5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

現代アートは詐欺だろ

1 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/17(火) 22:09:44
さあ語れ。

2 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/17(火) 22:17:04
前スレ
現代アートという詐欺
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/art/1177045182/

誰が見ても美しくなく、
誰が見ても退屈で、
誰が見ても不快な思いしかせず、
誰が見ても理不尽な地位にあるもの。

それが現代アートという詐欺行為。


3 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/17(火) 23:54:10
現代アートは詐欺なのに、現代アートを超える作家がいません。
本物よりも詐欺が優れているなんて、どうしたことでしょう!
詐欺師の表現に脱帽です。

4 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/18(水) 00:27:03
それなら買ってやれよ

5 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/18(水) 01:03:56
これは?
「PhotoSpeaking」

http://bbqsha.com/category/photospeaking/


6 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/18(水) 03:49:23
買えとか短絡的で受けるわ。

糞とかこの不況下でも減らねーだろ?
糞なんて全て動物って枠で作ってんぜ?

短絡を請け負うが、枠なんてそんなもんだから、美術はまずは美とはなにかからだろ?

7 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/18(水) 11:46:44
現代アートより版画を100万とかで売ってる連中の方がよっぽど詐欺じゃね?

8 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/18(水) 12:33:54
>>7
「理屈のある詐欺」と「理屈の無い詐欺」か。

前者はジェンダーがどうだのポスト・ヒストリカル状況がどうだのといった理論・学術用語によって粉飾(格上げ?)されるから、胡散臭いと思いつつも論破するのが難しい。
後者は霊感商法みたいなもんで、よっぽどのアホじゃないとひっかからない。

9 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/18(水) 20:26:03
退屈で悲惨なゲームですう。

10 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/18(水) 21:45:12
自分の描いた絵を自分で欲しいと思えるかっていうのは
結構大きいような気がする

11 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/18(水) 23:22:31
三島と村上春樹でBL、69のフィギュアなんてどうですかー。ふんどしと短パン。
69だからタイトルはポストモダンでいいっしょ。ちなみに自分は見たくもない。

12 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/18(水) 23:23:51
すべての作品は絵画論のために存在するのですよ。質は無視。

13 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/19(木) 00:51:26
絵描きが口下手なのが多いから理屈っぽい素人にいいようにかき回されるんだ

14 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/19(木) 02:02:13
もういらないだろ

15 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/19(木) 02:14:37
古典アートは1000個あったら1000個すばらしい。
すばらしいから残ってきたんだから当たり前。

現代アートは1000個あったら1個すばらしいのがあればいいほう。
何も淘汰されてないんだから当たり前。
その1個が未来の古典として残っていく。

しかし、本物のアートは、すなわち、本当に新しく、
既成概念を覆す、魂をゆさぶる、そんなアートは
現代アートにしかないのも当たり前。

16 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/19(木) 09:30:17
「本物のアート」なんて定義は個人の信条に過ぎないから
客観的にあるように書かれるとなんかいかがわしいな

17 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/19(木) 10:23:15
>>16
「本物のアート」の主観的定義を「すなわち」以降に書いたわけだが、
だめかい?

18 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/19(木) 11:49:58
>>17
あまりつっこむ所でもないんだろうけど
前半二節で普遍的な事実を誇張した寓話を並べて
同じ調子で「本物のアート」はこれこれとならべるのは誤解を招く
「自分が本物のアートと思っているこれこれは現代アートにしかない」とことわる方が誤解がない
前半の客観的な視点から自分の主観に切り替わっている事を伝える必要がある

あと自分が勝手に定義しているものが現代アートにしかないという事を「当たり前」と表現するのは不適切な感じがする

細かい揚げ足とってすまん

19 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/19(木) 12:40:20
>>1 となると,
ゆるキャラはB層相手にもっとそれだろ

20 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/20(金) 01:22:38
>>18
たしかに。

結局「アート」とか「芸術」って言葉に定義はないし、
実際人によって認識が全然違うからね。

俺は>>15に書いたとおり「本当に新しく、既成概念を覆す、
魂をゆさぶる」ものとしてとらえてる。

つまり時代性を重要視している。
モナリザは間違いなくすばらしいが、
俺にとっては「アート」ではなく「元アート」にすぎない。

だから、そういう解釈をしている俺が
現代アートこそがアートだ、と言うのは
単なるトートロジーで意味ないと言われてもしょうがないか。

21 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/20(金) 02:30:20
現代アートこそアートだが、モナリザはアートではないってことね。
(アート=既成概念を覆す、魂をゆさぶる)

しかし、ルネサンスを見れば、現アートが元アートのリバイバル(あ、トートロジー)となることもあって、
元アートには、新しい見方や息吹によって、現アートとなりえる素因があるということで、

>しかし、本物のアートは、すなわち、本当に新しく、
>既成概念を覆す、魂をゆさぶる、そんなアートは
>現代アートにしかないのも当たり前。

とはいかないと思うよ。
ちょっと悪い言い方をすれば、当たり前という言葉は、
既成概念にどっぷり浸かっている人の言い方だよ。

新旧囚われず、あらゆるものにフラットな目を向けたいものだと、自分自身思いますです。

>>18の方と同じような流れですまん。ちょっと気になったんで。

22 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/20(金) 13:23:58
>>20
そういう主張なら明快だし納得出来る
あなたがそういう点に惹き付けられるのならそこにこだわるのが正しいと思う
一つの私見として尊重されるべきでしょう

ただ現実的にはいつ何時も既成概念を破り続けるというのは難しい
実際現状はもうあらかた既成概念は破られていて、もう新しく破るネタがない
必要性のない革命は虚しいものだ
新しい概念や様式を創り育むという時間と労力のかかる事をせずに
「壊す」という美味しい所だけを皆で求めた結果とも言える

自分は新たな美の創成を伴わない破壊は、大した意味のない小児的悪戯と思っているが

23 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/20(金) 20:36:21
現代アートは日本には根付きません。日本には俗画しかなかった。
日本に限っては現代美術よりもマンガのほうが残ったりして、アッハッハと
思ってた自分。でも最近そのマンガとやらをみてみたらあまりのひどさに・・。

読み込む価値のあるマンガはないのか?




24 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/21(土) 01:24:35
>22
実際現状はもうあらかた既成概念は破られていています。
というところに風穴を開けることを思い描き励もう!
という批評家、制作者に対する支持の声のひとつでしょ。
ちょっと論点がずれてる。

25 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/21(土) 04:29:11
>>23
マンガに限らず映画、音楽、美術すべての文化的領域について言えることだし、
日本に限らず経済的に成熟した国では共通して起きている事。

もう全ては行われてしまったのだから
現代の作家にできることは
それをいかにリミックスするか、あるいはいかに文脈に介入するかでしかない。

でもあまりのひどさにというほどではないと思うけど。
そこそこ面白いものはいくらでもある。
でも読み込む価値のあるとまではいかないだろうね。

26 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/21(土) 15:27:44
相対的におもしろいものが、神格化されたりするので嫌な感じがしてたんです。
一方で変人が生息できる空間というものも減っていっているような気がする。

27 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/21(土) 16:33:24
漫画なら漫画板か漫画サロン板に行けばいろいろ紹介してもらえるだろう

28 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/21(土) 18:49:13
藤軍団とかバッキー、中国毒餃子、これらはどうでしょうか。

29 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/21(土) 18:49:49
現代アートに関心のある人が読んでる漫画が何か、それは気にはなる。

30 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/21(土) 22:19:43
梅酢の縞々とグワシは悪くはない。


31 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/21(土) 22:22:28
手塚でいいじゃんもう。

32 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 00:59:59
過去の日本の価値観は今の美術の考え方とは全くの別物。
かといって回帰する事が正義じゃない。
どんなものでも、人を惹き付けるものに価値がある。
美術の文脈とか日本美術とかで論理武装しても大概弱い。
むしろ論理はあとからついてく感じじゃないと無理だろう。


33 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 11:22:35
>>26
僕もそう思うよ。

34 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 16:38:05
手塚とかメビウスとかノーサンキュー。

35 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 16:42:45
日本って形而上学がないから茶碗の包み紙、レッサーアートが発達するんかな。
平安末期の末法思想に彩られた納経はどうなんだとおもっても、末法思想自体
計算間違いだったんだから、もうふざけてるとしかいいようがないわな。
女房が剣もってて阿弥陀如来と金糸でつながってる絵があるけど、セーラームーンに
みえてしまう。嗚呼。
院政期の仏画は美麗で好きなんだけど、男色目的の萌画かと思うと・。


36 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 16:43:20
グワシってある意味ステラより上なんだけど。

37 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 16:50:47
現音もデュシャンのCDがあるからいらないというのは言い過ぎでしょうか。

38 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 16:57:28
26のようなことをブツブツいってるのがわたしのアホなところで、
ようは自分には絶対的に面白いものをつくる才能がないってことなんだけど。

39 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 17:01:01
良いものは良い。
ジャンルは関係ない。
生き残ったものがアートになる。


40 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 17:24:18
ジャンルによる貴賤はないと自分は思ってたから最近漫画をあさってみたけど、いいものは無かった。
日本に限ってはハイレッドセンターみたいな現代アートよりは残るだろうけど、その程度。
いいものは残るというのも実は「迷信」で、
デュシャンの「ほんとにすぐれたものはだれもが保存しようとは思わないのでかえって失われてしまう」が正しい認識だとおもう。

41 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 17:38:43
美人コンテストだって本当に綺麗な人はでてこないじゃない。それと一緒。
残るにはある程度の凡庸さが必要なのよ。

42 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 18:26:54
本当の〜が自分定義でいいんだから何とでも言えるさ

43 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 19:27:27
とりあえずおまえらにオススメなのは
「ハッピーピープル」「私は真悟」「神の左手悪魔の右手」「ラブひな」
だな


44 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 21:21:15
「グワシ」は現代美術では何にあてはまるんだろう?

45 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 21:27:05
梅酢は何故か昔から美術系には人気あるよなぁ、特に女の人に

46 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/22(日) 21:39:11
自分は梅酢の絵の印象がダメ。
でも確かに油彩画科に梅酢ファンの女の子がいた。「絵が怖いけどすべてギャグ」だって。

47 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/23(月) 00:01:55
何年かまえに美手帳で漫画はアートか?とかやってたな。
全く面白いと思えないのも紹介されてたけど。


48 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/23(月) 01:55:09
>47
君は詐欺に気がついたんだね。

49 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/23(月) 08:10:23
>>40
> ジャンルによる貴賤はないと自分は思ってたから最近漫画をあさってみたけど、いいものは無かった。

あると思ってたけどw
上澄みだけいただこうとかセコいことを考えちゃあいかんよ

50 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/23(月) 08:13:48
「数学なんてなんの役に立つ」と言ってるお馬鹿さんの、ある意味で逆だな

51 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/24(火) 22:01:51
アートは確かに一種の詐術だが

誰が見ても美しくなく、
誰が見ても退屈で、
誰が見ても不快な思いしかせず、
誰が見ても理不尽な地位にあるもの。

−−こういう意味での詐欺ではないことだけは覚えておきたまへ。

52 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/24(火) 22:03:16
言うまでもないが「現代アート」も上のような詐欺ではないことも覚えておくとよひ。

53 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/24(火) 22:46:03
逆もまた真なり。

54 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/26(木) 00:35:22
自分のやってることが現代アートか否かすらわからない

55 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/26(木) 01:41:08
ここで言ってる詐欺とは、
個人にとっての詐欺ですか?
それとももっと大きなものにとっての詐欺ですか?

56 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/26(木) 01:47:54
仮に詐欺だとしても被害者がそんなにいないからいいだろ。

57 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/26(木) 03:19:37
最初は作者が頑張っててそれなりにいい作品作っていたが、
だんだん質が下がって、価値も下がっていった場合は
売った人に対して詐欺になりませんかね?

58 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/26(木) 17:04:42
>57
アンタ、何をいいますねん。

最初は頑張ってそれなりにいい製品を作っていたので株価を上場させていたが、
だんだん製品の質が下がっていって、株価が落ちていった場合は、
その企業は、製品や株を売った人に対して詐欺になりますやろか?

ならんやろ?

製品はそれ自体の価値としてある。作品もまたしかり。
株価は上下するが、それはどうにもしゃあない。

ちゅうことですわ。

まあ、価値が下がってからの作者の作品が不当に高く売られていた場合、う
「詐欺」ちゃうんの?ちゅうことかもしらんけど、
それやったら、不良品を企業からそれと知らずに買ってしまう。
それも「詐欺」ちゅうことになりますな。 
でも企業の場合は(ホンマモンの詐欺は別として)「詐欺」とまではいいませんやろ。
企業に対しては「クレーム」「苦情」みたいに言うものを、アートの場合は「詐欺」言うんやったら、
アーティストが可哀そうですわ。

ちゅうことやな。


59 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/26(木) 17:16:03
あと、作品を投機目的で買ったらあきまへんで。 作品は株とちゃいますで。
あくまで、「高いから欲しい」「値が上がるやろから欲しい」ちゅうんやなくて、
作品自体が「好きだから欲しい」そういう意味で買うたってや。

これ以上関西弁で書くのは、書いててうざくなってきたし、読むのもうざいやろから、
このくらいにしよ思いますが、今ゆうたことだけは覚えといてや。

60 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/02/27(金) 00:53:45
読んでないから分からない
日本語で書いてくれ
わてKANSAI弁嫌いやねん

61 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/04/22(水) 09:05:12
アートに限らず、ものごとに適正な価値なんて存在しないと思うが。
ある水準(曖昧でスマン)を超えたらそれ以上の社会的な価値は恣意的な操作によって左右されるわけでしょ。
詐欺扱いされるのは、末端の奴が上の人が決めたルールを無視あるいはその裏をかいた場合に、上の人から叩かれるということだと。
えらい人が認めたら詐欺にはならないんだよ。
だから現代アートは詐欺じゃないんだw

62 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/04/26(日) 18:01:31
それは詐欺ですって言ってる罠

63 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/05/16(土) 20:04:41
>>61
1行にまとめると、

「偉い人が決めた事は詐欺ではない。」

64 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/05/16(土) 21:37:23
まぁ実際どこの業界でもそうだよな
だけど現代美術は一見ふざけて見える作品が多いから余計叩かれやすい

65 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/07/21(火) 13:17:53
自分がわからないときは、俺にはわからんでいいとおもうんだよね。
わしも現代美術なんてわからんのたくさんあるけど、現代美術すべて否定する気にはなれんけどな。


66 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/09/26(土) 14:44:23
例えば○○さんの作品と言って、それがウソだったら
詐欺かもしれんけど、そういうもの以外は詐欺もなにもないだろ、
買いたい人が納得してその値段を払ってるだけなんだから。

1000万で買って、それが10年後に10万円でしか売れなかったとしたって
詐欺でもなんでもないよ。

67 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/09/27(日) 04:00:22
詐欺っていうのはお金のことを言ってるんじゃないような

68 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/09/28(月) 15:54:52
作品の内容が薄っぺらいという事か?

69 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/09/28(月) 17:57:09
中身が詐欺ってどういうこと?
うすっぺらいかどうかは見る人間が決めることだろ。
うすっぺらいものも多いだろうけど、
うすっぺらいことと詐欺とは関係ないべ。

強いて言えばうすっぺらい作品を過剰に褒める
批評家がいたら、そいつが詐欺師とはいえるかも
しれないけど。

70 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/09/28(月) 18:37:16
ソムリエに言ってやってくれ

71 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/09/29(火) 07:24:54
むかし現代アートとは海外で生まれた
欧米人は想像力が低いので、日本人にとっては大したことないでも、欧米人にとっては想像力豊かなモノだったのでアートと呼んだ
そして、ある日、日本人がそのアートに出会った
訳のわからないものでも、欧米人の偉い方が「これはアートだ!」と言うと、信じてしまう日本人は「なんて凄いアートだ!」と言ってしまった
こうして、芸術は訳のわからない道へ進んでいってしまいましたとさ

-----おわり-----

72 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/09/29(火) 07:37:17

ちょっとは分かる

否定しないけど、あれらが全てになるのはなぁ…

73 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/09/29(火) 09:31:23
便器とかマジ意味不明

74 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/09/29(火) 10:45:25
ダダイズムとコンセプチュアリズムの違いわからんやつ多すぎ

75 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/09/29(火) 21:22:42
ロールパンとパンの違いわからんやつ多すぎ

76 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/09/30(水) 01:19:14
なんらかの空間におけるショッキングな状況を生み出せるのが芸術と
思える条件だな。岡本太郎の云う爆発ってやつだな。

アートというものは、どうとでもとれる意味の開かれた作品の事だが、理解力
に応じて興味深いものを突き付けてくるものが優れた作品と言える。
謎の多い作品に観る者が魅了されるのは古典でも現代でも変わりはない。

便器が在るべき場所ではない処に提示されしかも、大量生産品に偽名で署名
する事で日常や常識からの逸脱から、見ることを通じて別の思考が立ち現れる。

77 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/09/30(水) 02:27:40
>>73
君は多分芸術じゃなくて美術や工芸が好きなんだよ。
あるいは、当時における便器の意味に対する想像力不足。

78 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/09/30(水) 04:22:59
芸術=モラルハラスメントか。なるほど。

79 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/09/30(水) 23:58:03
現代アートでは、
ウンコはもうあるしね。
ゲロもあったっけ?
小便は知らないな。
血はあるよね。
エロは当然だし。
もうタブーっていう領域も出尽くしたんじゃないの?

80 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/03(土) 14:37:11
スレチもいいとこだけど、現代アートの観点からシッダールタってどう思う?

「悟り」というビジョン?を示し、伝道し、我々自身が悟りに至ることで成就するという壮大なアートプロジェクトを仕組んだ至高の芸術家だと思うんだが。

んー。俺は迷路に入り込んでるのかな。もうダメかもしれん…orz

81 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/03(土) 20:01:34
もういいや。何も考えず黙って絵を描こ。やれやれ。

82 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/04(日) 00:06:03
迷い込んでる、と少しでも常に自覚がある人はいつかはきっと素晴らしい表現者になれる。

83 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/04(日) 02:17:06
それ言ったら多くの人間は苦労しないわ・・・

84 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/04(日) 02:55:39
>>78
どこにそんなこと書いてある?

85 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/04(日) 09:10:26
>>84
芸術には暴力的な面があると思うよ。とくに、これはこういうもんだ、と思ってる人には。印象派くらいからそういう面が強くなってる気がする。

芸術におけるタブーなのかな?

86 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/05(月) 11:21:16
そもそも芸術って何?普通に大したことなくなってきたわ

87 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/05(月) 12:50:32
「芸術とは既存の価値観を崩すもの」
「芸術とは生きる情熱の噴出」

88 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/05(月) 17:25:02
逆に。思想も概念もなく、既存の表現方法、価値観のなかで作られた作品は、芸術において芸術じゃないのか?

例えば、芸術家のいう「うすっぺらいただの一枚の絵」。これを芸術と認めることは芸術にとって新しい価値観、モノの見方じゃないのか?

んー。頭痛い。出口はどこにあるんだ…orz

89 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/06(火) 01:42:08
新しくはないと思う。
それはただの回帰というか。
そこまで来ると言葉遊びのレベルになってしまうというか。

でもそういう流れになる時期はいずれ来る気がするね。

90 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/07(水) 01:32:24
「新しいものを作る」ていう事自体「古い」んだよね。
何を今さらって感じなんだよ。
でも回帰でもない。


91 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/07(水) 08:37:58
んー。気づくこと、気づかせること、か。気づくことで世界が変わる、か。

「気づき」を「築く」か。お、ウマイこと言ったな。

でもまぁ、芸術は単なる感嘆詞でいいんじゃないか、感動したときに「芸術だ!」って。それが現時点での俺の答え。

ウザイ話につきあってくれてありがトンでした。

92 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/07(水) 10:25:09
本当にうざい

93 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/08(木) 11:49:07
>>90
奇をてらって「新しさ」だけをねらってやってるような
現代アートシーンは、たしかに「古くなった」かもしれないが、
ストリートからでてくるような、最先端の連中がやってることは、
やっぱ「新しい」
最近はノリがヒップホップだから、ゆるめなんだけど、
やっぱ「新しい」
今はフィリー、シスコ、トロントあたりに個人的に注目。

そこらの美術館の現代アートよりyoutubeの素人動画のほうが
すごかったりする時代だよね。

94 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/08(木) 11:56:03
まあすごいかすごくないかで言ったら、そうだけどね。
比べるものでもないような。

でも感動がやっぱり弱い気がするね

95 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/11(日) 01:54:41
もはや多様化し過ぎて感覚が掴めない。

96 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/11(日) 02:36:41
浅い考えかもしれないが、人間の手仕事が見られない作品はあまりすごいと思えないものが多い。

文脈がどうとか、歴史の流れとか、色々あるのは理屈では分かる。
でも、それは形式的なものであって、人の心を打つというところからは乖離しがちなような気もする。

過去の絵画や彫刻を見て、宗教などの当時の背景を知らない人が見ても感動するのは
人の手がこれを生み出したのか・・・という途方もない感動を伴うからのような気がする。
でもそれは時の流れによって勝手に洗練されただけの幻想なんだろうか?

97 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/11(日) 04:16:19
>>96
分かるよ。
それが幻想ってことにしてしまわない世の中であることを祈る。

98 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/11(日) 23:53:31
新表現の開拓という考え方が既に古い、復古もボチボチ古い、リミックスもそろそろ古いとなると、
今後は何処へ行くんだろな

99 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/14(水) 19:27:08
>>98

作者不定、クラウド、オープンソース

なアートじゃないかな
適当言ってみる

100 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/24(土) 13:55:04
>>58は知恵でも見るエセ関西弁だな

101 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/10/26(月) 23:26:55
英国『アート・レビュー』誌は5年前の創刊以来、アート界に影響を与える人物ベスト100のランキングを行っている。
アート界に影響を与えるベスト100人のランキングは、アメリカ人40人、イギリス人25人、ドイツ人9人、スイス人9人、フランス人7人、中国人3人がいずれも上位に並でいた。
1位 フランソワ・ピノー2位 Larry Gagosian3位 Nicholas Serota4位 Glenn Lowry5位 Sam Keller6位 Elie Broad7位 Charles Saatchi8位 Matthew Slotover and Amanda Sharp9位 Bruce Nauman10位 Jeff Koons
日本人はゼロ(w)

102 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2009/12/21(月) 01:40:15
別にいいんじゃね。英国『アート・レビュー』誌にとってそうだっていうだけの話で。
もういいかげんあいつ等に付き合う必要なんてねえよ。

103 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2010/01/28(木) 16:53:43
あいつらと付き合わずに誰と付き合うの?

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)