5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天皇家は縄文系王朝

1 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 13:54:15
高天原は京都朝廷では葛城山にあると考えられていたわけだが
素直にこれを信じれば色々話がつながる

神々が高天原(奈良周辺)を平定してその子孫で王のイザナギ・イザナミが
葦原中国(大阪沿岸部から淡路島、中国地方)に降臨(山を下りる)して支配する。
その後、子供である天照に高天原(奈良・大阪山間部)スサノオ(あるいはツクヨミ)に
葦原中国(大阪沿岸部から中国地方)を支配させるが、
スサノオが反逆もしくは危険と見なされ出雲へ追放or出兵させる。

2 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 13:55:25
スサノオがウケモチを殺して農作物を手に入れたりヤマタノオロチを殺して製鉄を手に入れたりは
狩猟民族である高天原の神々が農耕民族や製鉄技術を持つ民族を支配していく様子ではないか。
文化面で劣る狩猟民族が高度な文化を持つ農耕民を支配する現象は往々にして存在する。(縄文人も農耕はしている)
出雲族が古代日本人といわれているが実は弥生人(もしくは縄文とのMIX)の農耕民族ではないか。
特に製鉄技術を持っていた出雲は朝鮮南部との繋がりが深いように思える。

この近畿、中国を制圧した王権が大和王権であり
高天原から各地にスサノオのような子供を配属させて連合王国を作ったのではないか?
そのご瀬戸内海の制海権を抑えた大和はサルタヒコ(海人族)に案内させて
ニニギを九州のおそらく高千穂のあたりに降臨(出兵)する。
そこで作った国が邪馬台国か句奴国かは不明だがここでは後者をとる。
長い時間をかけ大きな国を造り邪馬台国を滅ぼし九州を制圧する。
おそらくその時期に神武が誕生する。
その当時おそらく大和は政権が争いの中で一部の勢力が
九州を制圧したニニギの子孫の神武に目をつけ大和へ手引きする
(物部も一部の勢力のひとつではないか)
大和に向かった神武は大和の王であるナガスネヒコを討つ
(ナガスネヒコはニニギより前に降臨している神の子孫であると
残されているので神武を主役としている神話としてはわざわざ事実でなければ残す必要はないのではないか)

3 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 13:56:20
神武=崇神天皇であると私は思う。諡名が神武と同じであるのは同一人物だからであるし、
時代を二世紀半ば以降から三世紀初期にとすれば
初期天皇の寿命をムリにのばさなくても時代に一致する。
神武の九州に残した息子は反乱を起こしてクマソとして制圧されている。
諸々、神功皇后の時代と好太王碑の時代等が一致したり伊勢神宮の変遷など
説明がつきそうなことはまだまだあるのだがこれくらいにする

この説で天皇家の出所である奈良の巨石文明といわれる
イワクラというのがあるがこれは古代文明ではなく高天原そのものだと考えられる
イワクラは星座を模したものや天の川を模したものもあるアマテラスとスサノオが対峙したのも
天の安川である。石舞台古墳や初期古墳はこのイワクラ文明の影響はまだありありと残っている。
その後は巨大古墳へと移行していく。

4 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 14:23:17
という説を考えたのだがどうだろうか?

5 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 14:36:03
武烈と継体でチョン

6 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 14:43:06
そもそも縄文系とか弥生系とか二項対立的な考えをしてる時点でアウト。
弥生人=渡来系とでも考えてんのか?

7 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 14:52:44
>>6
日本にいるのは全て渡来系
というのはおいといて弥生人とは中国南部からやってきた水稲を持ってきた
民族+完全農耕化した古代日本人、出雲族=出雲ではない名前の付け方がおかしい。
突っ込みどころはいっぱいあるだろうけどメインは大和王権は縄文文化を色濃く残した
山岳民族が山から降りてきたのではということ

8 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 18:43:35
>>5
最近は天皇をチョン認定すんのが流行りなの?

9 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 20:22:01

チョンは有名人なら何でもチョン認定するのが好き(犯罪者や貧乏人等自慢にならない人物は除外)


10 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 20:59:54
瀬戸内文化圏とか高地性集落とか考えると葛城の地が畿内で最初に栄えたのも
ある程度納得かな

11 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 21:36:36
>10
そうなんです。高地性集落は山岳民族が山から降りて攻撃しては戻る
出城としていたと思うんですよ。畿内から西が進軍ルートのようですし。
山を越えて進軍するのが得意な民族が農耕民族とは思えないんですよね。

12 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 22:29:53

今の皇室て江戸時代後期の119代光格天皇から始まってるんだろ!
118代後桃園天皇で切れちゃたから。養子と言う形をとって!


13 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 22:33:26
>>1
最近やたら天皇スレ立ててるのはお前か?

14 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 22:44:05
>>12
すまん現存天皇家にあまり興味はないんだ古代の日本人への影響力には興味あるが
>>13
このスレしか立ててない。インパクトのある題の方が人が集まるかと

15 :日本@名無史さん:2009/06/09(火) 23:03:04
>>14
古代は天皇家じゃないだろ!
古代に誰も天皇とは名乗っていない。



16 :日本@名無史さん:2009/06/10(水) 00:25:03
遅くとも天武からは天皇だが

17 :日本@名無史さん:2009/06/10(水) 00:45:11

天武は以前の王権の反逆者!

逆族の代表格



18 :日本@名無史さん:2009/06/10(水) 01:34:48
奈良時代は今の戦後日本が負けたアメリカの力取り込もうと何でもかんでもアメリカ化
したように何でもかんでも唐化した時代だよね。天皇ってのも中国の古典から取ってきた
呼称でしょ

19 :日本@名無史さん:2009/06/10(水) 06:45:33

確かに奈良のお寺は日本的な感じがしないな。中華的なお寺!
肌に合わないから、直ぐに遷都したのかな?
京都のお寺は落ち着くのに




20 :日本@名無史さん:2009/06/10(水) 21:11:10
最近流行のY染色体D系統とか考えると支配層は縄文人でいいのかね
渡来人もD系統なのか?帰化人は違うだろうな

21 :日本@名無史さん:2009/06/11(木) 00:38:32
>>20
まず、自分のを調べてからだろ!


22 :日本@名無史さん:2009/06/11(木) 01:41:40
推薦図書

DNAでたどる日本人10万年の旅―多様なヒト・言語・文化はどこから来たのか?
崎谷 満 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4812207533/

Y染色体からみた日本人
中堀 豊 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4000074504/

人類の足跡10万年全史
スティーヴン オッペンハイマー (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4794216254/

アダムの旅―Y染色体がたどった大いなる旅路
スペンサー ウェルズ (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4862380255/

23 :soopllofeiv:2009/06/19(金) 19:36:50
縄文以前なら漢字とひらがなとか
soop「コンナ糞ミタイナ国 準備が整えばスグ出て行くよ!ドカス共(日本のマスコミの屑)」

# コノ国は民主主義国家デス 国民主体の国に"超法規はイリマセン" #
超法規(偽装日本人の天皇&痴呆老人美智子)はコノ国の寄生虫(糞喰う虫ケラ)に
等しい存在で何故民主主義国家の影でウロツクのかは
# 例えてイウと戦前・戦後の日本の別ベクトルの力の惰性事象だと僕は思うノデス #

たかなは産まれていないよ!悪いけど

24 :soopllofeiv:2009/06/19(金) 19:37:31
         # 俺は神だ!だから何をしても許されるノダ! #
天皇一族が血筋ヤ家柄をコダワッタ理由
馬と共に渡来したシナ人一族(天皇一族)は当時自分達より文化が遅れている
"日本土着の民族達"と"性交スル事"を拒んだ



25 :日本@名無史さん:2009/06/19(金) 19:44:19
>>24

とっとと国帰れ。


26 :soopllofeiv:2009/06/21(日) 20:07:18
僕は日本人だよ在日での華僑でもない・・
決め付けられてもなぁ・・
国粋主義が選民主義かシランが思いこみであいてを観る事はよくない事だよ
今の社会でね

27 :soopllofeiv:2009/06/21(日) 20:10:36
僕は日本人ダケどイロンナ場所に在日の人が住む街がアル
貴方は焼肉が好きかな?
僕は国粋主義者ダケド選民主義じゃない
君は卑怯な人間だ自分の書いた事をばれないと思って
在日朝鮮人や華僑の人を差別する事を書いたね

28 :soopllofeiv:2009/06/21(日) 20:12:21
25 :日本@名無史さん:2009/06/19(金) 19:44:19
>>24

とっとと国帰れ。
僕ノ母国は日本だよ・・・純粋ナ日本人さw




29 :日本@名無史さん:2009/06/21(日) 21:33:24
日本人ならどうしてそんな変な文なのさww

どんな時代でもそんな駄文の使い方日本にはねーぞw

30 :soopllofeiv:2009/07/06(月) 21:34:10
邪馬台国以後 大陸からきた渡来人一族は
土着の日本人達を優れた大陸の戦術と馬で押さえていった
そして生まれたのが大和朝廷である
朝廷という言葉は古代中国のまつり事を行う場所をさす
最近レッドクリフという映画が出てきたが、そこにもソレ系の話が出てくる

上記は当初 天皇家が血筋とイイのでと述べ
日本人と性交しなかったのにも関係がある話かもしれない・・

天皇は初め仏教で国をマトメタが
仏陀が天皇を神格化して呉れないので
神道を新たに持ってきた

現在どんどん海外のロイヤリティが出入り禁止にしている
日本の天皇(低能平下)&美智子一族


31 :soopllofeiv:2009/07/06(月) 21:38:17
29さんは歌手が言葉を捩る事を知らないみたい
英語でもRAPの方は言葉を捩る
ましてや"禅宗"がある日本でそれを知らない
タダソレダケの話です=坊やだからさ・・

32 :日本@名無史さん:2009/07/06(月) 22:34:23
大人とは思えないレス

33 :日本@名無史さん:2009/07/06(月) 23:07:44
騎馬民族征服説は流石にもう無理だろ
なんで征服しに来た民族がわざわざ今まで住んだことがない山の中で国造るんだよ
山岳に聖地が大量にあってそこに人が先史時代から住んでるのに無茶言うな
だいたい、平地なし山ばっかりの日本で騎馬民族が能力発揮できないのは
その後の日本の歴史みりゃわかるだろw

34 :日本@名無史さん:2009/07/07(火) 00:00:02
縄文と弥生の区別は民族的には無いよ。単なる進化。
マゲの文化も突然無くなった。民族は同じでも。

>>30
大陸から・・・偉大な文化が・・・・
騎馬民族が・・・武力で制圧・・・・

だったら名前も中国の発音になるだろうが。
何で中国人が倭、和を名乗るわけ?

中国朝鮮人は、名前が大事なんだろ?
日本名にされたら泣き叫んで、本当の名前を名乗ろうとしただろ。

そんな中華の人間が「イワレビコ」とか「アマテラス」なんて名前を
自分の民族の名前と思うってのが異常だろ。

35 :日本@名無史さん:2009/07/07(火) 00:11:35
もう、東アジアには
大まかに見て、中華O系統、出アフリカD系統の二種類しか無いのが
わかってるわけだ。
大半は、人口の多いO系統だが、日本は人口の半分がDだ。

戦後の戦勝国人の大繁殖を引けば、戦前は50%はD系統だったろうと思う。
いまの都市部はチョンだらけだからな。
そこで遺伝子調査したらO系統だらけになるのは当たり前だ。

で、O系統は3000年前から名前が「李、王、崔、張・・・・」などだよな。
呉や越もそうか。でも、それはそのまま日本にも地名で残ってて隠して無い。

日本にきたらきたで、そのまま中華O系統は名前を名乗ってるわけだ。
地名にも呉、越などそのまんま残ってるわけだ。
で、日本の上層部が中華だというのなら
なぜ名前が中華では無いのか、それを教えてくれ。大陸系だと言う奴は。
なぜ、漢字をヤマト言葉に当てはめて意味不明な発音の名前にする必要があったのか。


36 :日本@名無史さん:2009/07/07(火) 17:43:57
縄文人は臭い

37 :soopllofeiv:2009/07/07(火) 17:46:01
邪馬台国以後 大陸からきた渡来人一族は
土着の日本人達を優れた大陸の戦術と馬で押さえていった
そして生まれたのが大和朝廷である
朝廷という言葉は古代中国のまつり事を行う場所をさす
最近レッドクリフという映画が出てきたが、そこにもソレ系の話が出てくる

上記は当初 天皇家が血筋とイイのでと述べ
日本人と性交しなかったのにも関係がある話かもしれない・・

天皇は初め仏教で国をマトメタが
仏陀が天皇を神格化して呉れないので
神道を新たに持ってきた

現在どんどん海外のロイヤリティが出入り禁止にしている
日本の天皇(低能平下)&美智子一族

天皇信者
a.宮内庁関係者と身内
b.自民党幹部
c.マスコミ&企業の幹部
a.b.cが求めるのは"超法規"です




38 :日本@名無史さん:2009/07/07(火) 22:28:56
なんで仏教の後に神道もってくるんだよアホか
アニミズムを国を統制するために持ってくるとか傑作だな

しかしそれ以前に日本語が不自由すぎ

39 :soopllofeiv:2009/07/07(火) 22:38:39
日本はヤクザが壊滅する直前に在日シナ人一族の天皇家を前面に出し始めた
自民党や民主党は日本人至上主義=過去の格式主義=選民思想を宣伝した
東アジアの人民はそれに強烈に反発した
東アジア人民も2チャンネルや日本語を理解できるのである
日本は自動車に電気を求めたがそれは大きな間違いダッタ
そして電気自動車は資源のある国の専売特許となり
             # 水素の利用は欧州には適わなくなっていた #
資源のない国が周辺諸国を大東亜戦争当時の話をだし差別する事は
東アジア諸国に恨まれる事だということさえも理解できなかった
力で勝てない国が相手に喧嘩を売ることは何を意味するか?





40 :soopllofeiv:2009/07/07(火) 22:39:40
38は阿呆なので説明するのもウザイです

41 :日本@名無史さん:2009/07/07(火) 23:42:59
soopllofeivが本当に日本語不自由でワロタw
日本に住んでるなら国へ帰れよw
海外からなら良く頑張ってはいるが日本人が読むと
日本語ができないことがばれてるぞw

42 :日本@名無史さん:2009/07/07(火) 23:45:32
なるほど、天皇制廃止論者の知的レベルはこんなものか。

人を納得させられない理由もわかる。

43 :日本@名無史さん:2009/07/07(火) 23:55:41
言葉を捻るって日本語の技法にあったっけか?
掛詞を意識してるなら馬鹿としか言いようがないな。

それともこいつの頭の中では日本語がこのように聞こえるのか?

44 :痛すぎる天皇信者の本性w:2009/07/08(水) 06:44:51

・天皇信者共
「天皇は英国女王や大統領より偉いんだぜ」

・指摘者
「人に生まれの貴賎なし。下品な序列付けするな」
「権威の御輿より、庶民の為に行動した二宮尊徳等の方が尊敬できる」

・天皇信者共
マイナス評価連発で、指摘者の書き込みを非表示に
「相手は文を消して逃げたぜ。俺たち論破したぜ」

http://www.youtube.com/watch?v=-CKSBrjB7MQ&feature=related

45 :日本@名無史さん:2009/07/08(水) 08:22:44
どんだけコンプレックスあるんだよ

国へ帰って全て忘れて幸せになった方が健康にいいぞ

46 :日本@名無史さん:2009/07/08(水) 22:50:46
天皇信者ってのは百済人が天皇になったと言い張ってる人のことじゃね?

47 :日本@名無史さん:2009/07/09(木) 00:18:24
>>46
初耳だねw

48 :日本@名無史さん:2009/07/10(金) 21:20:34
朝鮮人の天皇を信奉するのは、おまえらが朝鮮人だからだろ
在日乙w
街宣右翼みてみろよ、神的天皇制の復活をって渡来人が日本を作った神様なわけ
ね〜だろw
あいつら在日だから、朝鮮人が日本人を支配してるのが嬉しくて、必死で祭り上げて
るんだよ。
おまえらといっしょ

49 :日本@名無史さん:2009/07/10(金) 22:30:30
天皇制廃止論者の頭の中ってこんなんなのか。
レベル低いな。

50 :soopllofeiv:2009/07/10(金) 22:41:08
お前ら土器でも作っとけ!(^^
低能ナ屑ども

51 :日本@名無史さん:2009/07/10(金) 23:10:44
本物の池沼見ると切なくなってくる。

52 :日本@名無史さん:2009/07/11(土) 01:04:41
神皇正統記 北畠親房
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6922359
http://www.youtube.com/watch?v=5tnxwHbKEbU
http://www.youtube.com/watch?v=SmyOy6HgQCk
http://www.amazon.co.jp/dp/4861810248
http://www.amazon.co.jp/dp/4003011619

 「 大日本は神国也 」

 この書は日本の歴史が最も簡単明瞭に説いてありますが、殊にこの書物の開巻第一には、
極めて簡潔なる言葉を以て日本歴史の本質が明確に述べられてあります。それはかういふ
言葉であります。

 大日本は神国也。天祖はじめて基を開き、日神長く統を伝え給ふ。我が国のみ此の事あり。
 異朝には其の類無し、此の故に神国と云ふ也。

 これを活字にすればわづか二行でありますが、この簡単なる言葉の中に、『神皇正統記』
全体が要約されてゐるのであります。

53 :日本@名無史さん:2009/07/11(土) 01:04:56
山鹿素行 『中朝事実』 (→吉田松陰、乃木希典に続く)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6938281
http://www.youtube.com/watch?v=t8zEJ6UnaiI

皇統(上) 皇統章

 故に皇統が一度(ひとたび)定まって億萬世之れに襲(よ)って変ぜず、天下皆正朔
を受けて其の時を二つにせず、萬國王命を稟(う)けて其の俗を異にせず、三綱終に沈
淪せず、徳化は塗炭に陥らず、外国の到底企て望み得ることではない。夫(そ)の支那
では天子姓を易ふることを殆ど三十で、戎狄が入って王となった者が数世ある。春秋の
二百四十余年に臣子が其の國君を弑した者二十又五もある。其の先後の乱臣賊子に至っ
ては枚挙することは出来ない。朝鮮では箕子(きし)が天命を受けて王となって以後、
姓を易ふること四氏、其の國を滅して或いは郡縣となり、或いは高氏は滅絶することが
凡そ二世、彼の李氏は二十八年の間に王を弑する者四度あった。況んや其の先後の乱逆
は禽獣の損ない合うと異ならない。唯我が中國(なかつくに)は開闢からこのかた人皇
に至るまで二百万歳にも近く、人皇から今日まで二千三百歳を過ぎてゐる。而も天神
(あまつかみ)の皇統は違(たが)ふことなく、其の間に弑逆の乱は指を屈して数ふる
程もない。其の上外国の賊は吾が辺藩をも窺ふことも出来なかった。後白河帝の後に武
家が権力を執って既に五百余年にもなる。其の間に利嘴長距が場を壇にしたり、冠猴封豕
が火を秋の蓬に縦つ類のないこともないが、それでも猶ほ王室を貴び君臣の儀を存してゐ
る。是れは 天神 人皇の知徳が顕象著名であって世を歿するまで忘れられないからであ
る。其の過化の功、綱紀の分がこの様に悠久で、このやうに無窮であるといふことは皆至
誠から流れ出たからである。三綱が既に立つときはその条目は治政の極致として著はれる。
凡そ八紘の大なるも、外国の汎きも中州に如くはない。皇綱の化文武の功、其の至徳、何
と大きいことではないか。

 →中国や朝鮮では易姓革命が度々起こり、乱臣による弑逆も度々起こった。
  一方、日本の皇統は神代以来一度も変わることなく萬世一系である、ということを示す。
  萬世一系の皇統を以て日本が中朝である事実、即ち「中朝事実」を示している。

54 :日本@名無史さん:2009/07/11(土) 13:04:51
ν速+【皇室】天皇陛下の級友が進言「皇太子さまの選択肢は別居治療 離婚 廃太子」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1247280392/
選択肢の1番目、別居については、〈「皇太子妃、そして妻、母という三つの役割を
同時に果たす今の状況での治療は中途半端です。一度すべてから離れたほうがいいのでは」〉。
離婚〈「現行の皇室典範では、理論上も無理」〉〈「だが、皇室会議を経て結婚が認め
られるように、離婚という議論が行われてもいいはず」〉
3番目の廃太子。あまり聞きなれない言葉だが皇太子がその地位を廃することで
〈現状でいえば、秋篠宮さまに皇太子の座を譲ること〉〈「今の状況下では、
これがいちばん現実味があるのでは」〉。橋本氏はこの本をきっかけに
〈これからの皇室のあり方について国民的議論が起こることを願っている〉という。

55 :日本@名無史さん:2009/07/11(土) 15:31:06
<前スレは3時間で終了>
ν速+【皇室】天皇陛下の級友が進言「皇太子さまの選択肢は別居治療 離婚 廃太子」★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1247291650/

56 :日本@名無史さん:2009/08/16(日) 08:59:20
あーだこーだ、大陸からの渡来だと妄想を繰り返してるようだが
海流を見れば、単純かつ明快に答えは出たじゃん
ttp://pds.exblog.jp/pds/1/200907/10/97/c0177497_2241385.jpg
なぜアイヌ人と呼ばれる南方系縄文人が青森や北海道に早くから住んでいたのか
島根県に伊勢神宮があるのか
宮崎県から海流に乗って東にすすむと簡単に畿内に行き着くことが出来ることも
九州は北九州よりも南九州が先に栄えたのは強い海流がまず南に向かうからであり
そして最も早く稲作が栄えることができたのは日本で一番温暖で気温が安定している宮崎県
アマノトリフネにより高天原に降臨した日本人の祖、そのままのフネだよ

57 :日本@名無史さん:2009/09/19(土) 18:05:56


>在日韓国人の同胞たちよ、
>民主党が政権を握る今こそチャンスだ。
>
>日本の天皇制を廃止させる方向に持っていこうではないか。
>日本の皇室は世界唯一にして最古・最後の王朝で
>彼らの世界的権威には目を瞠るものがある。
>
>生き続ける伝統として世界遺産級の価値があるだけに留まらず、
>絶大な権威を持つ皇室外交を有するのは我々には好ましくない。
>
>天皇制度を廃止させられれば、日本をただのアジアの小国に成り下がらせる事ができる。
>
>幸いにも、倭奴たちには皇室の存在意義というのは浸透していない。
>皇室は単なる飾りのシンボルであると認識している民衆が大半で


58 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 00:52:54
東日本はのっぺり顔? 骨分析、明治以降に「立体化」
http://www.asahi.com/national/update/1018/TKY200910180239.html

 日本人の顔は江戸時代まで、西日本より東日本の人の方がのっぺり顔だった――。
古墳時代から現代までの頭蓋骨の分析から、そんな特徴の傾向があることがわかった。
佐賀大学医学部の川久保善智助教らが分析し、本人類学会大会で発表した。


全体的に時代がたつにつれて、ほおや目尻の位置が後ろに移ったり、顔のエラが減ったりして
顔の幅が細くなって立体化が進んでいる特徴があるが、東西地域で目立った違いが確かめられた。

 近畿や九州北部では、古墳時代から立体化がより進み、江戸時代には鼻筋の通った現代人
並みの顔の形になっていた。これに対し、関東や東北では比較的だんご鼻の平坦な顔が
江戸時代ごろまで続き、江戸から現代にかけて立体化が一気に進んでいた。

 川久保助教は「地域ごとの差がなくなってきたのは、明治から昭和にかけて。食べ物の
調理の仕方など地域ごとの文化の違いも、顔立ちに表れていると思われるが、江戸時代より
後に人の移動が活発になったことにより、違いがなくなったのではないか」とみている。

画像 http://www.asahi.com/national/update/1018/images/TKY200910180273.jpg


59 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 00:14:21
天皇家は弥生系王朝で決まり。主な豪族→貴族も半島から一緒に来た人達で
しょ。ただ大和民族は、縄文・弥生の混血。天皇は、日本国民の統合の象徴
であると同時に大和民族の族長であるということですな。

60 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 01:46:25
歴史発見】
       中日共同調査団が発表、 「弥生人」の起源は江南地方か

※ 江南人骨日中共同調査団(山口敏・東京国立科学博物館名誉研究員が団長)は、
江蘇省の墓から出土した六十体(二十八体が新石器時代、十七体が春秋戦国時代、十五体が前漢時代)
の頭や太ももの骨、 歯を調査。特に、歯からDNAを抽出して調査し、
福岡、山口両県で出土した渡来系弥生人と縄文人の人骨と比較。
結果、春秋戦国時代人と前漢時代人は弥生人と酷似。DNA分析では、
江蘇省徐州近郊の梁王城遺跡(春秋時代末)の人骨の歯から抽出したミトコンドリアDNAの持つ塩基配列の一部が、
福岡県の隈西小田遺跡の人骨のDNAと一致した。

「文化的にも江南から影響有」という記事も見られる。
吉野ヶ里で発見された絹は、遺伝子分析により前2世紀頃中国江南に飼われていた四眠蚕の絹であることが分かった。
当時の中国は蚕桑の種を国外に持ち出すことを禁じており、
世界で最初に国外に持ち出された場所が、日本の北部九州であり、考古学的に証明された。

中国江蘇省無錫市の越時代の貴族墓から出土した鐸(共同)右日本の銅鐸(弥生時代)
『中国沿海部の江蘇省無錫市にある紀元前470年頃の越の国の貴族のものとみられる墓から、
原始的な磁器の鐸が見つかった。南京博物院(同省南京市)によると、これまで中国各地で出土した鐸と異なり、
日本の弥生時代の銅鐸によく似ている。中国側研究者からは
「日本の銅鐸は越から伝わった可能性があるのでは」との声が出ている。

ただし中国南部とは、地図上でそういうのであって、その民族は中国人(漢民族)ではない。
ttp://sawyer.exblog.jp/7178292/

稲作のルート
朝日新聞(2001.6.23)によると、弥生時代の遺跡、「池上曽根遺跡」と「唐古・鍵遺跡」の炭化米のDNA分析で、
朝鮮半島には存在せず、中国に広く分布する温帯ジャポニカ米が発見された。
http://www.iza.ne.jp/images/user/20090917/613712.jpg

61 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 02:23:37
天皇は海洋民族

62 :日本@名無史さん:2009/10/26(月) 00:53:37
籠神社は出雲大社の大元。
籠信仰は出雲の風葬由来。
風葬とは山の中の大木に死者の入った籠を吊るして3年放置の儀式。

ってことを考えると、山の民の影響が強そうだから、縄文系ってのも有り得るな。
ちなみに篭目から出て行った魂は神となるので、
その神さまに吉凶を問うた神遊びがカゴメカゴメらしいよ。

確かに祖霊信仰の要素やシャーマンのことを考えると合点がいく。
何でもいいが関裕二の本を好き過ぎだな自分。

63 :日本@名無史さん:2009/12/20(日) 13:31:22
関先生はおもしろいよ

64 :日本@名無史さん:2009/12/22(火) 21:43:03
朝廷の祭祀具で重要な弓も縄文からの流れだよな
大陸は形が違うし
縄文系の支配により弥生系銅鐸が廃れたというのもありえる

しかし最新科学のおかげで朝鮮由来説が崩れてきたことで
文献やら遺物の流れがすっきり理解できるようになるとはなあ

65 :日本@名無史さん:2009/12/22(火) 22:24:34
天皇は弥生系ではない。

66 :日本@名無史さん:2009/12/23(水) 01:40:27
天皇は元は金髪の白人の系統。
それと対になっているのが白山の菊理媛の系統で、元赤毛の白人。
原日本人は各勢力に入っている。

67 :日本@名無史さん:2009/12/30(水) 05:51:30
卑弥呼と天皇家は血統的繋がりあるのかな?
卑弥呼=日巫女を天照大神としたら関係ある気がするんだが

68 :日本@名無史さん:2009/12/30(水) 18:26:53
>>64
それは何も朝廷に限らない。
日本中の弓は上から下まで縄文と同じ形式。
逆に縄文由来のものが弓ぐらいしか伝えられなかったことの方が不思議。
たぶん、それは縄文人の末裔が大和に征服された後、兵士として奉仕した名残ではないかと思う。
似たような例は後の防人や蝦夷などがあり、いずれも兵士は東国から調達している。

69 :日本@名無史さん:2009/12/30(水) 18:31:07
あ、あと蝦夷由来のものには蕨手刀もある。
世界史を見ると、支配した民族を兵士として再利用するのは、むしろ普通のことではあるが。

70 :日本@名無史さん:2009/12/30(水) 22:56:03
>>67
卑弥呼=倭迹迹日百襲媛命だと年代的にすっきりする
箸墓古墳や最近流行りの纏向遺跡の発掘をみるに
天照大神は神話だから

71 :日本@名無史さん:2009/12/30(水) 23:58:49
景行天皇の巻向の宮の方がもっとすっきりする。

72 :日本@名無史さん:2009/12/31(木) 00:05:33
弥生土器って縄の模様があるし
稲作も縄文時代とされていた頃からあることがわかってきたので
縄文〜弥生〜と民族を分けるのはおかしいと思う。
江戸と明治で見た目も武器も代わったが、民族は同じままだ。

最も大事なのは・・・・
『名前』だと思うのよな。
江戸と明治では名前は基本的に同じだ。発音も。

で、天皇の名前のワカミケヌとか、後のイワレビコ
これは土着のものなのか、大陸の呉とかの末裔の人間の名前なのか。
呉人がすでに中華名だったかどうか。
もちろん、7世紀ころに大昔を思い出して書いた物だし
その当時の権力者と同じ系統だったかどうかわからないのは確かだが。

73 :日本@名無史さん:2009/12/31(木) 00:14:19
世界の歴史を見ても、時代で生活様式や服装、武器などが変わっても
民族が代わるわけじゃない。
なのに、日本だけが縄文と弥生で変わったかのように
「戦後」になって急に言われだした。

民族が続く=名前が急な変化をしない、変化しても理由が残る
だとおもうんだ。
日本は名前は日本固有のものがあり、苗字も家臣の名として考えられた物。
さらに、日本固有のY染色体であるD2とC1が5割も居ることから見て
やはり急な民族の変化は無いと思われる。

74 :日本@名無史さん:2009/12/31(木) 00:23:28
渡来系弥生人の子孫は日本の支配階級を形成し
やがて平安時代には貴族となった
(馬場悠男・国立科学博物館人類研究部長)

75 :日本@名無史さん:2009/12/31(木) 00:38:41
渡来系弥生人というのは具体的にどの民族なのだろうか。

日本は女系をミトコンドリアで辿ってみると、90〜95%は大陸系だという。
しかし、男は半数が日本固有の系統であることがY染色体を見るとわかる。
基本的に子供は母親に似る。
父親が日本で母親がゲルマンだと、子供はほとんど外人の見た目だ。
日本人は女系がほぼ大陸系なので見た目ではわからない。
だから見た目とか骨格では渡来がどうのというのはわからないと思う。
それに日本固有の名前。

であるのに渡来などと決め付けるからには
どの特定の民族から渡来したのか、それを言うべきだと思う。
男が名前をそれほど変えるはずが無いので、日本の古代からの支配層の名前と
同じような名前の民族が日本のほかにあることを示すべき。

76 :日本@名無史さん:2009/12/31(木) 02:06:23
>>72
縄文と弥生では明らかに骨格が違う。
河姆渡遺跡の土器の一部にも縄目模様がつけられたものが出ている。
単純な模様なので、それが一般的とか多数出てくるというのでない限り、
その程度のことはどこにでもあるだろう。

>>73
世界ではむしろ変わるのが普通。
古代エジプト人と現在のエジプト人は別の民族。
古代ギリシアではアイオリス人、イオニア人、ドーリア人は別々だし、本当のところ
現在のギリシア人が彼らと同じかどうかもはっきりとしない。
インドも、インダス文明を築いたドラヴィダ人と現在の印欧族のインド人とは別の民族。
中国も長江河畔の夏王朝とチベットから来た遊牧民が建てた周王朝は別のものだと考えられている。

77 :日本@名無史さん:2009/12/31(木) 03:19:44
>基本的に子供は母親に似る。
 父親が日本で母親がゲルマンだと、子供はほとんど外人の見た目だ。

遺伝学上そんなことはありません。


>であるのに渡来などと決め付けるからには
どの特定の民族から渡来したのか、それを言うべきだと思う。

それはあなたが使ってる大陸系という言葉にも同様に当てはまります。
人類がアフリカ起源である以上、日本人はみんな渡来系か大陸系です。

>男が名前をそれほど変えるはずが無いので、日本の古代からの支配層の名前と
同じような名前の民族が日本のほかにあることを示すべき。

古代ですらほとんどの日本人は姓・名字を持たなかったのです。
その頂点たる天皇は今でも名字を持っていません。
従って、それ以前の縄文や弥生時代に名字があったとは思えませんね。

78 :日本@名無史さん:2009/12/31(木) 07:58:00
>>1
余談ではあるが、天皇家は、酒豪ぞろいであるらしい。
特に現皇太子は、イギリス留学中に大量のビールを煽っても、一人だけ平然としていたそうだ。

また、明治時代の男性皇族の写真を見ると、日本人離れした彫りの深い顔立ちが目立つ。

79 :日本@名無史さん:2009/12/31(木) 08:38:14
見た目で決まると言うが、天皇の見た目も一定じゃ無いな。
今は薄いが・・・

http://mblog.excite.co.jp/user/suttonde/entry/detail/?id=9202187
現在の日本の皇族の直系は一重瞼が多いが、それは昭和天皇の皇后の
血筋の影響で、それ以前は比較的彫の深い濃い顔が多かった。
江戸時代に日本に訪れ天皇に謁見した欧米人は、
「日本の皇族は中東系である」という発言を残したほどである。

この中東系である〜ってソース何なんだろうな。
書いてる人の妄想かもしれんし・・・
渡来人がどうのと言うのも妄想だが。


80 :日本@名無史さん:2009/12/31(木) 08:52:47
渡来人って発想は戦後日本にきた朝鮮人の発想だろう。
自分と同じにしたい。
日本という国家が誕生して以後の人間を渡来と言うならわかるが
日本ができる前の人間を日本に渡来と言うのはおかしい。
それなら、世界中の国家や民族が全て渡来と言うことになるじゃないか。

ローマ建国者のロムルスは、ギリシャ方面から来たとか色々あるが
ロムルスがローマに渡来したと言うか?エトルリア人に渡来したと言うか?
言わんよ。
ロムルスは建国者だ。

渡来って言葉は、国家ができて以後、それに加わろうとした人間だけを
指すべき言葉だと思う。
天皇は建国者だから渡来に当てはまるはずが無い。

81 :日本@名無史さん:2009/12/31(木) 09:18:57
大和民族は、縄文と弥生の混血だが、弥生の方が西日本を中心に強く
出ているそうだ。天皇家はそのなかでも弥生系の血が濃いのは、はっ
きりわかる。大和民族の成り立ちから言って渡来人及び沖縄・アイヌ
人と同じ血を引くことを恥じることはない。

82 :日本@名無史さん:2009/12/31(木) 09:23:02
>>81
だから渡来人って何だよ。
2世紀頃のシナの記録には、

日本には倭人だけが居る
半島には、漢人、韓人、倭人、遊牧系が少数、居ると書かれてある。

で、渡来人ってどれなんだ。
倭人は紀元前10世紀頃から記録されてるぞ。
渡来と言うからには、どの集団から渡来したか言うべきだろ。


83 :日本@名無史さん:2009/12/31(木) 09:56:43
文献によれば、古代半島は
漢人(中原の中国人)、韓人(秦の時代に逃亡した中国人)、相当な数の倭人
あとは僅かな遊牧系の人が居たとされる。

古代日本列島は、全て倭人、倭種であると書かれている。
・・・女王國東渡海千餘里 復有國 皆倭種(魏志倭人伝)

普通に考えて、今の概念で言う日本人や韓国人
これが出来上がるまでの種族ってのは
日本のほうがよほど固定された種族で
韓国人ってのは中国人そのまんまになるな。

でも倭人の子孫は日本人のみ、と言える。
倭人は白村江の戦い以後は、ほとんど日本に引き上げたと見るべきだし。
だから倭館という限定された居場所がでてくるわけで。

84 :日本@名無史さん:2010/01/01(金) 11:19:23
『 天皇・皇室 』「在日朝鮮人」「日本国民」



我々「日本国民」を守ってくれるものは『 日本国憲法 』!

『 天皇・皇室 』はけっして「日本国民」を守ろうとはしない!!
これまでもそうだったし、これからも全く変わらない!!!

『 天皇・皇室 』は「在日朝鮮人」の味方ではあったとしても、
「日本国民」にとってはむしろ敵なのである!!!!



85 :日本@名無史さん:2010/01/01(金) 11:40:40
>>84

東アジアの先住民である『倭人』
のためにチョンを征伐し続けたのが天皇とその家臣である日本人だろ。



86 :日本@名無史さん:2010/01/01(金) 12:14:32
日本人はY染色体DNAのD系統を高頻度で持つ事で有名である。
世界的にも殆ど存在しない。さらに日本のすぐ近くの朝鮮半島や中国人
アジア系O系統であり、孤立したD系統を持つ日本人の異質さが際立って見える。

またこのD系統は、アジア人種よりも地中海沿岸や中東に広く分布する
E系統の仲間であり、Y遺伝子の中でも非常に古い系統である。東アジアの
地域全体にはO系統が広く分布し、島国の日本や山岳のチベットにのみ
D系統が残ったと考えられる。D2系統はアイヌ人88%、沖縄人56%、
本土日本42〜56%(参考までチベット33%)で、韓国ほぼ0%である。

日本人男性の多くがY染色体D系統を持っているが、日本の王家である
天皇家もD系統に属している可能性が高い。天皇家は少なくとも5世紀から
1500年以上現在まで君主として君臨してきて、多くの皇子が平民に
下っている。

あのチンギス・ハーンは一代のみであったが、同じY染色体を持っている
父系子孫は1600万存在する事が判明している。つまり1500年以上前から
何代にも渡って膨大な数の皇子を平民に下らせた事を考えれば、天皇家の
父系子孫は、日本人男性の大部分を占めていると思われる。

日本人は父系のY染色体にこのような特殊系を表しているということは、
D系統を持つ縄文系の男性が有力者として支配層に就いていた事を示す
可能性が高い。少なくとも逆のパターンはありえない事になる。


87 :日本@名無史さん:2010/01/01(金) 14:48:10
天皇は稲作に関係があるような気がする…
新嘗の祭りとかあるし…

88 :日本@名無史さん:2010/01/01(金) 16:53:35
倭人と言っても
呉のような長江出身の民族が混ざる前と後で
遺伝的な形質は違うだろうな。それでも日本の男の半分は土着だし
何より呉人も大陸に居たときから刺青をしていたようで
見た目にはわからなかっただろうな。
でも遺伝的には全く違う二種類だ。

稲作を祭るのは、稲が珍しかった宝物だから祭ったのか
それとも呉系で稲作が昔から生きがいだったから祭ったのかでは
真逆になるだろう。

89 :日本@名無史さん:2010/01/02(土) 12:13:00
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E6%B2%BB%E5%A4%A9%E7%9A%87
明治天皇はどうみても縄文系なんだよねえ
大正天皇も昭和天皇もそうだし

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B7%B3%E7%9A%87%E5%90%8E
今の天皇家は香淳皇后の血が濃すぎるんだよ

90 :日本@名無史さん:2010/01/03(日) 22:35:21
崎谷満先生の父系Y染色体による系統分析、の要約と補足

「日本人の出自から見たDNAの平均値 」

約38% D2型、日本にしか残されていないシベリア経由で入ってきた縄文人の血
約34% O2b型、ジャポニカ米と共に揚子江から海路渡ってきた長江文明人(弥生人、倭人)の血
約18% O3型、大陸から朝鮮半島から渡来した漢族の血
約 5% C1型、インド経由、南方系海人族の血
約 1% N型、フィリピンに顕著に残り、ツングースも保有する血筋、スンダランドの流れとも
約 1% C3型、樺太から北海道に、アイヌに残るバイカル湖経由のツングース系の血
     朝鮮半島から九州に、扶余の血? ルート違いのバイカル湖経由のツングース系の血
その他 1%以下、D1、D3型、チベットに残るテュルク系?の血
     O1型、台湾出自の大陸系の血
     O2a型、渡来時期、ルートの異なる長江文明人の血

(出身地域により特定血筋を多く持つ者も、全く持たない者もいます)
(アイヌはD2型が9割、C3型が1割です。縄文人のほうが渡来が古いとの説もあります)
(琉球はO2b型が67%でD2型が4%と特徴的です。アイヌとはまったく異なります)
(扶余の祖、東胡はツングース系、テュルクとの混血ともいわれます)
(東胡→穢族→穢四族「高句麗、扶余、沃沮、穢」に分裂、扶余は三韓及び倭の支配層といわれています)
(扶余が天皇家とは限りません。蘇我氏説もあります。皇統断絶説、同二回説もありますしね)
(ツングースの血脈、C3型9割のオロチョン>ブリヤート>エヴェンキ>蒙古>満州>北朝鮮>韓国>日本)
(朝鮮人はO2b型5割、O3型4割、C3型1割、O1型数%です)
(日本人は10種類もの血筋が入り混じった稀有な民族なんだそうです。負け犬の吹き溜まりとも、冒険野郎の終着点ともいえるでしょう)

エヴェンキのDNAは、C3型7割、N型2割他
モンゴルはC3型5割、O3型2割、D1型、D3型、O1型他(支配層がツングース、民衆がD1、D3のテュルク系?)
チベットはO3型3割、D3型3割、D1型2割、C3型3%他
朝鮮人はO2b型5割、O3型4割、C3型1割、O1型数%
満州人はO3型4割、C3型3割、O2b型4%、O1型4%他
台湾高砂族はO1型7割、O3型1割、C3型1%他です。


91 :日本@名無史さん:2010/01/05(火) 09:04:54
>>90
長江=倭なのか?
日本限定で倭と呼ばれていたのだから、日本固有のD2が倭の元だと思うが。
O2が倭だったら、朝鮮や東南アジアも倭と呼ばれていたはずだろ。

それか、単独でDだけとかO2だけで倭なのでは無く、混ざった今の日本の
割合を倭と言うか。
だいたいO2とO3など差が無いのに、別人種のように言うはずが無いと思うが。


92 :日本@名無史さん:2010/01/05(火) 09:40:56

文献によれば、古代半島は
漢人(中原の中国人)、韓人(秦の時代に逃亡した中国人)
『南部にのみ』多くの倭人
あとは僅かな遊牧系の人が居たとされる。

古代日本列島は、全て倭人、倭種であると書かれている。
・・・女王國東渡海千餘里 復有國 皆倭種(魏志倭人伝)

半島の倭人は、白村江の戦いで中華に負けた時点で、ほぼ全てが日本に帰ってきた。
僅かの倭人は半島の倭館と呼ばれる場所だけに、交易のために居ることになった。

これを考えると、倭というのはDの分布、D系の含む今の日本に近い割合を指して
倭と呼ばれていることがわかる。
特に、クマソやエミシのような確実にD多数と思われるものまで全て
倭種とされているのに対し、半島は中華系(漢、韓)とされている。
Dが混ざって無いOの集団を倭と見ることはできなかった、と言うことになる。

93 :日本@名無史さん:2010/01/05(火) 11:36:57
O2が多い地域は
半島は韓、ベトナムは越、沖縄は琉球、
と呼ばれていたことを考えると・・・
日本も呉が入ってるけど倭と呼ばれていたことから

Oだけだと倭ではなく、呼び名は中華系
倭になるにはDが入ってる必要がある、ってことだろう。
だいたい、半島から倭は出て行ったはずだし
半島人は倭と呼ばれたことが、白村江の戦い以後は無い。
日本全体は倭種と呼ばれ続けている。
>>92 の「皆倭種」から考えると。
やはり日本人の系統だけが倭だよ。


だから、やはり

94 :文責O2bさん:2010/01/06(水) 04:08:25
・『北書』、『唐書』百済傳 其人雑有新羅、高麗、倭等、亦有中国人。(其の人達は新羅人、高句麗人、倭人等が混雑しており、また中国人もいる。)
朝鮮に倭人が住むという中国史書は多いが、現朝鮮人から縄文人D2型はほとんど確認されていない。(よっぽど太古で無い限り残ります。内緒ですが三韓の前方後円墳からは出てます)
・古代史・文化人類学研究者の鳥越憲三郎の言う倭族とは「稲作を伴って日本列島に渡来した倭人、つまり弥生人と祖先を同じくし、また同系の文化を共有する人たちを総称した用語」である。
他にも多くの学者さんが研究してます。
・古代中国の言う「倭人」とは朝鮮半島から日本、琉球くらいまでの海洋民を差している、との説もあります。
・長江文明人O2b型は満州を除く中国では残っていません。残虐な漢族の南下に東の海上へ、南へ逃げたからです。
同じ長江文明人O2a型は江南にも残っています。漢族に抵抗した呉越の子孫なのかもしれません。
倭人(弥生人、長江文明人)がO2b型というのは今現在の定説です。もちろん朝鮮学派と日教組シンパだけは完全否定しています。


95 :日本@名無史さん:2010/01/06(水) 09:12:44
前方後円墳や百済人などのDNAが日本人と同じように
D系がある程度居る配分だったら
やはり倭は半島を統治してたが、今は日本に撤退したと言うことになるな。

朝鮮を手に入れるのは、むしろ取り返しただけで
侵略者は倭を追放したチョンということになる。

96 :日本@名無史さん:2010/01/06(水) 11:28:17
倭人の最初の定義が刺青なのでは?
呉の刺青人と、日本土着の刺青人の区別ができなかった
というかそういう蛮族を倭人と呼んだので
女王國東渡海千餘里 復有國 皆倭種、これの
皆倭種とかかれているのでは。

だから、倭人というのは定義だから、血統では無いとおもうが。


97 :日本@名無史さん:2010/01/06(水) 11:52:35
O2は朝鮮からベトナムまで広範囲に分布してるのに
D2は日本しか無い。でも全体に広がってるし最大派閥だから
追いやられたと言うことでもないはずだが。
沖縄も、日本本土もほぼ同じ分布だ。
でも南沖縄はO2が7割・・・。

個人的に思うのは、O2のみの集団と、O2+D2の五分五分集団
これが集団として固まってたんじゃないかと。
中華に記録される時期には「すでに完成系」として。
ようするに、今の日本人は
O2もO3もD2もC1も自分が日本人だと思ってる。
どれが日本人とか倭人とか言うのでなくて、集団として。

98 :文責O2bさん:2010/01/07(木) 01:53:25
世田谷一家殺害事件でも使われている父系Y染色体研究
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1262105832/l50

「日本人の血統、DNA平均値」(崎谷満先生の父系Y染色体による民族史研究)

縄文人4割(日本独自、他所に無し)
長江文明人3割(倭人、弥生人とも、ベトナム以南と満州、朝鮮にしか残っていない)
漢人2割(他7種ほどのDNAが残っている。稀に見る雑多な血統だそうな)

「朝鮮人のDNA」
長江文明人5割(ジャポニカ水稲と共に日本から渡ったことが遺伝子研究から解明されている)
漢人4割
ツングース1割(東胡を祖とする血、東胡→鮮卑?→穢族→穢四族「高句麗、扶余、沃沮、東穢」)

紀元前から朝鮮半島は倭人の国、そこに中国が乱入してきたのです。
(日本の教科書では未載ですが、世界の教科書には掲載されてます)
そのころの朝鮮は中国東北部の蛮族(高句麗族)でした。
三韓(任那、百済、新羅)は日本の親戚です。朝鮮ではありません。

縄文人を南方系、弥生人を北方系とする埴原和郎(〜2004故人)の二重構造説は旧世紀に否定されている。
D型はアフリカ→中東→東南アジア→中国北部→D2バイカル湖説?→樺太もしくは半島から日本へ、との説が支配的

DNAでたどる日本人10万年の旅―多様なヒト・言語・文化はどこから来たのか?
崎谷 満 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4812207533/

99 :日本@名無史さん:2010/01/07(木) 02:12:39
>>98
おい、倭人ってのは日本人全部のことだぞ。
長江の人間だけが倭人じゃないぞ。
長江の人間だけなら、呉人、越人だ。

おまえどこのスレにもそれ貼ってるよな。
日本人と韓国人が「同じであってほしい」と言う願望が見えるんだが。

日本の最大派閥を倭人からはずして、倭の文明、つまり日本の歴史から
隔離してあんたに得があるのか?

日本の長江系と韓国の長江系は、2000年以上の歴史の差があるから
同じ民族にはなれないぞ。


100 :日本@名無史さん:2010/01/07(木) 02:17:10
>>98
日本人全体が倭人と呼ばれてるので、
特定の人間を倭人とするのはおかしい。
特に、朝鮮人は日本人を倭人と罵ってきた民族なので
その半分の系統の人間が倭人であるのは、確実におかしい。

普通に考えれば、日本だけの遺伝子配分の集団を
倭と見るべきだろう。

倭人というのは中華の勝手な呼び名だから
ヤマト、とかイズモ、とかそういう民族名で分けるべき。

101 :文責O2bさん:2010/01/07(木) 02:31:02
>>96
中国史料における三韓諸国の初記述に「その国倭に近し、顔に刺青をした者多し」との旨あります。
そのとおりで、時代時代により「中国の言う倭人」に相当する範囲は異なります。
倭人すなわち日本人という定義も時代により異なります。(後世そうだった時期もあります)

少なくとも平均的現朝鮮人の持つO2b型染色体が、紀元前から半島に存在したという倭人のものであり、
かつ、ジャポニカ水稲を携え日本に渡った長江文明人と、水稲に低温耐性がついたのち半島に渡った弥生人と同種である、
という説が現在の学会では支配的となっています。

>>97
O2はa型、b型と分けて考えてください。

個人的考えどころか、染色体型のセットで研究されている学者さんも多いようです。私は不勉強ですが。
フィリピン顕著のN型はC3型ツングースとセットであることが多いとわかっていますし、
D2型も単独? の縄文人とC3型をセットにするアイヌと渡来時期が違います。
逆に後世九州に渡ったC3型(扶余?)もあります。
おっしゃるとおり、セットでどういう出自の集団が渡来したのかを考えなくてはいけないと思います。

102 :日本@名無史さん:2010/01/07(木) 08:37:17
>>101
その考えだと、妙なことがある。
ようするにO2bだけが倭人だとすると、朝鮮にD2がほとんど無いことから
D2が倭人に混ざったのは
古墳時代よりも後と言うことになるわけだが。

しかし、それは「女王國東渡海千餘里 復有國 皆倭種」であるように
日本の人間が全て倭であることと矛盾している。

普通に考えるなら、半島人(韓人)のO2b主体の集団と
日本の倭人のO2b+D2主体の集団とが、当時から別れていたと見るべきでは。
なぜ、D2が倭に混ざっていたことを無視するのか?


103 :文責O2bさん:2010/01/07(木) 09:21:53
>>99>>100
全てのレスを良く読んで内容を理解してください、としかいいようがありません。

<私は朝鮮学派と日教組シンパの『日本への押し付け朝鮮文化論』を排除したい、「日本の誇りを取り戻したい」と考える者です>

第一に、縄文人は非常に古い血統を持ち、極東に最初にたどり着いたかもしれない一族なのです。そして北海道から北琉球まで遍く広がっています。
他所には存在しない日本統合の象徴の血筋は、日本人を日本人たらしめるオリジナルのアイデンティティーを我々に与えてくれています。

第二に、比較的平和裏に日本に溶け込んだ弥生人の血筋は、ジャポニカ水稲を携えて長江から海路直接日本に渡ってきたことがわかっています。
その血筋は、黄河文明よりも9千年も古いかもしれない失われた長江文明の担い手のものなのです。誇らしいことではありませんか。
そして弥生人は低温耐性のついた水稲を手に朝鮮半島に渡りました。
紀元前から朝鮮半島に住んでいたという倭人(中国の言う倭人の対象は時代により変わります。定義などありません)が実は、その弥生人であることが遺伝子研究によりわかってきました。
(続く)

104 :文責O2bさん:2010/01/07(木) 09:23:16
第三に、古代朝鮮史料を調べるうちに三韓諸国(任那、百済、新羅)が現朝鮮とは全く連ならない国に思えてきたのです。
そして統一新羅の内乱で始まった10世紀、ようやく王氏高麗の統一を見た途端に長白山大噴火が起こります。
どうもこの世界気象にまで影響を与えたらしい大噴火を境に、半島に文化の断裂が起こったようなのです。
確かに朝鮮語は新羅語をルーツにしているようでもあり、現朝鮮民族を構成する遺伝子も新羅のそれと大きくは変わらないようにも思えます。
ところが、新羅までは日中史料にたくさんの交流が記され、日本にも伝わっていた素晴らしい文化を持っていたはずなのに、半島そのものにはそれらがあまり残っていないのです。
大噴火を伝える民謡、伝承といった民族の記憶さえ失われていたのです。数少ない新羅の文書や王氏高麗の歌が今の言語で読めないという摩訶不思議もあるそうです。

私は思い出しました。19世紀末、日本が清を破り朝鮮に入ってみると半島には原始人のような社会が広がっていたことを。
そして疑念を持ちました。「王氏高麗と李氏朝鮮が、高い文化を誇る辰国・三韓・新羅と連なる朝鮮半島の社会をズタズタに破壊したのではないか?」と。
高麗族や王氏高麗を調べるうちに疑念は確信に変わりました。「新羅までの半島国家は日中文化に彩られた文明国家で朝鮮ではない」
そして「王氏高麗と李氏朝鮮こそが北の蛮族朝鮮人で、半島住民を千年の暗黒社会に押しやった元凶である」と。

この仮説の信憑性が高まり正史にまでなると、日教組の自虐史観「朝鮮が日本に文化を伝えた」「天皇は半島の血」などという戯言が根底から覆され、我々は日本の誇りが取り戻せるのです。
決して「日韓併合の根拠」やら「中共の東北工程」のための議論ではありません。むしろ困り者の隣国と手を切りたいという思いからなのです。
私はその前提になる論を進めています。皆さんの批判や指摘からどんどん史料や肉付けとなる附説も膨らんでいます。ご協力いただければ幸いです。
もちろん全く役にも立たないファンタジー史観の批判の為の批判もありますが、それは無視無視。
志あるかたの賛同があると喜ばしい限りです。

105 :文責O2bさん:2010/01/07(木) 09:35:09
>>102
あの〜申し訳ないんですけど、ご自分の文章何度も読み返されたらいかがでしょう。

なんの根拠も脈絡も無い文章で論になってないですよ。

あなたと私ではベースになっている受けてきた教育が全く違うようなので議論にならないと思うのであしからず。

106 :日本@名無史さん:2010/01/07(木) 15:46:31
縄文人は今の日本人が当時の生活様式を見て名付けた名だよな。
その縄文人に当たる人々を、中華から見て何と呼ばれてたんだ?
それが倭じゃないのか。
縄文人と呼んでる人も稲作始めてたのは常識だろ。

縄文と弥生は、平安と室町とか、江戸と明治違いと同じで
人間は同じ、住居も竪穴式、文化に差ができただけだろうに。

107 :日本@名無史さん:2010/01/07(木) 16:51:51
朝鮮人は日本人を倭人と呼ぶ。

戦前の40年ほどは朝鮮に大勢の日本人が住んでたよな。
大東亜戦争敗北後、どうなった?
一人残らず日本に帰ってきたろ。

白村江の戦いで、倭が敗北した後どうなった?
半島に残った倭は、交易のための倭館だけになったろ。
倭人は文字通り一人残らず日本に帰ってきたわけだ。

倭が長江人限定になどなるはずが無い。
倭は日本人全体を指す言葉だ。

108 :日本@名無史さん:2010/01/08(金) 09:16:14
朝鮮のメインはO2b 日本はD2とO2b1 同じO2でも分岐時期も古い
史書に残る倭種はD2+O2b1だろう
弥生人は半島にも渡ったが数%しか残れなかったんでしょうねぇ
朝鮮の前方後円墳からD2がでてるって話があるけどソースがねぇ

スレ主の説の通りD2主導で日本が出来上がり。ただO2b1の文化も受けついでるので
魏志倭人伝で呉の末裔?う〜んってのが残ってるのでは

109 :日本@名無史さん:2010/01/08(金) 11:42:22
韓国人=韓人は、倭として生きたことも戦ったことも無いからな。
伝説的に周の末裔として、呉とか越とか韓とかあるが
それぞれ違う地域でバラバラになってから、それぞれの民族が違うからな。

韓(朝鮮)や越(ベトナム)はそのまま呼ばれたのに、
呉の混ざった日本だけは、倭と呼ばれてることからも
やはり倭は他の長江?系とは違う扱いだろう。

110 :日本@名無史さん:2010/01/09(土) 00:15:10
「倭人」に定義などない。
中国人が勝手につけた呼称にすぎない。
その範囲は時代により下記のように移り代わった。
1、日本、朝鮮に住む鯨面の者。
2、東夷の海人族全体(朝鮮、日本、琉球)。倭寇のほとんどが日本人ではない。
3、日本に住む者。

ここは3にばかりこだわる連中ばかり、よほど中国の言う倭人が朝鮮にいたという記述が気に入らないのだろう。
倭人とはちっぽけな奴という蔑名であり、まともな日本人なら「倭は日本人全体だけを差す呼称、ウリは関係ないニダ」などとは言わない。

111 :日本@名無史さん:2010/01/09(土) 08:07:05
勝手につけてるのはそうだがw
中原の民は事細かくわけて蛮夷に名前をつけてるぞw

1.その通り。倭人伝、古事記、日本書紀、好太王碑、三国史記の通りだな。そんで白村江な
2.初期倭寇はほぼ日本人だよw その後その威を借りて使われる 和風装備の海賊ってこった
史記やら史実追いかけたら呼び名の変遷はそのまま理解できるぞ

発掘された骨のY染色体検査が多くできれば確定もできるだろう

倭人ってのが蔑称なのは事実だがそのまま和に昇華されるあたり
現在のチョッパリだとかジャップだとか小日本だとか言われても笑ってられる
日本人にそのまま通じるわw

チョンやらキムチ、チャンコロとか支那でファビョるのとえらい違いだ

112 :日本@名無史さん:2010/01/09(土) 21:42:38
縄文人=弥生人でつ。
天皇家の素性はまだ不明でつ。

113 :日本@名無史さん:2010/01/09(土) 22:03:32
沿海州

114 :日本@名無史さん:2010/01/09(土) 23:41:10
>>112
縄文人と弥生人の形質の違いはどう説明すんだよ?

115 :日本@名無史さん:2010/01/09(土) 23:57:07
天皇家=弥生開始時に沿海州南岸からやって来たヴァイキングの王族だっての。

116 :日本@名無史さん:2010/01/10(日) 00:55:34
沿海州との交流はもっとあってもよさそうだがちょっとしか交流遺物でねーし
メインストリームになったてのは無理がありすぎるなぁ…

高句麗、渤海、契丹、女真の系譜は東亜細亜史には欠くことのできん重要ポイントだが
残念だが深い関わりは朝鮮半島でバトルしてたのが最後だ

それより過去も今出てる遺物と朝貢ん時の扶余から出でてってやつだけだとなんとも
日本側も、はぁ?まぁいいか朝貢してくれるんならってな対応っぽいし

117 :日本@名無史さん:2010/01/10(日) 01:08:18
満州国が一番関わり深いかw

>>114
江戸時代と現代の身長骨格比較してみろ
食い物で全く変わる
歯のサイズやらで比較するのが吉か でもまぁ混血だわ

人類史上普遍のことだし

118 :日本@名無史さん:2010/01/10(日) 01:27:27
http://ja.wikipedia.org/wiki/日本人#.E7.B8.84.E6.96.87.E4.BA.BA.E3.81.A8.E5.BC.A5.E7.94.9F.E4.BA.BA

119 :日本@名無史さん:2010/01/10(日) 02:03:24
天皇家は丹波辺り出身の海賊だったんじゃないだろうか?

120 :日本@名無史さん:2010/01/10(日) 02:37:55
>>117
耳垢まで変わるのかよ?w

121 :日本@名無史さん:2010/01/10(日) 09:34:05
>>120
ちゃんと読めよ
耳垢言うなら二重、福耳、毛深さ等もある

122 :日本@名無史さん:2010/01/10(日) 10:37:45
>>120
耳垢と言えば
乾燥か湿潤かで分類できるらしいけど
俺は成人してから体質の変化のせいか乾燥から湿潤に変わったよ

両親や兄弟はもともと湿潤タイプだった

123 :日本@名無史さん:2010/01/10(日) 11:02:38
>>121
いちいち書くのは面倒だから耳垢で代表してみた。>>112が、そういう形質の違いがあって、現代では
それが混在している事実を無視して「縄文人=弥生人」なんて書くから、訊いてみたんだよ。

124 :118 119:2010/01/10(日) 18:55:53
弥生時代って紀元前3世紀ぐらいからなんだろ?
それ以降の渡来人が日本人の形質におおきな影響を与えたとは思えないよ。

125 :日本@名無史さん:2010/01/10(日) 21:53:18
>>124
言ってることが判らん。>>112が縄文人と弥生人の違いは文化的な差異でしかないというから『米食ったくらいで形質が変わるのか?』
『しかも変わらない人と変わった人が混在するようになるのか?(何で一様に変わらないのか?)』と訊いてるのにどっから渡来人の話になるんだ?

126 :日本@名無史さん:2010/01/10(日) 22:02:10
ミトコンドリアで女系の遺伝を見ると
日本は東アジアとほぼ均一のようだから
つまり女系の日本固有は5%程度だったかと。
男は半分は日本固有系であるのに、女系は少なすぎる。

これはつまり、一時期、一時的に日本列島は大陸系の民族だらけになって
その後、日本固有の男が権力を持って子孫を増やしたか

あるいは、女系の日本固有ミトコンドリアの系列だけが
疫病などに弱かったか。
あるいは、大陸の毛の薄い女が好まれたか。

どういう理由で今の日本のようなバランスになったかわからないが
ある時点から女系が大陸系だらけなので、見た目は一気に薄くなったのは確かだろう。

127 :日本@名無史さん:2010/01/10(日) 22:10:26
どっちみち、
アマテラスとか言う名の神を信仰してる時点で、民族の系統は日本固有だろう。
民族初代が、ワカミケヌ。
しかし、イワレビコとも言うのがよくわからんね。発音が違いすぎる。?

ま、民族性ってのは文化への忠誠だろう。
遺伝子は混ざったり、事故で変わるからわからんよ。
支配者の初代など。
事故って浮気とかな。


128 :日本@名無史さん:2010/01/10(日) 22:27:20
ミトコンドリアでわかる範囲がおおざっぱなんだよな
ようするに体の中の別生命だし、母系遺伝に失敗する可能性もあるし

129 :日本@名無史さん:2010/01/10(日) 23:39:25
>>128
それホント?失敗した場合、卵子の細胞質以外のどこからミトコンドリアが入るの?

130 :日本@名無史さん:2010/01/11(月) 01:14:01
>>129
精子から
受精後に精子由来のミトコンドリアを排除するシステム

なので当然失敗もあるし、実験でも人工的に失敗さすことはできてる

131 :日本@名無史さん:2010/01/11(月) 02:02:10
縄文晩期の知識が少しでもありゃ大量渡来なんて言えないんだがな。

「渡来人は鉄器を持っているから縄文人を征服して女を奪った」
「稲作技術を持っていたから人口が急激に増加した」
「縄文人はもともと山に住んでいるから農耕を基礎とする日本人の祖先のはずがない」

20年30年前はこの説も通ったんだが…

132 :日本@名無史さん:2010/01/11(月) 09:02:46
世田谷一家殺人事件でも、人種と血統を特定するために利用されている父系Y染色体研究。

これを必死に否定してまわる頭のおかしい連中がいます。なぜでしょう?

犯人が朝鮮人というのが困るのか、それとも、平均的現代朝鮮人遺伝子の5割を占める血筋が日本から渡ってきた所謂弥生人というのがばれるのが困るのか・・・。

ともかく、アジア民族学研究で重用されるのは母系ミトコンドリア遺伝子より父系のそれです。

アジアで見られる母系遺伝子の起源はすべて2万年以上前のため、それより以降の新モンゴロイドの系統は区別できないのです。ご近所はどこも一緒となってしまうのです。

ここ数千年の民族系統を調べるのに系統分析しやすい父系遺伝子研究が有効である、ことは世界の常識です。

これを否定するのは朝鮮学派と日教組シンパだけです。

133 :日本@名無史さん:2010/01/11(月) 09:34:17
>>132
朝鮮はO2b、日本はO2b1で別系統
ベトナム、タイにもO2b系統があるよ

134 :日本@名無史さん:2010/01/12(火) 23:43:10
同じ系統の中のバラツキでしかない。
悪いけど、朝鮮人が好きか嫌いとかいうイデオロギーは学問上はどうでもいい。


135 :日本@名無史さん:2010/01/12(火) 23:51:46
>>126
>男は半分は日本固有系であるのに、女系は少なすぎる。

最近こういう書き込みをよく見かけるなあ。
遺伝子から見ると日本人の半分近くがOタイプで最大勢力。
それに対してDやCは少数派。
だいたい固有とはどのタイプを指して言ってるのだろう。
日本人は日本列島に住む日本原人から生まれたとでも言いたいのかね。
Dにせよ、Cにせよ大陸に同じタイプが存在してる。


136 :日本@名無史さん:2010/01/13(水) 00:02:45
崎谷氏の調査では、O系統は都市に多く、しかも地方による差が見られず、
反対にD系統は田舎や山奥に多いとなってる。
O系統は弥生人でそこから天皇や有力豪族が出てきて、D系統はO系統に圧迫され
田舎に残ったということだろう。

137 :日本@名無史さん:2010/01/13(水) 06:56:38
>>133
O2b1型が日本というソースを明示してもらえるとありがたい。

それで朝鮮はO2b2型なのか何型なのか教えて欲しい。

b1、b2といのはb型を明確に区別するために使われる符号である。あまり適当なことを書いてはいけない。

138 :日本@名無史さん:2010/01/13(水) 22:38:24



韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ。
趙現鐘・国立済州博物館長と佐藤洋一郎・静岡大学助教授が
大阪府和泉市のシンポジウムで発表。[共同通信]
http://www.tt.rim.or.jp/~shr/nl/2001xc.html
韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ
韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ
韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ
韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ




139 :日本@名無史さん:2010/01/14(木) 00:08:19
熱帯ジャポニカ米は、スンダランド辺りの原産である陸稲のこと。

温帯ジャポニカ米は、揚子江中域の原産である水稲のこと。

陸稲、水稲ともに南から徐々に低温耐性を付けながら北上するのは当たり前の話。

常識も科学も通じないのが、日教組シンパと朝鮮学派。


140 :日本@名無史さん:2010/01/14(木) 01:18:45
>>137
47zで分岐があるかどうかで判断してるんだが間違ってるか?

141 :日本@名無史さん:2010/01/14(木) 19:37:03
だいたい、遺伝子は当時の人はわからんよ。
自分がどういう系統か、というのは
名前と崇拝する神で決めてたはず。

日本は天皇の初代の名は、ワカミケヌで、神はアマテラスなど
これは大陸の文化が中枢だったらありえない話だから。


142 :日本@名無史さん:2010/01/14(木) 19:42:42
>>136
俺は源氏だが、四国の山のほうに住んでるぞ。
ある種の勅許状もあるし、刀もある。
周りには平家や藤原氏の末裔なども。

今の日本の都市で遺伝子調査しても、
戦後に住み着いた韓国人や中国人だらけだろ。
部落も都市だけだろ。

俺は都市部の学校に行ったが、大東亜戦争に先祖が出征したやつなど
ほとんど居なかった。
総力戦だったのに・・・・ありえんぞ。
入れ替わってるよ、都市は。戦前と戦後で。

143 :日本@名無史さん:2010/01/14(木) 20:32:18
日本もチベットも中華もだいぶ混ざってるはずだが
ほとんど人名に残ってないね。
秦氏などは建国後に来たから、秦のままなのだろうけど。
それより前に来たのは、倭に取り込まれたと見るべき。
呉の末裔を名乗る人間が居るのに、倭人と呼ばれてるのを見ても。

144 :日本@名無史さん:2010/01/14(木) 21:13:46
>>136

なるほど!!!
平城京は豪族とその一族、百済人渡来人だけが住んで10万人もいたのか!!!
平安京は地方の人間を一歩も入れなかったのか!!!
鎌倉は平安京からだけ移民を受け入れて百年足らずで10万人規模になったのか!!!
室町以降に宿場町や寺内町・城下町はいちいち平安京や鎌倉から移民を排出してたのか!!!
何百となく全国にあったのに!!!!
水野忠邦の人返し例は捏造だったのか!!!
日本にあるすべての史料は捏造されてたのか!!!!

スゲエ!!渡来人すげえ!!

>>142

都市部の日本人だけが出征したのか!!!
韓国人中国人が大量に流入して全部名前変えて日本語覚えて他人の家にあがりこんだのか!!!
どうやって大量に日本に来たんだ!?大陸側にも日本側にも一切記録を残してないのに!!!

すげえ!!渡来人すげえ!!!
渡来人最強!!がんばれ!!超がんばれ!!!!!!!!!!!!!!!

145 :日本@名無史さん:2010/01/14(木) 21:27:52
おおお狂うとるわ。
でも戦争行ってる人間て少ないよな。
自分も爺さんは行ったけど。
みんな徴兵されたはずだよな。でもそういう話を他の家で聞かない。
それに中華料理や韓国料理は国道沿いに多いけど
伝統料理って道の奥ばかりじゃないか?

146 :日本@名無史さん:2010/01/14(木) 21:36:47
「ミトコンドリアDNA分析によって、日本列島中間部のヒト集団(ハプログループ
 A4,N9a,N9b,Y,B4,B5,F,D4,D5,G,M7,C,Z,M8a,M9a,M10,M11)と東アジア北部に共
 通する特徴が明らかとなり、北に接するシベリアとは一部関連しながらも、南に
 位置するオセアニア・オーストラリアとは異なるヒト集団によって、日本列島中
 間部のかなり多様な複数のヒト集団が成立してきたことがわかってきた。」
「しかしY染色体分析では、東アジア近隣地域とはある程度共通しながらも、それら
 とは異なる特殊なヒト集団の構成を日本列島中間部に温存してきていることが分か
 ってきた。」

「日本列島に固有で大きなグループを形成しているのがY染色体ハプログループD2である。
 Nonaka et al.(2007)の報告では日本列島中間部における最大グループ(38.9%)を形成し
 ている。」

引用文献

崎谷満 2009 DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史―日本人集団・日本語の成立史
225P 228P

147 :日本@名無史さん:2010/01/14(木) 22:47:43
>>145

>それに中華料理や韓国料理は国道沿いに多いけど

インド料理も多いぞ。
四国だけじゃないのか?

148 :日本@名無史さん:2010/01/14(木) 22:59:18
さぬきうどん屋は僻地にあるな。

149 :日本@名無史さん:2010/01/15(金) 12:47:44
天皇家はユダヤ系。

150 :日本@名無史さん:2010/01/23(土) 15:57:59
 

151 :日本@名無史さん:2010/01/23(土) 16:00:37
倭人と呼ばれるようになったのは、先住民と交わった後だろうな。
で、背が低いのも先住民の影響かと。

だからといって、皇室が先住民の系統とは思えない。
むしろ半島から来たと考えるのが自然。

「日本人であることを誇りに思いたい」という人は
ウソでもいいから自分にとって心地いいことを信じたい
ということか。

それって人間としては恥ずかしいがなw

152 :日本@名無史さん:2010/01/23(土) 16:18:24
「ミトコンドリアDNA分析によって、日本列島中間部のヒト集団(ハプログループ
 A4,N9a,N9b,Y,B4,B5,F,D4,D5,G,M7,C,Z,M8a,M9a,M10,M11)と東アジア北部に共
 通する特徴が明らかとなり、北に接するシベリアとは一部関連しながらも、南に
 位置するオセアニア・オーストラリアとは異なるヒト集団によって、日本列島中
 間部のかなり多様な複数のヒト集団が成立してきたことがわかってきた。」
「しかしY染色体分析では、東アジア近隣地域とはある程度共通しながらも、それら
 とは異なる特殊なヒト集団の構成を日本列島中間部に温存してきていることが分か
 ってきた。」

「日本列島に固有で大きなグループを形成しているのがY染色体ハプログループD2である。
 Nonaka et al.(2007)の報告では日本列島中間部における最大グループ(38.9%)を形成し
 ている。」

引用文献

崎谷満 2009 DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史―日本人集団・日本語の成立史
225P 228P


153 :日本@名無史さん:2010/01/23(土) 17:37:16
弥生人を征服して日本を建国したのはユダヤ人です。

154 :日本@名無史さん:2010/01/23(土) 17:49:13
どうやって征服したのか具体的に書け
縄文人と弥生人を虐殺して征服したのか?

155 :日本@名無史さん:2010/01/25(月) 21:15:42
>朝鮮はO2b、日本はO2b1で別系統

残念でした。
日本にもO2bの人がいるし
韓国にもO2b1の人がいる。

O2b1はO2bから分かれた系統
両者の関係は、それぞれとD2の間よりはよっぽど近い

156 :日本@名無史さん:2010/01/25(月) 21:18:22
天皇家は弥生系でおそらくハプログループO2b1。
扶余人の末裔と考えられる。

157 :日本@名無史さん:2010/01/26(火) 07:59:43
>>155
そりゃ当たり前だろ日本に朝鮮からの渡来人もいるし難民も来てる
朝鮮半島は古代とちょっと前も日本領だぞ。メイン層を見なきゃ
O2bはタイにもベトナムにもいるんだから中国南部にいた同種が散ったというのは
可能性が高いだろう

>>151
まず1から読んで反証しろよそういうスレだろ



158 :日本@名無史さん:2010/01/26(火) 21:19:59
>>157
自己愛人格障害はメンヘル板に行きな

159 :日本@名無史さん:2010/01/26(火) 23:16:15
チョンは祖国に帰ろうね

160 :日本@名無史さん:2010/01/27(水) 21:35:58
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

161 :日本@名無史さん:2010/01/27(水) 22:44:16
D2やC1の男が日本固有か。日本だけしかない。
O2やO3は大陸に腐るほど居るようだ。

文化、というか神や名前から考えると大陸のどの民族とも違うように思えるが
遺伝子で見ると、半分は中華系であると。
秦氏や漢氏だけでは半分にもならんだろうから
もっと前から多くが大陸から来てたことになるよな。

しかし、日本建国時から日本人(自覚は無くても遺伝子が大陸系)と
最近日本に来た大陸系と、遺伝子で見分けることは不可能なのか?
まあ、一族の歴史で見分けるにしても・・・
日本に来てからの固有の変化と言う物はないのかな。

自分はずっと日本に居るはずだが、チョンなどと同じは嫌だ。
シナはまあまだマシか。


162 :日本@名無史さん:2010/01/27(水) 23:05:38
日本の名家の
源氏、平家、藤原氏などなど
アマテラス系の人間を集めて
古代から続いているような一族に絞ってDNA検査すればいいのよな。

一家族だけだと、なにかの手違い・・・で入れ替わってる可能性があるから
一族を集めてDNA検査。
そのなかで「最も割合の高い遺伝子」の系統が、日本国始祖の可能性が高いのでは。
なんでこれ、テレビでやらないんだろうか。

でも、元のようにごく少数の民族が支配した場合は、
逆に「一番少ない割合」の遺伝子が支配者系統になるか・・・・。
中間は違うっぽいな。
支配者は、最大派閥か最小派閥だろう。

163 :文責O2bさん:2010/02/04(木) 02:29:41
<スサノオが新羅を建国した伝説>
・高天原から放逐されたスサノオは新羅に天下り国を興したが、そこになじめず出雲に渡った。
・新羅三王家の出自伝説全てに日本人が係わっている。
・高天原の木の種子(水稲もか?)を携え父スサノオに同行したイタケル(五十猛、イタキソ)はのちに日本全国を巡って種子を蒔いた。

出雲から越後(出雲崎)にかけた日本海側だけに残されている四隅突出型墳丘墓だが、それに遅れること旧新羅の地でも同様のものが発見されている。(もちろん朝鮮学派はこれを無視)
イタケル漂着神話が同様に出雲から越後にかけて多く残っている。(太平洋岸にも、木の国、伊豆、相模など)
コシの国とは長江文明系百越人の一派の国とも考えられるか? 江南の地に今も残る百越人の染色体O2a型は漢族に抵抗した呉越楚の血統?
その血筋O2a型は朝鮮には存在せず(新羅を素通り?)、日本にだけわずかに残っている。
出雲・越の国が呉越楚の末とか? 高天原が長江流域とか?
長江を下って、海路直接日向に天下ったニニギが長江文明人O2b型(いわゆる弥生人)だったりして・・・。


164 :日本@名無史さん:2010/02/04(木) 09:04:49
>>163
文責O2bさんよ
あんた、O2bだけにこだわりすぎだよ。
ほかの系統の男も多いんだから、特定の遺伝子だけにこだわるなよ。
ヤマトの集団がO2bだけだったわけ無いだろうに。


165 :日本@名無史さん:2010/02/06(土) 14:12:17
縄文と天皇という二つのキーワードで思い浮かぶのが「ホツマツタヱ」だね。
「古事記」「日本書紀」の原典という説もあれば、偽書であるという説もある様だけど。

でも、「古事記」「日本書紀」「ホツマツタヱ」の三書対照では
「ホツマツタヱ」が内容に信頼性が高いという指摘は気になる。

166 :日本@名無史さん:2010/02/06(土) 15:05:47
皇室の顔を見れば
縄文より渡来系の特徴が強いだろ…

167 :日本@名無史さん:2010/02/06(土) 16:24:51
それは皇后の顔だな。
明治時代の皇族の顔写真が並んでるサイト見たら
男は濃い系統が多いんだが
ヨメがどれも・・・・だった。

168 :日本@名無史さん:2010/02/06(土) 16:26:09
天皇家はユダヤ系です。

169 :日本@名無史さん:2010/02/06(土) 19:47:49
渡来人だろうけど、
縄文人か弥生人かということなら縄文人ということになる。

170 :日本@名無史さん:2010/02/07(日) 09:04:26
>>151
弥生系にもいろいろあるだろうに、なぜ中国でなく半島なんだろう。

171 :日本@名無史さん:2010/02/07(日) 10:16:35
>>151
>弥生系にもいろいろあるだろうに、なぜ中国でなく半島なんだろう。

彼の願望です。
まず結論ありき、結論から逆算された思考、です。
「結論ありき」という語句は実に非科学的ニュアンスを含んでいて、
トンデモとの親和性が高いものです。

172 :日本@名無史さん:2010/02/07(日) 15:22:47
久々のヒットか?

満州族の鳥居。

8Cに登場した鳥居は時代背景から遣隋使・唐使使たちが唐の華表を持ち込んでアレンジした
ものと考えていたのだが、満州のものは鳥居そのものであり、そうなると、
8Cという時代背景から渤海使が伝えたという線も濃厚になる。

渤海使は727年、聖武天皇に初謁見している。


満洲族の鳥居
http://www.geocities.jp/ramopcommand/_geo_contents_/090718/Manchukuo00C.html

173 :日本@名無史さん:2010/02/14(日) 03:54:44
ユダヤじゃなくてシュメールでしょ

174 :日本@名無史さん:2010/03/07(日) 07:55:56
>>1
素直に考えれば、9天皇家の葛城豪族の話

175 :日本@名無史さん:2010/03/07(日) 09:57:05
鳥居なら韓国にもあるが…

176 :日本@名無史さん:2010/03/07(日) 21:22:31
>>131
少なくとも20年前はそんな風に教わらなかった。
今の認識に近い。

177 :日本@名無史さん:2010/03/07(日) 22:12:13
ホツマツタヱによれば、
天降(あまくだり)とは『天照大神』の居られる『都』から地方へ赴任する事を意味し、
富士山の麓にある酒折の宮から東北地方の日高見か、
九州の筑紫か高千穂へ『降る』事を『天降(あまくだり)』という表現をしたもの
また、『天孫』とは『天照大神』の『御孫(みまご)』である忍穂耳尊の長男である『ホノアカリ尊』と
次男の『ニニキネ尊』の二方を指す

178 :日本@名無史さん:2010/03/13(土) 14:37:50
タイトル

「 搾取されていた国 」
それは日本が まだ清らかな 平和な時代の頃でした
猫がゴロゴロと 日向ぼっこをしている様に 人々も安らかに暮らしていました
ある半島から   ある一族と それに付き従う腰巾着の家来達が
船をギーコギーコ と 日本に流れ着いていきました 
一族の族長の名は ニニギ
彼らは権力争いで 故国である半島の王様から 追放を命じられました
彼らは ヒーヒー 飢えていました 
そうして九州に漂着しました
その地で 平和に暮らしていた 原住民を見つけると
ウワーーーー
住民達を力で脅して   たくさん食べ物を 奪いました 
そして女達も奪い  
言う事を聴かない人を ザクザクと殺していきました 
ニニギは 自分を王様だと名のりました
こうして 日本に 王様がやってきました
半島から伝来した最初の文化 それが王様でした 
それからちょっと時が過ぎました
ニニギの子供達は自分達が支配している九州よりも 
もっと作物がモフモフモフに実る 豊かな地が東方にあるという噂を聴きつけました
そんなに豊かだったら そこも俺達の領地に組み入れてしまおう
そうであるべきだ
ニニギの子供達は  兵をあげ 幾度か侵略を試みましたが 
そのことごとくが 失敗しました 
ある時 イワレビコというニニギの孫が こう想いました  


179 :日本@名無史さん:2010/03/13(土) 14:38:06
「それ程素晴らしい豊かな土地なら  最初に俺がその土地を手に入れるだ
そうすれば俺の子孫は この国で未来永劫続く 王国を作れるのだ
そうだ! そこは俺様の土地にだ! 」
当時 東の国は ニギハヤヒというお方の元に  幾つかの豪族集団が 
ゆるやかーな 猫のモフモフのお腹の様に連合体を形成し
平和に丸まっていました 
でニニギのお孫さんは その豊かな土地を欲していったのです
彼は犬の様に 嗅覚がたいそうに くんくんと 発達していました 
ご存知の様に 吸血鬼は 何もないが故 嗅覚は異常なまでに発達しています
あの土地から良い香りがする  美味しそうな匂いがするぞ
そう想うと居てもたってもたまりません 
イワレビコは 兄と共に軍をあげました
「 聴け――――― 
我々は その地を支配するうううう  その地を治めて 
我らの永久に続く王国を作ろうぞーーー えいえい おーーーう! 」
永久に続く王国を作る それが一族の長であるニニギの悲願でありました
彼は故国を追い出されたが故に  追い出された国よりも豊かで強く長く続く王国を作りたかったのです  
こうしてイワレビコの東征がはじまりました  ザッザッザッザッザ
そして彼は権謀術数を駆使しました 
時には味方のふりをして 宴席に敵を誘いました
「 どうぞ仲良くしましょう ささっ あちらに料理を用意しました
どうぞむしゃむしゃとお食べ下さい 」 
そうして敵が パクパクとご飯を食べてる時に後ろから騙し打ちにして 敵を皆殺しにしました 
そうやってどんどん領地を広げていきました
しかし大和の国のナガスネヒコ達は かつてない位強かったのです
様々な権謀詐術にも引っかからず 尚且つ武力にも勝っていました 
大和の国は ニギハヤヒの元  米の量産に大成功し 富が潤沢に溢れでていました 
自前で鉄をキンキンカンカンと作って 武器にも秀でていました 
半島から追放されてきた 盗賊の子孫ではとても太刀打ちできませんでした 



180 :日本@名無史さん:2010/03/13(土) 14:38:27
イワレビコは ナガスネヒコの前にあっけなく敗れ去りました 
そしてその戦いで兄を失いました 
自分と従者だけが 方法の体で逃げおおせました
どうしよう・・・このまま諦めて国に戻ってしまおうか そう想ったりもしたのですが
でも彼は どうしてもこの豊かな地を見るにつけ ここの王になりたかった
兄も失った 自分だけがどうしておめおめ帰れよう・・・ 
それに一族の悲願でもある 故国を超える王国の実現の為に 
この豊かな地を得ねばならぬ
そう考えていました
「この地を得るのだ この稲がたわわに実った大地
これは全部 俺様の物だ 
国を追われた我ら一族は この富を得れば 追放した奴らを見返せる位の 強力な王国を築けるぞ 」
そんな焦燥感にもかられていたのです
ニニギの血筋にとっては 自分らを追い出した存在を見返す事が 動機の一つ 
その為に 幾ら人が死のうが 知ったこっちゃありませんでした 
自分が序列の最上位である事 それこそ彼らの生甲斐 
追い出された国よりも 豊かで強い国を作れれば  自分らの地位が上に立てます 
そうすれば 嬉しい そう感じていたのです
イワレビコは熊野の方から 小さな村々を蹂躙していきながら
強い強いナガスネヒコと対峙することなく  その地のリーダーとして崇められていた 
ニギハヤヒに無事に会う事ができました 
ニギハヤヒは元来 戦好きではありませんでした
戦の無い 奪い合う事もない世の中を目指していました
その為に コメを増産していたのです 
戦が無くなるなら 地位なんか いつでも投げ出してしまってもよいと考えていました  
それにニギハヤヒは イワレビコのこの地の王になりたい想いを ヒシヒシ感じていました
イワレビコは 私の助けを欲している・・・ 
私にとって 最も大事な事は 神に近づく事



181 :日本@名無史さん:2010/03/13(土) 14:38:44
神とは みんなの想いを叶える存在・・・
みんなの想いを叶えし存在  ニギハヤヒは それこそが神に近づく道だと知っていたのです
たまたま この地の王に成りたがっていた存在は イワレビコ以外に 誰も見当たりませんでした
なのでニギハヤヒは イワレビコのこの地の王に成るという想いを叶えてあげました
自分の娘をめとわせて イワレビコを無事 この地の王にしました
ニギハヤヒは イワレビコに 米も武器も提供しました
そして戦無く平和な世界になる事を望み 
最後に 大和の国から離れた僻地の山で その生涯を終えたのです  
しかし時が経ち ニニギの血筋の末裔達は 大和の国だけで満足する事ができませんでした 
国を手に入れても 目に入る周囲全てが 敵のように見えてしまいます
何故なら彼らは 序列の価値観に支配されていたからです
自分が周囲で一番頂点にならないと 不安だったのです 
元々何も無かった ただ奪っただけだった
それを本当はひしひしと心の奥で感じていました 
自分らの地位を脅かす存在が出てこないいか  いつもビクビクオドオドしていました
怖いからまず  イワレビコが死んだ後 
皇位争いでまず兄弟達がキンキンカンカンと 殺し合いました 
王位を巡る 兄弟間の殺し合いは これから後もずっと続きます
イワレビコの子孫は ニギハヤヒミコトの子孫に命じ 周辺諸国を屈服侵略していきました 
戦火が広がる度 どんどんと自分の領地が増していきます 
でも領地が広がるにつれ 不安感もドキドキハラハラ 増していきます
イワレビコの子孫は 自分達が支配する 昔から居た原住民を怖がっていました
彼らの方が はるかに想いが 強い事に 気づいているからです
想い それ即ち力 
強い想いあれば 全てを制する事ができる そのことを彼らは知っていました 
大和の強力な想いの発信主である ニギハヤヒ
その子孫を部下にもつけて 守りも得ていたのですが
段々 その想いも力も怖くなっていきました
そして 数百年以上 尽くしてくれた 忠実なニギハヤヒの血筋を 
別な部下を使って 滅ぼしてしまいました



182 :日本@名無史さん:2010/03/13(土) 14:39:04
さらに自分に天の皇という名をつけました 
これは自分達がさも天界からの化身であるように見せかける術でした 
あくなき欲望は止まることはありません
北の方で平和に美味しい魚をムシャムシャ食べて暮らしていた 蝦夷の人達は 
かつて侵略された九州の時以上に 蹂躙されました
ニニギの血筋の者は何かをもらう度 より多くを奪っていきます
みんなから多くもらえばもらう程 図に乗るのが彼らの特徴です
俺の方が偉い 俺達は優秀だ だから野蛮人からいくら奪ったって良いんだ
心でそううそぶきました
でもその実 彼らはただ怖かっただけなのです
こうして力によって 日本は 統一されていきました
ニニギにくっつてきた腰巾着の末裔たちは
人々の想いが寄せられている神様の居る地に目をつけました  
人々は熱心に 自然の神に祈り捧げていました 
でもニニギの腰巾着の末裔達は 人々が自然に直接お願いする事を嫌がりました 
神様に直接祈られては 自分らの支配を覆す祈りもいつかされるかもしれない
そう感じたのです
そこで力の在る木を 結界で封じ 自分ら以外に祈らせないようにしました
そして神様とまったく縁もゆかりもない 建物をこしらえて 
そこに人々を誘導して 祈らせました
祈りの対象は いつの間にか 自然からニニギの子孫へと変わっていきました
こうして神社の形式も 自然信仰から 半島で崇められているような形式へと変わっていったのです 
そうしてさらに時はモクモクモクと過ぎていきました 
時代は明治の時代
当時 ニニギの子孫は 九州にいっぱい存在していました 
クーデターを起こし 九州に居たニニギの子孫達は 
日本の政治を実質 支配するようになりました 
その後 故国で在る半島を併合して 統治したのです  
反抗する者を 弾圧しながらも 
彼らは同族のよしみからか 故国に様々な物質を送って豊かな国にしました
でも後で戦争に負けてから 故国は彼らに牙をむいてきました


183 :日本@名無史さん:2010/03/13(土) 14:39:23
負ける事が許せなかったから 
負けると言う事は 彼らにとっては序列が下位な事を意味します
昔 どんなにやさしくされても 序列が下の相手からは容赦なく奪うのが 
彼らの文化思想だからです 
こうして戦後 旧支配層だけでなく 新たに渡った多くの半島の人に 
日本人は奪われていきました 
こうして昔から日本人は 半島の人達に支配されてきてました
半島の血筋の人が 王となり 貴族となり 将軍となり 政治家となっていきました
ニニギが来るまで 日本には大きな御墓を作るなんて文化はありませんでした
大きな御墓は半島から来た文化です
個人の大きな御墓を作る為 大勢の人がいっぱい駆り出され 犠牲にされました
でもそんな事等 知ったこっちゃないのが半島の文化です 
支配も 半島から来た思想
古来の日本人達は アイヌの人や蝦夷の人達の様に みんなが仲睦まじく暮らしていました 
自然を崇めていました
自然を崇める限り 人間同士の序列の争いは起こりません
何故なら自然が一番偉いと知っているから 
でも序列の価値観に支配されてる 吸血鬼の一族は 
自然より 自分達を崇めさせようと  人々を誘導することをこころみました  
自分達の名前に天の皇と名付けて  あたかもサンサンと恵みを与えてくれる太陽と
奪うだけの自分達を一緒の様に同一視させたのです 
これはあからさまな詐称です  
天皇は日本の支配の象徴
人が人の上に立つ事を 認めている
日本に居た吸血鬼の殆どは ニニギの末裔達
近代になって 半島から渡って来た血筋の人も  新たな吸血鬼となり  日本を支配しています 
半島から来た在る人は 日本で一番大きな宗教組織の長になりました 
人々を騙し 奪い 捧げさせることが 彼らにとっては何よりも快感
多くの日本人達が それに巻き込まれてきました


184 :日本@名無史さん:2010/03/13(土) 14:39:39
昔から 米も与え 武器も与えてきたのに
与えた結果より多くを奪われ より重税をとられ  兵士として徴用され 
ぽいぽいぽいと使い捨てされていきました
彼らは より強い立場の者に 犬の様に尻尾 フリフリフリするのも伝統です 
日本の財産を米国様の言いなりになって 供した政治家の殆どは この血筋が入っています
日本は昔から 搾取され続けてきました 
日本だけに限らず  世界で戦争を引き起こすのは すべて吸血鬼達の仕業です
吸血鬼達は 序列の価値観に強く支配されていて
自分が一番上に立ちたいから 戦争をバンバン引き起こします
彼らにとっては 人の上に立つ事が最も重要なのです 
日本の戦争も 序列の観念を持つ一派が入ってきた事から 起こりました  
でもこれから時代は変わります
純粋な日本人の魂が 自然の木さん石さん山さん達の守りや恵みを得て 
ニョキニョキと蘇っていきます
序列の価値観は 共生の思想にザバーンっと飲み込まれていくでしょう
自然は どんどんと力を取り戻していってます
そして人々の想いも 自然に再び集っていく事になるでしょう 
支配者の魂は やがて ぴゅ〜っと消えゆく運命です 
日本が発信源となり 序列の価値観は世界から 一掃されることになるでしょう 
そうしてみんなニギニギニャアニャアと 幸福に暮らすようになるのです 
支配者達は 歴史の英雄から 悪役となります 
人々は 支配されることなく  何でも 自由にやれる幸せな豊かな社会になります 
猫がマグロをマグマグと お腹いっぱい食べて 
ゴロゴロゴロと お昼寝と日向ぼっこしながら 
寝ている幸せな気分の様に
みんなも 豊かに安らかに幸せに暮らすのですよ
以上 空ちゃんと木さんの日本昔話でした 
めでたしめでたし


185 :日本@名無史さん:2010/03/14(日) 17:14:54
とりあえず世界史を勉強しろ

186 :日本@名無史さん:2010/03/14(日) 20:10:00
半島ではこんな妄想を歴史として学ぶのか
怖いな…

187 :日本@名無史さん:2010/03/15(月) 08:58:32
半島が故郷というのはありえないんだよな。
男のY遺伝子を見ても。
中国の記録を見ても、紀元前にすでに日本は倭人一色だが。
半島にいる民族は、7世紀頃でも

大多数の漢人や韓人=中国から来た人間
半島支配者のフヨ族、ワイバクなど=満州など北方から
半島南部に少し倭人=日本を本拠地、都としている人種

と、記録されている。

紀元前からまとまっている日本が、バラバラの半島のどの民族に支配されるというのか。
そもそも、半島に固有の民族の記録など無い。
また、日本固有のカミを祭る宗教のようなものは半島に無い。
半島から来たのなら、半島にカミを祭る宗教があるはずだ。



188 :日本@名無史さん:2010/03/17(水) 22:12:20
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

189 :日本@名無史さん:2010/03/18(木) 03:01:42
自家発電w

190 :日本@名無史さん:2010/03/23(火) 22:35:18
■■■悪の王子『台湾人工作部隊』行って卑怯で卑劣であくらつな工作の手法■■■


@まず日本人の姿をしながら朝鮮煙幕を作って付けて,それを自ら非難して自家発展で入れて正義のわが方を美しく飾る。
(朝鮮人を打つ正義のペクプヤだ! 煮込んで,この時点でバカ落ちる)

Aバカが【みな馬小屋】れ切ったのを適当に計って,何十年もかけて作り出してきた真に高度(孤島)の誘導用のねつ造創作を使って勝手に自分たちの先祖,長江江南人が到来したと狂言行う。
(バカ,【みな馬小屋】れ堅く信じる)

B見つけられ始めれば,足手まといな日本人に対し朝鮮人呼ぶということをという卑劣な狂言を仕事をすることで防衛して,また@に帰って,A,@,A,@…と無限に繰り返す。

Cハイ,直接標的関係など何もない台湾人先祖「江南土人」が日本人の先祖になりました。

191 :日本@名無史さん:2010/03/28(日) 18:33:15
ほー

192 :日本@名無史さん:2010/04/01(木) 05:40:40
>>18
紀元前周王朝の頃は天王な。
天皇ではない

193 :日本@名無史さん:2010/04/01(木) 05:44:53
>>30
仏教のあとに神道?はぁ
時代経緯が滅茶苦茶だな低脳

194 :日本@名無史さん:2010/04/01(木) 23:31:26
神道の定義によっては仏教のあとにきても間違いではないかもしれない
どっちにしろ>>30は無茶苦茶だが

195 :日本@名無史さん:2010/04/02(金) 02:06:53
神社の方が寺より何百年も古いから
当然日本は神道の方が先だろ。

196 :日本@名無史さん:2010/04/13(火) 04:48:41



【ヲシテ文献】漢字渡来前の日本を探る
http://www.youtube.com/watch?v=Dm8zldpBVDU&feature=related

197 :日本@名無史さん:2010/04/14(水) 00:52:06
>>196
偽史偽字かよ。
縄文遺跡からこうぞみつまたが見つかったのかよ。
桜が花の王様なんて江戸期以降だぜ。
ふざけんな。

198 :日本@名無史さん:2010/04/14(水) 17:59:10
江戸期か?平安時代には「花=桜」だろう。奈良時代以前だと梅だな。動画は見てないけど。
そこまで暇じゃないんで。

199 :日本@名無史さん:2010/04/23(金) 07:23:56
「あいうえお」の発音表は空海や最澄が経典を持ち帰って
比叡山とかの坊さん達が試行錯誤の末に日本語化して以来だから・・・

半島人並みの捏造は本当に恥ずかしいことです。


200 :日本@名無史さん:2010/04/23(金) 16:07:09
神国日本の恥5u2YhSgQ 投稿者:大日本愛国政義塾 投稿日:2010/04/23 15:30

            天皇陛下万歳

ライブドア、したらば掲示板、ある趣味@JBBS掲示板、管理人◆5u2YhSgQ★は腹を切って死ぬべきである。
この超ド変態は、女が小便を漏らしたところを妄想し、せんずりする馬鹿である。
こいつは日本国の恥であり、アブノーマルの世界でも認められない屑の人間である。
奴の2ch http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1253603749/
奴のHP http://jbbs.shitaraba.com/sports/2469
奴のメアド oshikkoomorashi@gmail.com
http://jbbs.shitaraba.com/sports/2469/


201 :日本@名無史さん:2010/04/24(土) 20:28:19
確かに
皇后陛下以降、意図的に「国津神系」
の妃を娶っておられるな。

華夷合一、つまり西日本と東日本の融合が、
皇室の願いかもしんない。

202 :日本@名無史さん:2010/05/02(日) 15:38:43
http://www2.ocn.ne.jp/~miyajima/detail-menu2/jade103-world/080jade-world.html
日本でもビルマ産のヒスイが発見されているようだが、こちらから進出したもので、
中国も朝鮮も関係ないわな。


203 :日本@名無史さん:2010/05/02(日) 21:12:42
葛城山なんてなぁんもないところだよ?

91 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)