5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

特殊器台型埴輪について

1 :出土地不明:04/12/16 05:51:46 ID:WMiu5Yx6
特殊のひと言で片づけるのは実はよく分からないからでは?
どーなってるの?

60 :出土地不明:2005/11/02(水) 21:58:00 ID:SuUJenrh
特殊器台の上に特殊壺を載せた形――「これぞ朝顔形埴輪の祖形ナリ!」
と説かれる。確かにそうだと思う。しかし――

しかし、朝顔形埴輪は、なにゆえに器台と壺とを合体(一体化)したのか?
これが解らない。
考古学者には説明が求められている、と思う。

61 :出土地不明:2005/11/02(水) 22:02:10 ID:SuUJenrh
素人なりに考えてみる。

(1)誤観察説
 埴輪づくりの経験が全くない土器職人に、古墳造営責任者が命じる。
 「最近、古墳の上に、オモロイ土器を並べるのがハヤリみたいやで」
 「え? ほんまでっか? ほならワテらも真似せなあきまへんな」
 「おまえ、ちょっと、よそさんの古墳に行って、見学してこいや」
 「へーい」
  (と土器職人、見学に行く)
 「行ってきましたで」
 「おう。で、どやった?」
 「オモロイ土器でんなあ、あれは。下は土管で上はまるでアサガオや」
  (彼、遠目でしか見られなかったので、器台+壺とは認識できなかったのである)
 「おまえ、作れるか?」
 「へい。なんとかやってみまひょ」

 というわけで――つまり誤観察で、朝顔形埴輪が出現!

62 :出土地不明:2005/11/02(水) 22:29:50 ID:SuUJenrh
(2)運搬労力軽減説
 首長が死んだ。古墳づくりが始まった。今回はとびきりの大型。
 運搬担当者が土器職人のところへやってきた。相談したいことがある、という。
 「器台と壺、今度はなんぼほど作るんでっか?」
 「器台2000本、壺1000個」
 「うえ〜ッ! むっちゃ多いがな」
 「運ぶの、シンドおますか?」
 「シンドイのなんのって…。それに今回は墳丘もすこぶる高う造ってますさかい…」
 「昇り降り、何度も大変でっしゃろな」
 「同情してくれるんやったら、あんさん、ちょっと頼み聞いてくれへんか」
 「なんですやろ? わてに出来ることなら…」
 「知ってはる思うけど、器台と壺、これまでは別々に運んでま」
 「大きいさかいな」
 「割れやすいから、気ィ使うてまんねんで」
 「おおきに」
 「器台と壺のワンセットのために、2往復せなあかん」
 「そうでんな」
 「これをなんとか1往復で済ませたい。労力削減や」
 「???」
 「つまりな、器台と壺を最初から合体して作ってくれたら…」
 「あ、なるほど」
 「少々重うなってもかめへん。ワンセット1往復で済む」
 「よっしゃ、やってみまひょ」

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)