5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

シュールな殺人者

1 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/01(木) 06:09:39
エドワードゲインという殺人者が居たんですが、彼の行動にシュールなセンスを感じてしまいました。

芸術板の皆さんから見た、彼の行動に対する意見を是非お聞かせください。

タイトルかぶっていたらごめんなさい。

2 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/01(木) 13:47:54
犯罪者の中には芸術の才能がある人って結構居るみたいね

3 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/01(木) 21:03:59
>>2 そうなんですか?ぜひ名前を教えてください。ちょっと作品が見たくなりました。

4 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/02(金) 01:03:49
>>3

ヘンリー・リー・ルーカス
ttp://www.ltokyo.com/yanasita/killer/henry.html
ttp://hugo-sb.way-nifty.com/hugo_sb/2004/12/serial_killer_a.html 描いた絵
ttp://www.stephenkasner.com/lucas/
http://www.skcentral.com/photogallery.php?album_id=16

アンジェロ・ブオーノ
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/〜madison/murder/text/bianchi&buono.html
ttp://www.skcentral.com/photogallery.php?album_id=2 描いた絵

ハーバート・マリン
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/〜madison/murder/text/mullin.html
ttp://www.skcentral.com/photogallery.php?album_id=19 描いた絵

あとネットで見つけられないけど、ゲイリー・ギルモア
http://ja.wikipedia.org/wiki/ゲイリー・ギルモア
は素晴らしく上手い絵を描いた。
刑務所で薦められて、美術大学を受験しようとしたこともある。
村上春樹訳「心臓を貫かれて」(上・下巻)マイケル・ギルモア著に写真が出ている

5 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/02(金) 13:40:07
>>4  人多すぎとか言われて、しかもヘンリー・リー・ルーカスしか見れませんでした。

ヘンリー・リー・ルーカスの絵についてですが、あまり上手いとは言えない様に思います。奇をてらったモダンアートと比べてエドワード・ゲインは至極本気で、発想そのものが一線を画している様に思われます。

6 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/02(金) 16:03:25
 
 
 
      刺したのは砂人形
 
 

7 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/02(金) 18:43:04
勝手に思ってるだけなんだが一つ。

衝動や快楽系の犯罪者と一部の芸術家(アーティスト、職人)は紙一重な気がする。
芸術に触れる機会があったか無かったか、
その前に刃物を持ってしまう安直な方に走ってしまったかが分かれ道だと思う。

一度衝動的な犯罪を犯した人に音楽や絵画や創作に触れさせて見れば何か変わるかもね。
あるけど。そういう更正法。

8 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/02(金) 23:50:40
>>6 ちゃんと(?)二人殺害しています。

>>7 衝動や快楽系の犯罪者と一部の芸術家(アーティスト、職人)は紙一重な気がする。
芸術に触れる機会があったか無かったか、
その前に刃物を持ってしまう安直な方に走ってしまったかが分かれ道だと思う。

全くその通りだと思います。

9 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/04(日) 03:50:08
刺したのは砂人形って言え

って言った弁護士は芸術家っぽいな

10 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/04(日) 06:58:50
>>9 そういうことでしたか。確かにシュールですね。と言うか芸術板人少ないですね・・・

11 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/05(月) 00:27:37
芸術板が人稲杉なのもあるし、このテーマに食いつくのも変態だけだよ。

皆筆を持て。楽器を弾け。世界が平和になるぞ。


12 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/05(月) 05:05:41
>>11 変態なのは認めざるを得ません(笑)。細々とやるのも良いもんかな。

13 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/05(月) 16:52:15
>>7>>9 に同感。

人間の根底的衝動を体現してしまったという点では両者は
同一なのではないのか、とすら思います。善悪の概念という理性を
超えて生に忠実に生きる姿には哲学的な畏敬の念すら感じます。

生きてゆくために偽善者となるよりは、シュールな殺人者となることを
選ぶ・・・面白いテーマですね。


14 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/06(火) 12:53:39
>>13
選ぶ、というよりはその手法を取らざるを得なかったとかな。
道徳的な禁忌を犯してでも表現したかった物だったとか。

表現を極めて最も安直な物と深い領域が「生と死」である訳で。
人間の死ぬ過程と死んだ後を表現する、となると殺人が一番手っ取り早いんじゃないかと。
手先が器用なら芸術に走って表現するけど、そうでない限りはそっちに行くかも知れないし。

例えば、手先が器用な池沼の例を上げればダリ。
自分と同名の兄の墓を見て死に取り付かれて表現するとか。
小さい頃から性欲だの人体をデッサンする内に「自分は不能者だ」と勘違いするとか。
こいつは手先が器用じゃなかったら何してもおかしくない気がする。


娯楽に溢れた今じゃ難しいだろうけど、自分と向き合う時間が長い昔の方が芸術を極めるに相応しいんじゃないかな。
つまり、今は模作的な芸術的殺人はあるだろうけど本域の芸術的殺人は起こりにくいと思う。よ?

論点がズレてきたから仕事に戻る。

15 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/06(火) 13:37:28
>>14 全部読めず途中までですが、ダリは間違いなく精神分裂病。
もしくは分裂気質かなと思います。(今では統合失調症に変更ですが)
殺人鬼の多くが何らかの先天的後天的肉体的(脳)精神的病を患っていた
点から見て、何してもおかしくないと言う意見に賛成です。
(実際ガラに偏執したり奇行が目立ったりしてたわけですが)

人少ないけど深く話せて良いですね。

16 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/06(火) 23:05:06
>>14
>人間の死ぬ過程と死んだ後を表現する・・・といえば宗教芸術が思い浮かぶのだけど、
戦争、飢餓、病気などにより生と死が日常に迫る日々であった時代の方が
現代よりも芸術としてその表現が昇華される高いレベルにあることは異存ありませんね。

“芸術的殺人”という言葉は不思議なニュアンスがありますね。生と性は結び付き、死を
より際立たせるというのは、芸術家の表現と犯罪者の行動に共通項としてあげられるような
気がします。

17 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/07(水) 00:11:29
>>16
>戦争、飢餓、病気
あー、なるほど。
マイナス要素があればこそ、表現すべき題材が増えるのも芸術の特徴だね。
美術や音楽はある種、人の弱さを象徴する文化でもある訳だし。

>生と性は結びつき、
表現や性欲を犯罪として表すのは男性がほとんど。
女性は信仰(尊敬)や意味を持たないと奇怪な殺し方や事後処理はしにくい。
遺体が重いからバラバラにする、とか美容や魔術に利くから処女を大量に…とかで無い限りは。

それだけ男性にとって女性や生が魅力的であり、事後の抜け殻も美しい訳だなー。
゛死を際立たせる゛為の引き立てが生であって、それが完遂して初めて芸術。なるほどなー。


全体的に意味を取り違えてたらすまん。
あと、たまにはsageてくれると嬉しい。

18 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/07(水) 09:45:49
ちょっと待って下さい。E・ゲインがどう捉えていたかは、
今となっては知る方法はありませんが、死と芸術を結びつけていたとは
考えにくいと思います。彼の目的は服装倒錯を満たすために
仕方なく殺人を犯したんだと思います(最初の内は墓荒しで満足していたが、
相棒が別件で精神病院送りになり難しくなった)。

19 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/07(水) 09:50:50
続き しかしチョッキ作りに励む彼の姿を客観的に観ると、僕はその
行為に滑稽さと言うか、すいませんうまく説明できません・・・。

20 :ニーチェ:2007/02/07(水) 11:39:13
身体こそが真の「おのれ」である。
精神は身体の創作物なのだ。

21 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/08(木) 16:27:17
なんかずっと人多すぎって言われてます・・・(そんなに居るか?)

>>17 男性と女性の違いについての件は少し違うような気がします。
DNAレベルで・・・様な気がします。すいませんうまく説明できません。

22 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/11(日) 02:23:30
>>21
犯罪者は頭蓋骨の形が普通の人間と異なるって話しは聞いた事がある。
ある種の人間の亜種らしい。遺伝子レベルで…ってのは確か。

その上で男は表面化するし女は別の形で表し易いって事。
遺伝子もあるけど男と女じゃ精神構造がまるで別物なんだよ。

芸術家は頭蓋骨やら遺伝子のデータ取られてる訳じゃないから判らないけど、
やっぱりそういった犯罪者と同じタイプだと思う。
遺伝子レベルだからどこかで薄れていくかも知れないし、逆にどこかで壊れて増える可能性もある。
恐いね。

23 :nem:2007/02/15(木) 11:34:50
ダリってわざと偏執的に振る舞ってたんじゃなかったか?

24 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/15(木) 22:23:14
わざとならあんな性癖持たないしあんな絵を思い付かないでしょ
過去の恥を隠す為の後付けだよ

25 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/16(金) 15:56:47
age

26 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/16(金) 22:11:48
>>25 見れなくて困ってました。ありがとう。

>>22 初耳ですが後天的に精神を病むというケースもありますから、全てが頭蓋の奇形に
当てはまるとは思えません。しかし先天性の場合、その可能性は高いかも知れませんね。

それと「分裂気質」と言うのをご存知ですか?分裂病(統合失調症)の素質のことを言うんですが、
僕は見事に当てはまってしまいました・・・。
まああくまで素質であって、むしろ「正常人の性格類型の一つ」なんだそうです。
皆さんはどうですか?

1自己と他人を強く意識し、非社交的。
2外観は多少奇抜、あるいは従順、愚鈍に見える。
3内心と外への表現が矛盾、内面的な強さと弱さ、繊細さと冷淡が同居。
単純でない。
4繊細で自然と読書を好む。
5非人間的(!)なまでの意志の強さ。
6抽象や理論への愛好を示す型もある。
7体型には痩せ型、闘士型に多い。


27 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/17(土) 23:23:41
>>26
分裂気質と分裂病は判る。
自分も1.2.3.5.6は当てはまってるよ。
普通体型だし今は読者も苦手だから判らないけど。
部屋には数百冊の本や雑誌があったりはする。

医学的には解明されてない所が多い後天的な精神病だし、
ケアをしても再発する恐れが高い…とか言われてるけどどうなんだろうね。
<病>になるのも国民全体の100人に1人だし、
精神が病んでるから芸術性や感性が高まるかと言われれば難しい。

ちょっと知識が足りないから調べてくる。

28 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/17(土) 23:53:25
>>27 統合失調症患者の発症以前を調査した結果、一定の割合で
この七つの共通項が見つかったそうです。

ageで行きましょう。下がると見れなくなってしまうんです(笑)

29 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/19(月) 13:56:47
>>28
諦めて2ちゃんブラウザ導入しました。

30 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/19(月) 14:53:06
あげ

31 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/21(水) 18:05:39
分裂病が犯罪に関わりあるって日本で公に話されたキッカケは「酒鬼薔薇」少年の児童殺人だね。
確かに常軌を逸脱した殺害方法だった。

でもさ。こちらが書いた頭蓋骨についてもそうだけど、
そもそも殺人事件って色々な要素が積み重なって起こるもんだよ。

身辺環境、人間関係、情報(メディア)、知識、遺伝子、性格(血液型)、国の情勢、性別、年齢。
まだまだ要素はあるけど、これらが化学反応を起こして出来上がった人間が事件を起こす。
混ぜる原子自体が違うから色々な事件が起こってる。

常軌を逸脱した(シュールな)殺人事件が起こる要素も「色々ある」んだと思うよ。
一概に「頭蓋骨が」とか「分裂病が」とか、さも原因であるかの様に語ってはイカンね。自分もだけど。
要素のひとつとして捉えて話し直そう。


で、俺は分裂病がどんな症状、症例をもたらすのかを更にググってくる。

32 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/25(日) 04:41:07
最近DVDで「羊たちの沈黙」を見た。
犯人のモデルにE・ゲインが使われているのは明らかなのだが、そこには
美学のようなものは感じなかった。
むしろレクター博士の方に・・・このネタはだめですか?

33 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/25(日) 13:46:23
つまらん

34 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/26(月) 13:02:46
>>31 そうですね。あくまで一つの要素として捉えてみますが、やはり
異常な事件を起こす者は精神に異常をきたしているのではないでしょう
か?つまり、同じ様な事件がおきたとしても、彼らの発言まで同じもの
にはならないわけです。「発言」を使って例えましたがそれ以外にも幾つ
かのモノでシュールを感じさせてくれるモノがあると思いますし、それ
らは正常な精神ではとても想像出来無いようなものです。

35 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/26(月) 13:10:06
>>32 全然良いと思います。僕が思うに2chは自由な場ですから。

議論は価値観の違う者同士でなければ成り立ちませんし、違う価値観に
触れる事で新しい発想が生まれます。そうでなければ皆掲示板など使わ
ずに一人で考えて自己完結してるでしょうし。思った意見を言うのは良
い事だと思います。

36 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/26(月) 13:23:50
>>32 「羊たちの沈黙」について。

バッファロービルには確かに明確なと言うか、理論上にある美意識は無
いでしょうね。彼は単純に「女としての美しさ」を自分に求めていたんじ
ゃないでしょうか?大事なのはそこです。

37 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/26(月) 13:34:58
続き 大半の芸術家が芸術を意識しています。そして自分の「芸術観」に
囚われず、自由な発想で作品を作ろうとする人がいます。意識をせずに
筆を走らせたり、夢の中で見た光景を絵にしたり。エドワードゲインは
そんな悩める人達を軽く飛び越えちゃった様な気がするんですよね。

38 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/28(水) 11:13:34
age

39 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/28(水) 15:10:30
孔明スレから来ました。

最も芸術的な殺人を行ったのは、竹中半兵衛です。

彼は戦争することを楽しんでました。

彼は人の殺し方を熟知してました。

10代半ばの半兵衛は自らの手で人を殺めたことすらないのに、大量殺人の方法を知っていました。

それも戦上手な大名相手に、その技術を披露し、オルガニズムを感じてました。

彼の大脳皮質は異常な構造をしてたそうです。

40 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/28(水) 15:37:17
>>39 宣伝活動が実を結んだ瞬間・・・。

大脳皮質の件は当然として、他の件に関しても知識が無いものですので
疑問を覚えます。

41 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/28(水) 21:39:00
大脳皮質は、知覚・運動・記憶・思考・推理等に影響を及ぼす部位。

わかりやすく言うと、高次機能障害の人なんかは上記の機能が弱くなる。

竹中半兵衛は、上に挙げた能力が人並みはずれてたからすぐれた戦術家になれたんだと思う。



42 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/28(水) 21:53:23
>>41 異常な構造をしてたかどうかは、過去の事ですから分からないで
しょう。それと竹中半兵衛の才能についても議論の余地がありますね。

しかし、「大脳皮質」という新たなる視点からこのスレを考察出来そうです。


43 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/28(水) 22:13:25
大脳皮質の構造については、この手の人物にありがちな創作の話である可能性が高い。

例を挙げると、姜維死後に兵士が姜維の腹を裂いて肝の大きさ云々という話のような。

才能については、wiki参照。

彼は肺炎で亡くなったのだが、この病気はしばしば重い病気と併発し、直接の死因となる。
体の弱い人間がなる病気。

天才は体が弱い・・。
これは偶然ではなく必然だと思う。
健康な美丈夫ならば、女と戯れたいとも思うし、世間を旅したいとも思うだろう。

しかし、病弱ならばそれが成しえない。

だから読書に走る。

天才とは、生まれてもったものというよりも環境によって作られる場合も大きいのではないだろうか。



44 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/02/28(水) 22:56:28
>>43  賛成です。まぁ例外もあるでしょうが、あまり肉体は強くなさそうな
イメージです。

急に話が変わるのですが自分は真理を探るのが好きでして、真面目な話
(こう言うと危ない人と思われるのですが)。例えばマック好きとモス好
きの友達を比較してそれぞれの傾向を探ってみたり。DNAには突然変異が
起こるようわざとプログラムされてるんじゃないかとか。

45 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/03/01(木) 15:15:50
脳をキーワードにググっていたら興味深い記事を見つけたので載せます。

最強の投資家は「精神異常者」 米研究
【Reuters】この度、米国で行われた調査によると、投資業に最も適した
人材は"精神異常者(精神病質者/Psychopath)"であることが明らかにな
った。今週月曜、タイムズ紙が報じた。実験では、感情表現に影響する脳
の特定部野に障害がある15人を含む、平均的IQの被験者(投資家)41人に
よって、簡単な投資ゲームが行われた。そしてゲームの結果、脳に障害を
持つ人々はそれ以外の被験者らよりも、遙かに優れているという結果が出
たのである。

科学者の分析によれば、(脳に障害のない)被験者の一部の人々には感情
が作用し、たとえ潜在的な利益が損失を遙かに上回る時でさえ、リスクを
回避しようとする動き ― 近視眼的損失回避と呼ばれる ― が見られたと
いう。実験に参加したアイオワ大学神経学助教授アンティオネ・ベシャラ
氏はこれらの結果から、株式市場における最も優れた投資家は言わば「機
能的精神異常者」なのではないか、と話している。

また共同研究者のスタンフォード大学ビジネス大学院ババ・シヴ氏は、多
くの大企業の幹部や、優れた弁護士もやはり同様の特徴を持っているよう
である、と話している。「感情は意志決定を速める際に、適応力として機
能します。しかしまた、慎重かつ、より潜在的に賢明な決定が成されるた
めには、自然な感情的反応が抑制されなければならない状況もあるわけで
す。」

スレ違いですが。これは現代の社会の於いては進化と言えるのだろうか・・・。


46 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/03/23(金) 23:12:43
age

47 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2007/03/30(金) 22:01:06
age

48 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2008/03/10(月) 13:25:16
マイナーなテーマやね

49 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2008/03/10(月) 14:37:12
ここにも・・・。

50 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2008/06/01(日) 02:41:02
>>43
私の周りでは頭が良くて運動神経抜群でイケメソっていうのがよくいますが
そういうのじゃなく矢野くんみたいなのでしょうか?>天才
因みに生物学的か何か知りませんが、人は遺伝的要因と環境要因がほぼ半分ずつくらいで
色々決まってるらしいよ。三つ子の魂百までって言うし
>>44
> DNAには突然変異が起こるようわざとプログラムされてるんじゃないかとか。
エイズのウィルスはそうらしいよ。だから科学者とかみんなもー大変

51 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2008/06/01(日) 02:41:38
age

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)