEs20
>>299
>>99-101読んで

※5の訂正

=============================================================
411 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/04/08(土) 18:28:49 ID:G4uDxpbt0
>我国の学者政治家等が朝鮮を指して植民地と称することに対し、
>「千万年歴史の権威」と「二千万民衆の誠忠」を有する朝鮮民族は
>大なる侮辱を感じ、大正八年三月一日の独立宣言書にもその憤慨が披瀝せられた。

新渡戸のこの認識は微妙に間違っていると思う。
独立宣言書を実際に確認すると分かるが、不逞鮮人らが憤慨している対象は、
「植民地と称すること」
ではなくて、
「植民地視」すること
なのよね。
植民地という呼称の問題ではないのよね。
===============================================================
独立宣言書を書いた者の言う「植民地視」とは何かって事だけど、
単に文化程度が低いって事で尊大な態度、横柄な態度を取られたってことだろう。



303 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/24(水) 21:14:38 ID:LfqTZEs20
>我国の学者政治家等が朝鮮を指して植民地と称することに対し、

つか矢内原よ
「我国の学者」って誰の事だよ?
彼らの憤慨に答えるべきだったのではないか?
「憤慨しようが何しようがあなた達は植民地人です」って

そうすればその時点で決着していたかもしれず、
俺がこのスレに書き込んでいなかったかと思うと
何だか不思議な気がする


304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 21:37:32 ID:HgNpAZT60
台湾が植民地じゃなかったら何なんだ

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 22:31:32 ID:Rflyu2200
>>304
別に何の意味もないかと
焦点にするべきは、統治そのものだからね

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 01:11:25 ID:Ooxo/V3Y0
我が国もできたら、あんな半島に投資した無駄金を国内に投資し直すことが
できたらどれほどいいことでしょう。朝鮮人が言う世界で最も過酷な統治?
により人口を倍に増やしてしまい、過酷な統治により米の生産を増してしま
い、過酷な統治により小学校から帝国大学までつくってしまい、過酷な統治
によりハングルを普及させてしまい、過酷な統治により糞尿まみれの汚い国
のインフラを整備し東洋最大級のダムまで作ってしまったわけですから。そ
りゃあ、今となっては後悔するでしょう。

 引用:酒.たま.ねぎやURAホームページ
 http://www.tamaneぎや.com/nonnbee.html  (ぎや → giyaに変換 )



鋭い指摘!!!!!! さすが!!!!!!

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 22:55:10 ID:B6Au45f2O
日韓併合が実質上の朝鮮植民地化であることを否定している人間がいるとは驚いた
しかも民族主義者っぽい
民族自決権握っといて植民地じゃないはねーだろー
植民地じゃなかったら何にしたんだ?
資源地? 農地? 属国化?
少なくとも併合ではないだろうし、自治領とも連邦国家とも違うよね
政府の直轄地みたいな感じ?
日韓併合の主目的はロシアへの砦と大陸進出への足がかりなわけだが、大アジア主義者が日本はアジアの盟主になるべきってんで投資したんだよな
資本主義には市場も必要だしな
目指すはパクスヤポニカだったのか
朝鮮人の民心掌握には失敗したようだがね

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 22:44:55 ID:NiZrpFVW0
植民地って愚民化政策と利益を一方的に絞る事だと思っているわけなんだが

そう考えた場合、日本は教育機関を作り当時8割が読み書きできなかったのに
読み書きを普及させ、自分の国の台所事情もカツカツなのに
韓国の当時の国家予算の4割の補助金を出している
おまけに役人の半分は韓国民を使っている

これのどこが植民地なんだか・・・
それに李完用の文献を読めば明らかに
日本との併合を望んでいる
全権者の文献は無視ですかそうですか

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 22:54:09 ID:ycZhnlxb0
>>308
>植民地って愚民化政策と利益を一方的に絞る事だと思っているわけなんだが

それは植民地でとられる策の議論に属することで、植民地の定義とは関係ない
大体、欧米の植民地でさえ、工業化投資は行っているし、現地役人は原住民である方が多い

日本の植民地は、日本人が多数植民地に移住したという世界的にみて特殊な
事情があったからこそ、植民地インフラ投資が進められる必要があったとみるべきだろう

客観的な分類も出来ず、心情的な「分類」で満足している精神は、アメリカの
核は汚い核で、ソ連の核は綺麗な核、という議論と同根のものだと心得た方がよい

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 22:57:36 ID:ycZhnlxb0
>>308
あと、為政者の残した文書にあるからと言ってそのまま鵜呑みにするというのなら、
例えば1945年のソ連による対日参戦は、スターリンの言う「解放戦争」という
ことを当然承認しなければならないはずだが、その点OK?

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:17:46 ID:NiZrpFVW0
>>310
持ち出す例えが下手すぎて本筋がずれるので
そのあたりを抜かして読ませていただくが

どんな言葉であろうと
当時の全権者の言葉であることには変わりないと捕らえている
その全権者が併合条約を結んだのだから
それはどう考えても併合というのではないか?
日韓併合条約のどこに「今後、韓国ヲ植民地トスル」と書かれているのか?

植民地の定義について
もちろん、上記の定義は私の主観に過ぎないが
これはおそらく韓国民の言うところの、所謂、植民地と
そう遠くないと思っている
これもまた主観ではあるが
本スレとは関係ないので植民地の定義については
このへんにとどめておくが


312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:36:00 ID:ycZhnlxb0
>>311
なんだか、本気でレスするのが馬鹿らしくなるくらい愚かだな

欧米の植民地について、その領土編入に際しての条約上で
「今後、〜ヲ植民地トスル」という文言があったところをあげてみて

なかったら、欧米にも植民地はなかったことになるってことでOK?

あと併合に関しては、例えばフランス領アルジェリアもイタリア領エチオピアも
併合の形をとったけど、これは植民地じゃないってことでOK?

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:40:28 ID:NiZrpFVW0
国家の全権を任されたものが併合条約に調印したのだから
併合以外のなにものでもないでしょ?
なんで勝手に植民地だと主張できるの?


314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:42:22 ID:ycZhnlxb0
>>313
>なんで勝手に植民地だと主張できるの?

例えばフランス領アルジェリアもイタリア領エチオピアも併合の形をとったけど、
これは植民地じゃないってことでOK?

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:44:13 ID:NiZrpFVW0
国家に全権を委任されている者が調印しているならオッケー


316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:47:33 ID:NiZrpFVW0
それに日本と韓国の場合は
全権者が「日本の力が今後、国際社会において必要」と言っている
これは明らかに一方的とは言えない

そして全権同士が併合条約に調印している
これ以上に併合であることを示す根拠が必要だろうか?

それで植民地である証拠をそろそろ提示してください

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:48:20 ID:2PoCmKsS0
そんな定義があるかよボケ

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:51:40 ID:hkXXmsOY0
当時日本は韓国を保護国として間接統治してたんだけど

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:00:18 ID:ksrNInpU0
>>316
>それで植民地である証拠をそろそろ提示してください

ふーん
で、フランスのアルジェリアやイギリスの南アフリカ連邦が併合の形をとっている
lことについては、これが併合だから植民地じゃないって理解でいいのかな?
両方とも、まさに欧米の植民地の象徴ともいえる地域だと思うけど

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:01:46 ID:81vA4xx00

これはどうも植民地の定義から考えるしかないですね


しょくみん-ち 3 【植民地】 goo辞典

(1)ある国からの植民によって形成された地域。
(2)特定国の経済的・軍事的侵略によって、政治的・経済的に従属させられた地域。

日韓併合を当てはめると
(1)には該当しない
(2)は曖昧な表現なので答えられない

植民地
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

植民地(しょくみんち)とは、国外に移住者が移り住み、本国政府の支配下にある領土のこと。殖民地とも表記する。
古くは古代ギリシアや古代ローマなどにも見られるが以下では近世以降について扱う。 近現代においては、本国
政府の憲法や諸法令が原則として施行されず、本国と異なる法的地位にある領土を植民地という。


古代の植民地の定義には該当しない
近現代の植民地の定義には該当
ただし互いの国家が賛同したかどうかについての記述が無く
併合条約を結んだ場合が書かれていないので不十分

相当曖昧な言葉のようですね
平気で植民地と言う言葉を使う人が多いですが
何を持って植民地と言っているんですかね?

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:04:24 ID:nFJCqAmL0
義務教育も参政権も兵役もなかった朝鮮が本国の一部?w

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:04:55 ID:81vA4xx00
>>319
いいですよ、他人の気持ちが絶対に分からないように
不利な条件でも本人たちがそれでいいなら
外野がとやかく言う問題ではありませんから

それではそろそろ
植民地の定義と、日韓併合を植民地支配と言い切る根拠を
おねがいします

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:05:16 ID:ksrNInpU0
>>320
だから、植民地があった時代にそれらを分析対象としていた植民政策学者の
定義を出してやってるだろ

「政治的従属関係を植民の本質なりとするときは、『植民地とは国家が其の
本来の国土外に於て新たに領有したる土地にして、国法上之を本来の国土
と同一に取扱ふことなく特別の形式に依りて統治する地方を謂ふ』ものであり、
従て植民地は即ち属領若くは新領土となる。
矢内原忠雄『植民及植民政策』全集版26ページ
※文中引用箇所は山本美越乃『改訂植民政策研究』53ページ

で、
一国の特殊統治地域としての植民地は狭義の属領、保護地、租借地及び
委任統治地を包含し、而して勢力範囲を含まず。我国に於ては拓務省の所
管に属する朝鮮台湾樺太(狭義の属領)関東州(租借地)及び南洋群島
(委任統治地)がこの意味に於ての植民地である。
矢内原忠雄『植民及植民政策』全集版31ページ

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:12:09 ID:ksrNInpU0
>>322
おまいは論点そらしをやっている
併合という形をとっているから朝鮮は植民地じゃないんだ、と
併合をもって定義を行う旨表明している

だから欧米の代表的な植民地も併合という形をとっているが、
定義である以上、普遍性がなければおかしいはずで、日本の併合は
非植民地で欧米の併合は植民地だというのでは、

アメリカの核は汚い核で、ソ連の核は綺麗な核、という議論と何も変わらんだろ
とわかりやすく提示してやったまで

まずは併合を植民か非植民地の定義に使えるのかどうか、欧米の併合の
場合についておまいの見解を述べるのが順だろう

ちなみに漏れが考える植民地の定義は>>323の矢内原で十分だと考える
搾取だとか投資だとかは、その植民地でとられた植民地政策の問題だと考える

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:23:17 ID:81vA4xx00
論点をそらしたりしてませんよ

韓国の全権を任された人物が必要だからと言う理由で併合条約に調印したわけで
後になってから植民地なんて言葉を使うのは不適切だと言っているだけですよ

日韓併合に関して言えば上記にある矢内原の定義では十分とは考えられない
なぜならば上記の定義では結果から見ているだけで
調印当時の合意について触れてない
当事国同士が双方望んだ場合も植民地というとは思わない

それと核やら欧米の植民地の例を出してくるが
まったく論点がずれている
どっちが良いとか悪いとかそんなことはどうでもいい
なぜならば日韓併合は植民地とは無関係だからである

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:26:24 ID:SEVx+qAc0
朝鮮を併合したために今日まで不毛な議論が続いている。
朝鮮人は罪作りだ。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:30:45 ID:81vA4xx00
私が論じているのは結婚について
ID:ksrNInpU0が論じているのは就労条件について
このくらい差がある


328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:34:51 ID:ksrNInpU0
>>325>>327
難しい日本語は理解できないようだから簡単に質問してやる

イギリスが併合した南アフリカ連邦、フランスが併合したアルジェリア、イタリアが併合したエチオピアは植民地 Yes or No? どっち?

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:43:13 ID:nFJCqAmL0
当事国同士が承諾して条約を結び、植民地にするのは当時の常識です。残念!

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:45:41 ID:81vA4xx00
論点のズレてるのに同じ事を何度も何度もしつこいなあ

何度も言っているが
当事者同士が良いなら良いって
結果から遡って、あれは植民地だったって議論が不毛

日韓併合に関してはお互いが必要だから併合した
それ以上でもそれ以下でもない
その事実を一学者の定義ではあれは植民地だったって言う論理は
後付けにしか見えないよ



331 :併合前から次々主権を剥奪:2007/02/03(土) 00:50:56 ID:Bvv7aH160
1895 日清戦争に勝利。清に朝鮮の独立を認めさせる。1897年に大韓帝国と改名。

1904 日韓議定書を結ばせ、韓国内で日本軍が自由に行動。

1904 第一次日韓協約。韓国政府の財政・外交顧問に日本政府の推薦者をいれる。

1905 第二次日韓協約。韓国統監府を設置して外交権を取り上げる。

1907 ハーグ密使事件を機に、韓国の皇帝を退位させる。

1907 第三次日韓協約。内政権を剥奪。韓国の軍隊を解散させる。

1910 伊藤博文暗殺事件などを機に、韓国を併合。


・併合賛成(桂太朗など)併合反対(伊藤博文など)
・国際社会は併合を容認。

・保守派(王室など)は日本に抵抗、ロシアに接近。改革派(一進会など)は日本の併合賛成。
・軍隊解散後に、抗日の反乱。抑えられ義兵闘争。
・日本との併合に賛成した一進会も、併合した年に日本により解散。(対等合邦要求など無視)


332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 01:12:44 ID:ksrNInpU0
>>330
>結果から遡って、あれは植民地だったって議論が不毛

って・・・・・・
>>309
>植民地って愚民化政策と利益を一方的に絞る事だと思っているわけなんだが
と言って、
>>311
>それはどう考えても併合というのではないか?
>日韓併合条約のどこに「今後、韓国ヲ植民地トスル」と書かれているのか?
と言うから、欧米には併合の形をとった植民地があるが、これはどう考えるのか?
と聞いているだけなんだが、
二択にしてやったのに、何故これへの回答を執拗に回避しているのかが理解できない
大体、>結果から遡って、あれは植民地だったって議論が不毛
というなら、欧米の植民地支配は……・という議論も同時に不要となるはず

欧米に対しては植民地支配を非難しつつ、日本に対しては不問という二重基
準は、かつての核兵器の議論に通じませんか、というたとえ話をしたまでなんだがな
まあ論理的な話をするのは苦手な人のようだから、あんまりかまっても仕方がないのかもな

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 01:26:26 ID:81vA4xx00
他国の植民地云々の部分は、おっしゃる通り
本議論とはまったく無関係ですね
そもそも植民地じゃないのに植民地なんて言葉を使ったことが間違いでした
失礼しました

で、まったく答えてもらってないで勝手に
わざわざニ択にまでしていただいているようですが

結局、矢内原の植民地の定義が君の言う日韓併合が植民地政策である根拠なわけですか?

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 01:29:18 ID:81vA4xx00
>二択にしてやったのに、何故これへの回答を執拗に回避しているのかが理解できない

回避してないけどね
真正面から容認って言ってますよ
それぞれが同意しているという前提ならば容認するしかないありませんから


335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 01:31:21 ID:ksrNInpU0
>>333
植民地の定義と植民地でとられる政策の評価とは別物だと言っている
日本語が理解できない人の質問ですね、それは

矢内原のこれでも読んだら?
矢内原忠雄(戦前日本を代表する植民地政策学者。新渡戸稲造の弟子)による「植民地獲得方法」の紹介
「植民地成立の形式は国際法学者が領土獲得の方法として研究する処で
あるが、その国際法上適法なりとせらるる法律的解釈の如何に拘はらず、
実質的関係に於ては常に多かれ少かれ暴力又は譎詐による強制作用に
基くものなることを、次に指摘するであらう。」として以下の6つをあげる。
1.先占/2.併合/3.買入交換/4.租借/5.保護条約/6.委任統治
「植民及植民政策」全集版101-108ページ

で、
二、併合。
強制的併合(戦争の結果たる講和条約によるもの)は勿論、相互の任意的
協定によると併合称せらゝ場合と難も、自発的自由意思に基くは稀にして必
ずや力による圧迫の作用する処大である。「合併とは協約に依り一国が他国
の領域の全部又は一部分を適法に譲受くる事を云ふ」とは真に表面的の事
柄に過きない。
任意的併合の好例として称せらゝ所調「日韓合邦」は、やはり併合にして合
邦にあらず。明治四十三年八月二十二日日韓併合条約第一条に曰く、
「韓国皇帝陛下は韓国全部に関する一切の統治権を完全且つ永久に日本
国皇帝陛下に譲与す」。第二条に曰く「日本国皇帝陛下は前条に掲げたる
譲与を受諾し且つ全然韓国を目本帝国に併合することを意諾す」と。而して
右の条約文言の如何に拘らず、この併合談判の発議者はいづれの当事者た
りしかは歴史に明かなる処である。
英領印度はその保護の下に立てる土人王国に対し継嗣欠缺("lapse")の法
理を適用して、直系の継嗣なき時は之を併合するの政策を取つた。この併合
没収の政策が一八五七年の印度大騒乱の直接の原因たりしを以て見る
も、形式的適法は暴力又は詐欺による強制作用を隠蔽するを得ざるを知る

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 01:33:25 ID:81vA4xx00
またこのコピペですか

こんなの根拠になってないって
一つの学説としては読めるけど
これを根拠ですで通じると思う?

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 01:41:28 ID:81vA4xx00
いちいち人を罵倒(しかも2ちゃんねるで)する割に
まったく中身を感じない人だなあ
学者が言ったから植民地でしたで納得できるんだから平和だとは思うけど

全権が条約に調印している以上
それは併合でしかない
客観的事実とはそういうこと

その後の政策についての学説が生まれようが
それは事後的なものであり、それ以前の植民地である根拠にはならない

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 01:48:40 ID:ksrNInpU0
>>337
>まったく中身を感じない人だなあ
>学者が言ったから植民地でしたで納得できる

ん? 別に矢内原の定義で全く問題ないと考えてるから紹介引用したまでなんだけど

で、また話が振り出しに戻ってる
>全権が条約に調印している以上
>それは併合でしかない
>客観的事実とはそういうこと

じゃあ欧米の植民地で併合の形をとって植民化されたところは植民地なのか? それとも否か?と
これにハイかイイエで答えてくれれば、次のステップに進めるのに、君がここで
意図的に話を堂々巡りにさせている、だから「回避」といったまで

話を先に進めるためにも、>>328の質問にYes or Noで答えておくれよ

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 01:55:39 ID:81vA4xx00
もう答えてる
堂々巡りなんて一切させてない
自分が読まないのを人のせいにされたくないなあ

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 01:58:46 ID:ksrNInpU0
>>339
おいおい、何も答えていないでしょ

>当事者同士が良いなら良いって
>結果から遡って、あれは植民地だったって議論が不毛
ってお茶を濁しているだけでしょ

さあ、早くハイかイイエだけで答えてよ
イギリスが併合した南アフリカ連邦、フランスが併合したアルジェリア、イタリアが併合したエチオピアは植民地 Yes or No? どっち?

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 02:01:30 ID:81vA4xx00
334

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 02:06:09 ID:ksrNInpU0
>>341
>真正面から容認って言ってますよ
>それぞれが同意しているという前提ならば容認するしかないありませんから

過去の併合の個別具体的な事例に、なぜ「前提」が必要であって、しかも誰が何を「容認」するっての? 官僚的答弁同様で意味がわからないので、再質問

イギリスが併合した南アフリカ連邦、フランスが併合したアルジェリア、イタリアが併合したエチオピアは植民地 Yes or No? どっち?
二択でどうぞ!!!

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 02:06:44 ID:81vA4xx00
当事者同士が良いなら良い


南アフリカの当時の考えは知らないので一概に言えないが
合意していたんなら植民地ではない

アルジェリアの当時の考えは知らないので一概に言えないが
合意していたんなら植民地ではない

エチオピアの当時の考えは知らないので一概に言えないが
合意していたんなら植民地ではない

これが答え

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 02:13:35 ID:81vA4xx00
>>342
Q なぜ前提が必要か
A 条約を結ぶ場合、互いの合意があってなされるものであるから

Q 誰が何を容認するっての
A 第三者国が当事者同士の条約を容認する

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 02:38:48 ID:8kOY5wN70
次のステップに進めるね。

346 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/03(土) 05:46:55 ID:6cT5noKH0
やっと来てくれたんだね
>>307へのレスで今までのまとめをしようとしたけど
後回しだな

>イギリスが併合した南アフリカ連邦、フランスが併合したアルジェリア、イタリアが併合したエチオピアは植民地 Yes or No? どっち?
>二択でどうぞ!!!

何スレか前でやらなかったか?
それとも他の人か?

-----------------------------------------------------------------------------------
410 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/04/08(土) 18:02:37 ID:G4uDxpbt0
チロ君に質問があります。

近代史上、併合(annexation)という名目で新領土を獲得した事例を挙げてみると例えばこんな感じ。
・1836年 米国によるテキサス併合
・1898年 米国によるハワイ併合
・1910年 日本による韓国併合
・1936年 イタリアによるエチオピア併合
・1938年 ドイツによるオーストリア併合
(ちなみに1801年のアイルランドと英国の間のアレは、合併(merger)の語を用いるのが普通なのでここでは除外)

さて、チロ君は併合という言葉に価値判断を下して、「善い」ものを「併合」と呼び、「併合」された地域は「植民地」ではないとしているようだ。また、「悪い」ものを「偽併合」と呼び、「偽併合」された地域はまさしく「植民地」である、と主張しているようだ。
即ち「併合」か「偽併合」かは、チロ君の主観的価値判断に基くものであるので、我々には何とも判断のしようがない。したがって議論にはならない。

で、チロ君に質問があるんだけど、上に挙げた事例のうちどれが「併合」「偽併合」なのか、教えてくれる? それによってチロ君の判断基準の一端が分かるかもしれないから。


347 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/03(土) 05:50:38 ID:6cT5noKH0
415 名前: チロリアン ◆nu1V1rGlC2 投稿日: 2006/04/08(土) 21:29:00 ID:fvOrj2G40
近代史上、併合(annexation)という名目で新領土を獲得した事例を挙げてみると例えばこんな感じ。
・1836年 米国によるテキサス併合
・1898年 米国によるハワイ併合
・1910年 日本による韓国併合
・1936年 イタリアによるエチオピア併合
・1938年 ドイツによるオーストリア併合

この中で併合した国を自国として対応した国はどこだ
例、日韓併合に於ける内鮮一体、一視同仁、30年で追いつけ
皇民化政策等
もし自国としてきちんと対処しているのなら本物の併合だよ

====================================================================
>30年で追いつけ

>30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、
>農村植林、水田開拓などの積極的な国土開発による食料の増産が図
>られた。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog056.html

348 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/03(土) 05:55:16 ID:6cT5noKH0
新渡戸や矢内原の誤りは

偽併合を見て「併合も植民地獲得の一手段」とした事だ。
一体どこの偽併合を見てそうしたかは不明
おそらく

>(ちなみに1801年のアイルランドと英国の間のアレは、合併(merger)の語を用いるのが普通なのでここでは除外)

これだと思うが
新渡戸全集に何か書いてあるか?

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 12:03:27 ID:nFJCqAmL0
合意してたら植民地じゃないだってよwww

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 12:57:48 ID:5mHsevED0
日韓併合はナチスドイツのオーストリア併合(独墺合邦)みたいなものなのか?

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 15:07:50 ID:nFJCqAmL0
独墺:同じ民族、同じ言語、もとは同じ国
日韓:違う民族、違う言語、もとから違う国

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 18:09:02 ID:W2UATAdl0
元々、植民地という言葉はここまで酷い意味を持っていなかったのだけど、大航海時代と
帝国主義時代によってすっかり悪いイメージがついてしまったな。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 18:26:04 ID:8kOY5wN70
過去の事例をここで読んでると、植民地と併合をを一緒くたに
しちゃいけないな、つーのが良くわかる。そもそもの植民地の意味からして
統一されてないようだし。

354 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/03(土) 20:26:13 ID:6cT5noKH0
>>351
当時日鮮同祖論というものに異論はあったのか?

あくまでも当時の話だよ
現代に於いて「両民族は違う」などといっても始まらない
なぜなら「民族」などというのを意識するのは危機的状況においてだから
つまり敵との違いを明確にする為なんだな
2ちゃんねるでもよく見るのは
日本人と韓国人は違う 現在の韓国人は百済とは関係がない云々(こんな感じか)
これもまた明確に敵として認識したいが為なんだよ

当時は双方に日韓併合が必要になった
それ故に日鮮同祖論が説得力をもった

で、ちょっと話がそれたけど何がいいたいの?
違う民族同士だから一つの国家としてやってはいけないって事か?




355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 00:43:15 ID:f/Y6QI1X0
次のステップまだですか?


356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 18:57:06 ID:A6SBAuBj0
はじめは、台湾・朝鮮などの統治に関わった官僚は台湾や朝鮮を欧米植民地と
同種の存在として日本の植民地と考えていた。

ところが、その後、欧米の植民地では搾取と虐殺が日常化していると考えて、
それとの違いを明確にし、台湾や朝鮮をあくまでも日本の一部として統治するという理念を
明らかにする意味で植民地と呼ばないようにした。

要するに、「植民地」という概念を明確に規定した上で「植民地」という呼称を
廃したのではなく、機会主義的に呼称を改めただけのこと。

実際のところ、欧米の植民地でも19世紀まではともかく、20世紀以降は
欧米諸国も近代文明の伝達という理念を一定程度実践するようになり、
近代化のために様々な政策が取られたし、搾取や虐殺も少なくとも表向きは
なりをひそめた。

逆に日本も理念はともかく、実際の政策運用では、現地住民との習慣・認識の相違などから
少なからず欧米諸国がやったような強権的な手法に訴えざるを得なくなった。

結局、理念の表明という機会的・政治的な動機から呼称を改めたという点に拘っても
あまり意味は無く、むしろ、植民地における搾取・虐殺といった面だけを強調する、
それも漠然としたイメージのほうを再検討することのほうが重要だろう。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 19:43:10 ID:4QdmfHmE0
>>356
そもそも欧米の植民地でも、名称に「植民地」がつくところなんてほとんどなかったけどな

358 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/05(月) 21:48:23 ID:kSvwltjr0
>>356
>要するに、「植民地」という概念を明確に規定した上で「植民地」という呼称を
>廃したのではなく、

1904、5の帝国議会「台湾植民地論争」の後に
国会決議かなんかで「植民地とは畜生道なり云々」とやれば良かったと?
ダメダコリャ

1902年に日英同盟を結んでいるというのにか?

お前は人の心が全く分からない奴だろ?

相手に悪いところがあろうが、組まればならぬ時もある
それが弱肉強食の時代の性だろうが

しかし喧嘩をしたら遠慮する事はない

大東亜会議

>然(しか)るに米英は自国の繁栄の為には他国家他民族を抑圧し特に大東亜に対しては
>飽くなき侵略搾取を行ひ大東亜隷属化の野望を逞(たくま)しうし遂には大東亜の安定を根底より覆(くつがへ)さんとせり
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/pm_of_lu.html

↑これって急に思いついたの?






359 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/05(月) 21:53:01 ID:kSvwltjr0
>>356
で?あらためて聞くけど
何で「植民地」って言っているの

あるものに名称を付けるのは一体誰か?ってのを語り合わなければなるまい

準備しておいてくれ

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:23:08 ID:QFxYG16c0
つまり日本は欧米式で言うところの植民地政策をとらなかった。
ここはお互いに一致したのですね。勉強になりまつ。


361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 09:56:14 ID:RnWiw8m40
>>360
欧米も植民地への投資は当然実行したし、植民地産品を世界商品に
したり、工業化投資までしている

別に日本の植民地に対する経済政策に、欧米のそれと区別できる政策はなかったと言えるが

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:20:55 ID:SDbvkhiP0
ベトナムにおいては、親ドイツのヴィシー政権との関係からフランス植民地の統治システムと軍政が混在した異常な政治状態が続いた
餓死者が大量に出る事態になってようやく整理の動きが出た

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:27:28 ID:pXabepaj0
欧米に創氏改名はなかったかもな

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:31:33 ID:SDbvkhiP0
>>363
あったでしょ。現実に植民地諸国の名乗りは旧宗主国式
朝鮮のように、朝鮮人側の働き掛けで許した例は稀

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:55:18 ID:PBfesMj90
米輸出制限阻止問題にしろ、朝鮮支配の特徴は現地人からの突き上げに総督府が異常に弱い点
内地の事情より出先の要求を重視するってちょっとおかしい。本格的な植民地経営の経験が浅かったからかね

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 11:04:25 ID:RnWiw8m40
>>365
>現地人からの突き上げ
>出先の要求

勘違いしちゃあいけないのは、
朝鮮に移住していった日本人の突き上げないし要求
だってこと

欧米の植民地支配と日本のそれで大きく異なるのは、宗主国本国人が
植民地に移住した数
日本は欧米とは比べものにならないくらい多数の移住者を出している

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 11:17:43 ID:PBfesMj90
>>366
ちょっとマテ
明らかに朝鮮人の要求だぞ
例えば創始改名なんて元々の日本人には関係無い話だし
無茶苦茶いうなぁ……

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 11:35:28 ID:8fNxzWgx0
細かい数字は散々過去スレで既出だからいちいち挙げないが。米耕作者の大半は朝鮮人農民
内地への輸出制限で誰が得するかは瞭然じゃないの

369 :Vinci Cohen:2007/02/06(火) 12:54:51 ID:ojQqiYeT0
2007年2月19日月曜日午後7時半、乃木會館BIライブハウス[凛]で、
1946年の進駐軍クラブの録音が公開される。

If we made up a story that all Japanese were Christians,
日本人がみんなキリシタンだったという物語を作ったならば、
we can control the citizens esily.
我々は、国民を容易に扱うことができる。
The occupation will be successful, if we do that.
そうすれば、植民地政策は成功するだろう。
We have to learn from Mormonism.
我々はモルモン教から学ばなければならない。
Dr. Morgan devised Mormonism as a form of propaganda.
モルガン博士は、プロパガンダの書式としてモルモン教を考案した。
He was following the order of President Monroe
彼は、モンロー大統領の命令に従った、
to convert American Indians to Christianity.
アメリカンインディアンをクリスチャンに改宗するために。
Cas you see?It’s Morgan- Monroe; Mor-mon.
解るか?モルガン・モンロー;モル・モンだ。
They had to obey the bishop in order to serve the Lord God.
インディアンは、主人に仕える監督に従い、
And they had to obey the laws based on the Bible.
聖書を基盤にした法律に従わなければならない。
That was the propaganda.
それが、プロパガンダだ。
So do we make up the propaganda that ancient Japanese were Jews, too?
日本人の先祖もユダヤ人だったというプロパガンダを作るのか?
That’s no good.
それはよくない。
The Nestorians stole the throne,
日本人の先祖はユダヤ人だから、    
because the The Japanese ancestors were Jews.
景教徒が玉座を盗んだ。    
They have no idea whether it is a Jew or a Nestorian controling the government.            
日本人は、ユダヤ人が政権を握っていようと景教徒が握っていようと、思想がない。
But “Imagine”by Lu Xun presented a threat to us,      
しかし、魯迅の「イマジン」は我々に脅威を与えた。
but that problem was solved when the atom bomb brought peace to the world.              
ところが、原爆が世界に平和を運んでくると、
The emperor agreed to make the Christian Toda      
その問題は解決した。天皇は、契約した。クリスチャン戸田を


370 :Vinci Cohen:2007/02/06(火) 12:57:30 ID:ojQqiYeT0
続き

The Nestorians stole the throne,
日本人の先祖はユダヤ人だから、    
because the The Japanese ancestors were Jews.
景教徒が玉座を盗んだ。    
They have no idea whether it is a Jew or a Nestorian controling the government.            
日本人は、ユダヤ人が政権を握っていようと景教徒が握っていようと、思想がない。
But “Imagine”by Lu Xun presented a threat to us,      
しかし、魯迅の「イマジン」は我々に脅威を与えた。
but that problem was solved when the atom bomb brought peace to the world.              
ところが、原爆が世界に平和を運んでくると、
The emperor agreed to make the Christian Toda      
その問題は解決した。天皇は、契約した。クリスチャン戸田を


371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:23:01 ID:RnWiw8m40
>>367
ん?
>米輸出制限阻止問題にしろ、朝鮮支配の特徴は現地人からの突き上げに
>総督府が異常に弱い点
というから、日本本国への米穀移出に関する要求は、日本人から出されているがと言ったまでだが何か?

>>368
耕作者が朝鮮人であることは間違いないが、小作率は40%超、自小作併せて
80%超だという土地所有のあり方、そして田で70〜95%もの高額現物小作
料が当たり前だった(朝鮮総督府『朝鮮ノ小作慣行』1932年)状況下で、
どうして
>米耕作者の大半は朝鮮人農民・・・誰が得するかは瞭然
となるのか?
地主制とか理解してる?

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:38:53 ID:gUBjeL6m0
創始改名要求が現地の日本人から出されたって馬鹿かw
元々日本名なのにさらに同じ方式で改名してなんか良い事あるの?

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:51:32 ID:zVvNQKAH0
>>366
>勘違いしちゃあいけないのは、
>朝鮮に移住していった日本人の突き上げないし要求
>だってこと


そう言える根拠は?


374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:53:34 ID:gUBjeL6m0
当時の南次郎総督は、あまりに朝鮮人に有利な政策を打ち出すので苦笑混じりに「あいつは元々南(ナン)という朝鮮人だから仕方無い」といわれた
創始改名の許可が外地に出されたとき(あくまで許可、である)台湾ではほとんど改名者が出なかったのに、朝鮮ではあまりに大勢希望者が出たので唖然とされた
これはよく考えれば当然で、はるか昔の新羅・武烈王の時代に朝鮮人には自己の習俗一切を捨てて官制服装一切を唐の真似として相手に媚びる、という前例がある。この程度で奇異に思っていてはやってられない

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 15:20:04 ID:LfSsKnRF0
親日派の弁明によると、米輸出が制限されなかったお陰で朝鮮人の金持ちが続出して民族資本がはじめて形成されることになったそうだけど
どっちが真実?

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 17:38:34 ID:pXabepaj0
>>374
嘘。改名したのは全体の8%にすぎない。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:03:35 ID:OPN5pgpz0
当時、朝鮮における日本人地主は、どのような小作料徴収法を採用していようとも、
その小作料率は六割前後であった。

浅田喬二 「日本帝国主義と旧植民地地主制」 p324

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:38:40 ID:f0m5bUrM0
日本のマスコミはくさっとる!報道しろ!

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1170644751/l50

【アフリカ】「メード・イン・チャイナ」と書かれたTシャツを引き裂く…なぜ今アフリカで反中感情が…?[02/05]

中国人監督官が労働者に発砲、46人が死亡した。


379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 23:07:49 ID:cEd2BmRS0
>>371>>375
耕作者の大半は朝鮮人小作人だが、地主も大半が朝鮮人。
要するに、朝鮮人の中で民族資本を形成する階層と、
春窮にあえぐ階層への両極化が進んだということ。

380 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/07(水) 05:15:05 ID:lCUSbNfg0
>>379
>春窮にあえぐ階層への両極化が進んだということ。

儲かるので内地に米を移出しすぎた時は
総督府は雑穀を緊急輸入したりしているね
朝鮮における「春窮」ってのは>>207

そして昭和7年になっても「春窮」はあった>>208
それを見た宇垣総督は

>この人口増加の原因としては、いくつかの要因がある。一つは第6代宇垣一成総督による
>「農産漁村振興運動」などの民生向上活動である。30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、
>農村植林、水田開拓などの積極的な国土開発による食料の増産が図られた。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog056.html

これらの施策を評価してみてください。
え?植民地じゃないから当然だって?
確かにそうですね
なになに?遅すぎるだって?

>深く配慮するの様子もなかりし

これじゃあ動きませんて・・・
たとえば3,1暴動の公判で被告が
「併合で日本になったのに何で朝鮮には大学が無いんだ!」って言ったわけ
そしたら京城帝国大学が出来た。


381 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/07(水) 05:20:03 ID:lCUSbNfg0
>>361
>欧米も植民地への投資は当然実行したし、植民地産品を世界商品に
>したり、工業化投資までしている
>別に日本の植民地に対する経済政策に、欧米のそれと区別できる政策はなかったと言えるが

分からない・・・
何故この様に考えるのか・・・

目的が違うんだってばよ
何で(30年で)内地に追いつかねばならんのよ?
そこんところ見えてないの?

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 06:15:28 ID:F/WLe8t90
>>379
>捏造の歴史で勝手に憎悪しそのような行為をしたならば
>まず彼らには【事実】が必要

無駄

連中にとって「事実」かどうかは大して問題ではない。
まずは連中のこうありたい、こうあるべきだという妄想ありきだから。
「事実」はそれに沿ったもの、あるいはそれを支持するもののみしか信じないし見ない。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 06:20:36 ID:F/WLe8t90
>>382 誤爆 すまん・・・ _| ̄|〇

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 07:07:56 ID:wYg87iBz0
太平洋戦争中の米国による日本人に対する残虐行為は、人種差別に根ざすものだと
英国人ジャーナリストのラッセル・スーパーは述べています。

「アメリカ人は絶望的になっている敵国人を殺戮することに、気がとがめなかった。彼らは
太平洋において人種戦争を常に派手に戦ってきた。新聞の大見出しになる種を探している
アメリカの高官連中は公然と、日本人を殺すことはシラミを殺すよりも悪いことではないと
言明した。この残虐性は四ヶ月後に広島でその頂点に達することになる。」
http://village.infoweb.ne.jp/~fwhy1010/genbaku.htm

アメリカは何故原爆を作ったのか。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1029387379/l50

ヨーロッパの都市空襲を調べると、米国が軍事施設精密爆撃に
こだわったのに対し、英国は住民を目標とした都市爆撃を主張
して実行していたことがわかる。(44年からは米軍も都市爆撃を
はじめたが)
結局、英国人が米軍をして都市爆撃に引き込み、米軍に都市爆撃
思想に転換させ、日本への無差別空襲を引き起こしたと俺は邪推している。

 英 国 人 こ そ 鬼 畜

日本人には人種偏見があったとしても、ドイツ系が多いアメリカ人がよく、
ドイツ人を無差別爆撃で殺せるよな。
 鬼畜ルメイはフランス系だからドイツ人を殺すのは楽しくしょうがなかった
んだろうが。
 名古屋で墜落したB−29の搭乗員を捕虜にして、処刑命令を出した、東海軍
司令官岡田資(たすく)陸軍中将か神だな。
 アメリカは捕虜虐殺の容疑で戦犯にかけたが、岡田中将は「女子供を殺す、米兵
捕虜に人権なぞあるかアホ」と言って、行為の正当性を主張した。
 当然、銃殺刑になったが。神だねこの人。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 07:23:31 ID:QisstYq60
>結局、英国人が米軍をして都市爆撃に引き込み、米軍に都市爆撃
>思想に転換させ、日本への無差別空襲を引き起こしたと俺は邪推している。

日中戦争時、日本海軍による重慶爆撃こそが無差別都市爆撃の源流であった
ことは、すでに明らかにされている
何で日本陸軍じゃないのか?とかいう、今更低脳な質問はしないでくれ

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 08:09:30 ID:cunaIsdp0
数字なんてどうとでも取れる
どう評価するかは個人に主観が結局親日であるか反日であるか、だろう
自分がどういう偏向を持っているのかこのスレに書き込んだ内容見ればよくわかるんじゃない?

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 10:16:33 ID:g27WOJqO0
>>385
重慶爆撃は、街のど真ん中に対空砲を設置していた支那に文句を言うべきだ。


388 :七十七の寿:2007/02/07(水) 12:07:03 ID:CqArdEpe0
第二次世界大戦は、パレスチナ人としてのダビデやソロモンを継承する天皇の、ルネサンス的防衛戦だった。
大正・昭和天皇は、ユダヤ人でもなければ、クリスチャンでもない、
カトリックから破門されたネストリウスを実証する生き証人である。
天皇は、皇后が、源氏系(羊飼い・騎馬民)か平家系(鏡王族・農耕民)いずれの出身かで、
皇道派(源氏系・白旗)にもなれば、統制派(平家系・赤旗)にもなる。
当時、クリスチャンとユダヤ人は、カナン(河南)の殖民支配を神との契約と信じ、侵略を進めていた。
それに対して、神からの脱却と人文主義を説くネストリアン(景教徒)が、
国境を越えて防衛戦に打った出た。
現に、大正・昭和天皇の肩章には、景教を伝えた天台山と同じ「菊に三ツ星の紋」が刺繍されていた*。
*[陸海軍服装総集図典]H8年轄聡相ァ行会発行
敗戦したネストリアン天皇は、護国の臣民を、
青い立ち姿の祭司(アロンの子孫)が国を治めるユダヤ教サドク系の靖国神社に封印するよう、
契約させられた。
また、平成天皇は、基督教による日本の思想基盤の監督を受け入れて、基督教徒を娶らされた。

2007年2月19日月曜日夜7時半、赤坂の乃木會館B1[凛]で、
「マッカーサーと昭和天皇の密約」を語るGHQ職員の会話録音が公開される。


389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 19:21:48 ID:n7Nnz3Ub0
ハイハイ、ユダヤ陰謀論

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:05:34 ID:GQpQ8Qiv0
 永島広紀━日本は朝鮮の植民地経営に失敗したのか
元・京城帝大教授である経済学者の鈴木武雄(一九〇一?一九七九、戦後は武蔵大学長
などを務める)は戦後間もなく岩波書店の雑誌『世界』一九四六年五月号)に「朝鮮統治への
反省」なる一文を寄せている。

日本の朝鮮統治には数知れない大小の過誤があり、そのことを認めるのにやぶさかではないとし、
また行きすぎた同化政策に対する批判や反感は当然のこととしつつも、同化政策そのものは
「日鮮人を全く平等視し、日本人の優越的差別待遇若くは差別感情を克服し、所謂植民地
関係を止揚せんとした理想主義的な性格を有していた」と述べるとともに、「これに対する抵抗は
なほ差別的優越感を脱し切れない一部固陋な日本人の側に寧ろ見出されたことを
看過してはならない」と、朝鮮人を奴隷的に搾取し、その個人としての幸福を蹂躙したという批判に
対してこの在朝歴十七年余のオールド・リベラリストは反駁を試みたわけである。

これを韓国人、あるいは日本人が読んで肯くことが可能か否かによって、日本の朝鮮統治に対する
評価はたちどころに分かれるに違いない。

さて、題目にある「植民地経営」ということに関しては、いくつかの指標の設定が可能であろう。
例えば、純然たる収支のみ経営の成功と失敗を判断する見方と、経済的な採算は度外視して
植民地を維持できたことをもって成功したと評価する見方などである。前者に関して言えば、
古典的な帝国主義的植民地経営における利潤の追求としては、日本の朝鮮統治はどうやら
落第点を付けるしかないようである。
 台湾とは異なり、現地だけの税収等によって歳費を賄うことは不可能であり総督府の高官は
年ごと本国政府への陳情と帝国議会における予算獲得とに奔走していた。さらに、一九三〇年代
以降は内地の統制を嫌がる企業と、企業誘致に熱心であった総督府とのある種の結託により、
紡績や電力などの大規模工場が各地に建設され、大規模鉱山が開発され、急速に工業化が進行し、
インフラ整備という点でもそれなりに数値的な延びを見せていたのは事実である.

ただし、国防上の問題がまずあり、(※←ココ重要:私注)また諸列強の承認を待ってまで獲得しようとした
後発の帝国主義としての「見栄」からも、また李王朝(大韓皇室)から国家を「禅譲」されるという形式に
こだわった以上、みっともないことはできないという成り上がり者意識が強かったはずである。よって
「日本は朝鮮でいいことも行った」式の語りは、感情的な反発を買うだけである。
言うならば「クソ真面目に、杓子定規な統治を行った」か否か、あるいは「善意の悪政」であったことが
企く評価に値しないのか否かということが「朝鮮統治」においては本来的に議論すべき核心部分なのである。

     古田博司他編 「韓国学のすべて」 p129

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:19:27 ID:QisstYq60
鈴木武雄はね、戦後は朝鮮からの引揚者の残してきた財産に対する
補償運動の親玉に祭り上げられたからね
その立場からして、朝鮮統治の「正当性」を言わないと補償要求
が成立しえなかったからね

戦前の鈴木武雄の朝鮮総督府への加担も有名だし、今更彼を持ち出して
きて何の意味があるんだろ? って感じ


392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:22:53 ID:GQpQ8Qiv0
具体的反論をどうぞ!

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 06:15:05 ID:7LnN8mWE0

「祖先が目指したもの」を日本人は知っているだろうか?
大東亜戦争の世界史的意義、世界でどう捉えられたかをどれほどの日本人が認識しているのだろうか?

http://www.youtube.com/watch?v=UVIoMyxlGPE


394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 12:47:23 ID:0DNM3eIt0
同じ数字・政策を見ても親日的なら好意的に見え
反日的なら否定的に見える
ロールシャッハテストみたいなもんだなw
無論、反日国家が国策としてやってる捏造は論外だが

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 16:32:11 ID:u++M0GtR0
なんでこう極端なんだろうか
侵略だと言ったり開放だと言ったり

結局、太平洋戦争は自国を守るための戦争でしかないだろうに

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 22:31:11 ID:RsD7GsYY0
>>395
ラストは同意

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 22:46:09 ID:b6hZzj460
>>358
>1904、5の帝国議会「台湾植民地論争」の後に
>国会決議かなんかで「植民地とは畜生道なり云々」とやれば良かったと?

逆だろ。実際に「植民地は畜生道」という曖昧なイメージが植民地というものに対する概念規定に
先行していたからこそ、論争になり、台湾・朝鮮を植民地と呼ばないという建前が出来たのだろう?

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 23:58:53 ID:jMxFLk5x0
だから、欧米でも「植民地」なんて呼称で呼んでた所はほとんどないわけだが
あまりにも欧米のことに無知すぎて苦笑を禁じ得ない

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 09:36:41 ID:zwzGdZ6n0
>>395
もし今北朝鮮が戦争起こしても、国を守るため、という同じ理屈を
持ち出すだろうね

ソ連の対日参戦も祖国防衛ならびに解放戦争だったね

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 11:32:00 ID:SULWYqBE0
そりゃ自衛権はどこの国にでもあるし
侵略という定義なんてテロリストの定義並に曖昧だからなぁ
好悪の感情を別にすれば正当性なんてものはいくらでも作り出せるのが現実なわけで
要は善悪なんていう主観的判断は無意味

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 15:37:48 ID:wo730LFk0
>>399
今北朝鮮?

状況というものが頭に無い人なんですかね?

攻め込んでくる相手がいない状況と
攻め込んでくる相手がいる状況では
まったく違う


402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 17:39:08 ID:yuD4sGqF0
えっと、どっちがどっちなの?

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 18:02:44 ID:VxYjzuvz0
どっちもどっちだな

ただ、北朝鮮の場合、拉致と偽ドル札のことを清算してもらわなきゃ

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 06:31:32 ID:VDXYA03s0
>>401
>攻め込んでくる相手がいる状況

太平洋戦争開戦前に日本に攻め込んできた相手国はどこですか?

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 08:51:21 ID:VDXYA03s0
>>401
>攻め込んでくる相手がいる状況

過去スレで、1930年代から太平洋戦争前の時期にかけてアメリカがアジア侵略を
行ったとかいう妄想コピペが貼られていたけど、もしかしてあのこと言ってるの?


406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 19:06:08 ID:i3BKrsfg0
>>405
ロシアって知らない?


407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 19:11:47 ID:ytvx8nnh0
>>406
???
太平洋戦争前にソ連が日本に攻め込んできたって???

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 19:25:34 ID:i3BKrsfg0
満州事変の流れご存知?


409 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/11(日) 20:35:37 ID:/v1+298d0
北朝鮮の金正日が「自衛」を主張して日本にミサイルを撃ち込んだ

自衛は自衛だが
だからといって「正しい」と認めなければならないと思っているわけ?

410 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/11(日) 20:36:28 ID:/v1+298d0
>>409
>自衛は自衛だが

金正日が「こうしなければ危険だ」と思ったらと言う事ね

411 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/11(日) 20:40:19 ID:/v1+298d0
>>394
>同じ数字・政策を見ても親日的なら好意的に見え
>反日的なら否定的に見える
>ロールシャッハテストみたいなもんだなw
>無論、反日国家が国策としてやってる捏造は論外だが

手を広げすぎたけど
一つ一つレス付けるよ

親日的だとか気持ちが悪い事書くなよ
意味不明だよ
俺に分からせるには

>同じ数字・政策を見ても

どの事を言っているのか分からないので
それを提示して
自分の意見を書いてみな
そしてその事について「親日的」「反日的」「中立」だとかを書いてくれ

そうすれば多分俺にも分かる

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 20:42:08 ID:ytvx8nnh0
>>408
>満州事変の流れご存知?
張作霖爆殺後に、張学良とソ連との間で戦闘があったけど、それが何か?
ソ連が日本に攻め込んだって話を是非聞かせてください


413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 21:33:11 ID:jWgadQPt0
一八六一(文久元)年四月には、ロシア艦ポサドニック号が対馬芋崎浦を一時占拠するという
事件が現実に起きていました。幕府は外国奉行小栗忠順を派遣して、ロシア側との交渉を
おこないましたが、ロシア艦を退去させることはできませんでした。結局、イギリス艦隊が対馬に
急行して強硬に抗議した結果、イギリスの武威に屈したロシアが九月に退去したために、
実際に占領されることにはなりませんでした。

加藤陽子 「戦争の日本近現代史」 pp33、34

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 22:32:29 ID:Yr/i6UdA0
>>409
どっかの誰かさんが「自衛か侵略かは起こした国に判断をゆだねる」ていっちゃったから
何でもかんでも自衛、自衛ていうようになった

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 23:24:36 ID:I3A2bJMT0
>>409
>北朝鮮の金正日が「自衛」を主張して日本にミサイルを撃ち込んだ

日本の都市にミサイルを撃ち込めば、これはすでに非戦闘員の無差別虐殺に当たるから、
自衛ではなく戦争犯罪行為に入ります。大義名分は完全に崩壊します。

むしろ、北朝鮮の生命線を握っているのは中国なので、中国が本気で北朝鮮を潰しに
かかったとき、北朝鮮が中国の軍事施設を攻撃すれば大義名分の立つ自衛戦争とみなされる
でしょう。




416 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/12(月) 19:26:15 ID:tJv1i1zt0
>>414
>何でもかんでも自衛、自衛ていうようになった
>>415
>日本の都市にミサイルを撃ち込めば、これはすでに非戦闘員の無差別虐殺に当たるから、
>自衛ではなく戦争犯罪行為に入ります。大義名分は完全に崩壊します。

俺の言っている事は分かっているよね?
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/history2/1159956894/68

1000人を惨殺した凶悪犯も自分を守る為(自衛)に立てこもったんだよ


417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 00:49:19 ID:+4U2vLiu0
普通に、金が日本にミサイル打ち込んだら、「自衛」っていくら言っても通用するわけねー。
論理だけで全て説明がつくと思うなー

418 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/13(火) 05:39:22 ID:m9oaRCWp0
>>417
>論理だけで全て説明がつくと思うなー

じゃあ何で説明するんだよ?

ついでに東京裁判関係のコピペ貼っておくか

●ウエップ裁判長
「東京裁判は間違いだった」

●キーナン検事
「東京裁判はいくつかの重大な誤判を含むのみならず、全体として復讐の感情に駆られた、公正ならざる裁判だった」

●マッカーサー元師
「東京裁判とニュールンベルク゛裁判には警告的な効果はないだろう」
「敗戦国の政治指導者を犯罪人としたことは忌わしい出来事だった」

●ウィロビー将軍(GHQ)
 「この裁判は人類の歴史の中で、最悪の偽善だった」

●ハンキー卿
「パール判事を100%支持する。パリ不戦条約の制定に携わったものとして
、同条約が、『戦争犯罪』の基礎の根拠とされたことには驚きを禁じ得ない」
「もし敵(日本やドイツ)が原子力の問題を解決して、さきに原子爆弾を使ったとすれば、
原子爆弾の使用が同盟国[アメリカ]における戦争犯罪のリストの中に掲げられ、
原子爆弾の使用を決定した人たちや、原子爆弾を用意したり、
使用した人たちは断罪されて絞首刑に処せられたであろう」
http://shinsefs.hp.infoseek.co.jp/2shiryoumemo-toukyousaibam2.html


419 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/13(火) 05:44:38 ID:m9oaRCWp0
>パリ不戦条約の制定に携わったものとして

当時の国際法学者や、実際に東京裁判をやった者達が否定している。

三回復唱しよう
当時の国際法学者や実際に東京裁判をやった者達が否定している。
当時の国際法学者や実際に東京裁判をやった者達が否定している。
当時の国際法学者や実際に東京裁判をやった者達が否定している。
当時の国際法学者や実際に東京裁判をやった者達が否定している。

コピペの都合で4回になったが
それでも東京裁判の正当性を認めるってひとは
まさかいないよね?

居たとしたらお話聞かせて


420 :(´・ω・) :2007/02/14(水) 18:18:34 ID:ETfe04nv0
以前来たときと状況が全く変わっていないのに驚き。
学術議論はどーなってんの?
レスはほとんどあぼーんじゃないか。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 18:34:14 ID:Vq88/xXg0
満州国スレでチロキシンが勝利宣言してたぞw


422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 19:03:57 ID:nrrnct3n0
>>421
>勝利宣言してたぞw

あぼーーんで見えないからどうでもいいw

423 :チロッリアンだよん:2007/02/15(木) 05:46:21 ID:MWXRc1l40
>>420
>学術議論はどーなってんの?

植民地学界の重鎮がそろそろ来る頃だ

楽しみに待っててくれ

424 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/15(木) 05:50:22 ID:MWXRc1l40
でも満州スレにカキコないな
むこうでは退位協定のHNだよ

信じられない事に
退位協定知らないでカキコしているやつがいたんだ
「退位協定」って調べてカキコしてくれるだろうって願いからだよ



425 :(´・ω・):2007/02/15(木) 07:36:01 ID:HqFj1qfK0
>>423
あぼーんが増えるのみだw

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 08:19:56 ID:lqoeRy0u0
>>423
おまえはもう来なくていいけど

日本の学会で植民地研究をやってるところはとりあえず思い当たるところで、
日本台湾学会
ttp://wwwsoc.nii.ac.jp/jats/index.shtml
朝鮮史研究会
ttp://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~mizna/chosenshi/
東アジア近代史学会
ttp://www.cnc.chukyo-u.ac.jp/users/yhiyama/jameah/
日本植民地研究会
ttp://wwwsoc.nii.ac.jp/sjcs/
近現代東北アジア地域史研究会
ttp://www.geocities.jp/tohoku_asia/
日本植民地教育史研究会
ttp://colonialeducation.web.infoseek.co.jp/
アジア教育学会
ttp://home.hiroshima-u.ac.jp/ajiakyouiku/
植民地文化研究会
ttp://homepage3.nifty.com/aab/
「満洲国」文学研究会
http://members.at.infoseek.co.jp/qiao_ben/mbk/index.htm

427 :(´・ω・) :2007/02/15(木) 13:57:56 ID:HqFj1qfK0
>>426
なんかサヨっぽい連中が多くてワロタw
普通に日本政治史学会とかのほうがレベル高そうだな。
日韓共同研究もお勧めよぉ。
http://www.jkcf.or.jp/history/report3.html

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 15:55:31 ID:lqoeRy0u0
>>427
>日本政治史学会
なんて存在しないけど
日本政治学会や日本国際政治学会ならあるけど、あの辺はあまり植民地って
とりあげないよな

>日韓共同研究もお勧め
あそこに関わってる研究委員・研究協力者って大体朝鮮史研究会メンバーじゃん

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 17:22:58 ID:8jTmFYZ40
日本に植民地はなかったんだ学会
主催 チロリアン

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 18:15:35 ID:ccBcnGRd0
午前の部
日本に植民地はなかったんだ学会
主催 チロリアン

午後の部
アポロの月面着陸はなかったろう学会
主催 副島

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 23:54:00 ID:KLBCyBiD0
まだ日本に植民地はなかったとか言ってるのかw

近代日本を代表する植民地官僚・後藤新平自身が
『日本植民政策一斑』
って本を1921年に出してるじゃんか

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 14:14:08 ID:gw/U6PkG0
そんな事いうとまた馬鹿が
新渡戸稲造の弟子とかレッテル貼ってくるぞww

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 18:02:41 ID:y2mwytI90
韓国併合まで植民地とか言ってる奴等って一体?

434 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/20(火) 20:03:11 ID:P16FeWGl0
>>397
>逆だろ。実際に「植民地は畜生道」という曖昧なイメージが植民地というものに対する概念規定に
>先行していたからこそ、論争になり、台湾・朝鮮を植民地と呼ばないという建前が出来たのだろう?

これにレス付けるの忘れてた

何が「逆だろ」なんだよ?
「植民地は畜生道」という曖昧なイメージだって?
彼らどこの植民地・または人種差別を見て畜生道としたかは分からない
何が曖昧だって言うんだ?
19世紀、20世紀初頭の植民地支配、人種差別が大したことが無かったという事か?

>台湾・朝鮮を植民地と呼ばないという建前が出来たのだろう?

建前もむへったくれもあるかよ

「それとは違う」という事で「植民地」と呼ばなくなったと何千回言えば分かるんだ?


435 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/20(火) 20:07:00 ID:P16FeWGl0
>>426
>おまえはもう来なくていいけど

お前も植民地学界の人間だな?

死ぬ間際に

「チロリアンと裸になってぶつかっていれば良かった・・・
それだけが心残りだ・・・
ケメ子(妻)よ・・・水を・・・」

ってなりたいのか?

いやだろ? ・・・よし来い!

436 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/20(火) 20:09:26 ID:P16FeWGl0
>>431
もしかして
植民しているから植民地だよってクチ?

俺がここに来た時の意見をコピペりたいけど
それを貼ったら説明しなきゃならんので
また今度な

437 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/20(火) 20:11:28 ID:P16FeWGl0
まぁ
ちょっ言わせてもらえれば
日本はブラジルに入植したが

「日本の植民地・ブラジル」とは言わないよな?

また今度ちゃんと説明しよう

438 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/20(火) 20:19:03 ID:P16FeWGl0
NYタイムズやオランダのNRCハンデルスブラットなど
欧米の新聞はほんの少し前まで「日本」という単語が出てくると
「東南アジアで残虐行為を働いた」という形容詞句を必ずつけたものだ。
同じように「朝鮮」には「日本が植民地支配した」と枕詞風につけた。
彼らの言う「植民地」の意味は、なまじではない。
例えば米国がフィリピンを植民地にしたときは、独立を叫ぶフィリピン人を皆殺しにした。
それもただ殺すのではない。捕虜の尋問では魔女裁判を真似て「泥水を五ガロン飲ませ、膨れた腹の上に
米兵が飛び下りた。彼は口から六フィートも水を噴き上げて死んだ」(米上院公聴会の証言)
サマール島の民が米兵を殺すと「報復にその島と隣のレイテ島の住民すべてを殺した」
「三年かけて二十万人を殺した頃やっと島民の抵抗がやんだ」(同)
フランスが植民地にしたベトナムでは「住民には人頭税のほか、結婚税や出産税も取った。
村々には阿片専売所を置いて、麻薬でもうけた」「重税に抗議するデモには仏戦闘機が容赦なく
機銃掃射を浴びせた。死んだ者を弔うと徴税吏が飛んできて葬式税を取り立てた」(A・ビオリス『インドシナSOS』から)
オランダはインドネシアでもっとひどいことをやった。ある農場では女の使用人が粗相をしただけで裸にして鞭打ち、
傷口と局所に唐辛子をすり込んだ記録が残る。ミャンマーのシュエダゴンパゴダの土産物屋に刃先がない鎌が売られている。
英植民地時代、ビルマ人にそれを抵抗の武器にさせないための処置だった。

週刊新潮6月16日号 コラム「変見自在」 帝京大教授 高山正之


439 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/20(火) 20:22:45 ID:P16FeWGl0
5)白人入植者とアボリジニ絶滅政策
  牧羊産業が盛んになり始めた1830年代から、白人とアボリジニとの対立は大きくなってきた。
  牧草地拡大に躍起となった白人は、武力、暴力、アボリジニ女性の略奪などによりアボリジニ社会の解体を推し進め、
次々に土地を取り上げて行った。
 
その時の根拠とされたのは

ア.アボリジニは政治制度がなく、成文法も規律ある社会生活もなく、土地の所有関係をはっきりさせるものがないので、
土地は未開.未所有のものであるので、だれでも、自由に開拓してよい。

イ.神から与えられた土地を耕作せず、無為に放っておくことはキリスト教精神に反する。
  と言うものであった。

  このように、19世紀から20世紀初頭にかけて、アボリジニは虐殺、毒殺、病気、社会解体により人口が急激に減少(1930年代 6万人台)していった。
  オーストラリアの東南部では、1840年代に純粋アボリジニは消滅し、1876年にはタスマニアでアボリジニは絶滅した。
  しかし、大陸北部、中央部のアボリジニは白人と接触するのが遅く、その頃には白人側の対応も変わっていたので絶滅をさけることができた。

http://www.interq.or.jp/tiger/abcabc/aust10.htm

畜生道貼っておく
またアフリカでは鉱山で働いていたノルマに達しない黒人の頭をポンポンと撃ち抜いていた
と言う話も聞いた事がある

当時の日本人が何を見て「畜生道」としたかははっきり分からない
ただガクガクブルブルして、「植民地」と呼ばなくなったという事は事実だ

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 07:32:12 ID:ipgtECvs0
そういえば、藤原書店は何で後藤新平に妙な肩入れをしはじめてるんだろ?
「環」もまた満州だし
植民地ものに力入れていくのかな?

441 :イランジン:2007/02/21(水) 08:15:52 ID:fkW42+uT0
1945年7月26日 ポツダム(Potsdam,Germany)で署名

8月6日広島 リトルボーイ投下

8月9日長崎 ファットマン投下 8月12日東京に投下予定 天皇「うはwww朕やべぇwwwww」

8月10日 ポツダム宣言受諾を連合国側に通知

8月14日 日本受諾

9月27日 天皇、マッカーサーを訪問 「私の命はどうでもいい国民の命をすくってくれ」 って言ったことにしてくれ。
     そのかわり、満州も樺太もアリューシャンも台湾もベトナムもグアムも
     みんな差し上げるから!!

     お願いだから朕の命だけは助けて!!
     ああ、員数合わせにA級戦犯は全員吊るしてイイよ!!

     そんでアイツラが朕を戦争に誘導したことにしてね!


こんな連中のために戦死傷した方々はカワイソウです。
イヤだといえば殺されただろうし。

もうそんな時代はイヤ。



442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 11:29:09 ID:swewUZfA0
>>440
鶴見俊輔のお姉さん(名前忘れた)繋がり
じゃねえの?

>>441
アク禁ニートまだいたのかw

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 17:25:11 ID:5K6loXK60
>>441
妄想楽しそう|∀・)ジーッ

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 10:13:37 ID:PtNv4G6/0
天皇・マッカーサー会談の内容がいまだに秘匿されているのにはそれなりの理由があろう
多分、日本をアメリカに併合して欲しいってぐらいまで言ってたはずなんだよ

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/27(火) 10:03:03 ID:P8tUpid40
旧日本植民地が戦後経済発展したから、日本の植民地支配は善政
って言ってるようなヤシ

NIEsには香港やシンガポールという旧イギリス植民地も含まれて
るのをどうして意図的に無視するんだろうね?
しかもイギリス植民地支配の象徴たるインドまで昨今発展著しいし

もっとも大英帝国下ではインド帝国として、名称は植民地じゃなか
ったから、問題はないのかなw

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/27(火) 12:28:36 ID:nP9yxTNB0
>>445
善政というのかは甚だ疑問だな
だって日本政府の日本統治も善政だったかどうか微妙だし
あえていうと、「文句言われる筋合いはねぇ」てこと

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/28(水) 08:09:51 ID:dPAKsMZb0
>>445
1830年代における朝鮮の経済成長率は推計3%。
この数値は、当時としては極めて高いものでした。

別に「戦後に成長したから戦前も善政だ」と言っているのでは無いのでは?

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 15:59:58 ID:s8rJFoOp0
【時間を取り戻せ】韓国、UTC+8:30の独立時間帯採用へ

韓国国会は2日、「標準子午線の定義に関する法律(標準時法)」
を可決成立させた。今年9月から施行される予定だ。
現在、韓国の標準子午線は、
日本の明石市などを通る東経135度線に設定されているが、
この法律は、自国の標準子午線は国内に設けることを義務付けており、
9月以降は新しい標準時間がスタートする。
新しい標準子午線については現在検討中だが、
東経120度線と東経135度線のちょうど中間で、
かつ首都のソウルを通る東経127度30分線が有力視されており、
実現すると現在より30分遅いUTC+8:30の時間帯になる。
与党ウリ党の鄭(チョン)議員は、
「日帝時間の廃止が実現され、自国の時間は自国でという
世界的な慣例に倣ういい傾向だ。」
と語るなど、植民地時代の清算意識が高まっていることをうかがわせる。

http://travel3.2ch.net/test/read.cgi/tropical/1162331196/

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 23:14:50 ID:grIzUxtE0
流ぶったぎってすまんが、 さけたまねぎとかいうのってなんなの?

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 07:22:52 ID:lLS2a9JF0
日韓併合の真の目的

345 :名無しさん@七周年:2007/03/18(日) 00:45:40 ID:Ti08NOn60
>>282
つーか
彼女等は当時、日本人だったんだよ
そして、日本語を使っていたし、日本人の待遇を受けていた。
特に朝鮮人は待遇面の要求にうるさかった。
とても強制連行や強制慰安婦を強いるほど、弱くはなかった。
伊藤博文暗殺と韓国併合から30年
日本は朝鮮半島で、熱心な朝鮮人保護と開発を行っていた(決して西欧型植民地ではなかった)
経済、インフラを、産業、人を育成して、日本との差を無くす政策だったんだよ。
日本規格をアジアに広めようという、最初のモデルだったし、経済的平等も目指していた。
そんな、戦略的にも政治的にも力を入れた拠点の国民に
だから、彼等も日本人だったんだが
レイプや人さらいなど起りようもなかったということ。



451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 22:55:57 ID:w3CNInIV0
朝鮮人密航者に関する一次資料。
国立公文書館アジア歴史資料センター 
http://www.jacar.go.jp/index.html 
なお、閲覧するにはDjVuプラグインが必要です。
http://www.lizardtech.co.jp/download/index.html からDL出来ます。
レファレンスコード:A20030235914
 表題:朝鮮人移住対策ノ件

 朝鮮人内地移住対策案説明(一部)
最近殊に昭和七年八年及本年に亘り朝鮮人労働者の内地に渡来する者
極めて多数に上り 其の内地在留者は最近毎年七八万人位宛増加しつつあり
昭和八年末に於いては其の数四十五万と報告せらるるも実数は五十万を
突破せるものと認めらる
而してこれがため内地人労働者は勿論従来より内地に在留する朝鮮人労働者の
失業及び就職困難を深刻ならしめつつあり・・・・・・・・・
又多数朝鮮人の失業に伴い朝鮮人関係の掻拂其の他の犯罪家賃踏倒し
借家の損壊等の借家紛議衛生風俗上の問題等各般の問題を惹起し 又借家の
困難に伴い縦に土地を不法占拠し狭隘不潔なる陋屋を密集して建つる等
内地治安上其の他に憂慮すべき事態を生じつつあるのみならず 内鮮融和を
阻害すること少なからざるものあり・・・・・pp8,9

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 23:18:58 ID:Z2iIWsRE0
会津は植民地じゃねぇのか?


453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 23:19:15 ID:t7VNKdTH0
>>451
昭和恐慌の最中だし、農産物価格の下落で朝鮮は相当の打撃を受けたから、
そりゃあ当然だろうね
で、この史料から何を読み取るの?

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 23:31:09 ID:w3CNInIV0
朝鮮人密航者に関する一次資料。
国立公文書館アジア歴史資料センター 
http://www.jacar.go.jp/index.html 
なお、閲覧するにはDjVuプラグインが必要です。
http://www.lizardtech.co.jp/download/index.html からDL出来ます。
レファレンスコード:A20030235914
 表題:朝鮮人移住対策ノ件

朝鮮総督府警務局長よりの来翰(一部)
・・・・・・・陳者内地在留朝鮮人問題に関しては従来格別の御配慮を煩居候處
先般本官東上の際見聞したる状況及今回當局員をして大阪、兵庫、山口、
福岡の各府県に亘り視察せしめたる所に徴し爰に忌憚なき感想を申し上ぐる・・・・・
所謂失業者と称せられつつある朝鮮人の大部分は真剣に職を求めて得られざるに
非ずして朝鮮人固有の遊惰なる生活を其地に延長しつつあるものにして元来彼等は
李朝時代の秕政の影響を受け遊惰その性となり・・・・・
由来朝鮮人は恩に馴れ易き一面を有し之が増長して専恣の行動多きに至るは
其の民族性とも謂ふべきものに御座候處 偶々彼等が内地官民より新附同胞
なるの故を以て多少寛容に偶せらるると尚所所謂出稼人根性に支配せらるるあり
茲に右の如き問題を発生するものと謂ふも敢て過言に非ずと存候 御承知の如く
借家問題は東京、大阪地方に於いては既に悪化せるが當局員が神戸及下関にて
朝鮮人に多数の貸家を有する家主に付調査したる所によるも両地亦最近頓に悪化し
中には家賃滞納を勧誘宣伝するが如き不良分子も少なからずとて何れも之が成行きに
対し極度に憂慮せられつつあるが・・・・問題は前述の如き民族性の弱点及出稼人
根性に職由せる一種の悪風の流行と断じ得べく・・・・・
            昭和九年三月二十日
                     池田清
 丹羽社会局長官殿
pp35〜39

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 23:48:35 ID:w3CNInIV0
朝鮮人密航者に関する一次資料。
国立公文書館アジア歴史資料センター 
http://www.jacar.go.jp/index.html 
なお、閲覧するにはDjVuプラグインが必要です。
http://www.lizardtech.co.jp/download/index.html からDL出来ます。
レファレンスコード:A20030235914
 表題:朝鮮人移住対策ノ件

朝鮮総督府警務局長よりの来翰(一部)
・・・・・・・陳者内地在留朝鮮人問題に関しては従来格別の御配慮を煩居候處
先般本官東上の際見聞したる状況及今回當局員をして大阪、兵庫、山口、
福岡の各府県に亘り視察せしめたる所に徴し爰に忌憚なき感想を申し上ぐる・・・・・
所謂失業者と称せられつつある朝鮮人の大部分は真剣に職を求めて得られざるに
非ずして朝鮮人固有の遊惰なる生活を其地に延長しつつあるものにして元来彼等は
李朝時代の秕政の影響を受け遊惰その性となり・・・・・

由来朝鮮人は恩に馴れ易き一面を有し之が増長して専恣の行動多きに至るは
其の民族性とも謂ふべきものに御座候處 偶々彼等が内地官民より新附同胞
なるの故を以て多少寛容に偶せらるると尚所所謂出稼人根性に支配せらるるあり
茲に右の如き問題を発生するものと謂ふも敢て過言に非ずと存候 御承知の如く
借家問題は東京、大阪地方に於いては既に悪化せるが當局員が神戸及下関にて
朝鮮人に多数の貸家を有する家主に付調査したる所によるも両地亦最近頓に悪化し
中には家賃滞納を勧誘宣伝するが如き不良分子も少なからずとて何れも之が成行きに
対し極度に憂慮せられつつあるが・・・・問題は前述の如き民族性の弱点及出稼人
根性に職由せる一種の悪風の流行と断じ得べく・・・・・
            昭和九年三月二十日
                     池田清
 丹羽社会局長官殿
pp35〜39

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 04:09:06 ID:Ehb1/ruc0
日韓に関しては植民地でもなんでもないのでスルーするが

日中間に関してはどうなのだろうか?
結局侵略したんだろうか?
それを考えるにはアヘン戦争まで遡らなければならないわけだが
これについては皆さんどうお考えか?

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 12:10:49 ID:nVEPVv8Y0
2005年7月3日、支那のTV局北京電視台の午後4時からの番組「社会透視」内で、
支那事変の発端となった1937(昭和12)年7月7日の盧溝橋事件は、 北京守備隊
支那国民党軍第29軍に潜入していた共産党地下党員 『吉星文』『張克侠』
『何基?』らが引き起こし、 まんまと抗日戦争へと発展させる事に成功したと報道した。

 ちなみに人民解放軍総政治部発行ポケット版『戦士政治課本』には、
「七七事変は劉少奇同志の指揮する抗日救国学生の一隊が決死的行動を以って
党中央の指令を実行したもの」との記述があったとされるが、 この
『戦士政治課本』の存在は確認されたものの上記の内容は確認されていない。
 また、極東国際軍事裁判(東京裁判)において、 当時共産党副主席だった
劉少奇が「七・七事件の仕掛人は中国共産党で、 現地責任者はこの俺だった」
と連合国側の記者団に語ったとされるが、 その証拠やそれに関する報道は未だ
発見されていない。
 しかしながら自慢したくてしょうがない気質の支那人の事。
『政治課本』や劉少奇が自信満々に語ったとしてもちっとも不思議はない。
この盧溝橋事件共産党陰謀説をまたも支那自身である北京電視台が自慢げに語り
裏付けた形だ。

 盧溝橋事件は、国際法や慣習に則ってちっとも侵略しようとしない日本に対し、
痺れを切らした支那共産党による謀略だったとはっきりした。
 またその後(同年7月29日)に起こった人類史上稀に見る日本人居留民
(朝鮮人含む)への未曾有の大虐殺通州事件も、廬溝橋事件で引っ掛けても尚、
支那不拡大方針を表明し、国民党軍と停戦協定を結んでしまった日本に対し、
先の盧溝橋事件謀略をまんまと成功させた国民党軍に潜入していた
共産党地下党員によるものだと容易に想像できよう。

458 :もともと日本の条約無視が発端:2007/03/22(木) 12:20:40 ID:KF0UY3k40
●日本側要因● 1満州事変 2華北分離工作 5廬溝橋停戦日に大軍派兵発表 7北京占領 10追撃戦(南京〜重慶)

*パリ不戦条約、九カ国条約軽視*

●中国側要因● 3西安事件 6廬溝橋停戦後の散発的攻撃 9上海租界攻撃

*廬溝橋停戦協定、上海停戦協定軽視*

●偶発か謀略か真相不明● 4廬溝橋事件

●日本の傀儡所属による寝返り事件● 8通州事件


459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 22:19:43 ID:Rzht8+7q0
1944年9月。近い将来のインドネシア独立を約束した小磯首相声明を祝う映像と考えられる。
ttp://www.youtube.com/watch?v=6QvyLkdl1_s

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 05:15:34 ID:zYWSvyKU0
反日の人を見てて思うのだが
仮にあなたの念願通り日本が消え、中国が日本を占領したとして
真っ先に殺されるのは自分だって分かってやってるんだろうか?

悪い政治だからこそ戦い占領するのだから
その悪い政治思想の人間を殺すのは当たり前である
それを分かっていてもなお日本を消したいと思うなら続ければいいが

反日教育を受けつづけた結果
なんとなく日本が嫌いになり、日本を消してやりたいという怒りだけで
反日活動している人がいるならば
少なくとも一度はマクロな視点で考えた方が良いだろう
なぜならば自分の利益にならないからだ

どうも反日感情を持つ人を見ていると
一歩先を見ていない人が多いようなので言っておきます


461 :チャンネル桜が今日から無料放送に!!:2007/04/03(火) 01:43:51 ID:8ZasvqVt0

日本文化チャンネル桜は、平成十九年三月三十一日をもってスカイパーフェクTV!Ch.767における
24時間放送を休止し、同Ch.241「ハッピー241」の夜の時間帯で放送を続けることになりました。

※「ハッピー241」での放送時間(4月1日?)は、以下のとおりです。スカイパーフェクTV!
の受信環境があれば、どなたでも無料でご覧になれます。
       【月?金】18:30?21:30/23:00?24:00
       【土・日】21:00?24:00

http://www.ch-sakura.jp/index.html



462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/11(水) 12:35:57 ID:Yh9NEZiE0
1944年9月の日本軍政下のインドネシアの映像。
44年9月といえば、小磯首相が、当面インドネシアを帝国領土とする
方針を転換し、インドネシアの独立を容認する声明を出したときである。

http://www.youtube.com/watch?v=6QvyLkdl1_s

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/11(水) 15:13:04 ID:O4n4a28k0
学問に反日も親日もねえから。
それも持ち込むと半島なみの非文化地域に落ちるだけだ。

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/12(木) 00:16:01 ID:MYu9ZI4M0
>>460
だから「反日」じゃなくて、「反オマエラ系人種」ねw


「愛国心」を、自らの品性下劣な人格・子供の頃から他者に愛されないような問題人格、
を自己救済するための免罪符に利用することはやめましょうw


「愛国者」でも、元の人格がダメなやつはダメw


465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/12(木) 00:27:18 ID:5A5zWh6E0
愛国心の話なんてしてねーじゃん

466 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/05/06(日) 19:42:55 ID:HRDsX7lB0
前に違う板でカキコしてた時に

>さてはお前チロリアンだな 恥を知れ

ってレスをもらったが赤面しちゃったよ
そんな事を言われる為にコテハン名乗っているわけじゃないんだから
勘弁してくれよ
他板で会ってもクールに頼むよ

それじゃあまた他板に出張してきます


467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 22:35:55 ID:mVnRFxNE0
ウヨもサヨも結局同じ事なんだから仲良くしましょうよ

特亜嫌いの皆さん
残念ですが中国共産党様のために将棋の歩となりロシアに神風特攻しましょうね
反日の人・在日外国人の皆さん
自分の理想通りに一緒になって中国共産党様のためにロシアに特攻しましょうね



468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 17:43:59 ID:MkfGld4e0
>>462
>44年9月といえば、

マリアナ失陥で敗戦濃厚になって、後付のアリバイづくりを始めた頃ですな

469 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/07/21(土) 05:18:40 ID:yjiWunYA0
>>468
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog193.html

これ読め

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 12:31:16 ID:XlASllpjO
学問的中立だと言いながら屁理屈と揚足をとって反日工作する狡猾なヤツは摘発すべき。

471 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/07/23(月) 21:57:43 ID:ya0tJQt/0
>>470
新渡戸・矢内原の弟子が反日左翼に見えるのか?
確かにそう見えてもおかしくはない

反日左翼はしっかりと目的意識をもって
偽りの歴史で先祖を貶めている。

一方新渡戸・矢内原の弟子と話してみて分かったのは
先祖の心が見えていない
当時の人間の心が見えず歴史を語っているから
反日左翼のように映ってしまうのだろう。

何年か前にこの過去スレで問うた

ビスマルクの
「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」という言葉があるが
どういう事か説明せよ

「歴史」とは人間の行動の記録なわけで
それを学ぶとは、人間の心を学ぶ事に等しい

おそらくビスマルクは、自分がこう動いたら相手がどの様に動くか、
また反対に相手がこうしたら、どの様に対処すればいいか、というのが分かっていたという事だろう
体験に学ぶ(失敗に学ぶ)のは人の心が分からない愚者という事






472 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/07/23(月) 22:17:01 ID:ya0tJQt/0
>>471
>何年か前にこの過去スレで問うた

過去ログ見たら2年前で問うてなかった
一方的に書いてた

473 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/08/31(金) 22:05:19 ID:I0drw5zM0
age
and
寝る

474 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/10/14(日) 06:11:05 ID:pWDgfIGX0
age

475 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/02(金) 21:05:00 ID:6BjR22X00
当時の日本に「植民地」があった
と言う者は以下のいずれかである

すなわち、新渡戸・矢内原の学説を研究した者か
何も知らない馬鹿である。

476 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/02(金) 22:40:05 ID:6BjR22X00
当時の人間は植民地と呼んでいなかったが
お前が「植民地」と言う根拠をまず書け

477 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/02(金) 23:47:40 ID:6BjR22X00
228 名前:チロリアン ◆nu1V1rGlC2 [] 投稿日:2006/12/02(土) 21:34:38 ID:ox6YqIWG0
我国にては斯の如き公の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺
太等地名を呼ぶ。
但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。
我国の学者政治家等が朝鮮を指して植民地と称することに対し、
「千万年歴史の権威」と「二千万民衆の誠忠」を有する朝鮮民族は
大なる侮辱を感じ、大正八年三月一日の独立宣言書にもその憤慨が披瀝せられた。
併乍ら研究者は事実関係を以ってその研究対象とするより外はない。
『植民及植民政策』矢内原忠雄

=========================================================================

これを貼った新渡戸の弟子が自爆した、という訳ではないよ
彼ら新渡戸の弟子達は、戦前「植民地」と呼ばれていなかったのは知っているんだよ。

で、新渡戸や矢内原の学説を論拠に「呼ばれていなかったが【植民地】である」
と主張しているんだよ

478 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/02(金) 23:56:23 ID:6BjR22X00
※植民地と称すること
これについてはチェックが入った

>新渡戸のこの認識は微妙に間違っていると思う。
>独立宣言書を実際に確認すると分かるが、不逞鮮人らが憤慨している対象は、
>「植民地と称すること」
>ではなくて、「植民地視」すること
>なのよね。植民地という呼称の問題ではないのよね。
=======================================================
さて彼らが憤慨した「植民地視」とは何か?
それは「大日本帝国臣民」として見てくれない、と言う事

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

↑一応これもな

でいつも直そうと思って居るんだが忘れてしまっていた

>新渡戸のこの認識は微妙に間違っていると思う。

矢内原な


479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 23:59:06 ID:934Oab7x0
またチロなんとかの誰にも相手にされないコピペでつか?

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 12:05:09 ID:QTuPZ5mqO
>>479
チロ=退位協定
歴史板をさまよう公開オナニストでつ

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 14:03:53 ID:69hFwOeP0
>>477
>彼ら新渡戸の弟子達は、戦前「植民地」と呼ばれていなかったのは知っているんだよ。

イギリスの代表的な植民地とされるインドも、呼称はインド帝国

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 17:38:44 ID:69hFwOeP0
>>481だとチロ先生が理解できないかもしれないから、補足してあげる

ヨーロッパ帝国主義による植民地支配の典型例として引き合いに出される
インドでさえ、植民地なんて名前じゃなくってインド帝国だ
で、これをもって当時インドは植民地とは言われていなかったから植民地じゃ
ないっていうわけ?
チロ先生の理屈ではそうなるけどね

で、矢内原は「但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。」ってんでインドも植民地として分析した(『帝国主義下の印度』)んだが、
これも
>新渡戸や矢内原の学説を論拠に「呼ばれていなかったが【植民地】である」
>と主張しているんだよ
に当てはまるんだよね

っていうか、帝国主義の時代に「植民地」の呼称をつけていた地域って海峡植民地くらいじゃないの???

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 13:13:43 ID:fxVKGua20
チロ先生は追い詰められるとすぐ遁走する悪い癖があるよね

484 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/08(木) 05:52:04 ID:nATHFONj0
>>483
一体いつどんなレスから逃げたか書けよ

>>482

>これをもって当時インドは植民地とは言われていなかったから植民地じゃ
>ないっていうわけ?

お前ふざけるのもいい加減にしろよ
3年近くやっているのに
「植民地と呼ばれていなかったから植民地じゃない」
これを主張していたってか?

続きは後で書くが
準備しとけよ

植民地学界の重鎮を連れてこいと言ったので
大いに期待しているよ

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/08(木) 11:07:49 ID:Af1Lmcgc0
>「植民地と呼ばれていなかったから植民地じゃない」
>これを主張していたってか?

>>476
476 チロリアン ◆nu1V1rGlC2  [] Date:2007/11/02(金) 22:40:05  ID:6BjR22X00 Be:
    当時の人間は植民地と呼んでいなかったが

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/08(木) 15:50:34 ID:wMI5Wiqd0
3年近くやっているのに誰一人と
納得させられないコピペリアン涙目ww

487 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/09(金) 20:19:30 ID:tqcW9DhD0
>>485
もしもし

読解力中の上の俺だが
お前はどれくらいなんだ?

それと読解力に自信のある者はいるか?

我国にては斯の如き公の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺
太等地名を呼ぶ。
但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。
我国の学者政治家等が朝鮮を指して植民地と称することに対し、
「千万年歴史の権威」と「二千万民衆の誠忠」を有する朝鮮民族は
大なる侮辱を感じ、大正八年三月一日の独立宣言書にもその憤慨が披瀝せられた。
併乍ら研究者は事実関係を以ってその研究対象とするより外はない。
『植民及植民政策』矢内原忠雄

これについて書けるか?

これも参考に付ける

>矢内原のこの認識は微妙に間違っていると思う。
>独立宣言書を実際に確認すると分かるが、不逞鮮人らが憤慨している対象は、
>「植民地と称すること」
>ではなくて、「植民地視」すること
>なのよね。植民地という呼称の問題ではないのよね。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 20:24:58 ID:J2aIGNG/0
>>487

英国の植民地は政治的状態に応じて・・・・・・など、法律上公の称呼を以て冠される。
・・・・・・カナダ等の自治領土はColonyと呼ばるゝことに侮辱を感じ、英帝国の植
民地会議(Colonial Conference)をば帝国会議(Imperial Conference)と改称せしめ、
又植民省(Colonial Office)によりアフリカの黒人地方等と同列に所管せらるゝを喜ば
なかつた。印度が特に帝国と称せらるゝも亦政治的理由に基くものであつて、その学術的
性質は属領(dependency)たること他の直轄植民地に異ならない。我国にては斯の如き公
の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺太等地名を呼ぶ。但し学術的又は通俗的に之等
を植民地と称するを妨げない。我国の学者政治家等が朝鮮を指して植民地と称することに
対し、「千万年歴史の権威」と「二千万民衆の誠忠」を有する朝鮮民族は大なる侮辱を感
じ、大正八年三月一日の独立宣言書にもその憤慨が披瀝せられた。併乍ら研究者は事実関
係を以ってその研究対象とするより外はない。
矢内原忠雄『植民及植民政策』全集版39ページ

489 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/10(土) 06:48:51 ID:M6JzBANq0
>>488
>カナダ等の自治領土はColonyと呼ばるゝことに侮辱を感じ、

これだから
独立宣言書で「植民地視」とあったのを>>487
「植民地と称することに侮蔑を感じ」に変換したんだって事が言いたいんだね?
ちゃんと書かなきゃ駄目だよ

しかし何故変換したのか?
それを踏まえて【読解力をONにしてくれ】(この言い方気に入ったのでこれから使おう)

いやぁーこれを機会に今までのまとめを書こうと思って
過去ログみてたら恥ずかしくなってな

最初の頃のチロちゃんかわいい

ちなみに当時はチロリアンじゃなくて感字博士、その後ここでは名乗らなかったがスーザン

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 17:01:08 ID:xU67iTmz0
コテにしたがって敗北を感じとけよw

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 18:02:14 ID:2UA2awdx0
チロの議論なんてミミッチ過ぎて意味なし。
植民地呼称問題の第一人者?を2ちゃんで気取って
馬鹿じゃねーの?←疑問形では無くて俺は馬鹿だと認定する。
まともに相手する人もいないのに延々と連投、コピペを
3年もやってんだって!
やっぱり馬鹿は死ななきゃ直らないってホントだな(笑)

492 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/10(土) 19:17:26 ID:M6JzBANq0
読解力上位者は書き手が何を言わんとしているかだけではなく
(書いている時の)精神状態なども分かるものなんだ。

よし、読解力が中の上の俺が背伸びして挑戦するから
後から続いて書いてみよ

493 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/10(土) 19:40:38 ID:M6JzBANq0
矢内原の文章を一言で表すとしたら「混乱」だ。

>我国の学者政治家等が朝鮮を指して植民地と称すること(実際は植民地視)に対し、
>「千万年歴史の権威」と「二千万民衆の誠忠」を有する朝鮮民族は
>大なる侮辱を感じ、大正八年三月一日の独立宣言書にもその憤慨が披瀝せられた。

3.1事件を起こした朝鮮人達は「植民地視」
つまり併合で大日本帝国に属したのに何故植民地視されなければならないのか?
何故大日本帝国臣民として扱わないのか?として怒ったわけだ
実際どの様な事をされて「植民地視」と感じたかは定かではない。
朝鮮は何百年も遅れていたので、おそらく見下された言葉、態度といったものをされたのだろう。
それに対して怒ったというわけだ。

しかし矢内原からすれば
「植民地視もへったくれもない、併合も植民地獲得の一手段
つまり植民地なんだ!あんたたちは植民地人なの!」というわけだ。
まぁここでプッツンしたわけだ。

>但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。

朝鮮人達は「植民地視」されているのではないかと怒っているのに
「植民地」と言え!と、私(矢内原)は認める・・・と

当然第二第三の騒擾事件が起こる事は確実だろう
しかし矢内原はそんな事は知ったこっちゃないんだろう
最後には

>併乍ら研究者は事実関係を以ってその研究対象とするより外はない。

下駄を預けちまった






494 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/10(土) 19:58:35 ID:M6JzBANq0
混乱した精神で文章を書く前に
まずやるべき事は己の学説の再点検だろう

そうすれば
偽併合を見て「併合も植民地獲得の一手段」の間違いに気付くはずだ
そうすれば朝鮮人達の怒りも理解出来た

朝鮮人達の「偽併合なの?」の問いに日本は「一視同仁」をもって答えた
しかし矢内原は「そうです偽併合です」と答えているわけ


495 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/10(土) 20:06:48 ID:M6JzBANq0
一体何の権利があって争いの種を蒔く?
一体どこの併合の事例を以て「併合も植民地獲得の一手段」などと言う?

アイルランドか?

じゃがいも飢饉を見よ
アイルランド人の苦しみをイングランド人はどれくらい分かち合った?
ふざけるな!偽併合だ

一体どこの偽併合を見たんだ!


496 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/10(土) 20:11:03 ID:M6JzBANq0
終わりです

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 11:57:56 ID:nl6T1WZT0
>>489

チロさんよ、>>488ではこここそ読んで欲しいんだが

「印度が特に帝国と称せらるゝも亦政治的理由に基くものであつて、その学術的
性質は属領(dependency)たること他の直轄植民地に異ならない。」

矢内原は、印度が帝国を称していようと、つまり同時代にどのような呼称がされて
いても、実質は植民地じゃないか、と言っているんだが

で、それを踏まえて、日本の場合も考えてね

498 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/13(火) 20:17:45 ID:sm3tTVwV0
>>497
だから
矢内原は朝鮮・台湾を植民地と呼んでいなかったが
「植民地である」と言いたいんだよな

そしてお前もな

書けよ

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 20:28:53 ID:nl6T1WZT0
>>498
で、おまえは植民地の呼称を欲していなかったインド帝国のことはどう考えるわけ?


500 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/13(火) 21:23:56 ID:sm3tTVwV0
>>499

アメリカ国務長官からの非難

アメリカの国務長官であったブライアンは、音に聞こえた雄弁家として、
輪が国にも

日米開戦の真実 大川周明著「米英東亜侵略史」を読み解く 佐藤 優

この続きを生コピペしてからやるか
週末まで待って手ね

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 21:32:51 ID:nl6T1WZT0
>>500
あ、そんなことしなくていいから

植民地の呼称をしていなかった矢内原は、台湾朝鮮を実質的に植民地である
と喝破したのと同様に、インド帝国も実質をみると植民地であると論じたわけよ

で、矢内原の論法に何か問題あるの?
はい か  いいえ で答えてくれていいよ
他のコピペは無用だからさ

あと、大川周明の話をしたいなら、デブ外交官の二次引用はいらないから、
原典を読んで引いてね

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 21:33:47 ID:nl6T1WZT0
>>500の訂正

矢内原は、植民地の呼称をしていなかった台湾朝鮮を実質的に植民地である
と喝破したのと同様に、インド帝国も実質をみると植民地であると論じたわけよ

503 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/13(火) 21:57:27 ID:sm3tTVwV0
やべえ満州スレに書き込めない!

>>501
>原典を読んで引いてね

いや、読んでみれば分かるが
誤引用なんてする余地がないよ

大川周明著「米英東亜侵略史」

に佐藤優が解説しているだけだから



504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 22:05:57 ID:nl6T1WZT0
二次引用をさらに孫引きすることの意味がわかっていないのは、低学歴の特徴だな

でも、なんで日本の朝鮮台湾と同様に、植民地の呼称が付けられていなかった
印度は、果たして植民地だったのか?ということに大川が必要なの?

呼称はともかく、実質をみようっていう同じ方法で、矢内原は朝鮮台湾も、
印度も植民地としたわけで、その方法に疑問を抱くチロは、印度の場合を
植民地とみなすのか否かと聞いてるだけなんだが

大川の議論なんか求めてないよ
彼の議論の大本の「新インド」だって読んでるし、ある程度の大川の著作も
読んでるから

505 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/14(水) 05:34:37 ID:840bSuO00
>>504
>大川の議論なんか求めてないよ

読解力が必要のない人生を送ってきたの?

大川の「米英東亜侵略史」の中に出てくる
米国務長官であったブライアンの言葉を紹介したいってだけだよ

とりあえず待ってろって

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 06:31:17 ID:i9uFxzeb0
>>505
>米国務長官であったブライアンの言葉を紹介したいってだけだ

だからさ、そういうコピペは不要なの
矢内原の定義を散々槍玉にあげて攻撃してきたチロ先生は、同じ方法で
印度を植民地と定義している矢内原の見解をどう考えるのか

チロ本人の言葉や考えを書いてくれといっているわけなんだが
こんな簡単なことに、なんでまた別人のコピペが必要になるわけ?

507 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/16(金) 21:15:31 ID:IyVxER980
>>506
>なんでまた別人のコピペが必要になるわけ?

必要だと思うからだよ
半分まで生コピペしたからもう半分をタイプしてから寝る

それと・・・もしかして
「な?矢内原はインドを植民地と言ったが
チロもそう思うだろ?
だから矢内原が言った朝鮮・台湾も植民地なんだよ?」って言いたいんじゃないよね?

まさかなぁー・・・まさか・・・まさかっ!

508 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/16(金) 21:44:17 ID:IyVxER980
アメリカの国務長官であったブライアンは、音に聞こえた雄弁家として、
我が国にもあまねく知られた政治家であります。
この人がかつてロンドンで発行される『印度』という週刊新聞に
「印度における英国の統治」と題する一文を発表したことがあります。
ブライアンはこの論文の冒頭に、

「正義とは何ぞ、この疑問は予の印度旅行中、不断に予の耳に響いていた。
予がまだ法律学生たりしころ、予はウォレン・ヘスティングスの審問における
シェリダンの演説を読んだ。
その後十六年にしてアメリカがマニラを取り、盛んに植民政策が論議されるようになると、
予は印度における英国の統治を知らんとして、端なくもシェリダンの弾劾演説を思い出した。
予はこれを読めば読むほど英国の不正なるを思った。
ところがアメリカ人の多数は、年来イギリスの植民政策を賞賛しているので、
予は、我国にとりて極めて重大なる問題を、真剣に研究する機会を与えられるだろうと思って、
大いなる期待をもって印度視察の途に上った。
予は高級下級のイギリス官吏、印度教・回教・波斯教の教養ある人士と会談し、
貧者、富者、都会の人、農村の人を視察し、統計・報告・演説筆記など、
アメリカで手に入れられぬ文書を集めて調査した。
そして印度における英国統治は、予の想像したるよりもはるかに悪く、はるかに過酷に
はるかに不正なるを知った」

と申しております。次いで彼は印度視察中に知り得たる数々の不正を指摘したる後、
次の言をもってその文を結んでおります。


509 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/16(金) 21:45:38 ID:IyVxER980
「何人も植民政策を弁護するために印度を引用するなかれ。
助けなき人民の上に無責任なる権力をふるうに当りて、智慧と正義とをもってすることの
いかに人間として不可能なるかを、イギリス人はガンジス河・インダス河の流域において
立証している。
英人はある利益を印度に与えたが、これに対して無法なる代償を強奪した。
生きたる者に平和をもたらすと称えながら、幾千万の生霊を死者の平和に誘った。
争闘に苦しむ民衆に秩序を与えると称えながら、合法的掠奪によって国土を極度の貧困に陥れた
掠奪というは過言かも知れない。ただし、いかに言葉を飾るとも、現在の不当なる政治を浄めることは出来ない」

日米開戦の真実 大川周明著「米英東亜侵略史」を読み解く 佐藤 優

510 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/16(金) 21:48:44 ID:IyVxER980
総督府(日本の朝鮮統治府)以前の李氏朝鮮社会は、司法行政の綱紀が乱れ、教育
、衛生は顧みられず、河川、林野が荒廃し、道路、橋梁もなく、港湾も船も車も
なかった時代であった。
 それから二十年後(日本統治時代)の昭和初期に朝鮮を訪れたアメリカのブルンナ
ー博士は、朝鮮農村の実状を視察して、地方の古老にも接触して今昔を比較し、
(李氏朝鮮と日本の統治が)天と地ほどの差があることに驚愕した。
 朝鮮総督府は、人さらい、草賊(盗賊)暗躍、飢民あふれる李朝末期の社会に、産業
を興し、治安を回復し、近代社会を作ったのであった。       
           「歪められた朝鮮総督府」黄文雄 光文社


511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 23:08:15 ID:g+Ppe4Su0
神様仏様アメリカ様
     
ミサイルディフェンスの日本負担10兆円。
グアムの米軍住宅建設はなぜか日本が全部負担6700億円。
普天間移転も当然日本の負担で3兆円。
CXエンジン?小さい小さい、はした金。 1000億円。
F22は結局何機買うの?買わないの? (1機、約1兆1920億円 日本向け再開発の為) 予定は100機
インド洋のガソリンスタンドは1000億円。
無人偵察機(UAV)一機数十億円。
サブプライムの日本金融会社の損失10兆円〜20兆円。
米ドルを支える原油高の影響・・・・・・・・・・石油ショック・・いやいや
え〜と、日本は毎年50兆円前後のアメリカ様の国債を購入。
郵政民営化でアメリカ様に差し出した郵貯・簡保、約340兆円・・・・・・
9.11はアメリカ様の自作自演・・・・・・・・・・・・・・・・・南無
http://www4.atwiki.jp/911insidejob/

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 05:40:12 ID:69Xy47Kd0
>>507
>「な?矢内原はインドを植民地と言ったが
>チロもそう思うだろ?
>だから矢内原が言った朝鮮・台湾も植民地なんだよ?」って言いたいんじゃない
>よね?

ん? 以前から植民地と呼称されてるか否かを基準とするとか、植民地と殖民地
には違いがあるとかいう電波を発していたのって、誰だっけ?

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 06:12:25 ID:69Xy47Kd0
あ、あと印度帝国はね、世界の列強各国のほとんどに対して貿易黒字をもつ、
世界有数の経済先進国だったんだぞ
日本も銑鉄は印度に依存していたぐらいだ

経済成長を指標にもちだせば、日本統治下の朝鮮など比べ物にならないんだが

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 06:30:01 ID:RSdyEm1c0
日本の場合はちょっと時代が悪すぎたな、植民地獲得の。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 06:54:56 ID:69Xy47Kd0
>>510
朝鮮総督自身はこう言ってるけどね↓


咸鏡南北、江原道(朝鮮北部)以外にも飢餓に瀕する者少なからずして僅か
に草根木皮によりて露命を繋ぎあるものを聞き、痛心に堪へずして当路者に糺
せば、彼氏曰く、『朝鮮にては左様の事は珍しくもなく今頃になれば毎年各地
に現はるる事象である。今ひと月もすれば木の葉も出て草も生ずるから夫れに
よりて収穫期まで何とかしていく』とて深く配慮するの様子もなかりし。(昭和7
年3月31日付)
「宇垣一成日記 2」 みすず書房

ほかにも、京城の土幕民の多さに、彼らはどうやって生きてるんだろ?とか
率直な感想も日記には記載されてるけどね

516 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/18(日) 19:16:55 ID:Tgh9bw3C0
コピペ探していたら、この生コピペ見つけた

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
そこで周辺諸国は、混乱を外へ波及させないためにも。
北朝鮮の国民を国内にとどめたうえで治安を保とうとするだろう。
そのために周辺各国が軍を送り込む可能性が高い。
といっても、それは米中露韓の4か国であり、
日本はその中に入れないだろうし、入らないだろう。
入れない理由のひとつが、36年間に及ぶ朝鮮半島への植民地支配である。
だが、朝鮮半島で日本よりもっと苛酷な侵略を繰り返したのが中国だ。
以下【中国のもっと苛酷な侵略】省略

週刊新潮 連載コラム 日本ルネッサンス 櫻井よしこ
===============================================

一年前かよ・・・早いなぁー

満州スレでこう書いたが

>ネットでやっていると無力を感じる事もあるだろう

まさしくこれだ!
所謂、保守と呼ばれる櫻井のこの言の
社会に対する影響力は反日左翼・在日の1万人分に匹敵する。
凄まじいよ、三年やってる俺なぞ枯れ葉の如しだな・・・ハァ
植民地呼称よりも酷いのが

>朝鮮半島で日本よりもっと苛酷な侵略を繰り返したのが中国だ。

日本のは「ただの過酷な侵略」だってよ  ダメダコリャ

517 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/18(日) 19:21:16 ID:Tgh9bw3C0
多くの望まない
近代日本史板にきて、たまたまこのスレを見て
「あら、日本史の先生の言ってた事と違うわ」と思ってくれる人が
一人でも居てくくれば本望だ、と思っているが
櫻井の文章を読むと、それすら高望みに思えてくるよ・・・

気を取り直してやるか

>ん? 以前から植民地と呼称されてるか否かを基準とするとか、植民地と殖民地
>には違いがあるとかいう電波を発していたのって、誰だっけ?

518 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/18(日) 19:29:25 ID:Tgh9bw3C0
>>517
ちょっと動揺したか?
==============================================
多くは望まない。

近代日本史板にきて、たまたまこのスレを見て
「あら、日本史の先生の言ってた事と違うわ」と思ってくれる人が
一人でも居てくれれば本望だ、と思っているが
櫻井の文章を読むと、それすら高望みに思えてくるよ・・・

気を取り直してやるか

>ん? 以前から植民地と呼称されてるか否かを基準とするとか、

何言っているの?俺は言ってないよ
新聞に「植民地」と書いてあったから「植民地!」というのは絶滅したと書いたの

>植民地と殖民地には違いがあるとかいう電波を発していたのって、誰だっけ?

だからな
「殖民地」の本当の意味は入植地の区画整理をした土地の事
その後に欧米がやった他国を支配する「植民地」というのも加わって
混乱をした。

例えば桂植民地(本来は桂殖民地とすべき)
桂植民地で検索してくれ

「ブラジルは日本の植民地」とは言わない
ここ分かってくれるか?






519 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/18(日) 19:33:11 ID:Tgh9bw3C0
>>513
>「何人も植民政策を弁護するために印度を引用するなかれ。

ブライアンに

>あ、あと印度帝国はね、世界の列強各国のほとんどに対して貿易黒字をもつ、
>世界有数の経済先進国だったんだぞ

こう言いたいの?
ブライアンから何てレスがくるか考えて

520 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/18(日) 19:46:24 ID:Tgh9bw3C0
>>515
お前そのコピペどこから持ってきた?
過去ログからか?

絶対に俺がレスしていたはずだが、
何で繰り返すの?

併合から20年経っているが
元はこれなんだ

李朝時代の朝鮮では、三月から六月までは食糧が不足する春窮期であった。
当時の人口は、農民が約八割を占める。
飢餓の春窮期を迎えると、朝鮮総人口の約六割が山野で草根樹皮を採集して
生命をつなぐという状態だった。
朝鮮の農書、農史を読むと、朝鮮農民は中国農民と酷似しているのがわかる。
旱害、水害、風害、雹害、病虫害が、間断なく年中行事のように各地を襲い、
農民は乞食、農奴同然である。
中略

戦前、日本農民を除いた中国、インド、東南アジアなどのアジア農民は、
きわめて貧しく飢餓状態にあり、
干ばつのたびに餓死者が大量に出るのが常であった。
なかでも、朝鮮半島の農民は、李朝時代の両班からの搾取、地理、天候などの
条件からもっとも貧しかった。
ただ両班の人為的なものを除いても、もともと自然条件と社会条件はかなり悪かったのである。
可耕地の広さに比べ農業人口があまりにも多く、
地質、土壌、治山治水の荒廃、気候寒冷などの自然状況も悪い。
さらに山林荒廃による燃料不足、堆肥不足、旧来農法の墨守などの面からも
農業立国となるのは難しかった。

「韓国は日本人がつくった」黄文雄 徳間書店





521 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/18(日) 19:50:28 ID:Tgh9bw3C0
>草根木皮によりて露命を繋ぎあるもの

は長年の「慣れ」であって

>深く配慮するの様子もなかりし 

なんだよ
「なんとかしてくれ」と言って動いていたら
もっと早く変わってた。
宇垣はこれを見て「30年で内地に追いつこう」としたんだな
======================================================
この人口増加の原因としては、いくつかの要因がある。一つは第
6代宇垣一成総督による「農産漁村振興運動」などの民生向上活動
である。30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、
農村植林、水田開拓などの積極的な国土開発による食料の増産が図
られた。併合当初米の生産量が約1千万石であったのが、20年後
の昭和に入ると、2千万石へと倍増した。[1,p80]

 もう一つは医療制度の確立、特に伝染病の予防である。1910年か
ら徹底的な検疫を実施し、コレラ、天然痘、ペストなどは、1918年
から20年の大流行を最後に押さえ込まれ、乳児死亡率が激減した。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog056.html




522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 20:41:33 ID:6s/mA0VV0
>>519
チロ先生は、経済成長(ないし経済近代化)を二重基準で使い分けるって
ことは印度の事例でも明らかだね

印度の場合は、経済成長を無視して実態(といっても第三国人ブライアンの
印象批評だから、どれだけ実態をみていたのかは怪しいけど)

朝鮮の場合は、実態をみていた朝鮮総督を無視して経済成長(といっても
後の時代の妄想屋黄文雄の字面なぞるだけ)を強調

以前から言ってるのは、同じ基準で欧米と日本の植民地を比較してくれと
いうこと
で、その際はまともな文献を使えということ
チロ先生は孫引きどころですまない引用するからね
実社会でいえば、伝聞の伝聞の伝聞みたいなのを「証拠」と言ってるのと
変わりないんだが

523 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/19(月) 05:00:48 ID:55jEegrz0
>>522
>以前から言ってるのは、同じ基準で欧米と日本の植民地を比較してくれと
>いうこと

何で「植民地」と言っているんだ?
植民地呼称問題だよ?
それについて話し合っているんだろ?

何でイギリスはインドを経済成長させたんだよ?
日本の場合は併合で韓国が大日本帝国になったからだよ
日本の一地方になったので、30年という期限はともかく、
内地に追いつこうとするのは当たり前

植民地を宗主国の生活レベルに引き上げようとするのは当たり前の事だったのか?
どこの宗主国がどのような政策をもって行ったのか書いてくれ


524 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/19(月) 05:11:52 ID:55jEegrz0
満州スレの「NHKまとめ」の為にあっちこっちのスレ回っているが
こういうのもあった。
==========================================================================
170 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2006/12/18(月) 23:53:15 ID:yf2dtPr70
イザベラ L ハード「朝鮮紀行」 P203〜P204より
(引用開始)
大食ということに関しては、どの階級も似たり寄ったりである。食事のよさは質より量で決められ、
一日四ポンドのごはんを食べても困らないよう、胃にできるかぎりの容量と伸縮性を持たせるのが幼いころからの人生目標のひとつなのである。
ゆとりのある身分の人々は酒を飲み、大量のくだもの、木の実、糖菓を食間にとるが、それでもっぎの食事には一週間もひもじい思いをしていたかのような態度でのぞむ。
裕福な家では牛肉と犬の肉は大皿に盛る。また客のごちそうは銘々膳で供されるので、もてなす側は特別大事な客にはふんだんにふるまい、
ほかの客には最小限度に抑えておくことができる。
わたしは朝鮮人が一度の食事で三ポンドはゆうにある肉を食べるのを見たことがある。
「一食分」が大量なのに、一日に三食か四食とる朝鮮人はめずらしくなく、一般にそれを慎む人々は好きなように食事もできないほど
貧しい人と見なされかねない。一度の食事で二〇個から二五個のモモや小ぶりのウリが皮もむかれずになくなってしまうのはざらである。
赤ん坊にまで食べさせる莫大な消費量の赤トウガラシがこの大食ぶりを助けているのはまちがいない。
朝鮮人には消化不良のたぐいの疾患が多いというのもうなずける。
(引用終了)

朝鮮人の米消費量、食習慣、などから考察すると、産米増殖計画によって、朝鮮人の大食習慣が失われ、人口増加による貧困の増加、
米消費量の低下(途中で改善はされてはいるものの)、結局 朝鮮農民は飢餓線をさまよう状態になった。

=====================================================================================-


179 名前:チロリアン ◆nu1V1rGlC2 [] 投稿日:2006/12/19(火) 20:35:15 ID:/dlJARBh0
>>170
>朝鮮人の大食習慣

飢餓の春窮期に備えて
少しでも皮下脂肪を蓄える為の大食なんだよ
衛生環境がすこぶる悪く、食料保存も適していない

525 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/19(月) 05:18:13 ID:55jEegrz0
あと専門家らしき人から誤りを指摘された。
そのスレの178には俺が>>521のサイトを貼っていた
=====================================================================
196 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2006/12/24(日) 10:14:29 ID:vR+EUkLa0
>>170
>米消費量の低下(途中で改善はされてはいるものの)

そもそも米は李朝時代の農民にとって主食ではありませんでした。
それ以外の穀物消費量を考慮に入れないのは恣意的に過ぎるのではないでしょうか?

参照:?Suh,?Sang?Chul.?Growth?and?Structural?Change?in?the?Korean?Economy,?-1940.?
    Cambridge,?MA:?Harvard?University?Press,?.)

また、米に絶対的な価値を置いていたのは他ならぬ日本であり、
その価値観が統治時代を経て朝鮮にも普及していったという指摘もあります。

参照:?原田信男?『コメを選んだ日本の歴史』?春秋新書、2006。

そして、日本統治時代を経て朝鮮人の身長は決して減少しませんでした。
消費カロリーの低下を、独りコメ消費量を理由に主張するのは誤りではないでしょうか?

参照:?Kimura,?Mitsuhiko.?"Standards?of?Living?in?Colonial?Korea:?Did?the?Masses?Become?Worse?Off?or?Better?Off?Under?Japanese?Rule?"?
    The?Journal?of?Economic?History?:3?(September?):?pp.629-652.


>>178
>朝鮮総督府は1911年から?
>の30年間で、5億9千万本の植林を行った。

この記述は誤りです。
5億9千万本という数字は、
毎年4月3日に朝鮮でおこなわれていた記念植樹に際して植えられた本数(p.74)だけのことであり、
それ以外にも砂防工事などで多くの樹木が植えられていました。
したがって、実際に植樹された数は、はるかに高いものであったと考えられています。
地方庁や民間のそれを合わせると30億本以上という話も・・・。

参照: 土井林業振興会?『朝鮮半島の山林 20世紀前半の文献目録』?友邦協会、1974。

526 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/19(月) 05:22:58 ID:55jEegrz0
>>525

コピペったら文字化けで?がいっぱい
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1150845121/196
このレスね

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 19:49:10 ID:mMdaaITG0
>>523
>何で「植民地」と言っているんだ?
>植民地呼称問題だよ?
>それについて話し合っているんだろ?
言ってる意味が不明だな
朝鮮もインドもどちらも植民地の語はないが、なぜインドは植民地だと
あんたは認定してるの?って理由(判断基準)を聞いてるのだが


>何でイギリスはインドを経済成長させたんだよ?
>日本の場合は併合で韓国が大日本帝国になったからだよ
>日本の一地方になったので、30年という期限はともかく、
>内地に追いつこうとするのは当たり前
インド帝国もイギリス連邦の一地方
「〜帝国になった」っていうのは、別に日本の場合だけの専売特許じゃないけど

528 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/26(月) 03:38:07 ID:YG3OyBgC0
>>527
>朝鮮もインドもどちらも植民地の語はないが、なぜインドは植民地だと
>あんたは認定してるの?って理由(判断基準)を聞いてるのだが

何か勘違いしていないか?
俺が「インドは植民地」に拘っていると?
新渡戸・矢内原がインドは植民地だと言っていたんだろ?

他国を支配するという意味でな

で俺は朝鮮は他国じゃなかったと言ってるわけ
併合で大日本帝国の一員になった

インドを持ち出してのお遊びはそろそろやめてくれるか?

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 03:42:33 ID:fTE1Isxa0
インド帝国もイギリス国王が統治者の、まさに大英帝国の一員だったんだが

で、あんたの考えでは「他国を支配するという意味で」にインドは入るの?入らないの?

530 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/26(月) 03:48:54 ID:YG3OyBgC0
>>529
大英帝国の一員だが
イギリスから見てインドは他国だよな?
そしてまた
>>508-509のブライアンに従うなら
支配されていた

つかお前これは酷いだろ?

>(といっても第三国人ブライアンの
>印象批評だから、どれだけ実態をみていたのかは怪しいけど)

>予は、我国にとりて極めて重大なる問題を、真剣に研究する機会を与えられるだろうと思って、
>大いなる期待をもって印度視察の途に上った。
>予は高級下級のイギリス官吏、印度教・回教・波斯教の教養ある人士と会談し、
>貧者、富者、都会の人、農村の人を視察し、統計・報告・演説筆記など、
>アメリカで手に入れられぬ文書を集めて調査した。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 03:51:44 ID:fTE1Isxa0
>>530
>イギリスから見てインドは他国だよな?

いや、違うよ

532 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/26(月) 03:54:18 ID:YG3OyBgC0
>>531
インドはイギリス国内?
インド人達はイギリス国籍でイギリスパスポートをもっていたの?

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 04:00:16 ID:fTE1Isxa0
>>532
へ? インド人はイギリスのパスポート持ってたけど
日本に来日したインド人のパスポートはイギリスのパスポートだけど・・・

で、これが植民地か否かの判断基準なの?

534 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/26(月) 04:11:42 ID:YG3OyBgC0
>>533
ああそうなの

でお前はインドは植民地では無かったと言いたいんだね

植民地の定義を聞かせてくれるか?

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 04:13:19 ID:fTE1Isxa0
>>534
ん?
インドは植民地だとずっと言ってるが

チロ先生の理屈だと、インドを植民地というなら、朝鮮台湾も含まれなければ
おかしいと、あんたの理屈そのものを問うてきたんだけど

536 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/26(月) 04:14:49 ID:YG3OyBgC0
>>535
だから朝鮮台湾は
日本国でその中の人々は日本国籍

もう一度聞くけど
インド人達はイギリス国籍だったんだね?

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 04:40:45 ID:fTE1Isxa0
>>536
>インド人達はイギリス国籍だったんだね?

二分法に持ち込もうという発想がよくないね
インド人はインド国籍でもあったしイギリス国籍でもあった

こういう詭弁は、おたくが必死に弁護する満州国で、在満日本人が満州国籍
をもたず日本国籍のままだったってことと同根だと思うけど

チロ先生の話は、物事何でも二分法で片付くものだという単純思考に基づいてる
それじゃあ複雑な動きを理解できないよ

お、そろそろ出勤時間じゃない? いつも遠距離通勤ご苦労様

538 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/26(月) 21:54:11 ID:YG3OyBgC0
>>537
>お、そろそろ出勤時間じゃない? いつも遠距離通勤ご苦労様

ふざけるな
投稿制限に引っかからなければ6時過ぎまで付き合ってやったよ

>在満日本人が満州国籍
>をもたず日本国籍のままだったってことと同根だと思うけど

日本人が優遇されていたからそうしていたんだろ?

何が詭弁だよ?
韓国は日本と併合して日本領土・日本国籍になった。
台湾も割譲されて、その地に済む人に2年の期限を設けて
日本国籍か清国籍かを選択させた
清国籍を選択した者に同等の権利を認める事など無理だったので
清国籍を選択するということは=大陸に行く事を意味していたんだろう

台湾もまた、日本領土・日本国籍

植民地じゃないと言っている

何で新渡戸は後藤新平に「何でもかんでも植民地論」を説かなかったのだ?
駄目だよそれじゃあ・・・

 そのための人材として元札幌農学校教授・新渡戸稲造に目を
つけ、何度も手紙を書き、最後には直接掛け合って台湾に招い
た。新渡戸は台湾にはサトウキビの生産が適していると見抜き、
ジャワにまで研究に行って、品種改良と耕作方法改善に努めた。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog145.html

539 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/26(月) 22:01:27 ID:YG3OyBgC0
俺が過労死したら
誰か引き継いでくれる人はいるのでせうか?

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 23:19:29 ID:7Wewiz/R0
武陽陰士 ◆ATDF4vFZys

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 03:14:54 ID:xnaRrWXB0
>何で新渡戸は後藤新平に「何でもかんでも植民地論」を説かなかったのだ?

意味がわからん文章なんだけど

で、インドもイギリス領だし、インド人はイギリス国籍も取得できたわけだけど、
これは植民地なの?
君がこだわるところって、全然インドと違いがないのだけど

542 :(`ハ´  )←アルかニダ→ <丶`∀´>:2007/11/27(火) 03:43:55 ID:w7RLmO+m0
【竹島】 「独島は韓国領土でない?」領土主権を引き渡す韓国政府〜独島本部論評[11/26]

独島(竹島)を含んだ共同管理水域は結局、韓日の共同主権水域だ。韓国の海と島ではない。大韓民
国領土ではないのだ。

会議の内容は操業日誌不実記載問題とはえ繩漁業規制問題をお互いに協議した。日本側はいつもまじ
めに国民にすべての交渉を公開して報告するが、韓国側は対外交渉に関する事項をほとんど内分に付
する。すでに他の国で公開された情報までも内分に付する。どうして韓国はいつも外交事項を内分に
しなければならないか。弱小国の宿命か。事大主義の病幤か。それとも公僕の反国家的意識が体質化
しているのか。
韓国政府と無知な報道人、売国性向の学者たちは今までも独島とその海を徹底的によく守っているよ
うに言い張り、たまにパフォーマンスもする。しかし、このように条約によって日本の法が適用され
る会談をすでに10回も続きながら、そんなパフォーマンスをして何になるのか。結局、国民を欺くこ
とになる。

ソース:(韓国語)[論評]独島領土主権をますます渡してやる韓国政府
http://dokdocenter.org/dokdo_news/index.cgi?action=detail&number=7690&thread=15r02

【日韓】 交流再開、反省なき鳥取県の工作にひっかかった江原道〜独島本部論評[11/22]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1195986398/


http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1196081203/


543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 02:56:50 ID:Bg/FIOGD0
以前にも2チャンネルで話題になったことがあるニュースだが、どうも、この辺が真実に
近いのかもしれない。
ロー・ダニエル「竹島密約・日韓極秘メモを暴く」 文芸春秋 ’07.9号 pp.214〜226

冷戦終結後、ナショナリズムの波が世界各国の岸辺に押し寄せている。なかでも複雑な
歴史問題を抱える日韓の国境では、竹島=独島がまさにナショナリズムの荒波のなかで、
深刻な論争の焦点となっている。しかし、「竹島は誰のものか」を巡り、甲論乙駁を
続けている日韓の識者や社会運動家たち、そして両国の国民が知らなかった重大な
事実がある。

それは、竹島=独島の帰属について、「日韓基本条約」の締結時に、両国の指導者たちが
結んだ「密約」の存在だ。いや、一般の国民ばかりではない。日韓の政治指導者たちの間でも、
この「密約」を知る者はほんのひと握りに過ぎなかったのである。・・・・・・・・・・・・

旧条約がいつから無効になるか、について、「もはや(無効である)」と一語で表せばいい、と
提案したのは河野だった。金鍾珞からその報告を聞いて、朴大統領は「さすが河野先生だ」と
感心したという。・・・・・・・・・・・・

嶋元は、「密約」の内容をその場でメモに取った。竹島に関する内容は四つの条項からなっていた。
〈@ 竹島=独島は今後、日韓両国ともに自国の領土と主張することを認め、同時にこれに
反論することに異議を提起しない。A 将来、漁業区域を設定する場合、両国が竹島=独島を
自国領土とする線を固定し、二線が重複する部分は共同水域とする。
B 韓国は現状を維持する。しかし警備員を増強したり新しい施設の建築や増築はしない。
C 両国はこの合意を引き続いていく。〉・・・・・・・・・・

それが一変したのは、一九九三年、金泳三が政権の座に就いたときである。・・・・・・・・・・・・

544 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/30(金) 21:29:45 ID:xLK10SI/0
>>541
お前はただ絡みたいだけなんだよな・・・

>で、インドもイギリス領だし、インド人はイギリス国籍も取得できたわけだけど、
>これは植民地なの?
>君がこだわるところって、全然インドと違いがないのだけど

前々インドと違わないというのなら
インド人は全員イギリス国籍じゃないと駄目なの
何でわからないの?

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 21:32:28 ID:nd/7f1EM0
>>544
>インド人は全員イギリス国籍じゃないと駄目なの
>何でわからないの?

おいおい、そりゃあ無理だろ
だってインドはインド帝国という独立国家だったんだぜ
満州国みたいな国籍法もない国ではなかった

で、こういうインドは植民地なの?

546 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/30(金) 21:54:48 ID:xLK10SI/0
>>545
日韓併合の朝鮮も
清国から割譲された台湾も独立国家だったといいたいのか?

547 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/30(金) 21:57:23 ID:xLK10SI/0
>>545
>おいおい、そりゃあ無理だろ

きちんと自国として対応する意志があれば可能だよ

朝鮮も台湾もやっていたね

548 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/11/30(金) 22:00:34 ID:xLK10SI/0
>君がこだわるところって、全然インドと違いがないのだけど

違いがありまくりなの分かってくれたの?

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 04:35:48 ID:ntf99bPN0
あいかわらず答えを回避してるね

で、インド帝国は植民地なの?
たった一言答えてくれるだけでいいのだけど

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 05:32:13 ID:ntf99bPN0
チロ先生は他人の話を理解する力が弱いからなー
もうちょっと咀嚼してやろう

1.以前散々わめいていた、植民地の名称がついていないから植民地じゃない!
植民地視するなとの意見があった
・・・・・・インドも朝鮮も共通

2.国籍
インド人も簡単にイギリス国籍も取得できた
・・・・・・宗主国国籍を有する点でこれまた共通

チロ先生のこだわる論点でみても相違はないけど、片やインド帝国は植民地
代表にされ、朝鮮は植民地じゃないといいはる
で、なんでインドは植民地なの?との問いかけには、アメリカ人が植民地って
言ったから、とくる

そうすると、植民地か否かという基準は、チロ先生があげた項目なんか実は、
関係なくって、アメリカ人の認識という、隠された基準がチロ先生の中にある
じゃん、っていうことを暗に指摘してきてるんだけどね

物事を定義して、他の事象との区別をつけるってのは学問の根本だけど、
それがチロ先生、できてないよ、つまりあなた学問にすらなってませんよ、という
のが結論


551 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/01(土) 06:39:39 ID:067hHp8W0
>>549
>で、インド帝国は植民地なの?
>たった一言答えてくれるだけでいいのだけど

インドは植民地だったかどうかが知りたい?
植民地の定義を出してくれ

独立国を他国が支配している状態を「植民地」だろ

台湾・朝鮮は他国じゃない、何度言ったら分かるんだ?
もう絡むのやめてくれるか?

552 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/01(土) 06:44:35 ID:067hHp8W0
>>550
>1.以前散々わめいていた、植民地の名称がついていないから植民地じゃない!

ふざけるな
戦前の新聞に「植民地」の文字を見つけて
「ほら【植民地】と呼ばれていた」ってのが延々と過去スレから続いていたが
矢内原コピペで絶滅したって事だよ

残ったのは
『戦前「植民地」と呼ばれていなかったが「植民地である」』とする新渡戸・矢内原の弟子だけだよ

さっさと主張すればいいんだよ
それが出来ないのならレスしないでくれ

553 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/01(土) 06:46:57 ID:067hHp8W0
>>550
>2.国籍
>インド人も簡単にイギリス国籍も取得できた
>・・・・・・宗主国国籍を有する点でこれまた共通

「簡単に取得出来た」じゃなく
「インド人がみなイギリス国籍じゃないと駄目」って何度言えば分かるんだ!

次は偽併合の説明か?
もういいだろ?

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 06:54:31 ID:ntf99bPN0
>>551
インド帝国はイギリス連邦だよ
インド帝国皇帝はイギリス国王だよ

もしかしてそういうこともしらないで、自国だ他国だとわめいてる?

555 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/01(土) 07:41:20 ID:067hHp8W0
>>554
朝鮮・台湾は日本連邦だったと言いたいわけだな?

何でインド人達はみなイギリス国籍ではないんだ
答えてみな

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 07:51:48 ID:ntf99bPN0
>>555
相変わらず単純だな
欧米諸国で重要なのは市民権
インド人にもイギリス市民権は与えられてる
国籍も二重国籍に近いしな

日本では市民権概念が希薄だから、こういうところに考えが及ばないんだろ
ついで、日本で重要なのは戸籍
日本帝国では、日本人と植民地人の戸籍は分けられていたことはご存知だよな

そういう点を考えてみろ
あと、シンガポール占領直後に、山下司令官が「領土宣言」出して、日本国
籍を与えた点はどう説明する?
欧米植民地支配からの解放とか言って、マレーやシンガポールまで日本本国
にしたってことになるの?

557 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/01(土) 08:28:17 ID:067hHp8W0
>>556
もしもし
でインドは植民地では無かったと主張したいの?

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 08:30:30 ID:ntf99bPN0
いやインドも朝鮮も植民地だと考えるよ
で、おたくは?

559 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/01(土) 08:30:40 ID:067hHp8W0
>>556
最初からやるよ
まず植民地の定義を出して

560 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/01(土) 08:31:33 ID:067hHp8W0
時間がない
早く書いてくれ

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 08:33:58 ID:ntf99bPN0
>>559-560
イギリス連邦の一部で、イギリス国王が皇帝のインド帝国は植民地か否か
はい か いいえ で答えればすむ話じゃんか?
得意の二項図式にしてやったんだぞ
何でいつも躊躇するの、ここで?

562 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/01(土) 08:35:10 ID:067hHp8W0
>>561
おい
植民地の定義も出せないで
何でここに居るんだ?
早くしろ

563 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/01(土) 08:35:48 ID:067hHp8W0
>>561
>何でいつも躊躇するの、ここで?

イギリスのインド支配について詳しくないから



564 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/01(土) 08:41:38 ID:067hHp8W0
>>508-509のブライアンに

何を言うかブライアン
栄光の英連邦諸国にそんな真似はしない
っていうんだろ?

ちょっと戸惑っている

565 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/01(土) 08:49:45 ID:067hHp8W0
定義出しておいてくれよな



566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 08:59:11 ID:ntf99bPN0
>イギリスのインド支配について詳しくないから
>定義出しておいてくれよな

え、なんで今まで日本の植民地支配は欧米の植民地支配とは違うんだ!
って力強く力説してこれたの?
チロ先生なりの植民地定義がってそういう発言ができたはずでしょ
その議論でいくと、インド帝国はどうなりますか?と至極単純な質問をしている
だけなんだけど

567 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/01(土) 23:17:31 ID:vSq3IQor0
イギリス連邦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E9%80%A3%E9%82%A6

>>566
ここ読んでもまだやるのか?

568 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/01(土) 23:43:56 ID:vSq3IQor0
>>508-509のブライアン

>助けなき人民の上に無責任なる権力をふるうに当りて、智慧と正義とをもってすることの
>いかに人間として不可能なるかを、イギリス人はガンジス河・インダス河の流域において
>立証している。

日本の場合は【無責任なる権力】じゃない
【責任ある権力】だ
朝鮮も台湾も独立国家ではなく
大日本帝国なんだ!

責任を持って

この人口増加の原因としては、いくつかの要因がある。一つは第
6代宇垣一成総督による「農産漁村振興運動」などの民生向上活動
である。30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、
農村植林、水田開拓などの積極的な国土開発による食料の増産が図
られた。併合当初米の生産量が約1千万石であったのが、20年後
の昭和に入ると、2千万石へと倍増した。[1,p80]

 もう一つは医療制度の確立、特に伝染病の予防である。1910年か
ら徹底的な検疫を実施し、コレラ、天然痘、ペストなどは、1918年
から20年の大流行を最後に押さえ込まれ、乳児死亡率が激減した。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog056.html



569 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/01(土) 23:50:38 ID:vSq3IQor0
責任を持って

台湾編
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog145.html

570 :名無しさん@英語勉強中:2007/12/01(土) 23:52:48 ID:kvlYdngH0
★とにかくわかりやすい英語字幕付きです!
★全世界に広めて下さい韓国朝鮮の真実の情けなく愚かな歴史を!

■朝鮮人が絶対に認めたがらない朝鮮人の歴史(英語字幕付き)
★韓国人であるチェ先生が朝鮮の悲惨な歴史の真実を赤裸々に語っております!
★親日派のための弁明のキムワンソプ氏を超える過激な韓国朝鮮批判!
★チャンネル桜出演時の崔基鎬(チェケイホ)先生の動画です。
★崔基鎬(チェケイホ)先生逃げて〜!!

http://jp.youtube.com/watch?v=xOguQsyK08M
http://jp.youtube.com/watch?v=AAr95eQnRCo
http://jp.youtube.com/watch?v=7iDDqOkNJRA




571 :アルコールオニオン ◆91BhnTkMi2 :2007/12/04(火) 13:26:54 ID:mgbX8NNA0
高田馬場にある「芳林堂」で購入した「売国奴」を読む。
 黄文雄氏、石平氏、呉善花氏の三氏による対談集。
 なかでも、石平氏の「支那の軍隊は支那という国軍では無く、人民軍とい
う名の支那共産党の軍である。それは、日本でいえば、自民党が軍隊を持っ
ているようなものである」というのは、言われてみればそうであるが、私は
気がつかなかったので、新鮮であった。
 それぞれの国について客観的に発言しており、おかげさまで楽しく読み終えた。


572 :アルコールオニオン ◆91BhnTkMi2 :2007/12/04(火) 13:31:09 ID:mgbX8NNA0
チロリアンにレスをしてはいけません!!!!!!!!!!!!!!


コラアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

573 :アルコールオニオン ◆GMOXvcV5gc :2007/12/04(火) 14:20:53 ID:ZRa3Jmhx0
いま尿道に綿棒を入れてみたんですが、全く気持ちよくなりません・・・
やはり肛門から直接前立腺を刺激した方がいいですか?
初心者なもので、何度も質問すいません・・・


574 :アルコールオニオン ◆91BhnTkMi2 :2007/12/05(水) 14:01:26 ID:sGT9f3+z0
http://www.tamanegiya.com/urabbs/index.cgi

(笑)良い感じになってきたな

575 :アルコールオニオン ◆91BhnTkMi2 :2007/12/05(水) 20:03:12 ID:vTl7BysR0
#馬鹿陽区
#funわか
#ふぉるぼーれ
#ほりうち
#ホロン部員Y
#マリンコ
#元額誨淫
#真下
#大明神
#酒たまねぎや


私を騙れアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア吾嗚呼
私を騙れアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア吾嗚呼
私を騙れアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア吾嗚呼
私を騙れアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア吾嗚呼
私を騙れアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア吾嗚呼
うおおおおおおおおチンチンしゅしゅしゅsyすyすしゅ

576 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/09(日) 14:25:31 ID:0BubS6Nr0
>>571
いつもどこにいるコテなの?

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 17:39:11 ID:PjX5AzH80
台湾人犯罪が発覚しないカラクリ


2. 「中国」は、台湾を含む。
2. 「中国」は、台湾を含む。
2. 「中国」は、台湾を含む。
2. 「中国」は、台湾を含む。
2. 「中国」は、台湾を含む。
2. 「中国」は、台湾を含む。
2. 「中国」は、台湾を含む。
2. 「中国」は、台湾を含む。
2. 「中国」は、台湾を含む。
2. 「中国」は、台湾を含む。

警察庁ホームページ(平成15年度)
http://www.npa.go.jp/toukei/keiji19/H15_27.pdf

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/11(火) 17:36:47 ID:d5Iqc9lMO
ハワイが植民地であるのなら朝鮮も植民地である
同じく、アラスカが植民地であるのなら台湾も植民地であるといえる

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 00:12:56 ID:vGlNmu4i0
長い間フィリピンを植民地としてきたスペインやアメリカに比べれば、
日本のフィリピン支配はほとんどないに等しいものでした。
日本は、そのたった四年の間にカミカゼ精神をもたらしてくれました。
それは、フィリピンにとって最良のものでした。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 21:55:43 ID:KBAqX9UF0
>>27
>ウェルズは第一次大戦後の国際連盟設立に対して
いいや。お前が言ってるような日本を擁護する文脈で使われてるわけではないだろうと
疑問を呈しているだけ。

>これは常識なの。
事象としてはな。ではその功績はどこに帰するのかと言えば、連合国の勝利がそれを
もたらしたと言うのが常識だが。枢軸側が勝利して、人種の平等や民族自立に基づく
植民地の解放がありえたと言うつもりか?

>お前がムキになって出典を求めているのは、
>心の中では明らかに「この功績は日本にあり!」と思っているからであり、
>元来心の中に存在している反日の性質との葛藤なのである。
お前がムキになって満州国の正当性を主張するのは
心の中では明らかに「満州国に正当性は無い」と思っているからであり、
元来心の中に存在している、自己肯定のための愛国主義、愛国無罪的精神との葛藤なのである。
とでも返そうか?
まともに反論できなくなると、相手を反日とレッテル貼りしだすのもいつもの事だな。
事実上の敗北宣言と取っておくよ。

>>28
>何でイタリアやドイツを出してくるんだ?
>イタリアやドイツは関係ないぞ
第二次世界大戦は連合国と枢軸国の間で戦われ、日独伊は枢軸国の中心であり、立場を
同じくしていた同盟国だからだよ。 こんな初歩的な事から説明してやんなきゃわからんのか。

トインビーの述べているのは結果としての歴史の評価。日本の行動は正当だったと言ってる
わけではない。

>ジョージ・ブロンソン・レー
だからさ、一ジャーナリストの異端的なコピペを持って来ても何の論拠にもならないんだよ。
元々穴だらけで説得力など無い内容だしな。

>1895年に正式譲渡し後に至って還付を余儀なくせしめられた満州の土地を受くる権利があると確信するものである。
これを認めるとしても、関東州のみであり、満州全域の支配を正当化できない。

>満州国の独立及び主権を現に尊重する事が日本の根本的政策であると日本は世界に表明して居るのであるから、
口先だけで、実態が全く伴っていない。

>そのアメリカの約束を疑わず、日本の満州国の独立と主権の確保の約束を疑うのは何故か、
期限を切って現地人による準備組織を造っていたアメリカと、行政組織を完全に日本の支配下において
自主独立のための方策を全く取っていない日本。さらにはフィリピンと違い、満州ではそもそも日本に
自主独立を保証する立場にはない。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 21:56:18 ID:KBAqX9UF0
誤爆失礼

582 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/23(日) 17:59:20 ID:W0o6+jY20
>>581
>誤爆失礼

こっちのスレにも興味があってチェックしているのね
NHKはこっちに引っ越しだよ

さて知らない人の為にも書くか
俺の主張
「北朝鮮による核危機とNHKの不作為」について

まず関係している法律

放送法

第1章 総 則(目的)第1条 この法律は、左に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。
1.放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
2.放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。
3.放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。


(国内放送の放送番組の編集等)第3条の2 放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。


583 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/23(日) 18:05:49 ID:W0o6+jY20
字数(400字)の関係上
インターネットで議論しているのでNHKからのメールは公表するってのを書いた後に
===========================================================
質問@

日韓併合について

日本による韓国統治についてはこれまで、
韓国・北朝鮮はもとより日本国内の左派勢力・在日韓国・朝鮮人達からも
所謂「七奪」に基づく過酷な統治と言われてきました。

しかし数年前よりインターネット上で、また2005年には「嫌韓流」というマンガが発刊(2005年のベストセラー)
されこの事について異論が出されております。
そこでお聞きしますがNHKとしては放送法3条の2
【4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。】

この問題についての「意見の対立」を確認しているかどうかお聞かせください。
======================================================================
今はこの返信を待っている状態
自動返信メールで確かに受け取ったとあったのでメールは確実に届いている


584 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/23(日) 18:15:18 ID:W0o6+jY20
さてこれからなんだが

「意見の対立」と言ったってどこにでもある
俺の所でも今日の晩飯のおかずで意見の対立があった(マジです)
日本国中「意見の対立」だらけだ

さてどの「意見の対立」を「できるだけ多くの角度から」放送すべきだろうか?
日朝国交正常化交渉が始まったのは1991年
そしてその中で「過去の清算」というものが出てきている

この意見の対立を出さないという事はあり得ない
韓国との時はどうだったのか?

585 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/23(日) 18:17:59 ID:W0o6+jY20
例えば先日、日韓条約の公文書が解禁され、実は日本は戦争被害者や
統治時代の給料未払いなど個人補償もしていた、ただそれを韓国政府が
流用していたことが明らかにされた。
日本は補償もしていないと韓国人が言い立て、韓国系でもある朝日新聞も
そうだそうだと言ってきた。
ところがそうじゃなかったと分かって朝日は解説面(1月24日)で言い訳を書いていた。
この交渉で韓国側は「日本の植民地支配時代の未払い給与や預金、戦争被害の補償を求めた」
とあるがこれが大嘘。

アーカイブに行って交渉の当初から当たれば、韓国側はまず「起訴状を朗読するようなトーンで」(シーボルトGHQ外交局長)
戦時賠償と植民地統治の謝罪を求めてきた。
それは「日本を破産させてしまうほどの巨額な要求だった」(同)
これに対して日本側は朝鮮と戦争もしていないのに何故賠償なのかと抗議する。
さらに日韓併合は国際法に則ったもので何ら不都合はなく謝罪の必要もないと突っぱね、
だいたい植民地支配と言うが、実際は搾取どころか、
逆に日本政府がカネを持ち出す開発型ではないかと反論する。
それが「禿山が緑に変わり、鉄道、電気が敷かれ、港湾が築かれた。治水で水田も増えたではないか」
という久保田寛一郎代表(外務省参与)の発言だ。
これに韓国側が腹を立てて交渉が中断すると、当時の岡崎勝夫外相は「当たり前のことを述べただけ」
と韓国側を非難する。
今の福島瑞穂の大先輩に当たる鈴木茂三郎、勝間田清一ら社会党左派の連中まで
「李承晩になめられている」と怒る。
そして朝日新聞も「朝鮮統治では日本はいいことをした。マイナス面ばかり言い立てるな」という久保田発言を支持し、
韓国側の言う「植民地」という表現も遣っていない。
結局、日韓会談はしばしの中断のあと、日本側の主張通り韓国側が「賠償」と「謝罪」という表現を引っ込め、
個人補償を含めた戦後補償の形で決着し、調印している。
この嘘の解説記事を書いた記者は一度、自社アーカイブに行って切りぬきを読んでみるといい。
朝日の記事がまともだった時代があったことに気付くはずだ。

週刊新潮コラム 変見自在 高山正之


586 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/23(日) 18:54:20 ID:W0o6+jY20
1965年の日韓国交回復は
>>585のような交渉の結果である。

これをNHKが知らないとでもいうのだろうか?
さて次にこれを踏まえて意見の対立を出さねばならぬ時は
1986年藤尾文相の
「韓国併合は合意の上に形成されたもので、日本だけでなく韓国側にも責任がある」との発言で
罷免されられた時だ

明確に意見の対立があった
NHKはただ>>585の内容を放送し、その事について詳しい(藤尾側をサポートする)学者
でも出すべきだった
それをしただろうか?

ちよっと怖いものを見つけた
==============================================================
朝日の社説

朝日新聞社説 「藤尾発言は見過ごせない」
藤尾文相が、日韓併合について「韓国側にも責任がある」と発言した。
過去の植民地支配への反省に立ち、互恵の日韓関係を目指してきたわが国のさまざまな関係者、
未来の平和のためにこれに応じてきた韓国の人びとの努力に水をかける、心ない言葉だ。
 韓国政府と同国の世論が強く抗議しているのは当然だ。…(略)…
こんな失言をする人物を文相の座にすえたことを含めて、中曽根内閣は責任ある対応をするべきだ。
 だが、それに先立って欠かせないものがある。
韓国を併合して人びとに日本語の使用や改名まで強制した植民地支配や、
わが国が中国大陸やアジア各地に派兵し、その結果として生まれた戦争の惨禍を直視する目を、
われわれは持たねばならない。それらを二度とくり返さないという反省と決意が要る。

歴史の流れに即した誤りない政治をおこなうためには、とりわけ政治家にこそ、
このような反省と決意が求められる。ところが現職閣僚のなかにさえ、
その欠落が疑われるものがいる実態を、今回の事件は示した。
http://nanigasi00toua.blog63.fc2.com/blog-entry-62.html
=============================================================

一体20年の間に何が起こったというのだ?
1965年以後韓国では「敵を騙すにはまず味方から」と言う事で
反日歴史捏造教育に力が入れられたのだろう。
日本の方もすぐに自虐教育が始まったという事だろうか?






587 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/23(日) 19:04:51 ID:W0o6+jY20
まぁ朝日はほっとこう

1995年の江藤総務庁長官の時はどうだ?
『日本は韓国によいこともした』

その時もきちんと出したか?よいこととは何か?
何故良い事をしなければならなかったのか?


ただ段々と発言が弱くなってきているな

>『日本は韓国によいこともした』

>>585では

>そして朝日新聞も「朝鮮統治では日本はいいことをした。マイナス面ばかり言い立てるな」という久保田発言を支持し、

「よいこともした」と「いいことをした」

日韓国交交渉をした人々というのは年齢的に日韓併合当時
すでに成人していた者もいるだろう。
実際に日韓併合を最初から見てきた人達だよ
どう考えても彼等の意見を参考にすべきだろう


588 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/23(日) 19:10:44 ID:W0o6+jY20
とにかく朝日はどうでもいいから
日韓・日朝の歴史問題が起こった時に
意見の対立を放送する義務があった。

現在ネットもやらず、特に歴史に興味がない日本人は
みな日韓併合で日本は酷い事をしたと思っている。
櫻井の様に・・・
>>516
>だが、朝鮮半島で日本よりもっと苛酷な侵略を繰り返したのが中国だ。


589 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/23(日) 19:11:58 ID:W0o6+jY20
>とにかく朝日はどうでもいいから
>日韓・日朝の歴史問題が起こった時に
>意見の対立を放送する義務があった。

とにかく朝日はどうでもいいから
NHKは日韓・日朝の歴史問題が起こった時に
意見の対立を放送する義務があった。



590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 19:16:46 ID:cOfYlYrK0
・・・・・

591 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/23(日) 19:22:42 ID:W0o6+jY20
現在完全に捏造歴史に占領されている日本
その中での日朝国交正常化交渉の過去の清算
一体どうなるのだろう?

誰に責任があると思う?
はい590答えて

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 16:12:07 ID:PseJ97D20
台湾人を叩く奴は全部チョン
悪い事は全部チョンのせい
李登輝を日本の総理大臣にしよう
日本人は台湾人が大好き
日本人は台湾が好き!朝鮮嫌い!
日本に来る台湾人歓迎!朝鮮人出て行け!
台湾人はマジでかわいい
ヴィック・チョウは日本女性に大人気
日本人種は在日チョン用語



金美齢は絶世の美女




593 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/24(月) 19:55:47 ID:lhhZ7gzr0
それでは何故NHKの不作為と北朝鮮の核危機に関連があるのか、と言う事を語ろう。

みんなも自分の事だと思って考えてみてくれ

俺(チロリアン)の隣家の男が
「チロリアンの親父や祖父に、我が先祖は残虐に殺され財産を奪われ、
母や祖母は売春宿に売られた」と思っていた。

さて【この事実を俺が知ったら】どういう行動を取るだろうか?
まず事実関係を調べ、その様な事実がないと分かったら、
☆相手の誤解を解こうと努力するだろう?

みんなはどうだ?
(言っておくが引っ越しは出来ないぞ、日本と北朝鮮の喩えだからな)

俺と同じ事をするだろう?


594 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/24(月) 19:56:44 ID:lhhZ7gzr0
さて、ある日のこと、隣家の男が銃砲店の中に入っていくのを目撃した。
命の危険を感じないか?俺は目眩がするほど感じるぞ
自分だったらどうするよ?

銃砲店に入って「彼に銃を売らないでくれ」
警察署に行って「彼に銃の所持許可を与えないでくれ」
そして何も銃だけ警戒してもしょうがない。包丁で襲ってくるかも知れないので
常に隣家の動向を注視し警戒を怠らない。自分を含め家族の命が懸かっているんだ
絶対に警戒を怠らないだろ? 違うか?

昨日何度も意見の対立を出すポイントを示した。藤尾文相然り江藤長官また然り
このほかにもポイントはあったかも知れない。
とにかく彼等の捏造歴史で日本を恨んでいる(憎悪)という事実さえ日本国民が分かっていたならば
絶対にこの様な事は起こらなかったであろう。

■7.もう一人の共犯者■

 実は、北朝鮮の共犯者はもう一人いる。ソ連崩壊後、後ろ盾
を失った北朝鮮がなぜ核開発やミサイル開発を続けてこられた
か。日本からの資金と技術によってである。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog137.html


しかし既に北朝鮮は核を持っている。
出来る事は何だ?

>☆相手の誤解を解こうと努力するだろう?

意見の対立(実際は捏造歴史)を日本国民に知らしめ、
日本国一体となって彼等の歴史の誤りを指摘し誤解を解いていく。

☆【この事実を俺が知ったら】

日本国民に知らしめる事をNHKは今現在もやっていないんだよ
分かるかい?恐ろしい事だとは思わないか?
公共の福祉(安定した社会生活環境)の精神に合致していると思うか?

続く・・・


595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 20:07:39 ID:Hj3mKpp20
衝撃!中国毛皮養殖場映像(ショッキング動画注意)
http://www.tanteifile.com/diary/2007/01/11_01/index.html
http://www.fur-free.com/


596 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/25(火) 05:31:57 ID:m4Sf5bdt0
NHKからメールの返信があったら
このスレに誘導しちゃおうかな
その方が簡単だし・・・

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 20:44:09 ID:zMKfA1bu0
>実際に日韓併合を最初から見てきた人達だよ
>どう考えても彼等の意見を参考にすべきだろう

咸鏡南北、江原道(朝鮮北部)以外にも飢餓に瀕する者少なからずして僅か
に草根木皮によりて露命を繋ぎあるものを聞き、痛心に堪へずして当路者に糺
せば、彼氏曰く、『朝鮮にては左様の事は珍しくもなく今頃になれば毎年各地
に現はるる事象である。今ひと月もすれば木の葉も出て草も生ずるから夫れに
よりて収穫期まで何とかしていく』とて深く配慮するの様子もなかりし。(昭和7
年3月31日付)

「宇垣一成日記 2」 みすず書房

598 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/25(火) 21:51:34 ID:m4Sf5bdt0
>>597
李朝時代の朝鮮では、三月から六月までは食糧が不足する春窮期であった。
当時の人口は、農民が約八割を占める。
飢餓の春窮期を迎えると、朝鮮総人口の約六割が山野で草根樹皮を採集して
生命をつなぐという状態だった。
朝鮮の農書、農史を読むと、朝鮮農民は中国農民と酷似しているのがわかる。
旱害、水害、風害、雹害、病虫害が、間断なく年中行事のように各地を襲い、
農民は乞食、農奴同然である。
中略

戦前、日本農民を除いた中国、インド、東南アジアなどのアジア農民は、
きわめて貧しく飢餓状態にあり、
干ばつのたびに餓死者が大量に出るのが常であった。
なかでも、朝鮮半島の農民は、李朝時代の両班からの搾取、地理、天候などの
条件からもっとも貧しかった。
ただ両班の人為的なものを除いても、もともと自然条件と社会条件はかなり悪かったのである。
可耕地の広さに比べ農業人口があまりにも多く、
地質、土壌、治山治水の荒廃、気候寒冷などの自然状況も悪い。
さらに山林荒廃による燃料不足、堆肥不足、旧来農法の墨守などの面からも
農業立国となるのは難しかった。

「韓国は日本人がつくった」黄文雄 徳間書店


599 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/25(火) 21:52:54 ID:m4Sf5bdt0
>>597
>草根木皮によりて露命を繋ぎあるもの

は長年の「慣れ」であって

>飢餓の春窮期を迎えると、朝鮮総人口の約六割が山野で草根樹皮を採集して
>生命をつなぐという状態だった。


>深く配慮するの様子もなかりし 

なんだよ
「なんとかしてくれ」と言って動いていたら
もっと早く変わってた。
宇垣はこれを見て「30年で内地に追いつこう」としたんだな
======================================================
この人口増加の原因としては、いくつかの要因がある。一つは第
6代宇垣一成総督による「農産漁村振興運動」などの民生向上活動
である。30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、
農村植林、水田開拓などの積極的な国土開発による食料の増産が図
られた。併合当初米の生産量が約1千万石であったのが、20年後
の昭和に入ると、2千万石へと倍増した。[1,p80]

 もう一つは医療制度の確立、特に伝染病の予防である。1910年か
ら徹底的な検疫を実施し、コレラ、天然痘、ペストなどは、1918年
から20年の大流行を最後に押さえ込まれ、乳児死亡率が激減した。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog056.html

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 22:12:52 ID:8h5AqjPE0
短くまとめる才能がないね

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 22:20:47 ID:zMKfA1bu0
>>599
>一つは第6代宇垣一成総督による「農産漁村振興運動」などの民生向上活
>動である。30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、
>農村植林、水田開拓などの積極的な国土開発による食料の増産が図
>られた。併合当初米の生産量が約1千万石であったのが、20年後
>の昭和に入ると、2千万石へと倍増した。

宇垣の朝鮮総督在任期間は1931-1936年なんだけどね
相変わらず時間軸の観念とか因果関連というものを理解できないようですね

602 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/25(火) 22:35:45 ID:m4Sf5bdt0
>>601

因果関連はこれだよ

>飢餓の春窮期を迎えると、朝鮮総人口の約六割が山野で草根樹皮を採集して
>生命をつなぐという状態だった。

長年の慣れで

>深く配慮するの様子もなかりし

603 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/25(火) 22:37:37 ID:m4Sf5bdt0
>>601分かりやすく書くと

因因因因因因因因因因因因因因因因因因因因
>飢餓の春窮期を迎えると、朝鮮総人口の約六割が山野で草根樹皮を採集して
>生命をつなぐという状態だった。

長年の慣れで

果果果果果果果果果果果果果果果果果果果果
>深く配慮するの様子もなかりし

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 22:48:05 ID:zMKfA1bu0
>>602-603

韓国併合(1910年)
昭和元年(1926年)
宇垣朝鮮総督(1931-1936年)

以上の情報をもとにして、>>599のコピペ文を論理的に説明してね

605 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/25(火) 22:51:36 ID:m4Sf5bdt0
>>604
>併合当初米の生産量が約1千万石であったのが、20年後
>の昭和に入ると、2千万石へと倍増した。

ここだけおかしいって言っているの?
だからこれは嘘だって↓?

一つは第6代宇垣一成総督による「農産漁村振興運動」などの民生向上活
>動である。30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、
>農村植林、水田開拓などの積極的な国土開発による食料の増産が図
>られた。

606 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/25(火) 22:54:31 ID:m4Sf5bdt0
>>604
宇垣の「農村漁村振興運動」とは別に
米の生産量は併合後から

>約1千万石であったのが、20年後
>の昭和に入ると、2千万石へと倍増した。

って事だろ?

で何が言いたいんだかはっきり言えよ






607 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/25(火) 22:57:34 ID:m4Sf5bdt0
確かにサイトのコピペだと
宇垣の「農村漁村振興運動」が
米の生産量を倍増させたような書き方になっているが
そんな細かい事は気にするなよ

ってか
何が言いたいのかはっきり書け

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 23:01:07 ID:zMKfA1bu0
>>606
チロ先生の解釈のように書いてないことは、日本語能力がきちんと備わっていれば
簡単に理解できるはずだけどねw

「いくつかの要因がある。」として「一つは第6代宇垣一成総督による「農産漁村振興運動」などの民生向上活動・・・」って言って、順接のまま「併合当初米の生
産量が約1千万石であったのが、20年後の昭和に入ると、2千万石へと倍増し
た。」が繋がっているから、生産量の話が宇垣の運動の「結果」として書かれてい
ると、この文章の構造は示している。

で、こんなのを平気で引いてくるチロ先生の頭の中の時間軸の概念は大丈夫
ですか?と心配してやっているんだ

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 23:03:49 ID:zMKfA1bu0
>>607
>米の生産量を倍増させたような書き方になっているが
>そんな細かい事は気にするなよ

おいおい、これが「細かい事」かw
学問とは言葉の問題。
言葉を軽くみているから、あんた他人に何を言われているのかが理解できないんだよ。
およそ学問にはふさわしくないレベルだし、飲み屋の与太話程度で我慢しておいて
くれ。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 23:06:44 ID:zMKfA1bu0
しかし、文章の構造も理解できず論理の整合性も「細かい事」とか平気で言っ
ちゃうチロ先生が、植民地の語の定義とか言っちゃうんだからね

失笑物ってまさにこういうことだね

611 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/26(水) 05:40:36 ID:zWWpjzC30
>>608
宇垣はこれを見て「30年で内地に追いつこう」としたんだな

>一つは第6代宇垣一成総督による「農産漁村振興運動」などの民生向上活
>動である。30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、
>農村植林、水田開拓などの積極的な国土開発による食料の増産が図
>られた。

これは事実で
米の生産量は併合後から20年で倍増していた

で何が言いたいのかな?
嘘だと言いたいのか?

>おいおい、これが「細かい事」かw

全体を通して日本の施策の結果の中での事だよ。
そこまで誰がやったかに拘るというならば
併合後から20年で倍増させたのは誰がやったんだ?
こだわりをもって探して来いよ


612 :韓国人の本音:2007/12/26(水) 10:18:40 ID:btH8uTSL0
尹奉吉の75周忌追悼式典、ソウルで開催 朝鮮日報 2007/12/20 16:17:14
 1932年4月29日、上海の虹口公園で開かれていた、天皇誕生日と上海事変での日本軍の勝利を祝う式典の最中に、白川義則大将ら日本軍幹部を死傷させた尹奉吉(ユン・ボンギル)=1908‐32=
の75周忌にあたり、ソウル市竜山区の孝昌公園にある尹奉吉の墓前で19日午前11時から追悼式典が行われた。
 「尹奉吉義士記念事業会」(会長:李明博〈イ・ミョンバク〉次期大統領)の主催で行われたこの日の追悼式典には、国家報勲処(国家功労者に対する援護・褒賞活動などを担当する省庁)の金井復(キム・ジョンボク)長官、
光復会の金国柱(キム・グクチュ)会長、白凡記念事業会のキム・シン会長、白凡学術院のシン・ヨンハ院長など、関連団体関係者約600人が出席し、追悼の辞に続いて献花、焼香、弔砲、黙祷が行われた。
 光復会の金国柱会長は追悼の辞で「上海での義挙は、わが民族の独立を求める強い願いと、韓国男児の気概を見せ付けた快挙だった。
国家と民族のために犠牲になるということを意識せずに義挙を行った尹義士の高貴な心は、100年経とうと1000年経とうと、われわれの心の中に残り続けるだろう」と述べた。
 忠清南道礼山郡で生まれた尹奉吉は、1919年に3・1運動が起こるや、日本による植民地教育を拒否し、私塾の烏致書塾で漢学を学び、28年には復興夜学院を設立、
農民の子弟に対する教育を施した。29年には「月進会」を結成し、農民の団結や民族精神、愛国心の高揚などを中心とした農村運動に貢献した。その後中国に渡り、32年4月29日、
上海の虹口公園で開かれていた、天皇誕生日と上海事変での日本軍の勝利を祝う式典の最中に爆弾を投げ、白川義則大将ら日本軍幹部を死傷させた。

 これが韓国人の本音なんだよなあ。日本人相手であれば、卑劣なテロ行為でさえ、しかも2007年の現在でさえ、平然と肯定する。国家のお偉いさんも堂々と式典に出席する。
 しかも、日本政府はこれに全く抗議しない。テロ行為によって殺されたのは、仮にも日本の国家公務員であり、国の仕事をするために国が派遣していた国の職員なんだよ。それなのに関心さえ示そうとしないのが、今の日本なんだな。
 日本のマスコミも、一切報道していない。日本人は、韓国人がどういう精神構造の生き物か、よく知ってから付き合うべきじゃないか。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 10:29:33 ID:oMZo642M0
>>612
>日本人相手であれば、卑劣なテロ行為でさえ、しかも2007年の現在でさえ、
>平然と肯定する。国家のお偉いさんも堂々と式典に出席する。

日本の公使が手勢を引き連れて王宮に乗り込んで閔妃を暗殺した件は何と言う行為なの?
事件後に日本で行われた裁判でも無罪になって、暗黙の肯定してるんだけど

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 02:54:32 ID:t4Aa/XIS0
創氏改名を行って日本が得をしたことって何ですか?

615 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/27(木) 21:36:59 ID:Upu6GX6T0
>>613
閔妃暗殺
http://mirror.jijisama.org/kankoku_heigou2.htm

それとこのコピペあげる

景福宮攻撃と同時に大院君がソウルに出した檄文

「近年、閔妃を中心とする一派が善良なる者を排斥し、狡猾なる者を用いて維新の大業を中断した。
ゆえに500年の宗社は一刻の猶予も無き危機に直面している。余は宗臣としてこれを座視できない。
従ってこのたび入閣して大君主をお守りし、邪悪な輩を追い出し、維新の大業をなして500年の宗社を守ろうとするものである。
民は案ずることなく生業を守り、軽挙妄動してはならない。万一、民と軍人のなかに余の行く手をさえぎる者あらば、
これは大罪ゆえ、後悔なきようにせよ。」 

616 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/27(木) 21:40:36 ID:Upu6GX6T0
>>613
>日本の公使が手勢を引き連れて王宮に乗り込んで閔妃を暗殺した件は何と言う行為なの?

朝鮮人の方が多かったよ

>何と言う行為なの?

ホール曰く、

 (中略)

 「自存権は、ある場合においては、友好国、または中立国に対する暴力行為を、
正当化することがある。というのは、その国(即ち友好国または中立国)の位置及び資源からして、
同国が敵国によって自己に危険を及ぼすまでに利用され得る場合、また敵国側が、
その国をかように利用する意図をもっていることが明瞭である場合、
さらにまたその国が無力であることによるか、もしくはその国の中にある一派と通謀するという方法によって、
(敵国がその国を利用することに)成功する場合などである。・・・・・」

 リビエは、この自衛権または自存権を次のように説明している。

 「一国家の自存権と、他国の権利を尊重すべき同国の義務とが衝突したときは、
自存権は義務を無効のものとする。(ラテン語の)いわゆる『生存権』である。
人間は自己を犠牲にする自由をもっているかも知れない。(しかし)一国の運命を委ねられている政府として、
国家を犠牲にすることは断じて許されていない。

 その場合政府は、自国の安全のため、他の一国の権利を侵害する権利を与えられているし、
且つある状況のもとにおいては侵害する義務を負うことさえある。これは必要止むを得ないという口実であり、
国民的理由の適用である。これは妥当な口実である。」


東京裁判研究会編『パル判決書』上、328−9頁より。



617 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/27(木) 21:46:37 ID:Upu6GX6T0
>>613
この冬休みは自衛権について考えてみるか?
一度も9条護憲派から破られていない「9条早く変え論」参考にしてくれ

それでは自然権である自存権(自衛権)について考えてみます。

1000人を惨殺した凶悪犯が警官隊に追われ、人質を取って立てこもっています。
凶悪犯は警官隊に射殺されるか、捕まったとしても死刑になる事は確実でしょう。
いずれにしても死です。
それが嫌で人質をとって抵抗している。

さて、この凶悪犯を一つの生物として考えた場合、
この行為(死から逃れようとする)はどうでしょうか?
前にどのような生物も、自己を守る権利を有していると書きましたが
もちろんこの生物にもその権利はあります。
ただこの生物は人間社会に属しているので、【法】がその権利を無効とするわけです。

このように、こんな酷い凶悪犯といえども、自己を守る権利はあるが、
その社会が取り決めた【法】によって射殺されるなり、死刑になるわけです。
つまり自然権たる自衛権(自分を守る権利)はこの世に生を受けたものが持っている非常に重要な権利で、
何人たりとも異議を唱える事の出来ない性質のものなのですが、
【法】に依って制限または無効にすることも出来る、というわけです。
※外国には、他人(複数)の自存権を故意に侵害したにも関わらず、本人の自存権は認められる
という死刑廃止の国まである。(それほど強い権利)

さて、凶悪犯は捕まり死刑を宣告されました。もはや自存権(自衛権)は無効とされているので、
刑が執行される日まで、暴れたら取り押さえられるでしょうし、武器(凶器)になるようなものも手に入らないように
厳重に管理されるでしょう。

618 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/27(木) 21:47:24 ID:Upu6GX6T0
さて憲法9条です。
========================================
第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
========================================

どこをどう読んでも自衛権は認められませんし、自衛隊は違憲になっています。
この9条で日本国の自然権たる自存権(自衛権)は無効にされていますが、日本は一体何をしたからこんな罰を受けたのでしょうか?
前述した凶悪犯は1000人を殺したからですが、日本は一体何を?
その答えは東京裁判にあります。
満洲事変からの行為を侵略とされ、南京大虐殺で人道上の罪を犯したとされました。
それ故に日本国は9条によって死刑にさせられたのです。
死刑執行日まで、暴れたら取り押さえられるでしょうし(国連、敵国条項発動)
武器(凶器)になるようなものも手に入らないように厳重に管理されるでしょう(日本国憲法第9条)
死刑執行日は他国が日本を侵略しようとした日であり、
明日かもしれないし何千年後かもしれません。まぁあくまでも9条を守っていたとしたらですけどね・・・

この様に、9条を考える時には絶対に東京裁判ついて触れないわけにはいきません。
戦前の歴史について考えないという事はあり得ません。
これについては来週からになりますが、一言断っておくべき事があります。
仮に東京裁判の事が全て事実で、この9条の対象者である当時の日本国民全てが凶悪犯だったとしましょう。
9条では「永久にこれを放棄する」=(永久に罰する)と唱っていますから
罪は子々孫々に引き継がれる、または凶悪凶暴な性格は遺伝すると言っているのです。
つまり9条を守ろうとする者達は、これら、罪の引き継ぎを認めるか、凶悪凶暴な性質遺伝を証明しなければならないのです。
それらができないのであるならば、即刻9条という、日本国民にとって不当な、というよりも、人類にとって不当な
条文を破棄する事に尽力しなければならないのである。

619 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/27(木) 21:50:17 ID:Upu6GX6T0
>前にどのような生物も、自己を守る権利を有していると書きましたが

↑これは他板でお行儀よく書いた時(見あたらない)
仕方がないのでこの板で書いた時のコピペ↓


何で分からないんだよ?
自衛権について考察してみろよ。
自衛権というのは自然権にして、この世に生を受けたものが与えられている権利だよ。
そしてそれは何も人間だけじゃない、全ての生物だ。
人間は生きる為に他の生物の命をもらう。
たとえば釣りをしたとき、魚が抵抗する様を見て
「何故抵抗するんだ?」なんて思うか?何故そう思わない?
それは魚の自衛権(自を守る権利)を認めているからだよ

この自衛権、(危険回避行動)を否定出来る存在なんてこの世にはない。

※右の頬を打たれたら左の頬も出しなさい、の教えを実践している者のように
その権利を自らの意志で放棄する事は可能だが、
強制する事は絶対に出来ない。
※何故なら、もし自衛してはいけないと云うのが神の意志ならば
最初から防衛本能を抜いて人間を創るからだ。

※>強制する事は絶対に出来ない。何故なら、

この続きは「何故なら信教の自由」と言えばいいのだが
彼等を目覚めさせる為に敢えて↑にした

620 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/27(木) 21:56:59 ID:Upu6GX6T0
まず「自衛権」とは何かについて考え

次にそれが「無い」という事はどういう状態か?
を考えれば
憲法9条論議などやる必要はないのだ

621 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/27(木) 22:00:13 ID:Upu6GX6T0
またNHKについて書けなかった

ちなみにまだ返事はきていない
一ヶ月が目安だからそろそろだろう

ってか来年だな・・・

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 01:19:19 ID:uwPub+r60
自分のこと気持ち悪いと思わない?

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 05:21:19 ID:tLnx6BUa0
閔妃暗殺って、今で言えばアメリカ大使あたりが手勢引き連れて皇居に乱入し、
皇后をぶっ殺したくらいのものなんだが、それは上海天長節「テロ」と相殺できる
ほどのことなんだろうかね?

まあ自衛権はパルの言うとおりで、だからこそ中国にも当然自衛権があり、それを
発動させる脅威は日本の大陸政策だったってことで意見が一致するな

めでたいことだ

624 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 05:24:29 ID:1JcA+E+W0
>>623
>今で言えば

現在の価値観で論じたいという事なの?
状況が全然違うよ
タコなの?

625 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 05:25:54 ID:1JcA+E+W0
>>623
>それを発動させる

具体的に何の事を言っているの?

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 05:35:25 ID:tLnx6BUa0
>現在の価値観で論じたいという事なの?
>状況が全然違うよ

ん?中国の日本商品ボイコットなんて、閔妃暗殺を自衛権の発動とするよりは、
よっぽど正当性のある自衛権の発動だろ
時間軸概念大丈夫?

627 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 05:37:35 ID:1JcA+E+W0
>>626
様々な排日運動の中でも、特にパール判事が注目するのはボイコット運動である。
東京裁判では、これに関して弁護側が提出したいくつかの証拠が却下されたが、
パール判事は「日本と中国との関係を詳細に吟味しようとすれば、
ボイコット問題の検討を除外することはできない」と批判し、ボイコットの実態と法的意味に検討を加えている。

まずパール判事は、ボイコット運動の恐るべき実態を示すべく、次のような事例を挙げている。
 「一九二五年以降、ボイコットの実行は国民党によって鼓吹されただけでなく、
組織され、統合され、かつ監督され、またこれに伴って敵国に対する民心を刺激するために、
巧妙に選ばれた標語を用いた、猛烈な宣伝を行った」

「多くの場合、日本人に雇われていた中国の使用人がその雇主のもとを去り、
あるいは日本人が食糧その他の日用品の補給を絶たれ、また日本人が色々な形の暴行および脅迫を受けた。
そして多くの場合において、日本人は安全を求めて避難し、あるいは全然日本に引きあげてしまうことなどを余儀なくされた。
多くの日本人はその職を失ったのである」

 つまり、ボイコットは国民党という事実上の政府機関によって組織的に指導され、そ
の結果、多くの日本人が文字通り「死活問題」に陥ることになったというのである。

 次にパール判事は、こうしたボイコット運動の合法性に対して、次のように疑問を呈している

「リットン委員会が面接した日本人商人たちは、中国で行われているようなボイコットは、
侵略行為であると強く主張した。委員会はこの見解を認めはしなかったが、…ボイコットは、
合法的手段によって行われたという中国側参与員の主張を支持することを拒否した」

最終的にリットン報告書はボイコット運動について、
「不法行為は常に行われ、しかもこれらは官憲および法廷によって、
十分に禁圧されていない」と結論付け、さらに次のように批判したのである。

「これらの行為は、中国の法律により明かに不法なるのみならず、生命および財産を保護し
、ならびに商業居住、往来および行動の自由を維持するの条約上の義務に違反す」
こうした条約違反の排日運動が政府ぐるみで行われ、日本人の正当な権利が侵されていた事実を無視しては、
満州事変の真相は分かるまい。
http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=36


628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 05:39:36 ID:tLnx6BUa0
>>627
で、中国側からすると自衛権の発動ってことでいいだろ
で、自衛権は自然権として最も尊重されると

はい解決

629 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 05:40:06 ID:1JcA+E+W0
>>626
ボイコットは不当だってよ

満州国建国も不当だとされたって?

それはリットンが満州国建国の正当性を知らなかったからだよ

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 05:40:54 ID:tLnx6BUa0
で、朝鮮や中国側の自衛権は?

631 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 05:42:42 ID:1JcA+E+W0
>>628
>で、中国側からすると自衛権の発動ってことでいいだろ

もちろんだよ
で、不当とそれた

自衛権行使=正しい ではないよ

あーここら辺も説明しなきゃ駄目か?
満州国スレパート1でやったんだが・・・
時間がないから今

632 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 05:44:25 ID:1JcA+E+W0
>で、不当とそれた

で、不当とされた

>時間がないから今

時間がないから今は駄目だな

とりあえず暇そうなお前が
「自衛権」について語ってくれ

633 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 05:51:34 ID:1JcA+E+W0
>>630
>>616をもう一回読んでくれ

スイスは永世中立国だが何故重武装国家なのか、が分かるだろう。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 05:57:02 ID:tLnx6BUa0
>>631
>自衛権行使=正しい ではないよ

そうだよな
何せ、日本が有した「日本人の正当な権利」って、欧米帝国主義と最恵国待遇
で有した、帝国主義的利権だもんな

そりゃあ日本が主張する「自衛権」は、アヘン戦争時にイギリスが主張した「自衛権」と違いはないもんな

年末の見解の一致をみられたようでまことにめでたい
来年はもういなくていいからね

635 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 06:03:45 ID:1JcA+E+W0
>>634
>そりゃあ日本が主張する「自衛権」は、アヘン戦争時にイギリスが主張した「自衛権」と違いはないもんな

でイギリスの「自衛権」は正当だと主張してみて

636 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 06:05:34 ID:1JcA+E+W0
>>634
>そりゃあ日本が主張する「自衛権」

国際連盟が日本の権益が侵害されていた事を認めていたのは分かっているよな?
こっちにもコピペしなきゃならないのか?

637 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 06:07:59 ID:1JcA+E+W0
あまりにも無法な弱肉強食なんで少しずつルール作りが出来てきて
その過程の国際連盟

一緒にしちゃ駄目よ

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 06:08:03 ID:tLnx6BUa0
>>635
アヘン戦争時に英国が主張した「自衛権」の怪しさと同じだよなと言っているんだが、日本語読解は大丈夫?

639 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 06:09:01 ID:1JcA+E+W0
>>638
>>637

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 06:17:15 ID:tLnx6BUa0
チロ先生さあ、最恵国待遇って知ってるよな
中国全土に不平等条約を広める契機が、日清戦争で日本が獲得した利権
だって知ってた?最恵国待遇で欧米にもその利権は同時にもたらされる

むしろ日本はそれを見こして、日清戦争への欧米の理解と協力をとりつけたって
議論
これは英国の歴史家W.G.ビーズリーが『日本帝国主義1895-1945』で指摘
してるんだけどね

641 :韓国は近代国家か?:2007/12/28(金) 11:35:34 ID:6M1nch2c0
612の者だけど(本当だよ)、この記事を貼り付けて読んでもらおうとしたのは、閔妃暗殺事件とか(俺も暗殺を肯定するつもりは全くない)、韓国側の自衛権発動に当たるか否かとか(議論が的外れ)、そういう意図ではなかった。
いいかい?よく考えてごらん。日本国の国家公務員であった人物(従って、日本国民の下僕であり、国民の意思とお金で働いてもらっている人。個々の日本人が日本の軍部の行動をどう考えているとかの問題ではなく、
法的には間違いなく日本の一般公務員である人物である)が暗殺さらたのは、1932年のこと。その犯人は“尹奉吉義士”なる立派な“日本人”だったんだよ。閔妃暗殺事件は韓国併合前のことであり、状況が異なる。
 つまり、“尹奉吉義士”は、自国の政治のあり方に不満を持ち、その政治を改めさせる手段として、自国の政府要人を暗殺するという暴挙に出たわけ(日本軍将校には韓国系日本人も多かったことを想起せよ)。
1930年代に“内地”でも相次いでいた政財界の要人暗殺事件と軌を一にした行動といってよい。
 俺が問題提起したかったのは以下の2つの点だった。@自国内で、国家公務員であり、国の安全保障に携わる複数の政府要人が、突然、一方的に襲撃され、
死傷させられた事件について(日本人である尹奉吉が自国民を殺害した現場は上海だが、刑法199条には、国外犯処罰規定が適用される)、これを公然と礼賛し、
次期大統領、国家功労者に対する援護・褒賞活動などを担当する省庁の長官、学術院院長が参列、「高貴」であると賞揚していることについて、
なぜ、自国とその国民に対する侮辱行為として抗議しないのか。A自国の政治のあり方が気に食わないからといって、それを暴力によって改変を企てる行為を公然と肯定する国家をまともな近代国家と認めることができるのか。
 民族紛争は世界中の至る所で起こっているが、中国(たとえば、ウイグル、チベットなど、日本のマスコミは無視しているが、かなり悲惨なことが起こっている)、ロシア(たとえば、チェチェン)、
アメリカ、フランス、イギリス、スペインなどの自治州(地域)や、事実上の植民地のような地域の出身者の1人が、個人的に、それらの中央政府の要人を殺害した場合、
自治地域を治める公的な立場の者が「よくやった!義挙だ!」と公然と称え、式典を催したりするだろうか。
 それどころか、2007年の現在では、イスラム諸国であっても、自国の一青年が、たとえイスラエル軍の要人を自爆テロなどで暗殺したとしても、「よくやった!ジハードだ!イスラム民族の“気概”を見せた」
と公式の声明を出して国家の要人が暗殺者の葬儀に参列することなどは考えられない。アメリカにテロ支援国家と指名されてしまうし、イスラエルに無用の刺激を与えるという政治的配慮も働く。
日本は政府も国民も、「どうせあいつらは何も言って来ないだろう」と舐めきられているんだよ。
 昨日、ブット首相が、おそらくは“自国民”によって、自爆テロで暗殺されたよね。これと尹奉吉事件とは本質的には同じ性格のテロ事件なのだが、
パキスタンの大統領は、(演技かもしれないが、公式には)テロ行為に対する非難声明を出した。
 韓国が近代国家なのかどうか、日本人にも韓国人にも考え直してほしいな。

642 :韓国は近代国家か?:2007/12/28(金) 12:06:46 ID:6M1nch2c0
それともう一つ失礼。
>>623 閔妃暗殺って、今で言えばアメリカ大使あたりが手勢引き連れて皇居に乱入し、
皇后をぶっ殺したくらいのものなんだ・・・
は例えが間違っている。間違っているというより、政治的な次元も意味合いも異なる。
韓国はあくまで清の属国に過ぎなかったのであり、その属国的地域の名目的支配者の妻と、日本の皇室とでは、政治的立場に天と地ほどの差があるよ。

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 15:25:45 ID:uwPub+r60
国民がどう思うかという点では同じさ

644 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 19:14:25 ID:1JcA+E+W0
>>640
( ^▽^)<長崎清国水兵暴行事件

      1886年8月1日,北洋艦隊の巨大新鋭戦艦「定遠」「鎮遠」と巡洋艦「済遠」「威遠」の4隻が,
      なめたことに日本政府に予告なく,無許可で突然,長崎に入港

  ∧∧
 ( =゚-゚)<艦名の「遠」は日本を意味し,「定遠」「鎮遠」は日本を鎮定するという意味w


( ^▽^)<8月13日には500人以上の清国水兵が勝手に上陸開始
      長崎市内をのし回り,商店に押し入って金品を強奪・・・酒に酔い女性を追いかけるなど,散々に暴れまくる・・・

  ∧∧
 ( =゚-゚)<日本の警察が鎮圧に向かい 双方抜刀して市街戦に発展・・・
       斬り合いの結果,双方とも八十数人の死傷者を出す・・・


( ^▽^)<翌日 上陸した清国兵の一部は骨董店などで古刀や古武器を購入
      その翌日 300人の清国兵が3人の警官に暴行 一人死亡・・・
      さらに警察署を襲撃・・・・


  ∧∧
 ( =゚-゚)<近所の住人が警察に加勢
       投石で水兵たちを攻撃!
      住人の攻撃に水兵たちは総崩れとなり、追い散らされて、一部は捕縛される・・・・

( ^▽^)<・・・・

  ∧∧
 ( =゚-゚)<まあコノ長崎の事件が、日本の大陸進出のそもそもの原因なんだよね・・・・


645 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 19:17:40 ID:1JcA+E+W0
>>640
>中国全土に不平等条約を広める契機が、日清戦争で日本が獲得した利権
>だって知ってた?

何が言いたいのか分からない
日清戦争で日本が勝っちゃいけなかったとでも言うのか?
台湾ももらっちゃ駄目って?

はっきり書けよ

646 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 19:31:06 ID:1JcA+E+W0
>>641
@自国内で、国家公務員であり、国の安全保障に携わる複数の政府要人が、
突然、一方的に襲撃され、
死傷させられた事件について
(日本人である尹奉吉が自国民を殺害した現場は上海だが、刑法199条には、
国外犯処罰規定が適用される)、これを公然と礼賛し、
次期大統領、国家功労者に対する援護・褒賞活動などを担当する省庁の長官、
学術院院長が参列、「高貴」であると賞揚していることについて、
なぜ、自国とその国民に対する侮辱行為として抗議しないのか。

A自国の政治のあり方が気に食わないからといって、
それを暴力によって改変を企てる行為を公然と肯定する国家をまともな近代国家と認めることができるのか。

=====================================================================================
>(議論が的外れ)、
>俺が問題提起したかったのは以下の2つの点だった。

どういう議論になるというの?
どういう議論を求めているの?

歴史を捏造して利を得ようとする者達はどんな人々だ?
極悪人だよ
ここにいる反日ブラザースだってそれは認めている。

そんな国では、はっきりいって何でも有りだよ
紹介してくれた様な事が起きても全然不思議じゃない
だって捏造大国だから

問題は

>なぜ、自国とその国民に対する侮辱行為として抗議しないのか。

でもこれって文脈から見て「何故日本は抗議しないのか?」じゃないよな・・・
でも「何故日本は抗議しないのか?」にして話を進めるが

だからNHK問題をやっているんだよ



647 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/28(金) 20:03:53 ID:1JcA+E+W0
NHK問題について書く

「何故意見の対立を放送しない」と言っているが
実際は
「何故捏造歴史でやられている事実を放送しない」と言っている

というのも、俺もまたネットで捏造歴史を知ったのだが、
意見の対立を知ってすぐに韓国や北朝鮮の言っている事が
捏造歴史だと分かった。

今までに多くの人間がネットなどで「意見の対立」を知った事だろうが
誰か「韓国・北朝鮮の方が正しい」なんて人いたか?

つまりNHKの人間が「意見の対立」を知った時は「韓国・北朝鮮の捏造歴史」が分かる時でもあるわけなんだ。

で俺は放送する手法として「意見の対立」として出せと言ってるわけ
そうすればどこから圧力が掛かっても

「意見の対立を放送する事は放送法で決められているんですぅー 」と逃げられるだろって事

とにかく「意見の対立」は「捏造歴史」と置き換えてもいいって事だけ
伝えておきます





648 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/29(土) 08:32:12 ID:7Uz+2q0H0
>つまりNHKの人間が「意見の対立」を知った時は「韓国・北朝鮮の捏造歴史」が分かる時でもあるわけなんだ。

そしてそれ(捏造歴史)を「放送しなくてもよい、放送しなくても大丈夫、何の問題もないし、何も起こらない」
とNHKは結論したんだ。

その事についてあちこちの板で聞いて回ったわけだ

「あなたもそう思うか?」ってな

当然俺はそうは思わない

いつの事だろうか?
「捏造歴史で攻撃されている事実を報道しない」と決めたのは?
会議で決まったのか?上層部の指示か?その場の空気か?
まぁ何でもいい
彼らはその後、それらの行為が拉致や核開発に繋がるとは夢にも思わなかっただろう。
いや、俺もまたその場にいたら、思いもつかなかったに違いない。

が!しかし!道理が分かる俺はその時この様に言うだろう
「歴史を改ざんして他者を責めるという事は大悪・極悪である。
それらを知らせないのならば、必ずや日本国民に災いが降りかかるだろう」

俺は予言者か?いや違う

悪の限りを尽した極悪人が脱獄したが、その事を国民に知らせなかった。
何が起こるであろうか?
分からない・・・
殺人、強盗、強姦、窃盗、ハイジャック・・・全く分からない
だが悪い事が国民の誰かに起こるであろう事は確実である。

捏造歴史を放置した、
特に良心ある者はそれに縛られた。

これから一体何が起こるのであろうか?

649 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/29(土) 08:42:02 ID:7Uz+2q0H0
では今日は今から

>彼らはその後、それらの行為が拉致

NHKの不作為と拉致について書いてみる

これはただ単に、
捏造歴史で日本を憎悪している国の存在を日本国民が知ったなら
当然ながら警戒するだろうと言う事(核についても同じだが)
警察・公安の目も厳しくなるし、日本海にも巡視艇の数が増やされただろう。

それとは別にもう一つの視点からこの問題を捉えよう

650 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/29(土) 10:02:08 ID:7Uz+2q0H0
ある優秀な男がKGBに入って暗殺者に仕立てられていく話を
前に本で読んだ。(冷戦中の話で実話ね)

その男は西側の人間を暗殺する為に一人で送り込まれたのだが、
決行の段階で逡巡した。「やはりそんなに事は出来ない」と
しかし自分がやらなければモスクワにいる妻子はどうなるのか。
公園でベンチで思いを巡らせていた時に一人の男の子が近づいてきた。

「おじちゃんどうして涙を流しているの?」

「君の青い目がきれいだからだよ」
男は西側当局に自首した。
=======================================================

さてKGBによる暗殺のターゲットだった西側の人間は
何によって助けられたと言うのだろうか?
言うまでもない事だが送り込まれたKGB要員の「良心」である。

罪を犯す時、つまり一線を越える時、大抵の者はその言い訳、口実を設けているものだ。
「罪と罰」のラスコーリニコフの様に・・・

もし仮にその西側のターゲットだった男が
送り込まれたKGB要員の復讐相手だったとしたら?
昔KGB要員の家族をその西側のターゲットの男が殺したとか。
そうだったらあっさりと暗殺実行されていただろう。


651 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/12/29(土) 10:02:46 ID:7Uz+2q0H0
さて北朝鮮による拉致だが、在日朝鮮人が多数関わっていたのは報道で見るとおりだ。
そして当然ながら在日朝鮮人にも「良心」がある。

何故在日朝鮮人達の「良心」は動いてくれなかったのだろうか?

拉致ターゲットの日本人に日帝の影を見ていたのである。
七奪によって祖国から全てを奪い去った悪辣なる日帝を見ていたのである。
だからこそ彼等は中学生の女の子をさらっても平気だったのである。

在日朝鮮人も普通に日本のテレビを見ているのだ。
もう一度書こう

NHKはこういう

捏造歴史を「放送しなくてもよい、放送しなくても大丈夫、何の問題もないし、何も起こらない」

俺は日本国民に問いかける

「あなたもそう思うか?」


652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 17:44:55 ID:5q5gtdkz0

■セイロン(現スリランカ)代表ジャヤワルダナ蔵相■
サンフランシスコ対日講和会議(1951年9月)

アジアの諸国民はなぜ、日本が自由になることを切望しているのか。
それは、アジア諸国民と日本との長きにわたる結びつきのゆえであり、また、植民地として従属的地位にあったアジア諸国民が、日本に対して抱いている深い尊敬のゆえである。
往時、アジア諸民族の中で、日本のみが強力かつ自由であって、アジア諸民族は日本を守護者かつ友邦として、仰ぎ見た。 
私は前大戦中のいろいろな出来事を思い出せるが、当時、アジア共栄のスローガンは、従属諸民族に強く訴えるものがあり、ビルマ、インド、インドネシアの指導者たちの中には、最愛の祖国が解放されることを希望して、日本に協力した者がいたのである」
「よってセイロンは日本に賠償を求めない」

※この他、日本への賠償請求権を自発的に放棄した国に、インド、ラオス、カンボジアがある。


■インドネシア賠償交渉担当 アルジ・カルタウィナタ国会議長■
(当時の岸首相に対して)
「独立のお祝いというつもりで賠償を払ってください。日本が悪いことをしたから賠償をくれというわけではありません」

※独立当事のインドネシアは、経済的にも窮し国民が貧困に喘いでいたことと、「独立できたのは、日本軍が軍隊(PETA)を作ってくれ、敗戦後も独立運動に参加してオランダ軍と戦ってくれたからだ。」という好意的な対日感情が背景にあった。 
独立戦争に参加した2,000人の日本軍のうち、1,000人が戦死した。 
今でも、インドネシアの独立記念日には、インドネシア人の男女2人と日本軍の格好をした1人を加えて3人で国旗を掲揚し、讃えている。


653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 18:40:53 ID:hspqQdWi0
それぞれの国々では、その地に住む人々による民族独立運動が、再び起こっ
ていたのである。
 インドネシアでは、現地の独立義勇軍に、武器を持って参加した日本兵た
ちがおよそ3000人近くもいた、その内、1000人が独立運動で命を失い、1000
人は、その後、日本に帰国した。
 インドネシアでは、戦死した1000名を国立英雄墓地に葬り、今でも英雄と
して扱っている。(中略)
 しかし、こうした真の「東亜解放」の戦士たちは、日本では「逃亡」扱いとさ
れ、生きて日本に帰ってきた者も、軍人恩給の面で差別されていた。(中略)
 よく、「大東亜共栄圏は、アジアの独立、解放のためになったのだ」などと、し
たり顔で言う元高級軍人や政治家を見受ける。それに付随して「大東亜戦
争の肯定論」を撒く人たちがいる。そんな彼らを見ていると、戦後、日本で安
穏と暮らしながら、臆面もなくよく言うよと思ってしまう。歴史から抹殺された彼
らのことを思うと、そういう発言に不謹慎な響きを感じる。
 こういう人たちに指導された結果があの戦争だったのだと改めて怒りがわいて
きてしまうのだ。
保阪正康『あの戦争は何だったのか』237-238ページ

654 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/01/01(火) 00:37:51 ID:Zn0wjz5p0
>>653
アーノルド・J・トインビー(イギリス、歴史学者)

  第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、
偉大なる歴史を残したと言わねばならない。その国々とは、
日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。
日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、
アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去二百年の間に考えられていたような、
不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。(1965年十月二十八日、英紙「オブザーバー」)
http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/daitoua.html


655 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/01/01(火) 00:41:16 ID:Zn0wjz5p0
>>653
保阪という人に言いたいのだが

大東亜戦争の意義と
「したり顔で言う元高級軍人や政治家」の事は分けて考えた方がいい。





656 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/01/01(火) 00:44:15 ID:Zn0wjz5p0
大東亜戦争を否定したいならそうすればいい
ただ「したり顔で言う元高級軍人や政治家」を見て否定する気になったわけではあるまい?

そんなのは関係のない事だ

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/01(火) 09:31:42 ID:PFm5wXuO0
>>655-656
フィリピンに赴任した冨永はフィリピン決戦において陸軍初の航空特別攻撃隊の
出撃命令を出すこととなる。特攻隊出撃前の訓示では「諸君はすでに神であ
る。君らだけを行かせはしない。最後の一戦で本官も特攻する」と言い、一方で
帰還した特攻隊員は容赦なく罵倒して、62回に亘って約400機の特攻を命令し
パイロット達を全員戦死させた。

こうして戦勢の不利が明白となった、1945年1月16日、マニラから引き上げてきた
司令部要員の大半をエチャーゲの南5キロにあるサンチャゴに足止めさせている間
に、司令官、参謀などの高級将校たちは、残り少ない戦闘機を駆り出して護衛
を命じ、フィリピンのエチャーゲ南飛行場から台湾台北へと続々と逃亡した。積
み荷はウィスキーと芸者たちであったという。これを知った残された約1万の第4航
軍の将兵は唖然として語る言葉もなかった。 冨永に見捨てられた兵たちは地上
部隊に編成替えされ脆弱な歩兵部隊となってその大半が戦死した。
その後、冨永は胃潰瘍の診断書を提出して温泉療養に専念し、十分に英気を
養う。2月13日、大本営は第4航空軍司令部の解体を発令した。これが悪名
高い「富永恭次の敵前逃亡」である。太平洋戦争においてはマッカーサーも敵
軍を前にして脱出しているが、マッカーサーが正式な命令を受けて脱出したのに
対して富永は明らかに軍規違反であり、軍規に則れば銃殺刑の敵前逃亡で
あった。これは現在に至るまで批判されている。

658 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/01/02(水) 09:38:52 ID:Z0xY6o0R0
>>657
wikiからの引用ならちゃんとURL貼ってよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E6%B0%B8%E6%81%AD%E6%AC%A1

別にその富永を英雄にしたわけではないだろう?

>山下大将は「部下を置き去りにして逃げるような奴に何ができるか!」と面罵したという。

======================================================

俺の言っている事がどうも分からないらしいね

>>654のトインビーとテーブルを挟んで座っている事を想像してくれ
そして彼が>>654を言った

それに対して語りかけてみて

659 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/01/02(水) 21:41:08 ID:Z0xY6o0R0
NHKの返信メールを待って
このスレに誘導しようとしているのだが
>>582からだいぶレスが流れているな

>>582から誘導準備
NHKの担当職員を迎えるに当たって
襖を貼りかえ、畳を新品にした。されど床の間には
しっかりと俺の達筆な書  『『『不作為』』』の掛け軸が!

それとNHKは何度もニュースで「植民地」と言っていた

お昼のニュースで
「日本の植民地時代の韓国で・・・・」 しっかり聞いてるよ
高名な植民地学者を紹介してもらえるかも知れないぞ!
その人物とここで!

ワクワクテカテカ

もちろん論破されたらみんなに謝るよ
俺は意外と素直なんだよ


660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/03(木) 13:56:07 ID:9xXvCOHS0
>>659
>もちろん論破されたらみんなに謝るよ

立花隆の渡部昇一評
「反論され論破されてもそれがわからないから、何度でも同じ事を繰り返す」

661 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/01/04(金) 05:56:44 ID:THbQOKzk0
>>660
>「反論され論破されてもそれがわからないから、何度でも同じ事を繰り返す」

俺が論破されたレスを引っ張ってきて

662 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/01/05(土) 21:26:53 ID:cKD4mp990
>もちろん論破されたらみんなに謝るよ

あかんがな
論破されたら名誉毀損でとっ捕まるがな
謝るだけではすまんがな

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 21:44:08 ID:+3Kt2z4x0
立花隆w

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 17:08:07 ID:Lo9VQNTk0
渡部昇一ww

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 14:03:59 ID:hEA8Ao3R0
糞チロがコピペ嵐するから、奴が出入りするスレって、ことごとく容量オーバー
でスレ潰れるねw

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 21:52:04 ID:E4gAZNns0
満州国スレではバレバレの名無し偽装して
タコ踊りしてたな、ファビリアンは

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/22(火) 10:31:09 ID:r0AscCdY0
欧米列強の植民地統治もまともに勉強しないくせに、日本のそれと対置して、日本は善、とか言っちゃうその心境がわからん

それは学問ではありませんとしかいいようがない

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 14:57:01 ID:xGbsh2gh0
どんな統治をしたのでしょうか?

669 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/02/01(金) 19:48:00 ID:V1gNua250
>満州国スレではバレバレの名無し偽装して
>タコ踊りしてたな、ファビリアンは

意味がわからん
何故俺が名無し偽装とやらをやらねばならない?

支持者がいないとかなんとか言っていたが
俺に反論する者以外は支持者だと思って居るんだよ

俺に異議がある者だけがレスしてくる
まともなレスしてくるのは(マイルールとかまともじゃないけど・・・)
2,3人だろ?

それ以外は支持者なの

何で分からないの?

670 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/02/01(金) 19:49:18 ID:V1gNua250
>>667
>日本のそれと対置して、日本は善

いい加減にしてね
植民地呼称問題の第一人者に対して
何それ?

本当にいい加減にしてね?

671 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/02/01(金) 19:53:46 ID:V1gNua250
NHKからメールが来ない

日ごろNHKの番組をご覧いただきありがとうございます。 お寄せいただきましたご意見・ご要望・お問合せは、
お問合せ番号[256668]でお受けしました。 このメールは、お客さまのメールを受信したことを自動的にお知らせするものです。
 <<このメールへのご返信は、お受けしておりませんのでご注意ください。
>>  ご意見・ご要望・お問合せを希望する方はNHKホームページからお願いします。

お問い合わせ番号 256668 だ

もうすぐ2ヶ月だぞ?

672 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/02/01(金) 19:59:06 ID:V1gNua250
ちなみにメールの内容は>>583

メールでのやり取りを考えていたが
それより担当者をこのスレに誘導した方が話が早い

いくらなんでももうくる頃だろう?


673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 21:20:47 ID:TpEr7vBA0
ヴァカか?
正気とは思えない。

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 00:30:02 ID:7pmY5j3n0
ヴァカだからしょうがない

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 01:02:05 ID:z9s9k1000
なんだ、生きてたのか
残念な知らせだ

676 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/02/10(日) 19:37:34 ID:J4wfKhlk0
何でヴァカよ?
このスレのNHK関連の事で何かおかしいところあるか?
あるんだったら遠慮せず言ってくれよ

今まであっちこちで書いてきたが
反応無し=沈黙を以て受け入れてくれたんだが、
反駁される事を求めているんだよ

自分の中では終わっているからね

はいここで他スレコピペ




677 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/02/10(日) 19:38:06 ID:J4wfKhlk0
741 名前:退位協定 ◆nu1V1rGlC2 [] 投稿日:2007/12/15(土) 19:45:57 ID:SndFtO4J0
で、NHK関連なんだが・・・
昨日珍説レスを見なければ、
今日はNHKの不作為と拉致問題の関連について語るつもりだったのだが、
脱力したんで明日以降に・・・

あとNHKからのメールだがまだ来ないのだが、
ここで断っておく。

北朝鮮の核問題の本質を追い求めていたらマスコミの不作為に辿り着いた。
そして受信料という金を国民から徴収しているNHKにだけ焦点を絞って、
「北朝鮮による核危機とNHKの不作為」という主張をしたんだが、
結論に至った後、どのような作業があったか分かっているのか?

いつもそうなんだが、物事の本質を追い求め、その答えが出た後
もう一人の自分が凄まじい反駁をするわけなんだ。
既に結論が出ているわけだから適当にすると思うか?

いやいや、そんな事は絶対にない。ここで頑張れば、それは鉄板結論となるし、
後で公表した時に恥を掻かないで済む。
それに今回は下手をしたらNHKから名誉毀損で訴えられるんだぞ?
俺の顔がNHKのニュースでアップになるんだぞ?
手錠を填められて上着を頭に被せられるんだぞ?

「もう一人で自分」の反駁は本当に凄まじかった。
それを打ち破って出したんだ。
絶対的な自信がある。

NHKとのやり取りはここにきっちり書く。

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/10(日) 19:47:33 ID:iU5rxgQW0
ヴァカは自分のヴァカな行動を自覚できない。

どうして担当者が2chに来るなんて思えるんだか・・・正気じゃないな。

679 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/02/10(日) 19:48:39 ID:J4wfKhlk0
>>675
>なんだ、生きてたのか
>残念な知らせだ

最近立て続けに親戚や友人が亡くなってな
やっぱり人間いつ死ぬか分からないから
やるべき時にやっておかなければな・・・

忙しいと言ってもこのNHK問題は決着しなければならない

今日またメールしたよ

今度のお問い合わせ番号は 280303 だ

280303-256668=23635

二ヶ月で23635通のメールがあるのかよ!
まだまだ返事は先だな・・・

680 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/02/10(日) 19:49:34 ID:J4wfKhlk0
>>678
>どうして担当者が2chに来るなんて思えるんだか・・・正気じゃないな。

来ないんだったらメールのやりとりを公開するよ

681 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/02/10(日) 20:09:29 ID:J4wfKhlk0
>まだまだ返事は先だな・・・

待てよ・・・
一ヶ月12000通
メール担当の職員が100人いたら余裕で捌けるな


682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 18:14:46 ID:e6eQ6Zsp0
迷惑メール送って業務妨害してるわけか、チロリアンはww

683 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/02/17(日) 08:30:31 ID:HTA1rDDg0
>>682
ふざけるな!
2回目のメールは1回目のコピペじゃない

必ず返事がもらえるように書いた。

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 12:36:48 ID:BcGdD63l0
NHKの友人に聞いた話によると、毎日NHKには電波系のたれ込み、通報が殺到する
らしい
関東大震災なんかは、連中の通報を鵜呑みにすれば毎日発生してるらしい

だから電波系の通報には相手をしない
これがNHK内部の方針と聞いてる

チロ先生も電波と公認されてるんだよ、おめでとう

685 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/02/17(日) 19:51:30 ID:HTA1rDDg0
>>684
>NHKの友人に聞いた話によると

おい!マジか!
その友人にチロリアンメールのこと、
メール担当係に伝えてくれるようにお願いしてくれないか?

>だから電波系の通報には相手をしない

俺のNHK関連のレスを読んで
どこが電波なんだか指摘してくれ

本当に頼む

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 20:21:08 ID:hAP0nYdx0
心配せんでもそのうち返事がくるさ。
そうだな、その内容は

ご指摘ありがとうございます。。
今後の番組作りの参考にさせていただきます。

ってあたりだな。
それ以外の内容のあるものがきたら是非教えてくれ。
NHKが何でメールで論戦をやるなんて思いこんでるんだか。


687 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/03/11(火) 20:05:56 ID:p1QiQ/Nc0
>>686
>心配せんでもそのうち返事がくるさ。

来ないんだよ!初めのメールから三ヶ月目だよ!
無視されるっつうのが一番きついな

>ご指摘ありがとうございます。。
>今後の番組作りの参考にさせていただきます。

俺の2通出したメールの回答としてはこれでは済まないんだよ
特に2番目のメールには・・・な

>NHKが何でメールで論戦をやるなんて思いこんでるんだか。

論戦というかきちんと対応してくれると思うだろ?

688 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/03/11(火) 20:14:00 ID:p1QiQ/Nc0
今日は拉致被害者家族会の事を書く

ってかいつも拉致被害者家族会の事を別板で書くと
的外れな批判をされるんだよな・・・

ちょっと前のニュースで見たんだが
拉致被害者家族会の運動方針っていうのかな
再確認しよう、みたいな事が取り上げられていた

そこでもう一度「北朝鮮に対してもっと怒りを」みたいな事が言われていたんだ。

みんなはどう思う?
確かに北朝鮮が日本人をさらった。
悪いに決まっている

で?みんなは北朝鮮だけを非難?


689 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/03/11(火) 20:15:12 ID:p1QiQ/Nc0
このコピペを見つけた
まず読んでくれ
===========================================================-
呉さんがとっても苦労したのが日本語の受身形の使い方だったそうです。
韓国語では能動態の使い方しかない言葉が、日本語では受身形で使われるので、
なぜわざわざ受身形にするのかが理解できずに困ったそうです。
例えば、「女房が逃げた」でいいのに「女房に逃げられた」とわざわざ言うのはなぜ?といった具合。

呉さんが苦労の末にたどりついたのが、「受身形は反省を意識していればつかえる」ということでした。
女房が逃げた責任が自分にあるから「逃げられた」となるわけです。

そして韓国人の場合は、自分に責任があったとしても、
「逃げられた」と言わないのはもちろん、
「逃げた」どころか「帰らせた」と表現するのが一般的なんだそうです。
自分の非を進んで認めるというのは、韓国人にとってありえない精神構造なのです。
この点は、やたらと自分が悪かったと反省ばかりしている
日本人の精神構造の方が世界標準から見て珍しいのかもしれません。
http://beauty-and-akiba.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_074e.html

690 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/03/11(火) 20:18:53 ID:p1QiQ/Nc0
「北朝鮮に日本人がさらわれた」

そして俺が辿り着いた問題の本質
だからこそNHKとは話し合わなければならない

何か意見があったら書いて欲しい
是非参考にしたい

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 12:33:34 ID:+BYigaKQ0
うざいからブログでやれ

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 22:50:00 ID:SRig4iTk0
まだ700ほどなのにもう403KB・・・

693 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/03/14(金) 20:39:13 ID:qlbFfGSH0
「三度目の正直」メールをどうやって出すか

だって担当者は見ているんだよ
そのままゴミ箱へ?

そんなわけないだろ いくらなんでも・・・

694 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/03/14(金) 20:42:15 ID:qlbFfGSH0
絶対ゴミ箱はないよ

掲示板ならシカトはあり得る
だがな
彼らは仕事としてメールを見ている
まともな人間なら
俺のメールに書いた事は重要(NHKにとって)だと思うはず

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 20:36:24 ID:eUnDj2sA0
チベット問題を振り返れば振り返るほど、戦前日本の朝鮮、満州支配を
そのまま中共は踏襲してるとしかいいようがないな
いい弟子を持ったものだ、日本帝国は

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 07:49:03 ID:ok//6kSs0
「大」が抜けてるぞw

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 16:06:23 ID:ikR8EDeH0
というか、民主化・政治的な自由化を後回しにして、強権的に市場経済化を推し進めるという政策は
明治政府を含め、多くの発展途上国・中進国でとられた政策だろ。

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 13:56:20 ID:U4q/cwFk0
NHKの中の人もデンパから迷惑メール送りつけられて大変だなあ

699 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/03/21(金) 22:11:47 ID:jQrK+O/c0
>>695
>チベット問題を振り返れば振り返るほど、戦前日本の朝鮮、満州支配を
>そのまま中共は踏襲してるとしかいいようがないな

チベット問題、振り返って振り返って
もっともっと語っておくれよ!
何で分からないんだよ!ペタッ

我国にては斯の如き公の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺
太等地名を呼ぶ。
但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。
我国の学者政治家等が朝鮮を指して植民地と称することに対し、
「千万年歴史の権威」と「二千万民衆の誠忠」を有する朝鮮民族は
大なる侮辱を感じ、大正八年三月一日の独立宣言書にもその憤慨が披瀝せられた。
併乍ら研究者は事実関係を以ってその研究対象とするより外はない。
『植民及植民政策』矢内原忠雄

※矢内原は「植民地と称することに」と書いているが
「植民地視(独立宣言書)」の間違い

今回のチベット問題と較べておくれよ!


700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 01:28:11 ID:845QHvgb0
おいゴミ
いちいちコピペしなきゃレスも出来ないのか
自分の意見を言えや!

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 08:21:14 ID:NPbSS4KD0
中国の自治区って植民地のことだろJK

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 20:30:05 ID:btQ2xgt70
http://www.kakiko.com/tora/rai/rainman/1586.html
日本が朝鮮を植民地支配し、満州国を建国し、多くの人を傷つけた

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/02(水) 17:01:50 ID:fd+IAgBC0
日韓併合は合法的に行われている。

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/02(水) 17:18:46 ID:hf5RHWuv0
んな事言ったら、欧米む含めて全ての植民地も合法的に成立している。

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/02(水) 20:00:52 ID:gdyOyMbf0
>>704
欧米の植民地が条約を締結して傘下に入れられてるなんていう難しいことは
低脳ネトウヨには理解できない難しいこと
あんまり攻めてやるな

706 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/04/22(火) 23:07:21 ID:IBGlrLlt0
NHK、07年度受信料収入2.8%増

 NHKの古森重隆経営委員長(富士フイルムホールディングス社長)は22日の
記者会見で、NHKの2007年度決算(速報値)の受信料収入が6312億円と
前年度比173億円、約2.8%増えたことを明らかにした。

 記者らによるインサイダー取引問題が年明けに発覚した影響が期末に表れたものの、
増収を確保した。事業収入総額は6557億円と同125億円増えた。古森委員長は
「不祥事がいろいろあったが、(NHKに対する)評価は少し上がっているのではないか」
と語った。(21:01)

NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080422AT1D2208U22042008.html

707 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/04/22(火) 23:08:35 ID:IBGlrLlt0
>「不祥事がいろいろあったが、(NHKに対する)評価は少し上がっているのではないか」
>と語った。(21:01)

マジで目眩がした。本当だ・・・

来たついでにレスしよう

708 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/04/22(火) 23:11:20 ID:IBGlrLlt0
>>703

>日韓併合は合法的に行われている。

と言った

それに対して

>>704
>んな事言ったら、欧米む含めて全ての植民地も合法的に成立している。

いいか?併合と植民地

ああーもう気付いちゃったな・・・
訂正のレス頼む

恥ずかしい事じゃない

俺も今まで何百回とやってる

709 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/04/22(火) 23:19:06 ID:IBGlrLlt0
NHKに対してはまたメールした。
っていってもNHKのHPのメールフォーム400字制限からだから
2度に分けてだけど
お問い合わせ番号306399と306401だ。

間を置かず送ったつもりだったけど
306400に入られた。

この事についての詳細は後日

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 03:16:07 ID:/Kd2sU0BO
朝鮮人が史実に基づいた歴史認識を持たないと話しにならない。

在日チョンが日本国内で嘘の歴史を広めてるからね。

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 21:28:50 ID:GVNF3cm60

平成20年2月9日(土)日本国民から在日側への本格的なカウン ターが始まりました。

史上初!民団前の大規模抗議活動(その1)
http://www.youtube.com/watch?v=UZ7e8Jt8CfI
史上初!民団前の大規模抗議活動(その2)
http://www.youtube.com/watch?v=0dRODB1cEtw&feature=related
【ダイジェスト版】数千人対20人!在日韓国人のデモに抗議!
http://jp.youtube.com/watch?v=-7eKjWbF_M8&feature=related
外国人参政権を認めない!在日のメッカ・鶴橋駅前街宣!【前編】1/2
http://jp.youtube.com/watch?v=WhtPaiQGMxs&feature=related
外国人参政権を認めない!在日のメッカ・鶴橋駅前街宣!【後編】2/2
http://jp.youtube.com/watch?v=R0xbQvP7OMQ
朝鮮人慰安婦の謝罪・賠償要求デモを議員会館前で一蹴!【前編】1/2
http://www.youtube.com/watch?v=DvWVbj0-UcI&feature=related
朝鮮人慰安婦の謝罪・賠償要求デモを議員会館前で一蹴!【後編】2/2
http://www.youtube.com/watch?v=E5Av0PAIZCc&feature=related
民団集会に抗議!在日の横暴を許すな!売国議員を落選させるぞ!【前編】1/2
http://www.youtube.com/watch?v=WKH-UNasNEA
民団集会に抗議!在日の横暴を許すな!売国議員を落選させるぞ!【後編】2/2
http://www.youtube.com/watch?v=-zK6ehBAGQI

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/24(木) 00:44:15 ID:mx4eu4xT0
よく、朝鮮総督附はわざと、風水を乱すためにズラして建てられたとかいう話があるな。

なんとかいう山の山頂に朝鮮民族の気を封じ込めるために杭を何本も打ち込んでいたと
かいう話もあるな。  あんなの本当なのか?どう考えても、当時の日本人がそんな
あほらしいことやったとは思えないのだが、既出なら、教えておくれ。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/27(日) 14:13:58 ID:q9V+9Omx0
カスリアンはうざいからプログでも何でも作ってそこでやれ
ここはお前の日記帳じゃねえんだ

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/29(火) 13:00:34 ID:ee5yKvuL0
『SAPIO』 2008年・5/14号
韓国版「新しい歴史教科書」の登場は日韓新時代の嚆矢となるか
滝本伽「や」(「や」:正確には、にんべんに耶=区点1786)(ジャーナリスト)
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solrenew_magcode?sha=1&neoc=2300205108&keitai=0

教科書フォーラムの共同代表であるソウル大学経済学部の李榮薫(李栄薫)教授

―― 教科書の執筆者に歴史学者がいないのはなぜか。

「韓国の既存の歴史学界は、閉ざされている。韓国史の学者を参加させようと努力したが、
皆断られてしまった。しかし、これは日本人の朝鮮史研究者たちにも言えることだ。韓国人の
民族主義を代弁するだけでなく、私が植民地時代の別の面についてどんなに資料を提示して
説明しても全く聞き入れてくれない。これはおかしい。日本人が日本の国家を批判している。
それが日本の進歩的知識人の役割のようだ」

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/29(火) 16:46:31 ID:xngbSlGt0
日本の朝鮮支配も、今のチベット問題みたく色々世界から文句つけられてたからな。

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/29(火) 18:21:08 ID:/yEQuKLV0

本気で世界征服を考えてるらしい全体主義社会。
資源と富を狙って地球上のあらゆる地域に手段を選ばず侵略し、地域文化を破壊し、資源や富を
食い尽くしてしまう。汚染物質をまきちらしながら。イナゴのように領域を広げるさまは、まるでID4。

見た目はいわゆる普通の国の普通の市民。でも、頭の中には、「自由」も「民主主義」も「人権」も
「弱者へのいたわり」も「サステナブル社会」も「地球温暖化」もない。
自分と仲間が支配者となって、権力欲、金銭欲、物欲、性欲、で満されることだけ。
奴隷を狙いをつけた国々に送り込み、周到に計画した「侵略計画」を数十年かけて実行し、着々と
その国の社会の中枢を侵食し、国民に洗脳の電波を発信しているさまは、まるで、ゼイリブ。

支那人と価値観を共有できない
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/china/1209358506/l50
支那=地獄動物園(笑)    
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/china/1202307646/l50


717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/30(水) 04:07:09 ID:LM4QUf3n0
北海道もそうだな

718 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/05/02(金) 07:10:26 ID:60xXVKje0
竹島問題の時、韓国内の日本人妻達がチマチョゴリを着て土下座し謝罪するのを見た。
俺は完全にブチギれた。
「謝罪するというのは竹島問題について詳しいという事か?
詳しいのなら、その研究成果を発表してから謝罪しろ!
知らないのなら勝手な事をするな!」と。

その時、ある者が俺にこう言った。

「ちょっと冷静になれよ、普通の主婦があんな事するわけ無い。
あれは統一協会の信者で、過去の韓国に対する侵略の贖罪意識を植え付けられ
、韓国人に尽すように洗脳され嫁がされた女達だ」

なるほど、そういう事だったのか、それならば合点がいく。
普通はあり得ない事だからな

それ以後、彼女達に対して「無知」だとの誹謗・中傷が行われたら弁護する。

問題の本質は捏造歴史を知らせなかったマスコミにある。
その事実によって洗脳され、過去の侵略に対する贖罪意識を植え付けられ、
操り人形と化した彼女たちを非難するというのは全く道理に反する。

女性の一人住まいの家に賊が侵入した。
すぐさま女性はベットの下に潜り込み携帯電話で警察に通報した。
1分、2分、3分 5分 10分 30分・・・警察はいくら待ってもこない。
その内に賊に見つかり殺された。

「その女は空手か柔道か、何か武道をやっていれば殺されずに済んだんだ」とでも言うつもりか?
この場合、警察が社会的な役割を果たさなかった為に殺された、という事。

警察・消防・マスコミといった重要な社会の役割を担った者達が
その責務を怠ると重大な事態を招くというのは同意してもらえるだろう?

参考
統一教会による日本人女性人身売買 2
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/korea/1160927954/

719 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/05/02(金) 07:22:56 ID:60xXVKje0
ネズミだかリスの仲間だか忘れたが
草原に集団で住む動物の特集をテレビで見た。

上空に天敵の鷹が現われると、岩の上から見張っていた
仲間に知らせる係のものが鳴き声で知らせる。
鋭い鳴き声だ。
そしたらみんな一斉に穴の中に逃げ込む

ちょっと気付くのが遅いと誰かが鷹の餌食になる。
「知らせる」ということの重要性

情報が脳に伝わって行動するわけだからな

NHKはしっかり役目を果たしているって人いるか?

720 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/05/02(金) 08:03:14 ID:60xXVKje0
お問い合わせ番号=(あなたのメール受け取りました!)

お問い合わせ番号
280303 256668 306399 306401

初めのメールをしてからもうすぐ五ヶ月経つよ

NHKにメールで「意見の対立」を確認しているかどうか聞いている
>>583

はっきり言って、これまで意見の対立をNHKが確認しているとして話を進めている。
(万が一、本当に万が一知らなかったとしても俺のメールで知る事になる)
確認していて放送法3条の2をNHK無視するという事は
「取るに足らない問題である」と言う事
>>582第1章 総 則(目的)第1条「放送を公共の福祉に適合するように規律し」

公共の福祉=安定した社会生活環境

>>582の意見の対立を放送しなくとも
公共の福祉に何ら影響はない、とNHKは言ってる。

しかしこれまで述べてきたように、マスコミの不作為、
中でも受信料というお金を日本国民から徴収しているNHKは
絶対に放送しなくてはならなかった、と考える。
それらの不作為が
核問題、拉致問題、日本人の女達の土下座に繋がっているとの主張










721 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/05/02(金) 08:23:48 ID:60xXVKje0
何故NHKに問い合わせる前に
様々な板でこの主張について意見を聞いてきたかというと

>>719
>情報が脳に伝わって行動するわけだからな

これらの情報(意見の対立から捏造歴史)を知ったら
どういう行動をするのか?という事を聞きたかったわけ

日本国内、または韓国、北朝鮮において
「捏造歴史」という事を知ってか知らずか分からないが
それで日本を非難したり、憎悪している人間達に
どういった対応をしていたか?
と言う事を聞きたかった。

おそらく、それぞれの人間の性質に従い、
ある者は厳しい目で監視するだろうし、
またある者はそれらが「捏造歴史」であると言う事を訴え
彼らの憎悪を解消するようにもっていった事だろう。

そしたらこれらの問題は別な展開を見せていたと思わないか?
核問題(>>594)
拉致問題(>>649-651)
土下座(>>718)



722 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/05/02(金) 08:40:37 ID:60xXVKje0
草原に住む動物>>719

上空に鷹が現われたのに見張り役は鳴き声を発しない。

その事によって大勢の仲間が鷹の鋭い爪で掴まれ、上空に消えていった。
それなのにその見張り役にせっせと木の実を運んでいる。

いずれその草原の動物たちは消え失せるだろう

そのように思えば、
「核危機」とは愚か者達が受け取る正当な報酬と言えなくもない。

723 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/05/02(金) 19:23:32 ID:60xXVKje0
>>721
核問題(>>594)

↑核問題(>>593-594)



724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/04(日) 11:21:34 ID:nnm3U2OQ0
連休中にチロカスはずーと荒らすつもりかw

725 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/05/04(日) 19:30:10 ID:g601Adgh0
>>724
他板出張中
「韓国・台湾」は植民地だったというのが現われたら
よろしく頼む。

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/07(水) 04:36:42 ID:UKDecCXI0
「韓国・台湾」は植民地だった

727 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/05/11(日) 20:45:31 ID:sGiHgj1I0
>>726
実は違うんだよ
びっくりした?

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/08(日) 00:18:55 ID:q34XAjOk0
当時の世界では帝国のくせに植民地持ってなかったほうが
おかしいだろw別に否定することじゃない


729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/13(金) 06:20:32 ID:JqBImI8R0
欧米諸国と日本の海外領土の違いが分からん。
どっちも同じ植民地だろ?
それとも英領インドや仏領インドシナも
インド帝国やインドシナ連邦という独立国家だったとでも
言いたいんだろうか?

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 16:31:45 ID:gTT2obda0
【山口】「植民地支配というのは史実に反する」 朝鮮学校の補助金増額陳情を拒否-下関市教育長[06/27]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1214545487/


731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 22:02:40 ID:2CuO0f+F0
>>730
北朝鮮のテロ国家指定解除が取りざたされてる時に、最悪のタイミングで
やってくれたな。拉致問題のさらなる追求をやらにゃならん時に、相手に
対抗手段になり得る外交カードを与えてどうする。
こいつ北の工作員じゃないのか?

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 08:44:11 ID:aFVPCbC20
>>731
【北朝鮮問題】北朝鮮、核開発計画の申告書を中国に提出…中国外務省が記者会見 [06/26]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1214474701/

          ↓

【北朝鮮問題】米国、テロ支援国家指定解除を決定、対敵国通商法の適用も除外 ブッシュ米大統領が発表 [06/26]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1214505543/

          ↓

【北朝鮮問題】ブッシュ米大統領、国際緊急事態経済権限法等に基づき対北制裁措置の継続令を発令 [06/26]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1214511449/


           ´   ヾ
           ゛ (⌒) ヽ
           ((、´゛))
            |||||
            |||||||    ドッカーン!!
          / |   ∠|
      (゜\./,_ ┴./゜ノ(   「前と変わってないニダ!!」
       \ \iii'/ /,!||!ヽ
ファビョ━━ /V,,ニ..,ニ、、 ノ( \━━━ン!!!!
       \ヽY~~/~y} `/~,/
        | ,k.,.,!,.,.,r| ,!  く
      / <ニニニ'ノ    \


何の問題もないな。

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:52:13 ID:yt+cKZbe0
<朝鮮半島の「植民地支配」を否定し、在日朝鮮人の不当な強請り
(補助金増額)を蹴飛ばした下関市の嶋倉剛教育長に絶大な声援を送ろう>

朝鮮半島の植民地支配を否定した正論に対し何と!渡海文科省大臣は朝鮮人の歴史偽造を 容認し、
「我が国の植民地支配によって多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して 多大な損害と苦痛を
与えたという認識を政府は表明しており、私の認識も同じ」との妄言 を吐いた。

朝鮮人の走狗になり果てた渡海に国民教育を司る長たる資格はない。即刻辞任すべきであ る。
正論を語る下関市の嶋倉剛教育長を国民世論が後押しし、朝鮮半島統治の正しい歴史 認識を
文科省前で訴えよう。

渡海文科省大臣の歴史偽造を許すな!
http://jp.youtube.com/watch?v=e0tbM-Lr4vI
http://jp.youtube.com/watch?v=VooClQDRnbo

嶋倉剛教育長のような正しい歴史を知った人がもっと増えて欲しいです。
バカ三国に対して日本が謝ることなど何一つない!
歴史捏造し日本から金を搾り取る巨大な寄生虫は消毒だ!

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 21:14:57 ID:gMcbdpQK0
渡海の頭の中では、「アジア諸国」は中国と朝鮮と日本のみから成り立っているんだろ。

しかも、日本は貧乏な後進国だった朝鮮を近代化してあげたのだから迷惑など全くかけていない。
損害だの苦痛だの、くだらない村山談話など聞き飽きた。政府見解も国民の力で変えていかなきゃ
いけないな。


735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 21:22:52 ID:gMcbdpQK0
原理原則に基づくならば、日韓関係は日韓基本条約で正常化されており、
その中には損害だの苦痛だの謝罪だのということは一言も書かれていない。
当然だ。すべて妄想なのだから。当時は戦争体験者も多く生きていたし、
外交官たちも日本統治下の朝鮮を知っていた。

だから謝罪など絶対に容認しないのは当然。

よって、日韓基本条約の文言通り、日本は韓国に迷惑など全くかけていないから、
謝罪もせず、韓国もそれを容認した上で条約を取り交わし国交を正常化した。
それがすべてだ。謝罪など必要なかったからしなかったということだ。

日本の威信を損ない先人の努力を踏みにじったマゾヒスト村山は唾棄すべき売国奴だ。



736 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/07/05(土) 15:11:38 ID:8klRCX8u0
>>729
>どっちも同じ植民地だろ?

違うよ
このスレ読めば多分分かる
暇なら読んでね

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 07:23:35 ID:qX1yKfLs0
>>729
各国ごとに呼称が異なったけど、全て植民地で括ることができる同じものだよ

738 :奈良東大寺に参詣する韓国の学生たち:2008/07/19(土) 08:58:02 ID:tv7zuqUS0
さすがのわたしも言葉を失いました。これほど民度の低い民族がこの地球上にいるとは。
わたしの想像をはるかに越えています。結局、植民地統治に失敗したのでは。

http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/ptravel/23000/20060525114855952119275000.jpg


739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 09:17:45 ID:rf1SUwOo0
あれだ、日本は朝鮮を近代化させたので欧米の植民地とは違うとか言う寝言だ。
ちなみに欧米の植民地でも未開状態のまま放置ってのはあんまりないぞ。

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 10:12:59 ID:/hhwZ42i0
ルーズベルトは真珠湾攻撃を知っていた?「疑惑の陰謀」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3611879
アメリカが真珠湾より前に計画した日本本土奇襲攻撃
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1506935

欧米のアジア植民地支配の歴史
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1639598
日本がインドネシアの独立を助ける
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1639936
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1639984
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1640144
日本がインドの独立を助ける
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1639779
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1640202
日本がビルマの独立を助ける
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1640065
ミャンマーで大東亜戦争はどのように教えられているのか
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1639672

日本海軍の武士道
http://www.nicovideo.jp/watch/sm923093

南京陥落後の南京市内。南京大虐殺なんて本当にあったの?
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1205870
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1205894
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1205920
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1205945
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1205968
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1206001

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 12:14:49 ID:UpluKWWb0
「竹島問題」

中学校社会科指導要領の解説書での、
竹島に関する問題について文部科学省に抗議。

一般人と文部科学省との電話でのやりとり。
http://d.hatena.ne.jp/minoru20000/20080714/p1


742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 13:10:52 ID:rz/ImffO0
>>739
何度も出ているが、朝鮮は植民地じゃない。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 19:42:03 ID:rf1SUwOo0
>>742
ん〜、植民地の定義は本土と違う法制がとられているかで決められると思うのだが
その定義からするとまぎれもなく植民地だよ。
総督府って知ってる?

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 17:50:58 ID:2wnOhNyy0
1945年には徴兵制と選挙法が改正され、どちらも内地と同様になったから、終戦間際に植民地じゃなくなったといった
方があっているかもしれませんね。

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 17:38:42 ID:s4JaIrF40
>>744
>終戦間際に植民地じゃなくなったといった方があっている
連合国側のカイロ宣言(1943年)以来の、日本領植民地返還・独立姿勢に対する
アリバイ工作でしかないけどな

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 18:17:50 ID:ks8q9cvP0
まあ、カイロ宣言自体、何の意味もないものだったけど。

747 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/07/26(土) 19:15:37 ID:C/+D2O7V0
>>743
>ん〜、植民地の定義は本土と違う法制がとられているか
>で決められると思うのだが

憲法学者の美濃部達吉・・・だな?
またやるのか?


748 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/07/26(土) 19:18:12 ID:C/+D2O7V0
>>744
>1945年には徴兵制と選挙法が改正され、どちらも内地と同様になったから、終戦間際に植民地じゃなくなったといった
>方があっているかもしれませんね。

違うよ
併合時1000年遅れていたからそう出来なかっただけで
日韓併合条約の条件に
それらは含まれていない。
つまり
日韓併合条約の時に併合

749 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/07/26(土) 19:22:35 ID:C/+D2O7V0
>>745
>連合国側のカイロ宣言(1943年)以来の、日本領植民地返還・独立姿勢に対する
>アリバイ工作でしかないけどな

違うよ

併合と植民地の違いは何?

併合で同じ国になったので
朝鮮半島の生活水準を日本と同じ水準に引き上げる義務を負う。

地球史探訪:忘れられた国土開発

この人口増加の原因としては、いくつかの要因がある。一つは第
6代宇垣一成総督による「農産漁村振興運動」などの民生向上活動
である。30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、
農村植林、水田開拓などの積極的な国土開発による食料の増産が図
られた。併合当初米の生産量が約1千万石であったのが、20年後
の昭和に入ると、2千万石へと倍増した。[1,p80]

 もう一つは医療制度の確立、特に伝染病の予防である。1910年か
ら徹底的な検疫を実施し、コレラ、天然痘、ペストなどは、1918年
から20年の大流行を最後に押さえ込まれ、乳児死亡率が激減した。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog056.html

>30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、
>30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、
>30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、

しかし植民地はそんな事をする義務など無い


750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 19:31:04 ID:/3h5F8ZG0
またコピペ嵐が始まるのか
はあ、やれやれ

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 21:59:33 ID:131qfcu70
日本は傲慢でおせっかい
欧米は冷酷で悪賢い


752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/28(月) 08:57:41 ID:+JLj4rlO0
特に間違ったことは書いていないと思うが

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/29(火) 13:28:28 ID:USecKack0
>>752
おまいも勉強不足
宇垣の朝鮮総督就任期間と産米増殖運動の期間くらい調べてから再読してみろ

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 13:10:51 ID:ZWdu+oes0
>>749への註
「併合」したのだから植民地ではないと繰り返す連中は、
併合の前に「保護国」という段階を踏まえていることの意味を知らない馬鹿共

単なる併合ではなく、保護国→併合という経過を辿ったことに、植民地化の意義がある

保護国:表面上は新領土ではないが、実質は植民地である。保護国となったもの
     が独立を回復し得ることは困難であって、その例は歴史上に存在しない。
併合:之は保護国の一歩進んだものであって、ここに至れば純然たる植民地である。


2.>1906年(明治39年)からの20年間で、980万人から、1,866万人と倍増し
   た。さらに1938年には、2,400万人となった。・・・この人口増加の原因として
   は、いくつかの要因がある。一つは第6代宇垣一成総督による「農産漁村振
   興運動」などの民生向上活動である。・・・食料の増産が図られた。併合当
   初米の生産量が約1千万石であったのが、20年後の昭和に入ると、2千万
   石へと倍増した。→宇垣が朝鮮総督だったのは1931〜36年。時間軸がズレ
   た説明

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 14:43:59 ID:6bm6Mzzz0
>>749
>併合と植民地の違いは何?
併合の中には植民地化も含まれる。対等な併合と、植民地化の違いと聞くべき。
そのちがいは、「本国政府の憲法や諸法令が原則として施行されず、本国と異なる
法的地位にあり、本国に従属する領土」であるかどうか。

>しかし植民地はそんな事をする義務など無い
対等な併合でもそんな義務はないよ。対等な併合なら、対等な権利を与えるだけ。
そして、生活水準を上げたから植民地ではないと言うことにもならない。
植民地でも、市場として、生産地として使うには、生活水準を上げさせる必要が
ある事もある。逆が真になるとは限らないのだよ。

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 15:23:24 ID:qq0BgGwX0
つか、別に併合だろうが植民地だろうが、特に酷い悪政をしたわけでもないんだから気にしなくてもいいと思うんだけどなー

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 16:51:13 ID:ZWdu+oes0
>>755に加えると、西洋列強だって熱帯植民地での医療衛生政策は実施して
たし、そのおかげで熱帯医学などの研究が進んだ

>>756の疑問とリンクさせるなら、さも日本の植民地だけが世界で特殊だと
言い張りたい馬鹿が西洋の事例も知らないまま勝手気ままなことを言ってるだけ

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 16:53:48 ID:ZWdu+oes0
しかしチロは何年たっても進歩もないな
ここで教わった新渡戸や矢内原の植民政策学の本でも繙いてみれば、
多少は西洋の植民地政策のことも勉強になるだろうに、それさえも
せずに、壊れたオルゴール同様にただ同じコピペを繰り返し貼るだけの
低脳人間なんだから困っちゃうよな

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 16:56:41 ID:qq0BgGwX0
>>757
いやあ、少しは特殊だと思うよ。
少なくとも下地もなしに植民地にして半世紀も経たないうちに発展させた国なんて存在しないわけだし。

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 17:43:49 ID:ZWdu+oes0
>>759
「発展」って語の意味がはっきりしないのでなんだが、20世紀前半の
インド帝国は日本をはじめ世界各国に対して巨額の貿易黒字を有する
世界に名だたる工業国になっていたけどな

植民地の工業化政策なんて別に日本だけのものじゃないんだが


761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 17:46:08 ID:qq0BgGwX0
>>760
んー・・・
少しはこちらのレス内容を理解してから書き込んだほうがいいと思うよ。

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 22:51:09 ID:1LgHGi0H0
>>761
だったらもう少し具体的に書くべきでは?
シンガポールと香港は「下地もなしに植民地にして半世紀も経たないうちに発展させた」んじゃないの?

ジャワにしてもコーチシナにしても、まともな面的支配を始めたのは19世紀の後半以降だから、
時間的には日本とたいして差はないよ。

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 04:35:19 ID:4agcp59f0
>>761
>少しはこちらのレス内容を理解してから書き込んだほうがいいと思うよ。
だから「発展」って語の意味がはっきりしないって留保をつけておいたじゃん

で、西洋の植民地政策と比べて日本の植民地政策のどこが特殊なの?

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 12:53:03 ID:j+OC/sj10
色々とスレを見ていて思うのが、日韓併合での発展というのが、中で住んでいる人も含めて併合前よりも裕福になること。
西洋植民地の発展というのが、国力が上がること。

そんな風に見て取れる。

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 14:50:42 ID:4agcp59f0
>>764
>中で住んでいる人も含めて併合前よりも裕福になること。
1930年代に入っても飢餓が発生しつづけてたって朝鮮総督自身が記録してるんだけどね

咸鏡南北、江原道(朝鮮北部)以外にも飢餓に瀕する者少なからずして僅か
に草根木皮によりて露命を繋ぎあるものを聞き、痛心に堪へずして当路者に糺
せば、彼氏曰く、『朝鮮にては左様の事は珍しくもなく今頃になれば毎年各地
に現はるる事象である。今ひと月もすれば木の葉も出て草も生ずるから夫れに
よりて収穫期まで何とかしていく』とて深く配慮するの様子もなかりし。(昭和7
年3月31日付)

「宇垣一成日記 2」 みすず書房

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 16:51:01 ID:j+OC/sj10
だから、農村振興運動をやったんじゃないの?
元々、春窮という言葉があるぐらい困窮した土地柄で、さらに肥料をやる習慣もない、米でも苗代なんかつくらない。
貯蓄もしない。

そんなところだったから1から教え込んだ。

で、昭和6〜8年頃、やっとそれが実を結んだ。

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 16:57:33 ID:j+OC/sj10
一応、復習しようと思って>>1から見直したけど、長文レスばっかりで凄い見辛い・・・
つーか、2006年に出来たスレなんかい。
長生きだな。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 17:14:09 ID:j+OC/sj10
あれ? 違ったか?
なんか分からなくなってきた。

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 18:41:48 ID:4agcp59f0
>>766>>768
宇垣の農村振興運動って1932年からだよ
で、彼の退任にともなって終了(1936年)
春窮問題の根幹だった地主の搾取には何も手をつけないまま終わったけどね

で、チロのキチガイコピペが時系列を全く無視したものだってわかったろ

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 19:06:35 ID:j+OC/sj10
結局、分からんなー。
どういう理由で復興したんだ?

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 22:22:08 ID:4agcp59f0
>>770
>どういう理由で復興したんだ?
だからさ、歴史を論じたいなら、せめて時系列とか歴史的因果関係を念頭に入れて
物を言ってくれよな

ここで言う「復興」って一体いつ・どこの話なのよ?

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 00:51:42 ID:KIHDHMGY0
> さらに肥料をやる習慣もない、米でも苗代なんかつくらない。

宮嶋博の研究でも復習してなさい。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/02(土) 16:33:40 ID:dnHmQ5Wc0
当時の朝鮮に日本は億を越える植樹をしているけど、何のためにそんなにしたの?
そんなことするぐらいなら工場とか建てたほうがいいんじゃない?

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 01:01:31 ID:P2epONOE0
>>773
王子製紙をはじめとするパルプ資本が朝鮮に進出してるわけだが
彼らの原材料は木材だってことくらいわかるよな

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 06:57:22 ID:Dd6kjyy90
北海道と沖縄も考察の対象としたほうがいいよ。

776 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/08/03(日) 09:28:08 ID:vxiuKpsn0
>>769
あー
どうもすみません。じゃあやります。
まずこれだ

>で、チロのキチガイコピペが時系列を全く無視したものだってわかったろ

それは過去スレで指摘があった。そしてそれについてお前も見ている。そうだな?

日韓併合後から同国人になった朝鮮半島の人々の民生向上は始まっていた。
その中での宇垣総督「農産漁村振興運動」
これは世界恐慌の影響で民生向上への動きが鈍った事に因るもの
そのように読めば別に問題のない書き方だ。
もしかして読む人にとって誤解するような書き方一つ(宇垣が米の生産量一千万石→二千万石にした)
を以てあのサイトに書かれている事を否定したいという事ではないよね?

まさかなぁー・・・まさか・・・

とにかく>>207を読んでください
それから月日は流れ1945年時点で朝鮮半島はどうなっていましたか?

>王子製紙をはじめとするパルプ資本が朝鮮に進出してるわけだが
>彼らの原材料は木材だってことくらいわかるよな

まるで木材を原料にする為だけに植林したって言いたいの?



777 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/08/03(日) 09:38:31 ID:vxiuKpsn0
>>773
このサイトを一度は見てよ
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog056.html

>李朝時代の飢餓の一因は、現在の北朝鮮と同様、森林破壊にあった。
>定住しない焼き畑農民は、山林を焼き払い、一定期間耕作すると、他へ移ってしまう。
>さらに、冬季の薪需要のための乱伐。そこに豪雨が来れば、表土は流出し、禿げ山となってしまう。

>森林は緑のダムである。森林がなくなれば、降れば洪水、降らねば干ばつとなって、
>農業生産は崩壊する。治水の前に治山が必要というのが、
>寺内初代総督の方針であった。朝鮮総督府は1911年からの30年間で、
>5億9千万本の植林を行った。朝鮮全人口の一人あたり約25本という膨大な数である。
=======================================================================

なおこの5億9千万本という数字については誤りを指摘された。


>この記述は誤りです。
>5億9千万本という数字は、
>毎年4月3日に朝鮮でおこなわれていた記念植樹に際して植えられた本数(p.74)だけのことであり、
>それ以外にも砂防工事などで多くの樹木が植えられていました。
>したがって、実際に植樹された数は、はるかに高いものであったと考えられています。
>地方庁や民間のそれを合わせると30億本以上という話も・・・。

参照:土井林業振興会『朝鮮半島の山林 20世紀前半の文献目録』友邦協会、1974。

778 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/08/03(日) 09:42:58 ID:vxiuKpsn0
>>760
>インド帝国は日本をはじめ世界各国に対して巨額の貿易黒字を有する
>世界に名だたる工業国になっていたけどな

それは何の為にそうしたのかを考えるべき
インド人の民生向上を思っての事か?

>>508-509のブライアン

>助けなき人民の上に無責任なる権力をふるうに当りて、智慧と正義とをもってすることの
>いかに人間として不可能なるかを、イギリス人はガンジス河・インダス河の流域において
>立証している。

日本の場合は【無責任なる権力】じゃない【責任ある権力】だ。


779 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/08/03(日) 09:48:05 ID:vxiuKpsn0
さて一握りの学者の説を振りかざして論ずるのはやめてもらいたい。
新渡戸・矢内原の「何でもかんでも植民地論」
これに基づき
「現在のハワイもアメリカの植民地である」と主張しているが
アメリカ人で現在そのように主張しているのは誰だ?

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 15:05:40 ID:P2epONOE0
>>776
何年経っても「農産漁村振興運動」とコピペするしか能がないんだな
いい加減誤字に気づいてもいいと思うんだが

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 19:10:28 ID:9d5j6SMU0




http://love6.2ch.net/test/read.cgi/male/1207390699/
(↑424を見てください↑)
(((( ;゜Д゜)))(((( ;゜Д゜)))(((( ;゜Д゜)))うわああああ

中国のマジ本物の拷問レイプ画像動画っ!!!

782 :細川徳生:2008/08/03(日) 19:57:24 ID:apcCb9Jh0
細川徳生です。
今も殖民地だったら、すばらしい世の中なんだろうな。

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 01:48:43 ID:EIoxxHb60
戦前に植民地扱いだったのは沖縄と奄美でしょ。
政府に薩摩閥があったからか、鹿児島人知事の長期政権の下で
宮古の人頭税はそのまま、他地方でも王国時代に引き続いて
薩摩系の特権商人モドキが跋扈。何よりも国庫から沖縄県へ
還元される金額は、沖縄県から納められた金の三分の一程度だった。
沖縄の議員などが幾度陳情しても梨の礫。ソテツ地獄の飢饉が
発生するにいたってようやく予算を組んだが、すぐに削減していって
元の木阿弥になった。奄美では鹿児島県が黒糖専売制を維持して
搾取。砂糖価格の下落が進んで搾れなくなった途端にポイ。
→大戦後の不況と相まってソテツ地獄へ。

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 06:10:19 ID:A7mTmjX20
>>783
国内植民地だよな

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/10(日) 03:47:00 ID:YmZ6qGXN0
関連スレ
大日本帝国の琉球統治
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1157900141/


786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 08:39:06 ID:gxhHK45b0
age

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 01:48:05 ID:l5mE3fCR0
インドネシアとオランダの事をくらべていただきたい。インドネシアに対し
て、オランダはどのような政策をとってきたか。インドネシアが独立時にオ
ランダがとった事は何か。我が国が大東亜戦争時にインドネシアに対してと
った政策はオランダと比べて、醜いものであったか?

アメリカ、イギリス、フランス、スペイン、オランダが他国に対してとった
植民地政策はどうであったか。支那はどうであったか。御存じでしょうか。
朝鮮を我が国が併合したが、その政策は、他国からそれほどいわれるほど醜
いものであったか。あなたは我が国が、朝鮮半島においてどのような醜い政
策をとったといっているのでしょうか。具体的にお教え頂きたい。

戦後賠償について、我が国がとったのは他国と比べてそれほど酷い戦後賠
償なのでしょうか。南朝鮮と我が国が結んだ日韓基本条約について御存じ
でしょうか。その条約をどれだけ現在の朝鮮人が知っているか御存じですか。
その条約を我が国では無く、南朝鮮(韓国)政府が自国において公開してい
ないのを、御存じでしょうね。支那の人々が、我が国からのODAの事をどれ
だけ知っているか御存じですか。支那、南北朝鮮の教科書に比べて、我が
国の教科書はどうでしょうか。

他の国々も歴史上多くの戦争をしていますが、
自国民にこのような自虐的に歴史を教えている国はありません。
もちろん、支那、南北朝鮮もです。



これらに反駁できる歴史学者は果たしているでしょうか?
もしできるのなら是非していただきたいものです。



788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 09:21:51 ID:rbvw10XK0
>>787
「統治の不手際や国防重視が原因であるはずの赤字経営が、あたかも日本
が「東洋平和」のために利害をこえて献身している証明であるかのようなロジッ
クがとられていた。経済収奪目的の「植民地」経営を欧米のものとして、日本
の赤字経営と対比させる論法は、この後の台湾・朝鮮統治論においても、同
化論者のナルシズムの材料となっていくことになる。」
小熊英二 「日本人の境界」 p92

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 23:30:28 ID:l5mE3fCR0
http://www.tamanegiya.com/oranndatoinndonesia18.6.17.html


この主張に穴があるなら、「理路整然」と指摘せよ


>>788

自分の言葉でしゃべり給え

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 23:53:31 ID:lJ98FBzw0
また酒ゴミクズか

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 00:23:11 ID:+AXS3MMX0
>>790

人格攻撃乙

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 07:53:55 ID:+2Kv0Xql0
>>789
>自分の言葉でしゃべり給え

こいつ馬鹿じゃね?
>>787
>これらに反駁できる歴史学者は果たしているでしょうか?
って言ってるから歴史学者の見解を紹介してやったんだろうがよ

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 15:06:48 ID:WeNrbiVu0
>787
あたかも自分が最初に気づいた・・・みたいな言い方だねw
陳腐の一言

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/19(火) 02:17:50 ID:KxqBVTk60
>>792
わずかそれだけとは哀れww

有名な話ですが、大東亜戦争後、我が国の思想解体を行い、大東亜戦争自衛論
を許さなかった占領軍総司令官ダグラス・マッカーサーは一九五一年五月三日
〜五日の間おこなわれた米上院軍事・外交合同委員会聴聞会において、一日め
の五月三日に「原料の供給を断ち切られたら、一千万人から一千二百万人の失
業者が日本で発生するだろうことを彼らは恐れた。したがって、日本が戦争に
駆り立てられた動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのだ」
と我が国の戦いは自衛戦争であると証言しています。
 ブロック経済が不可能な我が国をアメリカは経済封鎖で追い込みました。
 パール博士は「モナコ王国やルクセンブルク大公国でさえも立ち上がったろう」とまで述べています。
 当時の状況をただ時系列で捕らえただけでは解決しないと思います。


795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/19(火) 04:20:54 ID:F9Xyw6lg0
>>794
>マッカーサー
元の文脈は日本の弱点を突いて追い詰めたと言う自慢話で、追い詰めたのが
不当だとも、戦争に訴えたのが正当だとも言ってないよ。

>パール博士
ありえない仮定だ。モナコやルクセンブルクがハルノートのようなものを
突きつけられるような立場にはなりえない。そんな要求がなされる時点で
小国ではないし、小国ならば、そんなものを突きつけられるだけの口実を
相手に与えるような馬鹿な対外政策を取ったりしない。
元はパール博士の言葉ではないが、これを支持している点で、彼の判断能力
を大いに疑問視してしかるべきだ。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/19(火) 05:24:54 ID:HsRxSu9L0
>>794
>パール博士は「モナコ王国やルクセンブルク大公国でさえも立ち上がったろう」とまで述べています。
あれはパルが引用した比喩にすぎず、そこだけ切り取ると「日本免罪」のようにきこえるマジックにすぎない

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 01:10:59 ID:EATJ+/zp0
たとえば英国と日本を比較したとして、インフラ整備、教育など貢献度として、
英国がすぐれているところをインド、ビルマなどについて具体的な例、数値などを
呈示できるの?

文盲率の改善、帝国大学の設置など教育に関しては、それぞれの植民地、併合地に
日本は中々貢献していると思うのだが。


798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 04:54:05 ID:UmgA92nF0
少なくともインドの鉄道網は朝鮮とは比べものにならんよ。

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 10:38:10 ID:XPV4WKAc0
イギリス東インド会社時代から長々と続けられていたものと比べるのはどうだろう。

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 23:29:21 ID:O76U7PB30
>>797
>帝国大学の設置など教育に関しては、それぞれの植民地、併合地に
>日本は中々貢献していると思うのだが

欧米植民地の大学

国立フィリピン大学設置(1908):アテネオ・デ・マニラ大などは私立。
ラングーン大学設置(1920):1878年にカルカッタ大の支部としてカレッジ設置。
インドシナ大学設置(1917)
香港大学設置(1910)
シンガポール大:前身として2つのカレッジ、ジョージ7世医科大(1905)とラッフルズカレッジ(1928)があるが、
これが合併してマラヤ大になり、両国分立後に南洋大を吸収してシンガポール大に

日本植民地の大学↓
 朝鮮人合格者は、文科A(法学)10名、文科B(文学)19名、理科16名の総
 45名で、160名中45名で、すなわち28%だった。
 当時、朝鮮語新聞である東亜日報と朝鮮日報が朝鮮人に対する「入学差
 別」を批判している。しかし、日本人学生対朝鮮人学生の比率は、2:1に終始した

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 01:05:21 ID:06zhP9Bp0
日本の植民地統治事態英仏の物真似なのにね

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 01:40:08 ID:f/qPmvXm0
>>798-800

ソースは?


803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 01:57:00 ID:f/qPmvXm0
ついでにいうと、当時の日本も現地人の育成を行っていたが。
それに、日本も当時の情勢からインフレ整備等はかなりの規模で行われている筈では?
それも、半島に至っては国内の予算を注ぎ込んでも大規模な整備を行っているし。
(その良い例が、「旧ソウル駅」等の日帝の遺産だし)


欧米が各地で名門大学を作ったのはわかったが、その一部の名門大学設置により、
一般の人々の生活は文盲率も含めどのように改善されていったのかがわからない。
その欧米に比較して、日本の植民地等における教育(制度)が
その国の人々に貢献度として及ばない点はどのようなところだろうか?




804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 02:02:13 ID:f/qPmvXm0
他にもインフラ整備、役人、軍隊、警察組織などいろいろ植民地経営において
比較対象となるものがあるが、とりあえず、植民地(等)における教育というものにしぼり、
我が国の植民地等のそれぞれの国、人々に対して貢献度が欧米、例えばイギリスの貢献度に
及ばない点をご呈示願いたい。

その後に、その名門大学で教育を受けたエリートの受け皿はどのようななっていたのか。
日本の統治と比較して「その国々、民族に対しての貢献度」というものからご呈示願おう。

そちらがいう、その国、人々への「貢献度」として日本の植民地経営が及ばないというのならば、
イギリスの植民地政策により大きく改善されたということになるので、
「その国々、民族に対しての貢献度」(日本がイギリスに及ばない)という点から提示して欲しい。


805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 02:04:30 ID:f/qPmvXm0
>>801

そもそも、日本の「植民地統治」って
何処の国の事を指すの?まさか朝鮮半島の事では無いよね?
(何しろあれは、当時の朝鮮側から望んで来て「合法的に」行われた「併合」)


英仏などとは異なる

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 07:26:39 ID:oF+l/hxI0
>>805
また併合厨かw
勉強不足もほどほどにしてくれよ

矢内原忠雄(戦前日本を代表する植民地政策学者。新渡戸稲造の弟子)による「植民地獲得方法」の紹介
「植民地成立の形式は国際法学者が領土獲得の方法として研究する処で
あるが、その国際法上適法なりとせらるる法律的解釈の如何に拘はらず、
実質的関係に於ては常に多かれ少かれ暴力又は譎詐による強制作用に
基くものなることを、次に指摘するであらう。」として以下の6つをあげる。
1.先占/2.併合/3.買入交換/4.租借/5.保護条約/6.委任統治
「植民及植民政策」全集版101-108ページ

で、
二、併合。
強制的併合(戦争の結果たる講和条約によるもの)は勿論、相互の任意的
協定によると併合称せらゝ場合と難も、自発的自由意思に基くは稀にして必
ずや力による圧迫の作用する処大である。「合併とは協約に依り一国が他国
の領域の全部又は一部分を適法に譲受くる事を云ふ」とは真に表面的の事
柄に過きない。
任意的併合の好例として称せらゝ所調「日韓合邦」は、やはり併合にして合
邦にあらず。明治四十三年八月二十二日日韓併合条約第一条に曰く、
「韓国皇帝陛下は韓国全部に関する一切の統治権を完全且つ永久に日本
国皇帝陛下に譲与す」。第二条に曰く「日本国皇帝陛下は前条に掲げたる
譲与を受諾し且つ全然韓国を目本帝国に併合することを意諾す」と。而して
右の条約文言の如何に拘らず、この併合談判の発議者はいづれの当事者た
りしかは歴史に明かなる処である。
英領印度はその保護の下に立てる土人王国に対し継嗣欠缺("lapse")の法
理を適用して、直系の継嗣なき時は之を併合するの政策を取つた。この併合
没収の政策が一八五七年の印度大騒乱の直接の原因たりしを以て見る
も、形式的適法は暴力又は詐欺による強制作用を隠蔽するを得ざるを知る


807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 08:02:29 ID:J4+iEtRP0
どうでもいいが、欧米などでは併合したというよりは植民地にしたとしたほうが受けがいいぞ。

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 08:48:24 ID:1wIywGDR0
また見覚えのある話題のループか
チロはコテつけろや

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 17:49:59 ID:f/qPmvXm0
>>808
誰だよチロって

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 22:08:45 ID:f/qPmvXm0
>>806はなるほどよくわかった。

>>803-804についてだが。。。

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/22(金) 19:55:52 ID:3gCHzW3I0
日本の盾としてなら満州、朝鮮の植民地は意味があったと思う。

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/23(土) 23:30:40 ID:CkwtuxT+0
>>804
「そちら」って具体的に誰のこと?
例えば、>>800の前半なら、ぐぐればすぐに出てくる。
設立年度だから中学生レベルの英語でも問題なく確認できる。

後半もぐぐれば似たようなデータを出してるサイトがすぐに見つかる。
書籍で確認したければ、朝鮮史の通史か、『岩波講座 近代日本と
植民地』あたりに出てくるでしょ。

>>798の場合、
ちょいと古いが、『山川世界各国史 インド史』(旧版)にグラフがあって、
1852年に20マイルだった鉄道総延長は、1900年に28400マイル。

「一方、すでにたびたび言及した鉄道は十九世紀後半より二十世紀にかけて、
時には採算すら無視しつつ各種鉱工業に先がけてその建設が進められた。
先進諸国の場合に比べるとその進展の仕方は異常なものがあったが、
これに伴ってまず炭坑業の成長が喚起されただけでなく、やがて各種近代工業
の興る基礎ともなることになった。」
とある。で、その前後を読めば↑の記述がイギリス礼賛でないことも分かる。

ネットと図書館でこの程度のデータはすぐに集まるんだから、他人に求める前に
自分で調べてみたら?

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/24(日) 02:46:43 ID:NJmMxP0X0
つーか「貢献度」ってなんだよwww
植民地支配は原住民に貢献するためのものだとでも思ってんのかww

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/24(日) 04:47:34 ID:EzLExhcY0
>>813
>>788で小熊が指摘するような善政厨なんだろ

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/24(日) 04:54:51 ID:s/+z1uBf0
日本の統治は素晴らしかったんじゃないか。
戦後、独り立ちして頑張ってる国が多い。
それに引き替え欧州の植民地だったアフリカはどうだ。
いまだにカスばかり。国の体ををなしていない。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/24(日) 08:13:09 ID:5PjsU2pH0
>>815
えらくまあ都合の良いことだな。

で、どの国が独り立ちしてがんばってるの?もしかして満洲かい?
台湾というなら2.28虐殺やった蒋介石親子の功績もたたえてやらんと不公平だろうw。


817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/24(日) 11:03:01 ID:EzLExhcY0
>>815
>戦後、独り立ちして頑張ってる国が多い。
たとえばイギリスの代表的植民地だったインド、マレーシア、シンガポールや香港はどうなの?

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/24(日) 15:38:51 ID:Ft1UYhLv0
イギリスの植民地だったアメリカは世界の覇権国ですが何か

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/25(月) 23:03:43 ID:3OVClEcT0
いいか、みんな
        (゚д゚ )
        (| y |)

欧米の植民地主義を日本が打倒し、それがアフリカにまで伝播して
    今のようにアフリカ各国が独立する事が出来た
      開放 ( ゚д゚) 独立
       \/| y |\/



  つまり、アフリカはわしが育てた
      /__.))ノヽ       
      .|ミ.l _  ._ i.)     
     (^'ミ/.´・ .〈・ リ
     .しi   r、_) | 
       |  `ニニ' /
      ノ `ー―i´
         日本

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/26(火) 01:29:44 ID:hzJ1LdOz0
星野がアメリカ人っぽく見えるところがこのAAの弱点だな。

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/30(土) 00:52:00 ID:T0sZblky0
アフリカの起源は日本、ですかwww

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/31(日) 09:26:42 ID:uXWK3I9n0
ヨーロッパの植民地支配の例

リビアに50億ドル投資へ=植民地支配への補償−伊
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008083100010

 【カイロ30日時事】イタリアのベルルスコーニ首相は30日、リビア北東
部のベンガジを訪問した。最高指導者カダフィ大佐と会談し、イタリアによる
過去の植民地支配への補償として、25年にわたり毎年2億ドル、計50億ド
ル(約5400億円)をリビアのインフラ整備のために投資することなどを含
む友好協力協定に調印した。AFP通信が伝えた。
 同首相は記者団に対し「今回の合意は植民地時代にイタリアがリビアに損害
をもたらしたことを全面的かつ道徳的に認めるものだ」と語った。(2008/08/31-01:14)

823 :日本はアジアの突然変異:2008/08/31(日) 21:57:38 ID:oDLkkFQ00
1.15世紀の朝鮮、ハングルを作った国王世宗の治世。中国で貨幣が流通していることを知った
世宗は中国から貨幣を輸入して、「貨幣を使わない者は処罰する」という法律まで作って、貨幣を
流通させようとしたが、結局失敗している。それは農民と官僚が主体の社会で、物々交換が行われ
ていたからである。(世宗実録より)

2.12世紀の日本、平家の治世。平清盛は周囲の反対を押し切って、中国から貨幣を輸入して、
流通させようとしたら、爆発的に大流行したという記録が残っている。世宗と清盛を比較する人は
いないが、やろうとしたことは全く同じである。

3.15世紀の世宗の治世。朝鮮から役人が来日して、漢文の見聞録を書き残している。それによ
ると、当時の日本(室町時代)は社会の隅々にまで貨幣が浸透していて、乞食でさえ米を欲しがら
ず金をほしがる様子に驚いている。さらに有料の宿屋、渡し舟、馬まで用意されていて、日本では
金さえ持っていれば旅ができるので驚いているのである。(老松堂日本行録より)

824 :日本はアジアの突然変異:2008/08/31(日) 21:59:59 ID:oDLkkFQ00
4.17世紀、江戸時代初期の日本。米などの物資が集積するのが大阪で、巨大消費地が江戸に
なったため、代金をいちいち運んでいては不便で危険であった。そのため、手形で決済する仕組
みが成立した。さらにそれが発展して、18世紀初頭には米が収穫される以前に権利を売買して
おく、いわゆる先物取引市場が大阪堂島に世界で最初に成立するのである。

5.19世紀末の朝鮮。イギリス人女性イザベラバードは、日中韓を旅してそれぞれ旅行記を書
き残している。当時の朝鮮半島の様子を、ソウルとその周辺で銅銭が流通しているのみであり、
地方に行くとそれさえも流通しておらず、物々交換が行われていると指摘している。(朝鮮紀行より)

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/31(日) 22:53:04 ID:uXWK3I9n0
イザベラバードも同書で日本公使による閔妃暗殺事件のことに触れてるんだけど、
なぜかそこはスルーするよねw

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/01(月) 09:03:58 ID:scQKxFjz0
閔妃暗殺事件の資料はマチマチなんだよな。

何しろ、日本側の資料では暗殺をしたのは日本側。
だけど、朝鮮側の資料では暗殺をしたのは朝鮮川になっている。

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/01(月) 10:53:36 ID:0fZQnS50O
植民地運営で人口増えるのはおかしいよな

普通は人口半減するよ


828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/01(月) 17:19:16 ID:hAoW1Mjq0
人口減らしたら自国の物売りつけられないじゃねーか。

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/01(月) 21:28:03 ID:xg0dznJw0
日本には植民地なぞ無かったぞ

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/03(水) 23:54:13 ID:vewGI1u30
>植民地運営で人口増えるのはおかしいよな
いや普通は人口倍増する。
あたりまえだろ、近代以前の土地に産業革命の成果が持ち込まれるんだから。
人口半減するのは、まあ17世紀くらいの話だ。
それまで交流のなかった土地への往来が始まると、疫病とかが爆発的に流行することがあるからなw

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/04(木) 01:01:31 ID:LNbizuOu0
つか、ネイティブの人口激減したのって新大陸だけじゃね?

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/05(金) 11:37:38 ID:0FomU0Xz0
あと従来のその地の人口調査じゃもれていた人々が、近代的方式で救い上げられるとかな。
それは発見であって増加ではないわけだが。

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/07(日) 01:18:32 ID:j1mNxpwO0
ま、増やした人口の面倒を見切れなかったおかげで
日本や満州へと数百万単位で流入していったわけだけどな

834 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/14(日) 12:32:03 ID:Tg6DEy7s0
>>806
>また併合厨かw

矢内原の学説を根拠にして「植民地」というのは止めろ!と何度言えば分かるんだ?

まず>>487を読め

そして>>492

あ、チョット待って、今読み返したら震えた。

>読解力上位者は書き手が何を言わんとしているかだけではなく
>(書いている時の)精神状態なども分かるものなんだ。

鳥肌立った。

>>493-496

835 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/14(日) 12:41:19 ID:Tg6DEy7s0
>>809
>誰だよチロって

チロリアン知らないの?
自分がチロリアンと間違えられた
例えばこう考えてみてくれよ
ここで君がくだらない一行レスをしたとするね?

それでチロと間違われたら
チロリアンとは「一行レスで下らないレスをする男」というのが分かる。
自分のレスを見てごらん
一応まともな事を書いているんだろ?
それに対してチロと間違われたわけだし、

「また見覚えのある話題のループか」で話題がループしているというのが分かる
少なくともこの話題に興味があるならこのスレの過去ログ見るべきでは?

で俺は君のレスを見たから言うが

>我が国の植民地等のそれぞれの国、人々に対して貢献度が欧米、例えばイギリスの貢献度に
>及ばない点をご呈示願いたい。

何を根拠にして当時の日本は植民地があったなどと言っているんだ?
それは新渡戸・矢内原の学説に依拠しなければならないはずなのに

>>806はなるほどよくわかった。

知らなかったんだろ?それはおかしいよ。
では何を根拠に当時の日本に植民地があったと言っているんだ?


836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/16(火) 10:47:28 ID:96Ks2j1+0
>矢内原の学説を根拠にして「植民地」というのは止めろ!
>と何度言えば分かるんだ

キミの「希望」「要求」はよくわかった。
しかし、残念ながら言論の自由が曲がりなりにも保証されている我が国で
キミの要求を一方的にのむわけにはいかないし、君の命令に素直に従うヤツも居ない
ことを重々承知したまえ。

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/16(火) 16:34:42 ID:1FYH2mB80
>>835
>何を根拠にして当時の日本は植民地があったなどと言っているんだ?

朝鮮台湾等の外地行政を統括した官庁は拓務省、
英語呼称はMinistry of Colonial Department
直訳すると植民地省

終了

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/16(火) 17:54:05 ID:OXGhZTR/0
英語に訳したら植民地だからです、というのもどうかと思うが。

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/16(火) 18:42:42 ID:XHtrifWO0
>>838
日本に植民地がなかったとか言いたがる連中は、日本政府が植民地の語を
使ってなかった、ということを根拠にしたがるんで、そのレベルに合わせた
話をしたまでのこと

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/17(水) 12:39:08 ID:fY02N5j30
植民地を外地とおき換えりゃ満足満足

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/17(水) 12:58:01 ID:oNFx7VP90
違ふな
我國に植民地が無かったとする主張は正しい。
左翼の封建概念や所有概念がおかしいことは有名だが、植民地の定義も分らないらしい。


842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/17(水) 12:58:43 ID:3qFRlMyl0
>>840
欧米の植民地だって、植民地という名称がついたものなんかほとんどないっていうのにねw

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/17(水) 13:39:35 ID:3qFRlMyl0
>>841
>植民地の定義も分らないらしい。
では、植民地の定義とやらをどうぞ


844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/17(水) 14:18:41 ID:HNFJEZ+I0
どうせ植民する場所とかじゃねえの

845 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/17(水) 21:04:21 ID:njgYLV6s0
書き込めないぞ

846 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/17(水) 21:05:58 ID:njgYLV6s0
>>837

もしかして「してやったり」と言う顔をしているの?
それともビクビクしている?
あまりにも稚拙なんで・・・


847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/17(水) 21:08:44 ID:mE+4E3lG0
くだらん言葉遊びはどうでもよい。
租借地や傀儡国や直轄領を持ってきた事は事実。

自国の利益のために、外地で権限を得てきたのは変わらない。

848 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/17(水) 21:43:06 ID:njgYLV6s0
>>847
>くだらん言葉遊びはどうでもよい。

言葉遊びではない
何故当時「植民地」という言葉を使わなかったのか?
それで彼らの思考が分かるわけだ。

>自国の利益のために、外地で権限を得てきたのは変わらない。

自国の利益と彼らの利益を考えた。
弱肉強食の時代に於いてだよ


849 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/17(水) 21:49:53 ID:njgYLV6s0
>我国にては斯の如き公の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺
>太等地名を呼ぶ。
>但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。

矢内原の言葉を出して確認しておくよ
当時日本は「植民地」と呼んでいなかった。

OK?

じゃついでに>>837に質問しておくか

殖民地の本来の意味は?

※ヒント

ブラジルにある桂殖民地(桂植民地でぐぐれば出てくるよ)

これを以て「ブラジルは日本の植民地」だという人間はいるか?

850 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/17(水) 21:51:21 ID:njgYLV6s0
というかクイズ形式はやめよう

どうせ>>837もずっと前からいたんだろうからな

入植地の区画整理をした土地を殖民地とよんでいた。

ここまでOK?

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/18(木) 04:19:13 ID:bh1ApwCU0
>>848-850
おまえ、何年たってもまだ理解できないのな
「殖民地」は旧字として「植民地」と同義で用いられてたってことを、
日本や欧米の植民地についても「殖民地」の語を当てている事例を紹介して
やっても、何もその意味がわからんのだな
あまりの低脳ぶりに頭が下がるよ

事例
拓殖局編「日本及各國殖民地統計表」1913年
外務省通商局編纂「海峽殖民地概覽」1918年
拓殖局編「殖民地要覧」1920年
拓殖事務局編「殖民地便覽」1923年
外務省條約局「日本帝國逓信省及海峡殖民地郵政廳間小包郵便約定ヲ修正スル追加條款」1928年
外務省調査部編「英國ト自治領・印度・殖民地等トノ法律的關係」1935年

852 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/19(金) 19:14:48 ID:610UY0vM0
>>851
>「殖民地」は旧字として「植民地」と同義で用いられてたってことを、
>日本や欧米の植民地についても「殖民地」の語を当てている事例を紹介して
>やっても、何もその意味がわからんのだな

悪いが低脳はお前だよ

いいか?よく考えろ
とりあえずこれを7回読め

我国にては斯の如き公の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺
太等地名を呼ぶ。
但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。
我国の学者政治家等が朝鮮を指して植民地と称することに対し、
「千万年歴史の権威」と「二千万民衆の誠忠」を有する朝鮮民族は
大なる侮辱を感じ、大正八年三月一日の独立宣言書にもその憤慨が披瀝せられた。
併乍ら研究者は事実関係を以ってその研究対象とするより外はない。
『植民及植民政策』矢内原忠雄

853 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/19(金) 19:18:52 ID:610UY0vM0
>>851
おっと・・・
レスして気が付いた

韓国や台湾は植民地ではないと言っているのかな?

それとなお前が出してくれたの

拓殖局編「日本及各國殖民地統計表」1913年
外務省通商局編纂「海峽殖民地概覽」1918年
拓殖局編「殖民地要覧」1920年
拓殖事務局編「殖民地便覽」1923年
外務省條約局「日本帝國逓信省及海峡殖民地郵政廳間小包郵便約定ヲ修正スル追加條款」1928年
外務省調査部編「英國ト自治領・印度・殖民地等トノ法律的關係」1935年

これな

桂殖民地を出した意味が分からないの?
ブラジルは日本の植民地かい?


854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 20:37:04 ID:OQql1ZAt0
>>853
日本政府が、日本の植民地(朝鮮や台湾など)や欧米の植民地を扱っている
諸文献をあげてやったまでだ
まだわからんのかね

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 20:59:51 ID:dQNrHjBj0
対馬ダイビングネット&対馬トラベルネット 掲示板

http://otd3.jbbs.livedoor.jp/joujou/bbs_tree






61.195.34.45.eo.eaccess.ne.jp 男性 会社員 B型 島根県
福岡の親戚に連れられ対馬を訪れたのはもう10年前になりますが、そのときは島の方々に大変お世話になりました。また、対馬の美しい自然、海の恵も堪能させていただきました。

ところで、先日買った撃論ムックという本で対馬の現状を知り、ちょっと愕然となりました。

私たちは「国境の島」の大切さを今こそ強く意識し、この美しい自然、歴史を守っていかなければいかねいと痛感いたしました。


撃論ムック「猟奇的な韓国」 西村幸祐責任編集
http://www.amazon.co.jp/dp/4775512609/



856 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/19(金) 21:04:29 ID:610UY0vM0
>>854
だから日本が殖民地(植民地)という言葉を使ったのなら
その意味は

入植地の為に区画整理した土地を指す「殖民地」でしかない。

で、欧米の植民地と同義の「植民地」だが、1904年「台湾植民地論争」で
植民地ではないと否定した為
以後、新渡戸が言うように

>我国にては斯の如き公の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺
>太等地名を呼ぶ。

となったわけ

>>99の力作年表読んでくれるか?



857 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/19(金) 21:06:42 ID:610UY0vM0
矢内原が、
「桂殖民地があるから日本も欧米と同じ植民地をもっていた」

なんて言うと思うか?

ホントなぁー・・・馬鹿になるのは止めろよ・・・

858 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/19(金) 21:07:17 ID:610UY0vM0
>>856は新渡戸じゃなく
矢内原な

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 22:07:20 ID:OQql1ZAt0
拓殖局編「日本及各國殖民地統計表」1913年
拓殖局編「殖民地要覧」1920年
拓殖事務局編「殖民地便覽」1923年

ってのは日本の政府機関が発行した、朝鮮や台湾などの統計資料なんだが
いい加減現物くらい読んでコメントしてくれ
国会図書館に行けばいくらでも読めるぞ

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 22:58:17 ID:S6KhzhC90
政府の出版物が用語を間違うくらい珍しくないんだが。
専門家じゃないんだから、あんまり目くじらたててやんなよ。
今の日本の官僚みてたら、レベルくらいわかるだろ。

861 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/19(金) 23:24:25 ID:610UY0vM0
>>859
あのね・・・
矢内原の「植民及植民政策」は1926年に出たの
分かりますか?

拓殖局編「日本及各國殖民地統計表」1913年
拓殖局編「殖民地要覧」1920年
拓殖事務局編「殖民地便覽」1923年

これらの後に出たの
分かりますか?

新渡戸の弟子の矢内原も「何でもかんでも植民地論者」なの
その彼が

>我国にては斯の如き公の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺
>太等地名を呼ぶ。
「植民及植民政策」1926年

と言った事実は何を意味しているか分かるか?
何度も言う
ブラジルにある桂殖民地の事実をもって
「ブラジルは日本の植民地」とは言わない。









862 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/19(金) 23:27:50 ID:610UY0vM0
矢内原が

拓殖局編「日本及各國殖民地統計表」1913年
拓殖局編「殖民地要覧」1920年
拓殖事務局編「殖民地便覽」1923年


これらを基に

>我国にては斯の如き公の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺
>太等地名を呼ぶ。

これを

「我国にては斯の如き公の呼称を植民地と呼ぶ」としなかった。

矢内原は君とは違ってそんな事はしないよ
矢内原に不満なのか?

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 23:30:02 ID:Y9KWAf2P0
>チロリアン出入り禁止。奴にレスをしないこと。

1も守れない奴にレスする資格なし。
だいたい、奴が穴だらけの主張をするのはかまってくんなんだから、
えさをやるようなものだぞ。

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 23:34:43 ID:OQql1ZAt0
>>862
ふーん、で逆に欧米では植民地のことなんて呼んでたの?
欧米の植民政策にも詳しいチロ先生なら当然即答できるでしょうけど

865 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/19(金) 23:38:17 ID:610UY0vM0
>>864
コロニーじゃないの?

で?
まさか新渡戸や矢内原が英語が出来なかったなんて言うんじゃないでしょうね?

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 23:45:04 ID:OQql1ZAt0
>>865
ぷ、渡部昇一受け売りの単細胞丸出しですね
不遜にも新渡戸や矢内原の名前を出すんだから、彼らの本くらいはちゃんと
読んでから批評なり何なりを加えてね

867 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/19(金) 23:51:36 ID:610UY0vM0
>>866
いやいや

>ふーん、

じゃないよ
ちゃんと答えなよ

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 23:54:18 ID:OQql1ZAt0
>>867
インドもインド帝国って呼称だったよ
欧米の植民地支配の代表にあげられるけど

自分で振った話で自縄自縛になってるの理解できてる?

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 00:00:16 ID:OQql1ZAt0
>>867
>ちゃんと答えなよ

うん、この言葉そっくりチロ先生に返してあげるよ
いつも植民地って呼称を使ってないから植民地じゃないんだって言って、
では、植民地の呼称がないインド帝国は植民地ですか?と返されると、
なぜかスルーしちゃうからね

で、植民地の呼称を用いていないインド帝国は植民地なの? Yes or No?

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 08:55:58 ID:dJvsugpm0
横から見てるとどっちもどっちにしか見えんな。
両方、自身に都合のいいというか反論できる箇所にしかレスしていないし。

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 08:58:24 ID:l8DpEwNU0
第3者レス乙!

872 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/20(土) 09:00:49 ID:qa9tOIsI0
>>869
>いつも植民地って呼称を使ってないから植民地じゃないんだって言って、

誰がそんな事言った?
当時台湾や朝鮮は日本国の領土で、そこに住んでいる人は日本国籍だった

そして>>568読んで
だから「植民地ではない」と言ってる

「いいや、植民地と呼んでいたから植民地」と言ってるのは誰だ?

矢内原がそれを粉砕したんだよ


873 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/09/20(土) 09:01:46 ID:qa9tOIsI0
>>870
>両方、自身に都合のいいというか反論できる箇所にしかレスしていないし。

どういう事なの?
具体的に

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 21:21:11 ID:hQnld87D0
財政破綻した北マリアナ連邦を、再併合すべき。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 22:24:47 ID:sLksn0520
>>872
>矢内原がそれを粉砕したんだよ

すまんが下の一文を何度も読み直した上で、矢内原が言わんとしていることを
一語でまとめてみろ
中学生レベルの国語の能力も身に付いてないのか?

我国にては斯の如き公の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺
太等地名を呼ぶ。
但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。(中略)
併乍ら研究者は事実関係を以ってその研究対象とするより外はない。

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 00:02:47 ID:R3RtRBLL0
>当時台湾や朝鮮は日本国の領土で、そこに住んでいる人は日本国籍だった
日本人は他民族にも日本名と国籍を与え、決して欧米のように差別しなかった
と言いたいわけだねw

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 00:57:50 ID:6gMa7wu30
台湾籍民というのがいるんだけどな。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 00:58:41 ID:c+GNu3Oj0
>>876
戸籍は日本人とは区別していたけどな

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 07:57:41 ID:R3RtRBLL0
なんだチロリアンの妄想かw

880 :時代はすでに変わっている:2008/09/25(木) 08:19:53 ID:rcEkfvRJ0
>>825 「韓国は日本人がつくった」黄文雄著のような本が読まれていることを、
君はわかっているのだろうか?君が無視して読まなくても、この本に書いてある
ような認識がじわじわと広がっているんだよ。君が受けた民族主義を今さら持ち
出しても、30年前ならともかく、現代の日本で共感されるのはもう無理だよ。

君たちが日本に住みながら民族主義を唱えるような甘えは、もう日本人は許さな
くなっている。君たちに好意的だった団塊の世代は続々と引退していくし、時代
は変わりつつあるとしか言いようがない。

「在日韓国人の終焉」文春新書によると、在日の結婚相手の90%以上が日本人
になってからすでに久しく、生まれてきた子は自動的に日本国籍になるので、
中ぶらりんな立場の在日は、21世紀前半でほぼ消滅する見込みだという。
だから参政権問題など考える必要もなく、憲法の原則を守ればいいだけのこと。

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/25(木) 11:32:42 ID:ezuB81010
>>880
>「韓国は日本人がつくった」黄文雄著のような本が読まれている

こんな本が読まれようが読まれなかろうが、日本の公使が韓国の宮殿に乗り込み、
皇帝の奥さんをぶっ殺した事実には変わりないはずだが

15世紀のスペインポルトガルが南米の植民地化でやらかした政策と何か変わりあるの?

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/26(金) 04:22:00 ID:YAs2MkEy0
> 「韓国は日本人がつくった」黄文雄著のような本が読まれていることを、
> 君はわかっているのだろうか?君が無視して読まなくても、この本に書いてある
> ような認識がじわじわと広がっているんだよ。

飛躍がありすぎ。

黄文雄の本が読まれているというなら、『資本論』だって団塊世代以外にも未だに
読まれている。革命への認識がじわじわと広がっているかね?インテリが皆読ん
でた60年代だって、学生運動に毛が生えた程度で日本が共産化する兆候はゼロ
に近かった。なにせ池田・佐藤内閣時代で常に自民党が過半数。

左巻きじゃなくても『我が闘争』だって未だに読まれてるが、日本はナチスドイツに
近づいてるのか?

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/26(金) 05:02:44 ID:O9NvJsDT0
>>882
>左巻きじゃなくても『我が闘争』だって未だに読まれてるが

うむ、ナチスドイツの植民地認識や植民地政策を知るためにも、「我が闘争」は読むぞ
欧米の植民地政策も知らずに、日本植民地特殊論という「結論」だけがなり立てる輩とはレベルが違うんだよ

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/26(金) 10:57:33 ID:YDHa5KZa0
>>880
黄文雄なんかより、五島勉の方がはるかに読まれているわけだが・・・


885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/28(日) 14:48:15 ID:Zd7T9DSB0
>>881
皮肉にも一部の在日が民族主義に凝り固まっている間に、本国のほうが微妙に変化しつつあるきざしが見える。
ソウル大学の李榮薫教授らが共同代表を務める「教科書フォーラム」が執筆した『代案教科書韓国近・現代史』が
韓国で出版された。日韓関係を従来の「日本=帝国主義=悪VS韓国=被害者=善」と短絡的に見るのでなく、韓国
の発展の基礎となった植民地時代の日本の寄与を評価する視点で書かれている。

李教授は、「数年前と比較しても、韓国社会は大きく変化しつつあります。日本の植民地時代にまつわる捏造事実は
大別して4点に分けられます。1農民の土地の四割が日本人に奪われた、2数十万人の女性が挺身隊に駆り出され慰安婦
にされた、3収穫されるコメの半分を日本が奪った、4六百万人が強制連行された。これらは約20年前につくられた話で、
あたかも事実であるかのように教科書に載っています。若い世代は捏造事実を教え込まれ、悔し涙に暮れ、反日になるのです。
私たちは代案教科書で、これらが事実でないことを示しました。国史学者も、これまでの通説の間違いを事実上、認めています。
われわれの指摘への反論は今のところありません。」 (週刊ダイヤモンド8月23日号より引用)

「それは日本の利益のためにやったので、植民地のためじゃないだろう」だって?そんなこと当たり前だろう。植民地政策を現地
のためにやった国が世界史上あるのか?在日の応援団だった団塊世代がもうすぐいなくなるし、時代は変わりつつあるんだよ。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/28(日) 15:37:33 ID:P5h4xw1u0
>>885
>ソウル大学の李榮薫教授
とは共同研究で一緒になるのでよく知ってるけど、「植民地政策を現地
のためにやった」とはさすがの彼も言わないよ
彼の議論も理解しないで、相変わらずいいとこ取りのつまみ食いとは、
恥ずかしいにもほどがある。



 客観的数値で見ても、奪われた土地は10%に過ぎなかったと説明している。
李教授は韓国の歪曲された教科書で学んだせいか、反日感情の根がかなり深くなっていると話した。
http://www.geocities.jp/savejapan2000/korea/k228.html

A.日帝が朝鮮を永久竝合しようとしたことは、はじめから誤った計画
だった。日本内部でも、独自的歴史を持った文明民族を同化することは
不可能で、おびただしい費用を支払うはずだから健全な協助基調の上で
大韓帝国が独立することができるように手伝ってくれなければならない
と主張もあった。その過程で私たちが能動的に対処したら、植民地化を
避ける機会もあった。永久併合のための朝鮮の近代化は、民族意識の高
揚と抵抗を呼ぶという基本的矛盾を抱いていた。
http://kamomiya.ddo.jp/%5CSouko%5CC03%5CI_Yonfun%5CQandA.htm

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/28(日) 15:52:38 ID:Zd7T9DSB0
>>886
なるほど、李教授の主張にはわたしも特に反論はないね。

>永久併合のための朝鮮の近代化は、民族意識の高
揚と抵抗を呼ぶという基本的矛盾を抱いていた。

まったくその通りじゃないか。それで?「植民地政策を現地のためにやった」
とわたしが主張しているわけではないし、李教授が主張したとも書いていない。
もう一度、わたしの文章を読み返してみな。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/28(日) 19:53:09 ID:92q6jYPm0
黄文雄と李榮薫って同じこと言ってるか?
似たこと言ってる部分はあるが、基本路線はだいぶん違うと思う。

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/30(火) 18:46:45 ID:aUk4sm4z0
>>888
なるほど、だいぶ違うよね。それで?違っても構わないじゃないか。

このあいだ、成田から海外に行ったが、成田空港の書店に黄文雄「日本の植民地の真実」
が2冊置いてあった。大型で値段も高い本なのに、帰ってきたら1冊なくなっていた。
ま、売れるから置いているんだろうけど。在日の応援団だった団塊の世代もこれから引退
していくし。日本人も変わってきたね。

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/30(火) 19:33:00 ID:tiOvIUdZ0
ゆとり世代(笑)

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/30(火) 21:51:02 ID:RGpWz4KJ0
>>899
なにそれ(笑)。基本路線が違うんだから同列に並べちゃイカンでしょ。
本の読み方知らないの?

> 在日の応援団だった団塊の世代

とか証拠あんの?あの世代は朝鮮人差別とか普通だった世代だぞ。
メンタリティはおまえさんと同じだよ。

あと、成田の件は返品の可能性も考えような。



892 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/10/03(金) 19:45:22 ID:nd4sTWjc0
>戦前から東京にいた私は、年に1〜2回はソウルとか当時の平壌に行きました。その当時の韓国人は
>日本人以上の日本人です。劇場に行くと映画の前にニュースがありましたが、例えばニューギニアで
>日本が戦闘で勝利をおさめたという映像が流れると、拍手とか万歳が一斉に出ます。
>私は劇場が好きで、日本でも浅草などに行って見ていましたが、韓国で見るような姿はごくわずかです。
>韓国ではほとんど全員が気違いのように喜びます。
http://www2.odn.ne.jp/~aab28300/backnumber/04_12/tokusyu.htm

これを読んで理解出来ないという人間がいる
次のコピペをみてみよう

893 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/10/03(金) 19:46:39 ID:nd4sTWjc0
2002.03.07 韓国中央日報記事より抜粋

【コラム】民族と親日
姜偉錫(月刊エマージ編集人)

日帝が朝鮮を併合した際、朝鮮にはこの併合を恥じる主体の民族意識がなかった。
民族は民族意識と同じだ。したがって朝鮮には「民族」がなかった。
李完用(イ・ワンヨン)らが「売国」した朝鮮には主権と領土はあったが、
自らを国民だと意識してその主権と領土が自分たちのものだと主張する民族がなかった。
王と両班のものとしての朝鮮朝の主権は、韓日合併前、既にほとんど自滅していた。
外勢との争いに敗れて滅亡したのではない。
李完用らが「売国」したというのは誇張された修辞である。

争いは清国、日本、ロシアという外勢の間で、無主物となった朝鮮の主権を先取りしようして行われた。
親日派、親ロ派、親清派は名前を付け替えた四色党派の変種にすぎないと見るのがいっそのこと適切でないだろうか。
日本が朝鮮の主人となった後、親日派という朝鮮のエリートは老論の世の中を継承しただけだ。
滅亡した朝鮮朝に忠誠だった「臣下」を民族主義者だったということはできない。

民族は外部的には他の民族との境界ないし葛藤、内部的には民族主権という2つの側面をたどって意識化される。
朝鮮王朝のように「民」には垂直的に捧げる忠誠だけがあり、
水平化された自由と人権がない国家では、民族主権がないため、国家があっても民族意識はあり得ない。
さらに自由と民主主義がない国の民族意識は虚偽意識(false conciousness)でしかない。 

日本人は日帝が韓国に鉄道と学校を建設したことを誇りに思っている。
ウォン・イルファン(H.B.アンダーウッド)教授は、日帝が韓国に及ぼした功労は鉄道や学校の建設ではなく両班階級の破壊だと話す。
驚くべき洞察力だ。
しかしおそらく日帝のもっと大きな功労は、たとえこれを感謝することはできないとしても、
他民族による支配という苦痛と葛藤を通じて韓国人に民族意識を芽生えさせてくれたことではなかろうか。





894 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/10/03(金) 19:47:54 ID:nd4sTWjc0
コラムを読んでくれて
洞察力がある者は?が浮かぶ箇所があるだろう

ここだ

>しかしおそらく日帝のもっと大きな功労は、たとえこれを感謝することはできないとしても、
>他民族による支配という苦痛と葛藤を通じて韓国人に民族意識を芽生えさせてくれたことではなかろうか。

しかしこの際ここはスルーする

895 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2008/10/03(金) 20:03:13 ID:nd4sTWjc0
http://kuyou.exblog.jp/1071826/
両班猫車

猫車を運転する奴婢になったと想像出来るか?

両班にこう言われた

「やべえ 日帝が俺らの権利を剥奪しようとしている
お前ら 日帝と戦え」

戦うか?

日本の指導の元
甲午改革で身分制度の廃止(奴婢解放)が行われた

戦うか?



896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/03(金) 21:15:52 ID:utR0s1LJ0
死んでいいよ、チロは

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/04(土) 14:26:53 ID:mRv4SQgj0
まじで数年前から同じことしか言ってない
死ななきゃ治らんなこりゃ

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/04(土) 15:16:02 ID:pb1teD0B0
テンプル読めないほど日本語が不自由なクソコテはしんでくれ
※チロリアン出入り禁止。奴にレスをしないこと。


490 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)