5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【F.o.R】薬袋流品詞分解道場【判断枠組み】

1 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/19(土) 16:36:27
F.o.R.創始者・初代宗家・薬袋善郎師範の流儀で英文を品詞分解するスレッドです。

白帯・茶帯(F.o.R.初心者・初級者)の皆さん、いろいろな英文を薬袋流で品詞分解
してみませんか。黒帯(中級以上)を目指して一緒に頑張りましょう。

将来、薬袋宗家が降臨されるのをお待ちしております。

まずは、「新・基本英文700選」を教材として品詞分解を始めてみます。
同書の解説サイトはすでに2つありますが、ここではF.o.R.の初心者向けに、薬袋師範
の著書と同様に(冠詞と代名詞以外は)すべて品詞分解しますし、文法的解釈が異なる
部分もありますので、やってみる価値はあると思います。
もし間違いがあれば、同門の黒帯の方々に御指摘・御教伝をいただければ幸いです。
なお、「出口氏」・「入口氏・勝手口氏」のサイトももちろん参考にさせていただきました。
ここに感謝申し上げます。

※他流派の方の「道場破り」は無意味ですので御遠慮ください。


2 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:37:19
[修得段階]
初心者〈白帯〉:
   「英語ベーシック教本」で修行中
基本修得者〈茶帯〉:
   「英語ベーシック教本」修了レベル、
   「英語リーディング教本」または「英語構文のエッセンス Stage-1」で修行中
「初伝」修得者〈黒帯〉:
   「英語リーディング教本」または「英語構文のエッセンス Stage-1」修了レベル、
   「英語構文のエッセンス Stage-2」で修行中
「中伝」修得者《助教》:
   「英語構文のエッセンス Stage-2」修了レベル、
   「英語構文のエッセンス Stage-3」で修行中
「奥伝」修得者《師範代》:
   「英語構文のエッセンス Stage-3」修了レベル
「免許皆伝」修得者《師範》:
    F.o.R.を無意識に応用自在のレベル

※古流武術になぞらえてみました。もちろん冗談ですのでツッコミは御勘弁を。
*ちなみに、高価な「英語構文のエッセンス」を買えない私は万年茶帯です。


3 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/19(土) 16:38:13
[記号一覧表]

原則として「英語リーディング教本」に準拠したいと思います。
*「英語リーディングの秘密」や「英語構文のエッセンス」とは若干違います。
 (ap や adp は用いません。)

S:主語
O:目的語
C:補語

@:完全自動詞
A:不完全自動詞
B:完全他動詞
C:授与動詞
D:不完全他動詞
−B:完全他動詞の受身形
−C:授与動詞の受身形
−D:不完全他動詞の受身形

〈続く〉


4 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/19(土) 16:39:31
[記号一覧表]〈続き〉

n:名詞、代名詞、動名詞、不定詞の名詞用法 *SやOのときは記入しない
a:形容詞、形容詞句、分詞・不定詞の形容詞用法、名詞・代名詞の所有格
ad:副詞、副詞句、分詞・不定詞の副詞用法
aux:助動詞
+:等位接続詞
接:従属接続詞
前:前置詞

☆|○:準動詞 
☆の部分は準動詞の働きのうち、名詞または形容詞または副詞の働きを
準動詞の「前の働き」と呼び、☆の部分に記入する。それに対し、動詞
の働きを準動詞の「後ろの働き」と呼び、○の部分に記入する。

5 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:42:55
700選
□001. My house is only five minutes' walk from the station.

house:S
is :@
only:ad → five minute'
five minutes' walk:副詞的目的格 (A) → is
five minutes':a → walk
名詞複数形・所有格
from the station:ad → five minutes' walk


6 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:44:16
700選
□002 My watch may be one or two minutes fast [slow].

watch:S
may:aux
be:A
one or two minutes:副詞的目的格 → fast/slow
fast/slow:aC


7 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:45:19
700選
□003 She kept walking about the room. She seemed too uneasy to sit still.

She:S
kept:A
walking:aC│@
現在分詞形容詞用法
about the room:ad → walking
about:前
She:S
seemed:A
too:ad → uneasy
uneasy:aC
to sit:ad|A → uneasy
to不定詞副詞用法
still:aC


8 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:46:13
700選
□004 It is a pity that a man of your ability should remain unknown to the

world.

It:仮S
is:A
pity:nC
that〜:真S
that:接
man:S
of your ability:a → man
should:aux
remain:A
unknown:aC
to the world:ad → unknown


9 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:47:15
700選
□005 It is getting colder and colder during the morning and evening. The

leaves of the trees will soon turn red or yellow.

It:S
is getting:A
現在進行形
colder and colder:aC
and:+
during the morning and evening:ad
and:+
leaves:S
of the trees:a → leaves
will:aux
soon:ad → turn
turn:A
red or yellow:aC
or:+


10 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:48:02
700選
□006 A car is convenient, to be sure, but, in the end, it will prove

expensive.

car:S
is:A
convenient:aC
to be:ad│A → convenient
to不定詞副詞用法
sure:aC
but:+
in the end:ad
it:S
will:aux
prove:A
expensive:aC


11 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:48:58
700選
□007 One night he came home very tired and sad.

One night:副詞的目的格
he:S
came:A
home:ad → came
homeは副詞なのでHe came home.で文が完結していたら、cameの動詞型は@で文型は第1文型《SV》である。
very:ad → tired and sad
tired and sad:aC


12 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:49:51
700選
□008 We had a lot of snow about this time last year.

We:S
had:B
a lot of:a →snow
snow:O
about this time last year:副詞的目的格


13 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:50:43
700選
□009 “I have a terrible toothache.” “You should see a dentist at once.”

I:S
have:B
terrible:a → toothache
toothache:O
You:S
should:aux
see:B
dentist:O
at once:ad → see


14 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:51:36
700選
□010 We missed you very much at the party yesterday. We had a very

good time.

We:S
missed:B
you:O
very:ad → much
much:ad → missed
at the party:ad → missed
yesterday:ad → missed
We:S
had:B
very:ad → good
good:a → time
time:O


15 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:52:29
700選
□011 "Does your watch keep good time?" "No, it gains [loses] ten

minutes a day."

Does:aux
watch:S
keep:B
good:a → time
time:O
it:S
gains [loses]:B
ten minutes:O
a day:副詞的目的格 → gains [loses]


16 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:54:39
700選
□012 He behaved himself so as not to give offence to others.

He behaved himself so as not to give offence to others.

He:S
behaved:B
himself:O
**********
《giveを完全他動詞と考えた場合》
so as not to give:ad|B  → behaved
to不定詞の副詞用法
「目的」をあらわすto不定詞の用法で、so asやin orderをつけることがある。
so as to〜, in order to〜「〜するために」
否定notをつける場合は、so as not to〜, in order not to〜とtoの前に置く。
offence:O
give offence to〜「〜の気分を損なう、〜を立腹させる」
to others:ad → give
《give offence toを完全他動詞と考えた場合》
so as not to give offence to:ad|B  → behaved
to不定詞の副詞用法
others:O
**********


17 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:55:39
700選
□013 Both musicians understood one another perfectly, and had a mutual

respect for each other.

Both:a → musicians
musicians:S
understood:B
one another:O
相互代名詞。2語で1つの代名詞と考える。
perfectly:ad → perfectly
and:+
understood one another perfectly と had a mutual respect for each other を接続。
had:B
mutual:a → respect
respect:O
動詞派生名詞
for each other:ad → had
for:前
each other:相互代名詞
2語で1つの代名詞と考える。


18 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:56:33
700選
□014 The best way to master English composition is to keep a diary in

English.

best:a → way
way:S
to master:a|B → way
to不定詞の形容詞用法
English:a → composition
composition:O
is:A
to keep:nC|B
to不定詞の名詞用法
diary:O
in English:ad → to keep


19 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:57:21
700選
□015 All you have to do is (to) write your name and address here.

All:S
you have to do:形容詞節 → all
youの前のthatが省略されている。
you:S
have to:aux
do:B
youの前の省略されたthatがO
is:A
(to) write:nC|B
to不定詞の名詞用法
補語になるto不定詞は、動詞の前にdoまたはdidがあれば、toが省略されることがある。
All you have to do is (to) 〜「〜しさえすればよい」
name and address:O
here:ad → (to) write


20 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:58:06
700選
□016 I could not find my brother, who was to meet me at the station.

I:S
could:aux
not:ad
find:B
brother:O
, who:関係代名詞の非制限用法
who:S
was to:aux
「予定」「運命」「義務・命令」「可能」「意志」を表す。この場合は「予定」。
meet:B
me:O
at the station:ad → meet


21 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/19(土) 16:58:58
いつまで続くことやら・・・

22 :万年茶帯:2009/12/19(土) 16:59:18
700選
□017 You can't go home yet. You are to stay here till the police arrive.

You:S
can't:aux
go:@
home:ad → go
yet:ad → go
You:S
are to:aux
「必要(義務・命令)」を表す。
stay:@
here:ad → stay
till〜:副詞節
till:接
police:S
policeにtheがついて「複数扱い」。「警察の集合体」とみる。
arrive:@
時・条件を表す「副詞節」では、動詞は現在形を使う。


23 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/19(土) 17:00:28
50ぐらいで終わるんじゃない?

24 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:01:57
700選
□018 Nothing was to be heard except the sound of the waves.

Nothing:S
was to:aux
「可能」を表す。
be heard:−B
能動態は
I was to hear nothing.
これの目的語nothingを主語にし、hearをbe heardに変えて受動態を作る。
except the sound:ad → be heard
of the waves:a → sound


25 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:03:21
700選
□019 If you are to know about the real world, it can only be by inferring

things about it from the appearances.

If〜:副詞節
If:接
you:S
are to:aux
「意志」を表す。
be toが「意志」を表す時は条件節に用いるのが普通(青ロイヤル p.487)。
be toをIf節で使うと「目的」の意味が加わる(解説p.321)。
know:B
about the real world:O
it:S
=to know about the real world
can:aux
only:ad → by inferring
be:@
「(出来事・行為などが)行われる、起こる、生じる」
by inferring:ad|B
inferringは動名詞 
infer「推測する」
things:O
about it:ad → inferring
from the appearances:ad → inferring


26 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:04:35
700選
□020 His plan seemed to be too difficult, but before long it proved to be

practicable.

plan:S
seemed:A
to be:aC|A
to不定詞の形容詞用法(叙述用法)
to不定詞が不完全自動詞の補語になる場合は、叙述用法となる(青ロイヤル p477)。この場合のto不定詞が名詞用法か形容使用法かは決めにくい。seem toを1つの助動詞のように考える見方もある(青ロイヤルp484)。
too:ad → difficult
difficult:aC
but:+
before long:ad → proved
it:S
proved:A
to be:aC|A
practicable:aC


27 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:05:34
700選
□021 Though it looked like rain this morning, it has turned out to be a fine

day.

Though〜:副詞節
Though:接
it:S
looked:A
like rain:aC
this morning:副詞的目的格
it:S
has:aux
turn out to be:
turned out:A
to be:aC|A
fine:a → day
day:nC


28 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:06:44
700選
□022 Some day you will come to realize the importance of saving.

Some day you will come to realize the importance of saving.

Some day:副詞的目的格
you:S
will:aux
**********
《comeを不完全自動詞と考えた場合》
come:A
to realize:aC|B
to不定詞の形容詞用法(叙述用法)
この場合のto不定詞が何用法かは断定しにくい。
importance:O
《come toを助動詞と考えた場合》
come to:aux
「〜するようになる」
realize:B
importance:O
**********
of saving:a → importance


29 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:07:47
700選
□023 While cleaning my room yesterday evening, I happened to find an old

photograph of my mother.

While cleaning my room yesterday evening, I happened to find an old

photograph of my mother.

While〜:副詞節
While I was cleaning〜が省略された形。
while:接
cleaning:ad|B
room:O
yesterday evening:副詞的目的格
I:S
**********
《happenedを完全自動詞と考えた場合》
happened:@
to find:ad|B → happened
to不定詞の副詞用法
happen to do「偶然〜する」
《happenedを不完全自動詞と考えた場合》
happened:A
to find:C|B
to不定詞の形容詞用法(叙述用法)
**********
old:a → photograph
photograph:O
of my mother:a → photograph


30 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:08:50
700選
□024 He often fails to keep his promises.

He often fails to keep his promises.

He:S
often:ad → fails
**********
《failsを不完全自動詞と考えた場合》
fails:A
fail to do「〜しない、〜できない、〜しそこなう」
to keep:aC|B
to不定詞の形容詞用法(叙述用法)
《failsを完全他動詞と考えた場合》
fails:B
to keep:O|B
不定詞の名詞用法
**********
promises:O


31 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:10:07
700選
□025 Don't forget to write to your parents at least once a month.

Don't:aux
forget:B
to write:O|@
不定詞の名詞用法
to your parents:ad → write
at least:ad → once a month
once:ad → write
a month:副詞的目的格 → once


32 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:11:04
700選
□026 Would you mind waiting another ten minutes?

Would:aux
you:S
mind:B
waiting:O|@
動名詞
another:a → ten minutes
ten minutes:副詞的目的格
時間を表すforは省略されることが多い。


33 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:12:14
700選
□027 I remember reading the book three times when I was young.

I:S
remember:B
reading:O|B
動名詞
book:O
three times:副詞的目的格
when I was young:副詞節
when:接
I:S
was:A
young:aC


34 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:12:57
700選
□028 Seeing me, they suddenly stopped talking.

Seeing:ad|B
分詞構文
me:O
they:S
suddenly:ad → stopped
stopped:B
talking:O|@
動名詞


35 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:13:54
700選
□029 As I was free yesterday for the first time in years, I enjoyed playing

tennis with my friends.

As〜:副詞節
As:接
I:S
was:A
free:aC
yesterday:ad → free
for the first time in years:ad → free
「数年のなかで初めて」→「久しぶりに」
I:S
enjoyed:B
playing:O|B
動名詞
tennis:O
with my friends:ad → enjoyed


36 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:14:54
700選
□030 I found the book so interesting that I kept on reading it until daybreak.

I:S
found:D
book:O
so:ad → interesting
interesting:aC
that〜:副詞節 → so
that:接
I:S
kept:A
keep (on) doing「〜し続ける」
on reading:aC|B
形容詞句で補語。readingは動名詞。
onはなくても可。onがあると継続・反復が強調される。
onがない場合はreadingは現在分詞で補語となる。
it:O
until daybreak:ad → kept


37 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:16:07
700選
□031 It is against the traffic rule to cross the street while the light is red.

It:仮S
is:A
against the traffic rule:aC
against:前
traffic:a → rule
rule:againstのO
to cross:真S|B
不定詞の名詞用法
street:O
while〜:副詞節
while:接
light:S
is:A
red:aC


38 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:16:59
700選
□032 Our university building is now under construction on a hillside in the

north of Fukuoka city.

university building:S
is:A
now:ad → under construction
under construction:aC
on a hillside:ad → under construction
in the north:a → hillside
of Fukuoka city:a → north


39 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:17:57
700選
□033 The train was behind schedule, so I could not reach my destination

on time.

train:S
was:A
behind schedule:aC
so:接
I:S
could:aux
not:ad → reach
reach:B
destination:O
on time:ad → reach


40 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:20:36
□034 I put the money in, but the can of juice will not come out. The vending

machine must be out of order.

I put the money in, but the can of juice will not come out. The vending

machine must be out of order.

I:S
put:B
money:O
in:ad → put
put〜in「〜を(何らかの)中に入れる」
but:+
can:S
of juice:a → can
will:aux
not:ad → come
〈続く〉

41 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:21:43
〈□034の続き〉
**********
《comeを完全自動詞と考えた場合》
come:@
out:ad
《come outを完全自動詞と考えた場合》
come out:@
「出てくる」
**********
vending machine:S
must:aux
be:A
out of order:aC
「順番が狂う、調子が狂う」


42 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:22:46
700選
□035 I am on good terms with him. He always keeps his word and is relied

upon by everybody.

I am on good terms with him. He always keeps his word and is relied

upon by everybody.

I:S
am:A
on good terms:aC
with him:ad → on good terms
He:S
always:ad → keeps
keeps:B
word:O
and:+
always keeps his word と is relied upon be everybody を接続
is relied upon:−B
rely uponを完全他動詞として用いたときの受動態
能動態は
Everybody relies upon him.
by everybody:ad → is relied upon


43 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:24:11
>>40
>>41
700選です。

44 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:24:58
700選
□036 The damage amounted to five million yen.

damage:S
amounted:@
to five million yen:ad → amounted


45 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:25:49
700選
□037 You can go on a picnic if you like, but as for me I prefer to stay at

home and read a novel.

You:S
can:aux
go:@
on a picnic:ad → go
go on 〜「〔旅行など〕に出る・に行く」
ex. go on a journey(旅行に行く)
if you like(to do):副詞節
if:前
you:S
like:B
Oは省略されたto do
but:+
as for me:ad → prefer
I:S
prefer:B
to stay:O|B
at home:ad → to stay
and:+
stay at home と read a novel を接続
read:O|B
不定詞 to readがto stayと共にpreferの目的語
a novel:O


46 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:26:37
700選
□038 I hear he is to go abroad to study as soon as he graduates from

school.

I:S
hear:B
he〜:名詞節 O
he:S
is to:aux
「予定」
go:@
abroad:ad → go
to study:ad|@ → go
as soon as:接
he:S
graduates:@
from school:ad → graduates
garaduage from 〜「〜〔学校〕を卒業する」
be graduated from〜も用いられる。


47 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:27:31
700選
□039 Many young people in the country long [yearn] for city life.

many:a → people
young:a → people
people:S
in the country:a → people
long [yearn]:@
for city life:ad → long [yearn]


48 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:28:15
700選
□040 He is slowly recovering from his illness.

He:S
is recovering:@
現在進行形
slowly:ad → is recovering
from his illness:ad → is recovering


49 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:29:03
700選
□041 Get off at the next stop and take a bus to the airport.

Get off at the next stop and take a bus to the airport.

**********
《Getを完全自動詞と考えた場合》
Get:@
off:ad → Get
《Get offを完全自動詞と考えた場合》
Get off:@
「〔バス・列車など〕から降りる」
**********
at the next stop:ad → get (off)
and:+
take:B
bus:O
to the airport:a → bus


50 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:29:49
700選
□042 A slip of the tongue often brings about unexpected results.

slip:S
of the tongue:a → slip
often:ad → bring about
brings about:B
unexpected:a → results
results:O


51 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:30:32
700選
□043 If you want to speak to me, please call [ring] me up.

If〜:副詞節
you:S
want:B
to speak:O|@
to不定詞の名詞用法
speak to〜「〜(誰々)と話す」。
to me:ad → speak
please:ad → call [ring]
call [ring]:B
call 〜(up)「電話する」
me:O
up:ad → call [ring]


52 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:31:16
700選
□044 Thomas could not carry out his task on account of an accident.

Thomas:S
could:aux
not:ad → carry out
carry out:B
「実行する」
task:O
on account:ad → carry out
on account of「〜の根拠に基づいて」
account「理由・根拠」
of an accident:a → account


53 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:32:01
700選
□045 It is hard to find a place to eat where you can keep your overcoat on.

It:仮S
is:A
hard:aC
to find:真S|B
to不定詞の名詞用法
place:findのO
to eat:a|@ → place
to不定詞の形容詞用法
where〜:形容詞節 → place
where:ad → keep
関係副詞
you:S
can:aux
keep:B
overcoat:O
on:ad → keep


54 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:32:52
700選
□046 Frankly speaking, it was difficult for me to make out what he was

saying.

Frankly speaking:独立分詞構文
「率直に言って」
普通の分詞構文なら分詞の主語は主節の主語と同じになるが、これは熟語なので規則の適用外であり、itとは関係ない。
Frankly:ad → speaking
speaking:ad│@
現在分詞
it:仮S
was:A
difficult:aC
for me:ad → difficult
to make outの意味上の主語
to make out:真S|B
to不定詞の名詞用法
what〜:名詞節 to make outのO
what:was sayingのO
関係代名詞
he:S
was saying:B →what


55 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:34:30
700選
□047 Please put out your cigarette.

Please:ad
間投詞
put out:B
「明かりを消す、火を消す」
cigarette :O


56 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:35:14
700選
□048 She came very near to being run over by a car.

She:S
came near to:B
「〜に近づく、〜に匹敵する」
come to「〜に至る」
come near (to) doing「危うく〜するところだ」
nearのあとのtoは無くても良い。その場合、nearは前置詞となる。
very:ad → near
being run over:O|−B
動名詞
run(p.p.)over(O│−B)でもよい。
run over「車で轢く」
by a car:ad → being run over


57 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:35:59
700選
□049 Japan has caught up with Europe and America in medicine.

Japan:S
has:aux
caught up with:B
Europe and America:O
in medicine:ad → caught up with


58 :万年茶帯:2009/12/19(土) 17:36:44
700選
□050 The government should do away with these regulations.

government:S
should:aux
do away with:B
「〜を取り除く、〜を廃止する」
regulations:O


59 :白帯A:2009/12/19(土) 17:51:46
私には「新・基本英文700選」は難しすぎます。
だれか
「入試英語最重要構文540」(吉ゆうそう 著)
の品詞分解をやってください。

60 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/19(土) 20:05:43
700選
□051 She looked down on the secretaries she had worked with.

She:S
looked down on:B
「見下す」(despise)
secretaries:O
she had worked with:形容詞節 → secretaries
sheの前の関係代名詞が省略されている。
sheの前に省略されている関係代名詞that(who[m])がwithの目的語である。
she:S
had:aux
worked:@
with―:ad
withは前置詞。省略されている目的語と合わせて副詞句。
withの目的語はsheの前に省略されている関係代名詞that(who[m])である。


61 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:06:55
700選
□052 I was looking forward to the day when Icould see him for the first

time in five years.

I:S
was looking forward to:B
look forward to 〜「〜を期待する・待ち焦がれる」
このtoは何らかの事象に向き合う意味合いで使われるtoなので一般的には動名詞が続く。
day:O
when〜:形容詞節 →day
when:ad  → see
関係副詞
to the day I でも to when I でもよい。
I:S
could:aux
see:B
him:O
for the first time:ad → see
in five years:ad → for the first time
for the first time in five years「5年の間で初めて」→「5年ぶり」


62 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:08:15
700選
□053 I will make up for the lost time by working as hard as I can.

z:S
will:aux
make up for:B
make up for 〈マイナスな事柄〉「〜の埋め合わせをする、〜を補う」
make up to 人 for〈マイナスな事柄〉「誰かに対して埋め合わせをする/弁償をする」
lost:a → time
time:O
by working:ad|@ → make up for
workingは動名詞
as:ad → hard
hard:ad →working
as I can:副詞節 → as
as:接
I:S
can:aux


63 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:08:57
700選
□054 From a strictly scientific point of view, history cannot be called a

science.

From a strictly scientific point of view:ad → be called
from:前
fromの目的語のところは、〈{((strictly→)) scientific→} 〈point {←of view}〉 〉
strictly:ad →scientific
scientific:a →point of view
point of view:n
point:fromのO
of view:a → point
history:S
cannot:aux
be called:−D
能動態は
They cannot call history a science. 《SVOC》
S V O C の受動態の場合、C(もともとは目的格補語)がそのまま残るので、
「主語+be動詞+過去分詞+補語」という形になる(青ロイヤル p.572)。
science:nC


64 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:09:54
700選
□055 It is generally believed that a trip to Mars wil be made possible during

the next few decasdes.

It:仮S
is believed:−B
能動態は
They believe that s v x. 《SVO》
generally:ad → believed
that〜:名詞節 真S
that:接
trip:S
to Mars:a → trip
will:aux
be made:−D
能動態は
They will make a trip to Mars possible. 《SVOC》
possible:aC
during the next few decades:ad → be made
during:前
next:a → decades
few:a → decades
「数十年もの長い期間」ではなく、「数十年という短い期間」という意味を含んでいる。
decades:duringのO


65 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:10:37
700選
□056 The child must be taught to respect the truth and to tell the truth.

child:S
must:aux
be taught:−C
能動態は
They must teach the child to v x. 《SVOO》
S V O to do の受動態の場合、to不定詞がそのまま残るので、「主語+be動詞+過去分詞+to不定詞」という形になる(青ロイヤル p.573)。
to respect:O|B
to不定詞の名詞用法
truth:O
and:+
to respect the truth と to tell the truthを接続
to tell:O|B
to不定詞の名詞用法
truth:O


66 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:11:20
700選
□057 She is said to have been an actress about twenty years ago.

She:S
is said:−D
be said to do は、「be+過去分詞+to do」という構造であるが、"They say her to have been an actress."という能動態が現代英語にはないので、この述語動詞を「−D」とするかどうかは異論がある。
to have been:aC│A
完了不定詞は、主文の時制より前の出来事だったことを表しているだけで、完了や継続などの意味はない(青ロイヤル p.468, p.501)。
actress:nC
about:ad → twenty years
twenty years:副詞的目的格 → ago
ago:ad →to have been


67 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:12:06
700選
□058 The new school buildings are expected to be completed by spring

next year.

new:a
school buildings:S
are expected:−D
能動態は
They expect the new school buildings to be completed by spring. 《SVOC》
to be completed:C│−B
by spring:ad → to be completed
next year:副詞的目的格 → spring


68 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:12:48
700選
□059 Punctuality is thought to be a matter of course in Europe and

America.

Punctuality:S
is thought:−D
能動態は
They think punctuality (to be) a matter of course. 《SVOC》
to be:aC|A
a matter of course:nC
in Europe and America:ad → thought


69 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:13:39
700選
□060 She was seen to run up the stairs with tears in her eyes.

She:S
was seen:−D
能動態は
I saw her run up the stairs with tears in her eyes. 《SVOC》
能動態ではseeは知覚動詞なのでCに原形不定詞を使うが、受動態にするとto不定詞になる(青ロイヤル p.503-504)。
**********
《runを完全自動詞と考えた場合》
to run:aC│@
up the stairs:ad → to run
up:前
《run upを完全他動詞と考えた場合》
to run up:C|B
「〜を駆け上がる」
stairs:O
**********
with tears:ad → run
in her eyes:a → tears


70 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:20:56
700選
□061 Last year I returned home and was surprised to find both the village

and the people completely changed.

Last year:副詞的目的格
I:S
returned:@
home:ad →returned
and:+
returned home と was surprised〜 を接続
was surprised:−B
to find:ad|D → was surprised
to不定詞の副詞用法
「感情の原因・理由」を表す。

〈続く〉

71 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:21:48
700選
□061〈続き〉
**********
《changedを完全自動詞の完了形と考えた場合》
both the village and the people completely changed:名詞節 O
both:ad → changed
(1)形容詞なら「両方の〜」。所有格などがあるときはその前に置くこと。
(2)代名詞なら「両方とも」
(3)副詞で「both A and B」「AもBも両方とも」
the village and the people:S
and:+
completely:ad → changed
changed:@
《changedを完全他動詞の受身形と考えた場合》
the village and the people:O
and:+
completely:ad → changed
changed:a│−B → the village and the people
**********


72 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:22:32
700選
□062 We were greatly relieved to find that the worst dangers were over.

We:S
were relieved:−B
greatly:ad → relieved
to find:ad|B → were relieved
to不定詞の副詞用法
「感情の原因・理由」を表す。
that〜:名詞節 O
worst:a → dangers
dangers:S
were:@
over:ad


73 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/19(土) 20:23:20
てか英語がある程度できて品詞分解っていみある?
昔の京大の一部の問題には意外な品詞があるが。


74 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:23:29
700選
□063 She was kept standing in a cold room while being interrogated about

her activities.

She:S
was kept:−D
能動態は
They kept her standing. 《SVOC》
SVOC[=分詞] の受動態の場合、分詞がそのまま残るので、
「主語+be動詞+過去分詞+分詞」という形になる。
standing:aC|@ 《(S)V》
現在分詞
in a cold room:ad → was kept
while〜:副詞節
while:接
being interrogated:ad|−B
while she was being interrogated のshe wasが省略された形である。
beingを分詞構文として、意味を明確にするためにwhileをつけたという解釈もある。
about her activities:ad → being interrogated


75 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:24:14
700選
□064 His death was made known to the public.

death:S
was made:−D
能動態は
They made his death known to the public. 《SVOC》
They made known his death to the public. という語順になることもある。
known:aC|−B
過去分詞形容詞用法
to the public:ad → known


76 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:25:09
700選
□065 Mountaineering is attractive especially to young people because it is

accompanied with hardships and adventures.

Mountaineering:S
is:A
attractive:aC
especially:ad → to young people
to young people:ad → attractive
because〜:副詞節
because:接
it:S
is accompanied:−B
with hardships and adventures:ad → is accompanied
and:+


77 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:25:58
700選
□066 The committee is composed [is made up] of five students.

committee:S
is composed [is made up]:−B
be composed of〜 / be made up of〜「〜で構成されている」
of five students:ad → is composed [is made up]


78 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:26:47
700選
□067 I was engaged in this work for three years, that is, till I was thirty

years old.

I:S
**********
《was engagedを受動態と考えた場合》
was engaged:−B
be engaged in〜「〜に従事している、〜に没頭している」
in this work:ad → was engaged
for three years:ad → was engaged
《engagedを形容詞と考えた場合》
was:A
engaged:aC
in this work:ad → engaged
for three years:ad → engaged
**********
that is:
同格語句を導く語句(青ロイヤル p.131)。
「that is (to say)」は言い換え(同格)を示す定型表現である。
till I was thirty years old:副詞節
till:接
I:S
was:A
thirty years:副詞的目的格 → old
old:aC


79 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:27:36
700選
□068 He is very much interested in Japanese history. We are surprised at

his vast knowledge of this subject.

He:S
is interested:−B
very:ad → much
much:ad → interested
in Japanese history:ad → is interested
We:S
are surprised:−B
at his vast knowledge:ad → are surprised
at:前
vast:a → knowledge
knowledge:atのO
of this subject:a → knowledge


80 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:28:29
700選
□069 The bill was passed by a majority, though the Democratic Party were

strongly opposed to it.

bill:S
was passed:−B
by a majority:ad → was passed
though〜:副詞節
Democratic Party:S
were:A
strongly:ad → opposed
opposed:aC
be opposed to〜「〜に反対である/〜に反対している」
to it:ad → opposed


81 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:29:11
700選
□070 The secretary was robbed of an envelope containing 100,000 yen on

her way back from the bank.

secretary:S
was robbed:−B
能動態は
Someone robbed the secretary of an envelope. 《SVOA》
of an envelope:ad
containing:a│B → an envelope
現在分詞
100,000 yen:O
on her way:ad → was robbed
on the [one's] way back from〜「〜から帰る途中」
back:ad → on her way
from the bank:ad → back


82 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:30:31
700選
□071 I am tired of hearing the same thing so often.

I:S
am tired:−B
be tired of〜「〜にうんざりしている」
of hearing:ad│B
hearingは動名詞
same:a
thing:O
so:ad → often
often:ad → hearing


83 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:31:19
700選
□072 He soon got accustomed [used] to dormitory life and made two or

three friends.

He:S
soon:ad → got accustomed [used]
got accustomed [used]:−B
「get+過去分詞」は「動作」の受動態を表す(getでも受動態を作れるが、動作を表す場合に限る)。ただし、形容詞化していない過去分詞の場合には制限がある(江川 p.283、安藤 p.351)。
be accustomed to〜「〜に慣れている(状態)」
get accustomed to〜「〜に慣れる/慣れてくる(動作)」
「be+過去分詞」でも、非状態動詞の場合は副詞要素や文脈によっては動作を表すこともある。
be accustomed to〜 / be used to〜 のtoは前置詞なので、後ろには名詞/動名詞が来る。
to dormitory life:ad → got accustomed [used]
and:+
made:B
two or three:a → friends
friends:O


84 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:32:01
700選
□073 He was very kind to invite me to his birthday party.

He:S
was:A
very:ad → kind
kind:aC
to invite:ad│B → kind
不定詞の副詞用法
「判断の根拠」を表す。
このタイプの「be+形容詞+to do」は、「It is 形 of 人 to do」としても、ほぼ同じ内容を伝えることができる。
It was kind of him to invite me to the party.
me:O
to his birthday party:ad → to invite


85 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:32:43
700選
□074 Everybody was anxious [eager] to know what had happened.

Everybody:S
was:A
anxious [eager]:aC
to know:ad│B → anxious [eager]
what had happened:名詞節 to knowのO
what:S
関係代名詞と考えても疑問代名詞と考えてもよい。
関係代名詞「起こったこと」
疑問代名詞「何が起こったか」
本書では疑問代名詞として訳されている。
had:aux
happened:@


86 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:33:35
700選
□075 Those who are in delicate health are apt [liable] to catch cold when

the cold season sets in.

Those:S
who are in delicate health:形容詞節 → those
those who〜「〜する人達」
who:関係代名詞 S
are:A
in delicate health:aC
are:A
apt [liable]:aC
to catch:ad|B
cold:O
when:接
cold:a → season
season:S
sets:@
in:ad → sets


87 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:34:37
700選
□076 I am ready to do anything that I can for you, because I owe you a

great deal.

I:S
am:A
ready:aC
to do:ad│B
anything:O
that I can for you:形容詞節 → anything
canとforの間にdoの省略があり、thatをOに取る。
that:関係代名詞
I:S
can:aux
for you:ad → 省略されたdo
because〜:副詞節
because:接
I:S
owe:C
owe A B「BをAに対して負っている」
you:O1
great:a → deal
deal:O2


88 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:35:24
700選
□077 I am sorry to hear you called at my home yesterday while I was out.

I:S
am:A
sorry:aC
to hear:ad |B → sorry
不定詞の副詞用法
「感情の原因・理由」
このタイプは「人」が主語になる点に注意。
you〜:名詞節 O
you:S
called:@
at my home:ad → called
yesterday:ad → called
while〜:副詞節
while:接
I:S
was:A
out:ad → was


89 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:36:12
700選
□078 One who is not willing to learn is not worth teaching.

One:S
who is not willing to learn:形容詞節 → One
one who〜「〜する人」
who:S
関係代名詞
is:A
not:ad → willing
willing:aC
be willing to do「〜することに反対しない/断らない」
to learn:ad|@
is:A
not:ad → worth
worth:aC
後ろに名詞を伴って「worth+O(Oの価値がある)」という形で使う特別な形容詞(前置詞的な形容詞)である。このO(名詞)は「worthの目的語」と呼ばれる。
teaching:worthのO│B
動名詞
worth+-ing「〜する価値がある」
主文の主語(この文の場合One)が動名詞の意味上の目的語になる。


90 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:37:04
700選
□079 Today's weather forecast says that it is likely to be fine tomorrow.

Today's:a
weather forecast:S
says:B
that〜:名詞節 O
that:接
it:S
非人称のit。天候を漠然と表す。
is:A
likely:aC
be likely to do / be certain to do / be sure to do などは、
話し手の判断/確信度を表す(主語の判断ではない)。
It is likely that he will succeed.
 ↓主語の繰り上げ
He is likely to succeed.
(× It is likely for him to succeed.)
to be:ad│A → likely
fine:aC
tomorrow:ad → fine


91 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:38:36
700選
□080 Be sure to get this finished by the time I come back.

Be:A
sure:aC
Be sure to do「確実に〜しなさい」
to get:ad│D → sure
不定詞の副詞用法
this:O
finished:aC|−B
by the time:ad
I come back:形容詞節 → time
I:S
come:@
時・条件を表す副詞節内では未来の内容を現在形で表す。
back:ad


92 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:39:20
700選
□081 It is often said that Japanese universities are difficult to enter, but

easy to graduate from.

It:仮S
is said:−B
often:ad → said
that〜:真S
Japanese:a
universities:S
are:A
difficult:aC
to enter:ad|B → difficult
不定詞の副詞用法
難易を表す補語にかかる副詞用法のto不定詞の意味上の目的語はその文の主語になる。
but:+
difficult to enter と easy to graduate from を接続
easy:aC
to graduate:ad│@ → easy
from─:ad → to graduate
from:前
前置詞の目的語はuniversities


93 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:40:14
700選
□ 082 He is busy preparing for the entrance examination.

He:S
is:A
busy:aC
preparing:ad│@ → busy
現在分詞の副詞用法
be busy doing「〜するのに忙しい/忙しく〜している」
busy in preparingだとpreparingは動名詞と解釈されるのが一般的。
「in の省略/脱落」と説明されるが、現在では in のない方が普通である。
for the entrance examination:ad → preparing


94 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:41:21
700選
□083 Mother is more anxious about the result of the examination that I am.

Mother:S
is:A
more:ad → anxious
anxious:aC
about the result:ad → anxious
of the examination:a → result
than〜:副詞節 → more
than:接
I:S
am:A
Mother is anxious about the result of the examination.  と
I am anxious about the result of the examination.  の比較。

95 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:42:07
700選
□084 We should always be careful of what we do.

We:S
should:aux
always:ad → be
be:A
careful:aC
of what we do:ad → careful
what we do:名詞節
what:doのO
関係代名詞
we:S
do:B


96 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:43:35
700選
□085 In the country the color of the sky is entirely different from that seen

in the city.

In the country:ad
color:S
of the sky:a
is:A
entirely:ad → different
different:aC
from that:ad → different
from:前
that:fromのO
代名詞
=the color of the sky
seen:a|−B → that
They see the color of the sky in the city. 《SVO》
The color of the sky is seen in the city. 《SVOの受動態》
in the city:ad → seen


97 :万年茶帯:2009/12/19(土) 20:44:29
700選
□086 The accident was due to the drunken driving of a certain film star.

accident:S
was:A
due:aC
due to Oは「理由」を表す表現で、補語(叙述用法の形容詞句)としても副詞句としても使うことができる。
to the drunken driving:ad
drunken:a → dirving
drunken は、drink の古い過去分詞に由来し、特定の表現で限定用法の形容詞として使う。
of a certain film star:a → driving
certain:a → film star


98 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/19(土) 22:14:33
おいおい著作権は大丈夫か??
それにこんな簡単な文でやってもしょうがないだろ?
英文解釈教室とかでやりなよ

99 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/19(土) 22:37:45
「出口氏」のサイトはちゃんと出版社のオーケーもらってるぞ。

100 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/20(日) 00:14:26
今後、例文を省略すれば良いさ。
そもそも著作権って実質長十の訳文だけじゃね。

101 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/20(日) 00:27:08
例文あったほうが見やすい

102 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/20(日) 00:37:11
見やすさなんてどうでも良い。
本持ってる人だけわかれば良いんだよ。

103 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/20(日) 01:03:47
例文あったほうが見やすい

104 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/20(日) 02:02:33
昔700選本体ででこのような解説があればもっと使いやすかったのだろうが、
ALL IN ONEが出た今となってはな〜

上にもあるように英文解釈教室でやれば今でも多くの人に、求めれれる
物が出来ると思う。

105 :万年茶帯:2009/12/20(日) 08:40:18
いろいろなご意見ありがとうございました。
著作権に関しては100さんが書かれていたように、和訳文だけだと思っていたのですが
(700「選」とあるように英文は他から集めたものなので)、著作権が絡むと面倒なので、
今後は例文は省略して掲載し、区切りのいいところ(例文129)までやったら、やめます。
次はまた別のものにチャレンジします。

106 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/21(月) 01:58:34
リー教って比較とか否定とか抜けてるとこあるよね。
構文エッセンスに代わるような参考書を探してるんだけど、
何かオススメある?

107 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/21(月) 12:01:52
代わりになるようなのは思いあたらない。
けどエッセンスのも〜タイプ〜タイプと細かく分類しすぎて逆にとまどう。
そんなにわかりやすいとは思わなかった。特にステージ3の比較。


108 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 14:54:42
700選だってどこかからパクッてきた英文だろwその英文は多分著作権切れてるだろうし、
第一 スレ主を訴える事など考えられない。その前に本人や警察から苦情や警告があるだろうし
それからでも遅くない。てかもう一度言うが700選の英文は殆どが何処かからの引用だし
あの本の作成者に文句を言う権利は無い。それに元の英文の権利者からも一文を
引用したくらいで訴えても意味はないし、訴えるわけが無い、てか著作権すら切れてるだろw

だから例文を書く事は法律的に問題になる可能性は少ない。それでこのスレが見やすくなるならば
例文を載せるべき。権利関係云々が心配で例文を載せないのは余りに過剰な心配であり、交通事故になる
可能性があるからと車を持っているのに運転しない、事や電車が脱線するかもしれないから電車に乗らない
と言うようなもんだ。 訴えられる事も無いだろうし、警告や権利関係者から苦情すら来ないだろう。てか苦情を言えるわけが無い。
なんなら時間があればおれが例文載せてもいいし。
追伸
例文を載せた人以外は余計な揚げ足取りはしないように。

109 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 15:24:34
教室や700選は研究社の本から例文取ってるだろ。
改訂版ではどこかから持ってきてるだろうがそれそれが単文だ。
まとまったもの、書物の何分の一以上を無断で使用した場合に違反になるんだよ。
だから例文は載せない方が良いよ。

110 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 16:19:04
あのさー 常識の範囲だし、気がつかずに良くないこと薦めてるよ。

例えば、うちを学生に貸せば税金どうのとか

111 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 16:20:42
>>109
つっこむなって言ったでしょ?時間があれば俺が例文を載せてもいい。
警告が来なければアンタの間違いだ。勝つ自信は100パー近くある。
言っておくが逮捕されるなんて万一にもありえない。逮捕までは物凄い道のりだぞ?

まず著作権者?や利害関係者(権利があればw)から中止を求めたり、警告がある。
それで警察に言うかもしれない。しかし警察が動くか?動いたとしていきなり逮捕すると思うか?
それまで何回か警告や動きがあるはずだ。

しかも上はあくまでも著者が自ら小説なり論文なり、エッセーなりみずから文を創作した場合だ。
ましてやどこかから引っ張ってきた文など。。

それに700選の英文自体著作権者に許可は取っていない。大学入試問題からも取っている
と思うがその大学にも許可を取ったのかといえば取ってないし、権利を主張する権利すらないと思う。
今までどれ程無断引用してきたのか、そしてそれが黙認されてきたのか、営業目的ですらそうなのに、
学術目的の非営利な場所で問題になる可能性は少ないし、無駄引用を常習してきた彼らにその権利すらない。

万年茶帯さんいまさら中止してもしょうがない。

しょうも無い無粋なアンタとは話したくも無い。俺にレスする事は許しません。構わずするーしてねw

112 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 17:14:17
他板「伊藤和夫の本などとっとと捨てろ」よりコピペ
561 名前:名無しさん@1周年 :02/05/07 20:14
>554

『この「700選」には種本が存在します。
出版社はわかりませんが、「The New Art of English Composition」
という名前の3分冊の参考書です。「700選」は非常に多くの部分が、
この「The New ・・・」からのそっくりそのままの引用です。
この「The New ・・・」は、「〜でしょう」を「〜でせう」のように
明治(大正?)の版下をそのまま使っている本で、
ある高校ではこれを昭和40年代に使っていたそうです。
いつの時代かに日本人が書いた英語が現在の受験英語の中に
そのまま生き残っているということでしょう。』

『私の知人の奥さんが昭和40年代に高校生のとき、学校で使わされていたのが
The New Art of English Compositionです。彼女はその本を今でも所有して
おり、それを700選と読み比べた知人(英語塾の指導者)の言は・・・

「『700選』の改訂前の版を読んだことがありますが、
剽窃ならともかく、The New Art of English Compositionの
恥も外聞もないまったくの引き写しでした」』

分かった?
伊藤は勝手に人の著作から引用して(しかも間違いの)、
クレジットもいれなかったんだよ?
これを詐欺と言わずしてなんと言う。

113 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 17:24:02
それこそその日暮らしみたいで
レスに10ドル入れるためにスレたてちゃうわけでしょ?

114 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 18:21:41
>>111
お前に命令される筋合いはないのだが。
それと109で言ったことが理解できてないよお前は。

115 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 18:28:03
>>114
おれはアンタって言ってるのにお前呼ばわりか?

お前こそ理解できてないよ。スルーできないのか馬鹿
まあいい消えろ、おばかさんw

116 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 19:04:38
>>115
お前さ、絶対、なんて言ってるが万が一何かあったらお前が責任取れるのか?
責任を持てるかどうか、それを決めるのは万年茶帯自身以外の誰でもない。
いや、お前は責任なんて事をまるで考えていないから「絶対」なんて安易に言うんだよ。
俺には言えないね。

俺はお前みたいに命令した覚えはない。「例文は抜きの方が良いよ」と言っている。
それで捕まる捕まらないなんて話はしてないんだよ。わかるか?お前がズレてるんだよ。

700文、すべてを書き写して、文法的にも解説してあったら、
それで十分な人には本なんて要らないわけ。
文が無かったら、買うしかないだろw
簡単な話だ、CD付きで1000円で出している良心的な出版社の利益を損なうようなことは
するべきじゃない、と言ってるんだよ。

わかったらギャーギャー騒がないで黙ってろ。

117 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 21:42:39
>>116

荒らすなよw何ネットで本気になってんのw 責任取る?そんな事態にはならない。
なったら俺は自宅から書き込んでるから責任を取らざるえんnだろうが、そうはならない。
なぜ文字通り万一の事まで考えて行動しなきゃならんのだ?そんな事ではタクシー
にも乗れんし、電車にも乗れん、それどころか外出も出来んだろw外で通り魔に
指されるかもしれないしなw お前が言ってるのは確率的にそんなレベルw

お前から見てズレテようがこんなとこで「正論」をだしてしらけるような事を言うな。
こんなとこでスレで例文を書こうが攻めて”権利関係者”の苦情があってからで
遅くないだろ? そんな物はこないしね。

それに700選も英文解釈教室も彼ら自身が作成した英文ではない。例文を何処かから無断で借用してきた
だけだ。それをここで乗せたからって問題ではない。しかも営利ではないし、
あいつらこそ「教育」の名の下に金儲けでどれだけ無断で他人の文章を引用と言うレベル
でなく無断でゴッソリ持て来て商業利用してきたか? 
大学の入試問題の話や出題された文の話はさっきした。彼らに文句を言う資格は無い。
てか700選自体が種本を丸写しした一品なのに。


万年茶帯氏もここで辞めたら中途半端だし何も心配する事はない。何よりもここでやってる事は営利ではないし
営利目的で著作権者に無断で模試や参考書、過去問などで暴利を貪って来た彼らにズベコベ
言われる筋合いはないのだ。 何なら俺も押入れの置くから同書を探して例文を載せるのは吝かではない。

とにかくお前こそギャーギャー騒ぐな。後付で屁理屈こねやがって。何が出版社の利益だ。
そんな事本当はどうでもいいくせにw

追伸 疑問文を多用したけどお前に回答を求めてないてか要らんから黙ってろよw

118 :もう一人のF.o.R.:2009/12/22(火) 22:02:22
荒れないで下さい。荒れてるの悲しいので、以下、ご容赦頂けませんでしょうか。茶帯さん。

87
Kyoto S
is A
internationally ad
famous aC
for its scenic beauty adでfamousにかかる。

adはaCにかかってるのかな。

著作権のことはよく分かりませんが、このスレ出典を明記して論文を書いたことはよくあります。

該当する情報の一次資料(外交文書)があったとしても、二次資料(例えば○○新聞)から引用なら問題無かったです。
茶帯さんは、これで商売してる訳でもないですし。

間違ってたら、すみません。

少なくとも、このスレが荒れると寂しいです。

119 :もう一人のF.o.R.:2009/12/22(火) 22:04:59
※すみません。脱字まくってたので、もう一回。

荒れないで下さい。荒れてるの悲しいので、以下、ご容赦頂けませんでしょうか。茶帯さん。

87
Kyoto S
is A
internationally ad
famous aC
for its scenic beauty adでfamousにかかる。

adはaCにかかってるのかな。

著作権のことはよく分かりませんが、出典を明記して論文を書いたことはよくあります。

該当する情報の一次資料(外交文書)があったとしても、二次資料(例えば○○新聞)から引用ならその旨明記すれば問題無かったです。
茶帯さんは、これで商売してる訳でもないですし。

間違ってたら、すみません。

少なくとも、このスレが荒れると寂しいです。

120 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/22(火) 23:22:24
>>112
なるほどね。この文章は僕も読んだことがあるとおもう
>>119
そのままだね。例文そのままでてる。
in the worldが抜けているだけか。>>112の引用からすると、S40年代にも京都は国際的な
観光地だったんだね。たしか桂離宮も外国人が文章に書いて日本人に見直されたらしい。

>>万年青さん
700選を久しぶりにみて懐かしかったし、あなたの解説を見ながら、そうだったのかと
思わされるところもあった。A is five minutes walk from the stationはAが駅から5分なんだと
思っていたが、本当は駅はあるんだね、駅から歩いて5分のところに。



121 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/23(水) 00:52:14
「著作権」、「引用」などのキーワードでねっ検索して
見たんだけど、出典などを明記すれば等々で引用OKにも
読めるんだけど、どなたに確認すると明確なんだろう。

どうせなら、すっきりしたいね。

122 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/23(水) 01:02:12
>>121
700選自体が引用だからいいんでないの?
あの本にも出典書いてないしw

123 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:39:27
>>119
同門の方が参加してくれてうれしいです。

>internationally ad
>famous aC
>for its scenic beauty adでfamousにかかる。

>adはaCにかかってるのかな。

御指摘の通り、internationallyもfor scenic beautyも
adでfamousにかかっていると思います。
失礼ながら、書式統一のため再掲させていただきます。
例文を掲載すると荒れるので、今後は省略します。

124 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:42:35
700選
□087

Kyoto:S
is:A
internationally:ad → famous
famous:aC
for its scenic beauty:ad  → famous
《参考》
for:前
its:a → beauty
代名詞の所有格形
scenic:a → beauty
beauty:forのO

125 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:44:11
700選
□088

This:a
butter:S
is:A
domestic:aC
domesticは限定用法で使うのが普通であるが、対照的に使う場合は叙述用法で使うこともあるようである。
but:+
it:S
=this butter
is:A
in no way:ad → inferior
inferior:aC
to imported butter:ad → inferior
to:前
inferiorやsuperiorなどラテン語由来の比較級の場合、toで呼応する。
imported:a|−B → butter
butter:toのO


126 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:45:59
700選
□089

Some:a
are:A
proud:aC
be proud of〜
of being:ad|A → proud
beingは動名詞
ignorant:aC
be igorant of〜「〜を知らない」
of such an important matter:ad → ignorant
such:a → matter
important:a → matter


127 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:47:46
700選
□090

You:S
must:aux
**********
《putを完全自動詞と考えた場合》
put:@
up:ad → put
with your new post:ad → put
your:a → post
new:a → post
post:n
《put up withを完全他動詞と考えた場合》
put up with:B
put up with〜「〜を我慢する」
your:a → post
new:a → post
post:O
**********
for the present:ad
「さしあたって、今は」
I'll:S aux
find:C
find A B は、第4文型で「AにBを見つけてあげる」
you:O1
better:a → place
place:O2
one of these days:副詞的目的格
「近いうちに」

128 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:49:14
700選
□091

translation:S
of the French novel:a → translation
of:前
French:a → novel
novel:ofのO
took:C
him:O1
more:O2
than three months:a → more
than:前
three months:thanのO


129 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:50:00
700選
□092

I:S
cannot:aux
afford:B
to leave:O│D
you:O
idle:aC
You:S
must:aux
take up:B
regular:a → occupation
occupation:O


130 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:51:03
700選
□093

No:a → one
one:S
in the neighborhood:a → one
believed:D
him:O
to be:aC│A
genius:aC
even after:接
he:S
had:aux
achieved:B
worldwide:a → fame
fame:O


131 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:51:54
700選
□094

spread:S
of personal computers:a → spread
enables:D
us:O
to enjoy:aC|B
global:a → communication
communication:O


132 :万年茶帯:2009/12/25(金) 18:53:30
700選
□095

I:S
could:aux
not:ad
get:D
S + get + ( O + to do 〜)「O が〜するという状態をgetする」
「誰かが私と一緒に行くという状態を手に入れられなかった」
anybody:O
to go:aC|@
with me:ad → to go
and so:
「そして、それで」→「だから」
and:+
so:ad
接続副詞。接続詞の働きを補うために接続詞とともに用いられる(青ロイヤル p.600)。
I:S
went:@
by myself:ad → went
「ひとりで」


133 :道場主:2009/12/25(金) 19:00:48
薬袋流品詞分解英文読解術
【伝授巻】

切紙:「英語ベーシック教本」
初伝:「英語リーディング教本」または「英語リーディングの秘密」または
   「英語構文のエッセンス Stage-1」
中伝:「英語構文のエッセンス Stage-2」
奥伝:「英語構文のエッセンス Stage-3」
皆伝:その他の薬袋宗師の著書すべて


134 :道場主:2009/12/25(金) 19:02:51
薬袋流品詞分解英文読解術
【修得段階】

白帯 : 初心者
     「英語リーディング教本」を読み始めたが、まだ読み終えていない段階
茶帯 : 初級者
     「英語リーディング教本」を最低1回は読んだが、まだマスターできていない段階
黒帯 : 中級者以上の総称

初伝黒帯 : 中級者
     「英語リーディング教本」を何度も読んで、ほぼマスターした段階以上
      初級者を指導できるレベル
助教(中伝黒帯): 準上級者
     「英語構文のエッセンス Stage-2」までをほぼマスターした段階
      中級者を指導できるレベル
師範代(奥伝黒帯): 上級者
     「英語構文のエッセンス Stage-3」までをほぼマスターした段階
      準上級者を指導できるレベル
師範(免許皆伝者): 名人・達人
      薬袋宗師の著書すべてをほぼマスターした段階
      上級者を指導できるレベル


135 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/25(金) 22:37:08
最近、通読したので茶帯ですね。

セクション40でいきなり4行に及ぶ長文がでてきてビックリした。
このあたりからよくわからなくなる。

136 :もう一人のF.o.R.:2009/12/25(金) 22:59:17
万年茶帯さん
数日間、記述無しだったので、周りの意見でやる気削がれたのかと心配してました。

がんばって下さい。応援してます。でしゃばって87は失礼しました。荒れてるの嫌だったので、流を戻したくて、やってしまいました。

ちなみに私も茶帯です。但し、教材は生講義。比較倒置の講義もあったけど、貴重な思い出に留まってます(笑)

ではまた茶々入れさせて頂きますm(_ _)m

137 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/25(金) 23:22:19
ファイナル30分どうぞ!!!

138 :万年茶帯:2009/12/26(土) 13:16:50
>>136
 もう一人のF.o.R.さん
応援ありがとうございます。

>数日間、記述無しだったので、周りの意見でやる気削がれたのかと心配してました。
 御心配おかけしました。道場開きの初日に大量に書き込んだら、4〜5日間アクセス制
限を食らってしまいました。昨日は10回書き込んだだけでアクセス制限を食らいました。
2度目からは厳しくなる見たいですね。今回はすぐに解除されましたが。というわけで、
御心配なく。今後は5つぐらいずつ書き込みます。

>でしゃばって87は失礼しました。
 いえいえ全然。どんどん書き込んでください。
 品詞分解については、疑問点は文法書等で確認はしていますが、間違いも多々あるかと
思います。もし、間違いに気づかれましたら、御教示お願いいたします。

>教材は生講義。比較倒置の講義もあったけど、貴重な思い出に留まってます(笑)
 と言うことは宗師直門(元・本部道場生)の方ですね。私は「英語リーディングの秘密」
と「リー教」を読んだだけですので、支部道場生か通教生ってところでしょうか(笑)。

>ではまた茶々入れさせて頂きますm(_ _)m
よろしくお願いいたしますm(_ _)m。


139 :万年茶帯:2009/12/26(土) 13:23:20
>>59
白帯Aさん

 遅レスですみません。
 「名詞の記述的目的格」というものを知らなかったので、初っ端の例文1で躓いてしま
いました。

 700選の品詞分解で、これまで「副詞的目的格」として解釈したものの中に、本当
は「記述的目的格」であるものがあるかも知れませんので、これまでの品詞分解した例文
すべてを見直してみます。

 700選で手一杯なので、残念ながら私には「最重要構文540」(吉ゆうそう著)の品詞分
解をやる余裕はありません。ごめんなさい。誰かやれる人がいたらお願いします。

140 :万年茶帯:2009/12/26(土) 13:24:35
《参考》 
これが初っ端から躓いた例文です。簡単な例文なのですが、品詞分解するとなると、
a long timeの品詞と働きがわからず困りました(もちろん名詞であることぐらいは
わかっていましたが)。

ゆうそう540
□001

It:S
is:A
a long time:記述的目的格 aC
since I saw you last:副詞節 → a long time
since:接
I:S
saw:B
you:O
last:ad → saw
《続く》


141 :万年茶帯:2009/12/26(土) 13:25:25
《続き》
 isがAで、a long timeを単なる名詞と考えるとnCとなり、副詞節は名詞を修飾できな
いので、isを修飾することとなります。直訳しようとしてもうまく訳せませんね。
 isが@であると考えると、a long timeは副詞的目的格ad (A)となり、副詞節はa long
timeを修飾することとなります。直訳すると「それ(時間)は、最後にあなたに会って
から長い時間にある」となり、変な感じがします。
 a long timeはisを介してItを説明しているので、上記のようにisはAで、記述的目的
格aC(形容詞補語)と考えるのが薬袋流の考え方だと思います。直訳は「それ(時間)
は、最後にあなたに会ってから長い時間である」となり、もっとも良さそうです。
 ちなみに、この例文は、「700選」の例文156の品詞分解に役立ちます。

142 :道場主:2009/12/26(土) 13:40:00
《名詞の記述的目的格》
・青ロイヤルでは「目的格が形容詞的に働く場合」:年齢・形・大小・色・値段・種類
 などを表す名詞が補語になったり、ほかの名詞を修飾したりして、形容詞的な働きを
 することがある。主格補語になる形が最も多い(青ロイヤルp.127)。
・英文法解説では、「目的格―(1)形容詞に相当する用法」(p.21)。
・英文法詳解では、「記述の目的格」(p.83)
・新マスターでは「記述的目的格」(p.117)
※「形容詞的目的格」という用語が一番ぴったりな感じがしますが、現実に文法書で使わ
 れている用語のうち、「副詞的目的格」と対応した形の「記述的目的格」という用語を
 当道場では採用する。
★ 「記述的目的格」と記載し、a(形容詞)と同様に扱う。

《名詞の副詞的目的格》
・青ロイヤルでは、「副詞的目的格」:時・距離・方法・程度などを表す名詞が、副詞的
 に働くことがある(青ロイヤルp.129)。
・英文法解説では、「目的格―(2)副詞的に使われる例」(p22)、「副詞的対格」(p23)。
・英文法詳解では、「副詞的目的格」(p.83)。
・新マスターでは、「副詞的目的格」(p.116)。
★ 「副詞的目的格」と記載し、ad(副詞)と同様に扱う。

【参考文献】
青ロイヤル:「徹底例解ロイヤル英文法〈改訂新版〉」綿貫陽ほか著
英文法解説:「英文法解説改訂三版」江川泰一郎著
英文法詳解:「英文法詳解」杉山忠一著
新マスター:「新マスター英文法」中原道喜著


143 :万年茶帯:2009/12/26(土) 14:20:41
 原則として、HNを付けている同門の方にだけレスさせていただく方針としました。
御容赦ください。
 
 解説サイトとは文法的解釈(品詞分解の仕方)が異なるところも多々ありますので、
興味と時間がある方は比べてみてください。


144 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/26(土) 15:10:24
>>143
偉そうに、何を独断で好き勝手してるんだよ
アンタのスレじゃないってのw
あんたが立てたにしろな。
そんな勝手な事がしたいなら自分でblogでも
サイトでも立ち上げな


145 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/26(土) 16:17:10
茶帯がどうするかは勝手だろ。
人に押しつけてるわけでもない。
お前みたいに。

146 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/26(土) 16:35:20
>>145

勝手ではないだろ?
自分のblogか?
2ちゃんでスレ立てたからって
スレは立てた人間の物でもなんでもない。

事実上HNを押し付けてるだろ?勝手なことすんなw
お前が出てけ!スレを立てたから自分の物だなんて傲慢も
はなはだしい!

何がお前だ、馬鹿野郎!!
掲示板なら俺がお前の親や祖父くらいの年齢である可能性だって
あるのに、リアルなら殺すぞ?テメー

147 :万年茶帯:2009/12/26(土) 17:06:42
>>143
コテハンでやるならトリップ付けた方がいいんじゃないか?
こういう風に騙りもできるし、トリップ無しだと同一人物の確認にはならんし、
なんのためのHNを要求なんだか。

148 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/26(土) 17:12:29
薬袋氏と伊藤氏は英文解釈の対極にあるようですが
なぜに伊藤氏の著作を薬袋流で解釈するの?

149 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/26(土) 17:25:43
>>148
対極と言っても文法なんて関係ない、英語は赤ん坊と同じように
自然に身に着けるべきと言う、トンデモに対しては両者とも同じような対極
に位置するだろう。両者が対極と言うのは同じ学派の中で争っているような物。

しかし本人がどう言おうと薬袋氏は目的と手段が転倒しているような印象を
免れ得ない。

150 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/26(土) 17:34:03
今日は豪華に鍋物です!!

151 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/26(土) 17:40:23
>>146
年配の方はそんな言い方はしない。言葉には気をつけたほうがいいぞ。
特に最後の1行。
冬休みか・・。めんどうな季節だな。

最後までやるなら酉は必要だと思うよ、万年茶帯さん。

152 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/26(土) 18:38:32
>>147
>>151
ご忠告ありがとうございます。


153 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/26(土) 18:41:40
>>147
同一人物の確認なんかいらん、
それが必要なら全ての板で必要になるだろ?
したけりゃ勝手にお前だけしてろw白帯君ww

154 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/26(土) 18:44:54
700選
□096

Every morning:副詞的目的格 → helps
she:S
helps:D
her:a → mother
mother:O
(to) prepare:C|B
breakfast:O
in the kitchen:ad → (to) prepare


155 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/26(土) 18:48:52
700選
□097

I:S
want:D
you:O
to be:aC|A
present:aC
at the wedding ceremony:ad → present
wedding ceremony:n
for:+
「判断の理由」を示す等位接続詞
you:S
are:A
old:a → friend
friend:nC
of the bridgegroom's:a → friend
of:前
the bridegroom's:ofのO
「新郎の友達」後ろのfriends が省略されている。


156 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/26(土) 18:50:24
700選
□098

While:接
I:S
**********
《waitを完全自動詞と考えた場合》
was waiting:@
for the rain:ad → was waiting
to stop:a|@ → rain
《wait forを不完全他動詞と考えた場合》
was waiting for:B
the rain:O
to stop:aC|@
**********
he:S
kindly:ad → gave
主文に対する話し手の評価を表す。
gave:C
me:O1
a ride:O2
a以下は動詞から派生した名詞がくる。


157 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/26(土) 18:51:32
700選
□099

You:S
can:aux
**********
《dependを完全自動詞と考えた場合》
depend:@
on the timetable:ad → depend
to tell:a|C  → timetable
《depend onを不完全他動詞と考えた場合》
depend on:D
time table:O
to tell:aC|C
**********
you:O1
when trains leave:名詞節 O2
「列車がいつ出るかを」
when:ad
疑問副詞
trains:S
leave:@


158 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/26(土) 18:52:56
700選
□100

He:S
has:B
such:a → a mild disposition
mild:a → disposition
disposition:O
that〜:副詞節 → such
that:接
I:S
have:aux
never:ad → heard
heard:D
him:O
speak:aC│@
原形不定詞の形容詞用法(叙述用法)
in a loud voice:ad → speak

159 :万年茶帯 ◇zIA2.FabXI:2009/12/26(土) 20:23:12
2ちゃん初心者なので、トリップなんて知りませんでした。

160 :万年茶帯 ◇zIA2.FabXI:2009/12/26(土) 22:02:10
図星です。

161 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/26(土) 22:04:21
◆と◇の違いについて語りましょう

162 :万年茶帯 ◇zIA2.FabXI:2009/12/26(土) 22:07:11
2ちゃん初心者なので、教えてください。

163 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/26(土) 22:34:33
>>151
お前こそ言葉に気をつけろ。俺より英語できない癖に黙ってなw

164 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/26(土) 22:43:23
>>163
日本語も不自由なくせに黙れカス

炬燵でミカンでも食って屁こいてろ、ばーか

165 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/26(土) 22:52:49
偉そうに命令してるヤツは無視で良いよ。

166 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/26(土) 23:13:09
>>164
何だと?!
明日の空気吸いたくねーのかキサマ!
テメーが記号読解に関心を持つなんて10年早いわ!

no.sooner..thanやit is..thatでも必死に覚えとけ!
そのレベルでさえお前の知ってるのは馬鹿でも知ってるas soon as
位だろうがなw

素質無い、英語の勉強なんて止めちまえ!

167 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/26(土) 23:35:49
言ってることに論理性ゼロだしいちいち煽り口調だし命令ばかりしちゃって。
余程ちやほや甘やかされて育っちゃったんでしょうなぁ。

168 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/27(日) 08:19:05
> no.sooner..thanやit is..thatでも必死に覚えとけ!
> 素質無い、英語の勉強なんて止めちまえ!

確かに矛盾してるね。

169 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/27(日) 11:18:27
まあ、冬休みですからね。

170 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/27(日) 13:23:43
144=146=163=166=統合失調白帯君?
153も?

171 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/27(日) 16:59:56
>>168
言ってるうちに考えが変わる事はあるだろ?このオタンコナスがw
荒らすんなら帰れ。

論理性云々言うけど俺より現国の偏差値高い奴は少なかったよww
君はその少ない人数に入れるのかねw

172 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/27(日) 17:02:45
>>170
140番台、150番代は知らん。てか700選なんかで
読解の練習をするようなレベルではねーよw

お前と違ってなwおばかちゃんパソコンのスイッチ切って
猛勉強しなwww

173 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/27(日) 17:53:22
167には反論しないの?

174 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/27(日) 18:03:59
昭和53(1978)年告示、昭和57(1982)年施行の「学習指導要領」
から、「現代国語」という科目はなくなりました。それ以来、科目
名は「現代文」が正式名称となっています。

175 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/27(日) 18:22:14
>>171
荒らしてる本人が「荒らすんなら帰れ」だって
( ´,_ゝ`)プッ


176 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/27(日) 18:25:07
>>173
そいつは面白がってもっと争わせて
高みの見物をしようとしてるだけだからなw
丸わかりw
さすがにそんな馬鹿に釣られる馬鹿はいない

177 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/27(日) 18:31:34
>>174
お前がハードな受験戦争を勝ち抜いて来てない事は良くわかったw
漢文や古文と区別する為に今でもその様に使われるてか昔そんな科目が
あった事なんて今知ったわw
可愛そうに低い偏差値でがんばってきたんだねw
基本英文700選で読解力をつける勉強wwww


178 :万年茶帯 ◇zIA2.FabXI:2009/12/27(日) 18:46:02
あんまりクダラナイ事言ってると剣道4段で今でも毎年インターハイ
に出場している私がお前を半殺しにするよ?

179 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/27(日) 22:12:05
◆と◇の違いについて教えてください

180 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/27(日) 22:25:12
>>178 半殺し?俺はもう死にそうだよw
インターハイ?あんた何十年高校生やってんの?
釣りか根本的な事が解ってないのがw
嘘って馬鹿には付けないんだね^^



181 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/27(日) 22:47:47
日本語でオッケー

182 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/27(日) 23:42:35
>>166
続けるべきか、止めるべきか?俺はどうすれば良いんだよw
assoon as答えてくれ〜




183 :もう一人のF.o.R.:2009/12/28(月) 00:09:33
700選
□101

I:S
saw:D
old:a → gentleman
gentleman:O
cross:C|B
street:O
and:+
enter:C|B
store:O
on〜.:ap → store

すみません。万年茶帯さん(本物)が戻ってくるまで流れが戻ればと思い・・・。

>>178
本当に剣道が強いなら、こういう状況はスルーできるだけの忍耐あるでしょ。
本当の相手は・・・。剣道の先輩より。偉そうにごめんね。


184 :もう一人のF.o.R.:2009/12/28(月) 00:22:47
700選
□102

I'll:S+aux
let:D
you:O
know:C|B
results:O
of the examination:ap → results
when〜.:副詞節 → let
they:S
are:A
available:C

怪しいので間違ってたら、どうぞ、ご指摘頂けますと助かります。

185 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/28(月) 15:20:32
>>183
白トリップは偽物。
◆を名前欄に入れると◇になるよ。

186 :◇◇◇◇◇◇◇◇:2009/12/28(月) 15:33:37
どれどれ
◆◇◆◇◆◇◆◇

187 : ◆PZHQdA9DnM :2009/12/28(月) 16:23:15
例えば「#F.O.R」と入れるとこうなる。
「#」に続けて文字列をいれると◆になるよ。

188 :◆7a6JaqYY2A :2009/12/28(月) 16:40:35
ふむふむ
♦#♥
♦ # ♥
& diams; # & hearts;



189 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/28(月) 19:03:17
101, 102はもう一人のF.o.R.さんが書いてくれた(間違いはないと思います)ので、
続きを載せます。

190 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/28(月) 19:04:33
700選
□103

uncle:S
made:D
me:O
serve:aC|@
原形不定詞の形容詞用法(叙述用法)
as interpreter:ad → serve


191 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/28(月) 19:05:19
700選
□104

I:S
would:aux
「意思・願望」
have:D
somebody:O
sweep:aC|D
原形不定詞の形容詞用法(叙述用法)
room:O
clean:aC


192 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/28(月) 19:06:21
700選
□105

As:接
「〜と同時に」
I:S
entered:B
pub:O
I:S
found:D
many:a → people
young:a → people
people:O
watching:aC|B
現在分詞の形容詞用法(叙述用法)
soccer game:O
on television:ad → watching



193 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/28(月) 19:07:24
700選
□106

I:S
'll:aux
have:D
you all:O
allは代名詞でyouと同格
speaking:aC|B
現在分詞の形容詞用法(叙述用法)
fluent:a → English
English:O
within a year:ad → speaking


194 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/28(月) 19:08:40
700選
□107

I:S
'm:A
sorry:aC
to have kept:ad|D
to不定詞の副詞用法
you:O
waiting:aC|@
so:ad → long
long:ad → waiting
visitor:S
has:aux
kept:D
me:O
busy:aC
till now:ad → kept


195 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/28(月) 19:42:21
700選
□108

I:S
must:aux
get:D
work:O
done:aC|−B
by the day after tomorrow:ad → get


196 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/28(月) 19:43:20
700選
□109

I:S
want:B
to have:O|D
letter:O
translated:aC|−B
into English:ad → translated
by tomorrow:ad → have


197 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/28(月) 19:44:07
700選
□110

I:S
had:D
my purse and commutation ticket:O
stolen:aC│−B
while〜:副詞節
while:接
I:S
was sleeping:@
in the train:ad → was sleeping


198 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/28(月) 19:47:06
700選
□111

Newspapers:S
always:ad → keep
keep:D
us:O
informed:aC|−B
inform A of B 「BについてAに知らせる」
of the events:ad → informed
**********
《takingを完全他動詞と考えた場合》
taking:a│B → events
place:O
《taking placeを完全自動詞と考えた場合》
taking place:a|@ → events
take place「起こる」 群動詞(2語で1つの自動詞)
**********
all over the world:ad → taking place
all:ad → over the world
over the world:ad →taking place


199 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/28(月) 20:06:48
空しく成らんか?万年茶帯ならぬ万年白帯くんw
まあ一度始めたんだから責任もって最後まで続けたまえ。ww


200 :万年茶帯 ◇zIA2.FabXI :2009/12/28(月) 22:08:47
空しくなったので終了します
万年白帯に改名します

201 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/28(月) 22:27:50
>>200
>>105
例文129まではやるって書いてたじゃないかーーーーーーーーーーーーーーーー

202 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/28(月) 22:35:09
自演荒しか…放置に限るな。

203 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/28(月) 22:48:53
>>202
馬鹿かw
便乗してきた奴をを自演認定なんて知性低すぎ!!
それで一人で見破ったつもりか、死ねよ。
お前が我慢すれば荒れないんだよ
荒らしが!


204 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/28(月) 23:12:28
>>199
結局お前が一番続けてほしいんじゃねえのか?

205 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/29(火) 10:43:13
図星かいっ!!

206 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/29(火) 17:46:17
>>203
荒らしてる本人がwwwwwwwwwwwwwww
( ´,_ゝ`)プッ


207 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/29(火) 18:39:22
アスペってわかったからDVにしたんじゃないか?!

208 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/29(火) 19:12:55
統合失調症じゃなかったの?

209 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/29(火) 20:22:43
リン先生のところを読む限りやはりそうみたいですね。

210 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/30(水) 16:45:51
700選
□112

I:S
**********
《spokeを完全自動詞と考えた場合》
spoke:@
to him:ad → spoke
《spoke toを完全他動詞と考えた場合》
spoke to:B
him:O
**********
in English:ad → spoke (to)
and:+
found:B
I could make myself understood :名詞節 O
Iの前のthatが省略されている。
I:S
could:aux
make:D
myself:O
understood:aC|−B


211 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/30(水) 16:46:40
700選
□113

She:S
bought:B
nice:a → toy
toy:O
for her child:ad → bought


212 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/30(水) 16:49:00
700選
□114

Americans:S
are said:−D
are said to do「〜すると言われている」
to regard:aC|D
regard A as B「AをBと同じと考える」
amount:O
of money:a → amount
a man makes:形容詞節 → money
a manの前の関係代名詞が省略されている。
man:S
makes:B
a manの前の省略された関係代名詞がO
as:前 Cの印
criterion:nC
「基準」 *複数形は criteria
of his ability:a → criterion


213 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/30(水) 16:50:19
700選
□115

He:S
looked upon:D
He looked upon A time as B time. 「彼は、A の時間を、B の時間と同じと考えた」
any:a → time
time:O
not:ad → spent
spent:a│−B → time
in study:ad → spent
as:前 Cの印
so:ad → much
much:a → time
lost:a|−B → time
time:nC


214 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/30(水) 16:51:30
空しく成らんか?万年白帯くんw
まあ一度始めたんだから責任もって最後まで続けたまえ。ww





215 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/30(水) 17:11:05
メイルブライドって珍しいか?

216 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/30(水) 19:32:48
700選
□116

friend:S
congratulated:B
him:O
on his finishing high school:ad → congratulated
on:前
「〜について」
his:finishingの意味上のS
finishing:onのO|B
high school:finishのO


217 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/30(水) 19:34:09
700選
□117

spread:S
of television:a → spread
has:aux
considerably:ad → derived
deprived:B
deprive A of B「AからBを奪う」
us:O
of our time:ad → deprived
of は「分離」を表す。
for reading:a|@ → time


218 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/30(水) 19:35:24
700選
□118

Excuse:B
me:O
for interrupting:ad│@ → Excuse
I:S
have:B
something:O to tellのO2
to tell:a│C → something
to不定詞の形容詞用法
you:O1


219 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/30(水) 19:36:29
700選
□119

He:S
made:B
make A of B「BでAを作る(材料Bは変化しない)」
make A from B「BでAを作る(材料Bは変化する)」
little:a → statue
statue:O
out of soft clay:ad → made
out of:群前置詞
outは省略可能。
A out of B 「Bから外にAを取り出す・出す」→「BをAに変化させる」


220 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/30(水) 19:38:20
700選
□120

On leaving school:ad → presented
on 〜ing「〜すると〔すぐに〕」
on:前
leaving:onのO│B
動名詞
school:O
we:S
presented:B
present A with B「AにBをプレゼントする」
withは省略可能。省略した場合のpresentedの動詞型はC、文型は《SVOO》となる。
him:O
with a table clock:ad → presented
as a token:ad → presented
as a token of 〜「〜のしるしとして」
of our thanks:a → token


221 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/31(木) 12:31:36
700選
□121

I:S
regret:B
that〜:名詞節 O
that:接
previous:a → engagement
engagement:S
prevents:B
prevent ... from 〜ing「... が 〜することを妨げる」
I regret that S prevents A from B.
「私は残念に思います、SがAの邪魔をしてBさせないことを」
→「Sのせいで、AがBできないのを残念に思います。」
me:O
from accepting:ad│B
kind:a → invitation
invitation:O


222 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/31(木) 12:32:21
700選
□122

picture:S
reminds:B
remind A of B「AにBを思い出させる」
me:O
of the good old days:ad
of :前
「〜について」
good:a → days
old:a → days
days:ofのO


223 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/31(木) 12:33:15
講義CD パーフェクト講座SAの第11講 1周目
講義CD 最高峰の講義録トップαの第3講 1周目
講義CD 灘高キムタツの英語リスニング 1周目

224 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/31(木) 12:33:37
700選
□123

stranger:S
tapped:B
me:O
on the shoulder:ad → tapped
from behind:ad → tapped
He:S
**********
《tookを完全他動詞と考えた場合》
took:B
me:O
for some other person:ad → took
《tookを完全不他動詞と考えた場合》
took:B
me:O
for some other person:aC
**********
I'm sure:
「確かに」<断言の強調>sureは主観による確信を示す。
I:S
'm:A
sure:aC


225 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/31(木) 12:35:15
600選
□124

girls:S
are:A
twins:nC
We:S
can:aux
hardly:ad → tell
tell:B
can tell A from B「B から離して、Aを認識して言える」→「AをBと区別できる」
one:O
from the other:ad → tell


226 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/31(木) 12:35:57
700選
□125

Low:a → temperatures
temperatures:S
turn:B
water:O
into ice:ad → turn


227 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/31(木) 12:39:44
700選
□126

I:S
try:B
to talk:O│B
him:O
out of the project:ad → to talk
out of:群前置詞
but:+
in vain:ad → tried
in:前
vain:a


228 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/31(木) 12:41:24
700選
□127

When:接
he:S
begins:B
to do:O|B
anything:O
he:S
devotes:B
himself:O
to it:ad → devotes


229 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/31(木) 12:42:42
700選
□128

Help:B
yourself:O
to anything:ad → Help
you like:形容詞節 → anything
you:S
like:B
Oはyouの前の省略された関係代名詞


230 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/31(木) 15:32:51
700選
□129

I:S
**********
《lookを完全自動詞と考えた場合》
look:@
to him:ad → look
《look toを完全他動詞と考えた場合》
look to:B
群動詞(2語で1つの他動詞として扱う)
look to 〜「〜の方を見る」→「〜を頼る」
him:O
**********
for direction:ad → look (to)
in everything:ad → look (to)


231 :万年茶帯 ◆zIA2.FabXI :2009/12/31(木) 15:57:08
前に書いたとおり(>>105)、一応例文129までやったので、いったん終了します。
あとはここで、続きをやるか、別の物をやるか、もうやめるか、しばらく考えます。


232 :名無しさん@英語勉強中:2009/12/31(木) 17:40:10
勝手にブログででもやってろ

233 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/01(金) 14:20:03
お年玉でエッセンスDVD買える?

234 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/01(金) 19:31:42
無理

235 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/03(日) 23:55:20
悔しいです

236 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/04(月) 00:39:59
そうはいっても変なのしか残ってないし、最小限の犠牲だと思うよ。

237 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/04(月) 13:01:55
エッセンス買った人いる?

238 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/04(月) 13:17:50
持ってますよ
何か聞きたいことでもあります?

239 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/04(月) 19:38:28
エッセンス全部やり終えたら、700選を全部簡単に品詞分解できるようになりますか?

240 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/04(月) 21:07:31
確か親分が質問を考えているはず。



241 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/07(木) 01:41:47
必ず品詞分解できるようになります。ただし、全てのCDを買って下さい。
そして、薬袋先生の著作も最低一冊ずつ全て購入し、友達15人にそのよう
に薦め、実際に彼らが首尾よく購入すれば、必ず品詞分解できるようになります。

242 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/07(木) 01:43:12
もういいから寝ようぜ

243 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/07(木) 03:05:05
>>230
なんで129までなんだよw自分が面倒だからって勝手に区切るなよw

244 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/07(木) 07:52:53
>>243
エッセンスの全てのCDを買って下さい。そして、薬袋先生の著作も最低一冊ずつ全て購入し、
友達15人にそのように薦め、実際に彼らが首尾よく購入すれば、必ず品詞分解できるように
なります。そうすれば、万茶さんにたよらなくても、簡単にご自分で続きをやれます。


245 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/07(木) 13:01:54
>>244
吉井君?

246 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/07(木) 14:03:53
>>243
お前のせいで空しくなってやめたんだろw
お前が責任とって続きをやれよww
実力あるんだろwww統合失調白帯君wwww

247 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/07(木) 14:22:23
>>244
こいつ(>>243)には友達が一人もいないから無理だよ

248 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/07(木) 19:50:52
>>243
結局お前が一番続けてほしいんじゃねえのか?

249 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 01:01:24
別に非難してるわけじゃないんですけど、薬袋先生のアプローチっていわゆる普通の
品詞分解のアプローチと同じなんですか?仰々しく名前までつけちゃってるので、何か
オリジナリティがあるんだと思いますが、リー教と真実をやった限り、普通の品詞分解
の本と何が違うんだかわかりません。

250 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 01:18:21
>>249
システマチックにするために用語を割り切って定義しているが
それが英語学?の用語の通常の定義とずれてるらしい

そういう外からの批判を避けるためにわざわざFORでは〜としますと
前置きをおいて閉じた世界にして用語を定義してるのではないかと書いてたぞ



本スレの最初のほうにそんなこと書いてる人がいたよ。



251 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 01:29:50
英語学の通常の定義なんてどうでもいいよなwそんな低偏差値の馬鹿が専攻する
ような領域の話は。

252 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 07:57:03
>>251
どうでもいいけど、早く続きやれよwww
他人のことを低偏差値って馬鹿にできるのなら
実力あるんだろ??wwww統合失調白帯君wwwww

253 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 12:54:48
130の品詞分解どうぞ!

254 :万年茶帯 ◇zIA2.FabXI :2010/01/08(金) 19:02:54
700選
□113

She:S
bought:B
nice:a → toy
toy:O
for her child:ad → bought


255 :万年茶帯 ◇zIA2.FabXI :2010/01/08(金) 19:04:14
700選
□027 I remember reading the book three times when I was young.

I:S
remember:B
reading:O|B
動名詞
book:O
three times:副詞的目的格
when I was young:副詞節
when:接
I:S
was:A
young:aC


256 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 19:13:28
>>252
お前は白帯以下 入門を許可されないレベルw
中学レベルを完璧にしてから又来てくださいってw

257 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 19:38:34
>>256
結局、品詞分解なんてできない知恵遅れだったんだねw
統合失調症白帯君ww
やれるのはコピペだけかいwww

258 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 19:49:35
>>257
悔しいのかw俺以外の人間と俺を何度も間違えてるしなw

259 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 20:02:33
>>258
どうでもいいからとっとと続きやって見せろよw
知恵遅れの統合失調症患者君ww
絶対に無理だろうけどなwww


260 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 21:14:28
鬼でしょう?

261 :万年茶帯 ◇zIA2.FabXI :2010/01/08(金) 21:14:49
 ↑
これらのような不愉快な書き込みばかりなので、
今後ここには書き込みしないことにしました。
もうここには絶対に来ません。

応援してくださったほんの一部の方への責任上、
続きは近い将来ブログで再開する予定です。

262 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 21:16:29
>>259
お前がやれw無理だよw 英語と日本語が出来れば薬袋流に表示できる訳でないからw
はっきり言って手段と目的を見誤ってる。
英語を分解して一々日本語の術語に当て嵌める事と英語を読む事は別だから。
要するに骨格や係りが見抜ければいいんだから。伊藤和夫だって薬袋はやり杉って
言うだろうよw

263 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 21:21:24
>>261
面倒くさくなtった事と自分の実力のなさに対するいいわけ。

お前は129まで品詞分解するためにスレ立てたわけ?

無意味にスレ立てて放り投げるなんざ、荒らし以外の何物でもないぞw

お前のような人間が増えたらこの板はどうなる?ここはぜんぜんdat落ちしないから、
お前のようなやつが増えればスレが氾濫する事になってしまう。

お前は要するに自分さえよければいいんだな?

264 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 21:26:36
>>261
万年茶帯 ◇zIA2.FabXIはそれでいいよ。

ここのスレ主は、
万年茶帯 ◆zIA2.FabXIだろ?

265 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 21:33:34
悪い意味じゃなくてタンとかにいてこっちに住みたい人と
ちゃんと結婚するといいよ。

266 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 22:11:54
>>263
偽物に釣られた馬鹿発見!!

267 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/08(金) 22:40:35
>>263
お前よっぽど続きをやってほしいみたいだね
素直になって「万年茶帯 ◆zIA2.FabXI」に土下座してお願いすれば?

268 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/12(火) 00:00:23
なんだスレ立てして勝手に放棄かw 3日坊主だなwww

269 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/12(火) 00:01:05
koko

270 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/12(火) 14:31:29
>>268
お前よっぽど続きをやってほしいみたいだね
素直になって「万年茶帯 ◆zIA2.FabXI」に土下座してお願いすれば?

271 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/12(火) 16:43:08
>>270
結局、品詞分解なんてできない知恵遅れだったんだねw
統合失調症白帯君ww
やれるのはコピペだけかいwww


272 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/12(火) 17:24:50
>>271
悔しいのかw俺以外の人間と俺を何度も間違えてるしなw

273 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/12(火) 17:31:18
>>272
どうでもいいからとっとと続きやって見せろよw
知恵遅れの統合失調症患者君ww
絶対に無理だろうけどなwww


274 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/12(火) 19:06:24
>>273
お前がやれw無理だよw 英語と日本語が出来れば薬袋流に表示できる訳でないからw
はっきり言って手段と目的を見誤ってる。
英語を分解して一々日本語の術語に当て嵌める事と英語を読む事は別だから。
要するに骨格や係りが見抜ければいいんだから。伊藤和夫だって薬袋はやり杉って
言うだろうよw

275 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/12(火) 19:34:59
>>274
お前は白帯以下 入門を許可されないレベルw
中学レベルを完璧にしてから又来てくださいってw

276 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/12(火) 20:26:10
荒らさないでください。このスレッドに恨みでも?
これから1000まで同じ事繰り返すつもりで?

277 :仮面ライターF.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/01/13(水) 22:16:18
700選
□130

That he is innocent:名詞節 S
That:接
he:S
is:A
innocent:aC
is:A
quite:ad → certain
certain:aC

278 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/13(水) 23:59:41
勇者光臨!

279 :仮面ライターF.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/01/14(木) 18:41:40
Kamen Writer F.o.R.
700選
□131

Whether you will succeed or not:名詞節 S
Whether:接
you:S
will:aux
succeed:@
or:+
not:ad
〜〜〜〜〜
《dependsを完全自動詞と考えると》
depends:@
upon your own efforts:ad
《depends uponを完全他動詞と考えると》
depends upon:B
own:a → efforts
efforts:O
〜〜〜〜〜


280 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/14(木) 21:34:46
上の方に「700選は例文を他の本から取ってきているから、ここで例文を転載しても問題ない」と言ってる奴がいたが
今売ってる新700選は駿台文庫の手によって例文を改訂しているので、転載することは著作権法違反にあたる。

「クジラの構文」のような例文には著作権がないと考えられているが、700選は例文の選定・配列・分類を行って
作られた編集著作物なので、その例文の選定・配列・分類をパクるのは盗作に当たる。
ttp://park2.wakwak.com/~willway-legal/copyright.006.html

281 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/14(木) 21:41:11
>>280
うぜー消えろw
前論破されたのかよほど悔しいのかw
そんなだれも知りたくない事知らせんなよw

き・え・ろ!


282 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/14(木) 22:00:48
>>280
よほど悔しかったんだなwww

283 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/14(木) 23:27:11
論破した"つもり"なだけだろ。
いつまでこのスレに張り付いてるんだよカスw

284 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/14(木) 23:38:27
おまえそんなに構って欲しいのかwカス
お前こそどんだけここに張り付いてるんだよw
まあ理屈が通じない馬鹿は決して論破される事は無いだろうがなww
惚けたり詭弁や逆ギレすればいくらでも誤魔化せるもんなw

そんな意味でお前はもっとクズww

285 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/15(金) 02:12:14
>>281-284
これはひどい自演

286 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/15(金) 17:18:00
>>285
これは酷い馬鹿w
そう見えるのは奇特なお前だけ。


287 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/15(金) 18:14:54
280−286が自演じゃないの?てかこのスレ全てが自演だったりしてw

288 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/15(金) 22:16:28
そんなことはじえんじえんありません

289 :◇◇◇◇◇◇◇◇:2010/01/16(土) 00:26:32
THE END

290 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/16(土) 08:23:01
うまい

291 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/18(月) 01:03:30
テーレッテレー

292 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/19(火) 21:40:48
英語リーディング教本を買いましたが、さっぱりわかりません。
これって私のレベルが低いからですかね?

293 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/19(火) 22:40:49
しらね。気にせずわかりそうな本読めばよろし。
相性ってのがあるのかも。

294 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/19(火) 23:05:21
皆さんは理解できますか?簡単だと思いますか?


295 :名無しさん@英語勉強中:2010/01/19(火) 23:07:36
次行っちゃいなさいよ。時間もったいないから。

296 :名無しさん@英語勉強中:2010/02/17(水) 23:36:45
ははーんとはおもうけどなかなか慣れないよねw

297 :名無しさん@英語勉強中:2010/02/27(土) 07:28:24
よし、次。
だれだ?

オレ?違うよ。

298 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/02/27(土) 08:48:09
700選
□132

What is most necessary for young men today:名詞節S
What:S
関係代名詞
is:A
most:ad → necessary
necessary:aC
for young men:adp → necessary
〜〜〜〜〜
《todayを副詞と考えると》
「現今,若い人たちにいちばん必要なのは」
today:ad → necessary
「今日(こんにち)では,現今では,このごろは《◆通例現在形で用いる》」(⇒G大)
*todayをap(記述の目的格)ととらえて,young menを修飾すると考える事も可能では?
《todayを記述の目的格と考えると》
「今の若い人たちにいちばん必要なのは」
today:ap(記述の目的格) → men
〜〜〜〜〜
is:A
to develop:nC|B
habit:O
of thinking:ap│@ → habit
thinkingは動名詞
for themselves:adp → thinking

299 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/02/27(土) 08:49:34
700選
□133

Just when the first human beings will reach Jupiter:名詞節S
Just:ad → when
「〈疑問詞を強めて〉いったい《◆いらだちを暗示》」(⇒G大)
when:ad
疑問副詞
first:a → human beings
human beings:S
will:aux
reach:B
Jupiter:O
remains:A
remain to be done「まだ〜されていない,これから〜されることである」
to be seen:aC|−B
It remains to be seen「今はわからない」

300 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/02/27(土) 08:50:59
700選
□134

How much we still have to pay for peace:名詞節S
How:ad → much
疑問副詞
much:aのn的用法 payのO
辞書によって「代名詞」や「名詞」とされているが,Howという副詞によって修飾されているので,「形容詞の名詞的用法」とした.
we:S
still:ad → pay
have to:aux
pay:B
for peace:adp (A) → pay
is:A
riddle:nC

301 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/02/27(土) 23:23:28
700選
□135

first:a → lesson
great:a → lesson
lesson:S
that a young man should learn:形容詞節 → lesson
that:learnのO
関係代名詞
young:a → man
man:S
should:aux
learn:B
is:A
that he knows nothing:名詞節C
that:接
he:S
knows:B
nothing:O


302 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/02/27(土) 23:24:26
700選
□136

fact:S
is:A
that I don't know anything about him:名詞節C
that:接
I:S
don't:aux・ad → know
not〜anyは全体否定「どれも〜ない」
know:B
anything:O
about him:ap → anything


303 :名無しさん@英語勉強中:2010/02/28(日) 12:45:38
700選はもういいよ。すでにサイトまであるんだから。
それより、『解釈教室』だろ。

早速こいつをやってみろ!

The freshness of a bright May morning in this pleasant suburb of Paris had its effect on the little traveler.

304 :名無しさん@英語勉強中:2010/02/28(日) 14:07:52
この気分のよいパリ郊外の5月の明るい朝のさわやかさが,ちいさな旅人の気持ちに影響を与えた.
freshman:S
of a bright May morning:a  → freshness
in this pleasant suburb:a → morning
of Paris:a → suburb
had:B
effect:O
on the little traveler:ad → had

305 :名無しさん@英語勉強中:2010/02/28(日) 14:50:46
それより『300選』をやってくれよ。

306 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/02/28(日) 18:11:43
教室
□1.1.1

freshman:S
of a bright May morning:ap  → freshness
in this pleasant suburb:ap → morning
of Paris:ap → suburb
had:B
effect:O
on the little traveler:adp → had


307 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/02/28(日) 18:14:20
700選
□137

This:a → house
house:S
〜〜〜〜〜
《is situatedを受動態と考えると》
is situated:−B
conveniently:ad → is situated
《situatedを形容詞と考えると》
is:A
conveniently:ad → situated
situated:aC
〜〜〜〜〜
but:+
trouble:S
is:A
that it is too small for my large family:名詞節C
that:接
it:S
is:A
too:ad → small
small:aC
for my large family:adp → small

308 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/02/28(日) 18:15:41
700選
□138

test:S
of a great book:ap → test
is:A
whether we want to read it only once or more than once:名詞節C
whether:接
we:S
want:B
to read:O|B
to不定詞の名詞用法
it:O
only:ad → once
once:ad → to read
or:+
only onceとmore than onceを接続
more:ad → to read
than once:adp → more
─────
than:前
once:n
─────

309 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/02/28(日) 18:16:49
700選
□139

That:S
is:A
what the British people expect of their Queen:名詞節C
what:expectのO
関係代名詞
British:a → people
people:S
expect:B
expect A of [from] B「B(人)にA(事柄)を期待する」
of their Queen:adp (A) → expect

310 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/02/28(日) 18:19:47
700選
□140

《such, the same, as, soが付いた名詞を先行詞にする関係代名詞asの制限用法》(⇒エッセンスS-2 p.73)(⇒例文473)
Choose:B
such:a → friends
friends:O
as will benefit you:形容詞節 → friends
as:S
関係代名詞
will:aux
benefit:B
you:O
they say:挿入句
That:S
is:A
why I am on intimate terms with Mr. Aoki:名詞節C
whyの前のthe reasonが省略されている.the reasonが省略されていなければ,この節は形容詞節になる.
why:ad → on intimate terms
関係副詞
I:S
〜〜〜〜〜
《on intimate termsを形容詞句と考えると》
am:A
on intimate terms:apC
on intimate termsはamを介してIを説明しているので,形容詞句と考える.(⇒「英語の文型」安藤貞雄著)
《on intimate termsを副詞句と考えると》
am:@
on intimate terms:adp (A) → am
〜〜〜〜〜
with Mr. Aoki:ap → terms

311 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/07(日) 18:06:54
薬袋先生って朝日新聞や毎日変態新聞が好きなタイプの人間なの?
思考力を磨く英文解釈に、
「日本国民と日本政府も2つの点を反省すべきである。
 まず第一に、戦前の侵略的外交政策と
 東アジアおよび東南アジアにおける残虐行為に
 対する責任を認めることに、なぜ日本はそれほど難色を示すのか?」
という内容の英文が採用されてるんだけど。


312 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/07(日) 18:37:17
700選
□141

This:S
is:A
how he solved the difficult problem:名詞節C
how:ad → solved
関係副詞
howの代わりにthe wayを用いてもよい.
先行詞は取らないので,the way howにはならない.
he:S
solved:B
difficult:a → problem
problem:O

313 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/07(日) 18:38:25
700選
□142

question:S
is:A
not:ad → is
so:ad → much
much:ad → is
what it is:名詞節C
whatを疑問代名詞と考えると「それが何であるのか」
whatを関係代名詞と考えると「それの本当の姿」
what:nC
疑問代名詞または関係代名詞
it:S
is:A
as how it looks:副詞節 → so
as:接
how it looks:名詞節
「それがどのように見えるのか」
howの前のthe question isが省略されていると考えると,省略されていない場合には,この名詞節はCとなる.
how:ad (A)
疑問副詞
it:S
looks:@
《構文の解釈》
not so much A as B「AというよりはむしろB」
「問題は,『それがどのように見えるのか』であるということと同じほど(as),それほど(so)大いに(much)『それが何であるのか』であるというわけではない」
 ↓
「問題は,『それが何であるのか』ではなく『それがどのように見えるのか』である」
 ↓
「問題は,その本質よりもむしろ外観である」

314 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/07(日) 18:39:12
700選
□142 (comment)
He is not so much a scholar as a journalist.

彼は学者というよりむしろジャーナリストである.

He:S
is:A
not:ad → is
so:ad → much
much:a → scholar
soによってmuchが不定冠詞aの前に引き出されたと考える.
scholar:nC
as a journalist:副詞節 → so
as:接
journalist:nC
a journalistの前にhe isが省略されていると考えると,省略されていない場合にはこの名詞はnCとなる.
《構文の解釈》
「彼は,(彼が)ジャーナリストであるのと同じほど(as)それほど(so)大した(much)学者であるわけではない」
 ↓
「彼は学者というよりむしろジャーナリストである」

315 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/07(日) 18:40:09
700選
□143

They:S
say:B
that in tropical countries people usually marry in their teens:名詞節O
that:接
in tropical countries:adp → marry
people:S
usually:ad → marry
marry:@
in their teens:adp (A) → marry

316 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/07(日) 18:41:20
700選
□144

I:S
could:aux
not:ad → persuade
〜〜〜〜〜
解説サイトでは《SVOA》(第3文型の特殊型)としているが,ロイヤル英和・新グローバル・プログレッシブ・ライトハウスは第4文型《SVOO》としている.G4・G大は第何文型かは明示していない.
《persuadeを授与動詞と考えると》
persuade:C
him:O
that it was true:名詞節O
《persuadeを完全他動詞と考えると》
persuade:B
him:O
(of) that it was true:adp (A) → persuade
thatの前のofが省略されている.省略しなければいけない.
that it was true:名詞節
〜〜〜〜〜
that:接
it:S
was:A
true:aC

317 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/07(日) 18:42:08
700選
□145

You:S
may:aux
invite:B
whoever wants to come:名詞節O
whoever:S
複合関係代名詞 「〜する人はだれでも」
wants:B
to come:O|@
to不定詞の名詞用法

318 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/07(日) 18:48:46
いや、だからさ、700選はもうすでに品詞分解されているじゃないか。
他のテキストで頼むよ。

319 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/07(日) 22:04:09
700選は文法事項と構文が網羅されてるから、これをF.o.R.方式で全部品詞分解したら、
「英語構文のエッセンス」を買う必要がなくなってしまうじゃないか。もうやめてくれ。

320 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/07(日) 22:23:01
やめたところでサイトはすでに2つもあるしな

品詞分解された665の例文を収録してる
山口俊治の総合英文読解ゼミ
というのもあるし

321 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/08(月) 12:45:08
700選
□146

She:S
did:aux
not:ad → overlook
overlook:B
whatever difference there was between what was right and what was wrong:
名詞節O
ex. There was some difference between what was right and what was wrong.
whatever:a → difference
複合関係形容詞
difference:S
there:誘導副詞
was:@
between what was right and what was wrong:adp → was
─────
between:前
what was right:名詞節
whatが関係代名詞であると考えると「正しいもの」
whatが疑問代名詞であると考えると「何が正しいか」
what:S
was:A
right:aC
and:+
what was wrong:名詞節
whatが関係代名詞であると考えると「正しくない[間違っている]もの」
whatが疑問代名詞であると考えると「何が正しくない[間違っている]か」
what:S
was:A
wrong:aC
─────

322 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/08(月) 12:47:10
700選
□147

〜〜〜〜〜
《buyingを動名詞と考えると》
Before buying:adp|B → ask
─────
Before:前
buying:n|B
動名詞
─────
《buyingを分詞構文と考えると》
Before:接
buying:ad|B → ask
〜〜〜〜〜
anything:O
you:S
had better:aux
ask:C
yourself:O
whether you cannot do without it:名詞節O
whether:接
you:S
cannot:aux・ad → do
〜〜〜〜〜
《doを完全自動詞と考えると》
do:@
without it:adp → do
《do withを完全他動詞と考えると》
do without:B
it:O
〜〜〜〜〜

323 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/08(月) 12:51:11
700選
□148

You:S
will:aux
never:ad → know
know:B
what they went through to educate thier children:名詞節O
〜〜〜〜〜
go through〜「〜(苦難など)を経験する」
《wentを完全自動詞と考えると》
what:throughのO
関係代名詞
they:S
went:@
through―:adp → went
─────
through:前
throughのOはwhat
─────
《went throughを完全他動詞と考えると》
what:went throughのO
they:S
went through:B
〜〜〜〜〜
to educate:ad|B → went (through)
to不定詞の副詞用法
children:O

324 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/08(月) 12:54:07
700選
□149

letter:S
does:aux
not:ad → say
say:B
what time she will come up to Tokyo:名詞節O
what time:副詞的目的格 → come (up)
─────
what:a → time
疑問形容詞
time:n
─────
she:S
will:aux
come:@
up:ad → come
to Tokyo:adp → come

325 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/08(月) 12:54:57
700選
□150

We:S
cannot:aux・ad → tell
tell:B
how much that great statesman has done for his country:名詞節O
how:ad → much
疑問副詞
much:ad → done
that:a → statesman
great:a → statesman
statesman:S
has:aux
done:@
for his country:adp → done

326 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/08(月) 18:09:38
>>320
665?
あれってもっとありそうじゃない?


327 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/08(月) 19:30:18
>>326
品詞分解されてるのはそんくらい
品詞分解されてない応用文例はさらに300くらいある

328 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/09(火) 14:19:14
700選
□151

They:S
〜〜〜〜〜
《wer disappointedをdisappointの受動態と考えると》
were disappointed:−B
(前) that you could not come:adp (A) → were disappointed
thatの前のby, in, withなどが省略されている.省略しなければいけない.
that you could not come:名詞節 → were disappointed
《disappointedを形容詞と考えると》
were:A
disappointed:aC
(前) that you could not come:adp (A) → disappointed
thatの前の前置詞by, in, withなどが省略されている.省略しなければいけない.
that you could not come:名詞節 → disappointed
〜〜〜〜〜
that:接
you:S
could:aux
時制の一致
not:ad → come
come:@


329 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/09(火) 14:20:14
700選
□152

I:S
am:A
afraid:aC
(of) that I shall not be free till the examination is over:adp (A) → afraid
thatの前のofが省略されている.省略しなければいけない.
that I shall not be free till the examination is over:名詞節
S be afraid of N
『(⇒リー教p.136)従属接続詞のthatが作る名詞節が前置詞の目的語になるときは,in・except・but・save以外の前置詞は省略される(省略しなければいけない).接続詞のthatも省略されることがある(省略しなくてもよい).』
that:接
I:S
shall:aux
単純未来
not:ad → be
be:A
free:aC
till the examination is over:副詞節
till:接
examination:S
〜〜〜〜〜
over「終わって,済んで」は,プログレッシブ・ライトハウス・リーダーズ英和では形容詞とされているが,ロイヤル英和・新グローバルでは副詞とされている.G4・G大では副詞の項に記載されているが,《◆形容詞とも考えられる》と付記されている.
《overを副詞と考えると》
is:@
over:ad (A) → is
《overを形容詞と考えると》
is:A
over:aC
〜〜〜〜〜

330 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/09(火) 14:21:11
700選
□153

I:S
am:A
sure:aC
(of) I met him somewhere:adp (A) → sure
名詞節の前のofが省略されている.省略しなければいけない.
I met him somewhere:名詞節
I:S
met:B
him:O
somewhere:ad → met
but:+
I:S
do:aux
not:ad → remember
remember:B
who he is:名詞節 O
who:nC
疑問代名詞
he:S
is:A

331 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/09(火) 14:22:01
700選
□154

I'm:S・A
not:ad → 'm
certain:aC
(of) where this ought to be put:adp (A) → certain
whereの前のofが省略されている.省略しなければいけない.
where this ought to be put:名詞節
where:ad → be put
疑問副詞
this:S
ought to:aux
be put:−B

332 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/09(火) 14:22:59
700選
□155

It:S
「距離」を表す非人称のit
was:A
less:aC
than one kilometer:adp → less
─────
than:前
one:a → kilometer
kilometer:n
─────
to the village post office:adp → than one kilometer
But:+
it:S
「天候」を表す非人称のit
was raining:@
and:+
road:S
was:A
muddy:aC

333 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/10(水) 12:51:54
□156

It:S
「時間」を表すit
is:A
only:ad → a few
a few:a → months
only a few「ほんの少ししかない」
months:nC
since that Frenchman came to Japan:副詞節
since:接
that:a → Frenchman
Frenchman:S
came:@
to Japan:adp → came
but:+
he:S
speaks:B
Japanese:O
very:ad → well
well:ad → speaks

334 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/10(水) 12:53:01
□157

I:S
believe:B
it will be quite a long time before the spirit of democracy pervades our daily life:
名詞節O
it:名
「時間」を表す非人称のit
will:aux
be:A
quite:ad → long
long:a
time:nC
before the spirit of democracy pervades our daily life:副詞節
before:接
spirit:S
of democracy:ap → spirit
pervades:B
daily:a → daily
life:O

335 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/10(水) 12:53:46
□158

It:仮S
is:A
easy:aC
to form:真S│B
plan:O
but:+
it:仮S
is:A
difficult:aC
to carry:真S│B
it:O
=a plan
out:ad → to carry

336 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/10(水) 12:54:31
□159

It:仮S
is:A
too:ad → much
much:aC
no:a → exaggeration
exaggeration:nC
to say:真S|B
that this is the age of information technology:名詞節O
that:接
this:S
is:A
age:nC
of information technology:ap → age

337 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/10(水) 12:55:36
□160

It:仮S
このitは「時間」を表す非人称のitとも考えられる.
took:C
me:O
about:ad → two hours and a half
名詞修飾
two hours and a half:O
to dig:真S│B
hole:O
〜〜〜〜〜
《one meter, two metersを記述の目的格と考えると》
「直径1メートル,深さ2メートルの穴を掘る」
one meter:ap(記述の目的格) → hole
in diameter:adp → one meter
and:+
two meters:ap(記述の目的格) → hole
in depth:adp → two meters
《one meter, two metersを記述の目的格と考えると》
「穴を直径1メートル,深さ2メートルで掘る」
one meter:副詞的目的格 → to dig
in diameter:adp → one meter
and:+
two meters:副詞的目的格 → to dig
in depth:adp → two meters
〜〜〜〜〜

338 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/11(木) 14:24:21
□161

it:仮S
cost:C
me:O
ten thousand yen:O
to have:真S|D
television set:O
repaired:aC|−B

339 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/11(木) 14:26:34
□162

It:仮S
is:A
advisable:aC
for a person:S'
to不定詞の意味上の主語
that節で書き換えると,
It is advisable that a person (should) acquire an accomplishment.
to acquire:真S│B
accomplishment:O

340 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/11(木) 14:27:21
□163

It:仮S
is:A
very:ad → kind
kind:aC
of you:S'
補語が人の性質を表し,文の主語として書き換えられるような場合は,of を使う.
ex. You are very kind.
to fill:真S|B
out:ad → fill
this:a → survey form
survey form:O

341 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/11(木) 14:28:10
□164

He:S
finds:D
it:仮O
very:ad → hard
hard:aC
〜〜〜〜〜
《doを完全自動詞と考えると》
to do:真O│@
without cigarettes:adp → to do
《do withoutを完全他動詞と考えると》
to do without:真O│B
cigarettes:O
〜〜〜〜〜
for even one day:adp → to do (without)
─────
for:前
even:ad → one day
名詞修飾
one:a → day
day:n
─────

342 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/11(木) 14:28:52
□165

I:S
make:D
it:仮O
rule:nC
to read:真O│B
newspaper:O
every day:副詞的目的格 → to read
lest I should fall behind the times:副詞節
lest:接
I:S
should:aux
fall:@
behind the times:adp → fall
─────
behind:前
times:n
─────

343 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/12(金) 12:41:35
□166

It:仮S
is:A
no:a → use
use:nC
crying:真S|@
動名詞
to不定詞の場合と違って,形式主語のItを先行させる形には制約があり,nice, wonderfulのような感情的色彩の強い形容詞やno useなどの名詞の場合に見られる.
over spilt milk:adp → crying
─────
over:前
spilt:a|−B → milk
milk:n
─────
as the proverb says:副詞節
as:接
proverb:S
says:@

344 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/12(金) 12:42:53
□167

It:S
非人称のit
〜〜〜〜〜
It seems that〜は,ロイヤル英文法には「第1文型とされることが多い」と書かれているが,新グローバルでは《SVA》(第1文型の特殊型),ロイヤル英和・全解英語構文では第2文型と記載されているが,プログレッシブ・G4・ライトハウスでは明示されていない.
《seems [appears]を完全自動詞と考えると》
seems [appears]:@
(like) that it is getting warmer and warmer every year:adp (A) → seems [appears]
likeが省略されている.省略しなければいけない.
that it is getting warmer and warmer every year:名詞節
《seems [appears]を不完全自動詞と考えると》
seems [appears]:A
that it is getting warmer and warmer every year:名詞節C
〜〜〜〜〜
that:接
it:S
「天候・寒暖」を表す非人称のit
is getting:A
warmer:aC
and:+
warmer:aC
every year:副詞的目的格 → is getting

345 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/12(金) 12:43:43
□168

It:仮S
often:ad → happens
happens:@
that railway traffic is suspended by a heavy snowfall:名詞節 真S
that:接
railway traffic:S
is suspended:−B
by a heavy snowfall:adp → is suspended

346 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/12(金) 12:45:12
□169

It:仮S
never:ad → occurred
occurred:@
to me:ad (A) → occurred
that he was the right man in the right place:名詞節 真S
that:接
he:S
was:A
right:a
man:nC
in the right place:adp → was

347 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/12(金) 12:46:19
□170

Because he is good:副詞節
Because:接
he:S
is:A
good:aC
〜〜〜〜〜
It follows that〜「当然〜ということになる」は,G4では成句扱い,G大ではItが仮主語(つまり第1文型)とされ,ロイヤル英和では第1文型と記載されているが,ライトハウスではItが非人称のit(つまり第2文型)とされ,プログレッシブでは第2文型と記載されている.
《Itを仮主語と考えると》
it:仮S
does:aux
not:ad → follow
follow:@
that he is wise:名詞節 真S
《Itを非人称のItと考えると》
It:S
does:aux
not:ad → follow
follow:A
that he is wise:名詞節C
〜〜〜〜〜
that:接
he:S
is:A
wise:aC

348 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/13(土) 07:50:21
□171

It:仮S
has:aux
been announced:−B
that railway fares will be raised by 10 percent on and after March 1st:名詞節 真S
that:接
railway fares:S
will:aux
be raised:−B
by 10 percent:adp → be raised
on and after March 1st:adp → be raised
─────
on:前
and:+
after:前
March 1st:n
─────

349 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/13(土) 07:51:04
□172

It:仮S
is:A
not:ad → is
likely:aC
that he did it on purpose to deceive me:名詞節 真S
that:接
he:S
did:B
it:O
on purpose:adp → did
to deceive:a|B → purpose
me:O

350 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/13(土) 07:52:33
□173

It:仮S
is:A
desirable:aC
is to:aux
be desired:−B
that nuclear energy (should) be used for peaceful purposes:名詞節 真S
that:接
nuclear:a → energy
energy:S
should:aux
必要・緊急などをあらわすthat節で使われる.shouldを取ってもbeは原型のまま.
アメリカ英語ではshouldをつけず仮定法現在,イギリス英語ではshould をつける.
be used:−B
for peaceful purposes:adp → be used
─────
for:前
peaceful:a → purposes
purposes:n
─────

351 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/13(土) 07:53:35
□174

It:仮S
is:A
regrettable:aC
that few people (should) walk today because of the development of traffic facilities:名詞節 真S
that:接
few:a → people
people:S
should:aux
感情・判断の根拠をあらわすthat節で使われる.shouldを取った場合のwalkは原形(仮定法)ではなく,直説法である.例文173と似ているが,shouldがないと単なる事実を述べる直説法になる.
walk:@
today:ad → walk
because of the development:adp → walk
─────
because of:前
群前置詞
development:n
─────
of traffic facilities:ap → development

352 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/13(土) 07:54:36
□175

It:仮S
is:A
matter:nC
for congratulation:ap → matter
of joy:ap → matter
that no human lives were lost in the accident:真S
that:接
no:a → lives
human:a → lives
lives:S
were lost:−B
in the accident:adp → were lost

353 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/13(土) 07:57:23
□176

It goes without saying that〜「〜は言うまでもない,論を待たない,当然のことだ」
フランス語の成句からの直訳らしいで,品詞分解する意味はあまりないと思われる.
〜〜〜〜〜
It goes without saying that〜「〜はいうまでもない」
《Itを仮主語と考えると》
It:仮S
『(⇒詳解p.444)itはthat以下をさす.』
goes:@
without saying:adp (A)|@ → goes
that those who are awake to their own rights must respect those of others:真S
《Itを状況のitと考えると》
It:S
goes:@
without saying:adp (A)|B → goes
that those who are awake to their own rights must respect those of others:O
〜〜〜〜〜
that:接
those:S
respectのS
who are awake to their own rights:形容詞節 → those
those who〜「〜する人々」
who:S
are:A
awake:aC
to their own rights:adp → awake
must:aux
respect:B
those:O
of others:ap → those

354 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/13(土) 20:26:34
だーかーらー 700選はもう専用サイトがあるじゃん。
英文解釈教室やってよ。頼んだ。

355 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/13(土) 22:02:23
英文解釈教室は直読直解用の参考書だろw
細かい品詞分解はいらねーよww
いつまでもこんな細かい品詞分解やってても時間の無駄だよwww


356 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/14(日) 07:03:05
□177

I:S
think:D
it:仮O
great:a → pity
pity:nC
that he (should have) died so young:名詞節 真O
that:接
he:S
should:aux
驚き,憐れみなどの感情を強調するために用いられ,“感情のshould”と呼ばれることもある.特に感情を強調しないなら直説法を用いればよい.
have:aux
died:@
so:ad → young
young:a準C

357 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/14(日) 07:03:53
□178

I:S
owe:B
owe A B《SVOO》
owe B to A《SVOA》
「Aに対してBのことを負っている/AにBについて恩義がある」
it:仮O
entirely:ad → to him
to him:adp (A) → owe
that I have thus far succeeded:真O
that:接
I:S
have:aux
thus far:ad → succeeded
「(通例現在完了形,時に現在形・過去形とともに)今までのところでは,今のところ,ここ[そこ]までは」
succeeded:@

358 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/14(日) 07:06:23
□179

『(⇒基礎と完成新英文法p.209)〈It is 〜that…〉の形式で,「…なのは〜だ」と
いうように,「〜」の部分に強勢を置いて,そこに,いわばスポットライトを当てて
強調する構文を強調構文(最近では分裂文)という.強調される部分は“新しい情報”
を伝える部分であって,主語,目的語,副詞語句である.』
『(基礎と完成新英文法p.208)強調構文と形式主語構文との見分け方 It is 〜that…という
わくを取り除いて,残りが文として成立すれば強調構文,成立しなければ形式主語構文.』
Was it〜that:強調構文の疑問形
主語を強調
Mr. Yamada:S
came:@
to see:ad|B → came
me:O
during my absence:adp → came
yesterday:ad → came

359 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/14(日) 07:07:22
□180

It was〜who:強調構文
主語を強調
『(⇒ロイヤルp.187)強調されるものが名詞・代名詞の場合はthatのほかに,
「人」の場合にwho,「物」の場合にwhichなどが用いられることもあるが,
whoにくらべるとwhichの用例はきわめて少ない.』
Aristotle:S
laid:B
layの過去形「〜を築く」
foundation:O
of logic:ap → foundation

360 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/14(日) 09:56:45
勉強になるけどなぁ

361 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/14(日) 10:13:41
不毛だな

362 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/14(日) 13:21:13
無駄無駄無駄無駄ーーーーーーっwww
でもやり始めたんだから最後まで責任もってやりなよーーーーーっwww

363 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/14(日) 18:45:19
□181

It is〜which:強調構文
主語を強調
強調されるものが「物」の場合,thatのほかにwhichが用いられることがある(使われることはきわめて少ない).
audience:S
really:ad → determines
determines:B
both:ad → matter+manner
matter:O
and:+
both A and B「AもBも」相関接続詞
manner:O
of every broadcast:ap → matter+manner
matter and manner of every broadcastの修飾関係は,
『(⇒『英文解釈教室』p.274)@ まず(H+H)Mという均衡のとれた形で考え,A この解釈で意味の通らぬ場合にかぎって,H(H+M)の解釈を取るべきである.』
@ {matter and manner} of every broadcast
A matter and {manner of every broadcast}

364 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/14(日) 18:46:01
□182

It was〜that:強調構文
副詞句を強調
on the morning:adp → arrived
of February the ninth:a → morning
I:S
arrived:@
in London:adp (A) → arrived

365 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/14(日) 18:46:46
□183

It is〜that:強調構文
副詞節を強調
because light travels faster than sound:副詞節
because:接
light:S
travels:@
faster:ad
than sound:adp → faster
we:S
see:B
lightning:O
before we hear thunder:副詞節 → see
before:接
we:S
hear:B
thunder:O

366 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/14(日) 18:47:39
□184

〜〜〜〜〜
It was〜that:強調構文
と副詞節を強調
until I saw him laughing:副詞節
not:ad → until I saw him laughing
until:接
not … until 〜「〜するまで…ない,〜して初めて…する」
「私が自分の馬鹿さ加減に気がついたのは,彼が笑っているのを見るまでではなかった」
⇒「私は彼が笑っているのを見るまで,自分の馬鹿さ加減に気がつかなかった」
⇒「私は彼が笑っているのを見てはじめて自分の馬鹿さ加減に気がついた」
I:S
saw:D
him:O
laughing:aC|@
I:S
realized:B
what a fool I had been:名詞節 O
「自分がどんなに馬鹿だったのか」
what:a → fool
疑問形容詞
fool:nC
I:S
had:aux
been:A

367 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/14(日) 18:49:08
□185

It isn't〜that:強調構文の否定文
名詞節の強調
n't:ad → annoys
not A but B「AではなくてB」
what he says:名詞節 S
what:O
関係代名詞
he:S
says:B
annoys:B
me:O
but:+
the way:S
he says it:形容詞節 → way
the wayとheの間にin whichが省略されてると考える.
this is the way that 〜 の場合はthatがin whichの役割.
he:S
says:B
it:O
強調しない形に変形すると、
What he says does not annoy me but the way he says it.
itの後ろのannoys meが省略されていると考える.

368 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/15(月) 13:14:14
□186

It:仮S
makes:B
no:a → difference
difference:O
to me:adp → makes
whether those engaged in these activities call themselves Muslim, Christian, Jew,
or Hindu:名詞節 真S
whether:接
those:S
engaged:a|−B → those
in these activities:adp → engaged
call:D
themselves:O
Muslim:nC
Christian:nC
Jew:nC
or:+
HIndu:nC

369 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/15(月) 13:15:00
□187

It:仮S
matters:@
little:ad → matters
what kind of books one reads:名詞節 真S
what kind of:ap → books
─────
what:a → kind
疑問形容詞
kind:n
of:前
─────
books:O
one:S
reads:B
so long as one has sound judgment:副詞節
so long as:接
群接続詞
one:S
has:B
sound:a → judgment
「しっかりした」
judgment:O

370 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/15(月) 13:15:46
□188

It:仮S
is:A
strange:aC
how vividly I remember the scene:名詞節 真S
how:ad → vividly
疑問副詞
vividly:ad → remember
I:S
remember:B
scene:O

371 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/15(月) 13:16:42
□189

There:誘導副詞
is:@
something:S
refined:a│−B → something
about him:adp → is
He:S
is said:−D
say O to doという能動態はないので注意.
to have been:aC|A
man:nC
of respectable position:ap → man
─────
of:前
respectable:a → position
position:n
─────

372 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/15(月) 13:17:55
□190

There:誘導副詞
must:aux
have:aux
been:@
tacit:a → understanding
understanding:S
between them:adp (A) → been

373 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/16(火) 15:07:03
□191

There:誘導副詞
were:@
There is [are] A 〜ing「A が〜している」
already:ad → were
a lot of:a → people
people:S
waiting:a│@ → people
in a line:adp → waiting
in front of the movie theater:adp → waiting
─────
in front of:前
群前置詞
movie theater:n
─────

374 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/16(火) 15:09:01
□192

There:誘導副詞
were:@
There is [are] A done「A が〜される」
several:a → stars
stars:S
seen:a|−B → stars
in the sky:adp → seen

375 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/16(火) 15:09:57
□193

For better or worse:adp
─────
For:前
better:a
or:+
worse:a
─────
there:誘導副詞
is:@
nothing:S
There is nothing for it but to do「〜するより仕方がない」
for it:ap → nothing
─────
for:前
it:n
状況のit(⇒解説p.49)
─────
but to leave:adp|B → is
─────
but:前
except 「〜を除いて」の意味の前置詞
to leave:n|B
『(⇒講義pp.625-626)不定詞が前置詞の目的語になる場合は少ないが,but, except, save〈雅語〉の場合は,不定詞を目的語と見ることができる.』
butの目的語がto不定詞か原形不定詞かは,
『(⇒新マスターp.429)butをexept(〜を除いて)の意味で用いた表現で,toの有無についての区別が紛らわしいが,butの前にdoかcan[not]があればtoは付かない,と覚えておくことができる.』
─────
matter:O
in his hands:adp (A) → to leave

376 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/16(火) 15:10:47
□194

There:誘導副詞
live:@
in this world:adp (A) → live
people:S
of all sorts of colors and manners and customs:ap → people
─────
of:前
all sorts of:ap → colors+manners+customs
「あらゆる種類の」
all:a → sorts
sorts:n
of:前
colors:n
and:+
manners:n
and:+
customs:n
─────

377 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/16(火) 15:11:34
□195

There:誘導副詞
does:aux
not:ad → seem
seem:A
to be:aC|@
to beがなくても意味は変わらないが,その場合にはseemは@になると思われる.
any:a → difference
difference:S
in meaning:ap → difference
between two sentences:adp (A) → to be

378 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/16(火) 22:37:25
□196

“not A, nor B”「Aではないし,またBでもない」
“It is not wise”と“It is not kind in the long run”が並列関係.
It:仮S
is:A
not:ad → is
wise:aC
nor:+
in the long run:adp → kind
『(⇒解説p.483)強調のための倒置 次に示す語句が強調のために文頭に出ると,倒置が起こる. 否定または準否定の副詞語句 文語に多い構文である.』
『(⇒ロイヤルp.770)強調のための倒置 否定語を文頭に置いて強調する場合 否定語が文頭に来ると,必ず主語と述語は倒置される.現在・過去の一般動詞を含む文では〈do [does, did]+主語+本動詞〉の語順になる.否定の意味の副詞節が前に出ている場合も同じ.』
is:A
it:仮S
kind:aC
「ためになる」
to tax:真S|B
the thrifty:O
the+形容詞「〜の人々」
for the wasteful:adp → to tax

379 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/16(火) 22:38:35
□197

Not:ad → till then
till then:adp → realize
─────
till:前
then:n
─────
『(⇒解説p.483)強調のための倒置 次に示す語句が強調のために文頭に出ると,倒置が起こる. 否定または準否定の副詞語句 文語に多い構文である.』
『(⇒ロイヤルp.770)強調のための倒置 否定語を文頭に置いて強調する場合 否定語が文頭に来ると,必ず主語と述語は倒置される.現在・過去の一般動詞を含む文では〈do [does, did]+主語+本動詞〉の語順になる.否定の意味の副詞節が前に出ている場合も同じ.』
did:aux
I:S
realize:B
danger:O
of the situation:ap → danger

380 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/16(火) 22:39:32
□198

At no time:adp → look
「どんな時でも〜ない」
『(⇒解説p.483)強調のための倒置 次に示す語句が強調のために文頭に出ると,倒置が起こる. 否定または準否定の副詞語句 文語に多い構文である.』
『(⇒ロイヤルp.770)強調のための倒置 否定語を文頭に置いて強調する場合 否定語が文頭に来ると,必ず主語と述語は倒置される.現在・過去の一般動詞を含む文では〈do [does, did]+主語+本動詞〉の語順になる.否定の意味の副詞節が前に出ている場合も同じ.』
does:aux
plain:S
look:A
so:ad → perfect
“not as [so] … as 〜”「〜ほど…ではない」
perfect:aC
as in early autumn:副詞節 → so
as:接
in early autumen:adp → (look)
asとinの間にthe plain looks perfectが省略されていると考える.
《強調しない場合の形(not が主文の動詞の方に移動)》
The plain does not look so perfect at any time as (the plain looks perfect) in early autumn.
「(その平原が)初秋(に美しく見えるの)と同じほど(as),その平原がいつでもそれほど(so)美しく見えるわけではない(not)」

381 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/16(火) 22:40:24
□199

Only:ad → after a century and a half of confusion
『(⇒G4 p.1366)…してようやく《◆時の副詞(句・節)を強調する》《◆only…を文頭に出すとしばしば倒置文となる》』
『(⇒プログレッシブp.1319)《時を表す副詞(句・節)と共に》やっと;…して初めて[ようやく];《文頭に置き主語と助動詞を倒置して》…の時以外は[時にしか](し)ない』
『(⇒新グローバルp.1350)〈時の副詞と共に〉…になってやっと.(★onlyに修飾される句が文頭に来ると倒置が起こる)』
『(⇒解説p.166)準否定語が文頭に出ると倒置が起こる.』
『(⇒解説p.166)準否定語:few, little, hardly, scarcely, barely, rarely. seldom, only』
after a century and a half of confusion:adp → was restored
─────
after:前
a century and a half of:a → confusion
century:n
and:+
half:n
of:前
confusion:n
─────
was restored:−B
royal:a → authority
authority:S

382 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/16(火) 22:41:11
□200

〜〜〜〜〜
《副詞onlyが接続詞ifで始まる副詞節を修飾していると考えると》
Only:ad → if a foreigner has read much English poetry
『(⇒G4 p.1366)…してようやく《◆時の副詞(句・節)を強調する》《◆only…を文頭に出すとしばしば倒置文となる》』
『(⇒プログレッシブp.1319)《時を表す副詞(句・節)と共に》やっと;…して初めて[ようやく];《文頭に置き主語と助動詞を倒置して》…の時以外は[時にしか](し)ない』
『(⇒新グローバルp.1350)〈時の副詞と共に〉…になってやっと.(★onlyに修飾される句が文頭に来ると倒置が起こる)』
『(⇒解説p.166)準否定語が文頭に出ると倒置が起こる.』
『(⇒解説p.166)準否定語:few, little, hardly, scarcely, barely, rarely. seldom, only』
if a foreigner has read much English poetry:副詞節
if:接
《only ifを群接続詞と考えると》
Only if a foreigner has read much English poetry:副詞節
Only if:接
群接続詞
「〜する場合だけ」(⇒新グローバルp.1351)
「〜の条件を満たす限り,(〜であるのは)〜の場合のみ」(⇒G4 p.985)
〜〜〜〜〜
foreigner:S
has:aux
read:B
much:a → poetry
English:a → poetry
poetry:O
can:aux
he:S
understand:B
Shakespeare:O

383 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/17(水) 13:29:44
□201

You:S
must:aux
go:@
to bed:adp (A) → go
now:ad → go
So:ad
=go to bed now
I:S
must:aux
and:+
so:ad
=go to bed now
must:aux
you:S
《“So + 主語 +(助)動詞”と“So +(助)動詞 + 主語”》(⇒解説p.60,講義pp.727-728)
“So + 主語 +(助)動詞”:「そのとおり」前文の内容が真であることを強調する.
“So +(助)動詞 + 主語”:「Sもそうである」主語を新情報として強調する.
『(⇒ロイヤルp.205)〈So+動詞+主語〉と〈So+主語+動詞〉 動詞がbe動詞など補語をとる動詞であれば,
soを代名詞とみることもできるが,一般動詞や助動詞と用いられるときは副詞とみる.』

384 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/17(水) 13:30:38
□202

So:ad → fast
『(⇒解説p.485)強調のための倒置 次に示す語句が強調のために前に出るときも,倒置が起こる.一般に文語調である. 程度の副詞など so〜thatとsuch〜thatのほかにwellなどの例があり,感嘆文でも同じ倒置が起こることがある.』
倒置しない場合は,
He ran so fast that that they couldn't catch up with him
fast:ad → run
did:aux
he:S
run:@
that they couldn't catch up with him:副詞節 → so
that:接
they:S
couldn't:aux・ad → catch (up with)
〜〜〜〜〜
catch up with〜「〜に追いつく」
《catchを完全自動詞と考えると》
catch:@
up:ad → catch
with him:adp (A) → catch
《catch up withを完全他動詞と考えると》
catch up with:B
him:O
〜〜〜〜〜
直訳すると
「彼らが彼に追いつけないほど,それほど速く彼は走った」

385 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/17(水) 13:32:16
□203

Happy:aC
『(⇒ロイヤルp.770)強調のための倒置 文中のある語句を強調するために文頭に出すと,それによって〈S+V〉の語順が倒置される場合がある.
一般的に文語的. 補語を文頭において強調する場合 〈S+V+C〉の文で,補語が文頭に置かれると,主語が名詞の場合には倒置される.
主語が代名詞の場合には〈S+V〉のままである.』
『(⇒解説p.485)強調のための倒置 次に示す語句が強調のために前に出るときも,倒置が起こる.一般に文語調である. 補語になる形容詞
 主語の名詞に長い修飾語句が付いているときで,動詞がbe動詞で軽いから,§316B(場所を示す副詞語句)と同じく文全体の座り具合と関係
がある.』
『(⇒講義p.756)主語補語の前置: 倒置は多くないし,また,義務的でもない.主語が重いので,重い構成素を文末に回す,文末重心(end-weight)
の原理も働いている.』
is:A
child:S
who has such a mother:形容詞節 → child
who:S
has:B
such:a → mother
mother:O

386 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/17(水) 13:33:02
□204

Preserved were:−B
受動態の過去分詞や進行形の現在分詞も,文頭に出して強調すると倒置になる.(⇒詳解p.654, 解説p.486)
in his laboratory:adp → Preserved were
more:S
「(…より)もっとたくさんの物[人,事]」
不定代名詞
than a thousand notebooks:ap → more
─────
than:前
thousand:a → notebooks
notebooks:n
─────

387 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/17(水) 13:33:50
□205

In the middle of the wall:adp (A) → is
『(解説p.484)強調のための倒置 場所を示す副詞語句 主語が名詞の場合に限られ,代名詞の場合は(リズムの関係で)倒置は起こらない.
この倒置も文語的であるが,物語などでもよく使われる. 動詞がbe動詞の場合 動詞はa) be動詞のほかに,b) stand, lie, sit, hangなどがある.
副詞語句はおもに位置を表す.』
─────
In the middle of:前
群前置詞
「〜の真ん中に,〜の中央に」
wall:n
─────
at the back of the room:ap → wall
─────
at the back of:前
群前置詞
「〜の後ろに[で],〜の背後に」
room:n
─────
is:@
large:a → window
window:S

388 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/17(水) 13:34:01
せめてsageてやれ

389 :Kamen Writer F.o.R. ◇Pgk.5z1TSw :2010/03/17(水) 16:06:30
>>388
うるさいっ! 俺に命令するなっ!

390 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/17(水) 16:21:15
今時こんななりすまししてる奴いるんだな

391 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/17(水) 20:52:19
>>388
いや、あながちそうともいえないだろ。

392 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/18(木) 15:08:13
□206

From small beginnings:adp (A) → come
『(新英文法p.533)強調のための倒置 〈方向の副詞語句+V+S〉:この語順は,〈話しことば〉で,Sの談話の場面への登場,または談話の場面からの退場を,簡単の気持ちを込めて報告する文で用いられる.そこれ,通例,文尾に感嘆符が付く.』
come:@
great:a → things
things:S

393 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/18(木) 15:09:12
□207

In late summer and autumn:adp → are seen
厳密には「場所や方向を表す副詞要素」とは言えないが,文章のリズムによっては,この例文のような倒置が起こりうるといえる.
are seen:−B
tints:S
tint「色合い,色調」
of color:ap → tints
which:関代S
先行詞はthe tints of color
are:A
crowning:a → beauty
beauty:nC
of the plain:ap → beauty

394 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/18(木) 15:10:22
□208

one:a → thing
thing:O
『(⇒解説p.486)強調のための倒置 目的語 目的語が前に出る場合としては,a)前の文や節とのつながりを示すとき,
b)他の名詞との対照を示すとき,c)長い修飾語句などがついたとき,d)その他が考えられる.ただし,どの場合も
「S+V」の語順は変わらないので,厳密な意味での倒置ではない.』
father:S
left:B
to me:adp (A) → left
and:+
it:S
was:A
more:ad → valuable
valuable:aC
than a fortune:adp → valuable

395 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/18(木) 15:11:12
□209

What you cannot afford to buy:名詞節 withoutのO
What:関代O
you:S
cannot:aux
afford:B
to buy:O|B
目的語は関係代名詞のWhat
do:@
without─:adp (A) → do
withoutの目的語はWhat you cannot afford to buy

396 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/18(木) 15:11:56
□210

I:S
〜〜〜〜〜
《目的語が移動したと考えると》
made:D
移動しない場合は
I made my intentions known to my parents.《SVOC》
known:aC|−B
intentions:O
to my parents:adp → known
《made knownを完全他動詞と考えると》
made known:B
make known〜「〜を明らかにする,知らせる,発表する」
intentions:O
to my parents:adp → made known
〜〜〜〜〜

397 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/19(金) 13:31:28
□211

Alfred:S
King of England:Alfredと同格
─────
King:n
of England:ap → King
─────
was:A
great:a → scholar
scholar:nC
as:ad → well
well:ad → was
as a great ruler:副詞節 → as
as:接続詞
great:a → ruler
ruler:aC
a great rulerの前のAlfred wasが省略されている.

398 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/19(金) 13:32:10
□212

Secondary:a → education
education:S
has:B
two:a → sides
sides:O
a classical side and a modern side:two sidesと同格
classical:a → side
side:O
and:+
modern:a → side
side:O

399 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/19(金) 13:32:58
□213

He:S
had:B
something:O
that I didn't have:形容詞節 → something
that:関代O
I:S
didn't:aux・ad → have
have:B
目的語は関係代名詞のthat
an idea:something that I didn't haveと同格

400 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/19(金) 13:33:42
□214

He:S
was:A
wonderful:a → man
man:nC
that uncle of yours:Heと同格
─────
that:a → uncle
uncle:n
of yours:ap
─────

401 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/19(金) 13:34:39
□215 劣等感 ─ それは正確にはどういうことか.

Inferiority complex ─ what exactly does that mean?

Inferiority complex:thatと同格
what:O
exactly:ad → mean
does:aux
that:S
mean:B

402 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/20(土) 08:20:02
□216

We:S
were:A
all:代名 Weと同格
very:ad → happy
happy:aC
at breakfast:adp → happy

403 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/20(土) 08:20:47
□217

They:S
did:aux
not:ad → know
know:B
it:O
themselves:再帰代名 Theyと同格

404 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/20(土) 08:21:37
□218

He:S
is:A
proud:aC
of the fact:adp (A) → proud
that he has never consulted a doctor in his life:名詞節 the factと同格
that:接
he:S
has:aux
never:ad → consulted
consulted:B
doctor:O
in his life:adp → consulted

405 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/20(土) 08:22:43
□219

You:S
must:aux
give:B
up:ad → give
idea:O
that you are superior to them in every respect:名詞節 the ideaと同格
that:接
you:S
are:A
superior:aC
to them:adp (A) → superior
in every respect:adp → superior

406 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/20(土) 08:23:31
□220

Things:S
have:aux
come:@
to this:adp (A) → come
that he cannot support his family:名詞節 thisと同格
that:接
he:S
cannot:aux・ad → support
support:B
family:O

407 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/21(日) 07:46:33
□221

I:S
take:B
it:仮O
that we are to come early:名詞節 真O
that:接
we:S
are to:aux
come:@
early:ad → come

408 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/21(日) 07:47:31
□222

I:S
will:aux
see:@
to it:adp (A) → see
─────
to:前
it:toの仮O
─────
that everything is ready in time:真O
see (to it) that〜「〜となるように取り計らう」
『(⇒G4 p.1725)《略式》ではthatまたはto itを省略可能.that節内では未来を示す助動詞を用いないのが原則であるが,今は用いることもある.これはmake, sure, make cdertain, ensureなども同様』
『(⇒ライトハウスp.1263)(1) to itを省くほうが略式.(2) that以下では普通は未来時制ではなく現在時制を用いる.』
to itを省略すると,文型は第3文型《SVO》になる.
that:接
everything:S
is:A
ready:aC
in time:adp → ready

409 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/21(日) 07:48:37
□223

We:S
must:aux
consider:B
question:O
whether we can afford such huge sums for armaments:名詞節 the questionと同格
whether:接
we:S
can:aux
afford:B
such:a → sums
huge:a → sums
sums:O
〜〜〜〜〜
《for armamentsを副詞句と考えると》
for armaments:adp → afford
《for armamentsを形容詞句と考えると》
for armaments:ap → sums
〜〜〜〜〜

410 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/21(日) 07:49:38
□224

You:S
have:aux
caused:D
me:O
to lose:aC|B
temper:O
a thing:to lose my temperと同格
that has hardly ever happened to me:形容詞節 → thing
that:関代S
has:aux
hardly:ad → happened
ever:ad → happened
happened:@
to me:adp (A) → happened

411 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/21(日) 07:50:38
□225

He:S
thought:B
and very wisely:挿入句
that it was best to do so:名詞節O
it:仮S
was:A
best:aC
to do:真S|@
so:ad → to do

412 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/22(月) 08:00:05
□226

Something:S
inside her:ap → Something
was saying:B
“Get out of here, Jenny, and (that) right now!”:名詞節O
〜〜〜〜〜
《Getを完全自動詞と考えると》
Get:@
out of here:adp (A)
─────
out of:群前置詞
here:n
─────
《get out ofを完全他動詞と考えると》
get out of:B
here:O
〜〜〜〜〜
and (that):挿入語句
and that…「しかも…《◆前の語句によって表されたことを繰り返す代わりに強意的に表す》」『(⇒新グローバルp.69)thatは先行する節を指す.』
right:ad → now
now:ad → get
right now「今すぐ,ちょうど今」

413 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/22(月) 08:00:36
□227

I:S
found:B
to my surprise:文adp
that she was dead:名詞句O
that:接
she:S
was:A
dead:aC

414 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/22(月) 08:02:24
□228

Few:a → Americans
if any:ad
「たとえあったとしても;もしあれば」
grasped:B
significance:O
of what had been accomplished:ap → significance
what had been accomplished:名詞節
what:関代S
had:aux
been accomplished:−B

415 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/22(月) 08:03:31
□229

condition:S
was:A
if anything:文ad
「[通例文頭で]どちらかといえば,むしろ;もしあるとしても」
worse:aC
badの比較級
than in the morning:副詞節 → worse
than:接
in the morning:adp
in the morningの前のhis condition wasが省略されており,そのwasを修飾している.

416 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/22(月) 08:04:11
□230

Come:@
on Tuesday:adp → Come
if possible:文ad
if (it is) possible「できるなら」『(解説p.404)この場合のitは主節の内容を指す.』

417 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/23(火) 07:35:27
□231

In former times:adp
book:S
was:A
〜〜〜〜〜
worthは「目的語をとる例外的な形容詞」あるいは「前置詞」と考えられる.
F.o.R.では前者と考える.
《worthを形容詞と考えると》
worth:aC
wight:worthのO
in silver:adp → worth
《worthを前置詞と考えると》
worth its weight:apC
─────
worth:前
its:a → weight
weight:n
─────
be worth one's [its] weight in gold「〔物が〕値千金である.極めて貴重である.
《<自分の[それの]体の重さ分の金の値打ちがある》」
in silver:adp → worth its wight
〜〜〜〜〜
if not in gold:副詞節
if not:接
if not…「たとえ…でないとしても,たとえ…はオーバーだとしても」
in gold:ap
省略を補うとeven if a book was not worth its weight in gold
in goldは省略されたweightを修飾している.

418 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/23(火) 07:36:34
□232

We:S
look:@
back:ad → look
on days:adp (A) → look
gone:a|@ → days
by:ad → gone
go by「(時間などが)過ぎる」
if not always with affections:副詞節
if not:接
if not…「たとえ…でないとしても,たとえ…はオーバーだとしても」
always:ad → with affections
with affections:adp → look
at any rate:adp → with a kind of wistfulness
「〔前言をより正確に言い直して〕少なくとも」
with a kind of wistfulness:adp → look

419 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/23(火) 07:37:54
□233

He:S
is:A
kind:aC
and:+
gentle:aC
and:+
what is better still:副詞節
「なお良いことには」
─────
what:関代S
『(⇒ライトハウスp.1621)[挿入語句を導いて]…なことには.語法 この場合関係詞節は副詞節となる』
is:A
better:aC
still:ad → better
─────
honest:aC

420 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/23(火) 07:38:54
□234

He:S
〜〜〜〜〜
《in a bad temperを副詞句と考えると》
was:@
in a bad temper:adp (A) → was
《in a bad temperを形容詞句と考えると》
was:A
in a bad temper:apC
〜〜〜〜〜
which was rare for him:副詞節
「彼には珍しいことだが」
which:関代S
非制限用法のwhichは先行する節の内容を受ける用法がある.which…がその内容を受ける節の途中に挿入されることがある.(⇒解説pp.78-79)
was:A
rare:aC
for him:adp → rare

421 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/23(火) 07:41:08
□235

As is often the case with young people:副詞節
As:関代S
主節の全部または一部を先行詞にする用法(⇒エッセンスS-2 p.74)
is:A
often:ad → is
case:nC
with young people:adp → is
he:S
was:A
indifferent:aC
to money:adp (A) → indifferent

422 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/23(火) 14:16:07
□236

approaching:a|@ → exam
exam:S
they knew:挿入語句
主節の挿入
─────
they:S
knew:B
Oは名詞節the approaching exam would be quite easy
─────
would:aux
be:A
quite:ad → easy
easy:aC

423 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/23(火) 14:17:01
□237

At night:adp → looked
I think it probable:挿入語句
主節の挿入
─────
I:S
think:D
it:仮O
真Oは名詞節 (that) at night he looked up with curiosity to the stars
probable:aC
─────
he:S
looked:@
up:ad → looked
with curiosity:adp → looked
to the stars:adp (A) → looked

424 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/23(火) 14:18:02
□238

I:S
came:@
up:ad → came
to Tokyo:adp (A) → came
at once:adp → came
it was early in the afternoon:挿入語句
─────
it:S
非人称のit
was:A
early:aC
in the afternoon:adp → early
─────
and:+
saw:B
uncle:O

425 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/23(火) 14:19:38
□239

son's:a → success
success:S
in the examination:ap → success
gave:C
them:O
great:a → pleasure
pleasure:O

426 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/23(火) 14:20:54
□240

sudden:a → increase
increase:S
of cars:ap → increase
is causing:B
a large number of:ap → traffic accidents
traffic:a → accidents
accidents:O
every day:副詞的目的格 → is causing

427 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/24(水) 12:48:02
□241

strike:S
is:A
mass:a → refusal
refusal:nC
to work:ad|@ → refusal
by a body:ap → refusal
of employees:ap → body

428 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/24(水) 12:48:49
□242

They:S
hurried:@
to their father's rescue:adp (A) → hurried

429 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/24(水) 12:49:43
□243

mere:a → repetition
repetition:S
of other people's research:ap → repetition
is:A
not:ad → is
true:a → research
scientific:a → research
research:nC

430 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/24(水) 12:50:36
□244

doctor's:a → examination
careful:a → examination
examination:S
of the patient:ap → examination
brought:B
about:ad → brought
『(ロイヤル英和p.186)bring about《Vˆadv+O》…を(徐々に)引き起こす,生じさせる』
speedy:a → recovery
recovery:O

431 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/24(水) 12:51:40
□245

Education:S
of children:ap → Education
by their parents:ap → Education
is:A
sometimes:ad → is(difficult?)
very:ad → difficult
difficult:aC

432 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/25(木) 14:46:55
□246

Respect:S
of [by] the young:ap → Respect
for the old:ap → Respect
is:A
quite:ad → natural
natural:aC

433 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/25(木) 14:47:43
□247

This:a → road
road:S
will:aux
take:B
you:O
to the post office:adp (A) → take

434 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/25(木) 14:48:31
□248

perseverance:S
and:+
diligence:S
in his youth:ap → perseverance+diligence
have:aux
made:D
him:O
what he is today:名詞節C
what:関代C
he:S
is:A
today:ad → is

435 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/25(木) 14:50:19
□249

various:a → meetings
international:a → meetings
meetings:S
have:aux
led:D
us:O
to feel:aC│A
more:ad → familiar
familiar:aC
with the nations:adp (A) → familiar
of the world:ap → nations

436 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/25(木) 14:51:37
□250

Today's:a → paper
paper:S
reports:B
that the Prime Minister has given up the idea of visiting America:名詞節O
that:接
the Prime Minister:S
has:aux
given:B
up:ad → given
idea:O
of visiting:ap|B
America:O

437 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/25(木) 19:50:00
□251

I:S
have:aux
been:A
lover:nC
of sports:ap → lover
since I was young:副詞節
since:接
I:S
was:A
young:aC

438 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/25(木) 19:52:00
□252

I:S
thought:B
I was a fairly good swimmer:名詞節O
I:S
was:A
fairly:ad → good
good:a → swimmer
swimmer:nC

439 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/25(木) 19:53:24
□253

He:S
has:B
good:a → knowledge
reading:a → knowledge
knowledge:O
of French:ap → knowledge

440 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/25(木) 19:54:37
□254

I:S
can:aux
take:B
good:a → rest
long:a → rest
rest:O
when this work is finished:副詞節
when:接
this:a → work
work:S
is finished:−B

441 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/25(木) 19:55:50
□255

Don't:aux・ad → wish
you:S
wish:B
to make:O│B
flight:O
in a hot air balloon:adp → to make

442 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/25(木) 19:56:46
□256

I:S
will:aux
give:C
you:O
answer:O
in a day or two:adp → give

443 :Kamen Writer F.o.R. ◆Pgk.5z1TSw :2010/03/25(木) 20:01:40
終了


444 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/26(金) 20:57:13
700まで続けてほしいでござる。


すごい参考にしていたでござる。

445 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/27(土) 08:20:37
大学受験板で例文1からやってるので、そちらで続きをやるのかもね。

446 :名無しさん@英語勉強中:2010/03/30(火) 14:01:59
やらなくていいよ
やめろやめろ
きえろ

447 :名無しさん@英語勉強中:2010/06/21(月) 21:31:37
良スレage

448 :名無しさん@英語勉強中:2010/06/21(月) 23:59:51
ぜんぜんよくないよ

449 :名無しさん@英語勉強中:2010/06/22(火) 13:29:33
↓意味はなんとなくわかるのですが、構文が全く取れません。
こちらの道場で品詞分解してください
Randomisation was blocked and based on an independent,
computer-generated list of numbers, with two clusters
in each fieldwork area allocated to vitamin A supplementation
and two to placebo.

450 :名無しさん@英語勉強中:2010/06/22(火) 15:21:41
意味がわかるなら問題ないだろ

451 :名無しさん@英語勉強中:2010/06/22(火) 18:08:30
>>450
そうなんですけど、師範のいうところの「もやもや」が・・・

452 :名無しさん@英語勉強中:2010/06/22(火) 19:25:22
>>449
1.原文にはindependentの後ろのコンマはなかったのではないでしょうか?
2.原文ではnumbersではなくmembersだったのではないでしょうか?

Randomisation was blocked and based on an independent computer-generated list of members, with two clusters in each fieldwork area allocated to vitamin A supplementation and (with) two (clusters in each fieldwork area allocated) to placebo.

Randomisation:S
AmEではRandomization
was blocked:−B
block「(情報など)を知らせない」
and:+
was based:−B
on an independent computer-generated list of numbers:adp → was based
─────
on:前
independent:a → list
computer-generated:a → list
of members:ap → list
─────
with two clusters:ap → list
in each fieldwork area:ap → clusters
allocated:a|−B → (each fieldwork) area
allocate O to N「OをNに割り当てる」
to vitamin A supplementation:adp → allocated
and:+
(with) two (clusters):ap → list
(in each fieldwork area):ap → clusters
(allocated):a|−B → (each fieldwork) area
to placebo:adp → allocated

間違ってたらスマソ


453 :449:2010/06/22(火) 19:53:30
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(10)60311-X/fulltext
原文は↑これのMethodsの真ん中あたりです。

454 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/02(金) 21:10:32
She had grown a little wary of the terrific strain using the power seemed to put on her heart and lungs and internal thermostat.

(彼女は念力を使うことによって、心臓と肺と体温調節機能に大きな負担がかかるらしいことを、いささか警戒しはじめていた。)

品詞分解お願いします。原文はStephen KingのCARRYです。訳は新潮文庫より。

ひやかしではありません。

455 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/03(土) 07:56:48
She:S
had:aux
grown:A
a little:ad → wary
wary:aC
of the terrific strain:adp → wary
using:a|B → strain
power:O
seemed:a|A → strain
to put:aC|B
Oはstrain
on her heart and lungs and internal thremostat:adp → to put


456 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/03(土) 23:32:54
>>454
むずいな
わからんわ

457 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/04(日) 00:10:07
>>454(主節:;She had grown a little wary 彼女は少し警戒し始めた…)[目的(副詞!?)節:of the terrific strain 酷い負担がかかることを…] (修飾節:using the powerその力を使いながら) (<which> seemed to put on her heart
and lungs and internal thermostat:strainの修飾節…)

の前に<which>があって それが口語的に略されてるとでも
考えればいいと思う… 
少し口語的にDeformされた構文っぽいもの

458 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/04(日) 00:13:53
元々seemed の前に<which>があって それが口語的に略されてるとでも
考えればいいと思う… 
少し口語的にdeformされた構文っぽいもの


459 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/04(日) 00:17:01
これが口で言われたならseemedの前に(which か)thatをいれて
ダラダラと言ってる感じの喋り方

460 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/04(日) 08:23:24
裸の過去分詞を知らないのか。ここは薬袋流道場だぞ。
副詞句のことを副詞節と書いてる時点でレベルの低さがわかる。

461 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/04(日) 08:27:34
薬袋流道場なんだから、リー教ぐらいは読んで理解してから書き込んでほしいな

462 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/17(土) 17:56:31
>>460
裸の過去分詞でどうなってんだ?
おらにはさっぱり

463 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/20(火) 05:22:26
700選とは違う本の英文ですが質問して良いでしょうか?

They(渡り鳥のこと) are able to feel very small changes in the weather.

という英文で、in the weatherはfeelに掛かる副詞句か、very small changesに掛かる形容詞区か、
本ではどちらでも解釈して良いとあるのですがこれは薬袋流でも同じでしょうか?
自分としてはどちらでも良いと言われると何かすっきりしないのですが、
これは例えば書き手はどちらかの意味で書いたかもしれないが結果的に読み手としては
どちらの意味なのか形からは判断できない文になっているので、
どちらで取っても文の大意が変わらなければ読み手がどちらかで解釈する他ないということでしょうか?


464 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/20(火) 11:49:18
伊藤先生が怒るぞw

465 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/20(火) 16:44:18
入門編の一番最初だな

466 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/21(水) 17:53:51
They are able to feel very small changes in the weather.

in the weatherはvery small changesに係ってると思う。
それ以外はないと思う。
内容から考えてそうだろうし。
文法を考えるために繋いでみても
They are able to feel in the weather.
feelのあとにinがくることはできるけど、この場合こんな表現をしてもいいのかね。
自分のレベルでは全否定はできないけど。

どちらでも良い、と書いてたのはなんていう本?
因みに掛かるではなく係るが適切だったはず

467 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/21(水) 18:50:15
英文解釈教室入門編だろ

468 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/21(水) 22:00:08
Kanchoの思い出
237 :番組の途中ですが名無しです :2006/04/11(火) 15:01:22.26
中学の英語教師として来日したアメリカ人によるKanchoの思い出(要約)

俺の教え子は変態でした (My Kids Are Perverted)
ttp://www.outpostnine.com/editorials/teacher1.html
来日前の説明会は、無意味そのものだった。どのコンピュータを持っていけだの、
DVDは動くかだの、全然無意味。俺が一番聞きたかったのは、日本の子供は
指をケツに突き上げてくるかもしれん、ってことだったんだ。
それはKanchoと呼ばれた。いたるところKancho Assassinだ。メチャクチャかわいらしい
女の子でさえ振り向いた瞬間にぶっこんで来る。もうだれも信用できない。
が、ラッキーだった。俺は日本にすげーでかいパンツを持ってきてたんだ。奴らがKanchoを
挑んできた・・・が、ソイツ俺のケツの場所が分かってねぇ!ただジーンズと空を突いた…美しい!
こうしてKancho Senseを身につけていった俺はもうプロだ。もう当たりはしない。
未だに100% Kancho Freeだぜ。Ha!America 2, Japan 0.



469 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/23(金) 18:41:18
>>467
だとすると、それなりの人間の言うことか
その本見ないとよくわからん

470 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/23(金) 21:24:18
場所や状況を表す副詞節としてin the weatherはそぐわないというか、
日本語で考えるなって起こられそうだけど、“「天候の中で」「気象において」
変化を感じ取る”ってなんかヘンじゃね??

471 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/24(土) 14:22:04
釈迦に説法

472 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/24(土) 17:54:36
最も怖いのは思考停止

473 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/24(土) 19:58:54
バカの考え休むに似たり

474 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/25(日) 01:19:11
釈迦に説法の使い方がおかしい
さすがは思考停止

475 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/25(日) 01:25:52
あなたのアドバイスは結構ですって言ったことがあったんだけど
そのとたん切れた。

アドバイスじゃなくて意見だとかネチネチしてた。あのネチネチは
兄弟君知らないんじゃないの?

476 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/25(日) 11:51:02
伊藤の本に書いてある事に納得できないのを、このスレで語るんですね
わかります

477 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/25(日) 12:47:42
休日だし、本屋行って調べているんだろうと期待している。


478 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/25(日) 14:35:51
>>474
使い方が違うのは分かったから、早く説明してくれよ
どうヘンなのかってのをさ

479 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/25(日) 15:22:07
幼稚か

480 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/25(日) 18:48:41
伊藤さんはたまに解釈間違うことあるからなあ。
ビジュアルとエッセンスで同じ英文で薬袋さんと伊藤さんで解釈が全く異なるとこあるし。
そこは客観的に見て薬袋さんの解釈のほうが正しいと思った。
英文は古代エジプトのやつね。


481 :名無しさん@英語勉強中:2010/07/26(月) 06:30:59
へえ。参考までに.....どんな英文?

179 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)