5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

♪邪馬台国 ドンと来い♪ 48

328 :日本@名無史さん:2009/07/27(月) 13:20:23
萩之本遺跡
 数百本のくいで護岸
 奈良、弥生のかんがい施設跡

 奈良県橿原市の萩之本遺跡で、弥生時代前期(約2300年前)とみられる約700平方メートルの水田跡とかんがい施設が見つかり、県立橿原考古学研究所が14日、発表した。

 かんがい施設は小川がカーブする個所に設置。岸が崩れるのを防ぐため、長さ1メートル以上の木のくい数百本を約10メートルにわたって何重にも打ち込み、すき間に板を挟んでいた。

 川底は一段と深く掘り下げ、小さな貯水池のようにしてあった。この先は細い水路になっており、周辺の田に流れる水の量を調節したらしい。

 かんがい施設は何度か壊れたようで、補修した形跡があった。同研究所は「水を得るノウハウを持っていたことがうかがえる。当時の水田経営の実態が非常によく分かる資料」としている。

 水田は1枚が3−25平方メートルの長方形。幅30センチほどのあぜで区切られ、40枚以上が見つかった。

390 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)