5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【F.o.R】薬袋流品詞分解道場【判断枠組み】

1 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/19(土) 16:36:27
F.o.R.創始者・初代宗家・薬袋善郎師範の流儀で英文を品詞分解するスレッドです。

白帯・茶帯(F.o.R.初心者・初級者)の皆さん、いろいろな英文を薬袋流で品詞分解
してみませんか。黒帯(中級以上)を目指して一緒に頑張りましょう。

将来、薬袋宗家が降臨されるのをお待ちしております。

まずは、「新・基本英文700選」を教材として品詞分解を始めてみます。
同書の解説サイトはすでに2つありますが、ここではF.o.R.の初心者向けに、薬袋師範
の著書と同様に(冠詞と代名詞以外は)すべて品詞分解しますし、文法的解釈が異なる
部分もありますので、やってみる価値はあると思います。
もし間違いがあれば、同門の黒帯の方々に御指摘・御教伝をいただければ幸いです。
なお、「出口氏」・「入口氏・勝手口氏」のサイトももちろん参考にさせていただきました。
ここに感謝申し上げます。

※他流派の方の「道場破り」は無意味ですので御遠慮ください。


42 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:22:46
700選
□035 I am on good terms with him. He always keeps his word and is relied

upon by everybody.

I am on good terms with him. He always keeps his word and is relied

upon by everybody.

I:S
am:A
on good terms:aC
with him:ad → on good terms
He:S
always:ad → keeps
keeps:B
word:O
and:+
always keeps his word と is relied upon be everybody を接続
is relied upon:−B
rely uponを完全他動詞として用いたときの受動態
能動態は
Everybody relies upon him.
by everybody:ad → is relied upon


43 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:24:11
>>40
>>41
700選です。

44 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:24:58
700選
□036 The damage amounted to five million yen.

damage:S
amounted:@
to five million yen:ad → amounted


45 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:25:49
700選
□037 You can go on a picnic if you like, but as for me I prefer to stay at

home and read a novel.

You:S
can:aux
go:@
on a picnic:ad → go
go on 〜「〔旅行など〕に出る・に行く」
ex. go on a journey(旅行に行く)
if you like(to do):副詞節
if:前
you:S
like:B
Oは省略されたto do
but:+
as for me:ad → prefer
I:S
prefer:B
to stay:O|B
at home:ad → to stay
and:+
stay at home と read a novel を接続
read:O|B
不定詞 to readがto stayと共にpreferの目的語
a novel:O


46 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:26:37
700選
□038 I hear he is to go abroad to study as soon as he graduates from

school.

I:S
hear:B
he〜:名詞節 O
he:S
is to:aux
「予定」
go:@
abroad:ad → go
to study:ad|@ → go
as soon as:接
he:S
graduates:@
from school:ad → graduates
garaduage from 〜「〜〔学校〕を卒業する」
be graduated from〜も用いられる。


47 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:27:31
700選
□039 Many young people in the country long [yearn] for city life.

many:a → people
young:a → people
people:S
in the country:a → people
long [yearn]:@
for city life:ad → long [yearn]


48 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:28:15
700選
□040 He is slowly recovering from his illness.

He:S
is recovering:@
現在進行形
slowly:ad → is recovering
from his illness:ad → is recovering


49 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:29:03
700選
□041 Get off at the next stop and take a bus to the airport.

Get off at the next stop and take a bus to the airport.

**********
《Getを完全自動詞と考えた場合》
Get:@
off:ad → Get
《Get offを完全自動詞と考えた場合》
Get off:@
「〔バス・列車など〕から降りる」
**********
at the next stop:ad → get (off)
and:+
take:B
bus:O
to the airport:a → bus


50 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:29:49
700選
□042 A slip of the tongue often brings about unexpected results.

slip:S
of the tongue:a → slip
often:ad → bring about
brings about:B
unexpected:a → results
results:O


51 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:30:32
700選
□043 If you want to speak to me, please call [ring] me up.

If〜:副詞節
you:S
want:B
to speak:O|@
to不定詞の名詞用法
speak to〜「〜(誰々)と話す」。
to me:ad → speak
please:ad → call [ring]
call [ring]:B
call 〜(up)「電話する」
me:O
up:ad → call [ring]


52 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:31:16
700選
□044 Thomas could not carry out his task on account of an accident.

Thomas:S
could:aux
not:ad → carry out
carry out:B
「実行する」
task:O
on account:ad → carry out
on account of「〜の根拠に基づいて」
account「理由・根拠」
of an accident:a → account


53 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:32:01
700選
□045 It is hard to find a place to eat where you can keep your overcoat on.

It:仮S
is:A
hard:aC
to find:真S|B
to不定詞の名詞用法
place:findのO
to eat:a|@ → place
to不定詞の形容詞用法
where〜:形容詞節 → place
where:ad → keep
関係副詞
you:S
can:aux
keep:B
overcoat:O
on:ad → keep


54 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:32:52
700選
□046 Frankly speaking, it was difficult for me to make out what he was

saying.

Frankly speaking:独立分詞構文
「率直に言って」
普通の分詞構文なら分詞の主語は主節の主語と同じになるが、これは熟語なので規則の適用外であり、itとは関係ない。
Frankly:ad → speaking
speaking:ad│@
現在分詞
it:仮S
was:A
difficult:aC
for me:ad → difficult
to make outの意味上の主語
to make out:真S|B
to不定詞の名詞用法
what〜:名詞節 to make outのO
what:was sayingのO
関係代名詞
he:S
was saying:B →what


55 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:34:30
700選
□047 Please put out your cigarette.

Please:ad
間投詞
put out:B
「明かりを消す、火を消す」
cigarette :O


56 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:35:14
700選
□048 She came very near to being run over by a car.

She:S
came near to:B
「〜に近づく、〜に匹敵する」
come to「〜に至る」
come near (to) doing「危うく〜するところだ」
nearのあとのtoは無くても良い。その場合、nearは前置詞となる。
very:ad → near
being run over:O|−B
動名詞
run(p.p.)over(O│−B)でもよい。
run over「車で轢く」
by a car:ad → being run over


57 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:35:59
700選
□049 Japan has caught up with Europe and America in medicine.

Japan:S
has:aux
caught up with:B
Europe and America:O
in medicine:ad → caught up with


58 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:36:44
700選
□050 The government should do away with these regulations.

government:S
should:aux
do away with:B
「〜を取り除く、〜を廃止する」
regulations:O


59 :白帯A:2009/12/19(土) 17:51:46
私には「新・基本英文700選」は難しすぎます。
だれか
「入試英語最重要構文540」(吉ゆうそう 著)
の品詞分解をやってください。

60 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/19(土) 20:05:43
700選
□051 She looked down on the secretaries she had worked with.

She:S
looked down on:B
「見下す」(despise)
secretaries:O
she had worked with:形容詞節 → secretaries
sheの前の関係代名詞が省略されている。
sheの前に省略されている関係代名詞that(who[m])がwithの目的語である。
she:S
had:aux
worked:@
with―:ad
withは前置詞。省略されている目的語と合わせて副詞句。
withの目的語はsheの前に省略されている関係代名詞that(who[m])である。


61 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:06:55
700選
□052 I was looking forward to the day when Icould see him for the first

time in five years.

I:S
was looking forward to:B
look forward to 〜「〜を期待する・待ち焦がれる」
このtoは何らかの事象に向き合う意味合いで使われるtoなので一般的には動名詞が続く。
day:O
when〜:形容詞節 →day
when:ad  → see
関係副詞
to the day I でも to when I でもよい。
I:S
could:aux
see:B
him:O
for the first time:ad → see
in five years:ad → for the first time
for the first time in five years「5年の間で初めて」→「5年ぶり」


62 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:08:15
700選
□053 I will make up for the lost time by working as hard as I can.

z:S
will:aux
make up for:B
make up for 〈マイナスな事柄〉「〜の埋め合わせをする、〜を補う」
make up to 人 for〈マイナスな事柄〉「誰かに対して埋め合わせをする/弁償をする」
lost:a → time
time:O
by working:ad|@ → make up for
workingは動名詞
as:ad → hard
hard:ad →working
as I can:副詞節 → as
as:接
I:S
can:aux


63 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:08:57
700選
□054 From a strictly scientific point of view, history cannot be called a

science.

From a strictly scientific point of view:ad → be called
from:前
fromの目的語のところは、〈{((strictly→)) scientific→} 〈point {←of view}〉 〉
strictly:ad →scientific
scientific:a →point of view
point of view:n
point:fromのO
of view:a → point
history:S
cannot:aux
be called:−D
能動態は
They cannot call history a science. 《SVOC》
S V O C の受動態の場合、C(もともとは目的格補語)がそのまま残るので、
「主語+be動詞+過去分詞+補語」という形になる(青ロイヤル p.572)。
science:nC


64 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:09:54
700選
□055 It is generally believed that a trip to Mars wil be made possible during

the next few decasdes.

It:仮S
is believed:−B
能動態は
They believe that s v x. 《SVO》
generally:ad → believed
that〜:名詞節 真S
that:接
trip:S
to Mars:a → trip
will:aux
be made:−D
能動態は
They will make a trip to Mars possible. 《SVOC》
possible:aC
during the next few decades:ad → be made
during:前
next:a → decades
few:a → decades
「数十年もの長い期間」ではなく、「数十年という短い期間」という意味を含んでいる。
decades:duringのO


65 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:10:37
700選
□056 The child must be taught to respect the truth and to tell the truth.

child:S
must:aux
be taught:−C
能動態は
They must teach the child to v x. 《SVOO》
S V O to do の受動態の場合、to不定詞がそのまま残るので、「主語+be動詞+過去分詞+to不定詞」という形になる(青ロイヤル p.573)。
to respect:O|B
to不定詞の名詞用法
truth:O
and:+
to respect the truth と to tell the truthを接続
to tell:O|B
to不定詞の名詞用法
truth:O


66 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:11:20
700選
□057 She is said to have been an actress about twenty years ago.

She:S
is said:−D
be said to do は、「be+過去分詞+to do」という構造であるが、"They say her to have been an actress."という能動態が現代英語にはないので、この述語動詞を「−D」とするかどうかは異論がある。
to have been:aC│A
完了不定詞は、主文の時制より前の出来事だったことを表しているだけで、完了や継続などの意味はない(青ロイヤル p.468, p.501)。
actress:nC
about:ad → twenty years
twenty years:副詞的目的格 → ago
ago:ad →to have been


67 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:12:06
700選
□058 The new school buildings are expected to be completed by spring

next year.

new:a
school buildings:S
are expected:−D
能動態は
They expect the new school buildings to be completed by spring. 《SVOC》
to be completed:C│−B
by spring:ad → to be completed
next year:副詞的目的格 → spring


68 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:12:48
700選
□059 Punctuality is thought to be a matter of course in Europe and

America.

Punctuality:S
is thought:−D
能動態は
They think punctuality (to be) a matter of course. 《SVOC》
to be:aC|A
a matter of course:nC
in Europe and America:ad → thought


69 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:13:39
700選
□060 She was seen to run up the stairs with tears in her eyes.

She:S
was seen:−D
能動態は
I saw her run up the stairs with tears in her eyes. 《SVOC》
能動態ではseeは知覚動詞なのでCに原形不定詞を使うが、受動態にするとto不定詞になる(青ロイヤル p.503-504)。
**********
《runを完全自動詞と考えた場合》
to run:aC│@
up the stairs:ad → to run
up:前
《run upを完全他動詞と考えた場合》
to run up:C|B
「〜を駆け上がる」
stairs:O
**********
with tears:ad → run
in her eyes:a → tears


70 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:20:56
700選
□061 Last year I returned home and was surprised to find both the village

and the people completely changed.

Last year:副詞的目的格
I:S
returned:@
home:ad →returned
and:+
returned home と was surprised〜 を接続
was surprised:−B
to find:ad|D → was surprised
to不定詞の副詞用法
「感情の原因・理由」を表す。

〈続く〉

71 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:21:48
700選
□061〈続き〉
**********
《changedを完全自動詞の完了形と考えた場合》
both the village and the people completely changed:名詞節 O
both:ad → changed
(1)形容詞なら「両方の〜」。所有格などがあるときはその前に置くこと。
(2)代名詞なら「両方とも」
(3)副詞で「both A and B」「AもBも両方とも」
the village and the people:S
and:+
completely:ad → changed
changed:@
《changedを完全他動詞の受身形と考えた場合》
the village and the people:O
and:+
completely:ad → changed
changed:a│−B → the village and the people
**********


72 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:22:32
700選
□062 We were greatly relieved to find that the worst dangers were over.

We:S
were relieved:−B
greatly:ad → relieved
to find:ad|B → were relieved
to不定詞の副詞用法
「感情の原因・理由」を表す。
that〜:名詞節 O
worst:a → dangers
dangers:S
were:@
over:ad


73 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/19(土) 20:23:20
てか英語がある程度できて品詞分解っていみある?
昔の京大の一部の問題には意外な品詞があるが。


74 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:23:29
700選
□063 She was kept standing in a cold room while being interrogated about

her activities.

She:S
was kept:−D
能動態は
They kept her standing. 《SVOC》
SVOC[=分詞] の受動態の場合、分詞がそのまま残るので、
「主語+be動詞+過去分詞+分詞」という形になる。
standing:aC|@ 《(S)V》
現在分詞
in a cold room:ad → was kept
while〜:副詞節
while:接
being interrogated:ad|−B
while she was being interrogated のshe wasが省略された形である。
beingを分詞構文として、意味を明確にするためにwhileをつけたという解釈もある。
about her activities:ad → being interrogated


75 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:24:14
700選
□064 His death was made known to the public.

death:S
was made:−D
能動態は
They made his death known to the public. 《SVOC》
They made known his death to the public. という語順になることもある。
known:aC|−B
過去分詞形容詞用法
to the public:ad → known


76 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:25:09
700選
□065 Mountaineering is attractive especially to young people because it is

accompanied with hardships and adventures.

Mountaineering:S
is:A
attractive:aC
especially:ad → to young people
to young people:ad → attractive
because〜:副詞節
because:接
it:S
is accompanied:−B
with hardships and adventures:ad → is accompanied
and:+


77 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:25:58
700選
□066 The committee is composed [is made up] of five students.

committee:S
is composed [is made up]:−B
be composed of〜 / be made up of〜「〜で構成されている」
of five students:ad → is composed [is made up]


78 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:26:47
700選
□067 I was engaged in this work for three years, that is, till I was thirty

years old.

I:S
**********
《was engagedを受動態と考えた場合》
was engaged:−B
be engaged in〜「〜に従事している、〜に没頭している」
in this work:ad → was engaged
for three years:ad → was engaged
《engagedを形容詞と考えた場合》
was:A
engaged:aC
in this work:ad → engaged
for three years:ad → engaged
**********
that is:
同格語句を導く語句(青ロイヤル p.131)。
「that is (to say)」は言い換え(同格)を示す定型表現である。
till I was thirty years old:副詞節
till:接
I:S
was:A
thirty years:副詞的目的格 → old
old:aC


79 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:27:36
700選
□068 He is very much interested in Japanese history. We are surprised at

his vast knowledge of this subject.

He:S
is interested:−B
very:ad → much
much:ad → interested
in Japanese history:ad → is interested
We:S
are surprised:−B
at his vast knowledge:ad → are surprised
at:前
vast:a → knowledge
knowledge:atのO
of this subject:a → knowledge


80 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:28:29
700選
□069 The bill was passed by a majority, though the Democratic Party were

strongly opposed to it.

bill:S
was passed:−B
by a majority:ad → was passed
though〜:副詞節
Democratic Party:S
were:A
strongly:ad → opposed
opposed:aC
be opposed to〜「〜に反対である/〜に反対している」
to it:ad → opposed


81 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:29:11
700選
□070 The secretary was robbed of an envelope containing 100,000 yen on

her way back from the bank.

secretary:S
was robbed:−B
能動態は
Someone robbed the secretary of an envelope. 《SVOA》
of an envelope:ad
containing:a│B → an envelope
現在分詞
100,000 yen:O
on her way:ad → was robbed
on the [one's] way back from〜「〜から帰る途中」
back:ad → on her way
from the bank:ad → back


82 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:30:31
700選
□071 I am tired of hearing the same thing so often.

I:S
am tired:−B
be tired of〜「〜にうんざりしている」
of hearing:ad│B
hearingは動名詞
same:a
thing:O
so:ad → often
often:ad → hearing


83 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:31:19
700選
□072 He soon got accustomed [used] to dormitory life and made two or

three friends.

He:S
soon:ad → got accustomed [used]
got accustomed [used]:−B
「get+過去分詞」は「動作」の受動態を表す(getでも受動態を作れるが、動作を表す場合に限る)。ただし、形容詞化していない過去分詞の場合には制限がある(江川 p.283、安藤 p.351)。
be accustomed to〜「〜に慣れている(状態)」
get accustomed to〜「〜に慣れる/慣れてくる(動作)」
「be+過去分詞」でも、非状態動詞の場合は副詞要素や文脈によっては動作を表すこともある。
be accustomed to〜 / be used to〜 のtoは前置詞なので、後ろには名詞/動名詞が来る。
to dormitory life:ad → got accustomed [used]
and:+
made:B
two or three:a → friends
friends:O


84 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:32:01
700選
□073 He was very kind to invite me to his birthday party.

He:S
was:A
very:ad → kind
kind:aC
to invite:ad│B → kind
不定詞の副詞用法
「判断の根拠」を表す。
このタイプの「be+形容詞+to do」は、「It is 形 of 人 to do」としても、ほぼ同じ内容を伝えることができる。
It was kind of him to invite me to the party.
me:O
to his birthday party:ad → to invite


85 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:32:43
700選
□074 Everybody was anxious [eager] to know what had happened.

Everybody:S
was:A
anxious [eager]:aC
to know:ad│B → anxious [eager]
what had happened:名詞節 to knowのO
what:S
関係代名詞と考えても疑問代名詞と考えてもよい。
関係代名詞「起こったこと」
疑問代名詞「何が起こったか」
本書では疑問代名詞として訳されている。
had:aux
happened:@


86 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:33:35
700選
□075 Those who are in delicate health are apt [liable] to catch cold when

the cold season sets in.

Those:S
who are in delicate health:形容詞節 → those
those who〜「〜する人達」
who:関係代名詞 S
are:A
in delicate health:aC
are:A
apt [liable]:aC
to catch:ad|B
cold:O
when:接
cold:a → season
season:S
sets:@
in:ad → sets


87 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:34:37
700選
□076 I am ready to do anything that I can for you, because I owe you a

great deal.

I:S
am:A
ready:aC
to do:ad│B
anything:O
that I can for you:形容詞節 → anything
canとforの間にdoの省略があり、thatをOに取る。
that:関係代名詞
I:S
can:aux
for you:ad → 省略されたdo
because〜:副詞節
because:接
I:S
owe:C
owe A B「BをAに対して負っている」
you:O1
great:a → deal
deal:O2


88 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:35:24
700選
□077 I am sorry to hear you called at my home yesterday while I was out.

I:S
am:A
sorry:aC
to hear:ad |B → sorry
不定詞の副詞用法
「感情の原因・理由」
このタイプは「人」が主語になる点に注意。
you〜:名詞節 O
you:S
called:@
at my home:ad → called
yesterday:ad → called
while〜:副詞節
while:接
I:S
was:A
out:ad → was


89 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:36:12
700選
□078 One who is not willing to learn is not worth teaching.

One:S
who is not willing to learn:形容詞節 → One
one who〜「〜する人」
who:S
関係代名詞
is:A
not:ad → willing
willing:aC
be willing to do「〜することに反対しない/断らない」
to learn:ad|@
is:A
not:ad → worth
worth:aC
後ろに名詞を伴って「worth+O(Oの価値がある)」という形で使う特別な形容詞(前置詞的な形容詞)である。このO(名詞)は「worthの目的語」と呼ばれる。
teaching:worthのO│B
動名詞
worth+-ing「〜する価値がある」
主文の主語(この文の場合One)が動名詞の意味上の目的語になる。


90 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:37:04
700選
□079 Today's weather forecast says that it is likely to be fine tomorrow.

Today's:a
weather forecast:S
says:B
that〜:名詞節 O
that:接
it:S
非人称のit。天候を漠然と表す。
is:A
likely:aC
be likely to do / be certain to do / be sure to do などは、
話し手の判断/確信度を表す(主語の判断ではない)。
It is likely that he will succeed.
 ↓主語の繰り上げ
He is likely to succeed.
(× It is likely for him to succeed.)
to be:ad│A → likely
fine:aC
tomorrow:ad → fine


91 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:38:36
700選
□080 Be sure to get this finished by the time I come back.

Be:A
sure:aC
Be sure to do「確実に〜しなさい」
to get:ad│D → sure
不定詞の副詞用法
this:O
finished:aC|−B
by the time:ad
I come back:形容詞節 → time
I:S
come:@
時・条件を表す副詞節内では未来の内容を現在形で表す。
back:ad


92 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:39:20
700選
□081 It is often said that Japanese universities are difficult to enter, but

easy to graduate from.

It:仮S
is said:−B
often:ad → said
that〜:真S
Japanese:a
universities:S
are:A
difficult:aC
to enter:ad|B → difficult
不定詞の副詞用法
難易を表す補語にかかる副詞用法のto不定詞の意味上の目的語はその文の主語になる。
but:+
difficult to enter と easy to graduate from を接続
easy:aC
to graduate:ad│@ → easy
from─:ad → to graduate
from:前
前置詞の目的語はuniversities


93 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:40:14
700選
□ 082 He is busy preparing for the entrance examination.

He:S
is:A
busy:aC
preparing:ad│@ → busy
現在分詞の副詞用法
be busy doing「〜するのに忙しい/忙しく〜している」
busy in preparingだとpreparingは動名詞と解釈されるのが一般的。
「in の省略/脱落」と説明されるが、現在では in のない方が普通である。
for the entrance examination:ad → preparing


94 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:41:21
700選
□083 Mother is more anxious about the result of the examination that I am.

Mother:S
is:A
more:ad → anxious
anxious:aC
about the result:ad → anxious
of the examination:a → result
than〜:副詞節 → more
than:接
I:S
am:A
Mother is anxious about the result of the examination.  と
I am anxious about the result of the examination.  の比較。

95 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:42:07
700選
□084 We should always be careful of what we do.

We:S
should:aux
always:ad → be
be:A
careful:aC
of what we do:ad → careful
what we do:名詞節
what:doのO
関係代名詞
we:S
do:B


96 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:43:35
700選
□085 In the country the color of the sky is entirely different from that seen

in the city.

In the country:ad
color:S
of the sky:a
is:A
entirely:ad → different
different:aC
from that:ad → different
from:前
that:fromのO
代名詞
=the color of the sky
seen:a|−B → that
They see the color of the sky in the city. 《SVO》
The color of the sky is seen in the city. 《SVOの受動態》
in the city:ad → seen


97 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:44:29
700選
□086 The accident was due to the drunken driving of a certain film star.

accident:S
was:A
due:aC
due to Oは「理由」を表す表現で、補語(叙述用法の形容詞句)としても副詞句としても使うことができる。
to the drunken driving:ad
drunken:a → dirving
drunken は、drink の古い過去分詞に由来し、特定の表現で限定用法の形容詞として使う。
of a certain film star:a → driving
certain:a → film star


98 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/19(土) 22:14:33
おいおい著作権は大丈夫か??
それにこんな簡単な文でやってもしょうがないだろ?
英文解釈教室とかでやりなよ

99 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/19(土) 22:37:45
「出口氏」のサイトはちゃんと出版社のオーケーもらってるぞ。

100 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/20(日) 00:14:26
今後、例文を省略すれば良いさ。
そもそも著作権って実質長十の訳文だけじゃね。

101 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/20(日) 00:27:08
例文あったほうが見やすい

102 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/20(日) 00:37:11
見やすさなんてどうでも良い。
本持ってる人だけわかれば良いんだよ。

103 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/20(日) 01:03:47
例文あったほうが見やすい

104 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/20(日) 02:02:33
昔700選本体ででこのような解説があればもっと使いやすかったのだろうが、
ALL IN ONEが出た今となってはな〜

上にもあるように英文解釈教室でやれば今でも多くの人に、求めれれる
物が出来ると思う。

105 :万年茶帯:2009/12/20(日) 08:40:18
いろいろなご意見ありがとうございました。
著作権に関しては100さんが書かれていたように、和訳文だけだと思っていたのですが
(700「選」とあるように英文は他から集めたものなので)、著作権が絡むと面倒なので、
今後は例文は省略して掲載し、区切りのいいところ(例文129)までやったら、やめます。
次はまた別のものにチャレンジします。

106 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/21(月) 01:58:34
リー教って比較とか否定とか抜けてるとこあるよね。
構文エッセンスに代わるような参考書を探してるんだけど、
何かオススメある?

107 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/21(月) 12:01:52
代わりになるようなのは思いあたらない。
けどエッセンスのも〜タイプ〜タイプと細かく分類しすぎて逆にとまどう。
そんなにわかりやすいとは思わなかった。特にステージ3の比較。


108 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 14:54:42
700選だってどこかからパクッてきた英文だろwその英文は多分著作権切れてるだろうし、
第一 スレ主を訴える事など考えられない。その前に本人や警察から苦情や警告があるだろうし
それからでも遅くない。てかもう一度言うが700選の英文は殆どが何処かからの引用だし
あの本の作成者に文句を言う権利は無い。それに元の英文の権利者からも一文を
引用したくらいで訴えても意味はないし、訴えるわけが無い、てか著作権すら切れてるだろw

だから例文を書く事は法律的に問題になる可能性は少ない。それでこのスレが見やすくなるならば
例文を載せるべき。権利関係云々が心配で例文を載せないのは余りに過剰な心配であり、交通事故になる
可能性があるからと車を持っているのに運転しない、事や電車が脱線するかもしれないから電車に乗らない
と言うようなもんだ。 訴えられる事も無いだろうし、警告や権利関係者から苦情すら来ないだろう。てか苦情を言えるわけが無い。
なんなら時間があればおれが例文載せてもいいし。
追伸
例文を載せた人以外は余計な揚げ足取りはしないように。

109 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 15:24:34
教室や700選は研究社の本から例文取ってるだろ。
改訂版ではどこかから持ってきてるだろうがそれそれが単文だ。
まとまったもの、書物の何分の一以上を無断で使用した場合に違反になるんだよ。
だから例文は載せない方が良いよ。

110 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 16:19:04
あのさー 常識の範囲だし、気がつかずに良くないこと薦めてるよ。

例えば、うちを学生に貸せば税金どうのとか

111 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 16:20:42
>>109
つっこむなって言ったでしょ?時間があれば俺が例文を載せてもいい。
警告が来なければアンタの間違いだ。勝つ自信は100パー近くある。
言っておくが逮捕されるなんて万一にもありえない。逮捕までは物凄い道のりだぞ?

まず著作権者?や利害関係者(権利があればw)から中止を求めたり、警告がある。
それで警察に言うかもしれない。しかし警察が動くか?動いたとしていきなり逮捕すると思うか?
それまで何回か警告や動きがあるはずだ。

しかも上はあくまでも著者が自ら小説なり論文なり、エッセーなりみずから文を創作した場合だ。
ましてやどこかから引っ張ってきた文など。。

それに700選の英文自体著作権者に許可は取っていない。大学入試問題からも取っている
と思うがその大学にも許可を取ったのかといえば取ってないし、権利を主張する権利すらないと思う。
今までどれ程無断引用してきたのか、そしてそれが黙認されてきたのか、営業目的ですらそうなのに、
学術目的の非営利な場所で問題になる可能性は少ないし、無駄引用を常習してきた彼らにその権利すらない。

万年茶帯さんいまさら中止してもしょうがない。

しょうも無い無粋なアンタとは話したくも無い。俺にレスする事は許しません。構わずするーしてねw

112 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 17:14:17
他板「伊藤和夫の本などとっとと捨てろ」よりコピペ
561 名前:名無しさん@1周年 :02/05/07 20:14
>554

『この「700選」には種本が存在します。
出版社はわかりませんが、「The New Art of English Composition」
という名前の3分冊の参考書です。「700選」は非常に多くの部分が、
この「The New ・・・」からのそっくりそのままの引用です。
この「The New ・・・」は、「〜でしょう」を「〜でせう」のように
明治(大正?)の版下をそのまま使っている本で、
ある高校ではこれを昭和40年代に使っていたそうです。
いつの時代かに日本人が書いた英語が現在の受験英語の中に
そのまま生き残っているということでしょう。』

『私の知人の奥さんが昭和40年代に高校生のとき、学校で使わされていたのが
The New Art of English Compositionです。彼女はその本を今でも所有して
おり、それを700選と読み比べた知人(英語塾の指導者)の言は・・・

「『700選』の改訂前の版を読んだことがありますが、
剽窃ならともかく、The New Art of English Compositionの
恥も外聞もないまったくの引き写しでした」』

分かった?
伊藤は勝手に人の著作から引用して(しかも間違いの)、
クレジットもいれなかったんだよ?
これを詐欺と言わずしてなんと言う。

113 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 17:24:02
それこそその日暮らしみたいで
レスに10ドル入れるためにスレたてちゃうわけでしょ?

114 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 18:21:41
>>111
お前に命令される筋合いはないのだが。
それと109で言ったことが理解できてないよお前は。

115 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 18:28:03
>>114
おれはアンタって言ってるのにお前呼ばわりか?

お前こそ理解できてないよ。スルーできないのか馬鹿
まあいい消えろ、おばかさんw

116 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 19:04:38
>>115
お前さ、絶対、なんて言ってるが万が一何かあったらお前が責任取れるのか?
責任を持てるかどうか、それを決めるのは万年茶帯自身以外の誰でもない。
いや、お前は責任なんて事をまるで考えていないから「絶対」なんて安易に言うんだよ。
俺には言えないね。

俺はお前みたいに命令した覚えはない。「例文は抜きの方が良いよ」と言っている。
それで捕まる捕まらないなんて話はしてないんだよ。わかるか?お前がズレてるんだよ。

700文、すべてを書き写して、文法的にも解説してあったら、
それで十分な人には本なんて要らないわけ。
文が無かったら、買うしかないだろw
簡単な話だ、CD付きで1000円で出している良心的な出版社の利益を損なうようなことは
するべきじゃない、と言ってるんだよ。

わかったらギャーギャー騒がないで黙ってろ。

117 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 21:42:39
>>116

荒らすなよw何ネットで本気になってんのw 責任取る?そんな事態にはならない。
なったら俺は自宅から書き込んでるから責任を取らざるえんnだろうが、そうはならない。
なぜ文字通り万一の事まで考えて行動しなきゃならんのだ?そんな事ではタクシー
にも乗れんし、電車にも乗れん、それどころか外出も出来んだろw外で通り魔に
指されるかもしれないしなw お前が言ってるのは確率的にそんなレベルw

お前から見てズレテようがこんなとこで「正論」をだしてしらけるような事を言うな。
こんなとこでスレで例文を書こうが攻めて”権利関係者”の苦情があってからで
遅くないだろ? そんな物はこないしね。

それに700選も英文解釈教室も彼ら自身が作成した英文ではない。例文を何処かから無断で借用してきた
だけだ。それをここで乗せたからって問題ではない。しかも営利ではないし、
あいつらこそ「教育」の名の下に金儲けでどれだけ無断で他人の文章を引用と言うレベル
でなく無断でゴッソリ持て来て商業利用してきたか? 
大学の入試問題の話や出題された文の話はさっきした。彼らに文句を言う資格は無い。
てか700選自体が種本を丸写しした一品なのに。


万年茶帯氏もここで辞めたら中途半端だし何も心配する事はない。何よりもここでやってる事は営利ではないし
営利目的で著作権者に無断で模試や参考書、過去問などで暴利を貪って来た彼らにズベコベ
言われる筋合いはないのだ。 何なら俺も押入れの置くから同書を探して例文を載せるのは吝かではない。

とにかくお前こそギャーギャー騒ぐな。後付で屁理屈こねやがって。何が出版社の利益だ。
そんな事本当はどうでもいいくせにw

追伸 疑問文を多用したけどお前に回答を求めてないてか要らんから黙ってろよw

118 :もう一人のF.o.R.:2009/12/22(火) 22:02:22
荒れないで下さい。荒れてるの悲しいので、以下、ご容赦頂けませんでしょうか。茶帯さん。

87
Kyoto S
is A
internationally ad
famous aC
for its scenic beauty adでfamousにかかる。

adはaCにかかってるのかな。

著作権のことはよく分かりませんが、このスレ出典を明記して論文を書いたことはよくあります。

該当する情報の一次資料(外交文書)があったとしても、二次資料(例えば○○新聞)から引用なら問題無かったです。
茶帯さんは、これで商売してる訳でもないですし。

間違ってたら、すみません。

少なくとも、このスレが荒れると寂しいです。

119 :もう一人のF.o.R.:2009/12/22(火) 22:04:59
※すみません。脱字まくってたので、もう一回。

荒れないで下さい。荒れてるの悲しいので、以下、ご容赦頂けませんでしょうか。茶帯さん。

87
Kyoto S
is A
internationally ad
famous aC
for its scenic beauty adでfamousにかかる。

adはaCにかかってるのかな。

著作権のことはよく分かりませんが、出典を明記して論文を書いたことはよくあります。

該当する情報の一次資料(外交文書)があったとしても、二次資料(例えば○○新聞)から引用ならその旨明記すれば問題無かったです。
茶帯さんは、これで商売してる訳でもないですし。

間違ってたら、すみません。

少なくとも、このスレが荒れると寂しいです。

120 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 23:22:24
>>112
なるほどね。この文章は僕も読んだことがあるとおもう
>>119
そのままだね。例文そのままでてる。
in the worldが抜けているだけか。>>112の引用からすると、S40年代にも京都は国際的な
観光地だったんだね。たしか桂離宮も外国人が文章に書いて日本人に見直されたらしい。

>>万年青さん
700選を久しぶりにみて懐かしかったし、あなたの解説を見ながら、そうだったのかと
思わされるところもあった。A is five minutes walk from the stationはAが駅から5分なんだと
思っていたが、本当は駅はあるんだね、駅から歩いて5分のところに。



121 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/23(水) 00:52:14
「著作権」、「引用」などのキーワードでねっ検索して
見たんだけど、出典などを明記すれば等々で引用OKにも
読めるんだけど、どなたに確認すると明確なんだろう。

どうせなら、すっきりしたいね。

122 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/23(水) 01:02:12
>>121
700選自体が引用だからいいんでないの?
あの本にも出典書いてないしw

123 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:39:27
>>119
同門の方が参加してくれてうれしいです。

>internationally ad
>famous aC
>for its scenic beauty adでfamousにかかる。

>adはaCにかかってるのかな。

御指摘の通り、internationallyもfor scenic beautyも
adでfamousにかかっていると思います。
失礼ながら、書式統一のため再掲させていただきます。
例文を掲載すると荒れるので、今後は省略します。

124 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:42:35
700選
□087

Kyoto:S
is:A
internationally:ad → famous
famous:aC
for its scenic beauty:ad  → famous
《参考》
for:前
its:a → beauty
代名詞の所有格形
scenic:a → beauty
beauty:forのO

125 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:44:11
700選
□088

This:a
butter:S
is:A
domestic:aC
domesticは限定用法で使うのが普通であるが、対照的に使う場合は叙述用法で使うこともあるようである。
but:+
it:S
=this butter
is:A
in no way:ad → inferior
inferior:aC
to imported butter:ad → inferior
to:前
inferiorやsuperiorなどラテン語由来の比較級の場合、toで呼応する。
imported:a|−B → butter
butter:toのO


126 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:45:59
700選
□089

Some:a
are:A
proud:aC
be proud of〜
of being:ad|A → proud
beingは動名詞
ignorant:aC
be igorant of〜「〜を知らない」
of such an important matter:ad → ignorant
such:a → matter
important:a → matter


127 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:47:46
700選
□090

You:S
must:aux
**********
《putを完全自動詞と考えた場合》
put:@
up:ad → put
with your new post:ad → put
your:a → post
new:a → post
post:n
《put up withを完全他動詞と考えた場合》
put up with:B
put up with〜「〜を我慢する」
your:a → post
new:a → post
post:O
**********
for the present:ad
「さしあたって、今は」
I'll:S aux
find:C
find A B は、第4文型で「AにBを見つけてあげる」
you:O1
better:a → place
place:O2
one of these days:副詞的目的格
「近いうちに」

128 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:49:14
700選
□091

translation:S
of the French novel:a → translation
of:前
French:a → novel
novel:ofのO
took:C
him:O1
more:O2
than three months:a → more
than:前
three months:thanのO


129 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:50:00
700選
□092

I:S
cannot:aux
afford:B
to leave:O│D
you:O
idle:aC
You:S
must:aux
take up:B
regular:a → occupation
occupation:O


130 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:51:03
700選
□093

No:a → one
one:S
in the neighborhood:a → one
believed:D
him:O
to be:aC│A
genius:aC
even after:接
he:S
had:aux
achieved:B
worldwide:a → fame
fame:O


131 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:51:54
700選
□094

spread:S
of personal computers:a → spread
enables:D
us:O
to enjoy:aC|B
global:a → communication
communication:O


132 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:53:30
700選
□095

I:S
could:aux
not:ad
get:D
S + get + ( O + to do 〜)「O が〜するという状態をgetする」
「誰かが私と一緒に行くという状態を手に入れられなかった」
anybody:O
to go:aC|@
with me:ad → to go
and so:
「そして、それで」→「だから」
and:+
so:ad
接続副詞。接続詞の働きを補うために接続詞とともに用いられる(青ロイヤル p.600)。
I:S
went:@
by myself:ad → went
「ひとりで」


133 :道場主:2009/12/25(金) 19:00:48
薬袋流品詞分解英文読解術
【伝授巻】

切紙:「英語ベーシック教本」
初伝:「英語リーディング教本」または「英語リーディングの秘密」または
   「英語構文のエッセンス Stage-1」
中伝:「英語構文のエッセンス Stage-2」
奥伝:「英語構文のエッセンス Stage-3」
皆伝:その他の薬袋宗師の著書すべて


134 :道場主:2009/12/25(金) 19:02:51
薬袋流品詞分解英文読解術
【修得段階】

白帯 : 初心者
     「英語リーディング教本」を読み始めたが、まだ読み終えていない段階
茶帯 : 初級者
     「英語リーディング教本」を最低1回は読んだが、まだマスターできていない段階
黒帯 : 中級者以上の総称

初伝黒帯 : 中級者
     「英語リーディング教本」を何度も読んで、ほぼマスターした段階以上
      初級者を指導できるレベル
助教(中伝黒帯): 準上級者
     「英語構文のエッセンス Stage-2」までをほぼマスターした段階
      中級者を指導できるレベル
師範代(奥伝黒帯): 上級者
     「英語構文のエッセンス Stage-3」までをほぼマスターした段階
      準上級者を指導できるレベル
師範(免許皆伝者): 名人・達人
      薬袋宗師の著書すべてをほぼマスターした段階
      上級者を指導できるレベル


135 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/25(金) 22:37:08
最近、通読したので茶帯ですね。

セクション40でいきなり4行に及ぶ長文がでてきてビックリした。
このあたりからよくわからなくなる。

136 :もう一人のF.o.R.:2009/12/25(金) 22:59:17
万年茶帯さん
数日間、記述無しだったので、周りの意見でやる気削がれたのかと心配してました。

がんばって下さい。応援してます。でしゃばって87は失礼しました。荒れてるの嫌だったので、流を戻したくて、やってしまいました。

ちなみに私も茶帯です。但し、教材は生講義。比較倒置の講義もあったけど、貴重な思い出に留まってます(笑)

ではまた茶々入れさせて頂きますm(_ _)m

137 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/25(金) 23:22:19
ファイナル30分どうぞ!!!

138 :万年茶帯:2009/12/26(土) 13:16:50
>>136
 もう一人のF.o.R.さん
応援ありがとうございます。

>数日間、記述無しだったので、周りの意見でやる気削がれたのかと心配してました。
 御心配おかけしました。道場開きの初日に大量に書き込んだら、4〜5日間アクセス制
限を食らってしまいました。昨日は10回書き込んだだけでアクセス制限を食らいました。
2度目からは厳しくなる見たいですね。今回はすぐに解除されましたが。というわけで、
御心配なく。今後は5つぐらいずつ書き込みます。

>でしゃばって87は失礼しました。
 いえいえ全然。どんどん書き込んでください。
 品詞分解については、疑問点は文法書等で確認はしていますが、間違いも多々あるかと
思います。もし、間違いに気づかれましたら、御教示お願いいたします。

>教材は生講義。比較倒置の講義もあったけど、貴重な思い出に留まってます(笑)
 と言うことは宗師直門(元・本部道場生)の方ですね。私は「英語リーディングの秘密」
と「リー教」を読んだだけですので、支部道場生か通教生ってところでしょうか(笑)。

>ではまた茶々入れさせて頂きますm(_ _)m
よろしくお願いいたしますm(_ _)m。


139 :万年茶帯:2009/12/26(土) 13:23:20
>>59
白帯Aさん

 遅レスですみません。
 「名詞の記述的目的格」というものを知らなかったので、初っ端の例文1で躓いてしま
いました。

 700選の品詞分解で、これまで「副詞的目的格」として解釈したものの中に、本当
は「記述的目的格」であるものがあるかも知れませんので、これまでの品詞分解した例文
すべてを見直してみます。

 700選で手一杯なので、残念ながら私には「最重要構文540」(吉ゆうそう著)の品詞分
解をやる余裕はありません。ごめんなさい。誰かやれる人がいたらお願いします。

140 :万年茶帯:2009/12/26(土) 13:24:35
《参考》 
これが初っ端から躓いた例文です。簡単な例文なのですが、品詞分解するとなると、
a long timeの品詞と働きがわからず困りました(もちろん名詞であることぐらいは
わかっていましたが)。

ゆうそう540
□001

It:S
is:A
a long time:記述的目的格 aC
since I saw you last:副詞節 → a long time
since:接
I:S
saw:B
you:O
last:ad → saw
《続く》


141 :万年茶帯:2009/12/26(土) 13:25:25
《続き》
 isがAで、a long timeを単なる名詞と考えるとnCとなり、副詞節は名詞を修飾できな
いので、isを修飾することとなります。直訳しようとしてもうまく訳せませんね。
 isが@であると考えると、a long timeは副詞的目的格ad (A)となり、副詞節はa long
timeを修飾することとなります。直訳すると「それ(時間)は、最後にあなたに会って
から長い時間にある」となり、変な感じがします。
 a long timeはisを介してItを説明しているので、上記のようにisはAで、記述的目的
格aC(形容詞補語)と考えるのが薬袋流の考え方だと思います。直訳は「それ(時間)
は、最後にあなたに会ってから長い時間である」となり、もっとも良さそうです。
 ちなみに、この例文は、「700選」の例文156の品詞分解に役立ちます。

142 :道場主:2009/12/26(土) 13:40:00
《名詞の記述的目的格》
・青ロイヤルでは「目的格が形容詞的に働く場合」:年齢・形・大小・色・値段・種類
 などを表す名詞が補語になったり、ほかの名詞を修飾したりして、形容詞的な働きを
 することがある。主格補語になる形が最も多い(青ロイヤルp.127)。
・英文法解説では、「目的格―(1)形容詞に相当する用法」(p.21)。
・英文法詳解では、「記述の目的格」(p.83)
・新マスターでは「記述的目的格」(p.117)
※「形容詞的目的格」という用語が一番ぴったりな感じがしますが、現実に文法書で使わ
 れている用語のうち、「副詞的目的格」と対応した形の「記述的目的格」という用語を
 当道場では採用する。
★ 「記述的目的格」と記載し、a(形容詞)と同様に扱う。

《名詞の副詞的目的格》
・青ロイヤルでは、「副詞的目的格」:時・距離・方法・程度などを表す名詞が、副詞的
 に働くことがある(青ロイヤルp.129)。
・英文法解説では、「目的格―(2)副詞的に使われる例」(p22)、「副詞的対格」(p23)。
・英文法詳解では、「副詞的目的格」(p.83)。
・新マスターでは、「副詞的目的格」(p.116)。
★ 「副詞的目的格」と記載し、ad(副詞)と同様に扱う。

【参考文献】
青ロイヤル:「徹底例解ロイヤル英文法〈改訂新版〉」綿貫陽ほか著
英文法解説:「英文法解説改訂三版」江川泰一郎著
英文法詳解:「英文法詳解」杉山忠一著
新マスター:「新マスター英文法」中原道喜著


179 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)