5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本人どこから来たんだ?8

1 :XYZ ◆PH4Mje0jPU :2009/09/12(土) 19:04:58 ID:0Ydw5Qe1
日本人どこから来たんだ?7
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1248834365/

立ててみました^^;

2 :XYZ ◆PH4Mje0jPU :2009/09/12(土) 19:10:25 ID:0Ydw5Qe1
すみません、慣れない事をしたのでしくじりました。
↑の題目は「9」で、その下のアンカーは「8」のものです。

本当にすみません。。

3 :出土地不明:2009/09/12(土) 19:13:05 ID:IkAG5J+v

XYZ◆PH4Mje0jPU

524:XYZ◆PH4Mje0jPU :2009/08/22(土) 23:29:03 ID:x2XbPBBR
>>496>>503
へ〜台湾の人ですか。
そのあなたの記述が嘘でないのなら、やはりあの京都人さんの言うとおり
あなたのような台湾人(系)の人がここで書き込んだりしているのですね…。
それにしてもあなたが書き込んでいる内容は軽薄なものが多そうですね。
理詰めの白馬さんに、感情で暴発し、何かと揚げ足を取りたくて仕方がない、
カマッテちゃんの御子チャマにしか、傍から見ると見えませんよ…。
白馬さんに比べれば、知識の幅も狭いようですし、何かと朝鮮ネタでブーブー言いたがる、
日本人の典型のような人ですね…。あなた、本当に台湾の人ですか??
もしかして今までの、やたらと南方ネタに拘る書き込みも、あなたの仕業ですか?
以前に西蔵も日本も上座部(南伝)仏教の系統だ、などと虚言を述べていた人が
いましたが、おそらくあなたも差別心や先入観を捨て、もっと幅広く様々な事を
(民族性や人間性も含め)勉強したほうがよいでしょう…。

4 :XYZ ◆PH4Mje0jPU :2009/09/12(土) 19:15:05 ID:0Ydw5Qe1
これがしたかっただけです。

>>877
× 箇所とある
○ 箇所となる

× 死が予想される可能性
○ 死が予想される危険性

5 :XYZ ◆PH4Mje0jPU :2009/09/12(土) 19:25:02 ID:0Ydw5Qe1
>>3
何が言いたいのでしょうか?
まさかわたし日本人ではないのではないかなど、その手の話ですか?
いい加減に、憶測で嘘はいけませんよ。
わたしは朝鮮も支那も台湾も日本もどこの国も好きですからね^^
しかし嫌いな土地はありませんが、住人の傾向・個人の人間性の
部分部分にはそれなりに思うところはあります。
真っ当でしょう?^^


6 :XYZ ◆PH4Mje0jPU :2009/09/12(土) 19:29:11 ID:0Ydw5Qe1
連投で水を差してしまったでしょうから、これまでにしておきます。

皆さん穏やかにお願いしますね!^^

7 :出土地不明:2009/09/12(土) 20:54:10 ID:lDEfXaVZ
XYZよお前がとんでもない馬鹿なのは分かったから、二度と出てくるな。
白馬と二人だけで楽しむ掲示板でも作ってくれ。

8 :出土地不明:2009/09/12(土) 22:04:30 ID:dvTlWG5C
>>877
石器から考えるとむしろ日本から琉球経由で南洋に広がったと考えられる
ものが多い。

やはり北上したと考えられる石器はほとんど無いの。

大陸が日本と繋がっていた時代だった35000年くらい前に最初に日本列島に
流入してきた人類集団も当時の華北方面に見られるナイフ形石器を
特徴としていて南方の集団とは考えられないため、彼らの経路もやはり、


アフリカ→中東→中央アジア→ゴビ砂漠南部・華北→日本列島


と考えるべきだろう。

9 :出土地不明:2009/09/12(土) 22:36:12 ID:jxHcWngO
一応参考までに。
『アジア大陸の東端に位置する日本列島は、約1万1000年以前の更新世の時期(旧石器時代)に
大陸や台湾と何回か「陸橋」でつながったことがある。旧石器人はこの「陸橋」を歩いて、あるいは
海峡が開いていた時期には筏や丸木舟などで移住してきたと考えられる』

『琉球列島の旧石器文化を理解する上で、台湾の先陶文化(先土器時代)は重要である。
現在知られている、台湾最古の遺跡は太平洋岸に面した八仙洞遺跡群である。約1万5000年
〜5000年前の礫器と不定形剥片石器類が発見され、「長濱文化」と呼ばれている。長濱文化の
石器の特徴から、沖縄や香港(東湾下層石器群=旧石器)、ベトナム(ソンヴイー文化=旧石器)
との関連が深いと指摘されている。』
以上、上村俊雄氏の「琉球列島の歴史と文化」より一部抜粋

既出かな?
山下町洞人は「新人」 日本国内で最古
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-24469-storytopic-1.html

これは、前スレ既出だが一応貼ります。
"海上の道の始まり"http://ao.jpn.org/kuroshio/kaijo.htm
「種子島の立切、横峯B遺跡(約3万年前)、東京の西之台B、中山谷遺跡(約3万5千年前)で出土した
礫器、大型幅広剥片石器、錐状石器、クサビ形石器、磨石、敲石などの「重量石器」を特徴としている。
同様な旧石器群は、ベトナム、香港、台湾島などにも分布が認められている。 』

10 :XYZ ◆PH4Mje0jPU :2009/09/12(土) 22:45:49 ID:0Ydw5Qe1
>>7
何を根拠にそのような悪口を?
ポリニーシャンの話でしたら、ちゃんとした研究も行われているようですよ。
大口は痛い目に遭いますから気をつけて下さいね。

>>8
はい。それが弥生時代より前に来た人々に関する一般的な見解でしょうね。
しかしながら面白い点が、この板にもこの話ばかりを頻繁に持ち出す人達の言う
遺伝子研究の1つであるY染色体等一部の研究に関しては、南方との関わりを
示唆しているようなのですよね…。なぜなのでしょうかね。
弥生以降の人々(より正確には稲作民の渡来以降と言ったほうがよいでしょうか)
ですと南からの証拠はほとんど無くなるのですがね。

11 :出土地不明:2009/09/12(土) 23:14:12 ID:dvTlWG5C
解釈一つでどうとで創作できるYサギなんか最初から眼中にないっての。

Yサギ師連中は他の遺伝学や文物との整合性を絶対に取ろうとはしない。

サギが簡単に崩れるからである。

12 :出土地不明:2009/09/12(土) 23:29:09 ID:dvTlWG5C
稲作民の渡来なんか無いな。

九州北部に渡来してから稲作を初めて開始した集団なんだからw

13 :出土地不明:2009/09/12(土) 23:32:35 ID:dvTlWG5C
>>9
ぜんぜん参考にならんよ。

南方のものよりも日本のものの方が古いんだから。

14 :出土地不明:2009/09/12(土) 23:34:08 ID:fhAGXrKe
>>9 沖縄も今の日本列島くらいのサイズだったから海底に縄文遺跡があるんだろうな。


15 :出土地不明:2009/09/12(土) 23:39:22 ID:jxHcWngO
>>13
ソースは?

16 :XYZ ◆PH4Mje0jPU :2009/09/13(日) 00:09:50 ID:umSOJblP
>>12
>10の語弊には容赦を。
「稲作民」はあくまで稲作を伝えた人々のことで…。

17 :出土地不明:2009/09/13(日) 00:20:21 ID:snUAhDiv
「鳥居」の登場は8C。


鳥居の起源については諸説あるが、確かなことは分かっていない。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸から引きずり出す
ために鳴かせた「常世の長鳴鳥」(鶏)に因み、神前に鶏の止まり木を
置いたことが起源であるとする説、インドの仏教やヒンズー教に
みられるトラナや中国の華表など海外に起源を求める説などがある。
いずれにせよ、8世紀ごろに現在の形が確立している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B1%85

8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している

18 :出土地不明:2009/09/13(日) 00:56:05 ID:DGCwgNLt
>理詰めの白馬さんに、感情で暴発し、何かと揚げ足を取りたくて仕方がない、
>カマッテちゃんの御子チャマにしか、傍から見ると見えませんよ…。
>白馬さんに比べれば、知識の幅も狭いようですし、

白馬さんよかったね!崇められてるYO!

19 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/13(日) 01:01:46 ID:UDQUdXAp
>>1
スレ立てありがとうございます。
前回、米主食が戦後云うて、毎度根拠ものう罵倒する連中がおった
のう。
http://www.uonumanouka.com/unchiku-16.htm
http://musubu.sblo.jp/article/15655772.html
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C111252006/E20050813091054/index.html
上の方は、米どころの北陸の新潟でも、「お米が日本人の主食と
なったのは、第2次世界大戦以降で、歴史としてはぜんぜん短い
のです。」
真ん中は、日本の農村で「麦は身近だし食生活でも麦は欠かせな
かった。」「麦は高度成長時代、池田首相(広島県人)が「貧乏人は
麦を食え」と云ったがその時から米の生産は増大して米余りに
なっていった。」もっとも江戸時代から都市部は庶民まで白米を
喰うたけぇ脚気、「江戸患い」になった。
下の方は、池田首相の言がマスコミの造語であったことが、
出ておるが、「戦前多くの陸軍兵士が白米の食べ過ぎで脚気に
なって死んでしまったことを見れば明らか。ムギの方がよほど
よい。」
まあ、日清、日露は脚気で死んだ兵士も多いが、日華事変は
中国人からの徴発(掠奪)で、豚肉を喰うてビタミンB1を
確保出来たけぇ脚気は少なかった。じゃが南方戦で地元住民から
掠奪出来ん場合は脚気が多発した。
白米は文明堕落食じゃし、麦や芋を主食にした方が健全じゃ。
わしが幼少期にも、米を食い過ぎると頭が馬鹿になるし
肉体が弱ァなる。と云われたもんじゃ。

20 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/13(日) 01:22:59 ID:UDQUdXAp
 前スレで、夫餘が南ツングースじゃない云う電波飛ばしとった
もんがおったが、夫餘は、モンゴル要素の強い南ツングースじゃ
ろうに。鮮卑や契丹は南ツングース要素の強い、モンゴル系に
なろう。トルコ・モンゴル・南北ツングースの明確に分かれる
地理区分は無いど。清朝を築いた南ツングース系のどこが
負け続けなんかのう?
ほいで、Y染色体カルトに至っては、スペンサー・ウエルズ氏が
アダムに行き着く根拠も提示しとらんのに、吠えよるのう。
縄文系は奴隷として兵隊にされたんが、軍事力があるじゃの
妄想しとるもんもおるし。オスマン・トルコが東欧を侵攻支配して、
東欧の少年に軍事教育したんを、東欧の軍事力はオスマン・トルコ
より上じゃった云う電波になるんと同じことじゃに。
歴史知識の無い低脳連中の妄想に答えるわしも、初歩から
説明せにゃあいけんようになるけぇのう。困ったもんじゃ。

21 :出土地不明:2009/09/13(日) 01:40:10 ID:BzodVZ1U
D系統分析からのシナリオ

D系統はYAP型(YAPハプロタイプ)ともいわれ、アジア人種よりも地中海沿岸や
中東に広く分布するE系統の仲間であり、Y遺伝子の中でも非常に古い系統である。
東アジアの地域全体にはアジア系O系統が広く分布し、島国の日本や山岳の
チベットにのみD系統が残ったと崎谷のシナリオでは考えられる。


22 :出土地不明:2009/09/13(日) 01:42:25 ID:BzodVZ1U
アリゾナ大学のマイケル・F・ハマー(Michael F. Hammer)のY染色体 分析でも
YAPハプロタイプ(D系統)が扱われ、同じく日本人に固有に見られるタイプで
朝鮮半島や中国人にはほとんど見られず、それゆえこの YAPハプロタイプ
(D系統)の集団はいわゆる「縄文人」と考えられたが、さらにハマーは
チベット人も沖縄人同様50%の頻度でこのYAPハプロタイプを持っていることを
根拠に、縄文人の祖先は約五万年前に中央アジアにいた集団が東進を続けた結果、
約三万年前に北方ルートで北海道に到着したとするシナリオを提出した。

23 :出土地不明:2009/09/13(日) 01:44:04 ID:BzodVZ1U
つまり日本人と他のアジア人とは遺伝的類縁性を持ち[39]、父系を示す Y染色体 を
共通して所持する集団がアジア大陸から 日本列島へと移動していき、列島において
母系集団を形成することを長期にわたって継続し、縄文時代において混交を繰り返した
とする。

24 :出土地不明:2009/09/13(日) 01:46:13 ID:BzodVZ1U
崎谷満に対する説明

以下、前掲崎谷の分析に依拠して説明する。最初に日本列島に到達し、後期旧石器時代を
担ったのはシベリアの狩猟民であるC3系統である(2-3万年前)。バイカル湖周辺から
アムール川流域およびサハリンを経由して、最終氷期の海面低下により地続きとなっていた
北海道に達した。また、一部はさらに南下し、北部九州に達した。細石刃石器を用い、
ナウマンゾウを狩っていたと考えられる。



25 :出土地不明:2009/09/13(日) 01:47:35 ID:BzodVZ1U
その後、一万数千年前に、大陸からD2系統が入ってきた。これが縄文人である。D2は日本だけで
見られる系統であり、アイヌ88%、沖縄県56%、本州42-56%で、朝鮮半島では0%である。近縁の
D1,D3がチベットで見られる。D系統は華北で東西に分かれ、東がD2、西がD1,D3になったと考えられる。



26 :出土地不明:2009/09/13(日) 01:49:09 ID:BzodVZ1U
同じころ、経路は不明であるが、インドに起源を持つC1系統が南方から入ってきた。
貝文土器を用い、縄文人とは異なる文化を南九州に築いた。

O1系統は台湾が起源であり、オーストロネシア語族との関連が想定されている。
台湾と近いにも関わらず、日本列島ではO1はごく少数に過ぎない。



27 :出土地不明:2009/09/13(日) 01:51:01 ID:BzodVZ1U
O2a/O2b系統は長江文明の担い手だと考えられている。O2b系統が移動を開始したのは2800年前である。
長江文明の衰退に伴い、O2aおよび一部のO2bは南下し、百越と呼ばれた。残りのO2bは北上し、
山東省、朝鮮半島、日本列島に達したと考えられる[41]。長江文明の稲作を持ち込んだと考えられる。



28 :出土地不明:2009/09/13(日) 01:52:32 ID:BzodVZ1U
O3系統は黄河中上流を起源とし、漢民族に典型的に見られる他、周辺の諸民族にも広く見られる。
歴史的にO3は一貫して拡大しており、このためにD系統およびO2系統が駆逐されたと考えられる。



29 :出土地不明:2009/09/13(日) 01:54:04 ID:BzodVZ1U
日本列島の特異な点は、D2やO2bなど、大陸で敗者となった集団、または新しい地を求めて移動して来た
集団が、絶滅せずに混じり合って存在していることである。その他にもC1,O1,O3など多様な遺伝子集団
を吸収し、保持し続けている。



30 :出土地不明:2009/09/13(日) 01:55:52 ID:BzodVZ1U
一方、ミトコンドリアのハプログループに注目すると、日本には世界で(主に)日本人にしか見られないM7aという
グループがある[43]。これは台湾付近で発生したと考えられ、沖縄・アイヌに多く本州で少ないという特徴的な
分布をしている(Mグループについて、M7aは台湾沖縄から朝鮮半島中国北東部への北上。M7b,cは南方及び中国沿岸へ。



31 :出土地不明:2009/09/13(日) 02:04:14 ID:jysPG1Ik
崎谷満www

32 :出土地不明:2009/09/13(日) 06:09:22 ID:A423+3s6
>>30
またまた白馬やXYZからの反論を煽るような書き込みですね。

33 :出土地不明:2009/09/13(日) 07:55:15 ID:P3udHYxB
埋めるぞ、有志の諸君は、モレに続いてくれ
━ 白馬青牛の特徴 ━

━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
A 脳内ソースを持ち出し.    ┃B 得意技は悪魔の証明
  根拠の無いことをわめく   ┃   「ほうじゃ無かった根拠を提示せえや」
  ∧_∧.....               ┃    │     |   │彡
 <#`Д´>O  Y染色体は    ┃    │   .i|○ │彡<「ないことの証明」をしろ
Oー、 //|  父系遺伝しない! ┃    │     |   │    
ビリビリ\ (;;V;;)/             ┃    │     └― ┘ 
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
C なぜか右翼の話しをする  i.┃D 理屈で反論できなくなると
   从_从人_从_从人_       ┃  レッテル貼りか人格攻撃
从从ゞ ウヨの妄言ウザい !/,   ┃     ∧_∧ <分子生物学者は全員ナチス
ウヨクタバレ∧__∧  从_从人__....  ┃     <♯`Д┌―――┐
⌒WWY´<#`Д´>ナチスダマレ! ┃     /    . | i ̄ ̄i |
 从_从( |   | )⌒WW⌒⌒Y..┃    jm==== | i :: i |
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
E ムキになって駄文荒らし   .┃F 事実に対して都合のいい仮定を持ち出す
     ((((( ))))))         ┃ +   ∧_∧   .. ' ,:'.
       | |           .┃  ,:'.<  `∀´>   ,:'     
       ∧__∧    从_从人__....┃+ , ..⊂    つ     +  
   ∩<#`Д´>'') フザケヤガッテ┃  ' ,:'ノ  つ ノ    +  。  , .. .    + 
   ヾ      ノ  WW⌒⌒Y ┃      レ レ  〜 幸せ回路作動中 〜
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━


34 :出土地不明:2009/09/13(日) 16:16:27 ID:12rIRP/Y
「断髪」を倭人がしていたなんて魏志倭人伝には書かれていない。
倭人の男子は皆、髪を結って露わにし、木綿を頭に巻いていたと書かれている。




男子皆露? 以木緜招頭

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
http://boat.zero.ad.jp/~zaw10107/1/yayoi_2.htm
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm





35 :出土地不明:2009/09/13(日) 18:55:41 ID:7w77r4P+
ところで被髪ってどういう意味?

36 :出土地不明:2009/09/13(日) 20:17:06 ID:hzy81yRQ
XYZのような愚か者でも長生きできますように。

37 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/13(日) 23:49:43 ID:UDQUdXAp
>>35
被髪とは、束ねず長く伸ばした長髪のこと。
北方民族の室韋もこの髪型をした部族もあった。

38 :出土地不明:2009/09/14(月) 00:36:18 ID:CF2auMc2
>倭人の男子は皆、髪を結って露わにし、木綿を頭に巻いていた



これ、アイヌみたいな頭だろ?

http://sankei.jp.msn.com/photos/life/trend/080724/trd0807242108013-p2.jpg

39 :出土地不明:2009/09/14(月) 06:06:50 ID:bor8cHEl
古代日本人って、アイヌの先祖のことだもんな。

40 :LUNAMASK:2009/09/14(月) 08:44:48 ID:QNVU7a6o
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O2_%28Y-DNA%29
このWikiが語る東日本弥生人の起源↓
1)最初に、既にGreater (拡大) Manchuria領域[イェニセイ・アムール河沿流域]内に
居住していた、乃至は、少なくとも既に特定の"proto-Tungus-Korean"民族に所属して
いた、一人の男性の先祖型O2*染色体において、 O2b Y染色体遺伝子系列を決定するM176突然変異が起こる。
2)proto-Korean民族がGreater Manchuria領域の他の民族から分岐した後[松嫩・長白
山地域]、しばらくして、一人のproto-Korean男性においてHaplogroup O2b1*を決定する
P49突然変異が起こる。
3) 一つのproto-Koreanの地域的下位集団が文化的に或いは身体的に他の集団を抜
んじ、そのproto-Korean同胞集団[松嫩・長白山地域]を離脱して外部[沿海州
Yankovskaya貝塚文化人]に移住する。 Greater proto-Korean民族[松嫩・長白山地域
→沃沮]からの離脱終了後、既にproto-Japanese民族となったもの[沿海州
Yankovskaya貝塚文化人]の1名の男性においてHaplogroup O2b1aを決定する47z突然
変異が起き、この人が多くの子孫を残し、Proto-Japanese民族中のO2b1a系統に頻度
を高める。
この非常に特殊であるHaplogroup O2b1a系統は現代日本人のHaplogroup O系統の
約42.5%、全Y染色体遺伝子の約22.0%を占めるが、これはおそらく日本民族の歴史に
おいて特定の緊密に張り巡らされた関係を持つ氏族が極端に大きな覇権を握ったことを
反映するものであろう。[これが四隅突出型墳丘墓文化とともに日本海沿岸を北上した
安曇海人族・源氏系の先祖]

41 :LUNAMASK:2009/09/14(月) 08:58:28 ID:QNVU7a6o
これが記紀神話では出雲族・地祇として登場する民族。これは江原道から慶尚北道に
入るもので、他方松嫩から遼東、楽浪に入ったのが
Haplogroup O2b-M176
Found frequently among Koreans, with a moderate distribution among Buryats,
Daurs, Chinese Evenks, Beijing Hans, Hezhe, Indonesians, Japanese, Manchus, Micronesians, Ryukyuans, Sibe, Thais, and Vietnamese.
↑これであろう。

42 :LUNAMASK:2009/09/14(月) 09:04:58 ID:QNVU7a6o
↑大洋州・東南アジアにも見られることは台湾・沖縄を含む長江下流域から南北に
拡大したことが想定できる。

43 :LUNAMASK:2009/09/14(月) 09:45:58 ID:QNVU7a6o
出雲田和山遺跡では楽浪の文物が出土しているが、これは既に江原道春川・中道
文化の調査において楽浪からの文物の移入が認められており、その延長線上と
みてもいいと思う。春川・中道においては燕から入った鋳鉄技術が半島全域に拡大
したことが確認されたが、同時に(鍛鉄技術のある)ポリツェ鉄器の輸入も認められて
いる。

44 :LUNAMASK:2009/09/14(月) 10:03:43 ID:QNVU7a6o
>>40
これは一つの仮説であるが、ほかにも、「釜山広域市影島区(ヨンドグ)にある東三洞
(トンサンドン)貝塚からも、B.C.5000〜B.C.1,000年前頃の、縄文人が日本列島から齎
す縄文土器や、交易品であった九州産の黒曜石製石鏃、鋸歯鏃、2枚貝製腕輪等が数
多く出土しています。釜山市から閑麗水道(ハンリョスド)にかけての多島海域では、古代
より倭人その他の民族にとらわれない往来と雑居があったのです。」「車山高原レア・
メモリーが語る古代朝鮮」という情報がある。すなわち縄文人の大陸進出仮説であるが、
Yankovskaya貝塚文化をこうした縄文人の黒曜石交易集団の進出と考えるとこれを
裏付けるように鶯歌嶺文化における黒曜石の出土がある。

45 :LUNAMASK:2009/09/14(月) 10:36:38 ID:QNVU7a6o
この沿海州のYankovskaya文化は山海経の倭、檀石槐に拉致される倭によく当て
はまる。後漢書では楽浪海中にも倭があるようでこれは日本に向け帰国中の
段階か。

46 :LUNAMASK:2009/09/14(月) 10:48:47 ID:QNVU7a6o
われわれの先祖はこの辺にいたのだがシベリア、沿海州にまで進出し、今は舞鶴に
引き揚げてきたのだ、よろしく、等といってもそうは問屋が卸してくれない。既に日本は
農業時代に入っていた。であるから渡来人として大国主命はラブソングで姫を攻略した
ように新しい四隅突出型墳丘墓建設とか鉄器とかでじわじわと新時代に適応して
行かざるを得なかったのであろう。

47 :出土地不明:2009/09/14(月) 11:20:59 ID:ZFNNH4eA
俺スレ立て規制されてるから下の内容で新スレ誰か立ててくれ

スレ名--------------------
日本人どこから来たんだ?9【初心者Z・牛詭弁注意】
1内容---------------------
日本列島人の起源について考えるスレです。


飛躍した論法や誤りである論理展開を駆使して特定の地域を崇拝する人が散見されますが、
XYZ ◆PH4Mje0jPU
 と 
白馬青牛
この二人はコテハン(名前)を使っているので分かりやすい例です。

また、台湾、南方を非難するコピペが散見されます点注意して下さい。



過去URL:

日本人どこから来たんだ?8
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1248834365/
日本人どこから来たんだ?7
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1244083090/
日本人どこから来たんだ?6
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1237219924/
日本人どこから来たんだ?5
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1225715306/
日本人どこから来たんだ?4
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1217864779/
日本人どこから来たんだ?3
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1209009011/

日本人どこから来たんだ?2
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1189633821/
日本人どこから来たんだ?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1165607012/



48 :出土地不明:2009/09/14(月) 19:27:45 ID:DH7XGNZ4
むかーしむかし、長江の河口域あたりの江蘇省から3000年前、渡来系弥生人が
九州北部に渡来して水田稲作を伝えました。

ところが、なぜかこの最古の水田遺構を残した長江の渡来人、何を血迷ったのか、
自らの故郷の石鋤などの石製農耕具を伝えず、長江に無いはずのクワを農耕具として
伝えてしまったんです。しかも木製の。

最後の最後まで当時の江南の農耕具の主役だった石鋤を一切伝えてくれなかったんです。

おまけに、この水田稲作を伝えてくれた長江の渡来人、何をとち狂ったのか、
故郷の江南系中国土器を伝えず、わざわざ遠く離れた北方の沿海州系の土器を
最古の水田遺構に伝えてしまいましたとさ。


おしまい(爆


49 :出土地不明:2009/09/14(月) 23:33:47 ID:Jt+rbZhr
========================軽すぎ======================
【裁判】法定より軽い判決「20歳、更生期待」強盗致傷懲役5年 さいたま地裁
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1252714271/
↑被害者はあごを骨折

========================重すぎ======================
【裁判】裁判員裁判:強盗強姦罪で求刑通り懲役15年・・・青森地裁[09/04]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1252059513/
↑被害者は無傷。「心の傷」(爆笑)を負っただけ
教え子強姦46件、強姦未遂11件、強制わいせつ13件…鬼畜元小学校教諭に懲役30年…広島地裁
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1252917587/
↑被害者は無傷。「処女」(爆笑)を失っただけ


無傷の青森の強姦が懲役15年、小学生の処女食いが懲役30年なのに、
あごの骨を砕いた強盗が5年かよ(W

「女のマンコが処女であること」は「人間が重傷しないこと」より重いということか?
エロ立法者、これを利用して付け上がる女ども。

男性差別でもうめちゃくちゃだな。

50 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/14(月) 23:36:58 ID:oSBcA13y
>>46
古代に列島から海外進出なんか電波ですよ。
>>47
詭弁なんか、わしの反論者のYカルト連中のことじゃないか。
ほいで、台湾、南方を非難したことなんか無いでぇ。

51 :出土地不明:2009/09/14(月) 23:37:14 ID:A0GhmPsA
「糸引き納豆」の登場は室町時代頃、「なれずし」は7C頃に朝鮮経由で伝わる。


平安時代の文献にも塩辛納豆の名は残っているが、一般に広まったのは
室町時代以降でこの頃から糸引き納豆も登場しており区別するために
塩辛納豆を久喜と呼び糸引き納豆を単に納豆と呼ぶようになった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%8D%E8%B1%86

日本最古のすしといわれる「鮒ずし」は、7世紀、近江大津宮に天智天皇が
遷都した以前からこの地にあったといいます。フナずしは、すしといっても
現在の握りずしとは違い、すしの原型といわれる「なれずし」の一種です。
なれずしは、米作民族が考え出した動物性タンパク質の原始的な保存法で、
そのルーツは東南アジアとされ、中国、朝鮮をへて日本へも伝えられました。
http://asamiya.sakura.ne.jp/gotouti/siga/siga.html

52 :出土地不明:2009/09/14(月) 23:55:31 ID:D5c5sDe9
すしは、稲作(いなさく)と同じように、中国南部から九州を通って日本に入ってきたと考えられています。
奈良時代の文書にすしのことが書いてあるので、その頃(ころ)にはすしが食べられていたことがわかります。
早ければ縄文(じょうもん)時代の終わり頃に、すしは日本に入ってきていたのかもしれません。

韓国で「なれずし」が文献(ぶんけん)に登場するのは、1200年代になってからです。
http://www.kodomo-silkroad.net/denpa/food/sushi.html

53 :出土地不明:2009/09/15(火) 00:27:59 ID:T7/DeYRS
>>50
だからY染色体は男系遺伝しないと言ってる学者を言えやボケ。
逃げ回るなクズ。

54 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/15(火) 00:34:31 ID:IG0SrZIx
>>53
毎度同じ言の繰り返しじゃのう。米を主食にしたんは戦後のソース
出せ云うたけぇ出したが、そっちの突っ込みは無いんか?
米喰いの軟弱貧弱脚気君よ。

55 :XYZ ◆PH4Mje0jPU :2009/09/15(火) 00:38:02 ID:uEtBxYlv
>>47
あなたはつまらない事ばかりに熱中しているからですよ。ね、奈良県人さん!
あなたの思考は典型的な日本の若者ですからね。
人類学板のオーストゥルァロイドゥのスレでも拗ねてばかりいましたからね。
あなたは知識欲は強いようですが、どうかよく居がちな頭でっかちな人にならないで下さいね。
以前からあなたが頑張っていたのは十分承知していましたよ。
ほら、以前のように堂々とコテ張ったらどうですか?(笑)

あと室伏マニアさんもよく入り浸っているのは知っていますよ^^
皆さん本当に典型的な若者ですよね。この点、右傾化傾向のお隣の国と
そっくりですよ(笑)。ま、京都人さんも含め、滑稽で且つまた可哀想なものです。
近畿出身の人に対して先入観を持ちそうになるくらいですよ、あなた達は、もうっ!
それと白馬さんや月光仮面さん(今は名前は違っているようですが^^;)との
こういった点での違いも、やはり世代なのでしょうかね…。

日本人は自分とは異なった立場の人間がいますとすぐ喧嘩腰になってしまうのが
本当に情けないですよ。自分も日本人ですが、幼い人の多い事多い事…。
何を目的に生きているのでしょうかね…。空しいですよ、あなた達。
SNSで名無しで臆病な人間が多いのも日本人の特徴なのですよ。陰険ムッツリでね。

ほら、囚われを失くし、ありのままを観てみましょうよ。
本来の楽しい学問をしましょうよ^^

そのような殺伐とした目をしていますと、小さい子に笑われますよ!!

追)京都人さん、またごめんなさいねこのような書き込みをしてしまって…^^;
わたしもまた勉強・修行に励みますので、しばらくいなくなります。
あなたのように博識になり、色々と議論や考察を楽しめるように頑張ります。
白馬さんも、あまり「目には目を」で行かないで下さい。^^確かにあなたには
周りの人達の言うように少し視点がずれている事もありますので、その点は
冷静に顧みる事も大切ですよ。
あと関東に偏見はなくしてくださいね。 誤解があるようですから^^;

56 :XYZ ◆PH4Mje0jPU :2009/09/15(火) 00:44:50 ID:uEtBxYlv
あ、2ちゃんはSNSとは呼ばないかな?
ま、広い意味でのSNということで…^^;

57 :出土地不明:2009/09/15(火) 01:08:44 ID:QGaC+bon
>>55
遺伝学は文物の婢なり。

文物は太陽、遺伝学は月。

渡来人を知る上で、生活に密着した文物以上の証拠などこの世に存在しない。

遺伝子は環境変化もすれば経年変化もする。

しかし渡来人が伝えた文物だけは何もかも当時のまんま。

文物に強くなれ。XYZ。



58 :出土地不明:2009/09/15(火) 06:19:03 ID:zIu0JAER
145 名前:マンセー名無しさん[] 投稿日:2009/08/01(土) 16:36:56 ID:+cvbKoqW
>>135
wikiを絶対的根拠にするな。単なる諸説の紹介に過ぎない。
お前はそこから自分に都合良く取り出して曲解してることを自覚できていない。諸説のソースを辿り検証して語れ。

154 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/01(土) 16:40:48 ID:rQoAuwO2

大学や遺伝子研究所にある最新のデータはネットで簡単には入らない。
そもそもwikiデータで考古学ファンと話をしたら「お前は馬鹿か?」と言われるよw

考古学の最新論文が載ってる本を買うか大学でビジターで学ぶしかない。
wikiの時代遅れのデータを元に語ってる時点でアウトなんだがw


165 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/01(土) 16:46:10 ID:rQoAuwO2

wikiが捏造されたんではなく古い資料を元に書かれたままだけなこと。
最新データで更新されていないだけ。
ちなみに研究論文や大学卒論にwikiデータを載せた時点でその論文は廃棄処分だよ。

それほど研究の場ではwikiは信用されていない。

59 :出土地不明:2009/09/15(火) 06:20:05 ID:zIu0JAER
300 名前:マンセー名無しさん[] 投稿日:2009/08/01(土) 18:21:56 ID:rQoAuwO2

>>291
最新データを元に研究を更新。これが世界的に常識だが。
それが今まで出来なかったのが韓国。それを最近改めはじめてる。

wikiデータで弥生が逆転していたのは全国調査をしていなかった為。
また県北、県南でわけて居なかったため。
最新データは全国調査して全県、県北、県南の調査をした為。
これは現代日本人のDNAの調査。

以前のデータはたまたま弥生が多かった地域を調査していただけ。
今は全国平均で縄文が多いことがわかった。


311 名前:マンセー名無しさん[] 投稿日:2009/08/01(土) 18:34:01 ID:rQoAuwO2

>>307
最新調査は48都道府県で実地。さらに県北、県南で調査だから全国で96地域で調査。

wikiデータは30地域程度。


120 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/01(土) 16:26:16 ID:rQoAuwO2

日本人が弥生系民族とするなら弥生系遺伝子が51%を越えないとそう言えない。
現実には40%以下で後の60%は縄文+その他。
この縄文+その他は渡来人が来る以前の縄文期の日本人の血統なので
古日本人の血統は相変わらず60%強
現代人に残ってるわけ。

これが現代日本の大学で教えられてること。

60 :出土地不明:2009/09/15(火) 08:34:41 ID:T7/DeYRS
>>54
何言ってるんだ、とうとう狂ったか。

Y染色体は男系遺伝しないと言ってる学者を言え。
これで45回も逃げたことになってる。

61 :LUNAMASK:2009/09/15(火) 11:02:09 ID:wNj5ofUI
>>50 >>46
O2b1a (47z)の分岐はBP4000年ころ。↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O2b_(Y-DNA)
日本に流入するのが弥生末とすればその間半島・満州以外のどこかで孤立していた
のではとも疑いたくなるが、さもなくばいったん九州に入った後に沿海州に向かうと
いうこともあるかなと。


62 :LUNAMASK:2009/09/15(火) 11:23:17 ID:wNj5ofUI
然し、親となるハプログループO2b1*は4%から7%という比較的低率ではあるものの、
日本人にもあり、この子にあたるハプログループO2b1aは現代朝鮮人には全く存在しな
いか、あるいは、歴史的な日本人からの混入という極端な低率であるということは、ハプ
ログループO2b1*が日本に入ったのははるかに以前のことであり、その子孫から下位
グループO2b1aが生まれ、列島西部の原日本人、琉球人となったことが示唆される。
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O2b_(Y-DNA)

63 :出土地不明:2009/09/15(火) 11:48:58 ID:Ok6yw7Mt
>>50ヤマト王朝があったころは古代ですよね?かの墳墓の基底面積は相当広く、
これだけの大規模な墓を作るには大勢の人間の手を借りねばならず、それほど
大統率ができた勢力なら海外進出はできたかもしれませんよ。この辺はどうなの
でしょうか?ところで話はガラッと変わりますが天武から形成された天皇家は
「エタヒニン」の出だったと思ってます。

64 :LUNAMASK:2009/09/15(火) 12:34:03 ID:wNj5ofUI
>>63
天孫族の有力な一員にエフタルがあり、これが弥生農民・縄文山岳民を強制労働
に駆り立て古墳建設を指揮した。これが民衆の反感と憎しみを買った。エフタルは
コーカソイド系であり、日本からはいなくなったが、彼らが導入しようとしたカースト
制度は生き残り士農工商として続いた。

65 :LUNAMASK:2009/09/15(火) 12:52:15 ID:wNj5ofUI
>>62
これは弥生末の渡来はO2b1*であり、O2b1aではないということになる。

66 :出土地不明:2009/09/15(火) 13:51:27 ID:lz3hmbUa
日本史がいきなり縄文とかから始まるのって教え方としてどうなんだろうね

67 :LUNAMASK:2009/09/15(火) 13:59:26 ID:wNj5ofUI
>>63 天皇家
日本は基本的に遊牧民族スキタイの文化、尚武・サムライの文化。天皇家は武人
社会の頂点とされる。そして、コーカソイド系は全くいなくなっている。するとこの
Y染色体DNAハプログループが意味する朝鮮人の[南北]ニ元的起源
Han-Jun Jin, Kyoung-Don Kwak, Michael F. Hammer, Yutaka Nakahori, Toshikatsu Shinka, Ju-Won Lee, Feng Jin, Xuming Jia, Chris Tyler-Smith and Wook Kim
http://www.springerlink.com/content/b7c224nfknj90ncy/fulltext.html
Table 2 Distribution of Y-chromosomal haplogroup frequencies in east Asian
populations
第2表 東アジア諸国のY染色体ハプログループ頻度分布
ここにう出てくるブリャート・モンゴルに多いC-RPS4Y711、成吉思汗等も明らかに
この系統なので天皇家もこれ以外には考えられない。



68 :出土地不明:2009/09/15(火) 14:41:27 ID:RQF6JsDu
何処からやって来たのやら
    いかつい顔にどんぐり目
    笑えば誰でもなつくけど
    白人どもには幼稚に見える ジョーモンジーン


69 :出土地不明:2009/09/15(火) 15:35:50 ID:BKOjQzJ4
渡来系弥生人と朝鮮人は共通の先祖を持ちながらも、
両者の渡来したルートや時期は大きく異なるということ

現にY染色体研究の権威者のハマー博士は、
この違いについて、渡来系弥生人は中国南部から直接渡来したと説明してますね

70 :出土地不明:2009/09/15(火) 15:42:05 ID:Nt8RYeOW

145 名前:マンセー名無しさん[] 投稿日:2009/08/01(土) 16:36:56 ID:+cvbKoqW
>>135
wikiを絶対的根拠にするな。単なる諸説の紹介に過ぎない。
お前はそこから自分に都合良く取り出して曲解してることを自覚できていない。諸説のソースを辿り検証して語れ。

154 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/01(土) 16:40:48 ID:rQoAuwO2

大学や遺伝子研究所にある最新のデータはネットで簡単には入らない。
そもそもwikiデータで考古学ファンと話をしたら「お前は馬鹿か?」と言われるよw

考古学の最新論文が載ってる本を買うか大学でビジターで学ぶしかない。
wikiの時代遅れのデータを元に語ってる時点でアウトなんだがw


165 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/01(土) 16:46:10 ID:rQoAuwO2

wikiが捏造されたんではなく古い資料を元に書かれたままだけなこと。
最新データで更新されていないだけ。
ちなみに研究論文や大学卒論にwikiデータを載せた時点でその論文は廃棄処分だよ。

それほど研究の場ではwikiは信用されていない。

71 :出土地不明:2009/09/15(火) 15:42:46 ID:Nt8RYeOW
300 名前:マンセー名無しさん[] 投稿日:2009/08/01(土) 18:21:56 ID:rQoAuwO2

>>291
最新データを元に研究を更新。これが世界的に常識だが。
それが今まで出来なかったのが韓国。それを最近改めはじめてる。

wikiデータで弥生が逆転していたのは全国調査をしていなかった為。
また県北、県南でわけて居なかったため。
最新データは全国調査して全県、県北、県南の調査をした為。
これは現代日本人のDNAの調査。

以前のデータはたまたま弥生が多かった地域を調査していただけ。
今は全国平均で縄文が多いことがわかった。


311 名前:マンセー名無しさん[] 投稿日:2009/08/01(土) 18:34:01 ID:rQoAuwO2
>>307
最新調査は48都道府県で実地。さらに県北、県南で調査だから全国で96地域で調査。

wikiデータは30地域程度。


120 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/01(土) 16:26:16 ID:rQoAuwO2

日本人が弥生系民族とするなら弥生系遺伝子が51%を越えないとそう言えない。
現実には40%以下で後の60%は縄文+その他。
この縄文+その他は渡来人が来る以前の縄文期の日本人の血統なので
古日本人の血統は相変わらず60%強
現代人に残ってるわけ。

これが現代日本の大学で教えられてること。

72 :LUNAMASK:2009/09/15(火) 15:44:11 ID:wNj5ofUI
なるほど。O2b1*が半島経由ではなく直接に、おそらくは対馬海峡沿岸の九州北部
に到着したと考えると納得が行きますね。

73 :出土地不明:2009/09/15(火) 15:46:38 ID:Nt8RYeOW

468 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/03(月) 17:53:28 ID:C9KwXmhl
遺伝子学界で半島と日本が兄弟種族でないと認定されてしまったのは
半島固有遺伝子の構成比率と日本固有遺伝子の構成比率があまりにも違いがあった為。
それは世界的に認められた事実でありこれをもって韓国は日本と兄弟種族で
あったという見解を取り下げた。

世界の研究の場での出来事なんだが?

485 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/03(月) 18:04:51 ID:C9KwXmhl
>>471
君は古い資料で半島三割を主張するが現在では半島経由がほとんどなかったのでは?
と言われてるし、縄文後期と弥生初期の半島人は日本の縄文人が日本から渡って行ったのではと
言われているのだが?

528 名前:マンセー名無しさん[] 投稿日:2009/08/03(月) 18:31:24 ID:C9KwXmhl
そもそも君が勘違いしている三割はアジア共通のDNAであって
現在の最新研究ではその三割が半島経由でなかった可能性が極めて高い。

比率が韓国に比べて、台湾、沖縄、南九州が
高いので半島陸路でなく海路で渡ったきたと考えられている。

808 名前:マンセー名無しさん[] 投稿日:2009/07/30(木) 18:32:15 ID:jnlcoseb
韓国考古学界は中華>半島>日本の考え方を
改めて中華=半島=日本という古代文化交流を認識し始めてるというのに、お前はいつまで
全時代の認識に囚われてるんだ?

中華>半島>日本の認識で発掘していたらそうじゃない遺物や遺跡が出てくる一方だから
韓国は認識を改めているのに。

74 :LUNAMASK:2009/09/15(火) 16:19:57 ID:wNj5ofUI
>>65
>これは弥生末の渡来はO2b1*であり、O2b1aではないということになる。
弥生末の渡来は→C-RPS4Y711
つまり↓上記朝鮮人ニ元起源論にこのようにあるものではなかっただろうか。
Beijing-Han (69) 4 (5.8)
Manchurian (44) 10 (22.7)
Japanese (108) 10 (9.3)
Koreans (160) 24 (15.0)
Buryats (51) 19 (37.3)
Khalkhs (49) 21 (42.9)
Yunnan (39) 3 (7.7)
Indonesians (36) 3 (8.3)
Philippines (77) 3 (3.9)
Thais (55) 0
Vietnamese (50) 11 (22.0)


75 :出土地不明:2009/09/15(火) 16:26:32 ID:Ef8gUcju
>>74
毎日毎日平日の昼間からなにしてんの?
誰が書いたかもわからないwikiの情報でしか語れないド素人のニートが

76 :LUNAMASK:2009/09/15(火) 16:30:37 ID:wNj5ofUI
↑あるいはこうしたものであったのかも↓
C-RPS4Y711 O*-M175 O-LINE1

Beijing-Han (69) 4 (5.8) 35 (50.7) 10 (14.5)
Manchurian (44) 10 (22.7) 22 (50.0) 2 (4.5)
Japanese (108) 10 (9.3) 28 (25.9) 2 (1.9)
Koreans (160) 24 (15.0) 68 (42.5) 20 (12.5)
Buryats (51) 19 (37.3) 7 (13.7) 3 (5.9)
Khalkhs (49) 21 (42.9) 10 (20.4) 3 (6.1)


Yunnan (39) 3 (7.7) 19 (48.7) 5 (12.8)
Indonesians (36) 3 (8.3) 10 (27.8) 4 (11.1)
Philippines (77) 3 (3.9) 52 (67.5) 9 (11.7)
Thais (55) 0 15 (27.3) 3 (5.5)
Vietnamese (50) 11 (22.0) 23 (46.0) 2 (4.0)


77 :出土地不明:2009/09/15(火) 16:35:32 ID:j3qFKJCK
2005年岡山県彦崎貝塚の縄文時代前期(約6000年前)の地層から稲のプラントオパールがみつかっており、
縄文中期には稲作をしていたとする学説が多数出た。
それに加え、遼東半島や朝鮮北部での水耕田跡が近代までみつからないこと、
朝鮮半島で確認された炭化米が紀元前2000年が最古であり、
畑作米の確認しか取れず、日本よりさかのぼれないこと、
極東アジアにおけるジャポニカ種の稲の遺伝分析において、
朝鮮半島を含む中国東北部からジャポニカ種の遺伝子の一部が確認されないことなどの複数の証拠から、
水稲は大陸からの直接伝来ルート
(対馬暖流ルート・東南アジアから南方伝来ルート)による伝来である学説が見直され、
日本から朝鮮半島へ伝わった可能性を指摘する佐藤洋一郎の説がある。

78 :LUNAMASK:2009/09/15(火) 16:36:22 ID:wNj5ofUI
いやね、古墳期に渡来した秦氏なんてのはもちろん西域の月氏・匈奴系
騎馬民族もあったであろうが、かなりな中国系もいたことであろうし、基本的には
先着の基層となるO2b1*、O2b1aではなかったはずだからね。

79 :出土地不明:2009/09/15(火) 16:45:39 ID:j3qFKJCK
「那●内連公」(●は判読不能字)と判読 連はムラジ?
百済時代木簡皮と破片129点が確認された。この遺物は、紙の代用として書いた木簡を再利用するために、
「鉋屑(かんなくず)」のように刃物で片面を削り出す過程でできたとみられる。
また扶余双北里遺跡で出土した百済時代木簡に、
百済と倭の間の交流実状を知らせる文字資料という新しい判読結果も公開された。
国立扶余博物館は扶余陵山里寺の跡地出土品を再整理する過程で、手刀で削り出した木簡皮129点を確認して、
その結果を百済時代木簡全般に関する調査資料集として発刊した「百済時代木簡」を通して公開した。
木簡皮と破片に、稲など穀物類が行き来した文書の一部と見える「石」(1石を意味)や、
文書が終了したことを意味する「了」などの字が確認された。

また、1999年扶余双北里遺跡で百済時代の物品荷札用百済時代木簡は
これまでに文字があるという点は確認されていたが、
正確な判読はされていなかったが、今回赤外線を通して精密な判読が試みられた。
その結果、扶余博物館は「(那●内連公)」(●は判読不能字)と判読結果を示して、
「連(ムラジ)」という字は日本古代の大和政権で官職を基盤に与えられた姓(カバネ)
に該当すると見ることができるという見解を出した。

このような説明が妥当ならば、この木簡が製作された当時、
百済には「連(ムラジ)」という姓を持った倭人が活動していたことに繋がる。

中国の正史の中の一つ周書の百済伝には、百済には中国と新羅と倭人が居住していたという記録が見え、
百済と倭国の間に人的・物的交流が活発だったことを見せる初めての実物資料となる。

[参考:2009.1.8聯合ニュース、朝鮮日報]

80 :LUNAMASK:2009/09/15(火) 17:04:47 ID:wNj5ofUI
長江下流域から山東・遼東・朝鮮経由日本に来るもの
O*-M175江南 O2b1東夷 O-LINE1華北 
騎馬民族系が南下するもの
C-RPS4Y711東胡


81 :出土地不明:2009/09/15(火) 17:41:14 ID:Gjic0SpU
弥生系渡来人自体は呉の人とおもわれるが、この呉人というのはイラン系の混血民族である

82 :日本@名無史さん :2009/09/15(火) 17:54:06 ID:t0rUmpxw
C:縄文系 
D:倭人系 江南
O:漢民族

現在の江南はD系統は西(チベット)南(スマトラ)、東(日本)に追いやられて、
漢民族に淘汰されています。O2bは長江の北、O2aは長江の南、
このO2abは現在長江付近にいますが、もとは中原の人々。

83 :日本@名無史さん :2009/09/15(火) 18:01:16 ID:t0rUmpxw
アイヌにDが多いのは倭人との混血で男系はDに変わってしまいました。
現在純粋なアイヌ人がいないのは周知の事実です。

84 :日本@名無史さん :2009/09/15(火) 18:10:01 ID:t0rUmpxw
日本人にわずかにいるC1が南からの縄文人で顔の彫が深いタイプ。
C3は北方系の縄文人でコリヤークの人々に似たタイプで狩猟漁撈民。


85 :出土地不明:2009/09/15(火) 18:10:04 ID:e9i3fv6o
縄文人は確実に半島へ進出してただろうな
佐賀県腰岳の黒曜石を持って行き、半島に石器文化を築いていた

86 :出土地不明:2009/09/15(火) 18:19:34 ID:A5bEx88t
645 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/30(木) 16:16:52 ID:jnlcoseb
>>638
現在の調査でわかっていることは韓国、日本の考古学界の見解として
縄文人は日本特有の人種であり、半島縄文期の半島人は
別の系統の人種であったとしている。
両国の学界の正式発表に何の問題があるんだ?


757 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/30(木) 17:44:17 ID:jnlcoseb

弥生期中華南部の稲のDNAは台湾、沖縄、日本と一致。
弥生期半島の稲のDNAは一致していない。


175 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/01(土) 16:50:30 ID:rQoAuwO2
>>171
中国人、日本人からは縄文期以前の
DNAが極わずかだが発見されているが
韓国人からは発見されてないよ。
そもそも稲作遺跡は陸稲も水田も半島より
日本の遺跡の方が古いのだが?


790 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/30(木) 18:14:26 ID:jnlcoseb
>>782
縄文期に半島にほとんど人がいた形跡がなく
弥生初期に急に人が増えている。
同時期に日本には渡来人が来てる。

弥生期の半島人は中華南部の可能性が高い。
なので韓国は縄文後期や弥生初期の
他国との合同発掘調査に積極的ではない。



87 :日本@名無史さん :2009/09/15(火) 18:23:25 ID:t0rUmpxw
江南の倭人は先に半島に着き、それから九州に移っている。
結局半島の倭人のDは自然消滅したので、半島にはDはほとんどいない。

88 :日本@名無史さん :2009/09/15(火) 18:25:41 ID:t0rUmpxw
倭人は水田耕作を教えた、弥生人。
後からきた鉄、騎馬を伝えた北方人が漢民族。

これを歴史学者は一緒に考えて米も鉄も騎馬もみんな北方からの弥生人が伝えたと教えています。


89 :出土地不明:2009/09/15(火) 18:29:15 ID:yOTkmZOf
・縄文人や倭人が日本から海を越えて半島に住み着いたことは韓国人 で す ら 認めてます


釜山市中心部から車で約20分、釜山湾内の小さな入り江に、なだらかな斜面が広がる。
東三洞(とうさんどう)貝塚だ。7,500年前から3,500年前まで、
韓国でいう新石器時代の4,000年間に形成された貝塚で、古代人が食糧にした貝類とともに、
日本の縄文土器や、やじりに加工される黒曜石が大量に見つかった。
縄文土器は九州製、黒曜石は伊万里市の腰岳産だ。

釜山広域市の西に隣接する慶尚南道金海市。
吉野ケ里遺跡の発掘成果を参考にして整備したという鳳凰台遺跡公園内を進むと、
案内板に日本語で「国際交流を物語る中国系遺物(青銅鏡)や日本系遺物(弥生土器)など、
さまざまな人工遺物が出土している」と記されていた。

人工遺物の一つが、大型の甕棺(かめかん)だ。
甕棺は、吉野ケ里遺跡をはじめ、弥生時代の北部九州だけに見られる特徴的な埋葬形態だが、
鳳凰台遺跡に隣接する金海貝塚からは多くの甕棺が出土している

玄界灘沿岸から韓国南岸まで直線距離で200キロ。
金官伽耶が誇った鉄製品などを求めて、人々は海を渡った。そして、移り住んだ人たちもいただろう。
甕棺に埋葬された人々を「海を渡った倭人たちだった」と考えている。
「墓制は非常に保守的なものであり、民族を物語るものとされる」からだ。
倭人たちは交流する中で共存を認められ、亡くなると、仲間たちの手で故郷と同じ甕棺に葬られたのだろう。
埋葬儀礼という固有文化の定着は、物の行き来だけでなく、精神面を含めた深い交流をうかがわせる。

東三洞貝塚を発掘調査した釜山市立博物館福泉分館の河仁秀(ハ・インス)館長は、
日本製土器などが密度濃く出土したことから、海を渡った倭人たちがここに住み付き、交易活動を行っていたとみる。

90 :日本@名無史さん :2009/09/15(火) 18:35:08 ID:t0rUmpxw
倭人は山東半島、遼東半島の沿岸経由で半島から下った人もあれば、
沖縄、九州南、太平洋沿岸と広がった倭人もいると推測。


91 :出土地不明:2009/09/15(火) 18:46:15 ID:L0iqPwIT
太平洋の島々へ移住した部族の祖先は台湾の農耕民だったことが判明。
およそ6000年前、すでに農耕技術を持った人たちが太平洋に漕ぎ出し、
たどり着いた先々で農耕を始めながら島々へ移住していった姿が浮かび上がってきた。
と、NHKでやってましたね
その農耕民は日本にも来たあと、半島へ向かったということですが

92 :出土地不明:2009/09/15(火) 18:51:40 ID:6hyeNGXY
水田耕作を教えたのが弥生人ということは中華南部日本→半島ということですね
半島にはDも無ければ最古の水田も無いですから
直通ルートが多数見つかった以上、日本→半島のルートも否定しようがありませんし

93 :出土地不明:2009/09/15(火) 19:31:53 ID:uCe5KihC
牛の反論、
”稲は半島経由”w
”列島住民は半島に渡れない”w
”Y遺伝子は、遺伝しない”w
”騎馬民族が、2世紀から3世紀に大量に渡来し、列島住民を駆逐”w
バカすぎるよな

94 :出土地不明:2009/09/15(火) 20:10:50 ID:Q1qCB7G/
アンダマン諸島やスマトラはDの先祖型ですが、
Dはアフリカから出て中央アジア(D1とD3)に行き、
アンダマン諸島に降りどうやって先祖型を残すんですか?
あと、ベトナムにYAP+はありますか?

95 :出土地不明:2009/09/15(火) 20:49:04 ID:2iLNGuyj
>>94
江南人はスンダランドにも3万年前〜2万年前に稲作を伝えていたから。
間違いねーから

96 :出土地不明:2009/09/15(火) 20:59:15 ID:kh7vvFOT
「鵜飼」は満州や朝鮮半島にも見られる。


満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくい
あげて吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.jiyuu-shikan.org/shoseki_video4.html

日本の鵜飼いは、鳥居氏に便乗すれば、江南よりも朝鮮や満州の
北方民族から伝わったのかもしれません。鴨緑江や松花江などでも
鵜飼いは見られます(注9)。
http://www.han.org/a/half-moon/hm080.html

97 :出土地不明:2009/09/15(火) 21:02:33 ID:YNRYDaew
しかも日本の「鵜飼」は中国よりも古い。


鵜飼いの歴史は古く、『日本書紀』神武天皇の条に鵜養部のことが見え、
『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っている。また中国の史書
『隋書』開皇二十年(600年)の条には、日本を訪れた隋使が見た変わった
漁法として紹介されている。

隋書の書かれた時代には鵜飼いは中国人にとって珍しい漁法だったが、
その後中国においても鵜飼い漁法が定着した。

確実な記録として最古の物は、10世紀の文人・陶穀が残した『清異録』
(965年)において、当塗(安徽省太平府の都市)の漁民が「魚を捕らえる
のに非常に機敏な鵜を使う」と記述されているのが最初である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E9%A3%BC%E3%81%84

98 :出土地不明:2009/09/15(火) 22:24:43 ID:iVxCJ2IP
各務原市/Web Magazine/のびのびマガジン2004年6月号/名勝木曽川で ...

そもそも鵜飼は、日本固有の習俗というのではなくインド、ベトナムそして
現在でも漁としてつづけている中国などのアジア地域や古代エジプト、
紀元前のペルーでも行われています。日本でも、「古事記」「日本書紀」
などの古い文献からも ...
www.city.kakamigahara.lg.jp/nobinobi/.../special1.html - キャッシュ - 類似ページ


99 :出土地不明:2009/09/15(火) 22:49:43 ID:G2bl8TIS
のびのびマガジンねw

のびのびマガジンwwww

100 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/16(水) 02:07:43 ID:mk8Qm9h7
>>55
残念ですが、Yカルトの単一遺伝標識なんか羅列した文章なんか読んでも
何も意味にもならんでしょう。目には目よりも、挑発行為の一発に
対しては、相手が動かんようになるまで徹底的に攻撃するんは、
子供時代からの経験上の鉄則でしょう。わしの視点のずれておるとは、
具体的にどこの文ですか?関東に誤解があるとかも具体的に。
>>59
縄文が多かった云うて誰の説か?宝来氏は65%以上弥生以降とされとるじゃ
ろう。まあ、渡来系の少ない弥生云う言い方にも問題があるが。
>>60
まずスペンサーウエルズ氏がY染色体がアダムに至る根拠も提示され
とるまい。
>>61
精度の低いY染色体のみが根拠じゃあ、話になりません。学問は
総合の産物ですよ。

以下まあこの板はオカルト板か、Yカルトの羅列ばっかしどゃのう。

101 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 08:34:55 ID:/heSPoWa
>>100
>>61
これまで論議してきたYDNA問題を科博「日本人はるかア旅展」HLAと同定してみると
新石器末期北東アジア民族移動は↓と、こうなります。 
(1)B52-DR2=C-RPS4Y71 東胡(大蒙古東半)
(2)B44-DR13=O-LINE1  黄河(華北)系(燕→楽浪)
(3)B46-DR9=O2b1    東夷(山東→満州→朝鮮、山東→九州北部)
(4)B54-DR14=O*-M175  長江(江南)系(山東→満州→朝鮮、山東→九州北部)
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_26_01.jpg
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-26.html


102 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 08:46:19 ID:/heSPoWa
こうしてみてもO2b1aのBP4000年とされる変異が列島でのみ発生することは、暦博
による弥生実年代が引き上げに加えて民族移動を更に1000年ほど引き上げ泣けて
はならなくなる。暦博報告でも九州西部にはその他の日本とは異なる先行時代の
特徴があるとしているがその辺がキーポイントとなるかと。

103 :出土地不明:2009/09/16(水) 08:54:15 ID:47uhdnxs
>>100
だからてめえが「Y染色体が男系遺伝しない」と言ってる学者の名前言えばいいだけだ。
ほれほれ頑張って言えよ、47回もスル〜してるんだぞおまえ。
言えねえんだろクズ。

104 :出土地不明:2009/09/16(水) 08:59:18 ID:47uhdnxs
>>100
>まずスペンサーウエルズ氏がY染色体がアダムに至る根拠も提示され
>とるまい。

ごまかすなハゲ。
「Y染色体が男系遺伝しない」と言ってる学者の名前を言えと言ってるんだ、
なんでおまえはいつも論点ずらすのだ?
最低の卑怯者だな。


105 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 11:01:17 ID:/heSPoWa
日本における中央アジア系ハプログループを見てみると
石板墓文化圏 C-217* 日本 1.9% 中央アジア 17.4%
粛慎・邑婁  C-M86 日本 1.2% 中央アジア 7.9% 北東アジア23.6%
が四隅突出型墳丘墓とか、戦闘的な源氏とかでいわゆる関東武士団の先祖であろう
ことは想像に難くないが、外にも、
N-LLY22g* 日本 1.2% 中央アジア 1.4%
N-M178 日本 0.4% 中央アジア 1.0%
Q-P36 日本 0.4% 中央アジア 5.5%
R-M207 日本 0.4% 中央アジア 21.5% 等がある。
http://www.springerlink.com/content/p31g0300430k6215/MediaObjects/s10038-005-0322-0flb2.gif
R-M207はコーカソイドであり、日向の地下式横穴墓の子孫、神武と同系であろう。



106 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 11:05:57 ID:/heSPoWa
ただ神武も時代は仁義なき戦いの時代であり、嫡男タギシミミは二代目相続
争いの際カムヌナカワミミに殺されている。カムヌナカワミミというのは名前からすると
上越の首長であり、関東武士団の先祖だろう。

107 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 11:16:14 ID:/heSPoWa
>>106
上越は飛騨高山の鉛鉱山にも近いし、弁辰にも鉛御津と読める国があるし、縄文時代
にはヒスイのほかに八ヶ岳の黒曜石権益を握っていた可能性もある。

108 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 11:23:07 ID:/heSPoWa
石板墓文化は四隅をクナド、サエ、カジマの神、石神、鹿石で防衛される土、ハニ、
Tu, Toba, Huangの神といったことであり、東日本全域でこの遺跡を目にする。

109 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 11:30:42 ID:/heSPoWa
天皇家にはコーカソイドが全くないというのではなく、歴史的に渡来人の多いころには
多少コーカソイドが混ざったこともあったのであろう。

110 :出土地不明:2009/09/16(水) 12:22:55 ID:9wr9JN0Y
>>105
指の側面を見ればわかる。親指と人差し指の間がわかりやすい。
ニガーや日本人はハッキリ見えるけど、白人や朝鮮人はほとんど分からない。
朝鮮には白手なんて言葉もあるくらいだ。日本人は無職や事務職でも手の甲は若干黒い。
別に朝鮮人が白人に近いってわけじゃないけどな。
見た目の差は黒人と白人の方が大きいけど、遺伝子レベルでは日本人と朝鮮人の差の方が大きいよ。
黒人・白人・日本人の塩基配列は99%以上が一致、
ショウジョウバエでも一致率は97%なのであるが、
朝鮮人となるとこれが92%まで下がってしまうのだ。

111 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 12:39:46 ID:/heSPoWa
>>105
外にも特定が可能なのは
彝族・隼人 N-LLY22g* 日本 1.2% 中央アジア 1.4%
ヤクート人  N-M178 日本 0.4% 中央アジア 1.0%
ユダヤ人(秦氏)Q-P36 日本 0.4% 中央アジア 5.5%
これらはおそらく熊本・鹿児島・豊前方面に秦氏とともに入ってきたのであろう。


112 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 12:54:26 ID:/heSPoWa
弥生渡来人は、最初に長江・黄河農民、そのあとでモンゴル系・突厥系騎馬民族
が上層で対立する構造。これに縄文のDであるとか、在来Cとかも同調して源平、
官軍賊軍、西軍東軍とかの対立となったと考えられる。

113 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 13:35:44 ID:/heSPoWa
http://www.springerlink.com/content/p31g0300430k6215/MediaObjects/s10038-005-0322-0fmb1.gif
既述の中央アジア、北東アジア等は上記地図による。中央アジアとは秦氏の「夕月国」
の概念と重なるとみられる。

114 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 13:49:26 ID:/heSPoWa
参考まで↓
ヒクソスから帰還した渡来人
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1204867737/


115 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 15:00:28 ID:/heSPoWa
神武は実在、イッシク・クル湖(高天原)のある烏孫(天孫)国から地下横穴墳族
(烏桓・柔然)を伴って高千穂の峰に降臨したことは動かしえない事実だ。
烏孫にはローマ建国神話もあるが、これはハルシュタット文化に先立って
地下横穴・カタコーム墳文化から東西に分岐した文化であったとみられる。

116 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 15:25:33 ID:/heSPoWa
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O2_%28Y-DNA%29
このうちの以下の部分は[ ]にあるように訂正して読むべきと考える。
1)最初に、既にGreater(拡大) Manchuria領域内[これは河南省方面ではないか]に居住
していた、乃至は、少なくとも既に特定の"proto-Tungus-Korean"民族に所属してい
た、一人の男性の先祖型O2*染色体において、 O2b Y染色体遺伝子系列を決定する
M176突然変異が起こる。
2)proto-Korean民族がGreater Manchuria領域[淮河から山東半島にかけてのプロト
東夷領域]の他の民族から分岐した後、しばらくして、一人のproto-Korean男性にお
いてHaplogroup O2b1*を決定するP49突然変異が起こる。

3) 一つのproto-Koreanの地域的下位集団が文化的に或いは身体的に他の集団を
抜んじ、そのproto-Korean同胞集団[淮河から山東半島にかけてのプロト東夷領域]を
離脱して外部[半島対馬海峡北岸・九州対馬海峡南岸]に移住する。 Greater proto-
Korean民族[淮河から山東半島にかけてのプロト東夷領域]からの離脱終了後、既に
proto-Japanese民族となったもの[九州北部]の1名の男性においてHaplogroup O2b1a
を決定する47z突然変異が起き、この人が多くの子孫を残し、Proto-Japanese民族中のO2b1a系統に頻度を高める。
この非常に特殊であるHaplogroup O2b1a系統は現代日本人のHaplogroup O系統の
約42.5%、全Y染色体遺伝子の約22.0%を占めるが、これはおそらく日本民族の歴史にお
いて特定の緊密に張り巡らされた関係を持つ氏族が極端に大きな覇権を握ったことを
反映するものであろう。[表日本西部稲作の発展の基礎となったということか]

117 :出土地不明:2009/09/16(水) 16:18:25 ID:RMeEkHdM
>>101
ふむふむ
長江もOもすべて別ルートですね

118 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 16:24:59 ID:/heSPoWa
皆一緒、呉越同舟っつーか、で直行便で九州に来たってことでしょうね。
山東半島から満州・朝鮮へと入るグループは別。また、江蘇省方面から
半島南端に入るのも別でしょう。別っていうかその後別れ別れになった
というか。


119 :LUNAMASK:2009/09/16(水) 16:29:18 ID:/heSPoWa
しかし、縄文人は学習熱心だし、九州では半島南部との交易はあったので
先進技術はどしどし導入していということも事実でしょう。

120 :出土地不明:2009/09/16(水) 22:53:08 ID:/I71BF4r
半月型石包丁(桂葉形雙孔石刀)は遼寧を経由している。


中国遼寧省羊頭窪遺跡.  黒陶系土器 石器(石包丁 磨製石鏃) 紡錐車 骨角器 卜骨
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/museumF/jpncul.html

紅山文化は北方地区の新石器文化の中で重要な文化です。ここでいう北方地区とは、
東北3省(遼寧、吉林、黒龍江)、内蒙古自治区および新彊維吾爾(ウイグル)自治区を指します。
大型石器の中で特徴的なものに、土掘具(耜あるいは犁とも呼ばれる)、桂葉形の双孔石刀があります。
http://kohkosai.web.infoseek.co.jp/kaisetu/15-1kouzan.htm

中国北部の文化が東北部の遼西まで及んでいるいることを知りえた。それに、石包丁が出土していた
のには目を見張った。日本に石包丁が伝わったのはそれから3千年もたった弥生時代になってからなのだ。
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/
◆遼寧の石包丁
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/./photos/uncategorized/2008/02/04/070827_078_2.jpg

121 :出土地不明:2009/09/17(木) 02:53:13 ID:ChAWX0+w
マレー半島からジャワ島、太平洋島嶼部を回って東から日本に渡ったグループと

シベリアを渡って北から日本に入ったグループに別れるそうな

122 :LUNAMASK:2009/09/17(木) 10:49:14 ID:MF/h1DXM
>>105 >>111
A 主として日本海・東日本に向かったもの。
北東アジア系
C-M86 日本 1.2% 中央アジア 7.9% 北東アジア23.6%
これは沃沮が江原道に南下するのとともに、一部が日本にも入ったものか。
南シベリア・バイカル系
C-217* 日本 1.9% 中央アジア 17.4%
これは高句麗経由のアルタイ・石板墓系か。
N-M178 日本 0.4% 中央アジア 1.0%
原ヤクート人(バイカル西部)、これはウリル・粛慎に近い。
B 主として九州中南部に向かったもの。 
中央アジア系
N-LLY22g* 日本 1.2% 中央アジア 1.4% これは彝族・隼人か。
Q-P36 日本 0.4% 中央アジア 5.5% これはユダヤ人、甘粛・陝西の秦氏か。
R-M207 日本 0.4% 中央アジア 21.5% これは天孫、烏孫・原ウイグル人か。

123 :出土地不明:2009/09/17(木) 10:52:31 ID:T82ztX8N
先祖が藤原鎌足と言ってる人がアイヌそっくりなんだけど。
もしかして・・・・・・・・・そうなの?

124 :LUNAMASK:2009/09/17(木) 14:47:16 ID:MF/h1DXM
http://www.springerlink.com/content/p31g0300430k6215/MediaObjects/s10038-005-0322-0fmb1.gif
↑これによればブリャートは北東アジアに入っているがmtDNA調査↓では
http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pubmed&pubmedid=15466285
琉球人は南シベリア・ブリャートに最も近く、次に南中国に近いとなっている。これは
南シベリア・バイカル系
C-217* 日本 1.9% 中央アジア 17.4%
が沖縄にも入っていることを示すのであろう。

125 :LUNAMASK:2009/09/17(木) 15:13:02 ID:MF/h1DXM
>>122
>Q-P36 日本 0.4% 中央アジア 5.5% これはユダヤ人、甘粛・陝西の秦氏か。
このハプログループはアシュケナジム、イラン、イラクのユダヤ人に多いとされるが、
アメリカインディアンにもあり、シベリアのケト人が同族とされる。他方、
http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pubmed&pubmedid=15466285
↑これによれば彝族のSali族は日本と共通の遺伝子を持つが、古代羌族の子孫とさ
れる。秦氏は羌族との関係が深くSali族と関係していても不思議ではない。
古代羌族と古代ケト族がエジプト・ヒクソス王朝を築きあげ、後にそれが持っていた
オシホミミ・オシポ伝承がヨセフの話として取り込まれたが、日本神話ではオシホミミ
オオクニヌシ物語として残ったということもあり得ると思う。ヒクソスのファラオには
ヒャンというのがいるが羌と似ている。

126 :LUNAMASK:2009/09/17(木) 17:37:09 ID:MF/h1DXM
http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20090131101107AA7tjUd
僕はN-LLY22g*なんですが、5000年前にOにやられたようなんですが、ウラル語
勉強なんかして・・・?
ベスト・アンサー 君は突厥なんだよ。

127 :LUNAMASK:2009/09/17(木) 17:43:58 ID:MF/h1DXM
N-LLY22g*を突厥とすると磐井の墓等は明らかに突厥系なので石板積石室墓
領域も突厥と考えることもできる。

128 :出土地不明:2009/09/17(木) 20:50:16 ID:n3BIckfu
「呉服」は百済経由で伝わっている。


また百済国に、「若(モ)し賢(サカ)しき人あらば貢上(タテマツ)れ」
とおほせたまひき。かれ、命(ミコト)を受けて貢上(タテマツ)りし人、
名は和邇吉師(ワニキシ)、すなはち論語十巻・千字文一巻、并(アハ)
せて十一巻(トヲアマリヒトマキ)をこの人に付けてすなはち貢進
(タテマツ)りき。この和邇吉師(ワニキシ)は文首(フミノオビト)等(ラ)の
祖(オヤ)。また手人(テヒト)韓鍛(カラカヌチ)名は卓素(タクソ)、
また呉服(クレハトリ)の西素(サイソ)二人を貢上(タテマツ)り、
また秦造(ハタノミヤツコ)の祖(オヤ)、漢直(アヤノアタヒ)の祖(オヤ)、
また酒を醸(カ)むことを知れる人、名は仁番(ニホ)亦(マタ)の名は
須須許理(ススコリ)等(ラ)参(マヰ)渡り来つ。
http://kamnavi.jp/link/kojiki2.txt

129 :出土地不明:2009/09/17(木) 20:53:06 ID:f3GmjvI5
>>128 その百済人の名前は朝鮮人名と全然違うな。


130 :出土地不明:2009/09/17(木) 21:15:11 ID:Z4NT+JJ3
ほうじゃな金さん、李さん、朴さん、って居らんのう。

131 :出土地不明:2009/09/17(木) 21:42:31 ID:EZ5gKzIZ
>>129
>朝鮮人名
シベリアでトナカイやアザラシを狩っていた
千数百年前までのコリアン先祖たちの名前は
奴らが自分で捨てただろう。
漢族、蒙古族、満州族、日本人、ロシア人&米国人と
宗主国は変遷してきたが、
現在のコリアンたちの名前は漢族の真似だろう。

132 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/18(金) 00:33:04 ID:Pd72cx9B
>>101-102
単一遺伝標識の集団が日本へ渡来したわけでも無いでしょう。
複合的な遺伝子集団が渡来して地域差が生まれたわけですから。
旧石器捏造を煽った歴博なんかにキーポイントも無いでしょう。
>>103-104
早う、Y遺伝子がアダムに遡れる根拠を云わにゃあ。
>>105-106
源氏姓は、西日本の方が多かったでしょう。関東八平氏じゃの、
関東は平氏姓を名乗ったもんが多かったんじゃないですか。
神武の時代なんか存在しません。
>>110
近隣の民族と人種が遠い民族なんかおらんよ。夢見てもつまらん。
>>121
マレー半島から日本へ渡れる航海路なんか無いのに、ファンタジーじゃ
のう。
>>131
朝鮮人とトナカイ飼育民やアザラシを狩る狩猟民との関連は薄かろうに。
日本も宗主国様は、中国、米国と時代的に変わったに過ぎん。

133 :出土地不明:2009/09/18(金) 00:59:09 ID:fuGhSx4P
>>132
>早う、Y遺伝子がアダムに遡れる根拠を云わにゃあ。

男系遺伝するなら遡れるだろ。
子供でも分かる事だ。
男系遺伝しないと言ってる学者を言えないのだなw
どこまでごまかし続けるのだこのオカマ。

134 :出土地不明:2009/09/18(金) 01:30:27 ID:oN7n3n23
>>132 >>近隣の民族と人種が遠い民族なんかおらんよ。

 インド人とチベット人、ベトナム人とマレー人、モンゴル人とウイグル人などは遠い人種だと思う。

 ヨーロッパではゲルマン人とラテン人も遠いんではないか?(ナチスの人種論にょると)


135 :LUNAMASK:2009/09/18(金) 09:21:18 ID:VGBRrVPY
>>132
>>101-102
イ >>62 にある O2b1*(東夷と仮称)→O2b1a(日本生まれ2世)
ロ (2)B44-DR13=O-LINE1  黄河(華北)系(燕→楽浪)
ハ (4)B54-DR14=O*-M175  長江(江南)系(山東→満州→朝鮮、山東→九州北部)
こうしたものが呉越同舟で入ってきたのでは。
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/suitonoko/noko1.jpg
暦博「水稲農耕と突帯文土器 藤尾慎一郎」
この図にある九州西部に注目。
>>105-106
源氏の白旗のもとに結集する、スサノオの時代から存在したであろう東日本の広大な
水稲不適当地形地帯の畑作民の郎党というものはあったでしょう。

136 :出土地不明:2009/09/18(金) 12:34:20 ID:mbG2yjO4
朝鮮半島に稲作が伝わったのは4〜5000年くらい前。


1990年金浦佳■(山と見)里泥炭層から採取された稲籾は4,010+-25BPと
報告されており、問題もあるがもし報告が正しいとすれば韓国での稲の
出現は新石器時代中期段階にまでさかのぼる可能性がある。
http://inoues.net/study/japonica3.html
最近は紀元前2000年ころ(?)とみられる種籾が、漢江の河口に面
する金浦(キムポ)と一山(イルサン)で発見されました(注)。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~halfmoon/hm072.html
然し1992年には、それよりも早い時期の粳米を韓国の清州市における
家瓦遺跡から大量に発見された。今から4721年(+−50)年前と
推測されているが、同時に出土された樹木年輪測定からすると、
今から5020年前のものだと修正がなされた。
http://sakura-nokishita.spaces.live.com/blog/cns!6CB04EFFB064FA79!1873.entry

137 :出土地不明:2009/09/18(金) 12:36:24 ID:mbG2yjO4
朝鮮半島で最古の水田遺跡は前11世紀のオクキョン遺跡で日本よりも古い。




弥生時代の始まりと深く関連している韓国南部だが、最古の水田は
慶尚南道蔚山・オクキョン遺跡で見つかっており、孔列文〜突帯文土器が
伴っているところから、前11 世紀頃と考えられている。
http://www.rekihaku.ac.jp/press/yayoi_kaishi.pdf





138 :出土地不明:2009/09/18(金) 12:37:19 ID:mbG2yjO4
中国から直接日本に伝来した事にされているRM1-b遺伝子の稲の
調査が日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の朝鮮の炭化米で
なされていない。

かつては朝鮮半島にもRM1-b遺伝子の稲は存在したが朝鮮半島の自然環境に
適応できず遺伝子が消滅欠損してしまった可能性が十分に考えられる。

佐藤洋一郎容疑者はただちに日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の
朝鮮の炭化米でRM1-b遺伝子の有無を調査し、その結果を国民に公表せよ。

考古学界を混乱させた貴方にはその責任がある。

それをしない内はペテン、詐欺と言われてもしかたがない。
http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000116_discussion_004.gif

139 :出土地不明:2009/09/18(金) 12:49:21 ID:FDCfGppe

コピペ,アルバイトがやって来た来た来た来た北の方。


140 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/19(土) 01:13:20 ID:/gZnmZjV
>>134
インドとチベットの間にはネパールがあるし、ヒマラヤ地域は
低地に行くほどインド・アーリア形質が増える。
ベトナムでもタイでも南部へ行くほどマレー形質が増える。
モンゴルとウイグルの間にはカザフ民族がおる。
ゲルマン系はヨーロッパ大陸部では南へ行くほど、北方人種から
アルプス人種に変化し、ラテン系もアルプス人種から南へ行くほど
地中海人種が増える。島国の英国では、北海側は北方人種、
西へ行くほどアルプス人種が増えて、ウェールズ山地や、
スコットランド高地地方に地中海人種が残存しとる。
まあ、日本列島でも辺境に縄文系が残るんと同様じゃ。
あんた国境単位の発想で考えとるんじゃないか。
人種は基本的に徐々に変化して行くもんじゃ。
>>135
日本の水稲農耕地域でも主食となる畑作に依存しておりましたし、
米は中世でも西日本では貨幣として流通しておりましたし、
江戸期でも先物取引の保障として財産同様でした。
西日本の方が早くから交易品として重視されとっただけの
ことです。スサノオの時代なんか特定出来ませんが、
日本海経由の渡来系が、出雲→北陸→信濃→関東と侵攻して行った
可能性は強いでしょう。関東は出雲神系ですからね。
出雲は東日本同様ソバ食文化圏ですし、方言もズーズー弁で、
北朝鮮の冷麺がソバ粉を使いズーズー弁があるんも似てますね。
もっとも広島県北部もソバ食文化圏ですが。
ですが、広島人が「じゃけぇ」「じゃけん」を出雲ら山陰地方は
「だけん」云うて、言葉も東日本要素がありますね。

141 :出土地不明:2009/09/19(土) 02:02:42 ID:x4zWRGOz
思うんだが、わずか1〜2世代で中東から日本に移住してきた人がいてもおかしくないんじゃないかと
それならわざわざ1万年前の縄文人とか言わず、中東の遺伝子が日本人に40%入ってる事の説明が付く
一気に渡来してきた説ってないのかな

142 :出土地不明:2009/09/19(土) 09:03:13 ID:THA8Hs/E
>>141

本スレの方にレスさせていただきました。
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1252776454/

143 :LUNAMASK:2009/09/19(土) 09:03:30 ID:7efvCs5f
>>140
>>135
>日本の水稲農耕地域でも主食となる畑作に依存しておりました
生業からみた縄文から弥生 藤尾慎一郎
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/seigyo/jomon.html
「東日本から西日本へ伝播した打製石斧や浅鉢に対して,打製石庖丁や打製石鎌は西
から東へと逆の流れをみせる。縄文時代後期後半に中九州にあらわれ,晩期になると
北部九州や南九州の台地部や西部瀬戸内に広まる〔高木  1980〕。この動きはまさしく
有文深鉢の粗製化の流れとも一致している。
つまり東日本縄文文化伝播による西日本縄文社会の経済システムの転換期に,
朝鮮畑作文化の情報伝播があり,
両者が交わって
新たな西から東への文化伝播の母体となったのではないか
と思われるのである。」とされる。

144 :LUNAMASK:2009/09/19(土) 09:07:12 ID:7efvCs5f
「朝鮮半島には落葉樹林帯を舞台におこなわれた畑作文化があった〔甲元 1991B〕。
そこでは磨石と鞍型磨臼の調理具・石鋤・石鎌と石庖丁の農耕具をセットにもちコメ・
ムギ・アワ・モロコシ・マメなど各種の畑作物,ブタを飼育しながらも各種の狩猟動物に
依存した網羅的な混合農耕をおこなっていたという。櫛目文土器中期以降の智塔里2号
住居からはアワ・ヒエを対象にした大形石鋤・磨製石鎌などの農具と鞍型磨臼・磨石な
どの調理具が,南京31号住居では鞍型石臼が出土し,法量別に分化した深鉢と小形の
椀や壺という土器のセットをもつ。二つの遺跡の生業に占める穀物栽培の割合は,高か
ったという意見や低かったという意見の両方があって評価はさまざまである。
いまのところ大同江から南漢江の地域でしかみつかっていないが,これらの落葉樹林帯
を舞台にした畑作文化の情報が,縄文前期以来の外洋性漁業をなりわいとする漁民達
をとおして櫛目文末期に併行する縄文時代後期後半から晩期にかけて九州に及んでい
たのではないかと思われるのである。」同


145 :LUNAMASK:2009/09/19(土) 09:25:25 ID:7efvCs5f
縄文晩期中葉のBC2000年頃、既に土器・石器に変化をもたらすことなく九州に
入っていたO2b1*(東夷と仮称)これがその後日本国内限定の変異を起こO2b1a
(日本生まれ2世) が誕生するとすればこの変異の古さ(BP4000)に説明がつく。
イルクーツクに近いグラスコフ文化における突帯文土器の存在はO2b*がイェニセイ・
アムール・ウスリー・半島東岸を縁とする巨大な扇状に展開したことを示すのでは
ないだろうか。


146 :LUNAMASK:2009/09/19(土) 09:38:35 ID:7efvCs5f
藤尾氏は縄文から弥生とは栽培を含む生業システムが網羅的から選択的へと移行した
こととするが、これは漁労採集五穀ポートフォリオ型からモノカルチャー型へと移行するこ
とを指す。網羅型には土器・石器の量産型への変更は必要ないので渡来人の流入があ
ったにせよそれは土器・石器の様式変化としては現れにくいということのようだ。


147 :LUNAMASK:2009/09/19(土) 09:43:08 ID:7efvCs5f
しかし、縄文深鉢の粗製化と言った形である種の部分においては生産性向上の
反映が見られるようではあるが。

148 :LUNAMASK:2009/09/19(土) 11:05:31 ID:7efvCs5f
日本人どこから来たんだ?9
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1252776454/menu93
「確かに、渡来系弥生人は水稲稲作を持ち込んだ可能性が強い。
穢と倭は同音weiじゃし、北東アジアの水辺人として同族であったと
するんが、三上次男氏の説じゃが、倭も北東アジアから朝鮮南部に
移り住むと現地の稲作を採り入れるけぇのう。」
これが藤尾氏の「1 欣岩里型・先松菊里型農耕文化の伝播」の部分に相当。
「それらが九州北部に移住したら、より稲作に適した土地で、米は保存出来るし交易
道具にもなるけんのう。」
これが「2 松菊里型水稲農耕文化の伝播」のころか。ただ稲作ではなく、畑作を取ると
>>144 のような状況があったのではないかと思われます。




149 :LUNAMASK:2009/09/19(土) 12:06:40 ID:7efvCs5f
>>124
サハ共和国ヤクーツクはバイカル湖西南から移住してきたチュルク語族ヤクート人と
バイカル湖東部のブリャート族が移住してきたところではあるが、代表的な料理に
刺身(凍結白身魚をかんなで削ったもの)、鶏でだしを出したすいとんに似たうどんが
ある。味付けは讃岐うどんに似ている。

150 :LUNAMASK:2009/09/19(土) 15:09:54 ID:7efvCs5f
↓このサイトにあるイベントとHLA/YDNAの関係づけ
http://www2u.biglobe.ne.jp/~itou/yayoi.htm
弥生文化の伝播
>紀元前5〜4世紀ごろに九州北部に水田稲作をもたらした南部朝鮮から>の渡来人と、
在来の縄文人とが融合してつくられた弥生文化は、100>分化をもたらした。
B46-DR9=O2b1   
青銅器
>朝鮮半島で発達した青銅武器は、弥生前期末の北九州にもたらされた。
>舶載された細形青銅武器は日本で作られると、中細形、中広形、広形へ>と変遷した
が、それは武器から祭器への変貌を示している。)
B44-DR13=O-LINE1  
鉄器
>福岡県の曲り田遺跡の鉄器など弥生早・前期の鉄器は朝鮮半島からもた>らされたと
考えられているが、その時期の朝鮮半島ではまだ鉄器が発見>されていない現状が
ある。
B52-DR2=C-RPS4Y71 ポリツェ文化族(粛慎)
>『魏略』の倭人は太伯の末(子孫)であるという伝承、『魏志倭人伝』>に描きだされた
倭人の風俗、抜歯の風習、中国江南直接渡来説
B54-DR14=O*-M175
神武紀元
私の視点↓
古墳時代の語り部が、反党派粛清のたびに初代に遡及しては書き換えられる党史と同
じようなことを語るとか、そのころがビッグ・ブラザー社会とか、右翼バイアスがかかってい
るとかはありえない。記紀は銅鐸が消滅した時点をがっちりと始点としているようだ。
神武の墓はホケノ山古墳と見るのが順当。

151 :出土地不明:2009/09/19(土) 16:39:00 ID:uX5XXZfb
見よ!

これが稲作が伝わった当時の長江江南や華北の炊飯器である。

(※色、彩文、フタ、単耳、直耳に注目!これらの要素が弥生土器には一切ない。)


鬲(レキ=袋状の足を持つ三足土器) ◆内蒙古・満州から長江中・下流域まで出土
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050618/4482.jpg
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050610/2764.jpg
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/090.jpg

鼎(テイ=棒状の足を持つ三足土器) ◆華北からインドシナ半島まで広く出土
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/099.jpg
http://www.sx.xinhua.org/ztjn/2003-08/29/xin_49b7e0a2d93511d7be2c0050ba1967d3.jpg
http://www.shtong.gov.cn/node2/node4/node2250/songjiang/node70313/node70604/images/00004623.jpg

152 :出土地不明:2009/09/19(土) 16:42:01 ID:Ka6ZRGnO
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった

153 :出土地不明:2009/09/19(土) 16:45:20 ID:JulFRV4O
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆爆


縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。

http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50219a.htm
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり

154 :出土地不明:2009/09/20(日) 01:27:52 ID:9I7HIKmM
先ほど下記のようなメールを外務大臣、外務省、文部省へ送りました。(文部大臣はadd見つからず未送付)

ウィキペディアの日本の外交上重大な誤記の件

外務省関係者各位

つい先ほどウィキペディアで下記のような記述を見つけました。
>>http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O2b_(Y-DNA)

O2bと言うのはy染色体上の遺伝子の種類で、韓国人の50%、日本人の30%を占める遺伝子です。
これらはベトナムで15%、タイでも5%くらい見られる遺伝子ですが、中国本土では殆ど見当たらなく、
経路が断絶した遺伝子です。

上記ウイキペディアではこの断絶を日本が第二次大戦中に東南アジアへもたらしたと推測した文章を
掲載しており、これは読者に日本軍の女性への暴行や現地女性の慰安婦を連想させるものですが、
それは有り得ません。
>>it has also sporadically been detected in a few individuals who reside within the extent
of the erstwhile Great Japanese Empire like some populations of Southeast Asia, including those
of Indonesia and Vietnam.

何故なら日本人男性の遺伝子の40%はD2というタイプの遺伝子で、もし日本軍がベトナムやタイに遺伝子を
残せば、タイやベトナムにO2bと同等かそれ以上の割合のD2遺伝子が残っていなければなりません。

しかし、D2遺伝子は日本以外にその遺伝子は殆ど全く無いのです。勿論、タイ・ベトナムにも有りません。

ウィキペディアは電子百科事典としては、世界中の人が一番多く参照するものです。ここでこんな明白な
間違い、しかも日本への重大な誤解を招く記載を捨て置くわけには行かないと考えます。

外務省様においては早急な訂正要求をウィキペディアになされるよう要望いたします。


155 :出土地不明:2009/09/20(日) 01:38:13 ID:V8hPoA2v
ビルマ系ボド語

足 atheng 
目 megan
口 khuga
歯 hatai
毛 khenai
頭 khara
舌 sila


インドネシア語

目 mata
手 tangan>たなごころ
足 kaki >駆ける
歯 gigi >牙


156 :出土地不明:2009/09/20(日) 02:32:07 ID:9I7HIKmM
>>106
上記は最近wikiに最近掲載されたものと思われる(数ヶ月前には無かったと思う)。この掲載の元になった論文は
>>http://www.springerlink.com/content/b7c224nfknj90ncy/fulltext.html
であるが、これは韓国人が主に書いた論文で、内容ははっきりいっていい加減であるが、韓国人は従来から
O2bが南方から来たとは認めていない。

この論文でも最初から結論ありきのような、O2bがモンゴルか満州辺りでの発生と結論づけているが、根拠は
全く薄いもので、特にベトナム・タイを始めとする東南アジアでのO2bの存在を説明し得ないものである。

この論文は、東南アジアのO2bの存在が第二次大戦時の日本軍と結び付けてはいないが、それを暗示するのに
十分なもので、逆に自分で考え発見させるので始末に悪い巧妙さを持っている。

実際、海外の遺伝子関係のフリークや一般人の掲示板ではJapan Empire等の文字が見られるのには気が付いて
いたが、はっきりと馬鹿げた推論であるので特に書き込み等はしなかった。しかし、wikiまでがこんな明確に
馬鹿な記事を掲載するとは思わなかった(勿論、wikiがケースによってはインチキなのは当然知ってはいたが)。

明確にベトナム・タイと東南アジアでのO2bの存在は日本軍とは無関係である。何故なら、彼らの遺伝子には
日本人の40〜45%を占めるD2遺伝子が存在しない。当時の日本軍がO2b遺伝子を選り分けて、それだけの
軍人を送るなど不可能だから。

ついでに書けば、上記論文には先ほど亡くなった日本の著名な遺伝子学者 中堀豊氏も名を連ねている。多分、
日本人の遺伝子の分析結果についての引用部分で名前を貸したのだとは思うが、はっきり言って安易過ぎる。
亡くなった方に抗議することは出来ないが、もう一人のToshikatsu Shinka氏には事実を知らせるとともに、
安易な名義貸しには抗議しようと思ってはいる。(>>106 のように外務省、外務大臣、文部省には送付済み)

ただ漢字での名前が分からず、所属も不明なので誰かご存知なら教えて欲しい(多分徳島大だとは思うのだが?)。
そして、O2bの発生場所・経路についても(勿論、江南からの移住者だと思うが)色々皆様の知識もお教え願い、
出来れば、是非、此処で出来る限りの正しいO2bの発生場所と日本への経路を皆で議論・研究したいと思います。


157 :TK:2009/09/20(日) 02:33:58 ID:9I7HIKmM
上記 156の訂正

>>106
>>154

158 :TK:2009/09/20(日) 02:41:29 ID:9I7HIKmM
>>155
単語の比較は余り信用してはいないが、ついでに
飲むはネシア語でミノム(スペルは忘れたが minum??だったかな)

後、神はkami(話し相手を含まない「我々」)だと言う話は昔からある。

159 :出土地不明:2009/09/20(日) 02:43:51 ID:R7hhe3Vp
>>154
D2がでてないのならばベトナム戦争時の韓国兵の痕跡だろうね。
韓国兵の実績については証明済み。

160 :出土地不明:2009/09/20(日) 05:21:49 ID:V8hPoA2v
>>158 聖ヒジリがインドネシア語と聞いたこともある。

161 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/20(日) 17:18:31 ID:vsRmR4J5
>>150
歴博の年代は弥生期の起源を古うしたいだけですよ。
しかも神武なんか伝説で、お隣の国の檀君が伝説なんも同じです。

162 :出土地不明:2009/09/20(日) 22:02:48 ID:BUyb0pLr
古くしたいんじゃなくて、弥生開始がBC10Cというのは数々の炭素測定の
結果の集積による科学的結論に過ぎんよ。

163 :出土地不明:2009/09/20(日) 22:20:34 ID:lzrl+Pll
高床式「倉庫」は北方アジアから直伝している。




高床式建物はシベリアやアムールにもあるけど何か?

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1164871625/






164 :LUNAMASK:2009/09/21(月) 08:23:53 ID:JjCCOhVZ
>>161 暦博の測定装置によるデータを基準として弥生開始年代を古くしたと
いうことですね。神武は伝説であり、実態は伝説どうりではないでしょうね。だが、
その内容にはアヴァール族と共通する金鵄神話があったり、東遷経路が伽耶文化、
高地性集落、古墳の移動と重なる。銅鐸消滅・庄内・布留式土器成立とも重なる。
建国を象徴する出来事をまとめた感があります。

165 :LUNAMASK:2009/09/21(月) 12:31:27 ID:JjCCOhVZ
>>150
暦博・藤尾氏「7 生業からみた縄文から弥生」
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/seigyo/jomon.html#7
これに沿って考えると、先ずは国内原住民の東北から西日本・九州に向かっての移動
がある。
 (1) 東日本型生業[YDNA D]の伝播
他方、沿海州では、完新世中期BP4,800-4,300年頃沿海州南部ボイスマン文化
Zhenxing (Boisman)→ザイサノフカ文化、このときに櫛目文から刻目突帯文土器に
移行、Sopohang (図門江河口)system (called Lower Yinggeling 鶯歌嶺下層
in China or Zaisanovka in Russia)
これと同時期に、日本にも、
 (2) 雑穀・穀物の伝播[YDNA O-SRY O-47z C-RPS4Y71]
↑これが始まったのであろう。その後↓
 (3) 水稲農耕の伝播−コメへの収斂化
1 欣岩里型・先松菊里型農耕文化の伝播 [YDNA O-SRY O-47z C-RPS4Y71]
こうした渡来があり、他方、沿海州では、完新世後期BP2,400-2,200年頃ヤンコフス
カヤ文化→クローノフカTuanjie文化、これは沿海州では雑穀農業だが、朝鮮・西日本
では無文・弥生稲作農業 。(2)(3))両方ともに海人族C-RPS4Y71の移動を伴う。
2 松菊里型水稲農耕文化の伝播 [YDNA O-LINE1 O-M122 O-M134 C-RPS4Y71]
これはクローノフカTuanjie文化が燕の鋳造鉄文化、松菊里文化と重なって洛東江方面
へと移動するのであろう。

166 :LUNAMASK:2009/09/21(月) 12:52:22 ID:JjCCOhVZ
日本には外にも牧畜系YDNA Cとしては南シベリア・バイカル系 C-217* (日本 1.9%
中央アジア 17.4%)も入っているが、これはアルタイ→オルドス→遼西→集安といった
移動経路を取り、半島では狛となり、日本には高地性集落・山城・古墳建設時に出現す
ると考えられる。これとは別に、「秦漢之際,松嫩平原出現第一個國家--「?王國」,在
漢代人們發現了「?王之印」,其「國有故城」,?貊人的北支為索離族(?貊の北部部分を
索離族とする),飼養豬、馬、牛,又善於狩獵。索離人生活在嫩江以東、松花江以北的
松嫩平原地帶。嫩江下游肇源縣白金寶遺址(白金宝遺跡が索離族の文化遺跡である)
就是索離人的文化遺存。索離人的社會内部已出現私有制和階級對立,已跨入文明
的門坎。索離族人東明稱王,不用?族和索離族名,而採用鳧臾 Puyo 
http://home.megapass.co.kr/~hsg8689/zz236.htm 族名,中原漢族王朝譯作夫餘,
後改為扶餘。漢時受玄菟郡管轄,漢末三國初改屬遼東公孫氏,晉朝時由東夷校尉
管理。」
この夫与族というのが穢、O-SRY、O-47z等は沃沮とされるものではないだろうか。


167 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/21(月) 15:02:51 ID:SH2XDH2s
>>164-165
http://shushen.hp.infoseek.co.jp/hitori/yayoijidai1.htm
http://www.okunomasao.com/saikin/rekinenndai/rekinen.htm
多分前にも挙げたブログじゃと思います。
下の方の奥野氏が旧石器捏造事件に、「日本の考古学界は捏造発覚
以前の25年間捏造を批判した学者・研究者を学会八分(村八分)に
して、捏造批判を押さえつけました。」事件発覚後、「手を汚した
関係学者の免責(無罪放免)と引き換えに」責任を藤村氏一人に
かぶせました。「考古学界は文化庁・歴博関係学者の批判を
タブーのように口を閉ざしています。」
まあ、村八分、責任は下っ端に取らせる等余りに日本的な
やり方ですね。
今日の歴博関係学者は、反省せず弥生期年代繰上げて、古うしょう
としよりますね。

168 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/21(月) 15:22:35 ID:SH2XDH2s
>>162
科学的という名のペテン云うことじゃろう。一般人が
騙され易い権威になっとるけぇのう。科学的云うたら。
あんた、文化庁か歴博の回し者か?

169 :LUNAMASK:2009/09/21(月) 16:13:24 ID:JjCCOhVZ
>>167
批判も許されないシステムではだめだから、批判は批判でいいのでは。


170 :出土地不明:2009/09/21(月) 18:21:19 ID:EeJbs9bL
「入れ墨」は日本では旧石器時代からおこなわれている。


タトゥーは少なくともオセアニア大陸で新石器時代からおこなわれていました。
タトゥーをしたミイラが発見されています。日本では旧石器時代から
おこなわれていたと考えられています。その他の多くの文明でも、
それぞれ独特のタトゥーの様式がありました。
http://blog.livedoor.jp/sakae101/index.rdf
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた

171 :出土地不明:2009/09/21(月) 18:24:46 ID:Z8EUSpGh
日本には世界最古の7000年前の入れ墨の証拠遺物がある。


紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて?

日本人が最初に入れ墨を取り入れたであろうと想像できる縄文時代の土器が
発掘されています。縄文土器にあしらわれた顔には埋葬者を守る意味合いを
持つ神秘的な「入れ墨」のようなものが認められ、これが入れ墨として記録
されている世界最古のものではないかと想像されています。
また、日本原住民族であるアイヌには優れた入れ墨技術があったものと
思われます。
http://www.ta2.com/tattoohistory.html
紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて
入れ墨として記録されている世界最古のもの
紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて
入れ墨として記録されている世界最古のもの

172 :出土地不明:2009/09/21(月) 18:27:39 ID:Z8EUSpGh



世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!

紀元前5,000年の縄文時代の土器から、入れ墨をほどこした人面器が
発見されているんだ。
http://www.tnc.ne.jp/oasobi/oasobi03/119tatoo/index.html
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!




173 :LUNAMASK:2009/09/22(火) 08:56:39 ID:qW9Bk6hn
>>166
シ歳(←これってVistaでは環境依存文字とされている)貊。わいばく。

174 :LUNAMASK:2009/09/22(火) 09:06:46 ID:qW9Bk6hn
?貊についての中国語・維基百科
豆末婁在八世紀初,被K水靺鞨及室韋諸部所呑併。至此,嫩江中游東岸的夫余族
融合到肅慎和東胡系統之中。這些人可能與大和族有關,他們的語言與百濟語,
高句麗語及上古日語相似。他們的語言被定性為扶餘語系。
ここにきて嫩江中流域東岸の夫与族は粛慎・東胡に融合された。彼らは大和族と関係
がある可能性があり、彼らの言語は百済語、高句麗語、上古日本語と似ている。彼ら
の言語は扶餘語系とすべきだろう。

175 :出土地不明:2009/09/22(火) 10:13:18 ID:Rjs4NTeE
>>167
>今日の歴博関係学者は、反省せず弥生期年代繰上げて、古うしょう
>としよりますね。

じゃ逆に歴博の見解は間違いであると科学的に示せばいい。
やらずに、やれずに偉そうに言うな、クズ。

176 :出土地不明:2009/09/22(火) 16:19:40 ID:yz66/G1n
「歌垣」は百済の帰化人から伝わっている。


翌宝亀元年(770年)3月には、男女230人が歌垣(うたがき)
には百済から河内の地に渡来した王仁(わに)の末孫たちが奉仕した
との記録が残されています。(続日本紀)
http://www18.ocn.ne.jp/~doukyou/shirukai/sub01.html

弓削の道鏡の出身地で称徳天皇がこの地に遊行されて、百済の人々が
歌垣をして慰めたという
http://www.shiga-miidera.or.jp/serialization/shinra/136.htm

歌垣を行った葛井氏ら六氏は百済からの渡来人を先祖としており
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou26/kaihou26.html

177 :出土地不明:2009/09/22(火) 16:22:09 ID:seUsthct
「歌垣」は現在でも朝鮮半島に見られる。


先生は「韓の国紀行『歌垣』」のなかで、「朝鮮民族には凄味がある、
と、ほとほと思ったのは、この仏国寺の松林で野遊びを見、歌垣の
歌声をきき、そして杖鼓(チャング)のリズムをきいたときであった。
http://homepage2.nifty.com/kodaijin-tamat/index.files/karanokuni.htm

日本にも野遊びはあった。万葉のころ歌垣は絶えた。韓国ではいまも
生活の中にある。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/nishikawasan/siba/karakuni.htm
 
韓国の山野では野遊びをする人々に出会うという。司馬さんは
「人々は強烈なリズムにのって群舞しており、さながら万葉時代の
歌垣や踏歌を現(うつつ)に見る思い」がすると書いていた。
http://www1.coralnet.or.jp/kn/tenti/c2002401.htm

178 :出土地不明:2009/09/22(火) 16:27:43 ID:FlBp/OV4
次に、歌垣(かがい・歌會)について語ろう。七七〇年三月、河内の弓削の称徳離宮で歌垣が
行われた。万代にわたる帝と離宮の存続を祈り、周囲六ヶ村男女二百三十人の渡来人が夜を
通して歌い踊った。歌垣は若い男女にとって、他の部落との間の通婚の機会設定に大きな役割を
果たしていた。このころは、山麓の景勝地まで人々が出かけて、賑やかに野外舞踏会を開いた
ものであった。というよりは、日のあるうちは野に遊び、日が暮れると篝火が灯され、酒が
入って宴は佳境に入る。日野の朝鮮坊山では、毎年歌垣が行われていた。
お月見の習慣と併せて、韓半島からの伝来の風習であった。いまも扶餘や慶州あたりの野原では、
夏の夕べに月見の宴を張る。これを野遊とよんでいる。大和の民衆もこの楽しみをまねて、
農業神事に取り入れた。慶州の仏国寺の松林で、水色・桃色・緑・赤など色とりどりの袴・上衣を
着た老若男女が楽しそうに踊るのを見ることができる。杖鼓を膝の前において鞭のようなバチで
打つ。このリズムに合わせて踊る。韓国ではいまでも一般の家庭で使われている楽器である。
日本舞楽の羯鼓に似た楽器である。筑波山麓の歌會や常陸国風土記にある童子女松原の歌會が
知られている。筑波嶺の歌會で詠んだ歌一首と短歌が万葉集巻九にある。この伝統が盆踊りの形で
現在の日本に引き継がれた。
http://www.tmd.ac.jp/med/mtec/wakamatsu/emperor/historybackground.pdf#search

179 :出土地不明:2009/09/22(火) 18:05:51 ID:OLS0L+UY
歌垣   出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

歌垣(うたがき)とは、特定の日時に若い男女が集まり、相互に求愛の歌謡を掛け合う呪的信仰に立つ習俗。
現代では主に中国南部からインドシナ半島北部の山岳地帯に分布しているほか、フィリピンやインドネシアなどでも類似の風習が見られる。
古代日本の常陸筑波山などおいて、歌垣の風習が存在したことが『万葉集』などによりうかがうことができる。

歌垣と同様の風習は、中国南部からインドシナ半島、フィリピンやインドネシアにも存在する。
このことから、古代日本の文化は、東南アジアから中国南部にかけての地域と、一体の文化圏を築いていたという見方もある(照葉樹林文化論など)。


180 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/22(火) 23:59:08 ID:z+uQCgXp
>>175
>>167に挙げた上の方のブログの A測定内容について を読んだんか?



181 :LUNAMASK:2009/09/23(水) 09:02:43 ID:xOdhFCMf
日本人YDNA起源 (試案)
C 8.5%
弥生晩期・古墳時代渡来
C-217* 1.9% 狛・ブリャート アイヌ 
C-M86 1.2% 穢 C3c 渡来
C-M8 5.4% 縄文 固有
縄文時代
D 34.7%
下記階層分岐は東日本縄文人の西遷・弥生拡大に伴うもの
D-P37.1* 3.9%
D-M116.1 16.6%
D-M125*     12.0%
D-P42     2.3%
NO共通祖先
NO-M214* 2.3% 狩猟・採集民、創始者効果/遺伝的浮動
縄文晩期渡来
O-P31 31.7% 突帯文土器文化 東夷・米を含む雑穀
O-M95* 1.9%
O-SRY 7.7%
O-47z 22.0%
弥生時代
O-M122 20.1 % 松菊里文化 江南・水稲
O-LINE1 3.1%
O-M122* 6.6%
O-M134 10.4%
弥生晩期・古墳時代
N-LLY22g* 1.2% 満州族 錫伯
N-M178     0.4% ヤクート 粛慎
Q-P36 0.4% ユダヤ人/秦氏 (ケト人・北米インディアン)
頭骨変形慣習
I-P19 0.4% 古ヨーロッパ人(土壙墳・ヤムナ文化人)
小河墓遺跡
R-M207 0.4% アヴァール/エフタル・コーカソイド/地下式横穴墳

182 :LUNAMASK:2009/09/23(水) 09:24:09 ID:xOdhFCMf
>N-LLY22g* 1.2% 満州族 錫伯
これはアルタイ系ではなくシナ・チベット系語族であり、彝族と同類。隼人はこれに関係
するのかも。

183 :出土地不明:2009/09/23(水) 09:33:05 ID:UIX4UjHB
>>180
読んだが科学的根拠なんて何もないが?
歴博に対抗するなら科学的根拠出さないとな。

184 :LUNAMASK:2009/09/23(水) 10:09:38 ID:xOdhFCMf
NO-M214*は
N-LLY22g* 1.2% 満州族 錫伯
N-M178     0.4% ヤクート 粛慎
並びに
C-217* 1.9% 狛・ブリャート アイヌ 
C-M86 1.2% 穢 C3c 渡来
と共に弥生晩期にまとまって渡来したのかもしれない。



185 :出土地不明:2009/09/23(水) 10:27:39 ID:UIX4UjHB
>>181
素晴らしいです、ありがとう。

日本人YDNA起源 (試案)
●C 8.5%
(内訳)

C-217* 1.9% 狛・ブリャート アイヌ 
C-M86 1.2% 穢 C3c 渡来
C-M8 5.4% 縄文 固有
縄文時代

●D 34.7%
(内訳)

D-P37.1* 3.9%
D-M116.1 16.6%
D-M125*     12.0%
D-P42     2.3%

と言うことですね。

186 :LUNAMASK:2009/09/23(水) 10:58:31 ID:xOdhFCMf
そうです。その縄文晩期に穀物農耕が開始され、まずは畑作、次に稲作がやってくる。
O系統です。さらに後漢の時代になると、典型的には阿波に入植する忌部氏ですが、
どうも興安嶺のイミ族であり、内容は
NO-M214*・・・これは徳島県にしか見られない。
N-LLY22g* 1.2% 満州族 錫伯
N-M178     0.4% ヤクート 粛慎
並びに
C-217* 1.9% 狛・ブリャート アイヌ 
C-M86 1.2% 穢 C3c 渡来
であったのではないかと見られます。これは徳島を振り出しに関東、安房、武蔵方面
に上陸しています。

187 :LUNAMASK:2009/09/23(水) 11:03:30 ID:xOdhFCMf
阿波の鳴門にはホイケノヤマ古墳と同時代の萩原1号墳があるが、時代を経て
古墳後期には吉野川中遊にまで進出した忌部文化をアップデートする形で肥後
の穹窿横穴墳が出現しています。

188 :LUNAMASK:2009/09/23(水) 11:10:29 ID:xOdhFCMf
>>181
>Q-P36 0.4% ユダヤ人/秦氏 (ケト人・北米インディアン)
>頭骨変形慣習
>I-P19 0.4% 古ヨーロッパ人(土壙墳・ヤムナ文化人)
>小河墓遺跡
>R-M207 0.4% アヴァール/エフタル・コーカソイド/地下式横穴墳
これらは九州の中部・南部・南西諸島に入ってきた天孫族でしょう。


189 :LUNAMASK:2009/09/23(水) 11:14:18 ID:xOdhFCMf
神武は西都原古墳文化が存在しない頃の西都原的文化圏から来ているという
ことですが、これには倭面土(御許・大元)国というものが周防灘沿岸に存在した
ことを想定すれば説明がつくのですが。

190 :LUNAMASK:2009/09/23(水) 11:37:08 ID:xOdhFCMf
豊・東方(アシハラ)ミズホ(周防・長門・安芸三か国)国は太陽神大王オシホミミを擁く
伊都国・奴国が統治する予定であったところ、海外から帰国したニニギ(帥升)がこれに
代わって統治することとなり、神武はその子孫と解釈できる。この辺から倭国乱(海幸
山幸戦争)が開始されたのではなかろうか。

191 :LUNAMASK:2009/09/23(水) 11:59:13 ID:xOdhFCMf
イミ族についてはトルコにおけるルーツ探しからたどり着く原郷がアルグン川
http://zyzg.us/thread-168051-1-1.html
ということであり、ユーラシア全域の調査の結果である点からしてもその意味は
決して軽くはないといえる。

192 :出土地不明:2009/09/23(水) 12:33:02 ID:qoDuRHTl
まあ、大陸に同系語族がない点で、もはやどこから来たのかなどどうでもいい問題だ。

 日本人は大陸から分離して列島内で融合形成されたということだ。

193 :LUNAMASK:2009/09/23(水) 13:11:05 ID:xOdhFCMf
いまさら元狛人、白人なんて言われてもどうしようもない。もう見分けはつかないよなー。

194 :LUNAMASK:2009/09/23(水) 14:05:17 ID:xOdhFCMf
>>188
>アシケナージ・ユダヤ人にはI-P19もあるとされる。するとQ-P36及びI-P19 は共に
ユダヤ人ということになる。秦氏というのはラビのようなもので、スキタイの従軍牧師
のような存在だったのか。

195 :LUNAMASK:2009/09/23(水) 14:21:53 ID:xOdhFCMf
列島と半島の違いは、列島ではDが農耕民、ノマドと協力しながらも、最終的には
最も繁栄するのに対し、半島では次から次へと入れ替わるうちに原住民が日本の
アイヌのように細ってしまったということのようだ。

196 :LUNAMASK:2009/09/23(水) 15:41:26 ID:xOdhFCMf
>>125 >>182 N-LLY22g*
殷の西方交易をになったカラスク集団は形質的にパミール・フェルガナ系コーカソイドと
華北モンゴロイドの連合体というロシアの考古学調査結果があるが、秦氏というのはN-LLY22g*(彝族・錫伯族・隼人と同系)という可能性もある。ユダヤ人というのは人類学
的には存在せず、宗教団体なのであるからコーカソイド・モンゴロイド連合集団というの
はあり得る。

197 :LUNAMASK:2009/09/23(水) 15:56:37 ID:xOdhFCMf
フンに追われバイカル湖北方に進出した石板墓文化人の墓は熊本の石板積石室墓
とそっくりである。これは後のヤクートのルート上であるからN-M178 0.4%、というのを
これに当てはめて考えてもいいのでは。すると隣の豊前はN-LLY22g*秦氏、豊後は
スキタイ系アヴァール・エフタル(天孫・地下式横穴墓)、残る鹿児島はQ-P36
琉球は箕子朝鮮系I-P19これが沖縄の滑石混和土器文化の担架者とも考えられる。

198 :出土地不明:2009/09/23(水) 18:45:49 ID:7ve+mhvw
「貫頭衣」は単に人類最初の服装の形で、古代から現代まで世界中に見られる。


●貫頭衣 (かんとうい)
一枚の布を2つに折り、その折り目の中央に穴をあけ、そこから頭を貫いて
(通して)衣服としたもの。エジプト時代から見られる原始的な衣服の
形式である。ポンチョやガラビアなどもこの一種。
http://www.frontstyle.com/dictionary/j_ka.html

人類最初の服装の形は一枚布であったり、一枚布の真ん中に穴を開けて
被るという貫頭衣というシンプルな形であった。
http://homepage1.nifty.com/mottoi/kokusai8.htm

人類の衣服の工夫の中で最も単純な基本形として、貫頭衣の分布は広いが、
南米アンデス諸国に見られるポンチョがその代表的なものとされている。
http://www.h6.dion.ne.jp/~fu35/minzokuHP/ajia/indonesia.htm

199 :出土地不明:2009/09/23(水) 18:50:19 ID:VASc2P92
古代ローマ時代の貫頭衣のような、一枚の布の頭の部分をくりぬいた
だけの服を着ていた。
http://home.att.ne.jp/red/senseofwondr/mou2.htm

古代中国もローマもギリシャも布を纏うか貫頭衣であった。
http://www.lcv.ne.jp/~yokota/contents/mumble/ykt/970410.htm

ローマ時代のイタリアでは男性はトーガという貫頭衣
http://www.psats.or.jp/psats.or.jp/column/nakamura027column.html00

200 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/24(木) 01:03:01 ID:JU5RJsMs
>>183
科学的根拠が無いとあんたが断定したんは、>>167 イ) ロ) ハ) の
どの文か提示して、具体的にどういう点が非科学的なんか意見して
みんさい。

201 :出土地不明:2009/09/24(木) 01:49:39 ID:VpBBGzmQ
デムパ爺さんY詐欺退治ガムバレよ。

正直あんたしかいねえ。

無論、あれは全面的な欺罔創作。

助成してやりたいが今は江南詐欺の解体の方で正直手一杯。

参戦できるのはいつの日か・・・

202 :出土地不明:2009/09/24(木) 07:49:28 ID:Ur/xH65N
マニフェストに載ってないことを何よりも先に実行しようとする民主党を法的に訴える方法はないのかね?
選挙活動中は、外国人参政権の重大性を日本国民に問うこともなく、子供手当、高速道路無料化、年金一元化等の

国民の生活が第一で日本国民をダマしまくり、政権をとったら、マニフェストに載せていない国民の生活を脅かすような安全保障にかかわる
外国人参政権を、日本国民の知らぬ間に法案成立させようとするのは、詐欺じゃないのか。

法曹関係者で、保守系の方は、何か良い知恵はないでしょうか。 

▼外国人参政権が非常に危険であることが簡単に理解できるよ! →プリントアウトするとビラになります!
↓PDFファイルの方をクリック!
http://sites.google.com/site/naoki1333nochottotoorimasuyo/home/9-27gaikoku-ninjin-seiken-hantai-demo-sanka-sokushin-chirashi

▼外国人参政権反対! ゆうこりんみたいなカワイイ声の普通の女の子も立ち上がってるよ!
http://www.youtube.com/watch?v=pBcSlmdcCZU

▼永住外国人への地方参政権付与「反対」圧倒的9割超 → これが現実なのよね。日本国民の9割超が反対している法案を成立させよう
とする民主党って、どうよ?
http://www.youtube.com/watch?v=e7kCfj44L58

▼日本女性の会 そよ風 のサイトでデモのスケジュールをチェックしてね!
http://www.soyokaze2009.com/news.php

▼あなたの地区でポスティングしてみませんか?
http://www.geocities.jp/www_nagatacho/


こんな法案、成立させるのおかしいよね? 絶対。

ブログでも、2ちゃんでも、ビラ配りでも、デモ参加でも、議員にメールでも、なんでも良いです。 

あなたが本法案の成立阻止に協力できることをやりましょうよ。 立ち上がれ、日本人!

203 :LUNAMASK:2009/09/24(木) 15:13:53 ID:Dc+7Z/+D
[試案]
日本人YDNA起源の時代/文化
C-M8 5.40% 縄文
D-P37.1* 3.90% 縄文
D-M116.1 16.60% 縄文
D-M125* 12.00% 縄文
D-P42 2.30% 縄文
O-M95* 1.90% 突帯文 
O-SRY 7.70% 突帯文 
O-47z 22.00% 突帯文
O-LINE1 3.10% 松菊里 
O-M122* 6.60% 松菊里 
O-M134 10.40% 松菊里
[YDNA O-*は HLA B44-DR13 華北 B46-DR9 東夷 B52-DR2 満蒙 B54-DR14
江南に対応するのでは?]
C-217* 1.90% 狛(高句麗系?)
C-M86 1.20% シ歳(夫与・百済系?)
N-M178 0.40% 粛慎
NO-M214* 2.30% 満州族(忌部氏か?)
N-LLY22g* 1.20% 羌(隼人・秦氏か?)
I-P19 0.40% 古ユーロポイド
Q-P36 0.40% ユダヤ人
R-M207 0.40% アヴァール・エフタル

204 :出土地不明:2009/09/24(木) 16:45:07 ID:JGtniPkh

>>>  Y詐欺師の大物メンバーです!白馬青牛さん!懲らしめて下さい!!!!!

アメリカ文学史とY染色体
上に引いたブライアン・サイクス(Brian Sykes)はオックスフォード大学の人類遺伝学の世界的権威。
一般向けの「イブと七人の娘たち」(The Seven Daughters of Eve)の他に、Y染色体の追跡を取り上げた
「アダムの呪い」(Adam's Curse:大野晶子訳で ...
plaza.rakuten.co.jp/macfukui/diary/200903200000/ - キャッシュ - 類似ページ

NHKスペシャル「女と男」-Y染色体は ...
Y染色体は、他の遺伝子と異なり、対を成していない。人間の雄は「XY」であり人間の雌は「XX]だからだ。
... 不妊治療で生まれた子供が親の形質を受け継いで同じく不妊治療を受けなければいけないのなら、
今後人類の出産能力はどんどん悪化していくけど ...
b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/.../1232374414 - キャッシュ - 類似ページ


205 :出土地不明:2009/09/24(木) 16:49:04 ID:JGtniPkh

>>>  Y詐欺師の大物メンバーです!白馬青牛さん!懲らしめて下さい!!!!!

Y染色体の不思議な進化を探る:日経サイエンス
ページの研究グループはヒトゲノム計画でY染色体を担当していた。ジェガリアンは,米国立衛生研究所(NIH)で
サイエンス・ライターとして働いている。中国生まれのラーンは,シカゴ大学人類遺伝学教室の助教授で
ハワード・ヒューズ医学研究所にも席がある ...
www.nikkei-science.com/page/magazine/0105/y.html - キャッシュ - 類似ページ

お知らせ | 北海道大学 理学部 生物科学科(生物学)
2009年1月23日 ... 2月19日 NHKハイビジョン特集 「Y染色体のミステリー」 が放送されます。
1月18日NHKスペシャル "女と男、第3回 男が消える?人類も消える?"の拡大判が、BSハイビジョン特集で
放送されます。本学科、松田先生と黒岩先生の最新の ...
www.sci.hokudai.ac.jp/bio/info/2009/01/-nhk.php - キャッシュ - 類似ページ



206 :出土地不明:2009/09/24(木) 16:54:39 ID:Kn1bLg6e

>>>  Y詐欺師の大物メンバーです!白馬青牛さん!懲らしめて下さい!!!!!

J-GLOBAL - 東アジア集団におけるY染色体SNPの分布 【文献】
東アジア集団におけるY染色体SNPの分布. 湯浅勲 (鳥取大)、梅津和夫 (山形大)、三好綾 (福岡大)、吾郷一利 (鹿児島大)、
入沢淑 ... 所属機関: 鳥取大学 医学部 医学科 法医学分野研究分野: 法医学,人類遺伝学,人類学.
【この人をキーに探す】 研究者 ...
jglobal2.net/public/20090422/200902209590688531 - 類似ページ

Y染色体DNAタイプの分岐年代と拡散経路
投稿 7 件 - 最新の投稿: 2008年10月26日
ナショナルジオグラフィックのサイト(英文)に、人類のY染色体DNAとミトコンドリアDNA解析に ... このサイトで、
A系統〜R系統に分類された人類のY染色体DNAのうち幾つかの系統の分岐と移動を辿ってみると、概ね次のように ...
www.kodai-bunmei.net/bbs/bbs.php?i=200&c... - キャッシュ - 類似ページ



207 :出土地不明:2009/09/24(木) 17:01:44 ID:Kn1bLg6e

>>>  Y詐欺師の大物メンバーです!白馬青牛さん!懲らしめて下さい!!!!!

Y染色体
どういう事かというと子孫を作っていく過程でコピーしすぎて損壊・劣化が激しく、太古の時と
比べるとY染色体が短くなってきて .... 詳しい事は省きますが、この研究は、
アメリカのソルトレイク市のユタ大学とインドのアンドラ大学文化人類学部とヴィザカ ...
anond.hatelabo.jp/keyword/Y染色体 - キャッシュ - 類似ページ

年報 1989年 国立小児病院小児医療研究センター先天異常研究部
日本人類遺伝学会第34回大会, 松江, 10月26ー28日, 1989。 田村高志, 中堀 豊, 山田正夫,
中込弥男, 古庄敏行, 福嶋義光, 蓑和田滋, 藤枝憲二Y染色体特異DNAプローブによる
構造異常Y染色体の解析。 日本人類遺伝学会第34回大会, 松江, 10月26ー28日, ...
www.nch.go.jp/genetics/NP/NP89-p.htm - 類似ページ



208 :出土地不明:2009/09/24(木) 19:44:26 ID:87TtXITF
「鳥居」の登場は8C。


鳥居の起源については諸説あるが、確かなことは分かっていない。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸から引きずり出す
ために鳴かせた「常世の長鳴鳥」(鶏)に因み、神前に鶏の止まり木を
置いたことが起源であるとする説、インドの仏教やヒンズー教に
みられるトラナや中国の華表など海外に起源を求める説などがある。
いずれにせよ、8世紀ごろに現在の形が確立している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B1%85

8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している

209 :出土地不明:2009/09/24(木) 22:00:19 ID:y0EmaJku
耳垢の湿潤乾燥をもって、判断するのが正しいのか、
遺伝子という明らかな記号をもって、判断するのが正しいのか、
結果は、一目瞭然ではないのか?
農耕に関する基礎語彙の類似度と
"おもや"をomoniと語呂合わせで似ていると判断することに関してもな。

210 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/25(金) 01:35:06 ID:AnET0HI1
>>201
遺伝子の0,2%程度で起源がどうこう妄想するYカルトは、
洗脳されとるけぇのう。ほいじゃがわしゃあ電波は云うとらんど。
>>204-205及び>>206-207
http://くらい打っとけぇや。まあ、ブライアン・サクセス氏は、
mtDNAも含めて考察されとるけえ、一神教の解釈論じゃが、
Yカルトよりましじゃろう。
Y染色体が消滅する危機を提示したらY染色体カルトにしては自爆
行為にならんか。
ほいで、あんたは米国の大学名を云うたら権威になると、
奴隷根性を発揮しても何ら意味があるまあ。
アメリカの研究者のスポンサーの旦那は、企業じゃし、
スポンサーの意向に反することは書けまい。
米国の学者は企業からの集金能力で大学から研究費を貰う
馴れ合い関係じゃし、日本の芸能人がCM出演した企業の悪口は
云えんのと同様、米国でも学者は自己宣伝のパフォーマンスを演じる
存在じゃけぇのう。それを世間が学者の学問の業績と勘違いするだけ
じゃ。特にノーベル賞なんかもらうと権威になるけんのう。学者も
制度の中で踊る土人に過ぎんのじゃ。日本ほどひどうは無いにしても
欧米でも所詮学者はパトロンの意のままに踊る連中が多数を占めると
考える方が健全じゃ。

211 :出土地不明:2009/09/25(金) 09:14:28 ID:YxCfuhT/
すべては中国東北部(旧満州)から日本海を縦断して伝播しただけw


しかも、この査海遺跡の玉ケツ(ケツ状耳飾り)や玉匕とよく似ている遺物が、
福井県金津町の縄文早期末〜前期(6,000年前)の桑野遺跡から出土していた。
桑野遺跡だけではない。類似したケツ状耳飾は、前節の鳥浜貝塚をはじめ、
新潟県清水上遺跡、京都府浦入遺跡など日本海側の遺跡を中心に、日本全国に
分布しているのである。  

即ちこの玉ケツ(ケツ状耳飾)は、実は長江流域から照葉樹林文化の一つとして
伝播したものではなく、中国東北部(旧満州)から日本海を縦断して伝播し、
桑野遺跡を含む北陸地方を生産拠点として、全国的に拡がったと今では考えられている。
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn1/001honnronn_11_1nihonnkai_bunnkakenn.html

212 :LUNAMASK:2009/09/25(金) 11:25:47 ID:ic/b4/CY
>203
>I-P19 0.40% 古ユーロポイド
>Q-P36 0.40% ユダヤ人
>R-M207 0.40% アヴァール・エフタル
I-P19 0.40% 古ユーロポイド 古土壙墓文化人→小河墓文化人→タガール文化人
/古朝鮮、島夷
Q-P36 0.40% ヒッタイト → ユダヤ人 (ハザール)
R-M207 0.40% カタコーム(地下式横穴墓)文化人→パジリク人→アヴァール・エフタル
こうした解釈も可能。

213 :LUNAMASK:2009/09/25(金) 11:35:40 ID:ic/b4/CY
>>212 >>203
殷がユーラシア女性戦士・司祭を司母という制度で取り入れていることは、新疆
カンチャシメンチ岩絵等と照らしてククテニ・トリポリエ文化を取り入れていたことを
示す。これがI-P19 0.40% 古ユーロポイド 古土壙墓文化人→小河墓文化人→
タガール文化人 /古朝鮮、島夷 であり、周はカラスク文化と共に台頭してきた
R-M207 0.40% カタコーム(地下式横穴墓)文化人→パジリク人→アヴァール・エフタル
とみなすことができる。秦氏はこれら両文化の外にもQ-P36 0.40% ヒッタイト → 
ユダヤ人 (ハザール) と犬戎という秘密結社的つながりを有していたものであろう。



214 :LUNAMASK:2009/09/25(金) 12:05:35 ID:ic/b4/CY
http://www.jomon-no-mori.jp/no10.htm
板石積石室墓文化圏と地下式横穴墓文化圏の交差する高千穂に降臨したのは、エジプト
小アジア、南西アジア、インド、中国の文明形成に重要な役割を果たした
I-P19 0.40% 古ユーロポイド 古土壙墓文化人→小河墓文化人→タガール文化人
/古朝鮮、島夷
Q-P36 0.40% ヒッタイト → ユダヤ人 (ハザール)
R-M207 0.40% カタコーム(地下式横穴墓)文化人→パジリク人→アヴァール・エフタル
天孫族であったと言えるのでは。



215 :LUNAMASK:2009/09/25(金) 14:46:13 ID:ic/b4/CY
藤尾氏「生業からみた縄文から弥生」には
「しかし 朝鮮落葉樹林系の畑作文化を祖型とする網羅的な混合農耕と,
朝鮮落葉照葉混交林系の水稲農耕文化を祖型とする特定種に依存する選択的な農耕
の違いが,日本の初期農耕文化に見られる二つの型となって反映される。」
これは日本建国時の、
北東アジア・地祇(銅鐸・大阪湾銅戈・四隅突出型墳丘墓・前方後方墳)
C-217* 1.90% 狛(高句麗系?)
C-M86 1.20% シ歳(夫与・百済系?)
N-M178 0.40% 粛慎 樺太・オホーツク文化経由か?中央アジアの影響大。
中央アジア・天孫(銅鏡・銅剣・銅矛・前方後円墳)
NO-M214* 2.30% 満州族(忌部氏か?)
N-LLY22g* 1.20% 羌(隼人・秦氏か?)
I-P19 0.40% 古ユーロポイド
Q-P36 0.40% ユダヤ人
R-M207 0.40% アヴァール・エフタル
という地政学的配置に現れている。

216 :LUNAMASK:2009/09/25(金) 16:00:58 ID:ic/b4/CY
四隅突出図が表す大地の神・オークネフ神像
http://artnow.ru/img/16000/16480.jpg
牛頭天王(モンゴルの閻魔)
http://cs1351.vkontakte.ru/u318032/58500818/x_c5ae9bdd.jpg
それを国章とするハカス共和国
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/ca/KhakassiaCOA.gif
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%AB%E3%82%B9%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD
日の丸、土俵、素盞嗚命、サルボボと似ている。

217 :LUNAMASK:2009/09/25(金) 16:11:56 ID:ic/b4/CY
日の丸の国、日本、建国構想は既に前2千年紀オクネフ文化↓に存在した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%83%8D%E3%83%95%E6%96%87%E5%8C%96
しかし、建国された日の丸国をスキタイ・サムライ国家に仕上げたのはオクネフ・
カラスク・パジリクと続く中で生まれたスキタイクルガン(高塚)文化人だった。記紀は
これを天孫としたのだ。

218 :出土地不明:2009/09/25(金) 21:22:41 ID:9lSZg/ZX
「断髪」を倭人がしていたなんて魏志倭人伝には書かれていない。
倭人の男子は皆、髪を結って露わにし、木綿を頭に巻いていたと書かれている。




男子皆露? 以木緜招頭

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
http://boat.zero.ad.jp/~zaw10107/1/yayoi_2.htm
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm





219 :LUNAMASK:2009/09/26(土) 08:08:55 ID:DTl+T+ab
>>217 スキタイと刺青
ハカス人女性ミイラ前頭部刺青・隼人紋
http://kitap.net.ru/tit3/image003.gif
パジリク戦士刺青・右腕部拡大図
http://kitap.net.ru/tit3/image028.jpg


220 :LUNAMASK:2009/09/26(土) 08:15:37 ID:DTl+T+ab
右腕部拡大図
http://kitap.net.ru/tit3/image029.jpg

221 :LUNAMASK:2009/09/26(土) 09:39:14 ID:DTl+T+ab
http://kitap.net.ru/tit3/image007.jpg
左側、母なる女神に対置される騎士。パジリククルガン出土フエルト絨毯の図案。騎士
は金のブローチを縫い付けた、あるいはそれで覆われたスキタイ風ジャケット、サルマー
ト風ヴェストを身に付けていた。ヘアスタイルは後の貴霜と共通するイラン系遊牧民に
共通する。ホレズミ・貴霜のコインは原則として表面が君主、裏面は騎士の像である。
・・・
神功皇后に七枝刀は不可欠であり、七枝刀があることは神功皇后が実在したことの
証左。角杯の分布は神功皇后宮殿が敦賀にあったことを示唆する。

222 :LUNAMASK:2009/09/26(土) 09:50:27 ID:DTl+T+ab
神功皇后が三韓・倭国の母なる女神だとすると、卑弥呼は倭国の女神であったことも
同様に真実であろう。

223 :LUNAMASK:2009/09/26(土) 10:05:31 ID:DTl+T+ab
>>215
Q-P36 0.4% これにはアメリカ・インディアンの出戻りもあり、北海道網走方面の
オホーツク人の生き残りである可能性も残されている。

224 :出土地不明:2009/09/26(土) 15:43:19 ID:2TRPL+t3
「糸引き納豆」の登場は室町時代頃、「なれずし」は7C頃に朝鮮経由で伝わる。


平安時代の文献にも塩辛納豆の名は残っているが、一般に広まったのは
室町時代以降でこの頃から糸引き納豆も登場しており区別するために
塩辛納豆を久喜と呼び糸引き納豆を単に納豆と呼ぶようになった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%8D%E8%B1%86

日本最古のすしといわれる「鮒ずし」は、7世紀、近江大津宮に天智天皇が
遷都した以前からこの地にあったといいます。フナずしは、すしといっても
現在の握りずしとは違い、すしの原型といわれる「なれずし」の一種です。
なれずしは、米作民族が考え出した動物性タンパク質の原始的な保存法で、
そのルーツは東南アジアとされ、中国、朝鮮をへて日本へも伝えられました。
http://asamiya.sakura.ne.jp/gotouti/siga/siga.html

225 :出土地不明:2009/09/27(日) 15:11:34 ID:kSVe83XS
「鵜飼」は満州や朝鮮半島にも見られる。


満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくい
あげて吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.jiyuu-shikan.org/shoseki_video4.html

日本の鵜飼いは、鳥居氏に便乗すれば、江南よりも朝鮮や満州の
北方民族から伝わったのかもしれません。鴨緑江や松花江などでも
鵜飼いは見られます(注9)。
http://www.han.org/a/half-moon/hm080.html

226 :出土地不明:2009/09/27(日) 15:15:04 ID:qNPLP8N2
しかも日本の「鵜飼」は中国よりも古い。


鵜飼いの歴史は古く、『日本書紀』神武天皇の条に鵜養部のことが見え、
『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っている。また中国の史書
『隋書』開皇二十年(600年)の条には、日本を訪れた隋使が見た変わった
漁法として紹介されている。

隋書の書かれた時代には鵜飼いは中国人にとって珍しい漁法だったが、
その後中国においても鵜飼い漁法が定着した。

確実な記録として最古の物は、10世紀の文人・陶穀が残した『清異録』
(965年)において、当塗(安徽省太平府の都市)の漁民が「魚を捕らえる
のに非常に機敏な鵜を使う」と記述されているのが最初である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E9%A3%BC%E3%81%84

227 :LUNAMASK:2009/09/27(日) 16:36:10 ID:Lzun3bup
>>189-190
この図↓の有明海に面する石板積石室墓、
http://www.jomon-no-mori.jp/jimages/bombmap2.gif
http://www.jomon-no-mori.jp/no10.htm
これは神話の海幸に、そして日向の地下式横穴墓は山幸の位置にぴったりくる。
山幸は海幸と同じ地域の山岳部にいたものが日向に降臨するということも考えられる。

228 :LUNAMASK:2009/09/28(月) 10:46:47 ID:FgQd3q3g
>>216
>四隅突出図が表す大地の神・オークネフ神像
http://artnow.ru/img/16000/16480.jpg
これは月読命、素戔嗚尊、天照大神を生みだす伊弉諾、伊弉冉の構造。

229 :LUNAMASK:2009/09/28(月) 10:57:13 ID:FgQd3q3g
>>227
皇統の限界を山幸としてもの。宗像神社を中心とする九州東岸が皇統の地理的
西部限界であることを示す。記紀の葦原中国が九州東部から近畿瀬戸内海沿岸
であることを示す。これらの示唆するところは、平原遺跡の内行花文鏡が大和に
移動したこと、しかし、葦原中国の中心は初めから近畿にあったことである。
海彦はおそらく籠神社から河内に入る饒速日であろう。

230 :LUNAMASK:2009/09/28(月) 11:59:25 ID:FgQd3q3g
黄帝、戎、土方、四隅突出等といわれる「地方」、地祇グループとストーン・ヘンジ、
クルガン、菊紋、八幡グループの吉野ヶ里における共存は支石墓・甕棺墓と銅鐸
の共存に現れる。この場合の小銅鐸は背振山岳神信仰の一部と解釈される。
記紀では大己貴・少彦名共同国作り時代とされている。記紀においてはこの時代の
ことを神話のかなたにおきながらも、くえびこという名における古代知識として
支石墓文化が半島から渡来してきたが、古墳となって再度渡来することを示唆しって
いる。

231 :LUNAMASK:2009/09/28(月) 12:09:08 ID:FgQd3q3g
古墳時代は弥生時代の終末に遠賀川文化圏の地理的中央部である大阪湾において
構造改革の規模が臨界に達し、西部の銅剣銅矛・東部の銅鐸祭器を銅鏡祭器に
統合し、住民を巨大首長墳建設に駆り立てることによる村落の環濠集落の柵・濠
のようなバリアーの撤去を行うことで始まったのであろう。平原における太陽神銅鏡
内行花文鏡の技術導入もこの一環であったのであろう。

232 :LUNAMASK:2009/09/28(月) 12:16:12 ID:FgQd3q3g
>>227
記紀の海幸は鎖国乱のころなのに、地下式横穴墓等は磐井の乱の前後であり、
相当時代は違う。しかし、既に縄文時代から有明海沿岸と後背山岳地間の相互
補完的経済関係は機能していた。渡来人にとって最もやりやすいのはそうした既存
流通チャンネルの利用であったのであろう。

233 :LUNAMASK:2009/09/28(月) 12:28:21 ID:FgQd3q3g
記紀はユーラシア最大級の無形考古学遺産であり、その執筆態度は明らかに史書で
あり、聖典としてはあまり合理的なものではない。

234 :出土地不明:2009/09/28(月) 23:05:02 ID:4hPSJret
半月型石包丁(桂葉形雙孔石刀)は遼寧を経由している。


中国遼寧省羊頭窪遺跡.  黒陶系土器 石器(石包丁 磨製石鏃) 紡錐車 骨角器 卜骨
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/museumF/jpncul.html

紅山文化は北方地区の新石器文化の中で重要な文化です。ここでいう北方地区とは、
東北3省(遼寧、吉林、黒龍江)、内蒙古自治区および新彊維吾爾(ウイグル)自治区を指します。
大型石器の中で特徴的なものに、土掘具(耜あるいは犁とも呼ばれる)、桂葉形の双孔石刀があります。
http://kohkosai.web.infoseek.co.jp/kaisetu/15-1kouzan.htm

中国北部の文化が東北部の遼西まで及んでいるいることを知りえた。それに、石包丁が出土していた
のには目を見張った。日本に石包丁が伝わったのはそれから3千年もたった弥生時代になってからなのだ。
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/
◆遼寧の石包丁
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/./photos/uncategorized/2008/02/04/070827_078_2.jpg

235 :LUNAMASK:2009/09/29(火) 11:28:14 ID:UwGRebAN
>>228
素盞嗚命は鼻から生まれるが、オクネフは三つ目。だが、
「前 2-1千年紀中国西方諸文化・諸民族」においてジェットマー・カールは述べている。
「オークネフ文化の重要性 ステップ・ベルト北縁地帯で、私はオークネフ文化の極度の
重要性を強調したが、それは一方で極東と関連し、他方で中央アジアの南と明確な関連
を持っているのである。ところで、私はインダス峡谷チラスにおいて主モチーフ、形式の
特異性がオークネフ岩絵と関連を持っている一連の岩壁画を発見した。これについて
私は一つ二つの報告書を出している。前三千年紀中および前二千年紀初頭初期牧畜
ノマドの数千キロにわたる移住によりこれら地方間に関係があったのであろう。」
http://www.silk-road.com/artl/westchina.shtml
インドに入ると↓クリシュナとなる。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7e/Lord_Jagannath.jpg


236 :LUNAMASK:2009/09/29(火) 11:36:56 ID:UwGRebAN
クリシュナの別名はジャガーノトというが、祇園の山車、岸和田のだんじり、日田、
飛騨高山の屋台がこれだ。岸和田のだんじりのようなものにひき殺されると天国へ
行けるというのがクリシュナ山車祭りの趣旨。大分県竹田市、飛騨高山等には
御物石器が残る。高山の獅子舞はシベリア・スキタイ風である。御物石器はボルガ
からドニエストル流域にかけて馬の文化の伝播と共に造られるようだ。この石造
技術が木工に転用され飛騨に残ったものと考えられる。

237 :LUNAMASK:2009/09/29(火) 11:41:28 ID:UwGRebAN
日田、竹田、高山、祇園、共通するのは山に囲まれた川という立地で、韓国春川市
中島、牡丹江鶯歌嶺、集安のようなものがこれに相当する。タカ・アマガ・ハラという
のがぴったりだ。

238 :LUNAMASK:2009/09/29(火) 12:58:00 ID:UwGRebAN
「京都祇園祭のピラミッド
祇園祭の山鉾にはエジプトのピラミッドやラクダが描かれたものがあります。不思議。
画像は祇園祭の山鉾に描かれているピラミッドとラクダ
みのもんたの日本ミステリー祇園祭
祇園祭の起源はシオンの祭。という事は昔から言われていましたが、9月21日のテレビ
東京みのもんたの日本ミステリーで祇園祭の山鉾連合会理事長が祇園祭とシオン、
ユダヤの関係について言及されていた事は新発見でした。
祇園祭 山鉾 連合会の理事長の言葉
祇園祭というお祭の、しきたり、あるいはその縁起は、間違いなくユダヤの文明と同じ
形態と経過と結果を持った、お祭ですから。
みのもんたの日本ミステリーテレビ東京 四国剣山 青森龍宮城」
http://love55555.at.webry.info/200710/article_6.html

239 :LUNAMASK:2009/09/29(火) 13:13:44 ID:UwGRebAN
>>215
>Q-P36 0.40% ユダヤ人
これは森林地帯出身のケト人とか、インディアン等と同じであり、この系統に木彫り、
木工に長けたものがいてもおかしくはない。

240 :出土地不明:2009/09/29(火) 18:16:12 ID:CKo9qmr9
縄文人はグルメ

241 :出土地不明:2009/09/29(火) 19:45:07 ID:M2PZdZua
「呉服」は百済経由で伝わっている。


また百済国に、「若(モ)し賢(サカ)しき人あらば貢上(タテマツ)れ」
とおほせたまひき。かれ、命(ミコト)を受けて貢上(タテマツ)りし人、
名は和邇吉師(ワニキシ)、すなはち論語十巻・千字文一巻、并(アハ)
せて十一巻(トヲアマリヒトマキ)をこの人に付けてすなはち貢進
(タテマツ)りき。この和邇吉師(ワニキシ)は文首(フミノオビト)等(ラ)の
祖(オヤ)。また手人(テヒト)韓鍛(カラカヌチ)名は卓素(タクソ)、
また呉服(クレハトリ)の西素(サイソ)二人を貢上(タテマツ)り、
また秦造(ハタノミヤツコ)の祖(オヤ)、漢直(アヤノアタヒ)の祖(オヤ)、
また酒を醸(カ)むことを知れる人、名は仁番(ニホ)亦(マタ)の名は
須須許理(ススコリ)等(ラ)参(マヰ)渡り来つ。
http://kamnavi.jp/link/kojiki2.txt

242 :出土地不明:2009/09/30(水) 00:11:17 ID:Fj8xWjsp
>>239
月光たん、いつも応援してるお(^O^)/

ところフルリ物部はこのQ-P36 0.40%のエニセィ・ケト族ってことでよろし?

吉備に入った突破系天孫族のようにも思えるのだけど…

243 :出土地不明:2009/09/30(水) 00:24:18 ID:I1bvkZQJ
縄文人は職人気質、芸術家、グルメ


244 :LUNAMASK:2009/09/30(水) 08:42:01 ID:Mo0+msyM
>>242
「三上次男氏の『満鮮原始墳墓の研究』(一九六一年)に拠ると、支石墓について興味
深い点がいくつかある。
これらを挙げてみると、その築造者は前三世紀末〜二世紀初ごろから活動期に入った
貊人(後の高句麗人と系統を同じくするもの)であったに違いないこと、分布は遼寧地区
と朝鮮半島を中心として山東やわが国の北九州にも僅かながらあること、後の高句麗
人は支石墓の分布地帯を舞台として政治的発展を遂げたこと、支石墓は石棺墓の
巨大化した形式とみられるが、両者の拡がりは朝鮮半島において完全に一致し、
南朝鮮においては両者が合して複合形を取るものさえあること、などである。」
二 扶余系民族が日本に来た可能性 宝賀 寿男
フルリ人が活躍したアララト山のノアの箱舟(聖書の話はこの遺跡より新しいと考えら
れる)と河内物部の天の磐船とは支石墓・石棺墓文化人という共通項でとらえられる。


245 :LUNAMASK:2009/09/30(水) 08:49:23 ID:Mo0+msyM
>>242
>フルリ物部はこのQ-P36 0.40%のエニセィ・ケト族
支石墓<ドルメン<巨石文化・・・これが特定遺伝子と一対一対応することはあり得ない
が、その起源において、たとえばYDNAのO、C、Dと関係しないこともほぼ明らか。

246 :LUNAMASK:2009/09/30(水) 09:39:10 ID:Mo0+msyM
「常世に坐す 石立たす 少名御神」(ユーラシア巨石文化)には優れた酒造技術のあ
ったことを物語るもの↓
『古事記』仲哀記「この御酒は わが御酒ならず 酒の司常世に坐す 石立たす 少名
御神の 神寿き 寿き狂ほし 豊寿き 豊廻し 献り来し 御酒ぞ 乾さず食せ ささ」
大汝(四隅突出型墳丘墓文化)からの少彦名(吉野ヶ里支石墓文化)時代ノスタルジ
ー↓
大汝少彦名のいましけむ志都の石屋は幾代経にけむ

247 :LUNAMASK:2009/09/30(水) 10:39:29 ID:Mo0+msyM
>>238
http://www.senkouji.jp/guidance/info008.html
『往古この岩上に如意宝珠あり、夜ごとに異光遥かに海上を照らす、しかるに異国人来
たりてこの山に登り、寺僧に向かって、我に金あり、汝これを与えるにより、この大石を
我に与えよと、寺僧それに答え、売ることはできぬがこの大石を買いて何にするかとあ
やしむに、異国人は、この僧が岩上に宝石のあるを知らぬことを確かめ、心中欣び
、ひそかにこの大石に登り美玉を奪い去りたり』と。
http://www.yugakusha.net/study/yoshimura_egypt/200503/200503-2.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%88%E6%8A%98%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89
http://en.wikipedia.org/wiki/Bent_Pyramid
ここにもピラミッドの知識を持つ異邦人の存在がある。


248 :LUNAMASK:2009/09/30(水) 10:50:03 ID:Mo0+msyM
閑話休題
http://www.yugakusha.net/study/yoshimura_egypt/200503/200503-2.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%88%E6%8A%98%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89
http://en.wikipedia.org/wiki/Bent_Pyramid
「すなわち、このピラミッドには二人の違う王が入っていることを示しています。もうひとつ
の赤ピラミッドのほうは北側から入る部屋だけです。新しい時代に作られたのに古い
考え方(北極星信仰)。どうしてこんな矛盾があるのかということになりますが、ピラミッド
を作るとき、王ひとりの考え方で作るのではなく、側近の考え方が入るんですね。古い
北極星信仰の集団と新しい太陽信仰の集団が綱引きをして、結果、北極星信仰の集団
が赤ピラミッドに北側を入り口とした部屋を、太陽信仰の集団が屈折ピラミッドに東側を入
り口とした部屋を作ったということなのです。」
箸墓建設に当たり軸線を黄道に合わすか、ヤマトの国魂となる三輪山とするかの論争は
あったのではないかと考える。卑弥呼は鏡宗教で黄道を第一義としていたことは三輪山
祭祀に力が入らなかったような伝承からうかがえる。

249 :LUNAMASK:2009/09/30(水) 11:18:55 ID:Mo0+msyM
>>242
>吉備に入った突破系天孫族のようにも思えるのだけど…
このころの伽耶と倭の間の関係は交易であり、たとえば、土井が浜渡来人のような
集団があったにせよ、高地性集落等の役務提供の対価に農繁期の補助的労務の
機会を得る程度であったのではないでしょうか。孝霊帝の黄魃鬼征伐、桃太郎の
鬼退治というのは渡来人集団が不穏な行動、たとえば黄巾主義にかぶれたとか、に
出たのでこれを鎮圧したとも考えられまっすね。

250 :LUNAMASK:2009/09/30(水) 11:45:39 ID:Mo0+msyM
素盞嗚命→牛頭天王→ジャガーノート (ジャガナート・juggernaut)→岸和田だんじり
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88
これはピラミッドのエジプト、新羅を通商圏内に持ったソグド商人が古代の神話を各地に
おける発展の成果を織り込み、次第にアップデートした結果であろう。


251 :LUNAMASK:2009/09/30(水) 12:27:31 ID:Mo0+msyM
九州の甕棺 −弥生時代甕棺墓の分布とその変還−藤尾 慎一郎
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/kyushu/kamekan.html
饒速日は支石墓文化人だが、末期には筑後川を遡上し、英彦山周辺↓
http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=33.477463931193&lon=130.91668734343986&z=10&mode=map&pointer=on&datum=wgs&fa=ks&home=on&hlat=33.477463931193&hlon=130.9153663555&layout=&ei=utf-8&p=
に展開したものだが、これが出雲系と友好関係を結び、銅鐸圏の河内に降臨したものと
考えられる。


252 :LUNAMASK:2009/09/30(水) 16:16:33 ID:Mo0+msyM
>>248
               施主(=被葬者)     ゼネコン
屈折ピラミッド    上部 スネフェル(息子) 太陽信仰集団
            下部 フニ (父親)    北極星信仰集団  
赤ピラミッド         スネフェル(息子)   北極星信仰集団
屈折ピラミッドとは2世代住宅のようなものらしい。
ゼネコンが2社あったというよりは宗教が2つあり、北極星信仰は地軸中心だから本源的
なものであり、大地→地下世界から葬礼・ミイラづくりにも関連してくるのであろう。

253 :出土地不明:2009/10/01(木) 00:11:22 ID:eurWpDB0
朝鮮半島に稲作が伝わったのは4〜5000年くらい前。


1990年金浦佳■(山と見)里泥炭層から採取された稲籾は4,010+-25BPと
報告されており、問題もあるがもし報告が正しいとすれば韓国での稲の
出現は新石器時代中期段階にまでさかのぼる可能性がある。
http://inoues.net/study/japonica3.html
最近は紀元前2000年ころ(?)とみられる種籾が、漢江の河口に面
する金浦(キムポ)と一山(イルサン)で発見されました(注)。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~halfmoon/hm072.html
然し1992年には、それよりも早い時期の粳米を韓国の清州市における
家瓦遺跡から大量に発見された。今から4721年(+−50)年前と
推測されているが、同時に出土された樹木年輪測定からすると、
今から5020年前のものだと修正がなされた。
http://sakura-nokishita.spaces.live.com/blog/cns!6CB04EFFB064FA79!1873.entry

254 :出土地不明:2009/10/01(木) 00:14:13 ID:eurWpDB0
朝鮮半島で最古の水田遺跡は前11世紀のオクキョン遺跡で日本よりも古い。




弥生時代の始まりと深く関連している韓国南部だが、最古の水田は
慶尚南道蔚山・オクキョン遺跡で見つかっており、孔列文〜突帯文土器が
伴っているところから、前11 世紀頃と考えられている。
http://www.rekihaku.ac.jp/press/yayoi_kaishi.pdf





255 :出土地不明:2009/10/01(木) 00:16:14 ID:3AJ0qIA3
中国から直接日本に伝来した事にされているRM1-b遺伝子の稲の
調査が日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の朝鮮の炭化米で
なされていない。

かつては朝鮮半島にもRM1-b遺伝子の稲は存在したが朝鮮半島の自然環境に
適応できず遺伝子が消滅欠損してしまった可能性が十分に考えられる。

佐藤洋一郎容疑者はただちに日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の
朝鮮の炭化米でRM1-b遺伝子の有無を調査し、その結果を国民に公表せよ。

考古学界を混乱させた貴方にはその責任がある。

それをしない内はペテン、詐欺と言われてもしかたがない。
http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000116_discussion_004.gif

256 :出土地不明:2009/10/01(木) 01:31:25 ID:dLK/D63Y
日本の稲作の一番古い痕跡が約6000年前で
日本の稲を遺伝子調査すると、古代米は東南アジア起源
今のジャポニカ米は、中国起源
中国にも東南アジアから稲が渡り、その後中国で品種改良されに日本に伝わったようだ
日本人の起源はスンダランドだろうな

257 :出土地不明:2009/10/01(木) 08:56:56 ID:aSRG++JU
旧石器以降の経路
http://64.40.115.138/file/lu/6/52235/NTIyMzV9K3szNTg2MTM=.jpg?download=1
弥生以降の移動
イベント    年代   ハプログループ
弥生      3000年前 O2b
チベットビルマ 2600年前 O3
晋       1700年前 O3
唐       1200年前 O3
宋       800年前  O3
ジンギスカン  750年前  C除C3c
満・清     500年前  C3c
http://64.40.115.138/file/lu/6/52235/NTIyMzV9K3szNTg0MjE=.jpg?download=1
現在のハプログループ分布
http://64.40.115.138/file/lu/6/52235/NTIyMzV9K3szNTg0MDc=.jpg?download=1
Gene Base レクナー Lechner 教本
http://www.genebase.com/tutorial/item.php?tuId=21


258 :出土地不明:2009/10/01(木) 20:07:21 ID:hqrn2ACU
見よ!

これが稲作が伝わった当時の長江江南や華北の炊飯器である。

(※色、彩文、フタ、単耳、直耳に注目!これらの要素が弥生土器には一切ない。)


鬲(レキ=袋状の足を持つ三足土器) ◆内蒙古・満州から長江中・下流域まで出土
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050618/4482.jpg
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050610/2764.jpg
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/090.jpg

鼎(テイ=棒状の足を持つ三足土器) ◆華北からインドシナ半島まで広く出土
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/099.jpg
http://www.sx.xinhua.org/ztjn/2003-08/29/xin_49b7e0a2d93511d7be2c0050ba1967d3.jpg
http://www.shtong.gov.cn/node2/node4/node2250/songjiang/node70313/node70604/images/00004623.jpg

259 :出土地不明:2009/10/01(木) 20:11:04 ID:bfrh0lUi
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった

260 :出土地不明:2009/10/01(木) 20:14:22 ID:vdBBPRwr
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆爆


縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。

http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50219a.htm
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり

261 :LUNAMASK:2009/10/02(金) 07:58:41 ID:bvWD+mrP
>>245
全体として突厥ひげクルガンの原型のような吉備盾築墳丘墓建造集団については
これをトゥーラン形質Q-P36と考えることはできるが、筑紫から河内に移住すると
見られる物部とは異なり、伽耶から吉備に入ったものと考えるのがいいかと思って
います。

262 :LUNAMASK:2009/10/02(金) 09:49:55 ID:bvWD+mrP
Q-P36 0.40% ウラル人/フルリ人/トゥーラン人、穹窿石室墓/一部はユダヤ教に
改宗。スキタイ文化の技術的側面をにない、金細工、鍛鉄、石材加工、木工に優れて
いることを考えると、御物石器のある日田、飛騨、石像の多い肥後、信州安曇野などに
関係するかも。

263 :LUNAMASK:2009/10/02(金) 10:58:08 ID:bvWD+mrP
古墳時代に渡来したコーカソイド↓
I-P19 0.40% トカラ語/ククテニ・トリポリエ/アファナシエヴォ/小河墓/女王牛頭
葬儀/戦士・地下式横穴墳文化/殷/南西アジアでは一部がユダヤ教に改宗)/→箕子
朝鮮(古朝鮮)→沖縄→曽於→豊後
R-M207 0.40% クルガン木槨墳/パジリク/スキタイ・サカ族/アヴァール・エフタル/
拝火教・仏教、時期的に周。本来ならば、スキタイは黒海地方の木槨クルガン、円墳の
地下に木槨を持つ竪穴玄室を設けたものであるべきなのだが、墳頂・墳中に玄室を置く
北方森林地帯起源を示唆する前方後円墳が国家規格となった日本においてはそれに
合わせたものかも。


264 :出土地不明:2009/10/02(金) 14:54:50 ID:iptN9+jX
>>262
わぉ、月光たんがやっぱり一番スゴイです(^O^)/

これでおいらが何で物部氏と吉備氏を同じに間違えたのか少し分かったよ〜

Q-P36
フルリ人→物部氏
トゥーラン人→鴨氏

R-M207
クルガン木廓墳→吉備氏→紀氏

ということで、鴨氏と紀氏は三足烏の鳥トーテムつながりなので混同しちゃたのね(>_<)

するとトゥーラン鴨氏が御物石器を持ってケト(気多)神社にやってきたのは何時の頃?

265 :LUNAMASK:2009/10/02(金) 16:09:48 ID:bvWD+mrP
>>264
>Q-P36
>フルリ人→物部氏
>トゥーラン人→鴨氏
可能性あり。
>R-M207
>クルガン木廓墳→吉備氏→紀氏
違う。クルガン木槨墳はサカ系スキタイ。
>するとトゥーラン鴨氏が御物石器を持ってケト(気多)神社にやってきたのは何時
>の頃?
御由緒ではスサノオ時代。羯族かな?御物石器については不明。高山の日下部家
などが関係するかも。



266 :LUNAMASK:2009/10/02(金) 16:19:38 ID:bvWD+mrP
>>265
拘邪韓國と匈奴渾邪・休屠が関係し、これが日下部家かも。

267 :LUNAMASK:2009/10/02(金) 16:22:30 ID:bvWD+mrP
吉備氏、紀氏は原突厥であり、盾築墳丘墓、前期古墳の系統。

268 :出土地不明:2009/10/02(金) 17:31:23 ID:6ahhD4vJ
>>258
縄文土器でも見てろw
http://jomontaro.web.fc2.com/page119.html
http://jomontaro.web.fc2.com/page107.html
http://jomontaro.web.fc2.com/page123.html
http://jomontaro.web.fc2.com/page080.html
http://jomontaro.web.fc2.com/page056.html
http://jomontaro.web.fc2.com/page173.html

269 :出土地不明:2009/10/02(金) 17:40:20 ID:6ahhD4vJ
忘れたが、これも必見w
http://jomontaro.web.fc2.com/page080.html

ホームはココ
http://jomontaro.web.fc2.com/page052.html

270 :出土地不明:2009/10/02(金) 18:45:42 ID:wFwyzBVR
このグルグル感一種のアートだね。

271 :出土地不明:2009/10/02(金) 21:49:02 ID:wFwyzBVR
アイヌ玉は美しい芸術みんな虜になるよ。


272 :出土地不明:2009/10/02(金) 22:44:10 ID:iptN9+jX
>>265
すると…
Q-P36
フルリ人→物部氏
トゥーラン人→鴨氏、吉備氏→紀氏
これに古代きょう族N-LLY22gが加わるのかな

ってことは初期の天孫vs地祇は同族・兄弟の戦いということになりませんか?


273 :出土地不明:2009/10/02(金) 23:48:02 ID:OByWClxs
高床式「倉庫」は北方アジアから直伝している。




高床式建物はシベリアやアムールにもあるけど何か?

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1164871625/






274 :LUNAMASK:2009/10/03(土) 08:53:16 ID:QC10Cqda
>>272
原住民農民層 O・D・C(在来)
渡来人支配層 C(渡来/匈奴・夫与)、
N・Q(吉備→大和/原突厥+秦氏)、
I・R(豊後・薩摩/サカ・トカラ族)
初期の天孫vs地祇構造とは
渡来シャーマンN・Q(含・外人傭兵I・R)・・・主に西日本原住民層に立脚
vs
C(渡来/匈奴・夫与)・・・主に北陸以東の東日本原住民層に立脚

275 :LUNAMASK:2009/10/03(土) 10:33:51 ID:QC10Cqda
>>272
>初期の天孫vs地祇は同族・兄弟の戦いということになりませんか?
神武と長髄彦の場合、神武もこれが天孫同士の戦いであると認め、天孫はさわにかり、
と言っているし、神代においては天津甕星(あまつみかぼし)、別名、天香香背男(あめ
のかがせお)、香香背男(かがせお)などもあり、天孫は一枚岩ではなかったようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%B4%A5%E7%94%95%E6%98%9F

276 :LUNAMASK:2009/10/03(土) 11:10:16 ID:QC10Cqda
>>265
クルガン木廓墳は伽耶大成洞IIから首長が新沢千塚に、家臣団は日向・大隅地下式横
穴墳に移動。

277 :LUNAMASK:2009/10/03(土) 11:23:38 ID:QC10Cqda
>>275
物部といいうのは西日本職業軍人軍団といった集合であり、神武の大和物部、長髄彦
の河内物部といってもその中身は区別しがたかったのでは。

278 :出土地不明:2009/10/03(土) 19:21:59 ID:5HLqjoSL
「入れ墨」は日本では旧石器時代からおこなわれている。


タトゥーは少なくともオセアニア大陸で新石器時代からおこなわれていました。
タトゥーをしたミイラが発見されています。日本では旧石器時代から
おこなわれていたと考えられています。その他の多くの文明でも、
それぞれ独特のタトゥーの様式がありました。
http://blog.livedoor.jp/sakae101/index.rdf
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた

279 :出土地不明:2009/10/03(土) 19:25:35 ID:vvinPeUr
日本には世界最古の7000年前の「入れ墨」の証拠遺物がある。


紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて?

日本人が最初に入れ墨を取り入れたであろうと想像できる縄文時代の土器が
発掘されています。縄文土器にあしらわれた顔には埋葬者を守る意味合いを
持つ神秘的な「入れ墨」のようなものが認められ、これが入れ墨として記録
されている世界最古のものではないかと想像されています。
また、日本原住民族であるアイヌには優れた入れ墨技術があったものと
思われます。
http://www.ta2.com/tattoohistory.html
紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて
入れ墨として記録されている世界最古のもの
紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて
入れ墨として記録されている世界最古のもの

280 :出土地不明:2009/10/03(土) 19:31:01 ID:0AT+TdBx



世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!

紀元前5,000年の縄文時代の土器から、入れ墨をほどこした人面器が
発見されているんだ。
http://www.tnc.ne.jp/oasobi/oasobi03/119tatoo/index.html
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!




281 :LUNAMASK:2009/10/04(日) 13:42:39 ID:/2yTsVRe
>>274
原住民農民層 O・D・C(在来) に加え、渡来系軍事的支配層はと考えると、騎馬民族
となるが、こうなると候補者は:
C(C-M86 1.20% 東胡烏桓(遼寧)系)、
C(C-217* 1.90% トゥーヴァ又は東胡鮮卑(内モンゴル)系)、
R-M207 0.40% サカ・月氏・烏孫・アヴァール・エフタル。
I-P19はタガール族となり、スキタイ化して騎馬民族となっていた可能性もある。
シャーマン的と見られるのは:
Q(Q-P36 0.40% トゥーヴァ鴨族、
N(NO-M214* 2.30% ブリャート東南忌部氏、
N(N-M178 0.40% 原突厥(ブリャート北西)四隅突出型墳丘墓。


282 :LUNAMASK:2009/10/04(日) 18:36:04 ID:/2yTsVRe
この場合、天孫vs地祇構造とはと、あれこれ考えると、
天孫・・・
九州降臨天孫   
N(N-LLY22g* 1.20% 羌(隼人)肥後石板積石室墓、
C(C-217* 1.90% トゥーヴァ又は東胡鮮卑(内モンゴル)系)
Q(Q-P36 0.40% トゥーヴァ鴨族、
I・R(豊後・大隅/サカ(犬戎)・薩摩/トカラ(禺・牛氏)族)

阿波北方降臨天孫
N(NO-M214* 2.30% ブリャート東南忌部氏)、

地祇・・・四隅突出型墳丘墓文化人
C(C-M86 1.20% 亡命東胡烏桓(遼寧)系)/松菊里系武装農民としての夫与族。

283 :出土地不明:2009/10/04(日) 21:33:16 ID:hdhcHtZq
「歌垣」は百済の帰化人から伝わっている。


翌宝亀元年(770年)3月には、男女230人が歌垣(うたがき)
には百済から河内の地に渡来した王仁(わに)の末孫たちが奉仕した
との記録が残されています。(続日本紀)
http://www18.ocn.ne.jp/~doukyou/shirukai/sub01.html

弓削の道鏡の出身地で称徳天皇がこの地に遊行されて、百済の人々が
歌垣をして慰めたという
http://www.shiga-miidera.or.jp/serialization/shinra/136.htm

歌垣を行った葛井氏ら六氏は百済からの渡来人を先祖としており
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou26/kaihou26.html

284 :出土地不明:2009/10/04(日) 21:36:30 ID:T9Q3SAGQ
「歌垣」は現在でも朝鮮半島に見られる。


先生は「韓の国紀行『歌垣』」のなかで、「朝鮮民族には凄味がある、
と、ほとほと思ったのは、この仏国寺の松林で野遊びを見、歌垣の
歌声をきき、そして杖鼓(チャング)のリズムをきいたときであった。
http://homepage2.nifty.com/kodaijin-tamat/index.files/karanokuni.htm

日本にも野遊びはあった。万葉のころ歌垣は絶えた。韓国ではいまも
生活の中にある。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/nishikawasan/siba/karakuni.htm
 
韓国の山野では野遊びをする人々に出会うという。司馬さんは
「人々は強烈なリズムにのって群舞しており、さながら万葉時代の
歌垣や踏歌を現(うつつ)に見る思い」がすると書いていた。
http://www1.coralnet.or.jp/kn/tenti/c2002401.htm

285 :出土地不明:2009/10/04(日) 21:39:37 ID:fWwKo8bH
次に、歌垣(かがい・歌會)について語ろう。七七〇年三月、河内の弓削の称徳離宮で歌垣が
行われた。万代にわたる帝と離宮の存続を祈り、周囲六ヶ村男女二百三十人の渡来人が夜を
通して歌い踊った。歌垣は若い男女にとって、他の部落との間の通婚の機会設定に大きな役割を
果たしていた。このころは、山麓の景勝地まで人々が出かけて、賑やかに野外舞踏会を開いた
ものであった。というよりは、日のあるうちは野に遊び、日が暮れると篝火が灯され、酒が
入って宴は佳境に入る。日野の朝鮮坊山では、毎年歌垣が行われていた。
お月見の習慣と併せて、韓半島からの伝来の風習であった。いまも扶餘や慶州あたりの野原では、
夏の夕べに月見の宴を張る。これを野遊とよんでいる。大和の民衆もこの楽しみをまねて、
農業神事に取り入れた。慶州の仏国寺の松林で、水色・桃色・緑・赤など色とりどりの袴・上衣を
着た老若男女が楽しそうに踊るのを見ることができる。杖鼓を膝の前において鞭のようなバチで
打つ。このリズムに合わせて踊る。韓国ではいまでも一般の家庭で使われている楽器である。
日本舞楽の羯鼓に似た楽器である。筑波山麓の歌會や常陸国風土記にある童子女松原の歌會が
知られている。筑波嶺の歌會で詠んだ歌一首と短歌が万葉集巻九にある。この伝統が盆踊りの形で
現在の日本に引き継がれた。
http://www.tmd.ac.jp/med/mtec/wakamatsu/emperor/historybackground.pdf#search

286 :出土地不明:2009/10/05(月) 18:18:54 ID:hHLgJkq6
>>286
月光たん
これだと初期の天孫
Q-P36トーヴァ鴨族
N-LLY22g*古代きょう族(隼人)
がシャーマン銅鐸文化人で

地祇のC-M86が武装銅剣文化人になりませんか?


あっ、これでいいのかも〜

287 :出土地不明:2009/10/05(月) 19:52:31 ID:doegIwrQ
「貫頭衣」は単に人類最初の服装の形で、古代から現代まで世界中に見られる。


●貫頭衣 (かんとうい)
一枚の布を2つに折り、その折り目の中央に穴をあけ、そこから頭を貫いて
(通して)衣服としたもの。エジプト時代から見られる原始的な衣服の
形式である。ポンチョやガラビアなどもこの一種。
http://www.frontstyle.com/dictionary/j_ka.html

人類最初の服装の形は一枚布であったり、一枚布の真ん中に穴を開けて
被るという貫頭衣というシンプルな形であった。
http://homepage1.nifty.com/mottoi/kokusai8.htm

人類の衣服の工夫の中で最も単純な基本形として、貫頭衣の分布は広いが、
南米アンデス諸国に見られるポンチョがその代表的なものとされている。
http://www.h6.dion.ne.jp/~fu35/minzokuHP/ajia/indonesia.htm

288 :出土地不明:2009/10/05(月) 19:54:43 ID:doegIwrQ
古代ローマ時代の貫頭衣のような、一枚の布の頭の部分をくりぬいた
だけの服を着ていた。
http://home.att.ne.jp/red/senseofwondr/mou2.htm

古代中国もローマもギリシャも布を纏うか貫頭衣であった。
http://www.lcv.ne.jp/~yokota/contents/mumble/ykt/970410.htm

ローマ時代のイタリアでは男性はトーガという貫頭衣
http://www.psats.or.jp/psats.or.jp/column/nakamura027column.html00

289 :LUNAMASK:2009/10/06(火) 08:53:32 ID:4Cx1OARG
>>286
天孫というのは基本的に秦氏が「夕月の民」と述べる民族ではないかと思います。
それは歌垣の民であり、ルーマニアのククテニ・トリポリエ文化を出発し、BMAC
ソグド文化、南シベリアにおいてローカルの文化の影響を受けた後に新疆・タクラマ
カン地域でBC1800年頃から西暦紀元頃まで存続した。殷・周の交代時には箕子
として、あるいは召公として燕・古朝鮮に入り、衛満・後漢武帝の圧力により九州
北部・沖縄・九州南部へと移動したのでしょう。この中核はコーカソイドI/R
であり、冒頓単于によって月氏としてBMACに追われたが、武帝の西域遠征
のあと漢の緩みに、匈奴に流れた巨大な資産を取り込み、朝鮮半島の新羅
(百済・月支国)に残っていた勢力と結び、更には沖縄・薩摩・日向の勢力とも
歴史的なつながりを蘇らせたのであろうと思います。鴨族は南シベリア在地の
Q-P36であったが、同族はフルリ人として古代羌族N-LLY22g*と共にヒクソス・
ヒッタイト・ミタンニ方面で活躍していたものと思われます。


290 :LUNAMASK:2009/10/06(火) 09:13:34 ID:4Cx1OARG
「『続紀』には東漢氏の渡来に関して「神牛の導き」で中国漢末の戦乱から逃れて朝鮮
に移住したことや氏族の多くが才能に優れて朝鮮で重宝されていたこと、聖王が日本に
いると聞いて渡来してきたという伝承が記載されている。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%BC%A2%E6%B0%8F
夕月というのは牛頭と同意であり、女神が牛に乗って、あるいは、小河墓遺跡
で見られたように牛のローハイドでくるまれた棺で牛頭に守られた女王は復活し
民を導くという趣旨のようです。

291 :出土地不明:2009/10/06(火) 10:56:58 ID:XHlG+jHz
>>290
月光たん、いつも斬新で丁寧な解説ありがとう(^-^)/
で、初期の天孫というより、初期の神武と言うべきだったでしょうか

邪馬台国成立前夜に三輪神社に牛頭信仰をもたらしたのは天孫I/Rでなく、地祇 Cの側ですよね

すると天孫・夕月の民と地祇は日本文化の根幹であるオークネフ文明を共有していたことになる〜

吉備→大和・熊野に入った初期の神武はQ/N連合でよろし?


292 :LUNAMASK:2009/10/06(火) 11:46:33 ID:4Cx1OARG
↓こうした天皇の先祖が黒幕で、
安寧天皇 - 磯城津彦玉手看天皇(しきつひこたまてみのすめらみこと)
懿徳天皇 - 大日本彦耜友天皇(おおやまとひこすきとものすめらみこと)
要するに、長髄彦に反旗を翻し、天孫族を引き入れ天下を取ろうとした。
神武というのはおそらくホケノヤマ古墳被葬者であり、磯城の豪族椎根津彦
に担がれたのでしょう。箸墓稜線上にある夕月が嶽はイメージとして↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f3/Warei_Jinja_Ushioni.JPG
司母である卑弥呼の守護神であったと思います。オークネフ文化も、月氏文化も、
シュメール文化もこうした牛・月の神話を共有していたのではないかと思います。
神武が熊野に入ったのは熊野神社が出雲系の神々の排他的検眼のよりどころで
ある構造を破壊し、天孫をそのパンテオンに入れることにあったのではないかと思い
ます。吉備・紀伊の軍が先行し、日向・薩摩方面の援軍が補給する形であったのでは。
DNA的には連勝複式で考えるべきか。



293 :出土地不明:2009/10/06(火) 21:30:45 ID:GEDkEXiE
「鳥居」の登場は8C。


鳥居の起源については諸説あるが、確かなことは分かっていない。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸から引きずり出す
ために鳴かせた「常世の長鳴鳥」(鶏)に因み、神前に鶏の止まり木を
置いたことが起源であるとする説、インドの仏教やヒンズー教に
みられるトラナや中国の華表など海外に起源を求める説などがある。
いずれにせよ、8世紀ごろに現在の形が確立している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B1%85

8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している

294 :出土地不明:2009/10/06(火) 21:41:04 ID:XHlG+jHz
>>292
大和(磯城)の在地勢力がトゥーラン系物部の支配を嫌って
天孫族を呼び込んだということでしょうか?

天孫vs地祇の構造は(銅鐸族CD+神武IR)vs(トゥーラン族QN)にも見えますね


295 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/06(火) 23:59:00 ID:JppFUtQi
>>290
東漢氏の神牛の導きで方向を決めるモチーフは、内陸アジアの
牧畜民モチーフでしょう。ヨーロッパを侵攻したフン族は、
牝牛の導きとか牝鹿の導きがありましたね。東漢氏の新沢千塚古墳
の歩揺は鮮卑墓歩揺と類似しますし、哈拉氏族制、天皇家の騎馬
護衛の性格は中国よりも鮮卑やその他の北方民族の性質に
似てます。同じく天皇家の騎馬護衛の秦氏も、土木工事に巧みな
処は羌族系と思われ、五胡、北朝の前秦、後秦的な性格ですね。
新羅の黄金文化なんかトルコ系的ですし、秦氏はチベット羌と
トルコ系の要素を持った連中が北朝の華夏から朝鮮の新羅、
伽耶の秦韓に住む尖兵と合流し日本へ渡来したかも知れませんね。
東漢氏も遼東の鮮卑や匈奴も含め中国人を名乗った北朝の胡族が
楽浪、百済、伽耶から日本へ渡来したとも思えます。
当時の漢土の華北は人口減少で、北方民族の漢の地でしたから、
胡族の連中は日本にも渡来した連中が多かったかも知れません。

296 :LUNAMASK:2009/10/07(水) 15:27:42 ID:/36ujlAi
>>294 >>292
>大和(磯城)の在地勢力がトゥーラン系物部の支配を嫌って
>天孫族を呼び込んだということでしょうか?
河内は遠賀川稲作文化受容においては保守的な瀬戸内パターンであるのに対して、
大和は今川・唐古パターンという遠賀川入植地のような土地柄。この地域の海人族椎
根津彦、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8E%E6%A0%B9%E6%B4%A5%E5%BD%A6
椿井大塚山古墳被葬者がその子孫と見られる、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%BF%E4%BA%95%E5%A4%A7%E5%A1%9A%E5%B1%B1%E5%8F%A4%E5%A2%B3
が天孫に縁の深い今川(遠賀川)方面から神武を招くことは自然の成り行きですね。
池上・曽根/加美・久宝寺方面の勢力が騎馬民族系統による軍備増強に走ったから
これに対抗したといいうことはあるでしょう。


297 :LUNAMASK:2009/10/07(水) 15:49:03 ID:/36ujlAi
>>295
日本人にあるコーカソイド系を含む遼東-西域方面遺伝子の主要な流入が発生した
のは五胡一六国時代でしょうね。吐谷渾は豊国、秦王国となんたのでないでしょうか。

298 :LUNAMASK:2009/10/07(水) 16:10:05 ID:/36ujlAi
>>294
>天孫vs地祇の構造は(銅鐸族CD+神武IR)vs(トゥーラン族QN)にも見えますね
三極構造ですね。スサノオvsニニギvsオシホミミ かな。

299 :出土地不明:2009/10/07(水) 18:57:01 ID:6YTIMxfI
「断髪」を倭人がしていたなんて魏志倭人伝には書かれていない。
倭人の男子は皆、髪を結って露わにし、木綿を頭に巻いていたと書かれている。




男子皆露? 以木緜招頭

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
http://boat.zero.ad.jp/~zaw10107/1/yayoi_2.htm
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm





300 :出土地不明:2009/10/08(木) 23:40:17 ID:bxkEAFij
「糸引き納豆」の登場は室町時代頃、「なれずし」は7C頃に朝鮮経由で伝わる。


平安時代の文献にも塩辛納豆の名は残っているが、一般に広まったのは
室町時代以降でこの頃から糸引き納豆も登場しており区別するために
塩辛納豆を久喜と呼び糸引き納豆を単に納豆と呼ぶようになった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%8D%E8%B1%86

日本最古のすしといわれる「鮒ずし」は、7世紀、近江大津宮に天智天皇が
遷都した以前からこの地にあったといいます。フナずしは、すしといっても
現在の握りずしとは違い、すしの原型といわれる「なれずし」の一種です。
なれずしは、米作民族が考え出した動物性タンパク質の原始的な保存法で、
そのルーツは東南アジアとされ、中国、朝鮮をへて日本へも伝えられました。
http://asamiya.sakura.ne.jp/gotouti/siga/siga.html

301 :出土地不明:2009/10/09(金) 00:33:56 ID:IEItN+eO
で、それはどの文献に載ってるのかな?

302 :出土地不明:2009/10/09(金) 08:32:55 ID:wKOayI0+
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%81%9A%E3%81%97


303 :出土地不明:2009/10/09(金) 08:33:19 ID:nRKgme5l
白馬さんにききたいのですが、朱子学とはどういう思想なのでしょうか?


304 :LUNAMASK:2009/10/09(金) 09:23:44 ID:lMr7HrGr
>>298
夏家店下層期から夏家店上層期への移行期のザバイカルにおける状態が投影された
ものとすると↓
(銅鐸族=プロト・ブリャート[東胡]+神武=パジリク・タガール[南シベリア])vs(匈奴・プロト
・チュルク[モンゴリア])
これだと東海に前方後方墳[神殿配置型墓]が多いことがよくわかる。

305 :出土地不明:2009/10/09(金) 12:24:42 ID:+s8AlflK
「鵜飼」は満州や朝鮮半島にも見られる。


満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくい
あげて吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.jiyuu-shikan.org/shoseki_video4.html

日本の鵜飼いは、鳥居氏に便乗すれば、江南よりも朝鮮や満州の
北方民族から伝わったのかもしれません。鴨緑江や松花江などでも
鵜飼いは見られます(注9)。
http://www.han.org/a/half-moon/hm080.html

306 :出土地不明:2009/10/09(金) 12:25:29 ID:g6fnn4V6
しかも日本の「鵜飼」は中国よりも古い。


鵜飼いの歴史は古く、『日本書紀』神武天皇の条に鵜養部のことが見え、
『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っている。また中国の史書
『隋書』開皇二十年(600年)の条には、日本を訪れた隋使が見た変わった
漁法として紹介されている。

隋書の書かれた時代には鵜飼いは中国人にとって珍しい漁法だったが、
その後中国においても鵜飼い漁法が定着した。

確実な記録として最古の物は、10世紀の文人・陶穀が残した『清異録』
(965年)において、当塗(安徽省太平府の都市)の漁民が「魚を捕らえる
のに非常に機敏な鵜を使う」と記述されているのが最初である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E9%A3%BC%E3%81%84

307 :出土地不明:2009/10/09(金) 13:34:39 ID:wKOayI0+
縄文時代・弥生時代ともに、網漁法や釣法・刺突法の漁で捕って食べていたことは確かである。
鵜飼いは、新しい時代の漁法だけど、なぜこだわっている人がいるか、分からない。


308 :出土地不明:2009/10/09(金) 15:30:58 ID:wNoKUXrK
>>307 鵜飼は日本と南シナにほとんど同じものがあるが、朝鮮にもあったはずと言いたいんだろう。


309 :出土地不明:2009/10/09(金) 15:37:12 ID:wKOayI0+
鵜飼なら、
http://home.att.ne.jp/grape/shindo/UKAI_2.pdf
縄文時代・弥生時代とは、関係ないね。


310 :出土地不明:2009/10/09(金) 17:47:15 ID:wNoKUXrK
>>309 神武天皇の歌にあるなら弥生時代だろう。いや神武天皇陵があるから古墳時代か。


311 :出土地不明:2009/10/10(土) 00:12:38 ID:1B5h509w

近代、清朝時代に鵜飼いがあったから古代にも、「あったかもしれません」記録はありませんが!

近代、沿海州には高床式倉庫があったから古代にも、「あったかもしれません」遺跡はありませんが!

近代、沿海州には自動車があったから古代にも、「あったかもしれません」遺物は発見されてませんが!

近代、古代日本には納豆、なれ寿司があったから古代朝鮮にも「あったかもしれません」古代朝鮮の記録にはありませんが!

近代、古代日本には歌垣があったから古代朝鮮にも「あったかもしれません」古代朝鮮の記録にはありませんが!


312 :LUNAMASK:2009/10/10(土) 16:51:32 ID:CTNg5C59
>>282
>九州降臨天孫   
>N(N-LLY22g* 1.20% 羌(隼人)肥後石板積石室墓、
青森に入った彝族に訂正。
>阿波北方降臨天孫
>N(NO-M214* 2.30% ブリャート東南忌部氏)、
N-M178プロト・ヤクート族に訂正。これは楽浪から萩原1号墳に来たもの。
N(NO-M214* 2.30%・・・これはソグド人と隣接しており、秦氏。


313 :出土地不明:2009/10/10(土) 21:09:40 ID:YOgRzu7G
半月型石包丁(桂葉形雙孔石刀)は遼寧を経由している。


中国遼寧省羊頭窪遺跡.  黒陶系土器 石器(石包丁 磨製石鏃) 紡錐車 骨角器 卜骨
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/museumF/jpncul.html

紅山文化は北方地区の新石器文化の中で重要な文化です。ここでいう北方地区とは、
東北3省(遼寧、吉林、黒龍江)、内蒙古自治区および新彊維吾爾(ウイグル)自治区を指します。
大型石器の中で特徴的なものに、土掘具(耜あるいは犁とも呼ばれる)、桂葉形の双孔石刀があります。
http://kohkosai.web.infoseek.co.jp/kaisetu/15-1kouzan.htm

中国北部の文化が東北部の遼西まで及んでいるいることを知りえた。それに、石包丁が出土していた
のには目を見張った。日本に石包丁が伝わったのはそれから3千年もたった弥生時代になってからなのだ。
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/
◆遼寧の石包丁
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/./photos/uncategorized/2008/02/04/070827_078_2.jpg

314 :出土地不明:2009/10/10(土) 21:16:31 ID:VAJWg9yy
水稲が江南→日本→半島もあるが、
半島に伝わっていない品種があるので、
水稲が 江南→日本−×→半島もあります。
稲のDNA調査から、ほぼ間違いないと思われます。
また、朝鮮半島に稲作が伝わったのは4〜5000年くらい前、
日本では、稲作や麦作は約6000年前からです。

稲作が朝鮮半島から伝わったのなら、日本列島になぜ古代朝鮮半島の
農機具も伝わっていないのだろうか、
弓山里遺跡から石鍬、角鍬、猪牙鎌などの農耕具が出土してるのに、
日本列島は木製農機具ばかり。
また、朝鮮半島では、石犂、石鎌も智塔里遺跡から出土している。
農機具で、稲作の伝わり方を説明するのには、朝鮮半島経由では、
矛盾が出てくるんだが。


315 :出土地不明:2009/10/10(土) 21:21:24 ID:HVbgZF+j
>>313
月光たん曰わく

半月石包丁はマヤインカ文明につながるヒッタイト・ケト人のマーカーだお

316 :出土地不明:2009/10/10(土) 21:42:54 ID:gK+7rsrH
むかーしむかし、長江の河口域あたりの江蘇省から3000年前、渡来系弥生人が
九州北部に渡来して水田稲作を伝えました。

ところが、なぜかこの最古の水田遺構を残した長江の渡来人、何を血迷ったのか、
自らの故郷の石鋤などの石製農耕具を伝えず、長江に無いはずのクワを農耕具として
伝えてしまったんです。しかも木製の。

最後の最後まで当時の江南の農耕具の主役だった石鋤を一切伝えてくれなかったんです。

おまけに、この水田稲作を伝えてくれた長江の渡来人、何をとち狂ったのか、
故郷の江南系中国土器を伝えず、わざわざ遠く離れた北方の沿海州系の土器を
最古の水田遺構に伝えてしまいましたとさ。


おしまい(爆


317 :出土地不明:2009/10/10(土) 22:49:17 ID:tVtkAE6j

日本に縄文稲作が有ったのは確実で、その縄文稲が朝鮮経由なら

遼寧の半月型石包丁が縄文遺跡からザクザク出てくるはずだが出てこないね

あれえ〜〜どゆこと トンスル団員さん教えて!


318 :LUNAMASK:2009/10/11(日) 11:29:54 ID:maAMqbfU
>>315
石包丁はYDNA-O型と結びつく東アジア農耕文明のもの。ヒッタイト帝国の画像に
出てくるトゥーラン形質は言語的にフルリ人と関係し、ケト、ナデネの言語に関係
している。これらはユーラシア南部でで農業の始まる頃には北部から米大陸に
移住した民族であり、彼らが米大陸に持ち込んだのは狩猟用の槍先程度のもの。
石包丁は日本における弥生等の農耕文化と関係している。石包丁は単に稲作に
とどまらず、更に古い雑穀の収穫にも使用されている。

319 :LUNAMASK:2009/10/11(日) 11:55:50 ID:maAMqbfU
下表は左から
Name of the area
Period of using reaping knife
Date of Zeng, Li or Yan
Date of Dou
Date of farming economy
-------------------------------------------------------------
The Liao River area 5500-2400BP c.4500 c.5000 c. 4500BP
The Liaodong peninsula 4900-3000BP c.5000 c.4500 c. 3500BP
The Song-Nen plans 3000-2000BP c.3500 c.2500 c. 3000BP
The Ji-Chang area 3000-2000BP c.3000 c.3000 c. 3000BP
Korea 3000-1800BP c.2500 c.2500 c. 3000BP
The Changbaishan areas 2500-2000BP c.2500 c.2500 c. 2500BP
Primorye of Russia 2500-2000BP c.2500 c.2500 c. 2500BP
Japan 3000-2000 Rare c.3000 c.3000 BP
Table 9-1 The dates of reaping knives, tripods and Dou with farming economy
長白山・沿海州が日本よりも更に500年遅れている。しかし日本に入る刻目突帯文
土器は更に北方のバイカル湖から来ている。

320 :LUNAMASK:2009/10/11(日) 12:16:40 ID:maAMqbfU
YDNA-O型を農耕文化とリンクすると満蒙・半島・列島地域へのこのハプロタイプの
進出は紅山・小河沿・夏家店文化時代にバイカルに進出したグラスコフ文化人が
カラスク・プロト・フンの影響によって石板墓文化に入るころに南下を始め、O2bとして
半島・列島に入り、その後水稲栽培と共にO3系が同様に半島・列島へと流入する
スキームが考えられる。

321 :出土地不明:2009/10/11(日) 13:13:06 ID:q8VwVudK
縄文時代に出てる意外な物
刻文付有孔石斧
青銅刀、石刀
漆塗り彩文土器
“鬲”に似た彩色三足土器
http://www.geocities.jp/ikoh12/kennkyuuno_to/006_1tairiku_karano_toraibunnka.html
上記の物はエライ人が説明するのが面倒なので保留中w

しかし古代の大陸人は航海が下手だった。これは確かだろう
縄文人は琉球や八丈島に渡航してたので、外海を超える航海技術を持ってたのは確実
縄文人が直接大陸に渡り貿易してた可能性が有るね

322 :LUNAMASK:2009/10/11(日) 14:01:17 ID:maAMqbfU
伽耶の浦上八族というのがウリャンハイではないかと思うが、九州西部縄文人が、
沿海州・アムール・バイカル・イェニセイ・オビ水系に進出していた可能性も大いに
あろう。

323 :出土地不明:2009/10/11(日) 15:43:44 ID:7ZuL7gH1
>>321
紅山文化などの遼河流域文化の影響のあった沿海州南岸方面との交流を経て
搬入された文物だろう。


324 :出土地不明:2009/10/11(日) 16:15:39 ID:FReXc/Zd
「呉服」は百済経由で伝わっている。


また百済国に、「若(モ)し賢(サカ)しき人あらば貢上(タテマツ)れ」
とおほせたまひき。かれ、命(ミコト)を受けて貢上(タテマツ)りし人、
名は和邇吉師(ワニキシ)、すなはち論語十巻・千字文一巻、并(アハ)
せて十一巻(トヲアマリヒトマキ)をこの人に付けてすなはち貢進
(タテマツ)りき。この和邇吉師(ワニキシ)は文首(フミノオビト)等(ラ)の
祖(オヤ)。また手人(テヒト)韓鍛(カラカヌチ)名は卓素(タクソ)、
また呉服(クレハトリ)の西素(サイソ)二人を貢上(タテマツ)り、
また秦造(ハタノミヤツコ)の祖(オヤ)、漢直(アヤノアタヒ)の祖(オヤ)、
また酒を醸(カ)むことを知れる人、名は仁番(ニホ)亦(マタ)の名は
須須許理(ススコリ)等(ラ)参(マヰ)渡り来つ。
http://kamnavi.jp/link/kojiki2.txt

325 :出土地不明:2009/10/11(日) 17:05:45 ID:efDr241h
呉服屋さんも、大変ですね。
>「呉服」は百済経由で伝わっている。
百済の呉服屋の本店跡は、どこにあったのでしょう。



326 :出土地不明:2009/10/11(日) 20:08:00 ID:BXuxs+BA
朱子学ってどういう思想なんですか?
青牛さんはどうしてこれを異常に非難するのでしょうか?

327 :出土地不明:2009/10/12(月) 15:56:18 ID:d5kZ4lpa
朝鮮半島に稲作が伝わったのは4〜5000年くらい前。


1990年金浦佳■(山と見)里泥炭層から採取された稲籾は4,010+-25BPと
報告されており、問題もあるがもし報告が正しいとすれば韓国での稲の
出現は新石器時代中期段階にまでさかのぼる可能性がある。
http://inoues.net/study/japonica3.html
最近は紀元前2000年ころ(?)とみられる種籾が、漢江の河口に面
する金浦(キムポ)と一山(イルサン)で発見されました(注)。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~halfmoon/hm072.html
然し1992年には、それよりも早い時期の粳米を韓国の清州市における
家瓦遺跡から大量に発見された。今から4721年(+−50)年前と
推測されているが、同時に出土された樹木年輪測定からすると、
今から5020年前のものだと修正がなされた。
http://sakura-nokishita.spaces.live.com/blog/cns!6CB04EFFB064FA79!1873.entry

328 :出土地不明:2009/10/12(月) 16:01:10 ID:d5kZ4lpa
朝鮮半島で最古の水田遺跡は前11世紀のオクキョン遺跡で日本よりも古い。




弥生時代の始まりと深く関連している韓国南部だが、最古の水田は
慶尚南道蔚山・オクキョン遺跡で見つかっており、孔列文〜突帯文土器が
伴っているところから、前11 世紀頃と考えられている。
http://www.rekihaku.ac.jp/press/yayoi_kaishi.pdf





329 :出土地不明:2009/10/12(月) 16:04:26 ID:JkF0A15X
中国から直接日本に伝来した事にされているRM1-b遺伝子の稲の
調査が日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の朝鮮の炭化米で
なされていない。

かつては朝鮮半島にもRM1-b遺伝子の稲は存在したが朝鮮半島の自然環境に
適応できず遺伝子が消滅欠損してしまった可能性が十分に考えられる。

佐藤洋一郎容疑者はただちに日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の
朝鮮の炭化米でRM1-b遺伝子の有無を調査し、その結果を国民に公表せよ。

考古学界を混乱させた貴方にはその責任がある。

それをしない内はペテン、詐欺と言われてもしかたがない。
http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000116_discussion_004.gif

330 :LUNAMASK:2009/10/12(月) 17:51:04 ID:cdzKyTLa
>>328
ハカス・オークネフ文化
バイカル湖・グラスコフ文化,、夏家店下層併行
ザバイカル・石板墓文化(孔列文突帯文土器)
松花江/嫩江平原・白金宝文化(南部にて夫与と接する)
沿海州・クロウノフカ文化/牡丹江・鶯歌嶺上層文化
馬韓
こうしたルートが考えられる。



331 :LUNAMASK:2009/10/12(月) 17:59:41 ID:cdzKyTLa
トゥーヴァ大学では唐怒烏梁海(山岳ウリャンハイ)、すなわち、トゥーヴァ人が高句麗
だとしている。高地性集落指向ということもある。

332 :出土地不明:2009/10/12(月) 20:05:28 ID:0C/LuHIa
>>327 >>328 >>329

熱帯ジャポニカ種の稲が朝鮮半島北部から出ていない点で
日本列島から朝鮮半島南部に熱帯ジャポニカ種が伝わったと考えられ、
遺伝子の面から見ても、朝鮮半島から日本列島に伝わった説には無理があり。


333 :出土地不明:2009/10/12(月) 22:40:35 ID:UNRu3utX
>>332
その前に、北朝鮮以北の最古級の炭化米で熱帯ジャポニカの
調査をしてないじゃないの。

サギはやめましょう。

334 :LUNAMASK:2009/10/13(火) 14:32:58 ID:oOXzWKYy
>>330 突帯文土器の源流は↓
多条突帯文土器文化はウクライナ・ドニエプル河中流、チェルカッスィ市↓
http://www.arheolog-ck.ru/wp-content/uploads/2009/08/ris1.jpg
に分布する青銅器時代の文化で、地下羨道式横穴墓(カタコンベ)文化の後に来て
地下木槨式高塚(クルガン)墳文化(スルブナヤ)文化に先行する。
埋葬部には木槨、箱式石棺、横穴の別がある。骨製のバックルが代表的遺物。土器は
刻目多条突帯文の装飾を有する。
http://www.arheolog-ck.ru/wp-content/uploads/2009/08/ris2.jpg
http://www.arheolog-ck.ru/wp-content/uploads/2009/08/ris3.jpg
ギリシャ・ミケーネで出土する角製燕円盤轡の類似物を出土する。
青銅出土品(中近東のヒソ系ではなく、カザフスタン等の錫系)。
http://www.arheolog-ck.ru/wp-content/uploads/2009/08/ris4.jpg
BC17-15世紀。

335 :LUNAMASK:2009/10/13(火) 14:49:03 ID:oOXzWKYy
コーカサス西麓の海幸・山幸関係がアルタイ、興安嶺、長白山、伽耶山、高千穂ー
有明海へと流れ、縄文を弥生に変えたのだ。

336 :LUNAMASK:2009/10/13(火) 14:56:18 ID:oOXzWKYy
ドルメンは世界で2か所、韓国とコーカサス、に集中している。関係がなかったのでは
なく、金細工が新羅とアフガニスタンに局在するのと同様、深い関係があったのだ。

337 :LUNAMASK:2009/10/13(火) 15:05:06 ID:oOXzWKYy
私はこの多条突帯文土器文化にモンゴロイド、トゥーラン、コーカソイドの形質が
混在し、そのうちのモンゴロイド形質のものがエジプトヒクソス王朝をうちたてたものと
考えている。

338 :LUNAMASK:2009/10/13(火) 15:13:32 ID:oOXzWKYy
「弥生文化成立期における韓半島と西日本との地域間関係
−縄文時代晩期〜弥生時代早期の土器を中心に−
千 羨幸 ・・・そして、弥生文化の成立は、それ以前の孤立的な様相から脱して、
はじめて東アジア史の中に本格的に編入されることに、その意義を求められる。 」
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/mr/lib/thesis/abstract/2007/k_485_j.htm
↑弥生はこうして起こったものであろう。

339 :LUNAMASK:2009/10/13(火) 16:36:06 ID:oOXzWKYy
新疆に最も近いカザフスタンには突帯文土器文化Sargarinsko-Alekseev文化
(SAK)があり、前14世紀、前13‐10世紀、前9世紀の3期に分かれている。



340 :LUNAMASK:2009/10/13(火) 16:39:49 ID:oOXzWKYy
神武の金鵄説話を持つアヴァール族、烏孫の昆莫等はこの地から生まれている。

341 :LUNAMASK:2009/10/13(火) 16:50:47 ID:oOXzWKYy
地下羨道式横穴墓(カタコンベ)文化→多条突帯文土器文化→
地下木槨式高塚(クルガン)墳文化(スルブナヤ)文化、この系譜上に西寧回族自治区
・南シベリアの地下式横穴墳、日向・大隅の地下式横穴墳がある以上、神武が烏孫
(天孫)族であることは動かし難い事実といえよう。

342 :出土地不明:2009/10/13(火) 17:41:12 ID:NOvHqxOb
>>338
それ中国を無視してる時点で落第レベルだと思う

343 :出土地不明:2009/10/13(火) 22:02:24 ID:VIZtd0Xo
見よ!

これが稲作が伝わった当時の長江江南や華北の炊飯器である。

(※色、彩文、フタ、単耳、直耳に注目!これらの要素が弥生土器には一切ない。)


鬲(レキ=袋状の足を持つ三足土器) ◆内蒙古・満州から長江中・下流域まで出土
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050618/4482.jpg
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050610/2764.jpg
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/090.jpg

鼎(テイ=棒状の足を持つ三足土器) ◆華北からインドシナ半島まで広く出土
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/099.jpg
http://www.sx.xinhua.org/ztjn/2003-08/29/xin_49b7e0a2d93511d7be2c0050ba1967d3.jpg
http://www.shtong.gov.cn/node2/node4/node2250/songjiang/node70313/node70604/images/00004623.jpg

344 :出土地不明:2009/10/13(火) 22:08:07 ID:yNLvnzZL
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった

345 :出土地不明:2009/10/13(火) 22:11:08 ID:2BS2Q+n8
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆爆


縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。

http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50219a.htm
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり

346 :出土地不明:2009/10/13(火) 22:19:16 ID:CjTJ0iry
論破され、鬱火病の再発ですか、お大事に。


347 :出土地不明:2009/10/13(火) 23:51:39 ID:REi6uIcC
>>341
でも月光たん、神武IR(ニニギ勢力)の子はカムヌナカワミミCD(スサノオ勢力)に誅殺されて
残るは吉備出身の卑弥呼モモソヒメQN(オシホミミ勢力)vs 狗奴国CD(スサノオ勢力)
になっちゃったのかな

結局吉備QN(オシホミミ勢力)も崇神CD(オオクニヌシ勢力)に追い出されるよね
そしてまた天孫・神功皇后IRの登場かな…

348 :LUNAMASK:2009/10/14(水) 08:28:58 ID:yW2p1loi
>>347
欠史八代は三韓も含め、東胡C(列島は外にも在来倭種D)・匈奴QN・月氏IRの三勢力
鼎立状態。
大和・倭国は卑弥呼を含む欠史八代から神功まで東胡匈奴による不安定な政情。
神功によって月氏色の強い西域匈奴となり、継体、蘇我氏あたりにはソグド色・
月氏色の強いものになる・・・こんなところですかね。

349 :LUNAMASK:2009/10/14(水) 08:33:27 ID:yW2p1loi
>>342
二里頭・安陽のガバナンスはコーカサス型。しかし、そこに息づく龍山青銅器文化の
背景にある窯業技術は世界に類のない中国独自の文化であることも事実。

350 :LUNAMASK:2009/10/14(水) 08:41:42 ID:yW2p1loi
しかし、三星堆の技術・文化は巴蜀の地にも漢族をしのぐレベルの文化が存在したことを
物語る。

351 :LUNAMASK:2009/10/14(水) 11:07:39 ID:yW2p1loi
原因 黒竜江草原条例、今年から松嫩平原での放牧禁止
http://jp.foodchina.com/jpnfrontend/viewContent.do?pfrom=1&action=edit&contentId=20387
結果 スサノオの渡来
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B5%E3%83%8E%E3%82%AA

352 :LUNAMASK:2009/10/14(水) 11:14:16 ID:yW2p1loi
↑要するに「季節的放牧」、トランスヒューマンス、と、ドルメン/巨石事業による
失対(失業対策)と他民族の共栄がユーラシアノマドの戦略なのだ。これにより
ナイルの農耕文明に律動を与えた。エルニーニョに負けたのが共工伝説であろう。

353 :LUNAMASK:2009/10/14(水) 12:52:00 ID:yW2p1loi
>>341
正しくは↓
寧夏回族自治区地下式横穴墓出土透かし彫り金具
http://xiongnu.eurasica.ru/images/pp_01.gif
寧夏回族自治区地下式横穴墓正面及び断面図
http://xiongnu.eurasica.ru/images/pp_02.gif
五銖銭 銅鐸型の鈴
http://xiongnu.eurasica.ru/images/pp_03.gif


354 :出土地不明:2009/10/14(水) 21:26:28 ID:fQiqz4vq
「入れ墨」は日本では旧石器時代からおこなわれている。


タトゥーは少なくともオセアニア大陸で新石器時代からおこなわれていました。
タトゥーをしたミイラが発見されています。日本では旧石器時代から
おこなわれていたと考えられています。その他の多くの文明でも、
それぞれ独特のタトゥーの様式がありました。
http://blog.livedoor.jp/sakae101/index.rdf
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた

355 :出土地不明:2009/10/14(水) 21:27:11 ID:3GnrVWnM
日本には世界最古の7000年前の入れ墨の証拠遺物がある。


紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて?

日本人が最初に入れ墨を取り入れたであろうと想像できる縄文時代の土器が
発掘されています。縄文土器にあしらわれた顔には埋葬者を守る意味合いを
持つ神秘的な「入れ墨」のようなものが認められ、これが入れ墨として記録
されている世界最古のものではないかと想像されています。
また、日本原住民族であるアイヌには優れた入れ墨技術があったものと
思われます。
http://www.ta2.com/tattoohistory.html
紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて
入れ墨として記録されている世界最古のもの
紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて
入れ墨として記録されている世界最古のもの

356 :出土地不明:2009/10/14(水) 21:27:43 ID:la0poQGI



世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!

紀元前5,000年の縄文時代の土器から、入れ墨をほどこした人面器が
発見されているんだ。
http://www.tnc.ne.jp/oasobi/oasobi03/119tatoo/index.html
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!




357 :LUNAMASK:2009/10/15(木) 07:57:51 ID:YoqkDH3O
>>352
興隆窪に生まれた環濠集落、趙宝溝に生まれた鹿トーテムと「太陽鹿」信仰、これが
オークネフ方形平面図形となり、四道将軍、邪馬台国四官統治制度となって神武-
仲哀時代の国策となる。大和国家は先に述べた巨石/トランスヒューマンスの天孫と
この国構えである地祇思想を基に成立したのであろう。

358 :LUNAMASK:2009/10/15(木) 08:05:15 ID:YoqkDH3O
鹿の角は大地から成長し天に伸び分岐しては栄える動植物相の象徴、古代人の目に
は山に駆け上がる鹿、カモシカの類に、フレア(太陽面爆発)が起こるとコロナが2000
万度の超高温になり、かつふだんの10〜100倍もの高密度になるが、それが6000K
程度まで冷えて半円状の磁力線に沿って落下しつつある状態がループ型紅炎を見た
のであろう。それは新石器農耕・牧畜時代のシンボルになったものと考える。

359 :LUNAMASK:2009/10/15(木) 08:08:40 ID:YoqkDH3O
神武は朝日と共に大和の国を見た。大和盆地の形が国構えであることが重要であった
のであろう。山が戸をなしていたのではなかろうか。

360 :出土地不明:2009/10/15(木) 09:46:52 ID:DG3NulI5
>>359 大和のトと山門(戸)のトは甲乙の発音に違いがあったから、大和≠山門(戸)らしいが。


361 :LUNAMASK:2009/10/15(木) 09:59:38 ID:YoqkDH3O
ウクライナの突帯文、近東のヒルベトケラク、ハブール土器、それらに縄文、仰韶の
影響があるのかどうか。その問題の解決のためにもユーラシア全域の総合的調査が
必要になってくる。

362 :LUNAMASK:2009/10/15(木) 10:08:37 ID:YoqkDH3O
>>360 山手であろうが、大和であろうが、俯瞰(空みつ)して山並に囲まれた土地という
意味に変わりはないのでは。

363 :出土地不明:2009/10/15(木) 11:03:42 ID:urjsf7co
こんな住みにくい土地に逃れてきた日本人。
どう考えても中国大陸のほうが住みやすいだろう。
その遺伝子を受けついているのか。



364 :LUNAMASK:2009/10/15(木) 11:05:47 ID:YoqkDH3O
遊牧ウイグル族Por-Bazhyn城塞遺跡でうかがえる高あまが原(山城水中城塞)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ru/3/3f/%D0%9A%D1%80%D0%B5%D0%BF%D0%BE%D1%81%D1%82%D1%8C-%D0%91%D0%B0%D0%B6%D1%8B%D0%BD.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8A%E7%89%A7%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%AB%E5%B8%9D%E5%9B%BD

365 :出土地不明:2009/10/15(木) 11:10:34 ID:ZDpNsIR/
中東系だったのにモンゴロイドに変わってしまった中国人・・・・・・

366 :出土地不明:2009/10/15(木) 11:14:23 ID:yMn/HfIY
東北工程:百済・新羅の歴史も「中国史の一部」=中国社科院
ttp://www.chosunonline.com/article/20070604000018

公式研究書に百済と新羅の歴史も「中国史の一部」と記述していたことが3日、分かった。
百済に対しては「(高句麗と)同様に古代中国の辺境にいた少数民族である夫余人の一部が興した政権」
とし、新羅については「唐は(百済が滅亡した)660年以前には羈縻政策を、それ以降には直接統治を行った」
と記述した。また、新羅は「中国の秦の亡命者が樹立した政権」であり、
「中国の藩属国として唐が管轄権を持っていた」とした。


上海人民出版社の『世界史講』にも
「新羅は、半島南方で 早くから長期間にわたって倭人の基盤となっていた任那地区を回復した」と記述している。


【韓国】 「高宗は国の統治をあきらめた王」「任那日本府説」 外国教科書の韓国関連の誤りが深刻 [10/05]
ttp://blog.goo.ne.jp/think_pod/e/373af38eb725d38f2bb1aadde4cce66c

>またアメリカの世界文化教科書には「日本が韓国南部の小さな地域を統治した」と「任那日本府説」が載せられた。

367 :出土地不明:2009/10/15(木) 15:30:44 ID:14y+JOjP
>>357
巨石オシホミミ(スクナヒコナ)QNと四界オオクニヌシCDの蜜月は
吉野ヶ里時代より神武ー仲哀の邪馬台国時代にあったのかも〜(^-^)/

桃太郎の温羅伝説の阿曾姫が今でも神事に重用されていることを考えると
>>213のように吉備・紀伊QN(鴨族)にも司母制度があったのかな!?

368 :出土地不明:2009/10/15(木) 16:05:27 ID:14y+JOjP
>>361
月光たんがとっても凄いのは、日本文化の根幹たるオークネフ文明の基礎となった突帯文文化が、
実は列島から大陸に進出した縄文文化であり、弥生期後半に日本にカムバックした可能性を展開しているところだよね!!

おまえらもそう思うだろ(^O^)/


369 :出土地不明:2009/10/15(木) 19:35:28 ID:Go6o7hlv
>>368 ボイジャーですね。

370 :出土地不明:2009/10/15(木) 20:26:05 ID:DG3NulI5
>>363 ヤマトはうまし国ぞ、という天皇の歌があったな。


371 :出土地不明:2009/10/15(木) 21:43:38 ID:F6LxsnZf
朝鮮半島で最古の水田遺跡は前11世紀のオクキョン遺跡で日本よりも古い。




弥生時代の始まりと深く関連している韓国南部だが、最古の水田は
慶尚南道蔚山・オクキョン遺跡で見つかっており、孔列文〜突帯文土器が
伴っているところから、前11 世紀頃と考えられている。
http://www.rekihaku.ac.jp/press/yayoi_kaishi.pdf





372 :出土地不明:2009/10/15(木) 21:44:41 ID:F6LxsnZf
見よ!

これが稲作が伝わった当時の長江江南や華北の炊飯器である。

(※色、彩文、フタ、単耳、直耳に注目!これらの要素が弥生土器には一切ない。)


鬲(レキ=袋状の足を持つ三足土器) ◆内蒙古・満州から長江中・下流域まで出土
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050618/4482.jpg
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050610/2764.jpg
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/090.jpg

鼎(テイ=棒状の足を持つ三足土器) ◆華北からインドシナ半島まで広く出土
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/099.jpg
http://www.sx.xinhua.org/ztjn/2003-08/29/xin_49b7e0a2d93511d7be2c0050ba1967d3.jpg
http://www.shtong.gov.cn/node2/node4/node2250/songjiang/node70313/node70604/images/00004623.jpg

373 :LUNAMASK:2009/10/16(金) 10:13:00 ID:kJO8sdYB
367 >>357
巨石オシホミミ(スクナヒコナ)QNと四界オオクニヌシCDの蜜月は
吉野ヶ里時代より神武ー仲哀の邪馬台国時代にあったのかも〜(^-^)/
-----------------------------------------------------------
大汝少彦名のいましけむ志都の岩屋は幾世経ぬらむ
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/isinokami.shtml にみられる
巨石・地祇蜜月時代ノスタルジーは神武仲哀/邪馬台国時代に巨石/地祇の蜜月が
あったと考えると、記紀はこの間一貫として四道将軍の辺境軍事制圧政策が続いた
と伝えているので、邪馬台国が東胡・地祇同様の政策を取っていたということになり、
万葉時代のにおいてこの邪馬台国時代の歴史的記憶があったのかも。神武の正嫡
タギシミミの暗殺、卑弥呼/百襲姫の記紀における(倭人伝比)過小評価を考えると
神武仲哀時代は出雲時代としてもいいのかも。

374 :LUNAMASK:2009/10/16(金) 10:15:41 ID:kJO8sdYB
>>367 >>357> 桃太郎の温羅伝説の阿曾姫が今でも神事に重用されていることを考え
ると>>213のように吉備・紀伊QN(鴨族)にも司母制度があったのかな!?
------------------------------------------------------------
阿曽姫についてはいまいちですが、司母はスキタイ文化には極めて強く現れ、それが
匈奴にも強く出ることは当然でしょう。温羅の首を煮る鍋ですが、これはスキタイのコー
ドロンと考えられます。
http://museum.kemsu.ru/pics/archfoto/kotelsk.jpg
これを極大化したのが殷の司母戊鼎↓なんだが、
http://peopleschina.com/maindoc/html/kaogu/museum/200312.htm
これはスキタイ期のヤクーチアにおける中国三足土器と日本特殊器台のミックスした
ような供献土器Choronと関連し、
http://img-fotki.yandex.ru/get/13/cherry200.2/0_8863_9dd65070_XL
吉備においては特殊器台となる。各国におけるあり方から特殊器台は本来司母・
卑弥呼が使用する呪具であったと言える。そして、特殊器台の出現する吉備こそ
卑弥呼の生まれた土地といえる。

375 :LUNAMASK:2009/10/16(金) 10:26:44 ID:kJO8sdYB
>>368 >>361 極東/縄文・龍山・仰韶と欧州・中近東/Globular Amphora Culture、
突帯文土器、ヒルベトケラク・ハブール土器、ククテニトリポリエ・イラン彩陶の間の
関連性の解明が今後の大きな課題。


376 :LUNAMASK:2009/10/16(金) 13:18:32 ID:kJO8sdYB
>>374
阿波に入る忌部も、吉備に入る吉備氏、紀伊に入る紀氏は全てN-M178であり、
ブリャート出身で、現在のヤクート人、古代の匈奴と同じ遺伝子を持っていたのだろう。

377 :LUNAMASK:2009/10/16(金) 13:30:28 ID:kJO8sdYB
神武は遠賀川、日向、吉備の中心に存在した、つまり、燧灘周辺に存在した国家の
人間であり、ホケノヤマ古墳追葬部分からこの地方の首長土器が出土している。
これはタギシミミの埋葬部分と考えられる。神武の金鵄神話は神武個人のものなのか
神武軍団のものなのかが不明なために神武の遺伝子を特定するのは難しい。
しかし、遠賀川地方からは共通土器セットを持つ集団が太平洋ベルト地帯各所に
入植している。この遺伝子はネットワーク構造を持つことからO2bと考えられる。

378 :LUNAMASK:2009/10/16(金) 13:31:30 ID:kJO8sdYB
神武は遠賀川、日向、吉備の中心に存在した、つまり、燧灘周辺に存在した国家の
人間であり、ホケノヤマ古墳追葬部分からこの地方の首長土器が出土している。
これはタギシミミの埋葬部分と考えられる。神武の金鵄神話は神武個人のものなのか
神武軍団のものなのかが不明なために神武の遺伝子を特定するのは難しい。
しかし、遠賀川地方からは共通土器セットを持つ集団が太平洋ベルト地帯各所に
入植している。この遺伝子はネットワーク構造を持つことからO2bと考えられる。

379 :出土地不明:2009/10/16(金) 13:55:51 ID:I7cbqzBt
【竹島問題】竹島は「日本」明示 19、20世紀のドイツとフランス制の地図で[10/16]★2
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1255660499/

竹島は「日本」明示 19、20世紀の独仏地図
2009.10.16 05:52
http://sankei.jp.msn.com/photos/politics/policy/091016/plc0910160554003-p1.jpg
竹島(円内)の西欧名の下に日本領を示すJapの表記がある仏製地図(島根県竹島資料室提供)

 わが国固有の領土で韓国が不法占拠する竹島が、19、20世紀初めのドイツとフランス製の世界地図で、
日本領と明示されていることが15日、島根県の竹島資料室の調べで分かった。

 国や県が主張する「竹島は17世紀から日本に領有権があった」を補強する資料。竹島資料室が9月下旬、
隠岐の島町の男性が所蔵する世界地図など約50点を調査して判明した。

 ドイツ製は1872年、フランス製は1902〜04年ごろに作製されたとみられる。
 ドイツ製では、リアンクール島など表記されている「竹島」と、松島と表記されている「鬱陵(うつりょう)島」が並ぶが、
鬱陵島と朝鮮半島との間に境界線があり、日本領としている。
 フランス製では、竹島と鬱陵島の西欧の島名に続き、日本の領有を示す「Jap」の記述がある。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091016/plc0910160554003-n1.htm

380 :LUNAMASK:2009/10/16(金) 17:04:50 ID:kJO8sdYB
多条突帯文土器文化 Multi-Cordoned Ware Cultureは英語で検索しても出てこない。
ウクライナ考古学の地盤低下によるのであろう。ああ、無情。

381 :出土地不明:2009/10/16(金) 20:07:19 ID:8DH7afCa
日本人はアフリカから来たことが判明している。


382 :出土地不明:2009/10/17(土) 18:08:34 ID:GKwdI6xk
高床式「倉庫」は北方アジアから直伝している。




高床式建物はシベリアやアムールにもあるけど何か?

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1164871625/






383 :出土地不明:2009/10/17(土) 18:28:59 ID:le9o0BIB
月光たん
>>376
三輪山の神殿がカイラス山とか崑崙山のスクナヒコナ系三つ輪(三段)構造に関連しているなら
ギャロン族などの丁羌(古代羌族)DNが関係しているのではないかな!?

384 :LUNAMASK:2009/10/18(日) 09:25:03 ID:Tjqf8ovD
>>383
大神神社では三輪山北麓茅原大日に宗像三女神の市杵島姫、木花咲耶姫を祀るが、
これは神武テリトリー、宗像三女神を垂直方向(海人族の海中パラダイム)で展開すると
三輪山となるが、伝説上はオオタタネコの母、活玉依毘売までは蛇身の大物主の御諸
山であったが、どうやら卑弥呼等が宗像三女神にからめてスキタイ思想の三輪山にした
ようですね。
これに対して狗奴国なんかから猛反対が生まれたんでしょう。崇神の時に活玉依毘売
の子のオオタタネコを神主に任命している。このあと昔の名前に戻り、出雲国造神賀詞
によれば出雲大社のできる頃にも御諸山であったようですね。

385 :LUNAMASK:2009/10/18(日) 09:30:51 ID:Tjqf8ovD
纒向の卑弥呼宮殿建設には東女国とか、女王国とか、ロプノール小河墓遺跡、
新疆カンチャシメンチ岩絵の司母(ユーラシア女性戦士・司祭)の構想が入っているが、
これは新羅・伽耶方面に到達していた西域思想の影響かもしれません。


386 :LUNAMASK:2009/10/18(日) 16:51:49 ID:Tjqf8ovD
>>262 >>264 >>265
気多大社は安曇海人族に関連するもので、安曇海人族が殷の時代から黒曜石を輸出
していた満州牡丹江・寧安市の満州族・鶯歌嶺集団の技術者が鳥取県八上経由越前
に入ったものと考えられます。おそらくは新羅王族用の翡翠原石調達が契機となって
渡来が始まったのでしょう。


387 :LUNAMASK:2009/10/18(日) 16:55:55 ID:Tjqf8ovD
鹿と亀に乗ってきたとの伝承もあり、赫哲(ナナイ)人のようなものが付随しているかも。

388 :LUNAMASK:2009/10/18(日) 17:00:12 ID:Tjqf8ovD
鶯歌嶺集団は古くは鉱山文化の影響のもとに、また、バイカルグラスコフ文化時代には
ハイラル方面からバイカル湖の軟玉を入手していたことも考えられます。加工ツールと
しては隠岐とか、九州の黒曜石が使用されたのではないでしょうか。

389 :出土地不明:2009/10/18(日) 19:31:57 ID:dOZtHBnD
「断髪」を倭人がしていたなんて魏志倭人伝には書かれていない。
倭人の男子は皆、髪を結って露わにし、木綿を頭に巻いていたと書かれている。




男子皆露? 以木緜招頭

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
http://boat.zero.ad.jp/~zaw10107/1/yayoi_2.htm
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm




390 :出土地不明:2009/10/18(日) 23:12:00 ID:twfK0SuC
>>386
月光たん解説どうも〜(^-^)/
するとケト人(鴨族Q)はユーラシアでは古代羌族DNと一緒に大陸を席巻したけど
日本では地祇CDの側で銅鐸族を支えたということで良いの?

東遷中の神武が日向灘辺で目撃した、角田遺跡のような鳥装の冠の人はケト人(鴨族Q)?

391 :LUNAMASK:2009/10/19(月) 08:26:06 ID:fPgC1pmf
>>390
>するとケト人(鴨族Q)はユーラシアでは古代羌族DNと一緒に大陸を席巻したけど
>日本では地祇CDの側で銅鐸族を支えたということで良いの?
神武vz長髄彦では神武側。上賀茂・下賀茂神社は枢要な土地。基本的に銅鐸は
村・集落単位の祭典であり、銅鐸生産地である東奈良・琵琶湖南部・出雲等との
つながりは何らかの一神教的宗教というよりは祭礼の日に神主が祝詞をあげる
程度のリベラルなものでなかったのかと。日本人原住民CDは渡来系に対しては
警戒心を持っていたはず。
>東遷中の神武が日向灘辺で目撃した、角田遺跡のような鳥装の冠の人はケト人
>(鴨族Q)?
先島の先の台湾・花蓮・アミ族が頭に付けているのと同じようなものでまかったの
かなー。 スキタイが取り入れるのはユーラシア全域、特に、高句麗に特徴的な
もので多少違う系統かと。


>>


392 :LUNAMASK:2009/10/19(月) 08:52:59 ID:fPgC1pmf
>>388
これはKrounovka団結(沃沮)(ウスリースク北西)(131 06' 36" E 43 57'N or
131 04'48" E 44 03' N )文化として韓国春川市中島に入り、差荒に南下して韓国
水石里・勅島/弥生中期時代をもたらす原動力となる。


393 :LUNAMASK:2009/10/19(月) 08:55:04 ID:fPgC1pmf
更に南下して韓国水石里・勅島/日本には弥生中期時代をもたらす。

394 :LUNAMASK:2009/10/19(月) 09:04:13 ID:fPgC1pmf
弥生中期のKrounovka団結(沃沮)(ウスリースク北西)(131 06' 36" E 43 57'N or
131 04'48" E 44 03' N )文化の日本等への移動はロシアの韓国における調査で
裏付けられている。問題は日本には入ると、本来江蘇省方面にあるべき水稲文化が
始まることであり、この時代に孔子の言う筏に乗って東夷に向かう傾向が存在したこと
を意味する。徐福の話もこうした時代的トレンドに乗っているのかも。

395 :LUNAMASK:2009/10/19(月) 11:36:55 ID:fPgC1pmf
>>390
>ケト人(鴨族Q)はユーラシアでは古代羌族DNと一緒に大陸を席巻した
DなんだがEの分布も山岳・高地に絡んでおり、ヤンガードリアスの環境変動を生き
延び、その後の時代↓に拡大したのではないかと。
http://dankai.akimasa21.net/index.php?%E7%85%A7%E8%91%89%E6%A8%B9%E6%9E%97%E6%96%87%E5%8C%96#d5c8e782



396 :LUNAMASK:2009/10/19(月) 14:21:34 ID:fPgC1pmf
>>388
斉家・三星堆・二里頭がロプノール原産地から入手していた和田玉、更に、西方
から入手した錫青銅は二里崗・殷/婦好の遠征によってそれらの文明ともども
消え去り、和田玉は地上より消滅した。西周以降清の時代まで和田玉として流通
したものはバイカル湖の白玉でこれを握っていたのがO2bの満州・錫伯・モンゴル・
女真である。玉志向の淵源は細石刃・黒曜石文化にあり、その産地は日本に
限定されている。ただし、玉文化が開花したのは紅山文化であり、満州鶯歌嶺文化
・バイカル湖グラスコフ文化はこの伝統を受け継ぐ。この子孫が沃沮文化として
南下し、列島に上陸したその技術者集団が気多大社の起源と考える。

397 :LUNAMASK:2009/10/19(月) 14:45:36 ID:fPgC1pmf
小河墓遺跡の墓標・木棺は4千年の歳月とサンドブラスト加工を受けながらも製材工場
・木工工房から出荷されたような鋭いエッジ、カットを持っていた。ところが加工ツール、
鉄器、銅器、青銅器がない。これは大きななぞであったが実はこの付近が和田玉の
産地で、欧州人に玉は豚に真珠で、彼らは灰色がかってはいるがこの本家和田玉を
黒曜石代わりにツールにしていたようだ。中国ではこの土地はその後の3千年間流砂
に埋もれる。

398 :出土地不明:2009/10/19(月) 22:42:47 ID:ejJcwFIc
「歌垣」は百済の帰化人から伝わっている。


翌宝亀元年(770年)3月には、男女230人が歌垣(うたがき)
には百済から河内の地に渡来した王仁(わに)の末孫たちが奉仕した
との記録が残されています。(続日本紀)
http://www18.ocn.ne.jp/~doukyou/shirukai/sub01.html

弓削の道鏡の出身地で称徳天皇がこの地に遊行されて、百済の人々が
歌垣をして慰めたという
http://www.shiga-miidera.or.jp/serialization/shinra/136.htm

歌垣を行った葛井氏ら六氏は百済からの渡来人を先祖としており
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou26/kaihou26.html

399 :出土地不明:2009/10/19(月) 22:43:40 ID:ejJcwFIc
「歌垣」は現在でも朝鮮半島に見られる。


先生は「韓の国紀行『歌垣』」のなかで、「朝鮮民族には凄味がある、
と、ほとほと思ったのは、この仏国寺の松林で野遊びを見、歌垣の
歌声をきき、そして杖鼓(チャング)のリズムをきいたときであった。
http://homepage2.nifty.com/kodaijin-tamat/index.files/karanokuni.htm

日本にも野遊びはあった。万葉のころ歌垣は絶えた。韓国ではいまも
生活の中にある。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/nishikawasan/siba/karakuni.htm
 
韓国の山野では野遊びをする人々に出会うという。司馬さんは
「人々は強烈なリズムにのって群舞しており、さながら万葉時代の
歌垣や踏歌を現(うつつ)に見る思い」がすると書いていた。
http://www1.coralnet.or.jp/kn/tenti/c2002401.htm

400 :出土地不明:2009/10/19(月) 22:45:03 ID:ejJcwFIc
次に、歌垣(かがい・歌會)について語ろう。七七〇年三月、河内の弓削の称徳離宮で歌垣が
行われた。万代にわたる帝と離宮の存続を祈り、周囲六ヶ村男女二百三十人の渡来人が夜を
通して歌い踊った。歌垣は若い男女にとって、他の部落との間の通婚の機会設定に大きな役割を
果たしていた。このころは、山麓の景勝地まで人々が出かけて、賑やかに野外舞踏会を開いた
ものであった。というよりは、日のあるうちは野に遊び、日が暮れると篝火が灯され、酒が
入って宴は佳境に入る。日野の朝鮮坊山では、毎年歌垣が行われていた。
お月見の習慣と併せて、韓半島からの伝来の風習であった。いまも扶餘や慶州あたりの野原では、
夏の夕べに月見の宴を張る。これを野遊とよんでいる。大和の民衆もこの楽しみをまねて、
農業神事に取り入れた。慶州の仏国寺の松林で、水色・桃色・緑・赤など色とりどりの袴・上衣を
着た老若男女が楽しそうに踊るのを見ることができる。杖鼓を膝の前において鞭のようなバチで
打つ。このリズムに合わせて踊る。韓国ではいまでも一般の家庭で使われている楽器である。
日本舞楽の羯鼓に似た楽器である。筑波山麓の歌會や常陸国風土記にある童子女松原の歌會が
知られている。筑波嶺の歌會で詠んだ歌一首と短歌が万葉集巻九にある。この伝統が盆踊りの形で
現在の日本に引き継がれた。
http://www.tmd.ac.jp/med/mtec/wakamatsu/emperor/historybackground.pdf#search

401 :LUNAMASK:2009/10/20(火) 09:12:55 ID:c40NUEZj
>>394
Peter W.M.Jia「中国東北における採集から農業への移行 巻2 21/137頁 3-6図中国
東北石鋤出土」による石鋤伝播はHonshan BP6000 Tangjiawaizi Yabuli BP5500 Yinggeling Jingu BP4500 Jomon BP4000 このころがO2b日本進出のころだろう。
鶯歌嶺 43 46'12" N 128 55'12" E 蘇我馬子の嶋の庄型
(沃沮=穢=エベンキであるから、蘇我氏は穢人と見てよい)

402 :LUNAMASK:2009/10/20(火) 11:07:26 ID:c40NUEZj
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O2_(Y-DNA)
↑大東亜共栄圏内に日本人固有のO2b1aがあるのは戦時中の日本人の海外進出、
あるいはそれ以前の歴史時代における日本人進出の結果では、としているも、
そうではなく、縄文晩期からの鶯歌嶺向け黒曜石輸出に伴う進出の結果ではなかろ
うか。

403 :LUNAMASK:2009/10/20(火) 11:14:48 ID:c40NUEZj
出雲の語源に江原道説とその他説があるが、両方共に成立し、実際渡来人と原住民の
交易地点であった可能性も残る。

404 :出土地不明:2009/10/20(火) 12:13:16 ID:gelfvVJS
目の前の半島に囚われすぎ。

実際はもっと先の場所だよ。

405 :LUNAMASK:2009/10/20(火) 13:33:57 ID:c40NUEZj
>>402
鶯歌嶺、寧古塔、寧安、牡丹江・・・愛新覚羅・清朝へと続く。この辺が絡むと
中国・朝鮮・ロシア・日本の間における極めてタッチーな問題となる。



406 :LUNAMASK:2009/10/20(火) 15:41:42 ID:c40NUEZj
↑旧満州・浜江省内を北上する牡丹江を南下しては遡ると、東京城、鏡泊湖を経て
間東省に入るが、鶯歌嶺は鏡泊湖に突き出した半島上にある。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/2a/Manchuria.jpg
寧古塔では遠く蝦夷地(北海道・樺太・千島列島)のアイヌ人も、黒竜江河口の少数
民族を介して、寧古塔から来る絹など清の産品と毛皮などを交換する山丹貿易と
よばれる貿易活動を行っていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%A7%E5%8F%A4%E5%A1%94

407 :出土地不明:2009/10/20(火) 20:51:28 ID:gcQZI/Bx
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった

408 :出土地不明:2009/10/20(火) 20:56:19 ID:nnse6YyG
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆爆


縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。

http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50219a.htm
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり

409 :出土地不明:2009/10/20(火) 21:42:53 ID:ZHmOe9pb
キムチくせーなー


410 :出土地不明:2009/10/20(火) 21:44:46 ID:ZHmOe9pb
キムチくせーなー


411 :出土地不明:2009/10/20(火) 22:31:37 ID:m1k3l1i+
トンスルくせーなー

412 :出土地不明:2009/10/20(火) 22:51:58 ID:e+V0DHAJ
と、もはや涙目でセン人認定するしかない台湾褐色広鼻土人なのあった(爆

413 :出土地不明:2009/10/20(火) 22:52:52 ID:ZHmOe9pb
↑ 感動のあまり、ろれつが回らない。

414 :出土地不明:2009/10/20(火) 22:56:28 ID:YqOizwKh
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった

415 :出土地不明:2009/10/20(火) 22:57:30 ID:YqOizwKh
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆爆


縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。

http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50219a.htm
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり

416 :出土地不明:2009/10/20(火) 22:57:46 ID:twNx/32U


ケコギくせーなー




417 :出土地不明:2009/10/20(火) 23:01:48 ID:ZHmOe9pb

 池上曽根遺跡の炭化米のDNAの塩基配列を調べたところ、この温帯ジャポニカのうち1粒に、
中国・長江下流域に濃密に分布する在来種と同じ遺伝子の塩基配列があるのを確認した。
調査した朝鮮半島の在来種55種類にはない配列という。
唐古・鍵遺跡の炭化米(温帯ジャポニカ)1粒にも同じ配列が確認された。
 大阪府和泉市教委は22日、弥生時代の大規模環濠集落跡、池上曽根遺跡(大阪府和泉、泉大津両市)
と唐古・鍵遺跡(奈良県田原本町)から出土した約2200〜2300年前の炭化米のDNAを分析した結果、
遺伝子のタイプが中国大陸で栽培されている水稲品種と一致したと発表した。
朝鮮半島では見つかっていないタイプで、市教委の依頼で分析した 佐藤洋一郎・静岡大農学部助教授(植物遺伝学) は
「イネが中国から朝鮮半島を経由せずに直接日本に伝わったルートが存在したことを裏付ける証拠」と話している。
中国から日本へ人や物、文化が直接伝来した可能性を示す貴重な資料ともなりそうだ。


418 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/21(水) 00:36:19 ID:PEvj+UHM
>>401
沃沮と穢は生活様式から南方ツングースであって、馴鹿飼育民の
北方ツングースのエベンキ族とは異なっておりますけど。

419 :出土地不明:2009/10/21(水) 01:08:59 ID:miT0blYR
お、初めて標準語使っている。
使えるのなら読む人の事、考えて標準語で書き込んで下さいね。

420 :出土地不明:2009/10/21(水) 02:54:05 ID:uaGYGh4B
松下村塾の黒板
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/02_jyoumonnjin/02_01jyoumonjin_bord.html

忍法:お国透かし 【三種の神器】 鏡の術  
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/gorira_type-b/YAP/bat69_tokebi_ainu.html
/  = ブタ鼻・コウモリ鼻・【く】の字の鼻。 露系の0%縄文 

421 :出土地不明:2009/10/21(水) 02:55:07 ID:uaGYGh4B
私が語る【赤鬼/青鬼/トケビ=アカ】 とは?
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/gorira_type-b/yah_kamui/Bonnta/akaoni_aooni_tokebi-towa.html

422 :出土地不明:2009/10/21(水) 02:57:00 ID:uaGYGh4B
アイヌ語辞典 
 (「縄文遺跡の人骨人種のように鼻の高い人種である和人」版)
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika_01_surabahri/ainu_izika.html
  
  
足寄町 ラワンブキ - Yahoo!画像検索
http://image-search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=ie8sc&p=%E8%B6%B3%E5%AF%84%E7%94%BA+%E3%83%A9%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%96%E3%82%AD


コロボックルの仕業(しわざ)だろ
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika-korobokkuru/korobokkuru_no_siwazadarou.htm


私が語る【赤鬼/青鬼/トケビ=アカ】 とは?
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/gorira_type-b/yah_kamui/Bonnta/akaoni_aooni_tokebi-towa.html
 / 北海道の先住民 = 赤鬼人種  私はКомуй(カムイ) То-ка-путь 


人種のクロマトグラフィー効果
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu_rosuke/tokkebi/tokebi-gradation.html
 /【鎖国の脆弱な地方】 アイヌ顔の方程式



忍法:お国透かし 【三種の神器】 鏡の術
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/gorira_type-b/YAP/bat69_tokebi_ainu.html
  / 【YAP+】 = ブタ鼻・コウモリ鼻・【く】の字の鼻。
     (`‥´)   (´‥`)  (‘‥’) 露系の0%縄文


[いつものコピペ] 相ぬ VS 相生
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika_01_surabahri/Ainu_Aioi/itumono-copipe_aioi_ainu_690630a.html


【B型ゾーン】  からやってきた、ゴリラ顔の遺伝子
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika-garubohi/Bgata_zoon.htm
 動物園の(`‥´)ゴリラ顔も豚鼻


松下村塾の黒板
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/02_jyoumonnjin/02_01jyoumonjin_bord.html

423 :LUNAMASK:2009/10/21(水) 08:41:07 ID:WEmTn+HZ
>>418 コメントありがとうございます。追って検討します。

424 :LUNAMASK:2009/10/21(水) 09:47:02 ID:WEmTn+HZ
>>418 >>423
墨名かい飼育の生活様式分類上からエベンキと沃沮/穢は別というのはそのとおり
だと思います。

425 :LUNAMASK:2009/10/21(水) 11:20:56 ID:WEmTn+HZ
話は変わるが、
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img
「日本人はるかな旅展 弥生時代の中頃(紀元前後)になると、大陸から渡来民が大勢
やってくるようになりました。しかし、弥生時代の遺跡からみつかっている人骨が、すべ
て平らな顔の渡来系弥生人というわけではありません。当時の日本列島には、縄文人
の子孫たち(在来系弥生人)も住んでいました。
九州・山口地域の弥生人骨の発見地
九州では、福岡平野や佐賀平野などの水田稲作に適した地域から出土する人骨は
渡来系弥生人です。一方、九州でも、長崎県や五島列島などの山間部や、伝統的な
漁労を続けていた海岸部の地域から出土する人骨は縄文人そっくりです。つまり、この
時代には渡来系弥生人と縄文人の子孫たちが「住み分け」をしていたようです。 」
これって、この時代のこれだけがドカッと侵入してきたということではなく、その千年も
前から渡来し、その数百年前にガバっと人口が増えた結果、この当時弥生時代の中頃
(紀元前後)としてはこんな風になっていたということのようだ。

426 :LUNAMASK:2009/10/21(水) 11:23:36 ID:WEmTn+HZ
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-12.html
↑この下の方。

427 :LUNAMASK:2009/10/21(水) 11:35:20 ID:WEmTn+HZ
雑穀畑作O2とか水稲O3とかはじわじわ忍びこんできた。弥生末にはいつの間にか
かなりな割合にまでなっていた。が、海幸、山幸という風に仕切るものがいない。
エベンキなどはとなかいを飼育しているが山岳、平原といいう風に仕切られる時代
風潮を経ていた。黄河から満蒙に至るまでこうした仕切りはあった。それが三韓・
倭の地方にも到来した。こうした仕切り能力を持つ天孫とは農業型のOではなく、
成吉思汗・ヌルハチのようなCである可能性が高いのでないかと考えられる。
C-M86 1.20% シ歳(満州(夫与)系?) M48 M77 M86→C3c 満州系
C-217* 1.90% 狛(烏桓系?) C3 モンゴル系



428 :LUNAMASK:2009/10/21(水) 11:53:03 ID:WEmTn+HZ
仕切るということは、中国、燕の場合、長城を築くことだが、日本の場合には高地性集落
山城、後の世では、安宅の関、鼠ヶ関、勿来の関といった関、関所、山城は天守閣を持つ
お城に変わった。四隅に鬼瓦を置くのは四隅突出型墳丘墓から来ているが、これらは
全てが興隆窪の環濠集落に起源があるのであろう。

429 :LUNAMASK:2009/10/21(水) 12:00:39 ID:WEmTn+HZ
もうひとつの仕切り方は勾玉、銅鏡、銅剣の生産手段、流通、分配権を集中、独占
することによる支配であり、こうしたパラメータ要素と仕切りというペリメータ要素の
二面を武器に天孫は国家を構築したのであろう。

430 :出土地不明:2009/10/21(水) 16:18:35 ID:Ei+cUzAH
>>396
わぉ、月光たん
するとケト人(鴨族Q)が衛満に追われた羯族で、燕を経由して上陸したルートと、>>396のルートはかなり異なるのではないかな
396は1塁打の地祇上陸ルートの気がする〜

燕経由は支石墓をもたらす同族のフルリ物部の方かも
こっちは3塁打の天孫上陸ルートの気がする〜

431 :出土地不明:2009/10/21(水) 17:42:58 ID:Ei+cUzAH
>>430
わぉ、月光たん、3塁打ルートの過去の記述はこちら↓

殷の時代:陝西省・山西省→周の克殷時:東方に移動 →箕子朝鮮:遼東・楽浪、そして衛満に追われる→伊都国・奴国に亡命→物部として河内に移住


忌部は1塁打ルートだとしても、大和物部の吉備・紀伊は天孫3塁打ルートなんじゃね?

432 :LUNAMASK:2009/10/21(水) 18:19:56 ID:WEmTn+HZ
>>430 >>396
>わぉ、月光たんするとケト人(鴨族Q)が衛満に追われた羯族で、燕を経由して上陸し
>たルートと、>>396のルートはかなり異なるのではないかな
その通り 別口。
>396は1塁打の地祇上陸ルートの気がする〜
奥州藤原 源 足利 徳川 一塁地祇上陸ルート:
イェニセイ・バイカル・北満・豆満江・洛東江
>燕経由は支石墓をもたらす同族のフルリ物部の方かも こっちは3塁打の天孫上陸
>ルートの気がする〜
神武 平家 公家 薩長土肥 
三塁天孫ルート:トルケスタン・オルドス・遼河・鴨緑江・漢江/錦江・洛東江
>>431 >>430
>わぉ、月光たん、3塁打ルートの過去の記述はこちら↓
>殷の時代:陝西省・山西省→周の克殷時:東方に移動 →箕子朝鮮:遼東・楽浪、
>そして衛>満に追われる→伊都国・奴国に亡命→物部として河内に移住
河内物部の戈は殷軍のトレードマーク
>忌部は1塁打ルートだとしても、大和物部の吉備・紀伊は天孫3塁打ルートなんじゃね?
これは実際のところ初めは二塁方向。鮮卑二塁 烏桓一塁(夫与に近い)>>

433 :LUNAMASK:2009/10/21(水) 18:25:41 ID:WEmTn+HZ
実際は漢江と洛東江の間でルートは交叉しており、新羅に入るのが天孫、百済に入る
のが地祇。この場合二塁の連中は伽耶とならざるを得ない。

434 :LUNAMASK:2009/10/21(水) 18:37:58 ID:WEmTn+HZ
銅鏡 天孫 勾玉 地祇 剣 匈奴系傭兵

435 :出土地不明:2009/10/21(水) 18:39:31 ID:Ei+cUzAH
>>432
わぉ、月光たん、薩長土肥が公家と組んで徳川の倒幕を成しとげたのは
ずいぶん長〜いスパンの天孫回帰運動だね〜(^-^)/

436 :LUNAMASK:2009/10/21(水) 18:42:33 ID:WEmTn+HZ
ハプログループDの一つのサブクレード(分家)のライフがこれくらいでしょうかね。

437 :出土地不明:2009/10/21(水) 19:09:37 ID:Ei+cUzAH
>>434
わぉ、月光たん、三種の神器は、天孫・地祇・トゥーランの民族共栄をうたったものでしたか(^O^)/

>>391
そんななか何度もすみませんが、神武が日向灘辺で目撃した鳥装の冠の人達の船は
安曇海人族(CD)でないとしたら誰?隼人(N)?

月光たんご推薦の東海大の先生の論文では、中国雲南の銅鼓の船文や流水文と日本の銅鐸や角田の土器は瓜二つだし
だいたいどうしてあんな内陸の石塞山の銅鼓が銅鐸と同じ船文と流水文だらけなのか??

これも3塁打天孫南方ルートつながりなのかな〜

438 :出土地不明:2009/10/21(水) 19:35:17 ID:kB7GXq00
「呉服」は百済経由で伝わっている。


また百済国に、「若(モ)し賢(サカ)しき人あらば貢上(タテマツ)れ」
とおほせたまひき。かれ、命(ミコト)を受けて貢上(タテマツ)りし人、
名は和邇吉師(ワニキシ)、すなはち論語十巻・千字文一巻、并(アハ)
せて十一巻(トヲアマリヒトマキ)をこの人に付けてすなはち貢進
(タテマツ)りき。この和邇吉師(ワニキシ)は文首(フミノオビト)等(ラ)の
祖(オヤ)。また手人(テヒト)韓鍛(カラカヌチ)名は卓素(タクソ)、
また呉服(クレハトリ)の西素(サイソ)二人を貢上(タテマツ)り、
また秦造(ハタノミヤツコ)の祖(オヤ)、漢直(アヤノアタヒ)の祖(オヤ)、
また酒を醸(カ)むことを知れる人、名は仁番(ニホ)亦(マタ)の名は
須須許理(ススコリ)等(ラ)参(マヰ)渡り来つ。
http://kamnavi.jp/link/kojiki2.txt

439 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/22(木) 00:14:52 ID:66TlCnrj
>>425
弥生期は縄文形質の方が圧倒的に多かったでしょう。北九州や山陰で
渡来弥生人が上回っただけで、広島県でも県北の四隅突出墳の人骨は
渡来系ですが「佐久良」遺跡など瀬戸内側は縄文形質でした。
>>426の帝釈は広島県の日本海側に近い県北ですし、ごく一部に
渡来系形質が出たら渡来系弥生人の多かったように作成しとるんは九州派の
中橋氏の引用図でしょう。中橋氏は弥生期に人口が増えたように云われ
ますが、気候寒冷化し、倭国大乱などの時代に人口は減少しても増える
ことは無いでしょう。中国でも黄巾の乱以降大幅に人口が減少して
おります。本格的に日本で人口が増えたんは世界的北方民族南下期の
4世紀以降で、その時も縄文系の原住民は疫病で人口を減らし、
日本でも人種の入れ替わりが起こった云うことです。

440 :LUNAMASK:2009/10/22(木) 08:27:41 ID:RMcve+BD
>>437 >>434
>わぉ、月光たん、三種の神器は、天孫・地祇・トゥーランの民族共栄をうたったもので
>したか(^O^)/
新羅系、百済系、伽耶系豪族間の平和・安寧を祈ったというか

441 :LUNAMASK:2009/10/22(木) 08:29:19 ID:RMcve+BD
>>391
>そんななか何度もすみませんが、神武が日向灘辺で目撃した鳥装の冠の人達の船は
>安曇海人族(CD)でないとしたら誰?隼人(N)?
台湾アミ族の系統か。今はもう台湾にしかいないのかも。

442 :LUNAMASK:2009/10/22(木) 08:35:42 ID:RMcve+BD
↑ >月光たんご推薦の東海大の先生の論文では、中国雲南の銅鼓の船文や流水文と
>日本の銅鐸や角田の土器は瓜二つだしだいたいどうしてあんな内陸の石塞山の銅鼓
>が銅鐸と同じ船文と流水文だらけなのか??
>これも3塁打天孫南方ルートつながりなのかな〜
秦始皇帝による石寨山方面制圧の結果、中原において石寨山方面の山岳戦士徴兵、
技術者徴用が行われたことの結果でしょう。
末房論文を今一度見てみると↓
「弥生時代の青銅器鋳造現場の性格を詳細に研究した結果によると,弥生中期前半ま
では日本での青銅器の鋳造は朝鮮半島からの渡来人によって行われていたことが指摘
されている。それは工人の生活跡から出土した土器から導き出されている。そうすると
弥生時代の銅鐸の文様の源流について南からの工人達は,朝鮮半島で土着化し,
その後渡来したことも考えられる。その場合は朝鮮半島にも痕跡がある筈である。ここ
で朝鮮無文土器時代の有名な防牌形銅器に触れておきたい。この器物は,その文様
から農耕祭祀にかかわる儀器であると推測されているが,人物の特有の表現(図27)
は,石寨山型銅鼓等に施されている人物表現(図28・29・ 30)と酷似している。この
防牌形銅器は,朝鮮では異形青銅器と分類される一連の器物の一つである。これら
の異形青銅器は,紀元前4世紀から紀元前3世紀頃,忠清道に分布し,突然現れて
短期間で消えていったとされている。これらの諸点は,これらの青銅器が朝鮮半島
本来のものではなく,外から入ってきた要素であること,またその製作にはそうした
要素の関与があったことを暗示しているように思える。」
http://www.hum.u-tokai.ac.jp/journal/no76/BUNGA76Y-02_15162.pdf

443 :LUNAMASK:2009/10/22(木) 08:39:54 ID:RMcve+BD
記紀で垂仁朝とされるタジマモリ伝承は但馬地方に徐福伝承のあったことを示唆する
ようであり、上記忠清道に上陸したのは徐福集団と考えられます。


444 :LUNAMASK:2009/10/22(木) 08:41:14 ID:RMcve+BD
>>439 >>425
>弥生期は縄文形質の方が圧倒的に多かったでしょう。北九州や山陰で
>渡来弥生人が上回っただけで、広島県でも県北の四隅突出墳の人骨は
>渡来系ですが「佐久良」遺跡など瀬戸内側は縄文形質でした。
現代日本の弥生形質はその後の適応等によるものということですね。

445 :LUNAMASK:2009/10/22(木) 08:46:22 ID:RMcve+BD
>>426 >の帝釈は広島県の日本海側に近い県北ですし、ごく一部に
>渡来系形質が出たら渡来系弥生人の多かったように作成しとるんは九州派の中橋氏
>の引用図でしょう。中橋氏は弥生期に人口が増えたように云われますが、気候寒
>冷化し、倭国大乱などの時代に人口は減少しても増えることは無いでしょう。中国でも
>黄巾の乱以降大幅に人口が減少しております。本格的に日本で人口が増えたんは
>世界的北方民族南下期の4世紀以降で、その時も縄文系の原住民は疫病で人口を
>減らし、日本でも人種の入れ替わりが起こった云うことです。
白馬青牛さん説ですね。半島との間に同じ遺伝子のものがありますからそうしたことが
あるのかも。入れ替わりはちょっとねえ。

446 :LUNAMASK:2009/10/22(木) 10:04:44 ID:RMcve+BD
縄文後期
C-M8 5.40% 列島ナラ林
D-P37.1* 3.90% 列島ナラ林・照葉樹林
D-M116.1 16.60% 列島ナラ林・照葉樹林
D-M125* 12.00%  列島ナラ林・照葉樹林
D-P42 2.30%  列島ナラ林・照葉樹林
このうち照葉樹林に住んでいたものに適応による多様化が進み、
O-M95* 1.90%  半島列島ナラ林 
O-SRY 7.70% 半島列島ナラ林
O-47z 22.00% 半島列島ナラ林
こうしたものが縄文後期に列島照葉樹に入り込み上記のDの多様化を促し、
O-LINE1 3.10% 半島列島照葉樹林 
O-M122* 6.60% 半島列島照葉樹林 
O-M134 10.40% 半島列島照葉樹林
弥生に入り上記長江系が列島照葉樹林に入りこんだのではないでしょうか。

447 :LUNAMASK:2009/10/22(木) 10:35:45 ID:RMcve+BD
>>441
後漢・魏の倭国訪問者に対して倭人は自らの先祖が呉の太白であると述べている。
>>446
O-LINE1 3.10% 半島列島照葉樹林 
O-M122* 6.60% 半島列島照葉樹林 
O-M134 10.40% 半島列島照葉樹林
こうした連中が東冶・会稽方面から倭に達したのが当時としては最も新しい歴史的
イベントであったのかも。



448 :LUNAMASK:2009/10/22(木) 10:44:06 ID:RMcve+BD
>>442
銅鐸は当初無文であったが、日本においては絵馬のように利用されている。
それは石寨山文化の影響ではなく、日本独自のものと考えられるが、そこに
表現される舟、鳥の羽を頭に挿した人などは石寨山文化とも共通点を持つ
河姆渡文化起源の水稲耕作に関連する可能性は高い。台湾のアミ族も
こうした文化圏に属するものと考えられる。

449 :出土地不明:2009/10/22(木) 19:04:48 ID:ArwshIkG
このスレの人ってコテばかりだな
日本史板の謎の女王スレッドでも似たような現象が起こってる

謎の女王卑弥呼は誰か?邪馬台国問題に終止符!40
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1255870802/

450 :出土地不明:2009/10/22(木) 20:30:57 ID:tRMm+o8Z
「糸引き納豆」の登場は室町時代頃、「なれずし」は7C頃に朝鮮経由で伝わる。


平安時代の文献にも塩辛納豆の名は残っているが、一般に広まったのは
室町時代以降でこの頃から糸引き納豆も登場しており区別するために
塩辛納豆を久喜と呼び糸引き納豆を単に納豆と呼ぶようになった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%8D%E8%B1%86

日本最古のすしといわれる「鮒ずし」は、7世紀、近江大津宮に天智天皇が
遷都した以前からこの地にあったといいます。フナずしは、すしといっても
現在の握りずしとは違い、すしの原型といわれる「なれずし」の一種です。
なれずしは、米作民族が考え出した動物性タンパク質の原始的な保存法で、
そのルーツは東南アジアとされ、中国、朝鮮をへて日本へも伝えられました。
http://asamiya.sakura.ne.jp/gotouti/siga/siga.html

451 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/23(金) 01:18:35 ID:BUB90ehC
>>444-445
わしの説云うより、世界史の中で日本を捉える視点ですよ。
日本だけ人口が増えたなど、排外独善鎖国主義そのものでしょう。
形質人類学的にも渡来系が主流ですから入れ替わったことは明らかですよ。

452 :出土地不明:2009/10/23(金) 01:45:00 ID:rGqD7ous
4C頃から北方的形質が急増したように感じるのは単に墓制が変わって
人骨の保存状態が著しく向上したからに過ぎない。

結局、北方的形質は弥生開始時から連続して増加してきただけなのである。

453 :出土地不明:2009/10/23(金) 02:14:27 ID:Q1RARWAe
形質学?
かなり昔、もてはやされた学説だね。
栄養状態、労働状態によって同じ人種でも形質、激変するのよ。
日本人の戦前、戦後の人骨知らない人が分析したらどう考えるでしょうか?
身長はでかくなるし、足は長くなるし、顎は細くなるし、骨格自体細くなるし。
まったく別の人間でしょ。
でも同じ日本人。

454 :出土地不明:2009/10/23(金) 02:28:06 ID:3p9Ts3VV
>>453
そんなことぐらい考慮済みで調べてる

ただ、入れ替わった訳では無い、意図的に混血したようだ。
その証拠に、O2b,O3遺伝子の分布が青森から沖縄までほぼ同じである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/日本人#Y.E6.9F.93.E8.89.B2.E4.BD.93.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E7.B3.BB.E7.B5.B1.E5.88.86.E6.9E.90
計画的に全国で均等に移民を受け入れたと思われる。そうとしか考えられない。

455 :出土地不明:2009/10/23(金) 03:39:56 ID:Q1RARWAe
 >>454
453は、白馬に対してのレス


456 :LUNAMASK:2009/10/23(金) 08:16:50 ID:QvDDvAn8
>>451 >>444-445
チャンバラがあって入れ替わるったとした方が劇的効果はある。しかし、古代の日本人
は渡来人を「鬼」と見ていた節がある。九州に上陸する渡来人の遺跡を見ても海岸べり
が多い。島国ですからねー。

457 :LUNAMASK:2009/10/23(金) 08:21:19 ID:QvDDvAn8
出雲日御碕の神主は月氏の大軍を一人で打ち破ったと伝えるが、浜辺に打ち上げら
れた海難者の遺骸を一人で弔ったということかも。

458 :出土地不明:2009/10/23(金) 08:34:55 ID:Q1RARWAe
言葉も通じない謎の小集団が、ある日突然やって来ました。
警察も自衛隊も存在しない遥か昔の事です。
さて、あなたはどう対処しますでしょうか?

459 :LUNAMASK:2009/10/23(金) 12:45:43 ID:QvDDvAn8
昨夜、NHKで桜井茶臼山の内部を60年ぶりに開けて見せたことを伝えていたが、
見た瞬間小河墓墓地の牛の生皮でくるまれた棺をほうふつさせるもので、明らかに
天孫。おそらくは崇神天皇と見られる。西殿塚を崇神とし、桜井茶臼山を垂仁とするの
ではちょっとおかしい。エジプトのプターの笏杖のようなものも奥深いユーラシア文化の
影響が感じられる。

460 :出土地不明:2009/10/23(金) 12:54:41 ID:a+RmH2CW
>>458 その小集団は男ばかりで一定地域を占領したとして、そのあと周囲を異民族に包囲されたままどうやって生活していくんでしょうか?

 さてあなたはどう生き延びますでしょうか?

461 :LUNAMASK:2009/10/23(金) 13:20:22 ID:QvDDvAn8
>>451 >>456-457
旧石器時代からの生き残りが↓
C-M8 5.40% 列島ナラ林
縄文時代から入ってきたのが↓
D-P37.1* 3.90% 列島ナラ林・照葉樹林
D-M116.1 16.60% 列島ナラ林・照葉樹林
D-M125* 12.00%  列島ナラ林・照葉樹林
D-P42 2.30%  列島ナラ林・照葉樹林
縄文後期にに入ってきたのが↓
O-M95* 1.90%  半島列島ナラ林 
O-SRY 7.70% 半島列島ナラ林
O-47z 22.00% 半島列島ナラ林
弥生中期に入ったのが↓、
O-LINE1 3.10% 半島列島照葉樹林 
O-M122* 6.60% 半島列島照葉樹林 
O-M134 10.40% 半島列島照葉樹林
倭国乱前後に入ってきたのが↓
C-M86 1.20% シ歳(満州(夫与)系?) M48 M77 M86→C3c 満州系
C-217* 1.90% 狛(烏桓系?) C3 モンゴル系
秦氏等と共に入ってくるのが中央アジア天孫(銅鏡・銅剣・銅矛・前方後円墳)
N-M178 0.40% ブリャート・匈奴
NO-M214* 2.30% 秦氏
N-LLY22g* 1.20% 羌(隼人・青森に入る彝族)
I-P19 0.40% ギリシャ・アーリア語/土壙墳文化/アシケナージ・ユダヤ人
Q-P36 0.40% シナ・コーカサス語/フルリ・ウラル人  
R-M207 0.40% アヴァール・エフタル 
おおざっぱにこんな風に見てみても中央アジ方面の割合は伸びていない。
その前の東胡系にしてもあまり伸びていない。やはり国土を開発し、子孫を残したのは
在来のD、Oの農民だと思うんですね。


462 :LUNAMASK:2009/10/23(金) 14:50:36 ID:QvDDvAn8
卑弥呼の問題は大地・山の神三輪山、太陽神祭祀の2つを兼務するという、中国の
皇帝から見ても労働基準に違反しているような陋習を打破し、太陽神はトヨスキ
イリヒメ、三輪山はオオタタネコの男女両名に各自専任さすことが崇神の改革であり、
このことにより列島を二分する地祇系、天孫系の対立を和らげることにあった。従って
卑弥呼のステータスはトヨに継承されており、それは巨大古墳によって表される
必要があった。西殿塚古墳に継体の妃を結びつけることは神武の墓であるホケノ山に
嫡子以外に継体時代に追葬の形跡があることと軌を一にするものであり、そのことは
西殿塚古墳被葬者がトヨスキイリヒメ乃至はトヨであることを意味していると考えたい。

463 :出土地不明:2009/10/23(金) 20:49:00 ID:pYxpxmht
>>462>>448わぉ、月光たん
月光たんが卑弥呼(吉備出身のモモソヒメ)の若かりし頃として紹介した白馬チベット族の女性は
後漢書西南夷伝にも載る丁羌(ND)の古代羌族の末裔だお
http://www.anaharsis.ru/ornam/image/Orn1/Orn20.jpg
http://nierika.web.infoseek.co.jp/sokonroj101.htm

三星堆文化人、テン国の石寨山文化人の末裔であり、西南夷のギャロン族やイ族などの古代羌族(ND)が3塁打の南方ルートで吉備・紀伊に入って邪馬台国を造り、八咫烏になったのは間違いないのではないかな

165 :月光仮面:2008/04/18(金) 11:15:03
前3世紀に韓国忠清道(百済)に忽然と降って湧いた青銅器文化は雲南・昆明方面の影響を受けている。
そして、高霊伽耶にもチベット・雲南・昆明方面の女王制度ができる。
これが後漢・魏の金印外交時代に大月氏方面とも連携し、金冠首露王・許黄玉の結婚伝説となり、
倭国にも多くの姫が登場するが、天照に統合され残りのものは三輪神社に整理されているようである。
前3世紀に韓国忠清道(百済)に忽然と降って湧いた青銅器文化は秦の国家的支援無しにはありえない。
徐福はソウルに上陸、洛東江に平原光沢の地を得た。
そして日本の銅鐸は徐福の子孫によって拡散されたと考えたい。

464 :出土地不明:2009/10/23(金) 21:01:47 ID:pYxpxmht
>>463
つまり四川女王谷(美人谷)のギャロン族出身で
エイベックスから日本デビューしたアランちゃんが
三星堆文化人・卑弥呼の末裔だお(^-^)/
http://alan-web.jp/index.html

465 :出土地不明:2009/10/23(金) 21:58:45 ID:cRcfu7Sb
朝鮮半島で最古の水田遺跡は前11世紀のオクキョン遺跡で日本よりも古い。




弥生時代の始まりと深く関連している韓国南部だが、最古の水田は
慶尚南道蔚山・オクキョン遺跡で見つかっており、孔列文〜突帯文土器が
伴っているところから、前11 世紀頃と考えられている。
http://www.rekihaku.ac.jp/press/yayoi_kaishi.pdf





466 :出土地不明:2009/10/23(金) 21:59:30 ID:cRcfu7Sb
見よ!

これが稲作が伝わった当時の長江江南や華北の炊飯器である。

(※色、彩文、フタ、単耳、直耳に注目!これらの要素が弥生土器には一切ない。)


鬲(レキ=袋状の足を持つ三足土器) ◆内蒙古・満州から長江中・下流域まで出土
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050618/4482.jpg
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050610/2764.jpg
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/090.jpg

鼎(テイ=棒状の足を持つ三足土器) ◆華北からインドシナ半島まで広く出土
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/099.jpg
http://www.sx.xinhua.org/ztjn/2003-08/29/xin_49b7e0a2d93511d7be2c0050ba1967d3.jpg
http://www.shtong.gov.cn/node2/node4/node2250/songjiang/node70313/node70604/images/00004623.jpg

467 :出土地不明:2009/10/23(金) 23:10:48 ID:ZMgDSvUa
鬱火病も症状が重くなってきたね。


468 :出土地不明:2009/10/23(金) 23:34:08 ID:Q1RARWAe
>>460
俺は、みんなぶっ殺されると考えて書いたんだが
何か疑問でも有るかい?
警察、自衛隊は今の法律に基づいて行動しないといけない訳。
当時、本能?のまま。
何かおかしいかい?

469 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/24(土) 00:17:42 ID:texLnms5
>>452-453
人骨の保存状態より出土した人骨から、判断するしか無い現状からでも、
弥生期渡来形質は瀬戸内地方に及んで無かった云うこと。4世紀の世界的
民族南下期を無視し、日本独自は通用せんよ。しかも倭国大乱や
気候寒冷化で列島の人口は減少しても増える可能性は低い。
その点だけは、縄文文明派の安田喜憲氏が真っ当じゃのう。
形質人類学は今でも有力な根拠になるで。戦前、戦後の身長が高うなるんは
世界的傾向で日本に限ったことじゃ無いし、世界的傾向と知っておれば、
日本の人種の違いが無いことは明らかじゃないか。
縄文晩期、栄養状態が悪くとも縄文人の低顔、エラの張った広顔は変化しと
らんじゃろうに。一部の小進化のみで、変化したように工作しても意味が
無いど、学問は総合多角の見識じゃ。Yカルトは、Y染色体だけで
妄想オナニーするけぇ馬鹿げなことを書くんじゃろう。
>>456
だいたい書物は白村江敗戦以降に作られたもんですから、7世紀の渡来人は
「鬼」になるでしょう。出雲の伝承の古事記なんか土着の土雲(土蜘蛛)系の
方を異民族視しとることを無視してはいけませんよ。

470 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 09:23:50 ID:oFKxeQvH
>>463
>月光たんが卑弥呼(吉備出身のモモソヒメ)の若かりし頃として紹介した白馬チベット族
>の女性は後漢書西南夷伝にも載る丁羌(ND)の古代羌族の末裔だお
http://blog-imgs-16-origin.fc2.com/c/h/i/china8/20071212181718.jpg
日本人にはYDNA-Dが多いから彼女のフアンも増えるでしょう。
>三星堆文化人、テン国の石寨山文化人の末裔であり、西南夷のギャロン族やイ族など
>の古代羌族(ND)が3塁打の南方ルートで吉備・紀伊に入って邪馬台国を造り、
>八咫烏になったのは間違いないのではないかな
神武が当てにしていた久米の子らっていうのかな。
[165 :月光仮面:2008/04/18(金) 11:15:03]・・・このとおり。
http://alan-web.jp/index.html なんか彼女の歌が聞こえてくる。
馬家窯・マイコープ文化は同期であり、東洋初の青銅器文化はビルマタイに南下した
んでしょう。その痕跡は新疆ウイグル・カザフスタンの砂の下に埋もれている筈。



471 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 09:26:31 ID:oFKxeQvH
>>469 >>465
荒神谷見学の帰りに出雲のホテルでマネージャーが出雲人はあちらの渡来人ですから
と平然として言われたのを思い出します。


472 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 09:33:44 ID:oFKxeQvH
>>459
鼎の軽重
桜井茶臼山古墳 重さ200キロの朱が必要
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009102302000094.html
盾築遺跡 墳墓から30キロあまりの莫大な朱(水銀朱)が出てきた


473 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 12:02:57 ID:oFKxeQvH
>>470 >>463
>三星堆文化人、テン国の石寨山文化人の末裔であり、西南夷のギャロン族やイ族など
>の古代羌族(ND)が3塁打の南方ルートで吉備・紀伊に入って邪馬台国を造り、
>八咫烏になったのは間違いないのではないかな
吉備・紀伊・キメ(金海)はチュルク系部族名であり、おそらくは吉備にいたチュルク系
を王族に抱く会稽東冶出自のO3稲作民が紀ノ川、奈良盆地進出を図ったのでは
ないでしょうか。


474 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 12:05:33 ID:oFKxeQvH
烏は烏孫、高句麗、モンゴルにおいてよくみられ、シルクロード出土の織物の
デザインにも使用されています。やはり、チュルク系に関連するかも。

475 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 12:12:06 ID:oFKxeQvH
>>473
銅鐸が銅鏡に変身する直残にデザインが斬新化するそうであり、徐福の子孫である
グループは天日矛のような集団として入ってくるのかなーと思います。

476 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 12:50:54 ID:oFKxeQvH
他方、彝族というのは馬家窯文化時代からの西域住民であり、天孫の一部として
渡来したもので、徐福の出来事とは無関係であったのではないでしょうか。

477 :出土地不明:2009/10/24(土) 13:59:33 ID:omGlNmLa
>>473 わぉ、月光たん
会稽東冶出自の長江・河姆渡文明人O3、徐福集団の南方渡来を書くと
青牛たんと見よ〜!たんから速攻で反論来そうでつね

>>470
吉備のモモソヒメが一塁打コースの北方王族だとすると
新疆ウイグル・カザフスタンはあまりにも遠いです〜

吉備の王族が西方の古代羌族(D)の女王(司母)制度を採り入れて擁立したということかな

793 :月光仮面[]:2009/03/06(金) 11:32:17 ID:nZ2wIUK4
http://www.peoplechina.com.cn/wenhua/images/attachement/jpg/site125/20071128/00142a10adc008b7409c2c.jpg
この婦好のイメージこそヤマトトトヒモモソヒメ、卑弥呼の原型となった
ユーラシア女性戦士プリーステス「司馬」だと思います。
新疆のカンチャシメンチ歌垣岩壁画では夏の時代から
夏家店上層期まで歌垣が継続されていたことが確認できます。


478 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 14:19:47 ID:oFKxeQvH
>>472 >>459
夏家店下層期バイカル・モンゴルで西側の錫青銅器アンドノーノヴォ文化と対峙したの
がグラスコフ文化で、夏家店上層期に入るとこの継承者は石板墓文化(Slab Grave
Culture)であるが、その内容は↓
1)方形積石墓(大部分)
2)大型石・四辺内反り・四隅縦板石立て・積石墓(少数)
3)小型方形全体(←外側でけでない)積石墓 (その他)
これが高句麗の積石墓、日本の四隅突出型墳丘墓、前方後円墳となった。これらの
文化を貫くものは組積構造であり、桜井茶臼山古墳石室に明確に表れる。内面の朱、
崇神のイニエという名前は動物埋葬を想起させる。これは石板墓文化圏と松嫩平原の
白金宝文化が動物埋葬慣習を共有することから高句麗積石墓が夫与族の南下に伴う
ことであることがわかる。

479 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 14:26:18 ID:oFKxeQvH
石室を染める朱は小河墓遺跡の女王木棺をくるむ牛の鮮血、トランシルバニアの
ドラキュラ、ピット・グレーヴ文化の土壙墓に敷き詰める赤土、シュメール・アッカドに
生まれてくる地底・アザーワールドの影響であろう。

480 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 14:28:12 ID:oFKxeQvH
>>477
一塁側グラスコフ文化は南方で新疆ウイグル・カザフスタン文化に接していた
わけですね。

481 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 14:29:37 ID:oFKxeQvH
ちょっとスーパーにお買い物に行ってきます。

482 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 16:08:41 ID:oFKxeQvH
>>477
>吉備の王族が西方の古代羌族(D)の女王(司母)制度を採り入れて擁立したという
>ことかな
殷は明らかに司母制を取り入れているので、殷の崩壊後燕・古朝鮮に逃れた旧殷系
諸族、特に、歌垣はククテニ・トリポリエから新疆に入っているので歌垣風習の残る
地方には司母制があったと解釈できます。吉備には金海(キメ=〜キビ)伽耶から
製鉄関係が渡来しているようでこうした司母の制度を持ち込んだのでしょう。

483 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 16:28:45 ID:oFKxeQvH
吉備において石板墓・石積墓の面影を最も正しく伝えているのは

http://www.gainendesign.com/taizan/kumayama/kuma.html
熊山遺跡
http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=34.75622417465299&lon=134.12148290677004&z=12&mode=map&pointer=on&datum=wgs&fa=ks&home=on&hlat=34.756224174653&hlon=134.12148290677&layout=&ei=utf-8&p=

484 :出土地不明:2009/10/24(土) 16:48:04 ID:W0B0MKUr
「貫頭衣」は単に人類最初の服装の形で、古代から現代まで世界中に見られる。


●貫頭衣 (かんとうい)
一枚の布を2つに折り、その折り目の中央に穴をあけ、そこから頭を貫いて
(通して)衣服としたもの。エジプト時代から見られる原始的な衣服の
形式である。ポンチョやガラビアなどもこの一種。
http://www.frontstyle.com/dictionary/j_ka.html

人類最初の服装の形は一枚布であったり、一枚布の真ん中に穴を開けて
被るという貫頭衣というシンプルな形であった。
http://homepage1.nifty.com/mottoi/kokusai8.htm

人類の衣服の工夫の中で最も単純な基本形として、貫頭衣の分布は広いが、
南米アンデス諸国に見られるポンチョがその代表的なものとされている。
http://www.h6.dion.ne.jp/~fu35/minzokuHP/ajia/indonesia.htm

485 :出土地不明:2009/10/24(土) 16:48:50 ID:W0B0MKUr
古代ローマ時代の貫頭衣のような、一枚の布の頭の部分をくりぬいた
だけの服を着ていた。
http://home.att.ne.jp/red/senseofwondr/mou2.htm

古代中国もローマもギリシャも布を纏うか貫頭衣であった。
http://www.lcv.ne.jp/~yokota/contents/mumble/ykt/970410.htm

ローマ時代のイタリアでは男性はトーガという貫頭衣
http://www.psats.or.jp/psats.or.jp/column/nakamura027column.html00

486 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 16:55:14 ID:oFKxeQvH
ロシアは高句麗積石墓文化の情報欠如により、石板墓文化の基本的特徴が組積構造
にある点を見逃し、石板墓文化の特徴を外部の石柱、石籬にとどめていWiki等で説明し
ている。非常に残念なことだ。日本とよく似ている。



487 :LUNAMASK:2009/10/24(土) 17:03:08 ID:oFKxeQvH
それにしても盾築墳丘墓の墳丘上には石板墓とそっくりの縦型石板立石を並べた
ものがあるが。

488 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/24(土) 22:47:09 ID:texLnms5
>>473
南方ルート云う航海の軸線でもない、チベット羌族は中国西北の牧畜民
ですから、南方ルートはあり得ません。
>>477
ほいじゃけぇ、>>470の勇猛を以って知られるギャロン・チベット族の
アランちゃんのように、羌系は北方形質の新モンゴロイド。

489 :LUNAMASK:2009/10/25(日) 09:34:41 ID:ycdOxdf1
>>488
紀州に入ったのはチベット羌族とか、鮮卑とかではなく、徐福系O3a5-M134でないかと。
もちろん大和を目指した吉備の大王の動きと軌を一にするのですが。

490 :LUNAMASK:2009/10/25(日) 11:40:17 ID:ycdOxdf1
吉備は背後の投馬国(投馬は豆満江、冒頓単于の父の頭曼に出てくる匈奴を意味する
言葉でスキタイの竈神タビチから来る)と一体をなすもの。徐福系はおそらく天日矛
集団。水銀朱を四国・紀伊半島山系から採集することが大きな任務であったものおと
考えられる。

491 :出土地不明:2009/10/25(日) 13:07:52 ID:xiCyz1yK
今までのまとめを教えてくれい。


492 :LUNAMASK:2009/10/25(日) 13:26:45 ID:ycdOxdf1
>>451
入れ替わるような激しい動きがあったとしたら、それは倭人伝の投馬国に5万戸もの
人口が集中する倭国乱時代ということになりますか。このころの流民発生源としては
曹操に討伐される烏丸がありますが。

493 :出土地不明:2009/10/25(日) 15:46:47 ID:I79WCbDO
わぉ、月光たん
>>490
天日矛は女王(司母)のもとに集う近衛兵の青銅器武器集団、徐福系(河姆渡文化人)だけでは兵主になりませぬ
秦系古代羌族(すなわち三星堆文化人D*)+徐福系(すなわち河姆渡文化人O3a)の長江(鳥トーテム)連合だったのでは?

http://shushen.hp.infoseek.co.jp/kodaisi/joukosi-nagare.htm
天孫族
「この種族の源流は、中国古代の周・殷・羌族などの東夷系(北狄ともかなりの混血があったか、習俗で似通ったものがある)
に通じており、箕子朝鮮の王族ないし扶余王族の流れとしてよさそうである。
地域的には、朝鮮半島南部の伽耶(とくに安羅)→忠清南道北部→中国の遼西→山西省南部、
さらにはその遠い源としては西域まで遡る可能性がある。
また、西域から四川省に進出し、古代三星堆文明を築いた種族も同族とみられる。」

494 :出土地不明:2009/10/25(日) 16:11:17 ID:I79WCbDO
>>493
「朝鮮半島南部の伽耶(とくに安羅)→忠清南道北部→中国の遼西→山西省南部、
さらにはその遠い源としては西域まで遡る」

あれ?このルート、フルリ物部の鴨族(Q)ルートに似ていますね(^-^)/
「殷の時代:陝西省・山西省→周の克殷時:東方に移動
→箕子朝鮮:遼東・楽浪、そして衛満に追われる
→伊都国・奴国に亡命→物部として河内に移住」

>>488
アランちゃんは、女王・卑弥呼の血をひく、三星堆文化人(ND)の末裔だお(^-^)/
http://alan-web.jp/index.html

495 :出土地不明:2009/10/25(日) 16:21:15 ID:X553ogdx
半月型石包丁(桂葉形雙孔石刀)は遼寧を経由している。


中国遼寧省羊頭窪遺跡.  黒陶系土器 石器(石包丁 磨製石鏃) 紡錐車 骨角器 卜骨
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/museumF/jpncul.html

紅山文化は北方地区の新石器文化の中で重要な文化です。ここでいう北方地区とは、
東北3省(遼寧、吉林、黒龍江)、内蒙古自治区および新彊維吾爾(ウイグル)自治区を指します。
大型石器の中で特徴的なものに、土掘具(耜あるいは犁とも呼ばれる)、桂葉形の双孔石刀があります。
http://kohkosai.web.infoseek.co.jp/kaisetu/15-1kouzan.htm

中国北部の文化が東北部の遼西まで及んでいるいることを知りえた。それに、石包丁が出土していた
のには目を見張った。日本に石包丁が伝わったのはそれから3千年もたった弥生時代になってからなのだ。
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/
◆遼寧の石包丁
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/./photos/uncategorized/2008/02/04/070827_078_2.jpg

496 :出土地不明:2009/10/25(日) 16:24:04 ID:FW4x0SiU
アランちゃんは、女王・卑弥呼の血をひく、三星堆文化人(ND)の末裔だお(^-^)/

               は?

497 :LUNAMASK:2009/10/25(日) 16:34:00 ID:ycdOxdf1
>>493
羸(秦)、徐については周の臣下。羌族は秦と関係が深い。こうした線からですかね。

498 :出土地不明:2009/10/25(日) 22:18:10 ID:I79WCbDO
>>497
秦系古代羌族(すなわち三星堆文化人D*)+徐福系(すなわち河姆渡文化人O3a)の
長江(鳥トーテム)連合はこんなルートを辿ったのかな

615 :月光仮面[]:2007/08/09(木) 16:36:37
下記「第7頁第3図 BP5-6千年頃勇敢なテイ・羌族は黄河の原郷を離れ西進、南進、
チベット中央に至り蔵及びカム族となり、別派は南進、チベット東部に至り四川北部の羌族となる。
更に四川を南西に進みイ(ロロ)、プリミ族を残し、テイ・羌族は雲南・貴州にまで進み
中国系住民との大きな混血を行う。」
「BP5-6千年頃勇敢なテイ・羌族」が満蒙、朝鮮半島経由日本に入ってきたが、
その時期を弥生から奈良時代とするのが私の主張である。

>>496
「更に、テイ・羌族はチベット高原への移動を開始する以前からM214(N/O)と
M174(YAP)要素を両方含んでいたことを示唆することもわかった。」

499 :出土地不明:2009/10/25(日) 23:01:43 ID:f1ZYSPK7
>>496
ヒント:こっちは池沼隔離スレ

500 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/26(月) 01:15:33 ID:OipkUQ3t
>>489
紀州に徐福じゃの電波ですよ。しかも単一遺伝標識と民族集団の移住は
関係無いでしょう。
>>492
投馬国に5万なんかおらんでしょう。中国の史書は辺境地ほど、人が多い
表現として使うんが通例ですし。

501 :LUNAMASK:2009/10/26(月) 11:55:14 ID:9Igp+pPL
>>498
>河姆渡文化人O3a
これの楽浪への流入が顕著になるのは水石里・弥生中期、他方、豆満江方面からは
スサノオ系C-M86(1.20%)が水石里北東江原道春川市中島に入った。そこに始皇帝の
気まぐれにより秦系古代羌族(すなわち三星堆文化人、但し、D*ではなくN-LLY22g*
(1.20%)、が山東半島より入る。すなわち、徐福、水銀朱・仙薬採集集団。こうしたものが
九州に上陸、伊都国三雲南小路遺跡を残す。スサノオはここから追われ出雲で四隅
突出型墳丘墓を始める。


502 :LUNAMASK:2009/10/26(月) 12:09:27 ID:9Igp+pPL
稲作が背振周辺から英彦山・遠賀川下流域に移り、水銀朱仙薬探査活動は中央構造
帯を有明海から四国・紀伊半島へと進み、日本海沿岸では翡翠を求めてスサノオルート
が東進する。こうした動きの中で吉備から紀伊半島を南下する動きが起こった。

503 :LUNAMASK:2009/10/26(月) 12:18:36 ID:9Igp+pPL
>>500
たまには神社由緒研究神奈備ウェブサイトも。非常に豊富な貴重な情報があります。
「紀元前八世紀、大陸は春秋時代を迎えた。 江南には越と呉が建ち、相争う事幾たび
にも及んだ。 前五世紀、呉は越に追われた。
呉の太伯の血を嗣いだ美しい姉妹がはるか倭国に渡来した。
大日女姫と稚日女姫である。」
http://www.kamnavi.jp/ny/index.htm
「高木の神は金剛・葛城の神である。瓊々芸命の代に山間部から平地に発展してきた。
降臨である。神武から孝霊孝元帝の間に大和平野を制圧した。第五代の孝昭天皇は
尾張氏から妃を得た。第七代の孝元天皇以降は物部氏系から妃を得ている。物部氏
より優位に立ってきている。
崇神天皇垂仁天皇の二代に渡って、皇位奪還の企てが起こっている。」
http://www.kamnavi.jp/jm/katuragi.htm

504 :出土地不明:2009/10/26(月) 15:33:03 ID:nCxVSj1Y
>>503
神奈備さんの掲示板にこんなんあります(^-^)/吉備族の吉備真備が解読したようだお!!

「師の説として(中国の)梁の寳志なる僧が「東海に姫氏国あり」という、倭国とはこれなり・・ですね。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/jpn59.htm

姫氏(祖は遊牧民の羌族らしい)は呉太白の姓であり、神武の祖は呉太白である、の論の源がこのあたりにあるのでしょう。
(推論の過程は別にして、天孫降臨の親の天之忍穂耳尊は「前漢時代の長江付近の呉の王族」とみています)」

505 :LUNAMASK:2009/10/26(月) 16:46:50 ID:9Igp+pPL
トゥーヴァ国立大学アバーエフ教授↓
http://www.tuva.asia/uploads/posts/2009-06/1245668629_abaev.jpg
箕子朝鮮が朝鮮建国は易経の記述に反し、あり得ない。建国したのは原突厥
であり、原モンゴルである匈奴だ。・・・さて、神武はどちらでしょう。

506 :出土地不明:2009/10/26(月) 17:05:52 ID:ZNUM4gMS

2009年5月19日 茨城県土浦市、祖父母を殺害し現金奪った男「パチンコなどに使った」
2008年8月26日 パチンコ代欲しさに父親を重さ5キロのハンマーで23回殴って殺した無職男(45)に死刑求刑
2009/01/08 千葉県松戸・子ども3人死亡団地火災、母親は知人男性とパチンコ
2009年5月23日 【大阪】タクシー強殺未遂の韓国人・安承哲容疑者、 パチンコ好きで280万円の借金
2009年4月23日 「パチンコなどの遊ぶ金に使った」 信組職員が8000万円着服・・・千葉
2009年5月8日 娘2人に売春 児童買春で容疑者逮捕、母親はパチンコなどの借金
2009/06/24  パチンコ代欲しさに、5250万円着服、JA北つくば
2009年6月10日 JAおおいた男性職員5000万円着服、パチンコなどで多額の借金
2009年7月7日 呉の強盗殺人「石田被告はパチンコなどの遊興のため、角野さんから借金」
2009/07/23 顧客の1億2000万円詐取、ゆうちょ元行員「女性との生活費や、パチンコ代に使った」
2009年8月21日 佐賀市内の強盗強姦 「被告が約10年前から、パチンコ代欲しさからサラ金」
2009年8月24日 神奈川・厚木の知的障害女性性的暴行:施設元職員に実刑
「被害者の口座から約70万円を引き出し、パチンコなどに充てたりしたと」

(マルハン)パチンコ代欲しさの犯罪(神田うの)
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/pachi/1244185075/

韓国に続いてロシアでもパチンコやスロットが禁止された
http://s01.megalodon.jp/2009-1026-1155-17/www.asahi.com/international/update/0708/TKY200907080008.html


507 :出土地不明:2009/10/26(月) 17:52:09 ID:nCxVSj1Y
>>505わぉ、月光たん
呉の太伯つながりでこんなん見つけました(^-^)/
やっぱり神武がみた「船に乗る鳥装の銅鐸人」は、吉備・紀伊に入る呉の太白の子孫だったかもね!!

719 :月光仮面[]:2009/02/28(土) 15:37:08 ID:47WVVzPU
http://www.maori.info/images/canoe.jpg
神武が東遷中に瀬戸内海で目撃した羽根を羽ばたく人とはこうした舟に乗った銅鐸人で、
現在、八重山諸島の西の花蓮で頭に羽根を挿して踊るアミ族の系統かもしれない。
倭人伝では、倭人は擔耳会稽の呉の太白の子孫ではないかといっているとのこと。

508 :出土地不明:2009/10/26(月) 20:33:39 ID:H2X19L6K

◆戰國時代陶質編鐘在呉文化發源地無錫出土
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/www.js.xinhua.org/htm4/2041622.htm
>陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示
>鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等
>各種陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。
>有乳釘紋、水波紋、方格紋、圓圈紋等。

編鐘?????鐃?????磬?????缸?????壇?????
鼎?????原始瓷?????印紋硬釉陶?????乳釘紋?????
水波紋?????方格紋?????圓圈紋?????

いやあ、弥生時代と同時期の江南の江蘇省無錫にある呉の遺址からは日本の弥生遺物では
さーっぱりお見受けできない摩訶不思議な物や文様ばかり出るんですねえ(嘲笑)

509 :出土地不明:2009/10/26(月) 22:02:59 ID:oKtrotm/
高床式「倉庫」は北方アジアから直伝している。




高床式建物はシベリアやアムールにもあるけど何か?

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1164871625/






510 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/27(火) 01:37:45 ID:PIMpzJVS
>>503-504
江南から日本列島へは直接渡来は航海の軸線で無いので無理ですし、
江南の連中が他国に攻め入って征服王朝を築いた例もありません。
極東の国家形成は、西欧と同様、4世紀以降の北方民族の南下によって
成されたんですよ。先祖を中国人にしたがるんは鮮卑の唐王朝でも
家系偽造してますし、日本も源平藤橘の偽系図です。
寛永系図の捏造が如き、系図や先祖なんか大抵出鱈目ですよ。
他スレでも云うたよう、徳川氏が被差別民から加茂氏、藤原氏、源氏と
御都合主義で先祖を変えたように。先祖電波論を発信しても意味が無いで
しょう。

511 :LUNAMASK:2009/10/27(火) 08:16:02 ID:pdOK4f3Z
>>507 神武が見たのは鷺舞の衣装をまとった人であったのかも
http://www.iwami.or.jp/tsuwanok/sagimai/sagimai.htm

512 :LUNAMASK:2009/10/27(火) 08:16:49 ID:pdOK4f3Z
>>510 江南人の直接渡来は沖縄の考古学的実態から否定的ですね。しかし、山東省
へ北上し、遼東・楽浪経由九州北部、乃至は直接半島南部入りその後九州北部に入る
コースはありえます。列島・半島・満蒙の雑穀ゾーンに多く見られる男性遺伝子はO2bで
あり、これらに中国を加えた稲作ゾーンに多く見られる男性遺伝子はO3-M122
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O3_(Y-DNA)
このサブクレードに海外雄飛中国人・華僑タイプのO3a5-M134があるのですが、英国植
民地以前の豪大陸北西部に上陸したり、日本に異常に多く上陸している特異性があり
ます。このことから私はO3a5-M134を徐福集団と判断しました。


513 :出土地不明:2009/10/27(火) 12:17:18 ID:8g3Zakri
当時の江南から集団がやって来てだ、何で朝鮮にも日本にも江南文物の影響遺物が無い?

がいやまんくん、正直、おまえさんは考古学には全く向いていないよ。

BC3C末、除福一団の故郷、江蘇省北部では三足土器で炊飯していた。
粗製灰陶で出来ている鬲だ。
灰陶を焼く原始的な穴窯も炊飯器の鬲もさっぱり伝わっていない。
秦王朝のシンボルである鼎も土器にも青銅器にもさっぱり伝わっていない。
中国青銅器の龍文はもちろん、龍信仰さえさっぱり伝わっていない。
縦笛の簫、磬、鐘、鐃、ロ于、鉦など、様々な古代中国の楽器も
さっぱり伝わっていない。
三足やラッパ型の様々な酒器もさっぱり伝わっていない。
金銀器や金銀メッキもさっぱり伝わっていない。
様々な玉器もさっぱり伝わっていない。
瓦や箸や傘もさっぱり伝わっていない。
漢字の前身、篆書などを刻んだ遺物などもさっぱり出土しない。
除福どころか古代中国人なんか縄文から弥生を通して一切来ていない。
ただ、馬鹿で、無知で、低脳の、頭の弱い人間だけがダマされる創作デムパである。

それに、507はおまえを煽てて誘導している台湾人工作員だ。

それくらいの事、すぐに直感透視できる人間でないと考古学など所詮無理な話。

514 :LUNAMASK:2009/10/27(火) 13:01:48 ID:pdOK4f3Z
「日本の銅鐸の船文は,石寨山型銅鼓の船文に最も多いとされる双身船だとすると,
この点で銅鼓と共通性がある。その表現は,銅鼓の中では石寨山型銅鼓中でもより
写実的な広西貴県羅泊湾M1:10号銅鼓のそれに近く,また広州刻画という全く別の
素材に表された船の形に更に近かった。銅鐸の船文の銅鼓の船文との結び付きは
間接的である。
結局,井向1号銅鐸の船文は,石寨山型銅鼓や広西・広東あたりの当時の中国南方
世界と共有している部分があることを示唆する標識としての役割を果たしているという
ことであろうか。」末房PDFより


515 :LUNAMASK:2009/10/27(火) 13:04:39 ID:pdOK4f3Z
「そうすると南からの工人達は,朝鮮半島で土着化し,その後渡来したことも考えられ
る。その場合は朝鮮半島にも痕跡がある筈である。
ここで朝鮮無文土器時代の有名な防牌形銅器に触れておきたい。
この器物は,その文様から農耕祭祀にかかわる儀器であると推測されているが,人物
の特有の表現(図27)は,石寨山型銅鼓等に施されている人物表現(図28・29・ 30)と
酷似している。
この防牌形銅器は,朝鮮では異形青銅器と分類される一連の器物の一つである。
これらの異形青銅器は,紀元前4世紀から紀元前3世紀頃,忠清道に分布し,突然現
れて短期間で消えていったとされている。これらの諸点は,これらの青銅器が朝鮮半島
本来のものではなく,外 から入ってきた要素であること,またその製作にはそうした
要素の関与があったことを暗示しているように思える。」同上




516 :LUNAMASK:2009/10/27(火) 13:09:16 ID:pdOK4f3Z
「済州島には古くから徐福渡来説がある。朝日が上がるのを見た徐福が、無事に到着し
たことを記念して海辺の岸壁に「朝天」という文字を刻み入れたと言われる朝天浦、
西帰市の海岸にある「正房瀑布」という滝などである。童男童女を連れた徐福の一行
は、三神山のひとつ瀛州(済州島)の漢拏山に上陸し、自生している不老草「岩高蘭」
を捜した。しかし、結局は見つけられないままこの地を去る時、正房瀑布に心打たれ、
絶壁に「徐市過此[徐福(徐市)がここを通った]」という言葉を刻して、惜しみながら
西方の日本へ向かったという。済洲島には「西市過此(中国語で西市と徐市は同音)」
の地名が残っている。」弥生の侵略者徐福

517 :LUNAMASK:2009/10/27(火) 13:11:57 ID:pdOK4f3Z
「始皇帝は不老不死の薬を徐福に探しに行かせることにした。徐福は莫大な資金を費や
して旅立ち9年が経過したにもかかわらず得るものなく帰国した。そのとき徐福は始皇帝
に対し、大鮫に邪魔されてたどり着くことができないので、射手を用意していただきたい
(『史記』秦始皇本紀)。海中の大神は始皇帝の礼が薄いという理由で延年益寿の薬を
取ることを許さない。良家の童男童女とさまざまな分野の技術者を連れてくれば叶うと
言っている(『史記』准南・衡山列伝)。などと報告している。
 しかし、不老不死の薬を得たい始皇帝は、よろこんで童男童女3000人とさまざまな
分野の技術者の集団・五穀の種子を徐福に託した。徐福は大船団を組織し再び旅
立った。そして、「平原広沢」を得て王となった。そして二度と秦には戻らなかった。」
同上

518 :LUNAMASK:2009/10/27(火) 13:14:56 ID:pdOK4f3Z
梁書
新羅傳
新羅者、其先本辰韓種也。辰韓亦曰秦韓、相去萬里、傳言秦世亡人避役来適馬韓、
馬韓亦割其東界居之、似秦人、故名之曰秦韓。(新羅の人々の、先祖は辰韓の苗裔で
ある。辰韓は秦韓ともいい、双方の隔たりは大きい、伝承では秦代に苦役を避けた逃亡
民が馬韓に来たので、馬韓は東界を分割し、ここに彼らを居住させた故に、この名を
秦韓という。)
百済傳
其言参諸夏、亦秦、韓之遺俗云。(その言葉は、中華諸国や秦の言葉が加わっており、
韓に遣された習俗だという。)
其国近倭、頗有文身者。(其の国は倭に近く、刺青をした者が頗る多い。) Wiki

519 :LUNAMASK:2009/10/27(火) 13:24:17 ID:pdOK4f3Z
>>507 >>514-518
アランちゃん<石寨山<テン王国<二里頭<斉家文化、これと江南が秦始皇帝の
思いつきで結びつき、須玖岡本遺跡に始まる日本青銅器文化を生み出したよ
うですね。

520 :LUNAMASK:2009/10/27(火) 13:31:23 ID:pdOK4f3Z
原三国のプロト・伽耶地域が>>517海中の大神の勢力圏とすればその北方で
馬韓との国境に接する辰韓領内にいたと見られる「秦代に苦役を避けた逃亡
民」が後に応神朝に渡来する秦氏であり、徐福集団は錦江から済州島と沿岸
経由で馬韓南岸に達した刺青集団であったのでは。

521 :LUNAMASK:2009/10/27(火) 13:35:17 ID:pdOK4f3Z
>>519
アランちゃんは卑弥呼と同様に金印をもらったテン王の国民の子孫ではないでしょうか。

522 :LUNAMASK:2009/10/27(火) 13:52:18 ID:pdOK4f3Z
>>520
済州島から五島列島→吉野ヶ里→串木野→韓国岳→阿蘇→香春といった
探査コースを取り、四国西岸から中央構造体経由紀ノ川→吉野・熊野と
移動したのではないかと。

523 :出土地不明:2009/10/27(火) 19:42:22 ID:21A0J8jV
「断髪」を倭人がしていたなんて魏志倭人伝には書かれていない。
倭人の男子は皆、髪を結って露わにし、木綿を頭に巻いていたと書かれている。




男子皆露? 以木緜招頭

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
http://boat.zero.ad.jp/~zaw10107/1/yayoi_2.htm
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm





524 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/28(水) 00:06:08 ID:Yurpaa7c
>>512
江南からの直接渡来は航海の軸線から無理です。山東経由なら江南の少数の
人も朝鮮や日本にも来たでしょう。ですがABO式血液型程度の精度の低い
単一遺伝標識のY染色体で人種民族の移動が解る訳ありません。
>>519-521
アランちゃんは、ギャロン(嘉戎)・チベット族で、テン国の支配層のように
雲南まで南下しとらんでしょう。羌・テイか、西夏王国の子孫である
可能性の方が遥かに強いでしょうに。
http://nierika.web.infoseek.co.jp/sokonroj101.htm
http://www.geocities.jp/silkroad_tanken/katsudou_tp16/others/shishido_seinan_silkroadad/shishido_seinan_2/shishido_seinan_silkroad_2_.html
上の古代羌族からチベット・ビルマ語族 では、中国西北部から羌族が
南下したことが出ております。
下の方は雲南のテン国の青銅器が出ておりますが、青銅器1青銅器2
青銅器3のようにスキタイ遊牧騎馬民族文化の影響が強いですね。
青銅器4では、人間を生贄にしてすさまじいですよ。まあ人身供犠牲
なんか稲作民族文化に共有で日本の人柱もそうですが、青銅器2と合せ
関東武士の首狩りと人身供犠と同様圧巻です。青銅器5は、稲作民族の
蛇信仰とズボンという牧畜民筒袖胡服スタイルのチベット羌系支配層。
チベット系騎馬民族が越系稲作民を支配したテン国は、日本の古墳時代
よりも以前の原型ですね。

525 :出土地不明:2009/10/28(水) 00:42:33 ID:+3FsOwKO
紀元前後に江南から少数でもやって来てだ、何で江南の主役だった文物の
影響一つ無いのか。

そのときにはすでに瓦屋根の家に住み、龍をかたどった玉器のおびだまを
着けたボタンの付きの錦を着て布靴を履き、箸を使って豚肉をつまんで、
青磁や金の盃で老酒を飲んでいた人たちだぜ。

上の3行、100回読んでみ。

526 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/28(水) 01:14:26 ID:Yurpaa7c
>>524
の下の方が出んかったのう。長いアドレスは業いるわい。
http://www.geocities.jp/silkroad_tanken/katsudou_tp16/others/shishido_seinan_silkroad/shishido_seinan_2/shishido_seinan_silksilkroad_2_.html
じゃったか。

527 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/28(水) 01:32:39 ID:Yurpaa7c
>>524の下がまた間違えたか。
http://www.geocities.jp/silkroad_tanken/katsudou_tp16/others/shishido_seinan_silkroad/shishido_seinan_2/shishido_seinan_silkroad_2_.html
今度は出るかのう。

528 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/28(水) 01:47:47 ID:Yurpaa7c
>>524の下の方は>>527にやっと出ましたわ。
>>521
テン国の勇壮な騎馬軍団があってこそ漢人から独立性があった
ようなもんです。同じ金印でも委奴国は漢の字がつき倭は漢人の
直属隷属で、テン国には漢の字がありません。
チベット羌系の北方騎馬民族の支配でテン国は列島倭人のように
直属隷属の奴隷民にならんかったわけです。
日本列島は、古墳期の北方民族南下まで待たねばなりません
でしたね。

529 :出土地不明:2009/10/28(水) 08:30:59 ID:lbWkPbSP
>古墳期の北方民族南下



これの確証的文物は?




530 :LUNAMASK:2009/10/28(水) 11:05:14 ID:mupabF3U
>>524 >>512
>江南からの直接渡来は航海の軸線から無理です。山東経由なら江南の少数の
>人も朝鮮や日本にも来たでしょう。ですがABO式血液型程度の精度の低い
>単一遺伝標識のY染色体で人種民族の移動が解る訳ありません。
そのとおり。
>>519-521
>アランちゃんは、ギャロン(嘉戎)・チベット族で、テン国の支配層のように
>雲南まで南下しとらんでしょう。羌・テイか、西夏王国の子孫である
>可能性の方が遥かに強いでしょうに。
そのとおり。
>>528 >>524 >>521
>テン国の勇壮な騎馬軍団があってこそ漢人から独立性があった
>ようなもんです。同じ金印でも委奴国は漢の字がつき倭は漢人の
>直属隷属で、テン国には漢の字がありません。
>チベット羌系の北方騎馬民族の支配でテン国は列島倭人のように
>直属隷属の奴隷民にならんかったわけです。
>日本列島は、古墳期の北方民族南下まで待たねばなりません
>でしたね。
そうですね。新羅が前秦に朝貢した結果でしょう。



531 :LUNAMASK:2009/10/28(水) 12:22:10 ID:mupabF3U
>>530
ロシア科学アカデミー会員・考古学者ミニャーエフは中国寧夏回族自治区にて前漢中
後期発行五銖銭を伴う地下式横穴墓(日向・曽於の地下式横穴墳が羨道付カタコンベ
墳であるのに対し、ダグアウト式横穴墳、共にスキタイ系) 上 平面図(牛頭・羊頭を
祀る)を
調査。 下 断面図(ダグアウト)
(ホケノヤマ追葬部同様に水甕様の土器が枕辺方向にある)
http://xiongnu.eurasica.ru/images/pp_02.gif
同上 出土品 五銖銭
http://xiongnu.eurasica.ru/images/pp_03.gif
執筆者 Sergey Stepanovich Minyaevは新疆・甘粛ではスキタイ期から
続くカタコンベ・地下横穴墳文化があると推定している。私はこれが伽耶から新沢千塚・
日向・曽於に入ったのではないかと考える

532 :LUNAMASK:2009/10/28(水) 12:32:12 ID:mupabF3U
↑被葬者は女性であり、牛頭が飾られるというのは小河墓ミイラ同様女王クラス
であったのかも。

533 :出土地不明:2009/10/28(水) 14:07:14 ID:0b8+a5zU
わぉ、このスレがまさしく倭国大乱のようですね(^^;)

>>491 これまでのまとめ
おいら:南方系船に乗る鳥装の銅鐸族(とっても非力、在来のサイレントマジョリティがたより)
青牛たん、見よ〜たん:北方系騎馬民族(どのスレでもたった2人しかいないのにとてつもない破壊力)
月光たん:西方からやってきた救世主、神武(北方系の侵入から防衛するための銅鐸族の援軍)

534 :出土地不明:2009/10/28(水) 15:06:30 ID:0b8+a5zU
>>519 ということで、わぉ月光たん
日本の青銅器文化は、斉家文化につながるアランちゃん達古代羌族が
もたらしたものかも知れませんね(^-^)/

斉家文化とは
793 :月光仮面[]:2009/03/06(金) 11:32:17 ID:nZ2wIUK4
http://www.peoplechina.com.cn/wenhua/images/attachement/jpg/site125/20071128/00142a10adc008b7409c2c.jpg
この婦好のイメージこそヤマトトトヒモモソヒメ、卑弥呼の原型となった、ユーラシア女性戦士プリーステス「司馬」だと思います。
新疆のカンチャシメンチ歌垣岩壁画では夏の時代から夏家店上層期まで歌垣が継続されていたことが確認できます。
カンチャシメンチ歌垣岩壁画は小河墓遺跡の女性首長ミイラ・棺と通ずる面があり、小河墓遺跡と同じく
アファナーシエフ文化に属するもので、キンボール氏の言うとおりルーマニア・ククテニ・トリポリエ文化の系列。
殷に入った後、燕・漢江経由古墳時代の纒向に入るものだと考えられます。

795 :月光仮面[]:2009/03/06(金) 11:53:24 ID:nZ2wIUK4
太陽に対置される大地の神は牛頭をしており、斉家文化で出現するようです。これから黄帝、蚩尤、共工等のイメージが生まれ、
牛頭天王、素盞嗚命のイメージが生まれるのでしょう。
アファナシエヴォ文化の影響の下に生まれるアルタイのオークネフ文化の神像は牛頭の三つ目であり、月・日・星のような天体を意味し、
やがては南下してインドに入り、ヒンドゥー教に影響を与えたものと考えられます。

535 :LUNAMASK:2009/10/28(水) 15:26:06 ID:mupabF3U
おおざっぱに↓
中国史時代区分表
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%8F%B2%E6%99%82%E4%BB%A3%E5%8C%BA%E5%88%86%E8%A1%A8
後漢  25年-220年 神武
三国時代  220年-280年 卑弥呼→崇神/トヨ
西晋  280年-316年 垂仁-仲哀 
五胡十六国時代 304年-439年 応神-反正
南北朝時代  439年-589年 允恭-敏達
隋  581年-619年 用明-推古
唐  618年-907年 舒明以降
天皇一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
こうした区切りをつけて考えてみたい。

536 :LUNAMASK:2009/10/28(水) 15:32:42 ID:mupabF3U
↑これより先の前漢の始皇帝、冒頓単于、武帝による中原の大型台風の影響で
周辺に向かって西側の風、スキタイ民族、文化が流れる。神武はその名残でしょう。
しかし、流れは何波にもなる。南風に変わる時もある。

537 :出土地不明:2009/10/28(水) 15:37:02 ID:0b8+a5zU
>>535
>>534の女王(司母)制度が殷に入った後、燕・漢江経由古墳時代の纒向に入るのは、いつ?

この流れは、北方騎馬民族の流入というよりも青銅器の流入でつよね


538 :出土地不明:2009/10/28(水) 16:36:27 ID:0b8+a5zU
>>537
神奈備さんの掲示板では、先に徐福集団の妹の名草姫が紀伊に入り
姉(同族)の神武集団が後から入ったとも書いてあった・・

539 :LUNAMASK:2009/10/28(水) 18:10:34 ID:mupabF3U
>>537
新羅王第八代 阿達羅尼師今)即位四年(=157年?)丁酉(ひのと・とり) 
東海の濱に延烏郎・細烏女あり、夫婦同居す。・・・このころから女王ブーム
となったようね。

540 :LUNAMASK:2009/10/28(水) 18:12:55 ID:mupabF3U
>>538
三雲→盾築→纒向における水銀朱ストックパイルの年代をイメージすればいいのでは。

541 :出土地不明:2009/10/28(水) 21:36:17 ID:0b8+a5zU
>>538わぉ、月光たん
当初の徐福集団(O3a)による東遷では、名草姫・名草彦のヒメ・ヒコ制だったんだろうね

その後しばらくして北方の男王(C)の支配を嫌って同属(O3a)が
初期の天孫、秦系古代羌族(DN)を呼びよせ吉備→纒向に入った

この時三輪山に宗像三女神が祭られ、カイラス山の三層思想が成立したのかな〜


542 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/29(木) 00:49:21 ID:zgICuiBa
>>529
須恵器から埴輪の服装の筒袖、スボンの胡服まで、古墳期の北方民族化は
顕著じゃないか。
>>530
前秦と云えば、テイ族が華北を支配した国ですが、羌族の建国した後秦
同様、鮮卑に滅ぼされ、四散した中には、朝鮮へ行き、後に日本へ渡来した
連中もおったかも知れませんね。先に韓に住んだ秦韓要素だけでは、
語れん部分が新羅や日本に渡来した秦氏の要素にあります。
新羅のスキタイ系古墳や王冠、副葬品や、秦氏の治水土木工事や
騎馬要素など、チベット羌系やトルコ系の要素が強いですね。
>>535
神武から百歳以上の長寿を保ったんが時代が下がるほど短命になるんは、
偽装系図の神話ゆえでしょう。記紀以前の天皇家では、蘇我氏が
天皇であったかも知れませんし、空想の世界になります。

543 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/04(水) 23:38:37 ID:eHD/EbqD
>>470
http://55tibet.way-nifty.com/tibemono/2007/11/alan_fe97.html
http://honin/spaces.live.com/blog/cns!9DAA889CEE2D0AB0!5283.entry
上の方にアランちゃんは、カンゼチベット自治州(昔の西康省)にある
ギャロン出身のチベット人と、ある。
下の方は、満洲族の、「・飲食で」、しょうゆやニンニクで味付けした
簡素な料理『韃靼漂流記』にも記載された満洲族の食、「・婚姻」では、
「漢族と比べ、家庭内での女性の地位が高かった。妻の実家の影響力が
強い。(満洲、モンゴル族に見られる特徴)であった。
ほいで(九)多民族的健鋭営民族的に、金川人、嘉戎(ギャロン)
蔵(チベット)族は、清朝に投降後、「グルカ(ネパール)、台湾、甘粛などで
活躍した民族。アランちゃんは、ギャロン・チベット族の勇敢な兵士の
子孫じゃろうのう。

544 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/04(水) 23:52:52 ID:eHD/EbqD
>>543
また間違えたか。下の方は、
http://honin.spaces.live.com/blog/cns!9DAA889CEE2D0AB0!5283.entry


545 :出土地不明:2009/11/05(木) 00:15:59 ID:mE8lmkY9
>>542
>須恵器から埴輪の服装の筒袖、スボンの胡服まで、古墳期の北方民族化は
顕著じゃないか。

顕著であることと北方民族が支配したは別だ。

ジーンズとTシャツ文化が世界中で顕著だからといって、
アメリカ人が世界を支配してないのと同じ。

546 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/05(木) 01:42:36 ID:igA3xXGx
>>545
ほう、弥生期の列島倭人が中華民族に隷属しとった継続で、
古墳期に北方民族の胡服に習うんも可笑しげなのう。
しかも北朝や高句麗でも、漢化した髪形しとるんに、
日本は北方民族のミズラじゃ。中華文明人事大から北方民族事大に
急に変わる奴隷根性を説明してくれんか?

547 :出土地不明:2009/11/05(木) 08:52:37 ID:mE8lmkY9
>>546
そんなもの説明なんているかよボケ。
5世紀になっての秦氏や東漢氏の渡来による影響だ。
だいたい沓やミズラなんてそれ以前の弥生時代からあるしな。

548 :出土地不明:2009/11/05(木) 15:20:22 ID:2gEr2zRX
>>543 わぉ、青牛たん
アランちゃんの古代羌族(ギャロン族)はイギリス植民地時代からの精鋭部隊
グルカ兵にも関係していましたか!! 最強の司母護衛集団ですね(^-^)/

>>546
月光たん説のおいら的解釈によれば、秦氏などの天孫族が日本に渡来したのは
欠史八代の時代のようですよ
さらに秦氏や東漢氏の広めた牛頭信仰こそが、列島から大陸に進出した縄文文化・
突帯文文化の真髄だとおいらは解釈しているのですが..

彼らが南方系徐福集団を紀伊・熊野・吉野にひきつれて八咫烏になったのかな〜

549 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/05(木) 23:42:12 ID:igA3xXGx
>>547
弥生時代に沓やミズラなんかあるかい。
『北史』『旧唐書』の倭国伝ですら倭国の庶民は、裸足で髪形は
椎けいじゃと出とるじゃないか。
>>548
ギャロン・チベット族は清軍として、対グルカ戦に加わって
おりますね。グルカ兵はチベット系ヒマラヤンが多かったわけで、
チベット系傭兵同士の戦いですね。チベット系は元来戦闘の
強い、山岳に住む民族ですから、兵隊に採用されやすいんで
すよ。羌族なんかは兵隊としても優秀ですが、治水工事の職人と
しても有能でした。
ほいで日本へ渡来しても、天皇家の護衛としての軍事的側面や
山城国の治水事業にも活躍した秦氏の渡来は古墳期を通じて
何世代に渡っての渡来でしょう。秦韓や北朝の権力争いに敗れた
連中が多く渡来したんじゃないですか。
縄文、弥生期に牛がおらんかった日本で牛頭信仰があるわけ無い
でしょう。突帯文も渡来文化ですし。
徐福の伝説は電波ですが、しかも徐福は南方系じゃ無いでしょう。

550 :出土地不明:2009/11/06(金) 00:17:01 ID:xogoPquX
五月蠅い! どこだっていいだろ

551 :出土地不明:2009/11/06(金) 11:45:28 ID:GEG7GuVr
>>549
>弥生時代に沓やミズラなんかあるかい。

自分の無知を恥じろ。

http://www.yoshinogari.jp/ym/episode04/dress03.html

「近年の発掘調査により、衣服以外の弥生人のファッションについてもわかってきました。
男性の髪型は吉野ヶ里遺跡の甕棺墓からミズラという埴輪に見られる
耳の上で髪を巻いてまとめた形の毛髪が出土したことから、
既に弥生時代からミズラがあったことがわかりました。
また、倭人伝には人々ははだしであると記述されていましたが、
吉野ヶ里遺跡や福岡県の那珂久平遺跡で板を浅くえぐった
木製の履物と考えられる遺物が出土しており、
沓が存在していたことも明らかになっています。

552 :出土地不明:2009/11/06(金) 13:14:00 ID:hekiphrL
縄文時代にはすでに長靴が有ったようだが

新潟県 上ン原遺跡出土「深靴」土偶
http://www.city.niigata.jp/info/bunka/niigatakara/search/detail.asp?eventId=833&searchType=areaCategory&area=8&category=2

>縄文時代における履物の存在を示す数少ない資料となっています。
>縄文時代後期に入ると気候は寒冷化に転じ、多雪環境への適応に迫られたことが想像されます。
>この土偶は、雪国縄文人の暮らしぶりを伝える意味でも興味深いものがあります。

553 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/06(金) 22:57:09 ID:azSLnpgn
>>551
ほう、あんたも真っ当なソースを提示したか。
まあ、ミヅラに関しては、「耳の上で髪を巻いてまとめた形」じゃあ
椎結かも知れんけぇ今の処判断出来んのう。
済州島の州胡の?(こん)頭や、弁辰伝の長髪と北方民族の髪形の
要素が済州島や朝鮮南部にも見られるけぇ、伽耶と同一文化圏の
九州の倭にあっても可笑しゅうは無い。ミズラは高句麗の給仕に
見える髪形で古墳期に大量に日本の埴輪に見られる髪形として、
尖兵的列島倭人の貴族層を考慮すべき問題はあろう。
ほいじゃが、逆に列島倭人の南方要素が否定される現象になって
きたのう。仮にミズラが弥生期にあったとしたら、突帯文文化、
ユウ婁の影響が日本列島西部に及んだ北方民族の尖兵要素で
あろう。
沓に関してはわしの間違いじゃ。寒冷期の冬を考慮せず安易に
文献に従がうて仕舞うたわい。まあ木制履物じゃけぇ沓と云えるか
どうかじゃが。
>>552
写真じゃあはっきり解らんが、藁で作った足を蔽うもんを、
長靴と表現出来るかのう。江戸期草鞋や裸足の日本人でも、
豪雪地帯の冬は足を蔽うもんじゃないと生活出来ん。
それも藁を使うたもんで、皮製じゃ無いけんのう。
雪国ならカンジキやスカリが必需品じゃったが、今の処縄文期に
無いんかのう?

554 :出土地不明:2009/11/06(金) 23:17:32 ID:qwjgchu/
朝鮮半島に稲作が伝わったのは4〜5000年くらい前。


1990年金浦佳■(山と見)里泥炭層から採取された稲籾は4,010+-25BPと
報告されており、問題もあるがもし報告が正しいとすれば韓国での稲の
出現は新石器時代中期段階にまでさかのぼる可能性がある。
http://inoues.net/study/japonica3.html
最近は紀元前2000年ころ(?)とみられる種籾が、漢江の河口に面
する金浦(キムポ)と一山(イルサン)で発見されました(注)。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~halfmoon/hm072.html
然し1992年には、それよりも早い時期の粳米を韓国の清州市における
家瓦遺跡から大量に発見された。今から4721年(+−50)年前と
推測されているが、同時に出土された樹木年輪測定からすると、
今から5020年前のものだと修正がなされた。
http://sakura-nokishita.spaces.live.com/blog/cns!6CB04EFFB064FA79!1873.entry

555 :出土地不明:2009/11/06(金) 23:18:26 ID:qwjgchu/
中国から直接日本に伝来した事にされているRM1-b遺伝子の稲の
調査が日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の朝鮮の炭化米で
なされていない。

かつては朝鮮半島にもRM1-b遺伝子の稲は存在したが朝鮮半島の自然環境に
適応できず遺伝子が消滅欠損してしまった可能性が十分に考えられる。

佐藤洋一郎容疑者はただちに日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の
朝鮮の炭化米でRM1-b遺伝子の有無を調査し、その結果を国民に公表せよ。

考古学界を混乱させた貴方にはその責任がある。

それをしない内はペテン、詐欺と言われてもしかたがない。
http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000116_discussion_004.gif

556 :出土地不明:2009/11/07(土) 00:36:34 ID:LxzwOR2m
>>553
>椎結かも知れんけぇ今の処判断出来んのう。

あるないのゼロサム論でおまえが「ない」というから
「ある」のソースを示したが、
その程度の情けない反論しかできないのか。
学者でもないおまえが「判断出来んのう」なんて偉そうに言っても何の意味もない。
悔しかったらアカデミストになって自分の意見を言え。
とことんクズ野郎だな。

557 :LUNAMASK:2009/11/07(土) 08:41:35 ID:1Pkf25cz
>>541 >>538 わぉ、月光たん
>当初の徐福集団(O3a)による東遷では、名草姫・名草彦のヒメ・ヒコ制だったんだろ
うね
そうでしょうね。徐福集団ですが、(1)方士、(2)狙撃・山岳兵、(3)百工(機織・冶金等)
等等雑多な人々から構成されていたものの、中越国境のマン族のYDNAはO2a (SNP
M95)、 O3a3b (SNP M7) 、 O3a3c (SNP M134)の3クレードに限定されるが、そのうち
O2a (SNP M95)、 O3a3c (SNP M134)の2つも日本に存在する。始皇帝により中越
国境方面が制圧され、徐福集団の護衛兵として配備された結果じゃないかな。
http://www.joshuaproject.net/profiles/maps/m106238_ch.pdf
http://www.joshuaproject.net/peopctry.php?rop3=106238&rog3=CH
http://www.absolutechinatours.com/news/China-last-primitive-tribe-034.html

558 :LUNAMASK:2009/11/07(土) 08:51:35 ID:1Pkf25cz
>>541
>その後しばらくして北方の男王(C)の支配を嫌って同属(O3a)が
>初期の天孫、秦系古代羌族(DN)を呼びよせ吉備→纒向に入った
新羅の天日矛を嫌ってアカル姫が難波に帰還の話と吉備-大和の話は別。
欠史八代時代の話として別途検討しましょう。
>この時三輪山に宗像三女神が祭られ、カイラス山の三層思想が成立したのかな〜
神功が沖ノ島祭祀を三輪に移したのでしょう。


559 :LUNAMASK:2009/11/07(土) 08:56:26 ID:1Pkf25cz
>>542
神学部分にも切り込みましょうよ。聖書も記紀も貴重な情報源です。

560 :LUNAMASK:2009/11/07(土) 09:14:31 ID:1Pkf25cz
>548 >>546
>月光たん説のおいら的解釈によれば、秦氏などの天孫族が日本に渡来したのは欠史
八代の時代のようですよ< >さらに秦氏や東漢氏の広めた牛頭信仰こそが、列島から
大陸に進出した縄文文化・突帯文文化の真髄だとおいらは解釈しているのですが.. <
牛頭=夕月 突帯文=茅の輪 アカホヤ直上で出土する轟B式多条突帯文土器、これ
はその2−3千年後ボルガ上流に出現する多条突帯文土器文化と関係するかどうか、
難しいところですが、セイマ・トゥルビノには玉文化が絡んでいるようで、グラスコフ文化
の影響を感じています。
>彼らが南方系徐福集団を紀伊・熊野・吉野にひきつれて八咫烏になったのかな〜<
八咫烏=高句麗三足烏=三つ巴=弁証法のシンボルとも考えられます。
山岳宗教/修験道の伝播、水銀朱鉱脈探査と関係するかも。

561 :LUNAMASK:2009/11/07(土) 12:08:06 ID:1Pkf25cz
↑銅鐸文化圏から西に向かって拡大を続けた大和朝廷は神功時代に筑紫・百済・新羅
を統一する。これは神功が沖ノ島祭祀を中核として玄界灘周辺諸国を統一したことで、
後の白村江海戦まで玄界灘体制が維持される。これが金剛山・三輪山祭祀として大和
に伝わる。神功の言う磐立たす少彦名というのはコーカサス・アルタイを席巻した貊人の
箱式石棺墓・支石墓文化。
「三上次男氏の『満鮮原始墳墓の研究』(一九六一年)に拠ると、支石墓について興味
深い点がいくつかある。これらを挙げてみると、その築造者は前三世紀末〜二世紀初ご
ろから活動期に入った貊人(後の高句麗人と系統を同じくするもの)であったに違いない
こと、分布は遼寧地区と朝鮮半島を中心として山東やわが国の北九州にも僅かながらあ
ること、後の高句麗人は支石墓の分布地帯を舞台として政治的発展を遂げたこと、支石
墓は石棺墓の巨大化した形式とみられるが、両者の拡がりは朝鮮半島において完全に
一致し、南朝鮮においては両者が合して複合形を取るものさえあること、などである。」
宝賀 寿男
http://shushen.hp.infoseek.co.jp/kodaisi/kibaminzoku/kibaminzoku2.htm


562 :LUNAMASK:2009/11/07(土) 12:17:58 ID:1Pkf25cz
三輪王朝のYDNA
C-M86 1.20% シ歳(満州(夫与)系?) M48 M77 M86→C3c 
               満州系 粛慎 東胡
河内王朝のYDNA
C-217* 1.90% 狛(烏桓系?) C3 モンゴル系 エベンキ 匈奴

563 :LUNAMASK:2009/11/07(土) 13:13:51 ID:1Pkf25cz
出雲から吉備に入る土師
Q-P36 0.40% シナ・コーカサス/フルリ・ウラル人  英国 タタール
突厥系のもの
N-M178 0.40% 突厥 ヤクート
同時に多少↓これもあったか。
NO-M214* 2.30% 秦氏

564 :LUNAMASK:2009/11/07(土) 15:23:48 ID:1Pkf25cz
>>560
中国学会説によると突帯文土器の流れは山東省北辛文化→遼東三堂文化。
ただし、多条突帯文土器は黒竜江省小拉哈第1期に出現しているとする。

565 :LUNAMASK:2009/11/07(土) 15:50:25 ID:1Pkf25cz
予想される弥生時代のYDNA分布
東日本/西日本高地
O-SRY 7.70% (=O2b) 欣岩里型・先松菊里型農耕
O-47z 22.00% (=O2b1a)欣岩里型・先松菊里型農耕
西日本低地
O-M122* 6.60% (=O3) 突帯文地域
O-LINE1 3.10% (=O3a3) 松菊里型水稲農耕高地遠賀川文化 
O-M134 10.40% (=O3a5) 松菊里型水稲農耕低地遠賀川文化

566 :出土地不明:2009/11/07(土) 17:54:45 ID:pvIRQa9W
「歌垣」は百済の帰化人から伝わっている。


翌宝亀元年(770年)3月には、男女230人が歌垣(うたがき)
には百済から河内の地に渡来した王仁(わに)の末孫たちが奉仕した
との記録が残されています。(続日本紀)
http://www18.ocn.ne.jp/~doukyou/shirukai/sub01.html

弓削の道鏡の出身地で称徳天皇がこの地に遊行されて、百済の人々が
歌垣をして慰めたという
http://www.shiga-miidera.or.jp/serialization/shinra/136.htm

歌垣を行った葛井氏ら六氏は百済からの渡来人を先祖としており
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou26/kaihou26.html

567 :出土地不明:2009/11/07(土) 17:56:06 ID:pvIRQa9W
「歌垣」は現在でも朝鮮半島に見られる。


先生は「韓の国紀行『歌垣』」のなかで、「朝鮮民族には凄味がある、
と、ほとほと思ったのは、この仏国寺の松林で野遊びを見、歌垣の
歌声をきき、そして杖鼓(チャング)のリズムをきいたときであった。
http://homepage2.nifty.com/kodaijin-tamat/index.files/karanokuni.htm

日本にも野遊びはあった。万葉のころ歌垣は絶えた。韓国ではいまも
生活の中にある。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/nishikawasan/siba/karakuni.htm
 
韓国の山野では野遊びをする人々に出会うという。司馬さんは
「人々は強烈なリズムにのって群舞しており、さながら万葉時代の
歌垣や踏歌を現(うつつ)に見る思い」がすると書いていた。
http://www1.coralnet.or.jp/kn/tenti/c2002401.htm

568 :出土地不明:2009/11/07(土) 17:56:56 ID:pvIRQa9W
次に、歌垣(かがい・歌會)について語ろう。七七〇年三月、河内の弓削の称徳離宮で歌垣が
行われた。万代にわたる帝と離宮の存続を祈り、周囲六ヶ村男女二百三十人の渡来人が夜を
通して歌い踊った。歌垣は若い男女にとって、他の部落との間の通婚の機会設定に大きな役割を
果たしていた。このころは、山麓の景勝地まで人々が出かけて、賑やかに野外舞踏会を開いた
ものであった。というよりは、日のあるうちは野に遊び、日が暮れると篝火が灯され、酒が
入って宴は佳境に入る。日野の朝鮮坊山では、毎年歌垣が行われていた。
お月見の習慣と併せて、韓半島からの伝来の風習であった。いまも扶餘や慶州あたりの野原では、
夏の夕べに月見の宴を張る。これを野遊とよんでいる。大和の民衆もこの楽しみをまねて、
農業神事に取り入れた。慶州の仏国寺の松林で、水色・桃色・緑・赤など色とりどりの袴・上衣を
着た老若男女が楽しそうに踊るのを見ることができる。杖鼓を膝の前において鞭のようなバチで
打つ。このリズムに合わせて踊る。韓国ではいまでも一般の家庭で使われている楽器である。
日本舞楽の羯鼓に似た楽器である。筑波山麓の歌會や常陸国風土記にある童子女松原の歌會が
知られている。筑波嶺の歌會で詠んだ歌一首と短歌が万葉集巻九にある。この伝統が盆踊りの形で
現在の日本に引き継がれた。
http://www.tmd.ac.jp/med/mtec/wakamatsu/emperor/historybackground.pdf#search

569 :LUNAMASK:2009/11/07(土) 18:13:25 ID:1Pkf25cz
河内王朝-継体王朝にかけ、バクトリアーテイ羌方面から下記が到来↓
N-LLY22g* 1.20% 羌(隼人・青森に入る彝族)
I-P19 0.40% ギリシャ・アーリア語/土壙墳文化/アシケナージ・ユダヤ人
R-M207 0.40% アヴァール・エフタル

570 :出土地不明:2009/11/08(日) 10:26:38 ID:PpT60FI8
>>542
>須恵器から埴輪の服装の筒袖、スボンの胡服まで、古墳期の北方民族化は
>顕著じゃないか。


全部、加羅や百済から伝わったと言えてしまうものばかりで
北方民族がやって来たという確証的文物が無いじゃないの。

事実、須恵器も馬具の系統も百済とは一致せず加羅と一致する。

一致する北方の故郷側の確証的文物を出してみてくれないか?

571 :出土地不明:2009/11/08(日) 21:19:03 ID:HOVoAGvc
「鵜飼」は満州や朝鮮半島にも見られる。


満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくい
あげて吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.jiyuu-shikan.org/shoseki_video4.html

日本の鵜飼いは、鳥居氏に便乗すれば、江南よりも朝鮮や満州の
北方民族から伝わったのかもしれません。鴨緑江や松花江などでも
鵜飼いは見られます(注9)。
http://www.han.org/a/half-moon/hm080.html

572 :出土地不明:2009/11/08(日) 21:19:51 ID:HOVoAGvc
しかも日本の「鵜飼」は中国よりも古い。


鵜飼いの歴史は古く、『日本書紀』神武天皇の条に鵜養部のことが見え、
『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っている。また中国の史書
『隋書』開皇二十年(600年)の条には、日本を訪れた隋使が見た変わった
漁法として紹介されている。

隋書の書かれた時代には鵜飼いは中国人にとって珍しい漁法だったが、
その後中国においても鵜飼い漁法が定着した。

確実な記録として最古の物は、10世紀の文人・陶穀が残した『清異録』
(965年)において、当塗(安徽省太平府の都市)の漁民が「魚を捕らえる
のに非常に機敏な鵜を使う」と記述されているのが最初である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E9%A3%BC%E3%81%84

573 :LUNAMASK:2009/11/09(月) 10:23:34 ID:RktPr0lF
>>562
三輪王朝時代
C-M86 1.20% シ歳(満州(夫与)系?) M48 M77 M86→C3c 
               満州系 粛慎 東胡
・・・百済と同様に夫与系
河内王朝時代
C-217* 1.90% 狛(烏桓系?) C3 モンゴル系 エベンキ 匈奴
・・・新羅経由西方のいわゆる「騎馬民族」系
これは遼東vs遼西(綏遠)の関係かもしれない。

574 :LUNAMASK:2009/11/09(月) 10:39:59 ID:RktPr0lF
↑時代の流れ
畿内(銅戈文化圏=饒速日<箕子朝鮮<殷・・・司母制度)
([畿内+吉備]=神武-崇神)+東海
(畿内+吉備+東海)+(筑紫+半島南方式支石墓地帯(除く北方式支石墓地帯))
倭・半島南部vs高句麗

575 :LUNAMASK:2009/11/09(月) 10:56:13 ID:RktPr0lF
>>565
>西日本低地
O-M122* 6.60% (=O3) 突帯文地域
O-LINE1 3.10% (=O3a3) 松菊里型水稲農耕高地遠賀川文化 
O-M134 10.40% (=O3a5) 松菊里型水稲農耕低地遠賀川文化
↑これは江南稲作文化民であり、と遼西・遼東青銅器文化を銅鐸文化に
変質させた原動力であったのでは。


576 :LUNAMASK:2009/11/09(月) 11:02:41 ID:RktPr0lF
銅鐸というメディアを通して、縄文人D,畑作民O2,稲作民O3の共存共栄が図られ、
これが後の日本を生み出す玉子となって次第に西方に拡大、その影響力は遂に
高句麗と対峙するまでに至ったということだろう。

577 :出土地不明:2009/11/09(月) 11:13:58 ID:Axw32g3+
わぉ、月光たん
>>575が「双身船に乗る鳥装の銅鐸文化人」の正体でつね!!

719 :月光仮面[]:2009/02/28(土) 15:37:08 ID:47WVVzPU
http://www.maori.info/images/canoe.jpg
神武が東遷中に瀬戸内海で目撃した羽根を羽ばたく人とはこうした舟に乗った銅鐸人で、
現在、八重山諸島の西の花蓮で頭に羽根を挿して踊るアミ族の系統かもしれない。
倭人伝では、倭人は擔耳会稽の呉の太白の子孫ではないかといっているとのこと。

578 :LUNAMASK:2009/11/09(月) 11:56:07 ID:RktPr0lF
>>577
「帝、倭に銅鏡を下賜せずんば虎子を得ずですぞ。四面楚歌です。あの国は呉の国
となり、行く末江南と外交関係を結ぶことにもなりかねません。」魏の張政等はこんな
報告を上げたのかも。

579 :LUNAMASK:2009/11/09(月) 14:46:46 ID:RktPr0lF
>>560 >>564
中国学会の突帯文土器の起源を山東省北辛文化とする考えを裏付けるように山東省
北辛文化に併行する綏遠趙宝溝文化に刻目突帯文を思わされる肩の上の装飾がある
が、
http://www.pitt.edu/~chifeng/pottery/Zhaobaogou4a.jpg
この装飾の上には太陽の、朝昼晩=鹿鳳猪の三態を表す絵があり、
http://www.pitt.edu/~chifeng/pottery/Zhaobaogou4.jpg
中国学会には鳥トーテム、鹿トーテム等の民族融和の象徴ではないかする説もあり、
突帯文状の飾りは結界を表すものとみられるが、この時期に北辛文化で突帯文が見ら
れるといいうことは、突帯文には結界、つまり、茅の輪の効力があるのではないかと愚考
する。


580 :出土地不明:2009/11/09(月) 16:03:43 ID:Axw32g3+
>>579
わぉ月光たん
この縄文文化が大陸に進出して帰還した「茅の輪」文化を三輪山に導入したのは
>>573の三輪王朝でつかね

三輪王朝時代
C-M86 1.20% シ歳(満州(夫与)系?) M48 M77 M86→C3c 
満州系 粛慎 東胡・・・百済と同様に夫与系

581 :出土地不明:2009/11/09(月) 16:23:08 ID:Axw32g3+
するとその後>>384で西方のスキタイ三女神信仰を導入しようとしたのは誰なんしょ?
>>558の神功では時代的にタイムラグがあり過ぎるような気が..
これが>>563吉備(QN)のモモソヒメでは!?

384 :LUNAMASK:2009/10/18(日) 09:25:03 ID:Tjqf8ovD
>>383
大神神社では三輪山北麓茅原大日に宗像三女神の市杵島姫、木花咲耶姫を祀るが、
これは神武テリトリー、宗像三女神を垂直方向(海人族の海中パラダイム)で展開すると
三輪山となるが、伝説上はオオタタネコの母、活玉依毘売までは蛇身の大物主の御諸
山であったが、どうやら卑弥呼等が宗像三女神にからめてスキタイ思想の三輪山にした
ようですね。
これに対して狗奴国なんかから猛反対が生まれたんでしょう。崇神の時に活玉依毘売
の子のオオタタネコを神主に任命している。このあと昔の名前に戻り、出雲国造神賀詞
によれば出雲大社のできる頃にも御諸山であったようですね。

582 :LUNAMASK:2009/11/09(月) 16:38:27 ID:RktPr0lF
>>580
突帯文土器については縄文、北辛、小拉哈等いろいろ考えられるので取り敢えず
オープンしておきましょう。
>>580-581
三諸山の祭祀は崇神時代にオオタタネコが神主に任ぜられるものの、考古学的には
神功時代に始まる。つまり、崇神時代は沖縄のウガンジョのようなものだったんでしょう。
神功時代の三諸山は沖ノ島祭祀とリンクしているが、これは伽耶に南下してきた
モンゴル西部・アルタイ起源の文化にほかなりません。神功は卑弥呼に劣らぬ偉い
人であったらしく、八幡神を懐妊している、マリア様クラスですね。

583 :LUNAMASK:2009/11/09(月) 17:12:55 ID:RktPr0lF
「かしこきあたりにおたずね申し上げます。住吉大社などでは不倫説を流したりしており
ますが、実のところはいかがでございましょうや?」
{古きは始皇帝、新しくは竹田信玄のみまかりし例にもあるが、戦には秘めごとがある。
おおよそ国を預かるものとしては臨機応変に対応する必要があったのじゃ。そもそも
われが神なるか、人なるか。それも神のみぞ知ることなのじゃ。」

584 :LUNAMASK:2009/11/09(月) 17:22:46 ID:RktPr0lF
晋末の動乱に乗じて,かねてから野心をもっていた満州(現,中国東北)の強国高句麗
は南下して313年ころ楽浪郡を滅ぼし,帯方郡も前後して韓・ワイ諸族によって併合さ
れた。七支刀 泰和4年(369)と判読して東晋年号・・・七支刀は女王が所有するもの。
つまり、百済は神功を認め献上したもので、これが神功実在の物証。

585 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/09(月) 23:54:43 ID:1Z8+S5yb
>>556
可能性論でミズラと考えとるだけで、根拠の提示は乏しい内容じゃ。
椎結かどうかも解らんじゃないか。学者じゃの権威を利用しても
意味があるまあ。あんたが学者に奴隷根性を持っとることを提示したんに
過ぎん。つまらんのう。
>>570
土器はローカル交流圏内のもので民族移動と関連は薄いが、
古墳期の伽耶の支配層は北方木槨墓人で、同一文化圏にあった列島の倭に
須恵器が見られるんは当然じゃ。

ほいでその他は、精度の低いYカルト妄想解釈でつまらん。

586 :出土地不明:2009/11/10(火) 00:32:21 ID:W4qklQB5
>>585
>可能性論でミズラと考えとるだけで、根拠の提示は乏しい内容じゃ。

実物が出土してるわけだが。
おまえのようなど素人が偉そうに言っても覆らないのだよ。
自分の惨めさを思い知れ。

587 :出土地不明:2009/11/10(火) 00:55:12 ID:W4qklQB5
>>585
>ほいでその他は、精度の低いYカルト妄想解釈でつまらん。

Y染色体では親子鑑定まで出来るのだが。
これを精度が低いとはどういうことだ?

おまえの大好きな形質人類学で親子鑑定ができるのか?
アホは早く氏ねやw

588 :出土地不明:2009/11/10(火) 08:17:39 ID:KRFHAMY3
Ametsub
http://www.youtube.com/watch?v=lsPL2QoElmw&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=DyzzLwlIcpE
http://www.myspace.com/ametsub3110
http://www.youtube.com/watch?v=oh2cG7ZGOVc

serph
http://www.youtube.com/watch?v=BDD9MZUTQzs&feature=PlayList&p=5592C2B51010607A&playnext=1&playnext_from=PL&index=69
a whim 、、circus
http://www.myspace.com/serphinjapan
解説http://www.geocities.jp/elegantdisc/serph.html

JimBeard
Hand to Hand
http://www.jimbeard.com/Beard%20mp3s/Truly%20128/Hand%20to%20Hand%20Wb.01_01.mp3
Gonna Tell on You
http://www.jimbeard.com/Beard%20mp3s/Truly%20128/Gonna%20Tell%20on%20You%20Wb.01_01.mp3
http://www.jimbeard.com/truly.html
Camieff
http://www.jimbeard.com/Beard%20mp3s/Song%20of%20the%20Sun%20128/Camieff%20Wb.01_01.mp3
Parsley Trees
http://www.jimbeard.com/Beard%20mp3s/Song%20of%20the%20Sun%20128/Parsley%20Trees%20Wb.01_01.mp3
http://www.jimbeard.com/songofthesun.html

589 :LUNAMASK:2009/11/10(火) 13:59:50 ID:PuUjbMOE
>>581-582
卑弥呼と神功がごっちゃになっていますが、その間には約2世紀半程度の時間差
があるようですね。卑弥呼の頃は方格規矩鏡・前方後円墳の時代、神功皇后は
七支刀の時代。卑弥呼時代の一大率がイトデとなっているようです。

590 :出土地不明:2009/11/10(火) 15:42:17 ID:7jJMAlMS
>>589わぉ、月光たんその通りです(^^;)

東胡(1塁打)vs
匈奴(2塁打)vs
月氏(3塁打)で考えると

スサノオが1塁打で
卑弥呼が2塁打
神功皇后が3塁打となりますが
卑弥呼すなわち匈奴(QN)がどのルートで纒向に入ってきたのか..

月光たん説では1塁回りコースですが
QNが殷・燕の司母制度をもたらしたとすると
3塁回りコースなんじゃないかなと思ったりするわけです〜

591 :出土地不明:2009/11/10(火) 15:48:14 ID:7jJMAlMS
参考

289 :LUNAMASK:2009/10/06(火) 08:53:32 ID:4Cx1OARG
>>286
天孫というのは基本的に秦氏が「夕月の民」と述べる民族ではないかと思います。
それは歌垣の民であり、ルーマニアのククテニ・トリポリエ文化を出発し、BMAC
ソグド文化、南シベリアにおいてローカルの文化の影響を受けた後に新疆・タクラマ
カン地域でBC1800年頃から西暦紀元頃まで存続した。殷・周の交代時には箕子
として、あるいは召公として燕・古朝鮮に入り、衛満・後漢武帝の圧力により九州
北部・沖縄・九州南部へと移動したのでしょう。この中核はコーカソイドI/R
であり、冒頓単于によって月氏としてBMACに追われたが、武帝の西域遠征
のあと漢の緩みに、匈奴に流れた巨大な資産を取り込み、朝鮮半島の新羅
(百済・月支国)に残っていた勢力と結び、更には沖縄・薩摩・日向の勢力とも
歴史的なつながりを蘇らせたのであろうと思います。鴨族は南シベリア在地の
Q-P36であったが、同族はフルリ人として古代羌族N-LLY22g*と共にヒクソス・
ヒッタイト・ミタンニ方面で活躍していたものと思われます。

592 :出土地不明:2009/11/10(火) 15:52:04 ID:7jJMAlMS
参考2

292 :LUNAMASK:2009/10/06(火) 11:46:33 ID:4Cx1OARG
↓こうした天皇の先祖が黒幕で、
安寧天皇 - 磯城津彦玉手看天皇(しきつひこたまてみのすめらみこと)
懿徳天皇 - 大日本彦耜友天皇(おおやまとひこすきとものすめらみこと)
要するに、長髄彦に反旗を翻し、天孫族を引き入れ天下を取ろうとした。
神武というのはおそらくホケノヤマ古墳被葬者であり、磯城の豪族椎根津彦
に担がれたのでしょう。箸墓稜線上にある夕月が嶽はイメージとして↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f3/Warei_Jinja_Ushioni.JPG
司母である卑弥呼の守護神であったと思います。オークネフ文化も、月氏文化も、
シュメール文化もこうした牛・月の神話を共有していたのではないかと思います。
神武が熊野に入ったのは熊野神社が出雲系の神々の排他的検眼のよりどころで
ある構造を破壊し、天孫をそのパンテオンに入れることにあったのではないかと思い
ます。吉備・紀伊の軍が先行し、日向・薩摩方面の援軍が補給する形であったのでは。
DNA的には連勝複式で考えるべきか。

593 :出土地不明:2009/11/10(火) 16:47:00 ID:7jJMAlMS
参考3

274 :LUNAMASK:2009/10/03(土) 08:53:16 ID:QC10Cqda
>>272
原住民農民層 O・D・C(在来)
渡来人支配層 C(渡来/匈奴・夫与)、
N・Q(吉備→大和/原突厥+秦氏)、
I・R(豊後・薩摩/サカ・トカラ族)

初期の天孫vs地祇構造とは
渡来シャーマンN・Q(含・外人傭兵I・R)・・・主に西日本原住民層に立脚
 vs
C(渡来/匈奴・夫与)・・・主に北陸以東の東日本原住民層に立脚

594 :出土地不明:2009/11/12(木) 00:55:49 ID:cU56igve
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった

595 :出土地不明:2009/11/12(木) 00:56:47 ID:FXb7Xt3K
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆爆


縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。

http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50219a.htm
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり

596 :出土地不明:2009/11/12(木) 12:36:28 ID:abcqvjdB
わぉ、月光たん
纒向遺跡で大規模神殿が発掘されましたね(^0^)/

なんと巻向山を背景に4棟の建物の中心線が同一線上に!!
しかも南北の地球軸でなく、東西の太陽軸に配列され、
南北軸の中国の思想が入る前の日本古来からの太陽信仰である
との千田稔さんの新聞解説がありました(^-^)/

これって、やっぱり初期の天孫族(吉備+徐福)の太陽信仰の神殿なのかな?
築殿後に方形周溝墓でぶっ壊されて時代が逆行しているのが笑える〜
月光たん説が裏付けられますね(^-^)/



597 :出土地不明:2009/11/12(木) 14:57:50 ID:abcqvjdB
>>596
誤:方形周溝墓でぶっ壊されて時代が逆行しているのが笑える〜
正:方形周溝墓でぶっ壊されて地祇勢力が盛り返しているのが笑える〜

598 :出土地不明:2009/11/12(木) 20:50:22 ID:ObgrQTLt
「鳥居」の登場は8C。


鳥居の起源については諸説あるが、確かなことは分かっていない。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸から引きずり出す
ために鳴かせた「常世の長鳴鳥」(鶏)に因み、神前に鶏の止まり木を
置いたことが起源であるとする説、インドの仏教やヒンズー教に
みられるトラナや中国の華表など海外に起源を求める説などがある。
いずれにせよ、8世紀ごろに現在の形が確立している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B1%85

8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している

599 :出土地不明:2009/11/13(金) 21:27:48 ID:2uhhcHX7
「呉服」は百済経由で伝わっている。


また百済国に、「若(モ)し賢(サカ)しき人あらば貢上(タテマツ)れ」
とおほせたまひき。かれ、命(ミコト)を受けて貢上(タテマツ)りし人、
名は和邇吉師(ワニキシ)、すなはち論語十巻・千字文一巻、并(アハ)
せて十一巻(トヲアマリヒトマキ)をこの人に付けてすなはち貢進
(タテマツ)りき。この和邇吉師(ワニキシ)は文首(フミノオビト)等(ラ)の
祖(オヤ)。また手人(テヒト)韓鍛(カラカヌチ)名は卓素(タクソ)、
また呉服(クレハトリ)の西素(サイソ)二人を貢上(タテマツ)り、
また秦造(ハタノミヤツコ)の祖(オヤ)、漢直(アヤノアタヒ)の祖(オヤ)、
また酒を醸(カ)むことを知れる人、名は仁番(ニホ)亦(マタ)の名は
須須許理(ススコリ)等(ラ)参(マヰ)渡り来つ。
http://kamnavi.jp/link/kojiki2.txt

600 :出土地不明:2009/11/14(土) 00:35:31 ID:QeCCTzSG
>>585
誰がそんな事を聞いた?

50歳を過ぎると質問が分からなくくらいボケるのか?

俺は、

一致する北方の故郷側の確証的文物を出してみてくれないか?


と聞いたんだぜ。

そんなに言うんだから当然あるんだろ一致する確証的文物が。



さあ早く、一致する北方の故郷側の確証的文物を出してみてくれないか?




601 :出土地不明:2009/11/14(土) 08:19:51 ID:zG1kDF4P
何処からやって来たのやら
    いかつい顔にやさしい目
    笑えば誰でもなつくけど
    悪人どもには鬼よりこわい   

602 :出土地不明:2009/11/14(土) 22:24:32 ID:lXFVJGoo
「入れ墨」は日本では旧石器時代からおこなわれている。


タトゥーは少なくともオセアニア大陸で新石器時代からおこなわれていました。
タトゥーをしたミイラが発見されています。日本では旧石器時代から
おこなわれていたと考えられています。その他の多くの文明でも、
それぞれ独特のタトゥーの様式がありました。
http://blog.livedoor.jp/sakae101/index.rdf
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた

603 :出土地不明:2009/11/14(土) 22:25:39 ID:lXFVJGoo
日本には世界最古の7000年前の入れ墨の証拠遺物がある。


紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて?

日本人が最初に入れ墨を取り入れたであろうと想像できる縄文時代の土器が
発掘されています。縄文土器にあしらわれた顔には埋葬者を守る意味合いを
持つ神秘的な「入れ墨」のようなものが認められ、これが入れ墨として記録
されている世界最古のものではないかと想像されています。
また、日本原住民族であるアイヌには優れた入れ墨技術があったものと
思われます。
http://www.ta2.com/tattoohistory.html
紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて
入れ墨として記録されている世界最古のもの
紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて
入れ墨として記録されている世界最古のもの

604 :出土地不明:2009/11/14(土) 22:26:49 ID:lXFVJGoo



世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!

紀元前5,000年の縄文時代の土器から、入れ墨をほどこした人面器が
発見されているんだ。
http://www.tnc.ne.jp/oasobi/oasobi03/119tatoo/index.html
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!




605 :出土地不明:2009/11/15(日) 07:47:13 ID:WzEeN4Ux
up

606 :出土地不明:2009/11/15(日) 07:55:59 ID:WzEeN4Ux
>>590
内角外角の問題ですが、まず、コースにつき、
●アファナシエヴォ文化
http://stepnoy-sledopyt.narod.ru/history/esp/4.jpg
●ユーラシア冶金圏vs東アジア冶金圏
http://stepnoy-sledopyt.narod.ru/history/esp/5.jpg
●前22-18/17世紀セイマトゥルビノTrans-Cultural Phenomenon西方急進
●前14/13-8世紀カラスク文化の中原浸透
http://stepnoy-sledopyt.narod.ru/history/esp/7.jpg
こうしたものを考えると、更に一回り南の方もあるのではないかと考えられます。
ククテニ・トリポリエ文化

ヤムナヤ文化

ボタイ→アルタイ→バイカル→松嫩平原→延辺→錦江
↓                       ↓  ↓ 
(秦)夏・商・周→新羅→渡来秦氏   漢江→百済→大和
                         ↓
                         伽耶→出雲
この秦氏のコースですね。

607 :LUNAMASK:2009/11/15(日) 08:08:09 ID:WzEeN4Ux
>>579
突帯文土器文化
山東省北辛文化→沿海州ザイサノフカ文化→バイカル・グラスコフ文化→
カザフスタン・ボタイ文化といった移動が考えられます。日本では弥生初期稲作時代と
水石里併行青銅器文化開始時代に顕著です。弥生初期稲作開始時代には延吉方面
鶯歌嶺文化の下層が上層に変化し、殷が周に変わる。水石里に対応して沿海州から
水石里方面に沃沮文化が南下している。

608 :LUNAMASK:2009/11/15(日) 08:18:49 ID:WzEeN4Ux
カザフスタン西方の西アジア系アルカイム・シンタシュタ文化とグラスコフ・オークネフ
文化の間にはセイマトゥルビノのような東→西の関係と二輪車/馬のような西→
東の流れがあり、箱式石棺墓も西→東への流れであった。馬は中国、朝鮮を通じ
南北二つの流れで進んだが、夏・商の時代と穢の時代ではかなりの時間差がある。

609 :LUNAMASK:2009/11/15(日) 08:34:11 ID:WzEeN4Ux
ブリャートの居住するバイカル湖畔ではシベリア鹿の歯で造られたペンダントが出土
するが、鹿をトーテムとしていたのではないかと見られている。他方
ちはやぶる鐘の岬を過ぎぬとも我れは忘れじ志賀の皇神
http://www.geocities.jp/oden1947/route.html
http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/seven/m1230.html
http://www2.odn.ne.jp/cbm54970/40kanemisaki.html
神功皇后と鹿がダブっている。神功皇后が平定した三韓は馬に関係する西域文化
であったようだ。

610 :LUNAMASK:2009/11/15(日) 08:43:13 ID:WzEeN4Ux
http://ww3.enjoy.ne.jp/~oz/salon/i_oomoto2.html
ここにある木馬は「ちはやぶる鐘の岬を過ぎぬとも我れは忘れじ志賀の皇神」・・・
東夷の最高神「太陽鹿」であった馬ではありえない。馬鹿と言われてもしょうがないが
大元とは倭面土のことだと信じている。

611 :LUNAMASK:2009/11/15(日) 08:44:31 ID:WzEeN4Ux
牝鹿であり、馬ではありえない。馬鹿を言っちゃいけない。

612 :LUNAMASK:2009/11/15(日) 08:56:50 ID:WzEeN4Ux
豊+あしはら(東国原)みずほ(三層宇宙観)国=倭面土国は志賀島方面から宗像、
そして周防灘沿岸国、周防、長門、安芸の三国プラス豊の国を築いた段階でその先の
狗奴国、吉備と衝突し、大和と合従連衡して邪馬台国に立地するとするシナリオもあり
える。神武は倭面土国のラストエンペラーとなる。

613 :LUNAMASK:2009/11/15(日) 10:36:44 ID:WzEeN4Ux
突帯文土器は両方に共通するが針葉樹林地帯と草原地帯の境界線に沿っている。
これは突帯文土器文化は相対的に南方起源であり、農耕文化の交代と共に南下する
が、櫛目文土器も同様に狩猟・牧畜文化が農耕文化に押されてと共に北方後退すると
いうことだろう。北辛文化は中国東北、朝鮮半島、日本列島に石鋤を伴う初期農耕文化
をもたらしたのであろう。その後水稲文化が開始され、アマテラスは遠賀川水稲文化
の神、スサノオは馬牧畜・畑作の神、オオクニヌシ(倭奴[オーナ]ムチ、金印を授与され
た倭奴国王)は馬牧畜(須玖青銅生産技術の淵源)・畑作の青銅器を含む裾野産業の
神となる・・・
大和は匈奴系の狗奴国・吉備を征服し、捕虜に前方後円墳を造らせたが、思想的には高句麗・夫与と同じく東夷系であった。神功時代に初めて匈奴系八幡思想を受容し、その後は西域系思想を取り入れた。

614 :LUNAMASK:2009/11/15(日) 10:54:11 ID:WzEeN4Ux
>思想的には高句麗・夫与と同じく東夷系であった。
方形周溝墓が四隅突出型墳丘墓と似ていたり、鳥トーテム等に見られる太古からの
東アジアにおける南→北への文化の流れの基底にあるもの。

615 :LUNAMASK:2009/11/15(日) 11:16:41 ID:WzEeN4Ux
>>612 三層宇宙観の起源↓
http://kladina.narod.ru/savinov/savinov1994_01.gif
「王陵を攻撃する戦士-前9世紀の終末にかけ、周王朝は厳允の攻撃への対処を余儀な
くされる。Prusek (1971)はこの攻撃が王朝の中枢に向けられたものであることを示そうと
した。これらの出来事はほぼ時を同じくするキンメリア、スキタイの近東侵攻と比較される
べきであるが、Prusekはそこの関係があることを示唆する。Tuva Arzan(Arzhan)
クルガンの発掘に伴いこの示唆は現実のものとなる。このクルガンは(完全に喪失されたTagisken廟を除いては)アジアステップ最古にして且つ最大である。
蒙古西部に多くの牧地を有する高位で、豪華な服装をした人々が見守る只中で約160
頭の馬と共に連合王国の首長は埋葬された。馬具の部族差があることでこの首長が
参加に部族を率いたことがわかる。鋳型はその地では出土していない。埋葬のプランに
おいては多様な起源の葬礼儀式が組み合わされた。儀式の中には遺骸を木製の槽
又は木箱に入れてそれを地面の上で外に曝すということがある(HindukushのKafir族
及び漢時代のターリム盆地でもその後ずっと行われていた)。構築物の下の土壌は
何もせずに置かれた。中央玄室は宮殿城市の模型によって囲まれた。それを囲む
居住区の輪(三重で9区に分割)を持つそうした宮殿城市の最も早期のものは
Margiano-Bactrian archaeological complex (Sarianidi 1977a)で報告されている。
ずっと後になるが、この種の記念物としてはChoresmiaのKoj-Krylgan-kala(Tolstov
and Vajnberg 1967)がある。」Cultures and Ethnic Groups West of China in the
Second and First Millennia B.C.
by Jettmar Karl (Original print at Asian Perspectives, XXIV (2), 1981)
早期鉄器時代アンドローノボ文化の「エリート」 クルガン 1,3,6 - Sintashta. 大礼拝
クルガン. 1 - 構造基底格子 (部分); 3 - 埋葬遺跡 (復元). 2 - Sukhoye湖墳墓地1.
石棺壁面の「マット」様図柄(部分). 4, 8 - Arzhan. 4 - 台を形成する格子 (東区).
8 -復元構造( a - 壁, b - 周囲柱廊, β - 台, r - 中央玄室上建立物, g - 鹿石柱
(Stag Stelle). 5 - Tagisken. 青銅期総合遺跡 (復元). 7 - Belogradets (鹿石柱(Stag
Stelle)付クルガン).
http://kladina.narod.ru/savinov/savinov1994_01.gif

616 :LUNAMASK:2009/11/15(日) 11:26:59 ID:WzEeN4Ux
>>608 穢<セイマトゥルビノ 前田利家のような長槍軍団であった↓http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/ed/Greek_Phalanx.jpg
作矛長三丈、或數人共持之、能歩戰。樂浪檀弓出其地。其海出班魚皮、土地饒文豹、
又出果下馬、漢桓時獻之。
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/kanbun-wai-.htm
 其國善養牲、出名馬、赤玉、貂?、美珠。珠大者如酸棗。以弓矢刀矛為兵、家家自有
鎧仗。國之耆老自説古之亡人。作城柵皆員、有似牢獄。行道晝夜無老幼皆歌、通日聲
不絶。有軍事亦祭天、殺牛觀蹄以占吉凶、蹄解者為凶、合者為吉。有敵、諸加自戰、
下戸倶擔糧飲食之。其死、夏月皆用冰。殺人徇葬、多者百數。厚葬、有槨無棺@。
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/kanbun-fuyo-.htm

617 :出土地不明:2009/11/15(日) 16:37:49 ID:w7s0kU+4
「糸引き納豆」の登場は室町時代頃、「なれずし」は7C頃に朝鮮経由で伝わる。


平安時代の文献にも塩辛納豆の名は残っているが、一般に広まったのは
室町時代以降でこの頃から糸引き納豆も登場しており区別するために
塩辛納豆を久喜と呼び糸引き納豆を単に納豆と呼ぶようになった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%8D%E8%B1%86

日本最古のすしといわれる「鮒ずし」は、7世紀、近江大津宮に天智天皇が
遷都した以前からこの地にあったといいます。フナずしは、すしといっても
現在の握りずしとは違い、すしの原型といわれる「なれずし」の一種です。
なれずしは、米作民族が考え出した動物性タンパク質の原始的な保存法で、
そのルーツは東南アジアとされ、中国、朝鮮をへて日本へも伝えられました。
http://asamiya.sakura.ne.jp/gotouti/siga/siga.html

618 :出土地不明:2009/11/15(日) 17:42:36 ID:by7YZK8+
>>617
その解釈は違うぞ
納豆についてそのページを参照すると
>また、中国伝来であり中華料理にも食材として用いられる豆腐と異なり、
>納豆は日本独自のものである(中国にも類似の食品はあるが、発酵過程が日本の納豆とは全く異なり、
>調味料として用いられるものである。名称も納豆でも豆腐でもない。後述の塩辛納豆を参照)。

なれずしも、以前から有ったとしか言ってない
>「鮒ずし」は、7世紀、近江大津宮に天智天皇が遷都した以前からこの地にあったといいます。

まあ西日本は納豆が大嫌いだから、朝鮮渡来説は無いと思う
西日本は中国や朝鮮渡来を有り難がり、日本古来の物を嫌ったから

619 :出土地不明:2009/11/15(日) 22:04:13 ID:vXk6jlBs
なれずしは基本的に酢の醸造法だから、酢の醸造法を伝えた
人間が伝えてるな。

秦氏だろ。

620 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/15(日) 23:34:26 ID:np8JPTf2
>>586
そのミズラの実物を提示しとらんじゃないか。ミズラと解釈する根拠は
何か?
>>587
親子鑑定で有効でも、時代を遡って変異しておらん根拠を提示しとらん
じゃないか。
>>600
またあんた、毎度同じ言の繰り返ししよるのう。
歴史や考古学に確証とするものは何一つ無い。複合的、総合的に妥当か
どうかじゃ。伽耶式土器が日本でも使われたことは事実じゃし、
輸入品か持ち込んだかじゃ。土器が共有しても流通圏の問題じゃし、
例えば新羅の積石木槨墓の古墳の形式や出土品がアルタイ以西に似とると
しても、新羅の支配者層が直接アルタイ以西から渡来した根拠は薄い
じゃろう。北朝の胡漢混合文化の影響が薄かったゆえ、長城地域か
満洲から南下した勢力に非中国系のステップルートの
文化様式が残存したとも考えられるわけじゃし。
出土品は根拠を補強する手段の一例で確証たぁ違うんで。

621 :出土地不明:2009/11/16(月) 00:01:31 ID:PdMWHXY/
>>620
では結局、一致する北方の故郷側の確証的文物は無いんだな?

無いのにだ、じゃあ何であんた4Cに北方民族が日本にやって来たとか狂言し狂ってるわけ?

あんたも江南!江南!江南!江南!江南!江南!江南!江南!江南!江南!江南!江南!と、
インチキ材料で創作した狂言を風説流布ってる帰化ワン人の基地外ジジイと同じじゃないのw

622 :出土地不明:2009/11/16(月) 02:10:04 ID:8xsSboZY
>>620
>そのミズラの実物を提示しとらんじゃないか。ミズラと解釈する根拠は
何か?

実物を見たければ吉野ヶ里に行け。
おまえは見てないのにもの言ってたのか?

>親子鑑定で有効でも、時代を遡って変異しておらん根拠を提示しとらん
じゃないか。

親子鑑定で有効なのは変異しないからじゃん。





623 :LUNAMASK:2009/11/16(月) 10:29:44 ID:ZzR4J9Xn
>>620
>例えば新羅の積石木槨墓の古墳の形式や出土品がアルタイ以西に似とると
>しても、新羅の支配者層が直接アルタイ以西から渡来した根拠は薄い
>じゃろう。北朝の胡漢混合文化の影響が薄かったゆえ、長城地域か
>満洲から南下した勢力に非中国系のステップルートの
>文化様式が残存したとも考えられるわけじゃし。
伽耶の方が流動的ですね。
月支国というのは後代の鍛鉄奴隷突厥の要素をもつものでこれが吉備に製鉄技術
を持って入ってきたのではないかと。伽耶の木槨墳はパジリクのようでアナクロ。
北朝期にアナクロというか、復古主義が起こったということでしょうか。

624 :LUNAMASK:2009/11/16(月) 12:08:31 ID:ZzR4J9Xn
承前
>満洲から南下した勢力に非中国系のステップルートの
>文化様式が残存したとも考えられるわけじゃし。
>>609
「我れは忘れじ志賀の皇神」これは南夫与(馬韓)にはいるブリャート族が箱式
石棺墓と共に九州北部に上陸。これがその後四隅突出墳丘墓と共に出雲・妻木挽田
青谷上寺地方面に入ることになるが、日御碕で撃退される月氏というのがどうも
その後吉備に現れるのではないかと思われます。
http://www.geocities.jp/oden1947/route.html
http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/seven/m1230.html
http://www2.odn.ne.jp/cbm54970/40kanemisaki.html
中国wikiは米国Jared Diamond夫与ブリャート説を紹介している。
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%89%B6%E9%A4%98%E5%9C%8B





625 :LUNAMASK:2009/11/16(月) 12:17:26 ID:ZzR4J9Xn
ブリャート族が現れるのは↓このHPでわかるように箱式石棺墓が現れる王莽の頃
http://home.p07.itscom.net/strmdrf/kagami.htm
であろうと思われます。冒頓単于の匈奴大膨張によって月氏を含む遊牧民族が
四方に移動を余儀なくされた結果であり、衛満も南下も同じ原因でしょう。

626 :出土地不明:2009/11/17(火) 01:45:19 ID:uVAbySKz
朝鮮半島で最古の水田遺跡は前11世紀のオクキョン遺跡で日本よりも古い。




弥生時代の始まりと深く関連している韓国南部だが、最古の水田は
慶尚南道蔚山・オクキョン遺跡で見つかっており、孔列文〜突帯文土器が
伴っているところから、前11 世紀頃と考えられている。
http://www.rekihaku.ac.jp/press/yayoi_kaishi.pdf





627 :出土地不明:2009/11/17(火) 01:46:32 ID:uVAbySKz
見よ!

これが稲作が伝わった当時の長江江南や華北の炊飯器である。

(※色、彩文、フタ、単耳、直耳に注目!これらの要素が弥生土器には一切ない。)


鬲(レキ=袋状の足を持つ三足土器) ◆内蒙古・満州から長江中・下流域まで出土
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050618/4482.jpg
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050610/2764.jpg
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/090.jpg

鼎(テイ=棒状の足を持つ三足土器) ◆華北からインドシナ半島まで広く出土
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/099.jpg
http://www.sx.xinhua.org/ztjn/2003-08/29/xin_49b7e0a2d93511d7be2c0050ba1967d3.jpg
http://www.shtong.gov.cn/node2/node4/node2250/songjiang/node70313/node70604/images/00004623.jpg

628 :LUNAMASK:2009/11/17(火) 15:33:48 ID:LycTP7eF
>>625 このブリャート族は物部である可能性が高いようだ。

629 :LUNAMASK:2009/11/17(火) 16:25:40 ID:LycTP7eF
これはブリャートのケレクスル↓
http://www.nippon-bunmei.jp/gazou-5.JPG
からまつというのはアフラマツダのモンゴル語コルムスタ/ホルムスタだが
http://www.nippon-bunmei.jp/tsurezure-10.htm
クロマタというのもコルムスタであり、高句麗同様jピラミッド崇拝↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%8F%88%E5%B1%B1
応神天皇はズバリ、ホムタ、ホルムスタであり、善光寺の善光とはアフラマツダだが
御本尊はホンダ夫妻だ。


630 :出土地不明:2009/11/17(火) 22:03:18 ID:NDLMArys
「貫頭衣」は単に人類最初の服装の形で、古代から現代まで世界中に見られる。


●貫頭衣 (かんとうい)
一枚の布を2つに折り、その折り目の中央に穴をあけ、そこから頭を貫いて
(通して)衣服としたもの。エジプト時代から見られる原始的な衣服の
形式である。ポンチョやガラビアなどもこの一種。
http://www.frontstyle.com/dictionary/j_ka.html

人類最初の服装の形は一枚布であったり、一枚布の真ん中に穴を開けて
被るという貫頭衣というシンプルな形であった。
http://homepage1.nifty.com/mottoi/kokusai8.htm

人類の衣服の工夫の中で最も単純な基本形として、貫頭衣の分布は広いが、
南米アンデス諸国に見られるポンチョがその代表的なものとされている。
http://www.h6.dion.ne.jp/~fu35/minzokuHP/ajia/indonesia.htm

631 :出土地不明:2009/11/17(火) 22:04:13 ID:NDLMArys
古代ローマ時代の貫頭衣のような、一枚の布の頭の部分をくりぬいた
だけの服を着ていた。
http://home.att.ne.jp/red/senseofwondr/mou2.htm

古代中国もローマもギリシャも布を纏うか貫頭衣であった。
http://www.lcv.ne.jp/~yokota/contents/mumble/ykt/970410.htm

ローマ時代のイタリアでは男性はトーガという貫頭衣
http://www.psats.or.jp/psats.or.jp/column/nakamura027column.html00

632 :LUNAMASK:2009/11/18(水) 11:00:26 ID:geSXaMkm
倭国連合が纒向で統一されていたのなら、なぜ仲哀が改めてイトデから白銅鏡を受けた
り、神功がスキタイ・アフラマツダに改宗したりする必要があったのか。これは卑弥呼
時代の狗奴国の反乱が拡大し、旧伊都国・奴国・出雲と久しく冷戦状態にあったが、
仲哀・神功時代に関係修復が行われ、思想的にスキタイ・アフラマツダを受容し、同時に
伽耶をベースに三韓との(対高句麗)連帯関係が固まり、七支刀を受けるにいたった
という筋書きになろうか。

633 :LUNAMASK:2009/11/18(水) 11:20:20 ID:geSXaMkm
三韓というとおかしいなー。弁辰韓地方というか。

634 :LUNAMASK:2009/11/18(水) 12:30:59 ID:geSXaMkm
>>598
モンゴル元朝第二代オゴデイの宮殿は君子南面ですがこの纒向とよく似ていますね。

635 :LUNAMASK:2009/11/18(水) 12:34:12 ID:geSXaMkm
↑ >>596 でした。失礼。

636 :出土地不明:2009/11/18(水) 22:54:48 ID:yAv+FujG
半月型石包丁(桂葉形雙孔石刀)は遼寧を経由している。


中国遼寧省羊頭窪遺跡.  黒陶系土器 石器(石包丁 磨製石鏃) 紡錐車 骨角器 卜骨
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/museumF/jpncul.html

紅山文化は北方地区の新石器文化の中で重要な文化です。ここでいう北方地区とは、
東北3省(遼寧、吉林、黒龍江)、内蒙古自治区および新彊維吾爾(ウイグル)自治区を指します。
大型石器の中で特徴的なものに、土掘具(耜あるいは犁とも呼ばれる)、桂葉形の双孔石刀があります。
http://kohkosai.web.infoseek.co.jp/kaisetu/15-1kouzan.htm

中国北部の文化が東北部の遼西まで及んでいるいることを知りえた。それに、石包丁が出土していた
のには目を見張った。日本に石包丁が伝わったのはそれから3千年もたった弥生時代になってからなのだ。
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/
◆遼寧の石包丁
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/./photos/uncategorized/2008/02/04/070827_078_2.jpg

637 :出土地不明:2009/11/19(木) 21:01:54 ID:w/IWmFpu
高床式「倉庫」は北方アジアから直伝している。




高床式建物はシベリアやアムールにもあるけど何か?

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1164871625/






638 :LUNAMASK:2009/11/20(金) 15:27:20 ID:7VDH2XSN
規制解除のようですね。さあ行こう。

639 :LUNAMASK:2009/11/20(金) 15:35:44 ID:7VDH2XSN
,粘土帯土器、箱式石棺墓、細形銅剣についての貴重な情報↓
「李丙寿『韓国古代史』に拠ると、無文土器は朝鮮半島の青銅器時代を代表する遺物で
あって、時期と地域によって形式に多くの変化がある。早い時期に出現したものは半島
の北部に多く分布するが、その遅いものの特徴的な土器には粘土帯土器があって、主
に中部以南で発見されている。これは、口唇部に丸い粘土帯を巻いて付けた深鉢形の
土器で、現在まで全羅道を除いて南部の全地域から出土しており、最も稠密な分布は
漢江流域である。忠清南道の大田槐亭洞と牙山南城の石棺墓遺跡からは、細形銅剣を
始めとする青銅器遺物とともに出土して、銅剣文化と密接な関連のあることを示す。
日本の九州地方からも粘土帯土器が出土していて、この土器とともに韓国の銅剣文化
が日本に渡っていったことを物語る、とのことである。牙山とは、天安・天原の付近で、
辰王が居住した地域でもあったことに留意しておきたい。」
「扶余系民族が日本に来た可能性」宝賀寿男
http://shushen.hp.infoseek.co.jp/kodaisi/kibaminzoku/kibaminzoku2.htm
勅島貿易と原の辻貿易 白井克也
http://www.ops.dti.ne.jp/%7Eshr/wrk/2001b.html#3_1

640 :出土地不明:2009/11/20(金) 17:59:08 ID:lZlr8xtF

とてつもなく日本 : 民団メンバー御用達ID変換機能付き荒らしツール2009年9月16日 ... 民団メンバー御用達荒らしツール 1253084434711 http://triple-aaa.org/home/up/asia/src/1253084434711.jpg ...
懐かしいツールだな結構不具合があると聞くが、バージョンあがったのかな? ◆雑談スレ99◆今日をどう生きる ...
awfuljapan.livedoor.biz/archives/51276969.html - キャッシュ


【民潭工作員のツール】プロパ切り替え自由 ネット荒らしツール2009年9月26日 ... 2chの民潭工作員のツールを・・。 民潭の人が、あるウィルスにひっかかってくれて、写真を暴露してくれました。 ...
正直、吃驚しちゃいました。 参考写真:ネトウヨ/阿呆太郎・連呼厨愛用 民潭謹製 ネット荒らしツール ...
namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1253966293/ - キャッシュ
少数精鋭のクソスレ製造機「ネトサヨ」? - 2009年10月26日
【民団】ネトウヨ連呼厨はやはり朝鮮人【自白】? - 2009年9月3日
民団が応援した民主をニヤニヤ見るスレ? - 2009年8月31日namidame.2ch.net からの検索結果 »


641 :出土地不明:2009/11/20(金) 20:11:00 ID:c8IEIlH8
「断髪」を倭人がしていたなんて魏志倭人伝には書かれていない。
倭人の男子は皆、髪を結って露わにし、木綿を頭に巻いていたと書かれている。




男子皆露? 以木緜招頭

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
http://boat.zero.ad.jp/~zaw10107/1/yayoi_2.htm
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm





642 :出土地不明:2009/11/20(金) 21:21:55 ID:qPIuNm8t
>>641
木綿?
ほんとうに木綿なのか

643 :出土地不明:2009/11/20(金) 22:57:16 ID:wXjp7QPg
日本で木綿が登場するのは8C末。

魏使たちには木綿に見えたようだが、実際は麻や藤、葛、こうぞなど
で作った繊維だろう。

644 :出土地不明:2009/11/20(金) 23:42:12 ID:qPIuNm8t
木綿だったら輸入してた可能性も有る
いわゆるブランド品だなw

645 :LUNAMASK:2009/11/21(土) 13:51:29 ID:13MKBlaQ
東北古民族と東夷が同族関係にあることを立証する材料は非常に多い。
両地方の族称が顕著に対応している。
双方に始祖卵生神話がある。
鳥、犬、亀、竜崇拝。
左衽 上前の衽(おくみ)が左手のほうへくるように重ねて着ること。「さじん」。
造船航海技術等々。
これは東夷が東北地区に大規模な民族移動を行った結果として東北地方の民族形成
が行われたことを示している。
http://artvine.org/forum/index.php?topic=285.0

646 :出土地不明:2009/11/21(土) 16:37:16 ID:btNI1rUA
朝鮮半島に稲作が伝わったのは4〜5000年くらい前。


1990年金浦佳■(山と見)里泥炭層から採取された稲籾は4,010+-25BPと
報告されており、問題もあるがもし報告が正しいとすれば韓国での稲の
出現は新石器時代中期段階にまでさかのぼる可能性がある。
http://inoues.net/study/japonica3.html
最近は紀元前2000年ころ(?)とみられる種籾が、漢江の河口に面
する金浦(キムポ)と一山(イルサン)で発見されました(注)。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~halfmoon/hm072.html
然し1992年には、それよりも早い時期の粳米を韓国の清州市における
家瓦遺跡から大量に発見された。今から4721年(+−50)年前と
推測されているが、同時に出土された樹木年輪測定からすると、
今から5020年前のものだと修正がなされた。
http://sakura-nokishita.spaces.live.com/blog/cns!6CB04EFFB064FA79!1873.entry

647 :出土地不明:2009/11/21(土) 16:38:07 ID:btNI1rUA
中国から直接日本に伝来した事にされているRM1-b遺伝子の稲の
調査が日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の朝鮮の炭化米で
なされていない。

かつては朝鮮半島にもRM1-b遺伝子の稲は存在したが朝鮮半島の自然環境に
適応できず遺伝子が消滅欠損してしまった可能性が十分に考えられる。

佐藤洋一郎容疑者はただちに日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の
朝鮮の炭化米でRM1-b遺伝子の有無を調査し、その結果を国民に公表せよ。

考古学界を混乱させた貴方にはその責任がある。

それをしない内はペテン、詐欺と言われてもしかたがない。
http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000116_discussion_004.gif

648 :LUNAMASK:2009/11/22(日) 10:55:32 ID:1atsy56P
>>645
華東北三省(山東江蘇安徽 北辛文化、大?口文化、山東龍山文化、岳石文化地域)
から東北三省(黒竜江吉林遼寧)への東夷(原アルタイ語族、後の夫餘、?婁、高句
麗、倭)の民族移動。大規模なものが周克殷時の箕子朝鮮のような移動。http://www.allchinainfo.com/profile/city/img/china_dist.jpg

649 :LUNAMASK:2009/11/22(日) 11:27:55 ID:1atsy56P
>>645
石器土器の共通特徴
1.石器製作                     石器的製造
2.卵殻黒陶                     蛋殼K陶
3.鳥型器物                     器物造形‐擬鳥形
4.彩陶文様                     彩陶的風格 
習俗の共通特徴
1.頭骨変形                     頭骨人工變形的習俗
2.礼 蹲居                      “禮”
3.樂器                        楽器
4.亀甲・骨占い                   龜卜、骨卜
5.弓矢                        弓箭
6.支石墓                      石棚墓
7.動物殉葬                     殉葬豬、狗、羊等家畜的習俗

650 :出土地不明:2009/11/22(日) 12:18:26 ID:e3VTbdgK
「歌垣」は百済の帰化人から伝わっている。


翌宝亀元年(770年)3月には、男女230人が歌垣(うたがき)
には百済から河内の地に渡来した王仁(わに)の末孫たちが奉仕した
との記録が残されています。(続日本紀)
http://www18.ocn.ne.jp/~doukyou/shirukai/sub01.html

弓削の道鏡の出身地で称徳天皇がこの地に遊行されて、百済の人々が
歌垣をして慰めたという
http://www.shiga-miidera.or.jp/serialization/shinra/136.htm

歌垣を行った葛井氏ら六氏は百済からの渡来人を先祖としており
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou26/kaihou26.html

651 :出土地不明:2009/11/22(日) 12:19:12 ID:e3VTbdgK
「歌垣」は現在でも朝鮮半島に見られる。


先生は「韓の国紀行『歌垣』」のなかで、「朝鮮民族には凄味がある、
と、ほとほと思ったのは、この仏国寺の松林で野遊びを見、歌垣の
歌声をきき、そして杖鼓(チャング)のリズムをきいたときであった。
http://homepage2.nifty.com/kodaijin-tamat/index.files/karanokuni.htm

日本にも野遊びはあった。万葉のころ歌垣は絶えた。韓国ではいまも
生活の中にある。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/nishikawasan/siba/karakuni.htm
 
韓国の山野では野遊びをする人々に出会うという。司馬さんは
「人々は強烈なリズムにのって群舞しており、さながら万葉時代の
歌垣や踏歌を現(うつつ)に見る思い」がすると書いていた。
http://www1.coralnet.or.jp/kn/tenti/c2002401.htm

652 :出土地不明:2009/11/22(日) 12:20:01 ID:e3VTbdgK
次に、歌垣(かがい・歌會)について語ろう。七七〇年三月、河内の弓削の称徳離宮で歌垣が
行われた。万代にわたる帝と離宮の存続を祈り、周囲六ヶ村男女二百三十人の渡来人が夜を
通して歌い踊った。歌垣は若い男女にとって、他の部落との間の通婚の機会設定に大きな役割を
果たしていた。このころは、山麓の景勝地まで人々が出かけて、賑やかに野外舞踏会を開いた
ものであった。というよりは、日のあるうちは野に遊び、日が暮れると篝火が灯され、酒が
入って宴は佳境に入る。日野の朝鮮坊山では、毎年歌垣が行われていた。
お月見の習慣と併せて、韓半島からの伝来の風習であった。いまも扶餘や慶州あたりの野原では、
夏の夕べに月見の宴を張る。これを野遊とよんでいる。大和の民衆もこの楽しみをまねて、
農業神事に取り入れた。慶州の仏国寺の松林で、水色・桃色・緑・赤など色とりどりの袴・上衣を
着た老若男女が楽しそうに踊るのを見ることができる。杖鼓を膝の前において鞭のようなバチで
打つ。このリズムに合わせて踊る。韓国ではいまでも一般の家庭で使われている楽器である。
日本舞楽の羯鼓に似た楽器である。筑波山麓の歌會や常陸国風土記にある童子女松原の歌會が
知られている。筑波嶺の歌會で詠んだ歌一首と短歌が万葉集巻九にある。この伝統が盆踊りの形で
現在の日本に引き継がれた。
http://www.tmd.ac.jp/med/mtec/wakamatsu/emperor/historybackground.pdf#search

653 :出土地不明:2009/11/23(月) 17:15:18 ID:lf/q6a2b
「鵜飼」は満州や朝鮮半島にも見られる。


満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくい
あげて吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.jiyuu-shikan.org/shoseki_video4.html

日本の鵜飼いは、鳥居氏に便乗すれば、江南よりも朝鮮や満州の
北方民族から伝わったのかもしれません。鴨緑江や松花江などでも
鵜飼いは見られます(注9)。
http://www.han.org/a/half-moon/hm080.html

654 :出土地不明:2009/11/23(月) 17:16:05 ID:lf/q6a2b
しかも日本の「鵜飼」は中国よりも古い。


鵜飼いの歴史は古く、『日本書紀』神武天皇の条に鵜養部のことが見え、
『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っている。また中国の史書
『隋書』開皇二十年(600年)の条には、日本を訪れた隋使が見た変わった
漁法として紹介されている。

隋書の書かれた時代には鵜飼いは中国人にとって珍しい漁法だったが、
その後中国においても鵜飼い漁法が定着した。

確実な記録として最古の物は、10世紀の文人・陶穀が残した『清異録』
(965年)において、当塗(安徽省太平府の都市)の漁民が「魚を捕らえる
のに非常に機敏な鵜を使う」と記述されているのが最初である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E9%A3%BC%E3%81%84

655 :出土地不明:2009/11/24(火) 11:33:42 ID:xywiJLVQ
>>645わぉ、月光たん

>東北古民族と東夷が同族関係にある

なら海幸(東北古民族)と山幸(東夷)は出自を同じとする
兄弟なんじゃね?

その出自とは、月光たんは大きい声で言わないけど
突帯文文化で大陸に進出した縄文倭人だお(^-^)/

656 :LUNAMASK:2009/11/24(火) 13:27:12 ID:QsgnlQ5c
>>655
>海幸(東北古民族)と山幸(東夷)は出自を同じ・・・YES
>突帯文文化で大陸に進出した縄文倭人だ・・・NO
突帯文土器文化は山東省から北上、東北を縦断、バイカル、アルタイ経由カザフスタン
北部に入り、同時に二里頭・安陽にも進出する。これは秦氏ですね。


657 :LUNAMASK:2009/11/24(火) 13:59:12 ID:QsgnlQ5c
秦氏の中原への進出は西方からであり、羌族、サカ族とも連携している。しかし、カザフ
スタンに入るのは夏の時代、カラスク文化人としてであり、それは更に新石器時代から
の龍山文化等、山東文化人の西方進出によるものと考えられます。つまり、仰韶文化が
南周りに西進するように、山東文化は北周りで西進したということ。

658 :LUNAMASK:2009/11/24(火) 14:12:32 ID:QsgnlQ5c
「南シベリアとカザフスタンではアンドロノヴォ文化はカラスク文化(紀元前1500-800年
頃)に引き継がれる。この文化の担い手は非印欧民族といわれる一方で、原イラン民族
との推定もある。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%8E%E3%83%B4%E3%82%A9%E6%96%87%E5%8C%96
このカラスク文化においてベガズィ−ダンディバイ文化が生まれる。これが秦氏であると
考えられる。


659 :LUNAMASK:2009/11/24(火) 14:20:32 ID:QsgnlQ5c
っベガズィ−ダンディバイ文化は秦氏同様馬、機織、玉造を特徴とし、主力土器は突帯
文土器。墳墓は方形、石造り、季節移動放牧・農耕・漁労。馬の家畜化、移動牧畜、
クルガン墳はこの地方が起源。錫青銅器の原産地。


660 :LUNAMASK:2009/11/24(火) 14:23:31 ID:QsgnlQ5c
ベガズィ−ダンディバイ文化は早商・商・周に分かれており、カラスク集団によって中原
とリンクされていたことがわかる。

661 :LUNAMASK:2009/11/24(火) 14:40:47 ID:QsgnlQ5c
四方が山に囲まれたヤマトの国とは安陽、二里頭、集安等のことであり、定住地を求め
て移動するのが戎の習性。神武はこうした国作りのプロである戎集団の一員。神武も
秦氏も同じ存在。

662 :LUNAMASK:2009/11/24(火) 15:23:42 ID:QsgnlQ5c
雄略、秦始皇帝が葛城、泰山にのぼるのは季節移動遊牧を含む国土を統治する遊牧
民の習俗↓ 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8A%E7%89%A7
秦氏の原郷はアルタイ・カザフスタン・ステップ突帯文土器ダンディバイ文化↓
Urochishche Dandybay KZ AREA 52.8805556 74.3527778
http://www.traveljournals.net/explore/kazakhstan/map/p180693/urochishche_dandybay.html

663 :LUNAMASK:2009/11/24(火) 15:53:46 ID:QsgnlQ5c
>>655
東夷が更に縄文時代、アカホヤ前後に九州から発生し山東省方面に渡ったということ
は轟B型多条突帯文土器等から言えるのかもしれないが、これには手が届きません。

664 :LUNAMASK:2009/11/24(火) 16:36:21 ID:QsgnlQ5c
日本の突帯文土器は半島の無文早期、後期のものがやや遅れて入るが、これは
遼寧における北方式支石墓、水石里期の南方式支石墓と合致するもので、それぞれ
その地域に総合経済圏が成立したことを意味する。ダンディバイ文化においても
同様の大型建設への動員による地域団結の営みが見られる。

665 :出土地不明:2009/11/24(火) 18:02:22 ID:wCNz09aI
LUNAMASKさんへ

いつもながらスキタイ系草原の民と日本を結びつけようと腐心なさってるようですが、
新羅をクッションに入れたら、もう少し説得力が出そうな気がします。

由水常雄 ローマ文化王国新羅(新潮社)

は、すでに読んでることと思いますが、
感想など書き込んでいただけたらと思います。

666 :LUNAMASK:2009/11/24(火) 18:51:07 ID:QsgnlQ5c
ホームプレートですよね。新羅を「敬遠」したら全く意味がないですね。御指摘の通り。

667 :出土地不明:2009/11/24(火) 22:38:21 ID:U+S0pmU8
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった

668 :出土地不明:2009/11/24(火) 22:39:12 ID:U+S0pmU8
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆爆


縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。

http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50219a.htm
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり

669 :出土地不明:2009/11/25(水) 21:14:33 ID:sLiK/xFs
「鳥居」の登場は8C。


鳥居の起源については諸説あるが、確かなことは分かっていない。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸から引きずり出す
ために鳴かせた「常世の長鳴鳥」(鶏)に因み、神前に鶏の止まり木を
置いたことが起源であるとする説、インドの仏教やヒンズー教に
みられるトラナや中国の華表など海外に起源を求める説などがある。
いずれにせよ、8世紀ごろに現在の形が確立している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B1%85

8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している

670 :LUNAMASK:2009/11/26(木) 08:48:06 ID:k6EbnjMP
>>664
無文早期突帯文の淵源
「前11ー9世紀の晩期青銅紀の最終段階、諸ユーラシア文化圏より更に大きな広域
文化圏が形成されたが、これは口縁部、首又は肩を突帯で装飾した容器であり、
突帯の終端は「口ひげ」のように垂れ下がったようになっているものもあるが、
このことからこの文化圏共同体は突帯土器広域文化圏と名付けられた。・・・」
[Chernykh E. N., 1992]ロシア


671 :LUNAMASK:2009/11/26(木) 08:51:52 ID:k6EbnjMP
「この文化は東はアルタイ山脈から西はドナウ川下流域と東部カルパチア山脈という
広大な地域を包含している。地域は西部圏(トラキア圏)と東部圏の2つに分かれる。
西部圏と東部圏の境界はドニエプル川である。東部圏はアルタイからドンまで、南は
ソ連中央アジア半砂漠北部の地域である。」同上

672 :LUNAMASK:2009/11/26(木) 08:59:38 ID:k6EbnjMP
「東部圏内には晩期スルブナヤ(木槨墳)文化圏、ウラル東部・カザフスタンSargar
文化、西部アルタイ・東カザフスタンTrushnikov型文化、カザフスタン中央部Dandybay
文化がある。」同上

673 :LUNAMASK:2009/11/26(木) 09:14:17 ID:k6EbnjMP
「この突帯土器文化圏の一般的特徴としては、土器の特徴以外に、クルガン(高塚)
葬制の廃止、住宅建築技術、牧畜における家畜種別構成においても独自性がある。
この突帯土器文化圏全域を通じて柄頭が環頭である刀剣、大鎌、溝付きソケット付の
鑿、握りと刀身が一体の片刃刀、歯が異形のひげそり等の金属器具の形式に非常に
相互類似性が強い。」同上

674 :LUNAMASK:2009/11/26(木) 09:35:39 ID:k6EbnjMP
この衝撃波は殷を崩壊させると共に殷周辺諸族を満州・半島・日本列島に向けさせ
日本は弥生時代時代に突入することとなる。カザフスタン中央部Dandybay
文化が秦氏として日本に入り始めるのは第二波の動きとなり、戦国の末のことで
あろうが、実際に大量の渡来人が入るのは応神朝と見られる。

675 :LUNAMASK:2009/11/26(木) 09:42:39 ID:k6EbnjMP
「山形県遊佐町の「三崎山遺跡」から1954年に出土した日本最古とみられる青銅器
が、青銅の科学的な分析から古代中国の殷王朝で作られた可能性が高いことが分
かった。東京国立文化財研究所では、この青銅器が殷で作られ、約3000年前の縄文
時代後期に日本に持ち込まれた可能性が高いと見ている。」
http://www.jmcy.co.jp/~goto/matuyama2001/matuyama06/matuyama2001-06.htm


676 :LUNAMASK:2009/11/26(木) 10:30:29 ID:k6EbnjMP
弥生は韓国の突帯文土器時代の稲を含む雑穀栽培から始まるが、途中から水稲が
本格化する。これについては下記の記述が参考になる。
「木下尚子さんが作成された,弥生前期末から中期中葉までの南島産貝輪の分布図を
追加資料に挙げておきました(Fig. 8)が,これを資料集165ページの水石里式土器の
分布図と比べて見ますと,内陸や瀬戸内の部分に若干の違いはありますが,特に,
九州の西側を回って南に向かうルートや,日本海沿いを山陰に至る経路に,似た部分
がみられます。というよりも,いろいろな分布図のたぐいをあさっても,私にとって都合
のいいのはこれだけでした。
貝の運搬に携わったのは,西北九州沿岸部の倭人と想定されているようですが,彼ら
の交易ルートに乗るような形で,韓国からの渡来人も,西日本の各地に渡来したのだ
ろうと思います。ですから,資料集にも書きましたとおり,いずれ奄美や沖縄からも,
水石里式土器の出土が報告されるだろうと期待しております。
さらに,貝製品の分布の話をしますと,弥生前期末から,海岸付近だけでなく,西日本の
内陸でも貝製品が分布するようになるわけですが,このように貝製品の流通に見られる
変化と,韓国からの渡来人が,海上の交易ルートを利用しつつも,一部が内陸に住み
着き,定着していく過程が,似通っているようにも思えます」「勒島貿易と原の辻貿易」

677 :LUNAMASK:2009/11/26(木) 11:11:47 ID:k6EbnjMP
応神以降に渡来したカザフスタン中央部Dandybay由来部族は九州中南部で
肥後型石室
http://kobunken.web.infoseek.co.jp/note/note1/note1.htm
地下式横穴墓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E5%BC%8F%E6%A8%AA%E7%A9%B4%E5%A2%93
地下式板石積石室墓
http://kobunken.web.infoseek.co.jp/amakusa/amakusa2.htm
を営んだ。カザフスタンの調査で墳墓には定住民の地表型・・・肥後型石室と
季節遊牧民の地下式があることが判明。これは九州中南部山岳地帯のものが
タンカンサー信仰に結びつくことを意味している。

678 :LUNAMASK:2009/11/26(木) 11:20:21 ID:k6EbnjMP
世に機織と馬をもたらした秦族はDandybayに先行するBotai文化から生まれている。
東北に残るオシラサマ伝承はこのBotai時代に発生したものと見られる。

679 :LUNAMASK:2009/11/26(木) 11:24:40 ID:k6EbnjMP
神武の国作りノウハウは山・里・海/狩猟・商工業・農業・漁労のコンビナート化にあ
った。それはユーラシアノマド、戎の定石であったともいえよう。

680 :出土地不明:2009/11/26(木) 20:57:12 ID:Ftj47jda
「呉服」は百済経由で伝わっている。


また百済国に、「若(モ)し賢(サカ)しき人あらば貢上(タテマツ)れ」
とおほせたまひき。かれ、命(ミコト)を受けて貢上(タテマツ)りし人、
名は和邇吉師(ワニキシ)、すなはち論語十巻・千字文一巻、并(アハ)
せて十一巻(トヲアマリヒトマキ)をこの人に付けてすなはち貢進
(タテマツ)りき。この和邇吉師(ワニキシ)は文首(フミノオビト)等(ラ)の
祖(オヤ)。また手人(テヒト)韓鍛(カラカヌチ)名は卓素(タクソ)、
また呉服(クレハトリ)の西素(サイソ)二人を貢上(タテマツ)り、
また秦造(ハタノミヤツコ)の祖(オヤ)、漢直(アヤノアタヒ)の祖(オヤ)、
また酒を醸(カ)むことを知れる人、名は仁番(ニホ)亦(マタ)の名は
須須許理(ススコリ)等(ラ)参(マヰ)渡り来つ。
http://kamnavi.jp/link/kojiki2.txt

681 :LUNAMASK:2009/11/27(金) 09:31:20 ID:lYacAFZd
>>561 >>639 粘土帯土器、支石墓、箱式石棺墓についての宝賀氏の考察
>>670-673  ロシア考古学会の突帯土器文化定義
これらによって欧州のドルメン文化と遼寧(山東)・半島・列島支石墓文化は
ユーラシア青銅器文化として一体のものであることがわかる。記紀にスキタイ神話が
多いことはここから来るのであろう。

682 :LUNAMASK:2009/11/27(金) 09:38:27 ID:lYacAFZd
このことは日本の古墳文化自体がユーラシア青銅器文化の延長線上にあることを
物語る。つまり、日本はカルパチアから太平洋岸に至る青銅器文化の東端に
あったのだ。ヒクソスがなぜモンゴロイドなのかの謎はこれで解けてくる。ミタンニの
キックリという日本的な名前の由来もわかる気がする。

683 :出土地不明:2009/11/27(金) 11:38:51 ID:ve8puqoP
>>682わぉ、月光たん
それはヒクソスの主体をなすモンゴロイドの秦系古代羌族(Y-D*)が
突帯土器文化で大陸に進出した縄文倭人だからじゃね?

684 :LUNAMASK:2009/11/27(金) 12:50:39 ID:lYacAFZd
>>683 ヒクソスの名前からだと羌と読めるのもいるし、
Name Dates
Sakir-Har
Khyan c. 1620 BC
Apophis c. 1580 BC to 1540 BC
Khamudi c. 1540 BC to 1530 BC?
http://en.wikipedia.org/wiki/Hyksos
羌族のように羊を飼っていないと長距離移動が難しいということもあるし。
政治・経済的には秦氏のような手腕を要するし。
ただ、シベリアには新石器時代からネグリト的形質のモンゴロイドが進出していたようで
あり、日本発かなという気もするし。しかし、はっきりしたことはいえないですね。

685 :LUNAMASK:2009/11/27(金) 12:57:07 ID:lYacAFZd
いずれにせよヒクソス時代に馬と二輪車の調教・製造・販売ができる民族はBotai
の外にはいないので秦氏である可能性は非常に高いと思いますが。

686 :出土地不明:2009/11/27(金) 16:55:49 ID:ve8puqoP
>>682
わぉ、月光たん
このユーラシア青銅器文化人が、司母制度を日本の纒向に導入したの?
三輪山が三層世界観となるのはその後の神功皇后時代のことだっけ?

687 :LUNAMASK:2009/11/27(金) 17:15:30 ID:lYacAFZd
その通り。

688 :出土地不明:2009/11/27(金) 19:03:19 ID:ve8puqoP
>>687
わぉ、月光たん
ということは、ユーラシア青銅器文化人の主体をなす古代羌族の末裔で女王谷出身のアランちゃんは
纒向の女王・卑弥呼の末裔ってことになるんじゃね?

689 :出土地不明:2009/11/27(金) 23:11:28 ID:laJ1uAnj
「入れ墨」は日本では旧石器時代からおこなわれている。


タトゥーは少なくともオセアニア大陸で新石器時代からおこなわれていました。
タトゥーをしたミイラが発見されています。日本では旧石器時代から
おこなわれていたと考えられています。その他の多くの文明でも、
それぞれ独特のタトゥーの様式がありました。
http://blog.livedoor.jp/sakae101/index.rdf
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた
日本では旧石器時代からおこなわれていた

690 :出土地不明:2009/11/27(金) 23:13:17 ID:laJ1uAnj
日本には世界最古の7000年前の「入れ墨」の証拠遺物がある。


紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて?

日本人が最初に入れ墨を取り入れたであろうと想像できる縄文時代の土器が
発掘されています。縄文土器にあしらわれた顔には埋葬者を守る意味合いを
持つ神秘的な「入れ墨」のようなものが認められ、これが入れ墨として記録
されている世界最古のものではないかと想像されています。
また、日本原住民族であるアイヌには優れた入れ墨技術があったものと
思われます。
http://www.ta2.com/tattoohistory.html
紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて
入れ墨として記録されている世界最古のもの
紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて
入れ墨として記録されている世界最古のもの

691 :出土地不明:2009/11/27(金) 23:14:22 ID:laJ1uAnj



世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!

紀元前5,000年の縄文時代の土器から、入れ墨をほどこした人面器が
発見されているんだ。
http://www.tnc.ne.jp/oasobi/oasobi03/119tatoo/index.html
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!




692 :LUNAMASK:2009/11/28(土) 09:20:46 ID:ctXKVEKh
>>688
>ユーラシア青銅器文化人の主体をなす古代羌族の末裔で女王谷出身のアランちゃん
日本とは直接的関係は薄い。↓
レクナーTutorial中国モンゴルでのN
http://64.40.115.138/file/lu/6/52235/NTIyMzV9K3szNTg0MTg=.jpg?download=1
レクナーTutorial東アジアでのN
http://64.40.115.138/file/lu/6/52235/NTIyMzV9K3szNTg0MTc=.jpg?download=1
むしろ注目すべきはレクナーTutorial東アジア地図ユーラシア北東部ハプログループ、
ブリャートへのOの進出
http://64.40.115.138/file/lu/6/52235/NTIyMzV9K3szNTg2MTQ=.jpg?download=1
この進出Oが中央アジアからの文化を媒介し、日本に渡来した可能性が強いでしょう。


693 :LUNAMASK:2009/11/28(土) 09:28:06 ID:ctXKVEKh
カザフスタン青銅末期には森林型青銅器(Samus IV)と草原型(Seima-Turbino)の2つの
流れがあるが、どうも東方のアルタイ・バイカルは森林型と関係しているようです。
これが日本で銅鏡vs銅鐸となって現れるのかなーって感じですね。

694 :LUNAMASK:2009/11/28(土) 09:30:45 ID:ctXKVEKh
↑卑弥呼vs神功の時代背景の推移もこの辺に遠因があるのかも。

695 :LUNAMASK:2009/11/28(土) 11:16:26 ID:ctXKVEKh
日本の袋状鉄斧の系譜は遼寧>アムール川ポリツェ文化>上記サムシ文化
とするのが時間的、空間的に最も合理的。銅鐸と鉄斧は関係しているかも。

696 :LUNAMASK:2009/11/28(土) 12:32:09 ID:ctXKVEKh
エジプトにおける密林に住む黄色人種への強烈な人種差別、エベンキにおけるワニ、
太陽舟のデザインから見て >>698 の森林型がヒクソス、コーカサスにおける
急激なクラ・アラクセス青銅器文化の発達、ヒッタイトの形質から見てセイマ・トゥルビノ
はフルリ人と考えていいのではなかろうか。大和と吉備はヒクソスとヒッタイトの対立を
持ち込んだものといえるかも。

697 :LUNAMASK:2009/11/28(土) 12:52:57 ID:ctXKVEKh
↑ >>693 間違えて698と打ってしまった。

698 :LUNAMASK:2009/11/28(土) 13:44:06 ID:ctXKVEKh
>>686 >>687
殷末に高句麗・集安方面に嵩山・泰山方面の山岳民、高夷が入るが、戦国末には
松嫩平原方面から高句麗が入る。王莽は「高句麗ではなく下句麗だ」と言ったとされる
が、既に中原においては「高」は季節遊牧民の可動部分という本来の意味を失っていた
ようだ。ところで日本では高尾張等といって葛城地域を神聖視するノマドの慣習は
生きていたようだ。殷の司母を卑弥呼で復活するのは山東半島から遼東半島へ入る
箕子朝鮮系であると考えられます。

699 :LUNAMASK:2009/11/28(土) 13:49:53 ID:ctXKVEKh
↑中央アジアにおいては季節遊牧・家内牧畜・農業・狩猟/漁労等を総合的に含む
集団における高地・外地を遊牧・警戒する武装集団が発生し、これが戎・物部の機能
と考えられる。

700 :LUNAMASK:2009/11/28(土) 15:19:25 ID:ctXKVEKh
「レクナーTutorial東アジアでのN」↓においてLLY22=高夷、M178=高句麗と見れば
http://64.40.115.138/file/lu/6/52235/NTIyMzV9K3szNTg0MTc=.jpg?download=1
カザフスタン方面からのN系の日本に向けての移動ルートが見えてくる。吉備に入る
のはこれではなかろうか。

701 :出土地不明:2009/11/28(土) 19:39:44 ID:Xuy6oq7p
「糸引き納豆」の登場は室町時代頃、「なれずし」は7C頃に朝鮮経由で伝わる。


平安時代の文献にも塩辛納豆の名は残っているが、一般に広まったのは
室町時代以降でこの頃から糸引き納豆も登場しており区別するために
塩辛納豆を久喜と呼び糸引き納豆を単に納豆と呼ぶようになった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%8D%E8%B1%86

日本最古のすしといわれる「鮒ずし」は、7世紀、近江大津宮に天智天皇が
遷都した以前からこの地にあったといいます。フナずしは、すしといっても
現在の握りずしとは違い、すしの原型といわれる「なれずし」の一種です。
なれずしは、米作民族が考え出した動物性タンパク質の原始的な保存法で、
そのルーツは東南アジアとされ、中国、朝鮮をへて日本へも伝えられました。
http://asamiya.sakura.ne.jp/gotouti/siga/siga.html

702 :出土地不明:2009/11/29(日) 07:19:02 ID:/iax46/W
韓国人=朝鮮人の先祖は、古代半島の東北部、 いわゆる中国領・楽浪郡の東部地方(日本海沿岸地方)に 住んでいたワイ族。
百済人、高句麗人は古代の満州地方に住んでいた遊牧民族=フヨ族。

ウィキペディア-朝鮮民族
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%B0%91%E6%97%8F

歴史
朝鮮半島では4世紀頃までに高句麗、新羅、百済の三国が興り三国時代と呼ばれるが、7世紀に中国の唐が新羅と結んで高句麗、百済を相次いで滅ぼし、さらに新羅が唐の勢力を追放して朝鮮半島を統一した。
高句麗や百済の支配層は扶余系とみられ、韓系である新羅人とは別系統の言語を話した。
一般的に現在の朝鮮語の祖語は新羅語とされている。このことから言語をもって民族の基準とすると、朝鮮民族を形成していった主流は新羅人であると考えられる。

ウィキペディア-新羅
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%BE%85

脚註
^ なお韓国では、高句麗の滅亡後にその遺民が靺鞨族と共同して満州に建国した渤海を高句麗の後継国家と見なし、新羅・渤海をあわせて南北国時代と呼び、朝鮮民族史の及ぶ地理的範囲を朝鮮半島から満洲・沿海州を含めた領域としている。
しかしながら、言語的観点から現代の韓国・北朝鮮の祖とされる新羅と、高句麗・渤海とでは、民族的・言語的に隔たりがあり(金芳漢著・大林直樹訳『韓国語の系統』)、
高句麗・渤海を現在の韓国・北朝鮮へ連続する国家と見なす十全な根拠がないため、高句麗・渤海の故地を領土に含み、また高句麗・渤海と民族的に同系である満州族を国民として多数抱える中国との間に軋轢が生じている(→東北工程)。


703 :出土地不明:2009/11/29(日) 07:19:55 ID:/iax46/W
朝鮮人(高麗族、コリョ族)は中国東北部起源の北の蛮族
「楽浪半島、もしくは東シナ半島」の歴史(中国と日本の歴史)
前1000年頃 殷の廷臣、箕氏(中国人)が周の武王から楽浪(半島北部)に封じられる?(周の属国)その後、周の凋落で王を称す?
戦国期 編纂されはじめていた地理書「山海経」に「楽浪の南に、燕に朝貢する倭がある」旨、記される。 辰国(半島南部、百越人の国)は倭そのものか? 百越人(弥生人)とは、失われた長江文明の担い手。現在そのDNAは半島、日本、ベトナム以南にしか残されていない。
前195年 秦に滅ぼされた燕からの亡命武将、衛満(中国人)が箕氏楽浪を乗っ取る。 このころから辰国は三韓に分かれはじめる。 馬韓(後の百済)は百越人の国。秦韓(辰韓、後の新羅)は始皇帝から逃れてきた秦民の国。弁韓(後の任那)も秦韓に似る。
前108年 中国皇帝の武帝が衛氏を滅ぼし楽浪郡を設置、植民地とする。
前37年 東胡を祖とするコリョ族(高麗族)が中国東北部に高句麗(前高麗)を建国。
2世紀 遼東太守、公孫度が扶余族(穢族からコリョ族と分岐)の王、尉仇台に嫁を与え馬韓(後の百済) の王とする。先から三韓の王族は全て扶余族となっていた? 倭王も同族? 新羅三王家のふたつに倭出自伝説が残されている。
3世紀初 公孫康 、曹操の許可を得て楽浪郡南部を帯方郡(後の百済)として設置。
4世紀 晋の八王の乱の混乱に乗じて、高句麗が楽浪郡を不当占拠。百済、新羅が建国。日本を大国と崇め、人質を送る。任那も併せ三韓は日本の勢力下にあった。
7世紀 任那、百済と順に滅亡、遣隋使と合わせて日本は半島から手を引く。新羅、高句麗を征伐。統一新羅は中国の属国となり、独自の名前と年号を捨て、中国式の名前と年号を使い出す。
918年 新羅滅亡、高麗(後高麗)建国。新羅内に雌伏していたコリョ族が国を乗っ取った。

ここまでは、朝鮮人の歴史ではない。

朝鮮人とは朝鮮半島の南側に住んでた原住民で、三韓(馬韓、弁韓、辰韓)人
それに対して高句麗(※)も百済も朝鮮人を支配してた扶余(ツングース)民族だな

広辞苑より
【扶余】前一世紀から五世紀まで、中国東北地方北部に活動した民族。
また、その建てた国。ツングース族の一。一〜三世紀中頃が全盛期、もと百済の別称。
【高句麗】紀元前後、ツングース族の扶余の朱蒙(東明王)の建国という。
中国東北地方の南東部から朝鮮北部にわたり、四世紀広開土王の時に全盛。
都は二○九年より丸都城、四二七年以来平壌。唐の高宗に滅ぼされた。高麗(コマ)。
【渤海】八〜一○世紀、中国東北地方の東部および朝鮮半島北部のあたりに起った国。
靺鞨(マツカツ)族の首長大祚栄が建国。唐の文化を模倣し高句麗(コウクリ)の旧領地を
併せて栄え、七二七年以来しばしばわが国と通交。一五代で契丹に滅ぼされた。
【靺鞨】(マツカツ)ツングース族の一。有力な部族が七部あり、その一である
粟末(ゾクマツ)靺鞨の首長大祚栄は渤海国を起し、また黒水靺鞨は後に女真と称した。
【女真】中国東北地方の東北部から沿海州方面に住したツングース系の民族。
五代の頃より女真と称し1115年完顔(ワンヤン)部の首長阿骨打(アクダ)が金を
建国し宋に対抗。後に清朝を興した満州族も同一民族である。

一方朝鮮人は、朝鮮半島の原住民の事です。 馬韓、弁韓、辰韓の民族ですね。
なので 百済≒高句麗≒渤海  ≠  三韓=朝鮮民族

704 :出土地不明:2009/11/29(日) 07:22:03 ID:/iax46/W
高句麗=扶余系=満州系なんだわな。
高句麗の発祥地は中国の東北地方で、高句麗の数百年の歴史のうちの最初からの半分以上が中国東北地方にしか版図がなく、朝鮮半島には存在はしてなかった。
そして、彼らが滅亡した後は、ほとんど満州の部族に移行している。つまり、どう考えても、高句麗は中国東北系の国なんだわな。

高句麗と朝鮮の関係って大日本帝国の朝鮮と似たようなもんでしょ。
朝鮮に日本家屋があることを理由に、朝鮮人が江戸文明を作ったとかぬかすくらいあつかましい主張でしょ。
何しろ、文明が継承されてないんだもの。
満州人はきっちり高句麗文明を継承してるけど朝鮮は100年前は土人文明だもの。
高句麗はシナと新羅(朝鮮)が連合して消滅させた異民族の古代国家にすぎない。
百済も、高句麗の後継国家、渤海も同じ。

なぜ朝鮮人は嘘をつくのか Why does the Korean tell a lie?
http://www.youtube.com/watch?v=9ATZG6pyY88
http://www.youtube.com/watch?v=jbgbbXk0n1k
http://www.youtube.com/watch?v=KR7z_-jagCE

■朝鮮人が認められない歴史的事実一覧

・弥生人が長江流域からやってきた百越系民族であること
・半島南部の先住民が倭人(=弥生人=百越系民族)であること
・新羅の建国時の宰相が倭人であり、王家の二つが倭人系統であること、また始祖の朴赫居世についても倭人説があること
・百済、新羅が大和朝廷に対し従属的地位にあったこと
・大和朝廷による伽耶地域の支配(半島南部における多数の前方後円墳の存在)
・半島における文化的独自性の欠落(あらゆる分野での古典の不在)
・常に某かの国の属国として歩んできた歴史
・姓が中国文化の影響を受け、みずから改名し、中国語氏名であること
・朝鮮征伐が日本と明との戦争であったこと(李朝の軍は明の将の指揮下に入り、和平交渉も日本と明の間で行われている)
・朝鮮通信使が実質的に朝貢使節であったこと(琉球の江戸上りと同じ)
・オンモン(朝鮮文字)がパスパ文字、契丹小字をもとにしたものであり、しかもカナより600年遅れて作られたものであること

705 :出土地不明:2009/11/29(日) 07:23:13 ID:/iax46/W
長い歴史の中で数多くの国や王朝に朝貢し冊封され支配、統治され
朝鮮人は混血も重ねています(大きいところでは中国諸民族、縄文人、倭人、蒙古人、満州人、大日本帝国)

近年韓国で医学界等の遺伝子や血液の分析で朝鮮のルーツは北方である事
南部からの流入(日本の縄文人や倭人、倭人王については完全にスルーしてますが)との
混血である事も徐々に指摘、新聞でも報道されはじめました

血液分析により民族の移動経路を判明する 東亜日報
韓国 台湾 日本、もっとも単一民族に近いのは日本人
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2001010317828

"韓民族は単一民族ではない!" 韓国 朝鮮日報
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/01/09/2009010901296.html

韓国人、違う民族の血40%位まじっている 韓国 朝鮮日報
http://www.chosun.com/national/news/200604/200604050360.html

顔で見た韓国人、すでに他民族血統…“80%が北方系” 日本版 中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=90507&servcode=400

もし日本人、韓国人が似てると感じれば、それは激しく混血を重ねた朝鮮人が似てるのであって
日本人が似ているのではないのです

朝鮮はこの通り朝鮮民族だけの物ではありません、
今後は友愛の精神で朝鮮半島は異民族を多く受け入れ多民族多人種社会となり
それぞれの民族の国籍を認め韓国朝鮮人と同じ権利を持ってもらい共生すべきです

国連、「韓国の単一民族強調」人権侵害の恐れ 日本版 中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=90362&servcode=400

韓国の民族主義を告発、スタンフォード大シン教授(上)
http://www.chosunonline.com/news/20090623000056

706 :出土地不明:2009/11/29(日) 07:24:03 ID:/iax46/W
【質問】『「我々韓国人は高句麗人(フヨ族)の子孫だ。高句麗は韓国人が建国した国だ」と主張していますが、 これは事実でしょうか?』

【回答】 完全なウソです。韓国人の作り話です。韓国人と高句麗人はまったく別種の民族です。高句麗人は
古代の満州地方に住んでいた 遊牧民族=フヨ族の一派ですが、韓国人=朝鮮人の先祖は、古代半島の東北部、
いわゆる中国領・楽浪郡の東部地方(日本海沿岸地方)に 住んでいたユウロウ族です。狩猟民族=ユウロウ族の子孫が
現在の韓国人です。このユウロウ族はシベリア奥地の山岳部から半島東北部に移住してきた民族です。
 満州地方に住んでいた遊牧民である高句麗人(フヨ族)とは何の関係もありません。強いて関連付けるならば、
一時期、フヨ族がワイ族を 支配化に置いていたこと、くらいです。
 では、高句麗人の子孫にあたる民族とはどのような民族なのか。それは女真族(満州族)です。
高句麗が唐によって滅ぼされた後、高句麗人(フヨ族)は彼らの故郷である『満州』に逃げました。
 高句麗人はこの地において契丹族や鮮卑族、モンゴル族と混血しました。それによって誕生したのが
女真族(満州族)なのです。 この女真族が、1115年に満州地方から中国北部にまで版図を有する
『金国』を建国しました。金国が滅びた後、1616年に、 同じく女真族の国である第2次金国=後金国が建てられ、
この『後金国』が清国へと発展していきます。


707 :出土地不明:2009/11/29(日) 07:25:48 ID:doTKTtVa
高句麗人(フヨ族)の歴史を図にすると、下記のような流れになります。

〔フヨ国→ 高句麗→ 金国→ 後金国=清国 (高句麗滅亡後に建国された渤海国も『高句麗人の国』という説がある) 〕

 見ての通り、高句麗と韓国人は何の関係もありません。高句麗人の末裔と呼ぶべき民族は満州族であり、
韓国人=朝鮮人ではないのです。 韓国人は高句麗人の子孫ではないだけでなく、高句麗人の歴史を受け継ぐ
満州族(女真族)のことを『オランケ』と呼び、蔑んでいました。 オランケとは韓国語で「野蛮人」の意味です。
 韓国人は、「我々は高句麗人の子孫だ」と自称する一方で、本物の『高句麗人の子孫』である満州族のことを、
野蛮人呼ばわりして 見下しているのです。
 ところが最近の韓国人は、時と場所によって「満州族と韓国人は兄弟民族だ」と言ったり、「満州族はオランケであり、
韓国人と違う民族だ」と、 言ったりしています。まさに『ご都合主義』です。自分たちの都合により、歴史を捏造し
歪曲しているのです。 日本人は倭人の子孫である。一方、朝鮮人はユウロウ族の子孫である。この2つの民族は
最初から別種なのだ。



708 :出土地不明:2009/11/29(日) 07:26:41 ID:doTKTtVa
高句麗は、夫餘から出た別種である。(『旧唐書』高麗伝 :「高麗者、出自扶餘之別種也。」)
高句麗は本来夫餘の別種である。(『新唐書』高麗伝 :「高麗、本夫餘別種也。」)
という記述にもあるように、高句麗族はその起源伝説の類似点から、ツングース系と考えられる
扶余と同じ民族と見られることが多い[2]。史上でも扶余の流民を受け容れていることが記されているが、
民族を同一とするにたる明証はなく、墓制の違いを見る限りは扶余と高句麗との差は歴然としている[3]。
但し、『魏書』百済伝の百済王蓋鹵王の上表文には、「臣と高句麗は源は夫余より出る」
(臣與高句麗源出夫餘)とあり、当時の百済人は高句麗人を同種の夫余とみていたことになる。
なお、扶余族は他に、沃沮(東沃沮・北沃沮)・?・百済(王族)など朝鮮半島に広く分布していた。

wiki より

上記からも、高句麗はツングース系と確定している。当然、朝鮮民族ではない。



百済→王族は扶余族、倭人と混血 、民衆は長江文明の遺臣の弥生人(百越人ともいう)
新羅→王族は扶余族、三王家のふたつに倭人出自説あり、民衆は弥生人と、始皇帝から逃げてきた秦人(漢族)
高句麗→ツングース系女真人
高麗→ツングース系女真人
渤海→ツングース系女真人

渤海と高句麗の民族的人種的なつながりははっきりとはわからないが、
新羅に滅ぼされた高句麗の遺民が建国した国ではないか、とは言われている。
何度も日本に朝貢している。
渤海が滅んだのち、今度はその遺民が高麗を建国した、というのがだいたいの流れ。
中国東北部にいた人々が一時期朝鮮半島に国を作ったとも言えるし、それが朝鮮人であるとも言える。
朝鮮半島は漢族、倭人、中国東北部族、モンゴル人等々、種々雑多な人種が入り乱れている。
日本と違って、半島というのはどこでもそういうもの。いわば人種民族の通り道的な存在。


709 :出土地不明:2009/11/29(日) 07:27:31 ID:doTKTtVa
前12世紀〜前2世紀の箕子朝鮮は中国人の箕子が建国した中国人国家。
箕子朝鮮を滅ぼして前2世紀〜前1世紀の衛氏朝鮮は中国人の衛満が建国した中国人国家。
前漢の武帝が衛氏朝鮮を滅ぼして朝鮮半島北部に前1世紀〜後3世紀に設置した漢四郡(楽浪郡・真番郡・臨屯郡・玄菟郡)は中国植民地。
百済と高句麗はツングース系民族の夫余族の国家。渤海は夫余族と靺鞨の国家。夫余族と靺鞨は中国・満州族の母体。
秦からの亡命中国人が前2世紀〜4世紀に朝鮮半島南部に建国したのが辰韓(秦韓)で、後に12カ国に分裂して、その一つの斯蘆国が新羅。
百済と高句麗を滅ぼしたのは新羅ではなく唐。唐は百済と高句麗の滅亡後に旧高句麗領を安東都護府、旧百済領を熊津都督府、新羅を鶏林大都督府として半島全域を藩属国から羈縻州(中国国内扱いにした事を指す)にした。
このため一時的に朝鮮に「国」はなくなった。

朝鮮の歴史は半万年ではなく千百年弱

「朝鮮、属国史」の始まり
918年 高麗建国
10世紀 宋に朝貢、契丹(東胡の末)に朝貢。
12世紀 金(女真族、東胡の末)に朝貢。
13世紀 高麗はモンゴルの属国となる。劣等感から、一然という僧が檀君神話を捏造し、忠烈王がモンゴルに日本侵略を唆す。
14世紀 高麗滅亡、李朝建国。李朝は最初から明の冊封国で、国名も中国に決めてもらった。
17世紀 清(女真満州族)に服属、三跪九叩頭の礼に甘んじる。
19世紀 日本が日清戦争で中国を破り、属国の李朝は独立させてもらう。(日本の保護国)
1910年 李完用の要請により日本に併合してもらう。李氏朝鮮(大韓帝国)滅亡。
1948年 戦後アメリカ軍政庁の統治下にあったが、アメリカの後押しで大韓民国が成立。
1950年 アメリカとソ連の代理戦争である朝鮮戦争が起き分断国家となる。
1991年 ようやく国連加盟、史上初めて世界から独立国家として認められる。 
1993年 韓国、軍事独裁制を脱し、史上初めて独立民主政体となる。
現在 いまだ言論、学問の自由もなく民主主義とは程遠い国である。北は論外。

710 :出土地不明:2009/11/29(日) 07:28:25 ID:doTKTtVa
======== 偉大な韓国の歴史 ==========
10世紀 長白山が過去2000年間で世界最大級とも言われる巨大噴火を起こす(リセット)

1010年 「契丹」に侵略される。首都開城が陥落。(キタン人化)
1013年から1019年まで継続して侵略される。   (キタン人化)
12世紀 「女真」の侵入。侵略。「金」に朝貢。   (満洲人化)
1231年 「蒙古」に侵略される。首都開城が陥落。国王江華島に逃亡
    長い間、無抵抗の半島はモンゴル軍に蹂躙される。(モンゴル人化)
1247年 「蒙古」に再侵略される。しばらく蹂躙が続く。 (モンゴル人化)
1258年 雙城総管府を置かれる。翌年、王子を人質に降伏。(モンゴル人化)
    国内には多くの蒙古軍人が駐留。        (モンゴル人化)
1270年 東寧府を置かれる。              (モンゴル人化)
    反対派が済州島に移って徹底抗戦。1273年に鎮圧 (モンゴル人化)
1274年と1281年「元寇」(半島人主力で日本侵略。が、全滅(モンゴル人化)
1356年から1362年までの紅巾賊侵入により首都開京が陥落 (シナ人化)
1419年 「応永の外寇」 17000人で対馬を襲撃。船、家を焼き、住民を虐殺する。
    しかし、少数の対馬軍に撃退される。
1592年 と1598年秀吉の「唐入り」 首都漢城が陥落(短期でヤマト化は無理)
1627年 「後金」に侵略される。平壌を超え、侵略されるが漢城までは来なかった。
    しかし、国王は江華島に逃亡(満洲人化)
1636年 「清」に侵略される。首都漢城が陥落。清軍が、す早く江華島への道を遮断。
    泥濘の中、朝鮮王仁祖は清の太宗に降伏、大清国属国となる。(満洲人化)

「屈辱の象徴」三田渡碑の移転決定
http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/610163/
韓国マイナー観光
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kikyo/1239/w-18.htm


711 :出土地不明:2009/11/29(日) 07:29:15 ID:doTKTtVa
「アイゴー!シンガポールヤフーが韓国を中国領と表記してるニダ!」

シンガポール ヤフー(sg.travel.yahoo.com)とカナダのブリティッシュコロンビア(BC)州政府サイト
(www.protocol.gov.bc.ca)が韓国関連の誤りを訂正した。
サイバー外交使節団「バンク」は「1週間前までシンガポールヤフーはアジア地図で韓国を中国の領土と表記していたが、5日現在、『韓国領』に是正された」と明らかにした。(略)

http://www.worldtimes.co.jp/kansok/kan/shakai/090106-3.html


韓国紙・中央日報が韓国人のプライドをめちゃめちゃにする事実を報道していた


『有名教科書と地図「韓国は中国領土」』

英国オックスフォード大の出版社が制作している教科書をはじめ、世界の教育機関、博物館、テレビ局、新聞社、ポータルサイト、
百科事典など総34個の世界有名機関の世界地図53個が、韓国の領土全体または一部を中国領土に表記していることが分かった。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=65416


『スペイン紙「韓国4228年間、中国の属国」』

スペインの有力紙「エル・ムンド」のウェブ版(www.elmundo.es)が「韓国は4228年間にわたって中国の植民地だった」と紹介した。
「エル・ムンド」は「韓半島は長い歴史のなかで数多くの侵略を受けてきた。中国に1895年まで属していた(略)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=56213



アメリカ大使館「朝鮮に歴史無し。昔から中国、日本、偏狭蛮族の属国」
http://s04.megalodon.jp/2008-0104-0331-22/www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&page=9&nid=3182743
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2&diff=8434966&oldid=8280871



712 :出土地不明:2009/11/29(日) 07:30:26 ID:r0nMRQOu
各国教科書に見る朝鮮半島
http://bansensyukai.blog23.fc2.com/blog-entry-7.html
◎ ポーランドの教科書
「AD1世紀以来、日本と中国は朝鮮半島の領有権を巡って衝突した」
◎ ドイツの教科書
「日本が大陸に最初の足がかりを築いたのは4世紀の事だった。その後300年、日本は朝鮮半島を支配する地位にあったが、唐との戦争に敗れ、17世紀になるまで待たなくてはならなかった」
◎ オーストラリアの教科書
「朝鮮は近代に到るまで、その国内での抵抗に関わらず、中国と日本の属国だった」
◎ フィリピンの教科書
「朝鮮は、その歴史の大部分中国の属国であり、その支配は19世紀に日本に引き継がれた。日本は自由な新しい秩序を樹立する事によって、朝鮮に平和と安全をもたらそうとした」
◎ インドネシアの教科書
朝鮮を中国の属国として記した。
「朝鮮の文化と芸術は中国・モンゴル・日本文化の影響を受けた」
「朝鮮は言論・宗教の自由が制約を受ける国」
「北部はロシアが、南部はアメリカが占領している」
◎ タイの教科書
「朝鮮は中国の支配下に入り、これが19世紀まで続いた」
◎ アメリカの教科書
「朝鮮は中国の従属国」
◎ カナダの教科書
「朝鮮は、数百年間中国の属国」
「日本は<中略>朝鮮に鉄道・道路・港を建設し、産業を発達させて教育の機会を拡大させようと努力した」
◎ インドの教科書
「朝鮮は永らく中国の属国だった」
◎ イギリスの教科書
「西暦366年から562年まで、日本が朝鮮半島を支配した」

韓国と北朝鮮の国内でどれだけ洗脳教育をしても勝手ですが外の世界に出れば朝鮮半島は古代から下関条約まで常に属国。
これが世界の一般的な認識ということです。


713 :出土地不明:2009/11/29(日) 07:32:01 ID:2KGBEvdd
統一新羅
http://www.memomsg.com/dictionary/D1096/390.html

統一新羅は、676年の朝鮮半島の統一から935年に滅亡するまでの新羅の事を差す。
この統一新羅、いわゆる新羅は、現在の韓国、朝鮮両国の共通の先祖の国家の初代といえる。
それ以前の国家は民族・言語・文化的につながりが薄い。当然、統一新羅の前身である新羅と統一新羅は連続している。
統一の過程で滅んだ、高句麗、百済は現在の韓国及び朝鮮とは連続性があまりない。
高句麗は実質的に後継国家として渤海があり、現在の中国東北部に小さく民族移動して国家を再建設している。



東北工程:百済・新羅の歴史も「中国史の一部」=中国社科院 『朝鮮日報2007年6月4日』
http://www.chosunonline.com/article/20070604000018

公式研究書に百済と新羅の歴史も「中国史の一部」と記述していたことが3日、分かった。
百済に対しては「(高句麗と)同様に古代中国の辺境にいた少数民族である夫余人の一部が興した政権」とし、
新羅については「唐は(百済が滅亡した)660年以前には羈縻政策を、それ以降には直接統治を行った」と記述した。
また、新羅は「中国の秦の亡命者が樹立した政権」であり、「中国の藩属国として唐が管轄権を持っていた」とした。



東北工程・高麗も中国が建てた国『朝鮮日報2007年6月6日』
http://www.chosunonline.com/article/20070606000006  

高麗について、「箕子朝鮮、高句麗に続き、中国が朝鮮半島に打ち建てた3番目の政権」と主張したところの、
吉林省社会科学院が隔月刊で発行する歴史雑誌『東北史地』の2007年第3号に掲載された「後唐の明宗が、高麗を建国した太祖・王建の族籍を明らかにした」と題する論文の存在が確認された。
この論文は、「王建は決して朝鮮半島の新羅人の子孫ではなく、中国・淮河流域から来た漢人の末裔」と主張し、
933年に後唐の2代目の明宗が太祖・王建に送った冊封詔書などをその根拠として提示した。冊封詔書には太祖・王建を「長淮の茂族」と呼んでいる部分があり、この論文は「長淮は淮河流域を意味する言葉で、太祖・王建の本籍地が中国であるため、高麗は中国人が建国した国



714 :出土地不明:2009/11/29(日) 14:10:17 ID:YwmbDHub
>>700
わぉ、月光たん
なるほど高夷N-LLY22gが吉備に入り、モモソヒメ卑弥呼が誕生したというわけですね(^-^)/


すると>>125で月光たんは
http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pubmed&pubmedid=15466285
↑これによれば彝族のSali族は日本と共通の遺伝子を持つが、古代羌族の子孫とされる。
秦氏は羌族との関係が深くSali族と関係していても不思議ではない。
ともおっしゃっており

さらに
>>196
N-LLY22g*
殷の西方交易をになったカラスク集団は形質的にパミール・フェルガナ系コーカソイドと
華北モンゴロイドの連合体というロシアの考古学調査結果があるが、
秦氏というのはN-LLY22g*(彝族・錫伯族・隼人と同系)という可能性もある。
ともしています。

>>289
殷・周の交代時には箕子として、あるいは召公として燕・古朝鮮に入り、
衛満・後漢武帝の圧力により九州北部・沖縄・九州南部へと移動したのでしょう。
鴨族は南シベリア在地のQ-P36であったが、同族はフルリ人として古代羌族N-LLY22g*と共に
ヒクソス・ヒッタイト・ミタンニ方面で活躍していたものと思われます。


つまり秦系古代羌族の末裔の女王谷出身のアランちゃんは、女王卑弥呼の末裔の可能性もあるんじゃね?
http://www.youtube.com/watch?v=YTuiEbkXJS0

715 :LUNAMASK:2009/11/29(日) 16:20:29 ID:TwQ6fdPl
>>714
>高夷N-LLY22gが吉備に入り、モモソヒメ卑弥呼が誕生したというわけですね(^-^)/
高夷N-LLY22gが吉備に入り、これを討伐した孝霊ファミリーからモモソヒメ卑弥呼が
誕生したということですね。この時点で大和側はまだ馬を得るには至っていない。
それは神功時代となる。





女王谷出身のアランちゃんはDの関係で日本人に似ているのかも。

716 :LUNAMASK:2009/11/29(日) 16:28:34 ID:TwQ6fdPl
↓これがヒクソス女性像ですが、アランちゃんとは似てないっすね。
http://www.realhistoryww.com/world_history/ancient/Misc/Hyksos/Hyksos_woman.jpg
やはり彼女は日本人同様Dかもね。

717 :出土地不明:2009/11/29(日) 17:01:24 ID:Ss3oGkTU
朝鮮半島で最古の水田遺跡は前11世紀のオクキョン遺跡で日本よりも古い。




弥生時代の始まりと深く関連している韓国南部だが、最古の水田は
慶尚南道蔚山・オクキョン遺跡で見つかっており、孔列文〜突帯文土器が
伴っているところから、前11 世紀頃と考えられている。
http://www.rekihaku.ac.jp/press/yayoi_kaishi.pdf





718 :出土地不明:2009/11/29(日) 17:02:23 ID:Ss3oGkTU
見よ!

これが稲作が伝わった当時の長江江南や華北の炊飯器である。

(※色、彩文、フタ、単耳、直耳に注目!これらの要素が弥生土器には一切ない。)


鬲(レキ=袋状の足を持つ三足土器) ◆内蒙古・満州から長江中・下流域まで出土
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050618/4482.jpg
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050610/2764.jpg
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/090.jpg

鼎(テイ=棒状の足を持つ三足土器) ◆華北からインドシナ半島まで広く出土
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/099.jpg
http://www.sx.xinhua.org/ztjn/2003-08/29/xin_49b7e0a2d93511d7be2c0050ba1967d3.jpg
http://www.shtong.gov.cn/node2/node4/node2250/songjiang/node70313/node70604/images/00004623.jpg

719 :出土地不明:2009/11/29(日) 17:47:04 ID:PgXypysA
日本はD2YAP+なんでアランなんて関係ねーよ。

720 :出土地不明:2009/11/29(日) 18:03:55 ID:YwmbDHub
わぉ月光たん、お返事どうもでつ〜(^-^)/
>>698
殷の司母を卑弥呼で復活するのは山東半島から遼東半島へ入る
箕子朝鮮系であると考えられます。

ということは司母制度を日本の纒向に導入したのは「高夷」ですよね。
モモソヒメは吉備出身だったはず..
それとも撃退した出雲族(オオクニヌシ)が政情安定を求めて
なぜか「東夷」の司母制度を踏襲したということかな!?

>>715
やっぱアランちゃんは古モンゴロイドのD(縄文倭人と同じ)でつかね
http://alan-web.jp/index.html

721 :出土地不明:2009/11/29(日) 18:22:00 ID:YwmbDHub
>>719
Y-D(YAP+)のルート
http://www.kerchner.com/images/dna/ydna_migrationmap_%28FTDNA2006%29.jpg

722 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/30(月) 01:19:46 ID:oC0ahboF
>>714
卑弥呼の子孫が羌系民族に成りに、中国西方へ行くわけあるまあに。
>>715
遺伝子と形質の容貌とは全く関係ありませんよ。
>>720
アランちゃんのどこが古モンゴロイドなんか?
新モンゴロイドじゃ。じゃけぇYカルトは妄想病なんじゃ。

723 :LUNAMASK:2009/11/30(月) 08:58:12 ID:HQKP/xzg
>>720
「中国東北部(満州)古民族の源は東夷だ」
東北地區的古民族,諸如夫餘、古朝鮮、穢、高句麗、烏桓、鮮卑、烏洛侯、勿吉、
契丹、女真等等,也都以好樂善舞聞名於世。《後漢書?東夷傳》載夫餘: “以臘月
祭天,大會連日,飲食歌舞,名曰迎鼓。”穢族:“常用十月祭天,晝夜飲酒歌舞,名之
為舞天。”《遼史拾遺補》記載契丹:“吹葉成曲,以番歌相和,音韻甚合。”《三朝北盟
會編》卷二十引《宣和乙巳奉使行程?》載女真人,“舞者六七十人,但如常服,出手
袖外,迴旋曲折。”卷一百六十六引《金虜節要》亦載:“君臣晏然之際,攜手握臂咬
頭?耳,至於同歌共舞,莫分尊卑而無間。”


724 :出土地不明:2009/11/30(月) 10:01:05 ID:7baFPBfv
>>722
青牛たん、逆ですよ〜

中国西方の古代チベット族が卑弥呼になったんだお(^-^)/

725 :出土地不明:2009/11/30(月) 10:11:37 ID:OjgQjzEP
___________________________
 キバヤシ用しおり

  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ   
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、  
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }  
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //  
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./

                     今日はここまでこじつけた
―――――――――――――――――――――――――――



726 :LUNAMASK:2009/11/30(月) 10:41:04 ID:HQKP/xzg
>>720
http://users.hartwick.edu/anthonyd/images/figure%201%201900.jpg
http://www.allchinainfo.com/profile/city/img/china_dist.jpg
ククテニ・トリポリエ歌垣(BC17-BC8世紀)(カンチャシメンチ(ウルムチ南西75km))
http://maps.yahoo.com/broadband/#mvt=h&lat=43.733333&lon=87.566667&mag=6&zoom=5
これが↓の華東三省に入ったものと思われる。
http://www.csen.org/aciaa_article/Eurasian%20Women%20Warriors3.htm

727 :LUNAMASK:2009/11/30(月) 11:00:01 ID:HQKP/xzg
>>720
>ということは司母制度を日本の纒向に導入したのは「高夷」ですよね。
>モモソヒメは吉備出身だったはず..
>それとも撃退した出雲族(オオクニヌシ)が政情安定を求めて
>なぜか「東夷」の司母制度を踏襲したということかな!?
孝霊は吉備出身なのか、播磨・黒田出身なのか、はたまた、敦賀出身なのか不明。
吉備出身であったのかも。問題は卑弥呼が文化大革命/焚書坑儒にも似た銅鐸破壊
を行い、アメンホテップ4世のような太陽神導入を図ったということ。辰王というか、東夷の
最先端のブレーンが大和に集中していた感じがしますね。

728 :LUNAMASK:2009/11/30(月) 11:05:30 ID:HQKP/xzg
当時の神武、卑弥呼なんていうのは今風にいえば革命家ですね。

729 :LUNAMASK:2009/11/30(月) 11:18:20 ID:HQKP/xzg
大神神社というのは野球殿堂ならぬ女王殿堂であり、九州・瀬戸内・近畿の歴代
女王を祀っている。これを見ることにより女王制度が東進したことがよくわかる。

730 :LUNAMASK:2009/11/30(月) 11:38:28 ID:HQKP/xzg
馬も、銅鏡も知らなかった銅鐸圏が臨界に達して革命を起こすことは日本が縄文、
弥生と自ら脱皮して成長する過程を示しており、馬がなかったことこそ、その独自性
を示す証拠ではなかろうか。

731 :LUNAMASK:2009/11/30(月) 11:41:44 ID:HQKP/xzg
Y遺伝子Dの多様性とそのシェアーの大きさは、それが縄文人であり、弥生人であり、
古墳人であったことを示しているのではなかろうか。

732 :LUNAMASK:2009/11/30(月) 12:02:22 ID:HQKP/xzg
>>722 >>724
卑弥呼は当時の魏の使者にも、一般の民衆にも全く見えない存在であり、何者であっ
たかは永遠の謎。それを暴こうとすると伊邪那岐 のようなけがれの罪を負うことになる
のでしょう。

733 :出土地不明:2009/11/30(月) 22:16:32 ID:lrqtU5VW
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@、を無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

734 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/12/01(火) 00:21:01 ID:k3cAXJts
>>724
中国北西部の羌族が卑弥呼になったんなら、アランちゃんはあくまで
中国北西部の羌系の子孫で卑弥呼の子孫じゃないじゃろうに。
>>732
魏の使者に見えない存在でも無いでしょう。魏と邪馬台国の力関係の
問題ですよ。

735 :出土地不明:2009/12/01(火) 00:38:24 ID:n1lGC0tW
>>734
いい歳こいて何がアランちゃんだボケ。

ハゲ頭から湯気を出してる男が言う事かドアホ。

736 :出土地不明:2009/12/01(火) 01:09:55 ID:GAndtwNc
アフリカ

737 :出土地不明:2009/12/02(水) 12:42:08 ID:VwGPGrXD
>>734わぉ、青牛たん
アランちゃんは卑弥呼と同族の末裔
ということでしたね(^-^;)/

738 :出土地不明:2009/12/02(水) 22:57:54 ID:4Ylqcs4h
古代イスラエルである秦氏が日本人の祖先

739 :出土地不明:2009/12/02(水) 23:45:54 ID:Eqyq2gUP
どこからも来ていないよ
大陸から列島が切り離された時、人・動物植物も一緒に乗っかっていた
だけ


740 :出土地不明:2009/12/03(木) 00:13:43 ID:vLW82cO7
これ何か知ってる人いたら教えてください。

http://www.youtube.com/watch?v=WwOUY6hjOjI&NR=1&feature=fvwp
3:53の画像です



741 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/12/03(木) 00:16:30 ID:7o7iKdFR
>>7345
歳喰うてアランちゃん云うたらどこがいけんのか。ほいで、わしゃあ
ハゲ頭じゃないど。
>>737
卑弥呼が山東へ移住した羌族の末裔なら、その可能性も出てくる
けど、推論に無理を重ねて出るもんで、根拠は乏しいね。
>>738
古代イスラエルから直接は無理じゃろう。秦氏がトルコ系
カザール族のユダヤ人を含むんなら、西突厥、突厥〜新羅〜日本の
可能性も推論ならあり得るけど。
>>739
動物と植物と人種の移住は違うよ。東日本は大根でも満洲型
でも、西日本の方が北方民族で理論が崩れるじゃないか。

742 :出土地不明:2009/12/07(月) 09:04:08 ID:dBHEB3+x
アクセス規制は終わったようだな。

743 :LUNAMASK:2009/12/07(月) 09:15:01 ID:dBHEB3+x
>>734 >>732 魏の使者に見えない存在でも無いでしょう。魏と邪馬台国の力関係の
問題ですよ。
------------------------------------------------------------------
韓人も魏にはやられている。東夷は所詮敵ではない。魏が桁違いの大国であったことは
間違いないですね。

744 :LUNAMASK:2009/12/07(月) 09:32:46 ID:dBHEB3+x
「その国、もとまた男子を以て王となす。とどまること七、八十年、倭国乱れ、相攻伐する
こと年を歴(ふ)。乃ち共に一女子を立てて王となす。名づけて卑弥呼といふ。鬼道に事
(つか)へ、能(よ)く衆を惑わす。年すでに長大なるも、夫婿(ふせい)なく、男弟あり、
佐(たす)けて国を治む。王となりしより以来、見るある者少なく、卑千人を以て自ら侍せ
しむ。ただ男子一人あり、飲食を給し、辞を伝へ居処に出入りす。宮室・楼観・城柵、
厳かに設け、常に人あり、兵を持して守衛す。 」・・・神武・欠史八代の後に卑弥呼が
立ったと見たいですね。

745 :出土地不明:2009/12/07(月) 23:29:55 ID:qNyI//gx
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@、を無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

746 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/12/08(火) 02:06:13 ID:qsVzG80R
>>743
韓人は反乱したけど鎮圧されましたね。韓人や倭人なんか
弱いですから。四世紀以降の北方民族の南下で強うなって、
良かったわけです。それが無かったら、朝鮮人どころか日本人も
中華民族の一部になっとったかも知れませんね。

747 :出土地不明:2009/12/10(木) 08:08:17 ID:2cSUDq2x
>>745

>邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする

日本人なら、コメントに「竹島(独島)は日本固有の領土です。」
ぐらい入れておかないと。朝鮮人と呼ばれても弁解できないよ。
それとも、、、、、w



748 :出土地不明:2009/12/12(土) 12:20:13 ID:ynYuVrrD
解除されたようだな。

749 :LUNAMASK:2009/12/12(土) 12:33:43 ID:ynYuVrrD
>>746
C-M8 5.4% 縄文
D-P37.1* 3.9% 縄文
D-M116.1 16.6% 縄文
D-M125* 12.0% 縄文
D-P42 2.3%  縄文
縄文後期↓
O-SRY 7.7% 沃沮
O-47z 22.0% 沃沮
縄文前期↓
O-LINE1 3.1% 東冶会稽稲作民
O-M122* 6.6% 東冶会稽稲作民
C-M86 1.2% 扶余
縄文後期↓
O-M134 10.4% 徐福華人・秦民
O-M95* 1.9%  徐福マン族兵員
>四世紀以降の北方民族の南下、つうか、中央アジアですね↓
C-217* 1.9%   東胡
N-LLY22g* 1.2%  匈奴
N-M178 0.4%   匈奴
I-P19 0.4%  ユダヤ人・秦氏
NO-M214* 2.3%   天孫族
Q-P36 0.4%   ウラル系
R-M207 0.4%   月氏


750 :LUNAMASK:2009/12/12(土) 13:53:22 ID:ynYuVrrD
正しくは
弥生前期↓
O-LINE1 3.1% 東冶会稽稲作民
O-M122* 6.6% 東冶会稽稲作民
C-M86 1.2% 扶余
弥生後期↓ これは秦始皇帝が徐福に与えた百工と護衛兵で、錦江方面に入ったもので
あろう。
O-M134 10.4% 徐福華人・秦民
O-M95* 1.9%  徐福マン族兵員
しかし、孔子の頃から筏に乗って楽浪の東夷国に北上するものは後を絶たず、遠賀川
土器文化はこうした流民の渡来によるものであろう。


751 :LUNAMASK:2009/12/12(土) 13:57:38 ID:ynYuVrrD
>>749
月氏・柔然などの新羅への避難はサーサーン朝jペルシャのローマ・大月氏への圧力に
よるもので、月氏・柔然の残党が新羅経由日本に入ってきたものと見られる。

752 :LUNAMASK:2009/12/12(土) 14:07:47 ID:ynYuVrrD
縄文後期↓
O-SRY 7.7% 沃沮
O-47z 22.0% 沃沮
これは沃沮と同族のものが無紋土器開始時代に列島にも入り込み、畑作を行い、
後に稲作が盛んになると稲作に転向したものであろう。


753 :出土地不明:2009/12/12(土) 17:57:31 ID:ynYuVrrD
また規制かな?

754 :LUNAMASK:2009/12/12(土) 20:54:30 ID:ynYuVrrD
@YDNA Hg O2b (O-SRY O-47z)は無文土器時代早期・縄文土器時代晩期に山東半島
-遼東半島方面から満州・半島・列島に畑作文化とともに拡散した。
AYDNA Hg O3 (O-M122*)、O3a3 (O-LINE1)はこれを追うように稲作文化とともに北
上した。
B華中方面からはO3a3c(O-M134)、中越国境方面からはO2a(O-M95*)が入るが、こ
れは徐福関係者が錦江方面から吉野ヶ里方面に入るものと考えられる。
C中央アジアではペルシャ帝国の拡大とともに大月氏が、中国においては五胡十六国
の乱とともに柔然が新羅に難を避け、更に日本列島に入る。 
C-217* 1.9%   東胡 柔然
N-LLY22g* 1.2%  匈奴 突厥
N-M178 0.4%   匈奴 突厥
I-P19 0.4%  ユダヤ人・秦氏
NO-M214* 2.3%   天孫族
Q-P36 0.4%   ウラル系
R-M207 0.4%   月氏


755 :LUNAMASK:2009/12/12(土) 22:15:55 ID:ynYuVrrD
欧州におけるハプログループI 、R1b、R1aの純粋な範囲 からして、ほとんどの欧州人が
母系、父系の両面からしてアブラハム、イサク、ヤコブでないことはなくなる。つまり、ヒッタ
イトとイスラエルが同盟することにより、彼らは一民族と化し、広大な地域に多様な言語と
ともに拡散した。アブラハムは多くの国家の父となったのだ。


756 :LUNAMASK:2009/12/13(日) 08:50:28 ID:1ni1ioSR

What is certain is that the sheer extent of the Haplogroups I and R1b and also
R1a in Europe make it virtually impossible for nearly every person in Europe not
to be a descendant of Abraham, Isaac and Jacob either though their maternal or
paternal lines. Thus the Hittite alliance with Israel has made them one people
spread over a vast area with various language entities. Abraham has indeed
become the father of many nations.
Christian Churches of God No. 265 The Genetic Origin of the Nations
http://www.ccg.org/English/s/p265.html

757 :LUNAMASK:2009/12/13(日) 13:28:35 ID:1ni1ioSR
参考
Cinnioglu et al, (2004)によるトルコY-DNA haplogroups
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/5f/Turkey_Y_chromosome%28in_20_haplogroups%29.png
http://en.wikipedia.org/wiki/Genetic_origins_of_the_Turkish_people
欧州中近東    E3b, G, J, I, R1b, - 63.9%
中央アジア     L, N, K, C, Q, O, R1a - 21.3%,
インド         H, R2 - 1.5%
アフリカA,       E3*, E3a - 1%.

J1=9% - Typical amongst people from the Arabian Peninsula.
J2=24% - Typical amongst Near Eastern and Western Asia peoples.

R1a=6.9% - Typical of Eastern Europeans and Central Asians
I=5.3% - Typical of Central Europeans and Balkan populations
R1b=14.7% -Typical of Central Asia and Western Europeans

G=10.9% - Typical of people from the Caucasus
E1b1b=11.3% - Typical amongst populations of the Balkans.

758 :LUNAMASK:2009/12/13(日) 13:33:34 ID:1ni1ioSR

N=3.8% - Typical of Siberian and Altaic populations

T=2.5% - Typical of Mediterranean and South Asian populations

K=4.5% - Typical of Asian populations.

L=4.2% - Typical of Indian Subcontinent and Khorasan populations.

Q=1.9% - Typical of Northern Altaic populations.

759 :LUNAMASK:2009/12/13(日) 13:43:18 ID:1ni1ioSR
>>754
>I-P19 0.4%  ユダヤ人・秦氏
これは同時期に欧州に入るゲルマン・ブリテン島に入るアングロサクソンと同一。

760 :LUNAMASK:2009/12/13(日) 14:37:14 ID:1ni1ioSR
大避神社はダービ(ダビデ)の神社であるとともにサカ族、サクソン族(犬族、犬戎)の
神社であったのだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%81%BF%E7%A5%9E%E7%A4%BE

761 :出土地不明:2009/12/13(日) 22:32:21 ID:yy9h9rNP
小沢一郎氏、韓国で騎馬民族日本征服説を紹介し、 「この話をもっと強調すれば日本に帰れないから、これ以上強く話すことはできない」
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1260691904/

762 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/12/14(月) 00:55:50 ID:bK1P/y+0
>>749
精度の低い単一遺伝標識で種族の集団を決められても。
沃沮の遺伝子すら何系主流か何通り遺伝子集団がおったかも不明なんが
現実でしょう。

763 :LUNAMASK:2009/12/14(月) 08:53:47 ID:+GDqtSqE
>>762 > >>752

764 :LUNAMASK:2009/12/14(月) 09:10:30 ID:+GDqtSqE
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/5/5a/History_of_Korea-001.png
この地図の半島・満州の日本海沿岸の部分と弥生とには関係があるということです。

765 :LUNAMASK:2009/12/14(月) 10:56:51 ID:+GDqtSqE
>>762 >>749
>NO-M214* 2.3%   天孫族
about 5.7% (2/35) in a sample of Buyi[1] and
2.9% (6/210) in a pool of four samples of Japanese, particularly in Tokushima
(4/70 = 5.7%).
Han Chinese[2], Yizu[2], Malays[2], Mongolians[2], Daurs[1], Manchurian
Evenks[1], Hezhes[1], Huis[1], Yaos[1], and South Koreans[1]
both repeated founder effects and strong genetic drift in small ancestral
populations of Paleolithic hunter-gatherers
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_NO_(Y-DNA)
http://en.wikipedia.org/wiki/Buyi
旧石器時代からの痕跡であり、天孫ではないのかも。

766 :LUNAMASK:2009/12/14(月) 10:59:15 ID:+GDqtSqE
徳島に入るのは忌部なのでバイカル方面からかも。

767 :LUNAMASK:2009/12/14(月) 11:17:05 ID:+GDqtSqE
>>754
>C-217* 1.9%   東胡 柔然
正しくは C3c M217* アイヌ、樺太、カムチャトカ等、これは東胡、柔然とは違う。
訂正します。

768 :LUNAMASK:2009/12/14(月) 12:26:52 ID:+GDqtSqE
更に訂正↓
日本固有 C1(M8)
モンゴル  C3(M217)  
満州    C3c(M48, M77, M86)

769 :LUNAMASK:2009/12/14(月) 13:46:52 ID:+GDqtSqE
>>766
徳島に入るものは纒向ホケノ山と同様、楽浪出土品とドウハンの画文帯神獣鏡をもち
この点からすると天孫族の可能性も残る。

770 :LUNAMASK:2009/12/14(月) 16:49:20 ID:+GDqtSqE
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fd/%E8%A5%BF%E6%99%89%E6%99%82%E6%9C%9F%E5%8C%97%E6%96%B9%E5%90%84%E6%97%8F%E5%88%86%E5%B8%83%E5%9C%96.png
卑弥呼没後間もなく西晋となり、ユーラシア大陸は民族大移動の局面に入り、中央アジ
ア、華北、遼寧は鮮卑の世界となる。これが柔然となり、西方より月氏/サカ族に押され
共に新羅、日本に駆け込む。これが謎の4世紀の正体でしょう。

771 :LUNAMASK:2009/12/14(月) 16:57:30 ID:+GDqtSqE
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e5/Kushanmap.jpg
鮮卑・柔然の西隣りは大月氏・貴霜王朝。こうしたステップベルトがブリテン島と日本列島
を結んでいた。

772 :出土地不明:2009/12/14(月) 20:34:29 ID:XA06FkEj
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら組織で劇団型工作で朝鮮煙幕を炊き付け、
それを自ら叩いて自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

773 :LUNAMASK:2009/12/15(火) 13:40:42 ID:iCLWbEJP
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/43/Huns_empire.png
貴霜王朝以西はフン↑

774 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/12/16(水) 01:01:27 ID:igFxuLMI
>>766-769
徳島は積石塚が古墳期の初期からあったり興味深い土地柄です。
http://mryanagi.hp.infoseek.co.jp/new_page_49.htm
7阿波命神社と高祖神社 では、「突厥国の阿波氏が伊豆諸島の神津島の
阿波命神社から徳島県へ移動している。」との解釈ですが。
まあ、語呂合わせ程度ですけど、突厥も上代日本とは全く関係が無いとは
思えませんし、突厥の説話は瀬戸内の海士にも反映してますから。
>>770
西晋時代の北方民族の南下状況ですね。鮮卑でも宇文氏なんか突厥と同様の
トルコ系でしたね。匈奴もそう。西にはテイ、羌のチベット系。
烏桓や高句麗の一部の南下もありましたね。北朝の東魏王朝の高氏も
鮮卑系か高句麗系か諸説ありますけど、気候寒冷化から多種の北方民族が
南下しました。日本もその影響で国家形成が出来たんは、西方のゲルマン
南下と同時代現象ですね。

775 :LUNAMASK:2009/12/16(水) 15:19:51 ID:/TCKdXWU
>>774
華北 満州 朝鮮 漢から金代
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/79/Goguryeo-Relations.jpg
前漢武帝天漢(前100年─前97年)期四郡
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/24/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%BC%A2%E5%9B%9B%E9%83%A1%E9%87%8D%E6%96%B0%E5%88%B6%E4%BD%9C%E4%B8%AD%E5%9E%8Ba.jpg
三世紀の満州・朝鮮半島
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b2/Ancient_Korea_Taihougun.png
高句麗最大版図
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7c/Map_of_Goguryeo.jpg
柔然
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/28/Rouran500.png
突厥
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f1/Gokturkut.png
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/ab/G%C3%B6kturksAD551-572.png
この時代の全般傾向はシルクロードに沿って広がるユーラシア草原を東西に延びる
動きですね。

776 :LUNAMASK:2009/12/16(水) 16:27:00 ID:/TCKdXWU
↑殷の時代に始まる突帯文土器文化→スキタイ文化、これがこの時代の先駆けで
しょう↓
http://stepnoy-sledopyt.narod.ru/history/esp/5.jpg
http://stepnoy-sledopyt.narod.ru/history/esp/6.jpg
http://stepnoy-sledopyt.narod.ru/history/esp/7.jpg


777 :LUNAMASK:2009/12/18(金) 08:54:52 ID:Ws3745qb
突帯文土器ホライゾン
黒海北岸
カザフスタン
バイカル
半島
日本 第1期 第2期
蘇民将来説話

778 :LUNAMASK:2009/12/18(金) 08:59:55 ID:Ws3745qb
ユーラシア・ステップ・ベルトにおいて突帯文土器ホライゾンは青銅器時代の終末を
告げるものとして出現する。半島・列島においてはユーラシア・ステップ・ベルトと
同時期のものと,粘土帯土器として出現する第二期のものがあるようだ。

779 :LUNAMASK:2009/12/18(金) 09:18:55 ID:Ws3745qb
蘇民将来説話は茅の輪の起源を説明しているが、土俵の俵とか、
まわし、しめ縄の起源も説明できる。トゥーバ大学アバーエフ教授によればKoguryoの
gurとUryanhayのhay<hongorayに含まれるgorが共に太陽鹿を意味するものでchaazon
とも呼ばれ、朝鮮、高句麗、唐怒烏梁海は同義語とする。gurには帯に意味があるとす
る。日本語のタラシとグル(隠語に残るグル、ぐるぐる、クルマ等にも残る)もこれに通ず
る。高良大社の高良はアルタイ語のhooray「社」となる。

780 :LUNAMASK:2009/12/18(金) 10:45:10 ID:Ws3745qb
犬戎、軍事的騎馬民族スキタイ文化にはコーカサス、カザフスタン、アルタイにおける
季節遊牧経済を保護する集団として誕生した経緯から、(タケ、ヤマ、高等の日本語
接頭語に含有されている)山岳主導の概念が強く、イッシククリ湖、卒本、葛城のような
「High Lake Landタカアマガハラ」から尾張、関東、九州等の征伐に繰り出す戦闘部隊、
タケシウチ、ヤマトタケル等によるガバナンスを特徴とする。


781 :LUNAMASK:2009/12/18(金) 10:52:36 ID:Ws3745qb
八百万の神の兵馬を養うには湖と牧草とそれらを防御する閉鎖山系・ヤマトを必要と
した。出雲、野洲等のような場所が適地と考えられた。

782 :LUNAMASK:2009/12/19(土) 09:30:25 ID:ZXMCasvB
参照→ >>560 >>564

783 :LUNAMASK:2009/12/19(土) 09:37:45 ID:ZXMCasvB
参照 >>357 >>579

784 :LUNAMASK:2009/12/19(土) 09:57:42 ID:ZXMCasvB
>>531 なぜだかリンク切れになっているが、これは高千穂に天孫が降臨した
証左なのに残念なことだ。

785 :LUNAMASK:2009/12/19(土) 10:01:08 ID:ZXMCasvB
サルマートの王
http://urzuf.ucoz.ru/foto/skiff.jpg
サルマート破鏡葬礼慣習
http://www.art-con.ru/files/u11/XN212004/image004.jpg
地下式横穴墳であり、銅鏡破鏡慣習のあるのはこの民族だけ。

786 :LUNAMASK:2009/12/19(土) 11:42:12 ID:ZXMCasvB
サルマート遺跡には女性のクルガンが多く、ホケノヤマ、西殿山のような追葬が多いのが
特徴。

787 :LUNAMASK:2009/12/19(土) 13:22:25 ID:ZXMCasvB
神武説話の金鵄はアヴァ−ル・烏孫系であり、サルマートの東が烏孫であり、
烏孫にサルマートと同様の慣習が存在したと見て、烏孫が柔然の領域で東方に
進出したと考えるべきか。

788 :LUNAMASK:2009/12/21(月) 14:00:56 ID:weKOBVXv
>>775
「倭との関係
『山海経』海内北経に、「蓋国在鉅燕南倭北。倭属燕。」という一節がある。後の高句麗
領にあった蓋馬に相当すると思われる蓋国の位置について述べた文であるが、そこに
倭についての言及がある。それによれば、倭は燕の属国であったというのである。その
真否はともあれ、『山海経』の中でも海内北経は紀元前後の成立と推定されており、倭
に関する最古の記録として注目される。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%87%95_(%E6%98%A5%E7%A7%8B)
ここでいう倭というのが東冶会稽から北上し松菊里に稲作文化を伝えたもので、これが
前4世紀に寒冷化・海退のために蓋国(沃沮)から及び戦乱のために燕から南下したも
のと古朝鮮とが合体し原三国が生まれ、それが漢の4郡設置によって分断され、その
結果↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b2/Ancient_Korea_Taihougun.png
こうなった。この辺は明確にしておく必要がある。

789 :LUNAMASK:2009/12/21(月) 14:10:06 ID:weKOBVXv
白鳥庫吉 三笠宮崇仁親王 江上波夫 大塚初重 藤森栄一 宝賀寿男 井上靖 
平山郁夫 NHKシルクロード
↑こうした情報から入る遊牧社会の世界と上記の農耕文化の広がりとは全く別の次元
であり、乖離があるが、日本・韓国の歴史にはこの相反する文化が絡みあっている。


790 :LUNAMASK:2009/12/21(月) 14:17:50 ID:weKOBVXv
2008年、江原道土器、鉄器調査を行ったロシア考古学者により前4-3世紀、瓦質
土器、方形家屋等沃沮文化が半島中部に南下し、燕の鋳造鉄器と合併したことが
確認された。

791 :LUNAMASK:2009/12/21(月) 16:39:52 ID:weKOBVXv
イェニセイ河・バイカル湖の高地性集落・積石墳は高句麗・日本に時間差をおいて
流入してくるが、この背景は匈奴の拡大であり、やはり、沃沮の南下と同様の
環境変動によるものであろう。

792 :出土地不明:2009/12/21(月) 19:27:27 ID:ZrrxfKVU
>>788
わぉ、月光たん
> 倭というのが東冶会稽から北上し松菊里に稲作文化を伝えたもの

>>575
これが「双身船に乗る鳥装の銅鐸文化人」の正体でつね!!

793 :LUNAMASK:2009/12/22(火) 11:17:40 ID:/UygNcu7
>>792
そうです。Y遺伝子O2bが既に入っているところにO3という鳥トーテムの長江下流域か
らの稲作民が到来した。しかし、O2b諸族も卵生神話をもっており、これは太古両民族
が鳥トーテムを持っていたいたがO2bが早期に北上したということかも。

794 :LUNAMASK:2009/12/22(火) 13:10:10 ID:/UygNcu7
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/1/12/Sakuhoutaisei_Early_6C.png
南朝斉
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/3/3e/%E5%8C%97%E9%AD%8F%EF%BD%A5%E6%96%89.PNG
「倭王武の上表文のなかに、「祖禰(そでい)自ら甲冑をきて、山川を跋渉(ばっしょう)
し、寧処にいとまはなかった。東は毛人(蝦夷、アイヌか)を征すること55ヶ国。西は、
衆夷(熊襲、隼人などか)を服すること66国。渡って海北を平らげること95国。・・・」と
いう記述がある。 」
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku246.htm
↑この斉・半島南部・倭が後発O3のテリトリーでしょう。

795 :LUNAMASK:2009/12/22(火) 13:15:59 ID:/UygNcu7
『漢書』地理志には、「夫れ楽浪海中に倭人有り。分かれて百余国を為す。歳事を以て来り
献見すと云ふ」の記載があり
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%AD%E4%BA%BA
すなわち倭人というのはO3、すると東夷というのがO2bということになる。


796 :LUNAMASK:2009/12/22(火) 13:26:44 ID:/UygNcu7
神功皇后が九州で行った南朝鮮諸国との価値観共有の結果として倭の五王の
南朝鮮への権力が確立されたということですね。

797 :出土地不明:2009/12/22(火) 21:14:40 ID:kMErSbtR
アフリカから来た


798 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/12/23(水) 02:01:11 ID:MXehya47
家畜奴隷民らの連投に飽きたけぇ、こっちにも書こうか。
>>795
倭人の遺伝子なんか解りません。しかも倭人が単一遺伝集団で
あった根拠すら無いでしょう。例え精度の低いY染色体にしても。
>>796
神功皇后は神話ですし、倭の五王は畿内政権と文献上まったく関りが
ありませんよ。古事記や日本書紀に倭の五王なんて出ておりません
し、後の『隋書』でも阿蘇山の記述はあっても、難波の港や飛鳥の
記述はありません。倭の五王が南朝鮮への権力が確立された
記述も無いですよ。倭側がハッタリ飛ばしただけで、百済王より
身分が下じゃったんが結果です。

799 :出土地不明:2009/12/23(水) 03:42:17 ID:5g2+97Q1
>>798
『三国史記』「百済本紀」によると、百済王余映(腆支王)が、397年まだ太子だった頃、倭国の人質になったとあるのですが、これは逆ハッタリですか
太子を、人質に差し出す方と差し出される方、どちらが力関係上でしょうか
訳のわからない説明は、要りません
あなたの不得意とする二者択一でお答え下さい
差し出す方、差し出される方、さあどちら


800 :LUNAMASK:2009/12/23(水) 08:58:48 ID:VBTtJ6G7
>>798
山海経でいう列陽・朝鮮・蓋 並びに日本突帯文土器分布地域
O2b (O-SRY) 7.7% 東夷・アルタイ語族
O2b1(O-47z) 22.0% 東夷・アルタイ語族
倭↓
O2a(M95) 1.9% ←レクナーが稲作民としている
O3a3c (M134) 10.4% ←印度北東部にまで進出している
http://mbe.oxfordjournals.org/content/vol21/issue8/images/large/mbev-21-08-02-f01.jpeg
山海経でいう燕
O3 (M122) 6.6%   ←レクナーが内陸農耕民としている
O3a3 (O-LINE1) 3.1% ←中国より半島に入ったとされている
こうしたものであったのではないでしょうか。

801 :LUNAMASK:2009/12/23(水) 09:18:32 ID:VBTtJ6G7
>>798
「日本は旧小国、倭国の地を併せたりと。」
http://www2.ocn.ne.jp/~syouji/tabi_kikou/image/wajin-nihon.JPG
http://www2.ocn.ne.jp/~syouji/kodaisi_16.html
ここにある倭国が上記O3 O2a遠賀川土器文化発祥の地と考え、海北、韓国南西
をその兄弟国と見るものです。

802 :LUNAMASK:2009/12/23(水) 09:32:06 ID:VBTtJ6G7
「李丙寿心『韓国古代史』に拠ると、無文土器は朝鮮半島の青銅器時代を代表する遺物
であって、時期と地域によって形式に多くの変化がある。早い時期に出現したものは
半島の北部に多く分布するが、その遅いものの特徴的な土器には粘土帯土器があっ
て、主に中部以南で発見されている。これは、口唇部に丸い粘土帯を巻いて付けた
深鉢形の土器で、現在まで全羅道を除いて南部の全地域から出土しており、最も稠密
な分布は漢江流域である。」宝賀寿男
http://shushen.hp.infoseek.co.jp/kodaisi/kibaminzoku/kibaminzoku2.htm
↑ここでは全羅道となっているが、この全羅道に海北の倭人が入っており、その他
地域はしだいに南下する扶余O2bによって占領されていったと考えています。



803 :出土地不明:2009/12/23(水) 11:50:34 ID:ZD/zRcAi
Oってのは中国人では?

日本は
女王國東渡海千餘里 復有國 皆倭種(魏志倭人伝)

とあることからも、ハヤトやエミシのようなものも倭種とされている。
つまりD系の混ざった集団が倭であって
O系だけだと漢人だとおもうけど。

そもそも、フヨは遊牧系なのだから、C3だと思うけど。

804 :出土地不明:2009/12/23(水) 11:56:11 ID:ZD/zRcAi
それに、O系の集団が支配者なら中国名を捨てるのはおかしい。

LUNAMASKって人は、半島の90%を占めるO3とO2bだけが
支配者であれば良いと考えてるのがまるわかりだよ。

倭人とされているのは日本人だけであるのに
その日本人の最大派であるD系を完全に無視した議論など
朝鮮系の男しかやらないことだ。

805 :出土地不明:2009/12/23(水) 11:58:44 ID:ZD/zRcAi

フヨも漢も韓も倭も全てO系の男でなきゃあ困るんだろ?
精神的に。
だが、日本人ならDNA鑑定して無いのにD系を無視するなどありえない。
自分もOかもしれないがDかもしれない。

だが、朝鮮人は、ほぼ確実に自分がO3かO2bだとわかってる。
そうだろ?
だからO系の話しかしないんだ。


806 :出土地不明:2009/12/23(水) 12:09:40 ID:qXlaSvF+
倭と言っても

燕に属していたとされる紀元前10世紀頃?の、倭
弥生時代の倭
古墳時代の倭
日本となった倭

それぞれの構成人種は違うと思うけどな。
今の日本人の遺伝的な割合と、過去の倭人の割合と。
まあなぜ中国人が入ってきたのは確実なのに、あんまり中華化
しなかったのか。よほど程度の低い中華の人間だったか。

807 :出土地不明:2009/12/23(水) 12:52:11 ID:O1vckbwh

やはり、東アジアは中国人と日本人だけしか居なかったようだ。

「中国東北工程、高句麗越えて古朝鮮まで中国史に編入」〜『古朝鮮史研究100年』[12/22]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1261531462/

韓国人と言うのが半島に住みついた中国人とみるのが普通だろう・・・。
遺伝子がどうのと考えるまでも無い。
日本人は和人でよかったな。倭ってことは中華と違うからな。


808 :出土地不明:2009/12/23(水) 12:54:46 ID:lFg5ZQ2D
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら組織で劇団型工作で朝鮮煙幕を炊き付け、
それを自ら叩いて自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

809 :LUNAMASK:2009/12/23(水) 13:08:50 ID:VBTtJ6G7
全体図でいえば
縄文時代
C-M8   5.4% 旧石器時代
D-P37.1* 3.9% 縄文時代
D-M116.1 16.6% 縄文時代 
D-M125* 12.0% 縄文時代
D-P42 2.3% 縄文時代
弥生時代 
O-SRY 7.7% 東夷
O-47z 22.0% 東夷
O-M95*  1.9% 倭人
O-LINE1 3.1% 倭人
O-M122* 6.6% 倭人
O-M134 10.4% 倭人
古墳時代
C-217*  1.9% アルタイ・モンゴル東胡
C-M86  1.2% 満州東胡
I-P19 0.4% サルマート・秦・ゲルマン
N-LLY22g* 1.2% 匈奴
N-M178 0.4% 原突厥
NO-M214* 2.3% 天孫・忌部
Q-P36   0.4% ウラル
R-M207 0.4% 月氏・サカ
弥生時代はO2bは韓国からが多かったけどO3はダイレクトに来ている海洋民、
刺青をしたものが多い、も相当ある。


810 :LUNAMASK:2009/12/23(水) 13:24:09 ID:VBTtJ6G7
弥生時代で勝利を収めたのはO2bではなく先住のD(アイヌではない)であったという
こと・・・これが日本独特の現象。

811 :LUNAMASK:2009/12/23(水) 14:13:40 ID:VBTtJ6G7
↑レクナーのハプログループ標記で表すと
縄文時代
C1   5.4% 旧石器時代
D2 3.9% 縄文時代
D2a 16.6% 縄文時代 
D2a1 12.0% 縄文時代
D2a1a 2.3% 縄文時代
[D2小計 34.8%]
弥生時代 
O2b 7.7% 東夷
O2b1 22.0% 東夷
O2a 1.9% 倭人
O3a3 3.1% 倭人
O3 6.6% 倭人
O3a3c 10.4% 倭人
古墳時代
C3 1.9% アルタイ・モンゴル東胡
C3c 1.2% 満州東胡
I 0.4% サルマート・秦・ゲルマン
N1 1.2% 匈奴
N1c1 0.4% 原突厥
NO 2.3% 天孫・忌部
Q  0.4% ウラル
R 0.4% 月氏・サカ

812 :LUNAMASK:2009/12/23(水) 14:39:32 ID:VBTtJ6G7
記紀でいう天孫vs地祇の二極構造とは(D2+O3)vsO2bの対立でなかったのでは
なかろうか。

813 :LUNAMASK:2009/12/23(水) 14:44:57 ID:VBTtJ6G7
海幸vs山幸とはO3vs(D2+O2b)と考えられる。

814 :LUNAMASK:2009/12/23(水) 15:29:58 ID:VBTtJ6G7
↑レクナーというのは→「Y-DNA遺伝子によるアジア民族系譜 マーク・レクナー」
http://www.genebase.com/tutorial/item.php?tuId=21

815 :出土地不明:2009/12/23(水) 17:05:18 ID:O1vckbwh
なんかよくわからん記号だが。
それって、どうやって調べたのか。
ググって見ると
O3って漢民族だらけのようだが。
O3が土人に負けて取り込まれたというの?

どうやって中華民族に土着の石器文化が勝ったのかね。
もともと、倭(南中華系)、倭(極東系)とかあって
混ぜて呼ばれただけじゃないか。
で、倭(極東系)はDの文化だったが、そこにO3が帰化したと見るべきでは。

O3も倭で、Dに負けるというのはさすがに無理だと思うがなあ。

816 :出土地不明:2009/12/23(水) 17:11:20 ID:O1vckbwh
あ、そうか
呉の末裔を名乗った倭人ってやつか。
たしかに漢民族の倭人も居たはずということになる。
でもそのころのDとかは土人であって、どうして中華民族が土人になったのか。
そもそも、呉って漢人と同じなのか?



817 :出土地不明:2009/12/23(水) 17:15:11 ID:07A1cUHA
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら組織で劇団型工作で朝鮮煙幕を炊き付け、
それを自ら叩いて自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

818 :出土地不明:2009/12/23(水) 17:59:11 ID:1xQB9Zwn
漢民族って最近まで北方の遊牧民に支配されてた民族?

819 :出土地不明:2009/12/23(水) 18:02:20 ID:O1vckbwh
>>817
なんだよ。江南土人って。
え?台湾も呉が先祖だっけ?

まあ漢民族も1970年あたりまでは全員土人だったからな。
戦争も弱いし。
ゼークトラインも五分の一の兵の日本に突破されるし。
日本に来た漢族が土着の人間に負ける可能性は十分にあるか。


820 :出土地不明:2009/12/23(水) 18:31:37 ID:yRbizjLh
倭人は委奴と自称していた

821 :出土地不明:2009/12/23(水) 21:37:09 ID:nuhTeY/N
>>806
大海の中にいるのが倭ですよ

822 :出土地不明:2009/12/23(水) 21:41:27 ID:yMtwnqBE
>>812>>813
わぉ月光たん、分かりやすい解説ありがとう(^-^)/

天孫vs地祇の二極構造とは(D2+O3)vsO2b
海幸vs山幸とはO3vs(D2+O2b)

となるといつもキャスティングボードを握るのはD2みたいですね
この対立構造の中で、月光たんは「神武」と「卑弥呼(すなわちヤマトモモソヒメ)」
をどの種族とお考えですか?

>>503>>538の神奈備さんのHPでは、卑弥呼(すなわちヤマトモモソヒメ)を
江南の長江文明人O3としているようでつね


823 :出土地不明:2009/12/23(水) 21:43:20 ID:DGzk6kXA
刺青、抜歯をして弥生土器をつくり、前方後円墳に眠るのが倭人

824 :出土地不明:2009/12/23(水) 21:53:55 ID:yMtwnqBE
>>504←神奈備たん説
>>505←月光たん説  ということかな!?

825 :出土地不明:2009/12/23(水) 22:06:05 ID:/kEhqFdG
まぁ半島人は倭人に”似ている”ので倭人ではないよ

826 :出土地不明:2009/12/23(水) 22:11:42 ID:rHPv+Ucb
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら組織で劇団型工作で朝鮮煙幕を炊き付け、
それを自ら叩いて自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

827 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/12/24(木) 00:39:45 ID:rN3wgmmm
>>799
『三国史記』自体、百済も新羅も馬韓や辰韓の時代から国家成立しとった
電波じゃないか。その点は日本記紀でも同じじゃが。百済も新羅も伽耶の
倭も世界的民族移動期の四世紀に国家形成しとるんが事実じゃ。
南朝が倭よりも百済を上位に置いとる処、百済と倭では百済の方が
上じゃったろうのう。
>>800
ですから、何回も云うとるよう、Y染色体のジャンクDNAでは民族移動の
根拠にはなりません。
>>803
漢民族でも華北と華南では人種が違う。中国人云う人種は無いのに、
Yカルトは妄想が激しいのう。
>>805
男系が長い年月で正確に遺伝子に継続される根拠すら無い。

828 :出土地不明:2009/12/24(木) 08:22:55 ID:9Yg56T7A
>>827
中華という文化を持ってる人間が中国人という人種なのでは?
基本的に、中国人は地球上のどこに行っても中華街を作って固まる。

それに華北と華南が違うと言っても、実際にDNAがほとんど同じ系統だし
Y染色体のO形質が増殖したのは中国大陸でしょ。
O3もO2も大陸で増えたものだし。で周りに拡散した。
だから漢字も名前も同じような物になってるんでしょ。
無論、その中でどれが最初の中華王朝の子孫なのかはわからないけど。

829 :LUNAMASK:2009/12/24(木) 08:55:59 ID:q+tcYJWt
>>822 >>812>>813
>わぉ月光たん、分かりやすい解説ありがとう(^-^)/
>天孫vs地祇の二極構造とは(D2+O3)vsO2b
「O2b1をハプロタイプ分析すると星型ネットワークが出てくるが、これは日本におけるこ
の系統はmajor又はsingleな始祖によるものとする説によく適合する」マーク・レクナー
http://www.genebase.com/tutorial/item.php?tuId=21
つまり、O2b1は稲作民の遠賀川・河内物部・天孫降臨的入植パターン
を取ったのではないかとも考えられる。白馬青牛さん >>827 >>800
>ですから、何回も云うとるよう、Y染色体のジャンクDNAでは民族移動の
根拠にはなりません。<  その通り、単一遺伝子マーカーでは説明ができないのかも。D
が農耕に適応するのに雑穀のプロであるO2b1が適応しないはずがない。

830 :LUNAMASK:2009/12/24(木) 09:09:39 ID:q+tcYJWt
>>822
>となるといつもキャスティングボードを握るのはD2みたいですね
>この対立構造の中で、月光たんは「神武」と「卑弥呼(すなわちヤマトモモソヒメ)」をど
>の種族とお考えですか?
サルマート・サクソン族等と同じ銅鏡フェチシズムを持った騎馬民族ではないでしょうか。
シイネツヒコというのがO3で海人族。これが地元にいたものなんだが、ことを起こすため
に豊前方面に赴きスカウトした。但し、神武の血をひくタギシミミの代においてこれは
暗殺された。・・・こういうことでしょう。
>>503>>538の神奈備さんのHPでは、卑弥呼(すなわちヤマトモモソヒメ)を江南の長江
文明人O3としているようでつね
江南系には徐福ミッションの子孫がおり、垂仁朝のタジマモリなどがこれでしょう。

831 :LUNAMASK:2009/12/24(木) 09:25:09 ID:q+tcYJWt
↑「O2b1をハプロタイプ分析すると星型ネットワークが出てくるが、これは日本におけるこ
の系統はmajor又はsingleな始祖によるものとする説によく適合する」マーク・レクナー
http://www.genebase.com/tutorial/item.php?tuId=21
ファミリーを構成する可能性の強いのはO2b1なので、椎根津彦もO2bであった可能性
もある。椿井大塚山被葬者がどうも水運の要地に立地しており、それくさい。


832 :LUNAMASK:2009/12/24(木) 09:48:47 ID:q+tcYJWt
参考 沿海州にも存在した貝塚・海人族文化
沿海州Shelekh岬
http://maps.yahoo.com/#mvt=h&lat=42.651283&lon=130.798774&zoom=14
鉄器時代ヤンコフスカヤ粘土帯土器 お椀
http://khasan-district.narod.ru/arheol/liter_1849/mis_sh8.jpg
黒曜石(九州製かも)
http://khasan-district.narod.ru/arheol/liter_1849/mis_sh5.jpg


833 :LUNAMASK:2009/12/24(木) 12:56:18 ID:q+tcYJWt
>>815
http://www.eva.mpg.de/genetics/pdf/Japan.pdf
Page 4/12
Fig. 2 Maximum-parsimony tree of 44 Y chromosome haplogroups together with
their frequencies in Japan and five Asian regions.
↑これを、これで↓
http://www.isogg.org/tree/ISOGG_YDNA_SNP_Index09.html
すなわちSNP Hapgrp.の欄で検索し作成したもの。


834 :LUNAMASK:2009/12/24(木) 13:10:36 ID:q+tcYJWt
>>822 >いつもキャスティングボードを握るのは
高句麗、百済、邪馬台国連合倭国建国は東胡系の遊牧・雑穀・漁労複合体の政治
イデオロギーによるものでしょうね。どちらかというと遊牧・狩猟色の強い遺伝子が
キャスティングボードを握ったのでしょう。西域騎馬民族は家臣団に組み込まれたの
では。

835 :LUNAMASK:2009/12/24(木) 13:13:58 ID:q+tcYJWt
弁辰はその字の通り商業都市国家のようなものだったのでしょう。

836 :出土地不明:2009/12/24(木) 18:05:54 ID:fYky2r7s
中国・朝鮮・日本の水田跡や出土した農耕具にみられる個性、共通性から
稲作伝播の様子を解明したのが愛媛大学の田崎博之教授でした。

 田崎教授は、中国・長江流域(馬家浜文化後期・紀元前約四〇〇〇年前)、
朝鮮半島(無文土器前期・紀元前七〇〇年前後)、日本(縄文晩期終末=
弥生早期・紀元前五〇〇年ころ)の水田跡の形、水利施設の有無、水田が
造られた地形、土壌などを比較しました。

 また、掘り棒やクワ(鍬)、スキ(鋤)などの農耕具の共通性と個性を検討。
弥生時代の農耕具の主役であるクワが、長江中・下流域にはなく、クワの系譜が
山東半島―朝鮮半島―九州であることを調べました。

 「農耕具の流れ・系譜からみて稲作伝播は北回りルートしか考えられません。
そうでないと、日本でのクワの成立はありえません」と同教授はいいます。

http://www.nouminren.ne.jp/dat/200205/2002050621.htm

837 :出土地不明:2009/12/24(木) 18:07:53 ID:DVGdadvG
縄文人って鼻筋は高いのだろうか?
鼻根が窪んでいたという説もありだっちが真相だろうか?

838 :出土地不明:2009/12/24(木) 18:10:36 ID:7MO8Y2Cv
白人だ

839 :LUNAMASK:2009/12/25(金) 08:54:44 ID:LzsYuX79
>>838
SNP(スニップ) 一塩基多型 ハプロタイプとは
シングル・ヌクレオチド(塩基)ポリモルフィズム(多型)の略称で、「一塩基多型」とも呼ば
れます。・・・SNPは親から子へバラバラに伝わるのではなく、いくつかまとまったパターン
(ハプロタイプ)で受け継がれると考えられている。
http://www.naoru.com/snp.htm

840 :LUNAMASK:2009/12/25(金) 08:55:56 ID:LzsYuX79
↑ >>833

841 :LUNAMASK:2009/12/25(金) 10:20:54 ID:LzsYuX79
>>831
神武の時代は丸木舟であり、水路はあったがまだ道路というものはなかったと考えて
よい。最も重要なのは河川・海峡などであったのだろう。また険しい岬を回る陸の難所
も重要な海域であったのであろう。淀川下流域・大阪湾・淡路両端の方面と若狭湾・
琵琶湖・伊勢湾方面との勢力がぶつかるのは熊野・木津川の辺であり、神武説話の
ポイントは東遷ではなく熊野・木津川方面の衝突事件にあるのではなかろうか。

842 :LUNAMASK:2009/12/27(日) 11:08:19 ID:iMn4IVjP
>>832
「櫛目文土器中期以降の智塔里2号住居からはアワ・ヒエを対象にした大形石鋤・磨製
石鎌などの農具と鞍型磨臼・磨石などの調理具が,南京31号住居では鞍型石臼が
出土し,法量別に分化した深鉢と小形の椀や壺という土器のセットをもつ。二つの遺跡
の生業に占める穀物栽培の割合は,高かったという意見や低かったという意見の両方
があって評価はさまざまである。いまのところ大同江から南漢江の地域でしかみつか
っていないが,これらの落葉樹林帯を舞台にした畑作文化の情報が,縄文前期以来の
外洋性漁業をなりわいとする漁民達をとおして櫛目文末期に併行する縄文時代後期後
半から晩期にかけて九州に及んでいたのではないかと思われるのである。結合式釣針
や石銛の分布と穀物類の出土範囲がほとんど重複しているからである。当時の朝鮮
半島の土器はすでに器種分化し,石鍬や石鎌のような農具も打製のものはみられず
九州とは大きく異なっている。」暦博藤尾
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/seigyo/jomon.html

843 :LUNAMASK:2009/12/27(日) 11:38:22 ID:iMn4IVjP
↓これは縄文人の北東アジア、オセアニアへの進出を物語るものであろう。
D2 D2a D2a1 D2a1a
Japan 3.9 16.6 12.0 2.3
NEA 0.2 0.5
OCE 0.5


844 :LUNAMASK:2009/12/27(日) 11:48:54 ID:iMn4IVjP
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/suitonoko/noko.html
ここでいわれる「遠賀川人」をO2b−O2b1、「突帯文人」を海外に雄飛し突帯文文化を
取り込んで発展を遂げるDと解釈すると弥生時代における遺伝子拡大の状態をよく理解
することができる。

845 :LUNAMASK:2009/12/27(日) 11:56:25 ID:iMn4IVjP
神武説話が岡の港として遠賀川を強く意識しているのは、遠賀川、宗像、沖ノ島方面が
渡来文化の中心地であることを物語り、倭人伝においても不弥国としてもっとも細かい
世帯数があがっている。おそらくは宗像神社の前身が存在したのであろう。

846 :LUNAMASK:2009/12/28(月) 11:47:47 ID:Nc+7Vplh
科博「日本人はるかな旅展」のHLA分布から見てみよう。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_26_01.jpg
B52-DR2 高句麗→能登半島 
B44-DR13 ブリャート/モンゴル→島原半島
B46-DR9 中国地理大区画・華東→全羅道・済州島
B54-DR4 中国地理大区画・華南→済州島・南西諸島・九州東岸・大阪湾
北方はO2bに関連し、南方はO3系統に関連するのではないかと思うが、B44-DR13
については縄文人が海外雄飛していたことに関係があるのではないかと思う。
レクナーによればDの分布はこうなっており↓
http://64.40.115.138/file/lu/6/52235/NTIyMzV9K3szNTg0MTU=.jpg?download=1
http://64.40.115.138/file/lu/6/52235/NTIyMzV9K3szNTg0MTY=.jpg?download=1
アルタイ・カザフスタン方面にも広がりを持つ。
D2a D2a1 D21a1この辺が海外雄飛族ではなかろうか。

847 :LUNAMASK:2009/12/28(月) 12:50:48 ID:Nc+7Vplh
>B52-DR2 高句麗→能登半島  日本人の3割
>B44-DR13 ブリャート/モンゴル→島原半島 韓国人最多
という説があり、こうなるとB52-DR2が帰還D2系、B44-DR13が渡来O2b系ということに
なる。、


848 :LUNAMASK:2009/12/28(月) 12:55:41 ID:Nc+7Vplh
>>847
>B52-DR2 高句麗→能登半島  日本人の3割 これをD2a D2a1 D21a1とし、
プロト高句麗を基地として黒曜石のセールスを行っていた安曇海人族と考えると話は
合ってくる。

849 :出土地不明:2009/12/30(水) 09:44:19 ID:X4AjLOBC
香炉峯の雪やいかならむ?

850 :LUNAMASK:2009/12/30(水) 09:46:20 ID:X4AjLOBC
B52-DR2 =  D2 D2a D2a1 D2a1a
B44-DR13 =  O2b/O2b1
B46-DR9 ≒  O3/O3a3 
B54-DR4 ≒  O3a5 O2a

851 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/12/30(水) 23:57:02 ID:1Okw/9Tf
>>828
ジャククDNAのY染色体はどうでもええが、>>846で月光仮面さんが、
HLAに言及しとられるが、HLAでも華北はアジア北方の集団に近く、
華南はアジア南方の集団に近い。まあ、華北の高顔と華南の低顔と容貌でも
両者は違うわいのう。ほいでHLAでも挙げとくか。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/31/63/5968fb28f122fcfb8e402079dd9b649d.jpg
華北は、イスラム教徒の回族、満洲族、チベット、朝鮮、日本人とも近い。
一方華南は、ミャオ(苗)、タイ、ベトナム人に近い。
文中にあるよう「日本人の場合、最も遺伝的に近いのは朝鮮半島の人々。
次に中国のチベット、マンチュー(中国東北部)、漢族(華北)、回族など
との関連が強く、さらにシベリアや中央アジアのブリアート族
(バイカル地方)、内蒙古、カザフスタンなどとの近縁性が読み取れる。」
と、アジアの北方集団と南方集団は分類出来る。

852 :出土地不明:2009/12/31(木) 02:09:13 ID:N2VPjA8l
>>846
HLAは精度が低すぎる

赤血球の型の血液型でさえ一部の感染症のかかりやすさに差がある
白血球の型のHLAではどれだけ影響があったか

>中性のヨーロッパで大流行した黒死病は
>ヨーロッパの人口の三分の一を奪った。
>生き残った人たちはペスト菌に抵抗を示すHLAの形でした。

>19九世紀に南米に移民したオランダ人移民は
>腸チフスに苦しめられ多くの者が死亡しました。
>生き残った人たちの子孫のHLAを調べると、
>本国のオランダ人とは異なるHLA型を持っていることが分かった。
>腸チフスに抵抗を示すHLAの人たちだけが生き残ったのだ。

853 :LUNAMASK:2009/12/31(木) 12:26:14 ID:tciiJRGM
>>852
ネット上もYDNAばかりになってきてますね。HLAのデータは少数派の感あり。

854 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/12/31(木) 14:51:47 ID:aq3l1Cp3
>>852
また同じ言を繰り返すオウム君か。前から聞いてとるんじゃが、
誰の文の引用で書いてとるんか、ええ加減根拠を提示せにゃあ。
>>853
一神教世界の人たちは、聖書伝説から一元説を強調したいんで
しょうね。ですがYDNAはジャンクDNAですし、mtDNAの方ほど
重要視されとらんでしょう。

855 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/12/31(木) 16:02:15 ID:aq3l1Cp3
>>846
ほいで、その科博の図は誤解を招きますね。
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn4/004_08.html
http://yumiki.cocolog-nifty.com/nautica/cat21314075/index.html
上のブログの「HLA遺伝子の頻度から推定される先祖集団の
移住ルート」の図の方が解り易い。
下の方のブログ主のHLAハプロタイプの割合、国内分布、国外分布の
方がもっと解り易いでしょう。B52-DR2、B44-DR13等の分布が
出とりますよ。

856 :fhaircutf:2009/12/31(木) 16:24:33 ID:JifN7vL6
はじめまして,いろいろなモデリング,モデルタイプとユニ-クなヘマスタイルがあリます,
元日と成人の日を祝い ,贈り物を贈りますよ!
かわいい人がたくさん,方法がかんだんですよ~!
ようこそwww.fhaircut.com へ
どうぞよろしくお願いします.

857 :オオクニヌシ:2010/01/01(金) 01:15:46 ID:sJDxuYO9
日本人大きく3つに分けられます
琉球民族
大和民族
蝦夷(アイヌ)

琉球民族は中華系モンゴロイド ネグロイド
大和民族は朝鮮 中華系モンゴロイド ネグロイド
蝦夷(アイヌ)露西亜 亜米利加系コーカソイド モンゴロイド オーストラロイド

うち アイヌはホモ・ネアンデルターレンシスの固有亜種
たまに ホモ・ネアンデルターレンシスは現代人種とは亜種で独立した存在とかいう
某黄色い古代生物の本を見かけたり 拭いてる人がいますが
亜種の解釈ができてませんね 亜種は亜細亜種っていみで
ホモ・ネアンデルターレンシスは独立種ではあるが亜種ではない
この場合 アイヌがホモ・ネアンデルターレンシスの亜種といえる。

なお ホモ・ネアンデルターレンシスのほとんどは、2チャンネラーに多い
原始人!! である
特徴
洞穴にこもる(引きこもり)
ケバイ(毛むくじゃら)
PCやフィギュアに熱狂してる(土偶の管理と洞穴の石版にアスキーアート等
             のメッセージを彫る)

いつも2チャンネラーの言語は翻訳に時間がかかる…
理由は原始人だからである

はい ↑テストにでます ノートに納めて置いてください

858 :オオクニヌシ:2010/01/01(金) 01:58:24 ID:sJDxuYO9
あ そうそう 最後に言い忘れた事
ホモ・ネアンデルターレンシスは、僕自身の主観的に率直な意見をいうと
法律上猛獣(獣)であって 僕の憧れの職業 獣医師にみせるべきだといえる。
理由
1.石斧やマンモスを狩りしたりオオカミを手なずけたりしていたわけですから
  筋力も強く握力も強かったといえる
2.霊長類で知能もホモサピエンス意外の霊長類と比べて高い

彼らは 法律上 猛獣であって 絶滅種でもある

859 :LUNAMASK:2010/01/01(金) 13:50:37 ID:3u32O6EU
謹賀新年
YDNA日朝民族系統論
2006Hammer et al
http://www.eva.mpg.de/genetics/pdf/Japan.pdf
2003HanjunJin et al
http://www.springerlink.com/content/b7c224nfknj90ncy/fulltext.pdf
http://www.springerlink.com/content/b7c224nfknj90ncy/fulltext.html
この辺が最先端ですね。



860 :LUNAMASK:2010/01/01(金) 15:11:01 ID:3u32O6EU
Hg     SNP   %
C1  M8 5.4% 
D2 P37.1* 3.9% 
D2a M116.1 16.6% 
D2a1 M125* 12.0% 
D2a1a P42 2.3% 

O2b SRY 7.7% 
O2b1 47z 22.0% 
O2a M95* 1.9% 

O3 M122* 6.6%
O3a3 LINE1 3.1%   
O3a3c M134 10.4%

C3 M217* 1.9% 
C3c M86 1.2% 
NO M214* 2.3%
N1 LLY22g* 1.2% 
N1c1 M178 0.4% 
Q P36   0.4% 
R M207 0.4% 


861 :LUNAMASK:2010/01/01(金) 16:14:07 ID:3u32O6EU
>>855
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn4/004_08/HLAkaramita_ijyuuru-to1.jpg
B52-DR2 
--------------------------------------------------------------------
1)スカイブルー色で示したHLA遺伝子のセット(B52-DR2) は本土日本人で一番多い(別
の著書から頻度8.6%)セットである。このセットは韓国人や中国北部の漢族にも2%前
後の頻度で認められる。そしてモンゴルの集団で5.8%という高い頻度を示す。中国南部
にはほとんど見られない。
中略
このHLA遺伝子のセットは朝鮮半島では2%前後の頻度でしか出現しない。朝鮮半島で
はあまり影響を残さず、日本列島の大部分に12%以上の影響を残す、そういうモンゴル・
中国東北部の集団は謎の集団といわなければならない。
---------------------------------------------------------------------
安曇海人族かな D2a1 12.0%
---------------------------------------------------------------------
B44-DR13
2)本土日本人で2番目に多い赤色で示したHLA遺伝子のセット(B44-DR13)も、日本列
島では東以南で5%以上の比較的高い頻度で分布する(九州南部、四国南部は4%前
後)。且つ、韓国人では最も多い頻度(7%)で出現する。筆者にはこの集団は明らかに、
弥生時代から古墳時代にかけて何波にも亘った朝鮮南部からの渡来人の痕跡だと考え
られる。
--------------------------------------------------------------------
これは
O3 M122* 6.6%
O3a3 LINE1 3.1%   
O3a3c M134 10.4%
この辺でしょう。

862 :LUNAMASK:2010/01/01(金) 16:31:47 ID:3u32O6EU
B52-DR2につきレクナー第9図
http://64.40.115.138/file/lu/6/52235/NTIyMzV9K3szNTg0MTE=.jpg?download=1
モンゴル西部Uryankhai ZakhchinにおいてはO2が多いようであり、
O2b SRY 7.7% 
O2b1 47z 22.0% 
O2a M95* 1.9%
が関係しているのかも。

863 :LUNAMASK:2010/01/01(金) 17:00:28 ID:3u32O6EU
2003HanjunJin et al
http://www.springerlink.com/content/b7c224nfknj90ncy/fulltext.pdf
http://www.springerlink.com/content/b7c224nfknj90ncy/fulltext.html
「Lin他はO-47zが河南・山西省黄河流域起源ではないかと想定(1994)した」
・・・こういう意見もあり、O2bとモンゴルの関係は歴史的に深いのかもしれない。


864 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/02(土) 00:57:49 ID:CyHobDVW
このスレも常駐しとるけぇ、「皆さん明けましておめでとう。」
と、挨拶しときますよ。
>>847-858
アイヌ民族や琉球民族は、古モンゴロイド形質で、形質、遺伝子、
耳垢や腋臭から本土日本とは違う人種ですが、蝦夷アイヌの人たちを
猛獣とか云うのはレイシストですよ。しかも我々本土日本人でも
少数派ながらアイヌ系の血は入っております。
>>861
B52-DR2は、北九州(13,5%)山陽(13,8%)近畿(13,1%)と、山形や
福島で12〜13%ですが、関東(9,4%)青森(5,1%)で、日本列島の
大部分が12%を越えておるわけでは無いんですよ。
まあ、B52-DR2が列島に増えたんは、モンゴルのように多くの
他民族との接触が少なくB13-DR7のような遺伝子が列島では
少なかったことにも反映しています。
まあ、これらの北方民族の遺伝子は、世界的北方民族移動期である
古墳期にもたらされたんでしょう。西史氏や東漢氏、秦氏のような
北朝系北方胡族(トルコ系、モンゴル系、ツングース系、
チベット羌系)の南下、漢化した連中が日本へ渡来した要素が
強かったと思いますね。河内の西史系渡来人が婚家出産しとること
や、神話でもトヨタマヒメは、山幸彦の子を夫の住む陸上で
生んでます。平安貴族は高句麗系の実家出産でした。
近年まで婚家出産は、中国地方、近畿西部地方に多く、満州族や
モンゴル人も婚家出産です。一方実家出産は、近畿東部から北陸、
東海、関東、東北、九州、更に朝鮮半島に分布してます。
この点からは、B52-DR2の北朝胡族系が西日本の婚家出産地域に、
B44-DR13の高句麗や韓集団が日本海経由で実家出産地域に広がった
と考えられます。その点では>>855の下のブログ主さんの見解に
近いですけど。まあ、単一遺伝子集団では無く、複合的集団の渡来
ですが、強調すると列島東西の渡来集団の違いもあったでしょう。

865 :出土地不明:2010/01/02(土) 04:07:36 ID:rDfWhSXg
世田谷一家殺害事件でも検証に使われている父系Y染色体研究。
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1262105832/l50
世界広しといえど、これを否定しているのは犯人をかくまっているチョンどもだけですwww

埴原 和郎の受け売りで、自然人類学・人類進化学で使われる遺伝用語を理解もしないで使ってるもうろくジジイwww
あの亡くなった先生の主張は、旧世紀に悉く否定されてるんだよ。
どういうことかというと、例えば戦前の日本男性は身長150cmで短足、あごがしっかりしていたが、今の若者は平均でも170cm超、足も長く堅い物を食べないのであごも貧弱です。
かの先生の主張だと、どっちかが北方形質w、南方形質wwとか言い出して片方は日本人じゃなくなっちゃうんだよwwwバカす

同じく縄文を南方形質、弥生を北方形質などと寝言をたれた亡き大先生の「二重構造説」も全否定されて久しい。
青牛は、カビの生えた旧世紀の知識をさも本当のようにひけらかしている、ただのもうろくジジイなんですよ。

<コピペ推奨>


866 :出土地不明:2010/01/02(土) 14:20:18 ID:0pBEf14X
>>857

>大和民族

形質人類学で言うならこれは怪しい概念だ。


867 :出土地不明:2010/01/03(日) 06:36:30 ID:a/VN/I8a
韓国人学者の分析、統計は一切、信用できない


868 :LUNAMASK:2010/01/03(日) 13:02:03 ID:73qdsaru
>>864 白馬青牛さん、おめでとうございます。今年もよろしく。
高句麗・扶餘の河伯の娘とか、トヨタマヒメとか似てますね。



869 :出土地不明:2010/01/03(日) 13:13:01 ID:c6cL9eBB
ヤマト発祥の地は出雲(サンカ言い伝え)。
それを穢人種族の百済人が、名前を盗んで「大和朝廷」と名乗ったってこと。



870 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/03(日) 17:25:02 ID:IE+9JWR+
>>868
元月光仮面さん、明けましておめでとうございます。こちらこそ、
今年もよろしく。朱蒙の母の河伯(河神)の娘と、海神の娘
トヨタマヒメは似てますね。それと朱蒙は母の勧めで夫餘から南へ
逃げた時、川があり「河神の外孫なるぞ」と叫ぶと魚やスッポンが
浮き上がって橋となる。朱蒙が渡ると魚やスッポンは姿を消して、
夫餘の追手は川を渡れない。このモチーフは三上次男氏が
云われるよう「因幡の白兎」の説話に似てますね。

871 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/04(月) 00:41:11 ID:1pIg9oTP
>>865
ここでもコピーしとるが、埴原氏の「二重構造説」は遺伝学の専門家で
ある尾本恵市氏や篠田謙一氏も肯定されとるじゃないか。
>>866
大和民族は広い範囲で本土日本人、狭い範囲なら西日本人、もっと
狭べれば畿内人になるが、形質的には北方渡来形質になるのう。
>>867
韓国の学者の分析、統計が信用出来んとして、旧石器捏造の体質の
日本学者なら信用出来る根拠もあるまあ。
>>869
山窩の言い伝え云うて、どこの山窩集団?穢人は百済人だけじゃのうて、
高句麗人、新羅人、日本人の先祖の一部じゃ。
山窩の話題が出たがわしゃあ、山窩の産地の広島県人じゃ。
http://www63.tok2.com/home2/ahonokouji/sub1-23.html
このブログの「名称の由来」では、山窩を縄文人末裔説を強調してあるが、
傀儡との関連から渡来説も考えられ、渡来系と縄文系が混じった集団で、
近世飢饉の農村絶滅で仲間に加えた連中もおった。沖浦和光氏なんか、
文書主義で安芸の庄屋文書を根拠とされる。じゃがここには出とらんが、
谷川健一氏なんか山窩の生活様式は農村から離脱した集団が川漁生活を
営むんは難しいとして、最初に川漁集団に農民離脱者が加わった形態で
あろう。まあ江戸から明治の資料でも山窩をまつろわぬ民として、
上代の蝦夷のように表現しとる。産地は「山陽山陰の一大通患」じゃの
「安芸(広島県)の山窩の如き」じゃの。
まあ、現代の山窩の話はフカシが入っとるが、文中の民俗学者の
赤松啓介氏の引用で「こうした人たちの正体を調べようなどと、バカな
野心は起こさないのがよい。ウラの世界にはウラの掟がある。」「絶対に
死体が上がらない海もあるし、あまり行かぬ林の中に白骨が横になり、
木の枝に縄がゆれているという風景もある。」と、民俗調査しても、
ここからは書いたらいけん、これ以上介入して暴いたらいけんとか、
タブーがあるもんじゃ。山窩地区だけじゃのうて、ある村々にゃあ
掟があるけんのう。純粋な民俗調査以外の内情は外部に漏らしては
いけんのが、学者のモラルじゃし、約束を破り最悪白骨となる
迷宮入りにならんようにのう。まあ、他板でも海賊や騎馬民が
農耕民より自由平等でモラルが高い云うたけど山窩集団も「自由で
矜持高く、弱きものを愛する事のできる」人々じゃわい。

872 :出土地不明:2010/01/04(月) 02:52:30 ID:PAbbNH11
バカ牛
てめーこそY染色体を否定する学者をとっととあげろ

21世紀にもなって「二重構造説」なんてぬかすのはてめえみたいな死にぞこないだけだ




873 :LUNAMASK:2010/01/04(月) 08:43:31 ID:oTPdXQIw
>>870
-----------------------
ビートたけしの教科書に載らない日本人の謎2010
…太陽と怨霊と天皇?“日本建国"の秘密に迫る
@なぜ初日の出を拝むのか
Aなぜ仏滅・大安を気にするのか?
Bたけしの故郷足立区はなぜ“足立"なのかほか
▽ヒミコ殺害説と犯行動機
▽出雲と東京守る“霊力"とは
▽たけし熊野古道へ ビートたけしが日本人の精神のDNAに迫るスペシャル第二弾。
------------------------------------------------------------------
出雲・熊野で夕日・朝日を表し、高句麗壁画の竜・太陽(三足烏)・竜に見たてる。
那智の滝は登り竜。世界を馬の国、鹿の国、海東の国に三分するエベンキ。
こうした考えに共通したものがあり、遺伝子的にも共通するものがあると考えられます。

874 :LUNAMASK:2010/01/04(月) 08:50:50 ID:oTPdXQIw
高句麗壁画
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e3/Korean_three-legged_bird_mural.jpg
竜・太陽・鳳凰/天女といった形で太陽が天空を飛翔するという考え。飛ぶ鳥の飛鳥という
意味がよくわかります。

875 :LUNAMASK:2010/01/04(月) 09:02:10 ID:oTPdXQIw
>>871
http://www63.tok2.com/home2/ahonokouji/sub1-23.html
サンカはBC1800-BC1300年頃にはバイカル湖に到達した漁労民族で、出自は山東龍山
文化、YDNA Ob1であり、日本人・朝鮮人共通の先祖でしょう。稲作はその後に山東
半島から遼東半島に北上するO3に付随して広まると考えられます。

876 :LUNAMASK:2010/01/04(月) 09:13:53 ID:oTPdXQIw
>>864
>B52-DR2の北朝胡族系が西日本の婚家出産地域に、
>B44-DR13の高句麗や韓集団が日本海経由で実家出産地域に広がったと
この高句麗系から来るのが吉備で、サンカ系が雄略天皇であったのでしょう。
いじめを根に持っていた感があります。

877 :LUNAMASK:2010/01/04(月) 13:24:42 ID:oTPdXQIw
>>875
バイカル湖O2bはグラスコフ文化。これはその後石板墓文化になる。そしてアムール川
沿いに東遷し、ポリツェ・ヤンコフスカヤ文化となる。吉林省においてはクロウノフカ
(沃沮)文化となり半島を南下、江原道でO3系の稲作民と合流、中期弥生時代に
九州に入る。

878 :LUNAMASK:2010/01/04(月) 13:41:59 ID:oTPdXQIw
mtDNAによる調査
http://www.gesanmedo.or.jp/uli227.html
Mitochondrial Genome Variation in Eastern Asia and the Peopling of Japan -
Tanaka et al 2004
これによると本州人は
(1)朝鮮人・山東華人
(2)遼寧・新疆華人・トゥー族
(3)西安華人・サラル族の順で近いが、これって
(1)朝鮮人・山東華人     山東龍山・グラスコフ人O2b  
(2)遼寧・新疆華人・トゥー族 興隆窪・オルドス・山戎なのかな?何だろう
(3)西安華人・Sali(Yi)族   仰韶・秦氏か
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC524407/?tool=pubmed


879 :LUNAMASK:2010/01/04(月) 14:36:44 ID:oTPdXQIw
↑上記(2)(3)は日本におけるシェアーから考えるとO3と思われるが、その仕分けは
今後の調査によるところが大きい。

880 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/04(月) 22:52:08 ID:1pIg9oTP
>>876
吉備は伽耶集団の要素が強いと思うんですが。山窩系は渡来系と
縄文系の混合でしょう。傀儡の同様の集団じゃと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/41164787.html
http://www.h2.dion.ne.jp/~signor/lib/lib04.htm
http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/kwangde/kwangde2.html
一番上の方に大江匡房の『傀儡記』の引用が出てますが、
「傀儡は定まれる居るなく、当る家なし。穹廬せん張、水草を遂いて
移徒す。頗る北狄の俗に類たり。男は皆弓馬を使え、狩猟をもて事と
為す。」「一畝の田も耕さず、上は王侯知らず、牧宰を怕れず」と、
北方騎馬民族に近いですね。傀儡は奇術と共に男は騎馬狩猟、女は
遊女の要素を持って、権力からも自由な民でした。ほいで秦氏とも
関りが深いですね。
真ん中の●滝川政次郎氏『遊女の歴史』に、朝鮮の才人白丁芸能民が
日本の傀儡子・遊女の祖であると。まあ今なら左翼系から吊るし
上げを食らうでしょうね。日本人のカタギで無い人たちー芸能民や
屠殺者、武士なんか朝鮮白丁の子孫に過ぎんのに。
一番下の2.朝鮮朝初期までの白丁「白丁の前身は、楊水尺、禾尺。
その出自は胡種」「韃靼と禾尺は屠牛をもって耕食に代える」
屠殺、柳器作り、芸能者と生活しましたからね。
戦前、西村真次氏は「傀儡子は朝鮮人、満州人、従がって日本人とも
同種のツングース系のものと考へなければならぬ。」と、云われ
ました。

881 :LUNAMASK:2010/01/05(火) 10:45:30 ID:ZPBUJzHh
>>880 「傀儡は定まれる居るなく、当る家なし。穹廬せん張、水草を遂いて
移徒す。頗る北狄の俗に類たり。男は皆弓馬を使え、狩猟をもて事と
為す。」「一畝の田も耕さず、上は王侯知らず、牧宰を怕れず」
「白丁の前身は、楊水尺、禾尺。その出自は胡種」「韃靼と禾尺は屠牛をもって耕食に
代える」
O3ではない。
C3 M217* 1.9% 
C3c M86 1.2% 
NO M214* 2.3%
N1 LLY22g* 1.2% 
N1c1 M178 0.4% 
Q P36   0.4% 
R M207 0.4% 
↑この辺ですね。

882 :出土地不明:2010/01/05(火) 16:47:25 ID:bIP473B/
◆グッドモーニングドクター ‘性器コンプレックス’ 誤解と真実

一般的に男性たちは自分の生殖器の大きさにとても鋭敏だ。
神経質な人は、小さな性器が恥ずかしくて銭湯にも行かない。

全ての男性たちは程度の差こそあれ、性器に対するコンプレックスを持っているという。
泌尿器科の中でも男性学を専攻した筆者から見ても、正常(?)よりずっと大きい
性器を持った人が、もっと大きくしたいと診療室を尋ねる場合が少なくない。

医学的に陰茎の長さは、恥骨と呼ばれる陰茎の根本部位のすぐ上から、
陰茎を前方へ牽引させた状態、すなわち尿道入口までの長さをいう。

参照までにいうと、韓国人の平均的な陰茎の長さは約 10pで、
平均的な陰茎まわりは約 12pだ。
我が国の男性の間違った性知識の中で代表的なことは
性器の大きさが性行為の時に相手を満足させる重要な要因だと思い込んでいることだ。

男らしく見えるし、奥さんに大きいよがり声を吐かせることができる、と。
女性でさえ男性性器の大きさが重要と考えている人が多い。

しかし女性の生殖器構造と興奮過程がわかれば、男性性器の大きさと
性的興奮との間には大きな関連性がないという事実がよく分かる。

女性性器の神経細胞は尿道上部の陰核と膣の入り口 3分の1地点に大きく分布する。
したがって膣の奥を刺激しても別に反応がない。
換言すれば男性の陰茎が女性の膣入り口付近だけを適切に刺激することができれば
十分な興奮を導き出すことができるという話だ。
こんな刺激に必要な陰茎の長さは 7p以上あれば良い。

蒸暑さが意地を張った去年の夏、40代中盤の男性が診療室を尋ねて来た。
わき目にも身体が不自由そうだったし、足つきは正座で痺れた幼い子供みたいだった。

彼は「友達と酒を飲んだ後、陰茎をもっと大きくしたい欲にかられ、注射器でバセリンを注射した」
「初めには気持ち良かったが 3ヶ月後から注射した部位より膿が出始めた」と吐露した。
バセリンは肌補修力を高めるために使う軟膏剤だ。
検査結果、この男性は陰茎全体が炎症で覆いつくされ苦痛を受けていた。

ただちに電信麻酔をかけ、バセリンと炎症除去手術を受けたが、不幸にも
その患者はもう以前のように幸せな夫婦生活を営むことができなくなってしまった。
一瞬の気の迷いがあまりにも惨憺な結果をもたらしたのだ。
ご両親がくださった身を大切に扱おう。

イヒョングレ慶煕大東西信義学兵院教授

ソウル新聞 2008-12-27 19面(ハングル語)
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20081227019001&relation=hit

883 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/05(火) 23:49:01 ID:gYR0BqWy
>>881
>>880の続きになりますが、漂泊民と秦氏の関係です。
http://www.uranus.dti.ne.jp/~ohta/maborosi.htm
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/0c8ec7d0a1e9271c9d5e3c1e1c659474
http://www.ai-trip.com/trip/ieyasu/P2Text.html
一番上の2に、中世芸能の観世家も秦氏を名乗っておりましたし、
漂泊民を集めた悪党集団の親分楠木家とも親戚となってます。
二番目の賤民の親分、弾左衛門も秦氏を先祖としてます。
まあ、秦氏から藤原氏に改姓したんは、平安期東大寺の僧ちょう然
等多いですね。秦氏と極めて近い加茂氏と葵の紋となると、
一番下の徳川氏(松平氏)の先祖漂泊賤民の遊行僧の徳阿弥です。
司馬遼太郎氏は大久保彦左衛門さんの『三河物語』で徳川家の
先祖が賤民じゃと暴露してますけど、徳川氏は加茂氏、藤原氏、
源氏と改姓を繰り返しておりますね。公家の近衛前久さんも
慶長七年の書状に「只今は源家に又氏をかえられ候 義国よりの
系図を吉良家より渡されての事に候」と暴露されてますね。
まあ、最初の加茂氏なら問題は無かったでしょうが、征夷大将軍
にも成ると源氏の偽系図を造っております。

884 :LUNAMASK:2010/01/06(水) 09:22:46 ID:ItsKMgW2
>>883 雑居房の新参者が牢名主によって賤民扱いになるわけですね。そのうち自分が
牢名主になるということか。

885 :LUNAMASK:2010/01/06(水) 09:30:09 ID:ItsKMgW2
3.東西交渉史三題 2001年8月15日  TOP HOME 
1.東西文明の接触、5000年前から?=「エジプト王と同種のつえ」中国で発見(時事
通信)
 以下青字、ヤフーニュースより全文紹介
 【北京13日時事】古代エジプトの王が権威の象徴として使ったものとそっくりのつえの
頭部が中国西北部で相次いで発見され、その推定製造年代から「東西文明の接触が
始まったのは従来考えられていた時期よりはるかに早く、3000年前から5000年前に
さかのぼる」との説が中国の専門家の間で浮上している。
 13日付の中国紙チャイナ・デーリーによると、古代の東西交通路に当たる新疆
ウイグル自治区、甘粛省、陝西省で、石や玉、青銅で作られたつえの頭部が出土した。
頭部は球形、へん平型、星型などで、羊と牛の頭を模したものもあり、「古代エジプトの
つえと驚くほど似ている」という。
http://members.at.infoseek.co.jp/sumicom/zatu00/nanboku.html
↑この辺から秦氏はヒクソスと関係があるかなと考えているんですが。

886 :LUNAMASK:2010/01/06(水) 10:11:15 ID:ItsKMgW2
>>878
O2b SRY 7.7% 東北  龍山
O2b1 47z 22.0% 東北   龍山
-----------------------------------------------------
O3 M122* 6.6% 西北・華北・東北 興隆窪*
-----------------------------------------------------
O3a3 LINE1 3.1%  西北  仰韶**
-----------------------------------------------------
O3a3c M134 10.4% 華中 
O2a M95* 1.9%  華南 
* **半島、列島に多いが系統的に代表的中国人O3a3c M134の上位にあり、古い時代
に分かれたものといえる。カラスク時代の華北中国人の西方進出はO3 M122*であり、
箕子朝鮮・秦氏の半島入りをO3a3 LINE1とおくと「本州人は
(1)朝鮮人・山東華人
(2)遼寧・新疆華人・トゥー族
(3)西安華人・サラル族の順で近い」 とするmtDNAによる調査
http://www.gesanmedo.or.jp/uli227.html
Mitochondrial Genome Variation in Eastern Asia and the Peopling of Japan -Tanaka
et al 2004

と整合する。

887 :LUNAMASK:2010/01/06(水) 11:55:26 ID:ItsKMgW2
↑ソース↓
The closest affinities of mainland Japanese were to three population groups.
The first include Korean and Han from Shandong (mean P-value = 0.29 0.06),
the second Han from Liaoning and Xinjiang, and the Tu ethnic minority (0.20 0.06),
and
the third Han from Xi’an and the Sali, a branch of the Yi ethnic group (0.15 0.06).
http://www.familytreedna.com/pdf/Tanaka_2004.pdf

888 :LUNAMASK:2010/01/06(水) 12:15:51 ID:ItsKMgW2
↑O3a3c M134 10.4% 華中→これが徐福の子孫ではないだろうか。

889 :LUNAMASK:2010/01/06(水) 13:34:06 ID:ItsKMgW2
天照大神vs素盞嗚命 その対立の真相は
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sumo/news/CK2010010602000086.html
内館vs朝青龍となんら変わらないものであった。つうか、この神話のできる背景には
朝青竜の渡来があったと考える。

890 :出土地不明:2010/01/06(水) 14:30:30 ID:OTKJykNH
わぉ、月光たん
今年も精力的によろしくお願いいたします(^-^)/

>>889
天照大神 vs 素盞嗚命 の対立は
南方稲作農民O3a vs 北方牧畜民O2bのようですね

列島への先行渡来はホアカリ系天照大神の海人族の方でしょうか。
それとも月光たん説のように半島江原道で両者が偶然出会って
その対立構造を北九州に一緒に持ちこんだのかな?

箕子朝鮮・秦氏のO3a3 LINE1は天孫の側にいたと言えますね

891 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/06(水) 23:39:46 ID:yUfl2tpP
>>884
北方騎馬民族が渡来して征服王朝を造っても、国家秩序が出来たら、
遅れて渡来した新参者連中は、賤視されるんですよ。
今度はその賤視された連中から権力者が出るわけです。
>>889
わしは内舘派です。朝青龍のガッツポーズは敗者への配慮ものうて
武士道に欠けます。モンゴル人は草原文明化した、征服より周辺森林
の民、漢人から蹂躙された方が多い民族ですから、ツングース系と
違い敗者への配慮が薄い面もあります。
シロコゴルフ氏が「ツングースは阿諛を甚だしく嫌ふ。阿諛すること
も嫌へば、阿諛されることも嫌ふから、ツングースは例えば
ブリヤート(モンゴル)を甚だしく嫌ふのである。」と。
川口慧海氏は「モンゴリア人はどうかするとつけたような、お諂を
言い出す。その点においてはチベット(中央農耕地帯)人は最も酷い。
そんな人間はまずカム(チベット東部遊牧地帯及び四川の羌系)種族
の中から濱斥されてしまうのです。」と、強盗の本場カムパが
義侠心も強く、高評価されます。一般的農耕民族より遊牧民族の
方がモラルが高いでしょう。モンゴル人の場合は文明的堕落した
部分がありますね。まあ、モンゴル人は純朴で正直で盗みもせずと、
良い点も多いのですが。その点チベット人は農耕地帯なら、
こそこそ盗人しますし、チベット遊牧地帯なら盗むか、強盗恐喝、
殺人何でもありですね。その点日本人は農牧取り混ぜてチベット人に
近いでしょう。

892 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/07(木) 00:04:29 ID:fXCigT0e
>>890
秦氏は、漂泊芸能民、護衛随身として戦さ人の面や土木水利事業
に活躍した北方牧畜民側じゃよ。秦氏は兵士、土木水利事業で活躍
したチベット羌系牧畜民と関りが深い。秦を名乗ったのは、
中国を統一した西戎遊牧民の秦や五胡の前秦(テイ族)、後秦(羌族)
も、みなチベット羌系ですよ。
http://nierika.web.infoseek.co.jp/sokonroj101.htm
ほいで、ギャロン(嘉戎)・チベット族のアランちゃんは、新羅、
秦氏系の荒ぶる神スサノウ命系ですよ。百済系のアマテラス系じゃ
無いでしょうに。

893 :LUNAMASK:2010/01/07(木) 09:48:24 ID:g/Iiseym
>>890
>天照大神 vs 素盞嗚命 の対立は南方稲作農民O3a vs 北方牧畜民O2bのようで
すね
-----------------------------------------------------
稲作伝播にはO3a3/O3a3cが介在しており、畑作漁労O2b/O2b1とか、これに内在する
牧畜・穢とかは素盞嗚命として稲作への無理解が非難されるものであると考えられます。
-------------------------------------------------------
>列島への先行渡来はホアカリ系天照大神の海人族の方でしょうか。
>それとも月光たん説のように半島江原道で両者が偶然出会って
その対立構造を北九州に一緒に持ちこんだのかな?
---------------------------------------------------------
列島への先行渡来は
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/seigyo/jomon.html
図20 「縄文時代後・晩期」の栽培型植物関連資料と
結合式釣針の分布
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/seigyo/jomon21s.jpg
「この時期,結合式釣針・石鋸・石銛・サイドブレードなど朝鮮からの影響が強まるのも
事実で,結合式釣針の分布が雑穀・穀物の遺存体の分布と一致しているのも興味深い
事実である(図20)。」
これが日本に最初に渡来するO2bによるものと考える。しかし、後の燕の地域、夏家店
下層文化時代の華北にいたO3(M122*)もカラスク文化のグラスコフ文化への影響と共
に、遼寧方面から南下を始め、更に西北からも箕子朝鮮としてO3a3(LINE1)も朝鮮半島
に到達する。弥生中期に近畿・東海にはO3(M122*)のオルドス・遼寧青銅器文化とO2b
のポリツェ鉄斧が到来したと考えられる。突帯文土器は新疆西部のカザフスタンから、
オルドス・遼寧青銅器文化、北方式支石墓と共に朝鮮半島に入り、更に日本に入る。

894 :LUNAMASK:2010/01/07(木) 09:57:00 ID:g/Iiseym
>箕子朝鮮・秦氏のO3a3 LINE1は天孫の側にいたと言えますね
----------------------------------------------------------
天孫は時々の体制側でしょうが、語源的には「烏孫」と絡むんじゃないでしょうか。


895 :LUNAMASK:2010/01/07(木) 11:20:36 ID:g/Iiseym
語族別仕分け
O2b     ツングース語 最終的に半島においてアルタイ語化される。
O3     アルタイ語 ウラル語との関係が強く、ウラル語はインドイラン語との関係
が強い。
O3a3    シナ・チベット語 英語と文法、語順が似ており、サカ・サクソンとの関係が
考えられる。
O3a3c シナ語

896 :LUNAMASK:2010/01/07(木) 11:54:46 ID:g/Iiseym
>O3     アルタイ語 ウラル語との関係が強く、ウラル語はインドイラン語との関係
>が強い。
黄土地帯の農耕民であり、黄帝とも関連する↓こうしたパンテオンを下層に持ち、スキタイ
パンテオン、東方には猿田彦となる鹿石・クナド神パンテオンがあったと考えられる。
祭神
大土御祖神  大土神、土祖大神(ツチノオヤノオホカミ) 土の守り神
埴安姫神    イザナギノミコトがカグツチノ神ヲ生み給うた時に焼かれて命(いのち)
死に給う。ここにその大便が化して埴安姫となる。
倉稲魂神    スサノヲノミコトから生れ給う神。穀物の霊神。
大己貴神    大国主命の別の御名。
少名彦神    海の彼方から小船に乗って現れ、大国主命と力を合わせて国づくりを
された。
 これらの神々は、土や農業にかかわりが深い神々です。
http://homepage2.nifty.com/sugao/sub04.html
http://kamnavi.jp/as/katuragi/kataoka.htm

897 :LUNAMASK:2010/01/07(木) 12:29:25 ID:g/Iiseym
>>891
>一般的農耕民族より遊牧民族の方がモラルが高いでしょう。
日本では塩釜神社、諏訪大社(黒姫)等を奉じたDのモラルが高かったんでしょうね。
しかし、Dもうまく立ち回り、実質的には渡来人よりも繁栄し、生き残った。

898 :LUNAMASK:2010/01/07(木) 14:10:02 ID:g/Iiseym
>>894
秦氏にはユダヤ人(サクソン人)
I-P19 I 0.4% 
古欧州人
R-M207 R 0.4% 
等が含まれ、また秦河勝ゆかりの大避神社については
「○大避神社の伎楽面の謎
大避神社のご神体が面であることは、播磨鏡の記述に見いだせる。「その舞面一ツ、
猿田面一ツ、社内に蔵し、神威を畏れて拝見する人なし。元禄の時、住僧観了法印拝
見す。翁の面なり。」(播磨鏡)上記の見聞では、なんと、翁の面と、猿田面の二面が一対
のものとして納めれれている。
*「石神、宿神、摩多羅神が守護神と障礙神の両面性をもつのは、翁面と鬼面が一体だ
からだ。」、「翁系と鬼面が元来同根であった・・・」等々、二面が一対のものということで、
河勝の翁面と、天狗面が同一であるといった着想を生んだのだろう。ところが、天狗面=
猿田面については、この社が、春日大神を合祀していることを忘れている。春日大神とは
武御雷神命で、この神は猿田彦と同一である。道陸神、塞の神は、辻,村境,峠などに
男根石碑,男女和合の神像,陰陽の形の石や自然石をまつる。道祖神は天尊族の神々
の旅の先駆を勤めた猿田彦神に比定される。したがって、猿田面は一方の祭神である
春日大神がと割り切ってしまえば、翁面だけが秦河勝由来の面となる。摩多羅神の面が
天狗面だとする説は、どうも奈辺にあったらしい。「秦ノ河勝ハ、翁ノ化現疑ヒナシ」(明宿
集−禅竹)」
http://wiki.livedoor.jp/niwaka368/d/%A1%FB%C2%E7%C8%F2%BF%C0%BC%D2%A4%CE%B4%EC%B3%DA%CC%CC%A4%CE%C6%E6

899 :LUNAMASK:2010/01/07(木) 14:18:22 ID:g/Iiseym
このお面、何と秦氏発祥の地に近い敦煌・小河墓の古欧州人ミイラの棺から出土
した。私はこのことに驚いて月光仮面と名乗ったもの。秦氏の先祖には大費というの
がいるが、これこそダビデであり、秦氏が後のアマルナ王朝に起こる一神教・セム
系のアブラハム教(ユダヤ・キリスト・イスラム教)の先駆者であることを物語ると
考える。


900 :LUNAMASK:2010/01/07(木) 14:25:12 ID:g/Iiseym
>道祖神は天尊族の神々の旅の先駆を勤めた猿田彦神に比定される。
これもエジプトにおいて導きのヒヒとされるもので、印欧語で太陽を意味する
*salと引っかけたものと見られる。秦氏が日本では新参者であったことを物語るので
あろう。

901 :LUNAMASK:2010/01/07(木) 16:04:47 ID:g/Iiseym
上記以外にO2a M95* 1.9%  東南アジア人というのがあるが、これは稲作というよりも
南方系海人族のようなものではなかろうか。

902 :出土地不明:2010/01/07(木) 23:30:59 ID:J9YjKR8G
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら組織で劇団型工作で朝鮮煙幕を炊き付け、
それを自ら叩いて自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

903 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/08(金) 00:03:08 ID:VqgvCKHE
>>893-894及び>>895-896
特定の遺伝子と環境による稲作や畑作漁撈の生業や民族の特質は
違いますよ。言語もシナ・チベット系では南へ行くほど英語の文法に
似てくるだけです。
>>897-898及び>>899-900
遊牧民の方が、国家が囲い込む農耕民よりモラルが高いでしょう。
これも特定の遺伝子と関係ありません。しかも奴隷化された
日本の原住民が渡来系よりも繁殖したなどあり得ません。
異民族視されたんが現実ですよ。ほいでユダヤ人とサクソン人は全く
別民族です。秦氏にユダヤ・トルコ系ハザール要素があっても。
しかもユダヤ人もスファラディとトルコ系ハザール要素を含む
アシュケナージとでは随分違いますし、秦氏はハザール的要素が
あっても、スファラディ要素の可能性は低いでしょう。
秦氏は記紀文献より遅い時期に渡来した可能性が強いでしょうね。
奈良期に天皇家直属の護衛兵になる処なんか。
>>901
東南アジアは、稲作地と漁撈地が平地民に分類一致され、
山地の焼畑民が異種とされてますね。
日本では、瀬戸内島嶼部なんか段々畑の畑作牧の(牧畜もあった)と
漁撈でそもそも稲作民じゃ無いですから、環境と渡来集団の違いで
しょう。

904 :LUNAMASK:2010/01/08(金) 10:39:09 ID:ZeCWeKTJ
>>903
>しかも奴隷化された日本の原住民が渡来系よりも繁殖したなどあり得ません。
------------------------------------------------------------
日韓には頻度的にマージナルな(小数点付近のもの)Y遺伝子Hgがあります。アイヌも、
西域系渡来人のシェアーもそうです。これに対しD、O2b、O3等の圧倒的シェアーを持つ
ものがり、繁殖率が違います。こうした繁殖率を持つものが一概に奴隷化していたとはい
えません。

905 :LUNAMASK:2010/01/08(金) 10:54:51 ID:ZeCWeKTJ
>秦氏は記紀文献より遅い時期に渡来した可能性が強いでしょうね。
奈良期に天皇家直属の護衛兵になる処なんか。
-----------------------------------------------------------
逆ですね。箕子朝鮮時代に西安方面から半島に入り込み、楽浪・秦韓を拠点としてチョコ
チョコ日本に入るすきをうかがっていたんでしょう。吉野ヶ里、徐福とも裏の関係があった
のかも。

906 :LUNAMASK:2010/01/08(金) 11:03:38 ID:ZeCWeKTJ
しかし秦氏はオルドス・遼寧青銅器文化圏ではなく、安陽(古くは巴蜀)青銅器圏
に食い込んでおり、中央アジアとは一線を画するところがあったようですね。

907 :LUNAMASK:2010/01/08(金) 13:49:21 ID:ZeCWeKTJ
しかし、支石墓文化は、おそらくは、カザフスタン巨石文化からきたもので、どちらかというと
オルドス・遼寧青銅器文化との関係の方が強いのではないかと考えられます。

908 :出土地不明:2010/01/08(金) 17:02:51 ID:uVX/vzQ/
>>903
>しかも奴隷化された日本の原住民が渡来系よりも繁殖したなどあり得ません。

・・・奴隷化された原住民が大陸からの渡来系の言語を話さず、言語を受け入れた少数派の渡来人が原住民よりも繁殖したなどあり得ません。

 渡来したのが元々、日本語族だったとしたら、それは征服でなくて単なる民族移動ということだ。

909 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/08(金) 22:37:14 ID:VqgvCKHE
>>904-905
精度の低いY染色体だけでは根拠にもなりませんよ。形質でも
耳垢の分布でも、HLAやmtDNAの遺伝子でも、渡来系が日本人の
主流なんは明らかなことです。
秦氏自体、成立は記紀の時代ですし、そもそも箕子朝鮮とは関係あり
ません。辰韓は楽浪郡の時代ですし、秦氏が辰韓要素を含んで
おっても、古墳期の複数集団の渡来系が混じって構成されたんが
秦氏でしょうから、吉野ヶ里や徐福とも関係ありません。
>>908
渡来系支配者が列島原住民の言葉を使うた云う根拠すらあるまあに。
しかも渡来系のアルタイ系文法膠着語を記紀の時代から現代まで
日本列島で話しよるじゃないか。異論があるんなら縄文直系の
膠着語に分類されて無いアイヌ語の方が近い云う根拠でも
提示したらどうか。
本土日本人は形質的にも北方7渡来系七割、在来系三割とされる
けど、実際はもっと渡来系の方が多かったろう。
http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2004/07/post.html
ほいで、世界的北方民族移動期の四世紀以降の渡来系こそ、
日本人の主流で弥生や縄文の在来民は、長江派、縄文派の
安田善憲氏ですら云われるよう疫病等で人口の半分を減らしたろう。
まあ、それ以前の倭国大乱が中国の黄巾の乱と同時期じゃけぇ、
日本列島にも人口減少時代が来て、少なくとも古墳期に渡来系が
来るまで列島在来民は半数以上が死んだんじゃないか。

910 :出土地不明:2010/01/08(金) 23:14:53 ID:d/z0A6f9
むかーしむかし、長江の河口域あたりの江蘇省から3000年前、渡来系弥生人が
九州北部に渡来して水田稲作を伝えました。

ところが、なぜかこの最古の水田遺構を残した長江の渡来人、何を血迷ったのか、
自らの故郷の農耕具の主役だった石鋤を伝えず、長江に無いはずのクワを真っ先に
最古水田に伝えてしまったんです。しかも木製の。

最後の最後まで当時の江南の農耕具の主役だった石鋤を一切伝えてくれなかったんです。

おまけに、この水田稲作を伝えてくれた長江の渡来人、何をとち狂ったのか、
故郷の長江江南系中国土器を伝えず、わざわざ遠く離れた北方の沿海州系の土器を
最古の水田遺構に伝えてしまいましたとさ。


おしまい(爆


911 :出土地不明:2010/01/08(金) 23:18:48 ID:uVX/vzQ/
>>909 >>しかも渡来系のアルタイ系文法膠着語を記紀の時代から現代まで
日本列島で話しよるじゃないか。

・・・日本語がアルタイ系かどうか、未確定だが大陸系としても大陸に同系語族がない。

 朝鮮語、満州語、モンゴル語とも全然異なる。日本語が先住民の言語としても渡来人の言語としても今の大陸種族とは無関係ということだ。

 ヨーロッパの例からみても5000年前に分離したとされるゲルマンとラテンでさえ単語に共通性が認められる。

 渡来人というのが紀元後に来たならどういう種族が来たのかを提示する必要があるだろう。

 朝鮮、満州、モンゴル人でなければどこのアルタイ系種族が渡来して来たんだ?

 

912 :出土地不明:2010/01/08(金) 23:32:19 ID:d/z0A6f9
土器の変化から見て、渡来人が入ったのは、弥生開始時と
4C半ば。

弥生開始時に伝わった刻み目突帯文土器と呼ばれる土器の口縁部に
刻み目を施す事を最大の特徴とする土器文化は同時代頃に沿海州南西部の
土器文化に見られ、4C半ばの朝鮮陶質土器は加羅あたりと土器系統が
一致する事が分かっている。

913 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/08(金) 23:45:48 ID:VqgvCKHE
>>911
日本語は文法上アルタイ語系じゃし、上代日本語に一番近い言語は
解っておるだけでも高句麗語じゃ。中世成立の琉球語は、
歴史的に日本語化した可能性もあるけぇ根拠にならんし。
西洋はお互いに似た言語で内陸アジアのトルコ語とモンゴル語、
ツングース語あるいはシナ・チベット語の羌語はお互いに離れ
とるが、関係より近さでは後者じゃ。西洋ですらノルマンは移住先で
ゲルマン系語からラテン系語に変わり、英国を征服したらまた、
ゲルマン系語化した。まあ言語と人種は一致しとらん現実も認識する
能力が無い処、Y染色体論者の崎谷氏の影響で妄想しとるんじゃ
ないか?
日本へ渡来した集団が一種族のわけあるまあ。夫餘、高句麗、
穢、百済、新羅、伽耶のツングース系や北朝胡族のトルコ系、
モンゴル系、ツングース系、チベット羌、秦系等の北方民族に、
漢人、韓人も混じっとる。それらが共通言語としたんが日本語
じゃないか。渡来系は、アルタイ系が多かったけぇ、文法も
アルタイ系になっただけのことよ。

914 :出土地不明:2010/01/09(土) 00:08:56 ID:fyfN1422
アルタイ語
>アルタイ語(Алтай тили, Altai tili)はテュルク諸語に属する言語。トゥバ語、 ハカス語、
> ショル語とともに北東語群(北語群)に分類される。ロシア連邦アルタイ共和国と
>アルタイ地方に住むアルタイ人の間で、約5万人によって話されている。

ひでーな、ロシア辺境のたった5万人の言語に日本語を組み込んだのかw
さすが西洋人はやることがエグイ

915 :出土地不明:2010/01/09(土) 00:57:57 ID:1w2C9vOQ
>>913
夫餘、穢、トルコ系、モンゴル系、ツングース系、チベット羌が
来たという確証は?

どうせまた無いんだろ?

漢の定着なんか無いね。

リアルタイムな中国文物が全く伝わってねえんだから。

916 :出土地不明:2010/01/09(土) 01:07:51 ID:Z9KK0AoL
>>913 >>夫餘、高句麗、穢、百済、新羅、伽耶のツングース系や北朝胡族のトルコ系、
モンゴル系、ツングース系、チベット羌、秦系等の北方民族に、
漢人、韓人も混じっとる。

・・・これらが紀元後にわらわらと日本列島に入ってきて共通日本語を形成したのなら、相当数、類似単語が残っているはずだ。
 通過点として主に朝鮮半島経由なら朝鮮語にも残っているはずだ。しかし、朝鮮語は南部に倭人が相当多数いたにもかかわらず日本語との共通性は低い。

 日本列島内にいたアイヌ語も日本語と交わらず、独特の言語を保持したままだった。

 上記種族はシナにも侵入しているが、シナ語にもその痕跡は少ないだろう。
(シナ語のアルタイ化も指摘されるがシナ語はアルタイ系ではない)

 つまりこれらの言語が日本列島内で混合して日本語が形成された、という根拠は薄い。
 
 沖縄語については日本語の影響は沖縄本島くらいまでだろうが、先島まで日本語族だ。
 しかも中世以前の奈良時代の単語、発音が先島に残っている。
 アイヌ語とは交わらず、沖縄語とは交わったというのは理屈が合わないだろう。


917 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/09(土) 02:26:20 ID:YObB/4+p
>>915
文物が一致しても来た確証にはならんよ。文物は交流圏を
表してとるに過ぎん。歴史に確証なんか何一つ無い。来た可能性が強いか
弱いかじゃ。例えば東漢氏が伽耶、百済だけじゃのうて鮮卑(トルコ・
モンゴル及びツングース系)的要素があるんは、歩揺等出土品が
朝鮮半島のものより似ており、東漢氏の説話に内陸アジアの牧畜民に
多い神牛伝説が流入しとること、北方アジアに多い「ハラ」氏族制を
持っておったこと、弓馬の家柄であったこと等、複合、総合的に考えて
鮮卑、北朝胡族の要素が強いと考えられる。学問たあ、複合的根拠で
総合的に捉えることで。
>>916
朝鮮半島なんか高句麗語でも一部が残っておるに過ぎん。
しかも時代で変わる類似単語より、どの文法を使うかが基本的言語
要素じゃ。単語が枝としたら、文法は幹じゃけんのう。
琉球語は中世成立じゃし、古い言葉は辺境部に残る。方言の中央から
遠くなるほど古い言葉やアクセントが残存する説と同じく、
大和の言葉が九州の隼人に伝わり、そして琉球に伝わる作業に過ぎんよ。
アイヌ語は、北海道で採集狩猟漁撈を主としたアイヌ集団じゃけぇ
残ったんじゃ。琉球ほど農耕化しとらんよ。

918 :出土地不明:2010/01/09(土) 12:42:45 ID:ijVViepH
日本人がどこから来たかって?
混血だもの一概にいえっこない。


919 :LUNAMASK:2010/01/09(土) 13:18:25 ID:iRaX7jZ7
>>909
Y染色体だけで、箕子朝鮮、召公封燕、太公望、衛満等の漢籍、記紀だけで、枝葉末節を論じてもどうにもならないということはわかります。要するにもっと大きなところから論じるということでしょう。
ピーター・Wei Ming JIA 中国東北における狩猟採集から農業への移行
By (Peter) Wei Ming JIA Department of Archaeology The University of Sydney 27 April 2005
http://ses.library.usyd.edu.au/handle/2123/653
↑ここにある遼東半島の動きを定点観測することによってO3の動きがある程度つかめるのかなって感じですね。

920 :出土地不明:2010/01/09(土) 13:46:05 ID:Z9KK0AoL
>>917 >>時代で変わる類似単語より、どの文法を使うかが基本的言語
要素じゃ。単語が枝としたら、文法は幹じゃけんのう。

・・・日本語文法の動詞活用、係り結びなどと同じ文法をもつアルタイ系言語など聞いたことがないが。

 アルタイ系で同じなのは語順だけでそういう語順の言語なら世界中にある。
(ヒンディ、ペルシャ、ビルマ、ドラヴィダ、ウラル、ラテン語、代名詞を使う場合のフランス語、助動詞を使う場合のドイツ語等)


921 :出土地不明:2010/01/09(土) 15:42:26 ID:Z9KK0AoL
>>913 >>西洋ですらノルマンは移住先でゲルマン系語からラテン系語に変わり、英国を征服したらまた、 ゲルマン系語化した。

・・・ノルマンは英語に大量のフランス語を持ち込んだが、日本語に大陸系単語を大量に持ち込んだ種族というのはどこにあるんだ?


922 :出土地不明:2010/01/09(土) 19:02:45 ID:bbpvcq05
>>917
土器は生活最密着文物。

一致する土器の「生産」は外来種の定着があった事に他ならない。

いいか、妄想じーさん。

九州北部の弥生文物には朝鮮無文土器が少量見られる事は知ってるよな?

ところが、擬似物を作ったり、その器種や文様を選び取って弥生土器に
取り入れたりはしているものの、朝鮮無文土器そのものを生産していた
集団も集落も九州北部には全く見られないのだよ。

ところが弥生開始期に沿海州南西部の土器文化だった刻目突帯文土器そのものが
九州北部や中国・四国地方で生産されているし、古墳期にも朝鮮陶質土器そのものが
近畿から生産が始まっている。

ではなぜ弥生期に朝鮮無文土器は全く生産されなかったのか?

つまりそれは、弥生開始期に沿海州から人の定着があり、古墳期にも
朝鮮から人の定着があったが、弥生期には朝鮮から人の定着が無かった事を
暗に教えているのである。

923 :出土地不明:2010/01/09(土) 20:51:56 ID:l5RGlrso
むかーしむかし、長江の河口域あたりの江蘇省から3000年前、渡来系弥生人が
九州北部に渡来して水田稲作を伝えました。

ところが、なぜかこの最古の水田遺構を残した長江の渡来人、何を血迷ったのか、
自らの故郷の農耕具の主役だった石鋤を伝えず、長江に無いはずのクワを真っ先に
最古水田に伝えてしまったんです。しかも木製の。

最後の最後まで当時の江南の農耕具の主役だった石鋤を一切伝えてくれなかったんです。

おまけに、この水田稲作を伝えてくれた長江の渡来人、何をとち狂ったのか、
故郷の長江江南系中国土器を伝えず、わざわざ遠く離れた北方の沿海州系の土器を
最古の水田遺構に伝えてしまいましたとさ。


おしまい(爆


924 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/09(土) 23:03:42 ID:YObB/4+p
>>919
ほいで、生業と遺伝子は関連しませんよ。民族の集団の移住も多元的、
複合的要素から判断する方がええでしょう。
>>920-921
おいおい、欧印語族やシナチベット語のチベット・ビルマ語群は、
ほぼ完全なSーOーVのアルタイ系語、日本語と文法が違うど。
フランス語やドイツ語、英語でも短い文を除いて基本的にSーVーOじゃ。
ほいでチベット・ビルマ語は、「赤い魚」が「魚赤い」となる。
じゃが「あの地方の牧人」言う場合は日本語と語順は一緒。
シナ語もSーOーVとSーVーOが混じる言語じゃけど、アルタイ語の影響が
強い北方では、「客人」「生魚」じゃが、上海以南では「人客」「魚生」と
なる。
ノルマンはフランス語化して故国のデンマークの言葉の痕跡が薄いことは
無視しよるのう。多民族が渡来した日本に単語じゃの列島で共通用語を作
りゃあ済む話よ。解釈論で解明出来ん枝葉の単語より幹の文法よのう。
>>922
土器の一致も、たまたま漂着して奴隷となった者が造ったものが列島の
流通圏で使われたかも知れんし、土器だけじゃあ、民族集団の移住した
根拠に乏しいけんのう。被葬者の形質や土器以外の副葬品に至るまで
総合的に考察せんと妄想自慰になるわい。沿海州には稲作が無いし、
航海の軸線からも沿海州から直接渡来は難しいのう。
弥生期にも朝鮮からの渡来は甕棺や支石墓の連中もおったし、
弁韓なんか九州北部と同一文化圏じゃった。
まあ、弥生期は世界的にも民族移動期じゃ無いけぇ、朝鮮からの渡来系も
断定的で少なかったろうとは思うが。

925 :出土地不明:2010/01/09(土) 23:46:14 ID:l5RGlrso
>>924
「遠方の異文化土器の生産」という確証が何で渡来人根拠に乏しいんだ?

そんな遠く離れた沿海州の異文化土器を何でわざわざ在来種が生産するんだ?

器種器形はもちろん焼成法だって違うんだぞ。

それに誰が沿海州で稲作をしていたなんて言った?

沿海州南岸から海路で朝鮮東岸沿いに航行してきた際に朝鮮水田稲作を知って、
九州北部上陸後に半島南部との交流を通じて弥生人自身の手で水田稲作は本格導入
されたと、俺はもうあんたに何度も何度も言ってやってるだろ。

直接渡来じゃなくて、海路を使った半島東岸経由渡来なのであって、
数週間ほどで九州北部に上陸してきた朝鮮半島人とは何も関係ない北方集団だよ。

弥生甕棺墓は弥生壺棺墓から進化した日本独自の墓制だとも俺はあんたに教えたし、
九州北部に朝鮮無文土器集団の集落遺跡が無い点から支石墓も稲作と同じく
単に朝鮮南部との交流を通じて弥生人自身の手で導入しただけだろうね。

それに弁韓と九州北部が同一文化圏な訳ねえだろが。

弁韓期にいつ九州北部で三韓瓦質土器などの三韓土器を作った?

50を過ぎると人間はそんなに惚けてしまうものなのか?

恐ろしい事だな。




926 :出土地不明:2010/01/09(土) 23:55:16 ID:Z9KK0AoL
>>924 >>欧印語族やシナチベット語のチベット・ビルマ語群は、
ほぼ完全なSーOーVのアルタイ系語、日本語と文法が違うど。

・・・SOV型のヒンディー語、ペルシャ語、ラテン語も印欧語族だが。

 アルタイ系のトルコ語には動詞の人称語尾、モンゴル語にも人称接辞、朝鮮語は動詞と形容詞が同じ活用形態というような文法上の違いが日本語との間にある。

 これほどの差が紀元後に跡形もなく消えたとは考えられない。日本語の動詞活用は膠着語でなくて屈折語的とも言われている。



927 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/10(日) 00:55:04 ID:ErvcSKTi
>>925
土器だけの類似じゃあ単一根拠じゃし、渡来系弥生人の主流をなした
根拠にならんよ。稲作を取り入れ云うて、現地民を奴隷化して稲作を
やらせる以外あるまあ。朝鮮南部で稲作民を支配した処で何も日本へ
渡来して現地に足跡を残さん集団なんかファンタジーじゃないか。
稲作技術の伝播が数週間の見習いで成立するわけあるまあ。
あんた農家へ云って数週間で稲作技術でもマスター出来るんか?
まあ、弥生期も主食は畑作物じゃけぇ稲作の比重は低いとしても、
稲作も長年の経験が要るけんのう。
甕棺は九州西部と朝鮮南部に分布するが、被葬者が北方渡来形質じゃし
縄文系じゃ無いことから、日本からの説は消えるのう。
支石墓人は農耕民よりも漁撈民としての性格が強い。彼等は朝鮮西南部から
渡来したんじゃろう。あんたは多面的見識が無いけぇ土器の一元的解釈で
妄想するんよ。若いのにボケよるのう。
>>926
欧印語のサテム語派ヒンディ語やペルシァ語もケントゥム語派の
ラテン語もSーVーOど。日本語はてにおはの膠着語じゃ。

928 :出土地不明:2010/01/10(日) 01:55:18 ID:iEplfoXg
土器も分かんない馬がまた偉そうなこと言ってる
と聞いて。笑っちゃうねぇ。

具体的な型式とか様式名を書いて話を進めれば
馬は黙るよ。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)