5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

昔の人は歯が痛いとき、どうしてたの?

104 :出土地不明:2006/10/05(木) 22:35:19 ID:lr1mly68
>>103
たぶんあったと思うけど、それよっか、ネアンデルタール人で顕著なのは、
彼らの門歯のすり減りだ。動物の毛皮などをなめすために、歯でしごいて
いたらしく、歯の長さが半分くらいで、中の象牙質がすっかり出てくるほ
どすり減っている。それも斜めになっていて、かなり激しい。
ネアンデルタール人の歯は現代人の歯とはかなり違う特殊な歯だった。
とくに臼歯の根っこが、普通現代人では二つに分かれているのはご存じ
だと思うが、ネアンデルタール人の場合はそうではなく、寸胴のもので、
かなり歯に負担のかかることをしていたようだ。さらに、彼らは顎が
大きいので、歯の生える面積は十分だった。だからオヤシラズの生える
場所もしっかりあって、その後ろにさらに空隙があったりする。
って、関係ないこと書いたけど、虫歯は聞いたことないなぁ。
古代人の困った状況の多くは、歯槽膿漏だね。ほとんどハグキがとけて
むちゃくちゃになったのとかいて、おそらく死ぬほど苦しい痛みに耐えて
気が狂ったような状況にいたった個体がある。これはハイデルベルゲンシス
の例だったかな。
あと、有名なツルカナボーイも、たしか歯周病で死んだとされていると
思った。たった9歳くらいだったようだが。

54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)