5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

フリードマンは経済史の脚注に留まるでしょう

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/12(日) 11:25:50 ID:rBCYqn8X
ケインズが正しかったですね。
市場の合理性なんて、限定的だし、調整には時間がかかる。
投資や消費が減り、信用が収縮するコストの方が、介入による歪みの百倍害が大きい。
デフレで金が詰まるよりもインフレのコストを甘受すべきだ。
投資が消費が回っていれば、債務が相対的に小さくなれば、相対賃金が下がれば、利益は大きい。
政府の介入で資源配分が歪められることなんか、大したことじゃない。
セーの法則のアナロジーは金融においても否定される。

フリードマンは市場万能論じゃないにしろ、そうミスリードさせてしまう。
彼の議論が市場を過大評価して、結果大きな損害を招く原因になったことは否定できない。
インフレ嫌い、介入嫌い、その弊害訴えたが、真実はその反対だった。
フリードマンの議論の方が害が大きかったのは歴史が証明した。90年代の日本と現在の世界で。

グリーンスパンがITバブルの損害を減らすために住宅バブルを意図的に引き起こそうとして、
軟着陸するはずが、クラッシュしてしまった。市場を信じず早めにバブルを潰すべきだった。
バブルがでかくなったのも富裕層への減税による金余りのせいが大きい。
そして、今、公的資金を投入して経済全体を救うべきなのに、自己責任論で潰れる。
大胆な処置がとれずに、自分の首を絞めている。
直接間接にその背後にフリードマンの間違った経済学がある。

結局、富裕層の耳に心地よい戯言だったから、大きな潮流となり、
支持されただけで、これからは退潮するでしょう。消え去るでしょう。




209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/02(月) 16:58:03 ID:nCovUUfM
フリードマンカルトはいやだね。
フリードマンが政府が経済に役割果たさないなんて話はしていないと説明しても、文章読めない。
景気調整に関して政府の役割否定して、マクロの規模の財政金融裁量的対応明確に否定したことが問題だとはっきり明言したのに。


景気の変動に対して市場を過度に信仰し、市場の自己復元力で政府の介入など無用と断言して、
事実に明確に裏切られていることがわからないなんて。
経済学ではなく妄想、カルトという単なる事実が認められないなんて。
資本主義と自由がカルトの単なる機関誌にすぎないことがわからないなんて。


人は見たいものしか見ない。聞きたいことしか聞かない。そのことをモロに証明しているのは気持ち悪かった。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/03(火) 19:06:42 ID:yS/H6oRc
小さな政府にすれば、経済が発展するなんて、ケインズ曲解して肥大化しすぎた一時期のヨーロッパの極端な国の場合で。
政府部門の効率化なんか経済的に小さな話で。規制緩和なんかたいていプラマイあって。
本気に小さな政府なんかやったのは日本くらいでそんなことした日には経済が破綻している事実をどう思うの?

経済成長なんかマクロな大きさで決まる明白な事実を、経済的に意味があるのはマクロな需要の大きさだって事実をどう思うの?
その明白な事実にイチャモンつきつづけたフリードマンについてどう思っているの?擁護者は。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/03(火) 19:26:43 ID:yS/H6oRc
アメリカなんか減税しても、政府支出は大きいままで、赤字垂れ流しで政府サービスばらまいて、
これが大きな政府じゃなかったら何なんだって政策続けているんだよな。それとアメリカ人の無駄使いで発展して。
民主党のクリントンの一時期、過熱防ぐために小さな政府やったのが笑える。
いずれにしろフリードマン式とは違う裁量政策で動いているんだよな。こういう事実どうおもうんだろう?

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/03(火) 19:41:13 ID:yS/H6oRc
その繁栄の果てが大クラッシュなのは確かだけど、そこから引き出すべき教訓はやっばり政府は大きく動くべきだなんだよな。
どうしようもない真実。
市場なんて大きく変動して生産能力の過剰で背骨が折れるんだから、
裁量政策で大需要作って対処するしかないというのが歴史の真実なんだよね。
日本みたいにひきしめまくって小さな政府で繁栄さえ味わえないとかが一番馬鹿くさくて。


そうなるとフリードマンて何?となるな。全く意味がない。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 00:05:08 ID:mTGplNBB
熟読せずに大きな口をきくな!

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 02:34:56 ID:8DmcU9wv
ほぼ一人ぼっちのスレか

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 06:59:16 ID:Mf08JMEB
フリードマンカルトはいやだね。ケインズ的側面があると言ったって、
市場への過信、信仰抜きに、カルト抜きにフリードマンなんてありえないのに。
そうじゃなかったら単なるケインジアンにすきまないのに。
一生かけてケインズにイチャモンつけたつまらないカルトにすぎないのに。
すげえ笑えるw

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 08:06:43 ID:Mf08JMEB
信者涙目!
フリードマンが小さな政府なんて経済的に意味がないとか、
経済成長はマクロの裁量的財政金融政策で決まるとか言ったと思っているの?
馬鹿なの?死ぬの?

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 08:31:59 ID:Mf08JMEB
>>213

> 熟読せずに大きな口をきくな!

フリードマン流の小さな政府なんて経済を破壊するだけでどこも採用していないのに。
馬鹿なの?死ぬの?

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 20:17:37 ID:kryZiQet
フリードマンの理論が完璧に働くには国民全員がケインズ経済学を納める必要があるだろう

そして仮にそんな環境が整えられたなら、共産主義でも成功するだろう

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 13:08:32 ID:lRa450h3
資本主義と自由の第二章読んでフリードマンは政府の重要性もわかっている。
フリードマンに間違いはないんだとか思うなんて、どんだけ厨房なんだよ。
熟読玩味w
フリードマン厨ってどんなに馬鹿なんだろ。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 01:39:17 ID:IY8XoIt0
>>219
フリードマンの上っ面だけ読んで古典派に退化してる連中だよ、そんなの
権威欲しさに名前出してるだけでしょ

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 07:48:21 ID:TDObxCTU
>>220
まあ、このスレの信者が白痴というのは同意。

フリードマンの本質はアナーキストってこと?
フリードマンの本質はケインジアンってこと?
どっちにしろ、フリードマンは中途半端で使えない経済音痴ですね。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/10(火) 16:47:14 ID:wPAFNWcn
個人の自発性や個々の企業の生産性上げれば経済は、政府の無駄なくして効率よくすれば、
経済が発展するみたいなこと言っちゃっているよね。フリードマンは。
だけど実際はデフレで不況なら努力したってどうにもならないし、
デフレで合理的に動いて企業が人切ればますます駄目になる。
個々の人間の責任じゃなく、経済全体の需要や失業のバランスの問題だよね。
フリードマンはインフレは悪とか、財政赤字は将来の租税負担だからマイナスとか、
個々のもの取り上げて罵倒したけど、政府紙幣や日銀の国債買取が議論される今、意味がない。
インフレなんて実質成長率が高ければ誰も気にしない。
財政赤字なんか失業で経済が追い詰められるなら全く意味がない。

フリードマンの全体を見ないで個人の自発性と市場の予定調和信じる、
社会科学の進歩をとめ、逆回しさせる反動性ってフリードマンの擁護者は気にならないの?
どう思っているの?

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/10(火) 16:56:28 ID:wPAFNWcn
>>218が言っているように、不況の時こそ大胆に消費し、
大胆に投資するとかで大きな部分で動いてくれるなら
まだ成り立つ余地はあるが実際はバブルならリスク度外視して突っ込み、
不況なら首切りまくりで経済全体では崩壊する。個々が「合理的」に動いたあげくに。
個々の合理性に頼らずにマクロで全体の関係考えて経済政策とるべきなのは明らかだと思うけど。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 11:07:31 ID:VLDEzBt5
159とか、ちゃんと精神科に行ったかな?
191とか、フリードマン英語で読んで、いかに間違いだらけでとんでもか骨の髄まで理解できたかな。
感想聞かせてよ。精神的につらいだろうけどちゃんとお医者さんの話聞いて早く心の病治してね。
心配してるよ。
194とか死んだよね。それがこの世の為だから。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 10:30:26 ID:R9+O4Bk9
フリードマン厨死んだの?
世のためになったね。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/21(土) 07:42:02 ID:YdMHoODb
ひとりの変なやつのスレだな。ここは。
氏ねとかw。完全に2ちゃんねらー。
フリードマン厨も痛いが、224はそれ以上にかなり痛いな。
フリードマンがどうのこうのよりも、コイツの精神は異常だな。

経済学者の理論で間違いのないものってあるのか?

フリードマンは完全に終わっているとことには同意だが。
224は本当にフリードマンを理解しているかは疑問だな。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/21(土) 10:13:09 ID:aphPEm3x
>>226

悔しい?悔しい?
ゲラゲラ。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/21(土) 13:39:56 ID:vk02AuPF
サブプライムローンとか諸々のdebtバブルを起こしたのは政府だろ。
Equityに対してDebtは政府によって様々な優遇を受けてた。(税制面など)

政府が作り出した歪みに皆が皆金を突っ込んだから大惨事が起きた。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/21(土) 22:47:46 ID:aphPEm3x
>>228
で?

資本主義と自由みたいな珍書のとおりに市場に任して財政も金融も裁量政策とらず、一定にしろと。
市場に任していれば現在の不況もデフレという無駄も失業者の山も生産能力の無駄もなくなると?
金融緩和も財政支出もするなと。議論にならんなw
226といい、頭沸いてるの?

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/22(日) 14:24:05 ID:g+5Yq+My
経済の本は殆ど読んでないと言ってもいい俺が今考えている経済とは、
1.
仮に、日本一国で考えた場合、国内全てのお金が1000兆円あったとすると
一人がその1000兆円抱えてしまえば他の人は全く貨幣を持たない状態になる。
2.
お金が流れるか、あるいは時間が経過すれば、中央(国)にその一部が流れる
仕組みになっている。それを、また全体に分配する。預金もしかり、銀行がお金
を集め、それを資金として分配(貸出)しお金を回す。
3.
貯蓄(タンス預金も含め)が偉いという価値観と、お金を使う(お金が流れる)
ことで景気が良くなるという価値観が根本的に矛盾しており、現在の経済自体が
崩壊に進んでいる。本来であれば国や銀行が再分配の役割を担っているはずがそ
の役割を果たしていないことも含めて考えるとシステムの問題である。
4.
実体経済である労働とは別に、お金がお金を生むという金融のシステムは
お金を貯めることが良いことであるという、景気とは反対の価値観を生む
大きな原因である。
5.
お金の価値は、国全体のお金の量では決まらず、多くても少なくてもある
一定のラインに落ち着くはずだが、それは個人がお金を持ちすぎると崩れ
る。それが、デフレである。そうなると、資産の多い個人がより資産の価
値を増やすという経済の崩壊へつきすすむことになる。
6.
単純に、お金を発行すれば、その価値が下がり(インフレ)、使っていな
いお金である資産は減り、それに伴い、借金も減ることになる。さらには
もともと資産の無いものにとっては、収入が増えると同じくして物価が上
がるので、個人消費自体に影響は殆どない。損をするのはお金を持ってい
るにも関わらずその使い方を知らない人間であり経済全体のことまで考え
ない自分さえ良ければいいという人間だけであるので問題ない。
7.
国際的な円の価値が下がる、あるいは銀行の価値が下がるという意見があ
るが、最終的に大切なのは実体経済である日本の技術であり、それを欲し
い人(国)がいれば経済は成立する。
8.
解決策は、お金を持ちすぎると損をするというシステムづくりと、お金が
お金を生むという金融のシステムを変えることである。
9.
お金を持っていることは偉いことではなく、そのお金を持っているだけの
労働を自分がしているかどうかが大事である。



231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/22(日) 20:15:12 ID:UDR16u4C
英国で貯蓄への意識高まる[社会]

英国人の消費行動に変化が見え始めている。
国内の資産運用会社バーミンガム・ミッドシェアズが12日発表した
調査によると、ここ3カ月の新規の預入額は329ポンドと前の3カ月の
339ポンドから減っているものの、貯金を取り崩した額は302ポンドと、
前年同期の506ポンドから大幅に減っている。
さらに、1年前に貯金を取り崩してぜいたく品を買った人は39%いたが、
今年は9%にとどまっている。

・・・。手遅れじゃがの。


525 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2009/02/13(金) 23:05:16
日本 対外純資産  30000億ドル
    対外純債権  32000億ドル や、
台湾 対外純資産   2200億ドル
    対外純債権   2500億ドル と違って、
韓国 対外純資産−  2000億ドル
    対外純債権−   250億ドル や、
英国 対外純資産−  7000億ドル  
    対外純債権−12000億ドル は、
対外純資産・純債権ともに大赤字で、宿命のライバルである台湾に
対外純資産額・純債権額だけでなく一人当たりGDP,PPP共に完敗で、
尚且つ国際収支・資本収支が大赤字で国家経済が深刻化している
韓国や英国のネットウヨの方達も大変ですね。


232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/22(日) 22:26:39 ID:nXhCdWFn
結局のところ
情報の非対称性に関する評価が
あまりにも甘かったってのが
フリードマンのしょっぱいところなんだろう。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 00:54:42 ID:chjxthb/
> 情報の非対称性に関する評価が
> あまりにも甘かったってのが

経済学、社会科学としては無価値もいいところだな。アダム・スミスやリカードと変わらん。
彼らはその時代の意味があったが、今の時代にそれやられても。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/28(土) 08:27:12 ID:lPzc1Pe+
>>226
死んだの?

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/28(土) 22:18:45 ID:N5DrjVUq
中銀が国の機関でないことがはっきりした今となっては
誤用学者以外の何者でもないってことだろ>フリードマン

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/02(月) 00:15:01 ID:w2AbopDw
>>233
確かにな

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/02(月) 11:02:55 ID:vCT1DBO3
個々の労働者と大企業では選択の自由と言っても意味が全く違うし、
情報は完全じゃなく、市場参加者に行き渡りもしないから、合成の誤謬ですぐバブルや過剰停滞が実現する。
あんなにヒステリーのように政府の失敗がなりたて、市場の失敗無視してお花畑描いたのはなんだったんだろうかな。
結局、資本家とかの耳に心地よいことで人気得て妄想に足踏み入れていたよな。経済学じゃなく、カルトだった。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 09:33:00 ID:CH1ShWSR
個人の自発性とかより、マクロの消費とか全体の関係の方が大事だよね。
擁護者はフリードマンが社会科学の時計の針を逆戻しにしたことをどう思っているの。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/25(木) 23:20:59 ID:kGK/qHp8
このひと学問上は嘘いってない、けど実際はあのようになる。
そのことまで知り予測した上で、自身のアナキストな欲望を貫徹させようと目論んだように思える。
実はかなりのクセモノの極左なのでは?
一般のサヨクの人こそ文化資本を考えると保守的であり、
正論・諸君とかの品格親父もその愚かさ故に革新的であったりする訳で。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/28(日) 00:45:35 ID:Dc+j89CY
アナーキズム・アナルコサンディカリズム=左翼
アナルコキャピタリズム・リバータリアニズム=右翼
異論は認める


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 17:29:24 ID:Mi4/LJrS
hosyu

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/01(火) 15:20:32 ID:N72pSXsJ
右翼と左翼ははただの権威主義者。クズ。人類の敵。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/04(金) 02:01:16 ID:BMtZLlmp
スレを立てた>>1はクルーグマン、バーナンキ含め著名経済学者の大半がフリードマンを否定するどころか認めている事の説明をセよ。


244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/04(金) 02:09:07 ID:uFyRbxEp
>>243
どういう点で????

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/04(金) 02:34:34 ID:BMtZLlmp
クルーグマン「我々はケインジアンでありマネタリストである。」
バーナンキ「かの人の業績は偉大である。」

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/04(金) 18:42:53 ID:otTqcqCa
おまいらフリードマンさんを誤解するなお

あの人は数理と事実の上で正しい事を言ってるし、比較すると自由市場の方が望ましいと言ってるだけだお

自由市場が失敗しないとかのファンタジーを言った訳じゃないお

ただ失敗の幅が裁量的な経済よりはずっと小さく、効率は大きいと言ってただけだお

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/05(土) 18:45:35 ID:kVJgLCHd
>>246

> ただ失敗の幅が裁量的な経済よりはずっと小さく、効率は大きいと言ってただけだお



それが明らかに間違いで害毒流しすぎだな。
経済学、社会科学としては無価値だな。
まあ、考える枠組み作った点で全くの無価値じゃないにせよ、二流だな。
ケインズと比較できる対象じゃない。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/05(土) 18:51:13 ID:kVJgLCHd
>>233
> > 情報の非対称性に関する評価が
> > あまりにも甘かったってのが
> 経済学、社会科学としては無価値もいいところだな。アダム・スミスやリカードと変わらん。
> 彼らはその時代の意味があったが、今の時代にそれやられても。


これが真実だな。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/10(木) 00:11:29 ID:3juUms2U
>>245
リップサービスって言葉知らない?

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 13:07:36 ID:esXT+bwe
965 名前:名無しさん@社会人 投稿日:2009/09/01(火) 17:54:32
マネタリズムは間違ったとこは捨てられたが、本質的な部分は右にも左にも受け継がれたため消滅しただけ。
合理的期待形勢学派っていうのも同じ、現在の主流派はみなマネタリストであると言えるし、合理的期待形成学派と言える。

967 名前:名無しさん@社会人 投稿日:2009/09/02(水) 01:08:50
>>965
まるでマルクス主義者のような言い訳だなwwww

968 名前:名無しさん@社会人 投稿日:2009/09/02(水) 21:22:36
>>967
いや事実そうだよ。
現在左右問わずマネタリズムの影響を受けてないマクロの分野はない。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 13:11:54 ID:esXT+bwe
813 名前:第三の波平 ◆JXLBbnYqTY 投稿日:2009/08/25(火) 01:45:06 0
では、独創を投下しよう!

■なぜ左派はなぜ独裁に躓くのか

モース 資本と贈与交換

マルクスにしろ、ケインズにしろ、ハイエクにしろ、経済学が躓くのは貨幣交換の腐敗や贈
収賄です。自由主義経済学は、コンベンションを「神の手」というように貨幣による一元的な
価値へと平面化し、そして「贈与関係」をあってはならないものとして扱います。

モースは未開社会に貨幣交換とは全く異なる象徴的な秩序とそれを維持する力を発見しま
した。それが贈与交換です。贈与交換の力学は、その社会へ慣習・道徳、すなわちコンベ
ンショナルな権力分布を生み出す基礎になってきました。しかし近代における自由主義経
済の浮上は、このような贈与交換を排除したと考えられています。

貨幣交換と贈与交換の違いを示すならば、匿名と顕名の違いです。ある商品の売買でお
金を払うならば相手をといません。しかしある物を贈与する場合には信用が重要であり、そ
の相手が誰であるかが重要です。自由主義経済では完全自由競争が求められ、私的な理
由で相手を選ぶことは弊害であるとされます。

しかし資本主義における資本という貸し借りの原理は貨幣交換を越えて限りなく贈与関係
に近いものです。だから容易に転倒して腐敗や贈収賄という違法として現れますが、また
資本は信用取引=社会的な貨幣交換であり、贈与交換が下支えしているのです。

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1225029509/813-816

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 14:06:52 ID:1i1iNegt
左派の発想ってモロに全体主義じゃん


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/13(日) 20:52:36 ID:G/rpd5fY
フリードマンってゴミだよな。
受けつがれた部分なんて、元々古典的な金融分析で十分だし。独創性ないし。
独創性誇示した自由主義擁護とかのイデオロギー部分は殆ど間違い。
合成の誤謬。第二次大戦前の遺物。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/14(月) 11:42:12 ID:4zTDjN5S
ゴミは言い過ぎだけど、取り立てて言うような経済学者じゃないな。

論争家として耳目集めるのがうまかっただけで、学者としては並。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:22:24 ID:buhbrRVf
『国際ユダヤ人 -現代によみがえる自動車王 ヘンリー・フォードの警告』
ヘンリー・フォード著 島講一訳 徳間書店 定価1800円 1993/8/31

「ユダヤ人の考えは、営業とはすなわち金であるというものだ。
やつらが金儲けにとりかかっている間は、理想も何もあったものではない。
ただ儲ければよいのである。
ゆえに、金儲けの邪魔になるような理想家のたわごとなどには耳を貸さない。
ユダヤ人以外は自発的に労働者の待遇改善に努力するが、
ユダヤ人は自発的改革によって、決してびた一文たりとも支払うようなことはない」


256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 07:22:05 ID:lscX0GVe
「フリードマンは経済史の脚注に留まるでしょう」

これ誰か有名人の言葉?

257 :ミルトン・フリードマン:2010/06/17(木) 14:23:07 ID:yHvnqJvA
私の本の復刊に、協力してほしい

http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=50636 政府からの自由
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=6233 選択の自由



258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/24(木) 02:59:55 ID:lQFeuFWw
この板の誰よりも頭いいけどな

99 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)