5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「言ってみれば」を「ゆってみれば」って言う人

1 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/30(金) 18:10:51 ?PLT(12222)
フジテレビの安藤優子キャスターも
「ゆってみれば」って思いっきり言ってた。

ゆう、ゆってみれば、ゆって....
「結ってみれば」に感じるから「いってみれば」って
ちゃんと言ってほしい。

2 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/30(金) 18:21:17
旧仮名の発音規則を考えると、「いふ」を「ユー」と発音するのは許せる。
活用した「いはない」「いって」を「ユワナイ」「ユッテ」と発音するのは微妙だな。(個人的には許容できる)

「ゆう」と書かない限り良いんじゃないか?

3 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/30(金) 18:39:36
全員を ぜいいん
体育を たいく

こんにちは を こんにちわってメール打つ人

って人も変です。

4 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/30(金) 19:27:27
>>1-3
個人的には書く分には許容できないが言う分には許容できる

5 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/30(金) 19:47:18
外国人の友達にはわざと「ゆった」っと言うことにしている。
それは、「いった」だと、
日本語の超基本単語「言った」「行った」「要った」さらに「居た」など
と、それだけではわかりづかく、すぐピンと来づらいからです。


6 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/30(金) 21:13:39
方言?
俺は「ゆうた」「ゆわんかった」とか結構言ってる。

7 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/30(金) 21:31:06
標準語じゃ「言った」「行った」「要った」で、アクセントも同じ(?)だけど、
大阪弁なら「ゆうた」「いた」「いった」と、全部違ってるな。
そして「居た」は「居てた」と。この点では標準語より分かりやすい。

8 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/30(金) 22:01:54
>>4に同意

>>7
大阪人だけど、「行った」は「行った」って言うよ。
他はあってるけど。

9 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/30(金) 22:53:52
「言う」の活用は「いわない」「いいます」「いう」「いうとき」「いえば」「いえ」だが、
終止形の「いう」は「ユー」というように発音が変化する。つまり「いう」ではなく「ゆう」と発音している。
こうして語幹が「い」から「ゆ」になり、他の活用形にもそれを類推で適用して
「ゆわない」「ゆいます」「ゆう」「ゆうとき」「ゆえば」「ゆえ」と活用する動詞「ゆう」が生まれつつある。
これと同じような変化を起こした語として「酔う」がある。
「酔う」は昔は「ゑふ」であり、活用は
「ゑはず」「ゑひたり」「ゑふ」「ゑふとき」「ゑへば」「ゑへ」であった。
しかし終止形の「ゑふ」は「wepu」→「wefu」→「weu」→「eu」→「jo:」と発音が変化し、
「ゑふ」と書いて「よう」と発音されるようになった。
こうして語幹が「ゑ」から「よ」となり、
「よはず」「よひたり」「よふ」「よふとき」「よへば」「よへ」
「よわない」「よいます」「よう」「ようとき」「よえば」「よえ」「よおう」
と活用する動詞「酔う」(よう)が生まれた。

10 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/30(金) 22:58:02
西日本は全般的に「ゆうた」っちゅうっちゃないと?

11 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/30(金) 23:12:54
確かに、「たいくかん」とか「ほいくえん」とか言うヤツいるよな

12 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/30(金) 23:21:03
保育園

13 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/31(土) 00:14:03
「言う」の「言」を「い」と発音している者はいない。

14 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/31(土) 01:21:55
何で関東人はiとyuの区別ができんでyみたいに言うん?

15 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/31(土) 01:34:16
アイスコーヒー

東京土俗語では「しやひこーしー」ww

16 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/31(土) 01:40:49
江戸からの伝統を受け継ぐ下町の浅草で一九九一年に、八十歳から
中学生までの生え抜きの人たち九十人を対象に「音声の調査」を行ったことがある。
その時の話で「ひでお」という名前の七十九歳の袋物職人の男性が、
小学校でローマ字を習うまでは自分の名前を「しでお」だと思いこんでいた、
ということを聞いた。
東京弁では「広い」をシロイ、「朝日」をアサシ、のように「ひ」をシと発音することが多いが、
それとは別に「潮干狩り」をヒヨシガリ、隅田川にかかる「白鬚(しらひげ)橋」を
ヒラシゲバシ、「獅子」をヒヒなどというように「し」がヒと発音されることもある。
江戸後期の戯作者式亭三馬の代表作の一つ「浮世風呂」に、
上方と江戸の女が、それぞれの言葉をめぐって言い争う場面がある。
その中で、江戸の女が「百人一首」を「ヒャクニンシ」と言ったのをとらえて
上方の女が「首(し)じゃない一首(しゅ)じゃはいな。まだまア“しゃくにんし”ト
いはいで、頼もしいナ」とやりこめる下りがある。「しゅ」をシ、
「ひ」をシと発音することが、この時代のころから江戸の言葉の特徴と目されていたことが読み取れる。
国立国語研究所が一九六〇年前後に全国の方言を調査したことがある。
それをまとめた「日本言語地図」によると「ひ」をシと発音する地域は、
関東ではほぼ東京の区部から横浜を経て三浦半島に至る一帯に限られる。
東京の市部でも二十三区に隣接する三鷹・調布あたりまでは広がっていたようで、
調布では地元のこの発音を指して「調布江戸」と言った。
江戸の街中を思わせる発音と見られていたのだろう。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/nie/20061101/ftu_____nie_____002.shtml

17 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/31(土) 03:54:12
YUUだからYUTTAじゃないの?
IUだったらITTAでしょ?

18 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/31(土) 04:10:07
>>9の指摘どおり、「酔う」の変化の後を追いかけて、
「言う」の語幹も最終的には「ゆ」になっていくだろうね。
今は過渡期なんだろうと思う。
文法は分かりやすいほうへと単純化される一貫した傾向がある。

>>1
「結う」と「言う」ではアクセントが逆だから、
「結ってみれば」と「言ってみれば」はアクセントが違うだろうに。

19 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/31(土) 04:58:10
「結うてみれば」と「言うてみれば」はアクセントが同じやろが。

「買うた」と「飼うた」はアクセントが違うやん。
「会うた」と「追うた」はアクセントが違うやん。

20 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/31(土) 06:03:55
>>19
それはそもそも、語幹が「ゆ」になるかどうか以前の問題として、
ウ音便方言地帯では必ず同音になるという問題。
いくら「言う」の語幹が「い」であることが守られていても、
ウ音便になれば「ユーテミレバ」にならざるを得ない。
>>1の問題とは異なる。


まあ、乙種(東京式)アクセントで「結う」をHLとするのは
比較的新しい変化のようだけどな。
「結う」も「言う」と同じくLHと発音するのが古形のようだ。

21 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/31(土) 06:57:55
>>19
「結う」なんて髪ぐらいにしか使わんので、大丈夫。
たいていは「結わえる」「縛る」で用事は済む
どーしても「結う」と言わにゃならんときは、アクセント変えろや。わざとでええんや

なお、「結う」と「言う」は発音もアクセントも違うので、微妙だが違いも聞き取れる。
でも、「言う」は「ちゅう」とも言い換えられる。
さらに、髪型を作るわけでもなく、そもそも使わないから何となくだが、
「結う」ってわざと活用させてないような気がする。
 「結わない」→「結うのイヤ」
 「結います」→「結う事にします」
 「結う」→「結う」
 「結えば」→「結う事にすれば」
 「結え」→「結うようにしなさい」
 「結おう」→「結う事にしよう」

つまり、問題になるのは、書き言葉だけ。
→書き言葉では漢字を使うので問題にならない。
つまり問題はない、という結論に達する。

22 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/31(土) 07:55:35
言いたいことがあんねんやったらはよゆい。

はよ髪結うたりてゆうたり。

23 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/31(土) 08:09:45
ゆうたりゆわなんだり
結うたり結わなんだり
言うたり言わなんだり

24 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/31(土) 08:57:42
一般的に
しょっちゅう使う言葉(言う)は形(かな遣い、綴り)や音が変化しやすく
めったに使わない言葉(結う)は形(かな遣い、綴り)や音が変化しにくい。

「白,帛,舶」は隋〜盛唐時代には同じ発音bakだった。
しかし中世にはpoに変化したが
「白」だけはpaiとpoのふたつの発音をもつようになった。
古典を読む場合「白」はpoと発音し、
語中、語尾では連濁してboと発音した。
しかし科挙の試験も廃止されて100年、「白po」は廃れてしまった。

25 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/03/31(土) 11:14:07
ゆった

26 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/04/01(日) 09:33:39
ゆく−ゆきて−いって−いく

いふ−いひて−いって−ゆう

27 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/04/04(水) 01:17:26
そんなことより「濃い」を「こゆい」って言うのが気にならないか?

28 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/04/04(水) 01:35:57
そうか、古代では「言う」と「結う」は同じく「ゆう」で、
どちらも縛る意味だったんだよ。

「ゆう」は、霊魂に名前を付けて、言葉で縛りつける、という意味だ。

29 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/04/04(水) 02:31:44
硫黄 いおうvsゆわう
なんてのは、どうだい。

古代には言霊信仰もあった。
不吉な言葉をゆうと、それに結わえられて
不吉なことがいこる(起こる)

「火を起こす」を「火をいこす」と広い地域でゆうている。

今でも結婚式には言葉の禁忌が残っている。

30 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/04/04(水) 21:00:04
>>27
九州では「こゆい(又はこゆか)」が普通。

31 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/04/04(水) 23:53:43
兵庫県南部では
「こく」の第一義は「屁をこく」の「こく」なので
「濃く書く」とゆいたい場合には
「濃ゆく書く」又は「濃ゆーに書く」とゆう。

32 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/04/05(木) 00:00:24
>>24
使うも使わないも関係ないよ。
日本祖語において「言う」が*ipu、「結う」が*yupuであった段階から、
いずれ同音になる道筋は使用頻度関係なく確定していたわけで。

33 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/04/05(木) 01:43:05
チューリップ「ぼくがつくった愛のうた」で、姫野達也は、

心の中でもいちどユオウ 世界でいちばん素敵だと

と、はっきり歌っている。

34 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/04/05(木) 21:49:10
>>33
そらあーた、彼は博多んもんやけん、ユオウて言うやろう。

35 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/04/06(金) 17:17:04
まあ、ゆってみれば

36 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/04/06(金) 18:06:16
ゆうっちゃたにとー?

37 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/04/06(金) 18:06:52
間違った。
ゆうっちゃないとー?

38 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/04/07(土) 21:49:36
いってみりゃって言ってる。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)