5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【郷士】苗字帯刀 4【庄屋】

1 :日本@名無史さん:2008/08/31(日) 07:57:27
享和元年(1801)の御触書
領主によって苗字帯刀を許された庶民は
(1)郷士のように由緒あって以前から許されていたもの
(2)奇特な行為によって褒賞として新たに許されたもの
(3)町年寄・庄屋・名主・御用商人・本陣などの役柄によるもの


○先祖が苗字帯刀を許されてるかどうかを調べる方法。
 日本姓氏歴史人物大辞典で調べるのがよいと思われます。
 唯、編集した時点での情報なので以後に発掘された資料等
は当然反映されていません。
 
 前スレ 【郷士】苗字帯刀 3【庄屋】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1206605722/

2 :日本@名無史さん:2008/08/31(日) 09:46:58
戦前の中学って卒業証書に
士族○○とか平民○○って書いてあったらしいね(○○は氏名)
よく苦情というか反発が起きなかったな


3 :日本@名無史さん:2008/08/31(日) 11:13:28
最近まで高校や大学の証書にも本籍の都道府県がかいてあったのと同じのりだろね
戦中に旧制中学卒業した祖父の中学卒業証書には族籍は記されていない

4 :日本@名無史さん:2008/08/31(日) 11:20:02
>>2
新平民と書けば水平社がデモしただろう

5 :日本@名無史さん:2008/08/31(日) 12:27:10
>>3大正期ごろから平民の記載は無くなった。士族は記載される。

6 :日本@名無史さん:2008/08/31(日) 15:33:13
壬申戸籍に苗字帯刀の記載はあるの?

7 :日本@名無史さん:2008/08/31(日) 17:14:20
俺の苗字が日本史に全く出てこないんですけど

8 :日本@名無史さん:2008/09/01(月) 01:56:16
明治新姓じゃね?

9 :日本@名無史さん:2008/09/01(月) 02:14:08
清和源氏一族の姓の者集まれ!
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1136208948/

10 :日本@名無史さん:2008/09/01(月) 02:15:10
俺の苗字が日本史に全く出てこないんですけど
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1158407500/

11 :日本@名無史さん:2008/09/01(月) 02:20:19
有名人の子孫の有名人
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1188805207/

12 :日本@名無史さん:2008/09/01(月) 02:46:49
前スレで八木家の本が出てたけど。先祖が侍と証明されれば苗字帯刀が
許されたらしいが、これは京都だけ?

 うちなんて感状その他証拠はたくさんあるが苗字帯刀さえ許されていないぞ。
何故?

13 :日本@名無史さん:2008/09/01(月) 02:49:59
>>4
清原とか阪本とか幹部の水平社同和部落団体

14 :日本@名無史さん:2008/09/01(月) 02:52:22
>>13
清原一隆 と 阪本清一郎 水平社って有名だな。

15 :日本@名無史さん:2008/09/01(月) 12:09:29
>>12
意味が分からない。もう少し分かりやすく書いてくれ

16 :日本@名無史さん:2008/09/01(月) 14:11:00
江戸時代から苗字があった
刀(脇差)が残っている

この二点を根拠に武士の子孫だと騒いでいた友人・・

昨年、古文書が発見され判明しました
鍛冶屋さんでしたw



17 :日本@名無史さん:2008/09/01(月) 15:14:07
>>16
鍛冶屋なら、苗字どころか武家官職同様実体はないけど通称としての官職を持ってる人もいるから詳しくない人なら誤解しかねない。

18 :日本@名無史さん:2008/09/01(月) 18:06:16
>>16御用刀鍛冶なら士分

19 :日本@名無史さん:2008/09/01(月) 18:28:49
>>18 刀神職だから士分

20 :日本@名無史さん:2008/09/01(月) 18:30:50
苗字ランキング




http://bari3.net/bari3m/soc/rankname.asp?Pmd=rank

21 :日本@名無史さん:2008/09/01(月) 19:48:38
>>15その前にあった革嶋家とも同じなのだが。
京都町奉行所は先祖が武士であるものには苗字帯刀を許したそうな。

 何故、ウチの先祖は武士であるのが確実なのに苗字帯刀さえ
許されなかったのか?

22 :日本@名無史さん:2008/09/02(火) 12:31:26
>>21
1.判断した人にとって証拠が確かなものと思えなかった。
2.判断した人の先祖と仇敵関係だったから。
3.賄賂不足。

今思いついた可能性はこのくらい。もっと考えればあといくつかは出てくるかもしれない。

23 :日本@名無史さん:2008/09/02(火) 12:50:46
地方差でしょ。天領で(佐久)内藤昌豊の子孫が苗字帯刀を許されたのは最幕末。
普通の武士程度じゃ許されない。先祖が武士なのに苗字帯刀許してたら人口の
何割かが苗字帯刀になってしまうじゃん。。。

24 :日本@名無史さん:2008/09/03(水) 22:16:01
>>16
鍛冶屋さんなら、あーた、物部(もののふ=古代武士)系の有力豪族の子孫でしょうが。


25 :日本@名無史さん:2008/09/03(水) 23:03:35
>>24
そんなことはない。弓鍛冶は部落民が多い。だから矢のつく苗字は部落率がものすごいたかいといわれてる

26 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 00:30:27
>>25

ある。物部系にも矢のつく名字はあるではない?
百済系に弾圧され、地方に散ったり山地に落ち延びていった人々が
部落を形成した例があると聞いたけど。

27 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 00:38:38
>>24
馬鹿は消えなさい

28 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 00:51:55
てか刀が遺されていただけで苗字帯刀に繋げるなよ。
戦場で拾ってきただけかもしれんだろ。
無理にこじつけなくても名家は名家。
武士扱いじゃなくても豪族系の旧家とかあるしな。

29 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 00:54:28
江戸時代の庶民も刀は普通に買えるよ

30 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 00:55:25
豪族って何?

31 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 01:04:18
有力豪族の子孫で庄屋>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>中級以下の武士

32 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 01:16:09
有力豪族ってなんなんだろう・・・?

33 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 01:20:17
武士ってなんなんだろう・・・・・・・

34 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 01:54:06
有力豪族て武士じゃないし
庄屋は武士でなくヤクザだな

35 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 02:46:58
ヤクザは足軽出自だろどう考えても

36 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 03:07:28
豪族から武士になったケースもならなかったケースもある。
いずれにせよ、武装農民の子孫より有力豪族の子孫の方が由緒正しき血筋。

37 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 06:01:54
戦前だったら村に一つは鍛冶屋さんはあったと思いますが?
というか、なきゃいけなかった。
村の鍛冶屋って文部省唱歌は
今の人たちは知らないのかな。

38 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 08:13:18
>>36が意味不明

39 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 08:49:45
豪族が武士化しなかったなんてこたー考えられねい。
軍事力が豪族の豪族たる由縁。

小豪族でも軍役負担は当然あると思われ

40 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 10:18:04
豪族って何時代の?

41 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 11:15:25
庄屋には官位がないただの庶民

42 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 12:05:09
庄屋は庶民レベルだよ

43 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 12:44:38
豪族は守護ではない。大半の豪族は武装有力農民が巨大化したものだよ

44 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 12:49:13
豪族って?なんとか長者とかそんなイメージ?

45 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 12:55:56
>>43
日本語できる?

46 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 13:59:52
戦国時代まで豪商も武士との境目が曖昧だったのでは?

47 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 14:01:29


模範解答。鎌倉御家人(惣領1人だけ)が武士。

48 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 15:15:14
豪族→神官→分家から庄屋ってケースもありますよ。

49 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 15:23:36
>>47
鎌倉以前の武士は源氏と平氏だけ。
それ以外はサナギの様な曖昧な存在。
と考えてokですか?

50 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 16:10:53
>>46地侍と武士は割り区別があったようだし戦国時代以前は身分差は当然あったでしょ。
戦国時代というか足利の統治能力が弱くて全国的にぐたぐたになってきて。

よわっちい奴のいうことなんて聞きたくねい。オイラのものはオイラのものだし
隣の村もオイラのものとかなって豪族化していったと思われ

51 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 16:37:33
豪族といっても別格なのは古代豪族の家系だけ。

52 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 17:06:20
だから豪族ってなんなの?

53 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 17:24:57
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/豪族
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/土豪


54 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 19:42:01
守護=朝廷から任命


豪族=朝廷の敵または反乱者


土豪=領地にいる農民


朝廷から任命し
反旗翻した奴もいる藤原〜氏 東北左官後エミシ達と狂暴化

55 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 19:55:47
義務教育も満足にうけてないのかよ・・・

56 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 20:05:41
豪族は、中世でははやくいえば認可されてない武装集団でしょ。しかし公との繋がりがあり、広い経営基盤とパイプももち、半国半城の主

土豪は意味合いが広いが、豪族と区別が前提なら、豪族より規模が小さいが、地域一帯を納める従者もちの小規模館主でしょ。色々多角的に経営もしてる事も多い。が、広域豪族からの脅迫や従属化はまぬがれないクラス

地侍も意味合いが広いが、上記と区別が前提なら、従者はほとんどもたず、一族で武装し、居住する村を納めてたり、リーダーたる半農半士 。豪族や広域土豪がいざ戦とならば、一族で武装し、馳せ参ず。

いずれにせよ、公には認可されていないというのが共通点

なんかこの定義に文句ある?



57 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 20:10:19
帯刀=大小の両刀を二本差しすること。
帯刀権がなくても脇差一本なら差して歩いてもOK。
って認識でOK?

58 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 20:35:27
>>57



NOOOOOOOOOOOOO!!!




59 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 20:45:59
江戸時代における苗字帯刀クラスは中世でいうとどんな階級なん?

60 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 20:55:16
武装している者はみな武士なのか?

61 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 20:55:39
秀吉の刀狩りで武器を没収されたかどうかが重要です。
そのころから続く地主で、太閤検地に協力した由緒ある家柄なら
名字帯刀が許されたはず。

62 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 20:58:02
>>49
平安期は中央の権門と直接主従関係を結んでいる者が武士。
惣領でなくとも中央の権門と直接主従関係を結んでいる者。

63 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 21:11:22
誰が江戸時代に名字帯刀を許可する権限を持っていたか?
そういう基準で許可を与えたのか?
まず、その辺をはっきりさせないといけない。
既得権として名字帯刀をしていたとすると、
許されて名字帯刀したという文言は嘘ということになる。

64 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 21:21:08
既得権w
馬鹿すぎてワロタ

65 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 13:27:33
名字帯刀は既得権じゃないな。別に固有の生来的所持財産でもないし。

66 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 21:26:24
ちょっと話それるかもしれないけど僕の祖父なんかは軍隊時代に帯刀本分の職になって遺品に刀帯とか軍刀吊ってる写真なんかが今でもあるんだけど、
平時は他の省の官吏で大礼服に帯剣した写真もあるので前から帯刀に興味があったんだけで当時の警官とかも含めて帯刀本分職の帯刀帯剣は権威のシンボル的な意味が強いのかな?
それとも単に西洋の影響なのかな?

67 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 21:31:06
名主は明治になって帯刀こそやめたけれど、
ピストルを懐に忍ばせている輩もいたとか。

68 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 21:32:33
明治廃刀令 警察官は刀

今の警察官は拳銃でしょう。

69 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 21:35:15
>>67
帯刀を許されてた名主も日常的に帯刀してたわけじゃないんだが

70 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 21:36:46
巡査ははじめから帯刀じゃなかった

71 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 21:53:56
明治〜大正始めまで


郵便配達人も拳銃所持を許されていた。


現代では銀行送金振込みできるからね。


時代が変われば刀も拳銃も必要ではないね。

72 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 21:56:35
>>70
十手と棒と御用の提灯。

73 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 22:02:19
下級武士も、外出時、上士のようにいつでも帯刀していたわけじゃないだろ

74 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 22:09:44
下級武士とは曖昧すぎるよ
足軽や同心でも帯刀しないで脇差だけで遊んだりすると目付や組頭に怒られたりするよ

75 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 22:13:11
>>74
聞いたこと無いぞそんな話

76 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 22:17:44
上士 郷士 土佐限定やね〜。
移住藩主
山内容堂めっ!


大阪なんて武士の数700名余り軽い学校生徒数程度だし
特定になるね。

77 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 22:21:19
山内容堂は生まれも土佐だし移住してきてないんじゃない?

78 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 22:27:07
>>77
先代というかな、先祖がなw

79 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 22:30:00
うちは東北の先祖は下級武士(卒→判子屋開業)だけど城で勤務する時の地味な殿中指とは別に勤務中では指せない鮫鞘の刀とか朱鞘の派手な刀が残ってるからなー

80 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 22:31:57
うちは東北でって書こうと思ったのに間違えましたm(__)m
修行してきます

81 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 22:33:55
>>78
先祖なんて半端なこと書かないで神明様って書こうよ

82 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 22:34:21
しかし、名字帯刀を許されたのは、人口比にして1%以内。
相当の名士だけだったことがあきらかになってきましたね。
名主の家に生まれれば、生涯、鍬を握ることはないし、小作
人の造反を抑えるためにも帯刀が許されたのは当然。
裁判官や警察の役割も果たしたのですから、相当の権力者
だったことがわかります。

83 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 22:41:51
>>81
長曽我部
ついでに
山内一豊と名指ししてあげる。

84 :日本@名無史さん:2008/09/05(金) 22:45:40
没落して名主役罷免されて小前百姓や中にはやくざになった元名主もいるけどね

85 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 00:25:28
うちの曾祖父は馬に乗ってサーベルぶら下げてましたよ。

戦時中の皇居敷地内での話ですけどね。

86 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 01:11:00
近衛かよ。そんなもん農民でも勉強できればなれた。

87 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 01:38:10
>>82もっと少ないのでは?第一回衆議院選挙の時、直接国税15円以上が対象
だったが人口の1.1%前後、これは1町歩程度の大百姓も含んでるし
当然華族等も。名主の人口比って意外と少ないのかな?

88 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 01:43:13
あまり多くはないでしょ名主数は。大体今現代の平均的町に庄屋の数は二〜三家程度でしょう

89 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 01:56:55
直接国税15円以上に該当しないような家が苗字帯刀云々言ってもねぇ

90 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 02:16:02
>>87選挙人は一人だってのもあるな。士族等は家族も含んでるから

91 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 02:24:06
>>86
近衛は凄いだろ。
苗字帯刀よりも直接国税よりもレアじゃん。

92 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 02:31:36
>>91
近衛家は朝廷の人間 家柄が月とスッポン。

93 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 02:42:56
いや近衛兵のことだと思うんだが・・って、俺釣られてる?

94 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 02:48:50
てかさぁ、苗字帯刀しか誇れない家って結局は下っぱだろ?

95 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 03:02:55
天皇・朝廷・公家・将軍家・老中・外大名・大名・家老・神官・下級藩士



お前は何物や庄屋

96 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 03:03:58
奉行役人


お前は何者 庄屋

97 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 03:26:32
>>94
その通りだね

えっ、結論でちゃったんじゃない!?

98 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 04:05:15
金魚(関ヶ原の勝ち組)のフンに群がるハエみたいな立場の苗字帯刀なんてねw

99 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 11:23:35
刀はとっくに質流れしちゃって、竹みつで傘貼りで生計を維持している名字帯刀ってのもなぁ…

100 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 11:26:46
>>99
苗字帯刀は献金できる裕福な家だからそんな貧乏暮らしとは無縁だよ

101 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 14:28:42
郷士には苗字があり

庄屋は後から苗字がつけられただけのことなんだ。

102 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 15:53:58
郷士って具体的どこの?

103 :ポッポポポポポポーニョ〜:2008/09/06(土) 18:04:55
庄屋でも江戸初期に庄屋になってるものは名字帯刀ある家が大半だ

104 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 20:17:43
でも日常的に帯刀していたわけではないんでしょ?
勲章みたいなもんてしょ?
貨幣経済が発達した江戸近郊や宿場を抱える地域や水運等で特に絹糸生産で潤っていた地域では百姓への苗字帯刀の乱発されたし旧家の没落と新興豪農の勃興が激しい

105 :ポッポポポポポポポーニョ〜 :2008/09/06(土) 20:31:34
その通り。基本的に庄屋は農家なので、DQNせがれがいなきゃ、帯刀などしていません。が、甲冑や槍なども持つことゆるされてもいます。

106 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 20:32:30
江戸時代とか今とかわらない
学歴社会だよ。

107 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 20:38:14
庄屋じゃなくても百姓が甲冑や槍を所持していても問題ないです


108 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 20:39:15
今の時代=世襲の貴族出が首相になる

109 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 20:40:20
麻生さんなんてまさに現代の貴族中の貴族だね

110 :ポッポポポポポポポーニョ〜:2008/09/06(土) 21:24:07
麻生家も名門庄屋家ですね
森首相も福田首相も管直人も団琢磨も犬飼剛もみんな庄屋家です
さすがだよ

111 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 21:32:46
麻生は庄屋じゃない。大庄屋。
団琢磨は庄屋じゃない。
福田も庄屋じゃない。
麻生の場合は皇室に連なり大久保利通や吉田茂があり炭鉱王であり大庄屋てかはたいした意味をなさない

112 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 21:35:14
まあ現代の貴族ですよ麻生は

113 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 21:35:52
>>111
炭鉱の起業家だね。
庄屋意味もたない。

114 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 21:40:03
あ庄屋ネットで勉強中

φ(..)

115 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 21:40:48
総理大臣
農民から出た総理大臣って吉田茂が戦後初だからね。

116 :ポッポポポポポポポーニョ〜:2008/09/06(土) 21:45:37
いえ、元々麻生家は大庄屋です

当時麻生家は三万石大名以上の財産を有していたと言われてる
大名は借金だらけだし、その点からいえば庄屋は既往の固有財産が数多く存在するんです
しかし大名家は 大半が時価による財程度が大半
この違いは大きい
こういうバックボンがあったからこそ麻生家は炭坑つくれた

悪いが庄屋家の財産はへたな大身旗本なんか目じゃない財産もってますよ


117 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 21:46:30
吉田は典型的な官僚出身者

118 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 21:48:08
麻生家は庄屋じゃなく大庄屋ですから庄屋というのは間違いです


119 :ポポポポポポーポッポ〜:2008/09/06(土) 21:48:40
勉強などしてません
他の歴史板スレに書き込んでいただけです
悪いですが私を論破できたらたいしたもんですよW
えっ?キレてないですよ 俺キレさせて論破できたらたいしたもんだよヾ( ´ー`)

120 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 21:49:12
麻生の背景は炭鉱が主ですから

121 :雛先輩:2008/09/06(土) 21:50:15
>>111
いや福田は庄屋ですよ
なにいってるんだねちみ

122 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 21:56:02
同じ炭鉱王でも貝島さんは直方の貧農出身
安川さんは福岡藩の侍
麻生さんは飯塚の村役人出身
麻生さんの所は炭鉱の財閥への転売を繰り返した利益で太ったのが特徴


123 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 22:14:58
>>116
三万石の大名の財産ってどねくらいなの?

124 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 22:15:52
>103許されてないよ。だけど帯刀してたらしくたびたび禁令が出てるが。

僻地なら守ってないかもね

125 :雛先輩:2008/09/06(土) 22:23:47
うーん 概算だからなんともいえないな
稼働所得と固定所得と有価財となどから債権債務等を差し引いた決算を概算したものだろう
弾左右衛門が五万国の大名クラスの資産というのは純所得だけでということ
大名家は 稼働所得は多いが、反面、固定資産は時価のものが多く、それに莫大な債権付きなので、差し引けば全くたいしたことないですよ
庄屋家は 純所得純利益は概算でも大名家以上はめずらしくもない

126 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 22:25:17
>>125
笑えない・・・リアルで頭悪いよきみ

127 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 22:35:24
>>126
リア厨だろ!
庄屋家ってwwww



庄屋に庄屋に庄屋家←つけねぇだろがwww





バカじゃねぇの

128 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 22:43:17
庄屋の子孫で見渡す限りの土地を所有してるような家って何なの?

129 :日本@名無史さん:2008/09/06(土) 22:46:38
寄生地主層

130 :雛先輩:2008/09/06(土) 23:03:27
なにが頭悪いんだ?

131 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 03:30:06
庄屋はアホっぽい。

132 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 05:04:00
>>116>>125
なんかめちゃくちゃだなw
麻生家は三万石大名より財産がある→『具体的にどのくらい?』→概算だからなんともいえない。その概算とはおそらく所得と有価財から負債を引いた数字www

その財産に負債を含めてる以上、石高も固定資産も大して関係ないんだがな。
年収百万で貯金借金財産無し、年間支出十万の奴と、
年収百億で借金一兆財産一兆相当、年間支出百億のどっちが金持ち?って話に自分でしてるわけでさ。
だから大名の固定資産が庄屋に劣ると強調したがる意図も根拠も不明。
上の理屈で言えば現代のバイト高校生や団地住まいの年金生活者、生活保護家庭の方が債務超過の大大名より金持ちだよそりゃ。
んで、維新の借金帳消しと国債給付、所有地の一部安堵で借金大名がまた金持ちに戻ると。


133 :先輩革命家:2008/09/07(日) 12:51:57
>>132
おまえボロをボロボロだしてるなW

大名を年収百億にたとえ、庄屋は年収百万にたとえる

なんだこりゃ?W
庄屋の現実評価を無視して現実逃避しとるだけやないですかW
それに三万石程度の大名がピンキリ三万石相応収益あると勘違いしつるリアル中学生Wリアル町立中学校三年二組W生

現実を勉強しろよ。だったら大名の現金収益は三万石だとどの程度かしってるか?
残りは時価換算の有価財程度
当時八万国の長岡藩牧野家という幕閣筆頭家ですら財産など固定資産は皆無 。河井次の介がすべて売り払ってどんだけだったよ あれが、借金踏み倒しとかいってるお馬鹿なお前の理論抜かせば、現実どれほどだ?
かたや麻生家は村十個以上支配する二万国以上の固定領域支配権もつ大庄や家
大名家ほどではないが裕福な豪農庄屋家は時価換算の有価財はへたな大身旗本など目じゃないほどあるというのは分かるよな?
さらに固定資産が譜代大名家とはレベルがちがうんですよ
広義の不動産【土地の意味だけじゃない、あらゆる固定資産ていう意味だとわかるよね】が もはや群を抜いている
さらに流動資産としての税収も 村十個以上仕切ってる庄屋と、一万石程度の村数個しか治められない陣や糞大名とどっちが上か 調べてから家やWWWWWWWWWW

さらに 大名家は大小問わず 三近交代など、かならず支出するものが多々ある
さらに給金、さらに赤字補填、さらに維持費 などなど
これらを引けばたかが極小大名家など大庄屋家とくらべれば WWWWWWWW

例えれば
年収三億程度が、維持費と債権だけで二億七千万ひかれる、ただの年商三億の男。実質年収二千万程度の大名。固定資産などほとんど持たない。

実際は庄屋はへたすりゃ年収三億余裕でいく麻生家だが、まー例えとして
年商一億だが、年収は九千万の庄屋。しかもさらに固定資産うじゃうじゃあり

どっちがうえだよ低農野郎めWWWW



134 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 13:14:13
ようするに
庄屋ロマンティックは止まらない?
やはり庄屋はアホっぽい。

135 :革命先輩:2008/09/07(日) 13:23:22
あほっぽいというのは感情論だろ
エタだった車善七や弾左右衛門は江戸有数の資産家だが、えただからあほっぽい ださいといってるような感情論だろ
現実は財閥クラスの金持ちだろ

私観で歴史語るようじゃ中学生認定だなこりゃ

136 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 13:44:01
弾左右衛門のが歴史上 名が残った!


無名な庄屋が多い!


歴史的になんの関与もない庄屋はやはりアホっぽい。

137 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 15:47:34
>>133
例えに噛みつくとはびっくりしたww
単に決算だけが財産なのか?と、それだけで本質が見えるのか?と言いたかっただけなんだがw
もう一回書くが、貯金してるバイト学生と赤字決算の大企業は比較対象になるのか?と。
本間なんかの例もあるし大名より裕福な庄屋を否定はしないが、一概に三万石がどうたらと言えないだろって話だよ。
比較にならない。

138 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 15:59:50
道中差しっていって脇差しなら町人とか農民でも所持可能だったんじゃないっけか?

139 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 16:46:28
刀や脇差を所持するだけなら問題ないよ。おもてだって差せないだけ。
でも通行人でもないのに道中差しを帯びれば取り締まりの対象。

140 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 16:55:25
財力の高い二万石の大名もいれば財力貧しい五万石の大名もいるわけで・・・
同じ三万石の大名でもかなりの開きがあるだろうしね

141 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 17:17:03
>>133
馬鹿

142 :革命先輩:2008/09/07(日) 17:36:20
>>137
なんでここまでアホンダラ〜なのでちゅかW
なんで庄屋がバイト学生で大名は大企業なんだよ 庄屋を憎む気持ちがしみじみでてるなW卒め
あのな 資産というのは貸掛金もふくめて資産なんですよ
資産=大企業の借金含めた給料支払い含めた収益だが、そこでもらってる社長はそこの企業の年商とでも考えてんのか?
庄屋の場合 中小企業であっても個人経営であり、利益は収入なんですよ
庄屋家と大名家は企業であって、そこの当主は企業主にほかならない。
この設定どがえしで、大企業本体とバイト学生比較してるあんたは偏差値おいくつ?W
事業主としての大名と庄屋の当主の財産分与を税法上の分類すれば百パー庄屋の当主の個人資産の方が上だといってるんですよ
さらに企業として 大企業扱いの藩大名家と中小企業分類の村支配庄屋家を比較した場合
こちらも 三万石以下なら 企業決算で純利益を概算すれば ヒャクパー大庄屋家の方が、税法上上だといってるんですよ
組織体がでかいという君の考えは 全ての負債や貸入、そして給金 維持費含めたらばだろ。そんなのあたりまえだろ
まー麻生家クラス大庄屋なら一万石大名と負債含めた総資産比較した場合その時点で麻生家の企業団体の方が圧倒的なわけだが、
いずれにしても 事業主の個人資産を比較した場合 企業体のでかさなどかんけいないんだよ

ぷっW

143 :革命先輩:2008/09/07(日) 17:40:21
>>136
伊能忠敬は庄屋家だが?
クソサッチョウ以外で卒が名をあげた例あるの? W

144 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 17:43:06
143と136って同じ人だろ?

145 :革命先輩:2008/09/07(日) 17:45:06
だから慈円してねっつてんだろ屑


146 :革命家:2008/09/07(日) 17:48:40
間違えた

貸し掛けではなく借入金な 借入金含めたものが資産
大名家は承認から毎年借りてる金まで資産に税法上ふくまれんだよた・わ・け


147 :革命家:2008/09/07(日) 17:56:25
悪いが 俺は最強の脳をもつ 現代のコウシであり、ユダヤの民に唯一匹敵する人知をこえたブレインをもつ
伊達じゃないんだよわたくしはW

148 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 18:03:12
>138
そだよ

149 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 18:04:22
>147
格子か?w

150 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 18:07:32
麻生家はやたらと立派ですね。
これはもう庄屋というより土豪としてこの一帯を支配していたんじゃないでしょうか?

151 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 18:17:09
麻生は炭鉱王です

152 :革命家:2008/09/07(日) 18:29:23
わたしは本当に 偉大な革命思想家 孔子やアリストテレスやベドゲンシュタイン、ルソー ヒポクラテス ヒトラー レオ、ミケ、ロバートオーウェン マルクス ウェーバー 、スペンサー、デュケルム 、マートン などなど
正直これらの集大成が俺だと本気で思う


それから麻生家は炭坑王である前に庄屋様だ 前提忘れるな

153 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 18:36:10
麻生家が支配した村って何カ村?まあ触のことだけど

154 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 18:47:34
炭鉱王なら資産家になる。


庄屋で発展したわけでないので庄屋は対したことはない。

155 :革命家:2008/09/07(日) 18:49:00
およそ十か村のようだ平均が。
最盛期には十七ともいわれてるようだ
もはや五万石以上の大名なんだがな

しかも宇都宮家支流の、戦国時代は黒人領主であり、シノギを削っていた雄

太郎は大嫌いだし、ムカつくが、麻生家は我が一門に匹敵か同等以上の名族


156 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 18:55:21
スルーしないでキチガイに構ってるやつが悪いなw
まあスレたてたのがキチガイ本人なのだから難しいかな
いろんな板で同じようなことしてるよこのキチガイは
特徴としては
いろんなコテハンが突然現れて罵り合いのパターン
差別的な言葉やエタ・ヒニン・同和などの話題が必ず出る
近衛兵の話題もよく出るみたいだね

157 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 19:01:46
ようは構ってほしいだけのアホなわけよ

158 :革命家:2008/09/07(日) 19:05:56
おれはこのスレはたてていない
たてたいがたてられない
俺は庄屋の実態を示したいわけではない
庄屋は大名なんぞ目じゃない財産と力とをもっていて 中級以下の武士ごとき敵ではないという事実のみをしらしめたいだけだ

それからおれはそれほどコテ名は使ってはいません
革命家 、 あ 、クルセーダー 板東太郎、
しか使っていない
何でも 屑の低農コテを俺と同一にしないでいただきたい
おふざけで鼠先輩も使ってはいるが。 鼠先輩て気合い入った大和根性もってんな
ギザかっけえよ

159 :革命家:2008/09/07(日) 19:09:47
別にかまってほしこちゃんじゃない

そういうガキみたいなこといってるのはよしたまえ

160 :日本@名無史さん:2008/09/07(日) 20:06:18
崩れ落ちた庄屋ワールドwww

161 :日本@名無史さん:2008/09/08(月) 07:05:26
「あ」は居なくなったの?

162 :日本@名無史さん:2008/09/08(月) 07:56:02
腐れ自宅警備員はまだ庄屋がどうたらこうたら言っているのか。もう逝ってください。

163 :日本@名無史さん:2008/09/08(月) 18:31:06
腐れ外道自宅警備員庄屋厨は、迷惑なのでネットの警備はしなくていいので、自宅警備に専念してください。

正社員優良自宅警備員として専念してください。

164 :朝鮮○一郎:2008/09/08(月) 20:05:59
>>163 アホ臭丸出しの勝手に怒鳴りまくりで不寛容な弟もよろしく

165 :日本@名無史さん:2008/09/08(月) 21:23:44
庄屋が今でもその居構を保つには、相当の才覚がないと難しい。
庄屋の商売といえば、せいぜい、米問屋か造り酒屋くらいだったし、
農地改革でほとんどの土地を失ったし、これでは相続税を払うたび
に屋敷の敷地が半分になってしまって、都市部ではアパートやマン
ションマンション、駐車場の収入で固定資産税を払っている始末。
麻生氏のように立派なお屋敷を維持できている庄屋のほうが、む
しろ少数派だということが分かる。名字帯刀なんて過去の栄光に
頼っていられる庄屋は、今ほとんどいないだろうね。

166 :日本@名無史さん:2008/09/08(月) 21:49:13
だいたい一つの名主や庄屋が綿々と続いたのは後進地域ばかり
地方の農村でも生き馬の目を抜く経済社会に揉まれた地域では村役人を勤める家の没落や交代が激しかった

167 :日本@名無史さん:2008/09/09(火) 02:01:44
苗字帯刀っていったってほとんど一代限りだしね

168 ::2008/09/09(火) 02:11:42
なわけないだろばか 勉強しろな
名字帯刀は末代保障だよ
例外なくとはいわないが 一代限り程度の保証 は下級武士だろが

169 :日本@名無史さん:2008/09/09(火) 03:01:24
庄屋ってあほが多いやね。
わかります。

170 :日本@名無史さん:2008/09/09(火) 09:03:16
末代保証だってww
こいつまじでバカじゃないの?

171 :日本@名無史さん:2008/09/09(火) 23:18:47
庄屋の乱心は止まらないよ
http://c.2ch.net/test/-/history2/1215662868/n#b

172 :日本@名無史さん:2008/09/12(金) 01:37:23
>末代保証

保証って誰が何の保証を?

173 ::2008/09/12(金) 02:42:38
いいか 松代保証というのは 元和年鑑帰農庄屋のような武家あがりは
幕府や藩等から免状をもらっているケースが多い
また金で買った家も 一代限りではなく その後幕末まで名字帯広が許されてる
基本 郷士や庄屋は毎日帯刀してるわけじよないので別に規制の対象になどなってない
大体金で買っても一代限りであの破格の値段払うバカがどこにいんだよたこ


174 :日本@名無史さん:2008/09/12(金) 03:55:45
あ庄屋は無名な庄屋なのか?
庄屋と言う庶民になにができるのだろう。

175 ::2008/09/12(金) 05:02:37
ねぼけるな
明治期以降 どれほどの庄屋家出身の首相がいたことか
伊藤博文みたいな小作農民ごときは入れてないぞ
なめないでもらいたい 庄屋家を。

現代でも麻生や福田は庄屋家様なんだがなにか?
亀井程度の出自大名家など なにができてるよW
雑魚がW

伊達じゃないんすよ庄屋は

176 ::2008/09/12(金) 05:15:37
そういや森もだ
数代の首相に 何人の庄屋家出自が現代の将軍様になってんだよバカW
現実を受け入れろよおたんこなすがW

あっ皇族も 庄屋家の血がどんだけまじってる?W
雅子のような足軽出自と どっちが格上かいってみてくれないか?さあ声出してW

明治維新後 選挙がないじだい 国からの任命国政首長は 庄屋か大名家か維新のチョンの功労者しかいないんだが、ちなみに我が一門も町長に任命されてるが、
なんか文句ある?W
大名ならまだしも たかが藩士ごときがガタガタ抜かしてもらいたくないんですよわたくしWWWWWW たかが藩士ごときにWW


まー 3万石以下の大名家なら、仮に我が一門に江戸時代でもイチャモン因縁喧嘩売り付けしてきたなら


まじ、 一門タイマン合戦ならやっちゃいますからW まじ、陣や大名程度なら攻めちゃいますよWそして滅ぼしちゃいますからW 現実的に可能ですから庄屋は!



177 ::2008/09/12(金) 05:27:10
名門庄屋の屋敷見てきた方がいいな
長屋門に四つ足門 に守られた敷地。周りは田んぼに囲まれ用水路などもあるため掘りみたいなもんだ
わるいが我が一門の家は 小規模陣屋とかわらないのだよ
たかが足軽三十匹攻めてきたくらいじゃびくともしねいどW
三万石程度じゃまともに藩士百人もいないくせに、なんぼじゃいW
いつでも合戦上等ですよ江戸時代なら。



178 :日本@名無史さん:2008/09/12(金) 07:41:37
基地外自宅警備員庄屋厨さん、もっともっと語ってガンガって。自宅の警備、掲示板の警備、ご苦労さんです。

飽きたら、就職しようね。納税しようね。

179 :日本@名無史さん:2008/09/12(金) 20:17:46
>>173
あがり・・・・どう考えても武家崩れだろうに

180 :日本@名無史さん:2008/09/12(金) 20:18:46
>>177
屋敷の話は以前論破されたのにまだ言ってるんだな
立派な門のある大きな屋敷に住んでいても、下級武士に頭を下げる庄屋ワロス

181 :日本@名無史さん:2008/09/12(金) 21:57:34
庄屋っていうのはですね、聖武天皇治世、天平15年5月27日(743年)に
発布された墾田永年私財法によって、自ら荒野を切り開いて私有地を増
やしていった土豪の子孫がほとんどなのです。もちろん小作人や奴隷を使
って開墾させたのだけれど、農地として収穫が上がるようになるまで、並大
抵の苦労ではなかったはず。だから、土地に対する執着心もプライドも
人一倍強い家系です。

182 :日本@名無史さん:2008/09/12(金) 22:36:27
基地外腐れ外道自宅警備員庄屋厨には、全く反応しないのが一番の対応策だと思います。


完全無視しょう。

183 :日本@名無史さん:2008/09/12(金) 23:09:51
>>180
パラノイア爺キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

184 :日本@名無史さん:2008/09/12(金) 23:50:02
旧官幣大社宮司家の俺がきました
この御時世に三万石の大名なら勝てるとか見えない敵と戦ってるのか分からないんだが
現実を見れない病気か何かなの?

185 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 00:10:49
それにしても誤字が多いな
庄屋の偉大さを誇示する前に最低限漢字の勉強をし直せよ

186 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 00:23:38
町飛脚

187 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 00:35:52
5時から庄屋のグロンサン

188 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 01:44:07
 庄屋の長屋門なんてほとんど明治以後だぞ。せいぜい小さめの薬医門がいいとこ。
まあ、小藩や旗本地はもちろん例外だがな。

 小藩や旗本地は苗字帯刀等安売りしすぎ。うらやましいな家は天領だったんで
桧皮噴きの小さな薬医門と黒板塀、書院造りのみですね。苗字帯刀はないです。
 
 ウチの地方には江戸初期まで武士だった家もあるけど苗字帯刀は許されていないです。

189 ::2008/09/13(土) 03:34:34
>>188
こういう自分の地元の基準が全国一律と考えてるバカが学問板にもいるんだからあきれるわW

190 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 03:52:51
天領なら基準になりうるだろ。「あ」みたいな脳内基準は基準とはいえない

191 ::2008/09/13(土) 04:19:07
天領も江戸中期以降は乱発してますよ免状を。
まー地方藩よりきびしいかもしれないが。
がしかし 長屋門が江戸時代、庄屋には許されてないとかW ただのアホだろW
バカすぎてはなしにならねW
まー藩士を基準に考えらば、庄屋が長屋門四つ足門 さらに敷地面積五千坪弱 土蔵倉四棟 馬所有 武具多数 山所有 名字帯刀 湧き水の出る枯れない池 大日本庭園
これらすべてを江戸時代からあったとは信じられないし信じたくもないんだろうが、現実なんだよ僕ちゃんW
決して我が一門は 日本基準で名門とされるチョン源氏ごときとは無関係血筋 あんな半島野郎とは無関係でなによりだが、
しかしそれは名門でないとされるんだろう
そう、ただの地侍だ 。しかし地域じゃ我が一門以外でも隣町の親戚庄屋も似たような状況だ

バカは庄屋は長屋門すら許されないとかほざき あげくは明治以降などとののしる始末W
明治以降 村の支配権が消失してからは没落の一途
町には電車も通らなく、過疎の一途をたどる町で コンビニが町に二つしかない町で どこに明治以降成り上がれるすべがあんだぼけなすがW

認めたくない現実だろうが 西日本のような賤民だらけの地とは違って、関東以北は大名顔負け庄屋などゴロゴロいるんですよ
いつまで現実逃避してんのW

192 ::2008/09/13(土) 04:27:27
追伸だが コンビニは二つといったが、一つはコンビニとはなばかりの 町に一つしかない中学校の前の駄菓子屋だ

町には独立した消防や警察もなく 隣の市の広域所轄で管轄され
町には新興住宅地はなく 商業施設も一切ない
街灯も県道脇以外は一切ない


だが、我が一族が代々納める町だ

なめんじゃねいぞ庄屋様を!



193 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 04:34:29
>>192
藩主や大名の目が届かぬ
山奧の田舎(集落)部落だろ?

194 ::2008/09/13(土) 04:44:58
なめてんじゃねえぞこらW
だったらなんで 明治維新後 国からの任命首長を代々選挙交付されるまで任命されんだぼけが
隣町や市は大名が任命されてんだよ

地侍だっていってんだよくずがW

195 ::2008/09/13(土) 04:48:12
しかも譜代藩から郷士格ももらってるんですよ
藩の管轄地だからな

しかも分家は八百年続く神社の神主
街の天皇様だよW



196 ::2008/09/13(土) 04:57:52
町じゃ じじいもばばあも 我が一族にきちんと様付きで呼ぶんですよ

最近じゃ成り上がりの役無し農家風情の町長や地区の小作議員が 舐めたでかい口を平気で聞くようになったが、あの町は俺の一族のもんだ

選挙などなかったら 我が一族は あの町の天皇庄屋様だよWWWW



197 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 05:10:17
>>191読解力に問題があるな。188を声に出して30回復唱

198 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 07:51:53
とうとう不敬か
たかだか田舎神主が分家にいるぐらいで偉そうだな
旧官幣大社宮司家の我が家から見れば糞みたいな家なのに

199 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 15:04:47
>>196 おい、そこのそろばんパチパチ野郎。
自利の遺伝子しか入ってないくせに生意気なんだよ。
お前のような奴らが明治以降はびこったから日本は不道徳になったんだよ。
お前らのおかげで140年間うちの先祖がどれだけの履歴書を書いてきた
と思ってるんだ。おまえのうちも例外ではないだろ。
首切り(解雇)不徳遺伝子搭載庄屋の子孫。三井の呉服旦那にでも弟子入りすれよ。
お似合いだぜw

200 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 15:25:24
脳内自宅警備員庄屋厨は、とりあえず就職汁。納税汁。話はそれからだ。

自宅の警備、ネットの警備ばかりしてないで。それと先祖自慢ばかりしないでね。

あ、脳内だから就職先ないか?

201 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 15:45:50
>>200 彼は田舎で法人設立してるはず

202 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 15:50:48
>>200身分をわきまえろ!そろばん脳タリン!

203 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 18:22:45
脳内自宅警備員庄屋厨さん、せいぜいガンガって臭い。

まっとうな人間になって臭い。

あ、無理か。脳内はなおらないよな。

204 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 18:26:32
江戸時代に身分なし庶民
そろばん庄屋の戯言だな

205 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 21:19:22
庄屋は別コテでも有名なんだね
http://c.2ch.net/test/-/history2/1221275249/i#b

206 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 21:55:30
私も庄屋の子孫なのだ
このスレはじめてきた
まぁもうこねえよ
先祖しか自慢できないやつは嫌いだ

207 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 22:16:07
>192 :あ:2008/09/13(土) 04:27:27
>追伸だが コンビニは二つといったが、一つはコンビニとはなばかりの 町に一つしかない中学校の前の駄菓子屋だ
>
>町には独立した消防や警察もなく 隣の市の広域所轄で管轄され
>町には新興住宅地はなく 商業施設も一切ない
>街灯も県道脇以外は一切ない
>
>だが、我が一族が代々納める町だ

一族で町長出したりしてるなら、もっと町の発展のために尽くせよ(w
頭さげて補助金の1つでも取ってこい。

208 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 22:22:27

それは無理だろ。先祖自慢しかできない現実脳内自宅警備員風情なんだから。

可哀そうなこと言ってやるなよ。

生暖かく馬鹿にしていればいいんだよ。

209 :日本@名無史さん:2008/09/13(土) 22:31:38
あ庄屋なんて言ってるのはたぶん日本史に興味ある人じゃないね

210 :日本@名無史さん:2008/09/14(日) 00:12:31
現実逃避の脳内自宅警備員庄屋厨なんだから。

脳内は基地外と同じでしょ。

211 :日本@名無史さん:2008/09/14(日) 02:46:58
庄屋と言う身分はないから庶民です。

212 :日本@名無史さん:2008/09/14(日) 13:28:38
伊能忠敬の隠居、測量許可後の肩書き
下総国香取郡佐原村元百姓 浪人 伊能勘解由

213 :日本@名無史さん:2008/09/14(日) 13:45:14
>>212
>伊能勘解由
幕府から苗字帯刀を許された後も、
磁石への影響を考慮して
竹光を腰にしていたそうだね。

佐原の記念館に先月、行ってきたよ。

214 :日本@名無史さん:2008/09/14(日) 13:55:45
佐原といえば平将門の領地だったところ。
平氏といえば、その子孫の千葉氏の妙見信仰が有名なように、
天文学、測量術を行っていた月読みの子孫ではないでしょうか?

215 :日本@名無史さん:2008/09/14(日) 14:07:02
うちの先祖も苗字帯刀だお、四国の呉服屋でね
ずっと苗字対等と思ってたw
刀も持ってたんだ

216 :日本@名無史さん:2008/09/14(日) 18:53:37
>>210 こんなあ庄屋の馬鹿は三井の呉服問屋で修業なんてもったいない。
御手洗富士夫んとこの奴隷労働者で充分だろ。

217 :日本@名無史さん:2008/09/14(日) 19:06:05
現実逃避の脳内自宅警備員庄屋厨をずっと続けるんだろ。現実逃避で脳内妄想爆発させてな。

まあ可哀そうな奴だよ。

218 :日本@名無史さん:2008/09/14(日) 19:08:12
さあ、出て来いよ。脳内自宅警備員庄屋厨よ。調子悪いのか?

現実逃避しろよ。どうなんだ? あ脳内自宅警備員庄屋厨よ。

219 :日本@名無史さん:2008/09/14(日) 19:08:17
便所ながら富士山のような偉大な男になれよと期待して名づけ
親の期待道理の息子になり、法人税を支払いたくないばっかりに
大成建設と癒着し経費で落としたまでは良かったが、後日赤旗紙に
見破られ冷汗をかいた名字なりで不敬発言が絶えない馬鹿が統率し
ている会社の社長かw

220 :日本@名無史さん:2008/09/14(日) 19:12:02
>>218 お前ワンパターンすぎ。そろばん搭載脳にしては頭悪い。
そろそろ富士夫を見習ってデンタクを搭載しろよ。

庄屋の分際で過去に政治活動をしてきた馬鹿が。
身分をわきまえろ!!

221 :日本@名無史さん:2008/09/14(日) 22:36:07
220は、「あ」か? あの擁護厨か?

あ脳内自宅警備員庄屋厨は、逝ってよしだろ。

222 :日本@名無史さん:2008/09/15(月) 03:36:12
214〜220って気違いの自演だろ?

223 :日本@名無史さん:2008/09/15(月) 06:59:09
>>222も言わずと知れた気違いだろうw

224 :日本@名無史さん:2008/09/15(月) 07:28:52
なんだろな〜。気違い“あ と自演厨、どっちもどっちだろ。俺も、自演厨に何度となく自演と決めつけられた。

225 :日本@名無史さん:2008/09/15(月) 14:01:00
また「あ」が自演してるの?

226 :日本@名無史さん:2008/09/15(月) 14:41:31
>>224=>>225
自演乙

227 :日本@名無史さん:2008/09/16(火) 02:54:05
>>225>>226自演乙

228 :日本@名無史さん:2008/09/16(火) 03:18:16
あ も、しつこいねぇ

229 ::2008/09/16(火) 07:22:11
自演してないよまったく
この間このカラクリガわかった
俺を自演にしたてようとしているやつがいる
要は そいつが俺に問いかけ、俺が答える。そしてそいつが自演乙と罵る
こういう構造だ!よほど薄汚い糞根性というこった
基地害じゃぬえんだから、一人自演乙ごっこなんか深夜からやるわけねえだろ馬鹿め
少しは考えろよ



230 :日本@名無史さん:2008/09/16(火) 07:54:14
>>229
わかるわかる、やっぱ自演するなら昼間だよな

231 :日本@名無史さん:2008/09/16(火) 14:55:37
富士夫の脳はデンタクではない。それより上位の。
 インテル入ってる。。
 富士夫ってる入ってるだよ。

自慢の電算装置付き脳。

232 :日本@名無史さん:2008/09/16(火) 15:27:06
そろばん脳(庄屋)の人選(採用)のやり方

1.わが社を選んだ志望の動機は?
2.これまでの職場をどういう理由で辞めたのですか?
3.借金はありますか?(住宅ローンは?)
4.新聞はどこの新聞を読んでいますか?
5.雑誌はどのようなものを読んでいますか?
6.友達は多い方ですか?近所の人と付き合いはありますか?

履歴書と職務経歴書を見舐めながら何を聞くかと思えばこんな
的を射てないそろばんなりの質問と評価決定。何でも知りたい
知りたがり病で後日興信所のごとく履歴書に書いてある事柄を
調査(前の職場に電話して確認したり)。個人情報保護法の影響で
前の職場等に電話確認してはいけないと知りながら【いや、前の
職場に電話しても素状教えてくれる企業ありますよ】と、脱法精神
旺盛の人事課。残飯性なろくでもない調査をしていくうちに自が
人格破綻の方向性に向かっているのに気がつかず、振り返ったなら
【そろばん脳性麻痺】のそろばん実績を口から吐き社会で立身して
いると勘違い。不必要に他者のことを知ってどうする?
これらがそろばん受精体の顕現の限界なのだ。w

233 :日本@名無史さん:2008/09/16(火) 17:33:54
「古事記はモンゴル語で書かれている」東大教授が新説発表
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1221500761/

234 :日本@名無史さん:2008/09/16(火) 17:42:59
>>232
現代では
まず、履歴書送る。
次に適性試験
次に採用試験
パスしたら面接
普通の会社採用試験

235 :日本@名無史さん:2008/09/16(火) 20:20:30
そろばん脳とは、商人的算段調略意識のことを指す。

そろばんたちは、心理学者が編み出した適性検査を重要視。
妄想学位学者の言うことを信じ採用試験の中に取り入れてる
参考にもならないものに夢中。こんなもので人様の性格がわかるか!
学者とガチャピン(商人)子孫は見てるとやらかすことが面白いw

236 :日本@名無史さん:2008/09/16(火) 20:33:46
そろばん脳とは、無知な様式での生まれ。もしくは神からみるならばどーでもよい
特に選ばれて生誕したわけではない魂のことをいう。(庄屋以下は)
エタ度も濃厚人種を指す。
または現代ではチャンダラー(最貧DNA階級=卑民)のままえげつない自利行為を行な
っている者もいて正規の庄屋と見分けがつきにくいが、基本的にひっくるめて卑しさ
満点なので庄屋以下の人種と考えてよいだろう。

237 :日本@名無史さん:2008/09/16(火) 20:42:57
>>236
庄屋以下て
即部落民だな
庄屋も最下層だもん次に部落だす

238 :日本@名無史さん:2008/09/16(火) 20:52:21
そろばん人種は人のありようをそろばん意識で思考する。
人との付き合いはそろばん意識ではなく情緒をもって付き合おうとするが
付き合えば付き合うほど可愛がれば可愛がるほどそろばんとしての意識総体
として没入していく。
そろばん意識のこれが限界!要はポテンシャル不足なのだ。結局は自分さえ
利せればそれでよいという低落意識に落ち着く。そのように創られている人種
である。
何万年輪廻してもいつまでたっても個人的な弟子すらいない。人格的魅力発現
の機会は皆無。お前についてきているのは金の魅力で付いてきているだけ。
そう庄屋自身がよくわかってるはずだ。

239 :日本@名無史さん:2008/09/16(火) 22:06:13
好きな将軍アンケート
http://find.2ch.net/enq/result.php/26216/l50

240 :日本@名無史さん:2008/09/16(火) 22:09:41
>>239 金正日

241 :日本@名無史さん:2008/09/17(水) 17:31:18
>1 日本姓氏歴史人物大辞典に載っていない場合苗字帯刀の可能性は?

242 :日本@名無史さん:2008/09/18(木) 17:29:47
あ庄屋のボゲナスが暴れとるスレッド発見!


秋田蕃VS庄内蕃
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1221390481/

243 :日本@名無史さん:2008/09/18(木) 18:34:54
庄屋頭の一生
幼児期:親から与えられたオモッチャを人と仲良く分け与えることを知らず
    自分一人のものとして独占。この頃から自分の失敗を人のせいに
    責任転嫁。
学生期:自分の友人が仲間外れになっているのに助けようともせずみんなと
    一緒に殴るけるの暴行。信義一体という実行力もなく自分の損をする
    ことに敏感=DNAポテンシャル道理の自利意識旺盛でところかまわず
    暴言素行の一端を担ぎ自慢でご満悦。
青年期:相変わらず自分のことしか頭になく、自己保身で上司には愛想を振りまくが
    中途採用の年上者に対して先輩面をしいびり倒し(自衛隊並)遊びに夢中と
    なる。
壮年期:人のために自分の仕事を辞めたりするはずもなく、無神論者思想もあいまって
    屁理屈三昧の日々。随喜善発言もなく人様や家族に対しても気を使わないので
    とうに離婚経験と息子や娘の仲もいさかいが絶えない状況。同時に他者に対して
    八当たり及び無知性から来る激高のために心筋梗塞か肺がんで孤独貧乏死。

今生も利他意識を持たず徳性を見いだせず来世は動物界からの出発→進級して富士夫
どまり?程度。
絶対権力者(帝・将軍)になれずじまい。庄屋東証一部上場程度の終末を繰り返していく。
注意:簿記一級をもっていないと税理士の受験資格がないように、今生で帝子孫または
将軍子孫の現出体でなければ次期神々にはなれない(資格がない)。
このように庄屋子孫とは神々から程遠い存在なのである。
(注意:庄屋に対して帝や武家の血を売ってきた家系は論外)。
    


244 :日本@名無史さん:2008/09/18(木) 20:07:31
東北には庄司姓の人が結構多いです。
それ以上に多いのは庄子姓。
上下関係がわかりやすいですね。
しかし、実態は、東海林(しょうじ)姓を含め
ほとんどが明治以降の新平民のようです。

245 :日本@名無史さん:2008/09/18(木) 20:17:52
部落とか新平民とかまたキチガイが湧いてるな

246 :日本@名無史さん:2008/09/18(木) 20:22:38
かつて東北エリアは


日本ではなかったから


エミシ民族だね。

247 :日本@名無史さん:2008/09/18(木) 20:44:41
俺、神奈川に多い大貫だけどあんまメジャーじゃないよね

同じ地域に多い渋谷は由緒正しいけどw

248 :日本@名無史さん:2008/09/18(木) 20:50:12
由緒?はあ?

249 :日本@名無史さん:2008/09/18(木) 20:57:23
大貫も渋谷もどっちもどっち
鹿児島の渋谷のほうがいい

250 :日本@名無史さん:2008/09/18(木) 21:07:40
トヨタ自動車は最悪らしい
http://job.bbs.thebbs.jp/1151502713/e100

251 :日本@名無史さん:2008/09/18(木) 21:08:53
この企業も。
http://job.bbs.thebbs.jp/1213807697/

252 :日本@名無史さん:2008/09/18(木) 21:22:31
http://jp.youtube.com/watch?v=okCtwtCIukQ

253 :日本@名無史さん:2008/09/19(金) 18:03:01
ねえ農民♪(ねえムーミンの旋律でリズムに乗って歌いましょう)
土地売って♪(銀行員が農民に頭を下げて懇願するのを想像しながら)
もみもみしなーいーでー♪(農民が土地の値段を釣り上げようと手もみをしてる様子)


↑有名な替え歌ですね。戦後スーツを着た東大卒の銀行マンが
田舎の鼻たらした小学校卒の農民に頭を下げる立場になったことを
皮肉った歌です。



254 ::2008/09/19(金) 19:09:11
あ庄屋が板東次郎を名乗り、暴れていて困っているんだが
http://c.2ch.net/test/-/history2/1215662868/n#b

255 :日本@名無史さん:2008/09/19(金) 19:23:36
ねえ富士夫♪庄屋の最高潮の富士夫。でも彼を最高といわないで。もとが庄屋ではないから。もとがびりけつのヒニンだからいつまでたってもヒニンよ、
ねえ、また来世も同じちゃぶ台で御変りしょっね。
3年前から観音様も富士夫を見限ってる。お人よしだよ観音様こんな奴に財力を与えて。もっと人の根本を選ぼうね!
預言すると3年6か月以内にこやつ大腸癌でコロっといきよる。ついに富士夫の徳も切れたで。さよなら。

パナの松下も典型的な血筋を買ったアキンド。まあ売る方も売る方だけど。
パナの会長の顔見てみい、武家の顔はしてないぞ。外れのはずれ、濃厚度数は庄屋以下・・。

外れの松平の血は大流行。既に三菱や三井に対しても注がれちょる。
純粋な松平で武家らしい武家といったらもう数家しか残ってないやろ。
東宮家もこれと一緒。大室の血プラス庄屋以下のヘモグロビンがうごめいてる。
そんな奴らを崇め奉る国民がかわいそう想えてならない。


富士夫には既婚している娘がいるがよくもそいつのけつをなめてる男がいるものだ。
キモくて臭くてたまらんわ。



256 :日本@名無史さん:2008/09/19(金) 19:58:21


爆発物(手榴弾) トヨタ工場に2発? けが人はなし 福岡・苅田町
9月17日13時33分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080917-00000005-maip-soci


福岡県警行橋署は17日、同県苅田町苅田のトヨタ自動車九州小倉工場敷地内にある変電所で16日午前8時半ごろ、計器板のガラスが割れ、
約10メートル離れたコンプレッサー室前の砂利土がえぐれているのが見つかったと発表した。現場には直径約60センチ、深さ約10センチ
の穴があいており、周辺に金属片が散乱していた。二つの場所が離れていることなどから、変電所そばの県道からフェンス越しに手投げ弾の
ような爆発物が2発投げ込まれた可能性があるとみて、器物損壊容疑で捜査している。けが人はなかった。

 調べでは、15日午前1時55分ごろ、工場正門付近にいたガードマンが何らかの振動を感じていたという。
同社苅田工場に15日昼前、男の声で小倉工場を建設した大手ゼネコン名を挙げ「(そこを)今後も使ったら
やりますよ」という脅迫めいた電話があった。同署は暴力団関係者による犯行の可能性があるとみて調べている。

 小倉工場を巡っては、昨年11月にも、このゼネコンの現場事務所が放火される事件が起きた。今回同様の
脅迫めいた電話もあり、同署が関連を調べている。

 このゼネコンを巡っては、昨年11月、北九州市八幡西区で、共同企業体の工事事務所に発砲される事件
も起きている。【ヤフーニュースより】

キタキタ。加藤の生き霊か。トヨタの車を買う奴の面をみてみたい!



257 :日本@名無史さん:2008/09/21(日) 04:33:17
基本に立ち返って苗字帯刀が許されていなければ門塀書院造り等も許されなかったそうだが
これも地域差があるの?

258 ::2008/09/25(木) 19:37:28
おい 以前東日本は庄屋といわず 名主と 呼称が統一されてるとほざいた低脳やろう

でて コイヤ! ハッスル最高

昨日 久々に金が底をつき 米をかっぱらいに 実家へ帰ったとき 郷土史家が たまたま着ていた
だから庄屋と名主を東日本について呼び方聞いたら こういってだそ

名門米沢藩や庄内藩 水戸藩 会津藩など 中世からの城下町では庄屋と称するところがほとんどだと。
名主は 新興藩や また成り上がりが名主と呼ばれたりすることが多いと。
代々名門由緒は東日本 東北でも 庄屋と呼ばれてるところが多いといっていた
名主と呼ばれる地域は 入れ札制やら連番制などが多いといっておられた

やはり 関東にもかかわらず 我が男の中の男一家大和根性一門を庄屋様と崇め奉る俺の町の民たちは 名主とよばず 庄屋様と称した意味はよくわかった
成り上がりじゃない証拠だバカモンが

なにが東日本は名主と統一されて呼ばれるだたわけがW
勉強しろよ勉強をWWW

庄屋最高 プロレス最高 ハッスルハッスル

259 ::2008/09/25(木) 20:44:28
俺が昨日実家に帰り 色々と身上について文句を言われたので おっかーの車で夕方ドライブに出掛けたんだよ
町外れの隣町との境目の農道でいったん停車してカセットをセットし終え、車を発信させようとしたときだよ。
前から新型セルシオのシャコタンが来て鉢合わせになったんよ
向こうはどこうとしない。俺の方は用水路が脇にあるため、これ以上脇に寄れない。にもかかわらず、ごり押しして通ろうとしてきた新型セルシオ
あったまきたんで、窓開けて言ってやろうとした瞬間、そのシャコタンセルシオからおっさんが、
「 なにさらしとんじゃい どかんかいボケ!誰に喧嘩うってんだコラ!】
と威勢良く俺に言って、クラクション鳴り響かせ通り過ぎた。俺は弟を乗せていたんだが、そのセルシオの後ろに乗っていたのは同級生だといった
俺はピピピときたわけよ、その同級生の名字に!
なんと 昔俺が中学の頃、まだじいちゃんが生きていた時代に、そいつは俺の一門の土地だまし取ろうとしてたやつだと。顔も覚えがあるし。
頭きたんで コッソリ無灯火でセルシオの後付けてったら お城のような大御殿の屋敷に入っていったのよ。そう!間違い無くそいつ
この因縁付けてきたセルシオ親父は、元は代々我が庄屋一門の小作人だった家系のやつ。嘘じゃなくほんとのほんとのほんとのほんとに。
ひがみとかじゃなく!俺の親はマーチに乗り、俺のオヤジは農家の合間に出稼ぎしたりダンプの運転手までして家系をやりくりしてんのに、
なんで代々我が庄屋一門の小作人だった家系のあのセルシオ野郎はセルシオや俺の屋敷よりでかい敷地に住めるようになれたのか!わかるか?
他にも、隣町の私鉄の駅前などの駐車場やらアパート経営 マンション経営までして郊外で大名御殿をこぞって作り、高級車転がしまくり 粋がって調子のってんのはみんな小作人の家系。
勿論我が庄屋一門に仕えていた小作人だけじゃないが、大多数が我が庄屋一門に仕えていた小作人風情。が今や こんな上で述べたような態度で ビッグマウスかます始末

情けないが なぜこんなことになったか!

それはこういうことだ
それは


260 ::2008/09/25(木) 21:11:35
上の続きだが、なぜ 町を牛耳ってきたわが地侍庄屋一門が マーチに乗り 親父は農家の合間に出稼ぎやダンプの運転手してんのに、
我が一門に代々仕えていた小作人ごときが 郊外に 我が庄屋屋敷よりでかい敷地を作り 大名御殿を作れてる元小作人がこんなにまで増えたか!
それは 代々我が庄屋一門は 自分の屋敷の周りの土地を全て持っていたわけだ。そして代々分家に土地を分け与え独立させてきた
分家な土地分け与えても、江戸期でも十町以上の土地を軽く持っていたわけだが、戦後農地解放で小作人ごときに土地を分け与えた。
我が一門のこの土地の面積を例えれば、屋敷から地平線の彼方までが我が一門の土地というくらいだよまじで。
それで農地解放の際、当時はトラクターも車も無いため、屋敷に近い土地は与えず、屋敷からもっとも離れた荒れ地や水はけの悪い土地を我が一族は小作人達に分け与えた。
その後高度経済成長期になり その小作人に分け与えた郊外の土地上に私鉄が走り、開発が進み、そこには県道や国道が走った。
結果、このセルシオ野郎の小作人一族のように、分け与えた国道沿いに立ち並ぶ大型ショピングモールに土地を貸し、莫大な金を得て、さらに駅前周辺の新興住宅地建設のための分譲地として売り、
その金でマンション経営を重ね、土地成金になって、今や、元々代々小作としてお仕えしていた、殿様である我が庄屋一門の本家に生まれた末裔の俺に、
車で通り際に、【誰に喧嘩うっとんだコラ】と抜かす始末にまでなった。
我が庄屋一門の土地は大半が農地転用が行政から許されない土地区域に指定されてるため、農業以外での土地使用が許されていないため、二束三文で売ることすら出来ない土地
結果、代々町を何百年も牛耳ってきた地侍庄屋一門の我が一家は、農業の合間に 俺のオヤジは出稼ぎしたり ダンプの運転手までやり、車はマーチとコンバインVとダンプしかねいのに、
我が一家に仕えていた小作風情どもは、みんな郊外に、土地成金で不動産経営し、働かずして何億も稼ぎ、
いい年したおっさんがセルシオをシャコタンにして乗ってたりする始末
また今の現町長も、元は小作人だが、やはりこういった形でバブル期成金となり、その力で町長に上り詰め、今やVシネマのヤクザ組長御殿の撮影に使われるほどの御殿住まいになりあがった。
さらに

261 ::2008/09/25(木) 21:30:59
この小作町長はベンツ三台転がしてるが、さらに俺の屋敷の辺りの地域の町議はなんと元Bだ。こいつも今や 我が地侍庄屋一門に対して呼びつけするわ、恫喝するわの始末。あげくは車も新型クラウン、屋敷は今時の豪邸

俺のじいちゃんに対して、呼びつけで町議会で罵ったのもこのB町議だった

誰がこんな時代にした!間違えてるだろこんなこと

どこの世界に 人様から代々恩義を受け 土地までもらっておきながら、
主従関係がなくなった市民平等とはいえ、道端で、主人の末裔の俺に、【誰に喧嘩うっとんだコラ?邪魔だワレ どかんかいボケが】
とほざける世の中にしたんだ。
成金というのは 大体がDQNと化すな。情けない
情けないよ俺は。 ムカついたのをとおりこして情けないよ俺は。
あんな戦争さえしてなきゃ日本は庄屋天国だったのによ畜生

小作風情はなぜかチンピラが多いのはなんでだ?
隣町に住む我が庄屋一門を管轄していた譜代大名家の末裔の方は、今やサラリーマンであり、サラリーマン的なふつうの車と家に住み、
非常に礼儀正しく、非常に頭を垂れる
話し方も上品であり、さすが大名家の末裔だよ

に比べ 今や 隣町の駅前周辺駐車場土地からマンション 新興分譲地 国道沿いショピングモールの土地の大半は、農地解放で土地を与えられた小作が成り上がって所有経営してる不動産になり、
郊外にはVシネマ並の豪邸が建ち並んでるが、全部こいつらのだ
さらにはベンツやらセルシオやらを転がし、我が物顔で町を流す始末

こんなこと許していいわけがない

許せない

262 :日本@名無史さん:2008/09/25(木) 22:03:10
先祖厨「あ」はリアルで負け犬なんだな。

263 :日本@名無史さん:2008/09/25(木) 22:17:03
(´-`).oO(なんで300字以内にまとめられないのだろう・・?)

264 :日本@名無史さん:2008/09/25(木) 22:22:42
>>261
許すよw

265 :日本@名無史さん:2008/09/25(木) 22:43:46
「あ」さんはリアルが負け犬だから庄屋先祖必死厨なんですねw

266 :日本@名無史さん:2008/09/25(木) 22:59:42
国粋の国の字もない小右翼のモデルみたいなやつだなこのあってやつ

267 :武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s :2008/09/25(木) 23:15:23
あはバカじゃねえか?
国史大辞典見りゃ庄屋について田舎者郷土史家の言ってること以上が載ってる

268 :日本@名無史さん:2008/09/25(木) 23:16:47
>>261

おたくは地租改正では打撃を被らなかった?

269 :日本@名無史さん:2008/09/25(木) 23:30:45
現実の自分があまりに惨め過ぎてせめて先祖の威光にすがりたい
そんな可哀想な人が「あ」です

270 :日本@名無史さん:2008/09/25(木) 23:37:51
なんか

むこう

かきこめない 

271 :日本@名無史さん:2008/09/25(木) 23:40:59
まあいいや。

あ のいう先代時代の蓄えの尽きてる郷士なんて所詮は無能なわけで

同等レベルの庄屋でも繁栄してるところがあるわけで結局は遺伝子的にみて

愚かな

一族

なんだよね

272 :日本@名無史さん:2008/09/25(木) 23:46:08
なんなんだこの低脳は

273 :日本@名無史さん:2008/09/25(木) 23:54:01
脳内なんだから大目に見てやれよ。

274 :日本@名無史さん:2008/09/25(木) 23:56:48
それにしてもipを解析してみると日本史の面々が3年まえからほとんどかわって
ないことに驚かされる

275 :日本@名無史さん:2008/09/25(木) 23:58:09
あ庄屋っていうのは人権板で自演を繰り広げている廃人だから無視しましょうよ

276 :日本@名無史さん:2008/09/25(木) 23:59:57
あ庄屋って世界史版で暴れてたクルセーダーじゃないの?

277 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 00:01:08
人権板で自演してるキチガイだよ

278 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 00:02:40
世界史板で あ庄屋は クルセーダー と 革命家 と ウェンツ は俺のコテだっていってるよ

279 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 00:04:26
あ庄屋っていうやついつもBとかチョンとか書いてるよねー

280 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 00:05:38
一目瞭然野世界w

281 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 00:09:45
너등은 님이덮어!

282 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 00:12:02
あがチョンならここまでの知識をもてるのか甚だ疑問が残りはするがな。
在日でも3世になってもここまで文章がかけるのは限られては来るし、
なおさら知識の蓄積からみても純粋なチョンである可能性は薄い

283 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 00:22:42
人権板覗いてきたけど
人権板ってほとんどこいつの書き込みしかないのがウケるw

284 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 00:24:38
>>282
基本的な知識すらないの丸出しなんだけど

285 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 00:35:13
オカルト板でやってなってw

286 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 00:46:50
そういう核心めいたこと突くとまた荒れるからやめてくれ

287 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 02:03:03
>>282があ庄屋なのはわかったwwwwwwww

288 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 02:04:50
ていうかサゲで書いてるのは「あ」だよな

289 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 06:51:19
>>259
敵の存在が明確なのに何も出来ないなら、政治的にも軍事的にも何も出来ない負け犬。
戦国時代に下克上で葬られた無能な名家の当主と同等以下の能力。

290 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 07:05:44
>>267
ブヨ子っていつもいつも国史大辞典持ち出すよな。一回二回なら「辞書引け」くらいの
意味合いだろうが、あんまり繰り返されると学識を誇示するためにやってるようにしか
見えなくなるな。
辞典引くことで学識を誇示するなんざ、馬鹿っぽいからやめておけよ。

291 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 07:20:23
あ庄屋は誇大妄想で被害妄想だからな
同じ事ばかり繰り返すし
完全に病気だろ
とりあえず全角大文字で「W」と書かれるとイラっとする

292 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 07:23:50
>>261のVシネマ並の豪邸ってくだりで久々に笑った

293 ::2008/09/26(金) 15:46:11
>>262>>265>>289
何で負け犬になる? 俺はセルシオ野郎にびびってなんかいないぞ

農道はトラクター一台半しか通れない道に シャコタン決め込んだセルシオのたかが着たくらいで国産ごときになんでびびらなきゃいけないんだ
なめるな
俺は 向こうがごり押しで通ろうとしてきた時 窓開けて 【おいコラ】 と言った
しかし向こうは 窓から首出した俺をひき殺そうと言わんばかりにクラクションならしながら通ってきた
だから 俺は窓の中に入った 。 その通り際に まさか50近いオッサンとはおもわなかったから呆気にとられ、 不意をつかれビッグマウスかまされたまで。
爆音マフラーに シャコタンかまし、ローライダー風のキラキラアルミはかせ、クラクションはヤンキーホーンと言われるフォワンフォワンという舐めたクラクションぶちかまし 、
身を乗り出してきたのは50近いオヤジだ 。誰だって呆気にとられるだろ。不意をつかれたまでだ なにが負け犬だこら
俺は肉体的には優れてないが 男根性は伊達じゃない地侍魂を持ってる
喧嘩で勝つことが重要ではなく、媚びない屈しない精神こそ男根性
俺はそれを持ってる。びびってなんかいない 勘違いするな あんな小作の末裔ごときになんで臆する必要がある?なめないでもらいたい

今度実家に帰ったとき あのセルシオ野郎とまた農道で鉢合わせしたら 今度はただじゃおかない。国産ごときで調子のってんのなどどうてことない
俺はDQNじゃないが、あそこまで小作にビッグマウスかまされたんじゃ先祖に申し訳がたたないからな 。俺は男の中の男だからよ

それから

294 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 15:47:00
>>291
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

怒りのあまり、狂い死にしたか?

295 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 15:48:23
先祖の栄光にすがるだけで、本人はまともな生活力すらないなら
負け犬呼ばわりは当然じゃん。

296 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 15:49:53
>>293
>俺はDQNじゃないが、

書いてる内容はDQNそのものなんだけどな。

297 ::2008/09/26(金) 16:05:50
>>266
俺は右翼のアホとは違う。反日であり社会民主主義革命家だ だが在日野郎なんかと違う 在日日は大和民族共通の的だろ
大体なんで朝鮮人認定されなきゃならないんだ?朝鮮野郎は天コロや公家と称する取り巻きの雑魚どもだろ
それに 今や大宮 横浜 千葉 新宿 江戸川 葛飾 墨田 荒川 などの首都圏のなんと五人に一人が在日一世二世三世であるという統計がでてるまで落ちぶれた大和国家 これは本当に悲しい つらい 許せない
心から鎖国と排斥を望みたくなる

が、もはやこの島国は手遅れにまで着ている。草加 パチンコ経営 爽快屋 金融 などなど 実質日本を牛耳っているのはもはや特亜系在日だらけ

もうどうにもならないだろう
>>276>>283
今度は人権板まで自演認定か 俺は人権板なんかいったことすらない
中身がなく ただ罵倒するなんぞなにが面白い?
歴史的教養の上での人権を、存在意義として罵倒するならまだしも ただ在日だからBだからという根拠だけでののしりあうなんざバカのやることだ

>>287
自演などしてないよ 勘弁してくれよ なんで俺に少しでも同調する意見述べることが受け入れられない?
俺が全て自演していると思い込みたいだけの現実逃避野郎ってこった
目を覚ませ低農め

>>267
お久しぶりブヨブヨメタ子ちゃんW
いいか 君は以前東日本は名主に統一されてるとほざいたな? あげくはいまだに認めない。いいか?地域によって呼称由来はセンサ万別という事だと俺は以前からいっとるんだよ辞典論文厨
いいか 地域差や由来は日本において 非常に様々だという前提すら分からないから 、辞典ではこうだの学説ではどうだのと、
現代人の決め事を標準化して語ってるにすぎない、日本史を何一つ理解してないただの歴史ヲタ程度の虫けらの存在的脳みそなんだよ君はW
俺から学んだらどうだよW

それから

298 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 16:21:03
>>297
淋しいがりや
あ庄屋
妄想ロマンチックが止まらない。
支離滅裂

299 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 16:31:12
九州半島人は狂った妖怪ばかり

300 ::2008/09/26(金) 16:33:28
>>271
いいか お前がいっとることはまるで違う

例えば我が庄屋を例に取れば、中世より昔から 土地が財産。そして土地の質もまた価値の一つ なんですよ
例えば 我が庄屋一門は 非常に良質な土地で作物や稲作に適した土地
だから 戦後 区画整理のさい、我が庄屋一門がもつ何町もの土地はあまりにも良質なため 農地転用を禁止して農地使用以外は認めない土地に指定してしまった。
結果農家に縛り付けられた。 しかし戦後、田中の所得倍増計画やら高度経済成長期までは まだ日本は八割が農業国家
だから近所の小作やBたちもそのころですら、我が庄屋一門に食い扶持もとめ、耕作しにきていたのでその頃も我が一門は財に秀でており、株も半端じゃなく爺様は所有していたし、この町の小中学校には、
その頃爺様が当時で何百万も寄付するくらい金が有り余り 今でも至る所に我が崇高なる爺様の名が刻み込まれ、小中学校時代俺は英雄だった。
しかし

301 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 16:35:46
>>299
西日本の全て半島だよ

天皇家や公家や高貴な武家


勘定役の庄屋という農民はしらない

302 ::2008/09/26(金) 17:01:45
しかし高度経済成長期以降 小作たちに分け与えた土地や、居住区はみんな二束三文で買えたり、また農地には不向きな荒れ地や水はけが悪い土地なため開発が進み、
その結果不動産やら土地を転がし、今やビッグマウスで主人の末裔に噛みつく犬にまでなりあがった
いいか!中世以降の権力の象徴である土地の質までもが、仇になって帰ってきたまでで決して負け犬なんかではまるでない
逆に これらをこの現代まで守り通したこの一門こそ まさに武勇の誉ということ。負け犬とほざくなどおかとちがいだ!
自慰様は昔話をよく聞かせてくれたが、戦後、高度経済成長期まで、地域の小作どもは犬っころや猫追いかけ回し、首ぶったぎって食っていたといっていた。
それくらい貧しかった小作ども。
我が名門男一家の棟梁であるじい様 は、戦前、大日本帝国陸軍南方方面軍で連隊の司令官をしていたほどだ。きちんと郷土史写真にも、じい様が軍馬にまたがり、軍刀つらね、出征する際の写真がのっている
肩の腕章みて調べれば階級がすぐわかる
戦後高校の古典の教師をし、そのご 町の任命教育委員長をしていたほど崇高な知識人。
しかし、当時Bから成り上がり、町議になった野郎は この崇高な我が男一

303 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:04:52
妄想のなかの自慰様乙W

304 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:06:06
そんないいとこのボンボンが餅一枚で一日暮らしてるんだっけW
一族そろって無能の証明じゃんWWWWWWWW

305 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:11:21
大日本帝国陸軍南方軍ビルマ方面軍第15軍司令官 江田島平八
ああ さきがけ男塾からの引用かね、君のおじいさん塾長だったのね

306 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:12:33
http://ecx.images-amazon.com/images/I/61J554QK19L.jpg
うしろのおっさんがおじいさんだろ?

307 ::2008/09/26(金) 17:16:11
しかし、当時Bから成り上がり、町議になった野郎は この崇高な我が男一家にたいし、呼びつけで名前をよび、なにかといちゃもんをつけ、家にまで怒鳴り込みしてくる始末だった
しかし崇高な爺様は いつもただ頭を下げていた。相手にするなとも言っていた。だが俺は許せない
今回のセルシオ野郎といい 町議といい、現金収入が上回っただけでここぞとばかりに態度を豹変しやがった。
これだけ中世より町に民に貢献してきたのに、何様なんだよということだ
現代を下克上とでも勘違いしてる基地外どもだ
ろくでもないよ
町も小作もみんな仇で返してきた。今や四つ足門や長屋モンは傾き、瓦屋根は剥がれ落ち、その間から草が生え、
土蔵倉四棟も風化が激しく、いつ崩れるかわからないまで劣化した。しかし金がねえよ 直す金がねえよ
全部マッカーサーがわりいんだよ 地主を恨むイギリス小作開拓民の末裔の亡霊が、日本まで呪った結果だろ

どこの世界にこんなことがゆるされんだか聞いてみたいよ
負け犬ではなく 時代によって翻弄されてしまっただけだ。
なんで道端で 犬っころ食ってた小作どもに、喧嘩売られなきゃならねいのか許せない
なんで地侍が、現代版の騎馬である車を、マーチで謙虚に乗ってんのに、人様から土地もらって転がし、成金になり積めた程度が新型セルシオにのり、
また威嚇されなきゃならねいのか理解できねえ
許せねえ 絶対許さねえ
ちきしょう


308 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:18:49
半日なのに大和魂やら大和民族やら
もうネタとしか思えない

309 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:23:45
社会民主主義の革命家とかほざいてた割には封建制度復帰希望みたいな憤りだな
今回の台本はちょっと筋書きわるいね

310 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:23:57
先祖の栄光にすがるだけで、本人にまともな生活力すらないなら
負け犬呼ばわりは当然じゃん。

311 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:25:27
どう見ても、直接文句が言えないからこんなところで負け犬の遠吠えやってるようにしか見えないな。

312 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:25:57
えらそうなこといってて自慰様連隊長なら左官クラスじゃねえか。
名門っていえるほど大した家じゃねえな。

313 ::2008/09/26(金) 17:27:47
>>295
生活力も農家に縛られればどうにもならないんだたわけ
俺のおやじも 高度経済成長期以前 農家は食っていけるので農業高校をでた
仕方がないことだろ 小作の分際が 運で不動産転がし 働かずしてめしくってりゃ偉いのか?ちがうだろ

こんな馬鹿げた社会にしやがった政治がわりいんだよ


314 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:27:48
左官なら地方の豪族レベルで輩出できるだろ。勲等何位よ自慰様

315 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:31:42
>>313
先の読めない馬鹿家系の言い訳か。惨めにならないか?

316 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:36:46
農林水産大臣が次々失言やら不祥事やらで引責辞任してるのを見ると、
そんなリーダーしか輩出できない農村自体が腐ってるとしか思えなくなるな。
恐らく農村では、このあ庄屋のような主張をする奴らがウヨウヨいるんだろう。

317 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:36:56
一族そろって先見性がないって凄いな。

318 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:38:45
農林水産業の件は裏でアメリカが暗躍してるんだよ。汚染米の件も小麦もそうなのに
表にでなかった。日本の自給率を高められるといろいろと不都合だからね。農林省の大臣の
事件おってた記者が何人か死んでるしね

319 ::2008/09/26(金) 17:40:50
>>312
なにが妄想だよぼんくら
出征の際騎馬に乗れるか?きちんと町の図書館の郷土史には爺様の勇士がきざまれてる

連隊は何人の兵隊がいるかしってるか?師団司令貴下直属の指揮官なんだよ 名門だろ 名門だけじゃなく男根性がなきゃなれるわけないんだよ

いい加減にしてもらいたい
名門だよ列記とした。
小作どもは上等兵程度のこわっぱの分際で 道端で威嚇されなきゃならねえ理由がわからねい

今度道ばたで出くわしたときは あの小作潰すけどなW
俺は関東有数の進学校でて崇高な知識人だが、あんな仕打ちは許さぬえ

いいか 俺の一族は 町や国に多分なる奉公と貢献してきた、いや、貢献できるほどの格式の一族だ
敬いがたらねいんだよ おまえらもだ。W 目上の御仁にたいし、敬する心なき者は貧しい人間だよ


320 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:53:27
>>319
>今度道ばたで出くわしたときは あの小作潰すけどなW

お前はヘタレだから口だけで絶対に実行に移せない。無論、やれと言うつもりもないけど。
ここで陰口を叩くのが関の山。これまで通りにな。

321 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 17:55:19
既得権益に胡坐をかいておいて、窮地に陥ると周囲に八つ当たり。
ロクデナシとはお前のためにあるような言葉だな。

322 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 18:09:14
>>320
それは他人に対す暴行宣言ですか?
それは犯罪ですよ


いくらネット場でもそれ以上の表現には注意して下さい。


場合によれば逮捕されますよ。

323 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 18:12:21
>>322
暴行宣言をしてるのは>>320じゃなくて>>319だ。わざわざ教唆にならない配慮までしてるのに
なに読み違えてんだよw

324 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 19:28:10
>>316
>>恐らく農村では、このあ庄屋のような主張をする奴らがウヨウヨいるんだろう。


うちは都市部だけど似たようなもんだよ。
駅前の一等地はいまだに地主の土地なんだけど、もうひどいもん!
数年前に駅前を再開発した時、改札口出てすぐ目の前にビル建設した時も、スーパーや飲食店など、利便性のあるものを建てて欲しかったのに、パチ屋を建てやがった、パチ屋を・・・。
因みにそこの他にも駅前や駅近には既にパチ屋は3件もあって、みんなその地主の土地。せっかく街を作り直したのに雰囲気最悪にしやがった。
死に絶えろや!
ド百姓地主一族!


325 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 20:04:43
駅前をチ○コ屋で埋めるよりはマシだろ。

326 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 20:07:12
都市部の駅前でパチンコ屋なら、たぶん百姓出身の地主じゃないな。

327 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 20:13:01
>>319
きみは旧軍についても丸で知識がないようだねw

328 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 20:18:35
肩に肩章って馬鹿だね

329 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 21:05:58
すべて明治帝国主義が悪いのだ。江戸時代が続いていればあ庄屋も安泰だったはずだ。
一緒になって尊王を叫ぶから今のような社会になった。Bが上向く世界に。

330 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 21:34:58
連帯長の肩章って?

331 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 22:15:54
>>307
下手すぎる作り話ツマンネ

332 :324:2008/09/26(金) 22:26:13
>>326
>>都市部の駅前でパチンコ屋なら、たぶん百姓出身の地主じゃないな。


ところが江戸時代は駅周辺二ヵ村の名主と、更には代官職を代々兼務してきた家なんだ。
もっとも代官の方は、元々このあたりは旗本領だったのだが、江戸前期にその旗本家が改易になって、棚ぼた式にこの名主の家に代官職も任されることになったもの。
こういうのを『百姓代官』と言うんだそうだ。
明治以降もこの家は益々盛んになって、某都市銀行は明治期のこの一族の当主が創設したもの。
だが最近はあまりパッとしなくて先祖の遺産で食い繋いでる感じ(それが前述の駅前一等商用地の利用なんかね)。
とは言っても、本家は駅近くに広大な日本家屋を所有してるし、分家の一つはちょっと離れた新興地の、岡の上の一番見晴らしの良い所に、これまたこれ見よがしに洋館建てて住んでいるw。
駅前の一番立地条件の良い所にパチ屋を建てることと言い、なんか所詮“郷が知れる”という感じw。

333 :日本@名無史さん:2008/09/26(金) 22:33:10
自演ダセー

334 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 02:16:13
なんか あ もちょっと台本書くの下手になったよな。

335 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 02:27:41
連隊長の肩章って見たことないけどんなもんなんすか?

336 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 02:32:10
馬くらいおれんとこのじいさんでも乗ってたぞ。ただの百姓だけどな。
第二次大戦では輸送部隊だったみたい。馬本当に乗ってたぞ。馬くらいなんだっていうんだ。
水のみ百姓なめんなよ。うちのじいさん無免許で80まで車も乗ってたんだぜ。

337 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 02:55:59
馬とかより連隊長の肩章が焦点みたいっすね?

338 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 02:57:18
>>336
自演乙なんで早く消えてくれ

339 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 03:06:12
ぷぷW 見分けもつかないのね。ip丸見え君使えよWWWWWWW
この機械音痴が

340 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 03:16:45
>機械音痴 プ

341 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 06:01:06
>>336
>水のみ百姓なめんなよ。うちのじいさん無免許で80まで車も乗ってたんだぜ。

DQN自慢はやめたまえ。

342 ::2008/09/27(土) 20:49:06
おつかれ
深夜ぶっとうしのバイトはかせげっけどしんでーぜ
嘘なんかついてねえよ なにを嘘の余地があるんだよ
勘弁してくれや

連隊長なめんなや
もともとは大隊長に家柄で選ばれた。そのご連隊長に格上げされたが なにが嘘なんだよ



343 ::2008/09/27(土) 20:52:58
>>329
まさに禿同だな
すべてチョン州がぜんぶわりいんだよ あの卒どもが。君 自演認定されるだろうが 素晴らしい考えだよ

我と世界革命闘争しないか! 社会を変革したい

>>336
久々に大爆笑させてもらった 俺の負けだ


344 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 21:33:08
いつも口だけだが、すぐ鮮人ぽく爆発しそうな危うさがあるな。バカって見てて危なっかしい。

345 ::2008/09/27(土) 21:50:58
俺は口だけじゃない

自分でいうのもなんだが、中学時代 五百人中常に三番以内
高校は偏差値七十越えエリート進学校卒
大学は 俺が入った学科の評価は全国で三本の指にはいると言われている
口だけではなく 実際最強ですよ
正直 あらゆる学問で論破王になれる 間違いなくな
以前 論破やぶりを毎回やってた 例えば 心理学カフェとか経済学カフェだとか 歴史マニアの集うカフェとかがある。
ネットで調べればわかるだろうが。
そこに行きまくり 論破しまくっていた過去がある 本当だ
なぜか俺は恐れられ どこの店も俺にお手柔らかにと忠告されることもあった
悪いが伊達じゃないですよ私
それに 朝鮮人が名門庄屋になれるわけないだろ
町じゃいまだに庄屋様と崇め奉られてくる奴も多い

俺はうそをついたことはない。多少大袈裟にいうこともあるが、無から有にしてるわけじゃない
有の事実を多少誇張したりしたこともあったが嘘偽りの無からの虚言はない

346 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 21:55:12
で母方はドイツ人で父方は旗本で祖父さんは庄屋なんだよな。

347 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 22:10:45
あのー・・・
連隊長の肩章とはどのようなものなんですか?
見たことないんで興味あるんですすけど


348 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 22:10:52
史学の支離滅裂な主張から判断するに、相手の主張が理解できずに無闇に勢いだけで
相手を攻撃し、相手があきれ果ててレスをつけなくなったら勝ちと判断しているようだな。

本人はまともな主張をしているつもりでも、周りは「あいつとはかかわりたくない」と思わせる
ような奴。類例を出すなら、田島陽子とかオカルトマニアのような、相手の主張を全く受け
入れようとしないタイプ。

相手が反論をしなくなるのは、論破されたからじゃなくて、論理性のない勢いだけの
主張にいちいち相手して議論が堂々巡りするのがウンザリしたためだ。田島陽子の
パターンを見れば分かるだろう。

349 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 22:24:54
連隊長の肩章って何?w

350 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 22:29:04
軍刀をつねって
日本語大丈夫か?

351 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 22:31:45
軍刀をつらね
って日本語大丈夫か?

352 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 22:44:32
あ庄屋のじいさんは米国陸軍の連隊長?

353 ::2008/09/27(土) 23:02:57
たしか 胸に階級示すバッチがあります
嘘はついていない
写真では大隊長として出征する際の写真が郷土史にのっているので大尉の階級章でしたよ
軍馬にまたがり、軍刀を差し、勇ましく民どもに敬礼してる男を見せた武勇極まる勇士だった
今でも町の図書館の郷土史にはのっているはずだ
それから田島洋子と いうが、奴はフェミニズムと男女平等と同権をすべて時代の流れも無視したごちゃ混ぜ知識をごり押すスタイルだが、
要は ジェンダーは 時代の流れで意味合いを化す。今現在ではジェンダーロールとい価値が今現在では一般化しているが、
Aコントの性分業思想の意味を一切理解もせず、それらを含めてがジェンダートラックの存在だと思い込み、フリージェンダーをひたすら叫んでるバカ女だが、
私は違う あらゆるあらゆる可能性や またRKマードックすの社会システムは準機能の逆機能の構成化をなす根幹を創造することでの否定であって、
例えば歴史の一つの事実にたいし、帰属意識からの開放を唄っているんです
ようは内集団と外集団としての心理を、歴史としての一事例に当てはめてしまう君たちに、
エスノセントリズムからの解放を私は訴えてきた
君のような解釈しかできな


354 ::2008/09/27(土) 23:09:00
君のような解釈しかできないのは
自己の無知からくる恥ずべき判断と自覚をした方がいいですね
私は正直孔子以来の人類インパクトだと思いますよ

ヨハネの黙示録にも 千年王国の崩壊を予言してますが、恐らく、私クラスの思想革命家が現れるのを恐怖しての予言なのでしょうね
使徒ですら恐怖する存在 それが私なんだと思う
私は伊達に革命家を名乗ってるわけじゃないですよ
私は自分でも 自分の脳に震えることがある 私はもはや 使徒の予言する宇宙こそ私の脳なんだということを薄々感じ始めている



355 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 23:13:25
肩に肩章w
嘘ばればれ

356 ::2008/09/27(土) 23:14:01
それから 私 ディベート大会で何ども優勝している




357 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 23:14:47
大尉で連隊長w

358 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 23:16:05
軍刀は吊るものですよ?

359 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 23:19:11
よく呼んでくださいよ
大隊長として出征する際の写真なので 大尉の紋章だとかいてあるだろ文盲野郎 色盲なのか?この薄痴

360 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 23:21:58
大尉の紋章w?
おまえ幼稚園児か?

361 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 23:23:21
階級章と職位はイコールじゃないんだよね

362 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 23:26:05
大尉で連隊長なんですねW佐ではなくて

363 ::2008/09/27(土) 23:31:02
だからいつ大尉は連隊長なんて書いてある?どこだ?いってみろ ほら 早く 盲目なのか?

364 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 23:32:43
郷土資料に出てるってことは地元の連隊付大隊長?


365 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 23:33:53
近衛じゃなかったの?

366 ::2008/09/27(土) 23:34:27
まあ 県単位の師団編成での連隊大隊ですからそうかもしれませんね

367 ::2008/09/27(土) 23:35:36
近衛は曾祖父さんですよ


368 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 23:36:11
じゃあ だれがドイツ人なの?

369 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 23:43:18
地元の郷土資料に
姓名いや名前(苗字)に


名を遺された偉人ではないのか?


なら、地元にとっては凄い偉人かもしれない。


偉人なら公人となり、歴史上なら有名になる!


何もない一般人なら私人になり名前や苗字は伏せられ教える事ができない。

370 :日本@名無史さん:2008/09/27(土) 23:46:33
>>369 当然だろ。

371 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 00:08:43
これってとてつもtく馬鹿の証明ですよね?

366 名前:あ :2008/09/27(土) 23:34:27
まあ 県単位の師団編成での連隊大隊ですからそうかもしれませんね


372 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 00:10:31
ふつう将校は出身地の連隊付にはならんだろうw

373 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 00:11:18
県単位の師団編成での連隊大隊ですからそうかもしれませんね
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

374 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 00:11:53
>>346
>>369
>>370
当然、歴史資料に記載されている人物だろう。つまり公人

375 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 00:15:16
将校と郷土兵を混同って馬鹿じゃねーのw
停年名簿も知れねーの?

376 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 00:16:04
郷土資料に写真載るのは連隊長でしょ?

377 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 00:41:32
知識がないから嘘ヘタすぎWWWWWW

378 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 00:49:18
>>366
隊附の将校も県単位で編成されてるんですか?

379 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 01:26:35
366 名前:あ :2008/09/27(土) 23:34:27
まあ 県単位の師団編成での連隊大隊ですからそうかもしれませんね


380 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 02:37:08
馬を穿ち軍刀を吊るのではなく腰に差して肩に大隊長肩章なんてものをつけてるる地元出身の馬鹿大隊長ってどこの連隊付ですか?


381 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 05:51:33
あ庄屋は無職
早く職を見つけようね

382 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 07:09:02
日本でも有数なエリート(自称)
使徒さえ恐れる人物(妄想)
自分の脳に震える(病気)

なのにフリーター
それが「あ庄屋」

383 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 07:14:39
>>353
無理に思想を語ろうとしても、文章力と理解力がついてきてないからw
知ってる単語を並べて虚勢を張っても、用語が正しく使われてなければ
馬鹿にされるだけだよ。それに、指摘されてるのは「田島陽子の思想に近い」
ではなく、「田島陽子の議論スタイルに近い」だ。その程度の読解力すら
ないなら話にならない。君に学問は無理だ。オカルトにでもはまっていなさい。

歴史関係の基本的な知識すらなく、相手の批判によって少しづつ知恵をつけ、
それでも散々突っ込みを入れられているような人間が、まともな討論なんて
出来るわけないじゃん。つーか出来てないじゃん。

いつも通り、これだけ馬鹿さ加減を突っ込まれながら一方的に勝利宣言して
いたのだろうということは誰の目にも明らかだ。

384 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 11:17:34
彼はコメディアンなんだよ。もうちょっと殺さずにいかして楽しもうyo!

385 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 19:11:58
「あ」は、脳内で、自宅警備員なんだから、生暖かく見守ってあげようよ。

386 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 22:01:38
あは世界史に戻るべき。日本史は辞めときなよ。ミクロ的な思考こいつら大好きな
緻密がただからさ。

387 ::2008/09/28(日) 23:03:07
俺は嘘なんかついてない
何度も言うが 職業軍人ではなく 戦中に大隊長に家柄で選ばれてるのは間違いない
初陣は大隊長として出征している
詳しく 何師団かは忘れたが 南方方面軍ていう事だけ覚えている

俺は世界史だけでなく日本史も絶対負けないはずだ
確かに私はあらゆる学問板を渡り歩き 圧倒的能力で論破してきた
しかし日本史に関して 確かに 多少 極小で日本史のマクロの部分で極若干 私には珍しく知識不足の面があるのかもしれないと 微弱に感じることは認めるが 、
だからといって俺が日本史という学問で負けたことにはつながらない
俺は日本史マスターになれる。多少手こずる唯一の学問が今のところ日本史である以上 、
俺の凄さを見せつけなければならない

それから田島洋子だが 解釈を間違えているのではなく、田島と私が根本的スタイルが違うと言っている
それを具体的に言っている
例えば この日本史板 大半が武士と貴族という二大スターでスレが構成されてる
どいつも この二つのみが日本史を作ってきた と思いこんでますよね?
しかし実際は庄屋や町人の方がよほど日本史の根幹を構成している
しかし 意味合いでの武家と、あと格好良さだくにまどわされ、その意識から見た日本史という視点でしか見ることができない
だから 庄屋はかわいそうという発想にになるわけだ 。武士でないことがかわいそうという事実無根の現代版価値で日本史を見誤る
しかし 例えば

388 ::2008/09/28(日) 23:17:06
しかし例えば 町人で火消しは 当時 今で言えばチンピラですよ確かに。
しかし 酒場で武士と火消しがともに酒をのんでいても 、貧弱な武士はいかつい火消しにでかい態度とれていたとおもいますか?
実際 大騒ぎする火消しどもを後目に コソコソびびりながらのんでそそくさと退散してたのが現実

私は 日本史板は 武士がすべての政治政策をおこなっていたとか勘違いしてるバカや
武士にヒレこびてたのが町人と勘違いしてるばかや
武士の一存がこの世のすべてと勘違いしてるバカや
庄屋は中級武士より低い存在と勘違いしてるバカに

要はそういった自己の固定的主観による詮索により、あらゆる日本史的事象にたいし帰属意識が反映し、
他を認めない、他の事実としての存在価値を見誤ることを危惧しているのですよ

私は 意識レベルの革命を呼びかけている

君たちの 伝統や秩序としての常識に占有されし規範としての日本史学や文化の帰属的意識の中での価値観からの解放を私は唄っているんです

389 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 23:31:55
>>387
郷土資料に大隊長として出征する写真がでているんだろ?


390 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 23:35:15
あ庄屋の中の人って変わった?

391 :日本@名無史さん:2008/09/28(日) 23:37:47
プロ固定

392 ::2008/09/28(日) 23:53:55
でてますとも
大隊長としての出征は写真にのてますよ 本当に

393 ::2008/09/28(日) 23:54:43
>>391>>390
いみふなんですが。

394 ::2008/09/29(月) 00:05:30
それに曾祖父さんはこの絵師団としても任命されています

私はいいたい 中級武士の末裔は 戦中どの程度の階級だったのか。
我が地侍庄屋一門とどちらが国から飼われての役なのか

確かに中には南雲や山本などの中級武士の末裔将軍もいるが ごく一部

我が一門が庄屋を代表し、国からどれほど期待されていたことのこの格式ということか

395 :日本@名無史さん:2008/09/29(月) 00:41:04
あ庄屋は富士夫ワールド(経団連)の息子

396 :日本@名無史さん:2008/09/29(月) 00:47:38
いや彼はクルセーダーと名乗ってた頃から議論はめちゃくちゃだけど
なんらかの啓発はおこしてくれたよ。

397 :日本@名無史さん:2008/09/29(月) 00:58:42
自演乙

398 :日本@名無史さん:2008/09/29(月) 05:45:09
いまさら「歴史の主役は庶民であって武士ではない」とか言われてもな。
近世史研究自体がそっちに大きく舵を切ってそれだけ時間がたってると
思ってんだか。

399 :日本@名無史さん:2008/09/29(月) 08:41:01
現在の自分はロクデナシで、家柄を以って自己の正当性を主張しながら、
天皇家、公家や大名家の権威には敬意を払わない。
「俺様は最高」という客観性のない基準を元に無茶な論理展開を行うから
論理は滅茶苦茶で一貫性も客観性もないんだ。

400 :日本@名無史さん:2008/09/29(月) 19:35:20
評論家的客観性などなくてもいいが、まずは自分が正当性がある人間(家柄)かどうかで
貴族たちの対応も違ってくる。

401 :日本@名無史さん:2008/09/29(月) 19:37:27
あ庄屋は受容性がないということか

402 :日本@名無史さん:2008/09/30(火) 00:46:26
>>394
>この絵師団 >飼われて

・・・気の毒な人だ。

403 ::2008/09/30(火) 00:56:33
なにもわかっていないですねあなたたち
江戸幕府や近世幕府は 封建体制化の政治主体と考えているのは間違えだと言っている
いいか 幕府をみらば 大名と言う名の武士間での面子での儀式を政治と勘違いしてるなら大間違いということだ
それは政治ではない
実際 藩をみても 村村の政治に直接介入しているわけでもなく ただ税収でくってるだけなのは政治主体とはいわない
実質藩政というのをみらば 政治と示せる内容などほぼ皆無
ただ 母体としての存在価値が武士や藩等 に意味合いを無理やりおいているだけで、米沢藩のような 民のための殖産興業に乗り出した藩はごく少数
大半はただ税収を搾取しているだけの封建時代のショバ代徴収しているだけの存在だ
実質村村は庄屋が全ての総としての町社会を独立て運営しているわけだ
町民 は 都市部は大阪などをみればわかるが ほとんど無法地帯
まー日本社会は無法ではあるが それでも 町民は 今と変わらずのびのびと犯罪やら生活やらを桜花している
藩と幕府は実際 家どおしの交際して面子のための組織に過ぎない
日本史をかたるなら 庄屋の歴史こそ真の歴史ということだ

404 :日本@名無史さん:2008/09/30(火) 02:33:39
これ人権板のキチガイですね

405 :日本@名無史さん:2008/09/30(火) 02:38:57
>幕府をみらば >実質藩政というのをみらば >桜花している
>独立て 

いやー、書きたい放題を謳歌なさっていらっしゃる。

406 :日本@名無史さん:2008/09/30(火) 02:41:40
人権板って日本史板より遥かに過疎ってる
自演オンリーの板だよw

407 :日本@名無史さん:2008/09/30(火) 06:23:35
大名は参勤交代もあったし、幕府の意に添わなければ国替えやお家断絶
ってこともあってなかなか自由が利かなかった。
庄屋様のほうが実質的な支配力があったことが分かる。

408 :日本@名無史さん:2008/09/30(火) 07:37:31
お願いだからまともな日本語を使ってくれ

409 :日本@名無史さん:2008/09/30(火) 07:44:18
|/Hヽ
| 0M0) ワトゥスィヲヨォンダディスカー?
|と/
|/


410 :日本@名無史さん:2008/09/30(火) 08:02:20
人権板にいる病人だろ?

411 :日本@名無史さん:2008/09/30(火) 14:24:43
>>406
まだ、人権板依存してる病人いたの?
そりゃ重症です。
人権板は2chでは過疎スレ板として有名。
利用者の自演だけでスレが進みスルーされまくりです^^

412 :日本@名無史さん:2008/09/30(火) 16:35:53
>>403 こいつ間違いなくツラ曲がってるわ。
文章に整合性がないばっかりか不謙虚な絵空事をほざき自分すら見失ってる。
日本語に対しても失礼極まりない。
無論彼女もいないだろ。一生独身スタイルな庄屋子孫で終了タイプ。
カワイソ杉。

413 :日本@名無史さん:2008/09/30(火) 18:01:58
>>412
つ鏡

414 :日本@名無史さん:2008/10/01(水) 18:51:29
>>412>>413プププ

415 :日本@名無史さん:2008/10/02(木) 06:47:02
>>414麻生さんでしょう?古い時代から土地を支配していた庄屋は
    近親婚が多いから血が濃くなり過ぎて遺伝子異常が増え
    自然淘汰で滅びます。
    天皇家と同じだな。

416 :日本@名無史さん:2008/10/02(木) 20:59:01
あの顔面神経通も過去の近親交配が表面化した一部なの?

417 :日本@名無史さん:2008/10/02(木) 21:15:25
所詮、筑豊の炭鉱屋だからな。
元庄屋なんていっても、田舎の大百姓にすぎん。

418 :日本@名無史さん:2008/10/02(木) 21:29:35
大庄屋といえば百姓です。

419 :日本@名無史さん:2008/10/02(木) 21:35:27
大庄屋でなくても、小作人を何人も使っている地主さまは
自宅(領地)警備みたいな仕事だったからなあ。

420 :日本@名無史さん:2008/10/02(木) 23:54:13
庄屋の麻生はおまいら1年もつとおもう?

421 :日本@名無史さん:2008/10/03(金) 00:05:54
面曲がり極悪麻生の裏話ここに貼って欲しいか?もちコピペだが。

見掛け上優秀な血が入っている麻生だが不道徳さが顔ツラ曲がりとして現れ出てるな。
やっぱ基本(もと)は悪徳淡荒野の血だからいい加減さが前面に出るのか。
しかし演説を聞く限り自分の言葉でっ喋ってるところもあり、演劇的に武家の風態を
醸し出していることは見て取れるが。


422 :日本@名無史さん:2008/10/03(金) 00:30:48
麻生が若いころ折尾駅前での街頭演説で
「下々のみなさま!」
って言ったらしいけどマジ?

423 :日本@名無史さん:2008/10/03(金) 04:09:24
マジマジ!射撃のオリンピックには通常の人は出れないともいっていた。
自分が破格な金持ちであることを強調づけたいらしい

424 :日本@名無史さん:2008/10/03(金) 10:55:50
そしてお前は僻み根性丸出しのカキコをすることで弱者ぶりたいわけか。

425 :日本@名無史さん:2008/10/03(金) 22:43:52
麻生って血のにじむような努力したことある人?

426 :日本@名無史さん:2008/10/03(金) 22:56:01
あのおっさんいくら金もってんのよ?

427 :sage:2008/10/03(金) 23:45:42
まあ麻生さんは生活の心配をしたことは生まれてから一度もないだろうな

428 :日本@名無史さん:2008/10/04(土) 01:19:43
>>422
シモジモのみなさま!麻生太郎をよろしくお願いします!
いくらなんでも庶民を馬鹿にしすぎだろ?それ本当か?

429 :日本@名無史さん:2008/10/04(土) 06:33:51
小沢は売国奴だし、それよりはマシじゃね?

430 :日本@名無史さん:2008/10/04(土) 07:26:57
537 :日本@名無史さん:2008/10/03(金) 11:33:33
 まあ、日本人の9割は先祖代々小作人だろ。
残り1割で3,4分が侍、残り大多数が足軽程度の軽輩で
又、その残りが庄屋や旧家と呼ばれる家。

431 :日本@名無史さん:2008/10/04(土) 08:42:08
麻生がさあ
景気対策を第一に、自分の使命だと感じています。
だとな。。。

>生活の心配をしたことは生まれてから一度もない
奴に何が解るってんだか。。。
実感沸いてないんだろうなwww

432 :日本@名無史さん:2008/10/04(土) 09:03:20
ビンボ人の実感に迎合して摂った政策が米下院での例の否決だったわけだ。
で、ちょっと修正すれば下院通過。バカジャネーノw

433 :日本@名無史さん:2008/10/04(土) 09:42:21
しかし、貧乏人が政治家になると、金に目がくらんで
とんでもない汚職事件を起こしたり碌なことにはならない。
やっぱり、生活に困らない親から受け継いだ財産があって
選挙に自分の金をつぎ込めるようでないと駄目なのかも・・・

434 :日本@名無史さん:2008/10/05(日) 06:56:33
金丸は裕福な酒造家の生まれだがな・・・不正蓄財は来るべき政界再編の為といわれているが

435 :日本@名無史さん:2008/10/05(日) 08:18:18
たぶん、庄屋ではなかったんだよ。

436 :日本@名無史さん:2008/10/07(火) 08:35:39
武田の一族の家系らしい

437 :日本@名無史さん:2008/10/07(火) 08:50:41
豪農で武田の末裔などというやつはほぼ例外なく家系捏造のDQNの末裔。

438 :日本@名無史さん:2008/10/07(火) 10:27:44
いや街道沿いなら信憑性は高い

439 :日本@名無史さん:2008/10/07(火) 10:29:33
武田一族は種馬かよ。

440 :日本@名無史さん:2008/10/07(火) 10:30:39
甲斐信濃は偽書だらけのせいで戦国時代のまともな史料集が編纂できないほどらしいからな。

441 :日本@名無史さん:2008/10/07(火) 11:06:16
朝から連投乙

442 :日本@名無史さん:2008/10/07(火) 19:19:38
↑街道沿いの自称武田の末裔か?

443 :日本@名無史さん:2008/10/07(火) 19:48:16
>>442
農民にも多い苗字だろ

444 :sage:2008/10/07(火) 19:50:59
これも連投だねw
自分でアゲてサゲて意味わからんw

445 :sage:2008/10/07(火) 19:51:49
いわゆる自演ですよ

446 :日本@名無史さん:2008/10/09(木) 09:43:29
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=38410




447 :日本@名無史さん:2008/10/18(土) 03:49:29
>>440だって地主系のほとんどの家が武田旧臣に近いような感じで(地侍編成の為)
江戸期になってライバル家にあってウチにないのは変じゃんって

448 :日本@名無史さん:2008/10/18(土) 05:16:31
変だから捏造するってのも、民度を表してるよな。

449 :日本@名無史さん:2008/10/18(土) 06:07:26
そんなそんな徳川の旗本だって武田偽文書はわんさかありますよ

450 :日本@名無史さん:2008/10/18(土) 06:41:13
旗本で武田偽文書持ってるってことは、甲斐信濃出身ってことじゃね?
偉くなっても気質は変わらない?

451 :日本@名無史さん:2008/10/18(土) 06:56:43
まあ、そうかもな。基本的に出自不明系は偽文書作成するんだろうが
徳川家臣団は三河系と美濃系で大部分を占めているから、少数派だと思うけど
ときどき家系図と文書セットで出てくるけど大抵江戸後期のものだね

 ただ紙質上傷みが激しい為に写しの可能性もあるにはあるのだが・・・
甲斐信濃の文書も武田家が滅亡した為によく分からないという側面も
あると思う。

 郷土史家が旧家の系図等で戦国期の城の主や一族調べると大体符号
してるわけだから偽文書だらけって言うのもおかしい気はする

452 :日本@名無史さん:2008/10/18(土) 07:39:35
郷土史家も地元の利権に引きずられやすいから信用するのも腰が引ける。

453 :日本@名無史さん:2008/10/18(土) 07:59:39
>徳川家臣団は三河系と美濃系で大部分を占めているから

そりゃ単に大名クラスの股肱の臣は三河系が多いってだけだろ。
旗本は近畿から関東にかけての地域の出身が多い。
近畿は、豊臣滅亡後の鎮撫のためにけっこう取り立てているからな。

454 :日本@名無史さん:2008/10/18(土) 13:28:29
 幕臣の戦役(軍役)感謝状も偽者だらけなのだが仕官のときばれないものかな?
それとも後の創作?

455 :日本@名無史さん:2008/10/18(土) 13:42:00
>>452何かよく分かる気がする。
 最近全国の苗字を角川が丹念に調べて本にしてるけど、あれ書いてるの
郷土史家?結構中立的で没落した家も宗家として載せてるし感心する。
 田舎じゃ分家で墓守ってる家が何ちゃって本家みたいな顔して郷土史に載るのを
虎視眈々と狙ってる感じで嫌な感じがするが・・・中立が一番だね

456 :日本@名無史さん:2008/10/18(土) 14:28:48
うちの地元では明治元年に廃止された大庄屋が明治四年に復活してるんだよな

457 :日本@名無史さん:2008/10/18(土) 15:26:48
>>455
うちなんて本家どころか酒蔵の歴史まで屋敷を譲った他家の奴に盗まれる形で
市史に書かれちまったよ。酒造組合が出版した本には正しく書かれているから、
何かの機会に訂正することは可能だけど。

458 :日本@名無史さん:2008/10/18(土) 22:55:11
うちの蔵は空襲で焼けてしまったそうです。
蔵には、膨大なお宝が眠っていたのに。
それさえあれば、うちが庄屋の家系だったことはもちろん
帯刀を許されていたことも証明できたのに。
本当に残念でなりません。

459 :日本@名無史さん:2008/10/19(日) 00:23:25
>>457うちはその「何ちゃって本家」にあたるのかな、

元々江戸中期からの家に過ぎないんだが、
苗字帯刀だった。幕末の当主に子供がいなかったので、
その甥(隣藩の代官の三男)が養子として迎えられる、
彼は分家していた叔父(彼も苗字帯刀)の娘と従姉弟婚する。
一子をもうけるが程なく妻死亡。後妻を迎えるが子供無し。
さらにその嫡男も明治18年32歳で急逝。嫡孫は既に夭折。

ここにいたって、後妻の実家の娘を妻にして養子に入ったのが漏れの高祖父、時に明治20年。
彼は、中絶ていた家業(酒造業w)を再興したり、村長、県議なんかもしていました。

分家筋の方はこんなややこしい事にはなってないと思うので、
そちらからすれば「血筋では此方が本家だ」と言うのも
解らないではないです。


460 :日本@名無史さん:2008/10/19(日) 09:50:11
戦前までは家督相続したほうが基本的に本家ですよ。
戦後は長子相続が基本かな。墓を引き継ぐと又微妙

 成りたくて成るのじゃなくて血脈として成りたくても成れないのが本家。
長子相続ってものに価値があるわけ。

461 :日本@名無史さん:2008/10/19(日) 18:28:12
>>458
よく聞く話だなw

462 :日本@名無史さん:2008/10/19(日) 20:28:37
庄屋といってもピンキリだが、関東の平野部には、べつに大庄屋でなくても
かなり裕福で広大な屋敷を構える名主(庄屋)はよく見られる。
例えば武蔵国足立郡嶋根村(現:東京都足立区島根)
の名主・牛込家の幕末期の屋敷は、3000石の旗本屋敷の格式をもつもので、
同家はその村の8割の土地を所有する富豪だった。詳しい系譜は俺は知らないが
小田原北條時代の武家領主・牛込家と何か関係あるのかもしれない。

その島根にほど近い足立郡竹塚村(現:東京都足立区竹の塚)の名主・河内家
は、平安期以来の下総国最大の豪族・千葉氏の系譜を引き、戦国期には
河内知親が当主であった。その長男・胤盛は徳川幕府に出仕し、子孫は
代々、旗本として存続した。二男・知棟の子孫は竹塚村の世襲名主として
存続した。その名主屋敷は、水堀と土塁を巡らした中世の在地土豪の居館
の特徴を示すもの。この種の名主屋敷は関東には非常に多い。
↓もその例だな。
http://www.asahi-net.or.jp/~CN3H-KKC/shiro/ichinoe.htm

463 :日本@名無史さん:2008/10/19(日) 20:47:33

      、z=ニ三三ニヽ、
      ,,{{彡ニ三ニ三ニミヽ
     }仆ソ'`´''ーー'''""`ヾミi
     lミ{   ニ == 二   lミ|  お前ら! いや、しもじもの皆さん!
      {ミ| , =、、 ,.=-、 ljハ  私がアホウ太郎です
     {t! ィ・=  r・=,  !3l   私と自民党のことを忘れないで下さい!
       `!、 , イ_ _ヘ    l‐'    あと・選挙のことは暫く忘れて下さい
       Y { r=、__ ` j ハ─     
  r‐、 /)へ、`ニニ´ .イ /ヽ       
  } i/ //) `ー‐´‐rく  |
  l / / /〉、_\_ト、」ヽ!    
  /|   ' /)   | \ | \


464 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 01:30:55
>>462珍しいと思うよ。大部分の庄屋の豪邸は明治後の手直しされたものだから。
関東の場合旗本領で金欠領主に金貢いで苗字帯刀、長屋門って感じだろうね

465 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 02:46:56
名主兼家士や金貢いだり家政立て直して中小性格が多い

466 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 03:30:41
そういう家は維新時士族なのかな?陪臣だから良くて卒?

467 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 08:02:36
村役人の場合は格だけだから平民だよ


468 ::2008/10/20(月) 10:29:57
>>462
わかるよ わかるわ〜
我が地侍庄屋一家も なぜか周りには用水路につかわれてはいるが、掘りがあり、庭には枯れない湧き水が池になってあり、
さらに陣やクラスの門構えと屋敷、土蔵蔵、馬小屋、長屋がある

悪いが関東ではそもそも譜代系大名がほとんどなわけだ

譜代系は所属の家臣団は少ないため 入府した場所で武士を登用した
その際地元の名門である地侍や豪族を上士や中士として登用してるスタイルが関東。
その際これら地侍や豪族は半農半士がほとんどの基本スタイルとして存在していたため、
大名家はこれらに武士になるか庄屋になるかを選択希望性できちんと選ばせている
しかし 武士身分になることは、これら地侍豪族どもの広大な土地と屋敷は全て没収トされ、城下のこきたねえ官舎まがいに移住させることを意味する。
だから当時 関東の地侍や豪族は庄屋を選んだのがかなり多い。
だから関東の庄屋は出自が、地侍や豪族、亡大名家家臣などが大多数。

屋敷や土地は旗本程度ならわんさかいますよ

真の騎馬武者上士名門クラスは庄屋だよ実際。
朗等クラスが中士だろ

それ以下は論外



469 ::2008/10/20(月) 10:38:15
>>464
いい加減にしなさい
明治期以降に建てられた長屋門など見りゃすぐわかるっつーの
旧四号を大宮から北関東方面に車で移動すれば、国道沿いに長屋門構えの農家がかなりの数存在するが、こいつらはほとんどが明治期以降作った本百姓
見りゃすぐわかる。国道沿いは国道整備事業により成り上った糞農民

そもそも 旧四号沿いは宿場町が多いため、我が一門のような名門庄屋クラスは国道沿いにはまずいないよ

いくらなんでも 長屋門とて 明治期以降と江戸期の造りや古さなどすぐみわくつくっちゅうねん

勉強せんかい池沼

470 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 10:43:17
自分から進んで百姓になったのに、逆恨みして自分の家が家格が上だなどと
寝言をほざく馬鹿。

471 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 10:45:03
ちなみに塩爺こと塩川政十郎は地侍系庄屋の家系だが、先祖代々の家は私鉄の駅前一等地w

472 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 10:48:45
大阪府に中という地侍の家がある。分家から旗本が2家出ており、その旗本家から
本家の大庄屋家に養子が入っているが、苗字帯刀は許されても藩からは郷士として
認められませんでしたとさw

庄屋・大庄屋は百姓身分であるという大前提があり、たとえ苗字帯刀が許されている
家でも、庄屋になった途端に百姓の仲間入りだそうだw

わかったか? あ庄屋w

473 ::2008/10/20(月) 11:26:17
百姓の仲間入りというが、大阪のような賤民大国はそうなのだろう

しかし関東においては 庄屋の存在意義はまさに上士ですよ

関東譜代家では 地方代官の任命は庄屋だよ

さらに関東庄屋は他の近畿やら西日本の、エ大国とは違い、名字台頭庄屋が圧倒的に多いよ

百姓の仲間入りではないよ
要は藩政の要として庄屋が存在し、また半農藩士として名字台頭がゆるされた存在


言い換えれば すべての総合的存在価値が

エタ≦小作、水飲=卒≦本百姓、商人、下士<中士<庄屋≦上士、大名

間違いないだろ 庄屋を上士クラスと認めたくないという僻みなんだろ?
上士になれたのは庄屋クラスの地侍や土豪のみ
また庄屋に帰農できたのは上士クラスの武家のみ

いい加減認めなよ

庄屋こそ小領主だよ



474 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 12:15:41
完全に勘違いしているようだが、庄屋という身分自体、百姓に属する。無役なら
郷士扱いされる家の人間でも、庄屋に就いたらその時点で百姓身分になる。
在地代官は武士だが、わざわざ庄屋の身分を前面に出した上で武士だなどと
ほざいても、物を知らないヴァカの勘違いでしかないぞw

475 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 12:32:00
〉名主(庄屋)
幕藩体制での名主(庄屋)は、ふしぎな存在だった。
士農工商でいえば農なのだが、晴れの日には、大小を帯び、武士の姿をする。むろん、姓も公称した。
しかも屋敷たるや、小藩の家老屋敷のように大きく、土塀をめぐらし、長屋門などをかまえていた。門を入ると玄関があり、式台があり、また、座敷は書院造りだった。(ただの百姓は、門も玄関も書院座敷もゆるされなかった・・・中略)。
そのような容儀からみれば、庄屋(名主)どのは立派な上級武士である。しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである。ただ富力は、藩士階級一般より上だったことはいうまでもない。

ttp://www.kurikomanosato.jp/to-siba14-edo.htm

476 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 12:42:00
月曜日の朝から連投w
無職?

477 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 12:47:35
幕府が外様大名に格だけ与えて参政権を与えなかったのと同じか

478 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 15:44:52
>>475は大雑把過ぎるな。一部の例を取り上げて、庄屋の格式を高く評価すると、
あ庄屋がその部分だけ着目してはしゃぎまわり、都合の悪い部分はヒステリックに
否定するからな。

479 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 20:49:09
正論をあへて反感を煽るために書くのか、最初から筋書きが用意された議論だな

480 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 20:58:38
秀吉の小田原攻めで敗れた北条氏や鎌倉時代の御家人の
中には城を捨てて帰農したものが多かったという。
江戸時代の成り上がり大名や旗本より格式が高い庄屋様が
いるのは上なのは、そのためではないでしょうか?

481 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 22:01:57
>>480
要はオマイのリアルが負け犬で、先祖は北条家臣団の末裔ってことだろww

482 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 22:25:00
名主屋敷の長屋門が全て明治維新後のものと決めつけるのは根拠のない誤り。
網羅的ではないが↓を見てほしい。
http://www.ne.jp/asahi/takashi/ehara/n5307/5311.html

逆に、所謂生粋の「武士」とされる人々でも、屋敷に長屋門を構えることができた
階層はごく一部。地方の藩であれば、上級藩士に限られる。
下総国・佐倉藩(譜代・11万石)の中級藩士の住居が数軒現存しているが、
現存する多くの名主屋敷と比べると造作・規模・格式においてかなり見劣りがする。
また、幕臣でも知行200石程度(旗本の最低ライン)の家には長屋門などない。
足軽クラスの住居に無いのは言うまでもないが。

483 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 22:38:35
下総国・佐倉藩(譜代・11万石)の藩士の武家屋敷
http://homepage2.nifty.com/naturehunter/sakurabukepix.html

常陸国・麻生藩(外様・1万石)の家老=上級藩士の屋敷
http://www.sopia.or.jp/aso/kankou/karouyasiki/index.html



484 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 22:57:12
関東の豪農屋敷の一例(敷地約4500坪)
http://www003.upp.so-net.ne.jp/kmiyuki/kantou/sakano.html

485 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 23:11:08
越後の豪農屋敷
http://www.watanabe-tei.com/

486 :485に追加:2008/10/20(月) 23:14:11
http://www.asahi-net.or.jp/~ju8t-hnm/Shiro/Hokuriku/Niigata/Sasagawa/index.htm

487 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 23:36:44
>>464
それらの名主屋敷は全て天領(幕府領)の村のものだよ。
旗本領ではない。調べれば分かることだけど。

488 :日本@名無史さん:2008/10/20(月) 23:53:27
大阪にも吹田に大庄屋の家なかったっけ?
朝廷と親密で、同家の当主が朝廷から拝命して江戸に下向するときは
大名行列までもが畏れ平伏し道を譲ったというが。

489 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 01:16:51
>>482格式以前に財力の問題もあるだろうに。


490 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 01:25:14
>>470がいいこと言った!

491 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 02:07:15
堀り 陣や 土蔵蔵 朗等 名字台頭

www

492 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 02:26:17
ttp://sano567.web.infoseek.co.jp/nisiokejyuutaku/index.html

これかな?明治中期の建築で相続税の為物納。。。。典型的な庄屋屋敷だな。

493 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 02:32:30
>>187天領は基本的に苗字帯刀は無いらしいから長屋門もないのでは?
他の理由:門の払い下げや将軍の鷹狩休養所とか他の理由がありそう

494 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 04:02:08
馬鹿

495 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 05:02:12
庄屋と言い伝わる身分はなく
庄屋はただの農民豪農家で、武士ではございません

496 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 05:44:00
>>488

これかな。仙洞御領(上皇領)の庄屋西尾氏
http://4travel.jp/traveler/mayumama/album/10161605/

497 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 12:07:17
大庄屋であったのは中西家の方

JR岸辺駅近くにある旧中西家住宅が公開されたので見学してきました。

旧中西家住宅は広さ950坪、文政9年(1826)に建立された国の登録有形文化財で、今年
初め頃まで実際に住宅として使われていたが、吹田市に寄贈され、一般に博物館として
公開された。

中西家は江戸時代より大庄屋として栄え、今でも岸辺周辺に広大な土地を所有している
が、相続税に耐え切れず、国に物納され、それが吹田市に寄贈され、その文化遺産的価
値を残すため、公費により管理することになったようです。

ただ、これまでは一般住宅として維持されてきたため、庭園や建物そのものはよく手入れ
され、大掛かりな修復なしに公開に至ったようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/bellsuz/52152141.html

498 ::2008/10/21(火) 15:17:15
>>491
なにがおもしろいの?事実をいっただけだけだが。

499 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 15:57:50
天皇家や公家
将軍家と各藩武家繋がりがあり親戚関係になる。







残念だ
庄屋は関係ない。

500 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 16:46:33
農民庄屋オワタ

501 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 17:35:59
維新後は士族と結婚しまくりだし華族と親戚な家もあるが何か?

 皇后陛下の実家は?

502 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 18:14:50
江戸時代の身分制度が終焉すれば、別の基準で評価されるのは当然。戦国時代が
終わったときのようにな。
明治以後なら、資産家になってそれなりの時間がたてば立派な特権階級だ。あ庄屋の
家のように単なる田舎地主なら、元が似た身分であっても全く話にならないけど。

良いとこ取りで自分の身分を高く見せようとしても無駄。太閤秀吉が貧民の出身で
あることを根拠に、貧民が他のあらゆる身分よりも上などと主張するようなもの
だからな。

503 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 21:53:21
誤解している人がいるようだが、明治維新前から、
単なる士族程度の身分では庶民との婚姻は珍しくない。
絵師として有名な円山応挙の生家は丹波の貧農だが、
彼の生母は丹波・亀山藩士の娘。
一方、上級藩士(ときに藩主)と豪農・豪商との婚姻も珍しくない。
京都近郊では、豪農層の家の人間が、朝廷の五位の位階をもつ地下官人の家の養子
となって家を継承している例もある。

豪農・豪商すべてが上級士族待遇と見るのは明らかに誤りだが、
しかし、彼らが下級士族より下位にあったと見るのは全く実態に合致しておらず
誤解も甚だしい。

504 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 22:04:30
http://www.watanabe-tei.com/syouzouhin.html
http://www.watanabe-tei.com/rekisi.html
越後の豪農・渡辺家は士分なんだね。

505 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 22:36:06
なんか江戸時代の武士に幻想持ってる人多いようだね。
公方・諸侯以外は無位無官だから庶民と一緒なのに。

「財力は無いが身分は高い」
そんな事、先祖が農村出の一般武士共に言えたものではない。
同程度の出自なら財力や地域の長としての支配力あるほうが上。
一介の使用人になり下がるのか独立を貫くのかの違いだ。

「財力は無いが身分は高い」
それを言うなら天皇・公家だけ。



506 :日本@名無史さん:2008/10/21(火) 23:13:58
日本の場合「武士」も「農民」も範囲が広すぎるのがややこしくなる原因だろう。
上は将軍から、下は下級兵士・雑役夫程度の者までが「武士」という括りで語られる。
また、江戸期以前には独立の城主で江戸期に数百町歩の土地を所有した豪農から、
餓死寸前の小作人までが「農民」として括られる。当時は農業が主産業だから
「農民」は「国民」と同義なぐらい大雑把な括りとなる。
これが間違いの一因。

英国の身分に当てはめると分かり易いかもしれん。
@ノビリティ(貴族=超大地主。公爵から男爵までの爵位あり)
  →将軍・大名。身分から言えば天皇・公家も。
Aジェントリー(貴族よりは下位の世襲領主・地主。爵位なし。
 細分化すると内部で4つほどの階層がある)
  →旗本・士分の豪農・豪商etc
Bヨーマン(自作農民。小地主を含む)
  → 一町歩以上の本百姓。
Cその他庶民。


507 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 10:14:08
>>506
間違えだらけだ

508 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 17:07:35
郷士は士族なの平民なの?

509 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 17:25:43
>>508 平民

510 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 18:45:16
じゃあ、坂本龍馬は士分ではなかったのか?

511 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 19:10:54
士族は明治の身分、士分は江戸時代の身分。ごっちゃに語るべからず。
それはともかく、郷士がすべて平民になったわけではない。

512 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 19:20:17
坂本龍馬は江戸時代士分だったのかと訊いているんだが。

513 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 19:22:54
つまり、流れとは関係ない質問をいきなり書いて、でかい態度でレスを要求してるってわけか。
死ねよクソガキ。

514 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 19:36:37
坂本龍馬は脱藩した浪人つまりニートです。

515 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 19:39:40
>>513
お前みたいなすぐキレる老人が最近増えてるそうだな。

516 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 19:45:21
坂本龍馬の脱藩の罪は後に赦免されている
山内家郷士坂本権兵衛弟
士分という言い方が適切かどうかわからないが土佐山内家の侍であることは確かだね


517 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 19:48:36
脱藩は大罪で拷問並び死罪の罪になる。
よって龍馬は犯罪者

518 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 19:51:46
>>515
甘えたガキを教育してやってるだけだ。ゆとりの甘ったれにも困ったもんだな。
死ねよクソガキ。

519 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 19:52:50
>>517
脱藩してから赦免されるまでの間はな。

520 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 19:55:11
つーか、あの時代の志士達は、犯罪上等の価値観で暴れまくったわけだからな。
革命活動を犯罪のなんのという価値観で仕切ること自体が無意味。最終的に
勝った陣営の価値観で負けた側を裁くだけのことだからな。

521 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 20:28:22
>>513>>518

こういうイタイ奴のレスがこのスレの品位と学問的信憑性を
著しく損なっている。

まぁ、こんなこと愚痴っても馬鹿には理解できずに、また
お決まりの逆ギレレスが返ってくるんだろうがw

522 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 20:51:17
↑sageという配慮すらできないこのバカは放置な。

523 :日本@名無史さん:2008/10/22(水) 23:07:02
このスレは別にsage進行であるという決まりもないのに、
文句言う>>522みたいな自己中心的なバカは放置な

524 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 01:50:52
土佐の郷士の場合、他と違って特殊とよく言われるだろ!
もっともそれも幾分、後付けの臭いがするがな(藁)

525 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 01:52:32
一番特殊なのは薩摩だと思うよ。一様正式な武士だろ

526 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 02:07:50
薩摩=純鎌倉風文化?

527 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 02:59:08
マライ=ポリネシア文化

528 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 04:11:44
薩摩は鎌倉時代に朝廷により九州薩摩を納めるために惟宗氏が向かう
宮崎についた惟宗氏が守護に命じられ島津と名乗った。
鎌倉時代〜幕末まで薩摩藩は島津の当主は代わらず島津継承代々引き継がれた珍しい藩の一つです。

529 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 04:19:08
土佐藩は元々地本に住んでいた
長曽我部氏主体の土地柄でしたが秀吉の支配により選ばれたのが山内家長曽我部衆大量虐殺により山内一豊が土佐藩を納めることになった。
土佐藩には現当主山内豊功氏がいますが、
山内家は元々土佐の人間ではなかった為に今だによそ者扱いされるそうです。

530 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 04:41:58
どこでもそんなもんだろ。上田なんて真田マンセーで松平はスルーだし

531 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 04:55:26
先住民虐殺藩は
どことどこの藩?

532 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 05:09:48
土佐藩 大量虐殺は生々しい過去。相撲大会で強い奴らを集め射殺する。

533 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 05:16:10
>>528
>鎌倉時代〜幕末まで薩摩藩は島津の当主は代わらず島津継承代々引き継がれた珍しい藩の一つです。


これ、よく言われるけど違うよ。
貴久以降は別家の継承。

534 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 05:21:26
スレ違い上級武家は関係ないし






っか豪農家のスレだろ個々

535 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 06:17:56
殺魔藩の庄屋は「地頭」といって郷士

536 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 06:28:32
領主と、名主と、地頭と、
地方豪族と、土豪と、地侍と、郷士
の区別がどうも判然としないんです。
どなたか教えてくださいませんか。

537 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 07:35:51 ?2BP(171)

山内よりも最低なのが蜂須賀茂韶の稲田殺し(庚午事変)。
義兄弟筋の稲田の屋敷の襲撃を企図し、計17名を討ち殺し、
重傷6人、軽傷14人、投獄300人余。焼き討たれた屋敷は25棟にも及んだ。
だが蜂須賀茂韶は改易を恐れてしらばくれ、徳島藩士10人が斬首、
流刑27人、禁固刑81人にも及ぶが、結局蜂須賀茂韶への処分は謹慎処分になる。
その後、何と大名華族では徳川・近衛以外で唯一の貴族院議長となる。
しかも、その後に夜盗の本能が出て、明治天皇の机上にあったたばこをパクるという荒業を見せ、
明治天皇から「蜂須賀、先祖は争えんのう」と苦笑される功績をあげる。
その後、自分が夜盗の子孫だということにコンプレックスを抱いた蜂須賀茂韶は
夜盗ではなかったと立証してもらいたいと喜田貞吉という男に調査を依頼した。
だが、その結果は「H侯爵家の先祖はたしかに夜盗であった。
だが夜盗は恥ずべく職業ではないというのを証明してみせる。」といわれたので、
どうにもいかなくなった蜂須賀茂韶は、渡辺世祐という歴史学者を金で抱き込んで、
無理やり自分の先祖が夜盗ではないと証明させる必死さを見せる。

538 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 07:44:33 ?2BP(171)

>>503
藩主と豪農や豪商との結婚はさすがに有り得ない。
明治なら有り得るかもしれないが、江戸なら小藩でも正室は有り得んよ

539 ::2008/10/23(木) 09:55:30
>>505
素晴らしい 素晴らしい エクセレント
私クラスの革命思想家がほれぼれする歴史解釈
君の書いたこのレスは まさに歴史の哲学だよ

真髄の内在を表出した素晴らしい解釈
私クラスの超知識人が認定しよう
君は私と共に社会変革できるほどの逸材だよ


>>521>>522>>523
いいじゃないか 私は 人類はこういった思想と議論のぶつかり合いこそが新たな真実の扉を引き上けた。
日本が近世まで遅れていたのはこれらが土壌が存在しなかったからだ

だから どんどん思想というなの剣を振りかざし、論破し、そこから表出される具現化された社会構造こそが真実ということ。
そもそも君たちクラスなら死のう交渉などかなり曖昧モコな社会表現としての抽象的語源だとわかっているはず。
現代に作り上げられた、体裁のよい歴史観として一般化表現された死のう交渉などに真実はないわけだが、あらゆる資料や見識、知識をぶつけ合い、
悠久の事実を真実として勃興させることは、まさに修羅の道 だがそこにこそロマンとやりがいがある

どんどんとはいわないが、アメリカンのような皮肉をジョークとする中傷は、ジェンタリティーのきほんですよW
これらの皮肉を笑いにかえるセンスもこれからの革命思想家には必要とされているのだと感じるよ


540 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 10:20:16
>>537
天皇相手に野盗の本性発揮かwwwwwwwww

541 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 11:49:49
>死のう交渉 って、ギャグ?

542 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 14:18:06
>藩主と豪農や豪商との結婚はさすがに有り得ない。

農商が娘を側室に差し出すことは会っただろうが。

543 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 14:19:43
郷士とか士分格なんて言っても村方町方の人別に入ってるなら百姓町人だよ
要はどこに籍があるかってこと


544 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 15:54:40
百姓身分から正規の士分に取り立てられた場合は一般的に城下の地面持を請人として人別を送り幕府ないし諸候の帳に記され晴れて士籍となる。
土佐藩の郷士は他藩と違い初めから山内家の郷士としての籍があるから下級とはいえ武士である。

545 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 16:19:32
地面持とはなんですか?
知行地をもった上士のことですか?

546 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 16:23:26
実際郷士と下級武士は、まるで家柄違うよね?郷士は非正規ながら名門豪族の末裔的な雰囲気あるが、下級武士は正真正銘エタと紙一重というイメージしかわかないよね

547 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 16:26:50
>>537知的な漫談だねWすげー笑うたW

548 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 16:36:51
>>546
武士すべてが武士で生活できるわけでなく
浪人か半士半農
傘屋内職する武士もいるわけで

549 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 17:22:05
>536領主≒地頭≒藩主、地方豪族は大まかな区分け、土豪≒庄屋・名主≒地侍は人村程度の支配程度の豪族
郷士は正規の武士が帰農したもの

>546江戸初期の郷士は超名門(苗字帯刀も)、後期なんて金で買うんだからどこの馬の骨だか

550 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 17:44:54
地面持=町人

551 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 17:47:46
現代とかわず武士社会にも階級があるからな


城内入城できる武士やは限られている。


足軽から郷士
足軽=農民出身者で、農民=足軽ですから。


身分は金で買うことも出来ますが、多くは過去実績や藩主仕えてきた名門や由緒ある家柄

江戸時代中期〜後期では武士だけの生活は苦しい。
それ故に藩士の中には副業している武士も多くいた。傘屋職人していた武士もいた。


幕末まで日本での大きな内乱や戦がなかったかね。


武士の本業は戦や領地の管理だから

552 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 17:53:31
郷士でも名門であろうが献金であろうが村方や町方に人別があれば百姓町人。
土佐藩のように新田開発などで取り立てられた半農でも家臣団に組み込まれていれば下級武士。
土佐藩では留守居組(上士)→白札(準士)→郷士(下士)→→足軽の順


553 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 18:11:28
土佐藩
上士や郷士の身分制度がキッチンと別けられた。
何故なら藩主自体よそ者だから

554 ::2008/10/23(木) 19:20:16
>>551
あなたは本当にすばらしいよ
歴史ドクター並みに、えて公でも分かり易く素晴らしいタトエカタで歴史を啓蒙するね

感心するよほんと

私クラスがここまで人をほめることはないけどさ


まー確かに郷士は江戸中期以降は 坂本龍馬みたいなエテ公出自でも平気で郷士をかえちゃうもんな
かたや壬生労使隊の清河八郎ねような超名門郷士もいる

もはや郷士という肩書き格式は形骸化してしまってるしな

郷士という定義自体が江戸バクハン体制下で意味合いをうせてしまったてことだよな

555 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 19:30:19
>>554
郷士は名門とは言わない。
豪農という。

556 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 19:39:43
>>551
何を言わんとしてるのかわからないんだが?

557 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 19:55:03
足軽とは郷士である。

558 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 20:02:25
〉幕藩体制での名主(庄屋)は、ふしぎな存在だった。
〉士農工商でいえば農なのだが、晴れの日には、大小を帯び、武士の姿をする。むろん、姓も公称した。
〉しかも屋敷たるや、小藩の家老屋敷のように大きく、土塀をめぐらし、長屋門などをかまえていた。門を入ると玄関があり、式台があり、また、座敷は書院造りだった。(ただの百姓は、門も玄関も書院座敷もゆるされなかった・・・中略)。
〉そのような容儀からみれば、庄屋(名主)どのは立派な上級武士である。しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである。

ttp://www.kurikomanosato.jp/to-siba14-edo.htm


559 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 20:13:47
>>553
土佐藩の身分制度が厳しかったのは山内氏が余所者だからというのはまったく理由にならないよ
土佐藩の郷士は参勤の共もするし江戸にも勤番する武士でよくある格だけの自称郷士とか苗字帯刀の郷農とは事情がちがうよ
もちろん足軽でもないよ

560 ::2008/10/23(木) 20:25:30
間違えた!>>549
素晴らしいよね
これがまさに知識のルネサンス
知識の啓蒙
知識を哲学しちゃってるよね

素晴らしいよね

こういう意義あるレスは私も啓蒙されちゃうよね
>>551
いみわかね

561 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 20:26:55
>>559
しかし、260年の江戸時代武士など必要ないだろ
わざわざ武士にならなくてもな

562 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 20:29:01
同性同名の農民ですが質問します。

(丁と町)の違いについてお教えください。

563 ::2008/10/23(木) 20:36:54
>>557
は?なんで足軽が郷士なん?確かに江戸初期 場所によっては足軽が地元に帰り、郷士格をもらったケースもまれにあるようだが、
基本は郷士とは、例えば改易大名家も郷士ですよ
あとは関東でも 土豪以上の豪族クラスは、関東では郷士になってる

場所によっても郷士の意味合いやら定義は確かに違う
おそらく外様地と天領譜代地でも違う
関東は 徳川が入府したといっても関東はもともと徳川ゆかりの武士団はいない。しかも大豪族もいないが、土豪地侍は日本屈指の数はひしめきあってたはず。

刃向かうものもいないため豊臣征伐までは野ざらしですよ

しかしこれら中規模以下の土豪地侍は郷士として保証した。要は庄屋や郷士は名誉職
基本土豪は郷士 地侍は庄屋 といった感じでしょう

しかし外様地のような島図のような代々古くからの世襲地域は、 郷士への意味合いは下等な輩の下級武士に、半農半士という契約型にしたのかもしれない。
要は左遷人事なのかもしれない



564 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 20:50:52
↑極少数派だろ
特定苗字さぐればわかるが、
大概同姓の農民だろ。
同性なら名前だけ替えれたからな。

565 :いのっぷ ◆EW4r9yZWwk :2008/10/23(木) 20:51:20 ?2BP(171)

じゃあ逆に問うが江戸時代の藩主なんて徳川以外大抵余所者ではないのかな?
当時征伐を後回しにされた東北と九州には徳川に降伏した土着大名が多いが
畿内、四国、中部、関東などは天下を簒奪できる位置なので殆どが余所者なわけだが。

566 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 21:00:13
とりあえずおまえそのキモイ絵文字なんとかしろよ

567 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 21:17:18
>>563あのーーー基本的な事なんですが関東(天領・旗本領)に郷士は
いませんよ。。。例外は上州ぐらいかな。

 関東の郷士は八王子千人同心が有名だけれども最近は郷士とは言わないよ。
郷士ってのは兵農分離が進まなかった地域にのみ存在するものなんですが・・

568 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 21:19:21


569 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 21:20:37
あ 反乱

570 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 21:31:25
あ 返事が遅いぞぐぐってんじゃねえぞ

571 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 21:34:00
あ 焦りまくり

572 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 21:42:04
>>549
どうもありがとうございました。
著者やサイトによって定義がまちまち。
素人は困惑してしまいます。



573 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 21:45:24
>>567
天領でも郷士はいるよ。
駿河朝倉とか。

574 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 21:59:15
>>538
あり得ない? 一体何を根拠に言ってるの?

例えば、常陸国那珂郡の旧家・豪農の鈴木家は
水戸藩主・徳川光圀の娘を室に迎えているが。

575 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:06:00
>>574
没落貴族となり金の組み合わせ。
いつの世にも、稀にあるものですね。w

576 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:08:29
>>567
水戸藩領の郷士制度は有名だろ?
大掾家、佐竹家などに臣従していた小領主・土豪層が
郷士として取立てられている。江戸中期以降は献金による郷士
が増えるが。

577 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:09:03
そりゃ八百屋の娘だって将軍家に輿入れするくらいだからな。
まっ、そうなりゃどれも一緒だわくらいの気持ちになっちまうんだろうなw

578 ::2008/10/23(木) 22:09:51
いや違う
今俺は冗談抜きにコンビニのばいとしながら携帯打ってるから時間が遅くなった
いいか 確かに郷士とはいわず御家人格だが、しかし茨城や上野でも普通に郷士と呼ばれてますよ
呼び方の問題じゃない 格は郷士だ
関東の改易大名家本多家も郷士になってますよ
しかも兵農分離が進んだ進まないだけが郷士の由来でもない
それはあくまで一側面だ
関東は譜代地と天領がほとんど。しかし関東土豪地侍は中世よりの荘園型支配がはびこっていたため、
中部以南の戦国型兵農分離がなされていた地域はあまりなかったので職業武士という意味合いが薄い、乏しい地域
だから土地を守る=荘園領主

という庄屋や郷士が一番ニーズ似合った保証だったんですよ
しかも徳川にもそれが都合がよかった

郷士は関東にはいないなんてデタラメもいいとこだ

579 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:13:40
>>575
江戸中期の水戸・徳川家は没落貴族なのか?その認識おかしくないか?


580 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:15:51
八王子千人同心なんてマユツバだと思っている俺が通りますよ

581 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:17:31
>>水戸藩については詳しくは知らんが昔、水戸藩は佐竹旧臣の慰撫と
有意の人材登用の側面から郷士を作ったと聞いた事があるから・・・
途中から作ったんじゃないの?

582 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:22:11
>>578昔風の解釈の人だね
 幕末期に浪人と称して悪事を働く無法者が多かった為それまで浪人と称していた
人々が郷士と名乗っただけ。唯それだけ。

583 ::2008/10/23(木) 22:26:30
>>581
いや、初期から郷士は茨城には多いですよ

茨城はそのとおりで、佐竹有力家臣団が存在し、下野上野には地侍土豪が多い


584 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:31:17
普段は、荘園領主の末裔だの、
譜代の小藩なんか目じゃないだの言ってる輩が
>>578
>今俺は冗談抜きにコンビニのばいとしながら携帯打ってるから
・・・

マジワロタw

585 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:32:25
「国史大事典」に書いてあるように「郷士」には大雑把に言って2類型ある。

@ 正式の藩士で、半農半士の生活をする階層。大抵は下級武士。
  薩摩藩の郷士や、米沢藩の「原方衆」と呼ばれた下級藩士たる郷士
  がその例。

A 本来、藩士ではないが、旧・領主階級であるなどの由緒や
  富裕さによる献金等によって士分に列せられ「郷士」とされた階層。
  金があるのはこちら。

@とAは全然別のタイプの人々。両者を混同するからややこしくなる。
八王子千人同心などは@に近いタイプだろう。

586 ::2008/10/23(木) 22:33:43
>>582
いえ、例えば坂本のようなエタ侍浪人が郷士などと呼べたのは幕末だからですよ。もはや公儀が機能しなくなっていたから許されたまで。
江戸初期中期に郷士だのと簡単に法螺ふける時代ではないですから。
しかも坂本のようにだっぱんして郷土を離れた不貞労使は確かに幕末にでも郷士だと嘘八百が通用しただろうが、
いくらなんでも郷土在住で、郷士だと法螺ふけてた事実を教えてもらいたいね


587 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:34:13
あ 成り金でよくねぇ?

588 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:37:00
>>584
俺の親戚に某伯爵家の末裔がいるが、そいつ30代ニートだよ。
今の時代、何ら珍しいことではない。

589 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:38:10
あ 坂本龍馬ってwww
脱藩したからエタ以下じゃないか?

当時脱藩は 家族(縁者)死罪じゃないか?


龍馬はエタ以下じゃんwww

590 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:43:55
坂本竜馬の家系はもとは小商人で金で郷士の地位買ったって本当?
それにしちゃ貧乏臭すぎるんだが

591 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:45:35
関東では、水戸藩士より、千葉介の末裔の庄屋様のほうが教養はあるし
人格的にも優れていたから慕われていたのではないかな?

592 ::2008/10/23(木) 22:48:18
>>584
確かに悔しいがフリーターだ。それは認めるが、一族は 江戸初期ならまじ陣や大名家ごときならつぶせますよ。
なんら間違えたことなどいってないですし。
ただ私は馬鹿だからフリーターなわけじゃない
高校は関東有数の進学校卒だ。人には時代に馴染めないというか、不幸にも時代にそぐわない場合がある
それが俺なのかもしれない

私は時代を超越しうる革命思想家。なにもかもの仕事があほらしいく思える。

笑い事ではないよ。過去の偉大な革命家や哲学者、歴史家、支配者だって、現代ならただの池沼、基地外、犯罪者、社会不適合者、人格障害、ニート、引きこもり、変態 ・・だらけだろ実際



593 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:55:08
そういや織田信長を「反社会性人格障害」の例として挙げている本(著者:精神科医)あったなw

594 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 22:58:45
はいはい、自宅警備員さん。脳内お大事に。

595 ::2008/10/23(木) 22:59:55
>>590
坂本にかぎったことじゃない

デランメイの勝慎太郎事態がエタ野郎でしょ
三代前の祖父は検校だが、盲目がエタ商売で財を成してかった男谷成興により成り上がった最たる例
案の定維新後、阿部慎太郎のようなハナタレのようにナルシスト自伝書だらけを書き残す

大体金で買った成り上がりやろうにろくな奴がいない
なにしろ旧体制に憧れていたくせに、旧体制を僻み、ぶち壊す破壊者



596 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 23:00:03
(あ) よ



まずは正業につけ!

話はそれからだ!

597 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 23:06:39
あ庄屋はただの出来損ないか
もしくは失敗作


598 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 23:09:59
>>585のAの郷士にも
土豪系の「家柄」郷士と
新興の「献金(成金)」郷士
この2タイプがあるということだね。

599 ::2008/10/23(木) 23:21:48
俺は革命により人類を覚醒し、構造的変革による社会粛正をしたい
そして綱紀による社会統制により、世界を社会変動により、本来の適切な在り方に導く
そして真の意味での進化と適応を革命によって具現化したい


ただそれだけなのに、流れ作業の理屈のいらないクソ仕事の駒などになってらんないよ

死にたくなる 俺は偉大な革命思想家なのに。昔に生まれてりゃ歴史になを刻んでたのに。

生まれる時代をまちごうた 情けない 崇高な革命遺伝子をもちあわせてるのに、やってることは工場の駒扱いなんて。

社会を混沌に導いてやりたいよ 成り上がりの出自不詳の小作成金蔓延国家は、規範の無くなった守銭奴社会で懲り懲りだよ

ひとつたりとも、中世日本のように、私のような高貴な志士と資質を持ち合わせた気概のある革命遺伝子家などもはや在日天領と化したクソ日本からは伺えない

悲しすぎるよ

600 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 23:31:29
>>599
はい、貧乏庄屋嘆きですた。

601 ::2008/10/23(木) 23:31:39
>>598
関東はその家柄郷士が多く存在してるよ
さらに庄屋でも、在地代官に任命されたり本陣になったりしたら郷士格とされたものも多い

天領系は あまり金で買った郷士が多くは存在しない
結構厳しいはずですよ関東は。

地方外様風情の藩には、なんだか不貞なクソやろうが郷士格というのはよく目にするが。
特に維新あたりの西南諸般にはほんとうに、渡世人郷士やら渡世人藩士が割拠してる例が多いよ
しかし関東は幕末といえど、身分的ヒエラルギーや、階層変動の解離性は、意外に一定に保たれてる


602 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 23:36:35
>>601
土地や資産までない庄屋www

603 :日本@名無史さん:2008/10/23(木) 23:37:27
止まらない自演w

604 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 00:12:21
なにもわかっていないですねあなたたち
江戸幕府や近世幕府は 封建体制化の政治主体と考えているのは間違えだと言っている
いいか 幕府をみらば 大名と言う名の武士間での面子での儀式を政治と勘違いしてるなら大間違いということだ
それは政治ではない
実際 藩をみても 村村の政治に直接介入しているわけでもなく ただ税収でくってるだけなのは政治主体とはいわない
実質藩政というのをみらば 政治と示せる内容などほぼ皆無
ただ 母体としての存在価値が武士や藩等 に意味合いを無理やりおいているだけで、米沢藩のような 民のための殖産興業に乗り出した藩はごく少数
大半はただ税収を搾取しているだけの封建時代のショバ代徴収しているだけの存在だ
実質村村は庄屋が全ての総としての町社会を独立て運営しているわけだ
町民 は 都市部は大阪などをみればわかるが ほとんど無法地帯
まー日本社会は無法ではあるが それでも 町民は 今と変わらずのびのびと犯罪やら生活やらを桜花している
藩と幕府は実際 家どおしの交際して面子のための組織に過ぎない
日本史をかたるなら 庄屋の歴史こそ真の歴史ということだ

↑天才スグル


605 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 03:35:08
>>604
町の自治会長さん 快調ですな自演スレ


606 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 03:36:59
>>590
坂本家は新田開発で山内家に新規の郷士に取り立てられた。
実戦部隊の中核をなす階層

607 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 07:51:12
あ庄屋ほどの情けない負け犬は初めて見た
赤の他人なのに情けなくなるな

608 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 16:27:46
皆さん、「あ=庄屋」の正体分析できました。
関東の進学高校=マーチクラスに7割程度受験する普通の高校
「あ」は大学をあきらめて専門学校に進学しました。

専門学校を卒業し歯科技工士になり、歯科技工所に一応、超低賃金で就職
しかし、その技工所でも「下手くそ」「使えない」のレッテルを貼られ退職。
一時ニートだったが、現在、コンビニで働いてる。

こういう人生を逆恨みして、自分の家系の過去を過大に思い込み
「庄屋は昔、地位が高かかったんだ」と自説を垂れ流している。
また、日本に革命でも起これば「きっと自分は今の状態から抜け出せる」
と誤解しています。
そのうち、東京で革命を叫んでテロを起こすでしょう。

これが彼の正体です。「あ」違うところあれば反論してみな?

609 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 21:17:43
成金郷士で結構じゃないですか、ただ先祖の余光に縋っているよりも、
自らの才覚で身代を築き、献金によって藩財政の一助を担う。
よほど「御用達」として御家の役に立ったでしょう。


610 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 22:24:40
>>604
スレから外れてしまう上に
揚げ足取りと見られかねないが・・・
内容には関心がないが、
どうも日本語の不適切さが気になって仕方がない。

相手が解っていないと言うなら、判るような日本語を使わなくては。


●わかっていないですね→わかっていませんね
●間違えだ→間違いだ(間違えは動詞の語幹)
●江戸幕府や近世幕府は→江戸幕府や近世幕府が
●幕府をみらば→幕府をみて
 見らば:切らばなどからの誤用だろうが活用が違う(五段と下一段)。
●大名と言う名の武士間での面子での儀式
 →大名(となった武士)の面子しか考えない遣り取り?
●実際 藩をみても→藩にしても
●実質藩政というのをみらば 政治と示せる内容などほぼ皆無
 実質的な藩政を見ても、政治といえる内容は皆無に近いことが解る
●存在価値をおいている OR存在価値がおかれている
 意味合いを:存在価値と重複するので不要
●実質村村は庄屋が全ての総としての町社会を独立て運営しているわけだ
これは村の話?町の話?
 →実質的には、村々は、庄屋が全ての総となって独立運営されている社会だ
 →実質的には、村々では庄屋が全ての総となり、町社会も独立運営されている
●町民 は 都市部は大阪などをみればわかるが ほとんど無法地帯
 →町民についていえば、都市部ではほとんどが大「坂」のような無法地帯
●町民は 今と変わらず→当時の町民も我々と同じように
●桜花している→謳歌していた
●藩と幕府は実際 家どおしの交際して面子のための組織
 →実際、藩と幕府は家の面子のために交際をしている組織
●家どおし→家同士(どうし)

611 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 22:30:01
暇人丸出しだな

612 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 22:34:57
まぁ金持ちは2ちゃんやるくらいなら日経新聞読んでるしな

613 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 22:51:50
寄らば斬る。
今宵の虎徹は血に飢えている!

614 :日本@名無史さん:2008/10/24(金) 23:34:34
あ庄屋は朝鮮血入り

615 :日本@名無史さん:2008/10/25(土) 02:00:43
しかし、あ の誤字探しって意外性があって結構面白いよ。

616 :日本@名無史さん:2008/10/25(土) 02:55:07
自演丸出しですな

617 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 14:44:21
しかし、福沢諭吉のような下級武士でさえ、武士ということで帯刀して
留学までできた。庄屋ではどうあがいても不可能。全く境遇が違います。

618 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 15:12:24
 自費でいきますが何か?

619 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 16:14:59
>>617
逆を言えば下級武士でも苗字帯刀が許されてるのに、庄屋のような中世以来の土豪が許されるはずもないと考えるのは馬鹿の発想だろう
突っ込まれたかったのか?W浪士や渡世人ですら帯刀してる時代に、庄屋屋敷には武具がわんさか置かれている家が多数なのに、庄屋が許されるはずもないという根拠は?
一体なにを勉強してきた?歴史の教科書ではなく歴史の史書を読んでるかい厨房w

620 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 16:22:12
>>617-618
当時は海外渡航が解禁されていなかった。
武士の福沢にしても、1回目の渡米のときは幕臣の従者の扱いだったし、
幕府の視察団に参加して上海に渡航した高杉晋作も同様。
(福沢はその後、幕臣に採用されたから2回目以降は公務で海外渡航できた)

一方、名主・庄屋クラスの者でも、上記の幕臣の従者という形式で渡航は可能。
小栗上野介の所領の名主も、小栗の従者として渡米した。

621 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 16:30:15
>>619
武州多摩はその手の豪農がわんさといる。
幕末、多摩一帯を支配していた伊豆韮山代官の江川太郎左衛門は「農兵」を組織したが、
その中心となったのは名主・豪農ら有力農民の子弟だった。

慶応期に多摩で貧農たちが一揆をおこしたとき、幕府の手先となって鎮圧したのはこいつら。

622 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 16:33:22
>>617
それなら、福沢や伊藤、大久保、木戸、井上、高杉、板垣、
ここらの有名どころは中級、卒、足軽クラスだがこれらの屋敷と、壬生郎死体の清河家の屋敷比べれば、藩家老宍戸等屋敷と比べどちらが格式上かわかるだろ。
清河家は中世以来の常陸辺りの土豪。その後庄屋兼郷士として君臨。水戸家家中ではないが、屋敷や格式、知行地はまさに家老や旗本を余裕でしのぐ
しかし家中でもなければ武士というくくりでもない。だが、中世土豪地侍の末端家であり、気風や気概はまさに名門家。
下級武士という、武士とは名ばかりで、家中分限帳からも削除されてるような糞身分が偉いなどと、見ていて恥ずかしいですよ。
家中扱いされていないなら、庄屋や郷士と同一線上で競うなら歴然とした結果がでますよね?
いつまでも家中扱いや藩の士などと幻想抱いてるのやめたら?いつ、藩や家中は下級武士を責任の範疇の士として認めてるのか教えてくださいよ
時代の流れで、安政前後から町人やら下級武士が政治に口出すようになっただけで、安政から慶応くらいだろ実際下級武士が家中と扱われたなんて。
なぜなら下級武士なら、多少の逸脱も、いつでも薩摩の寺田屋のように、切り捨てられる容易な存在だから。決して下級武士を尊重してではない。
あくまで、足軽と同じ身軽であり、容易な存在であり、いつでもお払い箱にでき、放任しても、さほど藩に責任転嫁されずらい
こういった利点での登用。勘違いするなよ。

623 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 16:37:17
それでも豪農は所詮、百姓だけどな。

624 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 16:42:29
大体 教科書などには伊藤博文まで長州藩下級武士出自とかかれてる始末。明らかに伊藤のような家が、長州藩公認で藩士とされていたわけではない。下級武士なんていう曖昧な契約社員身分が、 藩士と名乗ること事態間違えてる
下級武士が武士扱いなら、まさに庄屋や郷士まで武士身分、藩士として名乗らせてもらわねば困るんです。身分をわきまえてほしい。下級武士の親戚なんて小作ばかりじゃないか。
庄屋や郷士は親族は藩上士や旗本、郷士だらけだぞ。身分をまきまえてもらいたいんだよ下級武士という輩には。勘違いにも甚だしい

625 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 16:55:29
>>623
そもそも豪農が地方荘園領主だろ。戦国期の混乱なければ、下級武士なんていう存在はありえない。
豪農は農家と分離して考えてるのが間違えているですよ。豪農はなぜ豪族農家なのか。。
それはそれだけの土地を持てる財力と由緒、そして武力があるからなせるもの。ただ身一つで仕官してるだけの中級武士クラスなど何もないくせに!
下級武士にいたっては論外だが、豪農でも格役上位の庄屋郷士は、まさに農家ではなく領主だろ実際。農家じゃないだろ。近世も中世も半農藩士と言われる地侍土豪豪族だが、いつ桑もって畑耕してる?
江戸期もテナントファーマーですよテナントファーマー!農家じゃないでしょ実際。農地を運営管理してるだけなんだから。

626 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 16:57:52
まあ、そういう身分制度の固定化に伴う矛盾が倒幕の原動力に
なったことは確かで、明治維新により、有能な下級武士や武家
より経済力のある庄屋が明治以降台頭することになるのです。



627 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 17:18:24
伊藤は長州藩士だよ

628 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 17:27:49
>>625
バカですね〜
それ領主じゃないよ

629 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 18:00:20
伊藤は農家ですよ。小作です

630 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 18:03:08
>>628
毎度お馴染みお騒がせ野郎
無駄な長文>あ庄屋だろ

庄屋はただの町人です。

631 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 18:19:00
>>627
ほらみろ!伊藤博文を藩士と呼んでしまう今現代の価値観は、奉公人より格下の貧農だった伊藤博文まで長州藩士としてしまうほど意味合いが間違えすぎだよ
いいか、伊藤博文を長州藩士と呼べるという根拠を教えてくれ。維新後諸侯爵位に列せられた理由以外で。
伊藤を藩士というならジョン万や渋沢、西周やら新撰組、蘭学者まで全部直臣御家人旗本といわざるを得ないだろうな

632 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 18:24:29
〉幕藩体制での名主(庄屋)は、ふしぎな存在だった。
〉士農工商でいえば農なのだが、晴れの日には、大小を帯び、武士の姿をする。むろん、姓も公称した。
〉しかも屋敷たるや、小藩の家老屋敷のように大きく、土塀をめぐらし、長屋門などをかまえていた。門を入ると玄関があり、式台があり、また、座敷は書院造りだった。(ただの百姓は、門も玄関も書院座敷もゆるされなかった・・・中略)。
〉そのような容儀からみれば、庄屋(名主)どのは立派な上級武士である。しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである。

ttp://www.kurikomanosato.jp/to-siba14-edo.htm

633 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 18:32:47
>>625
江戸期もテナントファーマーですよテナントファーマー!農家じゃないでしょ実際

お前
「テナント(ファーマー)」って
「小作人」の意味だぞw!
ちゃんと辞書で調べてから物を言えよw

あの世で「ご先祖」が泣いているぞw

634 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 18:43:16
>>631
長州藩て長州藩士の戦術より農民町民商人なる奇兵隊が強いし伊藤博文は現代とかわらない学術登用


>>632
相変わらず庄屋はコスプレかwww身分わきまえたまえ

635 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 18:46:10
慶応期に多摩で貧農たちが一揆をおこしたとき、幕府の手先となって鎮圧したのはこいつら。

636 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 19:11:19
>>635
奇兵隊 vs 新撰組 では
奇兵隊の戦術が実戦むき 新撰組は旅籠など酔い潰れた連中を斬るだけで
実戦むきではないのであまり強さがない。

多摩の豪農家→薬売員→服販売員→壬生浪士組→新撰組→北海道(蝦夷)左遷闘死 土方歳三だろ!

637 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 19:13:23
佐藤彦五郎
佐藤芳三郎
小島鹿之助
谷合弥七
青木正太郎
鈴木平九郎
富沢政恕
相沢伴主
井上忠左衛門
石阪昌孝
橋本政直
清水左衛門

638 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 20:04:50
君たちさ、篤姫みるたびに薩長に腸煮えくり返らないか?

639 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 20:12:23
>>636
それは次男坊以下だからだろ。上佐藤家は名門だぞ!それに彰義隊とて次男坊以下はなにをやっても許される程度の存在価値だろ!下級武士の次男三男に至ってはもはやそれ以上に論外だろ

640 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 20:24:13
伊藤博文は勅選貴族院なのですか?

641 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 20:46:07
伊藤博文はある意味、明治版下克上で総理大臣の地位を得た。
あれから百年、また、目に見えない階級差が出来上がりつつあります。

642 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 20:47:06
日野佐藤家は苗字帯刀ではない

643 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 20:49:21
伊藤俊輔は長州藩士だよ

644 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 21:30:48
佐藤家のように旧甲州街道筋ではいちばんドでかい家でも苗字帯刀でないとはなw
総代名主や寄場名主といった地方役のトップをどれほど勤めていようと、やはり「百姓」という扱いなんだな!


645 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 21:49:44
苗字帯刀が許されても百姓は百姓だよ

646 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 21:53:08
苗字帯刀=士分じゃないの?

647 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 21:55:30
>>646
そんな嘘話誰から聞いたの?

648 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 22:15:46
テナントファーマーは日本で言う小作人じゃなく、
大地主から広い土地を大きく纏めて借地して農業労働者を雇って企業的農業を営む者のこと。

649 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 22:26:00
そういう連中は、ブルジョワファッションで小洒落た馬車に乗って地主(貴族)の城館を訪問し、
小切手で小作料(ていうか借地料)を支払ってたとバルザックが描写している。

650 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 22:58:01
関係ない

651 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 23:26:52
日本では大借地農ってのは現れなかったな。

652 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 23:35:54
>>648
いずれにしろ>>625のテナントファーマーの使い方はおかしいってことじゃんw

653 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 23:42:51
要するに、領主と実際の耕作者との中間的存在という立場を、

大名・旗本などの封建領主=貴族などの大地主
庄屋・名主などの豪農=テナントファーマー

と言いたかったんだろ。全然別物だけど。

654 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 23:48:12
佐藤家は苗字帯刀だろ

655 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 23:49:04
>>647
「あ」から聞きましたw

656 :日本@名無史さん:2008/10/26(日) 23:52:34
いや普通に日本の小作農を英語に訳す時は「テナントファーマー」使うから。
グレゴリーペック主演の「マッカーサー」という映画を見てごらんよ。
戦後まもない日本の小作農のことを「tenant farmer」と言っているから。
因みに農地解放の為に小作農のリストを作成してる時のシーン。

657 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 00:07:19
日本の平均的農業経営規模じゃ farmerとはいわない。

658 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 00:10:48
>近世も中世も半農藩士と言われる地侍土豪豪族


そういうのは太閤検地で潰された。
既得権のため逆らった肥後の地侍などはせん滅された。

659 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 00:11:26
江戸幕府初期は小農主義。

660 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 00:17:43
信長は重商主義

661 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 00:33:46
日本の平均的住宅規模じゃ houseとはいわない。

日本の平均的庭規模じゃ gardenとはいわない。

日本人の平均的体格じゃ human beingとはいわない

・・・

662 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 00:40:18
>>653
豪農業家
庄屋カントリーファーム
カントリーロードー♪

663 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 01:04:32
 いや、まあ徳川幕藩体制は三河、美濃出身者で大部分を占めていて残り
大部分は島津、毛利、伊達等田舎過ぎてるとこの手付かずの領主
そして残り滓を土地土地の土豪が取り合ったのだから本来武士であるべき
家が農民に位置づけられてしまったのは運が悪いだけではすまなかったのでしょ。
其の為に名誉的な庄屋というのを作ったわけ・・・そこの不満も多くあるわけでしょ。

664 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 01:09:41
>>663
庄屋の結果農民www

665 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 01:17:25
〉470: 2008/10/20 10:43:17
自分から進んで百姓になったのに、逆恨みして自分の家が家格が上だなどと
寝言をほざく馬鹿。



666 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 01:26:24
>>665現代に置き換えると
一万坪程度の小作地と千坪の家があって、これを捨てて狭い官舎に移る。
しかも戦国期を過ごしたので徳川幕府がまさか260年続くとは思わなかっただろうな。

667 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 02:06:37
>>666

農村の歴史
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1150561857/

(農村(庄屋の歴史)

668 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 03:23:13
なんか庄屋の話ばっかりだけど
同じ村内で名主が苗字も帯刀も許されていないが
名主役には就いていない豪農が苗字帯刀や武家の家来分として遇されていることも多いよね

669 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 18:21:36
日野宿は苗字帯刀が許されてないということだが、それを庄屋一般の話として論ずるのは間違えている。
常総、常陸、水戸、上野、下野、蜂方、大槻、あたりの庄屋はほとんど苗字帯刀ですが?また東北の旧世以来の諸藩の庄屋も苗字帯刀ですがなにか?
日野の例だけ取って、庄屋でもない豪農程度が苗字帯刀許されてないという一例を、あたかも庄屋一般論とする卑しき根性は、まさに家畜野郎ということだ!

670 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 18:25:38
>>658
後進地帯の南部とか津軽には、名子・被官などの隷属民を抱えた豪族的な農民が存続してたというが。

671 ::2008/10/27(月) 18:38:11
>>658
それは違うよ
対抗検知は 尺度の変更により従来よりさらに重い課税を無意識のうちに加算されるような仕組みを猿は悪知恵でやっただけ。
俗に言う兵農分離なんて真っ赤な嘘。対抗や、その譜代地では奉行格が直に土地測定や兵農分離を断行してることから、近畿あたりはそれなりに兵農分離は進んだ。
だけど 外様や関東以北はあくまでそれら兵農分離やら土地測定は諸大名に委任してるんで、大名によりまちまち

また 秀吉も 地侍や土豪には 庄屋になる武士として城下に移るかきちんと希望性をとってるんですよ。
だから徳川も 譜代家のように、武士団が少ない関東譜代家諸侯には現地の地侍や土豪を上士格で召し上げた。また帰農を選択したものは庄屋郷士として、中世封建的割拠軍閥を終わらせた。

いいか 大体、陣やクラスの大名家は本来の直臣武士団はわずか十名から二十くらいの侍大勝クラス
しかし藩士はおよそ五十名前後 他の増えた上士藩士はこれら地元の地侍を現地調達したものだ
対抗検知で地侍土豪が全滅され兵農分離がととのったなんて日教組教科書を丸飲みしてるどアホは まず お勉強してから書き込めや このタワケがW

672 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 18:41:06
はい
あ先生

673 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 18:42:25
で、自ら好んでドン百姓の親玉を選んだ百姓の末裔が何を吠えているんだ?

674 ::2008/10/27(月) 18:57:14
自ら選んだが、負け犬なんかじゃない

中級武士よりよほど格上だという庄屋の現実を申しておる

上士と庄屋が実質の藩の 支配者だよ
そもそも庄屋は 拡大解釈すれば 麻生庄屋はもはや大名だろ。藩主だよ
我が一門もまさに大身旗本だよ
旗本や大名クラスの庄屋がなんで農民に勝手に区分するんだ?間違えている
それこそが日教組の諸外国への体裁日本史だというとる
実際は 庄屋はまさに家老か上士 いや、一部は大名でもあり、そうでなくとも郷士という名の豪族だろ江戸時代でも!

675 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 18:58:13
あ先生は武陽です

676 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 19:01:27
郷士の家でも庄屋になった途端に身分は百姓。前に教えてやったろ。
身分は武士以下、経済レベルは豪商以下。中途半端な存在だなオイw

677 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 19:05:22
庄屋は農民です。
一門とは言いません。

678 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 19:20:18
〉幕藩体制での名主(庄屋)は、ふしぎな存在だった。
〉士農工商でいえば農なのだが、晴れの日には、大小を帯び、武士の姿をする。むろん、姓も公称した。
〉しかも屋敷たるや、小藩の家老屋敷のように大きく、土塀をめぐらし、長屋門などをかまえていた。門を入ると玄関があり、式台があり、また、座敷は書院造りだった。(ただの百姓は、門も玄関も書院座敷もゆるされなかった・・・中略)。
〉そのような容儀からみれば、庄屋(名主)どのは立派な上級武士である。しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである。


≫しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである

≫しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである

≫しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである


ttp://www.kurikomanosato.jp/to-siba14-edo.htm

679 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 19:25:08
庄屋兼豪商あるいは庄屋兼商人というケースも多いんでないの?

680 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 19:26:15
本間とかか?

681 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 19:54:56
庄屋なら豪農と言うべきだな。

682 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 20:30:11
在郷商人である豪農と三都など都市部の豪商との違いは、金を稼いで
使い道があるかどうかという点が大きい。都市に住んでいればいくらでも
消費すべき商品があるが、田舎では格式のために建物に金をかけられず、
骨董も目が養われないからガラクタばかりを集めることになり、仕事でも
するしかないという生活になる。これは戦前くらいまでの地主でも同じ。

683 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 20:34:14
あ庄屋がただの構ってちゃんだったら
そう考えると勃起してしまいます

684 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 20:39:59
ウサ晴らししたいだけというのが実際のところだろう。

685 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 20:50:05
>>674
ただの農民ですってw

どこの藩のこと?

686 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 22:01:09
結局、庄屋や名主は、武士としての身分を持たない百姓でしかなかった
ことにがっかりされている人が多いみたいですね。かわいそす。
しかし、真実は真実としてしっかり受け止め、いまは時代が違うのだか
ら、気を落とさずに頑張ってほしいものです。


687 :武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s :2008/10/27(月) 22:36:28
先祖の話なんかする奴、最低の非力男だよな
現実にすべき仕事やるべき事柄がなんもないからイイ若者がそんな年寄りじみたくだらないこと血道あげんだよ
生活力が全然ない奴だよなまったく
関わりあいになりたくないって感じ

688 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 22:41:05
わざわざ専門の立場から 気軽な書き込み罵倒するのもどんなものかな
武陽子ちゃんw

宗教板おいでよそのコテでw
潰してあげるからさw

689 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 22:43:11
武陽隠士って奴も下品で頭悪そう。
しかも、貧乏くさい。

690 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 22:46:40
>>689
塾講師かなんかの年増女でしょw

691 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 22:47:06 ?2BP(171)

武陽隠士の先祖は貧農

692 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 22:48:56 ?2BP(171)

>>671
というよりもあさんは土佐の庄屋を僭称してるの?
上士って観念は土佐にしかないよね。

693 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 22:48:57
>>691
無宿の人足と年季明けた岡場所の女郎の子孫でしょ
で家が貧乏で学費 風俗で稼いでいたから怨念がたまってるって感じw

694 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 22:53:50
渡辺直美似の元風俗嬢

695 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 22:54:59
>>687
>関わりあいになりたくないって感じ


だったらスルーしとけやヴォケ! ( ゜д゜)、ペッ

696 :武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s :2008/10/27(月) 22:58:44
>>693
わははっははっははっはー、いいぞオモしれエー
しかしこの怒りよう、私のレスは図星だったんだなーw

697 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 23:00:59
>>692
>>608

698 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 23:02:38
うんにゃ
しばらくロムってたけど武陽子ちゃんが痛々しくってw

専門みたいだけど 専門外の人間が気軽に書き込んだないよう罵倒するなんてw
見てられませんがなw

699 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 23:11:41
でもいいじゃんか
村にいられなくなって駆け落ちして 取り締まりにおびえながらも
人足稼業で小金貯めて 年季明けた馴染みの安女郎と裏長屋で所帯持った
そんなご先祖のお陰で武陽子ちゃんがいるわけだろうからw

三流大学で三流高校の教員にもなれなくても にちゃんで鬱憤晴らさずに
孤独な独身女の生涯を自信を持って終えてください

700 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 23:13:07
「江戸時代の庶民にも名字があった」説は
「昭和26年(1951)の洞富雄の発見」だそうだ。
洞富雄は朝鮮戦争は韓国側から攻撃したとか、南京大虐殺で
日本は極めて残虐だったと主張した人だ。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1119614471

ところが柳田国男は1911年にこんな話を書いている。
柳田国男は1875年生まれで、新姓の事情について知らないわけがない。

http://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/sato/0705/sa_705_070531.htm
愛媛県の宇和島市へ行ってついに念願を果たしてきた。話はこうだ。民俗学者の
柳田国男が1911年(明治44年)に書いた「名字の話」に愛媛県南部の漁村では、
住民の名字に魚の名前をつけたことが書いてある。

洞のホラに騙されている人が結構いるんだな。

701 :武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s :2008/10/27(月) 23:14:13
>>698
いやんなんだよ
変な微妙な階級差でバカみたく血道上げてる根性がさ。
それも大昔の血筋話w
ヒマジンの老人のルーツ探求なら分からないでもない(実際多いし)。
あんまり男らしくねえ奴ためのスレだと思うよ

702 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 23:19:09
それは武陽子ちゃんのご両親やおじいさんなんかが先祖を恥じて
貴方に話さなかっただけでしょうね
べつに恥じることないのに
ひいおじいさんのころまでは東京の鮫ヶ橋?あたりのスラムに住んで
売りに来る残飯で過ごしていたことくらいたいしたことないのにw

地方とかでそれなりの家の場合 祖先の話とか普通に聞くし 気軽に話題にも出るのよ
武陽子ちゃんには縁遠いかもですけどね

703 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 23:22:21
坊さんに名字つけてくれって大勢で押しかけたら
最後の方はネタ切れで適当な名前つけられたんだってさ。

704 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 23:23:00
ていうか宗教板おいでよwそのコテでw

武陽子ちゃんが本当に知的なら畑違いの話題でもきちんと議論できるでしょ
ここで素人やら初心者罵倒できるだけの頭脳があるのか
ゼヒ確認させてくださいね

じゃw

705 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 23:24:19
>>703
それって田畑もっていない作男とか 零細な連中じゃ?

706 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 23:29:23
662 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2008/09/21(日) 16:04:55 ID:eRDOIcsB
社会人なるまでは部落民、在日を差別している連中を軽蔑しきっていた。
でも社会人になってから考え方が変わった。というよりも自分の認識が
甘かったことを思い知らされた。
俺は今損害保険会社で大阪府内の自動車事故の対人査定、示談交渉の仕
事をしている。無茶な要求をするやつ、偽装事故を企てるやつ、ありも
しないことをでっち上げてクレームをつけるやつ。ほぼ例外無く被差別
部落に住んでいる連中だ。ややこしいとかいうレベルを超えている。
具体的な事実を書いたらキリが無いので省略するが、とにかくあいつら
は気が狂っているとしか思えない。
被差別部落に住んでいるやつらが全員そうだとは思わない。しかし、そ
ういう連中が相対的に多いことは事実だ。

707 :武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s :2008/10/27(月) 23:51:19
>>702
過去にもレスしたが、私の先祖は新羅三郎義光なんだがwまあ家系図がそうなんだよね。
一族のみんなは信じているが、私は全然信じていない。
しかし先祖が別に貧民でもなんでもどうでもいいよ。
顔よくて頭よければさwま、少なくとも君らのことじゃないなw
ご先祖は村役人風情だか下級武士だかで血道あげてるようじゃさw


708 :武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s :2008/10/27(月) 23:53:07
>>704
宗教板ね…
あなたの常駐スレはどこなの?みるだけみてみたい

709 :日本@名無史さん:2008/10/27(月) 23:56:44
>>703新羅三郎なんて信じてないと言いながら、可能性を密かに信じてる辺りが見え見えだよw新羅三郎てwプププ

710 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 00:01:42
新羅三郎から三郎を除いたらそれが不要因子のご先祖さま

711 :武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s :2008/10/28(火) 00:09:48
>>709
いやまるで信じてない。ていうか先祖に興味がない。
>>710
ならいいんだけどね。かっこいいから

712 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 00:26:07
687:武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s 2008/10/27 22:36:28
先祖の話なんかする奴、最低の非力男だよな


629:武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s 2008/10/27 23:04:02 >>628
アヤつけられて黙るわけには行かねえんだよ残念ながら。
ご先祖の初代武陽隠士様に顔向けできんからな。


713 :武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s :2008/10/28(火) 00:32:23
>>712
ご先祖が武陽隠士のわけねーだろwあれはおふざけしただけ。
武陽隠士は正体不明なんだ、私が子孫なら国史大辞典の記述が書き換えられるぞ(正体判明)。
ばっかみたい

714 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 00:47:14
まあ2ちゃんで先祖自慢は痛すぎるよな
基礎知識もないようだし2ちゃんでも恥かいてどうすんの?

715 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 00:51:07
苗字帯刀えを許されることと身分の移動は別次元なのだがなー


716 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 01:45:37
>>707
≫ご先祖は村役人風情だか下級武士だかで血道あげてるようじゃさw


新羅三郎義光の系譜を引くと、一応は言われる家の生まれで
≫村役人「風情 」
なんて物言いをするくらいだから、さぞかし名のある家のお生まれなんでしょうね?
貴方のお家は江戸時代は何をされていたのですか?

717 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 01:59:38
ODかなんかで、論文書けないで素人相手に憂さ晴らししている人か、
研究者の道に挫折して自分が目指していた分野のことが忘れられず、
ついついここにきてしまっている変わった人かと思ってたわ。
というのも教員やってんのは2chの自分の専門分野に書き込んで遊ぶ
ことなど余りなく、書き込んでも的確に一言二言アドバイスするだけだから。
罵倒したり、馬鹿にする対象は実生活で毎日いくらでもいて困んない。
論文執筆、学会発表するとき、新規性を求められるけど、こんなところで
話してもマネされては困るし、理解もされないだろうし、まじめに語っても
意味ないもん。そうか、塾講だったんだ。分野違うと悲惨なんだね。
OD自体少なかったのもあるけど、それでも挫折者はみんな官僚や士業だよ。
資格試験に強いのもある。それでも自分が詳しい分野の学問板に出入りして
素人相手に遊ぶことは皆無だね。未練なく、きっぱり足洗ってるよ。
あと驚いたのは、女だったこと。院生時代にいい人見つけられなかったの?
俺がいたところでは大抵、研究者として挫折した女の子は大学教員
の嫁さんになってるよ。院生同士の恋愛もあったし。ぶすでも股開けばよってきた。
指導教官といい仲だったのはその教員がウブな弟子に押し付けたりしてさ。
今からで遅くないからさ、史学のことなんてきっぱり忘れてがんばんなよ。
遊びでもトラウマになった学問にかかわるとストレスたまるだろうし、学校の研究所、
閉架室に入れないともなると凡人は学問的な貢献もできないし、意味ないでしょ。
アカデミックな職についている人と友人関係が続いていたり、かつての教官が
協力してくれたり、非常勤の職についてれば一番いいのだけど、
そうでないなら尚のことだよ。それ以前に、罵り合いに水差すのはやめてくれよ。
君だって楽しんでんだろ?、武陽隠士さん。

718 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 03:17:20
【江戸時代の江戸の町並み】


「町(まち)」「町(ちょう)」の使い分けのルール

まち……江戸時代に幕臣の屋敷があった場所

ちょう……町人(職人)などが住んでいた場所
(例)ちょう…庄屋・大工町・呉服町・人形町・鍛冶町など

719 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 03:29:58
なるへそ・・・麹町のお屋敷か

720 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 05:46:33
ブヨ子って国史大辞典が好きだよな。しかしアレの坂本龍馬の項って一体なんなんだ?

721 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 06:42:42
武陽子ちゃん
頭と面がよければ浮上できるようになれたのはせいぜいWW2以降ですよ?
貴女の専門領域でしょう?

でも下流以下でもそれなりに生きていくことができたのが近代以前の時代の
いいところなんですけどね
だから遊女の人生を真っ黒に塗りつぶす武陽子ちゃんの主張など自己投影に
過ぎないのだが
あw何でもかんでも軍記物で 江戸時代のことまでそれで解釈する山野某のように
コテハンのサムライディレッタントの文献振り回して反論しないでね
うんざりだからw

722 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 07:14:16
なんだ、ブヨはやっぱり新羅花郎の子孫だったのか。
そう考えるとピッタリくると前から思っていた。

723 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 08:17:10
>>721
ブヨ子は元々遊女を黒で塗りつぶそうとはしてないぞ。どちらかというと、
江戸時代の横つながりによる福祉を過剰に評価したがるお前と似たような
スタンスだった。

724 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 09:29:09
先祖自慢できる人は先祖自慢してもいいと思ふ。先祖自慢にカリカリする武舞のような人間は、幕末の卒組の僻みと似たものを感じるのだが。笑
たとえば年収三千万ある奴が、年収二千万稼ぐと自慢してる奴にカリカリ罵倒しないだろう。笑
なんだかんだで三郎ちゃんの名を信じてないと言いながらさりげなく出す辺りに、かなりの対抗意識を感ずる。笑
先祖自慢と言っている時点で、庄屋名主に僻みを感じる生い立ち先祖なのが武舞から見事に見てとれる。笑
よほど先祖を恥じ、しかし史学好きの自分との葛藤の中で出自コンプレックスとの闘いの日々を送られているのだろう。笑


725 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 16:22:09
↑第三者が見ても言い掛かりに近いなw

726 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 17:30:13
>>725因子自演乙

727 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 17:38:28
>>723
遊郭スレやら身売りスレ見た?
それと私は近代以前はそれぞれに生きる場所があったと
いってるだけです

728 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 18:38:43
映画「夜明け前」
滝沢修 乙羽信子 (1953年)
庄屋・問屋目線での幕末〜明治の映画


江戸時代幕末時代明治までの映画


庄屋は元は農民・本陣・問屋・庄屋
宿場町
農村街道沿いにあり


時より大名行列の宿泊施設として大名が泊まる。

万が一戦の場合には本陣問屋庄屋主からは出ず


武士の命令により

農村の百姓や農民から数人出す習わしである。

しかし、庄屋問屋からは出さない。

元々先祖が農民であった庄屋は刀などは持たない。


明治に入り庄屋廃業された。


庄屋は百姓からは「旦那様」と言われる。

729 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 20:33:21
おまえら議論っていうかほとんどが人格攻撃になってるじゃん。やっぱり土人語使うイエローだな

730 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 20:36:29
武陽子ちゃんは専門領域の人間が素人やら初心苛めるからイクナイ

731 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 21:17:52
武要子は専門性はさほどではない

732 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 21:21:27
2ちゃん書き込みのために普通わざわざ専門書引っ張り出してくるかな

733 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 21:33:31
2ちゃんねるのネタを仕入れるために大学院までいって研究している人もいるよ。

734 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 21:47:42
2ちゃんねるにはまってる人は廃人ですよ

735 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 21:52:22
それはないでしょう>>734
いずれ、2ちゃんねらーからノーベル賞受賞者が出ると思います。

736 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 22:12:19
クスっ  (冷笑)

737 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 22:16:48
ノーベル成りすまし賞

738 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 23:11:31
日本史アカデミー 自演男優賞

739 :日本@名無史さん:2008/10/28(火) 23:14:06
オオミタカラが一番だな。 形より事実 

740 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 00:18:18
>>705
昔の農村は人口せいぜい100人くらいで同じメンツでずーっと一緒に
生活していたから苗字なんて使う必要がなかったんだよ。8,9割は
文盲だしね。

741 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 00:24:16
少し意味が分からんのが>>1庄屋等の役柄で苗字帯刀っていってんじゃん。
個別的に許可が必要なら>>1の意味が分からん。。。

742 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 01:47:05
八、九割が文盲だって?

743 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 01:52:08
>>741
庄屋の身分は農民棟梁


苗字帯刀は武士のみ使われものであり


農民棟梁庄屋は使わない。


所詮、先祖代々農民からなる頭なだけ

744 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 01:53:40
>>740
いやよほどの辺境でもない限り 読み書きそろばんができないと
商品作物の取引とかできないですよ

745 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 06:35:19
自衛のために帯刀が許されたとしてもそれは自宅警備のため。
下級武士が帯刀しているのとは全く意味が違う。

746 ::2008/10/29(水) 15:49:02
>>745
おまえらはばかすぎだな

まじ本当に勉強しろよぼけW

おまえらみたいなやつは 士農工商がはっきりしてたというくせに、庄屋の対等は自己防衛程度とほざく

矛盾してんだろ 士農分離がはっきりしてんなら自己防衛する必要あんのか?またなんで村の治安を武士はやらない?

はやく びっちりみっちりくっきりはっきり答えろよ>>745

まさか俺の啓蒙尊大知識脳にビビって逃げないよな?はよこたえんかい家畜

747 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 16:49:26
なにこの狂人。
自ら格式を犠牲にしてドン百姓のカシラを選んだ百姓の末裔がまたファビョってるのか

748 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 17:56:19
庄屋は刀など武装はしない。
武士ではなく農民であり刀は持たない。

749 ::2008/10/29(水) 18:43:38
>>748
だから嘘こくなや

庄屋や郷士でも普通に刀を村の祭りの際や 治安維持などの村の見回りの際帯刀てしんだろかすが

だったら伊藤博文を徴収藩士だといっていたやつが前のレスでいたが、その長州藩士の伊藤博文は刀してたんかいこら

してねえだろ 足軽以下ごときも刀なんかしてねえんだよ

あげくは帯刀してても武光がほとんどのくせに抜かすなよ

庄屋家は普段は帯刀してなかろうと、蔵にはどれほどの武具甲冑が所蔵されてるとおもってんだよ?

出自と由緒と財力が違いすぎんだよエッタ侍どもとは!

なめんなよ庄屋様を!

750 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 18:55:16
>>749 農民黙れ!

751 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 18:59:17
刀を持っていても百姓は百姓。なぜそんな当たり前のことが受け入れられないのか。

752 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 19:12:00
百姓上がり庄屋だぞ。


農村を治める自治会長さん


現在の町内会会長だね。


武士ではないので日常、刀は持たないし


また、役人所に行く時も町民風情の紋付袴ぐらいの格好だし
刀も差さない。


武士じゃないから刀は無用

753 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 19:32:55
寺社奉行 なら武士の武家階級
三役の中では1番上のクラス


寺社奉行は武士なので 上級武士と同様 ‘刀’二本差しです。


法度により‘庄屋’は農民だから


刀は差してはいけません。

754 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 20:08:12
信じられないほど低レベルな話ばかりなんだが自演かな?

755 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 20:28:01
庄屋や名主の多くは、秀吉の小田原攻めで敗れた北条氏側の御家人や
関ヶ原の戦いで徳川側につかなかったため城を奪われた大名やその
家臣であり、遠地に残された僅かな(と言っても相当の広さ)の土地に
土着したものがほとんどだったと思われます。
したがって、成り上がりの田舎大名や旗本クラスより格式が上だったこと
は容易に想像ができます。
敗軍の将として、表で活躍することはなかったけれど、幕府や諸大名も
一目も二目も置く怖い存在だったのではないでしょうか?


756 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 20:29:15
673: 2008/10/27 18:42:25
で、自ら好んでドン百姓の親玉を選んだ百姓の末裔が何を吠えているんだ?

757 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 20:40:04
結局、村民・農民・・庄屋

758 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 20:52:44
大名は、領地替えも多かったけれど、土着の庄屋や名主は領地替えなどないので、
住民の信頼も厚かったことは確かです。
そういった有力な庄屋や名主の協力なしに、大名といえども藩政を動かすことは
不可能だった見るのが妥当です。

759 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 20:58:59
土民は土民

760 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 21:29:11
わ〜たし〜は〜わたし
土〜民は土民 ♪

761 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 21:32:44
昔のお米は現代の税金。
庄屋は農民だからね。
収めるのが当然

762 ::2008/10/29(水) 21:36:49
>>752
武家上がりが庄屋だよぼんくら

しかもなんで自治会長なん?すくなくとも村長だろ
我が名門庄屋は廃藩治県により国からの任命初代町長だぞこら

隣町や隣市は大名家及び偉人の卒功労者だぞ

いいか県の諸侯に認められた証拠だろこら

ちゃうんかい?なにが自治会長だよはなたれが。
庄屋はすくなくとも今の村長村役場 大名家は市長町長、市役所町役場だろ

自治会長は庄屋様の補佐役の助役どもだろ 一緒にすんなよ

いいか いまだに俺の一族の町の百姓どもは我が一族を庄屋様 お大臣様と呼ぶ

また、我が町を管轄していた譜代大名家も 今でも様と称され呼ばれている

で、 中級武士や下等武士で今でも様と称される家があんのか?

現在でも とうとまれている家は大名家と庄屋 大名家=庄屋だろ

いい加減認めろよ なんでそんなにおまえらは庄屋をバカにする!庄屋が下等武士並みに悲惨な 蔑まれた生活や身分があるならいってみろ!

現実にないんだよ

というか恵まれすぎた地位と実質権威と役と財と出自と由緒だろが。

庄屋へのひがみだなんだろ? 庄屋という響きがださいだけじゃないか

763 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 21:42:07
武家は武家屋敷に住み


庄屋は農村に住む

身分はただの農民だ!

764 ::2008/10/29(水) 21:45:38
>>755>>758
素晴らしい 素晴らしい 素晴らしい


さすが教養と知識を持ち合わせた方の正しい見解は違う
素晴らしい

そのとおりだよね 現実の関東史とはそういうことなんですよね

素晴らしい 素晴らしい もうさすが歴史マスターとしかいいようがない、
こういうことなんですよ
実質ムラムラをぎゅうじてる庄屋を無視に藩政なんてできるわけがないんですよね
だが、厨房脳どもは、関ヶ原ドラマや水戸黄門やら信長の野望ばかり見て、
【武士ちょ〜かっけ〜】
とか小汚い涙ちょちょぎらせながら勃起かましてるアホばかりだから 武士以外には興味もなく、社会のてっぺんから末端まで武士のみが支配してた社会だと盲信してる厨房脳


とりあえずあなたたちは素晴らしい

765 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 21:46:46
庄屋‘庄’て漢字の意味(・∀・)ニヤニヤ沼地 田ぼがひろがる農村地区

766 ::2008/10/29(水) 21:51:46
>>763
嘘つくな

下等武士は在地にもすんでんぞ
また有力豪族の庄屋は藩農藩士の在地郷士

郷士庄屋とは 実質表面上では役として管理する立場でありながら、現実は中世の領土の既得権を保証された在地領主だろが。

さらに研究進めれば進めるほどその現実を目の当たりにする

はやく勉強しろよ低農

767 ::2008/10/29(水) 21:56:41
それいうなら中世戦国大名も 〜庄領主というだろが

まさに庄領主の名残が庄屋だろ

768 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 21:57:38
いくら下級武士を貶めようと、庄屋が土民であったことが変わるわけではないのにな。

769 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 22:06:11
あ 庄屋よ!
誇れる歴史は庄屋の先祖は農民の歴史だ!!


先祖が農民の庄屋農村地区農民にし

ては豪華なたたずまいだからいいじゃん!


農民の頭庄屋さん

770 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 22:16:44


豪農家が庄屋


豪族は武家


豪族と豪農とは違います。


庄屋の先祖はただの農民です。

771 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 22:26:34
>>762
〉武家上がりが庄屋だよぼんくら


いや、
「武家下がり」
だから

772 ::2008/10/29(水) 22:27:20
農民の頭というのは妥当ではない!

あくまで支配階層だぞ

そもそも士農分離などされてなかったと結論でてるのに なんで庄屋は農に分離されなきゃならない?
行政期間の村役人村領主だろ

武士なんて中級武士がなんの行政権限がある?よほど庄屋への権限委譲の権利の方がすげいだろ

農頭じゃなく行政機関の村役人村代官だろ

当時庄屋は農民だなんて誰も思ってないよ

庄屋はあくまで行政機関の村代官というニアンスが一番妥当だし まさに藩農藩士だろ

名字台頭ゆるされてる庄屋ならまさに武家以外のなにものでもないんだよ

なんでそれがわからない?
庄屋を農としたのは現代の水戸黄門の制作者どもだ

庄屋は農ではなく武家だ!現実をみろよ

武士はリストラされたら食い扶持あんのか?
中級武士程度が庄屋と家同士タイマンしたら勝てると思うか?

家中のバックがなきゃ なにもできないくせに、なんで庄屋が農民あつかいされなきゃならない?

庄屋は藩のバックなんかなくてもと言うより 藩の締め付けなきゃ即豪族化できちゃうだろ

仕官なんてだせい真似しなくても一人親方、一人頭領状態だからな

庄屋は武士じゃなく 武家 武家なんだよ 領主としての武家なんだよ

773 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 22:39:03
>>772
いつ武家になれた?
農民上がりが庄屋だ!
庄屋と代官では全くもって別物!
何故、あ庄屋は農民である誇りを棄てたがるのか?


農民=庄屋 これが現実あり
江戸時代 代々続く武士や武家など極わずかだぞ!
農民として誇りを持てよ庄屋!

774 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 22:46:00
>>772
>家中のバックがなきゃ なにもできないくせに、なんで庄屋が農民あつかいされなきゃならない?

庄屋は藩のバックなんかなくてもと言うより 藩の締め付けなきゃ即豪族化できちゃうだろ

あ) よ
お前みたいな言動をする人間が地方(じかた)役人のトップなら、人望がない事うけあいなので平百姓、小作人の離反が相次いで武士権力とやり合っても勝負にならないよw

また、そこに藩権力側の付け込む余地がある。
ちょっと調略すりゃホイホイ藩側に従って、逆にお前の家に楯突くことになるだろうw


775 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 22:56:50
あ庄屋と泰葉に同じ何かを感じる

776 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 23:08:48
>>772
あのー、>名字台頭 って誤変換、やめにしません?

777 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 23:24:11
「土民」の住んだ家
http://sano567.web.infoseek.co.jp/nisiokejyuutaku/index.html
http://archives.bunkenkyo.or.jp/national/kounoike/index.html

江戸時代支配階級に属した「お侍様」の暮らしていたお屋敷
http://www.toshima.ne.jp/~tatemono/page010.html

778 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 23:32:43
>>774
豪族www 農民による‘一揆’てやつだね。


70年代安保とか学生運動のような「一揆」ですね。


江戸時代に豪族とは言わないし

779 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 23:36:06 ?2BP(171)

士農工商

780 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 23:36:20
なんか唖然(汗)
それにしても幼稚な時代だなー(-_-;)

781 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 23:37:51
盛んに土民とか連呼してる奴は人権板からの出張厨だろ?

782 :日本@名無史さん:2008/10/29(水) 23:48:31
自演乙

783 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 00:08:14
>>782
自己紹介乙

784 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 00:11:23
>>780
百姓の時代ですから(^ω^;)

785 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 05:21:51
>>1の役柄にツキってとこで本陣の当主はほとんど苗字帯刀が許されてるのに庄屋は
何故少ないの?

786 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 05:25:46
ですからw
少なくとも関八州では村役人にそんな強大な権力ありませんからw
どこの藩の話ですか?

787 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 08:06:22
>>785
常宿に定めてる各藩に許されてるだけだろ


788 ::2008/10/30(木) 15:22:16
>>704
ちょっと亀レスだが、以前 、この歴史板や学問板に全知全能のわたくしが降臨する前、論戦カフェというのが存在するのだが、
カフェであらゆる学問の玄人気取りが集まり論戦を繰り返すというところに出向き、散々論破しまくった。そして俺は 出入り禁止状態になるほど徹底論破しまくった。

それでも血が疼き、論戦討伐の場所を探していたとき、街中で宗教の勧誘をされた時 これだと思った。
わざと勧誘され そのアジトに行き、カルマ気取りのやつにいきなり噛みつき論戦展開。これでも負けたことがない。
また訪問販売や路上押し売りもわざとだまされた振りしてついていき、
そのアジトで複数相手に知識論戦を挑んでるほどの男の中の男だった。が、次第に拉致されそうになったりと危ない目にアイやめた。
そんな中、まだ論戦脳細胞優越バトルに飽きたらず、二チャンの宗教板にたどり着いた。

そこで、

789 ::2008/10/30(木) 15:34:42
そんな中たどりついた二チャンの宗教板。そこはキリスト教関連スレがほとんど。

そこには自称牧師 神父 司祭 玄人 きどりがいた。わたくし血が疼き、すかさずクルセーダーコテで論戦をいどんだ。
ほとんどのやつが、勝手に聖書や黙示録を自分の解釈で講釈してるやつだらけであった。
わたくしは論破しまくった。神の啓示を受けたと抜かす自称司祭の基地外もこてんぱんに論破してやった。

勝手に使徒の名をかたりながら講釈ぶる玄人気取りもぶっ潰した 。

その後一通り玄人気取りをぶっ潰し、信者の叫びを啓蒙してやろうとおもい、信者スレに降り立った時衝撃がはしった。
幼児洗礼うけたものやらなにやらが、同じキリスト教信者どもと、殺すだの、シネだの、内臓えぐりだすだの、
また勝手に気に入らない信者の個人情報を垂れ流したりだの、ストーカー報告だの、
まさに地獄をみたよ。コテ名は忘れたが、基地外女や、自殺マニアや、ジャンヌダルク気取りが魑魅魍魎と化した集いであったよ。

正直この男の中の男一門に生まれた地侍一家の、死をも恐れぬ武人の俺が、初めて恐怖した。

宗教板は心から腐った魑魅魍魎の集まりだと思うよ。勿論そうじゃない人もいるが。



790 ::2008/10/30(木) 15:49:39
その後勝手に他の大学のサークルだのに一人出向き、同調しながら接近し、突然論戦挑み、その後も脳細胞優越決定論戦バトルを挑み続け、未だ負け知らず。

俺は無神論者だが、己に神の存在をみたよ。 そう、俺こそが全知全能、人類の創世主 地球最強の脳細胞を持つ


だが、宗教板は心から基地外の集まりだと思うよ
なにしろ 妄想 盲信 盲目 盲者 幻覚 幻聴 幻視 幻想 幻惑 錯語 錯覚 錯認 せん妄

いえばきりないが、見当識障害、統合失調症、 薬物依存症、、コルサコフ症候群、躁鬱病 神経障害、衰弱、心身症、 精神遅滞 などなど
まさにこれら精神疾患者のデパートだったよ

ありえない

791 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 16:09:04
>>789
あーアノ馬鹿かwクルセーダーっていう痛いやつwww


私がそのキチガイ女ですがw

792 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 16:34:14
このスレでやってるように相手の正論を一切聞かずに見当外れの主張を繰り返せば、
そりゃ出入り禁止になるわな。

主張が明らかにパラノイアだからな。

793 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 19:16:16
あ庄屋がブヨ子へのコメントにレスをつけてるということは、同一人物なのか?
ちょっとヒートアップした際のキャラが違うように思えるんだがな。

794 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 19:34:37
あ農民庄屋自演スレ

795 ::2008/10/30(木) 19:38:46
>>794
違う ちがうんだよ 今バイトしながらようやくわかったんだよ

嘘じゃない ブヨウは誰なのかがわかった まさに基地外な現実




796 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 19:40:21
あ庄屋が基地害って事だけは確信した
悪い事は言わないから入院しろ

797 ::2008/10/30(木) 20:01:24
はじめ>>791はふざけてると思っていたが
よくよく考えてみると 宗教板じゃ誰もが知ってる超ど級の基地外女

記憶の中では コテ名は忘れたがそいつも 自分の先祖は源氏かなんかで、
江戸期には名主をやってたといっていた。 ブヨウも名主で新羅三郎であり名主だといった。

宗教板でもまた言葉使いも 汚らしさ極まりない言葉を女の癖につかって他宗派信者を徹底罵倒W
歴史板での言葉使いとほぼ同等だ 。
またキリスト教信者。確かプロテスタントだったと思う。やたらカトリック信者を貶めていた。
この間ここでウェーバーの社会学者を言った時、自分はプロテスタントだといった。
またキリスト教板でも歴史板と同じで誰もから基地外魍魎女として嫌煙され恐れられていた。
また宗教板では 世界史や宗教史 また日本近代史が俺とちょっとだけ論戦できるくらいの知識が確かあった。
しかしここでは日本中世史以前オンリーなのか。この部分の微妙な違いがよくわからないが、同一なら歴史は日本中世史以外の部分も女ごときにしては相当歴史マニア。
共通点ありすぎだろW
宗教板では殺人予告されるほどの基地外ぶりを発揮していた。w
ブヨウは宗教板の有名基地外女だ
コテ名は忘れたが、誰もが知ってるプロフィールは

798 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 20:01:38
武陽子と山野がいなくなると日本史板が活性化する

799 ::2008/10/30(木) 20:07:59

誰もが知ってるプロフィールは

統合失調症の前駆あり
躁鬱
薬物依存症
リハビリうけてる
精神科通い
プロテスタント信者
風俗経験あり
現在風俗ライター
なぜか金はかなりもってる
同性愛者
オウム 草加の入信歴あり


とゆうのは有名だった。
まさにかぶりすぎだろブヨウとW

800 ::2008/10/30(木) 20:13:56
山野ってなんであんなに歴史素人なん?
厨房歴史家クラスの低レベルだなWWWW
ありゃだめだW

801 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 20:21:54
山野の正体を知って驚くなよ。
皇太子なんだぞ。

802 ::2008/10/30(木) 20:33:52
間違えてたすまねえなブヨウ

803 ::2008/10/30(木) 20:38:55
まちがえていたら すまねえ

804 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 20:39:02
武陽と泰葉に同じ何かを感じる

805 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 20:40:06
庄屋や名主が帯刀を許されたのは自分の領地内のことで、
しかも自衛以上の武装は謀叛の疑いがあるとして罰せられました。
領地外で帯刀する場合は、お奉行さまの許可が要ったし、
仮にお城に上ることがあっても当然、正門からは入れず、もちろん
丸腰だったのです。しょせん、家なか武士の豪農ですから。

806 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 20:50:43
統合失調症と躁鬱は同時発症はありえないはずだが??

807 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 21:00:07
このスレ大半は自演なんだろうけど何が目的なんだろ?
こんなハイペースで書き込みあるわけないのにずっと自演してるなんて

808 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 21:00:15
>>717
ODはODでもオーバードーズの方じゃないのかw

809 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 21:03:24
先祖代々農民です。庄屋。


結局、庄屋は農民頭止まり。
庄屋は刀などは差してはいけません。

810 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 21:05:17
農民庄屋の武器はソロバン 計りだけ
なんせ庄屋は農民だから!

811 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 21:22:38
庄屋の武器は屁っこきだべ?
お代官様んとこさいって、すかしっぺ一発、
なんでも許されっぺ。

812 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 23:46:24
足軽の末裔の庄屋への嫉妬が激しいな

813 :日本@名無史さん:2008/10/30(木) 23:52:38
恐らく、卒組が庄屋への逆恨みで貶めてるとみた

814 :武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s :2008/10/31(金) 00:11:36
宗教板になんか書き込みしたことねえよ。
ほとんど覗いたこともねえし。
「あ」はバカなんじゃねえか。よっぽど私に頭きてんだろうw
ははは
だいたい先祖は新羅三郎だなんて人前で言ったのは、このスレが初めてなんだぜ(笑)
私はときどき人様には先祖は旅芸人だったと言ってる。あと時々ふざけて韓国人の血が混じってる、白系ロシア人のクオーターなんだとかいってる(笑)。なんかかっこいいだろw
「あ」の先祖自慢はリアルがダメだからだってのバレたなw
ていうか村役人で系譜上(だけw)新羅三郎につながる奴らなんてありふれててバカみたいな存在だよ。そんなもん自慢にする奴は勉強できない劣等生。私がそんな恥ずかしい先祖自慢なんかするかよ。
でもよ旅芸人の子孫とか在日とかロシア人のクオーターのほうがかっこいいよ。
「あ」(=クルセーダー)のバーカw
オマエのデタラメのレベルでオマエの願望が見えちゃったなw
うっひゃひゃひゃw

815 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:18:16
すげー!自演でけんかしてるよこの人!


816 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:18:53
廃藩置県により
農民庄屋も消滅したwww
「庄屋」とか連呼されたても「農民!農民!農民!」
連投してるだけだろwww

817 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:22:48
>>814
泰葉ですか

818 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:23:06
農民!庄屋!農民!庄屋!農民!庄屋!


農民庄屋

819 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:24:50
>>817 更年期障害

820 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:26:36
>>816
廃藩置県により「武士」なんていう身分もとっくの昔に
廃止されていますが?

821 :いのっぷ ◆EW4r9yZWwk :2008/10/31(金) 00:34:36 ?2BP(171)

マジレスしていい?大分前に総理大臣が庄屋出身者が多いってあったけど
これはかなりの虚構だよ。
戦前の内閣総理大臣任官者は。広田弘毅以外はほぼ全員士族一色といっていい程、
士族がほぼ100%を占めてる。
「平民宰相」と称された「原敬」ですら盛岡藩士原直治の次男である。
農家出身だった内閣総理大臣就任時に広田弘毅は明治天皇に
「第四に名門を崩すことのないように」と念まで押されている。

明治政府が「士農工商」という身分制度を確立してから、
例え庄屋が金持ちだったとしても農民に当てはまる以上、
平民の一人として数えられたに過ぎないし、
少なくとも戦前は下級藩士にすら権能が及ばなかったのが実情だ。
庄屋やりながら武士株買っとけば明治でも士族に列せられたのにな。
但し江戸時代の村落における権能が下級武士よりも上だったってことは認めるよ。

822 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:38:48
>>744
平凡社 日本史大事典に反論する勇気あるの?

http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000013402

明治初期の識字率が知りたい。
資料4の「読み書き算盤」の項に、幕末の識字率として「男子40%、女子10%」という数字あり。
【資料4】 日本史大事典 6 へ-わ / 平凡社 , 1994.2 DR/2103/3020/6

武家の男女(人口の10%)と商人の男(人口の5%)が文盲でないとすると、
当時の男女比が1:1の場合

女の全人口の95%が文盲、武家と商人を除いた男の70%が文盲という
ことになる。

日本人の70%が読み書きできたとかいうのは、武家と商人が集中していた
江戸での調査に過ぎない。

823 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:40:33
>>821
初代内閣総理大臣の伊藤博文はもともと農民の倅ですよ。

824 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:41:50
>>814
ブヨウさん、
>>716に答えて下さいよ。

825 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:45:44
そもそも卒は「武士」ではないしね。

維新後は「平民」に組み入れられた。

826 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:45:44
>>821
所詮、庄屋は農民

農民庄屋が武士と対等になるなど到底無理

827 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:46:41
武士なんて身分は存在しないってw

足軽、中間は武士ではなくて平民wwwwwwwww

828 :武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s :2008/10/31(金) 00:48:21
>>815
なんで「あ」が私なんだよ
ばっかみてえ

829 :武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s :2008/10/31(金) 00:55:30
>>824
先祖自慢するバカ野郎ならそんなレベルじゃダメだぜ
ってこと。イロニーの分からねえバカな奴だw
先祖自慢なんて興味ねえよ。ロシア人ーか韓国人が先祖だにしてくれ、マジで。
しかしオマエら暇で可哀想な存在なんだなw
よほど悲しいリアルなんだなw
しがみつくのは先祖だけかw
バカからかうとおもろいなw ここはバカからかうスレだぜw
永久に村役人先祖自慢やってろや

830 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:57:08
>>821


さて、農民がいたかな?だな


http://wolfpac.press.ne.jp/kazoku.main.html

831 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:57:55
>>821
その認識は間違っている。
明治の元勲は伊藤、山縣に代表される卒の出身者が大半を占めた。
そもそも卒というのは士分ではない。
農民が農地を持つ本百姓と、持たない水呑が区別されたように、
卒と武士は一線を画す異なる階級だった。

その本来は武士ともいえない卒出身者が中心となって明治維新を
成し遂げ、維新後は政府の要職に就いた。

だから明治維新というのは下層階級である卒が中心となって起こした
革命であるともいえる。

832 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 00:59:00
>>830
1番下が歴代首相の出身出自

833 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 01:02:08
伊藤 博文 山口藩士 倒幕志士 山口県 1884年7月7日 公爵
黒田 清隆 鹿児島藩士 倒幕志士 鹿児島県 1884年7月7日 伯爵
三条 実美 堂上華族 堂上華族 京都府 1869年6月17日 公爵 黒田清隆辞職後の臨時総理
山県 有朋 山口藩士 倒幕志士 山口県 1884年7月7日 公爵
------------------------
伊藤博文は父親は中間に仕えた農民。
つまり、伊藤の出自は農民。

黒田清隆 島津藩のたった4石取りの卒。

山縣有朋 長州藩の中間の出。
       もちろん中間は「武士」ではない。

834 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 01:03:53
>>831
>農民が農地を持つ本百姓と、持たない水呑が区別されたように、
卒と武士は一線を画す異なる階級だった。

君の理屈だと
本百姓と水呑みも別階級ということになるんだが

835 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 01:06:55
>>822
三分の一が読み書きできたならかなりの割合ですが?

836 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 01:07:06
水呑みは村政にも参加できなかったから、同じ農民でも
阻害された立場にあったことは確かだろうね。

同じく、藩主御目見えと御目見え以下とでは立場は大きく違う。

江戸時代においては上中級武士と下級武士との婚姻は禁じられて
いたし。

837 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 01:19:51
>>821

農村の百姓と庄屋の暮らし


下級藩士など武士仕事である=戦が仕事

下級藩士の多くは副業に傘職人していた。


江戸時代は平和そのものだった!

838 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 01:21:24
>>836
>水呑みは村政にも参加できなかったから、同じ農民でも
阻害された立場にあったことは確かだろうね。

これだって

足軽は藩政にも参加できなかったから、同じ武士階級でも
阻害された立場にあったことは確かだろうね。

と入れ替えられてしまう。


もっとも俺も個人的には>>825と同じ見方なんだけどね。
ただし「維新前」はどうだったのかということについての疑問が残る。


839 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 01:22:26
庄屋の先祖は農民です。


百姓からは旦那様とか言われていいじゃない?


庄屋は農民や百姓の頭なんですから刀は持ってません

840 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 01:26:43
武士にも階級がありますが・・・・


農民である庄屋は農村での農民頭です。

841 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 01:33:41
江戸時代 武士も刀も必要ないし
農地百姓管理しとけばいいだけ
農民庄屋だから
取り立てしても
奉行所の人間には頭をさげる
奉行所は役人であり武士ですが


庄屋は農民ですから奉行所の刀は持ってませんし庄屋が刀を持っていたら武士役人が出動して
即、処罰されます!

842 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 01:37:58
ようは
庄屋=農民

843 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 01:39:59
>>833
長州藩の付中間について君は理解不足

844 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 01:44:16
先祖が農民!
農民として誇りを忘れるな庄屋!

845 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 01:44:53
足軽=平民

846 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 01:49:25
>>843
長州藩において中間は士分ではありません

847 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 02:02:23
庄屋=平民

848 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 02:54:05
日光に庄屋屋敷の県指定があるよ。一度行ってみては?那須家の系譜で豪族であり、庄屋になったようだけど、代々伝わる甲冑や弓、槍刀などが展示してある。蔵に所蔵されてたらしいよ。中級武人の武家屋敷より武家屋敷らしいよ

849 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 03:13:50
>>848 那須家

850 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 03:14:52
〉幕藩体制での名主(庄屋)は、ふしぎな存在だった。
〉士農工商でいえば農なのだが、晴れの日には、大小を帯び、武士の姿をする。むろん、姓も公称した。
〉しかも屋敷たるや、小藩の家老屋敷のように大きく、土塀をめぐらし、長屋門などをかまえていた。門を入ると玄関があり、式台があり、また、座敷は書院造りだった。(ただの百姓は、門も玄関も書院座敷もゆるされなかった・・・中略)。
〉そのような容儀からみれば、庄屋(名主)どのは立派な上級武士である。しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである。


≫しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである

≫しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである

≫しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである


ttp://www.kurikomanosato.jp/to-siba14-edo.htm

851 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 03:16:09
参勤交代際 街道沿いホテルがわりに庄屋家


大名おもてなしな心をわすれずに庄屋

852 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 03:19:08
東日本の庄屋が限定だ!
那須家とか東日本では名主
庄屋とはいわないはず

853 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 03:21:14
西日本と東日本では違いあり


西日本は庄屋は農民であり武士の風貌真似たらそく処罰


那須家はいいね

854 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 03:34:40
>>852そんなことはございません!那須家庄屋は県指定で庄屋となってます。行ってみては?書院造りや雛段なども展示されてる。武家屋敷と比べてみては?武具だけではなく、式台玄関などすごかったです。那須家の由緒も下手な武家よりよほど名門でしょうし。

855 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 03:54:38
日出藩の庄屋の出自
http://gxc.google.com/gwt/n?u=http%3A%2F%2Ftenjin.coara.or.jp%2F%7Eprimrose%2Fsyoya01.html%3F_gwt_pg%3D1&hl=ja&mrestrict=xhtmlchtml&inlang=ja&client=ms-kddi-jp&output=chtml

856 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 03:56:09
470: 2008/10/20 10:43:17
自分から進んで百姓になったのに、逆恨みして自分の家が家格が上だなどと
寝言をほざく馬鹿。


857 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 04:01:09
>>855
農村地区


庄屋 現代でいうと中小企業町工場てとこです。


工場長あたりが相当

858 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 04:05:02
日出藩庄屋出自は、地頭、豪族、大友家一党、国人、地侍ときちんと書いてありますね!

859 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 04:14:52
>>857
日出藩では村は17村。そこに手永として置かれていた庄屋は約15家。藩はこの庄屋15家からのアガリで藩政運営。どう考えれば庄屋が工場になるのかな?

860 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 04:22:17
あっ日出藩大庄屋には戦国大名大友家自体が任命もされているようですね。藩主木下よりよほど名家名族であることは間違いない。

861 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 04:26:58
>>859
田畑を耕す百姓生産ライン
豪族て負に落ちたわけで豪族という

862 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 04:27:56
>>860
見事な逆転現象だな。
大友家も内心忸怩たるものがあっただろう。

863 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 04:34:58
>>861
わかりやすくしたら
工場長(庄屋)が生産ライン従業員(百姓)を庄屋が管理してる。

864 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 04:40:12
武家が公人なら


庄屋は私人


庄屋は武家ではないから武士にあらず農民である。

865 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 04:42:43
庄屋は農村の歴史だ!

こっちらでやりなさい。
農村の歴史
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1150561857/

866 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 04:45:21
奉行なら武士だけどね。
庄屋は農民でもいい生活していた。

867 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 06:40:24
庄屋=農民

足軽=土民

868 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 06:50:00
大友の戦国末期のヘタレっぷりを見れば庄屋に格下げになったのも道理だなあ

869 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 07:51:52
足軽vs庄屋・・どちらが身分が高いかといえば、間違いなく足軽。
江戸時代というのはそういう社会だったことをよく理解しないといけない。
そういう理不尽な社会に対する不満が明治維新の原動力になったんだよ。

870 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 07:59:20
大友は幕府高家と肥後熊本藩士だが?

871 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 08:02:58
でも遥か庄屋に下げられた家もあるって上で言ってんでしょ!

872 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 08:11:55
>>869
徒士は庄屋よりは上だったかもしれないが、
足軽が庄屋よりも身分が上なわけない。

873 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 08:26:04
>>821
>明治政府が「士農工商」という身分制度を確立してから

明治政府がいつ「士農工商」などという身分制度を確立したんだよおぉぉぉぉぉ!!!(爆笑)
ウェー、ハッハッハ                             イキデキネーヨ
   ∧_∧          ハライテ- ウェー、ハッハッハ     ウェー、ハッハッハ
.  ( ´∀`)                  ∧_∧       〃´⌒ヽ
.  ( つ ⊂ )                 (´∀` ,,)、     ( _ ;)
   .)  ) )   ○   ∧_∧      ,, へ,, へ⊂),    _(∨ ∨ )_
  (__)_) ⊂ ´⌒つ´∀`)つ    (_(__)_丿      し ̄ ̄し
          タッテ ラレネーヨ ウェー、ハッハッハ 

874 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 08:54:27
167: 2008/10/28 20:40:09 [sage]
〉うちの藩だと、大庄屋やってた家が江戸期に旗本家と正式婚姻してるよ
御三家当主をお迎えして歌会とか開いてたしね。
下級藩士と大名では同席とかはできないけど、庄屋と大名では主従関係がないからか
割とフランクにつきあってたみたい。
身分序列も明治の学者が勝手に作ったもので、実は士農工商という序列ではなかった
ってのが今の日本史の見方だよ


>>873みて
他スレのこのレス思い出した。
けどやっぱ違ったんだ。

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1195540514/

875 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 09:33:19
有力農民クラスというのは身分としてはかなり曖昧だ。
幕府が苗字帯刀を認めている家でも、領主の大名には黙認という形でしか認められず、
ことあるごとにその曖昧な身分の問題が顕在化していたケースもある。領主から
庄屋扱い、他領からは大名貸しにより士分格という場合、庄屋扱いしている領主からは
あくまで農民として扱われていることになる。庄屋は百姓のカシラだから。

豪商豪農には大名貸ししている家も少なくないから、その関係でたとえば泉佐野の
豪商食野家が紀州徳川藩の参勤交代のたびに挨拶を受けるということもあった。
大名貸し商人が大名家の財政改革に深く入り、倹約の実が挙がらないことに関して
藩主に説教したケースもあるし。
しかし庄屋が農民で足軽より身分上格下という大前提は崩れない。庄屋身分でなく
中下級程度の武士の格を他藩から与えられることによって改革の動きが出来た
わけで、他藩が士分扱いしている人間でも自藩にとってみれば百姓のカシラである
ことには変わりない。「庄屋は偉い」という主張そのものに定義上の矛盾がある。

だからあ庄屋はバカなんだ。

876 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 12:42:30
>>875
足軽は士分と認められた藩もあったが、大体の藩ではそうではなく
て武家の奉公人という身分。

877 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 13:03:10
>>821

明治政府は「士農工商」という身分制度を確立した?(゚Д゚)ハァ?

近代の身分制度
明治時代になると近代国家に脱皮するためには中世封建制社会の身分制度を破棄することは
避けて通れないと考えられ、政府により江戸時代の身分制度が廃止され四民平等(しみんびょう
どう)の政策が採られることになった。ただし、支配階層には皇族・華族・士族の称号が付与され、
戸籍に明記された。皇族は、戦後の制度にも名をとどめており、天皇及びその親族を指す。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%AB%E8%BE%B2%E5%B7%A5%E5%95%86

878 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 13:24:05
中岡慎太郎も庄屋だな。当時の土佐藩でも、陪臣より庄屋の方が身分がどうのというより実質格上扱い受けていたのは事実だよ

879 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 13:43:09
>>877
それは、士農工商という概念が明治期以降に確立したという意味だろ概念が!士農工商という施策は江戸期どの文献みても書いてませんから


880 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 13:44:43
土佐藩は郷士というややこしい身分があるから、土佐藩の事例を一般化するのは
まずいんじゃないの?

881 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 13:48:29
郷士扱い

882 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 13:50:10
明治政府は、近代国家を建設するために中世以来の封建的身分制度
を崩壊させた。

「士農工商」という身分制度を確立したのではありません。

まあ、こんなことは小学生でも知っていることでしょうが…

883 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 13:56:32
江戸期に、士農工商というお触れなんて一切ない。士農工商という言葉自体が明治以降のものです

884 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 14:01:24
寺社奉行
町奉行

885 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 14:02:45
明治政府が士農工商という身分制度を確立したなんて初めて
聞いた。

もしそれが事実なら、学会を震撼させる大発見だ…

886 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 14:08:00
明治政府がではなく、明治期になり士農工商という四字熟語が登場したといっている。だったら徳川時代に士農工商統治を行うとする施策のお触れや閣議の史書ありますか?出してください。
日本語もそうですが、明治期以降に軍部などにより勝手に標準化されてしまった常識ってかなり多いですよ。

887 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 14:08:09
http://wolfpac.press.ne.jp/kazoku.main.html

888 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 14:10:20
今の創世神話や日本語や、日本国、日本人という価値観も全て明治期以降に確立されたものです。

889 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 14:12:11
醍醐天皇家末裔 氷室家 華族になれなかった。

890 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 14:12:53
821 名前:いのっぷ ◆EW4r9yZWwk 投稿日:2008/10/31(金) 00:34:36 BE:765349676-2BP(171)
http://img.2ch.net/ico/neeno.gif
マジレスしていい?大分前に総理大臣が庄屋出身者が多いってあったけど
これはかなりの虚構だよ。
戦前の内閣総理大臣任官者は。広田弘毅以外はほぼ全員士族一色といっていい程、
士族がほぼ100%を占めてる。
「平民宰相」と称された「原敬」ですら盛岡藩士原直治の次男である。
農家出身だった内閣総理大臣就任時に広田弘毅は明治天皇に
「第四に名門を崩すことのないように」と念まで押されている。

明治政府が「士農工商」という身分制度を確立してから、
例え庄屋が金持ちだったとしても農民に当てはまる以上、
平民の一人として数えられたに過ぎないし、
少なくとも戦前は下級藩士にすら権能が及ばなかったのが実情だ。
庄屋やりながら武士株買っとけば明治でも士族に列せられたのにな。
但し江戸時代の村落における権能が下級武士よりも上だったってことは認めるよ。
---------------------------------------------
明治政府が「士農工商」という身分制度を確立してから
明治政府が「士農工商」という身分制度を確立してから
明治政府が「士農工商」という身分制度を確立してから
明治政府が「士農工商」という身分制度を確立してから
明治政府が「士農工商」という身分制度を確立してから
明治政府が「士農工商」という身分制度を確立してから
明治政府が「士農工商」という身分制度を確立してから
明治政府が「士農工商」という身分制度を確立してから

891 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 14:13:45
http://wolfpac.press.ne.jp/kazoku.main.html

892 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 14:17:08
>>890
いい加減にしなさい。初代からして貧農だろ。原敬は武家生まれなんていってるが、あの程度の武家の次男三男などただの町民だろ。長州に生まれても平民扱い受ける程度の人間をいちいちこじつけるな!登場平民だときめられてるんだから。

893 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 14:18:21
それから犬飼毅も庄屋だぞ

894 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 14:18:25
名前:いのっぷ ◆EW4r9yZWwk って本当に日本史板住民?

895 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 14:24:20
犬飼毅の家は吉備津彦命に従った犬飼津命の子孫w名門杉w

896 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 14:25:56
それに比べ、佐藤栄作など、長州士族は出自を捏造ばかりする程度の家だらけw庄屋犬飼家を見習えw

897 :いのっぷ ◆EW4r9yZWwk :2008/10/31(金) 15:20:01 ?2BP(171)

釣り針がすごいなw。士農工商は明治政府が確立させたから。
他の国にこういった戸籍の身分上の明確な隔離化はない。
それに原敬が「平民宰相」なのは戸籍上次男なので身分が平民だからだよ。
平民程度の下級武士の家柄であったからではない。

898 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 16:30:59
庄屋が名主で 村役人に過ぎないって忘れてる人が多いなぁ。。。

899 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 17:15:10
それを踏まえた上で、あ庄屋が狂った主張をここ数ヶ月に渡っていろいろなスレで
繰り返してんだよ。

900 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 17:44:52
http://wolfpac.press.ne.jp/kazoku.main.html
庄屋なんていねぇよ( ̄▽ ̄;)

901 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 18:55:35
石井彗に武士魂を感じる

902 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 19:17:21
なんか庄屋にこだわってる歴史音痴が凄い勢いで書きまくってるね

903 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 19:22:17
あ庄屋はほっとくとどんどん増長してよそのスレに迷惑かけまくるんで、誰かなんとかしてくれw

904 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 19:38:37
例えば足軽と庄屋・名主が町中で出会った時、双方どのような態度、立ち居振る舞い、言葉遣いでやり取りしたのかが記された史料は残っていないのか?
あるいは幕府、諸藩の法度等にそういう記載はないのか?
ただこっちの方が上だの下だの言ってても埒が開かない。

知ってる人がいたらぜひ教示ヨロ!



905 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 19:49:42
麻生さん労働法を変えなきゃいかん!
ノルウエー型にして。
そうすれば一気に景気が回復するのに。
土建屋に予算を回しても社長の愛人数が増えるだけ。
共産党のいう労働提案を少しは受け入れろ!さすればこれより自民党を支持する!

906 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 20:42:15
鉱山セメント会社のオーナーに一体何を期待しているというのか。
鉱業なんてある意味土建屋以上だろ。

907 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 21:05:36
高速道路ができれば、セメントパネルの需要が増えて稼業が儲かる。
こういうのを本当の「情けは人のためならず」というんだよ。

908 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 21:16:50
情けって。
他人の懐の税金使うだけで他人から感謝されるんだもんな。麻生も小沢もそんなんばっかし。

909 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 21:19:18
政治経済板か社会板行ってやれ

910 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 21:36:39
小沢はフリーメーソンメンバーだからアメリカCIA職員と頻繁に悪策してる。
小泉の時は東急ホテル内にあるCIA(フリーメーソン)経営の床屋に出入りしていたし。
床屋に入っていったのに髪も切らず30分足らずで出てきた小泉の姿がよく目撃された
という。
奴らは日本国のためではない。フリーメーソンの利益のためにやっているのだ。
ちなみにCIA経営の床屋は世界中にある。
奴らは茶番が好きなんだよ、在日を使って右翼活動をやらせたように、看板と中身が違うんだから。

911 ::2008/10/31(金) 22:30:16
>>900
だったら藩の家老クラスは末席まで華族に列せられてんだろいな?
また中級武士は華族のどこにいんだ?薩長抜かして家柄だけで選ばれてる中級武人列挙してみんかいこら!
それから 我が庄屋一門は 明治にはいり 廃藩治県により藩知事及び市長事町長事の国からの任命町長に任命奉られてんだよ

隣の市長及び藩知事は大名家だぞこら
県では登場何個も市長町長なんていないなか、大名家及び卒功労者の中、町長様ににんぜられてんですよ庄屋様はよ

明治初期にも大名家及び功労者に並ぶ統治者に列せられた県の有力諸侯ちゃうんかいボンクラが

県の華族ちゃうんかい盲目

代々 国任命藩知事市長町長ににんぜられてる中級武士以下で、薩長卒組抜かして、その都道府県でれっそられてるやつあげてみんかいハナタレが

町長クラスにゃほとんどが庄屋、御家人 大名家 薩長卒だぞ!どこに中級お武家様とやらは任命されてんだ?認められてねえんだよ御国からよ

庄屋は御国任命の支配者階級県有力諸侯なんですよW
地元じゃ伊達じねえんだよ伊達じゃよW

いつでも豪族化できるっちゅうねんW

912 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 22:31:47
フリーメンソンも血が濃くなりすぎて、遺伝子異常で口が曲がったり
おかしな子孫が増えました。
そもそも、フリーメンソンは表舞台に出ることのない秘密結社であり
裏で糸を操ることで世界を支配してきた。
その掟を破るものがいれば、フリーメンソンも崩壊する日が近い。


913 ::2008/10/31(金) 22:37:27
>>904
そんなきまりなんかねえんだよ 士農工商なんて江戸期にないんだから。
ただな 関東水戸藩生瀬事件では佐竹旧有力家臣だった庄屋に、下級武士は真っ二つにぶったぎられ、串刺しにして城下に送り届けられてたなW

当時から庄屋なめとったら たかが下級武士など肛門から串刺しにされてんですよW

伊達じゃ伊達じねえんだよ庄屋はよW戦国期までシャバでシノイで守り抜いてんだよ広大な領土を!半端じゃねえんだよ

914 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 22:43:11
└(#`д´メ)┘

915 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 22:47:17
村の祭りの時は庄屋は上座で足軽は庄屋の下座というのはあったみたいだね

916 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 22:49:01
⊂⌒ヽ          (⌒⊃
  \ \  /⌒ヽ  / /
m9二二二( ^Д^)ニニ二9m
     \ \_∩_/ /
      (  (::)(::)  )
       ヽ_,○、_ノ  プギャーーッ
   ///     
 ///

自ら好んでドン百姓の親玉を選んだ百姓の末裔が何を吠えているんだ?

917 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 22:55:21
大体いつから庄屋は農家扱いになった?そもそもがおまえらの勝手な決めつけだ!庄屋は江戸期農家という位置ずけじゃないぞ!

勉強しろよ勉強を!

918 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 22:59:27
>>915
>あったみたいだね


いや申し訳ないが、「みたいだね」のような言い方はさんざんされてきたし、それでは埒が開かないからソースを求めてるんだけど…

919 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 23:04:33
〉幕藩体制での名主(庄屋)は、ふしぎな存在だった。
〉士農工商でいえば農なのだが、晴れの日には、大小を帯び、武士の姿をする。むろん、姓も公称した。
〉しかも屋敷たるや、小藩の家老屋敷のように大きく、土塀をめぐらし、長屋門などをかまえていた。門を入ると玄関があり、式台があり、また、座敷は書院造りだった。(ただの百姓は、門も玄関も書院座敷もゆるされなかった・・・中略)。
〉そのような容儀からみれば、庄屋(名主)どのは立派な上級武士である。しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである。


≫しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである

≫しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである

≫しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである

ttp://www.kurikomanosato.jp/to-siba14-edo.htm

920 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 23:21:06
>>897
ほ〜、いつ明治政府が「士農工商」という身分制度を確立させたのですか?

明治の何年に「士農工商」という身分制度を定める法令が制定されたのですか?
教えてください。

921 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 23:26:46
>>912 ありがと

922 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 23:28:00
無能に生まれたのにそれを認めず
自らがフリーターなのは今の世の中が悪い
そのコンプレックスと自己愛があ庄屋を病人にしてしまいました
可哀想ですが生まれた事そして存在自体が迷惑かつ失敗であるのは明らか

923 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 23:29:00
>>913
そんな藩政成立してまもない未だ荒々しい気風の残っていた頃の、それもたった一例だけ挙げてどうすんだよw
しかも都合の良いとこだけ抜粋してその結末述べてないしw
生瀬の乱では最終的に一村皆殺しの目に合っての終結だぞ!
お前の言う「旧佐竹有力家臣だった庄屋」も含めてな。
それこそ、お前の蔑む下級武士や足軽クラスに滅多刺しにされながらのご臨終。
あれは新旧交代劇の象徴的な事件でもあったんだよ。

924 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 23:31:51
近代の身分制度
明治時代になると近代国家に脱皮するためには中世封建制社会の身分制度を破棄
することは避けて通れないと考えられ、政府により江戸時代の身分制度が廃止され
四民平等(しみんびょうどう)の政策が採られることになった。ただし、支配階層には
皇族・華族・士族の称号が付与され、戸籍に明記された。皇族は、戦後の制度にも名
をとどめており、天皇及びその親族を指す。

華族は、公家と大名など最上級の武士に付与された。

士族は、上級の武士に付与された。

下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E6%B0%91%E5%B9%B3%E7%AD%89

下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた

925 ::2008/10/31(金) 23:43:53
>>922
わたしは関東有数のエリート進学高卒だぞ

フリーターだから頭が悪いという決め付けはいいがかりだ

庄屋にすがっているのではなく事実としての江戸体制を述べている
庄屋は農家ではなく村役人という藩農藩士 これすなわち武家だ!
事実をいってる
>>923
いいですか 確かに庄屋農民は皆殺しにされたが、それは庄屋が水戸藩の命令に従わなかった 。
従わないくらい庄屋は力や権力があった。実際水戸藩兵もかなりの攻撃を受け 死傷者も多数うけてるじゃないか



926 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 23:48:01
>>925
で、大学は?
確かに名門の末裔の庄屋もいるだろう
ただ庄屋は百姓だ

927 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 23:49:59
百姓も下級武士も明治以降は「平民」。

928 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 23:54:01
やはり江戸中期までの庄屋の立場や意味合いは役人官僚ですな
http://www.e-obs.com/heo/heodata/n332.htm

929 :日本@名無史さん:2008/10/31(金) 23:54:10

⊂⌒ヽ          (⌒⊃
  \ \  /⌒ヽ  / /
m9二二二( ^Д^)ニニ二9m
     \ \_∩_/ /
      (  (::)(::)  )
       ヽ_,○、_ノ  プギャーーッ
   ///     
 ///

ドン百姓から“下級”武士になって、明治以降は「平民」に
組み込まれた足軽(=土民)の末裔が何を吠えているんだ?

930 ::2008/11/01(土) 00:02:33
>>928
そうなだよ ようは藩や大名家が 体裁や統治のため特権や権限をわざわざ寄与させざるを得ない存在だったのが庄屋

で庄屋を農家にすんなり枠にあてはめるなんて まさに歴史改ざんだろ

そうううことなんだよ 庄屋は藩の出城みたいな 藩の陣屋みたいな 官僚組織の中の半武家だよ
そうなんだよ

931 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 00:06:55
〉幕藩体制での名主(庄屋)は、ふしぎな存在だった。
〉士農工商でいえば農なのだが、晴れの日には、大小を帯び、武士の姿をする。むろん、姓も公称した。
〉しかも屋敷たるや、小藩の家老屋敷のように大きく、土塀をめぐらし、長屋門などをかまえていた。門を入ると玄関があり、式台があり、また、座敷は書院造りだった。(ただの百姓は、門も玄関も書院座敷もゆるされなかった・・・中略)。
〉そのような容儀からみれば、庄屋(名主)どのは立派な上級武士である。しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである。


≫しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである

≫しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである

≫しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである

ttp://www.kurikomanosato.jp/to-siba14-edo.htm


932 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 00:07:42
武家と半武家じゃ意味が全く違うだろ

とにかく早く大学名言えよ
高校が進学校だって大学に行ってなかったら高卒だろ
庄屋がどんなに権力があったとしても百姓だというのと同じように

933 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 00:08:24
>>835
日本の人口が3000万人
男女比が1:1
男性の40%が文盲でない(600万)
女性の10%が文盲でない(150万)
武家(男女とも文盲でないとする)が人口の10%(300万)
商家(女性は文盲だとする)が人口の10%(300万)

とすると、

武家と商家(合計600万人)を除く日本人口2400万人のうち、文盲でない
のは300万人の男性だけ。

つまり武家と商家を除くと日本人で文盲でないのは 
300万/2400万=12.5% に過ぎなかった。

934 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 00:09:26
>>925
どこの学校出たなんてどうとでも偽装可能。しかもわざわざエリート進学校いって進学しないなんて結局バカタレにかわりね〜よ。
別にフリーターを見下すわけじゃない。だがあんたみたいな糞袋に「僕はみんなより博識だぜ!!」って必死に言われても説得力ない。
笑い話でしかね〜しな。

935 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 00:10:31
≫しかし身分は藩の徒歩よりも下なのである

足軽はその徒士よりも身分が低くて士分ではない。
明治以降は農民、商人とともに「平民」とされた。

936 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 00:16:46
>>924
>>935
その明治前、維新前は実際どのようなものだったの?

937 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 00:17:48
江戸時代においては、「押足軽」と称する、中間・小者を指揮する役目の足軽もお
り、「江戸学の祖」と云われた三田村鳶魚は、「足軽は兵卒だが、まず今日の下士
か上等兵ぐらいな位置にいる。役目としても、軍曹あたりの勤務をも担当していた」
と述べているように、準武士としての位置づけがなされた例もあるが、基本的に足
軽は、武家奉公人として中間・小者と同列に見られる例も多かった。諸藩の分限帳
には、足軽や中間の人名や禄高の記入はなくて、ただ人数だけが記入されている
ものが多い。或いはそれさえないものがある。足軽は中間と区別されないで、苗字
を名乗ることも許されず、百姓や町人と同じ扱いをされた藩もあった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E8%BB%BD

938 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 00:22:08
>>937
dd

こういうのを求めていた。

939 ::2008/11/01(土) 00:25:22
大学は 前にも言うったが 学部単位なら日本のこの系列全学部の中のなら三本の指に入る大学だ

だが 八年在学し自主退学した

そんなことより 書いてあるじゃないか 九州庄屋層の例に明らかに第二の支配者層たるゆえんが!いいわけできないでしょうなW

940 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 00:34:14
「第二の支配者層」という点に関しては、このスレにもそう反対する者はいなかったと思うぞ。
まあ言い方の妙ってのもあるが。
第一層には武士階級があるわけで。
その武士の代わりに、在地での年貢徴収請け負い人としての村方三役(名主・組頭・百姓代)があったわけさ。
でもあくまで『第二』な。

941 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 00:35:23
八年在学し自主退学した





ああああああああああああああっー

942 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 00:45:52
除籍寸前じゃねぇかwww
大学名言えよ

943 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 00:56:21
庄屋は通常分限帳に人数すら記載されません

944 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 01:03:56
なぜ庄屋ごときが支配者層www?

農民に支配もなにもない会社役員(庄屋) と従業員(百姓)の関係だろ


農民庄屋に支配者など必要ない、いかに百姓を上手く働かせるかが問題であり、福利厚生に役立つかだ!


手腕が問われるのは農民庄屋としていかに百姓達を生かすかだろ!


現実を知れ農民あ庄屋

945 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 01:09:56
庄屋は農民です。農村・農民・百姓
従業員大切に!

946 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 01:12:11
藩によって扱いは異なるものの、苗字を名乗ることも許されず
町民や農民と同じ扱いを受けた足軽と、苗字帯刀を許されて
士分格であった庄屋とでは、明らかに庄屋の方が身分が上だな。

947 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 01:13:37
>>940
士農工商
農民階層の頂点が庄屋 農民頭が庄屋!
農民頂点でいいじゃない?

948 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 01:17:11




http://wolfpac.press.ne.jp/kazoku.main.html




庄屋は関係ねぇ!
庄屋は関係ねぇ!
庄屋は関係ねぇ!

949 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 01:19:02
>>948
足軽は明治維新以降は農民、町人とともに「平民」に
組み込まれた。

足軽は「平民」。
華族や士族ではなくて「平民」です。

950 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 01:27:42
農民庄屋も同じく「平民」

951 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 01:29:48
苗字帯刀を許されて士分格であった庄屋と、
苗字も名乗れず農民、町民と同じ扱いを受けた足軽とでは、
江戸時代の身分は庄屋の方が上。

952 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 01:34:24
バカだね〜

953 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 01:34:54
>>952
お前がなw

954 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 01:35:04
なんか足軽にこだわってる歴史音痴が凄い勢いで書きまくってるね

955 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 01:44:44
まあ、ここの住人のレベルって明治政府が「士農工商」という
身分制度を確立した、とほざく奴らばっかりだからw

956 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 01:54:21
>>955馬鹿杉だね〜

957 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:02:18
>>947
まあそうなんだけどね。
『農民頭』じゃ格好つかないもんで『第二の支配者層』だのと気取った言い回ししてるんでしょうw

958 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:05:12
明治政府がいつ身分制度を制定したのか教えてほしいなぁ〜w

959 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:06:30
897 名前:いのっぷ ◆EW4r9yZWwk 投稿日:2008/10/31(金) 15:20:01 BE:728904285-2BP(171)
http://img.2ch.net/ico/neeno.gif
釣り針がすごいなw。士農工商は明治政府が確立させたから。
他の国にこういった戸籍の身分上の明確な隔離化はない。
それに原敬が「平民宰相」なのは戸籍上次男なので身分が平民だからだよ。
平民程度の下級武士の家柄であったからではない。
-----------------------------------------
↑キチガイ?

960 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:11:45
>>928を見ればわかるだろうが、藩主が直に庄屋を任命してるよね。それに庄屋には旧支配層に配慮した特権まで与えてる事実がある。こういう身分は庄屋以外にある?ないよね?

961 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:12:36
その以前


江戸時代など身分がある。


武家や町人または農村では住む場所が違う。


江戸時代にも身分ある。


江戸時代だからこそ身分制度が厳しくある

962 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:16:00
身分も立場や意味合いで違うでそ。足軽が10人いなくなっても藩はびくともしないし、人件費削減対策にはもってこいの軽い存在感だが、庄屋が10人いなくなったら藩は崩壊でそ!

963 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:25:43
>>962 農民庄屋のお米は大切な資源

964 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:26:46
町奉行(武士)


庄屋(農民)

965 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:29:45
武士階級


農民階級

966 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:30:40
>>963言い訳になってないwその租税の権利は全ての身分の中で庄屋のみに許されている権限。米が大切なら庄屋が重要ということ。で、足軽や中級武士は何かありますか?中級武士が10人いなくても藩はびくともしないが、庄屋が5人いなくなっても藩は事実上崩壊しますよ?

967 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:34:58
庄屋(苗字帯刀)


足軽(苗字を名乗れず農民、町民と同じ扱い)

968 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:35:43
>>966
そんな起こり得ない非現実的な事態を引き合いにだされてもね‐w


969 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:37:28
>>967
武士じゃないから刀はないけどね。

970 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:39:14
>>969
アホ?
庄屋は帯刀を許されていたんだぞ。

971 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:41:29
>>970
農民格で刀携えても意味ない相手は百姓だからな

972 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:42:52
二本差しでも苗字名乗れず町民農民身分の下級武士
って…

973 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:43:17
642:日本@名無史さん 2008/10/26(日) 20:47:06
日野佐藤家は苗字帯刀ではない

974 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:43:35
農民庄屋が気に食わない理由はなぜですか?


庄屋が農村地区いいじゃん!

975 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:44:32
近代の身分制度
明治時代になると近代国家に脱皮するためには中世封建制社会の身分制度を破棄
することは避けて通れないと考えられ、政府により江戸時代の身分制度が廃止され
四民平等(しみんびょうどう)の政策が採られることになった。ただし、支配階層には
皇族・華族・士族の称号が付与され、戸籍に明記された。皇族は、戦後の制度にも名
をとどめており、天皇及びその親族を指す。

華族は、公家と大名など最上級の武士に付与された。

士族は、上級の武士に付与された。

下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E6%B0%91%E5%B9%B3%E7%AD%89

下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた


976 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:44:54
644:日本@名無史さん 2008/10/26(日) 21:30:48
佐藤家のように旧甲州街道筋ではいちばんドでかい家でも苗字帯刀でないとはなw
総代名主や寄場名主といった地方役のトップをどれほど勤めていようと、やはり「百姓」という扱いなんだな!

977 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:45:45
江戸時代においては、「押足軽」と称する、中間・小者を指揮する役目の足軽もお
り、「江戸学の祖」と云われた三田村鳶魚は、「足軽は兵卒だが、まず今日の下士
か上等兵ぐらいな位置にいる。役目としても、軍曹あたりの勤務をも担当していた」
と述べているように、準武士としての位置づけがなされた例もあるが、基本的に足
軽は、武家奉公人として中間・小者と同列に見られる例も多かった。諸藩の分限帳
には、足軽や中間の人名や禄高の記入はなくて、ただ人数だけが記入されている
ものが多い。或いはそれさえないものがある。足軽は中間と区別されないで、苗字
を名乗ることも許されず、百姓や町人と同じ扱いをされた藩もあった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E8%BB%BD


978 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:46:27
近代の身分制度
明治時代になると近代国家に脱皮するためには中世封建制社会の身分制度を破棄
することは避けて通れないと考えられ、政府により江戸時代の身分制度が廃止され
四民平等(しみんびょうどう)の政策が採られることになった。ただし、支配階層には
皇族・華族・士族の称号が付与され、戸籍に明記された。皇族は、戦後の制度にも名
をとどめており、天皇及びその親族を指す。

華族は、公家と大名など最上級の武士に付与された。

士族は、上級の武士に付与された。

下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E6%B0%91%E5%B9%B3%E7%AD%89

下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた
下級武士・農民・職人・商人は一括して「平民」とされた

979 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:46:39
>>972
戦のない時代に刀って意味ない。


文字書けて・ソロバン 農民庄屋いいくらし

980 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:50:09
>>977 農民や足軽の苗字がならぶ

981 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:53:55
上には上がいて
下には下がある


http://wolfpac.press.ne.jp/kazoku.main.html


最上級の武家は華族

982 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 02:54:04
足軽や下級武士で苗字、屋敷、役、土地この四つすべて持ってる輩はほぼ皆無でしょw庄屋はこれら四つ持ってる位の家柄でないと庄屋になれないからw
自分らで武士だと思い込むのは勝手だが、B酪と変わらぬ保障と生活となのに勝手に支配階層だと思い込んでるのは妄想幻覚の類だよw

983 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:00:05
>>982
基本農民管理の庄屋


武士の本職である戦などないまず滅多にないwww


戦などあるにしても庄屋の主(あるじ)は出ない。

984 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:02:37
>>983出ないのはなぜ?藩主と庄屋はでなくてもいい身分。藩士や平百姓は赤紙強制徴集兵と自ら認めたんだねw

985 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:04:33
庄屋基本農村農民管理

986 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:06:32
>>972
足軽を無批判に「下級武士」と定義してしまうのもおかしい。
足軽は藩によって(準)武士階級に組み入れられた所とそうでない所とがある。
因みに俺の所の藩では足軽は苗字も許されていなかった。
まあその比率がどのようなものだったか迄はわからんがね。
普通に考えて武士は恒常的に二本差しを許されている者以上のことだと考えて良いだろう。



987 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:08:21
商人でも名乗れる時代にか?

988 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:10:06
>>985
それじゃ藩はその農村管理してるんじゃないの?藩は何を管理してるのよ?追いつめられてるねw涙目乙wwwwwwwwwwwwwwwwww

989 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:12:37
職人のが上だなwww
庄屋姿を消した。

990 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:14:25
職人より商人より庄屋より程度が低い下級武士乙www

991 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:14:27
何を今さら・・・

間接統治に決まってるだろうに(地方のことは地方に)。

992 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:17:16
フランスでは庄屋の立場は高級官僚なのよw下級武士はただの農奴の契約型捨駒w

993 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:20:53
>>954
> なんか足軽にこだわってる歴史音痴が凄い勢いで書きまくってるね


今はとうとうファビョって1人で延々自演してるよ。

994 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:21:10


http://wolfpac.press.ne.jp/kazoku.main.html

995 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:23:15
庄屋農民

996 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:25:11
自演してるのはやたら「農民」と「華族」に拘ってるバカじゃない?

下級武士は明治になって平民とされたのにw

997 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:26:49
庄屋の埋めっす!

998 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:28:46
>>994
庄屋一切関係あらず。

999 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:29:22
>>994
下級武士は一切関係なし

1000 :日本@名無史さん:2008/11/01(土) 03:29:34
苗字帯刀を許されて士分格であった足軽と、
苗字も名乗れず農民、町民と同じ扱いを受けた庄屋とでは、
江戸時代の身分は足軽の方が上。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

257 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)