5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

謎の女王卑弥呼は誰か?邪馬台国問題に終止符!33

1 :神奈川県民:2009/07/18(土) 21:08:32
三國志卷三十 魏書三十 東夷傳 倭人伝
其國本亦以男子為王住七八十年倭國亂相攻伐歴年乃共立一女子為王名曰卑彌呼
事鬼道能惑衆年已長大無夫婿有男弟佐治國
自為王以來少有見者 以婢千人自侍唯有男子一人給飲食傳辭出入
居處宮室樓觀城柵嚴設常有人持兵守衛

謎の文献 魏志倭人伝に記された、
女王卑弥呼とは誰だったのか、邪馬壹國とは何だったのか。
天皇家の祖、日本建国、魏志倭人伝について語ろう。

353 :河童虫:2009/07/24(金) 15:28:22
>>351

論外。 話しにもならない

354 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 15:32:26
河童虫 早々に 逃亡図る

          字足らずw

355 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 15:34:02
>>354
河童虫  逃亡図る  早々に

              でおk?

356 :河童虫:2009/07/24(金) 15:35:35
「登る」という動作が静止する事によって、「登り」と名詞化される。


「山に登る」だって
話しにもならない。な

357 :河童虫:2009/07/24(金) 15:39:15
>>354
だから
バーチャで息巻いていないで
リアルでナシつけよう。

358 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 15:41:49
>>356
「登る」という動作が静止する事によって、「休憩」と名詞化される。
「登り」という名詞は登る前に存在するのではないか?

359 :河童虫:2009/07/24(金) 15:48:59
>>358
ならないよ

登らなければ登りは体験出来ないし、存在しない。
登る前に認知するのは「坂」或は「斜」とか「壁」とか

360 :doontakuka:2009/07/24(金) 16:00:26
kaku+i = kamui
なら
noboru +i=noborui



カムはkamu ではなくkam です。
だから、
カムは噛む、咬むではない。
だろう。

361 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 16:00:27
>>359
>生前墓は墓ではなく
>墓所予定建造物です。

人が「埋葬」されなければ墓ではない
人が登らなければ山ではない
山は人が登る前は、斜や坂や壁ってことでいい?

362 :ローガン:2009/07/24(金) 16:10:49
>>352

論点はずらしていないですよ。貴方のレス
>>310> 時間の経過を考えてください。工事の段階を書けば、その時完成建造物は 未来の出来事、決して書く事の出来ない事象

に対するものです。作冢中に誰も完成型が把握出来ていないなんて事はない、という事を建築工事にたとえただけです。
つまり「決して書く事の出来ない事象」ではないと言う事です。

363 :河童虫:2009/07/24(金) 16:20:54
>>362

縄張りがそのまま完成物にいかされているかどうかは、完成物を計測比較して
初めてわかるものです。
寸面だけ工事用を使用したのであれば
それは永遠に未完成な建造物になることは理解できますよね?
縄張り百餘歩は、完成物百餘歩ではありませんよ

364 :河童虫:2009/07/24(金) 16:22:48
>>361
山は人が登らなくても山ですよ

365 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 16:24:06
河童虫  論破されても  屁の河童

                    蝉丸

366 :ローガン:2009/07/24(金) 16:32:03
>>363

> 縄張りがそのまま完成物にいかされているかどうかは、完成物を計測比較して初めてわかるものです。

違いますよ。「縄張り」は設計図に基づいたものです。

367 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 16:34:02
望月の  我世とぞ思ふ  河童虫

                   道長

368 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 16:38:48
イレブンの  昔懐かし  河童文文

                   巨泉

369 :河童虫:2009/07/24(金) 16:39:20
>>366

それじゃあ
お役所仕事できないよ

370 :河童虫:2009/07/24(金) 16:41:10
>>365
今時論破なんて死語つかってるの

貴方と改め君ぐらいだよ

つまり
同レベル乙

371 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 16:49:19
河童 カッピ カップ カッペ 闊歩
実在しないのは、ど〜れ? 

372 :河童虫:2009/07/24(金) 16:52:54
>>366
その縄張りは、設計図に基づき
寸分違わず執行されたものですか?

373 :河童虫:2009/07/24(金) 16:56:30
>>371
スレを荒らす目的ならば、そんな事するよりも、VIP連中呼んで
賑やかに荒らした方が、手っ取り早いですよ

374 :河童虫:2009/07/24(金) 16:59:49
>>366
あと想像領域でないのなら、当時の設計図提出を希望します。

375 :ローガン:2009/07/24(金) 17:06:33
>>372

> その縄張りは、設計図に基づき 寸分違わず執行されたものですか?

「その」は何を指しますか? 質問の意味がわかりません。

376 :河童虫:2009/07/24(金) 17:25:42
>>375

倭人伝の冢でどうですか?

剣道の稽古に行ってきます

377 :縦目仮面:2009/07/24(金) 20:13:55
えーっ。河童さん剣道やってるんですか???知らなかった。どちらのほうで?

378 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 20:50:27
もしかして、薩摩示現流ではないでしょうか?
「一の太刀を疑わず」つまり一撃必殺の豪剣。
河童虫さんの生き方そのものではありませんか。

379 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/24(金) 20:59:30
>>370
>貴方と改め君ぐらいだよ
>つまり 同レベル乙

ていうか古代史レベル〜もん太くん並(初心者クラス)の人に言われても・・・。

↓古代史が初心者クラスといえる証拠
たとえば、古代史にかかわってる人なら誰でも知っている
「倍塚」という用語も知らなかったりする。
こっちが恥ずかしくなる・・・。
>>251-255)私が、「ドンコイw」と言って〜
河童氏をフォローしてるのも気付いてないのだろね〜この人は・・w

380 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 21:08:51
>>378
いやいや「タイ捨流」に一票www

大(事なところを)捨(ててしまった、オレサマ)流

ってことでwwwwwwwwwwwwwww

381 :縦目仮面:2009/07/24(金) 21:14:37
俺の実家は常陸で、古流の道場(副業というか、持ち出しのほうが多い)をやってます。

382 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 21:19:48
柔道/剣道/弓道/なぎなた →伝統武術(仮)@2ch掲示板
http://www2.2ch.net/2ch.html

383 :愛知県民:2009/07/24(金) 21:34:08
あれ?縦さんと河童さんは親子?

384 :縦目仮面:2009/07/24(金) 21:44:59
???河童さんって茨城??

385 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 21:59:46
ネットエチケットを守ろうぜ

386 :河童虫:2009/07/24(金) 22:09:29
>>377

>えーっ。河童さん剣道やってるんですか

私の剣道は高校時代からです。
学校にバレー部がなかったので引きずられるように入部し、3年間でなんとか二段
それからというもの数十年間一度も竹刀を握ることなく時が過ぎ、3年前ちょっとしたきっかけがもとで再び竹刀を、今では小学生スポーツ少年団の
指導員や、日曜などは中学生の部活の相手ををする傍ら
自分も昇段を心がけています。
昨年秋、なんとか3段に一発合格し、来年は年齢特例を利用して4段に挑戦しようかと考えてる 取敢えず現役です。


>>379

>「倍塚」という用語も知らなかったりする。

一応知っていますよ 倍塚の発掘には携わってはいませんが
前方後円墳の発掘調査なら、樹木の伐採から破壊まで
地主特権を利用し、有給などを使い発掘の手伝いと
夜間の出土物の仕分け作業の手伝いにたずさわりました。

現場の苦労を知ってるだけに、私は一切掲示板では考古学にはふれないし、今後も触れる事はないでしょうう。


土の中から鏡が顔を覗かせた時の
あの何とも言えないブルー   それが空気に触れた瞬間からみるみる色が変化してくる


387 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 22:17:28
石碑の発掘が待たれるところです。

388 :河童虫:2009/07/24(金) 22:22:26
>>379

>↓古代史が初心者クラスといえる証拠
たとえば、古代史にかかわってる人なら誰でも知っている
「倍塚」という用語も知らなかったりする。


私から言わせてもらえば
考古学語るのなら、一度でもいいからせめて現場ぐらい踏んでから語れやと言いたい。
脳内考古学なんて
一円の値打もねえぞと    私はあのとき実感した。

389 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 22:29:05
陪塚

390 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/24(金) 22:35:13
>>386>>388
河童虫くんがムキになってるw
わたしは、発掘調査に携わったことはないが、
君はその北関東の古墳しか知らないじゃん。
関係のない言葉遊びするぐらいなら、もう少し、古代史の勉強したほうがよいてことだよ。
みんな、君より詳しいよ?
>>389
間違えてたね〜正解w

391 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/24(金) 22:42:43
>>259
>海部氏系図に卑弥呼がちゃんと載ってる、卑弥呼は卑弥呼と言う実在の人物。
>大倭姫命が卑弥呼すか?
>記紀が各地の豪族の伝承をぐちゃぐちゃにしちゃったから
>誰が卑弥呼なのかを確定するのは難しいと思うけどねえ

丹波は、ハッキリいって面白い。
椿井大塚古墳だっけ?!
しかし、箸墓のあるマキムクと比べたら、どうしてもマキムクのほうがふさわしく思える。

>>297 サガミハラハラさん
>今博多にいます。昨日は宮崎で日食をみていました。明日佐賀に移動する予定です。

今はどこにいるんでしょうか?w

>>301
>改めさんは鹿児島で日食見たのかな?

いえ、いえ、さすが、鹿児島までは・・・。

392 :河童虫:2009/07/24(金) 22:43:05
>関係のない言葉遊びするぐらいなら

どう関係がないのか詳しく説明してもらいましょうか

>君はその北関東の古墳しか知らないじゃん。

一つで十分だよ
少なくとも脳内考古学ではなくなるから

>みんな、君より詳しいよ?

そらそうだろう
で、どこがどのように詳しいのかも、単に張ったりではなく説明してもらいたい


さぁどうぞ

393 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/24(金) 23:04:22
>どう関係がないのか詳しく説明してもらいましょうか

言語学を覚えても意味ナシ〜それで邪馬台国が分かれば世話ないわw

>一つで十分だよ
>少なくとも脳内考古学ではなくなるから

君の経験値はその一つしかない。
あとは机の上でガタガタ言ってるだけ。

>そらそうだろう
>で、どこがどのように詳しいのかも、単に張ったりではなく説明してもらいたい

君のレスは、何を言ってるのか、何の主張をしてるのか〜サッパリなんです。
読んでる側からみれば、「?!」てかんじかな。
それに比べて、他の人のレスを読んでいると、勉強したなーて思うことが多い。
以上

394 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 23:26:26
>>391
つか海部氏系図では丹波は卑弥呼の故郷、即位前にいた場所だから
箸墓のほうがそれらしくても問題ないでしょ

395 :河童虫:2009/07/24(金) 23:26:43
>>393

だからさ〜、そんな能書きはどうでもいいから
早く

「どのように関係がないのか」 詳しく説明してよ

「どこがどのように詳しいのか」
「他の人のレスを読んでいると、勉強したなーて思うことが多い」

詳しく説明してくれ〜
で、どこがどのように勉強したな〜ってかんじたわけ?


能書き抜きで説明キボン



396 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/24(金) 23:39:50
>>394
後漢時代後期(二世紀末)、丹波から列島を支配するような女王を出したわりには、
丹波の巨大な古墳ってどれも四世紀〜五世紀ですね。

>>395
なんでも、かんでも、「説明して、説明して」と言えば書き込んでもらえると思ってない?
まずは、自分の考えを述べてからにしよう。

397 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 23:42:02
どうせ、すぐ逃げるw

398 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 23:43:40
まあ大勢力だから女王に選ばれたってわけじゃないですからね
て言うか私は別に>>259に賛同してるわけではないので絡まないでください

399 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 23:49:13
>>396
>丹波の巨大な古墳ってどれも四世紀〜五世紀ですね。
丹波の前に大和にいたんだから、むしろその方が正解でしょう。

400 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/24(金) 23:51:09
言語学なんて、覚えたところで何になるんだい?
ハタからみれば、
「河童氏は、言語学を覚えれば古代史に強くなる」と勘違いしてるしかみえない。
せいぜい、言葉遊びの万葉集ぐらいに関係するのか?てかんじw

自分自身のレスをみてごらん、早く、言語学なんて関係ないてことに気付くことダネ。

401 :河童虫:2009/07/24(金) 23:59:20
>>400
だから能書きはどうでもいいんだよ

何処がどのように関係しないのか
関係ないと公言した
本人が、具体的にきちんと説明してくれなくては ね

それとも
ただの張ったり?

402 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/25(土) 00:01:07
>丹波の前に大和にいたんだから、むしろその方が正解でしょう。

なるほど、そうゆう考えですか。
なかなかですね。
ん〜どうなんでしょうね。
丹波否定派の人〜の意見も聞いてみたい。


403 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/25(土) 00:08:29
うるさい人だな。
君のレスを読んでごらん。
>>326
>カムイ(カミ)は、カムと言う動詞に母音「i」を付ける事で静止し、名詞になる。
>>341
>母音「イ=i」 は、 範囲であり、静止させる働きです。
>>342
>カミはカムイが転訛した言葉。 何が「神威」だ
>>344
>借用ではなく転訛 アイヌ語はカミと転訛する事なく、古来の言語が存続した。
>>347
>道理としては 「カム(動詞)」が先だよ ★ものをカム
>>356
>「登る」という動作が静止する事によって、「登り」と名詞化される。
>「山に登る」だって 話しにもならない。な
>>359
>ならないよ
>登らなければ登りは体験出来ないし、存在しない。
>登る前に認知するのは「坂」或は「斜」とか「壁」とか

どれも、古代史とは関係ナシ。
せいぜい、万葉集解析だろう

404 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 00:13:20
そもそも河童虫のやっている事って「 言語学 」なのか?

まあ言語学と言えば フェルディナン・ド・ソシュール ぐらいの名前しか知らないが
(本当に名前だけでその内容は授業中の睡眠学習では習得できませんですたwwwwwwwww)






405 :河童虫:2009/07/25(土) 00:15:23
>>396

>なんでも、かんでも、「説明して、説明して」と言えば書き込んでもらえると思ってない?
まずは、自分の考えを述べてからにしよう。


おいおい勘違いするなよ
自分で関係ないと曖昧なな表現しているから、受けてとしては具体的な説明を求めたんだぜ
これは受け手としての当然の権利だし要求だ
君はそれをはぐらかし、その場を自分には非がないと逃げ通すつもりかね?

君が最初から具体的に説明さえしていれば
こういう要求は発生しないことがわからないのかね?
全く自覚がないようだから、再三再四要求されるんだよ
自分のまいた種ぐらい責任を持ちなよ

そして自分が問題発生源であることを自覚しなよ

さ〜説明よろしく

406 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 00:16:47
>>391ドツボ(改め)へ

>丹波は、ハッキリいって面白い。
>椿井大塚古墳だっけ?!

お・ま・え・は・ア・ホ・か!


407 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/25(土) 00:22:42
>>404-405
↓言語学デス
http://www2.2ch.net/2ch.html

これのどこがどのように関係するのか?
関係するとしても、ほんの僅かだろう。
これを覚えても意味ナイ てことよ。

河童くんいいかい?
このhttp://www2.2ch.net/2ch.html
これがわたしの説明する〜

これを覚えても古代は強くならないという〜「関係ナイ」という理由だよ。
そして、これが説明だよ、納得できたかな?

408 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 00:24:18
>>406
俺も爆笑したwwwwwwwwwwww

多分ドン来いスレで木津に勢力を伸ばしたヤマト王権の一派?と丹波の結びつきの話を
脳内で消化できなくてかかるストーリーになったんだと予想wwwwwww

409 :河童虫:2009/07/25(土) 00:25:21
>>403

>どれも、古代史とは関係ナシ

話しの内容をちょん切って、一部分を掲載する事によって
関係ないとする行為は実に不十分なせつめいであり、あるいみ意図的にある一方への
誘導にもとれる
説明するのであるならば、一部分ではなく
全体の流れを掲載し、せつめいすべきではないのかね?

それともなにかい
一部分を掲載し、意図的に事を進めていかないと否定できないほど
短絡的な判断だったのかい?

そうであったなら、大変遺憾だな

それに、>>344>>347なんて 抜き取った部分だけでも十分古代史だと思うが

410 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/25(土) 00:28:28
>>406
>お・ま・え・は・ア・ホ・か!

あら、面白いと思ったらいけないんですか?
わたしは、「丹波派」ではなく「マキムク派」なんですが、
「丹波」というのは、卑弥呼が活躍した時代(二世紀〜三世紀)
天皇家から重要な扱いをされてるんです。
たといえば、記紀にみる、天皇の妻、いわゆる、皇后が丹波から出されてるんです。
だから、「おもしろい」ておもわないほうが変なわけで・・・。

411 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 00:30:16
>>394
勘注系図のどこに卑弥呼が書いてあるんだよ
どの海部氏の世代の並びに書いてある誰のことなんだよ
頁でもいいよ
おしえてほしい

412 :河童虫:2009/07/25(土) 00:31:51
>>407

リンク先を提示した(ヒットできないけど)という事は
そこに書かれている内容を把握しているということだから、かいつまんで説明してくれ
ただ、ものぐさもしくわ安易にリンク先を提示したのではないだろうから

それともリンク先の内容も理解せずに貼り付けたのかい?
そうじゃないよね
説明ぐらいいとも簡単にできるぐらいに把握しているから
その内容と比較して私の行為を否定したんだよね?

413 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/25(土) 00:33:51
>>408
お前のほうが爆笑だよ。
わたしが、いつ、「卑弥呼=丹波の娘」いったんだよ?
マキムク(大和)の次の候補ていえば、河内、丹波、筑紫とかだろう?
どっか〜青森とかから出したって発言より〜面白いと思うけどな。


414 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/25(土) 00:36:57
>>409>>412
わたしは否定する、理由は>>407で述べた。
ハッキリいって「言語学」なんて覚えても意味ナシ。

ゴチャゴチゃ言ってないで、なんで関係あるのか?
君こそ、説明してくれ。

415 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 00:43:38
改めドツボのアホへ

椿井大塚古墳が何処にあるのか調べろカス!w
丹波ってどの地域をさすのか調べろドアホ!www


416 :河童虫:2009/07/25(土) 00:50:59
>>414

>わたしは否定する、理由は>>407で述べた。
ハッキリいって「言語学」なんて覚えても意味ナシ。

全然述べてない。ヒットできないリンク先を貼り付けて
何がどう説明なんだね?
そんな説明の仕方が通るのは、君の脳内だけの話だよ

>覚えても意味なし

だからどう意味がないんだね?
意味がないと判断するには、意味のあるものと比較して初めて意味がないと表現できるものだ
だから君が発した「意味がない」と判断した材料がどうであるかこちら側としては知りたい

>ゴチャゴチゃ言ってないで、なんで関係あるのか?
君こそ、説明してくれ。

言葉は人が古来から使用している伝達手段だからだよ
十分古代史、いや歴史だよ


でも、君が否定してるのはそんなことではない「内容」だよね?
だから「内容」のどのような部分が、否定されなければならないのかと
説明を求めているんだよ   当然の要求だよね?
だから、>>407みたいな説明モドキではダメなんだよ
しかもリンクを貼り付けた当の本人が全然把握していないんじゃ、シャレにもならない。
とんだ茶番劇だ

417 :河童虫:2009/07/25(土) 00:53:53
ま、今直ぐ説明しろと言っても突然のことで
内容がまとまらないだろうから、一晩考えて説明の内容をまとめることだね

418 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/25(土) 01:02:58
>>416
>ヒットできないリンク先を貼り付けて
>何がどう説明なんだね?

http://c.2ch.net/test/-/gengo/i

>だからどう意味がないんだね?

わたしが「言語学スレ」をみたかぎり、「古代史」というより
「方言」のほうが近いのではなかろうか、と感じた。

>言葉は人が古来から使用している伝達手段だからだよ
>十分古代史、いや歴史だよ

我々は、中国二十四史の通称 魏志倭人伝に記された
「卑弥呼や邪馬壹國」を調べてるんですよ。
日本人の言葉、「言語学」なんて直接関係ナイわけで、
そんなのを覚えたところで、極わずかしか意味をなさない。

>でも、君が否定してるのはそんなことではない「内容」だよね?
>だから「内容」のどのような部分が、否定されなければならないのかと
>説明を求めているんだよ   当然の要求だよね?
>だから、>>407みたいな説明モドキではダメなんだよ
>しかもリンクを貼り付けた当の本人が全然把握していないんじゃ、シャレにもならない。
>とんだ茶番劇だ

君が「古代史=言語学」と勘違いしてしまってるだけ。
いつか教えただろう? もう忘れたのか?
言語学なんて覚えても古代史に強くなりません。
古代史というのは、「文献史学」と「考古学」なんですよ。
ハイ〜くだらん話はもうおしまい。 単なる〜君の勘違いてことよ。

419 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/25(土) 01:09:31
河童くん

太国氏が有りもしない「倍暦」を一生懸命調べてただろう?
本人は一生懸命調べて、覚えたつもりだろうが、ハタからみたら「時間お無駄」にしか
見えなかっただろう?君は、あれと同じで、
「勘違いして一生懸命覚えてしまった・意味のなさないことを学んだ」
てことだよ。

大体、
>言葉は人が古来から使用している伝達手段だからだよ
>十分古代史、いや歴史だよ
なんて、いうじたいオカシイよ。
君が調べてるのはなんなんだい?中国文献の「倭人伝」ではないのか?
日本語の言葉じゃないんだぞ?君が調べてるのは「万葉集」なのか?



420 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 01:11:54
卑弥呼 の字を 日本人がどう発言したのか? 

これぐらいしか「言語学」の活躍する場はありませんね。


421 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 01:12:30
>>326
>母音「i」を付ける事で静止し、名詞になる。

これだと、四段動詞・上二段動詞の名詞化は説明できるけれど、
他の動詞は説明できない。

下二段「流る」は「流る+i」で「流り」にはならない。名詞化は「流れ」
e音にも静止させる働きがあるのだろうか。
下二段は他にも、投ぐ→投げ 寄す→寄せ 教ふ→教へ など

下一段「蹴る」は足蹴(あしげ)というように、名詞化すれば「け」

上一段「着る」は「着る+i」で「着り」とはならない。名詞化すれば普段着などの「き」
他に、似る→似 見る→見 射る→射 などがある。
i音に静止させる働きがあるのなら、kにiが付いて「着」になって、「る」が付いて動詞化したのだろうか。
それでは、「動詞が先という道理」に反する。

「登る」が「登り」と名詞化することをi音の働きとして説明しようとすると、
下一・下二・上一それぞれに、別個の名詞化の説明が必要になる。

422 :河童虫:2009/07/25(土) 01:16:08
>>418

>わたしが「言語学スレ」をみたかぎり、「古代史」というより
「方言」のほうが近いのではなかろうか、と感じた。

ここも詳しく説明よ惜しく
君が感じた事なんて私には分からないので  で、どのように方言に近いのか?


>日本人の言葉、「言語学」なんて直接関係ナイわけで、
そんなのを覚えたところで、極わずかしか意味をなさない。

学問とは、その極わずかな可能性を追求するものだよ
で、その極わずかと判断した部分はどの部分  簡単だろう
直接関係ないと前文で否定してからの「極わずか」に修正なんだから

>君が「古代史=言語学」と勘違いしてしまってるだけ。
いつか教えただろう? もう忘れたのか?
言語学なんて覚えても古代史に強くなりません。

別に強くなりたくて学んでいるのではないので見当違いもいいところ


>古代史というのは、「文献史学」と「考古学」なんですよ。
ハイ〜くだらん話はもうおしまい。 単なる〜君の勘違いてことよ。

さ〜て限定しちゃったよ
で、どうしてそう限定できるのか説明よろしく
私はそう限定できる材料を持っていないので、限定断言できる根拠はなにか説明してくれ

423 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/25(土) 01:16:23
ほら〜バカが寄ってきたw

せいぜい、ヒミファ、ヒミカ、ビミファ、ビミコ とか言って遊ぶことだねw


424 :421:2009/07/25(土) 01:20:18
>>421のつづき

ところで、「蹴」「流れ」「見」「登り」などなど、すべて「たり」が続きうる。
「蹴たり」「流れたり」「見たり」「登りたり」
つまり、これらは連用形に分類される。
動詞の名詞化を連用形の性質とすれば、四段だろうが上一だろうが、
活用の種類に係わらず、一つの理屈で説明がつく。
活用の種類ごとに別の理屈を用意しなければならない理論より、
統一的説明の方が優れていると考えるのが道理ではなかろうか。

科学は、より少ない法則、より少ない原理に基づいた理論を優れた理論とするわけで、
物理学の理論も、そのように評価される。
ただし、物理学のように実験で理論の正当性を実証できないので、
i音の働きで名詞化したんだと言い張ることはできる。

425 :411:2009/07/25(土) 01:20:32
>>423
>>411に答えてくれよ

426 :411:2009/07/25(土) 01:21:46
今日は無理だが勘注系図pdfで保存してあるから上げようか?

427 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 01:23:21
>>426
横からだけど、それ欲しい。
先日から、ネットで探してたけど、見つからなかった。
でも、著作権的に大丈夫なの。

428 :411:2009/07/25(土) 01:24:39
>>426
もちろん引っかかるよ
だから時間区切って短い間だけ上げるつもり

429 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/25(土) 01:25:34
>>424
スレ違い
http://c.2ch.net/test/-/gengo/i
卑弥呼、邪馬台国に関係するか?

>>425
>>394は私ではない。

>>426
お好きなように〜。

430 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 01:27:28
>>429
ああそうかこちらのミスであった。

431 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/25(土) 01:31:31
おまえら〜もう1度、
スレの「タイトル」と「サブタイトル」を
よく嫁っっ!

は〜〜疲れるな・・・さて、寝ようかな。
ドンコイを見習うことだな。

432 :河童虫:2009/07/25(土) 01:34:53
>>421

私は母音「u」についての名詞化を説明したのであって
その他の母音はまだ何も触れていませんが

それに、似る→似 見る→見 射る→射や着るなどは

似(に)、見(み)、射(い)、着(き)という 母音「i」で終了し、最初から短音で成立し、
母音「u」からの静止の必要性のないもの
逆に静止から動にするために母音「u」を必要とするものです。

433 :改め ◆PWTcGEfp1s :2009/07/25(土) 01:36:52
>>432
スレ違い

少しは、周りの迷惑も考えたら?
では、あとは愛知県民さんに・・・zzzzzzzz

434 :縦目仮面:2009/07/25(土) 01:45:27
連用化機能より名詞化機能のはうが先に成立してると思うけど、この議論は難しい。しかし
古代史ではないが、十分学問になってますよ。

435 :河童虫:2009/07/25(土) 01:53:37
>>419

>太国氏が有りもしない「倍暦」を一生懸命調べてただろう?
本人は一生懸命調べて、覚えたつもりだろうが、ハタからみたら「時間お無駄」にしか
見えなかっただろう?君は、あれと同じで、
「勘違いして一生懸命覚えてしまった・意味のなさないことを学んだ」
てことだよ。

いや、太国氏の倍暦を否定するつもりもないし
否定できるほどの材料も持ち合わせていない。だから否定などできない
という理屈です。
それともあなたは否定できる材料を持ち合わせて否定しているのですか?
それだったら後ほど太国氏に伝えておきます。


>「勘違いして一生懸命覚えてしまった・意味のなさないことを学んだ」
てことだよ。

こんな抽象的なつっこみどころ満載の言葉をを安易に使うから
容赦なく突っ込まれるのです。
人の研究を否定するのなら、それなりの覚悟をもって否定することです。
ま、ここは場末の2ちゃんですから


でも太国氏の研究とそれに関連する知識は
尊敬するものがありますよ 並みの集中力では成し遂げられないものを感じます。
一芸に秀でてるというんですか?
人というものは、一度生をを受けたからにはそうありたいものです。
広く浅くではなく、

436 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 02:29:01
>>432
理屈は何とでもつけられるわけで、ならば、どちらが優れた理論かという評価になります。
より少ない法則、より少ない原理に基づいた理論を優れた理論とするというのが科学の道理です。
実験によって理論の正当性が立証できない以上、科学の道理に従うのが道理でしょうw
どちらが優れた理論か明白です。


437 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 02:43:16
>>432
>私は母音「u」についての名詞化を説明したのであって
>その他の母音はまだ何も触れていませんが

「流る」「投ぐ」「寄す」「蹴る」は母音「u」ですが。

438 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 05:11:09
>>427
http://www1.axfc.net/uploader/Ne/so/57944

key : 2ch

439 :美濃もん太 ◆hF.jG29Cew :2009/07/25(土) 05:22:27
>>432
この説明は良く解る

あ、え、う、い、お


んで、確か母音の本当の並びはこうだったはず
んで古代日本には言霊とかいう観念がある

440 :美濃もん太 ◆hF.jG29Cew :2009/07/25(土) 05:33:34
ふ→う
フ→ウ

ヰ→イ

ヂ→ジ

あま→アマ
にこ→ニコ
ふう→フウ
ぬめ→ヌメ
しつ→シツ


441 :美濃もん太 ◆hF.jG29Cew :2009/07/25(土) 05:46:01
日本語を正しく理解しないから「天照は太陽神だ」なんて話になるんだよな

アマテラス→アマをテふ
だよ
×アマ=空・宇宙
○アマ=水・雨・雲・海
アマテラスは太陽じゃなく、むしろ雨乞いの神様だよ

ちなみに太陽は「日(ヒ)」だから、「お日さま」て言うんだよ
【別天つ神(アマテラスより以前の神)】
高御産巣日神
神産巣日神
これらが太陽神
太陽神はいわゆる「別天神」だよ



442 :美濃もん太 ◆hF.jG29Cew :2009/07/25(土) 05:59:10
>>437
流る→ナ・ガル
「ナ」は、流、菜、長、とかそういう意味
「ケ」は、気、怪、着とかだよ


「投げる」に関しては、本来の日本語は「放る(ほうる)」だから

443 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 07:20:37
>>438
いただきました。ありがとう。

444 :河童虫:2009/07/25(土) 07:31:50
>>437
なぜ、文語体を持ち出してまで反論しなければならないのか?
貴方の真意が理解出来かねます。

このへんが
掲示板の嫌らしいところですか?

私は言語を語っているのです。
普段から
「投ぐ」なんて使用し会話されていますか?

445 :doontakukaの弟子:2009/07/25(土) 08:27:01
倭迹迹日百襲媛命と孝元は腹違いの兄妹であり百襲媛命は考霊の皇女。
伊香色謎命は孝元の妃であり開化の后でもある。
伊香色謎命は崇神の母であり崇神即位と同時に皇太后となる。
どうも、倭迹迹日百襲媛命より伊香色謎命のほうが大物で長生きしたようだ。
倭迹迹日百襲媛命が卑弥呼で、伊香色謎命が壱與であるように思えてきた。

446 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 08:47:36
>>444
え?

君の主張が正しければ、カムにi音が付いてカムイになったのは、
アイヌ語と日本語が分化する前の古代ということになる。
なら、できるだけ古い時代の言葉を素材にして議論しなければならないと思ったんだけど。
河童言語学では、現代語の研究で、神という言葉が誕生するより前の言語状況がわかるというのか。

447 :doontakukaの弟子:2009/07/25(土) 08:58:29
>>426
勘注系図では、天豊姫=台与=由碁理(建諸隅)の子=開化妃ですね。

448 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 09:59:05
鳥居=鴨居=かもい=カモイ=カムイ=カミ

ですよ。

神社の「鳥居」は、本来「鴨居」と呼ばれていたはず。
構造が同じなんだから。


449 :河童虫:2009/07/25(土) 10:13:04
>>446
「投ぐ(なぐ)や」「投げる」に、新しいも古いもありません。
「投ぐ」とするから違和感があるので
「なぐ(なく)」で話しを進めればいいのかと

「なく」の静止形は「なき」

450 :doontakukaの弟子:2009/07/25(土) 10:21:13
伊香色謎命は自分と孝元との間の子である、彦太忍信命を天皇にする事ができず
孝元と欝色謎命の間に生まれた開化に第九代天皇の座を奪われてしまう。
すると、伊香色謎命はすかさず開化とHして第十代崇神を生んでしまった。
たいした珠だぜw

451 :河童虫:2009/07/25(土) 10:31:44
>>446
全てではありませんが、人が存在するかぎり歴史はわかりますよ。

例えば「カムイやカミ」
これは昨日説明したように、カムと言う動詞が名詞化したもの
カムを漢字にて表現すれば、代表的なものに「噛む」という、生物の基本行動が存在します
言語は人が使うもの、人が使うものであるいじょう。基本は人となり、人の行動は最優先されるべき言葉発生優先順位です。

これは道理に叶うはずです。

カムイやカミが、カムと言う言葉からの発生であるのならば、当然
カムの言語としての基本構造は、カミやカムイにも受け継がれているということです。

452 :doontakukaの弟子:2009/07/25(土) 10:51:03
第四代懿徳天皇と天豊津媛命は四親等である。その子が第五代孝昭でありアッパラパーである。
第六代考安とその后押姫とは三親等である。その子第七代孝霊天皇はアンポンタンである。
第八代も第九代も凸助なら、女が実権を持たされたのだろう。

341 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)