5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【源平も】甲斐武田氏総合史スレ【戦国も】

57 :日本@名無史さん:2009/12/30(水) 01:42:45
信長公記によると武田軍の部隊で押し寄せてきた順番は
一番山県、二番武田信廉、三番小幡、四番武田信豊、五番馬場美濃
これを軍鑑で見てみると
山県、小幡、武田信豊は竹広で家康と対決、武田信廉は柳田で滝川と対決、馬場美濃が大宮前で佐久間勢と対決、
公記と軍鑑を照らし合わせてみると
@山県が竹広で家康と対決して戦闘の後退く→A柳田で武田信廉が滝川と対決して戦闘の後退く→
B小幡が竹広で家康と対決して戦闘の後退く→C武田信豊が竹広で家康と対決して戦闘の後退く→
D馬場美濃が大宮前で佐久間と対決して戦闘の後退く、
という流れになるんだろうか
でも軍鑑だと第一戦において悉く武田の部隊が勝利し柵の中まで追い込んだとある
長篠日記とかでもそうなってたはず
というか信長公記を除く他のすべての2次資料が戦闘序盤における武田の奮戦と織田徳川の苦戦を描いている
ここら辺は信長公記はこの大勝利を顕彰する意味で手心が入っているんだろうか
信長公記ではやたらと長い時間戦ってる事が書いてあるけど、公記の描写だと武田勢が鉄砲で一方的にやられたような書き方だから
もっと早く終わってるはずだし

122 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)