5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本語の起源は朝鮮語である

1 :日本@名無史さん:2008/10/19(日) 09:06:08
現在では定説になっていますね。
言葉すら韓半島からパクらなければなかった日本土人。
アワレですね。

2 :日本@名無史さん:2008/10/19(日) 09:22:01

憐れな、半島
16世紀まで民族文字もなかった。



3 :日本@名無史さん:2008/10/19(日) 15:17:56
∞※≠ΩΠΔξ♪

4 :87:2008/10/19(日) 16:00:27
>>1 日本語と朝鮮語の数詞、身体語で共通の単語があるのなら挙げてみろ。


5 :87:2008/10/19(日) 16:03:14
>>1 またハナ、ナラ、ワッショイの語呂合わせ3点セットくらいか。


6 :日本@名無史さん:2008/10/19(日) 18:56:54
はっ?????日本語の起源は中国語だが??
>>1  お前馬鹿か?そもそも古代朝鮮に文字はあったのか??

朝鮮語としての文献もないよね?みんな中国の文献だよね
>>1  お前キチガイだろ?


7 :日本@名無史さん:2008/10/19(日) 23:01:45
>>1
ハングルをよく見てみろ
象形文字だぞ
他の文化圏の人々が原始時代から
文字や言葉を発展させてきたのに
チョンだけが原始時代のまま


8 :日本@名無史さん:2008/10/19(日) 23:18:09
ハングルは世界の中で一番新しい文字だろう。15世紀まで民族文字を
もたなかった民族はアジアでも朝鮮だけだろうな。

 つまりアジアで最も遅れた民族だったということだ。


9 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 01:41:32
「日本語の起源は朝鮮語である」なんていう定説は全く無い。
そんなことを言っている日本の言語学者は皆無である。
日本語と朝鮮語は無関係というのが定説である。


10 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 02:06:25
ハングルなんて最近出来た文字じゃない

11 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 03:56:32
台湾人工作員のスレである事がよーーーーーく分かるなw




6 名前:日本@名無史さん :2008/10/19(日) 18:56:54
はっ?????日本語の起源は中国語だが??





12 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 10:47:11
 数詞対照表の最新版 (娜々志娑无氏提供) 2007/10/25

  古代日本語 高句麗語 新羅語 高麗語 中期朝鮮語 現代朝鮮語

1   Φi1to2    −−  hっtっn hっtっn   hΛnah    hana
                 (一等)  (河屯)
2   Φuta    −−  tu¨pっ¨l tuβっr   tulh      tu:l
                 (二尸)  (途孛)
3    mi1     mil    siet    sei     s∂ih     se:s
            (密)    (悉)   (洒)
4    'jo2     −−   −−   nei     n∂ih     ne:s
                       (廼)
5    'itu     'utsu   −−   ta∫us   tasΛs    tasっs
           (于次)        (打戍)
6    mu    −−   −−  'jul∫us  'jっsΛs    'jっsっs
                       (逸戍)
7   nana    nanun  −−  'ilkup    nilgub    'ilgob
            (難隠)        (一急)
8    'ja     −−   −−  'jultap   'jっdщlp    'jっdっl
                       (逸答)
9  ko2ko2no2  −−   −−  'ahop    'ahob     'ahob
                       (鴉好)
10   to2'wo    t∂k   −−   'jっl     'jっlh     'jっ:l
            (徳)         (噎)

※古代日本語の[i1]はイ列甲類、[o2]はオ列乙類。[っ]は母音[?]の代用。
 高句麗語の数詞「5」については村山説を挙げたが、李基文や板橋義三は
 再構語形を[uc]としている。

13 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 12:08:37
>>2
>16世紀まで民族文字もなかった。
19世紀になってから日本の福沢諭吉が整備して
教えてあげたんだよ、ハングル文字を。

14 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 12:48:09
高句麗語にあるとする蜜、難隠、徳は音が古代中国の漢音呉音で日本語
と一致するから、古代日本語に呉音の影響があることを示すだけで、同
時に高句麗も中国東北工程の文脈で考えられることを示すにすぎない。
朝鮮語が日本語の起源などとする根拠はまったく見当たらないのである。

15 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 15:04:12
日本語の起源を語るような時代に
朝鮮語などというものは存在しない
それの原型となるような言語というなら具体例をどうぞ

16 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 20:25:38
>>15
>日本語の起源を語るような時代に
>朝鮮語などというものは存在しない
同意。朝鮮人の先祖=ツングースの先祖の言葉の
どれかなんだろうが、数千年前にはまだ
シベリアでトナカイやアザラシを狩っていただろう。

17 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 22:10:53
>>12
また捏造してるし
古代日本語を変な文字で表記するな

18 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 22:21:08
>>12 しかし、その高句麗語の3,5,10がトルコ語の5 bes,3uc,
9 dokuz に当たるというのは、どうなんだろう?

 数詞の入れ替えなどが起こるものか。語形はそっくりだが。

 トルコ語は他にも2iki がハンガリー、フィンの1 egy,yksiに
似ているというややこしい言語だ。


19 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 00:51:09
朝鮮語の動詞が四段活用したり、受身形があったり、形容詞がシク活用したり、形容動詞が別にあったり、

係り結びがあったりすれば日本語との関係が問題になるが、何もないようだな。

日本語の起源について参考にもならん言語だ。


20 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 03:51:43
>>1
血の汚れたチョン共

21 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 16:34:44
朝鮮でもまともな言語学者ならこんな話は信じないが、
在野の研究者、畑違いのやつらなら当り前のように信じてる
朝鮮がどんな国かを再認識するにはいいスレ

22 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 20:52:47
>>21 在野の研究者・・・ハナ、ナラ、ワッショイやサムライをサウラビという語呂合わせをする連中

が多いようだが、研究者というより言葉遊びをやっている暇人だな。


23 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:50:38
それはそうなんだけど、バカバカしいとは思うけど
やってる本人は大まじめなところが問題なわけで

24 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 13:38:03
母木邑(おものきのむら)

25 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 16:33:21
>>23 朝鮮人は昔から、儒教の解釈で論争、政争していたそうだから、詭弁術
だけは長けているようだ。


26 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 22:52:41
詭弁って言うか、議論に負けそうになったら泣きわめくだけだし、
日本人が相手なら極右軍国主義者ニダって叫べば逃げられると思ってるんだろう

27 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 23:40:44
無い歴史を捏造するのは無理があり過ぎる

28 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 23:50:27
>>1
日本語の起源は日本だよ
島国で文化を育んできたのだから

29 :日本@名無史さん:2008/10/25(土) 17:03:07
>>21 在野の研究者・・・ハナ、ナラ、ワッショイやサムライをサウラビという語呂合わせをする連中は、

自分の思い付きに感激して自己陶酔するようだな。疑ってみるという科学精神に欠けているのが特徴だ。

30 :日本@名無史さん:2008/10/25(土) 17:09:36
満州南部に居た扶余族の一部が日本に侵入して先に移住してきた集団を
支配下におき扶余系の言語が日本語として広まったのでは
扶余系には高句麗や百済の王族がいたらしい

韓国語の直接のルーツは新羅の言語

31 :日本@名無史さん:2008/10/25(土) 18:40:46
日本語の基層言語はもちろん縄文語。研究書もある。
日本語のルーツにはポリネシア語系やインドの
タミール語系と酷似している部分があり、ナラも
レプチャ語では都を意味するとか。言語研究と
いうのは非常に長い年月と地道な探求、深い考察
のすえ少しずつ解明されていくもので簡単なもの
ではない。一学者の思いつきなどでわかるものでは
ないのである。

32 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 13:00:19
>>30 沖縄の先島まで日本語族だが、夫余系は日本だけでなくて、沖縄まで支配しなければそんなこと
にはならないな。

 高句麗語と日本語の類似も40%弱でしかないので、夫余系言語が日本土語と交替したとも言えない。


33 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 13:42:53
ハングルの起源は日本

34 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 16:48:42
40パーセントって言ってもサンプルが少な過ぎるからあくまで参考でしかない
とは言っても古い時代の日本語に少しでも似てる例が高句麗語しかない
というのも事実だが

フヨ系が日本列島に入ったのが弥生初期だとすれば、
日本本土で人口を増やしたフヨ系が沖縄にまで進出したというのはなくはないと思う
どっちみち証拠が少な過ぎて想像にしかならないんだけどね

もしもフヨ系言語の影響があるなら、縄文人の言語と交替したというよりは
クレオールだったのかもよ

35 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 21:00:17
みんな釣られすぎかも、
でも朝鮮人は日本語だけでなく全世界の言葉の起源は朝鮮語って
言っていたような、、


36 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 14:37:15
>>35 漢字の起源も朝鮮と馬鹿面さげて主張しているしな。


37 :日本@名無史さん:2008/12/11(木) 11:59:12
>>35
英語が韓国起源ってのは見たことがある

38 :日本@名無史さん:2008/12/11(木) 12:33:50
せいろん談話室というところに、
「ネット掲示板の『2ちゃんねる』だが、あのサイトは、
朝鮮総連が運営しているサイトである。代表の「ひろゆき」こと西村博之は、もちろん在日
朝鮮人である。彼は朝鮮総連の工作員なのだ。」とあるよ、妙に説得力があるww

http://ez.st37.arena.ne.jp/cgi-bin/danwa/kiji_display.cgi?thread_id=200310-001&kiji_id=00129


39 :日本@名無史さん:2008/12/11(木) 13:52:14
ハングルて文字と思えない。

40 :日本@名無史さん:2008/12/11(木) 16:26:39
日本語だとよw

支配者言語は大和言葉だろ。たまに居るよな邪馬台国の時代から日本語
喋ってたつぅうアフォw

41 :日本@名無史さん:2008/12/12(金) 00:03:42
>>40 邪馬台国は倭人の国で倭国が奈良時代に日本と改名しただけなので、日本語が不都合なら倭語=和語で、同じことだ。

 邪馬台国=ヤマトならヤマト語とも言えるし、ヤマト語=日本語だ。


42 :日本@名無史さん:2008/12/12(金) 10:08:13
日本各地1000検体をから取った東大のデータでは
EU型JCV(コーカソイド起源を示す)は
現在の日本人のうち20%近くを占め、
また5000検体から取ったデータで、
アセトアルデヒド分解酵素の遺伝子を
持つ人(コーカソイド起源を示す)の生活圏が東北以北、
北海道全域という広範な領域と人口をしめしていますから、
縄文人の「圧倒的大多数」が北方モンゴロイドだった
アイヌ人=コーカソイド(白人)説の定説を否定し
アイヌ人=古モンゴロイド説を言い出したのは在日
血統そのものが違う人種

43 :日本@名無史さん:2008/12/12(金) 20:44:58
>>40 魏志倭人伝の倭国の固有名詞は、ほとんどが子音+母音の連続で後の日本語と一致する。

 日本語でなければ、インドネシア語かポリネシア語で、子音終わりのある古代シナ語や中期朝鮮語
とは異なる。

 地理的位置から見て倭国は九州か畿内か分からんが、日本列島にあったので、そこでインドネシア語
やポリネシア系の言語があったとも思えないから、固有名詞は古代日本語(倭人語)の可能性が最も
大きい。



44 :日本@名無史さん:2008/12/13(土) 12:10:27
実際さあ、一番資料が豊富な中国人でさえ認めてるんだからなあ。

http://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%BB%E9%82%A3%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%BA%9C
指古代(朝鲜半岛三国时代,日本列岛古坟时代)大和王权在朝鲜半岛南部任那的统治机构。


45 :日本@名無史さん:2008/12/13(土) 15:45:03
ま、考古学的には弥生以降外来の集団が現地人を
人口で圧倒したということはなかったようだし、
>>43にもある通り日本語だったと考えるのがいちばん素直だとは思うが

しかし、弥生時代の言語が日本語じゃなかったかもしれないという発想は
なかなか大事なんじゃないか。当り前のことを疑ってみるのは悪くない
しかし、半島で話されていた言語が今と違っていたと言うと
なぜ全力で否定したり激怒して暴れたりするのか分からないな

46 :日本@名無史さん:2008/12/14(日) 03:18:17
日本語は、日本列島が大陸と切り離された約2万年前以降に日本で独自に発達を
遂げて形成されたのであろう。
考古学的にはその後に、日本列島全体の言語構成を覆すような人口流入は確認できない。
縄文人と弥生人の違いは、稲作の導入による生活環境の変化が主たる原因だろう。

小泉保の『縄文語の発見』によれば、弥生時代以降の言語形成では説明できない方言の
分布状況が確認できる。つまり、九州〜東北までの領域で縄文時代から繋がる
言語形成が確認できる。

何よりも日本語と基礎語彙を共通にする言語が存在しない。
南方(東南アジア)語の基礎語彙とはわずかな共通性はあるが、文化交流の多かった
大陸北方言語との共通性は確認できない。

一方で、文法はアジア北方言語に類似するので、南方言語のみに依存したものではなく、
北方の言語の影響もある。その影響は日本が大陸から切り離される以前のものであろう。

47 :日本@名無史さん:2008/12/14(日) 03:27:20
漢字導入の時でねぇの?w

48 :日本@名無史さん:2008/12/14(日) 05:18:21
漢字無数にあるからな
日本固有の漢字や日本には平仮名やカタカナなどある中国起源の漢字などがある。
朝鮮半島なども漢字は使えていたらしいが独自スタイルの文字ハングル文字が今は主流

49 :日本@名無史さん:2008/12/14(日) 05:59:31
義務教育で日本の神話から始めるべき
ギリシャはそうしている
生態史観も教えるべきだ
子供達も中韓と違うことを自覚するだろう

50 :日本@名無史さん:2008/12/14(日) 15:19:17
朝鮮語、モンゴル語よりトルコ語の文法の方が日本語に似ているから日本語はシベリアか中央アジア起源だろうな。


51 :日本@名無史さん:2008/12/14(日) 15:21:35
>>1 日本語と朝鮮語で共通の身体語、数詞などの共通語があるのなら挙げてみろ。


52 :日本@名無史さん:2008/12/14(日) 21:17:25
日本語の起源はタミル語だって真剣に主張してる某大先生がいたでしょう?
もう死んじゃったけど

53 :日本@名無史さん:2008/12/15(月) 10:52:43

中国人も嫌韓が激増して朝鮮人は大慌てしているwww
どっちかを選べといわれれば、超経済大国の中国を選ぶのが正解、
韓国北朝鮮は無視しても構わん、むしろ無視すべき、
それは起源前後から同じ


54 :日本@名無史さん:2008/12/15(月) 17:09:56
大和言葉+中国語(外来語の単語)=日本語
漢字⇒平仮名・片仮名

こうじゃないの?

55 :日本@名無史さん:2008/12/15(月) 18:01:52
>>1はマゾだとおもふ

56 :日本@名無史さん:2008/12/15(月) 18:14:03
DNAの研究によれば日本人は極北のシベリアの原住民に起源するらしい。朝鮮、支那よりもモンゴルが近親のようだ。

57 :日本@名無史さん:2008/12/15(月) 20:14:42
1、古事記、
枕草子も朝鮮語かよ

23段 すさまじきもの 昼吠ゆる○○人。



58 :日本@名無史さん:2008/12/16(火) 17:05:13
そういやあそこの翻訳掲示板で古事記は韓国語で書かれてるって言う韓国人いたよ
中国語で書いてあるって言われても理解できないようだった

59 :日本@名無史さん:2008/12/17(水) 08:43:54
明治維新まで日本の公文書は唐代中国語(漢文)である。昭和二十年まで勅語は漢文の読み下し文、即ち古代中国語の翻訳文であった。

60 :日本@名無史さん:2008/12/17(水) 17:10:18
>>59 シナ人が読んでも意味不明の漢文だったようだがな。


61 :日本@名無史さん:2008/12/17(水) 18:32:59

17:00の朝鮮カルト現るか!

62 :日本@名無史さん:2009/01/09(金) 10:56:29
日本語  ○○が、××だ。

朝鮮語  ○○が、××だ。

63 :日本@名無史さん:2009/01/25(日) 05:11:54
ガウレス

64 :日本@名無史さん:2009/01/27(火) 08:30:01
朝鮮人の識字率の変遷 〜消える大日本帝国の功績〜

1443年:創案
1446年:9月: 訓民正音 公布
1504年::李朝第10代王 燕山君、訓民正音の教育・学習を禁止、正音庁(諺文庁)等所蔵の訓民正音 文書焼却。
1506年:李朝第11代王 中宗、諺文庁を閉鎖し、訓民正音を完全廃止する。
以後、日本統治時代までハングルが公に使われる事は二度と無かった。

1883年:福澤諭吉、自腹でハングル活字を作り、ハングルを復活させる。

〜1910年:ハングル識字率はたった3〜8%程度。しかも、地域間で互換性無し

1910〜45年:日本の指導で漢字ハングル交じり文の識字率80%に急上昇。
(当時、漢字・ハングルは学校で必須科目)

1940:年:総督府により慶尚北道の民家で「訓民正音」を発見、しかし他の本の裏紙となっていた。

1970〜:漢字撤廃運動が本格化

1990年:漢字の読み書きが出来無い成人が90%突破

2003年:自国語のハングルさえ読み書き出来ない”文盲”成人が25%を突破

2005年:英語を公用語に」賛否ほぼ同じ - ハングル不要論者が急増 ←今ここ


65 :日本@名無史さん:2009/03/02(月) 21:26:13
>>49
あははは、止めとけw
「海をかき回して落ちた雫で日本ができたんだ!
それが正しいんだ!海底のプレート、ナニソレ?」
って、朝鮮人が叫んでるのと同レベルになるよ?

66 :日本@名無史さん:2009/03/03(火) 05:14:48
イタリア人って、スペイン人に「スペイン語の起源はイタリア語」と言って
悦に入ってるの? >>1はアホなこと言ってないで、劣等感捨てたら?

67 :日本@名無史さん:2009/03/03(火) 05:30:37
会津弁の起源はどこよ?


68 :日本@名無史さん:2009/03/03(火) 11:35:48
【民主党】小沢代表失言。「拉致問題解決、北朝鮮に金をいっぱい持っていき『何人かください』って言うしかないだろ。」マスコミは静観の構え★34
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1236045712/

69 :日本@名無史さん:2009/03/03(火) 11:56:41
>>53
中国に帰属すると。差別制度により日本人は最下位にされるぞ。関わらないのが一番

70 :日本@名無史さん:2009/03/06(金) 12:41:27
負の遺産、朝鮮。

71 :日本@名無史さん:2009/03/06(金) 17:58:19
■カタカナの起源はハングル(サーチ・チャイナ)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0305&f=national_0305_001.shtml
中国人の多くは日本語で漢字が使われていることを知っているが、読み方がきわめて複雑で
あることは、あまり知られていない。「かな」について、以前は漢字をくずしたり一部を
借用するなど、起源が漢字であることは、あまり知られていなかったが、数年前に韓国で
「かたかなの起源はハングル」との説が発表されたことがきっかけで、中国国内で
「起源は漢字」とする文章が多く発表されたことで、知られるようになった。(編集担当:如月隼人)


72 :日本@名無史さん:2009/03/06(金) 20:41:38
またウリジナルかwwwwwwwwww

73 :日本@名無史さん:2009/03/07(土) 18:54:35
>>52
この大先生、朝鮮語のタミル語起源説もあると言ってたぞ。

74 :日本@名無史さん:2009/03/08(日) 18:44:46
万葉の時代からどうやってハングルを学ぶんだw

75 :日本@名無史さん:2009/03/09(月) 16:12:45
>>1
何をいまさら、JAPは劣等民族って朝高でも教わったろ

76 :日本@名無史さん:2009/03/11(水) 15:13:47


日本の 古代文字は、甲骨文字と 同じです。 証拠↓
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/newpage3-3.html

カタカナは ハングルでは ない。 証拠↓
http://utukusinom.exblog.jp/9661239/

漢字・カタカナ・もちろん ひらがな は、日本の寶だ!



77 :日本@名無史さん:2009/03/16(月) 19:48:40
現在、使われているハングルは
福沢諭吉ら日本人が整備編纂し、
朝鮮人に施してあげたものだ。

78 :日本@名無史さん:2009/03/16(月) 23:23:13
【歴史】聖徳太子は聖王の生まれ変わりなので百済系王族

百済第27代王・威徳王の息子、阿佐太子が西暦593年にもたらしたという救世観音像と
百済系渡来人が作った百済観音像だ。 救世観音像は「威徳王が新羅(シルラ)との
戦闘で亡くなった父の聖王の姿を作ったもので、法隆寺を建立した聖徳太子は聖王の
生まれ変わり」という過去の記録が伝えられる。

このため韓国テレビの歴史ドキュメンタリー番組が百済の聖王の姿を3次元(3D)で
再現しながら、観音像の顔を使用したこともある。
聖徳太子も日本古代王家で百済系の王族に分類される。

奈良公園内にある東大寺も百済と関係が深い。
この巨大な仏像を作る造仏師として百済滅亡後に日本に渡ってきた百済の流民が
多数参加したというのが、東大寺の僧侶の説明だ。 大仏造成の責任者だった
僧・行基も百済系という。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=112668&servcode=A00§code=A10

蘇我氏、藤原氏だけでなく聖徳太子も百済系、大仏造成の責任者も百済系
おいおい、倭人は一体何やってたんだよwww



79 :日本@名無史さん:2009/03/17(火) 00:32:38
>>78
「ヤマトの半島征伐」
391年にヤマトが半島に遠征して、百済新羅を従属国にした(広開土王碑)より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E9%96%8B%E5%9C%9F%E7%8E%8B%E7%A2%91

これは隋の記録の、百済や新羅はヤマトを宗主と崇めていると言う記録とも一致。
碑文の写しも中華で発見されており、4世紀には半島南部は完全に日本の属国であった証拠と言える。

「白村江の戦い (663年)」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E6%9D%91%E6%B1%9F%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
白村江の戦いで敗北した倭国軍は、各地で転戦中の倭国軍及び倭国への亡命を
希望する百済の遺民を結集して帰国を果たした。

敗北したとはいえ、7世紀に5万の兵を渡海させてシナと決戦している。
この決戦と百済亡命から考えると、百済の正当な所有者は日本であると言える。
古代から中国の記録にもあるように、特に半島南部は日本の属国で
半島南部を中華から守るため唐と決戦したのも日本の男。
つまり、今居る半島の男はその後の異民族の侵入で入れ替わってなくとも、単なる中華のしもべ。


80 :日本@名無史さん:2009/03/19(木) 02:17:28
290 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/03/17(火) 23:37:43 ID:9xd+ntBF
古代日本語いんちき解釈の一例
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/bibimbab/siru/intiki.html

古代日本語のいんちき解釈がどう行なわれているのか、詳しく見てみることにする。例はどれでも構
わないが、とりあえず李寧煕氏の『もう一つの万葉集』の中から一首えらんでみよう。

(中略)

この本では「新羅ことば」なるものがしばしば登場するが、新羅語がどのようなものであったのかは
、ほとんど解明されていない。ここで出てくる「新羅ことば」なるものは、実は単に現代朝鮮語の慶
尚道方言に過ぎない。慶州(慶尚道の都市)が新羅の都だったからといって、現代慶尚道方言を新羅
語だと決めつけるのは、奈良弁が奈良時代の言葉だと言っているのに等しいわけで、これをまともに
受け留める人はいないであろう。いくら朝鮮語のことを知らない日本人が読み手だからといっても、
上のようにちょっと置きかえて考えればすぐに分かる話で、人を愚弄するにも程があるといえよう。

まともに解釈してある語は1つとしてない。実に、歪曲率100%である! これで、氏の「解読」なる
ものがどんなものであるか、充分にお分かりいただけただろうと思う。ここでは言語学的な知識を多
少動員したが、いくつかの箇所はそのような専門的な知識がなくても充分にそのいかがわしさを感じ
取ることができる。これが「解読」の実態である。

なお、真の朝鮮語系統論を知りたければ、『韓国語と日本語のあいだ』(宋敏著、菅野裕臣・野間秀
樹・浜之上幸・伊藤英人訳、草風館) をじっくり読むのがよい。朝鮮語と日本語の関係を探る作業が
、いかに困難であるか、いかに厳密さを要求するかが分かるはずである。

81 :日本@名無史さん:2009/03/19(木) 04:35:27
帯方方言の漢語と日本の土語から創作したのが日本語らしいね
現在の朝鮮語も同様に帯方方言の漢語の影響を受けている

82 :日本@名無史さん:2009/03/19(木) 17:22:58
東アジアの全ての起源は中国

83 :日本@名無史さん:2009/03/22(日) 10:03:14
日本語は万葉集により古代まで言語情報があるが、
朝鮮語は15世紀ぐらいまでしかさかのぼれない。

系統を探るにも、資料が無い。

84 :日本@名無史さん:2009/03/22(日) 22:41:04
朝鮮族はシベリアから南下してきた
未開の蛮族だったんだから仕方ないよ。

85 :日本@名無史さん:2009/03/22(日) 23:30:03
まともに言語学的な比較をするなら、紀元前1000年ぐらいまでの資料がほしいそうだ。
それくらい言語的に別系統。
似ているようで似ていない。

86 :日本@名無史さん:2009/03/22(日) 23:50:28
日本語の中核である大和言葉はヘブライ語が起源です。

87 :日本@名無史さん:2009/03/23(月) 00:07:08
>>71
ハングルって、どう考えても、日本語のカタカナ語と違うじゃんw。
ああ、そこの日本語編集員って、
在日韓国人だと思うよ。

88 :日本@名無史さん:2009/03/23(月) 00:15:44
日本語の直接的な祖語は
中国南部地方に存在していた説が有力だろう?
でも、ここらへんは、文字を発明したシナチベット語族に
吸収されてしまって、その後、消滅してしまった可能性が高い。
ちょうど、女真語などが、シナチベット語によって消滅してしまったように。


89 :日本@名無史さん:2009/03/23(月) 18:42:10
糞を舐めるチョンはすばらしいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

朝鮮人の娯楽として嘗糞が流行した part11
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/korea/1230968038/

90 :日本@名無史さん:2009/03/23(月) 21:28:40
>>88
>中国南部地方に存在していた説が有力だろう?
そう思うよ。
浙江省の一部地域には
日本語と音節が1つを覗いて同じ、
ローカル古語が残っているらしいよ。

今は支那チベット語族が支配している地だが、
ポリネシアンの祖先なども中国から南下して
太平洋に移動していったように
元は別の語族が中原に暮らしていたことは事実だよ。

91 :日本@名無史さん:2009/03/23(月) 21:44:57
自問自答チャンコロワンコロ乙

92 :日本@名無史さん:2009/03/23(月) 21:54:50
1は1000%中国人か台湾人の工作員。

最初から日本語は中国江南起源というウソの刷り込み洗脳が
目的なだけの超スットボケスレ。

あたかも朝鮮人が立てたかのようにスットボケて、
最終的に日本語は中国江南にすり替えていく。

すり替え法。

93 :日本@名無史さん:2009/04/21(火) 00:25:56
言語学の世界では
日本語と朝鮮語は全く別言語と答えはとっくに出ているんだが…
親戚後ですらないよ。

言語接触による共通点や類似点を数えても意味はない。
言語の成り立ちと分類に最も重要な基本的語彙と音韻が違う言語は別言語。

94 :日本@名無史さん:2009/04/21(火) 10:49:07
>>93 ハナ、ナラ、ワッショイの3語だけ何とかでっちあげたが、あとが続かんな。

 最近サウラビというのも捏造したが。


95 :日本@名無史さん:2009/04/21(火) 12:10:46

ツカポコタカ♪ツカポコタカ♪セローイ!

ツカポコタカ♪ツカポコタカ♪セローイ!

ここは台湾の田舎町。どこからか南方太鼓を叩く音が聞こえてくる。

見てみると叩いているのはそう、東南アジア人風の台湾人。

ツカポコタカ♪ツカポコタカ♪セローイ!

ツカポコタカ♪ツカポコタカ♪セローイ!

半裸で意味不明の南方語の掛け声を唱えては太鼓をしきりに叩いている。

叩く。叩く。しきりに叩く黒い手。

そして黒い顔に潰れた広い鼻。突き出した口元とゴツゴツとした輪郭。

ツカポコタカ♪ツカポコタカ♪セローイ!

ツカポコタカ♪ツカポコタカ♪セローイ!

一瞬、ニューギニアの奥地に居るような感覚に私は襲われたのである。

96 :日本@名無史さん:2009/04/21(火) 12:47:46
朝鮮が日本を創ったとしたら古代高句麗の言葉は
日本語って事になる

そして朝鮮人の言葉は侵略者である穢人の言葉になるな

檀君朝鮮を建国したのは
スサノオであるという神話もある

97 :日本@名無史さん:2009/04/21(火) 12:53:31
チョンが誇りにしている
先祖の血統は日本人だと 墓穴を掘る事になるだけ
穢人は他国に寄生し宿主を乗っ取る
新羅も乗っ取られた
まるで在日みたいだ

あいつらは穢人の末裔

穢人はエベンキ族ね

98 :日本@名無史さん:2009/04/21(火) 15:19:12
>>95 台湾先住民はマレー系でアフリカ人ではないがな。

 それに田舎町はシナ系福建人が支配していて連中は山中に追いやられているだろう。


99 :日本@名無史さん:2009/04/21(火) 15:20:55
>>95 台湾先住民より朝鮮人の方が太鼓を叩いて踊り狂うのが好きなようだが。


100 :日本@名無史さん:2009/04/21(火) 17:22:23
>>95 チャングとかいう太鼓や肩を上下させて踊り狂う文化は、日本に伝わっていないな。


101 :日本@名無史さん:2009/04/21(火) 18:14:30
嘘つき 捏造の起源は朝鮮である

現在では定説になっていますね。
すべてに渡って、嘘をつき捏造をしなければなかった朝鮮土人。
アワレですねwwwwwww


102 :日本@名無史さん:2009/04/21(火) 19:12:40
捏造は嘘であり、恥だと思わない感覚が国民に蔓延している時点で
すでに日本人とは別世界の人々。

103 :日本@名無史さん:2009/04/22(水) 01:43:06
>>100

それをいうと鮮人がファピョるよ。

奴らは東南アジア土人と罵りながら、
チャングビートの血が騒いで
あんなコピペ文を作ってしまうんだよ。

韓国人は、YAP+は持たないが、
東南アジアらしい赤い遺伝子は持つんだよw

104 :日本@名無史さん:2009/04/22(水) 01:57:29
>>103 彼らはアジアのラテン民族とか言っているが、ラテンというより
アフリカに近いようだ。


105 :日本@名無史さん:2009/04/22(水) 10:07:22
あんな糞ダサくて耳障りな発音する言葉が日本語のルーツなわけがない

106 :九州王朝大好き:2009/04/22(水) 11:44:47
>>96
>朝鮮が日本を創ったとしたら古代高句麗の言葉は日本語って事になる

古代高句麗の言葉は、日本語祖語のひとつと共通のルーツを持っているから、それでいいのじゃない?


>そして朝鮮人の言葉は侵略者である穢人の言葉になるな

朝鮮人の言葉は侵略者である挹婁人の言葉だよ。濊人ではないよ。
濊人の言葉は古代高句麗語と似ているのだよ。
後漢書と魏書の東夷伝を読んで確認してくださいね。

107 :日本@名無史さん:2009/04/22(水) 11:56:28
卑怯者小日本がぱくった大韓民国起源の文化技術の一例
けんどう せんべい まんが すもう とうふ
すいしょうはっしんき でーぶいでー ととろ
さむらい ぎゅうどん ふろっぴーでぃすく
かどう もち さどう じゅうどう とりい
えんか どらえもん ろーたりーえんじん
せいろがん みそ のり りかちゃん はなふだ
かんぽうやく にほんりょうり ふぁみこん
いたわさ しゃーぷぺんしる おでん らむね
しょどう たび きもの やきもの はきもの
びでお えきしょう こっき ぽっきー はなび
とんかつ にんじゃ ぼんさい こうどう
かんじ かな まんざい とらんじすたらじお
はかま ぷりきゅあ けいさんき たこやき
にほんご あにめ たいようでんち さけ
うるとらまん そめいよしの ねぶた おかま
にゅーとりの ぽりあせちれん てんのう
きゅうどう しんかんせん こんにゃく
ちくでんち かぶき かたな あんてな らくご
がんだむ ごじら ふぇらいと おりがみ わか
いろり めんこ しょうゆ あじのもと はいく
ひかくさんげんそく どこんじょうがえる
まじんがーぜっと やったーまん ほくとのけん
じゃんけん うどん なっとう うめぼし
かめら からおけ ばんのうさいぼう
とうがらし あやとり こうばん かーなび
とらさん ぽけもん とうほくべん
きゅうあーるこーど たっきゅうびん
ふらっしゅめもりー ひかりでぃすく
がっちゃまん きゃんでぃーきゃんでぃー
かーどきゃぷたーさくら きんにくまん


108 :九州王朝大好き:2009/04/22(水) 12:07:47
>>97
>チョンが誇りにしている
>先祖の血統は日本人だと 墓穴を掘る事になるだけ
>穢人は他国に寄生し宿主を乗っ取る
>新羅も乗っ取られた
>まるで在日みたいだ
>あいつらは穢人の末裔
>穢人はエベンキ族ね

重ねて書くが、
濊人ではないよ。挹婁人だよ。
もちろんエベンキ族じゃない。
あとは否定しないが。

「ワイ」の字が違うよ、「穢」ではない、「濊」です。

後漢書と三国史魏書の東夷伝をよく読んで確認して下さい。
挹婁人についての記述を読むと、現代朝鮮人について書いているのではないかと。驚くよ。

109 :どうおもう?:2009/04/22(水) 18:51:45
歴史も知らないでもとにかく日本の上に立とうともがいている人
相手にしません。時間の無駄

110 :日本@名無史さん:2009/04/22(水) 21:29:12
>>108 挹婁人というのはツングースで朝鮮人の先祖とはまた違うのでは?


111 :九州王朝大好き:2009/04/22(水) 21:59:14
>>110
挹婁人は北朝鮮北東部から沿海州沿岸部及びその内陸部に住み、
森の民でもあり海の民でもある。

中国・ロシア・北朝鮮の現朝鮮族が住んでいるのとほぼ同じエリアに、挹婁人は住んでいた。

ツングースは括りが大きすぎる。トルコから夫餘・高句麗・百濟までツングースとされる。
言語は、夫餘・高句麗・百濟グループと挹婁では異なる。
朝鮮族は現在出自不明とされているが、挹婁との関係を取りざたされるのを嫌うところから来ている。


112 :日本@名無史さん:2009/04/23(木) 00:35:05
>>1 日本語は高句麗語と関係があるかも知れないが、朝鮮語とはほとんど無関係であるというのが定説だ。


113 :日本@名無史さん:2009/04/23(木) 20:34:14
>>108 穴居生活、豚の飼育、住民は不潔で家の真ん中に便所を作りそれを囲むように暮らしている。

・・・ふんふん、これは明治時代の日本人の朝鮮観察とほとんど同じだな。

 射撃が上手・・・これも同じだ。

 漢の時代から夫余の家来となっていた。夫余が重い税を課したので黄初年間(220年〜226年)には反乱を起こした。

 掟や習わしにはもっともルールが欠けている民族である。
・・・これは朝鮮人の先祖に間違いないな。


114 :日本@名無史さん:2009/04/23(木) 22:12:48
>>108 朝鮮語とアイヌ語に類似単語があるのも北海道と沿海州の地理的近さと関係があるんだろうな。


115 :日本@名無史さん:2009/04/24(金) 02:39:41
言語接触といいます。

116 :日本@名無史さん:2009/04/24(金) 09:58:46
>>108 魏志倭人伝の倭人の記録を読んでもこれは日本人だと思うが、ハロウは朝鮮人だろうとよく分かるな。

 2000年たっても民族の文化、習性は変わらないようだ。


117 :九州王朝大好き:2009/04/24(金) 10:56:29
>>113-116

後漢書と三国志魏書には、挹婁(ユウロウ)は日本海沿岸で海賊をしていたとあるが、
南は辰韓沿岸迄、東は蝦夷津軽沿岸迄荒らしていたようだ。

彼らの一部は海賊をしながら南方(慶州付近迄)へ勢力を伸ばし、
志羅伎を滅ぼし新羅を建国したと見られる。

118 :日本@名無史さん:2009/04/24(金) 21:40:18
>>117 海賊?辰韓まで進出して新羅を建てるほどなら日本へ来襲してもおかしくないが、三韓時代に朝鮮から日本へ来たという話はあまり聞かないな。

 日本の海賊の方が強かったということかな。


119 :日本@名無史さん:2009/04/24(金) 21:51:48
>>1
台湾ニグロ乙枯w

120 :九州王朝大好き:2009/04/24(金) 23:12:52
>>118
倭は現慶州で新羅との攻防を繰り返しています。
半島南岸の倭(志羅紀)は強力だったので、
古代朝鮮人(挹婁人)とは朝鮮半島東南部での攻防戦です。
対馬海峡を支配していたのは倭人ですから、
古代朝鮮人(挹婁人)の日本来襲は不可能です。

121 :日本@名無史さん:2009/04/25(土) 11:54:09
>>120 新羅も百済と同じで倭人が多かったが、ユウロウに乗っ取られたようだな。

 半島では倭人よりユウロウの方が強かったが、ユウロウは列島まで進出する力はなかったんだな。


122 :日本@名無史さん:2009/04/25(土) 16:09:06
四谷三丁目近くの河童池と呼ばれる低湿地女郎屋地区に住む鉄筋屋の息子が
変態の出来損ないだそうだ。
勿論、生まれてこの方ただの一度として本らしい本など読んだことも無く、
目に一丁字なき有様!
だから日本国内の最底辺の学校にも入れないので、アメリカの五流大学へ
行かされたんだ。 阿呆のことだから、嬉しそうに「英語の勉強に行くんだ」
などとほざいて居たが、こんな痴呆風情に外国へ「留学」なんぞされた日には
日本人の知的レベルが疑われて、国辱ものでしかないぞ。
ドアホウは学校へ通わず、「子供の頃から賃金労働でもしてろ」と言いたいもんだ。
こいつの場合は素性が素性だけに言わずもがなのことだけれど・・・
以上、参考までに

123 :日本@名無史さん:2009/04/25(土) 17:38:58
>>120 一度だけ、刀伊の来襲があったのがそれかな?

124 :日本@名無史さん:2009/04/29(水) 16:38:56
>>1
>こ日本語の起源は朝鮮語である

これは事実
>>1はすばらい

>>2の在日チョンのsageだ! 早く豚将軍の丸焼きのバカ踊る教えろよ!日本人成り済ましチョンのおめえならわかるだろう!朝鮮帰れ!

125 :日本@名無史さん:2009/04/29(水) 20:04:19
恥ずかしい
言語学では日本語と朝鮮語は全く別もんだと答えは出ている。

126 :日本@名無史さん:2009/04/29(水) 22:34:11
日本語と朝鮮語が似ているのなら琉球がしたように朝鮮は仮名を輸入して使っていただろう。


127 :日本@名無史さん:2009/04/29(水) 22:41:26
そして 今の朝鮮人の祖は倭の生口である

128 :九州王朝大好き:2009/04/29(水) 22:53:27

今の朝鮮人の祖は沿海州にいた挹婁である。

挹婁の社会は、現在の北朝鮮とそっくり。

129 :日本@名無史さん:2009/04/30(木) 09:28:34
法則発動だなw  素晴らしいものや 羨ましいものは何でもウリ起源w

日本に対する歪んだ形の憧れが このような惨めな発言をさせてしまう根底にあるのであろう

哀れな連中だとも思うが 少しでも同情すれば付け上がるので 厳しく対応せねばならん
 



130 :日本@名無史さん:2009/04/30(木) 10:08:34
朝鮮叩きスレいくつあんだよ

131 :日本@名無史さん:2009/04/30(木) 10:26:48


                 
        / ̄(S)~\  
      / / ∧ ∧\ \ < ダァァァアッ ダァァァァアッ!
      \ \( ;;`∀´ ) / /
        \⌒  ⌒ / 
         )_人_ ノ  
         /    /
         (  *   )
   ´ ̄ ̄   (9a)     ̄ ̄ ヽ  
  /  / ̄ ̄ ⌒ヽ    ̄  ノ  ノ  


        チョンコの ばか力!!!

132 :日本@名無史さん:2009/04/30(木) 12:34:01
嫌韓厨=日本人を装う台湾人朝鮮煙幕部隊


ひょっとして、もうこれ常識だった?w




133 :日本@名無史さん:2009/04/30(木) 14:39:34
嫌韓厨=日本人を装う台湾人朝鮮煙幕部隊
好韓厨=日本人を装う韓国人朝鮮在日部隊
  
                だったら笑える

134 :日本@名無史さん:2009/04/30(木) 21:41:52
韓国語の起源はなにお?

135 :日本@名無史さん:2009/04/30(木) 22:42:12
日本語でない事は確か

136 :日本@名無史さん:2009/04/30(木) 22:50:33
がぎぐげご

かきくけこ
の発音が明確に違う日本語

濁音と清音の区別がない朝鮮語

これだけでも言語学的に両者は全く別言語だと言える。

日本語と朝鮮語の起源を論じるなら
少なくとも古代日本語と古代朝鮮語を調査するのが前提である。
古代日本語の資料は豊富にあるが
古代朝鮮語の資料は非常に少ない

137 :日本@名無史さん:2009/04/30(木) 23:02:53
>>134 シナ語の起源とかベトナム語の起源が分かるのか?


138 :日本@名無史さん:2009/04/30(木) 23:05:12
>>134 周辺に同系の言語があれば関係が分かるが、日本語も朝鮮語もアイヌ語もそういうものがないので起源不明だ。


139 :日本@名無史さん:2009/04/30(木) 23:24:50
         ((⌒⌒))    )  日本語はウリ起源ニダッ! (
     ファビョ━ l|l l|l ━ン! )  日本語はウリ起源ニダッ! (
        | ヽ、  .| ヽ、  )               (
        /  ヽ─┴ ヽ   )/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒丶
 ミ ミ ミ /!||!(゜\'iii'/゜)ヽ    ミ ミ ミ        ______
/⌒)⌒)⌒)ノ( "","ニ..,ニヽ"v\    /⌒)⌒)⌒) .{{ |   |     丶}}
| / / / .⌒\/ {y~ω~Y  ,/  (⌒)/ / / //    |   |  \__\____
| :::::::::::(⌒)>.  i |⌒'i⌒r| く    ゝ  :::::::::::/   {{│   |   |       | }}
|     ノ   ! .|k.;:;:;!;;;r| ! \  /  )  /     |   |   |       |
ヽ    /    ヽ.ニニニニ>  ヽ /    /    .{{ |   |   | iiiiiiiiiiiiiiiiii | }}
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l .     |   |   |______.|
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    .{{.|__|_/    /  )) }}
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))  〔 ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ((
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ ̄ ̄⌒Y⌒Y⌒Y⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



140 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 18:13:15
>>136
>濁音と清音の区別がない朝鮮語

濁音と清音の区別がないのではない。濁音は語頭に立たないというルール
がある、というだけだ。
だから現代日本語の、語頭に濁音がある言葉を発音すると、始まりが清音に
なってしまうのだ。

このルールは、古代には日本にもあったのではないか?
例えば「かがみ(鏡)」とか「つづみ(鼓)」とか言う言葉の構造がそれ臭い。

また万葉集であれだけの和歌があるが、句の始まりが濁音で始まる和歌は全くない。



141 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 21:41:48
>>140
日本語の場合、単語を区別するという音の機能からみた=音韻=が、
清音と濁音では決定的に異なっている。
つまり清音と濁音は音韻的対立がある。
金(きん)、銀(ぎん)のように単語として文字、発音、意味が歴然と区別されている。
以上の事から
>濁音は語頭に立たないというルール
ゆえに
>現代日本語の、語頭に濁音がある言葉を発音すると、始まりが清音になってしまう
とは根本的に違う。

142 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 22:19:13
7世紀後半〜8世紀の万葉集の日本語を例に出すなら
現代朝鮮語でなく古代朝鮮語で比較しなければならない

日本の万葉仮名は万葉集に代表されるように7世紀頃の成立だが
万葉仮名の一種で人名を表記した5世紀の鉄剣の発見により
漢字の音を借りて固有語を表記する方法は5世紀には確立していた事になる。
万葉集以前も和歌の冒頭と見られる11文字が記された652年以前の木簡が発見されている。

郷札(漢字の音と訓を利用して朝鮮語を表記したもので、日本の万葉仮名のような性質のもの)は
三国遺事(1281年)の中の新羅時代の郷歌14首
均如伝(1075年)の中の高麗時代の郷歌11首
高麗睿宗の「悼二将歌」1首
郷薬救急方(1236年)の中の薬の朝鮮語名くらいしか資料がない。
さらに郷札の訓読字は、それを実際にどのように発音したかを知るのが困難である。

143 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 22:20:48
上代特殊仮名遣い研究によって
7〜8世紀には日本語と朝鮮語は完全に別の音韻体系を持つ言語であったと証明されている。

比較言語学では
基本的には音韻体系、言語形態、統語論、語彙などさまざまな局面を複数の言語間で比較分析を行なう。
言語はつねに変化していくもので、とりわけ語彙はそのつど時代の造語や流行の変化によって変わりやすい。
しかし音韻体系や統語論など言語の構造に関する次元は変化しにくい。
そのため方法論的には、音声学に基づいた音韻対応分析が有意な手続きとして用いられる。

144 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 22:42:22
だいたいやね、チャダ、チダ、チュダ、チェダ、チョダ、などという発音の朝鮮語が日本語と関係があるとは思えんな。


145 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 22:46:52
>>141
金(きん)、銀(ぎん)は中国語由来ではないか。
だいたい現代日本語の濁音は中国語から生じているものが多いのだ。
清濁の対立があるというのなら大和言葉で挙げてみよ。

>>142
私は別に古代日本語と「古代朝鮮語」を比較しているのではない。
朝鮮語で清濁の区別がない、という人の誤りを正したのだ。

>>143
一般論ではだめだ。なにか言いたいのなら例とかソースとか出さなきゃ。

146 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 23:29:38
>>145
その中国語由来の
金と銀は現代朝鮮語ではそれぞれなんと発音するの? 

147 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 00:10:11
金といえば キムだろーが 同じく中国語の影響

148 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 00:15:19
銀は?

149 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 00:41:53
...............................
...................ギムかな?

150 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 00:48:14
>>149
>>140
>濁音は語頭に立たないというルール
に反してませんか?

151 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 00:59:16
こういう記述を見つけた
韓辞典より
http://www.wowkorea.jp/dictionary/0002%5C0003%5C0013%5C
音節初子音
朝鮮半島の朝鮮語では、
音節初の子音において平音・激音・濃音の区別がなされるが、
在日朝鮮人の朝鮮語では日本語と同じく清音・濁音のみの区別しかされないと言われる。

>>145さんは在日の人ですか?

152 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 01:08:43
こっちはハングルを学習している人の質問に、わかりやすく答えている人の説明
http://kajiritate-no-hangul.com/BBS/index.cgi?mode=view&no=60
(ハングル文字部分はコピペできなかったので「*」に置き換えています)

激音と濃音は, 日本語話者の耳には清音に聞こえるのですが,
平音の「*,*,*,*」は時には清音に, 時には濁音になるので混乱の元です.

大前提として, この言語では言葉の始めに濁音が来ることはありません.
なので,「**」という単語だけを発音する場合, 最初の「*」は清音になります.
日本語の話者にはこの場合の「*」が清音なのか濁音なのかを聞き分けられますが,
韓国・朝鮮語にはその区別がないので, 韓国・朝鮮語の話者はふつう
それを意識していません.

なので極端な話, 「**」をカタカナで「ギムチ」と書いても「キムチ」と書いても,
韓国・朝鮮語の話者には結局は同じことで, ヨン様も「ペ・ヨンジュン」でも
「ベ・ヨンジュン」でも, 発音するとき平音に聞こえればどっちでも構わないんですが,
清音と濁音を区別する日本語ではそうはいきませんよね (^^;

153 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 05:15:08
>>149 >>150
ウンだよ。
歌手のケーウンスクの漢字は桂銀淑。
ただしこのウはローマ字だとeuで表される中間的な母音だ。

154 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 08:26:03
どうも音と表記の問題がごっちゃになってよくわからなので、ネットで
すこし勉強してみた。
朝鮮語では濁音が語頭に立たないというルールがある一方で、語頭に立つ
清音には三つの区別がある。平音、激音、濃音だ。
激音は要するに有気音のことで、濃音は日本語の「詰まる音」を語頭に
持ってきたもので、いずれも日本語にはないから、これはいい。
問題は平音だ。平音とは要するに普通の音だ。
朝鮮人の語頭の平音が日本人の耳に清音にも濁音にも聞こえるということは、
日本人にとっての清音と濁音との中間的な音、ということだ。

それでは朝鮮語には濁音はないのか、といえば厳然としてある。なぜなら、
単語の途中の平音は濁音化するというもうひとつのルールがあるからだ。

韓国人の応援団が「テーハミグ(大韓民国)、どどんがどんどん」と
やっているが、語頭の「テー」はたしかに「デー」にも聞こえる。
これが語頭の平音だろう。では最後の「グ」はこれより濁音化してるか?
と言われると、それも我々の耳にはよくわからない。
しかし日本人が文字通り「テーハミク」と発音するならば、それは韓国人には
通じることは通じても変に聞こえるそうだ。

155 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 12:29:39
発音の違いはおいといて日本語と朝鮮語の基礎語彙にほろんど類似語がないのが同系でない証拠だな。

 これが琉球語なら素人でも分かる類似語が見つかる。


156 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 12:46:29
ハナからハナは朝鮮語も意味も発音も共通だ。ウリも我も同じだろ。

157 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 13:16:59
語形が完全に一致する共通単語は怪しい。
あったはずの音韻変化を被ってないことになる。
たいていは単なる偶然か借用。

158 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 13:33:32
発音の話をもうすこし。
「はは(母)」と「ばば(婆)」が清濁対立していると言うかもしれないので
古語辞典を引いてみると、「ばば」という言葉はない。「うば」があるだけだ。
「ばば」は後からできた、ということがわかる。
改めて、語頭の濁音はほんとうに少ない。たまにあればそれは漢語由来だ。

それでは単語の途中の濁音はどうか。これはある。それは多くの場合、単独
では清音であるものが、他の言葉に接続した結果、濁ったものだ。
例えば「いりぐち(入り口)」の「ぐち」、「ゆうがた(夕方)」の「がた」。
我々はこれらを慣用だと思ってなんとも思わないが、実は濁音化のルールに
よるのかもしれない。

こうしてみると「語頭に濁音が立たない」「語の途中の清音は濁音化する」
という朝鮮語の音のルールは、あたかも日本語の音を説明しているかのようだ。

159 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 15:19:46
>>156 日本語のハナは中世ではファナ、古代ではパナだ。

 朝鮮語では古代(新羅)からハのままだから語源が違う。


160 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 15:22:35
>>158 ジジ(爺)はどうかな?

161 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 15:24:58
>>158 ウバは馬、梅と同じで発音は mbaだっただろう。


162 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 15:27:36
>>156
ハナってどのハナ?
花? 鼻? 端? それとも朝鮮語の数詞1?

163 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 15:32:40
>>156 ウリが我というようなものはアラブ語でアンタがアナタというような語呂合わせだろう。

 ワレに似ているのはモンゴル語バン、トルコ語ベンもある。


164 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 15:38:09
くだらねえ語呂あわせを未だにやってるヤツがいるとは・・

165 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 16:38:33

こじつけ 語呂合わせ

人麻呂の暗号w

166 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 17:02:29
>>160
「ジジ」「ヂヂ」もない。年をとった男性のことはなんというのかな。
「オキナ」?

167 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 17:24:46
チチ、ハハ、ジジ、ババは重ね語だから、ジイ、バアという濁音語は古語の段階からあっただろう。

 バアは mbaと発音されていてウバと表記されていたと思われる。


168 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 18:31:02
>>1
そんな定説はありません。
日本語は孤立言語であり
日本語と唯一、家族言語なのは
琉球方言だけ。

169 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 18:31:57
んば

170 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 19:21:50
言語接触の影響による言語の共通点を数えてもそれぞれの言語の起源とは無関係
>>168が正しい

言語接触とは、
二種類以上の言語が互いに影響を及ぼしあうこと。
それぞれの言語の使用者が同じ社会の中で棲み分ける場合と、
異なった社会に暮らす異なる言語の使用者が接触し、
交易などを通じて深い関係を結ぶ場合がある。
どちらの場合でも接触する言語間ではお互いに語彙の借用が行われる。
接触の度合いが進むにつれ借用語の流入は一時的、表面的なものから
恒久的な言語そのものに関わる次元にまで達する。
また時には文法、語法の借用も行われる。

171 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 19:42:35
>>167
>ジイ、バアという濁音語は古語の段階からあっただろう。

ネットで読める「日本語の語源辞典」にあった。
「ちち」に対する「おほちち」が「おほぢぢ」と濁り、「おほ」が取れて
「ぢぢ」になったという。
やはり「濁音語頭に立たず」のルールにあてはまる。

172 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 20:06:49
>>171 ブタ、ゲタという単語も古代からあるぞ。

 ゴロゴロ、ビリビリ、ブラブラのような擬態語ならいくらでも濁音が語頭に立つ。



173 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 21:45:58
>>172

ん?
豚は古代には猪(ゐ)と呼ばれていたと思っていたのだが
ソースを教えてくれまいか?

下駄は「げ」が漢語からきてるみたいだから
ここでの反証としては不適切じゃないかな

174 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 22:57:34
大体、清濁(正確には無声と有声)の区別がある日本語と、
少なくとも今はない朝鮮語との間で、
「語頭に濁音が来る」も「来ない」もへったくれもないだろ。
そもそも朝鮮語は「濁音」という概念自体を知らん。

朝鮮語から見れば、
日本語では、「激音は語頭にしか出現しない」「濃音は語中にしか出て来ない」
という「法則」が見えることになるわけだが、
そんなことを言たところで、「意味がある」と思うかね?
全く何の意味も無い話だろ?

175 : [―{}@{}@{}-]◆b/0MPomJ5k :2009/05/03(日) 00:05:26
>>170
良く分かりますよ。

現実にソウルにいると、靴磨き屋にハングルでクツと書いてある。
おでんも、うどんも若い韓国人は自分達の言葉と思っている。
穴子もハングルでアナゴと書いている。
それを60歳の日本語が上手な人も、日本でも穴子と言うのかと
俺に聞いていた。

176 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 00:16:14
現代の朝鮮語と古代の日本語を比べて共通点をいくら見つけたところで無意味。

177 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 00:20:56
>>170
ただ、実際には1910年まで、接触すらほとんどしていないからな>日本語と朝鮮語
統辞法の「類似点」は、ほとんどすべて「他人の空似」だ。
古代に遡っても、影響を受けあった形跡がほとんどまったく無い。
SOV型で、後置詞型の膠着語において、全世界的に普遍的な性質が、
「類似している」と言われているだけ。

178 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 00:21:13
>>175 うどんは饂飩というシナ語なんだがな。


179 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 00:37:51
>>175
>接触の度合いが進むにつれ借用語の流入は一時的、表面的なものから
>恒久的な言語そのものに関わる次元にまで達する。

併合時代に日本からから伝わり、半島で恒久的な言語になった多くの日本語に対しても
いずれ半島人は半島起源の言葉だと日本人に主張し始めるのですね。

日本人はどんなにキムチが一般的な言葉になろうと「キムチ」は日本語だとは言いませんし
キムチに欠かせない唐辛子は日本から半島に伝わったのでキムチの起源は日本だとも絶対言いません。笑

180 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 00:47:34
>>176
まったくだな。

現代韓国語と古代日本語の比較のなんて言語板でやれば

181 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 01:25:02
>>175 クツはモンゴル語gotol,ツングース語kutu,トルコ語kutu(木の小箱)と同源だろうな。


182 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 05:45:56
なんか話がおかしいな。そもそもこのスレのテーマは「日本語の起源は朝鮮語である」
だ。意味がないもへったくれもない、日本語と朝鮮語を比べずしてどうやってこの
テーマを議論するのか?

で、日本語と朝鮮語が「違う」と主張する人たちはしばしば現代朝鮮語の特徴を
示すわけだ。「静音と濁音の区別がない」とか言って。
それを主張するには当然、対象の日本語を持ってこなければならないが、
言葉を比較するのに、より古い形を比較する方がベターなことは常識。
だから現代日本語をもってくるよりは、さいわいにしてわかっている古代日本語を
持ってくる方がよい。

ほんとうなら、古代朝鮮語と古代日本語を比較するのがいちばんなのだが、
古代朝鮮語の記録がないし、そもそも「朝鮮語」が古代に存在したかどうか
疑問だ。だから可及的最良は中世朝鮮語と古代日本語の比較だ。実際、「母音調和」
の問題も、そのようにして調べられたのではないか?

「違う」論者たちの現代朝鮮語に対して古代日本語を持って来る理由は以上だ。

183 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 06:08:54
>>182
>そもそも「朝鮮語」が古代に存在したかどうか疑問だ。

日本語は古代に確実に存在した。

結論 日本語の起源が朝鮮語であるはずがない。

議論終了


184 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 11:10:59
>>182
繰り返すが、
今の日本語には、「激音は語頭にしか出現しない」「濃音は語中にしか出現しない」
という「法則」がある。
もちろん、朝鮮語では、激音は語中にも出現するし、濃音は語頭にも出現する。
古代の日本語には、濃音は存在せず、激音は語頭にも出現しなかったようだ。
(記紀以来の万葉仮名の分析による)

これをどう「説明」するのかね。



説明する意味すら全く無いと俺は思うが、説明できるならしてほしい。

185 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 11:55:33
朝鮮語の名詞で日本語と共通のモノは統治時代の名残だ。カバンとかクツとか発音が同じモノばかりでなく漢字の使い方は日本式。大統領(テートンニョン)、警察官(キョンチャルガン)、教師(キョーサ)、主婦(チュブ)等々。

186 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 12:04:42
>>185
日帝統治の名残が未だに残っているのですね

187 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 12:57:21
日本語の動詞は奈良時代から四段活用があった。朝鮮語にはハングル以後ないだろう。

 朝鮮語が起源というのなら一例として四段活用があったことを証明すべきだ。
 

188 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 13:26:59
>>184
本当の意味の「激音」は日本語には存在しない。だから日本人には習得が
難しい音の一つだ。

そりゃ違うところを挙げればいくらでもある。しかし見てきたように、共通
するところも多い。まだ出ていないものを挙げれば「RとLの区別がない」が
ある。また例の「母音調和」がある。日本語には万葉集の時代にははっきりした
母音調和があった。

断っておくが、私は「日本語の起源は朝鮮語である」と思っているわけでは
ないよ。その理由は、>>183も賛成しているように、日本語がほぼ成立した
時期に「朝鮮語」が存在していたかどうか疑わしいからだ。

しかし近代における影響以外に、過去においてなんらかの関係があった
と思う。それがどんな関係なのかが問題なのだ。

189 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 13:30:45
今ひょっと他のスレを見たら、「っていうか・・」と書き出しているコメント
があった。
これは現代日本語に出現した「語頭の濃音」だな。言葉はこのように変化して
いくのだ。

190 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 13:37:48
>>188
>>170

いずれにしろ日本語朝鮮語それぞれの言語の起源とは無関係
共通点を数え上げても無意味
起源とは無関係に二つの言語をただ比較したいなら板違い


191 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 14:03:25
>>188
分かってないねえ。その言い方を借りるなら、

>本当の意味での「濁音」は朝鮮語には  存  在  し  な  い  。

んだよ。だから、語頭に濁音が立たないことは古い日本語の特徴ではあるが、
そもそも朝鮮語においては問題にならない。「濁音」という概念が無いからだ。

192 : [―{}@{}@{}-]◆b/0MPomJ5k :2009/05/03(日) 16:13:21
>>189
それは単なる、一部の若者の省略形でしょう。
発音は、テカでしょう。ソウルでの濃音は、もっと本当に濃いですよ。
我々には、正しく出来ません。唾を吐くような、首を絞められた時の
様な苦しいそうな、喉を極端に絞っています。
濃音か、激音か知りませんが、とても汚い、げろを吐くような音、
唾を吐くような音等日本人には到底出来ない、あまりにも汚い声の出し方、
喋り方はとても感覚的に言っても同じとは思えません。
文法が似ているからと言って簡単に決められるものではありませんよね。

193 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 20:45:23
発音の違いは日本語にも有気音、無気音をもつ方言(先島)や子音終わり(鹿児島)があるので決め手にはならないだろう。

 決め手は音韻法則が成立するある程度の共通単語群があるかどうかで、日韓にそんなものはない。


194 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 20:52:21
 日本語と朝鮮語は関係ないが、高句麗語なら姉妹語だったかもしれないというのが定説だろう。

 高句麗語にしても語形が相当違っていて、分離後数千年は離れているので高句麗語が日本語の祖先などという近い関係ではないが。


195 :日本@名無史さん:2009/05/03(日) 21:02:19
そもそも朝鮮語のその子音の対立も古い朝鮮語にはなくて、おそらくシナ語の
強い影響で生じたものだったような。

196 :結論:2009/05/04(月) 00:53:58
もし日本語と朝鮮語に関連性があるとすれば
朝鮮語の起源は日本語だろーな
文化レベルからして

197 :日本@名無史さん:2009/05/04(月) 05:29:57
81 名前:日出づる処の名無し :2009/05/04(月) 02:34:48 ID:5QTyfCCT
朝鮮煙幕を焚くだけで、それだけで台湾人浄化になるからな。

朝鮮煙幕を焚くだけで日本人の意識は韓国朝鮮に釘付けになるから
罪日台湾人や台湾を追及するところまで頭が及ばない。

朝鮮煙幕を焚く事がそのまま自動的に罪日台湾人コミュニティや
台湾のバリアになっている。

だから、台湾人は組織で朝鮮煙幕を焚きまくってるんだよな。

198 :日本@名無史さん:2009/05/04(月) 07:01:54

海(umi)    u-mil (大きな水)
水(midu)   mul
島(sima)   sjem
火(hi)     pil
我(ware)    u-li
陰部(hoto)   po-ti
村(mura)   mau-l
畑(hatake)   pat
足(tari)   tari(脚)
汁(siru)   cin (r/n交替)


199 :日本@名無史さん:2009/05/04(月) 09:22:21
なんだよここw 全てじゃないが何ヵ所か、チョンコのひでぇ自演が鼻につくな
チョンコが1人が必死に何役かこなして、スレ落ち防止に躍起になってる姿が目に浮かぶようなスレだなwww


200 :日本@名無史さん:2009/05/04(月) 10:25:55
教養のない女や白丁のために当時の為政者が「作り上げた」文字がハングルだし、
それがために出来上がっても大多数の朝鮮人は蔑視して使わないでいたんだよねハングルは。
この発想と作った努力は買うけど、結局は併合時に「学問として学習させた」のは朝鮮総督府、つまり日本なんだよな。
こう言うことは全く無視して「日本語と共通点がある。」だの得意の起源説を言い出すのって、悲しくないのかね。
「暖炉に投げ込んで燃やしてしまいたい我が民族の歴史」と嘆いた某大統領の言い分は、正鵠に歴史を見据えていた結果だ。
こう言う人物が出て来ない限り、或いは正論を言えない状況が続く限り、この手の「ウソ」は却って逆効果だ。
改めて日本人に「彼らが言うのだからウソだろう。で、本当はどうだったのか。」と歴史の再確認作業のキッカケになる。
そのたびに、彼らが覆い隠そうとしている「みじめだった歴史と、我が国が救済した内容いちいち」を確認する機会となる。
しかも「あ〜、これだからこんなウソを言い出すんだな。」と日本人が改めて納得してしまうことになる。
馬鹿とは、こういうことをし続けている人たちのことなんだろうな。静かにしていればいいのに。

201 :日本@名無史さん:2009/05/04(月) 12:20:52
日本語は中国語だ。
「金kin」→「kane」
「蝉sen」→「semi」
「銭sen」→「zeni」
「手syu」→「te」(s/t交替)


202 :日本@名無史さん:2009/05/04(月) 14:53:30
現代北京語で

金はjin
蝉はchan
銭はqian
手はshou

だよ。

>>201
の中国語は、唐代の中国語発音なのかな?

203 :日本@名無史さん:2009/05/04(月) 15:03:24
唐代の中国語に似ていると言われる現代広東語で

金はgam
蝉はsim
銭はcin
手はsau

だよ。

204 :日本@名無史さん:2009/05/04(月) 17:33:14
日本語はインドネシア起源だ

 目>mata
 手>tangan
 顔>muka(額ぬか)
 脚>kaki(駆け・る)


205 :日本@名無史さん:2009/05/04(月) 17:38:19
古代朝鮮語って郷歌(郷札)の事ですか?w

あんなもの「解読した」と言われてるだけで、本当は全然解読されてませんよ。
「訓読みがあったニダ」って言うのも怪しい。w

以下、wikiから引用。

李基文(1998)を基にして、郷歌「処容歌」の冒頭とその解釈の一例を挙げる。
1.が郷札、2.が解釈例(ローマ字は福井玲式翻字)、3.が日本語訳である。

東京明期月良夜入伊遊行如可
東京 b@rgi d@ra bam dyri nornidaga
東京の明るき月に夜更けまで遊びて
この文の解釈においては、「b@rgi(明期)」における「-i」を連体形と見るのは妥当か(中期朝鮮語:-n)、
処格「良」は「-a」と読んでしかるべきか(中期朝鮮語の処格:-?/-?)、「遊行如可」は「nornidaga(????)」
と見てよいか(現代朝鮮語:????)など、細かい点で未だ不明な点が多い。




206 :日本@名無史さん:2009/05/04(月) 17:45:33
上の「解読」と称するものを見て、おかしいと思わない方が頭がおかしい。
漢字の上古音とも、中古音とも違う読み方をして、「解読」と言えるの?
ようするに、「新羅時代も朝鮮語が使われていたニダ」って言う仮定が絶対
なので、どんな文字で書いてあっても、朝鮮語で読んじゃうわけです。w

こんなのが、解読、いや学問と言えるのか?

実際、あの半島は高麗李朝の時に、民族の入れ替わりがあったと思うので
あります。


207 :日本@名無史さん:2009/05/04(月) 19:24:18
韓国人の学問レベルはお話にならない
コツコツ地味な研究を長年続けて成果を世に問う→世界標準
楽して手っ取り早く地位を手に入れ地位による権威を欲しがる→韓国標準

韓国にも学問に誠実な学者はいると思うけど
国民全体の価値観が
知的探究心<<<<<<民族的プライド 
これじゃあ本物の学者は育たない。

208 :日本@名無史さん:2009/05/26(火) 20:22:48
>>191
>分かってないねえ。その言い方を借りるなら、
>本当の意味での「濁音」は朝鮮語には  存  在  し  な  い  。
>「濁音」という概念が無いからだ。

お前こそわかってない。というか、お前は「音韻上、存在しない」ということと、
「表記上、区別しない」ということを混同しているのだ。
日本語でも東北の一部の方言では、「ユキ(雪)」と表記されていても「ユギ」と
発音するだろう。この場合も「キ」と「ギ」が表記上は区別されてない。
これと同じことだ。

朝鮮語では語中の平音が濁音化するが、それを表記上は濁音として区別しない。
だから濁音として意識されない、つまり「濁音という概念がない」のだ。
音韻上、濁音が存在しないのではない。

あのチョナンカン(草薙剛)くんのブログを見て見よ。「ぼくは本当はチョナンガンなんだ」
と書いているぞ。


209 :日本@名無史さん:2009/05/26(火) 21:13:37
>>201 それらはシナ語起源かもしれないが、音韻法則が成り立つかどうか。

 馬、梅と同じ単なる外来語か偶然の一致もある。

210 :日本@名無史さん:2009/05/26(火) 22:02:48
>>205
以下、上古音

東京明期月良夜入伊遊行如可
tung kiang miang gieng ngiat liang .diag niep ier diog hang niag k'ar

211 :日本@名無史さん:2009/05/27(水) 00:10:14
>>201 その他、筆hit hude 麦 bak mugi 死 si,sinu 巣sou,su 目mok,me

花hua,hana などもいい語呂合わせになるな。


212 :日本@名無史さん:2009/05/29(金) 20:35:56
>>1
劣等民族小姦民国

213 :日本@名無史さん:2009/06/01(月) 11:15:02
>>173 豚「ゐ」は更に遡るとブイという鳴き声の擬声語だから濁音が頭に立っていただろう。


214 :日本@名無史さん:2009/06/01(月) 17:39:01
朝鮮人は大学教授もバカだから話にならんよw

215 :日本@名無史さん:2009/06/01(月) 20:44:49

朝鮮語て耳に悪いだろ、頭が痛くなる。
脳にいい事ないわ!


216 :日本@名無史さん:2009/07/23(木) 18:08:09

★韓国で「日本語起源は百済語」説、中国で「またか!」の声
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0723&f=national_0723_034.shtml

これまで韓国で、「孔子は韓国人」、「漢字は韓国で作られた」、「イエス・キリストは韓国人」などの説が
発表され、韓国に伝わる「江陵端午祭」がユネスコの世界文化遺産に登録されたことなどから、
中国では「韓国人は歴史をゆがめ、横取りする」との反感が強い。

  同記事を紹介したインターネットサイト環球網のコメント欄には、韓国・韓国人を批判する書き込みが相次いだ。
「中国に続いて日本。次はどこにする?」、
「韓国人は実に“創造的”だ。日本人も目まいを起こしているだろう」、
「天なる神も、韓国人だろう」、
「太陽系も韓国人の発明」、
「こういうのを見ると、日韓併合は正しかったと思う」
などの声がある。




217 :日本@名無史さん:2009/07/23(木) 22:09:17
>>211

口kouと 食うkuuも 無関係ではなさそう。

218 :日本@名無史さん:2009/07/23(木) 22:48:18
>>217 英語も日本語と関係あるんだろう。

 aru>are,iru>is, suru>do,sore>there, kore>here, wareware>we

hone>bone,kiru>kill,warahu>laugh,sou>so,iraira>irritate

219 :日本@名無史さん:2009/07/23(木) 23:28:28
【韓国】 「くだらない」は「百済ない」、クダラは奈良に比べて「大きな国」の意味

〜イ・ナムギョの「くだらない」日本語源流散歩

220 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 01:11:21
英語や中国語の起源も朝鮮語

221 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 02:52:00
【韓国】「日本語の起源は百済語だった」 8月に日韓同時に出版〜中国で「またか!」の声★2[07/23]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1248346833/

222 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 05:14:55
>>64
福沢諭吉は余計なことをしたもんだな

223 :日本@名無史さん:2009/07/24(金) 16:08:56
韓国って国は確かユネスコだかどっかからも大学のレベルが低いって
指摘されているんですよ。確か。






224 :日本@名無史さん:2009/07/31(金) 22:15:10
表5
  O・プロコプ,W・ゲーラー著.石山c夫訳:『遺伝血清学』(学会出版センター)より
民族 被検査数 頻度(%) 頻度(%)
       O  A  B  AB σm p q r
日本 301千 30.5 38.2 21.9 9.4 0.1 27.6 17.1 55.2
朝鮮 9,434 27.7 31.5 30.7 10.0 0.5 23.9 23.4 52.6
アイヌ 509 17.0 31.8 32.4 18.4 2.2 29.7 30.1 41.2
蒙古     32.1 23.4 36.3 8.2
東胡     30.1 28.3 32.7 8.9
広東 1,000 45.5 22.6 25.0 6.1 1.6 16.0 17.4 67.4

 日本人はA 38% B 22% O 30% AB 9% とA型が多くB型が少ない。
 朝鮮、モンゴル、ツングースはA型よりB型の方が多い、またはほぼ同じ比率。

 日本人のようにA型が多い民族は東亜にはいない。

 渡来人が来たのなら西日本にB型が多いはずだが、実際は東日本の方が多い。

 ・・・これから見ると日本に大量の渡来人が来たとは考えられない、という説がある。(水野祐「王朝はひとつだったか」)


225 :日本@名無史さん:2009/07/31(金) 22:34:48
人類の祖先はサルであるっていうことかな?要するに

226 :日本@名無史さん:2009/08/05(水) 15:38:06
日本語の七割は中国語
英語の七割はフランス語

227 :日本@名無史さん:2009/08/05(水) 17:14:38
>>226 シナ、朝鮮語の近代用語の90%は日本製漢語


228 :日本@名無史さん:2009/08/06(木) 11:59:18
「峠」は国字、つまりシナにはない漢字。
国字をあげてみよう・・・

229 :日本@名無史さん:2009/08/06(木) 13:18:54

朝鮮人の劣等感てすごいな!



230 :日本@名無史さん:2009/08/06(木) 14:44:47
346年 倭の軍隊が突然に風島を襲い、さらに進軍して金城(新羅首都)を包囲して激しく攻めた。【三国史記・新羅本紀】
364年 倭兵大いに至る。 新羅王はこれを聞き、とても敵わないと恐れる。【三国史記・新羅本紀】
391年 倭が海を渡り、百残(百済)、□□新羅を破り、これを臣民とする【広開土王碑】
393年 倭人が侵入し、金城を包囲して5日間も解かなかった。【三国史記・新羅本紀】
397年 百済、倭国と国交を結び王子の腆支(テンシ)を人質に送る。【三国史記・百済本紀】
399年 倭が新羅の国境に満ち城池を潰破し民を奴客とし、百済は誓いを違えて倭に通じた。【広開土王碑】
400年 倭が、新羅城の内に満ちる。新羅救援の高句麗軍が接近すると倭賊は任那・加羅に退いた。【広開土王碑】
402年 新羅、倭国と国交を結び奈忽王の子の未斯欣(ミシキン)を人質に送る。【三国史記・新羅本紀】
404年 倭、不軌にも帯方界に侵入し、高句麗軍と戦う。【広開土王碑】
405年 倭国に人質となっていた百済王子の腆支、倭国の護衛により海中の島にて待機してのち百済王として即位。【三国史記・百済本紀】
405年 倭兵が侵入し、明活城(慶州市普門里)を攻撃。【三国史記・新羅本紀】
407年 倭人が東部と南部へ侵入。【三国史記・新羅本紀】
407年 万を超える倭が進出。【広開土王碑】

425〜443年の間 倭国王珍が、自ら使持節都督・倭・百済・新羅・任那・秦韓・慕韓・六国諸軍事・安東大将軍・倭国王と称す。【『宋書』倭国伝】
451年 宋が倭国王済を、使持節都督・倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓・六国諸軍事・安東将軍・倭国王に任ず。【『宋書』倭国伝】
462〜478年の間 倭国王武が、自ら使持節都督・倭・百済・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓・七国諸軍事・安東大将軍・倭国王と称す。【『宋書』倭国伝】
478年 宋が倭国王武を、使持節都督・倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓・六国諸軍事・安東大将軍・倭王に任ず。【『宋書』倭国伝】


231 :日本@名無史さん:2009/08/06(木) 21:49:54
×日本語の起源は朝鮮語である

○日本語は高句麗語と共通の起源を持つ。

およそ6千年前に同じ言語を持つ一派が存在し、その一部が日本列島へも流れてきた。



232 :日本@名無史さん:2009/08/07(金) 00:04:01
魏志東夷伝 邑婁(ユウロウ) >>古代韓民族成りすまし邑婁人(現在韓国人)発見<<

穴居生活、豚の飼育、住民は不潔で家の真ん中に便所を作りそれを囲むように暮らしている。
・・・、これは明治時代の日本人の朝鮮観察とほとんど同じだ。

射撃が上手・・・これも同じだ。
漢の時代から夫余の家来となっていた。夫余が重い税を課したので黄初年間(220年〜226年)には反乱を起こした。

掟や習わしにはもっともルールが欠けている民族である。
・・・これは朝鮮人の先祖に間違いない。

>>204 『晋書』粛真・邑婁伝には下記も載ってるよ!

坐るときは両脚を投げ出して座り、足を脇に挟んで(猿が坐って物を食べる姿勢)肉を食べる

風俗は皆、髪を編み(女官の髪型)、布で丈の短い上着(チョゴリの事か?)を作る。

586 :天之御名無主:2009/08/02(日) 16:33:28

       晋書  『粛慎、邑婁伝』
井戸も釜戸もない、?(むしき)を作り、四、五升は食べる。坐るときは両脚を投げ出して座り、
足を脇に挟んで(猿が坐って物を食べる姿勢)肉を食べる。凍った肉はその上に坐って暖める。
土には塩も鉄もない(前漢代の塩鉄なら専売制度を意味するが)。木を焼いて灰を作り、その灰汁
を注いで、これを食す(意味不明)。

 風俗は皆、髪を編み(女官の髪型)、布で丈の短い上着(チョゴリの事か?)を作る、径は尺余、これで前後
を覆う。嫁を娶るときは、男が毛羽を女性の頭に挿し、女性を連れて帰る。その後に婚礼をする。
妻は貞淑だが(未婚)女性は淫乱、若尊老卑。死者はその日に野原で葬儀を行ない、木組みの小さな
槨(ひつぎ)を作り、豚を殺して、その上に積み、死者の糧(かて)となす。


233 :日本@名無史さん:2009/08/07(金) 18:45:42
韓国語は日本統治時代の影響で全く別物になりました・・・
かわいそうな朝鮮

234 :日本@名無史さん:2009/08/07(金) 21:01:51
そもそも「天」を崇める種族は北方系なんだよね。
縄文人が天を崇めていた証拠は何もない。
多分一番崇める対象は蛇だった。
火炎土器などは蛇をデザインしたものらしいし、実際明らかに蛇を土器に彫り込んだものもある。
太陽は一つも出てこない。
すると、弥生時代に天孫思想が入って来たのかと言うとこれも銅鐸の文様を見る限り太陽信仰は無かった。
であれば、古墳時代になってから入って来た事になる。
一方韓国は東夷伝でも明らかなように「國邑各立一人主祭天神、名之天君」と
天を崇める風習があった。
これが日本に伝わったのだろう。
天孫族は韓半島から来た事は間違いない。

235 :日本@名無史さん:2009/08/07(金) 21:17:09
俺の先祖は朝鮮半島から来たってか
それでお前の先祖は朝鮮半島に残ったんだろ?ん?

236 :日本@名無史さん:2009/08/07(金) 21:31:07
また、天皇は南方海洋稲作漁労系民族の子孫であり、北方大陸畑作牧畜(狩猟)系の朝鮮人とは赤の他人。
たとえば、
・皇室の三種の神器は、船の艫先に祭る安全航海の呪符。
・新嘗祭、大嘗祭は「稲魂」に関係する南方系の豊穣儀礼。
・天皇の遺体を収める棺は船、納棺の儀式を「お船入り」という。

いくらでも例はあげられるが、朝鮮人はスルーしちゃうんだよね。

237 :日本@名無史さん:2009/08/07(金) 22:21:19
オンモン(朝鮮文字)はパスパ文字、契丹小字をもとにしたものであり、
しかもカナより600年遅れて作られたものである

238 :日本@名無史さん:2009/08/07(金) 22:25:01
インドネシア・スラウェシ州バウバウ市が、この地域の土着語であるチアチア語を表記する文字としてハングルを公式に採したと発表した。
韓国政府は世界に韓国語とハングルを広める活動をしているという。

狂ってるとしか思えん。
ローマ字を採用したほうがいい。

239 :日本@名無史さん:2009/08/07(金) 22:50:45
>>234 古代朝鮮にはいろいろの部族がいたが、そのうちどれが日本へ来たんだ?


240 :日本@名無史さん:2009/08/07(金) 22:51:08

日本語の「名前(namae)」は、英語の「name」とよく似ている!

だから、日本語の起源は英語だ!

241 :日本@名無史さん:2009/08/07(金) 22:56:43
天皇の即位の儀式に使われる袞竜衣はどう見ても北方的だ。
http://katori.cc/karasu/karasu-3/karasu/karasubook.htm
天皇の即位礼に使用された「袞竜衣(こんりょうい)」、左胸に「三足烏」、右胸に「ひきがえる」が刺繍されている。
その背面には、北斗七星と四神が描かれる。
「三足烏」は高句麗の象徴だし、平壌のBC1500年ころの支石墓には北斗七星が描かれている。
「三足烏」はまた、太陽の象徴でもある。
言語も高句麗の言語と日本語は近しいと言う。
高句麗数詞と日本語数詞の相似はただ事ではない。
今の朝鮮語が日本語とあまり似ていないのは朝鮮語のベースは新羅語だからだ。
ちなみに、百済語は庶民と貴族で言語が違い、貴族の言語は高句麗語であった可能性が高い。
百済の亡命者が日本語に影響を与えた可能性は高いのではないか?

242 :日本@名無史さん:2009/08/08(土) 00:37:44
日本人の混血である百済王を朝鮮人は先祖と崇めているのですね

●古代朝鮮半島の新羅、百済、任那は朝鮮民族の国ではなかった。

中国の史書「宋書倭国伝」によると、
前期百済には漢人(中国人)と倭人(九州系日本人)の雑居地帯で、
後期百済は倭人が支配する倭人の国だった、とある。
百済国は日本と同族国家だったのだ。
http://ryotaroneko.ti-da.net/e2118198.html


243 :日本@名無史さん:2009/08/08(土) 00:39:46

オンモン(朝鮮文字)はパスパ文字、契丹小字をもとにしたものであり、
しかもカナより600年遅れて作られたものである

しかも韓国語は日本統治時代の影響で全く別物になりました・・・

244 :日本@名無史さん:2009/08/09(日) 00:37:15
空気読めないのか、単なる知識自慢かしらんが2chでそこまでこだわってどうする

245 :日本@名無史さん:2009/08/10(月) 07:58:47
>>241>>ちなみに、百済語は庶民と貴族で言語が違い、貴族の言語は高句麗語であった可能性が高い。
百済の亡命者が日本語に影響を与えた可能性は高いのではないか?

・・・もし百済語と日本語が似た言語だったら亡命者の百済語が日本語に同化されただけだろう。

 白村江の戦いの前後で日本語が変わったかどうか検討すれば分かることだろう。


246 :日本@名無史さん:2009/08/10(月) 08:32:45
日本人の太陽信仰は南方系農耕民族と同じもの
神事や祭も太陽信仰と関わっている
北方系は北極星を中心とした夜の星を信仰し、熊を神とする

247 :サガミハラハラ:2009/08/10(月) 08:41:50
このスレがそもそもおかしい。
朝鮮語の原型は日本語であるがただしい。
原原日本語が、北方民族や中国の影響をうけて変化したのが朝鮮語なのである。

248 :日本@名無史さん:2009/08/10(月) 09:04:43
>>247 いや日本語と朝鮮語は基礎語彙が全然違うから、全く無関係の言語同士というのが正しいだろう。

 類似点はモンゴル語、ツングース語と語順が同じというだけだ。


249 :サガミハラハラ:2009/08/10(月) 10:34:30
基礎語彙と類似性
朝鮮語で、挨拶(その日初めて会った時の)の時、ハセヨといいます。
日本語でその日はじめてあったときの挨拶にオハヨウというのがあります。(おは接頭語なのでハヨウ)
このハセヨとハヨウが類似しているととるかどうかでしょうね。

250 :日本@名無史さん:2009/08/10(月) 11:09:04
【ネット掲示板上における朝鮮性人格障害の定義】

他人の人権を侵害かつ蹂躙する凶悪で悪辣な行動に関する広範な様式。
クラスター分類B群に含まれる境界性と反社会性を主軸とし、文化結合症候群
に含まれる火病をさらに適用させる民族性複合型人格障害の総称。

●超排他的(嫌韓厨は逝ってよし、キモヲタ、童貞、ネトウヨ などなど)。
●激怒しながら完全否定する。
●悪魔の証明を要求する、短絡的な二元論に陥る。
●理論性の低い書きこみと、それに伴う異様なまでの粘着。
●自分の指摘された欠点を他人に投影する( お前が 火病(?)だ 差別だ
などなど)、オウム返しする。
●日本人と言い張る、または日本人の振りをする。
●通常では理解しがたい事大精神。それが原因による条件反射的な変節行動。
●なぜか自分の存在に自信満々、言いきる。そのために決して己の非を認めよ
うとはしない。 自らを省みることはない。
●虚言癖。息をするように平気で嘘をつく。(脳梁の働きが弱いと左右の脳の
優位性が変わりやすく、それと同時に全く異なる情動や記憶が生 じる)。
●天才叩き。ボダ(境界性人格障害)なので右脳優位か、左右脳半球のバラン
スが取れていないため、理数・理工系及び理論的客観的考察がまったくだめ。
理論で問い詰めると激怒し拒絶する、あるいは捨て台詞を吐き逃亡する。さら
には些細なことでアク禁にさせる、それで駄目ならスレを停止させる。
●幼稚な日本語、あるいはめちゃくちゃな文法でレスする。言語能力を司る認
知機能に障害があるらしく(通常左脳で行われる言語処理が右脳で行われてい
る)、1行か、あるいは2〜3行ぐらいの文しか書けない。長文でレスしたと
してもほとんどがコピペでそれを少しいじくったものである。自分の言葉で表
現することがほとんどない。


251 :日本@名無史さん:2009/08/10(月) 12:03:24
>>249
お早うございます
今晩は

ハヨウ?朝早いからきてるわけだが
ハセヨって意味があるのか?
それともトンデモチョン学者のただ音が似ている説か
もう言葉遊びは、言語が似ているとは別ものだと理解してくれ

252 :サガミハラハラ:2009/08/10(月) 12:39:40

お早うございますって、夜に会ってもつかっている世界があるけれども。
逆にハヨウの原型が早いににていたため、早いにむすびつけられ、朝早く顔を
合わせるときのあいさつとなったのでは。

253 :日本@名無史さん:2009/08/10(月) 13:03:44
アリガトウはポルトガル語のオブリガードを南蛮人が持ち込んだものだろうな。


254 :日本@名無史さん:2009/08/10(月) 13:07:03
よっ、安寧?の「よっ」に近い意味合いだな。< ハセヨ
安寧すか?(元気すか) の「すっか」の訳でも良さそうだ。
安寧ハシム ニカ の気楽な言葉になるのかな?
スム ニダ ハム ニダなんかと、同じなんだろな。
「で」が抜けただけだが、「すか?」で、同音、類似音がありそうな気がする w

255 :日本@名無史さん:2009/08/10(月) 13:24:54
塩  ソオ
水  ムジュ


256 :日本@名無史さん:2009/08/10(月) 13:40:41
違いますっていうのが定説
文法はまるっきり違うし類似語もちょろっとあるだけ

かえって併合化以来 朝鮮語化している日本語のほうが多いだろう
専門用語なんかほとんどそうじゃないか




257 :日本@名無史さん:2009/08/10(月) 15:40:27
>>255 朝鮮語の水ムルなら日本語ミヅよりモンゴル語ムレン、エベンキ語ムウの方がはるかに近い。


258 :日本@名無史さん:2009/08/11(火) 15:08:53
>>255 >>塩  ソオ

・・・ これはハンガリー語ショーの方が日本語シホ>シポに近いな。


259 :日本@名無史さん:2009/08/11(火) 17:48:03
>>255
1500年前もそう発音してたの?

260 :日本@名無史さん:2009/08/12(水) 03:23:17
>>255
それはね、併合時代に日本が教えてあげた言葉だよ。

【朝鮮】
1895年 ソウル 南大門 http://www.geocities.jp/dinetomi76/0003.jpg
1888年 ソウル 南大門大通り http://plaza.rakuten.co.jp/img/user/27/01/13702701/4.jpg
ソウル 東大門通り http://www.geocities.jp/dinetomi76/keijo54.jpg
ソウル http://www.geocities.jp/hiromiyuki1002/48.jpg

平壌 http://www.geocities.jp/hiromiyuki1002/heijo21.jpg
    http://www.geocities.jp/furen1002/kawadesentaku.jpg
    http://www.geocities.jp/hiromiyuki1002/3ae580f3034d6e9cd7664644afd23f25.jpg
【日本】
1863年 江戸 http://www.geocities.jp/hiromiyuki1002/Edo.jpg

【日本統治後の韓国】
ソウル 南大門 http://www.geocities.jp/dinetomi76/o_kr_0-016.jpg
ソウル 全景 http://www.geocities.jp/dinetomi76/keijo1.jpg
        http://www.geocities.jp/dinetomi76/keijo0yama.jpg

261 :日本@名無史さん:2009/08/12(水) 03:27:23
旧植民地の言語の中に、宗主国の言語が混じり似た響きの単語が出来るのは当たり前なんだが。
なぜなら植民地時代には宗主国の言語を習得しようと必死になった訳だから。
当然、旧植民地には宗主国の単語は溢れている。

262 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 19:16:48
>>1
いつもの事だが、証拠も出さずに一方的に自説が正しいと主張する。
最低でもネタ元を出せよ。

263 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 20:00:42

「倭」の始まりは「弁韓」「馬韓」の小国の集まりが九州に移民をしたのが始まり。
その後、「馬韓」は「百済」となり、家族付き合いを続けており、
最終的に「百済」消滅後、「倭」と統合し、現在の「日本」となる。
「朱蒙(チュモン)」は日本の歴史番組でもある。
卑弥呼はプヨから派遣された巫女。

大和王朝 … 扶余系高句麗人の騎馬軍団が日本に来て倭国に王朝を建てたのが始まり

第四代新羅王「脱解尼師今」の血筋が継体天皇。
つまり今の天皇は高句麗、百済、新羅の三国の血を引く王様と言う事だろう。
蘇我氏の努力だろう。



264 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 20:17:49
舒明は義慈元年に倭国に派遣された男らしいよ。

265 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 20:30:49
>>263 ウマという単語はシナ語のマーだ。


266 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 20:52:25
朝鮮語の起源はエベンキ語である。


267 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 21:00:15
>>263
つまり日本人ってのは朝鮮半島からの移民の子孫なんだ。
じゃあ日韓併合は、民族統一であって謝罪や賠償は必要なかったんだ。

268 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 21:00:31
【沖縄語】 【日本語】 【韓国語】
 ティン・・.空(そら)→ ハヌル
 ンニィ・・.稲(いね)→ ビョ
 コミ・・・・米(こめ)→ サル
 ィヤー・・家(いえ)→ チプ
 シルー・・白(しろ) → ヒンセク
 シルサン白い(シロい)→ ヒダ
 ワン・・・・私(わたし)→ ナ(またはネ)
 ヤー・・・.貴方(あなた)→ タンシン
 チブル・・頭(あたま)→ モリ
 ミィ・・・・・目(め)――→ ヌン
 ティ・・・・.手(て)――→ ソン(またはパル)
 ヒサ・・・・足(あし)―→ ダリ
 イン・・・・犬(いぬ)―→ ゲ
 マヤー・・猫(ねこ)―→ ゴヤンイ
 トゥラー・・虎(とら)―→ ホランイ(またはボム)
 サルゥ・・・猿(さる)―→ ウォーン(またはウォーンサンイ)
 刀(かたな)→ カル
 弓(ゆみ)―→ ファル
 槍(やり)―→ チャン


269 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 23:06:51
計量言語学の成果によれば、「日本語と朝鮮語の関係は、共通の祖語から分裂したとしても、すくなくとも、5000〜6000年はたっているとみられる。」って結論づけられるそうですよ。


270 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 02:33:07
[偽書とされる書における檀君]  <清の嘉慶5年(1800年)に命名された地名「長春」が見え>
                     <20世紀に入ってから作られた男女平等、父権などの用語が使用されている>

『桓檀古記』に含まれる「檀君世紀」上編[2]によれば、檀君朝鮮は始祖王倹より古列加まで47代続いた王朝であったという。
しかし、同書や同じく『桓檀古記』にある「太白逸史」には清の嘉慶5年(1800年)に命名された地名「長春」が見え、
「太白逸史」の引用書「朝代記」に至っては男女平等、父権などの近代になって登場した用語が使用されている。
このことから、20世紀に入ってから作られた新しい偽書であることが確実視されている。


271 :日本@名無史さん:2009/10/15(木) 19:38:24
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=121592&servcode=A00§code=A00
●英国教授「韓国学が日本学に属する副専攻になりかねない」

グレイソン名誉教授は「このままなら韓国学は日本学に属する副専攻課程として命脈を保つことになる」
と懸念を示した。




272 :日本@名無史さん:2009/10/15(木) 19:55:55
チョンはエベンキやモンゴルや卑賎民族の混血だろ

273 :日本@名無史さん:2009/10/15(木) 20:13:32
倭人(ユダヤ)
高句麗(フン、ヘブライ)新羅(ヘブライ、エドム
後にアンモン)
百済(亡命者と倭)
出雲(エドム、エブス
エフライム)
秦氏(ペルシャ、カナン

元はシュメル氏族と呼ばれていた 檀君朝鮮の記憶は
嘘じゃないが
アンモン人である朝鮮人が言う台詞ではない
主体種族は日本に移っている

274 :日本@名無史さん:2009/10/15(木) 20:27:28
馬鹿なチョン 日本はな
お前達のようなゴミでも
面倒みてやっている
理由が分かったか

勃海が兄弟国として親書を送った訳は天皇がヘブライ人だからだ
ユダヤ人 倭人は確かに
押さえ込まれた民族だが
それでも滅ぼさずに生かした理由は終末での救いに
与りたいためだ

275 :日本@名無史さん:2009/10/16(金) 09:40:43
>>268
沖縄言葉のティンは空ではなくて、天だよ。


276 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 10:30:21
朝鮮語はモンゴル語の派生語だろ

277 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 17:26:32
ビルマ系ボド語

足 atheng 
目 megan
口 khuga
歯 hatai
毛 khenai
頭 khara
舌 sila


インドネシア語

目 mata
手 tangan>たなごころ
足 kaki >駆ける
歯 gigi >牙


278 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 20:51:23
10世紀以前は、混沌。

279 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 20:57:55
ハングルの辞書も教科書も最初に作ったのは朝鮮総督府

朝鮮語の文法をまとめたのも日本人だろう…



280 :日本@名無史さん:2009/10/19(月) 23:55:27
日本神話の「高天原」はどこにあるかということについては、日本にはいくつも高天原と称する所があり、韓国にも
あるようですが、高松塚古墳の壁画で有名な奈良県明日香村の古代の地名の「飛鳥」は
古代韓国語の「ASUKU」(ふるさと)に由来するといわれていることや、九州の霧島連山の高千穂の峰の隣の峰が
韓国岳(からくにだけ)と呼ばれていることから、やはり「高天原」は朝鮮半島にそのルーツがあると考えるのが
妥当なようです。

>古代の地名の「飛鳥」は古代韓国語の「ASUKU」(ふるさと)に由来する
>古代の地名の「飛鳥」は古代韓国語の「ASUKU」(ふるさと)に由来する

>高千穂の峰の隣の峰が韓国岳(からくにだけ)と呼ばれている
>高千穂の峰の隣の峰が韓国岳(からくにだけ)と呼ばれている


281 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 00:28:21
>>280 朝鮮語「安宿」アンスクの語源はシナ語だ。

282 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 01:04:48
韓国人は日本語で言う「音読み」「訓読み」見たいな
民族語音と外来語の漢音の区別が付かなく成ってるんじゃ無いかなハングルのせいで

だからアンスクを民族語と勘違いして、中国の漢音だと気ずいてない様な??

283 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 01:12:34
>>280
朝鮮語の方言なんだろw「原」は早く謎を解けよ。
場所の妄想ばっかしてんじゃない。

284 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 01:25:10
登山トザンを日本語だと勘違いするの一緒?
和語だとヤマノボリかな?

カタカナやひらがな で表記したら外来語か民族語か分からんもんね。

285 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 02:43:33
つーか全く不明の古代朝鮮半島諸国語と、
現代コリア語を混同する愚行wwwwww

286 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 11:31:02
>>280 >高千穂の峰の隣の峰が韓国岳(からくにだけ)と呼ばれている

カラは日本語であり、このカラクニは朝鮮半島南部の倭人地域を表している単語だ。

 山名の由来は知らないが、半島倭人と関係があるんだろう。

287 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 12:25:27
韓国岳 古事記には空国(からくに)とあり、虚国嶽(からくにだけ)とも書かれているこの山は一説には山頂の眺望が利いて
晴れた日には韓の国まで見渡せるほど高かったので韓国岳と名をつけたとも言う説もある。

名称の由来として、江戸時代以前は山頂付近の登山道が険しく難路であり登山者がほとんどいなかったこと、
あるいは山頂付近に草木が乏しいことから空虚の地すなわち空国(むなくに、からくに)あるいは虚国(からくに)と呼ばれるようになったという説がある。

288 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 18:16:01
>>287 >>晴れた日には韓の国まで見渡せるほど高かったので韓国岳と名をつけたとも言う説もある。

・・・南九州から半島南部など見渡せるはずがないだろう。日向灘、八代海でさえ無理ではないか?


289 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 19:12:47
>>1
『漢方薬の起源は韓国だ』と言って中国に怒られ、『サッカーの起源は韓国だ』と言ってイギリスに怒られ、今度は日本語か?
ろくに証拠もなしに『こうだ』と言い切るところも相変わらずだ。

290 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 20:44:19
近い言語を使って交易をしてたんだろう

291 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 20:52:06
>>290 新羅は奈良時代に日本へ語学留学生を派遣していたが、近い言語ならそんな必要はないな。


292 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 21:19:19

泥棒を見つけたら?
こりゃ、コリャ、コリア!



293 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 23:42:21
弥生時代に鉄を手に入れるときはどうしてたんだろ?

294 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 00:31:53
鉄は、半島にまだ残っていた倭人から手に入れたのですよ。

295 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 00:50:36
アルタイ語だから日本語は大陸から来たんだろ。
ここまで中華どっぷりなのに言語は別系統ってのもなかなかなことだよ。

ちなみにチベットとモンゴルはともにラマ教国で繋がりが強いが
なぜかこちらも別系言語。
なにかがあるよねえ。きっとなにかが。

296 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 01:00:36
>>295 >>アルタイ語だから日本語は大陸から来たんだろ。


ビルマ系ボド語

足 atheng 
目 megan
口 khuga
歯 hatai
毛 khenai
頭 khara
舌 sila


インドネシア語

目 mata
手 tangan>たなごころ
足 kaki >駆ける
歯 gigi >牙

297 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 01:10:41

チベットとモンゴルと日本の関係は、面白い!
朝鮮は入って来なくてよい。



298 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 01:16:08
■ 語彙が南方的
日本語の語順は、北方的特徴を持つのに対し、語彙は南方の諸言語と親近感を示す。
計量言語学的な方法で、言語と言語との近さの度合いを測定すると、
日本語はインドネシア語、カンボジア語、台湾の高砂族のアミ語やパイワン語、
ビルマ系諸言語など南方的な諸言語と、
「基礎語彙」において、確率論的に、しばしば偶然以上の一致を示す。

299 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 01:55:01
バイカル湖畔で、発生した原日本語を使用していた原日本人集団が、日本列島に辿り着く途中、江南に当時まだいた南方系の集団と接触を持った結果でしょう。
もちろん日本列島に、先着していた少数の南方系民族との融合も一因としてあるんでしょうしね。


300 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 02:06:10
というか日本語は沖縄語から発生したのでどう考えても縄文系(南方)ですよ

301 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 10:02:49
「我」の発音
 中国語(ウォー)、朝鮮語(ウリ)、日本語(ワレ。津軽弁はウワ)

302 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 10:38:43
縄文のどこが南方系なんだよ

303 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 11:36:13
>>301 ペキン語 wo は古代には ngo だ。朝鮮語 uri には頭のwがない。

 日本語は古代から ware,wore だ。

304 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 13:30:08
>>295 アルタイ語だから朝鮮語は大陸から来たんだろ。
ここまで中華の属国なのに言語は別系統ってのもなかなかなことだよ。



305 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 16:07:50
       ■■■■■■■■■■■■■ 同胞に虐められ 逃げてきて〜
     ■■■■■■■■■■■■■■■
    ■■                ■■ ハラポジお金ほしいと密ー入ー国ー♪
    iiiiiii                    iiiiiii ウリのオモニは売春婦〜
    iiii     __        __    iii    
    ii    /               \   ii それをアポジがレイプして〜♪
   |                        |   ウリが誕生 卑しい血♪
   |                         |
   |      \          /      |   オンニーは整形 韓国エステ勤務  
  /   _ _                   _ _  \ 普段はイルポン 成り済まし〜♪
  |                           |  
  |                           |  名前も2つや 使い分け〜♪
  |            |  |           |    
  \                           /  
   |   __/   ●  ●   \__   |       
   |        ______        |<  特権ラクやで 帰化するかいな♪  
   |        \       /        |  あー白丁 ペクチョン チョン♪
   |         \    /         |    
    |            \/          |   息をするよに嘘をつき〜
    \_______________/         生活保護で パチンコや〜♪
                             祖国は地上の楽園 でも帰らん♪

306 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 16:40:09
江戸時代の日本 by 朝鮮通信使

●1764年2月3日 名古屋
街の繁栄、美しさは大阪と同じだ。
凄い。
自然の美しさ、人口の多さ、土地の豊かさ、家屋の贅沢さ…この旅で最高だ。
中原(中国の中心地)にも無い風景だ。
朝鮮の都も立派だが、名古屋と比べると、とても寂しい。
人々の美しさも最高だ。
特に女性が美しい。
美しすぎる。
あれが人間だろうか?
「楊貴妃が最高の美人だ」と言われているが、名古屋の女性と比べれば、美しさを失うだろう。
(帰路にて)
名古屋の美人が道を歩く我々を見ている。
我々の一員は、名古屋の美人を一人も見逃さないように、頭を左右に必死に動かしている。

●1764年2月16日 江戸(東京)

左側には家が連なり、右側には海が広がっている。
山は全く見えず、肥沃な土地が無限に広がっている。
楼閣や屋敷の贅沢さ、、人々の賑わい、男女の華やかさ、城壁の美しさ、橋や船…。
全てが大阪や京都より三倍は優っている。
この素晴らしさを文章で表現する事は、私の才能では不可能だ。
女性の美しさと華やかさは名古屋と同じだ。

日東壮遊歌 金 仁謙

江戸時代の1764年(明和元年)に第11次朝鮮通信使として来日した金仁謙が書いた記録である。
http://ec2.images-amazon.com/images/I/51NYVERMN9L._SS500_.jpg
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%97%A5%E6%9D%B1%E5%A3%AE%E9%81%8A%E6%AD%8C&oldid=25666330

307 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 16:42:03
日本人の起源(Y染色体による系統分析)
(日本人は、D2系統とO2b系統がほとんど)

一万数千年前に、大陸からD2系統が入ってきた。
これが縄文人である。D2は日本だけで見られる系統であり、
アイヌ88%、沖縄県56%、本州42-56%で、朝鮮半島では0%である。

O2a/O2b系統は中国の長江文明の担い手だと考えられている『苗(ミャオ)族』
で漢民族に追いやられ山東省、朝鮮半島、日本列島に達したと考えられる。


長江文明の発見から稲(ジャポニカ米)の原産が
長江中流域とほぼ確定されたので
長江文明の稲作を持ち込んだと考えられる。

文字、言葉の起源も長江文明と考えられる。

308 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 21:42:03
>>307
ビルマ系ボド語

足 atheng 
目 megan
口 khuga
歯 hatai
毛 khenai
頭 khara
舌 sila


インドネシア語

目 mata
手 tangan>たなごころ
足 kaki >駆ける
歯 gigi >牙


309 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 22:05:49
日本列島の個体群で見られるハプログループDのY染色体は際立って特徴的だ。
ハプログループDの系統史の内分岐で、少なくとも5つの別個の突然変異の複合体を生じている。
それゆえにチベット人やアンダマン諸島人に見られるハプログループD染色体とは明らかに区別され、
日本列島で有史以前の縄文文化を生み出した祖先的個体群において、
ハプログループDのY染色体は最頻のハプログループだった証拠を提供している。

Haplogroup D2 most likely derived from the D lineage in Japan. It is completely restricted to Japan,
and is a very diverse lineage within the aboriginal Japanese and in the Japanese population around Okinawa.

>少なくとも5つの別個の突然変異の複合体を生じている。
>日本の中でDからD2へと変化しました

D1、D2、D3の中で最も古いのはD2ってことだ
日本のD2はDのまま入ってきたのは確実

310 :日本@名無史さん:2009/10/26(月) 00:00:03
>>1

足 atheng 
目 megan
口 khuga
歯 hatai
毛 khenai
頭 khara
舌 sila

・・・もしこれが朝鮮語だったら、日本語と同系と言えるが、残念ながらインド・ナガランド地方のビルマ語だった。


311 :日本@名無史さん:2009/10/31(土) 01:54:49
test

312 :日本@名無史さん:2009/11/03(火) 13:44:51
世界中の言語はなんらかの接点をどこかでもっている。今分からなくても
研究が進めば、いずれ明らかになると思う。古代に半島人がどんな言葉を
話していたか、残念ながら今の時点では不明。

313 :◆VWCBut9QG7q4 :2009/11/06(金) 23:26:00
毎日朝鮮語を聞いていると、全く日本語とは違うと言うことが分かります。
日本語の流暢な流れがないのです。しかも良く、ゲロや、タンを吐くような音が入ります。
ドイツ語だって、英語だって、ちょっと似通って聞こえますよね。
ラテン系は殆ど似ていますし。チェコから移住した2代目の男がブラジルの
オフィスにいたが、彼は、スペイン語は70%、イタリア語は50%分かると
言っていた。ただ、現在の韓国人は元は日本語だった単語を使い、在日から
我々はタンベ、チョンガーとかを耳にするのでちょっと耳に慣れている言葉が
あるから誤解しますけれどね。それと語源が中国語ですから、同じような
単語はいっぱいあります。文法も似通っていますが、全く違う場合もあり
日本語との共通性はないと思います。起源は中国語ですよ。
日本語だって中国語の影響は十分に受けているでしょう。




314 :日本@名無史さん:2009/11/10(火) 14:13:14
頭は、ツム・ツムリ。

315 :日本@名無史さん:2009/12/02(水) 20:02:10
>>1
それはどのような資料に書かれている説でしょう?
定説なんですからいくらでもありますよね。
ウソっぱちでなければ一つ教えて下さい。
ウソっぱちでなければで結構ですから

316 :日本@名無史さん:2009/12/02(水) 20:10:25
韓国語は日本語の漢字読みを輸入して成り立っている。李氏朝鮮時代は漢文が読めるものが優秀とされハングルは子女が使うものと蔑まされ日常使われなかった。

317 :日本@名無史さん:2009/12/05(土) 00:59:22
学生時代、李寧煕が日本語と韓国語の違いを書いた本の1ページ目に、
どちらも同じだが、朝鮮人は犬を食うので歯が強く発音がはっきりしている、
それだけの差だ、というようなことが書いてあって呆れたことがある。
当時、李寧煕ってどんな人か知らなかったが、それ以後ただの馬鹿だと信じ込んでいる。

318 :日本@名無史さん :2009/12/05(土) 01:06:55
幼少時から日本語をつかっている人は風の音や虫の鳴声などの
自然の音を「言語」として脳が認識してるらしい。
かたや朝鮮語を含む大陸の言語を幼少時からつかっていると
自然音を「雑音」として脳が認識してるらしい。

319 :日本@名無史さん:2009/12/05(土) 12:14:41
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@、を無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

320 :日本@名無史さん:2009/12/05(土) 19:22:59
語頭に清音が立たない、語中の清音は濁音になる、という発音の
ルールが朝鮮語にあるが、
これは日本語の:
ハシ(橋)→ ニホンバシ(日本橋)
カエル(蛙)→ アマガエル(雨蛙)
の変化と同じではないか?

321 :日本@名無史さん:2009/12/05(土) 21:26:56
>>320 何の関係もない規則だ。

 日本語タコ>タゴ、ハト>ハド、ミチ>ミヂのようになるのが朝鮮語だ。


322 :日本@名無史さん:2009/12/06(日) 04:49:48
■日本VS○○系スレに現れる特亜工作員にありがちな特徴■

それが何であれ日本が褒められると猛然と反論する
相手の論理は全否定し持論のみ延々と何レスも何レスも連投する
相手を罵倒するとき「妄想」「脳内」「2ch脳」「無能」「無知」「低学歴」などの単語を好んで使う
自分は日本人だと言い張る
特殊技能や職能関係のスレの場合「自分は経験者だ」「プロとして長年やっている」等聞いてもいないのに語りだす
匿名掲示板にもかかわらず無意味なコテハンで自己アピール
コテハンと名無し、PCと携帯などを駆使し自演
論破されるといきなり消える、がスレが落ち着くとまた罵倒や長文レスを開始する
そのスレがある限り偏執的に何ヶ月でも監視を続ける
話の流れで少しでもひっかかるところがあれば「元寇」「朝鮮出兵」「日清日中戦争」「軍国主義」などに結び付けて強引に日本批判に持ち込もうとする、全く脈絡なく出してくることもある
場合によっては日本全体を罵倒するだけでなく全体としては持ち上げながらも地方対都心、関西対関東、伝統文化vsスポーツなど対立機軸や主張同士の論争を誘導する
怒りで我を忘れると「住所を言え」「オフで話をつけよう」など脅迫行為ともとれる発言を平気で行う
(どのような犯罪に巻き込まれるか知れずまともな人間なら応じるわけがないのをいいことに)応じない場合勝手に勝利宣言する

323 :日本@名無史さん:2010/01/05(火) 17:06:46
もちろん日本語の起源は韓国語じゃないと思ってる韓国人はいるだろう
そういう韓国人はなんとも思わないが。
日本語は韓国のおかげで出来たと思ってる韓国人が居たとしたら
その韓国人は日本に関わらないでほしい。
本当に迷惑だよ。


324 :日本@名無史さん:2010/01/13(水) 13:12:10
日本語の起源は高句麗語です。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1052579071/ ~986
http://mimizun.com/log/2ch/history/1052579071


韓国南部の前方後円墳は倭人の墓か?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1008077694/
http://mimizun.com/log/2ch/history/1008077694
http://mimizun.com/log/2ch/history/academy6.2ch.net/history/kako/1008/10080/1008077694.dat


325 :日本@名無史さん:2010/01/16(土) 12:10:12
日本語の起源は、従来、アルタイ諸語やオーストロネシア語族との関連が想定されてきたが、比較言語学的にはまだ証明されていない。
長江文明の担い手のO2系統はオーストロアジア語族だったと考えられ、南下したO2a系統では言語を保持しているが、北上したO2b系統では朝鮮半島でも日本でも元の言語を失い、移住した土地の言語を受け入れたと考えられる。
現在の所、日本語の起源については、いくつかの説が出ているが決定的な物はない。

326 :日本@名無史さん:2010/01/17(日) 16:55:40
日本語の起源はヘブライ語です。

327 :日本@名無史さん:2010/01/20(水) 20:29:10
そんなことはわからない。
古代の朝鮮半島における言語が皆目不明な現状では、何も言えない。

328 :日本@名無史さん:2010/02/14(日) 07:04:24
>>1
ソースは?

329 :日本@名無史さん:2010/02/14(日) 09:31:45
ナムギョのパーフェクトにほんご語源教室
http://www.nicovideo.jp/watch/nm8126878

「日本語は韓国起源」だそうです

330 :日本@名無史さん:2010/02/25(木) 09:09:47
漢字の発音とか韓国にそっくりだよね
韓国語が訛ると日本語って感じ

331 :日本@名無史さん:2010/02/26(金) 00:01:46
ま、これが真実であり、現実
朝鮮人というのはたった100年前に誕生した民族なのよね


東北工程:百済・新羅の歴史も「中国史の一部」=中国社科院 『朝鮮日報2007年6月4日』
http://www.chosunonline.com/article/20070604000018
公式研究書に百済と新羅の歴史も「中国史の一部」と記述していたことが3日、分かった。
百済に対しては「(高句麗と)同様に古代中国の辺境にいた少数民族である夫余人の一部が興した政権」とし、
新羅については「唐は(百済が滅亡した)660年以前には羈縻政策を、それ以降には直接統治を行った」と記述した。
また、新羅は「中国の秦の亡命者が樹立した政権」であり「中国の藩属国として唐が管轄権を持っていた」とした。


東北工程・高麗も中国が建てた国『朝鮮日報2007年6月6日』
http://www.chosunonline.com/article/20070606000006  
高麗について、「箕子朝鮮、高句麗に続き、中国が朝鮮半島に打ち建てた3番目の政権」と主張したところの、
吉林省社会科学院が隔月刊で発行する歴史雑誌『東北史地』の2007年第3号に掲載された
「後唐の明宗が、高麗を建国した太祖・王建の族籍を明らかにした」

332 :日本@名無史さん:2010/02/26(金) 08:33:48
中国の捏造史を信用するなら日本も中国の属国だね

333 :日本@名無史さん:2010/02/26(金) 10:03:45
残念だったね、朝鮮に歴史はないのよ(笑)

334 :日本@名無史さん:2010/02/26(金) 11:25:21
朝鮮人は「中国の捏造だ」とか言って、そういうふうにどんどん中国に喧嘩売って下さい
朝鮮にとって日本より中国やロシアのほうが怖いことを忘れてる
アホ朝鮮人

反日活動してるけど、日本が弱体化したら
ヤバいのは日本じゃなく韓国だからな
沖縄からアメリカ軍がいなくなったら
韓国の危険度は100倍になる

そんなこともわからないアホ朝鮮人

335 :日本@名無史さん:2010/03/07(日) 06:36:55
韓国人は、日本人の99%は韓国からきた喰いっぱぐれだの、日本人には80%以上韓国人の血が流れているだのと主張する。
また、天皇家も韓国人であり、そのことからも韓民族の優秀さがわかるとも言う。
「反日」を叫ぶ韓国人民族主義者の主張を聞くと、どうも矛盾だらけで、言っていることが支離滅裂である。
もしそうならば、日本と韓国人は同祖である。それならば、日韓合邦は同一民族の民族統一国家であり、正当性がさらに増すことになる。
だが彼らは、日韓同祖論は否定しているのである。なんという矛盾で、いい加減な態度だろうか。
結局、日本人の99%以上は韓半島からの渡来人、流民、喰いっぱぐれだと主張し続けるのも、
日本人の祖先は両班ではなく、賤民や白丁などの卑しい者であると言いたいのだろう。
韓国人のナショナリズムが高揚するにつれて、日本人の韓国起源説がどんどん強くなってきた。
そして、「神功皇后は新羅人皇女だ」「素戔嗚尊は古朝鮮人で、日本を征服して出雲王朝の祖となった」
「天照大神は百済人で、近肖古王(在位346〜375年)のふたりの王女のひとりであった」などといったさまざまな荒唐無稽な説が出てきた。
そのためのこじつけとして、奈良は韓国語で「国」の意味だとか、その「ナラ」に天神が降臨したという神話があるとか、
珍説奇説やら屁理屈をまくしたてる。また、こういった日韓同祖・同種の話は、韓国人の著書にいやというほど出てくる。


黄文雄著 『韓国は日本人がつくった』


336 :日本@名無史さん:2010/03/07(日) 19:28:43
>1古代韓国は古代漢に追いつめられて古日本にやってきましたように
古漢の植民地だらけの入蜀民だらけの朝鮮に言われたくありませんよーだ

337 :日本@名無史さん:2010/03/07(日) 23:03:08
>>1

その韓国人は近代化を拒んで日本に35年間も直接支配されたのだろう。どこが優秀なの?

338 :日本@名無史さん:2010/03/08(月) 00:50:55
>>1
コンプレックス丸出しだな!



339 :日本@名無史さん:2010/03/08(月) 03:42:56

朝鮮人と古代半島人は別もんだ…(笑)



340 :日本@名無史さん:2010/03/08(月) 18:09:50
前漢の植民地になりたくないので古日本にやってきましたのは奴隷にされてチンポをキリ虎られるからですよな
日本が野蛮な外国人がカンガルーを皆殺しにする映画を早く作ってほしいです

341 :日本@名無史さん:2010/03/08(月) 19:21:11
古代日本語は数え切れない量の研究論考があるが、
古代朝鮮語の研究はほとんど無いに等しい。
そもそも古代朝鮮語ってどんなもの?
その起源はどこ?

342 :日本@名無史さん:2010/03/11(木) 09:34:30
満州の平原にありました

343 :日本@名無史さん:2010/03/11(木) 23:01:35
古代朝鮮語は、日本語の起源ひとつになっているが、古代日本語の縄文語と
合わさって今につづく日本語の原型が形成されていったんじゃないの。

344 :日本@名無史さん:2010/03/12(金) 01:29:54
>>343
古代朝鮮語がどんなものか分からないのに、
起源もなにもないだろう。半島の南部は日本人
が住んでいたという世界的な常識からすれば、
半島南部でも日本語が話されていた可能性は
否定できないが、それは日本語であって朝鮮語
ではない。朝鮮語はもっと後に北方から入って
きた言葉だ。

345 :日本@名無史さん:2010/03/12(金) 13:55:54
日本でもきつい方言が地方に残っていて、これは韓国でも言えることなので
日本語は育って行ったので

346 :日本@名無史さん:2010/03/12(金) 15:42:39
万葉集は韓国語で解ける。

347 :日本@名無史さん:2010/03/12(金) 16:17:08
>>346
馬鹿々々しい。

348 :日本@名無史さん:2010/03/12(金) 16:19:47
>>347
皇国史観を捨てれば見えてくるものがあるよ。

349 :日本@名無史さん:2010/03/12(金) 22:36:07
古代朝鮮語は、起源のひとつだと言っているのであって、古代朝鮮語から日
本語が生まれたとは言っていない。むしろ縄文語がベースになっていると思
われる。

350 :日本@名無史さん:2010/03/12(金) 23:10:37
縄文語w

351 :日本@名無史さん:2010/03/13(土) 11:39:15
カタツムリは朝鮮語でしたんか

352 :日本@名無史さん:2010/03/13(土) 21:21:46
縄文時代に使われていた古代の日本語と言い直そうか。

353 :日本@名無史さん:2010/03/13(土) 23:18:27
>>1
キミノウチュウゴハワカリニクイ

354 :日本@名無史さん:2010/03/13(土) 23:28:31
縄文語も韓国から伝わったんだよ

355 :日本@名無史さん:2010/03/26(金) 19:23:40
ビルマ語群  7ñet 8šet 9kok 10tàs‘e
ビルマ語群  7nai 8šä 9kok 10tàtsä 
ヒマラヤ語群 7nhiï 8yai-lo 9k-hå 10tai

356 :日本@名無史さん:2010/03/28(日) 00:22:25
まじかよ

357 :日本@名無史さん:2010/04/13(火) 01:15:05
古朝鮮語=日本語

358 :日本@名無史さん:2010/05/29(土) 18:20:23
日本人自体が朝鮮由来の一民族

359 :日本@名無史さん:2010/05/29(土) 21:27:24
>>358
朝鮮人自体が中国由来の一民族

日本人のY染色体
日本固有のタイプ:4割 
中国に多いタイプ:4割

朝鮮人のY染色体
朝鮮固有のタイプ:なし 
中国に多いタイプ:9割
モンゴルに多いタイプ:1割

360 :日本@名無史さん:2010/05/30(日) 18:28:31
言語学の素人だけど、枕詞のたらちねとか、母屋(おもや)ってあちらの言葉っぽいが、
日本語の特徴の一つである、擬音語、擬声語が古朝鮮語にはあるのかな

361 :日本@名無史さん:2010/05/30(日) 22:05:04
日本人と朝鮮人は兄弟民族

362 :日本@名無史さん:2010/05/30(日) 23:10:59
>>360
>日本語の特徴の一つである、擬音語、擬声語が古朝鮮語にはあるのかな

古代朝鮮語は知らないが現代朝鮮語なら大有りだ。というより、擬音語、擬態語が朝鮮語の
特徴の一つとされている。
ついでだが、擬音語、擬態語なら満洲語のほうがもっと日本語に似ているよ。


363 :日本@名無史さん:2010/06/01(火) 03:11:07
>>361 朝鮮人とシナ人、モンゴル人、ツングース、エベンキ族は兄弟ミンジョク


364 :日本@名無史さん:2010/06/01(火) 03:12:30
>>361 さらにシナ人、モンゴル人、ツングースは朝鮮人の兄であり、親である。


365 :日本@名無史さん:2010/06/01(火) 04:28:02
日本人と朝鮮人は双子の兄弟

366 :日本@名無史さん:2010/06/01(火) 12:29:38
>>365 日本語と朝鮮語で兄弟語があるのならあげて見ろ。

 特に親族用語でな。日本語の兄弟語は沖縄語だけだ。

367 :日本@名無史さん:2010/06/01(火) 14:46:54
>>364
さらにアフリカ人はシナ人、モンゴル人、ツングースの兄であり親である。

368 :日本@名無史さん:2010/06/01(火) 15:21:13
>365
朝鮮人と韓国人が双子の兄弟だよね。

それなのに、北朝鮮は、韓国と戦うために中国を味方につけようとして、
韓国はアメリカと日本と中国を味方につけようとしてて、
本当にアホだよね。

日本も中国も、朝鮮民族とは赤の他人で、人口も朝鮮民族よりずっと多い。
ただでさえ少ない朝鮮民族が、二国に分かれて戦って双方に被害を受けて
例えば民族が絶滅の危機になったとしても、痛くも痒くも無い。
むしろ、好都合。
そんな事も考えないで、日本に頼ったり、中国に頼ったりするなんて
本当にお目出度い奴ら。


369 :日本@名無史さん:2010/06/01(火) 20:54:55
>>365 兄弟民族といえるのは英連邦諸国とかポルトガルとブラジル、スペインと南米みたいに言語が同じ国家同士しかない。

 日本と朝鮮は白村江の古代から異民族の敵国同士だ。

370 :日本@名無史さん:2010/06/01(火) 22:29:17
大韓言語=日本語であることは明白
大韓言語は日本語と分かれた後も進化し続けたのに対し
日本語は日本人の劣等性ゆえに退化し続け
本来同一言語である大韓言語からかけ離れた土人言語になってしまった

371 :日本@名無史さん:2010/06/01(火) 23:37:47
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

372 :日本@名無史さん:2010/06/02(水) 02:00:25
>>370
似ても似つかぬ言語だよ、日本語と朝鮮語は。
日本人に騙されて、滅びた満州族みたいに、
朝鮮民族も、日本人に騙されたまま、滅びるつもりなのか?

日本人は、朝鮮人と全然違うルーツを持つ、違う民族だという事を
認識しないと、再び罠に嵌まる事になるよ。

373 :日本@名無史さん:2010/06/02(水) 08:08:22
>>372
日本語と朝鮮語の似ていないところと言えば、共通する語彙(漢語を除く)が少ない。
では似ているところは、と言えば文法構造が気味悪いほど似ている。
例えば日本語でmustを表すのに、「しなければならない」と言う。
これは英語で表せば"if it is not done, it does not come out" ということだ。

使っていていやになるほど回りくどい言い方だ。
ところが朝鮮語のmustもこれとまったく同じなのだ。
朝鮮語では「アンハミョン、アンドゥンダ」と言う。
アンは否定、ハ(ダ)は「する」、ミョンは已然、ドゥンダは「なる」だから
日本語とまったく同じだ。
これを肯定にすれば「ハミョン、ドゥンダ」、すなわち「為せば成る」で、
パクチョンヒ大統領の有名なスローガン。

374 :日本@名無史さん:2010/06/02(水) 10:13:22
サムライの起源はサウラビといったとんでもない馬鹿話が何故韓国で流布するのだろうか。

サウラビ起源説の「起源」を追ってみたところ、1983年まで遡ることが判明している。
初めてこの説が発表されたのは、
数学史が専門で漢陽大学教授の金容雲が著した「韓国人と日本人」(1983) だ。
彼の説明では次のようになるそうだ・・・

韓国語で戦うということを「サウル」といい、男を「アビ」という。
「戦う男」を韓国語でじかに表現すると、「サウルアビ」になる。
飛躍がすぎると叱られるのを覚悟で、アマチュア式思考でいうと、
日本の「サムライ」と、韓国の「サウルアビ」と、
なにかつながりがありそうに考えられる。

本人の言う通り、素人の思い付きにすぎない。
こうしてサウラビ起源説は世に現れたらしい。
これが時間の経過とともに「学説」となり、
さらに「歴史的事実」として韓国人の間に流布していったそうだ。

375 :日本@名無史さん:2010/06/02(水) 20:35:43
>>373
すいません、どこが日本語と一緒なのか判りません・・・

日本だと、〜(なければ)らない、〜が必要、とか、語尾に否定や肯定の語が来る。
語頭に否定の「アン」をつける語法なんて、日本語に全く無い概念。
文法的に全然違うとしか言いようがない。

376 :日本@名無史さん:2010/06/02(水) 20:40:01
・・・ていうか、何でそんなに、こじつけてまで、日本に固執するのかがわからない。
視点を変えて、韓国語と中国語の共通点を探してみたらどうだろう?
意外な発見があるような気がしてならない。



377 :日本@名無史さん:2010/06/03(木) 10:09:57
朝鮮語は動詞も形容詞も同じ活用をするらしいが、そんな文法は日本語にはない。


378 :日本@名無史さん:2010/06/03(木) 10:44:37
>>375
それは否定の表し方が違うというだけ。
mustを表すのにこんなまわりくどい表現をするのは日本語と朝鮮語以外、
世界中探してもないだろう。しかも「なる=成る」という同じ意味の
動詞を使ってだ。

ちなみに語頭のアンで否定を表すのは、日本語の「あに」と似ている。
あに良くもあらず=決して良くない(万葉集より)

379 :日本@名無史さん:2010/06/03(木) 11:59:50
朝鮮語
語頭のアンで否定を表す

英語
語頭の『Un-』で否定を表す

日本語の『そう』と 英語の『so』
同音同義

日本語の『坊や』(boya)と英語の『boy』
同音同義

380 :日本@名無史さん:2010/06/03(木) 12:17:43
>>373
> >>372
> 日本語と朝鮮語の似ていないところと言えば、共通する語彙(漢語を除く)が少ない。
> では似ているところは、と言えば文法構造が気味悪いほど似ている。
> 例えば日本語でmustを表すのに、「しなければならない」と言う。
> これは英語で表せば"if it is not done, it does not come out" ということだ。
>
> 使っていていやになるほど回りくどい言い方だ。

ごめんな、中央政権にに近い方言として、

MUST

は、「せな」で表現できるんだよ。

詳しく説明を求めるなら、レスくれ。

381 :日本@名無史さん:2010/06/03(木) 13:34:18
「べし」もあるぜ

382 :日本@名無史さん:2010/06/03(木) 14:11:10
>>373
現在の朝鮮語は大日本帝国が整備したから、文法とかは日本語標準なのは当たり前では?
共通点探すならかなり昔の調べないと駄目だろ
資料が殆ど無いけど

383 :日本@名無史さん:2010/06/03(木) 14:32:31
>>380
「せな」は「せなならん」の短縮形だ。
「せなならん」は「せねばならぬ」で、結局は「しなければならない」
と同じ。

>>382
>現在の朝鮮語は大日本帝国が整備したから、文法とかは日本語標準

「アンハミョン、アンドゥンダ」がそんなに古くない、というのは
私もそんな気がする。しかし日本統治よりは古いのではないか。
もし日本による整備でこのような基本的な表現ができて、現在も
意識されずに使われているのだとしたら、それは非常に興味ある、
また重大な研究テーマだ。
誰か調べてくれると面白いな。

384 :日本@名無史さん:2010/06/03(木) 21:05:37
>> では似ているところは、と言えば文法構造が気味悪いほど似ている。

・・・インドネシア語の擬態語、擬声語も日本語と気味悪いほど似ているな。

 キラキラ、ジャランジャラン、とかオランオラン(人々)というのがある。



385 :日本@名無史さん:2010/06/04(金) 00:24:32
>ちなみに語頭のアンで否定を表すのは、日本語の「あに」と似ている。
あに良くもあらず=決して良くない(万葉集より)

日本語は、否定の〜ず(〜不)が語尾に来てるじゃん。
これがないと否定にならないのが日本語。

むしろ、韓国語は
不〜、無〜という中国語と比較してみた方が、いいのでは?
自分は韓国語に興味が無いんでやらないけど、絶対研究の余地あるよ。
在日韓国人系の人はぜひやった方がいいと思う。

386 :日本@名無史さん:2010/06/04(金) 02:13:57
>> では似ているところは、と言えば文法構造が気味悪いほど似ている。

・・・朝鮮語よりトルコ語文法のほうが日本文法に近いところがある。

 特に動詞+助動詞の活用などがそっくりだ。朝鮮語は全然ちがう。

387 :日本@名無史さん:2010/06/04(金) 07:53:27
>>385
>日本語は、否定の〜ず(〜不)が語尾に来てるじゃん。

もちろん、日本語では「あに」と「ず」がワンセットになって強い否定を表す。
だが、使っているうちに強い否定が普通の否定になり、「ず」も消えてしまった、
ということはあり得る。

逆のケースとしてフランス語の例を挙げよう。
フランス語の否定は動詞をneとpasで挟む。neは他のラテン系の言葉のnoやnonと
共通するが、pasのような言葉で挟むのは他にない。
これは恐らく、pasで否定を強めているうちにそれが普通の否定になり、pasが残って
しまったのだ。

388 :日本@名無史さん:2010/06/04(金) 13:23:10
なんでフランス語の例をだすのか?の不思議。

389 :日本@名無史さん:2010/06/04(金) 13:43:12
>>387 アニ・・・セズのアニが否定詞なら二重否定になるが、そうではないだろうな。

 つまりアニは朝鮮語のアンとは関係ない強調語だろう。

390 :日本@名無史さん:2010/06/04(金) 14:39:42
>>388
否定の仕方は固定的なものではない、という例だよ。
フランス語の否定にはpasが付くからと言って、フランス語はラテン系の言葉
ではない、という人はいないわけだ。

>>389
もういちどフランス語で説明しよう。
例えばフランス語の I don't know は Je ne sais pas だ。このpasは「一歩たりとも」という
強調語だ。それ自体に否定の意味はない。否定詞はneだ。(Jeが主語、動詞がsais)

ところが俗語ではこれを Je sais pas と言うのだ。これで立派に通じる。
強調語が否定詞に転化してしまった例だ。


391 :日本@名無史さん:2010/06/04(金) 19:41:50
>>390 日本語のアニはpasのような機能はないから、朝鮮語アンとは無関係だな。

 日本語には必ずヌが必要だ。フランス語のneと同じことだ。

392 :日本@名無史さん:2010/06/04(金) 21:53:52
>>391
アニとpasの機能は同じだよ。先に立つか、後に立つかだけの違いだ。
もちろん、日本語では否定詞が省略されるところまで行かなかった。
そこまで行かないうちにアニが廃れてしまった。

しかし朝鮮語では、先に立つ強調語として使われていたアンにおいて
対となる否定詞が省略される現象が起こった(ちょうどフランス語俗語に
おいてneが省略されるのと同じように)、のではないか?
と考えて見るわけだ。

393 :日本@名無史さん:2010/06/04(金) 22:29:11
>>392 朝鮮語ではアンは動詞の後にもつくことができるだろう。

 ということはアンは強調語でなくて否定詞そのものだ。

 日本語のヨマ・ヌもyom/anuが起源のように見えるが、一段活用ではwi/nu,tari/nuだから、anu説ではこれを説明できない。


394 :日本@名無史さん:2010/06/04(金) 22:57:02
単語と文法、さてどっちが時代と共に変化しやすい?

395 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 01:05:02
日本人は幼い弟 朝鮮民族の弟 末っ子

396 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 01:48:53
↑アホか?日本と朝鮮は最初から兄弟でも何でもねぇよカス
しいて言えば日本は主人で朝鮮は奴隷だろ
大日本帝国に占領された事を忘れたのか?ボケ

397 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 02:34:07
>>395 朝鮮人は中華秩序でも琉球以下の最下層民だったな。

 倭国には金印、朝鮮には泥印だったな。

398 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 05:51:57
>>393
>朝鮮語ではアンは動詞の後にもつくことができるだろう。

できない。「アンハミョン、アンドゥンダ」でアンを後につけたら
どうなるのか?

君も恐らく感じただろうが、朝鮮語で文法用語が語頭につくことはちょっと
めずらしい。これもアンがもともとは強調語であった名残ではないか?

ちょうど、フランス語俗語のJe sais pas におけるpasが、ラテン系言語
ではめずらしい、動詞の後につく否定語であるのと同様に。

399 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 09:49:56
>>378

>mustを表すのにこんなまわりくどい表現をするのは日本語と朝鮮語以外、
>世界中探してもないだろう。しかも「なる=成る」という同じ意味の
>動詞を使ってだ。

そもそもこれがダウト、っつーか、世界中の言語を調べてから言おうよ。

で、朝鮮語の表現が日本語にソックリなのは、現代朝鮮語は日本語のなぞりとして
成立したからで、日本語のなぞりとして成立しなかったら、もっと違った表現になって
いたかもね。だからそれで?という話。

またフランス語の否定形の史的成立事情を縷々のべたところで、それが日本語と朝鮮語
との関係の何を証明するの? 朝鮮語文法の推移の歴史(というか単なる想像)を読ま
されるほうの身にもなってくれないかな。

「フランス語でこうだったのだから、朝鮮語だってこうだったかもしれないじゃないか。
だからそれが日本語のXXと無関係だとは断言できないじゃないか」とか、どこから
突っ込んでいいものやら、まともな人間は途方に暮れるしかないよね。


400 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 09:56:52
>>399
途方に暮れただろうが、一方でものの見方が広がっただろう。
私の意図もそこにある。

401 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 11:55:48
>>399
>世界中の言語を調べてから言おうよ。

よくよく調べればアフリカとか南米とかに、同じような表現をする言葉が一つや二つあるかも
しれない。だからといってどうだと言うのか。極めて珍しいことに変わりはないではないか。
そしてそのなかに日本語と朝鮮語が入っているのだ。

>現代朝鮮語は日本語のなぞりとして成立したからで、

だからそれで? と簡単に(何気に?)言うが、その「なぞり」がいつごろ、どんな理由で、
どんな範囲で起こったのか、わかっているのか? すくなくとも私は読んだことがない。
もし分かっていないのならば、それを明らかにすることは是非とも必要な作業なのだ。
なぜなら、日本語朝鮮語の比較をする上で、そのような要素はまず除去「しなければならない」
からだ。

402 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 12:12:35
あれ?

>>394に答えられないのかな?


403 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 13:19:44
>>402
それは文法だ。
だから文法を固定的に考えてはいけないということを延々と説いてきたわけ。

404 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 13:30:31
こーゆうスレを見かけると思うんだけど
在日ってそんなに日本に対してコンプレックスがあるの?
うじうじ暗いやつらだな

405 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 13:38:25
○○しない、ダメある、・・・これがそんなに回りくどい表現か?

 ○○するヨロシ、を裏がえしただけだがな。

406 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 13:42:00
日本古語には○○スベシ、という表現があるが、朝鮮語にあるのか?


407 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 20:29:38
英語やヨーロッパ語と比較するから「しなければならない」を回りくどいとか
感じるのであって、日本語だけで考えれば、基本的にはそうとしか表現できない
んだから回りくどいとか思わないよ。
日本語と朝鮮語が統語論的に類似していることは全く否定しないけど、それと
「起源」の問題はまた別の話で、それは日本史板のスレッドで延々と見当違い
の妄想を垂れ流して論じるべきことではないよなぁ。
日本語と朝鮮語とが共通の起源にさかのぼれることを主張したいなら、地道に
証拠を探し推論を積み重ねた上で自説を世間に発表すればいい。フランス語の
否定詞や、「あに」についての珍説なんぞを持ち出さずに。



408 :日本@名無史さん:2010/06/05(土) 21:14:39
>>407
>日本語と朝鮮語とが共通の起源にさかのぼれることを主張したいなら

私がいつそんなことを「主張」した?
人のことを勝手にきめつけてはいけない。

409 :日本@名無史さん:2010/06/06(日) 11:18:58
>>407
>「あに」についての珍説なんぞを持ち出さずに。

「アン」と「あに」を比較したのは、実は大野晋の受け売りだ。

410 :日本@名無史さん:2010/06/06(日) 14:30:47
韓国の歴史捏造の酷さ
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/korea/1269728146/

411 :日本@名無史さん:2010/06/06(日) 23:19:16
日本語と朝鮮語は、どうみても、違う系統の言語が祖語になってるね。

○語彙が違う(この違いはかなり決定的)
○日本語は高低アクセント言語、それが漢語の影響ではない事の証拠として、大和言葉に高低アクセント有り。
○俗説で言われているほど、文法は似ていない。
○発声法が違う。

どうして、それを認められないのか?韓国人は。
この分野は、韓国人の妄想に止めを刺すためにも、絶対、
徹底的に研究した方が良いと思う。
もちろん、ビルマ語やチベット語や、中国語など、周辺言語との関連性も含めて。

412 :日本@名無史さん:2010/06/06(日) 23:45:32
奈良時代から日本人は半島の言語をカラサエズリと呼んでいた全く別の言語だ。


413 :日本@名無史さん:2010/06/06(日) 23:50:00
日本人は漢字、漢文の研究はしていたが、朝鮮語の研究など新井白石以外きいたことがないな。

 対馬藩で商業会話として細々とやっていた程度なんだろうな。


414 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 03:29:52
日本語と同じような文法構造を持つのは朝鮮語の他に
モンゴル語、トルコ語、ほとんど消滅してるがツングース諸語(旧満州語など)

ただ日本語は語彙の点で(字音語を除けば)同祖だとしても分岐はかなり古い(歴史時代のはるか以前)
琉球語がせいぜい2000年以下の分離と考えられるのとは大差

415 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 03:40:29
>>414
文法と語彙、アクセントという点で日本語と一致するのは、ビルマ語だと思う。
結局、
>モンゴル語、トルコ語、ほとんど消滅してるがツングース諸語(旧満州語など)
という北方系言語からのアプローチでの研究は、全て挫折してる 。

日本語はビルマ語+αで形成されたと考えるのが、絶対自然。

現在の日本周辺の地図を見ても、揚子江以南と揚子江以北で言語が
分かれてる。日本は沖縄、台湾を経て今でも地理的に大陸と島で繋がってるし、
過去はもっと、往来が容易かったはず。
言語的にも遺伝的にも一致してるし、稲の伝播や文化もその流れで考えると、
全く不自然じゃない。

416 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 03:42:47
×ビルマ語+α→○ビルマ語系の祖語+α

417 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 06:59:53
>>415
ビルマ語は知らないが、朝鮮語より文法が似てるの?
例文を書いてみて。

418 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 09:05:56
アイヌ語の文法は日本語と似ているが、否定詞は動詞の前に来るそうだ。
それを考えると、日本語は不思議だよね。

で、ちょっと考えてみたんだけど、
物々交換の市での会話
Will you tarde? - 取引しませんか?
trade? No! - 取引だって?嫌だよ!

これは文法ではなく、会話の流れとして否定が後にきただけだが、
古代の交易商人はこんな会話を交わしていたのではないだろうか?
相手の言葉を反復してから否定することで、より確かな意思疎通ができたのだろう。

更に考察すれば、
trade, OK? - 取引、いいかい?
trade? No. - 取引?しないよ。
こんな会話だったのかもしれない。

419 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 12:57:32
ビルマ系ボド語

足 atheng 
目 megan
口 khuga
歯 hatai
毛 khenai
頭 khara
舌 sila


インドネシア語

目 mata
手 tangan>たなごころ
足 kaki >駆ける
歯 gigi >牙

420 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 13:03:48
>>419
ビルマ語の例文は?

421 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 18:14:40
数詞

ビルマ語群  
 7 ñet 
 8 šet 
 9 kok 
10 tàs‘e

ビルマ語群  
 7 nai 
 8 šä 
 9 kok 
10 tàtsä 
 
ヒマラヤ語群 
 7 nhiï 
 8 yai-lo 
 9 k-hå 
10 tai

古代日本語 高句麗語 新羅語 高麗語 中期朝鮮語 現代朝鮮語
>>12

422 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 18:28:38
縄文人の数の原器(標準器)
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/bns/lecture
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/NR/rdonlyres/5862FE7A-AA6D-427F-BC62-6EB4FE0DE90C/0/tablet.jpg

縄文人の数は1〜6まで
日本語と同じく倍数関係になっている

縄文語

2 1×2



6 3×2

日本語
1 hito
2 huta 1×2
3 mi
4 yo
5 itu
6 mu 3×2

423 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 20:48:19
>>420
ビルマ語は、今、勉強中なので、ちょっとしか判らないけど、

cAnO_(私・男性) jApan_(日本) lumyo:(人種) ba_(丁寧を表す助詞)
私は日本人です。

cAma.(私・女性) tocotE?ka.tho_(東京大学) ga.(属性を示す助詞) cauN:dhu_(女学生) ba_(丁寧)
私は東京大学の学生です。

「が」は、日本語の古文でも(一部現代文でも)「〜の」の意味があるから、
近い使い方をしてると思う。

424 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 20:53:17
語尾の「 ba」も、日本語の「だ」「です」のように丁寧語で、
省略や入れ替えも可能というところが、非常に、ビルマ語は日本語に近いと思う。

この使い方は、朝鮮語の文法ではなく、間違いなく日本語の方に似てる。
ビルマ語の声調も、3通りしかなく、日本語の高低アクセントに近い構造。

もちろん、朝鮮語には、高低アクセントの概念は無いので(これは、他のツングース語や、モンゴル語にも共通している特徴)
この点でも、ビルマ語は朝鮮語よりも日本語に近いと言えると思う。



425 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 20:56:54
>>419
>>421で書いてくれてる通り、ビルマ語系の基礎語も、有意に、日本語との一致が
認められる。

同じ単語を、日本語と朝鮮語で比べると、全く一致が見られ無いし、
語彙の点でも、ビルマ語の方が、明らかに日本語に近い。

426 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 21:19:40
ビルマ語の例文を見つけたよ。
日本語そっくりだね。

mya?(S)htun(H)ミャットゥン ga(F)は mun(L)mun(L)モンモン go(L)を chi?(S)愛する tE(L)過去/現在
「ミャットゥンはモンモンを愛している」

ttp://www.sfs.osaka-u.ac.jp/user/burmese/kyuen.html

427 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 21:24:18
>>423
日本語の「は」にあたる助詞がないな。 朝鮮語にはある。
同じことを朝鮮語で言えば:

私  は  東京大学     の  学生   です
チョ ヌン トンキョンデハク ウィ ハクセン イムニダ

さて、我々は「は」を主格助詞だと思っているが、実は主題提起の助詞である。
「日本は山が多いです」
と言うと、一見主格助詞が重なっているが、前の「は」は主題提起しているのである。
これは朝鮮語も同じ。

日本   は   山  が  多い  です
イルボン ヌン  サン ガ  ムオッ チムニダ 

ちなみに朝鮮人に日本語を教えるとき「は」と「が」の使い分けを説明する必要は
ほとんどないそうだ。
朝鮮語は単に語順だけでなく、このような微妙なところが似ているのである。

428 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 21:47:22
>>427
ビルマ語は、
日本語の対応する助詞と、その使い方も、発音(語彙)そのものも、
明らかに一致してるじゃん。
動詞の活用の仕方も一致してるし。
日本語の「〜は〜」は、広東語の「〜係〜」(be動詞とも助詞的だとも言われる)
と、かなり似てると思う。
広東語にも「〜の」の意味の助詞「ge]があって、使い方がビルマ語とも似てる。

429 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 21:49:32
広東語の〜係〜の発音は「hai」ね。

430 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 22:39:23
>>428
>日本語の対応する助詞と、その使い方も、発音(語彙)そのものも、
>明らかに一致してるじゃん。

使い方と発音が一致する助詞って上記ビルマ語例文のなかでどれのこと?
朝鮮語なら「ガ」が使い方、発音とも一致するが。

>動詞の活用の仕方も一致してるし。

動詞の活用の仕方が一致というのはすごいね。 例を挙げてみて。

>日本語の「〜は〜」は、広東語の「〜係〜」

広東語で「ンゴ ハイ ヤップンヤーン」と言うとき、「ハイ」が助詞なら「です」
にあたる言葉がないのだが。

431 :日本@名無史さん:2010/06/07(月) 23:40:54
>>427 朝鮮語よりインドネシア語のほうが似ているぞ。

 saya suka bunga ini.私はこの花が好き。

432 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 00:28:40
saya suka bunga ini. ware kono hana suki.

433 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 01:37:50
ビルマ語てチベット語と同系とされてるんだっけ?


434 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 01:44:31
古朝鮮支配地域がビルマチベットにまで及んでいたので
大韓 ビルマ チベット 日本の文法が類似していても
当然の事と言えるであろう

435 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 01:45:55
言語年代学では日本語と琉球語が別れたのは1800年ほど前
日本語と朝鮮語は同祖と仮定すれば7000年前に分岐したことになる

× 日本語の起源は朝鮮語である
× 人間の起源はチンパンジーである

○ 日本語と朝鮮語は7000年前に共通祖語を持つかもしれない
○ 人間とチンパンジーは600万年前に共通祖先を持つ

436 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 02:32:14
朝鮮語で読むと、万葉集はただの猥褻文書。
朝鮮語で読むと、日本書紀は三国史記のパクリ。
朝鮮語で読むと、日本語はなかった。
朝鮮語で読むと、ギリシャ語は朝鮮語のパクリ。

437 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 03:54:18
やっぱしテコンドーが空手の父親だったんだな。
空手はテコンドーの子供ということ。

438 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 03:59:15
空手だけでなく相撲も柔道もテコンから派生した
古代相撲はテコイと呼ばれていたこれはテコンが訛ったものだ
そして相撲から柔道の祖である柔術 空手 合気が発生した

439 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 05:32:07
「日本は山が多いです」

これをビルマ語、インドネシア語、広東語で言ってみて。

440 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 10:29:58
>>428
広東語で「あなたは日本人ですか?」と言うのは:
ネイ ハイ ヤップンヤーン ア?

北京語で言えば:
ニイ シイ リーベンリェン マ?

その答えは:
広東語: ハイ、ンゴ ハイ(ヤップンヤーン)
北京語: シイ、ウォ シイ(リーベンリエン)

ハイとシイは一対一に対応している。ハイを助詞とする必要はない。
シイがbe動詞兼肯定の間投詞なら、ハイもそうである。

441 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 12:45:58
横から素人の質問なんですが、
「日本は山が多いです」について、昔もこういう言い方したんでしょうか?
「大和には 多くの山が ありにけり(日本には多くの山がある)」
みたいな方がシックリ来るんですが、どうなんでしょうか?

442 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 12:50:32
>>441
誤解があるといけないので補足しますが、
「シックリ来る」というのは、あくまで私個人の感想です。
日本語としておかしいなどと言ってるわけではありませんので、
誤解しないでくださいね。

443 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 14:16:28
>>441
調べたわけではないので、あてずっぽだが。
「は」は昔からあった。
「大和は国のまほろば、たたなずく青垣、山籠もれる大和しうるはし」

「は」は広東語の「ハイ」みたいな働きをしていると見ていいだろう。
一方、動作の主格を表す「が」は、はじめは無かった。
「我思う、故に我あり」(古代の文章ではないが文語ね)

これでは不明瞭になる場合があるから本来は所有格助詞の「が」が動作の
所有のような感じで代用され、主格助詞として定着した。

これによって主格助詞ができたので「は」は主題提示の助詞としても
用いられるようになった。

と、理解している。つまり「古い形で比較せよ」という趣旨からは
「日本は山が多いです」は使えない。
ただ、なぜこんなところにまで、朝鮮語と日本語は寄り添っているのか、
(後世の変化であるにせよ)という例を示したわけ。

444 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 14:43:04
>>443
広東語の文法は、北京語と微妙に違うんだよね。びっくりするほど構文が
日本語に似てるのが多いし、
疑問分で〜か?と同じ発音と使い方の〜ka?というのもある。

朝鮮語論者の人にも言いたいんだけど、日本語とだけ比較するんじゃなく、
日本語以外のものと比べた方が、
朝鮮語的にも議論の幅も広がるし、興味深いと思うんだけど。

ビルマ語、広東語、と比べただけでも新たな発見があるし、さらにベトナム語とか
モンゴル語とか比べると、もっと発見があると思うんですよね。



445 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 15:08:54
>>444
>広東語の文法は、北京語と微妙に違うんだよね。びっくりするほど構文が
>日本語に似てるのが多い

そういう話しをするときはまず文例を示してくれ。
でないと単なる印象操作になってしまう。
広東語で日本語に似ている構文の文例を示して。

446 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 18:05:38
ごめん、訂正する
>>440の2行目、広東語の疑問文の終わりの言葉はア?でなくてマ?だった。
ア?は別の形の疑問文の終わりに用いられる語気詞。

>>444
~ka? というのは分からなかった。どんな漢字を使うの?

447 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 19:24:55
広東語についてググッてみた。
平常文に疑問をあらわす語気詞「0馬」(ma3)をつけると疑問文になるんだね。
例:
平常文
 イ巨食晩飯(ko:i5 sik6 maan6 fan6)
 彼は晩ご飯を食べます。

疑問文
 イ巨食晩飯0馬?(ko:i5 sik6 maan6 fan6 ma3)
 彼は晩ご飯を食べますか?

参考にしたサイト
http://www5.ocn.ne.jp/~yasuh/cantonese04.htm

日本語の場合も、最後に「か?」を付ける事で疑問文になるのと似ているね。
しかし、中国語の影響は平安時代以降の可能性もあるので、
これだけで、日本語の起源と言うには弱すぎる気がする。
現代の日本語においても、英語の影響で、語尾を上げると疑問形になるように変化してきている。
例:
「食べ↑る?(食べますか?)」「食べる→(食べます)」

これだけで、日本語の起源が英語とは言えないのと同じだと思う。
影響があったというに過ぎないが、そういうった影響が縄文時代から綿々と積み重ねられて、
現代の日本語になっているのだろう。

どうやら文法SOVは変化していないようなので、
アルタイ語を基礎に、台湾、江南、華北、朝鮮、沿海州などの影響があったのだと推測。

http://yamatai.cside.com/katudou/image/kigen.jpg

448 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 20:06:42
広東語が北京語と違う所としては、自制の表現が豊富な所もあると思う。

去(行く):現在、去 口左(hou zho)(行った):過去
去 過(hou gwo)行った事がある、mou 去(mou hou)行った事がない。

例文としては、
你 口黎 香港 口既 目的 係 セ 口野 口尼?
Nei lai Hong gong ge mukdik hai matye ne?
あなたが香港に来た目的は何ですか?

〜か?に近いのは 〜口架?ga

>>447
その、「アルタイ語を基礎に」というのが、すでに先入観だと思う。
その根拠は意外と少ないし、
ほぼ都市伝説に近いと思ってます。
その線で考えると、
○日本語がなぜピッチアクセント言語なのか?(アルタイ語はピッチアクセント語ではない)
○日本語とアルタイ諸語の間になぜ語彙の一致が無いのか?(ビルマ語系には日本語と、基礎語が共通しているものが多数ある)
○日本語の文法は、アルタイ語では解明できない事が多い。

ビルマ語とか、その近接地域の線で考えた方が、論理的に説明できる事が多いと思います。
結局、100年以上、日本語が「アルタイ語」と考えられ、まったく言語的な分析が進まず、
近年やっと「系統不明」という所まで来たという経緯も、
アルタイ語説と言う、実証不能な都市伝説に惑わされてきた結果では?
と思ってます。


449 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 20:14:22
>>447 疑問文の最後に「か?」のような助詞を付ける言語など世界中にあるぞ。

 モンゴル、トルコ、ヒンディー、ドラヴィダ語、朝鮮、ビルマなど。

 ラテン語にもそんなものがあった。

450 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 20:25:38
×自制の表現→時制の表現

広東語には〜口架?ga 以外にも〜口羊?meという疑問文があって、
日本語の古文の「〜め?」という疑問文に似てたり、
〜と〜というのは〜同tung〜と言って、北京語の〜和〜よりも発音が似てる。
日本語の否定文「〜ない」は広東語の口吾係mhaiに関連がある気がする。

広東語は口吾係mhai口吾去mhou「行かないのではない」みたいな
二重否定が普通に使われるところも特徴的で、
日本語もかなり二重否定を使う言語なので、共通点はあると思う。

451 :447:2010/06/08(火) 22:13:38
>>448
>その、「アルタイ語を基礎に」というのが、すでに先入観だと思う。

御指摘の通り、先入観でした。
「アルタイ語」は訂正して、とりあえず「縄文語」とします。

縄文人が日本に渡ってきたのが1万数千年前と考えられますから、
縄文語の姉妹言語を探すのは困難を極めますね。
YAP遺伝子の研究から、日本人とチベット人は近いことがわかっていますから、
あるいは、縄文語とチベット語は共通の語族から派生したのかもしれません。
もし、チベット語と広東語に近似性あるとしたら、あるいは、
縄文語は、チベット語、広東語、ビルマ語などと同じ祖語から派生した言語ということも…
いや、いくらなんでも、それはありえないですよね^^;

いずれにせよ、朝鮮語が日本語の起源ではないことだけは確かでしょうが、
日朝お互いに多少なりとも影響があったこともまた確かでしょう。
これも先入観かな?


452 :447:2010/06/08(火) 22:22:53
>>449
>疑問文の最後に「か?」のような助詞を付ける言語など世界中にあるぞ。

人類共通の用法だとすると、数万年、あるいは十数万年前から使われていたのかもしれませんね。
ロマンを感じますね^^

453 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 22:27:19
日本語の否定文「〜ない」は
古文では「〜まい」なので、さらに広東語の口吾係mhaiと似てます。
日本語の古文は、他にも広東語に似てるのがあって
「〜らめ?」「〜らむ」「〜や?」 他にも色々あります。


454 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 22:30:40
>縄文語は、チベット語、広東語、ビルマ語などと同じ祖語から派生した言語ということも…

いや、先入観なしで、データだけ論理的に立証していくと、その線は、
かなり有りだと思ってます。
というか、日本語を分析するとしたら、もはやその線しか無いと言っても
過言じゃないと思いますね。


455 :日本@名無史さん:2010/06/08(火) 22:54:57
>>447 >>448 >>450
旅行会話から取ってきた普通の例文は不要。君が「びっくりするほど構文が日本語に
似ている」と言う例文が欲しかったのだ。見たところそう言うのは一つもないな。
あるのは普通の中国語式の構文と単語の語呂合わせだけ。

me[口羊]と言うのは英語のwhat、北京語のションマと同じで、日本語、朝鮮語のカ、
北京語、広東語のマのようにセンテンスの終わりにつけて疑問文を作る言葉ではない
から、比較はできない。

またmhai(マイ)はm[口吾]という否定詞(北京語のbu(不)と同じ)が例のhai[係]
と融合した言葉だ。このような構造を含む言葉を単語と比較するのは最も避けるべき
ことだ。

結局、広東語の「構文」がいかに北京語と似ていて、いかに日本語と似てないかが
よくわかった。
でもまだ希望は捨てないで「構文」が日本語と似ている例文を待っているよ。

456 :447:2010/06/09(水) 00:34:40
>>455
念のために言いますが、自分は>>444ではありません^^;

ちなみに、ここまでシュメール語説は0件

457 :日本@名無史さん:2010/06/09(水) 01:39:27
>>455
〜口羊?meは、語尾につくので、日本語の古文の〜め?と使い方が
全く同じですね。

朝鮮語は語彙的に、否定文が日本語と語彙も用法も全く一致しないのと比べたら
口吾係mhaiはかなり、日本語と関連がある可能性がある。
肯定・否定だけでも
○日本語の肯定はい=係hai
○古文と現代文の否定文〜まい、ない→口吾係mhai
どちらも似ているのは偶然じゃない。
北京語のごろ合わせと断言してますが、
それなら北京語の発音より、日本語に似ているのはどう説明するのか?
ビルマ語も広東語も、発音+文法ともに日本語に似てる所が有るところが、
特異的だと思う。
朝鮮語と日本語の間にはこういう一致は無いんです。
すなわち、言語的にはあまり共通性が無い。
朝鮮語と日本語との類似点と言われるものは、日本語と他の言語との間にもたくさんあるし、
しかも、そちらの方が関連性がより強いと思える事例が沢山有る。


458 :日本@名無史さん:2010/06/09(水) 10:24:00
>>441
「日本は山が多いです」のような、「形容詞+です」という言い方は、
西洋語の翻訳文として江戸〜明治以降に生まれた新しい表現です。
伝統的な日本語文にはありませんでした(この「ありませんでした」も、
「本来の正調日本語」からは少し外れた、一部の俗語をもとに近代に成立
した翻訳文体がもとになっています)。
英語(またはオランダ語)の「be動詞+形容詞」(VC)などの文章を
訳す際、補語とは別個にbeを一律にどういう言い方にしたらよいか試行
錯誤をし苦心して生み出されたのが「多いです」のような言い方です。
この表現が「本来はちょっと変」である名残は、例えば「です」を「だ」や「である」
に言い換えることができない、という形で日本語話者なら感覚的に確認できます。
(「この山はなだらかです」「この山はなだらかだ」とは言えるのに)。
ですから、この文例を現在の議論の中で持ち出すのは適切とは言えないでしょう。

459 :日本@名無史さん:2010/06/09(水) 10:39:13
>>458 九州弁を採用して「日本は山が多かです」とすればよかったのにな。


460 :日本@名無史さん:2010/06/09(水) 14:41:29
>>457
>日本語の古文の〜め?と使い方が全く同じですね。

「日本語の古文の〜め?」というのがわからない。それなに?

>古文と現代文の否定文〜まい、ない→口吾係mhai

「まい」は「まじ」が変わってできたもの。
広東語のmhaiは漢字が2字になるのでもわかるように、
否定語mとbe動詞のhaiが融合してできたもの。
このようにそれぞれの来歴があるのに、たまたま現在の形が
似ているからと言って関係づけてはいけない。
そういうのを語呂合わせと言うのである。

461 :日本@名無史さん:2010/06/09(水) 14:53:57
>>458
「多いです」について力説しておられますが、ポイントはそこには
ありません。「多いです」がいけなければ「多い」でも「多うござる」
でもなんでもいいのです。

ポイントは、一見主格助詞に見える「は」と「が」が重なって用いられ得る
ことにあります。そしてなぜこうなるかを考えると、「は」が実は主題提示の
助詞であることに気づきます。このことが朝鮮語でも平行しているところが
面白いのです。

もちろん、このような現象は古語にまではさかのぼりません。
純粋な主格助詞の「が」が現れたのは中世以降だからです。

462 :日本@名無史さん:2010/06/09(水) 15:28:56
>>457
>それなら北京語の発音より、日本語に似ているのはどう説明するのか?

日本語も広東語も、漢字の古い時代の発音を保存したからです。
その間に、北京語を含む北方中国語の発音が変化してしまった。


463 :日本@名無史さん:2010/06/09(水) 18:43:21
>>460
追伸:
フランス語のn'est は否定のneとbe動詞のest(三人称)が融合した言葉で、発音は「ネ」。
日本語の否定で『ない」が変化した「ねえ」と発音が似ている。

香港語のmhaiと日本語の「まい」との関係は上記の例と同程度と言えるだろう。

464 :日本@名無史さん:2010/06/09(水) 19:56:22
>>458
なるほど。なんとなくシックリ来なかった理由がわかりました。

>>461
無理に「です」を付けずに、「日本は山が多い」でいいのでは?
これなら、日本語としてもシックリ来ますよ(個人的な感想です)。
この場合、「イルボン ヌン  サン ガ  ムオッ」となるのでしょうが、
最後に「チムニダ」を付けないと、朝鮮語として不完全ですか?

何れにせよ、これほど日本語と朝鮮語の文法が似ているのは、
起源が同じだからと言うより、ここ千年余りの交流の結果ではないでしょうか?

465 :日本@名無史さん:2010/06/09(水) 21:38:23
今のうちに訂正しておきます。
「多いです」は「ムオッチムニダ」ではなく「マンスムニダ」でした。
丁寧度を落として行くと「マナヨ」>「マンタ」となります。
「多い」は「マンタ」です。

むかし読んだ本のうろ覚えのため間違いました。アセアセ

466 :日本@名無史さん:2010/06/10(木) 01:31:00
>>464 朝鮮語の「ガ」は日本語の「が」とは異なる用法も多いだろう。

 「私は学校が行く」というような変な例もおおい。子音語尾の後は「ガ」でなくて「イ」になるしな。

 文法が酷似などとは言えない。

467 :日本@名無史さん:2010/06/10(木) 06:15:41
>>466
「私は学校が行く」などと言うのはない。
今は韓国語関係のページが多いから「韓国語、私は学校へ行きます」と入れれば
たちまち出て来るよ。

私  は  学校     へ  行きます
チョ ヌン ハッキョウ  エ  カムニダ

前の語尾によってイになるのはその通り。また否定文ではヌンがガになるという規則もある。

逆に言えば日本語は規則が二つ少ないだけだから、朝鮮人が日本語を習うときは
「が」と「は」の使い分けを説明する必要はほとんどない。
中国人や欧米人は「が」と「は」の使い分けで苦労するのにね。

468 :日本@名無史さん:2010/06/10(木) 15:04:49
>>467 「私は学校が行く」は例えであって、こういう日本語としては奇妙な用法が朝鮮語の「ガ」にはあるということだ。

 だから日韓の「ガ」は同一語ではない。

469 :日本@名無史さん:2010/06/10(木) 21:26:32
>>468
>日本語としては奇妙な用法が朝鮮語の「ガ」にはあるということだ

だから、その例を示して。今度はちゃんとした例でね。

470 :日本@名無史さん:2010/06/10(木) 23:36:17
>>469 そんなものは朝鮮語入門書にいくらでも出ているから自分でさがせ。


471 :日本@名無史さん:2010/06/11(金) 08:47:23
>>470
それは違うだろう。
奇妙な用法があると言っているのは君なのだから、それに該当する
例を示すのは君の責任だ。
文例なら入門書を買わなくとも、ネットにいくらでもある。
そのなかで、君の考えに該当する文例を選ぶのは、君にしかできない。

472 :日本@名無史さん:2010/06/11(金) 21:23:56
>>471 あいにく朝鮮語入門書など買う価値がないので図書館で借りたものを読んだことがあるだけなので今、手元にない。

 ただ「ガ」を日本語の「に」(方向をしめす)助詞として使っていた記憶がある。


473 :日本@名無史さん:2010/06/11(金) 21:58:00
>>472
その記憶は間違っているから消したほうがよい。
方向を示す助詞は「エ」だ。
(これも日本語の「え」と音、意味が似ている)

「帰り来よ、釜山港に」は
「トラーワーヨー、プサンハンエー♪」だ。
プサンハンガー♪と歌ったんじゃ意味不明だ。

474 :日本@名無史さん:2010/06/11(金) 23:17:28
いや、そこまでして日本語と共通性を強調しなくていいんじゃないの?

アルクとかで韓国語を聞いたけど、日本語からの借用語以外、語彙が
全く違うんだよね。
TVで語学講座見ると解るけど、韓国語講座は、何回か見ても解らないけど
中国語講座は、すぐ内容が理解できる。文字が一致するのと、基本の語彙が近いので
絶対理解しやすい。
統計を取ったら、日本語と中国語の語彙の一致率は85%以上で、
日本語と韓国語の語彙の一致率は10%以下だそうだけど、
本当にそう思う。
日本語と韓国語は使ってる文字も違うし、語彙も違うし、相当違う言語だと思うよ。
モンゴル語とか、アラビア語くらいに違うと思う。
同祖だと思いこむのは狂信とか迷信に近いと思う。

475 :日本@名無史さん:2010/06/12(土) 01:04:31
>>473 日本語では「に」のところが朝鮮語では「エ」だな。


476 :日本@名無史さん:2010/06/12(土) 01:07:08
>>473 わしの記憶に間違いはない。この「ガ」は奇妙な用法だとはっきり覚えている。


477 :日本@名無史さん:2010/06/12(土) 01:32:10
本来の語彙に関して日本語と朝鮮語に類縁関係が殆ど存在しないだろうと
いう結論はもう動かないと思う。
統語論の類似性については、近縁であることの理由を「共通の祖語」による
と見るか「相互の(もしくは一方からの)影響」によると見るか、今後の
研究待ちだろうね。どういう研究方法がありえるのかは分からないけど。


478 :日本@名無史さん:2010/06/12(土) 04:55:55
>>476
日本語の「は」にあたる「ヌン」が、否定文では「ガ」になる。

私 は 学校 へ 行きます
チョ ヌン ハッキョウ エ カムニダ

私 は 学校へ 行きません
チョ ガ ハッキョウ エ アンカムニダ

この「ガ」はたしかに日本語の語感では変だ。
たぶん変だと思って記憶したのはたぶんこれだろう。

479 :日本@名無史さん:2010/06/12(土) 04:58:21
>>478
訂正:
誤:たぶん変だと思って記憶したのはたぶんこれだろう。
正:君が変だと思って記憶したのはたぶんこれだろう。


480 :日本@名無史さん:2010/06/12(土) 10:58:51
>>478 いやそういう例ではない。日本語で「これが好きだ」の場合、「が」が「を」のかわりに目的格を表すように朝鮮語で方向格をあらわす例があがっていた。


481 :日本@名無史さん:2010/06/12(土) 11:50:16

日本の古代文字は、
象形文字系と、甲骨文字系があることが分かった。

・ 古代文字便覧
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/newpage1.html


482 :日本@名無史さん:2010/06/13(日) 05:53:33
>>480
「行く」意外の動詞だったら確かにあるな。

http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/81002037.pdf
に、次の文章がある。

「また例文(33)は,日本語で「私は会社員になった」という意味であるが,韓国語を形式的に直訳する
ならば「私は会社員ガなった」のような言い方をしていると言える。」

これは「なる」にあたる動詞「ドゥンダ」の性格が「なる」とは微妙に異なり、したがって
異なる格を要求するということだろう。
日本語は「私は会社員に成り変わる」という意味であるのに対して
朝鮮語は「私において会社員が成就する」という語感になっているだろう。
この場合は「は」にあたる「ヌン」が主格でなく主題提示であることが、よりはっきりして
いるわけだ。

このような個々の相違があってこそ、「日本は山が多い」のような基本的な一致が
人為的なものでなにことが、よりはっきりする。

この論文の著者も、上記文章に続けて:
「世界の言語の中で 最も日本語と類似点の多い韓国語であっても表層的な格表示には
違いがある。」
と書いている。

483 :日本@名無史さん:2010/06/13(日) 05:59:03
>>482
訂正:
誤:人為的なものでなにことが
正:人為的なものでないことが

誤:語感になっているだろう
正:語感になっているのだろう

484 :日本@名無史さん:2010/06/13(日) 06:22:21
地理的要因をみれば分るだろう?

比較言語学の世界では、日本語は孤立言語とされている。
日本語の家族言語は、琉球語しかない。
これが定説であり、通説だ。

人類はアフリカで誕生したんだから、日本語もアフリカの言語も
もとをたどれば、同じような系譜だろうが、それは、そうとう前だろう?
だから、日本語もアフリカの言語も、別系統とされる。

そういうふうに考えて、日本語とアジア大陸諸語との分岐は
有史以前に遡らないと、つながらないと思われる。

たとえば、英語とイラン語は同じインド=ヨーロッパ語族とされているが
両者の分岐は、約5000年前とされているが、
日本語が、大陸諸語と分岐したのは、それよりも遥か前に遡らないと
分岐が確認されないと思われる。


485 :日本@名無史さん:2010/06/13(日) 08:26:20
>>484
前にも言ったが、私は日本語と朝鮮語が「同祖」だとか「同系」だとか、主張している
のではない。日本語と朝鮮語の文法が、上記の著者が言うように、「世界の言語の中で最も
類似する」という事実を提示しているだけだ。

その事実から出発して、なぜそうなのかを考えなければならない。
植民地支配の結果だと言うならばそれもよい。しかしそれを説明する資料を見たことがない。
例えば朝鮮総督府が朝鮮語を整備したという資料が残っていないのか? 
こういうものは、満洲関係と同様に、比較的多く残されているはずだ。

また日本と朝鮮半島の交流の結果だと言うのもよい。
しかし白村江以後の日本と朝鮮半島の関係は、比較的疎遠だった。植民地支配に至るまではね。
また、単なる交流によって文法が似て来るというのは、どのようなメカニズムで起こるのか?
日本と朝鮮との文化的交流と言うなら、今日ほどそれが盛んだった時代はあるまい。
韓流ドラマがもたらしたものだ。
しかしそれによって、日本語がすこしでも変わったということがあるだろうか?

まず結論ありきではいけない。

486 :日本@名無史さん:2010/06/13(日) 12:08:41
>>485
> まず結論ありきではいけない。

ん?君のほうが、「まず結論ありき」に見えるけどね。
朝鮮語との比較しかやってない時点で、「まず結論ありき」な思想姿勢がみえみえ。

まぁ、左巻きな人んだろうけどね。

487 :日本@名無史さん:2010/06/13(日) 13:03:28
>>486
その見え見えな、私の結論とはどんな結論?

488 :日本@名無史さん:2010/06/13(日) 13:35:02
>>485 あれこれ入門書だけを読んでも日本語と文法が似ていると思うのはトルコ語で日本文法の知識で分かるが、朝鮮語は語順だけがだいたい同じという程度だ。

 とくに動詞+助動詞の並び方でトルコ語>朝鮮語と言える。

 「服を着せられる」「本を読ませられる」の語順はトルコ語では日本語と同じだが、朝鮮語ではこういう言い方さえないだろう。


489 :日本@名無史さん:2010/06/13(日) 15:05:20
日本被支配民が使っている言語が日本語であるとするならば
大韓言語と日本語は別言語であるといえるが
日本支配民である皇族が祭祀において使用する言語は古朝鮮語である

490 :日本@名無史さん:2010/06/13(日) 17:55:46

日本支配民である皇族が祭祀において使用する言語は古朝鮮語である・・×

古朝鮮語? そんな言語があったの?



491 :日本@名無史さん:2010/06/13(日) 18:01:10

古朝鮮語で書かれた書物は? その発音は?




492 :日本@名無史さん:2010/06/13(日) 19:46:00
>>491
万葉集

493 :日本@名無史さん:2010/06/13(日) 21:13:39

万葉集? 笑わせるねえ..


494 :日本@名無史さん:2010/06/13(日) 21:19:38

古朝鮮語で書かれたどんな書物と比較して言っているの?



495 :日本@名無史さん:2010/06/14(月) 01:58:45
>>485 皇室用語で朝鮮語と関係がある単語があるのなら挙げてみろ。

496 :日本@名無史さん:2010/06/14(月) 08:32:56
言葉ではないが、天皇が位を受けるとき、「まとこおうふすま」というものに
くるまって地面に横たわる儀式がある。
この「まとこおうふすま」(真床覆う襖)は、なんとフェルトのシートなのだ。
農耕民族じゃないねえ

497 :日本@名無史さん:2010/06/14(月) 10:11:53
「まとこおうふすま」の実像がどんなものだったかなんて
判明していないのに。


498 :日本@名無史さん:2010/06/14(月) 12:02:13
>>496 天皇を意味する日本語スメラ・ミコトは和語で解釈できるが朝鮮語ならどういう意味なんだ?

 百済のオラカ、新羅のコニキシとも全然違うな。

 ニギ・ハヤヒ、ヒコ・ホホデミなども朝鮮語か?

499 :日本@名無史さん:2010/06/14(月) 12:24:56
日本語は韓国語の方言だから、日本人は標準語である韓国語を
学ばなければならない。

500 :日本@名無史さん:2010/06/14(月) 12:39:40
>>498
スメラ・ミコトは清めら御子人であってる?

501 :日本@名無史さん:2010/06/14(月) 13:40:32
>>497
「まとこおうふすま」がフェルトであっては困るのか?
稲藁で作ったむしろなら良かったのにな。

502 :日本@名無史さん:2010/06/14(月) 13:43:22
>>498
そのころ、「朝鮮語」などという言語は存在しない。
「韓国語」はなおさら存在しない。

503 :日本@名無史さん:2010/06/14(月) 13:44:52
>>502
だって、万葉集は韓国語で読めるんだもん。

504 :日本@名無史さん:2010/06/14(月) 14:07:37
>>503
と、誰が言ってたの?
ひょっとして韓国人?

505 :日本@名無史さん:2010/06/14(月) 15:18:41
>>500 スメラは統べる(統治する)だろう。シュメールや須弥山と関係あり、という俗説もあるが。

>>503 万葉集を朝鮮語と語呂合わせしつづけて20年あまり人生を無駄にした朝鮮人学者もいたようだな。


506 :日本@名無史さん:2010/06/14(月) 15:30:00
>>499 心配せんでも警察、自衛隊、海保などが犯罪関係、敵国用語として学習しているから。

 最近はシナ語やタガログ語の需要もおおい。

507 :日本@名無史さん:2010/06/14(月) 16:44:47
韓国語で「読む」と、詩情豊かな万葉の短歌も、
「お**こおっぴろげたぞ、太い**ぽでどーんと来い」
と言う風になってしまうんだよね。
よっぽど韓国語というのが汚い言葉なのか、朝鮮民族は歌心がないのか・・・

508 :日本@名無史さん:2010/06/16(水) 05:55:15
>>496
それ、全然聞いたことないな〜?ソースは?

即位儀式は、封禅から来てるものが多いみたいだけど。
多分、フェルトじゃなくて、鳥の羽根で出来てると思うけどね。


509 :日本@名無史さん:2010/06/16(水) 06:03:19
>>489
天皇の四方拝で使われてた言葉は日本語+漢語だよ。
それ以外の言葉は日本で使われてた事は一回もない。
現代でも過去でも、朝鮮語と日本語の語彙は一致しないし。

日本に今と同じ朝鮮系の人が入ってたら、もっと語彙が近いはず。
あまり認めたくないけど、
日本語の中の漢語含有率や漢語の定着率を考えたら
多分、日本に渡来したとしたら、中国系の人しか来てないと思うよ。

510 :日本@名無史さん:2010/06/16(水) 16:00:28
>>496
日本は布きれだと思うよ
大元をたどれば中国殷・周の即位儀礼でも同じのがある
そこから周囲に広がったんだろ


511 :日本@名無史さん:2010/06/20(日) 14:52:52
>>509 日本には欧米系の外来語が大量に入っているが、欧米人が大量に渡来してきたことにはならない。

 漢字、漢語も同じことで、単に文化用語として入ってきただけだ。

 朝鮮語は外来語にさえなっていないから、人も文化も入っていないという強力な証拠だ。

512 :日本@名無史さん:2010/06/22(火) 21:05:33
最近の言語学では、ビルマ語と日本語の語彙と文法が似ている事が注目されている。
アルタイ語族説には物的証拠がなく、100年以上なんの進展も無く、その結果、今は否定されているというのが事実。

日本語の起源を考えると、
シンプルに考えた方が、その結果が考古学や文化人類学とも一致してると思う。
ビルマ系の祖語(元々稲作を作ったり、アジア中央部にいた人と言われてる。夏王朝はこの系列の民族という説も有力)
日本語は(ビルマ系の祖語)+(漢語の祖語)+漢語 で出来てる言語で、
考古学や人類学(DNA分析など)の結果とも一致してると思う。
地理的な位置関係からも、矛盾しない。
これが、最も簡単で、説明が一番矛盾しない結果だと思う。
民族的な特徴から考えると「周」で話されてた言語は、日本語に近かったんじゃないかと推測してるけど、
現時点ではそれは言い過ぎかも。

513 :日本@名無史さん:2010/07/01(木) 19:23:50
音韻に関しては日本は開音節で韓国は閉音節だから全然違うわけだけど、文法
に関しては共通点も多いわけだね。イタリア語とドイツ語くらいには似ている
かもしれないってところじゃないのかなぁ。

514 :日本@名無史さん:2010/07/03(土) 09:53:34
日本人とは兄弟

515 :日本@名無史さん:2010/07/03(土) 11:02:49
幼い頃は、「お兄ちゃんは何でもよく知ってるなー!」と尊敬してたんだけど、
少し大きくなるとすぐに父親の受け売りだと判り、「直接、お父さんに聞いたほうが早いや!」
となった。

516 :日本@名無史さん:2010/07/03(土) 14:52:24
>>513
イタリアとドイツ語ってかなり違うじゃん。
日本語と朝鮮語は語彙が違うのと、
日本語は高低アクセント言語(広義の声調言語)っていう所も大きな違い。
無アクセント語はアルタイ語族の特徴で、高低アクセントはシナ・チベット語族の特徴だから。
ビルマ語は声調パターンが日本語と似ているのと、日本語と語順が同じで、文法が似てる。
同じ祖語から発生したと考える語彙が多い。
どう考えても、日本語はそっち側の言語だよ。
朝鮮語が日本語に進化する事は絶対に有りえない。

517 :日本@名無史さん:2010/07/03(土) 14:55:13
×考える→○考えられる

518 :日本@名無史さん:2010/07/03(土) 15:02:36
>>515
その、兄とか弟っていう考え方が、日本人には古来なじめないんだよね。
何とも粘っこいというか、気持ち悪い。
日本人は、渡来系の人たちでさえ、中国を兄とは呼ばず、隣国と呼ぶし、
「日出ずる処の天子、日没する処の天子に書を」とか書くし。
日本人は昔から、実際の血縁以外はあまり兄とか弟とか呼ばないでしょ、普通。
歴史書を読めば、日本人は朝鮮とか中国とか隣の国の事は
隣国としか考えて無かった事がよく解るよ。

519 :日本@名無史さん:2010/07/03(土) 22:13:42
>>513
eins zwei drei vier funf sechs sieben acht neun zehn
uno due tre quatro cinco seis sette otto nove dies

頭音を見たら関係ありと誰でも気付くだろうが、日韓でそんな関係は見られない。



520 :日本@名無史さん:2010/07/03(土) 22:19:33
>>514 言語が通じ合うロシア、ポーランド、ウクライナや米国、イギリス、オーストラリアでさえ兄弟国家などと言わない。

 まして日本と朝鮮など古代から敵国、異民族同士だ。

 朝鮮の兄弟国家は南北朝鮮しかない。

521 :日本@名無史さん:2010/07/04(日) 12:51:03
>>514 北欧三国、スペイン・ポルトガル、トルコと中央アジア諸国、インドネシアとマレーシア、南米諸国も言語が通じるが、兄弟国家などと寝言を言う国はない。


522 :日本@名無史さん:2010/07/05(月) 06:23:32
弟国家日本

523 :日本@名無史さん:2010/07/05(月) 07:52:57
日本=絹ごし
韓国=もめん
中国=おから

524 :日本@名無史さん:2010/07/05(月) 21:53:45
>>522 さすが万年属国民の言うことは違うな。


525 :日本@名無史さん:2010/07/05(月) 22:44:58
>>1 日本語は漢語、梵語、欧米語は大量に受け入れたが朝鮮語など一語も入っていない。

 文化は高い、高かった方から低い、低かった方へ入るものだからだ。


526 :日本@名無史さん:2010/07/05(月) 23:17:52
キムチとオイキムチくらいは朝鮮語なんじゃ?

527 :日本@名無史さん:2010/07/05(月) 23:42:47
キムチはご飯のおかずには好きだけど、基本的にちょんは嫌い。以上。

528 :日本@名無史さん:2010/07/06(火) 03:44:11
>>526 そりゃ朝鮮にしかないものは朝鮮語で言うしかないからな。

 朝鮮漬けという訳語もあるが。


529 :日本@名無史さん:2010/07/06(火) 06:01:24
ノッポ

530 :日本@名無史さん:2010/07/06(火) 10:59:29
>>1 朝鮮語が日本語の起源なら在日朝鮮人が朝鮮語をしゃべれないはずがないだろう。

 実際は母国語習得が非常に困難なようだ。

531 :日本@名無史さん:2010/07/06(火) 22:06:11
日本語=ウラル・アルタイ語族説の誤りは、
「世界言語の中の日本言語」2007松本克己 三省堂
などで、ほぼ完璧に論破されている。ぜひ一読してみて。

日本語=ウラル・アルタイ語族説は、日本語=朝鮮語説と同様、主観のみで
構成された偽説で、実際に根拠がないにも関わらず、盲信されたが、
自分は、徹底的に批判・論破さなければいけないと考えてる。
なぜならこの説は戦争にまで利用され、日本の立ち位置まで誤らせた
害毒のある説だから。現在の韓国人の起源説や、在日特権に至るまで、
全てを引き起こし、日本が無意味な戦争に突入した元凶でもある。
例えば、現在解明されつつある、日本語の起源がビルマ語に近い事実や、
日本人のDNAの分析や、考古学の進歩で解明されつつある稲や文化の伝播などが、
100年前の段階で解っていたら、日本は戦中、あのような道をたどってはいないし、
実は日本人と縁もゆかりも無かった朝鮮への政策や、満州への政策も誤らなかったはず。
日本語=朝鮮語説や、日本語=ウラル・アルタイ語説は、科学が無かった時代に生まれた
国策のプロパガンダ的な説や、歴史認識の過ちが悲劇を生んだ一例だと認識してる。
西洋で言うと、ユダヤ人に関する誤った学説が悲劇を多数生み、現在でも影響が続いているのに近いかもしれない。

532 :日本@名無史さん:2010/07/06(火) 22:12:07
自分の認識としては、将来の日本人のためにも、
教科書レベルで、この妄説
日本語=朝鮮語説・アルタイ語説は否定されなければいけないと、切実に思ってるくらい。
あと何年かかるかわからないが、
科学的な論証や、事実が妄説を駆逐することを願う。

533 :日本@名無史さん:2010/07/06(火) 22:52:17
>>531 朝鮮語やモンゴル語と日本語は相当異質だが、トルコ語はそうでもないと思うぞ。

 ビルマ語は知らないが、トルコ語の助動詞ほど日本語に近いとは思えない。

 そして日土の助動詞の類似性は朝鮮語、モンゴル語には見られない。

534 :日本@名無史さん:2010/07/06(火) 23:09:25
>>533
トルコ語ちょっとかじったけど、
日本語の方言感覚で習得できそうだと思ったw

現在形の助動詞が「〜よる」なんだよね
食べる =yemek(いぇめき)で、
食べよる=yeyor(いぇよる)ってわけだw
まあこれは偶然にしても、どう見ても近縁の言語。

にも関わらず
>>531
>あと何年かかるかわからないが、
>科学的な論証や、事実が妄説を駆逐することを願う。
こんな執念を燃やしてるこの人は一体何者?
ヒトモドキ?

535 :日本@名無史さん:2010/07/07(水) 00:14:40
>>531
今更なんだよそれはw大和民族としての選択は詰んでる。

536 :日本@名無史さん:2010/07/07(水) 00:29:06
>>535
大和民族としての選択?何の話?^^
アルタイ語族説の否定は、大和民族の選択を詰ますためだったと?

何にしても真実は明らかにしないとねー
DNA的にはハンガリー人はフィン人よりトルコ人と類似点が多いようだし、
ウラル語族とアルタイ語族の区切りも見直した方がよさげ。

537 :日本@名無史さん:2010/07/07(水) 03:01:29
>>534 日本語に似ているというので朝鮮語、モンゴル語、トルコ語の入門書を読んでみたが、頭に残ってるのはトルコ語だけ、という点でトルコ語が一番近いのだろうと思う。

 朝鮮語、モンゴル語は否定形、過去形という基本の初歩文法さえ日本語と違う。トルコ語は日本文法そのままで理解できる。


538 :日本@名無史さん:2010/07/07(水) 16:11:03
>>534 「ある」がvar で、「である、です、だ」が dir,durというのも日本語に非常に近いな。

 朝鮮語の itta,issumnidaは全然ちがう。

539 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 11:44:03
不覚にもビルマ語、という発想は無かったな・・・

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%9E%E8%AA%9E

>基本的な語順は「主語+目的語+動詞」であり、東南アジアの主要言語の中では唯一、日本語と同じ骨格をもつ。

>cAnO_(私・男性) jApan_(日本) lumyo:(人種) ba_(丁寧を表す助詞) 私は日本人です。


確かに、よく似ていはいる。
文法だけだが。

540 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 12:10:10
名前
初代神武天皇(じんむてんのう)、狭野尊(さぬ)、神日本磐余彦天皇(かむやまといわれひこ)、彦火火出見(ひこほほでみ)
               
親族
父=鵜葺草葺不合命(うがやふきあえず) 母=玉依姫命(たまよりひめ)
皇后=媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめ)---子=手研耳尊、神八井命(かむやいのみこと)、神渟名川耳尊(かむぬなかわみみのすめら)(綏靖天皇)
               
皇居
畝傍橿原宮(うねびかしはらのみや) 奈良県橿原市
               
陵墓
陵名: 畝傍山東北陵(うねびやまのうしとらのすみのみささぎ)
古墳: ミサンザイ古墳
形状: 円丘
所在: 奈良県橿原市大久保町

541 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 12:12:10
名前
第2代 綏靖天皇(すいぜいてんのう)、神渟名川耳尊(かむぬなかわみみのすめら)
               
親族
父=神武天皇(じんむてんのう)  母=媛蹈韃五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめ) 
皇后=五十鈴依媛命(いすずよりひめ)(母の妹)-子=磯城津彦玉手看天皇(安寧天皇)
               
皇居
葛城高丘宮(かつらぎのたかおかのみや)
               
陵墓
陵名: 桃花鳥田丘上陵(つさだのおかのえのみささぎ)
古墳: 塚山古墳
形状: 円丘
所在: 奈良県橿原市四条町

542 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 12:13:51
名前
第3代 安寧天皇(あんねいてんのう)、磯城津彦玉手看(しきつひこたまでみのすめら)
               
親族
父=綏靖天皇(すいぜいてんのう)   母=五十鈴依媛
皇后=渟名底仲媛命---子=息石耳命(おきそみみのみこと)、大日本彦耜友尊(懿徳天皇)
               
皇居
片塩浮穴宮(かたしおうきあなみや)
石碑の建っているのは奈良県大和高田市片塩町の多久蟲玉神社(たくむしたまじんじゃ)

陵墓
陵名: 畝傍山西南御陰井上陵(うねびやまのひつじさるのみほどのいのうえのみささぎ)
古墳:
形状: 山形
所在: 奈良県橿原市吉田町

543 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 12:15:22
名前
第4代 懿徳天皇(いとくてんのう)、大日本彦耜友尊(おおやまとひこすきとものみこと)
               
親族
父=安寧天皇(あんねいてんのう)  母=渟名底仲媛命(ぬなぞこなかつひめのみこと)(鴨王の女)
皇后=天豊津媛命(あまとよつひめみこ)----子=観松彦香殖稲尊(孝昭天皇)
               
皇居
曲峡宮(まがりおのみや)
               
陵墓
陵名: 畝傍山南繊沙谿上陵(うねびやまのみなみのまなごのたにのえのみささぎ)
古墳:
形状: 山形
所在: 奈良県橿原市西池尻町

544 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 12:50:11
名前
第5代 孝昭天皇(こうしょうてんのう)、観松彦香殖稲天皇(みまつひこかえしねのすめらのみこと)

親族
父=懿徳天皇 母=天豊津媛命(あまとよつひめみこ)
皇后=世襲足媛(よそたらしひめ)

皇居
池心宮

陵墓
陵墓=掖上博多山上陵(わきのかみのはかたのやまのえのみささぎ)
形状=山形
所在地=奈良県御所市大字三室

545 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 12:52:05
名前
第6代 孝安天皇(こうあんてんのう)、日本足彦国押人尊(やまとたらしひこくにおしひとのみこと)

親族
父=孝昭天皇 母=世襲足媛(よそたらしひめ)
皇后=押媛(おしひめ)---子=日本根子彦太瓊尊(孝霊天皇)

皇居
室秋津島宮(むろのあきづしまのみや)
奈良県御所市室に室宮山古墳がある。

陵墓
陵名: 玉手丘上陵(たまてのおかのえのみささぎ)
形状: 円丘
所在: 奈良県御所市玉手

546 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 12:54:05
名前
第7代 孝霊天皇(こうれいてんのう)、大日本根子彦太瓊尊(おおやまとねこひこふとにのみこと)
               
親族
父=孝安天皇(こうあんてんのう) 、母=押媛(おしひめ)
皇后=細媛(くわしひめ)---子=彦国牽尊(孝元天皇)
妃=春日之千千速真若比売(かすがのちちはやまわかひめ)
妃=倭国香媛(やまとのくにかひめ)---子=倭迹迹日百襲媛命(やまとととびももひめのみこと)=卑弥呼か?とも!!
    妃、倭国香媛(やまとのくにかひめ)の第1子である倭迹迹日百襲媛命(やまとととびももひめのみこと)は箸墓古墳の主で卑弥呼ではないかという説もある。
               
皇居
黒田廬戸宮(くろだのいほとのみや)---奈良県磯城郡田原本町黒田の法楽寺が伝承地である。

奈良県磯城郡田原本町黒田法楽寺の宮跡石碑
       
陵墓
陵名: 剣池嶋上陵(つるぎいけのしまのえのみささぎ)
古墳: 中山塚1〜3号墳
形状: 前方後円墳だが丘陵上の集合墳)
所在: 奈良県橿原市石川町

547 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 12:56:10
名前
第8代 孝元天皇(こうげんてんのう)、大日本根子彦国牽尊(おおやまとねこひこくにくる)
               
親族
父=孝霊天皇 母=細媛 (くわしひめ)
皇后=鬱色謎命(うつしこめ)---子=稚日本根子彦大日日尊(開化天皇)
               
皇居
軽境原宮(かるのさかいはら)
               
陵墓
陵名: 剣池嶋上陵(つるぎいけのしまのえのみささぎ)
古墳: 中山塚1〜3号墳
形状: 前方後円墳だが丘陵上の集合墳)
所在: 奈良県橿原市石川町


548 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 13:07:04
名前
第9代 開化天皇(かいかてんのう)、稚日本根子彦大日日尊(わかやまとねこひこおおひび)
               
親族
父=孝元天皇、母=鬱色謎命(うつくしこめ)
皇后=伊香色謎命(いかがしこめ)---子=御間城入彦五十瓊殖尊(崇神天皇)
               
皇居
春日率川宮(かすがのいざかわ)
               
陵墓
陵名: 春日率川坂上陵(かすがのいざかわのさかのえのみささぎ)
古墳: 念仏寺山古墳
形状: 前方後円墳、堀
所在: 奈良県奈良市油阪

549 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 13:09:07
名前
第10代 崇神天皇(すじんてんのう)、御間城入彦五十瓊殖尊(みまきいりひこいにえ)、御肇国天皇(はつくにしらす)
               
親族
父=開化天皇(かいかてんのう)  母=伊香色謎命(いかがしこめ)
皇后=御間城姫(みまきひめ)---子=活目入彦五十狭茅尊(垂仁天皇)、彦五十狭茅命、国方姫命
妃=遠津年魚眼眼妙媛(とおつあゆめまくわしひめ)
妃=尾張大海】媛(おわりおおしあまひめ)
               
皇居
磯城端籬宮 (しきのみずかきのみや)奈良県桜井市金屋
               
陵墓
陵名: 山辺道勾岡上陵(やまのべのみちのまがりのおかのえのみささぎ)
古墳: 柳本行燈山古墳
形状: 前方後円墳、堀。 全長242m、後円部径158m、前方部幅100m、
所在: 奈良県天理市柳本町

550 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 14:19:22
>>539
Y-DNA D系統と同じく
ミャンマーと日本でのみ生き残り、孤立したという事だろうか

確かにアルタイ語説のみでは、琉球語が日本語と近縁である説明がつかない

551 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 14:46:45
日本語だ琉球語だの詰んだ話する前に、「大和言葉」があるだろがよ。
朝廷支配言語のw

552 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 15:03:58
>>550 「服を着せられた」ki/ser/are/ta というような文章、文法はビルマ語にあるかな?

 わしが読んだ範囲ではこういう助動詞の連続はトルコ語だけだったが。


553 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 15:35:13
名前
第11代 垂仁天皇(垂仁天皇)、活目入彦五十狭茅尊(いくめいりひこさち)
               
親族
父=崇神天皇 母=御間城姫(みまきひめ)
皇后=狭穂媛命(さほひめ)---子=誉津別命(ほむつわけのみこと)
    日葉酢媛命(ひばすひめ)---子=大足彦忍代別尊(景行天皇)
               
皇居
纒向珠城宮(まきむくのたまき)---奈良県桜井市茅原

陵墓
陵名: 菅原伏見東陵(すがわらのふしみのひがしのみささぎ)
古墳: 尼辻宝来山古墳
形状: 前方後円墳、堀
所在: 奈良市尼辻西町

554 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 15:37:21
名前
第12代 景行天皇(けいこうてんのう)、大足彦忍代別尊(おおたらしひこおしろわけ)
               
親族
父=垂仁天皇 母=日葉酢媛命
皇后=播磨稲日大郎姫(はりまのいなひのおおいらつめ)---1子=大碓皇子、2子=小碓皇子・・・双生児である
妃=八坂入姫命(やさかのいりひめ)---子=稚足彦尊(成務天皇)
    小碓皇子はまたの名を日本童男(やまとおぐな)またの名を日本武尊(やまとたける)という。超有名人である。
               
皇居
纒向日代宮(まきむくのひしろのみや)---奈良県桜井市茅原

陵墓
陵墓=山辺道上陵(やまべのみちのえのみささぎ)
古墳=渋谷向山古墳
形状=前方後円墳、堀
場所=奈良県天理市渋谷町

555 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 15:39:06
名前
第13代 成務天皇(せいむてんのう)、稚足彦尊(わかたらしひこ)
               
親族
父=景行天皇(けいこうてんのう)  母=八坂入姫命(やさかのいりひめ)
皇后=弟財郎女(おとたからいらつめ)
               
皇居
志賀高穴穂宮(しがのたかあなほ)
               
陵墓
陵墓=狭城盾列池後陵(さきのたたなみのいけじりのみささぎ)
形状=前方後円墳、堀
古墳=佐紀石塚山古墳
場所=奈良市山陵町


556 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 15:42:52
称号
第14代 仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)

名前 足仲彦尊(たらしなかつひこ)
父親 日本武尊(やまとたける)
母親 両道入姫命(ふたじいりひめ)
皇后 気長足姫尊(おきながたらしひめ)(神功皇后)---子去来紗別尊(応神天皇)

皇居 角鹿笥飯宮(つのがのけい)・穴門豊浦宮(あなとのとよら)・橿日宮(かしひ)

陵墓 陵名: 恵我長野西陵(えがのながののにしのみささぎ)
古墳: 岡ミサンザイ古墳
形状: 前方後円墳、堀
所在: 大阪府藤井寺市藤井寺四丁目

557 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 15:44:17
名前
第15代 応神天皇(おうじんてんのう)

誉田別尊(ほむたわけ)、去来紗別尊(いざさわけのみこと)
    上古の人々は弓の鞆のことを「ほむた」といった。
去来紗別尊(いざさわけのみこと)と呼ばれた皇子初めて皇太子となったとき、越国に行き敦賀の笥飯大神(けひのおおかみ)をお参りした。神の名は誉田別尊。この神に頼まれて名を交換したという。
               
親族
父=仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)  母=気長足姫尊(おきながたらしひめ)(神功皇后)
  皇后=仲姫命(なかつひめ)
    長女=荒田皇女(あらたのひめみこ)、
    長男=大鷦鷯尊(おおさざき)(仁徳天皇)
    次男=根鳥皇子(ねとりのみこ)
  妃=高城入姫(たかきのいりひめ)---皇后仲姫命の姉にあたる
    長男=額田大中彦皇子(ぬかたのおおなかつひこ)
    次男=大山守皇子(おおやまもり)
    三男=去来真雅皇子(いざのまわか)
    長女=大原皇女(おおはらのひめみこ)
    次女=澇来田皇女(こむくたのひめみこ)
  妃=弟姫(おとひめ)---仲姫命の妹にあたる


558 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 15:46:42
妃=弟姫(おとひめ)---仲姫命の妹にあたる
    長女=阿倍皇女(あべのひめみこ)
    次女=淡路御原皇女(あわじのみはらのひめみこ)
    三女=紀之菟野皇女(きのうののひめみこ)
  妃=宮主宅媛(みやぬしやかひめ)
    長男=菟道稚郎子皇子(うじのおさいらつこ)
    長女=矢田皇女(やだのひめみこ)
    次女=雌鳥皇女(めとりのひめみこ)
  その他、男女合わせて20人の子がある。
               
皇居
軽島豊明宮(かるしまのとよあけ)
               
陵墓
陵墓=恵我藻伏崗陵(えがのもふしのおかのみささぎ)
古墳=誉田山古墳・誉田御廟山古墳
形状=前方後円墳、堀
場所=大阪府羽曳野市誉田6丁目


559 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 18:17:36
なんで嵐が湧いてるのw

>>552
そこで琉球語が気になるんだなー
大和言葉の影響がうすい地域では助動詞が発達していない、
という仮説。

ちょっと見た限り、フィンランド語も助動詞的なものがズルズル連なるっぽい

両方よく知らんが(不勉強スマン)

560 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 18:36:14
称号
第16代 仁徳天皇(にんとくてんのう)

名前 大鷦鷯尊(おおさざき)
皇后 磐之姫命(いわのひめ)---子=大兄去来穂別尊(履中天皇)、 住吉仲皇子、瑞歯別尊(反正天皇)、
                    雄朝津間稚子宿禰尊(允恭天皇)
八田皇女
父親 応神天皇
母親 仲姫命(なかつひめ)
皇居 難波高津宮(なにわのたかつみや)
陵墓 陵名: 百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)
古墳: 大仙古墳・大仙陵古墳
形状: 前方後円墳、3重堀
所在: 大阪府堺市大仙町

561 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 18:38:16
称号
第17代 履中天皇(りちゅうてんのう)

大兄去来穂別尊(おおえのいざほわけ) 親族 父=仁徳天皇(にんとくてんのう)  母=磐之姫命(いわのひめ)
皇后=草香幡棱皇女(くさかのはたびのひめみこ)--子=中磯皇女
妃=黒姫(くろひめ)---子=磐坂市辺押羽皇子、御馬皇子、青海皇女、
皇居 磐余稚桜宮(いわれわかざくら)

陵墓 陵墓=百舌鳥耳原南陵(もずのみみはらのみなみのみささぎ)
形状=前方後円墳、堀、全長360m、括れ部西側に造出し、葺石や埴輪。
古墳=百舌鳥陵山古墳・ミサンザイ古墳・石津丘古墳
場所=大阪府堺市石津ヶ丘

562 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 18:40:24
称号
第18代 反正天皇(はんぜいてんのう)

名前 多遅比瑞歯別命(たじひのみずはわけ)・瑞歯別尊(みずはわけ)
親族 父=仁徳天皇(にんとくてんのう)
母=磐之媛命(いわのひめ)
皇后=津野媛(つぬのひめ)
皇居 丹比柴籬宮(たじひのしばがき)大阪府松原市上田町

陵墓 陵名 百舌鳥耳原北陵(もずのみみはらのきたのみささぎ)
  古墳 田出井山古墳・盾井古墳
  形状 前方後円墳、堀
  所在 大阪府堺市北三国ヶ丘町


563 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 18:59:39
なぜ実在しない神武天皇の墓を幕末時代にわざわざ作ったんだろうな。

564 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 19:31:52
称号
第19代 允恭天皇(いんぎょうてんのう)

名前 雄朝津間稚子宿禰尊(おあさづまわくごのすくね)
父親 仁徳天皇(にんとくてんのう) 母親
磐之媛命(いわのひめ)
皇后
忍坂大中姫命(おしさかのおおなかつひめ)---子=木梨軽皇子
=多形大娘皇女  
=穴穂皇子(あなほのみこ)(安康天皇)、
= 大泊瀬幼武尊(おおはつせわかたけ)(雄略天皇)
妃=衣通郎姫(そとおしのいらつめ)---忍坂大中姫命の妹
皇居
遠飛鳥宮(とおつあすか)
陵墓
陵名
恵我長野北陵(えがのながののきたのみささぎ)
  古墳 国府市野山古墳
  形状 前方後円墳、堀
  所在 大阪府藤井寺市国府1丁目

565 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 19:33:33
名前
第20代 安康天皇、穴穂尊(あなほ)
               
親族
父=允恭天皇(いんぎょうてんのう)  母=忍坂大中姫命(おしさかのおおなかつひめ)
皇后=中帝姫命(なかしひめ)
               
皇居
石上穴穂宮(いしのかみのあなほ)---奈良県天理市田町のあたりとされている。
               
陵墓
陵名:菅原伏見西陵(すがわらのふしみのにしのみささぎ)
形状:方丘、堀
場所:奈良市宝来4丁目


566 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 19:35:53
名前
第21代 雄略天皇(ゆうりゃくてんのう) 大泊瀬幼武尊(おおはつせわかたけ)
                     
親族 父親 允恭天皇(いんぎょうてんのう)
  母親 忍坂大中姫命(おしさかのおおなかつひめ)
  皇后 草香幡梭姫皇女 (くさかはたひひめ)
  妃 葛城韓媛---子=白髪武広国押稚日本根子尊(清寧天皇)
吉備上道稚媛
春日和珥童女君
                     
皇居 泊瀬朝倉宮(はつせのあさくら)
奈良県桜井市黒埼にある白山神社に冒頭紹介した万葉の歌碑がある。この白山神社あたりからその東にある天の森一帯が泊瀬朝倉宮があった場所だと云われている。
ただ、現在も残る「泊瀬(はつせ)(初瀬)」と呼ばれる地名はもう少しだけ東に入った長谷寺や慈恩寺あたりのことをいう。
陵墓   丹比高鷲原陵
古墳   高鷲丸山古墳+平塚古墳
形状   円丘・掘
所在   大阪府羽曳野市島和泉8丁目


567 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 20:57:50
>>559 日本語にはルで終わる動詞が多いが、これはラテン系言語もそうで朝鮮語よりラテン系の方が近いという感じも受ける。

 スペイン語はル、フランスは黙字、イタリアはレになるが。

568 :日本@名無史さん:2010/07/08(木) 21:25:20
>>567
ふむ、、でも、古語の動詞はあまりルで終わらないね

569 :日本@名無史さん:2010/07/09(金) 02:02:51
>>568 アリ、ヲリ、ハベリの3語はリで終わるが、ルも多いだろう。

 連体形などは・・・ルルになるものさえある。

570 :日本@名無史さん:2010/07/09(金) 22:01:39
>>568 そういえば一段活用語の古語はルで終わらないのが多いな。

 あぐ>あげる、さぐ>さげる、たぶ>たべる、とむ>とめる、いく>いきる、etc.


571 :日本@名無史さん:2010/07/10(土) 00:22:29
>>570
まあ、基本形としてはそう。
助動詞にラ行が多いから、結局スペイン語に似てると言えば似てるかもね

572 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 08:11:12
>>571 一人称複数語尾の-amosは鹿児島弁に似ているしな。


573 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 09:46:20
>>572
もしかしてその「鹿児島弁」とは、実は島津氏の言葉じゃなかろうか
島津氏は秦氏であり、秦氏とは古代中国・秦から来たと言われており、
秦とは西方の民族が作った国だったと言う

薩摩藩は庶民と支配層が別だった。
(だから西郷隆盛の肖像は濃い顔に偽装された)
今、コテコテの「鹿児島弁」を話す人はほとんどいないらしいね

574 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:44:10
>>573 関西以西は現在進行形に…ヨルを使うからトルコ系かな?


575 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 16:18:59
>>574
どの辺りまで使うんだろうね?広島?
四国・九州も使う?

576 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:15:58
>>575 広島はイキヨル、キヨルでなくてイキョール、キョールらしい。

 坂本龍馬はイキュウ、ミユウとかテレビで言っているな。


577 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:46:12
この前、驚いたんだけど、中級レベルぐらいでで出てくる
中国語の「把(ba)構文」
あれ、ほとんど九州弁だよね。
○○ば○○了。みたいな感じで、語順も意味も同じ。
〜ばba〜が一致してるなんて、結構凄い事じゃないかと。
中国語っていうのも、不思議で、中級以上に進むほど(口語文に近いほど?)
日本語に語順や使い方が似てたりする。

578 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:43:16
日本語は地方によってまちまちでした、一概に中国語とは言い切れません
膠着語は中国語ではなく、北方遊牧民だと思われます

579 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 01:57:12
九州にのみ中国語の影響が見られる、というのはあり得るな・・・

古代筑紫は現在の漢民族に近い人達が作ったのではないかと思ってた
だから邪馬台国九州説をしつこく主張する連中がいるのだろうと

580 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 09:08:22
朝鮮語というのは、どうやって形成されてきたんだろうか。モンゴル族や女真族に
支配された歴史が長いから、支配者の影響を強く受けたんじゃないんだろうか

581 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 13:31:35
>>579 魏志倭人伝の出てくる国のどこにシナ人の国があるんだ?

 国の長官、副長官の職名はどれも全部日本語だが(ミミ、ミミナリ、ニキ、ヒナモリ、セモコ、ヘモコ)。


582 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 13:48:39
朝鮮語というより華北の遊牧民族の言葉だと思いますね

583 :日本@名無史さん:2010/07/12(月) 00:50:03
日本語はない。
あるのはハングルのみ。

584 :日本@名無史さん:2010/07/12(月) 02:34:55
済州島は古代にあっては三韓とは全然違う種族が住んでいたはずだね。まさか、言葉を
使わなかったということはないんだろうな。どんなことばを話してたんだろうか。

585 :日本@名無史さん:2010/07/12(月) 08:12:49
>>583 朝鮮ではそうだな。

586 :日本@名無史さん:2010/07/12(月) 15:14:35
>>583 いや朝鮮には日本製、シナ製漢語だらけで日本語からの外来語も多いな。


587 :日本@名無史さん:2010/07/12(月) 16:02:30
>>578
具体的に何処の遊牧民?
満州語も、モンゴル語も、トルコ語も、日本語と共通する単語は殆ど無いでしょう。
何となく北方っぽいから、何となく遊牧じゃねぇの?とか、思い込みで言うなよ。
そもそも「遊牧民」ていうのは、移動性のテントに暮らして、馬に乗って、家畜の放牧
等をしている様な人々だよ。



588 :日本@名無史さん:2010/07/12(月) 20:55:00
モンゴルには、馬飼い、ラクダ飼い、羊飼いが居る。

589 :日本@名無史さん:2010/07/12(月) 22:15:31
>>581
日本列島内には、東の方に「日本」「秦国」があると、旧唐書に書いてある。
秦国の人間は、華夏の人間と同じだったとも。
あまり日本史上語られないが、他にも色々ある。
日本語の起源もビルマ語系(羌系、チベット系)+古代漢語系(語頭と語尾が省略されず、声調が単純。春秋時代以前)
+漢語(漢〜呉〜唐〜宋〜唐)だけで、ほぼ分析可能。
日本語に存在する高低アクセント(簡単な声調)が朝鮮語に存在せず、
日本語と朝鮮語の語彙が一致してないのが、最大の証拠。

590 :日本@名無史さん:2010/07/13(火) 00:14:48
>>589 日本語の助詞はツングース、モンゴル、トルコ語と比較できるものがあるし、単語については南島語とも比較されている。

 朝鮮語もどっちが先か分からんが、類似語はかなりある(倭人語が朝鮮語に入ったのかも知れないが)。

 古いシナ語が入っているかも知れないが、漢語(呉、唐、宋)は完全に外来語だ。


591 :日本@名無史さん:2010/07/13(火) 18:06:12
>>589 日本語と朝鮮語、とくに基礎語彙に共通性がないことはその通りだ。


592 :日本@名無史さん:2010/07/17(土) 01:11:29
>>1 朝鮮語入門書を読んで、ああ、朝鮮語は日本語にそっくりだ、などと思う人間はほとんどいないだろう。

 大部分は、完全に異民族語だと思うだけで、英語かシナ語の方がましというのも多いだろう。

593 :日本@名無史さん:2010/07/20(火) 18:39:55
この際、日本語の起源はフィンランド語でOK。

一部のフィンランド人も、音が似ていて喜んでるみたいだし。

594 :日本@名無史さん:2010/07/20(火) 19:04:22
>>593 残念ながらフィンランド語にはハンガリー語という同祖語がある。


595 :日本@名無史さん:2010/07/20(火) 19:15:49
そういやスロバキア人が、ハンガリー語には歴史も起源もないと言って、
ハンガリー人とYouTubeで喧嘩してたのを思い出した。
で、怒ったハンガリー人が、「スロバキア語は、ほぼチェコ語」と言い返したり。

こういったやりとりは世界中にありそうな気がした。

596 :日本@名無史さん:2010/07/20(火) 22:16:34

★南朝鮮

韓国のように「希望通りの強国(日本)に併合されること」など希望しても普通は簡単には
叶わないことだというのに、希望通りに併合してもらった韓国だけが今になって喚き散らして
いるのはおかしなことだ。

伊藤博文も朝鮮の併合には反対していたように、日本にとってのメリットも少ない。当時の
経済学者が朝鮮半島を調査したところ、借金だらけな上に10世紀レベル(約1000年遅れ)
の後進国だったので、政府首脳部は腰を抜かしたという。

「そんな国家を併合して、どうするのだ?」と。

しかし日本はその怠慢で不潔で金にルーズな朝鮮を「内戦でボロボロのアフガニスタンですら
先進国にできるくらいの莫大な資金」を投じて清潔で豊かな近代国家に作り直した。

韓国はその幸運により飛躍的な発展を遂げることができたのだが、それに対し全く恩義や
感謝を感じていない。それどころか何とか恩を歴史から消して飛躍的な成長という「奇跡」を
自分の手柄にしようと躍起になっている。実に醜いではないか。





597 :日本@名無史さん:2010/07/20(火) 22:47:52
>>594
みんな仲間でおk

598 :日本@名無史さん:2010/07/21(水) 00:12:21
>>597
じゃあフィンランド語とハンガリー語と、
ついでに更に母音の単純なスワヒリ語とハワイ語の
仲間ってことにしておくか。

欧州、アフリカ、ハワイ諸島。
なんだか壮大で、ワクワクしてきた。

599 :日本@名無史さん:2010/07/21(水) 00:33:38
>>598 いやトルコ語とマレーポリネシア語の仲間としておくとウイグル、中央アジア、トルコ、キプロスと台湾(原住民)、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ポリネシア、メラネシア、ミクロネシア、イースター島、マダガスカルまで仲間になるな。


600 :日本@名無史さん:2010/07/21(水) 00:46:39
そして仲間はどんどん増えていき、
すべての元をたどると、最終的にはアフリカで発生したホモ・サピエンス
にたどり着くのでした……

601 :日本@名無史さん:2010/07/21(水) 00:51:34
>>599
そういえば、google insightsで、
マダガスカルの連中が日本のアニメだの何だのを検索してる結果が出てた。
やはり仲間か。

602 :日本@名無史さん:2010/07/21(水) 06:59:12
日本語の起源は韓国語だ。早く認めて謝罪しろ。韓国が
国連に持ち込んだら日本に不利になるだけだ。

603 :日本@名無史さん:2010/07/21(水) 10:27:36
>>602 朝鮮語の起源はエベンキ語だから、日本とは関係ない。


604 :日本@名無史さん:2010/07/22(木) 00:31:29
>>602
暇だったから、スカパーでKBSチャンネルを見てみたんだけど、
出演者の言葉、顔、文字、行動など、
どうみても、
韓国人=(モンゴル人)+(満州人の残党)だと思った。
文法的にも語彙的にも、DNA調査でもそうなんだから、それが真実だろう。
----
日本人とは色々な意味で、他人だと思うよ。


605 :日本@名無史さん:2010/07/22(木) 17:08:05
>>601 マダガスカルも大陸から離れた島国で、アフリカのようでアフリカでない、

 日本もアジアのようでアジアでない、同じ仲間だな。


606 :◆VWCBut9QG7q4 :2010/07/22(木) 23:25:33
日本はアジアではない。
固有のどこにも属さない、日本と言う文化圏だ。領土も人口もそれなりにある。
千年以上も中国の文化圏から離脱しているし、DNAからみてもネパールとかチベット
あたりが元だし。そこからも一万年以上も隔たりがある。
福沢諭吉が脱亜細亜論は正しいと思うな。
特に半島とは縁を切れ。

607 :日本@名無史さん:2010/07/23(金) 09:49:22
在日韓国人はどうして日本人を差別するの?
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/korea/1277317111/

韓国人が世界中から嫌われる理由 2 
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/korea/1267267588/

 ★★★ チョンは劣等凶悪民族
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/korea/1224578270/

608 :日本@名無史さん:2010/07/23(金) 15:57:50
606
>DNAからみてもネパールとかチベットあたりが元だし

ハプログループDの移動経路

出アフリカ 6万年前

インド

東南アジア

日本 3〜4年前 

朝鮮半島

チベット
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090821/1028377/?P=4
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090821/1028377/?SS=expand-digital&FD=1251912479

家電俳優の細川茂樹さんのY染色体のハプロタイプはD2
D2は本州42-56%、沖縄県56%、アイヌ88%で日本固有   チベットは近縁のD1,D3 50%

>解明された細川茂樹のDNAとそのルーツ
>熱血バイヤーの祖先は4万年前に海を渡ってきた
>スペンサー・ウエルズ博士はゆっくりとした口調で語り始めた。
>「細川さんの祖先はアフリカで生まれました。
>そして6万年前に移動を始めたんです。そして沿岸地域を通り、
>インドから東南アジアを通って3万〜4万年前に日本にたどり着きました。
>細川さんの先祖は、日本に最初にたどり着いたグループに属します。
>気が荒いかどうかはわかりませんが、ただ細川さんの祖先は漁師だったはずです。」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090821/1028377/?P=4
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090821/1028377/?SS=expand-digital&FD=1251912479

609 :日本@名無史さん:2010/07/23(金) 17:19:14
朝鮮半島とチベットを無理やり結ぶなよwD系舐めすぎ。
蒙古モンゴルもチベット仏教関係でDNAレベルの交流はあるだろ。

610 :日本@名無史さん:2010/07/23(金) 17:46:08
>>609
世界中の学者を敵に回したなw
誰も相手にしないけどww

ジェノグラフィック・プロジェクト
https://genographic.nationalgeographic.com/genographic/index.html

 「ジェノグラフィック・プロジェクト」では、世界各地の先住民族や一般の方々など
数十万人のDNAサンプルをコンピューターによって解析します。
ナショナル ジオグラフィック協会の協会付き研究者で遺伝学者のスペンサー・ウエルズ博士をリーダーとし、
世界各国の科学者チーム、IBMの研究者たちが協力して人類の遺伝的ルーツを解明します。
 
今回のプロジェクトは米国のウェイト・ファミリー財団の資金援助を受け、
科学者たちが世界10カ所に設けるプロジェクト・センターで数十万点のDNAサンプルを分析する予定です。
これにより、地球規模で人類がどのようにして各地を移動していったかが明らかになり、
私たち人類の相互関連や相異に関して新たな知見が得られると期待されます。

 ジェノグラフィック・プロジェクトには、一般の方々も参加できます。
専用キットを購入し、DNAサンプルを所定の研究所へ送ると、分析結果がデータベースに登録されます。
そして、ナショナル ジオグラフィック協会のウェブサイト(nationalgeographic.com)にアクセスすれば、
地球規模で行われるこの研究の進捗状況や自分の先祖がどのように地球上を移動したかをたどることができます。
プロジェクトによって構築されるデータベースは、人類の遺伝情報を収集したものとしてはこれまでで最大規模となり、
遺伝学者・歴史家・人類学者にとっては貴重な資料となることでしょう。

 一般の方々もプロジェクトに参加できます。
参加キット(99.95米ドル、送料・手数料は別)を購入し、頬の内側から採取したサンプルを提供していただきます。
参加者はプロジェクトの進捗状況、また自分の先祖がたどった移動の歴史を知ることができます。

 ナショナル ジオグラフィック協会とIBMはプロジェクトに関する最新情報を、ウェブサイトやナショナル
ジオグラフィック協会の運営する様々なメディアを通じて、定期的に一般の方々や科学界に提供していきます。
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/topics/n20050413_1.shtml

611 :日本@名無史さん:2010/07/23(金) 18:22:51
朝鮮半島は魔法のような土地だな。

イギリス人の素やらチベット人の味の素になれる。古代から特別な乗り物
でも隠し持ってたか?w

612 :日本@名無史さん:2010/07/23(金) 20:38:19
韓国じゃ本当に日本語は韓国語から生まれたなんて教えてるの?

613 :日本@名無史さん:2010/07/23(金) 20:48:16
>>612 朝鮮起源教なら何でも受けるから教えているんだろう。

 そういう本は売れるから商売になるしな。

614 :日本@名無史さん:2010/07/29(木) 15:19:28
  古代日本語 高句麗語 新羅語 高麗語 中期朝鮮語 現代朝鮮語

1   Φi1to2    −−  hっtっn hっtっn   hΛnah    hana
                 (一等)  (河屯)
2   Φuta    −−  tu¨pっ¨l tuβっr   tulh      tu:l
                 (二尸)  (途孛)
3    mi1     mil    siet    sei     s∂ih     se:s
            (密)    (悉)   (洒)
4    'jo2     −−   −−   nei     n∂ih     ne:s
                       (廼)
5    'itu     'utsu   −−   ta∫us   tasΛs    tasっs
           (于次)        (打戍)
6    mu    −−   −−  'jul∫us  'jっsΛs    'jっsっs
                       (逸戍)
7   nana    nanun  −−  'ilkup    nilgub    'ilgob
            (難隠)        (一急)
8    'ja     −−   −−  'jultap   'jっdщlp    'jっdっl
                       (逸答)
9  ko2ko2no2  −−   −−  'ahop    'ahob     'ahob
                       (鴉好)
10   to2'wo    t∂k   −−   'jっl     'jっlh     'jっ:l
            (徳)         (噎)

※古代日本語の[i1]はイ列甲類、[o2]はオ列乙類。[っ]は母音[ɔ]の代用。
 高句麗語の数詞「5」については村山説を挙げたが、李基文や板橋義三は
 再構語形を[uc]としている。

615 :日本@名無史さん:2010/07/29(木) 15:42:38
日本語、高句麗語、ビルマ語の基礎語彙比較表

http://www.sun-inet.or.jp/~ryr58037/kr_orig.htm#chuki06

数詞

    ビルマ語群   ビルマ語群   ヒマラヤ語群

 7    ñet        nai          nhiï
 8    šet        šä         yai-lo
 9    kok        kok         k-hå 
10    tàs‘e       tàtsä        tai

ビルマ系ボド語

足 atheng 
目 megan
口 khuga
歯 hatai
毛 khenai
頭 khara
舌 sila   

219 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)