5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

生成文法総合スレ<28>

1 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/21(火) 22:11:25 0 ?2BP(0)
関連スレッド
生成文法批判 http://mentai.2ch.net/gengo/kako/988/988295604.html
生成文法批判 その2 http://mentai.2ch.net/gengo/kako/1000/10000/1000027749.html
チョムスキー初級者スレ http://mentai.2ch.net/gengo/kako/994/994623478.html
意味論 http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gengo/995816650/
意味論 II http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1075723621/
言語能力は生得的か http://yasai.2ch.net/psycho/kako/1005/10052/1005233144.html
言語能力は生得的か Part 2 http://academy.2ch.net/psycho/kako/1011/10118/1011801342.html
言語能力は生得的か Part3 http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1046521810/
音楽はどこまで「言語」か  http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1084635848/


2 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 07:40:08 0
2get!w

3 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 23:22:43 0
かひなだゆし(腕弛し)

4 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/08/22(水) 23:34:33 0
生成文法理論がなんの理論だかわかんない
人間の言語能力に関する理論ではないようだし
かといって多様な言語に共通する普遍的な法則に関する理論でもなさそうだ
英語の文法のひとつの見方にしか思えない

> 「なんじゃそりゃ」と書いたが、

人間は伝えたいメッセージがあってそれを言語という道具で
伝えようとしているわけだから伝えたいメッセージがニュアンスも含めて
伝わりやすいように道具を工夫して使うわけだ
「なんじゃそりゃ」はその工夫の一例だよねん
ケータイの絵文字とか「マジでムズーだ」なんかもそうだよねん

5 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/23(木) 00:06:38 0
↑なんじゃこりゃ

6 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/23(木) 03:11:19 0
ラジカルにD夫人が出演していた日、
Mアナがゲストの不適切な発言を謝っていた。
レモン・キッチュ・ガイ←┘
因みに、がっちりマンデーでは、
進藤晶子さんの「キッコーマン子」発言はスルーだった(当たり前だが)。

7 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/23(木) 06:14:58 0
仇飯前か失禁前に、徒花しを聞くのが日課です。

8 :仇鱒:2007/08/23(木) 06:39:25 0
やあ、おはよ。ほいじゃ軽く徒花しでもすっかな。うむ。とくに話すことも
ねぇのだが。で、えっと、前スレ(とゆうか本当のスレ<28>)の最後に
次↓のようなカキコミがあったが、
>単語と 単語と の あいだを 開けて かいて ください 
日本語てか膠着言語のすばらしいところは、単語と単語の間をあけなくても
意味が分かるところだ。たとえば、「単語と単語との間を開けて書いて下さ
い」と全ての単語をくっつけて書いても日本語としてはフツーに桶であるわ
けだ。一方、これを英語にして次↓のように書いてもワケワカンエーわけだ。
(1)pleaseputaspacebetweenwords
あと、あれだ、日本語は縦書きが普通にできれば横書きも普通にできるわけだ
。でも、英語は縦書きなんかできねぇわけだ。たとえば(1)のまともな文で
ある(2)を
(2)please put a space between words
次↓のように縦書きしたらこれまたワケワカンネーからな。



9 :仇鱒:2007/08/23(木) 06:40:11 0

(3)
p
l
e
a
s
e

p
u
t

a





ま、どーでもええことだが、日本語と英語の大きな違いとゆうのは、実はこー
ゆーことだったりするのだよ。うむ。てか、久しぶりに雨で気持ちええな。てか、
次のスレは「生成文法総合スレ<30>」にしろよ。またスレ<28>でもええ
が(ワラ)



10 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/23(木) 06:55:59 0
ワケワカラネガー
Jack End Off
Lak Off

11 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/23(木) 17:43:29 0
どうでもいいが、前スレ最後の書き込みは単語で切って書けと
要求していながら、自分では文節で切っているな。

12 :仇鱒:2007/08/23(木) 19:47:26 0
やあ、こんばんみ。ちょいと書くかなー。で、実は今週はちょいと休暇をも
らって家族さーびつをしているのだが、今日はムスコの夏休みの宿題の関係
で市内の公共施設などを回ってきますたよ。で、いろんなところを回ってき
たのだが、ちょいと2つだけ紹介してやる。うむ。えっと、いきなりだが、
藻前ら平櫛田中という彫刻家知ってるか?実はわしのうちの近くに平櫛田中
が晩年過ごした家があり、その隣に平櫛田中の彫刻美術館があるのだよ。で
、今日ムスコと行ってきたのだが、いやはや、たまげたよ。彫刻がまさに生
きているようで、ほんとにその彫刻の声が聞こえてきそうだし性格から何か
ら全部分かるようなのだよ。そのぐらいすげぇ彫刻なのだよ。で、詳しいハ
ナシは端折るが、平櫛田中の物の考え方や生き方にわしはめちゃくちゃ共鳴
してしまった。正直わしはあまり人に感銘を受けたりすることがないのだが
、40ウン年生きてきてはじめて強い衝撃を受けた。てか、マジで生まれて
はじめて体にゆっくりと電気が走るというのを感じた。で、わしは悟ったの
だが、言語学はもうわしはやらん。今の言語学はアホらしくてやっておれん
。で、これからわしは言語道をやろうかと思う。うむ。武道や書道や柔道や
剣道と同じで言語道である。仇組のやるべきことは言語道の確立である。人
生半ばになりようやくわしてかわしの組のものとやるべきものが見えた。開
眼とゆうのは前触れもなくいきなり訪れるものだな。今日はわしにとって非
常に貴重な日になった。うむうむ。



13 :仇鱒:2007/08/23(木) 19:48:33 0
あと、実はわしのうちの近くにはブリジストンの工場があるのだが、てか、
街一帯がブリジストンであるのだが、そのブリジストンの博物館にもいって
きた。m・シューマッハ関係のものなんかもいろいろ展示してあって車にま
ったく興味のないわしでもいろいろ楽しめた。で、実はそのブリジストンの
駐車場に自転車をとめてビックリしたのだが、実はブリジストンの駐車場は
アスファルトじゃなくタイヤの素材でできているのだよ。たしかに地面に弾
力があるだよ。ふ〜ん♪と思った今日この頃である。まだいろいろ語りたい
がもうちかれたのでこのぐらいにする。うむ。あ、でもせっかくだから>>11
にちょいと釣られてやると、文節つーのはおもろい罠。統語構造を反映した
言語単位じゃねぇし、おまけにjapanese-specificな概念だしな。でも、不思
議なことに言語処理では大活躍してる罠。ま、そんなところだが、明日も家
族さーびつで一日お出かけでつよ。うむ。

>Jack End Off
コレ↑はうまい。うむ。

勉強のハナシはまた明日にでもするな。うむ。


14 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/24(金) 05:32:35 0
田舎の 田圃の 仇道

15 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/24(金) 06:13:18 0
仇(徒)党を組む仇の仇放しはまだ?

16 :仇鱒:2007/08/24(金) 06:50:19 0
おはよ。昨日はちょいと過ごしやすかったが今日はまた暑さがぶり返しそうだ
な。うむ。で、ベンキョウのハナシをする前にちょいと>>15にレスしてやっか
な。ま、藻前らがわしらをどう見ているかワカランが、うちの組はハンパじゃ
ねぇよ。毎日仁義なき戦いだ。マジでな。そうゆうこともあり、普通の組織と
はちがう。馴れ合いはいっさいなしだ。雰囲気的には松屋的というか吉野屋的
だ。殺伐としている。わし自身なれ合うのが嫌いだからな。そーゆー環境でか
れこれ5年ぐらいやってくるとマジで3人でしかできない仕事というのができ
てくるのだよ。というか、3人だからできる仕事しかわしらはしないのだよ。
まあ、三位一体とゆうことばがあるが、まさに仇組は三位一体である。どの一
人が欠けても今の仕事はできない。あとな、藻前らの中にも共同研究している
のがいると思うが、似たような人間が集まってもロクなもんはできないのだよ
。みな個性が違うからこそいいものができるのだよ。もっとゆうと0がいくつ
集まっても所詮0なのだよ。一方、100は3つあれば300以上になるのだ
よ。共同研究つーのは足し算じゃないのだよ。まあ、わしらは余程のことがな
い限り最後まで3人でやっていくだろうな。最後というのは文字通り最後てか
最期だ。ぶっちゃけたハナシ、わしのコアなアイデアをクリスタライズするに
はかかりの後輩が必要だし、そしてソフィスティケートしたものを生み出すに
はもう一人の助さんが必要だ。まあ、マジでダチョウ倶楽部といっしょで、3
人いっしょだからこそ楽しいコントができるとゆうものだ。うむ。まあ、あれ
だ、今の研究スタイルを変える時があるとしたら、それは増員するときだな。
ま、電撃ネットワークのように4人組体制になる時だ。うむ。ま、そうはなら
んとは思うけどな。てか、そもそもわしらの殺伐とした議論に泣かずについて
これる香具師なんてそういねぇと思うしな。てなことで、ベンキョウ寝たはま
た時間ができたらする。うむ。てなことで、組の若いもんからまた熱いメール
が届いたわ。うむ。ちゅーか、お仕事用のpcまたぶっ壊れたよ、、、ったく
、、、。

17 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/24(金) 07:18:31 0
ほんとだ、スケさん二人だ。カクさんがいない。

18 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/24(金) 14:53:08 0
アダよ、お前がここでいきがって毒づくのは構わないが、
仇組とかいって、他人を巻き込むのはどうかと思うぞ。
センセ方の中には、ここROMっててお前のこと心良く
おもってない人もいるだろ。お前の下品さというフィルター
を通して、共同研究者も「同種」と思われかねないぞ。
お前がここで彼らを持ち上げれば、なおさら反発されることも
ありうるぞ。悪い事はいわん。もう、ここで仇組とかいうのは
やめとけ。

19 :仇鱒:2007/08/24(金) 15:40:42 0
やれやれ、夏風邪でつよ。喉がヒリヒリしまつよ。で、まずはちょいとベンキョウ
寝たでも書くかな。で、えっと、先日飛行機事故があったわけだが、ま、次↓のよ
うな記事があったわけだ。
>A Taiwanese China Airlines passenger plane caught fire soon
>after landing at Naha airport in Japan’s southern island of Okinawa
>Monday morning, but all 157 passengers and 8 crew members
>evacuated unharmed.
で、最後のココ↓のところをちょいと見てもらいたいのだが、
>all 157 passengers and 8 crew members evacuated unharmed.
文末にあるunharmedをどう考えたらええかな。ま、フツーに解釈したらデピクチ
ブのように解釈する罠。でも、実際の状況をみると、結果としてみんな無事だった
というリザルタチブの解釈の方が現実に即しているよな。そんなことねぇかな?で
、日本語の訳を考えると「無事脱出した」という訳がフィットするかと思うが、こ
の「無事脱出した」の「無事」はデピクチブの読みの方が強いと感じるのはわしだ
けかな?そんなことね?

で、>>18にもレスしてやるが、いろんなもんをごっちゃに考える藻前のようなヴァ
カはかき氷でも喰って頭冷やせや。あとな、センセがどうたらこうたらだが、アホ
なことゆってんじゃねぇよ。わしは人の顔色見て発言調整したりせんよ。ヴァカじ
ゃねぇか、藻前は。それだけにわしの発言は十分信ずるに足るのだよ。てか、少し
は理論言語学てかこのスレのためになることでも書けや、ったく、、、。ま、藻前
が門外漢で生成の基礎知識もまったくないのはわしには全てお見通しだ。はははは
は。さて、夜の空手教室までちょいと時間があるからひと眠りするかな。うむ。て
か、休暇もあともう一日だ。しっかりリフレッシュせんとな。藻前らもベンキョー
するときはしっかりベンキョーし、リフレッシュするときはしっかりリフレッシュ
しろよ。ベンキョーとゆうのはやり方と量を間違えるとほんとリアルなヴァカにな
るからな。これは頭の片隅にでも置いておけ。

20 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/24(金) 16:46:02 0
仇組って三人だったのか?
それとも、分裂したのか…??

21 :仇鱒:2007/08/24(金) 17:01:02 0
> 仇組って三人だったのか?
一人で3人分働いているので実質9人編成でつが、何か?

>それとも、分裂したのか…??
いつも内部抗争でもめていまつが、何か?

てか、せっかくだからちょいと書いてやるが、今日実はガキつれてプールにいっ
てきたのだよ、そんで、ビックリしたことがあってな。何があったかとゆうと、
プールで泳いでいたら館内放送が流れたわけだ。「○○からお越しの○○○○(
←わしの本名)さま、お知り合いの方からお電話がかかっております。至急受付
まできてください」とな。で、こーゆー館内放送で呼び出しくらうのってわし生
まれたはじめての経験だし、こーゆー放送ってデフォルトで悪い知らせだよな。
で、わしはてっきりヴァヴァか親が事故でも遭ったかと思ったわけだ。で、すぐ
にプールから出てガキといっしょに受付にまでいったわけだ。プールサイドは走
っちゃいかんけど思いっきり走ってな。そんで受付に行ったら、受付にわしのヴ
ァヴァがいるわけだ。しかも笑顔でな。ありゃ?と思ったら開口一番。「あんた
、バスタオル忘れたでしょ」だよ。マジで志村けんのコントじゃないが、ガキと
いっしょにヒレホレハレホレ〜♪と踊ろうかと思ったわ。いや、マジでな。ま、
そんなこんなの家族さーびつ週間の今日この頃でつよ。うむ。


22 :仇鱒:2007/08/24(金) 18:49:22 0
さて、もうちょいしたら空手だがちょいと書いてやろう。うむ。で、えっと、
昨日平櫛について書いた罠。で、平櫛の彫刻を見てほんといろんなことを学ん
だが、ひとつちょいと思ったことを書いてやろう。藻前ら知ってるかどうか知
らないのだが、てか、わしも昨日初めて知ったのだが(ワラ)、木の彫刻をす
るときはまず石膏像とかブロンズ像で見本をつくり、それを見ながら木の彫刻
をするのだな。で、平櫛の作品は僧侶が語る説話や中国の昔話をモチーフにし
たものが多いのだが、こっから分かるように、作品のイメージは平櫛の頭の中
で作られるわけだ。そしてそれを石膏なんかで見本をつくり、そしてその見本
を見ながら木を切りながらいろんな像をつくっていくわけだ。で、そういった
行程を知り、ある意味言語知識とゆうか普遍文法の構築とゆうかモデリングと
ゆうのは、これと同じようなアプローチで接近するのがベストかもしれないと
思ったわけだ。つまり、いきなり木の彫刻をつくるのではなく見本が必要では
ないかと思ったわけだ。で、具体的にゆうと、計算機に文法を構築し、それを
「見本」にしながら「脳内文法」を再構築していくのが本来のあり方かもしれ
ないと思ったりしたわけだ。



23 :仇鱒:2007/08/24(金) 18:49:57 0
これはわしがイメージしている言語道とは全然関係ないのだが、そんなことも
思ったりしたものだ。ようするに、前からわしがゆっているように、そもそも
自然言語とゆうのは科学の対象にはなりえず、よくて工学の対象にしかなりえ
ないということだ。まあ、このあたりのハナシは昔ここでたっぷりしたから詳
しいハナシは割愛するが、そんなことを思った昨日のことである。うむ。ま、
そーいったこともあり、昨日「文節」についてもちょっと吊られたんだけどな
。ちなみに、昨日も書いたように文節つーたら自然言語処理ではユーズフルで
、実際、漢字の変換なんかでも文節という概念というか非統語的な言語単位が
有用だったりする罠。てか、うかつにも昔、田丁田の本を読んでベンキョウし
てしまったのであるが(ワラ)、文節というのは日本語文法の中でもいろいろ
問題のある概念のようだな。どう問題があるか詳しいハナシは忘れてしまった
が。あと、あれだ、前にもちょいと書いたが、田丁田健や田中克彦はかなりま
ともなことゆってるわ。田中を叩いているチョムヲタがいるが、その手のヴァ
カが自分のヴァカさ加減が分かってないとゆうもんだ。うむ。さて、空手いっ
てくっかなー。うっす!

24 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/24(金) 18:54:12 0
うーん、仇ちゃんはすっとぼけたこと言いまくってて、「オツムは」とも思うのだが、
一応、レビューに論文載せてるんだよな。

確かに権威主義かもしれんが、質の高い国際誌に論文載せたり、競争率の高い学会で
発表経験のある人間には一目置いてしまうな。
業績ゼロとかいう人間の方が、なんだかんだでやっぱり多いんだし。

25 :仇鱒:2007/08/24(金) 21:52:50 0
やぁ、空手から帰ってきますたよ。ますますボクサーな体つきになってきま
すたよ。うむ。てか、いま酸欠でどーにかなりそうだがコレ書いていまつよ
。うむ。で、また厨が何か書いてるがちょいと吊られるかな。うむ。で、あ
れだ、権威がどうたらこうたらだが、ジャーナルにリジェクトされるのも運
ならアクセプトされるのも運だ。なんでかとゆうと、どんなレビューアーに
あたるかが運だからだ。そーゆーもんだ。ちなみにliは運じゃねぇけどな。
あそこはオーサーの名前出してサブミットするからな。ま、論文がいいか悪
いか分からない時は名前見て判断したりしてな。ははははは。ま、m哀tの紀
要らしいわ。うむ。ま、あれだ、何を書いたかが問題じゃなく誰が書いたか
も問題にされるところがいかにもliらしいとゆえばらしいけどな(ワラ)ま、
あとあれだ、研究発表なんて業績のうちに入らんだろ。研究発表いくらした
ってそれがジャーナルからパブリッシュされなければ研究発表したことすら
残らねぇしな。そーゆーもんだ。研究発表山のようにしているけどジャーナ
ルからパブリッシュされた論文数ゼロというのがよくいるけどな。なんだか
なーとゆう感じだけどな。ま、あとあれだ、権威ウンヌンだが、日本には名
前だけは知られているが頭がスポンジ状態の自称ケンキュウシャがそこらへ
んにころがっている罠。ははははは。誰とはゆわんが。いや、ゆったってえ
えが(藁)さて、風呂入ってくっぺ。うむ。

26 :仇鱒:2007/08/24(金) 23:24:22 0
ありゃ、誰からもレスねぇのか、、、藻前ら脳ミソまで夏バテってんじゃねぇぞ、、
、ったく。ま、それはええとして、今日最後のカキコミをしてやるわ。うむ。ま、言
語進化ぽいハナシをすると狸寝入りしている顔餅が彦頁出してくると思うしな。はは
ははは。ま、あれだ、わしは言語の進化なんて正直どーでもええと思っているが、ま
、仕事の関係上アレやコレや読んでるしわしも独自の考えをもっている。で、今言語
学関係ではジャケンドフの読み残していた本やら組の課題図書を読んだりしているの
だが、そんでちょいと思ったことを書くわ。えっと、ピジンとクレオールってある罠
。クレオールは完全な言語だが、ピジンは、まあ、言語になりきれなかった言語もど
きの「言語」だ罠。で、クレオールはいきなり生じるわけじゃなく、その前段階とし
て必ずピジンがあるわけだ。で、かりにわしらの自然言語がいきなり生じたのではな
くその前駆体があるのであれば、それがどうなっていたかが気になるわけだ。でも、
そんなもんないわけだ。言語もどきの「言語」は言語じゃなくゲンゴだからな。だか
ら、そうゆった意味では、わしにゆわせると、言語の前駆体を動物に探してもしゃー
ないとゆうのがある。能書きだけ垂れてたいした結果は得られないとゆうのがわしの
考えでもある。



27 :仇鱒:2007/08/24(金) 23:25:10 0
で、それならもうちょっと確実な手を使うべきだとも思う。で、それ
で目につけるのがクレオールの前駆体であるピジンな。ま、ビカートンなんかがこの
あたりのことをいろいろ書いていたわけだが、初心に戻りピジンからクレオールへの
シフトなんかをもうちょっとシリアスにやるのも正攻法じゃないかなとはわしは思っ
ているけどな。ま、そうはゆっても生物言語学を標榜する生成ぶんぽーは動物やら生
理学的なことに色目使いたいんだろうけどな。その方がカッコイイしな(藁)あと、
あれだ、ホームサインなんかもシリアスに考えた方がええ罠。ホームサインは子供が
まさにサインをエマージュさせ、文字通りそこに記号の発生を見ることができるから
な。あと、ホームサインは子供が大人にサインを教えるのであって親が子供にサイン
を教えるわけじゃねぇよな。これはわしらの自然言語とまったくベクトルが逆である
わけだ。ホームサインは特殊であるだけにちょっとアングルを変えて見ると言語進化
に何か大きなプレゼントを与えてくれる鴨、と思ったりするけどな。ま、そんなとこ
ろだ。うむ。さて、電源ぷっちゅん♪すっかなー。じゃ〜な。

28 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/25(土) 00:16:01 0
>>25
まー、その理屈に従えば業績のある人は運のいい人で、ない人は単に運がない人だという
ことになる罠。
確かにliの基準はよー分からんというか、ジャーナルとしていい態度でないことは確かだね。
mit関係者か衛星大学でないとレビューも遅いとかいう噂だし。
>>26-7
Language Variation and Changeというジャーナルを見れ。

29 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/25(土) 00:45:26 0
Reviewのどこが質が高い、ってのはおいといて

>>18はごくまともなことを言ってると思うが。てか俺
実際「○×って仇の仲間でしょ、ちょっとねえ」、って
いう発言リアルで「センセ」から聞いたことあるし。

30 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/25(土) 01:07:26 0
仇青龍 トンガに 帰る。
顔は 花田、名は 清純。

31 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/25(土) 01:25:29 0
言語学と言語道って結局どう違うの?

32 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/25(土) 01:29:59 0
迷い道くねくね
分かれ道
Sag 1976
May 1977

33 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/25(土) 01:45:07 0
昨日、ポチたま2時間スペシャルに、
喋るスズメが出ていた。
名前と「いらっしゃい」だけだったけど。

34 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/25(土) 05:23:43 0
「いらっしゃい」「三枝か!」
「いらっしゃいませ」「柳原か!」
「Please come in!」「欧米か!」

仇鱒先生がまだなので、独り漫才してました、私。

35 :仇鱒:2007/08/25(土) 06:58:16 0
おはよ。さて、わしも一人漫才させてもらうかな。ははははは。で、軽く書く
な。まず>>28にレスしてやるが、運ウンウンだが、そのハナシには先があるの
だよ。で、分かりやすくゆうわ。よく出される宝くじの例だけどな。宝くじは
買わなきゃ当たることはない。そして当たるか当たらないかは運だ。運以外の
ファクターはない。が、ここで大切だが、どこで買うかが大きく運を左右する
ことがある。同じように、宝くじを買うだけの金をもっているか、これも運意
外のファクターである。同じように、何枚買えるか、これも運意外のファクタ
ーである。で、ぶっちゃけたハナシ、金をいくら持っていて何枚買えるかは、
これは実力なのであるのだよ。で、論文のサブミットでこれに相当するのが何
かを考えてみたらええ。そう考えると、全てが運というわけじゃない。運をつ
かむには実力が必要なのだよ。で、もっとゆうと、海外のジャーナルなんかだ
と、1発でアクセプトされるなんてことはほとんどないわけだ。だいたい2回
ぐらいリサブミットしてそれでアクセプトされるのが普通だ。で、結局実力の
ない香具師はこのリサブミットの時点で消えていくのだよ。で、同じように、
本当にデキルレビューアーつーのはこのリサブミットの段階でいいコメントと
いうのをしてくるのだよ。逆にヴァカなレビューアーとゆうのはこのリサブミ
ットの段階でヴァカであることを露呈しはじめるのだよ。だからそれなりのジ
ャーナルからパブリッシュするというのは、実はオーサーだけでなく実はレビ
ューアーもそれなりにできないといけないのだよ。レビューアーとゆうのはそ
れだけ重要な仕事であるのだよ。


36 :仇鱒:2007/08/25(土) 06:59:17 0
で、それとついでに>>29にもレスしてやるが、わしはtlrのレビューアーもした
ことがあるが、あそこは非常にシビアでかつ非常にフェアーにやってるわ。あ
まり詳しいことを書けないが、レビューをやるとなると、エディターからシー
トが送られてくるのだよ。そのシートも定量的ならびに定性的に評価しなけれ
ばいけないようになっていてかなりリジッドにレビューしないといけないよう
になってるわ。まあ、>>29も藻前のセンセとやらも外野でホザくぐらいしか脳
がないのは分かっているが、エラソーなことをゆうためには自分の頭を自分の
意志でコントロールできるようになってからにしれ。あとな、藻前のセンセと
やらや>>18みたいなのは、少年犯罪が起きたり猟奇殺人がおきたりすると、や
れ恐怖映画が悪いだとかヘビメタを聞いてばかりだからとかそーゆー風な短絡
的な思考しかできねぇのだよ。まあ、藻前らのように頭がbseってる香具師には
チョムのおっかけが一番合ってるわ。少なくともわしはどこで何をゆわれよう
が何ともおもわん。ま、藻前らのように人を外見で判断したり権威に判断をゆ
だねるような香具師は幸せだ罠。楽だしな。まあ、ヴァカにはヴァカの論理が
あるからヴァカ同士で盛り上がればええわ。ははははは。ま、そんなもんだ。
この世で一番幸せなのはヴァカなのだよ。うむ。

>言語学と言語道って結局どう違うの?
教えてやらん。組の企業秘密である。うむ。

さて、メシ喰ってくっかなー。うむ。


37 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/25(土) 08:20:23 0
>>29
うーん、横レスですが、あなたはreviewをコケにできる実力の持ち主かもしれないけれど、私には
あれはちゃんとしたジャーナルに思えますけどね。
それにglowで発表しようとしても絶対受かるという自信はないし。
ひよっこの戯言ですけど。

でも、仇ちゃんみたいなのはリアルだとけっこういい人だったりするんだな。
勘弁してほしいのは、業績も実力もないのにプライドだけ高い陰気な人。
サラリーマンの接待ゴルフよろしくあれこれ持ち上げて本音が言えないので
息苦しくて仕方がない。

38 :仇鱒:2007/08/25(土) 08:41:38 0
を、レスがついたか。と思ったら、わしへのレスじゃないじゃん。でもせっか
くだからちょいと吊られてやるわ。うむ。

>でも、仇ちゃんみたいなのはリアルだとけっこういい人だったりするんだな。
ま、何をもって「いい人」なのかは分からないが、てか、だいたい「いい人」と
いうのは自分に利益を与えてくれる人を「いい人」と呼んだりするのだが、わし
は人の顔見て発言内容調整したりしねぇわ。話し相手の発言内容にしか反応しね
ぇし。こーゆー相手の顔を見て話をするのでなく相手の発言内容<だけ>を見て
話をするのをほんとーの<いい人>とゆうのだよ。うむ。

39 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/25(土) 09:36:20 0
いやあ、さっぱり話通じてないな。
俺はその「センセ」の発言に同調なんかしてないよ?
でも世の中には多かれ少なかれそういう人がいるのであり
ましてや2ちゃんなんか見てるのの中には輪をかけたキチガイだって
きっといるのであり、仇の発言がそういう人間を変に刺激して
「仇組の若いもん」が不利益を被ったらかわいそうだ、ってことだよ?
あんたはどこで何を言われようと気にしないのかもしれんけど、
他人を巻き込まないほうがいいんじゃね、ってのが>>18の要旨であり、
俺はそれに同意してるだけなんだけど。

俺もおっさんの戯言にはトサカにくることはよくあるけどさ、
でも立場が不安定な若造としてはそこでケンカしない、事を
荒立てずに受け流す、って判断もあるわけじゃん。
何で俺がbseだのチョムの追っかけだの言われるのかわからんわ

40 :仇鱒:2007/08/25(土) 09:49:36 0
なんだ、>>29からレスか。ま、「坊主にくけりゃけさまで憎い」とゆうのもある
が、組の若いもんはわしとは独立した一人の個人だ。藻前のような香具師にはそ
ーゆー基本的なことがワカランだろうが、分別のある香具師はそーゆーことがフ
ツーに分かるものだ。ま、>>29や、藻前も今のような物の考え方してると10年
後はこう↓なってしまってるぞ。
>業績も実力もないのにプライドだけ高い陰気な人。
ま、気を付けれ。


41 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/25(土) 10:46:34 O
本当だw話通じてないwww
仇センセが言う所の「真性ヴァカ」の偉いオッサンも世の中にはいるんだ
ってことを自覚して、若いもんの未来を案じてやって栗。

42 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/25(土) 11:21:42 0
宝くじに当たったおかげで
人生狂っちゃう人もいるわけで
何がラッキーかは実際よくわからんよ。

43 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/25(土) 11:32:23 0
大体、生まれてきたのだって
宝くじに当たるような確率だしな。

44 :仇鱒:2007/08/25(土) 13:16:49 0
やれやれ、今日は土曜日でお仕事も休みということもあり、またガキ吊れて(て
かガキに吊れられて)プールにいってきますたよ。今年だけでも10回以上プー
ルにいってることもありマジでもうわし真っ黒だよ。てか、ゴーグルのところだ
け白くて逆パンダだ。ははははは。で、ちょいとレスしちゃるかな。ま、エライ
せんせつーのが自分のヴァカさを自覚してもらいたいもんだが、王様はなかなか
自分が裸であることを認めたがらないものなのだよ。ま、わしのようにプライド
も何もなく、つねにストリーキングな人間は自分のヴァカさを自覚しているだけ
まだましとゆうものだ。あと、あれだ、朱に交われば赤くなるとゆうことばがあ
るが、わしの組に関してはそーゆーことはナッシングだ。朱に交わって赤くなる
のは個がない時なのだよ。個が確立していると朱に交わっても依然として青なり
ピンクの色をしているものだ。で、組の若いもんは藻前らと違い個が確立してい
て誰からも影響されないのだよ。だからこそ、組の中で日常的にガチしているし
、てか内部紛争常時勃発モードであるわけだ。ようするに船頭多くして船山に上
る寸前までいつも議論しているのだよ。ストレートな言い方をすると、今のこと
わざの引用から分かるように、わしの組の組員はわしも含めてみな組長であるの
だよ。主従関係はないのだよ。そういうこともあり、わしらの仕事の注にはいつ
も「執筆者の名前順はアルファベット順である」と書かれているのだよ。これは
とってつけたセリフじゃなく、まさに主従関係がないからそうしているのだよ。



45 :仇鱒:2007/08/25(土) 13:17:33 0

あとな、藻前らの中にどーも基本的なところで勘違いしている香具師がいるよう
だが、研究者はどこで評価されるかとゆうと、研究業績だけだ。それだけだ。日
頃ボランティア活動に励んでいようが、ンープ通いしていようが、そーゆった私
生活はイレレバントだ。ジミヘンの音楽にせよリッチーの音楽にせよ、評価すべ
きは彼らの音楽だけであり、彼らのヤク中や舞台裏のメンバーとのいざこざは評
価の対象にはならないのだよ。ま、そんなもんだが、こーゆーこともいちいちゆ
わんといかんほど最近のケンキュウシャ(の卵)はイカれつつあるの鴨しれんな
。てか、全体的にガキ化しつつあるわけだ。ま、藻前らの周りのセンセがガキだ
からそれに感化されてるんだろうな。藻前らには「個」というものがまだ確立さ
れていない、いまだ物心ついていないケツのブルーなボンズどもだからな。はは
ははは。まあ、あと宝くじだが、宝くじ当たって人生狂うのは一昔前のハナシだ
罠。今じゃたいした金額じゃねぇし、みんな貯蓄にまわしてるんじゃねぇかな。
わし当たったことねぇからワカランが。あと、>>43のゆうように、ほんとわしら
がこうやって生まれてきたのは宝くじに当たる以上の確立なんだよな。先日もち
ょいとそういった本を読んでいて、ほんとすげぇーチョー狭き門をかいくぐって
わしらは生まれてきたと思ったものである。みんな命を大事にすべし。うむ。食
べ物と命を粗末にする子は地獄に逝く。うむ。


46 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/25(土) 19:02:32 0
生まれてきてラッキー!と思えるヤシって勝ち組だけじゃね?

47 :仇鱒:2007/08/25(土) 19:09:31 0
さて、ちょいと書くかなー。藻前ら夏バテってて脳みそヘタってるようだから
な。ははははは。で、藻前らが日頃どんなものを読み、そして何を考えている
のかワカランが、今わしがどんなものを読んでいるかちょいとだけ書くわ。知
りたくもねぇだろうけどな。ははははは。ま、趣味で理論言語学系のものを読
んでる罠。今はジャケンドフのコンセプチュアルなものとそれと平行して機能
文法的なものを読んでるわ。どっちもかったるいが、ま、読む必要があってと
りあえず読んでるわ。あと、仕事関係で科学技術系のジャーナルを片っ端から
読みあさってるが、基本的にこれは便所か枕元で読むだけだ。あと、社会人と
してのたなしなみとして新聞はくまなく読んでいるのはともかく、政治と歴史
関係の本を読んでる罠。これは日本語で書かれた本だ。もちろん「正論」は必
読書だ罠(ワラ)あとはガキの教育とジュギョウとの関係で数学の本も読んで
いる。これは思考力の養成と日頃使わない思考力を鍛えるためだ。あ、あとあ
れだ、番羽言尺してるからその原著も読んでる罠。で、アレコレ読んでいろい
ろ考え、アレコレ書きたいのだが、とりあえず言語学関係でちょいと思ったこ
とを書くわ。ま、あれだ、今ちょいと生成を遠距離から眺めているのであるが
、ああだこうだゆっても標準理論も拡大標準理論も修正拡大標準理論も全て
gb理論をつくるための捨て石であったということがわかりつつあるわ。そー
ゆった意味でも、gb理論は生成の歴史ではひとつの頂点であり、ミニマリチ
ュムはある意味このgbという山を崩しつつあるわけだ。



48 :仇鱒:2007/08/25(土) 19:10:36 0
で、あれだ、ミニマリチュムはd構造とs構造をたいした根拠もなくゲームの
規則を変えるがごとくあぼん♪させたわけだが、ま、わしにゆわせたらまさに
gbの骨抜きをしたわけだ。そしてできたのがレイムダック@死に体であるわ
けだ。ま、そんなこたぁ藻前らにはどーでもええことだろうが、そうだ、あれ
だ、藻前らこれ↓見たか?
http://megumi.gyao.jp/
ま、キタによる拉致をおさらいしたいのならいい映画だと思う。ま、内容的に
は既にみんな知っていることだが、ひとつ「うむ」と思ったところがあった。
ま、藻前らも知っているように、拉致された日本人は、キタの工作員に日本語
やらいろいろ教えるわけだ。で、工作員は完全に日本人化されるわけだ。で、
ポイントは、工作員に日本語を教えるだけでなく<日本人そのもの>を教える
ということだ。これは考えてみたらすげぇーことだなーと改めて思ったけどな
。まあ、「帰化」ということばがあるが、ある意味工作員の日本人化は「逆帰
化」というか「超帰化」であるのだが、改めて考えてもやることがすげぇよ、
ハンパじゃねぇよ。計算機にプログラムを実装させるがごとく、キタの工作員
に日本人を実装させるんだからな。これはマジですげぇことだとわしは思うけ
どな。英語教育なんて生ぬるいなと思ったりしたわ。うむ。

>生まれてきてラッキー!と思えるヤシって勝ち組だけじゃね?
「生まれてすみません」の太宰治は負け組のように見えるが、わしに言わせた
ら太宰は負け組を装った勝ち組だ罠。うむ。

さてメシ喰ってくっかなー。また今日もそうめん&冷や奴だ。うむ。


49 :仇鱒:2007/08/25(土) 20:04:03 0
やれやれ、案の定そうめんと冷や奴だけですたよ。うむ。ま、わしは食が細いか
らこれで十分だけどな。てか、そうめんと冷や奴を食べられる日本とゆう國はほ
んといい國だと思うわ。マジで夏にそうめんと冷や奴が喰えなくなったら日本の
食文化も危ないと思うわ。うむ。ちなみにわしは今年の夏はスイカ喰ってねぇけ
どな。てか、最近スイカ喰わねぇよな?そんなことね?で、もうちょい書いてや
るわ。負け組ウンヌンだが、藻前らも見た鴨しれねぇが、ちょいと前に犬hkで
「地球大進化」とゆう番組があったのだよ。アレはおもろかった。何がおもろか
ったかとゆうと、前にも書いた鴨しれねぇが、いかにも犬hk的なところがおも
ろかったわけだ。つまり共産主義的なプロパガンダがぷんぷん♪していて見てい
て安心して見られたわけだ(ワラ)ま、ようするに、わしらホモサピエンスはい
ちおー進化の頂点に立っているわけだが、この進化の勝ち組になるためには、実
は負け組でなければならなかったとゆうストーリーだ。わしらヒトは微生物から
進化して、途中地球が火の玉状態になったり氷の固まりになったりしたのだが、
そういった地球大進化のたびにわしらの祖先は負け組で天敵や天災から逃げ回っ
ていたわけだ。ひたすら逃げて逃げまくり負け組を貫き通したからこそ、今進化
の勝ち組に君臨できるとゆうハナシだ。ようするに、負け組は勝ち組だとゆうパ
ラドックスを共産主義的なプロパガンダをうま〜く盛り込みながらつくったそう
いった番組であるわけだ。ま、dvdも出ているだろうから興味ある香具師は見
てみたらええわ。うむ。てか、今晩0.10から1.10まで桑田佳祐のライヴ
がある罠。犬hkまんせっ!だ。ははははは。てなことで、藻前らも桑田佳祐の
ライヴしっかり見るよーに。うむ。てなことで電源ぷっちゅん♪じゃ〜な(^^)



50 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/25(土) 23:46:15 0
「生まれてすみません」なんて自分を責めるヤシが自殺をするんだろうか…?



51 :39:2007/08/26(日) 00:39:46 0
俺の>>39に対する仇のレスが>>40で、わざと煽ろうとしている
(にしても何でそうするのかはわからんが)のでなければ
この人は基本的なコミュニケーション能力に大問題がある。



52 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/26(日) 00:40:51 0
>藻前らも桑田佳祐の ライヴしっかり見るよーに。うむ。

見ながら書いています。
因みに、今日のMusic Loversも桑田スペシャルです。
レンガ倉庫でのライブですね(違うかも)。

53 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/26(日) 04:02:12 0
顔文字氏も、かかり氏も、虚無氏も、Mr.Fredも、夏休みですか?
若年性仇ルツ氏だけが鱒ル頑張っている夏ですか?
夏は心の鍵を甘くするは、御用心!
そんなの関係ねぇ!

54 :仇鱒:2007/08/26(日) 06:32:52 0
やあ、おはよ。とくに書くことねぇけど書くかなー。ま、明日から普通営業で
もうこうやってたっぷり書けねぇしな。で、桑田@ジャパニーズロックのネ申
であるが、桑田の佳ちゃんについて語らせたらたぶんわしはこのスレで一番だ
と思うのだが、佳ちゃんはマジですげぇよ。ま、前からゆっているように、日
本の音楽においてその独創性を真に評価できるのは佳ちゃんと亮君@マキシマ
ムザホルモンぐらいだ。んで、昨日の犬hkのライヴはビデオに撮っていてま
だ見ていないのであるが、近いうち見てみたいと思う。まあ、前にもちらっと
書いた(てか拙著で書いている)かと思うが、わしはサザンの5万人ライヴに
参加したことあるが、マジであの時は凄かった。「マンpのgスポット」がヒ
ットした年だったと思うが、一番油がのっていた時じゃなかったかな。ちなみ
に西武線の駅のホームに今桑田師のでっかいポスターが貼ってあるのだが(←
エステ会社のポスター)、わしはそれを見るたびにいつも最敬礼していまつよ
。で、ライヴだが、5万人以上の観客を熱狂させることができるあの能力はや
はりハンパじゃないな。ああゆうスケールのでっかいライヴを経験するといろ
いろ学ぶものがあるわ。



55 :仇鱒:2007/08/26(日) 06:33:25 0
そういや、前スレでヘビメタの映画紹介したよな。ヘビメタを文化人類学的に
考察したものだ。で、その映画の中にはブルース・ディッキンソン@アイアン
メイデンのインタビューがあるのだが、そこで印象的なセリフがあったのだよ
。それは何かとゆうと、アイアンメイデンは20万人ライヴというのをやって
るぐらいなのだが(←あの伝説のウッドストックのライヴレベル)、ブルース
はそんなすげぇ数の観客の前で歌っているとき、20万人ぐらいの観客が親指
ほどに圧縮される瞬間があるとゆうのだな。ようするに、ステージから観客を
見ているわけであるが、あのぐらいの実力がありしかも観客を酔わせる力があ
ると、20万人という観客がリアルに親指ぐらいに圧縮されてしまうというわ
けだ。なんか分かる希ガスるわ。ま、藻前らにはどーでもええハナシかもしれ
ねぇが、生成う゛ぁっかやってるとヴァカになるから夏は心の鍵を甘くするは
、御用心! ははははは。てか、桜田淳子か、、、なつかしいな。てか、桜田淳
子とゆえば山口百恵だが、今日山口百恵のうちの近くにワケあって逝くけどな
。あ、あと森昌子だが、犬hkの朝のドラマでいい演技しているよな。うむ。
ちなみにわしはキャンディーズの蘭ちゃんがシュキだった。南海キャンディー
ズのしずちゃんもええけどな。うむ。

56 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/26(日) 12:26:05 0
で、仇はこれからどうしようというのだろうか?
今さらGBに戻るわけにもいかんでしょ?新しい
文法理論を構築中なのかな?それともGBで未解決
の問題を処理していくつもり?

ま、ミニマリもチョムが死んだらどうなるかわからんけど。

57 :仇鱒:2007/08/26(日) 12:49:53 0
これからちょいと山口百恵のうちの近くまで出かけるのであるが、ちょいと書い
てやっかなー。てか、またこのスレもわしのブログ化しつつあるが(ワラ)で、
せっかくだから>>53に吊られてやると、若年性アルツハイマーは怖い罠。ま、
渡辺謙が「明日の記憶」という映画でそのあたりのことはリアルに伝えているよ
うだな。まだわしはその映画見てないから何ともいえないが、ま、老人の痴呆に
ついてはそれなりに知っているから何となく症状は推測できるけどな。若年性ア
ルツハイマーも遺伝の病気だから親やおじいちゃんなんかにアルハイマーの人が
いる場合は要注意だ罠。まあ、若年性アルツハイマーのように病気なら周りの人
も理解を示すことができるが、天然ヴァカというか天然ヴォケというのがいるか
らこの手のものはほんと手に負えないというか手に焼ける罠。で、この手の天然
ヴァカが自称ケンキュウシャに多いからこれまた嗤えないハナシだったりするわ
けだ。うむ。ヴァカはスルーが基本だが、そうも言ってられなかったりしてそう
ゆう場合がほんと困るわ。で、あれだ、言語関係の脳の病気とゆうと、意外と知
られていないのでゼッケル症候群とゆうヤツだ。ま、簡単にゆうと、脳が小さく
チンプぐらいしかないのだが、でも、こうゆった人でもことばをちゃんと使える
し話せるわけだ。ようするに、これから何が分かるかとゆうと、左脳の大きさは
言語の使用とはあまり関係がないとゆうことだ。で、これをさらにすごくしたの
が、左脳のない人のケースだ。こういった人の場合、もちろん言語をナチュラル
に操ることはできないが、でもかなりの程度言語を扱うことができるわけだ。こ
うゆったケースを見ると、ほんと言語(てか文法システムてか文法ソフトウェア
)は脳のどこにあるのかと思ったりする罠。



58 :仇鱒:2007/08/26(日) 12:50:59 0
A>>56
>で、仇はこれからどうしようというのだろうか?
ゴーイング・マイ(てかアウワ)・ウェイ♪

>今さらGBに戻るわけにもいかんでしょ?
いや、バック・トゥ・ザ・フューチャーだ。phase-based modelがバリヤーズの
先祖返りなら、neo-minimalismはgbの先祖返りだ。gbに戻るのではなく
「戻る」のだよ。ま、このあたりのことは企業秘密だからあんまり詳しいことは
書けないが、今後の仇組の仕事でもチェックしてみれ。ミニマリストの基地外ぶ
りを暴き出してやるわ。ははははは。

>新しい 文法理論を構築中なのかな?
それもしてる。上でちょいとゆった「言語道」のことだ。詳細はおしえねぇけど
。うむ。

>それともGBで未解決の問題を処理していくつもり?
いんにゃ、ミニマリチュムで未解決の問題を処理していくつもりでつが、何か?

> ま、ミニマリもチョムが死んだらどうなるかわからんけど。
信者が守って逝くんだろ。わしの知ったこっちゃねぇが(嗤)

さて、出かけるかな〜。じゃ〜な〜(^^)



59 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/26(日) 13:19:22 0
仇鱒は政治的発言もしているみたいだけど
「格差問題」とかはどう思ってんの?

60 :仇鱒:2007/08/26(日) 19:29:18 0
やれやれ、さっきお帰りでつよ。てなことで、ブログ更新すっかな。うむ。また
わし隔離スレに移されたりして(藁)

> 仇鱒は政治的発言もしているみたいだけど
てか、正しくは「仇は言語学的発言もしているみたいだけど」だな。うむ。

> 「格差問題」とかはどう思ってんの?
正直簡単に一言二言で答えることはできない。ま、でも一言でゆうとよくないと
思う。てか、日本の風土にも日本の文化にもあってないと思う。そうゆった意味
でも、できれば格差はできうる限り是正した方がいいと思う。そして今後の日本
を考えるとそうすべきだとも思う。だからわしはコネズミの格差を肯定するよう
な発言は生理的に受け付けなかった。が、格差を悪だとは思っていない。日本は
資本主義てか株式資本主義の國で、かつ自由競争社会であるからこそ、格差は必
要悪として認めなければいけないと思っている。で、あれだ、「格差問題」とゆ
うのはいわゆる「勝ち組・負け組」の言い換えであるが、ひとつ深刻な問題とし
て次のことをあげることができる。つまり、いわゆる勝ち組のやっている仕事と
負け組のやっている仕事が同じなのに賃金が違うということだ。換言すると、同
じ時間だけ同じ内容の仕事をしたのに賃金が違うのはイクナイという考えだ。


61 :仇鱒:2007/08/26(日) 19:30:08 0
ま、ようするに、同じ仕事を同じだけしたのであれば同じだけペイを支払われる
べきだ、という考えがわしにはある。これは競争社会における基本であり、平等
主義の原理原則である。だからまずはこの問題をなんとかすべきだと思う。いず
れにせよ格差問題は今の日本において深刻な問題だからなんとか解決しないとい
けないと思う。ただ、いかんせん、今の日本は雇用形態がアメリカナイズされて
きているから格差問題はそう簡単には解けないと思う。それと、あれだ、もっと
深刻なのは、格差が「遺伝」というか子供に引き継がれる可能性が高いのだが、
これをなんとか解決しないといけないというのがある。ま、そんなところだが、
もし眠主党が政権をとったら格差問題だけでいいからしっかり解決してほしいと
思っている。眠主党に外交問題の解決なんか期待しとらんからな。うむ。てか、
マジで、内政問題については眠主党に解決してもらって外交問題は自眠党に解決
してもらうというように、問題ごとに「政権分離」した方がいいと思うときある
けどな、うむ。ま、そんなところだ。うむうむ。

てか、モモエちゃんちの近くまで逝って思ったのだが、モモエちゃんの「あ〜な
たに〜ヲンナの子の一番〜大切な〜ものをあげるワ〜♪」という歌があるのだが
(←20代の若いガキどもは知らんだろうな)、これは怖いセリフだよ。マジで
タダより高いもんはねぇからな。「アンタにアゲル♪」とかゆわれてもボンズど
もは要注意だ。ほんと、マジでコレで人生棒に振ることがあるからな。うむ。ほ
んと、わしはいいことゆうな。てか、昨今のヲンナどもの一番大切なものって何
だ?イ本なんか一番どーでもええものだったりしてな。イ本の価値も30年前に
比べたら1/3ぐらいに下がってるんじゃねぇかな。



62 :仇鱒:2007/08/26(日) 20:27:16 0
やいやい、今ちょいと夕涼みにちかくのドラッグストアーに逝ってきたのだが
スゲーもんがあったぞ。あれだよ、ガリガリくんの入浴剤だよ。パッケージが
あのガリガリくんのヤツとクリソツだったわ。ガリガリくんフリークのわしと
しては1つ買って帰りたかったがやめたよ。金もってなかったから(ワラ)て
か、やぱ夏はガリガリくんだよな?そんなことね?ちなみにガリガリくんつー
のはこの↓ことな。
ttp://akagi.db-magic.jp/akagi/brandlineup/series_10000.html
ちなみにわしのお気に入りは今も昔もソーダ味であるうむ。参考までにガリガ
リくんの入浴剤の画像はこちら↓
ttp://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070315_garigari/
てなことだが、じゃ〜な。電源ぷっちゅ〜ん♪(^^)

63 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/26(日) 21:00:31 0
セーフティネットをしっかり整えて自由競争すればいいと思うんだけど、
やっぱこれも風土や文化の問題があってうまくいかないんですかね…。



64 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/26(日) 21:18:03 0
日本の組織はどこも相撲協会みたいになっておるのぉ。
親分さんも大変だわなぁ。
脅してもなだめても出て行くもんは出ていくしな。

65 :56:2007/08/26(日) 21:54:57 0
仇先生、レスありがとうごぜ〜ます。

多分、企業秘密になると思いますけど、やっぱ仇流の言語道だと
Syntaxは自律したものとして分析するわけですかね?棲み分けって
考えるというのは、やっぱ構文文法的は言語観ではないわけですよね。

66 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/27(月) 00:34:33 O
天皇が神様だった時代は常に格差社会だったわけだが

67 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/27(月) 01:38:04 0
セ 得点圏打率

.384 1 高橋
.356 2 谷
.353 3 二岡
.351 4 阿部

68 :仇鱒:2007/08/27(月) 06:34:20 0
おはよ。よーやく暑さも和らいできたな。徐々に秋を感じる。うむ。で、ふと
思ったが、今年は猛暑だったとゆうことは来年の杉花粉は猛烈に多いとゆうこ
とだろうか、、、。もしそうならガクブルだよ、わし。で、ちょいとレスする
な。えっと、まず格差問題についてレスするが、正直、セーフティネットがあ
てにならないから今みんな安心していられないのだと思う。たとえば、有名な
ハナシだと北九州の役所の問題がある。藻前らも雑誌なんかで知っていると思
うが、北九州では生活保護がなかなか受けられないのだよ。最近は少しはマシ
になったようだが、前はどー考えても生活保護が受けられるべき人が生活保護
が受けられずそれで餓死とかしていたわけだ。ま、ようするに、生活保護をで
きるだけさせず「出費」を軽減するのが役所の目標であったわけだ。ようする
に、本来セーフティネットを出すべき地方が出し渋ったりしていたわけだ。ま
、どこも地方は財政危機だからすぐに援助しないのはなんとなくわかるけどな
。でもいくらなんでもそりゃねぇーだろ、というのを弱者の味方である地方公
共団体がしていたりしたわけだ。ま、ようするに、いざというときに今じゃ身
近な地方の役所が助けにならなかったりするわけだ。ま、北九州のケースはレ
アなケースだと思うし、どこも北九州のように弱者に厳しいわけじゃねぇけど
な。


69 :仇鱒:2007/08/27(月) 06:34:59 0
同じく今度は國レベルで見ると、これまたいざというときに助けてくれなかっ
たりするわけだ。いい例が拉致の問題だ。政治利用するだけして正直マジで拉
致された人たちを救出しようなんて思っているかどうか分からないわ。今なん
かもう「過去の話」になってマスコミも取り上げなくなったからな(←だから
こそ、わしは自分の本で拉致問題を積極的に取り上げているのだが←理論言語
学の本であれだけ拉致に触れている本はないだろうな)。地方もセーフティネ
ットを出してくれなきゃ國も出してくれないのだよ。で、おまけにマスゴミは
セーフティネットに穴を開けて民間人を追いつめて自殺までさせようとしてい
るしな。ようするに、日本という國全体がセーフティネットの目が粗いし穴だ
らけなのだよ。だからセーフティネットをどうのこうのというのは正直理想論
だと思うわ。とにかく自分の身は自分で守るしかないのだよ。そしてそのため
には心身共に護身術を身につける必要があるのだよ。で、もっとも大事なのが
<心の護身術>であるのだよ。ま、心の護身術とはどうゆうものかはわしの書
いた英語の読み方の本でもみたらええわ。まあ、ようするに、人の心を読み、
社会を読み、先を読み、書かれていることの裏を読む、そういった<読む力>
が大事なのだよ。で、こうゆった読む力というのが実はホモサピエンスには欠
けているのだよ。なぜかとゆうとパラドキシカルなハナシになるが、ヒトは言
語をもってしまったからだ。ま、分かる香具師には分かるだろう。あとは自分
で考えれ。うむ。


70 :仇鱒:2007/08/27(月) 06:36:23 0
で、ちょいと>>65にもレスしてやろう。うむ。えっと、言語道であるが、これ
は企業秘密だからまじでわしの組の若いもんしか教えない。たぶんかかりの後
輩がわしの考えているスピリチュアルなものを具体的な例をつかってだんだん
とクリスタライズしてくれるだろう。わしが思うに、こうゆった卓越した読む
力をもっているのはかかりの後輩をおいて他にはいないと思う。ま、こーゆー
と、「仇、組のもん誉めるな!」とまたゆわれそうだが、わしはデキル香具師
はデキルとゆう。それだけのことだ。そんで、こうやってクリスタライズした
もんをもう一人の助さんが完璧に磨き上げてくれるのであるが、これがまた職
人技である。マジですごい。わしは隣でニヤニヤしながら見ているだけだ。う
む。でだ、たぶん>>65は仇組の一連の仕事をそれなりにフォローしていると思
うのだが、わしらはチョム流のシンタクトセントリックな考えはヴァカの骨頂
だと思っている。同じくチョムセントリックな信者にはつける薬がないと思っ
てるわ。もっとゆうと、デリベイションセントリックな考えもハナシにならん
と思っている。ようするに、味噌も糞もセントリックに一つのもので処理する
アプローチはガキそのものだと思っている。


71 :仇鱒:2007/08/27(月) 06:37:08 0
で、このような考えは、実は、チョム式生成ぶんぽーを批判している久里予・
高貝にも見られるわけだ。で、何度もゆうし誤解のないようにゆっておくと、
久里予・高貝の両者は非常に優秀な研究者である。だからこそ叩くのであるが
(←自称ケンキュウシャは叩かずに遠くから嗤ってみてるのがデフォ)、そん
でもってまずはファンクショナルセントリックなktを叩いたわけだ。で、そ
の一連のキーコンセプトが>>65も指摘してくれている「棲み分け」である。
まずは味噌と糞を丁寧に分ける作業である。でだ、このような棲み分けが統語
的な現象にどう適用できるかというのが藻前らの関心だと思うが、興味ある香
具師は、今度の日本英言吾学会の仇組の研究発表を聞いたらいい。かかりの後
輩が根性入れて発表原稿を今準備してくれている。他にもいろいろネタがある
のだが、さてどこで発表しようかと考えているところだ。>>65や、どっかの雑
誌にメールで「くだらん記事載せてねぇで仇組の記事を載せれ」とスパムって
くれ(ワラ)。あと、あれだ、わしらはゴールドバーグ流の構文文法観はもっ
てねぇよ。ただ構文の重要性はこれからも唱えていくつもりではある。構文は
エピフェノメナだとホザくアホチョムに踊らされて構文を軽んじる香具師をリ
アルヴァカとゆう。うむ。ま、そんなところだがメシ喰って失禁すっぺ。あー
、かったりぃ〜♪


72 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/27(月) 07:31:21 0
うーん、久しぶりに仇ちゃんの文章を読んでみたがやっぱりよく分からないな。

MPやる上でのキーコンセプトは、仮説に概念的必然性があるかどうかを問うことにあると
私は踏んでいるんだけどね。

だから、好き勝手に仮説を言えるフレームワークよりは仕事がやりにくくなるのは当たり前
なんだけど、その代わりに仮説の是非を問題にするようになったわけだから、質のいい論文の
「深み」のようなものはGBより上だと思うんだけどな。

こういう「メタ」的な視点も取り入れているからこそ、UG自体が被説明項になりうるので
顔文字氏お得意の生物学的基盤も問題にすることができる。

GBのコンセプトだと、こういう学問領域のinteractionを問題にしにくくなるだけだと思うが。

さらに問題なのが、MPだと意味との橋渡しは、実質LFに全て委ねるようにしているわけだよね?
だから、D-stを排除するという前提に立つことができるようになっているわけだし。

Syn-semのinterfaceの議論が活発化しているという事実だけでも、MPはsyntaxの中だけに籠らない
で、認知能力との関係性とそれらの形式化という問題を顕在化させているように思えるんだよね。
だから別にMPは「言語はsyntaxのみ」とかいう話をしているのではなくて、「言語の特異性で顕著
なのがsyntaxのみ」って言っているだけにゃろ?認知モジュールの否定をしているような文献に
お目にかかったことはないけどね。

もしかすると仇ちゃんは、言語能力の総体はsyntaxだけだとチョムスキーが言っていると
読んでいるんじゃない?

73 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/27(月) 07:58:25 0
仇は常に

「お前みたいなチョムの追っかけにはわからんだろーが」
「これはどう考えたって○○だろうが、ヴォケ」
「これはわしに言わせれば××なのだよ」
「いつまでもチョムの追っかけやってんじゃねーぞ」

で片付けてしまうので、「この理論はこのように捉えるべきではないか」的な
議論はするだけ無駄っすよ

74 :仇鱒:2007/08/27(月) 08:08:32 0
を、なんか吊れたな。てか、>>72はあの人だな。ははははは。わしのホモページ
にクラプトンの曲をうpしたから暇な時でもチェックしてみて栗。今度その気に
なったら桑田佳祐てかサザンのバラードのメドレーを仇流にアレンジしてうpし
ようかと思っている。うむ。で、失禁前ということもあるからカルメンれすポン
酢な。まずシンタクトセントリックであるが、フツーに解釈して栗。つまり、意
味論に自治権を与えるかいなかとゆうことだ。つまり、シンタクトセントリック
では意味論はあくまでも解釈の対象であり、意味論には生成能力はないと考えて
いるわけだ。まずわしはこの考え自体が非常に幼稚だと思う。そもそも統語論に
おける基本単位と意味論における基本単位は違うのだよ。統語論ではnやらvや
らケースやらが単位となっているが、意味論ではイベントやプレヂケット、それ
にインディビジュアルやヴェアリアブルといったものが単位となっているわけだ
。後者を前者でもってアレコレやって翻訳しようと思っても所詮無理なのだ。意
味論にも自治権を与えいわゆる生成意味論ではなく本来の意味での生成意味論を
認めるべきなのだ。そーゆった意味では、本来生成意味論がやるべきことをlf
のだよ。



75 :仇鱒:2007/08/27(月) 08:09:32 0
あと、学問間のインタラクションであるが、そんなもんは別にミニマリチュムに
頼らんでも十分できるわ。たとえばジャケンドフのシステムではミニマリチュム
よりもむしろプロダクチブにできるわ。てか、学問間のインタラクションなら認
知ぶんぽーが今じゃ一番活発じゃい。ミニマリチュムだからこそ学問間のインタ
ラクションはしにくくなってきているのだよ。そーゆーことにそろそろ気づかな
きゃならんのだよ。それと、あれだ、インタフェイスだが、インタフェイスなん
てジャケドンドフのコレスポンデンス・ルールを格好付けてゆっただけにすぎん
。たんなるコスプレだ。うむ。あと、あれだ、概念的必然性ウンヌンだが、そん
なプロパガンダに踊らされているようじゃだめだ。じゃ、逆に聞くが、概念的必
然性とやらを過不足なく定義して栗。やってみれば分かるが、概念的必然性なん
かも久里予・ 高貝が提唱している機能的制約なんかと同じでどーとでも解釈でき
るのだよ。ま、>>72ももうちょい頭つかってベンキョーするこったな。はははは
は。

>「この理論はこのように捉えるべきではないか」的な
>議論はするだけ無駄っすよ
いや、そんなことゆわずにわしを説得させて栗。うむ。

さて、失禁してきますでつ。はい(^^)

76 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/27(月) 14:27:04 0
>>60-61,>>68-69
透明性と公平性が大事だな。
日本は透明性がヤバすぎる。やぱ内部告発しかないんだろうなぁ。

77 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/27(月) 14:59:49 0
プライベートも透明にするアホもおるがのぉw


78 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/27(月) 18:19:19 0
>>74 バレバレ
unpluggedはいいね。ギターの味がしみ出てくる。サザンだとbye bye my loveをアレンジできない
かな?

意味論の自治権というか、今は統語構造と意味にどこまで透明性があるのかを議論しているのだと
思うね。
ちと反例が多いようにも思うのだが、stage-level predicateにevent argumentがあり、individual level
predicateにはそれがないとする話だとか、monotonicityだとか。

まぁ、透明性がないと言い切ってしまうよりは、ある程度はあるだろうし、どこ
まであるかということを調べる方が建設的かなとは思うんだけどね。LF-syntaxをやっている人は意味論の
独立性をassumeしているんじゃないかな?

79 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/27(月) 18:20:00 0
>>75
概念的必然性を過不足なく定義することは、ちょっと私には無理だね。(勉強不足etc)
ただ、仮説を立てる際のモチベーションというか、是非を問う態度ができたということは
評価していいんじゃないかな?

K野/T見ラインの機能文法で注意したいのは、functional motivationによりある種の言語使用が
影響を受けるということと、言語システム自体が自立したシステムで独自の規則に従っている
という問題を混同しているということに尽きるんじゃないかと思うんだけど、なんか話が長く
なりそうなのでパス。

ある種のモジュールを想定する是非は、経験的証拠がどれだけ記述、発掘
できるかという問題に尽きると思うんだけど、ちょっと話が大きすぎるやね。
ミニマリズムの初期に想定されていたAgrにしても、想定する概念的必然性がなく、想定しなくても
経験的証拠が同程度に(あるいはよりきれいに)記述できるという理由で、破棄している人が多いと
思うんだけど、じゃあ、北欧系の言語だとかSlavicだとか格変化の多い言語をどう記述するのかという
問題って手つかずのままだと思うんだよね。
LFGなんかだとmorphological componentを想定しているので、きれいに記述できたりするんだけど、
じゃあそれがそのままmorphological componentを想定する証拠につながるのかどうかと言われると
正直分からないな。DMできれいに記述できるのであれば、その答えは「No」ということになるんだろう
けどね。

romに戻ります。

80 :仇鱒:2007/08/27(月) 19:27:45 0
こんばんみ。軽くちかれた。うむ。てなことでカルメンれすポン酢。

>>76
>透明性と公平性が大事だな。
まあ、透明性とゆっても、国家機密に関わるようなもんは透明にしなくてもい
いとわしは思っているけどな。まあ、具体的にゆうと、藻前ら知ってるかどう
か知らないが、昔、毎曰新聞の記者絡みで「西凸事件」とゆうのがあったのだ
よ。どーゆーのかとゆうと、沖縄返還に関して日本とアメリカが裏取引をした
わけだが、西山とゆう記者がオンナ絡みでそのあたりの情報を手に入れ、そん
で毎曰新聞でスッパ抜いたわけだ。その後、その事件は、西凸記者の女性問題
にすりかえられて立ち消えされたのだが、正直わしはこの事件に関してはいろ
いろスッキリしないところがある。国益を考えて国レベルで裏取引したことが
分かったとしても、それを知る権利とか透明性ウンヌンでスッパ抜いていいも
のだろうか、というのがある。ま、ちょいと話がズレるかもしれないが、どこ
まで透明にしていいか(すべきか)とゆうのはほんとムズーな問題だと思う。
あと、公平性だが、ようするにスタートの公平かゴールの公平かだ罠。前者が
資本主義の原則であり後者が共産・社会主義の原則だが、ま、前者がええ罠。
でも、前者だけを考えているとやはりいわゆる格差問題が生じちゃう罠。あと
、今の日本では、上でもちょろっと書いたが、格差問題が子供にまで引き継が
れ、そんでスタートの時点で格差があったりするからな。そうなると「最後だ
けでも公平にしよう!」とゆう共産主義的なものがどうしても出てきてしまう
罠。ほんとこの問題もムズーだと思うわ。でも、>>76が指摘するように、透明
性と公平性の問題は非常に重要だと思うわ。あ、あと、あれだ、正直内部告発
というのはわしはシュキでない。これを奨励するといっきに監視社会になり、
気づいたら串國みたいになっちゃうからな。マジで内部告発とゆうのは諸刃の
剣で、使い方間違えると人間関係崩壊しちゃうわ。


81 :仇鱒:2007/08/27(月) 19:29:05 0
>>78>>79
まあ、バレバレだ罠。ま、元気で何よりだ。時間はあるようでないからがんがん
がんばってがんがん結果を出すことだ。ポイントは「がんがん」だ。ちなみにア
イスとゆったらガリガリくんだ。うむ。で、unpluggedのウケがいいようだが、
あれは前半サイモン&ガーファンクルのメドレーぽいもので(←途中ボサノバぽ
いものを入れている)、後半がちょいと面白いフレージングをしながらビートル
ズのブラックバードを弾いている罠。ま、一発取りだからいろいろミスもあるが
、まああんなもんだ。で、今度マジでサザンてか桑田師の曲をちょいとアレンジ
して弾いてみっかな。どの曲をアレンジするかはうpしてからのお楽しみだ。で
、ベンキョウ寝たに軽く吊られるが、ステージとイベントアーギュメントをリン
クさせるのは、もしかして、ステージ・レベルは時間の流れを内包しているから
か?でも、そうならちょいと理由としては安易だ罠。たとえば、イベントアーギ
ュメントとfqをリンクさせたりすることもあるが、藻前さんのやり方だとイン
デビジュアル・レベルではfqを許さないことになる罠。でも実際そんなことね
ぇ罠。あと、あれだ、モノトニシティだが、含意関係とかってモロに論理学の領
域だ罠。モノトニシティをシンタクティカルに捉えようとするのは正直無茶だと
わしは思ってるわ。で、あと、久里予・高貝の問題点だが、ハナシはそう簡単で
はないのだよ。わしの方こそハナシが長くなるのでパスだ。うむ。


82 :仇鱒:2007/08/27(月) 19:29:45 0
で、えっと、agrだがよーわからん。てか、チョムのagrのシステムだってたいし
た根拠もなく想定されたしな。まさに一夜のうちにチョムの一声でな。だってポ
ロックはtp-agrspの構造を想定したのであり、agropなんか想定していなかったか
らな。しかも順番はtp-agrspでありagrsp-tpじゃないわけだ。それをチョムはいき
なりagrsp-tp-agrop-vpという構造を想定しちゃったんだからな。ポロックのあの
分厚い論文はいったい何だったんだっていいたいわ(←たぶんliで最長の論文だと
思われ)。うまいところだけパクってあとは自分で勝手にアレンジして「今日か
らこれで逝きますから、信者のみなさま」だよ。ったく、いい気なもんだ。うむ
。で、えっと、あとlfgの形態部門だが、複合語とか考えたらやぱ形態論は部
門として(たとえ小さくても)あると思うわ。てか、複合語みたいなもんまでシ
ンタクスでやろうとするのはパン屋でケーキつくるようなもんだ。ま、何はとも
あれ、がんがれな。なんかペーパーできたら添付ファイルで送って栗。読んでコ
コでレビューさせてもらうからよ(藁)


83 :仇鱒:2007/08/27(月) 19:30:35 0
>>77
>プライベートも透明にするアホもおるがのぉw
ココはわしのブログでつが、何か?(w)

てか、今日からわし脱皮し始めますたよ。背中の皮ズルズル剥け始めますたよ。
てか、あれだなー、こうやって脱皮しているとなんか爬虫類になった気分だな。
小脳だけになった気分だ。ははははは。てか、ふと思ったのだが、ヘビとかトカ
ゲって鱗状の皮膚もってるよな。そんでもって脱皮するよな。同じように魚も鱗
もってるわけだが、なんで魚は脱皮しねぇんだ?あん?

あーちかれた、どてっ♪


84 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/27(月) 19:33:27 0
不二家とか牛肉とかは内部告発じゃないの?

85 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/27(月) 19:39:29 0
>>81
>>78-79

86 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/27(月) 23:47:16 0
WBSでやっていた。一石二鳥。吹石一恵。大石恵。
CO2を油田層に注入することで、油田の寿命が伸びる。CO2放出も抑制出来る。

87 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/08/28(火) 00:03:29 0
生成って言いながらどっちかって言うと発話より構文解析にフォーカスしてる?
作られた文章からスタートしてるみたいだけど
伝達したい内容から文章がどう作られるかってのも興味あるよね

88 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 00:26:15 0
みゆう人種党

89 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 00:58:43 0
>伝達したい内容から文章がどう作られるかってのも興味あるよね

伝達したい内容 → X → 文章がどう作られるか(numeration → 計算 → LF)
Xの部分が全くわからないよね。

90 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 03:37:33 0
>国益を考えて国レベルで裏取引したことが 分かったとしても、
それを知る権利とか透明性ウンヌンでスッパ抜いていいものだろうか、というのがある

政治によって最も影響を被るのは国民である。
善政であれば国民は潤い、悪政であれば国民は苦しむ。
政治を行う者を為政者と呼ぶ。
為政者が善人であれば政治はよくなり、
為政者が悪人であれば政治は悪くなる。
国民にとって為政者が善人であることが望ましい。
しかし為政者の善悪を直接に国民が把握することはできない。
為政者の人格、学識、思想は本人と面識がなければなかなか知ることができず、
メディアから流れる情報、例えば総理が子供の腹にキスしました。親しみやすいですねーなどいうのは
支持を得るための為政者の情報操作でないとも言い切れない。
そのため国民は事後的に政策の良否で為政者の是非を判断する。
しかしその政策が隠蔽されていたとしたら?是非を判断することはできない。
ある政策が実際には国益にならないことだとしても「いやこれが国益なのですよ」と強弁されれば
国民からは国益になるのかならないのか判別できない。
「悪い政策が行われれば為政者は交替します、
しかし悪い政策かどうかわかりません、よって交替すべきかわかりません、よってそのままです。」
というのでは悪い政策が行われれば為政者を交替するという民主主義の機能を腐らせることになるであろう。


91 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 04:21:11 0
仇レスに徒レス。

92 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 06:11:03 0
清和会 宏池会 経世会+民主党

93 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 06:23:41 0
ジャガー夫妻、「愛のデュエット」で紅白出場を目指す。

94 :仇鱒:2007/08/28(火) 06:47:59 0
おはよ。やいやい、朝起きれなかったよ。そんでもって夏風邪ひいちゃってだ
りぃよ。てなことで、ほんと脱力しまくってるので今朝のカキコミはなしな。
たくさん徒レスがついてるが今日の夕方にでもレスするわ(←たぶん)。てか
>>92とか>>93のようなカキコミって実はじっくり読んだりするんだな、わ
し。なんか裏があるんじゃないかとか隠れたメッセージがあるんじゃないかと
かな。ま、中身ゼロなのは分かっているのだが(ワラ)

95 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 09:53:20 0
「うい」⇒「いー」は何処の方言ですかな.

96 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 11:19:38 0
生成文法は男が多い。


97 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 12:32:47 0
共依存的な人間関係を一度壊さないと「個」の確立は難しいわな。(>>44
反抗期の子どもが親とケンカしながら大人になっていくようなもんじゃな。

98 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 13:37:11 0
>>96
「俺様は偉いのだよ。」とゆー感じのおぼっちゃま君が多いのかにゃ。

99 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 14:02:01 0
「国益」とか言ってカッコつけても
結局は、自分たち(為政者たち)さえ良ければいい、という「ムラの利益」のことだしな。

100 :仇鱒:2007/08/28(火) 19:06:03 0
やあ、こんばんま。今朝は悪かったな、いかんせん時間も気力もなにもなかっ
た。てなことで軽くレスするな。うむ。

で、まず>>87>>89にまとめてレスしてやるな。まず、「生成ぶんぽー」の
「生成」だが、毎度ゆうように、この「生成」には何かを生み出すとゆった文
字通りの「生成」の意味はないのだよ。ようするに、言語処理の処理的な意味
合いはいっさいないのだよ。だから「生成文法」つーのはヒジョーにミスリー
ドなネイミングであるのだよ。生成ぶんぽーの性格とゆうか特徴を鑑みたら、
本来「知識文法(knowledge grammar)」ぐらいがちょうどええのだよ。あと
な、「発話」ウンヌンだが、言語処理には産出(プロダクション)と理解(コ
ンプリヘンジョン)の2つの側面があるわけだ。で、発話とゆうのはそのうち
の産出に当たるのだが、言語処理の産出はほとんど何も分かっていない。てか
まったく分かってないとゆえる。ちゅーか、そもそもプロダクションつーのは
言語学の問題じゃねぇわ。一方、言語処理の理解の方はかなり分かってるわ。
てか、フツー言語処理とゆったら理解(つまりコンプリヘンジョン)の方を指
すけどな。あと、あれだ、構文解析に焦点を置いているウンヌンだが、その通
りだよ。てか、そもそも生成ぶんぽーつーのはアメリカ構造主義にあったic分析
とゆうのをベースにしているから、自ずと構文解析がメインになるのだよ。で
、構文解析から脳内にある文法ソフトウェアのプログラミングがどうなってい
るか探りを入れているわけだ。金塊に当たったかどうかはさておきな。うむ。


101 :仇鱒:2007/08/28(火) 19:06:52 0
で、せっかくだからもうちょい文法ソフトウェア(てか言語処理)のモデルに
ついて書いてやるわ。えっと、いわゆるミニマリチュムだが、これは一言でゆ
うと直列中央処理モデルとゆうことになる。派生一本槍で派生は逆行できない
直列スタイルだからな。それに、ミニマリチュムてか生成ぶんぽーはシンタク
スをcpuのように見なしているからな。それじゃ並列分散処理モデルに相当す
るのは何かとゆうと、それはジャケンドフの文法モデルだ。意味論なんかも一
つのcpuとして認め、意味論にも形態論にエンジンを想定し、全てのコンポー
ネントが並列するかたちで言語システムが機能する形になっているからな。ち
なみにpdpモデルつーとすぐに認知ぶんぽーがあげられるが、認知ぶんぽー
は並列分散処理モデルでもなんでもない。認知ぶんぽーは認知ぶんぽー。で、
ここで大切なことがあるのだが、それは何かとゆうと、実は超並列分散処理モ
デルと呼べる文法モデルがあるのだよ。それは何かとゆうとdmであるのだよ
。dmだと、デリベイショナルに語の意味ならびに文の意味を文字通り生成し
、そして文も単語も並列してつくっていくんだからな。ま、ようするに、あれ
だ、dmはある意味、直列中央処理モデルと並列分散処理モデルをアウフヘー
ベンした文法モデルであるわけだ。ま、そんなところだ。dmはモデルとゆう
にはほど遠いしましてやプログラムでもなんでもないが、ま、dmつーのはシ
ステムという観点からゆうとそうゆうものだ。うむ。


102 :仇鱒:2007/08/28(火) 19:07:30 0
で、>>90にもちょいとレスしてやるな。ま、あれだ、わしは密約というのをこ
れまた必要悪として認める人間である。ほんとーに大事なことは民主的に決め
るのではなく密約で決めるものだと思っている。民主的に決めるのはある意味
どーでもいいことなのだよ。だって多数決で決めたらアホな結論にたどり着く
のに決まっているからな。だって人間の大多数がヴァカでアホなんだからな。
ま、それはええとして、わしは上でちょろっと書いたように、密約とゆうのは
必要悪として認める人間であるし、それがヲトナの世界だとも思っている。て
か、政治とゆうのはデフォで密約だとも思っている。で、この密約をするのが
いわゆるフィクサーであるのだが、このフィクサーに最近なりきれないのが多
いわけだ。だから密約が密約におわらず大事な案件がぽしゃったりするわけだ
。ま、日本にいるフィクサーはどいつもスタンドプレイヤーが多くてダメだ罠
。口が軽くて権力志向が強くておまけに金とヲンナに弱かったりしてな。だい
たい日本人で「俺に任せろ。俺は顔が利くから」とゆうのに限ってどーしよー
もないヴァカだったりするわけだ。ま、あれだな、世界でモノホンのフィクサ
ーつーたら今じゃ口シアぐらいにしかいねぇんじゃねぇかな。口シアはすげぇ
國だよ。先日ちょいと口シア関係のダーティな記事をある雑誌で読んだのだが
、口シアはマジでヲトナな國だ。キタは串國の子分だが、串國は口シアの子分
だ。口シアはやぱスゲェ國だよ。いや、マジでな。わし今度生まれ変わったら
口シア人になろうかと思っている。うむ。



103 :仇鱒:2007/08/28(火) 19:08:15 0
>生成文法は男が多い。
ホモもレズもいまつが、何か?

>共依存的な人間関係を一度壊さないと「個」の確立は難しいわな。
「個」というのは「公」の意識が芽生えてはじめて確立できるのだよ。で、「公」
というのは、ある意味、「国益」とは何かとゆうのが分かるそーゆー組織てか集団
のことをゆうのだよ。で、わしの組は「国益」とは何かとゆうので考えが一致して
いるのだよ。ただしそれ以外のところではみなまったく考えが違っているわ。ま、
>>97や、仇組がどれだけ「個」を単位とした殺伐とした組織かちょいと経験してみ
るか?あん?ただいま1日体験入学受付中だ。応募してみれ。うむ。

>「俺様は偉いのだよ。」とゆー感じのおぼっちゃま君が多いのかにゃ。
チョムヲタてかミニマリストヲタにはな。

>「ムラの利益」
てか、あれだぜ、「国益」つーのはそもそも本来非常にセルフィッシュなもので
あるのだよ。でもこのセルフィッシュとゆうのはエゴイスチックとはちょいと違
うわけだ。セルフィッシュ・ジーンを出すまでもなく、国益とは、最終的に自分
の子孫ならびに自分の属する(民族ならびに)種が繁栄されるのを目的としてい
るわけだ。で、じっさい国益とゆった場合、自分たちの既得権がちゃんと子孫の
代にまで残され、そして子孫は今以上に栄えることを願っているわけだ。だから
、たしかに「ムラの利益」ではるのだが、ムラはムラでもいわゆる閉じた社会と
いうニュアンスはあんまりないと思うわ。

ほら、たくさんカキコミしたからつかれちゃったじゃねぇか、ったく、、、。
てなことで、メシ喰ってくるよ。うむ。

104 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 20:33:37 0
結局、透明性より談合がええとゆーとるのかいな。分裂しとるで、おっさん。

105 :仇鱒:2007/08/28(火) 20:47:34 0
を、レスがついたな。ちょいとレスするな。

> 結局、透明性より談合がええとゆーとるのかいな。分裂しとるで、おっさん。
いや、別に分裂しとらんぞ、わしは。上でも100%の透明性がいいとはゆっと
らんからな。国家機密が絡む裏取引(つまり密約)に関しては例外的に透明性は
適用しなくてもいいのではないかとゆっているからな。まあ、あれだ、しょせん
わしら一般ピーポーに提供できるような情報なんてたいしたことねぇのだよ。本
当に知りたい情報は裏道から手に入れるしかないのだよ。そんなもんだ。てか、
分裂@スキゾで思い出したが、昔浅田彰の「構造と力」を読んだの思い出したわ
。当時は現代思想とかにかぶれて読んでみたものの、よくわかんなかったな。で
も最初の方にあった短めの論考なんかは面白かった記憶はあるわ。てか、浅田彰
とかって今何やってんの?これは顔餅に聞いた方がはやいかな。ははははは。て
なことだが、またな〜(^^)

106 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 21:03:13 0
まぁ、仇鱒はいっぱいしゃべるけど、
全部ダブルスタンダードだから真に受けないほうがいいですね。

107 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 21:25:03 0
ダブスタ親父w


108 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/28(火) 23:34:33 0
>>107
オヤジはみんなダブスタじゃよ。
既得権を自分から手放すはずがないw

109 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/08/28(火) 23:41:19 0
>>89
Xの部分ってのがなんことだかわからないよ

意味論と関係すんのかもしんないけど品詞の下はすぐに個々の単語があるんじゃなくって
単語のグループや階層や属性があるんだよ
その属性やグループには実は統語的な規則がリンクしてるんだよきっと
例えば場所を表す名詞や場所と共通する概念の語に使える動詞、使えない動詞みたいな感じで

> だから「生成文法」つーのはヒジョーにミスリードなネイミングであるのだよ。

意味ってのは体感できるもんだと思うけどgenerativeってのは体感できない
つまりよくわかんない

110 :/:2007/08/29(水) 00:17:56 0
generative grammarという用語に関する英語版Wikipediaの説明
http://en.wikipedia.org/wiki/Generative_grammar を見てみると、冒頭で

「In linguistics, generative grammar is a somewhat contested term taken to
mean alternately: (i) a proof-theoretic framework for the study of syntax
partially inspired by formal grammar theory and popularized by Noam
Chomsky, (ii) particular instantiations of this general framework adopted
by Noam Chomsky, (iii) any grammatical framework adopting as a core
assumption that the domain of a grammatical theory is to predict the
precise set of sentences which would be considered "grammatical" in a
given language while simultaneously predicting any other sentence to be
ungrammatical (and as such are able to "generate" the languages's
grammar).」

と言っています。これは、最後のカッコ内の箇所を除けば、意外なほどよく
できた説明です。3〜4行目の「popularized by Noam Chomsky」という
言い回しは、公平な評価と言えるかどうか疑問が残りますが、渋いですね。

111 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/29(水) 02:38:25 0

スラッシュメタル
スラッシュドット・ジャパン
スラッシュカテゴリー

112 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/29(水) 03:28:36 0
統語計算中は割り込み(interrupt)禁止、である筈はないが...

113 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/29(水) 05:14:46 0
Go! Go! Go! Let's go!
割り込み禁止の青春さ。

114 :仇鱒:2007/08/29(水) 06:38:49 0
おはよ。相変わらず朝起きるのしんどいわ。だりぃし、なんか起きる瞬間って持久
走した後みたいな感じだよ。ま、それはええとして、わしがダブルスタンダードう
んぬんだが、ま、表面的にしかわしの書くことを読んでないとそう思える鴨しれね
ぇ罠。まあ、あとあれだ、科学理論といっしょで、わしらの物の考えなんかも核と
なる考え方のようなものがまずあり、それじゃうまく逝かないと適宜補助仮説的な
ものをくっつけて逝くわけだ。で、わしにゆわせると、ほとんどの香具師が核とな
る物の考え方がなく、あるのは補助仮説的な地に足のついていない考えだけなのだ
よ。ま、そんなもんだが、でもあれだな、実際に舌が2枚あったらええよな。同時
に違うこと話せていっこく堂を超えることができるしな。ははははは。あと、あれ
だ、「生成文法」の「生成」だが、チョムはアスペクトなんかでもしきりに「生成
文法」の「生成」は「明確に」の意味だとゆっている罠。これなんかワケワカンネ
ー罠。「勝手にことばの意味変えるんじゃねぇ!ゴルァ!」といいたくなる罠。


115 :仇鱒:2007/08/29(水) 06:39:21 0
ま、あれだ、「生成」には「生み出す」という意味はなく「明確に」という意
味があるというか込められているわけだが、実際ミニマリチュムになってから生成
は「明確さ」からはどんどんかけ離れているわけだ。つまり反証可能性がどんどん
落ちているわけだ。その理由の一つに概念的必然性があるのだよ。ああだこうだゆ
っても、概念的必然性なんか聞こえはいいがどうとでも解釈できる極めて「明確さ
」からかけ離れたものであるのだよ。d構造やs構造の廃止にせよ、agrの廃止に
せよ、ぶっちゃけたハナシ、廃止するだけの強い理由はねぇよ。まあ、agrに関し
ては設定するだけの理由もねぇけどな(ワラ)結局概念的必然性とかゆっても、そ
れはいわゆる概念的妥当性なんかといっしょで、セオリーインターナルな必然性に
すぎず、結局セオリーディペンデントなものでどうとでもゆえるのだよ。ま、あと
あれだなー、スラッシュのおっさんがウィキを紹介してくれたが、まあ、なかなか
的を射た解説になっていると思うわ。もしかしてそれ書いたのはサグとかラネカー
だったりしてな。ははははは。あ、そうだ、>>109がなにげにいいことゆってる。
ちょいともう時間がないから今度吊られてみたいと思う。うむ。


116 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/29(水) 11:53:21 0
>>114
>ま、それはええとして、わしがダブルスタンダードうんぬんだが、
>ま、表面的にしかわしの書くことを読んでないとそう思える鴨しれねぇ罠。

そんな曖昧なこと言わずに英文法の本みたいにわかりやすく説明して栗。
透明性がいいのか、談合がいいのか。
理想論なら透明性だが、現実論なら談合じゃ、なんてとこじゃないの?
それってまさしくダブスタじゃん。

117 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/29(水) 13:46:03 0
世の中は理屈じゃないのだよ…なんて言ったりして

118 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/29(水) 15:39:40 0
>>94

>>92-93のような

119 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/29(水) 16:41:52 0
>>114
>おはよ。相変わらず朝起きるのしんどいわ。だりぃし、なんか起きる瞬間って持久
>走した後みたいな感じだよ。

なんか霊が取り憑いているんじゃないか……。


120 :仇鱒:2007/08/29(水) 18:25:02 0
やあ、こんばんま。てなことで、カルメン雅彦。

>それってまさしくダブスタじゃん。
ま、ダブスタとゆえばダブスタだが、てか、あれだぜ、何でも例外つーもんはあ
るわ。だから、何から何まで同じようには対処できんとゆうもんだ。言語学だっ
て同じだ。例外的なものは例外的に扱わないとダメなのだよ。それを無理してug
の規則で処理したりするからワケワカンネーことになってしまったりするわけだ
。で、原則透明性がいいが、モノによっては裏取引もアリとゆうことだな。まあ
、あれだ、ホワイトライみたいなもんで、全体の利益を考えた「悪事」は必要悪
として認めてええんじゃねぇか、とゆうことだ。まあ、あとあれだな、>>117
ゆっているように、ある意味「世の中は理屈じゃない」というのは多分にしてあ
るわ。ま、このスレロムってる連中には若いボンズどももたくさんいると思うが
、社会に出てダーティなものに触れるようになるとこーゆーことも分かってくる
とゆうもんだ。理屈じゃなくて声の大きなヴァカが最後は勝つとかな。実際生成
だって理屈だけで今のような状況になったわけじゃねぇしな。チョムというアホ
の声が大きく、そしてその声をありがたるヴァカがたくさんいたからこそ、こう
なったわけだ。まあ、パラダイムのシフトなんてそんなもんだけどな。はははは
は。まあ、でもあれだな、現実と理想のバランスシートとゆうのはしっかりせん
といかんと思うわ。いつまでも青い鳥探していてもしゃーないしな。時間は限ら
れているし、やなければいけないことはたくさんあるしな。ま、そんなところだ
な。うむ。

>なんか霊が取り憑いているんじゃないか……。
をい、怖いことゆうなや。マジでときどき肩に重いもん感じるのだよ、いや、マ
ジでな。四十肩かな、、、ならいいのだが、、、ちょいとガクブル

さて、あともうちょっとしたら空手だ。うっす!


121 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/29(水) 19:34:56 0
実際仇組だって理屈だけで今のような状況になったわけじゃねぇしな。
仇というアホの声が大きく、
そしてその声をありがたるヴァカがたくさんいたからこそ、こうなったわけだ。
まあ、パラダイムのシフトなんてそんなもんだけどな。ははははは。

122 :仇鱒:2007/08/29(水) 19:38:13 0
>>121
コレ↓を嫁。
>てか、あれだぜ、何でも例外つーもんはあるわ。
ま、そーゆーことだが、空手逝ってきまつ。うっす!

123 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/29(水) 19:56:25 0
このスレにはなんか憑いているにゃw

124 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/29(水) 20:38:10 0
だからコテが減ったのかもな。
仇鱒も除霊したほうがよくね。昨日テレビでやってたし。

125 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/29(水) 21:16:36 0
>>120
つまらない質問なんですが…
アホとヴァカはどう違うんでしょうか?
やぱ、チョム=仇=アホ=ヴァカよりマシ、みたいな?

126 :仇鱒:2007/08/29(水) 21:36:13 0
やれやれ、今空手から帰ってきたところだ。ヘロヘロでつよ。てか、2ヶ月ぐ
らい前から移動稽古やっているのだが、いやはや、移動稽古をやって思うのは
、やぱ基本が大切だとゆうことだ。ほんと、基本が一番だ。んでもって軽くレ
スするな。うむ。

> 仇鱒も除霊したほうがよくね。
わしのカキコミはイタコの力を借りていまつが、何か?

>アホとヴァカはどう違うんでしょうか?
ま、epp素性とp素性の違いみたいなもんだ。うむ。ま、しいてゆうと、アホは
病気だから病院に逝けば直るが、ヴァカは癖みたいなもんだから病院に逝っても
直らんわ。ま、そんなもんだ。うむ。

さて、風呂はいってくっぺ♪はーちかれた。どてっ♪



127 :仇鱒:2007/08/29(水) 22:01:24 0
を、今、岡之谷@王里研から進化学会@兄弟に関するメールがきたぞ。藻前らの
中で興味ある香具師は逝ってみたらどうだ。てか、顔餅や、顔餅は逝くと思うの
だが岡之谷に遭ったらよろしく伝えてといて栗。うむ。とゆうことでわしは公私
ともにビジーなので逝かないが。うむ。

128 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/29(水) 23:10:16 0
岡野谷って人はアホなのヴァカなの?w

129 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/30(木) 01:37:06 0
脳科学ってなんとなく胡散臭いんだよな、生成ほどじゃないけど。

130 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/30(木) 02:07:27 0
心理学や栄養学と同じでナ。エセまでは行かんが証明不可能部分が多すぎ.

131 :仇鱒:2007/08/30(木) 07:08:32 0
やあ、おはよ。今日は雨だな。E気持ちだ。by沖田浩之 で、ちょいとレス
すっかなー。

>>128
岡之谷は、まあ、ある意味、本当の意味での生成ぶんぽーのケンキュウシャと
言える罠。だって、生成ぶんぽーつーのはチョムにゆわせると生物言語学であ
り、まさに岡之谷は生物学的な視点から言語について考察しているからな。そ
うゆった意味では酒井@燈台も本当の意味での生成ぶんぽーのケンキュウシャ
と言えるわ。その意味では、生成ぶんぽープロパーは誰ひとりも生物言語学者
(つまり生成ぶんぽー学者)じゃないと言えるわ。だって、わしの見る限り、
ちゃんとした生物学の基礎知識があり、そしてその生物学的な基礎知識をふま
えた上で言語学について語っている人はほとんどいないからな。ぶっちゃけた
ハナシ、雑誌なんか見てると、ときどき生物学的なアングルから言語について
語っているのがいるが、あの程度のことならわしんとこの学生の方が数段レベ
ルの高いものをレポートで書いてくるわ。まあ、そうゆった意味では、皮肉な
ことに、本来の生成ぶんぽーができるのは生成ぶんぽープロパーでなく岡之谷
のような人だけになってしまったのだな。ま、これがいわゆる生成ぶんぽーの
発展的解消だ罠。うむ。てか、あれだな、今のミニマリチュムは生物言語学で
はなく言語生物学であるわけだ。だって、言語の仕組みから人間とゆう生き物
について考察しているのだからな。だから、わしにゆわせると、生成ぶんぽー
ってゆってることとやってることがメチャクチャなのだよ。ま、そんなところ
だ。うむ。



132 :仇鱒:2007/08/30(木) 07:10:18 0
>>129>>130
ま、わしにゆわせたら、今の脳科学なんて行動脳生理学と呼んでもいいわ。よう
するに行動心理学の脳生理学版だ。刺激与えて脳がどう反応するのかを見ている
だけ。やっているのは1世紀前のこと。ようするに、非常に原始的なことをハイ
テクの機械をつかってやっているだけだ。ちなみにわしはfmrιやmegやpet
を「最先端のヲトナのオモチャ」と呼んでいる。うむ。

てなことで、今日はプチ接待でつよ。ヲトナのおつきあいしてきまつよ。はい(^^)

133 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/30(木) 11:27:44 0
脳科学ブームに乗っかってチョづいているとゆー感じなのかにゃ。
でも、なんで脳科学ってブームなの?やぱクオリアのおかげ…?
クオリアと生成は相性が悪いと思うんにゃけどその辺はどうでもいいのかにゃ。
あ、養老さんのおかげもあるかにゃ。

134 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/30(木) 14:12:55 0
茂木健一郎と細木&江原はどう違うのか…みたいな。

135 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/30(木) 15:06:48 0
>>126
イタコのいたろうぉ〜ちょっとみなればぁ〜♪  by橋幸夫

136 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/30(木) 15:18:33 0
田中克彦著『チョムスキー』を読んで、田中が三流の学者ってことがわかった。
まあ、チョムスキーなんて所詮一発屋に過ぎなかったわけだが。

俺は言語学の門外漢だが、言語学ってこの程度の頭脳でやれちゃう学問なの?

137 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/30(木) 16:09:53 0
「例外」について

構文文法や用法基盤モデルでは、
そういうものも処理できると思うのですが。

例外を例外とみなすという時点でもう既に、
生成の罠にはまってしまってるような。

138 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/30(木) 18:11:26 0
>>136
おまいどんだけ頭いいんだ!
なんか難しいこと逝ってみろ!

139 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/30(木) 18:19:46 0
>>138
難しいことを難しく言うのは頭いくない

140 :仇鱒:2007/08/30(木) 18:25:04 0
こんばんみ。やれやれだ。何が「やれやれ」なのかはナイショだが。うむ。
で、ちょいとレスするな。えっと、脳科学ブームだが、クオリアなんか直接
関係ねぇだろ。むしろ幻肢とかの方がアカデミカルには直接の原因になって
いると思われだ。ま、そーゆった意味では、茂本とか養漏なんかは直接の火
付け役ではなく、やはりラマチャンドランとかダマジオあたりがほんとーの
放火魔だろ。ま、そうはゆってもアハ効果をお茶の間に紹介した茂本の功績
は大きいだろうな。うむ。てか、茂本とは数回メールのやりとりをしたこと
があるのだが、非常に腰の低いいい人ぽいな。たぶん相手もわしのことを「
腰の低いいい人」だと思っているのだろうが(ワラ)あと、言語学における
クオリアだが、まあ前にもちょこちょこ書いているように、かりにそんなも
んがあるとしたら、それはdmなんかで仮定されている√ナンタラコンタラ
だ罠。ま、わしにゆわせたらクオリアなんてイデアと同じで形而上の世界の
ガイネンにすぎんわ。あと、あれだわ、トークンに対するタイプと同じで、
分かるようで分からない、そんな不思議なものでもあると思うわ。ようする
に、定義できそうで定義できない、感覚的に分かりそうで分からない、そー
ゆったぶっちゃけたハナシ、科学の対象にはなりえないものだと思うわ。


141 :仇鱒:2007/08/30(木) 18:25:58 0
てか、もうちょいゆーと、クオリアなんかどう考えても哲学的な思弁的な
ガイネンでまともに扱うべきものじゃないと思うけどな、わしは。ま、わ
しにはクオリアなんてどーでもええことだ。うむ。てか、わしにとっては
クリオネの体の仕組みの方が気になるわ。うむ。あと、まあ、これまたど
うでもいいことだが、橋幸夫とゆえば「恋のメキシカン・ロック」だ罠。
てか、これは常識だ。うむ。あと、あれだ、言語学の門外漢なのにエラソ
ーに主張しちゃう>>136はネ申認定だな(ワラ)。で、>>138>>139や、
ま、餅つけ、藻膣け。うむ。それと、あれだ、「例外」だが、構文文法に
とっては「例外」も一つの構文とみなすことができる罠。あと、用法基盤
モデルだと、データ主導型の文法モデルとゆうこともあり、例外とゆうデ
ータがそれなりの頻度で現れる限り、それに基づいてモデルを構築するこ
とができる罠。だから、構文文法と用法基盤モデルにとっては、その文法
モデルの特性上「例外」という概念がそもそもないのだよ。あと、もうち
ょいゆうと、「例外」とゆうのは無標に対する有標でもあるのだよ。で、
この有標@例外をどう処理したらいいかについては、ま、手前味噌になる
が、今度の日本英言吾学会で仇組がいろいろ熱く語る予定である。うむ。

さて、メシ喰ってくっかなー。うむ。



142 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/30(木) 18:50:48 0
>>134
イタコ系脳科学者


143 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/30(木) 18:57:07 0
>>135
イタコ違い

144 :仇鱒:2007/08/30(木) 19:03:23 0
>イタコ系脳科学者
てか、細木と江原は脳科学者だったのか、、、。

てか、あれだぞ、わしのうちの近くにリアルに江原に会ったことがある人が
いるのだが、マジでいろんなこと言い当てたらしいぞ。ま、そーゆーハナシ
をリアルに聞くとイタコ系予言者もかるくだが信じちゃったりするわ。うむ。


145 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/30(木) 19:11:26 0
ホットリーディング(hot reading)と言うらしい罠

146 :(´∀`)@リハ:2007/08/30(木) 19:19:38 0
新スレ乙
東宮ヴォケ一家が静養疲れで静養キャンセル,まで読んだ

今度の進化学会,F氏はキャンセルになったので期待してた香具師は
来ないよーに(名代で俺がしゃべる鴨)

やっと1コ脱肛,いや脱稿したにゃ
これから明日w締め切りの原稿にかかるにゃw





147 :仇鱒:2007/08/30(木) 19:22:36 0
>ホットリーディング(hot reading)と言うらしい罠
なる。今ちょいと調べてみたが、ホットリーディングってなんか簡易興信所
みたいだな。予言のために「事前偽装聞き取り調査」みたいなことほんとに
すんのかな?ま、何はともあれ、>>145や、情報提供ども。マジでベンキョ
ーになったわ。うむ。

>東宮ヴォケ一家が静養疲れで静養キャンセル,まで読んだ
ん?なんのこっちゃ?

>やっと1コ脱肛,いや脱稿したにゃ
乙。てか、脱糞は便所でするよーに。うむ。

148 :/:2007/08/30(木) 21:35:13 0
>>137
構文文法等に興味がある人は、ぜひ、Stefan M"ullerがphrasal
constructionという概念に関して言っていることを読んでみてください。
http://www.cl.uni-bremen.de/~stefan/Pub/phrasal.html
に、Languageに載った論文の改訂版が置いてあります。

149 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/30(木) 21:54:41 0
>>140-141
なんか圧力かけられてるのか?
キレが悪いような……

150 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/30(木) 23:14:55 0
以前、仇鱒はクオリアを批判していたが
生成と脳科学って仲がいいのか悪いのか、どっちなんだい?

151 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/31(金) 02:49:58 0
contaminative sentence

152 :仇鱒:2007/08/31(金) 07:28:47 0
おはよ。やれやれ、調子わりぃわ。毎度のことだが、、、。コッチはどうも風邪
が流行ってるようだ。街歩いていてもマスクしているのが多いしな。てなことだ
が、軽くレズする。うむ。

>>148
スラッシュのおっさん、情報提供乙。>>137じゃないが時間ができたらちょいと
拝見させてもらおう。で、ちらっと見たが、フレーザルなアプローチじゃダメで
レキシカルなアプローチの方がええようなのだが、結局、あれか、語彙主義まん
せー的な感じの論文なのかな。でも、わしが思うに、分析のレベルが語彙に近く
なればなるほど記述に近くなる希ガスるのだよ。逆に句レベルになるほど説明に
近くなる希ガスるのだよ。ぶっちゃけたハナシ、語彙概念構造にしても、あれは
記述装置であり説明装置じゃないからな。その一方、生成ぶんぽーがいちおう説
明ぽいことをしているように見えるのは、句を単位にして言語現象を処理してい
るからだ。で、わしは、自然言語の諸々の現象を説明しようと思ったら、言語単
位は自ずと句に限られると思うのだよ。ようするに、句というのが言語分析とい
うか説明に最適なサイズの単位だと思うのだよ。そう考えると、語彙は小さすぎ
るし構文は大きすぎる。ま、つべこべゆわずに論文はよ嫁とスラッシュのおっさ
んにゆわれそうだが。うむ。てか、マジで今時間ないんだな、、、。2ちゃんで
ジュギョーする時間はあるのだが(ワラ)


153 :仇鱒:2007/08/31(金) 07:29:37 0
>>149
いや、別に誰からも圧力かけられてはいないけどな。てか、キレが悪いか、、、
。ま、わしのしょんべんといっしょだ。うむ。ちゅーか、ちょいとマジレスする
と、「某団体」から圧力てか嫌がらせは受けているけどな。ははははは。わしも
先日公衆電話から逆襲してやったが。うむ。ちなみに学会とかそーゆーぬるい団
体じゃねぇから。もっと殺伐としたブラックな団体だ。うむ。ま、落ち着いたら
ナイショで事後報告してやってもええけどな。でも、ちょいとアレなハナシだか
らやめとこうかと思う。うむ。ま、昔、ァゥム真王里教の集会に出かけたり某政
治集会に逝っては議論ふっかけてきたわしにはなんてことはねぇけどな。ちなみ
にォゥムの集会に逝った時はあやうくミイラ取りがミイラにされるところだった
。マジで間一髪のところで脱出した。うむ。今思うとガクブルであった。てか、
あれだ、マジで宮台よりわしの方がフィールドワークしてんじゃねぇかな。うむ




154 :仇鱒:2007/08/31(金) 07:30:13 0
>>150
生成と脳科学の仲だが、よくもわるくもねぇ罠。てか、正直、わしにゆわせると
水と油みたいな関係で本質的には混じることはないと思うわ。前からゆっている
ように、生成はあくまでも言語知識の文法モデルであり言語処理の文法モデルじ
ゃないからな。つまり、あくまでも、生成はオフラインの静的な文法モデルであ
り、オンラインの動的な文法モデルじゃねぇからな。あと、fmriやらメグで分
かることは、脳のどこが活性化しているかが分かるだけで、なぜそのように活性
化しているかは分からない罠。ようするに、一番知りたいwhyの部分に関しては
何も情報提供してくれない罠。ま、高度な医療機器使ったって、血液がどこにた
くさん集まっているかが分かるだけだ。それ以上でもそれ以下でもねぇわ。てか
、あれだ、脳みそが海綿体だったらどこが活性化しているかすぐに分かる罠。脳
みそが勃起してすぐに膨れ上がるからな。ははははは。ま、それはええとして、
結局、高価な機器を使っても、何か新しいデータを提供してくれるわけでもなけ
れば、理論的に魅力的な新しい仮説を提供してくれるわけでもねぇわ。ま、よう
するに、科学理論に大事な経験的な興奮と概念的な興奮とゆったものは機器を使
っても何も得られないわ。そうゆった知的な興奮つーのは、やはり理論的な仕事
をする中でしか得られないと思うわ。ま、ようするに、あれだ、お金を使うので
はなく頭を使わないと理論的には何もフィードバックすることはできないとゆう
ことだ。あと、あれだ、最近だとヲンナ3人組がメグやらを使って形態論レベル
でアレコレやっているようだな。首大と燈台とk応の女性たちだ。ま、日本語の
「〜さ」と「〜み」の生産性と絡めていろいろやっているようだが、まあ、でも
やっていることは、仮説の検証だ罠。あくまでも検証と確認であって新たな仮説
を見つけるようにはならん罠。ま、あれだ、ピンカーのヂュアルシステムを日本
語のデータで確認しているようなもんだ。正直なんも真新しさはない罠。

ま、そんなもんだが、ちょいと早いが失禁してきまつよ。うむ。



155 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/31(金) 11:16:59 0
>>154
一方、クオリア日記のように
科学的でも論理的でもない文章が並んでるのも違和感あるな。
クオリアと言えば何でもアリなんか?と思うわな。
クオリアを対象化するのが脳科学者の仕事じゃないのか。

156 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/31(金) 12:27:42 0
文学的な味わいもないしな

157 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/31(金) 13:15:38 0
おいおい、仇先生、気をつけろよ。
あんまなめてると思わぬところで、ブスッといかれるよん。

158 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/31(金) 15:22:02 0
>>155-156
「イタコ系」だから

159 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/31(金) 15:42:13 0
>>157
とゆーことはホントのことなのだにゃ…。

160 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/31(金) 16:22:41 0
江原さんのファンは女性が多いらしいけど
茂木さんのファンは男性が多いのかしらん。

161 :157 :2007/08/31(金) 17:07:22 0
いや、別に俺がブスッといくよ、って脅してるわけじゃないっす!!

怖ぇ〜。確かにそう読める。
脅してるんじゃなく、気をつけてくださいね、って言ってるんです。
俺はむっちゃ良い人なんで。

162 :仇鱒:2007/08/31(金) 18:22:38 0
今日は一日雨のち曇りで過ごしやすかった。天気によって過ごしやすさが格段
に違うとゆうのは年をとったせいだな。昔は天気なんか関係なくいっつも元気
だったからな。天候に体調が左右されるなんてわしの体もヘタったもんだ。う
む。てなことでちょいとレスするな。うむ。

>>155
そもそも、クオリアってちゃんと定義されていないよな。とゆうか、わしにゆ
わせるとクオリアって定義不可能だ。だからこそどうとでも解釈できるわけだ
。あと、あれだ、なんで茂本なんかが明確にクオリアを定義しないかとゆうと
、それは、明確にクオリアを定義できないというのと同時に、明確に定義した
ら「なんじゃ、そりゃ♪」で終わっちゃうからだ。ま、明確に定義しないしま
た定義できないとゆうのは誰からも反論されないということで、ある意味最強
なやり方であるのだよ。まあ、ようするに、反証可能性のないどーとでも解釈
できる仮説モドキがこの世で一番最強であるのだよ。で、言語学でゆうと、そ
の最たるものが認知ぶんぽーの「お絵かき仮説」と機能文法の「フィーリング
仮説」であるのだよ。こーゆった仮説は一般ぴーぽーには分かりやすくウケが
いいが、アカデミカルには実はどーしよーもなかったりするのだよ。一見すば
らしい仮説のように見えるが、内実仮説の必須条件を満たしていないのだよ。
ま、そんなもんだ。うむ。


163 :仇鱒:2007/08/31(金) 18:23:18 0
>>157てか>>161
気を遣って栗てあんがとん♪ でも、心配いらんわ。わしもいろんな世界知って
るからそうヴァカなことはせん。ただ、わしはその「某団体」に言論と法の強さ
とゆうのを見せつけてやろうと思ってな。ま、わし流のヲトナのお遊びだ。うむ
。で、せっかくだからちょいとだけ書いてやるわ。ァゥ△真王里教の時はマジで
おしっこちびりそうになったわ。ちょいとだけハナシをしてやるな。ほんとちょ
いとだけな。実はわしがハタチちょっと過ぎの頃だ。まだァゥ△があの事件を起
こす前のことだけどな。街でビデオの上映会があったのだよ。フリーメイソンが
どうたらこうたらとか尾崎豊の死がどうたらこうたらとか、おまけに「あなたは
一人じゃない!」とかポスターに書かれてあったわけだ。ま、わしは直ぐにそー
ゆーのは新興宗教の介入だと分かったわけだ。で、正直うすうすァゥ△系のヤツ
だろうな〜と思ってたわけだ。そんで、わしもいろいろ社会勉強した方がええと
思って(←生成ぶんぽーう゛ぁっかやってるとリアルヴァカになるからな)、そ
のビデオの上映会に逝ったわけだ。そしたら、サクラが2人いただけで客はわし
一人だけだったわ(ワラ)おまけにサクラのまわりにはスキンヘッドの青年やら
キショイ笑顔をずっとうかべたヲンナがいるわけだ。で、わしが会場(とゆって
も百貨店の催事場のようなところ)に入ったらドアがしまり、そのままビデオの
上映会だ。くだらんお花畑的な映画で、ときどき精神世界がどうたらこうたらと
か出てきてな、ま、よくある新興宗教的なもんだ。


164 :仇鱒:2007/08/31(金) 18:24:27 0
で、ビデオの上映が終わりヴァカをからかって帰ろうかと思ったわけだ。そした
ら、ビデオの上映が終わったらいきなりサクラたちがスキンヘッドの連中に何や
ら質問しだし勝手に自作自演的に盛り上がっちゃったわけだ。そんで、わしがツ
ッコミ入れるチャンスがなくなってしまったのだよ。で、そうこうするうちに、
なにやら雰囲気が怪しくなり正直もう外に出ることが雰囲気的にできなくなって
しまったのだよ(←空気を読むのが正直ちょいと遅かった)。こりゃまずいぞー
と思って、司会者@スキンヘッドの人に「あんたらのハナシは論理的でなく根拠
薄弱で聞くに堪えきれないから出るわ」とゆったらサクラの連中といっしょにな
ってわしに「どこがどー論理的でないかゆーてみぃ〜」となったわけだ。で、わ
しはそっからちょいと記憶がないのだが、そのまま身の危険を感じてわしは「糞
したいから便所に逝かせてくれ」とゆってドアが空いた瞬間にエスカレーターを
逆走して逃げたのを覚えているわ。で、それからしばらくしてあの事件があった
わけだ。サリソの事件だ。で、その後数年してテレビ見ていたら、あのビデオの
ようなものが紹介されていたわけだ。で、何の番組かとゆうと「ァゥ△はこうや
って信者をゲットしていた!」とゆう番組だ。ま、その番組見たときにはかるく
ガクブルだったけどな。ま、今となってはいい思い出だ。よゐこはマネしないよ
ーに。うむ。

>>160
>江原さんのファンは女性が多いらしいけど
うむ。江原の話し方はマジでヲンナを包むような話し方だよな?そんなことね?
てか、假屋崎のファンにはホモゥが多そうだな。うむ。

さて、メシ喰ってくっかな〜。ようやく秋到来だ。ウェルカム・オータムちゃん♪


165 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/31(金) 20:08:03 0
>>132
>>129-130


>>141
>>138-139や、

166 :/:2007/08/31(金) 21:53:54 0
>>152
この問題に関するStefan M"ullerの論考は、今年のHPSGコンファランスの
プロシーディングズにも出るはずなので、それを待った方がよいかもしれません。
いずれにしても、彼の主張は、「phrasal constructionという概念は、サグの
理論のように関係節の分析などに使っている分には問題を起こさないが、
valence alternationの絡む現象に適用しようとすると色々な問題を起こして
しまう。valence alternationの絡む現象はlexical ruleで記述する必要が
ある。」というものです。

167 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/01(土) 05:54:37 0
素性/辞書って?(90レスで終了)
http://mentai.2ch.net/gengo/kako/978/978466881.html

18 名前: 13=16 > 17 投稿日: 2001/01/13(土) 13:57
(前略)生成文法の派生理論がこのうち統合の過程しか問題にしておらず、ではその過程
への入力である基本単位(語であれ素性であれ)はどうやって生じたのか、を
問うてはいない、という批判なら、僕も同意ですね。(後略)

87 名前: (´∀`) 投稿日: 01/08/28 12:09 ID:voTZYWTs
(前略)ちなみに17さんのレス相手の13ってのも俺でした(後略)

ド素人の私には「どうやって生じたのか」が一番気になるところです。

168 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/01(土) 06:50:51 0
いや〜ん、仇先生の馬鹿!
http://www.venus.dti.ne.jp/~kaisaki/gengoken/pdf/vol9/cafe9.pdf

169 :仇鱒:2007/09/01(土) 08:25:14 0
おはよ。朝から組の仕事やらでバタバタしていますたよ。ま、いつものことで
あるが。うむ。で、カルーセルマキ。

>>166
論文の主張の報告乙。で、いきなりハナシは変わるが、hpsgの「会議議事
録」@プロシーディングってどこで手に入るんだ?丸善とか紀伊国屋で取り扱
ってねぇよな?もしかして学会員じゃねぇと入手できねぇのかな?ま、それは
ええとして、ちょいと関係節について書いてみたいと思う。うむ。まあ、関係
節つーと、ヘッドインターナルがどうたらこうたらとか、主要部が表層の位置
に基底生成されているか関係節から移動してきているかとかいろいろ興味深い
問題があるわけだが、それよりわしはもっと気になることがあるんだな。それ
は、英語の関係節に見られる「被修飾ー修飾」の語順は明らかに有標だとゆう
ことだ。とゆうのも、一般的に修飾ー被修飾の語順が無標であるからな。だか
ら、まずは英語の関係節は有標の構文だとゆうのを念頭に置いた上で分析すべ
きだというのがわしにはある。でもあれだなー、「太郎が食べたリンゴ」を無
標の修飾ー被修飾の語順で表すとtaro ate an appleとなって文と変わらない罠
。ま、taro ate, an appleのようにパンクチュエイショナルに区別をつけてもな
んか変だしな。そうなると、やぱ、有標の被修飾ー修飾の語順であるan apple
taro ateとしないといかん罠。ま、関係節っておもろい罠。あと、あれだ、有標
の被修飾ー修飾の語順つーと、something greatみたいな定番もあるが、旧くて
新しい問題であるrivers navigableとかstars visibleなんかも興味深い罠。まあ、
something greatなんかは岸本西城秀樹が前にm哀tの紀要で分析していた罠。た
しか、somethingをsomeとthingに分解して主要部移動を使ってゴチャゴチャや
っていた罠。後者のrivers navigableのようなヤツは未だまともな分析は提案さ
れていない罠。まあ、昔わしがそれ関係でペーパー書いたが。てか、そのペー
パーウェブに転がってるみたいだが。


170 :仇鱒:2007/09/01(土) 08:27:32 0
>>167
また後から吊られてみたいと思う。いろいろ数のシステムとの絡みで語りたい
こともあるしな。ちょいとこれから仕事の山を崩さんといかんからまた後ほど
吊られてやる。うむ。

>>168
>いや〜ん、仇先生の馬鹿!
「いや〜ん♪」か、、、。てか、リンク先怖くてアクセスしてないのだが、また
わしの悪口でも書いてあるんだろ。てか、ちょいと前にあるpdfをダウソロー
ドしたらマルウェアにかかってしまいそれ以来pdf恐怖症になってるよ、わし。

てか、顔餅は明日発表すんのか?

171 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/09/01(土) 08:35:00 0
>>109で書いたことと関連するけど単語やフレーズは概念の写像だからね
んで概念は属性を持つ
>>168の場合の「の」は甘えのニュアンスの属性を持つ概念の写像じゃないのかにゃ

イワンの馬鹿の場合はまた違うけどね

172 :仇鱒:2007/09/01(土) 08:50:01 0
ありゃ、もう吊れちゃったか。しゃーない、ちょいと>>171吊られるか。えっと、
わしにゆわせたら単語や句つーのは一種の表示だ。つまりリプリゼンテイション
だ。表示だからそこにいろんな文法規則が適用される。実際、文法規則は単語や
句に対して適用される罠。で、単語つーのは一種の表示だからインプットとアウ
トプットがあるわけだ。じゃ、インプットは何かとゆうと、それは現実世界てか
可能世界。で、アウトプットは何かとゆうと、それが概念。ようするに、わしら
は可能世界をリアルに関知することはできず、単語というツールを通して可能世
界にあるコトやモノを間接的に関知しているのだよ。つまり、前にもゆった鴨し
れないが、わしらはトークンそのものを認知することはできないのだよ(←サヴ
ァンは別)。どーゆーことかとゆうと、わしらの可能世界にあるのはトークンな
のだよ。で、わしらはトークンそのものを認知とゆうか認識できないから、単語
というタイプの力を借りて、トークンのコアな特性である概念(つまりプロトテ
ィピカルなコア概念)を関知するのだよ。ま、そんなもんだ。ところでイワンの
ヴァカはいいとして、「アホの坂田」と「坂田のアホ」の違いについて25字以
内について論ぜよ(配点:10点)。うむ。

さて、ちょいと仕事すっからなー。おっさんがんがるぞっ!おぅっ!

173 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/09/01(土) 08:55:23 0
各国語の文法は最初から今のセットがそろっていたわけじゃなく
時間の経過の中の積み重ねでできてきたわけだからね
例えば最初に形容詞を名詞の前に置くかあとに置くかをえいやで決めたんだけど
その上にあとから規則が積み重なっていって前置派と後置派の差が大きく広がっちゃったのかもね

関係詞は後発だよね
関係詞ができるまではapple Tato ateって言ってたのかな
それとも言えなかったのかにゃ

>>171で書いたことってHPSGって奴と関係がありそう
意味と機能のリンクだよね

174 :137:2007/09/01(土) 12:13:29 0
スラッシュさん、お礼を言うのを忘れてました。
ご紹介頂きありがとうございました。

175 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/01(土) 12:49:51 0
>>162
日本のアカデミズムは文系だけじゃなくて
脳科学もヤバいとゆーことかにゃ?

176 :(´∀`)@リハ:2007/09/01(土) 13:54:04 0
>顔餅は明日発表すんのか?
いえっさいどぅー(坂田利夫風に
F氏の準備した資料みながら即興でやるしかないにゃ orz
てか,締め切り過ぎたのに「言言吾」の原稿できてにゃいww


177 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/01(土) 14:02:07 O
チョムスキー

178 :仇鱒:2007/09/01(土) 14:40:08 0
やあ、やあ、こんにちま。わしでつ。いろいろバタバタしているがちょい
と時間できたから軽く書くな。

>>175
>脳科学もヤバいとゆーことかにゃ?
てか、脳科学で今一番ハバきかしているのは、いわゆる心理学系の分野だよ
な。ま、昔から心理学は文系の中でも理系色が強かったのだが、最近は生き
残りをかけてブレインサイエンスに活躍の場を広げつつある罠。そんなこん
なで文系的な人たちが脳科学に参入しつつある罠。あと、哲学も廃業寸前と
ゆうこともあり、最近は何を勘違いしてか脳科学でアレコレ能書きホザいて
る天然ヴァカがいる罠。実際、「ユリイカ」や「現代思想」なんかで脳科学
が取り上げられると、半分ぐらいが哲学畑の「何ゆってんだかワケワカンネ
ーわ、このヴァカがっ!まともな日本語書け、このアホが!ワケワカンネー
ことホザいてんじゃねぇぞ、この糞鉄学者がっ!」的な哲学者だったりする
罠。で、あれやこれやで文系の連中が脳科学に移住してきていることもあり
、脳科学も一部ではヤバイ状態であるのは確かだ罠。ま、まともなところは
まともだが、そーゆったところは脳科学とゆうよりは脳工学でどっちかとゆ
うと技術系の医学と結びついたところだ罠。そのあたりになるとわしも詳し
いことはしらんが。うむ。てか、前にもいろいろ語ったが、サイボーグ関係
がもろに脳科学てか脳工学の最先端とゆえる罠。



179 :仇鱒:2007/09/01(土) 14:41:22 0
>>176
>いえっさいどぅー(坂田利夫風に

どぅゆぅあべすと

>F氏の準備した資料みながら即興でやるしかないにゃ orz
ん?他人のハンドアウト見て発表すんのか?そんなんでうまく逝くのか?

>てか,締め切り過ぎたのに「言言吾」の原稿できてにゃいww
顔餅の名前でわしが書いてやるか?(ワラ)

>チョムスキー
わしは仇鱒でつが、何か?

さて、組の若いもんのメール読んでアレコレ仕事片づけるかな。うむ。



180 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/01(土) 15:12:54 0
>>178
レスありがd。
確かに「脳科学」という言葉は張ったりのきく言葉だにゃ。
味噌(脳工学)と糞を見分けないとダメなんだにゃ。

181 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/01(土) 18:36:00 0
脳科学って一昔前の心理学のポジションに近いにゃ。
いかにもアカデミックな感じがしてハッタリかますのにピッタリだにゃ。

182 :仇鱒:2007/09/01(土) 19:46:58 0
やあ、こんばんみ。先ほどアソコから帰ってきますたよ。ま、どこから帰ってきた
かは最後に書こうかと思う。うむ。で、軽く吊られてみる。

>>181
まあ、あれだな、ネオカーテジアン心身二元論てか養漏的唯脳論が科学のスタンダ
ードとなりつつある今、心理学は脳科学に吸収合併されてしかるべきだ罠。ま、心
は心臓じゃなく脳てか大脳に宿っているのはもはや常識で、その常識に従えば心理
学は脳科学そのものとなる罠。そんでもって心理学はああだこうだゆってもsrス
タイルがデフォで、それを脳に適用したのが脳科学だ罠。いろんな刺激を脳(てか
感覚器官)に与えて脳がどう反応するかを見ているんだからな。ま、そんでもって
、脳というブラックボックスがどうなっているかを探っているわけだ。まさに行動
心理学がネズミやら人やら犬に刺激@sを与えて反応@rを見ることによって心と
ゆうブラックボックスを探ってきたようにな。ま、でも、脳てか脳のソフトウェア
である心がどうなっているかなんてワカラン罠。まあ、脳に関しては、分かるとし
ても結局は化学のレベルであれこれ分かるだけだ罠。ドーパミンの量で喜怒哀楽を
定量化できるぐらいだ。でも喜怒哀楽ってドーパミンの量とは違うものだよな。嬉
しいとゆうかハッピーな気分とゆうのはある種の特別な感情の状態であるのだが、
これは正直もう定義のしようがない罠。仮に定義できるとしたらもうドーパミンの
定量的な評価しかないわ。まったく同じことがクオリアにも言えるわ。赤のクオリ
アとかゆわれても、それも網膜に与えられた周波数(波長)の値であるとか、脳内
のある化学物質の量でしか測れないと思うわ。でも、そのように赤のクオリアが分
かったとしても、茂本なんかのゆう赤のクオリアはそんなもんじゃなくもっと定性
的な「何か」なんだよな。でも、そんな定性的な「何か」なんてもはや科学の対象
じゃねぇよ。科学の対象となりうるのは、味も素っ気もない周波数がいくつだとか
ある化学物質の定量的な評価になるのだよ。ま、そーゆーもんだ。うむ。てなこと
でメシ喰ってくるわ。うむ。

183 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/01(土) 20:04:41 0
>修飾ー被修飾の語順が無標であるからな
しかし名詞+前置詞句、名詞+分詞句は被修飾-修飾の順序なのだから
数だけで言えば形容詞+名詞の順序のほうが少数派で有標となるのでは?

184 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/01(土) 20:57:21 0
修飾―被修飾、というよりは叙述関係かと思われ

185 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/01(土) 22:51:39 0
似非アカデミズム(笑)

186 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/01(土) 23:44:19 0
仇青龍は、横浜ドリームランドにいるのか?
トンガに帰ったんじゃないのか?

187 :/:2007/09/02(日) 00:00:00 0
>>169
HPSGコンファランスのプロシーディングズはウェブ上にあって、誰でも
いつでも読めます。
http://cslipublications.stanford.edu/hand/miscpubsonline.html
を見てみてください。HPSGコンファランスのプロシーディングズ以外にも
色々なものが置いてあります。

188 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/02(日) 00:30:41 0
スラッシュ先生。
187 :/:2007/09/02(日) 00:00:00 0

仇鱒先生。
配点:10点 → 今、何問目ですか?
最後に書こうかと思う → 日付けが変わりました。私、待つわ。
メシ喰ってくるわ → 朝食ですか?

189 :仇鱒:2007/09/02(日) 08:08:30 0
おはよ。ようやくエアコンなしで寝られるようになってきた。秋まんせっ!
うむ。てなことで軽くレス。

>>183
>数だけで言えば形容詞+名詞の順序のほうが少数派で有標となるのでは?
たしかに数だけでゆえば少数派@野党が有標になる罠。ただ、有標性は数だ
けでは決まらなかったりする罠。多数派の与党であっても特殊な規則を適用
せざるをえないのであれば、それは「与党」であり実質野党であったりする
わけだ。そこでちょいと具体例を出させてもらいたいが、拙著@茶色表紙の
後半に仇流の活用変化の科学的分析が紹介されている。分かる香具師は分か
ると思うが、あそこでは、一見すると与党である五段活用が実は活用という
システムから考えると野党であることが示されている。つまり、数の上では
圧倒的に五段活用が多いのだが、活用の仕方を見ると五段活用は特殊な規則
を適用しないといけないわけだ。つまり、システムという観点からゆうと、
五段活用は野党と見なさざるをえないわけだ。ま、そんなこんなで、拙著で
は五段活用は実は活用変化の中では異端すなわち有標であることを示してい
るのだが、これと同じことが被修飾ー修飾の語順にも言えるかな〜というの
がある。ただ、修飾ー被修飾の語順が文法的ならびに認知的に無標であると
いう確固とした根拠はないのだが。うむ。あ、ちなみに年明けにわしが変質
者を務める生成流(てか理論言語学テイスト)の日本語文法の本が出るのだ
が、その中でわしのダチの西凸くんが活用変化についてあつ〜く語っている
。わしとはまったくアプローチが違うが(←ただし活用変化なんてないとゆ
う点では同じ意見)、非常に読み応えがある。活用変化てか日本語の膠着性
に興味のある香具師は必見だな。うむ。



190 :仇鱒:2007/09/02(日) 08:09:27 0
>>186
>仇青龍は、横浜ドリームランドにいるのか?
北朝魚羊は極東ドリームランドでつが、何か?

>>187
情報提供シェシェm(_ _)m いや、マジで感謝する。ウェブで手軽に見られるな
んていい時代になったもんだな。うむ。



191 :仇鱒:2007/09/02(日) 08:11:20 0
>>188
ごめそ。ヴォケてて書くの忘れてた。で、実は昨晩、ムスコといっしょに近くに
ある銭湯とゆうかスパのようなところに逝ってきた。ま、夏休み最後の社会見学
てか社会勉強だ。で、社会見学とはゆうものの、わしなりの性教育である。うむ
。てか、一般的に性教育とゆうとすぐに異性の体ウンヌンとなるのだが、これが
そもそもの間違いである。まずは同姓の体がいかに違うべきかを認識すべきであ
るのだよ。性教育の第一歩はまずはこれなのだよ。で、これをしっかりやらない
から性教育とエロの履き違いをしちゃったり、差別と区別の違いすら分からなく
なったりするのだよ。ま、左巻きのヴァカな男女平等ヲタはこーゆー基本的な考
えがそもそもできないとゆうものだ。うむ。ヴァカはほっとくに限る。うむ。で
、ムスコをつれて近くの銭湯とゆうかスパに逝ってきたのだが、ムスコもいろん
な意味でベンキョーになったと思う。で、ちょいと思ったことがあるからちょい
と書くな。スパに逝ってちょいとビックリしたのだが、ヲトコ湯にヲンナの人が
いていろいろバスローブを交換したりシャンプーの入れ替えとかしてくれている
わけだ。で、そのヲンナの人だが、若くもないが年もそんなにとってもいないわ
けだ。まあ、仕事とはゆえ、こうゆう仕事をされている人ってヲトコの体とかっ
てほとんどモノみたいに見ているのかな。ようするに、医者や看護婦さんのよう
な感覚で仕事してるのかな。あと、これと逆のことは絶対にあり得ない罠。つま
り、ヲトコがヲンナ湯であれこれ働いているとゆうのだ。いや、もしかしたらヲ
ンナ湯ではヲトコのおっさんがウロチョロしているの鴨しれねぇが(←99%ね
ぇ罠)。あと、最近駅の便所でそんなに年をとっていないヲンナの人が清掃して
いるのを見かけるのだが、わしはちょっと抵抗があったりする。ま、わしはナニ
を見られようと何とも思わんが、なんとなく見られたとき「見せちゃってごめん
ね」てな気分になる。藻前らそんなことね?



192 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/02(日) 11:03:24 O
まあ、仇の粗末なイチモツ見てもしょーがねーだろ
気にするな

193 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/02(日) 11:22:27 0
仇青龍は、本人、親方、相撲協会のうち、どれに一番共感(同情)する??

194 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/02(日) 12:30:29 0
日本のアカデミズム(文系&脳科学)とゆーのは♂のオモチャみたいなものかもしれんにゃ

195 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/02(日) 12:36:10 0
修飾―被修飾、というよりは叙述関係かと思われ

忘れてます

196 :仇鱒:2007/09/02(日) 13:05:15 0
こんにちま。午前中ガキ吊れて(てか吊れられて)近くの神社やらお寺にいって
きますたよ。ま、社会見学つーか夏休みの宿題だ。で、地蔵やらいろいろ見て回
ったのだが、地蔵の奥深さとかはやぱこの年にならないと分からないものがある
な。いや、マジでな。てか、前に平櫛田中の彫刻についてちょいと触れたが、今
回も地蔵巡りをしていかに仏像や彫刻をする人がスゲェーかが分かった次第だ。
マジでテクニックだけじゃないんだな。ほんと精神性とは何かとゆうのを思い知
らされるわ。うむ。

>>192
>気にするな
安心した。これで明日から安心して見せられる。うむ(ワラ)

で、>>168にあるところアクセスしてダウソロードしますたよ。で、ようやく
「いや〜ん、仇先生の馬鹿! 」の意味が分かったわ。ま、プリントアウトしたか
ら時間ができたらじっくり読ませてもらうが、あれ書いているのは草稲田の学生
なのかな?で、あれだな、わしは前から思っているのだが、草稲田は理論言語学
やるにはとてもいいポジションにあると思うのだよ。まあ、情痴やk応のように
生成に毒されていないし、センセも自由な発想ができる人もいるようだし学生も
粒がそろっていそうだし、ほんとわし的には期待値がかなり高いわ。草稲田の学
生にはほんと今のような時代だからこそ草稲田らしい研究をして欲しいと思って
いるわ。マジで草稲田はほんといい環境にあると思うから草稲田の学生が見てい
るようならひとつがんがれ。藻前らぐらいの豆頁脳とバンカラさがあれば面白い
ものができるハズだ。わしが応援すっからひとつがんがれ。うむ。


197 :仇鱒:2007/09/02(日) 13:06:23 0
>>193
う〜ん、わし朝青龍問題ってよくわかんないんだよな。ま、でも、わしとしては、
ちょいとズレる鴨しれねぇけど、今回の「事件」は例の亀田の件とダブルけどな。
ま、わしは前からゆっているように、亀田を応援しているし、亀田のようなスタ
イルをいいと思っている。エンターテイナーとしても一流であるし、実力もある
し(←たぶん)、何よりもやる気(=ファイティング・スピリッツ)を感じてわ
しは大好きである。亀田叩きをしている香具師は正直ガキである。空気を嫁てな
いのはどっちかといいたい。ま、これも前にかなり語った罠。で、同じことが朝
青龍問題にも言える。朝青龍も亀田と同様に、エンターテイナーとしても一流で
あるし、実力もあるし、何よりもやる気を感じてわしは大好きである。第一、朝
青龍の素行が悪いとかゆっても誰も迷惑なんか被ってないよな?てか、本当の相
撲ファンや朝青龍ファンは誰も彼の素行の悪さに不快感を感じていないと思うわ。
むしろあれが快感になっていると思う。だから、どこにも被害者がいないのにも
関わらず、マスゴミが被害者をねつ造し、勝手に朝青龍をスケープゴートにして
いるだけである。だから、わしにゆわせたら、朝青龍問題つーのは、表層的には
亀田問題と同じであり、深層的には靖国疑似問題や慰安婦疑似問題と同じだと思
っている。ま、いずれにせよ、わしが朝青龍だったら「藻前らのようなヴァカな
んか相手にしねぇよ、このヴォケが。文句あんならマワシつけて土俵にあがって
鯉!ゴルァ!!!!」とゆって終わりだな。ははははは。

>>195
>修飾―被修飾、というよりは叙述関係かと思われ
ま、そうだ罠。てか、それ↑は誰も否定しねぇと思うわ。ちゅーか、「修飾」が
述語で、その項が「被修飾」だ罠。ま、主述関係とゆうよりは伝統文法でゆうネ
クサスに相当する罠。

てなことで、昼飯くってまた出かけてくるわ。うむ。

198 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/02(日) 13:54:27 0
仇センセ、>>194はヌルーでつか?

199 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/02(日) 16:20:56 0
このスレを読む限りでは
特に生成は言葉をオモチャにして遊んでいるという印象を受けるのだが。

200 :仇鱒:2007/09/02(日) 17:51:10 0
やあ、こんばんみ。まる子ちゃん始まる前に急いで書くな。うむ。

>仇センセ、>>194はヌルーでつか?
別にぬるーしたワケじゃねぇけどな。ま、とくに書くこともないが適当に書く
かな。うむ。ま、アカデミズムつーたらフツー人文社会系のガクモンを指す罠
。ま、いわゆるニューアカの流れからゆって、アカデミズムつーたら思想系の
ことばを弄ぶヴァカな集団を指したりする罠。ま、ヴァカな集団であるのは、
藻前らも知っているようにソーカル事件で明々白々となったわけだ。まあ、だ
からあれだ、木丙谷やら中三尺やらのワケワカンネー文書く連中やラカンだの
フーコーだのデリダといったフランス系ヴァカの戯言につき合うだけアホ臭い
とゆうものだ。てか、わしも昔いろいろその手の本を読んだりしたが、よくも
まあ、意味不明の戯言をアレコレだらだらと書くことができると思ったものよ
。んで、あれだ、そのような空疎な言葉にハァハァするのは実はヲトコに多い
んだな。とゆうのも、ヲンナはもっと身近なことばで具体性をもったことばに
関心ならびに興味があるからな。一方ヲトコつーのは逆に中身のハッキリした
ことばにあんまり関心がなかったりするわけだ。で、逆に定義が難しそうなワ
ケワカンネー抽象的なことばにハァハァしたるするわけだ。てか、いまだに哲
学関係の本とか見るとヴァカのひとつ覚えみたいに「〜のまなざし」とかゆう
フレーズがあったりするが、この手のフレーズをつかってるのはヴァカと思っ
てええわ。リアルなアホである。うむ。ま、わしにゆわせると、人文社会学系
で頭の使い方を知らない真性ヴァカは哲学に多いな。で、次に多いのが文学系
だ罠。そんでもって3番手が、頭を使うヴァカの多い言語学系だ。ははははは
。ま、そんなもんだ。うむ。



201 :仇鱒:2007/09/02(日) 17:52:04 0
てか、>>168や、『言言吾学カフェ』読んだぞ。なかなかえかったわ。論文の
体裁はとってないが内容的にはそこらへんにあるロンブンよりクオリティ高い
と思うわ。うむ。何よりも言語直観がかなりするどいと思う。てか、参考文献
がついてないけど、あの手のジャッジに関する先行研究ってないのかな?もし
ないのであれば、あのジャッジはまじでいい線いってるからしかるべきペーパ
ーにした方がいいわ。まあ分析は認知ぶんぽーチックでいまいち釈然としない
ところがあるが、ジャッジというか言語事実はなかなかいい線いってると思う
わ。てか、こんなこと書いても『言言吾学カフェ』とかを書いている兄妹がコ
コ見ていなければ意味ねぇが(ワラ)。てか、あれだなー、「の」の解釈つー
と、あれだな、英語のofにも同じようなことが言える罠。α of βとゆった場合
、αとβの関係は無数にあるしな。何はともあれ、面白く読ませてもらったわ
。うむ。

>>199
>このスレを読む限りでは

他のものも嫁。てか、ことばを弄んでいるにせよ、ニューアカのヴァカどもと
同じにしないよーに。うむ。

てなことでまる子ちゃん見にいってきまつ。うむ。まる子ちゃん萌え!(^^)

202 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/02(日) 19:44:56 0
素朴な疑問なんですが仇鱒はなんで2ちゃんが好きなんですか?

203 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/02(日) 20:03:28 0
アカデミズムの権威を下げるため?

204 :仇鱒:2007/09/02(日) 20:08:32 0
ありゃ、なんか吊れたな、、、。

> 素朴な疑問なんですが仇鱒はなんで2ちゃんが好きなんですか?
別にシュキとゆうわけじゃないが、もう生活の一部だ罠。てか、ココはわしの第二
の職場だ。ま、でも、わしは意外とすっ♪と消えたりするからな。もしかしたら明
日にでも2ちゃんがヴァカらしくなってさっ♪と消えたりする鴨しれねぇし。てか
、わしこれまでもたぶん4−5回「もうこねぇよ!ヴァカ野郎!」つーてすっ♪と
消えたことあるしな。ははははは。ま、でもあれだなー、わしはもともとケンカ好
きだが、リアルライフじゃもうケンカもできねぇしな。前にも書いたが、ヲトナに
なって一番損したのはケンカができなくなったことだ。今は拳振り上げただけで恐
喝になりかねないしな。殴らなくても相手の胸ぐら掴んだだけで暴行だよ。もうい
っさい相手に手を出すことができないわけだ。正直、わしはこれは必ずしもいいこ
とだとは思ってないんだけどな。そういえば、布袋が町田と車の中でケンカしてど
うたらこうたらとかあったよな。あれなんか、訴える方も訴える方だとわしは思う
けどな。男同士のケンカは両者でケリをつければええのだよ。わしなんかそれこそ
高校までは派手にケンカして顴骨とか折ったし、それが青春だったけどな。ま、今
じゃそんなこんなでケンカもできなくなったこともあり、空手をやりはじめミット
打ちでストレス解消しているわけだ。ま、でも、空手でストレス解消できるのは心
身の「身」のストレスだけだ罠。「心」のストレスは解消できない罠。で、まあ、
その「心」のストレスをココで解消しているようなもんだ。まあ、でも、最近はガ
チもなくてストレスたまりまくりだけどな。ははははは。何かあったら一触即発で
一気に爆発して2ちゃんから足洗う鴨しれねぇしな。ははははは。ちなみにわしは
ガス抜きはせずずっとガスをため込んでイザという時に一気に爆発するタイプだけ
どな(^^メ)ま、そんなところだ。

>アカデミズムの権威を下げるため?
別にソーカルのマネゴトなんてやる趣味ねぇわ。

205 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/02(日) 21:31:19 0
「顴骨」←なんて読むの?

206 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/02(日) 21:36:34 0
喧嘩したけりゃ、空手じゃなくボクシングやりゃーいいよ。
ミット打ちじゃなくて普通にスパーリングできるし。多分、空手よりキツ
イよ。

で、亀田が叩かれんのはそこそこ強いけど、世界の器じゃないのに勘違い
してるから。あの程度なら世界に出たらそこら中にいる。その点、辰吉は
本当の天才だった。でも亀田は辰吉に比べれば大したことない。亀田を批
判してるヤツの中でもその辺のことわかってるやつはちゃんといる。ちな
みに、俺は亀田に会ったことがある。兄貴はむっちゃシャイで実は礼儀正
しい。次男はボクシングセンスゼロ。

それと柄谷は良いこと言ってるよ。三島論なんて面白かったけどな〜。

207 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/02(日) 22:21:35 0
>>204
>別にソーカルのマネゴトなんてやる趣味ねぇわ。

結果的にはそうなってるけどなw 一般人は期待してるよん。

208 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/09/02(日) 23:40:54 0
>>168>>201
文章の解析を主体とした視点だと「の」の働きはなにかとなるんだろうけど
産出を主体とした視点だとある概念を表すのに「の」という単語
あるいは「AのB」という表現方法が選択あるいは転用されたとなるだろうね

この「語やフレーズの選択あるいは転用」は言語規則の進化なわけだよね
本来の機能、つまり先行的にあった機能を後発規則が流用するっていう
時間軸を意識した話になる
だから言語進化を考えるんだったら解析ではなく産出を考えないとね

ところで>>168の「の」は親しいあるいは甘えられる存在(A)に対する
軽い非難(B)という概念を表すために選択された語だよね
甘えるということは女性や子供には許されるが大人の男には許されない
という文化的背景がこの概念の表現に際してはルールとして適用されるため
この表記方法を使用できる人は限定されてしまうってのがあると思うけど
これは言語学の範疇を越えた話なのかにゃ?

209 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/02(日) 23:58:56 0 ?2BP(0)
Parsing 絡みの「AのB」の処理についてはこんなとこがある。
http://www.jcss.gr.jp/technicalreport/TR54.pdf

210 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/03(月) 03:08:11 0
妹「兄さん、口ばっかり」
兄「俺は(いつも)出たとこ勝負だ」

兄さん、顔は与一で、声ひばり、歩く姿は裕次郎。
与一てのは、林与一のことだ。ひばりは言うまでもなく、美空ひばりだ。
勿論、裕次郎は石原裕次郎だ。
で、林与一と言っても知らん奴もおるかも知れんので、説明しておく。
小川知子の別れた夫で、趣味が編み物。
で、共演者にプレゼントすることもあったそうだ。

211 :仇鱒:2007/09/03(月) 04:09:58 0
おはよ。なんか寝られんかったわ、、、。

>>205
「けんこつ」と読みまつ。はい。

>>206
えっと、ちなみにわしのやってる空手は極真空手で、かなりハードだけどな。
先生も実はかなり名の知れた有名な先生だったりする。たまたまうちの近くに
住んでいてそんで好意で教えてもらっているんだけどな。で、実際スパーリン
グも普通にやってる。だから、顔面と股以外は普通に殴り合いしてるわ。しか
も素手でな。ま、ほんとんどムエタイみたいなもんで、練習もかなりハードだ
。ちょっと前までは練習終わってからマジで酸欠でぶっ倒れたことあるし、血
尿も3日ほど出てたことあるしな。ま、それはええとして、>>206は亀田んと
ころの息子に会ったことがあるようだが、羨ましいわ。まあ、あれだな、わし
はそんなにボクシングには詳しくないが、一連の亀田叩きのキモイところは、
亀田の試合そのものではなく亀田の言動を叩いているところだ。やってること
がまったくガキ。ま、朝青龍に関してもそうだ罠。で、スポーツとかプロの世
界つーのは、私生活や言動なんてどーでもええのだよ。問題なのは結果だけ。
プロとゆうのは結果が全てであり結果<だけ>で評価されるべきなのだよ。だ
から、わしにゆわせると、亀田叩きにせよ、朝青龍叩きにせよ、ほんとーのプ
ロは叩いていないしほとんど無言じゃねぇかな。わしはそう思うけどな。叩い
ているのは評論家とプロもどきだ罠。プロだったら亀田なり朝青龍の試合結果
を見て、それで終わりだよ。あとは自分の仕事に黙々と打ち込むものだ。そー
ゆーもんだ。うむ。



212 :仇鱒:2007/09/03(月) 04:11:25 0
>>207
ま、結果的にそうなっているかもしれねぇが、動機はまったく違うけどな。うむ。

>>208
問題となっている非難の「の」が本当に文化的背景が絡んでいるのであれば、ノル
ウェーの人たちも日本人と同じような文化的な背景をもっていることになるよな(
なぜノルウェー語に触れたかについては当該の「論文」参照)。で、実際、ノルウ
ェーでは男が女に甘えることが許されないのかな?もし許されるのなら、文化的背
景ウンヌンの認知ぶんぽー的なアプローチはあぼん♪だ罠。あと、最近は男女雇用
均等法やらなんやらで女が男に甘えることができなくなってきたわ。そうなると、
ここ最近は避難の「の」の使用に変化がでてきているハズだ。で、実際どうなんだ
ろうな。もし変化が現れているのなら文化的背景ウンヌンの認知ぶんぽー的アプロ
ーチもイケテルが、そうでなければそのようなアプローチはイクナイとなる罠。ま
、そんなもんだ。

>>209
今プリントアウトしますた。時間ができ次第読んでみる。ざっと見たところ地に足
のついた非常にしっかりした論文のように見えるな。うむ。

>>210
>兄「俺は(いつも)出たとこ勝負だ」
わし「漏れは(いつも)イタコで勝負だ」

さて、もう一回寝るべ。おやすみ。うむ。

213 :206:2007/09/03(月) 05:24:12 0
>>211
あら、そうでしたか。それは失礼しました。素手でやるなら空手の方が痛いかも。
ただ顔面以外ってのがね。顔面以外だったら恐怖心が全然違うし。確かにピンポイント
のボディーブローは顔面より痛いんだけど、パンチ力のあるやつの右ストレートを思い
っきり顔面にもらうと恐怖心が出てくる。でも空手のキックはむちゃくちゃ痛いの知っ
ますから、ボクシングの方がとか言うのは失言でしたわ。

ほんとーのプロが亀田を叩かないのは眼中にないからだと思いますよ。実際、俺の行っ
てるジムでもほとんど話題に上りません。それは実力があるからじゃなく、みんな眼中
になくて本当に強いやつ(特にメキシカン)にしか興味ないからです。

あと、プロは結果が全てってのはその通りだと思うんですけど、実際には過程も大事だ
からこそ、亀田は叩かれるんだと思いますよ。「強ければ何をしても良いのか?」って
いうのがあるんですよ。つまりは結果が大事かもしれないけどやっぱり礼儀も大事(っ
て実際は礼儀正しいんだけど)。テレビでの亀田が無理してるようにしか見えないんだ
けど、その辺のぎこちなさも亀田が第二の辰吉にはなれない理由だと思います。

えー、と偉そうなことを言いながら、亀田のサイン持ってます。一緒に写メも取って
もらいました(←ミーハー)

214 :(´∀`)@リハ:2007/09/03(月) 07:12:40 0
つーわけで進化学会で名代を務めてきたわけにゃが
今回も長谷川M子氏とバチバチやり合うことになったにゃ
しかし例の水幡某の暴れっぷりは凄いつーか,いつ殴り合いが
始まってもおかしくない吉野屋のような殺伐とした雰囲気が最高であったにゃ
やっぱり学会はあーでないといかんにゃ
言語系の学会はヌルポ杉でもう行く気にならんにゃw

215 :逃走派:2007/09/03(月) 07:35:20 0
ご無沙汰してましたー
つか、>>168の構文、先週某文学部に送ったペーパーともろかぶってたわ
ゲラのときreference書き換えなきゃ

216 :仇鱒:2007/09/03(月) 08:05:52 0
おはよ。2度目のおはよーである。うむ。

>>213@>>206
ネカマのボクサー、レスども。で、ちょいとわしもレスさせてもらうが、実はわし
かなり真剣に空手やっているのであるが、ほんと、空手をマジでやるようになって
、ボクシングで12rまで戦う凄さを知った次第である。今は、「3分(30秒休
憩)ー2分(30秒休憩)ー1分」のミット打ちをやるのだが、これだけでマジで
最後は息ができないぐらいになる。とくに今の暑い時期は自分で呼吸がコントロー
ルできなくなるときがある。そんな具合だからボクシングで12rまで戦うとゆう
のは正直考えられないとゆうのがある。あと、あれだな、先生にゆわせるとわしの
キックもそれなりに強いらしいのだが(←たぶん普通の人を蹴ったら骨が折れるの
は確実で首に入ったら一発であぼん♪だと思う)、一度先生のキックをミットで受
けたことがあるのだよ。もちろん先生は力を抜いて蹴ってくれたのだが、いやー、
びっくりだよ。わしふっとんだよ。わしが思うに、空手のプロが一般人を思いっき
り蹴ったら蹴られた人は10mぐらいふっとんであばら骨とか粉々になってると思
うわ。ほんと、そーゆーのをリアルに経験してるとマス大山がクマと戦って勝った
とゆうのも分かるわ。あと、あれだなー、亀田の長男の実力とかわしはよく分から
ないのだが、目を見れば分かるが、亀田の長男は>>213がゆうように根はすごくい
い子だと思うわ。てか、いい子じゃなきゃあれだけ父親を慕うことはできないし、
兄弟あんなに仲良くなれないって。いい子とゆうかいいお兄ちゃんだと思うわ。で
、素行の悪さだが、テレビにうつる素行の悪さは全てやらせであり確信犯的なもの
だ罠。朝青龍も同じだ。本当に悪い素行とゆうのはみんな人のいないところで一人
でこっそりするものだ。まあ、でも、亀田のおかげでボクシングがあれだけ皆に注
目されたわけだし、同じく、朝青龍のおかげで相撲もあれだけ客が入るわけだ。く
だらんカッコつきの「素行の悪さ」で叩くのではなく香具師らには感謝しないとい
けないとわしは思うんだけどな。それにしても>>213はええなー。亀田のサインも
ってるのか。わしのサインもほしかったらあげるぞ(ワラ)



217 :仇鱒:2007/09/03(月) 08:08:22 0
>>214
乙。水幡某つーのはアノネ申の人かな?ま、でも、市井のケンキュウシャが学会に
殴り込みにくるとゆうのはいいことだ罠。言語学もそうなるとおもろいんだけどな
。てか、認知ぶんぽー学会はほとんど市井のケンキュウシャの集いのようになって
いるとゆうハナシもチラホラ耳にするわけだが。うむ。ま、でも、正直、学会つー
のは馴れ合ったらダメだ。殺伐としてなきゃダメだ。教室に入る前にボディチェッ
クするぐらいの危険な香がしねぇとダメだ。ま、わしが学会の運営委員長になった
ら会場は吉野屋か松屋にするけどな。ははははは。

>>215
をっ、、、おひさでつ。てか、この前(とゆってもかなり前)逃走派しゃんの隣に
いる人にわしの翻訳本送ったんだけど、その本の7章「度を過ぎた前位修飾」と8
章「名詞を前位修飾語として使う」にたぶんおもろいデータがあると思う。隣の人
に見せてもらうといいと思われ。うむ。てか、これで「言言語学カフェ」いっきに
メジャーになったな(藁)

さて、失禁してくっかなー。



218 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/03(月) 12:27:22 0
そう言えば学会って談合組織みたいなとこあるにゃ。
専門用語は暗号みたいだし。

219 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/03(月) 15:49:43 0

バカデミズム(笑)

220 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/03(月) 15:53:55 0
お前ら勉強してないからわからないだけだろ(笑)

221 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/03(月) 19:08:51 0
ヴァカデミックな仇ちゃんでつ。はい。

222 :仇鱒:2007/09/03(月) 20:52:59 0
やあ、こんばんみ。シャバでスッタモンダがあって今日の夕刊は薄目な。
うむ。てか、あれだなー、アカハラつーのがあるが、ヴァカハラつーのも
ある罠(嗤)。てか、アカハラよりヴァカハラの方が深刻だったりしてな
。ははははは。センセが学生からヴァカハラで訴えられたりしてな(ワラ)
「センセがあまりにもヴァカだからアタシがっこう逝くのヤになっちゃい
ましたっ!ガッコウいかなくなってダブったのはセンセのせいですっ!訴
えてやるっ!うむっ!」てな。ははははは。ま、あとあれだなー、アカデ
ミズムつーのはある意味「赤デミズム」でもある罠。実際、ニューアカの
連中@ポストモダンとかゆう衒学者連中はアカが多かったしな。ま、アカ
じゃなければヴァカかアホかのどっちかだったわけだが。うむ。ま、そん
なところだがシャバがちょいとスッタモンダしてるから今日はこのぐらい
だ。てか、わしのpc完全にあぼん♪しちまったわ。また明日一日かけて
再インストールだよ。なんでこー休みの時になるとpcぶっ壊れるかなー。
ったく、、、マーフィーの法則そのものだよ。

223 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/03(月) 21:06:06 0
専門用語が暗号って・・・
だって1つの現象をあらわすのに、1から説明していたら
ぜんぜん話が進まないでしょうに

224 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/03(月) 21:34:43 0
で、だんだん現実離れしていくという

225 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/03(月) 22:17:56 0
生成文法 みんなでやれば 怖くない

226 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/03(月) 23:35:13 0
チョムかてある意味アカやと思われとったやろ?
言語学の世界にも多いわな。

227 :/:2007/09/04(火) 01:21:31 0
>>226
「思われとった」というような、昔の話ではなく、チョムスキーは、昔も今も
anarcho-syndicalistです。(http://www.youtube.com/watch?v=rAaWvVFERVA
を見ると、anarcho-syndicalistというのは何なのか、なんとなくわかったような
気になれます。)

http://www.cosmoetica.com/DSI4.htm で、チョムスキーの政治的活動
に関してSteven Pinkerが述べている批判を以下にコピーしておきます。

「I would say that the problem with Chomsky is rather that with such a
clever mind, such impressive erudition, and such formidable rhetorical
skills, he has the power to push an idée fixe arbitrarily far. He can
wow sycophants, blow off critics as stupid or evil, explain away
embarrassing data, and rationalize mistakes at will. Lesser mortals
might be humbled by a critic, or embarrassed by a counterexample, or
forced into a reassessment by an unpredicted turn of events.

In Chomsky's case, as I noted in The Blank Slate, we're seeing a
fundamentally romantic view of human nature, in which people naturally
cooperate and create without the need for external incentives, until
these faculties are stifled by malign social institutions. We also see
an all-encompassing moralistic theory of political and historical
causation---that world events can be understood as the intended outcomes
of a morally odious agent, namely the United States and its allies.
Tragedies, well-meaning blunders, painful tradeoffs, human limitations,
least bad options, historic changes in contemporary standards of political
conduct---none of these play a role in Chomsky's causal model. Disciplinary
expertise and training are beside the point---when you're determined to
advance an all-encompassing theory, intellectual and scholarly power can
work to your ultimate disadvantage in terms of providing an accurate
rendering of reality.」

228 :逃走派:2007/09/04(火) 02:01:01 0
覗いたついでにですが、>>227のズラッシュさん、リンク先をよく読んでませんが
そのピンカーからの引用をチョムスキーが見ても、だからなんなのって反応だと思います。
このピンカーの引用はありきたりの罵倒だけです。内容がないよう。
ピンカーが言いたいことを読み手に訴えるには、チョムスキーが上げるかずかずの
実例に対して逐一、「そいつはおかしいよ」と言う反論を出すことです。具体例に反論が
ないなら放っておくのが普通です。
とは言え、政治評論分野では科学的な議論は無理なので、かなめとなるのは
説得力だけでしょうね。説得力を持たせるのには、一つは事実の力、もう一つはレトリック。
他にもあるかもしれませんが。で、チョムスキーは、前者についてはそこそこ、
後者については優れて卓越しているライターだと思います。

229 :/:2007/09/04(火) 02:21:47 0
>>228
チョムスキーの政治的な著作は事実の歪曲に満ちており、一々具体的に
批判などするのは馬鹿馬鹿しいほどですから、ピンカーの批判を、具体性
の欠如を根拠に攻撃するのは酷というものです。

http://oliverkamm.typepad.com/blog/ にあるOliver Kammのブログを
前のスレッドで何度か引き合いに出しましたが、Kammは、逃走派さんが
求めているような、チョムスキーに対する具体的な批判を根気よく
続けています。(いつか、チョムスキー批判をテーマとする本を出版
する計画らしい。)ちょうど、昨日も、チョムスキーを批判する新しい
記事が2つ掲載されたところです。機会があったら見てみてください。

230 :(´∀`)@リハ:2007/09/04(火) 03:16:44 0
逃走派しゃんにはこっちがお薦め
http://uncyclopedia.org/wiki/Noam_Chomsky

やっと「言言吾」の原稿オワタ雅子
もう2つ残っとるがにゃ orz

231 :(´∀`)@リハ:2007/09/04(火) 03:59:20 0
ま、チョム批判でメシ食ってる香具師らが実は一番
チョムのご威光にすがりついとるわけにゃが
金魚のフンだにゃ フン糞噴

232 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/04(火) 12:31:02 0
生成文法と受験勉強は頭の使い方が似ているような希ガス
本質はあまり考えずにただひたすら量をこなす、みたいな…

233 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/04(火) 16:28:47 0
>>231
しかしそれを言ってしまうと
多くの人は何かしらの批判で飯を食っているわけですからみんな金魚の糞だよ♪となります。
言語と進化云々だべってチンパンジーにぶらさがって飯を食っている金魚の糞の学者もいれば
洋書を翻訳して筆にぶらさがって飯を食っている金魚の糞の学者もいれば
学生に指導して税金にぶらさがって飯を食っている学者もいるわけです。

234 :仇鱒:2007/09/04(火) 18:42:55 0
やいやい、最悪だよ。pc再インストールしてもうまくいかんわ。シャレんならん
わ。orz... てか、デフォルトでマィクロンフトを使わされるのってほんと原辰徳だ。
なんであんな重くて使い勝手の悪いもん使わされんといかんのじゃい、、、ったく。
で、ストレスたまりまくりだからちょいと掻く。ぽりぽり♪

>>228
いやー、わしは逃走派しゃんと考え違うな(←仁義なき戦いww)。まずチョムの
事実のとらえ方だが、キャムのブログなんかを見る限りかなり自分の都合のいいよ
うに事実をねじ曲げているんじゃねぇかな。他人の文章を引用するときもかなり自
分の都合のいいように引用しているようだし(←コレについては前々スレ参照)。
ま、いわゆるサヨ系がよく使うトリミングと言える罠。まあ、あくまでもキャムの
ブログを信じればのハナシだけど。あと、チョムがレトリックの力に長けていると
ゆうことだけど、まったく逆じゃねぇかな。ぶっちゃけたハナシ、チョムほどレト
リックが下手でうまくつかえない香具師はいないと思うわ。レトリックのうまい香
具師つーたら、ピンカーとかジャッケンドフぐらいだ罠。ま、わしにゆわしたらピ
ンカーやジャッケンドフでもたいしたことねぇけど。うむ。てか、そもそもチョム
のように冗談を言わなければ冗談も通用しない香具師にはレトリックは無理だわ。
正直、レトリックつーのはジョークとかが巧みに使える香具師じゃないとそもそも
うまく操ることができないからな。あと、あれだな、チョムの書いたもの読んでい
ても正直チョムが頭がいいとは思ったことないんだな、わし。勉強は(そこそこ)
できるけど頭の悪い典型的な例じゃないかと思ってるぐらいだ。うむ。

>>233
ま、金魚の糞にもなれない香具師がたくさんいる中で糞になれるだけでも立派じゃ
ねぇのか(ワラ)

それにしてもpcのトラブルはエナジーコンシュームだ。原因がワカランよ、、、
ったく、、、。メシ喰ってくる。うむ。

235 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/04(火) 21:17:35 0
このスレはヴァカデミズムの「透明性」を高めているにゃw


236 :/:2007/09/04(火) 22:45:15 0
>>231
「チョム批判でメシ食ってる」というのはキャムのことでしょうか。彼は
チョムスキー批判だけをやっているわけではありませんし、私は、彼が
やっているチョムスキー批判には意義があると思います。一部の人たちの
間では崇拝されていると言ってもよいくらいの人物が実はトンデモである
ならば、そのことを一般読者に向けて詳しく丁寧に説明するという作業は、
面倒であるし学問的には意味がないかもしれないが、社会にとって有益です。

237 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/04(火) 23:52:38 0
>間では崇拝されていると言ってもよいくらいの人物が実はトンデモである

ハァ〜(・ρ゜)

238 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/04(火) 23:53:45 0
↑  そだな。

239 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/04(火) 23:55:58 0
>>238>>236へのレスだよ〜ん。

240 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/05(水) 03:21:23 0
ペット可

241 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/05(水) 05:16:15 0
飲み過ぎたのは、あなたの所為よ

242 :仇鱒:2007/09/05(水) 06:01:52 0
おはよ。ちょいとだけ書くかなー。

ま、あれだ、上で生成の勉強がどうたらこうたらとゆってる香具師がいるが、ちょ
いとそれに吊られて書いてやるかな。うむ。ま、あれだ、藻前ら分かってるかどー
かワカランが、論文には2種類あるのだよ。一つは知識をベースにして書いている
もの。で、もう一つがアイデアをベースにして書いているものだ。で、文系のガク
モンには総じて前者が多いわけだ。それで、生成だと、ケツの青いボンズどもがこ
の手のロンブンを書いたりするわけだ。ま、チョムヲタのヴォケおやじどもも多い
けどな。ははははは。最近のロンブンではこうなってますとか、最新の理論ではこ
うなってますとか自慢げに書いてるロンブンのことだ。ま、ようするに、素材が新
しければ何か新しいことをやっていると勘違いしているタイプのものだ。そうゆっ
た意味では、この手の知識をベースにしたロンブンとゆうのはわしのなかでは非常
に評価が低い。で、チョムのロンブンも、政治絡みや言語学系のものも基本的にこ
のタイプが多いのだよ。で、次に後者のアイデアをベースにしたものであるが、こ
れがクセモノである。うむ。とゆうのも、アイデアには2種類あるからなのだ。一
つがユニークなもの。もう一つがクリエイチブなもの。で、ぶっちゃけたハナシ、
チョムが10年に一度ぐらいのサイクルで「コネズミ構造改革」をするわけだが、
この構造改革はユニークな「アイデア」をもとに行われているのだよ。で、この構
造改革をチョムヲタの真性ヴァカは「さすがチョムはすげーや。アイデアマンだ。
こんなシステムを構築しちゃうんだからやぱ天才だYO!」とゆったりするわけだ。
アイデアはアイデアでもあんなものはクリエイチブなアイデアじゃなくユニークな
「アイデア」にすぎないのだよ。


243 :仇鱒:2007/09/05(水) 06:02:24 0
真にクリエイチブなアイデアとゆうのは、ロスの島の制約のようなものをゆうの
だよ。チョムのやってきたことは、他人のクリエイチブなアイデアを自分のユニ
ークなアイデアでデフォルメして編集し直しているだけだ。わしにゆわせると、
チョムはアレンジャーであり、いわゆるアーチストではない。ただし、チョムに
もアーチストなところがあり、それが、xバースキーマを出したところだ。チョ
ムのオリジナルな仕事はそれぐらいだ。うむ。参考までにゆっておくと、「普遍
文法」のアイデアも先人のパクリであるのはみんな知っての通りだ罠。で、あれ
だ、チョムのユニークなアイデアの最たるものが、バリヤーズから始まった一連
のneo-p-p-systemであるわけだ。バリヤーズなんかマジでユニークを通り越して
ほとんどデムパだよ、あんなもん。あんなヴァカげたもんねぇわ。で、バリヤー
ズをクリエイチブにソフィストケートしたのが、実はチンクエのエーバー・デペ
ンデンシーやl&sのムーブ・アルファであるのだが、これらは主流にならなか
ったわけだ。理由はただひとつ、チョムがつくったものじゃないからだ。ま、
l&sのムーブ・アルファもどっちかとゆうとユニークな類のものだけどな。う
む。ま、そんなもんだが、チョム帝国とゆうものがどういったものか客観的に見
れば見るほど「知の欺瞞」とゆうのが分かってくるとゆうものだ。うむ。

>飲み過ぎたのは、あなたの所為よ
弱い女の愛しさを〜♪ 抱き締めて〜抱き締めて〜♪ 帰したくない〜♪

ヲ ト コ と ヲ ン ナ の ラ ブ ゲ 〜 ム〜♪(^^)

さて、メシ喰って今日も元気に仕事してくっかなー。

244 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/05(水) 12:59:36 0
ヴァカデミズムが崩壊したら学歴社会も崩壊するのか…??
仇鱒は学歴社会についてはどう思う?

245 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/05(水) 14:42:47 0
ヴァカデミズム宣言。

246 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/05(水) 15:36:57 0
学歴社会とは学歴が社会的地位(就ける職業の種類、就職・昇進の容易さ)に非常に大きな影響力がある社会である。
学歴とは、○○大学で〜〜教授の指導のもと××学の云々論を学びましたという経歴である。
一般的に企業が利益を上げるためには有能な従業員が必要である。
有能な従業員となりうる人とは教養の高い人である。
よって企業は教養の高い人を入社させようとする。
しかし、教養の高さは外見では判断しえない。
ちょっと街を出歩いて候補を集めてくるというわけにはいかない。
そこでいわゆる入社試験を行うが、入社試験では教養の高い人も低い人も来る。
それを見抜くために企業には言動から素性を暴く技術を持った人がいるが、それでも漏れることはある。
そこで能率よく人を集める手段はないものか、というところに学歴が用いられる。
大学には都鄙、新旧の差があり、都会にあり古い大学は「名門」と呼ばれる。
名門の大学で学んだ人=有能、それ以外の大学で学んだ人=無能と単純化し、
名門の大学で学んだ人を優先的に雇用するようにすれば
個別に教養を判断する必要がなく企業が楽をすることができる。
今不二家という評判のよい菓子店と酖味堂という評判の悪い菓子店があったとする。
客は食あたりする菓子は食べたくないから菓子を買うときには慎重に選ぶが、
一個一個検査して買うのでは手間がかかる。
そこで不二家=安全、酖味堂=危険とみなして不二家を選ぶ。
不二家でも食あたりする毒菓子を売っているにはいるし
酖味堂でも食べられるうまい菓子を売っているにはいるが、不二家で買ったほうが損をする確率は低い。
企業でも名門の大学から人を買い、野の大学からは人を買わないようにすれば
(企業から見て)使えないゴミを排除することができる。


247 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/05(水) 15:50:13 0
しかし学歴による選別では
教養はあっても名門の大学で学んでいない人の雇用される可能性が削がれることになる。
有能な人が常に雇用されるべきという思想が正しいとしても、
多少有能な人材を切り捨ててでも人を集める手間のほうが損が大きいと判断すれば企業がそれを守るはずがない。
また学歴社会を変えようと企業のトップに直談判しても
学歴社会で得をしている人間が権力を持っているのだから受け入れるはずがない。
学歴社会は悪であっても
社会を変えたい人には社会を変える力がなく、社会を変える力のある人は社会を変えようとしない現状ではまだ続くだろう。


248 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/05(水) 19:36:17 0
↑ 守旧派?

249 :仇鱒:2007/09/05(水) 20:11:35 0
やれやれ、さっきお帰りだよ。わし自分に乙だよ。へとへとだが>>244にレスして
晩飯喰ってくるな。えっと、学歴社会だが、ま、今後さらに形骸化していくと思う
わ。どうゆうことか簡単に説明するな。まず、ストレートにゆうと、最初の就職で
は学歴がモノをゆうと思う。ただし、会社に入ってしまってから、そして再就職の
時は学歴はほとんど意味をなさないと思う。就職してからは誰も学歴なんかでその
人の仕事を評価なんかしない罠。評価の対象になるのは、その人の日頃の言動と仕
事人としてのその人の器の大きさだけだ。で、どこかに再就職するときは、もはや
その人のセールスポイントは、前にいた職場での仕事の成果だけだ。学歴なんか飾
りにもならんわ。あと、あれだ、せっかくだからもうちょい書くと、学歴と頭の良
さはいっさい関係ない。学歴と関係あるのは勉強の出来不出来だけだ。ようするに
、上でわしが書いているように、勉強のできるできないと頭の良さはいっさい関係
ない。燈台出のヴァカをわしはいくらでも知っているし、逆に高卒や専門学校卒で
とてつもなく頭がいい香具師をわしは知っている。だから、学歴で判断できるのは
勉強の出来不出来だけで、頭の良さは判断できない。で、就職してからは勉強はし
ないのだよ。だから勉強できる香具師に企業にきてもらっても意味がねぇのだよ。
あと、あれだ、>>246->>247が教養ウンヌンとゆっているが、教養のある人とゆう
のはジェネラリストであるのだよ。で、ジェネラリストとゆうのは、実はスペシャ
リストしかなれないのだよ。そうゆった意味では、真の教養人とゆうのはその道の
プロであったりするわけだ。ようするに、その道を極めた人のみが真の教養を身に
つけることができるのだよ。そうゆった意味でも、前に認知スレで書いたかと思う
が、実は、パラドキシカルな言い方になるが、井の中の蛙こそが真の教養を身につ
けることができるとゆうものである。うむ。ま、そんなもんだ。あ、これ↓はなか
なかいいことゆってる。
>社会を変えたい人には社会を変える力がなく、社会を変える力のある
>社会を変えようとしない
タフマン2本あげるわ。うむ。てなことで、メシ喰ってくるわ。あーちかれた、、
、どてっ♪

250 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/05(水) 20:19:46 0
守旧派は問題を認めつつも
「何十年もかかる難しい問題だ…」と先送りにしようとするのが特徴だにゃ。

251 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/05(水) 20:24:37 0
「教養」というのも胡散臭いが。

252 :仇鱒:2007/09/05(水) 20:40:10 0
>というのも胡散臭いが。
てか、「教養科目」の訳である「リベラル・アーツ」の方がもっと胡散臭いと
思われ。うむ。てか、ほんと、今日はちかれた。再度どてっ♪ちゅーか、最近
わしお昼はずっと頭脳パンとヤクルトだよ。健康だか不健康だかワケワカンネ
ーよ。うむ。

253 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/05(水) 20:58:18 0
やぱ仇鱒って守旧派だよね。ウヨなんだから当り前かw


254 :仇鱒:2007/09/05(水) 21:17:28 0
な〜んかちかれて何もする気ないからもうちょい吊られてやるわ。うむ。

>ウヨなんだから当り前かw
いや、だからわしは右翼じゃなくて石翼だって。うむ。

てか、あれだなー、>>246が雇用てか人選てか人をチョイスするウンヌンについ
てゆっているが、わしもこの年になると人のポテンシャリティーを見破るコツと
ゆうのが分かってきたわ。てか、自称「人事の達人」のおっさんよりもわしの方
が余程人を見る目があると思うけどな。で、正直わしにはヲンナを見る目はない
のだが(ワラ)ヲトコの善し悪しは正直分かったりする。ま、ちょいとだけゆう
と、わしはヲトコの目のもつ力と声質でだいたいそいつのポテンシャリティーが
分かるけどな。ヲトコとゆうのは、どのくらい底力てか馬力があるかは、声質で
だいたい分かるものなのだよ。それだけヲトコの声とゆうのはヲトコの人生やら
器を表しているのだよ。ま、わしは初対面のとき、相手の目をしっかり見てそし
て声をしっかり聞くが、これでほとんど相手の器や人間性が分かったりするけど
な。で、わしの経験からゆうと、この規則がヲンナには適用できないのだよ。ヲ
ンナはいろんな意味でよーワカラン。うむ。若い頃はよく騙されたし、、、。て
か、わしもよく騙した方だが(ワラ)


255 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/05(水) 21:22:10 0
馬力ばっかりだから生成もこうなったんじゃorz

256 :仇鱒:2007/09/05(水) 21:25:34 0
>馬力ばっかりだから生成もこうなったんじゃorz
馬鹿と馬力は使いよう。
てなことだが、今日はこれまで! 電源ぷっちゅん♪じゃ〜な〜(^^)

257 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/05(水) 22:09:40 0
生成は体育会系なんでつね。

258 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/06(木) 00:41:58 0

瀕死の生成文法

259 :仇鱒:2007/09/06(木) 08:13:47 0
やあ、おはよ。失禁前にクイックレスポン酢。うむ。

>生成は体育会系なんでつね。
てか、体育会系の連中の中でもしかるべき記録の保持者は皆頭ええわ。わしも
元なんちゃってアスリートだが、しかるべき記録をもっている選手はみな頭よ
かったわ。レースの駆け引きはもちろんのこと、総じて物の考えに頭の良さを
感じたけどな。あと、プロの世界だと、イチローにしても亀田の兄貴にしても
勉強はできないかもしれないが頭はいい方だと思うわ。とくに亀田の長男はあ
あ見えても頭はええ方だと思う。弟たちにはない頭の良さを感じるわ。亀田の
長男はヴァカじゃねぇよ。わしが思うに、亀田一家(←ヲヤジを含む)では亀
田の長男だけは頭のつくりが違うと思うわ。うむ。あと、体育会系より、実は
学者業の方が馬力が何よりも大切だったりするのだよ。頭は馬力なのだよ。て
か、わしにゆわせると、頭のユルイ香具師の脳みそはロバなのだよ。一方、デ
キル香具師の脳みそはサラブレッドの馬を飼ってるようなもんだ。そんなもん
だ。うむ。

>瀕死の生成文法
瀕死だが絶対にあぼん♪しないゾンビであるのだよ。昔からわしがゆってるよ
うに、生成ぶんぽーてかチョム理論はダイエーなんかといっしょであぼん♪し
ないのだよ。わかりやすくゆうと、極端なものはあぼん♪しないのだよ。あぼ
ん♪するのは中途半端なものなのだよ。チョム理論のようにある意味逝っちゃ
ってるものはあぼん♪しないのだよ。逝ったもん勝ちであるのだ。うむ。日本
狂産党にしてもそうだ。ああゆうのはあぼん♪せずにずっと逝き延びるのだよ
。いちばん危ないのが実は眠主党みたいなのだよ。ああゆうどっちつかず中途
半端なものがいっきに崩れたりするのだよ。そんなもんだ。

さて、失禁してくるわ。じゃ〜な♪(^^)

260 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/06(木) 11:14:39 0
>>259
生成の鈍感力が裏山

261 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/06(木) 11:48:30 0

生成文法=ゾンビ(笑)

262 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/06(木) 12:27:57 0
>>259
アホかこいつ。
あぼん♪しないでゾンビでいるより
あぼん♪して人間になるほうがいいんじゃね。頭かたすぎw

263 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/06(木) 16:08:06 0
   ゾンビ♪  
   ゾンビ♪

264 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/06(木) 17:48:19 0
今日もゾンビ♪な仇ちゃんでつよ。

265 :仇鱒:2007/09/06(木) 18:52:08 0
やあ、今日もヘロヘロのわしでつよ。逝きてんだか生きてんだかゾンビってる
わしでつよ。うむ。てか、ゾンビとゆえばスリラー@マイケルジャクソンだが
、ギターを弾いているのはヴァン・ヘイレンだ。スリラーのあのリフはええ。
チョーかっこええ。てか、ゾンビとゆえば、マイケルジャクソンの彦頁はまさ
に最近ゾンビってるよな?(←修辞イェス・ノー疑問文)で、ゾンビとゆえば
、こんな↓ニュースがあったのだが、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070906-00000404-yom-soci
マジでキメラてかゾンビをつくるまで秒読みだな。ちゅーか、ヒトの遺伝子と
の相性を考えるとパートナーとしてはチンプがベストだ罠。ヘタしたらチンブ
と人間のハーフがどっかでつくられたりしてな。ははははは。てか、嗤ってら
れんぞ、いや、マジで、、、。そんでもって、ゾンビ的なものとゆうとこんな
の↓もある。
>Sony Develops Bio Battery that Runs on Glucose
>Sony unveiled a prototype of an environmentally-friendly battery
>which generates enough electricity to power a portable music player
>using a glucose solution
ブドウ糖が電池になるんだってよ。スゲーよな。てか、pcとゆう人工的なも
のにブドウ糖とゆう有機体が入ってるんだぜ。究極のアートネイチャーだ罠。
うむ。てか、上の文にenvironmentally-friendlyとゆうのがあるのだが、こうゆ
った複合語ってあるんだな。ようするに、副詞+形容詞の複合語な。しかも、
~lly+~lyのタイプな。こんなのプロダクチブにあんのかな?てか、上の文だとenvironmentally-friendlyなんかにしないで、environment-friendlyで十分だと思
うんだけどな。そんなことね?てなことだが、明日は組の会合だ。今から気合
いを入れている仇ちゃんだったりする。うむ。てか、ここ数日ちょいとしんど
いわ。年を感じる。うみゅ。メシ喰ってくるわ。うむ。

てか、今晩台風がこっちにくるのだがちょいとコーフンしている。うむ。

266 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/06(木) 20:00:18 0
潔く散るのがウヨの美学じゃないのか…?w

267 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/06(木) 20:05:10 0
>>249

>>246-247

268 :仇鱒:2007/09/06(木) 20:37:43 0
>潔く散るのがウヨの美学じゃないのか…?w
まあ、七刀腹とか痛そうだしな。てか、三島由紀夫関係の本なんか昔読んだが
、介錯の時の様子@市ケ谷を知るにつけほんと痛くなってくるしな。てか、潔
く散るとはいえ、周りにかなり迷惑かける罠。てか、生成のグルであるチョム
はサヨだから生成そのものは潔く散る必要はない罠。ま、わしが生成から潔く
散らないのは、やぱgbにまだ未練があるし、なんとかして生成ぶんぽーの本
当の楽しさを生成ぶんぽーを知らない香具師に知らせたいとゆうのがあるから
だな。あと、ストレートにゆうと、生成ぶんぽーほどおもろいゲームはないか
らな。ま、わしにゆわせたら認知ぶんぽーはブロック崩しだ。それに対して生
成ぶんぽーはインベーダーゲームみたいなもんだな。てか、今の若い香具師な
んてインベーダーゲームなんて知らないだろうな。うむ。ちゅーか、三島由紀
夫の次↓の演説は今聞いてもちょいとだが考えさせられる。
http://www.youtube.com/watch?v=tzz1-ppIjOg
「大儀のない死」というものを今だからこそ考えるべきだとわしは思う罠。イ
ラクで亡くなっているアメリカ兵(というかとくに州兵)のこととかマジでい
ろいろ考えたりするけどな。逆に「大儀のある死」とゆうとアル力イータ”によ
るとされるシ”ハート”があるわけだが、「大儀のある・ない死」についてはいろ
いろ考えてしまうな。どっちがいいとかどっちが悪いとかそうゆった善悪の問
題を超えてな。ちょいとマジになってる仇ちゃんただったりする。うむ。

>>267
乙っ!(^^)

てなことで、電源ぷっしゅんな〜。じゃ〜な〜(^^)

269 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/06(木) 20:48:30 0
ウヨはかっこ良くないとダメなんだと思われ

270 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/06(木) 20:52:36 0
ぶっちゃけ派手好きって感じ?

271 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/06(木) 21:16:41 0
仇鱒は潔く散るチャンスがないかもな。もうゾンビ♪になっちゃってるからw


272 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/06(木) 22:29:21 0
>>268
>なんとかして生成ぶんぽーの本当の楽しさを生成ぶんぽーを知らない香具師に知らせたい

インベーダーゲームの楽しさを知らせてどーする??

273 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/06(木) 22:41:44 0
だから変な方向に行くわけで…

274 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/06(木) 23:14:39 0
仇鱒ファミリーしか寄り付かないスレになってしまった・・・

275 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/09/07(金) 00:01:23 0
genrativeとは生殖のという意味なんだね
一つの塊を分割したり変形したりして規則により文章を作るステップを
生殖になぞらえたのかな
でも細胞分割プロセスは生殖じゃなくて発生(development)だけどね
生成文法は文章産出のための規則をみつけようという試みなんだにゃたぶん

276 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/07(金) 00:30:45 0
>>268
大義とは大きな意義である。意義とは意図・目的である。
言葉の意義を語義といい、語義とは言葉によって言わんとするところをいう。
大義とは行為の意図であり、行為の意図が遠大とか崇高とか形容されるときに大義と呼ばれる。
ある行為が大義のある行為と呼ばれるかどうかはその意図の及ぶ範囲によって決まる。
範囲とはひとつに縁故がある。
ある人が成功して一財産作ったとしよう。
その人は死期が近づきどうせ死ぬなら楽しんで死のうと散財するほうがのぞましいのか、
それとも子が暮らしていけるように多少財産を残すほうがのぞましいのか。
前者は自分の快楽を意図しており、後者は子の生活を意図している。
後者のほうが自分以外の子に考えが及んでいるために前者より意図が広いといえるだろう。
後者のほうがより一寸大義がある。
「大義のある死」とは、死ぬ理由が遠大であることをいう。
車にはね飛ばされて死ぬのはただの事故であり死ぬ目的がないため大義があるとはいえない。
兵士が戦死するのは戦争に勝つという目的のためであり、ただの轢死よりは大義がある。
戦争の目的とはなんだろうか?たとえば古く素朴に考えて
領土が広いということは耕作地が多いということであり
耕作地が多ければ生産される食料が多いということであり食料が多い、
よって富を得るためには領土を増やせばよい、として土地を奪いあうとしよう。
土地を奪うことによる利益は国王にはあるが、一兵卒は死の危険がある。
上に出した子に財産を残さない親と同じで一部の人にしか利益がないのだからそれほど大義はないといえるだろう。

277 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/07(金) 01:04:40 0
私は 夢 見る シャンソン人形 (心に いつも シャンソン 溢れる 人形)

278 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/07(金) 04:02:01 O
侵略と自衛

279 :仇鱒:2007/09/07(金) 08:04:06 0
おはよ。うむ。

>ウヨはかっこ良くないとダメなんだと思われ
ま、ウヨにはある種の様式美があるからな。その一つの典型定期な例が三島由紀夫
である罠。てか、様式美を重視するという点ではロックもそうだな。でも、不思議
なことに、ロックは反体制的でサヨ的であるわけだが。うむ。

>ぶっちゃけ派手好きって感じ?
パフォーマンスの派手さでゆったらサヨの方がパフォーマンスは派手だ罠。逆にウ
ヨは水面下でパフォーマンスが派手だ罠。だからウヨの方が怖いのだが。ま、上っ
面だけ派手なサヨはなんも怖くないとゆうものだ。うむ。

>仇鱒は潔く散るチャンスがないかもな。もうゾンビ♪になっちゃってるからw
ガキの頃、よく「仇はネズミ男@ゲゲゲの鬼太郎に似てる」とゆわれますたが、何
か?

>インベーダーゲームの楽しさを知らせてどーする??
みんで4面クリアーできるようにがんがる。うむ。

>だから変な方向に行くわけで…
同じ変な方向でも「変な方向に逝く」よりはマシだと思われ。うむ。

>仇鱒ファミリーしか寄り付かないスレになってしまった・・・
てか、いつのまにわしはハエになったんだ、、、。ま、蛆虫もかわゆいが。うむ。



280 :仇鱒:2007/09/07(金) 08:04:47 0
>でも細胞分割プロセスは生殖じゃなくて発生(development)だけどね
前にもゆったが、そもそも生成の派生とゆう考えは発生的なものがあるのだよ。
実際の発話においては、あんな派生をベースにした構造構築なんかしとらんよ。
既に文(てか構文)の鋳型があり、そこに同時多発的に単語が放り込まれている
だけだ。だから、派生が一瞬のうちに行われているように見えているだけだ。こ
れが、言語計算がコストレスとゆうかコストフリーに見えるからくりであるのだ
よ。で、ボトムアップにせよトップダウンにせよ、ああゆった構造構築がリアル
にあるとしたら、それは言語の発生、つまり言語の系統発生と個体発生のレベル
になるのだよ。ようするに、言語の進化と獲得のレベルだ。だから、自然言語の
派生モデルである生成ぶんぽーは、実時間を排除した言語知識のモデルでありな
がら、その一方で、実時間を考慮した言語の系統発生と個体発生のモデルでもあ
るのだよ。だからこそ、生成ぶんぽーとゆうのはある意味「味噌糞理論」でもあ
るのだよ。で、こーゆー基礎的なことをチョムも含めて分かってない香具師が多
いのだよ。ま、そんなもんだ。うむ。



281 :仇鱒:2007/09/07(金) 08:05:49 0
>生成文法は文章産出のための規則をみつけようという試みなんだにゃたぶん
いや、だからな、言語処理のうち産出とゆうのはもはや言語学の領域ではないの
だよ。ぶっちゃけたハナシ、哲学やモノホンの脳科学のハナシになるのだよ。ち
ょいとだけゆうと、産出@プロダクションとゆうのは自由意志に関わる問題にな
り、かなりハナシはややこしくなるわけだ。リベットのマインド・タイムを持ち
出すまでもなく、わしらの行動は必ずしも意志に基づいているとは限らないわけ
だ。ま、このあたりのハナシは心理学でゆうフリージングと絡んでくるんだけど
な。わかりやすくゆうと、ヘビを見た瞬間わしらはのけぞるわけだが、脳が「の
けぞれ!」と命令してそれからのけぞってるわけじゃやないわけだ。体がのけぞ
った後に脳が「あ、のけぞっちゃった♪」となっているわけだ。で、こーゆーこ
とを考えていくと、言語処理てか言語行為も言語知識をベースにする必要もかな
らずしもなくなってくるわけだ。ま、このあたりのハナシは分かる香具師にだけ
分ければええ。ま、ようするに、産出とゆうのは一歩間違えると、まさに脳の中
にゾンビを想定せざるをえなくなってくるのだよ。ようするにデカルト劇場を新
装開店せざるをえなくなったりするのだよ。ま、そんなもんだ。うむ。

>>276
ちょいとたっぷりレスしてやりたいがもう時間がないのでまた今度だ。具体的に
は、「大儀」とゆうのは「意味」と絡んでもっとディープな問題があることを指
摘したい。そしてそれと絡めて「大儀のある・ない死」とパラレルに「大儀のあ
る・ない生」とは何かについても指摘したい。うむ。その前に藻前ら、三島由紀
夫の男の美学ってちゃんと理解してるのか?あん?ま、藻前らのような鼻垂れ小
僧にはわからんだろうな。うみゅ。

てなことだが、失禁してくる。うむ。ちゅーか、悪天候でも今日の組の会合は決
行する。うむ。


282 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/07(金) 11:30:02 0
男の美学ってなんだぁ? 宗教ぽいのか・・?

283 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/07(金) 12:18:32 0
「男の美学」と「ゾンビ♪」の関係性についてもぜひ。両立できるのか、とか。

284 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/07(金) 13:02:50 0
既得権にしがみつくのは「男の美学」に反しているんじゃないかなぁ

285 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/07(金) 16:10:15 0
>>281
ウヨはホモが多いのか? 三島もそうだよな

286 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/07(金) 23:08:14 0

あなたが言い出せば 悲しく聞こえる 星も疎らな夜

287 :仇鱒:2007/09/08(土) 00:05:59 0
やあ、こんばんみ。今お帰りだ。いやはや、実りある会合であった。いろいろ勉強
になった。うむ。で、ちょいと「男の美学」について書くな。てか、その前に、ま
ずは三島について語らせて栗。ま、藻前らの中には既に分かっている香具師がいる
かと思うが、わしの石翼的な考えは三島の思想と近かったりするのだよ。まず、わ
しは前に、今の自衛隊ではダメで、日本の今後なんかを考えると、徴兵制的なもの
も<教育の一環として>はありであろうとゆった罠。そして、自衛隊を軍隊として
認めず、なおかつ<教育の一環としての>徴兵制もダメなら、アメリカのように職
業軍人を認めるべきだとゆった。ようするに、民間の軍事会社をつくってもいいの
ではないかとゆった。ようするに、セコムの軍事版だ。で、これをシリアスに考え
実行に起こしたのが、実は、三島由紀夫であるのだよ。ま、藻前らも分かっての通
り、楯の会であるわけだ。まあ、別にわしは楯の会を評価するつもりはないが(←
てかむしろ批判的)、三島の憂国に対する本気度はやはりスゲェと思う罠。あと、
コネズミ政権の時に、藤原某が武士道がどうたらこうたらとゆう本を書いてヒット
したが、あのような思想は既に三島由紀夫がもっていたのだよ。だからわしにゆわ
せたら何も珍しくもなかったけどな。もっとゆうと、三島は、自衛隊に名誉を与え
ようと当時必死であったわけだ。で、ようやく最近になり、サヨのキティガイぶり
が暴き出さつつあるとともに、自衛隊が本来与えられるべき名誉を自衛隊は獲得し
つつあるわけだ。まさに、三島が願っていたことが今ようやく今現実化されつつあ
るわけだ。たぶん三島も今の時代を草葉の陰で喜んでくれていると思う。


288 :仇鱒:2007/09/08(土) 00:06:58 0
あと、あれだ、三島は当時、日米安保というアメリカの圧力から逃れ、日本は名実
ともに自立すべきだと唱えていたわけだ。で、この考えはわしの考えでもあり、そ
れについてはわしはココでもいろいろあれこれ書いてきた罠。半島にも大陸にも色
目を使わず、ましてやアメリカにも色目を使わない、そうゆったオートノマスな国
にならないといけないと語ってきた罠。ま、そんなこんなで、三島はまさに時代を
先取りしていたし、本当は今こそ三島は評価されるべきなのだよ。でもほとんど三
島を顧みる風潮がないよな。哀しい限りだよ。うむ。あと、あれだ、三島は、天皇
の人間化に批判していた罠。理由を簡単にゆうな。えっと、靖国に眠っている英霊
たちは、ネ申である天皇の「ために」死んでいったわけだ。で、その天皇がネ申で
なく人間になってしまったら、靖国に眠る英霊たちの「大儀」はどうなるのか、と
ゆう問題があるわけだ。ま、そんなこんなで、三島は実は天皇の人間化を批判して
いたわけだ。わしも正直、この三島の考えにはシンパシーを感じる。でも、だから
とゆって、天皇がネ申であり続けるもよろしくないと思っている。わしとしては、
日本の歴史と日本の文化を鑑みるに、天皇は人間とネ申のハイブリッドであるべき
だと思う。ようするに、人間でもなければネ申でもない、まさに「現人神」である
べきだと思っている。たぶんこうゆった思想をもっているのはわしだけだと思うが
。うむ。で、えっと、「男の美学」だが、もうちかれちゃったからまた今度話した
いと思うが、ま、あれだ、わしにゆわせると「男の美学」つーのはバックボーンの
素材として何をつかっているかとゆう問題だ罠。うむ。

>ウヨはホモが多いのか? 
てか、サヨてかリベラリストの方が多いんじゃねぇか?てか、ホモはウヨサヨ問わ
ずどこにでもいる罠。

てか、ちかれた。どてっ♪


289 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 00:22:27 0

誰にも負けない あなたへの愛

290 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 00:50:28 O
次期平成天皇はいわば日本のペットです。
その点、北のキム天皇は日本占領下に身に着けた
戦前の日本システムをみごとに取り入れた成功例です。


291 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 01:13:51 0
「大儀」って必要なのか?「大偽」だったりしてw

292 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 01:17:10 0
>次期平成天皇

293 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 02:02:45 0
MITのsyntax/semanticsのポジションが募集されてるけど、誰がなるんだろね?あそこは
候補がいっぱいいそうだけど、働きやすいかどうかと言われると難しい面もあるみたいだね。
ラーソンもそれで移っちゃったらしいし。

仕事の募集と言えば、仇ちゃんの出身のお隣も募集がかけられてるけど誰が候補なんだろう?
国立だからやっぱり純血主義を守るんだろね。あそこの出身というと、2人くらい思いつくな。

294 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 05:49:11 0
cedricなんかとちゃうか?ミT。

295 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 05:59:17 0
俺は仇は結構スゲーやつだとは思ってるが、あんまり大した三島論じゃねーな。
次号に期待する。

296 :仇鱒:2007/09/08(土) 07:22:23 0
やあ、おはよ。昨晩会合でかるくビールを飲んだのだが、やぱダメだな。鼻血ブー
だ。うむ。で、鼻血止まらないからカルメン焼きする。2枚焼くな。うむ。

>>293
ま、あれだな、これから団塊の世代がごっそり抜けるわけだが、もし穴埋めをする
のならいい人事をして欲しいと思うわ。ほんと穴埋めするときは慎重に慎重を重ね
いい人事をして欲しいと思う。ま、人事とゆうのは生モノで大学入試のように優秀
なできる香具師だけが採用されるわけではない。ここが味噌というか糞なのである
が、だからこそ、味噌な人と糞な人をしっかり選別し、味噌な人だけを採用して欲
しいと思う。ほんと今後の日本の言語学ならびに大学のことを考えて優秀な人を採
用して欲しいと思うわ。ま、あとあれだ、わしらのような商売は、たとえ研究職と
ゆったって、しょせんガッコウのセンセイにすぎないわけだ。一日の大半は学生と
過ごしているわけだ。だからこそ、まずは研究者である前にしっかりした教育者で
あるべきなのであり、しっかり教育のできる人を採用して欲しいと思ってるわ。

>>295
ごめそ。期待外したか、、、。次号があるかどうかワカランが、次号があったらも
うちょいしっかり書いてみたいと思う。まあ、でもあれだなー、三島と石原小真太
郎はある意味似たような人間なのだが、石原が三島になれないのは「男の美学」が
「オスの美学」に格下げされていて、しかも三島のように「日本男児の美学」にま
で昇華していないからだと思っているけどな。そんなことね?

ま、そんなところだが、鼻血とまらんよ、、、orz...

297 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 11:32:12 0
ゾンビに男の美学を語る資格があるのか?

298 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 11:45:12 0
「大儀」だの「男の美学」だの「チョムスキー」だの、
そういう立派そうなものにしがみ付かないと生きていけないということだ罠

299 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 13:02:23 0
「ゾンビの美学」(笑)

300 :仇鱒:2007/09/08(土) 13:45:45 0
やあ、わしだ。ちょいとこれからパシリに逝ってくるが、ちょいとレスして
やるわ。うむ。ま、「男の美学」とゆうか「生成の美学」だが、まあ上でも
ちょいと触れたように、生成の美の基準は、概念的必然性にあったりするわ
けだ。でも、その概念的必然性そのものがそもも概念的に必然であるか問う
てみた方がよかったりするわけだ。とゆうのも、概念的必然性の「概念」そ
のものが定義不可能であったり、実は機能的な定義によって支えられている
可能性もあるからな。つまり、概念的必然性(つまり「生成の美学」)をシ
リアスに考えれば考えるほど生成は自分の首を絞めることになったりするの
だよ。まあ、あとあれだな、生成は「男の媚薬」でもある罠。うむ。正直、
生成は一度やったらやめられないわ。とくにgbはな。ミニマリチュムは3
日やったらスパッ!とやめられるが(ワラ)まあ、マルクスは「宗教は阿片
だ」とゆったらしいが、わしにゆわせたら「生成はガリガリ君だ」。うむ。
ま、分かる香具師には分かる罠。ははははは。さて、コンビニに逝ってガリ
ガリ君1パック買ってくっかなー。ははははは。てか、また夏かよ、、、。
あちぃよ、、、ったく、、、。

301 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 15:13:51 0
お前はすでに死んでいる。  byケンシロウ

302 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 15:18:58 0
男の美学ってどういうものですか?

303 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 15:43:46 0
     生成オワタ\(^o^)/

304 :仇鱒:2007/09/08(土) 15:53:59 0
やれやれ、ガリガリ君大人気で近くのコンビニ逝ってももう残り少なかった
でつよ。てか、買ってるのは我が家だけだったりして(ワラ)

>お前はすでに死んでいる。  byケンシロウ
死刑! byこまわり君@がきデカ

てか、今の若いもんはこまわり君とか知らないだろうな。ま、あれだ、元祖ク
レヨンしんちゃんとゆったところだな。うむ。てか、わしらの世代はこまわり
君を見て育ったのであるが、ほんといい時代であった。よくお好み焼き屋で
「チャンピン」を読みながら100円のお好み焼きを食ったもんよ。もう30
年以上も前のハナシだ。でもまだつい最近のようだよ。うむ。

>男の美学ってどういうものですか?
「武士は食わねど高楊枝」みたいなもんだな。うむ。

>生成オワタ\(^o^)/
「終わりの始まり」が始まったばかりでつが、何か?てか、終わりのない「終わ
りの始まり」が今始まったばかりなのでつが、何か?

さて、ちょいとガキつれてあそこに逝ってくっかなー。てか、情操教育のために
ムスコに「がきデカ」買ってやるかな。うむ。



305 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 16:54:23 0
>>304
>「終わりの始まり」が始まったばかりでつが、何か?

潮目が変わった、ということなのでは。



306 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 18:26:44 0
このままだと狂信者になっちまうぞ。    気を付けろ!

307 :仇鱒:2007/09/08(土) 19:26:07 0
ちょいと書くかなー。てか、今日はあちかった。うむ。

>このままだと狂信者になっちまうぞ。    
ま、あれだな、「狂信者」つーのは「馬から落ちて落馬した」つーのと同じよ
うな表現だ罠。だって、信者とゆえば狂ってるのが普通だからな。逆にゆうと
、信者で狂ってない方が実は狂ってるわけだ。ようするに、頭が正常な信者つ
うのは真に狂っているわけだ。ま、そーゆった意味では、狂信者になるとゆう
のはノーマルになるとゆうことでよいことだ。うむ。

>気を付けろ!
気付け薬なら六神丸↓でつ。
ttp://store.yahoo.co.jp/isshindo/cfbbbfc0b4.html

さて、ちょいと組の仕事すっかなー。てか、藻前らの中に認知ぶんぽープロパ
ーがいるのは知っているが、認知ぶんぽーやってる日本人で最近イケてる構文
研究してるのがいたらちょいと教えて栗。ゆっとくが逝けてるんじゃなくてイ
ケてるんだからな。←ココ重要だから間違えないよーに。


308 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 20:58:30 0
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                 ヽ
    l:::::::::               |
    |::::::::::   (●)    (●)   |
   |:::::::::::::::::   \___/    |
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
僕、ハーゲマン。
こんな本を書いたんだ。
http://www.amazon.co.jp/Introduction-Government-Blackwell-Textbooks-Linguistics/dp/0631190678

309 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 23:17:29 0
>>307
>狂信者になるとゆうのはノーマルになるとゆうことでよいことだ。うむ。

あ〜もうメチャメチャ…、逝けてる仇ちゃんでつよ。

310 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/08(土) 23:52:16 0
>>307
仇鱒もいろいろ大変だろーが体と頭を大事にな・・

311 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 02:43:17 0
あなたから許された口紅の色は、鮮やかな花よりも薄い匂いです。

312 :仇鱒:2007/09/09(日) 06:55:51 0
おはよ。新しい週のはじまりでつ。はっぴーマンデーでつ。マンデ・マンデ♪

>>308
まあ、禿マンのその本は悪くはない。が、よくもない。てか、正直、その手の本
を人に勧めたりする香具師は、gb(てか生成そのもの)が分かってなかったり
する。ちゅーか、その手の香具師は、生成ぶんぽーつーのはテクニカルなオモチ
ャを使うガクモンだと勘違いしているのだよ。禿マンのその本は、正直、gbの
テクニカク・ガジェットの使用上の注意が書いてあるだけで、そのガジェットの
仕組みなんかが書かれていない。だから、そのテクニカル・ガジェットが故障し
たとき、それを読者が自分で修理できるようにはなっていないのだよ。で、こー
ゆー本はハッキリゆって一番しょーもない本であるのだよ。知識を羅列し、読者
に分かった気にさせる最悪の本であったりするわけだ。で、わしだったら何を勧
めるかだが、やぱ、ラドフォードの分厚い赤本だ罠。アレもコレもといろいろ扱
ってはいないが、ラドフォードの本はテクニカル・ガジェットの仕組みをしっか
り解説してくれている。だから、そのガジェットの本来の目的とその理念がしっ
かり理解できるわけだ。だからこそ、何かトラブった時に自分で解決できるわけ
だ。ま、そんなこんなで、同じ厚い本ならラドフォードを勧める罠。うむ。

>あ〜もうメチャメチャ…、逝けてる仇ちゃんでつよ。
イケてる仇ちゃんより逝けてる仇ちゃんの方がイケてるわけでつが、何か?

>仇鱒もいろいろ大変だろーが体と頭を大事にな・・
藻前もしっかりボディケアとブレインケアをするように。もちろん、たまには洗
脳して脳ミソを綺麗にするよーに。やぱ、夏場は洗脳が一番。洗脳が一番スッキ
リするし憑き物がとれた感じになって最高である。うむ。

さて、今日はアレしてコレして一日終わりそうだ。うむ。

313 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 07:02:44 0
サンデーでは?

314 :仇鱒:2007/09/09(日) 07:09:34 0
>サンデーでは?
あ、まちごーた、サンデーだった、、、orz... マジ、わし英検5級ホルダーとゆ
うこともあり、未だに日曜から土曜まで英語でゆえなかったりするんだな、、、
。ちゅーか、未だにjuneとjulyのどっちが6月でどっちが7月かわからなかった
りするし。てか、10月以降はしっかり覚えてねぇし。今もdecemberが何月か
直ぐにいえねぇし、、、。やぱわし逝っちゃってるな。ちょいとインドの山奥に
逝って修行してくるわ。by レインボーマン

315 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 07:17:47 0
富士の高嶺に降る雪も、
京都ポンと蝶に降る雪も、
雪に変わりはありません。

そろそろ修行が終って戻ってくる頃かしら。

316 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 11:25:19 0
脳みそが夏バテ

317 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 12:11:03 0
おっさん脳 ←仇の脳ミソ

318 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 14:11:17 0
茂木健一郎と仇鱒は対立するようで実は似ている。
おっさん脳のハト派とタカ派みたいなもんかな…?

319 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 15:01:33 0
>>318
右翼と左翼が似ているようなもんですかね。

320 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 15:36:53 0
『おっさん脳の恐怖』 仇ちゃん新書

321 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 17:27:30 0
>>294
やっぱりそうですかね?面白みに欠ける人事ですね。
ハーバードは原則テニュアがないので、遠くないうちにcedricは移籍しそうな
気がするけど、uconnに里帰りする可能性ってないんでしょうかね?
mitは思い切って、den dikken辺りを抜擢する可能性はないのだろうか?

移籍といえば、juanが帰りたがっているらしいけど、こういう移籍情報って
早めに流してやらないとprospective studentがかわいそうだよね。
目当ての先生がいきなり「いない!」って詐欺みたいなもんだし。

322 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 17:42:12 0
生成文法総合スレ(仇組お断り)みたいなスレもあるといいなw


323 :仇鱒:2007/09/09(日) 17:52:16 0
やあ、インドから帰ってきますたよ。今じゃインドにも日帰りができていい
時代になったもんだ。うむ。インド人からガンジーの無抵抗主義を説教され
たが「わしは有抵抗主義者なので結構でつ」とゆってやんわりとお断りして
きたわ。うむ。そんでもって自宅に帰る前にちょいとワケあってサヨの街
(←モモヱちゃんのいるところ)に寄ってきたのだが、今日も相変わらずサ
ヨちゃんたちが戦争反対!ごっこをしていますたよ。そんでもって署名求め
られたので「テキサス州 ジョジ・ブッチュ」と書いたらガン付けられます
たよ。はい。そんでもってサヨちゃんに「藻前ら、核つーといつでもアメリ
カの脅威をあげるが、身近な核の脅威があんだろうが、ちゃうか?なんでキ
タの核や串國の核については触れないんだ?あん?イソドはアメリカの核よ
りも身近なパキスタソの核を心配してるだろ。同じように、なんで藻前らは
身近なキタや串國の核を心配しないんだ?藻前らヴァカじゃねぇの?あん?
」とゆって逃げてきますた。はい。ま、そんなこんなの脳みそがおっさん化
している仇ちゃんでつ。はい。てなことで、もうまる子ちゃん始まるから一
次退散。うむ。んじゃっ!(^^)

324 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 18:08:03 0
二次退散もあるのかい?

325 :仇鱒:2007/09/09(日) 19:07:55 0
やれやれ、ちょいと書くかな。うむ。

>目当ての先生がいきなり「いない!」って詐欺みたいなもんだし。
てか、あれだぜ、研究は自分でやるもんだ。センセの影響なんて大してねぇよ。
第一、センセにマン・ツー・マンで教えてもらうわけでもねぇし、センセのジュ
ギョーなんて全部集めたって数十時間とかそんなもんだ。ぶっちゃけたハナシ、
センセなんかいなくてもええのだよ。読みたい論文がすぐに手に入り、議論がで
きる友人が近くにいればセンセなんて粗大ゴミだわ。てか、センセなんてゆった
って藻前らと大して変わらんわ。藻前らよりちょっと言語データやら論文のタイ
トルを知ってるぐらいで頭のよさは藻前らとあんま変わらんわ。ま、そんなこん
なで今日日センセなんて自分の論文の善し悪しを左右する大きなファクターには
ならんわ。親はいなくても子は育つとゆうものだ。うむ。ま、センセの能力より
デキル大学院生がたくさんいる研究室を選べ。てなことで、二次退散。うむ。

>生成文法総合スレ(仇組お断り)みたいなスレもあるといいなw
てか、昔わし専用の隔離スレがあったけどな。ははははは。

ちゅーか、今ワケあって認知ぶんぽーの某氏のロンブンを読んでいるのだが、
いやー、ヒデェわ。アレでオーソライズされている某ジャーナルに載るんだ
からな。いやはや、認知ぶんぽーのレベルの低さがよく分かるわ。あまりにも
イタすぎて名前晒すのもはばかれるわ。うむ。

326 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 20:26:55 0
>>325
イニシャルキボンヌ

327 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 20:47:12 0
仇鱒もイタいのに毎日レスして偉いなぁ、マジで

328 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 21:05:15 0
その論文はどう痛いので?

329 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 21:05:34 0
>>325
>いやはや、認知ぶんぽーのレベルの低さがよく分かるわ。

いやはや、生成ぶんぽーのレベルの低さはこのスレでよく分かるわ。

330 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 21:17:54 0
仇鱒ってちびまる子ちゃんの山田みたいだ。

331 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/09(日) 21:32:43 0
ヴァカだし、いつも笑ってるし、でも憎めない…みたいなw

332 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/10(月) 00:09:56 0
押せば 命の 泉湧く わっはっは〜   by アニマル浪越

333 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/10(月) 01:46:53 O
共産党は、かつてのソビエトと中国、北朝鮮と
ガチでやりあっています
あそこまで、あの大国とガチンコで戦ったのは、
世界中で日本共産党だけでした
それに比べたらジミン党は顔色を伺う弱腰外交
それが日本を治めてきたとは、情けねぇの一言

334 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/10(月) 04:15:26 0
「ねぇ、また巨人が負けたってさ」って、高仇の背番号も知らないくせに。

335 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/10(月) 06:09:52 0
は〜い、朝ですよ。マンデーですよ。

336 :仇鱒:2007/09/10(月) 06:46:39 0
ぼんじゅ〜♪ じゅまぺ〜る・仇ちゃんでつ〜。アハハ(山田風の笑い

で、例の認知ぶんぽーロンブンであるが、正直、イニシャルもあげられんわ。
今まで認知ぶんぽー系の本はちょこちょこ読んできたが、ロンブンをマジで読
むとほんと「なんだこりゃ?」つーのが多いな。てか、認知ぶんぽーでもいろ
いろ言語間の差とか捉えるために補助仮説を設けざるをえないのだが、そうす
ると、例のお絵かき仮説にどんどん落書きしていくことになるのか?もしそん
なことしていったら、お絵かき仮説じゃなくて落書き仮説になってしまう罠。
てか、反証可能性の問題以前の段階で、総じて認知ぶんぽーやってる香具師っ
て議論の仕方をしらないな。いや、マジなハナシ。生成にもロジカルに考える
ことのできないヴァカがいるが、どーも認知ぶんぽーやってる香具師にはイロ
ジカルにしか考えられない真性アホゥしかいねぇようだな。てか、認知ぶんぽ
ーのジャーナルの査読ってまともに機能してるのか?いや、マジなハナシ。ど
ーゆー基準で採択がきまってるかわしにはマジでワケワカンネーわ。ほんと、
まる子ちゃんの山田みてぇなのが査読してるのじゃないかと思うわ。ま、いず
れ仇組の認知ぶんぽー叩きが始まるだろう。ははははは。認知ぶんぽーがどの
程度逝けてるか暴きだしてやるわ。うむ。文字どおりヴォコヴォコにしちゃー
る(^^メ)ニコニコ



337 :仇鱒:2007/09/10(月) 06:47:12 0
>押せば 命の 泉湧く わっはっは〜   by アニマル浪越
てか、それ↑ってジェット浪越じゃなかったっけ?てか、「元気の出るテレビ」
に出ていたジェット浪越の逝けぶりはほんとよかった。マジでよかった。あと
、あれだ、相沢会長にエンペラー吉田、それにゴメンネ馬場とあの番組にはほん
と逝けてる人が多かった。ま、あの番組で一番逝けていたのはなんとゆっても
高田純次である。あの頃、わしにとってのネ申は高田純次であった。今振り返
っても高田純次は天才である。最近はちょいと冴えないが、、、。ま、マジで
、あれだ、「ひょうきん属」や「8時だよ、全員集合」なんか糞で「元気の出
るテレビ」はお笑いのレベルでは数段上だった罠。うむ。

>>333
まあ、あれだ、わしにゆわせたら、話せば分かると考えていた日本狂産党の神
経がどーかしてると思うけどな。マジで、当時、まともな神経をもってる國は
どこもソビエトや串国、それにキタとはガチしてねぇよ。スルーが原則。スル
ーしなかった日本狂産党がどーかしていたとゆうもんだ。ま、あれだ、キティ
の話し相手にはキティが一番とゆう、ただそれだけのことだ。うむ。


338 :仇鱒:2007/09/10(月) 06:47:44 0
>は〜い、朝ですよ。マンデーですよ。

うむ。今日はマンデーだ。てか、一週間は日曜からはじまるとゆうのを数年前
にはじめて知ったわしはやぱ逝けてまつか?わしはずっと一週間は月曜日から
はじまると思っていますたよ。てか、わし的には1週間が7日から成るとゆう
のがどーもキモくてしょうがない。なんで一週間だけ7進法じゃないといけな
いんだ?一日にせよ一ヶ月にせよ12進法だし、時間は60進法だ。わしらの
生活はほとんどが10進法か12進法か60進法であるのに、どーゆーわけか
1週間だけ7進法であるわけだ。これがほんと、わしは気にくわん。こんどク
リスチャンつかまえて小一時間いかに7進法の1週間が逝けてるか説教してや
ろうかと思っている。うむ。てか、1週間が6日か10日の方が1週間がもっ
と楽しいって。いや、マジでな。聖書に書いてあることなんて真に受けて1週
間を7日にすんじゃねぇよ、、、ったく、、、。今からでも遅くないから1週
間を6日か10日にしろって。もしわしがバチカン王になったら速攻で1週間
を10日にするけどな。うむ。

てなことで、おほ・う゛ぉあ♪ メシ喰って失禁してくっかな〜♪(^^)


339 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/10(月) 07:47:26 0
>>336
>ま、いずれ仇組の認知ぶんぽー叩きが始まるだろう。ははははは。
>認知ぶんぽーがどの程度逝けてるか暴きだしてやるわ。うむ。
>文字どおりヴォコヴォコにしちゃー る(^^メ)ニコニコ

ま、あれだ、キティの話し相手にはキティが一番とゆう、ただそれだけのことだ。うむ。(>>337

340 :仇鱒:2007/09/10(月) 07:51:25 0
>>339
仇組は言語学界の治安と平和を守る言語学防衛軍でつが、何か?

さて、失禁してくっかな〜。今週はアレやコレでビジーな一週間になりそうだ。
藻前らもがんがれな。わしもがんがるからな。じゃ〜な〜(^^)

341 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/10(月) 12:51:27 0
仇鱒は潔く散るというより
大騒ぎしてみんなを巻き込むタイプだな… (三島もそうか?)

342 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/10(月) 14:32:43 0
生成がヴォコヴォコにされたから八つ当たり

343 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/10(月) 17:11:18 0
>>339
限りなく狂産党に近い仇鱒


344 :仇鱒:2007/09/10(月) 18:24:25 0
やれやれ、ちょいと頭痛な仇ちゃんでつよ。気分わるっ♪

>大騒ぎしてみんなを巻き込むタイプだな… (三島もそうか?)
わしは祭りが大シュキでつが、何か?(ワラ)

>生成がヴォコヴォコにされたから八つ当たり
それは事実誤認だ罠。生成は誰からもヴォコヴォコにされとらんよ。スルーだ
よ、スルー。誰からも相手にされとらんよ。認知ぶんぽーからもヴォコヴォコ
にされていなければ、他の認知科学からもヴォコヴォコにされとらんよ。かと
ゆって、熱いラヴコールをもらっているかとゆうと、そんなもんももらっとら
ん。華麗なるスルーだ。ははははは。ヴォコヴォコにされるよりもスルーの方
がイタイとゆうもんだ。うむ。

>限りなく狂産党に近い仇鱒
アカ旗なら時々買ってまつが、何か?あと、聖狂新聞もときどき読んでまつが、
何か?

てか、こんなニュースがあったのだが、
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070910-00000918-san-soci
シャレならんぞ。曜日と時間帯によってはわしも巻き添え喰らうじゃねぇか、
、、ったく、、、。マジでキティだけは勘弁して栗。

さて、メシ喰ってアノペーパー読むかなー。ストレスたまったときはキティロン
ブンを読むに限る。うむ。


345 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/10(月) 19:13:51 0
>>345
認知は生成を「バカ」だとか「ボケ」だとか本当に「論文」なるもので書いていることが
あるわけだが。

いい大人が公の立場で、信じられん。

346 :仇鱒:2007/09/10(月) 19:26:34 0
>>345
自己レス乙w

てか、その生成をヴァカ呼ばわりしている認知の香具師つーのは、凸梨某のこ
とか?もしそうだとしても、正直凸梨は認知の中ではできる方だ罠。本にある
データを見てもそこら辺にいる自称認知ケンキュウシャとは一線を画している
罠。ただ、説明とゆうか分析の説得力はコッチに置いておくてして。

>いい大人が公の立場で、信じられん。
いや、だから、そーゆー風に生成をリアルにヴァカ呼ばわりしているのは「い
い大人」じゃなく「いい子供」であるわけで、、、。ちなみに「いい大人」は
わしのようにアンダーグラウンドで「ヴァカ」だの「ヴォケ」だのゆうわけで
、、、。うむ。


347 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/10(月) 19:29:12 0
>>345
ホントのことは2ちゃんに書くのが一番だなw

348 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/10(月) 19:36:27 0
みんなホントのことを知っているからスルーする。   思いやりの心だ罠。

349 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/10(月) 19:45:52 0
あ、、、

350 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/10(月) 21:43:30 0
思いやりとゆーのは便利な言葉でつね

351 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/09/10(月) 22:44:29 0
D構造と人間の言語能力に関連はあるのかにゃ?

352 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/10(月) 22:47:47 O
ねえよ、タコ

353 :仇鱒:2007/09/11(火) 07:25:19 0
おはよ。ちょいとカルメンれすポン酢。

>ねえよ、タコ
そんなことねぇよ、イカ。で、ちょいと>>351に軽くレスしてやると、まずd構造
そのものはxバー式型が土台となっている。で、このxバー式型は人間固有のもの
である(←このあたりのことについてはわしの本でも嫁)。そうゆった意味では、
d構造は人間の言語能力と関連がある。ただ、人間の言語能力とゆった場合、よく
転移現象(つまり移動)が挙げられるのであるが、この移動はd構造以降に見られ
る。そうゆった意味では、d構造とゆう表示では移動は見られないから、d構造は
人間の言語能力を如実に表しているとは言えない。ただ、影凸の語彙概念構造のよ
うなものだと、あたかもd構造という表示で移動のような操作が適用されている。
そう考えると、つまり影凸のモデルのようなものを考えると、d構造(てか語彙概
念構造)そのものが人間の言語能力とゆうようになる。ま、そんなところだな。う
む。

あと、あれだ、ちょいと認知ぶんぽー絡みで書くと、実は今うちのムスコのお気に
入りのことばが「ギブ・アップ」であるわけだ。で、「ギブ・アップ」つーのは諦
めるとゆうことだ罠。で、認知的には「諦める」とゆうネガチブなものは「アップ」
じゃなく「ダウン」だよな。だから、認知ぶんぽー的にはホントーは「ギブ・アップ」
じゃなく「ギブ・ダウン」になるハズだよな。そんなことねぇか?あん?

で、ちょいとシャバがマジでビジーになってきたのでもしかしたら2ちゃん教室サボ
タージュする鴨しれん。ま、もしサボったらわしがシャバでバタバタしていると思
って栗。うむ。

てなことで、あともうちょっとしたら逝ってきまつよ。アデュ〜♪(^^)

354 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/11(火) 07:31:47 0
>>353
「諦める」、語源は「明める」という説もある

355 :仇鱒:2007/09/11(火) 07:35:51 0
を、レスはやっ♪

>「諦める」、語源は「明める」という説もある
ほ、ほんまか、、、。それなら「アップ」でもいい罠。それにしても、「明める」
から「諦める」に変化したとなると、それこそ意味が180度逆転しちゃってる
よな。だって、ポジティブ→ネガティブだからな。まあ、「諦める」ことをポジテ
ィブに捉えてもいいのだが、、、。

さて、失禁してくるわ。じゃ〜な〜(^^)

356 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/11(火) 08:18:38 0
「明める」って「あからめる」と読むのかな。

357 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/11(火) 11:39:14 0
いや、フツーに考えたら、このアップはパーチクルで「完了」でしょ?
でギヴなんだから、「全て上げてしまいます」もう降参!って感じなんじゃね?



358 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/11(火) 12:59:00 0
吊るし上げ  晒し上げ

359 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/11(火) 16:43:59 0
カツアゲ

360 :357:2007/09/11(火) 17:34:13 0
なんか変なレスがついてるけんど、
「上げる」ってのは、「(俺に与えられていた責務、課題 etc.を)
(あなたに)与えてしまいます」ってことよ。

361 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/11(火) 18:34:49 0
仇鱒は舛添氏の家族団欒法の言い換えのニュースを見てどう思う?

362 :仇鱒:2007/09/11(火) 19:33:27 0
こんばんみ。やれやれ、指名されちゃったから彦頁出さないわけにはいかんな。う
む。で、家族だんらん法だが、まあ、あれだ罠、わしにゆわせたら「朝三暮四」だ。
鱒添はわしら国民をサルと思ってんじゃねぇのかな。まあ、手垢の付いた分析とゆ
うか評論をしちゃうが、「売春」を「援交」と呼んだり「せくぅーす」を「エッチ
」と呼んだり「飛び込み自殺」を「人身事故」とゆったりするのと同じだ罠。言語
学的な言い方をすると、シニフェは同じだがシニファンをソフトにすることによっ
て口当たり(てか耳当たり)をよくしているわけだ罠。まあ、でも、家族だんらん
法つーたって、ようするに、残業しても金出さなくても桶にしようとゆうだけだろ
。そんなことやったって喜ぶのは経営者だけだよ。国民のほとんどが社長じゃなく
従業員だからほとんどの国民が「ざけんじゃねぇよ、このハゲがっ!」って思って
る罠。てか、こんなわしら国民をコヴァカにした法律なんてねぇよ。てか、こんな
法律が通ったら、もっとフリーターやニートが出るんじゃねぇかな。だって、働け
ば働くだけ損するようなもんだからな。まあ、今日日、残業なしで定刻で退社でき
てるところがどれだけあることか、、、。てか、厚生労働省ならちゃんとそのあた
り調べてるハズだが、そんなこと120%してねぇ罠。


363 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/11(火) 19:33:31 0
>>353
仇も「ギブ・アップ」

364 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/11(火) 19:35:15 0
なわけねーか…w

365 :仇鱒:2007/09/11(火) 19:35:39 0
>>363
>仇も「ギブ・アップ」
邪魔だ。割り込むな。うむ。

てなことで、>>362の続きをする。うむ。

てか、あれだな、お父さんは残業で遅くまで働かされて、おまけに残業手当が出な
くて、結果的には家族団欒どころか家族断絶になるのは必至だわ。鱒添のゆうこと
とまったく逆のことが起きるのは目に見えてるとゆうものだ。まあ、でも、あれだ
な、自眠党ダメだな。やぱ眠主党じゃないとダメかもな(ワラ)ま、眠主党が政権
とったらニートにも給料が出たりしてな。時給800円だ。ははははは。部屋でじ
っとしているだけで時給が出たりしてな(藁)ま、マジなハナシをすると、厚生労
働の大臣でありながら労働環境を悪化させようとしているんだからヴァカ丸出しだ
罠。あれでちょいと前まで燈台でセンセしてたんだからな。サルでも燈台のセンセ
が勤まるとゆうもんだ(ワラ)てか、そんなことより、鱒添のexワイフが片凸であ
るわけだが、他のワイフや愛人も片凸似なのだろうか、、、。いやはや、わしはそ
っちの方が気になるよ。てか、鱒添、いい趣味してるな(嗤)さて、晩飯でも喰っ
てきまつよ。うむ。

366 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/11(火) 19:43:47 0
トンガに帰ったのかと思ったのに

367 :仇鱒:2007/09/11(火) 19:47:53 0
>トンガに帰ったのかと思ったのに
わしホモレズもといホームレスで帰るところがないのだよ。うむ。てか、
2ちゃんがわしの家みたいなもんで、ココが一番ほっ♪とするわ(ワラ)

さて、マジでメシ喰ってくるわ。じゃねぇーと、ヴァヴァに晩飯片づけら
れちゃうからな。うむ。糞じゃ!(^^)



368 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/11(火) 20:34:52 0
仇鱒は将来政治家を目指してたりするのか?

369 :仇鱒:2007/09/11(火) 20:48:41 0
名指しでレスがあったからちょいと吊られるか、、、。うむ。

>仇鱒は将来政治家を目指してたりするのか?
ま、定年後、声がかかればなってもいいと思ったりしている(藁←半分冗談←
半分本気w)ま、でも、どーせ政治家になったって総理か大臣にならんとシュ
キなことできねぇからな、なってもしゃーねぇーわ。それよりも生放送のコメ
ンテイターとかやってみてぇな(嗤)生放送だからカットできねぇからシュキ
放題毒舌吐いてやるわ。ま、そこら辺の自称評論家よりわしの方がまともなヒ
ョウロンしてると思うけどな。マジで、テレビでエラソーにしゃべってる自称
ヒョウロンカのヴァカっぽいコメントのこと。サルに評論させんなって。てか
、ココだけのハナシ、実はわし、1年ほど前テレビ出演のハナシがあったのだ
よ。マジでココだけのハナシだが、タモリのジャポニカロゴスとゆう番組ある
よな(←わし見たことねぇけど)。で、あそこのプロデューサーから研究室に
電話がかかってきて「え〜と、仇センセでしょうか、えっとテレビに出てみま
せんかウンヌンカンヌンほにゃららら♪」とハナシがあったわけだ。で、わし
は格好付けて「いや〜、専門違うし、私そんな器じゃないっすよ〜」とかゆっ
て軽く断ったのだよ。ま、いちおう、社交辞令として普通一回は断るよな。で
、その後再度出演依頼のハナシがあるかと期待していたのだが、今日までハナ
シねぇよ(ワラ)ま、こーゆーのは一度断ると二度と依頼がこないとゆういい
ベンキョーになった。うむ。ま、そんなところだが、じゃ〜な〜。藻前ら、し
っかりベンキョーしれYO!うむ(^^)

370 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/11(火) 21:17:55 0
転職先がある人はいいね・・ 

371 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/11(火) 22:29:45 0
仇もがんばればこねずみ総理みたいになれるかもよ(顔もねずみ男だし)

372 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/11(火) 22:44:10 O
なるほど。
チョーセンとシナのハーフ顔だから、
あいつらと仲良くできそうだわな

373 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/12(水) 19:02:10 0
るんるんるん♪安倍がやめる♪日本はこれで多少救われたかな?

374 :仇鱒:2007/09/12(水) 21:38:17 0
やあ、ちょいと顔出す。うむ。てか、顔餅、アレどうもm(_ _)m いやはや、
サプライジング・プレゼントつーのはマンモスうれぴかったりする。うむ。
ほんと、thx。で、『月干リ 言言吾』期待しとるからな。ま、刊行された
らわしがここでリビューしてやるわ(ワラ)それはそうと、サプライジング
つーと、やぱ阿部政権のあぼん♪だ罠。いやはや、正直この時期てか今日辞
任を表明するなんてマジで想定外だったわ。まあ、これで一番喜んでいるの
は眠主党じゃなくキタだ罠。で、一番凹んでるのは自眠党じゃなく拉致被害
者の会の人たちだ罠。てか、正直、阿部政権誕生してからわしが直ぐにゆっ
ていたように、アベっちは総理の器じゃないんだよ。それはアベっちの声を
聞けば分かるわ。あの声じゃアメリカや半島、それに大陸を相手に交渉なん
かできねぇよ。正直なところ、声質でゆったら麻生が一番総理向きだ。男は
声で何もかも分かったりするものなのだよ。で、あれだな、こんなことあっ
ちゃいけないが、アベっちは心臓が小さいこともあり、今後とんでもないこ
とをしやしないかとちょいと心配なところがある。まあ、そんなことはない
と思うが、しばらくアベっちの周りの人はアベっちが精神的にダウンしない
か要注意だとわしは思ってるわ。こう見えてもわしは人を見る目あるからな
。うむ。てか、さっき空手から帰ってきたのだが、3分ー2分ー2分のケリ
&パンチをやったのだが、正直最後、口から心臓がちょっと顔を出していた
わ。たぶん今晩足吊るな。たぶんな。うむ。さて、風呂はいってこよっと♪

375 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/12(水) 22:18:32 0
で、あれだな、こんなことあっちゃいけないが、
仇っちは脳味噌が小さいこともあり、今後とんでもないことをしやしないかとちょいと心配なところがある。
まあ、そんなことはないと思うが、
しばらく仇っちの周りの人は仇っちが肉体的にダウンしないか要注意だとわしは思ってるわ。
こう見えてもわしは人を見る目あるからな。うむ。

376 :仇鱒:2007/09/12(水) 22:32:46 0
>>375
パクリ乙。ま、でもなんだな、わしの脳みそが小さいのは周知の通りだが、
脳みそ小さい方が本能の赴くままに生きれてハッピーだったりする罠。よ
うするに、本能の赴くままに生きるとゆうのは、生きたいとゆう本能のま
まに生きることだからあまり悩みがないわけだ。その一方、大脳新皮質が
肥大化すると、本能とは逆のことをし出す罠。ようするに、理性つーのが
顔を出してきて悪さをするわけだ。で、この理性つーのがほんと厄介で、
ときどき誤作動を引き起こして自殺を誘発させたりするわけだ。ほんと、
「ヴァカとハサミは使いよう」とかゆうが、大脳と理性も使いようだ罠。
いや、マジでな。ま、それより、これから日本どーなるんだろうな。やぱ
わしが総理せんとダメかな。ははははは。ねずみ男に似た逝けメンの総理
だ。ははははは。そーゆえば、わしはギターリストだと高中正義とか布袋
に似ているとゆわれたことあるけどな。どれも半島系の彦頁だ罠。ははは
はは。ま、前にもゆったが、藻前ら、命だけは大切にしろよ。マジでな。


377 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/12(水) 22:55:39 0
アベっちはマサコっちと同じで適応障害かもにゃ

378 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/12(水) 22:59:39 0
小泉再登板キボンヌ

379 :仇鱒:2007/09/12(水) 23:08:37 0
電源ぷっちゅん♪する前にもうちょい吊られやっかな。うむ。

>アベっちはマサコっちと同じで適応障害かもにゃ
まあ、でも、あれだぜ、総理とかになればハンパじゃないストレスがかかる罠。
そんな状況で適応障害とかならない方がおかしいと思うわ。だから、適応障害に
なるとゆうのはある意味フツーの人間であることを証明していると思うわ。つま
り、適応障害が出るとゆうのはまともな人間だとゆうことなのだよ。だから、パ
ラドキシカルな言い方になるが、障害だけど障害じゃないのだよ。まあ、でも、
あれだ、アベっちは線が細すぎるのだよ。学級委員長なんかには向いているが、
やぱ総理をするには人が良すぎるわ。

>小泉再登板キボンヌ
藻前、日本を沈没させる気か?マジで、コネズミ再登板なら日本逝くぞ。

さて、電源ぷっちゅん♪するなー。政界もドタバタしているがわしの生活も公私と
もにドタバタしていまつよ。吉本新喜劇じゃい(ワラ)じゃ〜な(^^)

380 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/12(水) 23:35:57 0
逝ってよし!

381 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/13(木) 00:12:48 0
>藻前ら、命だけは大切にしろよ
仇っちは命より大切なもの、持ってないの?

382 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/13(木) 03:56:32 0
うん、やっぱり仇は評論家は無理だね。
今回の辞任劇は、裏で民主と自民の大取引があったんだよ。
筋書きは見え見え。

383 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/13(木) 05:03:20 O
>>382 おれもそう思う。公明を外した大連立に向かうだろう。
「民主自由民主党」とかね w

384 :仇鱒:2007/09/13(木) 07:23:14 0
おはよ。足吊らんかったよ。よかたあるよ(中国人風

>逝ってよし!
キム豚、降臨乙。

>仇っちは命より大切なもの、持ってないの?
てか、藻前には命より大切なもんってあんのか?まあ、ある大義があり、その
大義のために氏ぬ人がいる罠。でもわしにはそんな大義ねぇしな。まあ、「大
義」つーのは「プライド」とゆうタームとほぼ同義だと思うが、わしにはそん
なプライドなんてねぇしな。

>今回の辞任劇は、裏で民主と自民の大取引があったんだよ。
そっかー?わしも一瞬そうゆった裏取引とか陰謀説のようなものを考えたわ。
まあ、今回のように青天の霹靂的なものを考えるにはそうゆったアクロバチッ
クな理由が一番説得力があったりするからな。でも、眠主党とどんな取引をし
たとゆうのだ?>>383のような取引か?正直、わしには仮に裏取引があったと
しても、両者にとって何も得るものはないと思うわ。もちろん国民にとっても
な。ぶっちゃけたハナシ、アベっちにたいした理由なんかなく、マジで「もう
ヤんなっちゃったよ、マスゴミに何ゆわれようが、もう漏れやめるわ、後のこ
とは後になって考えればええわい。とにかくやめる」てな感じで発作的に辞任
表明したと思うわ。意外と理由なんてそんなもんだったりするわ。うむ。

さて、今日も元気にお仕事すっかな。今日もどとーの忙しさだ。うむ。

385 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/13(木) 07:35:55 0
麻生は馬力だけ  (仇と一緒)

386 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/13(木) 09:47:35 0
It looks like Austronesian languages like Malagasy, Indonesian, and so on are counterexamples to Merchant's
Preposition-Stranding Generalization that if a language allows P-stranding under wh-movement, it should also
allow P-stranding under sluicing because these languages are strongly non-P-stranding but nonetheless allow
stranding under sluicing.

If the P-stranding ban is reanalyzed as the subjacency violation (as argued in Riemsdijk's analysis of PP as
bounding nodes), the relevant pattern can be accounted by island repair, which deletes the PP just as in Merchant's
theory of PF islands.

I am wondering then, if P-stranding violations are repairable by deletion, then why do languages listed by merchant
as non-P-stranding languages that do not allow P-stranding under sluicing (Greek, Persian, German, Serbo-Croatian, etc)
do not allow PF ameriolation in the same way. If anybody has an idea about that, please let me know.

Thank you!



387 :382:2007/09/13(木) 11:33:34 0
何だ、仇って結構大人だな。煽ってんのに冷静にレスしてやがる。まあ、いいや。

>>383とは違って大連立じゃなく政界大再編。
民主の若手と自民の若手は優秀なやつも多いし、共通する部分も多いからこいつら
がくっついて、与党に…
なるといいんだけど、そうはいかない。
結局は、自民の古狸らの権力は絶大で小泉以前の自民のような政党ができる。
でも表面的にはクリーンな政党を装う。そうしている内に、年金問題、自衛隊は
うやむやになり、一件落着。

どう?半分冗談、半分本気。

388 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/13(木) 12:27:58 0
>>387
>民主の若手と自民の若手は優秀なやつも多いし、共通する部分も多いからこいつら
>がくっついて、与党に…

近いうちにそうなる希ガス

389 :(´∀`)@リハ:2007/09/13(木) 12:51:12 0
レス番400近くになって初めての言語学ネタw
>>386
I donユt see your point.
The way you put it, those language do not constitute counterexamples to Mユs generalization: if wh-movement w/P-stranding (P), then sluicing w/P-stranding (Q),
which does not entail that if not P then not Q.
Next time find a language with P but without Q, meow.

雑談しか書けない雑魚はいーかげん消えてねww





390 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/13(木) 15:31:31 0
福田はじーさんが支持してるのか?

391 :かかりちゃん:2007/09/13(木) 17:37:06 0
なぜか英語で書いとるにょろが、日本語で答えると。

>>389の指摘は正しいニョロが>>386は(誤解しとるにょろが)ポイントを掴んで入るニョロ。
merchantは

1)言語Lが通常のwh移動でP-strandingを許す
2)言語LはsluicingでもP-strandingを許す

をiffで結んどるニョロ。だから
>, if P-stranding violations are repairable by deletion, then why do languages listed by merchant
>as non-P-stranding languages that do not allow P-stranding under sluicing (Greek, Persian, German, Serbo-Croatian, etc)
>do not allow PF ameriolation in the same way.

ってのはvalidな疑問ニョロ。ところが、




392 :かかりちゃん:2007/09/13(木) 17:43:03 0
「省略されました」と出ていて、「ところが」なんて書いてあるので
「ここ」を押しちゃうかもしれんが、何も書いていないのがみそニョロ。
この間webに載せといたのを書き直しているので続きはそこに書くニョロ。

ちゅーかmerchantの本って間違いだらけニョロ。

393 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/13(木) 19:11:55 0
かかりちゃんの書いたウェブってどこにあるにょろ?

394 :かかりちゃん:2007/09/13(木) 19:13:53 0
webを書いたというか論文upしてあるところがあるにょろ。
勤務先のwebからリンクあるにょろ。



395 :仇鱒:2007/09/13(木) 19:59:48 0
やれやれ、今ご帰宅の仇ちゃんだが、ここ数日はマジでしんどい、、、。そんでもっ
てカルメン真由美。うむ。

>煽ってんのに冷静にレスしてやがる。
ごめそ、わしは実はきまじめなおっさんなのである。うむ。で、あれだなー、超党派
の若手の集団ウンヌンだが、どーなんだろうな。今の若手って正直大学のサークル感
覚でツルんでるような希ガスんだけどな、わしには。まあ、なんつーか、まさに馬力
だけとゆうか正論だけでは拉致が開かないてかラチがあかないのが政治であり、外交
なんかは今の若手では無理だとわしは思うわ。外交関係でまともに交渉できそうな香
具師っているか?正直いねぇ罠。ま、わしにゆわせたら、最低でも鈴木宗男ぐらい面
の皮が厚くないと外交とか政治つーのはダメだと思うわ。今の若手はどーもそんなに
面の皮が厚いようには見えないのだよ。ま、そんなもんだな。うむ。で、ちょいと
>>386に吊られるが、そもそもスルーシングでpストランディングを許すってどーゆ
ーケースをゆうんだ?たとえば、スルーシングつーたら次↓のような例があるわけだ
が、
(1)john went to okinawa, but i don't know with whom φ
で、スルーシングでpスタランデイングを許すとゆうのは、次↓のような例をゆうの
か?
(2)john went to okinawa, but i don't know withφ
でも上の例はどー見てもアウトだ罠。で、スルーシングでpストランディングを許す
例ってどーゆーのをゆうのだ?わしに教えて栗。うむ。

>雑談しか書けない雑魚はいーかげん消えてねww
わしは鱒だから対象外だな(ワラ)てなことで雑談するが、なんかゼップが復活ライ
ヴをするようだな。嬉しい反面やらんで栗とゆうのがあるな。うむ。さて、メシ喰っ
てくっかなー。あー、ちかれた。しんど、、、orz...


396 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/13(木) 22:03:42 O
生・政分離。
学問に政治思想はいりません。

397 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/13(木) 22:08:59 O
>>387
> 民主の若手と自民の若手は優秀なやつも多いし
いないいない w
「自分がやるべき仕事」を思い定めてる人間は、今の日本で議員になんかならないよ。

398 :(´∀`)@リハ:2007/09/13(木) 22:15:02 0
i don't know who with みたいな例だにゃ
しかしレスがすぐつくところを見ると、かかりしゃんもくっだらねーと思いつつ
いちおースレの流れはチェックしてるにゃw

399 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/13(木) 22:55:19 0
仇っちも軽く適応障害じゃね…?

400 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/13(木) 23:12:17 0
見方によってはそれだけマトモとも言えるがな

401 :かかりちゃん:2007/09/14(金) 03:16:51 0
>スルーシングでpストランディングを許す
というのは英語みたいなP-strandingができる言語では
He was dancing with someone, but I don't know who
のようにsluiceの部分(he was dancing with)にP-srandingが
可能にょろ。まあ当たり前にょろが。

一方greekやpolishのような通常のwh−移動でp-strandingを許さない言語では
He was dancing with someone, but I don't know who
相当の文が*である、というにょろ。これがmerchantのいうform identityの
一部であり、ついでにいうと、この一般化は誤りであるにょろ。

402 :(´∀`)@リハ:2007/09/14(金) 03:51:19 0
>I don't know who
ん?むしろこっちにゃろ↓
>i don't know who with
つーか商人はこれを議論してないのかにゃ?


403 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/14(金) 04:14:26 0
Thank you for feedback. I cannot write in Japanese so I continue to write here in English.
I was very sloppy about the precise formulation of Merchant's generalization. Let me clarify.

The real version, as kakari-san points out, connects the two clauses as follows.

Form-Identity Generalization II: Preposition-Stranding (Merchant 2001: 92)
A language L will allow preposition stranding under sluicing iff L allows preposition stranding
under regular wh-movement.

Languages like Indonesian, Javanese, and Malagasy are non-P-stranding languages with respect to wh-movement but nonetheless
allow omission of the preposition in sluicing constructions. The pattern in these languages would be then as in (1a-c).

(i) a. With whom did Joh talk?
b. * Whom did you talk with
c. I know that John talked with someone, but I don't remember (with) who.

Given that P-stranding is the very marked pattern that is available only in a very small number of
languages like English and some Scandinavian languages, the real issue is why P-stranding cannot be
ameriolated in Indonesian-type languages. This becomes paradoxical especially if the P-stranding ban
is actually an island violation (as argued in Riemsdijk).

Is it possible that Greek-type languages and Indonesian-type languages have two different sources for
P-stranding. For example, the P-stranding ban is a derivational violation in the former language type
(maybe PP is a phase without any escape hatch as in R's theory of stranding). So the violation is already
recorded in the syntax-external component online, making the derivation crash and stop. The same ban in the
latter type of language is actually the surface/representational PF constraint (like [PP P twh]]) as in Aoun et al. 1987 that
thereby can be ameriolated by deleting the offending configuration.

Thank you again for discussion!




404 :仇鱒:2007/09/14(金) 05:21:24 0
おは尿。

>学問に政治思想はいりません。
それは考えが甘いわ。学問に政治思想が関与してくれば宗教的な思想も関与して
くるわ。てか、学問をある程度(自分の中で)極めてくると、政治思想や宗教的
な思想と切り離すことができなくなってくるのだよ。ようするに、あれだ、学問
と政治ならびに宗教を独立して考えられるようでは、まだまだケンキュウシャと
しては何も分かってないとゆうものだ。そんなもんだ。うむ。そーゆー意味では
、池田太作センセは偉大である。たくさんの博士号をおもちになられ、公日月党
を牛耳り、おまけに創イ西学会のドンである。わしらが見習うべきはまさに池田
太作センセである。うむ。池田センセまんせっ!!←んなワケねぇだろっ!!!

>「自分がやるべき仕事」を思い定めてる人間は、
>今の日本で議員になんかならないよ。
しょのとーり。てか、わしにゆわせたら、議員なんてプロ市民が完全にプロ化し
たのと変わらん。新聞の読者の投稿欄で「読者を代表」しているプロ市民が議員
予備軍だと思って構わんわ。うむ。

>仇っちも軽く適応障害じゃね…?
マジレスすると、某拙著にも書いているのだが、わしはガキの頃はいわゆる学習
障害のある子どもであった。で、ヲトナになって分かったことだが、自己分析す
ると、実はわしはプチ自閉症でもあった。てか、前にもちょいとゆったが、わし
は自分で分かるのだが、ちょいと脳に器質的な「トラブル」を抱えているのだよ
。たぶんだけどな。自分の体のことだから、自分のことはたとえ体の内部のこと
とはいえ、分かったりするのだよ。うむ。

405 :仇鱒:2007/09/14(金) 05:22:33 0
>i don't know with whom ー(1)(cf. >>395
コレ↑とコレ↓はそもそも「基底構造」が違う罠。
>i don't know who with ー(2)(cf. >>402
とゆうのも、(1)は(3)から派生していて、(2)は(4)から派生してい
るから。
(3)john went to okinawa, but i don't know with whom he went.
(4)john went to okinawa, but i don't know who he went with.
ようするに、復元可能性に基づいて、(3)ではhe wentがデリートされ、それで
(1)が生成されているわけだ。一方、(4)では、同じく復元可能性に基づいて、
he wentがデリートされ、それで(4)が生成されているわけえだ。ようするに、
(1)と(2)はともに同じ要素がデリートされているが、そもそも基底となる構
造が違うわけだ。で、ポイントは、まさに、(2)が(4)のようなpストランデ
ィングな文から派生されているところであるのだよ。あと、あれだ、ここが大切な
のだが、そもそもスルーシングとゆうのはかなり口語的な表現だとゆうことだ。そ
うゆった意味では非常に有標な表現である。そこをちゃんとふまえた上でスルーシ
ングの研究はしなければならん。ちなみに、>>403@海外留学生や、もしスルーシ
ングの研究をしているのなら、仇組のかかりの後輩が数年前、スルーシングの論文
を長谷川欽介の退職論文集だかで書いているわ。まあ、分析はちょいとマニアック
なのだが、参考にしてみたらええと思う。うむ。

さて、朝飯前に一仕事すっかなー。んがぺっぺ♪(サザエさん風



406 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/14(金) 08:41:00 0
>>403
I think it is an interesting question. I suppose there are basically two derivations for the sluiced TP.
Given that islands are constraints on derivation, LF-copy of TP can avoid the island violations (Chung et al.)
It would be interesting if the stranding of P in the sluicing of non-P-stranding languages avoids the islands, while
the non-stranding of P cannot. This is because the distinct remant wh-phrase would reflect different derivations.
The problem is, how much syntactic information the deleted constituent retains.

>>405
Anyone can softly explain to him that transformational rules can target a constituent? Or is there a good textbook
for him other than Radford?

Anyway, Syntax Companions from Oxford is a good introduction for you, if you do not know what sluicing means.

407 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/14(金) 08:58:02 0
>>404
>わしは自分で分かるのだが、ちょいと脳に器質的な「トラブル」を抱えているのだよ。

そーだったのか…。しみじみ納得。



408 :仇鱒:2007/09/14(金) 09:05:47 0
これから失禁するところだがちょいと>>406にレスしてやっかな。

まずコレ↓だが、
>(4)john went to okinawa, but i don't know who he went with.
コレ↑のbut以下の構造を描くとこう↓なるわ。
(4’)[CP who [C' C [IP he [I' I [VP [V' went [PP [P' with t/who]]]]]]]]
で、he wentの部分は構成素を成してないから省略できねぇ罠。じゃ、どうやって
コレ↓を出すかだが、
>i don't know who with ー(2)
withをCP付加位置なんかにレイズさせるしかねぇ鴨しれねぇ罠。このアクロバチッ
クさが、もしかしたら(2)のさらなる有標さになっている鴨しれねぇわけだ。で
、参考までにゆってやると、(2)のwho withのところだが、whoとwithの間には
ブレスを入れることができないのだよ。つまり、who withは一気に読まないといけ
ないわけだ。ようするに、あたかもwho withが1語であるかのように読まれるわけ
だ。もしかしたら、その原因は、withがwhoの近くにまで移動し、その結果whoと
withが1語のようになってしまったから鴨しれねぇわけだ。てか、>>406のような
生成ヴァカは静かにしとれ。このヴォケが。てか、非構成素には統語操作に適用で
きないことについては、今度『日本言吾文法』に掲載される仇組の記事でもしっか
り読んで勉強しれ。わしらが藻前にソフトリーにイクスプレインしてやるわ。この
ヴォケが。

>Or is there a good textbook for him other than Radford?
コレ↓でも読んどけ。wwww
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31471925

>そーだったのか…。しみじみ納得。
てなことで、わし障害者だからやさしくしんねん♪サヨまんせっ!(ワラ)

じゃ〜な♪

409 :(´∀`)@リハ:2007/09/14(金) 09:27:22 0
こんなん拾ったわけにゃがw
ttp://www.sal.tohoku.ac.jp/eng/pdf/200707_kitada.pdf
PPの上にFPを設けて、そのSpecにwh-move、となっとるにゃ
[CP [FP who F [PP with t ]] C [TP i donユt know tFP ]]
これだとsluicingなしでもwho withは自由に出てくることになってしまうのかにゃ?

410 :かかりちゃん:2007/09/14(金) 17:36:06 0
>>i don't know who with
>つーか商人はこれを議論してないのかにゃ?

あんまししていないにょろ。

chung et alも書いとるニョロけど、英語でも或る種のPはstrand不可にょろ。

1) under what condition are you going to accept this offer?
2) *what condition are you going to accept this offer under?

ところがこれはsluiceするとよくなるにょろ。

3) I was going to accept this offer under some condition, but I cannot remember
what condition.

で、春のLIのsquibにもブラジリアンポルトガル語は一般にP−strand不可だけど
sluicingしたらokになるというのがあったにょろ。よく見るとmerchantが調べた
18の言語もイ一パーーーーイの脚注がついていているにょろ。



411 :かかりちゃん:2007/09/14(金) 17:41:04 0
そもそもP-strandingを許す言語のサンプルがEnglish, Frisian, Swedish, Norwegian, Danish,
Icelandicってほとんど同じ言語の方言って感じがあるにょろ。まあ滅多にない現象なんで
しかたないニョロけど。

412 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/14(金) 17:43:26 0
>>408
If you want to have a discussion, you MUST NOT call us idiots. If you want to stop and
prohibit us from discussion, you can insult us. Then your behavior is beneath contempt.

It is probable `with' moves somewhere, but how do you confirm that?

>>409
I agree with you. Moreover, how to derive an unmarked `with who'? One more FP?
I'm afraid Kitada-san's proposal cannot be more than a stipulation.

413 :仇鱒:2007/09/14(金) 17:50:06 0
こんばんみ。うむ。

>こんなん拾ったわけにゃがw
もーちょい考えて拾って鯉よ、、、ったく。ま、あれだ、若いうちはああいった分
析もアリだ。うむ。若い香具師はとにかくがんがれ。ま、でも、あれだな、where
from?とかwhat about?とゆうのをよく目にするが、wh疑問文の名詞化みたいなも
んかもしれんな。しかも、贅肉を落とした究極の名詞化だ。ようするに、必要最小
限のものだけを残したwh疑問文の名詞化表現だ。

で、あれだ、わし的にはpストランディングとスルーシングの関係は正直あんまお
もろないのだが、ところでFrisian, Swedish, Norwegian, Danish,Icelandicはecm
許すのか?わし的にはpストランディングとecmの相関性の方が気になるわ。うむ。

>>412
空気嫁。ヴォケ。

>It is probable `with' moves somewhere, but how do you confirm that?
ほんなもんしらんわ。てか、藻前日本人なら日本語で掻けや。英語話したいならノ
ヴァにでも逝け。うむ。

ま、そんなことより、福田vs.麻生だが、わしは断然麻生を支持するな。声質も断然
麻生の方がいい。男は声は大事だ。てか、政治家は声が命だ。あと、あれだ、外交の
センスも断然麻生の方がいい罠。それと、あれだ、郵政民営化でヴァカがたくさん議
員になったが、このヴァカどもを一掃できるのも麻生だけだ。麻生以外にマジで適任
者いねぇよ。うむ。まあ、もう勝負はついているのだが、、、。福田じゃだめだよ。
わかりきったことじゃねか、、、ったく、、、。


414 :仇鱒:2007/09/14(金) 17:59:13 0
もう一発かましてやっかなー。

>Moreover, how to derive an unmarked `with who'?
くだらん聞いてんじゃねぇよ、、、ったく。コレ↓が悪いのと同じ理由で
(ア)??with who do you go to okinawa?
コレ↓も悪いのに決まってんだろ。
(ダ)??john went to okinawa, but i don't know with who

さて、一曲弾くかな〜。ハイウェイスターでもいっちょ弾いてくっかな〜♪

てか、>>412や、空気嫁。わしのようなプチ自閉症でも空気嫁るんだから藻前に
嫁んことねぇだろが、ちゃうか?あん?

415 :かかりちゃん:2007/09/14(金) 18:13:14 0
>>>412
>空気嫁。ヴォケ。

ちゅうかここで空気読めないのは一人だけニョロ。

416 :仇鱒:2007/09/14(金) 18:40:38 0
さて、ハイウェイスターを生ギターで弾いてきて指がイタタだがもうちょい書
いてやっかなー。で、あれだ、pストランディングはpストランディングでも
ポストポジション・ストランディングは絶対ねぇよな。たとえば、次↓の文の
(あ)仇ちゃんが松屋から帰ってきた。
「松屋から」の「松屋」だけを移動させて「から」をストランドさせることは
ダメだよな。どー考えてもコレ↓はダメだからな。
(だ)*松屋、仇ちゃんが t から帰ってきた。
で、ポストポジションをとる言語って日本語以外にもたくさんあると思うのだ
が、ポストポジション・ストランディングを許す言語ってあんのか?まずねぇ
と思うのだが、そう考えると、pストランディング@プリポジション・ストラ
ンディングがいかにマークトゥか分かるとゆうものだ罠。うむ。さて、メシ喰
ってくっかな〜。てか、ここんところ調子イクナイと思ったら今週あんまり松
屋逝ってなかったわ、わし、、、。を、そうだ、松屋で思い出したが、わしの
逝きつけの松屋だが、割り箸廃止で普通の箸になったのだよ。で、これが、牛
メシが喰いにくいこと、、、。店の一言カードに「わしの許可なしに割り箸廃
止すんな!ゴルァ!!」と書いときますたよ。はい(^^メ)

417 :(´∀`)@リハ:2007/09/14(金) 19:12:48 0
>>415
うけたw

Q: 東京に来たの、それとも東京から来たの?
A: から来たの。
にゃんかは、なんだろにゃ

418 :仇鱒:2007/09/14(金) 19:52:38 0
やいやい、明日鼻血出るの覚悟で一杯やっちゃいますたよ。うむ。

>うけたw
てか、コレ↓の答えは、
>ちゅうかここで空気読めないのは一人だけニョロ。
かかりのことだろ?ちゃうの?(藁)

>A: から来たの。
え〜っ、コレ↑桶か?マジか?てか、関西人はコレ↑桶なのか?ほんまか?
てか、もしかして最近の若者ことばか?まあ、「東京に」と「東京から」の
「に」と「から」が文脈上対比されているとはゆえ、「から来たの」がいい
とゆうのは初耳てか猫耳だ。うむ。といいながら、たしかに「から来たの」
の「から」にメチャクチャアクセントを置くとたしかにそれなりに桶になる
。うむ。



419 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/14(金) 19:52:40 0
「はぁ?」と「What?」は似ているにゃw


420 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/14(金) 19:59:55 0
コテと雑魚の空気が違っていると思われ

421 :仇鱒:2007/09/14(金) 20:11:45 0
で、>>418を投稿してから思ったのだが、あれだよな、文中のある要素にストレス
置くと、その要素は演算子に変身する罠。たとえばhis/i mother loves John/iはいい
けどhis/i mother loves JOHN/iはアウトだ罠。まあ、johnにストレスが置かれて
JOHNになると、JOHNが演算子になり、lfでhis motherをシーコマする位置に移
動するからな。てか、そう考えることにより、弱交叉を使ってhis mother loves
JOHNを非文にできるからな。で、そう考えると、「から来た」の「から」にスト
レスを置くとよくなるとゆうのは(←あくまでもわしのジャッジ)、「から」が演
算子となり、その演算子が疑似変項として「東京」をとることができるからかな。
つまり、「から」にストレスを置くことにより、後置詞「から」の項がビミョーに
復元され、それで「から来た」が容認可能になったりするのかな。

>「はぁ?」と「What?」は似ているにゃw
ほったいもいじるな=what time is it now?と同じもん鴨な。

>コテと雑魚の空気が違っていると思われ
松屋で常連客の周りの空気と女性客の周りの空気と違うのと同じことかな?

さて、もうヨッパで頭ヘロヘロだからまた今度な〜。じゃ〜な〜(^^)

422 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/14(金) 20:25:51 0
>>413
>福田じゃだめだよ。

どっちでも同じだよ〜ん。

423 :かかりちゃん:2007/09/14(金) 22:43:21 0
>>ちゅうかここで空気読めないのは一人だけニョロ。
>かかりのことだろ?ちゃうの?(藁)

ブ〜〜〜〜ッ。間違ったので一回休みにょろ。

424 :(´∀`)@リハ:2007/09/14(金) 23:26:40 0
「フリダシに戻る」だにゃ

ところで先日の進化学会にゃが、gopnikのKEファミリーの報告は出鱈目で
あったという基本合意ができ上がっておったにゃ
参考ブログ:ttp://d.hatena.ne.jp/shorebird/20070908

つーか、マトモに生成やってればあれは短絡杉ということは誰でも分かるにゃ
仮に屈折が起きないにしても、それはあくまで音形化された後のことであり、
シンタクスの問題に結びつけるほうがどーかしとるにゃ
どうも生成系の脳神経科学や遺伝学にはこーゆー基本的なカテゴリーエラーを
犯す手合いが多くて困るにゃ
同じようなことを先日、萩○氏に書いて送ったら、伊○・杉○両氏と3名連名で
反論来たけどにゃw


425 :/:2007/09/15(土) 02:30:20 0
"Anyone can softly explain to him that transformational rules can target a constituent? Or is there a good textbook
for him other than Radford?"
とか
"Anyway, Syntax Companions from Oxford is a good introduction for you, if you do not know what sluicing means."
とか言って侮辱合戦の口火を切った当人には、
"If you want to have a discussion, you MUST NOT call us idiots. If you want to stop and
prohibit us from discussion, you can insult us. Then your behavior is beneath contempt."
などと文句を言う資格は無いと思いますよ。

426 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/15(土) 03:08:43 0
>>424
リンク先を見てきた
顔のコメント含めて読んできた感想

生成vs進化で言語は適応か否かという話題は両者が語っているレベルが違うから議論が成立しない
進化が『言語能力は適応だ』と主張するとき、頭の中にあるのは『普遍文法があるかないか』
生成が『言語能力は適応でない』と主張するとき、『普遍文法が設計上どうなっているか』が問題になっている

生成の側は『普遍文法があるかないか』に関しては『普遍文法があるのがヒト』という点で進化と意見が合うだろう
進化の側は『普遍文法が設計上どうなっているか』にはあまり、というかまったく興味がないように見える

427 :仇鱒:2007/09/15(土) 07:03:57 0
おはよ。ほら、鼻血ぶーだよ。だから、酒はダメだって、、、(←自己レス

>「フリダシに戻る」だにゃ
どうせならフンドシに戻るのがええと思う。やぱウヨはフンドシにサラシだし
な。うむ。で、紹介してもらったブログは後ほど(←たぶん夕方)読ませても
らうが、まあ、あれだ、gopnikのsliに関してはいろいろある罠。てか、gopnik
は形態論やっている香具師には一番ウマーなネタだ罠。まあ、あれだ、シンタ
クスやっている香具師にはクリストファー@言語サヴァンがウマーなように、
形態論やっている人にはkeファミリーは超ウマーであるわけだ。ただ、よく言
われているように、gopnik&cragoの論文にはいろいろ怪しいところがあるよう
だな。たとえば有名なところだと、vargha-khadem and passinghamによれば
、keファミリーはコンプリヘンジョンならびにプロダクションのレベルで問題
抱えているようだしな。つまり、言語処理のレベルで問題を抱えているわけだ
。まあ、ようするに、顔餅もちらっとゆっているように、そもそもインタフェ
イスに問題があるとゆうか、認知レベルでシステムにバグが入っている可能性
もかなり高いわけだ。だから、keファミリーをもってきて形態論とゆう言語知
識についてああだこうだゆうのはお門違いとゆうのも可能性としては大いにあ
るわけだ。まあ、カテゴリー・ミステークとゆう点ではfoxp2なんかも同じで
、言語に間接的には関係している鴨しれねぇが直接的には関係してねぇ罠。た
ぶんな。で、萩○・伊○・杉○は、上でもちょいと書いたが、最近は脳レベル
でピンカーのデュアルシステムを検証しているようだ罠。でも、わしにゆわせ
たら、顔餅&真澄本の最初に書いてあるように、そもそもピンカーのデュアル
システムが間違っていると思うわ。だから、ピンカーのデュアルシステムを日
本語の「〜さ」と「〜み」を使って擁護しようとしてもなんだかな〜と思った
りしてるわ。顔餅、ついでだからこのわしのカキコミをコピペして今度萩○・
伊○・杉○の3娘に送ってやって栗(ワラ)


428 :仇鱒:2007/09/15(土) 07:05:05 0
>スラッシュのおっさん
乙(ワラ)てか、hpsgに関しては紹介してもらったところを見てベンキョ
ーしている程度なんだが、モノストラタルな文法モデルだとsliなんかの言語障
害はどう説明されるんだ?まあ、hpsgだと計算機に言語システムを実装し
、そしてノックアウトマウスみたいなことして「病巣」を見つけたりすること
ができると思うのだが、なんか詳しいこと知っていたら報告キボン。正直この
あたりのこと興味あるのだよ。

さて、今日はガキのピアノの発表会だ。がんがれ、わしのムスコ!(^^)

429 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/09/15(土) 07:07:44 0
ある能力が適応的であるかどうかを判断するときには
環境について考慮することが不可欠だよね
陸上では圧倒的に適応的な視力も深海では適応的とは言えないしね

んで深海とか砂漠とか高地とかの自然環境も個体を淘汰する
環境だけど社会の形態とか狩の行動パターンとか石器なんかの
道具の発達も個体を淘汰する環境だよね

言語能力が適応的であるかどうかはそれが効果を発揮する
環境(例えば社会)があるかどうかによるもんね
ついでに言えば適応的な能力がさらに環境自体を変える
(例えば社会の複雑化)っていう相互作用を起こすこともあるよねん

チンパンジーのライフスタイルじゃ言語能力は
それほど適応的じゃないってことなのかもにゃー

430 :仇鱒:2007/09/15(土) 09:51:10 0
やあ、わしだ。ちょいと時間ができて例のブログをざっと今読んだところだ。
で、ちょいと時間があるからちょいと書くわ。うむ。で、まず、「あのブログ
を読んでなんで>>426のようなまとめになるんだ?あん?」とゆうqはコッチ
に置いておく。うむ。で、あれだ、顔餅@>>424はこう↓書いているのである
が、
>ところで先日の進化学会にゃが、gopnikのKEファミリーの報告は出鱈目で
>あったという基本合意ができ上がっておったにゃ
その根拠がコレ↓なのか?
>その後の討論,最終討論でもこの点は取り上げられたが,結局文法遺伝子を主張
>しているのはゴプニック1人で,あまりに興味深いために話が広がったが「がせ」
>だろうという結論だった.複数形のsはきっと録音データを起こすときの取り扱い
>の問題だったのだろう,goとwentの話も同じだろう.生の録音データは相当聞き
>取りにくかったので先入観があればあり得るだろうということだった.これは収穫.
いくらなんでもこの↑程度の話し合いで基本合意されちゃそれこそ進化学会が「ガセ
学会」とゆうか「デタラメ学会」になっちまうわ。てか、上のような話し合いこそが
先入観のかたまりであり、科学的な考証はナッシングとゆうものだ。gopnikを否定す
るなら、最低でも上でわしが紹介したvargha-khadem and passinghamぐらいの研究
報告をする必要があるわ。


431 :仇鱒:2007/09/15(土) 09:51:55 0
あと、あれだ、言語が適応的か(つまり漸進適応的に進化したか)否かだが、正直
適応的でなければ代案を出さなければいけないわけだが、その代案が代案になって
なかったりする罠。つまり、断続平衡的な進化をサポートするスパンドレルにせよ
、代案とはゆえない罠。たんなるスティピュレイションに杉んわ。ぶっちゃけたハ
ナシ、道に落ちている時計を見つけて「ブラインド・ヲッチメーカー」を想定して
しまうのと同じだと思うわ。ただ、わしは自然選択以外の「ブラインド・ヲッチメ
ーカー」を認めたくなる時がある。それは、どーゆー時かとゆうと、ストラト@ギ
ターのフォルムを見たときだ。まあ、このスレの住人はわしのギタヲタぶりを知っ
ていると思うが、ストラトのフォルムにせよ、ストラトのいろんなメカニカルな仕
組みは、ほとんど一発でできあがったのだよ。そんなに試行錯誤的なものはなかっ
たのだよ。で、ストラトは、ほんとギターを何十年もやってきている香具師なら分
かると思うが、マジで、人間工学的にも美的感性にしても、ギターという楽器の特
性を考えてもほとんどパーフェクトであるのだよ。で、ストラトが登場して以来ほ
とんど形も機能も変わっていないのだよ。そのぐらいストラトというギターは特異
的でありながら完璧であるわけだ。で、そーゆったスンゲー楽器がほとんど一発で
この世に生まれてきているわけだ。そうゆうのを見ると、わしなんかはストラトは
ネ申がつくった芸術品じゃないかと思うぐらいだ。ま、そんなこんなで、断続平衡
的に大進化したストラトを見ると言語の断続平衡的な大進化もアリかなとは思った
りしている。ただ、楽器はリアルな器官であるが言語はヴァーチャルな「器官」で
あるところが大きく違っているのであるが、うむ。さて、出かけてくるわ。じゃ〜
な♪(^^)

432 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/15(土) 20:28:24 0
>>430
>>426もう一回読んでみたら?
>>424にコメントしてるとは一つも書いてないでしょ?
ブログの顔文字のコメントにコメントしてるんだよ、ばか

433 :(´∀`)@リハ:2007/09/15(土) 21:06:32 0
馬鹿に馬鹿ゆーなっちゅーのw

ま、完成品としての言語しか見てないとあーゆーことになるにゃ
進化心理では、
(1)心は多数の生得的モジュールから構成されており
(2)それらは全部自然選択による適応である
と言うわけにゃ
生成、つーかチョム派は(1)は当然正しいが、(2)は間違い、と考えるにゃ
さらに、言語をそのモジュールの一つと見るのみならず、言語自体も
独立したモジュールの寄せ集めであって、その一つひとつについて
適応かどうかを問うておるにゃ

んで、進化学者が全員UG肯定派かというとそーでもないにゃ
現に長谷川M子は明かに懐疑的だにゃ
束縛理論のことをちょっとしゃべったのにゃが、「そんなのは箸の使い方を
覚えるのと同じで、文化的学習でしょ」という反論がきたにゃw
ま、束縛現象のことをちゃんと知った上で経験主義的な議論を展開する
のならまだしも、ズブの素人の印象論ではしゃーないにゃー

434 :(´∀`)@リハ:2007/09/15(土) 21:13:37 0
んでKE一家の件にゃが、
運動性のトラブルで発音が不明瞭→屈折がない→素性照合がない
と2重の飛躍をおかしているように思うにゃ
多少関係あるにゃが、Wexlerがよく議論しているoptional infinitiveの
ほうがよっぽど信憑性があるにゃ
英語以外の言語では、不定詞形の屈折接辞が顕在化するからにゃ


435 :(´∀`)@リハ:2007/09/15(土) 21:22:21 0
>>427
dual mechanismの誤謬は、
1)現象A(たとえば語彙的使役)と現象B(統語的使役)は異なる脳神経回路で
処理されている
という観察から
2)AとBは理論上も異なるサブモジュール(レキシコンvs シンタクス)で
扱うべきである
という結論を引っ張りだしている点にあるにゃ
実際には(1)と(2)は何の関係もないにゃ

たとえばブローカ失語では能動文は健常だが受動文の処理に問題が起き、
これは受動文の派生に関わる移動(ないしその痕跡の解釈)に障害が発生
しているからだ、なんつーことが言われるわけにゃ
すると受動文に関わり、能動文には関わらない神経基盤があることになる
にゃが、これをもってして受動文と能動文は別のモジュールで扱われるべき
である、なんつーことにもなってしまうにゃ
そうではなくて、同じシンタクスで扱われるにしても異なる神経基盤が
関わるいろんな現象がある、というだけであるにゃ



436 :(´∀`)@リハ:2007/09/15(土) 21:27:35 0
>>429
いい点をついている、つーかそれが進化学者のノーマルな考え方であるにゃ
潜在的にはすでに持っていながら何の役にも立っていなかった形質が、
環境の変化により急に出番が生じることがあるにゃ
言語もそーゆーもんだと思われるにゃが、では言語の起源・進化を説明する
には、その環境要因の変化さえ言っておけばいい、というのが彼らの立場だにゃ
集団サイズが大きくなった、とか、育児期間が延長した、とかにゃ
しかし俺らが問題にしているのは、その潜在的能力はそもそもどうやって
出てきたかであって、環境要因は結果論でしかない、というわけにゃ


437 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/15(土) 23:43:47 0
うーん、おもしろいねぇ。

言語能力が発現した個体を見れば、その認知モジュールの一つの形態として自立的なシステムを
持った言語能力自体は確固として存在し、それが環境の影響を受けて、システムのルールが多少
変化するという意味では、言語能力も適応的ではあるが、自立的なシステムとしての言語能力自体は
適応だけでは発現不可能であったろうという趣旨に尽きると思われるわけですが、そういう自立的な
システムがいきなり「ばーん!」と突発的に現れたと想定するのにはなかなか違和感があるのかもしれ
ないですね。

顔文字先生がバイオ派なのはけっこう昔からだと思われますが、F井さんもそっちの方向にいるのかな?
最近、言語研究の方ではとんと見かけなくなっちゃったけど。

438 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/16(日) 01:10:53 0
コントロール理論もだけど束縛理論なんてSyntaxなんかで扱えるわけねーだろ。

439 :/:2007/09/16(日) 01:20:20 0
>>428
残念ながらよく知りませんが、HPSG自体は単なる文法理論ですから、他の文法理論
と同様、心理言語学の理論と組み合わせない限り、言語障害や言語進化に関して
何ごとかを予測することはないと思います。

440 :仇鱒:2007/09/16(日) 07:52:27 0
おは尿。

>>432
>ばか
うむ。たしかにわしがヴァカだった。

>>439
レスthx。

まあ、あれだな、わしらの体の何もかもが漸進適応的に進化してきた罠。これは認め
ないといけない罠。目のようなメカニカルなものにせよ、ティムポのようなワケワカ
ンネーものにせよ、脳のようなストラクチャルなものにせよ、すんげぇ細い毛細血管
にせよ、何から何まで漸進適応的に進化してきたわけだ。いわゆるファンダメンタリ
ストたちがゆうようなネ申の関与はなかったわけだ。全てが自然選択とゆう「現人神」
ならぬ「現自然神」の力によってさまざまな器官は形成されてきたわけだ。で、「心
的器官」である記憶装置やら推論装置やら言語装置はどうかとゆうと、言語以外もぶ
っちゃけ漸進適応的に進化してきたと言われている罠。実際、わしらホモサピエンス
になるにしたがって記憶力も推論力もアップしていきているからな。で、言語だが、
記憶や推論とはちがいそもそも言語の萌芽的なものが他の動物には見つけられないわ
けだ。だから「漸進的」という時間的概念そのものを使えないというか使いにくいわ
けだ。で、そこで、どうやって言語が出現したかを考えるにあたりハットトリックを
使わざるをえないわけだ。それが何かとゆうと、断続平衡説だ罠。で、それは仮説の
名称であり、中身はどうなっているかとゆうと中身はないわけだ。しいて中身を出す
とサムシング・グレートだ罠。


441 :仇鱒:2007/09/16(日) 07:53:13 0
で、このサムシング・グレートがチョムのゆうグレート・リープ・フォワードを生み
出したのであるが、このサムシング・グレートの正体がリカージョンとかゆわれてい
るわけだ罠。そんで、生物学系の香具師らはこのリカージョンも漸進適応的に進化し
てきたとゆうのもいれば、ハードチョムスキアンのように、このリカージョンこそが
ヒト固有でホモサピエンスに断続平衡的に現れたとかゆったりしているわけだ。で、
あれだ、わしが前からゆっているように、やぱ、動物のゲンゴにも人間の言語にもリ
カージョンはあるわけだ。ただ、マージのマナーの制約に差があるわけだ。ようする
に、人間にあって動物にはないリカージョンの特性とは何かとゆうと、それは、セレ
クションであるのだよ。ようするに、次のような図式があるのだよ。
(ア)動物のリカージョン:セレクションなし
(ダ)人間のリカージョン:セレクションあり
てか、もっと厳密にゆうと次のようになるわけだ。
(マ)動物のリカージョン:sセレクションもどきはあるがcセレクションはない
(ス)人間のリカージョン:sセレクションもcセレクションもある
そんで、このセレクションをベースにしたリカージョンをクリスタライズさせたもの
、それがxバースキーマであるわけだ。だから、結論をゆうと、動物のゲンゴとはx
バースキーマのないゲンゴであり、人間の言語とはxバースキーマのある言語である
のだよ。だから、言語にあってゲンゴにはないもの、それはxバースキーマであるの
だよ。ま、そんなこんなでgbまんせーだ。ははははは。

なんかまた夏にバックしたようで夏バテって力排卵よ、わし、、、。


442 :(´∀`)@リハ:2007/09/16(日) 09:25:53 0
Xバーカ

443 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/16(日) 10:34:41 O
やはり、日本の言語学者が世界の言語学界に貢献していない理由がわかったわ。
日本の言語学者は社民党みたいなチャチャ入れがいい所だ

444 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/16(日) 12:00:31 0
マヌケな質問かもしれませんが…
仇さんはチョムヲタなんですか?  あと、リハさんや、かかりさんは?

445 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/16(日) 12:39:53 O
仇=口先右翼
リハ=犯罪者(不正コピー・拳銃法違反)
かかり=売国奴

446 :仇鱒:2007/09/16(日) 13:55:04 0
こんにちま。やれやれ、あちぃよ。てか、マジでここ2週間でもう秋と冬と
春が素通りしたのか?ほんと、これじゃやマジで真夏日じゃねぇか、、、。
で、ちょいとマヌケなqにマジレスするが、まあ、あれだ、ココのコテには
ピュアなチョムヲタはいねぇんじゃねぇかな。逃走派しゃんは相変わらずチ
ョムビリーバー鴨しれねぇけど(ワラ)てか、ぶっちゃけたハナシ、今日日
、ココ@2ちゃんを見ないで生成やっている香具師が一番危ないんじゃねぇ
かな。まあ、生成やっている香具師の7割ぐらいがココ見てるのはわしは知
っているが、残りの3割がバランス感覚なくしてブラインド生成メイカーと
なっている可能性があるわ。で、モノホンのチョムヲタはこの3割の中にい
る罠。で、こーゆーのが一番厄介だったりする。まあ、個人的にはわしはチ
ョムヲタではないけどな。ただ、キャムのようなチョムヲタではあるが。う
む。ようするに、キャムと同様、チョムのアホ発言のヲチャーではある。た
だ、ここで気を付けてもらいたいのだが、わしはチョムヲタではないが生成
ヲタではあると思う。やぱああだこうだゆっても生成(てか生成の問題意識
)には魅力を感じるからな。ただし最近の糞理論であるミニマリチュムには
まったく魅力を感じないが。ま、そんなこんなの口先石翼のわしでつよ。さ
て、またpc調子悪いからノートン先生に診てもらうかなー。てか、それよ
りも、顔餅はブログにコメントしたりするんだな、、、。いやー、正直意外
でよくワカランが感動した(ワラ)てか、あのブロガーはココの住人なのか?


447 :仇鱒:2007/09/16(日) 16:00:58 0
やいやい、藻前ら、明日祝日なの知ってたか?わししらんかったよ。いやはや、
アナザー日曜日をプレゼントされたようでマンモスぷれぴー仇ちゃんでつよ。
うむ。で、今ちょいと音楽スレ見てみたらこさかなの弟分のカキコミがあった
わけだが、ちょいとこっちでレスしちゃうわ。ま、こさかなの弟分、お互いに
ボチボチやっていきませう。いや、マジで植木等じゃないけど、ポジティブな
いい加減さって大事かな〜と思うんだな。ほんと、ゴーインブ・マイ・ウェイ
でいきませう。いや、マジで。で、弟分のレスにちょいとこっちで吊られるが
、半音とゆうと、ミからファとシからドが半音の変化しかねぇ罠。でもわしら
は、ドレミファソラシド〜♪とピアノなりラッパの音を聞いても「あ、半音し
か上がらなかったぞ」とか思わないよな。これって何なんだろな。つまり、た
とえば今まで西洋音楽に触れたことがないような赤ちゃんは、ドレミファソラ
シド〜♪を聞いたとき、ミ→ファのシフトとシ→ドのシフトに違和感を感じる
ことがあるのだろうか。てか、ある意味、このドレミファソラシドって不思議
だよな。だって、あれだぜ、数でゆったら、1,2、3.5,4,5,6、7、8.5
、9,10みたいなもんだからな。ちゅーか、実はわしには、ミとシって品川
駅と上野駅のイメージがあるのだよ。理由はまた今度するわ。今からちょい
とガキ吊れてアソコに逝ってこないといかんから。うむ。糞じゃ〜な(^^)



448 :仇鱒:2007/09/16(日) 18:53:40 0
やあ、こんばんみ。ちょいと書くぞ。うむ。で、あれだ、ミとシだが、実はわし
にはミには品川駅のイメージがあり、シには上野駅のイメージがあるのだよ。ど
ーゆーことかとゆうと、品川駅って、なんか品川駅からこっちが東京であっちが
東海地方ってゆうイメージあるよな?同じように、上野駅って、なんか「あ〜、
今から東北に行くんだ〜」とゆうイメージあるよな?で、このあたりの空気変わ
り具合が、こうなんとゆうか、半音にシフトするミとかシのイメージなんだよ、
わし的には。てか、藻前らにはそんなイメージねぇかな?あと、あれだな、ちょ
いとハナシは変わるが、昨日ムスコのピアノの発表会があったのだよ。まあ、ど
の子も途中で壊れたレコードみたいになっていたのだが、一つ感じたことがある
のだよ。それは、演奏曲の中に意外なことに久石譲の曲をやった子が多かったの
だよ。ちなみにうちのムスコはワケワカンネーけどジョンデンバーのカントリー
・ロード(ワラ)しかもジャズヴァージョン。で、久石譲はわし的には桑田佳祐
と甲乙付けがたいほどの天才なのだが、いやはや、アマチュアの下手なガキがや
っても感じるものがあるんだな。マジで、曲を聴くだけで意味を感じ取ることが
できるんだな。ほんと、不思議なことに。


449 :仇鱒:2007/09/16(日) 18:54:13 0
で、赤ちゃんはまわりの大人のことばをことばとしじゃなく、まずは音楽のよう
にして聞くわけだ。で、それにだんだんと意味が付着してきてことばに相変化す
るわけだ。で、わしは、久石譲の曲を聴くとなんかこんなことを思ったりするん
だけどな。でも音楽って不思議だよな。とくにインストとゆうのは不思議だ。イ
ンストには歌詞はないのだが、歌詞のある曲よりももっと歌詞を感じることがで
きたりするよな。まあ、わしはロックおやじではあるが、実はショパンやサティ
は日常的によく聴いているのだが、マジで演歌以上に歌詞を感じることができる
罠。で、これまた不思議なことに、ことばてか言語つーのはことば以上のものを
感じることができないわけだ。なんつーか、あることによって失うものがあり、
ないことにより得るものがあるとゆうか、なんか言語と音楽つーのは対極的であ
りながら背中合わせで、背中合わせでありながら対極的であり不思議な関係にあ
ると思うわ。と、まあ、今塩から舐めながら398円のワインを飲んでいるのだ
が、やぱ塩からは日本を代表する食べ物だよな。韓国の辛い塩からモドキに比べ
たら日本の塩からはマジで絶品だ。うむ。さて、メシ喰ってくっかなー。うっす♪

450 :逃走派:2007/09/16(日) 19:46:35 0
>>446
> 相変わらずチョムビリーバー鴨しれねぇけど(ワラ)

あ、おれジャッケンドビアンのエヴァヲタですから。つか笑うなよw

451 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/16(日) 19:49:19 0
>>446
>生成やっている香具師の7割ぐらいがココ見てるのはわしは知っている

みんな不安なのかもな。でも、このスレ見るともっと不安になるよな。

452 :仇鱒:2007/09/16(日) 20:29:46 0
やあ、わしだ。電源ぷっちゅん♪する前に最後っ屁♪

>>450
>あ、おれジャッケンドビアンのエヴァヲタですから。
あ、そーゆや、そーだった。まあ、わしはエヴァヲタじゃねぇけど、ジャケンドフ
のシンパではあるかな。ただ、ジャケンドフのパラレル・システムだと、言語シス
テムの構造として音韻構造と統語構造と概念構造の3つを仮定しているわけだけど
、概念構造はほんとーに言語システムの一部なのだろうか、とゆうのがわし的には
ある。つまり、ジャケンドフのシステムだと、概念の形成までも言語システムてか
文法の仕事のひとつと考えているわけだけど、それはどうかなーとゆうのがわし的
にはある。てか、逃走派しゃんなら分かっていると思うけど、ジャケンドフのシス
テムのウリはまさにここにあるんだよな。てか、ここだけだったりするんだな、実
は。つまり、概念形成を文法でやってしまうところが、実は、ジェケンドフのシス
テムの根幹をなしているわけだ。正直、統語論の自立性とゆうかシンタクトセント
リックな考えの破棄は実はどーでもよかったりするんだな。とゆうのも、この部分
はhpsgでもlfgでも採用していることであり、ジャケンドフのシステムのウ
リにはならないから。で、上でもゆったように、実はジャケンドフのシステムのウ
リは、まさに概念形成を文法の仕事に位置づけているところであり、もしここがあ
ぼん♪したらジャケンドフの魅力は一発でなくなるとわしは思っている。で、これ
また上でちらっと書いたように、この可能性(←概念構造を言語システムに繰り込
むのが間違っている可能性)は十分あると思っている。ま、逃走派しゃんはそのあ
たりどう考えているかはワカランけど。うむ。

>みんな不安なのかもな。でも、このスレ見るともっと不安になるよな。
ま、どっち転んでも不安なら見て不安になった方がええ罠。うむ。

てなことだが、今日はこれにて2ちゃん授業おわりっ!糞じゃっ!(^^)


453 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/16(日) 21:42:51 0
てかアメリカではチョムはもうすっかり過去の人で、学会とか行っても
「Chomsky2007の言うことには・・・」で始まる発表なんぞ滅多にお目に
かかれないのであるが、日本の英語学会では未だそういうの多いよね。
チョムが死んだらどうなるんだろう、って心配するのはチョムの論文
読むのが仕事の日本の英語学者だけ、ってことで。

でメリケンどもが今どうなってるかというと猫も杓子もSemantics。
今後はFormal semanticsができないと理論言語学できない時代に
なってくんじゃないかなー。日本人は相当ふるい落とされると思う。


454 :かかりちゃん:2007/09/16(日) 23:45:28 0
>「Chomsky2007の言うことには・・・」で始まる発表なんぞ滅多にお目に

そんなん、もともと滅多にお目にかかれないにょろ。
semanticsとsyntaxは別領域だし。

455 :仇鱒:2007/09/17(月) 07:14:56 0
おはよ。てか、藻前ら、今日は祝日で休みなんだが(←何の日か知らんが)、
来週も日曜日休みなの知ってたか?わしさっき知ったのだが、ちょいとびっく
りしたとゆうか、「また休みかよー」と思ったわ。うむ。てか、やぱ、あれだ、
1週間は10進法にして1週間は10日にした方がええわ。マジでな。ほんと
1週間7日だといろいろやりにくいわ。まあ、あれだな、1週間10日にした
ら途中に「笑曜」「藁曜」「嗤曜」を入れて次のようにする。うむ。

(ア)10進法に基づく1週間:
(ダ)日曜、月曜、笑曜、火曜、水曜、藁曜、木曜、金曜、嗤曜、土曜

やぱ、1週間はこんな↑感じがええ。うむ。



456 :仇鱒:2007/09/17(月) 07:15:42 0
で、ちょいと吊られて書いてやる。

>チョムの論文読むのが仕事の日本の英語学者だけ、ってことで。
てか、日本の英語ガクシャってほんと楽だと思うわ。ジュギョーつーたら、
チョムの書いたもんとかくだらん本を舐めるようにして読むのが関の山だか
らな。マジであんなジュギョーは一般教養のリーディングのジュギョウと変
わらんて。てか、リーディングのジュギョウ以下だ。正直、わしはアノ手の
ジュギョーをやっているうちは日本に未来はないと思ってるわ。で、そーゆ
ったリーディングのジュギョーじゃなければ何をやってるかとゆうと、大学
院生にオーラルレポートをさせてあとでヴァカなコメントをもったいぶって
しているぐらいだ。リーディングのジュギョーにせよ大学院生が中心になっ
ているオーラルレポートにせよ、あんなもんセンセなんかいなくてええわい
。てか、日本の言語ガクシャでいわゆるレクチャーできるのは正直ほとんど
数えるぐらいしかいねぇと思うわ。しかも独自のレクチャーできる香具師な
んて数人しかいねぇと思うわ。ま、わしはガッコウで理論言語学のジュギョ
ーをするにしても、全てレクチャーでしゃべくりまくっているが(←半分が
科学哲学ぽいハナシと時事放談www)、本来大学のジュギョーとゆうのは
こーゆーものなのだよ。ほんと、今の英語学てか言語学のジュギョウはリー
ディングのジュギョーと変わらんし、あんなことやるなら英語学者なんてい
らんわ。マジで。うむ。


457 :仇鱒:2007/09/17(月) 07:16:39 0
>今後はFormal semanticsができないと理論言語学できない時代に
>なってくんじゃないかなー。日本人は相当ふるい落とされると思う。
てか、今後は論理学と分析哲学ができないとモノホンの形式意味論はできな
いと思われ。ちゅーか、言語学ベースドの形式意味論をやるよりは論理学な
いし分析哲学をベースにした形式意味論をしっかりやった方がええと思われ
。あとできれば、計算機科学(てか数学)をベースにした「形式意味論」を
やっておくと将来的に吉だと思われ。うむ。

>semanticsとsyntaxは別領域だし。
まあ、今後はシンンタクスはセマンチクスの外郭団体ぐらいにしかならない
と思われ。うむ。てか、生成ぶんぽーにとってセマンチクスはシンタクスの
解釈の対象にしかすぎなく、別領域もなにも独立した実体をもっていない罠。

さて、今日は休みだが失禁してきまつよ。おちごと、おちごと、ラン・ラ・ラン♪

458 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/17(月) 11:07:48 O
自信あるなら、鱒レクチャをアプしてくれ。

459 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/17(月) 11:45:36 0
生成から認知へ転向することはできないんでしょうか?

460 :仇鱒:2007/09/17(月) 16:44:23 0
いやー、それにしてもあちぃわ。マジで異常化粧もとい異常気象だ。ちなみに
さっき電車で異常化粧なすんげぇヲンナを見たわけだが、、、。正直、ガクブ
ル♪だったよ、わし。

>自信あるなら、鱒レクチャをアプしてくれ。
うpしてもええが、やめる。てか、先日『千の風になって』の弾き語りをビデ
オに撮ったのだが(←live in living room w)、それでよければうpしてやる
ぞ(藁)

>生成から認知へ転向することはできないんでしょうか?
まあ、できるかできないかとゆわれれば簡単にできる罠。ま、するかしないか
はコッチに置くとしてな。で、その逆で、認知から生成への転向はやりたくて
もまずできねぇ罠。まあ、中学生が算数の問題を解くのはできるが小学生が中
学生の数学の問題を解くのはできないのと同じようなもんだな。うむ。


461 :仇鱒:2007/09/17(月) 16:45:48 0
で、逃走派しゃんからレスがないから勝手に自己レスするが(ワラ)、まあ、
わし的には、上でもゆったように、ジャケンドフの概念構造は独立して文法に
設定しておく必要はないと思っている。じゃ、どうするかとゆうと、概念構造
をレキシコンてか語彙項目の中に押し込んでしまうのである。具体的にゆうと
、プステヨフスキーのクオリア構造の中に押し込んでしまうのである。ようす
るに、クオリア構造はformalとconstitutiveとtelicとagentiveから成るわけだが、
これらと並んでconceptionalとゆうのを入れるのだよ。で、そのconceptionalに
いわゆる語彙概念構造を記述するのだよ。まあ、そもそもクオリア構造とゆう
のは、語の定義のコアとなるものを入れておく場所なのに、このクオリア構造
に概念構造が入ってないのがそもそもおかしいのだ。で、こうすることにより
、レキシコンをまさにオートノマスにし、レキシコンをさらにコンポーネント
化させることができるわけだ。つまり、レキシコンを統語論や音韻論と同じく
ジェネラチブにさせるわけだ。ま、こうすれば、いわゆる文法に概念形成なん
かさせる必要もなく文法そのものがもっとスッキリすると思うわ。うむ。

さて、組の若いもんからなんかファイル付きのメールが届いたからちょいと組
の仕事でもすっかなー。うむ。

てか、藻前ら、今日敬老の日って知ってたか?あん?てか、わしの消防の頃の
同級生で、もうおじいちゃんになっているのがいるのだが、いやはや、驚きマ
ンモスだよ。うむ。


462 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/17(月) 17:07:07 0
それだと「進化的説明」は益々遠ざかりますね

463 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/17(月) 17:32:48 0
転向するとたたりがあるんじゃよ

464 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/17(月) 17:57:55 O
自自慰、敬老の日だからって調子に乗るなよ

465 :仇鱒:2007/09/17(月) 18:11:20 0
ちょいとカルメンれすポン酢。

>それだと「進化的説明」は益々遠ざかりますね
そう↑ゆわれる根拠がいまいちワカランが、まあ、でもあれだぜ、どんな枠組みと
ったって言語の発生やら進化はワカランよ。ぶっちゃけたハナシ、言語進化の問題
解決は言語学の仕事じゃねぇよ。ストレートにゆうと、複雑系とゆうか計算機科学
の仕事だ。ようするに、科学じゃなく工学のやる仕事だ。言語の進化だけは科学的
にどうこうなるものじゃないのだよ。そもそもヒトがどんな生き物から突然変異し
たかワカランのに言語の進化なんか分かるわけねぇよ。まあ、あれだ、ヒトとゆう
種がどうやって進化したかワカランのに、なんでティムポには脂肪や筋肉や脳みそ
じゃなく海綿体があるのか進化的にあれこれ考えているようなもんだ。たぶん、全
ての動物のオスのティムポが海綿体でできているわけじゃないと思うが、ぶっちゃ
けたハナシ、進化上いつどんな淘汰圧がかかったティムポの中身が海綿体になった
のかそれすら分からないのに(←もしかして分かっているかもしれねぇが)言語の
進化なんてサイエンティフィカルに分かるワケがねぇって。

>転向するとたたりがあるんじゃよ
ま、ちょいとマジレスすると、ウィンドーズからマックに転向するぐらい簡単であ
るし、また面倒てか大変である。生成と認知間の転向はその程度のものである。ま
、わしはいつだって認知に転向できる準備ができているが、たぶん認知の連中から
ウエルカムされないから生成でヌクヌクしているだけである。てか、生成の連中か
らもウエルカムされていないのだが(藁)

>自自慰、敬老の日だからって調子に乗るなよ
自自慰ナツカシス。自自慰が降臨してきたのなら今日はお祝いで養命酒一気飲みし
てやる。うむ。

さて、もう一仕事すっぺ。うむ。

466 :(´∀`)@リハ:2007/09/17(月) 18:53:28 0
そーゆーのを知的怠慢とゆーのにゃ
ハッキリ言って、もはや言語進化を無視した生成文法なんつーのはまったく
意味をなさないにゃ
オマイラが手にしている生成文法ナントカとかミニマリスト・プログラムナントカの入門書・
解説書で言語進化や生物進化を取りあげていないものは全部ゴミ、今すぐ
マーケットプレースに出すよろし、であるにゃw

467 :仇鱒:2007/09/17(月) 19:05:22 0
>そーゆーのを知的怠慢とゆーのにゃ
うむ。わしは痴的怠慢である(ワラ)。でもあれだな、顔餅の基準でゆったら、
マジでチョムのルールズ・アンド・リプリゼンテイションが一番だ罠。あの中
にはバイオリングイスティクスの基本が書かれているしな。てか、わしが何度
もゆうように、チョムの中ではあの本ぐらいだな、人に勧めることができるの
は。よく素人にマナグアレクチャーとかアスペクツを勧めるヴァカがいるが、
わしだったら迷わずルールズ・アンド・リプリゼンテイションを勧めるけどな
。まあ、でも、あれだ、言語だけはいわゆる器官とは違い化石として残らない
わけだ。そーゆった物的証拠が何一つないところで議論することもあり、正直
どうとでもゆえるところがある罠。ぶっちゃけたハナシ、枠組みの数だけスト
ーリーはつくることができるしな。

468 :仇鱒:2007/09/17(月) 19:21:13 0
それはそうと、今日は敬老の日であるが、ちょいと次↓の表現を見て栗。
(ア)grandpa is father's father.
で、コレ↑にしいてインデクスをふると次↓のようになるわけだ。
(ダ)[grand[pa]/i]/j is [father/i's father]/j
つまり、grandpaのpaの部分がfather'sのfatherとコインデクスで、grandpaが
father's fatherとコインデクスであるわけだ。で、面白いことに、father's father
の後ろのfatherは何ともコインデクスにはなりえないわけだ。コレってなんとな
くおもしろくね?そんなことね?

469 :(´∀`)@リハ:2007/09/17(月) 19:58:20 0

>[grand[pa]/i]/j
アホw
これでいくと
Mother met Grandmother
はcondition C違反だにゃ

470 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/17(月) 20:06:46 0
>>465
>わしはいつだって認知に転向できる準備ができている

kwsk

471 :仇鱒:2007/09/17(月) 20:08:33 0
>ね
やぱ、「ね」だな。うむ。てか、やぱ、あれだな、レキシカル・インテグリ
ティ・プリンチプルは正しいな。語の中は統語論には見えないとゆうか見え
ちゃいけねぇな。てなことで、やぱ語彙主義まんせーだ。ははははは。

>kwsk
ひ・み・つ♪

てなことで、今日はこれにておちまいっ!糞じゃっ!(^^)


472 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/17(月) 20:17:08 0
>semanticsとsyntaxは別領域だし。

一般的に皆が興味を持っているような現象の分析が
どんどんセマンチッキーになってきて、そういう文献も
読まなきゃ仕事できん、って流れになりつつあると思うけどな。
「別領域」といって捨て置くのも難しいと思う。
個人的には未だにSyntaxの言葉だけで分析しようとしている
論文は好きだけどな。

473 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/17(月) 20:49:25 0
>ハッキリ言って、もはや言語進化を無視した生成文法なんつーのはまったく
>意味をなさないにゃ

それは何でかよくわからんのだけど何で?
「生成」だから?「言語学」としては進化を無視しても全然成り立つと思うが。


474 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/17(月) 21:04:27 0
仇が認知に行ったら自爆テロになる希ガス

475 :逃走派:2007/09/17(月) 21:30:57 0
>>452
> ジャケンドフのシステムだと、概念の形成までも言語システムてか
> 文法の仕事のひとつと考えているわけだけど、それはどうかなーと
> ゆうのがわし的にはある

あいあいおー! いや、Jはどのモジュールが言語に属するかどうかとか
まったく気にしていないと思われ。概念構造が文法内部か外部か、どっちでも
いいんじゃねえのと。もっといえば、概念構造も、視覚も、運動も、音楽も、社会モジュールも
全部「文法」と考えているんだと思いますよん。ここでの「文法」ってのは
要するに、一定のプリミティブを用いて記述された規則と、その規則の形式と
適用に関する条件群と、その規則群によって表される表示体系のシステムって
ことだけど。だから、Jの売りは、心的モジュールは全部シンタクスだというところ
だと思うのでし。それって、とてもチョム原理主義的♡

476 :逃走派:2007/09/17(月) 21:40:36 0
>>461
で、Jの概念構造は何でも突っ込んだかんじでゴタゴタなわけだけど、そこんとこは
これからきれいに整頓していきましょうということで(つか、その切捨てぶりでは
チョムは天才的、その点、Jは小市民的で思い切りがいまいち)。
で、プステジョブスキだけど、アレの売りってどこなんかよく分からんですよ。
名詞のbookのクオリアにreadとかwriteとかの動詞で表される行為が含まれるというところですか?
まあ、それを語彙項目の情報に含めたというところはオリジナルといえば言えるけど、bookがreadとかを
背後にもつってのはオリジナルじゃないっすよね? プリティ構文とかシュード・パッシブとかハードナッツとかで
似たような観察は大昔からあったような。PのGSの凄いところってどこなんだか、よく
分からんですよ。(勉強不足)

477 :逃走派:2007/09/17(月) 22:01:33 0
>>467,466
言語では化石がないというのは本当に痛いところだと思うんですよん。
言語進化に関する仮説を出したとして、何が議論の証拠になるんだろうかと。
考古学的なフィールドワークのトレーニングを受けているわけでもなく
分子生物学的な素養も実験経験も装置もなく、サルを飼ってるわけでもなく
脳画像装置にも疎い、いわゆるフツーの言語研究者には、ネイチャー辺りの
言語進化関連の論文をチラッとみて、ふ〜ん、って言うしかないのではないかとw
ひどく消極的ですが。「生成でとりあえずたどり着いた結論からすると
こーんなピクチャが描けますが、どうなんでしょ?」と、そーゆー弱気な
主張しかできないし、できることと言ったら、言語進化そのものへの言及はできず
言語システムについての(ゴク普通の)提案と検証だけだと思うんですが。
そこんとこ、どーなのかというのがエヴァヲタの気持ち。新劇場版ラミエル萌え。

478 :逃走派:2007/09/17(月) 22:22:51 0
ネタといえばネタ。
発言主は女の子で、聞き手の男の子とは昔、地下の物置に通じる廊下で、
お医者さんごっこのようなことをしていた。
「あんたのを見せてくれたら、あたしのを見せたげる」というのがキメ台詞。
で、大きくなって、ちょっと、その手の雰囲気になったときの言葉。

"Remember under the cellar stairs? I'll show you mine if you'll show
me yours? We were a few years too early."

俺ってば童貞だから、こういうセリフ読んだだけで、逝ってしまいそう。で、
頭のrememberの目的語はなんだべが?

479 :逃走派:2007/09/17(月) 22:32:07 0
>>476
GS=×
GL(generative lexicon)=○
無様ね!

480 :(´∀`)@リハ:2007/09/17(月) 22:59:59 0
>>475
>概念構造も、視覚も、運動も、音楽も、社会モジュールも
>全部「文法」と考えているんだと
この「文法」をrecursionに置き換えれば座布団2枚!
このあたりは言言吾来月号を見ち栗

>>477
逆にいえば生物系の連中が生成の知識なしにいくら言語進化を論じても
絵に描いた餅であるにゃ
なにも生成だけで言語進化が説明できるとは言ってないわけで、言語進化
研究に積極的に参加しないと生成やってる意味ナシということであるにゃ
このあたりは生物科学次号を見ち栗w
あと来年だと思うにゃが朝倉から出るシリーズ本も見ち栗(宣伝乙

>エヴァヲタ
Evanescence?
今年はWithin Temptation、Epicaの新作が出て、後はNightwishの新作が
待たれるにゃ
先行シングル Amaranth はなかなかよかったにゃむ

481 :(´∀`)@リハ:2007/09/17(月) 23:14:23 0
>Remember under the cellar stairs
remember what happened under ...
と考えられるかにゃ
その意味では
remember Hiroshima
も似とるかにゃ、知らんけどにゃ

482 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/09/17(月) 23:16:18 0
現代人の先祖は5万年前に東アフリカに現れて世界中に散らばっていった
らしいけど
その5万年前のDNAの突然変異で言語能力も芸術の能力も数学の能力も
野球の能力もネットの能力も全部一気に手に入れたのかもしれないね

ところで複数の言語を比較して文法の普遍性を探ってほしいにゃ

483 :(´∀`)@リハ:2007/09/17(月) 23:33:15 0
その点、いま注目されているのは ピラハ語

484 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/18(火) 00:01:32 0
>複数の言語を比較して文法の普遍性
普遍性は幻想だよ。現存する語族はいくつある?
印欧語族、オーストロネシア語族など数えるほどしかないではないか。
それだけ少ないサンプルの比較で普遍というのはおこがましくないかね。

485 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/18(火) 00:20:52 0
>>474
仇が自爆テロ?

486 :逃走派:2007/09/18(火) 00:29:03 0
>>484
そう、ものすごく、おこがましいんですよ、いやんなるくらい。

道は2つしかなくて、一つは普遍性は諦めろよ、このバカ!って道ですね。
現存する語族なんてバカみたいに少ないわけだし、有史以来で考えても
死ぬほど言語があって、消えてったわけで、サイン言語も加えたら
気が遠くなるわけだから、サンプルから抽出する「普遍性」なんてバカがやることですよ
って感じの路線。

で、もう一つは、いきなり開き直って、言語一つでも普遍性は分かるって路線でしょうね。
もち、ちょっと複数の言語を並べて論じても同じですが。習得の場面で登場しなさそうな
情報では帰納できないものがあったら全部普遍的としちゃいましょ、というヤリカタ。

どっちもどっちだけど、この中間帯のアプローチってあるんすか?

487 :逃走派:2007/09/18(火) 00:39:46 0
またやらかしたよ
>習得の場面で登場しなさそうな情報では帰納できないものがあったら全部普遍的としちゃいましょ

→習得の場面で登場しそうな情報では帰納できないものがあったら全部普遍的としちゃいましょ

はしゃぎすぎたかも(笑) 安倍を見習って、もう逃げることにする


488 :/:2007/09/18(火) 00:48:51 0
>>484
現存する「語族」が数えるほどしかないのは、印欧語族・オーストロネシア語族
に属する言語以外の言語には比較言語学の手法があまり効力を発揮しなかった
ためです。ですから、語族が少ないということは、逆に、いかなる語族にも
属さない言語が沢山ある、ということ、つまり、現存するサンプルは少なくない、
ということです。

489 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/18(火) 01:03:25 O
http://www.google.com/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fwww.psn.ne.jp%2F%7Ebds%2Fkentokyu%2Ftokyocho%2Fkensaku.htm&hl=ja&mrestrict=chtml&q=%E5%95%86%E6%A8%99+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&source=m&output=chtml&site=search

490 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/18(火) 07:38:15 0
認知ネタでスマンのだが、ある拡張が、こんな概念メタフォー!からこっちの
概念メタフォー!した拡張だとか、メタフォー!写像の結果だというのは説明
と言えるんですか?ただ言い換えてるだけ?こういうことを批判してる論文と
か本ってありまつか?


491 :仇鱒:2007/09/18(火) 07:40:20 0
おはよ。てか、すんげーカキコミ。そんでもってちょいともう失禁しなきゃな
らんので一言だけ。一言だけだからsageで書く。うむ。

>俺ってば童貞だから、こういうセリフ読んだだけで、逝ってしまいそう。
童貞の状態でどうやって子供を3人もつくれるのかと小一時間(ry)てか、
もしかして、逃走派師の子供じゃなかったりして(ワラ)ちゅーか、実は逃走
派師はネ申で処女懐胎ならぬ童貞懐胎してたりして(ワラ)

てか、あれだ、アベっちが敵前逃亡したのかどうか分からないが、敵前逃亡絡
みとゆうか自爆テロ絡みでちょいと思ったことがあるから今晩(時間があれば)
書いてみたいと思う。とゆうのも、実はちょいと前にオリバーストーンのwtc
を見たのだよ(ちなみにわしはオリヲタである)。そんでいろいろ思うところ
があったので、それをちょいと書いてみたいと思う。ま、恒例の仇ちゃんの映
画評論だ。うむ。

>Evanescence?
そーゆえば、先日bs2の「黄金の洋楽ライヴ」でelpのなつかしのライヴをや
っていた罠。それを録画したのでそれを見るのがわしの楽しみである。どーで
もええハナシだが。うむ。

しゃて、失禁してきまつよ。うむ。

492 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/18(火) 13:07:01 0
ん…?アベっちも自爆テロか。   な〜る。

493 :(´∀`)@リハ:2007/09/18(火) 14:14:24 0
日本のELPカバーバンドにゃがウマー
ttp://www.youtube.com/watch?v=dRBM-jUDRA0
バンド名は Sons of Eveとなっとるにゃが、元ネタ分かる香具師はツウだにゃ


494 :仇鱒:2007/09/18(火) 19:21:11 0
こんばんま。やれやれ、おちかれだよ。でもちょいとジュギョーするな。うむ。

で、まず、コレ↓だが、
>日本のELPカバーバンドにゃがウマー
たしかにうまい。でもあれだな、楽器とか機材を見るとどっかの金持ちのバンド
みたいだな。あのオルガン、もし自前ならかなり高い罠。あと、ベースとギター
のダブルネックもかなり高いわ。ドラムはよーワカランが。うむ。ま、でもたし
かにうまい。

で、ちょいとだけ、昨晩のカキコミに軽くレスするな。まず、ジャケンドフだが
、視覚の普遍「文法」を考え、運動の普遍「文法」を考え、そして音楽の普遍
「文法」を考え、おまけに道徳観とゆうか倫理観の普遍「文法」も考えている罠
。そーゆった意味では、ジャケンドフはたしかに人の営み全てに関わる普遍「文
法」を考えている。で、その普遍「文法」の核となるのは、わしが察するに階層
性であるのだよ。顔餅が勘ぐるような再帰性じゃないのだよ。で、実は今わしは
ジャケンドフ関係の本を電車の中で読んでいるのだが、後日改めていろいろ書い
てみたいと思う。正直ジャケンドフの本はチョムの本と同じくらいつまらんのだ
がところどころに考えさせるところがあるのだよ。ちなみにチョムの本にはそー
ゆーところがない。別に意味で考えさせられるところはあるが。うむ。


495 :仇鱒:2007/09/18(火) 19:22:03 0
あと、あれだ、プステヨフスキのglだが、アレのウリはやぱ言語の使用という
のを全面に出したところだと思う。ただ、言語の使用とゆっても、誰にとっての
使用かとゆうとマシーンにとっての使用である。ぶっちゃけ、glは自然言語処
理の人にはそれなりに面白がわれている罠。とゆうのも、まさに言語理論の中で
はじめて使える「文法理論」が登場したからだ。ま、今の計算機にしてみたら文
法なんか要らず欲しい情報は語彙の正確な情報だったりするからな。まあ、よう
するに、マン・マシン・インターフェイスをまさにglが提供してくれているわ
けだ罠。あと、言語の普遍性だが、これは正直あるかどうかは分からない。が、
普遍文法は絶対にある。じゃないと、本人の国籍や両親の国籍を問わず、なぜ人
は自然言語ならどんなものでも獲得できるのか説明できないから。ただし、普遍
文法はあるとゆっても、何度もわしがゆっているように、脳内にはない。脳の外
にある。つまり、理論の中にある。理論以外のところには存在しない。

まあ、それはそうと、福田が総理になったらダメだって。福田ならびに福田をバ
ックアップしている連中がこれまでどれだけ売国的な発言をしてきたか考えてみ
ろって。てか、どんな世論調査をしたんだか知らねぇが、国民のほとんどは絶対
に福田を支持なんかしていないって。みんな麻生を支持しているって。てか、福
田が総理になったらそれこそ国民の総意を無視した総裁選になるって。ま、なる
ようになるしかねぇんだろうけどな、、、。これ以上半島と大陸に喜ばせてどー
すんだって、いや、マジでな。マジでこれで福田が総理になったら自眠党はどー
しよーもないと思うわ。いや、ほんとマジでな。

さて、メシ喰ってくるが、映画評論はまた明日にでもすっかなー。いろいろ語り
たいことがあるしな。


496 :(´∀`)@リハ:2007/09/18(火) 21:41:39 0
あまりに面白いのでこっちにも貼っとくにゃ
仇の脳内イメージ↓
ttp://usokodaigaku.com/?a=Maker&oo=%B5%D8%CB%F0

みんなも自分の脳内を見てみるのにゃ


497 :仇鱒:2007/09/18(火) 22:11:30 0
わしだ。うむ。実は今日はまだ電源ぷっちゅん♪していない。もうすぐぷっちゅ
ん♪するが。で、ちょいとコレ↓にレスするが、
>あまりに面白いのでこっちにも貼っとくにゃ
「こっちにも」って他にもどこかに貼ってるのか、、、をい orz...

ま、それはそうと、オリバーストーンのwtcについて語る前にちょいとイース
トウッドの『硫黄島』について語らせてもらいたいが、あれは正直駄作だ。あの
映画を誉めている香具師が公開当時いたが、たぶんそいつは、映画をあんまり見
たことがない香具師か、あるいは戦争映画を見たことがない香具師だな。わしは
涙腺が弱いこともあり、自己犠牲のシーンがあったりすると直ぐ泣く。てか、マ
ジで嗚咽して泣く。とくにその自己犠牲のシーンにヒューマンなドラマがあった
りすると、もうタオルびしょぬれ状態。で、正直、『硫黄島』ではわしはまった
く涙が出なかった。無理してどこかで泣こうと思っても涙出てこなかったわ。ま
あ、わしは『硫黄島』を見る前に硫黄島の戦いについていろんな本を読んでいた
こともあるし、いろんなドキュメンタリーを見ていたこともあるが、それが原因
で泣けなかったわけじゃないと思う。ハッキリゆって映画としてのクオリティは
低い。とくに戦争映画としてのクオリティはかなり低い。わしのような戦争映画
ヲタで『硫黄島』を高く評価している人っていないんじゃねぇかな、マジで。ま
あ、明日にでもオリバーストーンのwtcについてはわし独自のアングルからち
ょいと語ってみたいが、戦争映画を撮らせたらマジでオリバーストーンの右に出
るものはいない罠。とくにベトナム戦争を撮らせたらオリバーストーンの右に出
るものはいないわ。湾岸戦争絡みの映画もいくつか見たが、どれもドキュメンタ
リータッチのものばかりで映画という娯楽さに欠けている。てか、やぱ、湾岸戦
争ではなかなかヒューマンなところで戦争を「演出」することができないんだろ
うな。さて、電源ぷっちゅん♪すっかな〜。ふんじゃ〜な〜(^^)

498 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/18(火) 22:14:36 O
(´∀`)の姓名でやったら吹いたw

499 :仇鱒:2007/09/18(火) 22:20:49 0
>(´∀`)の姓名でやったら吹いたw
ははははは。(´∀`)の本名入力したら「金」の周りは「休」だらけだな。
いやはや、意外と「脳内メーカー」信頼できる鴨な(藁)

さて、マジで電源切るわ。ほいじゃ〜な〜。う゛ぁいう゛ぃ〜(^^)

500 :(´∀`)@リハ:2007/09/18(火) 22:22:46 0
こら

501 :逃走派:2007/09/18(火) 23:00:44 0
> Sons of Eve
青池保子だにゃ。昔、渋谷陽一のラジオ番組にゲストで出たことがあったなあ。
何を話してたか忘れたが。

502 :(´∀`)@リハ:2007/09/19(水) 05:28:39 0
さすが逃走派しゃん
ZEPのカバーバンドならEroicaとかいうんだろにゃ
ジェームズ君なつかしー

503 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/19(水) 06:16:51 0
>>477
>>466-467

504 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/09/19(水) 07:28:11 0
>>486
10ヶ国語くらいでやればいいじゃん

505 :仇鱒:2007/09/19(水) 08:07:22 0
やあ、おはよ。で、ちょいと時間がないが軽く朝練する。うむ。

まず、軽く>>504にレスするが、世界には今現在低く見積もっても3000から
5000も言語があるとゆわれているわけだ。そうゆった状況で10ヶ国語ほど
の言語を比較してもあんまりたいしたことがないとゆえる。で、もうちょいゆう
と、どんなに互いに関係のない言語であっても、抽象度を上げて比較していくと
「同じ」言語になってしまうのだよ。で、そうやって抽出できた全ての言語の最
大公約数的なものを「言語の普遍性」とゆってもええが、実は、そうやって得ら
れた普遍性は言語の本質を見失っている可能性があるのだよ。これはほんと大事
なことなのだよ。たとえばな、犬も猫も人も魚も抽象度を上げれば全部「同じ」
生き物になるわ。でも、そうやって抽出できた普遍性は実は生き物の本質を捉え
ていなかったりするわけだ(←実は生き物は種ごとにまったく違う生き物である
ということ)。だから、どのぐらいまで抽象度をあげるかというのが実は科学を
やる上では非常に重要だったりするのだよ。ただやみくもに抽象度を上げればえ
えとゆうもんでもないのだよ。



506 :仇鱒:2007/09/19(水) 08:09:09 0
で、昨晩、顔餅と逃走派しゃんの間で音楽ネタで盛り上がってる(?)からわし
もちょいとまじめなハナシで参加させてもらう。うむ。しかもジャケンドフ絡み
だ。で、えっと、ジャケンドフは音楽の文法に関する本も出している罠。で、そ
の本の中で、音楽文法にもジェネラチブなコンポーネントがあるとゆっているわ
けだ。つまり、音楽文法にも、言語文法の音韻論や統語論や意味論(てかjの言
い方だと概念論)に相当するものがあるとゆっているわけだ。で、具体的にゆう
と、音楽文法のジェネラチブなものとゆうと、grouping structureとmetrical
structureとtime-span reductionとprolongational reductionの4つがあるらしい。
で、前者2つは言語システムに似たものがあるが(←とくにprosodic systemに)
、後者2つに関しては言語システムにそのカウンターパートがどうもないらしい
。ちょっとこのあたりわし自身楽典に強くないし音韻論もよくワカランので何と
もいえないが、後者2つが言語に見られないところに音楽と言語の特性が隠され
ているのかもしれないとも思っている。

>青池保子だにゃ。
掃除機、誰だからワカラン。

あ、どうでもいいことだが、今度わしのホモページにちょいとまた動画うpする
わ。一つはわしの作曲したものだ(←ヘタレなロック調のインスト)。もう一つ
は上で紹介した「live in living room」だ。リクエストしてくれた人、メール乙。
うむ。さて、失禁してくるわ。てなことで、映画評論はまた今度。イーストウッ
ドの『星条旗』の評論もいつかしてやる。うむ。

507 :仇鱒:2007/09/19(水) 19:31:11 0
やあ、こんばんま。なんか残暑キビシイな。そんでもってちょいとやぱ気にな
るからイーストウドの『星条旗』についてまず書いておくわ。えっと、まずわ
しは『硫黄島』を見て、正直「なんじゃこりゃ」と思い、そんでもうひとつの
方(←『星条旗』)はマシなのだろうかと思って、『硫黄島』を見て直ぐに
『星条旗』を見たのだよ。で、一言、『星条旗』は駄作だ。ハッキリゆってイ
ーストウドには監督の才能がない。ぶっちゃけたハナシ、イーストウドは『星
条旗』と『硫黄島』を2本も撮らずに『星条旗』1本だけしっかり撮るべきだ
った。『星条旗』は回想シーンとかメチャクチャ。ちなみに『硫黄島』も回想
シーンがメチャクチャ。栗林中将の回想シーンがいつも留学時代のもので正直
意味ナッシング。それはそうと、『星条旗』にせよ『硫黄島』にせよあのよう
に撮るべきじゃないのだよ。まず、わしにゆわせたら、硫黄島での戦いは、ま
さに日本におけるベトナム戦争であったのだよ。ベトナム戦争では、ベトコン
がアメリカ兵をジャングルにおびき寄せ、そして草むらから射撃するわけだ。
硫黄島での戦争も同じである。摺鉢山までアメリカ兵をおびき寄せ、そして岩
山から一斉に射撃するのである。だから、まさにベトナム戦争のようなスタイ
ルで硫黄島の戦いを描かないといけないのだ。とはゆうものの、実はベトナム
戦争と唯一違うところがある。それは戦場に民間人がいるか否かとゆうことだ
。硫黄島には民間人がいなかったわけだ。つまり、硫黄島での戦いとゆうのは
、まさにプロの殺し屋同士の殺伐とした戦いであるのだよ。まさにボクシング
のような戦いであったのだよ。



508 :仇鱒:2007/09/19(水) 19:32:07 0
だからこそ、硫黄島での戦いとゆうのは、そーゆった硫黄島の特異性を全面に
出さなければいけないのだよ。たぶんこうゆった特殊案状況での戦いとゆうの
は古今東西ないのだよ。だからこそ、硫黄島の戦いはしかるべき人がメガホン
をとらなければいけないのだよ。マジでわしに誰かが100億円カンパしてく
れたら最高の硫黄島の戦いの映画をつくってやるわ。マジでイーストウドが硫
黄島の映画を撮ったから全て台無しになった。ほんと、マジで井筒のヴァカも
そうだが、頭の悪い香具師は映画を撮らんで保水わ。いや、マジでな。まあ、
それはそうと、一つの戦争を戦勝国と敗戦国から描くのであればオリバースト
ーンの一連のベトナム戦争の作品を参考にすべきなのだよ。正直、オリバース
トーンの作品はアメリカから見たベトナム戦争にせよ、ベトナムから見たベト
ナム戦争にせよ、ほんとよくできている。正直なところ、硫黄島の戦いをオリ
バーストーンが撮ったら全く違った形になっていたと思う。あ、そうだ、オリ
バーストーンで思いだしたが、オリバーはたしか南京の「虐殺」に関する映画
を撮るとかゆうハナシがあったな。もし撮るのならどう撮るか楽しみである。
うむ。あ、あと、あれだ、『星条旗』で唯一わしが「ニヤリ♪」としたところ
がある。それは、映画が始まって直ぐに、ヴァカな兵隊が船から落ちるシーン
があるのだが、アソコだ。で、映画を見た香具師は分かると思うが、その兵隊
は仲間に助けられることもなく海のもずくとなるわけだ。これを見てわしと同
じように「ニヤリ♪」と思った香具師はおそらく、軍の規律というのをちゃん
と理解していると思う。ちなみにこの軍の規律を知るのに一番いい映画は『プ
ライベート・ライアン』と『ブラックホーク・ダウン』だ罠。ま、前者はそこ
そこの映画だが、後者はそれなりにいい映画だ。うむ。

さて、メシ喰ってくるわ。うむ。

509 :(´∀`)@リハ:2007/09/19(水) 19:37:29 0
11/26のZEP再結成ロンドンライヴのチケットに2000万人が殺到ってのはすごいにゃ
かかりしゃんは行くのかにゃ?

ユーツベにELPのカルジャム74の映像がけっこううpされとるにゃ
ELPがトリでパーポーは前座ということで、リッチーが機嫌悪かった例のステージであるにゃ
ジョン・ロードは明らかにキースのステージングを意識しとったしにゃ
しかし見比べてみると、やはり貫禄が違い杉とゆーか、余裕のELPに対して
必死のパーポーと、ま、当時の勢力図はこんなもんであったにゃ


510 :仇鱒:2007/09/19(水) 19:44:10 0
>余裕のELPに対して必死のパーポーと、
↑ちょいとプンスカ。パーポーをヴァカにするとわしのバズーカ砲が炸裂
するぞ。うむ。さて、メシ喰ってこよっと♪らんら・らん♪

てか、zepのライヴだが、ジミーのギターがうまくなっていたら哀し
い(ワラ)やぱ、再結成なら当時のヘタウマじゃないとダメだ。うむ。

>リッチーが機嫌悪かった例のステージであるにゃ
あのステージはオープニングから中盤あたりまでリッチーのギターの
音があんまり拾われていないんだな。ほんともったいない。オープニング
のバーンにせよ、ちゃんと音が出てねぇし。でも、あのステージはいい。

511 :仇鱒:2007/09/19(水) 20:16:33 0
あ、そうだ、えっとわしは>>506で次↓のように書いたが、
>一つはわしの作曲したものだ(←ヘタレなロック調のインスト)。
ちょいと面白い実験をしようかと思っている。まあわしは虚無ちょーかんのよう
に作曲の才能がないからヘタレな曲もどきしか作れないが、ちょいとおもろいこ
とをやろうかと思っている。具体的にはできてからのお楽しみだが、わしのつく
った曲もどきで音楽ならびに言語の普遍性と個別性とゆうのをちょいと藻前らに
疑似体験してもらおうかと思っている。うむ。たぶん「えっ、ほんと!?うっそ
ー!」とゆう不思議な体験を味わえるハズだ。今ちょいと楽譜を書いているのだ
が、なかなかいい感じで曲がつくれそうだ。あ、ちなみにわしは楽譜読めないし
書けないんだな(ワラ)だから、わしの書く楽譜はわしにしか読めない特殊な楽
譜だけどな。ちなみに認知言語学のお絵かき仮説みたいな楽譜だけどな。ははは
はは。

で、えっと、ネ申田外言吾大の関係者からまたシンポのチラシが送られてきたが
、興味ある香具師は逝ったらどうかな。禿マンとティム喰えも来るみたいだしな
。えっと、日時は10/19−20だ。わしはワケあって10月と11月の土日
は仕事さばくために外出しないことにしていて欠席なのだが。うむ。

あ、あと、これまたどーでもええことだが、今日出勤途中で、電車乗り換えると
き丼川の姉さん@津田熟大と会ったわ。お互いに「をーっ!」とゆってそのまま
分かれたが。うむ。今度鉢合わせになったらお茶でも誘ってみっかな(ワラ)日
本語のセマンチクスについて小一時間問い詰めてみたいこともあるしな(藁)も
ちろんお茶する場所は松屋だが。うむ。


512 :かかりちゃん:2007/09/19(水) 22:52:06 0
>かかりしゃんは行くのかにゃ?

子どもの学校の送り迎えでいけないにょろ。すっかりマイホームパパにょろ。
やっぱ、オッサンが多いニョロかね。

513 :(´∀`)@リハ:2007/09/19(水) 23:18:25 0
今やイギリスの政治家の間で支持率No.1らしいからにゃ
皇室連中も列席するかもにゃ


514 :かかりちゃん:2007/09/20(木) 03:16:53 0
ぶらうん内閣は平均年齢40代ニョロし。ちょうど70年代にLP買っとった世代ニョロか。


515 :仇鱒:2007/09/20(木) 07:55:14 0
やあ、おはよ。ちょいと書くかなー。ま、あれだなー、イギリスにはほんと
ロックを築き上げてきたモンスターバンドがたくさんあるから、支持率ウン
ヌンじゃ語れないものがあるんじゃねぇかな。てか、なんでイギリスはあれ
だけのすげーバンドを輩出できたんだろうな。アメリカとの対抗意識があっ
たからかな?それともイギリスとゆう風土のせいかな?それにくらべて、日
本は同じ島国だがまったく違った音楽を生み出した罠。jポップだ。マジで
jポップはすごいジャンルになっていると思う。とくにここ15年ぐらいで
jポップは新しいロックになりつつあるのではないかと思っている。まあ、
ヴォゥイをjポップと位置づけていいかどうか分からないが、布袋のギター
のリフなんかはjポップの一つの頂点だと思うわ。まあ、あれだな、日本に
は四季があり、その四季の存在があのようなjポップのような「様式美」を
作り上げたとわしは思っているけどな。てか、あれだぜ、昔のjポップとゆ
うか歌謡曲なんかにはすげぇのが多かったけどな。中森明菜の『少女A 』の
ギターフレーズなんてマジでスゲェよ。あと、アンルイスの一連のヒット曲
も世界に通用すると思うしな。工房の時にお遊びでアンの『ラ・セゾン』を
演奏したらかなりうけたのを今でも覚えているわ。うむ。


516 :仇鱒:2007/09/20(木) 07:55:55 0
あと、あれだ、ここでちょいと言語学ぽいことを書くかな。で、あれだ、最
近の若いもんはipodとかで音楽聴いているよな。わしそーゆーガジェットは
もってねぇのだが。でだ、ipodとかって中で何も動いていないんだよな?何
にも動いていないのに音楽が聞こえてくるわけだろ。これってすげぇと思う
わ。マジで。カセットテープにせよレコードにせよ、cdにせよpcのハー
ドディスクにせよ、テープやら円盤が回ってはじめて音が出るわけだ。でも
ipodは何も動かないのに音がするわけだ。これは考えてみたらすげぇと思う
けどな。で、あれだ、時代はこうやって動かないスタイルにシフトしつつあ
るわけだ。言語学もいっしょだ。移動がどうたらこうたらとゆってる時代は
もう終わったわ。これからはipodのように動かさずに音(てか意味)を出す
時代なのだよ。まさに、移動なしの(つまり派生なしの)表示オンリーの
hpsgやlfg的な文法システムの時代であるのだよ。モノを動かしてあ
れこれやるのは20世紀の言語学だけだ。ちなみに紙にお絵かきして言語学
ぽいことしているのは旧石器時代のことな(←認知ぶんぽーやってる香具師
はクロマニヨン人(ワラ))。うむ。てなことで、仇ちゃんの映画評論の続
きはまた今度。ふんじゃっ!(^^)

あ、今日は空手の日だから、夜のカキコミは遅くなるわ。うむ。

517 :仇鱒:2007/09/20(木) 08:12:17 0
失禁前にひとこと。アンルイスを知らんケツのブルーなボンズどもよ。
コレ↓を見れ。
http://www.youtube.com/watch?v=We2sb7PWZxQ
女性ロッカーとはこーゆーの↑をゆうのだよ。アンルイスまんせっ!!!

さて、失禁してくるわ。うむ。

518 :仇鱒:2007/09/20(木) 08:20:23 0
ついでだ、これ↓もいっしょに水戸家。
http://www.youtube.com/watch?v=iuCipmyk_Fw&mode=related&search=

さて、マジで失禁してくるわ。糞じゃっ!

519 :仇鱒:2007/09/20(木) 08:32:19 0
ヴァカ野郎、ハァハァ♪しちゃって失禁できねぇじゃねぇか。
藻前ら、これ↓も水戸家。
http://www.youtube.com/watch?v=l5lXdO5QzX0&mode=related&search=
コレ↑がモノホンのjポップつーかjロックとゆうのだよ。
いやー、マジで久しぶりにハァハァ♪しちゃったわ。
言語学なんてやってる時じゃねぇぜ、、、。

やぱわしバンド組もうかな、、、。

さて、マジで逝くわ。時間ねぇから自家用ヘリコプターで逝くかな。うむ。


520 :(´∀`)@リハ:2007/09/20(木) 09:06:45 0
アン・ルイスは最近テレビドラマの主題歌に使われたりして
若いモンにもわりと知られているんでないかにゃ
ま、歌謡ロックの王道つーか、実は実力派のミュージシャンを
バックに従えて本格的なロックを聴かせておったにゃ
オジーと組んでいたジェイク・E・リーも参加しとったしにゃ
いまやkinki kidsのバックでインベーが弾く時代だけどにゃ
ご近影w↓
ttp://dimora.jp/dc/pc/special/ann.html


521 :かかりちゃん:2007/09/20(木) 17:21:11 0
iPodはhd入りのやつもあるにょろが。



522 :逃走派:2007/09/20(木) 19:59:10 0
つか
・四季があるからJpop
・モーター使わないから移動無しの表示システム
って、そりゃないよー仇しゃん

523 :仇鱒:2007/09/20(木) 20:38:07 0
やあ、こんばんみ。

やいやい、またpcあぼん♪しちまって今日ずっとインストールしまくって
ますたよ。1週間に2度もリインストールなんてシャレにならんわ、、、った
く。最近、「あ、なんか挙動変だな〜」と思ったとたんに日本語の変換ができ
なくなってもうそれ以降は「だみだこりゃ」だ。まあ、わしはある意味pcの
ヘビィユーザとゆうこともありしゃーねぇーかもしれんが、、、。で、ちょい
とカルメンれすポン酢する。うむ。

>アン・ルイス
正直アンルイスは美人だと思う。おまけに歌もうまいし。マジでゆうことない。
最近の若いボンズどもは岩崎宏美じゃなくて浜崎あゆみに萌えてるようだが、
正直、全ての点においてアンルイスの1/100の魅力もないと思う。てか、
今見てもアンルイスはやぱいいなー。おばあちゃんになっても美人だよな、い
やマジで。

>iPodはhd入りのやつもあるにょろが。
ツッコミ乙(ワラ)

>そりゃないよー仇しゃん
たしかにそりゃない。うむ。でもアノjポプの歌謡曲ぽいロックは何なんだろ
な。演歌だったらいわゆるヨナヌキ(←fとbの音を抜いたスケール)で説明
できるのだが、音楽理論的にはjポプのアノ感じはどう説明できるんだろうか、
、、。誰か音楽に詳しい香具師解説ヨロ。


524 :仇鱒:2007/09/20(木) 20:39:43 0
で、せっかく逃走派しゃんが出てきたからちょいとまたジャケンドフネタで
吊ってみたい。うむ。吊れるかどーかワカランが(ワラ)で、えっと、せっ
かくだからハナシの流れからジャケンドフと語彙主義(←hpsgやlfg
)のハナシと絡めてみたいと思う。えっと、逃走派しゃんは分かってると思
うが、ジャケンドフは語彙に対してかなり面白い考え方をしている罠。どー
ゆー考えて方をしているかとゆうと、語彙はインターフェイスだと考えてい
るわけだ。何のインターフェイスかとゆうと、音韻構造と統語構造と概念構
造のインタフェイスだと考えているわけだ。だからこそ、実はジャケンドフ
のシステムではレキシコンが不在であったりするわけだ。で、これって、あ
る意味gbにおけるs構造とパラレルに考えれるかな〜とも思うのだよ。と
ゆうのも、gbにおいてs構造とゆうのは、ある意味、d構造とlfとpf
のインタフェイスとして機能していたから。あと、あれだ、s構造は言語計
算の解と考えられていたわけだが、これと同じく、ジャケンドフのシステム
でも、ある意味、語彙を見れば言語計算の解が分かるとゆっているようなも
のだと思うだよ。で、これってある意味、究極の語彙主義だと思うだよ。つ
まり、hpsgやlfgよりもっと語彙主義的だと思うのだよ。そんでもっ
て実はジャケンドフはチョム流の生成ぶんぽーや認知言語学に近いとゆうよ
りも、時通はhpsgやlfgと精神的には近いのではないかと思ったりし
ちゃったりするのだ。

で、えっと、今日はもうこのまま電源ぷっちゅん♪しちゃうから映画評論は
また今度な。うむ。てなことで、糞じゃっ!(^^)さて、風呂入ってアノ糞
ロンブン読んでスタジオ(←物置兼わしの仕事部屋)に籠もって録画するか
な。うむ。


525 :/:2007/09/20(木) 22:23:18 0
>>524
ジャッケンドフ自身、Foundations of Languageの425ページで
「The move that most decisively sets the present framework apart from
mainstream generative grammar is its treatment of the lexicon as an
essential part of the interface components. … Here we concur with
some of the constraint-based frameworks, especially HPSG.」
と言ってますね。

526 :(´∀`)@リハ:2007/09/20(木) 22:36:10 0
だからJはダメなんだにゃ
語彙主義と反語彙主義の違いがそのまま言語進化観の違いにも反映されている、
という点については来月の言言吾参照w
しかしインターフェイスであるということは、いわゆる文法モジュールとしての
レキシコンは否定しているわけにゃから、その点では反語彙主義でもある罠ゃ

527 :(´∀`)@リハ:2007/09/20(木) 22:41:39 0
CDラック探したらアン・ルイスのCD3枚とDVD1枚出てきますたー

528 :逃走派:2007/09/20(木) 22:55:41 0
あい、せっかくの、もたいまさこ似の仇しゃんお吊りですから吊られますよん
>>524
> だからこそ、実はジャケンドフのシステムではレキシコンが不在であったりするわけだ。
いやそうはならないんじゃないかと。レキシコンは、コレスポンデンスルールズの集合と、
定義が変わっただけですよん。

で、語彙主義と近いというかスラッシュしゅあんが引用しているHPSGへのシンパシーだけど
語彙項目エントリーがコレスポンデンスルールであるという、おそらく構文文法に触発された
アイデアと、統語をはじめとする階層的体系が派生的ではないとする主張の間には
論理的な必然性を示す関係はなく、あるのは、私憤というか私怨というか、
ちょっとした逆切れであって、例えば統語を派生的でないと主張するには
simpler syntaxでのsimpler syntax hypothesisのような、新たな、分析方針に関する
仮説が要求されるのじゃないかと思うのですよ。いや、あの仮説が間違っているとか
言ってるわけではなくって、仮説である以上、優劣は経験的事実の説明と
説明の深さと射程の広さとかいった、おなじみの基準で決まる(はず)と、それだけですが。

529 :逃走派:2007/09/20(木) 23:01:29 0
あや、顔文字しゃんが書き込んでたw

スラッシュしゃんが引き合いに出したFLだけど、あそこでのJの言語進化の
話は正直、がっかりだった。言語にも化石があるとか言い出して、一瞬、オオッ!
と思ったのだが、言ってることが、(多分不正確だが)やれ複文化がすすんだとかモダリティの部分が
生じたとかで、そりゃ違うだろって、進化の話で、こういうこと書いたら
勘違いしゃんが増えるだろうって、がっくしきたのだった。Jは好きなんだが、
ツンデレ的でもあったりするのだった(自虐笑)

530 :逃走派:2007/09/20(木) 23:06:03 0
アンルイスだったら「六本木心中」だべ?
ちょっと前に吉川こうじと一緒にやったのをyoutubeで見つけたのだが、
もう一度見ようとしたら削除されてた。大沢ヨシユキの「そして僕は途方にくれる」
も消えてて泣きそうになったw

531 :/:2007/09/20(木) 23:16:43 0
>>528
語彙項目を統語・音韻・意味の三者の間のコレスポンデンスルールと見る
ならば、統語構造→音韻構造、統語構造→意味、という派生は、必然的に、
存在しないことになります。ここのつながりには論理的な必然性があります。

統語構造自体が、proof-theoreticに、派生の結果として生成されるもの
であるかどうかは、当然、別問題です。

532 :逃走派:2007/09/20(木) 23:33:30 0
>>531
そこは完全同意! syntactico-centricだっけ、あれはちょっとおかしいだろう
ってのは同意。

問題は例えばsyntax内部で、そこが派生的であるかそうでないかは、直接、Jの
トライバータイトのシステムとは関係ないということなんですよん。だから、
考え方しだいですが、トライパータイトであっても、syntaxはミニマリストというのも
アリじゃないかと。さらにはコレスポンデンスの語彙項目自体も、ヘイルカイザー的に
ディコンポーズしちゃっても全然、矛盾しないだろうと。もっと推し進めて
DM的にコレスポンデンスルールはインデックスだけにして、その指標をアンカーにして
あちこち語彙をばらしても問題なかろうと、なんてねw

533 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/21(金) 00:12:42 0

┌ ACG ─ CG ─ GPSG ┐
└ CCG ─ GG ─ HPSG ┘

534 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/21(金) 04:43:51 0
05:50 ズームインSUPER[4]
08:30 はなまるマーケット[6]
09:55 ラジかるッ[4]
11:50 3分クッキング[4]
12:00 笑っていいとも![8]
13:00 家に五女あり[6]
13:30 お・ばんざい![6]
13:55 ザ・ワイド[4]
15:58 エンジン(再放送)[8]
17:00 NNN News リアルタイム[4]
19:00 ぐるぐるナインティナイン(ゴチになります8)[4]
20:00 きょうの健康Q&A(見逃せない!腸のトラブル)[3]
21:00 中居正広のキンスマ!スペシャル(大食い女王・ギャル曽根の真実)[6]
23:00以降は未定

535 :仇鱒:2007/09/21(金) 07:52:23 0
やあ、おはよ。マジで仕事がどとーもーどになってきてメモリ不足気味だ。脳み
そフリーズ寸前かもしれん。そんなこんなの糞刻みの生活を送っているわしだが
ちょいとレスする。うむ。で、あれだ、ちょいとまとめてレスさせてもらうけど
、ジャケンドフのシステムにおけるレキシコンって表示みたいなもんなのかな?
つまり、規則の適用場所って考えてええのかな?レキシコンが文法の各サブモジ
ュールのインタフェイスに組み込まれているのはいいとして、それって結局レキ
シコンって表示の一部になったってゆうことでええのかな?つまり、上でもちょ
ろっと書いたが、jのシステムだとレキシコンは生成システムと考えてないわけ
だ。つまり、なんとゆうか、各サブシステムのトランスレーターとしての働きし
かしてないと思うのだよ。だからこそ、レキシコン内部にある語彙項目をみれば
、そこにはいろんな情報がまさに普遍的な言語で書かれていて、すべて分かるよ
うになっていると。で、もしそうだとすると、逃走派しゃん@>>528のゆうよう
に、定義が変わっただけではすまないような希ガスるのだよ。繰り返しゆうが、
従来はレキシコンとゆうのはコンポーネントでもなくそういった意味では文法シ
ステムの外側にあったわけだ。で、コンポーネントじゃなければ表示かとゆうと
そうも考えられていなかったわけだ。でも、上のわしのような考えが正しいとす
ると、jはまさにレキシコンを表示と捉えていることになり、これは画期的な発
想だと思うのだよ。第一、今までlfやpfとナローシンタクスのインタフェイ
スがどうなっているか分かっていなかったところに、「インタフェイスとはレキ
シコンだ!」とゆうテーゼをぶち上げたのであれば、これはマジでスゲェことだ
と思うから。ただ、jのシステムではそもそもいわゆるlfとpfがナローシン
タクスとデリベーショナルにはつながってないから上のわしの解説がそのままj
のシステムに翻訳できるわけではないのだが。まあ、このあたりのことは各自頭
を使って考えて栗。ちょいとハナシが入り組んでいるからな。


536 :仇鱒:2007/09/21(金) 07:53:29 0
>スラッシュのおっさん
そくざにjの本をチェックして栗てthx。

>CDラック探したらアン・ルイスのCD3枚とDVD1枚出てきますたー
えらいっ!顔餅を見直した(ワラ)

>もたいまさこ似の仇しゃん
イタイところをつかれた、、、言われてみれば似ている鴨、、、。

>アンルイスだったら「六本木心中」だべ?
荻野目洋子の六本木純情派もわしの一押し。うむ。てなことで、逃走派しゃん
にはコレ↓をプレゼントしてやろう。たぶんハァハァ♪してもらえると思うww
http://www.youtube.com/watch?v=swi80BGSMms

>┌ ACG ─ CG ─ GPSG ┐
>└ CCG ─ GG ─ HPSG ┘
GGとCCGの間にCCB↓が抜けている。
http://www.youtube.com/watch?v=iwDUSXCUEhA

>中居正広のキンスマ!スペシャル(大食い女王・ギャル曽根の真実)
正直、ギャル曽根だけは女房にしたくないな。エンゲル係数が天井知らずだ罠。
てか、総じてギャルっておもろい生き物だ罠。

てなことで、映画評論はまた今度な。もう失禁してくるわ。糞じゃ〜な♪てか、
もうすぐ10月だとゆうのにこの残暑はなんなんだ、、、。夏日だよ、、、ったく、、、。



537 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/21(金) 10:06:57 0
DMも、
>インタフェイスとはレキシコンだ!
と言わざるを得なくなるのでは?

538 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/21(金) 14:15:31 0
やせの大食いは、う○こがでかい。ギャル曽根の排出量は相当なものかと。

539 :仇鱒:2007/09/21(金) 19:41:05 0
やあ、わしだ。ちょいと彦頁だすな。うむ。

>>537
てか、むしろ「シンタクスはレキシコンだ!」だ罠。

ちゅーか、今ちょいとある本を読んでいるのだが、次↓のような文があったの
だよ。
the limitless range of topics and processes prevents there being an
unassailable convention, so how might you start?
上↑のような文が実際存在するとゆうことは、preventは虚辞のthereを目的語
としてとれるのだな。

あと、あれだ、>>538のカキコミを見てふとゴルァの『不都合な真実』を思い
出したわ。ま、『不都合な真実』については賛否両論あるが、アレは見て損は
ないと思うわ。まあ、ちょっとだけ語ると、あれだな、チョムの『マニュファ
クチャリング』よりもできはいいわ。『マニュファクチャリング』も人道的な
問題と政治的な問題を扱っているわけだが、この2つの問題の相関性を知るに
は『不都合な真実』の方がいいわ。あと、あれだ、ゴルァの講義風景を見てプ
レゼンのノウハウを知るのもええ罠。マジでゴルァはプレゼンうまいわ。で、
なんで>>538を見て『不都合な真実』を思い出したかとゆうと、「排出量」の
デカさだ。ははははは。アメリカはco2の排出量が世界ナンバーワンだが、ギ
ャル曽根の排出量もたぶん世界ナンバーワンだろうしな。うむ。てか、一気に
10kg喰ったら10kg出さんといけないわけだが、10kgつーたら、藻
前ら、米1袋分だよ。いや、マジで。蛆虫のエサとしては1年分ある罠。うむ
。てなことで、蛆どもカマン!(藁)


540 :仇鱒:2007/09/21(金) 19:45:26 0
あ、そうだ、『不都合な真実』 の最初の方で、ゴルァが次↓のMark Twainの
ことばを引用している罠。
What gets us into trouble is not what we don't know.
It's what we know for sure that just ain't so.
いいことばだよ。うむ。ま、そんなところだがなんか脱力モードだからまった
り逝くぞ。をぅ!

541 :(´∀`)@リハ:2007/09/21(金) 23:01:05 0
ギャル曽根の裏番組がホタルの墓とはまた笑えるにゃ
毎日6〜7回ンコすると言ってたにゃが、ある意味裏山水
カレー食ってそのまま出てきたりしてにゃ ウェップ

542 :/:2007/09/21(金) 23:23:50 0
>>539
「They prevented there from being a riot.」というような言い方もできる
ことが以前から知られていて、最近では、Paul Postalが、
http://www.nyu.edu/gsas/dept/lingu/people/faculty/postal/papers/skeptical/
に置いてあるSkeptical Linguistic Essaysの第2章、A Putatively Banned Type of Raising
の中で論じています。

543 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/22(土) 05:04:30 0
人間は、概念を個人的に形成できる。
その概念は、無意識に単純化(形式化)できる。
しかも、共有できる形で表現できる。
電気があれば、何でもできる。
水素があれば、何でもできる。
ATPがあれば、何でもできる。

544 :仇鱒:2007/09/22(土) 08:16:00 0
やあ、おはよ。なんかいまいちやる気ねぇから脱力気味のレスポン酢な。うむ。

>毎日6〜7回ンコすると言ってたにゃが、ある意味裏山水
コレ↑はホンマか、、、。だとしたら、寝ている時を除けば、3時間に1回は脱糞
していることになる罠。いやはや、スゲェわ。てか、ヴァカ喰いしたときも一日に
6−7回ウソコするとしたら、1回の量が1kg強はあるわけだ。あまりリアルなハ
ナシはしたくないのだが、1回に牛乳パック1ヶ分ぐらい出るわけだ。いやはや、
スゲェわ。てか、あんなに喰って体こわさんのかな?いや、マジでな。 子供産め
ない体になっちゃいけないからもうやめた方がええと思ってるのはわしだけか?ま
、余計なお世話だ罠。ギャル曽根はアレでメシ喰ってるんだからな。

>>542
情報提供乙。てか、スラッシュのおっさんは、ほんといろんな情報もってんな。で
、紹介してもらった2章だが、ちょいと長いな。40頁近くあるからすぐにとはい
かないが、せっかく紹介してもらったからいつか読ませてもらう。で、これ↓だが、
>They prevented there from being a riot. ー(ア)
これ↓も桶なのかな?
They prevented a riot from being. ー(ダ)
もし(ダ)がダメだとしたら何かおもろいことがゆえる鴨しれんな。

>>543
>愛があれば、何でもできる。

てなことで今日もこれから失禁せんといかんから。映画評論(←wtc)はまた今
度な。糞じゃ〜な〜♪

545 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/22(土) 23:48:17 0
チュー空間から来た単純系のギャルで〜す。
胃下垂だけど、大食いで頑張ってま〜す。

546 :かかりちゃん:2007/09/25(火) 02:52:17 0
>>400番台の最初の方に戻るニョロが、

MerchantのP-strandingについて最後の方にちょろりと書いてある論文をうpしといたにょろ。
要は>>410にも書いた通り、
1英語でstrandできないPもsluicingでstrandできる
2Brazilian Portogueseなどの反例もある
3BPやマラガシーだけでなく、まーちゃんがP-stranding generalizationに従う典型例
としているPolishやGreekなんかも、実際にnativeに聞いてみるとsluicingした例のほうが
かなりいい。

と。特に三つ目のポイントは不可解ニョロ。POLISH/GREEEKで、マーちゃんは
i) *She spoke with someone, but I don't know who.
ii) *Who did she speak with?
としているけどi)は悪くないと。ポーランド人3人とギリシア人4人に聞いたけど
ii)は問題外に*、i)はかなりよいと。

547 :かかりちゃん:2007/09/25(火) 02:59:36 0
かなりよいどころか、greekでは全員が「ふつうにi)は言うだろう」ってことだったにょろ。
判断では「先に言っちゃった者が勝つ、あとから判断が違うというのは失礼」という雰囲気も
あるけれど、これだけ明らかに違う判断がでるのはマーちゃんのやり方に疑問を感じざるを
得ないニョロ。そもそも>>410の事象はchung et al1995に出ているのだからP-stranding
generalizationを論じる際に並列して論じられるべきだとおもうにょろが、それについては
あんまり関心がないようにょろ。

ところで論文うpは大学のサイトにリンクがあるにょろが、学部のサイトに
顔写真が載せられてしまったにょろ。嫌だとはっきり言ったのだけど、
学部の方針ダカナンだかで。写真についてはコメントしないように。

548 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/25(火) 04:53:31 0
ちゃんこ、何味?

549 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/25(火) 05:01:10 0
FBI超能力捜査官 第12弾(NTV 21:00)
芸能人が依頼!父親を捜索 ほか

田村・麒麟

550 :仇鱒:2007/09/25(火) 08:24:40 0
こっちにも彦頁を出す。うむ。

>ポーランド人3人とギリシア人4人に聞いたけど
ポーランド人とギリシア人は英語のネイチブなのか?

>写真についてはコメントしないように。
反証可能性のある顔なら反論してやる。うむ。てか、かかりの実名と職場名で
ググっても何も出てこなかったぞ。もしかしてグーグルから削除されたのか?
(←そんなこたぁねぇ罠←でもどーゆーわけか検索にひっかからなかった)

>ちゃんこ、何味?
ちφんこ、何味?

>田村・麒麟
富士テレビの「そっくりものまね!」をわしは見ようかと思う。うむ。

さて、失禁すっぞ!ゴルァ!!!!!

551 :仇鱒:2007/09/25(火) 08:43:36 0
>ポーランド人とギリシア人は英語のネイチブなのか?
ほら、急いで読んだから読み間違えたじゃないか、、、ったく、、、。
次↓の例はポリシュとグリークに読み替えるのだな。
>i) *She spoke with someone, but I don't know who.
>ii) *Who did she speak with?
さて、マジで失禁すっぺ。うむ。

552 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/25(火) 14:12:02 0
ttp://www.york.ac.uk/depts/lang/people/index.htm

553 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/25(火) 16:05:09 0
かかりちゃんがどこの大学に勤めているか分からないと論文が読めないのが残念にょろ。

554 :かかりちゃん:2007/09/25(火) 17:10:30 0
>>553 一度、眼科にみてもらうように。

555 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/25(火) 17:11:03 0
>>553
>>552を参照、だがPDFで公開しているということは、論文のDL先をここに直リンしてもらった
方が早いのかも。

556 :かかりちゃん:2007/09/25(火) 17:31:26 0
ちゅーかリンクを出すなにょ。

557 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/25(火) 17:46:08 0
>>552のリンクの職員(people)の欄を見ても
かかりちゃんと思わしき日本人の名前が見当たらないにょろ。
やっぱり眼科にいったほうがいいにょろ。

558 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/25(火) 17:55:49 0
>< あちゃー

559 :仇鱒:2007/09/25(火) 18:00:05 0
>>552
グッジョッ!藁嗤藁嗤藁嗤藁嗤藁嗤藁嗤藁嗤藁嗤藁嗤藁嗤藁嗤藁嗤www〜

>>558
やぱ「あちゃー」だよなwwwwwwwwww〜


560 :かかりちゃん:2007/09/25(火) 18:30:14 0
どういう目をしとるにょろ?仇でも分かるだろうニョ。

561 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/26(水) 00:25:13 0
ちゅーか、このかかりちゃんの議論はまーちゃんには随分と痛い話なんだろな。

つーのもsluicingがPF-deletionって話は、wh-movementの特性がTP部分を削除しようが
しまいが同じ(つまりp-strandingを許す言語ではsluicingでもp-strandingがオッケー。vice versa)
っていうこのgeneralizationに依るところが随分と大きいからね。

Chung et alはまーちゃんのアドバイザーだったので、まーちゃんにも反論の素地はあるのかね?
それとも、この問題は保留にしたままなのかしら?

562 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/26(水) 01:28:06 0
黒田航
徹底した用法基盤主義の下での文法の個体獲得:
「極端に豊かな事例記憶」の仮説で描く新しい筋書きとその含意
http://clsl.hi.h.kyoto-u.ac.jp/~kkuroda/papers/la-with-rich-memory-full.pdf

563 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/26(水) 01:51:00 0
その方の文章を読む度に、つくづく生成やっててよかったと思える。

564 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/26(水) 02:05:12 0
福仇総理は、タモリみたいで、つまらない。
NHKで、閣僚記者会見やってる。

565 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/26(水) 02:32:57 0
仇生太郎

566 :かかりちゃん:2007/09/26(水) 05:04:38 0
というかまーちゃんのような20カ国語近くのcross-linguisticsなresearchをやると、
なかなか判断のレベルでの異論が唱えにくいニョロ。まーちゃんのギリシア語の
判断はギリシア人言語学者の間では有名なほどに??だったりする。けど、
そのギリシア人にも「ほかにポーランド語もあるし、ドイツ語もあるし、
フランス語etcもP−stranding generalizationにconsistentなのか」と思わせちゃうので
反論がしにくいにょろ。今回はまーちゃんが無視している既知の英語の例>>410
あったのでそれに3カ国語(BP、Greek、Polish)をあげといたけど、
それ以外にもマラヨポリネジアン系言語とか、マンダリンも反例になるらしいのは
知られているニョロ。

567 :かかりちゃん:2007/09/26(水) 05:13:04 0
これからドイツ語とかほかの言語の調査したいにょろが、時間もかかるし下手すると
お金もいるかもしれんニョロ。

chungなんか最近の論文でマーちゃん本を「most sophisticated analysis of sluicing to date」とか
いって持ち上げとったニョロけど、あっしには何がsophisticatedなのかさっぱり分からんにょろ。

ellipsis under semantic identityってのは間違いだし、そもそも「ellipsisはPF-delだ」というのなら
なぜ理論が許している可能な分析であるLF copyがないのか、原理的な説明をしないと、
「ellipsisはLF copyじゃない」とstipulateしているだけになるにょろ。
あの本で正しい、ないしはsolidな議論していると思われるところは基本的にないにょろ。

それにもかかわらずchung等から大絶賛されているというのは分野として不健全で
あることを示しているようにも思うニョロ。結局、内輪なのかにょろ。

568 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/26(水) 06:43:48 0
上戸彩構文
http://w.minx.jp/u/album_detail.php?id=boncurryh152&cn=3&dn=1&seq=30573&r=0

569 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/26(水) 06:49:05 0
下戸仇

570 :仇鱒:2007/09/26(水) 08:04:25 0
失禁前にちょいとコッチにも書くかな。てか、昨晩は夢にツチノコ@かかりの顔写
真が出てきてうなされてしまったよ(ワラ)ま、それはええとして、福仇総理てか
福田草履はタモリ似とゆうよりは、ココ↓でもゆわれているように、どちからとゆ
うとのび太くん似だよな。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070925-00000019-scn-cn
てか、福田は半島ならびに大陸と「対話」していくようだが、ほんと平和ヴォケと
ゆうか外交がヘタとゆうか正直わしは猛烈にガッカリだよ。マジでな。ヤツらと
「対話」したって金をむしり取られるだけだよ。ったく、、、。で、仇生太郎 てか
麻生太郎だが、香具師は次期総理確定だ罠。麻生が132の国会議員の票をゲット
したことはこれはスゲェことだよ。福田は正直ツナギでしかない。本命は次期総理
の麻生だ。口が曲がっていようが性格が曲がっていようが麻生にはぜひとも今後と
も大いにがんがってもらいたいと思う。うむ。で、下戸仇構文じゃなくて上戸彩構
文だが、いやー、>>568が紹介してくれたURLみて藁ってしまったわ。てか、そ
れはネタなのかどうかしらないが、もしほんとーにどっかのガッコウの板書ならな
かなかいいジュギョーになったと思う。まあ、あれだ、認知スレでも今朝ちょいと
書いたが、メタファが認知レベルでほんとーに生きてくるのは実は構文のレベルだ
とわしは思うのだよ。認知ぶんぽーがゆうような語のレベルなんかじゃないのだよ
。語のレベルのメタファは用法基盤的に説明できるわ。その一方、構文レベルのも
のに関しては用法基盤ではなかなか説明つかないと思うわ。第一、英語にある同族
目的語構文が日本語の上戸彩構文に現れるなんて用法基盤レベルでは絶対に説明で
きねぇと思うしな。まさに、ヒトに共通するなんらかの認知的基盤があり、それが
英語では同族目的語構文として具現化され、日本語では上戸彩構文として具現化さ
れただけだと思うわ。だからこそ、「同族目的語構文は上戸彩構文なり」とゆうメ
タファが可能になるのだよ。ま、そんなこんなで、認知ぶんぽーはもしかしたら、
いつか生成ぶんぽーに吸収される鴨しれねxせ罠。ははははは。さて、失禁してき
まつよ。うむ。糞じゃ〜な〜(^^)

571 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/26(水) 13:44:20 0
>>570
>麻生太郎だが、香具師は次期総理確定だ罠。

自民党が選挙で勝てばの話だがw

572 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/26(水) 20:49:05 0
まーちゃんのp-stranding generalizationが仮に事実だとすれば、なかなか面白かったんだけどな。

でも、彼の理論のその後を見ていると、PF-deletionで突っ走るのは難しいんだろなって気がするな。

PF-deletion under semantic identityと言っているわりには、syntaxでe(llipsis)-featureを仮定しないと
いけないようになっているし、そのメカをワークさせるためには、e-featureはインターフェイスで関連する
先行詞部分と意味的に同一になるということが前もって保証されていないといけないし。

しかも、e-featureはPFとLF用に別個に規定しないといけなさそうなので、メカとしてあまりきれいだとは
言えないと思うんだけどな。

573 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/27(木) 04:27:36 0
タモリ
ttp://image.blog.livedoor.jp/nitenplus/imgs/5/7/57de6fb3.jpg

574 :仇鱒:2007/09/27(木) 06:38:40 0
おはよ。なんか認知スレで相手にされなくなったからまた巣に戻りますた。はい。
そんでもって軽くレス。

>タモリ
ワロータ。いやはや、gjだ。ま、でもあれだなー、>>570のわしのカキコミと合
わせると、のび太くんのめがねを黒くするとのび太はタモリになり、タモリのグラ
サンを透明にするとのび太になるわけだ。なんかパラメータのセッティングみたい
だな。ははははは。

てか、あれだな、削除現象だが、ムズーだよな。元々何かがあって派生の途中の段
階でなくなり意味部門で削除したものを解釈するのか、あるいは元々何もないとこ
ろに意味部門で意味を補ってやるのかはなかなかワカラン罠。仮に削除されている
として、削除される箇所をシンタクスじゃなくpfだと仮定したところで、そもそ
もpfとゆうワケワカンネーところで削除を想定してもワケワカンネーしな。あと
、仮にシンタクスで削除されているとしても、その削除が他のシンタクティカルな
統語操作と同じような制約に従うのかも考えんといかんがこれがまんどくさい仕事
だったりする罠。そんでもって、いずれにせよ削除された空の要素の意味解釈を考
えないといけないのだが、それをlfで行うのなら統語的な制約も考えないといけ
ないが、これがまたまんどくさかったりする罠。ナローシンタクスには見られない
lf独自の規則的なものを場合によっては想定しないといけなかったりするしな。
それに、仮に意味部門で意味解釈するにしても、意味部門はもはやシンタクスじゃ
ねぇからほとんど論理記号を操作することになっちゃうが、そうなるとそれは本来
の目的からズレてきたりしちゃうしな。ま、そんなこんなで削除関係はある程度デ
キル香具師じゃないとつとまらんかったりする罠。ま、わしは比較構文にちょいと
嵌ったこともあり、削除絡みの難しさはそれなりに分かっているつもりだが、削除
現象はおもろいけどしんどい罠。うむ。てか、なんかかったるい。うみゅ。

575 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/27(木) 07:25:12 0
「〜を目にする」は何構文ですか?

576 :仇鱒:2007/09/27(木) 07:43:28 0
ちょいと吊られる。うむ。

>「〜を目にする」は何構文ですか?
まあ、たとえば「目薬を目にする」を考えると、可能性としては次↓の2つが考
えられる罠。
(1)[目薬を][目に][する]
(2)[目薬を][目にする]
つまり、(1)では、「する」が2項述語であると考えていて、項として「目薬を」
と「目に」の2つをとっているわけだ。その一方(2)では、「目にする」が1項
述語であると考えていて、項として「目薬を」を一つとっているわけだ。で、まず
(1)から考えてみると、「する」が2項述語とゆうのはかなり違和感があるよな
。で、そんでもって仮に(1)の分析がボツだとして(2)の分析がイケてるかと
ゆうと、「目にする」とゆう「複合」動詞があるとはちょっと考えられない罠。そ
ーゆーことで、(1)の分析も(2)の分析も逝けてるとゆうことになるのだが、
さて、みんなで代案を出してみよー!だ。ははははは。てなことで失禁してきます
でつ。はい(^^)


577 :仇鱒:2007/09/27(木) 08:02:55 0
失禁直前だがもうちょい書いとくかな。えっと、日本語の基本語順は次↓のようであ
ると考えられているわけだ。
(ア)「〜に」「〜を」チョメチョメした
そう考えると、「目薬を目にした」は次の基底構造をもっていたと考えられるわけだ。
(ダ)目に目薬をした
で、これ↑ではまだ>>576で書いた(1)と同じような問題を孕んでいるワケだ。だっ
て、(ダ)は依然として次↓のように分析できるからな。
(マ)[目に][目薬を][した](cf. >>576の(1))
で、そこで「目薬する」とゆう慣用的な表現があることに注目するわけだ。そうする
と、(マ)てか(ア)はさらなる基底で次のような構造をしていた可能性があるわけだ。
(ス)[目に][目薬した]
で、この↑場合「目薬する」が1項述語でその項として「目に」という場所句をとって
いるわけだ。そんで、派生の途中の段階で、「目薬した」の「目薬」の部分が独立した
名詞「目薬」に分離するわけだ。そうなると、派生の途中の段階で次↓のような構造が
得られるわけだ。
(キ)[目に][目薬][した]
で、上の構造には「目薬」とゆう名詞があるが、格がないから格フィルターに抵触して
しまうわけだ。そこで、(ア)のデフォルトなフォーマットに即して、「目薬」に格助
詞の「を」がくっつき、次↓の構造が生成されるわけだ。
(モ)[目に][目薬を][した]
で、最後にスタイリスティック・ルールであるスクランブリングが「目薬を」に適用さ
れ、表層構造の次↓の文が生まれるわけだ。
(イ)目薬を目にした
ま、これが「アダマスキモイ」の派生である。うむ。失禁してくるわ。糞じゃ!

578 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/27(木) 09:35:24 0
こんなヴァカはめったに目にしないな

579 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/27(木) 10:28:58 0
いやな噂を耳にした・イヤリングを耳にした
のろいの言葉を口にした・名物の珍味を口にした・刺青を口にした

580 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/27(木) 13:36:15 0
鼻にするとはなぜ言わない

581 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/27(木) 22:21:20 0
手にするとはいうが足にするといわないのと同じ。ヒトにとっての重要度の違い

582 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/28(金) 02:37:29 0

もう幾つ寝ると お正月?

583 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/28(金) 03:55:09 0
>>みんなで代案を出してみよー!
>>577では「目に目薬をする」という文について

(1a)「する」は二項述語ではない(>「する」が2項述語とゆうのはかなり違和感があるよな )。
(1b)「目に」は「する」の項である。
(1c)「目にする」という複合動詞はない(「目にする」とゆう「複合」動詞があるとはちょっと考えられない罠)。
(2a)「目薬する」という言い方がある(>そこで「目薬する」とゆう慣用的な表現があることに注目するわけだ)。
(2b)「目薬する」は一項述語である(>この場合「目薬する」が1項述語で)。
(3)「目に目薬をする」は目薬するという一項述語が「目に」という項を取ったものであり
、「目薬を」は「目薬する」の目薬の部分が分離したものである。

と述べている。しかし(1a)と(1c)は正しいとして(1b)はおかしい。
項とは文が成り立つのに必要な名詞句の数である。
「目薬を目にする」は「目薬をする」だけで文が成り立つ。
「する」の項は「目薬を」だけで「目に」は含まない。
また(2a)は「目薬する」を口語的な助詞の省略によるものとみなさずに
「目薬する」という一つの語があるかのように仮定しているのもおかしい。
「どこいった?」の「どこいく」は一語だろうか?いやこの文は「どこにいった?」に等しい。「に」が省かれている。
「何食べる?」の「何食べる」は一語だろうか?いやこの文は「何を食べる?」に等しい。「を」が省かれている。
同じように「目薬する」は「目薬をする」の「を」が省かれたものである。
そもそも「目に目薬をする」は何のこともないただの文であろう。


584 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/28(金) 04:08:53 0
そもそも、何のことはない、ただの文
そっとしておいて。
そっとする、って何だ?
ぞっとする、ではない、うむ。

585 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/28(金) 06:06:48 0
口を極めて(罵る)、耳を澄まして(聞く)、目を凝らして(見る)

で「目を見張る」は「見張る」でよいのでしょうか?
で「目を見張って〜」「目を張って見る」はありませんね。

見渡す、見届ける、
聞き届ける、
言い渡す
行き渡る、行き届く

日本語難しいあるね。果てシないあるよ。

586 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/28(金) 15:15:40 0
仇の言ってる「目薬を目にする」ってのは目薬を目にさした、
って意味で、「見かける」って意味のイディオム的な用法とは
違うよな?というか>>575を読んで「目薬を目にする」って
文が出てくるもんなのか普通?仮に出てきてもうだうだ長文
書いてる間に気づかないもんなのか普通?なんかもうこわいわー

587 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/28(金) 17:21:27 0
>>575
「する」は動詞であり動作は表しても、どんな動作かは含まない特殊な動詞である。
例えば「取る」という動詞は暗に手を用いるという意味を含み、「焼く」という動詞は火を用いるという意味を含む。
しかし「する」にはそれが無く、中立的や無色や喩えうる。
それによってあらゆる名詞句と共起することができる。
「家をする」は「家を建てる」と同じ意味を表しうる。
「空気をする」は「空気を吐く」と同じ意味を表しうる。
「服をする」は「服を着る」と同じ意味を表しうる。
普通は「服をする」と言わないが、
それは「服を縫う」とか「服をしまう」とか別の動詞と取られやすく非常に分かりにくいためで、
(比喩でない)「土を読む」のような違和感とは別のものである。
さてここまでが無駄話で
本題の「〜を目にする」とは「〜を目に見る」の「見る」を「する」と代用したものであると答えよう。
同じく「手にする」は「手に得る」の代用であり、「耳にする」は「耳に聞く」の代用であり、「口にする」は「口に言う」の代用である。

588 :仇鱒:2007/09/28(金) 18:58:47 0
えっと、こっちにもちょいとだけ彦頁を出す。しばらくは認知ぶんぽースレで
まったりしてるからよ。

>>586
は〜、なる〜。>>575の「〜を目にする」って「見かける」とゆうイディオマチ
ックな意味の方だったのか、、、。

>というか>>575を読んで「目薬を目にする」って
>文が出てくるもんなのか普通?
ごめそ。わしフツーじぇねぇもんで(^^;)

>なんかもうこわいわー
てか、怖いとゆえばミャンマーだ罠。ちゅーか、ほんと坊さんも大変だが一般人
も大変だ罠。マジで串國の天安悶事件を思い出すよ。それより、やぱ軍隊つーの
は怖いな、、、いや、マジで。日本の自衛軍(←自衛隊)はまずあんなことしね
ぇよな、、、たぶん。

>>587
>「〜を目にする」とは「〜を目に見る」の「見る」を「する」と代用したもの
う〜ん、>>587の言わんとしていることはワカランでもないが、そもそも代用変形
が適用される前の「目に見る」とか「手に得る」とか「耳に聞く」とか「口に言う」
とかって非文じゃね?

>もう幾つ寝ると お正月?
あと2つ寝たらジュギョー開始でつが、何か?

さて、メシ喰ってから認知スレにまた落書きしてくっかな〜。ははははは。

589 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/29(土) 00:09:15 0
>「目を見張って〜」「目を張って見る」はありませんね。

「目を見開いて〜」「目を開いて見る」はある?
てか、生成に関係ないってか。

590 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/29(土) 02:04:27 0

(ア) ソンナノカンケーネ
(ダ) ミスター・エド

591 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/09/30(日) 07:44:48 0

Adamas looks a perfect dream.

592 :仇鱒:2007/09/30(日) 11:01:57 0
さて、またブログ更新していくかなー(ワラ)で、今仕事関係でアレコレ読んでいる
のだが、次↓のような文があったわけだ。
whenever you read or hear about something with which you do not agree, you may
be sure that somewhere there is a research topic to explore.
ま、何の変哲もない文ではあるが、よく考えると、こーゆった何の変哲もない文から
いろんなことが学べたりするわけだ。で、とくに最後の次↓のところを見てもらいた
い。
(ア)somewhere there is a research topic to explore.
ところでこの↑文は何なんだろな。つまり、もともとthere is a research topic to
explore somewhereという文があり、場所句のsomewhereがトピカライズされたのか
な?でも、トピカリゼーションはその特性上、定的なものてか旧情報のものにしか適
用できないわけだ。で、somewhereは定的でもなければ旧情報でもないわけだ。とな
ると、somewhereはトピカライズされているとは言えないわけだ。となると、(ア)
の文は何なんだ?となるわけだ。で、わしは、(ア)の文は左方転移構文かなと思う
のだよ。とゆうのも、左方転移は新情報のものに対して適用されるからな。そう考え
ると、(ア)は次↓のような構造をもつと考えられるわけだ。
(ダ)somewhere/i there/i is a research topic to explore
つまり、次↓の左方転移構文とパラレルに扱うことができるわけだ。
(マ)your girl friend/i, i saw her/i in that live house.
でも、実はこの分析はイクナイんだけどな。理由は藻前らで考えれ。で、どーでもえ
えハナシだが、今仇家のガキどもはコレ↓に萌えている。
(ス)ポンジ・ボブ
てか、個人的には「スポンジ・ボブ」より「シンプソンズ」の方がわしはシュキなん
だけどな。ま、どーでもええことだ罠。うむ。

>Adamas looks a perfect dream.
わしは狂産党員ではありませんが、何か?

593 :かかりちゃん:2007/10/01(月) 01:33:50 0
仇クオリティ〜。

594 :かかりちゃん:2007/10/01(月) 04:36:51 0
>Somewhere there is a research topic to explore.

there is a research topic to explore here.

とも言えることを知らんのだろうかにょろ。

595 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/01(月) 06:32:26 0
There is a pen there.

596 :仇鱒:2007/10/01(月) 06:39:38 0
おはよ。やれやれ、今日からまた猛烈にビジーになりまつよ。今までもビジーだっ
たのだが、、、。うむ。そんでもってこれまでのようにどとーのカキコミをするわ
けにはいかないがちょこちょこ書いて逝くな。で、>>594のかかりのゆってること
はどーでもええとして、まず、このような↓分析は、上でわしが告白しているよう
にイクナイわけだ。
>(ダ)somewhere/i there/i is a research topic to explore(cf. >>592
とゆうのも、thereをsomewhereで置き換えた次↓のような例がダメだからな(←左
方転移構文では、一般的に、左方転移した要素で代名詞を置き換えることが可能)。
(1)*somewhere is a research topic to explore
となると、(ダ)は話題化されてできた文でもなければ左方転移してできた文でも
ないわけだ。となると、文頭にあるsomewhereはいわゆる文副詞のように分析する
しかないと思うのだよ。で、さらに、there構文には「項」としての場所PPがある
ことにも注意したいわけだ(ただし(ダ)では空の場所PPとして「具現化」して
いる)。そんでもって、(ダ)の意味から考えると、その場所PPと文頭にある
somewhereはコインデクスを振られている可能性があるわけだ。そうなると、
(ダ)は次↓のような構造をしている可能性があるわけだ。
(2)somewhere/i there is a research topic to explore [PP φ]/i
で、さらにゆうと、わしのthere構文の分析だと、虚辞thereをlfでリプレイスす
るのは真主語のnpじゃなく場所のppである可能性があるわけだ。そう考える
と、(2)はさらに次↓のようにリバイズすることができるわけだ。
(3)somewhere/i there/i is a research topic to explore [PP φ]/i
ま、そんなところだけど、今日からお仕事だ。がんがるぞ、わしっ!うすっ!藻前
らもがんがるよーに。うむ。

>There is a pen there.
There is a pen椅子 there.

597 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/01(月) 07:32:02 0
There is somewhere to explore a research topic.

598 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/01(月) 14:15:30 0
アホ指導教官の授業が邪魔でしょーがない。
准教のセンセの授業と独学でじゅーぶん。
でも、准教は制度上、指導教官になれない。
だから、指導教官は授業に出ろと言ってくる。

俺はどうしたらいい?

599 :かかりちゃん:2007/10/01(月) 14:59:39 0

(2)somewhere/i there is a research topic to explore [PP φ]/i

これが当たり前にょろ。なんでexpletiveをそうでないものと置き換えて
うだうだ言わないとならんニョロ?

600 :逃走派:2007/10/01(月) 23:17:59 0
somewhere there is a research topic to explore

somewhere in this countryとかのようにsomewhereがPPにつく場合もある。
そこでthereはexpletiveではなく、先行文脈の「聞いたり、読んだが、同意できないところ」
を受ける照応形と考えることもできるかも。とすると、こいつはlocative inversionであって
「そういう場合のどこかに、探求すべき研究トピックがある」と言った意味になるかも。

ところで、regard A as B のBのところが時制文になることってあるんすか?
次のような文があったんですが
(1)They regard the area as they would the church...
文脈は、インカで完全体のミイラが出てきて、そいつを展示することになったんだけど
それに対して不愉快に思っている現地民もいるとかの話で、主語のtheyはそういう現地民。
the areaは彼らが聖地と見なしている地域。asの中ではpsuedo-gappingが適用。
あえて復元すると次の感じ?
(2)...as they would regard the church as X
訳すと「彼らは、教会をXと見なすように、その地域をXと見なしている(X=聖地のようなもの)」
と言った感じか?

何か比較っぽい。pseudo-gappingは比較節が圧倒的に多いんだけど、それについて
なんか説明あったけか?

601 :逃走派:2007/10/01(月) 23:24:58 0
>>598 形だけ出席して、テキトーに相手してやるけど、実質、睡眠時間として
利用するとか

602 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/01(月) 23:27:14 0
せのたんは仮性包茎だったけど太めで包皮の上からカリが分かるプックリ型で良チンだったよ

603 :(´∀`)@リハ:2007/10/02(火) 01:51:59 0
♪somewhere over the rainbow skies are blue

>>600
それはregard asの成句ではなく、単なるregardでas以下は副詞節だにゃ

>睡眠時間として 利用するとか
そーゆー学生はその場で射殺するw
つーか598は逃走派しゃんの学生だったりしてにゃ
ま、授業なんかあてにせず、 大事なことは全部独学、これ常識だにゃ
体臭館の次回のメルマガに俺の学生時代の想い出を書いたので参考にするよーにw

604 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/02(火) 01:56:07 0
(ア) I regard the Bible as I do the other so-called sacred books of the world.
(ダ) Undoubtedly, they do not regard the shooting of Filipinos just as they would the shooting of white troops.
(マ) As the years rolled by, intelligent folk who might go down to 14th Street twice a year to enjoy Chekhov or Ibsen, came to regard the Civic Repertory as complacently as they would the Public Library.
(ス) Those in the film show as much regard for the rules as they do for the seals.

605 :逃走派:2007/10/02(火) 23:49:55 0
> それはregard asの成句ではなく、単なるregardでas以下は副詞節だにゃ

そうかにゃーって思うんよ。単なるregardだと「〜に考慮を払う」ってのが
メインだと思うけど、そんな感じじゃないし。regard-asのas句が、問題のas句と
狂気するかとか、gap無しのasバージョンを入れてみるとかテストすると分かるかもっすね。
ま、なんかのネタにとっておこうっと(として、10年くらい放置の人生)

> つーか598は逃走派しゃんの学生だったりしてにゃ

それはないっす。だって俺ってば無能万年准教の童貞だし


606 :(´∀`)@リハ:2007/10/03(水) 00:45:50 0
同じくw

最近俺は植木等の映画にハマっておるのにゃが、1960年代前半にも
「全然」が肯定でよく使われていたんだにゃ
漱石や鴎外も使っていたとはよく言われるにゃが、ずっと肯定で使われて
きたのに、本来否定で使うもんだという勘違いはどっから出てきたんだろにゃ

607 :かかりちゃん:2007/10/03(水) 05:23:01 0
個人的には「ぜんぜんすごい」とか今でも言わんですたい。
「ぜんぜん駄目」ならok。「ぜんぜんok」は?。
「ぜんぜんおいしかったよ」なんてのも昭和30年代にでているとにょろ。

ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/3578/2003/zenzen.htm

いっぱんに否定詞はoperatorみたいに振る舞うけど「ぜんぜん+肯定」でも
opにょろかね。

608 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/03(水) 08:20:15 0
「ぜんぜんオッケー」
「ぜんぜん大丈夫」
どっちもぜんぜんいけてます。

なんかメタメタ。

609 :(´∀`)@リハ:2007/10/03(水) 09:44:09 0
しかしelliptical answerではもっぱら否定になったりするかにゃ

これでおk? 
ー全然!

肯定でもおk?

「ひどいうまさだ」なんつー言い方もあったにゃ
今の「やばい」に通じるにゃ

610 :598:2007/10/03(水) 13:44:45 0
>>逃走派センセ
院の授業なんで、むりなんです。
最近、生意気な態度を取っていたら、礼儀・常識がない、って言われました。
確かに失礼だったんですけど、人としても研究者としても尊敬できないヒト
にどう敬意を払えばいいのか…

611 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/03(水) 17:34:18 0
>>598さん
老婆心で、耳に痛いということは分かりますが、もう子供ではないのだから不満だからといって
生意気な態度をとるのはいかがなものかと思いますよ。
本意ではなくても、話を聞くふりだけでもしておいて、耐えることも必要なのではないかと思います。

人に不満を言う前にまず自分からですが、仮にいますぐあなたがどこかの大学に就職できて、大学院の
コースで世界を代表する研究者になれるくらいの頭脳を持った学生にバカ扱いされて、「てめーの話なんか
聞いてらんねーよ。今すぐ退職しろ!」と言われて、「はい、そうですね」と辞表を提出する、というのなら
話は別かと思いますが。

人に不満を言う前に、まず形として現れるような業績を積むことの方が必要だと思いますね。
私も単なる一学生ですが、他人から見た場合にちゃんと評価されるだけのことをしておかなければ
いけないと常々思っています。反論お待ちしています。

612 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/03(水) 18:19:55 0
最近、honorificationがsubject agreementという話が人気ですが、誰か謙譲語は
object agreementだとか言ってないんでしょうかね?

613 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/03(水) 19:15:56 0
>>612
というのは「明日に本校へ参ります」という文では
(文には現れていない)話者が自分である場合に
「参る」という動詞が用いられる。これは呼応の一種であるとかいうこと?
それって言葉の乱用じゃないの?
田んぼという言葉と田地という言葉は同じものを指すが、
文章によって使い分けられる。
口語的な軽い文章では田んぼ、まじめな文章では田地、
これはlexico-stylistic agreementというべきものだ、文体と語彙の呼応だ。とか。



614 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/03(水) 19:58:39 0
「全然」の用法に関して

同じ文中の否定にライセンスされなければならない、ってのは
間違いなのは間違いないんだけど(ややこしい)、でもやっぱ
ある種の否定と呼応する表現のように思う

A:沢尻エリカやばいよねー
B:いや、全然かわいいよ

ってのは(少なくとも俺は)まったく問題ないんだけど、Bの発話は
「沢尻やばい」っていう、contextual presuppositionの否定に
呼応しとるんだと思うんだな。「沢尻やばくない」つーnegativeな
assertionが含意されているとも言えるか、なんだかわからない
けどともかく。で、

A:沢尻エリカ超かわいいよね
B:うん、全然かわいいよ

だとかなり変だなーと思う。

でその路線で、かかりちゃんが「ぜんぜんすごい」はあかんいうてるけど、

沢尻エリカなんてたいしたことないって思ってたけど、実物見たら
違った。全然すごかった。

みたいにするとどうかしら。

615 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/03(水) 20:22:38 0
>>613
そそ。だから、国語学でやっている尊敬語と謙譲語の区別の仕方の一つで、尊敬語は
主体尊敬、謙譲語は客体尊敬っていう一般化をしている人たちがいるけど、これを
そのまま当てはめることは可能じゃないかってこと。だから、covertなagentに一致
する場合には尊敬語が使われ、covertなtheme(?)か何かに一致する場合には謙譲語が
使われるとかetc

尊敬一致はUConnの人たちが熱心にやってるけど、本当なのかしらねぇ。

616 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/03(水) 20:59:08 0
>>614
「『全く』が使える文脈では『全然』も使ってよいとする」と規範文法に入れれば
「全然〜しない」はけしからんとか、いや文豪も使ってるぞバーカとかいう罵り合いにならなくてすむのだ。
全然の問題を解決するのは用法を記述する言語学ではなく独断による文法の規範なのだ。

いやー全くそのとおりですね

いやー全然とそのとおりですね

この町は全く変わってしまった

この町は全然と変わってしまった

大事故に遭ったが体が全く残った

大事故に遭った体が全然と残った

617 :598:2007/10/03(水) 21:16:47 0
611さん
反論なんてありません。その通りだと思います。
以後、気をつけますです。

618 :(´∀`)@リハ:2007/10/03(水) 22:33:50 0
>>614
かなりいい線ついてると思われるにゃ
「はい」「いいえ」の使い分けと似とるわけにゃ
「食べませんか」「はい、食べません」「いいえ、食べます」
それにしても汚尻エリカは態度ワルー 芸能界追放は確実だにゃ

619 :かかりちゃん:2007/10/04(木) 03:07:00 0
A:沢尻エリカやばいよねー
B:いや、全然かわいいよ

全然だめにょろ。日本を離れ過ぎかしらん。ついでに沢尻エリカって誰か知らなかった
から検索してみたにょろが、やっぱり何がなんだかわからんにょろ。

尊敬一致なんて日本で本当に信じている人いるにょろ?

620 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/06(土) 01:51:55 0
500キロバイトに及んでいないのにどうしてレスが止まっているにょろ?
大学の講義で忙しいにょろ?

621 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/06(土) 05:49:10 0


622 :仇鱒:2007/10/06(土) 19:51:38 0
やあ、こんばんみ。ちょいとおひさ。2ちゃんジュギョー休講してすまそん。う
む。いやー、マジで蛆の手も借りたいぐらいチョーびじぃーでヴァーチャル・ラ
イフまで手がまわらんかった。今も状況は変わらないが。ま、なんかベンキョー
ねたをふるワケでもないが(←ネタは腐るほどあるのだが)、今わしが嵌ってる
のはキューティーハニーだ。うむ。しかもこの↓韓国ハニーに萌えている。うむ。
http://www.youtube.com/watch?v=SilI9usxCCs&mode=related&search=
ま、空耳歌詞カードに注目だ(ワラ)てか、マジでわし2年遅れて韓流ブームに
乗ろうかと思ってるわ。ははははは。あと、あれだ、ちょいとジュギョー(←外
交関係のジュギョーw)の準備で今いろいろ下調べしているのだが、藻前ら、
「テロ特措法」って何の短縮形か知ってるか?実は、コレ↓の短縮形なんだよな。

平成十三年九月十一日のアメリカ合衆国において発生したテロリストによる攻撃
等に対応して行われる国際連合憲章の目的達成のための諸外国の活動に対して我
が国が実施する措置及び関連する国際連合決議等に基づく人道的措置に関する特
別措置法

それにしてもスゲー長い名称だよ。これで一単語だぜ。いや、マジで。「東京特
許許可局」なんか目じゃねぇわ。ま、そんなこんなのガキのガッコウで運動会が
あった10月6日土曜日の夜でつよ。うむ。ちなみにムスコは赤組だったのだが
、「赤組がんばれ!赤組がんばれ!」とゆうのを聞いててどーもわしの頭の中で
は「共産主義がんがれっ!共産主義がんがれっ!」と変換されていて落ち着かな
かった。うむ。ま、そんなところだが、暇な香具師はわしの仕事手伝って栗。い
や、マジで。松屋で牛めしぐらいおごってやるぞ。うむ。

田代ちゃんと亡命汁っ!wwwwww〜

623 :仇鱒:2007/10/06(土) 21:48:46 0
久しぶりに彦頁出したのにスルーかよ、、、ったく、、、。ま、ええわ、ちょい
と書いてやるかな。えっと、上でどっかの学生が、「センセがアホ杉てやってら
んねぇぜ、ったく、、、」とゆうカキコミがあったわけだが、ま、正直半分同情
するわ。実際その学生のセンセがどの程度ヴァカかしらないが、たしかに「こい
つ頭bseってんじゃね?」とゆうのがたしかにいるからな。で、マジレスする
と、どんなセンセでもみな手本になるとゆうことだ。つまり、反面教師だろうが
両面教師だろうが片面教師だろうが、センセとゆうのはコッチ@学生の気持ち次
第でいくらでも「肥やし」にできるとゆうことだ。あと、あれだ、社会に出たら
上司がヴァカないしアホなんつーのはよくあるつーかフツーにあることだ。そー
ゆーこともあるからそーゆー環境に今のうちに慣れとけ。ある意味、いい環境だ
よ、マジでな。最高の社会環境だからしっかりいろいろ学んどけ。ま、ベンキョ
ーつーのは人に教えてもらうもんじゃねぇ。自分でするものだ。あと、ぶっちゃ
けたハナシ、センセに何か教えてもらうにしても、そんなもんは実はナンモ役に
たたんのだよ。役にたつものは実は教えることができないのだよ。自分で自分に
教えることでしか、ホントーに役に立つことは学べないのだよ。ま、そんなもん
だ。てか、マジでいろいろ処理せんといかんことがあり脳みそが途中でフリーズ
しそうだ。ちょいとメモリ1ギガほど増設してくるわ。うむ。今からアキバに逝
ってくっかなー。いや、マジで、、、。

624 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/06(土) 23:09:13 0
>尊敬一致なんて日本で本当に信じている人いるにょろ?

純国産の大物K本さんが英語学会で喋るみたいですにょろ。結局、「日本語の主語って?」
という話に帰結するみたいですにょろ。

625 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/06(土) 23:50:01 0
↓これですかね

移動と一致のタイポロジー
 K本「一致としての主語尊敬語化」
 T野“Scrambling and Control”
 M川“What's Wrong With Today's Linguistic Theory?”

626 :仇鱒:2007/10/07(日) 07:08:18 0
おはよ。ちょいと書くかな。

>K本
いやはや、実はk本西城秀樹とはほんの数日前、ずっとメールのやりとりをして
いた。同氏には大変申し訳ないのだが、原稿を全て書き直してもらった次第であ
る。うむ。まあ、こう見えてもわしは仕事の鬼であるから、しょうがない。てか
、犠牲者はk本西城秀樹だけじゃねぇんだけどな。うむ。ま、何のことか藻前ら
にはワカラン♪だろうけどな。ははははは。ま、来年の春頃どんな本が出るか要
チェックだ。たぶん腰抜かすと思うわ。うむ。ま、どーでもええことだが、k本
西城秀樹は上でもわしがゆっているように、日本ではトップの人だ。が、尊敬語
化を一致とみなすのはどうかと思ったりする。ま、このあたりのことは企業秘密
でお話できないのであるが、仇組でも実は夏頃からこの手のことをやっている。
そんでもってかかりの後輩が「ほ〜♪」とゆう意外な分析を紹介してくれている
。ま、いずれ何らかの形で発表されると思うけどな。うむ。まあ、それはそうと
、やぱ麻生はネ申だな↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071006-00000941-san-pol
いやー、マジでわしと政策論争させてもらいたいわ。誰かココに麻生を吊れてき
て栗。マジでわし、麻生とホンネでいろいろ語ってみてぇわ(ワラ)

てか、なんか認知スレでお呼びがかかってるからメシ喰ってからでもちょいと
吊られに逝くかな。


627 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/07(日) 11:43:22 0
仇さんに質問しまつ。
ウヨの人はどうして「自己犠牲」がシュキなんでつか?

628 :仇鱒:2007/10/07(日) 11:55:02 0
仇ちゃん@ただいま監視中(ワラ)

>ウヨの人はどうして「自己犠牲」がシュキなんでつか?
「自己犠牲」ってもしかして切腹なんかを念頭に置いているのか?もしそうな
ら、それは単なるウヨの様式美の追求である罠。あと、「自己犠牲」と似たよ
うなテクニカルタームに「自虐趣味」つーのがあるが、これはサヨの18番だ
罠(ワラ)ま、あれだな、「自己犠牲」の逆で、スケープゴートをつくって
「自己犠牲」から逃げるケースの方がウヨには多かったりするけどな。ま、そ
んなこんなで「自己犠牲」はウヨに人気あるわけでもねぇし、ウヨの専売特許
でもねぇけどな。てか、日本は全体的にガキだ。いじめの社会だ。まさにスケ
ープゴートの社会だよ。出る杭を叩き、妬みが根底にある社会だ。腐ってるわ
。ま、とくにアカデミックな社会にこの傾向が強いのがなんとも情けなかった
りするんだけどな。藁♪ こーゆームラ社会では科学は育たんわ。せいぜい育
つのは集団行動まんせっ!のテクノロジーだけだ。日本の構造改革より日本人
の構造改革をまずしなきゃ日本の構造改革なんて絵に描いた顔餅であるのだよ。
うむ。てなことと麻生氏とマンガでも読みながら熱く語ってみたい。うむ。

629 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/07(日) 14:46:07 0
>>626
政局にお詳しい仇鱒氏ならば
2ちゃんねるに書き込むことがあるという麻生氏の発言は
2ちゃんねるに巣くう右翼的な思想を帯びた書き込みをする集団、
いわゆるネットウヨの歓心を買うための社交辞令であるとお考えになりませんか?

630 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/07(日) 16:48:58 0
>>628
>ま、そんなこんなで「自己犠牲」はウヨに人気あるわけでもねぇし、
>ウヨの専売特許でもねぇけどな。

しかし、>>497ではこんなことを言っとるで。

>わしは涙腺が弱いこともあり、自己犠牲のシーンがあったりすると直ぐ泣く。
>てか、マジで嗚咽して泣く。
>とくにその自己犠牲のシーンにヒューマンなドラマがあったりすると、
>もうタオルびしょぬれ状態。

631 :仇鱒:2007/10/07(日) 19:08:37 0
やあ、わしだ。うむ。ちょいと家を留守にしていた。

>>629
まあ、麻生はネットウヨに媚びているとゆうよりも根が2ちゃん的だと思うけど
な。だから、なんつーか、麻生はまさに議員としてカキコミしたんじゃなくて、
麻生個人として2ちゃんがシュキでカキコミしたんじゃねぇかな。てか、麻生は
キャラ的には十分2ちゃん的であるしな。うむ。まあ、あれだぜ、藻前ら知って
るかどうかしらんが、意外と政界の人が世論を誘導しようと思ってカキコミして
る罠。これ以上詳しいハナシはしねぇが。まあ、わしはマスコミのお偉方とコネ
があることもあり、ちょいとアンダーグラウンドなハナシなんかも知ってるけど
な。もちろんココじゃ話せないが。てか、今年の冬もあの芸能人と鍋喰いながら
萌えるハナシを聞かせてもらうことになるかと思うが。うむ。

>>630
てか、そのハナシはポリチカルなウヨというよりも軍隊のハナシだよな。ポリチ
カルなウヨと軍隊は別だ罠。正直、マジでわしは、男と男の間に見られる自己犠
牲のドラマには涙ちょちょ切れモードだ。ああゆうの見るとほんとわしは男でよ
かったと思うわ。

まあ、それはともかく、先の沖縄の集会では実際は4万人ちょっとしかサヨが集
まらなかったのに11万人も集まったとか、ほんとやってることが南京「大虐殺
」と同じだわ。マジで、日本のサヨと串国共産党は変わらんわ。丼勘定もええと
こだ。てか、アホチョムのダチである大江健三郎の「沖縄ノート」のいい加減さ
をもっとマスコミはアピールした方がええわ。それと同時に、曾野綾子の「ある
神話の背景」をもっとマスコミはとりあげるべきだ。ま、そんなところだが、メ
シ喰ってくるわ。うむ。あ、その前に認知スレにもちょいとレスしなきゃ、、、。


632 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/07(日) 23:38:14 0
>>631
>てか、そのハナシはポリチカルなウヨというよりも軍隊のハナシだよな。
>ポリチカルなウヨと軍隊は別だ罠。

ポリチカルなウヨと軍隊って
サヨなんかと比べたらメンタリティがずっと近いんじゃないか?
仇は自分に都合がいいように「棲み分け」するのが得意だからなw

633 :仇鱒:2007/10/08(月) 06:47:13 0
おはよ。また明日からバタバタして2ちゃんどころじゃねぇからちょいと
書いておくな。うむ。で、>>632に吊られるが、ポリチカルなウヨと軍隊
はメンタルな面ではまったく逆だと思うわ。とゆうのも、デフォでポリチ
カルなウヨは私利私欲しか考えていなかったりするからな。ホンネとタテ
マエが綺麗に分かれていると思うわ。表向きは国益のためとかいいながら
、実際は既得権の保持と己の保身しか考えてなかったりする罠。まあ、そ
うじゃない人もいるかとは思うが、、、。その一方、自衛隊員にせよ、そ
うゆったホンネとタテマエってそんなにないと思うのだよ。やはり自衛隊
員は、本当に、国防とか國のためと思ってやってくれてると思うしな。ま
あ、自衛隊員になる時はそりゃいろいろ損得勘定で隊員になったかと思う
が、その後はマジで私利私欲はほとんどなくなりマジで國のため、そして
国民のためと思っていろいろ働いてくれていると思うけどな。実際、わし
の友人なんかで自衛隊員の人がいるがほんとそう感じるわ。人間として男
としてマジで掘れてしまう、もとい惚れてしまうぐらい立派である。うむ
。その点政治家はちゃうと思うんだよな。逆だと思うのだよ。政治家にな
るときは私利私欲があまりなく本当に國のため、国民のためと思って立候
補している人もかなりいるかと思うのだが、政界に長いこといるとそうい
ったピュアな心がどんどん失われ、國のためとゆうよりも党のため、そし
て自分のために政治やっている人が多いんじゃねぇかな。まあ、こうゆっ
たことは人にもよると思うのだが、ポリチカルなウヨと軍隊(てか自衛隊
)は表層的には似ているだが深層レベルではまったく違うと思うけどな。
まあ、だから、なんつーか、軍隊の方がメンタルなところでピュアであり
、そして筋が通っているから暴走すると大変なことになるだよ。こういう
こと分かってる香具師って意外と少ないんじゃねぇかな。ワカランが。う
む。てなことだが、メシ喰って一仕事してから今度は認知スレでレスすっ
かな。うむ。

634 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/08(月) 11:56:51 0
>>633
むずい……。

しかし、それっておエラいさんと下っ端の違いとも言えるんじゃね。
権力者と一般大衆の違いとも言えるかもしれんけど。

それに、そんなにきれいに二つに分かれないような。
実際、ピュアな部分と自己保身が共存してるのがフツーだわな。

635 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/08(月) 14:46:09 0
性懲りもない政治私感を語るのはよそでやれ。

636 :仇鱒:2007/10/08(月) 15:18:27 0
ほいじゃちょいと性懲りもある政治私感でもするかな。うむ。ま、チョムはi言語
てかugを心的器官@メンタルオーガンと喩えているわけだ。ま、「脳内文法は心
的器官である」とゆうのはよくできたメタファであると同時に文学表現としても
ナイスなレトリックだと思うわ。で、これをもうちょいゆうと、結局 心的器官つ
ーのはシンタクスのことだ。で、このシンタクスが脳内に目に見えない「器官」
として存在しているとゆうわけだ。そんでもって、このシンタクスは全権を掌握
していて、残りのもの(つまり意味論)には権利をみとめず、意味論なんかは義
務を履行するだけだったりするわけだ。まあ、そうゆった意味では、シンタクス
は最高決定権をもっているわけだ。つまり、シンタクスつーのは言語計算を行う
最高決定権を掌握している心的器官であるわけだ。で、勘のええ香具師は分かる
かと思うが、これは、ある意味、美濃部達吉の天皇機関説とダブルところがある
のだよ。まあ、認知スレで書いたように、天皇とゆうのはある意味 普遍文法みた
いなもんなのだよ。そうゆった意味では、心的器官説と天皇機関説はコインの表
と裏の関係にあるのだよ。ははははは。ま、そんなもんだ。アホのチョムの性懲
りもない政治私感に踊らされるならわしの性懲りもある政治私感でダンシングし
れ。ははははは。ラン・ラ・ラン♪

637 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/10(水) 06:05:11 0
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。
無気力な人 [人生相談]
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1159605223/l50

638 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/10(水) 16:06:00 0
仇は認知スレで自爆テロしてるな
こうなったら認知も巻き添えにしちゃ〜る(^^メ)  てか?

639 :仇鱒:2007/10/11(木) 21:17:31 0
やあ、わしだ。おひさ。ボクシング見てちょいとコーフン気味の仇ちゃん
でつよ。そんでもって、たまにはコッチにも掻くな。うむ。で、上で尊敬
語についてアレコレ掻かれているわけだが、まあ、最新の論文つーと、
jeal@最新号に掲載されているイヴァナ&酒丼だ罠。まあ、酒丼氏にはちょ
いといろいろ仕事おながいしちゃってる手前あんまり叩かないことにしと
こう。うむ(ワラ)で、その論文は、尊敬語の内部構造についてアレコレ
論じているわけだ。で、手短に話すと、まあ、「遊ぶ」の尊敬語は「お遊
びになる」になるわけだが、この「お遊びになる」は次↓のような構造を
しているわけだ。
[[[お[N [V 遊ぶ]-nominaizer]]に]なる]
で、かいつまんで解説すると。まず、「遊ぶ」とゆう動詞があるわけだ。
それに、名詞化辞がくっつくわけだが、この名詞化辞つーのは結局 連用形
接辞であるわけだ。そんで、この連用形接辞@名詞化辞が「遊ぶ」につく
と「遊ぶ」は「遊び」になるわけだ。そんで、この「遊び」に尊敬語接頭
辞である「お」がくっつくわけだ。ただ、この「お」がクセモノで、イヴ
ァナ&酒丼はこの「お」はHonorification Phraseとゆう機能範疇のヘッドだ
とゆうわけだ。まあ、正直なんだかなーとゆう感じだが、まあ、それはコ
ッチに置いておこうな。で、次に、「お食べ」に後置詞の「に」がくっつく
わけだ。で、最後、軽動詞の「なる」がくっついて「お遊びになる」とな
るわけだ。まあ、これがイヴァナ&酒丼論文のあらましだ。


640 :仇鱒:2007/10/11(木) 21:18:05 0
で、まあ、あれだな、ツッコミ入れるわけじゃねぇが、Honorification
Phraseなんつー機能範疇を仮定しちゃうのはどうよ? とゆうのは正直ある
罠。てか、Honorification Phraseなんつー機能範疇を設定しているけど、そ
の機能範疇の指定部の利用法は何も掻かれてないんだな(←たしか)。で、
フツー機能範疇とゆったらその指定部がいろいろ大活躍するのだが、そのあ
たりのハナシがないのだよ。その意味でもわし的には正直Honorification
Phraseつーのは萎え系の機能範疇なんだけどな。あと、あれだ、尊敬語の
「お」がHonorification Phraseのヘッドだとして、「お茶」とか「お寿司」
の「お」も機能範疇で、「お茶」とか「お寿司」全体の範疇は名詞じゃなく
て「尊敬」とかゆう品詞になるのかな? ま、そんなところだが、糞じゃ〜
な♪(^^)



641 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/11(木) 22:37:18 0
最終ラウンド〜亀田のプロレス技(切腹確定)
ttp://up.nm78.com/dl/40100.gif

切腹マーダーーーーーーーwwwwwww



642 :仇鱒:2007/10/11(木) 22:54:49 0
>>641
まあ、たしかに最終ラウンドの抱き上げはマズかったな。あれは若いからじゃす
まされないからな。リング上での素行の悪さはいただけないよな。てか、もしか
したら2ちゃんのスレでも話題になってるのかもしれないが(←てか、たぶん話
題になってないと思うのだが)、わしはそんなことより、会場に向かう廊下を歩
いているシーンに正直一人でブーイングしてたんだけどな。どのシーンかとゆう
と、亀田が廊下あるきながら唾を吐いているシーンだけどな。あれは正直わし的
にはいただけなかった。廊下は家の中だ罠。その家の中で唾吐くのは見ててすご
く気分悪かったけどな。ま、そんなこと思ったのはわしだけかもしれないが。ま
あ、それはそうと、切腹ウンヌンは記者会見で言うべきじゃなかった罠。うむ。
まあ、亀田、がんがれ。仇鱒が応援してるぞ(^^)

さて、明日は朝早いから今日はこれにておしまいだ。糞じゃ〜な〜♪(^^)

643 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/12(金) 07:52:32 0
>>638
自爆テロというより横入りするつもりだろ
I先生やY先生のことはやたら持ち上げていたからな



644 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/12(金) 17:56:24 0
目上の人には礼儀正しい仇ちゃんでつ♪(^^)

645 :仇鱒:2007/10/12(金) 19:59:15 0
『言言吾』からスパムメール北朝魚羊!!!!!wwwwwww

>それでも代名詞化変形(古っ)
↑さりげなく2ちゃんワードを出しているところが逝けてるな(ワラ)

ま、「永遠のロック少年(中年)」の顔餅を吊るためにもネイチャーに出ていた
言語の論文でも読んでココでレビューでもしてみっかな。うむ。その前に仇組の
指定論文も読まなければいけないのだが、、、。

てなことだが、今日はもうおちまいな。風邪ひいてしんどいわ。明日も朝はやい
し、、、。どてっ♪

あ、認知スレにはまた明日にでもカキコするな(←認知スレの住人へ)。

>目上の人には礼儀正しい仇ちゃんでつ♪(^^)
しょのとーーーーり、かな?(ワラ)

ま、わしは、年齢を考慮して接し方が変わるようなことはねぇわ。ヴァカには
ヴァカ用の対応をするし、デキル香具師にはデキル香具師用の対応をする。これ
がヲトナの接客態度とゆーものだ。うむ。実際わしは、デキル学生に対しては頭
を下げていろいろ教えてもらうしな。いや、マジで。

646 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/12(金) 21:10:10 0
てすと

647 :(´∀`)@リハ:2007/10/12(金) 21:12:10 0
ahooBBずっと規制がかかっとったにゃむ
>さりげなく2ちゃんワード
本編はもっとストレートw

648 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/12(金) 21:30:02 0
顔文字先生が学生時代に意味論にはまっていた話はI仁さんから聞いていましたが、
いやはや。

地頭がいいんだろな、やっぱ。

649 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/12(金) 22:55:34 0
>>645
デキル香具師をすぐ神認定するからこーゆーことに(ry

650 :(´∀`)@リハ:2007/10/13(土) 06:55:53 0
うー、今Nしゃんが俺以上の不良高校生だったらしいことはナイショ
今度言語学会@信州大でしゃべるみたいだから聞きにいくかにゃ

651 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/13(土) 10:59:58 0
不良高校生といいつつも、みんな進学校出身なんだから、つまんね。

652 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/13(土) 14:33:18 0
 日本再生は司法改革からです。 

少年A18歳と少年C16歳は、東京都足立区綾瀬の路上で夕方自転車に乗って帰宅中の
女子高校生を誘拐して少年Cの自宅に40日間監禁した。仲間らを集めて暴行させ金を
受け取り、陰毛を剃り音楽に合わせて服を脱ぎながら踊らせたり、性器に異物を挿入した。
彼女が逃げ出そうとすると体にオイルを塗って火をつけ、熱がり苦しむのを見て笑い転げた。
発見された遺体には性器と肛門にオトロナミンCの瓶が突き刺さり、両者がつながるほど
破壊されていた。
少年らの服役期間には裁判期間が算入され、しかも刑期満了前に仮保釈されたため、
主犯以外は全て6年程度で仮出所した。主犯も平成19年2月で仮保釈された。 
監禁を知っていた両親に監督責任は問われず無罪であった。
女子高生コンクリート詰め殺人事件:

653 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/13(土) 17:29:10 0
>>652
だから、それは司法改革の前に刑法改正の話だろ

654 :仇鱒:2007/10/13(土) 20:37:35 0
ちょいと吊られるかな。うむ。まあ、>>652のハナシは2ちゃんで取り上げるま
でもなく今じゃ有名なハナシだ罠。まあ、>>653が正論だからわしがアレコレ語
る必要もないが、人権派の弁護士とやらをまずは何とかせんといかんわ。まあ、
いわゆるサヨ萌えの弁護士のことだが、こーゆったのが被害者ならびに被害者遺
族をさらなる被害者にしている罠。どーかんがえても死刑をもって償いするしか
ない香具師なのに、この手の人権派弁護士にかかると悪いのは被害者になっちゃ
ったりするからな。ワケワカンネー世の中だよ。アメリカのシンプソンの事件と
か嗤ってらんねぇけどな。ちなみに加害者に黙秘を進める弁護士がいるが、裏で
こうゆった弁護士にはいろいろあるようだしな。2ちゃんでもあんまり詳しいこ
とはゆえねぇが。あと、あれだ、死刑制度についてももっとシリアスに考えなき
ゃダメだわ。法務大臣がok出さないからとゆうので死刑執行されないのが100
人近くいるとかゆうハナシを聞いたことがあるが、これもワケワカンネーわ。別
に中国方式にしろとはゆわないが、どー考えても極悪非道なことをやった香具師
らは法務大臣のokなんかなしで死刑にすべきだ。そーゆった意味では、鳩山法務
大臣がちょいと前に死刑についてしたコメントにはわしは理解を示す。>>652
挙げられている少年てかガキどもには死刑以外の刑は考えられねぇわ。税金使っ
てこいつらに牢屋でタダメシ喰わせる必要なんてねぇのだよ。ただでさえ公園に
は宿無しでおまけにメシすら十分喰えねぇ人がいるんだからな。しかもこういっ
た人たちはほんといい人だったりする。マジで、>>652に挙げられているような
糞ガキは最低でも10日間は阿鼻叫喚の苦しみを味わいながら氏んで逝べきだ。
うむ。てか、こうゆったガキが増えてきたのは、憲法が舐められ、大人が舐めら
れているからだ。だから、舐められない憲法ならびに大人にならなきゃダメなの
だよ。

体だりぃからもう電源ぷっちゅんな〜。じゃ〜な。藻前らも健康第一、勉強第二
にしれYO!(^^)

655 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/13(土) 23:47:51 0
ワケワカラネカー

656 :仇鱒:2007/10/14(日) 12:56:41 0
やあ、わしだ。えっと、ちょいと気分転換に今、手元にあるネイチャー@最新号
にあるフィッチの論文@linguistics: an invisible handを読んだのだが、なんであ
んなもんがネイチャーに載るんだ?まあ、an invisible handは、藻前らも分かる
ように、仇鱒スミスのメタフォリカルな表現だが、ようするに、各人が自分のこ
とだけを考えて行動していくうちに、しらぬまに国益につながるようなことにな
っている、とゆうことだ罠。まあ、ようするに、各人の思惑とはまったく別の結
果を導くことがあるとゆうことだ。で、フィッチはわしら個人の勝手な振る舞い
がしらぬまに文化ならびに言語システムを構築していくとかゆってるわけだ。で
、その際に、規則変化動詞と不規則変化動詞を絡めて、使用頻度が言語システム
の構築に影響を及ぼすようなことが書かれてあるのだが(←詳しいことはよーワ
カラン)、そもそも規則変化も不規則変化も、音形の問題だけで語のシステム(
てか語形成の方法)そのものには差はない罠。ようするに、ピンカーのようなデ
ュアルシステムは実質崩壊しているよな(←このあたりは顔餅がギャッピングや
vpプリポージングなんかの例を使って解説してくれると思う)。1回読んだだ
けだから何とも言えんが、なんであんなのがネイチャーに載るんだ?ワケワカン
ネーよ。うむ。鼻水垂れてきたからこれにて終わり。うむ。

657 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/14(日) 21:52:01 O
【大学経営】大阪大と大阪外国語大が統合[07/10/03]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1191383964/

楽しみです。

658 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/14(日) 23:14:32 0
>>仇鱒
もっと簡潔に話せないのか?
下手の長談義って知ってる?

659 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/15(月) 00:26:50 0
>>657
誤爆し過ぎwww

660 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/15(月) 00:35:31 0
>>659
無知過ぎwww

661 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/15(月) 03:43:49 0
ワケワカメタファー

662 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/15(月) 15:05:45 0
>>658
坊さんの長話

663 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/15(月) 21:53:52 O
>>657
さびしい限りですな。
縁あって長らくお世話になった所です。
老いぼれも幕を閉じる時期ですな。

664 :(´∀`)@リハ:2007/10/16(火) 01:08:39 0
ま,昔から阪大の言語系は外大出身者で持っていると言われておったからにゃ
合併で外大勢には阪大のヴォケどもをせーぜーいたぶってやってもらいたいもんにゃ
にゃははは


665 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/16(火) 09:08:10 0
害大っていうと、M原さんかね?認知の女性は飯台出身だし。

飯台はUConn学派になってるのかな?確かに顔文字氏の頃は、G, N, Uと大物ぞろいだったが。

666 :(´∀`)@リハ:2007/10/16(火) 10:05:00 0
ま,正確に言えばNとUが同時にいたことはないけどにゃ
Uが学生だった頃は別にゃが


こんな案内がきたにゃ
Fodor vs. Pinker も熾烈なものがあるにゃが,いよいよ全面戦争勃発かにゃー

Blackwell-Maryland Lectures in Language and Cognition

Nov. 7th - 3:00 P.M.
What kind of theory is the theory of Natural Selection?

Nov. 8th - 3:00 P.M.
Disjunction problems

Nov. 9th - 10:00 A.M.
Evolution without adaptation

University of Maryland at College Park
"Against Darwinism"
Jerry Fodor
Rutgers University


667 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/17(水) 01:50:29 0
The successor function + Lexicon = Human Language

668 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/17(水) 03:46:01 0
Wolfram Hinzen
An Essay on Names and Truths
2007/11

669 :(´∀`)@リハ:2007/10/17(水) 18:32:13 0
>>667
どこでそれを、つーか本人降臨?w
lexiconつーかedge featureにゃが、EFがあれば自動的にEmbedというのはどうかにゃ
それが言えるにはembed自体はmergeの一ケースであって、SFの段階ですでに潜在的には
適用可能になっている、と考えるといいのではないか、とも思うにゃ

670 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/18(木) 01:03:29 0
http://home.medewerker.uva.nl/w.hinzen/bestanden/Succ+Lex=LanguageNEWJuly.doc

671 :(´∀`)@リハ:2007/10/18(木) 01:31:24 0
にゃるー

672 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/18(木) 01:43:21 0
Perfect as a snowflake
http://home.medewerker.uva.nl/b.arsenijevic/bestanden/Perfect%20as%20a%20snowflake-formated.doc

673 :(´∀`)@リハ:2007/10/18(木) 02:54:18 0
not foundだにゃ

ま、言語=雪の結晶はチョムのお気に入りだけどにゃ

674 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/18(木) 05:12:56 0
あーだ組(仇鱒,仇青龍,亀仇) vs こーだ組(倖田來未,香田晋,幸田シャーミン)

675 :仇鱒:2007/10/18(木) 05:31:56 0
あーだ組のわしならまだ起きてるぞ。てか、寝られんよ、、、いろいろ仕事
ありすぎて、、、。で、それはええとして、寝られんからユーライア・ヒー
プのライブ映像を見ながらちょいと仕事している。ちなみに85年の映像。
なかなかええ。ミック・ボックスのレスポールもいい感じだ。うむ。デープ
・パープルほどのカリスマさはないが、音楽のクオリチィは映像で見る限り
かなり高い。うむ。『対自核』今度cdレンタルして改めて聴いてみるかな
。てか、『言言吾』まだ手に入れてないから顔餅記事読んでねぇよ。ま、今
週末には入手できると思うが。


676 :(´∀`)@リハ:2007/10/18(木) 10:22:58 0
ヒープはバイロン-ヘンズレィ-ボックスの三頭政治時代が全盛期であるにゃ
当時はSGオンリーでレスポールなんか弾いてなかったけどにゃ




677 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/18(木) 21:42:48 0
Boeckxのunderstanding minimalism読んだ人いる?この人、Linguistic Minimalism
みたいな概念的な話はおもしろいんだど、言語分析になるといまいちだね。

特にchapter 2のA-movementのcyclicityは「特に証拠もないけど、refuteされてもないから
別にいいのだ」ってなんじゃらほい。dissもそうだけど、「別にいいのだ」って論法が
多いね。

それとBoeckxとHornsteinらが描いているA-movementっていったいどういうのなんだろ?
theta-roleを基底位置でもらうわけでもなし、caseが照合されるでもなし。
かといってreconstructionの証拠はほとんどないし(例外はBoeckx 2001 NLLTくらいかね。
かといってこれも怪しいし)。

「reconstructionされなからといって痕跡がないということにはならない」って、そりゃそう
だろうけど、とりあえず証拠がないんだから、「痕跡がないと思われる」という結論は一応、
妥当性があると思うんだけどね。(もちろん、反証可能性のある形で仮説が出されたんだから、
それを審議すればいいだけのことなんだけど)

それと日本語の客体尊敬はobject-agreementだと言ってるね。本当かね。
あと、Bhattのrelative clauseのraising analysisも取り上げてるけど、これも
Heycockのかなり強い反論が出ているので、信憑性ないな。

678 :かかりちゃん:2007/10/19(金) 01:08:32 0
>「別にいいのだ」って論法

これはBoeckxの他の論文にもままあるにょろ。たぶんボスコビッチの影響。

679 :仇鱒:2007/10/20(土) 08:26:30 0
ちょいとこっちにも書くかな。うむ。で、顔餅記事を読んだ。さっとだが。で、
あれだな、子供が言語構造てか統語構造の内心性を知っているウンヌンだが、そ
れは、わしにゆわせると、人間の脳にはxバースキーマがプリインストールされ
ているからだよ。ようするに、内心構造をアプリオリに保証するxバースキーマ
が脳内にバンドルされた状態で生まれてくるから、子供は言語構造の内心性を学
習することもなく「獲得」できるのだよ。そんなもんだ。つまり、わしらホモサ
ピエンスの脳内に仮に文法ソフトウエェアがプリインストールされているとして
も、それは、くしくも、ミニマリチュムのようなものじゃなくgbのようなもの
であるのだよ。あと、わしが昔からゆっているように、人間の言語にあって動物
のゲンゴにないものは内心構造(と機能範疇)であるのだよ。で、その違いを保
証してくれるのは、他ならぬxバースキーマでありgb的な文法システムである
のだよ。あと、あれだ、顔餅記事によると、等位構造が内心構造をなしていない
ような書き方をしているが、これまでの生成の歴史からゆっても、等位構造は内
心構造をもっているとゆう間接的な証拠がちょこちょこある罠。まあ、ガチェッ
ト的なものではあるが、コンジャンクション・フレーズやらブーリアン・フレー
ズとゆったものだ。で、実際、ブーリアンが絡む言語表現では、つまり αBβ
(B=and, or, but)においては、αシーコマβの関係が見られるしな。ま、そん
なところだが、楽しませてもらった。てか、ほとんど書いてあることは顔餅のこ
れまでのカキコミで全て想定内ではあったけどな。ははははは。ちゅーか、他の
記事はどーしよーもないのが多杉るわ。手垢の付いた入門書レベルのことしか書
いてなかったりな。ぶっちゃけたハナシ、言語獲得に関してはここ20年なんも
進歩なんかねぇよ。進歩があるように見えているのは視野が狭い香具師だけだ。
てか、太修館の編集部が見ていたら参考にしてもらいたいが、読者が今何を求め
ているかちゃんとマーケティングせんとダメだよ。あと執筆者の人選もよく考え
てやらんとダメだ。出版社の編集部もしっかりベンキョーせんと賢い読者に見限
られるぞ。いや、マジでな。

680 :仇鱒:2007/10/20(土) 08:28:23 0
>「別にいいのだ」って論法
これはアホチョムの他の論文にもよくあるニョロ。たぶんュタ”の影響(ワラ)

てか、昨晩寝られんかったからラウドネスの25周年ライヴを見たのだが、いや
はや、二井原の声はさらに磨きがかかっていた。ちょいと音程はずしまくってい
たが。てか、途中高崎のインタビューがあって、高崎はええことゆっていた。高
崎曰く「音楽にはロックとロックじゃないものしかない」だ。いやー、ええこと
ゆうわ。同じように、文法理論には生成的なものと生成的じゃないものしかない
わ。てか、よっちゃんといい高崎といい、いい感じだ。高崎に関しては、昔レイ
ジーでギターを弾いていた頃からわしはシュキだが、今も昔のまんまだ。顔もま
だ若いし。ただ、明らかにギターの腕は落ちている希ガス。うむ。

あ、そうゆえば、わしんちの目の前にある大学に中川家がくるぞ。うむ。
お笑いの勉強でもしてくっかな。うみゅ。

681 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/20(土) 22:56:18 O
どこ大だよ?
この分野を大学で本格的に勉強するとした何処だろう?

682 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/20(土) 23:55:53 0
ポッキー

683 :かかりちゃん:2007/10/21(日) 01:32:17 0
う〜ん、詳しく読んどらんが>>679はエックスぱ〜?

684 :(´∀`)@リハ:2007/10/21(日) 05:24:00 0
うーみゅ、仇にレビューさせても豚に真珠であることがよく分かったので
かかりしゃんにゲラを送っておくにゃむ

等位接続が内心性を持つのは、&とかの主要部がある場合で、[A B]のroot
compoundが[A & B]にならないのは、内心構造でないから、という単純な
ハナシであるにゃ
ま、Xバーは異質のいろんな特性をまとめて表したものであって、それ自体が
文法モジュールなのではないにゃ
unbounded Mergeについても同じことが言え、因数分解する必要がある、と
いうことなのにゃむ

685 :仇鱒:2007/10/21(日) 07:57:48 0
オッパッピィ!!そんなの関係ねぇっ!!の仇ちゃんでつ(^^)

>かかりしゃんにゲラを送っておくにゃむ
わしには「生物科学」のゲラを送って栗。うむ。

で、顔餅記事の股間じゃなく根幹は無限マージ@unbounded mergeの分解てか解
体であるわけだが、>>670で紹介させているところを読んでも、いまだに自然数と
の絡みで論じているのが多い罠。まあ、顔餅記事ではあえて自然数に触れていない
のがイケてる罠。てか、>>670で書いてあることってわしがこれまでココで書いて
きたこととかなりダブってるな。もしかしてHinzenとやらはこのスレの住人だっ
たりして(ワラ)そんでもって、また自然言語を自然数とパラレルに扱うことが
いかに逝けてるかについてちょいと書いて見ようかと思う。あと、あれだ、無限
マージを因数分解し、最後に何が残るかだが、ポイントは数学でゆう素数に相当
するものが見つかるかだ。素数は自然数のまさにエレメントである。「素数とは
何か?」について答えるのがまさに「自然数とは何か?」について答えることで
もあるからな。だからこそ、自然言語てかシンタクスてか文法操作における「言
語学版素数」を見つけないといけないのだよ。で、こうゆった文脈からちょいと
自然数と自然言語の相性について書いてみたいと思う。ま、アホチョムのアホさ
加減をまた晒してやろうかと思うわ。うむ。で、あれだ、複合語とゆうと、
>>681の「どこ大(where university)」なんかも新種の複合語とゆえる鴨な。


686 :仇鱒:2007/10/21(日) 07:58:44 0
さて、今からガキ吊れて某所に逝ってきまつよ。そんでもって帰りに学園祭に
よって息子といっしょにライヴ見てきまつよ。今日はプロのバンドがくるわ。
ちなみにガキのシュキな遊戯王の主題歌を演奏しているバンドがでる。

てか、かかりの後輩からまた熱いメールがきたわけだが、ほんとかかりの後輩
はよく働いてくれる。働きマンである。ま、それはそうと、そろそろミニマリ
チュムヴォコヴォコ大作戦開始すっからな。うみゅ。もちろんリアルワールド
でな。仁義なき叩き合い、もとい戦いだ(^^メ)血の海にしてやっぞ。ニヤニ
ヤ〜♪



687 :かかりちゃん:2007/10/21(日) 18:50:32 0
カオモチ氏からpdf頂いたニョロ。今日はちょっとイソガスイので今度読ませてもらうニョロ。

>ヴォコヴォコ大作戦開始
どうでもいいが、きちんと理解してから批判してホスイニョロ。

688 :仇鱒:2007/10/21(日) 19:01:28 0
仇ちゃん@おっぱっぴぃ!

えっと、顔餅、直メさんくす。てか、pdfさんくす(←かかりのもらったもん
とは違うが)。時間ができ次第読ませてもらう。で、営業妨害(?)になるから
読書感想文もツッコミも今はしない方がええよな。まあ、何か書くにしても「生
物科学」が刊行されからにしよう。てか、あれだなー、まだ読んでないし、ざっ
と見た感じだけだが、今出ている『言言吾』の姉妹編みたいな感じだな。てか、
「上・下」で出した方がええような内容だ罠。ま、一連の記事をふくらましたも
のが山羊書房から出るのだろうが、そっちも刊行したら献本送って栗(ワラ)。
よさげだったらわしんところの学生で興味のありそうなのに紹介すっから。顔餅
がやっていそうなことに興味あるのがちょいとわしんところにいるからな。ま、
わしも実はジュギョーでちょいとトリのゲンゴやらチンプのゲンゴと絡めて進化
論的なこともハナシたりしているのだが、意外とこのあたりのことはウケがええ
んだよな。ま、一般人の興味の関心とゆったら実はこのあたりのことだったりす
るんだな。

そんでもって今日、近所のガキを5人ほどひき吊れてライヴにいってきますたよ
。そんでもってステージの最前列をガキどもで埋め尽くしてきますたよ。ははは
はは。ほんとわしは近所のいいおっさんだ。うむ。

>どうでもいいが、きちんと理解してから批判してホスイニョロ。
教祖萌えのカルト集団相手ならお手のもんじゃい(ワラ)

689 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/21(日) 23:37:30 0
>ちょいと書いて見ようかと思う。
>書いてみたいと思う。
>と思うわ。

書かないってことですか?
一日待ってしまいました。

>何か書くにしても「生物科学」が刊行されからにしよう。

59は既に発売されていませんか?
因みに、Viva Origino 35 は未だですよね。

690 :(´∀`)@リハ:2007/10/21(日) 23:44:58 0
生物科学は59.2なのにゃ
来月かにゃ、すまんにゃ
VOはWeb版9月公開と聞いていたのにゃがまだみたいだにゃ
すまんにゃ、にゃ


691 :689:2007/10/22(月) 00:05:51 0
いえいえ、顔文字先生。ありがとうございました。

692 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/22(月) 02:55:46 0

チョムスキー、体操すれば、チョムスカヤ

 a-milk-cup
 n-INFL-v
 n-COMP-S

重量挙げなら、ジャボチンスキー

693 :仇鱒:2007/10/22(月) 06:23:57 0
おはよ。

>一日待ってしまいました。
そ、そうか、待っちゃったか。誰も待ってなんかねぇと思ってたよ。うむ。
で、ほいじゃ、素数に入る前にまずは簡単に自然数の特性だけ書くな。ま
ず、自然数には、奇数と偶数があるわけだ。これは当たり前のことのよう
に見えるけど、これは大事なのだよ。で、アホチョムは言語と自然数が似
ているとゆうが、そもそも、言語に奇数的なものもなければ偶数的なもの
もねぇわ。たとえば、john bought a gibson guitar at _rock in_ where ada
often buys a string of acoustic guitars.において、奇数番号にある単語(eg.
john, a, guitar, rock, where, often, ...)と偶数番号にあるある単語(eg.
bought, gibson, at, in, ada, buys, string, ... )に共通した特性があるかとゆ
うとそんなもんねぇしな。あと、自然数(てか奇数と偶数)には次のよう
な面白い特性があるが、言語の線形順序にはそんな面白い特性は見られな
いわ。
(ア)偶数+偶数=偶数
(ダ)奇数+奇数=偶数
(ち)偶数x偶数=偶数
(ゃ)奇数x偶数=偶数
(ん)奇数x奇数=奇数
ようするに、こうゆった特性が言語のオーダリングには何も見られないの
だから安易に言語と自然数を関係づけるんじゃねぇよ、とゆうことだ。
で、「言語学版素数」のハナシはまた今度な。あ、そうゆえば、この数の
仕組みからdm流の√についても書きたいんだが、それもまた今度な。月曜
から木曜までは猛烈にビジーで2ちゃんガッコウは休講だ。うむ。

694 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/22(月) 14:02:23 0
>ようするに、こうゆった特性が言語のオーダリングには何も見られないの
>だから安易に言語と自然数を関係づけるんじゃねぇよ、とゆうことだ。

もう無茶苦茶w

695 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/22(月) 23:41:22 0
11月13日(火),22日(木) 15:30〜 
黒田成幸講演(上智大)

696 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/23(火) 13:36:02 0


生物のことに詳しい人が多いので聞くんだけど、

キリンとか草食動物って子供の頃から肉を与えたら肉を食べるようになるの?
肉食動物は逆に草食動物に育てることは可能?




697 :(´∀`)@リハ:2007/10/23(火) 20:10:38 0
さすがにそれは知らんにゃー
カラダの仕組みが違うから無理に食わせたら病気になりそうだけどにゃw
ネコが変なもん食った時,わざと草食べて下痢だか嘔吐だかで出そうと
するというハナシが大島弓子のマンガにあったにゃ(綿の国星)


698 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/23(火) 23:34:30 0
いや、ネコは普段から草を食っとるニョロ。それに市販のフードにもヤサイ類は入っとるニョロ。
嘔吐なんてのは非常に頻繁にすることで、変な物食ったときにするのではないにょ。
ちなみにネコに限っていえば、ベジタリネコとして育てることは出来ないニョロ。
まあ嫌いな物は食わないけど、それでも無理矢理やったら、栄養不良で死んじゃうにょろ。
言語学と関係ないニョロけど、ネコ好きとして。

699 :(´∀`)@リハ:2007/10/23(火) 23:39:19 0
>嘔吐なんてのは非常に頻繁にすることで
それはヘアボールとちゃうかにゃ?

700 :(´∀`)@リハ:2007/10/23(火) 23:49:04 0
ぬこつながりにゃが,今日本ではねこ鍋が流行っているにゃむ
つってもぬこを煮て食うわけではないので安心汁
ttp://www.youtube.com/watch?v=QVSGRwqgvl0

701 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/24(水) 00:42:58 0
ネコは妙に悲観的になっている時に見ると、癒されるよね。なにか、「しょうもないことで
悩んでるなー」って気にさせてくれる。
>>700
友人が「powerbookをいじっているネコ」なる写真を撮ろうとして、「画面引っ掻き回された」
と嘆いていた。でも、鍋にネコってのちょっとねー。中華料理か!って感じがする。

誰か、かかり論文onするーしんぐ読んだ人いる?禿しくおもしろいと思ったのだけど。

702 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/24(水) 01:04:36 0
消化器官の中の酵素がうんちゃらで消化できないってのは生物によってあるよね
ネコはタコイカ消化できないんだっけ?あと猿はデンプンを生のままで消化
できるけど人間は熱を通さないとできないとか。超うろ覚えだけど。

703 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/24(水) 02:58:11 0
The Grammar of the Definiteness Effect and the Mathematics of Intersective Determiners

704 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/24(水) 03:27:13 0
Anna Parker
Evolution as a Constraint on Theories of Syntax: The Case against Minimalism
http://www.ling.ed.ac.uk/~annarp/

705 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/24(水) 04:56:53 0
>それはヘアボールとちゃうかにゃ?

いや、複数のネコがいると、競い合って早食いしておそらく空気も大量にお腹に
入れるためはいちゃうニョロ。ところでネコ二匹いたのが3年前とこの夏に
お亡くなりになったのでまた動物愛護団体から二匹貰って来たにょ。どちらも早食いにゃんこ。

某氏からsluicingの論文についてコメントもらったにょろ。今学期は研究休暇なので
またもうじき別のトピックの論文をうpするにょ。

706 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/24(水) 05:44:01 0
evolang2008
Rudolf Botha (Stellenbosch University and Utrecht University)
Derek Bickerton (University of Hawaii)
Camilo Jose Cela Conde (Universitat de les Illes Balears)
Francesco d'Errico (University of Bordeaux)
Susan Goldin-Meadow (University of Chicago)
Simon Kirby (University of Edinburgh)
Gary Marcus (New York University)
Friedemann Pulvermuler (MRC Cognition and Brain Sciences Unit, Cambridge)
Juan Uriagereka (University of Maryland)

707 :(´∀`)@リハ:2007/10/24(水) 06:31:33 0
Parkerの論文はお薦めだにゃ
てか顔写真初めて見たにゃがちょっとエヴァネ風味で萌えw

708 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/24(水) 07:30:27 0
猫鍋に、猫流し。

709 :仇鱒:2007/10/25(木) 20:25:08 0
やあ、わしだ。おっぱぴぃだ。うむ。てか、おひさだ。実はちょいとわけあって
今日病院にいってきたのだが、やれやれ、ある数値がちょいと基準値からズレて
たりして、ちょいと自分にご自愛あれだ。セルフ・ナースだよ、セルフ・ナース
。うむ。まあ、遺伝とゆうか家系つーのはある意味「回帰」であり、避けること
ができなかったりする罠。宿命だ、宿命。うむ。てか、なんで最近はリカージョ
ンのことを「再帰」じゃなくて「回帰」なんてゆうんだ?あん?パチンコ屋の新
装開店と同じだと考えてええんか?ま、生成そのものがパチンコ屋みたいなもん
だが、あれだな、回帰とゆえば、出産とゆうか子供を身ごもるつーのもある種の
回帰である罠。母親から母親と同じ器官ならびに構造をもった同じようなもん(
=ガキ)が生成されるんだからな。cpがリカーズすればcpだけじゃなく、
cpの内部にあるtpやらvpもセットでリカーズされるわけだが、同じく、赤
ちゃんがリカーズされたら赤ちゃんの心臓やら肺やら肝臓やらも全部リカーズさ
れるんだからな。ま、それはそうと、こんな↓文を見かけたのであるが、
ethnographic research looks at people's lives by participating and
living the lifestyle of those groups being researched.
後半のliving the lifestyle of those groups being researchedのところはいわゆる同
族目的語構文になっているわけだが(←たぶん)、このように同族目的語が語の
内部にあるときも桶なんだな。まあ、昔、束縛現象絡みで、語の内部にある要素
を束縛しているケースがあったが、同族目的語構文でもそれに似たようなもんが
あるんだな。それはそうと、連日の会議やら学生の研究発表やらで体調崩しまく
りだよ。どてっ♪

710 :youko:2007/10/25(木) 20:52:49 0
あぼおおん

711 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/25(木) 21:13:07 0
>「再帰」じゃなくて「回帰」なんてゆうんだ?

多くの人は誰かが言った言葉、どこかで見た言葉を記憶し、
それを別の場面で使っているに過ぎません。
「腐りやすい」という意味の慣用句に「足が速い」というものがございますが、
「足が速い」と口にした人に「なぜ食べ物が腐りやすいことを足が速いというのですか」と質問したところで
「物質が少しずつ変化するだけで直接目に見られない腐敗という現象を
物体の移動に置き換えて表現することで分かりやすくしているのですよ」など答えようとする人はおりません。
せいぜい一瞬怪訝な顔をしてから「なぜと言われてもそういう意味だから」と応ずるだけにございます。
再帰と回帰も同じことで「この本にはリカージョンと言う意味で回帰という単語を用いているが、なぜ再帰でなく回帰という用語なのか?」と問うてみても
筆者からは「自分が勉強した訳書に回帰と書いてあったから癖で回帰を使っている」云々だけで
理由を聞き出すことはままなりません。
世では「再帰」が相応しいか、それとも「回帰」が望ましいかというように
名称の是非を論じようとする人は少数派にございまして、多数派は慣用の奴隷にございます。

712 :(´∀`)@リハ:2007/10/25(木) 21:50:25 0
そりゃ回帰に原点回帰(!)という親父ギャグを使いたかったからにゃん
意味的には再起がいいと思うにゃむ

713 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/26(金) 00:47:43 0
連続循環、再帰、文の特異点

714 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/26(金) 01:46:21 0
Anna Maria Di Sciullo

715 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/26(金) 02:34:14 0
(´∀`)@リハ ← 再起?

716 :(´∀`)@リハ:2007/10/26(金) 02:44:40 0
ずっとリハビリ中

717 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/26(金) 04:12:27 0
>>714
http://www.er.uqam.ca/nobel/asymet/responsable.html

718 :仇鱒:2007/10/26(金) 19:09:11 0
こんばんま。週末になるとちょいと時間ができるからまたちょいとだけ掻くな。
ポリポリ♪んで、>>711でゆっていることはそうだとして、あれだよな、>>711
のゆってることを前提にすると、次↓のようなメタファーが存在することになる
のだが、これ↓はおもしろい罠。
(ア)「「腐りやすい」は「足が速い」なり」
とゆうのも、これまでメタファーつーと語のレベルしかなかったからな。つーの
も、一般的にメタファーつーたら「αはβなり」のαもβも語だったからな。あ
と、回帰てか再帰絡みでゆうと、まあ、普通は動物(てかトリ)のゲンゴは有限
状態文法で(AB)nの形式しか許さない罠。一方、人間の言語のみが文脈自由文法で
(AnBn)の形式を許すと。で、あれだよ、わしにゆわせると、この違いは一種の記
憶の容量てかワーキングメモリと深く関係していると思うわ。とゆうのも、次↓
の文脈自由文法に見られる埋め込みにおいて、
(ダ)A/1, A/2, A/3, A/4, A/n-1, An, B/1, B/2, B/3, B/4, B/n-1, Bn
A/1とBnならびにA/2とB/n-1をリンクさせるにはとてつもない記憶力を要するしな。
てか、実際、わしらの人間の言語でも、中央埋め込みはぶっちゃけ3回目でアウト
だ。ようするに、わしは何をゆわんとしているのかとゆうと、そもそも(AnBn)の文
脈自由文法の形式を許すか否かは、言語知識の問題とゆうよりも実は言語処理(て
か記憶容量)の問題だとゆえないかとゆうことだ(もちろん言語知識あっての言語
処理であることは認めるが)。うむ。てか、どーでもええことだけど、「リハビリ
」を日本風の動詞にすると「リハビる」じゃなくて「リハブる」になんのかな?ど
ーなんだろ。てか、わしなんか生まれてからずっとリハビリ中だよ、、、ったく、
、、。脳みそに歩行器つけてるわい。うむ。


719 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/26(金) 20:26:26 0
>どーでもええことだけど、「リハビリ」を日本風の動詞にすると「リハビる」じゃなくて「リハブる」になんのかな?

日本語ではミスる、ガスる、アジる、サボる、コピるなど、
外来語のはじめの音節を切り取り、後ろに「る」を付けて動詞にしたものがいくつか見られます。
ミスるはmiss,ガスるはgas,アジるはagitation,サボるはsabotage,コピるはcopyから来ています。
ただし外来語から切り取った末尾がルである場合には「-ルる」とせずそのルを活用語尾の「る」に変えます。
doubleによる「ダブる」は「ダブルる」とはならず「ダブる」となります。
リハビリとはリハビリテーション(rehabilitation)のはじめの四音節をとって省略した呼称ですが、
ダブるの例にならってリハビリの末尾の「リ」を「る」に変えて「リハビる」となるでしょう。
「リハビる」か「リハブる」かという問いは
「リハビリテーションという語を省略して動詞化する場合、rehabili-までを切り取るのか、rehab-までを切り取るのか」と言い換えられます。
私はリハるでもリハビるでもリハビリトるでも、どこから切り取ってもかまわないと思いますが、
日本人は日本語の開音節に慣れているので
子音で終わるrehab-よりも母音で終わるrehabili-を使うでしょう。

720 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/27(土) 02:50:37 0
なんでリハブるになる可能性があるの?ないでしょ?
外来語は由来の綴りや音声や沿革など関係なく、
「日本語」の音節を切り取ります。
つまりリハビリテーションの略のリハビリは、リハビるか、リハビリる
のどちらかにしかなりえません。
ちなみに、「リハる」は、「リハーサルをする」という意味で結構知られています。


721 :かかりちゃん:2007/10/27(土) 03:05:04 0
カオモチ is in rehab
というから、「リハブ」でもおかしくないけどrehabという言い方が
日本ではあんまり知られてないから「リハビる」のほうがなんぼか普通だが
「リハビリする」が当たり前にいいだけにょろ。

722 :仇鱒:2007/10/27(土) 11:07:32 0
やあ、こんぬつわ。今日はこっちは雨だよ。うむ。なんか今夜台風がくるそう
だが、あんまそんな感じしねぇけどな。うむ。まあ、それはそうと、いろいろ
レスしてくれてどーもあんがとん(ぺこり)で、あれかな、「リハビる」と
「リハブる」の両方の可能性を考えちゃうわしは、日本語型の音節と英語型の
音節を両方を意識しちゃってるからなのかな。まあ、そんなところだと思うの
だが、ちょいと「読み」について最近思ったことがあるからまたちょいと書く
な。うむ。で、えっと、あれだ、ココだけのハナシ、今わしが住んでいるとこ
ろだが、町名を「西町」とゆう。で、読み方は「にしまち」だ。で、実は、線
路を越えた向こう側は「東町」なんだが、読み方は「ひがしまち」じゃなく
「ひがしちょう」なのだよ。これって何なんだろうな。ちなみに「西町」を
「にしちょう」って呼ぶところってあんのかな?あと、あれだ、これまたココ
だけのハナシ、わしの実家は通称「中町」と呼ばれているわけだが、読み方は
「なかまち」なのだよ。で、わしの職場の住所も実は「中町」なんだが読み方
は「なかちょう」なんだな、これが。これっていったい何なんだろうな。ま、
どーでもええことだが、ちょいと気になったので書いてみたアルヨ(←中国人
風)



723 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/27(土) 13:23:07 0
>>722
そう。英語の音節、沿革、語源などは考慮に入れるべきではない

724 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/27(土) 15:12:15 0
「彼の発言は的を射ていた。」は、
       ↓
「彼は図星した。」

という風に paraphrase できますかね。お願いします。

725 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/27(土) 15:38:05 0
>>724
個人的な基準ではダメだ。
サ変動詞は「名詞+を+する」の「を」の脱落ではなく
漢語がそのままでは語形が変化せず活用できないために
それを補って形式的に「する」を加え活用させるものだ。
図星は名詞であり動詞でないからサ変動詞にできない。
さらに漢語から他に拡張して英語由来の単語でも動詞、しかも不定詞しかサ変動詞にできないと考える。
「話す」なら「スピークする」とか「トークする」ならかまわないが
動名詞を使った「スピーキングする」とか三人称の「彼はトークスする」とかはダメだ。

726 :仇鱒:2007/10/27(土) 15:56:58 0
仇ちゃん@ちょいと横入り(^^)

>動名詞を使った「スピーキングする」とか三人称の
>「彼はトークスする」とかはダメだ。
まあ、でも、ルー大柴のなんちゃって英語にはこの↑手のものが多い罠。
ちなみにわしのスピークする英語もなんちゃって英語で日本人には通じるが
ネイチブには通じなかったりするけどな。ははははは。これがホントーの
ジャパニーズ・イングリッチュだ。ははははは。てか、どてっ♪


727 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/27(土) 18:26:28 0
そもそも英語における三人称単数現在のsって、どうして必要なんですか?

728 :仇鱒:2007/10/27(土) 20:15:46 0
やあやあ、こんまんみ。こっちにやっぱ台風来たわ。うむ。ま、それはそうと、
3単現のsだが、ぶっちゃけ、盲腸てか目の上のタンコブみてぇなもんだ罠。
なくてもええわ。てか、ない方が都合がええ罠。正直、ないとなんかキショイ
感じがするが、ない方がスッキリしてええ罠。ただ、あれだな、mary study
linguisticsは直ぐに慣れそうだが、what do mary study?なんかは慣れるまで時
間がかかりそうだ罠。うむ。で、もうちょい書いてやると、あれだなー、
『日本言吾文法』の最新号で仇組は日本語の動詞句前置について(機能主義を
ヴォコヴォコにしながら)議論しているわけだが、その際にとりたて詞をうま
くつかってあれこれやっているわけだ。そんで、「だけ」に相当する英語に
onlyがあるわけだが、onlyの生起ってよくわからんところがあるよな。例えば、
次↓の会話において、
(ア)how do you like j-pop?
(ダ)i can't stand it. i only listen to hard rock.
onlyは意味的にはhard rockを修飾しているわけだ。でも、hard rockを直接修飾
するような形でi listen to only hard rockとは普通ゆわんよな。同じく、i listen
only to hard rockとも普通ゆわんよな。てか、これは意味論スレで書いた方がえ
えの鴨しれないが。ちゅーか、こさかなのヲトウトブン、元気そうで何よりで
ある。で、今書いていて思ったのであるが、「何より」の「何」は疑問詞じゃ
ないわけだが、糞じゃ何なんだ?(←ちなみに「何なんだ」の「何」は疑問詞
である)糞じゃ〜な♪(^^)

729 :(´∀`)@リハ:2007/10/27(土) 20:16:54 0
つーか
>三人称単数現在
ではなくて三人称単数、であるにゃ
sはAgrだけでTnsはナシ、にゃ


730 :仇鱒:2007/10/27(土) 20:20:39 0
レスはやっ♪と思ったら顔餅か。うむ。てか、sがagrの具現形だとしたら、
統語構造からagrがなくなった今となっては何がsとして具現化しているの
かと小一時間(ry

731 :(´∀`)@リハ:2007/10/27(土) 20:45:07 0
C→Tへ継承されたagreement featureに決まっとるがにゃ(by MPヲタw

732 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/28(日) 01:46:20 0
Anna Wierzbicka
http://arts.anu.edu.au/linguistics/arts_fac/staff/wierzbicka.html

733 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/28(日) 12:03:14 0
>>725
レスありがとうございます。
じゃあ、

「彼は図星した。」

      ↓


「彼は図星をした。」なら、

これからの会話で用いても、
相手のひんしゅくや爆笑をかうこともなく、
とくに問題ないですかね。


734 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/28(日) 16:13:14 0
>>733
はい。
問題ありません。
是非今後使ってください

735 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/28(日) 17:22:53 0
>>734
図星をしたあなたに、ありがと!

736 :仇鱒:2007/10/28(日) 17:39:11 0
やあ、わしだ。ちょいと彦頁出す。

>問題ありません。
え〜っ。いくらなんでも「彼は図星をした」(cf. >>733)とはゆわんだろ。
「図星を」とコーリレイトできるのは「さす」だけだろ。つまり、「図星を
さす」ぐらいしか「図星を」は使えないだろ。あと、「を」のない「図星」
はコピュラ文で述部としてしか使えんだろ、フツー。つまり、「図星だ」の
形でしか使えんだろ、フツー。いや、もしかしてわしがフツーからズレてい
るの鴨しれないが。

>図星をしたあなたに、ありがと!
いや、だから「図星をした」とはフツーゆわんと思うのだが、、、。

てか、認知スレにもちょいと書いたが、武蔵美の学園祭ひじょーにえかった。
芸大まんせっ!だ。うむ。そんでもって来週は学芸大の学園祭に仇ファミリ
ーが殴り込みに逝くから関係者は覚悟しておくよーに。うむ。(by 学園祭
ヲタw

さて、かかりの後輩からヒジョーに刺激的なメールが来たからちょいとハァ
ハァ♪させてもらうかな。うむ。てか、その前にコンビニに逝ってアレ買って
きてまる子ちゃんみないと。うむ。


737 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/28(日) 18:42:03 0
遺憾=残念

よって、

「彼は遺憾なく実力を発揮した。」は、
       ↓
「彼は残念なく実力を発揮した。」に paraphrase してもいいですかね。

よろしく教えてください。



738 :仇鱒:2007/10/28(日) 19:03:26 0
釣りなのかどうかワカランが、ちょいと吊られると、コレ↓は日本語としても
フツーじゃないとゆうかまともじゃねぇだろ。
>「彼は残念なく実力を発揮した。」
「パラフレーズ」の意味にもよるが、そもそも言い換えてもまともな日本語に
なっていなかったらパラフレーズしたとはゆわんだろ。あと、あれだぜ、今ち
ょいとググってみたのだが、「図星をする/した」のフレーズはほとんどなかっ
たわ。うむ。

739 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/28(日) 19:06:00 0
言語学版ルール読み直してから屁でもこいて寝ろ。インチキ教師が答えるから
こういうやつが調子に乗るんだぞ。

740 :仇鱒:2007/10/28(日) 19:20:32 0
いんちきおじさん登場〜♪(by ちびまる子ちゃん

てか、藤崎マーケットの「ラララ・ライ♪」↓が耳から離れないよ。
http://www.youtube.com/watch?v=DjWxpq680LE
ガキが一日「ラララ・ライ♪」って歌うわ、さっきたまたまコンビニ
逝ったらどっかの親子が口笛で「ラララ・ライ♪」とやってるわ、頭
ん中で「ラララ・ライ♪」がリフレインしてるよ。

ラララ・ライ♪ ラララ・ライ♪ (^^) 

741 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/28(日) 19:23:05 0
>>738
じゃあ、どうして前者はフツーに、まともたりえてるのですか。
文法的にも意味的にもなんらかわらないので、
みんなが使えば違和感もないのじゃありませんでしょうか。

742 :仇鱒:2007/10/28(日) 19:37:04 0
ラララ・ライ♪ ラララ・ライ♪

てなことでちょいと>>741に吊られちゃうが、「遺憾」は「遺憾ともしがたい」
とゆうように、「遺憾」は「〜ともしがたい」とゆった否定的な表現とくっつ
きやすいよな。一方、「残念」は「残念ともしがたい」とはゆわんよな。つま
り否定的な表現とはそんなに相性がよくないよな。だから、「遺憾なく」は桶
だが「残念なく」はイクナイんじゃねぇかな。いや、ワカランが。てか、今日
はもうこれでおしまいな〜♪

ラララ・ライ♪ ラララ・ライ♪(^^)

743 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/28(日) 22:23:57 0
>>742 「遺憾ともしがたい」

まさか本気で言ってないよね。



744 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/28(日) 22:36:41 0
>>736
kyなじいさん

745 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/29(月) 02:51:09 0
>>742 「遺憾ともしがたい」
>>742 「遺憾ともしがたい」
>>742 「遺憾ともしがたい」
>>742 「遺憾ともしがたい」
>>742 「遺憾ともしがたい」

いかんともしがたいオツムテンテン

746 :仇鱒:2007/10/29(月) 06:42:37 0
おはよ。わしだよ。いかんともしがたいオツムテンテンのわしだよ。やれやれ、
やっちゃったな、わし。どてっ♪ ま、こんなわしになってしまったの
も中教審↓のせいだよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071028-00000001-yom-soci
てか、わしは自主的にゆとり教育をしてこうなっちゃったわけだが(ワラ)
てか、まじで「ゆとり教育」の落とし子がここ↓にいるわ。いやー、最初
から最後まで目が釘付けだわ。
http://www.youtube.com/watch?v=vsMdgof1rsM&NR=1
いやー、こーゆー↑のを見ると今後の日本がまじで「遺憾ともしがたい」わw
てか、大学生にもなって三単現のsをしらないのもフツーにいるとゆうハナシ
も耳にするが、マジで戸塚ヨット式教育がそろそろ必要かもな、いやマジで。
ま、そんなところだが、また木曜日まで休講するなー。糞じゃ〜な♪

ラララ・ライ♪ ラララ・ライ♪(^^)


747 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/29(月) 07:33:15 0
Anna Parker
Anna Maria Di Sciullo
Anna Wierzbicka

748 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/29(月) 17:48:27 0
英語学会のプログラム見たけど相変わらずってかんじだな。
既知のデータを焼きなおしただけのような提案ばっかりやんけ。ただ、
”前置詞残留の韻律的分析”なんてのは多少新しい方向性かな。



749 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/30(火) 00:33:44 0
眼鏡をする
ピアスをする
カツラをする
帽子をする*
キャップをする
ブラをする
まわしをする


750 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/30(火) 01:11:54 0
>>748
で、あんたは何の研究をやってるんだ?ww

751 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/30(火) 04:10:32 0
>>749
「( する ) 外す」系 (カツラをかぶる,ブラをはめる,ネクタイを締める,眼鏡を掛ける,指輪をはめる)
「( 着る*) 脱ぐ」系 (帽子をかぶる,パンティーをはく,服を着る,靴を履く)

でも、カツラは着脱式。

752 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/30(火) 05:05:19 0
情報伝達効率に基づく概念形成機構の解析
http://www.brn.dis.titech.ac.jp/~sshi/contents/20040218neuroconputing_shigemisawa_japanese.pdf
http://www.brn.dis.titech.ac.jp/~sshi/contents/20040227mastersthesis_shigemisawa_japanese.pdf

753 :(´∀`)@リハ:2007/10/30(火) 09:22:14 0
mergeで概念形成,まで読んだw

754 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/30(火) 09:30:18 0
新しく出来たばかりの頃は多少の違和感がありそれがまた
心地よい刺激となって普及したりして
でもそのうち陳腐な表現になり刺激もなくなり使う快感もなくなって
死語となるのであーる

図星った☆カナ

755 :Happness Life:2007/10/30(火) 09:45:22 0
今となってはmixiを始め数々のSNSがある中で
実際に出会えるSNSは少ないでしょう。
ですがこの【Happiness Life】は完全出会い目的のSNSです!
もちろん完全無料ですし、会員数も全国で10万人を超え
る程の人気!このチャンスを逃す訳には行きません。
今すぐアクセスしてみよう!!!
必ずいい出会いがある事でしょう!!

http://happines600.happymeeting.mobi


756 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/10/31(水) 07:04:32 0
壊れそうなものばかり、集めてしまう。

757 :仇鱒:2007/11/01(木) 20:02:42 0
やあ、わしだ。シャレにならんぐらい忙しいわ。うむ。で、ストレス解消に
今コレ↓を見ているわけだが、ま、40歳台の香具師には萌えてもらえると
思うわ。

http://jp.youtube.com/watch?v=pejErEQdmGg&NR=1
http://jp.youtube.com/watch?v=wAbhhaotspg
http://jp.youtube.com/watch?v=5p_KnZKGhrE
http://jp.youtube.com/watch?v=zea-6ccW6CI

てか、今度の曰本英言吾学会でわしギター持参して『マジンガーZ』でも弾
いてやっかな。うむ。で、あれだ、どーでもええことだが、ウィリアム・
ジェイムズのことばにこんなのがあるんだが、
If you care enough for a result, you will most certainly attain it.
こんなenoughの使い方があるんだな。まあ、副詞だからcare forのcareとfor
の間に入ったってええんだが、enoughがこんな形で使われるのわしたぶん初
めて見たわ。てか、careとforの間って自由に副詞これるのかな?たとえば、
very muchとかsoなんかも入れるのかな?care very much forとかcare so forな
んてなんかダメぽいよな。てか、上になんかかかりが鯖ティカルもらうような
こと書いてあるが、かかりが裏山水よ。ま、どーでもええことだが、ちょいと
おつかれモードのわしでつよ。どてっ♪

758 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/02(金) 04:11:52 0
外国語にはモダリティってのがあんまない気がするけど

759 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/02(金) 07:12:23 0
care very much for => ok
care so for =>ダメポ
care so much for =>ok

760 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/03(土) 18:39:26 0
方法=道
道=道路   よって、

「他の方法も考えてごらん。」は

      ll

「他の道も考えてごらん。」

      ↓

「他の道路も考えてごらん。」

と言うようにしてもいいですかね。

761 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/03(土) 21:32:10 0
>>760
鉄=金属
金属=銅
よって鉄=銅

とはならないだろ。

762 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/03(土) 23:35:46 0

時効、野選、KY

有標だね。

763 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/04(日) 02:05:04 0
【Yahoo!掲示板の言語学カテ】

・東アジアは漢字を捨てるのか?
・魅力を感じる漢字は、真に表意か

・言語(インドネシア語)
・英語“方言”学

・エスペラント語とは
・イド語エスペラント語インテルリングア語

・こんなもの要らない!国立国語研究所
・絶滅保護言葉

・「障害者」「障碍者」「障がい者」
・金正日はなぜ「キンショウニチ」でないか

・お茶の時間
・ことばをあそぶ

764 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/04(日) 19:17:47 0
小沢もKYだったのかよ

765 :仇鱒:2007/11/04(日) 19:52:49 0
やあ、わしだ。ほんと蛆の手も借りたいほど忙しいわ。アレやコレやでバタバタ
してて2ちゃんどころじゃないが、ちょいとだけ吊られるかな。うむ。
>小沢もKYだったのかよ
まあ、党内の空気を読めなかった小澤はたしかにkyだが、政権とるとかトチ狂
ったことホザいてる眠主党はもっと空気読めてねぇけどな。てか、眠主党に萌え
てるヴァカな國眠も空気読めてねぇけどな。そんでもって副田を首相に選んだ自
眠党も空気読めてねぇ集団だけどな。ま、ようするに、どいつもこいつも空気嫁
ねぇ眠ってる香具師ばかりだ。日本國眠一人残らず全員平和ヴォケの冬眠モード
だよ。ははははは。ヴァカう゛ぁっか♪うむ。

766 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/05(月) 00:02:41 0

2ちゃんどころじゃないが、ちょいとだけ

767 :(´∀`)@リハ:2007/11/05(月) 12:59:50 0
つーか、英語ガカーイは仇が発表するんかいにゃ
ならボコボコにしに行くにゃが、他の人なら可哀想なんでやめとくにゃ
んでオフ会@名古屋はどーにゃw

768 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/05(月) 14:20:42 0
>>765
仇は忙しいのが楽しいんだよな。うむ。


769 :仇鱒:2007/11/05(月) 21:54:05 0
やいやい、わしだよ。仇ちゃんだよ。最近昼と夜はずっと松屋とガストのインタ
ーヴァルだよ。栄養とり杉だよ、わし。そんでもってちょいと吊られるてかカル
メン勝くん。うむ。

>つーか、英語ガカーイは仇が発表するんかいにゃ
あーいやー、当日じゃんけんで誰がプレゼンするか決める。ま、わしが勝つこと
になっているけどな(ワラ)ま、わしは当日セコンドをつとめるわ。そんでもっ
て休憩中に「ティムポと目を狙え。うむ。」と指示を出すけどな。ははははは。
そんでもって「仇が反則を指示した!」と後でクレームをもらって翌日記者会見
開くけどな(藁)

>他の人なら可哀想なんでやめとくにゃ
ま、遠慮せんでガンガン攻めて栗。てか、当日トダは来るんかいな。来てくれた
ら殺伐としたおもろいガチになると思うんだけどな。

>んでオフ会@名古屋はどーにゃw
土曜日の夕方どっかでマンマ喰いながらダベルのもええ鴨なー。でも、オフ会つ
ーても人集まらねぇんじゃねぇかな。英語学会の香具師ってシャイなのが多いし
な。てか、前回は燈台の食堂でオフ会(?)をやったわけだが、今回はミソカツ
でも喰いながらつーのもええ罠。てか、今名古屋のライヴハウスをちょいとチェ
ックしているところである。うむ。てか、名古屋つーと工房の頃、ラウドネスや
ら高中正義やらカシオペアやらを見に行ったものだよ。うむ。


770 :仇鱒:2007/11/05(月) 21:54:50 0
>仇は忙しいのが楽しいんだよな。うむ。
まあ、暇なよりは忙しい方がええが、でも正直限度がある。マジで今わし、分単
位で生活してるわ。いや、マジなハナシ。

てか、上に東エ大の学生の論文がうpされているわけだが、ちょいと目を通して
みたが、マージはマージでも生成のゆうマージとは同音異義語だ罠。てか、その
学生、学年からゆって、もしかしてわしのジュギョーとっていたんじゃねぇかな
。うむ。



771 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/05(月) 23:55:14 0
暴走列車は止まれない。うむ。

772 :Fred:2007/11/07(水) 03:56:43 0
 地味頁が骨折でコンサートが延期と聞いたが、指が動かんから
リハビリするための時間稼ぎとちゃうんかな。頁は最近ますます
のっぽさんに似てきたのう。

773 :Fred:2007/11/07(水) 04:00:55 0
 ついでに。英語学会もThe end が近づいているような気がするのう。
あ、オフ会とやら、わしも参加したいのう。しかし、名古屋になんか
うまいもんあるんか(わざと曖昧文)。

774 :(´∀`)@リハ:2007/11/07(水) 11:42:35 0
早速ZEPスレに報告しますたw
しかし狂熱のライブ完全版など、この秋は頁商法全開だにゃ
全部予約したにゃが(ドテ

んじゃオフ会キボンの使徒は仇組の発表後、会場で集合とゆーことで
ニヤニヤ

775 :(´∀`)@リハ:2007/11/07(水) 12:40:21 0
反応遅すぎつって笑われたにゃむ orz

776 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/07(水) 18:23:34 0
>Fredしゃん
天むすはおいしいと思いましたが、後はね。
味噌煮込みも関西人からすると味が濃い。
ま、名古屋名物にこだわらなければいいんじゃないかと思います。

英語学会って、春先に英語で会合開く事にしたみたいだけど、初回は
やっぱり大物何人か呼ぶんでしょうかね?

777 :仇鱒:2007/11/07(水) 22:13:07 0
やあ、わしだ。ヘロヘロの仇ちゃんでつよ。うむ。で、軽くちょいと掻くな。
うむ。

>ニヤニヤ
にゃーにゃー。てか、英言吾学会の会員の7割近くがココのイ主人であること
はわしにはお見通しだが、何人集まるかだな、問題は、うむ。ま、いちおーわ
しの方でコンパニオンの用意はしておこうと思う。うむ。おっさんばかりじゃ
おもろーないからな(ワラ)

>やっぱり大物何人か呼ぶんでしょうかね?
ベックとエディとリッチーでつか?

ま、それはそーと、frエロd師匠、わしついにオール単板のアコギ購入しま
すたよ。ま、ヴィンテージじゃなくていわゆる中古だが、ヴァヴァ説得して何
とか買いますた。そんでもって今、クラフトマンにカスタマイズしてもらって
いまつよ。具体的にはサドルとブリッジを削りわしの演奏方法に合ったように
修正&調整してもらっていまつよ。ま、frエロd師匠のマーチンには負ける
と思うが、音そのものはdー28に勝とも劣らないと思う。うむ。てなことで
、2年ぐらいわしのお昼ご飯はそばかカレーライスオンリーでつよ。うむ。

てか、これ↓に関する顔餅のコメントきぼん(ワラ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071107-00000033-kyt-l26
「超意欲的ニート」がダメなら「超無気力的ニート」ならいいのかと小一時間
問いつめたいところである。てか、「満喫!モラトリアム。」とゆうのも芸が
ねぇよな。ま、最後の「。」が萎えるな、正直。ま、どーせなら、
「満喫!ニート。」にすりゃええのにな。うむ。その方が芸があるとゆうものだ。

778 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/07(水) 23:49:45 0
>>777
このニュースはある単語を原義から逸脱しないように使用すべきという考えと
盛んに転用してもよいという考えが対立したことを述べている。
この「超意欲的ニート」のニートとは大学生を指すが、
ニート(NEET,Not in Education, Employment or Trainingの頭略)に学生でないという意味があるから
学園祭で大学生を指すのに用いるのはおかしいという意見が通り「満喫モラトーリアム」に変更した。
これは原義を尊重しようという立場である。
一方ではじめに「ニート」という口号を提案した人は
学生はニートに含まれないということを知っていてわざと
ニート=(学生か失業しているか等関係なく)労働していない人 と意味を広げて使ったのだろう。
どちらの姿勢が正しいかというと、
私としては「原義なり術語として用いられるときの意味は必ず知っていれば、俗語はどう使っても構わない」を推す。

A:今日どっか飯食いにいかね?
B:どこ?
A:おー、吉野家かー、ローソンかー、学食かー、やべえ、どれも食いてえ。
B:てかお前不定詞多すぎじゃね?

という会話があったとしてBの「不定詞」(=意図の定まっていない適当な言葉)の使い方に腹を立てるのは大人気ないだろう。

779 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/07(水) 23:59:35 0
女性必見!ネットで高収入バイト
http://www.chat-ladys.net/select/

780 :(´∀`)@リハ:2007/11/08(木) 00:44:24 0
つーか、>>778の例のどこが「不定詞」(=意図の定まっていない適当な言葉)なんかと小一時間
吉野屋、老損、学食、全部意味がはっきりしとるがにゃ

んで11月祭はNovember Festivalっつーことで学内ではNF祭と略しとるようにゃが、
日本に来日と同じで冗長だにゃ
てか、「『溜(た)め』を剥(は)がれる若者たち」のほうがよっぽど意味フメー

あとまあ、意味の拡張はよくあることで、学校に出てこない学生が多いという問題が
教授会で議論された時、あるセンセが「自閉症の学生」と言ったら、自分の子供が
自閉症だという別のセンセが食ってかかっとったにゃが、こーゆー洒落の分からんのを
自閉的思考というにゃ

781 :(´∀`)@リハ:2007/11/08(木) 00:51:56 0
あとニートには年齢の条件があったにゃ
1歳児や100歳のお年寄りはニートとは言わん罠ゃ

先日の某メルマガで「フリーターだった時」と書いたわけにゃが、あの部分は
最初「ニート」にしておったわけにゃ
実際、まったく何もしていなかった時期であるからにゃ
しかし世情をおもんばかってフリーターに差し替えたというわけであるにゃ


782 :仇鱒:2007/11/08(木) 07:49:56 0
おはよ。今日はインフルエンザの注射打ってきまつよ。そんでもってちょい
と吊られるが、京大の学園祭は「11月祭」とゆうようだが、「11月祭」
とゆうとなんか「4月祭」とか「5月祭」とかもあるように聞こえるよな。
そんなことね?同じように、一時よく話題になったが、「首都大学東京」に
しても、「首都大学東京」の他に「首都大学岡山」とか「首都大学ピョンヤ
ン」とかいろいろ「首都大学」の分校があるようだよな。で、それとの絡み
でゆうと、「横浜国立大学」とゆうのも今じゃワケワカラン大学名だよな。
だって、もはや国立大学は存在しないんだからな。だから、「横浜国立大学」
なんつーのは「東京帝国大学」がもはや存在しないのと同じ理由でヘンチク
リンだ罠。あと、あれだよな、「東京ディズニーランド」にしてもヘンだよ
な。本来だったら「千葉ディズニーランド」だ罠。まあ、「千葉ディズニー
ランド」なんて名前は「石景山遊園地」と同じぐらい香ばしい香がしちゃう
けどな(ワラ)あと、あれだ、「11月祭」のページにある「Special Live」
とやらをチェックしてみたわ。そしたら、出演者が「とろサーモン」と「プ
ラスマイナス」となっていたわけだが、この人たちは有名人なのか?わし名
前すら知らないのだが、、、。ま、ある意味「Special Live」なのかもしれ
ないがな。てか、フツー「Special Live」ってゆったらスゲェバンドが来る
ことを意味しねぇか?そんなことね?ちゅーか、コレ↓だが、
>「『溜(た)め』を剥(は)がれる若者たち」
ま、フツーは次↓の(ア)か(ダ)のどちらかだ罠。
(ア)「『溜(た)め』を剥(は)がす若者たち」
(ダ)「『溜(た)め』が剥(は)がれた若者たち」
ま、そんなところだが、そろそろ若者の溜でも剥がしに逝ってくっかな〜♪
ははははは。がんがれ、自分。うむ。


783 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/08(木) 07:57:10 0
杜の都大学東北

784 :仇鱒:2007/11/08(木) 20:26:00 0
やあ、わしだ。わしはちょいと余裕をもって明日の夕方には名古屋に行って
る予定だが、明日は早朝からバタバタもーどだよ。午前中は某所でジュギョ
ーして午後はちょいと某所で仕事の打ち合わせをして、そんでもってそれか
ら新幹線に乗って名古屋入りだ。やれやれだ。で、あれだな、「11月祭」
とゆうのを聞くと「4月祭」や「7月祭」をイメージしちゃうつーのは、
「11月祭」を一種の関係代名詞の制限用法のように頭の中で分析しちゃっ
ているからだな。つまり、「11月祭」の「祭」を「11月」が制限的に修
飾していると考えているわけだ。で、かりにこの分析がイケてるとして、
「首都大学東京」もこれと同じように分析できるのかな?とゆうのも、
「首都大学東京」の「首都大学」が「東京」を制限的に修飾しているように
はちょいと思えないからな。だって「首都」とゆった時点で「東京」である
ことは分かるからな。でも、どーゆーわけか、「首都大学東京」とゆうのを
見ると「首都大学新潟」とか「首都大学ピョンヤン」とゆうのを考えてしま
うんだな。まあ、ようするに、あれだ、「首都大学東京」ではどっちかとゆ
うと非制限的な修飾が行われているようなのだが、制限的な読みが可能にな
ってしまっているわけだ。で、問題はこのミステリーをどう解くかだ。うむ
。てなことでもう電源ぷっちゅん♪な。明日のジュギョーの準備せんといか
んからな。明日はアレのハナシをしてやろうかと思う。うむ。今度アレのハ
ナシをしてくれとゆわれたからな。てか、アレの資料てかファイルどこ逝っ
たんだ、、、見つからんぞ、、、。やべぇな、いや、マジで。

785 :こさかな:2007/11/09(金) 01:20:05 0
兄じゃを明日名古屋駅で待ち伏せしようかにゃ。暇だし。

786 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/09(金) 02:58:50 0
>非制限的な修飾が行われているようなのだが、制限的な読みが可能になってしまっているわけだ

関係代名詞の制限用法は名詞+関係節(=関係代名詞を含む副文)からなり、関係節が名詞を修飾する場合、
非制限用法は名詞の後に名詞と呼応する関係代名詞を含む文を述べる場合を言います。

・東京にある首都大学
・首都大学、この大学は東京にあります

上の「東京にある首都大学」の場合は「『東京にある』が『首都大学』を修飾している」と表現するのは妥当ですが、
下の「首都大学、この大学は東京にあります」の場合に「『この大学は東京にあります』が『首都大学』を修飾している」と言ってよいでしょうか?
よいのならば「俺、腹減った」という文では「腹減った」が「俺」を修飾するともいえるでしょう。
一般化して「動詞は主語を修飾する」と言えることになるでしょう。
そのような意味で非制限的な修飾という言葉を使っているのなら

(1)「AはBする」(=非制限的な修飾)という文は「BするA」(=制限的な修飾)と読み取ることもできる
(2)首都大学東京は「首都大学、この大学は東京にあります」を略して「首都大学」と「東京」の部分だけを結合した名詞である
(3)首都大学東京は「東京にある首都大学」(=制限的な読み)と読み取ることもできる

という至極正しい、ミステリーと呼ぶ必要もない三段論法を紛らわしく言い換えているに過ぎません。

またそもそも制限用法の制限とは修飾と同義です。
「馬」という単語だけでは白でも黒でも毛の色に関係なく馬が含まれても、
「白馬」として「白」をつけると意味するものが他の色でない白い馬のみに狭められ、すなわち制限されます。
制限とは修飾の性質を言い表すものです。
そこから制限用法=名詞を修飾する、非制限用法=名詞を修飾しない という意味で
制限・非制限とついているのですから、「非制限的な修飾」は「名詞を修飾しないタイプの修飾」と同じであり言葉の矛盾に他なりません。

787 :(´∀`)@リハ:2007/11/09(金) 04:15:42 0
英語でなんと呼んでいるかと思えば、都立大ん時と同じだにゃw
ま、どこのヴォケナスが命名したか知らんにゃが 、
UMass Amherstみたいなノリで考えたんでないかにゃ
世界各国の首都にある大学のうち、東京のものを指す、と考えれば
分からんでもにゃい

つーかおまいら久しぶりに「やっとかめ」を聞いて明日の名古屋入りに備えるにゃむ
ttp://etmikan.nifs.ac.jp/fla/nagoya.swf
パスポートなくても入れるでよw



788 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/09(金) 20:01:34 0
遅レスで蒸し返すのもアレかと思ったが、どうしても気になったので。

>>780
>学校に出てこない学生が多いという問題が
>教授会で議論された時、あるセンセが「自閉症の学生」と言ったら、自分の子供が
>自閉症だという別のセンセが食ってかかっとったにゃが、こーゆー洒落の分からんのを
>自閉的思考というにゃ

本気で洒落だと考えているのなら、おまいさんの倫理観に疑問符が付けられそうな…
あくまでこれもシャレなのかな?


>>783
杜の都=仙台なのだから、正確には「杜の都大学仙台」ではなかろうか。
あくまでこれもシャレなのかな?>杜の都大学東北


つまるところ、やはり漏れは年寄りのKYということなのか。
空気というものはさっぱりわからんよ、はぁ。

789 :仇鱒:2007/11/09(金) 20:15:32 0
やあ、わしだ。仇ちゃん@名古屋だ。うむ。そんでもってさっき名古屋駅構内
にある「矢場とん」とゆうみそかつ屋でみそかつ食ってきたわ。まあ、それな
りにうまかったな。うむ。そんでもってちょいとカルメン真美するぞ。うみゅ。

>そのような意味で非制限的な修飾という言葉を使っているのなら
そのような意味もなにもフツーの意味で使っているけどな。たとえば、次の
(1)だとジョンには息子が何人もいる可能性があるわけだ。その一方、
(2)だとジョンには息子は一人しかいないわけだ。
(1)john has a boy who became a guitarlist.
(2)john has a boy, who became a guitarlist.
そんでもってわしは、「11月祭」は(1)のa boy who became a guitarlist
に相当しているとゆってるわけだ。そんでもって、「首都大学東京」は形の
上では(2)だが意味的(というか解釈的)には(1)だとゆってるわけだ。
ま、そーゆーことだ。うむ。

>という至極正しい、ミステリーと呼ぶ必要もない三段論法を
>>786の書いた(1)から(3)のどこが三段論法なのかと小一時間問い(ry


790 :仇鱒:2007/11/09(金) 20:17:48 0
>UMass Amherstみたいなノリで考えたんでないかにゃ
にゃる。てか、ガッテンダッ。

>世界各国の首都にある大学のうち、東京のものを指す、と考えれば
>分からんでもにゃい
その可能性もたしかにある。ただ、その場合、「首都大学ピョンヤン」とか
「首都大学ワシントン」とか「首都大学バグダッド」ならいいわけだ。だが、
フツーに「首都大学東京」を聞くとそうゆったもんじゃなく、「首都大学松山」
とか「首都大学札幌」みたいなもの(←首都じゃないものが入ったもの)がす
ぐにイメージできるわけだ。だから、かならずしも顔餅のゆうようにはならん
と思うわ。

>>788
>空気というものはさっぱりわからんよ、はぁ。
空気の成分はほとんどが窒素でつが、何か?
てか、>>788はもうちょいシャレの分かって空気が嫁るシルバーになれ。うむ。

てか、今日名古屋駅でスゲェもん見たぞ。60歳ぐらいのホームレスの人たちが
いたのだが、なんと、ホームレスのおじさんとおばさん(←年は50台後半ぐら
い)が濃厚なディープキスをしていたわ。いやー、マジでたまげたわ。ま、別に
ディープキスしちゃいけないことはないが、なんかすげぇもんみちゃったような
気がしてわし足がすくんだわ。てか、今いるビジネスホテルの周りは風俗店しか
ないわけだが、ココは情操教育には最高のところである(ワラ)

あ、てか、こさかなの弟分駅で探したけどおらんかった、、、。その代わりコン
パニオンのおねぇちゃんが出迎えてくれますた。www〜


791 :(´∀`)@リハ:2007/11/09(金) 20:49:42 0
>>788
実は予約したとこがどこか忘れて違うホテルにさっきチェックイン
してしまった俺はアルツハイマーでつが何か?

という程度の洒落w
いや、フロントのねーちゃんに怪しまれたのなんのwww


792 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/09(金) 21:14:08 0
それが洒落という程度で済むかどうかは、受け取り手の環境にもよるのではないか。
もし親族に重度のアルツハイマー病患者がいた場合、単なる洒落として受け入れられるのだろうか。
そうした状況も考慮すべきではないのか。
他人を思いやる気持ちが欠けているからこそ、単なる「洒落」で済ませてしまうのではないか。

このように考えてしまうのじゃよ。
もっとも、他人の気持ちなどに関心はないだろうがな、構造言語学者たちは。

793 :仇鱒:2007/11/09(金) 21:29:37 0
を、顔餅も名古屋入りしたか。うむ。てか、わしの隣の部屋の香具師がなんか
すんげぇうるせぇわ。なんか変な音楽かけているようだし、、、。ま、それは
そーと、あんま詳しいことゆえねぇけど、今わしのいるビジネスホテルはビッ
グカメラのすぐ近くにある。うむ。

>>792
>構造言語学者たちは。
ちなみに生成ぶんぽーのケンキュウシャは構造をいじいじしたりしているが、
構造言語学者ではねぇけどな。フツー構造言語学者つーたらアメリカ構造主義
の言語学者のことをゆうけどな。てか、アメリカ構造主義言語学の生まれ変わ
りが実は認知ぶんぽーだったりして、構造を超越したところにお絵かき仮説が
あったりするわけだ。ははははは。

てか、あれだぜ、万人に差し障りのないことを言おうとしたら、それこそ中身
のないまさに形骸化したことばしかしゃべれなくなっちゃうと思うけどな。も
うちょいゆーと、シャレの一番秀逸なものとしてブラックユーモアがあるわけ
だが、弱者をネタにしないとブラックユーモアも生まれない罠。まあ、差別は
いけないが、でも、シャレぐらいはわかる、気持ちに余裕のある社会であって
保水ものよ。うむ。ま、どーでもええことだけどな。うみゅ。


794 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/09(金) 22:04:36 0
ここは生成ぶんぽースレ。だからこそ、「おまいさん方は頭の固い構造言語学者たちとは違うよね?」という意味を込めたつもりなのだが…
どうやらわしの洒落が通じなかったようじゃな。とほほ。

ブラックユーモアならびに気持ちに余裕のある社会を否定する気はないのだが、
>>780の場合、教育者ともあろうものが、かつ教授会で行った発言内容としては、いささか不適切(洒落では済まされない)ではないか、ということなのじゃよ。
2ちゃんねるの
>実は予約したとこがどこか忘れて違うホテルにさっきチェックインしてしまった俺はアルツハイマーでつが何か?
という書き込みは単なる洒落で済むとしても、だ。


もうそろそろ寝る時間じゃよ。老人は朝が早いのでな。それでは失礼もやすみなさいです。
気が向いたらまた老いぼれじじいと会話してくり〜。

795 :(´∀`)@リハ:2007/11/09(金) 22:12:11 0
>もっとも、他人の気持ちなどに関心はないだろうがな、構造言語学者たちは。
そういわれた構造言語学者?の気持ちは思いやらないのかにゃーw

ま、めくらを目の不自由な人などと言い換えて悦に入ってる偽善者と変わらんにゃ
そうやってどんどんことばを不自由にしていく奴らを俺は軽蔑するけどにゃ
古い映画なんか見ると今では放送禁止の表現がバンバンとびかっておって、日本語が
いきいきしておったにゃ

と、不自由な頭で考えてみますたw

796 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/09(金) 22:29:12 0
おまいさんのレスが見たかったのじゃよ。寝る前にもう一度確認しておいてよかったよかった。

>そういわれた構造言語学者?の気持ちは思いやらないのかにゃーw
わし自身が若い頃、実は構造言語学者だったんじゃよ。今はただの老いぼれじゃがのう。
そうでなければ洒落の題材として「構造言語学者」という語は用いないぞ。むしろ洒落というより自虐ネタじゃ。

確かにPCPCとウルサイ世の中になったような気もするが、これも世の常。
息苦しさを感じるものが増えれば、そのうち時代は逆行するものじゃ。
今はとりあえず時の流れに身を任せることにしようではないか。

と老いた頭で考えてみたわけじゃw

おやおや寝る予定が30分も遅れてしまった。でも久々に楽しかったぞ若い衆。
本当にもやしみじゃ。おやすみ

797 :(´∀`)@リハ:2007/11/09(金) 22:37:27 0
そういえばこないだ見たMr. Beanで、海水浴客の視線を気にしてBeanが四苦八苦しながら
やっとこさ水着に着替えたら、その客は実は「目の不自由な人」だったというオチがあったにゃ
頭の不自由な日本では作れんコントであるにゃ

798 :こさかな:2007/11/10(土) 00:15:21 0
>790
すびばせん、、、一日、日付を読み間違えてました。
明日赤福&御福餅持っておじゃましまちゅ。

799 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/10(土) 03:53:45 0
>めくらを目の不自由な人などと言い換えて悦に入ってる偽善者と変わらんにゃ

よく分からないのですが、

・なぜ差別用語の言い換えが偽善に当たるのですか?
・仮に偽善であるとしてなぜ偽善を軽蔑するのですか?
・全体数から見れば少数であり、他の表現も可能な差別用語を規制することがなぜ言葉を不自由にすると形容されるのですか?
・では奈良時代の日本語、室町時代の日本語、昭和時代の日本語、平成の日本語ではどれがが最も生き生きしていますか?

800 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/10(土) 04:47:01 0
近畿日本ツーリスト

801 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/10(土) 06:14:42 0
guitaristだけどな

802 :(´∀`)@リハ:2007/11/10(土) 08:05:58 0
>>799
1.ことば自体が差別的なのではなくその使い方・使用者の問題であるにも関わらず、おもてづらだけ
  取り繕っておけばおk、という発想が偽善だにゃ
  腹の中では障害者(←これすら今や差別用語扱い)を差別していても「〜の不自由な人」とさえ言って
  おけばかまわないのかにゃ?
2.偽善も軽蔑の対象にゃが、今言っているのは言葉狩り=正義という考え方
3.めくらもつんぼもきちがいも立派な日本語であるのに、それを強制的に使えなくしたからだにゃ
4.それは主観的な問題であって、俺にとっては俺が子供であった昭和30年代の言葉遣いが
  ノスタルジーも手伝って一番いきいきしておった、と思うわけにゃ
  「always 三丁目の夕日」は懐かしさいっぱいの映画であったにゃが、言葉遣いの点では
  嘘まみれでもあったにゃ 差別用語だけでなく、「〜したまえ」「〜ですことよ」等
  味のある言い方がいっぱいあったにゃ(遠い目
  

803 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/10(土) 08:06:01 0
>>799

カオモチ氏じゃないけど。

・なぜ差別用語の言い換えが偽善に当たるのですか?

差別用語の言い換えがいけないとか言っているのではないと思われ。例えば、車いすの人をつかまえて、
「障害者」を「障がい者」と言い換えて、「やったー、差別が撤廃されたぞー!」と満足しているだけ
ではだめで、もっとハード面を充実させて、バリアフリーの環境を作ったり、車いすの外出を白目で
見たりしないような環境の充実の方が重要だろうという単純な話だと思うぞ。

・仮に偽善であるとしてなぜ偽善を軽蔑するのですか?

だから、口先だけでなぁーんにもしないで、文学作品だの、映画作品だのの自主規制なる自己満足で
過去の芸術作品を無理矢理改訂させることに意義を見いだすのは本末転倒だろうという話だろ。
台詞だのなんだのを無理矢理変えて、作品をいじくり回すのは創作者にも失礼だというのは
よく分かる話だけどな。

・全体数から見れば少数であり、他の表現も可能な差別用語を規制することがなぜ言葉を不自由にすると形容されるのですか?

全く同意しかねるな。昔の映画や漫画、文学作品がいじくりまわされている現実を知らんのか?
カムイ伝なんかとんでもないことになっているし、筒井康隆の断筆宣言とか聞いたことあるだろ?

・では奈良時代の日本語、室町時代の日本語、昭和時代の日本語、平成の日本語ではどれがが最も生き生きしていますか?

もしかすると、小学生か中学生か?(なら、きついこと言ってすまないな)
クリエイターの人たちにとって、あれやこれやと自主規制で絡められて、自由に物が言えない事が
どれだけ苦痛なのかもうちょっと想像した方がいい。
どの地域のどの時代の言葉にも優劣なんてないよ。でも、卓越した表現者たちの手足を縛るくらいなら
そんな偽善、好きじゃないなという表明をしているだけのことだろ。

さーて、学会だし、言語学の話に移りませんか?

804 :(´∀`)@リハ:2007/11/10(土) 08:08:20 0
ありゃりゃw

805 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/10(土) 08:38:57 0
なんでも程度問題だろ

806 :仇鱒:2007/11/10(土) 08:40:12 0
やあ、おはよ。なんちゃってguitarlist(w)のわしでつよ。さっきコンビニに
逝って朝飯調達してきますたよ。そんでもって今日の朝食は頭脳パンとヨーグ
ルト(←フルーツ味)と野菜ジュースだ。うむ。あ、うまか棒も1本買います
た(←カルビ味)うむ。そんでもってなんか差別用語ネタで盛り上がってんだ
か盛り下がってんだかしらなぇが、マジで差別用語とかってくだらんと思うわ。
もう少ししたら「デブ」とか「禿」とか「ブス」とか「バカ」なんかも差別用
語として指定されたりしてな。そしたらわし使えることばなくなっちゃうわ
(ワラ)差別用語はバンバン使えばええのだよ。どのことばが栄えてどのこと
ばが廃れるかは言語の使い手であるわしら国民に任せればええのだよ。国が介
入するもんじゃねぇのだよ。あと、あれだ、似たような問題だと「哺乳類」を
「ほ乳類」と書いたり「拉致」を「ら致」と書いたり「障害者」を「障がい者」
と書いたり、ほんとわしにゆわせたらヴァカ丸出しだ。てか、あれだぜ、わし
なんかある本で差別用語やら政治的な話やら宗教的な話をバンバン書いて編集
部に出したら、ゲラでは「要自主規制」の文字が至る所に書かれてあったわ
(ワラ)てか、ある政治団体から執筆依頼があって、差別用語をふんだんに取
り入れて政治的にもかなりコアなところを書いたら原稿丸ごとボツだよ。原稿
用紙でゆったら30枚ぐらいボツだ。とくに、差別(用語)つーのは政治とモ
ロにリンクしていて、おまけに宗教団体なんかともリンクしていたりして何か
とまんどくさかったりする罠。ほんと、いいたかないが自称「弱者」に絡まれ
るとまんどくさいわ。政治や宗教とは関係をもたないリアルな弱者にはほんと
愛の手をさしのべたいが(←てか実はわしはかなり愛の手をさしのべている)、
政治や宗教とモロにリンクしている「プロ弱者」には要注意だ。いろいろ書き
たいが線路に突き落とされかねないのでもうやめる。ほんと、ヴァカとキティ
とアホはことばとロジックが通じねぇから対応に困るわ。うむ。てか、名古屋、
晴れてきたな。うみゅ。

807 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/10(土) 17:20:52 0
>>802
一般に、気に入らない人に対して表面的にでも温和に接することが礼儀正しい対応として重んじられます。
一方面とむかって他人を誹謗することは白い目で見られます。
また他人に対して表面的にでも差別的でない言葉を使うことが大人の対応として重んじられず、偽善と呼ばれます。
一方堂々と差別語を使うことが自由な表現として青い目で見られます。

ある二人組が公園に来て、ホームレスを見かけました。
その片方はホームレスを見て言いました。「うわ、あいつ汚ねーな、ゴミだぜ、死ねばいいのにな」
それを聞いたもう片方は言いました。「お前そんな言い方は無いだろう?」
片方はムッとして言いました。「お前もホームレスを腹の中で笑ってんだろ?それを隠していい子ぶってんじゃねーよ」

他人を誹謗する人が誹謗しない人に対して誹謗を正当化するために
「誹謗の言葉自体が悪いのではなく他人に対する悪意が問題だ。
悪意がありながら表面的に取り繕う奴は偽善者だ。」と嘲ったところで何の効力があるでしょうか?
同じように差別語の使用を正当化するために
「差別語自体が悪いのではなく差別の意識が問題なのに差別語を規制して喜んでいるだけでは意味がない。
腹の底で差別しておきながら表面的に取り繕って言葉狩りが正しいと思っている奴は軽蔑に値する」と嘯いたところで何の道理があるでしょうか?
私はどちらかといえば他人をヴォケナスと呼ぶ側よりはメクラと言うなと叫ぶ側のほうが
偽善であってもより善に近いと思うのです。


>>803
差別用語を規制すると作家の表現を損なうから望ましくないというのは
作家が言葉を使う主であり言葉が作家に用いられる従であるという関係が転倒しています。
差別用語を使わずにうまく表現できず、差別用語に頼らなければ言わんとするところを表現できない
というのは作家が言葉に依存しているということであり、作家の資質を問われることではないですか。
全面的に禁止されているならまだしも、
格助詞でもない、「見る」や「行く」のような基礎的な動詞でもない差別用語を規制されたからといって
どれほど表現が落ちるのですか。それを聞いてこいつは芸術を理解できない愚鈍だと評価なさればそれは構いません。


808 :(´∀`)@リハ:2007/11/10(土) 20:07:20 0
やで、今戻ったにゃが大した発表なかったにゃー
最後のM腹にだけツッコミ入れといたけどにゃw

仇とひつまぶし食ってひまつぶししてきたにゃ
てか、こさかなしゃん、俺にまでおみやげもってきてくれて感謝、感謝
ゆっくり話したかったのにゃが先に帰ってしまったようで残念ですた
また今度にゃむ




809 :仇鱒:2007/11/10(土) 20:47:17 0
やあやあ、わしだ。顔餅に先越されちゃったか、、、。うむ。んで、まずは、
こさかなの弟分、ほんと、おみやげどうもありがとうございますた。うちの
組の分まで用意してくれて重ねてお礼申し上げまつ(ぺこり)で、顔餅も書
いているように、ちょいとひまつぶし喰いながらさつばつとした雰囲気の中
であんなことやこんなことをダベってきますたよ。まあ、こじんまりとした
オフ会(?)だったがまったり&こってりしたハナシができてえかった、え
かった。で、コレ↓だが、
>最後のM腹にだけツッコミ入れといたけどにゃw
顔餅がしゃべったからわしもつられてコメントしちまったが、まあ、機能範
疇は出したもん負けだとわしは思うわ。てか、リッチィの分離cp仮説を頼
りにしている時点でダメだ。ま、あれだ、とりあえず、みそかつ喰ったし、
名古屋コーチンも喰ったし、ひまつぶしも喰ったし、名古屋でやるべきこと
はやったわ。うむ。

810 :(´∀`)@リハ:2007/11/10(土) 20:50:45 0
名古屋巻きのネーチャンとのアバンチュールが残っとるにゃむ

811 :仇鱒:2007/11/10(土) 20:52:31 0
てか、「あの子ええよな、仇」とねぇちゃんを指さしながらわしに同意を
求めんよーに。いや、マジでww

812 :(´∀`)@リハ:2007/11/10(土) 20:55:13 0
ぐはっ

813 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/10(土) 22:37:20 0
M腹さんのvがfinやforceに動くって、どんな構造を想定してたんですか?
strictにhead-finalな形で、ちょうど、[Force P [Fin P [TP [vP [VP ]V]v]Fin]Force]って感じ?
ということは、v-headがrightward movementしてるんですか?それともVP-phraseがまるごと?
移動の要因は機能範疇毎にfeatureがあるってこと?
そもそも日本語のCにそれだけ機能範疇があるんでしょうかね?記述の道具がたくさん増えて
ありがたいという話は分かるのだけど。

日本語の複合述語の記述って、hpsgやlfgだと分析しやすそうですよね。例えば、柴谷さんが
指摘していたようなcausativeにおけるadverb scopeだとか。

太郎は 花子に 黙って 本を 読ませた。
(i)黙ってmodifies the act by taro
(ii) 黙って modifies the act by hanako

後は「過ぎる」とか否定辞のスコープかな?
lexiconでくっつくケースとsyntaxでくっつくケースを分けて記述できるし。
新刊のjounal of linguisticsでthe scope interpretation of complex predicates in Japaneseという
論文を書いている人が要るけど、lexicalist analysisって副題があるので、この話題を取り上げているのかな?

814 :こさかな:2007/11/11(日) 00:32:34 0
顔文字せんせ、仇鱒あにき、恐縮でつ。

わたくしは今戻りますた。顔文字せんせ、先に失礼してしまい、
失礼しました。

Meow川せんせのトーク行きたいけど、サンデージャポン見たら間にあわにゃい・・・

815 :(´∀`)@リハ:2007/11/11(日) 00:56:39 0
仇がひつまぶし食いながらmeow川を激しく批判していたのはナイショ


>... ]V]v]Fin]Force]
  ↑
まさにこれ

連体形はFinまであがり、終止形はForceまであがる、つってたにゃ
んで俺がつっこんだのは、予測とは正反対に連体形にくっついたNegのほうがスコープが広いという点
全員が来なかった(終止形、完全否定 全員>NEG)
全員が来なかった理由(連体形、部分否定 全員<NEG)
ま、連体形のほうはさらにN-headまであがるとかなんとか言っとけば誤魔化せるかもにゃ

816 :仇鱒:2007/11/11(日) 08:04:44 0
やれやれ、昨晩はちょいと名古屋の街で暴れてきますたよ。うなぎ喰って元気が
出たからな。ははははは。で、ちょいと吊られるかな。うむ。まず、あれだな、
3原の分析だが、ポイントは関係節なり同格節をどうつくるかだとわしは思うの
だよ。仮にだぜ、「全員が来なかった」をまずつくり、それと独立して「理由」
なんかをつくり、あとで2つをマージてかジェネラライズド・トランスフォーム
するとしような。そうすると、あらかじめつくっておいた「全員が来なかった」
はその時点では終止形の文とゆうことになる罠。もしそうじゃないとゆうのであ
れば、派生の最初の段階で「全員が来なかった」は終止形じゃなく連体形である
とゆわんといかんわけだ。つまり、形態的には同じものを機能的にどうやって、
そしていつ区別するかとゆう大切な問題があるわけだ。そんで、この手の問題を
いろいろ考えていくと、たぶんだが、動詞の主要部移動ウンヌンなんか吹き飛ぶ
ようなもっと大きな問題にぶち当たると思うのだよ、わしは。いや、そう思って
いるのはわしだけ鴨しれねぇが。



817 :仇鱒:2007/11/11(日) 08:05:44 0
あと、あれだ、せっかくだからわしもここで報告すると、わしは3原の最後のコ
メントにちょいとつっこみを入れたわけだ。3原は最終的には英語の活用と日本
語の活用は一つにまとめられるのではないかと大きな風呂敷を広げたわけだ。
で、わしは、次のようにゆったわけだ。まず、英語の「活用」つーたら、ピンカ
ーなんかがゆうようなジュアルシステムがあるわけだ。で、実は、日本語の活用
もある意味ジュアルシステムであるわけだ。つーのも、上一・下一・カ変・サ変
が同じ活用変化をし、五段活用だけが別の活用変化をするからな。でも、わしな
らびにわしのダチの西凸くんがゆうように、日本語にはそもそも活用変化なんか
ない可能性があるわけだ。そうなると、同じように、英語の活用にも活用なんつ
ーのがないかもしれないわけだ。となると、3原のゆうように、英語と日本語の
活用をまとめるなんつーのはある意味幻想で、そもそも活用なんつーのは存在し
ないから、存在しないものをまとめるなんつーのはありえないハナシだったりす
るわけだ。ま、そんなこんなだが、今「毎曰新聞」の地方版(p26−27)を読
んで「うむっ!」と思っているところだ。飯喰って糞したら出かけるかな。うむ。

てか、顔餅がひまつぶし食った後に名古屋巻きのねぇちゃんを激しく物色してい
たのはナイショ


818 :(´∀`)@リハ:2007/11/11(日) 08:10:03 0
ま、そん一つ前の香具師の発表にからめて言うと、スコープ解釈に影響を
及ぼしているのだから、日本語の動詞屈折はmorphological mergerではなく
syntactic movementだ、ということにはなる罠ゃ

819 :仇鱒:2007/11/11(日) 08:32:08 0
うわっ、監視早っ♪ てか、顔餅これから寝んのか?ま、それはええとして、
でもあれだなー、わし自身よく分かってないのだが、そもそも日本語に形態
論と統語論の明確な区別ってあんのかな?日本語のような膠着性の言語だと、
正直、形態論と統語論ってかなり連続していてクリアーカットできないよう
な気がすんだよ。まあ、そう思っているのはわしだけなの鴨しれねぇが。で、
そうなると、ホモロジカル・マージとチンタクス・ムーヴの区別ってほんと
にあんの?とゆうのがあるんだけどな。ま、一つ前の香具師@平タ氏のプレ
ゼンを聞いていてもそんなことを思ったわしである。うむ。てか、やぱ冊子
(←ハンドアウトの本)をもたないでプレゼン聞くのはしんどいな(藁)
ちゅーか、ヒラ田氏とゆうと、ひとづてにユーフォーの存在を信じていると
ゆうのを聞いたことがあるのだが、今度わしとユーフォーの存在についてガ
チしたいものである。うむ。

820 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/11(日) 08:53:40 O
わかりました。
ちなみに、アポロは月にいってませんよ。

821 :仇鱒:2007/11/11(日) 08:57:31 0
>>820
もしかして評田氏光臨?(ワラ)

822 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/11(日) 09:12:09 O
いずれユージ&コージは、DVDの不正コピーにより、
刑法175条・二年以下の懲役、または250万以下の罰金若しくは科料の刑に処せられ
公職を追われることになります。

823 :813:2007/11/11(日) 09:54:48 0
うーん、動詞屈折をいじくりまわすととんでもないことになると思うだけど。

例えば、
>ま、連体形のほうはさらにN-headまであがるとかなんとか言っとけば誤魔化せるかもにゃ
なんてことがあるとすれば、すっごいややこしいことになる。例えば、複合動詞でcausativeを
取り上げると。

太郎が 花子に 黙って 本を 読ませなかった。
(i)「 黙って modifies 花子」& read > NEG
(ii) 「黙って modifies 花子」& read < NEG
(iii) 「黙って modifies 太郎」 & read > NEG
(iv) 「黙って modifes 太郎」 & read < NEG

の4通りの読みはあると思う。例えば、(i)だと花子は黙っていないだけで、本は読んでいる。でも、
(ii)だと本を読んでいない。(以下、略)
causative接辞が複文を形成するという話もよく知られているけれど、これらのスコープをmovementで
出そうと思えば、「動詞接辞はbase-positionで副詞による修飾を受け、さらに移動してそこで否定解釈を
受ける。移動先では副詞による修飾は受けない」とかいろいろ摩訶不思議なことを言わないといけなくなる。
こんなこと言っていると、そもそも移動しているのかどうかも怪しくなるし、階層構造がスコープ解釈に
関わるというassumption自体を破棄しないと、ちょっとはましな分析すら提示できなくなる。

概念的にはミニマリストを指示したいのだけれど、これら経験的事実を記述しようと思えば、今の所は
hpsgやlfgらの語彙論が一枚上という気がする。

今日はT野氏やK本氏らの講演があるんですよね。彼らはクレバーな研究者だと思うな。

824 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/11(日) 14:38:08 0
わしだ。名無しだがわしだよ。仇鱒だ。

ちょいと早めに切り上げて今駅のネットサービスにいるのだが、ちょいとだけ書
くわ。で、デフォで>>822のようなものはスルーだが、誤解のないようにちょい
と書いておくわ。まずな、ココでコテが書いているのは、虚実入り交じってるわ。
で、dvdウンヌンだが、顔餅のバックアップ用のdvdを貸してもらって見さ
せてもらってるだけじゃい。あとな、そんなにわし(ら)がウザイならわしは直
ぐにでも消えてやるわ。別に2ちゃんなんかでジュギョーする必要ねぇからな。
このスレは実際は<29>だ、キリのいいところでこのスレで消えてやるわ。

825 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/11(日) 17:21:04 0
巧妙な仇鱒のなりすましの可能性があるので
直ぐにでも消えてやるわといわれても信用ならないな。
シャレぐらいは分かる気持ちに余裕のある仇鱒であると思うから
不正コピーぐらいで文句を言ったりはしないと思うな。

826 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/11(日) 17:25:49 0
不正コピーぐらいではじゃなくて不正コピーの指摘ぐらいではじゃないか

827 :(´∀`)@リハ:2007/11/11(日) 20:07:17 0
やで、今帰宅したにゃ
てか今日は仇を見かけんかったにゃが、学会サボってホテトル遊びかにゃー
俺はmeow川は華麗にスルーして獲得のシンポに乱入して嵐まくってきたけどにゃw
つーか、なんだにゃ、客観的に見て、もはや生得的、生得的と言いすぎるのは
いかにもオバカな感じだにゃ
今日の発表では、生得性を強く支持するデータなんか一つもなかったと言えようにゃ

んで、>>823
本を読んだ場合でも、read>NEGではないんとちゃうかにゃ
[黙って本を読む]の否定は、黙らずに読むことも含んでいるにゃろ
cf. I didnユt sleep because I was happy で
a. NOT [ sleep because ... ]
b. [ NOT [ sleep ]] [ because ... ]
どちらも not > sleep にゃが (a)は眠ったこと自体は否定しとらんからにゃ
ま、-(A&B) は -A or -B であるにゃ

つーか、175条つったら わいせつ物領付にゃんか、ヴォケ



828 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/11(日) 20:20:24 O
顔餅アボンだわ。

829 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/11(日) 21:12:28 O
普遍文法には迫れてなかったのかにゃ?

830 :813:2007/11/12(月) 00:56:34 0
>>827
申し訳ない。意図していたのはそういうことで、「黙って」と「読む」と「否定」の3つの
スコープ解釈が問題と言っておけばすむ問題ですね。

生得性の話と絡めてですが、通言語的な分析も、どこまでパラメータと絡めて記述できるのかという
問題も非常に難しいですよね。結局、個別言語の現象をきっちりと分析するのが言語屋さんの仕事
なのではないかと思います。

理論に依る以上、理論の後追いしかできないのは仕方がないのかもしれませんが、データの解釈と整理だけは
しっかりとやってもらいたいですね。同じデータを生成と、例えばコネクショニストの人たちに分析
してもらって、どれだけ違う結論が導きだされるのか?とかいう比較をしてみるのもけっこうおもしろい
のかもしれません。

831 :(´∀`)@リハ:2007/11/12(月) 02:51:24 0
まあなんだにゃ、別にチョムが正しいと決めつけるわけではないにゃが、
今日のシンポの発表者はいずれも反MP的な古い生成文法の信者であったにゃ
つまりリカージョンだけではなく、あれもこれも、論理・意味解釈の非常に
細かい点に至るまで、生得的なものがあるという主張や示唆を行っておったにゃ
しかし具体的に何が生得的なのか、また生得的とは正確にはどういう意味なのか、
について、はっきりしたことは何もなかったわけにゃ
また逆に、すべてリカージョンの問題だとすると、そんなシンプルなものなら
それこそ生得的である必要はさらさらない、という可能性も出てくるにゃ
HCF仮説はその意味でも非常に思い切った提案であり、これまでの生得性の議論を
いったん全部破棄して仕切り直しを強要するものであるわけにゃ

それと今日は誰も議論せんかったにゃが、Charles Yangのvariational modelは
一見、パラメータ理論の欠陥を統計的学習によって補おうという折衷案的で穏当な
提案にゃが、実は、あらかじめ競合する複数の文法が生得的に与えられていなければ
ならないという意味で、一層UGの役割が重たくなってしまっておるにゃ
他理論の利点を取り入れることでUGがスリム化できるというのが本筋であるはずが、
むしろ逆の結果となってしまうのはいかがなものか、と思うけどにゃー

ま、「UGなんかないというのが世界標準だ」みたいなことを俺が言ったので
気分害した使徒が多かったと思うにゃが、つまりそういう多数派の人を納得させるだけの
強い証拠を出さないとあきまへん、という意味の叱咤激励のつもりであったので
誤解なきよーに、にゃ



832 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/12(月) 07:36:57 0
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)

性欲を伴わない恋愛 [心理学]
UGなんかないというのが世界標準だ [言語学]

833 :仇鱒:2007/11/12(月) 07:54:44 0
やあ、わしだ。てか、>>824のカキコミはマジでわしだ。偽仇のなりすまし
カキコミじぇねぇわ。てか、ネタにマジレスしてしまった自分がはずかしい
が、マジで藻前ら、虚実ゴッチャにするんじゃねぇぞ。いまだにリアルライ
フでわしを変な目で見る香具師がいるが、そーゆー香具師はアニメキャラに
萌えてるのと大差ないからな。いや、マジで。で、もう既にいろいろバタバ
タしているのだが、まあ、コレ↓だが、
>「UGなんかないというのが世界標準だ」
この「世界標準」の「世界」は生成スレのことだ罠。ははははは。あと、
ちょいと理解の深さが異なるが認知ぶんぽーもこの「世界」の中に入る罠。
まあ、それはそうと、宮皮とゆえば、たしか今日、東エ大でトークする罠。
言語学のハナシじゃなくてテニュアのハナシでな。先日東エ大に逝ったとき
「どっかで見た顔だな〜」と思ったら宮皮の顔が写ったポスターが貼ってあ
ったわ。まあ、宮皮はアメリカではかなり例の問題で叩かれウェブでも米つ
きバッタのように平謝りしていたが、宮皮のジャッジを叩く香具師はいねぇ
のか。まあ、わしが叩いてもええのだが、ジャッジを叩くほど萎える行為も
ないしな。てか、ジャッジを叩くことが第一目的でなく別に大きな目的があ
るのならええが、そうじゃなければやってもしゃーないしな。てか、今実は
、齋藤氏@燈台とワケあってちょいと仕事しているのだが、齋藤氏はなかな
かハナシの分かるような人みたいだな。今度もしかしたら酒飲みながらソフ
トなガチをすると思うのが、言語獲得ではなく言語学習についてちょいと語
りあってみようかと思う。まあ、あれだな、獲得のハナシもええが、正直、
昨今の英語教育論争絡みでは習得てか学習のハナシに理論言語学の立場から
何かゆうべきだとわしは思うわ。ま、あいつはもう何もゆわんでもええわ。
ヴァカはひっこんでいてもらいたいわ。名前はあえて伏せるが。虚実ごっち
ゃにするヴァカ相手にするほどわし暇じゃねぇし。うむ。

834 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/12(月) 08:54:37 0
Yangの仕事はとても重要だと思います。
彼の理論を使えば、variationなんかも扱いやすくなるし。それに、なんか端書きかどっかにあったような
気もしますが、例えば、不規則動詞の活用に関する一般化にしても、記憶の負荷を軽減できるわけですし。contra ピンカー

となると、導かれる結論としては、UGは意外に豊かな物なのかもしれないという可能性もありますし、UG以外の一般学習機構が
豊かで、競合するいくつかの文法は学習で習得されていくものだという可能性もありますよね。つまり、言語モジュールのいくつかは
UG由来ではないと考えれば、UG自体はそれほど複雑にならなくてすむのかもしれない。

>ま、「UGなんかないというのが世界標準だ」みたいなことを俺が言ったので

Newmeyerによれば、そっちの方が研究者の数は多いんじゃないかということでしたが。

類型論では、ドライヤー、コムリーなんかの他にケンブリッジのジョン・ホーキンズもなかなか
興味深い事を言っていますね。彼らの理論と照らし合わせて、もっと批判的にUGを考察して
いきたいものですが、生成でagainst UGみたいな話をするのは難しいんでしょうかね?

UGの批判的考察は、ミニマリストが積極的にやっていかなければいけないことだと思うのですが、
「生得性が証明された。めでたしめでたし」だとか、「これでいいのだby ブックス」だとか
ちょっと楽観的に過ぎる面がある気がする。自戒の念も込めてですが、前もって準備された結論に
データを導くのではなくて、もっとデータが語るgeneralizationを逐一ちゃんと見ていく事が
基本だけど、それがなかなかできないことなんだと思いますね。

835 :(´∀`)@リハ:2007/11/12(月) 13:20:52 0
>そっちの方が研究者の数は多い
数だけで言えばそりゃ当然だ罠ゃ
ま、UG=MAC vs. 反UG=WINみたいなもんにゃ
しかも 漢字TALK7.x〜OS9.x=旧生成、OS X=MPで、
使い慣れて便利だからというので、MPに移行していない
生成ユーザが非常に多いにゃ
いや、記述装置としてMPっぽいことを言っておっても、
発想つーか、思想的・哲学的にいまだに前MP的なのがにゃ

AppleがiPod+iTunesで起死回生をはかったように、生成も
万人受けするヒット商品を開発せんといかんにゃ
パラメータモデルに基づく斬新な英語教育プログラムとかにゃw



836 :(´∀`)@リハ:2007/11/12(月) 13:22:23 0
んでVM@Yangについてにゃが、来年出る朝倉の本(言言吾参照)
の中で詳しく批判しているし、こないだのELのreview articleでも
少し触れたのにゃが、VMの最大の欠陥は一番説明すべきことを
全部givenなもの(生得物)にしているということであるにゃ

知ってのとおり、VMはダーウィン進化モデルをそのまま言語獲得に
持ち込んだものであって、適応主義に対して俺なんかも繰り広げて
きた批判がそのままVMにも当てはまるにゃ
最初から文法のバリエーションがあるというところから出発して
いたのでは、どうしてそのようなバリエーションがあるのか、の
起源・進化の問題に立ち入ることは到底望めないにゃむ

Bakerがパラメータの差異は、言語がむしろ情報を隠す機能を担っている
から存在するなんつー寝言を垂れ流しとるにゃが(Trends in Cognitive
Sciences 7.8)、これなんかもご都合主義の典型的な適応論、結果論で
あり、パラメータを説明するものではないにゃ

>生成でagainst UGみたいな話
MPはminimizing UGであるはずが、そういう方向の研究が驚くほど少ない
というのが、非常に遺憾であるにゃ
よーするに「記述だけチャラチャラやってるインチキ生成」wばっかというわけにゃ



837 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/12(月) 23:10:40 0
なかなかおもしろいたとえ話ですね。じゃ、linuxはさしづめhpsgやlfgということになりましょうか?
そういえば、rrgって最近聞きませんが、van valinは元気なんでしょうか?

>パラメータモデルに基づく斬新な英語教育プログラムとかにゃw
はは。
ところで、第2言語習得やっている人と英語教育やっている人を同列に語るのは前者に対して
ものすごく失礼だと思う。(全くの個人的意見だが)

英語教育専門で優秀な人っていますかね?知っている限り、英語力ダメ、指導力ダメ、知能ダメの
散々七拍子な人たちばっかりなんですが。「動機がある学生の成績が向上することがわかった」だとか
「教壇での立ち位置が指導上重要」だとか、「生徒一人一人に聞こえやすい授業が望ましい」だとか
そういった「主張」が「論文」という舞台で一人歩きしている現場にいる人たちに、syntaxの基礎の基礎を
理解してもらえるかどうかは凄く疑問ですね。

838 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/12(月) 23:23:05 0
それで、>>836ですが。
VMは経験事実を説明するのに必要な話だったと思うんですけどね。
言語がそれだけ経験的事実に富む豊かな現象である以上は、仕方がないかと。

そういう意味では、愚直なまでにYangがいろいろ頑張って、いい叩き台を提示して
くれたのではないかと思います。
朝倉本は無学にして知らなかったのですが、言語って入手しづらいんですよね。
メジャーなジャーナルに載せてくれるとありがたいんですけど。

生物学的器官としての言語能力といえばカービーを連想しますけど、エジンバラは
懐が深いというか、いろんなlinguistがいるんですね。

パラメータといえば、ある種の設定がなされれば、連鎖的にある現象もついて回る、という
メカを想定しますが(e.g. head-parameter, configurational-parameter)、なかなかうまく
機能している説明はないですね。個別言語の規則は別個に記述していく以外に今の所はないのか?
という割り切りがありますけど。

他にも例えば、VSO/VOS言語はエモンズ以来、V-movementを使ってSVOから導くというのが
主流ですが(eg. Irish by McCloskey, Scotish Gaelic by Adger, Ramchan)、これも「本当かな?」
という疑問が拭えない。むしろ、VSOが基本でV-loweringでSVOが導きだされるという可能性も
あるだろうに。SVOとVSOには共通点が多いという以上の事は言えないと思うんだけど。

839 :(´∀`)@リハ:2007/11/13(火) 03:04:02 0
>英語教育専門で優秀な人っていますかね?
ウチの内部事情に詳しいにゃww
ま、はっきり言って外国語教育のロンブン読んでアカデミックな気分になれるものは
一つもないにゃが、そーゆー分野なんだからしゃーないにゃ
それどころか、今や大学で一番求められているのがこの分野であったりするにゃ
学生の英語力向上にいかに役立つか、が研究の評価につながったり、研究費ぶんどる
際の殺し文句になったりするご時世であるから、生成研究者も余計なこだわりは捨てて、
うわべだけは外国語教育にいかに熱心に取り組んでいるかをアピールしたほうがええにゃ


840 :(´∀`)@リハ:2007/11/13(火) 03:06:13 0
発達的変異についての古典的なparameter resettingのモデルの欠陥を指摘した点では
Yangは高く評価されるにゃが、その解決策としてVMはいかがなものか、と思うわけにゃ
実は授業でVMのハナシをした時、ある学生が「複数の文法が共存・競合しているのでは
なく、子どもは出鱈目に話しているだけではないか」と質問してきたにゃ
(ここ見てるかにゃーw)
このナイーブな見方にも一理あると俺は思っているにゃ
つまり、ことさら理論だてて難しく考える必要がないような現象までナントカ原理に
従って、とか言いすぎている部分もあると思うのにゃ
なんつっても、子どもの発話(大人もにゃが)はパフォーマンスレベルであり、それが
直接文法能力を反映しているとは決めつけられないからにゃ

>メジャーなジャーナル
そーゆーとこには「チャラチャラした記述研究」しか載らんからにゃーw
だいたい、先日のM原ではないにゃが、記述しか能のない香具師に限ってその記述すら
満足にできてないにゃむ


841 :(´∀`)@リハ:2007/11/13(火) 03:06:52 0
>カービー
日本でその系統といえば橋本や山内であるにゃ
橋本は文法化なんかに興味持っていて認知言語学会でしゃべったりもしているにゃが、
特定の言語理論に拘らず自由な立場で言語進化を論じられる、言語学にも詳しい
非言語学者がもっと出てきて欲しいもんだにゃ
エジンバラには今、仇と仲良しのI内氏が行ってるにゃ

>VSOが基本でV-loweringでSVO
トップ・ダウソ式の派生を考えるにゃらそれもある罠ゃ
ボトム・ウp式と比較して、どっちに利があるかトータルで考えないと判定は難しいにゃ
しかしたとえば英語で
平叙文:I am hungry
疑問文:am I hungry
VS語順が基本だとして、どうしてより無標のはずの平叙文ではそれが維持されず
「わざわざ」Vをlowerせんといかんのか、という素朴な疑問が生じるにゃ



842 :(´∀`)@リハ:2007/11/13(火) 03:10:23 0
ところで

このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
象VSハンドガン [野生生物]

なんにゃこれはw
誓って俺ではないからにゃ

S&W M29片手にキャラハン刑事が「こいつは .44 magnumといって世界最強の拳銃なんだ」
と言ったのも今は昔、現在では .50magnumのM500なんつー化け物が存在するからにゃー
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/S&W_M500
英語学会は見るからに銃器マニアみたいなカッコしてったらみんなに怪しまれますた
言語学会@信州大は自衛隊の迷彩服で行くとするかにゃ

843 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/13(火) 03:53:14 O
What are we forgetting
when we are learning?

844 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/13(火) 08:36:27 0
>ウチの内部事情に詳しいにゃww
はは。でも、そちらのwater lightさんはあの業界では権威というか、随分とまともな方だと
思いますよ。多少、尊大な気もしますけど。

>うわべだけは外国語教育にいかに熱心に取り組んでいるかをアピールしたほうがええにゃ
灯台のS井さんも「言語獲得遺伝子」なんて仰ってますけど、どこまで本気なんだかって感じですよね。

>>840
しかし、子供の発話レヴェルで、経験していない方向に何度も間違えるとか、注目すべきエラーは
けっこうあると思いますけどね。UGではデフォールトだけど、後天的に形成された言語規則は
なかなか覚えられないとかそういうのもありますし。

また、ある種の規則性を備えた人工言語は決して学習しないとかいう事実も無視できないかと思いますね。
自然言語だと、どれだけ複雑であっても容易にマスターするにも関わらず。

デタラメなエラーでも、ある種、UGの想定外のとんでもない規則は身につけないですしね。

>そーゆーとこには「チャラチャラした記述研究」しか載らんからにゃーw
これには「異議あり!」ですね。
言語学が経験科学である以上は、記述の域は越えられないですし、足下を固めておかないと
大きな議論はできないように思いますしね。

そういう意味でも、きっちちりとした言語分析のできる記述屋さんは尊敬しますね。
実際、他分野の人たちに何かを聞かれた時に、一定の成果を報告する事もできますし。

845 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/13(火) 08:52:10 0
>>841
語順に関して言えば、例えば、Greenbergの調査によれば、SOV, SVOが一番多くて、
VSOの頻度はそれら2つに比べて随分と下がる。後は、ほぼ例外的。

となっています。このSVOとVSOの頻度差が、SVOがデフォールトで、VSOはmarkedと
いう想定につながっているようにも思えるのですが、根底を支える概念って何なんでしょう?

一つの説明の方向として、VSOはv-raisingを要求する分、文法規則としては複雑なので頻度が
下がるという「説明」があるかと思います。

しかしおかしいのが、UGのオプションとしてはどちらの語順も認められており、幼児はいちいち
SVOの語順を母国語の情報として聞いて回らないのに、V-firstが複雑な文法規則だと認識できるのか?
という単純な疑問があります。

「複雑な文法規則は、個別言語としての出現頻度が低くなる」という説明はどうもある種の、自分の
母国語ありきの呪縛から離れられていないんだろうなという印象が拭えません。

>「わざわざ」Vをlowerせんといかんのか、という素朴な疑問が生じるにゃ
というわけで、文法操作の複雑性がmarkedとunmarkedに関わる保証がない限りは、
unmarkedな方が複雑な文法操作を経ないといけないという可能性は十分あるかと思います。

それと、一つの可能性として、疑問文では、C-headかどこかに照合されなければならない素性が
あり、英語などSVOの多くの言語ではauxiliraryを移動する事でそれを満たし、元からVが先頭に
あるVSOではauxiliaryの移動が語順の差として認識されないので、auxilirary movementがUGの
表出形として刺激されず、疑問文マーカーなどが活用される。SVOで移動があるのは、移動の有無が
学習できるかどうかだけという話。という方向は吟味すべきかと思います。

846 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/13(火) 08:58:45 0
ところで、

このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
性欲を伴わない恋愛 [心理学]

おもしろそう、と思って、うっかりクリックしてしまったことを自白します。
でも、なーんも中身ねぇじゃねぇか。馬鹿やろー!おもしろくねぇ。

銃と言えば、例の湾岸戦争でデザートイーグルが随分と活躍したそうですが、
最近の(とは言っても5年くらい前)ルパン三世で、次元大介が追いつめられて
「そんな時代遅れの銃より、デザートイーグルを使えばどうだ?」と言われて、
「品のない銃は嫌いでねぇ」とかって言い返したのがなんかかっこよかったですね。
そうそう、マグナムはなんか気品があるんですよね。でも、ベレッタ系が個人的には
好きです。

>言語学会@信州大は自衛隊の迷彩服で行くとするかにゃ
誰かカオモチ氏を撮影して、ここでupしてくだされ。

847 :こさかな:2007/11/13(火) 11:16:30 0
どうでもいいですにゃが、
ちっちゃな街なのに、私が住んでるところには米軍放出の
服とか、バズーカ?とか売ってる店がありますにゃ。

848 :(´∀`)@リハ:2007/11/13(火) 22:08:13 0
こさかなしゃんとこは米軍キャンプの近くかにゃ
そーゆー店は高そうにゃが
俺はネットオクで安いのをゲットするのが楽しみで、こないだ買った
迷彩カーゴパンツなんか、200円ほどですた
米軍実物サープラスはちょっと腰がひけちゃうにゃー
死体運搬袋の使用済みとかコワー
こさかなしゃんに貰った長餅、ちょっと焼いて食ったらウマー


849 :(´∀`)@リハ:2007/11/13(火) 22:08:54 0
>灯台のS井さんも「言語獲得遺伝子」
「嘘・大げさ・まぎらわしい」のJARO
ttp://www.jaro.or.jp/

>経験していない方向に何度も間違える
optional infinitiveが一番分かりやすい例だにゃ
トマセロのインチキぶりが暴露されたケースでもあるにゃが
ウェクスラの説明も生得的なものを要求し過ぎているので
到底受け入れ難いように思うにゃ

>自然言語だと、どれだけ複雑であっても容易にマスターする
無理に複雑に見立てていたという可能性もあるにゃ
その辺りはやはりそん時の理論に依存せざるを得ないわけで、
MPはその種の議論をどんどん無効にするかも知れにゃい

>UGの想定外のとんでもない規則
UGが予め明確にされているわけではなく、どんなものでも観察されれば
それはUGの範疇内であるというようにUGを変えていくというのであれば
あまり説得力ないにゃむ


850 :(´∀`)@リハ:2007/11/13(火) 22:09:43 0
>これには「異議あり!」
記述自体が無意味だとは言っとらんけどにゃ
「正しい記述」は当然なされんといかんにゃ
しかし、生成は記述だけやっとればいいのかというと、それは断じて違うと思うにゃ
言語現象の記述や説明を通して、人間の心や本性に迫ろうというのが生成の初志で
あったはずにゃが、いつのまにか手段に過ぎないものが目的になってしまっとりゃ
せんかにゃ
いかに優れた分析をやっとる研究でも、so what? とクビをかしげるのが多すぎる
わけにゃ
特に日本の生成はにゃ

>SVOとVSOの頻度差が、SVOがデフォールトで
同じSVO語順でも、すべてがVP内に留まる場合、SだけがSpec,TPに移動する
場合、VもTに移動する場合、SがさらにSpec,CPに移動する場合、VもCに
移動する場合、というように、派生の仕方は多数あるにゃ
通言語的に頻度の高いもの=派生の簡単なものという意味ではにゃい
しかし同一言語内でたとえば子どもの獲得が早いもの=より簡単なもの、
ということは言えるんでないかにゃ

>VSOでは……疑問文マーカーなどが活用される
これはいい着眼点にゃがどの程度の相関度があるんかいにゃ
日本語でも疑問particleがあるから、VSO語順がその唯一のtriggerという
ことではなさそうにゃが


851 :(´∀`)@リハ:2007/11/13(火) 22:11:28 0
>「品のない銃は嫌いでねぇ」
次元にメロンパン一個w
俺もなぜかDEは嫌いで、DEは一挺も持ってないにゃ
次元はS&W M19 .357 Magnumをずっと愛用しとるにゃが、ルパンは
主題歌にも出てくるワルサーP38を捨て、ワルサーP99に乗り換えたにゃ
ベレッタ92FSは一時人気No.1にゃったが、さすがに飽きられてきたか、最近は
映画でも使われなくなってきたにゃ
Die Hard 4.0でウィリスが使ってたのも Sig Sauer 220Rであるにゃ
わが自衛隊の制式拳銃と同じバリエーションで好感度うpw


852 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/13(火) 23:36:26 0
S井さん、通報されちゃったにゃ・・・

雑談ですが、トマセロはインチキだったなというのが生成陣営の共通見解ですが、認知の方では
まだまだたいそう持ち上げられているそうですよ。

>無理に複雑に見立てていたという可能性もあるにゃ
そうでしょうね。しかし、きれいに整理された規則を持たせた人工言語(ただし、人間言語の
オプションとして採用されていない規則)を幼児はマスターしてくれないそうですね。ちょっと
資料が今、手元にない状態で、referenceを挙げられなくてすみません。

「UGの想定」というのは、「類型論学上、知られている言語の規則以外の物」という意味で
使用していました。例えば、疑問文を作るオプションとしては、(i)倒置 (ii)疑問マーカー (iii)
イントネーションの3つがあるとされていますが、実験で使用した人工言語では何使ってたん
だったかな。覚えてない。

853 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/13(火) 23:51:04 0
>しかし同一言語内でたとえば子どもの獲得が早いもの=より簡単なもの

「獲得が早いもの」もしくは、通言語的に「頻度が高いもの」は言語形式として、より簡単な規則で
すむ、という想定をしている人は多いようです。しかし、言語規則の根本を支える=簡単 という
等式は一枚岩ではないんじゃないかなって気がしないでもないですね。もしかすると、無意識的に
けっこう複雑なルールを簡単に覚えられるようになっているのかもしれないですし。

それでも「獲得が早い→簡単」という話は「まぁ、そうかな」とも思えるのですが、バリエーションに
関してはちょっと違うでしょうね。

「まぁ、嘘だろな」と思うのですが、Adgerがおもしろい観点からバリエーションを研究しています。
参考までにttp://ling.auf.net/lingBuzz/000080

VSOは確か全てwh-movement languageだったと思いますが、triggerはやっぱり語順でしょうかね?
確実にVの前に行きますから。(particleの話はおそらく間違いですね。自己訂正)
逆はSOV言語でしょうか。特にSがwh-phraseだと、何かマーカーがなければmovementの有無が認識できないですし。

品のある銃といえば、ベタですけど、コルト・パイソンはいいですよね。
シティー・ハンターの冴羽りょうを思い出してしまうのですが。
かく言う私は、銃マニアじゃなくて、「ちょっと好き」という程度です。

854 :(´∀`)@リハ:2007/11/14(水) 00:16:11 0
いやいや「ちょっと好き」程度でも嬉しいにゃ
俺の周りにはハナシの分かる香具師がまったくおらんからにゃ
まるで異文化圏に居る気分にゃ(どっちがw)

パイソンは確かに名銃にゃが、コルト社はもう生産しとらんのとちゃうかにゃ
カタログ落ちしとるはずにゃ
パイソンは.357 magnumにゃが、その.44magnum版がアナコンダであるにゃ
キング・コブラもなかなかいいにゃ
コルトとS&Wのリボルバはシリンダの回転方向、ラッチの操作など、正反対に
してあって、ちょうどWINとMACのような関係であるにゃ
んで、そのパイソンとM19のハイブリッドが スマイソン(スモルト)という
やつで、パイソンの銃身をM19のフレームにくっつけたやつだにゃ
いわばIntel MACのブートキャンプであるにゃ
生成と認知のスマイソンも必要だにゃ

んで、「ダーティハリー2」では、キャラハンのS&W M29と、敵役の白バイ警官の
パイソンの対決という、銃器ファンが泣いて喜ぶ裏ストーリーがあったわけにゃ
映画で主人公が使った銃が売り上げうpという、銃社会アメリカならではの
宣伝効果も絶大で、まあ、俺なんかひたすら銃の描写目当てでアクション映画を
観ておるにゃ

ま、仇のギター談義もええにゃが、たまには俺の銃器談義にもつきあうよーににゃw


855 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/14(水) 00:20:11 0
so what? と言えばマイルス・デイヴィスだ罠。うむ。

>俺なんかひたすら銃の描写目当てでアクション映画を観ておるにゃ
生成の研究者ってへんな文を探すために映画見てるのかとおもってたわw

856 :(´∀`)@リハ:2007/11/14(水) 00:28:05 0
うるさいw

>銃社会アメリカならではの 宣伝効果
ここは訂正
日本でもトイガンの売り上げに直結しとるにゃむ

857 :(´∀`)@リハ:2007/11/14(水) 00:33:38 0
ま、こじつけにゃが、GUNを通して英語のお勉強というのもあるにゃ
俺がventilateなんつー単語覚えたのはパイソンのおかげ


858 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/14(水) 01:17:52 0
まぁ、私の銃の知識は文字通り小中学生レヴェルですけどね。
当時に好きだったものをいくつか記憶しているだけなもので。

ワルサーP38をルパンが使用しているという設定は、当時の子供たちの間でも知られていましたが、
私は次元が好きだったので、コンバットマグナムを持っていただけという話で。

それで、S & Mという会社についてちょこっと知った時に、坂本龍馬が高杉晋作からもらって、
寺田屋で一命を取り留めたときに使用した物がS & Mの33口径だということも知って、
「へぇー」と関心したもので。
ベレッタはM92シリーズを持っていました。

>>855
マイルスデイビスはいいですね。ジャズとかブルーグラスとかたまに聴きたくなる。

みなさん、いろんな趣味をお持ちなのはいいですね。
生成は音楽好きが多いような印象を受けます。
ブルーグラスといえば、N垣内さんが有名ですし、アメリカだと
邪見豆腐、ラズニック、ケネディーの音楽好きは有名ですし。
ケネディーも自作の歌を披露していますけど、実力者だったみたいですね

859 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/14(水) 06:17:07 0

生成文法総合スレ<30>
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1089887232/l50

860 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/14(水) 15:10:22 0
「何もしない人ほど批評家になる」

 自分がバカにされないことに意識を集中する。
 これが劣等意識がもたらす「引き下げの心理」なのです。
 部下の行動、妻の言動、何かのコラムに批評することで
「自分の方が偉いんだ!凄いんだ!」と自分で確認しなければ、気がおさまらない。
 だから、良いところより、批判することにのみ、すぐに意識が向く。

 なぜ、人を誉めること、よい所を認めることにこれほど、ある人は抵抗感を持つのか。
 誉めないまでも、一つの考え方としてとらえる事ができないのでしょう。

 演劇や舞台の批評文ばかりを見て、あの舞台はキャスティングミスさ、
台本の流れが問題さと、退屈と苛立ちにアグラをかいて、人を批判するより、
一生懸命作っている演出家や出演者の方が人生を楽しんでいるし、心からの友達も多いはず。

 何もしない人ほど批判精神ばかりを育てて、人生を孤独にする傾向があるのです。
 批判ばかりがクセになると、自分の小さな行動に対しても「くだらない」「意味がない」
と自分にも批判精神は向いてしまい、自分の前向きなエネルギーまでもが枯渇します。

861 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/14(水) 15:52:50 0
>>860
人は人、自分は自分。
親でもないのにああしたらこうしたらと言ってくるアドバイス厨がウザい罠。




862 :(´∀`)@リハ:2007/11/14(水) 19:54:25 0
>>859
( ´∀`)つソレチガウ

んで>>850の前半に自己レスにゃが、その点、たとえば邪険豆腐なんかは
広い視点から言語を見とるにゃろ
その主張にはまったく胴衣せんけどにゃ
しかし国内の邪険やってまつとゆー香具師でそーゆースタンスで研究してるのが
一人でもいるかにゃ
みんな概念意味論wのとこだけでチャラチャラした分析やって終わっとるにゃ
仮に若い連中がもっと広いことに興味持っても、自分が英語学だの日本語学だのしか
やってにゃい井の中の蛙みたいなセンセ連中がそれをdiscourageしてしまうという
ことがあるんでないかにゃ
学生の発表聞いたら指導教員のクローンみたいのばっかにゃし
ま、>>861ではないにゃが、自分のやりたいことをやりたいようにやれる環境が
なさすぎる罠ゃ
根性のある香具師が一本どっこでやっていけるような環境作りが必要にゃむ



863 :仇鱒:2007/11/14(水) 22:36:05 0
やあ、わしだ。ちょいとご無沙汰。さっき空手から帰ってきたところだが、いろい
ろバタバタしていてヤレヤレだよ、ったく。で、上で若いあんちゃんがアレコレ元
気にカキコミしているが、結構、結構。てか、phdの目処はもうついたのか?い
や、こっちのハナシだが(ワラ)まあ、がんがれ、がんがれ。おじさん応援してる
からな。てか、残すところあと1年しかねぇんじゃねぇの?

ま、それはええとして、あれだなー、ugの存在ウンヌンだが、唯一の経験的な証拠
は、例の言語サヴァンのクリストファーぐらいじゃねぇかな。あれぐらいだよ、ug
の直接的な経験的な証拠つーたら。いわゆる言語データは直接的なugの裏付け証拠
にはならねぇわ。

あと、あれだ、上であんちゃんと顔餅が語順が移動のトリガーになっているとかゆ
ってるが、それは認めちゃダメだろ。語順つーたらそれは線形順序であり、線形順
序つーたら機能文法だ。だから、語順が移動をトリガーしているとゆったら、それ
こそ機能が構造を決めるようなハナシになってしまい、生成的には一番イクナイス
トーリーだ罠。

それと、あれだ、上で鉄砲ネタでdie hardがどうたらこうたらとあったが、die hard
って考えてみるとちょいと「?」だよな。まあ、意味的には「なかなか死なない」
とゆったところだが、そもそもit is hard to dieってフツーゆわんよな。フツーは
it is hard to killだよな。そんなことね?もしそうだとしたら、die hardじゃなくて本
来はkill hardだと思うんだけどな。つまり、「殺そうにもなかなか殺せない」ぐらい
の意味な。うむ。


864 :仇鱒:2007/11/14(水) 22:36:42 0
あと、あれだ、パラメータだが、まあ、パラメータつーと、一般的には言語の個体
発生(獲得)と通時的な言語の変化によく使われる罠。でも、言語の系統発生(つ
まり進化)にはパラメータとゆう発想はほとんどもちこまれていないよな。でも、
考えようによっては、それもアリかと思うのだよ。つまり、全ての動物に共通する
文字通りユニバーサルなグラマーがあり、それのパラメータのセッティングによっ
てヒトの言語システムが表出されたり、チンプのゲンゴシステムが表出したりする
わけだ。

それと、>>862にちょいとレスするが、たしかに顔餅のゆうのは一理ある罠。ただ
実際問題それはかなりムズーだ罠。学生も限られた時間で結果を出さないといけな
いわけで、そうなるとなかなか大風呂敷広げたようなことを研究テーマに選べない
しな。

ま、それはそうと、「MacBook」って今じゃ多義的なんだな。ま、顔餅しか何のこ
とかワカランだろうけど(ワラ)あー、ちかれた、どてっ♪

865 :(´∀`)@リハ:2007/11/15(木) 02:52:27 0
>唯一の経験的な証拠は、例の言語サヴァン
あれはモジュラリティのケースだにゃ
生得性はあんま関係ないんとちゃうかにゃ

>語順が移動のトリガーになっているとかゆってるが、それは認めちゃダメだろ
移動の獲得のトリガーだと言ってるんであって、移動操作そのもののトリガーと
ちゃうがにゃ
ま、親分がこんなだから組の若いもんも苦労が絶えにゃいw

>it is hard to die
die hard のhardは副詞にゃん

今日、単行本になった高山正之の変見自在を買ってきたにゃ
新潮連載のやつにゃが、まとめて読むとまたええにゃ
英作文のクラスのマテリアルにすっかにゃw

866 :仇鱒:2007/11/15(木) 06:53:04 0
おはにょ。うむ。朝からチオビタ1本逝ってまつ。うみゅ。

>生得性はあんま関係ないんとちゃうかにゃ
まあ、たしかに言語機能だけが生き延びているというか突出している点ではモジュ
ラリチーのケースだが、クリストファーはあくまでも自然言語はマスターできたか
が擬似自然言語や自然言語風人工言語はマスターできなかったわけだ。これは、自
然言語<しか>、そして自然言語なら<どんなものでも>マスターできることを如
実に語っていて、ある種、生得性の強い証拠になると思うけどな。まあ「生得性」
の定義にもよるが、ようするに、自然言語とゆう脳内にプリインストールされてい
る言語のみ、そしてそれだったらどんなものでもマスターできるとゆう意味では、
言語サヴァンはモジュラリチーならびに生得性の問題の両方にかなり深く関係して
いると思うけどな。


867 :仇鱒:2007/11/15(木) 06:54:16 0
>ま、親分がこんなだから組の若いもんも苦労が絶えにゃいw
うっ、、、o...rz まあ、あと、あれだなー、ケインのlcaなんかは、まあ一種の関
数で、値として階層構造(てか支配関係)を入力するとアウトプットとして線形
順序が出てくるわけだ。まあ、簡単に書くと次↓のようなるわけだ((ア)がフ
ォーマルに書いたもので(ダ)が具体的に書いたもの)。
(ア)f(x)=LCA(x)
(ダ)線形順序=LCA(支配関係)
で、思うのだが、これの逆は言語システム上絶対ないのだろうか。つまり、次の
ような関数は絶対にありえないのだろうか。
(マ)支配関係=HCA (線形順序)(HCA: hierarchy correspondence axiom)
つまり、語順を見れば階層構造が見てくるとゆうことな。もしこれがアリだとした
ら、子供は語順だけを見て統語構造を知ることができるわけで、これは逆転の発想
でスゲェと思うけどな。てか、これシリアスに考えていったらマジでphdネタに
なるぞ。ちゅーか、これがもしゆえたら、まさに生成と認知をうまく橋渡しできる
鴨しれんと思うわ。うむ。

>die hard のhardは副詞にゃん
(ス)にゃー。

>今日、単行本になった高山正之の変見自在を買ってきたにゃ
わしは大学生協で『guitar magazine』を買ったのだが、いやはや、若い頃のペー
ジのインタビューを改めて読むと「うむ!」と思ったりする。 てか、うちの大学
生協はわしのためにちゃんと『guitar magazine』を店頭に置いておいてくれてい
るいい生協なのである。うむ。

さて、きょうも一日がんがるかなー。てか、がんがるしかねぇべ。うむ。

868 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/15(木) 09:28:36 0
他の国の言葉もそうかもしれないけれど日本語も奥が深いですね。

3年前彼はその仕事をしていたことがある。
昨日彼はその仕事をしていたことがある。 → これはおかしい。

3年前彼はその仕事をしている。
彼はその仕事をしている。 → 今のことかもしれないし過去の経験かもしれない。
彼はその仕事をしていた。


869 :(´∀`)@リハ:2007/11/15(木) 12:02:42 0
日本語の「ている」が進行相・完了相の両方を表す点については
昔、竹沢がなんか書いてたにゃ
高知弁だかではちゃんと区別されていて
「雨が降っちゅう」「雨が降りゅう」のどっちかが進行でもう一方が
完了であるにゃ
大阪弁の「何しとんじゃ」はたぶんambiguous
神戸弁の「何しとお」もにゃ

んで、異なる解釈に対して同じ形態素を充てているということは、
その解釈間になんらかの関係があると疑ってよさそうだにゃ
まあ、同じ機能範疇Aspの素性構成の違いとか、なんとかw
それで思い出すのが、英語の受動形態素 -enが使役形態素でもある
点だにゃ enlarge, darken, etc.
これは受身と使役が実は同じコインの両面であることを示唆している
ようで興味深いにゃ
have+Obj+ppがそのことを典型的に示しておるにゃ


870 :(´∀`)@リハ:2007/11/15(木) 12:08:11 0
>語順を見れば階層構造が見てくる
そうでなければ音声を聞いて階層構造に翻訳し、意味解釈を引き出すことは
できん罠ゃ
ま、厳密に一対一対応になっているとは言い難いわけにゃが

うちの大学生協は俺のためにちゃんと『月刊GUN』『Combat Magazine』
『Arms Magazine』を置いて……ないダメ生協にゃむ


871 :仇鱒:2007/11/15(木) 19:20:01 0
こんまんま。まんま・まんま♪ 松屋でまんま♪

>have+Obj+ppがそのことを典型的に示しておるにゃ
あれだな、わしの記憶が正しければ、完了形のコノ↓形は、
(ア)have+pp+obj
もともとは(←昔のイングリッシュ)次↓の形だったらしい罠。
(イ)have+obj+pp
つまり、歴史的には受け身てか使役の意味から完了の意味がデライブしたこと
になっているわけだ。そうなると、受け身/使役と完了の意味の互換みたいなの
は主要部移動なんかで処理できるかもしれない罠。まあ、ちょいと顔餅の問題
意識とは違うが、こうゆった↓アプローチではなく、
>まあ、同じ機能範疇Aspの素性構成の違いとか、なんとかw
意外と主要部移動で処理できたりする鴨しれねぇな。いや、ワカランが。

>そうでなければ音声を聞いて階層構造に翻訳し、意味解釈を引き出すことは
>できん罠ゃ
その通りなのだが、で、結局わしが言いたいのは何かとゆーと、コレ↓は言語知
識のメカであるのに対して、
>(ダ)線形順序=LCA(支配関係)
コレ↓は言語処理のメカではないかとゆうことなのだよ。
>(マ)支配関係=HCA (線形順序)
ようするに、言語知識とゆうのは、統語構造を情報構造(てか線形順序)にコン
バートする脳内システムであり、言語処理とゆうのは、情報構造(てか線形順序)
を統語構造にコンバートする脳内システムではないかとゆうことなのだよ。

さて、まんま喰ってくるかな。シェケナベイベー。

872 :(´∀`)@リハ:2007/11/15(木) 23:40:14 0
残さず食うよーにw

>あれだな、わしの記憶が正しければ、完了形のコノ↓形は、
>(ア)have+pp+obj
>もともとは(←昔のイングリッシュ)次↓の形だったらしい罠。
>(イ)have+obj+pp

ところが両者にはケテーイ的な解釈上の違いがあるにゃ
a. Jimmy has cut his finger
b. Jimmy has his finger cut
(a)ではcutの主語はJimmyに決まっとるのに対し、(b)ではJimmy以外
としか解釈できないわけにゃ
Jimmy [ has [ PRO cut his finger ]]
として、(b)でだけcondition C効果が出る、と見ることもできるにゃ
これを構造的に説明できたら、(a)(b)の派生的関係についても何か
言えるだろうにゃ


873 :(´∀`)@リハ:2007/11/16(金) 01:44:37 0
PROにしといてcondition Cということはないにゃw


874 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/16(金) 04:55:43 0
計測自動制御学会
システム・情報部門学術講演会(2007/11/27)
シンポジウム「記号創発の展開」
記号の超越性はいかにして可能となるか〜文法化の構成的モデル化による検討〜(木喬本敬)

875 :仇鱒:2007/11/16(金) 05:52:54 0
おは尿ござい馬糞。

>残さず食うよーにw
まあ、わしは小食だからあんなに喰えんよ(コッチのハナシ
てか、先日は気づいたら飲んでたのはわしだけだったな。わしのビール代をみんなで
割り勘にさせてしまって掃除機すまんかった(ぺこり

>a. Jimmy has cut his finger
>b. Jimmy has his finger cut
>これを構造的に説明できたら、(a)(b)の派生的関係についても何か
>言えるだろうにゃ
まあ、あれだな、bはようするにバイクローザルになってるわけだ。つまり、表面
的には1文に見えるが実は2文構造になっているわけだ。で、その一方、aは表面的
にも実質的にも1文であるわけだ。そんで、bからaへの歴史的な変化にともない、
2文が1文に圧縮され、その結果主語が一つにまとめられるようになったと。つま
り、bの埋め込み節の主語と主節の主語がいっしょになったと。ま、そんなところ
じゃねぇかな。なんちゃって分析だけど。うむ。

それはそーと、今『guitar magazine』でjimmyの昔のインタビューを読みながらロッ
クの歴史を復習しているのだが、いやはや、実はjimmyはイングェと同じぐらい「漏
れが、漏れが」の自己チュー的な人間だな。ベックのこと味噌糞にけなしてるしな。
ま、それはそーと、今度「天階」とか「ブラッグ・ドッグ」をアコギで弾いてわしの
ホモページにでもうpしてやっかな。てか、夏に録画した「千の風邪」をはようpし
ないと、、、。

さて、まんま喰って出稼ぎに逝ってくっぺ。

876 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/16(金) 10:32:52 O
『654 オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! sage 2007/11/15(木) 11:28:50 0
>>653
一文字程度の誤字脱字を指摘するのは
実社会でもあげあし取りの馬鹿扱いなんだがね 』
一文字程度の誤字脱字ならコイツの脳内社会では許容してくれるみたいです…WWW


877 :(´∀`)@リハ:2007/11/16(金) 10:54:32 0
ZEPスレで話題になってたのがロン・ウッドの自伝で、
ZEPのGは最初ウッドのはずが、ウッドが断ったので
頁にハナシがいったと書いてあるらしいにゃ
ま、妄想もここまでくると哀れなもんがあるにゃ

>a. Jimmy has cut his finger
>b. Jimmy has his finger cut
b.のhaveは主語にexperiencerを取っておるにゃ
a.への推移はこのExpの吸収つーか、haveの機能範疇化、文法化と
関係しとる鴨にゃ いや、知らんけどにゃw


878 :仇鱒:2007/11/16(金) 19:01:21 0
こんばんみ。うみゅ。ちょいと掻くかな。ポリポリ♪

で、これ↓だが、
>a. Jimmy has cut his finger
>b. Jimmy has his finger cut
たしかに顔餅のゆうように、bからaへのシフトの際に、jimmy@主語のもつ
experiencerがサプレスされ、おまけにhaveも「もつ」とゆう語彙的意味を
失い「完了相」という形式的な意味しかもたん罠。で、これは、勘のええ香
具師は分かると思うが、ある意味、パッシブと同じであるわけだ。とゆうの
も、パッシブでも、主語のagentがサプレスされ、おまけにbeも「ある」と
ゆう語彙的意味を失い「受動相」ともゆえる形式的な意味しかもたんように
なっているからな。だから、あくまでも可能性だが、上のbからaへのシフト
は、まさにパッシブとパラレルに扱えるわけだ。うむ。

さて、まんま喰ってくっかなー。まみむめまんまっ!うむ。

879 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/16(金) 21:19:14 0
残さず食えよーw

880 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/16(金) 23:44:18 0
B *is B v-ed *
B *is * v-ed B
A has B v-ed *
A has * v-ed B

881 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/17(土) 06:12:43 0
生成文法は文法とはなにかを自問しながら日本語に挑戦しろよ

882 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/17(土) 07:53:57 0
あと少し。
12月でもないのに仇パシリの先生が2個レスすれば終り。

883 :仇鱒:2007/11/17(土) 09:14:26 0
やあ、おはよ。これから近所の清掃活動に参加だが、ちょいとだけ掻くわ。とく
に掻くこともねぇけど。ぽり・ぽり♪

>残さず食えよーw
いや、だからわし食が細いし、おまけにまんまがマズかったら(ry

>>880
藻前、なかなかええとこついてるわ(ワラ)まあ、あれだ、「所有」にはBE型と
HAVE型があるわけだが、もしかしたら受動相と完了相はともに「所有」という
<概念>でアクロバチックにリンクさせることができる鴨しれねぇな。まあ、あ
くまでも可能性だが。うむ。まあ、BE型とHAVE型の「所有」に関しては岸本西
城秀樹の18番だ罠。てか、岸本西城秀樹、ほんとスマソ。全部書き直しを命じ
てほんとスマソm(_ _)m いや、コッチ(←どっちだよ、をいw)のハナシだ。う
む。

>生成文法は文法とはなにかを自問しながら日本語に挑戦しろよ
てか、生成文法にとって「文法」とはi言語のことであり、それについては常に自
問している(はずだ)し、日本語に挑戦するもなにもフツーにしてるし、てか、
日本語とかの個別言語のケンキュウはあくまでもケース・スタディであり、そん
でもってケンキュウのターゲットは個別言語にではなく、個別言語を超越したug
にあるわけだし(r

>12月でもないのに仇パシリの先生が2個レスすれば終り。
わしが一つレスしたから誰かもうひとつしれ。てか、次は<スレ30>だぞ。間
違えんじゃねぇぞ、ゴルァ!!!!!!(^^)いつもニコニコ♪

884 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/18(日) 01:17:33 0
とある書物に次のような記述がありまちた。
「〜のすべてをカヴァーする」

これってどうなんでしょ?
本人は「あかでみっく」に書きたいだけなんだろうけど、漏れにとっては吐き気がする表現でしかありません。
そんな漏れの基準としては

○〜を網羅する
○〜を包括する
△〜のすべてをカバーする
×〜のすべてをカヴァーする

○カバーをかける
△カヴァーをかける

英語的な発音にこだわるヒマがあるなら、まずは適切な日本語表現を考えろ。
そのように思ってしまうわけでつ。

ここにいるみなさん、いかがでしょ?

885 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/18(日) 02:04:39 0
岸本石間秀樹

886 :(´∀`)@リハ:2007/11/18(日) 02:10:49 0
スチーブン・ピンカーかスティーヴン・ピンカーか、
デビッド・カバーデイルかデヴィッド・カヴァーデイルか、
バン・ヘイレンかヴァン・ヘイレンか、
ま、どっちでもええ、つーか馴れの問題であるにゃ
ツェッペリンはゼプリンが正しいけどにゃ

それで思い出すのが、イチロー・ナガータという著名なGUN写真家
(かつシューター)が昔、日本の銃器雑誌におけるカタカナ表記が
おかしいと言い出して、ヘンな書き方に固執してヒンシュクかった件だにゃ
シリンダー→スィリンダ
マガジン→マガズィン
タクティカル→タクティコゥ
といった塩梅にゃが、それを掲載している雑誌名が「コンバットマガジン」
なのには笑えたにゃ
それなら「カンバッマガズィン」にせんかい、と思ったにゃ

ついでに長音記号も悩ましいにゃ
コンピューター→コンピュータみたいなやつにゃが、
たとえばparameterはどう書くかにゃ
パラメーター
パラメター
パラメータ
パラメタ
ま、好きに汁

887 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/18(日) 02:12:07 0
MacBook
http://satoshi.blogs.com/photos/uncategorized/2007/11/16/university.jpg

888 :(´∀`)@リハ:2007/11/18(日) 02:17:46 0
ついでに
Arch Enemyはアーク・エネミーと表記されとるにゃが、ほんとはアーチ・エネミー


889 :(´∀`)@リハ:2007/11/18(日) 02:19:41 0
ついでに
グラハム・ボネットはほんとはグレアム・ボネット

ま、キリがないのでもうやめとくにゃむ

890 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/18(日) 02:42:13 0
ま、英語の名前の表記なんて、マシなもんだ

891 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/18(日) 07:43:33 0
> てか、生成文法にとって「文法」とはi言語のことであり、それについては常に自
> 問している(はずだ)し、日本語に挑戦するもなにもフツーにしてるし、てか、
> 日本語とかの個別言語のケンキュウはあくまでもケース・スタディであり、そん
> でもってケンキュウのターゲットは個別言語にではなく、個別言語を超越したug
> にあるわけだし(r

言い訳に終始しているな
語順だけが文法であり統語なのか
個別言語を説明できない普遍法則などあるのか
意味を放棄した文法に意味があるのか

言い掛かってみますた。

892 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/18(日) 07:58:43 0

生成文法総合スレ<30>
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1089887232/l50

893 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/18(日) 12:27:30 0
>>891
浅薄な知識で批判すると痛い目に遭うぉ。


894 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/11/18(日) 16:28:45 0


空は青い

の「空」のthematic roleって何ですか?



895 :仇鱒:2007/11/18(日) 17:54:02 0
やあやあ、わしだ。昨日は某所でお仕事で今日もワケあって日曜失禁ですたよ。
パンツの中ビショビショでつよ。いや、マジで。うむ。で、ちょいと軽く吊られ
るな。で、まず>>891にレスすると、あれだなー、個別文法と普遍文法ウンヌン
だが、まず、生成で考えられているとゆうか仮定されている記述的妥当性とゆう
のと説明的妥当性とゆうのについてちょいと解説するな。まず、記述的妥当性と
ゆうのは個別言語てか個別文法に関するものであるわけだ。ようするに、日本語
なら日本語の文法、そして英語なら英語の文法をどれだけちゃんと記述している
かとゆう問題とゆうか課題だ。で、これはブッチャケたハナシ、いわゆる言語学
のレベルのハナシだ。だってモロに言語てか文法のハナシだからな。一方、説明
的妥当性だが、これは(個別文法ではなく)普遍文法に関するもので、どれだけ
子供がことばを獲得する前の脳内文法の状態を正しく記述しているかとゆう問題
てか課題だ。で、これはブッチャケたハナシ、いわゆる言語学のハナシじゃない
わ。メタ言語学てか生物学の問題だ。だって、正直なところ、説明的妥当性には
リングイスティックな要因がほとんどないからな。で、生成では、理論言語学つ
ーたら上でゆった意味での記述的妥当性と説明的妥当性の両方をちゃんと満たす
ような形で文法モデルを構築せんといかんとゆってるわけだ。つまり、生成ぶん
ぽーは言語学もやるけど(言語学的な)生物学もいちおーやるぞーとゆってるわ
けだ。で、これは研究の方略としては正しいと思う。そんで、もっとゆうと、記
述的妥当性と説明的妥当性とゆうのは、実は、文法モデルの評価基準でもあるの
だよ。つまり、ある意味、記述的妥当性と説明的妥当性は外部評価に相当し、そ
の両者で高得点を上げると「いい子、いい子」してもらえるわけだ。



896 :仇鱒:2007/11/18(日) 17:54:48 0
そんでもって、認知ぶんぽーは、認知スレでわしがあれこれ書いたように、そも
そも上でゆったような記述的妥当性も説明的妥当性も考慮していないというか問
題にしていないのだよ。で、これは何を意味しているかとゆうと、そもそも認知
ぶんぽーは評価の対象にすらならないとゆうことなのだよ。つまり、何をどこま
でやったら「いい子、いい子」してもらえるか、その基準すらないのだよ。だか
らわしにゆわせると、認知ぶんぽーつーのはブッチャケたハナシ、言語学におけ
る「ゆとり教育」の落とし子であるのだよ。あと、あれだ、「意味を放棄した文
法に意味があるのか」と>>891はqしているが、「形式を放棄した文法に意味が
あるのか」と小一時間問いたいわ。うむ。で、ついでに>>894にもレスしてやる
と、「青い」は絶対に何か項を一つとる罠。で、その項がどんなシータ役もって
いるかだが、そんなもんシランわ。てか、その項は「青い」から何か具体的に影
響を受けているわけでもねぇからシータ役の名前なんかなんだってええだよ。ま
、適当に「タチ役」でも「ネコ役」でもシュキな名前当てはめとけ。うむ。あー
ちかれた、どてっ♪うむ。

あ、てか、シータでも思い出したが、>>885や、よく石間秀樹なんて知ってんな
ー。もしかして藻前もギターヲタか?あん?ちなみに石間秀樹つーたらシタール
ギターで有名だ罠。ま、ジミーのシタール風にチューニングした演奏もそれなり
にイケてるが。うむ。てか、わし最近DIOを聴きながらリスニング鍛えているわ
。うむ。マジでわしにはカーペンターズやビートルズよりDIOの方がいい英語の
ベンキョーになるわ。さすがにデスメタルではリスニングを鍛えないが、、、。
うみゅ。

しゃて、まる子ちゃんモードにギアちぇんじっ!ゴゥ!!!!

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)