5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

フリードマンは経済史の脚注に留まるでしょう

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/25(日) 22:32:59 ID:AKwi2TJy
139です。
レス待ちで寝ました。

一行で聞いてしまったのでうまく伝わらなかったようで・・・

中央銀行が自国の国債を買うというのは信用創造で作られた
財源(税制)のいらない財政支出ということですよね。

お金は生れた以上は循環するので
産業への波及効果やインフレ圧力といった問題が出てくるけれど
そういった財の交換レートの不安定化よりも
国民の貨幣需要量に合わせた貨幣量を供給することで
不況を作らないことを優先すべきであり、
供給できる手段もまた財源そのものを必要としないものが好ましい

こんな感じに解釈しました。

ここで疑問に思ったのは
財政支出の波及効果やインフレ圧力の影響は
貨幣需要量自体にも及ぶので
一単位分財政支出をした時の貨幣需要量の反応次第では
均衡しないんじゃないのかと

大学のマクロ教科書ではケインズ体系はすでに歴史の遺物扱いなので
なかなか学ぶ機会がないんですよ

どんなテキストを使って勉強されているんですか?


99 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)