5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

生成文法総合スレ<28>

1 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/17(日) 23:26:05 0
関連スレッド
生成文法批判 http://mentai.2ch.net/gengo/kako/988/988295604.html
生成文法批判 その2 http://mentai.2ch.net/gengo/kako/1000/10000/1000027749.html
チョムスキー初級者スレ http://mentai.2ch.net/gengo/kako/994/994623478.html
意味論 http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gengo/995816650/
意味論 II http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1075723621/
言語能力は生得的か http://yasai.2ch.net/psycho/kako/1005/10052/1005233144.html
言語能力は生得的か Part 2 http://academy.2ch.net/psycho/kako/1011/10118/1011801342.html
言語能力は生得的か Part3 http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1046521810/
音楽はどこまで「言語」か  http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1084635848/

2 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/17(日) 23:27:16 0
生成文法総合スレ ttp://mentai.2ch.net/gengo/kako/1005/10050/1005021445.html
生成文法総合スレ (2) ttp://academy.2ch.net/gengo/kako/1014/10141/1014123470.html
生成文法総合スレ < 3 > ttp://academy.2ch.net/gengo/kako/1031/10312/1031262127.html
生成文法総合スレ<4> ttp://academy2.2ch.net/gengo/kako/1039/10399/1039926852.html
生成文法総合スレ5 ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1052708243/
生成文法総合スレ <6>  ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1069698644/
生成文法総合スレ <7> ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1073342485/
生成文法総合スレ <8> ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1076531838/
生成文法総合スレ <9>  ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1082052007/
生成文法総合スレ <10> ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1085484170/

3 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/17(日) 23:28:18 0
生成文法総合スレ <11> ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1089894286/
生成文法総合スレ<12> ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1095016735/
生成文法総合スレ<13> ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1099561124/
生成文法総合スレ<14>  ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1101915756/
生成文法総合スレ<15>  ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1107954921/
生成文法総合スレ<16> ttp://academy5.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1116891922/
生成文法総合スレ<17> ttp://academy5.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1132645948/
生成文法総合スレ<18> ttp://academy5.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1137070628/
生成文法総合スレ<19> ttp://academy5.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1141734728/
生成文法総合スレ<20> ttp://academy5.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1143619369/

4 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/17(日) 23:29:50 0
生成文法総合スレ<21> ttp://academy5.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1145730306/
生成文法総合スレ<22> ttp://academy5.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1147595207/
生成文法総合スレ<23> ttp://academy5.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1149436587/
生成文法総合スレ<24> ttp://academy5.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1151799260/
生成文法総合スレ<25> ttp://academy5.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1155003720/
生成文法総合スレ<26> ttp://academy5.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1161604596/

前スレッド
生成文法総合スレ<27> ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1169640146/

5 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/18(月) 00:36:40 0
チョムがサンプロに出てたね^^

6 :Fred:2007/06/18(月) 20:37:18 0
 チョムも来年80才やな。

 Jeff Beck のアームプレイでもっとも秀逸なのはゲスト参加した
MickのPrimitive Cool収録の数曲でっせ。これは必聴やで。

 ところで、ここでも話題になっとった、Evo-devoなんやけども、
先日クローンの専門家と話しとったら、関連概念には、学者や分野
によって色々な解釈があるんやてね。基本はおんなじやねんやろう
けど、いつものことながら、用語や概念が混乱せんうちに、誰かが
整理せんとあかんのやないやろか。アナロジーにもとづく概念とい
うのは、しばしば不毛な論争の火種になるからのぅ。

7 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/18(月) 23:22:54 0
>誰かが整理せんとあかんのやないやろか。

そもそも専門用語というのはどのような過程で定着するのですか。

「日本evo-devo学会用語審議会」とかいうのを設置し、
学者を集めて何回かに分けて会議を行い、
各回の結果を学界内で広く報じてコメント、反論の投稿を募り、
それを元にして内容を決める、みたない方法ですか。

それとも斯界の一流の学者の論文で用いられた言葉が
そのまま通用するという先願主義ですか。

8 :(´∀`)@リハ:2007/06/19(火) 01:10:13 0
チョムがreferしとったキャロルの翻訳が出たにゃ
「シマウマの縞 蝶の模様 エボデボ革命が解き明かす生物デザインの起源」
俺がよく参考にしているのは
Keywords & Concepts in Evolutionary Developmental Biology. Harvard.
ってやつで,これのcanalizationやmodularityの解説は役に立ったにゃ


9 :(´∀`)@リハ:2007/06/19(火) 01:11:02 0
認知スレで生成意味論のハナシがあがってるのでついでに書いとくと
最近よく耳にするのが point of view であるにゃ
いろんな現象に誰の視点かという問題が重要であるのは明かであるにゃが
最近の流れとして,その視点情報を統語構造に組み込む形で,PoV phrase
みたいな機能範疇を設定するというのは多少行き過ぎではないかと思うにゃ
まるで昔の遂行分析に逆戻りのようでもあるにゃが,統語構造とCI系の
インターフェイスを求めるのはいいとして,あまり厳密な対応関係を期待
するのは間違いだと思うにゃ
むしろ,統語構造自体には本来意味はなく,それが概念構造との同型性に
より,両者間にスムーズな情報の受け渡しが成立する,ということだろうにゃ
チョムのいう duality of semantics が統語構造上でどう分業されているか,
とかも関係するテーマであるにゃ
大ざっぱにいって,語彙範疇は項構造の定義に関わり,conceptual system
の領分,機能範疇は語用論的情報構造でintentional systemであろうにゃ



10 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/20(水) 21:17:36 0
新スレ記念age

11 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/20(水) 23:25:24 0
新書ネ兄い晒しsage w

http://g-ec2.images-amazon.com/images/I/5155AKEe9-L._SS500_.jpg



12 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/22(金) 04:21:28 0
少し古いが、
http://www.news.cornell.edu/stories/Aug05/comp.learns.language.ssl.html
Cornell University and Tel Aviv University researchers have developed a method for enabling a computer program
to scan text in any of a number of languages, including English and Chinese,
and autonomously and without previous information infer the underlying rules of grammar.
The rules can then be used to generate new and meaningful sentences.
The method also works for such data as sheet music or protein sequences.

13 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/22(金) 06:02:57 0
少し古いが、
Thinking of prepositions turns brain 'on' in different ways
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2005-01/pu-top012505.php
Parts of the human brain think about the same word differently, at least when it comes to prepositions,
according to new language research in stroke patients conducted by scientists at Purdue University
and the University of Iowa.

14 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/22(金) 14:04:30 0
Viewpointなんてまさに認知の得意とする領域なんじゃねの?
ま、どこまで含めるかは、所詮、「統語構造」の定義次第なわけだから、
学者の数だけあるわけだろ。考えようによっては、「生成」を
名乗りつつ、認知がやってるのと変わらん連中も出てくるわけだ。
認知やってて実は生成の領域というパターンは考えにくいがw

15 :仇鱒:2007/06/22(金) 22:43:07 0
やあ、ちょいとおひさ。でもねぇかな。ははははは。てか、新スレおめ。ま、
いろいろレスしたいところだが、ほんといろいろビジィーでちょいとリアルラ
イフでがんがらんといかんからまた後日ゆっくりレスさせてもらうわ(明日は
ダメだ。明日は某所でずっと会議だから。)で、糞レスすると、>>11で紹介さ
れている本だが、その本はタイトルとは裏腹に、実はものの考え方とゆうか頭
を使って英文を読むとはどーゆうことか、そういったことをレクチャーしてい
る本だ。しょうじき、その本を書いているときいろいろあって仇の中の人じゃ
なくまさに仇自身が彦頁を出して書いている。そういった意味では仇節炸裂の
ブッチギリのキレまくってる本だ。そこら辺のヌルイ本とはワケちゃうから読
む香具師は覚悟して嫁や。てか、まだ発売されてねぇと思うけど(ワラ)。あ
と、これまたどーでもええハナシだが、やぱベックはすごいわ。アームアップ
とアームダウンを巧みに使いアームだけでメロディを奏でているところは正直
ゾクゾクする。ま、ベンキョーネタはまた今度な。顔餅のカキコなんかにもい
ろいろレスしたいしな。糞じゃ〜な。てか、認知スレ、もうちょい荒れるかな
〜と思ったが拍子抜けだ。ストレスたまりまくってイライラしていたらまた荒
らしに逝くかなー。ははははは。

16 :仇鱒:2007/06/22(金) 23:06:19 0
ちょいと仕事の合間に気分転換に>>12で紹介されているところを見たが、国内だ
とこういったもん↓が最近ニュースであったわ。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200706160003.html
ま、認知ぶんぽーてかエルマンネットまんせー的な記事だ罠。まあ、時代的にはこ
うゆったコネクショニズムまんせー的なものがこれからどんどん出てくるんだろう
な。うむ。ま、でも人間がタブララサの状態で生まれてきているわけではないのは
確かではあるが。うむ。

17 :仇鱒:2007/06/22(金) 23:25:46 0
そんでもって>>13で紹介されているところも今ざっと見たが、なんだかな〜と
いう記事だ罠。at 3 pmのatとat the storeのatでは脳の処理場所が違うとのこと
だが、ある意味at 3 pmのatとat the storeのatは同音異義語で違う意味をもって
いるわけだ。だから脳内の処理場所が違うというのは当たり前とゆえば当たり
前だ。たとえば、what do you do?の2つのdoは脳の違う場所でそれぞれ処理
されています〜とゆうのと大差ないわ。なんもおもしろくない記事だ。てか、
日本語でもたぶん「仇はヲンナと某所で会った」の「で」と「仇はギターであ
のヴァカを殴った」の「で」もたぶん脳の違う場所で処理されている罠。ま、
だから何なんだとゆうくだらん記事だ。うむ。さて、そろそろねんねするかな
ー。電源ぷっちゅ〜ん♪

18 :仇鱒:2007/06/22(金) 23:43:42 0
あ、ごめん、わし気がきいてなかったわ。>>13はメタファーネタでふったのか
な?もしかして。で、そうだとしてもう一言だけ書いてやるわ。えっと、紹介
しているところでも示唆されているように、この実験を真に受ければ、「αは
βである」というメタファにおいてαとβの間には依存関係はないことになる
わけだ。ようするに、time is spaceというメタファがあるが、timeとspaceは
脳レベルでは依存関係は一切ないことになり、メタファの生理学的な基盤は失
ったと解釈できるわけだ。さて、マジでもう寝るわ。じゃ〜な。藻前らもそろ
そろ寝れ。寝る子は育つぞ。ははははは。

てか、今マキシムザホルモンを聞いて踊りながらロンブン読んでるんだけどな。
ははははは。ホルモン最高!!!!!!!!(^^)

19 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/23(土) 06:59:42 0
うん?もしメタファーだったら、脳の中の同じところで処理されてないと
あかんの?違うところで処理されてるってことは、メタファーなんかでは
ないってこと?時間のatと空間のatは別ってことになんの?

20 :仇鱒:2007/06/23(土) 07:16:09 0
おはよ。今日はそろそろ失禁せんといかん。てなことで、>>19にカルメン真弓
するな。えっと、まず紹介してもらったところによると、at@spaceがあぼん♪
してもat@timeは大丈夫とのこと。これは、at@spaceとat@timeは独立してい
ることならびにat@timeはat@spaceに依存していないことを意味しているわけ
だ。とゆうのも、もしat@timeがat@spaceに依存していたら親亀である
at@spaceがひっくりかえったら子亀であるat@timeもひっくり返るはずだけど
実際はひっくり返らないんだからな。ま、そんなこんなでat@timeはat@space
に依存していないと。で、time is spaceのようなメタファではtimeとspaceは
いろんな意味で関連づけられて考えられているが実は脳レベルでは独立してん
だよと。ただそれだけだ。てなことだが、そろそろ失禁してくるわ。う〜ん、
それにしてもマキシムザホルモンは素敵だ、最高だ。ベックもクラプトンも
リッチーもいいが同じくらいマキシムザ亮君もいい。天才だ。うむ。


21 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/23(土) 18:07:25 0
生成の研究は、ことばを持ってしまったために人間は本能がいかれた、
という思想の世界で昔から観念的に言われてきた話と通じてきたんだろうか。

22 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/23(土) 18:12:50 0
ということは、別にメタファじゃない、ってわけでもないんですね?
あるいは、もしメタファだったら、両方の部位(at@timeとat@space)
が活性化されていないとおかしいってことになるんかな?
それと、「少なくとも言葉の上では」っていう但し書きつけて、いろいろ
な例を挙げてる人がいるけど、それには何の「説明」を与えられてないのは
当然としても、そもそも例を挙げて、ほらメタファになってるでしょ、って
いうのは、そもそも何の根拠も与えられてない、ってことか…
カルメンシコシコよろシコ。

23 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/23(土) 19:03:14 0
>そもそも例を挙げて、ほらメタファになってるでしょ、って
いうのは、そもそも何の根拠も与えられてない、ってことか

メタファーの根拠とは?
メタファーが成り立っているからどうかの要件に「脳の同じ部位で処理されている」というのがあって
このたび実験でそれが否定されたという意味?

関係ないけどメタファーをメタファとするのって一般的なの?
工学では英語の接辞の-erと-torのつくものは「ー」を省いてよい
(browser:ブラウザ、monitor=モニタ)というのは知っているが
metaphorは当てはまらないしな。


24 :22:2007/06/23(土) 20:37:53 0
>>23さん
つまり、at the shopのatはat three p.m.のatのメタファだ
って言われるけど、そもそもメタファと言っていいのかどう
か怪しいのか、ってのを聞きたかったんだシコ。

25 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/23(土) 20:45:34 0
同じ部位だったconventionalizeしていて、違う部位だったらonlin processによる
conventionalizeされてないメタファーとは言えないのか?

26 :仇鱒:2007/06/23(土) 21:48:08 0
やれやれ、ちかれた。何もする気ないからちょいとだけ落書きするな。で、
えっと、今日は都内の某所で会議だった。んで、帰りに会議の仲間とちょい
と飲んできたのだが、いやはや、楽しい飲みだった。どんな話をしたかはコ
コでは報告できないけどな。ははははは。てか、人の悪口いいながらのビー
ルはほんとうまいな(藁)。酒の肴はやぱ他人の悪口だ。藁々〜♪ んで、
忘れんうちに書いとくと、上で「テクニカルタームはどう定着するんだ?」
とゆうqがあるが、生成でこの手のハナシで顕著なものといったらergativity
がある罠。パールムッタがいきなりunaccusativeなんてゆうタームを使い始
めたから、70年代後半のペーパー読むときはほんと頭こんがらがっちゃう
罠。ま、そーゆった意味では、意外と単語のタームなんてこんなちょっとし
たきっかけで決まっちゃったりする罠。あと、顔餅のカキコミにもカルメン
シコシコ(w)するが、ま、point of viewが統語構造に介入してきているウ
ンヌンだが、これはへたするとデカルト劇場@デネットの再来になる罠。ま
、ようするに、脳の中のミクロマンが顔を出してくる罠。そんでもって、
「ヒトは本能がイカレタ動物だ」みたいな発言があるが、ま、そーゆーのは
パンツをはいたサルと同程度にチンブな表現でおもろない。ま、わしにゆわ
せると、ヒトというのは言語サヴァンだ。ヒトは言語を獲得した代わりに他
の動物がもっているあんな能力やこんな能力を放棄するようになったのだよ
。そんなもんだ。あと、メタファうんぬんだが、わしにゆわせると、メタフ
ァなんて認知とは関係ない。「人生は旅だ」とかあるが、誰も人生を旅のよ
うにとらえとらんよ。わしなんか「人生は2ちゃんだ」と思ってるぐらいだ。
ははははは。人生なんてネタでヴァーチャルで履歴書なんて便所の落書きだ。
そんなもんだ。さて、風呂はいってくるわ。てか、お茶の水の黒沢楽器はほん
とええな。うむ。

27 :仇鱒:2007/06/24(日) 19:45:27 0
ま、なんだな、認知スレで認知ヴォケぶんぽーをボコボコにしてミニマリチュム
はアンタッチャブルじゃおもろーないからちょいとミニマリチュムをコケにする
かな。ははははは。で、あれだ、新聞読んでてある単語を見て「はっ!」と思っ
たのだよ。んで、何の単語かとゆうと「パレスチナ暫定自治政府」だ。まあ、パ
レスチナは「暫定的に」自治を認められているが、実質恒久的に自治政府だ罠。
これってミニマリチュムがセオリーじゃなくプログラムだとゆうのと同じだよな
。プログラムだとかゆってかれこれ20年になるわけだ。でもいまだにプログラ
ムでその意味ではパレスチナのカッコ付きの「暫定」と同じだ。あと、パレスチ
ナはオートノミー@自治を認められているわけだが、ミニマリチュムもある意味
じゃオートノマスだ罠。ま、そんなこんなでパレスチナ暫定自治政府とミニマリ
チュムがダブってしまった今日この頃であるよ。てか、あれだな、今後新人の研
究者つーとミニマリチュム世代の研究者になるわけだが、ゆっちゃあなんだが、
正直つかえんな。マジでミニマリチュム世代の新人研究者は独り立ちしてからで
ええからしっかりgb以前のベンキョウをしておくことだな。マジでミニマリチ
ュム世代は記述も説明もどちらも中途半端で生成の一番ヘタレな世代だと思うわ
。ま、そんなこんなで若いボンズどもや、ミニマリチュムもええがgb以前のベ
ンキョウもしっかりやっとけや。あと、あれだ、今後生成つーたらチョム系の生
成ぶんぽーはほとんど相手にされないと思った方がええわ。これからの生成はジ
ャケンドフ路線かカリカバー路線だ。リッチィやペゼツキーとゆった真性のヴァ
カのゆうことに踊らされずカリカバーのような地に足のついた香具師のものをし
っかり読んだ方がええ。ま、あれだな、生成よりの生成的なもんではカリカバー
あたりがええし、認知よりの生成的なものだとジャケンドフがええ。ま、そんな
ところだ。うむ。

28 :(´∀`)@リハ:2007/06/24(日) 21:50:56 0
にょほほ,Culicover-Jackendoffがなぜハナシにならんのかはこないだ某所で解説したとーりであるにゃ
あんなもんをありがたがっとるのは語法研究しか能がないカスだけであるにゃ
にしてもサップ…… orz

29 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/24(日) 23:05:27 0

( [] 定年まで働けば) [] 高額の退職金が貰える [会社]
( [] 定年まで働けば) [] 立派な一軒家が買える [会社]

いとやんごとなき [際]には あらぬ [(女)]
かの承香殿の前の [松]に 雪の降りかかりける [(枝)]

30 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/24(日) 23:12:00 0
「つーと」とは何か

31 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/25(月) 01:27:37 0
>>28

はいはい、「深い」「深い」「不快」

32 :仇鱒:2007/06/25(月) 07:29:10 0
おはよ。カルーセル真紀子。んで、顔餅@>>28にレスポン酢。

>Culicover-Jackendoffがなぜハナシにならん
前にもゆったが、カリカバーは最近ジャケンドフと仲がいいこともあり、非常に
バランスのとれた仕事をするようになってきている。まあ、いいダチとつき合う
ことにより人間としても研究者としても成長したいい例だとわしなんかは思って
いる。今まで生成で隅に追いやられたペリフェラルな現象からugを見ていくとい
う作業は誰かがやらなければならず、また、そういった作業は地に足がついた仕
事であるだけにとてもいいと思う。カリカバーのナッツのような仕事はまさに記
述と説明の両方を追い求め、2兎追うものが2兎をも獲ている例だと思っている
。同じく、ジャケンドフも統語論以外のところにも自立性ならびに自律性を認め
ているがゆえに、記述ならびに説明をともに満足できる文法モデルというか認知
システムの構築にそれなりに成功していると思っている。逆にミニマリチュムだ
と、カリカバーやジャケンドフのようなスタイルを頑なに否定しているから記述
ならびに説明の両方が非常に低いレベルでかろうじて満たされているといったと
ころである。うむ。

33 :仇鱒:2007/06/25(月) 07:34:36 0
>こないだ某所で解説したとーり
某所ってアソコのことか?てか、詳細きぼ〜ん。

>語法研究しか能がないカスだけ
まあ、わしは語法研究にそんなに興味があるわけではないが、まあああだこう
だゆっても言語研究の基本は構文研究ならびに語法研究だと思っている。語法
研究からコロケーションのコアなところを探り、そしてセレクションの神髄を
知るのは非常にええことだと思う。というのも、人間の言語にあって動物のゲ
ンゴにないもの、それがまさしくセレクションだとわしは思っているからだ。
まあ、語法研究も浅いものから深いものまでいろいろあるが、深いものはそれ
こそ語彙概念構造関連の研究と紙一重だ罠。てか、シンタクスとモーフォロジ
とプラグマティクスを繋ぐ役割を担っているのが語法研究で、それゆえ語法研
究とゆうのはまさに言語学の醍醐味を味わえる場所だとわしは思っている。う
む。てか、わし個人の見解としては、小西師や八木師の語法研究なんかはまさ
に瞠目に値すると思っているけどな。てか、小西師や八木師のようなちゃんと
した言語学の研究者がちゃんとした言語研究をしてくれているからこそ、わし
らは生成文法なんつうお遊びに興じることができているというのが正直あると
思う。うむ。

さて、おちごと逝ってくっぺ。

34 :Fred:2007/06/25(月) 15:21:55 0
>>33
 洛陽の紙価を高らしめたと言われている『英文法シリーズ』の著者
たちも、その半数以上が鬼籍に入ってもたわな。その御大たちも玉石
混交なんは当然やけど、K西、M利、O田の3先生は別格なように思うわ。
他の御大の研究業績は歴史の捨石にしかならんけど、この三人の研究
は後世に伝えられていくんやなかろうか。奇しくも、三名とも海外で
は全く無名に近い点も共通してるわね。A木、Y井は後進を育てたとい
う点でのみ(以下略)

35 :Fred:2007/06/25(月) 15:33:52 0
 ついで。わしもPeter & Ray はアカンと思うわ。洞察が浅井慎平
やし、習得うんぬんという割には、習得のことを全然考慮できてな
いし、不要な写像規則やその場しのぎ(としか思えない)付帯条項
が多過ぎ花粉。統語研究としてはもちろん、認知文法としても語法
研究としても中途半端。パンツの中で半立ちになって、先っぽだけ
が濡れ濡れのDickミネという感じやけどなぁ。

36 :仇鱒:2007/06/25(月) 19:27:44 0
まあ、dick峰であるのはわしも認めるが、ミニマリチュムにバイアグラ並のものがあ
るかとゆえば正直ないと思う。まあ、習得についてあんまりぱっとせんとゆうのは、
おそらくピンカーに下駄をあずけた状態であるからだな。ただ、ピンカーは言語学者
じゃなく心理学者であるから言語獲得に関しては、たとえ生得説を認めているとして
も、動詞の獲得なんかでは怪しいところがある罠。ま、このあたりは顔餅の18番だ
から顔餅に任せるが。あと、写像規則があれこれ生じるのはしょうがないと思う。と
いうのも、トリパーティティブなシステムを想定しているのだから。それに、その対
応規則がとってつけたものだとゆうのも仕方がないと思う。というか、そういう批判
があってもジェケンドフはそれなりに案を出していて評価できると思う。一方ミニマ
リチュムだと、まさに言語システムと認知システムの対応規則なんか何も提案してい
ない。ようするに、インタフェイスが実際どうなっているか具体的な案なんか出して
いない。出ていればインタフェイスに丸投げされた束縛原理をはじめとした統語的な
意味の問題も少しはすっきりしているであろうが、依然としてワケワカンネー状態で
ある。



37 :仇鱒:2007/06/25(月) 19:29:13 0
ようするに、インタフェイスが相変わらずブラックボックスでインタフェイス
がゴミ箱状態だが、ジェケンドフは各モジュールのインタフェイスを少しでも見通し
のいいものにしようと努力している。ここは評価していいと思う。あと、中途半端う
んぬんだが、そもそも意味的なことを重点的に扱っているから中途半端な印象をどう
しても与えてしまうと思う。逆に、意味的なものを扱っているのにスパッ!とクリア
ーカットにいろいろ説明できてしまっているのであれば、それはまさにクリアーカッ
トできるものだけを対象にしているだけで、まさに事実を単純化しただけの話である
。ある意味ジャケンドフ(とカリカバー)は事実の複雑さをありのままに受け止め、
それを分かった上で複雑なものを複雑なシステムでとらえているわけで、それはそれ
でええと思う。ま、よくゆってジャケンドフとカリカバーはまさに記号主義から脱却
した複雑系の生成論者だと言える。うむ。それはともかく、マジでディックミネは日
本を代表するジャズマンである。うむ。ちなみに植木等はジャズギターマンである。
しゃて、まんま喰ってくるかなー。あー、ちかれた、ちかれた。自分に乙!



38 :仇鱒:2007/06/25(月) 20:24:53 0
メシ喰ってちょいと気分いいからちょいとだけカルーセル真紀子するわ。
えっと、次のAとBの会話を見て栗。
A: there's no air conditioner.(エアコンねぇんだな〜)
B: We need a fan in here.(ここには扇風機が必要だ罠)
で、気になるのがBの発話文な。とくにin hereのところ。ま、hereが名詞
として使われているわけだが、こういう風にhereがinのような前置詞の目
的語になることってよくあんのかな?仮にあるとしてもやぱinの時が圧倒
的に多いのかな?あと、あれだ、ついでだから次↓の文も見て栗。
someone must have fluffed here.
ま、しいて訳せば「ったく、誰かここで屁しやがったな、、、ったく」と
なる罠。ここでも上のBのように次↓のようにすることができるのかな?
someone must have fluffed in here.
やぱできねぇのかな、、、。なんとなくできなさそうだが、、、。ま、上
で前置詞についてちょいとあれこれ書いたから前置詞絡みでちょいとカル
ーセル真紀子してやったわ。うむ。

39 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/25(月) 22:24:05 0
ということはそろそろ孤軍奮闘のword grammarの時代ですね^^

40 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/25(月) 22:39:52 0
そもそもhereが前置詞を取れるかという問題にどう是非を下せばいいのか。
文献からhereが前置詞を取っている例を抜き出して多ければ可、少なければ不可とするのか、
hereは副詞である、副詞は前置詞を取らない、よってhereは前置詞を取らない、とすればよいのか。
http://www.etymonline.com/index.php?search=here&searchmode=none
このサイトだとhereは副詞のようだ。


41 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/26(火) 00:01:50 0
頻度調査の前には必ず仮説が必要ですよね。

42 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/26(火) 09:01:36 0
というか、inの問題では?と言ってみる。
in between A and BもOKだし。


43 :(´∀`)@リハ:2007/06/26(火) 11:17:57 0
in here は out there と対であるにゃ
Jason is out there! (13日の金曜日完結編w)

んで C&Jをクソカスにこきおろしてはいるのにゃが
言語学の入り口として,あーゆー研究から入るのは
結構なことであるにゃ
俺が言ってるのはその先で,たとえば上で話題になった
説明とは何か,と言ったときに,現象の単なる記述より
複雑なものは説明と言わない,という合意があるにゃ
MPはGB流のそういった疑似説明はやめよう,という
ことであって,それが言語進化の問題を接近可能にする
ことにも繋がるわけであるにゃが,JやPinkerにはそういった
深い思慮が欠けているのであるにゃ
>ピンカーは言語学者じゃなく心理学者である
むしろサイエンスライター的になってきたにゃ
ドーキンズや最近でいうとマーカスなんかもそーゆー漢字
竹内久美子化してきたとも言えるにゃ

んで,Jについて一つ胴衣できるのは,レキシコンの取り扱い
であるにゃ
つまり文法の一部門というより部門間を繋ぐ対応規則,ある種の
インターフェイスとして見ている点で,部門としてのレキシコン
は存在しない,という考え方と根底では通じるものがあるにゃ
先日某所で俺が言ったのは,レキシコンをFLN(recursion)と
FLB(conceptual capacity)に分解して,一個の自律した部門と
しては消滅させることで,言語の起源・進化の問題をさらに
軽減できるであろう,ということであるにゃむ


44 :(´∀`)@リハ:2007/06/26(火) 11:19:31 0
>ミニマリチュムだと、まさに言語システムと認知システムの
>対応規則なんか何も提案していない
んなことはないにゃろw
C-Iシステムのうち,Cについては原則argument structure,θ-marking,
lexical category,external mergeの領域,Iについてはleft periphery,
functional category,pragmatics,internal mergeの領域であるにゃ
言語計算系が2種類の意味機能についてこういう分業制を採っていると
いうのは,重要な提言で,これまで言語との関わりが示唆されてきた
諸機能,たとえばtheory of mindやreference,social intelligenceに
ついて,具体的にどう関わるのかを探っていけるわけにゃ
日本の生成文法がそのレベルに達しているかどうかは別にして,にゃw


45 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/26(火) 12:48:15 0
なに、このスレw
非科学的なトピックをメンヘルな文体でつづるキティたちワロスw

46 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/26(火) 14:37:11 0
うん、最後はメルヘンになる、といういい例だな。

47 :Fred:2007/06/26(火) 16:55:56 0
 メルヘンやのうて、ファンタジーやで。言語学は科学としては
ガリレオ以前で、思想的にはフーリエ、サン=シモン、オーエン
以前ていうところやからのう。

48 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/26(火) 17:10:26 0
>>47
ガリレオ以前とかフーリエ以前とかどういう程度を言うんかよう分からんで。

49 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/26(火) 18:38:54 0
>>38
ラネカーの文法カテゴリーの逝っちゃってる話を思い出しますね。
>>44
例のpoint of view projectionの話を展開している人のdiss.にも絡んで
きますが、quantificational expressionを使いこなす能力は、人間言語に
固有の性質なのではないかと思いますね。形態素が固有の意味を持つかどうかという問題は
意味論のbig issueですが、ある種のsemantic featureを形態的に顕在化する言語としない言語があり、
しない言語においても同一の意味的性質が観察されるのであれば、それは十分UGの候補になり
うるのではないかと考えますが。

と考えれば、意味論も生成の一部門として考慮すべきなのではないかと思うんですけどね。

50 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/26(火) 19:43:20 0
>>46-47
メルヘンじゃなくてメンヘル(>>45

51 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/26(火) 19:56:43 0
メンヘルというのはメンタル・ヘルスの略でいわゆる基地外の別名。

52 :(´∀`)@リハ:2007/06/26(火) 20:23:32 0
ま,メルヘンでもメンヘルでもいーにゃが,シロートからは
そう思われる程度にならんと本物ではないのにゃw

>例のpoint of view projectionの話を展開している人のdiss.
kwsk
例の,と言われてもサパーリw
特に誰のどのペーパーということもなく,PoVは最近よく耳にするにゃ
>意味論も生成の一部門として
quantificationとかその程度の意味論は全部シンタクスの問題であるにゃ
(語彙「意味」も同じ)
んで,量化がpragmaticsだとゆーのも実はよくわからんにゃ
A/A-barのシステムで後者を全部そういうdiscourse-relatedな部分に
押し込んでしまうということなんにゃろが,量化はintrasententialな現象
であるからして,pragmaticsとゆーことはないんでないかにゃ
wide scope readingとかmultiple whのpair-listing解釈とかに
PoVがからんできそう,ってのはあるけどにゃむ

53 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/26(火) 20:49:29 0
メンヘル=心の病のこと
メンヘラ=心を病んでいる人のこと

54 :仇鱒:2007/06/26(火) 21:48:19 0
やれやれ、完全におちかれモードだよ。来る日も来る日も会議だよ。メール会議
やらリアル会議やらヴァーチャル会議やらヤんなっちゃうよ、ったく、、、。で
、2ちゃんでも会議やっぞ、ゴルァ!!と、言いたいところが力尽きたから適当
にカルーセル巻。で、あれだな、意味論が生成の一部門だのどうたらこうたらと
あるが、わしの見解を書くな。あくまでもアホチョムの意見でなくわしの意見な
。まず、意味部門とlfをごっちゃにしちゃいかん。lfはあくまでもシンタク
スの一部。だからlfは生成の一部門であるのは明々白々。ただ、lfも定義次
第では有名無実で存在しなくなるけどな。ま、その場合は、シンタクスつーたら
オヴァートなものだけとゆうことになる罠。ま、それはええとして、ふんじゃ意
味部門は文法の一部じゃないのか?とゆうことになるが、わしにゆわせたら意味
部門はもはや文法の一部ではない。もっとゆうと文法という自然言語を扱う領域
のものではない。ではどの領域のものかとゆうと、それは論理学である。だから
、意味部門というのは、自然言語ではなくむしろ人工言語を扱っているところと
なる。んで、人工言語とゆうか論理学そのものは非経験科学の管轄であるから、
そんで自ずと意味部門を扱う意味論は経験科学の対象とはなくなる。この結論は
チョムと同じである。ただ、チョムはアホだからわしのような考え方をしてわし
と同じような結論にはたどり着いていないが。ま、そんなこんなで意味論は生成
どころかそもそも経験科学の対象にはならない。そんなもんだ。てか、メルヘン
だかカルメンだかしらねぇが、どうせメンヘルなら次↓のようなものを見てハァ
ハァしれ。
http://www.amazon.co.jp/DVD〜Debu-Vs-Debu-%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%A0-%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3/dp/B000AHQGOM
てか、40代のおっさんがこーゆーのを観て一人部屋の中でヘッドバッキングす
るのがメンヘラだっチューノ!てか、くだらんことホザてんじゃねぇぞ、ゴルァ
!!って、なんで怒ってるんだ?わし(^^)さて、一杯やって風呂はいるかなっ
と♪

55 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/26(火) 23:52:58 0
「精神の健康」がどうしてそういう意味になるのですか。
positive/ negative関係で逆転しておりますのでわけがわかりません。
ひょうおんもじあつかいしているのかな。

56 :(´∀`)@リハ:2007/06/27(水) 00:39:12 0
これぞ本物w
>へヴィ・メタル・ファン、精神障害に認定される
http://www.barks.jp/news/?id=1000032395
裏山氏杉!
俺も認定して保水

57 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/27(水) 00:39:35 0
>>55
具合が悪くなったら保健室に行くようなもんじゃないか?

58 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/27(水) 02:35:33 0
メンサロから様子を見に来ますた

では帰ります、>>56これスレタイ面白かったよね

59 :仇鱒:2007/06/27(水) 22:21:38 0
やれやれ、今日もぶっ通しの会蟻ですたよ。ヘロヘロでつよ。んで、風呂上が
って気持ちええからちょいと書くかな。ベンキョウねたで書く気がせんからロ
ックネタな(ワラ)で、これ↓だが、
>俺も認定して保水
わしも認定して保水わ。ま、わしも厨房の低学年まではサイモン&ガーファン
クルとかああいったのばっか聴いたり弾いたりしていたのだが、厨房の時にダ
チの兄貴がスモークオンザヲーターとハイウエイスターを弾いているのを見て
正直わしは足がガクガク震えて涙が出そうになった。それからだな、わしの音
楽の趣味やらギターで弾く曲が変わったのは。マジで、精神的にある革命が起
きた。で、同じことがハタチの頃に起きた。もう遙か昔のハナシだが、当時哲
学的なことをやっていて遊びでlfgをやっていたのだが、あるきっかけで生
成を知り、生成のアプローチとその研究目標に正直わしは足がガクガク震えて
涙が出そうになった。というのも、まさにわしが求めていたことをチョムスキ
ーとかゆうどこの馬の骨だか知らねぇ香具師がやっていたのを知ったからだ。
んで、ま、デープパープルを知った時と同じような精神的革命を生成との出会
いでも感じたのだが、ある意味わしはこういった精神的革命を経験しただけで
もハッピーかもしれない。ま、今のわしは、ここでも何度でもゆっているよう
に、生成ぶんぽーを言語学だとは思っていない。哲学だと思っている。同じよ
うに、わしにとってのデープパープルはもはや音楽ではなくマジで哲学である
。ま、そんなところでもわしにとってデープパープルと生成ぶんぽーは同じだ
ったりする。だが、リッチーとチョムは雲泥の差である。リッチーはマジで
ネ申。一方チョムは紙。てなことをクリムゾンのThe Great Deceiverを聴きな
がら思っているわしであるが、The Great Decieverといえば今じゃマルクスに
フロイト、それにチョムぐらいだよな?あん?

60 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/27(水) 23:41:56 0
On Wh-movomentが発表されたのが、1977年。
あれから、30年。
これからどうなっていくのだろうか...
きっと、素性だ、照合だ、と言っているだけで、あっという間に、また、30年が過ぎてしまうのだろう。

61 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/27(水) 23:50:19 0
Great Deceiverの定義が
「一時期非常に流行したが冷静に考えてみるとトンデモが結構含まれている学説を唱えた人」
というならまあチョムスキーはその可能性はあるんじゃないの?もう数十年したら評価が定まるだろうよ。

哲学の定義が「人の精神をして震撼せしむること」
というならまあ何でもかんでも哲学に含まれる(例えば麻薬とか)から微妙なわけだが。

62 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/29(金) 00:00:44 0
仇鱒ペッー

63 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/29(金) 00:48:27 0
5月に出た本のタイトル
Interfaces + Recursion = Language?

64 :(´∀`)@リハ :2007/06/29(金) 02:03:34 0
from belowのはいってるやつにゃ
買ったw

65 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/29(金) 06:23:53 0
On Phase(2005)
http://www.phon.ucl.ac.uk/home/hans/mrg/chomsky_onphases_1204.pdf
Approaching UG from below(2006)
http://www.punksinscience.org/kleanthes/courses/MATERIALS/Chomsky_Approaching-UG.pdf

66 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/29(金) 12:37:05 0
>買ったw

過去形でしょうか、意思表示でしょうか。

67 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/29(金) 17:39:44 0
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
大阪市内、出張マッサージ パート3 [癒し]
【NJ】 ニュージャージー・ネッツ 9th 【Nets】 [バスケット]
【更新停止】カルドセプトモバイル54G【氷河期】 [携帯電話ゲー]

(´∀`)先生!??

68 :仇鱒:2007/06/29(金) 20:36:13 0
やあ、ちょいとだけご無沙汰。いそがしかったのと人大杉で見られなかったり
でサボってた。うむ。で、適当にレスするな。まず>>60にレスするが、ま、こ
れからも相変わらず素性がどうたらこうたらとかゆって無為に過ごすことにな
るだろうな。ただ、わしは素性に目をつけたのは基本的に正しいと思う。ただ
し、素性は素性でもバイナリーな形で素性をとらえるやり方をもっと追求すべ
きだと思う。そういった意味では、音韻論にあるようなセグメンタル・ストラ
クチャみたいなスタイルをもっとやっていった方がいいと思っている。ただ、
そこでポイントになるのが、素性をどこで設定するかだ罠。ま、生成は素性を
派生に設定し、hpsgなんかは表示に設定しているわけだ。で、いずれ生成
も素性を表示に設定するようになる。そして気づいてみたらフェイズひとつひ
とつが表示のようになっており、ミニマリチュムは表示がたくさんスタックし
たそういった文法モデルになっている。で、マクロに見るとミニマリチュムは
まさにhpsgのようにモノストラタルな文法モデルになっているわけだ。ま
、いずれにせよ、派生ベースドにやっていたら生成はいずれ学問的に村八分だ
。村の一員になるにはいずれ表示ベースドにならなきゃならん。うむ。

69 :仇鱒:2007/06/29(金) 20:38:32 0
で、次に>>61にレスするな。えっと、わしが生成やデープパープルが哲学だと
ゆうのは、まさに言語やロックに対する物の見方を提供してくれるからだ。ぶ
っちゃけ哲学とゆうのは何も分析しないし何も解決しない。てか、そんな能力
はないしそんなことを期待しても意味ねぇ。哲学はものの考え方を与えてくれ
るだけ。そういった意味では、生成はわしに言語に対する物の見方を与えてく
れたし、デープパープルはわしにロックに対する物の見方を与えてくれた。う
む、。で、>>62にレスな。カトちゃんぺっ♪。はい、おわり。んで、>>63にレ
スするが、interfacesにポイントを置いたのは正解だと言える。interfaceに重き
を置きつつあるというのは、ようは言語の<使用面>に焦点をおきつつあるとゆ
うことだ。そういった意味ではミニマリチュムは実はかなり言語運用に軸足をお
いている文法理論じゃなくて文法プログラムだと言える。あと、リカージョンだ
が、リカージョンでちょいと気になったことがあるのだが、中央埋め込みと右側
埋め込みでは中央埋め込みの方が明らかに処理がしにくい罠。で、いわゆるリカ
ージョンでも処理に差が出る2種類のリカージョンってあんのかな?どうなんだ
ろ。んで、>>67にもレスしちゃるが、顔餅は出張マッサージなんか頼まんよ。顔
餅は自ら出張してマッサージしに逝く方だ(藁)。てなことだが、顔餅、またハ
ァハァできるハードな動画が欲しくなったと言ってみるテスト(^^)

てなことだが、渇水が心配な今日この頃である。もっと雨が降らなきゃダメだよ。
いや、マジで。

70 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/30(土) 00:45:37 0
長すぎは誰も読まぬ

71 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/30(土) 00:49:12 0
一応読んでるぞ。仇鱒ぺっー。

72 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/30(土) 01:31:04 O
すみません。かなり初心者です。繰り上げ構文の質問です。
John is likely to leave.という文において、
Johnはisから格を受け取ってから繰り上がるのでしょうか?繰り上がってから格を受け取るのでしょうか?
Johnが格を受け取ったことでΦ素性の値を得るとはどういうことでしょうか?

73 :仇鱒:2007/06/30(土) 06:50:29 0
なんか朝っぱらから吐き気があるよ、、、風邪だな、、、たぶん妊娠ではな
いと思う。うむ。で、>>72に軽くレスしてやるな。いちおうこれでもわしは
優しいおじさんだからな。ははははは(^^メ)で、john is likely to leaveの派
生というかでき方であるが、まず[ ] is likely to john leaveのような文モドキが
あったわけだ。で、この段階だとjohnはまだ格を誰からももらえないわけだ。
で、とりあえず、eppがどうたらこうたらといったテクニカルな理由でtoの前
にまでレイズするわけだ。そうなると[ ] is likely john to t/john leaveのように
なる罠。でも、この時点でもまだjohnは何からも格をもらえないわけだ。そん
で、またeppがどうたらこうたらとゆったワケワカンネー理由でとりあえず[ ]
のところにまでレイズするわけだ。そうすると、john is likely t/john to t/john
leaveのようになるわけだ。で、この時点で晴れてjohnはisというかisのある
finite tenseから主格をもらえて万歳万歳(←マンセッ!マンセッ!)となるわ
けだ。ま、だから、johnはeppとかゆうワケワカンネー理由で[ ]までレイズし
て、その副産物としてjohnは格をもてることができ、その結果格フィルターを
満たすことができるわけだ。そんで、さらなる副産物として(つまり副々産物
として)johnは当該の文のトピックというかフィギュアとして解釈されるわけ
だ。ま、そんなもんだ。さて、今日はptaの仕事でガキの小学校でちょいとお仕
事してきまつよ。てなことだがカトちゃんぺっ♪(^^)

74 :72:2007/06/30(土) 15:22:59 0
>>73
ありがとうございました!!
とても助かりました。

75 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/30(土) 15:41:12 0
変形生成文法を少しだけ講義で触れました。

質問なのですが、
変形生成文法において、"Wash yourself"という文を生成するには、どのような変形規則が
どのような順序で適用されなければいけないかを説明をお願いします。

76 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/30(土) 16:12:06 0
研究者の研究者による研究者のための生成文法(?)

77 :仇鱒:2007/06/30(土) 17:33:57 0
やれ、さっきお帰りだよ。ptaのお仕事がんがってきますたよ。自分に乙!

>とても助かりました。
うむ。今度わしに会ったらスタバでなんかおごって栗。できればアズキフラ
ペチーノがええ。んで、おまけだ、これ↓にも答えてやるわ。
>"Wash yourself"
まず、命令文には目には見えない主語のyouがあるのは分かる罠。それは次
の例からもその存在が裏付けられる罠。
play the guitar, won't you?
つまりwont youの部分にyouがあるわけだが、これはplay the guitarの前に目
には見えないyouがあることを示しているわけだ。だから、まあ、最初は
you wash yourselfという文があって、youが音だけなくなったと考えるわけだ。
つまり、統語的な特徴や意味的な特徴は全て残した状態で音だけなくなったと
考えるわけだ。まあ、目に見えないyouというのは透明人間みたいなもんだ。
で、この音だけなくなったyouをφyouと書くと、wash yourselfというのは
φyou wash yourselfと書くことができるわけだ。そんで、-self形はその先行
詞を同一文中にもっていないといけないわけだが、その主語はちゃんとφyou
としてあるわけだ。で、yourselfが現れる理由もちゃんとこれで説明できるわ
けだ。ま、そんなところだ。で、藻前もわしにスタバで何かおごれ。うむ。ん
で、>>76にもレスしてやると、まあ、あながち間違いでもないと思う。けど、
生成で発掘された言語事実なんかは確実に英語教育や辞書づくりなんかで役に
立っている。そういった意味では「研究者のため<だけの>」生成文法とは必
ずしも言えない。うむ。

78 :仇鱒:2007/06/30(土) 17:35:22 0
で、上でリカージョンについてちょいと書いたが、やぱ説明不足だと思うから
ちょいと解説するわ。まず次↓の文を見て栗。
(1)the man who the boy who the students recognized pointed out is a friend
    of mine.
上の文は文法的である。だから「*」はつかない。ときどき上のような中央埋め
込みの文に「*」をつけている香具師がいるが、そーゆーのをヴァカとゆう。味
噌と糞の区別が付かないスカトロちゃんである。で、繰り返すが、上の(1)は
文法的な文ではあるが容認不可能な文である。だから、「*」はつかない。ここ
大事だからな。で、次に次↓の文を見て栗。
(2)john sees the girls [who like the boy [who plays "Smoke on the Water"
   with a violin]]
この↑文では(1)と同様に埋め込みが2度行われているが埋め込みのスタイル
が(1)とは違う。(1)では埋め込みが中央で行われているが(2)では右端
で行われている。


79 :仇鱒:2007/06/30(土) 17:36:32 0
で、(1)と(2)を読み比べてみれば分かるように、明らかに(2)の方が読
みやすい罠。ま、認知的にどうたらこうたらとかいろいろ後付できるが、ようす
るに(1)ではワーキングメモリの負荷がかかりすぎて、そんでパーサー@言語
処理機が途中でダウンないしフリーズしてしまうわけあ。そんで「ワケワカンネ
ェ」文と認定されてしまうわけだ。一方(2)の方は同じ回数だけ埋め込みが起
きているがワーキングメモリの負荷が極めて軽くそんでパーフェクトな文となっ
ているわけだ。ちなみにパーフェクトとゆうのは文法的でありかつ容認可能であ
るとゆうことな。で、同じリカージョンでも中央埋め込みスタイルと右端埋め込
みスタイルでは容認可能性に大きく差が出るわけだ(←文法性には差はないこと
にチューイ)。で、いわゆるマージとゆうか言語進化の文脈におけるマージつー
かリカージョンでも上と同じような現象がはたして見られるのか、というのがわ
しのqであったのだよ。で、これで藻前らにもわしの言わんとしていることが理
解できたか?あん?てか、わしがqする時はだいたいわしの方で既にaを用意し
ているのだが、ちょいとゆうと、たぶんペアリングとポット、それにサブアセン
ブリなんかとどっかで絡んでくるんだろうな。たぶんだけどな。うむ。



80 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/30(土) 18:23:36 0
>>76
信者の信者による信者のための宗教
宗教なんてそんなもんだ

81 :仇鱒:2007/06/30(土) 18:30:40 0
わしだ。ちょいとヨッパしていて気分いいからちょいと書くな。わしが常々ゆっ
ていることだが、阿部はどーしょーもない。阿部政権は歴代の政権で最悪だとわ
しは主張し続けているが、ついに出たよ。コレ↓だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070630-00000067-jij-pol
久聞は何考えているんだか、、、。これじゃ「オゥムがサリンをまいたのは正し
かった。あれで上九一色のガサ入れにつながりオゥムの弱体化を可能にさせたの
だから」とゆうのと同じだ。ゆっとくが、原爆はサリンと同じ。生体実験。もっ
とゆうとジェノサイド。民間人を標的にした国際法上認められない極悪非道な行
為。こういったものを「しょうがない」で認めるというか済ませるのはハナシに
ならん。こうゆう感覚をもっている香具師が防衛のトップとゆうのだからマジで
ハナシにならん。遊就館の中にある文面がアメリカのゆう通りに改竄されるのも
遠くないな。何が「美しい国 日本」だ。嗤わせんじゃねぇぞ、ゴルゥァ!マジで
わしが総理になってやるか、、、ったく、、、。どいつもこいつも頭ん中が海綿
体だ、、、ったく、、、。

最後っ屁
>>80
てかな、生成はまだ宗教になりきれていないのだよ。わしにゆわせたらせいぜい
新興宗教止まり。ま、シャクティパットの団体とかァレフ@オゥムレベルだ。う
む。ちなみにわしは信者じぇねぇしな。ま、麻腹と袂を分かった上佑みたいなも
んだ。ははははは。

82 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/30(土) 18:58:50 0
>>81
2ちゃん支部の支部長だったりしてw

83 :(´∀`)@リハ:2007/06/30(土) 20:49:50 0
>たぶんペアリングとポット、それにサブアセンブリなんか
誰のマネかにゃーw

先日のローパーのハナシにも関係するにゃが,たとえば
[[[[[ John's ] mother's ] friend's ] father's ] house]
とか
[[child book ] club ]
とかもサブアセンブリでしか作れないわけで,実際こうゆう表現を許さない
言語もあるわけにゃ
だから bounded merge→unbounded mergeへの拡張のみならず,
pot→subassemblyへの拡張がどうして可能になったかもbig issueであるにゃ
おそらくMoveもsubassemblyから派生するにゃ

>John is likely to leave.
phase levelの派生を考えると,>>73で言っとるようなGB流の考え方は
全然成り立たないであろうにゃ
たとえば
T [ is likely to John leave]
でT-Johnは同一フェイズにあるから,この段階でいきなりTからJohnへ
格の値指定,またJohnからTへφの値指定ができるにゃ
補文主語位置への移動はなし,その後主節EPPを満たすにはJohnがワンステップ
で移動すればえーにゃ


84 :(´∀`)@リハ:2007/06/30(土) 20:58:26 0
>>75
変形生成文法といっとるくらいだから,60年代のハナシであろーにゃ
つまりyou wash you から再帰代名詞化変形によってyou wash yourself,
というあたりから入ると思われ
んで,今風にいうとwash you から移動で you wash (you),痕跡の(you)は
PFでyouselfと具現化,と考えることができるので,この再帰代名詞化変形も
ある意味,不滅であるにゃ

85 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/06/30(土) 22:19:57 0
>ワーキングメモリの負荷がかかりすぎて

なぜ(1)のほうが(2)より負荷がかかることになるの?

86 :(´∀`)@リハ:2007/06/30(土) 23:47:51 0
一つのfiller-gap関係がresolveされる前に,別のfillerが出てきて先にそっちを
resolveするまで前者を未解決のまま一時保存せんといかんからだにゃ

87 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/01(日) 00:09:56 0
↑副支部長?(>>81

88 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/01(日) 22:34:39 O
繰り上げ構文について質問です。
例えば、Mary seems to be happy.という文において、Maryがもともと補文の主語だったと説明するのに、
It seems that Mary is happy.という文が提示されていましたが、これは虚辞であるItが生起ができているから補文の主語だということですか?

89 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/02(月) 00:15:13 0
>>88
仇せんせの一般向け(といいつつ軽くマニアックな)えいぶんぽーの
本を読んでみるといいかもよ。てか、俺いま読んでるとこ。generativeから
離れてから久しいもんでリハビリ中。

90 :(´∀`)@リハ:2007/07/02(月) 01:02:00 0
だいたいそういうことであるにゃ
前提になっているのはθ規準とゆーやつで,seemがその主語にθ-roleを与える
能力がないことは it seems ... から分かる,従って Mary seems ... では Mary は
seem以外からθ-roleをもらっていなければならず,それは補文主語(つーか
happyの主語)としてである,とゆーわけにゃ

んでちょっと問題提起してみると,有名な例で
John seems as if he is happy
とかゆーのがあるにゃ
この場合,happyの主語θ-roleはheがとっているから,Johnはそれ以外の
θ-roleを持たないとθ規準違反になるにゃ
seem単独では主語をθ-markしないと考えると,この場合には
seems as if he is happyという複合的な述部全体からJohnのθ-roleが与えられて
いると考えることもできるにゃ
tough文の John is easy to pleaseにおける John とちょっと似とるにゃが,
すると Mary seems to be happyでも,Mary は seems to be happy からθ-mark
されている,具体的には,たとえばこれはcontrol構造であり
Mary seems [ PRO to be happy ]
となっている,あるいは operator-variable 構造であり,
Mary seems [ OP [ t to be happy ]]
となっている,という可能性もいちおー考慮した上で排除する必要が実はあるわけにゃ
なぜこれらの構造が採用されないかは,PRO theoremとか,binding theoryとか,
当時の分析装置との整合性を勘案して,ということであったにゃが,ではもしMPで
これらが破棄されたらどうなるか,>>89も考えてみるよーに


91 :仇鱒:2007/07/02(月) 07:28:16 0
おはよ。わしだ。ちょいとぶっ倒れていた。アルコール禁止なのにアルコール接
種してちょっと怖い経験をしてしまった。やぱ、医者のゆうこと聞かんとダメだ
な。マジで藻前ら、医者から酒ダメだとゆわれていたらダメだぞ。いや、マジで
、、、。あー、氏ぬかとおもったわ、いや、マジ、ほんとマジで、、、。で、失
禁前ということもあるから軽く書くな。えっと、john seems as if he is happyだ
が、それはraising構文において非常にmarkedなケースである。つまり特殊な事例
である。で、そうゆった特殊な事例をもってきてこれまで築いてきたものをあぼ
ん♪させるのはイクナイ。まず第一に、john seems 〜のような文とゆうか構文は
、原則john seems to be crazy about heavy metalのようにto不定詞がくる。で、
かりにto不定詞がこない場合は、john seems crazy about heavy metalのように形
容詞なり名詞がくるのが普通である。間違ってもas ifで始まる定形節がくるのが
普通ではない。つまり、john seems as if he is happyのようなraising構文の例外
的なものを全面にもってきてこれまで気づいてきたものをあぼん♪させるのはイ
クナイとわしは思う。第一、raising構文をコントロール構文とパラレルに扱うに
しても、両構文に類似点なんてほとんどねぇしな。まあ、わしにゆわせたら
john seems as if he is happyのseemsはほとんどlooksの代用であり、実質
john looks as if he is happyと同じである。ようするに、形こそseemを使った
raising構文に見えるが実はraising構文じゃないのだよ。ま、そんなところだ。
んで、>>89や、昨日出たわしの本でも本屋で立ち読みしてみれ。ま、タイトル
は理系ぽいが文系の人に是非読んでもらいたい。じっくり読めば物の考え方の
ノウハウとゆうのが分かると思う。てか、思考力養成のためには絶好の本だと
思う。さて、失禁してくるわ。電車でゴゥ!!

92 :(´∀`)@リハ:2007/07/02(月) 11:11:04 0
↑こーゆーのを思考停止状態とゆーのにゃ
まず look も it looks that/as if John is happy とゆーよーに主語に虚辞をとるから,
seem as if と同じ問題が生じるにゃ
*John seem./*John looks. はどちらもアウトで,後ろにas if節やhappyなどの
補語がつくことでJohnへのθ-markingが「なぜか」可能になる,という点が
重要であるにゃ
それと,どんなデータが「例外的」なのかはあらかじめ決まっているわけではなく,
理論次第であるとゆー点に気付く必要があるにゃ
つまり従来の理論では扱えず,例外扱いされてきたものをコアのデータと
して見直すことで,新しいブレークスルーが得られる可能性もあり,逆に
これまではコアだと思われてきたものが,今度は周辺に追いやられて理論の
再編成が行われるということも起こり得るわけにゃ
これまでの常識にとらわれることなく常に別の可能性を考えておくことこそが
大事なのであり,それができんのに「思考力養成のため」とはカタハラ痛いにゃw

93 :Fred:2007/07/02(月) 12:44:18 0
 わしゃ、連休明けからわき腹が痛いんやけど。

 as if 節がseemに後続する例については、理論的にも
経験的にも面白い部分があって、議論のほとんどは顔氏
が説明してくれているけど、as if の後にto不定詞が後
続する場合(John seems as if to be happy.) に関して
は、定形節の場合とは違って、OKにする話者が限られて
いるという事実もあるわな。核に関する議論、特に厳密
CP構造に鑑みて重要な面があるで。

94 :仇鱒:2007/07/02(月) 18:23:43 0
を、顔餅が吊れたな。てか、seem→lookのところに吊られてしまったか、、、。
でも、あれだぜ、レイジングをコントロールのように扱うと、それこそ今度はコ
ントロールの方を連鎖的にいじらなくちゃいけなくなるわ。それをやり出すとマ
ジで収拾つかなくなるわ。で気づいた時はシステム全体があぼん♪だ。第一、上
でもゆったように、レイジングをコントロールと同じように扱うにせよ、片や
(=レイジング) a移動のプロパティを示し、片や(=コントロール) aバー移動
のプロパティを示し、それこそ水と油を混ぜるとゆうか味噌と糞をいっしょにす
るもんだと思う。で、あれだ、顔餅の提案していることはある意味、前にホーン
スティンが提案したことの逆をやろうとしているわけだ罠。つーのも、ホーンス
ティンは、コントロールの一部をa移動つーかレイジングに還元しようとしたんだ
からな。まあ、あれだ、わしにゆわせると、レイジングの分析にオペレーターを
使うなんつうのは、やっていることはまさにコレ↓に近い。
☆「アンビリバボー!」醤油の材料に頭髪?食品加工の驚くべき実態―中國☆
kwskはコチラ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070702-00000003-rcdc-cn
てか、串国、だてに4000年の歴史をもっていねぇな。ははははは。ちゅーか、
人の垢で味噌とかも作っていたりして(藁)。ま、そんなところだが、味噌の中
に糞をまぜたらその味噌はもう食えなくなるし、糞の中に味噌を入れてもその味
噌はもう使い物にならんとゆうことだ。うむ。ま、この喩えは分かる香具師には
分かるだろう。



95 :仇鱒:2007/07/02(月) 18:24:49 0
んで、もうちょいと顔餅ネタに釣られるな。で、えっと、john seems as if he is
happyを別の構文とリンクさせて分析するのなら、コントロールよりはむしろパ
ラスチック・ギャップ構文とリンクさせた方がおもろいかと思うわ。つーのも、
john seems as if he is happyでは、パラスチック・ギャップ構文と同様に、付加
詞が文末にぶら下がってるからな。ま、うまく逝くかどうかワカランンが、john
seemsとas if he is happyで独立したチェインを形成させ、そのチェインをコンポ
ーズする形でas if he is happyのheの値を決めてやるわけだ。ちょうどパラスチッ
ク・ギャップ構文のナルオペレーターの値を決めるようにな。ま、ようするに、
2つのaチェインをつくり、その2つのaチェインをドッキングさせてheの値と定
めるとゆうわけだ。ま、思考力養成ギプスをはめるとこうゆった物の考え方になっ
たりする。うむ。ただ、このアプローチでなんかおもろいオチが出てくるかは保証
せん。てか、frエロd師匠によるとjohn seems as if to be happyが桶だとゆう話
者がいるようだが、ホンマか?マジでjohn seems as if to be happyなんかをええと
するネイチブがいるのか?マジでそんなジャッジを考慮し、そんでもってレイジン
グにもコントロールが関与しているとしてシステムを構築し出したら、ほんとマジ
で串国モードだぜ。つまり、こんな↓感じ。
http://www.downloaders.cn/2007/06/08163531.html
てなことで、今日は串国ネタでお送りしますたー。ははははは。てか、逝くならデ
ィズニー@千葉じゃなくて石景山遊楽園@串国だよな?あん?さて、メシ喰ってく
るかなー(^^?

96 :仇鱒:2007/07/02(月) 19:25:20 0
まあ、でもあれだな、as if 〜「あたかも〜」ってそれに先行する文の補部の省略
を誘発しやすいよな。たとえばjohn behaves as if he is a starとかjohn eats as if
he is an elephantとかjohn plays as if he is eric claptonとかな。ようするにas if 〜
というアジャンクトがつくとそれに先行する必須の要素(=補部)がデリートさ
れるのだが、これは何なんだろな。てか、こんな風に振る舞うヤツってas if以外
にどんなのあるや?で、あえてウケ狙いでちょいと変わった分析をすると、john
seems as if he is happy をライトノードレイジングのように扱うというのもある
罠。ようするに、john seems happy as if he is happyという2つの文があって、
2つのhappyが文末に移動してjohn seems as if he is happy という文が生成され
ていると考えるわけだ。つまり、構造で書くと次↓のようになるんだけどな。
john seems t/happy as if he is t/happy happy
ま、ありえねぇハナシだけどな。ははははは。ま、思考の訓練の一例だ。うむ。



97 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/02(月) 19:38:39 0
最近ずいぶんマシになってきたと思ってたが、やっぱり仇は仇だった

98 :仇鱒:2007/07/02(月) 19:43:26 0
うむ、わしはわしで藻前は藻前だが、何か用か?
今ならちょいと時間あっから藻前のハナシ相手になってやっぞ。
寂しいならわしがつき合ってやっぞ。

99 :仇鱒:2007/07/02(月) 20:05:31 0
さて、そろそろ電源ぷっちゅん♪するが、最後っ屁するな。ま、どーでもええ
ことだが、思考は音楽に影響されると思っているのはわしだけかな?サピアヲ
ーフの言語相対論じゃなくわしの場合は音楽相対論なのだが、どんな音楽を聴
いているかにより思考のクオリティやタイプが変わるような希ガスるのだよ。
実はわしはここ1年ぐらい自宅でもケンキュウ室でもマキシムザホルモンをヘ
ッドフォンで大音量の状態で聴いているのだが(←しかもヘッドバッキング付
き(藁))、ホルモンを聴いている時は思考がとてもいい感じでトリップでき
る。やはりマキシムザ亮君の天才的なギターのリフとメロディラインとフレー
ズの展開のせいだと思うのだが。てか、藻前らの中でマキシムザホルモン知ら
ない香具師がいるのなら黙って聴けって。音楽の天才とゆうのがどうゆうのか
が分かるとゆうものだ。てか、わしはジュギョウ中さりげなくわしがマキシム
ザホルモンの信者であることをゆっているのだが、学生の中にもかなり信者い
るようでわしは本当に恵まれた環境で仕事できていると思っている。うむ。て
なことだが、じゃ〜な♪(^^)たぶん明日以降はこんなに彦頁出せねぇけどな
。ははははは。ちなみに今はホルモンの「ローリング1000トン」を聴いて
いる。いやはや、亮君はマジで天才だ。こんな天才はそうめったにいない。

100 :(´∀`)@リハ:2007/07/02(月) 21:23:05 0
加齢に100ゲト

先日エーゴの授業で好きな音楽についてレポート書かせたのにゃが
今時の大学一年生の聴いとる音楽はサパーリ分からんにゃ
特にhip hopたらゆーダラダラした歌?にはイライラさせられるにゃが
中にOpethなんつー渋いバンドを選んだ見上げた香具師もいて,藻前は優等生w

んで as ifにゃが,不定節を従えたり仮定法になったり,やはり
that節とは違う振る舞いをするんだと思うにゃ
ま,透明性が高いとゆーか,as if he is ... のheは移動のtraceの
音形化,と見ることができる鴨にゃ
parasitic gapつーよりresumptive pronoun的な見方であるにゃむ


101 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/02(月) 23:17:32 0
>>99
>思考は音楽に影響されると思っているのはわしだけかな
>どんな音楽を聴いているかにより思考のクオリティやタイプ

思考のクオリティーというのは?「よい曲を聴くと頭がさえる」とかいうことか?
それなら「きれいな服を着ていると他人の評価のクオリティーが変わる」とかというのと同じレベルで無意味な説だろう。


102 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/02(月) 23:50:58 0
みんなで一緒にゆでガエルになろう♪

103 :かかりちゃん:2007/07/03(火) 01:57:51 0
ひさしぶりニョロが、
John seems to be as if he is happy

_seems John to be as if he is happy
から派生するとして
John seems as if he is happy
はsmall clauseの
_ seems John as if he is happy
からとか。下の例は座り悪いニョロ。
It seems that John is as if he is happy





104 :かかりちゃん:2007/07/03(火) 02:00:44 0
こんなのも良さそうニョロ。
Rod-i seems as if his-i new wife is much taller.
Rod-i seems as if he-i and his-i new wife are getting along well.
Rod-i seems as if his-i wife's baby is growing well.



105 :(´∀`)@リハ:2007/07/03(火) 02:05:22 0
だいたい John is as if he is happyはOKにゃんか?
as if自体はどーゆー構造になっとんにゃろ
as=C,if=CでCP recursionとか?

106 :(´∀`)@リハ:2007/07/03(火) 02:23:30 0
>>104
実話?
ま,そーなると補文内にtopic operatorをたてるとかであるにゃ
んで主節主語はseem 以下全体からθ-markと

107 :仇鱒:2007/07/03(火) 06:09:07 0
失禁前にカルメン真紀子。たしかにas ifの構造がどうなっているかは興味ある
ところだな。顔餅のゆうようにasもifもcでcpがスタックしている構造というの
もアリかとは思うが、正直構造としてキモイ。かなり違和感がある。で、ちょ
いと思い出したが、昔コリンズだかがwhyとの絡みでhow comeの構造につい
てmitのワーキングペーパで書いていたよな。たしかわしの記憶が正しければ
how comeはセットになってcに生起しているとかなんとか、、、。で、わしは
思うのだが、as ifなんかもワンセットでcとかに位置しているんじゃねぇかな。
裏付け証拠はないのだがasとifを独立させてそれぞれを独立した統語範疇のヘッ
ドにさせるのはちょいとキモイんだな。いや、キモく感じるのはわしだけ鴨し
れねぇが。てか、今またふと思ったが、as ifのasとifの間に副詞とか挿入するこ
とできねぇよな。たとえばas generally if〜とかas completely if〜とかって
100%ダメだよな。たぶんダメだとは思うのだが、そうだとするとasとifは
統語的にセットになっている可能性は高くなる罠。そんでもってas ifがワンセ
ットになってcに生起していると。てか、あれだ、昨晩書いた自分のカキコ読
み返してみたが、「タフ構文」と書くべきところを「コントロール」と書いて
いるところがちょこちょこあるな。ま、コンテクストでわしの言わんとしてい
るところは分かってもらえると思うが気になる香具師は自分の脳内で適当に変
換して栗。今日は涼しくていい一日になりそうだ。うむ。

108 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/03(火) 06:10:52 0
>たい John is as if he is happyはOKにゃんか
はおそらく
It seems that John is as if he is happy
と同様悪いかと。
>as=C,if=CでCP recursionとか?
What-i does Rod seem to have eaten t-i?
みたいに抜き出せるけど
*What-i does Rod seem as if he has eaten t-i?
だと思われるニョロ。まあcomp二階建て構造の補文はたいがい抜き出しできなから
それと同じようなもんかもしれないニョロけど。
>>106還暦過ぎで子供つくってその子が一歳半だけどまた別のブロンドネーちゃん
getとかテレビでやっていたような気がするニョロ。ネーちゃんはモデルなので
150cm代のrodと並ぶとにょろ。

109 :仇鱒:2007/07/03(火) 06:28:08 0
なんだ、誰かと思ったら
名無しニョロは鼻がヘビだ!
か。てか、ちゃんとコテつけろや。
ちゅーか、ロッドねたが出てきたからまた2ちゃんで学生指導かと思ったよ(ワラ)
しゃて、今日は7時前に失禁だ。

110 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/03(火) 06:59:52 0
仇さんはこういうの好き?
ttp://2log.blog9.fc2.com/blog-entry-1929.html



私はこういういたずら大好きです。
スレ汚しスマソ

111 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/03(火) 13:38:41 0
>>102
ケロケロ…

112 :dasf:2007/07/03(火) 13:56:54 0
asdf

113 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/03(火) 14:10:51 0
一億総ゆでガエル

114 :かかりちゃん:2007/07/03(火) 15:55:15 0
なるほど、そっちのrodもおったにょろか。

115 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/03(火) 16:00:34 0
偉い先生が多そうなスレほどなれあいスレになる

116 :仇鱒:2007/07/03(火) 20:30:19 0
やれやれ、ちかれた、、、orz...

>仇さんはこういうの好き?
gj!アノ手のヴァカができる若者はほんと貴重だ。ああゆった香具師とは
マジで夜通し語れるとゆうものだ。マジでベンキョウヴァカほどキモイもの
はない。んで、わしからもプレゼント。ほれ♪これ↓だ(^^)
http://www.downloaders.cn/2007/06/13154619.html

>なるほど、そっちのrodもおったにょろか。
てか「そっちのロド」は相変わらずケコーン願望が強そうでてっきり「そっ
ちのロド」のことかと思ったアルヨ(中国人風

>偉い先生が多そうなスレほどなれあいスレになる
エロいセンセイなら多そうでつが、何か?

てか、わしのホモページまた攻撃されてあぼん♪されちゃったよ、ったく、
、、。さて、メシ喰ってくるわ。腹へったぁぁああああああ!!!!!


117 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/03(火) 21:47:10 0
なーんだ、新刊の表紙でも見ようと思ったらアクセスできなくて
アク禁くらったのかと思ってた。仇さん攻撃してなんになんのよ、
荒らしくん?

118 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/03(火) 22:39:44 0
マターリするならsageれば?

119 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/04(水) 09:23:52 0
>>117
> なーんだ、新刊の表紙でも見ようと思ったらアクセスできなくて
だめしにこうてみたが仇の新書たしかにいい
「あとがき」も読んでみたがかなり同意
しっかり読めば英語の力は間違いなくつくと思われ

120 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/04(水) 13:56:11 0
>>119
英語の力って何?
英語的な発想が身に付くの…?

121 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/04(水) 14:32:42 0
通りすがりの者ですが…
仇さんという方はどんな本を書いているんですか。

122 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/04(水) 15:02:43 0
理系読者をターゲットとする短めの英語の本を数冊出版しております。
ほかに編集幹事として言語科学の百科辞典という辞典の編集に携わりました。


123 :(´∀`)@リハ:2007/07/04(水) 19:02:44 0
ま,仇の英語のダメポ加減はここでも証明済みであるにゃが
理系読者限定とゆーことは,つまりそーゆーことであるにゃw

>>107
>as ifなんかもワンセットでcとかに位置
bare systemでもあり得ないわけではないにゃ
たとえばまず asとifをmergeして,それをsubassembly的にTPと
mergeすればいいにゃ
その場合,{as, if}のheadはやはりasの方であるかにゃ

しかし as ifの歴史的発達つーか,そもそもはどーゆーものであったので
あろーにゃ
単純に分解すると
Ada talks as if he were crazy
= Ada talks as he would talk if he were crazy
のようにも思われるにゃが,だとするとas/ifはそれぞれ別の節を従える
独立したC headである,とゆーことになるにゃ
それが文法化か語彙化を経て一つのユニットになった,とかにゃ

124 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/04(水) 21:17:00 0
alswa>als>asに由来し、alswaは現代語のalsoである。

125 :仇鱒:2007/07/04(水) 21:57:07 0
やれやれ、今お帰りだよ。帰りにどこに寄ってきたかは藻前らにもヴァヴァ
にもナイショだけどな。ははははは。てなことで、風呂入る前にカルメン雅彦。

>>119
乙っ!てか、お買いあげありがとうございまつM(_ _)M←仇ちゃん敬礼。

>>120
>英語的な発想が身に付くの…?
英語の力なんて身に付かねぇよ。だって英検5級しかもってねぇわしが書いて
いるんだからな。ははははは。

>>121
>仇さんという方はどんな本を書いているんですか。
ヱロ本でつが、何か?

>>122
>ほかに編集幹事として言語科学の百科辞典という辞典の編集に携わりました。
辞典じゃなくて痔典でつが、何か?

126 :仇鱒:2007/07/04(水) 21:58:20 0
>>123
>たとえばまず asとifをmergeして,
ただ、そのマージがどこで起きるかがポイントだ罠。もし、いわゆるレキシコ
ンで起きるのならas ifはいわゆる複合語と同じように扱える罠。そうなると、
ゾウリムシが1語であるのと同じようにas ifも1語とカウントでき1ヶのcomp
に生起させることができる罠。で、あれだ、今ちょいと思ったのだが、as ifが万
が一2つのcompに生起するとした場合、as ifはforの逆ヴァージョンになる罠。
とゆうのも、forはリッチィなんかが本でゆっているように、cとpの2つのヘッド
がドッキングしたものである鴨しれねぇからな。

>Ada talks as if he were crazy
> = Ada talks as he would talk if he were crazy
この↑分析はなかなかイケていると思う。めったに人をほめないわしでもこの↑
分析はちょいと拍手してやる。パチパチ♪ で、あれだ、もし上のような分析が
可能だとしたらas thoughなんかはどうパラフレーズできるんだろうな。わしの
代わりに誰か考えてみれ。わしもう考えるのまんどくさいから考えん。で、えっ
と、そうだ、あれだ、上の顔餅の分析でちょいと思ったのだが、日本語の次の文
の「かと」も実は2つのcが派生の途中の段階でドッキングしたの鴨しれねぇ罠。
(1)アソコのヴァカが仇がキティかと尋ねた。
ちなみに「カトちゃんぺっ♪」の「かと」は最初から1語だけどな。ははははは。

>>124
>alswa>als>asに由来し、alswaは現代語のalsoである。
ほ〜っ♪

しゃて、風呂はいってくっかなー。あー、ちかれた、ちかれた、カトちゃんぺっ!
(^^)


127 :仇鱒:2007/07/04(水) 22:42:08 0
ありゃ、風呂から上がってきて麦茶タイムでまったりしているのだが、誰もい
ねぇのか。ったく、、、藻前ら何やってんだか、、、。くだらんロンブン読ん
でハァハァしてんじゃねぇぞ、ったく、、、。しゃーない、もうひとカキコし
てやるわ。え〜っと、今日はお昼、某インド料理屋でカレー喰ってきますた。
ワケあって接待でつ。はい。で、そのお店のランチはナンかライスのどちらか
を選べるわけだ。そんでもって選んだナンかライスはおかわり自由であるわけ
だ。ただ、そこのナンはヴァカでかくて2枚なんかとてもじゃねぇが喰えねぇ
けどな。たぶんナン1枚で食パン一斤ぐらいあるかと思う。で、ちょいとメニ
ューを見たら次↓のような英語が書かれてあったわけだ(←そくざにメモった
わしであった(ワラ))。
Nan or rice eat as much as you like!
で、一瞬見た時「?」と思ったのだよ。で、再度読んでもやぱ「?」だったの
だよ。で、3回読んでようやく分かったわけだ。ようするに、正しくはこう↓
あるべきだとな。
Nan or rice, eat as much as you like!
ようするに、「ナンとライスに関しては」というアバウトネスの文だから、
Nan or riceはトピックとして扱い、その後ろにカンマが必要であるわけだ。で、
そのカンマがないから「?」と思ってしまったわけだ。いや、ただそれだけだ
けどな。ははははは。てか、あれだ、その後半のeat as much as you like!もちょ
いと考えさせられるよな。とゆうのも、ナンは1枚2枚と数えられる罠。だか
ら、ナンを念頭においたらeat as many as you like!となるべきだよな。という
ことは、上の英語表記はライス(←基本的に数えられない名詞)を念頭に置い
た表記になっているわけだ。ま、そんなこんなの今日のお昼の出来事であった
。うむ。

128 :(´∀`)@リハ:2007/07/04(水) 23:36:57 0
仇もビクーリのハチャメチャ英語ならここにもあるにゃ
ttp://www.plus-blog.sportsnavi.com/yoshiki812/article/78
>Is it cheerful?(やぁ、元気かい?)
>Does even that do it happily, Mr.Murdoch?(マードックさん、そちらでも楽しくやってますか?)
ま,理系の英語もこんなもんにゃろw

>「かと」
whに関してひょっとしたら次のようなコントラストがあるんでないかにゃ
* 太郎は花子に誰が来たか尋ねたの(誰=matrix scope)
ok太郎は花子に誰が来たかと尋ねたの
下はCP recursionを含むので,「と」のSpec,CPがescape hatchに使え,
ok 太郎は花子に誰が来たと教えたの
と同じステータス,というシナリオであるにゃ


129 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/05(木) 08:03:28 0
>とゆうのも、ナンは1枚2枚と数えられる罠。

びっくりした。紙も日本人の感覚では1枚2枚と数えられるけど
じゃあpaper(「論文」の意味ではなく)はcountable nounか?

130 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/05(木) 08:56:54 0
質問してもいいでしょうか.
>* 太郎は花子に誰が来たか尋ねたの(誰=matrix scope)
これは次のようにしたらだめですか.
花子に誰が来たか太郎は尋ねたの
またはモダリティを変えてしまって
太郎は花子に誰が来たか尋ねたよ
ならOKのように感じるような気がしますが.

131 :(´∀`)@リハ:2007/07/05(木) 13:41:59 0
>太郎は花子に誰が来たか尋ねたよ
これは明らかに「誰」がembedded scopeの場合だにゃ
問題にしているのは
Taro asked Hanako who came
ではなくて
*Who did Taro ask Hanako whether t came
の解釈,そっちだと
>花子に誰が来たか太郎は尋ねたの
もダメポにゃん?

132 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/05(木) 21:35:29 0
生成って日本語も研究するんですか。

133 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/05(木) 21:54:04 0
基本的に何の言語でも研究するにゃ。
でも工学系のマサチューセッツ工科大学が本山ということもあって
サンスクリットとか古典語は少ないにゃ。

134 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/06(金) 00:22:52 0
>>133
ラテン語や死語になったアメリンディアンは生成の研究多いよ

135 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/06(金) 11:34:50 0
>>77
>生成で発掘された言語事実なんかは確実に英語教育や辞書づくりなんかで役に
>立っている。そういった意味では「研究者のため<だけの>」生成文法とは必
>ずしも言えない。うむ。
英語はまったくの素人なのですが、具体的にはどのようなものがあるので
しょうか?
ちなみに、
「シケ単」で有名な森一郎氏の『試験に出る英文法』や、
駿台の伊藤氏の『英文解釈教室』、
辞書では、小西友七氏の『アンカー英和辞典』
等のお世話になっていました。
例えばそれらのものに対して、生成文法は何を加えたのでしょうか?

それから、日本語研究や日本語教育に対する貢献ということでは
何かお考えがありますでしょうか?
自分としては、思い当たるものがないのですが…。
(不勉強のせいもあるかもしれません。)
これは、日本語の言語としての成り立ちが、英語等とは大きく違うことが
関係するのかなと思っています。
生成文法の研究に関わった研究者の仕事に見るべきものがあるということは
あるかもしれませんが、「生成」的な手法を使わなければ見えてこなかった
ものって、あるでしょうか?
このスレで飛び交う専門用語は、わけが分からずクラクラしてきますが、
それらを理解することは、日本語への理解を向上させることに
つながるのでしょうか?
素朴すぎる質問、また的外れな質問かもしれませんが、
よろしくお願いいたします。

136 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/06(金) 13:31:56 0
よそのスレで議論していたのですが…、
「私はあいつが憎い。」といった構文は
生成の場合、どのような説明になりますか。


137 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/06(金) 14:35:51 0
↑ 「日本語に主語はいらない」スレ
    http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1180666016/

138 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/06(金) 14:42:08 0
>>137
ごめん、まちがえた…orz
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1021896416/  に訂正。

139 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/06(金) 15:05:14 0
>>135
実は、駿台の伊藤先生は生成文法を(少なくともアスペクトの頃までは)しっかり
把握されていたりする。もっと言うと、駿台の英文解釈は生成文法的発想が根本に
ある。特に高橋善昭先生はもろ生成にかぶれてしまった人ですよ。

140 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/06(金) 19:39:20 0
例えば『英文解釈教室』にある指摘で、
「生成ならではのもの」って、ありますか?

141 :仇鱒:2007/07/06(金) 20:01:27 0
やれやれ、いろいろ忙しくココでコーギする時間もなかったよ。今日は久しぶ
りにこの時間帯にお帰りだよ。で、ちょいとカルメン真紀子するな。

>>128
>ok太郎は花子に誰が来たかと尋ねたの ー(1)
>下はCP recursionを含むので,「と」のSpec,CPがescape hatchに使え,
ちょいとコレ↑はゆってることよくわかんねぇんだけどな。cpのスタッキング
を仮定した上で(1)の構造を描くと次↓のようになるわけだ。
[CP TP [CP [TP ... 誰が...] C<+wh>-か ] C<-wh>-と]]
で、上の構造だと埋め込みcpが<+wh>だから「誰が」は派生の途中の段階で埋
め込みcp-specにトラップされちゃう罠。だから、もう上位のcp-specをエスケ
ープハッチに使いたくても使えない罠。だってもう埋め込みcp-specで囚われの
身になっちゃっているからな。

>>129
にゃる。もしかしたらナンは不可算名詞鴨しれねぇな。でも、辞書みたら可算
と不可算の両方の用法あったけどな。

142 :仇鱒:2007/07/06(金) 20:03:45 0
>>135
ま、釣りなのかどうかわからんが、ぶっちゃけたハナシをすると、わしの書いた
『言言吾学の専門家がドウタラコウタラ』という本を見てもらいたいが、生成の
知識がいかに今の英語教育に必要かが分かってもらえるかと思う。あと、これま
たわしに絡むことで恐縮だが、仇組で書いている『英言吾教育』の記事なんかも
見てくれればいかに生成的な視点が英語教育に必要かが分かってもらえるかと思
う。あと受験参考書だが、伊藤師について語ろうと思ったらわしは2日ぐらいぶ
っ通しで語れるぐらいだ。で、一言ゆうと、わしの生成的な言語観の素地をつく
ってくれたのはまさに伊藤師である(>>139のカキコミも参照)。同師はわしが
18歳の頃ラジオ講座でほんとお世話になった。同師が生きていたら挨拶にいき
たいぐらいだ。あと、小西師の辞書に関しても、生成的な理論言語学の知見がふ
んだんにとりこまれている。ちなみにわしは翻訳なんかの仕事もやっていること
もあり、基本的に日本語で書かれている辞書はあんまり使わない。でも授業がら
みで英和辞書を使うことがあるが、今は研究社のルミナスというのを使っている
。これはそこそこいい。ちなみにプログレッシブとゆう辞書があるが、これは生
成色が強すぎて正直取り上げられている例文を読んでいて気分が悪くなったりす
る。うむ。あと、日本語学ならびに日本語教育への貢献ウンヌンであるが、まあ
、来年あたりその辺りのことで画期的な本が出る。ちょっと待っていて栗。詳し
いことは書けないがスゲェ本が出る。こんなところだが、よいか?ん?



143 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/06(金) 20:05:53 0
あの本、キオスクでも売るって聞いたけどホント?

144 :仇鱒:2007/07/06(金) 20:06:32 0
>>136
>「私はあいつが憎い。」といった構文
ま、「わしはロックがシュキだ」と同じでいわゆる目的語が「が」格をとってる
わけだ。で、主語でもないのになんで「が」格をもつことができるか、とゆう問
題だ罠。ま、このあたりはかかりがアレコレ説明してくれるんじゃねぇかな。

>>137>>138
>>136が問題にしているのは主語の有無のハナシじゃねぇんじゃねぇの?てか、
あれだ、主語の省略に関して避けては通れない「例文」とゆったらコレ↓だ。
「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませぬから。」
言わずとしれた原爆の碑@広島にあるアレだ。で、ポイントは「過ちは繰り返し
ませぬから」の部分だ。主語がないわけだが、語用論的にゆったらデリートされ
た主語は「私たち日本人」であるわけだ。でも常識で考えたらどー考えてもデリ
ートされている主語は「アメリカ人」であるわけだ。だって、原爆を落とすとゆ
う過ちを犯したのはアメリカだからな。ま、そんなこんなの「日本語に主語はい
らない」ことはない2007年7月6日の今日この頃である。うむ。

>>140
そりゃ藻前、文のスクラップ&ビルドだよ。うむ。

てか、今日接待でかき氷くったぞ。って、ワケワカンネー接待ごっこばっかやっ
てるよ、わし。じゃ〜な♪



145 :仇鱒:2007/07/06(金) 20:09:03 0
>あの本、キオスクでも売るって聞いたけどホント?
ん?もしかして執筆者降臨?


146 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/06(金) 20:14:58 0
>>144
その常識がない広島人が問題なのだ

147 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/06(金) 21:01:01 0
>>142
さっそく、いろいろとご説明くださり、ありがとうございます。
しかし、一言では説明しにくいことなのかもしれませんが、
具体的な情報が何もないのが残念でした。
勉強させていただきたいと思いますので、
ご著書についてのヒント、もう少し出していただければと思います。

また、英語、日本語双方について、簡単でもいいので、
「生成ならではの知見」の例を出していただければと思います。

伊藤氏のにしろ、小西氏のにしろ、
伝統文法の枠内でのたいへん優れた知見と位置づけることも可能なのでは
と思っております。
それが「誤解」なら、その誤解をさくっと解いていただけるような
分かりやすい例をお示しいただければと思っています。
厚かましいお願い申し訳ありません。

148 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/06(金) 21:30:45 0
「生成ならではの知見」 一般人にもわかるようにね。

149 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/06(金) 21:31:31 0
>>144
>【ま】・・・目的語が「が」格をとってる【わけだ】
こんなに簡単に言い切ってしまわれていいのでしょうか??
一つの立場ではあると思いますが、
「日本語への英文法の無反省な適用では?」と、私は言いたいです。
(これも陳腐と言えば陳腐な見方ですけどね。)
それから、これはまじめに聞いているのですが、
ご発言の今引用した部分の末尾の【〜わけだ】ですが、
このような「わけだ」の意味について、
1.「生成文法」は何かヒントを与えてくれるものでしょうか?
2.さらに、このような「わけだ」は、自然な英語に翻訳可能でしょうか?
私の拙い観察では、対応する表現はないのではと思っております。
同様に、冒頭の【ま】というのも気にかかっています。
「ま・・・わけだ」。
敬語ではありませんが、上の立場のものから、下の立場のものにしか使えない
「構文」と言っていいように思っています。
(仇鱒さんに対して、失礼だとかなんだとか文句を言っているわけではありま
せん。純粋に学問的な興味から話題にさせていただいています。)
>で、主語でもないのになんで「が」格をもつことができるか、とゆう問
>題だ罠。ま、このあたりはかかりがアレコレ説明してくれるんじゃねぇかな。
ここは私もたいへん興味のあるところです。
ところで、「かかり」とは何でしょう?
「係り結び」の「かかり」ですか?
あるいは、お知り合いに日本語に詳しい方がいて、
「説明かかり」ということなのですか?
>そりゃ藻前、文のスクラップ&ビルドだよ。うむ。
なんのことやら?
もう少しご説明いただければ幸いです。

ほんと〜に、不躾な質問申し訳ございません。
釣りなどではなく、いたってまじめな気持ちで質問させていただいています。
どうぞよろしくお願いいたします。

150 :仇鱒:2007/07/06(金) 21:43:15 0
風呂上がりの仇ちゃんでつ。はい。で、>>147にちょいとレスすっかなー。
で、具体的な情報ウンヌンだが、それじゃ拙著の1章からひとつだけセレク
トするな。えっと、一般的に否定の要素を文頭にもってくると主語と助動詞
の倒置がおきると言われている罠。でも、実は年がら年中倒置するわけじゃ
ないんだな。たとえば次↓の2つの例を見て栗。
(1)in no clothes does mary look attractive.
(2)in no clothes, mary looks attractive.
(1)では否定要素であるin no clothesが文頭にきていて、そんで文法書に
書かれているように、主語@maryと助動詞@doesの倒置が起きているわけ
だ。でも、(2)が示すように、否定の要素が文頭にきても必ずしも主語と
助動詞の倒置がおきなくてもいい例があるわけだ。で、基本的に同じ単語が
使われていても形が違えば意味も違うハズだ罠。で、実際(1)と(2)は
意味が違うわけだ。(1)は、「メアリーは何を着ても魅力的でない」とゆ
ってるわけだ。ま、ようするに素材が悪いとゆってるわけだ。一方(2)は
どうかとゆうと、「服を着ていなければメアリーは魅力的だ」とゆってるわ
けだ。ま、ようするにナイスなボディをしているとゆうことだ。で、こうい
ったことは英語教育ではぜひ教えたいが、たぶん生成文法なんかをしっかり
やってないとこのあたりのことは学生に教えられねぇんじゃねぇかな。ま、
本当に説明しようと思ったらそれこそ英語の授業じゃなくて英語学の授業な
んかで教えないといけないのだが。



151 :仇鱒:2007/07/06(金) 21:43:52 0
あと、伊藤氏の仕事なんかが伝統文法の枠内とゆうことだが、伊藤氏の文法
はいわゆるic分析を有効活用しているわけだ。ま、ic分析を伝統文法の武器だ
と見なせば伝統文法の枠内の仕事とゆえるが、あの文法書を見て分かるように
、英文をまさに無機物であるかのように切り刻んでいる罠。ようするに英文解
釈において英文の形式というのを非常に重要視しているわけだ。で、ぶっちゃ
けたハナシ、先日出たわしの本は伊藤氏の本の科学英語版とゆっても過言でも
ない。ただわしの場合は英文の内容面にかなり踏み込んでいて仇流の罵詈雑言
を言い放ってるけどな。ははははは。てなところだが、今日はこれまでね。じ
ゃ〜ねん♪(^^)

152 :仇鱒:2007/07/06(金) 21:46:08 0
あ、ありゃ、>>149にもカキコミがあったのね、、、。
えっと、今日はもう電源ぷっちゅん♪しちゃうからまた明日な〜。
ごめんねぇ〜(^^)

153 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/06(金) 23:15:51 0
>>147
具体的にはなかなか書けないんじゃないかな。あくまで、伊藤先生は
受験英語の枠内で書かれてるんだから。ただ『解釈教室』よりも『英
文法教室』の方がなんか親和性が高いような気がする。なんというか、
授業で生成でやられてるトピックを見たとき『英文法教室』で見たの
と同じ感じがした。

ちょっとずれるけど、K野・T見先生の一連の研究も生成あってのもの。
生成が問題を提起してくれたおかげで、(その反例を出すことで)より
英語という言語を知ることができた。そういう意味でも貢献度は高いと
思います。

154 :(´∀`)@リハ:2007/07/07(土) 00:38:54 0
仇がしょーもないことばっか書くから
リアル厨工坊が寄ってきてしまったがにゃw
英語の語法について今まで知らなかったことが
生成やってるとオマケ的にいろいろ勉強できる
というのも確かにゃが,そんなことのために
生成やっとるわけでもないにゃ
まあ,受験英語でワケも分からず丸暗記してた
ことが,なるほどそーゆーことかと得心いくと
いうことはままあるにゃ
例えば not ... becauseが「だからといって...なわけではない」
とゆーのが,否定のスコープの問題の一例にすぎず,
文字通り「not becauseだからといって「だからといって...な
わけではない」なわけではない」ということが分かった
なんつーのも懐かしい思い出であるにゃ

>>141
フェーズをどう見るか次第であるにゃ
スタックされた[CP C [CP Cが全体で一つのフェーズであれば
問題なしにゃ
昔のGTCないしequidistanceの要領であるにゃ

>>144
先日の産経抄だにゃw
「負け戦で原爆落とされるような過ち」ということで主語は日本人で正解
つまり今度やったら負けないぞ!という決意表明であるにゃむ(ウソ

155 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 01:01:32 0
しかし、仇様の文章には、ほんとうに「わけだ」が多いにゃ。
「わけだ」のオンパレードだにゃ。

156 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 01:02:15 0
わけだ大学出身のせい

157 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 01:37:38 0
>>144
>>137-138

158 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 02:11:02 0
あと、罠だわな。わな。

159 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 07:34:25 0
生成ならでは、ってんなら

「目に見えなくても(音に聞こえなくても)何かがあるかもしれない」
「見た目全然違う言語でも深いところでは同じ原理に従っているかもしれない」

ていう観点で、こういう前提に基づいて言語を観察すると見えてくる
ものが色々あるわけで。

つか日本人が「英語の分析は日本語に当てはまらない!」とか
騒ぐのって、素人が日本語は学習するのが難しい言語だ、と
根拠もなく信じたがるのと同じ下地がある気がする。妙な言語的
ナショナリズムというか、俺の母語特別!と信じたいように見える。


160 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 12:17:29 0
>>159
「日本人だけど近代人」とゆうのは両立できないんだよ


161 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 12:44:22 0
>>159
>「目に見えなくても(音に聞こえなくても)何かがあるかもしれない」
>「見た目全然違う言語でも深いところでは同じ原理に従っているかもしれない」
↑これ、「生成ならでは」と言えるのかな?

>妙な言語的ナショナリズムというか、俺の母語特別!と信じたいように見える。
それは注意深くあらねばと思っているけど、文末辞の「ワケダ」や「ワナ」、
君も使っている「ワケデ。」↓ など、相当特別だと思うがな。
(この「ガナ」なども問題。)

>ていう観点で、こういう前提に基づいて言語を観察すると見えてくる
>ものが色々ある【わけで】。

162 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 12:47:07 0
>>159
>色々あるわけで。

「色々」とは?「色々」で済んだら学問はいらない。

163 :仇鱒:2007/07/07(土) 13:15:06 0
やあ、わしだ。ちょいと書くかな。いまいち気分が乗らないから適当に書
くな。えっと、まあ、あれだ、罠は罠でもハニートラップには気をつけん
といかん罠。外務省ならびに国防関係の人たちは過去にこれであぼん♪し
ているのが何人かいる罠。学校でも「やらせセクハラ」というハニートラ
ップもなきにしもあらずだと思うし、マジでいろんな意味でハニートラッ
プには気をつけんといかんわ。ま、わしにハニートラップなんて仕掛けよ
うと思うものならミイラ取りがミイラにされるのがオチだけどな。ははは
はは。ま、でも、ハニートラップはほんと怖い罠。で、あれだ、「言葉尻
をとらえる」という表現があるが、今ココでやっている言葉尻に関するギ
ロンも日本語ならでわだ罠。そう思うと日本語とゆうのは「言葉尻」で話
し手のキャラやら態度をうまく表現できる非常にイケてる言語だと思う。
うむ。んで、実は今よその大学のガクセイをちょいと指導してやったりし
ているのだが、そんで今ちょいとotについてアレコレ考えたりしているの
だよ。



164 :仇鱒:2007/07/07(土) 13:15:52 0
ま、藻前らも知っているように、otつーのはある意味gb的な文法モデル
であるわけだ。つーのも、otはgb同様表示と派生の両方を用いている文
法モデルだからな。ただotは生成と違いコンストレイントがヴァイオレー
ト可能であるわけだ。これはやはりシリアスに考えていくととても面白い
と思う。ある意味非常に人間くさい考え方だと思う。で、あれなんだな、
生成が生物言語学だとかゆわれるが(←わしはそんなこと思ってねぇけど
(ワラ))、ある意味otの方が生物言語学ぽいと思うのだよ。どうゆうこ
とかとゆうとな、わし的にはotってまさに人間の体そのものだと思えるの
だよ。ま、otはインプット@入り口とアウトプット@出口があり、その間
にいろいろ制約があるわけだ。で、その制約に重要性の差があるわけだ。
で、わしにいわせると、otのインプットはまさに口でアウトプットは肛門
であるのだよ。んで、otで仮定されている諸々の制約は、まさに食道やら
胃やら心臓やら小腸やら盲腸であるわけだ。で、胃とか盲腸なんてちょっ
とトラブったってたいしたことねぇわけだ。でも心臓とかトラブったらち
ょいとマズイわけだ。そういった意味では、まさにotつーのは生物言語学
そのものだと思ったりしている。うむ。てなことだがちょいと出かけてき
まつよ。あー、まんどくさいっ!でも逝かなきゃ、、、。

>「色々」で済んだら学問はいらない。
あと、「ごめん」で済んだらk察も裁判官もいらん罠。うむ。


165 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 13:44:24 0
「生成ならでは」はどうなった?  やっぱスルーか…

166 :仇鱒:2007/07/07(土) 13:57:44 0
>>165
>「生成ならでは」はどうなった?  やっぱスルーか…
いや、別にドライブスルーしてるわけじゃねぇが、ほいじゃお出かけ前にちょ
いと語ってやるか。え〜っと、わし的には生成ならではのものとゆーと、それ
はまさにx’式型だ。てか、生成50年の歴史で唯一誇れるモノはx’式型だと思
う。で、このx’式型のおかげでまさに日本語と英語の根本的な違いをわしらは
知ることができたわけだ。ようするに、日本語は主要部末端言語で英語は主要
部先頭言語だとゆうことな。で、ぶっちゃけ、わしなんかは、コレ(←ヘッド
パラメータの違い)に触れた瞬間に「にゃる!」と思ったもんよ。何に対して
「にゃる!」と思ったかとゆうと、受験英語でみんなが経験した英語を「下か
ら上に、そして右から左に」読むアノやり方に対してだ。本来英語は「上から
下に、そして左から右に」素直に読むべきなのに、どーゆーわけか英文和訳を
するとなると「下から上に、そして右から左に」訳し下すのではなく訳し上げ
ちゃうわけだ。んで、その理由がまさに、日本語と英語の間に見られるヘッド
・パラメータのパラメータ・セッティングの違いにあったわけだ。そんなこん
なで、わしにゆわせると「生成ならでは」なモノとゆうとまさにx’式型であり
ヘッド・パラメータである。んで、これを知るもののみが受験英語から真に脱
却できるのである。うむ。てなことで相変わらずx’式型ヴァカのわしでつた。
ははははは。ほいじゃ、出かけるからなー。しばらく呼んでも出てこれねぇか
らな。じゃ〜な(^^)


167 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 15:08:04 0
>>163
>日本語とゆうのは「言葉尻」で話
>し手のキャラやら態度をうまく表現できる非常にイケてる言語だと思う。
キャラについては確か、金○先生の整理があるね。
だけど、日本語の「言葉尻」は、
「キャラだよ、キャラ。ははは。」では済まない問題性を含むのでは。
それらは、デカルトの言う「観念」と「心像」のうちの、
「心像」に、日本語が強く関わる言語であることを示しているのではないか。
(このあたり、森有正の受け売りの面、濃厚ですが…。)
これは重大な問題だと思っています。
で、生成は、「言葉尻」については、英語由来の研究だから仕方がないのでしょうが、
きわめて無関心かつ冷淡、つまりは、役に立たないのでは?という気がしています。

168 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 15:28:32 0
デカルト派言語学というのは「論理性」に注目しているから
「デカルト派」と呼ぶんですよね。
「言語とはもともと論理的なものである」というのが
「生成」の立場と考えていいのでしょうか。

169 :仇鱒:2007/07/07(土) 15:40:50 0
>>167
まあ、わしにゆわせたら「言葉尻」つーのは顔文字みたいなもんだ。ぶちゃ
け、話者というか書き手の「キャラ」を表しているのにすぎない。ま、顔文
字とゆうのが言い過ぎなら日本語の「言葉尻」はモーダルの亜種と言えよう
。「言葉尻」で話者ないし書き手の信念の度合いや発言内容の信憑性やら蓋
然性を示しているからな。だから、ある意味、日本語とゆうのは英語なんか
に比べてもモーダルが発達している言語だと言える鴨しれない。あと、あれ
だな、藻前らも経験があると思うが、マジで事務的なことつーか用事だけを
伝えるには英語は便利だ。英語だったら簡単に用件を述べられるのに日本語
だと「言葉尻」とかいろいろ神経を使わないといけないからまんどくさかっ
たりする。あと、これはわしが実際に経験したことだが、メールで普通に「
です・ます調」で淡々とある意味ロジカルに書いたら先方から「仇さん、な
んでそんなに強い口調で言うのですか?そんなに強く主張しなくてもいいじ
ゃないですか。」とレスをもらったことがあるのだよ。わしは全然そんなつ
もりで書いてないのだが、どーもわしが「です・ます調」で淡々と書くと主
張しているように見えるようなのだな。で、実はそういうことがあってそれ
以降わしはメールでもジャンジャン顔文字使ってるけどな。てか、かなりく
だけた文体でメールうってるし。ま、わしにメールよこす香具師は初対面で
もだいたいわしのキャラを知っているだろうからこれも許されるのかもしれ
ねぇけどな。ま、そんなところだな。うむ。



170 :仇鱒:2007/07/07(土) 15:41:30 0
>>168
>「言語とはもともと論理的なものである」というのが
>「生成」の立場と考えていいのでしょうか。
いや、ちゃうよ。「言語を厳密に、そして明確に記述する」という立場だ。
つーのも、チョム自身が「生成」@generativeというタームをそのように独
自に定義して使っているから。で、もうちょいゆっとくと、「生成」つーと
非常に処理的なニュアンスが強いが生成には本来そんな処理的なものは含ま
れていない。とゆうのも、生成は言語知識のモデルであり言語処理のモデル
ではないからな。

てなことで、またお出かけでつよ。うむ。


171 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 17:11:19 0
>>170
認知言語学と同じってこと??
(デカルト派言語学って何?)

172 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 17:11:24 0
>>150
ご返答ありがとうございます。
(1)と(2)の違い、たいへん面白く読ませていただきました。
>で、こういったことは英語教育ではぜひ教えたいが、たぶん生成文法なんか
>をしっかりやってないとこのあたりのことは学生に教えられねぇんじゃねぇ
>かな。
しかし、これは、どうでしょうか??
素人なりに、仇鱒さんの解説から考えますと、
ポイントは、「no」が動詞部分に関係しているかどうかではないでしょうか。
(1)は関係していて動詞部分に倒置が起っている。
(2)は関係していない。(間に「,」あり。)
この分析で使われている「道具立て」(↓に引用)は、
「生成ならではのもの」とは言えず、
言語分析におけるきわめてオーソドックスなものと言っていいと思います。
>で、基本的に同じ単語が使われていても形が違えば意味も違うハズだ罠。

たいへん興味深い例をお示しいただき、蒙がまた啓かれましたが、
「生成」が英語教育にも役に立っている例としては、ふさわしくないように
思いますが、どうでしょう。
「英語研究が英語教育に役に立っている」という点は、よ〜く理解できました。

173 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 17:48:22 0
>>151
>あの文法書を見て分かるように、英文をまさに無機物であるかのように切り刻
>んでいる罠。ようするに英文解釈において英文の形式というのを非常に重要視
>しているわけだ。
このお話しも、かつての読者として、私なりに非常によく分かります。
「無機物のように」という指摘、「なるほど」です。
しかし、これまた、「言語研究の常道を誠実にかつ徹底して実践したまで」
と言うこともできるのではと思いますが、いかがでしょう。

ところで、
「英文をまさに無機物であるかのように切り刻んで」いるという点ですが ―
そういう操作的理解が可能なのは、英語が「構築性」(「観念性」)の高い
言語であればこそなのではないでしょうか。
日本語においては、伊藤氏式の分析は成り立ちにくいように思います。
(なんてったって、「言葉尻」命の言語ですからね…。)
※一般論として言えば、
言葉尻の充実は、ことばの骨格部分の貧弱とバーターなのでは。
伊藤氏の著作は、英語の「観念性」を分かりやすく説き、
日本語の「心像性」を探るヒントを与えてくれるものとして、
もう一度勉強してみたいと思っているところです。

英語  構築的・観念的・無機的・「私」の超越
日本語 表出的・心像的・有機的・「私」の臨在
話しが横道に逸れてしまいましたが、
今のところ、こういう図式的な対比が成り立つように思っています。

174 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 17:56:20 0
>>170
生成は論理的で、
認知はどちらかと言うと感覚的というイメージを持っていたのですが…。

175 :仇鱒:2007/07/07(土) 17:59:34 0
>>171
ん?なんで認知う゛ぉけ文法と同じになってしまうんだ?認知ぶんぽーは逆に
チョムのゆう意味ではジェネラチブじゃねぇぞ。だって、認知ぶんぽーで出さ
れている仮説はどれも厳密でなく明確じゃねぇからな。あと、なんで生成ぶん
ぽーがデカルト派言語学とゆわれるかは、それは理性だけで言語というものを
追求しているからだよ。デカルトはレイション(←合理性)のみに基づき、理
性というツールだけでもって「コギト・エルゴ・スム」という至上命題にたど
りついたわけだ。ま、わしにゆわせたら「スム・エルゴ・コギト」が正しいん
だけどな。ま、それはええとして、デカルトつーのは合理主義的に、つまり理
性だけを武器にして世界を知ろうとしたわけだ。で、生成ぶんぽーも原則そう
いった姿勢で言語研究をしているわけだ。実際はそーじゃなく、チョムのプロ
パガンダに踊らされている理性のないヴァカによって築き上げられてきたけど
な。ははははは。あと、あれだ、参考までにゆっとくと、デカルトは方法論的
には二元論の立場をとっているが生成ぶんぽーは方法論的には一元論の立場を
とっているわ。つまり、デカルトは心と身を分けたがチョムは心と身を分けず
に身へのアプローチをそのまま心に応用している。そうゆった意味では生成ぶ
んぽーはデカルト派言語学ではない。てか、上の理性うんぬんの点でも実は生
成ぶんぽーほどデカルト派言語学からかけ離れている学問はねぇんだけどな。
ははははは。ちなみに認知ぶんぽーは言語学ですらないのだが。うむ。ま、わ
しにゆわせると、チョムのゆう意味で生成的であり、かつ真にデカルト的な言
語学はhpsgぐらいだろう。うむ。

で、続けて>>172にもレスしようと思ったが外でガキがわめいてわしを呼んで
るからまた後ほど。うむ。と思ったら>>173からもレスついてるじゃんか、、、。
と思った>>174からもレスがついてるじゃん、、、。で、>>174は今わしが
書いたことをよく読んで栗。

176 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 18:41:14 0
M本Y先生の論文などを読むと、認知文法にも厳密な仮説を立てて議論しているものもあると思うんだけど・・・

177 :仇鱒:2007/07/07(土) 18:43:04 0
えっと、晩飯前にカルメンマキコ。てか、なんか集厨講義だな、、、。で、ま
ずはダメ押しで再度生成ぶんぽーとは何かについてプチ語りしておく。まず、
生成ぶんぽーはチョムの定義によると厳密であり且つ明確でなければならない
。で、生成で仮定されている仮説だが、原則厳密であり明確ではある。なぜか
とゆうと、生成の仮説のほとんどが言語の形式面に関するものであるからだ。
ようするに、形式に軸を置く限り仮説は厳密になれるわけだ。一方、言語の機
能面に軸を置くとどうなるかとゆうと、仮説から厳密性と明確さというのがな
くなるのだよ。そのいい例が久里予&高貝であるわけだ。誤解のないようにこ
のスレの住人だけにでも伝えておきたいが、わしならびに仇組は久里予&高貝
の研究に敬意を払っている。だからこそ徹底的に叩いているというのがある。
正直、誰とは言わないが、自称ケンキュウシャでエラソーにホザいているヴァ
カなおっさんは相手にせん。ま、いずれに叩きのめしてやろうかと思うが、身
に覚えのある香具師はそのときまでせいぜい筋トレでもしとけや。ははははは
。で、同じことが認知ぶんぽーにも言えるわけだ。認知ぶんぽーも機能文法と
同様に言語の機能面にフォーカスをあてているから、それで自ずと仮説が厳密
でなくなり、そしてまた明確でなくなるわけだ。で、生成ぶんぽーだが、いち
おーチョムのゆう意味で仮説は生成的だ。つまり厳密であり且つ明確だ。でも
、その仮説のスタイルは定性的であるわけだ。一方、認知ぶんぽーは定描的で
あるわけだ。ははははは。お絵かき仮説であるわけだ。うむ。で、わしが常々
ゆっているように、真に生成的であるためには仮説は定量的でなければダメな
のだ。と、まあ、今月末ある津田熟大学のトークではこんなハナシを暑くしよ
うかと思っている。うむ。しゃて、まんま喰ってくるわ。うむ。てか、今ホワ
イトスネークを聞きながらガキの子守をしているのだが、うちのガキどもはデ
ープパープルよりもホワイトスネークがシュキだそうだ。いいガキたちだ。う
む。

178 :仇鱒:2007/07/07(土) 18:46:15 0
を、レスがついちゃったか、、、。一言だけ。うむ。
>>176
> M本Y先生
木公本曜は厳密には認知ぶんぽープロパーじゃねぇよ。極めて生成的な人であ
る。ある意味ジャケンドフ的な人だと思う。てか、同氏はもともとlfgをや
っていただけあり、根は生成的な人であるのだよ。うむ。

179 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 19:16:32 0
>>175
>なんで生成ぶんぽーがデカルト派言語学とゆわれるかは、
>それは理性だけで言語というものを追求しているからだよ。

学問なので、対象(言語)を理性で追及するのは
「生成」というジャンルに限らないと思いますが…。
対象(言語)を論理的なものとしてとらえているのか
感覚的なものとしてとらえているのかと聞いています。

180 :仇鱒:2007/07/07(土) 19:28:31 0
さて、メシ喰ってきたから宿題片づけるかなー。

>>172
えっと、まず次↓の2つの文だが、
> (1)in no clothes does mary look attractive.
>(2)in no clothes, mary looks attractive.
(1)がいわゆる否定前置(negative preposing)とゆうヤツで、(2)は何か
とゆうと、(2)は単なる話題化の文(topic-topicalization)だ。で、(1)で
は文頭にあるin no clothesのnoがワケあって文末にまで影響を及ぼしているのだ
よ。そんで(1)はいわゆる文否定の文となり、そんで「メアリーは何を着ても
魅力的でない」とゆうように否定文になるのだよ。実際、この文(=1)に付加
疑問文をつけると次↓のようになるわけだ。
(3)in no clothes does mary look attractive, does she?
ようするに、付加疑問としてdoes she?のような肯定のプチ文がつくわけだ。この
ことからも(1)にあるnoは(1)の文全体に影響を及ぼしているのが分かって
もらえると思う。で、今度は(2)を見てみような。(2)はどんな意味かとゆ
うと、上でもゆったように、「メアリーは服を着ていないと魅力的だ」となるわ
けだ。結局、魅力的でありこのことから(2)は肯定文であることが分かる罠。
ということは、in no clothesのnoは文全体にまで影響を及ぼしていないことが分
かるわけだ。実際、in no clothesのnoはワケあってin no clothesという前置詞句の
中だけにしか影響を及ぼしていないわけだ。で、(2)が肯定文であることは次↓
の付加疑問文からも分かるわけだ。
(4)in no clothes, mary looks attractive, doesn't she?
上の文で否定の付加疑問がついていることに注目な。と、まあ、とりあえずこんな
ところだ。で、もっと生成らしさの出ている例についてはまた後ほどな。つーのも
実はワケあって女房に逃げられて今いろいろバタバタしているのだよ。orz...

181 :仇鱒:2007/07/07(土) 19:33:49 0
ありゃ、またレスが、、、。

>>179
てか、感覚的なものをベースにやってる学問つーたら今日日文学ぐらいだ罠。そう
いった意味では認知ぶんぽーは言語学ではなく文学なのだよ。実際メタファーなん
かは文学の問題なのだよ。正直ヒトの認知能力とは関係ない。「人生は旅だ」とゆ
うのもそうゆった文学表現があるから問題になるだけでありヒトの認知とは関係な
い。実際わしの認知に即してゆうと「人生は2ちゃんだ」。うむ。

182 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 19:37:11 0
微妙に話がかみ合っていないような気がすると言ってみるテスト。

183 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 19:53:03 0
>>181
「認知」については
「主客分離的な認知(idea)」と「主客融合的な認知(image)」の
二種類の認知があるように感じます。
言語研究においては
「主客分離的な認知(idea)」の研究は進んでいますが
「主客融合的な認知(image)」の研究はあまり進んでいないのではないでしょうか。

184 :仇鱒:2007/07/07(土) 20:03:50 0
>>181
ん?イデアの定義がいまいち普通の定義と違うような希ガスるのだが、いずれに
せよ、藻前さんのゆう主客融合的な認知(=イメージ)とゆうのは身体性のこと
だよな?だとしたら、そもそもそうゆったことは言語学の扱う問題ではないとゆ
うのがあると思う。まあ、わし個人としては、赤ちゃんが言語を獲得していくと
きに身体の動きを通して言語をマスターしていくことぐらいしか身体性の問題は
言語と関係してこないと思う。あと、視覚と言語との関係ではアメリカ構造主義
てか行動主義的な言語観では普通に見られていたことではある罠。ま、一度はあ
ぼん♪されてまた最近復活しつつあるサピア・フォーフの仮説だが。うむ。てか
、やぱ>>183の意味するイデアとイメージの定義がよくワカラン。てか、やぱ認
知ぶんぽーは生成的(=ことばが厳密)でないてか?(ワラ)

185 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 20:11:12 0
>>184
つまり、生成文法は言語の論理的側面しか認めないということだね。

186 :仇鱒:2007/07/07(土) 20:23:35 0
>>185
>つまり、生成文法は言語の論理的側面しか認めないということだね。
ん?その「論理的側面」の「論理的」の意味をもうちょっと厳密にして保水
のだが、、、。ま、それはコッチに置いといてちょいと語るな。えっと、ま
ず、生成は命題論理学におけるtかfかのバイナリーな真偽値を与えられる
ものだけを扱っているというのがある。さらにゆうと、生成ぶんぽーはシン
タクスの理論であり、シンタクスは文法的か否かのこれまたバイナリーなも
のしか扱わない。そういった意味では、生成ぶんぽーは論理的にバイナリー
な判断ができるものだけを対象にしているというのがある。だから、いわゆ
る容認可能性といったグラデーショナルなものは研究の対象ではない。グラ
デーショナルなものはシンタクス以外のところの問題だからだ。また、命題
論理的にtであり且つfでもあるとかtでもなければfでもないとゆったそ
ういった非命題論理的な問題も扱わない。で、あと、生成は論理的側面しか
認めないのかとqされているが、ストレートにゆうと、生成は形式的側面し
か認めていない。てなことだが、今日はこれにて終わりな〜。じゃ〜な(^^)

187 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 20:25:22 0
>>186
誤解なのかもしれんが、だからこそ、さびれたのでは。
問題もあるのだろうが、
「認知」は、感覚的側面に切り込もうとしてる所が好き。

188 :187:2007/07/07(土) 20:30:33 0
アンカーミス。
>>186

>>185

189 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 20:37:39 0
>>186
>生成は論理的側面しか認めないのかとqされているが、
>ストレートにゆうと、生成は形式的側面しか認めていない。

レスありがとう。よくわかったよ。

190 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 20:46:36 0
>>187
認知もよくわからんがのぉ

191 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 21:04:39 0
おまはん別のスレで「日本語の主観性」とかいうて何ぼもレスしよるあらしじゃろうが。
このスレまで来てわや言うて荒らすなや

192 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 23:21:17 0
>>191
議論するのが嵐なのか。
仇さんの関係者…?

193 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 23:28:30 0
粘着うぜえよ


194 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 23:32:42 0
お前こそ、議論もしないでうざいよ。

195 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 23:42:39 0
まぁまぁ、おさえておさえて。

196 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 23:52:37 0
仇のコメントだけで生成の全体像を理解
その上で、カッコつきの「批判」
どこまで、手抜きすればいいと思ってるんだか

197 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/07(土) 23:56:04 0
>>196
??? 手抜きってなに?

198 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/08(日) 00:03:12 0
君こそ、手抜きしていないで、「批判」とやらの皮相なところを
指摘しなされや。

199 :(´∀`)@リハ:2007/07/08(日) 01:49:31 0
なかなか賑やかで結構であるにゃ

>>164
OTについてはこないだのEL RAでちっとだけ叩いておいたけども,
仇のような単細胞から見て生物言語学ぽく映るというのは確かに理解できるにゃ
つまり進化はトレード・オフであり,種々の問題や制約をいかに妥協しながら
うまくやりぬけていくかという(準)最適化のプロセスに他ならないからにゃ
実際,初期のMPも違反可能な経済性原理という形でトレードオフを実現して
おったわけで,OTというのはGBの成れの果てに初期MPのエッセンスを
ブレンドしたようなもんであるにゃ
ただこれは単なる皮相的穴路地であり,たとえば個別文法がそれぞれ別個の
ニッチであり,優先的に解決されるべき問題が異なるので,制約のランキング
も異なるのだ,という論法を受け入れるにしても,ではなぜX語では制約Aが
Bよりランクが上で,Y語では逆転するのか,がまったく生物学的に説明されて
おらんにゃ
単に言語事実に辻褄を合わせるためだけにでっち上げられた制約およびランキング
であって,たとえばニッチXで制約Aを破ることがBを破ることより,どのような
意味で「適応度」が低いと言えるのか,がまったく不明であるにゃ

>>175
>デカルトは方法論的には二元論の立場をとっているが生成ぶんぽーは
>方法論的には一元論の立場をとっている
出典明記するよーにw

200 :仇鱒:2007/07/08(日) 07:49:18 0
やあ、おはよ。てか、「手抜き」と聞いて思わず財布から5000円出そうと思
ったのはわしだけでつか?(ワラ)で、カルメンレスポン酢するな。で、顔餅@
>>199にレスするな。まず、otだが、顔餅のゆうように、各言語に見られるコン
ストレイントの優先度はきわめて恣意的だと思う。つまり、結果から逆算してい
るだけで、ある意味、otがやっているのは説明ではなく記述だと思う。でもそこ
にフォーカスを置いてotを叩いても結局天にツバを吐く行為だと思うのだ。とゆ
うのも、生成だって、たとえば束縛領域を定めるにしても、各言語の言語事実に
あわせるかたちで束縛領域を決めているのにすぎない。ほかには、バウンディン
グノードにしても、各言語がipをとるかcpをとるかは、これまた言語事実を見て
決めているのにすぎない。で、こういった問題がミニマリチュムになって解消さ
れたかとゆうとそんなことはなく、結局臭いモノには蓋をした状態で手つかずで
ある。で、仮に手をつけてはいても、gbの時よりも説明がスマートになってい
るとはとても言えない。ま、そんなこんなでotに見られる<事実からの逆算問題>
はそのまま生成てかミニマリチュムにもあてはまる。あと、わしがotをそれなり
に評価しているのは、otは表示と派生のいいところをうまくブレンドしていて、
まさにある意味gbを洗練した形になっているからだ。しかもotのやり方は音韻
論に「も」使える。てか、音韻論のやり方が統語論にも適用できるのだが、、、
。いずれにせよ、このような領域というか部門を横断する形で同じアプローチが
できるものはot以外にはない。これはやはり評価すべきことである。うむ。



201 :仇鱒:2007/07/08(日) 07:50:38 0
>出典明記するよーにw
あ、そーゆえば、この↓痔典の「ミニマリストプログラム」のどこかにもそん
な記述があったな(ワラ)
http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/book_data/search/4621077333.html
でも、あれだな、生成は言語現象を物理現象と同じように扱おうとしているわけ
で、そういった意味では、生成は心身二元論を乗り越えているのは言うまでもな
いことだとは思っているけどな。まあ、デカルトの心身二元論は物質と精神を区
別することを唱っているわけだが、生成ぶんぽーは、物質を扱う物理学の手法を
精神の一形態である言語にも適用しようとしているわけだ。これだけを見ても明
らかに生成言語学とゆうのはデカルト派言語学ではないのは分かると思う。ま、
わし流の言い方をすれば生成ぶんぽーつーのは「利根川派言語学」である。うむ
。とゆうのも、利根川進こそが精神と物質の融合をシリアスに考えた最初のサイ
エンチストであるからだ。ま、そんなところである。てか、顔餅、痔典の執筆で
は乙であった。で、またもしかしたら仕事ふることある鴨しれないから暇な時は
ココで「最近暇だ」とかゆってくれ(ワラ)



202 :こさかな:2007/07/08(日) 09:24:21 0
最近暇です。

あ、嘘です。がんばりましゅ。

203 :仇鱒:2007/07/08(日) 11:14:21 0
>>202
を、こさかなの弟分、おひさプリンでつ。お互いにがんばりませう。てか、最近牛
乳プリンに嵌りつつあるわしである。うむ。(←先日コンビニでヴァカでかいプリ
ン買ってお昼に食べたが、プリンだけでおなかイパーイになっちゃったアルヨ。)
で、アレだ、せっかくだからちょいと前にジュギョーで扱った記事でも紹介すっか
な。えっと、中国の研究者がある無機材料を使って構造がどう自然発生するか調べ
たわけだ。そうしたら、自然界によく見られるあのフィボナッチ数列が、まさに人
工物の自然発生にも見られたわけだ。で、ここで言いたいのは何かとゆうと、フィ
ボナッチ数列も時々生成ぶんぽーの文脈で紹介されたりするのだが、正直根本的な
ところで引用の仕方を間違っているとわしは思っている。ま、いい例がユリアゲレ
ーカのアノ分厚い漬け物石本だ。フィボナッチ数列を紹介する時って、決まって「
自然言語にも数学的なプロパチィが見られますでつー。そんでもって動物や植物に
見られるフィボナッチ数列が自然言語にも見られるつーのは、自然言語も自然物と
ゆうことになるでつー。てか、自然言語ってやぱチョムがゆうように自然数のプロ
パチィをもっているでつー。」となるわけだ。でも動植物に見られるフィボナッチ
数列てかフィボナッチ数列が具現化した螺旋構造は、まさに構造構築の経済性の表
れであるわけだ。つまり、限られたスペースとエネルギーを最大効率的に使用した
結果、それがアノ螺旋構造であるわけだ。そうゆった意味では、フィボナッチ数列
を出すなら、言語システムに見られる経済性のハナシの中で紹介されるべきなのだ
よ。だが、どーゆーわけか、そうゆった文脈でフィボナッチ数列が紹介されること
はないんだな。ま、わし的には、自然言語の構造はあくまでフラクタルの特性を具
現しているだけで螺旋構造まで具現していないから、それでそーゆった正当な文脈
では紹介されないのではないかと思っている。てか、なんとなくだが、ヘッドファ
イナルな日本語の構造って、遠くから見るとなんとなくdnaの二重螺旋構造に見え
たりするのはわしだけだろうか、、、。先日黒板に書いた日本語の埋め込み文の構
造を教壇の後ろからじっと眺めてそう思ったりした。うむ。

204 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/08(日) 14:00:03 0
>>201
心身二元論と主客二元論は違いますよね…?


205 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/08(日) 14:06:02 0
心身二元論  精神⇔物質
主客二分論  主体⇔客体

206 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/08(日) 14:08:38 0
>>205
主客二分論→主客二元論   スマソ

207 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/08(日) 14:48:37 0
>>201
>生成は言語現象を物理現象と同じように扱おうとしているわけで、
だとしたら、生成は、日本語とは相性がよくないように思いますが、
どうでしょう?
敬語や相対的人称表現や終助詞や、ちょっと触れさせていただいた文末辞などは、
「物理現象」として扱うのは難しいように思います。
間投詞(英語)などは、生成では、「くず」として省みられないのでしょうか?
あるいは、生成流の「間投詞(英語)」の研究というのもあるのでしょうか?
質問ばかりで申し訳ございません。

208 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/08(日) 14:58:17 0
生成は興味深いけど、説明できない事実や反例が多すぎる。こんな理論
を真剣に勉強すんのもあほらしい。うーむ,どうしようか。

209 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/08(日) 17:17:22 0
>>201
精神と物質が融合するのは結構だが
主体と客体が融合したら学問にならんわな。

210 :仇鱒:2007/07/08(日) 18:00:04 0
やれやれ、今お帰りだよ。國立からお帰りだよ。本屋でリリーフランキーの「女
子の生きざま」と「誰も知らない名言集」を買ってきますたよ。いやはや、わし
は今まで自分のことを生成界の荒木経惟だと思っていたが、違っていたわ。わし
は生成界のリリーフランキーだ。ははははは。いやはや、久しぶりに同じ感性の
人間に会えてまんもすぷれぴぃでつよ。ははははは。てなことだが、なんかレス
がついているからカルメンれすポン酢するな。まず、>>207にレスするな。えっ
と、日本語をモノのようにして扱うのはムズーじゃないかという意見だが、そん
なことねぇよ。まず、生成ぶんぽーつーのは、上でもゆったように、言語の形式
にスポットを当てている学問だ。ようするに、いわゆる形式言語学の一つである
わけだ。で、その言語の形式とゆうのは哲学でゆう現前しているものではなく、
理論家てか研究者が発見なり発明するものだ。だから、やろうと思えば日本語だ
ってどのようにでも料理できる。ぶっちゃけ、「仇はヴァカにゃ」の「にゃ」も
「にゃPhrase」というのを設定して分析することも可能だ。同じように「仇はキ
ティだ罠」の「罠」も「罠Phrase」みたいなのを設定して分析することも可能だ
。ようにするに何でもアリだ。ただし、そこから経験的にも概念的にも興味深い
コンシクエンスが得られれば、という条件付きだけどな。で、これまで生成では
「にゃPhrase」や「罠Phrase」みたいのものが実際仮定されてきたわけだ。生成
やってるのはヴァカが多いからな。ちなみに認知やってるのはアホが多いが。う
む。で、「言葉尻」の分析について興味があるなら、買ってまで読むような本じ
ゃないが、長谷州信子の「生成日本語学入門」というのを見てみたらええ。あと
、認知ぶんぽーと生成ぶんぽーをコラージュしたような本でなか卯実の「認知意
味論の原理」という本があるからそれを見てみるのもええ。こっちの本は買って
も損はないがやぱ損かもしれない(ワラ)。で、もうまる子ちゃん始まっちゃう
から>>208>>209へのレスはサザエさんが終わってからな。じゃ〜な。ぴぃ〜
ひゃらりぃ〜のぴぃ〜♪だ。ははははは。


211 :仇鱒:2007/07/08(日) 19:15:00 0
今日のサザエさんに出ていたタエコさん、なんか色っぽかったな。うむ。うかつに
もタエコさんに萌えてしまったわしである。

>>208
ま、生成が興味深いならそれだけで十分やるだけの理由になると思うわ。毛深いの
は剃るだけの理由にはならないけどな。うむ。で、説明できない事実や反例が多い
とゆうが、そもそも藻前がどのくらい考えてそうゆった発言をしているかが問題だ
。たとえば生物学では文学や経済学、それに宇宙物理学なんかの問題は解けない。
何でも解けるのはrule of everythingでそれは説明とはゆわん。記述とゆう。で、上
の生物学と同じで生成にも解けるものと解けないものがある。別の言い方をすると
、問題にすべきものと無視していいものがあるわけだ。で、生成も、問題にすべき
ものはそれなりに説明できているのだよ。つまり、わしは何を言わんとしているの
かとゆうと、問題の<棲み分け>をしろとゆうことだ。ま、このあたりのことは仇
組の一連の記事でも読んでみれ。で、真剣に勉強するのがアホらしいのならわしみ
たいに遊びながらベンキョウすればええ。何も悩むことはない。信じるものは救わ
れる。うむ。

>>209
えっと、主体と客体が融合ウンヌンだが、これはわしが昔からゆっているように、
結局、哲学の内部観測の問題と絡んでくるのだよ。もっとゆうと、自然言語はどの
程度ナチュラルかとゆう問題と絡んでくるのだよ。つまり、自然言語はどのくらい
自然物であるかとゆう問題と絡んでくるのだよ。ま、なかなか難しい問題である。
それこそ自然言語の方法論の問題に行き着くことになる。うむ。

てか、今日ギターをアンプにぶち込んでファンキーなリフを弾きまくってたら近所
のガキが外で踊ってたぞ。ははははは。

212 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/08(日) 19:45:10 0
>>211
生成文法は心身二元論は否定するが主客二元論は肯定する、ということかな。


213 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/08(日) 20:10:24 0
>>210
ありがとうございます。
長谷州信子氏の「生成日本語学入門」、勉強してみたいと思います。
「言葉尻」について、生成ならではのするどい分析があるといいのですが。
なか卯氏の本も見てみたいと思います。
ただ、「言葉尻」についてとりあげてありましたっけ?
モダリティへの言及はあったと思いましたけど…。

私はモダリティと「言葉尻」は分けたほうがいいのではと思っています。
そのような意味で、
>「言葉尻」で話者ないし書き手の信念の度合いや発言内容の信憑性やら蓋
>然性を示しているからな。(>>169
これはどうでしょうか?
これら(↑)の意味は英語の法助動詞によっても表現されるものではないでしょうか。
終助詞や「わな/わけだ/のだよ」等を法助動詞的なものと同じ枠に入れるのは
慎重でなくてはいけないのではと思っています。
では、「顔文字」かといえば、それともまた違う。
「言葉尻」は、顔文字よりずっと多様で深い意味を表しているように思います。
(法助動詞とも、顔文字とも連続はすると思いますが。)
いずれ、「言葉尻」とは? という話もまたお付き合いいただければと思っています。

>で、その言語の形式とゆうのは哲学でゆう現前しているものではなく、
>理論家てか研究者が発見なり発明するものだ。
この部分、そうなると「形式」という言葉の通常の意味から離れるようにも
思いますが、たいへん参考になりました。

214 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/08(日) 20:13:03 0
これどう?

http://www.acc.senshu-u.ac.jp/graduate/socio/socio_anglo_070714.html

関西からわざわざ行く価値あるかな?

215 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/08(日) 20:28:09 0
>>213
議論する時は「言葉尻」はスルーして「命題」をおさえるようにするといいよ。

216 :仇鱒:2007/07/08(日) 20:34:07 0
を、レスがついてるか。軽くレスすっかな。

>>212
えっと、まず心身二元論を否定するウンヌンだが、あくまでも方法論として
は否定するというかその路線はとらないとゆうことだ。これに関しては上で
紹介した「言語科学の百科痔典」の顔餅の書いた項目を読んでみればええと
思う。ただわし個人の意見としては、ああだこうだゆっても心と身は別物だ
。心と身を同じものだと見なすのはまさに味噌と糞をいっしょにするのと同
じである。で、まとめると、あくまでも方法論としては心身二元論を採らな
いというのが生成の立場である。あと主客二元論だが、これは微妙だ罠。

>>213
長谷州本は正直あまりいいデキではない。ただ、「言葉尻」についてあれこ
れ詳しく構造を書いていたような記憶がある。とくにモーダルやアスペクト
についてガチャガチャやっていたと思う。ただかったるい本だった記憶があ
るが。あと、なか卯本は文を超えた言語的なファクター(←まさに「言葉尻
」的なもの)について認知ならびに統語的にアレコレやっていた記憶がある。

>>214
価値があるかどうかは自分で決めればええ。価値なんて人に決めてもらうも
んじゃねぇわ。ちなみにわしは、7/14は日本武道館で大学説明会してる
けどな。わしんところのブースにきたらわしに会えるぞ。ははははは。

さて、電源ぷっちゅん♪な。明日からはまたまた〜り逝くからな(^^)

217 :(´∀`)@リハ:2007/07/08(日) 21:43:34 0
>>201
>「利根川派言語学」
それは本末転倒で,利根川の師匠筋のJerneが生成にヒントを得たんであって,
むしろ生成派免疫学とゆーべきであろうにゃ
ま,エーデルマンにしろ免疫やっとった使徒がみんな脳科学に向かうというのは
ある種,示唆的であるにゃ
正直,あの痔典は俺の「特別」寄稿がなかったら,言語学編に関しては糞のカスで
終わっとったであろーから感謝するよーにw

>>214
>Chomskyの言語理論は、21世紀に入るとPhase 論へと発展してきました
これだけでMPの全然分かっとらん的はずれな連中だということがバレバレで
あるにゃむ

218 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/08(日) 22:12:40 0
>Chomskyの言語理論は、21世紀に入るとPhase 論へと発展してきました
といいますと?

219 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/09(月) 00:17:11 0
>>218

お前さあ、何でもかんでも脊髄反射的に聞いてんじゃないよ
せめてちょっとは自分で調べたり考えたりしてから
「〜ということ?」と聞けよ

220 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/09(月) 00:19:12 0
>>213>>218は別人でがんす。
>>213は言葉遣いが丁寧でがんすが、>>218はぶっきらぼうでがんす。

221 :(´∀`)@リハ:2007/07/09(月) 00:38:22 0
といいますといいますと?
phaseとは何かをきいとるのか,なんでそれが的はずれなのかを
きいとるのか?
ま,確かにphaseつーか,multiple spell-outと連動して,表示レベル
無しの文法モデルは従来のモデルと大きく異なる部分でもあるにゃが,
そんなことが果たして21世紀の生成文法wの核心部分なんかいにゃ,だにゃ

222 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/09(月) 02:40:43 0
>>216
お前、改行の位置がおかしいよ。

223 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/09(月) 02:43:16 0
それに空行入れろよ

224 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/09(月) 08:03:58 0
>>210

>>208-209への

225 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/09(月) 11:04:28 0
仇新刊本買ったぞ。糞みたいな本だ!








というのは嘘で非常にいい!みんなに紹介するYO!

226 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/09(月) 11:36:34 0
なんというか、いい宣伝活動の場だよな、ここ。

227 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/09(月) 13:29:05 0
宣伝と自慢だわな

228 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/09(月) 14:01:24 0
こーんなに活躍しているボクちんを見て、見て!

229 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/09(月) 17:58:48 0
>>214
ニールマンとロバーツの話を聞くだけでも楽しそうだと思われ。
それにしてもK田先生は精力的ですね。いい年の取り方をされている。

でも、彼らの話はphaseと直結するものでもないと思うのだが。
このタイトルを書いた人って誰だ?S修大の事務の人?w

230 :仇鱒:2007/07/09(月) 19:49:19 0
やあ、わしだ。で、まずは>>225、どもm(_ _)m(ぺこり) 今度会ったらわしが
本にサインしてやるわ。うむ。で、宣伝がどうたらとか自慢がこうたらとかゆっ
てる香具師がいるが、くだらんこと書いてねぇで何か役に立つ情報でもココに晒
せや。ゴミばっかまき散らしてんじゃねぇよ、ったく、、、。ゴミ散らかすのは
カラスだけで十分だ。てなことでまた追々宣伝やら自慢やらさせてもらうわ。は
はははは。藻前らの耳にでっけぇタコができるぐらいにな。げらぷっちょ♪

で、顔餅が好き勝って書いてるからわしも書くかなー(ワラ)。んで、あれだ、
21世紀の生成を占うなんつーのは、わしに言わせたら21世紀の北朝魚羊を占
うのと同じだ。北はキムジョソイルがあぼん♪したら北もあぼん♪。それと同じ
ように、チョムジョンイルがあぼん♪したら生成もあぼん♪。とゆうのも、北は
名称こそ朝魚羊民主主義人民共和国であるが、どこにも民主主義がないからだ。
生成共和国も同じだ。生成も北や串國と同じく法治国家じゃなく人治国家で何も
かもチョムが決めている。とゆうか周りがそれを期待し、そしてそれを認めてい
る。まるでピョソヤソ界隈と同じである。うむ。そういった意味では今後の生成
を占うなんつーのは今後の北や串國を占うのと同じだことだ。北朝魚羊にも串國
にも生成共和国にも明るい未来はないのだよ。ははははは。てか、わしにゆわせ
たら、わしは脱北者みたいなもんだ。沈む船から一足早く脱出したネズミだ。は
はははは。


231 :仇鱒:2007/07/09(月) 19:50:03 0
で、あれだな、「ミニマリチュム@フェイズ理論とは何か?」だが、わしにゆわ
せたら単なるバリヤーズの先祖返りにすぎん。ぶっちゃけネオバリヤーズだ。そ
ういった意味では、20年前にヒットした歌をちょいとアレンジして「新曲でき
ますたー」とゆってる3流作曲家とやってることは変わらん。フェイズにしたっ
て、結局移動はフェイズのエッジにしか適用できないとゆうのは、ようするにフ
ェイズはバリヤーだとゆうこと。で、そのバリヤーフッドをなくすために一度フ
ェイズにぶつけて移動しているだけのこと。ようするにフェイズつーのは移動の
単位であり、また言語計算の単位でもあり、そうゆった意味ではフェイズなんつ
ーのはLマークされないプチ表示である。で、フェイズごとにマルチプルにスペ
ルアウトしてくとゆうのは、結局フェイズの数だけ派生には表示があることにな
り、もっとゆうと、バリヤーの数だけ表示があるとゆうことだ。てかあれだな、
フェイズそのものはまさにサイクルの亡霊みたいなもんだから、ミニマリチュム
@phase理論なんて1970年代にタイムスリップしたようなもんだよ。ははは
はは。ま、時期的にお盆の時期(←ご先祖様のお迎えの時期)であるし、そんな
こんなでちょうどええ企画じゃねぇかな。ははははは。ま、わしならびに仇組は
ミニマリチュムがどんなに進化だか退化だかしようが何も気にせん。流行には興
味ねぇし喜び組のダンス見てハァハァするほど感性鈍くねぇしな。ははははは
(^^)


232 :仇鱒:2007/07/09(月) 19:50:51 0
>>229
>ニールマンとロバーツの話を聞くだけでも楽しそうだと思われ。
ポールニューマンとジュリアロバーツがくるならわしも逝こうかと思う。

>いい年の取り方をされている。
q: 悪い年の取り方をしている老害ヴォケ老人の名前を5人あげなさい。
(25点)

さて、ガキ吊れて近くの定食屋にでもメシ喰ってくるかなー。やれ、やれ、、、。

233 :(´∀`)@リハ:2007/07/09(月) 21:10:56 0
>悪い年の取り方をしている老害ヴォケ老人
晩節を汚しとるとゆー意味では ZEPの生き残り全員かにゃ,残念にゃがら orz
ボンゾの倅入れて再結成の噂も出とるにゃが,オールドファンとしてはやめて栗
ま,老人ホーム慰問バンドみたいになってしまったパーポーの連中よりはマシかw



234 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/10(火) 00:37:43 O
ちょこちょこ和訳解説するヤッつけ本より、
きちんとした科学的英文法書を書いて下さい。

235 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/10(火) 00:50:29 0
こんな文章力ない奴が本出してるのか?
慈悲出版?

236 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/10(火) 01:03:13 0
>>142
ご自分でウィキを執筆されてるのですか
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%A0%E5%B1%B1%E9%9B%84%E4%BA%8C

畠山雄二(はたけやま ゆうじ、1966年-)は日本の言語学者。

静岡県出身。東京農工大学工学部情報工学科助教授。
東北大学大学院情報科学研究科博士課程修了。
理論言語学の領域での研究が多い。

心理学・哲学のバックグラウンドも持ち、その背景を生かした
理論言語学への所見を表明することがある。
理論言語学、特に文法に関する研究では、
自動詞構文、焦点化構文、話題化構文等に関する研究があり、
そこでは精緻化の加速する統語構造一辺倒の理論構成ではなく、
情報構造にも目配りがなされており、伝統的な手堅いタイプの
言語学者と見られている。

所属が工学系であるため、その交流を活かした学際的な研究も行い、
言語に関わる様々な研究を広く網羅したハンディな百科事典の編者も務め、
一方では専門的な内容をわかりやすく紹介した著書もいくつかあり、
高い評価を得ている。

また時に政治的な発言を公にすることがあり、藤原正彦の倫理思想と親近性がある
(ちなみに、畠山も藤原も餃子が世界で一番好きなたべものである点でも親近性がある)。

畠山研究室 (リンク切れ)
http://www.shimonoseki-soft.com/~hatayu/

237 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/10(火) 01:11:23 0
>>211
なんか進むのが早くて亀(頭)レスになってしまったけど。

>たとえば生物学では文学や経済学、それに宇宙物理学なんかの問題は解けない。
>何でも解けるのはrule of everythingでそれは説明とはゆわん。記述とゆう。で、上
>の生物学と同じで生成にも解けるものと解けないものがある。別の言い方をすると
>、問題にすべきものと無視していいものがあるわけだ。

生物学と経済学とかを比較すんのは例が悪過ぎるんでは?分野が違ってるんだから、
解けないのは当たり前な気が。さらに、生成で扱えないデータとか反例って言った場合、
マクロ経済学がミクロの問題を解けない、とか言うのとはちょっと問題が違うよう
な気がする。棲み分けっても、そもそもレキシコンがあってシンタックスがあってて
言うモデル自体がおかしい(例えば、語用論的情報はレキシコンの段階で既に必要)
という話とかを聞くと、なんちゅースッカスカな理論だ、って思ってしまいます。

おまけに遊びでやるほど頭に余裕ないし。それに今日ジャンプ立ち読みするの忘れ
たし。

238 :仇鱒:2007/07/10(火) 06:04:29 0
おはよ。やれやれ、起きてココみてびくーりしたので慌ててカキコミ。てか、
マジで荒らすなや、、、ったく、、、。

>>233
3点減点で21点。ま、あれだなー、こんなことゆっちゃいけないが、ロック
バンドは誰かがあぼん♪して再結成したくてもできないとゆうのがバンドとし
てベストのような希ガス。倅入れて再結成とゆうと、ヴァンヘイレインもそう
だ罠。エディのガキがベース弾いてるのをこの前見たが、もうそんな時代なん
だと感慨深いものがあった。あと、デープパーポーだが、最近「パープルレイ
ンボー」とゆう2枚組のアルバムをゲトした。ま、パープルファミリーの寄せ
集めcdだが、ダイジェスト版としてはそこそこかなと思っている。

>>234
>きちんとした科学的英文法書を書いて下さい。
そーゆー依頼もあるのだがそんな暇ねぇので断ってる。うむ。

>>235
>慈悲出版?
自慰出版でつが、何か?←んなわけねぇだろ。

>>236
>ご自分でウィキを執筆されてるのですか
↑んなわけねぇだろ。てか、伏せ字ぐらいしろや、、、ったく、、、。もう遅
いが orz...


239 :仇鱒:2007/07/10(火) 06:05:09 0
>>237
えっと、例が悪いようだからもうちょいいい例を出すな。えっと、いわゆる科
学理論について話すな。たとえば古典力学だとその威力が発揮できるのは太陽
系レベルのものだ。それ以上スケールが大きくなって銀河系とかになると古典
力学じゃなく一般相対論じゃないとダメだ。逆に太陽系までいかず人間のサイ
ズぐらいだと、古典力学じゃなく統計力学みたいなものの方がよかったりする
。で、人間よりもっと小さな原子のサイズだと量子力学が使い勝手がよかった
りする。で、原子よりさらに小さい素粒子レベルになると場の理論なんかがよ
かったりする。ようするに、わしらの世界にはいろんなレベルのサイズがある
のだが、各サイズに適した分析ツールとゆうか科学理論がそれぞれあるとゆう
ことだ。ようするに、サイズの棲み分けならびに(それに伴った)問題の棲み
分けが必要で、個々のサイズならびに問題に即した分析ツールを用いるべきだ
とわしはゆっているのだよ。で、たとえば認知ぶんぽーや機能文法は科学理論
のコンテクストで語るとどうなるかとゆうと、まさにフラクタルすなわち複雑
系となるわけだ。とゆうのも、どんなサイズのものでも対処しうるrule of
everythingだからな。まあ、ようするに、あれだ、古典力学が処理しうる問題は
非常に限られ、そして古典力学が発揮できるためにはいろんな理想化をしないと
いけないのだが、生成はこれとまったく同じだとゆうことだ。だから、よく今の
生成ぶんぽーはガリレオ以前とか意味もわかんねぇのにホザいているヴァカなケ
ンキュウシャがいるが、その言わんとしていることは今上でわしがゆったような
ことなのだよ。と、今月末の津田熟大学ではこんなことをトークして腐りきった
生成ぶんぽー界を味噌糞にけなしてやろうかと思っている。うむ。(←ウソw



240 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/10(火) 13:41:37 0
>>236
>藤原正彦の倫理思想と親近性がある

   妙に納得しますた

241 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/10(火) 14:20:12 0
英語ペラペラなこてこて日本人  ←世間でウケるタイプ

242 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/10(火) 15:07:34 0
見事な自演スレがあると聞いて飛んできました

243 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/10(火) 15:10:40 0
>>242
仇さんのこと?

244 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/10(火) 16:57:18 0
>>239
なんで「仇鱒」って言うんですか?

245 :仇鱒:2007/07/10(火) 19:43:32 0
ちかれてヘトヘトだけどちょいとだけカルーセル真紀子。てか、毎度のことで
わしは慣れっこだが、藻前らの予想するようにこのスレはじぇ〜んぶわしが書
いている。わしはマッチポンプおやじだよ。どうだ、これで気が済んだか?あ
ん?てか、自作自演なんてしたっておもろーないわい。てか、ぶっちゃけたハ
ナシ、高度な自作自演をしようと思ったらマジで多重人格者じゃないと完璧な
自作自演なんてできねぇと思うけどな。ようするに、自/i作自/j演じゃないとお
もしろい自作自演はできないと思うわ。てか、ふと思ったのだが「仇が自作自
演した」って英語でなんとゆうんだろうな。あと、あれだ、なんでわしが「仇
鱒」とゆうかだが、これもいつも質問されていることだが、実はギターの機種
の名前(←Adamas)からとっているのだよ。ま、もうじきしたらわしのホモ
ページも復旧するであろうから、そしたらわしのギターヲタぶりを見てみたら
ええ。てか、あれだな、いきなりハナシは変わるが、よく科学理論はもって3
0年とかゆわれる罠。ようするに30年ごとに新しい理論が生まれ変わると言
われるわけだ。でも、理論言語学の世界では生成がもう50年も続いているの
だよ。ま、続いているとゆってもゾンビみたいに生き延びているだけで正直生
気とゆうか精気というのは感じられないんだけどな。で、科学理論は30年が
寿命という考え方をすると、やはり生成はgbで終わりなのだよ。でだ、わし
は思うのだが、チョムの功罪を考えたときに「罪」の部分というのは何かとゆ
うと、生成にとって代わる理論を生み出せなくさせている、そういった素地を
つくりあげたことだと思う。まあ、認知ぶんぽーがそれなりにがんばっている
が、あのような文法理論はたぶん理論言語学の大きな流れを考えると「つなぎ
」でしかないと思う。うむ。あと、あれだなー、認知でそれなりにできる研究
者ってゆうと、昔生成やってたのばっかだよな。レイコフしかり、木公本曜し
かり、あとおまけ(w)で顔餅の近くにいる寒いダジャレを連発する凸梨しか
りだ。レイコフと凸梨は生成意味論をやっていたわけだし木公本はlfgをや
っていたわけだしな。ま、どーでもええハナシだ。うむ。さて、ガキ吊れてメ
シ喰いにいってくっか。

246 :仇鱒:2007/07/10(火) 19:52:27 0
てか、今ふと「このスレを見ている人はこんなスレも見ています」
てなところ見たのだが、>>242は社会科学系の香具師か?ったく、
、、。で、宮台信者や、出てこいや。わしが相手になってやるわい。
宮台のような日本の文化を破壊させる香具師はただじゃおかん。

247 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/10(火) 19:54:30 0
生成意味論ってほんと「つなぎ」でしたな

248 :仇鱒:2007/07/10(火) 20:41:58 0
ガキが風呂に入っている間にクイックあんどショートれすポン酢。てなことで
>>247にカルメン真樹夫。えっと、たしかに生成意味論は「つなぎ」であった。
が、そのつなぎは必要なつなぎであり、あのつなぎがあったからこそ今の生成が
ある。その一方、認知意味論はぶっちゃけたハナシ、今の言語学に必要なつなぎ
かとゆうと、わしはそうは思わない。うむ。で、あれだ、生成意味論では、藻前
らも知っての通り、たとえばdestructionはdestroyから派生されると主張されて
いたわけだ。でも、いろいろ問題があってそんであえなくそのような生成意味論
的な発想はあぼん♪されたわけだ。ようするに、destroy+n→destructionみたい
な発想をしていたわけだがその案はボツになったわけだ。でも、今dmではそれ
がウマーな形でアウフヘーベンされ、別の形で復活してきているわけだ。簡単に
ゆうと、√DESTROY+v→destroyと√DESTROY+n→destructionといったもの
を発案したわけだ。これはまさに生成意味論が問題にしていたものを問題をズラ
すというか論点をズラすというかレベルを一段階上げてうまくまとめあげている
わけだ。

249 :仇鱒:2007/07/10(火) 20:43:38 0
ようするにどーゆーことかとゆーと、生成意味論者はdestroyとdestructionをな
んとか関係づけさせたかったわけだ。その気持ちは分かる罠。だって、destroy
とdestructionは意味が似ていて範疇だけが違うからな。だけど、この両者を結
びつける名詞化といった案はいろいろ問題があってぽしゃったわけだ。で、
dmではその両者の関係を√DESTROYなんつーワケワカンネーもんでとらえる
ことに「成功」したわけだ。そういった意味では、今のdmはやはり生成意味
論あってのことだと思う。あと、あれだ、dmなんか全然発想としては新しく
もなんともない罠。とゆうのも、前に顔餅がココで紹介してくれたように、
dmの発想そのものはまさにチョムのノミナリゼーションにあるんだからな。と
ゆうのも、ノミナリゼーションでは、まさにワケワカンネー√DESTROYみたい
なのがあって、動詞として使われるときはdestroyと発音され、名詞として使わ
れるときはdestructionと発音されるとゆっているとゆうかそうホザイてんだか
らな。ま、チョムがゆってるから正しいとかそんなことは120万%なく、今
わしが言いたいのは、dmはネオノミナリゼーションにすぎないとゆうただそ
れだけだ。てなことで、ミニマリチュムにまつわるもんはほとんど70年代の
パクリである。うむ。まさにロックの世界と同じである。昨今のくだらんおこ
ちゃまロックは70年代のハードロックのパクリである。うむ。てなことで、
電源ぷっちゅん♪じゃ〜な。藻前ら、今晩はマジで荒らすんじゃねぇぞ!
ゴルァ!!!!!!!!!!てかじぇんじぇん怒ってねぇけど(^^)


250 :(´∀`)@リハ:2007/07/10(火) 20:49:42 0
>3点減点で21点
採点ミスだゴルァ!!!

俺は「比較的」生成意味論シンパであるにゃが,ま,統語構造と意味構造が
どの程度同型性を持っているかという考え方は重要であるにゃ
それをまったく同じ,従って意味構造と独立した統語構造はいらん,と
してしまったのが生成意味論の大チョムボであったにゃ,やでやで

251 :仇鱒:2007/07/10(火) 20:58:26 0
>採点ミスだゴルァ!!!
あ、やべ、25−3=22だった、、、oRz...
マジで電源きるべ、、、引き算ってむずかしな、、、


252 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/10(火) 21:07:37 0
仇鱒さんのポリシーかもしれませんが、
改行を適宜入れてください。
たいへん勉強になるのですが、読むのが辛いです。
ぜひご検討ください。


253 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/10(火) 21:51:39 0
>>249
>√DESTROY

(1)そのdestroyの例は語源は加味していないものなんですか。
destructionはラテン語系、destroyはフランス語系の単語です。
「√DESTROYが動詞ではdestroyになり、名詞ではdestructionになる」というのは
例えば日本語で言うと「√kakuは動詞では書くになり、名詞では筆記となる」と同じようなことではないですか。
または「√hayaは名詞では速さと実現され、形容(動)詞ではスピーディーなとして具現化する」というのでは
√というのはどのような性質なのでしょう。


254 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/10(火) 22:08:50 0
(2)√からの派生は何種類あるのですか?
仮に√ACTがあったとしましょう。そしてそこからactionとactivityという名詞が生ずるとしましょう。
actionとactivityはどちらも名詞ですから、√ACTから名詞actionと名詞activityが派生するといえます。
actionとactivityは意味の違う異なる名詞です。
「√ACTから名詞が派生される」というだけでは二つの違いは理論に組み込まれていません。
√からの派生は品詞のみを対象として意味の違いは扱わないのでしょうか。

255 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/10(火) 23:33:48 0
>>246
「日本の文化」と「学問」って両立できないよね…?

256 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/11(水) 07:26:22 0
>>252同意

改行しないで書き込んでる
「仇鱒」自体が荒らしな件について

ここは「生成文法総合スレ」であり、
「仇鱒」専用スレではない






257 :仇鱒:2007/07/11(水) 07:58:50 0
失禁前にひとことカキコ。えっと、とりあえず>>252>>256にレスするが、
改行ってようするに途中で空の行を入れるということか?ちなみに、これで
も、いろんなブラウザのことを考えて、1行を38文字ぐらいにしてリーダ
ーフレンドリーにはしているつもりだけどな。ま、今までこれでやってきた
から急にスタイル変えるわけにもいかないんだけどな。藻前らの方でこのス
タイルに慣れて栗。よろひこm(_ _)m ま、usage-based modelとゆう理論
もあるぐらいだからな。ははははは。あと、改行ウンヌンゆっている香具師
にちょいとアドバイスだが、もしかしてブラウザの画面が小さいとゆうこと
はないか?画面が小さいと変な風に改行して見えるけどな。

あ、そうだ、わしのホモページ復活したぞ。

と、こんな↑感じで空行を開けろとゆうことかな?ま、どーでもええが、
>>253から>>255に関しては今日帰ってきてから時間があったらレスするな。
てか、dm関連なら顔餅がいろいろレスしてくれるんじゃねぇかな(その顔餅
のレスにわしがレスするのが釣り師というものである(ワラ))。ま、そんな
ところだが失禁してきまつよ。てか、なんで、今頃になってわしのカキコミス
タイルに注文がつくんだ、、、。もしかしてこのスレの新参者か?ま、どーで
もええけどなー。てか、便所の落書きに書き方の注文つけられてモナーとゆう
のがあるけどな。うむ。

258 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/11(水) 09:19:24 0
長いぜ、本当に専用thread化しとるやんか。

259 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/11(水) 13:11:18 0
無理矢理38文字で強制改行する必要ないと思うけどな。
長文書くなら、段落考えて改行するのが普通でないかい。
まーがんばれよ。

260 :(´∀`)@仇鱒:2007/07/11(水) 21:23:37 0
やあ、わしだ。てか、(´∀`)だ。えっと、(´∀`)がアク禁くらったので代
理カキコミだ。てか、顔餅や、あんなところにあんなこと連続投稿するからアク
禁くらうのだよ。ははははは。てなことで、代理カキコミするでつ。はい。

***ここ↓から***
俺のPCではWinもMacも仇の糞カキコはちゃんと改行されて表示されとるがにゃ
長さも,昔からここにいる香具師なら分かっとるよーに,もともとここは
熱く語る学術スレであり,コテハンのカキコは長文の傾向にあったにゃ
ま,仇のは無駄口の部分が多過ぎるわけにゃが

んで>>253-254は鋭いことを言っとるので,仇がどー答えるかで仇の理解度が
分かると思っておったのにゃが,やはり逃げたにゃw>257

まず問題の中心は派生形態論であるので,原則
>√からの派生は品詞のみを対象として意味の違いは扱わない
という見方があたっとるにゃ
具体的に各単語に具現化するには,百科事典的知識を含む意味情報が必要になる
ので,たとえばkillとmurder,assassinateの違いが統語構造上は見えず,
概念構造や語用論的意味を取り込んで,初めて別々の動詞として具現化可能に
なるにゃ


261 :(´∀`)@仇鱒:2007/07/11(水) 21:24:40 0
>> 237が
>そもそもレキシコンがあってシンタックスがあってて
>言うモデル自体がおかしい(例えば、語用論的情報は
>レキシコンの段階で既に必要)
と言っとるのはその関係であるにゃ
だからレキシコンがもしシンタクスへの入力としての語のリストだというので
あれば,レキシコンは文法内モジュールとしては定義不可能,There is no lexicon
ということになるにゃ

んで
>actionとactivity
については,act→action / active→activity という派生であろうから
これは構造上も別物だと言うことが比較的簡単であろうにゃ
destroyと並んでdestructという動詞もあるにゃが,こっちはdestruction
からの逆形成であろうかにゃ
***ここ↑まで***

てなことで、わしのカキコミはあともう数十分してからするわ。うむ。


262 :仇鱒:2007/07/11(水) 21:34:11 0
やあ、今度はわしだ。うむ。てなことでわしもカキコミするな。で、えっと、
わしの理解度ウンヌンだが、そもそもdmに理解するものなんかほとんどない
と思うけどな。ただ考え方を提示しただけでそんで何か具体的に分析されてい
るわけでもねぇし。で、せっかくだからちょいと書くが、てか昔も同じような
ことを書いたと思うのだが、そもそも√とゆうモノとゆうか概念が未だにワカ
ラン。ほんとにそんなものがレキシコンにあるのかもピン♪とこないとゆうの
がある。まあdmの考え方というかやり方だと、範疇指定は全て派生とゆうか
シンタクスで行われレキシコンでは範疇の指定はないわけだ。この時点でわし
なんかは「ん?」というのがあるけどな。「机」とゆうのはどうひっくり返っ
たって名詞で、わしの頭の中(のレキシコン)に<机>という概念があるとし
て、その<概念>は√ツクエのようなものではなくまさに名詞としての「机」
であると思う。で、あれだな、わしにゆわせたらやぱ√ナンタラコンタラとゆ
うのはイデアみたいなもんで非常に形而上学的なモノだと思う。



263 :仇鱒:2007/07/11(水) 21:34:53 0
√DESTROYが仮にイデアだとしたら名詞のdestructionや動詞のdestroyがドグ
サになるわけだが、わしらに知覚というか認知可能なのは、まさにドグサであ
る名詞としてのdestructionや動詞としてのdestroyであるわけだ。そうゆった
意味では、ぶっちゃけたハナシ、√ナンタラコンタラとゆうのはほとんどお花
畑のガイネンにすぎんと思う。まあ、あれだ、「夕焼けの<赤>や唇の<赤>
の本質を探せ!」とゆうのでクオリアなんつーのが提案されたのと根は同じだ
と思う。クオリアなんか科学の対象にならんのと同じで√ナンタラコンタラも
わしにゆわせたら科学の対象にならん。しいて対象になるとしたら、それは現
象論てか哲学の分野でのハナシだ。ようするに反証可能性のない形而上学的な
コンテクストでのみ「存在」しうるガイネンである。うむ。ぶっちゃけたハナ
シ、√ナンタラコンタラつーのは言語学の概念じゃねぇと思う。まあ、わしに
ゆわせると認知ぶんぽーのアホくさい概念と同じくらい√ナンタラコンタラも
アホくさい概念だと思ってる。うむ。ま、そんなもんだな。で、>>255につい
てはわしはいろいろ考えているところがあるからまた後からレスするな。かな
りマジメなハナシになると思う。うむ。

>>259
>まーがんばれよ。
藻前もがんがれ。うむ。

さて、風呂はいってくっぺ。ふ〜っ。


264 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/11(水) 23:07:03 0
チョムスキアンを黴菌のように言う反生成派の研究者の文章から。

「彼女の仕事は多くの心理実験を基盤にしており、いかにそれに優れた洞察が含まれていようともR.Langackerの基本的に思弁的な仕事に比べて、明らかに信頼性が高い」

これって、

「彼女の仕事は多くの心理実験を基盤にしており、いかに優れた洞察が含まれていようともR.Langackerの基本的に思弁的な仕事に比べて、明らかに信頼性が高い」

「彼女の仕事は多くの心理実験を基盤にしており、R.Langackerの(いかに優れた洞察が含まれていようとも基本的に思弁的な)仕事に比べて、明らかに信頼性が高い」

てことですよね?

with whichを含む句で、例えば「それを使って布を切るハサミ」と訳す大御所の生成派研究者と同じですね。

「布を切るハサミ」
「布を切る(のに使う)ハサミ」

265 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/11(水) 23:31:48 0
よく分からんが、その研究者の書く文章がおかしいということなのか?
まあそういうこともあるだろう。

266 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 02:26:30 O
実験的実証性のない研究はおとぎ話である

267 :かかりちゃん:2007/07/12(木) 03:59:47 0
仇の書き込みは長い割に内容がゼロじゃなくてマイナスなので読まんことにしとるニョロ。

ウチの猫がまた死んじゃったニョロ。それを見てウチの4歳のnativeが

xx is died.

と言っとったニョロ。

268 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 05:12:31 0
自動詞の完了形?
天国に逝(行)っちゃった(ここにはもういない...)

269 :仇鱒:2007/07/12(木) 05:55:53 0
おはよ。長文おやじの仇ちゃんでつ。ははははは。てか、最近ココにきた
香具師も多いようだが、昔のわしのカキコミはこんなもんじゃなかったけ
どな。「どとーの仇ちゃん」とゆわれていたほどだ。2週間ぐらいでひと
つのスレを書きつぶすようなこともあった罠。今はもう昔で今はそんな元
気もねぇけどな。で、あれだ、かかりが次↓のように書いているわけだが、
>それを見てウチの4歳のnativeが
かかりんところのボンズは英語のネイチブなのか?それとも日本語のネイ
チブなのか?あるいはバイリンガルのネイチブ(?)なのか?たぶん3番
目だと思うが、「バイリンガルのネイチブ」とゆう表現もシュールである
罠。てか、>>268もゆっているように、xx is diedはwinter is gone and
spring is comeの過剰生成じゃねぇのかな。



270 :仇鱒:2007/07/12(木) 05:56:51 0
で、dm関係でもうちょい書くかな。前にも書いたと思うが、dm的な発想
が生成にも使えるとしたら、それは代名詞の形態ぐらいだと思う。たとえば
、heやhim、それにhis といった代名詞があるわけだが、himやhisはheが変化
したものじゃない。そしてheはプリミチブなものでもなく、he自身もあるも
のから変化したものである。で、まとめると次↓のようになるわけだ。
(1)√HE+Nom→he
(2)√HE+Acc→him
(3)√HE+Gen→his
ようするに、まずheやhimやhisに共通する√HEのような抽象的な代名詞がま
ずあるわけだ。そして、それが統語上どこに現れるかにより与えられる格に
違いが出てきて、そんでheやhimやhisといったコスプレった形になるわけだ。
だから、今後英語が進化し、ある特殊な格とドッキングして、heでもhimでも
hisでもない別の形をした代名詞が現れ_うる_こともこれなら説明できる。



271 :仇鱒:2007/07/12(木) 05:58:13 0
でだ、このことを念頭においてわしのハナシを聞いてもらいたいのだが、仮に
√ツクエみたいなのがあり、これにいろんな範疇具現化子みたいなのがくっつい
て、実際に次のようなパラダイムが存在しているのであればわしだって√ツクエ
みたいなのを信じたっていい。
(4)√ ツクエ+n→机
(5)√ ツクエ+v→ 机
(6)√ ツクエ+p→ 机
(7)√ ツクエ+a→ 机
でもどう考えても(5)ー(7)はないわけだ。たとえば「机る」とかゆう動詞
なんてねぇわけだ。同じく「駅から」のような形で「駅机」みたいに「机」を後
置詞として使うこともないわけだ。さらに「キモい香具師」のような形で「机香
具師」みたいに「机」を形容詞として使うこともないわけだ。「机」には名詞の
用法しかないのだよ。だから、わし的には、√ツクエのようなものは得体の知れ
ないワケワカンネーものなのだよ。ただし、上でもゆったように、√HEとか√SHE
みたいなやつはあると思う。そういった意味では、dm的なものをデリベーショ
ナルに使うのなら代名詞の形態変化ぐらいに限られると思う。ま、そんなもんだ
なー。てか、そろそろ今日のジュギョーの準備すっから>>255へのレスはまた今
度なー(←忘れていたら一言ゆって栗)。さて、朝飯前のひと仕事だ。うむ。
しぇけなべいべー。


272 :仇鱒:2007/07/12(木) 07:26:00 0
出勤前にちょいとかかりにおやつ置いていってやるわ。えっと、次 ↓の
ような名言がある。イチローの名言だ。

(安打3本出ましたが?)
「出しました、です。出た、とは全然違う。」
 
じゃ〜な(^^)てか、最近は原点に戻ってわしの失禁時のテーマソングは
fireballとspeed king(byデープパーポー)にしている。パープルませっ!

今大音量で聴いていてヴァヴァから「あんた、いい加減にしなさいYO!」
と叱られちゃいますたよ。oR....z...



273 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 08:02:18 0
仇っちは元LFGerなのに、形態論の話でSpencerの言及はないの?

274 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 08:20:20 0
第一線の研究者が、自分が何者なのかを晒して2ちゃんに
書き込んでることに感動。仇鱒さんのファンになりました。

275 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 11:19:18 0
子供が使うX is diedみたいな形はBowermanとかで報告があるね

276 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 12:21:50 0
>>274
いろんな見方があるんだね。

277 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 13:10:04 0
>>271
理系の人って、
「日本の文化」について割と脳天気な感じがするなぁ。


278 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 14:52:04 0
>>270
それって別に屈折語を膠着語のように表しただけじゃん。

279 :(´∀`)@仇鱒:2007/07/12(木) 19:39:12 0
やあ、わしだ。てか、(´∀`)だ。てなことで、代理投稿開始っ!

***ここ↓から***
>>262-263
それはちょうど John loves Maryが最初にloves とMaryをMergeして,
とかゆーふーに知覚せず,最初から順番にJohn loves Maryだ,
とか言っとるのと大差ないにゃ
理論分析は直接どう知覚できるかとは違うハナシなのにゃ

>>267
dieを非対格として扱っている,にメロンパン一個
***ここ↑まで*** 

てなことで、わしのカキコはこれからメシ喰ってアレしてコレしてから
するなー(^^)てか、今日はちかれたよ、、、ふ〜っ。

280 :仇鱒:2007/07/12(木) 20:15:38 0
さて、今度はわしだ。いやはや、木曜日はほんとちかれる。4コマもジュギョ
ーがあるとマジで最後のジュギョーは声が出ねぇよ、、、。てか、4コマ目は
テンション上がりまくっていてチョーハイになっているけどな。ははははは。
これをレクチャー・ハイとゆう。うむ。

>>273
スペンサーってアンドリューのことだよな?スペンサーなら90年のはじめの
本(←分厚い本)とかちょいと見たことあるけど、音韻論にかなりコミットし
ていたこともありさじ投げた覚えがある。正直、あのあたりのハナシは音韻論
にもかなり精通していないと読めないよな?てか、スペンサーとかって形態論
プロパーよりむしろ音韻論プロパーに読まれてんじゃねぇの?わし詳しいこと
知らないからエラソーなことホザけんけど。

>>274
身元さらしてるも何も、ココのコテは皆身元バレバレだしな。なんだったら、
わしが他のコテの身元ココで晒してやるか(ワラ)。てか、顔餅@>>260もゆ
っているように、ココは普通のスレとはちょいと違うからそのあたり空気を読
んで栗。たのん馬糞m(_ _)m

>>278
「だけじゃん」か、、、orz...


281 :仇鱒:2007/07/12(木) 20:16:27 0
>>279
>最初から順番にJohn loves Maryだ,とか言っとるのと大差ないにゃ
でもあれだぜ、john loves maryを生成するために、まず√JOHNがnに主要部
移動してjohnになり、そんで√MARYがnに主要部移動してmaryになり、それ
から√LOVEがvに主要部移動してloveになり、そんでもってインフラ整備が
できたところでえっちらこっちらとそれらをマージさせてjohn loves maryをつ
くるのはナンダカナーと思うけどな。てか、あれだ、dmでは語彙もシンタク
スでつくるわけだ。そうなると、ぶっちゃけ、語をつくるシンタクスと語と語
をマージさせるシンタクスの2つが必要になるわけだ。そうなると、結局、
dmではレキシコンをなくす代わりにシンタクスをもうひとつ用意しているよ
うなもんだ。で、気づいたら、語を生成するためのシンタクスは語彙概念構造
とウリ二つとゆうことになりかねんと思うわ。そーゆった意味では、ぶっちゃ
けたハナシ、dmをシリアスに推し進めると、結果的に一度駆逐させた語彙概
念構造をはからずも自らの手で復活させることになると思う。ま、そんなとこ
ろである。うむ。


282 :仇鱒:2007/07/12(木) 20:17:57 0
で、忘れないうちに日本の文化と学問の関係についてちょいと語るな。えっ
と、学問とゆった場合、ここではとりあえず科学技術とゆうことにハナシを
限定するな。でだ、日本文化と相性がいいのは「科学技術」のうちの「技術」
の部分だけだ。技術は工学的(テクノロジーではなくむしろエンジニアリン
グ)なものであり、みんなで組織的にやらないといけない。ようするに農耕
民族的な協力態勢が要求される。だからこそ、日本人は技術の分野ではうま
くやってこれたというのがある。一方、「科学」の部分は日本人の文化と相
容れないところがある。科学というのは合理性ならびに普遍性を重んじ、こ
れは仏教的というか日本的な文化とは相容れなかったりする。一神教である
アメリカンなところの方が相性がよい。さらにゆうと、科学てか理論づくり
とゆうのは原則個人レベルでやるものだが、この個人レベルの仕事とゆうの
も農耕民族でかつ縦社会の日本という文化とは相容れなかったりする。とに
かく、日本は個人プレーを嫌うところがあり、出る杭を叩きバッシングする
のが好きな社会である。ほんと、これは日本人として見ていてキモイしキシ
ョイし「ダーティな日本」の典型的な面だと思う。はっきりこの点は大陸や
半島よりもファビョレベルは数段上である。そんなこんなで、科学技術の技
術の部分は日本の文化とは相性がいいが、科学の部分は日本の文化とはあん
まり相性がよくないというのがある。個人がひとりでシコシコ地道ぃ〜に仕
事をやっているのを暖かく見守る、そうゆった懐の暖かい成熟した社会でな
いとモノホンの科学というのは育たない。うむ。たまにはわしもマジで語っ
たりする。

てか、仇っちか、、、。なんかヤベっちみたいだな。うむ。


283 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 20:31:30 0
>>282
>>246
「日本の文化を破壊させる香具師はただじゃおかん。」というレスは
どうなりますか…?

284 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 20:33:45 0
>>283
そっちの日本の文化というのは天皇制とか愛国とか政治的なイデオロギーでいう日本の文化でしょう。
「右翼が理想とする日本のあり方」という意味でしょう。
>>282でいう日本の文化というのは縦社会と集団主義という日本人の気質という意味であって
両者は異なると思います。

285 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 20:56:08 0
>>282
「日本の文化」にも意味がいくつもあるんですか?
主客融合的なムラ社会という意味では同じだと思いますが。


286 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 20:59:22 0
>>285
アンカーミス  >>282>>284

287 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 21:01:12 0
>>285
>主客融合的なムラ社会
というのがよく分からん。



288 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 21:07:16 0
>>287
日本の文化=ムラ社会的な文化

289 :仇鱒:2007/07/12(木) 21:17:36 0
ん?なんかへんなところにレスが憑いてるな、、、。ま、どーでもええことだ
が、「日本の文化」は守っていかなきゃダメだ。うむ。クゥン国の文化や串國
の文化をわしらが守る必要はない。いわんやァメリカの文化もわしら日本人が
守る必要もない。わしらが守るべきは我が国日本の文化である。うむ。ま、わ
しにゆわせると、日本の文化つーのは「大きな政府」が暖かい心で国民を守る
國である。「小さな政府」なんてアホなことをホザいていたら日本の文化はい
ずれ近いうちに崩壊する。本来國のやるべきことをアウトソーシングしまくっ
ていたらいつか日本はァメリカのようになっていまう。てか、今まさにその兆
しがある。てか、國の基幹となるものをあれもこれもアウトソーシングしてい
たらいずれ日本は有形無形を問わず汚物だらけになる。そして気づいてみたら
日本はァメリカと串國の悪いところをうまくブレンドした最悪の國になってし
まうのだ。そうなってはダメなのだ。ま、何はともあれ、どんな解釈でもええ
が日本の文化はわしら日本人が自らの手で守っていかないといけない。だまっ
ていては日本の文化とゆうものは守れないのだ。アクチブに行動してこそ日本
の文化は守れるのだ。平和てか治安には自衛隊と警察力が絶対に必要である。
つまり、外からの力に対しては自衛隊がしっかり国民を守ってやり、内からの
力に対しては警察がしっかり国民を守ってやらないといけない。同じように、
日本の文化もカルチャルな自衛隊とカルチャルな警察力をもってアクチブに守
っていかないとダメなのだ。じゃないと、いつか崩壊してしまうのだ。国防と
いうのは地理的・政治的な治安をゆうのではないのだ。国防とは文化的な治安
もしっかりやらないとダメなのだ。と、まるで今度わしが参院選に出るような
口ぶりである。ははははは。てか、いつかわしが総理か防衛大臣になって日本
を宇串人から守ってやろうかと思っている。うむ。てなことだが、じゃ〜な
(^^)

290 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 21:18:06 0
>>282
うん。納得、歴史館。

291 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 21:33:38 0
>>289
仇鱒さんの言ってる「大きな政府」とは
北欧のような「大きな政府」のことではなくて
「ムラの大きな政府」のことだよね…。
(「大きな政府」にも意味が二種類あるようなので。)

292 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 21:42:52 0
>>289
言ってることが矛盾している。(>>282

293 :290:2007/07/12(木) 21:56:40 0
>>289
282には「なるほど」と思ったものですが、
>>282と矛盾しているとまで言えるかは
?ですが、>>289には、私も「あれ」です。
>>282で提起された日本的なるものに対する
問題意識が、>>289にはまったく認められません。
仇鱒さんにとっては、>>282で指摘したような問題は、
しょせん「花鳥風月」的なものであって、切実な問題ではないのでしょうかね。

294 :仇鱒:2007/07/12(木) 22:12:16 0
ありゃ、またなんかレスが憑いてる、、、。てか、>>282>>289のどこが矛盾
してるんだ?そもそも>>282>>289は違うことに関して書いているから矛盾の
しようがないと思うぞ。で、>>282は学問的な文化に関して書いている罠。一方
>>289は一般的な日本の文化に関して書いている罠。で、わしにとっては>>282
>>289もどちらも切実で重要な問題である。ちょいとだけ具体的に書くと、
>>282に関していえば、科学技術の「科学」の部分はまさに理学的な学問が相当
するのだが、この手の学問は金にならないとゆうので霞ヶ関からは辛い水を飲ま
されている。一方、「技術」の部分はまさに工学的な学問が相当するのだが、こ
の手の学問は金になるとゆうことで霞ヶ関から甘い水を飲まされている。もちろ
ん甘い水は一極集中でかなり偏りがあるのだが。で、わしは理学的な学問(←こ
の中には人文社会学系の基礎科学的な学問も入る)が安心してやっていけるそう
いった素地をしっかりつくっていかなきゃならんとマジで危惧している。で、
>>289に関していえば、いわゆる日本の文化ともいえる「遠慮」であるとか「一
歩譲る」とかいった日本的なものが「外来種」の影響でなくなりつつある。で、
こういったものがなくなるとジャパニーズはチャイニーズ化ならびにアメリカナ
イズしていきよくないと思っている。これも非常にわしは危惧している。と、ま
あ、そんなところだが、今日はこれにて電源ぷっちゅん♪な。もう出ねぇから。
じゃ〜ねぇ〜♪

295 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 22:25:52 0
>>294
「学問的な日本の文化」には問題を感じつつ、なおかつ
「一般的な日本の文化」については守っていきたいと。w
別の問題なんですかね。


296 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 22:58:08 0
だから理系は脳天気って言われるんだ

297 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/12(木) 23:07:37 0
OECDの学習調達度調査では韓国は日本より上

298 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 00:19:17 0
>とにかく、日本は個人プレーを嫌うところがあり、出る杭を叩きバッシングする
>のが好きな社会である。ほんと、これは日本人として見ていてキモイしキシ
>ョイし「ダーティな日本」の典型的な面だと思う。

>いわゆる日本の文化ともいえる「遠慮」であるとか「一
>歩譲る」とかいった日本的なものが「外来種」の影響でなくなりつつある。で、
>こういったものがなくなるとジャパニーズはチャイニーズ化ならびにアメリカナ
>イズしていきよくないと思っている。

出る杭を叩く、ってのは「遠慮しろ」「一歩譲れ」っていう
圧力であることが多いんじゃね?

299 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 00:25:34 0
どーでもいいから、ともかく空気を読んでくれ

300 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 00:38:24 0
>>299
仇鱒マンセー?

301 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 01:40:39 0
>>257

>>253-255に関しては

302 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 01:41:35 0


303 :仇鱒:2007/07/13(金) 05:52:25 0
おはよ。ちょいとだけ書くな。てか、またワケワカンネースレになってきた
な(ワラ)。えっと、「学問的な日本の文化」と「一般的な日本の文化」の
関係だが、互いに関係がないといえばないし、あるといえばある。で、こう
ゆったときは「ある」と考えた方が面白い議論ができるからちょいとそーゆ
った視点で書く。で、いわゆる文化とゆうのは学問によってつくられるのだ
よ。で、とくに学問のなかでも実学でない理学ならびに人文社会学的なもの
により文化とゆうのは形成されるのだよ。だから、実学でない理学的な学問
に辛い水を飲ませるような國はいつか文化的に滅びるとゆってよい。そうゆ
った意味でも、日本の文化を大切にしようと思ったら実学でない金にならな
い学問を國が率先して育てないといけないのだ。金にならない学問とゆうの
は國が積極的にまもってやらないとだめなのだよ。そのためには政府は大き
くなくてはダメなのだ。国の関与が小さい小さな政府では実学でない学問と
いうのは尻つぼみになってしまうのだよ。で、実学である工学的な学問は、
そうゆった理学による健全な学問の土壌なり文化の礎ができたところで、こ
れまた健全な工学というのが可能になるのだよ。そうゆった意味では「学問
的な日本の文化」と「一般的な日本の文化」は非常に関係があるし、一般的
な日本の文化の基礎作りをしているのが理学的ならびに人文社会学的な金に
ならない学問であるのだよ。




304 :仇鱒:2007/07/13(金) 05:53:02 0
で、今日本は金にならない学問をどんどんスポイルしていっているわけだ。
教育系の大学ならびに学科は、国からのカンパがひどいところになるといま
の1割になるとゆうところがある罠。これは国策としてはアホ丸出しである。
国というのは国民あってのものであり、よい国民によりよい国というのがで
きるのだ。だから国民の教育というのは国策ではまず第一に考えないといけ
ないのだ。でも、教育というのは金にならないとゆうので教育系の大学なら
びに学科の締め付けを露骨に行っている。これを愚策といわないで何を愚策
とゆうのかとゆう。うむ。で、金にならないものにはシカトというスタイル
は、串国の典型的なスタイルなのである。だから串国にはエコロジーとか環
境問題とゆう観念がゼロなのである。エコ的なものというのは金がかかるだ
けで金を生み出すことがないからだ。そんなこんなで串国は公害天国でゴミ
の焼却炉ももくにない状態だ。焼却炉なんて金を生み出さないで金がかかる
だけだからな。で、金にならないものには冷遇という今の日本は、まさに国
策そのものがチャイニーズ化しているのだよ。で、最悪なことに行政のシス
テムはアメリカナイズされているわけだ。ようするに小さな政府化されてい
るわけだ。そんなこんなで今の日本はシステムはアメリカ化され、日本人の
精神面はチャイニーズ化されているという風に最悪の状況にあるわけだ。世
界の2大ヴァカ国家の一番マズーなところだけを取り込んでいる世界で一番
アホな国なろうとしているのだよ。はっきりゆって日本は全体的にアホにな
りつつある。ま、そんなところだ。うむ。ちなみに歴代の政権で一番のアホ
政権は阿部政権である。うむ。はやいところあぼん♪して麻生氏に総理にな
ってもらいたい。アベっちじゃダメだ。うむ。

さて、朝飯前にジュギョーの準備すっぺ。うむ。



305 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 07:01:02 O
財政が破綻寸前だというのに何をいっているんだ。
文化というのは、金があってこそ発展するものだ。
歴史でなんとか文化というのを勉強したと思うが、
すべて政治経済が安定している時期に生じている。
ようするに金だ。
無駄なものに惜しげもなく投資するパトロンが必要なのだ。
その意味でも、まず必要なものを優先して無駄なものを切り捨てることは
無駄なことを育てることでもあるのだよ。

306 :仇鱒:2007/07/13(金) 07:37:37 0
>>305
藻前のゆうことはよく分かるし。わしも実は同じような考えをもっている。
実際わしはプラチカルな人間だしな。で、せっかくだから、わしの政策を書
いてやるわ。わし的には、odaをいっさいやめ、いわゆる米軍への「おもい
やり予算」を激減させる。この二つをまずやることだ。そうして、脱串国化
と脱ァメリカ化を徐々に行っていく。また、それと同時に、靖国疑似問題と
遊就館の文書書き換え問題に対して日本は毅然とした態度で串国とァメリカ
に臨むことだ。そうやって、財政の問題を解消し日本の文化の再構築を行っ
てゆく。で、あれだ、教育関係の人間に辛い水を飲ませるというのは、財政
に関してゆうと、本当は最後に手をつけるべきものであるのだ。まさにラス
トリゾートであるべきなのだ。わしにゆわせたら、教育に真っ先に手をつけ
るとゆうのは、サラ金で借金がふくれあがっているところに、その借金を返
済するためにまたサラ金から借金するのと同じだ。うむ。てなことだが、失
禁してきまつ。はい。

307 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 08:12:16 0
空 行 入 れ ろ

タ コ 野 郎

308 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 11:53:40 0
>>299
>どーでもいいから、ともかく空気を読んでくれ
↑こういうのが日本の「いや」なところ。
学問の世界も一般社会も同じ。

309 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 11:55:40 0
空行よりも、まずは「改行」をお願いします。
(段落を作ってくださいということです。)



310 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 11:56:14 0


311 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 12:45:48 0
日本=前近代型社会(ムラの大きな政府?)
アメリカ=近代型社会(小さな政府)
北欧=次世代型社会(大きな政府)

312 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 12:50:36 0
アメリカを批判するのは結構だが
でもそれが、前近代(ムラの文化)に戻った方がいいという理由にはならない。

313 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 13:01:58 0
>>299
議論スレでは空気を読む必要はないよ。

314 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 13:45:35 0
>>309
内容が主客融合(?)しているから段落に分けられないんじゃね?
古典文学みたいにさ。

315 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 14:37:32 0
>>314
!
このベタ打ち、なんか既視感があったのだが、
日本の古典文学の影印本ね。
にゃる。にゃ〜る。

316 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 15:14:46 0
ことばの話をしようぜ!

317 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 15:55:16 0
段落分けは大事だな

318 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 19:18:06 0
>>308
いや、空気読むのは大切やよ。っていうか、空気読めんやつは日本以外でも
嫌われるやろ。

319 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 19:34:12 0
KY

320 :仇鱒:2007/07/13(金) 19:35:10 0
やあ、てか、なんか段落ウンヌンでわし叩かれてるな、、、。てか、叩かれ
ているのか?ま、段落欲しければ自分の脳内ですきなだけ段落入れて栗。別
に本の執筆しているわけでも論文書いているわけでもねぇから段落なんかつ
けねぇよ。てか、便所の落書きで綺麗に段落分けされてるのなんかねぇだろ
が、、、。ま、それはええとして、あれだな、段落分けで思い出したが、昔
、井上ひさしだったか筒井康隆だったかが、「、」なしでどれだけ長く書け
るかとゆうのをためした小説があったよな。で、その小説を読んで当時びっ
くりしたのだが、「、」がなくてもロジカルに文章が書かれていれば「、」
なんかなくてもスラスラ読めるんだよな。で、あれだ、生成で言語を無限に
長くすることができるつーと、きまって右端埋め込みの文(←マザーグース
にある例のヤツ)が紹介されるのだが、むしろ井上ひさしだか筒井康隆の実
験的な文の方がデータとしては面白かったりする罠。ま、文の埋め込みは見
られないので学術的とゆうか生成的にはおもろーないのだが。うむ。

321 :仇鱒:2007/07/13(金) 19:36:14 0
あと、あれだ、上でわしは「小さな政府」を批判しているわけだが、同じこと
が今の生成てかミニマリチュムにも言える。まさにミニマリチュムは「小さな
シンタクス」を目ざし、あんなことやこんなことを全部インタフェイスという
民間にアウトソーシングしてしまった。ま、ようするに、生成でも大規模な構
造改革が行われたわけだが、しょーじき失敗である。でも、ダイエーと同じく
取り壊すに取り壊せないのだよ。まさにゾンビである。ははははは。まあ、イ
ンタフェイスに仕事を丸投げしたものの、インタフェイスは何もしてくれてね
ぇしな。てか、インタフェイスなんて形骸化していてインタフェイスに何があ
るのかもさぱーりわかっとらんし。まさにわしにゆわせたらインタフェイスな
んてゆうのは架空名義のダミーの会社みたいなもんだ。箱物だけはとりあえず
あるが、従業員なんかいねぇわけだ。うむ。ま、でもあれだ、あんまり「大き
なシンタクス」になって何でもかんでもシンタクスでやるようなってもそれは
それで困るけどな。意味論も解釈、語彙もシンタクスで生成しちゃう。なんで
もかんでもシンタクスでやっちゃう「大きなシンタクス」もいくない。やはり
役割分担が大事だ。そんで、まさに部門間にまたがるようなものはワークシェ
アリングして協力してやったらええと思う。ま、そんなもんである。うむ。で
、また、「仇!このタコ!、段落つけろ!」とゆうんだろうな。わしはタコだ
から聞く耳をもたんわ。ははははは(^^)さて、『糞盤』@マキシマム・ザ・
ホルモンでも聴いてトリップしてくっかなー。ははははは。

あと、あれだ、空気読むウンヌンだが、やぱ空気読めるかどうかは大人である
か否かの試金石でもあると思う。ぶっちゃけ、自閉症的な人は相手の心を読め
ないと同時に空気が読めないのではなかろうか。空気読めない香具師はプチ自
閉症的な人だと思う。うむ。



322 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 19:58:53 0
>>321
KY

323 :仇鱒:2007/07/13(金) 20:01:20 0
>>322
>KY
ごめん。わし自閉症的なもんで空気嫁んのだよ。ははははは。
てか、くだらんこと書いてねぇでこれ↓買って聴け。
http://www.barks.jp/cdreview/?id=52027829
上でわしが紹介した『糞盤』@マキシマム・ザ・ ホルモンだ。うむ。


324 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 20:38:36 0
『「ひきこもり国家」日本 ーなぜ日本はグローバル化の波に乗り遅れたのか』
                                  (宝島社新書)

まだ読んでないけど結構売れてるらしい。
日本人って集団自閉症っぽいかもね〜。うむ。 ←マネ

325 :仇鱒:2007/07/13(金) 20:49:35 0
>>324
>『「ひきこもり国家」日本 ーなぜ日本はグローバル化の波に乗り遅れたのか』
>(宝島社新書)
今度こんな↓本を出してみようかと思っている。
『「ひきこもり言語学」生成ぶんぽー ーなぜ生成はグローバル化の波に乗り遅れ
たのか』(仇ちゃん新書)

てか、どーせ読むならこの↓本だ。
『民似何食為天』
興味ある香具師はネットで調べてみればええ。

さて、明日は日本武道館でライブだ。がんがるぞっ!てか、明日雨だけど人くるのかな?
じゃ〜な(^^)


326 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 20:57:29 0
ははははは。

327 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/13(金) 22:44:48 0
中野美奈子も来るらしいね。てか仇せんせの頭んなかは
ずーっとLive in Japan が鳴りっぱなしなんだろな。

328 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 00:33:21 0
>>321
>あと、あれだ、空気読むウンヌンだが、やぱ空気読めるかどうかは大人である
>か否かの試金石でもあると思う。ぶっちゃけ、自閉症的な人は相手の心を読め
>ないと同時に空気が読めないのではなかろうか。空気読めない香具師はプチ自
>閉症的な人だと思う。うむ。

では、言語学板の中の、「生成文法総合スレ」という名前のスレッドで、
どこそこに行ったらなんたら、嫁さんがどうしたらこうたらと延々と
語るのは、空気が読めているのかね・・

329 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 00:49:17 0
>>325
アメリカや中国を叩くだけじゃなくて
自分の国の問題とも向き合わないとねぇ。

330 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 05:27:54 0

Mapping Function Onto Neuronal Morphology
http://jn.physiology.org/cgi/content/abstract/98/1/513

331 :仇鱒:2007/07/14(土) 06:44:11 0
おはよ。風邪が腰にきてどーもまっすぐ立てん。いやはや、困ったよ、、、。
で、カルメン真紀子するな。

>>327
なんか芸能人がきてトークショーなんかをするようだな。くだらんトークでも
していようものならわしが乱入して今世紀に残るトークショーにしてやろうか
と思っている。うむ。てか、やぱ武道館つーとたしかにライブ・イン・ジャパ
ンだ罠。デープパープルのライブ・イン・ジャパンはよく聴いたし、よくコピ
ーしたものだ。まあ、個人的にはライブ・イン・ジャパンではチャイルド・イ
ン・タイムが秀逸だ。ちょっとかったるくて途中で眠くなってしまうけどな(
ワラ)。途中にあるリッチーとイアンギランの掛け合いはやぱすげぇよ。あの
スタイルをつくったのはたぶんライブ・イン・ジャパンが最初じゃねぇかな。
いやわからんが。



332 :仇鱒:2007/07/14(土) 06:45:03 0
>>328
ま、わしは空気なんか意図的に読まずに書いているところがある。空気が読め
ないのも困ったもんだが、わしのようにわざと空気を読まないのも困ったもん
である。ははははは。てか、あれだ、相変わらず「空気を読む」ことにこだわ
ってる香具師がいるがもうちょい語ってやるわ。まずわしは、「空気を読む」
という表現に共感覚を感じた。ま、分かるように「空気を読む」とゆうのは「
黄色い声」と同じように、ある感覚を別の感覚で言い表していて共感覚が言語
に表出したその一例である。実は先日出た拙著の最後の章は共感覚を扱ってい
る。いろいろわしが突っ込みを入れて書いているから興味ある香具師は本屋で
立ち読みでもしてみたらええ。ま、その章を立ち読みするだけでも3時間はか
かるだろうけどな。ははははは。で、あれだ、「空気を読む」だが、空気を読
んだりわざと読まなかったりするには実はかなり高度な認知能力を要求するわ
けだ。推論をもっと高度にしたメタ推論とでもよべる能力が必要になってくる
。ようするに、語用論的な能力をもっと高めたものがまさに空気を読む力なの
だと思う。で、どうなんだろう、この「空気を読む」なんていうのはまさに本
来の認知言語学の研究テーマだと思うのだが、認知ぶんぽープロパーで「空気
を読む」ようなことに関してシリアスに研究している香具師はいるのだろうか
。もしいないとしたら、認知ぶんぽーやってる香具師は感性にぶすぎると思う。



333 :仇鱒:2007/07/14(土) 06:46:12 0
>>330
ま、樹状突起がなんであんな形をしてるかだが、わしなんかは、樹状突起の絵
を見るといつもティムポを思い出すけどな。樹状突起からいろんなものがピュ
ピュと飛び出すわけだ。あれ見てたらティムポそのものだとわしなんかは思う
わ。形も似ているしな(ワラ)。ま、わしなんかはニューロン絡みの記事とか
見てると、「生き物つーのはミクロのレベルでも基本はティムポだ。うむ。」
と思ってるぐらいだ。で、樹状突起がなんであんな形をしているかだが、同じ
ように、なんでティムポにはカリの部分があるかとゆう問題もある罠。てか、
わしの記憶が正しければ、カリの大きさって生き物によってたしか違うんだよ
な?同じように、樹状突起の形も生き物によってかなり違うのかな?どうなん
だろ。個人的にはこーゆー問題は趣味でやっている生成ぶんぽーよりずっと興
味があったりする。うむ。

てなことだが、失禁前にメシ喰ってメールチェックでもすっかなー。てか、毎
朝30通ぐらいのメールをさばいているよ、わし、、、。あ、そうだ、顔餅、
代理カキコミいつでも桶だ。どんどんメール送って栗。たぶん樹状突起ネタで
釣られてくると思うのだが(ワラ)



334 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 08:51:23 0
少しは読みやすくなった

335 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 08:52:39 0
のだろうか?!

336 :(´∀`)@リハ:2007/07/14(土) 09:26:42 0
DP live in japan は大阪厚生年金での演奏がメーンという事実(ジャケ写は武道館)


337 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 09:39:23 0
>>328
だからお前が空気読めって。
今ごろ何言うてんねん。

338 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 12:10:23 0
>>337
時代は変わるんだよ。 古株だからってエバるな。

339 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 12:18:06 0
仇鱒は長話で話をそらすのが上手だね。

340 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 13:30:12 0
>>339
その具体例。

>>295,>>298は、まとものなこと言ってると思うが、
ヌルーしてるね。
そういったヌルーも意図的にやっているのかね?
けっこう、無意識的に逃げちゃってるだけのような気もするのだが・・。


341 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 13:31:05 0
左様。言いたいことしか言わんw

342 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 14:10:30 0
話が長いくせに都合の悪いところはヌルーw

343 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 14:37:16 0
>>339-342
落語を聴く感じで読むのがコツだそうですよ


344 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 14:55:12 0
そだな。
仇鱒は落語家のほうが向いてるな。

345 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 15:21:48 0
いや、それにしては、「間」がなさすぎ。

346 :仇鱒:2007/07/14(土) 20:10:50 0
やれやれ、今お帰りだよ。ちかれた、ちかれた。で、来週はオープソ・キャソ
パスで添乗員しなきゃならんよ、、、ったく、、、。ま、こーゆー仕事嫌いじ
ゃないから別にいいんだけどな(^^)てか、あれだ、ライブ@日本武道館終わ
ってから土砂降りの中、靖国神社にいってきますたよ。ま、お決まりのコース
だ罠。ははははは。ま、わしは自他と共に認める中道右派てか石翼だから日本
武道館にいったら靖国神社にいかなきゃな。ははははは。で、土砂降りの雨の
中、英霊たちに会いにいってきますたよ。みたままつりということもあり、黄
色い提灯と出店の中を傘さしながら背筋をピン!と伸ばしていってきますたよ
。途中、90歳ぐらいのおばあちゃんが、娘か親戚の人と話をしているのを聞
いてじ〜んときちゃいますたよ。「悲しくなるからきたくなかったけど、やっ
ぱりきてよかったよ。」とかそういうせりふを何気なくゆっていたのだが、わ
しはそれを聞いて涙が出てきそうになりますたよ。いや、ほんとーにマジでな
。で、「出征に際し」をじっくり読み、そして「昭和天皇御製」を読み、あら
ためて今の日本のについて考えますたよ。そういえば途中、伊東四朗とか小林
よしのりなんかの提灯を発見したが(←絵が描いてあったりことばが書かれて
いるやつ)、あれって誰でも出させてもらえるのかな?わしも痴識人代表で出
させてもらえんものだろうか。やぱ知識人じゃねぇとダメなのかな、、、。


347 :仇鱒:2007/07/14(土) 20:11:54 0
てなことだが、顔餅@>>336、アク禁解放おめ。てか、dpのライブインジャ
パンの音源については確かにわしも何かで読んだことがある。てか、実は今日
生まれて初めて日本武道館の中に入ったのだが、意外と狭いな。もうちょっと
広いかと思ったよ、わし。あと、あれだ、わしがスルーしているとかゆってる
香具師がいるが、わしがどのレスに釣られるかはその時の気分次第だ。意図的
にスルーしようとか思ったことはほとんどねぇけどな。まあ、全てのレスにレ
スしてもいいのだが、まんどくさいからセレクトレスポンスしているだけだ。
うむ。てか、わしが落語家に向いているとかわしの学生みたいなことゆってる
香具師がいるな。わしは時々学生から「ジュギョウはもうええから雑談してく
れ。」とゆわれるけどな(ワラ)。てか、ジュギョウで一番ウケるのはわしの
漫談コーナーである。うむ。

で、あれだ、「空気を読む」でもうひとこと書いてやると、生成とゆうのは、
実は「空要素を読む」学問であるのだよ。生成のイケてるところは、音形のな
い要素を読んでいるところであり、ここが認知ぶんぽーと違うところでもある
。ま、あれだ、空気が読めなくて空要素も読めない香具師は生成やる資格ねぇ
罠。そーゆー香具師は語用論計算機と言語計算機の両方が壊れている救いよう
のない香具師である。うむ。てか、わしが思うに、認知ぶんぽーやってる香具
師ってシャレがワカランとゆーか空気嫁ねぇ香具師って多くね? そう感じるの
はわしだけか? ま、そんなところだ。ちかれたから風呂入ってメシ喰ってくる
わ。ふ〜っ。あ、てか、今メールチェックしてみたら組の若いもんからいろい
ろメール来てるじゃねぇか。ちゃんとレスしねぇと今に「仇!2ちゃんで油売
ってねぇでしっかり組まとめんかい、ゴルァ!」と言われそうだ。うむ。てか
、かかりと違ってかかりの後輩は頭がキレて怖いからしっかりせんと、、、。
しっかりやれ、自分。うむ。

348 :仇鱒:2007/07/14(土) 20:19:10 0
キタァァアアアアア!!!!!!!!

顔餅、裏dvdさんくすっ!これでストレス解消できる。
何はともあれ、さんくすっ!
いやはや、一度ジューダス・プリスト見てみたかったのだよ。
わしと顔餅で波長が合うのはロックの好みだけだな(ワラ)
いや、マジで感謝する。ほんと、thx!(^^)←仇ちゃんニコニコ

さて、風呂はいってこよっと♪

349 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 20:39:30 0
>音形のない要素を読んでいるところであり

音形のない要素が本当にあるかどうかはどうやって確かめればいいのでしょう。
ここに幽霊がいる!と叫ぶ人がいたとします。
それを聞いた人はでも何も見えないよなと疑います。
幽霊を見た人は形のない存在を知るのが人間の認識力なのだよと言います。
しかし外野の人は正しいのか確かめようがありません。
さて空要素の存在の可否に確証を与えることはできるのでしょうか。

350 :仇鱒:2007/07/14(土) 21:01:23 0
を、なんかレス@>>349が憑いてるな。えっと、これから組の若いもんのメール
読まんといかんからカルメンまさる君な。で、え〜っと、音形のないものは見え
ない罠。だから、「ほれ、これが証拠だ」とゆう風にはいかん罠。となると、ど
うするかとゆうと、間接的な証拠を集めてきてそんで音形のないものの存在を<
裏付ける>しかない。つまり、音形のないものに対しては裏付け証拠しか出すこ
とができない。ようするに、直接的な証拠はどうひっくり返っても出せないわけ
だ。ま、同じことがugにも言えるわけだ。ugは目に見える形では存在しない。
だからugの証拠も直接的には提示できない。どんなに脳生理学が進んでも直接的
証拠は100%出せない。で、生成ヴァカは脳科学が進むと100%直接的な証
拠が出せるとホザいたりする。この手のヴァカをリアルヴァカとゆう。うむ。で
、こーゆーヴァカが巷にあふれているから生成はヴァカとアホとキティがやる学
問だと勘違いされるのだ。うむ。で、それはええとして、音形のない要素の裏付
け捜査だが、具体的には罠コントラクションの議論がある罠。ま、そんなところ
だが、ちょいと組の会合に出てくるわ。組の若いもんがちょいともめてるからな
。わしもちょいとモミモミしてくるわ。やぱ、もめてるときはいっしょになって
モミモミするのが一番だ。うむ。モミモミ♪

351 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 21:12:03 0
やっぱ仇ちゃんはウヨだったのかぁ。

でも、組の若いもんって……。ここはそういうスレなのか?

352 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 21:25:39 0
>>350
>こーゆーヴァカが巷にあふれているから生成はヴァカとアホとキティがやる学
>問だと勘違いされるのだ。うむ。

生成ってウヨがやる学問なのか…?

353 :仇鱒:2007/07/14(土) 21:31:34 0
>やっぱ仇ちゃんはウヨだったのかぁ。
右翼じゃなく石翼でつが、何か?
てか、そうじゃなきゃギターで『君が代』弾いてホモページにうpしたりな
んかしませんが(ワラ)

> でも、組の若いもんって……。ここはそういうスレなのか?
そうゆうスレでつが、今頃わかりますたか?(^^メ)

>生成ってウヨがやる学問なのか…?
ウヨもやっている学問でつが、他に何か?

354 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 22:36:14 0
生成とウヨって相性いいのかな。
形式主義なところとか。

355 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 22:45:29 0
>>353
仇組って生成のお仲間じゃなくてウヨのお仲間だったんですか?

356 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 22:46:02 0
この複雑な現代社会で、右とか左とか言って何か解ったような気になっている人に
学問は無理だ、ってのがよくわかる典型例だろ、この仇とかいうアホは。

357 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 23:22:18 0
>>353
ホモページに行ってみたいのですが…

358 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 23:42:46 0
んじゃ、複雑な言語現象を2→1→0 とか言って何か分かったような気になってる
人も学問は無理なんかな?

359 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/14(土) 23:53:50 0
仇組の構成員は2名しかおらん。
横山プリンとアラモードみたいなもんだ(誰も知らんか)。

360 :(´∀`)@リハ:2007/07/15(日) 00:01:48 0
横山プリンといえばカットジャパン1310
テーマ曲は言わずとしれた ZEP のRock and Roll (遠い目

>形式主義なところ
様式美を重んじる点ではヘヴィメタルと通底するにゃ

361 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 04:11:37 0
移動を段階的に(主要部移動→A移動→A'移動の順で)無くしていく。
新しい生成文法。
名称的には、重ね合わせ範疇文法とか、重ね合わせ句構造文法とか、そんな感じで。
何十年もかけて3つに纏めた移動を無くしていくのだから、やっぱり何十年もかかるのだろう。

362 :仇鱒:2007/07/15(日) 07:38:11 0
おは尿ございまつ。吐き気がある。気分わるい。で、あれだ、ウヨと生成が
相性いいウンウンだが、そもそも生成のグルであるチョムはサヨてかアナー
キストだ。ま、わしにゆわせたらチョムは脳内花壇男でたんなるメルヘンな
香具師にすぎん。で、>>356のような知ったような口をきく香具師に教えて
やるが、チョムの思想はまさに「小さな政府」どころか「無の政府」を目指
しているのだよ。政府や国家とゆった権力をいっさいなくし、なにもかも民
間てか民意で決めればええとゆう、究極の「極小の政府」ならぬ「無の政府
」をよしと考えているわけだ。で、このチョムのお花畑思想の背景には性善
説とゆうか人間理性説ともよべる、これまたメルヘンな思想があるのだよ。
ま、わしにゆわしたらチョムの政治思想なんて糞レベルである。で、生成ヴ
ァカとゆうかチョムヲタ(←とくに60歳ちょい杉の真性ヴァカおやじに多
い)はこうゆった政治思想もよしとしていたりする。はっきりゆって逝って
よしだ。ま、それはよしとして、横山プリンもええが、最近のプリンはマジ
でうまい。わしはもともとヨーグルト派だが最近プリン派に転向しようかと
思っているぐらいだ。うむ。で、あれだ、仇組は横山プリンとアラモードみ
たいなもんじゃない。仇組は言語学界のダチョウ倶楽部である。うむ。ちな
みにわしの役は上島である。てか、いつか仇組をヴァージョンうpして電撃
ネットワークのようにしようかと思っている。そして最終的にはモー娘。み
たいにさせようかと思っている。で、ZEP のRock and Roll で思い出したが
、long live rock & roll(by レインボー)の最後ってなんてゆってるんだ?「
やめてYO!、やめてYO!」ってゆってるのか?英検5級のリスニング能力
しかねぇから聞き取れねぇよ、わし、、、orz...

363 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 08:06:24 0
そうむきになるな。茶でも飲んで落ち着け。

364 :仇鱒:2007/07/15(日) 08:07:31 0
を、>>361にベンキョー寝たがあったな。ヌルーしてごめそ。で、あれだ、
ムーブをインターナルマージと捉えれば、生成の移動の変遷は次↓のよう
に見ることができる。

ムーブα → ァフェクトα → マージα

ま、今はマージαの時代であるが、マージに何の制約も課していないまさ
に盲目のドッキングマシーンである。今に耳も聞こえなくなりシンタクス
@chlは障害者手帳をもつようになる。うむ。

さて、今日は雑務処理しながら顔餅に送ってもらったお宝映像を鑑賞すっ
かな〜。(^^)仇ちゃnニコニコ〜♪ てなことで、今日はこれから雑務
処理&ロックモードに入るからしばらく彦頁出さんからなー。じゃ〜な〜。

365 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 08:56:43 O
組の若いもんもここ来るようにメールするわ


366 :仇鱒:2007/07/15(日) 09:02:25 0
↑藻前誰だよ?あん?

てか、せっかくだからもうひとカキコ。上でわしはマージαつーのは盲目のドッ
キングマシーンだと書いたが、まさに次↓のことわざそのままである。
a nod is as good as a wink to a blind horse.
ま、ようするに、
a 味噌 is as good as a 糞 to a blind human language computation.
ま、そんなもんだ。うむ。てか、仕事の山崩れねぇしょ、、、。どないしよ。orz...
てか、>>365や、わしの仕事手伝って栗。いや、マジで誰か手伝って栗、、、。

367 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 09:27:09 0
落ち着けってw お前が偉いのは分かっているから。俺たちの誰よりも頭がいいのも分かっているから心配するな。
仕事ができるのも分かってるし、有能だからどんどん仕事が来るのも分かってるってw

368 :仇鱒:2007/07/15(日) 09:48:04 0
ん?わしは餅ついているけどな。ま、それはええとして、わしをほめんで栗。
肛門の奥がかゆくなる。頼むからわしをいじめて栗(ワラ)。てか、わしはメ
ンタルなマゾ鴨しれないが、いじめられるとほんとすんげぇパワーが出るのだ
よ、これが。ココだけのハナシ、わしはパワー不足を感じる時は、わざとシャ
バでケンカふっかえていじめてもらったりする(藁←最初シュキなだけわしを
いじめさせて後からわしがいじめ役にまわる(^^メ))。そうするとパワーが
みなぎってきて仕事の能率も効率もぐん♪とあがる。てか、藻前らそんなこと
ね?これはわしの痔論なのだが、サドよりもマゾの方が心身共に強いのだよ。
だから、時間無制限で戦ったら絶対にマゾが勝つと思う。表面的にはサドの方
が強そうなのだが、それはやはり表面的なものなのだよ。だから、なんつーか
、やぱものごとは表面的に見ていてはダメなのだよ。うむ。さて、仕事に戻る
わ。うむ。

369 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 10:07:37 0
すげー、いやほんと偉いわ、人間的にもスケールでかいしw

370 :仇鱒:2007/07/15(日) 10:21:22 0
あ、やぱ誤解された、、、。てか、へんな釣りすんじゃねぇよ、、、ったく、
、、。わしは人間は小さいがケツの穴はでけぇぞ。あん?なんか文句あっか?
てか、くだらんこと書いてねぇで鱒でも掻いてろ。このボンズが。

371 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 10:49:42 0
うん、ごめん、もうあきたから釣らないw

372 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 11:27:11 0
釣れすぎる釣りってのもつまらんもんだろ?

373 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 11:57:09 0
>>368
仇鱒のあほー。仇鱒のぼけー。仇鱒のちんかすー。

(いじめてみました。放置だけはしないで下さい。)

374 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 12:10:21 0
馬鹿者!
仇鱒様になんてこというんだ。死ね!

375 :仇鱒:2007/07/15(日) 12:11:06 0
>>373
ナイスなカキコミだ。そーゆーのがいい。てか、最後の「てぃむかす」はリア
ルぽくて一瞬 カッ!となってしまったが(ワラ)で、せっかくだから昼飯前に
ちょいと書くが、一般ピーポーは次↓のような文を見てもすぐに理解できない
ようだな。
Who Do We Think We Are
実はこの↑文はデープパープルのアルバムのタイトルなんだけどな。ちなみに
コレ↓だ。
http://wmg.jp/artist/deeppurple/WPCR000075037.html
授業でまさに上の文を解釈させたのだがすぐに分かる学生はいなかったな。て
か、ある意味「私は誰?ここはどこ?」的な文だしな。だって訳したら「漏れ
らは誰だと漏れたちは思っているか」となってやぱちょいと意味不明ぽい文だ
しな。Do We ThinkのWeの部分がTheyだったら分かりやすいのかな?と、授
業の反省を今しているところでつ。はい。ちなみにわしのジュギョーではロッ
クの歴史もベンキョーできるようになっている。お得なジュギョーである。う
む。ちなみに先日はギターのオープンチューニングについて熱く語りますた。
はい。


376 :仇鱒:2007/07/15(日) 12:19:18 0
>>374
わしの信者乙(ワラ)

377 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 12:38:42 0
これだけの凄い書き込みを見て信心をいだかぬ者は馬鹿でござります。

378 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 12:41:20 0
うさんくさ〜

379 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 12:43:20 0
怪しさ200%

380 :(´∀`)@リハ:2007/07/15(日) 12:48:01 0
>「やめてYO!、やめてYO!」
???
let it live, let it live, let it live long んとこかにゃw

>Who Do We Think We Are
俺っち何様んつもり? てなあたりだにゃ
すでにリッチーとギランの仲は最悪でやっつけ仕事であったわりには,
いい歌もあるにゃ
最近知ったのにゃが,Fireball発表後にリッチーはすでに一度パーポー
脱退して新バンド結成しかけとったのを,断念して作ったのがMachine
Head であるにゃ


381 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 12:55:52 0
>>375
オープンD、G、DADGADなどはどのように使い分ければいいんですか。やっぱ曲想によってですかね。
それとも運指の具合ですか。あー授業に出てーな。

382 :仇鱒:2007/07/15(日) 13:20:06 0
てか、また自演疑惑か、、、。ま、えーけどな。

>>380
>let it live, let it live, let it live long んとこかにゃw
う〜ん、今2度聴いたがやぱ「やめてYO!、やめてYO!」に聞こえる、、、。
「掘った芋いじるな」的な空耳だと思うのだが、どーも最後に日本語が出てきて
いるようで最後の最後でテンションが下がってしまうのだな。でも、ロングリブ
ロックンロールは秀作である。とてもいい曲だ。ポップ路線ではアイサレンダー
の次ぐらいにシュキな曲である。うむ。てか、今わしがアコギでフールフォユゥ
アラビン(ホワイトスエイク)を弾きながらガキといっしょに大合唱をしている
。(←わしはうんちもとい音痴だから歌わない)

>最近知ったのにゃが,Fireball発表後にリッチーはすでに一度(ry
えっ、ほんまか、、、。ま、でもあれだな、ジュギョーでも脱力気味で(←やる
気6割ぐらい)やった方がオーディエンスのウケがよかったりするんだな。「よ
っしゃ!アレもコレも教えてやるぞ!ゴルァ!!」モードでやるとだいたいジュ
ギョウは失敗する。そんなもんだ。うむ。



383 :仇鱒:2007/07/15(日) 13:26:09 0
>>381
うむ。ちょいと語ってやる。ま、オープンdはヘビィさを出すためとゆうの
がある罠。6弦だけをeからdに音を下げるだけで曲のヘビィさがかなり強調
されるからな。だが、ストラトでやっても正直意味がない。やるならやぱ音
の図太いレスポールだ。あと、運指とゆうかパワーコードの押さえ方の問題
もある罠。オープンdだと、6弦と5弦を同じフレット押さるだけでハモら
せることができるからな。で、わしのホモページの動く仇ちゃんを見てくれ
れば分かるように、わしは、親指で6弦と5弦を押さえる弾き方をしたりす
る。ちなみにこうゆった弾き方はネックが細くて薄いギターじゃないとダメ
だ。わしは工房の頃フライングヴイをもっていたが、実はその時にこの押さ
え方をベースにした弾き方をマスターした。てか、実はわしは指が長いとゆ
うか手が大きいから親指で普通のバレーが可能なのだよ。あと、あれだ、オ
ープンチューニングはやぱスライドギターのような特殊な演奏するときには
必須だ罠。ま、でも、基本はレギュラーチューニングだと思う。ちなみにわ
しの大学院の授業は半分が音楽のコアなハナシである(ワラ)。この前学生
がたまたまギターを教室にもってきていてわしが試奏してやったが、終わっ
たらスタンディング・オベーションだったよ。うむ。ちなみにそのときはギ
ターのスケールをつかって、音楽に見られる幾何学構造とゆうタイトルでち
ょいと熱く語ったりした。うむ。



384 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 13:27:10 0
うんこくさ〜

385 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 13:27:25 0
>>382
てか、仇鱒教がうさんくさくて怪しいんだと思われ

386 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 13:38:18 0
>>383
他の調性は使わないんですか。いろいろ使い分けてるのかと思いました。もっとモーダルなのとかも。

387 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 14:10:03 0
入り口は生成とロックで、中に入るとウヨのすくつ…みたいな

388 :仇鱒:2007/07/15(日) 14:10:07 0
うんこ臭いんだかうさん臭いんだかしらねぇが、わしの屁かがすゾ、
ゴルァ!!てなことだが、>>386にカルメンれすポン酢すると、わしはオー
プンチューニングにはあんまり興味ないのだよ。正直なんつーか、オープン
チューニングって一種の「逃げ」だと思うのだよ、わしは。わしは、まあ、
なんつーか音楽に関しても実は保守的で、決められた枠内でどれだけクリエ
イチブなことができるかに興味がある。そんなこんなで、レギュラーチュー
ニングという保守的な枠組みでどれだけできるかに興味があったりする。て
か、正直、オープンチューニングの究極のものとゆうと、ヤィリの一五一会
だと思うのだよ。弦が5本で人差し指だけで弾けちゃうアレだ。あれでギタ
ーが身近になったとかゆう人がいるが、わしの考えはまったく逆だ。あれで
一気にギターの面白さが減ったしギターの奥深さが失われたと思っている。
ヤィリはいいギターつくってるしほんと日本が誇る最高の会社だと思うが、
正直一五一会は出すべきじゃなかったと思っている。ちょいと夜まで留守に
するなー。じゃ〜な〜。てか、全然仕事サバけてないじゃん。ダメじゃん、
わし。どてっ。

389 :仇鱒:2007/07/15(日) 14:15:22 0
>>387
>ウヨのすくつ
「巣窟」は「そうくつ」と読むのだよ。ったく、、、。日本語ベンキョーしてから
カキコしれ。ったく、、、最近のガキは日本語もロクに知らねぇな。藻前らがエー
ゴべんきょうするのは67年はやいわい。ま、そんなところだが逝ってきまつよ。

390 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 14:29:18 0
>>389
2ちゃん用語でつよ

391 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 15:35:51 0
自分はおかしなことば、いぱ〜いつかってるのに・・・

392 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 15:46:31 0
>>391
ははははは。その通りだ罠。うむ。

393 :仇鱒:2007/07/15(日) 18:38:37 0
やあ、わしだ。それにしても我が国日本は平和だ。うむ。ほんと、日本は
平和だと思う。参院選のポスター見てほんとそう思ったよ。てか、今年も
ネ申降臨だな。みんなのアイドル、又吉ィェスさまのご出馬だよ。マジで
ポスターをじっくり読もうと思うのは又吉ィェス師のポスターと羽柴秀吉
師のポスターぐらいだよ。てか、マジで選挙公約とか一字一句しっかり読
んでるのはこの2人ぐらいだよ、わし。ま、でも、あれだな、ブッチュや
キムジョソイル、それにコキソトウとサシでガチができるのは又吉ィェス
と羽柴秀吉ぐらいじゃねぇか。ははははは。それにしてもこの二人はいい
おやじだ。わしら有権者に夢を与えてくれる。うむ。それにしても又吉ィ
ェスと羽柴秀吉は素敵なおやじだよ。いい年の取り方をしてるなー。非常
に2ちゃん的でいいキャラしてるわ。近所にいてもらいたくないおっさん
だが(ワラ)ふと思ったが、騒音おばさんと又吉ィェスと羽柴秀吉の3人
の中で最強なのは誰かな?わしは騒音おばさんに1票投じるが。うむ。

394 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 18:47:52 O
個人ではなく政党として、公式に駐獄にものが言えるのが
共産党だけだという皮肉。
共産党にあの駐獄が詫びをいれたほど。

395 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 18:49:24 0
http://www.youtube.com/watch?v=akljK55TFLw&mode=related&search
おれは、「いまどき」がキャッチフレーズの外山氏がいいなあ。

396 :仇鱒:2007/07/15(日) 19:01:53 0
を、なんかレスがついたな。ちょいと吊られてやっかな。ま、あれだ、>>394
は知ってるかどうか知らないが、世界広しといえども、いわゆる共産主義をか
かげ、しかも「共産党」なんて露骨な名前をつけてる政党なんて日本共産党ぐ
らいだよ。ま、いろんな意味で不思議な政党だよ。政権とる可能性なんて12
0万パーセントないのに政権をとったときの仮想のストーリーをつくったりな
。ま、政権とる可能性ないからこそシュキ勝手なことが言えるとゆのがある罠
。ま、その点社民党も同じだ。政権とれるワケがねぇのにマニフェストなんか
つくったりな。意味ねぇのに。プゲラだ。

>>395
gj!いやはや、外凸師はまだ36才なんだよな。いやはや、すごいよ。逝っ
ちゃってるよな。ま、誰もが立候補できる日本が極めて健全であることをつく
づく感じるわ。そう思うとわしなんか普通の人間だわ。ははははは。

397 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 19:31:25 0
>>375熱く語ったとゆうからもっと知ってるかと思ったぜ。つかオベーション使ってるのか。

398 :仇鱒:2007/07/15(日) 19:38:51 0
>>397
ま、熱くかたるつーてもたかがしれてる。ははははは。てか、あのオベイショ
ンはメイドイン・コーリアだ。てなことで安もん。けど、音はそこそこええ。
で、弦高もサドルの下の紙を2枚とりのぞき0.3mmないからかなり弾きや
すい。ま、でもオベイションはあんまり弾いてねぇな。最近はフツーのアコギ
だ。やぱブンブン♪した音は最初は珍しくてええが長続きしないな。うむ。あ
、あと、あれだアコギが2本写ってると思うが、その2本もサドルをタスクに
変えて弦低くしてそれなりにプレイアビリティ高いと思うわ。

399 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 19:40:37 0
ちょっとまともな話題にくいついて。

移動の話が出てたけど、sideward movementってどうよ?
ありゃ、いくらなんでも反則だと思うんだけど。
marylandの流れにだけはついていけん・・・
そのうち日本語の「自分」も「彼自身」もraisingってことになるんだろな。

400 :仇鱒:2007/07/15(日) 19:51:01 0
サイドワード・ムーヴメントなんて反則技に決まっとるだろうが。第一、
移動つーたら、シーコマする位置にするのが大前提。それ以外の統語現象
は原則移動以外のメカで捉えるべき。ま、枠組み変わってパラダイムが変
わったら移動に課せられる制約も変わるのかもしれないが、サイドワード
mvtやダウンワードmvtなんて反則技もええところ。そうゆった意味
では、前に高橋&ボスコビッチがスクランブリングの分析でダウンワード
ムーブを前提にしていたと思うが、なんだかなーとゆうもんだ。ま、生成
は何でもありだ。あと、「自分」とか「彼自身」なんかは普通に昔から
lfでagrなんかにレイズしていた罠。レイズしていたとゆっても、先行詞
を求めてえっちらおっちら主要部移動していただけのハナシだけどな。完全
に後付で説明でも何でもなかったが。うむ。さて、今日はそろそろ電源ぷっ
ちゅんすっかな〜。

401 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 19:58:55 0
弦高下げすぎだろ。弾きやすくはなるけど音悪くなるじゃん。アンプに入れるの前提だったらま、なんとかなるけどな。
つか写ってるって何。

402 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 20:07:18 0
sideward movementってどんな移動ですか?

403 :仇鱒:2007/07/15(日) 20:11:11 0
>>401
あ、タイポしてしもうた。0.3mmじゃなく0.3cmな。つまり3mm。
ちなみにわしのストラトはどちらかとゆうと弦高は高め。
>つか写ってるって何。
あ、てっきりわしのホモページに写ってるギターを見たのだと思ったのだよ。
ちなみにアコギはテンションと音の出のトレイドオフでサドルを4回くらい削
り直したけどな。おまけでペーパーサンドで何度自分の指をけずってしまった
ことか、、、。

404 :仇鱒:2007/07/15(日) 20:15:33 0
>>402
ま、蟹さん歩きしている移動だ。シーコマしていないところに移動してい
て、構造を見ると上でも下でもなく横に移動しているような移動だ。

405 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 21:42:16 0
>>402
「ぬねす」って人がMITから赤い本を出してるので、参考までに。

>ダウンワードmvtなんて反則技もええところ
移動が結局chainを作る操作だと考えれば、copyをどこで解釈するかって
いうだけの話なのでdownwardは別にかまわんと思われ。

sidewardがおかしいのは、chainに組み込まれないってとこだね。

406 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/15(日) 23:20:16 0
>>333
>樹状突起からいろんなものがピュピュと飛び出す
もしかして、軸索?

407 :共産党:2007/07/16(月) 00:37:43 O
そうです。
樹状突起からは飛び出しません。
軸策からドピュンと化学物質が飛び出すのです。
普通は間違いようがありませんが、
間違うということは、良く知らないという証拠です。
トイレてウンコをするという文脈において、口からウンコを出すと言い間違うくらい
通常ありえないことです。
このような岩波ジュニアレベルのことさえ
知ったかぶりするのがアダザルなのです。

408 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/16(月) 00:40:36 0
ははははは。うむ。

409 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/16(月) 00:48:35 0
アダルトな猿?

410 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/16(月) 00:51:58 O
マスかきザルじゃ。

411 :仇鱒:2007/07/16(月) 06:09:19 0
やあ、おはよ。わしだ。アダルティな申だ。うむ。で、共産党、おひさだ。元気
なようで何よりだ。昔よく政治寝たでガチしたよな。で、ごめそ、わしはよく「
口からウンコをする」とゆった類の間違いをする。それと同じだ。うむ。ま、
>>406に指摘されているように、情報をレシーブする方が樹状突起で、情報をセン
ドする方が軸策だったな。シニファンとシニフェならびにサドとマゾと同じぐらい
よく使い方間違えるわ。うむ。てか、時々右と左の間違いも最近するんだな、、、
。脳がマジで最近bseってる鴨しれない。うむ。で、>>405にレスするが、コピ
ーの解釈位置とダウンワードは直接関係ねぇと思うわ。むしろ、コピーの解釈位置
と関係するのはどのレベルで移動するかだ罠。ようするに、チェインのコピーのう
ち、ヘッドが解釈されれば(てゆうか音形化されれば)オバートな移動とカウント
され、テイルが解釈されれば(てゆうか音形化されれば)コバートな移動とカウン
トされるとゆうヤツな。てか、ダウンワードmvtは原則コバートな移動しかない
わけで、そうなると、コピーは常にヘッドのものが音形化され、解釈されるのはテ
イルの方となる罠。あと、あれだ、サイドワードmvtがおかしいのはチェインに
組み込めないとゆうのはその通りである。サイドワードmvtで捉えているような
現象は、本来2つのチェインをコンポーズしてつくるような現象である。だから、
典型的にサイドワードmvtが使えそうなのはパラスチックギャップ構文のような
ものだ。ようするに、本来チェインのコンポージングで処理してきたのをサイドワ
ードmvtなんつーワケワカンネーもんもってきて問題すりかえているだけのハナ
シだ。サイドワードmvtなんて、上でもわしがゆったように、移動の概念の根本
精神に反しているのだよ。だってシーコマするところに移動してねぇんだからな。
これなんか、「シンタクスはないけど言語計算可能なんですー」とか、「ug相当
のものがなくても人間は言語獲得できるんですー」とか「口からウンコ出すことで
きますー」というのと同じなのだよ。うむ。

412 :仇鱒:2007/07/16(月) 06:16:31 0
↑やいやい、朝起きてすぐに書いたから解釈と音形化ごちゃまぜにして書い
ちゃってるじゃん。だめじゃん、わし。山にこもって反省してくるわ。うむ。

413 :仇鱒:2007/07/16(月) 09:35:01 0
さて、反省したからまた里に戻ってきますたよ。ははははは。で、上でわしが書
いているように、原則、サイドワードmvtなんつーのはパラスチックギャップ
構文のようにアンタイ・シーコマの制約が見られるようなものに限られると思う
。で、思うのだが、アンタイ・シーコマの制約が課せられている構文ってパラス
チックギャップ構文以外に何があるや?で、もし他にないのであれば、ほんとー
にパラスチックギャップ構文にアンタイ・シーコマの制約なんて必要なのか考え
てみるのも手かもしれないな。まあ、たしかにリアルギャップが主語の時はパラ
スチックギャップは認可されないが、でも、付加詞の位置とか付加詞の導入の仕
方いかんではアンタイ・シーコマじゃなくてもいいかもしれないしな。そうなる
と、言語システムからアンタイ・シーコマとゆう特殊な制約をとっぱらうことが
でき、そのサイドエフェクトとしてサイドワードmvtみてぇなキモ系の文法操
作をあぼん♪させることができるからな。ま、そんなところだ。

で、あれだ、実は今月から読売新聞とっているのだが、30ページの右上に深刻
な記事が載っている罠。いわゆるオーバードクター問題だが、文科省は何か手を
うっているのだろうか、、、。学会と大学に問題丸投げで有能な若い力を無駄に
させていることはないだろうか。大学院入試が一足早く全入になり、ドクターを
出たら外は崖っぷちじゃシャレにならん。とにかくできる香具師が報われる社会
でないと国は滅びる。できる香具師もできない香具師も同じ待遇を受ける共産系
の国はいずれ活気がなくなりあぼん♪するのだよ。そーゆーもんだ。ま、それは
ともかく、国は率先して昨今のオーバードクター問題をなんとかすべきである。
うむ。

てか、dvd動かんぞ、ゴルァ!! 顔餅に送ってもらったハァハァ動画見られ
ないじゃねぇか、、、。

414 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/16(月) 10:06:52 O
社会主義は適材適所です。
自民主義はコネです。

415 :仇鱒:2007/07/16(月) 10:19:42 0
やいやい、今なんか地面が不気味な動きがしたな。新潟の人たち大丈夫か?
逃走派しゃんのトモダチてかわしの先輩、大丈夫?マジで、コッチでも不気
味な動きをしたわ。なんつーか、ボートに乗っているような感じだったわ。
うむ。で、>>414にレスするが、たしかにそれは一理ある。

416 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/16(月) 13:53:37 0
>>415
ムラ社会の中で活発に活動している人ほど
ムラの外が見えていないような気がするな。


417 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/16(月) 17:32:04 0
>>415
脳科学と生成って関係があるの?
(おすすめ2ちゃんねるに「脳科学総合スレ」が出てたから聞いてみた)

418 :(´∀`)@リハ:2007/07/16(月) 17:56:58 0
言語は脳機能の一つであるから言語学と脳科学は無関係ではいられないにゃ
現に生成の主要課題の一つは言語の脳神経基盤であるにゃが,理論言語学は
あくまでソフトウェアとしての文法能力をモデル化することに関わっておる
ので,それが脳神経レベルのハードウェアと直接対応すると期待し過ぎるのは
よくないにゃ(酒○とか萩○とか,そーゆー手合いが生成系に多いのは問題
であるにゃ)
たとえば言語機構がモジュール構造をしているからといって,そのモジュールの
一つひとつが特定の脳領域や神経ネットワークで実現されていると考えるべき
理由はなにもないにゃ
逆に,理論上は同一メカニズムとして扱われていても,脳では異なる回路が
関わる場合もあるにゃろ
たとえばMergeとMoveは今では統合されとるにゃが,Moveに特定的な
言語失陥がありそれが脳の特定部位の損傷に起因するとなれば,ハードウェア
的にはやはりMergeとMoveは別物ってことになるしにゃ

と横レスのテスト

419 :仇鱒:2007/07/16(月) 18:12:43 0
やれやれ、ガキにつき合ってずっと近所の駐車場で一輪車の練習してますたよ。
いや、練習してたのはわしじゃなくてガキの方だけどな。で、ガキがなかなか一
輪車うまく乗れないのを見ていてあること思ったのだよ。何のことかとゆうと、
言語障害だ。たぶんだけど、言語障害の人って、今まで自転車のっていたのにい
きなり「藻前、今日から一輪車乗れ」とゆわれるようなもんかなと思ったりした
のだよ。うむ。それにしても、わしもちょいとトライしてみたが、タイヤが一つ
あるのと二つあるのではまったく違った乗り物になるのだな。これはある意味ヒ
ジョーに興味深いことだと思う。うむ。で、>>416にレスするが、ま、ムラの中
で発言しようと外で発言しようとみんな自分のやってることも他人のやってるこ
ともちゃんと理解してねぇのだよ。ぶっちゃけたハナシ、ムラの外が見えたって
何かそれで自分の仕事にフィードバックできないのであれば、外のことを知った
って意味がねぇよ。あとあれだ、ぶっちゃけたハナシ、ムラの内と外を結ぶのは
ムラの内側にいる人間でも外側にいる人間でもどちらでもなくていいと思ってい
る。具体的には、第三者であるサイエンスライターみたいな人がうまく結んでく
れるのが理想的だとも思っている。というか、今はそういった接続的な仕事をし
てくれる人が必要だがいないんだな、これが。で、アメリカなんかはそういった
サイエンスライターがそれなりの数いるそうだが、日本では極めて少ないわけだ
。てか、実際数人だと思う。ま、あれだ、前にもここでゆったかもしれないが、
日本でもっともっとサイエンスライターを養成する必要がある罠。



420 :仇鱒:2007/07/16(月) 18:13:59 0
あ、どうでもええことだが、顔餅、とりあえず陰陽座とナイトウイシュ見ますた
よ。いやはや、どちらも演奏のレベル高いな。まず陰陽座だが、あれだけ音楽性
が高いとあんな格好していてもサマになるな。kissもdio (w)もやぱ独自の様式美
を追求しているが、やぱ中身がつまっているからサマになるんだな。てか、ヴォ
ーカルの女の人、うまいな。前にもちょいとゆったが、浜田麻里に声質似てるな
。てか、工房の頃浜田の歌唱力に酔いしれていたわしは、松田聖子とか中森明菜
の歌を聴いたとき「なんじゃこりゃ?」であった。で、ナイトウイシュだが、い
っしゅん女の人を見たときは五輪真弓かと思ったが(ワラ)、いやはや歌唱力は
ハンパじゃないな。発声法からゆっておそらくクラシック畑の人だろうな。でも
あれだな、最近女の人が男のバンドでいい味出しているのが多いな。ブラナイも
そうだが、なかなかクオリティの高いのが多い。ま、わしのおすすめのマキシマ
ムザホルモンもそうである。ホルモンのドラムは女性だしな。ちなみに名前をな
おちゃんと呼び、ギターの亮君の実の姉である。なおちゃんのドラムはマジで男
顔負けのパワーがあるし歌もうまい。女性陣多いにがんがっているようで音楽業
界はとてもいい感じだ。あとあれだなー、どうでもいいことだが、ガッコウでも
女子学生が元気だと全体的に活気がある罠。ヲンナ連中や、がんがれ。ヲンナの
見方のわしが応援する。ただし、田山鳥陽子のような生き物はすかん。ほんとす
かん。うむ。



421 :仇鱒:2007/07/16(月) 18:16:50 0
>>417>>418
ま、ひとことでゆってしまうと、生成は言語知識のモデルであり言語処理のモデ
ルではない。だから生成は脳内現象とは直接関係ない。うむ。んで、生成を軸に
あれこれやってる香具師がいるが、ぶっちゃけ、どの枠組みてかモデルを使うか
によって予測されるものが違ってくるわけだ。そうなると、出てきた解釈に対し
てもどのモデルてか枠組みを使うかによって変わってくるわけだ。だから、正直
、わしにゆわしたらあんまり意味のないことをやっているとゆえる。てか、ペッ
トやらメグやらfmri使ってやっている香具師がいるが、結局やっているのは手
垢のついた生成のデータで生成の仮説を検証しているだけだ。ぶっちゃけたハナ
シ、そんなことやってる暇あったらセオリチカルな仕事しれ、とゆいたい。ま、
でも、各人いろんな事情があるからわしも強いことゆえんけどな。うむ。わしも
いつかはセオリチカルなケンキュウができなくなり、くだらんことやって無為に
時間を過ごすことになるかと思うからな。うむ。で、あれだ、生成的にはむしろ
あれだ、生成版のバインディング・プロブレムを考えた方がよい。ちなみにバイ
ンディング・プロブレムとゆうのはいわゆる束縛理論のことじゃねぇから。よう
するに、脳内での結びつきの問題のことだ。で、自然言語つーと、意味論やら統
語論やら形態論やらいろいろあるわけだ。それが実際脳レベルでどう結びついて
いるか、それを考える必要があると思う。ま、ようするに、ジャケンドフの対応
規則が脳内でどうリアライズしているかそれを考えるのがよいと思う。ぶっちゃ
け、統語論プロパーの内部だけに限った実験は生成に何もフィードバックするこ
とはないと思う。理論言語学全体への貢献を考えると、今わしが上でゆったよう
に、自然言語のバインディング・プロブレムをシリアスに考えるべきだとわしは
思う。うむ。

と縦レスのてす

422 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/16(月) 19:33:53 O
サイエンス・ライティング・ライターなんてのはいるけどな

423 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/16(月) 19:50:33 0
>>414
それで社会主義国はホームレスが多いんだ

424 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/16(月) 20:51:41 0
>>421
生成的には「クオリア」ってどうなの。

425 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/16(月) 23:55:18 0
>自然言語つーと、意味論やら統語論やら形態論やらいろいろあるわけだ。それが実際脳レベルでどう結びついているか

言語能力にそのような分類は当てはまるのですか?
意味論、統語論、形態論というのは言語学の世界で慣習として用いられている分類であって
そのまま脳に対応があると考えてよいものでしょうか?

426 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/17(火) 00:06:20 0
音韻論が外れた人たちとして手話使用者がいるし
意味論が外れた人としてサバンとか、あの手の人達がいるんじゃねえの
あと音韻・統語がないひとたちとしてチンプとか

427 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/17(火) 00:57:44 0
改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ
行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改
しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行
ろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行し
改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ
行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改
しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行
ろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行し
改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ
行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改
しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行
ろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行し
改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ
行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改
しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行
ろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行し
改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ
行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改
しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行
ろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行しろ改行し

428 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/17(火) 01:32:37 0
>>421
>>417-418

429 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/17(火) 07:31:42 0
失禁前に仇シャン。

430 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/17(火) 21:46:22 0
>>421

>生成は脳内現象とは直接関係ない

じゃぁ、何と関係するんだ?

間接的には関係するのか?

間接的とは、どのような意味において間接的なのだ?

脳内現象と関係しない物がどうやって脳内に入ってきたんだ?

脳内現象と直接関係しない認知(言語学)は成立するか?

431 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/17(火) 23:50:58 0
>>421
>生成は脳内現象とは直接関係ない

じゃぁ、何と関係するんだ?
間接的には関係するのか?
間接的とは、どのような意味において間接的なのだ?
脳内現象と関係しない物がどうやって脳内に入ってきたんだ?
脳内現象と直接関係しない認知(言語学)は成立するか?

432 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/18(水) 00:16:12 0
生成ってエセ科学じゃね?

433 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/18(水) 01:21:24 O
すべては学習理論で説明出来ます。
さらば、生成文法。

434 :(´∀`)@リハ:2007/07/18(水) 01:42:09 0
>>431
>>418を嫁
ま,俺の関心でいうと,反語彙主義とdual mechanism (dual circuit)モデルの
整合性の問題があるにゃ
たとえば屈折形態論について,規則変化に選択的な障害がでるとゆーことは,
規則変化と不規則変化が脳内で別個に処理されていることの証拠であるにゃ
しかしそのことが理論上,両者を別個の文法モジュール(シンタクスと
レキシコン)に振り分けることの根拠になるのかといえば,そんなことは
ないわけにゃ

>>433
んじゃ英語圏の幼児に見られるmedial-whについて学習で説明しち栗
できなければオマイはヘタレ認定w

435 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/18(水) 03:59:35 0
[地]震 ≠ 大[地]震 = [自]身

436 :仇鱒:2007/07/18(水) 07:28:39 0
やあ、わしだ。おは尿。まあ、わしは朝シャンはやらんけどヲシュレットはか
かさずやっているけどな。うむ。で、>>427乙。むかしここで錯視についてい
ろいろ議論したことを思い出したわ。また錯視についてもいろいろ語ってみた
いもんだ。で、実はまたシャバでヴァカにつきまとわされていて、そんでカキ
コミする気が起きなかったのだよ。ひとことゆっとく。わしのヴァカへの対処
は次の2つのうちのどちらかだ。一つは無視。もう一つは素性が分かった時点
で徹底的にヴォコヴォコにする。以上だ。ったく、ストーカーみてぇなマネす
んじゃねぇよ、、、ったく。ま、それはええとして、>>430にレスするなー。
えっと、上でもちょろっと書いたように、生成ぶんぽーつーのは言語知識のモ
デルであるのだよ。つまり、あくまでもオフラインの静的な文法モデルである
のだよ。一方、脳内で実際に起きているのはオンラインの現象であるわけだ。
そんなわけで、言語知識のモデルで言語処理の問題をいくら解こうと思ったっ
てどだい無理なハナシであるのだよ。で、生成でいろいろ仮定されているもの
は、たとえ心的実在とゆうタームが使われていても、脳(てか精神)内に。じ
ゃ、どこに実在しているかとゆうと、それは理論という仮想現実の中に存在し
ているのだよ。だから、picにせよ何にせよ、かりにそんなものがあるとして
も、それは脳内にあるのではなくあくまでも文法モデルという理論の中にある
のだよ。だから心的実在性なんつーのはまったくもってミスリードな言い方で
あり、ただしくは理論内実在性であるのだよ。



437 :仇鱒:2007/07/18(水) 07:29:24 0
あと、あれだぜ、仮に仮説が脳内に実在しているとしたら、ここ50年で脳内
の「言語野」は5回ぐらい大変化したことになるわ。だって、これまで標準理
論やら拡大標準理論やらgbやらなにやらいろんな枠組みが出ては消えていっ
たんだからな。あと、文法ソフトウェアがどうやって脳内にインストールされ
るようになったかは、いわゆる言語の系統発生のハナシになるが、これについ
てはココでかなり議論した罠。まあ、このスレの新参者には分からないことで
はあろうが。うむ。あと、あれだ、生成は似非科学か否かとゆうqがあるが、
わしにゆわせれば、生成ぶんぽーつーのは似非科学とゆうよりは新しいタイプ
の科学なのだよ。だから、いわゆる自然科学と同列にしてはいけない。生成の
一部のヴァカが、生成ぶんぽーは物理学とゆった自然科学と同じだとホザいて
いるのがいるが、そーゆーのは逝ってよしである。うむ。あと、あれだ、学習
理論で言語現象は説明できるとゆっている香具師がいるが、学習だけでは説明
できないものがあり、そこだけを生成はケンキュウの対象にしているのだよ。
顔餅も例に出しているように、そもそも途中下車するwh移動なんて、大人は
いっさいしゃべらないし聞くこともないんだから、学習しようにもできねぇ罠
。ようするに、人に教えてもらおうと思っても自学自習しようと思ってもどだ
い無理なのだよ。ま、このあたりのことは仇本@緑表紙でもしっかり読んで頭
の体操でもしてみたらええわ。

あ、そうだ、顔餅、イングウェーとジューダス見ますたよ。いやはや、いいわ、
いいわ。ジューダスの禿おやじ、やぱライブでも下向いて歌ってんだな。さて、
失禁してくるわ。


438 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/18(水) 11:04:13 0
>>437
>生成は似非科学か否かとゆうqがあるが、
>わしにゆわせれば、生成ぶんぽーつーのは似非科学とゆうよりは新しいタイプ
>の科学なのだよ。だから、いわゆる自然科学と同列にしてはいけない。

>>424へのレスもお願いします。(「クオリア」について)

439 :(´∀`)@リハ:2007/07/18(水) 12:49:52 0
生成にはクオリア構造なんつーバッタもんもあるにゃが,本家も似たような
もんにゃろw

>やぱライブでも下向いて
あん時のツアーだけなぜか全部あんなんだにゃ
子泣きじじいwとか叩かれておったのにゃが,歌詞が覚えられないので
(グレグ・レイクかw)カンペ見ながら歌っていたというのはデマであるにゃ
以前,ステージが終わると両脇をスタッフに抱きかかえられながら引きずられる
ようにしてソデに下がっていくのをライブで目撃したにゃが,体力の消耗が
ソートーに酷いんだろにゃ

ま,今回送ったのはあくまでサンプラーであるから,気に入ったのがあれば
改めてコンプリート版送るにゃ

440 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/18(水) 14:19:45 0
>>439
生成的には「クオリア」はバッタもんつーことだにゃw

441 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/18(水) 14:33:31 0
「認知言語学V」スレでの仇鱒氏のレス(427)

>クオリアなんてたんなる幻想、妄想。意味生成ならびに意味解釈の
>原因でも結果でもない。意味とはいっさい関係ない。クオリアなんつーのはたん
>なることばあそび。それだけ。はい、おしまい。じゃ〜な。ははははは(^^)

442 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/18(水) 14:42:14 0
「自然科学」でもなく「クオリア」でもない。
では、「生成」とは何ぞや。

443 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/18(水) 16:25:07 0
クオリアって pustejov(ry のクオリアのこと?
あれって、単なる記述だよね。
「ちょっと洗練された百科事典的知識」って感じじゃね?
ただ、百科事典的知識としては、全然足りないよね。

444 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/18(水) 18:23:08 0
>>443
茂木健一郎の言ってるクオリアだろ

445 :Fred:2007/07/18(水) 18:37:05 0
 たまにはマジレスするで。

 クオリアに関してド素人はすぐにGLの話を持ち出しよるけど、
GLでtelic roleという扱いで登場する知識の話はとっくに破綻
しとるがな。語用論的に補完される情報を語彙との連想でくっ
つけただけなんやから、当初期待されたほどの優れた成果を生
むわけがあれへんがな。ちなみに、広い意味でのクオリア構造
の話は、いろんなところでも言われてるけど、文学的過ぎると
思うけどな。マスコミ受けはしやすいやろな、チンパンジーや
小鳥の話と同じで。

 そういうたら、わしはハルフォードのライブに行ったことが
あるぞ。エイズやなくて良かったのう。Breakin' the law!

446 :仇鱒:2007/07/18(水) 19:28:14 0
こんばんみ。ヴァカは無視するかたたきのめすかどちらかだが、身に覚えのある
香具師はええ加減にしとけよ。ま、そんなところだが、>>438にちょいとレスす
るな。うむ。で、別に>>424をスルーしたわけじゃねぇよ。で、クオリアだが、
上でもちょろっと書いているが、強いてゆうと、わし的にはdmの√ナンタラコ
ンタラが相当すると思う。で、これはミクロに見たハナシなのだが、マクロに見
ると、やぱ意味論とゆうことになる罠。意味はぶっちゃけクオリアそのものでと
らえどころがない。形式意味論的なものならともかく、命題の真偽値を超えた意
味論となるともうどっから手を付けてええかワカランくなる。で、下手に手を付
けると認知ぶんぽーのようにイメージ先行型の経験非科学となるわけだ。つまり
、どうゆうことかとゆうと、経験科学として意味論を扱うにはあまりにも意味は
クオリア的であるとゆうことなのだ。ま、そんなこともあり、たぶんチョムなん
かも意味論だけは理論言語学の管轄ではないとゆっているのだと思う。まあ、チ
ョムはアホだからわしのような考え方をしてるかどうかワカランが。うむ。ま、
いずれにせよ、わしも形式意味論以外の意味論は経験非科学の対象こそなれ、経
験科学の対象にはならないと思っている。で、ハナシをまとめると、生成にとっ
てのクオリアはまさに意味論そのものであるとゆうことになるだろう。うむ。

447 :仇鱒:2007/07/18(水) 19:28:54 0
>>439
>体力の消耗がソートーに酷いんだろにゃ
まあ、体力の消耗もあるだろうが、みんなもういいおっさんてか老人だからな
。ロックバンドならびにヘビメタの大御所もほとんど60歳近いしな。まじで
ジューダス見ているとき椅子座って歌った方がええんじゃないかと思ったよ。
あと、やぱジューダスのあの映像は日本公演のものなのかな?観客の顔見ると
日本人ぽいからたぶん日本公演のものだとは思うのだが、、、。日本公演のも
のが世界向けのdvdに収録されているというのならこれはすごいな。てか、
もしかして日本国内限定のdvdとか?

>気に入ったのがあれば改めてコンプリート版送るにゃ
じゃ、お言葉に甘えてイングェイとジューダスをひとつよろしくお願いいたし
まつ(^^)両手モミモミ てか、まだ残りの映像見てないからリクエスト変わ
る鴨しれねぇけど、、、。うむうむ。



448 :仇鱒:2007/07/18(水) 19:29:33 0
>>441
乙武!

>>442
>では、「生成」とは何ぞや。
自然科学と人文科学のニューハーフでつが、何か?

>>444
>茂木健一郎の言ってるクオリアだろ
もちろんコッチ↑の方。

>>445
>telic role
まあ、frエロd師匠のゆうように、たしかに語用論的な要因から推論でき
るとかそうゆう問題はあると思う。それはそうだが、テリック・ロールには
もっと根本的な問題があるとわしは思う。それは何かとゆうと、テリック・
ロールはモノの機能や目的に関するロールとゆうこともあり、原則「モノ」
は人工物に限られてしまうとゆうこと。たとえば自然物の例として土星をあ
げると、土星の機能とか土星のある目的なんか誰もワカラン罠。ようするに
、テリック・ロールの根本的な問題は語用論ウンヌンより、むしろ人工物に
限定されるところだとわしは思ったりしている。うむ。

>わしはハルフォードのライブに行ったことがあるぞ。
うわっ、マジっすか、、、師匠。素直に尊敬のまなざしでつ。はい。てか、
やぱエロ寝たなしのfrエロd師匠はつまらんw うむうむ。



449 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/18(水) 19:39:25 0
>>448
>では、「生成」とは何ぞや。
自然科学と人文科学のニューハーフでつが、何か?

同感。どっちにも逃げられるw

450 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/18(水) 19:42:40 0
自然科学と人文科学のニューハーフというのは?
ただのハーフじゃなくて?

451 :仇鱒:2007/07/18(水) 20:08:45 0
ありゃ、レスがもう憑いたか、、、。

>どっちにも逃げられるw
いや、自然科学には逃げられんよ。「藻前ら、こっちにくるな!」とゆわれ
るわ。ははははは。で、結局は、ぶちゃっけたハナシ、自然科学0.5割、
人文科学9.5割のニューハーフなのだよ。ま、あれだ、歌舞伎町なんかに
いる女装したおっさんと同じだ。ははははは。ようはコスプレってるだけで
中身は人文科学であるのだよ。そんなもんだ。ま、そーゆった意味でたんな
るハーフじゃなくてあくまでもニューハーフ。>>450や、そーゆーことだ。
うむ。さて、体だるいから風呂入ってもう寝るかなー。あー、だりぃ、、、
また風邪だよ、、、ったく、、、。


452 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/18(水) 20:12:23 0
>>450
新しいタイプの科学だからニューハーフ。(>>437

453 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/18(水) 20:21:10 0
>>452
新しいタイプの科学とはどんな科学?
人文科学とか社会科学とかいうのは自然科学に名前を合わせているだけで
言葉の乱用だからかまわないが、
この三分野にどこにも入らないという意味?
それとも新しい方法論という意味?



454 :(´∀`)@リハ:2007/07/18(水) 20:29:43 0
>>443
クオリア構造と概念構造の融合ナンタラカンタラwww

>>445
>ハルフォードのライブに行ったことがあるぞ
そりゃまた酔狂なw
Fightの時かHalfordの時か,いずれにしてもJudasよりは出来が
悪かったというハナシだにゃ
Breaking the What?

>>447
>やぱジューダスのあの映像は日本公演のものなのかな
ヒアリング能力ゼロw
Budokan! Stand by for Exciter! とロブが叫んどるがにゃ
おまけにPainkillerの前にはシコ踏んどるしw
武道館ライブは全世界発売中
俺は同じライブを城ホール最前列で見たにゃ
>イングェイとジューダス
尿解 しばし待つよーに
比較のためにPriestの82年のライブもコピーしたいのにゃが
なぜかこのDVDだけリッピングできないにゃ

455 :仇鱒:2007/07/18(水) 20:41:42 0
さて、電源ぷっちゅん♪する前に最後っ屁するかなー。ぷすっ♪んで、>>453
にカルメン雅彦するな。えっと、新しいタイプの科学とわしが>>437でゆった
が、それは別に生成だけに限ったハナシじゃないのだよ。ストレートにゆうと
、いわゆる認知科学はどれも新しいタイプの科学であるのだよ。ま、ハードサ
イエンスに対するソフトサイエンスとゆってもええ。生成とゆうか言語学が研
究対象にしている言語とは何かついて考えてみたらええ。よく言語を自然言語
と呼んだりするが、本当に「自然」なのかよく考えてみたらええ。土星や太陽
や水素のような自然物とは明らかに違うわけだ。土星や太陽は人間とは独立し
て存在するが、言語は人間とは独立して存在できないからな。まずこの時点で
自然言語はピュアな自然物ではないことが分かると思う。そういった意味では
、言語は自然物のようでもあるけど人工物であるのだよ。だから、自然言語と
はゆうものの、実は「自然物ぽい人工言語」であるのだよ。まずこの時点で理
論言語学がナチュラルオブジェクトを扱う自然科学とは違うとことが分かるか
と思うわ。で、こっから後はまた今度な。なんかだりぃ〜からこの続きはまた
今度な〜。じゃ〜な〜。


456 :仇鱒:2007/07/18(水) 20:42:37 0
>>454
>ヒアリング能力ゼロw
うむ。それ↑は認める。てか、わしはマイナスだけどな。てか、いまだにロン
グリブ・ロンクンローは「やめてYO!」に聞こえるのだが、、、。何かされて
いるのかと思ったのはわしだけだろうか、、、。

> 俺は同じライブを城ホール最前列で見たにゃ
あー、去年そんなことゆってたな。とゆうことは、あの映像は去年のライブ?

> 尿解 しばし待つよーに
さん糞m(_ _)m でも、いそがんからほんと暇な時でええから。いや、まじで助
かるわ。最近、ほんとストレスたまりまくりで空手でミット打ちしてもストレ
ス解消できないのだよ。うむ。

さて、マジで電源ぷっちゅん♪な〜。じゃ〜な〜おやすみぃ〜。だりぃ〜。



457 :Fred:2007/07/18(水) 22:20:26 0
 そうか、やっぱりエロネタなしは、あきまへんか。しょぼーん。
玉袋ピロ〜ン。夏場はかゆ〜い。

 確かに、Halford のライブは良くなかったわ。でも、復帰すると
は思わんかったからのう...

 どうせなら、"Breaking the whaaat? Breaking the whaaat?"と
ライブと同様に突っ込んでほしいな。

 最後に言語学ネタ。"trade"と"bet" 以外のtritransitiveな動詞
ってどんなんがあるんやろか。本当の項かどうかはあやしいけどな。

 (1) I'll trade you this bicycle for your binoculars.
 (2) I bet you a pound that he has forotten.

458 :Fred:2007/07/18(水) 22:22:36 0
 あちゃ、タイポや。

 (2) I bet you a pound that he has forgotten.


459 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/18(水) 22:46:40 0
この自転車を汝に汝が双眼鏡に貿易す。
youの部分がおかしいよね。
自転車を双眼鏡に(双眼鏡とでもいいが)貿易するでいいじゃん。


460 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/19(木) 03:03:14 0
し〜ん。

461 :仇鱒:2007/07/19(木) 05:50:11 0
おはよ。

>>457
いつものfrエロd師匠で一安心。うむ。で、これ↓だけど、
>(1) I'll trade you this bicycle for your binoculars.
>(2) I bet you a pound that he has forgotten.
ポイントは、たとえ3つ内項があるとしても、じぇんぶ名詞句とゆうことはな
いわけだ。一つは前置詞句ないし節でないといけないわけだ。で、前置詞句も
節も全体として格をもたないから格の照合を受ける必要はないわけだ。となる
と、結局、格照合の観点からゆうと、たとえ内項が3つあるとしても、格照合
的には次のいわゆる第4文型の文と変わらんくなる。
(3)john gave mary an iPhone.
ま、そんなところだが、iPhoneってそんなにええんかいな?わし携帯もってな
いからiPhoneの凄さもよくワカランのだが。うむ。

462 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/19(木) 06:17:08 0
早起きは仇仏の元。

463 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/19(木) 16:00:18 0
>>455
言語は「自然」なのか「文化」なのかってことだよね。

464 :(´∀`)@リハ:2007/07/19(木) 23:05:57 0
言語には生物進化による部分と文化進化による部分の両方があるにゃ
そのうち生物進化による部分を natural object と呼ぶことは何も
問題ないにゃが,しかし「自然言語」はそれとはまた別の概念であるにゃ
人工言語と対をなす意味での自然言語には,生物進化・文化進化両方が
含まれるにゃむ
さらに言うと文化進化つってもその基盤をなすのは人間の生物進化による
形質,能力,資質であるから,広義には全部生物学的であるにゃ
人工言語も,それを編み出す能力自体は生物学的なもんにゃろ
小説書いたり作曲したりするのがそうであるのと同じ意味でにゃ


465 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/20(金) 00:06:59 0
>>464
>言語には生物進化による部分と文化進化による部分の両方があるにゃ

生物進化と文化進化ってどう違うんですか…?

466 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/20(金) 00:15:05 0
ミームだよ、ミーム!

467 :(´∀`)@リハ:2007/07/20(金) 00:43:48 0
にゃ,単純にいえば遺伝子によるか否かであるにゃ
ミーム・マシーンとしてのオイラ by リッチー・ブラックモアw

ま,遺伝子は自己複製子であるにゃが,文化の本質も模倣であるにゃ
遺伝子によらなくとも自分の思想や行動様式を集団内に,遺伝子よりも
はるかに効率的に複製・伝播することができ,それは時には言語の働きに
よるのであるから,ある意味で言語こそがミームであるとも言えるにゃ
ところで言語の生物学的起源・進化や獲得を語る際にも,ミラーシステムとの
関係で模倣の重要性が指摘されるにゃが,すると模倣を可能にする模倣なんつー
リカーシブな構造になったりするんかいにゃ

ZEPの遺伝子を受け継ぐナンタラ,なんつー言い方もミームと遺伝子の穴路地で
あるにゃ
Greatwhiteとか,ZEPの曲をそのまま演奏するバンドは好意的に受け入れられる
のに,Kingdom Comeや一時のWhitesnakeのように自己流にアレンジすると
ZEPファンから叩かれるのもフシギであるにゃ
実はZEP自体,ほとんど先人のパクリであるということは棚上げにしといてにゃ


468 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/20(金) 01:24:33 0
ここは改行が変な人や語尾がキモい人の集うインターネッツですね



















469 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/20(金) 06:22:19 0
話がずれてたらお許しを。
遺伝子と文化遺伝はあくまでも比喩的な解釈。
固体発生と系統発生と同じぐらいに見るべき。
でも,生成人はなぜ脳からすぐ遺伝子レベルへ飛躍してしまうのだろう。
その前に意思と肉体,意味と認識,心的因果への考察が
飛ばされてる。と感じるのだが。
つまりそうした心的レベルの考察が重要だと思うのですが。

470 :(´∀`)@リハ:2007/07/20(金) 20:07:54 0
生物進化と文化進化の違いは言語=自然物?に対するレスで
あるので,ちょっとハナシが違うようにゃが
文化[進化]とか文化[遺伝]はもちろん比喩であるにゃ
しかし
>固体w発生と系統発生と同じ
とゆーのは分からんにゃ
個体発生が連続するのを系統発生とゆーのであって,これはどちらも
遺伝子が関与するプロセスであるにゃ
遺伝子の関与を認めることと単純な遺伝子還元論・決定論は区別
してもらいたいにゃが,
>意思と肉体,意味と認識,心的因果
も最終的にはすべて生物進化の枠内で語られるべきものであるにゃ
もしその心的レベルの考察とゆーのがそうした遺伝的・生物学的考察
とは異なる次元にあるという意味なら,それは方法論的自然主義によって
却下されなければならないw にゃむ

471 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/20(金) 20:37:43 0
一般人なんですが
言語と生物学的な遺伝はどう関係があるんでしょうか?

472 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/20(金) 21:11:04 O
偽問題です

473 :(´∀`)@リハ:2007/07/20(金) 21:22:35 0
言語はヒト種固有の心的能力であって,ヒトの生物進化の過程で生じたものであり,
その発現は遺伝子情報に根ざしておるにゃ
生成文法でいう普遍文法とは,言語能力の基盤となる種固有の遺伝的認知機構であるにゃ
言語獲得でいえば経験を脳内文法に変換する生得的プログラムとも言えるにゃ

とかゆーと「文法遺伝子」なんてねーよ,という反論が決まってくるわけにゃがw
言語や文法専用の遺伝子があるというのと,言語能力が遺伝的なものであると
いうのはまったく別の主張なのでチューイ

言語が遺伝子の影響を受けることは,遺伝子の異常に起因する言語失陥の存在から
証明されておるにゃが,その遺伝子がカスケード的に言語にも影響するというだけ
であって,言語専用だという意味ではないのにゃ
同じことは,大脳言語領域とか統語中枢とかいう言い方にも当てはまるにゃ

474 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/20(金) 21:38:38 0
ですから,生物の進化を云々するの前に,まず人間がことばの意味と捕らえる
本質は何なのか問いたいわけですよ。
それは進化では説明つきませんよね。進化論や遺伝子で逃げる前に説明してください。
それは,まず意識とか意思と,ことばとの関係を考える方が先決なわけですよ。
だって,言葉を習得しなくても意思も感情も有るわけですから。
だから何で,文法から意味を抽象化して,いきなり脳から突然,生物の進化まで問題を
すりかえるのか分からんのですよ。非生成者には。
もちろん発生云々は一歩譲って却下に同意しますが。

475 :(´∀`)@リハ:2007/07/20(金) 22:02:10 0
まったく逆であるにゃ
意味とか意志・感情とかは,程度の差はあってもヒト固有ではなく他の動物にも
あるのにゃろ 最近ではハエにも自由意志があるというハナシにゃしw
だからそれらはもともと言語的なものではなく,言語の進化とは独立して説明される
べきものであるにゃ
ところがそれを言語システムに載せて表現することは人間にしかできないにゃ
(つっても言語の定義次第で,ま,階層性・構造性に反映させるような言語
システムは人間オンリーということにゃが)
だから
>文法から意味を抽象化
なのではなく,両者はもともと別の由来をもっており,それがどうやって結合したか,
を問題にしておるわけにゃ
完成品としての言語をトータルで見ることしかできないと,端緒から意味と文法が
合体しているかのような錯覚を覚えるにゃが(認知ブンポーがまさにそれ),
そうではないことは,二重乖離のケースとかから明かであるにゃ
これは自律性やモジュール性を進化的にどう考えるかに関わる,非常に重要な
テーマでもあるにゃむ

476 :仇鱒:2007/07/20(金) 22:04:02 0
やあ、ちょいとおひさ。わしだ。さっきお帰りだよ。アレやコレやで最近晩
ご飯はずっと頭脳パンと野菜ジュースでつよ。頭脳パン喰ってもあんまり効
果ねぇみたいだけど。ははははは。てか、ここ3年の間にかなりな量の頭脳
パン喰ってるけど脳のbse化は進み放題だよ。ははははは。ま、それはよし
として、>>474や、あんまりカッカすんな。餅つけ、餅つけ。今からちょい
と風呂入ってくっから出たらカルメンレスポン酢してやるわ。うむ。

と、これから投稿ボタン押そうとおもったら顔餅@>>475のカキコがあったじ
ゃん。

477 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/20(金) 22:18:14 0
お付き合いくださって恐縮です。
生物学者ではないですが,哺乳類は多分「絶対に」意思があるでしょう。
ですが,”両者はもともと別の由来をもっており,それがどうやって結合したか,”
というくだりは意見ですよね。
別の由来か因果があるのか説明をつける必要があるわけです。
でもそれらがそれぞれ独立に「文法」だけが発達すると思いますか。

478 :仇鱒:2007/07/20(金) 22:29:46 0
やあ、風呂上がりでどーゆーワケかスッキリするところが疲れがどっと出てきた
わしでつよ。いやはや、風呂入って疲れるのは年のせいか?ま、それはええとし
て、上で言語は自然なのか文化なのかってゆうワケワカンネーqがあるが、ま、
それはいわゆる「言語は器官か制度か?」とゆうqと同じだ罠。ま、この問題も
「蛆か育ちか」もとい「氏か育ちか」と同じでeither orの問題じゃなく、どちら
のファクターもレレバントであるとゆうことだ。あと、ミームがどうたらこうた
らだが、ミームなんつーモノはねぇよ。ミームもクオリアといっしょでモノじゃ
なくて概念である。ま、わしにゆわせたらミームなんつーのは「教育と学習」の
言い換えにすぎん。うむ。で、あれだなー、いきなりハナシが変わるが、顔餅、
最後のロバートプラント&ss見ますたよ。いやはや、ええ。ヒジョーにええ。
ロバートまだバッチシ声出てるな。てか、ギターがうますぎてもはやzepじゃ
ねぇ罠。zepはやぱジミーのヘタウマなギターじゃねぇとな。ははははは。で
、またハナシは戻って今度はミラーニューロンだが、あれかなー、栗田貫一とか
コロッケとか清水アキラってミラーニューロンが普通の人より発達してんのかな
?んなワケねぇかな。ははははは。あと、あれだ、言語障害だが、例の家族性言
語障害の人たちも言語だけに問題があるわけじゃねぇしな。で、言語がオートノ
マスであることを示すのなら、やぱ極めつけは言語サヴァンのクリストファーだ
罠。たしかクリストファーは年齢的に顔餅と同じぐらいじゃねぇかな。あと、あ
れだ、意味の問題ウンヌンだが、人間つーのは何にでも意味を見いだしたがる生
き物であるのだよ。どんなにくだらんことでも一生懸命意味を見いだして自分で
自分を納得させようとするわけだ。そんなこんなで、人間は意味を見いだす本性
から意味を見いださざるをえないのだよ。ま、そんなもんだ。うむ。ま、あと、
あれだ、シンタクスとセマンチクスが独立して発生して途中でドッキングして言
語になったウンヌンとゆうと岡之野説だ罠。ま、わしは昔からココでもゆってる
ようにちょいと考えは違うけどな。それにしてもどとーの忙しさだ。うむ。

479 :(´∀`)@リハ:2007/07/20(金) 22:32:35 0
>それらがそれぞれ独立に「文法」だけが発達すると思いますか
ID論者でもない限り,進化のあり方からしてむしろそうでなければ
ならないはずにゃが
つまり本来は別の機能を果たしていた,あるいは無機能であったものが
環境の変化に応じて別の機能に転化したり機能を付け加えたりする
tinkeringが生物進化の本質であるにゃ(preadaptation, exaptation)
文法(統語論)も意味も,元々はそれぞれが別の適応価をもって進化した
のであり,それらが結合したところに人間言語が生まれたとゆーわけにゃ
文法ナシの意味としては,大型霊長類の概念構造,逆に(合成的な)意味ナシの
形式文法としてはトリの歌があるにゃ cf. 岡ノ谷・独立進化仮説
一言でいって人間言語はあちこちから関係ない部品を寄せ集めてできた
パッチワークなのにゃ

んで後は仇にタッチw

480 :仇鱒:2007/07/20(金) 22:53:37 0
わしにタッチされてもわしまたシャバにヅラ買う予定だけどな。てか、まだわ
し禿てねぇけどな。ははははは。で、あれだな、ま、進化は原則外適応の連続
であると。んで偶然の積み重ねで合目的的ではないと。そんな悪条件のなかで
よくもまぁこんな言語のようなすげぇーもんができたと思うが、ま、目の進化
なんかみてもそれもありかなーとゆうのはある罠。てか、そう考えないとすぐ
にサムシング・グレート@ネ申がスルゥ〜と忍び寄ってくるからな。はははは
は。ファンダメンタリストまんせっ!ははははは。てか、ネオコン最近元気ね
ぇな。うむ。ま、それはええとして、えっと、ま、でもあれだなー、言語がど
う進化してきたかなんて正直ワカンネーよ。てか、いずれにせよ、言語とゆっ
たら音声言語だ。で、とくに母音が命だ罠。そんで母音がまずしゃべれるよう
になったのがホモサピエンスだ。で、そのときに母音だけでどれだけの意味を
言語に付与できたかがポイントだとわしは思うけどな。ま、よく言われている
ように、ネアンデルタール人は喉頭があんまり下がってなくてそんでうまく母
音がしゃべれなかったらしいが、そもそも母音が発声できたところで、それで
どれだけの意味を伝達できるかがカギだよな。ま、アイウエオの5つの母音が
あるとすると、単純に組み合わせだけ考えると120通りある罠。ま、これだ
け意味の伝達ができたら母音の獲得は十分淘汰圧としては大きいと思うわ。ま
、そんなもんだが、もう電源ぷっちゅん♪するなー。てなことで後はfrエロ
d師匠にタッチ(ワラ)師匠、この後ナイスでブリリアントな下ネタでまとめ
て栗(藁)。じゃ〜な。電源ぷっちゅ〜ん♪(^^)

481 :(´∀`)@リハ:2007/07/20(金) 23:01:02 0
期待した俺がアフォにゃった orz

482 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/20(金) 23:18:53 0
>人間言語が寄せ集め

>脳内に最初からあるものしか発現しない

このあたりは、関係あるのかないのか、人類学者リーバイスの指摘を思い出させるなあ

−−−−−−−−−−−−−−

●具体の科学と「ブリコラージュ」:旧石器時代からの具体の科学は、
近代科学と同様に学問的である。その結果の真実性においても違い
はない。精密科学自然科学より一万年も前に確立したその成果は、
依然としていまのわれわれの文明の基層をなしているのである。具体
の科学の知識が思考の面でどのようなものであったかを工作の面で
かなりよく理解させてくれるか活動形態が、現在の「ブリコラージュ」
(器用な仕事)と呼ばれる仕事である。もともと、「ブリコレ」という
動詞は、古くは、球技、玉突き等、非本来的な偶発運動を指した。
今日でもやはり、「ブリコルール」(器用人)とは、くろうととはちがって、
ありあわせの道具資料を用いて自分の手でものを作る人のことをいう。
神話的思考の本性は、雑多な要素からなり、かつたくさんあるとはいっても
やはり限度のある材料を用いて自分の考えを表現することである。何を
する場合であっても、手元には他に何もないため神話的思考はこの材料を
使わなければならない(pp.22を参照)。

483 :(´∀`)@リハ:2007/07/20(金) 23:35:48 0
bricolageもtinkeringもJacobが言っとるにゃ
俺がよく引用する表現は
To create is to recombine
これはそのまま言語の創造性・生成力にも当てはまるにゃ
つまりinfinite use of finite meansだにゃ


484 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/21(土) 03:14:13 0
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ
にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ にゃ

485 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/21(土) 03:59:09 0
猫ひろし登場

486 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/21(土) 04:50:22 0

仇鱒ペイッ

顔餅にゃぁ

487 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/21(土) 11:00:14 0
仇っちの読解の本, 市民図書館で借りて読んでいるんだけど面白い. うん.

488 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/21(土) 22:52:04 O
この問題に答えてください。

『束縛関係を用いて階層構造を説明せよ』(ヒント?固有名詞に原因がある)


大学の論述問題です。
よろしくお願いします。

489 :(´∀`)@リハ:2007/07/21(土) 23:54:37 0
なんか例文がついてないんかいにゃ?
それだけだと出題の意図が不明であるにゃ

1. 太郎が自分を責めた
2. *自分が太郎を責めた

1がokで2が*なことから,主語が目的語を非対称的にc-commandし,
階層的に上位にあることが分かる

とかだと,束縛理論やc-comの正しさを前提にしとるから,循環論に
なってしまうにゃむ

490 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 00:41:58 0
誤=仇っちの読解の本
正=仇っちの誤解の本

491 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 01:18:46 O
>>489さん
例文は
(1)a .We arrested her before Mary left town.
b .*We told her that Mary should leave town.

(2)a .She arrested Tom before Mary left town.
b .*She told Tom that Mary should leave town.

です。

携帯からの書き込みで、見づらかったすいません。

492 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 01:28:59 0
>>491
おまえ、大学の先生にレスしてもらってるってことは知ってるかw

493 :(´∀`)@リハ:2007/07/22(日) 01:33:47 0
出題の意図は分かったにゃが,例文の判定が間違ってるにゃ
(2a)は*のはずにゃが? (she=Maryなら)

んで,その例から分かることは
主節主語>before-付加節>主節(間接)目的語>that-補文
という階層関係であるにゃ

494 :仇鱒:2007/07/22(日) 05:57:31 0
おはよ、わしだ。昨日はオープソキャソパスで今日は某所でカルメントーク
だ。うむ。

>>486
林家ペーと林家パー?

>>487
>うん.
こ。

>>490
>正=仇っちの誤解の本
kwsk

で、ちょいと書くなー。えっと、上で目と進化についてちょいと書いている
からそれに関すること書くわ。で、えっと、ちょいと前にジュギョーでやっ
た記事のハナシを書くな。え〜っと、新学期はじまってすぐだったが、ちょ
いとscienceの記事を扱ったのだよ。どんな記事だったか軽く書くな。えっと
、人間はいろんな色を識別できるんだが、マウスなんかは青と黄色と灰色し
かどうも認識できないようなんだな。で、どうもこれはヒト以外のほ乳類全
般に言えるらしいんだな。そんで、カリフォ大@サンタバラバラの研究者が
、ヒトのある色素の遺伝子をマウスに組み入れたところ、普通だったら見え
ない色がマウスにも認識できるようになったわけだ。これはすげぇよな。も
しだぜ、シンタクス遺伝子みたいなのが発見されたとして、それをチンプな
んかに移植したらチンプもシンタクスをもつようになる鴨しねぇんだからな
。その時は、やぱあれかなー、日本にいるチンプはやぱ日本語を話すのかな
?ま、そんなところだが、いろいろバタバタしていまつよ。ふ〜っ。



495 :仇鱒:2007/07/22(日) 06:44:26 0
で、今ちょいと質問くんと顔餅のq&aを再読して思ったのだが、たしかにこ
の↓例から
> (1)a .We arrested her before Mary left town.
次↓のようにはいえる。
>before-付加節>主節(間接)目的語
でも、(1a)のジャッジが正しいとして、before節はどこにくっついている
んだ?herがlfで昔でゆうagropあたりに移動しているのなら、before節は
agropよりも上にないといけないわけだ。まあ、候補としてはtpあたりだ。
とゆうのも、そもそもagropより下にくっついていたらherがmaryをバインド
して(1a)を誤ってアウトにしてしまうからな。でも、実際、before節はほ
んとにtpあたりにくっついているのか?とゆうのも、vp前置ではbefore節
なんかもいっしょに前置されるんじゃねぇかな。たとえばこんな↓感じで。
(3)... and arrest her before mary left town, we did!!!!
てか、この↓階層関係のうちでbefore節以外の階層関係はあまりにも常識的だ
罠。
(4)主節主語>before-付加節>主節(間接)目的語>that-補文 (>>493
だから、問題のポイントはbefore節の構造上の位置にあるんだな、たぶん。い
や、ワカランが。うむ。

496 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 07:25:48 0
それにしても仇鱒はよくしゃべる

497 :(´∀`)@リハ:2007/07/22(日) 07:43:21 0
>(3)... and arrest her before mary left town, we did!!!!
did=Tであるから,TPとvPの間に別の機能範疇があって,beforeは
そこにぶらさがっとったらええがにゃ
しかし
John arrested everyone before he left the town
はokなんだっけにゃ

498 :仇鱒:2007/07/22(日) 08:18:11 0
>>496
>それにしても仇鱒はよくしゃべる
まあ、これでも口数少なくなった方だけどな。てか、今日は某所でマシンガント
ークしてくるけどな。ははははは。ハンドアウトなんかいっさいなし。わしの話
術だけでイカせてやる。うむ。漫談の仇ちゃんである。うむ。

>>497
>TPとvPの間に別の機能範疇があって,beforeは
>そこにぶらさがっとったらええがにゃ
うむ。で、仮にこう↓なっているとして、
(1)[tp ... [xp ... [vp ...] before節]]
tpとvpに挟まれているxpって何なんだ?てか、ワケワカンネーxpを想定
するなら、before節をxpに付加させずにxpの指定部に生起させることもでき
る罠。ま、そうなるとストーリー的にはチンクエの機能範疇爆システムに逝きつ
くのだが。うむ。

> John arrested everyone before he left the town
これ↑が桶だとしたら、everyoneはlfで、上の(1)のxpより上に移動して
いないといけない罠。じゃねぇと、heは束縛代名詞として認可されないからな。
そうなると、lfの構造として次のようなものを考えざるをえなくなってくるわ
けだ。
(2)[tp ... [yp everyone [xp ... [vp ... t/everyone ...] before節]]]
となると、ypってナンジャラホイ♪という別の問題も出てきちゃう罠。うむ。
こーゆったことを考えていくといくらでも論文ネタなんかあるわけだ。で、今の
若いボンズどもはこーゆーものの考え方ができないのだよ。うむ。口臭いおやじ
どもも煮たり酔ったりだが。うむ。さて、組の若いもんからいろいろファイルが
届いているから読むかなー。うむうむ。

499 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/07/22(日) 09:18:48 0
文法的に正しいとされるわかりにくい表現はぶっちゃけどうでもいいよね
自然言語仕様ははなから使用頻度の少ないこみいった内容まで
すっきり表現できるようにはなってないからさー

逆に頻繁に起きる言い間違いや聞き間違いは人間の認知能力と言語仕様の
ミスマッチ、つまり自然言語仕様の不備を示してるよね
だから自然と認知コストが最小になるように言語側の仕様が変更されていくよねー

500 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 13:18:00 O
>>(´∀`)@リハさん
>>仇鱒さん
ありがとうございますっ!!

もう1つお願いします。

「音、統括、意味、この中から2つ例をあげてtとPROについて論じよ」

2回もすいません。
よろしくお願いします。

501 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 13:53:38 0
>>500
自重しろw

502 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 14:05:01 0
大学の先生って偉いんだね〜w

503 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 14:05:55 0
だったらこんなとこ出てくんなよ

504 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 14:49:43 0
>>503
街宣活動みたいなもんかな

505 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 15:30:12 0
そういえばロックの大音量と街宣車の大音量もなんとなく似ているにゃ

506 :(´∀`)@リハ:2007/07/22(日) 22:19:40 0
つーか
>統括
ってなんにゃ?w

by 高田統括本部長

507 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 22:47:49 O
すいません!!

×…統括

○…統率

でした。

508 :Fred:2007/07/22(日) 23:26:44 0
 今どき空範疇と統率の問題を前期試験に出題して
喜んどるなんて、ゼミや専門科目以外やとしたら、
オナニー以外の何物でもないのう。そういう科目は
捨ててええぞ。そんなこと勉強するヒマがあったら、
気になる女のところに電話して「パンツ何色?」と
か、「今、君のこと想像してオナニーしてるところ
なんだ。」とか言う方が、若者らしくて立派だぞ。
もし彼女がおるんやったら、キモノを着せて「ヌハ
ハハ、上の口ではいやいやと言いながらも、下の方
の口はもうすっかり濡れておるではないか、ヌハハ
ハハァ。」と殿様気分でプレーする方が健全なり。

509 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 23:37:19 O
>>508さん
資格関連科目なんです。
たいしてその資格と関係ないんですけどね。

510 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 23:39:20 O
連投すいません。

自分の性別は、女です。

511 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 23:41:39 0
www

512 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 23:47:42 0
何をしに Fredとやら 来たのやらwww

513 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/22(日) 23:51:28 0
最近スレの乗っ取りがはやってる。
雰囲気を悪くしてコテハン追い出し。
大生板などで結構あからさまに有る。

514 :(´∀`)@リハ:2007/07/23(月) 00:00:10 0
だいたいの教科書は古いとこから始まっとるので,まあ,そーゆーこともある罠ゃ
俺も例のCarnieのSyntax使ってるにゃが,句構造規則が延々出てくるので閉口したにゃ

>>507
統語の間違いだと思ってたら,統率ときたにゃw
ま,はっきり言ってその出題じゃ何のことかワケワカランにゃ
そのセンセにゴルァしたほうがえーにゃ

痕跡とPROが,それらについてどう異なるのか述べよ,ってなことにゃら

音:どちらも格標示されず,音声化されない空範疇である(格フィルター)
統率:PROは統率されてはならないが(PRO theorem),
痕跡は適正統率されなければならない(ECP)
意味:PROのコントローラは独立したθ-roleを担うが,痕跡の
先行詞は痕跡と同一連鎖を形成し,そのθ-roleは痕跡の位置によって
決定される(θ-規準)

てなあたりかにゃ
参考文献:生成文法総合スレ<28>
と明記するよーに



515 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/23(月) 00:00:35 0
sageたほうがいい

516 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/23(月) 00:03:57 0
仇鱒もFredも改行の位置が変

517 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/23(月) 00:06:38 0
何を言う、ペイッ。

518 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/23(月) 05:10:00 0
つまり一流のプロは統率されるなかれ一匹狼であれってことですね!

519 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/23(月) 05:35:16 0
村上ショージとアダモステ

520 :仇鱒:2007/07/23(月) 07:25:48 0
やあ。おは尿ございまつ。昨日は津田熟大学でトークをやってきたのだが、いや
はや、予想以上に大ウケしてしまった。マジでドッカン♪ドッカン♪モードでい
っしゅんお笑いグランプリのステージにいるかと思いますたよ。ははははは。今
度どっかから講演の依頼があったらトークショーじゃなくて一人コントでもやる
かな。うむ。まあ、あれだ、女子は元気でええ。女子が元気なうちは学問も國も
安泰だ。女子どもよ、大いにがんがって男子に叱咤激励して栗。うむ。んで、ち
ょいとだけベンキョー寝たでもすっかな。えっと、今日のジュギョウの小ネタで
今あれこれ新聞を読んでいるのだが、藻前らも知っての通り、先日イチロウがラ
ンニングホームランうった罠。で、ある記事のタイトルが次↓のようになってい
たわけだ。
ichiro hits inside-the-park home run in all-star
でだ、inside-the-parkのところを見て欲しいのだが、ここの部分はよく考えると
なかなか面白いと思う。とゆうのも、複合語つくるときは、原則主要部は右側に
くるわけだ。たとえば「おやじ狩り」を見ても、「狩り」という主要部が右端に
きて、それの項である「おやじ」が左側にくるわけだ。でも、inside-the-parkで
は、この順番が逆転しているよな。だって、inside-the-parkでは本来主要部であ
るinsideが左端にきていて、それの項であるthe parkが右にきているからな。て
か、前置詞の複合語というとこのパターンが多いわけだが、これって何なんだろ
な。



521 :仇鱒:2007/07/23(月) 07:26:27 0
てか、上でレポートの課題だか学期末試験なんかの相談カキコミがあるが、
あれだ、実は問題を解く以上に問題を作成する方、そして、解答を評価するセン
セイの方が実は試されたりしているのだな。わしなんか、試験問題見た瞬間に問
題作成したセンセイのおつむの程度が分かるけどな。あと、模範解答なんか見る
と、センセイのおつむてかiqのレベルまで分かっちゃうわ。ときどき大学院の問
題なんかが雑誌に載っているが、あれ見てマジで大学とゆうか研究室のレベルが
よく分かるわ。ああゆう院試の問題なんかをオープンにするのは研究者のおつむ
をさらけ出しているようなものでいい根性していると思うわ。うむ。さて、失禁
してきまつ、でつ。はい。

あ、そうだ、上でfrエロd師匠がヒジョーにベンキョウになることを書いてい
るのだが(ワラ)、昔秋山仁がコソドームを使った数学の問題をつくった罠。記
憶が確かじゃないが、コソドームが2枚あって、それをどう使ってもいいから性
病にかからずに最高何人とまでまぐわうことができるか、という問題だったと思
う。ま、分かる香具師は分かると思うが、コソドームをひっくり返して使ったり
二枚重ねにして使ったりするとかなりの数の人とまぐわえるんだな。こーゆーの
を良問とゆう。うむ。てか、frエロd師匠ももう年だから、はやいところわし
とエロい例文だけからなる、大人のための生成ぶんぽーの本を書きたいものだ。
うむ。もちろんところどころ袋とじがあり、そこを切るとわしのヌードが見られ
るようにする。これは売れるな。ははははは。コンビニで『週刊大衆』の隣に置
かれたりして(ワラ)じゃ〜な、失禁してくるわ(^^)



522 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/23(月) 09:25:17 0
僕たち、京大レイパーズ!(コピペ推奨)

51 LB  池口 亮   農・森林 4   北野    (父親は毎日放送の論説委員)
77 OL  白井 淳平  工・物理工 4  北野 (父親は関西電力支店長)
35 RB  木戸 晶裕  経済 4     駒場東邦 (父親は三菱商事OB)
51 LB  池口 亮   農・森林 4   北野    (父親は毎日放送の論説委員)
77 OL  白井 淳平  工・物理工 4  北野 (父親は関西電力支店長)
35 RB  木戸 晶裕  経済 4     駒場東邦 (父親は三菱商事OB)
51 LB  池口 亮   農・森林 4   北野    (父親は毎日放送の論説委員)
77 OL  白井 淳平  工・物理工 4  北野 (父親は関西電力支店長)
35 RB  木戸 晶裕  経済 4     駒場東邦 (父親は三菱商事OB)
51 LB  池口 亮   農・森林 4   北野    (父親は毎日放送の論説委員)
77 OL  白井 淳平  工・物理工 4  北野 (父親は関西電力支店長)
35 RB  木戸 晶裕  経済 4     駒場東邦 (父親は三菱商事OB)
51 LB  池口 亮   農・森林 4   北野    (父親は毎日放送の論説委員)
77 OL  白井 淳平  工・物理工 4  北野 (父親は関西電力支店長)
35 RB  木戸 晶裕  経済 4     駒場東邦 (父親は三菱商事OB)

523 :Fred:2007/07/23(月) 11:17:12 0
 年甲斐もなく下卑たことを書いてしまったわい。まじめな子女
のようなので、謝罪いたす。ペコリ。

 PROやpro, trace 等について基礎的な知識を整理したいのなら、
大子宮、もとい、大至急、

中村捷 他. (1989)
『生成文法の基礎―原理とパラミターのアプローチ』
研究社.
ISBN: 4327420611

を図書館で借りて読むのがよろしい。買って読む必要はねえが。
あとは芋づる式。

 ところで、上で改行がどうたらこうたケチをつけてるのがいる
が、おまえ、携帯電話で見とるんやないか?ネットカフェでも行
って、PCできちんと見ろや。ついでにエロサイトも見て、シコシ
コしてきなさい。ドピュッ。

524 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/23(月) 14:12:43 O
約2日間に渡って、みなさんありがとうございました。
もうすぐ期末の論述試験の開始です。


頑張ります。



525 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/23(月) 22:28:58 0
>くるわけだ。たとえば「おやじ狩り」を見ても、「狩り」という主要部が右端に
>きて、それの項である「おやじ」が左側にくるわけだ。でも、inside-the-parkで

反例になりますか。

引き戸
飛び箱
投げなわ
聞き耳

526 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/23(月) 22:56:48 0
>顔文字どの
いやいや,まず「進化」と人類の持つ言語知識とは全く別の次元の問題。
「進化」の過程で,言語を身に付けたことは,言語の起源問題と同様の問題。
「文法」だけを取り出して,進化の議論することは,科学的アプローチとしては大変疑問を感じる。
言語の進化の考察としては,その機能の転化だか追加だかは何の説明にもなってないと,思う。
いささか乱暴だが,言語の使用からすれば,文法はただの道具で,コミュニケーション的には,
発話内行為+媒介行為が達成できれいいので,本質は,文法ではなく,そうした
コミュニケーション力の獲得があって,そのための道具として,たまたま音声言語
が発達した可能性はあるだろうと思う。
まっとうな言語は持たなくても,ちんぱじーぐらいだとスピーチアクトが成り立つってもいいように思える。

527 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 00:09:25 0
12時間以内に>>526に顔せんせから、なんども言わすなのレスがつくと予言

528 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 00:11:39 0
>>527に仇せんせから、よく読めーとレスがつくと予言

529 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 00:19:02 0
パスカル様復活?

530 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 00:25:12 0
>>525にも仇センセから、よく読めーとレスがつくはず

531 :(´∀`)@リハ:2007/07/24(火) 01:41:58 0
つーか,仇がよく読むよーにw
>inside-the-park
はhead mvtによる複合語形成ではそもそもないにゃ
もっと凄いのになると
the winner-take-it-all game とか
the you-just-leave-it-to-me attitude とかあるにゃ
the you-scratch-my-back-and-I'll-scratch-yours system とか,どーにゃw

んでご期待に応えてw
>>526
生物畑では極めてありふれた反応であるにゃ
しかし自分でも言っとるように
>ちんぱじーぐらいだとスピーチアクトが成り立つ
わけで,人間言語の起源・進化を説明するということは,人間言語のみが
持っていて他の動物ゲンゴにはない特性を説明せんといかんわけにゃ

意味や構音・知覚はヒトと他の動物の差は量的なものでしかないのに対し,
質的に異なるのが文法,回帰的シンタクスであるにゃ
これのみは人間言語にしかないわけにゃ(→FLN)
シンタクスの起源・進化を抜きにして,人間言語の起源・進化を論じようと
することこそ,本末転倒であり怠慢の極みであるにゃ

んで,コミュニケーションとか発話行為とか,そーゆー観点からは説明
不可能な仕組みをシンタクスは有しているから,言語がコミュニケーションの
ツールとして使われているうちにシンタクスが徐々に発達した,なんつー
のもまったく説得力がないわけにゃむ


532 :(´∀`)@リハ:2007/07/24(火) 02:07:40 0
TRENDS in Cognitive Sciences 最新号に
Culicover & Jackendoff と Boeckx のreviewが載ってるにゃ
この雑誌はたまに生成系の論文が載るのでチューイ

533 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 03:32:37 0
>>523
pcで見てるが、変
多分あんた(ら)等幅フォント使ってるんだろうね
プロポーショナルフォントで見ると
右端が中途半端に揃ってないのだよ


リハさんのような感じがちょうど見やすい
>>526の方は桁がちょっと長い気がする

534 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 03:35:12 0
ちなみに、書き込み時間の右に表示されるOと0
 Oが携帯
 0がPC
からのアクセスを意味してるらしい

535 :仇鱒:2007/07/24(火) 05:01:46 0
やあ、おはよ。ちょいと今バタバタしていて時間がないのでカルメンまさる
君。うむ。で、inside-the-parkだが、わしも投稿ボタン押してから「あ、も
しかしたらすっとこどっこいなカキコミしちゃったかな。ははははは。」と
思ったのだが、でもいろいろ考えると面白い問題が出てくると思うのだよ。
で、わしは投稿ボタン押してから、「inside-the-parkは5-year-old boyと同
じかな〜」と思ったわけだ。で、5-year-old boyなんかでは、yearがyearsに
ならないわけだ。ま、理由は、よく言われているように、語の内部に文法操
作を適用してはならない、とゆう規則があるからだ。ま、だから、
*5-years-old boyとは言えないわけだ。でだ、もしそうだとすると、
5-year-oldのところはレキシコンでできていることになるわけだが、そうなる
とレキシコンには語順(とゆうか語順をアウトプットする統語構造)がある
ことになる罠。だって、5-year-oldのところには歴然として文に見られる語順
が見られるからな。ま、同じことが>>531の例にも言えるわけだ。
the you-just-leave-it-to-me attitudeなんかのyou-just-leave-it-to-meもたぶんシ
ンタクスじゃなくてレキシコン内部で形成されていると思うのだが(←いや
ワカランが)、そうなると、レキシコンの内部にも語順があるとゆうことに
なるのか?つまり、レキシコン内部に既にシンタクスがあるということにな
るのか?ま、このような考えはどちらかとゆうとdm寄りの考えになってい
くと思うのだが(←シンタクスとレキシコンを分けていないから)、そう考
えたら考えたでまた別の問題が生じるのだよ。それは何かとゆうと、先に見
た*5-years-oldの例だ。上にも書いたように、yearsのように-sをつけちゃい
けないのは、語の内部に文法操作を加えちゃいけないからだ。でも、レキシ
コンの中に既にシンタクスがあるのなら、-s付けたって構わないわけだ。い
や、マジでレキシコンとシンタクスの関係とゆうかdmの信憑性(てかリア
ルさ)なんかを考えるにはinside-the-parkとか5-year-old、それに
the you-just-leave-it-to-me attitudeといった例はシリアスに考えた方がええ
と思うわ。うむ。

536 :仇鱒:2007/07/24(火) 05:02:36 0
>>533
ま、ようは見る側の問題なのだよ。ブラウザとか設定の問題だ。自分で解決
しれ。うむ。

>>534
にゃる。ヒジョーに有益な情報である。こーゆーリアルに為になる情報をま
た書いて栗。うむ。

てなことで、朝もはよから組の仕事していまつ。うむ。仇組ただいま内部抗
争中。チャラリィ〜ン♪(^^メ)

537 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 05:39:05 0
もし生成が仮定するようにすでに独立して存在していた概念系(と音声系)をつなぐような形で統語計算系が後からヒトの脳内に発生したことが言語の進化のありようだとすると、
このような状態はいわゆるprotolanguageの姿を反映している(階層構造がなく、線状性のみに依存していた)とも考えられないかにゃ。

538 :仇鱒:2007/07/24(火) 05:48:07 0
>(階層構造がなく、線状性のみに依存していた)
ま、生成的プロパガンダにそのまま乗っかってゆうと、そもそも階層構造なし
の線状性だけとゆうのは存在しないのだよ。つまり、統語構造はないけど語順
だけ存在するというのはありえないのだよ。なぜかとゆうと、語順とゆうのは
統語構造あってのものであり、語順は完全に統語構造にディペンドしているか
らなのだ。ま、早い話が、統語構造にある変換装置を適用することにより語順
とゆうのが出力されるのだよ。もうちょい分かりやすくゆうと、言語システム
と認知システムのインタフェイスにブラックボックスがあり、そのブラックボ
ックスに統語構造(=階層構造)をインプットすると線形順序(=語順てか線
状性)がアウトプットされるのだよ。まあ、そうゆうことだ。てか、藻前も早
起きだな。早起きは体に悪いぞ。うむ。わしなんて遅寝早起きで体ボロボロだ
。うむ。

539 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 06:01:33 0
早起きで仇ぶつだな。膿む。

540 :仇鱒:2007/07/24(火) 06:11:21 0
寝不足でテンション高いからもうちょい書いてやるかなー。えっと、ま、分かる
香具師には分かると思うが、わしは>>531の顔餅の考えとはちょいと違うのだな
。わしはむしろシンタクスはヒトと他の動物の間ではそんなに差がないと思って
いる(ただし、ここでゆうシンタクスとゆうのはミニマリチュムが仮定している
ようなbse化しているシンタクスのこと)。ふんじゃ、ヒトと他の動物では何が
違うかとゆうと、まさに、シンタクス以外のところであるのだよ。ストレートな
言い方をすると、岩波サヨ書店の某誌に書いたように、言語システムと認知シス
テムのインタフェイスの有無、これが大きな差だとわしは思っている。ようする
に、なんでチンプなんかは言語が使えないかとゆうと、インタフェイスをもって
いないからだ。一方、なんでヒトは言語を使えるかとゆうと、それは、シンタク
スをもっているからじゃやなく、インタフェイスをもっているからだ。それで、
シンタクスの情報をちゃんと認知システムにフィードでき、そんで言語が使える
状態になっているだけだ。ま、チンプでは言語システムと認知システムの間にあ
る38度線がホットで柵が高すぎるのだよ。うむ。そんなもんだ。

>早起きで仇ぶつだな。膿む。
わしは仇仏にはならん。わしは逝ったらネ申になり靖国ネ申社に帰る。有無。

さて、仕事すっからなー。もう今朝は出ねぇぞー。

541 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 06:30:16 0
ぶ厚そうなインターフェースだな。
腹空いてきた。

542 :仇鱒:2007/07/24(火) 06:38:54 0
>ぶ厚そうなインターフェースだな。
うむ。ヒトの脳内ではまさに祖国統一が行われたといえよう。ま、あれだ、物資
も何もないシンタクスがキタで、アレやコレやいろいろある認知システムがクゥ
ン国とゆったところだな。ははははは。

>腹空いてきた。
ふと思ったが、「腹へる」と「腹すく」は同じ意味だが、「減る」と「空く」は
意味違うよな?そんなことね?

さて、メシ喰ってそろそろ失禁モードだ。うむ。

543 :Fred:2007/07/24(火) 12:56:05 0
>>531
 さすが顔氏。論点が的確ですなぁ。

 昔々、某集会で某氏が"Lexicalization of Syntactic Expression
in English"とかいうタイトルで発表してたのを思い出すのう。

 (1) a. forget-me-not
    b. love-you live
    c. like-a-virgin dance
    d. shop-till-you-drop syndrome

ま、挙げればキリがないのう。というわけで、実は英語も膠着型の
言語だったのである。そして、英語の起源は日本語だったのである。
清水義範バンザ〜イ。

544 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 13:25:01 0
たださ、前置詞も動詞と同じように内項を取るのに、
動詞と同じようには語形成に参加しないよね。
それは、どーしてっていう疑問は残らない?


545 :544:2007/07/24(火) 13:26:03 0
あっ、よく分かってない学部生なんで、議論の邪魔になるようだったらスルーしてくださいね。

546 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 13:55:30 0
改行の仕方はどうだっていいから空行入れろよ
仇鱒


ブラウザとか設定で自動的に空行作ることできないべ

547 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 16:58:31 0
>>540
>inside-the-park

例えば「体がだるいよ病」という単語があったとします。
この単語は 体がだるいよ+病 の二つの成分があります。
前者は終助詞のよがついていることからも分かるように単語でなく文の一種です。
体がだるいよと感ずる病気という名詞句から省略したにすぎません。
inside-the-parkもa home run inside the park(場内にボールが落ちたホームラン)から
そのまま取り出したもので単語ではありません。

(1)レキシコンには単語が含まれる
(2)inside-the-parkを単語と同一視するのはあやしい
(3)レキシコンにinside-the-parkも含まれるかどうかはあやしい
(4)レキシコンにはinside-the-parkを構成するために語順を定める仕組みを仮定しなくてもよい

として>>540の問題を回避することができます。

548 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 17:38:05 O
レキシコンには形態素しかなく、単語と称されるものはシンタクスでつくられる、
とすればもっとスッキリするぞ。

549 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 19:47:44 0
a without-me-not とか a with-wolves dance なんて言う造語は全く出来ないの?

550 :仇鱒:2007/07/24(火) 19:54:16 0
やあ、わしだ。てか、また空行クレクレくんがアレコレ書いてるな。でも、わ
し空行入れんよ。ま、たまには入れる鴨しれねぇけどな。ははははは。で、
>>547にレスな。えっと、結局あれかな、リヂュースト・レラチブの結果でき
たとゆうことかな。ま、それなら、関係節のところはまさに節でレキシコンな
んかでつくる必要ねぇ罠。で、今度は>>548にもレスしちゃるが、単語もシン
タクスで生成されるとかゆっても、上でわしがゆってるように、結局フレーズ
をドッキングさせる従来のシンタクスと、語をつくるためだけのシンタクスが
必要になってくるのだよ。で、蓋開けてみたらナローシンタクスにシンタクス1
とシンタクス2をもうけることになり、ナローシンタクスはブロードシンタク
スになってしまうのだよ。ま、そんなもんだよ。うむ。で、>>549にもレスし
とくが、自称学生@>>544が指摘するように、前置詞はそんなに生産的ではな
いと思う。で、理由はなぜかだが、もしかしたら前置詞は1項「述語」である
から鴨しれねぇな。さて、メシ喰ってこよっと。うむ。

551 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 21:15:05 O
むしろナローシンタクスとPFというべきでは

552 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 23:43:09 0
ってか、改行入れろって言ってるヤツは、なんか死ぬ間際にも「改行いれてくれ」
って言いそうなぐらいしつこいな。

553 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/24(火) 23:59:44 0

L[F(CP)]
F[L(VP)]
F[F(vP)]
L[F(XP)]

554 :test:2007/07/25(水) 02:48:34 0
やあ、わしだ。てか、また空行クレクレくんがアレコレ書いてるな。でも、わ
し空行入れんよ。ま、たまには入れる鴨しれねぇけどな。ははははは。

で、>>547にレスな。えっと、結局あれかな、リヂュースト・レラチブの結果
できたとゆうことかな。ま、それなら、関係節のところはまさに節でレキシコ
ンなんかでつくる必要ねぇ罠。で、今度は>>548にもレスしちゃるが、単語も
シンタクスで生成されるとかゆっても、上でわしがゆってるように、結局フレ
ーズをドッキングさせる従来のシンタクスと、語をつくるためだけのシンタク
スが必要になってくるのだよ。で、蓋開けてみたらナローシンタクスにシンタ
クス1とシンタクス2をもうけることになり、ナローシンタクスはブロードシ
ンタクスになってしまうのだよ。ま、そんなもんだよ。うむ。

で、>>549にもレスしとくが、自称学生@>>544が指摘するように、前置詞はそ
んなに生産的ではないと思う。で、理由はなぜかだが、もしかしたら前置詞は
1項「述語」であるから鴨しれねぇな。さて、メシ喰ってこよっと。うむ。


555 :test:2007/07/25(水) 02:52:21 0
やあ、わしだ。てか、また空行クレクレくんがアレコレ書いてるな。でも、わ
し空行入れんよ。ま、たまには入れる鴨しれねぇけどな。ははははは。

で、>>547にレスな。えっと、結局あれかな、リヂュースト・レラチブの結果
できたとゆうことかな。ま、それなら、関係節のところはまさに節でレキシコ
ンなんかでつくる必要ねぇ罠。

で、今度は>>548にもレスしちゃるが、単語もシンタクスで生成されるとかゆ
っても、上でわしがゆってるように、結局フレーズをドッキングさせる従来の
シンタクスと、語をつくるためだけのシンタクスが必要になってくるのだよ。
で、蓋開けてみたらナローシンタクスにシンタクス1とシンタクス2をもうけ
ることになり、ナローシンタクスはブロードシンタクスになってしまうのだよ。
ま、そんなもんだよ。うむ。

で、>>549にもレスしとくが、自称学生@>>544が指摘するように、前置詞はそ
んなに生産的ではないと思う。で、理由はなぜかだが、もしかしたら前置詞は
1項「述語」であるから鴨しれねぇな。さて、メシ喰ってこよっと。うむ。


556 :test:2007/07/25(水) 02:54:26 0
やあ、わしだ。てか、また空行クレクレくんがアレコレ書いてるな。
でも、わし空行入れんよ。ま、たまには入れる鴨しれねぇけどな。ははははは。

で、>>547にレスな。えっと、結局あれかな、リヂュースト・レラチブの結果
できたとゆうことかな。ま、それなら、関係節のところはまさに節で
レキシコンなんかでつくる必要ねぇ罠。

で、今度は>>548にもレスしちゃるが、単語もシンタクスで生成されるとか
ゆっても、上でわしがゆってるように、結局フレーズをドッキングさせる
従来のシンタクスと、語をつくるためだけのシンタクスが必要になってくるのだよ。
で、蓋開けてみたらナローシンタクスにシンタクス1とシンタクス2をもうける
ことになり、ナローシンタクスはブロードシンタクスになってしまうのだよ。
ま、そんなもんだよ。うむ。

で、>>549にもレスしとくが、自称学生@>>544が指摘するように、前置詞は
そんなに生産的ではないと思う。で、理由はなぜかだが、もしかしたら前置詞は
1項「述語」であるから鴨しれねぇな。さて、メシ喰ってこよっと。うむ。


557 :test:2007/07/25(水) 02:58:06 0
やあ、わしだ。てか、また空行クレクレくんがアレコレ書いてるな。
でも、わし空行入れんよ。ま、たまには入れる鴨しれねぇけどな。
ははははは。

で、>>547にレスな。
えっと、結局あれかな、リヂュースト・レラチブの結果できたとゆうことかな。
ま、それなら、関係節のところはまさに節でレキシコンなんかでつくる必要ねぇ罠。

で、今度は>>548にもレスしちゃるが、単語もシンタクスで生成されるとかゆっても、
上でわしがゆってるように、結局フレーズをドッキングさせる従来のシンタクスと、
語をつくるためだけのシンタクスが必要になってくるのだよ。
で、蓋開けてみたらナローシンタクスにシンタクス1とシンタクス2をもうけることになり、
ナローシンタクスはブロードシンタクスになってしまうのだよ。
ま、そんなもんだよ。うむ。

で、>>549にもレスしとくが、自称学生@>>544が指摘するように、
前置詞はそんなに生産的ではないと思う。で、理由はなぜかだが、
もしかしたら前置詞は1項「述語」であるから鴨しれねぇな。
さて、メシ喰ってこよっと。うむ。


558 :test:2007/07/25(水) 02:59:36 0
やあ、わしだ。てか、また空行クレクレくんがアレコレ書いてるな。でも、わ
し空行入れんよ。ま、たまには入れる鴨しれねぇけどな。ははははは。で、

>>547にレスな。えっと、結局あれかな、リヂュースト・レラチブの結果でき
たとゆうことかな。ま、それなら、関係節のところはまさに節でレキシコンな
んかでつくる必要ねぇ罠。で、今度は>>548にもレスしちゃるが、単語もシン
タクスで生成されるとかゆっても、上でわしがゆってるように、結局フレーズ
をドッキングさせる従来のシンタクスと、語をつくるためだけのシンタクスが
必要になってくるのだよ。で、蓋開けてみたらナローシンタクスにシンタクス1
とシンタクス2をもうけることになり、ナローシンタクスはブロードシンタク
スになってしまうのだよ。ま、そんなもんだよ。うむ。で、>>549にもレスし
とくが、自称学生@>>544が指摘するように、前置詞はそんなに生産的ではな
いと思う。で、理由はなぜかだが、もしかしたら前置詞は1項「述語」である
から鴨しれねぇな。

さて、メシ喰ってこよっと。うむ。

559 :test:2007/07/25(水) 03:01:48 0
空行入れすぎも意外と読みづらいもので、空行なしも同様か

560 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/25(水) 03:02:46 0
暇やのー

561 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/25(水) 03:03:32 0
やあ、わしだ。
てか、また空行クレクレくんがアレコレ書いてるな。
でも、わし空行入れんよ。
ま、たまには入れる鴨しれねぇけどな。ははははは。

で、>>547にレスな。
えっと、結局あれかな、リヂュースト・レラチブの結果できたとゆうことかな。
ま、それなら、関係節のところはまさに節でレキシコンなんかでつくる必要ねぇ罠。

で、今度は>>548にもレスしちゃるが、
単語も シンタクスで生成されるとかゆっても、上でわしがゆってるように、
結局フレーズをドッキングさせる従来のシンタクスと、
語をつくるためだけのシンタク スが必要になってくるのだよ。
で、蓋開けてみたらナローシンタクスにシンタクス1とシンタクス2をもうけることになり、
ナローシンタクスはブロードシ ンタクスになってしまうのだよ。
ま、そんなもんだよ。うむ。

で、>>549にもレスしとくが、自称学生@>>544が指摘するように、
前置詞はそんなに生産的ではないと思う。で、理由はなぜかだが、
もしかしたら前置詞は 1項「述語」であるから鴨しれねぇな。
さて、メシ喰ってこよっと。うむ。

562 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/25(水) 03:21:43 0
↑嵐認定

563 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/25(水) 03:29:09 0
「山田太郎ものがたり」は金曜夜10時から。

564 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/25(水) 03:43:59 0
あいかわらずここのやつらはよくしゃべるな

565 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/25(水) 04:07:45 0
真夜中に何度もメシを喰った。うむ。

566 :仇鱒:2007/07/25(水) 05:54:07 0
おはよ。てか、何なんだ、藻前ら、、、。ほんと、暇人だな。わしは多忙な
暇人であるが。うむ。で、えっと、ある人から直メで次↓のような情報をい
ただきますた。
>inside-the-parkの例ですが、Lieber, Rochelle(1988)CLS 24 で
>詳しくやられているようですよ 情報ですた
てなことで、ある人、情報提供乙でつ(^^)うむ。で、せっかくだから
>>551にちょいとレスするが、pfがシンタクスにインコーポレイトとゆう
か昇華されることはないと思うわ。ま、歴史的にはlfがナローシンタクス
にインコーポレイトとゆうか昇華されたケースはあるが、pfがナローシン
タクスに組み込まれる可能性は120%ない。とゆうのは、アホチョムがゆ
ってるように、てか、チョムがゆわなくても分かるように、言語システムの
中でもpfだけは異質であるから。てか、pfだけは(otスタイルをのぞけ
ば)シンタクスとは別の原理が働いているようだしな。で、もうちょいとだ
け語ると、pfって言語システムでどのあたりにあるのか正直わしには分か
らないところがある。てか、音絡みだと、音韻論と音声学と音響学があるわ
けだが、まさにこの順番でどんどん言語学から離れ物理学に進んでいく罠。
ま、図式的には次のような感じだ。
・音韻論ー言語学
・音声学ー生物学
・音響学ー工学
で、pfって音韻形式とかゆわれるわけだが、そもそもpfって音韻論に統
語情報をフィードしてんのかな?あるいは、pfの情報は音声学とか音響学
とかでダイレクトにデコードされているのかな?でも、音声学とか音響学っ
てわしの感覚だとほとんどインタフェイスの向こう側にあるから、素直にデ
コードできるようにも思えないしな。てか、こーゆったこと何も詰めてこな
いでずっとテキトーにやってきたのだよ。うむ。

567 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/25(水) 06:34:41 0
>>561がbest

568 :虚無:2007/07/25(水) 15:50:06 0
関係ないけど、期日前投票で、選挙区も比例区も狂産党に入れてきたにゃ。
反共活動をして二十余年、狂産党に入れる日が来るとは思わなんだにゃ。
とゆーわけで、非国民になったことをへーかにお知らせにあがりましたにゃ。

つーか、なんで安倍っちはあの反共カルトと癒着してんの?

>>554->>558って、夏厨のあらしかと思った…
その昔、改行なし超長大なレスを書いていた彦頁というコテがいたことを思い出した。

「タンゴ」の同一性についてはわたしはものすごく懐疑的で、それというのも、
書記体系(と、その教育状況)によって簡単に同じ語か違う語かの直観がかわるから。
前に書いたけど、「更ける」と「老ける」は、たぶん「深い」の語幹fuk-と関連しており、
だいたいのいみはbecome deepかなにかであり、まあ、この「語源推定」が正しいかどうかは別として、
タンゴの区別/同一性の直観は、<書記体系>に大きく依存していると見られ、
生成の射程からは完全にはずれているのである。任意の語が同一かどうかは、意味抜きをして
項の数や意味役割、その他の振る舞いから形式的に推定するしかないだろう。
これもまた前にも書いたけど、動詞emailは電話するのcallと同じ振る舞いをしており、
そのかぎりで区別不可能なのにゃ。
つまり意味解釈だけが異なる場合、同じ語だと見て差し支えなしと言うことなのにゃ。
わたしの脱語彙主義とは、そのようなものになるだろう。
だからもう、ツリーの下にタンゴをぶらさげるのをやめて、√だかなんだか、代数的表記にしてほしい。

と、再録しておくのにゃ。またくるかどうかはわからない。


569 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/25(水) 17:36:32 0
>>568
>>554-558って、

570 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/25(水) 19:16:00 0
>>568
>意味抜きをして >項の数や意味役割
とあるが意味と意味役割って別のもの?
国民と国民大衆の違いと同じようなもので意味と意味役割は大差ないんじゃないの?

571 :(´∀`)@リハ:2007/07/25(水) 19:29:44 0
意味役割(θ-role)は構造に基づいて定義される統語的概念
個々の動詞の意味はもっと広いにゃ
John loves Mary.
Bill hates Jane.
両文は意味役割に関しては完全に同一(統語構造も同一)
しかし各動詞の意味は異なる
シンタクスの議論に後者は不要,つーのが意味抜き
当然ながらJohn/Mary/Bill/Janeの意味・指示も関係ないから
各固有名詞を区別する必要もなく,形式素性の情報だけあればおk
同様に,普通名詞のリンゴとミカンを区別する必要も梨

ま,脱語彙でも反語彙でもいーにゃが
語彙主義に反対する主義は正確には
[反[語彙主義]主義]
という回帰構造になるはずだにゃ
それに反対するのは
[反[反[語彙主義]主義]主義]
で,さらに反対となると
[反[反[反[語彙主義]主義]主義]主義]
とまあ,ムクドリもこのあたりまでは理解可能w


572 :仇鱒:2007/07/25(水) 19:51:12 0
やれやれ、多小亡でつよ。マキシマムザホルモン聴いてエネルギー補給して
いまつよ。はい。

>非国民になったことをへーかにお知らせにあがりましたにゃ。
をぉぉぉおおおおお、虚無ちょーかん、屁国民になってしまいますたか、、
、。ま、でもあれだなー、もしチョムが日本協賛党の書記長になったらチョ
ムヲタが日本協賛党に投票して協賛党が与党になったりしてな。ははははは。

あと、あれだ、chlには形式素性とゆうか統語範疇しか見えてないとした
ら、chlには次の(1)と(2)のどっちの「仇」もフツーの人間に見え
てしまうわけだ。
(1)仇が味噌を喰った。
(2)仇が糞を喰った。
とゆうのも、味噌も糞もともにnpでchlには同じものに見えてしまうか
らな。一方、chlに意味素性まで見えているとしたら、上の2文を見て
chlはどちらの「仇」が変態か分かるわけだ。ま、そんなところだな。さ
て、メシ喰ってくっかなー。あー、ちかれた。どて .... o....r......z......


573 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/25(水) 23:08:49 0
何だな、アレだな、仇の話は詰まらんな。

a. 結合(何だな、アレだな)→ [何だな アレだな]
b. 結合(be、[何だな アレだな])→ [be [何だな アレだな]]
c. 結合(T、[be [何だな アレだな]])→ [T [be [何だな アレだな]]]
d. 移動(何だな、[T [be [何だな アレだな]]])→ [何だな [T [be [t アレだな]]]]

[何だな [T [be [t アレだな]]]]
[仇の話は [T [be [t 詰まらんな]]]]

何だな、アレだな、俺の話も詰まらんな。うむ。

574 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/26(木) 02:37:19 0
何だよ、それはアレだよ、仇が鱒だからだ。

575 :(´∀`)@リハ:2007/07/26(木) 02:47:05 0
>>572
つーか,CHLにはそもそも「仇」も見えないわけにゃがw



576 :(´∀`)@リハ:2007/07/26(木) 04:46:38 0
合掌
http://www.sankei.co.jp/culture/bunka/070724/bnk070724001.htm

577 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/26(木) 23:04:29 0
「砂時計」に出てた頃はさ、今みたいにほっぺた、ぷっぷくぷーじゃなかったよ。
それにしても、夏木マリの自転車に乗ってたシーン…

578 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/26(木) 23:22:15 0
CHLが統語素性しか見ない、ってのはいいとして、その統語素性に何があるというのが
よく分かんない。「統語で見える→統語素性」と「統語素性→統語で見える」は
サーキュラっぽい。

selectionは統語の問題じゃないのか。Pの統語素性は範疇素性のみとなりそう。
だとしたら、talk about X, talk to Xもいいけど、例えば*talk from Xはどうやって
排除するのかとか、全然分からない。

579 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/27(金) 00:00:45 0
後半がよく分からない。

580 :578:2007/07/27(金) 01:17:16 0
後半言い換え

==
selectionは統語の問題ではなくなることになる。たとえば、前置詞を例にとると、
前置詞で統語的に見えているのは、範疇素性だけということになりそうだが、違うのか?
よくわからんが、仮にそうだとすると、例えばtalkという動詞がabout句やto句は取るものの
from句は取らないというのは、どうやって説明するツモリなのか?どちらも同じ
PPということで区別はないことになるのだから?
==

と、そんな事を言いたかったのれす



581 :(´∀`)@リハ:2007/07/27(金) 01:35:26 0
???

I will talk from my heart
つー具合に talk from 自体が排除されたらいかんがにゃ
C-selection は当然syntaxの問題であるにゃ

個々の前置詞は概念と対応しておるから,とある動詞との組み合わせが意味的に
オカシイということがあれば,それは文字どおり意味解釈のレベルの問題であるにゃ


582 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/27(金) 01:58:31 0
初心者(と言うか、素人)です。
なので、質問が頓珍漢かも知れませんが、
「そう思う」というような文で「そう」は、
入力段階(以前?)の問題(numerationに「そう」が用意される)なのか、
出力段階(以後?)の問題(「そう」に置き換えられ、解釈に渡される)なのか。
この辺りは、言語の、
どちらかというと、周辺的な(インターフェイスや他の認知能力の)システムに含まれるように見えながら、
何か、最も人間に特徴的な言語能力そのもの(の中核)に位置するように思えますが、どうなのでしょうか?

583 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/27(金) 03:54:23 0
LED ZEPAGAIN at Pechanga!
http://imageevent.com/publicgallery/miscellaneous/zep070707000

584 :かかりちゃん:2007/07/27(金) 05:50:55 0
>>582 ズエンズエン頓珍漢じゃないにょろ。

i)太郎が自分の車を洗った。次郎も_洗った。

には「太郎は太郎の、そして、次郎は次郎の車を洗った」という所謂sloppy解釈があるにょろ。

ii) 太郎が[自分の車が壊れていると]思っている。次郎も_思っている。

にもおそらく「次郎も次郎の車が壊れていると思っている。」の解釈ありそうにょろ。

iii) 太郎が[自分の車が壊れていると]思っている。次郎もそう思っている。

にはsloppyないにょろ?>>All
こういう所から考えてみるとどうかと。


585 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/27(金) 06:10:26 O
めがっさsloppy解釈あるにょろ。

太郎/iは[自分/iがネ申だと]思っている。
私もそう信じたい。

はどうにゃ?

レスが前後するにゃが、selectionが統語範疇しか見ていないなら、

*John know Bill in two hours.
*John killed Bill for two hours.

なんかも純粋に意味的な(統語的でない)devianceと言うべきにゃろか?

586 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/27(金) 06:42:23 0

pairing: paring two objects
pot: putting the third into or onto a pair
subassembly: putting two objects as a unit into the third

587 :仇鱒:2007/07/27(金) 07:34:58 0
おはよー。夏バテにはやぱロックだよ。うむ。んで、>>583だが、not so bad job。
画像だけだったのでちょっとショボーン。んで、>>578にレスするが、ま、あれだ
、格と同じように扱えばええと思うけどな。chlには格は100%見ている罠。
だって、格は形式素性の最たるモノで解釈不可能なものでもあるからな。ま、それ
はええとして、chlはどの格も十把一絡げで見ているわけじゃないよな。主格や
ら対格やら属格はすべて見分けることはできている罠。じゃねぇと、そもそも格の
照合なんてできねぇしな。だって、照合するには格の中身が具体的に見えてねぇと
いけねぇからな。で、それと同じで、chlはそんなに盲目じゃなく、前置詞のタ
イプまでは見えてると考えてええんじゃないかな。いや、ワカランが。てか、ちょ
いと検索しながらニュース見ててこんな↓タイトルの記事が見つかったのだが、
> <傷害>女性教諭に切りつけた中3女子逮捕 北海道・苫小牧
「女性教諭に」の「に」に違和感感じるのはわしだけだろうか。わし的にはやぱ
「女性教諭を」なんだよな。ま、上の前置詞ウンヌンとちょいと似ているかなーと
思って書いてみますたよ。うむ。


588 :仇鱒:2007/07/27(金) 07:36:01 0
で、あれだ、藻前らもう知ってると思うが、昨日こんな↓記事も出たな。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000639-reu-ent

んで、おまけに>>582にもレスすると、その手のハナシなら今度、仇組が
日本ナンタラコンタラ学会@名護屋大学で発表するけどな。そんでもって
、今、かかりの後輩が原稿のたたき台をつくってくれているところである。
うむ。

>>585
>めがっさsloppy解釈あるにょろ。
わしもある。てか、「めがっさ」ってどこの方言だ?あん? てか、>>585
や、今度わしのホモページにクラプトンのあの曲をブルージーに弾いている
のをうpする。期待してまっていて栗。たぶん、>>585はアノ人だと思うの
だが。うむ。

>>586
それがどーした。あん?

てなことでそろそろ失禁すっかなー。



589 :(´∀`)@リハ:2007/07/27(金) 08:50:15 0
LEZ ZEPPELIN
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=15751

590 :(´∀`)@リハ:2007/07/27(金) 09:09:23 0
英語の it=deep anaphor / so=surface anaphor とちがって,
日本語の「そう」は両方の側面がありそうだにゃ
授業を途中で抜け出そうとする学生をつかまえて「そうは問屋が
おろさねえぞ,ゴルァ」とかにゃ

んでsloppyはやはり可能で
1. 太郎は自分の息子をA大学に進学させた.花子もそうした.
にゃんかは分かりやすいにゃ
しかしlinguistic antecedentが同定しにくいsloppyもあって
2. 太郎はLez Zeppelinの新譜を買ってきてiTunesにとりこみ,即
BookOffに売った.花子は陰陽座の新譜をそうした.
とか,PF-delでもLF-copyでも扱いづらいにゃ
do the same thing とか,jackendoffがエロエロ扱ってたにゃ

>どちらかというと、周辺的な(インターフェイスや他の認知能力の)システムに
>含まれるように見えながら、
概念構造レベルで処理されるからだにゃ
>何か、最も人間に特徴的な言語能力そのもの(の中核)に位置するように思えますが
言語の持つ象徴作用,記号化の働きが照応現象に典型的に発揮されるからかもにゃ

>>586
potからsubassemblyへ移行する段階でMoveも出てくるように思うにゃ

591 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/27(金) 13:59:33 0
おはよー。夏バテにはやぱロックだよ。
うむ。んで、>>583だが、not so bad job。
画像だけだったのでちょっとショボーン。

んで、>>578にレスするが、ま、あれだ、格と同じように扱えばええと思うけどな。
chlには格は100%見ている罠。
だって、格は形式素性の最たるモノで解釈不可能なものでもあるからな。

ま、それはええとして、chlはどの格も十把一絡げで見ているわけじゃないよな。
主格やら対格やら属格はすべて見分けることはできている罠。
じゃねぇと、そもそも格の照合なんてできねぇしな。
だって、照合するには格の中身が具体的に見えてねぇといけねぇからな。

で、それと同じで、chlはそんなに盲目じゃなく、前置詞のタイプまでは
見えてると考えてええんじゃないかな。いや、ワカランが。

てか、ちょいと検索しながらニュース見ててこんな↓タイトルの記事が見つかったのだが、
> <傷害>女性教諭に切りつけた中3女子逮捕 北海道・苫小牧
「女性教諭に」の「に」に違和感感じるのはわしだけだろうか。わし的にはやぱ
「女性教諭を」なんだよな。ま、上の前置詞ウンヌンとちょいと似ているかなーと
思って書いてみますたよ。うむ。

592 :(´∀`)@リハ:2007/07/27(金) 15:20:06 0
「に」だにゃフツーw
ひょっとしたら「つける」の解釈が違うかもにゃ
cf. 仇をしかりつける
「に切りつける」はconativeにゃ?


593 :仇鱒:2007/07/27(金) 18:09:30 0
やあ、わしだ。今日は早めにお帰りだ。なんかもうちかれちゃったよ、わし。
どてっ♪てなことで、また空行クレ夫のカキコミがあるが、ちょいとカルメン
れすポン酢するな。うむ。

>「そうは問屋がおろさねえぞ,ゴルァ」とかにゃ
例としてはおもしろいが不適切だと思われ(←ほとんど死言吾)とゆうのも、
「そうは問屋がおろさない」はイデオムみたいなもんで、かなり表現がフィク
スしているから。つーのも、「それは問屋が〜」も「こうは問屋が〜」も「あ
あは問屋が〜」もじぇんぶダメだから。

>2. 太郎はLez Zeppelinの新譜を買ってきてiTunesにとりこみ,即
> BookOffに売った.花子は陰陽座の新譜をそうした.
なんとなくだが、「新譜をそうした」だと「即BookOffに売った」は「そうする
」の中には含まれないが、「新譜もそうした」だと「即BookOffに売った」も
「そうする」の中に含まれるような希ガス(← ほとんど死言吾)

594 :仇鱒:2007/07/27(金) 18:10:11 0
> do the same thing とか,jackendoffがエロエロ扱ってたにゃ
ちょいとマニアックなところだと、respectivelyなんかも照応という点ではおもし
ろいネタだったりする罠。70年代の一時期、この手のマニアックなものが流行
った罠。

>potからsubassemblyへ移行する段階でMoveも出てくるように思うにゃ
まあ、ムーブはムーブでも普通のムーブだ罠。サイドワードムーブなんかは3つ
のコップで手品やるようなもんだ罠。うむ。てか、手品てかマジックで思い出し
たが、セロとかゆうマジシャンはマジですげーな。ありゃ、スゲーわ。

>「に」だにゃフツーw
マジか?もしかした関西方言?てか、あれかなー、わしの場合「切りつける」の
「切る」にかなりひきづられて「を」がフツーなんだな。ま、生成流の言い方を
すると、「切る」の項構造がより顕著に感じられる例だろうな。で、一方、顔餅
は「斬りつける」の「つける」の項構造がより顕著に感じられる例だろうな。た
ぶんな。うむ。



595 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/07/27(金) 22:53:10 0
まああれだよね言語能力はなんの上に構築されてるかっていうとさ
理解力と情報共有の欲求だよ

理解力と情報共有の意欲がなけりゃ言語能力は存在しえないよね

596 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/27(金) 23:49:22 0
前半は何となく分かるが、
後半は、そう断定できないような、、、

597 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/28(土) 00:00:11 0
「切りかかる」だったら、ぜったい「に」だよね

598 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/28(土) 01:08:58 0
昨日質問した者>>582です。有難うございました。

Aさん「直樹が間違っている」
Bさん「私も直樹が間違っていると思う」
Cさん「私もそう思う」
Dさん「私も」
Eさん「(皆に)同意」
Fさん「…」(もしかして、直樹)

(Bさんと違い)Cさんのnumerationには「そう」自体が含まれている、でいいのですね。
同じようなことを二度も済みません(スルーで構いません)。

599 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/28(土) 05:04:00 0
久々に見に来たら係しゃんっていなくなっちゃってるのね

600 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/28(土) 05:21:00 0
>>584-585

601 :仇鱒:2007/07/28(土) 06:20:06 0
おはよ。わしだ。うむ。

>>595
まあ、チョムなんかは数能力の上に言語能力があるとか、その逆とかゆってる
けどな。ま、前にもゆったからもう詳しいハナシは割礼もとい割愛させてもら
うが、(nー1)+1=nで(nー1)のところがことばに変換できるからこ
そ、人は無限に数を数え上げることができるのだよ(by デブリン)。ま、よう
するに、あれだ、(nー1)のところがコンプリメント以下に相当し、+1の
ところがフェイズのエッジに相当するわけだ。そんで、nが新しくできた構造、
つまりアウトプットだ罠。うむ。

>>597
まあ、「切りかかる」ならわしも「に」だ。ただ、今問題にしているのは「切
りつける」な(↓下記参照)。
> <傷害>女性教諭に切りつけた中3女子逮捕 北海道・苫小牧

>>598
>Cさんのnumerationには「そう」自体が含まれている、でいいのですね。
必ずしもそうは言えないわけないだ(←ココにも「そう」が含まれている)。と
ゆうのも、照応形というのはもしかしたらpfでそのような形になるだけで、
pfまでは非照応形かもしれないしな。まあ、このあたりはかかりが詳しいから
かかりがまたレクチャーしてくれるんじゃねぇかな。わからんが。

ま、そんなところだなー。うむ。


602 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/28(土) 06:56:05 0
グーグルで検索する限りどちらも・・・

”に切りつけ の検索結果 約 47,000 件中 1 - 10 件目 (0.21 秒)
”を切りつけ の検索結果 約 44,200 件中 1 - 10 件目 (0.11 秒)

603 :かかりちゃん:2007/07/28(土) 07:00:15 0
。。。いるニョロが。。。

604 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/28(土) 08:47:09 0
>>600
>>603
かかりちゃんになっていたので見落としました。
ごめんちゃい。

605 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/28(土) 08:54:32 0
女性教諭に切りつけた中3女子逮捕
女性教諭に仕返しをした中3女子逮捕

女性教諭を切りつけた中3女子逮捕
女性教諭(の体)を切断した中3女子逮捕

606 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/07/28(土) 09:41:35 0
>>596
理解力と情報共有の意欲、この二つは人間と動物で顕著な差があるよね
人間の高度な言語能力はこの二つの能力の進化なくしては
獲得できなかったんじゃないかにゃ?

>>601
非言語的な能力の上に言語能力は成立しているとしたら
その必須の非言語能力はこの二つだろうなってことなんだけどねん
うむ

607 :仇鱒:2007/07/28(土) 10:06:33 0
いや、暑い。てか熱い。マジで暑くて熱い。てなことで、ちょいとだけレクチ
ャーしてやる。うむ。

>>602
うむ。gj。なかなか興味深いデータである。乙加齢。

>>606
>理解力と情報共有の意欲
コレ↑をわしも否定はしないが、コレ↑は言語の機能面にスポットを当てた発
言だよな。で、言語の系統発生とゆった場合、とくに生成ぶんぽーでは、言語
の機能面ではなく言語の形式面の進化を問題にしているのだよ。つまり、ああ
いった統語構造がエボリューショナリーにどう発生したかが問題になっている
のだよ。んで、そうゆった流れで、コップの重ね合わせをベースにしたポット
やサブアセンブリとゆった議論があるのだよ。そんで、もうちょいゆうと、言
語の機能面の進化については、言語の形式面がある程度解明されればその副産
物として自ずと解明されるとゆう立場をとっているわけだ。ま、もしこのあた
りのことに興味があるのなら、別に宣伝じゃねぇが、『言言吾科学の百科痔典
』とゆうのを読んでみたらええ。いろいろ学ぶところがあると思う。図書館に
逝ってチェックしてみたらええ。



608 :仇鱒:2007/07/28(土) 10:07:07 0
で、あれだ、上でわしは、名無しのコメントを受けて、inside-the-parkはもと
もとリデュースト・リラチブの可能性があるとかゆったわけだ。ようするに、
もともと、主要部+関係節となっていて、主要部がデリートし、そんでもって
関係節の構成要素がハイフンで結ばれるようになったと。で、それはレキシコ
ン内部でなくシンタクスで行われていると。で、さっき某所に行ったら次↓の
ような英語があったわ。
>all-you-can-eat
ま、分かる香具師は分かると思うが、「食べ放題」とゆう意味の英語だ。で、
これは、主要部もコミになってじぇんぶハイフンで結ばれているわけだ。うむ
。ただそれだけだが。

さて、家族さーびつしてくっかなー。あー、まんどくせっ、、、てか、あちぃ
ーよ、、、ったく、、、。

609 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/28(土) 10:46:19 0
>>602
その検索だと「〜に切りつけられた」という文も入ってくるから駄目だと思う。

610 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/28(土) 10:52:01 0
>>606
非言語的な部分では、必ずしも人間が動物より優れているわけではないですよ。

後、情報共有の意欲というより、社会的な必要かな。
目的は社会形成でね、情報じゃなくてね。
ジャックはジルにリンゴを…というやつで。

611 :虚無:2007/07/28(土) 14:43:56 0
とても読みきれにゃい。彦頁がわたしを正確に代弁しているというフシギ。
そのうち決裂するから待っててにょん。

<ダツ>語彙主義にとっては、伝統的品詞カテゴリも排除する方針なので。
最初は、関数表現と変数の区別しかない。破格の英語Long time no see youについては、
youまたはsee youのぶぶんだけが変項あつかいになりlong-time-noはとりあえず関数表現、
すなわち相対的に独立して、変項を持ちうることが、<ゴ>の(緩い)条件となるであろう。
つまり、変項がない限り、その局所的な全体について内部構造はどうでもいい、
「言語の創造性」に寄与しない限り(つまり表現が固定してしまっているならば)、
統語構造解析はそこでおしまい、というのがわたしの見方であって、
形態素分解還元の志向を持つ彦頁とはそこが違うと思う。

そのようなわけで、へーかのおっしゃる「前置詞」の「一項動詞扱い」も当然の如く
正当化されるわけであり、
ただし前置詞は直接否定することが不可能なので、Negも変数のひとつになると思う。

このような見解を取ると、数マンコある副詞、および固定化した副詞句は、
ふるまいが同じだということから、いっきょに「一語」に収束してしまう可能性もある。

612 :虚無:2007/07/28(土) 15:04:04 0
>>580は面白いにゃ…talkはfrom句を、項としてはとらないのにゃ。
I will talk from my heart は
How will he talk?の適格な答えであって、From where will he talk?の
答えではない。
いっぽう、I will talk to MaryやI will talk about Maryは
How will he talk?の適格な答えとはいえないのにゃ。
(ごていねいにこのふたつは、擬似的な受動化もできるMary will be talked toとか、
Mary will be talked aboutとか。だがこのような受動化は、必ずしもすべての項で起きるわけではない、
いうまでもなく…)

θroleの正体はわたしにはよくわからないが、<場所格>とか<道具格>とか、
格で処理できればと思うにゃ。前置詞句で現れるというのは、そりゃ、「たまたまのこと」にゃ。

……このような問題意識だと、文法とは語の線形順列の法則ではなく、実は「思考の秩序」の研究ではないか
という18世紀の世界にたちもどるおそれも十分あるにゃ。



613 :虚無:2007/07/28(土) 15:17:47 0
まちがいた。
How will he talk->How will I talk

614 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/28(土) 20:23:21 O
ヲは省略できるけど、ニは省略できない。
↑合ってる?

太郎が花子*(に)手紙(を)送った

中学生女性教諭切り付けた

より自然な例では、新聞見出しなんかで

女性教諭切り付けた中学生逮捕

と「女性教諭_切り付けた」の_の部分に入る助詞は省略可能だから、_=ヲじゃないかなー。

615 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/28(土) 21:15:38 0
>>614
それだと女性教諭が逮捕したと読める。

616 :仇鱒:2007/07/28(土) 22:34:18 0
やれやれ、今お帰りでつよ。えっと、花火大会@昭和言乙念公園にいってきま
すたよ。いやいや、ちかれた。まー、やぱ日本の夏は花火だ罠。うむ。で、ど
ーでもええことだがちょいと書くな。えっと、「花火」は「花」と「火」から
成るが、どっちがメインかとゆうと「花」だ罠。だって、「わおっ、今の花火
すげー」とゆった場合、花火の「花」の様子に感嘆するのがフツーだからな。
一方、「火花」つーと、普通「火」がメインだよな。「火花がちった」とゆう
場合、フツー「火」がちったことを意味するからな。で、これらのことを主要
部右端規則を前提に考えると、実は「花火」が「火花」で「火花」が「花火」
じゃないかと思ったりするのだよ。うむ。と、まあ、そんなことを花火を見た
帰りの電車の中で思ったものである。うむ。ちなみに、仇本@茶色表紙の「ま
えがき」にはたしか4年前の花火大会@昭和言乙念公園でのエピソードが書い
てある。うむ。それにしても、人の多いこと、、、。何万人来てたんだか、今
日は、、、。さて、風呂入ってくっかなー。あー、ちかれた、ちかれた。

617 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/28(土) 23:28:42 0
顔文字大先生の書き込み再掲
─────────────
統語構造自体には本来意味はなく、それが概念構造との同型性により、
両者間にスムーズな情報の受け渡しが成立する、ということだろう。
チョムスキーのいう duality of semantics が統語構造上でどう分業されているか、
とかも関係するテーマである。
大ざっぱにいって、
語彙範疇は項構造の定義に関わり、conceptual system の領分、
機能範疇は語用論的情報構造で、intentional systemであろう。
─────────────
C-Iシステムのうち,
Cについては原則argument structure,θ-marking,lexical category,external mergeの領域。
Iについてはleft periphery,functional category,pragmatics,internal mergeの領域。
言語計算系が2種類の意味機能についてこういう分業制を採っている。
─────────────

618 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 03:29:06 0
やれやれ、今お帰りでつよ。
えっと、花火大会@昭和言乙念公園にいってきますたよ。いやいや、ちかれた。
まー、やぱ日本の夏は花火だ罠。うむ。

で、どーでもええことだがちょいと書くな。
えっと、「花火」は「花」と「火」から成るが、どっちがメインかとゆうと「花」だ罠。
だって、「わおっ、今の花火すげー」とゆった場合、花火の「花」の様子に感嘆するのがフツーだからな。
一方、「火花」つーと、普通「火」がメインだよな。
「火花がちった」とゆう場合、フツー「火」がちったことを意味するからな。

で、これらのことを主要部右端規則を前提に考えると、
実は「花火」が「火花」で「火花」が「花火」じゃないかと思ったりするのだよ。うむ。
と、まあ、そんなことを花火を見た帰りの電車の中で思ったものである。うむ。

ちなみに、仇本@茶色表紙の「まえがき」には、たしか4年前の
花火大会@昭和言乙念公園でのエピソードが書いてある。うむ。
それにしても、人の多いこと、、、。何万人来てたんだか、今日は、、、。
さて、風呂入ってくっかなー。あー、ちかれた、ちかれた。

619 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 14:35:12 0
>>618
読みやすいです。ありがとうございます。

620 :仇鱒:2007/07/29(日) 18:31:45 0
やあ、わしだ。やいやい、今日はほんとスゲーことがあった。うむ。えっと、
実はさっきベンチャーズのライブつーかコンサートから帰ってきたところでつ
。ムスコと二人でいってきますたよ。ちなみに席は最前列。ま、ムスコのロッ
ク教育第一弾だが、最初のライブはベンチャーズがええと思って今日いってき
たわけだ。で、なんとっ!演奏の途中でドン@サイドギターがわしのムスコに
手渡しでピックをくれたのだっ!!!!うぉぉおおおおおお!!!!ただ哀し
いことにピックは市販のピックだった、、、。どてっ。いやー、やぱ最前列は
やぱええな。ステージのアンプの音を直接聴くことができるし、ギターヲタの
わしには垂涎もののライブであった。で、これまたギターヲタのわしは人一倍
感激したのだが、なんと、クラシカル・ガスをアコギで、しかもバンド編成に
アレンジして弾いてくれた。いやー、涙ちょちょぎれますたよ、いや、マジで
。それにしてもドンのテケテケ♪は生で聴くとやぱ迫力あるな。うむ。てなこ
とで、ベンチャーズのライブ報告ですた。はい(^^)

621 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 19:20:12 0 ?2BP(0)
プロレス界のチョムスキー死す
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1185702083/

622 :仇鱒:2007/07/29(日) 19:52:02 0
>>621
まあ、わしがゆうのもなんだが、チョムには信者はいるが、チョムがあぼんし
てもチョムはネ申にはなれないわ。せいぜいなれて天使だ。あの顔で天使はキ
モイが(笑)ま、広〜い意味での理論言語学つーと、ネ申はフォン・ノイマン
とかアラン・チューリングあたりじゃねぇかな。うむ。マジでチョムは糞だが
ノイマンとチューリングは味噌だからな。ちなみにわしは糞の周りで散歩する
糞バエだが(藁)。

てか、こんな↓もんがあったのだが、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070729-00000091-reu-ent
p. スタンレーもう55歳なのか、、、。てか、こう↓書いてあるが、
>「私の心拍数は1分間に190拍を超えるほどになった。この状態が1時間以
>上続いたので、救急救命士を呼んで、一瞬心臓を止め、通常の状態に戻さなけ
>ればならなかった」
「一瞬心臓を止め」ってどうゆうことなんだ?息を止めたのとは違うんだよな?

623 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/07/29(日) 20:11:59 0
>>610
> 非言語的な部分では、必ずしも人間が動物より優れているわけではないですよ。

そりゃそーだ
でもそんなこと言ってないけどねん

理解した結果を『認識』とすると『認識』は大きく二つに分けられるよね

静的(概念)認識
 概念/カテゴリーの性質の定義 辞書的なもの
 これには名前をつけたくなるよね
 つうことはこれは語彙につながるよね

動的(状況)認識
 刻々変化する物理的状況認識と社会的状況認識と心理的状況認識
 状況は構造を持つから状況認識は統語構造につながるよね

こんな感じに理解力の結果である認識はどんどん細分化できるけど
どれも人間に高度な理解力があることを示しているよね
んでこれらの高度な理解力があって初めて統語構造のある言語を扱う
人間特有の高度な言語能力が存在できるよねん

624 :仇鱒:2007/07/29(日) 20:21:36 0
仇ちゃん@横スレ(^^)
ま、あれだ、これ↓と
>動的(状況)認識 ー(1)
これ↓は
>静的(概念)認識ー(2)
池上の「する」と「なる」の言語学を彷彿とさせる罠。ま、上の(1)と
(2)の認識の仕方(てか様態)に言語間で差がある鴨な。個人的には池
上の「する」と「なる」の言語学はアホチョムのヴァカ仮説よりずっとイ
ケてると思う。てか、どう考えても池上の方がチョムより格が上だ。ただ
池上が認知派であるのが玉に瑕であるが。うむ。さて、電源ぷっちゅんす
るな〜。じゃ〜な〜(^^)てか、今スチーブ・ヴァイのfire gardenを聴い
ているのが、やぱヴァイはネ申だな。てか、変態な天才とはヴァイのよう
な香具師をゆう。

625 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/29(日) 23:56:44 0
>仇ちゃん@横スレ(^^)

横スレ?
確かに、認知言語学 III だ。

626 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/30(月) 00:29:50 0
「九条の会」アピールに賛同の科学者・研究者
http://www.9-jo-kagaku.jp/sandou/sandou0706.html

あの生成言語学者Fかしら?

627 :かかりちゃん:2007/07/30(月) 01:33:04 0
>p. スタンレーもう55歳なのか、、、。てか、こう↓書いてあるが、
スタンリーピーターズのほうかと思ったニョロ。

判断もとむにょろが、
i) 太郎が[花子が誰かに会っているという噂を]気にしているけど、
 僕は誰か知っている。
のような所謂日本語でsluicing/cleftと言われている構文ではisland repairあるにょろ?
文献見ても判断がはっきりしないにょろ。それと
ii) *太郎が[花子がなぜか寝ているという噂を]気にしているけど、
 僕はなぜか知っている。
は*でokにょろ?

628 :真音:2007/07/30(月) 01:56:01 0
僕は(それが)だれ{である[の]}か(を)知っている。
僕は(それが)なぜ{である[の]}か(を)知っている。

僕は(それが)だれ{だ}か知っている。
僕は(それが)なぜ{だ}か知っている。

僕は(それが)だれか知っている。
僕は(それが)なぜか知っている。

僕はだれか知っている。
僕はなぜか知っている。

629 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/30(月) 03:28:21 O
>>626
F氏はわざわざ言語学の本の中でチョムの政治活動を讃えるぐらいのアレだからな・・・
ところで狂気に満ちた選挙が終わりましたね。

630 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/30(月) 03:36:22 0
>>627
> ii) *太郎が[花子がなぜか寝ているという噂を]気にしているけど、
>  僕はなぜか知っている。

この場合の「花子がなぜか寝ている」の「なぜか」は
 >なぜか 1 【〈何故〉か】
 >(副)
 >どういうわけか。そうとはっきり言えないが、なんとなく。
 >「―体がだるい」
こういう副詞であって、「何故」という理由を示す機能は薄くなっているんじゃないだろうか。
「僕はなぜか知っている」もそうだけど。
「僕はなぜか「を」知っている」なら分かるが。

631 :真音:2007/07/30(月) 04:12:00 0
太郎は[花子が だれか((本人以外)知らない人物に) 会っているという噂を]気にしている
太郎は[花子が なぜか((本人以外)知らない理由で) 休んでいるという噂を]気にしている

632 :仇鱒:2007/07/30(月) 06:36:48 0
おはよ。腰がいてぇよ、、、orz... で、カルメン真紀子するなー。え〜っと、
まず、かかりのおながいに答えてやろう。うむ。えっと、まず、最初の例
(←会っているウンヌンの例)はいちおうokである。いっぽう2つ目の例
(←寝ているウンヌンの例)はダメだな。てか、ブラケッツの部分
(←[花子がなぜか寝ているという噂を])を読んだ瞬間にわしの言語計算機
は凍り付くわ。うむ。で、しゃーないから>>626にも吊られてやると、しょ
うじき、ネタだとわしは思うけどな(ワラ)。今日日、憲法9条なんて何の
役にもたたんよ。せいぜい、サヨの票集めに役立つぐらいだ。うむ。てか、
憲法9条あったって、テポドソがとんでくるときはとんでくるのだよ。同じ
ように、いまだに核廃絶を唱えている団体があるが、ヴァカも休み休み家と
ゆいたいわ。キタにせよ串國にせよ口シアにせよ核廃棄するわけがねぇだろ
が。てか、核廃絶を唱えている団体はアメリカの核保有は反対するが、半島
ならびに大陸の核保有には反対してねぇからな。アホ丸出しだ。憲法9条保
守も同じだ。憲法9条保守とは爆弾投下ウエルカムとゆっているようなもの
だよ。ま、何を信じるかは個人の自由で勝手だが、わしが常々ゆっているよ
うに、平和とゆうのは軍事力と警察力、そして経済力と国民の高い民度で確
保できるのであるのだよ。そーゆーものである。うむ。これが民度の高いヲ
トナな考えとゆうものである。ちゅーか、民主党が第一党になったが、半島
ならびに大陸系のシトたちはウハウハだな。日本の文化崩壊まで秒読みに入
ったわ。うむ。



633 :仇鱒:2007/07/30(月) 07:51:52 0
今ニュース見てて知ったのだが、小田実亡くなったんだな。合掌。ま、上で
9条の会ウンヌンのハナシがあったわけだが、小田とゆえば9条の会の呼び
かけ人でもあった罠。ちかぢかチョムから何かコメントがあるんじゃねぇか
な。小田とチョムはダチだからな。てか、小田はベ平連をつくったことでも
有名だが、実は代ゼミの英語のセンセイでもあったんだよな。ま、伊藤和夫
みたいなもんだな。うむ。まあ、あれだ、先日は日本共産党のドンが亡くな
り、今日は「プロサヨ市民」のドンが亡くなったわけだが、時代をつくって
きた人たちが一人一人歴史となっていくな。ま、時間がながられるとはそー
ゆーことである。うむ。さて、失禁してくっかなー。うむ。

634 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/07/30(月) 08:02:25 0
>>610
> 後、情報共有の意欲というより、社会的な必要かな。
> 目的は社会形成でね、情報じゃなくてね。

ていうか知りたいとか教えたいっていう個人的な欲求ね
自分の関心があることをもっと知りたいとか人に話したいとかそういうこと
それが言語能力の発生を促したんじゃないんかな

言語と関心事は切り離せないよね

635 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/30(月) 23:30:03 0

認知言語学 III
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1098488660/l50

636 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/31(火) 00:19:12 0
上のスレを見ている人はこんなスレも見ています。

中沢新一さんが好き [民俗・神話学]
歴史トリビア [日本史]
【純真】 LSを語りましょう 【無垢 [美術鑑賞]

637 :かかりちゃん:2007/07/31(火) 03:44:36 0
「なぜか」がfor some reasonにとれないのは複合名詞句内のことにょろかね。
(1)太郎がなぜか寝てばかりいた。
(2)花子は [太郎がなぜか寝てばかりいるという噂を] 伝え聞いた。
(2)はあっしには左程悪くないけど。

638 :かかりちゃん:2007/07/31(火) 03:48:29 0
仇は言語学に限ったことじゃないニョロが

>が。てか、核廃絶を唱えている団体はアメリカの核保有は反対するが、半島
>ならびに大陸の核保有には反対してねぇからな。アホ丸出しだ。

全ての核廃絶を唱えている団体がそうニョロ?これは初耳。

>憲法9条あったって、テポドソがとんでくるときはとんでくるのだよ。

憲法九条が無くても飛んでくるし。ちゅーか、言語学もそうだけど
関係のないことを並べたててもにょろ。

639 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/31(火) 04:14:00 0
仇の過激な書き込みはオモロイ

640 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/31(火) 05:14:01 0
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。
【ベンチャーズを語ろう】 [懐メロ洋楽]
□□□ 脳科学総合スレ □□□ [哲学]
「仇は壊れている」 [哲学]


641 :石翼:2007/07/31(火) 05:38:17 O
実際テポドソが飛んで来た場合、9条の有る無しで
国がどう動くかもとい動き易いかは大きく異なりまっしゃろ。
仇のレスには些か論理の飛躍があるかも知らんがそういった文脈
というか行間を読めば何ら解せんことはない。

642 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/31(火) 07:08:41 0
石翼は[仇が何処かオカシイという噂を]気にしている。

643 :仇鱒:2007/07/31(火) 07:46:53 0
やあ、おはよう。わしだ。まーでもなんだなー、わしにゆわせたら、9条を守る
会とか核廃絶団体の方がずっと過激だわ。マジで9条が国防となり、世界の核が
なくなると本気で思っているのなら、それこそ頭が過激どころか壊れてると思う
わ。権力をいっさいなくし人間の理性だけで合意形成していこうとゆうアホチョ
ムの考えと同じぐらい過激つーか壊れてるわ。上で石翼がちらっとコメントして
いるように、今の9条のままでは国は滅びかねないのだよ。てか、武装集団が送
り込まれたりテポドソ一発打ち込まれたら今の日本はもう完全降伏になりかねん
。ま、わしの計算だと、日本の各主要都市に100人ずつ武装集団が送りこまれ
たらもう日本は完全に制圧されちまうわ。そんでもって1年後は日本はキタの植
民地となり、翌年は日本の第一政党は日本凶産党になってるわ。そんなもんだ。
うむ。もっとゆうと、シビリアンコントロールとゆうものも今だからこそシリア
スに再考すべきだともわしは思っている。現場のトップが指揮がとれないとダメ
だ。命令系統が複雑だと今は国を守ることができないのだよ。1秒2秒の瞬間的
な判断が必要とされているのだよ。まあ、分かる香具師には分かるかと思うが。
うむ。あとあれだなー、わしにゆわせると、自衛隊はもっと先鋭化し特殊急襲部
隊レベルにまで高めてる必要がある。うむ。まあ、一見するとわしの考えは過激
に見えるが、実は非常に落ち着いた温厚な考えであるのだよ。ま、そんなもんだ
。うむ。

> 石翼は[仇が何処かオカシイという噂を]気にしている。
そんな↑噂は仇耳東風。

しゃて、そろそろ失禁すっかな〜。今日もアレやコレやで忙しくなりそうだ。う
む。

644 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/07/31(火) 07:51:33 0
仇は[自分がなぜかオカシイという噂を]気にしていない。

645 :630:2007/07/31(火) 09:20:43 0
>>637
たしかに、それらの文例だと for some reason だと「も」とれるのだけれど
副詞として慣用化した結果、どうも reason という部分が弱くなっているような気がして
上の文だと判断の材料としてどうだろうか、という気が少しします。

例えば、ii-bの形に書き換えるとどうでしょう?

ii) *太郎が[花子がなぜか寝ているという噂を]気にしているけど、
  僕はなぜか知っている。
(太郎が噂を気にしている理由を知っている、の意味ならばOK)

ii-b) ?太郎が[花子がある理由で寝ているという噂を]気にしているけど、
 僕はその理由を知っている。

ii-bであれば、やや強引に、花子が寝ている理由でも*とも言い切れないような。

646 :虚無:2007/07/31(火) 23:12:41 0
かかりちゃんは『無防備マンが逝く』とか検索して、有事に関する立法と、
攻撃される可能性が相関すると信じている人間がいることを確認するニョロ。

へーかが
政治談議で論理が飛躍することと、言語学で論理が飛躍することを同列に考えることは、
チョムスキーが政治的オンチだから、言語学も暴論だというよーなもので
「関係のないことを並び立てている」ようにわたしにはみえるにゃ。


647 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 00:43:50 0
>>632
しかし安倍総理が糞だというようなことをおっしゃいていましたから、
安倍内閣退陣の運びとなればマンセーではございませんか。
民主党が参院与党になるのはそのためのやむを得ぬ犠牲でございましょう。
それが大人の政治判断というものでございます。うむ。

648 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 01:04:45 0
>民主党が参院与党になる

649 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 01:19:29 0
>わ。権力をいっさいなくし人間の理性だけで合意形成していこうとゆうアホチョ

ミジンコほどの理性もない人間が言うことではないな。

650 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 02:40:42 0
...どこかに寂しがり屋がひとり、今にも泣きそうに、風邪をひいている。

651 :かかりちゃん:2007/08/01(水) 03:54:54 0
>へーかが 政治談議で論理が飛躍することと、言語学で論理が飛躍することを同列に考えることは、
>チョムスキーが政治的オンチだから、言語学も暴論だというよーなもので
それは推論がおかしいニョロ。
「仇藻の政治発言が論理的におかしいから、仇藻の言語学も論理的におかしい」
と言っているのではないので、
「チョムスキーが政治的オンチだから、言語学も暴論」
というのと比べるのがそもそもオカスィにょろ。
そもそもチョムの政治本を読んだらわかるにょろが、チョムの理性主義政治が
実際のものになるなんてのはチョムは思っとらんにょろし、そのために大統領選に
立候補したりせんにょろ。チョムの政治活動の意義は事実を歪めて伝えられている人に
判断の基準になる事実をあくまで公正に知ってもらうためにょろ。


652 :かかりちゃん:2007/08/01(水) 03:58:21 0
言語学でも政治でも事実をきちんと整理するすることは大切にょろ。
syntaxの論文でも主張が先走っていて事実の解釈自体が歪められていることが多々あるニョロ。
もうすぐその「事実をきちんと整理していない論文」の一端を批判した論文でも
webページにのせるにょろ。

653 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 04:07:25 0
>事実を歪めて伝えられている人

654 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 04:31:35 0
>>640
「人間は壊れている」 [哲学]
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1135662428/l50x

655 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 04:38:08 0
シミュレーションズ
http://www.fujitv.co.jp/cs/program/7217_014.html

1 X国軍 男鹿半島侵攻  ←
2 赤線復活法案提出
3 新種病原体 千葉市アウトブレイク
4 埼玉県独立
5 クローン殺害事件
6 地球外知的生命体 日本へ
7 天才少年
8 東京シンプソン裁判
9 東京超高層ビル大火災
10 影武者内閣総理大臣
11 積雪2メートル 首都凍結
12 2000年ノーベル賞授賞式
13 名古屋遷都
14 無限エネルギー発生装置開発
15 偽造一万円札 日本経済破壊
16 巨大未確認生物 東京湾封鎖
17 日本国大統領選挙
18 BE MY BABY
19 ニッポン預言者物語
20 変身

656 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 05:55:18 0
太郎か花子か、何か、飲みましたか?

657 :仇鱒:2007/08/01(水) 06:17:22 0
おはよ。なんか涼しくて気持ちええ。うむ。まあ、あれだなー、今回の自眠党
大敗はある意味、マスコミの情報操作にそのまま愚民が踊らされたとゆうのが
ある。もちろんアベ政権はどーしよーもないが、だからとゆって眠主党がいい
ということにはならん。実際、眠主党がプッシュしている候補者の顔ぶれを見
てみろって。ほんとーに日本のために働いてくれる人が立候補しているかよく
チェックしてみれって。日本という島国じゃなく近隣の半島や大陸のために立
候補していないかチェックしてみれって。ま、近隣3ヴォケ國家絡みでゆうと
、今回の選挙でよかったのは公日月党の議席が減ったことだ。これはヒジョー
にいいことだ。政教分離が一歩進んだ。うむ。ちなみにァメリカの政治が腐っ
てるのは政教一致しているから。うむ。ま、たぶん、これで公日月党は自眠党
から離れていくであろうが、それもいいことだ。うむ。まあ、あれだ、言語学
の世界でも生成与党が大敗して久しいが、認知党がこのまま言語学の政権とっ
てはたして言語学のためになるのかよーく考えた方がええ。まあ、あれだ、わ
しにゆわせると、今回の選挙が年金なんつーある意味些末なことで勝負が決ま
ったのだが、本来選挙の争点というのは国防なんかが争点になるべきなのだよ
。とくに今の時代はそうあるべきなのだよ。ま、その意味では、眠主党がちゃ
んと国を守れるかとゆうのと同じように、認知ぶんぽーが言語学を守れるかつ
ーのもある罠。ま、自眠党がどーしよーもないのと同じように今の生成ぶんぽ
ーもどうしよーもないのだがな。ははははは。やぱ、又吉イエス@唯一ネ申の
降臨が必要だな。ははははは。ネ申まんせっ!!ははははは。

>太郎か花子か、何か、飲みましたか?
yes-no-wh疑問文?

さて、朝飯前にひとしごとすっぞっ!ゴルァァアアアアア!!!!!

658 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 06:45:06 0
仇飯前に ひと仕事、失禁前に もうひと書き込み。

659 :仇鱒:2007/08/01(水) 06:52:09 0
>>658
なんかネタふったら書いてやる。今日は涼しくて気分いいから。うむ。

660 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 10:13:01 0
チョムスキーはアナーキストなのにピンカーは保守

661 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 13:50:35 0
>>657
>マスコミの情報操作にそのまま愚民が踊らされた

しかし逆に自民が勝って民主が同じことを言えば「民意を受け入れられない政党が政権をとる資格はないといえよう。」とか書くんですよね?

662 :石翼:2007/08/01(水) 14:02:45 O
政教分離は正直どうでもええ。むしろもっと神道と深く結び付いた政党が
出て来て政権取ればいいという、儚い妄想にわしは思いを馳せたりする。
そもそも政教分離はマックーソー統帥による神道破壊工作であったことを考えればこそ。
ウヨを自称するのであれば政教分離は頭ごなしに否定すべきではないと
わしは考えるがどうか。公日月がイカンザキなのは、政教分離していない
からではなく、「教」がカルトだから、である。

663 :在翼:2007/08/01(水) 14:13:14 0
>>662
戦後の制度まで否定するようでは右翼も地に堕ちましたな。


664 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 14:21:56 0
あのスイマセン。同人誌って何ですか。

665 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 15:40:08 0
>>657
生成も認知もダメ。
これからの言語学はどうあるべきなのだろうか?

→神降臨に期待、という結論ですか?

666 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 17:18:22 O
>>665
大敗ならびに退廃したのは生成保守。
現在の言語学与党は生成革新である。
言い方は相応しくないかも知れないが。

667 :仇鱒:2007/08/01(水) 20:35:12 0
やれやれ、さっきご帰宅だよ。ったく、、、チョーーー忙しいわ。で、ちょい
といろいろ書きたいがカルメン満里奈。うむ。えっと、あれだなー、神道と結
びついた政党つーのはないが、神道的な精神で政(まつりごと)を行った人が
いる罠。森首相だ。森師もほんとマスゴミとアホな愚民によって葬られた人で
ある。正直、森首相は首相として極めてまともであったと思う。ぶっちゃけた
ハナシ、子分のコネズミよりずっと人間的にも優れている。失言でも何でもな
いのに「ネ申の國」発言であぼん♪してしまったが、ほんと森師はすばらしか
った。わしが高く評価するから森師は立派である。うむ。わしの目に狂いはな
い。てか、そもそも日本がネ申の國であるのを否定するのは日本の歴史そのも
のを否定するようなものである。うむ。たとえ科学的に受け入れなくても國と
いうのはそういうものなのだよ。ま、それはええとして、神道の精神を引き継
いでいる大学だと國學院大學がある罠。いい大学だ。オッ糞フォード大やm哀t
や東犬よりずっとすばらしい。うむ。あと、「現在の言語学与党は生成革新で
ある。」という発言が>>666(←オーメンくん)にあるが、ミニマリチュムの
人口なんて世界的に見ても1000人もいねぇと思うわ。ま、1000人ほど
の信者じゃ新興宗教と変わらんわ。うむ。ま、わしとゆうか仇組のような生成
保守組が一番イケているのだよ。そろそろそーゆーことが分かるようでないと
いかん。てなことで、晩飯喰って風呂入ってもう寝るわ。つかれたわ。どてっ
♪政治絡みの言語学ネタは明日の朝にでも書きたいと思ふ。うむ。


668 :うんざり:2007/08/01(水) 20:40:16 0
出だしから自分に敬語だれが読むか日本語追試。

669 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 20:46:44 0
巨人の肩の上で語るピンカーは保守にならざるを得まい彼だけに
限らない。すべておなじ運命、おまえもな。

670 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 20:53:51 0
>>662  う財 神道は皇室による生活規範 宗教なんかじゃない
世界の宗教化哲学者が認めるところ、神道には救いという概念が 
欠落している、救いなくして如何なる宗教も存在し得ない。

671 :仇鱒:2007/08/01(水) 20:59:44 0
を、なんかええぞ、ええぞ。藻前ら、がんがれ、がんがれ。ははははは。
で、誰か言霊について語れや。そこから誰か言言吾のクオリアについて
熱く語れ。ははははは。じゃ〜な。てか、藻前ら、おもろいな。わしほ
どじゃねぇが(ワラ)てなことだが、電源ぷっちゅん♪な〜(^^)

672 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 21:28:31 0
ことだまの真意も分らず外国語のレキシコンにしまってあった語彙を持ち出して
日本語に応用しようという程度のもんだろう。語彙くらましって言うんだよ
折口論にもあるし熊クスも言及してるよ。www

673 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 21:59:46 0
>>671 ピジンふう日本語しか使えないのか?サブトラクテイブバイリンガル
か?は知らないが、まともな日本語で応対できないのか?虚学者さんよ。

674 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 22:23:04 O
所詮は便所の落書きである。うむ。ははははは。
鱒でもかいてくっかな。電源ぷっちゅーん♪ははははは。

675 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 22:37:59 0
桂馬筋の話桂馬筋の論理しか出来ないらしい
藻前にには桂馬筋と言う語も理解できまい。www

676 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 22:51:18 0
久しぶりに覗いたらひどい馬鹿がいるんで驚いた。
まだ就職もできずに2ちゃんにたむろしてるのがいるんだ、 
はた迷惑もいいところ、早くバイトでもいいからどこかへ行って欲しい。
こんなんだったら秋葉で勤め口探したらあるかもしれんな。

677 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/01(水) 23:51:15 0
MLF2007

太郎は[花子が合格した]ことを 喜んだ。
太郎は[花子が合格した]ことに 喜んだ。
太郎は[花子が合格した]ということを 喜んだ。
太郎は[花子が合格した]ということに 喜んだ。

太郎は[花子が合格した]知らせを 喜んだ。
太郎は[花子が合格した]知らせに 喜んだ。
太郎は[花子が合格した]という知らせを 喜んだ。
太郎は[花子が合格した]という知らせに 喜んだ。

太郎は[花子の合格した]ことを 喜んだ。
太郎は[花子の合格した]ことに 喜んだ。
太郎は[花子の合格した]ということを 喜んだ。
太郎は[花子の合格した]ということに 喜んだ。

太郎は[花子の合格した]知らせを 喜んだ。
太郎は[花子の合格した]知らせに 喜んだ。
太郎は[花子の合格した]という知らせを 喜んだ。
太郎は[花子の合格した]という知らせに 喜んだ。

太郎は[花子が合格した]のを 喜んだ。
太郎は[花子が合格した]のに 喜んだ。
太郎は[花子が合格した]というのを 喜んだ。
太郎は[花子が合格した]というのに 喜んだ。

678 :(´∀`)@リハ:2007/08/02(木) 03:15:28 0
メイナード・スミス曰く,生物学の世界では還元論者は右派,全体論者は左派,であるにゃ
チョムを全体論者と言えるかどーかはわからんにゃが,ピンカーみたいななんでも
自然選択ヴァカを単元論とゆーなら,チョムは複元論といえる罠ゃ

先日C.B.@harvardからメールが来たにゃ
ここで名前出したとこだったのでビックリしたにゃがw,俺の例のreviewを
面白く読んだとゆーことにゃった
あんな雑誌でも,やはり海外に発送しとる意味はあるみたいだにゃ

今年の進化学会は@鏡台にゃが,オマイラ全員集合?

679 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/02(木) 04:00:04 0
WS10 言語の起源と進化
9/2 16:00-19:00,B会場
企画:岡ノ谷 一夫(理研・脳科学総合研)

橋本 敬(JAIST)
演題未定
笹原 和俊(理研BSI)
演題未定
ほか2−4名

680 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/02(木) 04:23:59 O
ちなみにCBは「ブックス」と読むらしいですよ。

681 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/02(木) 04:52:04 0
Boeckx

682 :仇鱒:2007/08/02(木) 05:47:30 0
おはよ。てか、中途半端なヴァカしか出てきてねぇようだな。うむ。まあ、
夏だ、厨や、まったりしてけ。で、あれだ、新聞とか読んでるとこんな↓表
現をここ最近目にするわけだ。
Japan's governing Liberal Democratic Party suffered a crushing defeat ...
で、今更ながら思うのだが、自眠党の英語名にはliberalとゆう語があるわけ
だが、ァメリカだとliberalつーたら左派であるわけだ。これなんかもことば
の使われ方とゆう点では面白いと思う罠。で、あれだ、左派は「リベラルで
あるべし」とかゆうものの、左派的な人権まんせーのやり方がいかに人間関
係をギスギスさせ生活から自由を奪い取ったか分からないわけだ。うむ。ま
、保守的な考えにリベラルてか自由があるとも必ずしも言えないが、ようは
、何から自由になるかだな。free from 〜の「〜」が問題であるわけだ。うむ
。ま、厨の連中や、たまにはこうゆうことでも考えれ。チョム(←ウルトラ
リベラリスト@アナーキスト)のアホロンブン読んでる暇あったら大音量で
ファイヤーボール@デープパープーでも聴け。うむ。

さて、朝飯前に一仕事すっぞ、ゴルァァアアア!!!

683 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/02(木) 05:53:10 0
仇飯前にラジオ体操かな?

684 :仇鱒:2007/08/02(木) 06:01:01 0
>>683
藻前も毎朝ごくろうである。うむ。いつもわしの朝一のカキコミにレスしてくれて
感謝する。うむ。で、予想どおり今からガキつれて近くの公園にラヂオ体操しに逝
きますでつ。てか、昔、♪壊れかけのレィディオ〜♪とか歌ってた歌手がいたな。
壊れていたのはこの歌手の発音だな。うむ。


685 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/02(木) 07:18:27 0
どーでもいーれすが
80年代以前の liberal と neoliberalism 以降のリベラルは意味が全然ちがうれすよ。

686 :(´∀`)@リハ:2007/08/02(木) 10:28:19 0
>>680
俺が読み方を人に尋ねて回ったことをなぜ知ってる?w
>>682
発送済み(from 業者の人

687 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/08/02(木) 10:59:52 0
文字が発明される前と発明されたあとで人間の識字能力に
違いがあるとは思えないよね
野球だって縄文人だって教えればできたはずだよ

だから言語が発明される前から人間には言語能力があったんじゃないの?

688 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/02(木) 13:43:35 0
>>687
> だから言語が発明される前から人間には言語能力があったんじゃないの?

そうではないと言っている人がここにはいるの?

689 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/02(木) 19:35:59 0
例えばインターネット上の掲示板に書き込むことができる人を
「ネット能力がある人」と呼ぶとして、
50年前の人もパソコンが使えただろうからネット能力があったと思うよ。
といったところで何の意味がある?

自動車が発明される前から運転能力はあったと思うよ。
農業が発明される前から食料生産能力はあったと思うよ。


何にでもいえる

690 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/02(木) 19:47:50 0 ?2BP(0)
>>661
>しかし逆に自民が勝って民主が同じことを言えば

爆笑されて終わり。
「ちょwww あれだけマスコミに死に物狂いで応援されておいてwww」

691 :仇鱒:2007/08/02(木) 20:00:04 0
キタァァアアアアアッッッ!!!!!!!
顔餅、thx!!!てか、もしかして今日わざわざ届けにきてくれたとか?
いやー、ほんとさんくす。たしかにイングエ(x2)とジューダス(X2)
届きますた。いやはや、マジで嬉しい。ばっちし暑気払いさせてもらうわ。
うむうむ。てか、いつも思うのだが、dvdの表面にいつもタイトルとか入
れてくれるけど、あれって簡単にできんの?

んで、言語能力ウンヌンだが、同じ事が言語の個体発生にも言えるんじゃね
ぇかな。赤ちゃんが言語をマスターする前でも赤ちゃんは言語能力をもって
る罠。いい例が、まだじぇんじぇん話せなくても赤ちゃんは大人の命令に従
うことができることを挙げることができるわ。わしのガキがまだ1歳半ぐら
いだったと思うが、「○○とってきて」とゆったらちゃんと○○をとってき
たからな。ようするに、プロダクション能力はゼロだがコンプリヘンジョン
能力はかなり高かったのを今でも覚えているわ。ま、これなんかはプロダク
ションがなくても能力は着実に育っていることを示している罠。ま、これは
言語獲得のハナシであって、その逆の言語喪失についても同じことが言える
罠。脳梗塞なんかで言語がうまく使えなくなっても言語能力はちゃんと保持
されているケースがあるからな。実際そのような人の場合、筆談すればバッ
チシコミュニケーションとれるしな。あと、あれだ、拉致とか監禁されて口
に猿ぐつわ噛まされてしゃべれなくてもちゃんと言語能力は保持されてる罠
。実際猿ぐつわはずされれば「助けてェェエエエエ!!」って叫べるしな。
うむ。てか、ちょいとわしポイントずらしているかな。ははははは。ま、え
えわい。腹へったからポイントやらズボンやらズレまくりじゃい。うむ。さ
て、メシ喰ってくるわ。あー、腹へったっ!

何はともあれ、顔餅、ほんとthx。業者の人によろしく伝えて栗m(_ _)m

692 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/02(木) 20:08:34 0
やっぱりコネがあれば何でも手に入れられるのか、不平等だぜ。

693 :仇鱒:2007/08/02(木) 20:22:43 0
>>692
なんかほしけりゃ身元晒せや。そしたらわしがアレやコレや送ってやっぞ。
うむ。てか、不平等が均等に配分されているのを平等とゆう。うむ。ちゅー
か、今、牛乳プリンを割り箸で食ってるのだが、なんか茶碗蒸し喰ってるみ
たいだ。てか、なんとなくメシ喰ってるみたいでプリン喰ってる気がしねぇ
ぞ。あん?てか、牛乳プリンつくった人は偉いな。偉人だよ。あ、そうだ、
牛乳をレンジでチン♪してココアをたっぷりめに入れて最後にコーヒーをち
ょっとだけ入れるとスタバ風のフラペチーノになるぞ。最近わしはこれに嵌
っている。うむ。

さて、風呂入って疲れとってくっかなー。あー、ちかれた。夏休みに入った
とたんにチョー忙しくなったわ。シャレにならんわ、、、ったく、、、。

694 :仇鱒:2007/08/02(木) 21:00:13 0
さて、電源ぷっちゅん♪する前にちょいと書くかなー。えっと、上でこうゆっ
た↓qがあるわけだが、
>言語が発明される前から人間には言語能力があったんじゃないの?
認知ぶんぽー派にはそもそもこのような↑qはスタンドしない罠。つーのも、
認知ぶんぽーではそもそも言語能力なんつー言語に特化した能力は仮定されて
いないからな。だから、認知ぶんぽー陣営にとっては、言語が発明だか創発さ
れる前にも後にも言語能力なんかねぇ罠。ま、このあたりのことについて認知
の連中や、なんか書けや。なんか書いてもスルーする鴨しれねぇけど(ワラ)
あと、あれだ、>>690にもちょいとレスすると、ほんと今回の選挙はマスコミ
の影響がかなり大きいわ。マニュファクチャリング・コンセントじゃねぇが、
ほんと民衆つーのはだまされやすい生き物だ。マスコミの情報操作もそうだが
、ウェブに書かれたくだらんカキコミ鵜呑みにして思考停止状態になったりな
。ほんと、日本人つーのは噂に流されやすい民族だと思うわ。ま、農耕民族の
特徴鴨しれねぇな。まあ、あれだ、わしのゆうこと聞いていれば間違いないわ
。ははははは。じゃ〜ねん♪(^^)電源ぷっちゅ〜ん♪

695 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/02(木) 23:28:09 0

大きな荷物を持って買い物から帰って来たので、

太郎: 何を買ってきたの?
花子: 何も。

手ぶらで買い物から帰って来たので(或るいは、帰って来たところを見ていないので)、

太郎: 何も買ってこなかったの?;何か買ってこなかったの?(;何か買ってきたの?)
花子: 何も。

696 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/03(金) 00:01:32 0
>>694
言語を扱う人間というのはサルとは全然違って偉い存在なのだ、というのが
生成文法さんの立場なのでしょうか?
失礼ながら、近代人の傲慢さを感じてしまうのですが…。
(言語なんてサルの鳴き声が進化したものなのでは?)

697 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/03(金) 00:59:06 0
>>696
生成っていうか欧米の思想なんてほとんどそうだよ。

698 :(´∀`)@リハ:2007/08/03(金) 01:05:15 0
>>696
典型的な誤解であるにゃ
言語でも何でも,ヒト種固有の能力を指摘することと人間中心主義は
何の関係もないにゃ
たとえばイヌの嗅覚は人間より優れているという事実に言及したら
イヌ中心主義なんかにゃw
どの種にもそれならではの形質があり,人間言語もそーゆーものの一つだ
というだけのハナシであるにゃ
>言語なんてサルの鳴き声が進化したもの
2000%あり得ないにゃ
ま,そんあたりは秋頃に出る「生○科学」の俺の特別寄稿wでも嫁

んで
>>687
はある意味,言語進化の核心をついとるにゃ
言語ができる以前から,言語準備性 language-readinessはあったはずにゃ

たとえば失読症は遺伝子の異常に起因するにゃが,文字が発明されたのは
生物進化的にはつい先日のことであり,文字専用の遺伝子などというものが
できる時間はないはずだにゃ
つまり,もともとある機能を持っていたものが,後から別の役割も果たす
ようになったということで,これをcooptationとかexaptationとかいうにゃ

言語が発生する以前から,言語に必要とされる基本能力はバラバラに
全部揃っており,それが結合する(インターフェイスが成立する)ことで
言語という新しい形質が比較的突然出てきた,というわけだにゃ


699 :(´∀`)@リハ:2007/08/03(金) 01:07:22 0
>>691
>今日わざわざ届けにきてくれたとか?
んなわけないにゃろww
>あれって簡単にできんの?
プリンタブル・ディスクと対応プリンタがあれば,猿でもできるにゃ

>>693
今の俺のマイブームは豆腐であるにゃ
毎日1食は冷や奴オンリーw

700 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/03(金) 01:53:25 0
>>698
一部(というか結構多くの)生成系の学者が
動物の言語能力に関する研究もろくに知らずに、あるいは研究されていないにもかかわらず
「言語は人間固有のもの」としてきたのは事実でしょ。
チョムスキーだってデカルト派言語学のころと2002年で
「人間の言語に固有のもの」はなにかについて見解を随分変えてるし。

そのあたりのバイアスが実際にあるのは事実だよ。

701 :(´∀`)@リハ:2007/08/03(金) 02:05:37 0
生成知らん香具師に↑というバイアスがあるのは事実だにゃ



702 :(´∀`)@リハ:2007/08/03(金) 02:17:35 0
チンプの件
"There is no clear evidence of syntactical rule use so far."
Matzuzawa, T. 2007 Developmental Science 10.


703 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/03(金) 02:21:34 0
お前は何もわかっちゃいねえという主張は分かっている人でも分かっていない人でも使うことができます。
私にはどちらが分かっているのかは分かりません。
しかしお前は分かっていないと口にすれば必ず物別れになるということは分かります。
甲者は相手を無知なばかといい、乙者は相手を蒙昧なほんちなしと言えばどうしようもありません。
そこで外野は事実よりも議論の態度によって成敗を決めるしかありません。
>>701>>700を見下したような感じがするので>>700の勝ちです。
学者の集まる学会で、
正論を唱えるが相手を馬鹿にした口調の学者と
端々にトンデモ臭いところがあっても誠実な学者とではどちらがよいかといえば
前者だと断定しえないでしょう。

704 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/03(金) 02:27:22 0
>>701
この手の話になると顔文字ですら、こういう煽りしかかけないのが情けないよね。
2002年のscience論文ではっきりとFLNに限るとする以前の問題点とかに対する反省がない。
まあ特にアメリカで、科学を標榜することで予算獲得するための、詐欺的なテーゼだったからしょうがないけど。

creativiyの概念も人間の実際の言語能力とは無関係なモデルでしかないし。

705 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/03(金) 02:52:22 0
>>703
> 正論を唱えるが相手を馬鹿にした口調の学者と
> 端々にトンデモ臭いところがあっても誠実な学者とではどちらがよいかといえば
> 前者だと断定しえないでしょう。
そんなはずはない。

706 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/03(金) 02:57:15 0
>>703
人格とロゴスが分離していないのではないか。

707 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/03(金) 02:59:27 0
>>703
そもそも外野が口出すことも無いだろうよ。

708 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/03(金) 03:00:09 0
>>696 も割と古い「サルの鳴き声」感をイメージして語っているような気がするけど。

最近の研究だと、サル・類人猿の場合でも
1) 彼らの音声と心的表象は単純に一対一対応しているわけではない。
2) 二語文程度の文を生成・理解する能力はある種類がいる。
という見解が結構ある。

問題は(2)の「行為+対象」という音声の列に
人間の言語におけるような構文の起源を見るかどうか。
つまり、質的な差異を見るのか、量的な差異を見るのかの違い。


709 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/03(金) 03:06:23 0

Emerson, Cake and Palmer

710 :(´∀`)@リハ:2007/08/03(金) 03:40:46 0
いやはや,近所が火事みたいだったので通報しますた
公園のベンチが放火されたみたいだにゃ


711 :(´∀`)@リハ:2007/08/03(金) 03:46:05 0
>>708
見解があるつーか,それを前提にして言っとるわけにゃが?
ま,サルよりはカラス,だにゃw


712 :(´∀`)@リハ:2007/08/03(金) 04:09:52 0
消防署から電話がかかってきて発見時の状況を詳しくきかれますた

んで,ドーブツにも言語があるたら抜かすのは自由にゃが,人間言語の基準で
ドーブツ言語をはかろうとすることのほうがよっぽど人間中心主義であるにゃ
チンパンジーにしてみたら,俺らなりの言語があってそれは人間言語とは別物,
人間言語がどこまで分かるかとかよけーなお世話,ほっといて栗,と思っとるで
あろうにゃ
これがホントの「チンパンジーの心」(w


713 :仇鱒:2007/08/03(金) 05:28:49 0
やあ、おはよ。昨晩は家族で寝る場所変えたのだが、やれやれ、場所変わった
だけで寝られなかったよ、、、。んで、あれだなー、チョムの有名なセリフに
こんな↓のがある罠。
「宇宙人から見たら日本語も英語もケチュア語もアラビア語もみな同じだ。」
チョムはアホではあるが、たまにはこの↑ようにいいこともゆう。で、わしに
ゆわせたらこう↓なるわ。
「ネ申から見たら人間の言語も動物のゲンゴもみな同じだ。」
ま、わしはキティだがたまにはこの↑ようにまともなこともゆう。うむ。さて、
これからイングェ見るぞ、ゴルァァアアアアア!!!!!朝練開始っ!

714 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/03(金) 05:39:59 0
>>711
(´∀`)は酒でも飲んで頭がおかしくなってるのか?

>>702 の線上の syntax がないから連中の音声は言語ではないという見解は
>>708 の(2)を文として解釈しない立場であって、708の観察を事実として認定しない立場。
「ゆえに動物の language という表現は improper な表現である」という文章は
欧米文献を読んでいれば嫌と言うほど出てくる。

715 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/03(金) 08:59:07 O
“unbounded”Merge

716 :(´∀`)@リハ:2007/08/03(金) 10:02:13 0
ま,単純化すれば
人間言語:文脈自由文法(回帰)
動物言語:文脈依存文法(非回帰)
であるにゃ
ムクドリが文脈自由文法を学習したというNatureのお笑い論文は
チョムもジャケンドフもボロカスに言っとるにゃ
チョム曰く「基本的な数学的誤謬に基づいており,このような論文が
Nature誌に掲載されたのは驚きである」
ジャケンドフは自分の投稿が即日突き返されたので頭にきとるみたいにゃw
香具師の新刊買いますたウィッシュマスター by Nightwish

717 :仇鱒:2007/08/03(金) 21:32:04 0
やいやい、今おかえりだよ。へろへろの仇ちゃんだよ。ふにゃふにゃでつよ。
うみゅ。やる気ないから脱力系のカキコミするな。うみゅ。ま、あれだなー、
flnやflbといった概念もそこそこ(じゃなくちょいとだけ)面白いが、
これらとセットとゆうかコントラスチブにfcn(ナロー・コグニチブ・ファ
カルチー)とかfcb(ブロードry)とゆったものももっとシリアスに考え
るべきだ罠。言語能力はコッチにおいといて、人間にしかない認知能力をしっ
かり考えた上でflnについて考えるべきでもある罠。あと、クリエイチビチ
ーだが、たしかに言語とは関係ないと思う。むしろメタファーなんかと関係あ
る罠。ま、このあたりのことは実は先日出た拙著の後ろの方に書いてあるけど
な。あと、これ↓だが、
1) 彼らの音声と心的表象は単純に一対一対応しているわけではない。
まあ、ああだこうだゆっても動物の言語はほとんどせくーすとくいもん関連の
ものだ罠。ま、人間の言語もせくーすとくいもん関係のものが多いが(ワラ)
。あと、これ↓だが、
2) 二語文程度の文を生成・理解する能力はある種類がいる。
2語文だけならぶっちゃけ統語構造はいらないわ。統語構造は語が3ヶ以上に
なってから必要になってくるとゆうかエマージュしてくるわ。ま、そーゆった
意味では、3つの語をうまく操れるようになったら統語構造を認めてもええ鴨
しれねぇ。うみゅ。もっといろいろ書きたいがへろへろのふにゃふにゃふにゃ
なのでこれでおちまい。うみゅ。風呂はいってくる。どてっ♪

あ、イングエ@ろシア、ええわ、ええわ。まだ最初の2曲しか見てねぇけど。
てか、見る時間ねぇよ、、、ったく、、、。ゆっ栗みたい。うむ。ちょいと
ちかれたのでこのカキコミのみsageますた。うみゅ。

718 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/04(土) 03:09:39 0
仇日が昇るまでまだあるにゃぁ。

根毛をつくる遺伝子は、根毛をなくす遺伝子が進化してつくられた
http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2007/070802/detail.html

719 :仇鱒:2007/08/04(土) 06:37:57 0
やあ、おはよ。今日もちょいと失禁してきまつよ。もう尿漏れするだけの尿
も残っていないが。やれやれだよ。んで、じぇんじぇん関係ないハナシをす
るな。実は昨日、ある方の突撃訪問を受けたのだよ。その方は70歳を超え
た方で木尾田の先輩にあたる人。名前は伏せるが、いやはや、矍鑠(かくし
ゃく)としていてこちらまで背筋がピン!としてしまったほどだ。あれだな
ー、定年超えても心身共に健康な人はまだ現場でガンガン働いてもらいたい
と思ったわ。年の功じゃないが、60ぐらいのおっさんからは正直学ぶもの
はなにもないが、70過ぎたおっさんからはいろいろ学ぶものがある。70
過ぎたらネ申の行きに近づいていると思う。とくに、わしら生成系の人間で
、しかもアメリカ構造主義からチョム系言語学にパラダイムシフトを若い頃
にモロに経験した人たちとゆうのは、何かが違うと昨日思った次第である。
あと、あれだ、戦中派の人というだけでもわしらと人生観が違いいろいろ学
ぶところがある。うむ。個人的には、63−5歳で退職してからしばらくゆ
っくりして、それでもまた現場復帰してがんばってみたい元研究者というか
老研究者はどんどん現場に復帰してもらったらええと思う。ただし70歳を
超えた人に限る。しかも無給でボランティアでも教えたいという本当にやる
気のある人に限る。マジで70歳過ぎてから伝えたくなることってあると思
うのだな。そういった声をなんとか若い人に伝える場を提供してやりたいと
思った糞暑い昨日のことであった。うむ。さて、メシ喰って失禁の準備でも
すっかなー。

720 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/08/04(土) 08:36:32 0
ていうかさ人間のしゃべる言葉なんて文脈依存だよね
大体言語って頭の中で思いついてることから文章への多対一の写像じゃん
多義性っていうかあいまいさは自然言語の本質でしょ
なんでかってと人間の言語能力が完璧な文法を高速で処理できないから

話者が文脈を共有してるから会話って成立するんじゃないのかにゃ

721 ::2007/08/04(土) 10:50:30 0
文脈依存文法の意味が分かっていないに100000ホム

722 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/04(土) 11:21:10 0
>>716
>ムクドリが文脈自由文法を学習したというNatureのお笑い論文は
>チョムもジャケンドフもボロカスに言っとるにゃ

相変わらず事実の歪曲が酷いね。

チョムスキー自身は「数学的な誤謬」が何かについて詳しい指摘は何もしていない。
ジャケンドフたちの拒否された論文は「解釈の可能性は他にもあり、また回帰性だけを重視する
Gentnerらの解釈は単純に過ぎる。」という解釈を巡る批判であって、元の論文が数学的に間違っていると言うような話ではない。

つまり端的な結論など出てはいないのだが、
それを、元の論文が基礎的レベルで間違っている、と指摘されたかのように歪曲して語る。

どうして(日本の)チョムスキー派の一部は、こうやってドグマティックに問題を歪めて話したがるのか理解できない。

723 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/04(土) 11:27:21 0
>>720-721
>>716 は多分、有限状態文法と混同してる。

724 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/04(土) 11:40:19 0
>>722
曲解により歪曲を語るとは愚かなりぃ

725 :(´∀`)@リハ:2007/08/04(土) 13:24:59 0
>>723
鳥の歌文法のことかにゃ
俺が言っとるのはチンプが語順に拘束された文法しか持たないという点であるにゃ

>>722
歪曲しとるのはどっちにゃ
ジャケンドフらが数学的云々を言ったと716のどこに書いてあるにゃ
ま,こーゆー具合に相手の言うことを意図的に歪めて批判するのが
こいつらの常套手段であるにゃむ

726 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/04(土) 20:55:41 0
>えらい人たち

文脈自由文法と文脈依存文法の違いを学部生にもわかるように教えて! 


727 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/04(土) 21:21:19 0
>>726
答えをすぐに聞くより、調べ方を教えてもらった方がいいんじゃない?
基本的な概念って一言で言えないことも多いし。

728 :仇鱒:2007/08/04(土) 21:37:26 0
やあ、灯りまつり@夏祭りからお帰りだよ。歩き疲れますたよ。てか、水分
とりすぎで腹回り10cmうpしますたよ。腹回りちょいデブ。うむ。で、
文脈自由ぶんぽーと文脈依存ぶんぽーなら『言言吾科学の百科痔典』の「形
式文法」@工学編に書かれてあるわ。ま、もってる香具師は見てみれ。てな
ことで風呂入ってくるわ。うむ。

729 :仇鱒:2007/08/04(土) 22:05:13 0
ふ〜っ、風呂から上がって今扇風機の前に座ってまつよ。うむ。で、灯籠を
見ながら10kmぐらいひたすら歩いてきたのだが、途中教会があったのだ
よ。で、教会に講演のポスターがはってあったわけだ。で、見てみると「存
在の仕方」と書かれてあったわけだ。いかにもってゆうタイトルだ罠。哲学
ぽいつーか形而上学ぽいつーか宗教ぽいつーかな。でも普通「〜の仕方」っ
てマナー・ヴァーブつーか非存在的な動詞にしか憑かないよな。フツー「存
在の仕方」なんてゆう言い方しねぇ罠。なんつーか、こう非文法ぽい表現に
なるといきなり高尚ぽく見えるんだな。「存在の仕方」なんてわしにゆわせ
たら、ようは「メシしっかり喰え!」で終わりだわ。メシ喰わなきゃ氏んじ
ゃうからな。ま、そんなもんだ。うむ。

ちゅーか、今扇風機の風にあたりながらイングエ@ロシア見てるのだが、い
やはや、すげぇーイイわ。てか、やぱ、世界で一番美しい女性はやぱロシア
の女性だ罠。ロシアの女性はマジで美しい。うむ。

730 :(´∀`)@リハ:2007/08/04(土) 22:17:05 0
存在する→?存在の仕方
死亡する→?死亡の仕方

「する」とちがって仕方にはvolitionが要求されるんとちゃうかにゃ
存在の仕方は,自らの意志を持って存在する,という意味ならおk

いんべーもあの頃はまだスマートであったにゃ
あれ以降,肥満の一途 orz

731 :/:2007/08/05(日) 00:37:23 0
>>716
> 人間言語:文脈自由文法(回帰)
> 動物言語:文脈依存文法(非回帰)

文脈依存文法の方が文脈自由文法よりも強力な文法である(つまり、前者は、
後者にできることはすべてできる)わけなので、>>723の人が言っているよう
に、「文脈依存文法」を「有限状態文法」で置き換えないと、ここで顔文字
さんが書いていることは意味を成しません。

732 :(´∀`)@リハ:2007/08/05(日) 01:50:07 0
ぬぁ,そーいえばそーにゃ,タイプ3のほうかにゃ
いや,掃除機スマンカッタ

んで,文献知ってる香具師は分かってるにゃろが,Natureのペーパーの前に,
ScienceにのったFitch & Hauserがやった先行実験があるわけにゃ
そこでも 有限状態文法と文脈自由文法の比較が行われていて,ヒトとちがって
ワタボウシタマリンは有限状態文法しか学習できない,という結論になっとるにゃ

んで,もしチョムがGentner et al.を数学的誤謬に満ちているとして斥けるので
あれば,同じことをF&Hについても言うべきであるのに,こっちはタマリン
ならぬダンマリであったわけにゃ(←座布団3枚!
HCFを受けての実験であるから,recursionがヒト固有だという結論であれば
どんな実験でもよく,ヒト固有でないと主張するものに対してだけこのように
叩く,というのはフェアではないにゃ
ひょっとしてチョムはF&Hを知らんかった,ということはあり得んにゃ
謝辞に名前があがってるからにゃw



733 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 05:11:36 0
もう仇日も昇ったにゃぁ。

CX→LF移動

734 :722-723:2007/08/05(日) 06:46:02 0
>>725
本気で716の書き方がフェアでないと意識してないのか?
だとすれば、相当重傷だよ。

>>716
> ムクドリが文脈自由文法を学習したというNatureのお笑い論文は
> チョムもジャケンドフもボロカスに言っとるにゃ
> チョム曰く「基本的な数学的誤謬に基づいており,このような論文が
> Nature誌に掲載されたのは驚きである」
> ジャケンドフは自分の投稿が即日突き返されたので頭にきとるみたいにゃw
> 香具師の新刊買いますたウィッシュマスター by Nightwish

1) Pという論文についてCとJがボロカスに言っている。
2) Cは、Pについて「基本的な数学的誤謬に基づいている」(だから検討に値しない)と述べている。
3) Jは自分の反論が突き返されたことで頭に来ている

こう書かれたら、CとJは同等の主張をしており、その例としてCをあげているように読める。
実際のJの主張は >>722 に書いたとおりであり>>732 のような主張であり、
C(=チョムスキー)のような単なる否定的コメントではなく、部分的にはCと対立する主張。
JはCのように「ボロカスに言って」いません。

まあ、文脈依存文法と、有限状態文法も区別できない人には
チョムスキーの「数学的誤謬」という根拠のないコメントを、
自分でろくに検討もせずにありがたがることしか出来ないのだろうけれど。

735 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 07:24:08 0
>>734
> こう書かれたら、CとJは同等の主張をしており、その例としてCをあげているように読める。

これは読み手の解釈であって、テクストの中にはない。
だからこれをあなたの主張の根拠とするのは誤り。

736 :722-723:2007/08/05(日) 07:40:51 0
ちなみにジャケンドフらの拒絶されてしまった反論は
仮にGentnerの実験が正しく、回帰性の認識がムクドリにおいて行われていたとしても
回帰性だけが人間の言語の特異性の中核にあるのではないという主張。
だから回帰性を特異性の中核に置く立場とは異なる。

チョムスキーは、短期記憶とパターン認識の能力に過ぎないのじゃないの?とコメントしているけれど
本気で言っているのだとすれば、ある記号列の背景にある文法の判別が、
そのような能力によっても可能かもしれないという見解になり、自分で自分の首を絞めかねない割と危険な発言。

最も、実験の結論(ムクドリが回帰性を認識できている)については、
対照実験をもう少ししないと微妙じゃないの?と言うのは、全くそうだと思うけれど。

737 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 07:46:15 0
>>736
もっと早くそういえば良かったのに。

738 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 07:48:31 0
憑き物がとれたのだろう。

739 :722-723:2007/08/05(日) 07:54:18 0
>>735
単に読み手の恣意的な解釈ではないよ。
レトリックとして明確にそう言っています。
少なくとも、実際に行われた議論を知らない人間が読んだ場合に、フェアなレポートじゃない。

> チョムもジャケンドフもボロカスに言っとるにゃ
> チョム曰く「〜」

 AもBも「ボロカスに言ってる」
 A曰く「〜」

つまり、AもBも同等の「ボロカスに言う」主張をしている、と最初に書いてしまっている。
そして、そのうちで、Aによるならば〜(曰くという表現もくせ者)、と書いている。

実際には、Aは実験自体をボロカスに言って否定しているが、
Bは仮に実験が正しいとした場合でも、その結論から人間言語に直接つながる話にはならないという主張であり
部分的にはAにも対立する見解を含む。

>>732 であわてて修正してるけど、
元の文章は、チョムスキーとジャケンドフらを並列している点でフェアじゃないですよ。

740 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 07:55:27 0
>>739
行間読んでないでしょ。

741 :722-723:2007/08/05(日) 07:58:20 0
>>740
では行間を補ってみてください。

742 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 08:00:54 0
>>741
あなたがやるんですよ。

743 :722-723:2007/08/05(日) 08:05:48 0
>>742
>>716 の文章の構造については >>739 で書いたとおり。
反論があるなら、反論がある側が具体的に書けばいいだけ。
「あなたはとにかく間違っている」というのは何の主張もなしません。

744 :仇鱒:2007/08/05(日) 09:13:35 0
やあ、わしだ。おは尿。てか、スラッシュのおさーん、ひさしぶりだ。うむ。
みんな元気でなによりだ。うむうむ。で、なんもするきないからちょいとだけ
カルメン焼きでもするな。えっと、回帰性だが、岡之谷の研究なんか見てもや
ぱ動物てか小鳥にもある罠。岡之谷の小鳥の観察と記述が正しければ、岡之谷
がペーパーで書いているように、小鳥のぶんぽーにはループが見られる。この
ループは他ならぬ規則の自己言及性とゆうか自己適用性を示しており、いわゆ
る回帰性があることを示している。ただ、プリミチブなものではあるけどな。
だから、「動物のゲンゴにも回帰性はあるか?」とqされれば「ある」と答え
るのが理性的な答えだと思う。で、動物のゲンゴの回帰性と人間のゲンゴの回
帰性の違いは何かとゆうと、それは程度であるのだよ。動物ゲンゴの場合は、
せいぜいできても数回だ罠。一方、人間言語の場合は、もちろん処理というこ
とをこっちにおくと、原則無限だ罠。あと、人間言語の場合、構造そのものが
補部を含み、その補部がめちゃくちゃ複雑になりうる。で、規則を回帰的に適
用する場合、この複雑な補部もいっしょに回帰することになり、人間言語の場
合はかなり複雑な様相を呈することができるわけだ。一方、動物のゲンゴの場
合、そもそも補部と指定部という区別すらないから、補部なんてゆうのはない
。だから、動物のぶんぽー規則を回帰的に適用してもそんなに複雑にはならな
いのだよ。ま、そんなもんだ。うむ。てか、あちーな、、、ったく、、、。

745 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 11:08:27 0
変な粘着がいるなあ

まあ俺からすると、動物の言語になんちゃら性があろうとなかろうと
それを知って人間言語のことが分かるような気が全然しないので
正直どうでもいい。

746 :(´∀`)@リハ:2007/08/05(日) 11:19:45 0
>>734
そりゃ藻前の読み方がひねくれ杉なだけだにゃ
あるいは意図的に歪曲したのにゃろ(たぶんこっち)

>ちなみにジャケンドフらの拒絶されてしまった反論は
>仮にGentnerの実験が正しく、回帰性の認識がムクドリにおいて行われていたとしても
>回帰性だけが人間の言語の特異性の中核にあるのではないという主張。

これも歪曲だにゃ
実際にはジャケンドフらの論点は4つあったからにゃ

747 :仇鱒:2007/08/05(日) 11:22:27 0
>変な粘着がいるなあ
てか、そんなにベトベトしてねぇ罠。わしの粘着質に比べたらあっさり系だ。
ははははは。で、あれだ、わしも正直>>745と同じ意見で「正直どうでもええ」
とゆうのがある。ぶっちゃけたハナシ、自転車を分解してアレコレ調べても飛
行機の構造なんてわかりゃしないのと同じだ。自転車は自転車、飛行機は飛行
機。ともに同じ乗り物だが基本的な構造が違う。そーゆーものである。うむ。
てなことで、夕方まで留守にするわ。うむ。じゃ〜な。てか、これから炎天下
の中移動でつよ。ふ〜っ。


748 :(´∀`)@リハ:2007/08/05(日) 11:33:47 0
ま,よーするに,
1) 太郎も花子も次郎の悪口を言ってたよ
2) 太郎なんか次郎は基地外だってさ
から
3) 花子も次郎は基地外だってさ
が出てくるような素晴らしい理解力の持ち主なわけにゃ,734はw

749 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 14:43:08 0
「がーっ!!」と威嚇されて恐ろしかったから「God」になったんじゃないだろうか。(??)
   ↑サルの声

750 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 16:35:26 0
>>722-723
>こう書かれたら、CとJは同等の主張をしており、その例としてCをあげているように読める。

そんな風には全然読めなかったよ。
もーいいじゃん。

751 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 17:24:07 0
>仇
認知スレで、

 >他とは一線を画したお方のように思えます。 

って褒められているぞw

752 :仇鱒:2007/08/05(日) 17:38:07 0
やれやれ、今日はムスメ吊れて、つーか「仇、吊れてけっ!」とゆうことで
プールに逝ってきますたよ。この糞暑い中プールに逝ったのだが、中に入る
と寒くて、暑いんだか寒いんだかワケワカンネーがまん大会のようなことし
てきますたよ。うむ。で、あれだ、ちょいと今ニュースをいろいろ見ていて
、例の橋の落下の一連のニュースをフォローしていたのだよ。で、こんな文
があったわけだ。
>at least four people were killed and dozens more were injured 〜
で、この↑文そのものは何の変哲もない数日前の記事なのだが、わしは
「ん?」と思ったわけだ。ま、受動文つーのは一般的に、行為者をいいたく
ない時に使ったりするわけだ。でもな、よく事故なんかで上にあるように
「〜 be killed」の表現があるわけだが、逆にこれだと使役者がすごく気にな
るよな。つまり上の記事なら「で、by △の△は何なんだ?」と誰でも思うよ
な。ようするに、アネハ的な建築業者に責任があるのかどうか気になるわけ
だ。で、まあ、ようするに、「〜 be killed」の時は例外的に、逆に使役者つ
ーかby △の△が気になるとゆうことだ。ま、そんなところだが、この年にな
るとプールも堪えるわ。うむ。てか、あれだなー、銭湯とかサウナなんかに
逝くと、最近はみんな前隠したりするけど、プールだと未だにみんなフルテ
ィムだな。いいことだ。男はやぱこれじゃないといかん。うむ。てか、ほん
と、銭湯とかサウナ逝くといい年したおっさんが前隠していたりするのだが
、それを見てわしなんか「もしかしてこのおっさんティムポないのかな?」
とか思っちゃうわ。この前サウナ逝ったら墨入れた若いあんちゃんがいたの
だが、前隠してんだな、これが。わしはフル開ティムで見せつけてやったが
。うむ。



753 :仇鱒:2007/08/05(日) 17:38:47 0
>>751
>他とは一線を画したお方のように思えます。A
わしは一線を越えてるお方だが、何か? てか、最近「わたしと一線を越えて
みませんか?」的な直メールをもらい困っちゃっている。うむ。もちろんご丁
寧にお断りしているが。うむうむ。わしは妻子&愛人もちだし中途半端な遊び
はもうせん。うむ。


754 :仇鱒:2007/08/05(日) 19:16:59 0
ありゃ、誰からもレスねぇじゃん。ちょいと書くかなー。てか、今おでこに
冷えピタはってるのだが、こりゃええな。うむ。で、あれだ、上でパッシブ
についてちょいと書いたが、そういや先日ガキからパッシブ絡みでqされた
のだよ。で、どーゆーqかとゆうと、ポケモンの最後に出てくる文字のこと
だ。ま、to be continuedの意味をqされたわけだ。で、もちろん「つづく」
の意味だと教えてやったが、このto be continuedも考えるといろいろワケワ
カンネーことがある罠。by △が省略されているとして△は何なんだろな。あ
と、このto be continuedは予定とか未来を表すto不定詞だが、なかなか高度
な文法だよな。あと、あれだよ、to be continuedは訳すと「つづく」になる
わけだが、to be continuedのパッシブのニュアンスを出そうと思ってわざわ
ざ受動態になんかしない罠。つまり「つづかれる」とかしねぇわけだ。てか
、今も糞暑いからマキシマムザホルモンを大音量で聴いていてヴァヴァから
「あんた、いい加減しなさいYO!」と言われたのだが、そもそも「いい加減
にしろ!」と肯定で命令されていて意味は否定なんだな。うむ。やぱ言語つ
ーのはおもろいわ。てか、認知ヴォケぶんぽーも生成ヴァカぶんぽーも最近
どーもおもろーないわい。やぱロックが最高だ罠。ははははは。恋のスウィ
ート糞メリケン@マキシマムザホルモン最高っ!!!!!!!!!!!!!
亮くんマンセッ!!!!!!

755 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 19:36:49 0
>>743

>>739で書かれているのは「あなたはとにかく間違っている」ということであり、何の主張もなしません。

756 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 19:48:27 0
>>743

でももういいよ。許したる。

757 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/08/05(日) 21:22:03 0
人間の言語能力と生成規則って明確な関連付けがされてないんじゃない?

758 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 22:55:20 0
>>757
無理にしても仕方ないよ。

759 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 23:12:49 0
イッテQ!では、wktk千夏が、ペルーまで行って電気うなぎを捕まえて蒲焼きに。
黒バラでは、中井君が、自動製造機でタコ焼きとドーナッツを。

[誰が [シベリアに [なぜ [送られた]]]]のか?
[誰が [なぜ [シベリアに [送られた]]]]のか?
[なぜ [誰が [シベリアに [送られた]]]]のか?

[誰が [シベリアに [どんな理由で [送られた]]]]のか?
[誰が [どんな理由で [シベリアに [送られた]]]]のか?
[どんな理由で [誰が [シベリアに [送られた]]]]のか?

760 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 23:21:29 0
誰がなぜこんな書き込みをしているのか

761 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/05(日) 23:53:28 0

http://www.asahi.com/science/update/0804/images/APX200708040011.jpg

762 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/06(月) 23:05:06 0
小谷キャスターは今日から夏休みです。

太郎と花子は 先生がお互いの絵を誉めた と思っている。
太郎と花子は お互いに 先生が相手の絵を誉めた と思っている。
太郎と花子は お互いに 先生が自分の絵を誉めた と思っている。

763 :/:2007/08/07(火) 02:36:04 0
>>732
> もしチョムがGentner et al.を数学的誤謬に満ちているとして斥けるので
> あれば,同じことをF&Hについても言うべき

というのと丸っきり同じことが
http://itre.cis.upenn.edu/~myl/languagelog/archives/003076.html
でも言われていますが、チョムスキーの意見は「They (=Gentner et al.) are
overlooking the fact that there are many intermediate systems that are
ignored in mathematical linguistics because their properties are
empirically irrelevant.」というものであって、この間違いをGentner et al.
は犯しているがFitch and Hauserは犯していない、というのは、そんなに変な
主張ではないような気もします。

764 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/07(火) 03:05:18 0
ほげ〜

765 :(´∀`)@リハ:2007/08/07(火) 03:46:18 0
も一つついでに言うと,Gentner et al.の実験がリカージョンの証拠にならない
のであれば,F&Hの実験も人間のリカージョンの証拠にならないはずだという
問題があるにゃ
これは追試実験があって,実際に裏付けられておるにゃ
よーするに AAAABBBBはリカーシヴに知覚・学習する必要はない(orできない)
とゆーことだにゃ


766 :(´∀`)@リハ:2007/08/07(火) 03:50:43 0
>>763のサイトの下にあるリンクを辿れば文献分かるにゃ

767 :722-723:2007/08/07(火) 07:13:44 0
仇さんの >>744 の意見あたりが、鳥の言語に関して出ている研究を信用するとすれば
無難な見解だと思います。

>>746
自分がいつも歪曲しているから、他人も歪曲しているのだろうとでも見えるのですか?
それとも(´∀`)は、対立する意見を完全に否定しておいて、後からこっそり取り入れる
チョムスキーの学会政治戦略の真似でもしているおつもりですか?

元々 >>716
 >ムクドリが文脈自由文法を学習したというNatureのお笑い論文は
 >チョムもジャケンドフもボロカスに言っとるにゃ
と、ムクドリ論文を「お笑い論文」と、理由も示さずに読むに値しないものであるかのように言及して
「お笑い論文」と形容したことについて、チョムスキーとジャケンドフの罵倒(後者はそう単純な罵倒ではない)を
引いている自分のいいかげんさ、あるいは意図的なバイアスについては一切反省なしなわけね。

こういうことをするから、生成の(一部の)連中の話はうさんくさいと言われることを
真面目に反省した方が良いです。あなたのような人の所為で、他の生成派までバカにされる。

768 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/07(火) 07:21:03 0
まだ憑かれているようです。

769 :仇鱒:2007/08/07(火) 08:18:22 0
おおお、なんかええ感じだ。荒れろ、荒れろ。ははははは。てなことで、
仇ちゃんでつ。うむ。ちょいと仇組の仕事やらいろいろあって散発的なカ
キコミになるがご了承くだされ、だ。うむ。ま、あれだなー、上でもちょ
いと書いたが、鳥も人間も言語エンジンはもっているわけだ。でも馬力が
じぇんじぇん違うのだよ。で、馬力が違うのは部品が違うからなのだよ。
片や低速ターボだが片や高速ターボであるわけだ。で、この馬力の違いで
もって、片や地面を時速20kmで走るが片や空を時速1000kmで飛
ぶことができるわけだ。ま、ようするに、まさに言語エンジンは断続平衡
して進化しているわけだよ。で、進化論絡みでゆうと、一番いいのはミッ
シングリンクとなるようなものを見つけることだ罠。まあ、上のわしの喩
えでゆうと、地面すれすれで飛んでいるとゆうか地面をはっているオーバ
ークラフトみてぇなもんが見つかればええわけだ。でも、そんなオーバー
クラフトみてぇな生き物いねぇよな。つまり、言語もどきゲンゴをもって
いる生き物はたぶんいねぇ罠。そりゃ、見つけたかが悪いとゆうか分析の
仕方が悪いだけで、そういった生き物つーかそういった言語もどき言語が
あるの鴨しれねぇが、でもたぶんないわ?

770 :仇鱒:2007/08/07(火) 08:18:57 0
上でもちょろっとゆっているように、ああだこうだゆっても、人間言語の
コアなところは、指定部と主要部と補部をもった内心構造であるのだよ。
で、これだけの構造をもった動物のゲンゴつーのはたぶんないと思う。動
物のゲンゴにはせいぜいあっても、主要部と補部だけだ。で、これだけじ
ゃ統語構造というものはできないのだよ。統語構造をつくるには指定部も
必要なのだが、たぶん動物のゲンゴには指定部はない。だから、動物のゲ
ンゴには移動がないのだ。ようするにディスプレイスメントがないのだ。
もっとゆうと、何年も前からゆっているが、動物のゲンゴには指定部がな
いとゆうのは、間接的には、動物のゲンゴには機能範疇がないということ
なのだよ。だから、言語構造をスタックすることができず、その結果動物
のゲンゴは貧弱なものにしかなれないのだよ。まあ、ようするに、人間言
語を人間言語たらしめているのは、内心構造であると同時に、機能範疇が
あるということなのだよ。そんなもんだ。うむ。さて、仇組の若いもんか
ら長〜〜いメールがきたから読むかな。うむ。ほんと、うちの若いもんは
働きもんでええ。うむ。

771 :仇鱒:2007/08/07(火) 08:24:51 0
あ、ちょいとエロい人に聞きたいんだけど、さっきウェブからlsaにメンバー
登録したのだよ。で、会費払わないといけないよな。これって、もう自分か
らマニーオーダーをlsaに送ってええのかな?それとも、これから先方から何
か書類とか届いて、それからマニーオーダーとかlsaに送るのかな?自宅の住
所とかウェブで入力したからこれから書類か何かきて、その後マニーオーダ
ーとか送るような希ガスるのだが、、、。誰か事情通の人、教えて栗。たの
ん馬糞m(_ _)m

772 :(´∀`)@リハ:2007/08/07(火) 11:07:10 0
>>767
しつこいやっちゃにゃーw
このスレの流れで藻前のひねくれた読み方に胴衣してる香具師が他にいるかにゃ?
素っ頓狂な解釈してるのは藻前だけにゃん
(とか言ってると/が名乗り上げたりしてにゃw)

773 :>>767:2007/08/07(火) 12:14:23 0
だからどうでもいいっていってんだろうがこの低脳
揚げ足取りで粘着してんじゃねえよ

顔の言ったことの解釈がどうであろうと、大体元文献も
読まずに、ここの書き込み真に受けてバイアスされるような
おこちゃまが何を思おうとそんなもん知ったことか

お前のゴネてることはトリゲンゴがどうのこうのの1000倍ぐらいどうでもいい

774 :(´∀`)@リハ:2007/08/07(火) 12:23:27 0
まー抑えて抑えてw

>>769-770
>言語もどきゲンゴをもっている生き物はたぶんいねぇ罠
それは完成された人間言語と比べるからそーなるわけにゃ
モジュール文法観にたつと,言語は独立した部品の寄せ集めであるから,
その部品一つひとつについて見てみると,近い能力をもってる種が
他にいるかも分からず,それは質ではなく量的差に過ぎんのだろう,と
んで,とりあえずFLBはそーゆーもんだとしておいて,FLNだけはそーゆー
漸進適応ではなさそーだ,とゆーことになっとるにゃ
だからムクドリがリカージョンを持つかどうかが,結構クルーシャルな
争点になるわけにゃ

んで,指定部がないとか,機能範疇がないとか,ある特定の文法モデル
が採用している(=デッチあげてる)分析方法を,動物言語に押しつけて
どーなる,ってものある罠ゃ
たとえばチンプがwater+bird→gooseだかを作るというハナシがホント
だとすると,この複合語は内心構造を持っていることになるにゃ
あるいはアイがSVO語順を遵守するらしいってのは,Spec-head-comp
だと見れんこともない罠ゃ
にゃから,個々の特性についてこれは人間言語の専有というのはなかなか
難しいと思うにゃ
>ようするに、人間言語を人間言語たらしめているのは
そういった特性全部をつなぎ合わせているインターフェイスの存在であるにゃ

775 :(´∀`)@リハ:2007/08/07(火) 12:25:16 0
>>771
LSAはクレカ使えるんでなかったかにゃ
money orderっつーのは手数料がバカにならんのとちゃうかにゃ
俺はいつもクレカかチェックか,どっちか忘れたにゃ

776 :(´∀`)@リハ:2007/08/07(火) 12:35:46 0
>>767
あとにゃー,最近ここに流れついたの鴨知れんにゃが,ここの書き込みにいちいち
目くじら立てても意味ないのにゃ
自分の判断で役に立つと思ったものだけ拾っていけばいいんであって,全部真に
受けてるとエロいことになるにゃ
仇のカキコにゃんか,99.9%アテにならんからにゃw
ま,そーゆー清濁併せのむことのできる大人の遊び場であるにゃ,ここは

777 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/07(火) 13:06:44 0
>>749
「ガゥオー!!」は「go」(あっち行け)みたいな気がするにゃw

778 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/07(火) 17:37:40 0
それはない

779 :仇鱒:2007/08/07(火) 18:02:49 0
今日はガッコウが停電でずっとおうちにいますたよ。てか、わしの仕事部屋つーか
物置小屋兼洗濯物干場はほんと糞暑いわ。たまらんぞ、藻前ら。マジでサウナだよ
。うむ。で、あれだ、モジュールうんぬんだが、そもそも今のミニマリチュムにモ
ジュールも糞もねぇ罠。そーゆった意味では、ミニマリチュムをベースにした場合
、モジュールうんぬんはほんとんど絵に描いた顔餅だと思うけどな。ま、それはえ
えとして、指定部と機能範疇だが、やぱこの2つはセットでシリアスに考えるべき
だと思う。まあ、ああだこうだゆっても、人間言語の特徴はおそらくディスプレイ
スメントにある罠。で、移動を可能にしているのは指定部というポジションである
。で、この移動の受け皿である指定部を提供しているのは他ならぬ機能範疇である
。だから、動物のゲンゴになく人間の言語だけにある(とされる)ディスプレイス
メント(てか移動)を捉えるには、指定部つーか機能範疇の存在を抜きにしては考
えられない。うむ。あと、チンプのグースだが、そうゆった複合語の生成をチンプ
がプロダクチブにすればええが、例とゆったらそのグースぐらいしかねぇ罠。だか
ら、グースの例ひとつだけもってきても議論としては弱い罠。あと、アイのsvo
だが、sとoの間に何かしら構造的なスペリオリチーが見られればアイのゲンゴに
も統語構造を認めてもええが、そのようなスペリオリチーは見られないよな、たぶ
ん。たとえば、仮にアイのゲンゴに削除が見られるとして、svoのoの方が削除さ
れる傾向が高いとかそーゆーのがあればプリミチブな統語構造を認めることができ
る罠(←アイのゲンゴにはさすがに移動はないと思うからとりあえず削除でチェッ
クするのが吉)。

>>775
>LSAはクレカ使えるんでなかったかにゃ
ただ、クレカはvisaとmcだけしか対応してねぇよな。てか、チェックってどこでつ
くってもらうんだ?銀行でつくってくれんの?ポスタル・マニー・オーダーは郵便
局でつくってもらえるのはわしでも分かるのだが。うむ。

780 :仇鱒:2007/08/07(火) 18:03:39 0
>>776
> 仇のカキコにゃんか,99.9%アテにならんからにゃw
10万%のうちの99.9%ならたいしたことねぇな。うむ。

てか、イングエ@ロシア見終わったが、いやはや、ええわ。イングエあともうちょっ
とでネ申になれるな。ただ、どーもカリスマ性がない。やたらテクニカルで早弾って
るが、生成ケンキュウシャでゆうとリッチィタイプだな。ははははは。テクニカルだ
けど品がないとゆうかヴァカぽいとゆうかな。うむ。てか、同じリッチィでも我がギ
ターの師匠であるリッチィ・ブラックモァとは雲泥の差である。うむ。

>>778
>それはない
いや、ワカランぞ。てか、前にも書いたが、ピカチューことばを見る限り、ぶっちゃ
け、イントネーションが全て鴨しれないとわしなんかはちょいと思ったりする。母音
なんかどーでもええと思っちゃったりもする。ぶっちゃけ、上昇調でゆえばなんとな
くq文だと思うし、ビシバシゆってるとなんとなく主張してることが分かるしな(←
ビシバシ文についてはキタの国営放送参照)。映画見てても、わし韓国語とか中国語
とかロシア語とかじぇんじぇん分からないんだけど、字幕なしでな〜んとなくいいた
いこと分かったりするしな。うむ。

てか、今グラハンボネットのナイトゲームを聴いているのだが、いやはや、ヲトナの
歌だ。わしもレイバンのサングラス買ってちょいとグラハンになりきるかな。うむ。

さて、風呂入ってすっきりすっぺ。うむ。


781 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/07(火) 18:15:53 0
>>仇っち
visaかmcは世界基準なので、どっちか持っていて損はないかと思われ。
money orderを作るのがめんどくさければ、トラベラーズチェックという手段もあります。

rizziのrelativized minimalityは秀逸だったと思う。うむ。

782 :仇鱒:2007/08/07(火) 18:21:05 0
を、レスはや。てか、風呂はいる前でスッポンポン♪の仇ちゃんだが(藁)

>visaかmcは世界基準なので、
丸井のクレジットカードじゃだめかヴァヴァに聞いたら「あんたヴァカじゃ
ないの?」てゆわれたわ。うむ。

>トラベラーズチェックという手段もあります。
てか、わし一度も海外逝ったことねぇからトラベラーズチェックとかよくわ
かんねぇよ。

>rizziのrelativized minimalityは秀逸だったと思う。うむ。
ま、それをゆうなら長谷川金助の一般化aオーバーaの方が秀逸だわ。

さて、風呂はいってくるわ。うむ。


783 :(´∀`)@リハ:2007/08/07(火) 20:44:01 0
>ナイトゲーム
昔,西条ヒデキがカバーしとったにゃ(遠い目
インベーがボネットやジョーリンをいかにボロカスに言っとるかは↓
http://www.st.rim.or.jp/~r17953/impre/Other/IngGod.html
つーか,インベーの人格破綻ぶりに大爆笑



784 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/08/07(火) 23:06:03 0
再帰的な表現なんて文字が発明されてからのことじゃないの?
それ以前の時代の会話じゃ使わなかったんじゃないのかにゃ

785 :(´∀`)@リハ:2007/08/07(火) 23:49:40 0
文字を持たない言語はどーすんにゃ

786 :仇鱒:2007/08/08(水) 07:31:21 0
> 昔,西条ヒデキがカバーしとったにゃ(遠い目
あー、昔(←30年ぐらい前)レッツゴー・ヤング@犬hkで見たような
希ガス。

>つーか,インベーの人格破綻ぶりに大爆笑
いやはや、すばらしい。イングエはやぱネ申だな。てか、あれだけのことを
ゆうだけの実力あるからな、イングエは。もうひとつのdvdはこれから見
るのだが、なんか見る目が変わったな。てか、イングエはやぱネ申だな。テ
クニカルうんぬんはこっちに置いといて人格的にネ申だな、いや、マジで。
それにしてもグラハン・ボネットの件は笑えた。「レインボーには1週間し
かいなかったじゃねぇかYO!」にはわろーた。コレ↓も今チェックしている
のが、やぱ、イングエはネ申だな。うむ。
ttp://www.st.rim.or.jp/〜r17953/impre/Other/Ing.html
で、せっかくだからわしもひとつ紹介してやるが、「マゾバイブル」とゆう
スゲー本がある。ま、次↓のインタビューでも読んでネ申の声を聞いてみれ。
ttp://m-kaneko.sexdrug.jp/yajyuu.html
ちなみにインタビューアーは宮台だ。なかなかいいインタビューをしている。

さて、失禁してくっかなー。アレコレ今日も忙しいぜ。うむ。

787 :仇鱒:2007/08/08(水) 22:33:18 0
やあ、わしだ。認知スレにいてもなんもおもろーないからやぱコッチにいるわ。
うむ。てか、さっき空手から帰ってきて風呂入ってスッキリしたのだが、今も
う汗まみれだよ。ったく、、、平成19年の現代でクーラーなしの蒸し風呂の
ような部屋でパソコンいじってるなんて素敵以上の何ものでもねぇぞ、、、っ
たく、、、。で、それはええとして、今マジでうだるような暑さなのだが、こ
れを英語でゆうと次↓のようになる罠。
it's sweltering hot.
ま、フツーに考えたら、swelteringはhotを修飾している副詞だ罠。もちろんわ
しもこのフツーの分析でいいと思うのだが、ちょいと変わった分析もアリかな
と思ったりするのだよ。そのちょいと変わった分析とゆうのは、hotをディピク
チブとして扱うわけだ。で、このhotは形式主語のitの状態を表していると考え
るわけだ。だから、むりやり解釈すると、「アチーな状態でうだっている」ぐ
らいの意味な。ただ、たぶん形式主語なんかはデピクチブを受け付けないと思
うからこんなやり方はイクナイとは思っているけどな。ただ、あれかな、天候
のitのようなものは疑似項としてカウントされたりするから、もしかしたらデピ
クチブとれるかな?そんなことねぇかな?ま、風呂上がりで汗だくの状態でそ
んなこと考えてるわしでつよ。ちゅーか、こう暑い中今パープルのバーン聴い
てまつよ。で、バーンとゆえば、最近どっかのヴァカな工房がホームレスの人
に火をつけたらしいな。こうゆう工房はシバキあげんといかん。マジでシバか
んといかん。大人が責任もってしっかりシバかんといかん。てか、もしわしが
裁判官なら、このヴァカ工房生とサカキハ”ラを四畳半の部屋に閉じこめて24
時間一本勝負でガチさせるわ。てか、夏だ。祭りだ。ちょいと荒んか?をい、
そこのボンズや。あん?

788 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/10(金) 00:18:32 0
今、TXに仇モちゃんが出てるわよ。

789 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/10(金) 04:43:15 0
1957→1970→1981→1995→2007〜2008

790 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/11(土) 01:34:56 0
生成は爆発だ。
生成五〇周年の今年か、Khom傘寿の来年だ。

791 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/11(土) 12:48:58 0
玉砕するのか…?

792 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/11(土) 23:49:31 0
Chomsky,Pesetsky,Miyagawa
Halle,Marantz,Albright

793 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/12(日) 20:41:19 0
ちょっと調べ物があったので、Kuroda diss.の一部をちょこっと見直したんだけど、今更ながら
やっぱりこの人は凄いね。随所に「おっ」て所が見られる。
この人のdiss.は初心者でも大部分が理解できる上に、ある程度経験を積んだresearcherでも何か
得るところが常にあるんだから、やっぱり秀逸だな。こんなレベルのdiss.ってそんなになかろ?
彼の仕事があったから、生成のかなり初期段階から日本語が話題に取り上げられたっていうのも
あったんだろうし。

単なる世間話になっちゃうけど、60年代に留学するのって、アプライの時から大変だったろうし、
こんな頃から海外、生成に注目してたというきっかけって何なんだろね?
一度でいいから、この人とゆっくり話をしてみたいと思うな。

794 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/12(日) 23:00:40 O
黒田論文を読むたびに思うのですが、この方ってどうやら

思考体系
  ↓
シンタクス

というようなarchitectureを想定してますか?だとしたら
生成の中でも相当な異端ですよね?

795 :(´∀`)@リハ:2007/08/12(日) 23:07:21 0
>↓
ってのがどーゆー意味か分からんにゃが,シンタクスがコミュニケーションではなく
思考に適したものであるとゆーのは生成の基本合意であるにゃ

796 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/13(月) 01:33:20 O
一般的な考え方では

レキシコン
  ↓
シンタクス
  ↓
思考体系

となるところが、黒田氏は

思考体系
  ↓
レキシコン
  ↓
シンタクス
  ↓
  ?

というふうに想定しているように思えるのです。

797 :(´∀`)@リハ:2007/08/13(月) 02:01:08 0
実際にはインタフェイスは双方向でないと困るにゃろ
俺なら

思考体系
↓↑    ←→ レキシコン
シンタクス

だにゃ

ま,動詞や名詞の原型となる概念形成は思考体系に属し,それを
言語化・語彙範疇化するためにはシンタクスが必要,というわけにゃ


798 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/13(月) 02:49:23 0
進化学会ワークショップ「言語の起源と進化IV:再帰性を超えて」

比較認知科学から見た言語進化研究のこれまでとこれから(川合伸幸)
動物コミュニケーションに見られる特性変動の離散性(岡ノ谷一夫)
発話とFoxP2遺伝子(北野誉)
言語知識の自己組織化と進化−言語知識はシャボンの膜か(山内肇)
意味変化の一方向性・超越性と,汎化・メタファー・メトニミーについて(橋本敬,中塚雅也)
文化伝達と言語の起源(井原泰雄)
ヒト言語の特性について福井直樹)

799 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/13(月) 05:21:11 0
アウチ! は統語計算してないのかなぁ。
アウト! は統語計算しているのかなぁ。

どっちも語彙の入力はあるんだろなぁ。
違うところに入力されているのかなぁ。

莫迦野郎! は統語計算しているのかなぁ。
ありがと! は統語計算しているのかなぁ。

OK牧場?
NG大賞?

800 :(´∀`)@リハ:2007/08/13(月) 05:31:31 0
800ゲト
799が統語計算と産出を混同していることだけはガチw


801 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/13(月) 05:47:36 0
God!

802 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/13(月) 06:05:55 0
↑欲張りすぎた語彙配列{oh,my,god,dumn,you}から、経済性を考えて産出。

803 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/13(月) 06:17:56 0
シンタクスは大腸で、文はウンコだな。

804 :仇鱒:2007/08/13(月) 08:01:15 0
やあ、ちょいとだけおひさ。認知スレにいてもなんか浮いちゃってるのでやぱコッ
チに戻るわ。うむ。てか、こっちでも浮き輪状態だが(ワラ)で、適当に書くな。
まず、>>794のコレ↓だが、
> 思考体系
>  ↓
>シンタクス
「思考体系」が何を意味しているかにもよる罠。まあ、フツーは論理構造なんかを
指すと思うのだが、そうだとすると、論理構造がシンタクスに情報をフィードして
いる形になる罠。で、これをやったのがメイだ罠。言わずと知れたqrだ。で、論
理構造とシンタクスの関係つーのはすんげー大切だ罠。てか、認知構造とシンタク
スの関係以上にすんげー大切だと思うわ。まあ、このあたりのハナシは形式言語学
けどな。で、kurφdaウンヌンだが、たしかにkurφdaはできるおっさんだと思うが
そんなにスゲーとはわしは思わんよ。当時は縛りがないこともあり、それでああい
ったものが書けたとゆうのがある。チョムも同じである。チョムはべつにできるお
っさんじゃねぇよ。チョムがいなくても、あの時代、誰かがチョムのような仕事を
やっていた。ようするに、kurφdaにせよチョムにせよ、時代が生んでくれたのだ
よ。そう考えると、今の時代(つまりアレコレ縛りがキツーな時代)で真にクリエ
イチブな仕事をしている香具師の方がずっと評価は高い。日本語をやっている人で
ゆうと、岸本西城秀樹はkurφdaよりレベルは上だ。kurφdaは道のないところに道
をつくりそれはそれで立派であるが、これは誰でもできる。それとは逆に岸本西城
秀樹は既にいろんな道があるところにまた新たな道をつくった。てかつくっている
。これは並大抵のことではないのだよ。そーゆった意味では、岸本西城秀樹は別格
である。まあ、めったに人を誉めないわしがゆうのだから岸本西城秀樹はモノホン
の研究者である。うむ。



805 :仇鱒:2007/08/13(月) 08:04:35 0
あ、あと、どーでもええことだけど、わしのホモページに動画3つほど新たに
うpしますた。「趣味の部屋」ということろに格納しますた。今回はロックン
ロールとbefore you accuse me (by e. クラプトン)とgreensleevesをアコギとジ
ャズギターで弾いている。ま、ロックンロールの方はちょいとノリノリで弾い
ている。アコギでロックするとどうなるかいいサンプルになると思う。クラプ
トンの曲だが、いかんせんジャズギターをunpluggedで弾いているからちょい
と音が小さい。そういうことでaccuse meを聴く時はスピーカーのヴォリュー
ムを上げて聴いて栗。あと、最後のgreensleevesだが、これは実はベックに対
抗して弾いてみた。ベックは初期のアルバムでまさにgreensleevesを弾いてい
るのだが、わしもマネしてみたわけだ。ただ、わしの場合、エレキ用にアレン
ジした楽譜をアコギで弾いていることもあり、正直難しかった。今はもう弾け
ない。まあ、興味ある香具師は見て栗。で、顔餅、ベックのcause we've ended
as loversの楽譜を手に入れた。しかも、なんと!アノ『ライヴ・ベック '06』
の楽譜だ!ちょいとコピーしてみようと思う。いつうpできるかワカランがちょ
いと期待してまっていて栗。うむ。

さて、失禁してくっかな〜。それにしても糞あちぃ〜♪



806 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/08/13(月) 09:46:26 0
料理を作ったりするときの思考は非言語思考だからね
石器や狩の道具を作ったり使ったりするときも高度な非言語思考が必要だよ

言語の前に非言語思考があったと思うにゃ

807 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/13(月) 09:51:36 0
クオリア?

808 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/13(月) 11:29:43 0
どっちがレベル上とかまた厨臭いこと言ってるな?

黒田の凄みってのは(色々あるけど特に)、

1. 日本語のある文法現象を研究トピックに選ぶ
2. 基本文献の一つとして黒田を読む
3. 数年ほどそのトピックについて深く考え、論文も書く
4. あらためて黒田に立ち返って読んで見ると「うぉ!こんなこと言ってる!」と驚愕

とそれぐらいじっくり向き合って初めて見えてくる異様な奥の深さなのだ。
つまり仇のようなおこちゃまにはまだ早い、ってことですね



809 :(´∀`)@リハ:2007/08/13(月) 12:10:43 0
>>801
METAL GOD!!

>>806
言語と思考が別物であることは明白であるにゃ
だからこそ両者の関係,インターフェイスの問題が重要になってくるにゃ
言語が思考のツールとしても使えるのは,シンタクスがかなり忠実に
概念構造を反映したものになっているからであるにゃ

BTW
料理にしろ,道具の作製にしろ,求められるのは回帰的思考であって,
シンタクスと共通するところがあるにゃ
回帰性が言語固有というより,言語固有の回帰性を生む仕組みがあるという
だけであって,言語を含めて人間のあらゆる能力,行動の根幹に回帰性が
あるように思うにゃ


810 :仇鱒:2007/08/13(月) 19:05:37 0
やあ、こんばんみ。夏バテ防止にちょいと掻くな。うむ。

>1. 日本語のある文法現象を研究トピックに選ぶ
こんな↑こたぁ誰でもしてるわい。ヴォケ。
>2. 基本文献の一つとして黒田を読む
チョムも基本文献として読まれてるがチョムはアホでつが、何か?
>3. 数年ほどそのトピックについて深く考え、論文も書く
これ↑もみんなやってることでつが、何か?
>4. あらためて黒田に立ち返って読んで見ると「うぉ!こんなこと言ってる!」
>と驚愕
それは藻前がしっかり読んでないだけ。てか、藻前みたいな香具師は自分のロン
ブンを読み返しても「うぉ!こんなこと言ってる!」とゆってるのだよ(ワラ)。

>とそれぐらいじっくり向き合って初めて見えてくる異様な奥の深さなのだ。
 と、そのくらいのことで驚愕してしまう藻前の異様な底の浅さなのだ。うむ。

>つまり仇のようなおこちゃまにはまだ早い、ってことですね
うむ。わしのようなおこちゃまには『週刊現代』がちょうどよい。うむ。

てか、60年代70年代にはいい論文があるとかゆうが、それはいい論文が書け
る時代だったのだよ。ポスタルにせよロスにせよ、香具師らが今大学院生でミニ
マリチュムの枠組みで何か書けとゆわれてもオン・レイジングのようなレベルの
ものは書けないとゆうもの。論文の質とか量というのはケンキュウシャ本人の力
以上にパラダイムが大きく作用するのだよ。そーゆーこと少しは分かるようにな
れ、このヴォケが。ま、そんなところだが、>>808は夏バテしてねぇか?あん?
わしはもうダメ鴨しれん、、、。チオビタ2本逝っとくわ。うむ。ふ〜っ。プシ
ュ♪

811 :かかりちゃん:2007/08/13(月) 20:25:12 0
>マリチュムの枠組みで何か書けとゆわれてもオン・レイジングのようなレベルの
>ものは書けないとゆうもの。論文の質とか量というのはケンキュウシャ本人の力

そりゃ、on raisingのような古典的名著を書くのは非常に難しいが、しっかりとした
内容の物なら枠組みに関係なく書くことできるにょろ。「書けない/できない」を
枠組みのせいにするのは筋違いにょろ。

812 :仇鱒:2007/08/13(月) 20:40:14 0
ありゃ、誰かと思ったらかかりじゃねぇか(ワラ)まあ、かかりの優等生的な
発言は分かるが、実際はそうはなっとらんわ。ロスやポスタルの時代は、まだ
島の概念すらハッキリしていなかったわけだ。そして、移動にしてもecmスタ
イルのレイジングが発見されて間もない頃だ。そうゆった萌芽的な時は新鮮な
ネタがいろいろあり、やる気とちょいとばかりiqがあればそれなりのものが書
けたのだよ。でも今はちゃうわけだ。新鮮なネタはほとんどねぇわ。こういっ
た時代だと、もうやることとゆえば手垢のついたデータをちょいと料理方法変
えてちがった料理に見せかけるだけだ。そして、それをやるにもアクロバティ
ックな料理方法しかなかったりするわけだ。酢豚に入っているパイナップルの
代わりにイチゴやらメロン入れるようなもんだ。うむ。しょうじき、生成が扱
えるデータはもう出尽くしたというのはあると思う。うむ。てか、かかりんと
ころも今暑いのか?日本はモーーーーーーーレツにあちぃぞ。マジでかかりが
日本にいたときの数倍暑いわ。いや、数倍はオーバーだ(ワラ)

813 :かかりちゃん:2007/08/13(月) 22:42:05 0
>えるデータはもう出尽くしたというのはあると思う。

というのが大きな間違いニョロ。知れば知るほど分からなくなることもあるにょろし、
得てして科学というのはそういう物ニョロ。

夜は窓締めて寝るし、今日は長袖。

814 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/14(火) 00:18:03 0
まさに異常気性の面々

815 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/14(火) 01:12:56 0
┌┐
│概念構造(どんな構造か全然分かっていない?)
│↓
│統語構造(大分分かってきた?)
│↓
│論理構造(論理形式で良いのか?)
└┘

816 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/14(火) 01:48:54 0
>>809
> シンタクスがかなり忠実に概念構造を反映したものになっているからであるにゃ

ということはsyntaxは概念構造から写像したものなのですね
syntaxの再帰性は概念構造の再帰性の反映なのですね
syntaxの起源を探るというのは擬似問題で、再帰性を有する概念構造から
再帰性の部分を統語が抽出するに至ったのは何故かというインタフェスの問題か
そもそも概念構造が再帰性を持つに至ったのは何故かという問題に帰着するわけですね

817 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/14(火) 01:59:25 0
>それは藻前がしっかり読んでないだけ。てか、藻前みたいな香具師は自分のロン
>ブンを読み返しても「うぉ!こんなこと言ってる!」とゆってるのだよ(ワラ)。

あーやっぱ仇ってそういう経験ないんだ。まあ分かる気がするが。笑

>生成が扱えるデータはもう出尽くしたというのはあると思う。

修士課程のころはこんなこと考えたりもしたなー(遠い目)

まあでも仇と同レベルの認識ってのはたぶん多数派だよね。
耳学問の人間がそう考えるのはやむを得ない時代ではあると思う。

818 :/:2007/08/14(火) 02:11:26 0
>>813のような楽観論はもちろんのこと、>>812のような、昔はよかった、という
見方も怪しいものだと思います。http://www.stanford.edu/~wasow/Lingua_data.pdf
(Wasow and Arnold, 2005)で言われているように、
「[S]tandards of data collection and analysis that are taken for
granted in neighboring fields are widely ignored by many linguists. ・・・
The result has been the construction of elaborate theoretical edifices
supported by disturbingly shaky empirical evidence.」
というのが残念ながらこれまでの状態であって、データと呼べるほどのものが
蓄積されてきているわけではありません。

819 :(´∀`)@リハ:2007/08/14(火) 02:18:19 0
>>816
可能性としては大きく分けて
1) FLN, FLBは異なる由来を持ち,それが後ほど結合して言語になった
2) FLBからFLNが生じた
の両方があるにゃ
インターフェイス問題を軽減できるのは(2)のほうで,岡ノ谷はこっちを
採用しておるにゃ
俺の立場はもうちっと手が込んでいて,いわばFLN/FLB共進化説であるにゃが
そんあたりは「生物科学」にも書いたので出たらみて栗


820 :かかりちゃん:2007/08/14(火) 03:22:45 0
楽観論どころか、どちらかと言うと悲観論にょろ。我々は思っているよりずっと事実に
関して知らないのであり、もしかすると発見されるべき事実の0.1%も知らないで理論を
構築しようとしているのではないかという恐れがあるニョロ。

ちょうど理論物理学が新たな観測機器の進歩により、「もうすぐ物理世界のすべてを
一つの方程式で記述できるようになるのだろう」という楽観論から「人類はまだ
そういう境地にほど遠い」ということを驚きをもって知らされたように、言語学でも
まだまだ知られている事実は、砂山の中のほんの一握りじゃないかとにょろ。

821 :かかりちゃん:2007/08/14(火) 03:26:31 0
それと、自分の論文読んで「うをぅ、こんなこといっている(ハズカピー)」
ってのはよくあるし、だからなるべく自分の論文を読まないようにしとるにょろが。

822 :/:2007/08/14(火) 06:35:29 0
これまでのように「研究」を続ければよい、と思っている点が
楽観論だと言うのです。

823 :かかりちゃん:2007/08/14(火) 07:09:29 0
また、おかしなことを。そもそも『これまでのように「研究」を続けれ』
の『これまでの「研究」』ってのが何ニョロ?

824 :仇鱒:2007/08/14(火) 07:52:49 0
おはよ。アサガオに水あげに逝ってきたら蟹喰われますたよ。じゃなくて蚊に
喰われますたよ。今ムヒぬりぬりしてまつよ。うむ。で、カルメン真紀子する
な。

>まさに異常気性の面々
うまいっ!チオピタ2本謹呈してやる。うむ。

>>816
概念構造と統語構造を橋渡ししている(鴨しれない)語彙概念構造とゆうのが
あるのだが、この語彙概念構造には既に再帰性が見られる。まあ、語彙概念構
造は統語構造の一部だとゆえば語彙概念構造にも再帰性が見られるのは当たり
前かもしれないが、語彙概念構造に再帰性が見られることをシリアスに考えた
方がええ。まあ、わしはある本で、なんで子供が短期間のうちに語彙(とくに
動詞をはじめとした述語)をマスターできるかで、この語彙概念構造に見られ
る再帰性に触れているが、こーゆーアングルからいろいろ考えてみるべきだと
も思う。うむ。

>まあでも仇と同レベルの認識ってのはたぶん多数派だよね。
んなことあるわけねぇだろ、このヴォキが。わしと同じレベルの認識だったら
生成はもっとまともな学問になってるわい。ったく、、、。脳ミソ夏バテって
るんなら洗脳して鯉。スッキリすっぞ。うむ。



825 :仇鱒:2007/08/14(火) 07:53:26 0
>>818
わしもワゾーたちのゆうように、これまでの理論つーのはまさにシェイキーな
「このデータ信用していいの?」的なものでつくられてきたと思う。そうゆっ
た意味では、はたしてまともなデータによって理論が構築されてきたか怪しい
と思う。ただ、論文の書きやすさというか真にクリエイチブな研究ができるか
否かという点では、60−70年代と今ではやはり雲泥の差があると思う。実際
、わしらが今やっていることとゆったら、60−70年代でやっていたことをア
レンジしているだけである。マジで、60−70年代に流行った歌謡曲をパンク
調に演奏しているだけだったりする。うむ。

>>820
いや、かかりのその認識は間違ってるわ。言語学は物理学とはちゃう。これから
どんなに性能のいい侵略的だろうが非侵略的だろうが脳内観測機器が出てきたと
ころで真の言語データなんつーものが出てくるわけがない。ましてや、新しい理
論的な枠組みが出てきたとして、それで今まで見たこともないようなデータに気
づくなんてゆうのもほとんどない。かりにそんなデータが出てきても、それはフ
ォーマルには扱えないものである。言語の形式的な特徴に関してはもうほとんど
出尽くした。てか、わしにゆわせると、言語の普遍性に関しては、グリーンバー
グの例の100ぐらい(←そんななかったっけ?)ある普遍性でもう終わりであ
る。だからこそ、今後言語学は何をやるべきかシリアスに考えないといけないの
だよ。スラッシュ@>>822もちらっとゆっているし、わしも昨日認知スレでちょ
いと書いたように、「研究者の研究者による研究者のための研究」じゃもうだめ
であるのだよ。そして、「言語学者の言語学者による言語学者のための言語研究
」じゃもうダメであるのだよ。そーゆーことである。うむ。

さて、洗濯して風呂洗ってアレしてコレしたら失禁してくっかなー。うむ。


826 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/08/14(火) 09:30:17 0
なんつうの例えば犬小屋を一人で作ろうとするときに言葉はいらないよね
でも犬小屋の完成形(ゴール)を想像する力とそこまでの手順を
シミュレーションする能力は必要だよね

この完成(ゴール)までの何段階ものステップを考える力がそのまんま
再帰的な構造を理解する能力なんじゃないかにゃ

827 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/14(火) 10:35:59 0
んで、仇や/は具体的に何をするべきだとおっしゃるわけ?
仇の実際やってることなんて上から下まで典型的な文系英語学だし、
/は中の人誰だか知らんけど、文法性判断はアンケートとらなきゃ
駄目なんです、とかしょーもないことしか言ってるのみたことないし。

日本の英語学界とか見てると危機感抱くのは無理ない、というか
ごく真っ当な反応だと思うけどね。あそこで起こってることに関しては
仇の描写が八割がた正しいと思う。あの場の停滞っぷりというか、
新しいこと何にも言ってない発表の山で毎年過ぎていく、何と言うか
学会としての「流れ」が何もない、あの閉塞感はちょっとね。まあ
仇もその停滞学会でのうのうとしてるんだけど笑。

828 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/14(火) 10:38:47 0

スレの流れ無視で申し訳ないが、月刊言語って学術誌になるの?
あそこに載ってるやつ修士論文・博士論文などの学位論文で引用とか、批判とかしてもOK? なんかびみょ〜なんだけど。

829 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/14(火) 11:11:53 0
1. 月刊言語であろうが朝日新聞であろうが、書いてあることの内容が
relevantであるならば引用・批判することになんの問題もない。
2. しかし例えば月刊言語の「最近の○×理論の動向」みたいな紹介記事
だけにのっかって何か言うな。原典引け。

つか俺も疑問なんだけど、月刊言語とか英語青年とかの論文?って
あれどういうシステムで回してるの?投稿・査読は無いよね?本屋の
編集者が決めてるの?英語青年常連の仇先生よろしく。

830 :かかりちゃん:2007/08/14(火) 16:03:20 0
>論的な枠組みが出てきたとして、それで今まで見たこともないようなデータに気
>づくなんてゆうのもほとんどない。かりにそんなデータが出てきても、それはフ
>ォーマルには扱えないものである。言語の形式的な特徴に関してはもうほとんど
>出尽くした。

なんというか、そのぉ、断言する根拠でも言わんとお話しにならないニョロ。


831 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/14(火) 18:55:41 0
えーご学会が話題に上がってるのでついでに。

今年の発表は55の応募があって、36の採用だったんだってね。なんか、倍率の低い学会だな。

ところでELって海外発送はしてるの?LanguageやJournal of Linguisticsだと購入していない
図書館の方が珍しいんだろうけど、ELだと購入している図書館の方が珍しいよね。

それに未だに電子ジャーナルはないし、LaTeXの投稿は認めていないし、本当に国際誌を目指す
気はあるのかね?

あげく学会の国際化を目指しているのかと思いきや、新会長さんは「外国人に新人賞を取られる
のは悔しい」と学会報で公言したりしてるし。(人のいい人なので、悪気はないんだろうけど)
Asian GLOWみたいな組織にならないかと期待してたんだけど、これじゃ無理なんだろな。

えーごがくもELも全部電子式にして、+アルファの金を払った人にはハードコピーを郵送。
それで浮いた金で、学会発表の学生上位10人には交通費と学会参加費を支給するとかした
方が、よっぽど学会の活性化につながると思うんだけど。

それにアブストラクトも長過ぎるので、A42枚に統一すればレビュアーの負担も軽減されるし、
それに4月頭締め切りの原稿を11月に発表するとかいう時間差も埋められると思うんだけど。
(半年もすれば言いたいことが変わるだろに)

ま、若い人たちが何言っても変わらないんだろな。ELのCD-ROM化も前々会長の生成の大御所
さんのごり押しで決まったとかって話だし。

832 :仇鱒:2007/08/14(火) 19:18:23 0
やれやれ、この糞暑い日はいつまで続くんだ。外に出た瞬間に脳ミソとろけち
ゃうわい。マジでこれが地球温暖化の序章だとしたらシャレにならんな。マジ
でわしが氏ぬ頃(←約40年後)日本てか地球どうなってんだ?いや、マジで
、、、。夏場40度とかになったら毎年確実に100人ずつ氏ぬな、いやマジ
で。

>んで、仇や/は具体的に何をするべきだとおっしゃるわけ?
まあ、わしが前にもちょろっと書いたかと思うが、とにかくミニマリチュム関
連の発表は閉め出す必要がある。まずはそっからだ。あと、あれだ、いろいろ
書きたいが、生成はもっとちゃんと言語の意味の現象と取り組むべきなのだ。
ただし、認知意味論や形式意味論とは違った路線でしなきゃ意味がない。で、
なんでこんなことをゆうかとゆうと、ああだこうだゆっても、外野は言語の意
味に関心があるのだよ。だから、今だって外野でウケがいいのは認知意味論
(つまり認知う゛ぉけぶんぽー)であったりするわけだ。昔を振り返ってもこ
の辺りのことは分かるかと思う。外野から言語学が一番注目されていたのは、
生成意味論が出始めた頃だ。なんでかとゆうと、これでようやく自然言語の意
味について解明されるのかと期待されたからだ。で、蓋を開けてみたら生成意
味論はあぼん♪されちゃって、いっきに外野は言語学から引いていったわけだ
。だって、生成意味論のあぼん♪は生成ぶんぽーの意味論からの撤退を実質的
に意味するからな。で、最近また外野が言語学に興味をもつようなってきてく
れたものの、正直なハナシ、まともなのはみな認知意味論に関心をもって、ワ
ケのワカンネーどっかの崩れ(←進化論絡みの連中)が生成に関心を寄せるよ
うになってきてるわけだ。ま、類は類を呼ぶとはこーゆーことをゆうのかもし
れねぇけどな。ははははは。

833 :仇鱒:2007/08/14(火) 19:19:59 0
>英語青年常連の仇先生よろしく。
てか、別に常連じゃねぇけどな。ちゅーか、断言するが、『英言吾青年』が廃刊
になるまでもうわしの記事も仇組の記事も掲載されることはねぇわ。つーのも、
わし編集者と口宣口華したから(藁)だからもうわしならびに仇組の記事が『英
言吾青年』に掲載されることはないわ。ま、よかったら>>829や、『英言吾青年
』に「また仇組の記事掲載して栗!」と手紙だしてやってくれ。ははははは。で
、あまり詳しいことは書けないが、『英言吾青年』はコネだよ。原則コネ。だか
ら、いつもヴァカな老人連中がアホ記事載せてる罠。まさに「老人の回覧板」だ
。で、そーゆったヴァカな老人がヴァカな子分を紹介するヴァカのスパイラル現
象が起きているわけだ。ちなみに、わしとゆうか仇組の記事が掲載されるように
なったのもぶっちゃけた話、コネだ。どーゆーコネかはちょいと書けないが、わ
しの分厚い本の「まえがき」をよーく読んだらどーゆーコネか分かるかと思う。
知る人ぞ知る、そーゆった人の名前が載ってるからな。ま、あとは藻前らで想像
しれ。あ、ちなみに今わし、暴カ団ぽい香具師とケンカしてるけどな。ワケあっ
てな。ははははは。近いうちわし東京湾で発見されたりして(ワラ)



834 :仇鱒:2007/08/14(火) 19:23:21 0
>なんというか、そのぉ、断言する根拠でも言わんとお話しにならないニョロ。
うむ。ないことは証明できない。そーゆーもんだ。で、せっかくだからちょいと書
いてやるが、ないことを立証するのがいかに困難でムズーであるのかを知るにはア
レがいい。アレとゆったらアレである。『それでもボクはやってない』(by 周防監
督)である。この映画はええ。特に男で電車通学ならびに電車通勤している香具師
は必見である。植草@ミラーマンが推薦しているだけのことはある(藁)それは冗
談で、ほんとこの映画はええ。痴漢冤罪というのがどうやってつくられ、k察なら
びに法曹界がいかに腐りきっているかががよく分かる。もちろんフィクションだが
、非常にいい映画だ。映画ヲタのわしがゆうからぜひ藻前らも見るよーに。うむ。
以上、映画紹介ですた〜(^^)また明日も映画評論でもすっかな。うむ。

>>831
まあ、わしにゆわせたらそもそもelを国際誌にする必要なんかねぇのだよ。誰もそ
んなこと望んじゃいねぇよ。日本英言吾学会とゆう日本の雑誌だから日本の雑誌で
ええんだよ。てか、前からわしがゆってるようにそもそも英語で書く必要ねぇんだ
よ。日本語で十分だ。日本語で書けば実質的な<読者>の数も上がるって。マジで
わしの推測だとelちゃんと読んでるのは数十人だ。そんなもんだ。ちなみにわしは
付録のcdはコースターとして使ってるけどな。ははははは。てか、誰もcdつけ
てくれなんてゆってねぇしな。あんなもんつけるから予算が赤字寸前になるんだよ
。第一ほとんどの香具師はcdなんて見ちゃいねぇって。わしぐらいだよ、ちゃん
とコースターとして有効利用してるのは(ワラ)あと、elを電子化してダウソロー
ドするとゆうのもわしが昔ゆったんだが、そーゆーこともしないわけだ。el発行し
なけりゃ黒字だ。もっとゆうと、「えーごがく」とかゆうニューズレターがあるが
、あんなもんはメールで配信すりゃええんだよ。あんなもん郵送するからますます
予算が足りなくなるのだよ。ま、そんなもんだ。


835 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/14(火) 20:01:31 0
>>834
めずらしく仇ちゃんと意見が合致したわけだが。

英語学会を国際学会として大きくしたいんなら、ホームページから何から徹底して英語化して、
アジア諸国とも連携して広く門戸を開けるべきだと思う。(だいたい、今時「フロッピーディスク」
の提出を求める学会って)

それが無理なら全部日本語化して、ターゲットを日本国内に絞ってしまった方が効率がいいと
思うんだけどな。

>>832
Natural Language Semanticsを購入しれ。

836 :仇鱒:2007/08/14(火) 20:47:04 0
やれやれ、ここ4日ほどお昼と夜はずっと松屋でごはん食べてまつよ。栄養満
点♪ははははは。で、なんかレスがついてるからちょいとレスしてやっかなー。

>めずらしく仇ちゃんと意見が合致したわけだが。
わしの信者まであともうちょっとだな。うむ。

で、あれだ、el見てて情けなくなるのは最初の方にあるエヂトリアル・アブロー
ドだかなんだか知らないが、チョムの名前やらずら〜っと並んでるアレだ。アレ
なんとかならんか、、、。ブスでヴァカなヲンナがグッチやらエルメスやらのブ
ランド品をユニクロの服につけてるようなもんだ。ああゆうのを品がないとゆう
のだよ。アレだけでいかにelが世界で一番恥ずかしい雑誌になってるか分かると
ゆうものだ。逆にああゆったものを見て「ほ〜、国際誌じゃん♪」と思うのはヴ
ァカ。てか、やってることはコネズミやアベっちといっしょ。もっとゆうと、ブ
レアといっしょ。完全にliなんかの犬と化してる。日本から出ている日本の雑誌
に誇りを持てって。まあ、あれだ、日本で誇りの持てる雑誌とゆったらマジで
『日本言吾文法』@くろしお出版ぐらいだわ。最後に雑誌として生き残るのは
『日本言吾文法』ぐらいだよ。そんなもんだ。うむ。

837 :かかりちゃん:2007/08/14(火) 21:52:16 0
>うむ。ないことは証明できない。そーゆーもんだ。

もう何が何だかニョロ。。。

838 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/14(火) 22:05:14 0
>「老人の回覧板」
漏れもそう思ってた。obituaryがメインの雑誌?
そか、コネがメインだからおもろい論考とかも載らんのね。

839 :かかりちゃん:2007/08/15(水) 03:03:13 0
言語とか英語青年が実際にreferされているのも滅多に出くわさないにょろね。
「文法の枠組み」くらいにょろか。ELは極まれにみるにょろ。実際、あっしもELは一本だけ
書いたことあるニョロが、自分の論文を「海外」のjournalに載せる際に、
referしていいかどうか(referしても「外人」は入手できんだろうし)、
微妙なjournalにょろ。

アダモはもう何がなんだかわからないニョロが、普通に出版されている論文読んだら
少なくとも一つ二つは新しい事実が載っとるニョロ。それを読まないで
「ないことは証明できない」とか鼻糞以下の屁理屈垂れとらんと、腕立て伏せでも
やって寝なさいにょろ。

840 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/15(水) 03:08:59 0
日本の夜中の3時に「寝なさい」って、もう寝てると思うぞなもし。

841 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/15(水) 03:37:15 0
かかりちゃんもいい加減、仇に「発言の根拠を求める」とか
「文献を読めという」のは時間の無駄だってことに気付くべきなんです。
ルールが違うんだから。相撲とサッカーぐらい別物。

842 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/15(水) 03:54:13 0
ノーム・チョムスキー『自然と言語‐On Nature and Language』大石正幸・豊島孝之訳,研究社,2007年8月下旬刊行予定ISBN: 9784327401474
池上嘉彦『日本語と日本語論』筑摩書房(ちくま学芸文庫),2007年9月10日刊行予定ISBN: 9784480090904

843 :仇鱒:2007/08/15(水) 06:20:50 0
やれやれ、朝からセミがみんみん♪泣いてまつよ。氏ぬ直前の断末魔の泣きなの
か楽しくて鳴いてんだかしらないが、よく鳴くな。うむ。まあ、あれだ、「発言
の根拠を出せ」とかそーゆーレベルの低いことゆってる時じゃねぇよ。ガキじゃ
あるまいし、状況から判断すりゃ分かるとゆーものだ。ははははは。てか、状況
の見方つーか空気の読み方に能力差があるからこれがまた厄介なんだけどな。は
はははは。あと、「文献嫁」とかゆうガキ的な発言ももう飽きた罠。何を読むか
はその人のセンスだ。これはかかりの後輩から拝聴したすばらしいお言葉だが「
何をリファーするかでその人のセンスが分かる」とゆうものだ。同じように何を
読むかもその人のセンスであるのだよ。まあ、そんなもんだ。ちなみに今日日、
チョムの最新のロンブンとやらを得意になってリファーしているようなのはもう
ダメだな。逝って吉幾三だ。ま、そんなこたぁどーでもええが、ちょいとまた映
画ネタで書いてやるかな。えっと、『東京タワー』だが、これもええ。わしは小
説を読まずいきなり映画の方を見たのだが、いやはや、うかつにも涙ボロボロで
すたよ。まあ、個人的にはマザコンつーのは生理的に受け付けないのだが、こー
ゆった形でマザコンを芸術作品に昇華させる手があったのかと関心した覚えがあ
る。まあそんなところだが、明日は洋画を紹介してやろう。うむ。かなりコアな
ものだけどな。ははははは。まあ、あれだなー、今の若い連中やヴォケ老人連中
がどんな本をどんな風に読んでるんだかしらねぇが、本とかロンブンなんつーの
は所詮たんなる情報誌でしかねぇわ。わしにゆわせたらタウン情報とかわらん。
本やらロンブンを重宝しているようじゃガキだ。自分の頭でエロエロ考えれ。ヴ
ァカは本やらロンブンを読めば読むほどヴァカになるのだよ。これを本当のヴァ
カのスパイラル効果とゆう。ははははは。さて、洗濯して風呂洗ってアサガオに
水やってカブトムシにエサあげてアレしてコレしたら失禁すっかなー。今日もあ
ちぃーな一日になりそうだ。うむ。

844 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/15(水) 06:36:59 0
みんみんぜみ?
あぶらぜみか、つくつくほうしでしょ?
西(おーさか)はくまぜみが大量ハッセー。

845 :仇鱒:2007/08/15(水) 06:47:41 0
>>844
うむ。こっちはみんみんぜみだな。今も蝉が大きな声でヨガってる(ワラ)
>西(おーさか)はくまぜみが大量ハッセー。
なんかニュースによると、くまぜみが光ファイバーのケーブルに卵をうみつ
けてそれで通信があぼん♪したとかゆう「ほんまかいな?」つーニュースが
あったな。あと、「ほんまかいな?」とゆう事件とゆうか事故だとこれ↓だ罠。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070814-00000009-mai-soci
てか、この↓ニュースに関しては「ま、フツーにあるだろうな」てなところ
だな(ワラ)。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070814-00000103-yom-int
ちゅーか、前に串國で同じようなことがあった罠。たしかビルだかが突然崩壊
したと思うのだが、そのとき、鉄筋の代わりに竹が入っていたとかゆうハナシ
があったな。ま、来年のペキソオリンピックではいろんなニュースが出てきそ
うで面白くなりそうだ。ははははは。たぶん、選手の記録更新より串國の異常
さの記録更新が期待されるところだな。ははははは。てなことだが、今日は夕
方時間があったら靖国神社にいこうかと思う。アベっちがいかないならわしが
いってやる。うむ。

さて、頭脳パン食べてお利口さんになるかな〜(^^)

846 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/15(水) 08:14:59 0
>>845
それと魚の頭部と目ん玉もちゃんと食べておくといーにゃ。

理論的背景だとか事実関係の整理だとか「空気嫁!」ですむと、論文書くのも発表する
のも楽でいいだろにゃ。それにゃと、full paperなんかいらなくてjournalは全部
squibになって地球環境にも優しいにゃ。

さすがエコロジストの仇ちゃんだにゃ。

847 :仇鱒:2007/08/15(水) 08:30:20 0
もうちょいしたら出かけようと思うのだが、レスがついたからちょいとカルメン
真紀子。で、まずマジレスすると、わし魚の頭部とか目ん玉とかダメなんだよな
、、、。とくに目ん玉はグロすぎるわ。で、ジャーナルはsquibになるウンヌンだ
が、いわゆる理系の世界ではそれがフツーだ罠。逆に生成系のように1つのロン
ブンが30頁も40頁もあったりするのは異常だわ。ま、それだけ、研究者同士
でシェアできている<定説>がないとゆうことを意味してるわけだ。で、これは
、ある意味、学問としていまだ成熟していないことを意味しているのだよ。もち
ろん数学なんかではかなり長いロンブンもあるが、いわゆるデータ・ベースドの
経験科学系のペーパーはいわゆるスクイブタイプのものがほとんど罠。わしはガ
ッコウの図書館で仕事柄いろんなハードサイエンス系のジャーナルなんかをペラ
ペラめくったりしているが、生成系のように30頁もあるようなペーパーなんて
ねぇ罠。

> さすがエコロジストの仇ちゃんだにゃ。
わしは女性にやさしいエ口ジストでつが、何か?



848 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/15(水) 09:38:13 0
うち(加古川)は
ニーニー蝉が一番始めに鳴いて
次に熊蝉(こいつが一番うるさい)が鳴く。
7月末か8月初から油蝉が鳴いて
地蔵盆の時分にツクツク法師が鳴く
というのが例年のパターン。

東京から放送してるドラマでよく聴く
ミンミン蝉は日岡公園など森のような処へ
行かないと居ない。
しかしここ数年は木のまばらな人家の密集した
地域でもミンミン蝉が聞こえることがある。

7〜8年前からニーニー蝉の声が途絶えていたけど
今年復活した。
台風4号が過ぎ去った日はニーニーと油とツクツクが
同時に鳴くという奇妙な現象が起きた。

849 :かかりちゃん:2007/08/15(水) 16:16:55 0
しかし、頓珍漢なことを言っておって、「その根拠は?」と言われると
「根拠なんてねーよ、空気読め、蝉が云々」じゃぁ、日本の言語学は
どんどん変な方向に行くのみニョロ。

そもそも文献を読むことを否定して「価値のない論文」呼ばわりするアホの存在自体、
まじめにやっとる学生/研究者に失礼きわまりないニョロ。アダモは
読んで理解する力もないのだから、せめて真面目にやっとる人間を馬鹿にするのは
やめて、蝉とりでもしているがいいにょろ。

850 :仇鱒:2007/08/15(水) 20:21:55 0
こんばんみ。やれやれ、仕事終わってアレコレ出かけてきてクタクタでつよ。
そんでもって、今日お昼に久しぶりにココ壱でカレー食ったのだが、やれやれ、
3辛にして後悔したよ。辛くて喰えねぇよ。てか、藻前らの中で5辛とか6辛
とか挑戦したことある猛者いるか?あん?あったらレポよろ(←マジで興味あ
る)。で、かかりの次↓の命令にしたがったわけだが、
>蝉とりでもしているがいいにょろ。
やぱかかりはいいことゆうな(ワラ)。セミとっていろいろ観察したらとんで
もない発見があったよ。セミの鳴き声には再帰性があるわ。ははははは。マジ
でこれから言語の系統発生の研究しようと思ったらセミだな。セミを使うのが
ええ。ははははは。チンプやキンカチョウを使うのはもう時代遅れだ。ははは
はは。で、あれだ、約束通り映画評論をちょいとしてやるが、知ってる香具師
は知ってると思うが、こーゆー↓のがあるのだよ。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1337056
ま、ヘビメタを学術的に扱ったものだけどそこそこ面白かった。ようするに、
ヘビメタのルーツとヘビメタの社会学的考察がいろいろドキュメンタリーに扱
われているわけだ。そんでもって、ヘビメタがいかに宗教(とくにキリスト教
)とリンクしているか文化人類学的な観点からアレコレ考察されているんだけ
どな。ま、興味のない香具師にはどーでもええ映画だけどな。ははははは。ち
なみに後半にロニー・ディオが自宅でインタビューを受けているところがある
のだが、いやはや、ロニーがあんなにちっこいとは知らなかったよ、わし。も
しかしてアンガス@ac/dcといい勝負かな。うむ。

851 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/08/15(水) 20:23:47 0
>>849
生成文法は人間の言語能力を考慮してないのに「生成文法理論は人間の言語知識を
研究対象とし、人間の言語知識とはなにか、それをどうやって習得するのかを
明らかにしようとしている」って研究者が言ってるのは誇大広告じゃないの?
どう考えるにょろ?

852 :仇鱒:2007/08/15(水) 20:37:25 0
>>851
ん?生成ぶんぽーはヒトの言語能力(てか言語知識)のメカ(てかプログラミング
)を研究対象にしている罠。ちなみに言語運用(てか言語処理)のメカ(てかアル
ゴリズム)はシリアスには研究してねぇけどな。ま、「生成ぶんぽーから人間知性
を探る!」つーとかゆうのは誇大広告でジャルに文句ゆわんといかんけどな。てか
、わしがジュギョーのシラバスでそんな誇大広告書いていたようが希ガスるが(藁)

853 :仇鱒:2007/08/15(水) 21:11:14 0
で、風呂あがってすっきりきれいきれいの仇ちゃんだが、ちょいと疑問に思った
ことがあるのだよ。加古川の人@>>848がいろいろ書いてくれているように、セ
ミにはいろんな種類がある罠。ニーニー蝉(←こーゆー蝉がいるの今日はじめて
知った)とかミンミン蝉とか熊蝉とか油蝉とかいろいろいる罠。で、こいつらみ
んな鳴き声が違うわけだが、これって個別言語みたいなもんなのかな?つまり、
蝉にも普遍ぶんぽーみたいなもんがあって、そんでパラメータのセッティングか
なんかがはたらいて、そんでニーニー鳴いたりミンミン鳴いたりオーシンツクツ
クと鳴いたりジージー鳴いたりすんのかな?それとも、猫がニャンニャン鳴いて
犬がワンワン鳴くのと同じぐらい違うものなのかな?どーなんだろ?誰か昆虫な
んかに詳しいのちょいと書いてみれ。あと、ココ壱で5辛とか6辛とか挑戦した
ことある猛者のレポもよろな。うむ。ま、そんなところだが、電源ぷっちゅん♪
な。あ、そうだ、わし金曜日からお暇もらうからな。うむ。

854 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/16(木) 00:09:16 0

for which person x,John likes x?

自動翻訳させたら、次のようになった。

どの人のため
Xつ、ジョンはxを好むか。

この「つ」は何だろう。
ひとつ、ふたつ、いくつ、の「つ」かな?
(後略)

855 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/16(木) 06:23:49 0
いつのまにやら、アダモちゃん。
ジャルじゃなくて、ジャロじゃろ。

856 :仇鱒:2007/08/16(木) 06:50:50 0
おはよ。いやはや、昨日のココ壱のカレーのせいか舌がいまだにピリピリして
いまつよ。で、かるく朝練するな。うむ。

>>854
演算子を自然言語をつかって「翻訳」するとヘンな文になるよな。わしも昔こ
の手↓の文見て、なんじゃらほい♪と思ったけどな。
>for which person x,John likes x?
それだけ演算子とゆうのは自然言語的でなく人工言語的であるのだよ。うむ。

> ジャルじゃなくて、ジャロじゃろ。
あ、まちごーた。ジャロだった、、、。



857 :仇鱒:2007/08/16(木) 06:53:25 0
んで、あれだ、ミンミンゼミやらクマバチやらの鳴き声だが、個別言語とは違う
鴨しれねぇよな。個別言語だったら、わしらが国籍関係なしにどの言語でも母語
にできるように、セミたちもいろんな鳴き声を「母語」にできるハズだ罠。つま
り、ミンミンゼミのさなぎをツクツクボーシが「ツクツクボーシ♪」と鳴いてる
中で羽化させたらミンミンゼミは「ツクツクボーシ♪」って鳴くハズだよな。で
もそーはならんよな。そう考えると、セミの鳴き声はわしら人間の個別言語とは
ちがうということになるが、それじゃセミの鳴き声とゆうのはいったい何なんだ
、とゆうqが発生するわけだ。極端なハナシをすると、上でもちょいと書いたが
、猫のニャーニャー♪と犬のワンワン♪と同じような関係にあるの鴨しれないわ
けだ。で、もしそうなら、犬と猫が違う種類の生き物であるように、ミンミンゼ
ミとクマバチは違う生き物になってしまうわけだ。ようするにセミとゆうのは「
ほ乳類」みたいなカバータームにすぎず、ミンミンゼミとクマバチはヒトとチン
プぐらい違う可能性があるわけだ。ま、ようするに「種」とは何かとゆう問題に
ぶちあたるのだが、こーゆーことを考えてはじめて自然言語とは何かとゆう問い
にもシリアスに考えれるのだよ。ちゅーか、こーゆー考え方もできねぇでロンブ
ンやら本読んだってなんも成長せんとゆうこと。成長するのは脳内花壇にあるひ
まわりの成長だけ。そーゆーもんだ。ははははは。さて、頭脳パンにジャムつけ
て喰ってくっかなー。うむ。



858 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/16(木) 07:14:28 0

そして、いつも見つめてくれる、あなた、太陽みたい。

859 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/16(木) 07:32:59 0
偽農薬散布でヒマワリ畑が全滅‐新疆アルタイ地区

860 :仇鱒:2007/08/16(木) 08:11:35 0
ほーら、またやっちゃったよ、、、。既に家の温度35度になってるから脳
ミソ溶け出しちゃってるよ。>>857に「クマバチ」とあるが「クマゼミ」の
間違いだ。ま、それはええとして、ちょいとだけ>>859釣られると、ウイグ
ルはほんとかわいそうだよ。串國の圧力に耐えてきたと思ったら今度は偽農
薬攻撃の餌食か?てか、ベトナム戦争をパクった枯れ葉剤攻撃だったりして
(ワラ)てか、わしは中華料理は好きなのだが、中華屋でも料理人は串國人
で桶なのだが材料だけは日本のものをつかってもらいたいわ。てか、先日韓
国料理屋で「豆乳そうめん」つーの喰ったんだが、いやはや、ノーコメント
だ。外国人がはじめて納豆を食べた時ってこんな感じなのかな、とゆった感
じだ。うむ。ま、そんなところだがそろそろ失禁してくるわ。うむ。

>そして、いつも見つめてくれる、あなた、太陽みたい。
太陽は罪な奴(byサザンオールスターズ)

861 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/16(木) 13:39:32 0
小鳥は人間の口笛のメロディーを囀りに取り入れたりするんですってね♪
あら素敵。

862 :仇鱒:2007/08/16(木) 18:31:09 0
キターー↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ーーー朝魚羊wwwww
【特集】文法はどのように育つか
【予定内容】
・ことばの回帰性から見える文法の発達(蛆田子蛆←顔餅)

>小鳥は人間の口笛のメロディーを囀りに取り入れたりするんですってね♪
コレ↑ほんまかいな?てか、それはそうと、もしかしてチシャがまた戻って
きたのか?あん?ま、それはそーと、もう一つ映画の紹介してやると、熱い
時はやぱヤクザ映画だ罠(ワラ)。ちょいと前に見たのはコレ↓
http://dvd.sonicmart.jp/product/detail/DMSM-7180.html
ま、わしは小沢仁志がシュキでそれでちょいと見たのだが、まあ、そこそこ
かな。それにしても小沢といい白竜といい、いい目をしてるわ。わしもめが
ねとるとあんな目してるけどな。一重の流し目仇ちゃんだ(^^メ)

863 :/:2007/08/16(木) 22:25:31 0
>>823
これまでのような研究というのは、(ワソーとアーノルドの言葉を借りれば、)
データの収集・(統計的)分析に関して隣接分野で常識とされているような
手続きを踏んでいないような研究、ということです。

>>825
> 実際、わしらが今やっていることとゆったら、60−70年代でやっていたこと
> をアレンジしているだけである。

それはチョムスキー派特有の現象で、非チョムスキー系の生成文法はそんなこと
はないと思います。

>>827
> んで、仇や/は具体的に何をするべきだとおっしゃるわけ?
.....
> /は中の人誰だか知らんけど、文法性判断はアンケートとらなきゃ
> 駄目なんです、とかしょーもないことしか言ってるのみたことないし。

文法性判断に関しては、心理学において常識とされている程度の注意をした
形でアンケートをとった上で、(これまた心理学における常識程度の)統計的
解析を加える必要があると考えています。それぐらいのことは容易なことなの
ですが、その程度のことすら行なわれていないのが現状です。他にもすべき
こと・できることは幾つかあります。くわしくは>>818で引用した
http://www.stanford.edu/~wasow/Lingua_data.pdfなどを参照してください。

864 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/16(木) 22:48:21 0
仇ちゃんも『言言吾』のメルマガ購読してんの?

仇英文法がヤフオクで300円だった。先月定価で買うた
漏れは負け組・・・

865 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/17(金) 03:57:58 0
勝つと思うな、思えば負けよ。

866 :仇鱒:2007/08/17(金) 06:21:16 0
おはよ。体だりぃよ。

>それはチョムスキー派特有の現象で、非チョムスキー系の生成文法はそんなこと
> はないと思います。
うむ。それはそうだな。てか、チョム派特有の現象ってマジである罠。language-
particularならぬchomskyan-particularな現象というのは確かにある罠。マジで、こ
の現象を文化人類学的つーか社会学的に誰か考察してみるとおもろいかもしれんな
。うむ。「永田町の論理」ならぬ「チョム派の論理」ということばが生み出された
りしてな。ははははは。

> 仇ちゃんも『言言吾』のメルマガ購読してんの?
いや、別に購読してるわけじゃないが、知らないまに送られてくるようになった。
うむ。ま、あとあれだ、月刊の言語の雑誌というのは世界ヒロシといえども『言言吾』
ぐらいしかない罠。『言言吾』にはがんがってもらいたいわ。

> 仇英文法がヤフオクで300円だった。先月定価で買うた
>漏れは負け組・・・
300円か、、、。アレ書くのにどれだけ時間がかかったことか、、、。てか、アノ
本定価もたしか1500円とかそんなもんだよな?わしがゆうのも何だが、アノ本は
4000円ぐらいのヴァリューがあると思ってるわ。まあ、読者アンケートを見る限
り、あの本はどーも高校の先生や予備校の先生、それに大学のセンセイがかなり読ん
でいるようだな(ワラ)。出版社経由で「自称会社員」から質問メールをもらったり
したが、あとで大学のセンセイだというのが分かりますたよ。ははははは。

で、えっと、今日からちょいと某所にトンズラする。電話回線がつながるかどうかよ
ーワカラン。ま、そんなところだ。うむ。

867 :かかりちゃん:2007/08/17(金) 19:59:21 0
>(ワソーとアーノルドの言葉を借りれば、)
>データの収集・(統計的)分析に関して隣接分野で常識とされているような
>手続きを踏んでいないような研究、ということです。

そりゃ、何を目的にしているか、によってデータの集め方もことなって当然で、
みんながみんなwasawを信じないといけないと考えるほうが異常(ファシストともいう)
にょろ。
そもそも文法は個人個人でことなるのに、アンケートとって平均点を求めることに
価値があるとは思えないニョロ。価値があると思えば、勝手にやればいいだけ。

>れはチョムスキー派特有の現象で、非チョムスキー系の生成文法はそんなこと

それは仇が誤解して主張しっているチョムスキー派の主張で、前からいっとるように
チャンとしたところに出ている論文には新しい観察もあるにょろ。 そのHPSGだか
なんだかにもインチキ論文はあるだろうし、そういうのを一つばかり取り上げて、
HPSGを語るようなのは単なるアホにょろ。そしてここでその逆をやっとる輩がいるにょろ。





868 :/:2007/08/17(金) 23:05:22 0
>>867
話が通じていませんね。どれでも良いので、学部生向けの統計の教科書を学んで
みてください。そうすれば、統計というのは心理学のデータにも言語学のデータにも
全く同様に適用できる数学的理論であるということ、inferential statistics
を用いれば、データ解析から主観をある程度排除できること、などが理解できる
でしょう。あなたの「目的」にとって、データ解析から主観を排除することは
無意味なことだというなら仕方ありませんが、そんなことはないものと信じます。
CowartのExperimental Syntaxにもくわしい議論がありますので参照してください。

869 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/17(金) 23:29:12 0
>>867
>そもそも文法は個人個人でことなるのに、アンケートとって平均点を求めることに
>価値があるとは思えないニョロ。

これだと心理学者は人間には個人差が無いことを仮定しているみたいですが、
それはないんじゃないでしょうか。アンケートをとれば平均点だけでなく分散も求められるのでは?


870 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/17(金) 23:34:33 0
判断のはっきりしない文ってのは大抵、大人数にアンケート
かけて統計かけようが「はっきりしない」という結果しか
生まないわけで、理論は文法性判断を定量的に予測しないし
結局海のものとも山のものともつかない観察が増えるだけ。
それなら理想化されたデータを元に理論を発展させたほうが
「まだまし」である、ってのがコンセンサスであってね。

チョムの言葉を借りれば、「窓から舞い落ちる木の葉を眺めていても
物理の仕組みはわからない」(たしかこんなん)わけで、だから
物理学者は実験室で実験やるわけ。文法性判断のアンケートを、
ってのは、ストップウォッチもって枝を離れた木の葉が地面に
つくまでの時間を計れ、っていってるようなもん。

つーかこうこのアンケート話って若造か耄碌したジジイが言い出して、
言語学者にも心理学者にも笑われる、っていう歴史が繰り返されてる
わけで。Wasowの「アンケートとってみたらvariationがあることが
分かったよ!」なんかもお笑い種。一度でもまともなSelf-paced
readingとかやったことある人間だったら、そんなのは日常茶飯事で、
そういうのをどれだけアイテムを調整して押さえ込むか、が言語学者の
腕の見せ所だ、ってのが分かってる。



871 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/17(金) 23:48:59 0
"This bat hits very well," Motsui said.

872 :/:2007/08/17(金) 23:56:16 0
>>870
「判断のはっきりしない文ってのは大抵、大人数にアンケート
かけて統計かけようが「はっきりしない」という結果しか
生まない」
というのが間違いであることは、例えばCowartのExperimental Syntaxを
見ればわかるのではありませんか。

「理論は文法性判断を定量的に予測しない」というのも、F. Kellerや
J. Bresnanの最近の理論には当てはまらない話ではありませんか。

理想化が必要だというのはその通りであると思いますが、文法性のアンケートを
取ると、なぜ、理想化をしていないことになるのですか。

「このアンケート話って若造か耄碌したジジイが言い出して、
言語学者にも心理学者にも笑われる、っていう歴史が繰り返されてる」
というのは初耳です。もう少し具体的な情報を書いてもらえますか。

「Wasowの『アンケートとってみたらvariationがあることが
分かったよ!』なんかもお笑い種」
というのは、Wasowのどの論文のことを言っているのですか。

最後で何でself-paced readingの話が出てくるのですか。

873 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/18(土) 00:53:38 0
日本人選手は3位につけています。
面白かったです。

874 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/18(土) 01:18:27 0
しかしあんたも自分の言葉で語ろうとしないね。それなら俺も
「言語学者の直感データよりも心理学的手法で収集したデータの
ほうが信用できる、ってのが誤謬であることはChomskyの著作を
見ればわかるではありませんか」、といっておくよ。

>最後で何でself-paced readingの話が出てくるのですか。

ああいう実験をきちんとやってみた経験があれば、アンケートなんて
そもそも刺激文のスクリーニングぐらいにしか使い物にならんことが
わかるから。要するに素人の反応ってものすごい細かな違いで色々
変わって、でそういった様々なinterfering factorsを見極めて排除せんと
まともな理論なんて作れないわけでね。木の葉が風に吹かれて地面に
落ちるのをいかに厳密に計測しようと、そのデータが理論構築に役立つ
なんてことはないんですよ。

俺は現状のデータの扱いがそれでいいとは全く思ってないけど、だからと
言って「アンケートをとれ」なんて対案は問題の本質が全く見えてない
奴が体裁だけ整えようとしているようにしか思えん。

875 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/18(土) 01:34:47 0
あと49KB

876 :/:2007/08/18(土) 01:40:45 0
私も、「直感データよりも心理学的手法で収集したデータのほうが信用できる」
という見方は、チョムスキーの言う通り、正しくないと考えます。しかし、
「論文の著者自身の文法性判断(および、インフォーマルに収集された、
周囲の数人の文法性判断)だけに基づいて理論構築するよりは、
心理学者も納得するような手法を用いてデータを集めた上で
理論構築をするほうがよい」というのは自明の理だと考えます。私が
上で言っているのは後者の方です。

> 要するに素人の反応ってものすごい細かな違いで色々
> 変わって、でそういった様々なinterfering factorsを見極めて排除せんと
> まともな理論なんて作れないわけでね。

それは当たり前です。アンケートを実施する際に意識すべき事項の一つに
過ぎません。

877 :/:2007/08/18(土) 01:44:29 0
(追記ですが、>>876の1行目の「心理学的手法で収集したデータ」という
のは、文法性判断以外のタイプの心理言語学的データのことです。
文法性判断が、それ以外のタイプのデータに比べて質的に劣るデータだと
いうことはない、というチョムスキーの意見に賛意を表したのです。)

878 :かかりちゃん:2007/08/18(土) 06:07:49 0
このアンケートだかアンコモチだかなんだか勧める話はもう飽きたから、
次はもうちょっと具体的に何がわるいのか(すなわち言語理論として
どのような誤った予測をするのか)、HPSGとかいうのが
どうしてスンバラしいのか、についておねがいにょろ。

879 :かかりちゃん:2007/08/18(土) 06:11:35 0
>木の葉が風に吹かれて地面に落ちるのをいかに厳密に計測しようと、
>そのデータが理論構築に役立つなんてことはないんですよ。

と、

>それは当たり前です。アンケートを実施する際に意識すべき事項の一つに

を比べてみると、「だから俺は木の葉が風に吹かれて地面に落ちるのをいかに厳密に計測
するかに細心の注意を払っているんだ」

という主張をしていると考えてよろしいにょろかね。

880 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/18(土) 06:28:14 0
上智に一票。
毎日、3分クッキング見てます。

881 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/18(土) 08:26:23 0 ?2BP(0)
>>870先生にもう少し詳しく説明をしてもらいたいのですが
以下質問

>つーかこうこのアンケート話って若造か耄碌したジジイが言い出して、
>言語学者にも心理学者にも笑われる、っていう歴史が繰り返されてる
>わけで。Wasowの「アンケートとってみたらvariationがあることが
>分かったよ!」なんかもお笑い種。一度でもまともなSelf-paced
>readingとかやったことある人間だったら、そんなのは日常茶飯事で、
>そういうのをどれだけアイテムを調整して押さえ込むか、が言語学者の
>腕の見せ所だ、ってのが分かってる。

実験刺激の統制が重要だということと文法性判断を調査紙法で調査することが無意味との主張
という二つの主張の間には前者が後者を補強するような論理関係はないように思えますがどうゆう
趣旨で書き込まれたのでしょうか?

先生の書き込み及び、前後のレスから判断して先生の書き込みはself-paced readingでtaskとして
gramaticality judgmentを想定していると判断して以下続けます。

刺激文統制ではnaturality やlexical itemのfrequencyの統制などがありますが、調査紙法において
も本実験の前にアンケートを使用してそれらの統制をとるという手順を踏めば、刺激統制のレベルに
おいてはself-paced readingと異なるのはtaskの違いのみということになるのではないでしょうか。

でここからは個人的な感想ですが、どのような実験手法をとるにせよ、観察されるデータはprocessing data
でしかないので文法性そのものの観察は不可能で、あるtaskを課した時にえられる文法能力(taskによるので
必ずしも文法を反映したものとは限りませんが)が反映されていると考えられる処理データしか計測できない
わけで、直観法によるデータに胡散臭さがあるのと同様に心理データからある傾向が得られてもgrammaticality
というよりはpreferenceに過ぎないのではないかと考えます。

882 :881:2007/08/18(土) 08:30:04 0 ?2BP(0)
さらに続けて、かかり先生以下に興味本位で伺いたいのですが
例文を何回も繰り返して考えていると、だんだん判断が良くなっていく
という経験がおありでしょうか?

最近、こうしたことが多くなって自分の例文判断に自信が持てなくなって
きました。

883 :仇鱒:2007/08/18(土) 09:34:04 0
やあ、わしだ。今某所にいるのだが、なんとか回線がつながり時間ができたからちょ
いと書くわ。てか、やぱ夏だな。厨がたくさん湧いてるな。ははははは。いろいろ書
きたいがちょいとだけ書くな。ヴァカ相手にしてると月エ門がムズムズしてくるから
な。うむ。まず、>>882にレスしてやるな。ヘンな文でも何度も聞いているとよくな
るかだが、そのとーりだよ。いい文が悪くなることはほとんどないが、悪い文がよく
なることはよくあることだ。ま、美人はいつみても美人だが、ブスは長いこといっし
ょにいると「あれ、コイツもしかして可愛い??」と思ったりするのと同じだ。はは
ははは。たとえば、前にも書いたが、john seems to be likely to be said by everyone
to be believed to be kissed by tom.なんて普通の人には理解できねぇし「なんじゃこり
ゃ?」と思うものだ。でも、生成ヲタはこんな文見なれているから一発で理解できる
わけだ。あとな、かかりがまた厨なことゆってるが、生成のようなイントロスペクシ
ョンまんせーの学問なんか今日日誰も相手にしないわ。生成の証拠とゆったら例文し
かないわけだが、その証拠が疑わしいのだよ。自白ほどあてにならないとゆうのは今
では常識であるのだよ。ま、このあたりのことは「それでもボクはやってない」でも
見れ。あと、「100人斬り」問題とか慰安婦の証言とかな。ははははは。わしにゆ
わせたら生成のロンブンの中には本田勝一的な本がいくらもあるのだよ。



884 :仇鱒:2007/08/18(土) 09:35:03 0
あと、スラッシュもわしもイントロスペクションを否定しているわけじゃねぇよ。そ
れ以外にももっと客観的な裏付けが必要だとゆってるだけだ。前からゆっているよう
に、作用域絡みのデータなんかほとんどあてにならんとわしなんかは思ってるわ。ハ
ッキリゆってあのあたりの議論は仲間うちのザレごとにすぎん。もっとゆうと、文が
埋め込まれたり、従属節をともなったり、とにかく語の数が増え構造がちょっとでも
複雑になった時点で、言語知識でなく言語処理の要因が絡んでくるのだよ。ましてや
「こーゆった文脈で判断して栗」とかゆう条件がつけられたら時点で言語処理にさら
にプラグマチックコンピテンスが絡んできて、それこそ何をジャッジしているかワケ
ワカンネーようになるのだよ。あとな、ここにはセンセ連中もたくさん出入りしてい
ると思うが、藻前らズブのシロートに生成教えて、しかもジャッジをみんなでシェア
しながらジュギョウすすめたことあるか?たぶんねぇだろうな。ま、そんなこたぁど
ーでもええが、promiseのコントローラーの問題を見ても分かるように、数人のジャッ
ジだけで理論が構築される危うさを少しは知れ。うむ。

と、思ったら、かかりの後輩からまたメールがきたわ。かかりも後輩の爪のあかでも
煎じて牛乳といっしょに飲め。わしはココアといっしょに飲んだがうまかった。うむ。

今日は雨が降って気持ちがよい。うむうむ。さて、ご先祖様にあってくるかな。うむ。



885 :訂正:2007/08/18(土) 10:13:10 0 ?2BP(0)
>おいてはself-paced readingと異なるのはtaskの違いのみということになるのではないでしょうか。

taskの違い→modalityの違い

886 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/18(土) 13:49:15 O
教祖様をひたすら信じているほうが認知的負荷が少なく適応的です。
少なくとも人類はそのようにナチュラルセレクトしてきたのです。

887 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/18(土) 18:57:55 0
>>881さん
私は
(1) 何をなぜ買ったの?
(2) なぜ何を買ったの?

のコントラストがなくなりました。初見では(1)の方がよかったのですが。

888 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/18(土) 23:12:34 0
8月20日午後9時TBSアフリカ大自然スペシャル
「僕はサルだ!織田裕二の類人猿とふれ合う感動紀行」

889 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/18(土) 23:39:47 0
類人猿>サル>>超えられない壁>>織田祐二>>アダモ

890 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/19(日) 00:14:05 0
ゆっくり歩くペースは、1分間80メートル。
1分間100メートルで、16時間40分歩けば、100キロメートル(睡眠・休息7時間20分)。
(1分間105メートルで、16時間歩けば、100キロメートル(睡眠・休息8時間)。

891 :かかりちゃん:2007/08/19(日) 02:48:34 0
仇がまた猿知恵を披露しておるニョロか。ロスが博論書いた頃にはisland violationはすべて
*だった。それより悪い現象がみつかり、当該の現象は??になったにょろ。同様に
pseudogappingもジャッケンドフが最初に下した判断は*だったにょろ。それでも多くの
人にあんまり悪くない、といわれ、現在のdiscussionがあるにょろ。このことからわかるのは
世に判断つきで出した事実は理論やempiricalは観察の範囲が広がることにより判断そのものが
questionされることがあり、たとえば60年代にRossがアンケート調査しとったところで「
実はあんまりislandに反しているだけでは悪くないんじゃ。。。」なんてことにはならなかったであろう
ことに注意したいにょろ。

それをこの引用ばかりしている人は「やっぱ俺みたくアンケートしないと」とかピントの
ずれた話をしとって、仇は鬼の首でもとってきたかのようになっとるにょろ。
そもそも仇が猿みたくキーキーいっとる、「昔の事実の焼き直し」だったら「昔の事実」自体に
アンケート調査とか下らんことをする必要もないので、この引用ばかりの人と仇の
言っとることは歩調があってないにょろが。

892 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/19(日) 04:30:32 0
>俺はサルだ!仇ゆうじ

893 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/19(日) 07:02:10 0
ttp://www003.upp.so-net.ne.jp/ikeda/Chomsky.html

なんかこのI田信夫ってモノホンのバカみたいだな。こんなやつ知らなかったが。

894 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/19(日) 07:31:52 0
欽ちゃんマラソンじゃなく仇歩で武道館を目指す
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1182090365/894n-

895 :仇鱒:2007/08/19(日) 07:39:19 0
おはよ。ちょいワケあってなかなかpcの前にいることができませんよ。ま、鯛(←わ
しのカキコミ)ででエビ(←かかりのカキコミ)がつれたからちょいと書くかなー。ま
あ、わしが上でわかりやすい喩えを紹介してやったように、*が??になったりするの
は、まさに、ブスなヲンナとつきあっていて、もっとブスで性格ワルーな女を知るよう
になってから「を、漏れのヲンナはもしかして意外といい方かな?」と思うのと同じじ
ゃい。あと、あれじゃい、今じゃブスも個性的とゆう特別なキャテゴリーがあたえられ
、ブスの許容範囲がかなり広くなったのように、非文の許容範囲もかなり広くなりつつ
あるのだよ。そんなもんだ。うむ。あと、生成の性格上、これからもイントロスペクシ
ョンをベースにしたケンキュウはさけられない。そうゆった意味では、生成をやる以上
イントロスペクションは必要悪として認めるしかない。でも、あくまでも「悪」である
から、その「悪」の部分を薄める必要があるのだよ。で、それに変わる方法を模索して
何が悪い、とゆうのがあるのだよ。イントロスペクションを重宝しているうちは生成は
文系科目の中もでもきわめて文系であるのだよ。わしはある本で「生成は文系の学問の
中でもきわめて理系に近い学問である」とか書いているが、これはたてまえであり、内
実は文系の中でもきわめて文系的であるのだよ。文学以上に文法性の判断とゆう「感性
」の部分がクルーシャルに関わり、しかもドグマやドクトリンが幅をきかせているのだ
よ。まあ、そんなもんだ。

>俺はサルだ!仇ゆうじ
゙ (*`畠´)山<わしは鱒じゃい、ゴルァ!!!うむ。

>欽ちゃんマラソンじゃなく仇歩で武道館を目指す
ちなみにわしは元アスリートでマラソンは3時間7分の記録(←たしか)もってるけど
な。ちなみになんちゃってロードレーサーですた。うむ。

896 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/19(日) 08:14:40 0
>>890
>ゆっくり歩くペースは、1分間80メートル。

これは不動産が売りたい不動産から駅までの距離を
少しでも近く見せたい陰謀だろう。
毎分80mなら1時間で4.8`b。
低学年の小学生の手を引いてこの早さで歩くと
泣き出すと思う。

897 :/:2007/08/19(日) 09:04:29 0
> たとえば60年代にRossがアンケート調査しとったところで
> 「実はあんまりislandに反しているだけでは悪くないんじゃ。。。」
> なんてことにはならなかったであろう

なぜですか。

898 :かかりちゃん:2007/08/19(日) 17:56:09 0
>なぜですか。
もともとisland違反していたら悪いってのは当時の一致した意見だったニョロ。
それがadjunct extractionと比べると良い、という事実が発見されて初めて
比べることが出来て、初めて「あんまり悪くない」と認識されたニョロ。
よってアンケート調査なんてしても悪いことは分かっても比較の対象がないので
どの位悪いか、なんてことは分からなかったはずにょろ。

そもそもHPSGだLFGだとか言っても、そうした理論はアンケート調査とか
やって出て来た理論ニョロか?アッシの理解では「変形」という概念に
意義を唱える中で出て来た理論であり、アンケートしたから出て来たような
もんとも違うニョロ。引用さんは、wasowが言ったことを信じるのは勝手だが、
現実に生成文法の歴史をみるとアンケート調査で進んで来たとは思えんし、
ましてや「今まで通りの研究を云々」というのは、チョム批判の頓珍漢が勘違いして
いっているのとおなじ、盲目的に一つのやり方を信じて、それに合致しない
こと全てを否定しているとしか思えんニョロ。アンケート好きなら勝手に
やればいいにょろが、あっしにはそれがfruitfulな道だとは思えないし、
ましてやアンケートやらない論考全てを(爺さんの言葉を持って来て)
否定する、なんてのは生成文法自体を知らないんじゃないかと思えるニョロ。


899 :881:2007/08/19(日) 18:03:37 0 ?2BP(0)
>>897
かかりしゃんが言ってるのはおそらく当該の例文だけを抜き出して
アンケートを構成した場合のことを言ってると思われ。

かかりセンセとはおそらく根拠が違ってくると思うのですが
個人的には、文法性の判断を順序尺度を用いた調査紙で調べるのは
奇異な感じがします。これで判定できるのは容認性であって、上の
どっかで仇センセが言ってたように文法性が排他的なものなら、そも
そも尺度が成立しないはずです。

ごちゃごちゃいってますが、文判断において文法性をどう定義するか
という議論が先に来ないとそこらへんがすれ違いの原因になると思われ。


900 :仇鱒:2007/08/19(日) 20:35:18 0
やれやれ、今日はわしすげぇーことしますたよ。わしすげぇよ。てか、えらいよ、
わし。えっと、実は今日、3家族で川に泳ぎにいったのだが、小さい女の子がお
ぼれていて、それをわしが助けますたよ。いやはや、マジでこんな経験はじめて
でわしもびくーりしますたよ。その子の親にすんげー感謝されわしまじでネ申で
すたよ。いやはや、わしは今日ほんとーにいいことをした。で、あれだ、統語的
な条件というか制約とゆうのは破るか守るかのどちらかしかないのだよ。まして
や、違反の足し算はできないのだよ。だから、そもそも文法性に「?」とか
「??」なんてゆうのはないのだよ。文法性には「*」か「ok」のどちらかしか
ないのだよ。で、そーゆった意味では、たとえば、ほんとーにサブジェイシェン
シー違反のもの(←??)とecp違反のもの(←*)の間には有意義な差がある
のかわからないところがある。ま、そんなところだな。うむ。てか、藻前ら、人
命救助ってしたことあるか?いやー、マジでわしは今日スーパーマソですたよ。
うむ。

901 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/19(日) 22:10:49 O
運が良かったんだろう?
普通は助けた人が力つきて溺死するもんだ。
浅瀬以外、絶対に助けてはならない。

902 :/:2007/08/19(日) 23:02:48 0
>>899
> かかりしゃんが言ってるのはおそらく当該の例文だけを抜き出して
> アンケートを構成した場合のことを言ってると思われ。

どうもそのようですね。かかりさん、実験の対象となっている文を、
完全に容認可能な文および完全に容認不可能な文を含む、実験の目的
とは直接に関係しない文と混ぜ合わせてアンケートを作成するという
のが標準的な手続きです。(それから、かかりさん、アンケートだけ
やっていればいいとは私は言っていません。)

> 個人的には、文法性の判断を順序尺度を用いた調査紙で調べるのは
> 奇異な感じがします。これで判定できるのは容認性であって、上の
> どっかで仇センセが言ってたように文法性が排他的なものなら、そも
> そも尺度が成立しないはずです。

文法性判断アンケートというのは言葉のあやで、言うまでもなく(と
思っていたのですが)、この手のアンケートは容認性を判断してもらう
ために行なうわけです。

>>900
> 違反の足し算はできないのだよ。

そんなことはありません。違反の足し算が起こるということが、既に
証明されています。G. Fanselow et al. eds., Gradience in Grammar
所収の論文で、F. Kellerは、
「The most prominent pattern in the experimental data presented
by Keller (2000) is the cumulativity of constraint violations,
i.e., the fact that the degree of unacceptability of a structure
increases with the number of constraint violations it incurs.」
とさえ言っています。上記の本の他の論文も見てみてください。

903 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/20(月) 00:14:51 0
仁戸田六三郎,道場六三郎
五月みどり,小松みどり

904 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/20(月) 03:27:23 0
鳴くよウグイス、平城京。
いい国作ろう、室町幕府。

1回休み。

905 :かかりちゃん:2007/08/20(月) 05:00:19 0
>とは直接に関係しない文と混ぜ合わせてアンケートを作成するという

それはそのアンケートってやつではなく、心理言語学の実験でも当たり前の
fillerってやつにょろ。それが混じっていても、口を酸っぱくして言っとる、
adjunctのislandからのextractionなんてのは出てこなかったニョロ。

>文法性には「*」か「ok」のどちらかしかないのだよ。

↑は無視してよろしいにょろ。

906 :仇鱒:2007/08/20(月) 07:50:17 0
おはよ。今日はこれからホームグラウンド@トーキョーに戻りますよ。んで、逆帰省
する前にカルメン真美。うむ。

>>901
>運が良かったんだろう?

鴨しれん。で、せっかくだからもうちょい状況説明してやる。うむ。3歳ぐらいの女の
子が浮き輪で戯れていると思ったら変な動きをしてそのまま潜っちゃったのだよ。そん
で思わずわしは女房に「あの子おぼれているよな?」と確認したわけだ。そしたら女房
が、「あんた、あの子おぼれているよ!」と確認のレスをもらったわけだ。もうそうし
たら自然に体が動いて川に飛び込んでいたわけだ。ほんと無意識のうちにゴム草履を脱
いで川の中州の方に泳いでいたわ。運がよく(?)女の子はもうぐったりしていて力尽
き、体も軽いこともあり抱き上げることができたわけだ。ほんと、体が重くあばれてい
たらわしもバランス崩して今頃アッチの世界に逝っていたかもしれん。マジで今回の件
で、助ける側と助けられる側の両方の条件(←身長差とかスタミナの有無とか)が合わ
ないと2人ともあぼん♪だなと思ったわ。まあ、でも、あれだな、見も知らずの人の命
を助け、見も知らずの人から感謝されるとゆうのはなんか不思議な感じがするな。で、
ちなみにどこの川で人命救助ったかとゆうと、天竜川だ。うむ。

で、勉強ネタだがまたトーキョーに戻ってからするわ。もういろいろバタバタしていて
時間ねぇからな。うむ。

907 :/:2007/08/20(月) 08:30:52 0
>>905
> それはそのアンケートってやつではなく、心理言語学の実験でも当たり前の
> fillerってやつにょろ。それが混じっていても、口を酸っぱくして言っとる、
> adjunctのislandからのextractionなんてのは出てこなかったニョロ。

アンケートの中に、完全に容認不可能なfillerと、それ程強くないislandに
違反しているだけの文が入っていれば、それ程強くないislandに違反している
だけの文は、完全に容認不可能な文よりは容認度が高い、ということが確認
されるはずです。完全に容認不可能なfillerを作る方法など、腐るほどあります。
adjunctのislandからのextractionに頼る必要はないのです。

908 :Fred:2007/08/20(月) 11:54:37 0
 アダやんの「ちょっといい話」&理論の成熟過程の話題で、
良スレになっとるやんけ。

 わしのオリジナルではないが、チョムの思考法の根底には
「選民思想」があって、UGという発想自体が「人間てすごい
でしょ。鳥の羽や魚のエラのように、人間様だけがUGがある
んだよ。」ということをミスリードしやすいというところが
あるわな。それはそれで多大な貢献をしたんやが、その一方
で、本人には責任はないが、安っぽい還元主義を蔓延させて
しまったという側面も否定できないわね。やはり、ラブルは
愚であるのう。

909 :かかりちゃん:2007/08/20(月) 17:27:31 0
>されるはずです。完全に容認不可能なfillerを作る方法など、

そこいらで勘違いしとるニョロ。islandに関しての重要な発見はadjunctの
抜き出しのほうがargumentを抜き出した場合より悪いということであり、

islandに反する
what did you belive a claim that Mary lost?

と、例えば英語の語順としてオカシイ、
believe you that a claim it lost Mary.

と並べたて、よしんば上の方がちょっといいと、アンケートってやつで分かっても、
「???それがドーーした???」と言われておしまいニョロ。

そもそも「アンケート調査」ってやつが普通のinformant workと何が違って
どういう利点があるのかも判然としないニョロ。


910 :881:2007/08/20(月) 20:01:28 0 ?2BP(0)
>>909
横レスすまそ

かかりしゃんの仰るとおり、新事実を発見するのにはinformant workで
いいと思うんですが、言語直観は直観なのでそれが定量的に観測できる
傾向なのか、それとも個人のバイアスに過ぎず、そいつだけの判断なんじゃ
ねーのかを確認する手段として実験なんてどうですかというわけです。

古い概念かもしれませんがcompetenceとperformance の二分法がまだ有効
なら、informant workもまたperfomanceに過ぎないわけで、performanceには
ノイズがつき物です。

少ないサンプル数から得られた判断には誤差の影響が
大きなサンプルから得られたデータより大きいと統計的には考えられるため
に、判断の確認の為にアンケートをとればという話なんではないでしょうか?

911 :仇鱒:2007/08/20(月) 20:30:18 0
やあ、わしだ。ちょいと書くかなー。あんま書く気がしないのだが。うむ。あ、
そーゆえば、藻前らにもチラシとゆうかポスターきているかと思うのだが、なん
かネ申田外語大学で「理論言語学ワークショップ」とゆうのがあるようだな。
10/20にあるようだが、興味ある香具師は逝ってみたらええんじゃねぇかな
。わしは逝かんけど(ワラ)まあ、何はともあれ、ネ申田外語大学はがんがって
る罠。老人連中はどーでもええが、若手はがんがれ。ただしチョムの追っかけす
るぐらいならがんがらんでお茶でもすすってれ。うむ。ま、それはともかく、ア
ンケートうんぬんだが、別に街角でアンケート調査するとか出口調査みたいなこ
とするとか、そんなことじゃなくて、それなりのしかるべき母集団をデータの裏
付けにしれ、とゆうことだ。あと、生成プロパーだけじゃなくて一般ピーポーの
ジャッジを取り入れたジャッジを尊重しれとゆうことだ。まあ、最近は、自分の
授業の学生○○人にジャッジしてもらったところカクカクシカジカの結果が出た
とかそうゆった報告が論文に出ていたりする罠。これはいいことだとわしは思う
わ。ただ、webで検索した結果とかをもってくるのはお門違いだと思うわ。いい
たかないが、最近ジャーナルに投稿すると、ヴァカなレビューアーがグーグルで
検索したらちゃんとこれこれのデータがあったとかゆってくるのがいるが、こー
ゆーのを相手にしていると哀しくなってくる罠。ま、レビューアーがヴァカなの
は今にはじまったことじゃねぇが、ウェブ・ベースドのデータのサンプリングだ
けはngだと思うわ。ちなみに国内の某ジャーナルのレビューアーは正直ヴァカ
だった。ヴァカ過ぎて仇組の若いもんとゲラゲラ嗤ったものだ。うむ。ちなみに
そのジャーナルには落とされたがな。ははははは。あ、その代わり国内の某ジャ
ーナルにはアクセプトされ海外の某ジャーナルにもアクセプトされたがな。ま、
かかりの後輩の献身的な働きがあってのことである。うむ。それにしてもあちぃ
ーわ。

912 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/20(月) 20:52:41 0
落とされるとたいがいレフェリーがヴァカだというもんだ
通したほうがヴァカということもあり得る、うむ

913 :/:2007/08/20(月) 21:31:54 0
かかりさん、私は単に、>>891であなたが

> たとえば60年代にRossがアンケート調査しとったところで「実はあんまり
> islandに反しているだけでは悪くないんじゃ。。。」なんてことにはなら
> なかったであろう

と主張したのに対して反論してるんですよ。覚えてないんですか。

この件に関する「議論」は終了とさせていただきます。

914 :かかりちゃん:2007/08/20(月) 22:11:34 0
覚えていない分けないニョロが。新しい事実を発見するのはあくまでも理論であり、
関係のないfillerを入れたところで関係のない結論しか出てこないにょろ。

915 :名無し象は鼻がウナギだもん:2007/08/20(月) 23:53:19 0
言語の規則は変化するものだから白と黒だけじゃなく灰色もあるだろ
最初は正しくなかったものがだんだん正しくなっていかなかったら
こんなに多くの言語や方言はできてないんじゃない?
日本語の古語だって少しずつ変化して現代語になったわけだし
それが言語の進化ってもんじゃないのかにゃ

916 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/21(火) 00:56:55 0
いつも 生徒は オマエだけ

917 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/21(火) 01:36:17 0
Google Sets
http://labs.google.com/sets
Automatically create sets of items from a few examples.


918 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/21(火) 05:04:05 0
問い掛けにも「うむ」としか答えない仇青龍が心配です。

919 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/21(火) 05:10:58 0
心配で、今、プッカ「焼きプリン味」を食べてます。

920 :仇鱒:2007/08/21(火) 06:30:05 0
だみだ。逆帰省したとたんに体調崩したわ。で、朝青龍だが、朝青龍だけじゃなく
相撲界全般もまさに「死に体」だ罠。生成といっしょだ。ま、最近のことばを使う
とレームダック状態である。相撲界も今じゃモンゴル人の助けがないとやっていけ
ないしな。ちなみにわしが昨日まで帰省していた故郷では今じゃかなりのブラジル
人が居住していて(←日本一の受け入れらしい)いいことも悪いこともあるらしい
な。街歩いてても日本人よりブラジル人の方が多いと思う時あるしな。てか、ある
店に入ったら客はブラジル人と中国人だけだったわ。まあ、モンゴル人もブラジル
人も親日であるからまあ今のところうまくいっているが、眠主党が躍進したあかつ
きには半島からどっと日本に出稼ぎする人たちがやってきて日本どうなることやら
だ。まあ、出稼ぎは出稼ぎでもフツーに働いてくれればええのだが、悪さを働くた
めに日本列島に民族大移動されたらたまったもんじゃねぇしな。まあ、あと、プリ
ンだが、ほんとプリンとゆうのはすばらしい食べ物だと思う。プリンに関してはわ
しはちょいとうるさいのだが、プリンは値段が高ければおいしいとは限らないのだ
な。これがプリンの面白いところでありまた奥の深いところでもある。うむ。そん
でもってこれまた不思議なことに、プリンだけは手作りのものよりもやぱ市販のも
のが一番うまいんだな。手作りのものはどーもダメだ。やぱプッチンプリンが一番
いいと思う。マジで、あれだなー、コーラとプリンどっちがすごいかとゆわれたら
、わしはやぱプリンのほうがすごいと思うわ。いや、マジでな。ま、それもええと
して、5日ぶりにギター弾いてみたのだが、指がじぇんじぇん動かねぇよ。いっし
ゅん、自分の指じゃないような気がしたわ。で、言語ではこうはならないよな。4
日間誰ともしゃべっていなくても5日ぶりに誰かとしゃべっても普通にしゃべられ
るからな。ま、こんなこたぁどーでもええが、今日は歯医者の日だ。てか、口開け
て治療してもらってる姿って情けない姿だよな。醜態さらすとゆうのはまさにこれ
だと思うわ。うむ。てなことで、今日も女医さんの前に恥ずかしい姿晒してきまつ
よ。うむ。

921 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/21(火) 07:23:23 0

生成文法総合スレ<29>
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1089887232/l50

922 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/21(火) 07:44:47 0
あと11KB

923 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/21(火) 09:23:50 0
>>921は避難所。誰か新スレお願い

924 :仇鱒:2007/08/21(火) 19:36:22 0
やあ、わしだ。それにしてもあちぃーなー。ま、そんな会話ばかりの今日この
頃であるが、ちょいと書くかなー。で、国際政治ヲタのわしは時間があれば串
國ヲチをしているのだが、ちょいと次↓のような記事を見つけた。うむ。
>Mattel Issues New Recall of Made-in-China Toys
>Mattel, the world’s largest toy company, announced another
>voluntary recall of about 20 million Chinese-made toys worldwide
>on Tuesday, its second major recall in two weeks.
ま、たわいもない文であるが、made-in-ChinaとChinese-madeとゆう表現に注
目してもらいたい。うむ。ま、前者のmade-in-Chinaはフツーに見かけるが、後
者のChinese-madeとゆうのはフツーに流通している表現なのかな?個人的には
目を引いた表現だけどな。で、このChinese-madeだが、これはmade-in-China
とパラレルにしてmade-by-Chineseとはできねぇのかな?もしmade-by-Chinese
はイクナイ表現でChinese-madeはイイ表現だとしたら、その原因をどこに探る
ことができるんだろうな。てか、串國の子供服にも毒が見つかったりして、ほん
と串國は素敵な國だな。わしのティムポが元気ねぇのもmade-in-Chinaつーか
Chinese-madeのパンツを履いているからかな。ははははは。てか、それはそう
と、藻前らマキシマムザホルモンちゃんと聴いてるか?あん?夏はやぱ、マキシ
マムザホルモンを大音量で聴きながらこてっちゃんを食べるのが一番だ。うむ。

925 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/21(火) 20:39:09 O
松屋の中国産サラダの食い過ぎだろ?

926 :仇鱒:2007/08/21(火) 20:47:09 0
>松屋の中国産サラダの食い過ぎだろ?
木公屋のサラダは串國産か?まあ、カレー喰うときはだいたいサラダもセット
で注文するけどな。ちゅーか、最近わし味覚がヘンになってきたのかワカラン
が、牛めし喰うとき、最後は七味唐辛子ぶっかけて喰うんだがやぱ体にわりぃ
かな、、、。てか、不思議なことに牛めしに七味唐辛子かけて喰ってもあんま
り辛さ感じねぇよな。そんなことね?てか、最近カレーにも七味唐辛子かけて
喰うのに嵌っているわしはダメかな?てか、カレー好きな香具師はフツーにや
るよな?そんなことね?てか、未だに木公屋で納得いかないことがあるのだが
、なんでカレー注文するとみそ汁もつくんだろうな。正直、カレーにみそ汁は
合わねぇよな?アイスクリーム頼んだらみそ汁ついてくるのと同じくらいヘン
だと思うけどな?そんなことね?

927 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/21(火) 23:28:59 0

言語能力は生得的か Part3
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1046521810/l50
【syntax】統語論総合スレ【初心者OK】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1136830321/l50
意味論III
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1167230363/l50
認知言語学 III
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1098488660/l50
★...HPSG...★...LFG...★
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1141220269/l50
□□□ 脳科学総合スレ □□□
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1104656159/l50

928 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 01:10:26 0
牛丼に一味や七味はありだと思うな。
カレーはスパイスのせいで、みそ汁の味が分からなくなるとオモ。

実はカレーに生卵ってとてもおいしい。

929 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 02:50:09 0
(1)牛丼に一味や七味はありだと思うな

この文の大まかな構成素構造を記しなさい。

930 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 03:03:15 0
あと8KB

931 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 03:11:47 0
ソース焼そばに納豆はありだが、
カレーに納豆は試したことない。

932 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 04:04:52 0
次も28かよ。

933 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 05:07:10 0
ラムダ計算でのカレー化と、フェーズ単位でのスペルアウトは似てる?

934 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 06:33:16 0
夏は、ぶっかけ素麺とキーマカレー。

935 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 06:49:40 0
あと7KB

936 :仇鱒:2007/08/22(水) 07:06:31 0
おはよ。てか、またスレ番号28か。ははははは。ま、ええ罠。番号なんてどー
でもええわい。それにしてもかったるいわ。てか、今ふと思ったのだが、「かっ
たるい」は「か+だるい」だと思うのだが、「かったるい」と「だるい」はどう
違うのだろうな。てか、プリフェクス「か(っ)」の意味って何だろうな。で、
まあ、何か意味があることは確かだが、その意味で使われている「か(っ)」が
使われている語って他にどんなのあるや?あと、「だるい」が「たるい」のよう
に脱濁音化が起きているのだが、これってプロダクチブに見られる現象なのか?
てなことで、そろそろ次スレとゆうか「新しい28」に移行しような。てか、顔
餅は狸寝入りしているのか?それともまた腰痛か?あん?

937 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 07:23:08 0
か弱い,か細い
かっ飛ぶ,かっ食らう,かっ払う(?)

938 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 07:23:34 0
かっ‐たる・い

[形]《「かいだる(腕弛)い」の音変化》

1 疲れてからだや気分が重く感じられる。だるい。「―・くて動くのがおっくうだ」

2 気分がのらない。また、物足りない。もどかしい。「経験豊富な人には―・い仕事だろう」→おかったるい

[派生]かったるげ[形動]かったるさ[名]

[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

939 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 07:47:06 0
>>931
焼きそばに納豆とか、カレーに納豆とかって本気?
そんなげてもんよう食べへんわ。

てか、関東の人って納豆を炒めて食べたりするって聞いたけど、ほんまなん?
なんか加熱してる時にとんでもない臭いしそうなんやけど。

940 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 07:48:44 0
戦前には、納豆サラミというものがあったそうな。

941 :仇鱒:2007/08/22(水) 07:57:44 0
を、レスはや。てか、「かったるい」って「かいだるい」からきてるのか、、、。
てか「かいだるい」の「かい」ってなんなんだ?あと、「かったるい」の「か(っ)」
は「か弱い」や「か細い」の「か」とは違うよな、たぶん。あと、なんとなく「かっ
飛ぶ」や「かっ喰らう」の「かっ」と同じような気がしないでもないが、「かっ飛ぶ」
や「かっ喰らう」も「かい飛ぶ」や「かい喰らう」から派生されたのかな?よくわか
らんな。てか、そもそも「かったるい」てか「かいだろるい」の「かい」ってどうゆ
う意味なんだ?これまたよくわかんねーな。ちゅーか、>>936でも触れたように、
「かったるい」では脱濁音化が起きているわけだが、こーゆーのって普通にあんの?
たとえば「勃起」なんてゆう素敵なテクニカルワードがあるわけだが、疲れて気分が
のらないのにうかつにも勃起してしまったとゆう意味で「かっ勃起」とゆうにせよ、
発音は「かっぼっき」であって「かっぽっき」じゃねぇよな。うむ。

>てか、関東の人って納豆を炒めて食べたりするって聞いたけど、ほんまなん?
てか、わし若い頃ホットケーキの「具として」納豆入れたりしてたけど意外とうま
かったぞ。あと、納豆チャーハンとかも意外とイケる。ただし納豆は納豆でも小粒じ
ゃないとダメ。うむ。ちなみに今は納豆をストレートで食べるのはかなりしんどい。
シソ風味のヤツじゃないと食べれなかったりする。うむ。

>納豆サラミ
なんじゃそりゃ、、、。

942 :仇鱒:2007/08/22(水) 08:12:22 0
納豆サラミありますた↓
http://www.pinion-kikaku.com/jaki_01-3.html
てか、ココ↑見ると納豆サラミよりすげーもんがあるな。

943 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 09:32:29 0
終ったか?

944 :仇鱒:2007/08/22(水) 19:04:15 0
やあ、ほんとあちぃーわ。今日は最高に暑かった。この暑さマジでいつまで続く
んだろうな。で、特に書くことないが適当に書くな。えっと、実は、ちょっと前
まで組の若いもんと時制についてアレコレ議論していたのが、ほんと時制って難
しいな。とくに仮定法絡みで時制を考えるのはマジでムズーだ。あと、あれだ、
日本語の「仮定法」つーのを考えていくとドツボに嵌るよな。なんとかツボから
抜け出したわしらだが、いやはや、時制つーのはほんとムズーだ。で、時制関係
でゆうと>>943の「終わったか?」なんかもマジで考えるとほんとムズーだと思
うわ。「終わったか?」のように過去形で書かれているが、何で過去形で書かれ
ているかを考えるとこれまた深みにはまってニッチもサッチもいかなくなるしな
。あと、あれだ、自己レスすると、>>941でわしは「なんじゃそりゃ」と書いた
が、この文もシリアスに考えるといろいろと奥が深かったりするしな。基本語順
で書くと「そりゃなんじゃ」になるが、これはアウトてかマージナルだ罠。じゃ
、「なんじゃそりゃ」はどーいった構造しているか考えるとこれもまたいろいろ
ムズーだったりするわけだ。単純に「そりゃ」が外置された文とも分析できねぇ
しな。で、こーゆった風に日本語を考えていくとマジで日本語とゆうか日本語文
法つーのは奥が深いと思うわ。で、あれだ、まだ先のハナシだが、来年あたりわ
しが変質者もとい編者になって日本語文法の本が出るわ。ま、昨今のぬるいヘタ
レな日本語の本をブッタ切る本になるけどな。ま、500ページを超える分厚い
本になるわ。この1冊で日本語文法の書籍の世界に大きな風穴を開けるつもりで
いる。ま、刊行したら手にして栗。ちなみに500ページを超すが値段は200
0円ぐらいだと思う。てなことで、あともうちょっとしたらこの本の原稿が上が
ってくるのだが、今そのためにスタンバってるところだ。うむ。

945 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 19:20:04 0
とかいいながら2800円(税別)とかになるんじゃねーの?w
でもまぁ、買うかも。いつまでも三腹の統語構造じゃ食べ飽きてくるわ。

946 :仇鱒:2007/08/22(水) 19:33:37 0
>とかいいながら2800円(税別)とかになるんじゃねーの?w
いや、それはないわ。全国隅々まで売りさばくそーゆった出版社だから単価がか
なり低く抑えられるようだ。

>でもまぁ、買うかも。
いや、マジで買って損はない。てか、理論言語学のプロが日本語文法について語る
とどーなるかのいい例になると思う。これまで日本語文法の本つーと国文法プロパ
ーとか日本語教育プロパーの人が書いてきたが、しょうじきわしにゆわせたらヘタ
ってる。わしの感性を満たすにはほど遠い。ちなみにわしらの本はターゲットを一
般人にしている。そういったこともありかなり変わった本になる。ただしプロが読
んでも「ほ〜♪」とゆう本になる。うむ。で、ちょいとだけ執筆者を教えてやると
、意味論関係だと岸本西城秀樹や早セ尚子に書いてもらっている。音韻論絡みだと
本間本郷猛とかな。あと、形態論だとわしのダチの西凸國雄とかな。あと、語用論
だとわしの師匠にあたる福土也肇とかな。他にもアッと驚く執筆陣である。うむ。
もうこれ以上話さないけど。うむ。

>いつまでも三腹の統語構造じゃ食べ飽きてくるわ。
ま、三腹本はしょうじきダメだ。あんな生成プロパーを相手にしたデムパ本は相手
にしとらん。うむ。



947 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/08/22(水) 20:21:20 0
単語と 単語と の あいだを 開けて かいて ください 読みにくい から

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)