5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

♪邪馬台国 ドンと来い♪ 73

562 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 07:59:45
これはよく知られていることだが、「共立」の事例については、東夷伝では「夫餘の条」で簡位居という王が嫡子なく死したので、諸加
(馬加・牛加・猪加)が庶子である麻余を共立した、とある。また「高句麗条」では、

>伯固死し、二子あり。長子は拔奇、小子は伊夷模。拔奇不肖にして、國人すなわち伊夷模を共立して王となす。

つまり伯固王が死んで、長子の拔奇が無能だったので、国人が次男の伊夷模を王にしたとある。この二例から見ると、共立の主体
は夫餘の場合は諸加(官人)、高句麗の場合は国人(王の宗族)となる。邪馬台国の場合も、「連合諸国が共立した」と読んでいいか
は難しいだろう。ただし、この「共立」は正当な嫡子以外の王位継承に用いられるということもできるだろうか。

339 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)