5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山陰と邪馬台国

1 :日本@名無史さん:2008/12/13(土) 21:13:20
山陰地方と邪馬台国の関係。そして邪馬台国以前の山陰地方の歴史に
について語りましょう

2 :日本@名無史さん:2008/12/13(土) 23:46:57
>>1
別にスレタイに邪馬台国は要らなかったんじゃあ・・・?

ただでさえ乱立気味の邪馬台国スレ、板の住人には受けが良くないんじゃない?wwwwwwwwwwww

3 :日本@名無史さん:2008/12/15(月) 18:08:26
>>1 乙
たとえば、出雲大社に卑弥呼がいて、九州と畿内に指示を出していたとか。

古代出雲大社の神殿がとんでもない高さだったのは 
半島と直接のろしで通信のやり取りをしていたとか。

そのあたりの事を語りたい?

4 :日本@名無史さん:2008/12/15(月) 21:48:12
>>3
違う違うもっと昔の話
山陰と邪馬台国の関係とは、山陰が邪馬台国の中心だったという説がありますが、それは
さておき、出雲・伯耆・因幡・丹波の邪馬台国との関わりがどうであったか、また、それ
以前にこの四国に関わる一族はどこから来たのか、さらにその一族が来る前の一族は何者
でどうなったのかを語り合いたいのですが

5 :日本@名無史さん:2008/12/15(月) 23:51:11
「鳳凰と邪馬台国」

6 :日本@名無史さん:2008/12/18(木) 09:35:34
>>4
普通に考えるなら 畿内と対立してて、高度な文明があって、出雲大社作ってるから、
大陸半島からの渡来人?



7 :日本@名無史さん:2008/12/18(木) 10:18:06
出雲大社は、記紀神話の嘘を利用して作られた神社だろ。

8 :日本@名無史さん:2008/12/18(木) 15:36:02
出雲国の一宮は熊野大社だって。出雲大社の高さ48mの神殿は灯台なのか?

9 :日本@名無史さん:2008/12/18(木) 16:47:35
>>8
御神体が鏡だったら 反射鏡灯台にもなりそうな。。

10 :日本@名無史さん:2008/12/18(木) 17:07:34
9、に座布団三枚

11 :日本@名無史さん:2008/12/19(金) 13:25:50
御神体とか 三種の神器とかって実用性のあるアイテムのレプリカだったとしたら、
剣は武力を、勾玉は祭祀を、鏡は通信の為のだった
とかって考えられないかなぁと。。

そうなると 出雲大社がとんでもない高さだったのは、
半島と鏡で光通信する為だったなんて、事無いかなと思ってしまった。

12 :日本@名無史さん:2009/01/15(木) 20:57:58
「卑弥呼の孫トヨはアマテラスだった」伴とし子・著と言う本を買った。
歴史書コーナーではなくオカルト本コーナーに置いてあった。ショック!

13 :日本@名無史さん:2009/01/15(木) 21:23:16
や・・・山陰

14 :日本@名無史さん:2009/01/24(土) 14:33:53
丹後地方の遺跡を掘りまくれ。率善中郎将の銀印が出るぞ。

15 :日本@名無史さん:2009/01/25(日) 21:36:25
 鳥取にある白兎神社は一箇所ではない。

16 :日本@名無史さん:2009/01/25(日) 21:38:27
天地陰陽内天外天雲海国大神とは何者か知っている人いますか?

17 :日本@名無史さん:2009/02/28(土) 13:55:38
鳥取市の誘致企業リコーマイクロエレクトロニクスにアルバイトに行っていた。
勤務態度不良でリコーのアルバイトをクビ同然で辞めた。

その後、鳥取市のテスコという工場に勤め真面目に働いていた。
「真面目に働いているのはリコーに対する報復」という噂でテスコをクビになった。
直後、テスコの社長から雇用保険の書類をとりに来るよう泣きそうな声で電話があった。
噂は嘘だと知ったのだろう。

雇用保険の手続きのため職安に行った。
職安の次長と相談すると、口止めをされた。
職安と会社は連絡を取り合っていたらしい。

しかし噂は狭い鳥取市である程度広がっているようだ。

リコーマイクロエレクトロニクスに電話を掛けた。
「君はうちのような一流企業が組織ぐるみでやったとでも思っているのかね?」
「そんなことはありませんけど」
「じゃあ会社には関係ないじゃないか」

しかし公的機関(職安)も巻き込んだ組織ぐるみの人権侵害の揉み消しである。


18 :日本@名無史さん:2009/02/28(土) 14:14:29
態度の悪いヤツはクビになる。

これ常識。

19 :日本@名無史さん:2009/03/01(日) 19:38:10
なんのスレだ?ここは?www

20 :日本@名無史さん:2009/04/05(日) 11:54:12
古代大和の中心が三輪山の大物主であったことや、
紀伊半島と出雲の地名、伝説の一致、銅鐸の分布等を考えたら、
古事記に書かれている山陰・北陸の連合王国が
大和朝廷成立以前の本州の多勢を占めていたことが明白
大国主の実在性は高い

またマキムク王朝と丹波・但馬勢力の関係を見る限り、
山陰・北陸勢力の影響力は河内王朝の始まる前まで
続いていたと考えられる

21 :日本@名無史さん:2009/04/06(月) 21:42:58
b

22 :日本@名無史さん:2009/07/20(月) 09:48:36
k

23 :日本@名無史さん:2009/07/20(月) 09:54:11
ミホツ姫こそ卑弥呼だろ

24 :日本@名無史さん:2009/07/20(月) 15:19:30
邪魔台国

25 :日本@名無史さん:2009/11/10(火) 20:45:08
マキムクはナラとされる前に、オオクニヌシの治めた都。
従来の遺物からうかがえるように、魏や朝鮮半島は当然のこと、北部九州とも関連が薄く、
山陰、北陸、東海と関連が深い。

26 :日本@名無史さん:2009/11/11(水) 00:27:46
オオクニヌシは銅鐸祭祀
一時代古い日本の主

27 :日本@名無史さん:2009/11/30(月) 21:40:10
卑弥呼=天照大神

だから山陰説は無理がある。

28 :日本@名無史さん:2009/11/30(月) 21:49:26
出雲王国と大和国との、決戦が3世紀にあった。
出雲王国の勝利。
オオクニヌシが、日本国王として君臨した。
誰も知らない日本史


29 :日本@名無史さん:2009/11/30(月) 23:36:10
>>28
西暦の何年ごろ?

30 :日本@名無史さん:2010/03/09(火) 10:38:06
マジで?

31 :日本@名無史さん:2010/03/09(火) 16:52:04
>>28
なんでおまえが知ってんだよw

とりあえず大昔すぎて興味ないけどソース出せよw

32 :日本@名無史さん:2010/03/27(土) 09:42:18
鳥取市のリコーマイクロエレクトロニクス検索結果は
企業検索としては日本一最悪だろう。

事情を知らないリコーの新入社員はこの検索結果を見てどう思うだろう?

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%82%B9&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&aqi=&aql=&oq=

33 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 09:06:20
■知的情熱、自説も覆す 梅原猛さん

(2010年5月10日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20100510bk10.htm?from=navlk

  新著「葬られた王朝」

 発表した学説を自ら批判することほど、研究者にとって難しいものはない。それを文化勲章受章者である哲学者の梅原猛さん(85)が、新著『葬られた王朝』(新潮社)でやってのけた。
自らの古代学の集大成と位置づける書は、古代出雲王国の実在を、現地調査から得た知見を盛り込みながら、大胆に、スリリングに説いている。(西田朋子)

  古代史3部作完結

 法隆寺を聖徳太子一族の怨霊(おんりょう)鎮魂の寺と論じた『隠された十字架』(1972年)、万葉歌人・柿本人麻呂の刑死説を唱えた『水底の歌』(73年)に続く古代史3部作の完結編。
「過去50年間に及ぶ諸学問の経験を総合して、思想上の冒険ができたのは大変幸せ」と語る。

 この中で梅原さんが自説を方向転換したのは、ヤマタノオロチ退治などの出雲神話。
70年に発表した「神々の流竄(るざん)」では、出雲で成立した神話ではなく、「大和の先住民の伝承が、8世紀の律令国家形成期に、ある政治的意図をもって出雲に置き換えられ、古事記・日本書紀に収録された」と論じている。

 しかし、84年に島根県・荒神谷遺跡で銅剣358本が、96年には加茂岩倉遺跡で銅鐸(どうたく)39個などが出土。出雲周辺に一大文化圏が存在したことを示す遺物が次々と見つかった。

 梅原さんは2年前、出雲を訪れたのを機に「自説が間違いなら、生きているうちに正さんといかん」と意を決し、現地を再訪。遺跡や出土品の調査だけでなく、古い神社をくまなく歩いた。
「神事や奇祭は文献上、隠された事実を冷凍保存していることが多い」からだ。その結果、「アマテラスを開祖とするヤマト王朝以前に、スサノオを開祖とする出雲王朝が数百年にわたり日本を支配していた」と、記紀神話を読み解いた。
(つづく)

34 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 09:07:02
(つづき)

 韓国(からくに)から渡来したスサノオは、圧政で人々を苦しめる豪族=ヤマタノオロチを退治し、出雲平野に豊かな王国を築く。
6代目の大王オオクニヌシの時代には因幡(現・鳥取県東部)や越(北陸〜新潟県)、南進して近畿まで支配するがやがて衰亡。南九州から東征してきた天孫族に「国譲り」を迫られ、稲佐の海に隠れた――。

 「弥生時代、日本列島の文化的中心は日本海沿岸にあった」などとする梅原さんの推論は、終章でさらに熱を帯びる。
「日本に律令制を導入した藤原不比等こそが記紀編纂(へんさん)の実務者であり、藤原氏が権力の中枢を占め続ける布石として建国神話を改竄した。そして闇に葬った前政権の神々を鎮魂するため、出雲大社に巨大本殿を建造した」

 戦前は皇国史観に支配され、戦後はその反動から長らく記紀神話の歴史的解釈はタブー視されてきた。「うぬぼれず自棄に陥らず、このようなかたちで国をつくった日本の姿を、冷静に見つめなければならない」

 年齢と共に、「学説は過激さを増している」。
自説も含め通説を覆し続ける知的好奇心、精神の柔軟さの源とは? そう尋ねると、しばし沈黙して
 「青年だった僕らを『死ね』と戦場に駆り立てた祖国への怒りと、それでも消えない愛情。相反する強い気持ちが、私をさらなる日本研究に駆り立てる」
と答えた。

 90歳までに近年最大のテーマである世阿弥論と親鸞論を完成させ、「最終解答として、西洋近代思想批判と自然回帰の思想を書く。それから人麻呂論、アイヌ言語論……。120歳まで生きないとなぁ」。知的活火山は健在である。

・「まだまだ新説を世に問うつもり」と意気盛んな梅原猛さん(京都市で)=奥村宗洋撮影
http://www.yomiuri.co.jp/book/photo/BK20100510103040213L1.jpg


※梅原猛『葬られた王朝―古代出雲の謎を解く―』新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/book/303023/


35 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 09:40:28
歴史を変えるとかなんとか言う奴居るけど
日本は、出雲も残ってるし、ニギハヤヒの末裔も残ってるし
物部氏の末裔も残ってるし
どうやって歴史を変えると言うんだ?

だいたい、そのヤマトに負けた側もアマテラスなどの神話は
共通だと言う認識があるのに。
まあ直接聞いたわけではないから、彼らが本当の?神話ってのを
語り継いでるかもしれないか・・・?


36 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 14:22:13
既に起きた事実は変わらない
塗り固められた嘘を取り除くだけ

37 :日本@名無史さん:2010/05/15(土) 01:30:26

■青谷上寺地遺跡 調査報告書刊行

朝日新聞 2010年05月14日
http://mytown.asahi.com/tottori/news.php?k_id=32000001005140002

 県埋蔵文化財センターは、国史跡の青谷上寺地(あお・や・かみ・じ・ち)遺跡(鳥取市青谷町青谷)に関する調査報告書など3冊と調査研究紀要1冊を刊行した。

 「青谷上寺地遺跡11 第10次発掘調査報告書」(A4判153ページ、1400円)は、遺跡の中心域を囲んでいたとみられる溝が古墳時代前期に埋められ、中心域が西側へ拡張していったことが分かった2008年度の発掘調査を考察。
「発掘調査研究年報2009」(A4判26ページ、320円)は昨年度の第11次調査の研究結果概要をまとめた。

 「出土品調査研究報告」は、遺跡で見つかった土器2千箱以上、建築部材7千点以上の出土品を紹介するシリーズ5冊目。
今回は「骨角器」(A4判151ページ、1300円)を取り上げ、動物の角や骨で作られた道具類の写真、実測図を収録した。
研究成果を2年おきに発表する「調査研究紀要3」(A4判50ページ、400円)では遺跡から出土した緑色の木製盾などについて述べている。

 いずれも県内の各教育委員会や図書館などに配布されている。購入の問い合わせはセンター(0857・27・6711)へ。出土品は順次データベース化してセンターのホームページで公開している。

 このほか、国道9号の工事に伴って調査した松原古墳群(鳥取市松原)と、小竹下宮尾遺跡・西坪岩屋谷遺跡(大山町)の調査報告書2冊も刊行した。この2冊は非売品だが全ページをホームページで公開している。(中田和宏)

・県埋蔵文化財センターが刊行した調査報告書類
http://mytown.asahi.com/tottori/k_img_render.php?k_id=32000001005140002&o_id=8546&type=kiji


※参考
鳥取県教育委員会埋蔵文化財センター
http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=4314

同センター 新刊図書のご案内
http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=128096

38 :日本@名無史さん:2010/06/01(火) 19:55:11
大国主は存在したのか?


39 :日本@名無史さん:2010/06/01(火) 23:46:47
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

40 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 22:17:52

■梅原猛氏講演「出雲王朝は存在」

山陰中央新報 '10/06/05
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=520090004

 かつて古代出雲王朝の存在に否定的な自説を示し、昨年、雑誌上で撤回した哲学者の梅原猛氏が5日、出雲市駅南町、ビッグハート出雲で講演し、出雲地域で度重なる青銅器群の出土などを理由に「出雲王朝は存在した」と語った。

 講演会は、梅原氏の新著「葬られた王朝 古代出雲の謎を解く」(新潮社)の出版を記念し、松江市の今井書店が主催。県内外から古代史ファンら100人が聴講した。

 梅原氏は約40年前に書いた「神々の流竄(るざん)」で、出雲地域に神話を裏付ける考古学的遺跡がないことを根拠に、出雲神話について「大和に起こった出来事を出雲に仮託したもの」と主張した。
しかしその後、荒神谷遺跡、加茂岩倉遺跡など、古代史を塗り替える貴重な発見が出雲地域で相次いだ。

 この日の講演で、梅原氏は「神話に匹敵する遺跡があったと言わざるを得ない」と自説を撤回。
出雲王朝の存在を認めたうえで、八岐大蛇(やまたのおろち)や国譲り神話、出雲大社の建造が示す出雲の歴史について、古事記や日本書記の記述を基に、梅原流の解釈を分かりやすく紹介した。

 6日に出雲大社に参拝することを明かした梅原氏は「大国主命におわびをしたい」と講演を締めくくり、会場を沸かせた。


・古代出雲について語る梅原猛氏=出雲市駅南町、ビッグハート出雲
http://www.sanin-chuo.co.jp/photo/0605/5200900041.jpg

41 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 13:04:43
出雲は投馬国。
投馬の名は、スサノオが馬を投げ入れたことに由来。

42 :日本@名無史さん:2010/06/10(木) 22:58:49
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆爆


縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。

http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50219a.htm
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)