5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

進路に悩む厨房に経済関係の職業を教えてくれ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 23:30:14 ID:rDaz3dKW
公認会計士とか

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 23:41:59 ID:lcnveQHl
経済学なんて東大・一橋・阪大あたりで理系入試で研究者を養成して
残りの大学は会計士の資格でも取って働けば十分だよ。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 23:58:33 ID:NNTFnTM8
本当に経済学バリバリ使う仕事は
旧帝とか海外とかそのクラスになるからなぁ。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 00:03:14 ID:z30hxH2J
>>2 >>3マジスレ感謝

理系入試で研究者を養成とは?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 03:41:19 ID:/9t6kbnP
経済学を使う?仕事なんて大学教員しかないよ
シンクタンクも
金融系も
政府のリサーチポストすら
経済学を使うわけではない

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 10:26:28 ID:r1VtpiIS
>>5
日本にいるかぎりね レベルも給料も低いよ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 11:11:35 ID:z30hxH2J
>>5,>>6そうなんですか。ありがとうございます
では、公認会計士や税理士はどういうの(〜学)を学べばいいの?
そしてそのための大学とは?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 17:59:42 ID:mtIuIgke
待遇がよい職業が知りたいです。やはり理系の方が就職などは有利ですかね?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 18:05:15 ID:D8Xzzh8u
会計士なら会計学や簿記、税理士なら税法や簿記。
これらの科目は、経済学部で選択科目として開講されてる場合も多いが、商学部だと必修科目になっている場合が多く、教員の数も多い。
税理士や会計士の仕事やその試験と経済学はあまり関係がない。会計士試験の選択科目に経済学はあるが。
また、経済学はいまではほとんど応用数学みたいな感じなので、
学校の社会科系の科目が好きだからといって、真面目に勉強するつもりで経済学部にいったとしても、
数学が好きじゃなかったら、後悔する可能性大。
勉強するつもりだが数学が得意じゃなければ法学部や商学部へいったほうがよい。特に法学部がおすすめ。
大学であまり勉強する気なく一般企業に就職するつもりだったら、文学部以外で偏差値が高いとこならどこでもいいと思うけど。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 21:03:05 ID:z30hxH2J
>>9とても参考になりました。大感謝。
でもやっぱ難しい。法学かー・・・。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 21:09:04 ID:QQzhFO2y
>>9はうまく言ってるよ。


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 23:13:40 ID:HLb9oad8
法学部最強だな。民間就職できるし、法科大学院にも逃げられるし、公務員最強だし。

日本は法学部が治める国だからな。

行くなら、東大法学部。間違いない。大して難しくないし。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 00:00:29 ID:tVJ7k8Mu
経済学なんて社会に出てから使いこなせないよ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 21:51:54 ID:41qgmNS+
公認会計士のブログらしい。
http://www.tez.com/blog/index.html
数理科学としての経済学研究は一部の大学でやって、
大半の普通の人は簿記も法律も広く学ぶほうがいい。



15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 23:25:00 ID:LhuEWuuz
>>12>>13>>14ありがとう。
法学に興味が湧いてきた。法学部を出たらどんな道があるんですか?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 23:55:50 ID:o/6TZDh1
経済について勉強したいなら経済学部に行けばいい
資格取りたいなら法か商だな


17 :9:2008/01/23(水) 00:41:04 ID:squwnK+o
また私が答えてあげましょう。

まず、上でも書いたように、民間企業なら、法学部でも経済学部でも関係ない。

資格なら、法学は弁護士や司法書士や行政書士や社労士や税理士や会計士の試験に生かせる。
経済学は会計士の試験くらいにしかいかせない。
公務員試験なら、国家一種の場合は、経済職より法律職の方が採用されやすい。
国家二種や地方上級の場合は、試験科目は法律科目の方が経済科目よりやや多い。

以上からわかるとおり、法学部は経済学部より、資格をとりやすく、公務員になりやすい。
したがって、経済学部の方が相対的には一般企業に就職する割合が高いのだと思う。

個人的な例に過ぎないが、私は大学では経済学を専攻した社会人だか、今の職場では、民法の初歩的な知識は結構使うが、経済学の知識が必要となったことは一度もない。民法の授業とか受けたことないけど。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 09:34:31 ID:PhR8VKCO
経済学は知識を学ぶ学問ではないからね
学べるのは考え方だけだよ

19 :かつて○だった男:2008/01/23(水) 09:47:11 ID:1YfqRsLl
>>17
そうかあ?
床屋のオヤジでうちは儲かっている、ていってる人がいた。
資本設備の原価償却分をちゃんとカウントしてないわけ。
店が古くなって建てかえするときどうするのだろうと、思ったよw.

法学に数学はいらないなんて、嘘書いてはいけません。
どのような状況(前提)が満たされれば,この法が適用できるか、という発想は立派な数理思考。
必要条件と十分条件もちゃんとわかってないと、いけないよ。
法学は確かに意識的には数学を使わない。
しかしその発想・思考法は数学のそれと極めてよく似ている。
アンタはそこに気づいてないだけの話。

20 :9:2008/01/23(水) 23:37:31 ID:squwnK+o
原価償却を理解することと経済学の理解はそこまで関係ないように思う。
むしろ、原価償却は会計学や簿記に馴染みが深い。

例えば、分厚いマンキューのミクロマクロを読んだ場合と、薄い日経文庫の薄い会計学のを読んだ場合では、後者の方が原価償却をより理解できるはず。

また、私は法学に数学は不要だとは書いてない。経済学が応用数学みたいになっていることから、数学が苦手だったり、好きじゃない場合は、経済学部より法学、商学部がいいとすすめたにすぎない。

たしかに、ある前提からどのような帰結が導かれるかを吟味するような論理的思考法は、法学にも必要かもしれない。
しかしその論理的思考法を数学的思考法と同じものと言うのは強引だと思う。
もし同じものだとすれば、法学が得意な人は数学も得意でなければならない。しかし、法学が得意だが数学が苦手な人を私は何人も知っている。数学が苦手で東大に落ちて私学にいって弁護士になった人などいくらでもいる。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 17:24:54 ID:6tx5GBEI
9さん、何度もご丁寧にどうも。本当に役に立ちます

経済学より法学の方がいろんなことに対応できることが分かりました。




22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 19:56:30 ID:BbO3Rwwy
>>19
減価償却は見かけの経費だから、それがあって帳簿上儲かっているんなら
いいんじゃないか?
特に床屋は、現金収入でもっているからその傾向が強い。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 20:26:53 ID:Qag/GOXT
余剰資金のけてれば、減価償却のせてなくても、管理会計上なら問題ないんじゃない(資産管理してないだけだけど)。

ただ、税務上で経費で計上してなかったら、結局、税金余計にとられるだけだけど(最初に経費でのせたとしたらよく税務署で申告した時通ったねとw)

24 :かつて○だった男:2008/01/24(木) 21:30:41 ID:/Xw/JYdJ
>>しかしその論理的思考法を数学的思考法と同じものと言うのは強引だと思う。
もし同じものだとすれば、法学が得意な人は数学も得意でなければならない。
しかし、法学が得意だが数学が苦手な人を私は何人も知っている。
数学が苦手で東大に落ちて私学にいって弁護士になった人などいくらでもいる。

悪いがぜんぜん違う。
数学的思考は我々の言語での思考の一部を体系化し、数学的操作可能なレベルにまで洗練したものだ。
弁護士は数学ができないと勝手の思い込んでいるだけ。
彼は仕事の上で実は「数学的思考」を無意識に使っている。
数学特有の記号法や定義のハッタリに幻惑されているだけだ。
それに受験数学は数学とは似て非なるものだ。
解法を覚えて適用するだけの受験数学ができないからといって、数学ができないと考えるのは早計
>原価償却を理解することと経済学の理解はそこまで関係ないように思う。

ハハハ。見事、私の張ったトラップに引っかかったな。
その通り、減価償却の考えなど別に経済学など知らなくてもまともな頭をしている人ならよく考えればわかること。
しかしそのことはアンタの法律の知識にも当てはまるのさ。

>今の職場では、民法の初歩的な知識は結構使うが

私も法律関係の仕事を頼まれてやったことがあるけど、法律なんてちょっと知っているだけで十分。
常識的判断力と相手を説得さすにたる論理構築能力があればいい。
あんな他の書き込みは高度技量が必要でない限り職場では経済学の知識は要らない、ってかいてあるけど。
同じことは法学にも言えるのだ。
以上。



25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 23:42:09 ID:+t7jmksJ
学部で終わるなら何を専門にしようが大して変わらんよ。
潰しきく上に理解しやすいのは商学部や経営学部じゃねえか?
商学部なら、仮に入ってから、経済学や法学に興味持ったとして科目やゼミ選ぶときにどっちも取れるし。
しかも基本的な理論や学説を押さえなくたって卒業できるのもウマい。

26 :かつて○だった男:2008/01/24(木) 23:56:53 ID:/Xw/JYdJ
>>25
そういうことだね。自分が関心あることをやればいい。
まあ、高校までで何に関心があるかわからん人には経済がいい。
なぜかというと経済は裾野が広い。
数学的な理論もあれば、思想もある、時事経済や世界経済のことも学べる。
歴史もあるし、いろんなことと繋がっている。
いろんな専攻の先生がいる。ゼミの選択の幅も広いのだ。

法学はあまり勧めないね。
興味があれば別だが、興味がなければこれほど退屈な話はない。
もともと法学は人間社会の揉め事を解決するための物。
そのため確かに実践的なのだが、社会にでたことない大学生にとっては実感湧かんはずだ。
何か困ったことがあっても、親や先生が解決してくれる生活をしてた高校生が法律なんか興味持つはずがないなw。
本来、法学部は学部ではなく大学院から始めるべきなのだ。アメリカのように。

私なりにアドバイスすると。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 00:35:05 ID:2VCv3dWB
法律はたくさん勉強しないといけないから
わざわざ大学院に入って最初から始めていたら
いつまで経っても働き出せないよ。
「9」の人の言うことが一般的で良いと思うわ。



28 :9:2008/01/25(金) 01:41:18 ID:VV6aO5/T
かつて○だった男さん、経済学部をすすめることについては確かにそういう見方もありえると思いますが、
それ以外の議論については、私の理解力が低いせいかもしれないが、あなたのいってることが単なる詭弁に聞こえます。反論する気はないです、私の負けです。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 06:04:48 ID:QSAwbmFU
司法試験とかなら確かに法学部行かないと難しいようなきもするが。
資格試験なんか結局、頭と持続力だけだから、どの学部行ってもたいしてかわらんよー。
案外、暇な文学部くらいの方が勉強に専念できてとりやすいんじゃないw


30 :かつて○だった男:2008/01/25(金) 07:29:26 ID:6+SXUAbQ
>>28
あなたはまじめで誠実な人だと思う。
自らの経験を基に自分なりの見解を纏めておられる。
あなたの主張をもう一度整理すると、
@専門的技能はそれを必要とする職場につかない限り、必要はない。
A経済学部は専門的技能、それも数学を使用する。
Bその技能は@の理由で大抵の職場では必要ない
C一方法律の知識は結構必要
結論:法学部が経済学部よりお勧め。

私が噛み付いているのはCだ。
ここで法律の知識といっているものは実は法学部にいって学ばなくてもまともな頭さえあればできること。
それはあなた自身が認めているように、減価償却の概念をわざわざ経済学部に言って学ばなければならないわけではない、と同じ理由。
またあなた自身も学生時代、法律を特に勉強したわけではない、と告白されている。
要するにあなたの主張は@に尽きるのだ。
そして@は経済学部にも法学部にも当てはまる。
故に、これだけをもって進路の助言:法学部>経済学部はいえない。
これが私の反論。

数学的思考と法的思考の類似性は説明に難しいが、例えばアメリカの司法試験の場合、必ず論理パズルが出題される。
例えば4人がある事件について証言しているが、一人だけ嘘をついている人がいる。それは誰か、など。
3人の主張は互いに整合するが、1人はつじつまの合わないことを言っている、というわけだ。
また数学力と国語力には高い相関性があることを知られている。
数学が強くて国語は弱い(及びその逆)などとは本当はありえないのだ。



31 :かつて○だった男:2008/01/25(金) 07:51:29 ID:6+SXUAbQ
もう一つ。
経済に入ったが、モデルの計算ばかりで面白くない、というが、
そういうことはどの学部にいっても起こること。
入った学部が自分のイメージとは違ってやる気を失うということはね。
法学部とて例外ではない。
細かい判例解釈、遺産の分割でもめただの、子供養育費をどうするかでもめたなど・・・。
こういう話は実社会に出て苦労した経験のない若者にぴんと来ない点ではモデルの計算と同じだよ。
経済を進めるのは、それでも経済学部のほうが守備範囲が広く、雑多にいろいろな研究があるということだ。
この人なんで経済学部にいるのだろう?と思ってしまう研究やってる先生もいる。
自分の関心にマッチした分野を見つけれる確率はおそらく法学部より高いだろう。
言い意味でも悪い意味でも雑多な経済学部が一般の高校生にはお勧めと書いたのだ。

ただ一つ難点:交友関係。
経済は志望動機の希薄な学生が多い。勉強する雰囲気は皆無といった感じ。
こういう中で自己を如何に規律して有意義な学生生活を送れるか?
よほどの覚悟がいる。
これは自分の性格や気質と相談して決めることだね。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 13:05:49 ID:PZ/Q4OvP
経済学部は数学も哲学も歴史も何でもできるから
結局何も身に付かないまま終わってしまう。
将来、公務員や資格を希望するならば法律や簿記をやれ
と事情の分からない最初に後押ししたほうがいいよ。



33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 14:27:36 ID:QSAwbmFU
簿記も関関同立の商学クラスなら、たかだか日商2級レベルだからなあ。

まあ、本人しだいじゃない?


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 17:28:59 ID:jhZLaSax
その2級の簿記さえ取るほど勉強しないんだよ。


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 18:04:37 ID:qHQIyuya
>>34
最近思うのだけれど、商業高校にいって、簿記などを中心にまじめに
勉強して、関関同立クラスの商学の推薦もらって、関関同立クラスの
商学に入った方が、普通高校の特に男子校でがり勉して関関同立クラス
に入るよりも有意義な人生を送れるような気がするのだけれど、
どうなのですかね。公立の商業高校だったら、推薦枠があるんじゃないか
と思うのですが。ないのですかね。商業高校だと女子が大半だから、
女にもてるし、簿記の基礎を頭の柔らかいうちに叩き込めるし、
それで、関関同立クラスの商学に入れたら最高じゃないのでしょうか。
簿記の基礎が分かっているから大学の勉強も楽しいし、就職には
有利だしって感じじゃないのでしょうか。普通高校の男子校で青春時代の
輝いているときに女にも相手にもされないで、お世辞にも将来
社会に出て役に立つとは思えない勉強をしこしことがり勉するより何か
いいような感じがするような気がするのですが。関関同立クラス
で入試受けて入ろうとしたら、普通の人間だったら、
今でもがり勉しなきゃ入れないんじゃないのでしょうか。
どう思われますか。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 18:13:57 ID:cq6nE5Ds
何度も助言をくれる9さん、○さん、他のみなさん
本当にありがとうございます。
経済学、経営学、商学が似たように感じるのですがそれぞれの
違いはとは?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 20:12:45 ID:QSAwbmFU
>>35
ちなみに、京大クラスだと、適当に遊びながら1級取っちゃうらしいw。
理系だと半年で1級取ってるから、簿記程度にそんなに時間かけるだけ、時間の無駄のような気がするw

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 21:08:54 ID:8+7nBSNh
15才で将来の職業を決めて高校から職業訓練として簿記や技術の勉強を始めるべきだよ。

特に頭のいい人は別として簿記1級は1年間みっちり勉強しないと取れないよ。




39 :かつて○だった男:2008/01/25(金) 21:28:53 ID:6+SXUAbQ
>経済学、経営学、商学が似たように感じるのですがそれぞれの
違いはとは?

質問の趣旨はカリキュラム等、学科目の内容の違い、であるとしての返答。
経営学=商学と見ていい。
経済学はこれと大分違う。
公認会計士・税理士など取得したいなら経営・商学のほうがいい。
ゼミでその方面の先生がいるからね。
ただしちゃんと免許もって開業経験のある先生につかないと意味ない。
資格取る際も助言・指導してくれるはず。
ただしだ、資格は1級以外は価値はない。
一級でようやく仕事になる程度。
そして一級取るのは大変難しい。

40 :かつて○だった男:2008/01/25(金) 21:34:23 ID:6+SXUAbQ
>>ちなみに、京大クラスだと、適当に遊びながら1級取っちゃうらしいw。
ホントか、それはw。まあ兄弟は玉石混淆だからな。
優秀な奴は凄いが、駄目なのはとことん駄目。
ばらつきが激しいな。
私の周りにも兄弟卒多いが、優秀なのは数えるほどだ。

>>特に頭のいい人は別として簿記1級は1年間みっちり勉強しないと取れないよ。
こっちを信じた方が妥当だと思う。

41 :かつて○だった男:2008/01/25(金) 21:53:44 ID:6+SXUAbQ
>>35
ウーム。よく将来のことを考えておる。立派な心がけじゃw。
ひとつ気になるのが
>商業高校だと女子が大半だから、女にもてるし、

この理屈はよくわからん。
女子数>男子数→女子の男子に対する超過需要→男子の価格(価値)上昇
か、経済学の応用。
市場が閉じていれば(男女共にこの高校内でしかパートナーを得られない)
この理屈も正しいが・・・。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 22:13:55 ID:QSAwbmFU
>ちなみに、京大クラスだと、適当に遊びながら1級取っちゃうらしいw>40

情報源は資格専門学校の教師から。
おかげで某専門学校の京都校だけ、異常に模試の成績がいいそですw
自分は頭悪いので理解するだけで延べ1年かかりましたw

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 22:24:39 ID:qHQIyuya
>>42
>自分は頭悪いので理解するだけで延べ1年かかりましたw

頭が悪いんじゃなくて、それが普通。それでも、1年で
理解できたってのは、かなり優秀な方でしょう。
10年かかっても理解できないようなのがわんさといるんだから。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 00:35:18 ID:pdnPXfbr
うーん、自分はFランク経済学部の出だけどね。

あんまり1級の話題ばかりもなんだけど、あれの最大の問題は範囲が広いから忘れちゃうんだよ。
だから、出来るなら半年くらいで集中してやったほうがいい。
実際は簡単な算数程度の問題集をひたすら800〜1000時間くらい解きまくるだけだから。
1日4時間ペースで200日くらい、後は頭と運がよければ通る。
正直、集中力とまとまった時間と、継続する意思力だけ。

まあ、勉強の内容はかなり役に立つ、管理会計の基礎とか、統計的な手法で出した市場の母数からシェアを考慮して価格を分析する手法とか税務の基礎とかいろいろやるから。
帳簿も外国支店を為替換算で合算したり、CFや連結会計つくったりする。
あと、鉄道のレールみたいな集合構築物の原価償却法とかあんまり役に立たないものもあるw

頭よければこんなん、経済学勉強しながら在学中に取れるよ。
まあ、遊ぶ時間はなくなるけどw

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 02:11:57 ID:TQMbw+0c
経済学大学院への進学のメリットはありますか?
修士課程です。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 02:16:17 ID:jCvTHVsf
さらに深いレベルで新しい経済学が勉強できる

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 15:48:56 ID:QN1gT0lX
じゃあ進学のデメリットは?

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 15:54:08 ID:L/koRlMm
経済学が数学的思考だとか言ってて恥ずかしくないですか?
そもそも経済学で使うのは「計算」であって「数学」ではないと思いますがね。


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 19:32:31 ID:vxwOWO12
>>47
就職の幅がへる

>>48
なんだ?急に。ちゃんと数理経済勉強したのか?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 17:40:36 ID:uAiFDNRo
かつて○だった男さん、ありがとうございます。
経営学=商学覚えておきます。
「簿記」って簡単に言うとどういう勉強ですか?

51 :かつて○だった男:2008/01/27(日) 21:02:46 ID:WF/GfQ7f
>>48
数理経済学やゲーム理論の論文を読めるくらいのレベルになれば、私の言ってることが多少はわかるようになる。
入門レベルの経済学の演習問題ばかり解いていては駄目。
そのレベルでは私の言ってることを「恥ずかしくないのか」と思うのは無理もないことだけどね。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 21:43:54 ID:EuXxWUxN
>>51
その段階まで行くと経済学というより論理学だな
(というと数学者に失礼すぎるか)。
かって○氏の意見には同意させられることばかりです。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 22:52:05 ID:QsaUwReF
経済修士は進学以外だとどんなところに就職しますか?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 23:21:40 ID:G4HK/YkZ
>>50
簿記=日々の会社のお金のやりとりを記録しそれを元に、いわゆる決算書と呼ばれる財務諸表類(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、株主資本計算書)を作る。

財務諸表は、主に事業計画用、税務(いわゆる確定申告用)、株主に対する報告用等に作成される。
又簿記は単式(単純にお金の出し入れを記録したやつ;例家計簿、大福帳等)と複式簿記がある。

又業種でも種類があり。
普通の会社用の商業簿記、工場経営の為の工業簿記、この2つが日商簿記検定1級とか2級とか言われるやつ。
他にも建築会社用の建設簿記、銀行用の銀行簿記等がありそれぞれ特徴がある。
又最近は英文会計なんかもはやり。







55 :かつて○だった男:2008/01/27(日) 23:35:30 ID:WF/GfQ7f
>>53
別スレを潜った方がいいかも。
まあ、しかし>>54のように親切な方が増えているようなので、簡単に説明しよう。
結論を言えば、
進学以外の進路は極めて限られている。
民間志望なら学部卒で就職した方が断然有利。
修士2年は時間と金を無駄にし、就職口を減らす自殺行為だ。
例外は資格試験の勉強のため、と教職につくため、だ。
こういう理由なら修士にいくのは意味がある。
教員は修士号を持つのが当たり前の時代になりかかっている。

困るのは研究者志望で院に行ったものの、ついていけず、やむなく修士でやめて就職を探す。
このパターンだろうね。最近こういう人多くなった。
気の毒としかいいようがない。
それでも明るい兆しはある。
民間企業が院卒に理解を示し始めているのだ。
院卒を門前払いとは行かなくなったのだ。
新入社員の3割が辞めていくという現実の前ではね。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 23:38:04 ID:QsaUwReF
>>55
大学院で資格勉強なんて時間あるんですか?

57 :かつて○だった男:2008/01/27(日) 23:56:27 ID:WF/GfQ7f
>>56
確か、税理士免許は試験があるはず。
修士終了すると試験科目の幾つかは免除される特典がある。
それと試験勉強だけでは駄目で幅広い教養も持つべきと考え、進学したという学生もいたな。
公認会計士志望だったが、開業している知り合いにそういう助言を貰ったとか。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 00:11:36 ID:PDz9e3cw
学部の演習の指導教授にやたら進学を勧められているのですが・・・
能力があると自分には思えず・・・

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 00:13:48 ID:PDz9e3cw
ゼミの演習の先生にやたら進学をすすめられているのですが・・・
そんなに優秀じゃないし、研究者にはならないと言っているのですが・・・

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 00:14:48 ID:PDz9e3cw
すいません。二重投稿です。

61 :かつて○だった男:2008/01/28(月) 00:22:09 ID:ayLJ+t5l
まずその先生は君にだけ進学を勧めているのかね?
それともできる学生には誰かれなく進学を勧めているの?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 00:26:59 ID:PDz9e3cw
>>61
僕だけです。

63 :かつて○だった男:2008/01/28(月) 00:35:41 ID:ayLJ+t5l
すると何か君だけに備わった特別な理由があるのだな。
すこし厄介だね。

一般的助言すると、研究者向きのタイプは性格的にタフ、悪く言えば鈍感、な人だな。
常に他人の評価を気にして、人の顔色窺うタイプ。
自分の誠実すぎて、深く自己反省をしてしまうタイプ。
こういう人はどんなに頭がよくても成功しない。不幸になってしまう。
誰がどう思おうと自分は自分、というふてぶてしいタイプの方が成功するよ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 00:38:23 ID:PDz9e3cw
>>63
>常に他人の評価を気にして、人の顔色窺うタイプ。
自分の誠実すぎて、深く自己反省をしてしまうタイプ。

少し当てはまります。鈍感でもありますが、評価は気になりますし、先生が不機嫌だとやはり気になります。

65 :CPA:2008/01/28(月) 14:56:44 ID:3UEPCoYc
旧帝理系大学院卒の公認会計士の俺がきましたよ


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 21:06:06 ID:+5zGNyQ/
いらっしゃい

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 00:17:22 ID:coONjsV2
>>55 あんた少し情報が古いよ
今なら修士でも普通に民間に就職できる

68 :かつて○だった男:2008/01/30(水) 12:33:46 ID:l3PvmlcG
>>67
学士卒が就職できるところはどこでも修士卒も就職できるという意味ですか?
私はそれはない、といってるのだが。
そうでないなら確かに私のいっていることは間違いだということになる。
「普通に就職できる」と簡単に言うだけでははっきりしないよ。

69 :CPA:2008/01/30(水) 23:01:32 ID:HsxbAkRK
○だったって何だったんですか?
まさか・・・神?ってのは冗談ですけど、気になりますね。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 23:07:22 ID:8H0mtjbg
釣りかもしれんが、
○→マル→マルクス経済学
と、この板的には解釈するはず。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 23:24:15 ID:rlvlageJ
この板で○って言えば、あの○じゃないですか?

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 23:59:47 ID:EpNd5fvu
>>68
シンクタンクなんかはむしろ有利。都銀は専攻による。
商社は人を見るから採用されやすい(理系修士採用当たり前だし)。
メーカーやインフラ系はちょっときついかも。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 15:26:58 ID:5xstJGyw
商社とかって用は、買って売っての仕事だから
そんなに利益率たかくない商売の筈なのに
なんであんなにもうけてるの?


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 03:04:53 ID:ROZhLSlw
>>73
投入するマンパワーが桁違いだから。


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 03:09:37 ID:RMhomViQ
>>74 はw? マンパワーに指数関数的な生産性が認められるなら、説明つきますが。だいじょぶですか?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 05:15:10 ID:cmc+C5nP
>>75
あるプロジェクトで大損したって、他のプロジェクトで補填できるだろ。
だから薄利多売でもなんとかなる。
これは10年見据えた研究が大企業でできる理由でもある。
総合商社の人に聞いてごらん。すごい利益稼ぐのはごく一部の花形部署だけだから。
10人レベルの零細商社は文字通り右から左に流すか、
在庫をバッファしているだけだよ(帳簿上黒字倒産がどれだけ多いか)。
大丈夫かなんて言っているあなたの方が大丈夫じゃなさそうだよ。
現実は収穫逓増・逓減なんて単一な生産関数には還元できないから。
独占的競争なら多少は説明できるかもね。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 21:56:43 ID:nKN8LFM2
大企業は未だに無駄な人間を大勢抱え込んでいるんだよ。
上から末端まで保障しずぎたことを末端だけ改めただけなんだよ。




78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 21:46:59 ID:PeKPlqwI
経済学は不動産鑑定士にもいかせるよ。資格板に過去問あったよ。

ある国のt期の生産量をY(t),t期首の資本量をK(t),t期の労働量をL(t)とする。
生産量と生産要素投入量との間の関係を表す生産関数をY(t)=F(K(t),L(t)) とする。
ここでは,単純化のため労働量は時間を通じて一定であることを想定し,L(t)=1と置くこ
とにする。ここではY(t)=F(K(t),1)と表すことにする。(fは増加的な凹関数とする。)
t期の投資量をI(t)とし,投資を行うことによってその分だけ資本量が増加するが,生産
にともなってδの割合だけ資本が減耗するとする。t期の資本量の増減を△K(t+1)=K(t
+1)−K(t)で表すことにする。またt期の貯蓄量をS(t)とする。この貯蓄量は生産量の一
定割合であることを想定し,S(t)=aY(t)とする。(aは定数とする。)
(1) 資本市場の均衡条件を明示し,その条件から資本量の増減を表す式である
△K(t+1)=af(K(t))−δK(t)・・・・・@
を導出しなさい。
(2) @式で示されている動学方程式を用いて,資本量が厳密に正である定常均衡を図示しなさ
い。また,この定常均衡の安定性について,図と式を用いて解説しなさい。(資本量が厳密
に正である定常均衡が一つだけある場合を想定する。)



30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)