5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

美味しんぼの地検中傷が酷い件

1 :名無的発言者:2010/01/20(水) 10:16:29
>現代の特高、検察は、小沢一郎を殺す気だな。

>戦前の特高警察は、自分の好きなように被疑者を捕まえてきて、拷問にかけて、自分たちの求めるような自白をさせるのが仕事だった。
>特高とは「特別高等警察」のことで、戦前の日本の思想に関わることは、特高と憲兵隊が仕切っていた。
「蟹工船」の作者、小林多喜二は1933年2月20日に築地警察署に捕まり、警視庁特高係長中川成夫が指揮を取って小林多喜二を寒中丸裸にして、杖や棒で打ち打擲した。
>小林多喜二はその日のうちに、死んだ。
>当時の特高警察は、今で言うところのムームーのような上っ張りを制服の上に来て、被害者を拷問した時に飛び散る血で、制服が汚れるのを防いだという。
>殺されて帰って来た時、小林多喜二の睾丸はスイカのような大きさに紫色にふくれあがっていたという。
>小林多喜二を殺した特高警察の面々は、戦後も何一つ問題なく安楽な日々を過ごし天寿を全うした。
>目出度し、目出度し、である。いい国だよ、日本て国は。
>現在の特高である、検察は、流石に小林多喜二にしたような暴力的な拷問は出来ないだろうが、もっと高度で効果的な精神的拷問術を心得ている。
>小沢一郎が昔から、心臓に持病を抱えているのは周知の事実である。
>この心臓に不安を持った男を尋問(と言う名の拷問)にかけるのは、特高の体質を受け継いだ検察の役人たちにとっては、舌なめずりをしたくなるほど、楽しいことだろう。

これはひどい・・・

http://kariyatetsu.com/nikki/1210.php


2 :名無的発言者:2010/01/21(木) 02:15:51
プロレタリア作家の仲間だった宮本百合子は何故に戦後中川を告発しなかったのだ?
戦前、殺人の時効は15年で昭和20年に時効にかからない。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)