5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

長野県の方言

28 :名無し象は鼻がウナギだ!:2008/06/26(木) 08:15:44 0
当方長野県人だけど、方言はいくらでもあるよ。あまり知られていないだけかな。
まあ北部、南部、東部、それぞれ方言のグループがあるかな。長野県北部在住だけど、
北部でも新潟の上越地方の影響がかなり強いところと、そうでもないところもあるし。あと
秋山郷といわれる豪雪地帯(新潟県津南町と隣接)の栄村の伝統的方言は、僕らが聞いても
何言ってるのか良くわからない。一説には、奈良時代ごろまでさかのぼる東国方言の特徴を残している
方言の一つらしい。

代表的なものだと思われる長野県北部方言をいくつかあげる。

「ずくなし」 横着する、面倒くさがってすべきことをしない、といったような意味。
あるいは、やる気を出して何かを仕様とするさいに「ずくをだして何々する」などと言う。
自分はこの「ずくなし」の「ずく」の語源が何なのかわからない。
青森県にも「ずくなし」という言葉はあるそうだが、こちらは「意気地なし」という意味だそうで、ニュアンスが違う。

「せう」 言う、話すなど。「何せってんだい?」(何を言っているのだ?) 「せったかせわねかせってみろ」(言ったのか言わなかったのか言ってみろ)
「そういう」が縮まって「せう」になったという説をどこかで読んだ記憶がある。そういえば、「〜だと思う」を「〜だそもう」と言うが、この
「そもう」も「そう思う」の縮まったものだろうか?

90 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)