5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

悪源太義平

1 :日本@名無史さん:2008/09/09(火) 09:41:44
弟の陰に隠れがちな名将について語ろう。

2 :日本@名無史さん:2008/09/09(火) 09:44:12
頼朝の兄か

3 :日本@名無史さん:2008/09/09(火) 09:53:24
叔父殺し悪源太かっこいい

4 :日本@名無史さん:2008/09/09(火) 09:59:15
【蒲冠者】源範頼について語れ【蒲殿】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1211900173/

5 :日本@名無史さん:2008/09/09(火) 10:07:20
源太の産衣 髭切の太刀

6 :日本@名無史さん:2008/09/09(火) 15:29:03
源氏の身内殺しを誰かまとめてくれ

7 :日本@名無史さん:2008/09/09(火) 15:57:42
源義光→義忠
源為義→義綱
源義朝→為義、頼賢、頼仲、為宗、為成、為仲
源義平→義賢
源頼朝→範頼、義経、義仲、義高、行家
公暁→実朝

8 :日本@名無史さん:2008/09/09(火) 16:29:04
源頼家→阿野全成、頼全

9 :日本@名無史さん:2008/09/09(火) 16:49:00
源義忠→義親

10 :日本@名無史さん:2008/09/09(火) 17:15:19
源実朝→栄実

11 :日本@名無史さん:2008/09/10(水) 00:22:30
>>5
どっちも義平の持ち物じやねーじゃん


12 :日本@名無史さん:2008/09/10(水) 00:23:40
>>5
どっちも義平の持ち物じゃねーじゃん


13 :日本@名無史さん:2008/09/10(水) 00:37:09
悪左府とか悪源太とかあだ名に悪が付くとなんか格好いい。

14 :日本@名無史さん:2008/09/10(水) 06:07:17
悪左府の名が出たここらでで保元の乱に源義平が不参加の理由は
坂東の抑え(崇徳方についた為義につこうとする者達への抑え)
とされるが、スレ的に一歩踏み込んで
義平が具体的にどんな行動で誰を牽制していたか考察してみないか?


15 :日本@名無史さん:2008/09/20(土) 22:06:05
>>14 信州村上氏の抑えです

16 :日本@名無史さん:2008/09/21(日) 03:17:04
>>13
楠木正成 「そ、そうか〜、なんか照れるな〜」

17 :日本@名無史さん:2008/12/17(水) 15:33:53
悪源太が平治の乱で着用したのは八龍の鎧

18 :日本@名無史さん:2008/12/17(水) 16:42:51
三浦悪四郎義実

19 :日本@名無史さん:2008/12/18(木) 02:35:50
>>14
義平が保元の乱に参加しなかった理由って、
前年までの武蔵国総検校職をめぐる争い(畠山・義平×秩父・義賢)の事後処理にかかずらわっていたためと、
今までは漠然と考えていたんだけど、そういった説もあるんですか?

20 :日本@名無史さん:2009/02/13(金) 14:46:02
みなさん詳しいですね。

21 :日本@名無史さん:2009/02/13(金) 14:53:36
源太産着って赤ん坊用の鎧だろ?
13歳の頼朝はそんなの着てたのか?

22 :日本@名無史さん:2009/02/13(金) 16:39:12
源太VS平太

23 :日本@名無史さん:2009/02/14(土) 14:59:37
>>14
志田義憲への抑えとか。

24 :日本@名無史さん:2009/02/14(土) 16:28:58
志田義広ってその頃って何才ぐらいだったんだろう?義平とおなじくらい?

25 :日本@名無史さん:2009/02/14(土) 18:04:48
その時歴史が動いた

でも頼朝が長嫡子であったかのような表現だったな
影が薄い
番組もバカ

26 :日本@名無史さん:2009/02/14(土) 21:29:01
頼朝は兄義平の官位を越えて昇進していたのだから
当然嫡子だろ
母親の出自は一番良い

27 :日本@名無史さん:2009/02/14(土) 21:42:11
為義は源氏の中でも出世が遅かったらしいね。
もともと総領じゃなかった?

28 :日本@名無史さん:2009/02/14(土) 21:47:06
鎌倉ってのは神坐(かみくら)でいいの?

29 :日本@名無史さん:2009/02/14(土) 21:57:53
>>27
親父の義親が狼藉者で朝廷の覚えが悪かっただろ。

30 :日本@名無史さん:2009/02/14(土) 22:26:52
>>29
実兄の義信は従四位下、
養父義忠の実子義高も従四位下。

為義ショボす

31 :日本@名無史さん:2009/02/15(日) 00:24:33
源太(惣領)は義平でしょ

32 :日本@名無史さん:2009/05/05(火) 13:58:42
>>19
叔父の帯刀先生源義賢を強襲殺害した理由は、何だったのですか?

33 :日本@名無史さん:2009/05/05(火) 14:09:29
>>32
秩父の争い

34 :日本@名無史さん:2009/05/05(火) 19:06:15
源義賢はこの先生きのこれるか

35 :日本@名無史さん:2009/05/05(火) 23:05:24
ホモ義賢

36 :日本@名無史さん:2009/07/13(月) 18:11:51
義平が長生きしてたら確実に頼朝と対立してただろうな

37 :日本@名無史さん:2009/07/13(月) 19:58:48
タラレバほど無意味なものはない

38 :日本@名無史さん:2009/07/17(金) 02:41:03
>>36
もし義平が生きていたら、

義仲→義平(父の仇)、義平→頼朝(源氏の棟梁の座を巡る争い)という構図になっていたのは確実。
そうなれば源氏の勢力は三分裂し、内紛による衰退は免れない。
いずれ平家の天下は覆されるにしても、それをやるのは源氏ではないな。

39 :日本@名無史さん:2009/08/11(火) 20:01:43
どのような状況で生き延びるかを考慮せぬことには・・・

40 :日本@名無史さん:2009/08/16(日) 00:09:18
義平が生きてたら早い時期にどこぞに担ぎ上げられて挙兵して
全盛期の平家に軽く鎮圧されるか、平家末期に挙兵しても
体育会系脳で都に突入して法皇に弄ばれて義仲と同じ末路しか見えんな。

41 :日本@名無史さん:2009/08/28(金) 09:28:50
義平じゃあ、東国の武士はまとまらんだろう。

これは別に義平個人の器量とかの問題じゃない。

義平は相模なら三浦、武蔵なら畠山との関係が、深過ぎる。
弟の朝長は、波多野氏との関係が、深過ぎる。
ということは、三浦・波多野と対立することの多い、鎌倉党(大庭・梶原・長尾)や
中村党(中村・土肥・土屋)は、義平を担げない。むしろ、強硬に反対する。

おまけに義平には、東国に家来がたくさんいて、あれこれと活動している以上、周囲と衝突する
るのは避けられない。味方もいるが敵もいる状態。

対して頼朝は、東国の特定の有力者と結びついていないから、強硬な反対者もいない。
領地も家来もないから、周囲との摩擦ゼロ。
つまり、味方もいないが敵もいない状態で担ぎやすかったわけだ。

42 :日本@名無史さん:2009/12/27(日) 23:59:21
保守

43 :日本@名無史さん:2010/01/14(木) 22:39:50
源氏は内輪揉め酷すぎ

44 :日本@名無史さん:2010/01/16(土) 00:43:08
河内源氏は、複数の有力者が、並立していて統率者がいなかったからなあ。
為義の父義親より、義忠の官位と扱いのほうが、はるかに上。
なのに義忠を継いだのは為義。でも為義より義忠の実子の官位のほうが上。

さらに次男の朝長の館の規模は、頼朝が住んでいた御所よりでかかったし。
簡易の昇進具合から言って、朝長の母も中級貴族の娘だった可能性が高い。

45 :日本@名無史さん:2010/01/24(日) 22:03:05
義忠は平清盛の祖父平正盛の娘を娶っているし、義理の弟の忠盛の
烏帽子親だったらしいしで協調しているんだよな。
縁組決めたのは義家だろうか?
官位については義忠の殺害後は子供達は忠盛の保護を受けていたのが
いただろうし、妻の実家の平家の働きかけがあったのかもな。

でも平家と協調路線とってた義忠が殺されなきゃ、源氏も平家も全然
違った運命辿ってたかもしれないな。あと義親が反乱しなきゃ。
なんか義忠って保元の乱以前の平家と河内源氏の関係で重要だと思うのに
省略されがちだよな。

46 :日本@名無史さん:2010/01/25(月) 11:48:24
まあ義忠は、生きていた期間が短かったからなあ。

それに摂関家との関係の深さがあだになって、河内源氏の面々は
院政の時代は、かなり冷遇されていたよ。
分断工作も受けていたし。
為義・義朝が、受領になれなかったのもその流れ。


47 :日本@名無史さん:2010/03/09(火) 16:04:20
なるほど

48 :日本@名無史さん:2010/03/22(月) 14:42:09
為義って義親の息子なのによく家督継げたな

49 :日本@名無史さん:2010/03/22(月) 23:38:24
義忠の息子たちが幼かったから、緊急避難的に継げたらしい。
もっとも義忠の息子たちが、成人すると官位は、あっさりと
追い抜かれたらしい。

50 :日本@名無史さん:2010/03/23(火) 21:28:02
為義が義親の五男でも継げた理由は?
長男〜四男は対馬にいたのだろうか。

51 :日本@名無史さん:2010/06/26(土) 16:51:10
未亡人にちょかいだす弟って嫌だな


52 :日本@名無史さん:2010/06/26(土) 16:59:30
>>50
為義が近江守であった叔父義忠の養子であった縁で近江源氏を相続。
義忠は28歳で没しており、実子は幼かった。

義親自体は若いころに行いの悪さから勘当され、河内源氏を継げなかった。
河内源氏は異母弟の義忠が継ぎ、手出しはできない。
そのため義親の長男〜四男は関東などに進出。
義忠の養子に迎えられたのが五男坊だった為義だった。

53 :日本@名無史さん:2010/07/18(日) 00:04:02
>>52
ありがとうございました。

義親の長男〜四男が関東などに進出していたというのは、
何かの史料によって確認されているのでしょうか。
もしご存知であればご教授ください

(義親子孫って『尊卑分脈』では結構な繁栄なのに、
ろくに名の知れた人物が確認できないもので…)。

54 :日本@名無史さん:2010/07/18(日) 02:07:34
>>53
wikipediaでは「都にあって官僚の道を歩んだ」となってるな。長男の義信は従四位下左兵衛佐まで
昇進してるんでこっちが棟梁とも考えられるらしい。後に頼朝が幕府を開いたので遡って為義が棟梁と
いう事に改竄されたのではないか、だそうだ。

55 :日本@名無史さん:2010/07/18(日) 10:55:25
>>54
義信の息子の延朗上人が但馬で生まれているから、
やはり西国方面にいたイメージはどうしれもあるな。

延朗については、「元享釋書」「太平記」「三井寺続燈記」「雨月物語」
などに紹介があるというから、為義以外の義親流の人物では恐らく最も著名な人物なのでは?

http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000310
http://blogs.yahoo.co.jp/hiropi1600/59635178.html


56 :日本@名無史さん:2010/07/18(日) 18:23:08

間違えた。

×どうしれも
○どうしても


10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)