5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

何故、日本に独立記念日はないのか?

1 :平下流:2008/12/25(木) 21:46:34
日本国民にとって、決して忘れてはならない記念日に9月2日と4月28日の両日があります。
子供達にこの大切な両日を教えていますか。

この両日は日本国民にとって忘れてはならない重要な日であるにもかかわらず、
ほとんどの人が聞いたこともない日だと答えます。
戦後の教育が生み出した現象でしょう。

5月3日、8月15日、2月11日はほとんどの人が知っています。
4月28日は無視され続けています。

5月3日は占領政策、2月11日は日本書紀によるもの。この両日が国民の祝日であるのに、
なぜ、4月28日は祝日にならないのでしょう。


2 :日本@名無史さん:2008/12/25(木) 21:56:15
戦後の占領が終わって、日本の主権が回復した日だな。
しかしまあ、占領軍と戦って勝利して勝ち得たものではないから、「独立記念日」と名づけるには値せんじゃろ。

3 :日本@名無史さん:2008/12/25(木) 22:27:01
日本は一応、有史以来独立国家だからな。

ただ、戦後の否定的な環境下では
建国記念日でさえ、ただの祝日にすぎない。

台湾行った時、台湾人から
「10月10日の国慶節には盛大な花火が打ち上げられるけど
日本では無いよねー。何で?」
と聞かれて…
「戦争に負けたがら。国を祝う事が否定されたんだよ。
だから日本にはそーゆー建国記念日に花火を打ち上げて祝う事は無いんだ。」
と説明した…。
悲しかったな…。

日本でも、建国記念日と天皇誕生日に神宮外苑か東京湾辺りで
盛大な花火大会でも開催すりゃー良いのに…。

バレンタインとクリスマスの近くで国民も花火を喜ぶのは間違い無い訳だし。

4 :日本@名無史さん:2008/12/26(金) 01:05:03
そうだな、4.28を6.23重要な日と位置付けているのはわれわれ左翼陣営だけだ。

5 :日本@名無史さん:2008/12/26(金) 01:06:37
訂正
4.28と6.23を

6 :日本@名無史さん:2008/12/26(金) 08:13:03
つか建国記念日なんて神話の中の話で、
全然イメージできないんだよなw
近代において何か華々しく独立を勝ち得たとか
そういう類のもんじゃないから、
派手に騒ぐというのもやっぱ違和感がある。


7 :日本@名無史さん:2008/12/26(金) 08:24:09
逆に、建国記念日とは何なのかわかってない国民が大半なんじゃねぇ?
とも思う。

悲しいかな、神話とかを完全否定・無視する形の戦後教育で育つと
「建国記念日?日本はいつ建国したの?」
「わかんないなぁ…いつだろーねー知らないや〜」
と成る。

有史以来の独立国である事も、天皇が古代〜現在まで125代も続いている
なんてのも知らない。

だから、皇室や天皇が何故、独立国家・国民統合の象徴なのか理解出来無い。

何故、国歌「君が代」が
「永遠に天皇が治める世が続く様に」
と願う歌詞なのか理解出来無い。

8 :日本@名無史さん:2008/12/26(金) 08:44:56
もともと独立国だったんだから、一時的にメリケンに占領されたから
といっても独立国に変わりは無い。

>>何故、国歌「君が代」が
 「永遠に天皇が治める世が続く様に」
 と願う歌詞なのか理解出来無い。

こいつは、かなり逝ってるな。君が代とは天皇の世ではないぞ。
10世紀ごろに一兵士が一族の安泰を歌った和歌で、内容が良いので
国家に採用したものだ。君とはその者の地位立場によって変わる。
子であれば一家の安泰だ。つまり国家の安泰に繋がる訳だな。

諸外国に対して天皇に代わる人物は皆無だろ。政治家や公務員の
馬鹿に頭が下げられるかよ。




9 :日本@名無史さん:2008/12/26(金) 12:33:49
今でも日本はアメの保護領だからね

10 :日本@名無史さん:2008/12/26(金) 13:51:29
冗談ぬきで、世界史的な視点でみたら、
いまの日本ってローマ帝国の属領にあった各地の小王国みたいなものだろう。

現在の国際社会で独立主権国家の扱いになってるけど、
他国の軍隊を駐留させず外交のフリーハンドをもってる国と比べたら、
アメリカの「事実上の」保護国とか衛星国って言われても、しゃあないな。

11 :日本@名無史さん:2008/12/27(土) 14:42:51
建国記念とか厳密に言いだすとその前には国がなかったのか?
ナガスネヒコの国を滅ぼして立てたんじゃねーの?それっていいのか?
とかえって天皇家の支配の正統性が疑われるからね。

12 :日本@名無史さん:2008/12/27(土) 14:48:52
■在日中国人が75万人を突破

2008年12月22日、在日中国人向け新聞「中文導報」は、
日本で暮らす中国人の数は75万人を超えたと報じた。中国新聞網が伝えた。

記事によると、昨年1年間に日本国籍を取得した中国人は10万5813人で、
永住者は12万8501人に達した。 特別永住者は2986人増えて初の13万人台を突破。
日本人の配偶者は5万6990人、永住者の配偶者は5212人増えた。
日本に定住する中国人の数は43万人を超えるという。

人口の増加に伴い、全国各地に中国人コミュニティが形成されている。
横浜の中華街や神戸の南京街は有名だが、最近は東京のお台場(江東区)、立川市、
愛知県名古屋市の大須(中区)、大阪の上海新天地(大阪市)など新興の
“中華街”も続々と誕生。埼玉県大宮市の東宮下団地や川口市の芝園団地などは
居住者の大部分を中国人が占めるという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081223-00000004-rcdc-cn

13 :日本@名無史さん:2008/12/27(土) 14:57:20
なんだ人口のたった0.6%未満か・・・

14 :日本@名無史さん:2008/12/27(土) 17:01:22
中国の元王朝の支配階級モンゴル人はもっと少なかったけどね。

15 :李大輔:2008/12/27(土) 17:43:11
恥ずかしい国だから祝うのは禁止だからかな
まずそんな愚にもつかないことをする前に8/15など節目節目で
ウリへの謝罪と反省を意識できるようになってほしい
それが自発的な参政権献上へ繋がっていくはずだから

16 :日本@名無史さん:2008/12/27(土) 18:54:18
勘違いしてる人がいるみたいだが、
スレタイは「建国記念日」じゃなくて、「独立記念日}

17 :日本@名無史さん:2008/12/27(土) 19:12:40
在日中華人口にすると180万人くらいで1.5%もいるがな。

18 :日本@名無史さん:2008/12/27(土) 22:18:48
>>1
重複スレ立てたらあかんで。
 ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1230209285/

19 :日本@名無史さん:2009/01/01(木) 01:39:43
第二次世界大戦の真実
http://jp.youtube.com/watch?v=aTQBv6oVS3I&feature=related



20 :日本@名無史さん:2009/01/01(木) 03:21:20
>>10 アメリカは日本を世界一重要な同盟国と言っていたが、その他の国でそこまで言われている国が
あるのか?


21 :日本@名無史さん:2009/01/01(木) 04:06:01
>>20
米国政府が日本と二者会談の席上だけで
「米国にとって日本は世界一重要な同盟国だ」
と日本に言った事が日本と日本人にとってそんなに重要で喜ばしい事か?
そう言えば米国政府はイラク戦争で米国は世界中に向けて英国はじめ幾つかの国に米国に貢献した同盟国と順序をつけて発表してたね


22 :日本@名無史さん:2009/01/04(日) 16:04:49
>>21 米国が日本を最重要の同盟国と言っているのは当たり前のことで、別に嬉しがることでもないな。

 どちらかと言えば有難迷惑のようで、シナ、ロシアの軍事的脅威はお前に任せたというような態度だ。

 敗戦国なんだからな。ドイツもそうだろう。

23 :日本@名無史さん:2009/01/05(月) 09:20:19
数万年前に日本列島の原形となる土地に人類集団が何波か移動してきて
氷河期の終わりとともに現在の列島が形成された時に自然と独立したんだよ。
何月何日とか人工的で固定された日を建国日とか決めるの好きじゃない。

24 :日本@名無史さん:2009/01/05(月) 10:45:06
>世界一重要な同盟国

かつて大日本帝国は満州帝国に似たようなこと言ってましたね。

25 :日本@名無史さん:2009/01/05(月) 12:47:51
大日本帝国にとって、大満州帝国は世界一重要な同盟国。

26 :日本@名無史さん:2009/01/05(月) 13:09:03
要するにアメリカにとっての元オキュパイド・ジャパンは、
偽満州国ていどの存在ってこと。

27 :日本@名無史さん:2009/01/05(月) 18:13:47
そもそも「国」とか「国家」とかいう概念は近代になってはじめて成立したものだからのお。
神話の時代に言っていた「国」なんざぁ、今で言う村にすぎんのさ。
当然、国境なんぞという概念も存在せんかったのや。

そやから
> 有史以来の独立国である事も、天皇が古代〜現在まで125代も続いている

なんぞと言うのは馬鹿の証拠や。


28 :日本@名無史さん:2009/01/05(月) 20:58:51
>>27 当然、国境なんぞという概念も存在せんかったのや。

・・・奈良時代には防人という兵士を徴兵して、対馬、北九州国境を防衛していたんだが、国境という
概念があったからだろう。


29 :日本@名無史さん:2009/01/05(月) 23:47:42
>>28
国家という概念すら無いのに国境が有ってたまるか。

30 :日本@名無史さん:2009/01/06(火) 02:13:57
>>29 3世紀には邪馬台国を中心とする倭国連合があったし、4世紀には倭の五王が大王という日本国王を表す称号をもっていた。

 朝鮮の百済、新羅、高句麗は国家ではないのか?朝鮮の史書には「三国」史記と書いてあるが。

31 :日本@名無史さん:2009/01/06(火) 02:24:06
>>27
>そもそも「国」とか「国家」とかいう概念は近代になってはじめて成立したものだからのお。

そりゃnationのことだろ?
国という概念がそれ以前にないわけないだろ?

32 :日本@名無史さん:2009/01/06(火) 02:25:57
>27
古代から、世界中に「国」はたくさんありますが?

33 :日本@名無史さん:2009/01/06(火) 14:06:10
魏志倭人伝には倭人が大海の中で百数十「国」に分かれて住んでいると書いてあるが。

 そしてそれらは邪馬台国を中心として連合していた連合国だった。


34 :日本@名無史さん:2009/01/06(火) 14:09:30
今日的な意味での国家などありゃせんのさ。
たとえば中国で言えば、あるのは中華とそれ以外の蛮族っちゅうことさね。
ローマでもそう。
唯一絶対的なローマという存在と、それにまつろわぬガリア人だのゲルマン人だのがいるだけ。
国家なんぞという概念そのものが無いのだから当然のこと。

35 :日本@名無史さん:2009/01/06(火) 14:27:24
>>34
だから、それは「近代国家」だろ?

中国の国家の概念と、ヨーロッパを一緒にするなよ。
ヨーロッパには、「国境」があったんだから。

36 :日本@名無史さん:2009/01/06(火) 14:28:38
>>34
お前の言う「国家」の定義を先に言え。
小出しにされても混乱するだけ。

37 :日本@名無史さん:2009/01/06(火) 19:53:33
近代国家だけが国家なら朝鮮の新羅、高麗、李氏朝鮮も国家でなくて、朝鮮に国家ができたのは韓国と北鮮が初めてだという

ことになるな。いや、日韓併合で日本の一部になった時が初めてか。

38 :日本@名無史さん:2009/01/06(火) 20:42:13
>>34 それならヨーロッパ諸国、シナ、朝鮮はいつ近代国家になったのか説明してみろ。

39 :日本@名無史さん:2009/01/07(水) 21:41:19
百済という宗主国を失ったハクスキノエの戦後が実際上の独立(自立)。

40 :日本@名無史さん:2009/01/07(水) 22:17:28
>>39 百済が日本の宗主国? 逆だ。百済は国王を唐・新羅に殺されて、日本に居た人質の王子を国王に迎えて国家の維持、反撃
しようとして日本に救援を求めた。

 日本は宗主国としての責任を果たすために百済救援に乗り出したのだ。結果は失敗だったが。

41 :日本@名無史さん:2009/01/08(木) 07:23:39
>>38
おやおや?説明せんと分からんのか?
自明のことやのになあ。
読解力の無い御仁やな。

ワイの書き込みをちゃんと読んどらんのかな?
ワイの書き込みを再掲したるわ。

>国家なんぞという概念そのものが無いのだから当然のこと。

どや?これでも分からんか?

まあ、これでも分からん馬鹿にも分かるように説明したるわ。

馬鹿の質問:いつ近代国家になったのか?
自明の回答:国家という概念が成立した時や。

42 :日本@名無史さん:2009/01/08(木) 07:52:44
鎌倉幕府はいつ成立したか? 

たぶん江戸時代。

43 :日本@名無史さん:2009/01/08(木) 10:11:11
>>41 すまん、阿呆に質問した俺が悪かった。


44 :日本@名無史さん:2009/01/08(木) 13:31:38
国家という概念のない古代の、プラトンの有名な著作とはなにか?

45 :日本@名無史さん:2009/01/08(木) 15:30:43
>>38
支那、朝鮮は、未だに近代国家ではありませんけど。
奴らの頭の中身は古代のまま。

46 :日本@名無史さん:2009/01/08(木) 20:24:02
で、今の日本国が独立したのはいつなの?

47 :日本@名無史さん:2009/01/08(木) 21:05:32
1952年

48 :日本@名無史さん:2009/01/08(木) 21:50:04
政府や日本史上では独立ではなく、主権が回復したと
言っているがな。

49 :日本@名無史さん:2009/01/08(木) 21:56:50
>>44
『 Πολιτεία』だが、それがなにか?

50 :日本@名無史さん:2009/01/08(木) 21:58:56
>>44

『 Πολιτεία』のことを言っているようだな。
それがどうした?

51 :日本@名無史さん:2009/01/08(木) 22:33:53
>>46 やっぱり聖徳太子が日の没する処の天子に日の出ずる処の天子より、という国書を出したときだろう。

 煬帝を怒らせたことが独立の意思を表示したことになる。

52 :日本@名無史さん:2009/01/08(木) 23:04:32
と言うか、占領状態から解けたことも「独立」と言うのか?
独立とは他の国の領土や植民地から新しい国を建国することじゃ
ないのか?
日本は、占領はあったが他の国の領土になったことは一度も
ないからなあ。

53 :日本@名無史さん:2009/01/09(金) 00:29:36
独立記念日が無い国なんて、他にもあるだろうに。

54 :日本@名無史さん:2009/01/09(金) 00:46:19
氷河時代が終わって日本列島が大陸から分離したときが独立だったとも言えるな。1万年くらい前のことか。

55 :日本@名無史さん:2009/01/09(金) 01:17:04
ある意味で白村江の戦い(敗戦)が、独立記念日だな。
これのお陰で(?)、日本は朝鮮半島と縁を切ったわけだから。

56 :日本@名無史さん:2009/01/09(金) 01:34:07
日本は他の国から独立したわけではないので、独立記念日は
相応しくないよ。やはり建国記念日が合っている。
建国記念日は大化の改新の日とするべき。(改新の詔が発布
された日)それまで豪族の合議体から天皇中心の集権国家になり
真の意味で日本と言う国が出来たと見て良いと思う。
現在も続く、元号もこの時から始まったし。

57 :日本@名無史さん:2009/01/09(金) 03:40:43
でも、占領期は主権も外交権も喪失して、事実上はアメリカの保護国だったからな。
「独立」という言葉は講和当時、日本政府自体が使ってたわけだし。

58 :日本@名無史さん:2009/01/09(金) 08:38:41
たった5,6年の占領が終わって主権回復したのを独立というのは大袈裟だな。

 それならドイツも同時期に独立したことになる。


59 :日本@名無史さん:2009/01/09(金) 10:35:13
建国記念日はあるんじゃないか

60 :日本@名無史さん:2009/01/09(金) 11:47:03
建国記念日と天皇誕生日には神宮外苑と東京湾で盛大な大花火大会を開催するべきだと思う。

61 :日本@名無史さん:2009/01/09(金) 12:04:28
たしかイギリスも無いよな?

62 :日本@名無史さん:2009/01/09(金) 12:27:27
フランスも無いだろう。

63 :日本@名無史さん:2009/01/09(金) 15:04:03
革命記念日がなかったか?
イギリスは王朝が数回入れ替わっているし(現王朝はオランダから
連れてこられた他所もん)共和制時代もあったから、いつ建国
されたかはっきりしないのじゃないか?

64 :平下流:2009/01/09(金) 22:07:36
>>48
昭和27年4月28日は少なくとも郵政省は独立記念日としています。
それを祝って「独立記念日」の記念切手が発行されています。
日の丸がはためいている図柄です。
政府の見解に反して郵政省が勝手に記念切手を発行したのでしょうか。

65 :日本@名無史さん:2009/01/10(土) 16:46:51
>>64 だからそれを独立というのなら、ドイツも同じ頃に独立したと言えるのか?


66 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 08:29:14
ドイツも日本も主権を喪失していた。
どちらも主権回復=独立でよい。

大体、ドイツなんて国家自体が滅亡して、連合国の直接統治になってたんだから。

67 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 15:15:37
独立かどうかについての基準は、自国の認識は二の次で、他国がどう判断するかが大事だと思う。

戦後日本が主権を回復した際、新生日本を新国家として承認する国が複数あれば、
独立と考えることもでき、どの国も特に承認を行わず、戦前から継続する同一の国家として
扱った場合は、独立では無いと考えられる。

68 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 16:20:25
日本は占領されて国家としての主権は無かったけれど、植民地にされてたわけじゃあない。
それゆえ、「主権回復」という表現が妥当だな。
植民地にされてたんなら、独立といえるがな。

69 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 16:40:44
>>68
なるほどね。結局「独立」の定義の問題だわな。

70 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 16:59:11
じゃあ、なんで当時の政府もマスコミも「独立」と言ってたんだ?

英仏の保護領だった国々だって、自前の君主と政府があって一定の内政権あったんだぞ。
それとオキュパイド・ジャパンに実質的な違いはないだろう。

71 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 20:16:42
>>67
日本国憲法は法的に大日本帝国憲法改正案として天皇の発議を得て、
帝国議会が審議し、枢密院の諮問、天皇の裁可と帝国憲法の改正規定に
則って、改正手続きを行なわれたから、現在の日本国は戦前から続
く同一国家と見るべきだろう。
だから>>1の言う独立記念日はないんだよ。
>>70
当時は当時。現在政府は「独立」と言う見解はしていない。

72 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 20:25:29
>>1
チョン、うざっ

73 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 20:32:05
「日本国との平和条約」でも「独立」と言う語はなく、
第1条b「連合国は、日本国及びその領水に対する日本国民の
完全な主権を承認する。」としている。
占領下でも戦前からの日本政府と帝国議会は存在し、連合国も
存在を認めている。占領下でもあっても国家自体は存在しているの
だから、占領状態が解けることを「独立」と言うのはおかしいの
では?
政府やGHQが日本国憲法を帝国憲法改正案としたのも国家の
継続性を明確にした証だと思うよ。


74 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 21:28:11
シナがモンゴルや満州王朝支配から漢民族が主権回復したのも独立とはあまり言わないな。

75 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 21:37:32
でも実態としては独立国にはほど遠い状態だったけどな>占領下の日本

あれが独立国なら、仏印時代の安南もカンボジアも英領時代のインド藩王国も
みんな独立国で通用するな。

76 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 21:58:02
植民地と占領は全然違うだろ。

77 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 22:02:52
>>75
日本が独立国家だったこそ、「占領」と言うのだろ。
クウェートがイランに侵攻・占領され、再び占領がとかれた時、
独立したと言っていたか?

78 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 22:03:06
GHQ統治下の日本は植民地ではないかもしれんが、
完全な独立主権国家でもない。

事実上の保護国。

79 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 22:05:30
そもそも「委任統治領」だって、形式上は植民地ではない。
イラクやシリアも戦前は英仏の委任統治領だった。

80 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 22:32:21
フランスもドイツに占領されていた時期があるが当の
フランスはドイツから独立したとか言っているの?


81 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 22:34:49
>>78
まあ、日本に併合される前の大韓帝国ってところですかね?
でもその大韓帝国もとりあえず、独立国家だったのでは?

82 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 22:45:46
日本の独立記念日でクグってみました。
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/koyo/dokuritukinenbi.htm
http://kokueki.sakura.ne.jp/banner/428/index.htm
http://homepage1.nifty.com/RED-SILVIA/dokuritukinenbi.htm
http://blog.goo.ne.jp/yamano4455/e/dfb7459f5e18d45e4c7ad21049bb01d8
http://datefile.iza.ne.jp/blog/entry/160505/

83 :日本@名無史さん:2009/01/11(日) 23:55:45
>>80
うむ、オランダやベルギーもドイツから独立したし、
そのドイツも連合軍から独立?したらしいw。

84 :日本@名無史さん:2009/01/12(月) 00:10:05
>>81
全然話が違うだろう。

85 :日本@名無史さん:2009/01/12(月) 00:12:47
だから、>67が書いているように、ポイントは他国が主権回復後の日本に対して
どういう態度をとったか。

独立の明確な定義は国際法には無いし、はっきりした基準も無いので、他の国の
事例と比較してもあまり意味は無い。
結局はケースバイケース。

86 :日本@名無史さん:2009/01/12(月) 00:21:38
サンフランシスコ講和条約を読む限り、日本と新国家としては扱って
いないな。
>>83
初耳だな。
フランスがドイツから独立したって話。フランスは戦勝国だったのに
独立とかおかしくないか?フランス政府は海外に避難し、存続
していたとしてなかった?
>>84
保護国って言う点がだよ。
日本に併合される直線の朝鮮は、外交権などを奪われていて日本の
保護国みたいな存在でしたから。

87 :日本@名無史さん:2009/01/12(月) 00:35:43
独立記念日と言うから、おかしいだよ。
アメリカやインドなどは、イギリス植民地だった所から新しく
国家を作り、自主独立したから独立したと言ってもおかしくない。
しかし、日本は戦前から独立国家であり、現日本国もそれを継承
しているから、それらの「独立」とは明らかに違う。
「独立」したのではなく、「独立が回復した」を見るべき。
4月28日を祝日にするのなら、「主権回復記念日」か「独立
回復記念日」にすればいい。

88 :日本@名無史さん:2009/01/12(月) 00:36:50
>>86
ノルマンディー以前は占領下(ヴィシー以外)。

89 :日本@名無史さん:2009/01/12(月) 00:45:24
>>83
ベルギーは初代国王即位日を建国記念日としていますが?
フランスはバスチーユ牢獄襲撃した日を革命記念日として
事実上の建国記念日にしていますが?

90 :日本@名無史さん:2009/01/12(月) 00:54:27
>>83
当のフランスは独立ではなく、「解放」と言っているよ。

91 :日本@名無史さん:2009/01/12(月) 01:03:39
>>80
占領と独立との関係を整理すると。
その戦争において、最終的な戦勝国に占領された場合と、
最終的な敗戦国に占領された場合とでは、違う解釈になる。

フランスは最終的な敗戦国(ドイツ)に占領され、、
日本は最終的な戦勝国(連合国)に占領された。
したがって、同じく占領されていても、同一には論じられない。

92 :日本@名無史さん:2009/01/26(月) 18:39:12
日本が独立国家であると思ってる
オメデタイ人たちのいるスレはここですかいw

93 :日本@名無史さん:2009/01/27(火) 00:09:07
>>92
ここで独立国家と言っているのは、あくまでも「法的」な意味ですのでお間違えなく。

94 :美濃もん太 ◆hF.jG29Cew :2009/01/27(火) 00:22:27
そもそも「国家」って観念自体が近年になって作られた観念だしね

日本は国家なんて観念が出来る以前から日本だよ



95 :日本@名無史さん:2009/01/27(火) 00:29:18
独立はともかく、今の日本政府の統治組織が成立した「記念日」なら存在する。
1月3日だ。
王政復古の大号令の発せられた日。
今の政府の統治機構は、天皇(皇位)を除いてこの日より前には遡れない。
王政復古号令の全文を読めば分かるが、
将軍、摂関をはじめ、天皇以外の従来の百官を一旦全部廃止して、
「神武創業」に立ち戻って、政府を樹立すると宣言している。

96 :日本@名無史さん:2009/01/27(火) 01:35:19
右の自然国家論はただのアホ。
結果として在日だの中国だの米国だのといった日本の国益を侵害する存在に対して
国民が目を背けても罪悪感を感じないように仕向けてる。

97 :日本@名無史さん:2009/01/27(火) 01:55:23
元旦だろ

毎年生成を繰り返して、新年に生まれ変わるのが日本

98 :日本@名無史さん:2009/06/23(火) 15:56:06
鬼畜米英

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)