5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

秦氏について語るスレ

1 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 03:27:21
(`・ω・´)語れ!

2 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 05:22:25
2

3 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 08:20:26
秦氏=ユダヤ人

4 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 11:13:45
私が秦氏の嫡流です。

5 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 12:28:13
秦氏=中国人のフリをした、ただ朝鮮移民

6 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 13:06:30
中央アジアの民だという説はどうなの?
始皇帝のルーツもその辺にあるらしいけど。

あと中国でローマ帝国のことを大秦国と呼ぶこととの関連性は?

7 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 21:21:32
× 秦氏=景教
○ 秦氏=原始基督教

北イスラエル王国→中央アジア→シルクロード

古代イスラエル人だよ!シルクロード通って朝鮮半島から日本に入ってきた。
秦氏、海部氏、物部氏。この三人の氏族が凄いんだお(´・ω・`)

8 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 22:53:59
古代中国の皇帝は殆どがコーカソイド。

9 :日本@名無史さん:2009/04/17(金) 00:37:27
日本から見た秦は、朝鮮亡命後の秦王家で、能登半島漂着後に琵琶湖から南下が
楽な来かた。島津 松尾大社や伏見稲荷の毛利 大西などの名門社家 芥川の「いもがゆ」の藤原氏の実在主人公が女系秦で
伊勢神宮斎館長になり、斎館と藤原から斎藤と名乗り、この子孫に斎藤道三や実在の遠山の金さんペルーの浦賀奉行
さらに戦国大名四国チョウソカベ〜

10 :日本@名無史さん:2009/04/18(土) 04:17:08
楠木氏
楠木正成
湊川神社

11 :日本@名無史さん:2009/04/19(日) 00:04:53
>10
楠は違います。巻き毛の一言神社の神官の系譜

12 :日本@名無史さん:2009/04/23(木) 05:58:13
観世家

13 :日本@名無史さん:2009/04/24(金) 10:23:22
九州年号と秦氏

14 :日本@名無史さん:2009/05/08(金) 23:28:38
秦氏末裔の俺が来ましたよ
秦氏については魏誌東夷伝に記述があるので参考までにググって下さい

15 :日本@名無史さん:2009/05/15(金) 09:23:22
新羅系移住民である秦氏

伊賀の忍者は韓半島移住民の子孫なので故郷をしのんで他郷の東京にツツジを植えたというのだ。
実際に伊賀で忍者の指導者を輩出して来た服部家は
 新羅系移住民である秦氏の家系として知られ
ている。伊賀地域には韓半島移住民が多く、伊賀焼きというこの地域の伝統陶磁器や酒製造術な
ども一緒に伝来されたと言う。

【国内】 伊賀忍者が韓半島をしのんでツツジを植えた新宿コリアタウン〜韓国文化発信地へ★2[04/20]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1240326552/l50

ソース:韓国日報(韓国語) [特派員コラム/4月20日]新宿コリアタウン
http://news.hankooki.com/lpage/opinion/200904/h2009042002373984900.htm

16 :日本@名無史さん:2009/05/25(月) 19:27:14
秦氏の族長が実際に始皇帝の子孫はどうか判らないけど
秦国の役から逃れた秦人が半島南部の秦韓だかに移住したという記録があったよね。


17 :日本@名無史さん:2009/06/01(月) 03:48:47
秦氏はユダヤ系のダン族、レビびとです


18 :日本@名無史さん:2009/06/01(月) 04:19:43
帰化系で最大の勢力を誇ったのが秦氏
それでも朝廷に莫大な寄進をしてやっと従五位
当時の帰化系氏族の地位がわかるな

19 :日本@名無史さん:2009/06/01(月) 04:21:40
>>15
韓半島や百済や新羅に関係あるかも知れませんが、
現代コリア人とはなんの関係もありませんね。
むしろ、
現代コリア人は、日本在住の渡来人末裔に、
渡来人の先祖の土地を明け渡して、どっか世界の果てへ消えてください。
イスラエル式に、ね。
バイバイ!

20 :日本@名無史さん:2009/08/02(日) 18:11:26
秦氏 = 金官かや = 辰王国 = 崇神朝の本家筋
という説を、だれか唱えていてもよさそうな気がするんですが、
知りませんか?

21 :日本@名無史さん:2009/08/03(月) 17:13:42
秦一族のルーツは秦の始皇帝が不老不死の薬を探すために日本に派遣した徐福の一団です。
徐福は始皇帝から処女童貞の若者数千人を借りて日本に上陸。
徐福はハナから不老不死の薬を探す気などなく、連れてきた若者たちと共に日本の地に根をおろす。
徐福は始皇帝からちょろまかした人と財を元手にまんまと日本で豪族にまで成り上がるのであった。
正に人の褌で相撲を取る状態です。
やがて彼らは秦(しん)から来た民族ということで秦(ハタ)一族と呼ばれるようになり、
大陸から持ってきた高い技術力を武器に一大勢力を築いていくのであった。

22 :日本@名無史さん:2009/08/03(月) 22:18:51
漢字の秦と、訓読みのハタとは本来なんの関係もない。
だからまずハタとはなにかが問題なのだ。
秦氏が八幡神社と関係があるという説があるが、それならハタ=幡=旗
ではないのか?

23 :日本@名無史さん:2009/08/03(月) 22:28:57
何言ってるの?

24 :日本@名無史さん:2009/08/14(金) 15:43:18
秦氏→朝鮮半島を経由して渡ってきたユダヤ系漢部族渡来人

なので、DNAが朝鮮人のものと明らかに異なる。

25 :日本@名無史さん:2009/08/14(金) 18:13:42
ちなみに僕も、秦氏の遠い末裔です。

26 :日本@名無史さん:2009/08/15(土) 01:01:13
歌手の秦基博も末裔?

27 :日本@名無史さん:2009/08/15(土) 01:59:52
ハタ ムツゴロウ なんて人類ですらないぞ

28 :日本@名無史さん:2009/08/15(土) 14:07:38
秦氏がユダヤ系のダン族なら、
あと9支族は日本に来てるはず
なんだが。それは誰なんだ?
俺か???

29 :日本@名無史さん:2009/08/15(土) 17:09:12
秦氏が何系だろうが、とにかく日本国への功績は絶大なのは確か。

秀吉も、朝鮮を取ったら秦氏の子孫の宇喜多とかチョウソカベにやろうと
思ってたらしいぞ。
そのほうが今のチョンより正当だし、まともになってたと思うんだがな。

ほとんどの中国朝鮮の漢人は倭人を消そうとしてきたわけで、悪党だろ。
(事実、半島では多く居たはずの倭人が消え、倭人と遺伝構造が同じ
チベット人は断種されている・・・・漢人の倭人への行動はナチス以上の虐殺だ)

秦氏がユダヤとかでなく漢人としても、唯一といっていい倭人と共存できた
ありえないはずの「差別をしない漢人」ということになるので、どちらにしろ非常に貴重だ。


30 :日本@名無史さん:2009/08/23(日) 07:19:35
秦はハタと読む以前はハダと濁る。

31 :日本@名無史さん:2009/08/23(日) 08:28:53
秦氏はユダヤ人です。

32 :日本@名無史さん:2009/08/23(日) 08:50:58
ハタという読み方は当て字です。ヘブライ語です。

33 :日本@名無史さん:2009/08/23(日) 08:55:42
日本のほとんどの神社は秦氏が建立したものです。

34 :日本@名無史さん:2009/08/23(日) 09:00:26
朝鮮半島南部を拠点に列島を侵略して弥生人を奴隷にして日本を建国したのは秦氏です。

35 :日本@名無史さん:2009/08/23(日) 10:34:28
神社の祭りの意味不明なはやし言葉はヘブライ語です。

36 :日本@名無史さん:2009/08/23(日) 10:39:04
秦氏や東漢氏は半島系だが、倭人には分からないので
箔をつけて始皇帝の末裔やなんやと名乗った。

37 :日本@名無史さん:2009/08/23(日) 11:04:31
秦氏はユダヤ人です。シルクロードを通って弓月国を作り、朝鮮半島に秦韓を作り、そこから弥生人を侵略して日本を建国して古墳時代が始まったんですよ

38 :日本@名無史さん:2009/08/23(日) 14:13:04
もし北方騎馬民族が大和を征服したのなら、なぜ北方騎馬民族の誇り高き武器、
彎弓(中国・朝鮮の弓はみなこの形式である)、短弓が広がらず日本古来の和弓、
長弓のままなのかね?
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-1.jpg
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-2.jpg

日本では弥生から現代まで長弓を下3/1(唯一倭人だけ)の所で射るやり方だよ。
騎馬戦法でも短弓の方が便利なのに、無理して長弓を使うどうしてかな?倭人の誇りだから。
『魏志倭人伝』に「木弓は下が短く、上が長い」と記されているのも、この弓のこと。
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-9.gif

それに、誇り高き北方騎馬民族が、征服者なのに名前が倭人系の名になるはずが無いだろ。
先祖や神の名も倭人系なのを消すはずだろ。朱蒙や檀君の神話は一切無いね。!!!!


39 :日本@名無史さん:2009/08/23(日) 14:54:25
秦氏が元はユダヤ人、朝鮮人であろうが、日本に衣(機織、養蚕)を伝え、その一族が地方の民族踊を集成し大成させた「能」は、我が国独自の文化であり、舞台美術、色彩、空間芸術の大元となっています。
秦氏の功績は、大陸の文化をもたらしただけでなく、伝統文化を創造したことも挙げられます。
秦氏は帰化人ですが、この国の文化を見れば、純日本人であると言えます。過去の恩恵を忘れ、”邪”と言い集まるのも日本人的ですが。

40 :日本@名無史さん:2009/08/24(月) 08:44:29
漢和辞典にも「秦」の訓として「はた」が載っているから誤解しやすいが、
「はた」が「秦」の訓になったのは、「ハタ」という音の姓を持っていた
一族が、じぶんの姓の漢字表記として「秦」の字を採用したからなのだ。
それ以前は恐らく「波多」などと書いただろう。

41 :日本@名無史さん:2009/08/28(金) 09:43:34
秦氏は中国人でも朝鮮人でもなく、ユダヤ人です。北方騎馬民族ではなく、西方騎馬民族です。ユダヤの弓と日本の弓は同じ物です。

42 :日本@名無史さん:2009/08/28(金) 13:15:40
>>531 アクセス不良なのでコチラへ
   *下記のアクセス先も潰されました。
*余程都合の悪い情報なんだな?民潭工作隊!必死さが目に浮かぶぜ。

**これは縄文なのか弥生なのか分から無く成ってきたぞ。

桜町遺跡と河姆渡遺跡・・「高床の道は米の道、河姆渡遺跡と桜町遺跡はつながっている」

縄文中期末葉から後期初頭(約4.000年前)の「高床建物」の柱材が100本以上も出てきた。
貫穴(ぬきあな)や桟穴(えつりあい)、ほぞ穴などといつた二つの部材を組み合わせる
加工技術があり、「渡腮(わたりあご)仕口」(木材を凹凸に削って組み合わせる)といった
高度な技法も見られた。渡腮仕口は、法隆寺の金堂(7世紀後半)に使われていたのが最古と
されていた。その加工技術が約4.000年前の桜町で既に存在していることが明らかとなった。
http://siyasin.ninja-x.jp/sisou-2/kodaisi/hokuriku/sakurahukugen/hukugen.html


43 :日本@名無史さん:2009/08/31(月) 17:21:39
日本史に行き詰まってる人は世界史を勉強しなさい。そうすれば目が見えるようになるでしょう。

44 :日本@名無史さん:2009/09/03(木) 16:19:10
日本を建国したのはユダヤ人秦氏です。日本の伝統文化とされてるものは秦氏の文化です。日本に文明をもたらしたのは秦氏です。

45 :日本@名無史さん:2009/09/03(木) 17:13:04
秦氏ってものすごく人数が多かったらしいけど、
普通に官僚として勤務して出世したような人はあまり見えないな。
寄付とかで高位(といっても四位の一人が例外であとは五位)を
もらった人はいるみたいだけど。
その後に改姓してから実務官人になった人はいるようだけどね。


46 :日本@名無史さん:2009/09/04(金) 23:52:19
秦氏が頑張れば秦楽。

47 :日本@名無史さん:2009/09/05(土) 12:41:54
はい、ザブトン1枚ね!!!

48 :日本@名無史さん:2009/09/06(日) 19:27:10
古事記や厩戸皇子の原型を持ち込んだのも秦氏だな

49 :日本@名無史さん:2009/09/07(月) 21:23:03




秦氏→惟宗氏→島津氏




鉄板

50 :超常手段が使われている陰謀の実例:2009/09/13(日) 13:45:48
2008年2〜8月記述(スレ内63、80〜82、86〜89、100番)
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1187056866/l50
その後に社会に起きた出来事
http://otd1.jbbs.livedoor.jp/freetalk/bbs_plain?base=1443&range=1

51 :日本@名無史さん:2009/09/13(日) 13:56:40
えっ…と、
糞スレはここかな…、と
 ∧∧ ∧∧
∩゚Д゚≡゚Д゚)| ̄|
`ヽ   /)ニニニコ
  |_ i〜  |_|
  ∪ ∪


52 :サガミハラハラ:2009/09/13(日) 19:29:33
秦氏はユダヤ人でもなければ秦始皇帝の末裔でもありません。
秦氏の末裔で現在活躍している有名人は雅楽の東儀秀樹さんがおられます。

53 :日本@名無史さん:2009/09/20(日) 11:04:07
イエローキャブの秦みずほもかな?

>>30
羽田って苗字の人も秦氏の末裔?

54 :日本@名無史さん:2009/09/29(火) 11:25:43
●秦氏

50桓武天皇の平城京から長岡京・平安京への遷都に裏から経済的に支援した最大のパトロンが山背国葛野郡で勢力を張っていた
秦氏であったことは間違いない。
この氏族に出自を有するとされる後代の有名氏族としては、薩摩の島津氏 対馬の宗氏、四国の長曽我部氏、伏見稲荷社家、
松尾神社社家、雅楽の東儀、林、岡、薗家らの楽家と称される氏族などである。
一般的には、日本各地の富裕な土豪として各地の殖産事業に貢献したとされている

さて、この秦氏というのが、ものすごい。論者がそれぞれに主張することを合わせれば、半島の文明文化のすべてを運んだと言ってもいいくらいだ。
例えば、畑作とは実は「秦作」であり、秦氏が畑作を広めたという主張がある。また、鍛冶や鋳造技術に優れ、養蚕や機(ハタ)織りに長けていたと言う。
後述するが、仏教や道教の普及者でもあり、日本最多の社数を誇る「神社」稲荷ももとは秦氏の信仰である。

秦氏の渡来は五世紀後半以降、数度にわたりあったとされている。秦氏は新羅系加羅人と思われる。
六世紀半ばに加羅は新羅に吸収されるが、その前から加羅には新羅人が多く住んでいた。秦氏もそういう一族である。
「辛国」のカラとは、秦氏の故地である「加羅」を指している。

◎応神天皇は日本国家の守護神の武神として、宇佐八幡宮を頂点とする全国四万六百余の八幡神社に祭られてきました。


55 :日本@名無史さん:2009/09/29(火) 20:06:02
日本国は秦だな。

56 :日本@名無史さん:2009/10/01(木) 11:39:40
霊視できる人のブログにあったよ↓

秦氏という人たちはよく知らないのですが、
まず、頭に浮かんできたのが松尾大社ですね。
この山の裾野で派手な服を着て烏帽子のようなものをかぶった人たちが
酒を飲んで踊っています。
「ここは極楽じゃ、この世の極楽じゃ」と言って笑いながら踊っているように
見えます。
そして、座興で、白い鏡餅みたいなものを空に投げ上げ、それを、
矢で射って遊んでいるようです。
矢が白い的に当たると、白い粉のようなものが舞ったのが見えたので、これは
餅ではありませんね。紙の張りぼてのようなものでしょうか。

もっと時代をさかのぼっていきますと、朝鮮半島ですね。
その前は中国、でも、もっと西のほうから何代にもわたって渡ってきた
人たちでしょう。
足が痛いです、なにか禁則がかかっていますね。禁則がかかって読めないようになっていますね。
朝鮮半島ではいじめられたようですね。
物部連という組織から秦氏をいじめないように通達があったようですが、
地元民が隠れていじめていたようです。
掌で上唇と鼻の下の間のところを思いっきり突いて叩いたりして挑発するそうです。
痕は残らないそうですが、非常に痛いそうですね。
怒って殴り返すと、こちらは痕が残るので、あとで賠償を求められたり、
集団で暴行されたりしたようですね。
物部連といのは当時の日本の大使館みたいなものなのでしょうかね。
あまりのイジメに耐えかねて、物部連に相談し、物部連と親しかった
鴨氏によって日本まで連れてきてもらった一族のようです。
このとき、鴨氏と交流ができます。


57 :日本@名無史さん:2009/10/01(木) 11:40:38
非常に強く印象に残っているのは、弓削大連の大臣、これは人の名前のようですね。
秦河勝は、鴨氏との関係を利用し、大陸との交易で大きな利益を上げていたようですが、
昔の恩を返すということで、春日神社建立の資金提供を申し出たようです。
ここも、ちょっと禁則がかかってるようですね。足がしびれます。
弓削大連は大いに喜び、石の産地、現在で言うと兵庫県の宝殿でしょうか、
ここで、自ら石舞台の材料となる石の切り出しの指揮をとります。
弓削大連がこちらの採石場で指揮をとっているときに、大和で大乱が起こります。
あわてて弓削大連は引き返し、同行の秦氏に朝鮮半島に在住する物部軍の召集と
鴨氏への輸送の手配を依頼して、都に引き返します。
だめです、足がしびれてこれ以上かけません。

朝鮮人にいじめられてたらしい 朝鮮人ってよそ者とかいじめるよね 大国にはへつらうくせに。
西からきたということはやはりイスラエルの?



58 :日本@名無史さん:2009/10/04(日) 23:28:19
波多野
って泰氏の裔だよね

59 :日本@名無史さん:2009/10/06(火) 04:34:19
>>56>>57
史実に少しでも近づけようと努力して霊視してるのが笑える(笑)


60 :日本@名無史さん:2009/10/06(火) 23:30:58
>>58
足利泰氏?

61 :日本@名無史さん:2009/10/10(土) 04:13:40
秦氏はユダヤ人?


62 :日本@名無史さん:2009/10/10(土) 11:47:25
三韓征伐後(4世紀以降)、百済を含む朝鮮半島人に水稲栽培を教えたのは日本人

朝鮮半島で水稲栽培されたのは三韓征伐(4世紀以後)の後。
日本では水稲栽培は紀元前6世紀頃からされていた。
(そもそも稲は雲南省など亜熱帯モンスーン気候の植物だから寒冷な朝鮮半島には向かない。)
温帯の日本(フェーン現象のある日本の山陰、瀬戸内は亜熱帯と同じ気候、環境を形成する。)
で徐々に数百年かけて寒冷でも育つような品種改良が進み、それが三韓征伐の後、朝鮮半島に
持ち込まれた。

63 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 19:53:02
■ペルシャの石工がやって来た

蘇我氏が飛鳥寺を建立するために、百済から招いた寺工、鑪盤(ろばん)博士、瓦博士、画工らはペルシア系の人々であったと言われています。
また、仏師の司馬達等(しばのたつと)親子はペルシャ人であったらしいのです。 
ちなみに、司馬達等は鞍作止利(くらつくりのとり)のおじいさんです。

天平八年(736年)、遣唐使に従ってきた李密翳(りみつえい)もペルシャ人でした。
天平勝宝六年(754年)、鑑真和上に随行して来日した安如宝もペルシア人であったと伝えられています。
このように古代日本には、ペルシア人は案外多く来訪して、その文化を伝えていたようです。

◎飛鳥寺造営者

・寺工(寺院建築の技術者):太羅未太(だらみだ)、文賈古子(もんけこし)
・鑪盤博士(仏塔の相輪部分の鋳造技術者):将徳白昧淳(はくまいじゅん)
・瓦博士:麻那文奴(まなもんぬ)、陽貴文(ようきぶん)、布陵貴(ふりょうき)、昔麻帝弥(しゃくまたいみ)
・画工:白加(びゃくか)

64 :日本@名無史さん:2009/10/15(木) 20:30:26
元ヤクルトの秦慎二って秦氏の末裔?


65 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 11:12:40
秦氏は権力者に子供を嫁がせて実権を握るという手法を採ります。よって歴史の表に登場しません。しかし日本の影の支配者は秦氏です。権力者の妻の旧姓は歴史書には記録されませんよね。

66 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 11:19:17
ユダヤ人秦氏は秦以外に畑、羽田、波田、畠、幡多、幡、八田、葉多など文字を変えています。島津や長曽我部など全く違う姓に変えている者も多数います。

67 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 02:02:50
畑山、波多野、畠山もそうかな?


68 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 20:16:25
■秦氏 

新羅系渡来人である秦氏は、5世紀後半ごろ嵯峨野地域に定着し、ほとんど未開発だったこの地をすぐれた土木技術を
もって開発したという記録が残っています。葛野の大堰を完成させ、桂川一帯の治水に成功したのはその一例です。
また農耕技術をはじめ、機織(はたおり)、金工、木工など各種の手工業的技術にすぐれた集団を擁して莫大な財力を蓄積しました。
秦氏は恭仁京・長岡京の造営、そして平安遷都にも大きく貢献しました。
このようなことからも分かるとおり、秦氏は山背(やましろ)最大の豪族として大きな影響力を持ちました。

広隆寺の創建者は、秦氏の長であった、この秦河勝(はたのかわかつ)です。推古11(603)年河勝が聖徳太子から
弥勒菩薩半跏思惟像(宝冠弥勒)をもらい受け、この仏像を安置して祭ったのが広隆寺の起こりである、と言われています。
しかし仏像研究家によると、新羅から贈られた可能性も高いということです。

広隆寺と一般的によばれるようになったのは、8世紀後半です。では、それまで、一体なんと呼ばれていたのかというと、
一説には「景教寺」と呼ばれていたらしい。しかし、河勝がネストリウス派キリスト教徒であったという資料はありません。
ただし、秦氏のグループに信者がおり、こうした知識をもっていた人々がいた、ということは十分に考えられます。


69 :日本@名無史さん:2009/11/14(土) 21:07:40
秦氏はユダヤ人キリスト教徒です。

70 :日本@名無史さん:2009/11/24(火) 14:11:54
秦氏は秦韓を拠点に弥生人を侵略して奴隷にして日本を建国し、巨大前方後円墳を全国に作りました。

71 :日本@名無史さん:2009/11/25(水) 16:42:13
五湖十六国時代の前秦の王族か貴族が新羅経由で渡ってきたという説があるな

72 :日本@名無史さん:2009/11/26(木) 00:19:30
韓国人が秦氏を同族と誤認してる件について

秦氏
異国風の風俗、背が高く周囲を清潔にし特別な言語、風習、高度な文化

穢族(現在の韓国人先祖)
尿で洗顔、豚の皮の着物、豚の脂を皮膚に厚く塗り暖を取る
弓に長け戦闘時には目を狙う(毒塗布)
『東夷のなかで最も無規律な者たち』(三国志出典)

冗談きついナリ(´・ω・`)

73 :日本@名無史さん:2009/11/26(木) 11:41:54
秦氏はイスラエルからシルクロードを通って現在のキルギスタンあたりに弓月国(クンユエ)を建国し、そこから移動して半島に秦韓を建国し、そこから列島を侵略して日本を建国しました。

74 :日本@名無史さん:2009/11/26(木) 20:49:37
一体どんな根拠が。。。

75 :日本@名無史さん:2009/12/03(木) 21:49:55
秦氏というのを、
物部氏とか蘇我氏とかと同列に見ては混乱するだけだと思う。
秦氏の氏神と呼ばれる神社は結構あるが、神様は同じじゃないし。
(宇佐八幡と大サケ神社とか)

秦氏というのは、現代の我々が中国人とか東北人とか関西人とか言うような
ものなのではないかな。
あるいは、日系アメリカ人とか、日系ブラジル人というような感じ。
少なくとも、秦氏という言葉からは、
祖先を共通する1つの同族集団という感じはしない。

だから、秦氏という場合には何系の秦氏なのか区別していかない限り、
(それが難しいからこそ、今になっても秦氏ひと括りなんだろうけど)
秦氏は、謎でありつづけると思う。

76 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 18:03:27
源氏は名前に義が多いからユダヤでしょ。
「羊の下に我がいる」

77 :日本@名無史さん:2009/12/16(水) 23:49:13
面白いな

78 :日本@名無史さん:2009/12/17(木) 20:23:47
大避神社は中国読みすればすぐにわかることですが、ダビデ神社です。
八幡神社はヤハタ、すなわちヤハ(ヤーウェ)秦神社です。
神社神道のルーツは北朝イスラエルのユダヤ教と原始キリスト教です。

79 :日本@名無史さん:2009/12/17(木) 20:30:01
日本史しか知らない人は世界史を勉強しなさい。そうすれば目が見えるようになるでしょう。古代の日本は江戸時代と違い開国しており、シルクロードでエルサレムまで繋がっていたのです。

80 :日本@名無史さん:2009/12/18(金) 02:09:32
八幡神は源氏の氏神だね

81 :日本@名無史さん:2009/12/21(月) 16:10:20
八幡神社は秦氏の神社です。

82 :日本@名無史さん:2009/12/22(火) 05:51:23
弓月君の弓月は中央アジア弓月国の弓月と同義だろ
秦の末裔ってのも、みんなの大好きな始皇帝の秦じゃなくて
五胡十六国時代の中央アジア〜チベット系民族の前秦のことだよなjk
時代的に考えても弓月君と仲間たちの来日は四世紀後半〜五世紀前半で紀元前200年頃の始皇帝の五世の孫って
いくらなんでも無理がある
仮に前秦であるとすれば、前秦が滅んだのが394年で6代目の帝が在位した年だから
五代目の孫が来日ってのは時代的に合致

弓´ω`)ノ 私は秦の五世の孫です
                (´<_` )フーン(…秦って始皇帝の?)
それにチベット人と日本人にだけ共通のYAP+遺伝子が存在する謎も解ける
   


83 :日本@名無史さん:2009/12/22(火) 09:39:19
まぁ前秦の遺臣が半島東岸経由で渡ってきたとか多分そんなところだろうと
予想できるけど、証拠が無いんだよな

84 :日本@名無史さん:2009/12/24(木) 14:00:56
クリスマスのシャンメリーの会社みたら秦株式会社だよ。秦氏はやはりキリスト教徒。

85 :日本@名無史さん:2009/12/27(日) 01:25:41
なんでこの氏にはキリスト教徒だとかシルクロードから来たとかユダヤ人だとか
トンデモな俗説が多いわけ?

86 :日本@名無史さん:2009/12/27(日) 14:40:38
トンデモ説ではないよ
歴史をきちんと勉強すれば辿り着くこと
辿り着かない人はどこかで歴史を学び間違えてたりするのかもな

87 :日本@名無史さん:2009/12/27(日) 22:01:52
厩戸王子もやはり秦氏のプロデュースなのかい?
そういえば聖徳大子のある太子町が
葡萄栽培で有名というのも如何にもだな。

88 :日本@名無史さん:2010/01/08(金) 05:40:36
聖徳太子の話は秦氏がイエスキリストの話を日本風にアレンジしたものです。秦氏はシルクロードを通ってやってきたユダヤ人キリスト教徒です。

89 :日本@名無史さん:2010/01/09(土) 01:47:38
イエスキリストの話を遣唐使が持ち帰ったのは養老2年でいいのかな。

90 :日本@名無史さん:2010/01/10(日) 16:03:36
秦氏って未解放部落と関わりがあるって聞いたことがあるんだけどどうなんだろう。
そういう伝承もあるらしいって話なんだけど。

91 :日本@名無史さん:2010/01/14(木) 15:08:25
唐の時代に景教(ネストリウス派)が日本に伝来しました。しかし秦氏はそれ以前に原始キリスト教を日本に持ち込んでいました。
羽田元総理がいるように、秦氏一族は日本の支配者です。

92 :日本@名無史さん:2010/01/26(火) 13:10:32
羽田元総理って日本の支配者だったっけ?

93 :日本@名無史さん:2010/02/06(土) 16:24:28
少なくとも総理大臣にはなりました。

94 :日本@名無史さん:2010/02/10(水) 18:21:19
出雲族は古代イスラエル。
アイヌは出雲族を連れてきたスキタイ人。
秦氏はエルサレム教団。



95 :日本@名無史さん:2010/03/07(日) 01:17:27
島津氏の先祖か

96 :日本@名無史さん:2010/03/07(日) 12:06:45
俺の脳内小説の秦家は王族の系統
なお同系統には藤家、當家、桂家、西家、桜家、園家などがありまつ
なお源家や平家も同系統とされるも源家や平家は家柄が良いので家柄が下の秦家などを見下していまつ

97 :日本@名無史さん:2010/03/11(木) 08:45:03
源氏や平家は表の支配者でしたが秦氏は常に日本史の裏の支配者です。

98 :日本@名無史さん:2010/03/11(木) 17:29:54
支配者どんだけおるねん

99 :日本@名無史さん:2010/03/12(金) 11:30:53
平家=アイヌ 本当の日本の支配者はアイヌ

100 :日本@名無史さん:2010/03/12(金) 11:35:21
サンカらしき人が久し振りに箕を売りにきた。
いよいよ彼らが動き出したようだ。
サンカこそ日本の秘密集団。
真の支配者です。

101 :日本@名無史さん:2010/03/13(土) 04:55:53
影の日本の支配者は物部氏

102 :日本@名無史さん:2010/03/15(月) 23:40:52
飛鳥昭雄?

103 :日本@名無史さん:2010/03/16(火) 01:00:48
表の支配者:源氏や平家
裏の支配者:秦氏
本当の支配者:アイヌ
真の支配者:サンカ
影の支配者:物部氏

104 :日本@名無史さん:2010/03/19(金) 19:27:05
支配者のバーゲンセールです、どうもありがとうございました。

105 :日本@名無史さん:2010/03/24(水) 14:56:28
Illuminatiをエキサイト翻訳で日本語に変換すれば
日本の本当の支配者がわかる。 

106 :日本@名無史さん:2010/03/24(水) 22:49:21
だからユダヤ人の秦氏が日本の支配者です。

107 :日本@名無史さん:2010/03/25(木) 22:12:57
善か悪か、どっちなんだ?

108 :日本@名無史さん:2010/03/28(日) 16:50:43
しらん

109 :日本@名無史さん:2010/04/11(日) 08:01:02
秦氏一族から見れば、弥生人たちは搾取の対象でしかありません。

110 :日本@名無史さん:2010/04/15(木) 22:33:36
秦氏の多くは、平安時代に惟宗氏と姓を変えている。

更に、惟宗氏は島津に変っている。
勿論、傍系も多い。

新しく分かったことだが、
佐川姓も惟宗系の秦氏の末裔ということになる。
探せばまだ出てくるだろう。日本はユダヤ系だらけなのかもしれない。

111 :日本@名無史さん:2010/04/16(金) 00:22:42
秦氏がユダヤ系だとしたら一つ腑に落ちない。

ユダヤの神 YHWHは愛と正義の戦争神だそうだ。
特にダビデの時代な。

何が言いたいのか、
ユダヤ教の流れをくむキリスト教国は戦争するのに
秦氏は大人しすぎるよう見える。

それとも歴史書では分からないが、
ヤハウェ信仰で結構攻撃的な氏族だったのだろうか。

112 :日本@名無史さん:2010/04/29(木) 15:45:24
警察官=秦氏=鬼・悪魔



113 :日本@名無史さん:2010/04/30(金) 18:24:25
ユダヤ人=ダン族=秦氏 忌み嫌われる存在

114 :日本@名無史さん:2010/05/12(水) 07:22:20
秦氏は弥生人を侵略して奴隷にして日本を建国したんですよ。どこが大人しいんですか?戦国大名の島津や長宗我部も秦氏です。奴らは人殺しです。

115 :日本@名無史さん:2010/05/13(木) 01:30:20
>>114
秦氏の先遣隊はもっと早く渡来していて、スサノオ系なのじゃないのかな?
国津神のなかにも、秦氏のような西部シナ系っぽいのがいる。
もちろん、スサノオ系は、アイヌや琉球人よりも後。
アイヌ=おろちっぽいし、みしはせとおろちにも何か共通点がありそう。

北方からのオルドス青銅文化の天孫系と並行して、スサノオ系が来ているみたいで
その後、銅鏡を埋める天孫系の本隊がやってくる。
日本語は、天孫系の言語だと思われ、みしはせ・おろちとも多少共通点を持っているのかも。

116 :日本@名無史さん:2010/05/20(木) 00:22:34
>>114
>愛と正義の戦争神
創った神が神なら

その製造物も製造物かよ
>戦国大名の島津や長宗我部も秦氏です。奴らは人殺しです。

117 :日本@名無史さん:2010/05/20(木) 23:11:22
日本とユダヤの関係話しを全部総合するとこんな感じになる。↓


はるかな昔、神の実験で有機物から人口生命体を作る研究が行われた。
それは猿から進化した人間とは別の人造人間であり、いつしか地上に追放された神とも交わった。


時は流れ、モーセの時代に地球圏を含めた宙域を支配している宇宙最強クラスの戦争神YHWHは言われた。
「我々は[ここに在る]というものである。」

そして、ユダヤ民族をエジプトから脱出させ、追ってきたエジプト軍とエジプトの神をケチらし殺した。
エジプト人が、ユダヤの神が自分たちエジプトの神より遥かに強大な存在であることに気が付き、引き返そうとしたときは遅かった。

無慈悲にもエジプト軍と、その神は波に飲まれ皆殺しにされたのである。
海岸にはエジプト兵の無残な亡骸が横たわっていた。


118 :日本@名無史さん:2010/05/20(木) 23:12:04
その後の歴史においても戦争神YHWHは活躍し、その残虐性と強さは広く知れ渡ることとなる。
部下にユダヤ人を守らせると言って、宇宙を飛ぶ乗り物で天界に帰っちゃったけどね。

時は流れ、ダビデ王時代には反映していた古代イスラエル国は崩壊し、
国を失ったユダヤ人は世界を放浪することとなる。
一部は残り。
一部は改宗ハザール・ユダヤ人とともにヨーロッパへ行きアシュケナジーユダヤと呼ばれるようになる。
一部はアフリカへ。
一部はアジアへ。そして、その中からインド、中国の開成、更に一部がベトナム航路で朝鮮半島を経由し日本へやって来た。

イスラエル崩壊直後に日本へやって来たユダヤ人・秦氏は、YHWH的な性格である。
だが秦氏が古代日本に溶け込めたのは、
性格は良くなく、悪にしか見えないが、人種的差別を全くしなかったからだという。
YHWH的でありながらもユダヤ民族の中では、意外と優しい性格の連中だったわけだ。

政治には興味を持たず、代々高度な技術で商売し金持ちとなり、
平安京(復興エルサレム)を建造。古代日本を闇から操る闇の権力と成ったが、その辺もユダヤ的である。

一方、YHWHは日本に来て八幡神(ユダヤ神)とよばれながらも、清和源氏の軍神となり
やはり世界最強クラスの戦争神であり続けた。


時は流れ、ユダヤ人・秦氏の「その後」を知るものは少ない。
しかし先祖代々秘密の伝承は残るものである。

119 :日本@名無史さん:2010/05/20(木) 23:22:25
ちなみにユダヤ人は誰も嫌わないというが、秦氏は朝鮮民族が嫌いである。
中東的な容姿の秦氏に、朝鮮半島で徹底的な嫌がらせをしたのが朝鮮民族だから。


120 :日本@名無史さん:2010/05/30(日) 18:50:49
河勝は、独立したスレッドがあっていいほどの人物だと思うけどな

121 :日本@名無史さん:2010/05/30(日) 21:56:36
かわいい秦さん置いておきますね
http://perl-and-cgi.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/akb48/src/up5094.jpg

122 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 14:52:43
秦氏は時の権力者に娘を政略結婚させる手法を用いて代々日本を支配してきました。羽田総理のように時々表に出てくることもあります。現代でも秦氏は日本の支配階級です。

123 :日本@名無史さん:2010/06/22(火) 20:15:11
確かに西陣織にせよ、能楽にせよ、秦氏起源の文化とみなされる
ものは、おしなべて現在でも大衆には手の届かない高級文化ばかりだ。
秦氏コネクションのエスタブリッシュメントが現在でも存在する
という事か?


124 :日本@名無史さん:2010/06/27(日) 17:13:25
>>122
秦氏の娘が天皇家に嫁いだりはしてなかったな。
>>123
西陣織を始める職人集団大舎人座が秦氏起源とは限らない。
養蚕・織物の特殊技術をもった秦氏は古代においては活躍したが
西陣織が始まったのは室町時代だ。

125 :日本@名無史さん:2010/06/27(日) 20:02:05
秦氏の一族、阿波忌部の末裔の一つが三木家、三木家は天皇即位の儀式に使うアラタエを代々朝廷に献上してきた。
そういえば、三木もと首相の子分に海部もと首相がいるのも何かの縁か?

126 :日本@名無史さん:2010/06/29(火) 02:04:18
斉国があった山東省は、日本人のルーツかもとか言われてるが、2000年前の人骨を調べると、中央アジア系らしい。
斉国の祖の太公望はチベット系の姜族だしね。
(太公望は岐山の周の重臣だけど、前秦があったのもこの辺、しかも、前秦は太公望と同じ姜族)
で、山東省の2500年前の人骨のDNAを調べると、西洋人に近いらしい。

馬韓人のルーツは山東省ではないかとか聞いたことがあるんだけど。
秦氏は百済から来たって言ってんだよね?新羅とも言われてるけど。

秦氏が斉国にいた可能性はないのかな?

127 :日本@名無史さん:2010/06/29(火) 22:14:10
>>126 これが結構鋭いと思うけど。
>82 :日本@名無史さん:2009/12/22(火) 05:51:23
弓月君の弓月は中央アジア弓月国の弓月と同義だろ
秦の末裔ってのも、みんなの大好きな始皇帝の秦じゃなくて
五胡十六国時代の中央アジア〜チベット系民族の前秦のことだよなjk
時代的に考えても弓月君と仲間たちの来日は四世紀後半〜五世紀前半で紀元前200年頃の始皇帝の五世の孫って
いくらなんでも無理がある
仮に前秦であるとすれば、前秦が滅んだのが394年で6代目の帝が在位した年だから
五代目の孫が来日ってのは時代的に合致

弓´ω`)ノ 私は秦の五世の孫です
                (´<_` )フーン(…秦って始皇帝の?)
それにチベット人と日本人にだけ共通のYAP+遺伝子が存在する謎も解ける


128 :日本@名無史さん:2010/07/04(日) 18:21:53
チベット系は土人民族ではないので
北だと必ず中央アジア系のO3a3c-M134、N1-LLY22g、NO-M214とカクテルになっている。
いっぽう漢人のO3-M122は少ない。
南だとO2a-M95、O2a1-M88が混じる。
チベット系でも中央アジア由来の北方のグループに近いだろうな。

129 :日本@名無史さん:2010/07/04(日) 18:38:38
>>126-127
Y-D2≠縄文人
Y-D2=チベット系の姜族

Y-D2=縄文人だと決着ついてないからなw
日本中、中央アジア発祥が半分という怖い結果になっても知らんぞ。

130 :日本@名無史さん:2010/07/05(月) 10:24:29
>>126
> 山東省の2500年前の人骨のDNAを調べると、西洋人に近いらしい。
Y-hap = J-M304 長身の莱族?
日本には、中東系っぽい莱族があんまり来てないな。
山東から来ているのは、チベット系の姜族のほうだろうな。
どちらも、莱族も姜族も中央アジア系には違わないが。。。

131 :日本@名無史さん:2010/07/05(月) 11:12:09
○ F-M89
× J-M304
スマソ

132 :日本@名無史さん:2010/07/07(水) 07:06:54
門外不出の養蚕と絹織りの技術を日本に持ち込む秦氏って、何者だ?!

ttp://www.silk.or.jp/kaiko/kaiko_yousan.html

>はじめは中国の宮廷内だけで秘密に行われていた養蚕も、紀元前1000年くらい
になると、一般の農家に養蚕をさせるようになりました。でも、できた絹は、
宮廷ですべて取り上げてしまいました。

133 :日本@名無史さん:2010/07/07(水) 07:23:59
>>129
何も怖くないが?
何言ってる?

134 :日本@名無史さん:2010/07/07(水) 07:34:49
自分のルーツはたぶん弓月国経由のハシ人。

135 :日本@名無史さん:2010/07/07(水) 09:30:44
縄文人は絶滅していて本当は弓月国出身者に
1300〜1500年前に乗っ取られていたというのは怖いよ
中学教科書に書いてなかったことがある日がらがらと音をたてて崩れてしまう

136 :日本@名無史さん:2010/07/07(水) 11:40:37
>>135
>中学教科書に書いてなかったことがある日がらがらと音をたてて崩れてしまう

書いてなかったことが 音をたてて崩れる
それは怖いあるな〜

弥生人は背が高くて中村シュンスケ顔て習ったのに
それが嘘だったってことの方が怖いよ
そ・・それじゃあアノ人達はいったい何者なの・・・!?

縄文人は絶滅していないどころか、現在もぬくぬくと日本の最多数派だし?

日本で秦氏が居住したと言われる所に特有の顔がある。
京都、チュート徳井。
鹿児島・島津氏、沢村一樹。
まあ、そんなにたくさん見かける顔ではないよな
心配しなくても、そんなにはびこっちゃいない。

137 :日本@名無史さん:2010/07/07(水) 12:16:50
大体、中央アジア発祥も何も
人類はすべてアフリカ発祥だろ?
日本から見れば中央アジアもシナも朝鮮も、通過点に過ぎんよ
(D2に関しては南アジアを通った説が有力だと読んだ気がするが)

138 :日本@名無史さん:2010/07/07(水) 13:00:32
>>136
Y=N1c → Y=D2という書き換えが起きて
縄文人が生き残っているっぽいらしいのだが

139 :日本@名無史さん:2010/07/07(水) 13:04:08
書き換え?頭大丈夫か?

140 :日本@名無史さん:2010/07/07(水) 13:24:14
セルビア セルビア

141 :日本@名無史さん:2010/07/07(水) 18:13:25
日本語が不自由なやつが混じってないか?

142 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 01:27:41
すごく低レベルな話で申し訳ないが…
母乳感染する白血病があったべ?
あれは、日本人だけが突出して発症していて、
周辺諸国には患者はまずいないそうだ。
日本でも、沖縄や九州に多いらしいが、縄文人が持っていたウイルスだとか。
縄文人は絶滅してないでしょ。
もっとも、縄文人じゃない別の謎の人々が持ち込んだウイルスだったら、
話は変わってくるけど。

143 :日本@名無史さん:2010/07/09(金) 14:39:52
三重県四日市市の朝明郡一帯に秦一族が根強いた
朝明川の治水などを担ったようだ
ハタではなくハダと読むのも特徴

144 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:30:54
何で弥生時代が終わって古墳時代が始まったか分かりますか?
秦氏が日本に攻め込んできて弥生人を奴隷にしたんですよ。
秦氏のルーツはイスラエルです。

145 :日本@名無史さん:2010/07/12(月) 18:17:44
奴隷にせずとも、天然痘と結核菌への耐性で
ある時期は秦氏系貴族の一人勝ちなのじゃよw
奈良時代のある時期に藤原氏は滅亡寸前だったのだ。

146 :日本@名無史さん:2010/07/14(水) 02:32:02
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:Jf2j5CcfwyIJ:ir.kagoshima-u.ac.jp/bitstream/10232/9161/1/J08Otsuka.pdf+%E4%B8%89%E6%9F%B1%E9%B3%A5%E5%B1%85%E3%80%80%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6%E5%A4%A7%E5%AD%A6&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=firefox-a

147 :日本@名無史さん:2010/07/14(水) 17:35:10
黒のバルサン焚かないと孵化しちゃうようになったんだよ
もう赤のバルサンでは効かない

148 :日本@名無史さん:2010/07/15(木) 16:18:38
>>144
日ユ同祖論の人に言いたいけど、
ユダヤ人なんてただの周辺民族で、大国だった事も、文化の中心だった事も無い。
歴史も浅く、周辺から借用してる文化ばかりで実体が無い。
結局、朝鮮人が起源を捏造してるのと、ユダヤ人が失われた支族とか言ってるのは、
基本的に同じ。日本の古い文化に寄生しようとしてるだけ。
まともに取り合う必要無し。
世界中から捏造歴史で嫌われてるのも、朝鮮人とユダヤ人は同じだし。


149 :日本@名無史さん:2010/07/24(土) 13:49:31
>>148
朝鮮人とユダヤ人が関係なさそうであることはゲノム解析で分かっていることだが。
どうやら日本人とアラブ人、ユダヤ人の間には遺伝的に繋がりがあるようですねえ。
世界中に散らばったユダヤ人は、排他的でありながらも現地の文化と言語を学ばなければ、
そこで生活することが出来なかった。だから、ユダヤは相手を異邦人と呼びながらも受け入れる風習が今でもある。
日本に来たユダヤ人も日本文化に溶けこむしか無かったのでしょうな。

歴史捏造といえば、旧ソ連の秘密警察の「ユダヤ陰謀説」が有名だろう。
あれってソ連の諜報機関が作ったものなんだよ。

150 :日本@名無史さん:2010/07/24(土) 13:59:21
インド人は口で稼ぐ
ユダヤ人は頭で稼ぐ
架橋は足で稼ぐ

151 :日本@名無史さん:2010/07/24(土) 14:48:22
今のうるさいユダヤ人は本来のセムハム系ユダヤ人でもなんでもなく、
アルタイ(テュルク)系ハザール人とスラブ人の混血どもが、勝手にユダヤ系を称したものだろう。


152 :日本@名無史さん:2010/07/24(土) 15:45:14
>>151
結論から述べると、
改宗した白人系ハザール人とセム系ヘブライ人の混血で、
混血して白人系ユダヤに成った。
だから、血統的にはイスラエリートであることに違いはない。

153 :日本@名無史さん:2010/07/25(日) 10:31:48
奈良とか高知の一部地域ではユダヤ鼻とかトルコ顔が多い
飛鳥時代に来日した部族なのだろうか?

154 :日本@名無史さん:2010/07/26(月) 00:54:20
神様は自分を信じてくれる人間しか助けない。
そう、自らの神とすることが神様との契約なのです。
でもお願いごとをしてはいけない。神様は助けてくれるだけで、願い事は叶えない。

ユダヤの「ここに在る」YHWH神も同じ。


155 :日本@名無史さん:2010/07/27(火) 12:09:42
国歌「君が代」をヘブライ語で解釈すると、「立ち上がって神を褒め称えよ、シオンの民よ、
選ばれし民よ、人類が救われ、神の予言が成就した、全ての地に」という意味になるん
だそうだ。

これは、イスラエル国歌を初音ミクが歌ってるんだけど。。。
違和感のなさに、鳥肌立つwww

http://www.youtube.com/watch?v=a0-n1kNqf1s&feature=related

156 :日本@名無史さん:2010/07/27(火) 12:56:37
>>148

ユダヤは、歴史も古いし、大国だった時もあるから
キリストを処刑したのもユダヤ人と描かれてるし
キリストを裏切ったとされる弟子の名前は何でしたか?
キリスト教が、ユダヤを敵とみなしたところに迫害の原因がありそうだし。。。

というかユダヤと朝鮮を同じに見るなよwww

157 :日本@名無史さん:2010/07/28(水) 19:53:58
そもそもキリスト処刑の事の発端は、キリストがユダヤ教で禁じている
「神の名をみだりに唱えてはならない」に反したからっぽい。

神の名を何回連呼したのやら。
でも処刑はやりすぎだろう。

158 :日本@名無史さん:2010/07/29(木) 23:26:22
秦氏に関しては、マイナー説が多くて学術的にどうなのだろうか?
今でもユダヤ人の本性を隠して闇の部分に潜んでいるのだろうか?

159 :日本@名無史さん:2010/07/29(木) 23:33:43
学術的には朝鮮半島出身

160 :日本@名無史さん:2010/07/30(金) 00:41:06
しかし朝鮮半島以前は中国にいた。
更にさかのぼると何処にたどり着くのか。

161 :田中寛治:2010/07/30(金) 12:16:25
はた迷惑で秦(はた)氏。

「あほー!おまえらが半島と大陸から持ってくる技術は日本で
実用化されとるわ。」

162 :日本@名無史さん:2010/07/30(金) 13:15:32
まあ、程々に中国も色々利用するかもしれんw

163 :日本@名無史さん:2010/07/31(土) 06:07:55
中国を更にさかのぼるとイスラエル

164 :日本@名無史さん:2010/07/31(土) 08:40:47
秦氏は、ただの半島人ではない。
養蚕や製鉄や土木などの、特殊技能集団であるからして、無学で垢抜けない
ボートピープルでない事だけは確かだ。
しかし、秦氏や漢氏が集団で住み着いた地域(近畿)は、とりわけ下戸遺伝子の出現が
顕著なようだから、恐らく“うわばみ”で“ザル”なユダヤ人の遺伝子を大量に持ち込む事は
なかったのであろう。
恐らく、先祖はユダヤ人でも始皇帝でもないだろう。

165 :日本@名無史さん:2010/07/31(土) 09:12:54
>>164
薄汚い朝鮮人なんかと一緒にされるくらいなら、ユダヤ人と一緒にされた方がずっといいに決まってるだろう。

確かにただの半島人ではない。秦氏は漢族系の渡来人だろう。
つまり、半島人とは違う血統であり、朝鮮半島での漢族系秦氏の扱いが醜かったから日本に移住してきた。
ここまでは学術的にも認められる範囲で事実だから否定できない。


問題はここからで、その秦氏の先祖がイスラエルから中国に移住してきたユダヤ人だから、
日本文化の至る所にヘブライ文化が染み付いていると。
この辺になると、何が何でも下等民族朝鮮人と日本人をくっつけたい在日朝鮮人学者が騒ぎ始める。

166 :日本@名無史さん:2010/07/31(土) 09:26:37
近畿地方は秦氏以外の渡来人も多い地域だから、下戸遺伝子は判断の役に立たない。
渡来人なら、どの系統でも持ち込む可能性が有るので。

モンゴロイド特有の遺伝子だと言いたいのだろうけど、中国でモンゴロイドと混血した可能性が有るので。

一番問題なのは秦氏が日本に持ち込んだユダヤ系特有のYAP遺伝子。
これはモンゴロイドとの混血以前からのものである可能性が否定できない。
今までの学説はゲノム解析が出来るようになる以前のものだから。
つまり、この辺の辻褄が合ってないからマイナー説ながら語り続けられる。

167 :日本@名無史さん:2010/07/31(土) 09:28:15
>>164
なぜユダヤ人特有のYAP因子が大量に日本へ持ち込まれてるのだ?

168 :日本@名無史さん:2010/07/31(土) 11:21:47
>>165
>薄汚い朝鮮人なんかと一緒にされるくらいなら、

してないけど。
余談だけど、現代韓国人は日本人の平均よりもはるかに酒豪遺伝子を持ってるよ。
半島北部に「漢四郡」が置かれたぐらいだから、漢人も多かったはずだし、その他にも、
色々な民族が半島にはいただろうな。(亡命民族の吹き溜まり)
ユダヤがいたかどうかは知らないが。

>>166
>>167
それって、縄文人の遺伝子じゃないの?

169 :168:2010/07/31(土) 11:47:07
秦氏は、案外半島倭人の子孫かも知れないぞ。
警戒もされずに権力に取り入ったり、天皇家に近付いたりしているからね。
これなら下戸でも、YAPがナントカでも、問題は無いが。

170 :日本@名無史さん:2010/07/31(土) 11:54:32
なぜ縄文人に中東系の遺伝子が混じってる?

171 :日本@名無史さん:2010/07/31(土) 13:11:17
>>168
亡命民族ってユダヤのことかーー!

172 :日本@名無史さん:2010/07/31(土) 14:16:58
朝鮮系はYAP-
縄文系はYAP+
ユダヤ系もYAP+
日本以外の東アジア・東南アジアはチベットを除きYAP因子が無い。

ユダヤが来ていようが来てなかろうが
様々な系統の渡来人が渡ってきたのだから、日本人が単一民族と言うのは科学的に大嘘。
歴史は学者のウソで塗り固められているのかね?

173 :日本@名無史さん:2010/07/31(土) 14:41:17
秦氏の名前が、ハタン(古代半島の地名)であろうとか、パタ(古代半島の海とか波とかいう言葉?)
であろうとか、それらは語呂合わせの推測にしか過ぎない。
語呂合わせでよいなら、秦氏は養蚕と機織の技術指導員なのだから、「機織」のハタでも良かろうが、
と思うわけ。

現に韓国人は、「奈良は“邦”の意味。」として宣伝しているよ。
wikipedia(英語)の「奈良」のページを見てご覧。
しっかり、朝鮮語の「ナラ」が由来にされてるよwww



174 :日本@名無史さん:2010/07/31(土) 15:44:37
確実に分かっているのは、
・東アジアでは日本人の遺伝子に特殊性があるということ
・日本人の一部に中近東由来の遺伝子があり、その遺伝子は朝鮮人と中国人には存在しないと言うこと。
・ゲノム解析によれば、アジアで日本人に近い血統はチベットのみ。
・ゲノム解析で日本人と朝鮮人は血統的に近くないことが分かっている。

歴史は学者のこう合って欲しいと言う妄想で出来ていることが浮き彫りになった。

175 :日本@名無史さん:2010/08/02(月) 00:56:32
日本人の一部に、東アジアで唯一中東系の遺伝子が紛れ込んでいる。
D系染色体で有る。

近代のゲノム解析などの遺伝子技術により、
朝鮮人と日本人が血縁的に遠いことが証明されている。
歴史学者の嘘つき!

逆に最も近いのがチベット。

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)