5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

♪邪馬台国 ドンと来い♪ 41

1 :日本@名無史さん:2009/04/02(木) 23:49:25
          ;ヾ ;ヾ ;";ヾ;"  ;ヾ ;ヾ ;
        ;ヾ ;ヾ ;ヾ";ヾ;ヾ ';ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ
       ;ヾ.;ヾ ';ヾ ;ヾ ;ヾ;ヾ ';ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ"゙
    ""ヾ゙;ヾ〃;ヾ ;ヾ゙;ヾ ;ヾ ;ヾ"〃ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ;ヾ
  "';ヾ;ヾ ;ヾ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;//;ヾ;ヾ〃゙;ヾ ;ヾ;ヾ"
   """;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ" ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ;ヾ"
  ""ヾ;ヾ ;ヾ ;ヾ ゙;ヾ〃ミヾ ;ヾ゙;ヾ ;ヾ 〃;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ;ヾ
     ;ヾ ;ヾ 〃;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ"
     "" ;ヾ ;ヾ゙ヾ ;ヾ ;ヾ;ヾ"゙ "iヾ;ヾ;ヾ" ゙ヾ;ヾ;ヾ"
        ""   'ヾ;ヾ" || l | ゙|/;ヾ"     "
             "   |l i  l゙l|
,,,,   ",,,," ,,, " ∧ ∧ ,,, |l | ゙ || '' ,, "  " ,, < ドンと来い,ゴルァ!!
         ( ゚Д゚)∬ ノノ 从ヾ ヽ、   ,,, ''
 '' ` ` / @(_)旦.   /
     /         /    ''''     ""

九州も畿内も四国も朝鮮もエジプトもコテハンもドンと来い!
  出来るだけソースを出して後はお好きに!
*良識ある言動をしましょう。 煽り、粘着禁止。荒しはスルー

■前スレ  ♪邪馬台国 ドンと来い♪ 40
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1237602647/l50

305 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 01:09:07
ヤノマミ=邪馬弥国

306 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 07:04:30
>>295
遺物の一覧表をみる限り、近畿から矛は出土していないな。

307 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 08:23:01
へそだし制服って、セーラー服のことですか?
高校のころセーラー服の女子が背伸びをしたりするとへそがみえたことがありましたね。

308 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 20:29:20
【卑弥呼】倭迹迹日百襲媛命【邪馬台国女王】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1239621756/

309 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 21:05:37
卑弥呼って邪馬台国の女王なのか?
倭の女王と思っていた・・・

310 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 21:49:31
邪馬台国が畿内であったとする傍証が見つかりました。江戸の切絵図です。
江戸時代ですら北を上にするという決まりごとがなかったため、絵図に描か
れた地図の方向はまちまちでした。しかし、江戸全図ではほとんどが西が上
に描かれていました。

もう、おわかりでしょう?帯方郡の使者が持ち帰って地図も西が上、南は
左に描かれていたため、報告を受けた倭人伝の編集者が方向を取り違え
たのです。

これで、ほぼ全ての謎が解けたことになります。

311 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 23:10:43
木簡に日本地図が書かれていたのか?

312 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 23:29:16
■特別展  弥生建築 ─卑弥呼のすまい─ 

・大阪府立弥生文化博物館
・平成21年4月25日(土)〜6月7日(日)
・休館日 毎週月曜日(ただし5月4日[月祝]は開館し、7日[木]休館)
・入館料 一般600円/65歳以上・高大生400円


 これまで、弥生時代の建物は、その全容がわかる状態でみつかった例はありません。そのため、弥生時代の建物を知るには、遺跡の調査でみつかる掘立柱建物や竪穴住居など建物の跡をもとに、建物の構造や柱の並び方、大きさなどを考えます。
そして、その上にあったはずの建物については、鏡や大刀の飾り、土器や土製品に表現された建物を参考にして考えてきました。

 ところが近年、鳥取県青谷上寺地[あおやかみじち]遺跡(鳥取市)で弥生時代の建築部材がまとまってみつかり、建物の姿をより具体的に考えることができるようになりました。
ここでは、溝のなかから柱や壁、床などの板材、角材のほか、屋根材がまとまってみつかり、建物を復元することが可能になったのです。
こうして青谷上寺地遺跡で出土した建築材をもとに、掘立柱建物や竪穴住居の跡がまとまってみつかった鳥取県妻木晩田[むきばんだ]遺跡(西伯郡大山町)では建物が復元されています。

 また、みつかった柱や桁、床板などには、材をつなぐために加工した孔やくり込みや、材の表面を平らに削ったあとが見られます。
弥生時代の工具は石斧や石鑿など石製のものが主ですが、青谷上寺地遺跡では鉄斧、鉄鑿など鉄製の工具が数多くみつかっており、建築部材の加工には、こうした鉄製のさまざまな工具も使用されたと考えられます。

 竪穴住居を建てるには、まず、穴を掘ることで床と壁ができあがるため、あとは柱を立て、桁と梁を組み、屋根をかけることでできあがります。一方、掘立柱建物は、柱を立てて床を貼り、あるいは壁を立ち上げ、屋根をかけることでできあがります。
床を貼るためには、柱に穴をあけ、材を組み、床材が必要となり、壁を立ち上げるためには柱に穴をあけ、くり込みを入れ、壁材が必要となります。
つまり、掘立柱建物を建てるには、材に細かな加工を施すことができるさまざまな工具が必要であり、鉄製の工具はこうした加工に威力を発揮したと考えられます。(以下略)
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/tokubetsu/h21_haru.html

313 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 23:41:10
江戸時代の地図を弥生時代の陳寿が見たと信じなければ、畿内説にならないのか。

314 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/13(月) 23:52:24
方向なんて取り違えるわけがない。曹操は赤壁の戦いでコテンパに負けた。
某方向の風が吹きっこないと考えていたという。レッド・クリフは某方向の風が
吹くことはないという気象的経験とかが、彼とその取り巻きにあったのだろう。
呉側のほうでも吹かないと信じていて諦めムードだったろうが、蜀の諸葛孔明が
神様ごとで北斗の足取り等儀式を行えば吹きますよということで、そのとおりに
したらその某方向からの神風が吹いて曹操の船団は火攻めで一網打尽になった。
この戦いが239年の31年前の208年だ。この苦い経験を知る魏の連中が2度目も
31年前のことで方向で間違えるほどの間抜けではないぞ。ww

だから魏の連中は方位にはうるさく敏感のはずであり、しかも数歩譲って、
女王国が東だと想って陸行一月とかを北九州から1ヶ月も南?の畿内で旅をして
れば、毎日太陽が東から昇るのを見てるわけで、かつ北斗も毎晩とは云わないが
かなりの夜の日数見ていることは当然である。確かに曇天雨天もあろうが、
少なく見積もっても1ヶ月もあればそのうち10日ばかりは晴れるとかあるいは
晴れ間があるわけだから、こういう1ヶ月とか歩いて旅をしてれば、日、月、
星辰の運行からうすうすこれは自分らは東行してると感づくに決まっている。

そしてついには東だと目がさめる。なると帰って来て最初から東行したと
待ってる皇帝重臣他にそう進言するのが当然だ。だから伝に最初がら南ではなく
東になっているに決まってるぜ。という事は畿内節は成り立たないのだよ。

315 :日本@名無史さん:2009/04/13(月) 23:53:02
大阪府立近つ飛鳥博物館 開館15周年記念

 ■春季特別展 「卑弥呼死す、大いに冢をつくる─前方後円墳の成立─」

・大阪府立近つ飛鳥博物館 (大阪府南河内郡河南町東山299)
・4月25日(土)〜 6月28日(日)
・休館日 毎週月曜日(ただし、5月3日の月曜日は開館します)
・入館料 一般600円[480円]、 65歳以上・高校・大学生400円中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方(介助者を含む)は無料


 大阪府立近つ飛鳥博物館は、平成6年に「日本古代国家の形成過程と国際交流をさぐる」をメインテ−マにかかげ、おもに古墳と古墳時代の専門博物館として誕生し、今年で開館15周年をむかえました。

  日本列島では、3世紀中頃から6世紀まで、およそ350年間で数十万基ともいわれる古墳がつくられました。そのはじまりと考えられる3世紀中頃は日本列島において弥生時代から古墳時代へと時代が移り行く変革期にあたります。
巨大な墓を築くことでそれぞれの存在を示し、その巨大な墓が媒体となり各地の権力者が結びつく。ひとつの墓が様々な意味を表す時代が到来したのです。

  このたびの特別展では、各地につくられた3世紀の墳墓の副葬品と埋葬施設から弥生時代の終わり頃にみられる各地の首長墓の特色を描き出し、巨大な前方後円墳の成立を考えてみたいと思います。


・内行花文鏡(福岡県平原方形周溝墓)[国宝]
・ガラス釧(島根県西谷2号墓)
・銅釧(京都府芝ケ原古墳)[重要文化財]
・二重口縁壺形埴輪(奈良県箸墓古墳)
・画文帯神獣鏡(奈良県黒塚古墳)
ほか
http://www.mediajoy.com/chikatsu/2009_spring/index.html

316 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/13(月) 23:54:58
>>314 訂正

× 女王国が東だと想って
○ 女王国が南?だと想って

317 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 00:36:25
>>315
●近つ飛鳥博物館特別展 「卑弥呼死す、大いに冢をつくる−前方後円墳の成立−」 関連事業
    講演会・発掘調査報告会

今季特別展の半券または年間パスポ−トが必要です。
※12時より1階ロビ−で入場整理券を配布します。

○講演会
5月17日(日) 鈴木靖民氏(國學院大學教授) 「3・4世紀の倭国と東アジア」
5月31日(日) 白石太一郎(大阪府立近つ飛鳥博物館長) 「卑弥呼の死と前方後円墳の誕生」
6月14日(日) 岡村秀典氏(京都大学人文科学研究所教授) 「中国における3世紀の鏡と墳墓」
6月21日(日) 水野正好氏((財)大阪府文化財センタ−理事長) 「倭国がつくりだした大王墓の形象 −前方後円墳−」
時間: 午後2時〜3時30分
会場: 地階ホール
定員: 200名

○発掘調査報告会
6月6日(土) 『3世紀の墳墓の最新情報』
時間: 午後1時30分〜午後4時
会場: 地階ホール
定員: 200名
http://www.mediajoy.com/chikatsu/2009_spring/index.html

大阪府立近つ飛鳥博物館
http://www.mediajoy.com/chikatsu/index_j.html



318 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 01:25:59
距離よりも方向の方がずっと大事。
古代に旅する人が方向で間違えるのは致命的だろう。

たとえば、山に入り、道に迷ったとする。神様が降りてきて、目的地までの
距離か方向かどちらか一つだけ教えてやる、と言ったら、誰でも迷わず
方向を教えてもらうはず。

極論すれば、距離なんてどうでも良い。方向さえ間違わなければいつか
目的地に到着する。

319 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 01:37:25
>>318は、日本の真東がアメリカ合衆国だと思ってるんだろうなあ。


320 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 02:38:35
>>319は、アメリカ合衆国が南にあると思っているのだろうなあ。

321 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 04:15:03
>>304
多分「戟(げき)」で良いんじゃないかな?
参考)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%9F

322 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 04:34:02
松本清張の邪馬台国を題材にした短編「陸行水行」の最後の一説。

>詩人の彼らは、昼は太陽の運行を眺め、夜は北極星をみつめて
>決して「南を東に取間違える」ようなことはなかったであろう。

・・・この文中の”彼ら”とは魏使ではなくてそのコースを実際歩いて検証しようとして
最後ドザエモンになってしまう市井の九州説のマニアだがw

松本清張は距離や戸数については誇張その他で信用するに足らない数字と
バッサリ切り捨てているんだが「方角」だけには信を置いているw

まあその姿勢は今日の九州説にも見られるんだが…

お前らアホかとw
魏使が案内も無しに事前に伝えられた方向や距離の情報だけで自力で
邪馬台国目指したとでも思っているのか?www

九州王朝説をとらない限り隋書は平気で魏志の邪馬臺と大和=邪靡堆を一緒にしている。

九州説の立場なら誤認ということになるだろうが
古代の中国人にとって日本の地理情報なんてその程度だったと言う事で
方角だけは間違いないという九州説の論拠も吹っ飛ぶと言う話やねwwwwww



323 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 04:53:19
「戈」について言っておくと

確かに出土した物を見ると刃巾が広く一見して「大鎌?」と思わせるような形のものが多いのは承知しているが
だからと言ってそれらが非実用的で近接戦において剣や刀が主であったとは思えない。

そもそも弥生時代の鉄剣なんて全長が60センチを超えることはまずなくて
多くは20〜30センチ程度の物。

剣と言うよりは殆ど「ナイフ」だw
おまけに軟鉄だったろうから刃こぼれどころか折れたり曲がったりで
こんなもんに命預けるのなら棍棒の方がはるかにマシだw

まあこの板の九州説の頭の中じゃあ
「ぼく の かんがえた むてき の きゅうしゅうぐんだん」が
「百人斬ってもダイジョーブな」鉄製の大刀をブンブン振り回しているんだろうがwww

九州説の連中が銅鐸が倭人伝に出ていないのはおかしいと言うのなら
やはり近接武器で主力であった戈が出ていないのはやはりそれ以上にあやしいw

実際の見聞に基づく物ではなく 「タン耳・朱崖」 の風俗を参考にして書かれた可能性を疑うべきw

324 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 07:31:07
>>322
>隋書は平気で魏志の邪馬臺と大和=邪靡堆を一緒にしている。
隋使が会ったのは男王だ。大和にいた推古ではないよ。
隋使は大和へ行ったわけではない。


325 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 08:15:31
>>324

>九州王朝説をとらない限り

って書いてあるだろ?

つまり九州王朝説でないかぎり合理的な説明はできない。

326 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 08:44:20
水行十日でどれほどの距離を移動できるものなのか
「土佐日記」くらいは読まなくてはならないでしょうね
それよりさらに八百年ほどさかのぼる時代にはどうだったか、と

327 : ◆.L.MXSPOgc :2009/04/14(火) 08:46:07
>>321
なるほど。
戟も戈も刀も、面倒?だからまとめて矛と書いたってことで良いのかな?w

>>322
>>魏使が案内も無しに事前に伝えられた方向や距離の情報だけで自力で
>>邪馬台国目指したとでも思っているのか?www
そんな解釈をするお前がアホだ。

>>九州王朝説をとらない限り隋書は平気で魏志の邪馬臺と大和=邪靡堆を一緒にしている。
理論展開の破綻が認められる。(日本語も多少変だが。)


328 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 08:53:12
>>322
何のことはない。倭人伝など多くの書物を無視し、都合よく解釈できるものを
都合よく解釈したに過ぎない。

329 : ◆.L.MXSPOgc :2009/04/14(火) 09:04:18
>>314
赤壁
慣れない南方の遠征で疫病が流行り脱落者が多数出たために退却することにしたが、
そのとき不要になった船を焼き払ったところ、敵の手柄となってしまった。
と誰かが言っていましたw

あまり方向云々に良い例えとは思えませぬ。

それより、10日とか20日とか1月とか、本当に行程なのか?というところを
議論すべきではないかと、私は思うのですが・・
(私説ではこれらを邪馬台国への行程から外しています、つまり行程記事ではないという立場です)

他の皆さんは、この部分に疑問を持たないのでしょうか?


330 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 09:06:09
(1)九州王朝説をとらず隋使の訪れた邪靡堆=大和とする
  
(2)ならば方角が全く違うのに何故倭人伝の邪馬臺と同じにしたのか?
  
(3)可能性その1
  隋使は自分達の進んできた方向が分かっていなかった。
  隋代ですらそれぐらいいい加減なのに魏代に「間違う事は無い」と断定できるのか?

(4)可能性その2
  隋使は方向の違いを認識していたがあえてそれを正すことなく史記に記した。
  結局古代の中国史書において日本の地理情報に求められる正確さなんてその程度の物
  倭人伝の地理・行程記事に関する事に絶対の信を置くのは無理。

魏志を他の中国史書との比較検証する中で言うとこうならざるをえない。



331 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 09:16:35
>>328
後世の方が地理情報も正確であろうというのは常識の範疇。

九州説の方が他の史書の都合の悪い部分を無視したご都合主義。

もしお前が九州王朝説で無いのなら
なぜ隋書かかる不合理的な記述があるのか?
きちんと説明してみろ。

332 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 09:29:22
>>331
倭人伝をよく読んでみるとよい。あれは実際にやってきた人でなければ
書けない文章。
つまり、郡使は、海を渡って邪馬台国時代の倭国にやってきている。

隋書が編纂されたのは、それよりも400年も後のことになる。
邪馬台国や卑弥呼のことを知っていたかどうか疑わしい。

邪馬台国の場所についてどちらが信用できるか明らかだろう。

333 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 09:38:36
九州説が流布したのは、隋書より1000年以上後だけど、
どっちが信用できるのかね?



334 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 09:48:25
>>332
>あれは実際にやってきた人でなければ
>書けない文章。

どの部分なのか具体的に言え。

そもそも他の史書との比較以前に
およそ考えられない戸数とか
考古学的には一例も確認できていない殉葬とか
その内容に疑問を持つに十分な材料はある。

なのに行程記事の方角は間違っていないと言うのはよほどの根拠を出さない限り
単なる我田引水の為の思い込みとしか言わざるをえない。



335 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 09:56:25
>>332

ちなみに「郡使」と「魏使」の区別はできているか?

336 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 10:17:29
>>327 ◆.L.MXSPOgc
>戟も戈も刀も、面倒?
>だからまとめて矛と書いたってことで良いのかな?w

さて「短兵」も「長兵」もゴッチャにしたというのはユニークな意見だが
他の中国の史書にそのような例がないかぎり考えにくいな。

337 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 10:28:59
>>325
>九州王朝説でないかぎり合理的な説明はできない。
どこが説明できないのかな?

338 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 10:59:31
>>329
あんたはあんたの自説に合うのが良い例なのか? よくない具体的説明がないね。

この前、MXTV9ch で三国志をやっていたが、諸葛亮の家へ劉備、関羽、張飛
らが軍師抜擢のため3回目に行ったところ、孔明先生が昼寝中なので起きるまで
日時計を見ながら起きるのを待っていた。日時計がるくらいの大陸で90度の方位
が間違えるのはよっぽど低劣な野郎らだということだ。曹操は赤壁で風の方位で
負けたんだから、30年後の苦渋を飲んだ事で間違えるような愚かな連中では
ない。だいたい1ヶ月とか南行?していて、北斗と東からの日の出の太陽の方向
は具体的に見聞でき、もしそれが東行してたなら、うすうす俺達は南でなく東に
進んでいることを気がつくに決まっている。ww 妄想のため信用度を故意に
抽象語で落とすマネはやめたまえ。

このことから卑弥呼の国が畿内にあったなどとは到底容認できない。

陸行一月は九州説でもおかしくはない。神武も畿内へ行く途中、某所で数年滞在
してたようだし、大陸からの遣使が九州地域の途中滞在だとか停泊だとか病人
を抱えての一時停止だとか、道間違えとか山賊やきつい風雨で休憩をとって
いたとかを考えるべきで、九州説は肯定するのに不審はない。

339 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 11:02:22
訂正

× 日時計がるくらいの大陸で
○ 日時計があるくらいの大陸で

340 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 11:05:54
>>338
「三国志演義」をベースにした映画や漫画を鵜呑みにして語るのは
恥ずかしいから止めておけw

341 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 11:35:37
>>340
それは誇張はあるだろう。だが方位で負けたんじゃなけりゃぁ、そんなことは
大々的に知れてるよ。この前の世界不思議発見でも、少ないが1年に3回くらい
はその風が吹くという。それに大陸の連中は八門遁甲とかで方位に厳しく
こだわるのは、あのころでも変わりはなかろう。伝説話に格下げして妄想の防衛
にいそしむことはないよ。南?行していて毎日東から太陽が昇って来るん
だからうすうすこれは東行してるんだとオマエでも現実にやれば気がつく
だろうが? それともなにか〜? 1ヶ月も九州から畿内へ歩いていて、
オマエは気がつかないのか〜?ww Pu! ハッハッハッ!!wwwww

気がつかないならそのむね書きこめ。なお笑ってやるぞ。wwwww


342 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 11:37:44
>>338
>曹操は赤壁で風の方位で負けたんだから

なにを言ってるんだこいつは?
リアル知障?

仮にあのストーリーを史実だとしても
魏軍がミスを犯したのはある季節極僅かな間風向きが変わると言う
気象情報を把握していなかったと言う事で
方角を間違えたからではない。

343 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 11:39:41
>>342
そいつはこの板の名物キチ○イコテだから相手にすんなw

344 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 12:08:50
ああ、そうなんだ。某HPの掲示板でも活躍してるしなぁ・・・

345 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 12:13:20
>>344
活躍してるというかあれは荒らしてるだけだろwwww

346 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 12:15:14
何処に出しても恥ずかしいコテハン太国さんであった…w

347 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 13:34:44
>ww Pu! ハッハッハッ!!wwwww

みっともねえな ガキじゃあるまいしよ

348 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 15:33:45
>>340
言い逃れは無用だよ。吉永も邪馬台国関係の映画で卑弥呼をやってるだろう。
岩下志麻も同様だ。邪馬台国も映画になってるんだよ。
三国志演義では誇張はあろうが、その全部ではないね。うっちゃろうと
必死に映画だと片付けていいものかねぇ? あんたの自説がおの点検をしたほう
が利口なお脳の持ち主だと考えるがねぇ〜?ww

それに大陸は河図洛書での方位が厳格に決まっているのだ。だから方位が90度も
間違えるほど陳寿に誤算はないね。

>>342>>343
オマエらも九州から畿内まで歩いて旅行して東の日の出を毎回拝んで、1ヶ月も
日の出方向を南だと畿内到着まで気がつかないほどの間抜けなのか? そうでは
ないだろうがねぇ?ww 百歩譲ってもうこれは南ではない〜東だと
感づくはずだと思うぜ。ww 〜つまり畿内節は妄説なんだよ。

349 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 15:35:40
訂正

× 自説がおの点検
○ 自説の点検

350 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 15:35:59
クスクスクス

351 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 15:39:49
>>348
比定できる遺跡が見つかってから言おうねボクちゃん♪

352 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 15:44:46
いいかいエジプトのクレオパトラの墓だって卑弥呼同様見つかっては
いない。吉村先生にでもそれをオマエは言うのか〜?
そんなことしか云えぬということは、余の説明をオマエのお脳は
くつがえせないことを意味してるとみなす。

353 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 15:46:22
卑弥呼の遺跡は畿内でも見つかってはいないぜ。

354 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 15:54:49
>>352
ふふふ。比定できる物がある畿内とそれが無い九州
クレオパトラまで話が飛んじゃっているけど大丈夫ですか?
そのうちムー大陸やアトランティスの話まで飛び出すんじゃないかと
心配しちゃいますよ大国君?比べるものがない今の時点でキミの言って
いることこそ夢物語じゃないのかな?

>>353
候補となる墳墓はたくさんありすぎるけどね
むしろありすぎて困っているんだよこっちは。南九州説のほうが
まだ現実味があるのではないのかな?ふふふ

355 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 15:57:59
>>354
な〜んだ、オマエも九州から実地に畿内まで歩いて日の出を毎回拝んでて、
うすうすでも気がつかないお脳なんだ〜?wwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww PuPu!

356 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 16:01:09
>>354
よ〜くよ〜く考えてご覧?ww 1ヶ月も気がつかないほどオマエのお脳の
程度はお粗末なのかねぇ〜?Pu! ww それとも強度の近視か〜?ww

357 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 16:02:01
>>355
怒ると子供かえりしちゃうのかな?小学生によくあるタイプだよね?
まあ極まれに大人でもそういう浮いちゃってる人もいるけどね♪

で、先ほどの質問には答えてくれないのかな?私は九州の
比定できる遺跡を教えてくれと言っているんだよ?
言えないのかい?無いのかい?どうなんだい?ん?

358 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 16:03:50
そこ候補地は全部落選だ。それは男王国(天皇国)の遺跡だな。卑弥呼の
女王国の遺跡ではないね。畿内で女王国が出現するのは推古の時代だよ。w

359 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 16:13:00
>>357
オマエはクレオパトラの遺跡をしっかり言えと吉村先生に突っこんでから
そんな口をたたけ。畿内の候補地は全部落選!!

遺蹟というのは天災、噴火、台風洪水、噴火、盗掘、建築等で失せやすいもの
なんだよ。オマエは遠回しに遺跡の崩壊を喜んでいるわけで、トンでもない
野郎だ。遺蹟が無いから卑弥呼がいなかったことにはならない。

ほれ〜九州から畿内まで1ヶ月も旅行していて日の出を毎回拝めるはずなのに、
南ではなく東へ進行してるのに気がつかないほど俺(←オマエ)
は間抜けではない〜こんなことは小学生でも気付くぞとな。wwwww

360 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 16:18:10
>>358
吉野ヶ里の時はどうだった?「邪馬台国発見」「やはり九州にあった」
と大騒ぎしてたよね?しかし調査が進むにつれ年代はどんどん遡り
結局卑弥呼の時代より古くなってしまったわけだ。畿内にもそれは
充分いえるわけであり、調査が進むにつれ、古墳時代から遡って
しまうという可能性だってあるんだよ。どうする?卑弥呼の時代
にドンピシャになってしまったら?また歯軋りするのかい?

>>359
クレオパトラはどうでもいいんだよ。最終的にクレオパトラ=卑弥呼
なんて言い出すんじゃないだろうね?まあ春だからキミみたいな
人も増えるのは仕方ないんだけど。

361 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 16:23:16
さあ私はそろそろ行くよ。結局私の質問には答えてくれなかったね?
まあ答えようがないんだろうけど・・・無いものを言えと言う私が悪かった
かもね。じゃあね またクレオパトラについて話を聞かせてくれよ

362 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 16:23:31
>>360
倭人伝には女王国以外多数の小国がある。だからそれらの国の遺跡だという
ことも可能性は相当ある。余は吉野ヶ里が女王国だと云った覚えはないぞ。
そういうことは、九州説でその主張をしてる奴らに言え。

下段はもはや論説ではない。

363 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 16:26:46
>>361
何の話のことだ。
それより畿内のどれが卑弥呼の遺蹟なのか? オマエは候補だけで、オマエ
でさえもはっきり云えないではないか。そんなことではこちらのことを墓で
つつけるか。

364 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 16:32:26
候補地でゴマ化すなよ。云えないのはオマエもだろうが。ほかの奴だったら
逃げるのかと云われるぞ。だが余はそういうことはよくないから今回逃亡だと
は云わないが、すこしは先述の1ヶ月の南?行で日の出を毎日(曇り雨は除く)
拝んでいて、うすうす東行だと気付かずに違いないと考える余裕をもてよ。
仕事でいそがしいのか? まぁ頑張れ。

365 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/04/14(火) 16:33:55
訂正 失礼
× 気付かずに違いない
○ 気付くに違いない

366 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 18:23:33
>>360
>と大騒ぎしてたよね?しかし調査が進むにつれ年代はどんどん遡り

ちがうんだな。発掘当初はメディアのフィーバーとは対照的に
考古学の人はみんな古すぎるといってたんだ。

ところが予算がついて大規模な公園計画が進展するうちに、
理由が不明のままいつの間にかどんどん新しくなっていった。


367 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 18:36:27
>360

卑弥呼の時代だけ吉野ヶ里があったわけじゃないから無問題。

邪馬壱国の記述に全く合致しない畿内は、邪馬壱国足りえない。

368 :九州王朝大好き:2009/04/14(火) 19:04:15
>>366
>理由が不明のままいつの間にかどんどん新しくなっていった。

観光資源卑彌呼に合わせる為に新しい時代であるイメージに修正PRし始めた様に思う。
よく調べていくと曲りなりにも3世紀頃まで存続していたらしいことがわかってから。
最初は期待を込めて卑彌呼の時代まで続いていたかもしれない程度の感触だった様に思う。

僕が行ったのは遺跡が南内郭だけの頃。
北内郭は未だ未調査地。
南内郭の西も南も未だ水田だった。
東西に走る真ん中の道路もなかったな。

369 :九州王朝大好き:2009/04/14(火) 19:11:46
今グーグル写真で見て驚いた。
吉野ヶ里遺跡公園の範囲が僕の行った頃の100倍以上はありそうだ。
神埼駅からタクシーで行った時代だからな。

370 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 19:52:50
>>369
歴史とは時の治世者によって作られるものだということが理解できたかと思います。
事実より利益優先。これが記紀や倭人伝で歴史が改ざんされた理由でもあります。

371 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 20:05:02
邪馬台国九州説とか九州王朝説など汚い公衆トイレに過ぎない。

372 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 20:43:55
>>371> 邪馬台国九州説とか九州王朝説など汚い公衆トイレに過ぎない。


まて。トンデモ王朝説と一緒にするなW

373 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 21:23:42
>>368

そりゃ、地域内の前方後円墳まで「遺跡」に含めてるんだから、
時代はドンドン新しくなるさw
まあ、集落の解体時期はほかの弥生集落と変わらない。
ピークはとっくに過ぎているが、生活痕跡は庄内並行期までは降れますね。
この点は博多湾側や畿内と同じですが、ほかと異なる点は、
付近に後継拠点が見当たらないと言うこと。

374 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 22:18:52
>>366
吉野ヶ里が話題になった頃の雑誌なんかをたくさん集めたが、畿内説の
考古学者でも、吉野ヶ里が古いなどと言ったものは一つもなかったな。

あの石野博信でさえ、少なくとも卑弥呼が死んだ時期は含むと言っていた。
金関恕という人も、倭人伝の国の面影と重なったと言っていた。

ついでに、あの頃は、庄内式土器は、弥生時代の土器というのが大勢だった
らしい。ごく一部に古墳時代の土器と言う人もいた。

375 :九州王朝大好き:2009/04/14(火) 22:30:00
>>373
海岸線が南へ後退し、佐賀平野と筑後平野(北野地域)を結ぶ、
背振山地裾野に東西に伸びた地峡にある軍事拠点として、
吉野ヶ里城郭はその存在意義がなくなった。
吉野ヶ里は後継拠点を佐賀市中心部か肥前国庁に譲ったのでしょう。

376 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 22:35:01
仮説。
前方後円墳は倭の五王系の墓。
AD600のアマタリシヒコは秦氏で別系統。
五王は470頃に肥後勢力下に。肥後八女地方は前方後円墳に変化。
又東方面は400年過ぎから直ぐに東征、出雲までは470頃までに勢力下に。
その後は近畿関東東北まで、子孫が国を作る。
AD550頃ワカタケル大王の頃が全盛期。大王はイトにいる。
半島南の任那地方も勢力下なので。
しかし、元々根拠地は半島南。半島南にも前方後円墳が確認できるらしい。
上表文に「封国は残念ながら遠く、藩を外につくり・・」や、
「外海に藩を作り・・」などの表現でわかる。

600年過ぎから完全に近畿関東以北の五王系を一掃するのは、
700くらいまで続く。
したがって近畿の前方後円墳は470〜650位までの間の築造とみる。
五王系は蘇我氏として紀に登場、完全に滅ぼした、
中臣系藤原京は壬申の乱で勝った天武系で百済王族系。
天智系はその後再度復活、秦氏系で天中主命、アマタラシ系。
中臣は臣下、中主は主の違いに注目。
中臣藤原氏は一時的に天武から数代天下を取ったとみる。
その後、藤原氏は平城京、平安京と天皇にはならずとも、摂関政治による権力を欲しいままに。
古の昔から、「君臨すれども統治せず」の伝統なのだね。



377 :九州王朝大好き:2009/04/14(火) 22:35:35
>>375の修正
× 吉野ヶ里は後継拠点を佐賀市中心部か肥前国庁に譲ったのでしょう。
○ 吉野ヶ里は後継拠点を佐賀市中心部か惣座遺跡(肥前国庁)に譲ったのでしょう。


378 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 22:48:31
>>374

> ついでに、あの頃は、庄内式土器は、弥生時代の土器というのが大勢だった
> らしい。ごく一部に古墳時代の土器と言う人もいた。

ちょっと理解が違うね。
庄内期を弥生終末期に区分する説と古墳草創期に区分する説がある。
単に時代区分の表現方法の違いに過ぎない。

今でも論者によって、表現はマチマチだ。
ある人が、A遺跡は弥生終末期のものと言い、別の人が古墳草創期のものと言っていても
時代区分に対するそれぞれの定義が違うだけで、実は結論は全く同じ場合がある。

379 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 22:51:16
はっきり言って、土器では時代は計れないよ。

380 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 22:58:47
>>379
> はっきり言って、土器では時代は計れないよ。

これもちょっと理解が違うね。
土器は時代区分のメジャーには為り得るね。
A式土器の時代の次はB式土器時代で次はC式土器の時代。
ちゃんとした編年を作れば、A式の時代とC式の時代が逆転するようなことは無い。
ただ、絶対年代の計測器にすることは出来ないのは確か。


381 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 01:00:13
はっきり言って、畿内考古学お手盛りの土器編年で測れるのは、畿内の年代だけ。

382 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 01:35:03
九州の年代は甕棺の編年を土台にして出来上がってるんだが。

383 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 05:47:24
>吉野ヶ里は後継拠点を佐賀市中心部か惣座遺跡(肥前国庁)に譲ったのでしょう。

なんだかなあ…
とりあえず近くの遺跡あげてみました…って感じだなw

吉野ヶ里は鉄や銅、あるいはガラス製品の製造と工業生産の一大拠点でもあったわけで
その惣座遺跡がそのような性格を持っているなんて聞いた事が無いが…

つうか本当に吉野ヶ里の後継として十分なものなら
邪馬台国の比定地候補としてもっと名前が売れてるよwwww

吉野ヶ里の衰退は単に一集落の衰退と言うより
ツクシ全体の衰退を受けているように思う。

工業生産の中心を福岡平野に持っていかれたと言うか…





384 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 07:03:09
>>383
福岡平野に吉野ヶ里に続く工業生産の発展地の遺跡が存在するというわけかな?
どこの遺跡のことを言ってるの?

385 :サガミハラハラ:2009/04/15(水) 08:20:52
吉野ヶ里が急速に衰退したわけは。
吉野ヶ里は邪馬台国のすなわち倭国の都であったのですが、230年代の卑弥呼の御代に
もう少し西の小城甘木に遷都したのです。
その結果の衰退です。

386 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 08:26:13
>>385
先生!
吉野ヶ里から小城甘木への遷都を示す物証・考古学的資料はありますかあ?

387 :サガミハラハラ:2009/04/15(水) 09:33:30
考古関係の人に聞いてください。

388 :九州王朝大好き:2009/04/15(水) 10:02:34
吉野ヶ里が急速に衰退したわけは、
吉野ヶ里は、倭國王帥升の後継者の都、すなわち倭国の都であったのですが、
後の邪馬壹國及び投馬國との勢力争いに破れ(倭國乱の頃)、少し西の惣座遺跡に遷都したからです。
その結果の衰退です。
ですから、惣座遺跡からは王位に関連するような遺物は出土しても、
工業生産に関わる遺物は出土しないのだと考えられます。

なお、倭國乱以降、倭5王勢力(肥勢力)の台頭(4世紀末)前までは、
筑紫全体が文化的にも経済的にも低迷していたと。
筑紫全体の低迷期は壹與以降一世紀は続いたと見ます。

389 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 11:47:17
想像力が旺盛ですね。

390 :九州王朝大好き:2009/04/15(水) 11:57:07
仮説に先立つ想像力が大切ですね。

想像力
↓↓
仮説
↓↓
論証


391 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 12:01:39
想像力なんて、まったく、必要ないね。
歴史の記録->遺跡による実証
これだけ。

勝手に妄想は次元が違うんだよ。

392 :九州王朝大好き:2009/04/15(水) 12:19:24
勝手に妄想はいけません。

393 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 14:04:54
>>390

論証できてないだろ。

394 :九州王朝大好き:2009/04/15(水) 15:20:06
>>393
論証が終わっていない部分も多々あります。


395 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 16:36:21
「呉の脅威」は三国時代(220〜280)だけだから、吉野ヶ里が巨大軍事都市である必要もなくなった。

396 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 18:48:47
どれもこれも九州説論者の妄想。

吉野ヶ里を舞台に大河ドラマの脚本でも作っているのかね?www



397 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 20:42:22
ヒミコと日本
http://peevee.tv/v/25udf6

ヒミコの国家とその理念
http://peevee.tv/v/271o57

ブログ
http://blog.livedoor.jp/abukuma_academy/


(´・ω・`)この動画見ろ!話はそれからだ!

398 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 21:33:43
(´・ω・`)しらんがな

399 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 22:48:39
鉄器も三種の神器もない畿内王国は未開のまま、木器とサヌカイトでウハウハやっていました。

400 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 23:24:59
粗悪な鉄器より、切れ味のいい黒曜石のナイフが安く手に入りました

401 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 23:30:13
畿内で手に入る黒曜石は、最も近くても諏訪の和田峠であり、黒曜石よりサヌカイトのほうが手に入りやすい。

402 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 23:31:51
畿内サヌカイト軍団の甲冑は、九州王朝の鉄器軍に、軽々と射抜かれました。

403 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 23:38:17
たしかに遺跡から出土しているものだけから考えれば
畿内地域の国家がそろえることができた武装では
九州からやってきた軍団の前では赤子の手をひねるようなものだったでしょうね


404 :日本@名無史さん:2009/04/16(木) 01:10:38

ぼく の かんがえた むてき の きゅうしゅう ぐんだん

…例によってスレがリアル小学生レベル以下=サイキバ君レベルになってるなw

まあ武装面で九州勢がアドバンテージ持てるとしたら紀元前後あたりかな?
畿内に侵攻する前に山陰山陽を手中にしようぜ?w

どの道、兵站線も何も考えないのはアホ丸出しw

以前から不思議なのだが仮にも『日本史』を看板に冠する板なら
もう少し軍事軍略の常識と言うものを持ってても良さそうなんだが…

三戦厨に語らせてももう少しマシな展開になると思うw

この板の九州説の連中見ていると歴史よりオカルトとか
アッチ系の人間がたまたま邪馬台国ネタで歴史問題に首を突っ込んでるって感じだよなwww




372 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)