5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新自由主義の歴史6

309 :日本@名無史さん:2010/04/04(日) 16:39:49
245 名前:日本@名無史さん[sage] 投稿日:2010/04/03(土) 00:37:48
では、80年代に日米共に「ベンチャー」というカテゴリーが現れたのは何故なのか?
それは「ベンチャー・キャピタル」という新しい形態の出資・投資目的の担い手が
現れたという事だった。それまでなら、銀行融資か不特定多数への株式発行という方法がメインで
あとは縁故(等の個別の信頼関係)によるスポンサーに恵まれる必要があった。
しかし、「ベンチャー・キャピタル」はそうしたそれまでの関係ではなく、かつ現行とも違い、
組織的かつ汎用的かつ大規模に起業を促すスポンサーとして、現れてきたんだ。

それにより、日本でもベンチャーが現れた。
しかし、これらの投資グループは、既存の体系に当てはまらない組織なので、いろいろな
問題も起きた。投資グループによる詐欺まがいの商法も横行したし、背後にマフィアや暴力団
等がいる場合もあった。これは起業だけでなく、既存企業で経営難になっている業界や企業にも
影響を及ぼした。
表に出てくるのは、起業精神に溢れる若者だったり、経営難の企業が立て直されたり、また
それらが失敗したりという動きだ。コンピュータ・メーカのベンチャー「ソード」なども結局は
東芝に買収された。また、黒い霧事件というスキャンダル事件でプロ野球界が危機に陥り、当事者
の球団で経営難に陥っていた西鉄を引き受けた「太平洋クラブ」も、実は背後の資金関係で問題が
多かった。ライオンズはその後、ベンチャーの「クラウンライター」に買い取られ、それも
やがて西武グループに買収されていく。

222 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)