5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■■■■■■仏教美術■■■■■■■■

6 :わたしはダリ?名無しさん?:2009/12/27(日) 18:39:40
高幡不動・金剛寺の大日如来が去年修理成ったというんで、遅ま
きながら見に行ったよ。

感想としては、美術院やっちまったな、という感じ。

11世紀始めくらいのオリジナルに、15・6世紀ころの漆木糞
の盛り上げ・麻布貼り、金箔押しの改作があった(木心乾漆状態
になっていた)のをすべて取り除いて屑にしてしまったわけだが。

その乾漆部分は麻布貼りの布目を錆研ぎでつぶさずに粗いままで
金箔を押していた、という素人っぽさたっぷりの仕事で、中世の
修理の仕口をうかがう上では貴重な遺例で、是非残して欲しかった。

後補の漆部分を剥がす際に、オリジナルの表面が剥離して木糞部
分に持って行かれていたのが別に平箱に展示されていた屑からは
っきりと分かったし。表面がもっていかれた部分が白っぽくなっ
た面が痛々しかった。中世に修理される際に覆い隠されたささく
れも大量の木屑になっていたようだし。

オリジナル面を出して彫刻のオリジナルの雰囲気を取り戻す、と
いう学術的な野心は満たされたかもしれんが、大量の中世の漆屑
と、オリジナル部分の屑はどうするのかね?

是非、美術院側の弁を聞きたいですな。




18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)