5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆◇◆◇◆◇生成文法総合スレ<37>◆◇◆◇◆◇

974 :虚無好き@失明中(* _ *):2009/03/17(火) 01:08:44 0
スクロールしてももうどこに書いたんだかわからないけど、言語が知覚や環境から
自由に、独立に構成できると書いたところでじつはこの議論はcolorless green がなんとか、
ってゆー半世紀前?の議論と同じだと気づいて、ひっくりかえったにゃ。

まあ、いぜんとして「言語超絶主義」だか何高は、言語がコミュニケーションツールだという信念が抜け切らない人はもちろん、
シンタクスが思考や認知形式を構造的に反映している、つまり機能的にリーズナブル<であるはずだ>と考えるヒト、
なんだかしらないけど、<わたし>を使用する必然性が必要とか思っているひとにとっては、
以前理解不可能なところにある。らしい。
で、正直、そういうひとは、もう独自に追究してほしいにゃむ。住む世界がちがうものとして、スルーしてほしい。

わたしが問題にしたいのは、「視覚の文法」とか「音楽の文法」とかいうとき、この「文法」を比ゆ的なものじゃなくて、
小売的に形式化された記号操作規則として、認知諸科学共通の客観的説明装置にすることと(これは数学を基盤とするしかない)、
かつ<解釈>と、<解釈を出力する構造>の、相互参照、循環を廃したいということだにゃ。

で、はなしはもどるけど、買い物モデル」の話をしたとき、論理的遡行が起きて、
あたかも100円の商品であるゆえに、100円の取引が成立した、という例を出したと思うのだが、
じつはそこまであからさまなトートロジーは、生成といえども犯してはいない、と考えたヒトもいたかもしれない。
このことはつっこまれるかにゃー、と思ってはいたが、どうも突っ込まれてはいないように見える。
経済は、むしろ言語の動態モデルとしての親和性が高く、どちらかというと「先の見えない」「暗闇の跳躍」とか
言われる、発話行為をいっしゅの投資的行為とみなし、通じるか破綻するかは原理的に予測ができない、
それが、バイヤ(発話者)の立場になったとき、自分のメッセージが物質化した瞬間に自分の制御を離れる、
いっしゅの乱流のようなところに(ry

いずれにせよこれは生成の問題ではない。このいみでの経済性にこだわると、ミスリードになるということである。
もうちょい、俗っぽいが、生成の実際に近いネタ、というものはある
なんだか容量内でうまくまとまらないので、また後日。



413 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)