5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中国大学ランキング(人民日報)

1 :名無的発言者:2010/07/06(火) 16:06:07
中国大学50強
1位:北京大学
2位:精華大学
3位:復旦大学
4位:中国人民大学
5位:浙江大学
6位:中国科学技術大学
7位:南京大学
8位:上海交通大学
9位:北京師範大学
10位:南開大学
11位:北京航空航天大学
12位:武漢大学
13位:西安交通大学
14位:天津大学
15位:中山大学
参照:http://edu.people.com.cn/GB/116076/11999711.html


2 :名無的発言者:2010/07/06(火) 16:45:03
16位:ハルビン工業大学
17位:華中科技大学
18位:アモイ大学
19位:同済大学
20位:中国農業大学
21位:四川大学
22位:東南大学
23位:中南大学
24位:大連理工大学
25位:華東師範大学
26位:北京理工大学
27位:山東大学
28位:吉林大学
29位:上海財経大学
30位:北京科技大学


3 :名無的発言者:2010/07/06(火) 16:54:04
31位:中央財経大学
32位:対外経済貿易大学
33位西北工業大学
34位:北京外国語大学
35位:華南理工大学
36位:湖北大学
37位:中国海洋大学
38位:華東理工大学
39位:北京交通大学
40位:中国政法大学
41位:南京理工大学
42位:北京郵電大学
43位:上海外国語大学
44位:北京語言大学
45位:南京航空航天大学
46位:電子科技大学
47位:蘭州大学
48位:重慶大学
49位:華中師範大学
50位:中国地質大学(北京)


4 :名無的発言者 :2010/07/06(火) 17:10:34
2位は 清華大学です
精華ではありませんよ

5 :名無的発言者:2010/07/06(火) 17:12:16
本当だ。訂正します。


6 :名無的発言者 :2010/07/06(火) 17:13:56
深圳大学を知っていますか?

7 :名無的発言者:2010/07/06(火) 17:17:07
ヤン・イー(楊逸)の芥川賞作品の舞台は「秦漢大学」となっていたな。


8 :名無的発言者:2010/07/06(火) 17:19:09
>>6
いえ、知りません。
ヤン・イーの作品で、中国の大学の選抜方法が描かれていたね。


9 :名無的発言者:2010/07/06(火) 17:48:10
>>6
私は東大法学部の者ですが、中国の大学の学部構成はどうなっていますか?
第二外国語で中国語を選択したのです。


10 :名無的発言者:2010/07/06(火) 17:54:14
2007年入学の東大文Tの学生中、中国語37%、フランス語22%、ドイツ語21%、スペイン語17%、
ロシア語2%、韓国朝鮮語1%、が正確な数字のようだ。


11 :名無的発言者:2010/07/06(火) 20:00:26
>>9
それは北京大学の学部構成:
理学部
信息与工程科学部
人文学部
社会科学部
医学部
跨学科类
深圳研究生院
http://www.pku.edu.cn/schools/yxsz.jsp

深圳大学の学部構成:
http://www.szu.edu.cn/szuinfo/yxsz.asp

12 :名無的発言者:2010/07/06(火) 20:22:19
>>11
ありがとうございます。非常に参考になりました。
私は中国の「実践科学」という発想に親近感を覚えています。
人民日報のヘッドラインは毎日目を通していますよ。


13 :名無的発言者:2010/07/06(火) 20:44:14
習近平は清華大学ですね。僻地から政治活動を始めて、陳情を解決した手腕が評価されて
次世代の指導者として認められている。社会科学を背景にした紛争解決というのは、私も
よく理解できるのです。


14 :名無的発言者:2010/07/06(火) 21:58:39
>>12
いいえ ^_^
僕は深圳大学の学院生です
日本語を頑張って勉強していますね

15 :名無的発言者:2010/07/06(火) 22:05:33
中国では共産党に人脈がないと起業できないって本当ですか?
日本に観光で来てる中国人はみな共産党とつながりがある人だと
聞きましたが本当ですか?

16 :名無的発言者:2010/07/06(火) 22:15:32
国営企業が勝ち組だといわれているね。中国石油天然気とか。


17 :名無的発言者:2010/07/06(火) 22:20:07
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/07/html/d63575.html
↑2012年の中共大会前後に国民の不満大爆発って本当ですか?

18 :名無的発言者:2010/07/06(火) 22:23:38
東大商法研究会には中国人が多いね。彼らの勉強ってのは本当だからな。


19 :名無的発言者:2010/07/06(火) 23:12:15
たぶんです

20 :名無的発言者:2010/07/07(水) 00:31:20
何がたぶん?

21 :名無的発言者:2010/07/07(水) 00:38:42
私は搜狗输入法も使えます。できれば、気が向いた時に中国語の練習の
相手になってもらいたいです。上記ランキング大学出身の方歓迎です。


22 :名無的発言者:2010/07/07(水) 01:24:51
>>21
希望可以多多交流,请多关照
よろしくお願いします

23 :名無的発言者:2010/07/07(水) 09:31:42
请多关照。最近我不听"实践科学"的语。这个言辞表现习金平的政治手法吗?
中国领导者各人有自己见解,非常精练。


24 :名無的発言者:2010/07/07(水) 10:16:19
中国九人常委:中共中央总书记、国家主席、中央军委主席胡锦涛,
中共中央政治局常委、全国人大常委会委员长吴邦国,
中共中央政治局常委、国务院总理温家宝,
中共中央政治局常委、全国政协主席贾庆林,
中共中央政治局常委李长春,
中共中央政治局常委、中央书记处书记、国家副主席习近平,
中共中央政治局常委、国务院副总理李克强,
中共中央政治局常委、中央纪委书记贺国强,
中共中央政治局常委、中央政法委书记周永康。


25 :名無的発言者:2010/07/07(水) 10:36:10
胡锦涛毕业清华大学。
吴邦国毕业清华大学。
温家宝毕业中国地质大学。
贾庆林毕业河北工学院电力学部。
李长春毕业哈尔滨工业大学。
习近平毕业清华大学。
李克强毕业北京大学。
贺国强毕业北京化学工学院。
周永康毕业北京石油学院。


26 :名無的発言者:2010/07/07(水) 10:43:38
胡錦濤は江沢民が背景にいる上海閥に押され気味で、中央政治局の多数派工作に
苦労しているらしいね。


27 :中日友好in深& ◆GKTT7wQGek :2010/07/07(水) 11:21:54
中国の私は"实践科学”という言葉を聞いたことがありません
でも、胡锦涛の”科學發展觀”をよく聞いていますね

中国每届领导人都会有自己的政治主张,邓小平的“邓小平理论”,江泽民的“三个代表”,现任领导人的“科学发展观”在中国被普遍学习,
这些理论被认为是Karl Marx的“辩证唯物主义”的一种传承。
不知阁下对这种现象怎么看?

28 :中日友好in深セン:2010/07/07(水) 11:39:48
日本語の自動詞と他動詞は難しいですよ

29 :名無的発言者:2010/07/07(水) 11:53:37
日本に通じたのが漢奸
江沢民の父親は、日本帝国の下に上海トラック運送事業を行っていた。
江沢民は、その隠蔽を図り強烈な反日教育を次代を担う子供達に狭量なる愛国主義を植え付けたのである
結果、反日暴動を招き 訪日に際しては天皇の前で無礼を働いたのである


日本に勝利したのは蒋介石であり、中国共産党ではない。蒋介石はその
後、共産党との内戦に敗れ台湾に逃れた。それで中華人民共和国の建国
を1949(昭和24)年10月1日まで遅れたのはそのためである。
しかし江沢民は実父が占領日本軍への協力者だった事実を隠蔽する一方
で、日本との闘いに勝利したのは共産党であるという「嘘」の歴史を全
人民に浸透させる目的で「反日教育」を徹底させたのである。
日本に対しては歴史認識で執拗に批判したのに、ベトナムからの中越戦
争の謝罪要求については「ベトナムのカンボジア侵略によるものだ」と
して、謝罪はしていない。
ここで言う中越戦争とは、中国とベトナムの間で1979年に行われた戦争。
中国が支援していたポル・ポトのクメール・ルージュ政権は、カンボジ
アで大量虐殺を行っていたが、ベトナムによるカンボジアへの大規模な
侵入と占領 はこれを終わらせた。



30 :名無的発言者:2010/07/07(水) 11:56:32
 【江澤民と南京の帝国陸軍特務機関】

Jiang Zemin was a candidacy of official of the Japanese army’s anti-Chinese department and a student of the Nanjing Central University?
After the Sino-Japanese War ended, the national government purged the Central University to single out those who were traitors to China.
Jiang Zemin was so frightened that he hurriedly fled to Yongxin County in Jiangxi Province, and he was sheltered by a farmer there for half a year.
Undoubtedly, Jiang Zemin was suspected of being a Japanese traitor to China.
Otherwise, why was he so scared?

江澤民は、日本軍統治下の南京で日本軍特務機関員候補として南京中央大学に通っていた?
日本が投降すると、国民党政府は同月26日に「接収地区における中等以上の学校学生の識別方法」を通達して、日本占領区にいた学生を審査した。
同年10月、国民政府教育部は上海交通大学、重慶交通大学、南京中央大学の3校を合併し、徐家匯の交通大学を校舎に指定した。
南京中央大学と上海交通大学など6大学は、漢奸の学校とされ、その学生はひとしく審査された。
江澤民も審査対象の一人であったが、突然失踪した。



31 :名無的発言者:2010/07/07(水) 12:08:04
与日本秘密勾结的
汉奸江泽民的父亲,到日本帝国下进行着上海卡车运送事业。
江泽民,是导致对安排那个隐藏担挑强烈的反日教育下一代的孩子们移栽了度量狭小的
爱国主义的 结果,反日暴动在 访日时在天皇面前无礼工作的


日本胜利了的是蒋介石头,不是中国共产党。蒋介石头跟那
个 后边,共产党的内战败在台湾逃跑了。因此中华人民共和国的建
国 1949(昭和24)年10月1日为止迟到了的为此。
可是江泽民是一方面以据说亲生父亲隐藏是对占领日军的合作
伙伴的事实 ,跟日本的战斗胜利了的是共产党「谎言」的历史
深入让到全民的目的「反日教育」使之彻底进行的。
对日本以历史认识执拗地对批判了的,关于来自越
南的中越战争的道歉要求道歉 做,没做「由于越南
的柬埔寨侵略」。
所谓在这里说的中越战争,在中国和越南之间1979年被进行了的战争。


32 :名無的発言者:2010/07/07(水) 12:16:05
我觉得中国领导人的讲和很有含蓄。日本领导人的培养过程必要更加锻炼。


33 :名無的発言者:2010/07/07(水) 12:26:15
中国权力斗争裁判竞争对手因而历史。日本人宽大对手的历史。


34 :名無的発言者:2010/07/07(水) 12:27:18
江泽民是汉奸
http://megalodon.jp/?url=http://vista.nazo.cc/img/vi7924085927.jpg&date=20070522010054
http://megalodon.jp/?url=http://vista.chew.jp/img/vi7924078164.jpg&date=20070522010031
http://megalodon.jp/?url=http://vista.chew.jp/img/vi7924088129.jpg&date=20070522010106
江澤民大王。↓余命幾許(いくばく)も無くお陀仏である。中国の愚衆に反日感情を煽り続けた主。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4f/80/141b50d2ddcf561a06591dc283eeb32a.jpg
良書紹介売国奴 (単行本)
黄 文雄/呉 善花/石 平 (著)
黄文雄氏が司会役、呉善花さんと石平氏を含めた鼎談を書き起こしたのが本書「売国奴」である。
 この本で言う売国奴は、韓国生まれながら日本に魅了され日本文化の素晴らしさと韓国の反省点を数々出版する呉善花さんと、
チャイナ生まれで日本に留学して中国共産党が大嫌いになり国を捨てた石平氏のことである。2人とも歴史を政治的イデオロギーを通さずに、真摯に検証するため、故国では親日派(=売国奴)扱いされている。
 黄文雄氏は台湾出身であるため、日本を取り巻く3カ国の言論人が日本を通して自国を語ることになり、逆に日本とチャイナ・韓国の違いが浮き彫りになる。
 チャイナの反日については、天安門事件で地に落ちた共産党の威信と正当性を回復するため政府主導で行われている。そのため、江沢民時代に始まった反日教育を改めるような政変があれば、
時間がたてば反日感情も治まるだろうというのが石平氏の見通しである。
それに対して韓国の反日は侮日に近く、儒教の素養もない残虐な日本が過去から現在に渡って韓国を侵略して来たという教育をしているため、
韓国が儒教を捨てない限り反日感情が小さくなる見込みは無いと呉善花さんは述べる。
 極東アジア関連やハングル関連を見ていた2ちゃんねらーには大きな新発見は無いが、会話形式であるため素早く読める。隣の国の感情がいまいち分からんと言う方にはお薦め。



35 :名無的発言者:2010/07/07(水) 12:38:36
周恩来不得已写了辩明他不是投降主义者四十年间里。


36 :名無的発言者:2010/07/07(水) 12:44:54
中華人民共和国の成立 by渡部
1949(昭和24)年10月1日、毛沢東主席、北京天安門広場で、中華人民共和国と中央人民政府の成立を宣言。翌2日、ソ連が中国政府を承認(岩波書店『近代日本総合年表』)。
それまで中国を支配していたのは蒋介石。1928年、政府主席となる(南京国民政府)。基本政策は反共、対日、対英米善隣外交だった。
1945年、抗日戦争(日中戦争)に勝利。実際は日本がアメリカなど連合国軍に無条件降伏したため中国に対しても敗戦したことになった。
蒋介石と毛沢東は1946年、国共内戦に突入する。蒋介石は反共産主義を掲げるアメリカから全面的な軍事支援を受ける。
毛沢東軍は国民党軍の足を引っ張りながら日本軍が捨てて行った近代的な武器を入手、俄然、優勢になったと後に毛沢東が述懐している。
蒋介石は1948年、中華民国の初代総統に就任(ただし反発を受け翌年辞任)、1949年、国共内戦で毛の「八路軍」に遂に敗北。首都南京を脱出し、重慶などを経て12月に事実上台北へ逃れた。
一方の毛沢東は、日本軍の撤退後は、ソ連からの軍事援助を受けつつ、アメリカ政府からの軍事支援を削減された蒋介石の国民党軍を駆逐し、徐州を中心とする大規模な准海戦役に勝利、
1949年1月には北平(北京)に平和入城。
同年4月23日国民政府の根拠地首都・南京を制圧。10月1日に天安門で中華人民共和国の建国を宣言したのであった。この頃、日本では映画「青い山脈」が上映されていたらしいが、
秋田の片田舎に着いたのは2年後1951年。
テレビのない時代、中学生の私は中華人民共和国の成立など知る由もなかった。まして将来、記者となって国交正常化に行く総理大臣に同行するなど夢にも思わなかった。


37 :名無的発言者:2010/07/07(水) 12:49:00
中华民国所有五个压力团体在美国政府。



38 :名無的発言者:2010/07/07(水) 13:05:51
日本の政治家はもっと社会科学を勉強しないといけないよ。社会科学を
背景にした事案の処理が政治力に結びつく。それが実践科学だ。
歴史から人を裁くのは毛沢東の発明だが、そんなものには興味ないです。


39 :名無的発言者:2010/07/07(水) 13:14:44
日本の法律インフラは凄いものがあるよ。中国がこの程度だったとはがっかりだよ。
中国の指導者レベルはもっと大人だよ。


40 :名無的発言者:2010/07/07(水) 13:18:16
上記大学ランキング外の中国人は来るなよ。


41 :名無的発言者:2010/07/07(水) 13:50:57
言っておくが、日本でも「同調行動」から政治的資源を引き出すのは簡単なんだ。
でも、歴史に名を残す指導者は統治の職人だよ。法律学を勉強して、問題解決の規範原理を
探求する。これをやらないで歴史を語る奴は信用できない。


42 :名無的発言者:2010/07/07(水) 20:43:02
私は中国の植樹という政治的行為に学ぶことが多い。日本では、偉い人が背広を着て、ほんの少し
土をかけるだけだが、中国では朝から政治家たちがジャージで集合して一日かけて植樹する。
最後に若者がスピーチをする。「人類最後の水を"人間の涙"にしてはならない」と。
このことから、皇室の植樹についても考え直さなければならないと考えている。
中国の政治からも使えるものはつかうつもりだ。


43 :名無的発言者:2010/07/07(水) 20:59:43
この植樹にも意味がある。主要メンバーが体力を競い合うことになる。体力は政治力だ。
そもそも、緑地で一日運動するのはメンバーの健康にもいい。
体力を失ったメンバーの政治力を失わせるのにも都合がいい。
いろんなメリットが植樹にはありそうだ。


44 :名無的発言者:2010/07/08(木) 11:52:10
曹操の墓は、日本では「確定」扱いだったが、中国では慎重な見方が多かった。
一番の問題は、曹操の妻は70で亡くなっているのに、ともに埋葬されていた女性が50歳前後
と推定されたことだった。埋葬地点の意味合いの検証なども必要で、現時点では「推定される」
としかいえないというのが中国の専門家の見方だった。
三国志ファンが多い日本では報道が勝手に結論を出している。


45 :龍王:2010/07/08(木) 12:02:57
人民日報は共産党のです!世界に中国大学50強は一般です

46 :名無的発言者:2010/07/08(木) 12:17:30
日本の最高裁も、光華寮事件で中華人民共和国は中華民国の「不完全な政府承継」があった
としている。国家の承認をするのが日本政府である以上、光華寮事件の当事者である「中国国家」
を中華人民共和国であるとしている。最近の判例だ。


47 :名無的発言者:2010/07/08(木) 12:20:04
中華人民共和国は、中華民国の在日資産のうち、東京・横浜・神戸の3ヶ所の建物以外に
継承していないとされている。


48 :名無的発言者:2010/07/08(木) 12:20:24
未来の南方科技大学は中国で一番强くなるかもしれません

49 :名無的発言者:2010/07/08(木) 12:28:48
中華民国は最近、映像技術や、映画、音楽などの研究施設を立ち上げたね。
日本の「ポップカルチャー」が日本に富をもたらしている現実がある以上、台湾もその分野の
研究を始めたようだ。


50 :名無的発言者:2010/07/08(木) 12:51:10
楊逸の「時が滲む朝」に書いてあったが、中国では統一試験を受けて、合格発表が郵送
されてくるのを待つ。郵便局の前では大学からの通知書だけを集めて、集まった受験生
に合格した大学名を読み上げるそうだ。


51 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:37:16
ジュリストバックナンバーから要約をまとめてみました。 日本の公式見解に近いです。
2009年10月15日号「日本における国際法」より。
「アヘン戦争と徳川幕府」
日本は中華帝国に連なるものであり、西欧諸国の国際法は「万国公法」によってのちに知ることに
なる。しかし、国内法に比べて国際法が、国家間の勢力均衡の上に成り立つ脆弱なものであること
をも思い知るのだ。1840〜42年のアヘン戦争でイギリスが勝利したことが何を意味したであろうか。
イギリス>清朝中国>李氏朝鮮≧徳川日本、という図式が明確になったのだ。
明治維新を迎え、日本はアジアの弱者連合を組むか、西欧に並ぶ近代化を進めるかの選択を
せまられ、明治期の大半を不平等条約の撤廃に費やすことになった。
日清戦争・日露戦争勝利後に、韓国の保護国化・併合へと進むが、日本側は韓国併合が国際法上
正当であるかどうかにこだわっている。保護国化は少なくとも違法ではなかった。
韓国併合も事実上は強制であったが、形式上は「任意性」を貫いたのだ。列国との外交交渉によって
あらかじめ反対を封じ込め、日本は韓国と任意の併合条約を結んでいるのだ。
ここで幕末維新以来、文明国化を進めた日本は帝国主義国の立場を確立したのだ。


52 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:38:04
「国際連盟脱退」
日本が国際連盟を脱退したのには国際法上の理由があった。そもそも、幣原喜重郎は
第一次大戦後、国際連盟に加盟したくないということをほのめかしていた。日本は常任理事国
としての責任も負わされる。日本は多国間の協調外交に慣れていなかったのだ。
さて、問題は満州事変だった。すでに中国の現状維持の取決めを行っていた日本は、満州事変
を主導した石原莞爾もこれを尊重せざるを得ず、満蒙領有論から、新国家独立論へと後退していた。
満州国を独立させたのだ。これに対して国際連盟で非難決議が出されても、日本は反対したという
事実だけでは国際連盟脱退にまでは至らない。
当時、日本は熱河で中国と武力衝突をしており、この中国との武力衝突が国際連盟規約に触れて、
経済制裁を受ける可能性が濃厚だったのだ。この経済制裁を受けることを回避するために、
日本は国際連盟を脱退したのだ。
日本はあくまでも国際法の研究のもとに行動していたのだ。


53 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:38:52
「満州事変前夜」
以前、第二次山東出兵は辛亥革命以来の日中軍事衝突だといったことがあるが、この
居留民保護目的の軍事衝突も、国際法上の誤解を招かないためにも不戦条約を批准
しなければならなくなった。第一次大戦後に西欧で広まった「民族自決」が中国でも
確立したのだ。
ここで、もし中国統一運動が「満蒙」権益の回収にまで波及したらどうなるだろうか、
というのが日本の重い課題となったのだ。
ロンドン軍縮条約は、民政党が美濃部達吉・佐々木惣一という東西の学者の理論を
背景に統帥権干犯問題を乗り越えた。また、民政党は選挙でも圧勝を納めて、軍縮反対論
を封じ込めたのだ。
この状況に対して行動をもって異を唱えたのが関東軍の満州事変だったのだ。
関東軍は満蒙地域における現地軍だった。政党内閣制ではこの地域を守ることはできない
という判断だった。
満州事変は1933年5月に塘沽停戦協定の成立で一応落ち着いたが、軍部の大陸志向と
中国ナショナリズムには妥協点がなかった。1937年3月に日中全面戦争が起こる。
1930年代の「東亜新秩序」は、アメリカ主導の国際法秩序と大陸の現実の間でのバランス
を取る試みだった。しかし、日中全面戦争の下ではその目的は果たせない。
日本は東南アジアへの「南進」をすすめ、「大東亜共栄圏」を構想する。これは、ヒトラー政権下
の広域国際法をモデルとしたものであった。第一次大戦の戦勝国への挑戦としてヒトラーが
構想した理論だったのだが、この決着は日米戦争による決着を待たなければならなかった。


54 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:49:27
ジュリスト「日本における国際法」補足
「東郷平八郎と海事国際法」
1894年、日清戦争開戦直前に英国の商戦を撃沈した東郷平八郎は、英国留学中に海事国際法
を学んで、これに習熟するようになり、この戦闘においても詳細かつ具体的な海戦法規の知識を
もとに、当該船舶に対して停船・臨検の要求を行った後、これに従わないためその撃沈を決断した
が、その戦闘行為が当時の国際法上正当な行為であることを確信していた。
イギリス世論は激昂したが、国際法の権威であったウェストレーキとホランドがタイムズ紙
(1894年8月1日)にその撃沈が国際法上正当であるとする論評を掲載したことで、事件は落着
している。
日本でも海軍大学校の第一期(1890年卒業)の軍事教育において国際法は重視され、
軍事科目の750点中100点が割り当てられていたが、時代が下るにつれ、その比重は
低下していった。それが日本の悲劇の一因ともなっている。
大正・昭和と時代が下るにつれ、戦略・戦術、特に図演教育が重視され、国際法や外国語
は軽視されていった。大正7年には国際法は2000点中50点にまで下がり、昭和3年には、
戦略・戦術・戦務・戦史の配分時間1446時間に対して、軍政264時間のうち国際法は
わずか34時間であった。語学教育に割かれる時間も同様に低下していった。


55 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:50:44
・「韓国との大陸棚協定」
1974年締結・1978年発効。北部協定においては竹島問題を回避し、南部大陸棚協定の
共同開発区域は、韓国の自然延長の主張を入れて、中間線から日本側に設定された。
また、漁業暫定措置法(1977年)では、旧ソ連の200海里水域設定に対抗して、旧ソ連の
日本沿岸での漁獲を規制したが、それまで日中韓の漁船が入会って操業していた西日本の
海域には200海里水域を設定せず、また、中韓の漁船については暫定措置法の適用から
除外している。
日中韓の間では排他的経済水域の境界画定はなされていないのだ。
・「北朝鮮の不審船」
領海あるいは排他的経済水域(EEZ)を徘徊する漁船を装った北朝鮮の工作船に対して、
漁業法・EEZ法に基づいて立ち入り検査を行うために停船命令を発するものの、それら船舶が
検査を拒否して逃亡するのを追跡した事例が、不審船問題である。東シナ海では銃撃戦となり
不審船が沈没している。不審船は漁船を装って領海またはEEZを徘徊しているがゆえに
「違法操業漁船」ではなく「不審船」と呼ばれたことからすれば、これを漁業法上の検査忌避で
追跡することが適当であるかという議論も生じた。のちに、「領海などにおける外国の船舶の航行
に関する法律」が制定されたひとつの理由でもある。
・「中国調査船の特異行動」
中国調査船が沖ノ鳥島周辺に設定されたEEZについて、岩はEEZを持たないのではないか
として、その効力を争うために周辺海域において調査船による調査を日本の同意を得ずに実施
したことを言う。EEZの海洋科学調査については沿岸国の同意が必要である。軍事調査に
ついては明文の規定はないが、中国は自国周辺のEEZについても、軍事調査を実施する場合
には沿岸国の同意を要求している。日本は軍事調査であれば同意を要求しないが、中国調査船
の調査が、軍事調査であるか海洋科学調査であるかが明示されないため「特異行動」と呼んで
中国に対して抗議を行っている。


56 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 15:24:55
スレ主ですが、私のブログで「日中領事協定」についてまとめてみました。
日本で逮捕される中国人を、中国政府が把握していなかった現状があったり、中国で
逮捕された日本人が「大使館への通報」を希望すれば「4日以内」に通報される仕組みが
出来ています。脱北者の問題も関わっています。
http://hogakukyoushitu.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-274c.html


57 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 16:31:20
シリコンバレーではICと揶揄されるようにインド人と中国人が大活躍をしている。

人種について日本国内にいると周りがすべて日本人なので国際比較ができない。
だが、米国は人種の坩堝(るつぼ)である。人種による差が目に見える形で出てくる。
これが人種による差なのか、それとも経済力格差からくる教育機会の差によるのかは微妙な問題である。
しかし一歩間違えば人種差別につながりかねないテーマだけに、議論は慎重に行われている。

だが、現実問題として大学入試を自然体で行うと白人ばかりが合格してしまう。
黒人は人口の18%を占める二番目の一大グループである。放置しておくと黒人の地位が益々低下してしまう。
こうした危機感から黒人団体が運動を続け、アファーマティブ・アクションといわれる法制度を勝ち取ってきた。
これは黒人等のマイノリティ(少数人種)に一定の入学者数を確保する規制である。この規制は今までも多くの大学が採用している。

アジア人は米国内で人口の5%未満しかないマイノリティである。この人種がいまアメリカの一流大学に続々と進学している。
白人を凌駕する勢いがある。ただし、文系と理系では事情が異なる。文系ではまだまだ白人が大多数を占めているが、理系になるとアジア人が俄然優位になる。
アジア人の中で中国人の数が極めて多い。インド人も多いが中国人のほうがもっと多い。日本人は数の上では少ない。

この結果、MIT、スタンフォード、カリフォルニア大学バークレー校等の一流大学の工学部、理学部、医学部では
中国人、インド人、日本人、韓国人が4−5割を占めるにいたっている。

※カリフォルニア州のシリコンバレーにある日系企業のコラムより抜粋

58 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 12:37:32
ペキンvsトンキン

59 :名無的発言者:2010/07/12(月) 22:09:15
文藝春秋で「ドルと人民元の熾烈な攻防」について載っていたのでまとめてみようと思う。
アメリカは金融市場では最大の「借り手」であり、米国債の五割は海外に買われている。そのうち25%
は中国だ。中国が米国債を売り払えばドルが暴落する。オバマが胡錦濤に人民元切り上げを強く
せまれないのもそれが理由だ。中国にとって「人民元切り上げ」は何を意味するだろうか。1兆5千億ドル
のドル建て資産の目減りを意味し、巨額の国富の喪失をもたらすと同時に、輸出産業に打撃になる。
しかし、「切り上げ」の情報をいち早くつかめる国営企業はむしろ巨万の富を掴めるチャンスでもあるのだ。
中国共産党内部では、胡錦濤総書記は、ただでさえ江沢民前総書記が背後にいる「上海閥」に押されぎみで、
党内の支持基盤は弱い。党中央政治局常務委員会(総書記を含め9名)でも多数派工作に難渋し、
重要決定事項を若手の多い党中央委員会政治局(25名)にまわしている。建て前上は、中国は海外からの
資金の持込みには厳格な規制があるが、いろいろな複雑な手法があるようだ。現在の中国のカネあまりは
中国大陸全土にわたる人民元の洪水と言っていい。アメリカドルはその本質から「変動しない通貨」を容認
しない存在なのだ。アメリカはドルを自由に発行し、世界に軍事基地を作り、物資を調達し、石油もドルさえ
刷れば手に入る。米国債、米企業株式、住宅ローン担保証券などはドル建てになっているからこそ世界の
投資家が飛びつくのだ。ドルが過剰になれば、不況や失業などの副作用をともなわない軟着陸の手法は、
相手国の通貨切り上げしかない。一方、社会主義市場経済体制を建前にする中国共産党にとっては、
変動相場制は共産党の死刑宣告に等しい。中国には「保八」という言葉があり、経済成長率8%を維持しないと、
共産党幹部の暗黙の慣行の「横領」が維持できないといわれる。表向きは「8%を維持しないと農村の
過剰労働人口を吸収できず、社会不安につながる」とされている。中国は経済成長率8%を維持しないと
党への信頼が揺らぐのだ。人民元問題は対話で解決できるような生易しいものではないのだ。
文藝春秋2010年7月号「ドルと元、どちらが勝つか」田村秀男


60 :名無的発言者:2010/07/13(火) 00:29:57
ローラチャンコロみたいなブスなんて興味ねえよw

61 :名無的発言者:2010/07/13(火) 05:34:24
↑ツマンネ

62 :名無的発言者:2010/07/13(火) 11:46:31
>>59の記事に書いてあったが、中国では海外からの資金の持込みには厳格なチェックがなされ、
高い税金がかかる。それをすり抜けるためによく使われる手段が「貿易の虚偽申告」だ。
一般には輸入額を実際より低くし、輸出額を高くする。そうすると代金として受け取るべき外貨
の額は実際の取引以上に膨らむ。そこに海外のペーパーカンパニーにためこんだ外貨を紛れ
込ませ、銀行で人民元に替えて不動産投資する。偽契約を作成し、輸出を不正申告する方法
もある。
二つ目の方法が、外国からの直接投資や、証券投資、貿易信用などの貸付の名目を取る方法だ。
三つ目は、中国系の闇金融機関「地下銀行」ルートを利用する。つまり、ドルを地下銀行の海外口座
に入金し、地下銀行が相当額の人民元から手数料を引いて、海外投資者の中国国内人民元口座
に振り込む。逆の流れも可能で、地下銀行を使えば投資収益を海外で受け取ることができる。
四つ目は、海外在住の個人がドルなどの外貨を中国国内の親戚や知人の国内口座に送金し、
親戚、知人が人民元に両替して不動産や株式に投資する。儲けは折半するのだ。
これらの方法は「熱銭」と呼ばれ、三つ目と四つ目の方法は「飛銭」と呼ばれる。
中国人か中国系企業でしかできない芸当だとされる。
超低金利のドル・円・ユーロでの資産運用が儲からないことから、一年定期預金で5%の特別優遇金
がもらえる中国国内に預けるか、値上がりが著しい不動産に投資する、あるいは人民元切り上げにより
為替差益が転がり込んでくる方法なのだ。



63 :名無的発言者:2010/07/14(水) 12:20:29
毛沢東は周恩来の初期の膀胱がんの発見の診断の報告を受けて、「本人に知らせるな」「家族に知らせるな」
「手術をするな」といった命令を出している。中国では外交は内政の延長といわれるほど、内部の権力闘争
は熾烈を極め、もともと文化大革命は劉少奇国家主席の追い落としを意図したものだった。その後、天才的
な軍人だったbQの林彪が、権力の座を追われて、周恩来がbQになっていたのだ。ところが、華々しい
周恩来の活躍に嫉妬した毛沢東は、周恩来の力を必要としていたものの、ある歴史家は毛沢東が周恩来
を殺した、とまで表現している。周恩来は膀胱がんが転移してしまい、やがてトイレに行くのにも、腫瘍が
排泄を妨げないようにフラフラと腫瘍の位置を動かしながらトイレに向かっていた。もはや自分のガン
は明らかだったが、毛沢東への忠誠を意味する歌を歌い続けた。文革は失敗だったのではないか
という空気の中で、自分の歴史的評価を書き換えられることを毛沢東は怖れていた。周恩来が死んだとき、
毛沢東は爆竹を鳴らしたという。中国ではおめでたい時に行われる行為であるとされている。
文藝春秋の「昭和天皇」にも書かれていたが、周恩来は日本に留学したときには、東京外語大に不合格に
なったり、フランスに留学しても、戦後復旧作業に参加する学生を尻目に鬱屈した日々をすごしていたという。
1920年代前後に、世界の知識人の間に社会主義思想が広まったが、周恩来は日本でそれに触れている。
路線闘争というのはソ連の影響だ。それが中国土着のものとくっついて中国共産党の原型が出来上がる。
歴史を材料にして他の政治指導者を叩くというのは毛沢東の独創だ。政策の違いだけではライバルを潰す
ことができない。路線闘争に持ち込んで、徹底的に潰すために歴史を持ち出した。過去の言動から、相手が
どういう路線、思想の人間だと決め付け、レッテルを貼り、路線闘争に持ち込んだ。周恩来は過去に
「投降主義者」のレッテルを貼られたため、40年も昔にさかのぼって自身の過ちについて延々と釈明文を
書き続けた。手術室に入る間際にも「私は投降主義者ではない」と叫んだとも言われる。もっとも、周恩来は
若い頃、京劇の女形を演じていたことが知られており、芝居と本音が入り混じっていたのだろうといわれている。
文藝春秋2007年4月号より。


64 :名無的発言者:2010/07/14(水) 19:22:33
補足だが、ニクソン元アメリカ大統領が「指導者とは」という著書で語っていたのだが、中国との交渉時に、
部下に「周恩来は人を殺して平気でその場を立ち去った男だ」と言われたそうだ。文藝春秋2007年4月号
で、「1931年に党の特科責任者、機密管理担当の顧順章が逮捕され、転向した事件では、その家族八人
を部下に暗殺させている」という記述があった。ニクソンは具体的にはこのことを指していたようだ。


65 :名無的発言者:2010/07/15(木) 10:23:36
第二次世界大戦後の核戦争の危機はキューバ危機が知られているが、1969年に、いつもは強気
一点張りのソ連当局者から、アメリカに「もし中ソの間に武力衝突が起きたらアメリカはどう対応するのか」
というメッセージが送られてきた。すがるような眼差しにも思えた。 アメリカのインテリジェンスは長大な
中ソ国境で行われていた中ソの武力衝突の模様を詳細に分析した。戦闘が行われていたのはソ連の
補給地点に近く、中国の補給地点からは遠いところだった。これはソビエト側が中国に攻撃を仕掛けよう
としていたことを意味する。40を越えるソビエトの精鋭師団が国境に続々と集結し、核ミサイルによる攻撃
を窺わせる徴候も報告された。 中国が崩壊すれば東西の力のバランスは崩壊する。キッシンジャーは語る。
あの時「国務副長官声明」を出すことによって、アメリカ政府がソビエトによる中国への核攻撃に深刻な懸念
を抱いていることを警告し、クレムリンを牽制したのだ。キッシンジャーにとってはこの「国務副長官声明」こそ、
ニクソン政権を通じて最も重要な外交上の決定だったという。 この声明は両国の衝突によってアメリカが中立
を保つことが出来るようにすることを求めていた。現時点で中国が攻撃されれば、アメリカは中国の側に立た
ざるを得ないというシグナルを発したのだ。 キューバ危機につぐ二度目の核戦争の危機を瀬戸際で食い
止めることができたこの決断にキッシンジャーは誇らしげだった。
文藝春秋2007年1月号「周恩来とキッシンジャーの握手」手嶋龍一

66 :名無的発言者:2010/07/15(木) 10:26:36
73歳の革命政治家と48歳の戦略家の初対決が1971年に行われた。ニクソン政権の国家安全保障担当
の大統領特別補佐官であるキッシンジャーと、中国国務院総理の周恩来。 周恩来は部下が用意したメモ
には一切目もくれずに滔々と話す。一方、キッシンジャーは交渉の論点となる事項をびっしりと書き込んだ
大学ノートを携えていた。周恩来は「ずいぶん分厚いノートですね」と皮肉った。 ベトナム戦争の泥沼から
脱却するには米中接近がどうしても必要だった。それを正確に理解している中国首脳は周恩来だけだと
いうこともアメリカは知っていた。 日本はもはや経済的に強大な力を誇っていた。もし日米安保体制が
なければ短時間のうちに日本は核兵器を製造するであろうとキッシンジャーは言った。「日本を暴れ馬に
してはならない」。こうして周恩来は革命中国の主要な敵であるとしてきた日米安保体制を黙認した。
ニクソンは、米中接近のために長年の盟友である蒋介石を切り捨てることは決めていたものの、アメリカ議会
に絶大な力を持つ台湾ロビーや保守派の反撃にも気遣っていた。「反共の闘士」という政治的資産をうまく
使いながらも、ベトナム戦争を裏で支える中国への接近を試みるという交渉だったのだ。一方の周恩来も、
文革で壊滅的な打撃を負った中国外交の再建に乗り出していたさなかのことであった。
文藝春秋2007年1月号「周恩来とキッシンジャーの握手」手嶋龍一



67 :名無的発言者:2010/07/17(土) 09:55:16
文藝春秋2009年11月号にマッカーサーのことが書かれていた。朝鮮動乱で半島を北上していったものの、
「中国軍の参戦はない」と確信していたマッカーサーは、完全に目測を誤り、米軍に大損害をもたらす。
マッカーサーはアメリカでも歴史上の人物となっていたが、それを中国の連中が嘲笑したのだ。 プライドが
傷ついたマッカーサーはそれから発言するたび・行動するたびに自らの「伝説」を傷つけていく。マッカーサー
にはもはや中国しか見えていなかった。ソ連がヨーロッパでどう動くか、日本本土が報復を受けるか、
なんてことすら見えていなかったのだ。ルーズベルト、トルーマンと二代にわたって、「大統領より偉大な人物」
の存在を甘受し続けたが、トルーマンはとうとう決断をする。マッカーサー解任だ。世論が自らを歴史上最悪
の大統領であると評価するのも覚悟のうえだった。 マッカーサーはアメリカ凱旋を熱狂的に迎えられた。
しかし、彼を待っていたのは公聴会であった。「老兵は死なず」という有名なセリフを残したものの、回を重ねる
ごとに、自分の立場は守勢に転じて行った。中国の参戦はないと見込んでいたこと。参謀本部でも嫌われて
いたこと。周囲に腰巾着しかいなかったこと。マッカーサーの伝説をさほど知らない若い将校は、むしろ同僚
の失われた命に怒りを持っていたこと。トルーマンは一時的に、自分の権威が地に墜ちようが、大統領として
の決断を下していたのだ。後世の歴史家を信じたわけではなかった。かつて、マッカーサーと同じような境遇
を軍人としてたどったリンカーンは史上最高の評価を受けていることも知っていた。それでもトルーマンは
全責任を負って、民主党政権は幕を閉じた。

68 :名無的発言者:2010/07/22(木) 13:57:10
韓国では、300万ウォン(約24万円)以下の罰金刑の場合は「社会奉仕」活動で代替することになるらしい。
近年の経済格差拡大と、新貧困層の急増を背景に、罰金が払えない人が多いことからこのような政策が
とられることになった。小額の罰金が払えないために労役場に留置するのは、犯罪者の再社会化を妨げる
リスクが大きい。離婚等の家庭崩壊につながったり、労役場で犯罪スキルを学習してしまったり、前科者の
烙印を押されて社会生活に支障が生じることもある。そのため、経済弱者に限り、自宅にいながら週末など
を利用して社会奉仕を行うことで罰金に代替出来る特例法が提案されたのだ。一方で、通称「電子足輪法」
という性犯罪者の足首にGPS装置を装着して監視する法律が施行され、保護観察官が位置情報の監視を
行わなければならないという業務の拡大のために、保護観察官の増員が求められることになるが、
李明博大統領の「小さな政府」という政策に沿わずに増員は見送られている。この「社会奉仕命令」の制度
の運用も、問題はそれを管理する保護観察官の確保ということになる。
ジュリスト2009年6月15日号「韓国・罰金未納者の社会奉仕執行に関する特例法」白井京

69 :名無的発言者:2010/07/22(木) 13:59:32
刑事法の研究では、日本人の国民性からして、GPSでの行動監視をした場合には「精神が
3ヶ月ももたない」という研究報告がなされている。


70 :名無的発言者:2010/07/22(木) 23:42:28
文部省はいわゆる15年戦争を含めた日本の大陸侵略を、教科書検定において「侵略」ではなく「進入」
と書かせていた。1982年に中国の外交ルートを通じてその不当性が非難され、当時の中曽根康弘内閣
はその「侵略」性を認めた。それが検定にも影響して、教科書にも「侵略」を書くことが認められるように
なった。政府見解が「侵略」という記述を認めたことから、今まで「侵略」と書くことができなかったことに
耐えてきた家永三郎氏は国家賠償を求める第三次家永訴訟を起こしている。家永裁判の主な点は、
家永氏が「戦争を暗く表現しすぎている」という点に求められている。細かい点では、太平洋戦争を
「無謀な」という表現を使ったところに文部省が修正を求めたことなどが重視されているようだ。最近の
教科書では昭和期の日本の大陸侵略を「自衛のために必要だった」などと書いた教科書が検定に合格
している。家永裁判は、第一次訴訟(国家賠償請求権)が1965年提訴、第二次訴訟(行政処分取消訴訟)
が1967年提訴と、ずいぶん古い話なのだが、それは「戦争を暗く表現している」や「無謀な」などという点
を争点とした裁判だったのだ。ところが、中国の外交ルートを通じた批判に中曽根が応じたことから、
第三次訴訟は1984年の提訴となっている。このときの話が「進入」「侵略」論議だったのだ。われわれが
通常知っているのは第三次訴訟だったのだ。
法学教室2009年10月号「家永教科書裁判」永井憲一


71 :名無的発言者:2010/07/23(金) 00:04:39
治安維持の為の進行?我が日本軍は清国の要請によって派遣したのが始まり。
深入りし過ぎて蒋介石国民党軍と戦わざるを得なかった。
毛沢東は、後日、日本皇軍に感謝の意を表明している。
蒋介石は、日本と戦い生涯 懺悔の気持ちで日本に対し謝罪をしている。

72 :名無的発言者:2010/07/23(金) 00:06:45
マッカサー元帥も日本の戦争は自衛のための太平洋戦争であったと証言している。

73 :名無的発言者:2010/07/23(金) 00:12:43
それがなぜ今は一方的に日本の侵略戦争として非難されるようになってるんだ。

74 :名無的発言者:2010/07/23(金) 17:48:08
来年の7月にアナログ放送が終了し、地上デジタル放送に切り替わるが、いまだ30%以上の
テレビがアナログ対応で、現段階で切り替えると数百万世帯が来年7月にテレビが見れなくなる。
このことから、災害時の対応などで問題が生じるとして、有識者が「2〜3年の延期」を総務省に
申し入れたそうだ。
中国で報じられていたが、日本では国策に水を差すような報道はなされなかったようだ。


75 :名無的発言者:2010/07/23(金) 18:25:08
>>71
台湾海峡で有事があれば、日本はいやおう無しに巻き込まれる。台湾はそういう意味で日本に
依存いる部分が大きい。李登輝も、小林よしのりを接待したり、「拉致問題に興味がある」と
いったりして、日本のポピュリズムに迎合する発言をしていたね。


76 :名無的発言者:2010/07/27(火) 14:52:17
李登輝は60歳までは地味な農業経済学の研究をやっていた人物であるが、蒋経国のあとを受けて
台湾の総統になった。90年に総統に再選されるが、軍やインテリジェンスをまとめあげる才覚は
ずば抜けており、96年に中国が台湾に向けてミサイルを発射した時にその才覚が威力を発揮し、
中国軍内部の情報を把握している事実が中国政府に衝撃を与えた。そのインテリジェンスの構築に
貢献したのが、亡くなった長男だといわれる。あれはアモイで密輸をやっていた軍人にアメリカドルを
握らせることで情報を得ていたのだ。この一件では中国の軍幹部が薬物により処刑されている。
南懐瑾という人物がいた。在野の学者で、儒教の研究や座禅を組むなどの修行をしていたのだが、
李登輝の今は亡き息子の嫁もこの南懐瑾のもとに通っていた。しかし、蒋経国がこの学者に危険な
臭いをかぎつけて香港に追放している。その後、南懐瑾はフィクサーとして李登輝の中国人脈形成に
大きく貢献することになる。
96年のミサイル問題というのは、台湾が高度な「クライシスマネジメントオペレーション」を構築していた
ことを白日の下にさらした。イスラエルのような準戦時下の国家以外にはこれほどまでの仕組みを構築
した国はないといわれる。日本では中国に関しては「一つの中国」という立場であり、いずれは台湾問題
も中国の意向に沿って解決されるものであろうが、その際には「平和的解決」をすべきである、という
条件付であり、これはアメリカとも歩調を合わせる見解となっている。
米中が軍事衝突を起こす局面は台湾問題以外にありえず、北朝鮮は局地的なものに留まるとされる。
文藝春秋2006年11月号「中台危機・李登輝が放ったスパイ」手嶋龍一


42 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)