5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

農耕の起源は長江流域であるという話は本当か?

1 :出土地不明:2009/09/28(月) 12:55:35 ID:R9Rl5nFF
今から15000年前に長江流域での稲の栽培が人類最古の農耕起源だという。
メソポタミアは一万年前のライムギであり、なんとその差5000年もある。
農耕文明とは人類に与えたまさに空前絶後の革命的な産業の発達であり、
それが長江で最初に起きたという説が事実であれば、世界の最初の文明は
太古の中原において、アジア人が起こしたということになる。これはものすごい
ことではないか?

2 :出土地不明:2009/09/28(月) 17:29:41 ID:6Y9EKGSW
エジプト最古のクフ王のピラミッドの「クフ王」
あの像どう見てもアジア人顔だな、日本の何処にでも居る田舎のオッサン顔
案外縄文人かも?

3 :出土地不明:2009/09/29(火) 00:04:59 ID:pefFDu40
>>1
中国4千年のねつ造を信じてるのか?
農業発祥の地は日本に決まってるだろ。
日本文明は世界の中心、釈迦もキリストもモハメットも孔子も日本に修行に来ている。

4 :出土地不明:2009/09/29(火) 00:43:17 ID:0EfwX/4m
>>3
その内容はチョット工作臭強すぎ!

ワン人でもそこまではチョッチョネー!

5 :出土地不明:2009/09/29(火) 00:59:13 ID:/PFffSk+
縄文人=シュメール人

6 :出土地不明:2009/09/29(火) 01:15:31 ID:n3FeA8K6
いや、蟻でしょ

7 :出土地不明:2009/09/29(火) 01:26:42 ID:/PFffSk+
すべて日本と通じてる

8 :出土地不明:2009/09/29(火) 08:19:18 ID:GP4L8sOG
農耕による定住の開始が文明(知の蓄積文明)の始まりなのだから、
支那河江文明が人類初の文明であり、これが事実ならコーカソイドではなく
モンゴロイドが世界最初の文明を形成した人種ということになる。中原の
文字の確立の速さといい信憑性がありそうだ。

9 :出土地不明:2009/09/29(火) 08:39:09 ID:AQhNGRpI
馬鹿馬鹿しいw

世界最初の文明はアフリカの石器文明に決まってるじゃないのw

10 :出土地不明:2009/09/29(火) 09:57:58 ID:GP4L8sOG
それは旧石器文明であり、農耕による新石器時代とはまた違う意味の
時代です。

11 :出土地不明:2009/09/29(火) 16:22:30 ID:GYVPlo2N
長江或いは黄河流域で農耕(稲などの栽培)が始まったのは、考古学者らの
考えでは、9千年前ということだ。西南アジアで農耕(小麦の栽培が始まったのは
1万1千年前だそうだ。参考:ピーター・ベルウッド著『農耕起源の人類史』

12 :出土地不明:2009/09/29(火) 17:03:43 ID:GP4L8sOG
wikipediaに最新の発掘調査で15000年前という結果がでたそうですよ

13 :出土地不明:2009/09/29(火) 17:09:39 ID:DiAStz3i
浙江〜江蘇あたりが稲作発祥の地。
中国東北部が大豆耕作発祥の地。

ジャガイモやトマトは南米ね。

14 :出土地不明:2009/09/29(火) 17:10:45 ID:DiAStz3i
お茶(緑茶も烏龍茶も紅茶も全部)も梅も中国が原産地。

15 :出土地不明:2009/09/30(水) 00:14:47 ID:kV7fyPID
でもその当時の中央アジアって純粋なモンゴロイドじゃないだろ
もっと南の赤道近くインド北部、ベトナム辺りが最初だと思う
メソポタミア文明やそれを吸収したエジプト文明が先かも
砂漠化も行き過ぎた文明化のせいだといわれているし
中東の砂漠も怪しい、エジプトから北へ、中東から北へ
もちろんインド北部から東に行った勢力も、何らかの耕作知識を持っていたと思う

16 :出土地不明:2009/09/30(水) 01:36:44 ID:go5zGbmA
インド北部(タクラマカン砂漠周辺の乾燥した平原)を超えて中原を
侵略できたものはロシア帝国まで待たないといけない。

17 :出土地不明:2009/09/30(水) 20:43:14 ID:C7rXDmAY
普通に考えたらスンダランド。

18 :出土地不明:2009/10/01(木) 08:07:24 ID:igJa0tTO
農耕なんて世界各地で自然に発生しているだろう。

19 :出土地不明:2009/10/01(木) 14:42:19 ID:iksKf5/R
>>17スンダランドからモンゴロイドが発生した場所、ってwikipediaに書かれてるけど、
モンゴロイドはウラル山脈の東側からコーカソイドと分かれその後東に東に行き、南下して
中原、スンダランド、米大陸などに渡ったんじゃないの?
>>18米先住民はそうかもしれませんね。

20 :出土地不明:2009/10/01(木) 20:43:30 ID:+q9p54OP
その通り。

それが通常の定説。

脱アフリカ後、そのまま北上して中央アジアに入り、東西南北に拡散したの。

21 :出土地不明:2009/10/01(木) 22:38:18 ID:iksKf5/R
スンダランドみたいな湿潤・高温の土地にコーカソイドが2万年ほどいたら(その後北上)、
モンゴロイドじゃなくてほとんどインド人みたいな顔つきになってると思うよ。モンゴロイドは
完全に乾燥・極寒の地に適応した形質であり、インドシナ半島みたいな所では暑くてあまり
活躍できなかったと思う。

22 :出土地不明:2009/10/02(金) 01:57:54 ID:HArp+i+J
あのよwかなり古代中国大陸人もひげ自慢のマトモナ人種だったのよ。
万里の長城が観光名所化してる。意味理解できんなw

23 :出土地不明:2009/10/02(金) 22:28:59 ID:HbHCPB3F
ケタが違う。三国志は2000年前の話だが、ここでの話題はその十倍ほど前の話だ。

24 :出土地不明:2009/10/02(金) 22:48:04 ID:HArp+i+J
寒冷地適応した人種がわざわざ南下し農耕始めるかよw
強盗やらかしたのよ、面強盗w

25 :出土地不明:2009/10/02(金) 23:14:49 ID:HbHCPB3F
そうかもしれない。ただインドにすんでいたコーカソイドは
ミャンマー経由で中原にはこれなかったのだろうか?


26 :出土地不明:2009/10/02(金) 23:48:42 ID:4JeSRnV0
高床式「倉庫」は北方アジアから直伝している。




高床式建物はシベリアやアムールにもあるけど何か?

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1164871625/






27 :出土地不明:2009/10/03(土) 00:16:44 ID:PjbYG4ZX
>>25
デリケートな場所だろwどう言う時系列なのかさっぱり
わざわざ中原域を廻りこんでるDNAもあるかもw

28 :出土地不明:2009/10/03(土) 00:52:43 ID:hg0wr4xj
たとえば人類の出アフリカ(六万年前)後、ウラル山脈まで来た人類は
それより北方に進出する際(四万年前)にモンゴロイド的な形質になり
東に向かったという。このほぼ同じ時期に人類はインド亜大陸に入り、
その後インドシナなどのスンダランドへと到達する。このときどうしてその
スンダランドに行った(はずの)人類はコーカソイドじゃなくてモンゴロイド
になっているのか?ということです。

29 :出土地不明:2009/10/03(土) 02:45:01 ID:PjbYG4ZX
普通、シベリア北方に東アジアに形質ばら撒くほどの人種供給能力は無いですよね。
日本人の形質変化を追跡すれば解りやすいと思いますがw

30 :出土地不明:2009/10/03(土) 22:16:40 ID:7V9v6Ctu
形質遺伝が強ければ、たった一人だけでもその種族の形質を
数千年かけて乗っ取る事ができる。

そういう事ですよ。

31 :出土地不明:2009/10/04(日) 02:32:53 ID:qcXaF5jn
>>29 バイカル湖沿岸の人間が住みやすい場所では大量発生するんでは?


32 :出土地不明:2009/10/04(日) 14:53:35 ID:MNo+4jPH

ジャポニカイネの起源は東南アジアで、そこから中国へ伝わり、
そこで温帯ジャポニカイネが生まれ、日本列島に伝わったたのですが。w
稲作の起源は、東南アジアですね。

http://www.nias.affrc.go.jp/press/20080707/


33 :出土地不明:2009/10/04(日) 15:24:24 ID:IJvH2BP7
「中国」なんて雑な言葉を使われてもなあ

34 :出土地不明:2009/10/04(日) 16:05:48 ID:MNo+4jPH
稲作の起源は長江流域ではなく、東南アジアということです。



35 :出土地不明:2009/10/04(日) 16:36:44 ID:IJvH2BP7
その根拠は?

36 :出土地不明:2009/10/04(日) 16:57:06 ID:MNo+4jPH

http://www.nias.affrc.go.jp/press/20080707/


37 :出土地不明:2009/10/04(日) 17:38:56 ID:MP/jf0en
じゃそのままスンダランドにいた人が稲作技術も一緒に北上してきたわけか

38 :出土地不明:2009/10/04(日) 18:28:27 ID:IJvH2BP7
>>36インドシナにあった種籾を中原に撒いたという可能性はないのでしょうか?

39 :出土地不明:2009/10/05(月) 19:53:59 ID:doegIwrQ
「貫頭衣」は単に人類最初の服装の形で、古代から現代まで世界中に見られる。


●貫頭衣 (かんとうい)
一枚の布を2つに折り、その折り目の中央に穴をあけ、そこから頭を貫いて
(通して)衣服としたもの。エジプト時代から見られる原始的な衣服の
形式である。ポンチョやガラビアなどもこの一種。
http://www.frontstyle.com/dictionary/j_ka.html

人類最初の服装の形は一枚布であったり、一枚布の真ん中に穴を開けて
被るという貫頭衣というシンプルな形であった。
http://homepage1.nifty.com/mottoi/kokusai8.htm

人類の衣服の工夫の中で最も単純な基本形として、貫頭衣の分布は広いが、
南米アンデス諸国に見られるポンチョがその代表的なものとされている。
http://www.h6.dion.ne.jp/~fu35/minzokuHP/ajia/indonesia.htm

40 :出土地不明:2009/10/05(月) 19:55:59 ID:9MbINcOP
古代ローマ時代の貫頭衣のような、一枚の布の頭の部分をくりぬいた
だけの服を着ていた。
http://home.att.ne.jp/red/senseofwondr/mou2.htm

古代中国もローマもギリシャも布を纏うか貫頭衣であった。
http://www.lcv.ne.jp/~yokota/contents/mumble/ykt/970410.htm

ローマ時代のイタリアでは男性はトーガという貫頭衣
http://www.psats.or.jp/psats.or.jp/column/nakamura027column.html00

41 :出土地不明:2009/10/07(水) 01:37:03 ID:VTwegzqT
稲の花粉が15000年前の地層から発見された、程度じゃ農耕の起源にはならんよ

42 :出土地不明:2009/10/07(水) 08:54:43 ID:bJkkJVZx
そうだ、
野生の稲の花粉だったら、農耕の起源にはならないかも。


43 :出土地不明:2009/10/07(水) 21:28:13 ID:4waAoosv
でもスンダランドは湿潤温暖気候でそういった「証拠」はすぐに腐って土に
返ってしまうのでは?

44 :出土地不明:2009/10/07(水) 23:16:08 ID:fIRcUYCI
ああ、それか。

フィリピン、インドネシアあたりでもみを大きくする遺伝子を獲得して、
インドシナ半島や中国大陸でもみを穂から落ちなくする遺伝子と
もちもちした食感にする遺伝子を獲得してジャポニカが形成された
という内容で、

結局、中国を経由しなければジャポニカは誕生しないという話なんだよ。

45 :出土地不明:2009/10/09(金) 15:12:20 ID:RBJSCFJP
「鵜飼」は満州や朝鮮半島にも見られる。


満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくい
あげて吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.jiyuu-shikan.org/shoseki_video4.html

日本の鵜飼いは、鳥居氏に便乗すれば、江南よりも朝鮮や満州の
北方民族から伝わったのかもしれません。鴨緑江や松花江などでも
鵜飼いは見られます(注9)。
http://www.han.org/a/half-moon/hm080.html

46 :出土地不明:2009/10/09(金) 15:12:56 ID:mskU3HuJ
しかも日本の「鵜飼」は中国よりも古い。


鵜飼いの歴史は古く、『日本書紀』神武天皇の条に鵜養部のことが見え、
『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っている。また中国の史書
『隋書』開皇二十年(600年)の条には、日本を訪れた隋使が見た変わった
漁法として紹介されている。

隋書の書かれた時代には鵜飼いは中国人にとって珍しい漁法だったが、
その後中国においても鵜飼い漁法が定着した。

確実な記録として最古の物は、10世紀の文人・陶穀が残した『清異録』
(965年)において、当塗(安徽省太平府の都市)の漁民が「魚を捕らえる
のに非常に機敏な鵜を使う」と記述されているのが最初である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E9%A3%BC%E3%81%84

47 :出土地不明:2009/10/09(金) 15:34:37 ID:wKOayI0+
鵜飼なら、
http://home.att.ne.jp/grape/shindo/UKAI_2.pdf


48 :出土地不明:2009/10/10(土) 00:13:40 ID:1B5h509w

近代、清朝時代に鵜飼いがあったから古代にも、「あったかもしれません」記録はありませんが!

近代、沿海州には高床式倉庫があったから古代にも、「あったかもしれません」遺跡はありませんが!

近代、沿海州には自動車があったから古代にも、「あったかもしれません」遺物は発見されてませんが!

近代、古代日本には納豆、なれ寿司があったから古代朝鮮にも「あったかもしれません」古代朝鮮の記録にはありませんが!

近代、古代日本には歌垣があったから古代朝鮮にも「あったかもしれません」古代朝鮮の記録にはありませんが!


49 :出土地不明:2009/10/10(土) 06:49:50 ID:ECheQCX9
↑何が言いたいのかさっぱりわからん

50 :出土地不明:2009/10/10(土) 12:39:30 ID:6o+izoKA
江南ベトナム顔類人猿の台湾茶色ゴリラが裸でウホウホ
言ってるだけだからあんま気にすなw

51 :出土地不明:2009/10/10(土) 22:57:13 ID:IYRPZZkQ

日本に縄文稲作が有ったのは確実で、その縄文稲が朝鮮経由なら

遼寧の半月型石包丁が縄文遺跡からザクザク出てくるはずだが出てこないね

あれえ〜〜どゆこと トンスル団員さん教えて!


52 :出土地不明:2009/10/11(日) 20:10:34 ID:BXuxs+BA
6万年前に人類がアフリカを出て、
5万年前にメソポタミアに定住し、
4万年前にモンゴロイドが分岐し、
2万年前にはアメリカ大陸最南端まで人類が到達した。
この中で農耕の起源とされるものが最も早かったのが
モンゴロイド文明の江南(あるいはスンダランド)だったとしたら、
これは世紀の大発見ではないのか?

53 :出土地不明:2009/10/12(月) 19:55:52 ID:kguLtilP
農業技術にとって重要な農具で有る遼寧系や山東系の石包丁が
朝鮮半島では3500年以前の遺跡から出土してないの?
おしえて!

54 :出土地不明:2009/10/13(火) 02:41:44 ID:6tJZ4qvM
なるほど!

朝鮮半島にはやはり遼寧経由で稲作が伝わっているという事なんだな。

中国から直で朝鮮半島に稲作が伝わっていたのなら最初から石包丁も
石鋤も三足土器も伝わってるはずだもんな。

結局、遼東半島からまーったりと朝鮮半島に稲作が伝わってきただけ
なんだな。

55 :出土地不明:2009/10/13(火) 07:17:14 ID:NtRFRlCu
単にその土地には合わなかったというだけでねーの?

56 :出土地不明:2009/10/13(火) 23:12:08 ID:4z0Aith5
朝鮮半島には外部から渡来人が定着して稲作を伝えたという痕跡がないだろ。

渡来人が定着して稲作を伝えたなら九州北部や遼東半島南端のように渡来人の手による
痕跡が残るだろ。

しかし朝鮮半島にはその痕跡が無い。

つまり渡来人の手による直接伝達でなくて、遼東方面から人手から人手へと
じっくりと伝わってきた間接伝達だった事を意味してるんだよ。

57 :出土地不明:2009/10/14(水) 10:34:11 ID:nIqnFMa2
農耕技術ってさ隠せないからすぐに広まりそうだ

58 :出土地不明:2009/10/14(水) 13:37:11 ID:DlmmiK5v
>>57
別の場所で作物を育てるのはとても大変
家庭園芸でもかなり知識が必要
農業はやってみるとその難しさが分かる

ただ、もう確立された農耕技術で、隣と同じ事をして農業するのは結構楽

59 :bienner ◆KvKoaNcMgg :2009/10/14(水) 14:15:30 ID:5aSjDtFL ?2BP(352)
日本が半島を併合したときでさえ、北では稲作は困難だからもっぱら工場建設、南を農耕地帯にしたぐらいだから、
古代においてそもそも半島というのは稲作に向かない土地だったんだと思う。

その気候的差異がリャオトン半島と朝鮮半島のタイムラグの原因だと

60 :出土地不明:2009/10/14(水) 21:39:23 ID:+k1q/QNB
「呉服」は百済経由で伝わっている。


また百済国に、「若(モ)し賢(サカ)しき人あらば貢上(タテマツ)れ」
とおほせたまひき。かれ、命(ミコト)を受けて貢上(タテマツ)りし人、
名は和邇吉師(ワニキシ)、すなはち論語十巻・千字文一巻、并(アハ)
せて十一巻(トヲアマリヒトマキ)をこの人に付けてすなはち貢進
(タテマツ)りき。この和邇吉師(ワニキシ)は文首(フミノオビト)等(ラ)の
祖(オヤ)。また手人(テヒト)韓鍛(カラカヌチ)名は卓素(タクソ)、
また呉服(クレハトリ)の西素(サイソ)二人を貢上(タテマツ)り、
また秦造(ハタノミヤツコ)の祖(オヤ)、漢直(アヤノアタヒ)の祖(オヤ)、
また酒を醸(カ)むことを知れる人、名は仁番(ニホ)亦(マタ)の名は
須須許理(ススコリ)等(ラ)参(マヰ)渡り来つ。
http://kamnavi.jp/link/kojiki2.txt

61 :出土地不明:2009/10/15(木) 08:22:38 ID:8QdBJgj5
百済の住人は倭人でしたからね

62 :出土地不明:2009/10/15(木) 20:54:49 ID:SqG8Z5iQ
農業は最初の投資がハンパない

63 :出土地不明:2009/10/21(水) 19:54:08 ID:2rtiX0fF
「鳥居」の登場は8C。


鳥居の起源については諸説あるが、確かなことは分かっていない。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸から引きずり出す
ために鳴かせた「常世の長鳴鳥」(鶏)に因み、神前に鶏の止まり木を
置いたことが起源であるとする説、インドの仏教やヒンズー教に
みられるトラナや中国の華表など海外に起源を求める説などがある。
いずれにせよ、8世紀ごろに現在の形が確立している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B1%85

8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している

64 :出土地不明:2009/10/22(木) 04:06:36 ID:4/GZBNXf
縄文時代の石鍬,石鋤

縄文農耕論発祥の地・井戸尻 縄文中期の石器群
http://www.alles.or.jp/~fujimi/idojiri/ido004.html
耕起具(左:石鍬)や除草具(右:除草用小型鍬)

縄文時代・石製品(検索件数122件)
http://webdb2.museum.tohoku.ac.jp/data_base/koukogaku/zuroku/zurokudb/zurokuimage/main/32/j826.jpg
http://webdb2.museum.tohoku.ac.jp/data_base/koukogaku/zuroku/zurokudb/zurokuimage/main/32/j823-6.jpg
http://webdb2.museum.tohoku.ac.jp/data_base/koukogaku/zuroku/zurokudb/main.php?bm=kouko&C_CD=014&pageID=3

打製石器-石鋤 農具 大馬?文化 新石器時代?期
http://emuseap.nmns.edu.tw/DigiMuse/NewModule.aspx?ObjectId=0b000001801bd054&ParentID=0b000001801bd054
http://emuseap.nmns.edu.tw/DigiMuse/NewModule.aspx?ObjectId=0b000001801bd056&ParentID=0b000001801bd054&Type=archeology&Part=2-1


65 :出土地不明:2009/10/22(木) 04:08:29 ID:4/GZBNXf

長江,河姆渡遺跡とオホーツク文化の「骨製の鋤」「骨鍬」

http://webdb2.museum.tohoku.ac.jp/data_base/koukogaku/zuroku/zurokudb/zurokuimage/main/42/n024-2.jpg
北海道根室(弁天貝塚) 骨鍬
http://webdb2.museum.tohoku.ac.jp/data_base/koukogaku/zuroku/zurokudb/index28.html

http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_24_04.jpg
「骨製の鋤」 7000〜5000年前 長江,河姆渡遺跡出土 浙江省博物館蔵
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-24.html


66 :出土地不明:2009/10/22(木) 04:10:05 ID:4/GZBNXf

南九州・上野原遺跡  縄文時代早期前葉(約9500年前〜7000年前)の後半期。

上野原遺跡第3工区では、平成4年度から平成6年度までの3年間にわたり発掘調査が行われ、
約90000汀fの範囲に縄文時代早 期 ... その中で、約 10万点の土器や石器が出土した
縄文時代早期後半の時期が特に注目される。 この時期に造られた施設の中では、壷 ...
http://inoues.net/ruins/uenohara_sekki.jpg
http://inoues.net/ruins/uenohara029.jpg
http://inoues.net/ruins/uenohara030.jpg
http://inoues.net/ruins/uenohara_isiono.jpg
http://inoues.net/ruins/uenohara_museum.html


67 :出土地不明:2009/10/22(木) 04:13:06 ID:n6TEsZ6f
縄文時代に石鍬、石鋤、骨鍬、って有るじゃん

石鍬、石鋤、日本と中国とで呼び方が違うのか?


68 :出土地不明:2009/10/23(金) 01:01:18 ID:rGqD7ous
縄文稲作が長江江南から伝わったのであれば、水田稲作が伝わら
なければ おかしいし、何らかの農耕具が伝わるはずだろ。

そうじゃない事自体もうおかしな話なんだが、

弥生の最古水田には当時の長江江南の農耕具の主役だった石鋤が
伝わっておらず、長江江南に無かったはずのクワが真っ先に
伝わっていて、これが石製ではなく木製だったのである。

縄文稲作にしろ弥生稲作にしろ、これらが長江江南から伝わった
とすると、もう矛盾の塊になってしまうのである。

69 :出土地不明:2009/10/23(金) 02:57:28 ID:4o3yoewj
そんなこと言ってもなあ。
実際に遺伝子を調べた結果、日本の稲と中国北部および朝鮮のものとが別物である
ということが分かってるんやし、仕方ないと思うわ。

70 :出土地不明:2009/10/23(金) 04:30:01 ID:3p9Ts3VV
>>68
縄文人が水稲技術だけ持ち帰ったとすると何も矛盾無いよ
技術移転は普通そうだろ。全部を持ち込む訳でない、有る物は代用する。
琉球と九州で交流が有ったし、九州と長江下流で交流が有ってもおかしく無い

骨や貝や黒曜石や翡翠を加工して、縄文人の交易圏は南北2千キロぐらいあったから
長江に行くのは簡単だったろう。
で、上流に行き過ぎて取り残されてしまったのがチベット人でないのかな

71 :出土地不明:2009/10/23(金) 08:57:00 ID:HHJYJHzo
だから長江江南の水稲技術を持ち帰ってないじゃないの。

長江江南の石鋤で耕作し鼎で炊飯する水稲技術を持ち帰ってない
じゃないの。

長江江南に骨や貝や黒曜石や翡翠を加工した縄文人の交易文物が
あるんですか?あるんですか?

72 :出土地不明:2009/10/23(金) 12:29:25 ID:nfZOvtKn
>>69
だから日本に水田稲作が伝わる以前の朝鮮炭化米で調査しなさいっての売名王の佐藤君。

日本に水田稲作が伝わる以前の朝鮮炭化米で調査してから全てを公表しなさいっての。

日本に水田稲作が伝わって1000年以上経ったもので調査しても意味無いだろうが。

向こうも1000年以上の経年変化をしてるし、こっちも同じく1000年以上の経年変化を
してる訳だよ。

それを分かっててやってるんだろうがな。売名のために。

73 :出土地不明:2009/10/23(金) 14:39:07 ID:5jYa/aUY
>>71
米自体は以前から食ってた訳だから調理法は確立してて、わざわざ鼎を持ち込む必要は無い。
縄文人は肉食がメインでは無い、雑穀が主体だから調理は重要
だから土器が発達したと言える

>長江江南に骨や貝や黒曜石や翡翠を加工した縄文人の交易文物が あるんですか?
日本産の翡翠の硬玉とか、翡翠好きの大陸に大受けしそうなんだけど
沖縄までしか見つかっていない、そのうち日本産硬玉は発掘が進めば見つかるだろう。

それ以外では、漆製品や土器も日本と中国南部が最古級なので、日本と長江下流域との交易品と言えるのではないか?
かなり古くから交易が有った証拠になると思うが、
漆も土器も日本と中国で同時に偶然に自然発生した説であれば別だが

74 :出土地不明:2009/10/23(金) 21:50:31 ID:kUuq7Oal
>>73
だーかーらー、その以前から食ってる縄文稲作の稲が最初に持ち込まれたとき、
長江江南稲作は水田稲作だし石鋤耕作だし鼎か釜炊飯だろうがヴォケ!

何で最初の縄文稲作に長江江南の水田稲作も石鋤も釜・鼎も伝わっていない?

日本には長江江南稲作が伝わっていない。

日本には長江江南稲作なんか全くさらさら伝わっていない。

それに誰も持ち込みの話なんかしてねえ。記憶からの伝達の話をしてるんだぞ。

それに、結局、縄文人の交易文物だと断言できるものなど一つも無いんだろ。

今後いくら発掘を進めたって縄文文物など永遠に見つからんだろうね。

縄文人は長江江南なんかと交易も交流も一切してないんだから。

それと、漆の前にな、江南名物の、

玉器持ってこい! 鼎持ってこい! 尊持ってこい! 青銅器持ってこい! 金製品持ってこい!

75 :出土地不明:2009/10/23(金) 23:15:57 ID:ZMgDSvUa
鬱火病も症状が重くなってきたね。


76 :出土地不明:2009/10/24(土) 00:28:40 ID:cskQujWb
鋤先骨耜「骨製の鋤,骨耜」 日本にも有ったよ時代は下るが全国に有ったが西日本、関東では火山灰ローム層の
酸性土壌の為、骨製の物は大部分消滅したと思われるが、一部東北の貝塚等で出土する地方なので土器同様時代がかなり下る。

北海道根室(弁天貝塚) 骨鍬,骨耜
http://webdb2.museum.tohoku.ac.jp/data_base/koukogaku/zuroku/zurokudb/zurokuimage/main/42/n024-2.jpg
http://webdb2.museum.tohoku.ac.jp/data_base/koukogaku/zuroku/zurokudb/zurokuimage/main/42/n024-6.jpg
http://webdb2.museum.tohoku.ac.jp/data_base/koukogaku/zuroku/zurokudb/zurokuimage/main/42/n024-3.jpg
http://webdb2.museum.tohoku.ac.jp/data_base/koukogaku/zuroku/zurokudb/index28.html

「骨製の鋤,骨耜」 7000〜5000年前 長江,河姆渡遺跡出土 浙江省博物館蔵
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_24_04.jpg
http://www.geocities.jp/room_fai/stamps/kouko/kaboto-1.jpg稲作農業
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-24.html


77 :出土地不明:2009/10/24(土) 00:35:12 ID:cskQujWb
>>76  河姆渡遺跡出土の2段目アクセス不良の様なのでコチラへ

http://www.geocities.jp/room_fai/s-kouko-china.html稲作農業

78 :出土地不明:2009/10/24(土) 19:25:35 ID:E51V47SL
鋤先骨耜「骨製の鋤,骨耜」 日本にも時代は下るが全国に有ったのでは西日本、関東では火山灰ローム層の酸性土壌の為、
骨製の物は大部分消滅したと思われるが一部東北,北海道の貝塚等で出土する、地方なので土器同様時代がかなり下る。

北海道根室(弁天貝塚) 骨鍬,骨耜
http://webdb2.museum.tohoku.ac.jp/data_base/koukogaku/zuroku/zurokudb/zurokuimage/main/42/n024-2.jpg
http://webdb2.museum.tohoku.ac.jp/data_base/koukogaku/zuroku/zurokudb/zurokuimage/main/42/n024-6.jpg
http://webdb2.museum.tohoku.ac.jp/data_base/koukogaku/zuroku/zurokudb/zurokuimage/main/42/n024-3.jpg
http://webdb2.museum.tohoku.ac.jp/data_base/koukogaku/zuroku/zurokudb/index28.html

「骨製の鋤,骨耜」 7000〜5000年前 長江,河姆渡遺跡出土 浙江省博物館蔵
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_24_04.jpg
http://www.geocities.jp/room_fai/s-kouko-china.html稲作農業
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-24.html


79 :出土地不明:2009/10/24(土) 20:04:26 ID:TR6BpeNx
単に日本海交易で土器やその他文物で東北・北海道南部と一致している
沿海州南岸方面から入ってきたものだろ。

長江江南なら九州・西日本からわんさか出土しないとおかしいからな。


80 :出土地不明:2009/10/25(日) 11:46:36 ID:GjhabM4w
>>79
沿海州南岸は縄文人のナワバリだから似てて当然
ただ後期は大陸の勢力が強くなり関係は弱まり消えた
日本海沿岸で最後に残ったのが朝鮮半島南端部だったけど、紀元後に大陸人の支配下に堕ちた

あと九州は火山の被害が大きく、縄文時代前中期に何度も壊滅的な打撃を受けた
よって縄文時代は九州西日本の遺跡が少ない。全く無い訳では無いが
遺跡が少ないから出土が少ないと思う

81 :出土地不明:2009/10/25(日) 16:45:33 ID:GMw2aFDT
朝鮮半島に稲作が伝わったのは4〜5000年くらい前。


1990年金浦佳■(山と見)里泥炭層から採取された稲籾は4,010+-25BPと
報告されており、問題もあるがもし報告が正しいとすれば韓国での稲の
出現は新石器時代中期段階にまでさかのぼる可能性がある。
http://inoues.net/study/japonica3.html
最近は紀元前2000年ころ(?)とみられる種籾が、漢江の河口に面
する金浦(キムポ)と一山(イルサン)で発見されました(注)。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~halfmoon/hm072.html
然し1992年には、それよりも早い時期の粳米を韓国の清州市における
家瓦遺跡から大量に発見された。今から4721年(+−50)年前と
推測されているが、同時に出土された樹木年輪測定からすると、
今から5020年前のものだと修正がなされた。
http://sakura-nokishita.spaces.live.com/blog/cns!6CB04EFFB064FA79!1873.entry

82 :出土地不明:2009/10/25(日) 16:47:28 ID:GMw2aFDT
中国から直接日本に伝来した事にされているRM1-b遺伝子の稲の
調査が日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の朝鮮の炭化米で
なされていない。

かつては朝鮮半島にもRM1-b遺伝子の稲は存在したが朝鮮半島の自然環境に
適応できず遺伝子が消滅欠損してしまった可能性が十分に考えられる。

佐藤洋一郎容疑者はただちに日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の
朝鮮の炭化米でRM1-b遺伝子の有無を調査し、その結果を国民に公表せよ。

考古学界を混乱させた貴方にはその責任がある。

それをしない内はペテン、詐欺と言われてもしかたがない。
http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000116_discussion_004.gif

83 :出土地不明:2009/10/25(日) 23:14:42 ID:VQUsMys7
>>82 暇人ウソクに頼めば小銭ほしいんじゃ無いか!

84 :出土地不明:2009/12/06(日) 15:53:34 ID:6lz9CaxA
>>82
学生さん?
バイトしたこと無いね。
そういうのは普通中学生で卒業なんだけどな
悪法も法だからなんて寝言いってたら社会じゃ通用しないよ

85 :出土地不明:2010/01/03(日) 15:43:06 ID:vA34zlOJ
>>1
シュメールから流れてきたのさ
長江といっても、それは日本への大陸側最終の経由地の一つであるにすぎない。


86 :出土地不明:2010/01/08(金) 23:16:25 ID:d/z0A6f9
むかーしむかし、長江の河口域あたりの江蘇省から3000年前、渡来系弥生人が
九州北部に渡来して水田稲作を伝えました。

ところが、なぜかこの最古の水田遺構を残した長江の渡来人、何を血迷ったのか、
自らの故郷の農耕具の主役だった石鋤を伝えず、長江に無いはずのクワを真っ先に
最古水田に伝えてしまったんです。しかも木製の。

最後の最後まで当時の江南の農耕具の主役だった石鋤を一切伝えてくれなかったんです。

おまけに、この水田稲作を伝えてくれた長江の渡来人、何をとち狂ったのか、
故郷の長江江南系中国土器を伝えず、わざわざ遠く離れた北方の沿海州系の土器を
最古の水田遺構に伝えてしまいましたとさ。


おしまい(爆


87 :出土地不明:2010/01/11(月) 13:59:28 ID:Sos83BcK



韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ。
趙現鐘・国立済州博物館長と佐藤洋一郎・静岡大学助教授が
大阪府和泉市のシンポジウムで発表。[共同通信]
http://www.tt.rim.or.jp/~shr/nl/2001xc.html
韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ
韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ
韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ
韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ




88 :出土地不明:2010/01/13(水) 08:18:26 ID:xoO9sgaG
熱帯ジャポニカ米は、スンダランド辺りの原産である陸稲のこと。

温帯ジャポニカ米は、揚子江中域の原産である水稲のこと。

陸稲、水稲ともに南から徐々に低温耐性を付けながら北上するのは当たり前の話。

常識も科学も通じないのが、日教組シンパと朝鮮学派。

89 :出土地不明:2010/01/18(月) 20:56:50 ID:TYFnAIeS
縄文人も南からということだし、ボートピープルも粗末な船で来てたし、
黒潮に乗ってというルートは本当に楽なんだろうな。

90 :出土地不明:2010/01/18(月) 21:49:40 ID:T5U3wRbC
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら組織で劇団型工作で朝鮮煙幕を炊き付け、
それを自ら叩いて自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

91 :出土地不明:2010/01/18(月) 23:05:13 ID:yrgz/2tv
>>89
楽と言うか、長江を下って漂流すると自然に流れ着く
流れ着く先は
済州島、朝鮮南部、対馬、九州北部のどれか
どれもハズレで能登半島かな

92 :出土地不明:2010/01/18(月) 23:22:30 ID:drHrWPUV
自分にレスして何か嬉しいの?

93 :出土地不明:2010/01/29(金) 05:33:14 ID:QkopPPXh
■■■悪の王者『日教組専従工作員、VANK工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■
↓の低い在日や韓国政府のVANK工作機関員の自己投影

>>T5U3wRbC
>■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■
>@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
>自家発電でもって正義の味方を装う。

↓「朝鮮民族を叩くのはケシカン」のVANKの本音(プ
>(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

戦後、「自称・戦勝国民」意識で嘘の歴史つくりまくってきたが、日本軍広開土王碑文捏造説
のように中国の文献から否定されても現実を受け入れられない自己欺瞞、自己投影

>Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
>Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
>働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

今もって、分子生物学を理解できない朝鮮半島、科学部門ノーベル賞ゼロ個・朝鮮半島非科学文化人。

>それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
>長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
>(バカ、ダマサれ信じ込む)

分子生物学、分子人類学によって、遺伝子の分布が明らかにされ、「何でも韓国起源説」が
否定されてるのに、その現実を受け入れられず必死になって、戦後、「何十年もかけて作り
上げてきた」捏造歴史で自己欺瞞に陥穽している。
こういう論理構造の性格を正当化してるうち、やはり科学部門ではノーベル賞は1個も獲れない。(爆笑

>Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。




94 :出土地不明:2010/01/29(金) 06:12:39 ID:QkopPPXh
スキ、クワが何で、できてるかは関係ない。生活必需品での道具の材料というのはその地方で
産出するものを使うからである。
そもそも、江南地方の紀元前1000年頃の農耕具が石製が主流だったなどという根拠はない。
「三足土器」は縄文末期の遺跡から(紀元前1000年頃には組織的な水稲耕作が始まったていた。)
たくさん出土している。

>石鋤も三足土器も伝わってるはずだもんな(>>54
>当時の長江江南の農耕具の主役だった石鋤が(>>68

日本に水田耕作が伝来したのは紀元前1000年頃とされてるが、その当時の
中国のクワ(鍬)、スキ(鋤)が主流が石製だったなんて、証明されてない。
↓クワ、スキが石製なんていうのは、石器時代5000年前以上の前の話であって、
日本に水稲耕作が伝わった時代の話じゃない。
そもそも「何故、水稲か」は、泥状であれば耕作が石器でなくてもよいから、という
面もあるのだ。

>当時の長江江南の農耕具の主役だった石鋤が

↓嘘だらけ

74 :出土地不明:2009/10/23(金) 21:50:31 ID:kUuq7Oal
>>73
だーかーらー、その以前から食ってる縄文稲作の稲が最初に持ち込まれたとき、
長江江南稲作は水田稲作だし石鋤耕作だし鼎か釜炊飯だろうがヴォケ!
何で最初の縄文稲作に長江江南の水田稲作も石鋤も釜・鼎も伝わっていない?
日本には長江江南稲作が伝わっていない。
日本には長江江南稲作なんか全くさらさら伝わっていない。


95 :出土地不明:2010/01/29(金) 06:19:12 ID:QkopPPXh
縄文時代末期以前の稲作は、焼畑農業、陸稲だからそもそも石器で耕すという作業が
ほとんど不要だったろう。
焼畑農業で陸稲の場合は、畑に木の棒で直線的に溝をつけて種を撒いて、その後から
土をかぶせていくだけだったと思われる。


96 :出土地不明:2010/01/29(金) 06:21:22 ID:QkopPPXh
石製のような硬い材質の農耕具が必要なのは、陸稲で、焼畑でない場合の話だ。


97 :出土地不明:2010/02/13(土) 13:34:29 ID:yTnCxaQy
>>91
九州南部、九州東岸、四国、紀伊半島、東海地方だって十分にありうる。


98 :出土地不明:2010/02/18(木) 00:20:33 ID:k7hxHmmq
幅が1000kmもある黒潮が流れてんだろ。頭の中でw

99 :出土地不明:2010/03/14(日) 12:09:18 ID:o56olkF8
日本列島両岸では黒潮の幅は1000KMになるよ。
九州西域の対馬海流から紀伊半島沖まで含めれば楽になる。


100 :出土地不明:2010/03/14(日) 12:15:50 ID:o56olkF8
清州島ー八丈島間で約1000KM超



101 :出土地不明:2010/03/14(日) 12:18:12 ID:o56olkF8
こいつこそ「頭の中」だけ


ID:k7hxHmmq =黒潮流域の幅は1000KMもあるはずない


102 :訂正:2010/03/14(日) 12:22:08 ID:o56olkF8
清州島ー八丈島間で約1000KM超

済州島ー八丈島間で約1000KM超


103 :出土地不明:2010/05/30(日) 07:32:23 ID:StQ2cpQa
 おもしろい やりとりだ。

104 :出土地不明:2010/06/01(火) 23:52:07 ID:9awjYBNS
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

105 :出土地不明:2010/07/01(木) 15:54:19 ID:Jtbz+rIF
黒潮の幅は、日本近海では100km程度で、最大流速は最大で4ノット(約7.4km/h)にもなる。また、600-700mの深さでも1-2ノットになることも珍しくない。
正確な流量の見積もりは困難であるが、概算で一秒間に2,000万-5,000万立方メートルの海水を運ぶとされている。
表層(200m以浅)の海水温は夏季で30℃近く、冬季でも20℃近くになることがある。高塩分であり冬季には34.8‰に達する(夏季は34‰以下)。
溶存酸素量は5ml/l前後であり、栄養塩濃度は親潮系水に比べて1桁も少ない。



37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)